JP2002143076A - 中空容器の洗浄器およびすすぎ器 - Google Patents

中空容器の洗浄器およびすすぎ器

Info

Publication number
JP2002143076A
JP2002143076A JP2000349464A JP2000349464A JP2002143076A JP 2002143076 A JP2002143076 A JP 2002143076A JP 2000349464 A JP2000349464 A JP 2000349464A JP 2000349464 A JP2000349464 A JP 2000349464A JP 2002143076 A JP2002143076 A JP 2002143076A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
water
brush
rotating shaft
cover
hollow container
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2000349464A
Other languages
English (en)
Inventor
Shunichiro Nakamura
俊一郎 中村
Original Assignee
Shunichiro Nakamura
俊一郎 中村
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Shunichiro Nakamura, 俊一郎 中村 filed Critical Shunichiro Nakamura
Priority to JP2000349464A priority Critical patent/JP2002143076A/ja
Publication of JP2002143076A publication Critical patent/JP2002143076A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 コップなどの中空容器の洗浄およびすすぎを
自動的に行う小型で安価な装置を提供する。 【解決手段】 モータ1と、モータ1の回転軸2と、回
転軸2と一体的に回転するブラシ6と、回転軸2の一端
にコップ10を押し当てて回転軸2を上方に摺動させる
ことによってモータ1の電源をオンとするクラッチ板
8,9とを設けることにより、放水や排水のための複雑
な機械的・電気的構造を持つことなく、回転軸2をコッ
プ10で押し上げるという単純な操作をするだけで、コ
ップ10の内壁と外壁とを同時に自動的に洗うことがで
きるようにする。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は中空容器の洗浄器お
よびすすぎ器に関し、特に、コップなどの容器の洗浄ま
たはすすぎ機械に関するものである。
【0002】
【従来の技術】従来より、多くの家庭では、コップなど
の食器の洗浄およびすすぎは手洗いにより行われてき
た。しかし、これを行うのは非常に面倒である。そこ
で、この洗浄およびすすぎを自動的に行う機器が開発さ
れ、提供されている。その多くは、複数個の食器(皿、
コップ、茶碗など)を専用の容器内に入れてスイッチを
オンとすることにより、容器内に注入した水の圧力によ
って食器を洗浄およびすすぐタイプのものである。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、この種
の食器洗い機は、放水および排水などのための機械的お
よび電気的構造が大きくなり、容器全体のサイズも大き
くなってしまう。そのため、日本の住宅事情等から広く
とることが困難なキッチンの中で食器洗い機を置く場所
が確保できず、一般の家庭では利用しづらいという問題
があった。
【0004】本発明は、このような問題を解決するため
に成されたものであり、コップなどの中空容器の洗浄お
よびすすぎを自動的に行う小型で安価な装置を提供する
ことを目的とする。
【0005】
【課題を解決するための手段】本発明による中空容器の
洗浄器は、モータと、上記モータの回転軸と、上記モー
タの回転軸と一体的に回転するブラシと、上記回転軸の
一端に中空容器を押し当てて上記回転軸を摺動させるこ
とによって導通する上記モータのスイッチとを備えたこ
とを特徴とする。
【0006】本発明の他の態様では、上記ブラシは、上
記回転軸の外周壁に植設された第1のブラシと、上記回
転軸の回りに同心状となるように上記回転軸に固設され
たカバー部材の内周壁に植設された第2のブラシとから
成ることを特徴とする。
【0007】また、本発明の中空容器のすすぎ器は、給
水口、水抜穴および移動可能な水止板を有し、上記水止
板が上記水抜穴を覆う位置に配置されたときに上記給水
口から供給された水を溜めるタンクと、一端に中空容器
を押し当てて摺動させることによって上記水止板を移動
させる回転軸と、上記回転軸の摺動によって上記水止板
が上記水抜穴を覆う位置から移動したときに上記水抜穴
から抜ける水の圧力によって上記回転軸と共に回転する
ように構成したブラシとを備えたことを特徴とする。
【0008】本発明の他の態様では、上記ブラシは、上
記回転軸の外周壁に植設された第1のブラシと、上記回
転軸の回りに同心状となるように上記回転軸に固設され
たカバー部材の内周壁に植設された第2のブラシとから
成ることを特徴とする。
【0009】本発明のその他の態様では、上記水抜穴か
ら抜ける水の圧力によって上記カバー部材が上記回転軸
と共に回転するように上記カバー部材を形成したことを
特徴とする。
【0010】
【発明の実施の形態】以下、本発明の一実施形態を図面
に基づいて説明する。図1は、本発明による中空容器の
洗浄器を実施したコップ洗浄器の構成例を示す図であ
る。
【0011】図1において、1はモータ、2はモータ1
の回転軸、3は外カバー、4は内カバー、5はスプリン
グ、6はブラシ、7は案内孔、8,9はクラッチ板であ
る。
【0012】外カバー3および内カバー4は、一端が開
放された中空の円柱部材であり、共に下方(底面)が開
放されている。外カバー3は、所望の場所に固定され
る。また、外カバー3の上面の略中央部には案内孔7が
設けられている。そして、この案内孔7の中に、モータ
1の回転軸2が図の上下方向に摺動可能なように挿入さ
れている。
【0013】外カバー3の上面と内カバー4の上面との
間には、回転軸2を巻回するようにスプリング5が設け
られている。内カバー4は、回転軸2と一体的に垂設さ
れたもの、あるいは回転軸2に対して固設されたもので
ある。これにより、回転軸2を内カバー4と共に図の上
方に押し上げると、スプリング5が縮み、回転軸(内カ
バー4)に対して図の下方に力が働く。
【0014】回転軸2は内カバー4の内部まで伸びてお
り、回転軸2と内カバー4とで囲まれる空間領域には、
ブラシ6が設けられている。このブラシ6は、回転軸2
の外壁にその円周に沿って内側ブラシ6aが植設される
とともに、内カバー4の内壁にその円周に沿って外側ブ
ラシ6bが植設されることによって構成されている。こ
の回転軸2と内カバー4とで囲まれる空間領域にコップ
10を開口部が上を向くように挿入すると、コップ10
の内壁に内側ブラシ6aが圧接し、コップ10の外壁に
外側ブラシ6bが圧接するようになっている。
【0015】回転軸2の外カバー3の外側には、クラッ
チ板8,9が設けられている。一方のクラッチ板8は所
定の場所(例えば外カバー3)に固定され、他方のクラ
ッチ板9は回転軸2と一体的に垂設され、あるいは回転
軸2に対して固設されている。この他方のクラッチ板9
は、回転軸2を図の上方に押し上げたときに一方のクラ
ッチ板8と接触する。クラッチ板8,9は導電部材によ
り形成されており、モータ1に対して図示しない配線が
接続されている。これにより、クラッチ板8,9はスイ
ッチの機能を持ち、互いが接触したときにモータ1の電
源がオンとなるように構成されている。
【0016】図2は、上記のように構成したコップ洗浄
器の使用状態を示す図である。図2に示すように、本実
施形態のコップ洗浄器は、例えば軸棒11にボルトとナ
ットなどの止め具12で支持することによって使用す
る。軸棒11は、キッチンの所望の場所に固定する。
【0017】外カバー3は、断面形状が略半円弧状の2
つの半円弧柱部材3a,3bから構成されており、各部
材3a,3bの一端が蝶番13によって回動自在に固定
されている。また、各部材3a,3bの他端は止フック
14によって係止される。これにより、止フック14を
外すことにより、外カバー3の一方の部材3aを蝶番1
3を支点として矢印Aの方向に開くことができ、内部を
洗うことを容易にしている。
【0018】次に、上記のように構成したコップ洗浄器
の使い方を説明する。図1に示すように、コップ10を
その開口部が上方を向くように持ち、コップ10の内底
面の略中心部分を回転軸2の先端に当てて当該回転軸2
を上に押し上げる。これにより、回転軸2に設けられた
他方のクラッチ板9が一方のクラッチ板8に接触する
と、モータ1が回転を始める。モータ1の回転によって
回転軸2と内カバー4も回転し、回転軸2と内カバー4
とに植設されたブラシ6もこれに伴って回転する。
【0019】このときブラシ6は、内側ブラシ6aがコ
ップ10の内壁に圧接し、外側ブラシ6bがコップ10
の外壁に圧接するような状態となっている。したがっ
て、コップ10を固定した状態でブラシ6が回転するこ
とによって、コップ10の内壁と外壁とが同時に自動的
に洗浄される。
【0020】そして、所望のタイミングでコップ10の
押し上げを止めると、回転軸2はスプリング5の弾性力
によって図の下方に移動し、クラッチ板8,9が離され
る。これにより、モータ1の電源がオフとなり、回転軸
2、内カバー4およびブラシ6の回転が止まり、洗浄動
作が終了する。
【0021】以上詳しく説明したように、本実施形態の
コップ洗浄器によれば、回転軸2をコップ10の内底面
で押し上げるという単純な操作をするだけで、コップ1
0の内壁と外壁とを同時に自動的に洗うことができる。
また、本実施形態のコップ洗浄器は、放水や排水などの
ための複雑な機械的・電気的構造を持つ必要がないの
で、製造コストが少なくて済み、またサイズが大きくな
らないので狭いキッチンでも有効に使うことができる。
【0022】図3は、本発明による中空容器のすすぎ器
を実施したコップすすぎ器の構成例を示す図である。こ
のうち図3(a)は側面から見た断面図、図3(b)は
散水部22を上方から見た上面図である。
【0023】図3において、21は水タンク、22は散
水部、23は給水室、24は水抜穴、25は給水パイ
プ、26はスプリング、27は水止板、28は水抜穴、
29は軸棒、30は壁、31は給水穴、32は回転軸、
33は外カバー、34は内カバー、35は水抜穴であ
る。
【0024】水タンク21は、断面形状が円形の円柱に
より構成されており、その上方側面部には水タンク21
内に水を供給するための給水パイプ25が設けられてい
る。また、散水部22は、水タンク21よりも若干径が
小さく、給水パイプ25の直径とほぼ高さの等しい円柱
により構成されており、その円周部にはリング状の中空
部が形成されている。この中空部は、図3(b)に示す
ように所定の間隔ごとに壁30で仕切られており、これ
によって複数の給水室23が形成されている。
【0025】それぞれの給水室23には給水穴31が設
けられている。そして、散水部22を水タンク21内の
給水パイプ25と略同じ高さに配置することにより、給
水パイプ25を通じて外部から供給された水が給水穴3
1から給水室23の中に給水されるようになっている。
【0026】散水部22は、軸棒29を軸として水平方
向に回転可能なように設けられている。また、給水パイ
プ25は、散水部22の円周と垂直な方向からずれた角
度で取り付けられている(図3(b)中の角度αは90
度より小さい)。したがって、本実施形態では、給水パ
イプ25から給水室23に給水された水が壁30を押す
ことにより、その水圧によって矢印Bの方向に散水部2
2が回転する。これにより、給水パイプ25から各給水
室23に順次給水が行われる。このとき、各給水室23
に設けられた水抜穴24から水タンク21内に水が散水
される。
【0027】水タンク21の底面には、複数の水抜穴2
8が設けられている。そして、この水抜穴28を覆うよ
うに水止板27が設けられている。水止板27が図3
(a)のように水タンク21の底面に密着した位置にあ
るときには、散水部22から水タンク21内に散水され
た水は水抜穴28から抜けることなく溜められる。
【0028】水止板27には回転軸32の一端が当接し
ており、この回転軸32を図の上方に持ち上げることに
より、水止板27も上方に持ち上げられるようになって
いる。水止板27が上方に持ち上げられると、水止板2
7と水タンク21の底面との間にできた隙間を通じて水
抜穴28から水が抜け出す。回転軸32の押し上げを止
めると、軸棒29を巻回するように設けられたスプリン
グ26の弾性力によって水止板27が再び元の位置に戻
り、水抜穴28からの水抜けが止められる。
【0029】外カバー33および内カバー34は、一端
が開放された中空の略円柱部材であり、共に下方(底
面)が開放されている。外カバー33の上面には、水タ
ンク21の水抜穴28と対応する位置に複数の水抜穴3
5が設けられている。これにより、水タンク21の水抜
穴28から抜けてきた水は外カバー33の水抜穴35を
通じて外カバー3内に落ちる。そして、このようにして
落ちてきた水が内カバー34の上面に当たる。
【0030】内カバー34は複数の部材から成り、それ
ぞれが回転軸32と一体的に設けられたもの、あるいは
回転軸32に対して固設されたものである。このとき内
カバー34の上面は、図3(a)に示すように、回転軸
32の垂直方向に対して所定の角度をつけて設けられ
る。また、内カバー4の上面は、プロペラ状にカーブが
形成されている。これにより、水抜穴35を抜けて落ち
てきた水がプロペラ状に形成された内カバー34の上面
に当たると、その水圧によって内カバー34が回転軸3
2を軸として水平方向に回転する。
【0031】図3に示すコップすすぎ器の場合も、回転
軸32と内カバー34とで囲まれる空間領域には、ブラ
シ6が設けられている。このブラシ6は、回転軸32の
外壁にその円周に沿って内側ブラシ6aが植設されると
ともに、内カバー34の内壁にその円周に沿って外側ブ
ラシ6bが植設されることによって構成されている。こ
の回転軸32と内カバー34とで囲まれる空間領域にコ
ップ10を開口部が上を向くように挿入すると、コップ
10の内壁に内側ブラシ6aが圧接し、コップ10の外
壁に外側ブラシ6bが圧接するようになっている。
【0032】このように構成したコップすすぎ器も、図
2に示したコップ洗浄器と同様に、例えば軸棒11にボ
ルトとナットなどの止め具12で支持することによって
使用する。軸棒11は、キッチンの所望の場所に固定す
る。
【0033】次に、上記のように構成したコップすすぎ
器の使い方を説明する。まず、給水パイプ25から散水
部22を通じて水タンク21内に給水を行い、水タンク
21内に水を溜める。そして、給水をそのまま行ってい
る状態で、図1に示したのと同様にコップ10をその開
口部が上方を向くように持ち、コップ10の内底面の略
中心部分を回転軸32の先端に当てて当該回転軸32を
上に押し上げる。これにより、回転軸32の一端に接し
ている水止板27が上に移動し、水タンク21内に溜め
られた水および水抜穴24から散水された水が水抜穴2
8,35を通じて内カバー34の上面に落ちる。
【0034】これにより、水抜穴28,35を抜けて落
ちてきた水の圧力によって内カバー34が回転軸32を
軸として回転し、回転軸32と内カバー34とに植設さ
れたブラシ6もこれに伴って回転する。このときブラシ
6は、内側ブラシ6aがコップ10の内壁に圧接し、外
側ブラシ6bがコップ10の外壁に圧接するような状態
となっている。また、水抜穴28,35を抜けて落ちて
きた水がプロペラの隙間を通ってコップ10内にも注が
れる。したがって、コップ10の内壁と外壁とを同時に
自動的にブラシ6でこすりながらすすぎが行われる。
【0035】そして、所望のタイミングでコップ10の
押し上げを止めると、水止板27はスプリング26の弾
性力によって図の下方に移動し、水抜穴28が塞がれ
る。これにより、外カバー33内部への水抜けが止めら
れて回転軸32、内カバー34およびブラシ6の回転が
止まり、すすぎ動作が終了する。
【0036】以上詳しく説明したように、本実施形態の
コップすすぎ器によれば、回転軸32をコップ10の内
底面で押し上げるという単純な操作をするだけで、コッ
プ10の内壁と外壁とを同時にブラシ6でこすりながら
すすぎを自動的に行うことができる。また、本実施形態
のコップすすぎ器は、放水や排水などのための複雑な機
械的・電気的構造を持つ必要がないので、製造コストが
少なくて済み、またサイズが大きくならないので狭いキ
ッチンでも有効に使うことができる。
【0037】なお、上記実施形態において示した各部の
形状および構造は、何れも本発明を実施するにあたって
の具体化の一例を示したものに過ぎず、これらによって
本発明の技術的範囲が限定的に解釈されてはならないも
のである。すなわち、本発明はその精神、またはその主
要な特徴から逸脱することなく、様々な形で実施するこ
とができる。
【0038】例えば、図3に示したコップすすぎ器で
は、水タンク21内への給水を散水部22を通じて行う
ようにしているが、散水部22を設けず、給水パイプ2
5から水タンク21内に直接給水を行うようにしても良
い。また、上記実施形態ではブラシ6を用いているが、
布、スポンジなど他の洗浄用素材を用いるようにしても
良い。
【0039】
【発明の効果】以上説明したように本発明の中空容器の
洗浄器によれば、回転軸を中空容器で押し当てるという
単純な操作をするだけで、中空容器の内壁と外壁とを同
時に自動的に洗うことができる。また、本発明によれ
ば、放水や排水などのための複雑な機械的・電気的構造
を持つ必要がないので、製造コストが少なくて済み、ま
たサイズが大きくならないので狭いキッチンでも有効に
使うことができる。
【0040】また、本発明の中空容器のすすぎ器によれ
ば、回転軸を中空容器で押し当てるという単純な操作を
するだけで、中空容器の内壁と外壁とを同時にブラシで
こすりながらすすぎを自動的に行うことができる。ま
た、本発明によれば、放水や排水などのための複雑な機
械的・電気的構造を持つ必要がないので、製造コストが
少なくて済み、またサイズが大きくならないので狭いキ
ッチンでも有効に使うことができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明による中空容器の洗浄器を実施したコッ
プ洗浄器の構成例を示す図である。
【図2】本実施形態によるコップ洗浄器の使用状態を示
す図である。
【図3】本発明による中空容器のすすぎ器を実施したコ
ップすすぎ器の構成例を示す図である。
【符号の説明】
1 モータ 2 回転軸 3 外カバー 4 内カバー 5 スプリング 6 ブラシ 6a 内側ブラシ 6b 外側ブラシ 7 案内孔 8,9 クラッチ板 10 コップ 11 軸棒 12 止め具 13 蝶番 21 水タンク 22 散水部 23 給水室 24 水抜穴 25 給水パイプ 26 スプリング 27 水止板 28 水抜穴 29 軸棒 30 壁 31 給水穴 32 回転軸 33 外カバー 34 内カバー 35 水抜穴

Claims (5)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 モータと、 上記モータの回転軸と、 上記モータの回転軸と一体的に回転するブラシと、 上記回転軸の一端に中空容器を押し当てて上記回転軸を
    摺動させることによって導通する上記モータのスイッチ
    とを備えたことを特徴とする中空容器の洗浄器。
  2. 【請求項2】 上記ブラシは、上記回転軸の外周壁に植
    設された第1のブラシと、上記回転軸の回りに同心状と
    なるように上記回転軸に固設されたカバー部材の内周壁
    に植設された第2のブラシとから成ることを特徴とする
    請求項1に記載の中空容器の洗浄器。
  3. 【請求項3】 給水口、水抜穴および移動可能な水止板
    を有し、上記水止板が上記水抜穴を覆う位置に配置され
    たときに上記給水口から供給された水を溜めるタンク
    と、 一端に中空容器を押し当てて摺動させることによって上
    記水止板を移動させる回転軸と、 上記回転軸の摺動によって上記水止板が上記水抜穴を覆
    う位置から移動したときに上記水抜穴から抜ける水の圧
    力によって上記回転軸と共に回転するように構成したブ
    ラシとを備えたことを特徴とする中空容器のすすぎ器。
  4. 【請求項4】 上記ブラシは、上記回転軸の外周壁に植
    設された第1のブラシと、上記回転軸の回りに同心状と
    なるように上記回転軸に固設されたカバー部材の内周壁
    に植設された第2のブラシとから成ることを特徴とする
    請求項3に記載の中空容器のすすぎ器。
  5. 【請求項5】 上記水抜穴から抜ける水の圧力によって
    上記カバー部材が上記回転軸と共に回転するように上記
    カバー部材を形成したことを特徴とする請求項4に記載
    の中空容器のすすぎ器。
JP2000349464A 2000-11-16 2000-11-16 中空容器の洗浄器およびすすぎ器 Pending JP2002143076A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000349464A JP2002143076A (ja) 2000-11-16 2000-11-16 中空容器の洗浄器およびすすぎ器

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000349464A JP2002143076A (ja) 2000-11-16 2000-11-16 中空容器の洗浄器およびすすぎ器

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2002143076A true JP2002143076A (ja) 2002-05-21

Family

ID=18822865

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2000349464A Pending JP2002143076A (ja) 2000-11-16 2000-11-16 中空容器の洗浄器およびすすぎ器

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2002143076A (ja)

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR100837222B1 (ko) 2007-12-13 2008-06-11 (주)씨씨 컵 자동 세척기
CN102846293A (zh) * 2012-09-05 2013-01-02 连云港市院前企业集团公司 杯子清洗器
KR200471733Y1 (ko) 2013-02-15 2014-03-11 서강대학교산학협력단 컵 세척기
CN108265436A (zh) * 2018-03-22 2018-07-10 宁波雯泽纺织品有限公司 一种纺织布料加工装置

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR100837222B1 (ko) 2007-12-13 2008-06-11 (주)씨씨 컵 자동 세척기
CN102846293A (zh) * 2012-09-05 2013-01-02 连云港市院前企业集团公司 杯子清洗器
KR200471733Y1 (ko) 2013-02-15 2014-03-11 서강대학교산학협력단 컵 세척기
CN108265436A (zh) * 2018-03-22 2018-07-10 宁波雯泽纺织品有限公司 一种纺织布料加工装置

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US8943859B2 (en) Detergent case and washing machine having the same
US7673639B2 (en) Washing arm and dishwasher having the same
US7614108B2 (en) Pan cleaner
KR20150071253A (ko) 세탁기
KR20090066215A (ko) 탈수 장치
US2726666A (en) Dishwasher
EP2611349B1 (en) A dishwasher
WO2003105647A1 (en) Salad spinner
KR20130096720A (ko) 테이블탑 식기세척기
BRPI0603805A (pt) aparelho de comutação
KR20090052558A (ko) 세척구가 구비된 세척장치
CN104287605A (zh) 一种电饭锅
KR100662353B1 (ko) 식기세척기
US6390104B1 (en) Denture wash
US20080035185A1 (en) Apparatus for cleaning paint rollers
US20180177377A1 (en) Hand washing and drying apparatus and method
AU2011287974B2 (en) Table top dishwasher
JP6279807B2 (ja) 清掃用具
US1405243A (en) Dishwashing machine
CN104473604A (zh) 旋转盘洗碗机
CN106235983B (zh) 刷碗机
JP2005230607A (ja) ベアリング洗浄装置
CN103603168A (zh) 一种滚球式洗衣机
US9585537B2 (en) Dishwasher
CN108160638A (zh) 试管清洗机