JP2002163690A - Device and method for processing card and recording medium - Google Patents

Device and method for processing card and recording medium

Info

Publication number
JP2002163690A
JP2002163690A JP2000361640A JP2000361640A JP2002163690A JP 2002163690 A JP2002163690 A JP 2002163690A JP 2000361640 A JP2000361640 A JP 2000361640A JP 2000361640 A JP2000361640 A JP 2000361640A JP 2002163690 A JP2002163690 A JP 2002163690A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
card
expiration date
use
means
step
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2000361640A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Kazunobu Sugitani
和宣 杉谷
Original Assignee
Canon Inc
キヤノン株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Canon Inc, キヤノン株式会社 filed Critical Canon Inc
Priority to JP2000361640A priority Critical patent/JP2002163690A/en
Publication of JP2002163690A publication Critical patent/JP2002163690A/en
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To make a card having a time limit available, e.g. such as a season ticket by elongating the time limit in the case the use quantity of the card is less than fixed quantity even though the time limit arrives.
SOLUTION: This card processor has an expiration date storing means for storing the expiration date of the card, an available quantity storing means for storing available quantity in the card, a counting means for performing counting each time the card is used, a comparing means for comparing count results made by the counting means with available quantity, and an expiration date changing means for changing expiration dates according to the results of the comparing means.
COPYRIGHT: (C)2002,JPO

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【発明の属する技術分野】本発明は一定期間使用する定期券等に期限延長機能を付加したカード処理技術に関するものである。 The present invention relates to relates to a card processing technology obtained by adding a deadline extension function on a regular coupons, and the like to be used for a certain period of time.

【0002】 [0002]

【従来の技術】従来、乗り物で使用する定期乗車券、あるいは一定期間ある施設に入場出来る入場券等があった。 Conventionally, there has been a season ticket, or tickets, etc. that can be admission to a certain period of time a certain facility for use in the vehicle. これらの券は指定された期間内ならば何回使用しても構わないものである。 These tickets are those that do not may be used many times if within a specified period of time.

【0003】しかし、逆に例えば病気等で会社や学校を休む場合は、定期乗車券を使用しないわけであるが、一旦購入した定期券は使用しない分の払戻し等は行なわないのが普通である。 [0003] However, Conversely, by applying, for example, if the rest of the company and the school, such as illness, but is not not use a regular ticket, it is usually not performed minute refund, such as you do not want to use the commuter pass once purchased . 長期間連続して休むと分かった場合は定期を解約する事も出来るが、短期間度々休む場合はその度に解約するのは損である。 Although a long period of time if found to continuously rest can also be cancel your subscription, if you rest a short period of time often is a loss to churn each time.

【0004】仮に、6か月定期を買っても、休んだり出張が多かったりで、使用しない期間が1か月以上になっても、定期券の期限が来れば使用出来なくなるという欠点があった。 [0004] Even if bought six months regularly, at or often absent Dari business trip, even if the non period is more than a month use, there is a drawback that can not be used in due date of the commuter pass .

【0005】 [0005]

【発明が解決しようとする課題】本発明では、上述した欠点を除去し、定期券のような期限付きのカードに対して、仮に期限が来ても、利用回数が一定回数より少なければ、期限を延長して利用出来る様にすることを目的とする。 In the present invention is to challenge you try to solve], to remove the above mentioned disadvantages, for the time-limited card, such as a season ticket, even if the coming deadline, if the number of times of use is less than a certain number of times, the deadline and has as its object to such available to extend the.

【0006】このシステムは使用者側から見れば、利用しない場合が多くても期限を越えて、一定回数は確実に使用出来るわけで、合理的であるといえる。 [0006] From the perspective of this system is the user side, beyond the time limit even if in many cases you do not use, a certain number of times is not possible to securely use, it can be said to be reasonable.

【0007】又、発売する側から見ればより長期の定期券を購入してもらえるという利点がある。 [0007] In addition, there is an advantage that get to buy a commuter pass more long-term if you look from the side to be launched. 定期券はプリペイドカードの一種なので、より早い段階での収益の確保が出来る事になる。 Since the season ticket is a kind of prepaid card, it will be secure earnings of at an earlier stage can be.

【0008】 [0008]

【課題を解決するための手段】本発明の一観点によれば、カードの有効期限を記憶させる有効期限記憶手段と、カードに利用可能量を記憶させる利用可能量記憶手段と、カードを利用する度にカウントするカウント手段と、前記カウント手段によりカウントした結果と前記利用可能量を比較する比較手段と、前記比較手段の結果により前記有効期限を変更する有効期限変更手段とを有する事を特徴とするカード処理装置が提供される。 According to one aspect of the present invention, in order to solve the problems], use and expiration storage means for storing the expiration date of the card, the available amount storage means for storing an available amount on the card, the card counting means for counting each time, comparing means for comparing said available amount and result of counting by said counting means, and characterized in that it has an expiration date changing means for changing the expiration date as a result of the comparing means to the card processing apparatus is provided.

【0009】本発明の他の観点によれば、カードの有効期限を記憶させる有効期限記憶手段と、カードを使用する度にカードに最終使用日を記憶させる最終使用日記憶手段と、当日と前記最終使用日との差分が所定期間以上である場合には、前記有効期限を所定期間だけ延長する有効期限延長手段とを有する事を特徴とするカード処理装置が提供される。 According to another aspect of the present invention, and expiration storage means for storing the expiration date of the card, the last used memory means for storing the last used the card each time you use the card, and on the day the the difference between the last use date if more than a predetermined period, the expiry date card processing apparatus characterized in that it has an expiration date extension means for extending a predetermined period is provided.

【0010】本発明のさらに他の観点によれば、カードの有効期限を記憶させる有効期限記憶ステップと、カードに利用可能量を記憶させる利用可能量記憶ステップと、カードを利用する度にカウントするカウントステップと、前記カウントした結果と前記利用可能量を比較する比較ステップと、前記比較の結果により前記有効期限を変更する有効期限変更ステップとを有する事を特徴とするカード処理方法が提供される。 According to still another aspect of the present invention, and expiration storage step of storing the expiration date of the card, the available amount storing step of storing an available amount on the card, and counts each time the use of the card a counting step, a comparison step of comparing the available amount and result of the counting, card processing method characterized in that it has an expiration date changing step of changing the expiration date as a result of the comparison is provided .

【0011】本発明のさらに他の観点によれば、カードの有効期限を記憶させる有効期限記憶ステップと、カードを使用する度にカードに最終使用日を記憶させる最終使用日記憶ステップと、当日と前記最終使用日との差分が所定期間以上である場合には、前記有効期限を所定期間だけ延長する有効期限延長ステップとを有する事を特徴とするカード処理方法が提供される。 According to still another aspect of the invention, and expiration storage step of storing the expiration date of the card, the last used storage step of storing a last use date card each time you use the card, and on the day If the difference between the last use date is equal to or more than a predetermined time period, the card processing method characterized in that it has an expiration date extension step of extending the expiration date for a predetermined period is provided.

【0012】本発明のさらに他の観点によれば、カードの有効期限を記憶させる有効期限記憶手順と、カードに利用可能量を記憶させる利用可能量記憶手順と、カードを利用する度にカウントするカウント手順と、前記カウントした結果と前記利用可能量を比較する比較手順と、 According to still another aspect of the invention, and expiration storage procedure for storing the expiration date of the card, the available amount storage procedure for storing an available amount on the card, and counts each time the use of the card and counting procedure, a comparison procedure for comparing the available amount and result of the counting,
前記比較の結果により前記有効期限を変更する有効期限変更手順とをコンピュータに実行させるためのプログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体が提供される。 Computer readable recording medium recording a program for executing the expiration changing procedure for changing the expiration date on the computer is provided by the results of the comparison.

【0013】本発明のさらに他の観点によれば、カードの有効期限を記憶させる有効期限記憶手順と、カードを使用する度にカードに最終使用日を記憶させる最終使用日記憶手順と、当日と前記最終使用日との差分が所定期間以上である場合には、前記有効期限を所定期間だけ延長する有効期限延長手順とをコンピュータに実行させるためのプログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体が提供される。 According to still another aspect of the present invention, and expiration storage procedure for storing the expiration date of the card, the last used memory instructions for storing the last used the card each time you use the card, and on the day If the difference between the last use date is equal to or longer than the predetermined period, the expiration computer readable recording a program for executing the expiry extension procedure for extending a predetermined period on a computer recording medium provided It is.

【0014】本発明によれば、例えば定期券のような期限付きのカードに対して、仮に期限が来ても、利用量が一定量より少なければ、期限を延長して利用出来る。 [0014] According to the present invention, for example with respect to the time-limited card, such as a commuter pass, even if the coming deadline, if the amount of use is less than a certain amount, can be utilized to extend the deadline. 使用者側から見れば、利用しない場合が多くても期限を越えて、一定量は確実に使用出来るわけで、合理的であるといえる。 If you look from the user side, beyond the time limit even if in many cases you do not use, a certain amount is not able to ensure the use, it can be said to be reasonable. 又、発売する側から見ればより長期の定期券等のカードを購入してもらえるという利点がある。 In addition, there is an advantage that get to buy more long-term commuter pass such as a card of if you look from the side to be launched. 定期券等はプリペイドカードの一種なので、より早い段階での収益の確保が出来る事になる。 Since the regular coupons, and the like is a kind of prepaid card, it will be secure earnings of at an earlier stage can be.

【0015】 [0015]

【発明の実施の形態】以下、本発明の実施形態を、実施例に沿って図面を参照しながら説明する。 DESCRIPTION OF THE PREFERRED EMBODIMENTS Hereinafter, the embodiments of the present invention will be described with reference to the drawings along the Examples. (実施例の概要)まず、本発明実施例の概要を述べる。 (Outline of Embodiment) First, outlines the present invention embodiment.
第1の実施例では、東京・横浜間の6か月定期を購入した際、最低保証乗車回数がカードに書き込まれる。 In the first example, when you purchase a 6-month regular between Tokyo and Yokohama, the minimum guaranteed ride number is written on the card. その数を220とする。 That number to 220. 終了日の翌日に使用した場合、まだ220回乗っていなければ、余った回数から日数を算出して期限を伸ばす。 If you use the day after the end date, if not riding still 220 times, extend the time limit by calculating the number of days from the excess number of times. 期限の再延長は無い。 Re-extension there is no deadline.

【0016】第2の実施例では、同じく最低保証乗車回数を220として、期限を越えても220回に達しない場合は、期限はその儘で回数が220になるまでは乗れる様にする。 [0016] In the second embodiment, as 220 a minimum guaranteed ride number of times as well, if you do not reach even beyond the time limit to 220 times, the deadline is the number of times at that as one likes is the way ride is until the 220.

【0017】第3の実施例では、1月1日から6月30 [0017] In a third embodiment, 6 months from January 1, 30
日までの定期券を買って、4月15日から5月14日まで丸一か月利用しない場合は、一か月単位で延長される。 It bought a season ticket until the day, if you do not want to use a round one month from April 15 until May 14, is extended by one month units. 即ち7月31日まで延長される。 That is, it extended until July 31.

【0018】第4の実施例では、4月1日から6月30 [0018] In the fourth embodiment, 6 months from April 1, 30
日までの3か月定期を購入すると、最低保証乗車距離がカードに書き込まれる。 When you purchase a 3-month regular until the day, the minimum guaranteed ride distance is written to the card. 期限が来ても乗車距離がその数値に達しない場合は、残りの距離から延長日数を算出して定期券に書込む。 If the deadline is riding distance can come does not reach that number, written in the commuter pass to calculate the extended number of days from the rest of the distance.

【0019】[第1の実施例] (システム構成)図1は、本発明の第1の実施例に係る、期限付きカード及びシステムから成る装置とカードと金の関連を示してある。 [0019] First Embodiment (System Configuration) FIG. 1, in accordance with a first embodiment of the present invention, there is shown a connection device and the card and gold consisting time-limited cards and systems.

【0020】まず金(101)を出札機(102)に入れて(105)、カード(103)を購入する(10 [0020] First put gold (101) in issuing tickets machine (102) (105), to purchase a card (103) (10
6)。 6). カードには定期券機能を持ち、改札機(104) The card has a commuter pass function, ticket gate (104)
に入れる度にカードの内容を読みとって(107)、改札の動作を行なう。 Reads the contents of the card each time to take into (107), it performs the operation of the ticket gate. 又、改札を通った事を示す情報をカードに書込む(108)。 In addition, written information indicating that passed through the ticket gate to the card (108).

【0021】(カード)上述したカードの詳細を図2を用いて説明する。 [0021] (card) the details of the foregoing card will be described with reference to FIG. カードは情報を記憶するメモリ(20 Card stores the information memory (20
1)とセンサーSENS(209)とから構成されている。 It is composed from 1) a sensor SENS and (209). メモリの方式は電気的でも良いし、磁気的でも良いし或はその他の方式でも良い。 It scheme of the memory may be electrically, or magnetically and good to or other methods well.

【0022】このメモリには定期券の開始日SDAY [0022] The start date SDAY of season ticket for this memory
(202)、終了日EDAY(203)、乗車区間を示す駅STA(204)とSTB(205)、カウンターCOU(206)、氏名NAM(207)、年齢AGE (202), the end date EDAY (203), the station STA indicating the boarding section and (204) STB (205), counter COU (206), name NAM (207), age AGE
(208)が記憶される。 (208) is stored.

【0023】(改札機)図3に改札機のブロック図を示したので、これを参照して改札機の構成を説明する。 [0023] Since a block diagram of a ticket gate machine (ticket gate) 3, the configuration of the ticket gate by reference. 改札機は入口と出口と両方の機能を兼ね備え持つ。 Ticket gate has both an inlet and an outlet and both functions.

【0024】中央処理装置CPU(301)はリードオンリメモリROM(305)に格納されているプログラムを実行するための処理装置である。 The central processing unit CPU (301) is a processor for executing the program stored in the read only memory ROM (305). 尚、ROMにはプログラムの他に表示器DISP(303)に文字を表示させる為のフォントも記憶されている。 Note that the font is also stored in order to display characters on the display DISP (303) to the other programs in ROM.

【0025】リーダー・ライターR/W(302)はカードを読取ったり、カードに書き込んだりする装置である。 The leader writer R / W (302) is a device for writing or reading the card, the card.

【0026】ゲート装置GATE(304)は改札で人の通過を遮断する為の装置である。 [0026] The gate apparatus GATE (304) is a device for blocking the passage of people in the ticket gate. 不正なカードの際には閉じる様になっている。 It has become as close to the time of the illegal card.

【0027】RAM(306)は各種演算で必要なワーク領域やデータを一旦記憶する為に使用されるランダムアクセスメモリである。 The RAM (306) is a random access memory used to temporarily store work area and data required in various calculations. 以上の装置をバスラインBL The bus line BL or more devices
(307)が結んで、情報のやりとりが行なわれる。 (307) is signed, exchange of information is performed.

【0028】(出札機)図4に出札機のブロック図を示したので、これを参照して説明する。 [0028] Since a block diagram of a (issuing tickets machine) issuing tickets machine 4 will be described with reference to this. 先ず、中央処理装置CPU(401)があり、これはリードオンリメモリROM(405)に格納されているプログラムを実行するための処理装置である。 First, there is a central processing unit CPU (401), which is a processor for executing the program stored in the read only memory ROM (405). 尚、ROMにはプログラムの他に表示器DISP(403)に文字を表示させる為のフォントも記憶されている。 Note that the font is also stored in order to display characters on the display DISP (403) to the other programs in ROM.

【0029】リーダー・ライターR/W(402)はカードを読取ったり、カードに書き込んだりする装置である。 The leader writer R / W (402) is a device for writing or reading the card, the card. キーKEY(404)は操作する為のキーである。 Key KEY (404) is the key for operation.
定期券を買う際に乗車駅や期間等を入力する為に使用者が操作する為のキー群である。 It is a key group for operating the user in order to enter the boarding station and duration, such as when to buy a season ticket.

【0030】RAM(406)は各種演算で必要なワーク領域やデータを一旦記憶する為に使用されるランダムアクセスメモリである。 The RAM (406) is a random access memory used to temporarily store work area and data required in various calculations. 現金処理部MONY(407) Cash processing unit MONY (407)
は現金を取り入れたり、つり銭を出したりする為の現金を取り扱う装置である。 Is a device that handles or incorporating the cash, the cash for that and out the exact change. 以上の装置をバスラインBL The bus line BL or more devices
(408)が結んで、情報のやりとりが行なわれる。 (408) is signed, exchange of information is performed.

【0031】(定期券料金とカウンターの関係)図5に定期券の種類を示した。 [0031] showed the kind of season ticket (the relationship of the commuter pass charges and counter) Figure 5. 1か月、3か月、6か月と3種類ある。 1 month, 3 months, some 6 months and 3 types. 各々の料金を示したが、期間が長くなるほど、 It showed each charge of, but, as the period is longer,
割安になっている。 It has become cheaper. カウンターは最低乗車回数を保証する数字である。 Counter is a number to guarantee a minimum ride number of times. 1か月定期では30回となっているが、 Although the one month regularly and has a 30 times,
通常月曜日から金曜日までの通勤客の場合は20日×往復(2回)で、合計40回程になるが、それよりも少なくなっている。 In 20 days × round-trip in the case of commuters from the normal Monday to Friday (2 times), but become as a total of 40 times, which is less than that. 即ち会社を休んだりして30回未満しか使用して無い場合は、1か月を越えてもっと使用することが出来る様になる。 That is, when not using less than resting Dari to 30 times the company, it becomes as it is possible to use more than 1 month. 3か月は110回、6か月は24 3 months is 110 times, 6 months 24
0回と回数は多めになる。 0 times and the number of times will be generous. 6か月の場合は一か月平均4 One month average in the case of 6 months 4
0回であり、通常の通勤回数に等しくなる。 0 times, equal to the normal commute times. 定期券を出札口で購入すると以上のカウンターがカードに記入されるわけである。 Or more of the counter to buy a season ticket at the ticket window is not be entered in the card.

【0032】(出札機での処理)出札機での処理を図7 [0032] FIG processing at the (issuing tickets processing in the machine) issuing tickets machine 7
のフローチャートを参照して説明する。 It will be described with reference to the flowchart of. まず、継続の定期券を購入する場合はカードを読み込ませる。 First of all, if you want to buy a season ticket of continuing to read the card. (ステップS701) (Step S701)

【0033】但し、初めての場合は当然その必要は無い。 [0033] However, of course the necessary If this is the first time there is no. 次に、駅区間や期間、氏名等の必要事項をキーを使って入力する。 Next, the input using the station interval and duration, the necessary information such as the name key. (ステップS702) 料金が表示器に表示されるので、その金を払い込む。 Since (step S702) fee is displayed on the display device, paying the money. 金は現金でも良いしクレジットカードでも良い。 Gold may be in cash or by credit card. (ステップS703) (Step S703)

【0034】カードにカウンター等の必要な情報を書込む。 [0034] writing the necessary information of the counter or the like to the card. (ステップS704) カードを出力する。 (Step S704) and outputs the card. (ステップS705) 以上でカードを購入したことになる。 It will be purchased the card in (step S705) or more.

【0035】(改札機での処理)改札機には入口と出口の2通りの役目があるが、カウンターに関する処理は入口でのみ行なう。 [0035] (treatment with ticket gate) Although the ticket gate has the role of two types of inlet and outlet, the process relates to the counter is performed only at the entrance. 出口では定期券が有効区間内であるか或は有効期間内であるかのチェックだけに留める。 At the exit stop only to check whether it is within or lifetime season ticket is within the valid period.

【0036】入口での処理過程を図8〜図10のフローチャートを参照して説明する。 [0036] The process at the inlet with reference to the flowchart of FIGS. 8 to 10 will be described. この処理の流れはプログラムとして改札機のROMに格納されている。 This processing flow is stored in the ROM of the ticket gate as a program. まず、カードを読取る。 First, read the card. (図8のステップS801) 次に、カードを読み込んだ当駅が定期の区間内の駅か否か判別する。 (Step S801 of FIG. 8) Next, the station which has read the card to determine whether the station in regular intervals. (ステップS802) (Step S802)

【0037】定期の区間内の駅でなければ、そのカードでは改札を抜ける事は出来ないので、ゲートを閉鎖する。 [0037] If a station in the regular interval, because not be able to exit the ticket gate at that card, to close the gate. (図9のステップS901) 更に、表示器に警告メッセージを表示する。 (Step S901 of FIG. 9) further displays a warning message on the display. (ステップS902) 最後に、カードを返却する。 (Step S902) Finally, to return the card. (ステップS903) (Step S903)

【0038】一方、当駅が区間内の駅であった場合は、 [0038] On the other hand, when the station was a station in the interval,
今度は定期券の有効期間内か否か判別する。 This time, it is determined whether or not within the validity period of the commuter pass. (図8のステップS803) 定期の有効期間の場合はカードのカウンターをチェックする。 (Step S803 of FIG. 8) in the case of the valid period of the periodic checks counter card. (ステップS804) (Step S804)

【0039】カウンターが0で無ければ1引く処理を行なう。 The counter performs a 1-catching process if it is not 0. (ステップS805) カウンターが0なら引き算はしない。 (Step S805) counter is not a subtraction if 0. 次に、ゲートを開く。 Next, open the gate. (ステップS806) 最後にカードを返却する。 (Step S806) to return the last to card. (ステップS807) (Step S807)

【0040】他方、定期が有効期間内で無かった場合は、以下の処理を行なう。 [0040] On the other hand, if periodical is not within the validity period, the following processing is performed. 即ち、当日が定期終了日の翌日か否か判別する。 In other words, on the day it is determined whether or not the next day of the regular end date. (図10のステップS1001) 翌日で無かった場合は、その定期は無効なのでゲート閉鎖処理に進む。 If not a day (step S1001 in FIG. 10), the process proceeds to the gate closing process because the periodical is invalid. (図9のステップS901) 翌日だった場合、カウンターのチェックを行なう。 If it was the next day (step S901 in FIG. 9), to check the counter. (図10のステップS1002) (Step S1002 in FIG. 10)

【0041】カウンターが0の場合は、既に最低保証回数以上使った事になり、その定期券は無効である。 [0041] If the counter is 0, will be using already guaranteed minimum number of times or more, the season ticket is invalid. この場合もやはりゲート閉鎖処理に進む。 Also in this case, also proceed to the gate closing process. (図9のステップS901) カウンターが0で無い場合は、即ち、その定期券は期限が切れたが最低保証回数だけ使用していないという事になる。 If the counter (step S901 in FIG. 9) not 0, namely, the commuter pass is made to the fact that it has expired does not use only the minimum guaranteed number of times. この場合は終了日を延長する。 In this case, to extend the end date. この延長の計算過程は後述する。 The calculation process of the extension will be described later. (図10のステップS1003) 更に、カウンターを0にして(ステップS1004)、 Furthermore (step S1003 in FIG. 10), and the counter to 0 (step S1004),
ゲート開放処理に進む(図8のステップS806)。 Proceeds to open gate process (step S806 in FIG. 8).

【0042】終了日の延長計算を以下に説明する。 [0042] To explain the extended calculation of the end date to the following. 過程を図6に示したが、まず定期券の本来の期間が4月1日から9月30日までとする。 Although the process in FIG. 6, first the original period of the commuter pass is until September 30, from 1 April. 使用した回数が220回とすると、カウンターは最初は240だから、20になっている。 When the number of times you have used the 220 times, the counter first is in the 240 So, 20. 一日2回使用するとして、この残っているカウンター数値20を2で割り、10を得る。 As used twice a day, divide the remaining counter numerical 20 with 2 to obtain 10. つまり、10 In other words, 10
日間まだ使える事になる。 Days will still use it. 9月30日に10日間加えて、終了日を10月10日にする。 In addition to 10 days to September 30, the end date to October 10. 以上が終了日の計算であるが、再延長は無く、その為カウンターは図10のステップS1004で0にする。 The above is the calculation of the end date, re-extension is not, the order counter is set to 0 in step S1004 in FIG. 10.

【0043】[第2の実施例]第1の実施例とシステム構成やカードの構成は同じである。 [0043] The Second Embodiment The first embodiment and the system configuration and card configuration is the same. 第1の実施例では本来の定期券の最終日の翌日に、カウンターをチェックして、その結果によっては最終日を延長する様にしたが。 The day after the last day of the original season ticket in the first embodiment, by checking the counter, but by the results was set to extend the last day.
最終日はその儘にして、カウンターが0になるまで使用出来る様にしても良い。 The last day in the without change, the counter may be in the manner can be used until the 0. つまりこの場合の定期券は、あたかも期限なしの回数券のように使えるわけである。 That season ticket in this case is not as if they were used as ticket number of times without a time limit. 但し、回数は最低保証回数である。 However, the number is a guaranteed minimum number of times.

【0044】やはり、入口での処理過程を図11及び図12のフローチャートを参照して説明する。 [0044] Again, the process at the entrance with reference to the flowchart of FIG. 11 and FIG. 12 will be described. この処理の流れはプログラムとして改札機のROMに格納されている。 This processing flow is stored in the ROM of the ticket gate as a program. まず、カードを読取る。 First, read the card. (ステップS1101) 次に、カードを読み込んだ当駅が定期券の区間内の駅か否か判別する。 (Step S1101) Next, the station read the card, it is determined whether or not the station in the interval of the commuter pass. (ステップS1102) (Step S1102)

【0045】定期券の区間内の駅でなければ、そのカードでは改札を抜ける事は出来ないので、ゲート閉鎖処理に進む。 [0045] If a station in the interval of the commuter pass, because you can not exit the ticket gate at that card, proceed to the gate closing process. (図9のステップS901) 一方、当駅が区間内の駅であった場合は、今度は定期券の有効期間内か否か判別する。 On the other hand (step S901 in FIG. 9), if the station is a station in the interval, this time to determine whether it is within the validity period of the commuter pass. (ステップS1103) 定期券の有効期間の場合はカードのカウンターから1減算する。 (Step S1103) in the case of the valid period of the season ticket 1 is subtracted from the counter of the card. マイナスになっても構わない。 It may be made to the negative. (ステップS1 (Step S1
104) 104)

【0046】次に、ゲートを開く。 Next, open the gate. (ステップS110 (Step S110
5) 最後にカードを返却する。 5) to return the last to card. (ステップS1106) 他方、定期券が有効期間内で無かった場合は、以下の処理を行なう。 (Step S1106) On the other hand, if not a regular ticket within the validity period, the following processing is performed. 即ち、カウンターが0より大きいか否か判別する。 That is, to determine whether the counter is greater than zero. (図12のステップS1107) (Step S1107 in FIG. 12)

【0047】その結果、0より大きければまだ使用出来るわけで、カウンター減算処理に進む。 [0047] As a result, it is still not able to use greater than 0, the process proceeds to counter subtraction process. (図11のステップS1104) 他方、0以下ならばもう使用出来ないのでゲート閉鎖処理に進む。 (Step S1104 in FIG. 11) On the other hand, the process proceeds to the gate closing process can not be used anymore if 0 or less. (図9のステップS901) (Step S901 of FIG. 9)

【0048】[第3の実施例]第1の実施例とシステム構成は同じである。 [0048] [Third Embodiment] The first embodiment and the system configuration is the same. カードの構成は異なり図14に示したが、カウンターの代わりに使用日UDAY(140 Although shown in configuration differs view 14 of the card, use date Uday (140 instead of the counter
1)がある。 1) there is. 第1及び第2の実施例ではカウンターによって定期券の最終日を過ぎても使用出来る様にしたが、 But it was set to be used even after the last day of the season ticket by the counter in the first and second embodiments,
ここでは1か月以上使用しない日が連続した場合、1か月単位で有効期間を延長する様にした。 If the day you do not want to use more than a month was continuously here, it was set to extend the effective period per month.

【0049】概略を図13に示したが、定期券の有効期間が本来は1月1日から6月30日とした場合、途中の4月15日から5月14日まで使用しなかった場合、有効期間を1か月延長して7月31日までにするものである。 [0049] When it outlined in Figure 13, which was not used when the original validity period of commuter pass was June 30 from January 1, April 15 on the way up to May 14 are those that until July 31 to one month extension of the validity period.

【0050】その処理過程を図15のフローチャートを参照して説明する。 [0050] be described with reference to the flowchart of FIG. 15 and the process. まず、カードを読取る。 First, read the card. (ステップS1501) 次に、カードを読み込んだ当駅が定期券の区間内の駅か否か判別する。 (Step S1501) Next, the station read the card, it is determined whether or not the station in the interval of the commuter pass. (ステップS1502) (Step S1502)

【0051】定期券の区間内の駅でなければ、そのカードでは改札を抜ける事は出来ないので、ゲート閉鎖処理に進む。 [0051] If a station in the interval of the commuter pass, because you can not exit the ticket gate at that card, proceed to the gate closing process. (図9のステップS901) 一方、当駅が区間内の駅であった場合は、今度は定期券の有効期間内か否か判別する。 On the other hand (step S901 in FIG. 9), if the station is a station in the interval, this time to determine whether it is within the validity period of the commuter pass. (ステップS1503) (Step S1503)

【0052】定期券の有効期間でなければ、そのカードでは改札を抜ける事は出来ないので、ゲート閉鎖処理に進む。 [0052] If it is not the validity period of the commuter pass, because you can not exit the ticket gate at that card, proceed to the gate closing process. (図9のステップS901) 定期券の有効期間の場合はカードに記憶された使用日U Day of use U stored in the card if the validity period of the commuter pass (step S901 in FIG. 9)
DAYと当日の差を計算する。 To calculate the difference between the DAY and the day. (ステップS1504) (Step S1504)

【0053】後述するが、使用日UDAYは使用する度に更新されるので、いわば最も最近使用した日を示す。 [0053] As will be described later, since the day of use UDAY is updated each time you use, show the day so to speak, was most recently used.
差が1か月以上あるか否か判別する。 The difference is determined whether there is at least one month. (ステップS15 (Step S15
05) 一か月以上の場合は終了日EDAYを1か月延長する。 05) In the case of more than one month to one month extension of the end date EDAY.
(ステップS1506) (Step S1506)

【0054】さらに、当日の日付を使用日UDAYに書込み、更新する。 [0054] In addition, write the date on the day to day of use UDAY, to update. (ステップS1507) 次に、ゲートを開く。 (Step S1507) Next, open the gate. (ステップS1508) 最後にカードを返却する。 (Step S1508) to return the last to card. (ステップS1509) 以上の処理で、使用していない期間が連続1か月以上に及ぶ場合は1か月単位で終了日が伸びる。 In (step S1509) or more of the processing, the end date is extended by one month unit If the period you are not using spans more than one consecutive month. 又、終了日は再延長出来るので、長期に渡って使用しなくても、無駄になる事は無い。 In addition, the end date since the re-extension can be, even without the use over a long period of time, it is not wasted.

【0055】[第4の実施例]第1の実施例とシステム構成は同じである。 [0055] [Fourth Embodiment of] the first embodiment and the system configuration is the same. カードの構成は異なり図17に示したが、カウンターは無く、代わりに次の4つの項目が追加されている。 Although shown in the card configuration are different 17, the counter is no, the next four items have been added instead. 乗車した駅若しくは降車した駅STC Ride the train station or get off the station STC
(1701)。 (1701). 定期券区間の距離DIST(170 Distance of the commuter pass section DIST (170
2)。 2). 最低保証距離TOTAL(1703)。 Guaranteed minimum distance TOTAL (1703). 利用距離USE(1704)。 Use distance USE (1704).

【0056】以上の情報の内、出札で定期券を購入した際には駅STCは記入されていないし、利用距離USE [0056] Of the above information, it does not have entered the station STC is when you buy a season ticket in issuing tickets, use distance USE
は0になっている。 It has become 0. 第1〜第3の実施例では利用した回数や日数で定期の最終日を過ぎても使用出来る様にしたが、ここでは利用した距離に応じて、有効期間を延長する様にした。 Although the manner can also be used beyond the regular last day at times or days using the first to third embodiments, where according to the distance using, was set to extend the validity period.

【0057】概略を図16に示したが、定期券の区間はX駅とY駅とする場合、実際はA駅からY駅までしか使用する事が少なく、X駅はあまり使用しない場合がある。 [0057] has been shown schematically in FIG. 16, a commuter pass of the section if the X Station and Y station, in fact it is less to be used only from station A to Y Station, there is a case in which X station is not much use. 例えば、通勤の際、朝はA駅から乗るが、帰りはX For example, during the commute, but in the morning ride from the A station and return X
駅に寄って帰るという場合がある。 There is a case that the return by the station. この場合A駅とY駅との距離は16km、X駅とY駅の距離が20kmとすると、毎日4km利用しないという事になる。 In this case the distance between the A station and Y station is 16km, the distance of the X Station and Y Station and 20km, it comes to not 4km use every day. この分を集約して、定期券の期間延長に便宜を図ろうというわけである。 To aggregate this minute, it is not that the attempt is made for the convenience to the period extension of the commuter pass.

【0058】改札の入口では改札機はカードに乗車駅S [0058] ride ticket gate at the entrance of the ticket gate on the card station S
TCを書込む。 Writes the TC. あとは、定期券の期間と区間をチェックして通過させるだけである。 After that, only to pass to check the period and the section of the commuter pass. 一方、改札の出口では乗車距離が分かるので、別の処理を行なう。 On the other hand, since it is clear distance traveled, it performs another processing at the outlet of the ticket gate. その処理過程を図19のフローチャートを参照して説明する。 The process will be described with reference to the flowchart of FIG. 19.

【0059】まず、カードを読取る。 [0059] First of all, read the card. (ステップS19 (Step S19
01) 次に、カードを読み込んだ当駅が定期券の区間内の駅か否か判別する。 01) Next, the station read the card, it is determined whether or not the station in the interval of the commuter pass. (ステップS1902) 定期の区間内の駅でなければ、そのカードでは改札を抜ける事は出来ないので、ゲート閉鎖処理に進む。 If a station (step S1902) in a regular interval, because not be able to exit the ticket gate at that card, proceed to the gate closing process. (図9 (Figure 9
のステップS901) Step S901 of)

【0060】一方、当駅が区間内の駅であった場合は、 [0060] On the other hand, when the station was a station in the interval,
今度は定期券の有効期間内か否か判別する。 This time, it is determined whether or not within the validity period of the commuter pass. (ステップS1903) 定期券の有効期間でなければ、そのカードでは改札を抜ける事は出来ないので、ゲート閉鎖処理に進む。 If it is not the validity period of the (step S1903) commuter pass, because you can not exit the ticket gate at that card, proceed to the gate closing process. (図9 (Figure 9
のステップS901) Step S901 of)

【0061】定期券の有効期間内の場合は今乗った距離をカードの利用距離USEに加算する。 [0061] In the case of the validity period of the commuter pass adding the distance riding now on the card of use distance USE. (ステップS1 (Step S1
904) 次に、当日が定期券の有効期限の最後の日か否か判別する。 904) Then, on the day it is determined whether or not the last day of the expiration date of the commuter pass. (ステップS1905) 最後の日であれば、最低保証距離と利用距離とから延長日数を計算する。 If (step S1905) the last day, to calculate the extended number of days from the guaranteed minimum distance and use distance. (ステップS1906) この計算過程は後述する。 (Step S1906) This calculation process will be described later.

【0062】更に、新たな計算で出た日数を本来の終了日に加え、その結果の日付をカードに書込む。 [0062] Furthermore, in addition the number of days out with a new calculation to the original end date, write the date of the result to the card. (ステップS1907) 次に、ゲートを開く。 (Step S1907) Next, open the gate. (ステップS1908) 最後にカードを返却する。 (Step S1908) to return the last to card. (ステップS1909) (Step S1909)

【0063】上述したステップS1906における計算過程を述べる。 [0063] describe the calculation process in step S1906 described above. 図18の計算過程表を参照して説明する。 With reference to the calculation process table in FIG. 18 will be described. まず定期券の本来の期間が4月1日から6月30日までとする。 First, the original period of the commuter pass is up to June 30, from 1 April. 定期券の区間が20kmとする。 Commuter pass of the section is to 20km.

【0064】基準使用回数として100回とする。 [0064] and 100 times as a reference number of times of use. 即ち3か月で最低100回乗車する事を考慮し、これを基にトータルの距離として2000kmを最低乗車保証距離とする。 That is taking into account that you ride at least 100 times in three months, this is the 2000km to the group as the distance of the total and the lowest riding guarantee distance. これ以下ならば有効期間を過ぎても乗車して良いという距離である。 Past the validity period if less than this is the distance that also may be riding.

【0065】定期券期間にもしA−Y駅間16kmを1 [0065] A if A-Y station between 16km to the commuter pass period 1
10回、X−Y駅間を5回乗車したとすると、利用距離は合計で1860kmになる。 10 times, assuming that rides between X-Y Station 5 times, use distance becomes 1860km in total. トータルとの差は140 The difference between the total 140
kmになるから、これを定期券区間20kmで割った7 Since become km, which was divided by the commuter pass section 20km 7
が延長乗車日数となる。 But the extension ride days.

【0066】計算は以上であるが、終了日が延長されてさらにその日までまた距離がトータルに届かなかった場合は、また延長される。 [0066] The calculation is greater than or equal to, if also the distance to further the day end date is extended did not reach the total, also be extended. 以上の処理で、使用していない距離が残っていれば、その距離に応じて終了日が伸びる。 In the above process, if there remains a distance that is not used, the end date is extended in accordance with the distance. 又、終了日は再延長出来るので、合理的である。 In addition, the end date is because the re-extension can be, is reasonable.

【0067】[その他の実施例]上述した実施例以外にも以下の様にしても良い。 [0067] [Other embodiments] may be in the following manner other than the embodiments described above. カードに記憶する際の記憶方式はフラッシュメモリーでも良いし、その他のICメモリでも良いし、磁気記憶方式でも良い。 It is storage scheme when stored on the card may be a flash memory, it may be other IC memory, or a magnetic storage system. 又、電車の乗車券に限らず、バス、船、飛行機いずれの乗り物の券でも構わない。 In addition, the present invention is not limited to the train ticket, it does not matter bus, boat, airplane in ticket of any of the vehicle.

【0068】さらに、乗り物に限らず、球場の定期入場券、博物館や美術館の定期入場券、遊園地の定期入場券等でも同様のサービスが可能である。 [0068] Furthermore, the present invention is not limited to the vehicle, regular admission ticket of the stadium, regular admission tickets for museums and galleries, it is possible to similar services in the amusement park of the regular admission ticket or the like. 以上説明した通り、本実施例では、上述した欠点を除去し、定期券のような期限付きのカードに対して、仮に期限が来ても、利用回数が一定回数より少なければ、期限を延長して利用出来る様にした。 Above-described above, in this embodiment, to remove the above mentioned disadvantages, with respect to time-limited cards such as a commuter pass, even if coming deadline, if the number of times of use is less than the predetermined number of times to extend the deadline It was set to be able to use this in.

【0069】このシステムは使用者側から見れば、利用しない場合が多くても期限を越えて、一定回数は確実に使用出来るわけで、合理的であるといえる。 [0069] From the perspective of this system is the user side, beyond the time limit even if in many cases you do not use, a certain number of times is not possible to securely use, it can be said to be reasonable. 又、発売する側から見ればより長期の定期を購入してもらえるという利点がある。 In addition, there is an advantage that get to buy more long-term regular when viewed from the side to be launched. 定期はプリペイドカードの一種なので、 Since the regular is a kind of prepaid card,
より早い段階での収益の確保が出来る事になる。 It will be able to secure revenue at an earlier stage.

【0070】上記実施例の機能を実現するためのソフトウェアのプログラムコードを供給し、そのシステムあるいは装置のコンピュータ(CPUあるいはMPU)に格納されたプログラムに従って動作させることによって実施したものも、本発明の範疇に含まれる。 [0070] supplying a software program code for realizing the functions of the above embodiments, even those performed by operating according to the system or apparatus of a computer program stored in the (CPU or MPU), of the present invention It is included in the category.

【0071】この場合、上記ソフトウェアのプログラムコード自体が上述した実施例の機能を実現することになり、そのプログラムコード自体、およびそのプログラムコードをコンピュータに供給するための手段、例えばかかるプログラムコードを格納した記録媒体は本発明を構成する。 [0071] In this case, the software program codes themselves realize the functions of the embodiments described above, stores the program codes themselves and means for supplying the program code to the computer, for example, the program code recording medium constitute the present invention. かかるプログラムコードを記憶する記録媒体としては、例えばフロッピー(登録商標)ディスク、ハードディスク、光ディスク、光磁気ディスク、CD−RO As the storage medium for supplying such program code, a floppy disk, a hard disk, an optical disk, CD-RO
M、磁気テープ、不揮発性のメモリカード、ROM等を用いることができる。 M, a magnetic tape, a nonvolatile memory card, and a ROM.

【0072】なお、上記実施例は、何れも本発明を実施するにあたっての具体化のほんの一例を示したものに過ぎず、これらによって本発明の技術的範囲が限定的に解釈されてはならないものである。 [0072] The above embodiments are all only show just one example of a specific time of implementing the present invention, the technical scope of the present invention these should not be construed as limiting it is. すなわち、本発明はその技術思想、またはその主要な特徴から逸脱することなく、様々な形で実施することができる。 That is, the present invention without departing from its spirit or essential characteristics thereof, can be implemented in various forms.

【0073】 [0073]

【発明の効果】以上説明したように本発明によれば、例えば定期券のような期限付きのカードに対して、仮に期限が来ても、利用量が一定量より少なければ、期限を延長して利用出来る。 According to the present invention, as described above, according to the present invention, for example with respect to the time-limited card, such as a commuter pass, you can come if the deadline is, if the amount of use is less than a certain amount, to extend the time limit use this in can. 使用者側から見れば、利用しない場合が多くても期限を越えて、一定量は確実に使用出来るわけで、合理的であるといえる。 If you look from the user side, beyond the time limit even if in many cases you do not use, a certain amount is not able to ensure the use, it can be said to be reasonable. 又、発売する側から見ればより長期の定期券等のカードを購入してもらえるという利点がある。 In addition, there is an advantage that get to buy more long-term commuter pass such as a card of if you look from the side to be launched. 定期券等はプリペイドカードの一種なので、より早い段階での収益の確保が出来る事になる。 Since the regular coupons, and the like is a kind of prepaid card, it will be secure earnings of at an earlier stage can be.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】本発明の第1の実施例によるシステムの構成図である。 1 is a configuration diagram of a system according to a first embodiment of the present invention.

【図2】カードの構成図である。 FIG. 2 is a block diagram of the card.

【図3】改札機のブロック図である。 FIG. 3 is a block diagram of the ticket gate.

【図4】出札機のブロック図である。 FIG. 4 is a block diagram of issuing tickets machine.

【図5】定期券料金及びカウンターテーブルの図である。 FIG. 5 is a diagram of a commuter pass charges and counter table.

【図6】カウンターによる期間延長計算過程図である。 FIG. 6 is a term extension calculation process diagram according to the counter.

【図7】出札機の購入処理のフローチャートである。 FIG. 7 is a flow chart of the purchasing process of issuing tickets machine.

【図8】第1の実施例の改札機の改札処理のフローチャートである。 8 is a flowchart of a ticket gate processing ticket gate of the first embodiment.

【図9】第1の実施例の改札機の改札処理のフローチャートである。 9 is a flowchart of a ticket gate processing ticket gate of the first embodiment.

【図10】第1の実施例の改札機の改札処理のフローチャートである。 10 is a flowchart of a ticket gate processing ticket gate of the first embodiment.

【図11】第2の実施例の改札機の改札処理のフローチャートである。 11 is a flowchart of a ticket gate processing ticket gate of the second embodiment.

【図12】第2の実施例の改札機の改札処理のフローチャートである。 12 is a flowchart of a ticket gate processing ticket gate of the second embodiment.

【図13】第3の実施例の定期延長概略図である。 13 is a periodic extension schematic view of a third embodiment.

【図14】第3の実施例のカードの構成図である。 14 is a block diagram of a card of the third embodiment.

【図15】第3の実施例の改札機の改札処理のフローチャートである。 15 is a flowchart of a ticket gate processing ticket gate of the third embodiment.

【図16】第4の実施例の駅間距離図である。 16 is a distance between stations view of a fourth embodiment.

【図17】第4の実施例のカードの構成図である。 17 is a block diagram of a card of the fourth embodiment.

【図18】第4の実施例の距離による期間延長過程を示す図である。 18 is a diagram showing a time extension process according to length of the fourth embodiment.

【図19】第4の実施例の改札機の改札処理のフローチャートである。 19 is a flowchart of a ticket gate processing ticket gate of the fourth embodiment.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

101 金 102 出札機 103 カード 104 改札機 101 Gold 102 issuing tickets machine 103 card 104 ticket gate

Claims (11)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 カードの有効期限を記憶させる有効期限記憶手段と、 カードに利用可能量を記憶させる利用可能量記憶手段と、 カードを利用する度にカウントするカウント手段と、 前記カウント手段によりカウントした結果と前記利用可能量を比較する比較手段と、 前記比較手段の結果により前記有効期限を変更する有効期限変更手段とを有する事を特徴とするカード処理装置。 And 1. A expiration storage means for storing the expiration date of the card, the available amount storage means for storing an available amount on the card, and counting means for counting each time the use of the card, counted by said counting means card processor for the results and comparing means for comparing the available amount, characterized in that it has an expiration date changing means for changing the expiration date as a result of the comparing means.
  2. 【請求項2】 前記利用可能量記憶手段はカードの利用可能回数を記憶させ、前記カウント手段はカードの利用回数をカウントする事を特徴とする請求項1記載のカード処理装置。 Wherein said available amount storage means stores the available number of cards, the counting means is a card processing apparatus according to claim 1, characterized in that counts the number of times of use of the card.
  3. 【請求項3】 前記有効期限変更手段は、前記利用可能回数と前記カウント値との差分に応じた日数だけ前記有効期限を延長する事を特徴とする請求項2記載のカード処理装置。 Wherein the expiration date changing means, the available number of the card processing apparatus according to claim 2, characterized in that extending the expiration date by the number of days corresponding to the difference between the count value.
  4. 【請求項4】 前記有効期限変更手段は、前記利用可能回数と前記カウント値との差分が0になるまで前記有効期限を延長する事を特徴とする請求項2記載のカード処理装置。 Wherein said expiration changing means, the available number of the card processing apparatus according to claim 2, characterized in that extending the expiration date until the difference is zero and the count value.
  5. 【請求項5】 前記利用可能量記憶手段は利用可能距離を記憶させ、前記カウント手段は利用距離をカウントする事を特徴とする請求項1記載のカード処理装置。 Wherein said available amount storage means stores the available distance, the counting means is a card processing apparatus according to claim 1, characterized in that counting the use distance.
  6. 【請求項6】 前記カードは、乗り物の定期券である事を特徴とする請求項5記載のカード処理装置。 Wherein said card, the card processing apparatus according to claim 5, wherein it is the vehicle commuter pass.
  7. 【請求項7】 カードの有効期限を記憶させる有効期限記憶手段と、 カードを使用する度にカードに最終使用日を記憶させる最終使用日記憶手段と、 当日と前記最終使用日との差分が所定期間以上である場合には、前記有効期限を所定期間だけ延長する有効期限延長手段とを有する事を特徴とするカード処理装置。 And expiration date storage means 7. stores the expiration date of the card, the difference of the Last Used storage means for storing the last used the card each time you use the card, and the day and the last use date is given when it is time or more, the card processing apparatus characterized in that it has an expiration date extension means for extending the expiration date for a predetermined time period.
  8. 【請求項8】 カードの有効期限を記憶させる有効期限記憶ステップと、 カードに利用可能量を記憶させる利用可能量記憶ステップと、 カードを利用する度にカウントするカウントステップと、 前記カウントした結果と前記利用可能量を比較する比較ステップと、 前記比較の結果により前記有効期限を変更する有効期限変更ステップとを有する事を特徴とするカード処理方法。 8. and expiration storage step of storing the expiration date of the card, the available amount storing step of storing an available amount on the card, a counting step of counting each time the use of the card, and a result of the above counting card processing method characterized in that it has a comparison step of comparing the available amount, the expiration date changing step of changing the expiration date as a result of the comparison.
  9. 【請求項9】 カードの有効期限を記憶させる有効期限記憶ステップと、 カードを使用する度にカードに最終使用日を記憶させる最終使用日記憶ステップと、 当日と前記最終使用日との差分が所定期間以上である場合には、前記有効期限を所定期間だけ延長する有効期限延長ステップとを有する事を特徴とするカード処理方法。 And expiration date storage step of 9. store card expiration date, and the last use date storage step of storing a last use date card each time you use the card, the difference between the day and the last use date is given when it is time or more, the card processing method characterized in that it has an expiration date extension step of extending the expiration date for a predetermined time period.
  10. 【請求項10】 カードの有効期限を記憶させる有効期限記憶手順と、 カードに利用可能量を記憶させる利用可能量記憶手順と、 カードを利用する度にカウントするカウント手順と、 前記カウントした結果と前記利用可能量を比較する比較手順と、 前記比較の結果により前記有効期限を変更する有効期限変更手順とをコンピュータに実行させるためのプログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体。 10. A expiration storage procedure for storing the expiration date of the card, the available amount storage procedure for storing an available amount on the card, the counting procedure for counting every time using the card and a result of the above counting wherein a comparison procedure for comparing available quantity, the comparison result by the expiration valid change date change procedure and computer-readable recording medium a program for causing the computer to execute.
  11. 【請求項11】 カードの有効期限を記憶させる有効期限記憶手順と、 カードを使用する度にカードに最終使用日を記憶させる最終使用日記憶手順と、 当日と前記最終使用日との差分が所定期間以上である場合には、前記有効期限を所定期間だけ延長する有効期限延長手順とをコンピュータに実行させるためのプログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体。 And expiration date stored procedure 11. stores the expiration date of the card, the last used memory instructions for storing the last used the card each time you use the card, the difference between the day and the last use date is given when it is time or more, computer-readable recording medium a program for implementing an effective period extension procedure for extending the expiration date for a predetermined time period to the computer.
JP2000361640A 2000-11-28 2000-11-28 Device and method for processing card and recording medium Pending JP2002163690A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000361640A JP2002163690A (en) 2000-11-28 2000-11-28 Device and method for processing card and recording medium

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000361640A JP2002163690A (en) 2000-11-28 2000-11-28 Device and method for processing card and recording medium

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2002163690A true JP2002163690A (en) 2002-06-07

Family

ID=18833042

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2000361640A Pending JP2002163690A (en) 2000-11-28 2000-11-28 Device and method for processing card and recording medium

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2002163690A (en)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2005059691A3 (en) * 2003-12-17 2005-12-29 Kerry Dennis Brown Programmable magnetic data storage card
JP2006059289A (en) * 2004-08-24 2006-03-02 Fujitsu Ltd Commutation pass validity extension system
JP2008027081A (en) * 2006-07-19 2008-02-07 Fujitsu Ltd Apparatus and program for validity term management

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2005059691A3 (en) * 2003-12-17 2005-12-29 Kerry Dennis Brown Programmable magnetic data storage card
US7044394B2 (en) * 2003-12-17 2006-05-16 Kerry Dennis Brown Programmable magnetic data storage card
JP2006059289A (en) * 2004-08-24 2006-03-02 Fujitsu Ltd Commutation pass validity extension system
JP2008027081A (en) * 2006-07-19 2008-02-07 Fujitsu Ltd Apparatus and program for validity term management

Similar Documents

Publication Publication Date Title
KR101511801B1 (en) Delayed Transit Fare Assessment
US7063251B2 (en) Point card, point card processing apparatus, and point card system
CN101095166B (en) Method for automatically detecting the use of passenger transportation
US7284691B2 (en) Updating system for electronic tickets
US20050289003A1 (en) System and method for direct marketing
JP4285977B2 (en) Coupon issuing method and an automatic teller machine in an automatic teller machine
ES2204049T3 (en) Method and device for processing information encoded with a chip card.
US5953705A (en) Ticketless system and processing method and memory medium storing its processing program
WO2013173581A2 (en) Techniques in transit advertising
CN1292131A (en) Credit card system and method
US20100200654A1 (en) System and method for processing closed loop cards and codes
JPH11250353A (en) Point management system
JPH0973480A (en) System and method for charging content vending price
JP2002024464A (en) System and method for selling ticket with ic card, and recording medium
WO2010091329A1 (en) System and method for processing closed loop cards and codes
JP2001256415A (en) System and method for electronic card settlement using internet
JP2007072730A (en) Dynamic promotion system and dynamic promotion method in ec site
KR100292837B1 (en) online ticket sales system and method for the same
US20100070290A1 (en) Get home smart card
ES2249066T3 (en) Payment system indetificacion number (ID) services received.
JP2000293740A (en) Ic card processor, automatic vending machine, and vending method
WO2004021237A1 (en) Content distribution system management device, reading device, program, and method
US20060041469A1 (en) Marketing system employing electronically generated discount coupons
JP2008123270A (en) Apparatus, system and method for calculating return consideration
JPH08315188A (en) Managing method for facility using portable storage device