JP2002213648A - 既設老朽管の更新工法 - Google Patents

既設老朽管の更新工法

Info

Publication number
JP2002213648A
JP2002213648A JP2001011681A JP2001011681A JP2002213648A JP 2002213648 A JP2002213648 A JP 2002213648A JP 2001011681 A JP2001011681 A JP 2001011681A JP 2001011681 A JP2001011681 A JP 2001011681A JP 2002213648 A JP2002213648 A JP 2002213648A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
pipe
existing
resin
new material
pipeline
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2001011681A
Other languages
English (en)
Inventor
Nobukatsu Ike
宣勝 池
Hiroaki Kaneko
裕章 金子
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Hakko Co Ltd
Original Assignee
Hakko Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Hakko Co Ltd filed Critical Hakko Co Ltd
Priority to JP2001011681A priority Critical patent/JP2002213648A/ja
Publication of JP2002213648A publication Critical patent/JP2002213648A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 曲管を含む既設配管内にガス供給率を低下さ
せることなく、強度のある新管を形成できる既設老朽管
の更新工法を提供すること 【解決手段】 老朽化した既設配管1内に、潰れ変形自
在のホース材2またはPE管5を挿通し、ホース材2ま
たはPE管5をパイプ状に保持し、前記既設管路1内面
と前記ホース材2またはPE管5の外面との間に生じる
間隙に経時硬化樹脂Mを充填するようにし、管路を3層
構造にする。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、ガス導管等の老朽
化した既設配管内に新管を形成する既設老朽管の更新工
法に関するものである。
【0002】
【従来の技術】長年敷設した既設管路の老朽化対策とし
て、様々な更生修理、更新工法が提案されている。その
中でも、確実に漏洩を防止するものとして、既設配管の
内面に内張り材を接着する内張りライニング工法、また
は既設配管内に新管を挿入するパイプインパイプ工法が
良く知られている。
【0003】これらの従来工法について説明すると、内
張ライニング工法の場合、比較的柔らかく折り畳み自在
な内張ホースを反転または非反転にて既設管路内に導入
し、該内張ホースを管路内面に接着剤で添接するもので
ある。また、パイプインパイプ工法の場合、硬質の合成
樹脂パイプであるポリエチレン樹脂パイプを円筒形のま
まで管路内に挿入する場合と、ある程度軟化させてポリ
エチレン樹脂パイプを管路内に挿入し得る形状に縮径変
形して、これを管路内に挿入した後加熱加圧して管路内
で円筒形に膨らませる場合とがある。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】上述したように、内張
ライニングの場合、既設管路内への挿入は比較的簡単に
行えるが、新管としての強度に乏しい。そのため、地震
等による管路剪断、または他工事による管路損傷があっ
た場合、既設管路と一緒に破損してしまう危険性があ
る。また、パイプインパイプの場合、ある程度の強度は
保証される。そのため、耐震性あるいは他工事による損
傷にもある程度耐えられる。しかしながら、挿入に先立
ち、ある程度軟化させても、肉厚があるため、曲管への
挿通は難しく、これらの既設管路には対応できないのが
現状である。さらに、挿通を簡易にするために、既設管
の口径に対して、小さな口径のPE管を挿通させること
が考えられるが、ガス供給のための開口面積を小さくし
てしまい、ガス供給率を低下させてしまう問題点が派生
する。
【0005】本発明は、上述のような事情に対処するた
めに提案されたものであって、曲管を含む既設配管内に
ガス供給率を低下させることなく、強度のある新管を形
成できる既設老朽管の更新工法を提供することを目的と
する。
【0006】
【課題を解決するための手段】上記目的を達成するため
に、請求項1記載の本発明は、老朽化した既設配管内
に、新材を挿入して管路の更新を図る既設老朽管の更新
工法において、上記新材は、潰れ変形自在のホース材で
あって、且つ該ホース材がパイプ形状時の際、その外径
が前記既設管路の内径より小さい経を有するものとし、
上記新材を上記既設管路内に挿入した後、該新材をパイ
プ状に保持し、前記既設管路内面と前記新材外面との間
に生じる間隙に経時硬化樹脂を充填するようにし、管路
を、既設管、樹脂層、新材との3層構造にしたことを特
徴とする。
【0007】上記請求項1記載の本発明によると、既設
管路内へ挿通する新材が、潰れ変形自在のホース材なの
で、曲管でも簡単に挿通が可能となる。そして既設管内
への挿通完了後に、例えばホース内加圧の手段等でホー
ス材をパイプ状に保持し、ホース材と既設管路との間隙
に樹脂を充填することで、管路が補強される。すなわ
ち、管路が既設管、樹脂層、新材との3層構造となるこ
とで、強度が得られ、耐震性または他工事による損傷に
も耐えうることができるようになる。さらに該ホース材
は薄肉のため、開口面積を著しく小さくすることなく、
規定の開口面積を維持することができる。そのため、更
新した後でも、供給圧損失を招くことはない。
【0008】請求項2記載の本発明は、上記新材は、内
面が気密性を保持するようにコーティング処理されてお
り、さらには外面が樹脂を含浸できる繊維質にて形成さ
れていることを特徴とする。
【0009】上記請求項2記載の本発明によると、ホー
ス材の内面を気密性を保持するようにコーティング処理
することでガスの漏出を防止でき、さらには外面が樹脂
を含浸できる繊維質にすることで、ホース材と樹脂を一
体にすることができ、ホース材自体が補強されるように
なる。
【0010】請求項3記載の本発明は、老朽化した既設
配管内に、新材を挿入して管路の更生を図る既設老朽管
の更生修理工法において、上記新材は、潰れ変形可能に
した肉厚の薄い合成樹脂パイプであって、且つパイプ形
状時の外径が前記既設管路の内径より小さい経を有する
ものとし、上記新材を上記既設管路内に挿入した後、該
新材をパイプ状に保持し、前記既設管路内面と前記新材
外面との間に生じる間隙に経時硬化樹脂を充填するよう
にし、管路を、既設管、樹脂層、新材との3層構造にし
たことを特徴とする。
【0011】上記請求項3記載の本発明によると、既設
管路内へ挿通する新材が肉厚の薄い合成樹脂パイプ、例
えば管径に対応した規定の肉厚の50%〜30%程度の
ポリエチレン管を使用する。そして曲管を含む既設管路
に挿通した後、合成樹脂パイプと既設管路との間隙に樹
脂を充填することで、肉厚減少の分を樹脂で補強するこ
とが可能となる。そのため、供給圧損失を招くことなく
本来のパイプインパイプと同様の効果、すなわち耐震性
を備え、既設管路内への挿通が簡単になる。
【0012】
【発明の実施の形態】以下、本発明の実施形態を図面を
参照して説明する。図1は本発明の第1実施形態に係る
既設老朽管の更新工法の説明図である。図において、符
号1は道路下に敷設されている既設管で、該既設管1は
立坑Aと立坑Bとの間に亘って敷設されている。また該
既設管1には図に示すような曲管が介在している。本発
明においては上記既設管1内に供給圧損を招くことな
く、既設管1内に新材を挿入して、既設管1内に新管を
形成する工法である。
【0013】図において符号2はホース材で、該ホース
材2はリール21に巻き取られており、既設管1内に引
き込まれている。前記ホース材2は図2に示すように、
繊維材を縦横に編み込んで形成されており、内側には気
密を保持するために樹脂コーティングが施されている。
そのため、折り畳み自在で、扁平させて等して既設管1
内に引き込み易い形状にして、引き込まれる。そのた
め、曲管等でも楽に引き込むことができる。また、膨張
時、すなわちパイプ状になった際の外径は、既設管1の
内径より小さく形成されている。
【0014】ホース材2の引き込み完了後に、該ホース
材2一端開口部を閉塞する。次にポンプ3を駆動させ
て、他端開口部より、ホース材2内に空気を送り込み、
ホース材2を膨張させる。すると、図3のA−A断面図
に示すように、既設管1内でホース材2の断面が略円形
状に形成され、さらには既設管1の内面とホース材2の
外面との間には間隙が形成される。
【0015】次に図4に示すように、立坑B側より、既
設管1とホース材2との間に形成された間隙に樹脂注入
パイプ4を管全長に亘って挿入する。すなわち、樹脂注
入パイプ4の先端部が立坑A側に到達するまで挿入し、
その後樹脂注入パイプ4の終端側を樹脂タンク41に連
通させる。前記樹脂タンク41は圧送ポンプ42を備え
ており、該ポンプ42を駆動することで、樹脂注入パイ
プ4の先端部より樹脂が吐出される。ここで、前記樹脂
注入パイプ4は可撓性部材で形成されており、さらに外
表面には摩擦抵抗を低減させて挿入を安易にするため
に、潤滑材が塗布されている。
【0016】次に該樹脂注入パイプ4を引き抜きなが
ら、該樹脂注入パイプ4の先端より樹脂を吐出させ、該
間隙に樹脂Mを充填する。この樹脂Mは例えばエポキシ
樹脂のように径時硬化型の樹脂で、ホース材2の外表面
に含浸して徐々に硬化し、ホース材2を補強すると共
に、ホース材2と既設管1とを接着するものである。ま
た、前記樹脂注入パイプ4は、C−C断面図に示すよう
に、円周方向4カ所に挿入され、ホース材2を既設管1
内でセンタリングする役割をも兼任している。そのた
め、B−B断面図に示すように、ホース材2は既設管1
にセンタリングして配置される。またここで、樹脂充填
手段として、樹脂注入パイプ4を用いて説明したが、管
路の一端側よりの圧入等の他の手段でもよく、間隙に樹
脂が充填できればよい。
【0017】その結果として既設管1は、ホース材2と
樹脂Mと既設管1の3層構造となり、ある程度の強度が
得られるようになる。また、ホース材2の肉厚は薄いた
め、樹脂層Mを介在させたとしても、ホース材2の内面
から既設管1の外面までの厚みはさほどなく、規定の供
給面積を確保する事が出来るため、供給圧損失を招くこ
とはない。
【0018】次に本発明の第2実施例を図5,図6を用
いて説明する。上述した実施例では既設管1内に引き込
む新材としてホース材2を用いたが、本実施例では新材
として通常のPE管より肉厚の薄いPE管を用いて説明
する。図5に示すように、立坑A側より立坑B側へ向け
て既設管1内にPE管5を引き込む。まず既設管1内に
牽引ベルト51を予め挿通させ、該牽引ベルト51にP
E管5をの先端を連結し、ウインチ等で牽引ベルト51
を牽引してPE管5を既設管1内に引き込む。
【0019】前記PE管5は図6に示すように、供給開
口面積は規定値のPE管と同程度で、その肉厚が30%
〜50%減肉している。そのため、図6に示すように、
容易に扁平したり曲げたりすることができる。また、材
質としてはポリエチレンを使用しているが、用途に応じ
て形状記憶樹脂を用いて、引き込んだ後に、熱、水によ
りパイプ状に復元するように工夫してもよい。
【0020】上述したPE管5を使用して既設管1内に
引き込むため、管路の曲部でも変形・扁平しながら挿通
する事が可能となる。そして挿通完了後に、PE管5を
上述同様、加圧手段または蒸気加圧等によりパイプ形状
に復元させ、PE管5の外面と既設管1の内面との間の
間隙に樹脂Mを充填する。
【0021】その結果として既設管1は、PE管5と樹
脂Mと既設管1の3層構造となる。そのため、PE管の
減肉分は樹脂Mが補強し、本来のPE管の強度を維持す
ることができる。また、PE管5の開口面積は、規定値
のPE管の開口面積と同程度のため、供給圧損失を招く
ことはない。
【0022】以上説明したように、本実施例において
は、既設管1内に新材としてホース材2またはPE管5
を用いて新管を形成することができる。前記新材は変形
・扁平自在なため、挿通性に優れており、曲管でも容易
に挿通させることができる。そのため、長距離の施工も
可能となる。また、樹脂Mを既設管と新材との間隙に充
填するようにしているため、強度的にも十分対応するこ
とができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の一実施形態に係るホース材の挿入工程
を示す説明図である。
【図2】本発明の一実施形態に係るホース材の説明図。
【図3】本発明の一実施形態に係るホース材の膨張行程
を示す説明図である。
【図4】本発明の一実施形態に係る樹脂充填工程の説明
図である。
【図5】本発明の他の実施形態に係るPE管挿入工程を
示す説明図である。
【図6】本発明の他の実施形態に係るPE管の説明図。
【符号の説明】
1 既設管 2 ホース材 3 ポンプ 4 樹脂注入パイプ 5 PE管 M 樹脂

Claims (3)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 老朽化した既設配管内に、新材を挿入し
    て管路の更新を図る既設老朽管の更新工法において、 上記新材は、潰れ変形自在のホース材であって、且つ該
    ホース材がパイプ形状時の際、その外径が前記既設管路
    の内径より小さい径を有するものとし、 上記新材を上記既設管路内に挿入した後、該新材をパイ
    プ状に保持し、前記既設管路内面と前記新材外面との間
    に生じる間隙に経時硬化樹脂を充填するようにし、 管路を、既設管、樹脂層、新材との3層構造にしたこと
    を特徴とする既設老朽艦の更新工法。
  2. 【請求項2】 上記新材は、内面が気密性を保持するよ
    うにコーティング処理されており、さらには外面が樹脂
    を含浸できる繊維質にて形成されていることを特徴とす
    る請求項1記載の既設老朽管の更新工法。
  3. 【請求項3】 老朽化した既設配管内に、新材を挿入し
    て管路の更新を図る既設老朽管の更新工法において、 上記新材は、潰れ変形可能にした合成樹脂パイプであっ
    て、且つパイプ形状時の外径が前記既設管路の内径より
    小さい径を有するものとし、 上記新材を上記既設管路内に挿入した後、該新材をパイ
    プ状に保持し、前記既設管路内面と前記新材外面との間
    に生じる間隙に経時硬化樹脂を充填するようにし、 管路を、既設管、樹脂層、新材との3層構造にしたこと
    を特徴とする既設老朽管の更新工法。
JP2001011681A 2001-01-19 2001-01-19 既設老朽管の更新工法 Pending JP2002213648A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001011681A JP2002213648A (ja) 2001-01-19 2001-01-19 既設老朽管の更新工法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001011681A JP2002213648A (ja) 2001-01-19 2001-01-19 既設老朽管の更新工法

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2002213648A true JP2002213648A (ja) 2002-07-31

Family

ID=18878791

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2001011681A Pending JP2002213648A (ja) 2001-01-19 2001-01-19 既設老朽管の更新工法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2002213648A (ja)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2014019019A (ja) * 2012-07-17 2014-02-03 Sekisui Chem Co Ltd ライニング管の施工方法
CN110594498A (zh) * 2018-06-12 2019-12-20 中国石油天然气股份有限公司 升级管道的方法

Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH02240487A (en) * 1989-03-10 1990-09-25 Kubota Ltd Reclamation of obsolete pipe
JPH11235758A (ja) * 1998-02-20 1999-08-31 Shonan Gosei Jushi Seisakusho:Kk 管ライニング材の製造方法及び管ライニング工法

Patent Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH02240487A (en) * 1989-03-10 1990-09-25 Kubota Ltd Reclamation of obsolete pipe
JPH11235758A (ja) * 1998-02-20 1999-08-31 Shonan Gosei Jushi Seisakusho:Kk 管ライニング材の製造方法及び管ライニング工法

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2014019019A (ja) * 2012-07-17 2014-02-03 Sekisui Chem Co Ltd ライニング管の施工方法
CN110594498A (zh) * 2018-06-12 2019-12-20 中国石油天然气股份有限公司 升级管道的方法
CN110594498B (zh) * 2018-06-12 2021-04-30 中国石油天然气股份有限公司 升级管道的方法

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6167913B1 (en) Pipe liner, a liner product and methods for forming and installing the liner
US7258141B2 (en) Pipe liner apparatus and method
KR101359448B1 (ko) 관로 비굴착 전체 보수공법
US20130098535A1 (en) Method and apparatus for forming a coating on a lining of a conduit in situ
US6682668B1 (en) Installation of cured in place liners with an endless reusable inflation bladder and installation apparatus
JP2009101596A (ja) 既設管補修工法
JP4750610B2 (ja) 既設管の更生方法
JP4926737B2 (ja) ケーブル布設済管路ライニング方法
JP2002213648A (ja) 既設老朽管の更新工法
CN210687315U (zh) 一种组合式管道内衬软管
JP3803821B2 (ja) 管のライニング方法
JP2000161585A (ja) 管内ライニング工法
JP3850423B2 (ja) 既設配管内面のライニング工法
JP3573660B2 (ja) 管内ライニング工法
JP2006110826A (ja) 管路の分岐管路部のライニング施工方法及び該ライニング施工方法に使用される分岐ライニング管
JP2003300012A (ja) 管内ライニング工法
JP2018015969A (ja) 配管内壁のライニング方法
JP6863766B2 (ja) 既設管の更生方法
JP6666801B2 (ja) 既設管の更生方法
JPH11170367A (ja) 管内ライニング方法
JPH11333934A (ja) 既設管路の更生方法
JP2000263646A (ja) 管内ライニング工法
JP2013189014A (ja) 既設管補修工法
JP2001108145A (ja) 管内ライニング工法
JP2008149599A (ja) 管状ライニング材設置工法

Legal Events

Date Code Title Description
A711 Notification of change in applicant

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A712

Effective date: 20050616

RD03 Notification of appointment of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7423

Effective date: 20070328

A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20080116

RD02 Notification of acceptance of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7422

Effective date: 20080116

A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20080411

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20100611

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20100615

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20101026