JP2002251310A - Method for preparing file system for flash memory - Google Patents

Method for preparing file system for flash memory

Info

Publication number
JP2002251310A
JP2002251310A JP2001045518A JP2001045518A JP2002251310A JP 2002251310 A JP2002251310 A JP 2002251310A JP 2001045518 A JP2001045518 A JP 2001045518A JP 2001045518 A JP2001045518 A JP 2001045518A JP 2002251310 A JP2002251310 A JP 2002251310A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
file
file system
information
flash memory
data
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2001045518A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Hisanori Kawaura
久典 川浦
Original Assignee
Ricoh Co Ltd
株式会社リコー
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Ricoh Co Ltd, 株式会社リコー filed Critical Ricoh Co Ltd
Priority to JP2001045518A priority Critical patent/JP2002251310A/en
Publication of JP2002251310A publication Critical patent/JP2002251310A/en
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To secure the safety of data without risking a failure of rewriting an unchanged sector by reducing the number of times of rewriting sectors in updating a file system of a flash memory. SOLUTION: A sector area of the flash memory is made to correspond to an information storage block 21 and data storage blocks 22, 23 and 24 in the file system 20 of the flash memory. The file system 20 comprises a plurality of storage blocks being two kinds, which are the storage block 21 where file system information 20a, directory information 20b, file information 20c and path information 20d are arranged to be stored and the data storage blocks 22, 23 and 24 where data of each file of file data 20e is arranged to be stored. Only a corresponding sector is rewritten with respect to storage blocks of a changed file system to reduce the number of sector rewriting times.

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【発明の属する技術分野】本発明は、フラッシュメモリのファイルシステム作成方式、より詳細には、フラッシュメモリにおけるファイルシステムの書き換え方式に関する。 BACKGROUND OF THE INVENTION The present invention is, file system creation method of flash memory, and more particularly, to a rewriting method of file system in flash memory.

【0002】 [0002]

【従来の技術】一般に、ファイルシステムにおいては、 In general, in the file system,
例えば、フロッピー(登録商標)ディスク装置やハードディスク装置といった二次記憶装置をデータ格納領域として用いている。 For example, by using a secondary storage device such as a floppy disk device or a hard disk device as a data storage area. また、これらの二次記憶装置としては、512バイト、1024バイトといったブロック単位でランダムアクセス可能なものが一般的である。 Moreover, as these secondary storage device, 512 bytes, is generally intended random access capable in blocks such 1024 bytes. 一方、近年では、組み込みソフトの分野においてファイルシステムのデータ格納領域に、前述の二次記憶装置の代わりに、フラッシュメモリを使用することも行われてきている。 Meanwhile, in recent years, the data storage area of ​​the file system in the field of embedded software, instead of the aforementioned secondary storage device, it has also been made to use a flash memory.

【0003】図9は、フラッシュメモリのファイルシステムの構成例を示す図で、図中、20は、フラッシュメモリのファイルシステムで、該ファイルシステム20 [0003] Figure 9 is a diagram showing an example of the configuration of a flash memory file system, in the figure, 20 is a flash memory file system, the file system 20
は、ファイルシステム情報20a、ディレクトリ情報2 The file system information 20a, directory information 2
0b、ファイル情報20c、パス情報20d、ファイルデータ20eの5個のブロックからなる。 0b, file information 20c, path information 20d, consisting of five blocks of file data 20e. 図9に示すファイルシステムを作成し、ファイルシステムの作成イメージをフラッシュメモリに書き込み、マウントすることによって、ファイルおよびツリー構造をフラッシュメモリ上に実装することができる。 Create a file system shown in FIG. 9, writes the created image of a file system in the flash memory, by mounting, it is possible to implement the file and the tree structure on the flash memory.

【0004】ここで、フラッシュメモリの書き換えは、 [0004] In this case, the rewriting of flash memory,
セクタ単位で消去を行った後に、そのセクタへのデータを書き込むことで可能となる。 After the erasing sectors, it made possible by writing the data to the sector.

【0005】しかし、上記ファイルシステムは、上記の5つのブロックが連続した構成であるため、フラッシュメモリ上のファイルシステム20を更新しようとしたとき、ファイルシステム20のファイルシステム情報20 However, the above-mentioned file system are the aforementioned structure in which the five blocks are consecutive, when attempting to update the file system 20 of the flash memory, the file system information 20 in the file system 20
a、ディレクトリ情報20b、ファイル情報20c、パス情報20dは、情報変更および格納サイズの伸張変更が加わり、それらの格納サイズに変更が加わるためにファイルデータ20eの先頭アドレスも変更される。 a, directory information 20b, the file information 20c, the path information 20d is joined by information change and expansion changing storage size, also changed the start address of the file data 20e to change applied to their storage size.

【0006】図10は、従来方式のファイルシステム2 [0006] FIG. 10, the conventional method file system 2
0の更新の一例を示す図で、図10(A)に更新前のファイルシステム20を示し、図10(B)に図10 A diagram showing an example of the update of 0, indicates the file system 20 before update in FIG. 10 (A), 10 to 10 (B)
(A)におけるファイル3のデータの更新とファイル4 Update of the data of the file 3 in (A) and the file 4
のデータの削除を行った後のファイルシステム20を示す。 It shows the file system 20 after the performed deletion of data. 図10に示す従来方式では、フラッシュメモリ上のファイルシステム20の更新は、ファイルシステム全体、つまりファイルシステム全体のサイズに相当するすべてのセクタを書き換える必要がある。 In the conventional method shown in FIG. 10, the update of the file system 20 of the flash memory, the entire file system, that is it is necessary to rewrite all the sectors corresponding to the size of the entire file system. しかし、このフラッシュメモリの書き換えは、変更が加わっていないファイルのファイルデータまでも書き換えを必要としてしまうため、書き換え回数限界を持つフラッシュメモリにおいては、適切な書き換え方式とはいえない。 However, the rewriting of the flash memory, since would require also rewritten to the file data of the file are not subjected to any change in the flash memory having the rewrite frequency limit can not be said suitable rewriting method. また、ファイルシステム全体の書き換えは、予期しないフラッシュメモリの書き換えに失敗すると、ファイルシステム自体の破壊を招くため、データの安全性の面でも適切な書き換えとはいえない。 Further, the rewriting of the entire file system, failure to rewrite the flash memory unexpected, because it causes destruction of the file system itself can not be said suitable rewriting in terms of data security.

【0007】 [0007]

【発明が解決しようとする課題】本発明は上述の点に鑑みてなされたものであり、不要なフラッシュメモリのセクタの書き換えを減らし、フラッシュメモリ上のファイルシステムおよび無変更のファイルデータの安全を考えたファイルシステムの更新を行うこと、を目的としてなされたものである。 SUMMARY OF THE INVENTION It is an object of the present invention has been made in view of the above, reducing the rewriting of unnecessary flash memory sector, the safety of the file system and unmodified file data on the flash memory be updated ideas file system has been made for the purpose of.

【0008】 [0008]

【課題を解決するための手段】請求項1の発明は、フラッシュメモリのファイルシステム作成方式において、フラッシュメモリのファイルシステム中でセクタ境界を考慮したブロックを格納ブロックとして、ファイルシステム情報、ディレクトリ情報、ファイル情報、パス情報を格納ブロックに収まるように配置した情報格納ブロックと、ファイル毎のデータを格納ブロックに収まるように配置したデータ格納ブロックの2種類かつ複数の格納ブロックで構成することを特徴としたものである。 [SUMMARY OF THE invention of claim 1, in the flash memory file system creation method, a block in consideration of the sector boundary as a storage block in the flash memory file system, file system information, directory information, file information, and the information storage block arranged to fit in storage block path information, and characterized in that it consists of two types and a plurality of storage blocks arranged data storage block to fit storage block data of each file one in which the.

【0009】請求項2の発明は、請求項1に記載の発明において、ファイル毎のデータをファイルの更新履歴の古い順にデータ格納ブロックに収まるように配置することを特徴としたものである。 [0009] invention of claim 2 is the invention according to claim 1, in which was characterized by placing the data of each file to fit order of older update history of files in the data storage block.

【0010】請求項3の発明は、請求項1または2に記載の発明において、ファイルシステム情報、ディレクトリ情報、ファイル情報、パス情報の情報格納ブロックが単一で、その単一ブロックの空き領域に更新履歴の新しいファイル毎のデータを、前記情報格納ブロックに収まるように配置することを特徴としたものである。 [0010] The invention of claim 3 is the invention according to claim 1 or 2, the file system information, directory information, file information, the information storage block of the path information single, the free space of that single block the data in the new per-file update history, in which characterized in that arranged to fit in the information storage block.

【0011】 [0011]

【発明の実施の形態】図1は、本発明が適用されるフラッシュメモリのファイルシステム20を作成する情報処理装置のシステム構成例を示す図で、図中、1は、CP Figure 1 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION is a diagram showing an example of a system configuration of an information processing apparatus for creating a flash memory of the file system 20 to which the present invention is applied, in FIG, 1, CP
U、2は、RAM、3は、ROM、4は、メモリカードインタフェイス、5は、メモリカード、6は、表示部、 U, 2 is RAM, 3 are ROM, 4 is a memory card interface, 5, memory card, is 6, the display unit,
7は、入力部、8は、HDD、9は、システムバスである。 7, an input unit, is 8, HDD, 9 are system bus. 本システムは、フラッシュメモリに書き込むファイルシステム20のイメージを作成し、メモリカード5にそのイメージと書き換えアドレスとサイズを指示する書き換えプログラムの書き込みを行う。 The system creates an image of the file system 20 to be written to the flash memory writes the rewriting program instructing the memory card 5 and the image rewriting address and size.

【0012】図2は、本発明が適用されるフラッシュメモリのファイルシステム20の書き換えを行う情報処理装置のシステム構成例を示す図で、図中、10は、フラッシュメモリである。 [0012] Figure 2 is a diagram illustrating an example of a system configuration of an information processing apparatus for rewriting the flash memory of the file system 20 to which the present invention is applied, in FIG, 10 is a flash memory. 本システムは、メモリカード5を差し込んで情報処理装置を起動すると、自動的にメモリカード5上の書き換えプログラムを実行し、フラッシュメモリ10のファイルシステム20の書き換えを行う。 The system, starting the information processing apparatus by inserting the memory card 5, automatically executes the rewrite program on the memory card 5, rewriting the file system 20 of the flash memory 10.

【0013】ファイルシステム20は、ファイルシステム情報20a、ディレクトリ情報20b、ファイル情報20c、パス情報20d、ファイルデータ20eの5個のブロックで構成され、各ブロックの構成は以下に示す通りである。 [0013] file system 20, the file system information 20a, directory information 20b, the file information 20c, the path information 20d, is composed of five blocks of file data 20e, the configuration of each block is as follows.

【0014】1. [0014] 1. ファイルシステム情報 structrom_sblock{ unsignedlong magic;チェック用のマジックナンバー long time;ファイルシステムの作成日時(1 File system information structrom_sblock {unsignedlong magic; magic number long time for the check; the creation of file system date and time (1
970/01/0100:00:00からの経過秒数) unsignedlong bsize;ファイルシステムのブロックサイズ(4096) unsignedlong blocks;データ領域のブロック数 unsignedlong files;総ファイル数 unsignedlong nrdirent;ディレクトリ情報の個数 unsignedlong nrnode;ファイル情報の個数 unsignedlong pathsize;パス情報の総サイズ unsignedlong data_offset;先頭アドレスからデータ領域までのオフセット量 }; 970/01/0100: 00: number of seconds elapsed from 00) unsignedlong bsize; block size of the file system (4096) unsignedlong blocks; the number of blocks in the data area unsignedlong files; the total number of files unsignedlong nrdirent; the number of directory information unsignedlong nrnode; offset from the start address to the data area}; total size unsignedlong data_offset path information; number unsignedlong Pathsize file information;

【0015】2. [0015] 2. ディレクトリ情報 structrom_dirent{ unsignedlong name;ファイル名の文字列が、パス情報のどの位置にあるかを示すオフセット値 unsignedlong rno;ファイルの番号 unsignedlong seq;ディレクトリの中での、ファイルの順番を示す値 }; Directory information structrom_dirent {unsignedlong name; String filename, offset value indicating how to which position of the path information unsignedlong rno; file number unsignedlong seq of; the in the directory, a value that indicates the order of the files};

【0016】図3は、ディレクトリ構造の一例を示す図である。 [0016] Figure 3 is a diagram showing an example of the directory structure. ディレクトリ情報20bは、そのディレクトリ内に存在するファイルの個数分だけ、必ず連続して配置される。 Directory information 20b, only the number amount of files that exist in that directory, is placed always in succession. ファイルの順番seqは、ディレクトリの最初のエントリから降順に割り振られており、最後のエントリでは0になる。 Order seq of the file is assigned in descending order from the first entry in the directory, it becomes zero at the end of the entry. つまり、seqは、そのディレクトリの中に、あと何個のファイルがあるかを示す値になっている。 In other words, seq is, in its directory, which is the value that indicates whether or not there is any number of files after. 例えば、あるディレクトリ(directory)中に、あるファイル(filename)が存在する場合、図3に示すような構造になる。 For example, in a directory (directory), if there is a file (filename), resulting in the structure shown in FIG.

【0017】3. [0017] 3. ファイル情報(ファイル情報のテーブル) ファイルシステム20中のファイルは、ファイル毎に以下の情報を有し、このファイル情報は、ファイル番号(rno)順の配列になっており、ファイル番号をインデックスにして簡単にファイル情報が取り出せるようになっている。 File information (file information table) in the file system 20 of the file has the following information for each file, the file information, the file number (rno) has become the order of the sequence, and the file number in the index It is easily adapted to retrieve the file information.

【0018】structromfs_rnode{ unsignedshort mode UNIX(登録商標)ファイル互換のモード情報 unsignedshort nlink このファイルへのハードリンクの数 unsignedlong size ファイルのデータサイズ unsignedlong rno ファイルシステム内部のファイル番号 long ctime ファイルの作成日時情報(1970/01/0100: [0018] structromfs_rnode {unsignedshort mode UNIX (registered trademark) file mode information of compatible unsignedshort nlink number unsignedlong size file data size unsignedlong rno file system internal file number long ctime file creation date and time information of the hard link to this file (1970 / 01/0100:
00:00からの経過秒数) unsignedlong uid 所有者のユーザ番号 unsignedlong gid グループ番号 unsignedlong offset ファイルのデータの位置情報(ファイルシステムのデータ領域の先頭からのオフセット、ただし、ディレクトリの場合には、ディレクトリ情報の中でのオフセット値) }; Position information of the data of the elapsed seconds) unsignedlong uid owner of the user ID unsignedlong gid group number unsignedlong offset file 00:00 (offset from the beginning of the data area of ​​the file system, however, in the case of a directory, the directory information offset value in)};

【0019】4. [0019] 4. パス情報(ファイル名のテーブル) パス情報20dには、ファイルシステム中に存在するすべてのファイル名の文字列が格納され、すべての文字列はNULL(==0x00)で終端される。 The path information (file name of the table) path information 20d, the character string of all the file names present in the file system are stored, all the strings are terminated with NULL (== 0x00). 図3に示すように、各ファイル名の文字列は、そのファイルに該当するディレクトリ情報20bの、nameポインタにより指定される。 As shown in FIG. 3, the character string of each file name, the directory information 20b corresponding to the file, specified by the name pointer.
また、シンボリックリンクファイルの場合には、ファイル情報20cのdata_offsetポインタの指す先のパス情報20dの領域に、シンボリックリンク先のファイル名が格納される。 In the case of a symbolic link file, in the region of the previous path information 20d pointed data_offset pointer file information 20c, symbolic link file names are stored.

【0020】5. [0020] 5. ファイルデータ ファイルシステム20中の、すべてのファイルのデータが、ブロック単位で格納される。 In the file data file system 20, the data of all the files are stored in blocks. つまり、どんなに小さなファイル、例えば、1バイトだけのファイルでも、ファイルシステム20のデータ領域では1ブロック分(409 That is, no matter how small files, for example, be a file only 1 byte, one block in the data area of ​​the file system 20 (409
6バイト)を占有する。 6 bytes) to occupy.

【0021】図4は、本発明が適用されるフラッシュメモリのセクタ境界を考慮したファイルシステム20の構成例を示す図で、図4(A)にフラッシュメモリのファイルシステムを示し、図4(B)にフラッシュメモリのセクタ構成を示す。 [0021] FIG. 4 is a diagram showing a configuration example of a file system 20 in consideration of the sector boundary of the flash memory to which the present invention is applied, FIG. 4 (A) shows the file system of the flash memory, FIG. 4 (B ) shows the sector configuration of the flash memory. 図4(A)に示すようにファイルシステム20は、主に情報を格納する領域である情報格納ブロック21、データを格納する領域であるデータ格納ブロック22、23、24からなり、前述したファイルシステム20の5つのブロックに対してフラッシュメモリのセクタ境界を考慮したデータ配置を行うことにする。 File system 20 as shown in FIG. 4 (A), mainly information storage block 21 is an area which stores information made from the data storage block 22, 23 and 24 is an area for storing the data, the file system described above to perform data arrangement in consideration of the sector boundary of the flash memory for the five blocks of 20.

【0022】ここでは、図4(B)に示すフラッシュメモリのセクタの領域をファイルシステム中の格納ブロックとし、まず、ファイルシステム情報20a、ディレクトリ情報20b、ファイル情報20c、パス情報20d [0022] Here, the region of the flash memory sector as the storage block in the file system shown in FIG. 4 (B), firstly, the file system information 20a, directory information 20b, the file information 20c, the path information 20d
の4つは、それぞれ情報格納ブロック21に収まるように配置され、書き込まれていない領域は、情報予備領域20fとして、将来のファイルシステム更新による各情報の伸張を考慮し、空き領域とする。 The four, are arranged such fit in the information storage block 21, a region which is not written as information reserved area 20f, considering stretching of the information with the future file system update, and free space. 次に、ファイルデータ20eは、データ格納ブロック22、23、24の先頭からファイル毎のデータが、各データ格納ブロックに収まるように配置され、ファイルのデータ配置がされなかった領域は未使用領域となる。 Next, the file data 20e is data for each file from the head of the data storage blocks 22, 23, 24 are arranged to fit into the respective data storage blocks, areas not the data arrangement of files and unused area Become.

【0023】図5は、本発明が適用されるフラッシュメモリのファイルシステム20の書き換え処理の一例を説明するフローチャートである。 [0023] FIG 5 is a flowchart illustrating an example of a process of rewriting the flash memory file system 20 to which the present invention is applied. フラッシュメモリのセクタ番号をs、書き込もうとしているフラッシュメモリのファイルシステム20の格納ブロック番号をb、これら2つの共通のオフセット値をoとする。 The sector number of the flash memory s, a storage block number of the file system 20 of the flash memory to be written b, the two common offset value is o. まず、フラッシュメモリのセクタ番号s、および書き込もうとしているフラッシュメモリのファイルシステム20の格納ブロック番号bを0に設定し(ステップS1)、共通のオフセット値oを0に設定する(ステップS2)。 First, it sets sector number s of the flash memory, and Attempt to write to the flash memory has a storage block number b of the file system 20 to 0 (step S1), and is set to 0. common offset value o (step S2). 各々の先頭アドレスからのオフセット値oにおけるデータ値を順次比較していく(ステップS3)。 Sequentially comparing the data value in the offset value o from the start address of each (step S3). ここで、データの相違があった場合(NOの場合)、その対象となる第sセクタを消去し(ステップS8)、オフセット値oを0にする(ステップS9)。 Here, (the case of NO) when there is a difference in data, it erases the first s sectors of its target (step S8), and the offset value o to 0 (step S9). そして、対象となる書き換えようとしているファイルシステム20の格納ブロックで書き換えを行って(ステップS10)、次セクタに移り(ステップS11)、オフセット値oがセクタ(格納ブロック)サイズより大きいかどうか判断し(ステップS1 Then, by performing the rewriting in storage blocks in the file system 20 that is going to rewrite the target (step S10), and proceeds to the next sector (step S11), and the offset value o it is determined whether greater than the sector (storage blocks) Size (step S1
2)、大きい場合(YESの場合)、次の書き換えファイルシステムの格納ブロック、セクタに移行する(ステップS6)。 2), when the greater (YES), stores the block of the next rewriting the file system, the process proceeds to a sector (step S6).

【0024】ステップS3において相違がなかった場合(YESの場合)にも、次セクタに移り(ステップS [0024] Even if there is no difference in the step S3 (YES), of move to the next sector (step S
4)、オフセット値oがセクタ(格納ブロック)サイズより大きいかどうか判断し(ステップS5)、大きい場合(YESの場合)、ステップS6で次の書き換えファイルシステムの格納ブロック、セクタに移り、同処理を行う。 4), the offset value o is determined whether greater than the sector (storage block) size (step S5), and if large (case of YES), the processing shifts to the next storage block, sectors of rewriting the file system in step S6, the process I do. この工程を書き換えファイルシステムの格納ブロックがある限り、もしくはフラッシュメモリのセクタが存在する限り実行する(ステップS7)。 Unless this process there is a storage block for rewriting the file system, or to execute as long as the sector of the flash memory is present (step S7).

【0025】図6は、フラッシュメモリのファイルシステム20の書き換え処理の一例を示す図で、図中、25 FIG. 6 is a diagram showing an example of rewriting processing of the flash memory file system 20, in the drawing, 25
は、データ格納ブロック、図6(A)に書き換えようとするファイルシステムを示し、図6(B)にフラッシュメモリに書かれているファイルシステムを示す。 The data storage block, indicates the file system to be rewrite in FIG. 6 (A), shows a file system that is written in the flash memory in FIG. 6 (B). 図6 Figure 6
(A)に示す書き換えようとするファイルシステム20 File system 20 to be to rewrite shown in (A)
では、ファイルデータ20e中のファイル2のデータが更新され、そのデータサイズが減少して、ファイル2のデータがデータ格納ブロック22に収まるようになったため、図6(B)に示すように、ファイルシステム全てを書き換えなければならなくなっている。 In the file in the data 20e of the file 2 of the data is updated, the data size thereof is reduced, because the data of the file 2 is now fit to the data storage block 22, as shown in FIG. 6 (B), the file It is no longer must rewrite all system.

【0026】図7は、フラッシュメモリのファイルシステム20の書き換え処理の一例を示す図で、図7(A) FIG. 7 is a diagram showing an example of rewriting processing of the flash memory file system 20, FIG. 7 (A)
に書き換えようとするファイルシステムを示し、図7 It shows the file system that will rewrite, FIG. 7
(B)にフラッシュメモリに書かれているファイルシステムを示しており、前述の図6に示した例に対し、フラッシュメモリのファイルシステム20の構成をさらに検討したものである。 (B) shows a file system that is written in the flash memory, in which respect the example shown in FIG. 6 above, was further examined the structure of the file system 20 of the flash memory. 図7(B)に示す例では、フラッシュメモリのファイルシステム20中のファイルデータにおいて、ファイルの更新履歴をもとに古いファイルデータからデータ格納ブロックにデータ配置されている。 In the example shown in FIG. 7 (B), in the file data in the flash memory file system 20, which is data arranged in the data storage blocks from the original to the old file data update history file. ここで、ファイルの古い順からファイル3、ファイル5、 Here, file 3, file 5 from the old order of the file,
ファイル2、ファイル1、ファイル4で配置される。 File 2, File 1, it is arranged in file 4.

【0027】図7に示すファイルシステム20の作成方式では、更新履歴の古いファイルは、今後も変更を加える可能性が低く、さらに新しいファイルは頻繁に変更が加わる可能性が高いため、ファイルデータ20eをファイルの変更の可能性の低いものからデータ格納ブロックに配置することで作成し、図7(A)に示す書き換えようとするファイルシステム20中のファイルデータ20 [0027] In creation method of the file system 20 shown in FIG. 7, old files in the update history are less likely to make changes in the future, since newer file is likely to be applied frequently changed, file data 20e created by placing in the data storage block from lowest potential file changes, file data 20 in the file system 20 to be rewrite shown in FIG. 7 (a)
eの配置ずれをデータ格納ブロックの終盤にすることによって、書き換えを必要とするセクタを減らすことが出来る。 By the misalignment of e to the end of the data storage block, it is possible to reduce the sector that requires rewriting. このとき、図6に示した例と同様にファイル2のデータに対してのみ更新され、データサイズが減少した場合、図7(B)に示す例では、第2セクタ、第3セクタに対してセクタの書き換えが不要になっており、セクタの書き換え回数を減らすことが出来ている。 At this time, updated only for the example as well as the file 2 data shown in FIG. 6, if the data size is reduced, in the example shown in FIG. 7 (B), the second sector, the third sector rewriting of the sector has become unnecessary, and can reduce the number of times of rewriting of the sector.

【0028】図8は、フラッシュメモリのファイルシステム20の書き換え処理の一例を示す図で、図8(A) [0028] FIG. 8 is a diagram showing an example of rewriting processing of the flash memory file system 20, FIG. 8 (A)
に書き換えようとするファイルシステムを示し、図8 It shows the file system that will rewrite, FIG. 8
(B)にフラッシュメモリに書かれているファイルシステムを示す。 In (B) shows a file system that is written to the flash memory. 図8(B)に示す例では、セクタの書き換え回数を減らすため、情報格納ブロック21が1つのときは、最新のファイルを順に情報格納ブロック21の情報予備領域20fに格納可能な限りデータを格納する。 In the example shown in FIG. 8 (B), to reduce the number of times of rewriting of the sector, when the information storage block 21 is one, it stores the data as possible stored in the information reserved area 20f of the latest file order information storage block 21 to.
書き換えるフラッシュメモリ上のファイルシステム20 File system 20 on the flash memory to be rewritten
では、ファイルの変更を加えると、必ずファイル情報は変わる。 In, When you make a change of the file, the changes always file information. つまり、ファイルシステム20の書き換えにおいて、情報格納ブロック21に該当するセクタについては必ず書き換えを必要とする。 That is, in rewriting the file system 20, which necessarily require rewriting for the sector corresponding to the information storage block 21.

【0029】ここで、変更を加えたファイルが情報予備領域20fに収まるデータサイズであれば、ファイルデータを構成するデータ格納ブロック22以降の書き換えが不要になり、さらに、セクタの書き換えを減らすことができる。 [0029] Here, if the data size file modified is within the information reserved area 20f, rewriting after data storage block 22 constituting the file data is not required, further, reduce the rewriting sectors it can. 図8(B)に示す例では、最新のファイル4 In the example shown in FIG. 8 (B), the latest file 4
のデータ変更に対して、第1セクタのみの書き換えだけで済ますことが出来ている。 For the data changes, and can be dispensed with only rewriting of only the first sector.

【0030】 [0030]

【発明の効果】請求項1の発明によると、ファイルシステムの書き換えを行うとき、ファイルシステム作成時にデータ格納ブロックの構成変更が行われない場合に限り、変更があったファイルシステムの格納ブロックに対してセクタ書き換えを行えばよいので、セクタ書き換え回数を減らすことができ、かつ変更のないセクタに対して書き換え失敗の危険にさらさずに済むためデータの安全を確保できる。 According to the first aspect according to the present invention, when the rewriting of the file system only when a configuration change of the data storage blocks at the file system creation is not performed, with respect to storage blocks of the file system that have changed since it is sufficient to sector rewriting Te, it is possible to reduce the sector number of rewrites, and the safety data for unnecessary to risk of rewriting failure can be secured against unchanged sectors.

【0031】請求項2の発明によると、ファイルデータをファイル変更の可能性の低いものから順にデータ格納ブロックに配置することにより、データ格納ブロックの構成変更をファイルデータ中の終盤にして、請求項1の発明よりもセクタ書き換え回数を減らすことができ、かつ変更のないセクタに対して書き換え失敗の危険にさらさずに済むためデータの安全を確保できる。 [0031] According to the second aspect of the present invention, by arranging the file data from lowest potential file changes to the data storage block in order, and the configuration change of the data storage blocks in the end of the file data, claim it is possible to reduce the sector number of rewrites than one invention, and the safety data for unnecessary to risk of rewriting failure can be secured against unchanged sectors.

【0032】請求項3の発明によると、変更されたファイルが情報格納ブロックの空き領域に収まった場合は、 [0032] According to the third aspect of the present invention, if the modified file subsided free area information storage block,
必ずセクタ書き換えを行なうファイルシステム情報、ディレクトリ情報、ファイル情報、パス情報の情報格納ブロックのみのセクタ書き換えで済ますことができ、請求項2の発明よりもセクタ書き換え回数を減らすことができ、かつ変更のないセクタに対して書き換え失敗の危険にさらさずに済むためデータの安全を確保できる。 File system information always perform sector rewriting directory information, file information, the path information information storage can be dispensed with sector rewriting block only, it is possible to reduce the sector number of rewrites than the invention of claim 2, and changing the the safety data for unnecessary to risk of rewriting failure can be secured against free sector.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】 本発明が適用されるフラッシュメモリのファイルシステムを作成する情報処理装置のシステム構成例を示す図である。 1 is a diagram showing an example of a system configuration of an information processing apparatus to which the present invention is to create a file system of the flash memory to be applied.

【図2】 本発明が適用されるフラッシュメモリのファイルシステムの書き換えを行う情報処理装置のシステム構成例を示す図である。 2 is a diagram showing a system configuration example of an information processing apparatus for performing rewriting of the flash memory file system to which the present invention is applied.

【図3】 ディレクトリ構造の一例を示す図である。 3 is a diagram showing an example of the directory structure.

【図4】 本発明が適用されるフラッシュメモリのセクタ境界を考慮したファイルシステムの構成例を示す図である。 Is a diagram illustrating a configuration example of a file system in consideration of the sector boundary of the flash memory [4] The present invention is applied.

【図5】 本発明が適用されるフラッシュメモリのファイルシステムの書き換え処理の一例を説明するフローチャートである。 Is a flowchart illustrating an example of a process of rewriting the flash memory file system [5] The present invention is applied.

【図6】 フラッシュメモリのファイルシステムの書き換え処理の一例を示す図である。 6 is a diagram showing an example of rewriting processing of the flash memory file system.

【図7】 フラッシュメモリのファイルシステムの書き換え処理の一例を示す図である。 7 is a diagram showing an example of rewriting processing of the flash memory file system.

【図8】 フラッシュメモリのファイルシステムの書き換え処理の一例を示す図である。 8 is a diagram showing an example of rewriting processing of the flash memory file system.

【図9】 フラッシュメモリのファイルシステムの構成例を示す図である。 9 is a diagram showing an example of a configuration of a flash memory file system.

【図10】 従来方式のファイルシステムの更新の一例を示す図である。 10 is a diagram showing an example of the update of the conventional system's file system.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

1…CPU、2…RAM、3…ROM、4…メモリカードインタフェイス、5…メモリカード、6…表示部、7 1 ... CPU, 2 ... RAM, 3 ... ROM, 4 ... memory card interface, 5 ... memory card, 6 ... display unit, 7
…入力部、8…HDD、9…システムバス、10…フラッシュメモリ、20…ファイルシステム、20a…ファイルシステム情報、20b…ディレクトリ情報、20c ... input section, 8 ... HDD, 9 ... system bus, 10 ... flash memory, 20 ... file system, 20a ... file system information, 20b ... directory information, 20c
…ファイル情報、20d…パス情報、20e…ファイルデータ、20f…情報予備領域、21、情報格納ブロック、22、23、24、25…データ格納ブロック。 ... file information, 20d ... path information, 20e ... file data, 20f ... information reserved area, 21, information storage block, 22, 23, 24, 25 ... data storage blocks.

Claims (3)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 フラッシュメモリのファイルシステム作成方式において、フラッシュメモリのファイルシステム中でセクタ境界を考慮したブロックを格納ブロックとして、ファイルシステム情報、ディレクトリ情報、ファイル情報、パス情報を格納ブロックに収まるように配置した情報格納ブロックと、ファイル毎のデータを格納ブロックに収まるように配置したデータ格納ブロックの2種類かつ複数の格納ブロックで構成することを特徴とするフラッシュメモリのファイルシステム作成方式。 1. A flash memory file system creation method, a block in consideration of the sector boundary in the flash memory file system as a storage block, the file system information, directory information, file information, to fit in storage block path information an information storage block disposed on the two types and file system creation method of the flash memory, characterized in that it consists of a plurality of storage blocks arranged data storage block to fit storage block data for each file.
  2. 【請求項2】 請求項1に記載のフラッシュメモリのファイルシステム作成方式において、ファイル毎のデータをファイルの更新履歴の古い順にデータ格納ブロックに収まるように配置することを特徴とするフラッシュメモリのファイルシステム作成方式。 2. A file system creation method of the flash memory according to claim 1, the flash memory, characterized in that arranged to fit the data for each file in the data storage block old order of file update history file system-created method.
  3. 【請求項3】 請求項1または2に記載のフラッシュメモリのファイルシステム作成方式において、ファイルシステム情報、ディレクトリ情報、ファイル情報、パス情報の情報格納ブロックが単一で、その単一ブロックの空き領域に更新履歴の新しいファイル毎のデータを、前記情報格納ブロックに収まるように配置することを特徴とするフラッシュメモリのファイルシステム作成方式。 3. The file system creation method of the flash memory according to claim 1 or 2, the file system information, directory information, file information, the information storage block of the path information single, free space of that single block the new data for each file, the file system creation method of the flash memory, characterized in that arranged to fit into the information storage block of the update history.
JP2001045518A 2001-02-21 2001-02-21 Method for preparing file system for flash memory Pending JP2002251310A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001045518A JP2002251310A (en) 2001-02-21 2001-02-21 Method for preparing file system for flash memory

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001045518A JP2002251310A (en) 2001-02-21 2001-02-21 Method for preparing file system for flash memory

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2002251310A true JP2002251310A (en) 2002-09-06

Family

ID=18907303

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2001045518A Pending JP2002251310A (en) 2001-02-21 2001-02-21 Method for preparing file system for flash memory

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2002251310A (en)

Cited By (12)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6731536B1 (en) * 2001-03-05 2004-05-04 Advanced Micro Devices, Inc. Password and dynamic protection of flash memory data
KR100862237B1 (en) 2007-03-02 2008-10-09 한국과학기술원 File System Based on NAND Flash Memory and Flie Search Method thereof
US7669003B2 (en) 2005-08-03 2010-02-23 Sandisk Corporation Reprogrammable non-volatile memory systems with indexing of directly stored data files
US7814262B2 (en) 2005-10-13 2010-10-12 Sandisk Corporation Memory system storing transformed units of data in fixed sized storage blocks
US7877540B2 (en) 2005-12-13 2011-01-25 Sandisk Corporation Logically-addressed file storage methods
US7877539B2 (en) 2005-02-16 2011-01-25 Sandisk Corporation Direct data file storage in flash memories
US7949845B2 (en) 2005-08-03 2011-05-24 Sandisk Corporation Indexing of file data in reprogrammable non-volatile memories that directly store data files
US7984233B2 (en) 2005-02-16 2011-07-19 Sandisk Corporation Direct data file storage implementation techniques in flash memories
US8055832B2 (en) 2005-08-03 2011-11-08 SanDisk Technologies, Inc. Management of memory blocks that directly store data files
US8214583B2 (en) 2005-02-16 2012-07-03 Sandisk Technologies Inc. Direct file data programming and deletion in flash memories
JP2013218388A (en) * 2012-04-05 2013-10-24 Sharp Corp Program update device, method, program, and recording medium
US9104315B2 (en) 2005-02-04 2015-08-11 Sandisk Technologies Inc. Systems and methods for a mass data storage system having a file-based interface to a host and a non-file-based interface to secondary storage

Cited By (13)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6731536B1 (en) * 2001-03-05 2004-05-04 Advanced Micro Devices, Inc. Password and dynamic protection of flash memory data
US9104315B2 (en) 2005-02-04 2015-08-11 Sandisk Technologies Inc. Systems and methods for a mass data storage system having a file-based interface to a host and a non-file-based interface to secondary storage
US8214583B2 (en) 2005-02-16 2012-07-03 Sandisk Technologies Inc. Direct file data programming and deletion in flash memories
US7877539B2 (en) 2005-02-16 2011-01-25 Sandisk Corporation Direct data file storage in flash memories
US7984233B2 (en) 2005-02-16 2011-07-19 Sandisk Corporation Direct data file storage implementation techniques in flash memories
US7669003B2 (en) 2005-08-03 2010-02-23 Sandisk Corporation Reprogrammable non-volatile memory systems with indexing of directly stored data files
US8291151B2 (en) 2005-08-03 2012-10-16 Sandisk Technologies Inc. Enhanced host interface
US7949845B2 (en) 2005-08-03 2011-05-24 Sandisk Corporation Indexing of file data in reprogrammable non-volatile memories that directly store data files
US8055832B2 (en) 2005-08-03 2011-11-08 SanDisk Technologies, Inc. Management of memory blocks that directly store data files
US7814262B2 (en) 2005-10-13 2010-10-12 Sandisk Corporation Memory system storing transformed units of data in fixed sized storage blocks
US7877540B2 (en) 2005-12-13 2011-01-25 Sandisk Corporation Logically-addressed file storage methods
KR100862237B1 (en) 2007-03-02 2008-10-09 한국과학기술원 File System Based on NAND Flash Memory and Flie Search Method thereof
JP2013218388A (en) * 2012-04-05 2013-10-24 Sharp Corp Program update device, method, program, and recording medium

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP3763992B2 (en) Data processing apparatus and a recording medium
US5819298A (en) File allocation tables with holes
KR100375533B1 (en) Data processing system, block erasing type memory device and memory medium storing program for controlling memory device
CN100456240C (en) Applying custom software image updates to non-volatile storage in a failsafe manner
US8510336B2 (en) Transactional file system
US6185575B1 (en) In-place disk partition canonization and storage optimization
US5907703A (en) Device driver for accessing computer files
US6594780B1 (en) Operating system and data protection
US8412752B2 (en) File system having transaction record coalescing
JP4668416B2 (en) Protection of the boot block code of time to allow write access to the boot block
JP3548197B2 (en) Multiple file name referencing system
CN100478946C (en) Method and apparatus for file system snapshot persistence
US5991753A (en) Method and system for computer file management, including file migration, special handling, and associating extended attributes with files
EP1168174A1 (en) Automatic backup/recovery process
JP3629510B2 (en) Expansion card file system
JP3856855B2 (en) Differential backup method
US7840617B2 (en) Host device and memory system
JP3072722B2 (en) Data management apparatus and a data management method and a storage medium using the flash memory using a flash memory
US20030088812A1 (en) Ruggedized block device driver
US7366859B2 (en) Fast incremental backup method and system
US6408434B1 (en) System and method for using a substitute directory to automatically install an update program
US7472122B2 (en) Computer system and method for managing file versions
KR101033068B1 (en) Memory Device and Recording/Reproducing Apparatus Using the Same
EP1209556A2 (en) Method and system for transparently extending non-volatile storage
US6055546A (en) Method and apparatus for preserving non-current information that can be overwritten in a computer file