JP2002244163A - Display material - Google Patents

Display material

Info

Publication number
JP2002244163A
JP2002244163A JP2001046551A JP2001046551A JP2002244163A JP 2002244163 A JP2002244163 A JP 2002244163A JP 2001046551 A JP2001046551 A JP 2001046551A JP 2001046551 A JP2001046551 A JP 2001046551A JP 2002244163 A JP2002244163 A JP 2002244163A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
display
display medium
electrophoretic display
according
material
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2001046551A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP4160266B2 (en )
Inventor
Nariyuki Harada
Kunio Hayakawa
Mitsunobu Morita
成之 原田
邦雄 早川
充展 森田
Original Assignee
Ricoh Co Ltd
株式会社リコー
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a display material which can realize display characteristics with little color mixing in the base part. SOLUTION: The display material consists of a porous member, having pores, each of which is surrounded by a peripheral wall and a fluid colored material which fills the pores. The porous member has a single color tone, which is different from the tone of the fluid coloring material.

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【発明の属する技術分野】本発明は、表示用材料と、それを用いた可逆的に視認状態を変化させうる電気泳動表示媒体、電気泳動表示装置、表示方法、表示カード、記録シート、ディスプレイ及び可逆表示型看板に関する。 BACKGROUND OF THE INVENTION The present invention includes a display material, an electrophoretic display medium which can reversibly alter the viewing conditions using the same, an electrophoretic display device, a display method, a display card, a recording sheet, a display and on the reversible display type sign.

【0002】 [0002]

【従来の技術】電気泳動現象を利用して可逆表示を行う電気泳動表示装置は、少なくとも一方は透明な2枚の基板をスペーサーを介して所用間隔をあけて対向配置して密閉空間を形成し、この密閉空間に分散粒子(顔料成分粒子)をこれと色調の異なる色に着色された分散媒中に分散させた表示液を充填して表示パネルとし、この表示パネルに電界を印加して表示を得ようとするもので、透明な基板面が表示面になる。 BACKGROUND ART electrophoretic display device for a reversible display using an electrophoretic phenomenon, at least one is disposed face to face to form a closed space at a Shoyo interval via spacers the two substrates , and this sealed space dispersed particles (pigment component particles) the display panel is filled with a display liquid dispersed in a dispersion medium which is colored in different colors shades and which, displayed by applying an electric field to the display panel intended to be obtained, transparent substrate surface is the display surface. 密封空間に充填される電気泳動表示用表示液は、キシレン、イソパラフィン等の炭化水素系等の分散媒、二酸化チタンなどの顔料粒子(分散粒子)、この分散粒子と色のコントラストを付けるための染料、界面活性剤などの分散剤及び荷電付与剤などの添加剤から構成される。 For electrophoretic display display liquid which is filled in a sealed space, xylene, dispersion media hydrocarbon such isoparaffins such as pigment particles (dispersed particles) such as titanium dioxide, dyes for applying the dispersed particles and color contrast , of additives such as dispersing agents and charge-imparting agent such as a surfactant. この表示液に電界を印加することにより表示液中の分散粒子が透明基板側に移動し表面には分散粒子の色が現れる。 The color of the dispersed particles appears on the dispersed particles move to the transparent substrate surface in the display liquid by applying an electric field to the display fluid. これと逆方向の電界を印加する事により、分散粒子は背面側に移動し、表面には染料により着色された分散媒の色が現れる。 By applying an electric field of this the opposite direction, dispersed particles move to the rear side, the color of the dispersion medium to the surface colored by a dye appears. この様な電気泳動表示装置は、電界の向きを制御することにより所望の表示を得る表示装置であり、表示液が比較的入手容易な低コスト材料である、視野角が通常の印刷物並に広い、消費電力が小さい、メモリー性を有する等の長所を持つことから安価な表示装置として注目されている。 Such electrophoretic display device is a display device to obtain a desired display by controlling the orientation of the electric field, the display liquid is relatively readily available low cost materials, a wide viewing angle to the parallel normal printed matter , low power consumption, has attracted attention as an inexpensive display device because of its advantages such as having a memory property.

【0003】しかしながら、一般に電気泳動表示用表示液は染料などを溶解して着色された分散媒中に二酸化チタンなどの高屈折率の無機顔料を分散させているために、顔料成分の色を表示する際に、その顔料と着色された分散媒との間で混色が発生し、コントラストを大幅に低下させる欠点を有している。 However, generally in order for electrophoretic display display liquid which is dispersed a high refractive index inorganic pigments such as titanium dioxide in a dispersion medium which is colored by dissolving such dyes, the display color of the pigment components when, occurs mixing between the dispersion medium which is colored with the pigment, it has the drawback of reducing significantly the contrast. この問題は、顔料表面への染料の吸着及び、顔料と顔料の間隙への染料溶液の侵入によるものと考えられ、着色された分散媒を用いた電気泳動用表示液にとっては避けがたい問題である。 This problem is adsorption of the dye to the pigment surface and is thought to be due to penetration of the dye solution to the pigment and the pigment of the gap, in inevitable problem for electrophoretic display liquid using a colored dispersion medium is there. この問題は、顔料粒子として白色顔料を用いた場合に顕著で、地肌部(非記録部)の白さを大幅に低下させるために、表示材料にとって致命的な欠陥につながりかねない。 This problem is remarkable when using a white pigment as pigment particles, in order to reduce background portion of the white of the (non-recording portion) significantly, can lead to fatal defect for a display material. このような問題点を解決するために、過去において、分散媒の着色に用いられる染料として顔料表面に対して非吸着性の染料を用いることにより(Phlips To solve this problem, in the past, by using a non-adsorbing dye on the pigment surface as a dye used for coloring the dispersion medium (Phlips
Lab:Conference Record of Lab: Conference Record of
1980Biennial Disp. 1980Biennial Disp. Res. Res. Co Co
nf. nf. )、あるいは分散媒中の染料濃度を低くすること(Xerox PaloAlto:Proc.SID, ), Or lowering the dye concentration in the dispersing medium (Xerox PaloAlto: Proc.SID,
Vol. Vol. 18,3/4,1977)や、染料濃度、顔料濃度、界面活性剤の最適化(松下:Proc.SID, 18,3 / 4,1977) and dye concentration, pigment concentration, optimization of the surfactant (Matsushita: Proc.SID,
Vol. Vol. 18,No3/4,1977)による改善も提案されている。 18, No3 / 4,1977) improved by have also been proposed. しかし、これらの方法では、効果が不十分であるばかりでなく、染料溶液による表示濃度の低下や応答速度低下という問題を引き起こしてしまい実用的な解決策に至っていないのが現状である。 However, in these methods, effects are not only insufficient, not yet been practical solution would cause the problem of reduction and response speed decrease in display density due to dye solution at present.

【0004】そこで、着色された分散媒を用いるシステムの有する上記欠点を解決する手段として、染料溶液を用いないシステムが提案されている。 [0004] Therefore, as means for solving the above drawbacks with the systems using colored dispersion medium, the system not using the dye solution has been proposed. 例えば、高絶縁性低粘度の無色分散媒中に色調及び電気泳動性が互いに異なる少なくとも2種類の電気泳動性粒子を分散した液を、少なくとも一方が透明な2枚の対向電極間にスペーサーを介して形成されるセル内に封入した電気泳動表示素子が提案されている(特開昭62−269124)。 For example, a highly insulating low viscosity liquid color and electrophoretic during colorless dispersion medium obtained by dispersing each other at least two different electrophoretic particles, through a spacer between at least one of two transparent counter electrode the electrophoretic display device was sealed in a cell formed Te has been proposed (JP 62-269124).
しかし、これらの系では色調の異なる電気泳動性粒子の帯電電荷が反対(正と負の組合せ)である為に、粒子間の電気的な引力による凝集が発生することで混色を起こし、良好なコントラストを有する表示を実現することは困難である。 However, for these charges of different electrophoretic particles color tones in a system are opposite (positive and negative combined), cause color mixing by aggregation due to electrical attraction between particles occurs, good it is difficult to realize a display having a contrast. また、高絶縁性低粘度の無色分散媒中に電気泳動性が同一で色調及び、電気泳動速度が互いに異なる少なくとも2種類の電気泳動性粒子を分散した液を少なくとも一方が透明な2枚の対向電極間にスペーサーを介して形成されるセル内に封入した電気泳動表示素子が提案されている(特開昭63−50886)が、この場合は同一方向に移動する色調の異なる電気泳動性粒子の移動速度差を単に利用したものである為に、電気泳動表示を繰り返す際に粒子の入れ替わり(移動速度による表示色のコントロール)を制御することが非常に困難であり、結果としてコントラストの高い表示を実現することはできない。 Further, highly insulating color electrophoretic are identical in colorless dispersion medium low viscosity and at least one dispersed liquid at least two electrophoretic velocity is different electrophoretic particles are two transparent faces electrophoretic display element enclosed in a cell formed via a spacer between the electrodes has been proposed (JP 63-50886) is different electrophoretic particles tone in this case moving in the same direction to is obtained by simply using a mobile speed difference, turnover of the particles when repeating the electrophoretic display is very difficult to control (control of the display color by moving speed), a high display contrast as a result can not be realized. 更に、原理的に一方の面において異なる色調を同時に表示することは、不可能であるので実用性に欠けている。 Furthermore, displaying a different color in principle one side at the same time, it lacks practicality because it is impossible.

【0005】一方、この様な色調及び電気泳動性(帯電電荷)が互いに異なる2種類の電気泳動性粒子を分散した液を電気泳動用表示液として用いる系において問題となっている粒子間の凝集を防ぐ為の手段として、電荷調整剤の添加や粒子の表面処理等による立体的反発効果を用いることが提案されている(特表平8−51079 On the other hand, aggregation between particles in question in a system using such color and electrophoretic (charge) are dispersed mutually different two kinds of electrophoretic particles liquid as display liquid for electrophoretic as a means for preventing, it has been proposed to use a steric repulsion effect of the surface treatment of the additive and the particles of the charge control agent (Kohyo 8-51079
0)が、これらの方法では電気泳動特性の異なる(反対電荷を有していて、反対方向に泳動する)電気泳動性粒子間の凝集を完全に防ぐことは困難であり、良好なコントラストを実現するには至っていない。 0), these methods have the electrophoretic properties different (opposite charge, migrate in the opposite direction) it is difficult to completely prevent the aggregation between the electrophoretic particles, achieve a good contrast It has not yet been to. また、樹脂と白色顔料からなる隠蔽用白色粒子と表示用着色粒子と溶媒からなる画像表示用インク組成物が提案されている(特開平10−149117)が、ここで提案されている白色粒子は、白色顔料を混練・粉砕、分散状態からの重合、凝集によって樹脂と複合化したものであり、通常、 Further, the white particles for image display ink composition comprising a concealment white particles for display colored particles and a solvent consisting of a resin and a white pigment has been proposed (JP-A 10-149117) is proposed here a white pigment kneaded and pulverized polymerization from a dispersed state, which has complexed with the resin by coagulation, usually,
染料によって着色された分散媒を用いる電気泳動用表示液において溶媒との比重差を調整する目的で使用されている白色粒子と同じである。 Is the same as the white particles is used for the purpose of adjusting the specific gravity difference between the solvents in the display liquid for electrophoresis using a colored dispersion medium with a dye. 従って、色調の異なる顔料(磁性粉単独又は、混合物からなる表示用着色顔料)との組合せにおいて、2種類の粒子間における凝集を低減させる機能を持ち合わせていない為に前述の技術と同様に凝集による混色を引き起こしてしまい、コントラストの低下を引き起こしてしまう。 Therefore, the color tone different pigments (magnetic powder alone or, display color pigment comprising a mixture) in combination with, by two coagulation like the foregoing techniques to do not have the function to reduce aggregation among the particles It will cause the color mixing, thereby causing a reduction in contrast. この様に、電気泳動表示媒体に用いる表示液に対してコントラストを向上させる為、過去に多くの検討がなされているが、十分な効果をもたらす技術は見いだされておらず、高コントラスト、 Thus, since the display solution for use in the electrophoretic display medium to improve the contrast, although many studies in the past have been made, no technique which provides a sufficient effect is found, high contrast,
中でも地肌部の白色度が高いシステムは実現されていない。 Among them whiteness of background portion is not higher system implementation.

【0006】一方、電気泳動表示媒体を作成する際には、表示液を封入するセルの構成が非常に重要である。 On the other hand, when creating the electrophoretic display medium, a configuration of the cell encapsulating the display liquid is very important.
特に、電気泳動表示液を微小領域に分割する点は表示媒体の性能と密接な関係にあることから、各種の検討がなされてきたが、簡便で且つ安価に製造できる形態は実現されていなかった。 In particular, a point dividing the electrophoretic display liquid in the minute area since it is closely related to the performance of the display medium, but various studies of have been made, the form that can be easily and inexpensive to manufacture has not been realized . ところが、分散粒子と該分散粒子と異なる色調に着色された分散媒とからなる分散系(電気泳動用表示液)をマイクロカプセル中に封入し、これらのマイクロカプセルを電極間に配装する構成の電気泳動表示装置が提案され(特開平1−86116/平成8年登録 第2551783号)、電気泳動表示装置の構成方法としても簡便な手段が提案されるようになった。 However, the dispersion comprising a dispersion medium which is colored in a different color the dispersed particles and the dispersion particles (electrophoretic display liquid) encapsulated in microcapsules, the structure of HaiSo these microcapsules between electrodes electrophoretic display devices have been proposed (Patent 1-86116 / 1996 registration No. 2551783), simple means be configured method of the electrophoretic display device now it is proposed. この方法のメリットとして泳動粒子の偏在による表示の不均一が防げる点に加えて、支持体上へのマイクロカプセル塗布という非常に簡易的な方法で電気泳動表示媒体を作製できる点が挙げられる。 In addition to that the display nonuniformity due to the uneven distribution of the electrophoretic particles as the benefits of this method can be prevented, and the like that can be produced an electrophoretic display medium in a very simple manner that the microcapsule coating onto the support. しかし、この方法においても内包される表示液として従来の系(有色の染料溶液と顔料粒子の分散液)を利用している限りは前記の混色を伴うものであり、高コントラスト表示は期待できない。 However, as long as using a conventional system (dispersion of dye solution and pigment particles colored) as a display liquid is also included in this process are those involving the mixing of the high contrast display can not be expected.
また、カプセル調製工程は通常、乳化や加熱、冷却工程を含むものであることから、電気泳動表示液の特性を低下させることがあり、最適な方法であるとは言い難い。 Further, the capsule preparation step is typically emulsified or heating, since it is intended to include a cooling step, may degrade the characteristics of the electrophoretic display liquid, it is difficult to say that a great way.
更に、電気泳動表示液を内包したマイクロカプセルの層を支持体上に形成した電気泳動表示媒体では、マイクロカプセル粒子の大きさ(深さ方向の長さ)によってコントラストが支配されてしまい、コントラストと精細性とが背反になってしまう。 Furthermore, in the electrophoretic display medium to form a layer of microcapsules on the support which encloses an electrophoretic display liquid, it will be governed contrast by the size of the microcapsule particles (length in the depth direction), and contrast and the definition of becomes contradictory. このことからも、表示媒体の形態と表示特性の両面からみた場合に、最適の方法であるとは言えない。 This also when viewed from both sides of the form and display characteristics of the display medium, it is not optimal manner.

【0007】また、この様なマイクロカプセルの利用が提案される以前に、多孔質の高分子化合物からなるスペーサーに電気泳動表示液を含有させて電気泳動表示媒体に用いる技術が提案されている。 Further, before the use of such microcapsules is proposed a technique of using the electrophoretic display medium to a spacer made of a porous polymeric compound is contained electrophoretic display liquid is proposed. 例えば、多孔性スペーサーとしてシリコンゴム、ウレタンゴムをはじめとする各種高分子化合物からなるシートにパンチ、レーザー等を利用した各種手段で貫通した穴(透孔)を形成し、この透孔に相当する部分に電気泳動表示液を存在させることによって、電気泳動表示媒体を形成する技術が提案されている(特開平2−284124、特開平2−284 For example, silicone rubber, to form a urethane rubber started to punch the sheet made of various polymer compound, a hole penetrating in the various means utilizing a laser or the like (holes) as the porous spacer, it corresponds to the hole the presence of the electrophoretic display liquid portion, a technique for forming an electrophoretic display medium has been proposed (JP-a 2-284124, JP-a-2-284
125、特開平2−284126、特開平2−2841 125, JP-A 2-284126, JP-A-2-2841
27、特開平5−165064等)。 27, JP-A-5-165064, etc.). しかしながら、これらの技術で用いている多孔質スペーサーは、高分子化合物シートに穴を開けた構造のマトリックス材であるため、基本的な表示特性は透孔部に充填された電気泳動表示液の特性に支配されてしまう。 However, porous spacer is used in these techniques are the matrix material of the structure with holes in the polymer compound sheet, the characteristics of the basic display characteristics electrophoretic display liquid filling the through hole portion It would be dominated. つまり、前記の表示液を保持するための単なる器としての機能しか持ち合わせていない為に、高コントラスト、中でも地肌部の白色度が高い表示特性を実現することはできない。 That is, in order to not ready only functions as a mere vessel for holding the display liquid, high contrast, can not be realized high whiteness display characteristics among them the background portion. 更に、シート状の高分子に貫通穴(透孔)を形成する構造であるために、透孔の存在割合にも限界があり、スペーサー機能と表示密度とが背反してしまう。 Furthermore, because the polymer sheet is a structure forming a through hole (hole), there is a limit to the existing ratio of the through hole, and the display density and the spacer function resulting in contradictory. 従って、前記多孔質スペーサーを用いても、高コントラストな表示特性を得ることは困難である。 Therefore, even using the porous spacer, it is difficult to obtain a high-contrast display characteristics.

【0008】更に、上記の多孔質スペーサーとは異なる方法で多孔質物質を形成し電気泳動表示媒体に用いる技術が提案されている(特開平4−86785)。 Furthermore, it has been proposed a technique of using a porous material to form the electrophoretic display medium in a different way than the porous spacer (JP 4-86785). この技術では、連結した略球形のキャビティを多数形成し、そこに電気泳動表示液を充填した多孔質物質を用いて電気泳動表示媒体を形成することが提案されている。 In this technique, a large number of cavities substantially spherical linked, to form an electrophoretic display medium using a porous material filled with an electrophoretic display liquid therein has been proposed. この場合には、キャビティが互いに連結した状態でランダムに存在しているために、前記の多孔質スペーサーに比べると表示媒体の構造を維持しやすくなっている。 In this case, has to be present in a random state in which the cavity is connected to each other, easily maintained the structure of the display medium compared to the porous spacer. しかし、 But,
この場合にも、前記多孔質スペーサーと同様に高分子化合物からなる多孔質物質は単なるマトリックス材としての機能を有するだけであり、表示媒体の特性は充填される表示液によって支配されてしまう。 In this case also, the porous porous substance made of a polymer compound as well as spacers are only functions as a mere matrix material, characteristics of the display medium will be governed by the display liquid filled. つまり、前記の表示液を保持するための単なる器としての機能しか持ち合わせていない為に、高コントラスト、中でも地肌部の白色度が高い表示特性を実現することはできない。 That is, in order to not ready only functions as a mere vessel for holding the display liquid, high contrast, can not be realized high whiteness display characteristics among them the background portion.

【0009】また、特開平5−264970をはじめとする公開公報には、液晶材料を高分子多孔膜に充填して用いることが示されているが、ここでいう多孔膜も前記(特開平4−86785)と同様の多孔質物質であり、 Further, in the publications, including JP-A 5-264970, although the liquid crystal material has been shown to be used by filling the porous polymer membrane, the porous membrane also the (JP-4 here -86,785) and a similar porous material,
充填された表示液を小領域に分割、維持する以外に特別な機能を有するものではなく、基本的には充填される表示液によって表示特性が決められてしまう。 Dividing the filled display liquid into small areas, not having a special function other than to maintain the display characteristics will be determined by the display liquid is basically filled.

【0010】 [0010]

【発明が解決しようとする課題】本発明の課題は、高コントラスト、特に地肌部の混色が少ない(白色の場合には高反射率な)表示特性を実現することができる表示用材料と、それを用いた電気泳動表示媒体、電気泳動表示装置、表示方法、表示カード、記録シート、ディスプレイ及び可逆表示型看板を提供することにある。 The object of the present invention is to provide a, a high contrast, display materials, especially (in the case of white high reflectivity of) mixing the background portion is small it is possible to realize a display characteristic, it electrophoretic display medium using the electrophoretic display device, a display method, a display card is to provide a recording sheet, a display and a reversible display type signboard.

【0011】 [0011]

【課題を解決するための手段】本発明者らは、前記課題を解決すべく鋭意研究を重ねた結果、本発明を完成するに至った。 Means for Solving the Problems The present inventors have found, after intensive studies to solve the above problems, and have completed the present invention. 即ち、本発明によれば、以下に示す表示用材料、表示方法、電気泳動表示媒体、電気泳動表示装置、 That is, according to the present invention, the display materials shown below, display method, an electrophoretic display medium, the electrophoretic display device,
表示カード、記録シート、ディスプレイ及び可逆表示型看板が提供される。 Display card, a recording sheet, a display and a reversible display type signboard is provided.

【0012】(1)周壁部により包囲された空孔を有する多孔性部材と、該空孔内に充填された流動性着色物とからなり、該多孔性部材は1つの色調を有し、該色調と該流動性着色物の色調とが異なることを特徴とする表示用材料。 [0012] (1) consists of a porous member having pores surrounded by a peripheral wall, a flowable colored material filled in the air hole, the porous member has one color, the display materials and color tones and flowable colored material are different from each other. (2)該壁部が、高分子化合物と着色部材とからなる前記(1)に記載の表示用材料。 (2) wall portion, the display material according to (1) comprising a colored member and a polymer compound. (3)該着色部材が、高分子化合物中に分散している前記(2)に記載の表示用材料。 (3) the colored member, display material according to the dispersed in the polymer compound (2). (4)該壁部の色調が白色である前記(1)〜(3)のいずれかに記載の表示用材料。 (4) Display material according to any one of the color tone of the wall portion is white (1) to (3). (5)該着色部材が、無機材料の粒子からなる前記(2)〜(5)のいずれかに記載の表示用材料。 (5) said colored member, display material according to any one of the consisting of particles of inorganic material (2) to (5). (6)該着色部材が、二酸化チタンである前記(5)に記載の表示用材料。 (6) said colored member, display material according to (5) is titanium dioxide. (7)該着色部材が、内部に空隙を有する粒子である前記(2)〜(4)のいずれかに記載の表示用材料。 (7) said colored member, display material according to any one of the particles having voids therein (2) to (4). (8)該着色部材が中空ポリマー粒子である前記(7) (8) wherein said colored member is a hollow polymer particle (7)
に記載の表示用材料。 Display material according to. (9)該空孔が、直径3〜500μmの球形状の空孔がつながった形状である前記(1)〜(8)のいずれかに記載の表示用材料。 (9) the air holes, the display material of any of the a shape that led the spherical pore diameter 3~500μm (1) ~ (8). (10)該流動性着色物が、電界の作用により移動可能な成分を含有している前記(1)〜(9)のいずれかに記載の表示用材料。 (10) the flowable coloring matter is, display material of any of the contains a movable component by the action of an electric field (1) to (9). (11)該電界の作用により移動可能な成分が、黒色低次酸化チタンである前記(10)に記載の表示用材料。 (11) Display material according to the moveable component is a black lower titanium oxide (10) by electric field action. (12)前記(10)又は(11)に記載の表示用材料を含む表示装置を用い、該表示用材料に電界を印加して、該表示用材料中に含まれる該流動性着色物を該電界の作用により移動させることを特徴とする表示方法。 (12) wherein (10) or using a display device including a display material according to (11), by applying an electric field to the display material, said a flowable colored material contained in the display material display method characterized by moving by the action of an electric field. (13)対向配置された一対の基板間に前記(10)又は(11)に記載の表示用材料を介在させた構造を有し、該一対の基板のうちの少なくとも1つの基板には電極が配設され、かつ該一対の基板のうちの少なくとも1 (13) arranged opposite said between a pair of substrates (10) or has a structure obtained by interposing the display material according to (11), the electrode is at least one substrate out of the pair of substrates is disposed, and at least one of said pair of substrates
つの基板が透明であることを特徴とする電気泳動表示媒体。 One of the electrophoretic display medium, wherein the substrate is transparent. (14)該表示用材料の少なくとも一方の面に、オーバーコート層を設けた前記(13)に記載の電気泳動表示媒体。 (14) on at least one surface of the display material, electrophoretic display medium according to (13) provided with an overcoat layer. (15)該オーバーコート層が、熱硬化性樹脂及び/又は活性エネルギー線硬化樹脂からなる前記(14)に記載の電気泳動表示媒体。 (15) the overcoat layer, an electrophoretic display medium according to the made of a thermosetting resin and / or an active energy ray curable resin (14). (16)前記電気泳動表示媒体の少なくとも一部分に印刷層を設けた前記(13)〜(15)のいずれかに記載の電気泳動表示媒体。 (16) The electrophoretic display medium according to any one of the provided at least a portion on the printing layer of the electrophoretic display medium (13) to (15). (17)前記印刷層上に印刷保護層を設けた前記(1 (17) the provided print protective layer on the printed layer (1
6)に記載の電気泳動表示媒体。 The electrophoretic display medium according to 6). (18)電界の印加・制御により画像の形成と消去が可能な表示部と、情報記録部とを有する前記(13)〜 (18) wherein with a display unit capable of erasing the formed image by applying and controlling the electric field, and an information recording section (13) to
(17)のいずれかに記載の電気泳動表示媒体。 The electrophoretic display medium according to any one of (17). (19)該情報記録部が、磁気の作用により情報記録の書き込みと読み出しが可能な記録部である前記(18) (19) wherein the information recording unit is a recording unit capable of recording information writing and reading by the magnetic action (18)
に記載の電気泳動表示媒体。 The electrophoretic display medium according to. (20)該情報記録部が、集積回路メモリー又は光メモリーである前記(18)に記載の電気泳動表示媒体。 (20) the information recording unit, the electrophoretic display medium according to (18) is an integrated circuit memory, or optical memory. (21)該情報記録部が、光の作用により情報記録の読み出しが可能な記録部である前記(18)に記載の電気泳動表示媒体。 (21) the information recording unit, the electrophoretic display medium according to the information recording read by the action of light is capable of recording unit (18). (22)該情報記録部の情報が、表示媒体の表裏の判別を示す情報及び、/又は表示媒体の位置を示す情報である前記(18)〜(21)のいずれかに記載の電気泳動表示媒体。 (22) information of the information recording portion, information indicating the front and back of the determination of the display medium and / or information indicating the position of a display medium of (18) to the electrophoretic display according to any one of (21) media. (23)前記(13)〜(23)のいずれかに記載の電気泳動表示媒体を用い、該電極を介して電界を該表示用材料に印加して、該表示用材料中に含まれる該流動性着色物を該電界の作用により移動させることを特徴とする表示方法。 (23) wherein (13) using an electrophoretic display medium according to any one of the - (23), by applying an electric field to the display material through said electrode, said flow contained in the display material display method characterized by moving the electric field of action of sex colorings. (24)該電界の印加を停止した後においても、表示された表示状態を継続保持する前記(23)に記載の表示方法。 (24) In the after stopping the application of the field may also display method according to (23) to continue holding the displayed display state. (25)前記(23)に記載の表示方法で表示した後、 (25) after displaying the display method according to (23),
該電界とは逆の電界を印加して該表示状態を消去することを特徴とする消去方法。 Erasing method characterized by applying a reverse electric field to erase the display state to the electric field. (26)前記(25)の消去方法で表示を消去した後、 (26) after erasing the display by erasing method (25),
前記(23)の表示方法で再び表示することを特徴とする再表示方法。 Redisplay wherein the again displayed on the display method (23). (27)前記(13)〜(22)のいずれかに記載の電気泳動表示媒体と、該電気泳動表示媒体に視認可能な情報を表示させることができる書き込み装置とからなり、 (27) wherein (13) consists of an electrophoretic display medium according to any one of the - (22), a writing device capable of displaying the visible information in the electrophoretic display medium,
該電気泳動表示媒体と該書き込み装置は少なくとも書き込み時には近接させられるように着脱が可能である表示装置であって、該書き込み装置は画像信号に応じて該電気泳動表示媒体に電界を作用させることができ、かつ該電気泳動表示媒体との平面位置関係を相対的に変えうる機構を有する電極アレイを装備していることを特徴とする表示装置。 Electrical The electrophoretic display medium at least when writing the writing device be detachable can be a display device to be brought closer, is the writing apparatus applying an electric field to the electrophoretic display medium in accordance with image signals can, and a display device, characterized in that are equipped with electrode array having a mechanism capable of changing relatively planar positional relationship between the electrophoretic display medium. (28)前記(13)〜(22)のいずれかに記載の電気泳動表示媒体と、該電気泳動表示媒体に視認可能な情報を表示させることができる書き込み装置とからなり、 (28) wherein (13) consists of an electrophoretic display medium according to any one of the - (22), a writing device capable of displaying the visible information in the electrophoretic display medium,
該電気泳動表示媒体と該書き込み装置は少なくとも書き込み時には近接させられるように着脱が可能である表示装置であって、該書き込み装置は画像信号に応じて該電気泳動表示媒体表面に電荷を付与させることができ、かつ該電気泳動表示媒体との平面位置関係を相対的に変えうる機構を有するイオン銃アレイを装備していることを特徴とする表示装置。 Electrical The electrophoretic display medium at least when writing the writing device to a display device is detachable to be brought close, the writing device be granted a charge to the electrophoretic display medium surface according to an image signal display device, wherein a can, and are equipped with an ion gun array having a mechanism capable of changing relatively planar positional relationship between the electrophoretic display medium. (29)前記(13)〜(22)のいずれかに記載の電気泳動表示媒体と、該電気泳動表示媒体に視認可能な情報を表示させることができる書き込み装置とからなり、 (29) wherein (13) consists of an electrophoretic display medium according to any one of the - (22), a writing device capable of displaying the visible information in the electrophoretic display medium,
該電気泳動表示媒体と該書き込み装置は少なくとも書き込み時には近接させられるように着脱が可能である表示装置であって、該書き込み装置は複数の信号電極と走査電極を装備し、その交差部に画像信号に応じて電気泳動表示媒体に電界を印加することのできるスイッチング素子を有し、それによって該電気泳動表示媒体に画像を表示するように構成されたことを特徴とする表示装置。 Electrical The electrophoretic display medium at least when writing the writing device to a display device is detachable to be brought close, the writing device is equipped with a plurality of signal electrodes and the scanning electrodes, image signal at each intersection a display device having a switching element capable of applying an electric field to the electrophoretic display medium, thereby characterized in that it is configured to display an image on the electrophoretic display medium in accordance with. (30)該画像信号に応じて該電気泳動表示媒体に電界を印加することのできるスイッチング素子が、薄膜トランジスタである前記(29)に記載の表示装置。 (30) a switching element capable of applying an electric field to the electrophoretic display medium in accordance with the image signal, the display apparatus according to a thin film transistor (29). (31)前記(13)〜(22)のいずれかに記載の電気泳動表示媒体が構成の少なくとも一部を占めることを特徴とする可逆表示カード。 (31) wherein (13) the reversible display card electrophoretic display medium according to any one, characterized in that occupies at least part of the configuration to (22). (32)可撓性を有する前記(31)に記載の可逆表示カード。 (32) a reversible displaying card according to (31) having flexibility. (33)前記(13)〜(22)のいずれかに記載の電気泳動表示媒体が構成少なくとも一部を占めることを特徴とする可逆記録シート。 (33) reversible recording sheet, wherein (13) the electrophoretic display medium according to any one of the - (22), characterized in that occupies at least part of the structure. (34)可撓性を有する前記(33)に記載の可逆記録シート。 (34) reversible recording sheet according to (33) having flexibility. (35)前記(13)〜(22)のいずれかに記載の電気泳動表示媒体が構成の少なくとも一部を占めることを特徴とする可逆表示ディスプレイ。 (35) wherein (13) the reversible display displaying the electrophoretic display medium according to any one of the - (22), characterized in that occupies at least part of the configuration. (36)可撓性を有する前記(35)に記載の可逆表示ディスプレイ。 (36) a reversible display displaying according to said (35) having flexibility. (37)前記(13)〜(22)のいずれかに記載の電気泳動表示媒体が構成の少なくとも一部を占めることを特徴とする可逆表示型看板。 (37) wherein (13) the reversible display type signboard electrophoretic display medium is characterized in that occupies at least part of the configuration of any one of - (22). (38)可撓性を有する前記(37)に記載の可逆表示型看板。 (38) a reversible display type signboard according to (37) having flexibility.

【0013】 [0013]

【発明の実施の形態】本発明の表示用材料は、1つの色調を有する多孔性部材と、該部材とは異なる色調を有する流動性着色物とから構成される。 Display material of the embodiment of the present invention is composed of a porous member having one color, and liquidity colorations having a color tone different from the member. この場合、多孔性部材は、周壁(壁部)により包囲された空孔(空隙)を有し、その周壁は、表示を行う際の一つの色調を表す機能を有しており、壁部に囲まれている空孔(空隙)に存在する異なる色調の流動性着色物との色調差によって表示を行うことができる。 In this case, the porous member has a peripheral wall voids surrounded by the (wall) (void), the peripheral wall has a function of representing one color tone in displaying, on the wall portion the color difference between different shades of flowable colored product present in the enclosed and has pores (voids) can be displayed. 本発明における多孔性部材は、単なるマトリックス材ではなくて、表示を行う際の一方の色調を表現する機能を有している点が、前記の従来技術にある多孔性スペーサーや多孔質物質とは大きく異なっている。 The porous member of the present invention, not just the matrix material, that has the function of representing one color tone in performing display, the porous spacer and the porous material in the prior art It is very different. つまり、従来技術にある高分子化合物等で形成された多孔性スペーサーや多孔質物質は単なるマトリックス材(表示液を保持する為の器)にすぎず、表示特性は全て充填された表示液の特性に支配されているのに対して、本発明で用いる多孔性部材は、それ自身で一つの色調を有しており、表示を行う際の一方の色調を混色のない均一な状態で表現することができる。 That is, the porous spacers and the porous material which is formed of a polymeric compound or the like in the prior art only (vessel for holding the display liquid) just matrix material, characteristics of all display characteristics filled display liquid whereas it is dominated by, the porous member used in the present invention may itself have a single color tone, be expressed in a uniform state without mixing the one color in displaying can. この多孔性部材は、特に、地肌部に相当する部分を表示するのに適しており、白色の色調を有する場合には、白い地肌部を高い反射率で実現することができる。 The porous member is particularly suitable for displaying a portion corresponding to the background portion, when having white color tone, it is possible to realize a white background portion at a high reflectivity. 尚、表示は空隙部に存在する流動性着色物が、連泡多孔性部材の内部を移動することによって行われる。 The display is flowable colored material present in the void portion is performed by moving the inside of the continuous foam porous member. 移動は流動性着色物の特性にあわせて様々な方法で行うことができ、例えば重力、 Movement can be performed in various ways according to the characteristics of fluidity colorations, for example gravity,
磁界の作用、電界の作用、加熱などの外部刺激を挙げることができる。 Action of a magnetic field, the action of the electric field, can be given an external stimulus such as heating. また、これらの各種外部刺激による層分離現象や発色消色現象等によって起こる光学特性変化を利用することもできる。 It is also possible to use an optical characteristic change caused by the layer separation phenomenon and color decoloring phenomenon or the like by these various external stimuli. 更に、本発明の表示用材料を用いて各種の可逆表示可能な媒体及び表示装置を実現させることができる。 Furthermore, it is possible to realize various capable of reversible display medium and a display device using a display material of the present invention.

【0014】本発明における一つの色調を有する多孔性部材の壁部(多孔質状態の空隙部以外の部分)は、有機材料、無機材料、及び両者の複合材料、混合材料などの着色部材によって色調を発現することができる。 [0014] The wall portion of the porous member having one color in the present invention (portions other than the voids of the porous state), hue organic materials, inorganic materials, and both of the composite material, the colored member such mixed material it is possible to express. 多孔性部材は、着色部材である有機材料、無機材料及び、両者の複合材料、混合材料のみで形成される場合と、高分子化合物のような結着剤中に有機材料、無機材料及び両者の複合材料、混合材料が分散状態で存在している場合等がある。 The porous member is an organic material which is colored member, inorganic materials and, both of the composite material, and when it is formed only in the mixing material, an organic material in a binder such as a polymeric compound, the inorganic material and both composite material, mixed material and the like when present in a dispersed state. また、多孔性部材が呈する色は、必要に応じて各種色調を適用することができる。 The color exhibited by the porous member can be applied to various color tones as needed. 尚、本発明における色調は白色も一つの色調として含めている。 Incidentally, the color tone in the present invention is white, including as a color tone. この色調については、多孔性部材の壁部を構成する有機材料、無機材料及び、両者の複合材料、混合材料である着色部材で発現されるが、これらの着色部材を結着する高分子化合物への着色によっても発現することができる。 This color is an organic material constituting the wall portion of the porous member, inorganic materials and, both of the composite material, is expressed by the colored member is a mixed material, the polymer compound for binding these colored member it can be expressed by coloration.

【0015】本発明の多孔性部材において、その壁部(周壁)は、前記のように1つの色調を有するものであり、その壁部は、着色部材を含有し、多孔性部材は、この壁部の色調を示す。 [0015] In the porous member of the present invention, the wall portion (the peripheral wall) are those having one color as described above, the wall portion contains a coloring member, a porous member, the wall show the color tone of the part. この着色部材には、無機材料及び有機材料が包含される。 The colored member, inorganic materials and organic materials are included. 以下にこれらの着色部材の具体例を示すが、本発明において用いる着色部材はこれらに限定されるものではない。 Specific examples of the coloring members below, colored member used in the present invention is not limited thereto.

【0016】無機材料としては、鉛白、亜鉛華、リトポン、二酸化チタン、硫化亜鉛、酸化アンチモン、炭酸カルシウム、カオリン、雲母、硫酸バリウム、グロスホワイト、アルミナホワイト、タルク、シリカ、ケイ酸カルシウム、カドミウムイエロー、カドミウムリポトンイエロー、黄色酸化鉄、チタンイエロー、チタンバリウムイエロー、カドミウムオレンジ、カドミウムリポトンオレンジ、モリブデートオレンジ、ベンガラ、鉛丹、銀朱、 [0016] As the inorganic materials, white lead, zinc white, lithopone, titanium dioxide, zinc sulfide, antimony oxide, calcium carbonate, kaolin, mica, barium sulfate, gloss white, alumina white, talc, silica, calcium silicate, cadmium yellow, cadmium lithopone yellow, yellow iron oxide, titanium yellow, titanium barium yellow, cadmium orange, cadmium lithopone orange, molybdate orange, red iron oxide, red lead, vermilion,
カドミウムレッド、カドミウムリポトンレッド、アンバー、褐色酸化鉄、亜鉛鉄クロムブラウン、クロムグリーン、酸化クロム、ビリジアン、コバルトグリーン、コバルトクロムグリーン、チタンコバルトグリーン、紺青、 Cadmium red, cadmium lithopone red, amber, brown iron oxide, zinc iron chromium Brown, chrome green, chromium oxide, viridian, cobalt green, cobalt chrome green, titanium cobalt green, Prussian blue,
コバルトブルー、群青、セルリアンブルー、コバルトアルミニウムクロムブルー、コバルトバイオレット、ミネラルバイオレット、カーボンブラック、鉄黒、マンガンフェライトブラック、コバルトフェライトブラック、銅クロムブラック、銅クロムマンガンブラック、黒色低次酸化チタン(チタンブラック)、アルミニウム粉、銅粉、鉛粉、鈴粉、亜鉛粉等が挙げられる。 Cobalt blue, ultramarine, cerulean blue, cobalt aluminum chromium blue, cobalt violet, mineral violet, carbon black, iron black, manganese ferrite black, cobalt ferrite black, copper chromium black, copper chrome manganese black, black lower titanium oxide (titanium black ), aluminum powder, copper powder, lead powder, Suzuko, zinc powder.

【0017】有機材料としては、ファストイエロー、ジスアゾイエロー、縮合アゾイエロー、アントラピリミジンイエロー、イソインドリンイエロー、銅アゾメチンイエロー、キノフタロインイエロー、ベンズイミダゾロンイエロー、ニッケルジオキシムイエロー、モノアゾイエローレーキ、ジニトロアニリンオレンジ、ピラゾロンオレンジ、ペリノンオレンジ、ナフトールレッド、トルイジンレッド、パーマネントカーミン、ブリリアントファストスカーレット、ピラゾロンレッド、ローダミン6G [0017] As the organic material, fast yellow, disazo yellow, condensed azo yellow, anthrapyrimidine yellow, isoindoline yellow, copper azomethine yellow, keno phthaloyl in yellow, benzimidazolone yellow, nickel dioxime yellow, monoazo yellow lake, dinitro aniline orange, pyrazolone orange, perinone orange, naphthol red, toluidine red, permanent carmine, brilliant fast scarlet, pyrazolone red, rhodamine 6G
レーキ、パーマネントレッド、リソールレッド、ボンレーキレッド、レーキレッド、ブリリアントカーミン、ボルドー10B、ナフトールレッド、キナクリドンマゼンタ、縮合アゾレッド、ナフトールカーミン、ペリレンスカーレッド、縮合アゾスカーレッド、ベンズイミダゾロンカーミン、アントラキノニルレッド、ペリレンレッド、ペリレンマルーン、キナクリドンマルーン、キナクリドンスカーレッド、キナクリドンレッド、ジケトピロロピロールレッド、ベンズイミダゾロンブラウン、フタロシアニングリーン、ビクトリアブルーレーキ、フタロシアニンブルー、ファストスカイブルー、アルカリブルートーナー、インダントロンブルー、ローダミンBレーキ、メチルバイオレットレーキ、ジオキサジンバイオレット、ナフトールバ Lake, permanent red, lithol red, Bonn Lake Red, Lake Red, Brilliant Carmine, Bordeaux 10B, naphthol red, quinacridone magenta, condensed azo red, Naphthol Carmine, perylene scarlet, condensed azo scarlet, benzimidazolone carmine, anthraquinonyl red, perylene red, perylene maroon, quinacridone maroon, quinacridone scarlet, quinacridone red, diketopyrrolopyrrole red, benzimidazolone Brown, phthalocyanine green, Victoria blue lake, phthalocyanine blue, fast sky blue, alkali blue toe toner, indanthrone blue , rhodamine B lake, methyl violet lake, dioxazine violet, Nafutoruba オレットが挙げられる。 Oretto and the like.

【0018】これらの顔料粒子の中では、二酸化チタンが高屈折率であり地肌部の白色を表示する観点から好ましい。 [0018] Among these pigment particles, from the viewpoint of displaying the white background portion is titanium dioxide high refractive index. また、地肌部に白色以外の色を用いる場合には、 In the case of using a color other than white background portion,
その色に応じた顔料を適宜用いることができる。 It can be used a pigment corresponding to the color appropriately. また、 Also,
これらの顔料粒子は、二種以上の混合物として用いることも可能であり、更には、顔料単独の微粒子としてだけでなく、各種表面改質を施した状態でも用いることが可能である。 These pigment particles, it is also possible to use a mixture of two or more, and further, not only as a pigment single microparticles, can be used even when subjected to various surface modification. この場合の表面改質の方法としては、顔料粒子に対して通常行われる各種の方法を適用することができ、例えば、ポリマーをはじめとする各種化合物を顔料表面にコートマイザー法をはじめとする各種方法によりコーティングしたもの、チタネート系・シラン系などの各種カップリング剤によるカップリング処理したもの、 Various As the method of surface modification of the cases, it is possible to apply various methods to be performed normally with respect to the pigment particles, for example, that various compounds, including polymers and other coating Mizer method on the surface of the pigment those coated by the method, those coupling treatment with various coupling agents such as titanate-silane,
グラフト重合処理したものなどが挙げられる。 Such as those obtained by graft polymerization treatment. また、これらの顔料粒子は、メカノケミカル的な処理を施した状態でも用いることが可能であり、顔料粒子どうし、または、ポリマー粒子・後述する中空ポリマー粒子との間で形成された複合粒子、更に、各種樹脂との間で形成された複合粒子等の形態としても用いることが可能であり、 These pigment particles, it is possible to use even when subjected to mechanochemical treatment, the pigment particles to each other, or composite particles formed between the polymer particles, which will be described later hollow polymer particles, further is also possible to use in the form of such composite particles formed between the various resins,
これら複合粒子に対しても前記の各種表面改質を施した状態で用いることが可能である。 It is also possible to use in a state subjected to the various surface modification for these composite particles.

【0019】更に、本発明においては、以下に示す内部に空隙を有する化合物も着色部材として同様に用いることができる。 Furthermore, in the present invention can be used as well as the coloring member compounds having voids therein below. これらの化合物は、粒子内部に充填されていない空間を有するものであり、その空間は隔壁によって形成されたもの以外に多孔質等の各種状態によって形成されたものであっても構わないが、組み合わせる溶媒との関係において、外部からの溶媒の浸透による空隙の消滅が発生することがなく、溶媒中において空隙が維持されている必要がある。 These compounds are those having a space that is not filled with particles, but the space may be those formed by various states of the porous or the like other than those formed by the partition wall, combining in relation to the solvent, without disappearance of voids by infiltration of the solvent from the outside is generated, it is necessary to void is maintained in a solvent. この様な粒子としては、有機材料、無機材料及び、両者の複合によって構成されるものがあり、有機ポリマーからなる中空粒子、有機ポリマーからなる多孔質粒子、無機物質からなる中空粒子、無機物質からなる多孔質粒子及びこれら内部に空隙を有する粒子の表面を樹脂膜等で覆った粒子等を挙げることができる。 Examples of such particles, organic materials, inorganic materials and some are constituted by both of the composite, hollow particles composed of organic polymers, porous particles comprising an organic polymer, hollow particles composed of an inorganic material, an inorganic material porous particles and the surface of the particles having voids therein these made can be mentioned particles covered with a resin film or the like or the like.

【0020】有機ポリマーからなる中空粒子及び有機ポリマーからなる多孔質粒子としては、従来公知の方法で製造することが可能であり、微粒子ポリマーの新展開(東レリサーチセンター)、微孔性ポリマーとその応用展開(東レリサーチセンター)や高分子微粒子の最新技術と用途展開(シーエムシー)などをはじめとする各種文献に掲載されている各種方法によって作製することが可能である。 [0020] The porous particles consisting of hollow particles and an organic polymer comprising an organic polymer, it is possible to be produced by a conventionally known method, new development of polymer microparticles (Toray Research Center), microporous polymer and its application and development it is possible to produce by (Toray research Center) and the latest technology and applications development of the polymer fine particles of various methods that have been published in various documents to the (CMC), including such. 例えば、乳化重合を利用した方法、シード乳化重合法、ソープフリー重合法、分散重合法、懸濁重合法+発泡を利用した方法、シード重合法+発泡を利用した方法、シード重合+重合収縮を利用した方法、W/ For example, a method utilizing emulsion polymerization, seed emulsion polymerization, soap-free polymerization method, dispersion polymerization method, a method utilizing a suspension polymerization + foaming method using the seed polymerization method + foam, a seed polymerization + polymerization shrinkage method using, W /
O/Wエマルジョンの懸濁重合による方法、スプレードライの液滴の表面乾燥を利用した方法、ポリマーエマルジョンを電解質固体粒子の添加により凝集させるシード凝集法などがあげられるがこれらの方法によって作製されたものに限定されるものではない。 The method according to suspension polymerization of an O / W emulsion, a method utilizing a surface drying of the spray drying of droplets, such as a seed aggregation method for aggregating by addition of electrolytes solid particles of the polymer emulsion and the like are produced by these methods not intended to be limited to those.

【0021】有機ポリマーからなる中空粒子及び有機ポリマーからなる多孔質粒子を構成する有機ポリマーの材質は、従来公知のポリマー材料から選ぶことができる。 The material of the organic polymer constituting the hollow particles and porous particles composed of an organic polymer comprising an organic polymer may be selected from known polymeric materials.
これらの例としては、スチレン系、スチレン−アクリル系、スチレン−イソプレン系、ジビニルベンゼン系、メチルメタクリレート系、メタクリレート系、エチルメタクリレート系、エチルアクリレート系、n−ブチルアクリレート系、アクリル酸系、アクリロニトリル系、アクリルゴム−メタクリレート系、エチレン系、エチレン− Examples of these are styrene, a styrene - acrylic, styrene - isoprene, divinylbenzene, methyl methacrylate, methacrylate, ethyl methacrylate, ethyl acrylate, n- butyl acrylate, acrylic acid, acrylonitrile , acrylic rubber - methacrylate, ethylene, ethylene -
アクリル酸系、ナイロン系、シリコーン系、ウレタン系、メラミン系、ベンゾグアナミン系、フェノール系、 Acrylic acid, nylon, silicone, urethane, melamine, benzoguanamine, phenol,
フッソ(テトラクロロエチレン)系、塩化ビニリデン系、4級ピリジニウム塩系、合成ゴム、セルロース、酢酸セルロース、キトサン、アルギン酸カルシウム等のポリマー材料及びこれらのポリマー材料に対して架橋を行うことで耐溶剤性機能を向上させたポリマー材料を挙げることができるが、これらのポリマー材料に限定されるものではない。 Fluorine (tetrachlorethylene) system, vinylidene chloride, quaternary pyridinium salts, synthetic rubbers, cellulose, cellulose acetate, chitosan, polymeric materials such as calcium alginate, and solvent resistance function by performing crosslinking for these polymeric materials it can be exemplified improved polymeric materials were not intended to be limited to these polymeric materials.

【0022】前記の方法、材料を用いることによって作られたものを例示すると、例えば、スチレン−アクリル系のローム・アンド・ハース社のローペイク、架橋型スチレン−アクリル系のJSR製中空粒子、松本油脂の熱膨張マイクロカプセル、大日本インキのGrnngol [0022] The methods and illustrate those made by using a material, for example, styrene - Rohm & Haas Ropaque acrylic, crosslinked styrene - JSR hollow particles of an acrylic, Matsumoto Yushi thermal expansion microcapsules, of Dainippon ink Grnngol
lなどが挙げられるが、これらのものに限定されるものではない。 l, and the like, but is not limited to these things. 尚、これらのこれらの中空粒子を使用するにあたり乾燥品(ドライ品)の場合は、そのまま用いることができるが、エマルション等の液体中に分散されているものは、乾燥して用いることができる。 In the case of dry products In using these these hollow particles (dry product), it can be used as it is, which are dispersed in a liquid emulsion or the like may be used dry. 更に、有機ポリマーからなる中空粒子、有機ポリマーからなる多孔質粒子の表面に対して、各種の無機顔料粒子を付着させた複合粒子も同様の機能を有するものである。 Furthermore, those with hollow particles comprising an organic polymer, to the surface of the porous particles made of organic polymer, composite particles adhered with various inorganic pigment particles also similar functions. その一例として、有機ポリマーからなる中空粒子と二酸化チタンとのオーダードミクスチャーなる複合粒子を挙げる事が出来る。 As an example, it can be cited ordered-mixture comprising the composite particles of the hollow particles and the titanium dioxide consisting of organic polymers. また、これらの粒子は、各種表面改質を施した状態でも用いることが可能である。 Further, these particles may be used even when subjected to various surface modification. この場合の表面改質の方法としては、顔料粒子に対して通常行われる各種の方法を適用することができ、例えば、ポリマーをはじめとする各種化合物を顔料表面にコートマイザー法をはじめとする各種方法によるコーティング、各種カップリング剤による表面処理、グラフト重合処理などが挙げられる。 Various As the method of surface modification of the cases, it is possible to apply various methods to be performed normally with respect to the pigment particles, for example, that various compounds, including polymers and other coating Mizer method on the surface of the pigment coating by a method, the surface treatment with various coupling agent, and the like graft polymerization process. また、本発明で用いる上記の内部に空隙を有する粒子は、白色のものだけでなく、必要に応じて白色以外の各種の色に染色により着色して用いることが可能である。 Further, particles having a void inside said to be used in the present invention, not only white ones, it is possible to use colored by staining a variety of colors other than white as necessary.

【0023】次に、無機材料からなる中空粒子及び、無機物質からなる多孔質粒子について説明する。 Next, hollow particles made of an inorganic material and, for the porous particles of inorganic material will be described. このような粒子としては、従来公知の方法で作製される各種の無機材料からなる中空粒子及び無機物質からなる多孔質粒子を用いることができる。 Such particles may be porous particles made of hollow particles and inorganic materials consisting of various inorganic materials made by a known method. これらの製法の一例としては、粉床法、トポケミカル法、メカノケミカル反応等の付着を利用した方法、表面沈積法、含浸法、界面反応法等の沈殿反応を利用する方法、更には、界面ゲル化反応法等を挙げることができる。 Examples of these processes, Konayuka method, topochemical method, a method using adhesion such as a mechanochemical reaction, surface deposition method, an impregnation method, a method utilizing the precipitation reaction of the interfacial reaction method and the like, and further, the interface gel reaction method and the like. これらの具体的な例としては、例えば、界面反応法(新しい材料設計法への挑戦/ As specific examples, for example, interfacial reaction method (Challenge to new materials Design /
1998年5月29日:セミナー資料)を用いる事によって作製されたシリカ、ケイ酸マグネシウム、ケイ酸カルシウム、ケイ酸ストロンチウム、ケイ酸バリウム、炭酸コバルト、酸化コバルト、コバルト、酸化鉄、コバルト−鉄炭酸塩、塩基性炭酸銅、金属銅、炭酸ニッケル等の無機球形中空粒子及び、無機球形多孔質粒子や、界面ゲル化反応法(色材、70(2)84−91、199 May 29, 1998: silica made by using the seminar materials), magnesium silicate, calcium silicate, strontium silicate, barium silicate, cobalt carbonate, cobalt oxide, cobalt oxide, iron, cobalt - iron carbonate salts, basic copper carbonate, copper metal, and inorganic spherical hollow particles such as nickel carbonate, inorganic spherical porous particles and the interfacial gelation reaction (coloring material, 70 (2) 84-91,199
7)によって作製された酸化アルミ、二酸化チタン等の無機球形中空粒子及び、無機球形多孔質粒子が挙げられる。 Aluminum oxide made by 7), and inorganic spherical hollow particles such as titanium dioxide, and inorganic spherical porous particles. また、各種の無機材料を焼成により発泡させたものも同様の機能をもっており、これらの例としては、発泡性シリカを挙げる事が出来る。 Further, those various inorganic materials were foamed by firing also have similar functions, as these examples, may be mentioned foaming silica.

【0024】また、これらの無機材料からなる中空粒子及び、無機物質からなる多孔質粒子は、顔料単独の微粒子としてだけでなく、前記と同様に各種表面改質を施した状態でも用いることが可能である。 Further, the hollow particles and consisting of inorganic materials, porous particles of an inorganic material, not only as a pigment single particles, said and also can be used in a state subjected to various surface modification as well it is. この場合の表面改質の方法としては、顔料粒子に対して通常行われる各種の方法を適用することができ、例えば、ポリマーをはじめとする各種化合物を顔料表面にコートマイザー法をはじめとする各種方法によるコーティング、各種カップリング剤による表面処理、グラフト重合処理したものなどが挙げられる。 Various As the method of surface modification of the cases, it is possible to apply various methods to be performed normally with respect to the pigment particles, for example, that various compounds, including polymers and other coating Mizer method on the surface of the pigment coating by a method, the surface treatment with various coupling agents, and those graft polymerization process. また、これらの顔料粒子は、メカノケミカル的な処理を施した状態でも用いることが可能であり、顔料粒子どうし、または、ポリマー粒子・中空ポリマー粒子との間で形成された複合粒子、更に、各種樹脂との間で形成された複合粒子等の形態としても用いることが可能である。 These pigment particles, it is possible to use even when subjected to mechanochemical treatment, the pigment particles to each other, or composite particles formed between the polymer particles, hollow polymer particles, further, various it can also be used in the form of such composite particles formed with the resin.

【0025】本発明において多孔性部材の壁部を形成するにあたり、前記の有機材料、無機材料からなる着色部材を固定する為に用いる高分子化合物としては、従来公知の各種のものを用いることができる。 [0025] In forming the wall portion of the porous member in the present invention, the organic material, the polymer used to fix the colored member made of an inorganic material, be those of conventionally known various it can. このようなものとしては、例えば、以下のものが挙げられる。 These include, for example, include the following. ポリウレタン、ポリ尿素、ポリ尿素−ポリウレタン、尿素−ホルムアルデヒド樹脂、メラミン−ホルムアルデヒド樹脂、 Polyurethanes, polyureas, polyurea - polyurethane, urea - formaldehyde resin, melamine - formaldehyde resins,
ポリアミド、ポリエステル、ポリスルホンアミド、ポリカーボネート、ポリスルフィネート、エポキシリ、アクリル酸エステル、メタクリル酸エステル、酢酸ビニル、 Polyamide, polyester, polysulfone amide, polycarbonate, polysulfinate, Epokishiri, acrylic acid esters, methacrylic acid esters, vinyl acetate,
ゼラチン、ポリエチレン、ポリプロピレン、ポリスチレン、ポリ塩化ビニル、ポリ塩化ビニルデン、塩化ビニル−酢酸ビニル共重合体、ポリビニルブチラール、ポリビニルアルコール、ポリエチレンオキシド、ポリプロピレンオキシド、エチレン−ビニルアルコール共重合体、ポリアセタール、アクリル樹脂、メチルセルロース、エチルセルロース、フェノール樹脂、フッ素樹脂、シリコーン樹脂、ジエン樹脂、ポリスチレン系熱可塑性エラストマー、ポリオレフィン系熱可塑性エラストマー、ポリウレタン系熱可塑性エラストマー、ポリエステル系熱可塑性エラストマー、ポリフェニレンエーテル、ポリフェニレンスルフィド、ポリエーテルスルホン、ポリエーテルケトン、ポリアリレート、アラミド、ポリイミド、ポリ−p−フェニレン Gelatin, polyethylene, polypropylene, polystyrene, polyvinyl chloride, poly vinylidene chloride, vinyl chloride - vinyl acetate copolymer, polyvinyl butyral, polyvinyl alcohol, polyethylene oxide, polypropylene oxide, ethylene - vinyl alcohol copolymer, polyacetal, acrylic resin, methyl cellulose, ethyl cellulose, phenol resin, fluorine resin, silicone resin, diene resin, a polystyrene-based thermoplastic elastomer, polyolefin thermoplastic elastomers, polyurethane thermoplastic elastomers, polyester thermoplastic elastomers, polyphenylene ether, polyphenylene sulfide, polyether sulfone, polyether ketone, polyarylate, aramid, polyimide, poly -p- phenylene ポリ−p−キシレン、ポリ−p−フェニレンビニレン、ポリヒダントイン、ポリパラバン酸、ポリベンゾイミダゾール、ポリベンゾチアゾール、 Poly -p- xylene, poly -p- phenylene vinylene, polyhydantoins, polyparabanic acid, polybenzimidazole, polybenzothiazole,
ポリベンゾオキサジアゾール、ポリキノキサリンなど。 Poly benzoxadiazole, etc. polyquinoxaline.

【0026】また、下記の熱硬化性樹脂又は活性エネルギー線硬化樹脂、あるいはそれらの混合物から選択された一種類以上の材料が挙げられる。 Further, thermosetting resin or an active energy ray curable resin below, or one or more materials selected from mixtures thereof. 熱硬化性樹脂は、自己又は架橋剤と反応して共有結合を形成することが可能な官能基を有したポリマー及び/又はポリマー性化合物からなり、任意の架橋促進剤と触媒を用いて形成される。 The thermosetting resin is made from a self or a polymer having a functional group capable of forming a covalent bond reacting with a crosslinking agent and / or polymeric compounds, it is formed using any crosslinking accelerator and a catalyst that. 自己又は架橋剤と反応して共有結合を形成することが可能な官能基を有したポリマー及びポリマー性化合物としては、ポリビニルアルキルカルバメート、ポリビニルブチラール、ポリビニルアセタール、ポリビニルアルコール、エチルセルロース、酢酸セルロース、ニトロセルロース、ポリウレア、ポリウレタン、ウレタンプレポリマー、カルボキシ変性ポリウレタン、アミノ変性ポリウレタン、ポリウレタンアクリレート、ポリエステルアクリレート、エポキシアクリレート、不飽和ポリエステル、ポリエーテルアクリレート、N−メチロールアクリルアミド、メラミン、メチロール化メラミン、アルキド樹脂、フェノール樹脂、シリコン樹脂、フラン樹脂、レゾシノール樹脂、エポキシ樹脂又はそれらの変性体などが挙げられる。 The self or polymers and polymer compounds having a functional group capable of forming a covalent bond reacting with a crosslinking agent, polyvinyl alkyl carbamate, polyvinyl butyral, polyvinyl acetal, polyvinyl alcohol, ethyl cellulose, cellulose acetate, nitrocellulose , polyurea, polyurethane, urethane prepolymer, carboxyl-modified polyurethane, amino-modified polyurethane, polyurethane acrylate, polyester acrylate, epoxy acrylate, unsaturated polyester, polyether acrylate, N- methylol acrylamide, melamine, methylolated melamine, alkyd resins, phenolic resins , silicone resins, furan resins, resorcinol resins, and epoxy resins or their modified products. 架橋促進剤と触媒は、自己又は架橋剤と反応して共有結合を形成することが可能な官能基を有したポリマー及び/又はポリマー性化合物と架橋剤の組合せに応じて適宜選択する。 Crosslinking accelerator and catalyst are appropriately selected depending on the combination of the self or cross-linking agents react with the polymer and / or polymeric compounds having a functional group capable of forming a covalent bond with the crosslinking agent.

【0027】活性エネルギー線硬化樹脂は、光重合性モノマー(反応性希釈剤)、光重合性オリゴマー、不飽和プレポリマー、不飽和オリゴマー及び任意の光開始剤からなる。 The active energy ray curable resin, a photopolymerizable monomer (reactive diluent), photopolymerizable oligomers, unsaturated prepolymers, consisting of unsaturated oligomers and optional photoinitiator. 光重合性モノマーとしては、2−ヒドロキシエチルアクリレート、2−ヒドロキシプロピルアクリレート、2−エチルヘキシルアクリレート又は2−ヒドロキシエチルアクリロイルホスフェートなどの単官能モノマー、1,3−ブタンジオールジアクリレート、1,4− As the photopolymerizable monomer, 2-hydroxyethyl acrylate, 2-hydroxypropyl acrylate, 2-ethylhexyl acrylate or 2-monofunctional monomer such as hydroxyethyl acryloyl phosphate, 1,3-butanediol diacrylate, 1,4
ブタンジオールジアクリレート、1,6−ヘキサンジオールジアクリレート、ジエチレングリコールジアクリレート、トリプロピレングリコールジアクリレート、ネオペンチルグリコールジアクリレート、ポリエチレングリコールジアクリレート又はヒドロキシピバリン酸エステルネオペンチルグリコールジアクリレートなどの二官能性モノマー、又はジペンタエリスリトール、ペンタエリスリトールトリアクリレート又はトリメチロールプロパントリアクリレートなどの三官能以上のモノマーが挙げられる。 Butanediol diacrylate, 1,6-hexanediol diacrylate, diethylene glycol diacrylate, tripropylene glycol diacrylate, neopentyl glycol diacrylate, difunctional monomers such as polyethylene glycol diacrylate or hydroxypivalic acid ester neopentyl glycol diacrylate or dipentaerythritol, trifunctional or higher monomers such as pentaerythritol triacrylate or trimethylolpropane triacrylate. 光重合性オリゴマーとしては、ポリエステルアクリレート、エポキシアクリレート、ポリウレタンアクリレート、ポリエーテルアクリレート、ポリエーテルアクリレート、シリコンアクリレート、アルキッドアクリレート又はメラミンアクリレートなどが挙げられる。 As the photopolymerizable oligomer, polyester acrylate, epoxy acrylate, polyurethane acrylate, polyether acrylate, polyether acrylate, silicone acrylate, alkyd acrylate or melamine acrylate. 光開始剤としては、ベンゾフェノン、ベンゾイル安息香酸メチル、ジエトキシアセトフェノン、2−ヒドロキシ− As the photo initiator include benzophenone, methyl benzoyl benzoate, diethoxyacetophenone, 2-hydroxy -
2−メチル−1−フェニルプロパン−1−オン、1−ヒドロキシシクロヘキシルフェニルケトン、2−メチル− 2-methyl-1-phenylpropane-1-one, 1-hydroxycyclohexyl phenyl ketone, 2-methyl -
1−(4−(メチルチオ)フェニル−2−)モルホリノプロパン−1、ベンゾインイソブチルエーテル、ベンゾインプロピルエーテル、ベンゾインエチルエーテル、ベンジル、ベンジルジメチルケタール、2−クロロチオキサントン又は2,4−ジエチルチオキサントンなどが挙げられる。 1- (4- (methylthio) phenyl-2) morpholino propane-1,3 benzoin isobutyl ether, benzoin propyl ether, benzoin ethyl ether, benzyl, benzyl dimethyl ketal, 2-chlorothioxanthone or 2,4-diethyl thioxanthone is It is. 不飽和プレポリマー及びオリゴマーとしては、不飽和ポリエステル、ポリエステルアクリレート、 The unsaturated prepolymers and oligomers, unsaturated polyesters, polyester acrylate,
エポキシアクリレート、ポリウレタンアクリレート、ポリエーテルアクリレート、不飽和アクリル樹脂、不飽和シリコーン、又は不飽和フッ素樹脂などが挙げられる。 Epoxy acrylate, polyurethane acrylate, polyether acrylate, unsaturated acrylic resins, unsaturated silicone, or an unsaturated fluorocarbon resins.

【0028】前記材料によって構成されるの一つの色調を有する多孔性部材の調製には、従来公知の各種多孔質物質の調製方法を適用することができる。 [0028] Preparation of the porous member having one color of made by the material, can be applied a process for the preparation of various known porous material. その方法の一例を以下に示すが、本発明において用いられる多孔性部材の調製方法はこれに限定されるものではない。 Although an example of the method below, a process for the preparation of the porous member used in the present invention is not limited thereto. 前記の多孔性部材の壁部を構成する前記着色部材とこれを結着させるための高分子化合物との混合物に対して、凝集、 Relative to the mixture of polymer compounds for the colored member and a binder so that constitutes the wall of the porous member, aggregation,
起泡・発泡、ゲル化、焼結等の各種方法によって調製することができるが、空隙部の大きさをコントロールする為には、以下に示す方法が好ましい。 Foaming-foam, gelling, may be prepared by various methods such as sintering, in order to control the size of the gap portion, the following method is preferable. 先ず、(i)着色部材と、(ii)結着部材及び(iii)可溶性樹脂粒子を含有する混合物を作る。 First, create a mixture containing (i) a colored member, the (ii) binding member and (iii) soluble resin particles. この混合物において、その着色部材の割合は、着色部材と結着部材との合計量に対して、50〜95重量%、好ましくは65〜85重量%である。 In this mixture, the ratio of the colored member, with respect to the total amount of the colored member and a binding member, 50 to 95% by weight, preferably 65 to 85 wt%. また、その可溶性樹脂粒子の割合は、着色部材と可溶性樹脂粒子との合計量に対して、40〜95重量%、好ましくは60〜90重量%である。 Also a proportion of the soluble resin particles, based on the total weight of the colored member and the soluble resin particles, 40 to 95 wt%, preferably from 60 to 90 wt%. 次に、前記混合物を所要の形状に成形する。 Then, molding the mixture into desired shape. この成形法には、熱成形や、キャスト法等が包含される。 The molding method, thermoforming or casting, and the like. 熱成形法の場合には、 In the case of a heat molding method,
結着樹脂としては、着色部材及び溶解性樹脂粒子よりも低融点のものが用いられ、熱成形に際しては、その結着樹脂のみが軟化ないし溶融する。 Examples of the binder resin, having a low melting point is used than the colored member and solubility resin particles, upon thermoforming, only the binder resin is softened or melted. この熱成形法には、押出法や、カレンダー成形法、射出成形法等がある。 The thermoforming process, or an extrusion method, calendar molding method, injection molding method or the like. キャスト法の場合には、結着樹脂を溶解させる溶媒が用いられる。 When the casting method, the solvent for dissolving the binder resin. この場合の溶媒は、結着樹脂のみを溶解し、着色部材及び樹脂粒子を実質的に溶解しないものが選定される。 The solvent in this case, to dissolve only the resin binder, which does not substantially dissolve is selected colored member and the resin particles. 前記のようにして得られる成形体の形状は、フィルム、シート、板体、球状、円柱状等の各種の形状であることができる。 Shape of the molded body obtained as described above can film, sheet, plate bodies, spherical, be various kinds of shape of a cylindrical shape or the like. 通常はフィルム状(シート状を含む)である。 It is usually a film-like (including a sheet). 次に、前記成形体は、これを溶媒と接触させ、その成形体の少なくとも表面部に存在する樹脂粒子を溶出除去させる。 Then, the shaped body, which is contacted with a solvent to elute remove resin particles existing at least on the surface part of the molded article. これによって、その成形体には、その少なくとも表面部に樹脂粒子が溶出除去された跡に空孔が形成され、多孔性材料が得られる。 Thus, the molded article thereof, at least the surface portion in the resin particles pores are formed in the traces that have been eluted and removed, the porous material is obtained. この場合に使用する溶媒は、着色材料や結着樹脂に対しては実質的な溶解性を示さず、樹脂粒子のみを選択的に溶解し得る溶解特性を有するものである。 The solvent used in this case did not show substantial solubility for the coloring material and a binder resin, those having a solubility characteristics capable of selectively dissolving only the resin particles. このようにして得られる多孔性部材において、その空孔は、樹脂粒子が存在していた跡(空間)及びその樹脂粒子が成形体表面から溶出除去され溶出通路跡に形成され、全体的には、球形に近い形をした空孔が相互に連通した構造の空孔(連泡構造の空孔)が形成される。 In the porous member thus obtained, the pores are marks of the resin particles was present (space) and the resin particles are formed in the elution path trace is eluted and removed from the surface of the molded product, the whole is , pore structure pores in the shape close to a spherical shape communicating with each other (the holes of the continuous foam structure) is formed. この場合の空孔のサイズは、主にその樹脂粒子のサイズに依存し、樹脂粒子の粒径が小さくなるにつれて、より小さい空孔が形成される。 The size of the holes in this case, depends mainly on the size of the resin particles, as the particle diameter of the resin particles is small, smaller holes are formed. 樹脂粒子の粒径は、所要空孔サイズに応じて適宜選定する。 The particle diameter of the resin particles is suitably selected depending on the required pore size.

【0029】本発明においては、多孔性部材内に分散される空隙のサイズは、注入する流動性着色物との関係で制御する必要があり、流動性着色物の移動や表示の精細性の観点から、その空隙(空孔)のサイズは、数μm〜 In the present invention, the size of the air gap is distributed in the porous member, it is necessary to control in relation to the flowable colored product to be injected, in view of the definition of the movement and display of fluidity colorations from the size of the air gap (hole), the number μm~
数百μm(3〜500μm程度)の大きさの空隙であることが好ましい。 Several hundred μm is preferably the size of the gap (about 3~500μm). より好ましくは10〜200μm程度、さらに好ましくは20〜100μm程度である。 More preferably about 10 to 200 [mu] m, more preferably about 20 to 100 [mu] m. この様にして調製された一つの色調を有する多孔性部材に対して流動性着色部材を注入(充填)することで本発明の表示用材料が調製される。 Display material of the present invention by injecting flowable colored member (packing) to the porous member having one color prepared in this manner is prepared. この表示用材料については様々な形態の表示媒体として利用することができるが、 While this display material may be used as a display medium of various forms,
中でも、支持体上に薄い層として多孔性部材が存在する形状は、表示媒体を形成するには有利な形態である。 Among them, shapes porous member present as a thin layer on a support is advantageous embodiment for forming a display medium. また、この場合の多孔性部材は、連続した1つの連泡多孔性部材から形成されていても良いし、連泡多孔性部材の粒子や繊維のような不連続な連泡多孔性部材の集合状態で形成されていても良い。 Further, the porous member in this case may be formed from a single continuous foam porous member having continuous set of discrete continuous foam porous member such as particles or fibers of the continuous foam porous member it may be formed in the state.

【0030】本発明の表示用材料は、前記の一つの色調を有する多孔性部材中の空隙部分に色調の異なる流動性着色物を充填することで形成されている。 The display material of the present invention is formed by filling the single tone different flowable coloring material in the gap portion of the porous member having a color tone. この際、多孔性部材中に充填される流動性着色物としては、多孔性部材との間で色調差を生じることができるものであればよく、異なる色調を有する物質で構成されていてもよいし、外部刺激によって異なる色調を発現するようなものでも良い。 At this time, as the flowable colored material to be filled into the porous member, as long as it can produce a difference in color tone between the porous member may be composed of a material having a different color tone and it may be such as to express different shades by an external stimulus. この様な流動性着色物は外部からの刺激によって多孔性部材との間に、色調差を生ずることができるが、この場合の外部刺激としては、例えば、重力、電界、磁界、熱などが挙げられ、それに伴う流動性着色物の移動、相変化、粒子サイズの変化、物理的・化学的な色調変化などによって色調差を生じ表示を行うことができる。 Such flowable colored material by an external stimulus between the porous member and may be causing color difference, as the external stimulus in this case, for example, gravity, electric field, magnetic field, heat and the like is, the movement of the flowable colorations associated therewith, the phase change, it is possible to display result in color difference change of the particle size, such as by physical and chemical color change. これらの中でも、着色物を電界の作用によって移動させる(電気泳動)現象を利用した表示方法は電気的な刺激によってコントロールすることができることから有用性が高い。 Among these, a display method using (electrophoresis) phenomenon to move the colored product by the action of the electric field is highly useful since it can be controlled by electrical stimulation.

【0031】この様な流動性着色物を構成している着色物としては、前記の多孔性部材の壁部を構成している有機材料、無機材料、及び両者の複合材料、混合材料などの着色部材を挙げることができ、多孔性部材の色調と異なる色調のものを選んで用いることができる。 [0031] As the coloring material making up such a flowable colored material, an organic material constituting the wall portion of the porous member, inorganic materials, and both of the composite material, the coloring of a mixed material can be mentioned member may be selectively use those color tone different from the color tone of the porous member. これらの中でも黒色表示を行うという観点から黒色低次酸化チタン(チタンブラック)やカーボンブラックなどが好ましく用いられる。 Such as black or titanium lower oxide (titanium black), carbon black from the viewpoint of performing black display among these is preferably used. 一方、これらの着色部材は通常分散媒中に分散された状態で用いることができるが、この場合の分散媒としては各種タイプのものを用いることができる。 On the other hand, these colored member may be used in a state of being normally dispersed in the dispersion medium, as a dispersion medium in this case can be used various types. 例えば、芳香族系炭化水素としては、ベンゼンや、 For example, aromatic hydrocarbons, and benzene,
トルエン、キシレン、エチルベンゼン、ドデシルベンゼン等のアルキルベンゼン誘導体、フェニルキシリルエタン、1,1−ジトリルエタン、1,2−ジトリルエタン、1,2−ビス(3,4−ジメチルフェニルエタン) Toluene, xylene, ethyl benzene, alkylbenzene derivatives such as dodecylbenzene, phenyl xylyl ethane, 1,1 Jitoriruetan, 1,2 Jitoriruetan, 1,2-bis (3,4-dimethylphenyl ethane)
(BDMF)等のジアリルアルカン誘導体、ジイソプロピルナフタレン等のアルキルナフタレン誘導体、モノイソプロピルビフェニル、イソプロピルビフェニル、イソアミルビフェニル等のアルキルビフェニル誘導体、各種割合にて水素化されたターフェニル誘導体、ジベンジルトルエン等のトリアリルジメタン誘導体、ベンジルナフタレン誘導体、フェニレンオキサイド誘導体、ジアリルアルキレン誘導体、アリルインダン誘導体、ポリ塩素化ビフェニル誘導体、ナフテン系炭化水素等が挙げられる。 Diallyl alkane derivative (BDMF) or the like, alkyl naphthalene derivatives such as diisopropylnaphthalene, monoisopropyl biphenyl, isopropyl biphenyl, alkyl biphenyl derivatives, terphenyl derivatives is hydrogenated at various proportions such as isoamyl biphenyl, tri etc. dibenzyltoluene Arirujimetan derivatives, benzyl naphthalene derivatives, polyphenylene oxide derivatives, diallyl alkylene derivatives, Ariruindan derivatives, polychlorinated biphenyl derivative, naphthenic hydrocarbons, and the like.

【0032】また、ヘキサン、シクロヘキサン、ケロシン、アイソパー、パラフィン系炭化水素等の脂肪族炭化水素類、クロロホルム、トリクロロエチレン、テトラクロロエチレン、トリフルオロエチレン、テトラフルオロエチレン、ジクロロメタン、臭化エチル等のハロゲン化炭化水素類、リン酸トリクレジル、リン酸トリオクチル、リン酸オクチルジフェニル、リン酸トリシクロヘキシル等のリン酸エステル類、フタル酸ジブチル、フタル酸ジオクチル、フタル酸ジラウリル、フタル酸ジシクロヘキシル等のフタル酸エステル類、オレイン酸ブチル、 Further, hexane, cyclohexane, kerosene, Isopar, aliphatic hydrocarbons such as paraffinic hydrocarbons, chloroform, trichlorethylene, tetrachlorethylene, trifluoroethylene, tetrafluoroethylene, dichloromethane, halogenated hydrocarbons such as ethyl bromide s, tricresyl phosphate, trioctyl phosphate, phosphoric acid esters such as phosphoric acid octyl diphenyl phosphate, tri-cyclohexyl, dibutyl phthalate, dioctyl phthalate, dilauryl phthalate, phthalates dicyclohexyl phthalate, oleate butyl,
ジエチレングリコールジベンゾエート、セバシン酸ジオクチル、セバシン酸ジブチル、アジピン酸ジオクチル、 Diethylene glycol dibenzoate, dioctyl sebacate, dibutyl sebacate, dioctyl adipate,
トリメリット酸トリオクチル、クエン酸アセチルトリエチル、マレイン酸オクチル、マレイン酸ジブチル、酢酸エチル等のカルボン酸エステル類、塩素化パラフィン、 Trioctyl trimellitate, acetyl triethyl citrate, octyl maleate, dibutyl maleate, carboxylic acid esters such as ethyl acetate, chlorinated paraffin,
N,N−ジブチル−2−ブトキシ−5−ターシャリオクチルアニリン等が挙げられるが、これらに限定されるものではない。 N, N-dibutyl-2-butoxy-5-but-tertiary octyl aniline, and the like, but is not limited thereto. 更に、本発明においては、これらの分散媒を単独で又は2種類以上混合して用いることができる。 Further, in the present invention can be used as a mixture of these dispersion media alone, or two or more kinds.

【0033】本発明においては、上記分散媒に対して各種油溶性染料を溶解して着色して用いることが可能である。 [0033] In the present invention, it is possible to use colored by dissolving various oil-soluble dyes with respect to the dispersion medium. その場合、用いることのできる染料としては以下のものを挙げることができる。 In that case, the dye that can be used may include the following. スピリットブラック(S Spirit Black (S
B,SSBB,AB)、ニグロシンベース(SA,SA B, SSBB, AB), Nigrosine Base (SA, SA
P,SAPL,EE,EEL,EX,EXBP,E P, SAPL, EE, EEL, EX, EXBP, E
B)、オイルイエロー(105,107,129,3 B), Oil Yellow (105,107,129,3
G,GGS)、オイルオレンジ(201,PS,P G, GGS), oil orange (201, PS, P
R)、ファーストオレンジ、オイルレッド(5B,R R), Fast Orange, Oil Red (5B, R
R,OG)、オイルスカーレット、オイルピンク31 R, OG), oil scarlet, oil pink 31
2、オイルバイオレット#730、マクロレックスブルーRR、スミプラストグリーンG、オイルブラウン(G 2, oil violet # 730, macro Rex Blue RR, Sumiplast green G, oil Brown (G
R,416)、スーダンブラックX60、オイルグリーン(502,BG)、オイルブルー(613,2N,B R, 416), Sudan Black X60, Oil Green (502, BG), oil blue (613,2N, B
OS)、オイルブラック(HBB,860,BS)、バリファーストイエロー(1101,1105,310 OS), oil black (HBB, 860, BS), Bali Fast Yellow (1101,1105,310
8,4120)、バリファーストオレンジ(3209, 8,4120), Bali Fast Orange (3209,
3210)、バリファーストレド(1306,135 3210), Bali First TOLEDO (1306,135
5,2303,3304,3306,3320)、バリファーストピンク2310N、バリファーストブラウン(2402,3405)、バリファーストブルー(34 5,2303,3304,3306,3320), Bali First pink 2310N, Bali Fast Brown (2402,3405), Bali Fast Blue (34
05,1501,1603,1605,1607,26 05,1501,1603,1605,1607,26
06,2610)、バリファーストバイオレット(17 06,2610), Bali Fast Violet (17
01,1702)、ヴァリファーストブラック(180 01,1702), Vary First Black (180
2,1807,3804,3810,3820,383 2,1807,3804,3810,3820,383
0)、アシッドブラック1等が代表的なものとして挙げられる。 0), Acid Black 1, and the like as a representative.

【0034】本発明の流動性着色物においては、前記の着色部材、分散媒以外にも着色部材粒子の表面電荷量を制御したり、分散性を高める目的で慣用的に用いられる各種の補助成分を添加して用いることができる。 [0034] In the fluid coloring of the present invention, the colored member, to control the surface charge amount of the colored member particles other than the dispersion medium, various auxiliary components conventionally used for the purpose of increasing the dispersibility it can be used by adding a. これらの補助成分としては界面活性剤、保護コロイド剤等を用いることができるが、これらに限定されるものではない。 These surfactants as auxiliary components, it is possible to use a protective colloid agent such as, but not limited thereto. この場合の界面活性剤としては、分散剤に対して溶解又は、分散状態に混ざり合うことのできるノニオン(非イオン)系界面活性剤及び、アニオン系界面活性剤、カチオン系界面活性剤、両性系界面活性剤のイオン系界面活性剤を単独又は、2種以上混合して用いることができる。 The surfactant in this case, soluble in the dispersant or nonionic which may be mixed together in a dispersed state (non-ionic) surfactant and anionic surfactant, cationic surfactant, ampholytic the ionic surfactant surfactants alone or can be used as a mixture of two or more. これらの界面活性剤の具体例としては以下のものが挙げられるが、本発明にて用いる界面活性剤はこれらに限定されるものではない。 Specific examples of these surfactants include the following, but the surfactant used in the present invention is not limited thereto.

【0035】(ノニオン系界面活性剤)ポリオキシエチレンノニルフェノールエーテル、ポリオキシエチレンジノニルフェノールエーテル、ポリオキシエチレンオクチルフェノールエーテル、ポリオキシエチレンスチレン化フェノール、ポリオキシポリオキシエチレンビスフェノールA、ポリオキシエチレンノニルフェニルエーテル、 [0035] (nonionic surfactant) Polyoxyethylene nonylphenol ether, polyoxyethylene dinonyl phenol ether, polyoxyethylene octylphenol ether, polyoxyethylene styrenated phenol, polyoxyethylene polyoxyethylene bisphenol A, polyoxyethylene nonyl phenyl ether ,
ポリオキシエチレンオクチルフェニルエーテル、ノニルフェノールエトキシレート等のポリオキシアルキレンアルキルフェノールエーテル類。 Polyoxyethylene octyl phenyl ether, polyoxyalkylene alkylphenol ethers such as nonylphenol ethoxylate. ポリオキシエチレンひまし油、ポリオキシアルキレンブロックポリマー、ポリオキシエチレンセチルエーテル、ポリオキシエチレンラウリルエーテル、ポリオキシエチレンオレイルエーテル、 Polyoxyethylene castor oil, polyoxyalkylene block polymer, polyoxyethylene cetyl ether, polyoxyethylene lauryl ether, polyoxyethylene oleyl ether,
ポリオキシエチレンステアリルエーテル、ポリオキシプロピレンエーテル等のポリオキシアルキレンエーテル類。 Polyoxyethylene stearyl ether, polyoxyalkylene ethers such as polyoxypropylene ethers. モノオールタイプのポリオキシアルキレングリコール、ジオールタイプのポリオキシアルキレングリコール、トリオールタイプのポリオキシアルキレングリコール、モノオール系ブロックタイプのポリアルキレングリコール、ジオール系ブロックタイプのポリアルキレングリコール、ランダムタイプのポリアルキレングリコール等のグリコール類。 Monool type polyoxyalkylene glycol, diol type polyoxyalkylene glycol, triol type polyoxyalkylene glycol, polyalkylene glycol monol based block type, diol block type polyalkylene glycol, random type polyalkylene glycol glycols and the like.

【0036】オクチルフェノールエトキシレート、オレイルアルコールエトキシレート、ラウリルアルコールエトキシレート等の第1級直鎖アルコールエトキシレート及び、第2級直鎖アルコールエトキシレート、、多核フェノールエトキシレート等のアルキルアルコールエーテル類。 The octylphenol ethoxylate, primary linear alcohol ethoxylates and secondary alkyl alcohol ethers such as linear alcohol ethoxylates ,, polynuclear phenol ethoxylate such as oleyl alcohol ethoxylate, lauryl alcohol ethoxylate. ポリオキシエチレンロジンエステル、ポリオキシエチレンラウリルエステル、ポリオキシエチレンオレイルエステル、ポリオキシエチレンステアリルエステル等のポリオキシアルキレンアルキルエステル類。 Polyoxyethylene rosin ester, polyoxyethylene lauryl ester, polyoxyethylene oleyl ester, polyoxyalkylene alkyl esters such as polyoxyethylene stearyl ester. ソルビタンモノラウレイト、ソルビタンモノパルミテート、ソルビタンモノステアレート、ソルビタンジラウレイト、ソルビタンジパルミテート、ソルビタンジステアレート、 Sorbitan monolaurate late, sorbitan monopalmitate, sorbitan monostearate, sorbitan distearate Lau late, Sol distearate palmitate, sorbitan distearate,
ソルビタンセスキラウレイト、ソルビタンセスキパルミテート、ソルビタンセスキステアレート等のソルビタン脂肪酸エステル類。 Sorbitan fatty acid esters such as sorbitan sesquioleate Lau late, sorbitan sesquioleate palmitate, sorbitan sesquistearate. ポリオキシエチレンソルビタンモノラウレイト、ポリオキシエチレンソルビタンモノパルミテート、ポリオキシエチレンソルビタンモノステアレート、ポリオキシエチレンソルビタンジラウレイト、ポリオキシエチレンソルビタンジパルミテート、ポリオキシエチレンソルビタンジステアレート、ポリオキシエチレンソルビタンセスキラウレイト、ポリオキシエチレンソルビタンセスキパルミテート、ポリオキシエチレンソルビタンセスキステアレート等のポリオキシエチレンソルビタンエステル類。 Polyoxyethylene sorbitan monolaurate late, polyoxyethylene sorbitan monopalmitate, polyoxyethylene sorbitan monostearate, polyoxyethylene sorbitan distearate Lau late, polyoxyethylene sorbitan distearate palmitate, polyoxyethylene sorbitan distearate, polyoxy sorbitan sesquioleate Lau late, polyoxyethylene sorbitan sesquioleate palmitate, polyoxyethylene sorbitan esters such as polyoxyethylene sorbitan sesquistearate.

【0037】飽和脂肪酸メチルエステル、不飽和脂肪酸メチルエステル、飽和脂肪酸ブチルエステル、不飽和脂肪酸ブチルエステル、飽和脂肪酸ステアリルエステル、 The saturated fatty acid methyl ester, unsaturated fatty acid methyl ester, saturated fatty acid butyl ester, unsaturated fatty acid butyl ester, saturated fatty acid stearyl ester,
不飽和脂肪酸ステアリルエステル、飽和脂肪酸オクチルエステル、不飽和脂肪酸オクチルエステル、ステアリン酸ポリエチレングリコールエステル、オレイン酸ポリエチレングリコールエステル、ロジンポリエチレングリコールエステル等の脂肪酸エステル類。 Unsaturated fatty acid stearyl ester, saturated fatty acid octyl ester, unsaturated fatty acid octyl ester, polyethylene glycol ester of stearic acid, polyethylene glycol esters of oleic acid, fatty acid esters such as rosin polyethylene glycol ester. ステアリン酸、オレイン酸、パルミチン酸、ラウリン酸、ミリスチン酸等の脂肪酸類及び、これら脂肪酸のアミド化化合物類。 Stearic acid, oleic acid, palmitic acid, lauric acid, fatty acids such as myristic acid and, amidation compounds of these fatty acids. ポリオキシエチレンラウリルアミン、ポリオキシエチレンアルキルアミン、ポリオキシエチレンアルキルアミンエーテル等のポリオキシエチレンアルキルアミン類。 Polyoxyethylene lauryl amine, polyoxyethylene alkylamine, polyoxyethylene alkylamine and polyoxyethylene alkylamine ether.

【0038】ラウリル酸モノエタノールアミド、椰子脂肪酸ジエタノールアミド等の高級脂肪酸モノエタノールアミド類、高級脂肪酸ジエタノールアミド類、ポリオキシエチレンステアリン酸アミド、ヤシジエタノールアミド(1−2型/1−1型)、アルキルアルキロールアミド等のアミド化合物類及び、アルカノールアミド類。 The lauric acid monoethanolamide, higher fatty acid monoethanolamides such as coconut fatty acid diethanolamide, higher fatty acid diethanolamides, polyoxyethylene stearic acid amide, coconut diethanolamide (1-2 type / 1-1 type), amide compounds such as alkyl alkylol amides and alkanolamides. R
−(CH 2 CH 2 O)mH(CH 2 CH 2 O)nH、R−N - (CH 2 CH 2 O) mH (CH 2 CH 2 O) nH, R-N
H−C 36 −NH 2 〔R=オレイル・オクチル・ドデシル・テトラデシル・ヘキサデシル・オクラデシル・ヤシ・牛脂・大豆等〕で表されるアルカノールアミン類。 H-C 3 H 6 -NH 2 alkanol amine represented by [R = oleyl octyl dodecyl tetradecyl, hexadecyl, octadecyl, coconut, beef tallow, soybean, etc.]. R
−NH2〔R=オレイル・オクチル・ドデシル・テトラデシル・ヘキサデシル・オクラデシル・ヤシ・牛脂・大豆等〕で表される1級アミン類。 Primary amines represented by -NH2 [R = oleyl octyl dodecyl tetradecyl, hexadecyl, octadecyl, coconut, beef tallow, soybean, etc.]. 12 −NH〔R 1 R 1 R 2 -NH [R 1 ·
2 =R=オレイル・オクチル・ドデシル・テトラデシル・ヘキサデシル・オクラデシル・ヤシ・牛脂・大豆等〕で表される2級アミン類。 Secondary amines represented by R 2 = R = oleyl octyl dodecyl tetradecyl, hexadecyl, octadecyl, coconut, beef tallow, soybean, etc.]. 123 N〔R 1・R 2 R 1 R 2 R 3 N [R 1 · R 2
・R 3 =オレイル・オクチル・ドデシル・テトラデシル・ヘキサデシル・オクラデシル・ヤシ・牛脂・大豆等〕 - R 3 = oleyl octyl dodecyl tetradecyl, hexadecyl, octadecyl, coconut, beef tallow, soybean, etc.]
で表される3級アミン類。 Tertiary amines represented in. 各種合成系高級アルコール類及び、各種天然系高級アルコール類。 Various synthetic higher alcohols and various natural-based higher alcohols. アクリル酸系化合物、ポリカルボン酸系化合物、ヒドロキシ脂肪酸オリゴマー、ヒドロキシ脂肪酸オリゴマー変成物等の高分子類及び、オリゴマー類。 Acrylic acid compounds, polycarboxylic acid compounds, hydroxy fatty acid oligomer, a polymer such as hydroxy fatty acid oligomer modified product and oligomers.

【0039】(アニオン系界面活性剤)ポリカルボン酸型高分子活性剤、ポリカルボン酸型陰イオン活性剤、特殊脂肪酸石鹸、ロジン石鹸等のカルボン酸塩類。 [0039] (anionic surfactant) polycarboxylic acid type polymeric activator, polycarboxylic acid type anionic active agents, special fatty acid soaps, carboxylic acid salts such as rosin soap. ヒマシ油硫酸エステル塩、ラウリルアルコールの硫酸エステルNa塩、ラウリルアルコールの硫酸エステルアミン塩、 Castor oil sulfate, sulfate Na salt of lauryl alcohol sulfate ester amine salts of lauryl alcohol,
天然アルコール硫酸エステルNa塩、高級アルコール硫酸エステルNa塩等のアルコール系硫酸エステル塩類及び、ラウリルアルコールエーテルの硫酸エステルアミン塩、ラウリルアルコールエーテルの硫酸エステルNa Natural alcohol sulfate Na salt, alcohol sulfate ester salts such as higher alcohol sulfate Na salt and sulfate salt of lauryl alcohol ether, sulfuric ester of lauryl alcohol ether Na
塩、合成高級アルコールエーテルの硫酸エステルアミン塩、合成高級アルコールエーテルの硫酸エステルNa Salts, synthetic higher alcohol sulfate amine salts of ether, synthetic higher alcohol sulfate ether Na
塩、アルキルポリエーテル硫酸エステルアミン塩、アルキルポリエーテル硫酸エステルNa塩、天然アルコールEO(エチレンオキシド)付加体系硫酸エステルアミン塩、天然アルコールEO(エチレンオキシド)付加体系硫酸エステルNa塩、合成アルコールEO(エチレンオキシド)付加体系硫酸エステルアミン塩、合成アルコールEO(エチレンオキシド)付加体系硫酸エステルNa Salts, alkyl polyether sulfate salts, alkyl polyether sulfate Na salt, natural alcohol EO (ethylene oxide) addition systematic sulfate amine salts, natural alcohol EO (ethylene oxide) addition systematic sulfate Na salt, synthetic alcohols EO (ethylene oxide) additional systematic sulfate amine salts, synthetic alcohols EO (ethylene oxide) addition systematic sulfate Na
塩、アルキルフェノールEO(エチレンオキシド)付加体系硫酸エステルアミン塩、アルキルフェノールEO Salts, alkyl phenol EO (ethylene oxide) added systematically sulfate amine salts, alkyl phenol EO
(エチレンオキシド)付加体系硫酸エステルNa塩、ポリオキシエチレンノニルフェニルエーテル硫酸エステルアミン塩、ポリオキシエチレンノニルフェニルエーテル硫酸エステルNa塩、ポリオキシエチレン多環フェニルエーテル硫酸エステルアミン塩、ポリオキシエチレン多環フェニルエーテル硫酸エステルNa塩等の硫酸エステル塩類。 (Ethylene oxide) addition systematic sulfate Na salt, polyoxyethylene nonylphenyl ether sulfuric acid ester amine salts, polyoxyethylene nonyl phenyl ether sulfate Na salt, polyoxyethylene polycyclic phenyl ether sulfuric acid ester amine salt, polyoxyethylene polycyclic phenyl sulfuric ester salts such as ether sulfate Na salt.

【0040】各種アルキルアリルスルホン酸アミン塩、 [0040] The various alkyl aryl sulfonic acid amine salt,
各種アルキルアリルスルホン酸Na塩、ナフタレンスルホン酸アミン塩、ナフタレンスルホン酸Na塩、各種アルキルベンゼンスルホン酸アミン塩、各種アルキルベンゼンスルホン酸Na塩、ナフタレンスルホン酸縮合物、 Various alkyl allylsulfonic acid Na salt, naphthalenesulfonic acid amine salts, naphthalenesulfonic acid Na salt, various alkylbenzenesulfonate amine salt, various alkylbenzenesulfonate Na salts, naphthalenesulfonic acid condensate,
ナフタレンスルホン酸ホルマリン縮合物等のスルホン酸塩類。 Sulfonic acid salts such as naphthalene sulfonic acid formalin condensate. ポリオキシエチレンノニルフェニルエーテルスルホン酸アミン塩、ポリオキシエチレンノニルフェニルエーテルスルホン酸Na塩、ポリオキシエチレン特殊アリルエーテルスルホン酸アミン塩、ポリオキシエチレン特殊アリルエーテルスルホン酸Na塩、ポリオキシエチレントリデシルフェニルエーテルスルホン酸アミン塩、ポリオキシエチレントリデシルフェニルエーテルスルホン酸Na塩、ポリオキシエチレンアルキルエーテルスルホン酸アミン塩、ポリオキシエチレンアルキルエーテルスルホン酸Na塩等のポリオキシアルキレン系スルホン酸塩類。 Polyoxyethylene nonylphenyl ether sulfonic acid amine salt, polyoxyethylene nonylphenyl ether sulfonate Na salt, polyoxyethylene special allyl ether sulfonic acid amine salt, polyoxyethylene special allyl ether sulfonate Na salt, polyoxyethylene tridecyl phenyl ether sulfonate salt, polyoxyethylene tridecyl ether sulfonate Na salt, polyoxyethylene alkyl ether sulfonic acid amine salt, polyoxyalkylene sulfonate salts such as polyoxyethylene alkyl ether sulfonic acid Na salt. ジアルキルスルホサクシネートアミン塩、ジアルキルスルホサクシネートNa塩、多環フェニルポリエトキシスルホサクシネートアミン塩、多環フェニルポリエトキシスルホサクシネートNa塩、ポリオキシエチレンアルキルエーテルスルホ琥珀酸モノエステルアミン塩、 Dialkyl sulfosuccinate salts, dialkyl sulfosuccinate Na salt, polycyclic phenyl polyethoxy sulfosuccinate salt, polycyclic phenyl polyethoxy sulfosuccinate Na salt, polyoxyethylene alkyl ether sulfosuccinic acid monoester amine salt,
ポリオキシエチレンアルキルエーテルスルホ琥珀酸モノエステルNa塩等のスルホ琥珀酸エステル塩類。 Polyoxyethylene alkyl ether sulfonates sulfosuccinic acid ester salts such as succinic acid mono ester Na salt. アルキルリン酸エステル、アルコキシアルキルリン酸エステル、高級アルコールリン酸エステル、高級アルコールリン酸塩、アルキルフェノール型リン酸エステル、芳香族リン酸エステル、ポリオキシアルキレンアルキルエーテルリン酸エステル、ポリオキシアルキレンアルキルアリルエーテルリン酸エステル等のリン酸エステル類及び、 Alkyl phosphate esters, alkoxyalkyl phosphate esters, higher alcohol phosphoric acid ester, higher alcohol phosphate, alkyl phenol phosphate ester, an aromatic phosphoric acid ester, polyoxyalkylene alkyl ether phosphate, polyoxyalkylene alkyl allyl ether phosphoric acid esters such as phosphate esters and,
リン酸塩類。 Salts of phosphoric acid.

【0041】(カチオン系界面活性剤)R−N(CH 3 ) [0041] (cationic surfactant) R-N (CH 3)
3・X〔R=ステアリル・セチル・ラウリル・オレイル・ドデシル・ヤシ・大豆・牛脂等、X=ハロゲン・アミン等〕で表されるアルキルトリメチルアミン系4級アンモニウム塩類、R 12 −N(CH 3 ) 2・X〔R 1 ,R 2 3-X [R = stearyl cetyl lauryl oleyl dodecyl coconut, soybean, tallow, etc., X = halogen amine] alkyl trimethylamine based quaternary ammonium salts represented by, R 1 R 2 -N (CH 3) 2 · X [R 1, R 2 =
ステアリル・セチル・ラウリル・オレイル・ドデシル・ Stearyl cetyl lauryl oleyl dodecyl
ヤシ・大豆・牛脂等、X=ハロゲン・アミン等〕で表されるジアルキルジメチルアミン系4級アンモニウム塩類。 Coconut, soy beef tallow, X = dialkyl dimethyl amine quaternary ammonium salts represented by the halogen amine]. テトラメチルアミン系塩、テトラブチルアミン塩等の4級アンモニウム塩類。 Tetramethyl amine salts, quaternary ammonium salts such as tetrabutyl amine salt. (RNH 3 )(CH 3 COO) (RNH 3) (CH 3 COO )
〔R=ステアリル・セチル・ラウリル・オレイル・ドデシル・ヤシ・大豆・牛脂等〕で表される酢酸塩類。 Acetates represented by [R = stearyl cetyl lauryl oleyl dodecyl coconut, soybean, tallow, etc.]. ラウリルジメチルベンジルアンモニウム塩(ハロゲン・アミン塩等)、ステアリルジメチルベンジルアンモニウム塩(ハロゲン・アミン塩等)、ドデシルジメチルベンジルアンモニウム塩(ハロゲン・アミン塩等)等のベンジルアミン系4級アンモニウム塩類。 Lauryl dimethyl benzyl ammonium salt (halogen salt, etc.), stearyl dimethyl benzyl ammonium salt (halogen salt, etc.), benzyl amine quaternary ammonium salts and dodecyl dimethyl benzyl ammonium salt (halogen salt, etc.). R(CH 3 )N(C 2 R (CH 3) N (C 2 H
4 O)mH(C 24 O)n・X〔R=ステアリル・セチル・ラウリル・オレイル・ドデシル・ヤシ・大豆・牛脂等、X=ハロゲン・アミン等〕で表されるポリオキシアルキレン系4級アンモニウム塩類。 4 O) mH (C 2 H 4 O) n · X [R = stearyl cetyl lauryl oleyl dodecyl coconut, soybean, tallow, etc., X = halogen amine] polyoxyalkylene 4, represented by grade ammonium salts.

【0042】(両性系界面活性剤)各種ベタイン型界面活性剤、各種イミダゾリン系界面活性剤、β−アラニン型界面活性剤、ポリオクチルポリアミノエチルグリシン塩酸塩等。 [0042] (amphoteric surfactant) various betaine type surfactants, various imidazoline surfactants, beta-alanine type surfactants, polyoctylpolyaminoethylglycine hydrochloride salt.

【0043】また、保護コロイド剤としては、分散媒に対して溶解又は、分散状態で混ざり合うことの出来る各種保護コロイド剤を用いることができる。 [0043] As the protective colloid agent, dissolved or may be any of various protective colloid agent which can be mixed together in a dispersed state in a dispersion medium.

【0044】また、本発明の流動性着色物を構成する前記の着色部材粒子に対しては、分散性や多孔質媒体形成などの種々の観点から必要に応じてカップリング剤をはじめとする表面処理を行うことができる。 [0044] Also, for the colored member particles constituting the fluidity coloring of the present invention, the surface including a coupling agent as needed from various viewpoints, such as dispersibility or porous media formed processing can be performed. ここでいうカップリング剤とは、異種物質の界面で起こる現象を調節する表面改質剤である。 The coupling agent referred to herein is a surface modifying agent that modulates phenomena at the interface between different materials. この様な特性を有する物質には有機金属系化合物が多く、クロム系カップリング剤、シラン系カップリング剤、チタネート系カップリング剤、 Many organometallic compounds are the substances having such characteristics, chromium-based coupling agents, silane coupling agents, titanate coupling agents,
アルミニウム系カップリング剤、ジルコニウム系カップリング剤、ジルコアルミネートカップリング剤、更には、フッ素系カップリング剤などがある。 Aluminum-based coupling agents, zirconium coupling agents, zircoaluminate coupling agent, further, there is a fluorine-based coupling agent. これら各種カップリング剤としては例えば以下のようなものが挙げられるが、これらに限られるものではない。 These various coupling agents include the following example, but is not limited thereto.

【0045】(シラン系カップリング剤)3−アミノプロピルトリエトキシシラン、3−アミノプロピルメチルジエトキシシラン、3−ウレイドプロピルトリエトキシシラン、3−ウレイドプロピルトリメトキシシラン、3 [0045] (silane coupling agent) 3-aminopropyltriethoxysilane, 3-aminopropyl methyl diethoxy silane, 3-ureidopropyltriethoxysilane, 3-ureidopropyltrimethoxysilane, 3
−アミノプロピルトリメトキシシラン、3−アミノプロピル−トリス(2−メトキシ−エトキシ−エトキシ)シラン、N−メチル−3−アミノプロピルトリメトキシシラン、N−アミノエチル−3−アミノプロピル−トリメトキシシラン、ジアミノシラン、N−アミノエチル−3 - aminopropyltrimethoxysilane, 3-aminopropyl - tris (2-methoxy - ethoxy - ethoxy) silane, N- methyl-3-aminopropyltrimethoxysilane, N- aminoethyl-3-aminopropyl - trimethoxysilane, diaminosilane, N- aminoethyl -3
−アミノプロピルメチルジメトキシシラン、トリアミノプロピル−トリメトキシシラン、3−4,5ジヒドロイミダゾールプロピルトリエトキシシラン、3−メタクロリロキシプロピルトリメトキシシラン、3−グリシドキシプロピルトリメトキシシラン、3−メルカプトプロピルトリエトキシシラン、3−メルカプトプロピルトリメトキシシラン、3−メルカプトプロピルメチルジメトキシシラン、3−クロロプロピルトリエトキシシラン、3 - aminopropyl methyl dimethoxy silane, tri-aminopropyl - trimethoxysilane, 3-4,5-dihydroimidazole-triethoxysilane, 3-methacryloyloxy Lilo trimethoxysilane, 3-glycidoxypropyl trimethoxysilane, 3-mercapto triethoxysilane, 3-mercaptopropyl trimethoxysilane, 3-mercaptopropyl methyl dimethoxysilane, 3-chloropropyl triethoxysilane, 3
−クロロプロピルトリメトキシシラン、3−クロロプロピルメチルジメトキシシラン、3−シアノプロピルトリエトキシシラン、ビニルトリクロロシラン、ビニルトリエトキシシラン、ビニルトリメトキシシラン、ビニルトリ(2−メトキシエトキシ)シラン、ヘキサメチルジシラザン、N,O−ビス(トリメチルシリル)アセトアミド、メチルトリメトキシシラン、メチルトリエトキシシラン、エチルトリクロロシラン、n−プロピルトリメトキシシラン、イソブチルトリメトキシシラン、アミルトリクロロシラン、オクチルトリエトキシシラン、ビニルトリス(β−メトキシエトキシ)シラン、γ−メタクリロキシプロピルトリメトキシシラン、N−β(アミノエチル)γ−アミノプロピルトリメトキシシラン、γ−アミノプロピルトリエト - chloropropyl trimethoxy silane, 3-chloropropyl methyl dimethoxy silane, 3-cyanopropyl triethoxysilane, vinyl trichlorosilane, vinyl triethoxysilane, vinyl trimethoxysilane, vinyl tri (2-methoxyethoxy) silane, hexamethyldisilazane , N, O-bis (trimethylsilyl) acetamide, methyltrimethoxysilane, methyltriethoxysilane, ethyltrichlorosilane, n- propyltrimethoxysilane, isobutyltrimethoxysilane, amyl trichlorosilane, octyl triethoxysilane, vinyl tris (beta- methoxyethoxy) silane, .gamma.-methacryloxypropyltrimethoxysilane, N-beta (aminoethyl) .gamma.-aminopropyltrimethoxysilane, .gamma.-aminopropyl triethoxysilane DOO キシシラン、N−フェニル−γ− Kishishiran, N- phenyl -γ-
アミノプロピルトリメトキシシラン、フェニルトリメトキシシラン、フェニルトリエトキシシラン、メチルトリ(メタクリロイルオキシエトキシ)シラン、メチルトリ(グリシジルオキシ)シラン、長鎖アルキルトリエトキシシラン、テトラメチルシリケート、テトラエチルシリケート、ビニルトリス(2−メトキシエトキシ)シラン、3−グリシドキシプロピルメチルジメトキシシラン、2−(3,4−エポキシシクロヘキシル)エチルトリメトキシシラン、3−メタクリロキシプロピルトリメトキシシラン、γ−(2−アミノエチル)アミノプロピルメチルジメトキシシラン、N−β(N−ビニルベンジルアミノエチル)−γ−アミノプロピルトリメトキシシラン塩酸塩、ビニルトリアセトキシシラン、γ−アニリノプロピルトリメトキシ Aminopropyltrimethoxysilane, phenyltrimethoxysilane, phenyltriethoxysilane, methyltri (methacryloyloxyethoxy) silane, methyltri (glycidyloxy) silane, long chain alkyl triethoxy silane, tetramethyl silicate, tetraethyl silicate, vinyltris (2-methoxy ethoxy) silane, 3-glycidoxypropyl methyldimethoxysilane, 2- (3,4-epoxycyclohexyl) ethyltrimethoxysilane, 3-methacryloxypropyl trimethoxy silane, .gamma. (2-aminoethyl) aminopropyl methyl dimethoxy silane, N-beta (N-vinylbenzyl aminoethyl)-.gamma.-aminopropyltrimethoxysilane hydrochloride, vinyltriacetoxysilane, .gamma. anilino trimethoxysilane ラン、オクタデシルジメチル[3−(トリメトキシシリル)プロピル]アンモニウムクロライド、γ−クロロプロピルメチルジクロロシラン、γ−メタクリロキシプロピルメチルジメトキシシラン、トリメチルメトキシシラン、トリメチルエトキシシラン、ジメチルジメトキシシラン、ジメチルジエトキシシラン、テトラメトキシシラン、テトラエトキシシラン、メチルジメトキシシラン、メチルジエトキシシラン、ジメチルエトキシシラン、ジメチルビニルメトキシシラン、ジメチルビニルエトキシシラン、メチルビニルジメトキシシラン、メチルビニルジエトキシシラン、ジフェニルジエトキシシラン、ジフェニルジエトキシシラン、トリメチルクロロシラン、ジメチルジクロロシラン、メチルトリクロロシラン、メチルジクロロシラン Orchids, octadecyl dimethyl [3- (trimethoxysilyl) propyl] ammonium chloride, .gamma.-chloropropyl methyl dichlorosilane, .gamma.-methacryloxypropyl methyl dimethoxy silane, trimethyl methoxy silane, trimethyl ethoxy silane, dimethyl dimethoxy silane, dimethyl diethoxy silane , tetramethoxysilane, tetraethoxysilane, methyldimethoxysilane, methyldiethoxysilane, dimethylethoxysilane, dimethyl vinyl silane, dimethyl vinyl ethoxy silane, methyl vinyl dimethoxy silane, methyl vinyl diethoxy silane, diphenyl diethoxy silane, diphenyl silane, trimethylchlorosilane, dimethyldichlorosilane, methyltrichlorosilane, methyldichlorosilane
ジメチルクロロシラン、ジメチルビニルクロロシラン、 Dimethylchlorosilane, dimethylvinylchlorosilane,
メチルビニルジクロロシラン、メチルクロロジシラン、 Methylvinyldichlorosilane, methylchlorodisilanes,
トリフェニルクロロシラン、メチルジフェニルクロロシラン、ジフェニルジクロロシラン、メチルフェニルジクロロシラン、フェニルトリクロロシラン、クロロメチルジメチルクロロシランヘキサメチルジシラザン、サイクリックシラザン混合物、N,N−ビス(トリメチルシリル)ウレア、N−トリメチルシリルアセトアミド、ジメチルトリメチルシリルアミン、ジエチルトリメチルシリルアミン、トリメチルシリルイミダゾール、N−トリメチルシリルフェニルウレア等。 Triphenylchlorosilane, methyl diphenyl chlorosilane, diphenyl dichlorosilane, methylphenyl dichlorosilane, phenyl trichlorosilane, chloromethyl dimethyl chlorosilane hexamethyldisilazane, cyclic silazane mixture, N, N- bis (trimethylsilyl) urea, N- trimethylsilylacetamide, dimethyl trimethylsilyl amine, diethyl trimethylsilyl amine, trimethylsilyl imidazole, N- trimethylsilyl phenylurea and the like.

【0046】(チタネート系カップリング剤)イソプロピルトリイソステアロイルチタネート、イソプロピルトリステアロイルチタネート、イソプロピルトリオクタノイルチタネート、イソプロピルジメタクリルイソステアロイルチタネート、イソプロピルトリドデシルベンゼンスルホニルチタネート、イソプロピルイソステアロイルジアクリルチタネート、イソプロピルトリ(ジオクチルホスフェート)チタネート、イソプロピルトリクミルフェニルチタネート、イソプロピルトリス(ジオクチルパイロホスフェート)チタネート、イソプロピルトリ(n [0046] (titanate coupling agent) isopropyl titanate, isopropyl tris stearoyl titanate, isopropyl trioctanoyl titanate, isopropyl dimethacryl isostearoyl titanate, isopropyl tridodecylbenzenesulfonyl titanate, isopropyl isostearoyl diacryl titanate, isopropyl tri (dioctyl phosphate) titanate, isopropyl tricumylphenyl titanate, isopropyl tris (dioctyl pyrophosphate) titanate, isopropyl tri (n
−アミノエチル−アミノエチル)チタネート、テトライソプロピルビス(ジオクチルホスファイト)チタネート、テトラオクチルビス(ジトリデシルホスファイト) - aminoethyl - aminoethyl) titanate, tetraisopropyl bis (dioctyl phosphite) titanate, tetraoctylbis (ditridecylphosphite)
チタネート、テトラ(2,2−ジアリルオキシメチル− Titanate, tetra (2,2-diallyloxymethyl -
1−ブチル)ビス(ジトリデシル)ホスファイトチタネート、ジクミルフェニルオキシアセテートチタネート、 1-butyl) bis (ditridecyl) phosphite titanate, dicumyl phenyloxy acetate titanate,
ビス(ジオクチルパイロホスフェート)オキシアセテートチタネート、ジイソステアロイルエチレンチタネート、ビス(ジオクチルパオロホスフェート)エチレンチタネート、ビス(ジオクチルパオロホスフェート)ジイソプロピルチタネート、テトラメチルオルソチタネート、テトラエチルオルソチタネート、テトラプロピルオルソチタネート、テトライソプロピルテトラエチルオルソチタネート、テトラブチルオルソチタネート、ブチルポリチタネート、テトライソブチルオルソチタネート、 Bis (dioctyl pyrophosphate) oxyacetate titanate, diisostearoyl ethylene titanate, bis (dioctyl Paolo phosphate) ethylene titanate, bis (dioctyl Paolo phosphate) diisopropyl titanate, tetramethyl orthotitanate, tetraethyl orthotitanate, tetrapropyl orthotitanate, tetraisopropyl tetraethyl orthotitanate, tetrabutyl orthotitanate, polybutyl titanate, tetra isobutyl orthotitanate,
2−エチルヘキシルチタネート、ステアリルチタネート、クレシルチタネートモノマー、クレシルチタネートポリマー、ジイソプロポキシ−ビス−(2,4−ペンタジオネート)チタニウム(IV)、ジイソプロピル−ビス−トリエタノールアミノチタネート、オクチレングリコールチタネート、チタニウムラクテート、アセトアセティックエステルチタネート、ジイソプロポキシビス(アセチルアセトナト)チタン、ジ−n−ブトキシビス(トリエタノールアルミナト)チタン、ジヒドロキシビス(ラクタト)チタン、チタニウム−イソプロポキシオクチレングリコレート、テトラ−n−ブトキシチタンポリマー、トリ−n−ブトキシチタンモノステアレートポリマー、ブチルチタネートダイマー、チタンアセチルアセトネート、ポリチタン 2-ethylhexyl titanate, stearyl titanate, cresyl titanate monomers, cresyl titanate polymer, diisopropoxy - bis - (2,4-penta dionate) titanium (IV), diisopropyl - bis - triethanolamine titanate, octylene glycol titanate, titanium lactate, acetoacetic acetic ester titanate, diisopropoxy-bis (acetylacetonato) titanium, di -n- butoxybis (triethanolamine alumina g) titanium, dihydroxy bis (lactato) titanium, titanium - isopropoxyphenyl glycolate , tetra -n- butoxy titanium polymer, tri -n- butoxy titanium monostearate polymer, butyl titanate dimer, titanium acetylacetonate, polytitanic タンアセチルアセトネート、チタンオクチレングリコレート、チタンラクテートアンモニウム塩、チタンラクテートエチルエステル、チタントリエタノールアミネート、ポリヒドロキシチタンステアレート等。 Tan acetylacetonate, titanium octylene glycolate, titanium lactate ammonium salt, titanium lactate ethyl ester, titanium triethanolaminate, polyhydroxy titanium stearate and the like.

【0047】(アルミニウム系カップリング剤)アセトアルコキシアルミニウムジイソプロピレート等。 [0047] (aluminum coupling agent) acetoalkoxyaluminum diisopropylate.

【0048】(ジルコニウム系カップリング剤)ジルコニウムブチレート、ジルコニウムアセチルアセトネート、アセチルアセトンジルコニウムブチレート、ジルコニウムラクテート、ステアリン酸ジルコニウムブチレート、テトラ(トリエタノールアミン)ジルコネート、テトライソプロピルジルコネート等。 [0048] (zirconium coupling agent) zirconium butyrate, zirconium acetylacetonate, acetylacetone zirconium butyrate, zirconium lactate, stearate zirconium butyrate, tetra (triethanolamine) zirconate, tetraisopropyl zirconate, and the like.

【0049】(ジルコアルミネート系カップリング剤) [0049] (zircoaluminate coupling agent)
楠本化成(株)製の製品名A、C、C−1、F、M、M Kusumoto Kasei Co., Ltd. of the product name A, C, C-1, F, M, M
−1、S、APG、CPG、CPM、FPM、MPG、 -1, S, APG, CPG, CPM, FPM, MPG,
MPM及び、テトラプロピルジルコアルミネート等。 MPM and tetrapropyl zirconate aluminate.

【0050】(クロム系カップリング剤)メタクリル酸クロムと塩化クロムの複合体等。 [0050] (chromium-based coupling agent) complex such as methacrylic acid chrome and chromium chloride.

【0051】(フッ素系カップリング剤)トリフルオロプロピルトリメトキシシラン、ヘプタデカトリフルオロデシルトリメトキシシラン等。 [0051] (a fluorine-based coupling agent) trifluoropropyltrimethoxysilane, heptadecafluoro-trifluoro-decyl trimethoxysilane.

【0052】上記のカップリング剤については、各々単独で用いること以外に、複数のカップリング剤を混合して用いることも、更には、複数のカップリング剤を用いた処理を段階的に施すことも可能である。 [0052] For the above coupling agent, in addition to be used either singly be used as a mixture of a plurality of coupling agent, more stepwise subjected that the process using a plurality of coupling agent it is also possible.

【0053】次に、本発明の表示用材料の調製に際して用いられる多孔性部材に流動性着色物を充填する方法について述べるが、本発明における方法はこのような方法に限定されるのではなく、他の各種方法を用いることができる。 Next, although described method of filling a flowable colored material in the porous member used in the preparation of the display material of the invention, the method of the present invention is not limited to such a method, other various methods can be used. 本発明の表示用材料を調製するには、前記の多孔性部材に流動性着色物を注入する必要があり、この場合の注入方法については特に規定しないが、通常用いられる注入方法を適用することができる。 To prepare the display material of the present invention, it is necessary to inject the flowable colored material in the porous member of said, is not particularly defined for implantation method in this case, applying ordinary injection method used can. 例えば、多孔性部材の空隙部への毛管現象を利用した方法や減圧状態からの減圧解除による注入方法、さらには、減圧環境下にて内部に閉じこめられた空気を脱気する方法と組み合わせることも可能である。 For example, the injection method by decompression release from the method or a low pressure state using capillary action to void portion of the porous member, and further, also be combined with a method of degassing the air trapped inside under a reduced pressure environment possible it is.

【0054】次に、本発明の表示用材料を用いた表示原理を下記に示す。 [0054] Next, the display principle using a display material of the invention below. 本発明の多孔性部材における空隙部(空隙)(流動性着色物の充填空間)の割合(空隙率: Ratio of void portions in the porous member of the present invention (void) (filling space of flowable colored product) (void ratio:
多孔性部材の体積に占める空隙部の体積の割合)については、任意の割合で用いることができる。 The volume ratio) of the gap portion occupying the volume of the porous member can be used in any proportion. この空隙率については、同じ値であっても空隙部のサイズによって、 This porosity, the size of the gap portion even with the same value,
構造が大きく異なってしまう傾向にある。 There is a tendency that the structure is greatly different. 従って、目的とする用途に応じて様々な空隙率で用いる必要があり、 Therefore, it is necessary to use a variety of porosity depending on the intended application,
いちがいにある特定の範囲に限定することは困難であるが、おおむね30〜90%の空隙率で使用するのが好ましい。 It is difficult to limit the categorically certain range, preferably used in approximately 30% to 90% porosity. 但し、空隙部のサイズ及び、充填する分散材料の特性などとの関係からこの範囲に限定されるものではない。 However, the size of the gap portion and is not intended to be limited to the range from the relationship between the characteristics of the dispersed material filling. また、連泡多孔性部材の壁部について、前記着色部材と高分子化合物から構成される場合の両者の割合については任意の割合で用いることができるが、通常、着色部材1.00に対して0.01以上、好ましくは0.2 Further, the wall portion of the continuous foam porous member, can be used at an arbitrary ratio for the ratio of both cases comprised the colored member and a polymer compound, usually with respect to the colored member 1.00 0.01 or more, preferably 0.2
〜0.8(体積比率)の高分子化合物を必要としている。 0.8 in need of polymer compound (volume ratio). しかし、この場合についても、用いる着色部材の色の濃さ及び、必要としている表示特性等との関係で、必要に応じて任意の比率で用いることができる。 However, this case also, used the color density of the colored member and, in relation to the display characteristics and the like in need, can be used in an arbitrary ratio.

【0055】一方、流動性着色物についても各種化合物の構成を適用することができるが、分散媒と着色物(分散粒子)との比率についても任意の割合で用いることができる。 On the other hand, it can be applied to construction of various compounds also flowable coloring matter, may be used in an arbitrary ratio but also for the ratio between the dispersion medium and a coloring material (dispersed particles). 通常、分散媒1.00に対して着色物(分散粒子)0.01〜1.00(重量比)の範囲の任意の割合で用いることができるが、この範囲に限定されるものではない。 Usually, it can be used at any ratio in the range of colorations in a dispersion medium 1.00 (dispersed particles) 0.01 to 1.00 (weight ratio), but is not limited to this range.

【0056】本発明においては、前記の表示用材料を用いた電気泳動表示媒体や電気泳動表示装置が提供されるが、この場合の電気泳動表示媒体の形態としては、例えば、下記(1)(2)(3)に示す様なものが挙げられる。 [0056] In the present invention, the display material electrophoretic display medium and electrophoretic display devices using is provided, in the form of electrophoretic display medium in this case, for example, the following (1) ( 2) (3) shows such things can be mentioned. 尚、本発明における基板とは、電極面を有するものと有しないものの両方を示している。 Here, the substrate in the present invention shows both having no to have the electrode surfaces.

【0057】(1)一対の基板のうち、少なくとも一方の基板が片面に電極を有しており、該電極面が本発明の表示用材料を介して他方の基板と対向配置することで形成された電気泳動表示媒体において少なくとも一方の基板が透明である電気泳動表示媒体(図1)。 [0057] (1) of the pair of substrates, at least one of the substrates has an electrode on one surface, the electrode surface is formed by the other substrate and the oppositely arranged with the display material of the present invention electrophoretic display medium at least one of the substrates in the electrophoretic display medium is transparent with (FIG. 1).

【0058】(2)片面に電極を有している透明又は不透明な基板の電極面側に本発明の表示用材料からなる層を形成した電気泳動表示媒体(図2)。 [0058] (2) the electrophoretic display medium to form a layer composed of the display material of the present invention the electrode surface side of the transparent or opaque substrate has an electrode on one side (Figure 2).

【0059】(3)片面に電極を有している透明又は不透明な基板の電極面側に本発明の表示用材料からなる層を形成し、さらにその上にオーバーコート層を設けた電気泳動表示媒体(図3)。 [0059] (3) a layer of a display material of the present invention is formed on the electrode surface side of the transparent or opaque substrate has an electrode on one side, further the electrophoretic display in which a overcoat layer thereon medium (Fig. 3).

【0060】これらの電気泳動表示媒体については、情報記録部等の各種の機能を付加して用いることができる。 [0060] These electrophoretic display medium, may be used by adding various functions of the information recording section or the like.

【0061】本発明によれば、前記の電気泳動表示媒体と、該電気泳動表示媒体に視認可能な情報を表示させることができる書き込み装置とからなり、前記電気泳動表示媒体と前記書き込み装置は少なくとも書き込み時には近接させられるように着脱が可能である表示装置であって、前記書き込み装置は画像信号に応じて前記電気泳動表示媒体に電界を作用させることができ、かつ前記電気泳動表示媒体との平面位置関係を相対的に変えうる機構を有する電極アレイを装備している表示装置が提供される。 In accordance with the present invention, and the electrophoretic display medium composed of a writing device capable of displaying the visible information in the electrophoretic display medium, the electrophoretic display medium and the writing device at least the display device is detachable to be brought close to the time of writing, the writing device can act an electric field to the electrophoretic display medium in accordance with image signals, and the plane of the electrophoretic display medium display equipped with electrode array having a mechanism capable of changing relative positional relationship device is provided. このような表示装置においては、電気泳動表示媒体の共通電極をアース電位とし、表示層の表面に電極アレイを密着させて、表示媒体との平面的位置関係を相対的に変えながら、画像信号に応じた電位を表示媒体の所定部に与えることができ、可視性表示が可能となる。 In such a display device, a common electrode of an electrophoretic display medium and the ground potential, it makes good contact with the electrode array on the surface of the display layer, while changing relatively planar positional relationship between the display medium, the image signal can give corresponding potential to a predetermined portion of the display medium, thereby enabling visibility display.

【0062】また、本発明によれば、前記の電気泳動表示媒体と、当該電気泳動表示媒体に視認可能な情報を表示させることができる書き込み装置とからなり、前記電気泳動表示媒体と前記書き込み装置は少なくとも書き込み時には近接させられるように着脱が可能である表示装置であって、前記書き込み装置は画像信号に応じて前記電気泳動表示媒体表面に電荷を付与させることができ、 [0062] Further, according to the present invention, and the electrophoretic display medium composed of a writing device capable of displaying the visible information on the electrophoretic display medium, the writing device and the electrophoretic display medium at least at the time of writing a display device is detachable to be moved close, the writing device can be imparted a charge to the electrophoretic display medium surface according to an image signal,
かつ前記電気泳動表示媒体との平面位置関係を相対的に変えうる機構を有するイオン銃アレイを装備している表示装置が提供される。 And a display device equipped with an ion gun array having a mechanism capable of changing relatively planar positional relationship between the electrophoretic display medium. このような表示装置においては、 In such a display device,
電気泳動表示媒体の共通電極をアース電位とし、表示層の表面にイオン銃アレイを近接させて、表示媒体との平面的位置関係を相対的に変えながら、画像信号に応じた電位を電気泳動表示媒体の所定部に与えることができ、 A common electrode of an electrophoretic display medium and the ground potential, is brought close to the ion gun array on the surface of the display layer, while changing relatively planar positional relationship between the display medium, the electrophoretic display of the potential corresponding to the image signal It can be given to a predetermined portion of the medium,
可視性表示が可能となる。 Visibility display becomes possible. イオン銃により電気泳動表示媒体の表面に与えられた電荷は表示媒体を構成する材料の時定数で放電するため、それが粒子の移動時間(応答時間)より長い場合にはイオン銃の作用時間を応答時間より短くすることが可能となり、その結果、書き込み速度が速くなる。 Since the charge imparted to the surface of the electrophoretic display medium by ion gun that discharges with a time constant of a material constituting the display media, it the exposure time of the ion gun is longer than the movement time of the particles (response time) it is possible to shorter than the response time, as a result, the writing speed increases.

【0063】さらに、本発明によれば、前記の電気泳動表示媒体と、当該電気泳動表示媒体に視認可能な情報を表示させることができる書き込み装置とからなり、前記電気泳動表示媒体と前記書き込み装置は少なくとも書き込み時には近接させられるように着脱が可能である表示装置であって、前記書き込み装置は複数の信号電極と走査電極を装備し、その交差部に画像信号に応じて表示媒体に電界を印加することのできるスイッチング素子を有し、それによって前記電気泳動表示媒体に画像を表示するように構成された表示装置が提供される。 [0063] Further, according to the present invention, and the electrophoretic display medium composed of a writing device capable of displaying the visible information on the electrophoretic display medium, the writing device and the electrophoretic display medium at least at the time of writing a display device is detachable to be moved close, the writing device is equipped with a plurality of signal electrodes and the scanning electrodes, applying an electric field to the display medium in accordance with image signals at each intersection are a switching element which can be, whereby the electrophoretic display medium a display device configured to display an image on is provided. このような構成では、2次元配列された電界印加手段がスイッチング素子を有するため、その作用により選択時にある部位に与えられた電荷は非選択時には電気泳動表示媒体を構成する材料の時定数で放電するため、それが粒子の移動時間(応答時間)より長い場合には選択時間を応答時間より短くすることが可能となり、その結果、書き込み速度が速くなる。 In this configuration, the two-dimensional array of electric field applying means comprises a switching element, a discharge time constant of the material constituting the electrophoretic display medium when non-selected charge given to the site at the time selected by the action to reason, it is is longer than the movement time of the particles (response time) it is possible to shorter than the response time of the selection time, as a result, the writing speed increases.

【0064】さらにまた、本発明によれば、前記の画像信号に応じて表示媒体に電界を印加することのできるスイッチング素子が、薄膜トランジスタである表示装置が提供される。 [0064] Furthermore, according to the present invention, a switching element capable of applying an electric field to the display medium in accordance with the image signal of a thin film transistor display apparatus is provided. スイッチング素子としては、大面積の薄膜デバイスの作製が容易な薄膜トランジスタが好ましい。 The switching element, easy thin film transistor is fabricated in a large area thin film device is preferable.
薄膜トランジスタは3端子素子であるためスイッチング性能が高く、中間調を伴うような場合にも鮮明な表示を得ることができる。 The thin film transistor 3 terminal a is for high switching performance elements can also when involving any half tone obtain a clear display. なお、より書き込み速度を速くするために、蓄積コンデンサを等価回路的に電気泳動表示媒体と並列になるように設けることも可能である。 In order to increase the higher writing speed, it is also possible to provide a storage capacitor so that in parallel with the equivalent circuit to the electrophoretic display medium.

【0065】本発明において、前記電気泳動表示媒体は各種用途に用いることができる。 [0065] In the present invention, the electrophoretic display medium can be used in various applications. その一例を挙げると、 And its way of example,
本発明の電気泳動表示媒体で名刺やクレジットカードのような小型のガードの一部又は全ての部分を構成することで、情報を書き換えることが可能なカードが作製され、各種ポイントカードや会員カードとして使用できる。 By configuring a small portion or all portions of the guard, such as a business card or credit card in the electrophoretic display medium of the present invention, it is fabricated is capable card to rewrite the information, as various point card or membership card It can be used. この様な携帯性に優れる小型のカードのサイズを大きくすることで、一般のオフィス等で使用されるディスプレイや記録紙(複写機、プリンター等の出力紙)の代わりに使用することができる可逆表示シートを作製することもできる。 By increasing the size of a small card which is excellent in such portability, reversible display that can be used in place of the display and the recording paper used in general offices (copying machine, the output paper such as a printer) it is also possible to produce a sheet. この様な可逆表示シートは、繰り返し使用することができるので、省資源、省エネルギーの観点からも優れた表示媒体である。 Such reversible display sheet, it is possible to repeatedly use a resource saving, excellent display medium from the viewpoint of energy saving. 一方、本発明の電気泳動表示媒体を家電製品をはじめとする各種物品に組み込むことで、従来の液晶モニターに代わり情報を提供することが可能となる。 On the other hand, the electrophoretic display medium of the present invention appliances to incorporate into various articles, including, it is possible to provide an alternative information in a conventional liquid crystal monitor. この場合には、視野角が広くコントラストも高く優れた表示を実現することができる。 In this case, it is possible to realize a display viewing angle is wide contrast even better high. また、 Also,
本発明の電気泳動表示媒体を各種の広告や看板などの用途で用いることも可能である。 It is also possible to use an electrophoretic display medium of the present invention in applications such as various advertisements and billboards. この場合にも全面を電気泳動表示媒体で構成することもできるが、ポスターなどの一部分に組み込むことで効果的な表示を実現することができる。 The entire surface in this case may be the electrophoretic display medium, but it is possible to realize an effective display by incorporating a portion of the posters.

【0066】尚、本発明の電気泳動表示媒体は、基板をはじめとする構成により媒体に可撓性を持たせることが可能であることから、前記のカード、シート、ディスプレイ、看板、広告をはじめとする各種用途において形状による制約を受けることがなく、非常に幅広い用途に対応することができる。 [0066] Incidentally, the electrophoretic display medium of the present invention, starting from it it is possible to provide flexibility to the medium by the configuration including the substrate, the card, sheet, display, signage, advertising without being restricted by the shape in various applications which may correspond to a very wide range of applications.

【0067】次に、本発明の表示用材料の好ましい実施形態を図1から図3を参照して説明する。 Next, description of the preferred embodiment of the display material of the invention with reference to FIGS. 基板1はガラス板かプラスチックフィルムからなり、片面に電極1' Substrate 1 is made of a glass plate or plastic film, the electrode 1 on one side '
を有している。 have. 基板の厚さは約10μm〜5mm、好ましくは25〜200μmである。 The thickness of the substrate is about 10Myuemu~5mm, preferably 25 to 200 [mu] m. 電極1'はマトリックス状にパターン化された又はパターン化されていない電極である。 Electrode 1 'is an electrode which is not patterned or patterned in a matrix. 基板2は、ガラス板かプラスチックフィルムからなり、電極を有していない。 Substrate 2 is made of a glass plate or plastic film, it does not have an electrode. この場合も基板の厚さは約10μm〜5mm、好ましくは25〜200μmである。 The thickness of the substrate even in this case about 10Myuemu~5mm, preferably 25 to 200 [mu] m. 一対の基板(基板1どうし又は、基板1と2)と本発明の組成物又は表示媒体3とで電気泳動表示媒体を形成しており(図1)、この場合には、少なくとも一方の基板が透明であれば良く、表示面として使用しない面については透明でも不透明であっても構わない。 A pair of substrates (and if the substrate 1 or the substrate 1 and 2) and the composition or display media 3 of the present invention forms an electrophoretic display medium (Fig. 1), in this case, at least one substrate well if it is transparent, but may be opaque or transparent for the surface you do not want to use as a display surface. また、 Also,
着色していてもよく、その着色色調を表示色の一部として利用することも可能である。 May be colored, it is also possible to use the colored tone as part of the display color. 一方、一枚の基板で構成されている電気泳動表示媒体(図2、図3)において、 On the other hand, in the electrophoretic display medium is configured with a single substrate (FIG. 2, FIG. 3),
基板1は不透明であっても透明であってもよい。 Substrate 1 may be transparent or opaque. また、 Also,
着色していてもよく、その着色色調を表示色の一部として利用することも可能である。 May be colored, it is also possible to use the colored tone as part of the display color. 電極1'は、透明な状態、不透明な状態、必要に応じて着色された状態で用いることができ、金属、ITO、SnO 2 、ZnO:Al Electrodes 1 ', transparent state, opaque state, can be used in a state that is colored as required, metal, ITO, SnO 2, ZnO: Al
などの導電体薄膜からなり、スッパタリング法、真空蒸着法、CVD法、塗布法などにより形成することができる。 Made of a conductive thin film such as, Suppataringu method, a vacuum deposition method, CVD method, it can be formed by a coating method. これらの電極1'は表示面として用いる側の基板に設けられている場合(基板1)には透明である必要があり、この場合には、ITO、SnO 2 、ZnO:Alなどの透明な材料から形成する。 These electrodes 1 'must in the case (substrate 1) which is provided on the side of a substrate used as a display surface is transparent, in this case, ITO, SnO 2, ZnO: transparent material, such as Al formed from.

【0068】図1のものは、一対の基板(基板1どうし又は、基板1と2)によって形成された空間に、本発明の組成物又は表示媒体からなる層3を存在させて電気泳動表示媒体を作製したものである。 [0068] ones Figure 1, a pair of substrates (and if the substrate 1 or the substrate 1 and 2) into the space formed by the presence of the layer 3 of the composition or display medium of the present invention the electrophoretic display medium it is those that were produced. 図2のものは、前記の基板1上に本発明の組成物又は表示媒体からなる層(記録層)3を形成したものである。 Those 2, composition or display consisting medium layer (recording layer) of the present invention on the substrate 1 of the is 3 that is formed. 図3のものは、前記図2のものにオーバーコート層4を設けたものである。 Those in FIG. 3, is provided with a overcoat layer 4 to that of FIG 2. この場合のオーバーコート層を形成する材料としては、前記の連泡多孔性部材の壁部を形成する際に用いられる高分子化合物を用いることができる。 As the material for forming the overcoat layer in the case, it is possible to use a polymer compound used in forming the wall of said continuous foam porous member. オーバーコート層は、これらの前記の材料を溶解、分散、懸濁又は乳化する媒体、硬化剤、触媒及び/又は助触媒を加えた保護層材料組成物を、表示層上にワイヤーバーコート、ロールコート、ブレードコート、ディップコート、スプレーコート、スピンコート、又はグラビアコートなどの塗布方法、又はスパッタリング及び化学的気相法などの気相方法、さらには、高分子化合物の膜(フィルム)を直接貼り合わせる方法等によって形成する。 Overcoat layer, dissolving these said materials, dispersed, suspended or emulsified medium, curing agent, the protective layer material composition by adding a catalyst and / or cocatalyst, a wire bar coating onto the display layer, the roll coating, the method of coating, blade coating, dip coating, spray coating, spin coating, or gravure coating, or sputtering and chemical vapor gas phase process, such as phase, further, laminated film polymer (film) directly formed by a method such as combining. オーバーコート層の厚さは、記録層3を保護する機能を有する範囲内で可能な限り薄いほうが望ましく、約0.1〜100μ The thickness of the overcoat layer, thinner is desirable as far as possible within a range which has a function of protecting the recording layer 3, about 0.1~100μ
m、より好ましくは0.3〜30μmである。 m, more preferably 0.3~30Myuemu.

【0069】本発明による表示用材料の更に別の好ましい実施形態を図4により説明する。 [0069] Still another preferred embodiment of the display material according to the present invention will be described with reference to FIG. 基板1(電極1'を有する)、本発明の表示用材料からなる記録層3及びオーバーコート層4は図3と同様である。 (With electrodes 1 ') a substrate 1, recording layer 3 and the overcoat layer 4 and a display material of the invention is similar to FIG. 印刷層10は、 Printing layer 10,
オーバーコート層面を表示面とする場合、オーバーコート層上の表示部分を除く少なくとも一部分に公知の方法により設けることができる。 If the display surface overcoat layer surface can be provided by methods known to at least a portion excluding the display portion on the overcoat layer. 印刷保護層11はオーバーコート層4と同様な材料からなり、印刷層上及びオーバーコート層上にオーバーコート層や印刷層と同様な方法により設けることができる。 Printing protective layer 11 is made of the same material as the overcoat layer 4 can be provided in the same manner and the overcoat layer or a printing layer on the printing layer and the overcoat layer. 非表示面には、磁気記録部12と集積回路メモリー13を少なくとも一部分の基板上に設け、その磁気記録部12、集積回路メモリー13 The non-display surface, provided in the magnetic recording unit 12 and the integrated circuit memory 13 at least a portion of the substrate, the magnetic recording unit 12, an integrated circuit memory 13
及び基板上に第二保護層14を設ける。 And a second protective layer 14 provided on the substrate. 第二保護層14 The second protective layer 14
は、前記のオーバーコート層や印刷保護層を構成する材料と同様な材料から形成される。 It is formed from the same material as the material constituting the overcoat layer or printing a protective layer.

【0070】本発明による表示用材料の更に別の好ましい実施形態を図5により説明する。 [0070] Still another preferred embodiment of the display material according to the present invention will be described with reference to FIG. 基板1(電極1'を有する)、本発明の表示用材料からなる記録層3及びオーバーコート層4は図3と同様である。 (With electrodes 1 ') a substrate 1, recording layer 3 and the overcoat layer 4 and a display material of the invention is similar to FIG. 基板1上に透明な記録部15を設け、その透明な記録部15と基板上に第二保護層14を設ける。 The provided transparent recording unit 15 on the substrate 1, a second protective layer 14 provided on the transparent recording unit 15 and the substrate. 図5(b)に示すように、透明な記録部は格子状に設けることができる。 As shown in FIG. 5 (b), the transparent recording unit may be provided in a grid pattern. 形成される行x と列y の交差点(x 、y )を読み出し専用の情報として固有化して、デジタル情報として利用することができる。 Intersection (x n, y m) of rows x n columns y m that is formed by specific as only information read out, can be used as digital information. このような表示媒体の場合、透明な基板1と透明な電極1'を用いることにより、オーバーコート層側(表示面)を表示面とすることも、透明記録部側を表示面(第二表示面)とすることも可能である。 For such display media, by using a transparent electrode 1 'and the transparent substrate 1, it is also the display surface a transparent recording unit side to the overcoat layer side (display surface) and the display surface (the second display it is also possible to the surface).

【0071】本発明による表示装置の実施形態を図6により説明する。 [0071] An embodiment of a display device according to the present invention will be described with reference to FIG. 図6において、20は電気泳動表示媒体、21は電極アレイ、22は書き込み基板、23は電極棒、24はスイッチング回路、25は電源回路、26 6, 20 is an electrophoretic display medium, 21 electrode array, the write board 22, 23 is an electrode rod, 24 is a switching circuit, 25 is a power supply circuit, 26
は送り機構である。 It is a feeding mechanism.

【0072】本発明による表示装置のさらに別の実施形態を図7により説明する。 [0072] Yet another embodiment of a display device according to the present invention will be described with reference to FIG. 図7において、30は電気泳動表示媒体、31はイオン銃アレイ、32はコロナワイヤ、33は放電フレーム、34a,34bは制御電極、 7, 30 the electrophoretic display medium, the ion gun array 31, 32 is a corona wire, 33 a discharge frame, 34a, 34b is a control electrode,
35はアパーチャー、36はコロナイオン発生用高圧電源、37はイオン流制御用電源、38は送り機構である。 35 aperture, 36 a high voltage source for corona ion generating, 37 is an ion flow control power supply, the feed mechanism 38.

【0073】 [0073]

【実施例】次に実施例により本発明を詳しく説明する。 EXAMPLES The following Examples will further illustrate the present invention in detail.
評価用のサンプル調製方法、評価方法について下記方法1から5に示す。 Sample preparation for evaluation, shown from the following methods 1 to 5 evaluation methods. <方法1:表示用材料の作製>PMMA(ポリメチルメタクリレート)粒子(粒子径30μm)1.00g、多孔性部材の壁部を構成する着色部材(種類、添加量は別途記載)、ポリビニルアルコール(ケン化価98%、重合度1700、添加量は別途記載)からなる分散液(全固形分が30wt%となるように水を添加)を調製した。 <Method 1: display manufacturing materials> PMMA (polymethyl methacrylate) particles (particle diameter 30 [mu] m) 1.00 g, colored member which constitutes the wall portion of the porous member (the type, amount added separately described), polyvinyl alcohol ( saponification value of 98%, polymerization degree: 1700, amount dispersion (total solids consisting of separately described) is to prepare a addition of water) such that 30 wt%. この塗工液をITO付ガラス基板のITO面にヨシミツ精機(株)製YBA型ベーカーアプリケーターを用いて塗工し、ホットプレート上(約50℃)で乾燥した。 This coating solution was applied by means of Yoshimitsu Seiki Co. YBA type baker applicator ITO surface of the glass substrate with ITO, and dried on a hot plate (approximately 50 ° C.). 約100μmのギャップで3回重ねて塗工することで、約100μmの塗工層が形成された。 Superimposed three times by coating with a gap of about 100 [mu] m, the coating layer of about 100 [mu] m was formed. 次いで、塗工層を設けたITO付ガラス基板を溶媒(PMMA粒子のみを溶解する溶媒中に浸漬し、超音波照射を行い厚さ約100μmの多孔性部材の層を形成した(図8/連泡多孔性部材のSEM写真参照)。この多孔性部材中に存在している空孔部(空隙部)に下記手順(方法2・3)に従って流動性着色物を充填して本発明の表示用材料を作製し、さらに、これを用いて電気泳動表示媒体を作製した。 Then, the glass substrate with ITO having a coating layer was immersed in a solvent which dissolves only the solvent (PMMA particles to form a layer of porous member having a thickness of about 100μm subjected to ultrasonic irradiation (FIG. 8 / ream Referring SEM photograph of the foam porous member). display of the present invention by filling a flowable colored product according to the following procedure (method 2, 3) in the holes portion that is present in the porous member (gap portion) to produce a material, further, to prepare an electrophoretic display medium using the same.

【0074】<方法2:流動性着色物の調製> (1)流動性着色物A(黒色低次酸化チタン分散液の調製) 分散媒(フェニルキシリルエタン:日本石油化学製 ハイゾールSAS−296)10mlに界面活性剤(ヒドロキシ脂肪酸オリゴマー:旭電化工業製 WS−10 [0074] <Method 2: Preparation of flowable Stain> (1) flowable colored material A (Preparation of black or titanium lower oxide dispersion) dispersion medium (phenylxylylethane: Nippon Petrochemicals Ltd. Hisol SAS-296) 10ml surfactant (hydroxy fatty acid oligomer: manufactured by Adeka WS-10
0)1.0gを溶解させ、黒色低次酸化チタン(チタンブラック)のチタネート系カップリング剤処理品(赤穂化成製TilackDチタン表面処理品/一次粒子径0.03μm)0.1gを加えた混合液にジルコニアビーズを用いてボールミル分散を行って黒色低次酸化チタン分散液(流動性着色物A)を得た。 0) was dissolved 1.0 g, was added a black or titanium lower oxide (titanium black) of a titanate coupling agent treated product (Akokasei manufactured TilackD titanium surface treated product / primary particle diameter 0.03 .mu.m) 0.1 g mixture performing a ball mill dispersing using zirconia beads to give black or titanium lower oxide dispersion (flowable colored material a) in the liquid.

【0075】(2)流動性着色物B(青色染料溶液−二酸化チタン分散液の調製) 分散媒(ドシルベンゼン:東京化成製)10mlにオレイン酸0.5g、青色染料(バイエル社製 マクロレックスブルーRR)0.065gを溶解した溶液に二酸化チタン(石原産業製 CR−50−2)1.5gを添加した混合液にジルコニアビーズを用いてボールミル分散を行って染料−顔料系の分散液(流動性着色物B)を得た。 [0075] (2) flowability Stain B (blue dye solution - dioxide Preparation of Titanium dispersion) dispersion medium (Doshirubenzen Tokyo Kasei) oleic acid in 10 ml 0.5 g, blue dye (Bayer Macrolex Blue RR ) 0.065 g performed ball mill dispersing using zirconia beads to the mixture was added titanium dioxide (manufactured by Ishihara Sangyo CR-50-2) 1.5g to dissolved solution a dye - dispersion of pigment (flowability colorations B) was obtained.

【0076】(3)流動性着色物C(染料溶液エマルションの調製) ジメチルホルムアミド(DMF)50μlに染料[東京化成製 アシッドブラック1=8−amino−7− [0076] (3) flowable colored product C (Preparation of dye solution emulsion) dimethylformamide (DMF) dye 50 [mu] l [manufactured by Tokyo Chemical Industry Co., Ltd. Acid Black 1 = 8-amino-7-
(3−nitrophenylazo)−2−phen (3-nitrophenylazo) -2-phen
ylazo−1−naphthol]0.08gを溶解し、ついでbis(2−ethylhexyl)sod Was dissolved ylazo-1-naphthol] 0.08g, followed by bis (2-ethylhexyl) sod
ium sulfosuccinate0.1gと d ium sulfosuccinate0.1g and d
umethyl−dioctadecylammoni umethyl-dioctadecylammoni
um bromide 0.14gを加えて超音波照射を行った。 In addition to the um bromide 0.14g was subjected to ultrasonic irradiation. 得られた溶液をキシレン中に希釈して青染料溶液のエマルション(流動性着色物C)を得た。 The resulting solution was obtained emulsion (flowable colorations C) diluted with blue dye solution in xylene.

【0077】<方法3:電気泳動表示媒体の作製> (1)表示媒体I(ITOガラス基板サンドイッチ型) 方法1において作製した本発明の組成物(表示媒体)層付のITO付ガラス基板と別のITO付ガラス基板を重ね合わせて周囲4辺のうちの対向する2辺を接着剤で封止してガラスセルを作製した。 [0077] <Method 3: electrophoretic display prepared medium> (1) display medium I (ITO glass substrate sandwich) composition of the present invention prepared in the method 1 (display medium) glass substrate and another with dated layer ITO to prepare a glass cell is sealed with adhesive two opposing sides of the four sides by superimposing glass substrate with the ITO. この時、重ね合わせる向きは、ITO面どうしで本発明の組成物(表示媒体)を挟むようにする。 At this time, the direction of superimposing is to sandwich the compositions of the present invention with ITO surfaces each other (display medium). 方法2にて調製した流動性着色物(表示液)に上記ガラスセルの開口部の1面を浸漬した状態で、減圧による脱気を行い流動性着色物(表示液)を連泡部(空隙部)に充填し、周囲を接着剤で封止して電気泳動表示媒体を作製した。 In a state where immersed one side of the opening of the glass cell in the flowable colored prepared (display liquid) by the method 2, flowable colorations deaerated by decompression (display liquid) the Ren'awa portion (void It was filled in part) to prepare an electrophoretic display medium sealing the periphery with adhesive.

【0078】(2)表示媒体II(PVAオーバーコート型) 方法1において作製した本発明の組成物(表示媒体)層付のITO付ガラス基板を方法2にて調製した流動性着色物(表示液)に浸漬した状態で、減圧による脱気を行い流動性着色物(表示液)を連泡部(空隙部)に充填した。 [0078] (2) Display medium II (PVA overcoat type) composition of the present invention prepared in the method 1 flowable colored prepared the ITO coated glass substrate with (display medium) layer by the method 2 (display liquid ) in immersed state it was filled flowable colorations deaerated by reduced pressure (display liquid) in Ren'awa portion (gap portion). 次いで、ポリビニルアルコール(PVA)の保護層(オーバーコート層)を形成して流動性着色物が染み出さないようにして電気泳動表示媒体を作製した。 Then, to prepare an electrophoretic display medium as flowable colored product formed polyvinyl protective layer of alcohol (PVA) and (overcoat layer) is not ooze. 尚、保護層(オーバーコート層)は、下記またはの手順に従って形成された。 The protective layer (overcoat layer) was formed in accordance with the following or procedure. (1)ガラス面にPVA水溶液を塗布し乾燥後にPVA膜を剥がして、前記組成物(表示媒体)上に貼り合わせた。 (1) After coating and drying the PVA solution on the glass surface by peeling the PVA film was laminated on the composition (display medium). (2)前記組成物(表示媒体) (2) the composition (display medium)
上にPVA水溶液を塗布乾燥した。 It was coated and dried the aqueous PVA solution thereon.

【0079】<方法4:表示特性評価(反射率及びコントラストの測定)>上記方法1から3に従って作製した電気泳動表示媒体を直流電源に接続し電界方向を切り替えて電圧を印加することで、分散材料の移動に伴う表示を得ることができる。 [0079] <Method 4: Display Evaluation (measurement of reflectivity and contrast)> By applying the voltage by switching the connection to the electric field direction to the DC power supply to the electrophoretic display medium produced according to 3 above method 1, dispersion it is possible to obtain a display associated with the movement of the material. 電圧の印加については、前記表示媒体I(ITOガラス基板サンドイッチ型)では、2枚のITO面に直接印加した。 For the application of the voltage, in the display medium I (ITO glass substrate sandwich type), were directly applied to the two ITO surfaces. 一方、前記表示媒体II(P Meanwhile, the display medium II (P
VAオーバーコート型)では、対向電極を保護層(オーバーコート層)面に押しあてて電圧を印加した。 In VA overcoat type), a voltage was applied by pressing the counter electrode in the protective layer (overcoat layer) surface. 各々の表示色について大塚電子製 Photal MCPD− For each of the display color Otsuka Electronics Co. Photal MCPD-
1000を用いて反射率測定を行った。 1000 reflectivity was measured using a. 測定は、可視領域にて、45°照射−0°受光で行い、電気泳動表示媒体と同じ条件下にて測定した標準白色板の反射率を10 Measurements in the visible region, carried out at 45 ° illumination -0 ° light, the reflectance of the standard white plate was measured under the same conditions as the electrophoretic display medium 10
0%とした場合の値である。 Is the value in the case of 0%. 更に、両表示色の反射率の比をコントラストとして求めた。 Furthermore, to determine the ratio of the two display color reflectivity as a contrast.

【0080】実施例1 方法1にて作製した本発明の多孔性部材、方法2の流動性着色物Aを用いて方法3に従って表示媒体I(ITO [0080] The porous member of the present invention prepared in Example 1 Method 1, the display according to the method 3 using a fluid colorations A method 2 medium I (ITO
ガラスサンドイッチ型)を作製し方法4の手順で表示特性評価を実施した。 Was performed display characteristics evaluated by the procedure of Method 4 to prepare a glass sandwich type). 但し、方法1にて用いる塗工液調合に用いる連泡多孔性部材の壁部を構成する着色部材とP However, the colored member constituting the walls of the continuous foam porous member used in the coating solution formulation for use in the methods 1 and P
VAの種類、添加量は以下の通りである。 Type of VA, the addition amount is as follows. 連泡多孔性部材の壁部を構成する着色部材としてSX866A[架橋型スチレン−アクリル系中空粒子(JSR製中空粒子S SX866A as a coloring member which constitutes the wall portion of the continuous foam porous member [crosslinked styrene - acrylic hollow particles (JSR hollow particles S
X866A/一次粒子径0.3μm、スプレードライ品)]0.12g。 X866A / primary particle diameter 0.3 [mu] m, spray-dried product)] 0.12 g. ポリビニルアルコールの添加量0. The addition amount of polyvinyl alcohol 0.
04g 地肌反射率:30%、コントラスト:2.2 04g background reflectance: 30%, Contrast: 2.2

【0081】実施例2 方法1にて作製した本発明の連泡多孔性部材、方法2の流動性着色物Aを用いて方法3に従って表示媒体I(I [0081] communicating foam porous member of the present invention prepared in Example 2 Method 1, the display according to the method 3 using a fluid colorations A method 2 medium I (I
TOガラスサンドイッチ型)を作製し方法4の手順で表示特性評価を実施した。 It was performed display characterization in the procedure of the fabricated method 4 TO glass sandwich type). 但し、方法1にて用いる塗工液調合に用いる連泡多孔性部材の壁部を構成する着色部材とPVAの種類、添加量は以下の通りである。 However, the colored member and the type of PVA constituting a wall portion of the continuous foam porous member used in the coating solution formulation for use in the method 1, the addition amount is as follows. 連泡多孔性部材の壁部を構成する着色部材として二酸化チタンC Titanium dioxide C as a coloring member which constitutes the wall portion of the continuous foam porous member
R−50−2(石原産業製 疎水性タイプ/一次粒子径0.3μm)0.48g ポリビニルアルコールの添加量0.04g、地肌反射率:35%、コントラスト:3.0 R-50 - 2 (manufactured by Ishihara Sangyo hydrophobic type / primary particle diameter 0.3 [mu] m) 0.48 g polyvinyl alcohol addition amount 0.04 g, background reflectance: 35%, contrast: 3.0

【0082】実施例3 方法3において表示媒体II(PVAオーバーコート型)を作製した以外は実施例2と同様にして表示媒体を作製し、評価を実施した。 [0082] Except of manufacturing a display medium II (PVA overcoat type) in Example 3 Method 3 to prepare a display medium in the same manner as in Example 2, it was evaluated. 地肌反射率:35%、ントラスト:2.7 Background reflectance: 35%, contrast: 2.7

【0083】実施例4 方法2において流動性着色物Bを用いた以外は実施例2 [0083] except for using the flowable colored product B in Example 4 Method 2 Example 2
と同様にして表示媒体を作製し、評価を実施した。 To produce a display medium in the same manner as was evaluated. 地肌反射率:28%、コントラスト:2.5 Background reflectance: 28%, contrast: 2.5

【0084】実施例5 方法3において表示媒体II(PVAオーバーコート型)を作製した以外は実施例4と同様にして表示媒体を作製し、評価を実施した。 [0084] Except of manufacturing a display medium II (PVA overcoat type) in Example 5 Method 3 to prepare a display medium in the same manner as in Example 4, it was evaluated. 地肌反射率:25%、コントラスト:2.3 Background reflectance: 25% Contrast: 2.3

【0085】実施例6 方法2において流動性着色物Cを用いた以外は、実施例2と同様にして表示媒体を作製し、評価を実施した。 [0085] except for using the flowable colorations C in Example 6 Method 2 to prepare a display medium in the same manner as in Example 2, it was evaluated. 地肌反射率:26%、コントラスト:2.5 Background reflectance: 26%, contrast: 2.5

【0086】比較例1 方法2における流動性着色物Bを用いて下記手順によりガラスセル型の電気泳動表示媒体を作製した。 [0086] was prepared electrophoretic display medium of the glass cell type by following the procedure using a fluid colorations B in Comparative Example 1 Method 2. 片面に電極を設けた基板として、片面に透明導電膜(ITO膜) As substrate provided with electrodes on one side, a transparent conductive film on one surface (ITO film)
を形成したガラス基板を用い、このガラス基板を一対、 Using a glass substrate formed with the pair of glass substrates,
スペーサーを介して対向配置させ、約70μm厚の空間を有するセルを作製した。 It is opposed via a spacer, to produce a cell having a space of approximately 70μm thick. その空間に上記分散液Bを注入後、両ガラス板をエポキシ樹脂系接着剤で封止することにより電気泳動表示媒体を作製し、表示特性評価を実施した。 After injection of the dispersion liquid B in the space, the two glass plates to produce an electrophoretic display medium followed by sealing with an epoxy resin adhesive was carried out display characterization. 地肌反射率:20%、コントラスト:1.8 Background reflectance: 20%, contrast: 1.8

【0087】比較例2 方法2における流動性着色物Bを用いて下記手順によりマイクロカプセル型の電気泳動表示媒体を作製した。 [0087] was prepared microcapsule type electrophoretic display medium according to the following procedure using a fluid colorations B in Comparative Example 2 Method 2. ゼラチン水溶液とアラビアゴム水溶液を混合して、50℃ By mixing an aqueous gelatin solution and aqueous solution of gum arabic, 50 ° C.
に昇温し水酸化ナトリウム水溶液を加えてpHを9に調整した。 The pH was adjusted to 9 by addition of heated aqueous solution of sodium hydroxide. この中に上記流動性着色物Bを加え、攪拌して乳化した。 The flowable colored material B added into this was emulsified by stirring. さらにpHを4まで徐々に下げて流動性着色物界面にゼラチン/アラビアゴムの濃厚液を析出させた後、温度を下げて皮膜をゲル化し、グルタールアルデヒド水溶液を加えて硬化した。 After further gradually lowered precipitate concentrate of gelatin / gum arabic flowability colorations surfactant the pH to 4, the film was gelled by lowering the temperature, and cured by the addition of glutaraldehyde solution. このようにしてゼラチンを壁材とするマイクロカプセルのスラリーを得た。 The thus gelatin to obtain a slurry of microcapsules with the wall member. カプセル粒子径は約50μmとなるように乳化条件を調整した。 Capsule particle size was adjusted emulsified condition to be about 50 [mu] m. 上記手順にて調製したマイクロカプセル20gと1 Microcapsules 20g and 1 prepared by the above procedure
0%ポリビニルアルコール水溶液80gを混合して分散液を調製した。 By mixing 0% aqueous solution of polyvinyl alcohol 80g to prepare a dispersion. この分散液(塗布液)をギャップ250 Gap This dispersion (coating solution) 250
μmのアプリケーターを用いてITO膜付きポリカーボネート基板に塗布、乾燥してカプセル塗膜を形成し電気泳動表示媒体を作製し、表示特性評価を実施した。 Coating the ITO film-coated polycarbonate substrate using μm applicator and dried to form a capsule coating was prepared electrophoretic display medium, it was carried out display characterization. 地肌反射率:15%、コントラスト:1.2 Background reflectance: 15% Contrast: 1.2

【0088】比較例3 下記手順により調製した壁部に着色部材を含有しない多孔性部材に方法2における流動性着色物Bを充填し表示媒体I(ITOガラスサンドイッチ型)を作製した。 [0088] was prepared in Comparative Example 3 were filled with a flowable colored material B in the method 2 to the porous member containing no colored member in the wall, prepared by the following procedure display medium I (ITO glass sandwich type). P
MMA粒子(粒子径30μm)1.00g、ポリビニルアルコール(ケン化価98%、重合度1700)0.1 MMA particles (particle size 30 [mu] m) 1.00 g, polyvinyl alcohol (saponification value 98%, polymerization degree: 1700) 0.1
6gからなる分散液(全固形分が30wt%となるように水を添加)を調製した。 Dispersion consisting 6g was prepared (total solids added water so that 30 wt%). この塗工液をITO付ガラス基板のITO面にヨシミツ精機(株)製YBA型ベーカーアプリケーターを用いて塗工し、ホットプレート上(約50℃)で乾燥した。 This coating solution was applied by means of Yoshimitsu Seiki Co. YBA type baker applicator ITO surface of the glass substrate with ITO, and dried on a hot plate (approximately 50 ° C.). 約100μmのギャップで3 With a gap of about 100μm 3
回重ねて塗工することで、約100μmの塗工層が形成された。 Again By coating times, the coating layer of about 100μm was formed. 次いで、塗工層を設けたITO付ガラス基板を溶媒(PMMA粒子のみを溶解する溶媒中に浸漬し、超音波照射を行い厚さ約100μmの多孔性部材(壁部に着色部材を含有しない)の層を形成した。得られた表示媒体Iに対して方法4の手順で表示特性評価を実施した。 地肌反射率:18%、コントラスト:1.1 Then, the glass substrate with ITO having a coating layer solvent (soaked only in a solvent which dissolves the PMMA particles, does not contain a colored member in the porous member (the wall thickness of approximately 100μm subjected to ultrasonic irradiation) layer was formed of the obtained was carried display characteristics evaluated by the procedure of method 4 to the display medium I background reflectance:.. 18%, the contrast: 1.1

【0089】 [0089]

【発明の効果】本発明の組成物又は表示媒体を用いた電気泳動表示媒体は、多孔性部材の有する色調発現機能の効果により良好な地肌表示を実現することが可能となっている。 Electrophoretic display medium composition or using a display medium of the present invention exhibits, it is possible to realize a good background displayed by the effect of the color tone expression function of the porous member. 特に地肌部が白色表示を行う場合には、その反射率は従来の多孔質マトリックスに比べて高い値となっており、更に表示部とのコントラスト(反射率比)も高い値を実現している。 Especially when the background portion is white display is performed, the reflectance has a value higher than the conventional porous matrix realizes a further contrast (reflectance ratio) is high the value of the display unit .

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】本発明の表示用材料の一例についての断面図を示す。 1 shows a cross-sectional view of an example of a display material of the invention.

【図2】本発明の表示用材料の一例についての断面図を示す。 2 shows a cross-sectional view of an example of a display material of the invention.

【図3】本発明の表示用材料の一例についての断面図を示す。 3 shows a cross-sectional view of an example of a display material of the invention.

【図4】本発明の表示装置の一例についての説明図を示す。 4 shows an explanatory view of an example of a display device of the present invention.

【図5】本発明の表示装置の一例についての説明図を示す。 Figure 5 shows an illustration of an example of a display device of the present invention.

【図6】本発明の表示装置の一例についての説明図を示す。 6 shows an illustration of an example of a display device of the present invention.

【図7】本発明の表示装置の一例についての説明図を示す。 7 shows an illustration of an example of a display device of the present invention.

【図8】本発明の多孔性部材の多孔状態を観察したSE [8] it was observed porous state of the porous member of the present invention SE
M写真を示す。 It shows the M photo.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

1 基板(電極付) 1' 電極 2 基板(電極なし) 3 本発明の組成物(表示媒体) 4 保護層(オーバーコート層) 10 印刷層 11 印刷保護層 12 磁気記録部 13 集積回路メモリー 14 第二保護層 15 透明な記録部 20 電気泳動表示媒体 21 電極アレイ 22 書き込み基板 23 電極棒 24 スイッチング回路 25 電源回路 26 送り機構 30 電気泳動表示媒体 31 イオン銃アレイ 32 コロナワイヤ 33 放電フレーム 34a 制御電極 34b 制御電極 35 アパーチャー 36 コロナイオン発生用高圧電源 37 イオン流制御用電源 38 送り機構 1 substrate (with electrode) 1 'electrode 2 substrate (without electrode) 3 composition of the present invention (display medium) 4 protective layer (overcoat layer) 10 Printing layer 11 printed protective layer 12 magnetic recording unit 13 integrated circuit memory 14 first second protective layer 15 transparent recording unit 20 the electrophoretic display medium 21 electrode array 22 writes the substrate 23 the electrode rod 24 a switching circuit 25 power supply circuit 26 feeding mechanism 30 the electrophoretic display medium 31 ion gun array 32 corona wire 33 discharge frame 34a control electrode 34b the control electrode 35 aperture 36 corona ion generating high voltage power source 37 ion flow control power supply 38 feeding mechanism

Claims (38)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 周壁部により包囲された空孔を有する多孔性部材と、該空孔内に充填された流動性着色物とからなり、該多孔性部材は1つの色調を有し、該色調と該流動性着色物の色調とが異なることを特徴とする表示用材料。 And 1. A porous member having pores surrounded by the peripheral wall consists of a flowable colored material filled in the air hole, the porous member has one color, the color tone display material characterized the color tone of the flowable colored product is different from the.
  2. 【請求項2】 該壁部が、高分子化合物と着色部材とからなる請求項1に記載の表示用材料。 Wherein wall portion, a display material according to claim 1 comprising a colored member and a polymer compound.
  3. 【請求項3】 該着色部材が、高分子化合物中に分散している請求項2に記載の表示用材料。 Wherein said colored member is a display material of claim 2 dispersed in a polymer compound.
  4. 【請求項4】 該壁部の色調が白色である請求項1〜3 4. The method of claim tone of the wall portion is white 1-3
    のいずれかに記載の表示用材料。 Display material according to any one of.
  5. 【請求項5】 該着色部材が、無機材料の粒子からなる請求項2〜5のいずれかに記載の表示用材料。 Wherein said colored member is a display material according to any of claims 2-5 consisting of particles of an inorganic material.
  6. 【請求項6】 該着色部材が、二酸化チタンである請求項5に記載の表示用材料。 6. coloring member, a display material according to claim 5 is titanium dioxide.
  7. 【請求項7】 該着色部材が、内部に空隙を有する粒子である請求項2〜4のいずれかに記載の表示用材料。 7. A colored member, display material according to claim 2 particles having voids therein.
  8. 【請求項8】 該着色部材が中空ポリマー粒子である請求項7に記載の表示用材料。 8. A display material according to claim 7 colored member is a hollow polymer particles.
  9. 【請求項9】 該空孔が、直径3〜500μmの球形状の空孔がつながった形状である請求項1〜8のいずれかに記載の表示用材料。 9. the air holes, the display material according to claim 1 in the form that led the spherical pore diameter 3~500Myuemu.
  10. 【請求項10】 該流動性着色物が、電界の作用により移動可能な成分を含有している請求項1〜9のいずれかに記載の表示用材料。 10. A flowable coloring matter is, display material according to claim 1, containing a movable component by the action of an electric field.
  11. 【請求項11】 該電界の作用により移動可能な成分が、黒色低次酸化チタンである請求項10に記載の表示用材料。 11. movable components by electric field of action, display material according to claim 10 which is a black lower titanium oxide.
  12. 【請求項12】 請求項10又は11に記載の表示用材料を含む表示装置を用い、該表示用材料に電界を印加して、該表示用材料中に含まれる該流動性着色物を該電界の作用により移動させることを特徴とする表示方法。 12. Using a display device including a display material according to claim 10 or 11, by applying an electric field to the display material, the electric field a flowable colored material contained in the display material display method characterized by moving the action.
  13. 【請求項13】 対向配置された一対の基板間に請求項10又は11に記載の表示用材料を介在させた構造を有し、該一対の基板のうちの少なくとも1つの基板には電極が配設され、かつ該一対の基板のうちの少なくとも1 13. has a structure obtained by interposing the display material according to claim 10 or 11 between the oppositely disposed pair of substrates, at least one of the substrate electrode arrangement of the pair of substrates is set, and at least one of said pair of substrates
    つの基板が透明であることを特徴とする電気泳動表示媒体。 One of the electrophoretic display medium, wherein the substrate is transparent.
  14. 【請求項14】 該表示用材料の少なくとも一方の面に、オーバーコート層を設けた請求項13に記載の電気泳動表示媒体。 14. at least one surface of the display material, electrophoretic display medium according to claim 13 provided an overcoat layer.
  15. 【請求項15】 該オーバーコート層が、熱硬化性樹脂及び/又は活性エネルギー線硬化樹脂からなる請求項1 15. The method of claim 1 wherein said overcoat layer is made of a thermosetting resin and / or an active energy ray curable resin
    4に記載の電気泳動表示媒体。 The electrophoretic display medium according to 4.
  16. 【請求項16】 前記電気泳動表示媒体の少なくとも一部分に印刷層を設けた請求項13〜15のいずれかに記載の電気泳動表示媒体。 16. The electrophoretic display medium according to any one of claims 13 to 15 in which a printed layer on at least a portion of the electrophoretic display medium.
  17. 【請求項17】 前記印刷層上に印刷保護層を設けた請求項16に記載の電気泳動表示媒体。 17. The electrophoretic display medium according to claim 16 in which a print protective layer on the printing layer.
  18. 【請求項18】 電界の印加・制御により画像の形成と消去が可能な表示部と、情報記録部とを有する請求項1 18. The method of claim 1, having a display unit capable of erasing the formed image by applying and controlling the electric field, and an information recording unit
    3〜17のいずれかに記載の電気泳動表示媒体。 The electrophoretic display medium according to any one of 3 to 17.
  19. 【請求項19】 該情報記録部が、磁気の作用により情報記録の書き込みと読み出しが可能な記録部である請求項18に記載の電気泳動表示媒体。 19. The information recording unit, magnetic electrophoretic display medium according to claim 18 recording information writing and reading is possible recording unit by the action.
  20. 【請求項20】 該情報記録部が、集積回路メモリー又は光メモリーである請求項18に記載の電気泳動表示媒体。 20. The information recording unit, the electrophoretic display medium according to claim 18 which is an integrated circuit memory, or optical memory.
  21. 【請求項21】 該情報記録部が、光の作用により情報記録の読み出しが可能な記録部である請求項18に記載の電気泳動表示媒体。 21. The information recording unit, the electrophoretic display medium according to claim 18 read information recorded by the action of light is capable of recording unit.
  22. 【請求項22】 該情報記録部の情報が、表示媒体の表裏の判別を示す情報及び、/又は表示媒体の位置を示す情報である請求項18〜21のいずれかに記載の電気泳動表示媒体。 22. Information of the information recording portion, information indicating the front and back of the determination of the display medium and / or the electrophoretic display medium according to any one of claims 18 to 21 is information indicating the position of a display medium .
  23. 【請求項23】 請求項13〜23のいずれかに記載の電気泳動表示媒体を用い、該電極を介して電界を該表示用材料に印加して、該表示用材料中に含まれる該流動性着色物を該電界の作用により移動させることを特徴とする表示方法。 23. Using electrophoretic display medium according to any one of claims 13 to 23, by applying an electric field to the display material via the electrodes, flowable contained in the display material display method characterized by moving the electric field of action of the coloring material.
  24. 【請求項24】 該電界の印加を停止した後においても、表示された表示状態を継続保持する請求項23に記載の表示方法。 24. A after stopping the application of the field may also display method according to claim 23 to continue holding the displayed display state.
  25. 【請求項25】 請求項23に記載の表示方法で表示した後、該電界とは逆の電界を印加して該表示状態を消去することを特徴とする消去方法。 25. After displaying the display method according to claim 23, erasing method by applying a reverse electric field, characterized in that to erase the display state to the electric field.
  26. 【請求項26】 請求項25の消去方法で表示を消去した後、請求項23の表示方法で再び表示することを特徴とする再表示方法。 26. After erasing the display by erasing method according to claim 25, re-display method and displaying again in the display method of claim 23.
  27. 【請求項27】 請求項13〜22のいずれかに記載の電気泳動表示媒体と、該電気泳動表示媒体に視認可能な情報を表示させることができる書き込み装置とからなり、該電気泳動表示媒体と該書き込み装置は少なくとも書き込み時には近接させられるように着脱が可能である表示装置であって、該書き込み装置は画像信号に応じて該電気泳動表示媒体に電界を作用させることができ、かつ該電気泳動表示媒体との平面位置関係を相対的に変えうる機構を有する電極アレイを装備していることを特徴とする表示装置。 27. electrophoretic display medium according to any one of claims 13 to 22, consists of a writing device capable of displaying viewable information electrophoretic display medium, and electrophoretic display medium at least when writing the writing device to a display device is detachable to be brought close, the writing device can act an electric field to the electrophoretic display medium in accordance with image signals, and electrophoretic display apparatus characterized by being equipped with an electrode array having a mechanism capable of changing relatively planar positional relationship between the display medium.
  28. 【請求項28】 請求項13〜22のいずれかに記載の電気泳動表示媒体と、該電気泳動表示媒体に視認可能な情報を表示させることができる書き込み装置とからなり、該電気泳動表示媒体と該書き込み装置は少なくとも書き込み時には近接させられるように着脱が可能である表示装置であって、該書き込み装置は画像信号に応じて該電気泳動表示媒体表面に電荷を付与させることができ、かつ該電気泳動表示媒体との平面位置関係を相対的に変えうる機構を有するイオン銃アレイを装備していることを特徴とする表示装置。 28. electrophoretic display medium according to any one of claims 13 to 22, consists of a writing device capable of displaying viewable information electrophoretic display medium, and electrophoretic display medium the writing device is a display device is detachable to be brought close to the time of at least writing, the writing device is a charge to the electrophoretic display medium surface can be imparted in accordance with the image signal, and the electrical display apparatus characterized by being equipped with an ion gun array having a mechanism capable of changing relatively planar positional relationship between the electrophoretic display medium.
  29. 【請求項29】 請求項13〜22のいずれかに記載の電気泳動表示媒体と、該電気泳動表示媒体に視認可能な情報を表示させることができる書き込み装置とからなり、該電気泳動表示媒体と該書き込み装置は少なくとも書き込み時には近接させられるように着脱が可能である表示装置であって、該書き込み装置は複数の信号電極と走査電極を装備し、その交差部に画像信号に応じて電気泳動表示媒体に電界を印加することのできるスイッチング素子を有し、それによって該電気泳動表示媒体に画像を表示するように構成されたことを特徴とする表示装置。 29. electrophoretic display medium according to any one of claims 13 to 22, consists of a writing device capable of displaying viewable information electrophoretic display medium, and electrophoretic display medium during at least writing said writing device to a detachable are possible display to be brought closer, is the writing device equipped with a plurality of signal electrodes and the scanning electrodes, the electrophoretic display according to the image signal at each intersection a switching element capable of applying an electric field to the medium, the display device comprising it by that is configured to display an image on the electrophoretic display medium.
  30. 【請求項30】 該画像信号に応じて該電気泳動表示媒体に電界を印加することのできるスイッチング素子が、 30. A switching device capable of applying an electric field to the electrophoretic display medium in accordance with the image signal,
    薄膜トランジスタである請求項29に記載の表示装置。 The display device according to claim 29, which is a thin film transistor.
  31. 【請求項31】 請求項13〜22のいずれかに記載の電気泳動表示媒体が構成の少なくとも一部を占めることを特徴とする可逆表示カード。 31. The reversible display card electrophoretic display medium according to any one of claims 13 to 22, characterized in that the occupying at least a part of the configuration.
  32. 【請求項32】 可撓性を有する請求項31に記載の可逆表示カード。 32. A reversible displaying card according to claim 31 having flexibility.
  33. 【請求項33】 請求項13〜22のいずれかに記載の電気泳動表示媒体が構成少なくとも一部を占めることを特徴とする可逆記録シート。 33. The reversible recording sheet electrophoretic display medium according to any one of claims 13 to 22, characterized in that the occupying at least part configuration.
  34. 【請求項34】 可撓性を有する請求項33に記載の可逆記録シート。 34. A reversible recording sheet according to claim 33 having flexibility.
  35. 【請求項35】 請求項13〜22のいずれかに記載の電気泳動表示媒体が構成の少なくとも一部を占めることを特徴とする可逆表示ディスプレイ。 35. The reversible display displaying the electrophoretic display medium according to any one of claims 13 to 22, characterized in that the occupying at least a part of the configuration.
  36. 【請求項36】 可撓性を有する請求項35に記載の可逆表示ディスプレイ。 36. A reversible displaying display according to claim 35 having flexibility.
  37. 【請求項37】 請求項13〜22のいずれかに記載の電気泳動表示媒体が構成の少なくとも一部を占めることを特徴とする可逆表示型看板。 37. The reversible display type signboard electrophoretic display medium according to any one of claims 13 to 22, characterized in that the occupying at least a part of the configuration.
  38. 【請求項38】 可撓性を有する請求項37に記載の可逆表示型看板。 38. The reversible display type signboard according to claim 37 having flexibility.
JP2001046551A 2001-02-22 2001-02-22 Display material Active JP4160266B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001046551A JP4160266B2 (en) 2001-02-22 2001-02-22 Display material

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001046551A JP4160266B2 (en) 2001-02-22 2001-02-22 Display material

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2002244163A true true JP2002244163A (en) 2002-08-28
JP4160266B2 JP4160266B2 (en) 2008-10-01

Family

ID=18908156

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2001046551A Active JP4160266B2 (en) 2001-02-22 2001-02-22 Display material

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4160266B2 (en)

Cited By (20)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005114819A (en) * 2003-10-03 2005-04-28 Toppan Printing Co Ltd Microcapsule type electrophoresis display panel and its manufacturing method
WO2005116749A1 (en) * 2004-05-31 2005-12-08 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Electrophoretic display
EP1666965A1 (en) * 2003-09-12 2006-06-07 Bridgestone Corporation Image display panel production method and image display panel
JP2006518052A (en) * 2003-02-14 2006-08-03 シピックス・イメージング・インコーポレーテッドSiPix Imaging,Inc Electrophoretic display having a dual-mode switching
JP2006518881A (en) * 2003-02-21 2006-08-17 シピックス・イメージング・インコーポレーテッドSiPix Imaging,Inc Electrophoretic display and a method of manufacturing the same
JP2007531037A (en) * 2004-04-02 2007-11-01 イーストマン コダック カンパニー Electrowetting display elements
US7477442B2 (en) 2004-01-21 2009-01-13 Sharp Kabushiki Kaisha Display apparatus and method for producing the same
JP2011221448A (en) * 2010-04-14 2011-11-04 Seiko Epson Corp Method of manufacturing electrophoresis display device
JP2011221449A (en) * 2010-04-14 2011-11-04 Seiko Epson Corp Method for producing electrophoretic display device
EP2397893A1 (en) 2010-06-18 2011-12-21 Sony Corporation Electrophoretic device, display, and electronic apparatus
US8482844B2 (en) 2011-02-17 2013-07-09 Sony Corporation Electrophoretic element and display device
US8542430B2 (en) 2011-03-28 2013-09-24 Sony Corporation Electrophoretic device, display unit, and electronic unit
US8542431B2 (en) 2011-03-22 2013-09-24 Sony Corporation Electrophoretic device, display unit, and electronic unit
US8553317B2 (en) 2011-08-26 2013-10-08 Sony Corporation Electrophoresis device, method of manufacturing the electrophoresis device, display, display substrate, and electronic unit
US8634128B2 (en) 2011-03-22 2014-01-21 Sony Corporation Electrophoretic element, display, and electronic device
US8896908B2 (en) 2012-06-05 2014-11-25 Sony Corporation Electrophoretic device, method of manufacturing the same, and display unit
US8908258B2 (en) 2012-06-19 2014-12-09 Sony Corporation Electrophoresis device and display unit
US9081250B2 (en) 2000-03-03 2015-07-14 E Ink California, Llc Electrophoretic display and process for its manufacture
US9360732B2 (en) 2011-10-13 2016-06-07 Sony Corporation Display unit and method of driving same, as well as electronic apparatus
US9383620B2 (en) 2011-11-22 2016-07-05 Sony Corporation Electrophoretic device, method of manufacturing the same, and display

Cited By (28)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US9081250B2 (en) 2000-03-03 2015-07-14 E Ink California, Llc Electrophoretic display and process for its manufacture
JP2006518052A (en) * 2003-02-14 2006-08-03 シピックス・イメージング・インコーポレーテッドSiPix Imaging,Inc Electrophoretic display having a dual-mode switching
JP2006518881A (en) * 2003-02-21 2006-08-17 シピックス・イメージング・インコーポレーテッドSiPix Imaging,Inc Electrophoretic display and a method of manufacturing the same
JP4642014B2 (en) * 2003-02-21 2011-03-02 シピックス・イメージング・インコーポレーテッドSiPix Imaging,Inc Electrophoretic display and a method of manufacturing the same
JP4657923B2 (en) * 2003-09-12 2011-03-23 株式会社ブリヂストン Method of manufacturing an image display panel
EP1666965A4 (en) * 2003-09-12 2006-11-08 Bridgestone Corp Image display panel production method and image display panel
EP1666965A1 (en) * 2003-09-12 2006-06-07 Bridgestone Corporation Image display panel production method and image display panel
JP2005114819A (en) * 2003-10-03 2005-04-28 Toppan Printing Co Ltd Microcapsule type electrophoresis display panel and its manufacturing method
US7477442B2 (en) 2004-01-21 2009-01-13 Sharp Kabushiki Kaisha Display apparatus and method for producing the same
JP2007531037A (en) * 2004-04-02 2007-11-01 イーストマン コダック カンパニー Electrowetting display elements
JP4672005B2 (en) * 2004-04-02 2011-04-20 イーストマン コダック カンパニー Electrowetting display elements
CN100458537C (en) 2004-05-31 2009-02-04 兄弟工业株式会社 Electrophoretic display
US7499210B2 (en) 2004-05-31 2009-03-03 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Electrophoretic display
WO2005116749A1 (en) * 2004-05-31 2005-12-08 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Electrophoretic display
JP2011221448A (en) * 2010-04-14 2011-11-04 Seiko Epson Corp Method of manufacturing electrophoresis display device
US8815330B2 (en) 2010-04-14 2014-08-26 Seiko Epson Corporation Method for manufacturing electrophoretic display apparatus
JP2011221449A (en) * 2010-04-14 2011-11-04 Seiko Epson Corp Method for producing electrophoretic display device
EP2397893A1 (en) 2010-06-18 2011-12-21 Sony Corporation Electrophoretic device, display, and electronic apparatus
US8711469B2 (en) 2011-02-17 2014-04-29 Sony Corporation Electrophoretic element and display device
US8482844B2 (en) 2011-02-17 2013-07-09 Sony Corporation Electrophoretic element and display device
US8542431B2 (en) 2011-03-22 2013-09-24 Sony Corporation Electrophoretic device, display unit, and electronic unit
US8634128B2 (en) 2011-03-22 2014-01-21 Sony Corporation Electrophoretic element, display, and electronic device
US8542430B2 (en) 2011-03-28 2013-09-24 Sony Corporation Electrophoretic device, display unit, and electronic unit
US8553317B2 (en) 2011-08-26 2013-10-08 Sony Corporation Electrophoresis device, method of manufacturing the electrophoresis device, display, display substrate, and electronic unit
US9360732B2 (en) 2011-10-13 2016-06-07 Sony Corporation Display unit and method of driving same, as well as electronic apparatus
US9383620B2 (en) 2011-11-22 2016-07-05 Sony Corporation Electrophoretic device, method of manufacturing the same, and display
US8896908B2 (en) 2012-06-05 2014-11-25 Sony Corporation Electrophoretic device, method of manufacturing the same, and display unit
US8908258B2 (en) 2012-06-19 2014-12-09 Sony Corporation Electrophoresis device and display unit

Also Published As

Publication number Publication date Type
JP4160266B2 (en) 2008-10-01 grant

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US7532388B2 (en) Electrophoretic media and processes for the production thereof
US7679814B2 (en) Materials for use in electrophoretic displays
US6727881B1 (en) Encapsulated electrophoretic displays and methods and materials for making the same
US6067185A (en) Process for creating an encapsulated electrophoretic display
US6831769B2 (en) Electro-optic display and lamination adhesive
US7170670B2 (en) Electrophoretic medium and display with improved image stability
US20080117165A1 (en) Display device, writing device, and display medium recorded with display program
US6262706B1 (en) Retroreflective electrophoretic displays and materials for making the same
US20080013156A1 (en) Particles for use in electrophoretic displays
US6930818B1 (en) Electrophoretic display and novel process for its manufacture
US20050156340A1 (en) Preparation of capsules
US7391555B2 (en) Non-spherical cavity electrophoretic displays and materials for making the same
US6515649B1 (en) Suspended particle displays and materials for making the same
US5130831A (en) Particulate spacers and liquid crystal display cells containing these spacers
US6885495B2 (en) Electrophoretic display with in-plane switching
US6865012B2 (en) Electrophoretic display and novel process for its manufacture
US6017584A (en) Multi-color electrophoretic displays and materials for making the same
US6831770B2 (en) Electrophoretic display and novel process for its manufacture
US7236291B2 (en) Particle use for image display media, image display panel using the particles, and image display device
US6870661B2 (en) Electrophoretic displays containing magnetic particles
US6833943B2 (en) Electrophoretic display and novel process for its manufacture
US6392786B1 (en) Electrophoretic medium provided with spacers
US7071913B2 (en) Retroreflective electrophoretic displays and materials for making the same
US6249271B1 (en) Retroreflective electrophoretic displays and materials for making the same
US20030035885A1 (en) Composition and process for the sealing of microcups in roll-to-roll display manufacturing

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20050127

RD02 Notification of acceptance of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7422

Effective date: 20050202

RD01 Notification of change of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7421

Effective date: 20051020

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20080417

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20080616

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20080710

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20080717

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110725

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120725

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120725

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130725

Year of fee payment: 5