JP2002165634A - マニキュア塗布効果体験セット - Google Patents

マニキュア塗布効果体験セット

Info

Publication number
JP2002165634A
JP2002165634A JP2000367866A JP2000367866A JP2002165634A JP 2002165634 A JP2002165634 A JP 2002165634A JP 2000367866 A JP2000367866 A JP 2000367866A JP 2000367866 A JP2000367866 A JP 2000367866A JP 2002165634 A JP2002165634 A JP 2002165634A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
nail polish
manicure
accessory
fixing
application effect
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2000367866A
Other languages
English (en)
Inventor
Kazunao Hosokoji
一尚 細小路
Original Assignee
Miki:Kk
株式会社三貴
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Miki:Kk, 株式会社三貴 filed Critical Miki:Kk
Priority to JP2000367866A priority Critical patent/JP2002165634A/ja
Publication of JP2002165634A publication Critical patent/JP2002165634A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 マニキュア塗布可能な装身具において、需要
者がマニキュアの塗布及び除去作業を店頭で体験するこ
とができるマニキュア塗布効果体験セットを提供する。 【解決手段】 指輪等の装身具の装着した場合に目立つ
位置に、1本の環状線により囲まれた1以上の図柄が施
され、該図柄が地金から凸面或いはなだらかな凹面で区
画されていると共に、該図柄内にマニキュアを施し或い
は除去する作業を繰返すことができる、マニキュア塗布
可能な装身具において、2種以上の容器入りマニキュア
と、マニキュアを除去する除光液容器と、装身具を固定
するための固定治具とを、剛性素材の上に緩衝性素材を
重ねたパレットに載置し、該パレットに親指の入る穿孔
を設け、固定治具が緩衝性素材上に設けたスリットであ
る。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、マニキュア塗布可
能な装身具において、マニキュアの塗布及び除去作業を
現実に体験できるマニキュア塗布効果体験セットに関す
る。
【0002】
【従来の技術】本出願人は、特定の要件を備えた装身具
に、マニキュアを塗布することにより、装身具の美観を
多様に変化させる技術を開発した。このようなマニキュ
ア塗布可能な装身具及び爪に、マニキュアの塗布及び除
去を行うためには、色毎に用意されたマニキュア容器を
用いて塗布し、別に除光液を用いて除去を行っていた。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、二種以
上のマニキュアを用いて、装身具に対するカラーコーデ
ィネートを楽しむ場合は、二種以上のマニキュア容器及
び除光液が別々に配置されることで不利不便をきたすこ
ととなる。特に、マニキュア塗布可能な装身具において
は、商品を見ただけではどのようなマニキュアをどのよ
うに塗布したとき、自分の趣向に合ったマニキュア塗布
ができるか判断しがたい傾向があった。一般宝飾店には
通常マニキュアは配置されていない。この種商品を店頭
販売するに際し、需要者に、体験塗布に直接参加しても
らう場合には、二種以上の容器入りマニキュア及び除光
液を使用可能な状態で配置することが好ましい。そこで
本発明は、マニキュア塗布可能な装身具に対してカラー
コーディネートを楽しむ場合に、必要な容器及び器具を
一まとめにして配置したマニキュア塗布及び除去可能な
体験セット及び方法を提供することを目的とする。
【0004】
【課題を解決するための手段】本発明の構成は、指輪、
ペンダントヘッド、イヤリング、ピアス、ブレスレット
及びアンクレットからなる群より選ばれた少なくとも1
種の、装着した場合に目立つ位置に、1本の環状線によ
り囲まれた1以上の図柄が施され、該図柄が地金から凸
面或いはなだらかな凹面で区画されていると共に、該図
柄内にマニキュアを施し或いは除去する作業を繰返すこ
とができる、マニキュア塗布可能な装身具において、2
種以上の容器入りマニキュアと、マニキュアを除去する
除光液容器と、装身具を固定するための固定治具とを、
剛性素材の上に緩衝性素材を重ねたパレットに載置し、
該パレットに親指の入る穿孔を設け、固定治具が緩衝性
素材上に設けたスリットであることを特徴とする。
【0005】すなわち、本発明は指輪、ペンダントヘッ
ド等の装身具のポイントとなる目立つ位置に1本の環状
線で囲まれた図柄を設けたマニキュア塗布可能な装身具
であり、この図柄内にマニキュアを塗布及び除去するこ
とにより美観上の多様な変化を付与したマニキュア塗布
可能な装身具を前提とする。この装身具を単に店頭に並
べただけでは、需要者はどのマニキュアを塗布した場合
にどのような美観を呈するかを想像して購入することに
なるが、現実と想像とが異なる不安もある。更に装身具
にマニキュアを塗布することは従来存在しなかったこと
であるため、爪に塗布するときの要領と異なる可能性も
あり、種々の不安を抱いて購入する不便があった。
【0006】本発明はパレット上に2種以上の容器入り
マニキュアと徐光液と装身具を、マニキュアを塗布し易
い状態で固定する治具をセットし、いつでも需要者が購
入したい商品に各種マニキュアを塗布及び除去できるよ
うに配慮したものである。その結果、需要者が塗布効果
を確認し、マニキュア塗布と除去の要領を取得して購入
できる効果を有する。
【0007】
【発明の実施の形態】以下本発明の第一の実施の形態を
説明する。本発明における装身具とは、指輪、ペンダン
ト、ペンダントヘッド、イヤリング、ピアス、ブレスレ
ット、アンクレット等である。また、パレットとは、複
数個のマニキュア容器及び除光液容器を載置しても強度
的にも十分に耐えうる構造体で形成されたものであれば
良く、プラスチック製、木製、金属製等の単一あるいは
複合の素材から形成されたものである。また、固定治具
とは、装身具を傷つけずに挟むピンチや装身具を懸架で
きる台等、装身具にマニキュアを施す際に装身具のマニ
キュアを塗布すべき部位を表面にして一時的に固定でき
るものであればよい。
【0008】図1は、マニキュア塗布可能な装身具の1
例を示したものであり、環状線1により囲まれた図柄2
を4個施した指輪3である。ここで、図柄2内は地金の
面に対して、凹面或いは凸面の構造となっている。この
ように、指輪3を指に装着した場合に目立つ位置に、一
本の環状線1により囲まれた図柄2を複数個設けること
によって、当該図柄2に対してマニキュアの塗布及び除
去を繰返すことが可能となる。なお、図柄2内を、地金
の面に対して凹面或いは凸面とするのは、塗布の際に環
状線1からのはみ出しを防止するためである。また、は
み出した場合も地金との高低差があると徐光液を浸した
脱脂綿等ではみ出し部分のみを容易に除去できる。もっ
とも、地金の面と凹面の図柄2の面とを区画する環状線
1は、図柄2内に向かってなだらかに形成されている。
環状線1を鋭角に形成してしまうと、マニキュア除去の
際に隅にマニキュアが残留して外観を悪化する。
【0009】さて、マニキュア塗布可能な装身具に対し
て、マニキュアによるカラーコーディネートを楽しむに
際して、二種以上のマニキュア容器と、除光液容器と、
装身具を固定するための固定治具と、をセットで備える
ことが必須となる。これらのセット(すなわちマニキュ
ア塗布効果体験セット)を用いることで、アーティステ
ィックな気分で、落ち着いてカラーコーディネートを楽
しむことが出来るからである。
【0010】図2はパレットの平面図、図3は図2の I
II−III 線断面図である。かかるセットは、携帯可能な
ものであれば更に望ましく、そのためには、上記セット
に加えて更に把持手段が必要となる。具体的には、図2
及び図3に示すようなパレットが考えられる。本実施形
態に示すパレットは、底板8としてポリアクリル板或い
はポリ塩化ビニル板等のプラスチック板を用い、上板9
としては連続気泡性或いは独立気泡性のプラスチック発
泡体を使用した。例えば、ポリウレタン、ポリエチレ
ン、ポリスチレン等を挙げることができる。
【0011】図2中、マニキュア載置部4及び除光液載
置部5には上板9がなく底板8だけの構造となり、把持
手段6についてだけは上板のみならず底板8も孔が形成
されていることで、貫通構造となっている。更に、固定
治具7は、上板に切り込みを入れた構造であり、装身具
の一部(例えば指輪のリング部等)を当該切り込み部に
差し込むことで、装身具がパレットに安定固着される。
すなわち、プラスチック発泡体は緩衝性を有し、装身具
の一部を容易に挿入できると共に挿入後は発泡体が有す
る復元力により挿入した装身具の一部を押圧して仮固定
できる。仮固定をより安定化させるためには上板9の厚
さは7〜20mmが好ましい。厚めの上板を用いると、
各種の容器を一層安定してマニキュア載置部4及び除光
液載置部5に載置できる。
【0012】かかる構成を採用することによって、把持
手段6に親指を挿入することでパレットを把持すること
ができ、マニキュア塗布効果体験セットを携帯可能なも
のとすることが可能となる。したがって、特に店頭で、
需要者が体験塗布を行う場合に、お試しコーナー等の固
定した場所を用意せずとも、気軽に体験塗布を行うこと
ができ、迅速な接客が可能となる。一方、需要者の立場
としても、店員の指導を受けながらカラーコーディネー
トを自ら体験し易くなるので、買い損ないがなく確信を
もって購入できる長所を有する。
【0013】図2、図3では把持手段として親指が入る
穿孔を用いたが、突出したツマミをパレットの上面又は
下面に設けたり、盆状の容器に各種部品を収納したりす
ることが可能である。また、底板8で強度を保ちつつ、
上板9で柔らかな発砲体を用いることで、外部から印加
される衝撃に対しても緩衝することが可能となる。更
に、図2及び図3に示すパレットにみるとおり、固定治
具7を中心として、略同心円状にマニキュア載置部4が
配置され、その両端に除光液載置部5及び把持手段6が
配置されることで、安定したカラーコーディネートが可
能となる。
【0014】
【発明の効果】以上本発明においては、マニキュア塗布
可能な装身具に対してカラーコーディネートを楽しむ場
合に、一まとめとして塗布及び除去し得る体験セット及
び方法を提供することが可能となる。
【図面の簡単な説明】
【図1】図1はマニキュアを塗布した指輪の斜視図であ
る。
【図2】図2は本発明パレットを用いたマニキュア塗布
体験セットの平面図である。
【図3】図3は図2の III−III 線断面図である。
【符号の説明】
1 環状線 2 図柄 3 指輪 4 マニキュア載置部 5 徐光液載置部 6 把持手段 7 固定治具 8 底板 9 上板

Claims (6)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 指輪、ペンダントヘッド、イヤリング、
    ピアス、ブレスレット及びアンクレットからなる群より
    選ばれた少なくとも1種の、装着した場合に目立つ位置
    に、1本の環状線により囲まれた1以上の図柄が施さ
    れ、該図柄が地金から凸面或いはなだらかな凹面で区画
    されていると共に、該図柄内にマニキュアを施し或いは
    除去する作業を繰返すことができる、マニキュア塗布可
    能な装身具において、2種以上の容器入りマニキュア
    と、マニキュアを除去する除光液容器と、装身具を固定
    するための固定治具と、を備えたことを特徴とするマニ
    キュア塗布効果体験セット。
  2. 【請求項2】 2種以上の容器入りマニキュアと、マニ
    キュアを除去する除光液容器とを安定に載置できる凹部
    を有し、装身具を固定するための固定治具を設けたパレ
    ットに、パレット把持手段を設けたことを特徴とする請
    求項1記載のマニキュア塗布効果体験セット。
  3. 【請求項3】 把持手段が、パレットの端部に設けた親
    指を容易に挿入できる大きさの穿孔であり、1枚の剛性
    板の上に緩衝性素材を重ね、2種以上の容器入りマニキ
    ュアと、マニキュアを除去する除光液容器とを安定に載
    置できる凹部を該緩衝性素材に設けたことを特徴とする
    請求項2記載のマニキュア塗布効果体験セット。
  4. 【請求項4】 固定治具が、緩衝性素材上に設けたスリ
    ットであることを特徴とする請求項1ないし3のいずれ
    かに記載するマニキュア塗布効果体験セット。
  5. 【請求項5】 なだらかな凹面で区画された図柄が、図
    柄の中央部に至って該図柄と隣接する地金部分と、ほぼ
    同一又はそれ以上の高さになる程度に連続的に盛り上が
    っていることを特徴とする請求項1ないし4の何れかに
    記載するマニキュア塗布効果体験セット。
  6. 【請求項6】 指輪、ペンダントヘッド、イヤリング、
    ピアス、ブレスレット及びアンクレットからなる群より
    選ばれた少なくとも1種の装身具の、装着した場合に目
    立つ位置に、1本の環状線により囲まれた1以上の図柄
    が施され、該図柄が地金から凸面或いはなだらかな凹面
    で区画されていると共に、該図柄内にマニキュアを施し
    或いは除去する作業を繰返すことができる、マニキュア
    塗布可能な装身具において、2種以上の容器入りマニキ
    ュアと、マニキュアを除去する除光液容器と、装身具を
    固定するための固定治具を、店頭に備え、顧客がマニキ
    ュア塗布及び除去作業を体験できる装身具の販売方法。
JP2000367866A 2000-12-04 2000-12-04 マニキュア塗布効果体験セット Pending JP2002165634A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000367866A JP2002165634A (ja) 2000-12-04 2000-12-04 マニキュア塗布効果体験セット

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000367866A JP2002165634A (ja) 2000-12-04 2000-12-04 マニキュア塗布効果体験セット

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2002165634A true JP2002165634A (ja) 2002-06-11

Family

ID=18838213

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2000367866A Pending JP2002165634A (ja) 2000-12-04 2000-12-04 マニキュア塗布効果体験セット

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2002165634A (ja)

Citations (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5024089U (ja) * 1973-06-25 1975-03-18
JPS62178906U (ja) * 1986-04-30 1987-11-13
JP2000116419A (ja) * 1998-10-13 2000-04-25 Masaaki Nakazawa 指輪等の装身具及びその化粧仕上げ方法

Patent Citations (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5024089U (ja) * 1973-06-25 1975-03-18
JPS62178906U (ja) * 1986-04-30 1987-11-13
JP2000116419A (ja) * 1998-10-13 2000-04-25 Masaaki Nakazawa 指輪等の装身具及びその化粧仕上げ方法

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US20050005637A1 (en) Article of jewelry
US7757844B2 (en) Article display and method of use thereof
US4552264A (en) Jewelry container
US20070084478A1 (en) Fingernail jewelry
US6193066B1 (en) Display pad
US20060201824A1 (en) Slip free article displays
JP2002165634A (ja) マニキュア塗布効果体験セット
US8459471B2 (en) Slip free article displays
US6471077B1 (en) Neckform for displaying jewelry
JP3213299B2 (ja) マニキュア塗布可能な装身具
US6862841B2 (en) Bouquet holder
JP2006223805A (ja) 装飾具の交換式アクセサリー
JP5674884B1 (ja) 宝飾品収納箱
KR200220463Y1 (ko) 신체 부위에 부착하는 장식용 보석 스티커
KR200346020Y1 (ko) 네일 장식용 자개편 포장대
JP2005119085A (ja) 手芸用宝飾ユニット及びその加工方法
US11006722B2 (en) Reusable artificial nails
KR20020034518A (ko) 신체 부위에 부착하는 장식용 보석 스티커
KR100440744B1 (ko) 다기능 신변장신구 보관함
KR101367876B1 (ko) 탈부착이 용이한 액세서리 시트 및 그 액세서리 시트의 제조방법
JP5410900B2 (ja) 宝石箱
KR200295942Y1 (ko) 장식용 자개
WO2006096261A2 (en) Article display and method of use thereof
KR20160060936A (ko) 장식장치
JP3145199U (ja) 香水噴霧器用ケース及び香水噴霧器セット

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20071126

RD04 Notification of resignation of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7424

Effective date: 20090204

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20101108

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20110118

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20110726