JP2002165993A - パチンコ遊技機 - Google Patents

パチンコ遊技機

Info

Publication number
JP2002165993A
JP2002165993A JP2000367607A JP2000367607A JP2002165993A JP 2002165993 A JP2002165993 A JP 2002165993A JP 2000367607 A JP2000367607 A JP 2000367607A JP 2000367607 A JP2000367607 A JP 2000367607A JP 2002165993 A JP2002165993 A JP 2002165993A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
balls
symbol
predetermined
display device
state
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2000367607A
Other languages
English (en)
Inventor
Kensho Hayashida
憲昭 林田
Koji Usui
康二 臼井
Masayuki Shigeta
正幸 繁田
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Maruhon Industry Co Ltd
Original Assignee
Maruhon Industry Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Maruhon Industry Co Ltd filed Critical Maruhon Industry Co Ltd
Priority to JP2000367607A priority Critical patent/JP2002165993A/ja
Publication of JP2002165993A publication Critical patent/JP2002165993A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】所定有利状態と、通常状態とを生ずるパチンコ
遊技機において、所定有利状態時でも、遊技者の遊技の
集中力が損なわれないようにする。 【解決手段】所定有利状態の終了契機を発射球数X,獲
得球数Y又はその差Zが所定球数となった場合としたか
ら、高確率状態や時短状態等の、所定有利状態が発生し
た場合にあって、遊技者は限られた所定球数内での有利
状態を活用すべく、高い集中力で遊技に専念することと
なり遊技の興趣が向上する。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、遊技者に有利な単
数又は複数の所定有利状態と、通常状態とを生ずるパチ
ンコ遊技機に関するものである。
【0002】
【従来の技術】図柄を変動表示する図柄表示装置と、球
通過を検知する図柄始動領域とを遊技盤面に備え、図柄
始動領域への球通過を契機として、図柄表示装置の表示
図柄を変動させた後に確定表示するようにし、その確定
図柄態様が所定の当り図柄態様である場合に、遊技者に
とって利益ある特別遊技作動を実行するようにしたパチ
ンコ遊技機が提案されている。これらには、いわゆる第
1種パチンコ遊技機及び第3種パチンコ遊技機がある。
【0003】ここで、第1種パチンコ遊技機は、図柄を
変動表示する複数の図柄表示部を具備する図柄表示装置
と、開閉片により開閉制御される可変入賞口を具備する
可変入賞装置とを備え、遊技盤面に設けられた特別図柄
始動領域への遊技球通過に起因して図柄表示部の表示図
柄を変動開始し、停止して図柄確定する図柄制御手段と
を備え、図柄表示装置に所定の当り図柄態様が確定表示
された場合に、可変入賞装置の可変入賞口の開放と、可
変入賞口の所定制限時間の経過又は該所定制限時間内で
の規定個数の入賞満了による可変入賞口の閉鎖とを順次
生じてなる開閉ラウンドを、可変入賞口内に設けられた
特定領域を遊技球が通過することを継続条件として、所
定制限回数まで繰り返してなる特別遊技作動を実行する
ものである。
【0004】また、第3種パチンコ遊技機は、図柄を変
動表示する図柄表示装置と、球通過を検知する図柄始動
領域と、開口を開閉制御してその内部の特別作動領域へ
球通過可能な状態と不可能な状態とに変換する普通電動
役物と、開閉制御される可変入賞口とを備え、球通過に
伴って該可変入賞口を開放する特定領域への流入制御を
行う役物とを備え、図柄始動領域への遊技球通過に起因
して、図柄表示装置の図柄を変動させた後に確定表示す
るようにし、その確定図柄態様が所定の当り図柄態様で
ある場合に、普通電動役物を開放制御し、その特別作動
領域への球通過に伴って特別遊技作動が実行され、かつ
該特別遊技作動は、役物が駆動して特定領域への球通過
が可能となり、かつ該球通過ごとに、可変入賞口の開放
と、閉鎖とを生じてなる開閉ラウンドを複数回繰り返し
てなるものである。
【0005】さらには、開閉片により開閉制御される可
変入賞口を具備し、かつ該可変入賞口と連通する作動領
域内に普通入賞領域と特定入賞領域とを具備する変動入
賞装置を備え、遊技盤面に設けられた始動領域に遊技球
が通過すると、開閉片が可変入賞口を開放すると共に、
該可変入賞口から流入した遊技球が作動領域内の特定入
賞領域に球が流入すると、開閉片が往復開閉駆動を行な
い、開閉片の所定制限開閉回数の開閉満了、または可変
入賞口からの規定個数の入賞満了により、往復開閉駆動
を停止する開閉ラウンドを、1回又は複数回繰り返して
なる特別遊技作動を実行するようにしたパチンコ遊技機
も、第2種パチンコ機として良く知られている。
【0006】
【発明が解決しようとする課題】上述の各パチンコ遊技
機にあっては、遊技者に有利な単数又は複数の所定有利
状態と、通常状態とを生ずる構成が種々提案されてい
る。例えば第1種又は第3種パチンコ遊技機にあって
は、図柄表示装置が大当たりとなる確率の高い高確率状
態や、図柄表示装置の変動時間が短い時短状態等が挙げ
られる。
【0007】ところで、これらの有利な状態にあって、
従来は、次回の大当たりが発生するまで継続したり、又
は所定変動回数が満了するまで継続するようにしてい
る。このため、遊技者は、その有利な状態が供与される
と以後安心し、遊技の集中力が低下して、ゲームの緊張
感が低下し、ゲームの興趣をかえって損なうこととな
り、また遊技場にとっても、稼働率が低下するという問
題点を生ずる。
【0008】本発明は、かかる有利状態が発生するパチ
ンコ遊技機において、上述の問題点を除去することを目
的とするものである。
【0009】
【課題を解決するための手段】本発明は、図柄を変動表
示する図柄表示装置と、図柄始動領域への遊技球通過を
契機として、図柄表示装置の表示図柄を変動させた後に
確定表示する図柄制御手段とを備え、確定図柄態様が所
定の当たり図柄態様となると、遊技者にとって利益ある
特別遊技作動を実行すると共に、遊技者に有利な所定有
利状態と、通常状態とを生ずるパチンコ遊技機におい
て、発射球数を計数する計数手段と、獲得球数を計数す
る計数手段とを備えると共に、前記所定有利状態の終了
契機を、発射球数と獲得球数との差が、所定球数に到達
した場合としたことを特徴とするものである。
【0010】かかる構成にあって、所定有利状態の終了
契機を、発射球数と獲得球数との差、すなわち球の減少
数が所定個数となったかどうかで決定するものであるか
ら、その球の減り具合で、所定有利作動の終了時期を予
想でき、球減りに伴って、焦燥感を抱くなど、変化に富
んだ遊技心理を醸成できる。また、遊技者は限られた所
定球数内での有利状態を活用すべく、高い集中力で遊技
に専念することとなる。ここで、球の減少数を終了条件
としたから、入賞数が多いほど高確率等の有利な状態が
持続するから、入賞の意義が向上し、遊技者にとって入
賞への意欲が刺激される。また、従来は、次回の大当た
りまで確率変動が続くため、大当たりの到来がほぼ確実
となり、遊技場にあっては、きめ細かな遊技台の管理が
困難であったが、本発明にあっては、入賞しやすい状態
を釘調整により設定することにより、遊技台に差を付け
ることが容易となり、経営方針に沿った出球管理を行う
ことができる。
【0011】また、前記所定有利状態の終了契機を、発
射球数が、所定球数に到達した場合とすることもでき
る。この構成にあっては、発射を継続すればするほど、
所定有利作動の終了が近づくこととなり、上述と同様
に、打球数により所定有利作動の終了時期を予想でき、
遊技継続と共に焦燥感を抱くなど、変化に富んだ遊技心
理を醸成できるとともに、遊技者は限られた所定球数内
での有利状態を活用すべく、高い集中力で遊技に専念す
ることとなる。
【0012】さらに前記所定有利状態の終了契機を、獲
得球数が、所定球数に到達した場合とすることもでき
る。この獲得球数も、遊技継続により増加するから、打
球数により所定有利作動の終了時期を予想でき、遊技継
続と共に焦燥感を抱くなど、変化に富んだ遊技心理を醸
成できるとともに、遊技者は限られた所定球数内での有
利状態を活用すべく、高い集中力で遊技に専念すること
となる。
【0013】かかる構成にあって、所定有利状態が、図
柄表示部の停止図柄が大当たりである所定の組み合わせ
となる確率の高い、高確率状態であり、該高確率状態が
所定球数の満了により終了するものとすることができ
る。また、所定有利状態が、図柄表示装置の変動時間が
短い、時短状態であり、該時短状態が所定球数の満了に
より終了するものとすることができる。
【0014】ここで、所定球数までの消化数又は残数を
表示する表示装置を備えるようにしても良く、この構成
により遊技者はその所定球数の消化量を知得できるか
ら、遊技戦略を立てやすくなり、かつ遊技者の切迫感な
どを助長することとなって、遊技をさらに面白くするこ
とができる。ここで消化数又は残数は、直接個数表示す
るだけでなく、所定単位を用いて表示する等、間接表示
をしても良い。
【0015】この表示装置として、図柄表示装置を用い
た場合には、該図柄表示装置の表示領域の一部にかかる
所定球数表示を行うことにより、図柄表示領域への注目
度が高まって該図柄表示装置の有用性が向上し、さらに
別途表示装置を設ける必要がないという利点がある。
【0016】
【発明の実施の形態】いわゆる第1種パチンコ遊技機に
本発明を適用した一実施例を説明する。図1はパチンコ
遊技機の遊技盤1の正面図である。また図2は、遊技盤
1の内側レール内の中央に配設されたセンターケース4
の正面図である。ここでセンターケース4内には液晶表
示器、CRT表示器、ドットマトリックスまたは7セグ
メント指示器等からなる特別図柄表示装置6が設けられ
る。この特別図柄表示装置6の表示領域Fには三つの特
別図柄A,B,Cが表示される。この特別図柄A,B,
Cは、「0」〜「9」からなる10の数字からなる図柄
が表示される。この特別図柄表示装置6の前部は遊技球
の通過領域となっており、センターケース4の両側部に
形成した流入口5,5から入った球が、該特別図柄表示
装置6の前部を経由して、後述する普通電動役物15上
に流下するようにしている。さらにセンターケース4の
上部には天入賞口16aが配設されている。
【0017】センターケース4の下部両側には4個のパ
イロットランプからなる始動記憶数表示装置8が設けら
れる。この始動記憶数表示装置8は、図5で示す記憶装
置RAMの一部領域により構成される始動記憶装置に記
憶された球数を表示する。さらにセンターケース4の上
部には、三個のLEDからなる普通図柄表示装置10が
配設される。この三個のLEDは順次点滅して、種々の
組み合わせの点灯態様を表示する。そして、この点灯態
様が所定の当り態様の場合には、普通電動役物15を開
放する。この普通図柄表示装置10としては、液晶表示
器や一乃至複数個の7セグメント指示器等により構成
し、その表示内容により、当り,はずれを決定するもの
であっても良い。
【0018】 一方、センターケース4の両側には、普
通図柄作動ゲート(普通図柄始動領域)13,13が設
けられ、遊技球の通過により該普通図柄作動ゲート1
3,13に内蔵された普通始動スイッチS2(図4,5
参照)から球検出信号が発生すると、普通図柄表示装置
10が図柄変動する。
【0019】さらに、センターケース4にあって、その
普通図柄表示装置10の直下位置には、4個のパイロッ
トランプからなる普通図柄始動記憶数表示装置12が設
けられ、前記普通図柄始動スイッチからの球検出信号
が、所定数を上限として記憶装置RAMの一部領域に記
憶された場合に、その記憶数を表示する。
【0020】 また、特別図柄表示装置6の直下位置に
は、内部を入賞口兼用の特別図柄始動領域14として、
開閉翼片により該始動領域14の開口度を変化させるよ
うにした普通電動役物15が配設されている。そして普
通図柄表示装置10の表示結果が、上述したような所定
の当り状態の場合には、開閉翼片が約0.2秒拡開し
て、特別図柄始動領域14の開口度を拡開させ、球が入
り易い状態となる。普通電動役物15内の特別図柄始動
領域14には、光電スイッチ、リミットスイッチ等の特
別図柄始動スイッチS1(図4,5参照)が備えられ、
該始動スイッチS1による球通過検知に伴って、特別図
柄表示装置6の特別図柄A,B,Cが変動表示し、所定
の図柄を停止表示することとなる。この特別図柄始動ス
イッチS1による球通過検知検出によって、賞球が発生
する。従って特別図柄始動スイッチS1は入賞検出スイ
ッチを兼ねる。この普通電動役物15の両側には、左袖
入賞口16bと右袖入賞口16cとが配設されている。
【0021】普通電動役物15のさらに下方には、図3
で示すように、特定領域25と通常領域26とを有する
可変入賞口23が配設され、開閉片24を大入賞口開放
ソレノイド(図5参照)により開閉制御することにより
可変入賞口23を開放状態と閉鎖状態のいずれかに変換
する可変入賞装置22が配設されている。この可変入賞
装置22は、前面板体27と、誘導枠体28とからな
り、前面板体27に、可変入賞口23及び該可変入賞口
23を開閉する開閉片24とが設けられ、誘導枠体28
には、特定領域25,通常領域26と、さらに、可変入
賞口23から流入した遊技球を特定領域25と通常領域
26のいずれかに案内する案内部材29が設けられてい
る。そして、特別図柄表示装置6が所定の組み合わせで
表示され、大当りとなると、開閉片24が開いて、その
開放状態で開閉片24の上面が案内作用を生じ、可変入
賞口23へ遊技球を案内すると共に、特定領域25に遊
技球が入ると、次の開閉ラウンドへ移行可能となり、連
続開放作動を生じて、遊技者に所定の利得が供される。
この可変入賞装置22は、後述する特別遊技作動を実行
するものであって、その可変入賞口23には、図5で示
すように、特定領域25に入った遊技球を検知する特定
領域スイッチS3と、大当り中の入賞個数を計数する入
賞球検知スイッチS4とが設けられている。ここで役物
連続作動スイッチは、特定領域スイッチS3とともに、
特定領域に入った球を計数するカウントスイッチとして
の機能も備える。この可変入賞装置22の両側には、夫
々左下入賞口16dと、右下入賞口16eとが配設され
ている。そしてさらに遊技盤面の下部にはアウト球口1
7が配設されている。
【0022】一方、このパチンコ遊技機は、発射球数X
を計数する計数手段と、獲得球数Yを計数する計数手段
とを備える。かかる構成を説明する。図4で示すよう
に、遊技盤1裏面には、各入賞口15,16a〜16
e,23が開口している。さらにはアウト球口17も開
口している。そして、これを覆うように、球通路を形成
する球受けケース25a,25bが被着されている。球
受けケース25bには、特別図柄始動スイッチ(入賞検
出スイッチを兼ねる)S1,普通始動スイッチS2,特定
領域スイッチS3及び入賞検出スイッチS4のほかに、
各入賞口16a〜16eから入った入賞球を検知する入
賞検出スイッチSa〜Seが保持されている。これらの
スイッチは、当該入賞口と連通する球通路に配設されて
いる。そして、各スイッチにより検出された遊技球はア
ウト球口17からの球と合流して合流排出路26から排
出され、かつこの合流排出路26に配設されたフラット
センサなどからなる排出球スイッチS5により検知され
る。
【0023】かかる構成にあって排出球スイッチS5に
よる検出累積数により発射球数Xを計数することができ
る。すなわち、発射球数Xを計数する計数手段は、該排
出球スイッチS5と、これらの検出数を累積する後述の
遊技制御装置80により構成される。さらに、特別図柄
始動スイッチS1,入賞検出スイッチS4及び入賞検出
スイッチSa〜Seにより各入賞口からの流入個数が夫
々検出されるから、夫々の入賞口に対応した規定賞球数
を、夫々の検出ごとに積算することにより、獲得球数Y
が演算される。すなわち、獲得球数Yを計数する計数手
段は、特別図柄始動スイッチS1,入賞検出スイッチS
4及び入賞検出スイッチSa〜Seと、この検出信号に
基づいて賞球数を累積する後述の遊技制御装置80によ
り構成される。なお、遊技制御装置80にあって、各検
出値(排出球数、賞球数)は記憶装置RAMに積算され
る。
【0024】次に上記パチンコ遊技機の作動につき説明
する。特別図柄始動領域14から遊技球が流入すると、
景品球の供給と共に特別図柄表示装置6が駆動する。
尚、連続的に通過した場合には、始動スイッチによる球
検出が始動記憶装置(RAM)に記憶され、その記憶に
基づいて上述のように始動記憶数表示装置8のLEDが
順次点灯し、最高四回まで保留される。このLEDは図
柄が変動開始する都度、消灯されて、記憶数が減少す
る。
【0025】図柄表示装置6が駆動すると、特別図柄
A,B,Cは所定の図柄順列に従って変動開始し、通常
では約6.5秒以上経過すると、特別図柄A,B,Cの
順番に図柄変動が停止する。そして、特別図柄A,B,
Cが後述するように、同じ図柄の組み合わせになると、
大当りが発生し、サウンドジェネレーター(図5参照)
がファンファーレを発すると共に、特別遊技作動が開始
され、大入賞口開放ソレノイド(図5参照)が駆動し、
開閉片24が前方に傾動して可変入賞口23が開放さ
れ、開閉ラウンドが実行される。この開閉ラウンドは、
所定制限時間(30秒)が経過するか、該所定制限時間
内で、入賞球検知スイッチS4により10個の遊技球の
入賞検知がなされるまで継続される。また上述したよう
に、可変入賞口23の特定領域25を通過し、特定領域
スイッチS3がオンした時は、次の開閉ラウンドへの条
件が充足され、一旦開閉片24が閉鎖駆動して、一ラウ
ンドが終了する。そして、その動作終了後に再び可変入
賞口23が開放して、次の開閉ラウンドへ移行する。こ
のように開閉ラウンドが最大16回繰り返されて、可変
入賞口23の連続開放作動を生じ、遊技者に所定の利得
が供される。ここで役物連続作動スイッチは、特定領域
スイッチS3とともに、特定領域に入った球を計数する
カウントスイッチとしての機能も備える。前記サウンド
ジェネレータは、中央制御装置CPUに接続され、音デ
ータを受けてアンプに出力するものであり、これにより
各スピーカに鳴音が発せられる。
【0026】さらには、この遊技作動にあって、特別図
柄が特定図柄(奇数図柄)で大当たりとなったときに
は、大当たり遊技の終了後、図柄の当たり確率が高確率
(1/63)となり、本発明にあっては所定球数経過す
ると低確率に復帰する。このように、通常状態(低確率
状態)と、高確率状態のいずれかが現出することとな
る。また、この高確率状態では、特別図柄又は普通図柄
にあって、所定球数が満了するまで、図柄の変動時間は
短縮される有利状態(変動短縮作動)が実行される。そ
して、本発明にあっては、このような有利な状態の終了
契機を発射球数X,獲得球数Y又はその差Zに係る個数
としているものである。
【0027】かかる制御態様につき詳細に説明する。上
述の特別図柄A,B,Cの図柄変動は、図5で示す中央
制御装置CPU等からなるマイクロコンピュータにより
構成される遊技制御装置80と連係する図柄制御装置
(図柄制御手段)81によって制御される。ここで、中
央制御装置CPUには記憶装置ROM及び記憶装置RA
Mが接続される。また、中央制御装置CPUには、特別
図柄始動スイッチS1,普通始動スイッチS2,特定領域
スイッチS3,入賞検出スイッチS4,入賞検出スイッ
チSa〜Se及び排出球スイッチS5が接続される。こ
れらのスイッチからの球検知信号は記憶装置RAMの記
憶領域に記憶される。ここで上述のように、発射球数X
を計数する計数手段は、該排出球スイッチS5と、この
検出数を積算する記憶装置RAM備えた遊技制御装置8
0により構成される。また、獲得球数Yを計数する計数
手段は、特別図柄始動スイッチS1,入賞検出スイッチ
S4及び入賞検出スイッチSa〜Seと、この検出信号
に基づいて賞球数を記憶装置RAMに累積する遊技制御
装置80により構成される。
【0028】さらには記憶装置ROMには、0〜944
の945コマからなる大当たり特別乱数Kが格納され
る。ここで、通常遊技状態である低確率時では、大当た
り特別乱数KがK=7,347,647が大当たりとな
る。すなわち大当たり確率は3/945である。また、
高確率時でK=7,77,137,197,247,3
47,407,457,507,577,647,76
7,847の場合には大当たりとなる。すなわち大当た
り確率は15/945=1/63である。そしてそれ以
外はハズレとなる。
【0029】ここで高確率状態は、上述したように、奇
数図柄(特定図柄)により大当たりがあると、その大当
たり遊技終了毎に実行される。この高確率状態の終了契
機は、後述する発射球数X,獲得球数Y等により制御さ
れる。
【0030】また記憶装置ROMには、大当たり特別乱
数Kの結果により選定される大当たり図柄乱数Lと、ハ
ズレ図柄乱数Ma ,Mb ,Mc が格納され、当たり,ハ
ズレに基づき停止図柄となる図柄を決定する。さらにま
た記憶装置ROMには、0〜28のリーチ乱数Nが格納
される。このリーチ乱数Nは、非リーチ状態のときと異
なる変動態様の特殊なリーチ変動態様ア〜キを複数種類
備えていることから、いずれのリーチ変動態様でリーチ
作動を行うかを決定するものであり、大当たり図柄の場
合、及びハズレ図柄であってA=Bの場合に選択され
る。この特殊変動態様としては、例えば、ロングリー
チ,低速スクロール,逆走行,低速走行からの加速度的
停止,図柄の反転等の、種々の変動態様がある。
【0031】次に、上述の各乱数を用いてなる、図柄表
示態様を説明する。まず、特別図柄始動領域を球が通過
すると同時に大当たり特別乱数Kを選定し、当たりまた
はハズレを決定する。尚、この過程で、始動記憶数が満
杯状態(4個)となっている場合には、特別図柄始動領
域を球が通過しても無効としたり、変動中の場合には、
始動記憶数を一個加算する等の処理が行なわれる。そし
て、この特別図柄始動領域への球通過、または始動記憶
数の減算に基づき特別図柄表示装置6が変動する。
【0032】そして、大当たり特別乱数Kを抽選して、
これが所定乱数値であると、大当たりとなる。ここで、
上述したように通常遊技状態である低確率時では、大当
たり確率は3/945である。また、高確率時で1/6
3である。そして始動スイッチからの球検知信号の発生
に伴って、又は始動記憶装置に記憶されている場合には
その記憶消化に伴って、特別図柄A,B,Cを変動させ
ると共に、図5で示す大当たり図柄乱数Lから値を選出
して、当たり図柄を決定する。さらにはリーチ乱数Nを
抽選し、いずれの特殊変動態様でリーチ作動を行うかを
決定する。ここで、大当たり図柄乱数Lは、0〜9の1
0コマからなり、該コマに対応する当たり図柄を選出す
る。この乱数が、奇数(停止図柄もこの数字に対応)の
場合には、停止図柄が特定図柄により当たりとなり、大
当たり遊技終了後、後述する発射球数X,獲得球数Y又
はその差が所定球数となるまで高確率が維持される。
【0033】そして、特別図柄A,Bを順次循環変動し
て停止させ、同一図柄となるようにしてリーチ状態と
し、リーチ乱数Nにより指定された所定の特殊動作形態
を実行した後に、特別図柄Cが図柄停止して、大当たり
図柄乱数Lによりあらかじめ決定された、同一図柄の組
み合わせを特別図柄A,B,Cに表出し、当たり図柄態
様となるようにする。そして、「大当たり」となって、
上述の可変入賞装置23の作動が行われることとなる。
【0034】一方、Kが当たりコマでない場合には、ハ
ズレとなり、特別図柄A,B,Cを変動させると共にハ
ズレ図柄乱数Mc ,Mb ,Ma を順次選出し、特別図柄
A,B,Cをハズレ表示する。この時、ハズレ図柄乱数
Ma ,Mb から選出された図柄が、特別図柄A=Bとな
った場合には、リーチ作動を発生させるようにし、当た
り図柄が得られた場合は、再度、ハズレ図柄乱数を選出
し直して、ハズレ図柄態様となるようにする。
【0035】さらに一方、始動記憶装置の記憶消化に伴
って、図柄表示装置を変動表示させる場合にあって、始
動記憶装置の始動記憶数には限度(通常四個)があり、
この個数を越えると、始動スイッチからの球検知信号が
あっても、無効となってしまう。このため、このような
記憶満杯に伴う無効球の発生を少なくするためには、始
動記憶数が迅速に消化されることが望まれる。そこで、
高確率状態では、通常の図柄変動時間よりも、短い図柄
変動時間を選択して、特別図柄A,B,Cにつき変動短
縮作動を実行するようにしている。すなわち特別図柄
A,B,Cの変動固定時間(図柄合わせに要する時間を
除いた固定的な時間)が通常6秒であるのが2秒に短縮
される。さらにはこの高確率状態では普通図柄にあっ
て、変動時間が短縮する。これも発射球数X,獲得球数
Y又はその差が所定球数となるまで実行される。なお、
この変動短縮作動は、低確率状態のときにのみ実行する
ようにしても良い。
【0036】次に普通図柄作動につき説明する。遊技球
が普通図柄始動ゲート13を通過すると、該遊技球は普
通始動スイッチ(図5参照)で検出される。この普通始
動スイッチで球検出されると、、普通図柄表示装置10
の普通図柄が変動する。この普通図柄は、左赤色,中緑
色,右赤色の3個のLEDで構成される。この普通図柄
表示装置10が変動中、又は普通電動役物15が開放中
のときに、普通始動スイッチで球検出されると、普通始
動記憶装置(RAM)にその球検出が記憶され、記憶数
の消化に伴って普通図柄始動記憶数表示装置12のLE
Dが点灯し、普通図柄が変動開始になる都度消灯され
て、記憶個数が表示される。尚、普通図柄始動記憶数表
示装置12の最大記憶数は4個であり、それ以上は無効
とされる。
【0037】普通図柄表示装置10の変動停止後、又は
普通電動役物15の開放動作終了後に、普通始動記憶数
表示装置12に表示された始動記憶に基づいて普通図柄
表示装置10は再び変動開始する。普通図柄表示装置1
0が変動開始後、通常状態では、約30秒以上経過する
と変動が停止し、左右いずれかのLEDが1個でも点灯
した状態であれば当たりとなり、普通電動役物15が約
0.2秒間開放される。
【0038】一方、前述の特別図柄表示装置6の変動短
縮作動中においては、普通図柄表示装置10の変動時間
も、常態の約30秒から短縮され、約5秒経過すると変
動が停止する。すなわち所定有利状態となる。さらにこ
れとともに、普通電動役物15の開放時間が約0.2秒
間から約3秒間に延長される。これも本発明にかかる所
定有利状態である。
【0039】普通図柄表示装置10が変動を停止したと
きに表示する図柄態様は、「0」から「20」までのコ
マからなる記憶装置ROMに格納された普通図柄当たり
乱数Pにより決定される。すなわち普通始動スイッチで
球検知されると、普通図柄当たり乱数Pから乱数値が選
出され、その内容が記憶されて、普通図柄表示装置10
が変動開始すると同時に、記憶した内容を調べ、「3」
〜「20」のいずれかであれば当たりとしている。この
当たりの場合は、当たり普通図柄乱数Qにより停止態様
を決定し、左赤色,右赤色のいずれか少なくとも一つが
点灯した状態となる。ハズレの場合は、中緑色のLED
のみが点灯した状態となる。
【0040】上述したように、この実施態様にかかるパ
チンコ遊技機は、特別図柄が大当たりとなる確率の高い
高確率状態、特別図柄の変動時間が短い特別図柄時短状
態、普通図柄の変動時間の短い普通図柄時短状態、普通
電動役物の開放時間が長い状態等、遊技者に有利な種々
の有利状態が出現する。そして一方、有利でない状態が
常態として発生する。
【0041】次に本発明の要部につき説明する。本発明
にあっては、上述したこ有利な状態が、発射球数X,獲
得球数Y又はその差が所定球数となるまで実行されるも
のであることを要部とするものである。すなわち、上述
したように通常遊技状態である低確率時では、大当たり
確率は3/945であり、高確率時で1/63である。
ここでこの有利状態は大当たりが奇数である場合に発生
し、所定終了契機に達すると終了する。すなわち終了契
機を遊技制御装置により演算される発射球数X,獲得球
数Y又はその差Zが所定球数となった場合とするもので
ある。ここで、その制御態様を説明する。
【0042】1) 所定有利状態の終了契機を、発射球数
Xと獲得球数Yとの差Z(=X−Y)が、所定球数に到
達した場合とする。かかる構成にあって、所定有利状態
の終了契機を、発射球数Xと獲得球数Yとの差Zが所定
個数となったかどうかで決定するものであるから、その
球の減り具合で、所定有利作動の終了時期を予想でき、
球減りに伴って、焦燥感を抱くなど、変化に富んだ遊技
心理を醸成できる。また、遊技者は限られた所定球数内
での有利状態を活用すべく、高い集中力で遊技に専念す
ることとなる。ここでZ=1000とすると、発射球数
X−獲得球数Y≧1000の範囲内では高確率等の所定
有利状態が維持される。また平均で1分間に、始動口に
6球、始動口15以外の入賞口に1球入賞したとする
と、1000球の持ち球がなくなるまでの時間は、 1000/(100[1分間の発射球数]−7[入賞球
数]×5[賞球数])≒15.4[分] すなわち、約15分程度で所定有利状態は終了すること
となる。尚、釘調整次第によって、この時間には長短を
生ずる。
【0043】2)所定有利状態の終了契機を、発射球数
Xが、所定球数に到達した場合とする。 この構成にあ
っては、発射を継続すればするほど、所定有利作動の終
了が近づくこととなり、上述と同様に、打球数により所
定有利作動の終了時期を予想でき、遊技継続と共に焦燥
感を抱くなど、変化に富んだ遊技心理を醸成できるとと
もに、遊技者は限られた所定球数内での有利状態を活用
すべく、高い集中力で遊技に専念することとなる。この
発射球数Xとしては、1500球などが挙げられる。こ
れは、約15分で終了する数である。
【0044】3)所定有利状態の終了契機を、獲得球数
Yが、所定球数に到達した場合とする。 この獲得球数
も、遊技継続により増加するから、打球数により所定有
利作動の終了時期を予想でき、遊技継続と共に焦燥感を
抱くなど、変化に富んだ遊技心理を醸成できるととも
に、遊技者は限られた所定球数内での有利状態を活用す
べく、高い集中力で遊技に専念することとなる。この獲
得球数Yとしては、500球などが挙げられる。これ
も、釘調整によりかなり差異を生ずるが、約15分で終
了する数である。
【0045】各態様にあって、夫々の所定個数は、その
図柄内容により変化させるようにしてもよい。すなわ
ち、態様1)にあっては、表示領域Fに表出される図柄
態様が「111」、「999」の場合には、差数Zが大
当たり終了後、500球となるまで高確率状態とする。
また、「333」,「555」,「777」の場合に
は、1000球となるまで高確率状態とする。同様に態
様2)にあっては、表示領域Fに表出される図柄態様が
「111」、「999」の場合には、発射球数Xが大当
たり終了後、1000球となるまで高確率状態とする。
また、「333」,「555」,「777」の場合に
は、1500球となるまで高確率状態とする。同様に態
様3)にあっては、表示領域Fに表出される図柄態様が
「111」、「999」の場合には、獲得球数Yが大当
たり終了後、300球となるまで高確率状態とする。ま
た、「333」,「555」,「777」の場合には、
500球となるまで高確率状態とする。このように図柄
により修了契機となる所定球数を変えることによって、
図柄に対する期待度が異なり、さらに遊技を面白くする
ことができる。
【0046】ここで上述のように、高確率となると、そ
の終了契機となる所定球数までの消化数又は残数は、図
2で示すように、図柄表示装置6の表示領域Fに表示さ
れる。すなわち「確率変動中」、「時短中」等の、有利
表示xと共に、所定球数の消化数又は残数を間接的又は
直接的に示す消化表示yが示される。すなわちこの図柄
表示装置6が、所定球数までの消化数又は残数を表示す
る表示装置となる。ここで図2にあっては、消化表示y
は、差数65球を1単位として、最大「15」(約残数
Z=1000を想定)として、これをカウントダウンす
る。発射球数X、獲得球数Yを所定球数とした場合も同
様である。この時間表示装置は、図柄表示装置6とは別
途独立して、センターケース4の上部にLED等を配設
して構成したり、遊技盤面2の隅部や、上皿の前面等に
配設することができる。
【0047】ところで、有利な状態としては上述した確
率変動の他に、特別図柄表示装置6の変動時間短縮、普
通図柄表示装置10の変動時間短縮、普通電動役物15
の開放時間の延長等が提案されるが、これを同様に所定
球数の経過により終了させることができる。尚、これら
の有利な状態は、上述の説明のように、高確率状態で同
時的に発生させるようにしても良いが、夫々別途に成立
条件と終了時間を設定することができる。
【0048】而して、かかる構成にあっては、有利状態
が所定球数の満了により終了するものであるから、遊技
者は限られた時間内での有利状態を活用すべく、高い集
中力で遊技に専念することとなる。
【0049】
【発明の効果】本発明は、所定有利状態と、通常状態と
を生ずるパチンコ遊技機において、所定有利状態の終了
契機を発射球数X,獲得球数Y又はその差Zが所定球数
となった場合としたから、高確率状態や時短状態等の、
所定有利状態が発生した場合にあって、遊技者は限られ
た所定球数内での有利状態を活用すべく、高い集中力で
遊技に専念することとなり遊技の興趣が向上する。
【0050】ここで、球の減少数を終了条件とした構成
にあっては、入賞数が多いほど高確率等の有利な状態が
持続するから、入賞の意義が向上し、遊技者にとって入
賞への意欲が刺激される。また、従来は、次回の大当た
りまで確率変動が続くため、大当たりの到来がほぼ確実
となり、遊技場にあって、きめ細かな遊技台の管理が困
難であったが、かかる構成にあっては、入賞しやすい状
態を釘調整により設定することにより、遊技台に差を付
けることが容易となり、経営方針に沿った出球管理を行
うことができる。
【0051】また、所定球数の消化数又は残数を表示す
る表示装置を備えるようにした構成にあっては、その消
化状態を知得できるから、遊技戦略を立てやすくなり、
かつ遊技者の切迫感などを助長することとなって、遊技
をさらに面白くすることができる。
【0052】さらにまた、この表示装置として、図柄表
示装置を用いた場合には、該図柄表示装置の表示領域の
一部にかかる時間表示を行うことにより、図柄表示領域
への注目度が高まって該図柄表示装置の有用性が向上
し、さらに別途時間表示装置を設ける必要がない。
【図面の簡単な説明】
【図1】遊技盤1の正面図である。
【図2】センターケース4の拡大正面図である。
【図3】可変入賞装置22の分解斜視図である。
【図4】遊技盤1の裏面図である。
【図5】マイクロコンピュータを示すブロック回路図で
ある。
【符号の説明】
1 遊技盤 6 特別図柄表示装置 14 特別図柄始動領域 22 可変入賞装置 23 可変入賞口 x 有利表示 y 消化表示
フロントページの続き (72)発明者 繁田 正幸 愛知県春日井市桃山町1丁目127番地 マ ルホン工業株式会社内 Fターム(参考) 2C088 AA17 AA35 AA36 AA42 BA04 BA05 BA07 BA12 BA13 BA15 BC07 BC22 CA27

Claims (8)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】図柄を変動表示する図柄表示装置と、図柄
    始動領域への遊技球通過を契機として、図柄表示装置の
    表示図柄を変動させた後に確定表示する図柄制御手段と
    を備え、確定図柄態様が所定の当たり図柄態様となる
    と、遊技者にとって利益ある特別遊技作動を実行すると
    共に、遊技者に有利な所定有利状態と、通常状態とを生
    ずるパチンコ遊技機において、 発射球数を計数する計数手段と、 獲得球数を計数する計数手段とを備えると共に、 前記所定有利状態の終了契機を、発射球数と獲得球数と
    の差が、所定球数に到達した場合としたことを特徴とす
    るパチンコ遊技機。
  2. 【請求項2】図柄を変動表示する図柄表示装置と、図柄
    始動領域への遊技球通過を契機として、図柄表示装置の
    表示図柄を変動させた後に確定表示する図柄制御手段と
    を備え、確定図柄態様が所定の当たり図柄態様となる
    と、遊技者にとって利益ある特別遊技作動を実行すると
    共に、遊技者に有利な所定有利状態と、通常状態とを生
    ずるパチンコ遊技機において、 発射球数を計数する計数手段を備えると共に、 前記所定有利状態の終了契機を、発射球数が、所定球数
    に到達した場合としたことを特徴とするパチンコ遊技
    機。
  3. 【請求項3】図柄を変動表示する図柄表示装置と、図柄
    始動領域への遊技球通過を契機として、図柄表示装置の
    表示図柄を変動させた後に確定表示する図柄制御手段と
    を備え、確定図柄態様が所定の当たり図柄態様となる
    と、遊技者にとって利益ある特別遊技作動を実行すると
    共に、遊技者に有利な所定有利状態と、通常状態とを生
    ずるパチンコ遊技機において、 獲得球数を計数する計数手段を備えると共に、 前記所定有利状態の終了契機を、獲得球数が、所定球数
    に到達した場合としたことを特徴とするパチンコ遊技
    機。
  4. 【請求項4】所定有利状態が、当たり図柄態様の発生に
    より実行される特別遊技作動が完了した後に生ずるもの
    にあって、該所定有利状態の終了契機となる所定球数
    が、その当たり図柄態様の図柄内容により決定されるも
    のとした請求項1乃至請求項3のいずれかに記載のパチ
    ンコ遊技機。
  5. 【請求項5】所定有利状態が、図柄表示部の停止図柄が
    大当たりである所定の組み合わせとなる確率の高い、高
    確率状態である請求項1乃至請求項3のいずれかに記載
    のパチンコ遊技機。
  6. 【請求項6】所定有利状態が、図柄表示装置の変動時間
    が短い、時短状態である請求項1乃至請求項3のいずれ
    かに記載のパチンコ遊技機。
  7. 【請求項7】所定球数までの消化数又は残数を表示する
    表示装置を備えた請求項1乃至請求項5のいずれかに記
    載のパチンコ遊技機。
  8. 【請求項8】表示装置として、図柄表示装置を用いた請
    求項6記載のパチンコ遊技機。
JP2000367607A 2000-12-01 2000-12-01 パチンコ遊技機 Pending JP2002165993A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000367607A JP2002165993A (ja) 2000-12-01 2000-12-01 パチンコ遊技機

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000367607A JP2002165993A (ja) 2000-12-01 2000-12-01 パチンコ遊技機

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2002165993A true JP2002165993A (ja) 2002-06-11

Family

ID=18837999

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2000367607A Pending JP2002165993A (ja) 2000-12-01 2000-12-01 パチンコ遊技機

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2002165993A (ja)

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2004223177A (ja) * 2003-01-27 2004-08-12 Maruhon Ind Co Ltd 遊技機
JP2007181563A (ja) * 2006-01-06 2007-07-19 Olympia:Kk 弾球遊技機
JP2008302251A (ja) * 2008-09-22 2008-12-18 Toyomaru Industry Co Ltd パチンコ機
JP2008302250A (ja) * 2008-09-22 2008-12-18 Toyomaru Industry Co Ltd パチンコ機
JP2012239802A (ja) * 2011-05-24 2012-12-10 Daikoku Denki Co Ltd 遊技場用管理装置

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2004223177A (ja) * 2003-01-27 2004-08-12 Maruhon Ind Co Ltd 遊技機
JP2007181563A (ja) * 2006-01-06 2007-07-19 Olympia:Kk 弾球遊技機
JP2008302251A (ja) * 2008-09-22 2008-12-18 Toyomaru Industry Co Ltd パチンコ機
JP2008302250A (ja) * 2008-09-22 2008-12-18 Toyomaru Industry Co Ltd パチンコ機
JP2012239802A (ja) * 2011-05-24 2012-12-10 Daikoku Denki Co Ltd 遊技場用管理装置

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2772774B2 (ja) パチンコ機
JP2002172232A (ja) パチンコ遊技機
JP3701216B2 (ja) 遊技機
JP2000176093A (ja) 遊技機
JP2002253796A (ja) パチンコ遊技機
JP2002159686A (ja) パチンコ遊技機
JP2002165993A (ja) パチンコ遊技機
JP2002315917A (ja) パチンコ遊技機
JP2002165994A (ja) パチンコ遊技機
JP2002066043A (ja) パチンコ遊技機
JP3839270B2 (ja) パチンコ遊技機
JP2002210119A (ja) パチンコ遊技機
JP2001300043A (ja) パチンコ機
JP2002186729A (ja) パチンコ遊技機
JP4347823B2 (ja) 弾球遊技機
JP2929054B2 (ja) パチンコ機
JP2004113827A (ja) パチンコ遊技機
JP2002066021A (ja) パチンコ機
JP2002177541A (ja) パチンコ遊技機
JP3640617B2 (ja) パチンコ遊技機
JP2006296939A (ja) 遊技機
JP2001314599A (ja) パチンコ機
JP3985999B2 (ja) パチンコ遊技機
JP2001087486A (ja) パチンコ機
JP3471286B2 (ja) パチンコ機