JP2002140731A - 画像処理装置および方法、画像処理システム、記録媒体 - Google Patents

画像処理装置および方法、画像処理システム、記録媒体

Info

Publication number
JP2002140731A
JP2002140731A JP2000335273A JP2000335273A JP2002140731A JP 2002140731 A JP2002140731 A JP 2002140731A JP 2000335273 A JP2000335273 A JP 2000335273A JP 2000335273 A JP2000335273 A JP 2000335273A JP 2002140731 A JP2002140731 A JP 2002140731A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
image data
image
virtual space
data representing
processing
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2000335273A
Other languages
English (en)
Inventor
Hirohito Kimoto
裕仁 木本
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
ESUROKU KK
Original Assignee
ESUROKU KK
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by ESUROKU KK filed Critical ESUROKU KK
Priority to JP2000335273A priority Critical patent/JP2002140731A/ja
Publication of JP2002140731A publication Critical patent/JP2002140731A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 3D画像や多くの静止画像データを用いなく
てもスムーズな画像の動きを実現できるようにする。 【解決手段】 コンピュータ上の仮想空間を立体的に表
す画像データを少なくとも1枚記憶する画像データ記憶
部3と、画像データ上の所定点を中心として画像データ
を拡大/縮小する合同変換処理を段階的に行い、段階的
に行われた処理の結果を表示部6の表示画面に逐次表示
するように制御する表示制御部5とを設け、例えば遠近
法により表した1枚の画像データをズーミングしてその
ズーム過程を逐次表示することにより、3D画像や多く
の画像データを用いなくても、ユーザが擬似的に仮想空
間の中を歩いているような画像の動きを実現できるよう
にする。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は画像処理装置および
方法、画像処理システム、記録媒体に関し、特に、コン
ピュータの仮想空間内をあたかもユーザが歩いているよ
うに見せるべく画像表示を行うための画像処理装置およ
びその画像処理方法等に用いて好適なものである。
【0002】
【従来の技術】従来、コンピュータの平面的な表示画面
上で物体を立体的に見せるための技術として、3次元モ
デリングの技術が用いられてきた。3次元モデリングに
は、物体を稜線だけで表すワイヤフレームモデル、物体
を面の組み合わせで表すサーフェスモデル、面に加えて
物体の中身の情報まで扱うソリッドモデルの3種類があ
る。このような3次元モデリングにより表された画像
は、一般に「3D画像」などと呼ばれている。
【0003】3D画像は、例えば仮想現実(Virtual Re
ality=VR)の技術に応用されている。このVR技術
を用いれば、コンピュータの表示画面に3D画像で表さ
れた3次元物体を表示し、データグローブによって実現
される仮想的な手を使ってその3次元物体を操作するこ
とが可能である。また、3D画像で表された仮想空間内
を現実に近い感覚で歩いて進んだりすることも可能であ
る。
【0004】後者の具体的な例として、建築予定の建物
について、3D画像を使って仮想的な建物をコンピュー
タ上であらかじめ作成し、その仮想空間の中を歩いて完
成前の建物を事前に確認できるようにしたり、ゲームの
中に入り込んで登場キャラクタの一人としてゲームに参
加できるようにすることなどが行われてきた。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】ところが、3D画像は
情報量が非常に多く、動きを表示するためには複雑で膨
大な処理が必要になる。そのため、ユーザが所望の動き
を指示してからその処理が完了するまでに非常に多くの
時間がかかってしまい、ユーザにストレスを与えてしま
うことがよくあった。特に、用途によっては単純な動き
を表示できれば良い場合もあるが、この場合についても
3D画像で動きを表現すると、非常に多くの時間がかか
ってしまうという問題があった。
【0006】一方、コンピュータ上で画像の動きを表示
するための手段としては、少しずつ内容の異なる複数枚
(例えば、30枚/秒)の画像、すなわち、一連の動き
を分割した複数枚の画像を連続的に切り替えて表示する
ことにより、あたかも動画のように画像が動いて見える
ようにした技術も存在する。この技術を用いれば、動き
を表すために画像自体に複雑な処理を行わなくても良
く、比較的スムーズに動きを表示することができる。
【0007】しかしながら、この方法では、動きを表す
ために非常に多くの静止画像データを用意する必要があ
り、これを記憶するために大きな記憶容量を持った記録
媒体を用いなければならないという問題があった。ま
た、画像の動きをよりスムーズに見せるためには、ワー
クメモリとしてのRAMの容量も大きくとる必要があ
り、よりハイスペックで高価なコンピュータを用いなけ
ればならないという問題もあった。さらに、画像の動き
をCG(Computer Graphics)で表そうとする場合は、
少しずつ内容の異なる多数枚の画像データを1つ1つ作
成していく必要があり、その作業量が膨大になるという
問題もあった。
【0008】また、特に最近では、インターネットのウ
ェブサイト上などで画像の動きを表現する試みが成され
ているが、これを複数枚の静止画像の切り替えによって
実現する場合は、多くの静止画像データを通信によって
送信する必要がある。そのため、通信速度の限界などの
問題から、画像の動きをより滑らかにするために多くの
静止画像データを送ると、通信時間が非常に長くなって
しまう。逆に、通信時間を短くするためにできるだけ少
ない静止画像データを送ると、画像の動きが飛び飛びに
なってぎこちないものになってしまうという問題があっ
た。
【0009】本発明はこのような問題を解決するために
成されたものであり、3D画像や多くの静止画像データ
を用いなくても、スムーズな画像の動きを実現できるよ
うにすることを目的とする。また、本発明は、インター
ネットのウェブサイト上などにおいても、通信速度に関
係なくスムーズな画像の動きを実現できるようにするこ
とを目的とする。
【0010】
【課題を解決するための手段】本発明の画像処理装置
は、コンピュータ上の仮想空間を遠近法により立体的に
見えるように表した画像データを少なくとも1枚記憶す
る画像データ記憶手段と、上記画像データ上の所定点を
中心として上記画像データをズーミングするズーム処理
を倍率を変えて段階的に行うズーミング手段と、上記ズ
ーミング手段により段階的に行われたズーム処理の結果
を上記表示装置の表示画面に逐次表示するように制御す
る表示制御手段とを備えたことを特徴とする。
【0011】本発明の他の態様では、上記仮想空間内に
おけるユーザの視点移動を指示するための移動指示手段
を備え、上記ズーミング手段は、上記移動指示手段によ
る移動指示に応じて上記ズーム処理を行うことを特徴と
する。
【0012】本発明のその他の態様では、上記仮想空間
を表す画像データは、上記表示装置の表示画面よりもサ
イズの大きい画像データであることを特徴とする。本発
明のその他の態様では、上記ズーミング手段が上記ズー
ム処理を行う際に中心とする所定点は、上記遠近法によ
り表された画像データの視野の消失点であることを特徴
とする。
【0013】本発明のその他の態様では、上記ズーミン
グ手段によってある仮想空間を表す画像データに対して
上記ズーム処理が行われた後に、表示対象を他の仮想空
間を表す画像データに更新する表示更新手段を備えたこ
とを特徴とする。本発明のその他の態様では、上記画像
データ記憶手段に記憶されている画像データは、上記コ
ンピュータ上の仮想空間の全体を所定ポイント毎に断片
的に表す画像データであることを特徴とする。
【0014】本発明のその他の態様では、上記ズーミン
グ手段は、上記仮想空間を表す画像データと、上記仮想
空間内を移動する移動物を表す画像データとを異なるレ
イヤにて処理し、それぞれのレイヤに対して上記ズーム
処理を個別に行うことを特徴とする。
【0015】本発明のその他の態様では、上記仮想空間
を表す画像データと、上記移動物を表す画像データとの
それぞれに対してズーミング速度を設定することを特徴
とする。本発明のその他の態様では、上記仮想空間を表
す画像データに設定されたズーミング速度とそのズーム
方向、および上記移動物を表す画像データに設定された
ズーミング速度とそのズーム方向から、上記仮想空間の
画像データをズーミングするときにおける上記移動物の
相対的なズーミング速度を計算する速度計算手段を備
え、上記ズーミング手段は、上記移動物を表す画像デー
タに対して、上記速度計算手段により計算された相対的
なズーミング速度に従って上記ズーム処理を行うことを
特徴とする。
【0016】本発明のその他の態様では、上記移動物を
表す複数の画像データを複数のレイヤにて処理し、上記
複数のレイヤに対して上記ズーム処理を個別に行ってい
る過程で、上記複数のレイヤの表示重ね順序を交換する
処理を行うレイヤ順序交換手段を備えたことを特徴とす
る。
【0017】本発明のその他の態様では、1つの移動物
の動きを表す画像データを少なくとも2枚用意し、それ
ぞれの画像データに対して上記ズーム処理を行うととも
に、上記ズーム処理後の画像データを交互に切り替えて
表示することを特徴とする。
【0018】本発明のその他の態様では、上記ズーム処
理は合同変換処理であることを特徴とする。本発明のそ
の他の態様では、上記仮想空間を表す画像データと、上
記仮想空間内を移動する移動物を表す画像データとを異
なるレイヤにて処理し、それぞれのレイヤに対して上記
合同変換処理を個別に行うことを特徴とする。本発明の
その他の態様では、上記仮想空間を表す画像データと上
記移動物を表す画像データとのそれぞれに対して異なる
種類の上記合同変換処理を行うことを特徴とする。
【0019】また、本発明の画像処理方法は、コンピュ
ータ上の仮想空間を遠近法により立体的に見えるように
表した画像データに対して、上記画像データ上の所定点
を中心として拡大あるいは縮小のズーム処理を倍率を変
えて段階的に行い、段階的に行ったズーム処理の結果を
上記表示装置の表示画面に逐次表示するようにしたこと
を特徴とする。
【0020】本発明のその他の態様では、上記仮想空間
を表す画像データに対する上記ズーム処理は、上記仮想
空間内におけるユーザの視点移動が指示されたときに行
うことを特徴とする。
【0021】本発明のその他の態様では、上記仮想空間
を表す画像データは、上記表示装置の表示画面よりもサ
イズの大きい画像データであることを特徴とする。本発
明のその他の態様では、上記ズーム処理を行う際に中心
とする所定点は、上記遠近法により表された画像データ
の視野の消失点であることを特徴とする。
【0022】本発明のその他の態様では、ある仮想空間
を表す画像データに対して上記ズーム処理が行われた後
に、表示対象を他の仮想空間を表す画像データに更新す
るようにしたことを特徴とする。
【0023】本発明のその他の態様では、上記ズーム処
理は合同変換処理であり、上記仮想空間を表す画像デー
タと、上記仮想空間内を移動する移動物を表す画像デー
タとを異なるレイヤにて処理し、それぞれのレイヤに対
して上記合同変換処理を個別に行うことを特徴とする。
【0024】本発明のその他の態様では、上記仮想空間
を表す画像データに対して視点移動速度を設定するとと
もに、上記移動物を表す画像データに対して移動速度を
設定することを特徴とする。本発明のその他の態様で
は、上記仮想空間を表す画像データに設定された上記視
点移動速度とその移動方向、および上記移動物を表す画
像データに設定された上記移動速度とその移動方向か
ら、上記仮想空間の画像データの視点を移動していると
きにおける上記移動物の相対移動速度を計算し、上記移
動物を表す画像データに対する合同変換処理を上記相対
移動速度に従って行うことを特徴とする。
【0025】本発明のその他の態様では、上記移動物を
表す複数の画像データを複数のレイヤにて処理し、上記
複数のレイヤに対して上記合同変換処理を個別に行って
いる過程で、上記複数のレイヤの表示重ね順序を交換す
る処理を行うようにしたことを特徴とする。
【0026】本発明のその他の態様では、1つの移動物
の動きを表す画像データを少なくとも2枚用意し、それ
ぞれの画像データに対して上記合同変換処理を行うとと
もに、上記合同変換処理後の画像データを交互に切り替
えて表示するようにしたことを特徴とする。本発明のそ
の他の態様では、上記仮想空間を表す画像データと上記
移動物を表す画像データとのそれぞれに対して異なる種
類の上記合同変換処理を行うことを特徴とする。
【0027】また、本発明の画像処理システムは、コン
ピュータ上の仮想空間の全体を所定ポイント毎に断片的
に表す1枚以上の画像データをサーバ装置からネットワ
ークを介してクライアント装置に送信する画像データ送
信手段と、上記画像データ送信手段により送信された画
像データを少なくとも1枚記憶する画像データ記憶手段
と、上記画像データ記憶手段に記憶された画像データに
対して、上記画像データ上の所定点を中心としてズーミ
ングするズーム処理を倍率を変えて段階的に行うズーミ
ング手段と、上記ズーミング手段により段階的に行われ
たズーム処理の結果を上記表示装置の表示画面に逐次表
示するように制御する表示制御手段とを備えたことを特
徴とする。
【0028】本発明のその他の態様では、上記仮想空間
内におけるユーザの視点移動を指示するための移動指示
手段を備え、上記ズーミング手段は、上記移動指示手段
による移動指示に応じて上記ズーム処理を行うことを特
徴とする。
【0029】本発明のその他の態様では、上記ズーミン
グ手段によってある仮想空間を表す画像データに対して
上記ズーム処理が行われた後に、表示対象を他の仮想空
間を表す画像データに更新する表示更新手段を備えたこ
とを特徴とする。
【0030】本発明のその他の態様では、上記仮想空間
の全体を表す1枚以上の画像データのうちの一部を最初
に上記サーバ装置から上記ネットワークを介して上記ク
ライアント装置に送信し、残りの画像データはその後所
定のタイミングで逐次上記サーバ装置から上記ネットワ
ークを介して上記クライアント装置に送信することを特
徴とする。本発明のその他の態様では、上記残りの画像
データは、上記ズーム処理が行われていない期間中に上
記サーバ装置から上記ネットワークを介して上記クライ
アント装置に送信することを特徴とする。
【0031】また、本発明のコンピュータ読み取り可能
な記録媒体は、請求項1〜14、26〜30の何れか1
項に記載の各手段としてコンピュータを機能させるため
のプログラム、あるいは、請求項15〜25の何れか1
項に記載の画像処理方法の処理手順をコンピュータに実
行させるためのプログラムを記録したことを特徴とす
る。
【0032】
【発明の実施の形態】以下、本発明の一実施形態を図面
に基づいて説明する。
【0033】(第1の実施形態)図1は、第1の実施形
態による画像処理装置の機能構成を示すブロック図であ
る。図1において、1はプログラム記憶部であり、画像
の動きを表示するのに必要な以下に述べる処理を実行す
るためのプログラムを記憶する。本実施形態において用
いるプログラムは、例えば、街並みの画像を立体的に見
えるように表示し、その中をユーザが現実に近い感覚で
歩いているように見せる処理(以下では、これをウォー
クスルー処理と称する)を行うプログラムである。
【0034】2は画像処理装置全体の動作を制御する制
御部であり、CPUまたはMPU、ROM、RAMなど
を有するマイクロコンピュータシステムによって構成さ
れる。本実施形態において、制御部2は特に、プログラ
ム記憶部1に記憶されたプログラムに従って、ウォーク
スルー処理の制御を実行する。
【0035】3は画像データ記憶部であり、上述のウォ
ークスルー処理を実行する際に用いる1枚以上の画像デ
ータを記憶する。この画像データ記憶部3に記憶される
画像データには、街並みを表す少なくとも1枚の画像デ
ータが含まれる。これに加えて、街並みの中を歩くユー
ザキャラクタを表す画像データ、街並みの中を移動する
通行人や車などを表す少なくとも1枚の画像データ、背
景で動く雲や鳥などを表す少なくとも1枚の画像データ
を有していても良い。
【0036】ここで、街並みの画像データは、図2に示
すように、道路や建物の敷地など街のベースとなる画像
と、家、ショップ、公共施設、建物、動植物などを表す
画像と、家の表札や建物の看板などを表す画像との各構
成要素画像が合成されて構築される。この合成画像は、
例えば遠近法(線遠近法、透視図法等の各種表現や、遠
景、中景、近景の重ね合わせ等を含む)を用いて生成し
た奥行きのある画像となっている。なお、ここでは各構
成要素画像を合成するとしたが、これらを別個の画像フ
ァイルとして持ち、重ねて表示するようにしても良い。
【0037】この街並みの画像データとしては、最低限
1枚あれば良いが、ユーザキャラクタが仮想空間内を移
動したときに変化する街並みの様子を複数コマ分、画像
データ記憶部3に記憶するのが好ましい。例えば、1回
の移動操作によってユーザキャラクタが街並みの中を移
動する量をあらかじめ決めておき、各移動ポイントにお
ける街並みを表す画像データを複数枚用意する。
【0038】図3〜図6は、4コマ分の連続する街並み
の画像データの例を示す図である。これらの画像データ
は、1回の移動操作によってユーザキャラクタが街並み
の中を移動する量を家1軒分と決めた場合の例を示すも
のであり、各移動ポイントにおける4枚の街並みの画像
データを示している。
【0039】図3において、4つの点31a−31b−
31c−31dを結ぶ実線の矩形領域で囲った範囲31
が1つの街並みの画像データ(GIFファイル)であ
り、4つの点32a−32b−32c−32dを結ぶ点
線の矩形領域で囲った範囲32が表示画面の領域であ
る。このように、本実施形態では、1枚の街並みの画像
データ31は、画面表示領域32よりも大きなサイズで
構成している。具体的には、街並みの画像データ31の
サイズは、1回の移動操作でユーザキャラクタが移動す
る、あらかじめ決められた移動量の分だけ画面表示領域
32よりも大きくしている。
【0040】4はマップ情報記憶部であり、街並み全体
のマップ情報を記憶する。ここに記憶するマップ情報
は、画像データ記憶部3に複数枚に分けて記憶された街
並みの画像データの繋がり関係を表す情報である。つま
り、ある街並みの画像データに隣接する移動先の街並み
の画像データは、このマップ情報によって特定すること
が可能である。
【0041】以上に述べたプログラム記憶部1、画像デ
ータ記憶部3およびマップ情報記憶部4は、例えばコン
ピュータのRAM、ハードディスク、フロッピー(登録
商標)ディスク、CD−ROM、光ディスクあるいは光
磁気ディスクなどの記録媒体により構成される。
【0042】5は表示制御部であり、画像データ記憶部
3に記憶されている画像データを表示部6に表示する制
御を行う。その際、表示制御部5は、種々の画像データ
を異なるレイヤに分けて、各レイヤ毎に表示制御を別個
に行う。図7は、表示画像のレイヤ構造の例を示す図で
ある。
【0043】図7の例では、街並みの画像データ、ユー
ザキャラクタの画像データ、雲の画像データ、車の画像
データをそれぞれ異なるレイヤ(0)〜(3)で表示制
御するようにしている。なお、この図7は単なる例示に
過ぎない。例えば、この他に通行人の画像データ、鳥の
画像データなどがある場合は、それらも異なるレイヤで
表示制御する。また、例えば通行人の画像データにして
も、複数の通行人を表す場合は、それら複数の通行人の
画像データをそれぞれ異なるレイヤで表示制御する。
【0044】表示制御部5は、ウォークスルー処理の初
期段階では、あらかじめ決められた最初の街並みの画像
データ、ユーザキャラクタの画像データ、雲や鳥などの
背景の画像データ、通行人や車などの移動物の画像デー
タを画像データ記憶部3から読み出し、それらを異なる
レイヤにて重ねて表示部6に表示する(以下、これらの
画像が表示された画面をウォークスルー画面と称す
る)。
【0045】ウォークスルー画面を表示する際、どのレ
イヤの画像データを最前面に表示し、どのレイヤの画像
データを最背面に表示するかのレイヤの順番は、ウォー
クスルー処理の初期段階では一意に決められる。例え
ば、図7に示したように、街並みの画像データのレイヤ
(0)が最背面で、その上にユーザキャラクタの画像デ
ータのレイヤ(1)、背景の画像データのレイヤ(2)
がきて車の画像データのレイヤ(3)が最前面となる。
しかし、後述するように、ウォークスルー処理の過程で
このレイヤの表示順は適宜入れ替えられる。
【0046】上記表示制御部5は、合同変換処理部5
a、速度計算部5b、画像切替部5c、レイヤ順序交換
部5dおよび表示更新部5eを備えている。合同変換処
理部5aは、街並みの画像データ、背景の画像データお
よび移動物の画像データに対してそれぞれ合同変換処理
を行うことにより、ウォークスルー処理を実行する。
【0047】合同変換処理の例として、本実施形態では
アフィン変換処理を用いる。アフィン変換処理は、2次
元座標軸で表された画像データに対してスケーリング
(拡大/縮小)、移動、回転に関する合同変換処理を行
うものであり、その詳細は例えば特開平11−1676
28号にも開示されている。このアフィン変換処理を施
すことにより、元の画像データを拡大/縮小、移動ある
いは回転させることが可能である。
【0048】街並みの画像データに対しては、スケーリ
ングの合同変換処理を行う。すなわち、図3に示したよ
うに、画像データ内のある1点(例えば、画面表示領域
32の中心点)を、遠方で街並みが消えて見える消失点
33と決めて、その消失点33を中心として画像データ
を縦横両方向に徐々に拡大あるいは縮小していく処理を
行う。ユーザが前進を指示したときには拡大処理、後退
を指示したときには縮小処理を行う。
【0049】すなわち、前進する場合は、図3の表示状
態において、矩形31内の画像から矩形32内の画像
(31a→32a,31b→32b,31c→32c,
31d→32d)へと画面をズームインすることで、1
回の移動操作に伴う前進のウォークスルー処理を終了す
る。逆に、後退する場合は、矩形32の画像から矩形3
1の画像(32a→31a,32b→31b,32c→
31c,32d→31d)へと画面をズームアウトする
ことで、1回の移動操作に伴う後退のウォークスルー処
理を終了する。
【0050】表示制御部5は、このズームイン(拡大)
あるいはズームアウト(縮小)していく過程の画像デー
タを逐次表示部6の画面表示領域32に表示する。その
際、例えば画像を拡大していく場合には、拡大処理前に
は画面表示領域32の中に表示されていた画像が、拡大
処理が進むにつれて画面表示領域32の辺から外へと徐
々に消えていく。逆に、画像を縮小していく場合には、
縮小処理前には画面表示領域32の範囲外にあった画像
が、縮小処理が進むにつれて画面表示領域32の辺から
中へと徐々に表示されていく。
【0051】図3のように画像データを遠近法に従って
表現した場合、近くにある物は大きく表示され、遠くに
ある物は小さく表示される。したがって、適当に選んだ
消失点33を中心として街並みの画像データを拡大する
ことにより、遠くにある物が徐々に大きくなって近づい
てくるように見せることができる。また、街並みの画像
データを縮小することにより、近くにある物が徐々に小
さくなって遠ざかるように見せることができる。
【0052】図8は、スケーリング処理のより具体的な
内容を説明するための図である。図8に示すように、消
失点33を通り、上下左右に対称となる直線y1〜y4
を4つ想定する。そして、直線y2と直線y3とで囲ま
れる範囲を路面とする。また、直線y1と直線y2とで
囲まれる範囲を路面に対して左側の街並み、直線y3と
直線y4とで囲まれる範囲を路面に対して右側の街並み
とする。さらに、残る直線y1と直線y4とで囲まれる
範囲を空とする。
【0053】そして、直線y1と直線y2とで囲まれる
左側の街並みのエリアにおいて、一番手前に大きな家
(家4)の画像を配置し、それを異なる縮小率で縮小し
た複数の家(家3、家2、家1)の画像をエリア奥(消
失点33)に向かって順に配置する。図8では図示して
いないが、直線y3と直線y4とで囲まれる右側の街並
みのエリアも同様に異なる倍率の家の画像を複数配置す
る。なお、ここでは説明上、同じ家の画像を縮小率を変
えて表示しているが、実際には家1〜家4には異なる家
の画像が用いられる。
【0054】また、直線y2と直線y3とで囲まれる路
面のエリアにおいては、消失点33の位置をx0とし
て、上述の家1、家2、家3、家4までの路面上の位置
をそれぞれx1,x2,x3,x4とする。家1よりも
エリア奥には家の画像を配置できないので、当該家1の
路面上の位置x1を地平線とする。
【0055】本実施形態のウォークスルー処理では、上
述したように、1回の移動操作で移動する量を家1軒分
とする。この場合、前に進むときは、家4は拡大処理に
伴って視野の外に徐々に消えて行く。また、家3は家4
の位置まで、家2は家3の位置まで、家1は家2の位置
まで徐々に拡大されていく。さらに、後述する画像デー
タの更新によって、新しい家が家1として表示される。
【0056】逆に、後ろに進むときは、縮小処理に伴っ
て視野外に隠れていた家の画像が家4の位置に表示され
る。また、家4は家3の位置まで、家3は家2の位置ま
で、家2は家1の位置まで徐々に縮小されていく。さら
に、家1は後述する画像データの更新によって視野の外
に消える。
【0057】このような家1〜家4の位置とサイズの変
化を数学的な手法を用いて連続的に表現することによ
り、街並みが動いているように見せることができる。本
実施形態では、数学的な手法として、上述のアフィン変
換処理を用いる。なお、街並みの画像データがベクトル
画像であれば、家1から家4までを同一の品質にて表現
することが可能であるが、描画に時間がかかるので、本
実施形態ではイメージ画像を用いている。
【0058】また、直線y1と直線y4とで囲まれる空
のエリアにおいては、雲や鳥などの背景の画像データに
対して、左右に対する移動の合同変換処理を行う。例え
ば、街並みの中の空に当たる任意の位置に雲あるいは鳥
が存在する画像データを1枚用意しておき、その画像デ
ータに対して移動の合同変換処理を行うことにより、遠
方の空で雲や鳥が左右に動いているように見せることが
できる。
【0059】また、直線y2と直線y3とで囲まれる路
面のエリアにおいては、通行人や車などの移動物の画像
データに対して、街並みの画像データと同様に、スケー
リング(拡大/縮小)の合同変換処理を行う。すなわ
ち、消失点33を中心として、移動物の画像データを縦
横両方向に徐々に拡大あるいは縮小していく処理を行
う。移動物が画面奥から手前に移動する場合は拡大処
理、画面手前から画面奥に移動する場合は縮小処理を行
う。
【0060】具体的には、通行人や車などの移動物は、
特定の時間内に、x1→x2→x3→x4(手前に向か
ってくる動き)、x4→x3→x2→x1(奥に進んで
行く動き)のように移動する。図8中には通行人が位置
x3から位置x4へと向かってくる様子が示されている
(人3、人4)。
【0061】なお、ユーザキャラクタの画像データに対
しては上述した何れの合同変換処理も行わず、あらかじ
め表示されている位置に固定したままである。ただし、
街並みの画像が合同変換処理によって動いて見えるの
で、ユーザキャラクタが相対的に街並みの中を前進した
り、あるいは後退しているように見せることができる。
また、本実施形態においてユーザキャラクタの画像デー
タは必須のものではなく、これは必ずしも表示する必要
はない。ユーザキャラクタを表示しなくても、街並みを
動かすことにより、ユーザ自身が相対的に街並みの中を
移動しているように見せることが可能である。
【0062】上述したように、街並みの画像データ、背
景の画像データ、移動物の画像データはそれぞれ異なる
レイヤに属するものであり、合同変換処理もそれぞれの
レイヤに対して個別に行う。したがって、街並みの動
き、背景の動き、移動物の動きを個別に制御することが
可能である。
【0063】本実施形態では、背景の画像データと移動
物の画像データについては自動的に合同変換処理を行う
ようにし、街並みの画像データについては、ユーザから
の指示があったときにのみ合同変換処理を行うようにす
る。その指示を行うために、図1の移動指示部7を用い
る。移動指示部7は、例えば表示部6上に表示されるG
UI(Graphical User Interface)により構成される。
このGUIは、前後左右への移動ボタンなどを含む。
【0064】また、本実施形態では、街並みの動き、背
景の動き、移動物の動きのそれぞれの速度(すなわち、
合同変換処理の速度)を互いに異ならせている。例え
ば、街並みの移動速度はユーザキャラクタが歩く速度に
等しく、これを所定の速度に設定する。また、雲の移動
速度、鳥の移動速度は、そのユーザキャラクタの移動速
度に対して不自然とならないような適当な速度に設定す
る。通行人の移動速度も、ユーザキャラクタの移動速度
とほぼ同じ程度に設定する。これに対して、車の移動速
度は、ユーザキャラクタの移動速度よりも速くなるよう
に設定する。
【0065】速度計算部5bは、ユーザキャラクタが街
並みの中を前進あるいは後退したときに、画面上に表示
されている通行人や車の相対速度を計算するものであ
る。すなわち、移動指示部7によってユーザキャラクタ
の移動が指示されていない場合は、合同変換処理部5a
は、あらかじめ設定された移動速度で通行人や車が移動
するように合同変換処理を行えばよい。
【0066】これに対して、移動指示部7によってユー
ザキャラクタの移動が指示された場合は、ユーザキャラ
クタが前進あるいは後退する速度に対する、通行人や車
が前進あるいは後退する際の相対速度を速度計算部5b
で計算する。この場合、合同変換処理部5aは、速度計
算部5bで計算された相対速度に従って通行人や車が移
動するように合同変換処理を行う。
【0067】このように、本実施形態では、画像データ
の種類によって移動速度(合同変換処理の速度)を変え
るようにするとともに、ユーザキャラクタの移動が指示
されたときは、ユーザキャラクタの移動速度に対する通
行人や車の相対移動速度を計算して合同変換処理を行う
ようにしたので、より現実に近い世界をコンピュータの
仮想空間内で実現することができる。
【0068】画像切替部5cは、ユーザキャラクタの画
像データ、通行人の画像データ、鳥の画像データなどに
関し、移動している際の動きを表すものとして画像デー
タ記憶部3に少なくとも2枚ずつ用意しておいた画像デ
ータを適宜切り替える処理を行う。
【0069】例えば、ユーザキャラクタや通行人の画像
データについては、右足を前に出している画像データ
と、左足を前に出している画像データとを画像データ記
憶部3に用意する。そして、これら双方の画像データに
対して、合同変換処理部5aによって上述の合同変換処
理を適宜施しながら、その結果出力される2つの画像デ
ータを画像切替部5cによって交互に切り替えて表示す
ることにより、ユーザキャラクタや通行人があたかも歩
いているように見せる。
【0070】また、鳥の画像データについては、羽が上
にある画像データと下にある画像データとを画像データ
記憶部3に用意する。そして、これら双方の画像データ
に対して、合同変換処理部5aによって上述の合同変換
処理を施しながら、その結果出力される2つの画像デー
タを画像切替部5cによって交互に切り替えて表示する
ことにより、鳥があたかも羽ばたいて飛んでいるように
見せる。
【0071】レイヤ順序交換部5dは、画像データを表
示するレイヤの順序を適宜交換する処理を行う。すなわ
ち、街並みの中を通行人や車が往来する場合、すれ違い
や追い越しなどが生じた場合には、その前後で通行人や
車の見え方(重なり方)を変える必要がある。そこで、
本実施形態では、すれ違いや追い越しなどが生じた時点
を境として、そのすれ違いや追い越しなどの対象となっ
ている画像データのレイヤの順序を交換する処理を行
う。すなわち、それまで前面にあったレイヤをもう片方
のレイヤの背面に移す。あるいは、それまで背面にあっ
たレイヤをもう片方のレイヤの前面に移す。
【0072】このように、本実施形態では、画像切替部
5cやレイヤ順序交換部5dを設けることにより、より
一層現実に近い世界をコンピュータの仮想空間内で実現
することができるようになる。
【0073】表示更新部5eは、移動指示部7によりユ
ーザキャラクタの前進または後退が指示され、合同変換
処理部5a、速度計算部5b、画像切替部5c、レイヤ
順序交換部5dによってウォークスルー処理が行われた
ときに、それまで表示されていた街並みの画像データか
ら、移動先の街並みの画像データに表示を更新する処理
を行う。移動先の街並みの画像データは、マップ情報記
憶部4に記憶されているマップ情報に基づいて判断す
る。
【0074】具体的には、表示更新部5eは、移動先に
該当する街並みの画像データをマップ情報に基づいて特
定し、その画像データを画像データ記憶部3から読み出
す。これによって表示制御部5は、読み出された移動先
の街並みの画像データを、それまで表示されていた移動
前の街並みの画像データと切り替えて表示部6に表示す
る。
【0075】すなわち、本実施形態では、ユーザから前
進または後退の指示が与えられたときは、その時点で表
示部6に表示されている街並みの画像データを用い、そ
れをデジタル処理によって拡大または縮小しながら表示
することでウォークスルー処理を実行する。このウォー
クスルー処理は、1回の移動操作に対してあらかじめ定
められたユーザキャラクタの移動量、すなわち、家1軒
分の移動量に相当する分だけ画像の拡大/縮小処理を行
って終了する。
【0076】そして、このような処理によってウォーク
スルーが終了すると、ウォークスルーの移動先の街並み
の画像データが画像データ記憶部3から読み出され、そ
の街並みの画像データに表示が切り替えられる。ウォー
クスルー処理が終了した時点の拡大/縮小画像データ
と、新たに切り替えられる移動先の画像データとは、画
質の点を除けば内容的にほとんど一致した画像であるの
で、ウォークスルー処理の終了時点で画像データを更新
しても、ユーザにとって特に違和感はない。
【0077】また、ウォークスルー処理をしている間の
動きのある画像は、イメージ画像データに対してデジタ
ル的なズーミング処理を行っているので多少画質は落ち
るが、見ているユーザにとってはわずかな時間のことな
ので、画質の荒さはそれほど気にならない。しかし、ウ
ォークスルー処理後の動きの止まっている拡大/縮小画
像をそのまま表示し続けると、画質の荒さがそのままユ
ーザに伝わってしまうので、ここで拡大も縮小もされて
いない移動先の街並みの画像データに切り替える。
【0078】その後、再びユーザキャラクタの前進や後
退が指示されたときは、新たに切り替えられた街並みの
画像データに対して同様のウォークスルー処理を実行
し、その処理終了時点で次の街並みの画像データに再び
切り替える。このような処理を繰り返し行うことによ
り、できるだけ少ない街並みの画像データを用意するだ
けで、街並みの中をスムーズに歩いて行くように見せる
ことができる。
【0079】図9および図10は、ウォークスルー処理
による画像データの切り替えイメージを示す図である。
図9が画像データ切り替え前のウォークスルー画面を示
し、図10が画像データ切り替え後のウォークスルー画
面を示している。この図9および図10は、ユーザが街
並みの中を前進する場合の画像切り替えを例に説明して
おり、図3および図4に示した街並みの画像データに
雲、鳥、通行人、車の画像データを重畳して表示した状
態(ユーザキャラクタはいない)を示している。
【0080】この図9および図10では、画像の切り替
え前後の様子しか示すことができないが、実際にはこの
切り替えの間に合同変換処理に基づくウォークスルー処
理が行われており、図9の画像が各レイヤ毎に徐々に拡
大/縮小され(街並み、二人の女の子、車は拡大、サラ
リーマンは縮小)、あるいは左右に移動(雲は右へ、鳥
は左へ移動)している過程が連続的に画面上に表示され
ている。
【0081】また、表示更新部5eは、図には示してい
ないが、街並みの中の交差点にいるときにユーザが左右
への移動ボタンを操作すると、その移動先の街並みの画
像データに切り替える処理も行う。この場合の移動先の
街並みの画像データも、マップ情報記憶部4に記憶され
ているマップ情報に基づいて判断する。なお、左右への
移動時には、処理の簡略化のために、ウォークスルー処
理を行うことなく直ちに画像を切り替える。
【0082】もちろん、交差点を曲がる途中の街並みを
表す画像データをいくつか用意しておき、移動前の画像
データに対して回転の合同変換処理を行いながら、適当
なタイミングで画像データを切り替えていくことによ
り、交差点を曲がるときにもウォークスルー処理を実行
することは可能である。
【0083】以上詳しく説明したように、第1の実施形
態によれば、3D画像のような複雑で膨大な情報量を有
する画像データでなく、遠近法により立体的に見せた2
次元座標の画像データを用いてウォークスルー処理を行
うことで、スムーズな画像の動きを簡単に実現すること
ができる。しかも、本実施形態では、多数の画像データ
を細かく切り替えることによって動きを表すのではな
く、1枚の画像データに対する合同変換処理によって動
きを表すことができるので、多くの画像データを用意し
なくても済む。したがって、大きな記憶容量やハイスペ
ックの高価なコンピュータ等がなくてもスムーズな動き
を実現することができ、また、動きを表すための元の画
像データを作成する際の負荷を軽減することもできる。
【0084】(第2の実施形態)次に、本発明の第2の
実施形態について説明する。近年、インターネットを使
ったウェブサイトにより様々なサービスが提供されてい
る。サービスの運営者あるいは運営企業は、できるだけ
多くのユーザに自己のウェブサイトにアクセスしてもら
えるように、ウェブサイトのコンテンツ、デザイン、提
供するサービス内容などに各種の工夫を凝らしている。
【0085】その中にあって、魅力のあるコンテンツや
豊富なサービスを充実させたウェブサイト、いわゆるポ
ータルサイトが注目を集めている。ポータルサイトの
「ポータル」は正面玄関を意味する語であり、何らかの
サービスを利用しようとするユーザが最初にアクセスす
るサイトがポータルサイトである。
【0086】ポータルサイトにできるだけ多くのユーザ
からアクセスしてもらえるようにするためには、サイト
に登録するコンテンツ数を多くするとともに、それぞれ
のコンテンツを魅力あるものにすることが大切である。
しかしながら、魅力あるコンテンツを数多く集めて登録
するには多大な労力と時間を要し、そのこと自体が非常
に困難である。
【0087】また、数多くのポータルサイトが乱立して
いる現在においては、どのポータルサイトでもコンテン
ツを充実させる努力をしており、他のポータルサイトと
の差別化を図るためには、コンテンツの中身を工夫する
だけでは不十分であると言える。したがって、コンテン
ツの中身以外にも、他のポータルサイトにはない何らか
の工夫が必要になってくる。
【0088】そのための工夫の例として、本実施形態で
は、ポータルサイトを1つの擬似的な街並みと見做し、
ユーザがあたかもポータルサイトの中を歩いて所望のコ
ンテンツを探すような感覚で操作を行えるようにする。
通常、ポータルサイトはその中にどんなコンテンツが含
まれているかをユーザに提示するが、従来は単にツリー
構造等にて表した一覧情報や、一画面に表示した平面的
な地図上に各コンテンツを表したマップ等にて提示して
いるに過ぎなかった。
【0089】したがって、例えばポータルサイトの街並
みを立体的に見えるように表示して、ユーザがその中を
自ら歩いて所望のコンテンツを探すように見せることが
できれば、コンテンツ探し自体をゲーム感覚で楽しむこ
とができ、ポータルサイトそのものをかなり魅力的なも
のとすることができる。これにより、アクセス数の増大
も期待できる。
【0090】図11は、本実施形態による画像処理装置
を応用したネットワークシステムの機能構成を示すブロ
ック図である。なお、図11において、図1に示した符
号と同一の符号を付したものは同一の機能を有するもの
であるので、ここでは重複する説明を省略する。
【0091】図11に示すように、本実施形態のネット
ワークシステムは、サーバ装置10とクライアント装置
20とを備え、これらの装置10,20がインターネッ
ト等のネットワーク30に接続可能に構成されている。
【0092】サーバ装置10は、ウェブサーバ11、プ
ログラムDB(データベース)12、画像情報DB13
およびマップ情報DB14を備えている。ウェブサーバ
11は、クライアント装置20側のウェブブラウザ21
から送られてくる要求に応じて、サービス提供用に用意
されたHTML(Hyper Text Markup Language)情報、
プログラム、画像情報などを提供する。
【0093】クライアント装置20側では、ウェブサー
バ11から送られてきたHTML情報をウェブブラウザ
21で解析し、そのHTML情報の中で指定されたプロ
グラムをウェブサーバ11からダウンロードして後述す
る処理を実行する。その際、当該HTML情報により示
される内容を画面上に表示するとともに、HTML情報
でリンクされている画像情報があれば、その画像情報も
画面上に表示する。
【0094】プログラムDB12は、クライアント装置
20側にダウンロードして実行するためのアプリケーシ
ョン・プログラムを記憶したデータベースである。例え
ば、Java言語で作成した小さなソフトウェア、いわ
ゆるJavaアプレットをこのプログラムDB12に記
憶する。
【0095】本実施形態において用いるJavaアプレ
ットは、ポータルサイト内に設定した各タウンをそれぞ
れ擬似的な街並みと見做し、その街並みを立体的に見え
るように表示して、その中をユーザが歩きながら所望の
コンテンツを探すように見せるウォークスルー処理を行
うプログラムである。
【0096】画像情報DB13は、上述のウォークスル
ー処理を実行する際に用いる複数の画像データを記憶し
たデータベースである。この画像情報DB13に記憶さ
れる画像データには、ユーザキャラクタを表す画像デー
タ、タウンマップを表す画像データ、ポータルサイトに
存在する各タウン内の街並みを表す画像データ、雲や鳥
などの背景の画像データ、通行人や車などの移動物の画
像データなどが含まれる。なお、これらの全てを備える
ことは必須でなく、また、これ以外の画像データを記憶
しても良い。
【0097】なお、ここで言うタウンマップとは、ポー
タルサイトの全体地図を平面的に表したマップである。
このタウンマップ上で所望のタウンをマウスクリック等
によって指定すると、その指定されたタウンに入ってウ
ォークスルー処理が実行される。また、ユーザキャラク
タの画像データ、街並みの画像データ、背景の画像デー
タ、移動物の画像データは、第1の実施形態で説明した
ものと同様である。
【0098】マップ情報DB14は、第1の実施形態で
説明したマップ情報を記憶したデータベースである。以
上に述べたプログラムDB12、画像情報DB13およ
びマップ情報DB14は、例えばハードディスク、フロ
ッピーディスク、CD−ROM、光ディスク、光磁気デ
ィスクなどの記録媒体により構成される。
【0099】また、クライアント装置20は、ウェブブ
ラウザ21、読込判定部22、プログラム記憶部1、制
御部2、画像データ記憶部3、マップ情報記憶部4、表
示制御部5、表示部6および移動指示部7を備えてい
る。ウェブブラウザ21は、ユーザが指定したURLに
従って、そのURLを持つウェブサーバ11に対してH
TML情報の送信を要求する。そして、この要求に対応
してウェブサーバ11から送られてくるHTML情報、
およびそのHTML情報によって指定されるプログラム
や画像データなどを取得する。
【0100】プログラム記憶部1は、サーバ装置10内
のプログラムDB12から送られてくるJavaアプレ
ットを記憶する。画像データ記憶部3は、サーバ装置1
0内の画像情報DB13から送られてくる各種画像デー
タを記憶する。また、マップ情報記憶部4は、サーバ装
置10内のマップ情報DB14から送られてくるマップ
情報を記憶する。
【0101】表示制御部5は、サーバ装置10からクラ
イアント装置20に送られてきて画像データ記憶部3に
記憶された画像データを表示部6に表示する制御を行
う。ユーザが最初にポータルサイトにアクセスすると、
サーバ装置10内の画像情報DB13からタウンマップ
の画像データがクライアント装置20内の画像データ記
憶部3に送られ、表示制御部5によってそのタウンマッ
プの画像が表示部6に表示される。
【0102】この状態で、ユーザがマウスクリックによ
ってタウンマップ上の所望のタウンを指定すると、その
指定されたタウンの入り口に当たる街並みの画像デー
タ、ユーザキャラクタの画像データ、背景の画像デー
タ、移動物の画像データがサーバ装置10内の画像情報
DB13からクライアント装置20内の画像データ記憶
部3に送られ、表示制御部5によってそれらの画像が合
成されて表示部6に表示される。以降、これらの画像デ
ータを用いてウォークスルー処理が実行される。
【0103】このとき、ユーザキャラクタの画像デー
タ、背景の画像データ、移動物の画像データについて
は、ユーザの移動に伴って更新するということはないの
で、最初に1回ダウンロードしておけば、後はそれを使
い続けることが可能である。これに対して、街並みの画
像データは、ユーザの移動に伴って移動先の街並みの画
像データへと更新が行われるので、複数枚の画像データ
が必要になる。
【0104】この場合、最初の段階で画像情報DB13
に記憶されている画像データを全て画像データ記憶部3
にダウンロードしても良いが、これでは通信に時間がか
かってしまう。そこで、本実施形態では、タウンの入り
口に当たる街並みとそれに隣接する街並みの画像データ
を数枚だけ最初にダウンロードする。例えば、図3〜図
6に示したような4枚の街並みの画像データを最初にダ
ウンロードする。もちろん、入り口に当たる街並みの画
像データを1枚だけダウンロードするようにしても良
い。そして、残りの街並みの画像データは、以降の処理
の中で必要に応じてダウンロードするようにする。
【0105】残りの街並みの画像データのどれをどのタ
イミングでダウンロードするかは、読込判定部22が判
定する。例えば、読込判定部22は、移動指示部7によ
ってユーザの移動指示が行われたかどうかを監視してお
り、移動指示の発生に基づきウォークスルー処理が行わ
れたときに、そのウォークスルー処理の終了後に新たな
街並みの画像データを1枚ダウンロードするように制御
する。
【0106】このとき、どの街並みの画像データをダウ
ンロードするかは、ウォークスルー処理による移動先
と、マップ情報記憶部4に記憶されているマップ情報と
に基づいて特定する。例えば、ウォークスルー処理によ
って前進が行われたときは、画像データ記憶部3に記憶
されている数枚の街並みの画像データよりも1つ前方の
街並みの画像データをダウンロードする。
【0107】具体的には、読込判定部22は、新たにダ
ウンロードすべき街並みの画像データを指定するための
URLをウェブブラウザ21に供給する。これを受けて
ウェブブラウザ21は、その指定された街並みの画像デ
ータをサーバ装置10内の画像情報DB13から取得
し、クライアント装置20内の画像データ記憶部3に記
憶する。
【0108】また、この例とは別の方法によって、街並
みの画像データのどれをどのタイミングでダウンロード
するかを特定することも可能である。例えば、読込判定
部22は、移動指示部7によってユーザの移動指示が行
われたかどうかを監視し、移動指示が行われていないタ
イミングで残りの街並みの画像データのダウンロードを
順次実行する。
【0109】このとき、どの街並みの画像データをダウ
ンロードするかは、現在画像データ記憶部3に記憶され
ている街並みの画像データと、マップ情報記憶部4に記
憶されているマップ情報とに基づいて特定する。例え
ば、画像データ記憶部3に記憶されている数枚の街並み
の画像データに隣接する1つ前方あるいは後方の街並み
の画像データをダウンロードする。
【0110】これら2つのダウンロード方法において、
画像データ記憶部3が、サーバ装置10内の画像情報D
B13に記憶されている全ての街並みの画像データを記
憶するだけの十分な記憶容量を持っている場合は、必要
に応じてダウンロードした画像データを逐次画像データ
記憶部3に記憶していけばよい。
【0111】一方、画像データ記憶部3の記憶容量が十
分にない場合は、1回ウォークスルー処理が行われる毎
に、画像データ記憶部3内の何れかの街並みの画像デー
タを破棄するなどの処理が必要になる。例えば、ウォー
クスルー処理によってユーザが移動したときに、その移
動先から最も離れた位置に該当する街並みの画像データ
を画像データ記憶部3から破棄するような処理を行う。
あるいは、画像データ記憶部3の容量がいっぱいになっ
て新たな画像データを記憶できなくなった時点で、現在
表示中の街並みから最も離れた位置に該当する街並みの
画像データを画像データ記憶部3から破棄するような処
理を行うようにしても良い。
【0112】図12は、第2の実施形態によるウォーク
スルー処理(画面表示されたタウンマップ上で所望のタ
ウンをマウスクリックにより指定した後の処理)の動作
例を示すフローチャートである。なお、この図12は、
クライアント装置20側の動作を示したものである。
【0113】図12において、まずステップS1で、ク
ライアント装置20は、サーバ装置10のプログラムD
B12からJavaアプレットをダウンロードした後、
必要な画像データを画像情報DB13からダウンロード
する。ここで言う必要な画像データとは、1枚もしくは
数枚の街並みの画像データ、背景の画像データ、移動物
の画像データである。なお、このフローチャートは、ユ
ーザキャラクタの画像データは表示しない例を示してお
り、ここではユーザキャラクタの画像データはダウンロ
ードしない。
【0114】次に、ステップS2で表示制御部5は、画
像データ記憶部3に記憶されたタウン入り口の街並みの
画像データを表示部6に表示する。そして、次のステッ
プS3で表示制御部5は、表示された街並みの画像デー
タ中の消失点33をあらかじめ定められた位置に決定す
る(パラメータとして設定する)。
【0115】さらに、表示制御部5は、ステップS4
で、街並みの中で動かすキャラクタ(ユーザ以外の背
景、移動物など)を決定する。これは、例えば街並みの
内容に応じて動かすキャラクタを変えるための処理であ
る。そして、次のステップS5で表示制御部5は、上記
ステップS4で決定された各キャラクタの初期位置座標
を決定し(パラメータとして設定する)、各キャラクタ
を画面上に表示する。
【0116】また、次のステップS6では、表示制御部
5は、上記ステップS4で決定された各キャラクタの移
動速度をあらかじめ定められた速度に決定する(パラメ
ータとして設定する)。そして、ステップS7で表示制
御部5は、各キャラクタの動く向きを決定する(パラメ
ータとして設定する)。このとき、速度計算部5bによ
って、ユーザの視点に対するキャラクタの移動相対速度
を計算する。以上の処理によって、ウォークスルー処理
の初期設定が完了し、ウォークスルー画面が表示部6に
表示される。
【0117】次に、ステップS8で表示制御部5は、以
上のようにして設定された各種パラメータに従って、第
1の実施形態で説明した合同変換処理を背景、移動物な
どのキャラクタの画像データに対して個別に行うことに
より、背景、移動物のキャラクタをウォークスルー画面
内でそれぞれ移動させる。その後、ステップS9で表示
制御部5は、移動指示部7によりユーザの移動、すなわ
ち、視点の動きの指示が行われたかどうかを判断する。
【0118】ここで、移動の指示が行われたと判断した
場合は、ステップS10に進む。ステップS10では、
どのような指示が行われたかに応じて街並みの動く方向
を決定する。そして、ステップS11で速度計算部5b
は、その街並みの動きによって変化する各キャラクタの
相対移動速度をそれぞれ計算し、該当するパラメータを
設定し直す。次のステップS12では、表示制御部5
は、新たに設定されたパラメータに従って、第1の実施
形態で説明した合同変換処理を街並みの画像データと各
キャラクタの画像データに対して個別に行うことによ
り、街並みと各キャラクタとをウォークスルー画面内で
それぞれ移動させる。
【0119】このようなウォークスルー処理が終了する
と、次のステップS13で表示更新部5eは、それまで
用いていた街並みの画像データを移動先の街並みの画像
データへと差し替える。ここでは、上記ステップS11
で設定したパラメータを元のパラメータに設定し直す処
理も行う。
【0120】その後、処理はステップS15に進み、表
示処理を終了するか否か(例えば、インターネット接続
を切断したり、他のURLを指定したりする場合)を判
断する。ここで、表示を終了することが指示された場合
はウォークスルー処理を終了するが、そうでない場合は
ステップS8に戻る。
【0121】また、上記ステップS9でユーザの移動指
示が行われていないと判断したときは、処理はステップ
S14へと進む。ステップS14で、読込判定部22
は、サーバ装置10の画像情報DB13から新たな街並
みの画像データを画像データ記憶部3にダウンロードす
るように制御する。その後、処理はステップS15に進
む。
【0122】このように、図12のフローチャートで
は、ステップS1で最初に数枚分の街並みの画像データ
をダウンロードしておき、残りの街並みの画像データに
ついては、ユーザの移動指示が行われていないとき、す
なわち、ウォークスルー処理が行われていないときに実
行するようにしている。したがって、CPUの処理負担
が少ない間に街並みの画像データのダウンロードを行う
ことができ、通信時間を短くすることができる。
【0123】また、最初に数枚分の画像データをダウン
ロードするとき以外は、ユーザの意思とは関係なくバッ
クグランド処理として必要な街並みの画像データが先読
みされているので、ユーザが移動指示をしたときに初め
て移動先の街並みの画像データをダウンロードするよう
なことはなく、画像データ記憶部3から直ちに読み出し
て画像データの差し替えを行うことができる。したがっ
て、ウォークスルー処理とそれに伴う画像差し替えを、
ユーザにストレスを与えることなくスムーズに行うこと
ができる。
【0124】以上に説明した第1の実施形態による画像
処理装置、第2の実施形態によるネットワークシステム
を構成するサーバ装置10およびクライアント装置20
は、コンピュータのCPUあるいはMPU、RAM、R
OMなどを備えて構成されるものであり、RAMやRO
M、あるいはハードディスク等に記憶されたプログラム
が動作することによって実現できる。特に、第2の実施
形態のウォークスルー処理は、サーバ装置10からクラ
イアント装置20にダウンロードされるJavaアプレ
ットによって実現される。
【0125】したがって、コンピュータが上記機能を果
たすように動作させるプログラムを、例えばCD−RO
Mのような記録媒体に記録し、それをコンピュータに読
み込ませることによって実現できるものである。上記プ
ログラムを記録する記録媒体としては、CD−ROM以
外に、フロッピーディスク、ハードディスク、磁気テー
プ、光磁気ディスク、DVD、不揮発性メモリカード等
を用いることができる。
【0126】また、コンピュータが供給されたプログラ
ムを実行することにより上述の実施形態の機能が実現さ
れるだけでなく、そのプログラムがコンピュータにおい
て稼働しているOS(オペレーティングシステム)ある
いは他のアプリケーションソフト等と共同して上述の実
施形態の機能が実現される場合や、供給されたプログラ
ムの処理の全てあるいは一部がコンピュータの機能拡張
ボードや機能拡張ユニットにより行われて上述の実施形
態の機能が実現される場合も、かかるプログラムは本発
明の実施形態に含まれる。
【0127】なお、以上に説明した実施形態は、本発明
を実施するにあたっての具体化の一例を示したものに過
ぎず、これによって本発明の技術的範囲が限定的に解釈
されてはならないものである。すなわち、本発明はその
精神、またはその主要な特徴から逸脱することなく、様
々な形で実施することができる。
【0128】例えば、上記第1および第2の実施形態で
は、合同変換処理の例としてアフィン変換処理を挙げて
いるが、本発明はこれに限定されるものではない。すな
わち、画像データをデジタル的に拡大/縮小、移動、回
転するための処理であれば、何れも適用することが可能
である。
【0129】また、上記第2の実施形態では、複数枚の
街並みの画像データの繋がり関係を表したマップ情報を
サーバ装置10からクライアント装置20にダウンロー
ドし、ユーザの移動指示があったときに、クライアント
装置20側において移動先の街並みの画像データを特定
するようにしているが、マップ情報はクライアント装置
20にダウンロードせず、移動先の街並みの画像データ
をサーバ装置10側にて特定するようにすることも可能
である。ただし、その場合には、現在クライアント装置
20側でどの街並みの画像データを表示しているかをサ
ーバ装置10側で管理しておく必要がある。
【0130】また、上記実施形態では、図3に示したよ
うに、街並みの画像データ31を画面表示領域32より
も大きいサイズとしたが、前進だけを行う場合(画像の
拡大だけを行う場合)は、街並みの画像データのサイズ
31と画面表示領域32のサイズを同じとしても良い。
【0131】また、上記第2の実施形態では、背景や移
動物の画像データについては最初に1回だけダウンロー
ドし、その後のウォークスルー処理においてその画像デ
ータを使い続けるようにしているが、ポータルサイト上
のタウンや街並みに応じて異なる種類の背景や移動物の
画像データを用いるようにしても良い。この場合におい
て、最初に背景や移動物の画像データを全てダウンロー
ドしても良いし、街並みの画像データと同様に、ユーザ
の移動に応じて必要な画像データを適宜ダウンロードす
るようにしても良い。
【0132】
【発明の効果】以上説明したように本発明によれば、3
D画像や多くの画像データを用いなくても、少なくとも
1枚の画像データに対するズーム処理あるいは合同変換
処理によってスムーズな画像の動きを簡単に実現するこ
とができる。また、ズーム処理後に新たな画像データに
切り替えることにより、その切り替えた画像データに対
してもズーム処理等を行って画像の動きを実現すること
ができ、複数の画像データによって連続的な画像の動き
を実現することができる。このとき、遠近法により表し
た仮想空間の画像データに対して本発明を適用すること
により、ユーザが仮想空間内を現実に近い感覚で歩いて
いるように見せることができる。
【0133】また、本発明の他の特徴によれば、ネット
ワーク上においても、通信速度に関係なくスムーズな画
像の動きを実現することができる。特に、本発明では、
初期段階を除いて、画像データの通信はズーム処理を行
っていない期間中に行うようにしたので、装置の処理負
担が少ない間に画像データを短時間で取得することがで
き、また、ユーザの意思とは関係なくバックグランド処
理として必要な画像データを先読みすることができるの
で、ユーザにストレスを与えることなくスムーズに画像
の動きを表現することができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】第1の実施形態による画像処理装置の機能構成
を示すブロック図である。
【図2】街並みの画像データの例を示す図である。
【図3】隣接する4つの街並みの画像データの1つを示
す図である。
【図4】隣接する4つの街並みの画像データの1つを示
す図である。
【図5】隣接する4つの街並みの画像データの1つを示
す図である。
【図6】隣接する4つの街並みの画像データの1つを示
す図である。
【図7】表示画像のレイヤ構造の例を示す図である。
【図8】スケーリング処理のより具体的な内容を説明す
るための図である。
【図9】ウォークスルー画面(移動前)の例を示す図で
ある。
【図10】ウォークスルー画面(移動後)の例を示す図
である。
【図11】第2の実施形態によるネットワークシステム
の機能構成を示すブロック図である。
【図12】ウォークスルー処理の動作例を示すフローチ
ャートである。
【符号の説明】
1 プログラム記憶部 2 制御部 3 画像データ記憶部 4 マップ情報記憶部 5 表示制御部 5a 合同変換処理部 5b 速度計算部 5c 画像切替部 5d レイヤ順序交換部 5e 表示更新部 6 表示部 7 移動指示部 10 サーバ装置 11 ウェブサーバ 12 プログラムDB 13 画像情報DB 14 マップ情報DB 20 クライアント装置 21 ウェブブラウザ 22 読込判定部 30 ネットワーク 31 街並みの画像データ(GIFファイル) 32 画面表示領域 33 消失点
フロントページの続き (51)Int.Cl.7 識別記号 FI テーマコート゛(参考) G09G 5/36 520G Fターム(参考) 5B050 BA07 BA08 BA11 EA12 EA19 EA24 FA02 FA19 5B069 AA01 BA03 BB04 CA13 DD09 DD11 DD16 DD17 JA02 5C082 AA06 AA13 AA21 BA12 BA42 BA46 CA33 CA34 CA42 CA52 CA76 CB05 DA87 MM02 5E501 AC16 AC37 BA20 CA03 CB07 EA02 FA06 FA15 FA27 FB04 FB42

Claims (32)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 コンピュータ上の仮想空間を遠近法によ
    り立体的に見えるように表した画像データを少なくとも
    1枚記憶する画像データ記憶手段と、 上記画像データ上の所定点を中心として上記画像データ
    をズーミングするズーム処理を倍率を変えて段階的に行
    うズーミング手段と、 上記ズーミング手段により段階的に行われたズーム処理
    の結果を上記表示装置の表示画面に逐次表示するように
    制御する表示制御手段とを備えたことを特徴とする画像
    処理装置。
  2. 【請求項2】 上記仮想空間内におけるユーザの視点移
    動を指示するための移動指示手段を備え、 上記ズーミング手段は、上記移動指示手段による移動指
    示に応じて上記ズーム処理を行うことを特徴とする請求
    項1に記載の画像処理装置。
  3. 【請求項3】 上記仮想空間を表す画像データは、上記
    表示装置の表示画面よりもサイズの大きい画像データで
    あることを特徴とする請求項1または2に記載の画像処
    理装置。
  4. 【請求項4】 上記ズーミング手段が上記ズーム処理を
    行う際に中心とする所定点は、上記遠近法により表され
    た画像データの視野の消失点であることを特徴とする請
    求項1〜3の何れか1項に記載の画像処理装置。
  5. 【請求項5】 上記ズーミング手段によってある仮想空
    間を表す画像データに対して上記ズーム処理が行われた
    後に、表示対象を他の仮想空間を表す画像データに更新
    する表示更新手段を備えたことを特徴とする請求項1〜
    4の何れか1項に記載の画像処理装置。
  6. 【請求項6】 上記画像データ記憶手段に記憶されてい
    る画像データは、上記コンピュータ上の仮想空間の全体
    を所定ポイント毎に断片的に表す画像データであること
    を特徴とする請求項1〜5の何れか1項に記載の画像処
    理装置。
  7. 【請求項7】 上記ズーミング手段は、上記仮想空間を
    表す画像データと、上記仮想空間内を移動する移動物を
    表す画像データとを異なるレイヤにて処理し、それぞれ
    のレイヤに対して上記ズーム処理を個別に行うことを特
    徴とする請求項1〜6の何れか1項に記載の画像処理装
    置。
  8. 【請求項8】 上記仮想空間を表す画像データと、上記
    移動物を表す画像データとのそれぞれに対してズーミン
    グ速度を設定することを特徴とする請求項7に記載の画
    像処理装置。
  9. 【請求項9】 上記仮想空間を表す画像データに設定さ
    れたズーミング速度とそのズーム方向、および上記移動
    物を表す画像データに設定されたズーミング速度とその
    ズーム方向から、上記仮想空間の画像データをズーミン
    グするときにおける上記移動物の相対的なズーミング速
    度を計算する速度計算手段を備え、 上記ズーミング手段は、上記移動物を表す画像データに
    対して、上記速度計算手段により計算された相対的なズ
    ーミング速度に従って上記ズーム処理を行うことを特徴
    とする請求項8に記載の画像処理装置。
  10. 【請求項10】 上記移動物を表す複数の画像データを
    複数のレイヤにて処理し、上記複数のレイヤに対して上
    記ズーム処理を個別に行っている過程で、上記複数のレ
    イヤの表示重ね順序を交換する処理を行うレイヤ順序交
    換手段を備えたことを特徴とする請求項7〜9の何れか
    1項に記載の画像処理装置。
  11. 【請求項11】 1つの移動物の動きを表す画像データ
    を少なくとも2枚用意し、それぞれの画像データに対し
    て上記ズーム処理を行うとともに、上記ズーム処理後の
    画像データを交互に切り替えて表示することを特徴とす
    る請求項7〜10の何れか1項に記載の画像処理装置。
  12. 【請求項12】 上記ズーム処理は合同変換処理である
    ことを特徴とする請求項1〜11の何れか1項に記載の
    画像処理装置。
  13. 【請求項13】 上記仮想空間を表す画像データと、上
    記仮想空間内を移動する移動物を表す画像データとを異
    なるレイヤにて処理し、それぞれのレイヤに対して上記
    合同変換処理を個別に行うことを特徴とする請求項12
    に記載の画像処理装置。
  14. 【請求項14】 上記仮想空間を表す画像データと上記
    移動物を表す画像データとのそれぞれに対して異なる種
    類の上記合同変換処理を行うことを特徴とする請求項1
    3に記載の画像処理装置。
  15. 【請求項15】 コンピュータ上の仮想空間を遠近法に
    より立体的に見えるように表した画像データに対して、
    上記画像データ上の所定点を中心として拡大あるいは縮
    小のズーム処理を倍率を変えて段階的に行い、段階的に
    行ったズーム処理の結果を上記表示装置の表示画面に逐
    次表示するようにしたことを特徴とする画像処理方法。
  16. 【請求項16】 上記仮想空間を表す画像データに対す
    る上記ズーム処理は、上記仮想空間内におけるユーザの
    視点移動が指示されたときに行うことを特徴とする請求
    項15に記載の画像処理方法。
  17. 【請求項17】 上記仮想空間を表す画像データは、上
    記表示装置の表示画面よりもサイズの大きい画像データ
    であることを特徴とする請求項15または16に記載の
    画像処理方法。
  18. 【請求項18】 上記ズーム処理を行う際に中心とする
    所定点は、上記遠近法により表された画像データの視野
    の消失点であることを特徴とする請求項15〜17の何
    れか1項に記載の画像処理方法。
  19. 【請求項19】 ある仮想空間を表す画像データに対し
    て上記ズーム処理が行われた後に、表示対象を他の仮想
    空間を表す画像データに更新するようにしたことを特徴
    とする請求項15〜18の何れか1項に記載の画像処理
    方法。
  20. 【請求項20】 上記ズーム処理は合同変換処理であ
    り、 上記仮想空間を表す画像データと、上記仮想空間内を移
    動する移動物を表す画像データとを異なるレイヤにて処
    理し、それぞれのレイヤに対して上記合同変換処理を個
    別に行うことを特徴とする請求項15〜19の何れか1
    項に記載の画像処理方法。
  21. 【請求項21】 上記仮想空間を表す画像データに対し
    て視点移動速度を設定するとともに、上記移動物を表す
    画像データに対して移動速度を設定することを特徴とす
    る請求項20に記載の画像処理方法。
  22. 【請求項22】 上記仮想空間を表す画像データに設定
    された上記視点移動速度とその移動方向、および上記移
    動物を表す画像データに設定された上記移動速度とその
    移動方向から、上記仮想空間の画像データの視点を移動
    しているときにおける上記移動物の相対移動速度を計算
    し、上記移動物を表す画像データに対する合同変換処理
    を上記相対移動速度に従って行うことを特徴とする請求
    項21に記載の画像処理方法。
  23. 【請求項23】 上記移動物を表す複数の画像データを
    複数のレイヤにて処理し、上記複数のレイヤに対して上
    記合同変換処理を個別に行っている過程で、上記複数の
    レイヤの表示重ね順序を交換する処理を行うようにした
    ことを特徴とする請求項20〜22の何れか1項に記載
    の画像処理方法。
  24. 【請求項24】 1つの移動物の動きを表す画像データ
    を少なくとも2枚用意し、それぞれの画像データに対し
    て上記合同変換処理を行うとともに、上記合同変換処理
    後の画像データを交互に切り替えて表示するようにした
    ことを特徴とする請求項20〜23に記載の画像処理方
    法。
  25. 【請求項25】 上記仮想空間を表す画像データと上記
    移動物を表す画像データとのそれぞれに対して異なる種
    類の上記合同変換処理を行うことを特徴とする請求項2
    0〜24の何れか1項に記載の画像処理方法。
  26. 【請求項26】 コンピュータ上の仮想空間の全体を所
    定ポイント毎に断片的に表す1枚以上の画像データをサ
    ーバ装置からネットワークを介してクライアント装置に
    送信する画像データ送信手段と、 上記画像データ送信手段により送信された画像データを
    少なくとも1枚記憶する画像データ記憶手段と、 上記画像データ記憶手段に記憶された画像データに対し
    て、上記画像データ上の所定点を中心としてズーミング
    するズーム処理を倍率を変えて段階的に行うズーミング
    手段と、 上記ズーミング手段により段階的に行われたズーム処理
    の結果を上記表示装置の表示画面に逐次表示するように
    制御する表示制御手段とを備えたことを特徴とする画像
    処理システム。
  27. 【請求項27】 上記仮想空間内におけるユーザの視点
    移動を指示するための移動指示手段を備え、 上記ズーミング手段は、上記移動指示手段による移動指
    示に応じて上記ズーム処理を行うことを特徴とする請求
    項26に記載の画像処理システム。
  28. 【請求項28】 上記ズーミング手段によってある仮想
    空間を表す画像データに対して上記ズーム処理が行われ
    た後に、表示対象を他の仮想空間を表す画像データに更
    新する表示更新手段を備えたことを特徴とする請求項2
    6または27に記載の画像処理システム。
  29. 【請求項29】 上記仮想空間の全体を表す1枚以上の
    画像データのうちの一部を最初に上記サーバ装置から上
    記ネットワークを介して上記クライアント装置に送信
    し、残りの画像データはその後所定のタイミングで逐次
    上記サーバ装置から上記ネットワークを介して上記クラ
    イアント装置に送信することを特徴とする請求項26〜
    28の何れか1項に記載の画像処理システム。
  30. 【請求項30】 上記残りの画像データは、上記ズーム
    処理が行われていない期間中に上記サーバ装置から上記
    ネットワークを介して上記クライアント装置に送信する
    ことを特徴とする請求項29に記載の画像処理システ
    ム。
  31. 【請求項31】 請求項1〜14、26〜30の何れか
    1項に記載の各手段としてコンピュータを機能させるた
    めのプログラムを記録したことを特徴とするコンピュー
    タ読み取り可能な記録媒体。
  32. 【請求項32】 請求項15〜25の何れか1項に記載
    の画像処理方法の処理手順をコンピュータに実行させる
    ためのプログラムを記録したことを特徴とするコンピュ
    ータ読み取り可能な記録媒体。
JP2000335273A 2000-11-01 2000-11-01 画像処理装置および方法、画像処理システム、記録媒体 Pending JP2002140731A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000335273A JP2002140731A (ja) 2000-11-01 2000-11-01 画像処理装置および方法、画像処理システム、記録媒体

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000335273A JP2002140731A (ja) 2000-11-01 2000-11-01 画像処理装置および方法、画像処理システム、記録媒体

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2002140731A true JP2002140731A (ja) 2002-05-17

Family

ID=18811050

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2000335273A Pending JP2002140731A (ja) 2000-11-01 2000-11-01 画像処理装置および方法、画像処理システム、記録媒体

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2002140731A (ja)

Cited By (14)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2005104063A1 (ja) * 2004-04-21 2005-11-03 Mitsubishi Denki Kabushiki Kaisha 施設表示装置
JP2006208767A (ja) * 2005-01-28 2006-08-10 Nikon Corp 画像再生装置、及び画像再生プログラム
JP2009015583A (ja) * 2007-07-04 2009-01-22 Nagasaki Univ 画像処理装置及び画像処理方法
US7646396B2 (en) 2003-10-03 2010-01-12 Canon Kabushiki Kaisha Apparatus and method for displaying image
JP2010191607A (ja) * 2009-02-17 2010-09-02 Hitachi Ltd 画像生成表示方法、画像生成表示システム、サーバ装置および画像表示端末
US20110320116A1 (en) * 2010-06-25 2011-12-29 Microsoft Corporation Providing an improved view of a location in a spatial environment
JP2012050640A (ja) * 2010-08-31 2012-03-15 Kyoraku Sangyo Kk 遊技機
CN102595158A (zh) * 2010-09-28 2012-07-18 富士胶片株式会社 三维图像编辑装置以及三维图像编辑方法
US8411091B2 (en) 2008-03-21 2013-04-02 International Business Machines Corporation Image drawing system, image drawing server, image drawing method, and computer program
JP2013073504A (ja) * 2011-09-28 2013-04-22 Casio Comput Co Ltd 画像遷移装置、画像遷移方法およびプログラム
JP2014504384A (ja) * 2010-10-26 2014-02-20 3ディーティージー エスエル 2次元画像からの3次元バーチャルツアーの生成
US9852351B2 (en) 2014-12-16 2017-12-26 3Ditize Sl 3D rotational presentation generated from 2D static images
US9990760B2 (en) 2013-09-03 2018-06-05 3Ditize Sl Generating a 3D interactive immersive experience from a 2D static image
WO2019176208A1 (ja) * 2018-03-15 2019-09-19 日立建機株式会社 建設機械

Cited By (20)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7646396B2 (en) 2003-10-03 2010-01-12 Canon Kabushiki Kaisha Apparatus and method for displaying image
WO2005104063A1 (ja) * 2004-04-21 2005-11-03 Mitsubishi Denki Kabushiki Kaisha 施設表示装置
US7623045B2 (en) 2004-04-21 2009-11-24 Mitsubishi Electric Corporation Facility display unit
JP2006208767A (ja) * 2005-01-28 2006-08-10 Nikon Corp 画像再生装置、及び画像再生プログラム
JP2009015583A (ja) * 2007-07-04 2009-01-22 Nagasaki Univ 画像処理装置及び画像処理方法
US8411091B2 (en) 2008-03-21 2013-04-02 International Business Machines Corporation Image drawing system, image drawing server, image drawing method, and computer program
JP2010191607A (ja) * 2009-02-17 2010-09-02 Hitachi Ltd 画像生成表示方法、画像生成表示システム、サーバ装置および画像表示端末
US20110320116A1 (en) * 2010-06-25 2011-12-29 Microsoft Corporation Providing an improved view of a location in a spatial environment
US8515669B2 (en) * 2010-06-25 2013-08-20 Microsoft Corporation Providing an improved view of a location in a spatial environment
JP2012050640A (ja) * 2010-08-31 2012-03-15 Kyoraku Sangyo Kk 遊技機
CN102595158A (zh) * 2010-09-28 2012-07-18 富士胶片株式会社 三维图像编辑装置以及三维图像编辑方法
CN102595158B (zh) * 2010-09-28 2015-12-16 富士胶片株式会社 三维图像编辑装置以及三维图像编辑方法
JP2014504384A (ja) * 2010-10-26 2014-02-20 3ディーティージー エスエル 2次元画像からの3次元バーチャルツアーの生成
JP2013073504A (ja) * 2011-09-28 2013-04-22 Casio Comput Co Ltd 画像遷移装置、画像遷移方法およびプログラム
US9990760B2 (en) 2013-09-03 2018-06-05 3Ditize Sl Generating a 3D interactive immersive experience from a 2D static image
US9852351B2 (en) 2014-12-16 2017-12-26 3Ditize Sl 3D rotational presentation generated from 2D static images
WO2019176208A1 (ja) * 2018-03-15 2019-09-19 日立建機株式会社 建設機械
KR20200033894A (ko) * 2018-03-15 2020-03-30 히다찌 겐끼 가부시키가이샤 건설 기계
KR102388110B1 (ko) 2018-03-15 2022-04-19 히다찌 겐끼 가부시키가이샤 건설 기계
US11505923B2 (en) 2018-03-15 2022-11-22 Hitachi Construction Machinery Co., Ltd. Construction machine

Similar Documents

Publication Publication Date Title
CN107423445B (zh) 一种地图数据处理方法、装置及存储介质
JP6092865B2 (ja) マップ特徴の顕著さをベースとした生成およびレンダリング
US6570563B1 (en) Method and system for three-dimensional virtual reality space sharing and for information transmission
JP4123187B2 (ja) アニメーション生成装置、アニメーション生成方法およびアニメーション生成プログラム
KR101865425B1 (ko) 조절가능한 점진적인 이동 장치 거리뷰
US7461345B2 (en) System and method for displaying information using a compass
CA2560386C (en) A digital mapping system
US20020176636A1 (en) Method and system for displaying visual content in a virtual three-dimensional space
JP2002140731A (ja) 画像処理装置および方法、画像処理システム、記録媒体
JP2013084307A (ja) パノラマのイメージを描画すること、閲覧すること、および注釈をつけること、ならびにそのアプリケーション
JP2014504384A (ja) 2次元画像からの3次元バーチャルツアーの生成
CN112053370A (zh) 基于增强现实的显示方法、设备及存储介质
CN114115525B (zh) 信息显示方法、装置、设备及存储介质
JP3859020B2 (ja) 3次元仮想現実空間共有方法、3次元仮想現実空間共有システム、情報処理方法、クライアント端末、並びに共有サーバ端末
KR102189924B1 (ko) 3d 지도를 이용한 원격 위치 기반 ar 저작 방법 및 시스템
JP4304291B2 (ja) 案内情報提供方法、案内情報提供サーバ、および案内情報提供プログラム
JPH11174950A (ja) 情報処理装置及びその方法、コンピュータ可読メモリ
KR20040050190A (ko) 웹 쓰리 디 가상현실에서 3차원으로 제작된 각종개체물들의 조합 및 표현과정과 결과물 이용에 따른컨텐츠 서비스 방법
Tao A VR/AR-based Display System for Arts and Crafts Museum
KR101979754B1 (ko) 애니메이션을 저작하기 위한 방법, 시스템 및 컴퓨터 판독 가능한 기록 매체
KR100604588B1 (ko) 3차원 애니메이션 영상 표현 장치 및 그 방법
Rhodes et al. Viewing the Past: Virtual Time Binoculars and the Edinburgh 1544 Reconstruction
JP2020013466A (ja) 情報共有鑑賞システム
KR20170133294A (ko) 애니메이션을 저작하기 위한 방법, 시스템 및 컴퓨터 판독 가능한 기록 매체
JP2010191607A (ja) 画像生成表示方法、画像生成表示システム、サーバ装置および画像表示端末