JP2002236942A - Recording medium, program, program executing system and program executing device - Google Patents

Recording medium, program, program executing system and program executing device

Info

Publication number
JP2002236942A
JP2002236942A JP2001372838A JP2001372838A JP2002236942A JP 2002236942 A JP2002236942 A JP 2002236942A JP 2001372838 A JP2001372838 A JP 2001372838A JP 2001372838 A JP2001372838 A JP 2001372838A JP 2002236942 A JP2002236942 A JP 2002236942A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
program execution
screen
program
frame
window screen
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2001372838A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP3682020B2 (en
Inventor
Tetsuji Yamamoto
哲治 山元
Kenji Sawaguchi
健二 澤口
Yuji Shinkai
裕二 新改
Yasuaki Watanabe
靖昭 渡辺
Eiko Okawa
映子 大川
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Sony Interactive Entertainment Inc
Original Assignee
Sony Computer Entertainment Inc
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority claimed from JP2000375145 external-priority
Application filed by Sony Computer Entertainment Inc filed Critical Sony Computer Entertainment Inc
Priority to JP2001372838A priority Critical patent/JP3682020B2/en
Publication of JP2002236942A publication Critical patent/JP2002236942A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP3682020B2 publication Critical patent/JP3682020B2/en
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To easily prepare an operation data file of an object by using a GUI (graphical user interface). SOLUTION: A first window image plane 202 displaying the object 200 in a state seen from one or more view points and a second window image plane 204 for preparing the operation data file 244 of the object 200 by setting an operating state of the object in a random frame on the basis of an operation input from a controller 16 are displayed. The first window image plane 202 has a camera setting image plane 210 for switching to a random view point, and a graphic image plane 212A showing the object 200 from the switched view point. The second window image plane 204 has a key file setting image plane 220 for determining a frame to be set with operation data, a rotation angle setting image plane 220 for setting the operation data of the determined frame, and a moving amount setting image plane 224.

Description

【発明の詳細な説明】DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】[0001]

【発明の属する技術分野】プログラム実行装置、操作装
置、表示装置等を有するプログラム実行システムで使用
されるプログラムやデータが記録された記録媒体と、プ
ログラム自体と、前記プログラム実行システムと、前記
プログラム実行装置に関する。
[0001] The present invention relates to a recording medium on which programs and data used in a program execution system having a program execution device, an operation device and a display device are recorded, the program itself, the program execution system, and the program execution. Related to the device.

【0002】[0002]

【従来の技術】ビデオゲーム機を含むエンタテインメン
ト装置のような情報機器(エンタテインメントシステ
ム)として、例えばCD−ROM等の記録媒体に格納さ
れたゲーム内容をテレビジョン受像機の画面上に表示さ
せながら、操作装置で操作してゲームを進行させるもの
がある。
2. Description of the Related Art As an information device (entertainment system) such as an entertainment device including a video game machine, for example, a game content stored in a recording medium such as a CD-ROM is displayed on a screen of a television receiver. There are devices that operate the operation device to advance the game.

【0003】このエンタテインメントシステムにおける
エンタテインメント装置と操作装置との間は、通常、シ
リアルインターフェースで接続され、エンタテインメン
ト装置からクロックが送られると、そのクロックに同期
して操作装置から使用者の操作に対応したキースイッチ
情報等を送るようになっている。
In the entertainment system, the entertainment device and the operating device are usually connected by a serial interface. When a clock is sent from the entertainment device, the operating device responds to a user's operation in synchronization with the clock. Key switch information and the like are sent.

【0004】また、最近では、操作装置内に外部(例え
ばエンタテインメント装置)からの要求によって使用者
に振動を与える振動発生手段を設けるようにして、例え
ばゲームの進行中において、使用者の操作に応答するよ
うに種々の振動を使用者に与えるようにしたシステムが
開発され、実用化に至っている。
Further, recently, a vibration generating means for giving a vibration to a user in response to a request from the outside (for example, an entertainment device) is provided in the operating device so that the device responds to the user's operation during a game, for example. As a result, a system for giving various vibrations to a user has been developed and has been put to practical use.

【0005】[0005]

【発明が解決しようとする課題】ところで、ビデオゲー
ム等に登場するオブジェクトにおいては、予めその動作
が決まっており、使用者(ユーザ)が前記オブジェクト
の動作を決めることはない。
The operation of an object appearing in a video game or the like is determined in advance, and the user (user) does not determine the operation of the object.

【0006】その理由は、動作データファイルの作成が
非常に面倒であることが1つの原因となっている。即
ち、動作データファイルを作成する作業としては、オブ
ジェクトの動作状態をフレーム単位に設定し、登録する
作業が主体となるが、1フレームが1/60(秒)であ
ることから、オブジェクトに対し、たった1秒の動作を
行わせる場合にも、60フレーム分の動作データが必要
となる。
One of the reasons is that the creation of the operation data file is very troublesome. That is, the operation of creating an operation data file mainly involves setting the operation state of the object in units of frames and registering the operation state. However, since one frame is 1/60 (second), the operation Even when the operation is performed for only one second, operation data for 60 frames is required.

【0007】しかし、オブジェクトの動きをユーザが簡
単に設定できるようにすれば、ユーザのビデオゲーム等
に対する興味をより一層高めることができる。また、ビ
デオゲームを作成しているユーザ(プログラマ等)にお
いても、簡単に動作データが作成できれば、その分、市
場調査並びにシナリオの展開やゲーム内容の検討に時間
をかけることができ、市場が求めているビデオゲームを
迅速に供給することができるという利点がある。
However, if the user can easily set the movement of the object, the user's interest in a video game or the like can be further increased. In addition, even if a user (a programmer or the like) who is creating a video game can easily create operation data, it can spend more time in market research, scenario development, and study of game contents, and the market demands that much. There is an advantage that the video game can be quickly supplied.

【0008】本発明はこのような課題を考慮してなされ
たものであり、オブジェクトの動作データファイルをG
UI(グラフィカル・ユーザ・インターフェイス)を用
いて簡単に作成することができる記録媒体、プログラ
ム、プログラム実行システム及びプログラム実行装置を
提供することを目的とする。
The present invention has been made in view of such a problem, and an object operation data file is stored in a G file.
It is an object of the present invention to provide a recording medium, a program, a program execution system, and a program execution device that can be easily created using a UI (graphical user interface).

【0009】[0009]

【課題を解決するための手段】本発明に係る記録媒体に
記録されたプログラム、本発明に係るプログラム並びに
本発明に係るプログラム実行システム及びプログラム実
行装置において実行されるプログラムは、あるオブジェ
クトを1以上の視点から見たときの状態を表示する第1
のウィンドウ画面と、前記操作装置からの操作入力に基
づいて前記オブジェクトの任意のフレームにおける動作
状態を設定して該オブジェクトの動作データファイルを
作成するための第2のウィンドウ画面とを表示するステ
ップを有することを特徴とする。
A program recorded on a recording medium according to the present invention, a program according to the present invention, and a program executed in the program executing system and the program executing apparatus according to the present invention include one or more objects. The first to display the state when viewed from the viewpoint of
Displaying a window screen and a second window screen for setting an operation state in an arbitrary frame of the object based on an operation input from the operation device and creating an operation data file of the object. It is characterized by having.

【0010】これにより、使用者(ユーザ)は、第1の
ウィンドウ画面に表示されたオブジェクトの動作状態を
確認しながら、第2のウィンドウ画面を用い、操作装置
からの操作入力に基づいて前記オブジェクトの任意のフ
レームにおける動作状態を設定して該オブジェクトの動
作データファイルを作成することができる。
[0010] With this, the user (user) uses the second window screen while confirming the operation state of the object displayed on the first window screen, and based on the operation input from the operating device, the object (user). Of the object can be created by setting an operation state in an arbitrary frame of the object.

【0011】この場合、ユーザは、任意のフレームにお
ける動作状態を入力するだけでよいため、例えばオブジ
ェクトの動きが切り換わるときの状態を任意のフレーム
に入力すれば、簡単に前記オブジェクトの動作データフ
ァイルが作成されることになる。
In this case, the user only needs to input the operation state in an arbitrary frame. For example, if the user inputs the state when the movement of the object is switched in an arbitrary frame, the user can easily input the operation data file of the object. Will be created.

【0012】なお、第1及び第2のウィンドウ画面は、
ウィンドウ画面であることから、背景上、空いた箇所に
表示させることができると共に、操作入力によって表示
装置の画面上を自由に移動させることができ、しかも、
自由に閉じる(消去する)こともできる。
Note that the first and second window screens are:
Since it is a window screen, it can be displayed in a vacant place on the background, and can be freely moved on the screen of the display device by an operation input.
It can be freely closed (erased).

【0013】このように、本発明においては、オブジェ
クトの動作データファイルをGUI(グラフィカル・ユ
ーザ・インターフェイス)を用いて簡単に作成すること
ができる。そのため、ユーザのビデオゲーム等に対する
興味をより一層高めることができる。また、ビデオゲー
ムを作成しているユーザ(プログラマ等)においても、
簡単に動作データファイルを作成できるため、その分、
市場調査並びにシナリオの展開やゲーム内容の検討に時
間をかけることができ、市場が求めているビデオゲーム
を迅速に供給することができる。
As described above, according to the present invention, an operation data file of an object can be easily created by using a GUI (graphical user interface). Therefore, the user's interest in a video game or the like can be further increased. Also, for users who create video games (such as programmers),
Because you can easily create an operation data file,
It is possible to spend time on market research, development of scenarios, and examination of game contents, and prompt supply of a video game required by the market.

【0014】そして、前記第1のウィンドウ画面は、前
記1以上の視点のうち、任意の視点に切り換えるための
第3のウィンドウ画面と、前記オブジェクトを少なくと
も前記切り換えられた視点から見て示す第4のウィンド
ウ画面とを有するようにしてもよい。
[0014] The first window screen includes a third window screen for switching to an arbitrary viewpoint among the one or more viewpoints, and a fourth window screen showing the object at least as viewed from the switched viewpoint. May be provided.

【0015】この場合、ユーザは、第3のウィンドウ画
面を用いて視点を切り換え、その切り換わった視点から
オブジェクトがどのような形態となっているかを第4の
ウィンドウ画面を見ながら容易に確認することができ
る。
In this case, the user switches the viewpoint using the third window screen, and easily checks the form of the object from the switched viewpoint while looking at the fourth window screen. be able to.

【0016】また、前記第2のウィンドウ画面は、前記
動作データを設定すべきフレームを決定するための第5
のウィンドウ画面と、決定されたフレームにおける動作
データを設定するための第6のウィンドウ画面とを有す
るようにしてもよい。
Further, the second window screen includes a fifth window for determining a frame in which the operation data is to be set.
May be provided, and a sixth window screen for setting operation data in the determined frame.

【0017】この場合、第5のウィンドウ画面を用い
て、動作データを作成すべきフレームを自由に選択する
ことができ、更に、第6のウィンドウ画面を用いて、前
記選択されたフレームに対して容易に動作データを書き
込むことができる。
In this case, it is possible to freely select a frame for which motion data is to be created using the fifth window screen, and further to use the sixth window screen to select a frame for the selected frame. Operation data can be easily written.

【0018】また、前記第2のウィンドウ画面は、前記
第1のウィンドウ画面に表示されている前記オブジェク
トを構成する1以上のパーツを選択するための第7のウ
ィンドウ画面を有するようにしてもよい。
Further, the second window screen may have a seventh window screen for selecting one or more parts constituting the object displayed on the first window screen. .

【0019】これにより、ポリゴン単位ではなく、ポリ
ゴンよりも大きな構成単位であるパーツ毎に動作データ
を作成することができるため、動作データの作成時間を
大幅に短縮することができ、しかも、オブジェクトの動
きを容易に把握することができる。
By this, since the operation data can be created for each part which is a constituent unit larger than a polygon, not for each polygon, the time for creating the operation data can be greatly shortened, and the object data can be created. The movement can be easily grasped.

【0020】また、前記ステップは、外部の記憶装置に
対し、前記動作データファイルをアクセスするための第
8のウィンドウ画面を表示するステップを有するように
してもよい。
Further, the step may include a step of displaying, on an external storage device, an eighth window screen for accessing the operation data file.

【0021】これにより、予め作成した動作データファ
イルあるいはユーザが作成した動作データファイルを外
部の記憶装置を通じて自由にアクセスすることが可能に
なる。この場合、外部の記憶装置を携帯可能な例えばメ
モリカードやCD−R、DVD−R等で構成すれば、い
つでも誰でも前記動作データファイルを参照することが
できる。
Thus, the operation data file created in advance or the operation data file created by the user can be freely accessed through an external storage device. In this case, if the external storage device is constituted by a portable memory card, CD-R, DVD-R, or the like, anyone can refer to the operation data file at any time.

【0022】また、前記ステップは、設定された任意の
フレームのうち、第1のフレームにおける動作データと
第2のフレームにおける動作データに基づいて、第1の
フレームと第2のフレーム間に存する1以上のフレーム
の動作データを補間処理するステップを有するようにし
てもよい。
[0022] In addition, the step includes, among the set arbitrary frames, one existing between the first frame and the second frame based on the operation data in the first frame and the operation data in the second frame. The method may include a step of performing an interpolation process on the operation data of the above frame.

【0023】これにより、ユーザは、第1のフレームに
おける動作データと第2のフレームにおける動作データ
を入力するだけで、その間の複数のフレームにおける動
作データが自動的に作成されることとなるため、動作デ
ータファイルの作成をより簡単にすることができ、いま
まで専門家しか行わなかったアニメーション作成をエン
ドユーザや専門家以外の者も簡単に行うことが可能とな
り、アニメーション作成の普及に貢献することができ
る。
With this, the user merely inputs the operation data in the first frame and the operation data in the second frame, and the operation data in a plurality of frames therebetween is automatically created. Creation of motion data files can be made simpler, and end users and non-experts can easily create animations that were previously done only by experts, contributing to the spread of animation creation. Can be.

【0024】また、前記ステップは、選択された任意の
2つのフレーム間における動作データについて、それぞ
れ前記オブジェクトを左右反転させた動作データとして
再配列するステップと、前記再配列された動作データ群
を、前記動作データファイルのうち、任意のフレーム以
降に登録するステップとを有するようにしてもよい。
The step of rearranging the motion data between any two selected frames as motion data obtained by inverting the object from side to side, and the step of rearranging the group of motion data, And registering the motion data file after an arbitrary frame in the motion data file.

【0025】これにより、例えば走るや歩くなどの連続
動作に関するアニメーションを簡単に作成することがで
きる。
As a result, it is possible to easily create an animation relating to a continuous motion such as running or walking.

【0026】また、本発明に係る記録媒体に記録された
プログラム、本発明に係るプログラム並びに本発明に係
るプログラム実行システム及びプログラム実行装置にお
いて実行されるプログラムは、前記表示装置の画面に表
示されたカーソルを、前記操作装置からの方向に関する
操作入力に基づいて移動させるステップと、前記操作装
置からの特定の操作入力に基づいて前記カーソルの移動
速度を変化させるステップとを有することを特徴とす
る。
The program recorded on the recording medium according to the present invention, the program according to the present invention, and the program executed by the program executing system and the program executing device according to the present invention are displayed on the screen of the display device. The method includes a step of moving a cursor based on an operation input related to a direction from the operation device, and a step of changing a moving speed of the cursor based on a specific operation input from the operation device.

【0027】これにより、カーソルの移動を別の操作子
を使って簡単に切り換えることができるようになるた
め、操作性の向上を図ることができる。
Thus, the movement of the cursor can be easily switched by using another operation element, so that the operability can be improved.

【0028】[0028]

【発明の実施の形態】本発明に係るプログラム実行シス
テム及びプログラム実行装置をエンタテインメントシス
テムに適用した実施の形態例と、本発明に係る記録媒体
及びプログラムを前記エンタテインメントシステムで実
行されるプログラムやデータが記録された記録媒体及び
プログラムに適用した実施の形態例について図1〜図3
4を参照しながら説明する。
BEST MODE FOR CARRYING OUT THE INVENTION An embodiment in which a program execution system and a program execution device according to the present invention are applied to an entertainment system, and a recording medium and a program according to the present invention which execute a program and data executed by the entertainment system. Embodiments applied to recorded recording media and programs FIGS.
4 will be described.

【0029】まず、本実施の形態に係るエンタテインメ
ントシステム10は、基本的には、図1に示すように、
各種プログラムを実行させるエンタテインメント装置1
2と、該エンタテインメント装置12に対して着脱自在
とされるメモリカード14と、エンタテインメント装置
12に対して着脱自在とされた操作装置(コントロー
ラ)16と、エンタテインメント装置12からの映像・
音声信号が供給されるテレビ受像機等の表示装置である
モニタ(ディスプレイ)18とから構成される。
First, the entertainment system 10 according to the present embodiment is basically configured as shown in FIG.
Entertainment device 1 for executing various programs
2, a memory card 14 detachably attached to the entertainment device 12, an operation device (controller) 16 detachably attached to the entertainment device 12, and a video / video from the entertainment device 12.
A monitor (display) 18 is a display device such as a television receiver to which an audio signal is supplied.

【0030】エンタテインメント装置12は、例えば、
CD−ROMやDVD−ROM等の光ディスク20等の
大容量記憶媒体に記録されているプログラムを読み出し
て、使用者(例えば、ユーザ、ゲームプレイヤ等)から
の指示に応じてゲーム等を実行するためのものである。
なお、ゲームの実行とは、主として、コントローラ16
からの入力をコネクタ15を通じて受け、モニタ18上
における表示や音声を制御しながらゲームの進行を制御
することをいう。
The entertainment device 12 includes, for example,
To read a program recorded on a large-capacity storage medium such as an optical disk 20 such as a CD-ROM or a DVD-ROM and execute a game or the like in accordance with an instruction from a user (eg, a user, a game player, etc.). belongs to.
The execution of the game mainly means the execution of the controller 16.
To control the progress of the game while controlling the display and sound on the monitor 18 by receiving an input from the connector 15 through the connector 15.

【0031】このエンタテインメント装置12は、図1
に示すように、扁平な直方体を重ねた形状を有してお
り、前面パネルには、プログラム・データの記録媒体で
ある光ディスク20が装着されるディスク装着部として
の前後に移動するディスクトレイ22と、現在実行中の
プログラム等を任意にリセット等するためのリセットス
イッチ24と、ディスクトレイ22を引き出すためのオ
ープンボタン26と、メモリカード14の2つの差込口
30と、コントローラ16のコネクタ15が差し込まれ
る2つのコントローラ端子32等とが配置され、背面側
には、電源スイッチ28、映像と音声の出力端子であ
り、AV(audio visual)ケーブルを介してモニタ18
と接続される図示していないAVマルチ出力端子等が配
置されている。
This entertainment device 12 is shown in FIG.
As shown in FIG. 2, the front panel has a shape in which flat rectangular parallelepipeds are stacked, and a front panel has a disk tray 22 that moves back and forth as a disk mounting portion on which an optical disk 20 as a recording medium for program data is mounted. A reset switch 24 for arbitrarily resetting the currently running program and the like, an open button 26 for pulling out the disk tray 22, two insertion ports 30 of the memory card 14, and a connector 15 of the controller 16 Two controller terminals 32 and the like to be inserted are arranged. On the back side, a power switch 28, a video and audio output terminal, and a monitor 18 via an AV (audio visual) cable are provided.
AV multi-output terminals and the like (not shown) connected to the terminal are arranged.

【0032】エンタテインメント装置12は、コンピュ
ータゲーム(ビデオゲーム)のプログラムやデータが記
録されたCD−ROM、DVD−ROM等の記録媒体で
ある光ディスク20から当該プログラムを読み取り、そ
れを実行することによりモニタ18にキャラクタやシー
ンを表示させる制御機能のほか、他の光ディスク20で
あるDVD(digital video disk)による映画の再生お
よびCDDA(compact disk digital audio)による音
楽の再生等の各種制御機能が内蔵されている。また、通
信ネットワーク等を介して通信により得られるプログラ
ムを実行する機能も有する。ゲームプログラムの実行中
には、表示装置としてのモニタ18上にエンタテインメ
ント装置12が生成した3次元コンピュータグラフィッ
クス映像が表示される。
The entertainment apparatus 12 reads a computer game (video game) from an optical disc 20 which is a recording medium such as a CD-ROM or DVD-ROM on which a program or data is recorded, and executes the program to execute monitoring. In addition to a control function of displaying characters and scenes on the display 18, various control functions such as reproduction of a movie on a DVD (digital video disk) as another optical disk 20 and reproduction of music on a CDDA (compact disk digital audio) are built-in. I have. It also has a function of executing a program obtained by communication via a communication network or the like. During execution of the game program, a three-dimensional computer graphics image generated by the entertainment device 12 is displayed on a monitor 18 as a display device.

【0033】この場合、コントローラ16からの信号
も、エンタテインメント装置12の上記制御機能の1つ
によって処理され、その内容がモニタ18の画面上の、
例えばキャラクタの動き、シーンの切り替えなどに反映
されるようになっている。
In this case, the signal from the controller 16 is also processed by one of the above-mentioned control functions of the entertainment apparatus 12, and the content thereof is displayed on the screen of the monitor 18.
For example, it is reflected in the movement of the character, the switching of the scene, and the like.

【0034】コントローラ16は、上面の中央左右に第
1、第2操作部51、52が設けられ、側面には第3、
第4操作部53、54が設けられ、上面の手前側左右に
は、アナログ操作を行うためのそれぞれがジョイスティ
ックである左側のジョイスティック70と右側のジョイ
スティック72とが設けられている。
The controller 16 is provided with first and second operation units 51 and 52 at the center left and right of the upper surface, and third and second operation units 51 and 52 on the side surface.
Fourth operation units 53 and 54 are provided, and a left joystick 70 and a right joystick 72, each of which is a joystick for performing an analog operation, are provided on the front left and right sides of the upper surface.

【0035】第1操作部51は、たとえばモニタ18の
画面に表示されたキャラクタ等に動作を与えるための押
圧操作部であり、光ディスク20に記録されているプロ
グラム等によりその機能が設定され、キャラクタ等を上
下左右等に動かす機能を有する4つの操作キー(方向キ
ーともいう。)51a、51b、51c、51dから構
成されている。方向キー51aは上方向キー、方向キー
51bは下方向キー、方向キー51cは左方向キー、方
向キー51dは右方向キーともいう。
The first operation unit 51 is, for example, a pressing operation unit for giving an action to a character or the like displayed on the screen of the monitor 18, and its function is set by a program or the like recorded on the optical disk 20. And the like are moved up, down, left and right, and the like, and are constituted by four operation keys (also referred to as direction keys) 51a, 51b, 51c, and 51d. The direction key 51a is also called an up direction key, the direction key 51b is also called a down direction key, the direction key 51c is also called a left direction key, and the direction key 51d is also called a right direction key.

【0036】第2操作部52は、押圧操作用の円柱状を
した4個の操作ボタン52a、52b、52c、52d
を有し、各操作ボタン52a〜52dの頭部には、それ
ぞれ「△」、「○」、「×」、「□」の識別マークが付
けられている。各操作ボタン52a〜52dは、それぞ
れ△ボタン52a、○ボタン52b、×ボタン52c、
□ボタン52dともいう。
The second operation section 52 has four cylindrical operation buttons 52a, 52b, 52c, 52d for pressing operation.
, And identification marks “52”, “○”, “×”, and “□” are attached to the heads of the operation buttons 52a to 52d, respectively. The operation buttons 52a to 52d include a △ button 52a, a ○ button 52b, a × button 52c,
Also referred to as □ button 52d.

【0037】この第2操作部52の各操作ボタン52a
〜52dは、光ディスク20に記録されたプログラム等
によりその機能が設定され、各操作ボタン52a〜52
dに、たとえばキャラクタ等の左腕、右腕、左足、右足
を動かす機能が割り付けられる。
Each operation button 52a of the second operation section 52
Each of the operation buttons 52a to 52d has its function set by a program or the like recorded on the optical disc 20.
For example, a function to move the left arm, the right arm, the left foot, and the right foot of the character or the like is assigned to d.

【0038】第3、第4操作部53、54は、ほぼ同じ
構造を有しており、ともに上下に並ぶ押圧操作用の2個
の操作ボタン(L1ボタンともいう。)53a、操作ボ
タン(L2ボタンともいう。)53b、および操作ボタ
ン(R1ボタンともいう。)54a、操作ボタン(R2
ボタンともいう。)54bを備えている。これら第3、
第4操作部53、54も、光ディスク20に記録された
プログラムによりその機能が設定され、たとえばキャラ
クタに特殊な動作をさせる機能が割り付けられる。
The third and fourth operation sections 53 and 54 have substantially the same structure, and are arranged vertically with two operation buttons (also called L1 buttons) 53a and an operation button (L2) for pressing operation. Button 53), an operation button (also referred to as an R1 button) 54a, and an operation button (R2).
Also called a button. ) 54b. These third,
The functions of the fourth operation units 53 and 54 are also set by a program recorded on the optical disc 20, and for example, a function of causing a character to perform a special operation is assigned.

【0039】左右のジョイスティック70、72は、そ
れぞれ操作軸を中心に360゜方向に傾動、回転可能と
される可変抵抗器等の信号入力素子を備えており、傾
動、回転に応じてアナログ値が出力される。また、この
左右のジョイスティック70、72は、図示していない
弾性部材により中立位置に復帰するようになっている。
なお、左右のジョイスティック70、72は、それぞれ
下方に押圧することによって、ジョイスティック70、
72の傾動、回転に伴うアナログ値とは別の信号が出力
される。つまり、左右のジョイスティック70、72
は、押圧操作用の第5、第6操作部としての操作ボタン
(L3ボタン)70a、(R3ボタン)72aの機能を
有している。
Each of the left and right joysticks 70 and 72 has a signal input element such as a variable resistor that can be tilted and rotated in a 360 ° direction about the operation axis, and an analog value is set according to the tilt and rotation. Is output. The left and right joysticks 70 and 72 return to the neutral position by an elastic member (not shown).
Note that the left and right joysticks 70 and 72 are pressed downward, respectively, so that the joystick 70 and
A signal different from the analog value accompanying the tilt and rotation of 72 is output. That is, the left and right joysticks 70, 72
Has the functions of operation buttons (L3 button) 70a and (R3 button) 72a as fifth and sixth operation units for pressing operation.

【0040】左右のジョイスティック70、72を回
転、傾動操作することにより、たとえばキャラクタ等を
回転させながら移動させ、あるいは速度を可変しながら
移動させ、さらには状態を変更させる等のアナログ的な
動きを行うことを可能とする指令信号を入力することが
可能となる。
By rotating and tilting the left and right joysticks 70 and 72, for example, analog movements such as moving a character or the like while rotating it, or moving while varying the speed, and further changing the state can be performed. It becomes possible to input a command signal that enables the execution.

【0041】図1において、左右のジョイスティック7
0、72は、前記第1及び第2操作部51、52と切り
換えて使用可能となる。その切換えは、アナログモード
スイッチ74により行う。アナログモードスイッチ74
により左右のジョイスティック70、72が選択される
と、表示部76が点灯して、左右のジョイスティック7
0、72の選択状態を表示するようになっている。
In FIG. 1, the left and right joysticks 7
0 and 72 can be used by switching with the first and second operation units 51 and 52. The switching is performed by the analog mode switch 74. Analog mode switch 74
When the left and right joysticks 70 and 72 are selected, the display unit 76 lights up and the left and right joysticks 7
The selection states of 0 and 72 are displayed.

【0042】左右のジョイスティック70、72を操作
することによって得られるアナログ入力値は、図3に示
すように、垂直方向について上から下に向けて「0」〜
「255」とされ、水平方向について左から右に向けて
「0」〜「255」とされている。
As shown in FIG. 3, analog input values obtained by operating the left and right joysticks 70 and 72 are "0" to "0" from top to bottom in the vertical direction.
"255", and "0" to "255" in the horizontal direction from left to right.

【0043】コントローラ16には、上記のほかにゲー
ム等の開始を指示するスタートボタン(スタートスイッ
チ)78や、ゲーム開始に際してゲームの難易度等を選
択するためのセレクトボタン(選択スイッチ)80など
が設けられている。
In addition to the above, the controller 16 has a start button (start switch) 78 for instructing the start of a game or the like, and a select button (selection switch) 80 for selecting the degree of difficulty of the game when starting the game. Is provided.

【0044】次に、図2のブロック図を参照して、図1
に示したエンタテインメント装置12の内部構成とその
一般的な動作について説明する。
Next, referring to the block diagram of FIG.
The internal configuration of the entertainment apparatus 12 and the general operation thereof will be described.

【0045】このエンタテインメント装置12は、該エ
ンタテインメント装置12を制御するCPU401に対
して、半導体メモリとしてのRAM(メインメモリ)4
02及びバス403がそれぞれ接続されて構成されてい
る。
The entertainment device 12 is provided with a RAM (main memory) 4 as a semiconductor memory for a CPU 401 that controls the entertainment device 12.
02 and a bus 403 are connected to each other.

【0046】前記バス403には、グラフィックシンセ
サイザー(GS)404、インプットアウトプットプロ
セッサ(IOP)409がそれぞれ接続される。GS4
04には、フレームバッファ、Zバッファおよびテクス
チャメモリ等を含むRAM(画像メモリ)405と、こ
のRAM405中のフレームバッファへの描画機能を含
むレンダリング機能を有するレンダリングエンジン40
6とが含まれる。
The bus 403 is connected to a graphic synthesizer (GS) 404 and an input output processor (IOP) 409. GS4
A RAM (image memory) 405 including a frame buffer, a Z buffer, a texture memory, and the like, and a rendering engine 40 having a rendering function including a drawing function for a frame buffer in the RAM 405.
6 are included.

【0047】このように構成されるGS404には、例
えばデジタルRGB信号等をNTSC標準テレビジョン
方式に変換するためのエンコーダ407を介して、外部
機器としてのモニタ18が接続される。
The monitor 18 as an external device is connected to the GS 404 thus configured via an encoder 407 for converting a digital RGB signal or the like into an NTSC standard television system.

【0048】IOP409には、光ディスク20に記録
されているデータを再生し、デコードするためのドライ
バ(DRV)410、サウンド生成系412、フラッシ
ュメモリからなる外部メモリとしてのメモリカード1
4、コントローラ16およびオペレーティング・システ
ム等の記録されたROM416がそれぞれ接続される。
サウンド生成系412は、増幅器413を介して、外部
機器としてのスピーカ414およびモニタ18に接続さ
れ、音声信号を供給する。
The IOP 409 has a driver (DRV) 410 for reproducing and decoding data recorded on the optical disk 20, a sound generation system 412, and a memory card 1 as an external memory including a flash memory.
4, a controller 16 and a ROM 416 in which an operating system and the like are recorded are connected.
The sound generation system 412 is connected to a speaker 414 as an external device and a monitor 18 via an amplifier 413, and supplies a sound signal.

【0049】サウンド生成系412は、CPU401か
らの指示に基づいて、楽音、効果音等を発生する音声処
理装置(Sound Processing Unit:SPU)420と、
このSPU420により発生された楽音、効果音等を記
憶しているサウンドバッファ422とを有する。SPU
420によって発生される楽音、効果音等の信号は、ス
ピーカ414やモニタ18の音声端子に供給され、これ
らスピーカ414やモニタ18のスピーカから楽音、効
果音等として出力(発音)するようになっている。
The sound generation system 412 includes a sound processing unit (SPU) 420 for generating musical sounds, sound effects, and the like based on an instruction from the CPU 401;
A sound buffer 422 for storing musical tones, sound effects, and the like generated by the SPU 420. SPU
Signals such as musical sounds and sound effects generated by the 420 are supplied to the speaker 414 and the audio terminal of the monitor 18, and are output (produced) as musical sounds and sound effects from the speakers 414 and the monitor 18. I have.

【0050】ここで、SPU420は、例えば16ビッ
トの音声データを4ビットの差分信号として適応予測符
号化(ADPCM:Adaptive Differential PCM)され
た音声データを再生するADPCM復号機能と、サウン
ドバッファ422に記憶されている波形データを再生す
ることにより、効果音等を発生する再生機能と、サウン
ドバッファ422に記憶されている波形データを変調さ
せて再生する変調機能等を備えている。
Here, the SPU 420 has an ADPCM decoding function for reproducing, for example, 16-bit audio data as adaptive differential coded (ADPCM: Adaptive Differential PCM) audio data as a 4-bit differential signal, and stores it in the sound buffer 422. It has a reproduction function of generating a sound effect and the like by reproducing the recorded waveform data, a modulation function of modulating and reproducing the waveform data stored in the sound buffer 422, and the like.

【0051】このような機能を備えるサウンド生成系4
12は、CPU401からの指示によってサウンドバッ
ファ422に記録された波形データに基づいて楽音、効
果音等を発生するいわゆるサンプリング音源として使用
することができるようになっている。
Sound generation system 4 having such a function
Reference numeral 12 can be used as a so-called sampling sound source that generates musical tones, sound effects, and the like based on waveform data recorded in the sound buffer 422 in accordance with an instruction from the CPU 401.

【0052】また、メモリカード14は、たとえばCP
Uもしくはゲートアレイおよびフラッシュメモリからな
るカード型の外部記憶装置であって、図2に示されたエ
ンタテインメント装置12に対し、その差込口30を介
して着脱自在となっており、ゲームの途中状態が記憶さ
れたり、DVD再生用のプログラム等が記憶されてい
る。
The memory card 14 has, for example, a CP
U or a card-type external storage device comprising a gate array and a flash memory, which is detachable from the entertainment device 12 shown in FIG. Or a program for playing back a DVD or the like.

【0053】コントローラ16は、搭載された複数のボ
タンの押圧により、指令(2値指令または多値指令)を
エンタテインメント装置12に与えるためのものであ
る。また、ドライバ410は、MPEG(moving pictu
re experts group)標準に基づいてエンコードされた画
像をデコードするためのデコーダを備えている。
The controller 16 is for giving a command (binary command or multi-value command) to the entertainment apparatus 12 by pressing a plurality of mounted buttons. In addition, the driver 410 uses an MPEG (moving pictu
re experts group) has a decoder to decode images encoded according to standards.

【0054】次に、この実施の形態に係るエンタテイン
メントシステム10が有する特徴的な機能、即ち、例え
ば光ディスク20やメモリカード14のようなランダム
アクセス可能な記録媒体、さらにはネットワークによっ
てエンタテインメント装置12に提供されるプログラム
によって実現される機能について図4〜図34を参照し
ながら説明する。
Next, a characteristic function of the entertainment system 10 according to this embodiment, that is, a recording medium such as an optical disk 20 and a memory card 14 which can be accessed randomly, and further provided to the entertainment apparatus 12 via a network. The functions realized by the executed program will be described with reference to FIGS.

【0055】この機能は、あるオブジェクトについてア
ニメーション表示するための動作データファイルを作成
するもの、即ち、アニメーション作成ツールであって、
例えば図4に示すように、あるオブジェクト200を1
以上の視点(本実施の形態では3つの視点)から見たと
きの状態をそれぞれ表示する第1のウィンドウ画面20
2と、コントローラ16からの操作入力に基づいてオブ
ジェクト200の任意のフレームにおける動作状態を設
定して該オブジェクト200の動作データファイルを作
成するための第2のウィンドウ画面204を表示すると
いうものである。
This function is to create an operation data file for displaying an animation of a certain object, that is, an animation creation tool.
For example, as shown in FIG.
A first window screen 20 that displays the state when viewed from the above viewpoints (three viewpoints in the present embodiment).
2 and setting a motion state of the object 200 in an arbitrary frame based on an operation input from the controller 16 and displaying a second window screen 204 for creating a motion data file of the object 200. .

【0056】第1のウィンドウ画面202は、3つの視
点のうち、任意の視点に切り換えるためのカメラ設定画
面210と、オブジェクト200を3つの視点からそれ
ぞれ表示する3つのグラフィック画面212A〜212
C(図5参照)とを有する。もちろん、3つのグラフィ
ック画面212A〜212Cをすべて表示するのではな
く、3つのグラフィック画面212A〜212Cのう
ち、オブジェクト200を切り換えられた視点から表示
する1つのグラフィック画面のみを表示するようにして
もよい。図4では第1のグラフィック画面212Aを表
示した例を示す。また、以下の説明では、3つのグラフ
ィック画面212A〜212Cを総称してグラフィック
画面212と記す。
The first window screen 202 includes a camera setting screen 210 for switching to an arbitrary viewpoint among the three viewpoints, and three graphic screens 212A to 212 for displaying the object 200 from the three viewpoints, respectively.
C (see FIG. 5). Of course, instead of displaying all three graphic screens 212A to 212C, only one graphic screen that displays the object 200 from the switched viewpoint may be displayed among the three graphic screens 212A to 212C. . FIG. 4 shows an example in which the first graphic screen 212A is displayed. In the following description, the three graphic screens 212A to 212C are collectively referred to as a graphic screen 212.

【0057】一方、第2のウィンドウ画面204は、動
作データを設定すべきフレームを決定するためのキーフ
ァイル設定画面220と、決定されたフレームにおける
動作データを設定するための回転角設定画面222及び
移動量設定画面224と、光源の色や位置を設定するた
めの光源設定画面226(図6参照)と、グラフィック
画面212に表示されているオブジェクト200を構成
する複数のパーツを選択するためのパーツ選択画面22
8とを有する。
On the other hand, the second window screen 204 includes a key file setting screen 220 for determining a frame in which operation data is to be set, a rotation angle setting screen 222 for setting operation data in the determined frame, and A movement amount setting screen 224, a light source setting screen 226 (see FIG. 6) for setting the color and position of the light source, and parts for selecting a plurality of parts constituting the object 200 displayed on the graphic screen 212. Selection screen 22
8 is provided.

【0058】これらウィンドウ画面202、204は、
背景画面(背景部分)230上、空いた箇所に表示させ
ることができると共に、操作入力によってモニタ18の
画面上を自由に移動させることができ、しかも、自由に
閉じる(消去する)こともできる。
These window screens 202 and 204 are
It can be displayed in a vacant place on the background screen (background portion) 230, can be freely moved on the screen of the monitor 18 by operation input, and can be freely closed (erased).

【0059】ここで、本実施の形態に係るアニメーショ
ン作成ツールの使用方法、即ち、これらウィンドウ画面
202、204を見ながら動作データファイルを作成す
る手順の一例について説明する。
Here, a method of using the animation creation tool according to the present embodiment, that is, an example of a procedure for creating an operation data file while viewing these window screens 202 and 204 will be described.

【0060】まず、1つのオブジェクト200を3D画
像でアニメーション表示する場合、オブジェクト200
を構成する複数のパーツ毎の情報が登録されたパーツ情
報テーブル240(図7参照)と、各パーツを構成する
ポリゴンの頂点データ等が格納された複数のポリゴンデ
ータファイル242(図8参照)と、各パーツの動きを
フレーム順次に記録した複数の動作データファイル24
4(図9参照)とが使用される。
First, when an animation of one object 200 is displayed as a 3D image, the object 200
And a plurality of polygon data files 242 (see FIG. 8) storing information on the vertices and the like of the polygons constituting each part. , A plurality of motion data files 24 in which the movement of each part is recorded in frame order
4 (see FIG. 9).

【0061】パーツ情報テーブル240は、図7に示す
ように、1つのオブジェクト200を構成するパーツの
数に相当するレコードを有し、各レコードには、対応す
るパーツのパーツ名、基準座標(回転の支点となる座
標)、回転の動作点の初期座標(基準座標からみた相対
座標)、テクスチャテーブルのアドレス及びポリゴンデ
ータファイルのアドレス等が登録されている。
As shown in FIG. 7, the parts information table 240 has records corresponding to the number of parts constituting one object 200. Each record has a part name of the corresponding part and reference coordinates (rotational coordinates). , The initial coordinates of the rotation operation point (relative coordinates with reference to the reference coordinates), the address of the texture table, the address of the polygon data file, and the like are registered.

【0062】動作データファイル244は、図9に示す
ように、各パーツ毎に用意され、予め設定された最大フ
レームの数に相当するレコードを有し、各レコードに
は、基準座標と該基準座標からみた動作点の相対座標が
格納されるようになっている。初期段階では、各動作デ
ータファイルの全てのレコードには、それぞれ対応する
パーツの基準座標と動作点の初期座標(いずれもパーツ
情報テーブルに登録された座標)が格納される。
As shown in FIG. 9, the operation data file 244 is prepared for each part and has records corresponding to a preset maximum number of frames. Each record has reference coordinates and reference coordinates. The relative coordinates of the operating point from the viewpoint are stored. At the initial stage, all the records of each operation data file store the reference coordinates of the corresponding part and the initial coordinates of the operation point (both are the coordinates registered in the parts information table).

【0063】ポリゴンデータファイル242は、図8に
示すように、各パーツ毎に用意され、当該パーツを構成
するポリゴンの数に相当するレコードを有し、各レコー
ドには、ポリゴンの頂点データやテクスチャポインタ等
が登録されている。頂点データのうち、各頂点の座標情
報は、対応するパーツにおける前記動作点からみた相対
座標として設定されている。
As shown in FIG. 8, the polygon data file 242 is prepared for each part and has records corresponding to the number of polygons constituting the part. Pointers and the like are registered. In the vertex data, the coordinate information of each vertex is set as relative coordinates viewed from the operating point in the corresponding part.

【0064】そして、アニメーション作成ツールを起動
すると、モニタ18の画面上には、初期画面が表示され
る。この初期画面としては、例えば図4に示すように、
第1のグラフィック画面212A(オブジェクト200
を第1のカメラ視点から見て示す画面)、カメラ設定画
面210、パーツ選択画面228、回転角設定画面22
2、移動量設定画面224及びキーファイル設定画面2
20を含めたものがある。
When the animation creation tool is started, an initial screen is displayed on the screen of the monitor 18. As the initial screen, for example, as shown in FIG.
The first graphic screen 212A (object 200
, A camera setting screen 210, a parts selection screen 228, a rotation angle setting screen 22
2. Movement amount setting screen 224 and key file setting screen 2
Some include 20.

【0065】次に、各画面の表示部分以外の背景部分2
30にカーソル250を合わせて、例えば×ボタン52
cを操作することで、図10に示すように、ウィンドウ
画面の選択を示す帯252とメモリカード14の操作を
示す帯254を有する第1のドロップメニュー画面25
6が表示され、メモリカード14の操作を示す帯254
にカーソル250を合わせることで、図11に示すよう
に、メモリカードアクセス画面260が表示される。
Next, a background portion 2 other than the display portion of each screen
The user places the cursor 250 at 30 and, for example,
By operating c, a first drop menu screen 25 having a band 252 indicating selection of a window screen and a band 254 indicating operation of the memory card 14 as shown in FIG.
6 is displayed, and a band 254 indicating the operation of the memory card 14 is displayed.
By moving the cursor 250 to, a memory card access screen 260 is displayed as shown in FIG.

【0066】差込口30にメモリカード14が挿入され
ている場合は、該メモリカード14からパーツ情報テー
ブル240、ポリゴンデータファイル242や動作デー
タファイル244に関するファイル名が読み出されてメ
モリカードアクセス画面260の枠内に表示される。
When the memory card 14 is inserted into the slot 30, the part information table 240, the file names of the polygon data file 242 and the operation data file 244 are read from the memory card 14, and the memory card access screen is displayed. It is displayed in the frame of 260.

【0067】そして、ファイルを読み込む場合は、読み
込みたいファイル名にカーソル250を合わせて、例え
ば○ボタン52bを操作することでファイル名が選択さ
れ、更に、カーソル250を移動させてメモリカードア
クセス画面260の下部に表示されているアイコンのう
ち、「LOAD」のアイコン262にカーソル250を
合わせて、例えば○ボタン52bを操作することで前記
選択されたファイル名に対応するパーツ情報テーブル2
40、ポリゴンデータファイル242や動作データファ
イル244がエンタテインメント装置12のメインメモ
リ402に読み込まれる。
When reading a file, the cursor 250 is moved to the file name to be read, and the file name is selected by operating, for example, the O button 52b. Further, the cursor 250 is moved to move the memory card access screen 260 The cursor 250 is positioned on the icon 262 of "LOAD" among the icons displayed at the bottom of the part information table, and, for example, by operating the o button 52b, the part information table 2 corresponding to the selected file name is displayed.
40, the polygon data file 242 and the operation data file 244 are read into the main memory 402 of the entertainment apparatus 12.

【0068】なお、メモリカードアクセス画面260の
下部に表示されている「LOAD」以外のアイコンにつ
いて概略説明すると、「SAVE」のアイコン264
は、エンタテインメント装置12のメインメモリ402
に格納されている動作データファイル244をメモリカ
ード14に保存するために使用される。このとき、保存
にあたっては、図示しないファイル名の入力画面が表示
されるため、該入力画面の案内に沿って文字等を入力す
ることで、簡単にファイル名を入力することができる。
The icons other than “LOAD” displayed at the bottom of the memory card access screen 260 will be briefly described.
Is the main memory 402 of the entertainment device 12
Is used to save the operation data file 244 stored in the memory card 14 into the memory card 14. At this time, when saving, a file name input screen (not shown) is displayed, so that the file name can be easily input by inputting characters or the like along the guidance of the input screen.

【0069】「CHECK」のアイコン266は、メモ
リカード14内にどのようなファイルが格納されている
かをチェックするために使用される。「CANCEL」
のアイコン268は、このメモリカードアクセス画面2
60を消去する際に使用される。
The “CHECK” icon 266 is used to check what files are stored in the memory card 14. "CANCEL"
Icon 268 is the memory card access screen 2
Used when erasing 60.

【0070】また、モニタ18の画面に表示されるウィ
ンドウ画面は、前記初期画面に含まれるいくつかのウィ
ンドウ画面のほかに、図5に示すような第2のグラフィ
ック画面212B(オブジェクト200を第2のカメラ
視点から見て示す画面)及び第3のグラフィック画面2
12C(オブジェクト200を第3のカメラ視点から見
て示す画面)並びに図6に示すような光源設定画面22
6がある。
The window screen displayed on the screen of the monitor 18 includes, in addition to the several window screens included in the initial screen, a second graphic screen 212B (object 200 Screen shown from the camera viewpoint) and a third graphic screen 2
12C (a screen showing the object 200 viewed from the third camera viewpoint) and a light source setting screen 22 as shown in FIG.
There are six.

【0071】これらのウィンドウ画面を表示する場合
は、図10に示す第1のドロップメニュー画面256を
表示させ、ウィンドウ画面の選択を示す帯252にカー
ソル250を合わせることで、図12に示すように、各
種ウィンドウ画面の種類が表示された第2のドロップメ
ニュー画面270が表示されるため、これらの中から任
意に選択すればよい。
When these window screens are displayed, the first drop menu screen 256 shown in FIG. 10 is displayed, and the cursor 250 is positioned on the band 252 indicating the selection of the window screen, as shown in FIG. Since the second drop menu screen 270 on which the types of various window screens are displayed is displayed, the user can arbitrarily select from these.

【0072】また、各グラフィック画面212A〜21
2Cにおいてオブジェクト200を表示させる場合に
は、図5や図14に示すように、地面272を表示させ
た方がオブジェクト200の動作を認識しやすい場合が
ある。そこで、グラフィック画面212において地面2
72を表示させる場合は、任意のグラフィック画面21
2のカーソル250を合わせて、例えば×ボタン52c
を操作することで、図13に示すように、地面272の
表示/非表示を示す第3のドロップメニュー画面274
が表示されるため、該当する項目にカーソル250を合
わせて例えば○ボタン52bを操作すればよい。
Each graphic screen 212A-21
When the object 200 is displayed in 2C, it may be easier to recognize the operation of the object 200 by displaying the ground 272 as shown in FIGS. Therefore, on the graphic screen 212, the ground 2
When displaying 72, any graphic screen 21
2 cursor 250 and, for example, X button 52c
Is operated, the third drop menu screen 274 showing the display / non-display of the ground 272 as shown in FIG.
Is displayed, the cursor 250 may be positioned on the corresponding item and the ○ button 52b may be operated, for example.

【0073】地面272の表示を選択した場合は、更
に、図14に示すように、地面272の高さを設定する
ためのサブウィンドウ画面276が表示される。地面2
72の高さを設定する方法は、高さの値が表示されてい
る部分にカーソル250を合わせて例えば○ボタン52
bや×ボタン52cを操作することで、地面272の高
さを設定することができる。ここでは、○ボタン52b
を操作することで地面272が上昇し、×ボタン52c
を操作することで地面272が下降する設定となってい
る。
When the display of the ground 272 is selected, a sub window screen 276 for setting the height of the ground 272 is further displayed as shown in FIG. Ground 2
The method of setting the height of 72 is as follows.
By operating the b or x button 52c, the height of the ground 272 can be set. Here, ○ button 52b
Is operated, the ground 272 rises, and the X button 52c
Is set so that the ground 272 is lowered.

【0074】上述したように、メモリカード14からオ
ブジェクト200のパーツ情報テーブル240及びポリ
ゴンデータファイル242等を読み込んだ段階で、現在
表示されているグラフィック画面、例えば第1のグラフ
ィック画面212A上に、第1のカメラ視点から見たオ
ブジェクト200の状態が表示されることになる。
As described above, when the part information table 240 and the polygon data file 242 of the object 200 are read from the memory card 14, the currently displayed graphic screen, for example, the first graphic screen 212A is displayed. The state of the object 200 as viewed from the viewpoint of the first camera is displayed.

【0075】このオブジェクト200の3D画像の表
示、特に、動作データファイル244を読み込まない場
合における表示は、まず、パーツ情報テーブル240の
各レコードに登録されている動作点の初期座標を、各動
作データファイル244が格納される部分の全てのレコ
ードに格納して初期段階の動作データファイル244を
作成する。
The display of the 3D image of the object 200, in particular, when the operation data file 244 is not read, is performed by first setting the initial coordinates of the operation point registered in each record of the parts information table 240 to the operation data The operation data file 244 in the initial stage is created by storing the data in all the records in the portion where the file 244 is stored.

【0076】その後、各パーツの基準座標と各動作デー
タファイル244の0レコード目に格納された動作点の
初期座標から各パーツの配置位置を決定し、更に、各パ
ーツ毎のポリゴンデータファイル242に格納されたポ
リゴン情報から各パーツを構成するポリゴンの配置を決
定し、これらポリゴンについて、光学特性や質感表現を
行い、更にスクリーン座標として透視変換し、更に必要
であればテクスチャマッピングを行うことで画像メモリ
405にオブジェクト200の3D画像が表示されるこ
とになる。
After that, the arrangement position of each part is determined from the reference coordinates of each part and the initial coordinates of the operation point stored in the 0th record of each operation data file 244. Further, the polygon data file 242 for each part is determined. The layout of the polygons that make up each part is determined from the stored polygon information, optical characteristics and textures are expressed for these polygons, perspective transformation is performed as screen coordinates, and texture mapping is performed if necessary. The 3D image of the object 200 is displayed on the memory 405.

【0077】このオブジェクト200の3D画像の表示
と同時に、オブジェクト200を構成する複数のパーツ
に関する名称(パーツ名)がパーツ選択画面228に表
示される。図4の例では、人間の形をしたオブジェクト
200が走っている途中の状態を示す。
At the same time as displaying the 3D image of the object 200, names (part names) of a plurality of parts constituting the object 200 are displayed on the part selection screen 228. The example of FIG. 4 shows a state in which a human-shaped object 200 is running.

【0078】次に、カーソル250を移動させて、キー
ファイル設定画面220の「CF」における近傍の枠2
80にカーソル250を合わせ、続けて○ボタン52b
や×ボタン52cを操作して、例えば「0」に設定す
る。これによって、0フレーム目が選択されることにな
る。
Then, the user moves the cursor 250 to move the cursor 250 to the frame 2 near “CF” on the key file setting screen 220.
Move the cursor 250 to 80 and continue with the o button 52b.
The user operates the “×” button 52c to set it to “0”, for example. As a result, the 0th frame is selected.

【0079】次に、パーツ選択画面228に表示された
複数の名称のうち、任意の名称にカーソル250を合わ
せて例えば○ボタン52bを操作することで、対応する
パーツが選択され、同時に、グラフィック画面212に
表示されているオブジェクト200のうち、選択された
パーツの部分に該パーツが選択されたことを示す半透明
のサブオブジェクト282が表示されることになる。こ
のサブオブジェクト282は、選択されたパーツの外形
形状を少し拡大したような形を有し、青色の半透明を呈
している。このサブオブジェクト282の表示によっ
て、どの部分が選択されたかを一見して認識することが
できる。
Next, by moving the cursor 250 to an arbitrary name out of a plurality of names displayed on the parts selection screen 228 and operating, for example, the O button 52b, the corresponding part is selected, and at the same time, the graphic screen is displayed. A semi-transparent sub-object 282 indicating that the part has been selected is displayed in the selected part of the object 200 displayed in 212. The sub-object 282 has a shape in which the outer shape of the selected part is slightly enlarged, and has a translucent blue color. By displaying the sub-object 282, it is possible to recognize at a glance which part has been selected.

【0080】次に、回転角設定画面222のX、Y及び
Zの枠にそれぞれカーソル250を合わせて、例えば○
ボタン52bや×ボタン52cを操作することで、数値
を入力する。これらの数値は、例えばXについてみる
と、選択したパーツにおいて、基準座標を支点にしてX
軸を中心に動作点を回転させる場合の回転角を示す。Y
及びZについても同様である。動作点が回転されること
で、そのパーツを構成するポリゴンの頂点データが書き
換えられ、当該パーツは、基準座標を支点として回転す
ることとなる。
Next, the cursor 250 is positioned on each of the X, Y and Z frames on the rotation angle setting screen 222, and
By operating the button 52b or the X button 52c, a numerical value is input. These numerical values are, for example, X with respect to the reference coordinates as a fulcrum in the selected part.
The rotation angle when rotating the operating point about the axis is shown. Y
And Z. When the operating point is rotated, the vertex data of the polygons constituting the part is rewritten, and the part rotates around the reference coordinates.

【0081】そして、○ボタン52bを操作すること
で、回転角が正方向に進み、これによってグラフィック
画面212に表示されているオブジェクト200のう
ち、前記選択されたパーツが前記選択された軸を中心に
右回りし、×ボタン52cを操作することで、回転角が
負方向に進み、前記選択されたパーツが前記選択された
軸を中心に左回りする。
By operating the ボ タ ン button 52b, the rotation angle advances in the forward direction, whereby the selected part of the object 200 displayed on the graphic screen 212 is centered on the selected axis. By turning the clockwise and operating the X button 52c, the rotation angle advances in the negative direction, and the selected part rotates counterclockwise about the selected axis.

【0082】なお、移動量設定画面224は、選択され
たパーツの基準座標を任意の方向に移動させる場合に使
用される。また、光源設定画面226は、X、Y及びZ
に関する数値を変更することで、光源の位置が設定さ
れ、R、G及びBに関する数値を変更することで、光源
の発色が設定されるようになっている。これによって、
太陽光、蛍光灯や白熱電灯等に似せた光源とすることが
可能となる。
The movement amount setting screen 224 is used to move the reference coordinates of the selected part in an arbitrary direction. The light source setting screen 226 includes X, Y, and Z
By changing the numerical values related to R, G and B, the color of the light source is set by changing the numerical values related to R, G and B. by this,
It is possible to provide a light source that resembles sunlight, a fluorescent lamp, an incandescent lamp, or the like.

【0083】例えば、前記各種数値の変更の際におい
て、オブジェクト200の表示位置や拡大率等を変更す
る場合は、カメラ設定画面210を用いて行うことがで
きる。例えば、カメラ設定画面210における1番上の
アイコン290は、オブジェクト200の表示位置や拡
大率を変更する対象のグラフィック画面212を選択す
るために使用され、該アイコン290にカーソル250
を合わせて例えば○ボタン52bを操作することで、
「CAMERA1」→「CAMERA2」→「CAME
RA3」→「CAMERA1」というように切り換わる
ようになっている。
For example, when changing the numerical values, the display position, enlargement ratio, and the like of the object 200 can be changed using the camera setting screen 210. For example, the top icon 290 on the camera setting screen 210 is used to select a graphic screen 212 for which the display position and the enlargement ratio of the object 200 are to be changed, and the cursor 250
By operating the ○ button 52b together with
"CAMERA1" → "CAMERA2" → "CAMERA
RA3 ”→“ CAMERA1 ”.

【0084】ここで、「CAMERA1」とした場合
は、第1のグラフィック画面212Aを選択したことを
示し、「CAMERA2」とした場合は、第2のグラフ
ィック画面212Bを選択したことを示し、「CAME
RA3」とした場合は、第3のグラフィック画面212
Cを選択したことを示す。
Here, "CAMERA1" indicates that the first graphic screen 212A has been selected, and "CAMERA2" indicates that the second graphic screen 212B has been selected.
If “RA3” is set, the third graphic screen 212
Indicates that C was selected.

【0085】そして、回転を示すアイコン292にカー
ソル250を合わせた状態で、例えば方向キー51a〜
51d、ジョイスティック70及び72を操作すること
で、現在選択中のグラフィック画面212における視点
が、予め設定された軌跡に沿って移動することになる。
この場合、方向キーが4つあることから、1つのグラフ
ィック画面212に対して、それぞれ4つの軌跡が用意
されている。
Then, in a state where the cursor 250 is positioned on the icon 292 indicating rotation, for example, the direction keys 51a to 51a are displayed.
By operating the joysticks 51 and 51d and the joysticks 70 and 72, the viewpoint on the currently selected graphic screen 212 moves along a locus set in advance.
In this case, since there are four direction keys, four trajectories are prepared for one graphic screen 212, respectively.

【0086】拡大率を示すアイコン294は、オブジェ
クト200の表示に関する拡大率を変更するために使用
される。拡大率を示すアイコン294にカーソル250
を合わせた状態で、例えば左方向キー51cを操作する
ことで、オブジェクト200が縮小表示され、右方向キ
ー51dを操作することでオブジェクト200が拡大表
示されるようになっている。なお、デフォルトを示すア
イコン296は、視点の座標や拡大率を初期値に復帰さ
せる場合に使用される。
The icon 294 indicating the magnification is used to change the magnification related to the display of the object 200. Cursor 250 on icon 294 indicating the enlargement ratio
By operating the left key 51c, for example, the object 200 is displayed in a reduced size while the right key 51d is operated, and the object 200 is enlarged and displayed by operating the right key 51d. The icon 296 indicating the default is used when the coordinates of the viewpoint and the enlargement ratio are returned to the initial values.

【0087】視点の位置や拡大率について個別に設定し
たい場合は、それぞれX、Y、Z、P等の数値を直接変
更させることで簡単に設定することができる。なお、
X、Y及びZは視点の座標を示し、Pは拡大率を示す。
When it is desired to individually set the position of the viewpoint and the enlargement ratio, they can be easily set by directly changing numerical values such as X, Y, Z, and P. In addition,
X, Y, and Z indicate the coordinates of the viewpoint, and P indicates the magnification.

【0088】一方、キーファイル設定画面220には、
時間軸300を象徴する線図と、上述した「CR」を含
むアイコン群とがあり、アイコン群は、上述した「C
F」のほかに、「RP」、再生関係のアイコン群並びに
拡張機能関係のアイコン群(「R」、「D」、「C」、
「M」、「F」及び「H」を示すアイコン群)がある。
On the other hand, on the key file setting screen 220,
There are a diagram that symbolizes the time axis 300 and an icon group including the above-mentioned “CR”.
In addition to "F", "RP", a group of icons related to reproduction and a group of icons related to extended functions ("R", "D", "C",
Icon group indicating "M", "F" and "H").

【0089】「CF」は、上述したように、フレームを
選択するために使用されるが、「RP」は、再生するフ
レームの範囲を設定するために使用される。
As described above, “CF” is used to select a frame, while “RP” is used to set a range of a frame to be reproduced.

【0090】例えば、「RP」の近傍に表示されている
2つの数字のうち、左側の数字は、再生開始のフレーム
番号であり、右側の数字は、再生終了のフレーム番号で
ある。
For example, of the two numbers displayed near “RP”, the number on the left is the frame number at the start of reproduction, and the number on the right is the frame number at the end of reproduction.

【0091】時間軸300の上部には、前記再生開始の
フレーム番号に対応する箇所に再生開始のフレームを示
すマーク302と前記再生終了のフレーム番号に対応す
る箇所に再生終了のフレームを示すマーク304が表示
されるようになっている。
At the top of the time axis 300, a mark 302 indicating the frame of the reproduction start at a position corresponding to the frame number of the reproduction start and a mark 304 indicating the frame of the reproduction end at the position corresponding to the frame number of the reproduction end Is displayed.

【0092】再生関係のアイコン群は、再生フレームを
再生開始フレームに戻すことを示すアイコン306と、
逆再生を示すアイコン308と、停止を示すアイコン3
10と、通常の再生を示すアイコン312と、再生フレ
ームを再生終了フレームに進めることを示すアイコン3
14とを有する。
The icons related to the reproduction include an icon 306 indicating that the reproduction frame is to be returned to the reproduction start frame,
Icon 308 indicating reverse playback and icon 3 indicating stop
10, an icon 312 indicating normal reproduction, and an icon 3 indicating that the reproduction frame is advanced to the reproduction end frame.
14.

【0093】「R」アイコン316は、動作データファ
イル244のうち、「CF」に示されたフレーム番号に
対応するレコードに動作データ(設定中の動作データ)
を記録するために使用される。「R」アイコン316を
操作することで、時間軸300の上部のうち、「CF」
に示されたフレーム番号に対応する部分に記録したこと
を示すマーク318が表示される。
The “R” icon 316 displays the operation data (operation data being set) in the record corresponding to the frame number indicated by “CF” in the operation data file 244.
Used to record By operating the “R” icon 316, “CF” in the upper part of the time axis 300 is displayed.
A mark 318 indicating that the recording has been performed on the portion corresponding to the frame number indicated by.

【0094】また、前記「R」アイコン316を操作
(カーソル250をアイコンに合わせて○ボタン52b
を操作)することで、記録したフレーム間における複数
のフレームにおける動作データが、補間処理されて自動
的に作成されて記録されることになる。
Further, the “R” icon 316 is operated (the cursor 250 is moved to the icon and the O button 52b is pressed).
), The motion data in a plurality of frames between the recorded frames is automatically created and recorded by performing interpolation processing.

【0095】例えば図15に示すように、各動作データ
ファイル244の0レコード目(0フレーム目)に、オ
ブジェクト200が例えば走る格好であって、かつ、右
手を前にしている状態を示す動作データを記録し、10
レコード目(10フレーム目)にオブジェクト200が
走る途中の格好を示す動作データを記録したとき、各動
作データファイル244の0フレームと10フレームの
間にある1フレームから9フレームまでに、0フレーム
目の状態から10フレーム目の状態に連続して移る過程
(この場合、9ステップ)の動作データが補間処理によ
って作成されることになる。
For example, as shown in FIG. 15, in the 0th record (0th frame) of each operation data file 244, the operation data indicating that the object 200 is, for example, running and the right hand is in front. And record 10
When the motion data indicating the appearance of the running object 200 is recorded in the record (the 10th frame), the 0th frame from the 1st to 9th frames between the 0th and 10th frames of each motion data file 244 is recorded. The operation data of the process (in this case, 9 steps) of continuously shifting from the state of FIG. 9 to the state of the tenth frame is created by the interpolation processing.

【0096】更に、各動作データファイル244の20
レコード目(20フレーム目)に、オブジェクト200
が例えば走る格好であって、かつ、左手を前にしている
状態を示す動作データを記録した段階で、各動作データ
ファイルの10フレームと20フレームの間にある11
フレームから19フレームまでに、10フレーム目の状
態から20フレーム目の状態に連続して移る過程(この
場合も、9ステップ)の動作データが補間処理によって
作成されることになる。
Further, 20 of each operation data file 244
In the record (frame 20), the object 200
For example, at the stage where motion data indicating that the player is in a running style and the left hand is in front is recorded, 11 is between 10 frames and 20 frames of each motion data file.
From the frame to the 19th frame, the operation data of the process of continuously shifting from the state of the 10th frame to the state of the 20th frame (in this case, 9 steps) is created by the interpolation processing.

【0097】この段階で、各動作データファイル244
には、オブジェクト200が右手を前にした状態から左
手を前にした状態まで連続して走る動作についての動作
データが記録されることになる。
At this stage, each operation data file 244
In this example, the motion data of the motion of the object 200 running continuously from the state in which the right hand is forward to the state in which the left hand is forward is recorded.

【0098】次に、「D」アイコン319は、動作デー
タファイル244のうち、「CF」に示されたフレーム
番号に対応するレコードに登録されている動作データを
削除するために使用される。
Next, the “D” icon 319 is used to delete the operation data registered in the record corresponding to the frame number indicated by “CF” in the operation data file 244.

【0099】「C」アイコン320は、動作データファ
イル244に登録された全ての動作データを削除するた
めに使用され、「M」アイコン322は、時間軸300
を拡大・縮小表示するために使用される。
The “C” icon 320 is used to delete all the operation data registered in the operation data file 244, and the “M” icon 322 is used to delete the time axis 300
Used to zoom in / out.

【0100】例えば図4では、時間軸300として0フ
レームから144フレームまでが表示されているが、こ
の状態で「M」アイコン322を正方向に1回操作(カ
ーソル250を合わせて例えば○ボタン52bを操作)
すると、時間軸300は、0フレームから96フレーム
までの拡大表示となる。同様に、更に「M」アイコン3
22を正方向に1回操作すると、時間軸300は、0フ
レームから48フレームまでの拡大表示となり、これ以
上、「M」アイコン322を操作しても拡大表示は行わ
れなくなる。
In FIG. 4, for example, frames 0 to 144 are displayed as the time axis 300. In this state, the "M" icon 322 is operated once in the forward direction (by moving the cursor 250 to the O button 52b, for example). Operation)
Then, the time axis 300 is displayed in an enlarged scale from frame 0 to frame 96. Similarly, the “M” icon 3
When the user operates the button 22 once in the forward direction, the time axis 300 is displayed in an enlarged scale from frame 0 to frame 48. When the user operates the “M” icon 322, the zoomed-in display is not performed.

【0101】反対に、時間軸300として0フレームか
ら48フレームまでが表示されている状態で「M」アイ
コン322を負方向に1回操作(カーソル250を合わ
せて例えば×ボタン52cを操作)すると、時間軸30
0は、0フレームから96フレームまでの縮小表示とな
る。同様に、更に「M」アイコン322を負方向に1回
操作すると、時間軸は、0フレームから144フレーム
までの縮小表示となる。
On the other hand, when the “M” icon 322 is operated once in the negative direction (eg, by operating the X button 52c with the cursor 250) while the frames 0 to 48 are displayed as the time axis 300, Time axis 30
0 indicates a reduced display from 0 frame to 96 frames. Similarly, when the “M” icon 322 is further operated once in the negative direction, the time axis is reduced from 0 frame to 144 frames.

【0102】「F」アイコン324は、「RP」で示す
2つのフレーム間で挟まれた複数のフレームにおける動
作データについてそれぞれ左右反転を設定する際に使用
される。この「F」アイコン324は、他のアイコンと
連携して使用され、例えば、「F」アイコン324を操
作(カーソル250を当該「F」アイコン324に合わ
せて○ボタン52bを操作)して特定のフレーム間につ
いての左右反転を設定した後に、「CF」にて書き込む
先頭フレームを設定し、更に、「R」アイコン316を
操作することで、動作データファイル244のうち、
「CF」で示すフレームから前記左右反転後の動作デー
タが記録されることになる。
The “F” icon 324 is used to set the left / right inversion of the operation data in a plurality of frames sandwiched between two frames indicated by “RP”. The “F” icon 324 is used in cooperation with other icons. For example, by operating the “F” icon 324 (by moving the cursor 250 to the “F” icon 324 and operating the ボ タ ン button 52 b), After setting left / right inversion between frames, the first frame to be written is set by “CF”, and further, by operating the “R” icon 316, the operation data file 244
The operation data after the left-right inversion is recorded from the frame indicated by “CF”.

【0103】例えば、図15に示すように、動作データ
ファイル244の0レコード(0フレーム)から20レ
コード(20フレーム)にかけて、オブジェクト200
が走っている状態の動作データ、例えば右手を前にした
状態から左手を前にした状態の動作データが記録されて
いる場合を想定する。
For example, as shown in FIG. 15, from the 0 record (0 frame) to 20 records (20 frame) of the operation data file 244, the object 200
It is assumed that motion data in a state in which is running, for example, motion data in a state in which the right hand is in front to a state in which the left hand is in front is recorded.

【0104】このとき、「RP」にて0と20を選択
し、続けて「F」アイコン324を操作する。この段階
で、0フレームから20フレームの動作データについて
左右反転がなされた動作データが作成され、ワークファ
イルに格納される。
At this time, “0” and “20” are selected in “RP”, and subsequently “F” icon 324 is operated. At this stage, the operation data in which the operation data from the 0th frame to the 20th frame is inverted left and right is created and stored in the work file.

【0105】次いで、「CF」にて、前記左右反転され
た動作データを書き込むべき先頭フレームを設定し、続
いて「R」アイコン316を操作することによって、前
記ワークファイルに格納されていた左右反転後の動作デ
ータが、動作データファイル244のうち、「CF」に
て設定されたフレーム以降に格納されることになる。例
えば20フレームを設定した場合には、20フレームか
ら40フレームに書き込まれることになる。
Next, by setting the first frame in which the left-right reversed operation data is to be written in “CF”, and subsequently operating the “R” icon 316, the left-right reversed stored in the work file is set. The subsequent operation data is stored in the operation data file 244 after the frame set by “CF”. For example, when 20 frames are set, data is written from 20 frames to 40 frames.

【0106】その結果、「RP」にて0と40を設定し
て、例えば通常の再生を示すアイコン312を操作すれ
ば、グラフィック画面212において、オブジェクト2
00が走る格好のアニメーション表示が行われることに
なる。
As a result, if “0” and “40” are set in “RP” and, for example, the icon 312 indicating normal reproduction is operated, the object 2 is displayed on the graphic screen 212.
00 will be displayed in a cool animation.

【0107】更に、この機能では、カーソル250の移
動速度を簡単な操作で変更できるようになっている。例
えば、方向キー51a〜51d、ジョイスティック70
又は72だけを操作することで、カーソル250が通常
の速度で移動し、例えばR1ボタン54aを同時に操作
しながら方向キー51a〜51d、ジョイスティック7
0又は72を操作することで、カーソル250が例えば
2倍の速度で移動するようになっている。もちろん、こ
の逆でもかまわない。
Further, with this function, the moving speed of the cursor 250 can be changed by a simple operation. For example, the direction keys 51a to 51d, the joystick 70
Or 72 alone, the cursor 250 moves at a normal speed. For example, while simultaneously operating the R1 button 54a, the direction keys 51a to 51d, the joystick 7
By operating 0 or 72, the cursor 250 moves at, for example, twice the speed. Of course, the reverse is also acceptable.

【0108】次に、上述の機能を実現するためのソフト
ウエアについて図16〜図34を参照しながら説明す
る。
Next, software for realizing the above functions will be described with reference to FIGS.

【0109】このソフトウエアは、上述したように、例
えば光ディスク20やメモリカード14のようなランダ
ムアクセス可能な記録媒体、さらにはネットワークによ
って、エンタテインメント装置12に提供されるように
なっている。ここでは、光ディスク20からエンタテイ
ンメント装置12に読み込まれて動作する場合を想定し
て説明を進める。
As described above, this software is provided to the entertainment apparatus 12 via a randomly accessible recording medium such as the optical disk 20 or the memory card 14, or via a network. Here, description will be made assuming a case where the optical disc 20 is read into the entertainment apparatus 12 and operates.

【0110】即ち、これらソフトウエアは、例えば予め
エンタテインメント装置12にて再生される特定の光デ
ィスク20から所定の処理を経てエンタテインメント装
置12のRAM402にダウンロードされることによっ
て、CPU401上で動作されるようになっている。
That is, the software is downloaded from the specific optical disc 20 reproduced in advance in the entertainment apparatus 12 to the RAM 402 of the entertainment apparatus 12 through a predetermined process, so that the software is operated on the CPU 401. Has become.

【0111】そして、このソフトウエアは、まず、図1
7のステップS1において、ウィンドウ情報テーブル5
00(図16参照)の初期設定を行う。この初期設定
は、モニタ18の画面上に図4に示す初期画面を表示す
るために行われる。ウィンドウ情報テーブル500は、
例えば図16に示すように、各レコードに、ウィンドウ
画面の種別と、表示範囲と、優先度が格納される。優先
度の高いものほど前面に表示されるようになっている。
[0111] Then, this software is firstly implemented as shown in FIG.
7, in step S1, the window information table 5
00 (see FIG. 16). This initial setting is performed to display the initial screen shown in FIG. The window information table 500
For example, as shown in FIG. 16, the type of the window screen, the display range, and the priority are stored in each record. Higher priority items are displayed in front.

【0112】次に、ステップS2において、カーソル2
50の表示座標の初期設定を行う。この設定は、カーソ
ル250を例えばモニタ18の画面の中央に表示させる
ことなどである。続いて、ステップS3において、図4
に示すように、モニタ18の画面上に初期画面を表示す
る。
Next, at step S2, the cursor 2
Initial setting of 50 display coordinates is performed. This setting includes, for example, displaying the cursor 250 at the center of the screen of the monitor 18. Subsequently, in step S3, FIG.
The initial screen is displayed on the screen of the monitor 18 as shown in FIG.

【0113】次に、ステップS4において、コントロー
ラ16からの操作入力を待ち、操作入力があった段階
で、次のステップS5に進み、現在のカーソル250の
座標を読み出す。続いて、ステップS6において、メモ
リカードアクセス画面260が表示されているか否かを
判別する。メモリカードアクセス画面260が表示され
ていなければ、次のステップS7に進み、方向キー51
a〜51d、ジョイスティック70又は72の操作入力
があるか否かを判別する。方向キー51a〜51d、ジ
ョイスティック70又は72の操作入力があれば、次の
ステップS8に進み、R1ボタン54aが操作されてい
るか否かを判別する。操作されていれば、次のステップ
S9に進み、カーソル250の移動ベクトル(この場
合、高速移動)に基づいてカーソル250の移動先の座
標を求める。
Next, in step S4, an operation input from the controller 16 is waited. When there is an operation input, the process proceeds to the next step S5, where the current coordinates of the cursor 250 are read. Subsequently, in a step S6, it is determined whether or not the memory card access screen 260 is displayed. If the memory card access screen 260 is not displayed, the process proceeds to the next step S7,
a to 51d, it is determined whether or not there is an operation input of the joystick 70 or 72. If there is an operation input of the direction keys 51a to 51d and the joystick 70 or 72, the process proceeds to the next step S8, and it is determined whether or not the R1 button 54a is operated. If the operation has been performed, the process proceeds to the next step S9, and the coordinates of the movement destination of the cursor 250 are obtained based on the movement vector of the cursor 250 (in this case, high-speed movement).

【0114】一方、ステップS8において、R1ボタン
54aが操作されていないと判別された場合は、ステッ
プS10に進み、カーソル250の移動ベクトル(この
場合、通常速度の移動)に基づいてカーソル250の移
動先の座標を求める。
On the other hand, if it is determined in step S8 that the R1 button 54a has not been operated, the flow advances to step S10 to move the cursor 250 based on the movement vector of the cursor 250 (in this case, movement at the normal speed). Find the previous coordinates.

【0115】次に、ステップS11において、○ボタン
52bが操作されているか否かを判別する。操作されて
いれば、図18のステップS12に進み、ウィンドウ情
報テーブル500に基づいて、現在のカーソル250の
座標の位置に対応するウィンドウ画面を検索する。
Next, in step S11, it is determined whether or not the O button 52b has been operated. If the operation has been performed, the process proceeds to step S12 in FIG. 18, and a window screen corresponding to the current position of the coordinates of the cursor 250 is searched based on the window information table 500.

【0116】ウィンドウ画面があれば、次のステップS
13を介してステップS14に進み、ウィンドウ情報テ
ーブル500のうち、対応するウィンドウ画面の表示範
囲を移動先のカーソル250の座標に基づいて書き換
え、更に、優先度を最優先を示す値に書き換える。
If there is a window screen, the next step S
Then, the process proceeds to step S14 via the window 13 to rewrite the display range of the corresponding window screen in the window information table 500 based on the coordinates of the cursor 250 at the destination, and further rewrite the priority to a value indicating the highest priority.

【0117】一方、図17のステップS7において、方
向キー51a〜51d、ジョイスティック70又は72
でないと判別された場合は、図19のステップS15に
進み、ウィンドウ情報テーブル500の内容(表示範囲
の情報)に基づいて、現在のカーソル250の座標の位
置に対応するウィンドウ画面を検索する。
On the other hand, in step S7 of FIG. 17, the direction keys 51a to 51d, the joystick 70 or 72,
If not, the process proceeds to step S15 in FIG. 19, and a window screen corresponding to the current coordinate position of the cursor 250 is searched based on the contents of the window information table 500 (information on the display range).

【0118】次に、ステップS16において、検索され
た内容が、動作データの設定関係か否かを判別する。つ
まり、現在のカーソル250の座標の位置に対応するウ
ィンドウ画面が回転角設定画面222、移動量設定画面
224又は光源設定画面226であるかどうかを判別す
る。
Next, in step S16, it is determined whether or not the searched contents are related to the setting of operation data. That is, it is determined whether or not the window screen corresponding to the current coordinate position of the cursor 250 is the rotation angle setting screen 222, the movement amount setting screen 224, or the light source setting screen 226.

【0119】動作データの設定関係であれば、次のステ
ップS17に進み、動作データ設定処理に入る。この動
作データ設定処理は、まず、図21のステップS101
において、現在のカーソル250の座標の位置に対応す
るウィンドウ画面が回転角設定画面222であるか否か
を判別する。
If it is the setting relation of the operation data, the process proceeds to the next step S17, and the operation data setting process is started. This operation data setting process is performed first in step S101 of FIG.
In, it is determined whether or not the window screen corresponding to the current coordinate position of the cursor 250 is the rotation angle setting screen 222.

【0120】回転角設定画面222であれば、次のステ
ップS102に進み、回転角設定処理に入る。この回転
角設定処理は、まず、図22のステップS201におい
て、パーツの選択が済んでいるか否かを判別する。パー
ツの選択が済んでいれば、次のステップS202に進
み、X、Y又はZに関する回転角の変更か否かを判別す
る。回転角の変更であれば、次のステップS203に進
み、当該パーツに対応する動作データファイル244の
うち、選択した軸に関する回転角の今回の変更値に基づ
いて、当該フレームに対応するレコードの動作点の座標
を変更する。
If the screen is the rotation angle setting screen 222, the flow advances to the next step S102 to start the rotation angle setting processing. In the rotation angle setting process, first, in step S201 in FIG. 22, it is determined whether or not the selection of the parts has been completed. If the selection of the parts has been completed, the process proceeds to the next step S202, and it is determined whether or not the rotation angle related to X, Y or Z has been changed. If the rotation angle is to be changed, the process proceeds to the next step S203, and the operation of the record corresponding to the frame in the operation data file 244 corresponding to the part is performed based on the current change value of the rotation angle for the selected axis. Change the coordinates of a point.

【0121】なお、後述するメモリカードアクセス処理
において、パーツ情報テーブル240やポリゴンデータ
ファイル242を読み込んで、動作データファイル24
4を読み込まなかった場合は、各動作データファイル2
44の全レコードには、読み込まれたパーツ情報テーブ
ル240に登録されているパーツ毎の基準座標と動作点
の座標がそれぞれ格納される。従って、上述のようなテ
ーブル等の読込みが終了した段階では、どのフレームを
選択しても、オブジェクト200は、同じ状態(初期状
態)で表示されることになる。
In a memory card access process described later, the part information table 240 and the polygon data file 242 are read and the operation data file 24 is read.
4 is not read, each operation data file 2
In all the records 44, reference coordinates and operating point coordinates of each part registered in the read parts information table 240 are stored. Therefore, when the reading of the table or the like as described above is completed, the object 200 is displayed in the same state (initial state) regardless of which frame is selected.

【0122】前記ステップS202において、回転角の
変更でないと判別された場合は、ステップS204に進
み、個別初期化要求であるか否かを判別する。個別初期
化であれば、次のステップS205に進み、選択した軸
に関する回転角を初期値にし、当該パーツに対応する動
作データファイル244のうち、当該フレームに対応す
るレコードの動作点の座標を、前記回転角の初期値への
変更に基づいて変更する。
If it is determined in step S202 that the rotation angle has not been changed, the flow advances to step S204 to determine whether an individual initialization request has been issued. In the case of individual initialization, the process proceeds to the next step S205, in which the rotation angle about the selected axis is set to the initial value, and the coordinates of the operation point of the record corresponding to the frame in the operation data file 244 corresponding to the part are The rotation angle is changed based on the change to the initial value.

【0123】前記ステップS204において、個別初期
化でないと判別された場合は、ステップS206に進
み、3軸(X、Y、Z)に関する回転角を共に初期値に
し、当該パーツに対応する動作データファイル244の
うち、当該フレームに対応するレコードの動作点の座標
をローディング直後の値に戻す。
If it is determined in step S204 that the initialization is not the individual initialization, the flow advances to step S206 to set the rotation angles for the three axes (X, Y, Z) to initial values, and to set the motion data file corresponding to the part. Of the 244, the coordinates of the operating point of the record corresponding to the frame are returned to the values immediately after loading.

【0124】前記ステップS203、ステップS205
又はステップS206での処理が終了した段階、あるい
は前記ステップS201においてパーツが選択されてい
ないと判別された場合は、この回転角設定処理が終了す
る。
Steps S203 and S205
Alternatively, when the processing in step S206 is completed, or when it is determined in step S201 that a part has not been selected, the rotation angle setting processing ends.

【0125】図21のルーチンの説明に戻り、前記ステ
ップS101において、現在のカーソル250の座標の
位置に対応するウィンドウ画面が回転角設定画面222
でないと判別された場合は、ステップS103に進み、
移動量設定画面224であるか否かを判別する。移動量
設定画面224であれば、次のステップS104に進
み、移動量設定処理に入る。
Returning to the description of the routine of FIG. 21, in step S101, the window screen corresponding to the current coordinate position of the cursor 250 is changed to the rotation angle setting screen 222.
If it is determined that it is not, the process proceeds to step S103,
It is determined whether or not the screen is the moving amount setting screen 224. If it is the moving amount setting screen 224, the process proceeds to the next step S104, and enters the moving amount setting process.

【0126】この移動量設定処理は、まず、図23のス
テップS301において、パーツの選択が済んでいるか
否かを判別する。パーツの選択が済んでいれば、次のス
テップS302に進み、X、Y又はZに関する移動量の
変更か否かを判別する。移動量の変更であれば、次のス
テップS303に進み、当該パーツに対応する動作デー
タファイル244のうち、選択した軸に関する移動量の
今回の変更値に基づいて、当該フレームに対応するレコ
ードの基準座標を変更する。
In the moving amount setting processing, first, in step S301 in FIG. 23, it is determined whether or not the parts have been selected. If the selection of the parts has been completed, the process proceeds to the next step S302, and it is determined whether or not the movement amount related to X, Y or Z has been changed. If it is a change of the movement amount, the process proceeds to the next step S303, and based on the current change value of the movement amount for the selected axis in the operation data file 244 corresponding to the part, the reference of the record corresponding to the frame is determined. Change coordinates.

【0127】前記ステップS302において、移動量の
変更でないと判別された場合は、ステップS304に進
み、個別初期化要求であるか否かを判別する。個別初期
化要求であれば、次のステップS305に進み、選択し
た軸に関する移動量を初期値にし、当該パーツに対応す
る動作データファイル244のうち、当該フレームに対
応するレコードの基準座標を、前記移動量の初期値への
変更に基づいて変更する。
If it is determined in step S302 that the movement amount has not been changed, the flow advances to step S304 to determine whether the request is an individual initialization request. If it is an individual initialization request, the process proceeds to the next step S305, in which the movement amount for the selected axis is set to the initial value, and the reference coordinates of the record corresponding to the frame in the operation data file 244 corresponding to the part are set to Change based on the change of the movement amount to the initial value.

【0128】前記ステップS304において、個別初期
化でないと判別された場合は、ステップS306に進
み、3軸(X、Y、Z)に関する移動量を共に初期値に
し、当該パーツに対応する動作データファイル244の
うち、当該フレームに対応するレコードの基準座標をロ
ーディング直後の値に戻す。
If it is determined in step S304 that the initialization is not the individual initialization, the flow advances to step S306 to set the movement amounts for the three axes (X, Y, Z) to the initial values, and to set the motion data file corresponding to the part. Of the 244, the reference coordinates of the record corresponding to the frame are returned to the values immediately after loading.

【0129】前記ステップS303、ステップS305
又はステップS306での処理が終了した段階、あるい
は前記ステップS301においてパーツが選択されてい
ないと判別された場合は、この移動量設定処理が終了す
る。
Steps S303 and S305
Alternatively, when the processing in step S306 is completed, or when it is determined in step S301 that a part has not been selected, the movement amount setting processing ends.

【0130】図21のルーチンの説明に戻り、前記ステ
ップS103において、現在のカーソル250の座標の
位置に対応するウィンドウ画面が移動量設定画面224
でないと判別された場合は、ステップS105に進み、
光源設定画面226であるか否かを判別する。光源設定
画面226であれば、次のステップS106に進み、光
源設定処理に入る。
Returning to the description of the routine of FIG. 21, in step S103, the window screen corresponding to the current coordinate position of the cursor 250 is displayed on the moving amount setting screen 224.
If not, the process proceeds to step S105,
It is determined whether or not the screen is the light source setting screen 226. If it is the light source setting screen 226, the process proceeds to the next step S106, and enters the light source setting process.

【0131】この光源設定処理は、まず、図24のステ
ップS401において、光源位置(X、Y及びZ座標)
の設定か否かを判別する。光源位置の設定であれば、次
のステップS402に進み、光源の位置を、入力された
X、Y及びZ座標の位置に設定する。
In this light source setting processing, first, in step S401 in FIG. 24, the light source position (X, Y and Z coordinates)
Is determined. If the position of the light source is set, the process proceeds to the next step S402, and the position of the light source is set to the position of the input X, Y, and Z coordinates.

【0132】前記ステップS401において、光源位置
の設定でない、即ち、光源発色の設定であると判別され
た場合は、ステップS403に進み、光源の発色に関す
る情報を、入力されたR、G及びBの値に基づいて設定
する。
In step S401, if it is determined that the setting of the light source position is not set, that is, the setting of the light source color is set, the process proceeds to step S403, and information on the color of the light source is input to the input R, G, and B. Set based on value.

【0133】前記ステップS402又はステップS40
3での処理が終了した段階で、この光源設定処理が終了
する。
Step S402 or step S40
The light source setting processing ends when the processing in step 3 is completed.

【0134】図21のルーチンの説明に戻り、前記ステ
ップS105において、現在のカーソルの座標の位置に
対応するウィンドウ画面が光源設定画面226でないと
判別された場合は、ステップS107に進み、操作入力
に応じたその他の処理を行う。
Returning to the description of the routine in FIG. 21, if it is determined in step S105 that the window screen corresponding to the current cursor coordinate position is not the light source setting screen 226, the flow advances to step S107 to enter an operation input. Perform other processing according to the situation.

【0135】前記ステップS102、ステップS10
4、ステップS106又はステップS107での処理が
終了した段階で、この動作データ設定処理が終了する。
Steps S102 and S10
4. When the processing in step S106 or step S107 ends, the operation data setting processing ends.

【0136】図19のメインルーチンの説明に戻り、前
記ステップS16において、現在のカーソル250の座
標の位置に対応するウィンドウ画面が動作データの設定
関係でないと判別された場合は、ステップS18に進
み、選択されたウィンドウ画面がパーツ選択画面228
であるか否かを判別する。
Returning to the description of the main routine in FIG. 19, if it is determined in step S16 that the window screen corresponding to the current position of the coordinates of the cursor 250 is not in the setting relationship of the operation data, the process proceeds to step S18. The selected window screen is the parts selection screen 228
Is determined.

【0137】パーツ選択画面228であれば、次のステ
ップS19に進み、パーツ選択画面228に表示されて
いる複数のパーツ名のうち、現在のカーソル250の座
標の位置に対応するパーツ名を確保する。
In the case of the parts selection screen 228, the process proceeds to the next step S19, and a part name corresponding to the current coordinate position of the cursor 250 among a plurality of parts names displayed on the parts selection screen 228 is secured. .

【0138】前記ステップS18において、現在のカー
ソル250の座標の位置に対応するウィンドウ画面がパ
ーツ選択画面228でないと判別された場合は、ステッ
プS20に進み、選択されたウィンドウ画面がキーファ
イル設定画面220であるか否かを判別する。
If it is determined in step S18 that the window screen corresponding to the current coordinate position of the cursor 250 is not the parts selection screen 228, the flow advances to step S20 to change the selected window screen to the key file setting screen 220. Is determined.

【0139】キーファイル設定画面220であれば、次
のステップS21に進み、キーファイル設定処理に入
る。このキーファイル設定処理は、図25に示すよう
に、まず、ステップS501において、今回の選択がフ
レームの設定であるか否かを判別する。フレームの設定
であれば、次のステップS502に進み、○ボタン52
bや×ボタン52cの操作入力に応じて現在のフレーム
番号を変更する。
If it is the key file setting screen 220, the flow advances to the next step S21 to enter the key file setting processing. In this key file setting process, as shown in FIG. 25, first, in step S501, it is determined whether or not the current selection is a frame setting. If it is a frame setting, the process proceeds to the next step S502,
The current frame number is changed according to the operation input of the b or X button 52c.

【0140】前記ステップS501において、フレーム
の設定でないと判別された場合は、ステップS503に
進み、再生すべきフレームの範囲の設定であるか否かを
判別する。フレームの範囲の設定であれば、左側の入力
欄に対する○ボタン52bや×ボタン52cの操作入力
に応じて再生開始のフレーム番号を変更し、右側の入力
欄に対する○ボタン52bや×ボタン52cの操作入力
に応じて再生終了のフレーム番号を変更する。
If it is determined in step S501 that the frame is not set, the flow advances to step S503 to determine whether or not the range of a frame to be reproduced is set. In the case of setting the range of frames, the frame number at the start of reproduction is changed according to the operation input of the O button 52b or the X button 52c on the left input box, and the operation of the O button 52b or the X button 52c on the right input box is performed. Change the frame number at the end of playback according to the input.

【0141】前記ステップS503において、フレーム
の範囲の設定でないと判別された場合は、ステップS5
05に進み、再生関係であるか否かを判別する。再生関
係であれば、次のステップS506に進み、再生処理を
行う。
If it is determined in step S503 that the frame range is not set, the process proceeds to step S5.
Proceeding to 05, it is determined whether or not there is a reproduction relationship. If it is a reproduction relationship, the process proceeds to the next step S506 to perform a reproduction process.

【0142】この再生処理は、操作対象が通常の再生を
示すアイコン312であれば、再生フラグに再生を示す
ビット情報をセットし、操作対象が停止を示すアイコン
310であれば、再生フラグに停止を示すビット情報を
セットする。
In this reproduction processing, if the operation target is the icon 312 indicating normal reproduction, the bit information indicating the reproduction is set in the reproduction flag, and if the operation target is the icon 310 indicating the stop, the reproduction flag is stopped. Is set.

【0143】また、操作対象がアイコン306であれ
ば、再生フラグに再生を示すビット情報をセットし、か
つ、現在のフレーム番号を再生開始フレームの番号とす
る。操作対象がアイコン314であれば、再生フラグに
再生を示すビット情報をセットし、かつ、現在のフレー
ム番号を再生終了フレームの番号とする。
If the operation target is the icon 306, bit information indicating the reproduction is set in the reproduction flag, and the current frame number is set as the reproduction start frame number. If the operation target is the icon 314, bit information indicating the reproduction is set in the reproduction flag, and the current frame number is set as the reproduction end frame number.

【0144】前記ステップS505において、再生関係
でないと判別された場合、即ち、拡張機能関係である場
合は、次のステップS507に進み、拡張機能処理に入
る。この拡張機能処理では、フレーム情報テーブル50
2が使用される。このフレーム情報テーブル502は、
図26に示すように、動作データファイル244のう
ち、ユーザが動作データを記録したフレーム番号を格納
するためのもので、各レコードには、フレーム番号と左
右反転の判別ビットが登録されるようになっている。特
に、0レコード目には、フレーム番号「0」が格納され
ている。
If it is determined in step S505 that the relationship is not a reproduction relationship, that is, if the relationship is an extended function relationship, the flow advances to the next step S507 to enter extended function processing. In this extended function processing, the frame information table 50
2 are used. This frame information table 502 includes:
As shown in FIG. 26, in the operation data file 244, the frame number in which the user has recorded the operation data is stored. In each record, the frame number and the left / right inversion determination bit are registered. Has become. In particular, the frame number “0” is stored in the 0th record.

【0145】そして、この拡張機能処理は、図27に示
すように、まず、ステップS601において、操作対象
が「R」アイコン316であるか否かを判別する。
In this extended function process, as shown in FIG. 27, first, in step S601, it is determined whether or not the operation target is the “R” icon 316.

【0146】「R」アイコン316であれば、次のステ
ップS602に進み、左右反転を選択中か否かを判別す
る。左右反転の選択中であれば、次のステップS603
に進み、全てのパーツに関する動作データファイル24
4のうち、現在のフレーム番号に対応するレコードか
ら、「RP」で設定した範囲に関する全てのパーツに関
する動作データ(左右反転後の動作データ)を格納す
る。
If the icon is the "R" icon 316, the flow advances to the next step S602 to determine whether or not the left / right inversion is being selected. If the left / right inversion is being selected, the next step S603
To the operation data file 24 for all parts
4, the operation data (operation data after right / left inversion) relating to all parts related to the range set by “RP” from the record corresponding to the current frame number is stored.

【0147】次に、ステップS604において、現在の
フレーム番号をフレーム情報テーブル502の空いたレ
コードに登録し、次いで、該レコードに左右反転を示す
判別ビットを「1」にセットする。
Next, in step S604, the current frame number is registered in an empty record in the frame information table 502, and then a discrimination bit indicating left-right inversion is set to "1" in the record.

【0148】前記ステップS602において、左右反転
を選択中でないと判別された場合は、ステップS605
に進み、現在のフレーム番号をフレーム情報テーブル5
02の空いたレコードに格納する。
If it is determined in step S602 that the left / right inversion is not selected, step S605 is performed.
To the frame information table 5
02 is stored in an empty record.

【0149】前記ステップS601において、操作対象
が「R」アイコン316でないと判別された場合は、ス
テップS606に進み、操作対象が「D」アイコン31
9であるか否かを判別する。「D」アイコン319であ
れば、次のステップS607に進み、フレーム情報テー
ブル502から現在のフレーム番号を削除する。
If it is determined in step S601 that the operation target is not the "R" icon 316, the flow advances to step S606 to set the operation target to the "D" icon 31.
9 is determined. If it is the “D” icon 319, the process proceeds to the next step S 607, and the current frame number is deleted from the frame information table 502.

【0150】前記ステップS604、ステップS605
又はステップS607での処理が終了した段階で、ステ
ップS608に進み、フレーム情報テーブル502のレ
コードの並びをフレーム番号順に並び替える。
Steps S604 and S605
Alternatively, when the process in step S607 is completed, the process proceeds to step S608, and the records in the frame information table 502 are rearranged in the order of frame numbers.

【0151】その後、ステップS609において、補間
処理に入る。この補間処理は、図29に示すように、ま
ず、ステップS701において、フレーム番号の読み出
しに使用されるインデックスレジスタiに初期値「1」
を格納して、該インデックスレジスタiを初期化する。
Thereafter, in step S609, an interpolation process is started. In this interpolation processing, as shown in FIG. 29, first, in step S701, an initial value “1” is stored in an index register i used for reading a frame number.
Is stored, and the index register i is initialized.

【0152】次に、ステップS702において、フレー
ム情報テーブル502の(i−1)レコード目に格納さ
れているフレーム番号を読み出してレジスタR1に格納
する。その後、ステップS703において、フレーム情
報テーブル502のiレコード目に格納されているフレ
ーム番号を読み出してレジスタR2に格納する。
Next, in step S702, the frame number stored in the (i-1) th record of the frame information table 502 is read and stored in the register R1. After that, in step S703, the frame number stored in the i-th record of the frame information table 502 is read and stored in the register R2.

【0153】次に、ステップS704において、処理が
終了したか否かを判別する。この判別は、レジスタR2
に格納されているフレーム番号が無効であってEOF
(エンド・オブ・ファイル)を示すものであるかどうか
で行われる。
Next, in step S704, it is determined whether or not the processing has been completed. This determination is made in the register R2
EOF is invalid when the frame number stored in
(End of file).

【0154】レジスタR2に格納されているフレーム番
号が有効である場合は、次のステップS705に進み、
当該フレーム番号に対応する動作データが左右反転を示
すものか否かを判別する。この判別は、当該レコードの
判別ビットに「1」がセットされているかどうかで行わ
れる。
When the frame number stored in the register R2 is valid, the flow advances to the next step S705,
It is determined whether or not the operation data corresponding to the frame number indicates left-right inversion. This determination is made based on whether "1" is set in the determination bit of the record.

【0155】左右反転でなければ、次のステップS70
6に進み、指定されたフレーム間に2つ以上のフレーム
を含むか否かを判別する。この判別は、レジスタR2に
格納されたフレーム番号からレジスタR1に格納された
フレーム番号を差し引いた値が2以上であるかどうかで
行われる。
If the left and right are not reversed, the next step S70
Proceeding to 6, it is determined whether or not two or more frames are included between the designated frames. This determination is made based on whether or not a value obtained by subtracting the frame number stored in the register R1 from the frame number stored in the register R2 is 2 or more.

【0156】前記フレーム間に2つ以上のフレームがあ
る場合は、次のステップS707に進み、レジスタR1
に格納されたフレーム番号に対応する動作データと、レ
ジスタR2に格納されたフレーム番号に対応する動作デ
ータに基づいて、これらフレーム間に存在する複数のフ
レームの動作データを補間処理する。
If there are two or more frames between the frames, the flow advances to the next step S707, where the register R1
Based on the operation data corresponding to the frame number stored in the register and the operation data corresponding to the frame number stored in the register R2, the operation data of a plurality of frames existing between these frames is interpolated.

【0157】前記ステップS707での処理が終了した
段階、あるいは前記ステップ706においてフレーム間
に2つ以上のフレームがないと判別された場合、あるい
は前記ステップS705において左右反転であると判別
された場合は、次のステップS708に進み、インデッ
クスレジスタiの値を+1更新する。
At the stage when the processing in step S707 is completed, or when it is determined in step 706 that there is no more than two frames between frames, or when it is determined in step S705 that horizontal reversal has occurred. Then, the process proceeds to the next step S708, and the value of the index register i is updated by +1.

【0158】その後、ステップS702に戻り、該ステ
ップS702以降の処理を繰り返す。そして、前記ステ
ップ704において、処理終了であると判別された段階
で、この補間処理が終了する。
Thereafter, the flow returns to step S702, and the processing after step S702 is repeated. Then, when it is determined in step 704 that the processing has been completed, the interpolation processing ends.

【0159】図27のルーチンの説明に戻り、前記ステ
ップS606において、操作対象が「D」アイコン31
9でないと判別された場合は、図28のステップS61
0に進み、操作対象が「C」アイコン320であるか否
かを判別する。「C」アイコン320であれば、次のス
テップS611に進み、フレーム情報テーブル502を
初期化する。
Returning to the description of the routine of FIG. 27, in step S606, the operation target is the “D” icon 31
If it is determined that it is not 9, step S61 in FIG.
The process proceeds to 0, and it is determined whether or not the operation target is the “C” icon 320. If the icon is the “C” icon 320, the process proceeds to the next step S611 to initialize the frame information table 502.

【0160】前記ステップS610において、操作対象
が「C」アイコン320でないと判別された場合は、ス
テップS612に進み、操作対象が「M」アイコン32
2であるか否かを判別する。「M」アイコン322であ
れば、次のステップS613に進み、時間軸300の拡
大表示に関する段階値を+1更新する。この更新におい
て、段階値が最大値を超える場合は、初期値に戻す。
If it is determined in step S610 that the operation target is not the “C” icon 320, the process proceeds to step S612, and the operation target is the “M” icon 32
2 is determined. If it is the “M” icon 322, the process proceeds to the next step S 613, and the stage value related to the enlarged display of the time axis 300 is updated by +1. In this update, if the step value exceeds the maximum value, it is returned to the initial value.

【0161】前記ステップS612において、操作対象
が「M」アイコン322でないと判別された場合、即
ち、「F」アイコン324であると判別された場合は、
次のステップS614に進み、「RP」にて設定された
範囲のフレームにおける動作データを確保し、次いで、
ステップS615において、前記確保された動作データ
について左右反転の動作データに変換する。
If it is determined in step S612 that the operation target is not the “M” icon 322, that is, if it is determined that the operation target is the “F” icon 324,
Proceed to the next step S614 to secure operation data in frames in the range set by "RP",
In step S615, the secured operation data is converted into left-right inverted operation data.

【0162】前記ステップS609、ステップS61
1、ステップS613又はステップS615での処理が
終了した段階で、この拡張機能処理が終了する。
Steps S609 and S61
1. When the processing in step S613 or step S615 ends, the extended function processing ends.

【0163】図25のルーチンの説明に戻り、前記ステ
ップS502、ステップS504、ステップS506又
はステップS507での処理が終了した段階で、このキ
ーファイル設定処理が終了する。
Returning to the description of the routine in FIG. 25, the key file setting process ends when the process in step S502, step S504, step S506, or step S507 ends.

【0164】図19のメインルーチンの説明に戻り、前
記ステップS20において、現在のカーソル250の座
標の位置に対応するウィンドウ画面がキーファイル設定
画面220でないと判別された場合は、ステップS22
に進み、選択されたウィンドウ画面がカメラ設定画面2
10であるか否かを判別する。
Returning to the description of the main routine of FIG. 19, if it is determined in step S20 that the window screen corresponding to the current coordinate position of the cursor 250 is not the key file setting screen 220, step S22 is performed.
And the selected window screen is displayed on the camera setting screen 2
It is determined whether it is 10.

【0165】カメラ設定画面210であれば、次のステ
ップS23に進み、カメラ設定処理に入る。このカメラ
設定処理は、図30に示すように、まず、ステップS8
01において、操作対象がカメラの選択であるか否かを
判別する。カメラの選択であれば、次のステップS80
2に進み、○ボタン52bや×ボタン52cの操作入力
に応じてカメラの番号を変更する。
If it is the camera setting screen 210, the flow advances to the next step S23 to enter the camera setting processing. As shown in FIG. 30, the camera setting process is performed first in step S8.
In 01, it is determined whether or not the operation target is a camera selection. If the camera is selected, the next step S80
Proceeding to 2, the camera number is changed according to the operation input of the o button 52b and the x button 52c.

【0166】前記ステップS801において、カメラの
選択でないと判別された場合は、ステップS803に進
み、カメラ視点の回転(変更)であるか否かを判別す
る。カメラ視点の回転であれば、次のステップS804
に進み、方向キー51a〜51d、ジョイスティック7
0又は72が操作されているか否かを判別する。方向キ
ー51a〜51d、ジョイスティック70又は72が操
作されていれば、次のステップS805に進み、操作方
向に応じた規定の軌跡に沿ってカメラ視点を変更し、該
カメラ視点の座標を求める。
If it is determined in step S801 that the camera has not been selected, the flow advances to step S803 to determine whether or not the camera viewpoint has been rotated (changed). If it is the rotation of the camera viewpoint, the next step S804
To the direction keys 51a to 51d, the joystick 7
It is determined whether 0 or 72 has been operated. If the directional keys 51a to 51d and the joystick 70 or 72 have been operated, the process proceeds to the next step S805, where the camera viewpoint is changed along a predetermined locus corresponding to the operation direction, and the coordinates of the camera viewpoint are obtained.

【0167】前記ステップS804において方向キー5
1a〜51d、ジョイスティック70又は72でないと
判別された場合は、X、Y及びZ座標に対する○ボタン
52bや×ボタン52cの操作入力に応じてカメラ視点
の座標を変更する。
At the step S804, the direction key 5
1a to 51d, if it is determined that the joystick is not the joystick 70 or 72, the coordinates of the camera viewpoint are changed according to the operation input of the O button 52b or the X button 52c with respect to the X, Y and Z coordinates.

【0168】前記ステップS803において、カメラ視
点の回転でないと判別された場合は、図31のステップ
S807に進み、拡大縮小であるか否かを判別する。拡
大縮小であれば、次のステップS808に進み、左方向
キー51c又は右方向キー51dが操作されているか否
かを判別する。これらの方向キー51c又は51dが操
作されていれば、次のステップS809に進み、これら
の方向キー51c又は51dの操作入力に応じて拡大率
(又は縮小率)を変更する。
If it is determined in step S803 that the rotation is not the camera viewpoint, the flow advances to step S807 in FIG. 31 to determine whether or not enlargement / reduction is performed. If it is enlargement / reduction, the flow advances to the next step S808 to determine whether the left key 51c or the right key 51d is operated. If these direction keys 51c or 51d have been operated, the process proceeds to the next step S809, and the enlargement ratio (or reduction ratio) is changed according to the operation input of these direction keys 51c or 51d.

【0169】前記ステップS808において、左方向キ
ー51c又は右方向キー51dでないと判別された場合
は、ステップS810において、○ボタン52bや×ボ
タン52cの操作入力に応じて拡大率(又は縮小率)を
変更する。
If it is determined in step S808 that the input is not the left direction key 51c or the right direction key 51d, in step S810, the enlargement ratio (or reduction ratio) is changed according to the operation input of the ○ button 52b or the × button 52c. change.

【0170】前記ステップS807において、拡大縮小
でないと判別された場合は、ステップS811に進み、
カメラの視点座標(X、Y及びZ)並びに拡大率(又は
縮小率)をそれぞれデフォルト値に戻す。
If it is determined in step S807 that the image is not an enlargement / reduction, the process advances to step S811.
The camera's viewpoint coordinates (X, Y, and Z) and the enlargement ratio (or reduction ratio) are returned to default values.

【0171】前記ステップS802、ステップS80
5、ステップS806、ステップS809、ステップS
810又はステップS811での処理が終了した段階
で、このカメラ設定処理が終了する。
Steps S802 and S80
5, Step S806, Step S809, Step S
When the processing in step 810 or step S811 ends, the camera setting processing ends.

【0172】図19のメインルーチンの説明に戻り、前
記ステップS22において、現在のカーソル250の座
標の位置に対応するウィンドウ画面がカメラ設定画面2
10でないと判別された場合は、図20のステップS2
4に進み、メモリカードアクセス要求であるか否かを判
別する。メモリカードアクセス要求であれば、次のステ
ップS25に進み、メモリカードアクセス画面260の
表示要求を行う。このルーチンは、図10に示す第1の
ドロップメニュー画面256を表示させ、更に、カーソ
ル250をメモリカード14の操作を示す帯254に位
置させて例えば×ボタン52cを操作することによって
通過することとなる。
Returning to the description of the main routine of FIG. 19, in step S22, the window screen corresponding to the current coordinate position of the cursor 250 is displayed on the camera setting screen 2
If it is determined that it is not 10, the process proceeds to step S2 in FIG.
Proceeding to step 4, it is determined whether the request is a memory card access request. If it is a memory card access request, the process proceeds to the next step S25, and a display request for the memory card access screen 260 is made. In this routine, a first drop menu screen 256 shown in FIG. 10 is displayed, and further, the cursor 250 is positioned on the band 254 indicating the operation of the memory card 14, and the cursor is passed by operating the X button 52c, for example. Become.

【0173】前記ステップS24において、メモリカー
ドアクセス要求でないと判別された場合は、ステップS
26に進み、ウィンドウ画面の表示要求であるか否かを
判別する。
If it is determined in step S24 that the request is not a memory card access request, the process proceeds to step S24.
Proceeding to 26, it is determined whether or not the request is a window screen display request.

【0174】ウィンドウ画面の表示要求であれば、次の
ステップS27に進み、ウィンドウ画面表示要求処理に
入る。このウィンドウ画面表示要求処理は、まず、カー
ソル250の位置が背景画面230上であって、かつ、
×ボタン52cが操作されていれば、第1のドロップメ
ニュー画面256(図10参照)の表示要求を行う。
If the request is a window screen display request, the flow advances to the next step S27 to enter a window screen display request process. In this window screen display request processing, first, the position of the cursor 250 is on the background screen 230, and
If the × button 52c has been operated, a display request for the first drop menu screen 256 (see FIG. 10) is made.

【0175】また、この第1のドロップメニュー画面2
56が表示されている状態において、カーソル250の
位置がウィンドウ画面の選択を示す帯252にあって、
かつ、○ボタン52bが操作されていれば、第2のドロ
ップメニュー画面270(図12参照)の表示要求を行
う。
The first drop menu screen 2
In a state where 56 is displayed, the position of the cursor 250 is in the band 252 indicating the selection of the window screen, and
If the れ ば button 52b is operated, a request for displaying the second drop menu screen 270 (see FIG. 12) is made.

【0176】この第2のドロップメニュー画面270が
表示されている状態において、いずれかのウィンドウ画
面が選択された場合には、選択されたウィンドウ画面の
種類と表示すべき範囲と優先度がウィンドウ情報テーブ
ル500(図16参照)に登録される。このとき、優先
度は、最も前面に表示される値が設定される。
When any of the window screens is selected while the second drop menu screen 270 is displayed, the type of the selected window screen, the range to be displayed, and the priority are displayed in the window information. It is registered in the table 500 (see FIG. 16). At this time, a value displayed on the foreground is set as the priority.

【0177】なお、選択されたウィンドウ画面が既にウ
ィンドウ情報テーブル500に登録されている場合は、
当該ウィンドウ画面の優先度として最も前面に表示され
る値が設定される。
When the selected window screen is already registered in the window information table 500,
A value displayed in the foreground is set as the priority of the window screen.

【0178】また、カーソル250がグラフィック画面
212上にあって、かつ、×ボタン52cが操作されて
いる場合は、地面272の表示/非表示を示す第3のド
ロップメニュー画面274(図13参照)の表示要求を
行う。
When the cursor 250 is on the graphic screen 212 and the X button 52c is operated, the third drop menu screen 274 showing the display / non-display of the ground 272 (see FIG. 13). Is requested.

【0179】この第3のドロップメニュー画面274が
表示されている状態において、地面272の表示が選択
された場合は、地面272の高さを設定するためのサブ
ウィンドウ画面276(図14参照)の表示要求を行
う。
When the display of the ground 272 is selected while the third drop menu screen 274 is displayed, the display of the sub window screen 276 (see FIG. 14) for setting the height of the ground 272 is performed. Make a request.

【0180】一方、前記ステップS26において、ウィ
ンドウ画面の表示要求でないと判別された場合は、ステ
ップS28に進み、地面設定処理に入る。この地面設定
処理は、第3のドロップメニュー画面274(図13参
照)が表示されている状態において、地面272の表示
が選択された場合は、地面272の表示要求を行う。更
に、サブウィンドウ画面276が表示されている状態に
おいて、○ボタン52bや×ボタン52cの操作入力に
応じて地面272の高さを設定する。また、第3のドロ
ップメニュー画面274が表示されている状態におい
て、地面272の消去が選択された場合は、地面272
の消去要求を行う。
On the other hand, if it is determined in step S26 that the request is not a window screen display request, the flow advances to step S28 to enter ground setting processing. In the ground setting process, when the display of the ground 272 is selected while the third drop menu screen 274 (see FIG. 13) is displayed, a display request of the ground 272 is made. Further, while the sub window screen 276 is displayed, the height of the ground 272 is set according to the operation input of the ○ button 52b or the × button 52c. Further, when the deletion of the ground 272 is selected while the third drop menu screen 274 is displayed, the ground 272 is displayed.
Request for erasure.

【0181】他方、図17の前記ステップS6におい
て、メモリカードアクセス画面260が表示されている
と判別された場合は、ステップS29に進み、メモリカ
ードアクセス処理に入る。
On the other hand, if it is determined in step S6 in FIG. 17 that the memory card access screen 260 is displayed, the flow advances to step S29 to start the memory card access processing.

【0182】このメモリカードアクセス処理は、図32
に示すように、まず、ステップS1001において、差
込口30にメモリカード14が挿入されているか否かを
判別する。挿入されていれば、次のステップS1002
に進み、既にメモリカード14からファイル名を読み出
したか否かを判別する。新規のメモリカード14であれ
ば、次のステップS1003に進み、メモリカード14
からパーツ情報テーブル240、ポリゴンデータファイ
ル242、動作データファイル244等のファイル名を
読み出す。
This memory card access processing is performed according to FIG.
As shown in (1), first, in step S1001, it is determined whether or not the memory card 14 is inserted into the insertion slot 30. If inserted, the next step S1002
To determine whether the file name has already been read from the memory card 14. If it is a new memory card 14, the process proceeds to the next step S1003,
, The file names of the parts information table 240, polygon data file 242, operation data file 244, etc. are read out.

【0183】前記ステップS1003での処理が終了し
た段階、あるいは前記ステップS1002において、既
にファイル名を読み出したと判別された場合は、次のス
テップS1004に進み、保存要求であるか否かを判別
する。保存要求であれば、ステップS1005におい
て、作成された動作データファイル244等を入力され
たファイル名と共にメモリカード14の空いた記憶領域
に保存する。
At the stage when the processing in step S1003 is completed, or when it is determined in step S1002 that the file name has already been read, the flow advances to the next step S1004 to determine whether or not the request is a save request. If the request is a save request, the created operation data file 244 and the like are saved in an empty storage area of the memory card 14 together with the input file name in step S1005.

【0184】前記ステップS1004において、保存要
求でないと判別された場合は、ステップS1006にお
いて、読込み要求であるか否かを判別する。読込み要求
であれば、次のステップS1007に進み、読込み対象
のファイルが、動作データファイル244であるか否か
を判別する。動作データファイル244でなく、パーツ
情報テーブル240、ポリゴンデータファイル242及
びテクスチャテーブルを読み込む場合は、次のステップ
S1008に進み、選択されたファイル名に対応するパ
ーツ情報テーブル240、ポリゴンデータファイル24
2及びテクスチャテーブルをメモリカード14から読み
出して、メインメモリ402の空いた記憶領域に書き込
む。
If it is determined in step S1004 that the request is not a save request, it is determined in step S1006 whether the request is a read request. If it is a read request, the flow advances to the next step S1007 to determine whether or not the file to be read is the operation data file 244. If the part information table 240, polygon data file 242, and texture table are to be read instead of the operation data file 244, the process proceeds to the next step S1008, where the part information table 240, polygon data file 24 corresponding to the selected file name is read.
2 and the texture table are read from the memory card 14 and written into an empty storage area of the main memory 402.

【0185】その後、ステップS1009において、読
み込まれたパーツ情報テーブル240に登録されている
パーツ毎の基準座標と動作点の座標を、動作データファ
イル244として展開される部分に格納し、初期段階の
動作データファイル244を作成する。
Thereafter, in step S1009, the reference coordinates and the coordinates of the operating point for each part registered in the read parts information table 240 are stored in a portion developed as the operation data file 244, and the operation at the initial stage is performed. Create the data file 244.

【0186】前記ステップS1007において、動作デ
ータファイル244の読込みであると判別された場合
は、ステップS1010において、前記選択されたファ
イル名に対応する動作データファイル244をメモリカ
ード14から読み出して、メインメモリ402の空いた
記憶領域に書き込む。
If it is determined in step S1007 that the operation data file 244 has been read, in step S1010 the operation data file 244 corresponding to the selected file name is read from the memory card 14 and read from the main memory. The data is written to an empty storage area at 402.

【0187】前記ステップS1006において、読込み
要求でないと判別された場合は、ステップS1011に
進み、メモリカード14のチェック要求であるか否かを
判別する。チェック要求であれば、次のステップS10
12に進み、メモリカード14内に記録されている各種
テーブルやファイルのファイル名を読み出す。
If it is determined in step S1006 that the request is not a read request, the flow advances to step S1011 to determine whether or not the request is a check of the memory card 14. If it is a check request, the next step S10
Then, the process proceeds to step S12, in which the file names of various tables and files recorded in the memory card 14 are read.

【0188】前記ステップS1011において、メモリ
カード14のチェック要求でないと判別された場合、即
ち、キャンセル要求の場合は、ステップS1013に進
み、メモリカードアクセス画面260の消去要求を行
う。
If it is determined in step S1011 that the request is not a check request for the memory card 14, that is, if it is a cancel request, the flow advances to step S1013 to make a request for deleting the memory card access screen 260.

【0189】前記ステップS1005、ステップS10
09、ステップS1010、ステップS1012又はス
テップS1013での処理が終了した段階で、このメモ
リカードアクセス処理が終了する。
Steps S1005 and S10
09, the memory card access processing ends when the processing in step S1010, step S1012, or step S1013 ends.

【0190】図17〜図20のメインルーチンの説明に
戻り、前記ステップS14、ステップS17、ステップ
S19、ステップS21、ステップS23、ステップS
25、ステップS27、ステップS28又はステップS
29の処理が終了した段階、又はステップS13おい
て、ウィンドウ画面がないと判別された場合、あるいは
ステップS11において、○ボタン52bが操作されて
いないと判別された場合は、ステップS30に進み、画
像描画処理に入る。
Returning to the description of the main routine in FIGS. 17 to 20, the aforementioned steps S14, S17, S19, S21, S23, S
25, Step S27, Step S28 or Step S
If it is determined that there is no window screen in the stage where the process of step 29 has been completed, or if it is determined in step S13 that there is no window screen, or if it is determined that the ボ タ ン button 52b has not been operated in step S11, the process proceeds to step S30. Enter drawing processing.

【0191】この画像描画処理は、図33に示すよう
に、まず、ステップS1101において、ウィンドウ情
報テーブル500の各レコードのうち、優先度の低いレ
コードから順番に読み出す。
In this image drawing processing, as shown in FIG. 33, first, in step S1101, the records in the window information table 500 are read out in order from the record having the lowest priority.

【0192】次に、ステップS1102において、読み
出されたレコードに登録されているウィンドウ画面の種
類を判別する。
Next, in step S1102, the type of the window screen registered in the read record is determined.

【0193】種類が回転角設定画面222であれば、ス
テップS1103において、回転角設定画面222の画
像データを読み出して、画像メモリ405のうち、当該
レコードに登録されている表示範囲に描画し、更に、現
在選択中のパーツにおけるX軸、Y軸及びZ軸を中心と
した各回転角を読み出して、該当する枠に描画する。
If the type is the rotation angle setting screen 222, in step S1103, the image data of the rotation angle setting screen 222 is read and drawn in the display range registered in the record in the image memory 405. The rotation angles of the currently selected part around the X-axis, Y-axis, and Z-axis are read and drawn in the corresponding frame.

【0194】前記種類が移動量設定画面224であれ
ば、ステップS1104において、移動量設定画面22
4の画像データを読み出して、画像メモリ405のう
ち、当該レコードに登録されている表示範囲に描画し、
更に、現在選択中のパーツにおける基準位置のX、Y及
びZ座標を読み出して、該当する枠に描画する。
If the type is the moving amount setting screen 224, in step S1104, the moving amount setting screen 22
4 is read and drawn in the display range registered in the record in the image memory 405,
Further, the X, Y, and Z coordinates of the reference position in the currently selected part are read out and drawn in the corresponding frame.

【0195】前記種類が光源設定画面226であれば、
ステップS1105において、光源設定画面226の画
像データを読み出して、画像メモリ405のうち、当該
レコードに登録されている表示範囲に描画し、更に、現
在設定中の光源位置のX、Y及びZ座標並びにR、G及
びBの色データを読み出して、該当する枠にそれぞれ描
画する。
If the type is the light source setting screen 226,
In step S1105, the image data of the light source setting screen 226 is read, drawn in the display range registered in the record in the image memory 405, and the X, Y, and Z coordinates of the light source position currently set and The color data of R, G and B are read out and drawn in the corresponding frames.

【0196】前記種類がパーツ選択画面228であれ
ば、ステップS1106において、パーツ選択画面22
8の画像データを読み出して、画像メモリ405のう
ち、当該レコードに登録されている表示範囲に描画し、
更に、パーツ情報テーブル240に登録されているパー
ツ名を読み出して、該当する枠にそれぞれ描画する。
If the type is the parts selection screen 228, in step S1106, the parts selection screen 22
8 is read out and drawn in the display range registered in the record in the image memory 405,
Further, the part names registered in the part information table 240 are read out and drawn in the corresponding frames.

【0197】前記種類がカメラ設定画面210であれ
ば、ステップS1107において、カメラ設定画面21
0の画像データを読み出して、画像メモリ405のう
ち、当該レコードに登録されている表示範囲に描画し、
更に、現在選択中のカメラ番号、視点のX、Y及びZ座
標並びに拡大率を読み出して、該当する枠にそれぞれ描
画する。
If the type is the camera setting screen 210, in step S1107 the camera setting screen 21
0 is read out and drawn in the display range registered in the record in the image memory 405,
Further, the currently selected camera number, the X, Y, and Z coordinates of the viewpoint and the magnification are read out and drawn in the corresponding frames.

【0198】前記種類がキーファイル設定画面220で
あれば、ステップS1108において、キーファイル設
定画面220の画像データを読み出して、画像メモリ4
05のうち、当該レコードに登録されている表示範囲に
描画し、更に、現在のフレーム番号、再生開始フレーム
及び再生終了フレームの各番号を読み出して、該当する
枠にそれぞれ描画する。また、時間軸300に関して
は、拡大表示の段階値に基づいて拡大縮小して描画す
る。
If the type is the key file setting screen 220, in step S1108, the image data of the key file setting screen 220 is read and
05, the drawing is performed in the display range registered in the record, and the current frame number, the reproduction start frame, and the reproduction end frame are read out and drawn in the corresponding frames. Further, with respect to the time axis 300, the image is drawn after being enlarged or reduced based on the step value of the enlarged display.

【0199】前記種類が第1〜第3のグラフィック画面
212A〜212Cであれば、ステップS1109にお
いて、該当するグラフィック画面212の画像データを
読み出して、画像メモリ405のうち、当該レコードに
登録されている表示範囲に描画し、更に、それぞれの視
点からみたオブジェクト200の3D画像を、パーツ情
報テーブル240、ポリゴンデータファイル242、テ
クスチャテーブル及び動作データファイル244並びに
視点の座標、光源位置、光源の発色データ及び拡大率
(又は縮小率)に基づいて作成して、これら第1〜第3
のグラフィック画面212A〜212Cのうち、選択さ
れたグラフィック画面212内に描画する。このとき、
動作データファイル244のうち、現在のフレーム番号
に対応するレコードに格納されている内容を読み出し
て、オブジェクト200の3D画像を描画する。
If the type is the first to third graphic screens 212A to 212C, the image data of the corresponding graphic screen 212 is read out in step S1109 and registered in the corresponding record in the image memory 405. The 3D image of the object 200 viewed from each viewpoint is drawn in the display range, and the part information table 240, the polygon data file 242, the texture table and the operation data file 244, the coordinates of the viewpoint, the light source position, the light source color data and Created based on the enlargement ratio (or reduction ratio),
Is drawn in the selected graphic screen 212 among the graphic screens 212A to 212C. At this time,
The contents stored in the record corresponding to the current frame number in the operation data file 244 are read, and a 3D image of the object 200 is drawn.

【0200】更に、この第1〜第3のグラフィック画面
212A〜212Cにおいては、地面272の表示が選
択されていれば、地面272の3D画像を地面272に
関するポリゴンデータファイル242、テクスチャテー
ブル並びに視点の座標、光源位置、光源の発色データ、
拡大率(又は縮小率)及び地面の高さ情報に基づいて作
成して、これら第1〜第3のグラフィック画面212A
〜212Cのうち、選択されたグラフィック画面212
内に描画する。
Further, in the first to third graphic screens 212A to 212C, if the display of the ground 272 is selected, the 3D image of the ground 272 is displayed on the polygon data file 242, the texture table, and the viewpoint of the ground 272. Coordinates, light source positions, light source color data,
It is created based on the enlargement ratio (or reduction ratio) and the height information of the ground, and the first to third graphic screens 212A are created.
To the selected graphic screen 212
Draw in.

【0201】次に、ステップS1110において、ウィ
ンドウ画面の描画処理が終了したか否かを判別する。こ
の判別は、ウィンドウ情報テーブル500から全てのレ
コードを読み出したかどうかで行われる。
Next, in step S1110, it is determined whether or not the drawing processing of the window screen has been completed. This determination is made based on whether all records have been read from the window information table 500.

【0202】処理が終了していない場合は、前記ステッ
プS1101に戻り、該ステップS1101以降の処理
を繰り返す。そして、処理が終了した段階で、次のステ
ップS1111に進み、ドロップメニュー画面256、
270、274及びサブウィンドウ画面276の表示要
求があるか否かを判別する。表示要求があれば、次のス
テップS1112に進み、第1〜第3のドロップメニュ
ー画面256、270、274やサブウィンドウ画面2
76のうち、要求のあった画面を描画する。
If the processing has not been completed, the flow returns to step S1101, and the processing after step S1101 is repeated. Then, when the process is completed, the process proceeds to the next step S1111 and the drop menu screen 256,
It is determined whether there is a request to display 270, 274 and the sub window screen 276. If there is a display request, the process proceeds to the next step S1112, and the first to third drop menu screens 256, 270, 274 and the sub window screen 2
Of the blocks 76, the requested screen is drawn.

【0203】前記ステップS1112での処理が終了し
た段階、あるいはステップS1111において、ドロッ
プメニュー画面256、270、274及びサブウィン
ドウ画面276の表示要求がないと判別された場合は、
次のステップS1113に進み、メモリカードアクセス
画面260の表示要求があるか否かを判別する。メモリ
カードアクセス画面260の表示要求があれば、次のス
テップS1114に進み、メモリカードアクセス画面2
60の画像データを読み出して画像メモリ405のう
ち、予め設定された表示範囲に描画し、更に、ファイル
名が読み込まれていれば、ファイル名を描画する。
When the processing in step S1112 is completed or when it is determined in step S1111 that there is no request to display the drop menu screens 256, 270, 274 and the sub window screen 276,
Proceeding to the next step S1113, it is determined whether or not there is a display request for the memory card access screen 260. If there is a display request for the memory card access screen 260, the process proceeds to the next step S1114, where the memory card access screen 260 is displayed.
The image data 60 is read and drawn in a preset display range in the image memory 405, and if a file name has been read, the file name is drawn.

【0204】前記ステップS1114での処理が終了し
た段階、あるいはステップS1113において、メモリ
カードアクセス画面260の表示要求がないと判別され
た場合は、次のステップS1115に進み、現在再生中
であるか否かを判別する。この判別は、再生中フラグが
再生を示す内容かどうかで行われる。再生中であれば、
次のステップS1116に進み、現在のフレーム番号を
+1更新する。このとき、フレーム番号が再生終了フレ
ームの番号よりも大きくなった場合は、再生開始フレー
ムの番号に書き換えられる。
At the stage when the processing in step S1114 is completed, or when it is determined in step S1113 that there is no request to display the memory card access screen 260, the flow advances to step S1115 to determine whether or not playback is currently being performed. Is determined. This determination is made based on whether or not the content of the reproduction flag indicates reproduction. During playback,
Proceeding to the next step S1116, the current frame number is updated by +1. At this time, if the frame number becomes larger than the number of the reproduction end frame, it is rewritten to the number of the reproduction start frame.

【0205】前記ステップS1116での処理が終了し
た段階、あるいは前記ステップS1115において、再
生中ではないと判別された場合は、この画像描画処理が
終了する。
At the stage when the processing in step S1116 is completed, or when it is determined in step S1115 that reproduction is not being performed, the image drawing processing ends.

【0206】図17〜図20のメインルーチンの説明に
戻り、次のステップS31において、画像メモリ405
に描画されている画像をモニタ18に出力して、該モニ
タ18の画面上に前記画像を表示する。
Returning to the description of the main routine in FIGS. 17 to 20, in the next step S31, the image memory 405
Is output to the monitor 18 and the image is displayed on the screen of the monitor 18.

【0207】次に、ステップS32において、このソフ
トウエアに対する終了要求(電源断、リセット入力等)
があったか否かを判別する。終了要求がなければ、前記
ステップS4に戻り、該ステップS4以降の処理を繰り
返す。一方、前記ステップS32において、終了要求が
あれば、このソフトウエアでの処理が終了する。
Next, in step S32, an end request for this software (power off, reset input, etc.)
Is determined. If there is no end request, the process returns to step S4, and the processes after step S4 are repeated. On the other hand, if there is a termination request in step S32, the processing by this software is terminated.

【0208】このように、本実施の形態においては、あ
るオブジェクト200を1以上の視点から見たときの状
態を表示する第1のウィンドウ画面202と、コントロ
ーラ16からの操作入力に基づいてオブジェクト200
の任意のフレームにおける動作状態を設定して該オブジ
ェクト200の動作データファイル244を作成するた
めの第2のウィンドウ画面204とを表示するようにし
ている。
As described above, in the present embodiment, the first window screen 202 for displaying the state when a certain object 200 is viewed from one or more viewpoints, and the object 200 based on the operation input from the controller 16 are displayed.
The second window screen 204 for creating the operation data file 244 of the object 200 by setting the operation state in an arbitrary frame of the object 200 is displayed.

【0209】これにより、ユーザは、第1のウィンドウ
画面202に表示されたオブジェクト200の動作状態
を確認しながら、第2のウィンドウ画面204を用い、
コントローラ16からの操作入力に基づいてオブジェク
ト200の任意のフレームにおける動作状態を設定して
該オブジェクト200の動作データファイル244を作
成することができる。
As a result, the user uses the second window screen 204 while checking the operation state of the object 200 displayed on the first window screen 202.
An operation state of the object 200 in an arbitrary frame can be set based on an operation input from the controller 16 to create an operation data file 244 of the object 200.

【0210】この場合、ユーザは、任意のフレームにお
ける動作状態を入力するだけでよいため、例えばオブジ
ェクト200の動きが切り換わるときの状態を任意のフ
レームに入力すれば、簡単にオブジェクト200の動作
データファイル244が作成されることになる。
In this case, the user only needs to input the operation state in an arbitrary frame. For example, if the user inputs the state when the motion of the object 200 switches, the operation data of the object 200 can be easily obtained. A file 244 will be created.

【0211】従って、本実施の形態においては、オブジ
ェクト200の動作データファイル244をGUI(グ
ラフィカル・ユーザ・インターフェイス)を用いて簡単
に作成することができる。そのため、ユーザのビデオゲ
ーム等に対する興味をより一層高めることができる。ま
た、ビデオゲームを作成しているユーザ(プログラマ
等)においても、簡単に動作データファイル244が作
成できるため、その分、市場調査並びにシナリオの展開
やゲーム内容の検討に時間をかけることができ、市場が
求めているビデオゲームを迅速に供給することができ
る。
Therefore, in the present embodiment, the operation data file 244 of the object 200 can be easily created using a GUI (graphical user interface). Therefore, the user's interest in a video game or the like can be further increased. In addition, even a user (a programmer or the like) who is creating a video game can easily create the operation data file 244, and accordingly, can spend much time in market research, scenario development, and study of the game content. We can quickly supply the video games demanded by the market.

【0212】特に、本実施の形態においては、第1のウ
ィンドウ画面202として、前記1以上の視点のうち、
任意の視点に切り換えるためのカメラ設定画面210
と、オブジェクト200を少なくとも前記切り換えられ
た視点から見て示す第1〜第3のグラフィック画面21
2A〜212Cとを有するようにしている。
In particular, in the present embodiment, as the first window screen 202, of the one or more viewpoints,
Camera setting screen 210 for switching to an arbitrary viewpoint
And the first to third graphic screens 21 showing the object 200 at least as viewed from the switched viewpoint.
2A to 212C.

【0213】そのため、ユーザは、カメラ設定画面21
0を用いて視点を自由に切り換え、その切り換わった視
点からオブジェクト200がどのような形態となってい
るかを第1〜第3のグラフィック画面212A〜212
Cを見ながら容易に確認することができる。
[0213] For this reason, the user sets the camera setting screen 21
0, the viewpoint is freely switched, and the first to third graphic screens 212A to 212 are used to determine the form of the object 200 from the switched viewpoint.
It can be easily confirmed while watching C.

【0214】また、第2のウィンドウ画面204とし
て、動作データを設定すべきフレームを決定するための
キーファイル設定画面220と、決定されたフレームに
おける動作データを設定するための回転角設定画面22
2及び移動量設定画面224とを有するようにしてい
る。
Further, as the second window screen 204, a key file setting screen 220 for determining a frame in which operation data is to be set, and a rotation angle setting screen 22 for setting operation data in the determined frame.
2 and a movement amount setting screen 224.

【0215】そのため、ユーザは、キーファイル設定画
面220を用いて、動作データを作成すべきフレームを
自由に選択することができ、更に、回転角設定画面22
2及び移動量設定画面224を用いて、前記選択された
フレームに対して容易に動作データを書き込むことがで
きる。
[0215] Therefore, the user can freely select a frame in which motion data is to be created using the key file setting screen 220.
2 and the movement amount setting screen 224, the operation data can be easily written in the selected frame.

【0216】また、第2のウィンドウ画面204とし
て、第1のウィンドウ画面202に表示されているオブ
ジェクト200を構成する1以上のパーツを選択するた
めのパーツ選択画面228を有するようにしている。
[0216] The second window screen 204 has a parts selection screen 228 for selecting one or more parts constituting the object 200 displayed on the first window screen 202.

【0217】これにより、ポリゴン単位ではなく、ポリ
ゴンよりも大きな構成単位であるパーツ毎に動作データ
を作成することができるため、動作データの作成時間を
大幅に短縮することができ、しかも、オブジェクト20
0の動きを容易に把握することができる。
As a result, since the operation data can be created not for each polygon but for each part which is a constituent unit larger than a polygon, the time for creating the operation data can be greatly reduced.
The movement of 0 can be easily grasped.

【0218】また、本実施の形態においては、外部の記
憶装置、例えばメモリカード14等に対して、動作デー
タファイル244をアクセスするためのメモリカードア
クセス画面260を表示するようにしている。
Further, in the present embodiment, a memory card access screen 260 for accessing the operation data file 244 is displayed on an external storage device, for example, the memory card 14 or the like.

【0219】これにより、予め作成した動作データファ
イル244あるいはユーザが作成した動作データファイ
ル244をメモリカード14等を通じて自由にアクセス
することが可能になる。なお、メモリカード14に代え
て、携帯可能な例えばCD−R、DVD−R等を用いて
もよい。
As a result, the operation data file 244 created in advance or the operation data file 244 created by the user can be freely accessed through the memory card 14 or the like. Note that, instead of the memory card 14, a portable device such as a CD-R or a DVD-R may be used.

【0220】また、本実施の形態では、設定された任意
のフレームのうち、指定したフレーム間(第1のフレー
ムと第2のフレームとの間のフレーム)の動作データを
補間処理するようにしている。これにより、ユーザは、
第1のフレームにおける動作データと第2のフレームに
おける動作データを入力するだけで、その間の複数のフ
レームにおける動作データが自動的に作成されることと
なるため、動作データファイル244の作成をより簡単
にすることができ、いままで専門家しか行わなかったア
ニメーション作成をエンドユーザや専門家以外の者も簡
単に行うことが可能となり、アニメーション作成の普及
に貢献することができる。
Further, in the present embodiment, among the set arbitrary frames, the operation data between the designated frames (the frame between the first frame and the second frame) is interpolated. I have. This allows the user to
By simply inputting the operation data in the first frame and the operation data in the second frame, the operation data in a plurality of frames between them is automatically created. Therefore, the creation of the operation data file 244 is easier. This makes it possible for an end user or a person other than an expert to easily perform animation creation that has been performed only by experts so far, thereby contributing to the spread of animation creation.

【0221】また、選択された任意の2つのフレーム間
における動作データについて、それぞれ前記オブジェク
トを左右反転させた動作データとして再配列し、この再
配列された動作データ群を、動作データファイル244
のうち、任意のフレーム以降に登録するようにしてい
る。これにより、例えば走るや歩くなどの連続動作に関
するアニメーションを簡単に作成することができる。
[0221] The motion data between any two selected frames is rearranged as motion data obtained by inverting the object from side to side, and the rearranged motion data group is stored in the motion data file 244.
Of these, registration is performed after an arbitrary frame. This makes it possible to easily create an animation relating to a continuous motion such as running or walking.

【0222】また、本実施の形態では、モニタ18の画
面上に表示されたカーソル250を、コントローラ16
からの方向キー51a〜51d、ジョイスティック70
又は72に関する操作入力に基づいて移動させ、更に、
コントローラ16からの特定の操作入力(例えばR1ボ
タン54aの操作入力)に基づいて、カーソル250の
移動速度を変化させるようにしている。これにより、カ
ーソル250の移動を別の操作子を使って簡単に切り換
えることができるようになるため、操作性の向上を図る
ことができる。
In this embodiment, the cursor 250 displayed on the screen of the monitor 18 is
Directional keys 51a-51d, joystick 70
Or 72 based on the operation input relating to,
The moving speed of the cursor 250 is changed based on a specific operation input from the controller 16 (for example, the operation input of the R1 button 54a). Accordingly, the movement of the cursor 250 can be easily switched using another operation element, so that the operability can be improved.

【0223】なお、この発明に係る記録媒体、プログラ
ム、プログラム実行システム及びプログラム実行装置
は、上述の実施の形態に限らず、この発明の要旨を逸脱
することなく、種々の構成を採り得ることはもちろんで
ある。
The recording medium, the program, the program execution system, and the program execution device according to the present invention are not limited to the above-described embodiments, and may adopt various configurations without departing from the gist of the present invention. Of course.

【0224】[0224]

【発明の効果】以上説明したように、本発明に係る記録
媒体、プログラム、プログラム実行システム及びプログ
ラム実行装置によれば、オブジェクトの動作データファ
イルをGUI(グラフィカル・ユーザ・インターフェイ
ス)を用いて簡単に作成することができる。
As described above, according to the recording medium, the program, the program execution system, and the program execution device of the present invention, the operation data file of the object can be easily formed by using the GUI (graphical user interface). Can be created.

【0225】また、本発明に係る記録媒体、プログラ
ム、プログラム実行システム及びプログラム実行装置に
よれば、操作性の向上を図ることができる。
According to the recording medium, the program, the program execution system, and the program execution device of the present invention, the operability can be improved.

【図面の簡単な説明】[Brief description of the drawings]

【図1】本実施の形態に係るエンタテインメントシステ
ムを示す構成図である。
FIG. 1 is a configuration diagram showing an entertainment system according to an embodiment.

【図2】本実施の形態に係るエンタテインメントシステ
ムの回路構成を示すブロック図である。
FIG. 2 is a block diagram showing a circuit configuration of the entertainment system according to the present embodiment.

【図3】左右のジョイスティックの操作による垂直値及
び水平値の関係を示す説明図である。
FIG. 3 is an explanatory diagram showing a relationship between a vertical value and a horizontal value by operating left and right joysticks.

【図4】初期画面を示す説明図である。FIG. 4 is an explanatory diagram showing an initial screen.

【図5】第1〜第3のグラフィック画面を示す説明図で
ある。
FIG. 5 is an explanatory diagram showing first to third graphic screens.

【図6】回転角設定画面、移動量設定画面及び光源設定
画面を示す説明図である。
FIG. 6 is an explanatory diagram showing a rotation angle setting screen, a moving amount setting screen, and a light source setting screen.

【図7】パーツ情報テーブルの内訳を示す説明図であ
る。
FIG. 7 is an explanatory diagram showing details of a parts information table.

【図8】ポリゴンデータファイルの内訳を示す説明図で
ある。
FIG. 8 is an explanatory diagram showing details of a polygon data file.

【図9】動作データファイルの内訳を示す説明図であ
る。
FIG. 9 is an explanatory diagram showing details of an operation data file.

【図10】第1のドロップメニュー画面を示す説明図で
ある。
FIG. 10 is an explanatory diagram showing a first drop menu screen.

【図11】メモリカードアクセス画面を示す説明図であ
る。
FIG. 11 is an explanatory diagram showing a memory card access screen.

【図12】第2のドロップメニュー画面を示す説明図で
ある。
FIG. 12 is an explanatory diagram showing a second drop menu screen.

【図13】第3のドロップメニュー画面を示す説明図で
ある。
FIG. 13 is an explanatory diagram showing a third drop menu screen.

【図14】サブウィンドウ画面を示す説明図である。FIG. 14 is an explanatory diagram showing a sub window screen.

【図15】補間処理並びに左右反転処理の概念を示す説
明図である。
FIG. 15 is an explanatory diagram showing the concept of interpolation processing and left-right inversion processing.

【図16】ウィンドウ情報テーブルの内訳を示す説明図
である。
FIG. 16 is an explanatory diagram showing details of a window information table.

【図17】本実施の形態に係るソフトウエア(アニメー
ション作成ツール)の処理動作を示すフローチャート
(その1)である。
FIG. 17 is a flowchart (part 1) illustrating a processing operation of software (animation creation tool) according to the present embodiment;

【図18】アニメーション作成ツールの処理動作を示す
フローチャート(その2)である。
FIG. 18 is a flowchart (part 2) illustrating the processing operation of the animation creation tool.

【図19】アニメーション作成ツールの処理動作を示す
フローチャート(その3)である。
FIG. 19 is a flowchart (part 3) illustrating the processing operation of the animation creation tool.

【図20】アニメーション作成ツールの処理動作を示す
フローチャート(その4)である。
FIG. 20 is a flowchart (part 4) illustrating the processing operation of the animation creation tool.

【図21】動作データ設定処理を示すフローチャートで
ある。
FIG. 21 is a flowchart showing an operation data setting process.

【図22】回転角設定処理を示すフローチャートであ
る。
FIG. 22 is a flowchart showing a rotation angle setting process.

【図23】移動量設定処理を示すフローチャートであ
る。
FIG. 23 is a flowchart showing a movement amount setting process.

【図24】光源設定処理を示すフローチャートである。FIG. 24 is a flowchart showing a light source setting process.

【図25】キーファイル設定処理を示すフローチャート
である。
FIG. 25 is a flowchart showing a key file setting process.

【図26】フレーム情報テーブルの内訳を示す説明図で
ある。
FIG. 26 is an explanatory diagram showing details of a frame information table.

【図27】拡張機能処理を示すフローチャート(その
1)である。
FIG. 27 is a flowchart (part 1) illustrating an extended function process.

【図28】拡張機能処理を示すフローチャート(その
2)である。
FIG. 28 is a flowchart (part 2) illustrating an extended function process;

【図29】補間処理を示すフローチャートである。FIG. 29 is a flowchart showing an interpolation process.

【図30】カメラ設定処理を示すフローチャート(その
1)である。
FIG. 30 is a flowchart (part 1) illustrating a camera setting process.

【図31】カメラ設定処理を示すフローチャート(その
2)である。
FIG. 31 is a flowchart (part 2) illustrating a camera setting process.

【図32】メモリカードアクセス処理を示すフローチャ
ートである。
FIG. 32 is a flowchart showing a memory card access process.

【図33】画像描画処理を示すフローチャート(その
1)である。
FIG. 33 is a flowchart (part 1) illustrating an image drawing process.

【図34】画像描画処理を示すフローチャート(その
2)である。
FIG. 34 is a flowchart (part 2) illustrating the image drawing processing.

【符号の説明】[Explanation of symbols]

10…エンタテインメントシステム 12…エンタテイ
ンメント装置 14…メモリカード 16…コントロー
ラ 18…モニタ 200…オブジェ
クト 202…第1のウィンドウ画面 204…第2のウ
ィンドウ画面 210…カメラ設定画面 212、212A〜212C…第1〜第3のグラフィッ
ク画面 220…キーファイル設定画面 222…回転角設
定画面 224…移動量設定画面 226…光源設定
画面 228…パーツ選択画面 401…CPU 402…メインメモリ 405…RAM
(画像メモリ)
DESCRIPTION OF SYMBOLS 10 ... Entertainment system 12 ... Entertainment device 14 ... Memory card 16 ... Controller 18 ... Monitor 200 ... Object 202 ... 1st window screen 204 ... 2nd window screen 210 ... Camera setting screen 212, 212A-212C ... 1st-1st 3 graphic screen 220 ... key file setting screen 222 ... rotation angle setting screen 224 ... movement amount setting screen 226 ... light source setting screen 228 ... parts selection screen 401 ... CPU 402 ... main memory 405 ... RAM
(Image memory)

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 澤口 健二 東京都港区赤坂7丁目1番1号 株式会社 ソニー・コンピュータエンタテインメント 内 (72)発明者 新改 裕二 東京都港区赤坂7丁目1番1号 株式会社 ソニー・コンピュータエンタテインメント 内 (72)発明者 渡辺 靖昭 東京都港区赤坂7丁目1番1号 株式会社 ソニー・コンピュータエンタテインメント 内 (72)発明者 大川 映子 東京都港区赤坂7丁目1番1号 株式会社 ソニー・コンピュータエンタテインメント 内 Fターム(参考) 2C001 BA06 BC05 CB01 CB02 CB03 CB06 CC02 CC08 5B050 AA08 BA08 BA09 EA24 EA28 FA02 FA05 FA09 5E501 AA17 AC09 AC15 AC34 BA05 EA14 FA06  ──────────────────────────────────────────────────続 き Continued on the front page (72) Kenji Sawaguchi 7-1-1, Akasaka, Minato-ku, Tokyo Inside Sony Computer Entertainment Inc. (72) Inventor Yuji Shinkai 7-1-1, Akasaka, Minato-ku, Tokyo No. Sony Computer Entertainment Inc. (72) Inventor Yasuaki Watanabe 7-1-1-1 Akasaka, Minato-ku, Tokyo Inside Sony Computer Entertainment Inc. (72) Inventor Eiko 7-1-1 Akasaka, Minato-ku, Tokyo No. Sony Computer Entertainment Inc. F term (reference) 2C001 BA06 BC05 CB01 CB02 CB03 CB06 CC02 CC08 5B050 AA08 BA08 BA09 EA24 EA28 FA02 FA05 FA09 5E501 AA17 AC09 AC15 AC34 BA05 EA14 FA06

Claims (15)

【特許請求の範囲】[Claims] 【請求項1】各種プログラムを実行するプログラム実行
装置と、 使用者による操作要求を前記プログラム実行装置に操作
指示として入力させる少なくとも1つの操作装置と、 前記プログラム実行装置から出力された画像を表示する
表示装置とを有するプログラム実行システムで使用され
るプログラムやデータが記録された記録媒体において、 前記プログラムは、 あるオブジェクトを1以上の視点から見たときの状態を
表示する第1のウィンドウ画面と、前記操作装置からの
操作入力に基づいて前記オブジェクトの任意のフレーム
における動作状態を設定して該オブジェクトの動作デー
タファイルを作成するための第2のウィンドウ画面とを
表示するステップを有することを特徴とする記録媒体。
A program execution device for executing various programs; at least one operation device for inputting an operation request from a user to the program execution device as an operation instruction; and displaying an image output from the program execution device. In a recording medium on which a program or data used in a program execution system having a display device is recorded, the program includes: a first window screen for displaying a state when an object is viewed from one or more viewpoints; Setting a motion state of the object in an arbitrary frame based on an operation input from the operation device, and displaying a second window screen for creating a motion data file of the object. Recording medium.
【請求項2】請求項1記載の記録媒体において、 前記第1のウィンドウ画面は、 前記1以上の視点のうち、任意の視点に切り換えるため
の第3のウィンドウ画面と、前記オブジェクトを少なく
とも前記切り換えられた視点から見て示す第4のウィン
ドウ画面とを有することを特徴とする記録媒体。
2. The recording medium according to claim 1, wherein the first window screen includes a third window screen for switching to an arbitrary viewpoint among the one or more viewpoints, and at least the switching of the object. And a fourth window screen shown from a given viewpoint.
【請求項3】請求項1又は2記載の記録媒体において、 前記第2のウィンドウ画面は、 前記動作データを設定すべきフレームを決定するための
第5のウィンドウ画面と、決定されたフレームにおける
動作データを設定するための第6のウィンドウ画面とを
有することを特徴とする記録媒体。
3. The recording medium according to claim 1, wherein the second window screen includes a fifth window screen for determining a frame in which the operation data is to be set, and an operation in the determined frame. A sixth window screen for setting data.
【請求項4】請求項1〜3のいずれか1項に記載の記録
媒体において、 前記第2のウィンドウ画面は、 前記第1のウィンドウ画面に表示されている前記オブジ
ェクトを構成する1以上のパーツを選択するための第7
のウィンドウ画面を有することを特徴とする記録媒体。
4. The recording medium according to claim 1, wherein the second window screen includes one or more parts constituting the object displayed on the first window screen. Seventh for selecting
A recording medium characterized by having a window screen as described above.
【請求項5】請求項1〜4のいずれか1項に記載の記録
媒体において、 前記ステップは、 外部の記憶装置に対し、前記動作データファイルをアク
セスするための第8のウィンドウ画面を表示するステッ
プを有することを特徴とする記録媒体。
5. The recording medium according to claim 1, wherein said step displays an eighth window screen for accessing said operation data file on an external storage device. A recording medium having steps.
【請求項6】請求項1〜5のいずれか1項に記載の記録
媒体において、 前記ステップは、 設定された任意のフレームのうち、第1のフレームにお
ける動作データと第2のフレームにおける動作データに
基づいて、第1のフレームと第2のフレーム間に存する
1以上のフレームの動作データを補間処理するステップ
を有することを特徴とする記録媒体。
6. The recording medium according to claim 1, wherein, in the set arbitrary frames, the operation data in the first frame and the operation data in the second frame are set. A step of interpolating operation data of one or more frames existing between the first frame and the second frame based on the first and second frames.
【請求項7】請求項1〜6のいずれか1項に記載の記録
媒体において、 前記ステップは、 選択された任意の2つのフレーム間における動作データ
について、それぞれ前記オブジェクトを左右反転させた
動作データとして再配列するステップと、 前記再配列された動作データ群を、前記動作データファ
イルのうち、任意のフレーム以降に登録するステップと
を有することを特徴とする記録媒体。
7. The recording medium according to claim 1, wherein the operation data is obtained by inverting the object left and right with respect to the motion data between any two selected frames. And a step of registering the rearranged operation data group after an arbitrary frame in the operation data file.
【請求項8】各種プログラムを実行するプログラム実行
装置と、 使用者による操作要求を前記プログラム実行装置に操作
指示として入力させる少なくとも1つの操作装置と、 前記プログラム実行装置から出力された画像を表示する
表示装置とを有するプログラム実行システムで使用され
るプログラムやデータが記録された記録媒体において、 前記プログラムは、 前記表示装置の画面に表示されたカーソルを、前記操作
装置からの方向に関する操作入力に基づいて移動させる
ステップと、 前記操作装置からの特定の操作入力に基づいて前記カー
ソルの移動速度を変化させるステップとを有することを
特徴とする記録媒体。
8. A program execution device for executing various programs, at least one operation device for inputting an operation request from a user to the program execution device as an operation instruction, and displaying an image output from the program execution device. In a recording medium in which a program or data used in a program execution system having a display device is recorded, the program moves a cursor displayed on a screen of the display device based on an operation input related to a direction from the operation device. And moving the cursor based on a specific operation input from the operation device.
【請求項9】請求項8記載の記録媒体において、 前記ステップは、 前記操作装置からの方向に関する操作入力と前記特定の
操作入力とが同時である場合に、前記カーソルの移動速
度を変化させることを特徴とする記録媒体。
9. The recording medium according to claim 8, wherein the step of changing the moving speed of the cursor when the operation input regarding the direction from the operation device and the specific operation input are simultaneous. A recording medium characterized by the above-mentioned.
【請求項10】各種プログラムを実行するプログラム実
行装置と、 使用者による操作要求を前記プログラム実行装置に入力
する少なくとも1つの操作装置と、 前記プログラム実行装置から出力された画像を表示する
表示装置とを有するプログラム実行システムで使用さ
れ、コンピュータにて読み取り、実行可能なプログラム
において、 あるオブジェクトを1以上の視点から見たときの状態を
表示する第1のウィンドウ画面と、前記操作装置からの
操作入力に基づいて前記オブジェクトの任意のフレーム
における動作状態を設定して該オブジェクトの動作デー
タファイルを作成するための第2のウィンドウ画面とを
表示するステップを有することを特徴とするプログラ
ム。
10. A program execution device for executing various programs, at least one operation device for inputting an operation request from a user to the program execution device, and a display device for displaying an image output from the program execution device. A first window screen for displaying a state when an object is viewed from one or more viewpoints, in a program which is used in a program execution system having a computer and is executable by a computer, and an operation input from the operation device And displaying a second window screen for creating an operation data file of the object by setting an operation state of the object in an arbitrary frame based on the program.
【請求項11】各種プログラムを実行するプログラム実
行装置と、 使用者による操作要求を前記プログラム実行装置に入力
する少なくとも1つの操作装置と、 前記プログラム実行装置から出力された画像を表示する
表示装置とを有するプログラム実行システムで使用さ
れ、コンピュータにて読み取り、実行可能なプログラム
において、 前記表示装置の画面に表示されたカーソルを、前記操作
装置からの方向に関する操作入力に基づいて移動させる
ステップと、 前記操作装置からの特定の操作入力に基づいて前記カー
ソルの移動速度を変化させるステップとを有することを
特徴とするプログラム。
11. A program execution device for executing various programs, at least one operation device for inputting an operation request from a user to the program execution device, and a display device for displaying an image output from the program execution device. A computer-readable and executable program used in a program execution system including: moving a cursor displayed on a screen of the display device based on an operation input in a direction from the operation device; Changing the moving speed of the cursor based on a specific operation input from an operation device.
【請求項12】各種プログラムを実行するプログラム実
行装置と、 使用者による操作要求を前記プログラム実行装置に操作
指示として入力させる少なくとも1つの操作装置と、 前記プログラム実行装置から出力された画像を表示する
表示装置とを有するプログラム実行システムにおいて、 前記プログラム実行装置にて実行されるプログラムは、 あるオブジェクトを1以上の視点から見たときの状態を
表示する第1のウィンドウ画面と、前記操作装置からの
操作入力に基づいて前記オブジェクトの任意のフレーム
における動作状態を設定して該オブジェクトの動作デー
タファイルを作成するための第2のウィンドウ画面とを
表示するステップを有することを特徴とするプログラム
実行システム。
12. A program execution device for executing various programs, at least one operation device for inputting an operation request from a user to the program execution device as an operation instruction, and displaying an image output from the program execution device. In a program execution system having a display device, a program executed by the program execution device includes: a first window screen displaying a state when an object is viewed from one or more viewpoints; A program execution system comprising: setting an operation state of an object in an arbitrary frame based on an operation input; and displaying a second window screen for creating an operation data file of the object.
【請求項13】各種プログラムを実行するプログラム実
行装置と、 使用者による操作要求を前記プログラム実行装置に操作
指示として入力させる少なくとも1つの操作装置と、 前記プログラム実行装置から出力された画像を表示する
表示装置とを有するプログラム実行システムにおいて、 前記プログラム実行装置にて実行されるプログラムは、 前記表示装置の画面に表示されたカーソルを、前記操作
装置からの方向に関する操作入力に基づいて移動させる
ステップと、 前記操作装置からの特定の操作入力に基づいて前記カー
ソルの移動速度を変化させるステップとを有することを
特徴とするプログラム実行システム。
13. A program execution device for executing various programs, at least one operation device for inputting an operation request from a user as an operation instruction to the program execution device, and displaying an image output from the program execution device. In a program execution system having a display device, the program executed by the program execution device includes: moving a cursor displayed on a screen of the display device based on an operation input related to a direction from the operation device; Changing the moving speed of the cursor based on a specific operation input from the operation device.
【請求項14】少なくとも使用者による操作要求を出力
する操作装置と画像を表示するための表示装置が接続可
能とされ、各種プログラムを実行するプログラム実行装
置において、 前記プログラムは、 あるオブジェクトを1以上の視点から見たときの状態を
表示する第1のウィンドウ画面と、前記操作装置からの
操作入力に基づいて前記オブジェクトの任意のフレーム
における動作状態を設定して該オブジェクトの動作デー
タファイルを作成するための第2のウィンドウ画面とを
表示するステップを有することを特徴とするプログラム
実行装置。
14. A program execution device for executing at least one of an operation device for outputting an operation request from a user and a display device for displaying an image, wherein the program executes one or more objects. A first window screen displaying a state as viewed from the viewpoint of the object, and an operation state in an arbitrary frame of the object based on an operation input from the operation device to create an operation data file of the object And a second window screen for displaying the program.
【請求項15】少なくとも使用者による操作要求を出力
する操作装置と画像を表示するための表示装置が接続可
能とされ、各種プログラムを実行するプログラム実行装
置において、 前記プログラムは、 前記表示装置の画面に表示されたカーソルを、前記操作
装置からの方向に関する操作入力に基づいて移動させる
ステップと、 前記操作装置からの特定の操作入力に基づいて前記カー
ソルの移動速度を変化させるステップとを有することを
特徴とするプログラム実行装置。
15. A program execution device for executing at least one of an operation device for outputting an operation request from a user and a display device for displaying an image, wherein the program is a screen of the display device. Moving the cursor displayed on the basis of an operation input related to the direction from the operation device; and changing a moving speed of the cursor based on a specific operation input from the operation device. Characteristic program execution device.
JP2001372838A 2000-12-08 2001-12-06 Recording medium, program, program execution system, and program execution apparatus Expired - Fee Related JP3682020B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001372838A JP3682020B2 (en) 2000-12-08 2001-12-06 Recording medium, program, program execution system, and program execution apparatus

Applications Claiming Priority (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000375145 2000-12-08
JP2000-375145 2000-12-08
JP2001372838A JP3682020B2 (en) 2000-12-08 2001-12-06 Recording medium, program, program execution system, and program execution apparatus

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2002236942A true JP2002236942A (en) 2002-08-23
JP3682020B2 JP3682020B2 (en) 2005-08-10

Family

ID=26605548

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2001372838A Expired - Fee Related JP3682020B2 (en) 2000-12-08 2001-12-06 Recording medium, program, program execution system, and program execution apparatus

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3682020B2 (en)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2018180753A (en) * 2017-04-07 2018-11-15 日本電信電話株式会社 Image generation apparatus, image presentation apparatus, method therefor, data structure, and program
JP2019117452A (en) * 2017-12-26 2019-07-18 任天堂株式会社 Information processing program, information processing apparatus, information processing system and information processing method

Citations (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS60160429A (en) * 1984-01-31 1985-08-22 Fuji Xerox Co Ltd Pointer controller
JPS63143676A (en) * 1986-12-05 1988-06-15 Fujitsu Ltd Animation forming processing system
JPH07141520A (en) * 1993-11-16 1995-06-02 Fujitsu Ltd Method and device for editing animation
JPH0844893A (en) * 1994-07-29 1996-02-16 Brother Ind Ltd Montage generating device
JPH08329283A (en) * 1995-03-31 1996-12-13 Matsushita Electric Ind Co Ltd Three-dimensional image operation device
JPH0935083A (en) * 1995-07-24 1997-02-07 Hitachi Ltd Animation editing device
JP2000506637A (en) * 1995-10-13 2000-05-30 ロウズバロ,ジェイムズ,ビー. Biological animation and simulation technology

Patent Citations (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS60160429A (en) * 1984-01-31 1985-08-22 Fuji Xerox Co Ltd Pointer controller
JPS63143676A (en) * 1986-12-05 1988-06-15 Fujitsu Ltd Animation forming processing system
JPH07141520A (en) * 1993-11-16 1995-06-02 Fujitsu Ltd Method and device for editing animation
JPH0844893A (en) * 1994-07-29 1996-02-16 Brother Ind Ltd Montage generating device
JPH08329283A (en) * 1995-03-31 1996-12-13 Matsushita Electric Ind Co Ltd Three-dimensional image operation device
JPH0935083A (en) * 1995-07-24 1997-02-07 Hitachi Ltd Animation editing device
JP2000506637A (en) * 1995-10-13 2000-05-30 ロウズバロ,ジェイムズ,ビー. Biological animation and simulation technology

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2018180753A (en) * 2017-04-07 2018-11-15 日本電信電話株式会社 Image generation apparatus, image presentation apparatus, method therefor, data structure, and program
JP2019117452A (en) * 2017-12-26 2019-07-18 任天堂株式会社 Information processing program, information processing apparatus, information processing system and information processing method
JP7134558B2 (en) 2017-12-26 2022-09-12 任天堂株式会社 Information processing program, information processing device, information processing system, and information processing method

Also Published As

Publication number Publication date
JP3682020B2 (en) 2005-08-10

Similar Documents

Publication Publication Date Title
KR100885596B1 (en) Content reproduction device and menu screen display method
JP5346001B2 (en) Recording medium, program execution system, program execution apparatus, and image display method
BR102012002995B1 (en) ENTRY DEVICE, INFORMATION PROCESSING DEVICE, ENTRY VALUE ACQUISITION METHOD, AND, LEGIBLE RECORDING MEDIA BY NON-TRANSITIONAL COMPUTER
EP1226854A2 (en) Program execution system comprising program execution device, operational device and display device
JP2003290550A (en) Game device and game program
JP2002052250A (en) Recording medium, program, and entertainment system and device
JP3682020B2 (en) Recording medium, program, program execution system, and program execution apparatus
US6585594B2 (en) Storage medium storing display control program, entertainment apparatus, and display control program
US8972877B2 (en) Information processing device for displaying control panel image and information image on a display
JP2992499B2 (en) Image processing method and apparatus, recording medium
JPH11352947A (en) Method and device for displaying switching direction of image to be displayed on display means, and video game device
JP4741164B2 (en) Program execution system, program execution device, recording medium, and image display method
US20020082078A1 (en) Storage medium storing display control program, entertainment apparatus, and display control program
JP3539839B2 (en) Cursor display method, game system, and recording medium in pseudo-three-dimensionally displayed field
JP3264654B2 (en) GAME DEVICE, GAME DEVICE CONTROL METHOD, AND RECORDING MEDIUM
JP3674808B2 (en) Audio processing method, game system, and recording medium
JP2005095511A (en) Game system and game processing method
JP4204525B2 (en) 3D image generation apparatus and 3D image generation program
JP3827691B2 (en) GAME DEVICE, ITS CONTROL METHOD, AND PROGRAM
JP3502073B2 (en) Recording medium, program, image processing method, and image processing apparatus
JP2004255214A (en) Entertainment device, recording medium and program
JP3472571B2 (en) Recording medium and program
JP3715568B2 (en) Image drawing apparatus, recording medium, and program
JP2002102533A (en) Storage medium, program, and system and device for program execution
JP3440271B2 (en) VIDEO GAME PROGRAM, RECORDING MEDIUM CONTAINING VIDEO GAME PROGRAM, CARD DISPLAY METHOD IN VIDEO GAME, AND GAME DEVICE

Legal Events

Date Code Title Description
A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20050111

A521 Request for written amendment filed

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20050311

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20050517

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20050519

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090527

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090527

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100527

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110527

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110527

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120527

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130527

Year of fee payment: 8

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees