JP2002113159A - Game machine - Google Patents

Game machine

Info

Publication number
JP2002113159A
JP2002113159A JP2000309892A JP2000309892A JP2002113159A JP 2002113159 A JP2002113159 A JP 2002113159A JP 2000309892 A JP2000309892 A JP 2000309892A JP 2000309892 A JP2000309892 A JP 2000309892A JP 2002113159 A JP2002113159 A JP 2002113159A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
command
control
game
display
test command
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2000309892A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP4689022B2 (en
Inventor
Shohachi Ugawa
詔八 鵜川
Masaki Imai
雅基 今井
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Sankyo Co Ltd
Original Assignee
Sankyo Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Sankyo Co Ltd filed Critical Sankyo Co Ltd
Priority to JP2000309892A priority Critical patent/JP4689022B2/en
Publication of JP2002113159A publication Critical patent/JP2002113159A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP4689022B2 publication Critical patent/JP4689022B2/en
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a game machine work burden for confirming the operation of which is reduced in the configuration where play direction is based on photo- emission or sound. SOLUTION: When performing operation confirmation, a main substrate for operation confirmation is connected to a lamp control substrate. In the operation confirming processing, a CPU for lamp control confirms the presence/ absence of a received command in a fixed command buffer area and confirms whether the received lamp control command is a test command or not. When the received lamp control command is a test command, the control of contents instructed by the test command is executed. Namely, the CPU for lamp control performs control for executing operation contents designated by the test command sent from the CPU of the main substrate. Thus, work for operation confirmation can be reduced.

Description

【発明の詳細な説明】DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】[0001]

【発明の属する技術分野】本発明は、遊技者の操作に応
じて遊技が行われるパチンコ遊技機、コイン遊技機、ス
ロット機等の遊技機に関する。
BACKGROUND OF THE INVENTION 1. Field of the Invention The present invention relates to a game machine such as a pachinko game machine, a coin game machine, and a slot machine in which a game is played according to a player's operation.

【0002】[0002]

【従来の技術】遊技機として、遊技球などの遊技媒体を
発射装置によって遊技領域に発射し、遊技領域に設けら
れている入賞口などの入賞領域に遊技媒体が入賞する
と、所定個の賞球が遊技者に払い出されるものがある。
さらに、表示状態が変化可能な可変表示部が設けられ、
可変表示部の表示結果があらかじめ定められた特定の表
示態様となった場合に所定の遊技価値を遊技者に与える
ように構成されたものがある。
2. Description of the Related Art As a gaming machine, a game medium such as a game ball is launched into a game area by a launching device, and when a game medium wins a winning area such as a winning opening provided in the game area, a predetermined number of prize balls are obtained. Are paid out to players.
Furthermore, a variable display unit capable of changing the display state is provided,
There is a configuration in which a predetermined game value is provided to a player when a display result of the variable display unit has a predetermined specific display mode.

【0003】遊技価値とは、遊技機の遊技領域に設けら
れた可変入賞球装置の状態が打球が入賞しやすい遊技者
にとって有利な状態になることや、遊技者にとって有利
な状態となるための権利を発生させたりすることや、景
品遊技媒体払出の条件が成立しやすくなる状態になるこ
とである。また、入賞等の所定の条件成立に応じて所定
量の遊技球やコインが付与されたり得点が加算されたり
する場合に、それらを価値または有価価値と呼ぶことに
する。
[0003] The game value means that the state of the variable winning ball device provided in the game area of the gaming machine is in a state that is advantageous for a player who is likely to win a hit ball, or is in a state that is advantageous for the player. In other words, the right is to be generated, or the condition for paying out premium game media is easily established. Further, when a predetermined amount of game balls or coins are awarded or points are added in accordance with establishment of predetermined conditions such as winning, these are referred to as value or valuable value.

【0004】パチンコ遊技機では、特別図柄(特別識別
情報)を表示する可変表示部の表示結果があらかじめ定
められた特定の表示態様の組合せとなることを、通常、
「大当り」という。大当りが発生すると、例えば、大入
賞口が所定回数開放して打球が入賞しやすい大当り遊技
状態に移行する。そして、各開放期間において、所定個
(例えば10個)の大入賞口への入賞があると大入賞口
は閉成する。そして、大入賞口の開放回数は、所定回数
(例えば16ラウンド)に固定されている。なお、各開
放について開放時間(例えば29.5秒)が決められ、
入賞数が所定個に達しなくても開放時間が経過すると大
入賞口は閉成する。また、大入賞口が閉成した時点で所
定の条件(例えば、大入賞口内に設けられているVゾー
ンへの入賞)が成立していない場合には、大当り遊技状
態は終了する。
[0004] In a pachinko gaming machine, it is common practice that a display result of a variable display section for displaying a special symbol (special identification information) is a combination of predetermined specific display modes.
It is called "big hit." When a big hit occurs, for example, the big winning opening is opened a predetermined number of times, and the state shifts to a big hit game state in which a hit ball is easy to win. Then, in each open period, when a predetermined number (for example, 10) of winning prizes is won, the winning prize opening is closed. The number of opening of the special winning opening is fixed to a predetermined number (for example, 16 rounds). In addition, an opening time (for example, 29.5 seconds) is determined for each opening,
Even if the number of winnings does not reach the predetermined number, if the opening time elapses, the winning port is closed. If the predetermined condition (for example, winning in the V zone provided in the special winning opening) is not satisfied at the time when the special winning opening is closed, the big hit gaming state ends.

【0005】また、「大当り」の組合せ以外の「はず
れ」の表示態様の組合せのうち、複数の可変表示部の表
示結果のうちの一部が未だに導出表示されていない段階
において、既に表示結果が導出表示されている可変表示
部の表示態様が特定の表示態様の組合せとなる表示条件
を満たしている状態を「リーチ」という。遊技者は、大
当りをいかにして発生させるかを楽しみつつ遊技を行
う。
[0005] In addition, among the combinations of the display modes of "outside" other than the combination of "big hit", at a stage where some of the display results of the plurality of variable display portions have not been derived and displayed yet, the display results are already displayed. The state in which the display mode of the variable display unit that is derived and displayed satisfies the display condition that is a combination of the specific display modes is referred to as “reach”. A player plays a game while enjoying how to generate a big hit.

【0006】遊技機における遊技進行はマイクロコンピ
ュータ等による遊技制御手段によって制御される。可変
表示装置に表示される識別情報(特別識別情報)の可変
表示の態様が多岐に渡るので可変表示制御に関するプロ
グラムの容量は大きい。従って、プログラム容量に制限
のある遊技制御手段のマイクロコンピュータで可変表示
装置に表示される識別情報等を制御することは困難であ
り、遊技制御手段のマイクロコンピュータとは別の表示
制御用のマイクロコンピュータ(表示制御手段)を用い
ることが得策である。
The progress of the game in the gaming machine is controlled by game control means such as a microcomputer. Since the manner of variable display of the identification information (special identification information) displayed on the variable display device varies, the capacity of the program relating to the variable display control is large. Therefore, it is difficult for the microcomputer of the game control means having a limited program capacity to control the identification information and the like displayed on the variable display device, and the microcomputer for the display control is different from the microcomputer of the game control means. It is advisable to use (display control means).

【0007】また、可変表示部の近傍に設けられている
ランプによって、識別情報の可変表示中には様々な演出
が行われる。遊技演出を豊富なものとするには、種々の
点灯パターンでランプを点灯/消灯制御することが望ま
しい。さらに、可変表示部の近傍に設けられているラン
プ以外の遊技機に設けられているランプやLEDによっ
て、識別情報の可変表示中に様々な演出を行うように構
成されている。
Further, various effects are performed during the variable display of the identification information by the lamp provided near the variable display section. In order to make the game effects rich, it is desirable to control the lighting / extinguishing of the lamp in various lighting patterns. Furthermore, various effects are provided during variable display of identification information by lamps and LEDs provided in the gaming machine other than the lamps provided near the variable display section.

【0008】[0008]

【発明が解決しようとする課題】一般に、遊技機の出荷
時や保守時には、ランプやLEDの点灯/消灯が、識別
情報の可変表示状態などに応じて正確に制御されている
か否かが確認される。しかし、ランプやLEDの点灯/
消灯が実行される遊技状態を作り出して、個別に動作確
認をするのは作業が煩雑であり非効率的である。また、
1回の可変表示動作中に点灯パターンを変えるとさらに
遊技の興趣が増進するが、そのような制御を行う遊技機
では、動作確認の作業負担がさらに増加する。このよう
に、遊技機の動作確認の作業負担が大きいという課題が
あった。また、遊技の進行に応じた効果音などによって
も様々な演出が行われるため、音声についてもランプや
LEDの動作確認を行う場合と同様の課題があった。
Generally, at the time of shipment or maintenance of a gaming machine, it is confirmed whether or not the turning on / off of a lamp or an LED is accurately controlled in accordance with a variable display state of identification information. You. However, lighting of lamps and LEDs /
It is complicated and inefficient to create a game state in which the light is turned off and check the operation individually. Also,
Changing the lighting pattern during one variable display operation further enhances the interest of the game, but the gaming machine that performs such control further increases the work load of operation confirmation. As described above, there is a problem that the work load for checking the operation of the gaming machine is large. In addition, since various effects are performed by sound effects or the like according to the progress of the game, the same problem as in the case of confirming the operation of a lamp or an LED with respect to sound has been encountered.

【0009】そこで、本発明は、ランプやLED等の発
光体や音声によって遊技演出を行うように構成されてい
る場合に、遊技機の動作確認の作業負担を軽減すること
ができる遊技機を提供することを目的とする。
In view of the above, the present invention provides a gaming machine capable of reducing the work load for checking the operation of the gaming machine when the gaming effect is provided by a light emitting body such as a lamp or an LED, or by sound. The purpose is to do.

【0010】[0010]

【課題を解決するための手段】本発明による遊技機は、
遊技者が所定の遊技を行うことが可能な遊技機であっ
て、遊技の進行を制御する遊技制御手段(例えば、遊技
の進行を制御する主基板31が備えるCPU56)と、
遊技制御手段からのコマンドに応じて遊技機に設けられ
ている所定の発光体の点灯制御を行う発光体制御手段
(例えば、ランプ制御用CPU351)とを備え、発光
体制御手段は、遊技の進行に応じて遊技制御手段が送出
するコマンドと異なるコマンドであって、発光体を正常
に制御できるか否かを確認するためのテストコマンドの
受信に応じて、発光体を点灯制御する処理を行うように
したものである。
A gaming machine according to the present invention comprises:
A game machine in which a player can play a predetermined game, and game control means for controlling the progress of the game (for example, a CPU 56 provided in the main board 31 for controlling the progress of the game);
Illuminant control means (for example, a CPU 351 for lamp control) for performing lighting control of a predetermined illuminant provided in the gaming machine in response to a command from the game control means. In response to receiving a test command for confirming whether or not the luminous body can be controlled normally, which is different from the command transmitted by the game control means according to It was made.

【0011】例えばテストコマンドCF00(H)を用
いて、一のテストコマンドにより、複数の発光体の点灯
制御を行うことが可能な構成とされていてもよい。
For example, the configuration may be such that the lighting control of a plurality of light emitters can be performed by one test command using the test command CF00 (H).

【0012】始動入賞記憶数を識別可能に報知するため
の始動記憶数報知発光体(例えば、始動入賞記憶表示器
18)を備え、発光体制御手段は、所定のテストコマン
ドの受信に応じて、始動記憶数報知発光体を所定の態様
で点灯させるように構成されていてもよい。
A luminous body for notifying the number of start prize storages (for example, a start prize storage display 18) for identifiably notifying the number of start prize storages, and the luminous body control means, in response to receiving a predetermined test command, A configuration may be adopted in which the start storage number notification light emitter is turned on in a predetermined manner.

【0013】遊技機は、枠と遊技盤とを含む構成とさ
れ、枠側に設けられた発光体を制御するためのテストコ
マンドと、盤側に設けられた発光体を制御するためのテ
ストコマンドとを別のコマンドとするように構成されて
いてもよい。
The gaming machine includes a frame and a game board, and includes a test command for controlling a luminous body provided on the frame side and a test command for controlling a luminous body provided on the board side. May be configured as another command.

【0014】所定の遊技の結果に応じて開閉される可変
入賞球装置(例えば、可変入賞球装置15)に設けられ
る発光体(アタッカーランプ)を制御するためのテスト
コマンドと、その他の発光体を制御するためのテストコ
マンドとを別のコマンドとするように構成されていても
よい。
A test command for controlling a light emitter (attacker lamp) provided on a variable winning ball device (for example, a variable winning ball device 15) which is opened and closed according to a predetermined game result, and other light emitters The test command for control may be configured to be another command.

【0015】表示状態が変化可能な可変表示手段(例え
ば、可変表示部9)の近傍を装飾するための装飾部材に
設けられる発光体(例えば、センター飾りLED60a
〜60c)を制御するテストコマンドと、その他の発光
体を制御するテストコマンドとを別のコマンドとするよ
うに構成されていてもよい。
A luminous body (for example, a center decoration LED 60a) provided on a decoration member for decorating the vicinity of a variable display means (for example, the variable display unit 9) whose display state can be changed.
~ 60c) and a test command for controlling other illuminants may be different commands.

【0016】また、本発明による遊技機は、遊技者が所
定の遊技を行うことが可能な遊技機であって、遊技の進
行を制御する遊技制御手段と、遊技制御手段からのコマ
ンドに応じて所定の音を出力する音出力手段の制御を行
う音制御手段(例えば、音声制御用CPU701)とを
備え、音制御手段は、遊技の進行に応じて遊技制御手段
が送出するコマンドと異なるコマンドであって、音出力
手段を正常に制御できるか否かを確認するためのテスト
コマンドの受信に応じて、音出力手段を制御する処理を
行うようにしたものである。
Further, the gaming machine according to the present invention is a gaming machine in which a player can play a predetermined game, wherein the game control means controls the progress of the game, and the game control means responds to commands from the game control means. Sound control means (for example, a voice control CPU 701) for controlling a sound output means for outputting a predetermined sound, wherein the sound control means uses a command different from a command transmitted by the game control means in accordance with the progress of the game. In addition, processing for controlling the sound output means is performed in response to receiving a test command for confirming whether or not the sound output means can be normally controlled.

【0017】テストコマンドには、例えば、遊技中に用
いられる音を出力するためのテストコマンド、無音を出
力するためのテストコマンド、消音させるためのテスト
コマンド、音の定位を変更するためのテストコマンドな
どの各種のコマンドが用いられ、その各種のコマンドの
受信に応じて音出力手段を制御可能であるように構成さ
れていてもよい。
The test commands include, for example, a test command for outputting a sound used during a game, a test command for outputting a silence, a test command for silencing, and a test command for changing a sound localization. Such commands may be used, and the sound output means may be controlled in response to reception of the various commands.

【0018】コマンドを適切に受信できるか否かを確認
するためのテストコマンドの受信に応じて発光体や音出
力手段を制御可能であるように構成されていてもよい。
The light emitting device and the sound output means may be configured to be controllable in response to the reception of a test command for confirming whether or not the command can be properly received.

【0019】遊技中に用いられるコマンドに応じて制御
される内容は、複数の制御パターンを組み合せて構成さ
れ、テストコマンドにより、複数の制御パターンを個別
に導出させることが可能な構成とされていてもよい。
The contents controlled in accordance with the command used during the game are constituted by combining a plurality of control patterns, and a plurality of control patterns can be individually derived by a test command. Is also good.

【0020】例えば動作確認用の制御手段を用いる構成
として、遊技制御手段がテストコマンドを出力不能であ
るように構成されていてもよい。
For example, the game control means may not be able to output a test command as a structure using the control means for operation confirmation.

【0021】[0021]

【発明の実施の形態】以下、本発明の一実施形態を図面
を参照して説明する。まず、遊技機の一例であるパチン
コ遊技機の全体の構成について説明する。図1はパチン
コ遊技機1を正面からみた正面図である。なお、以下の
実施の形態では、パチンコ遊技機を例に説明を行うが、
本発明による遊技機はパチンコ遊技機に限られず、例え
ばコイン遊技機等であってもよい。また、ランプや音声
で各種演出を行う遊技機やスロット機に適用することも
できる。
An embodiment of the present invention will be described below with reference to the drawings. First, the overall configuration of a pachinko gaming machine, which is an example of a gaming machine, will be described. FIG. 1 is a front view of the pachinko gaming machine 1 as viewed from the front. In the following embodiments, a description will be given of a pachinko gaming machine as an example,
The gaming machine according to the present invention is not limited to a pachinko gaming machine, and may be, for example, a coin gaming machine or the like. In addition, the present invention can be applied to a gaming machine or a slot machine that performs various effects using lamps or sounds.

【0022】図1に示すように、パチンコ遊技機1は、
額縁状に形成されたガラス扉枠2を有する。ガラス扉枠
2の下部表面には打球供給皿3がある。打球供給皿3の
下部には、打球供給皿3からあふれた貯留球を貯留する
余剰球受皿4と打球を発射する打球操作ハンドル(操作
ノブ)5が設けられている。ガラス扉枠2の後方には、
遊技盤6が着脱可能に取り付けられている。また、遊技
盤6の前面には遊技領域7が設けられている。
As shown in FIG. 1, the pachinko gaming machine 1
It has a glass door frame 2 formed in a frame shape. On the lower surface of the glass door frame 2, there is a hit ball supply tray 3. Below the hitting ball supply tray 3, a surplus ball receiving tray 4 for storing storage balls overflowing from the hitting ball supply tray 3 and a hitting operation handle (operation knob) 5 for firing a hitting ball are provided. Behind the glass door frame 2,
The game board 6 is detachably attached. A game area 7 is provided on the front of the game board 6.

【0023】遊技領域7の中央付近には、複数種類の図
柄を可変表示するための可変表示部9と7セグメントL
EDによる可変表示器10とを含む可変表示装置8が設
けられている。また、可変表示器10の下部には、4個
のLEDからなる通過記憶表示器(普通図柄用記憶表示
器)41が設けられている。この実施の形態では、可変
表示部9には、「左」、「中」、「右」の3つの図柄表
示エリアがある。図柄表示エリアの左右にはセンター飾
りLED60a,60bが設けられており、図柄表示エ
リアの上側の左右にはセンター飾りLED60cが設け
られている。また、図柄表示エリアの上側の中央部に
は、天飾りランプ61が設けられている。可変表示装置
8の側部には、打球を導く通過ゲート11が設けられて
いる。通過ゲート11を通過した打球は、球出口13を
経て始動入賞口14の方に導かれる。通過ゲート11と
球出口13との間の通路には、通過ゲート11を通過し
た打球を検出するゲートスイッチ12がある。また、始
動入賞口14に入った入賞球は、遊技盤6の背面に導か
れ、始動口スイッチ17によって検出される。また、始
動入賞口14の下部には開閉動作を行う可変入賞球装置
15が設けられている。可変入賞球装置15は、ソレノ
イド16によって開状態とされる。
In the vicinity of the center of the game area 7, a variable display section 9 for variably displaying a plurality of types of symbols and a 7-segment L
A variable display device 8 including a variable display 10 using an ED is provided. In addition, a pass storage display (ordinary symbol storage display) 41 including four LEDs is provided below the variable display 10. In this embodiment, the variable display section 9 has three symbol display areas of “left”, “middle”, and “right”. Center decoration LEDs 60a and 60b are provided on the left and right sides of the symbol display area, and center decoration LEDs 60c are provided on the left and right sides of the symbol display area. In addition, a top decoration lamp 61 is provided at the upper central portion of the symbol display area. On the side of the variable display device 8, a passing gate 11 for guiding a hit ball is provided. The hit ball that has passed through the passing gate 11 is guided to the starting winning opening 14 via the ball exit 13. In the passage between the passage gate 11 and the ball exit 13, there is a gate switch 12 for detecting a hit ball passing through the passage gate 11. The winning ball that has entered the starting winning port 14 is guided to the back of the game board 6 and detected by the starting port switch 17. In addition, a variable winning ball device 15 that performs opening and closing operations is provided below the starting winning port 14. The variable winning ball device 15 is opened by the solenoid 16.

【0024】可変入賞球装置15の下部には、特定遊技
状態(大当り状態)においてソレノイド21によって開
状態とされる開閉板20が設けられている。この実施の
形態では、開閉板20が大入賞口を開閉する手段とな
る。開閉板20の奥には、大入賞口内飾りLED63が
設けられている。開閉板20から遊技盤6の背面に導か
れた入賞球のうち一方(Vゾーン)に入った入賞球はV
入賞スイッチ22で検出される。また、開閉板20から
の入賞球はカウントスイッチ23で検出される。可変表
示装置8の下部には、始動入賞口14に入った入賞球数
を表示する4個の表示部を有する始動入賞記憶表示器1
8が設けられている。この例では、4個を上限として、
始動入賞がある毎に、始動入賞記憶表示器18は点灯し
ている表示部を1つずつ増やす。そして、可変表示部9
の可変表示が開始される毎に、点灯している表示部を1
つ減らす。
Below the variable winning ball device 15, there is provided an opening / closing plate 20 which is opened by a solenoid 21 in a specific game state (big hit state). In this embodiment, the opening and closing plate 20 serves as a means for opening and closing the special winning opening. Behind the opening / closing plate 20, there is provided a large winning opening decoration LED 63. Of the winning balls guided from the opening / closing plate 20 to the back of the game board 6, one of the winning balls (V zone) is V
It is detected by the winning switch 22. The winning ball from the opening / closing plate 20 is detected by the count switch 23. At the lower part of the variable display device 8, the starting prize storage display device 1 having four display portions for displaying the number of winning balls entering the starting prize hole 14 is provided.
8 are provided. In this example, up to four
Every time there is a starting prize, the starting prize storage display unit 18 increases the number of lit display units by one. And the variable display unit 9
Each time the variable display is started, the lit display section is
Reduce.

【0025】遊技盤6には、複数の入賞口19,24が
設けられ、遊技球のそれぞれの入賞口19,24への入
賞は、対応して設けられている入賞口スイッチ19a,
24aによって検出される。各入賞口19の近傍には、
一方に大入賞口右LED62a,62b、他方に大入賞
口左LED62c,62dが設けられている。遊技領域
7の左右周辺には、遊技中に点滅表示される装飾ランプ
25が設けられ、下部には、入賞しなかった打球を吸収
するアウト口26がある。また、遊技領域7の外側の左
右上部には、効果音を発する2つのスピーカ27が設け
られている。遊技領域7の外周には、遊技効果ランプ
(上特賞中ランプ)28a、遊技効果ランプ(左特賞中
ランプ)28b、および遊技効果ランプ(右特賞中ラン
プ)28cが設けられている。
The gaming board 6 is provided with a plurality of winning ports 19 and 24, and the winning of the game balls to the respective winning ports 19 and 24 is determined by correspondingly provided winning port switches 19a and 19a.
24a. In the vicinity of each winning opening 19,
One is provided with special winning opening right LEDs 62a and 62b, and the other is provided with special winning opening left LEDs 62c and 62d. At the left and right sides of the game area 7, there are provided decorative lamps 25 which are displayed blinking during the game, and at the lower part there is an out port 26 for absorbing hit balls which have not won. In addition, two speakers 27 that emit sound effects are provided at upper left and right sides outside the game area 7. On the outer periphery of the game area 7, there are provided a game effect lamp (upper prize lamp) 28a, a game effect lamp (left prize middle lamp) 28b, and a game effect lamp (right prize middle lamp) 28c.

【0026】そして、この例では、一方のスピーカ27
の近傍に、景品球払出時に点灯する賞球ランプ51が設
けられ、他方のスピーカ27の近傍に、補給球が切れた
ときに点灯する球切れランプ52が設けられている。さ
らに、図1には、パチンコ遊技台1に隣接して設置さ
れ、プリペイドカードが挿入されることによって球貸し
を可能にするカードユニット50も示されている。
In this example, one of the speakers 27
Is provided with a prize ball lamp 51 which is lit when a premium ball is paid out, and a ball out lamp 52 which is lit up when the supply ball is out is provided near the other speaker 27. Further, FIG. 1 also shows a card unit 50 which is installed adjacent to the pachinko gaming table 1 and enables lending of a ball by inserting a prepaid card.

【0027】カードユニット50には、使用可能状態で
あるか否かを示す使用可表示ランプ151、カード内に
記録された残額情報に端数(100円未満の数)が存在
する場合にその端数を打球供給皿3の近傍に設けられる
度数表示LEDに表示させるための端数表示スイッチ1
52、カードユニット50がいずれの側のパチンコ遊技
機1に対応しているのかを示す連結台方向表示器15
3、カードユニット50内にカードが投入されているこ
とを示すカード投入表示ランプ154、記録媒体として
のカードが挿入されるカード挿入口155、およびカー
ド挿入口155の裏面に設けられているカードリーダラ
イタの機構を点検する場合にカードユニット50を解放
するためのカードユニット錠156が設けられている。
The card unit 50 has a usable indicator lamp 151 for indicating whether or not the card is usable. If there is a fraction (a number less than 100 yen) in the balance information recorded in the card, the fraction is displayed. Fraction display switch 1 for displaying on a frequency display LED provided near hit ball supply tray 3
52, a connecting stand direction indicator 15 indicating which side of the pachinko gaming machine 1 the card unit 50 corresponds to
3. Card insertion indicator 154 indicating that a card has been inserted into card unit 50, card insertion slot 155 into which a card as a recording medium is inserted, and a card reader provided on the back of card insertion slot 155 A card unit lock 156 is provided to release the card unit 50 when checking the mechanism of the writer.

【0028】打球発射装置から発射された打球は、打球
レールを通って遊技領域7に入り、その後、遊技領域7
を下りてくる。打球が通過ゲート11を通ってゲートス
イッチ12で検出されると、可変表示器10の表示数字
が連続的に変化する状態になる。また、打球が始動入賞
口14に入り始動口スイッチ17で検出されると、図柄
の変動を開始できる状態であれば、可変表示部9内の図
柄が回転を始める。図柄の変動を開始できる状態でなけ
れば、始動入賞記憶を1増やす。
The hitting ball fired from the hitting ball launching device enters the game area 7 through the hitting ball rail, and thereafter, enters the game area 7
Come down. When a hit ball is detected by the gate switch 12 through the passage gate 11, the display number of the variable display 10 is changed continuously. Further, when a hit ball enters the starting winning opening 14 and is detected by the starting opening switch 17, the symbol in the variable display section 9 starts rotating if the symbol can be changed. If it is not possible to start changing the symbol, the start winning memory is increased by one.

【0029】可変表示部9内の画像の回転は、一定時間
が経過したときに停止する。停止時の画像の組み合わせ
が大当り図柄の組み合わせであると、大当り遊技状態に
移行する。すなわち、開閉板20が、一定時間経過する
まで、または、所定個数(例えば10個)の打球が入賞
するまで開放する。そして、開閉板20の開放中に打球
が特定入賞領域に入賞しV入賞スイッチ22で検出され
ると、継続権が発生し開閉板20の開放が再度行われ
る。継続権の発生は、所定回数(例えば15ラウンド)
許容される。
The rotation of the image in the variable display section 9 stops when a certain time has elapsed. If the combination of images at the time of stop is a combination of big hit symbols, the game shifts to a big hit game state. That is, the opening / closing plate 20 is opened until a predetermined time elapses or until a predetermined number (for example, 10) of hit balls is won. When the hit ball wins in the specific winning area while the opening and closing plate 20 is being opened and is detected by the V winning switch 22, a continuation right is generated and the opening and closing plate 20 is opened again. The continuation right is generated a predetermined number of times (for example, 15 rounds)
Permissible.

【0030】停止時の可変表示部9内の画像の組み合わ
せが確率変動を伴う大当り図柄の組み合わせである場合
には、次に大当りとなる確率が高くなる。すなわち、高
確率状態という遊技者にとってさらに有利な状態とな
る。また、可変表示器10における停止図柄が所定の図
柄(当り図柄)である場合に、可変入賞球装置15が所
定時間だけ開状態になる。さらに、高確率状態では、可
変表示器10における停止図柄が当り図柄になる確率が
高められるとともに、可変入賞球装置15の開放時間と
開放回数が高められる。
If the combination of images in the variable display section 9 at the time of stoppage is a combination of big hit symbols with probability fluctuation, the probability of the next big hit increases. That is, a high probability state, which is more advantageous for the player, is obtained. Also, when the stop symbol on the variable display 10 is a predetermined symbol (hit symbol), the variable winning ball device 15 is opened for a predetermined time. Further, in the high probability state, the probability that the stop symbol on the variable display 10 hits the symbol is increased, and the opening time and the number of times the variable winning ball device 15 is opened are increased.

【0031】図2は、主基板31における回路構成の一
例を示すブロック図である。主基板31には、この実施
の形態では、図2に示すような遊技の制御を行う主基板
31と、テストコマンドを出力する動作確認用の主基板
31とが用いられる。本例では、主基板31というとき
には、遊技の制御を行う主基板31および動作確認用の
主基板31、またはこれらの何れか一方をいうものとす
る。動作確認用の主基板31は、遊技の制御を行う主基
板31が備える構成のうち少なくともテストコマンドの
送信に必要な構成を備えている。遊技を制御する主基板
31は、この実施の形態ではテストコマンドを出力しな
い構成とされる。従って、遊技の制御には不用なデータ
であるテストコマンドに関するデータは、遊技を制御す
る主基板31のROM56には記憶保持されていない。
よって、遊技を制御する主基板31のROM56の記憶
容量を増加させる必要はない。なお、動作確認用の主基
板31のROM56には、テストコマンドに関するデー
タが記憶保持されている。各主基板31はそれぞれ着脱
可能な構成とされ、テスト(動作確認のテスト)を行う
ときに、遊技の制御を行う主基板31に換えて動作確認
用の主基板31がテストの対象となる電気部品制御手段
に接続される。なお、図2には、主基板31以外の電気
部品制御手段である、払出制御基板37、ランプ制御基
板35、音制御基板70、発射制御基板91および表示
制御基板80も示されている。
FIG. 2 is a block diagram showing an example of a circuit configuration of the main board 31. In this embodiment, as the main board 31, a main board 31 for controlling a game as shown in FIG. 2 and a main board 31 for confirming an operation for outputting a test command are used. In this example, the main board 31 refers to the main board 31 for controlling the game and the main board 31 for operation confirmation, or any one of these. The operation confirmation main board 31 has at least a configuration necessary for transmitting a test command among the configurations provided in the main board 31 for controlling the game. The main board 31 for controlling the game is configured not to output a test command in this embodiment. Therefore, data relating to the test command, which is unnecessary data for controlling the game, is not stored in the ROM 56 of the main board 31 for controlling the game.
Therefore, it is not necessary to increase the storage capacity of the ROM 56 of the main board 31 for controlling the game. The ROM 56 of the main board 31 for operation confirmation stores data on test commands. Each of the main boards 31 is configured to be detachable, and when performing a test (test of operation confirmation), the main board 31 for operation confirmation is replaced with an electric board to be tested instead of the main board 31 for controlling the game. Connected to component control means. FIG. 2 also shows a payout control board 37, a lamp control board 35, a sound control board 70, a firing control board 91, and a display control board 80, which are electric component control means other than the main board 31.

【0032】主基板31には、プログラムに従ってパチ
ンコ遊技機1を制御する基本回路53と、ゲートスイッ
チ12、始動口スイッチ17、V入賞スイッチ22、カ
ウントスイッチ23、入賞口スイッチ19a,24aお
よび賞球カウントスイッチ301Aからの信号を基本回
路53に与えるスイッチ回路58と、可変入賞球装置1
5を開閉するソレノイド16および開閉板20を開閉す
るソレノイド21等を基本回路53からの指令に従って
駆動するソレノイド回路59とが搭載されている。
On the main board 31, a basic circuit 53 for controlling the pachinko gaming machine 1 according to a program, a gate switch 12, a starting port switch 17, a V winning switch 22, a count switch 23, winning port switches 19a and 24a, and a prize ball. A switch circuit 58 for providing a signal from the count switch 301A to the basic circuit 53;
A solenoid circuit 59 that drives a solenoid 16 that opens and closes the solenoid 5 and a solenoid 21 that opens and closes the opening and closing plate 20 in accordance with a command from the basic circuit 53 is mounted.

【0033】また、基本回路53から与えられるデータ
に従って、大当りの発生を示す大当り情報、可変表示部
9の画像表示開始に利用された始動入賞球の個数を示す
有効始動情報、確率変動が生じたことを示す確変情報等
をホール管理コンピュータ等のホストコンピュータに対
して出力する情報出力回路64を含む。
According to the data supplied from the basic circuit 53, jackpot information indicating occurrence of a jackpot, effective start information indicating the number of start winning balls used to start image display of the variable display section 9, and probability fluctuation have occurred. And an information output circuit 64 that outputs probability change information or the like indicating the fact to a host computer such as a hall management computer.

【0034】基本回路53は、ゲーム制御用のプログラ
ム等を記憶するROM54、ワークメモリとして使用さ
れる記憶手段の一例であるRAM55、プログラムに従
って制御動作を行うCPU56およびI/Oポート部5
7を含む。この実施の形態では、ROM54,RAM5
5はCPU56に内蔵されている。すなわち、CPU5
6は、1チップマイクロコンピュータである。なお、1
チップマイクロコンピュータは、少なくともRAM55
が内蔵されていればよく、ROM54およびI/Oポー
ト部57は外付けであっても内蔵されていてもよい。ま
た、I/Oポート部57は、マイクロコンピュータにお
ける情報入出力可能な端子である。
The basic circuit 53 includes a ROM 54 for storing a game control program and the like, a RAM 55 as an example of a storage means used as a work memory, a CPU 56 for performing a control operation according to the program, and an I / O port unit 5.
7 inclusive. In this embodiment, the ROM 54 and the RAM 5
5 is built in the CPU 56. That is, the CPU 5
Reference numeral 6 denotes a one-chip microcomputer. In addition, 1
The chip microcomputer has at least the RAM 55
And the ROM 54 and the I / O port unit 57 may be external or internal. The I / O port unit 57 is a terminal capable of inputting and outputting information in the microcomputer.

【0035】さらに、主基板31には、電源投入時に基
本回路53をリセットするためのシステムリセット回路
65と、基本回路53から与えられるアドレス信号をデ
コードしてI/Oポート部57のうちのいずれかのI/
Oポートを選択するための信号を出力するアドレスデコ
ード回路67とが設けられている。なお、球払出装置9
7から主基板31に入力されるスイッチ情報もあるが、
図2ではそれらは省略されている。
Further, the main board 31 includes a system reset circuit 65 for resetting the basic circuit 53 when the power is turned on, and an I / O port unit 57 which decodes an address signal supplied from the basic circuit 53 and decodes the address signal. I /
An address decode circuit 67 for outputting a signal for selecting the O port is provided. Note that the ball payout device 9
There is also switch information input to the main board 31 from 7,
They are omitted in FIG.

【0036】遊技球を打撃して発射する打球発射装置は
発射制御基板91上の回路によって制御される駆動モー
タ94で駆動される。そして、駆動モータ94の駆動力
は、操作ノブ5の操作量に従って調整される。すなわ
ち、発射制御基板91上の回路によって、操作ノブ5の
操作量に応じた速度で打球が発射されるように制御され
る。
A hit ball launching device that hits and launches a game ball is driven by a drive motor 94 controlled by a circuit on a launch control board 91. Then, the driving force of the driving motor 94 is adjusted according to the operation amount of the operation knob 5. That is, the circuit on the firing control board 91 is controlled so that the hit ball is fired at a speed corresponding to the operation amount of the operation knob 5.

【0037】なお、この実施の形態では、ランプ制御基
板35に搭載されているランプ制御手段が、遊技盤に設
けられている始動記憶表示器18、ゲート通過記憶表示
器41および装飾ランプ25の表示制御を行うととも
に、枠側に設けられている遊技効果ランプ・LED28
a,28b,28c、賞球ランプ51および球切れラン
プ52の表示制御を行う。ここで、ランプ制御手段は発
光体制御手段の一例である。また、特別図柄を可変表示
する可変表示部9および普通図柄を可変表示する可変表
示器10の表示制御は、表示制御基板80に搭載されて
いる表示制御手段によって行われる。
In this embodiment, the lamp control means mounted on the lamp control board 35 is used to display the start memory display 18, the gate passage memory display 41 and the decoration lamp 25 provided on the game board. Controls the game and the game effect lamp / LED 28 provided on the frame side.
a, 28b, and 28c, display control of the award ball lamp 51, and the ball out lamp 52. Here, the lamp control unit is an example of the illuminant control unit. The display control of the variable display unit 9 for variably displaying special symbols and the variable display 10 for variably displaying ordinary symbols is performed by display control means mounted on the display control board 80.

【0038】図3は、表示制御基板80内の回路構成
を、可変表示部9の一実現例であるLCD(液晶表示装
置)82、可変表示器10、主基板31の出力ポート
(ポート0,2)570,572および出力バッファ回
路620,62Aとともに示すブロック図である。出力
ポート(出力ポート2)572からは8ビットのデータ
が出力され、出力ポート570からは1ビットのストロ
ーブ信号(INT信号)が出力される。
FIG. 3 shows a circuit configuration in the display control board 80, in which an LCD (liquid crystal display) 82, which is an example of the variable display section 9, an variable display 10, and an output port (port 0, 2) It is a block diagram shown together with 570, 572 and output buffer circuits 620, 62A. Output port (output port 2) 572 outputs 8-bit data, and output port 570 outputs a 1-bit strobe signal (INT signal).

【0039】表示制御用CPU101は、制御データR
OM102に格納されたプログラムに従って動作し、主
基板31からノイズフィルタ107および入力バッファ
回路105Bを介してINT信号が入力されると、入力
バッファ回路105Aを介して表示制御コマンドを受信
する。入力バッファ回路105A,105Bとして、例
えば汎用ICである74HC540,74HC14を使
用することができる。なお、表示制御用CPU101が
I/Oポートを内蔵していない場合には、入力バッファ
回路105A,105Bと表示制御用CPU101との
間に、I/Oポートが設けられる。
The display control CPU 101 controls the control data R
It operates according to the program stored in the OM 102, and receives an INT signal from the main board 31 via the noise filter 107 and the input buffer circuit 105B, and receives a display control command via the input buffer circuit 105A. As the input buffer circuits 105A and 105B, for example, 74HC540 and 74HC14, which are general-purpose ICs, can be used. When the display control CPU 101 does not include an I / O port, an I / O port is provided between the input buffer circuits 105A and 105B and the display control CPU 101.

【0040】そして、表示制御用CPU101は、受信
した表示制御コマンドに従って、LCD82に表示され
る画面の表示制御を行う。具体的には、表示制御コマン
ドに応じた指令をVDP103に与える。VDP103
は、キャラクタROM86から必要なデータを読み出
す。VDP103は、入力したデータに従ってLCD8
2に表示するための画像データを生成し、R,G,B信
号および同期信号をLCD82に出力する。
The display control CPU 101 performs display control of the screen displayed on the LCD 82 according to the received display control command. Specifically, a command corresponding to the display control command is given to the VDP 103. VDP103
Reads necessary data from the character ROM 86. The VDP 103 controls the LCD 8 according to the input data.
2 to generate image data to be displayed on the LCD 2, and output R, G, B signals and a synchronization signal to the LCD 82.

【0041】なお、図3には、VDP103をリセット
するためのリセット回路83、VDP103に動作クロ
ックを与えるための発振回路85、および使用頻度の高
い画像データを格納するキャラクタROM86も示され
ている。キャラクタROM86に格納される使用頻度の
高い画像データとは、例えば、LCD82に表示される
人物、動物、または、文字、図形もしくは記号等からな
る画像などである。
FIG. 3 also shows a reset circuit 83 for resetting the VDP 103, an oscillation circuit 85 for supplying an operation clock to the VDP 103, and a character ROM 86 for storing frequently used image data. The frequently used image data stored in the character ROM 86 is, for example, a person, an animal, or an image composed of characters, figures, or symbols displayed on the LCD 82.

【0042】入力バッファ回路105A,105Bは、
主基板31から表示制御基板80へ向かう方向にのみ信
号を通過させることができる。従って、表示制御基板8
0側から主基板31側に信号が伝わる余地はない。すな
わち、入力バッファ回路105A,105Bは、入力ポ
ートともに不可逆性情報入力手段を構成する。表示制御
基板80内の回路に不正改造が加えられても、不正改造
によって出力される信号が主基板31側に伝わることは
ない。
The input buffer circuits 105A and 105B
The signal can be passed only in the direction from the main board 31 to the display control board 80. Therefore, the display control board 8
There is no room for a signal to be transmitted from the 0 side to the main board 31 side. That is, the input buffer circuits 105A and 105B together with the input ports constitute irreversible information input means. Even if a circuit in the display control board 80 is tampered with, a signal output by the tampering is not transmitted to the main board 31 side.

【0043】なお、出力ポート570,572の出力を
そのまま表示制御基板80に出力してもよいが、単方向
にのみ信号伝達可能な出力バッファ回路620,62A
を設けることによって、主基板31から表示制御基板8
0への一方向性の信号伝達をより確実にすることができ
る。すなわち、出力バッファ回路620,62Aは、出
力ポートともに不可逆性情報出力手段を構成する。
Although the outputs of the output ports 570 and 572 may be output to the display control board 80 as they are, the output buffer circuits 620 and 62A capable of transmitting signals only in one direction.
, The main board 31 to the display control board 8
One-way signal transmission to 0 can be more reliably performed. That is, the output buffer circuits 620 and 62A together with the output ports constitute irreversible information output means.

【0044】また、高周波信号を遮断するノイズフィル
タ107として、例えば3端子コンデンサやフェライト
ビーズが使用されるが、ノイズフィルタ107の存在に
よって、表示制御コマンドに基板間でノイズが乗ったと
しても、その影響は除去される。なお、主基板31のバ
ッファ回路620,62Aの出力側にもノイズフィルタ
を設けてもよい。
For example, a three-terminal capacitor or a ferrite bead is used as the noise filter 107 for cutting off the high-frequency signal. The effect is eliminated. Note that a noise filter may be provided on the output side of the buffer circuits 620 and 62A of the main board 31.

【0045】図4は、主基板31およびランプ制御基板
35における信号送受信部分を示すブロック図である。
この実施の形態では、遊技領域7の外側に設けられてい
る遊技効果ランプ28a、遊技効果ランプ28b,28
cと遊技盤に設けられている装飾ランプ25の点灯/消
灯と、賞球ランプ51および球切れランプ52の点灯/
消灯とを示すランプ制御コマンドが主基板31からラン
プ制御基板35に出力される。また、始動記憶表示器1
8およびゲート通過記憶表示器41の点灯個数を示すラ
ンプ制御コマンドも主基板31からランプ制御基板35
に出力される。
FIG. 4 is a block diagram showing a signal transmitting / receiving portion in the main board 31 and the lamp control board 35.
In this embodiment, a game effect lamp 28a, a game effect lamp 28b, 28 provided outside the game area 7 are provided.
c, lighting / extinguishing of the decorative lamp 25 provided on the game board, and lighting / extinguishing of the prize ball lamp 51 and the ball out lamp 52.
A lamp control command indicating turning off is output from the main board 31 to the lamp control board 35. Also, the start memory display 1
8 and the lamp control command indicating the number of lights of the gate passage memory display 41 are also transmitted from the main board 31 to the lamp control board 35.
Is output to

【0046】図4に示すように、ランプ制御に関するラ
ンプ制御コマンドは、基本回路53におけるI/Oポー
ト部57の出力ポート(出力ポート0,3)570,5
73から出力される。出力ポート(出力ポート3)57
3は8ビットのデータを出力し、出力ポート570は1
ビットのINT信号を出力する。ランプ制御基板35に
おいて、主基板31からの制御コマンドは、入力バッフ
ァ回路355A,355Bを介してランプ制御用CPU
351に入力する。なお、ランプ制御用CPU351が
I/Oポートを内蔵していない場合には、入力バッファ
回路355A,355Bとランプ制御用CPU351と
の間に、I/Oポートが設けられる。
As shown in FIG. 4, the lamp control commands relating to the lamp control are output ports (output ports 0, 3) 570, 5 of the I / O port unit 57 in the basic circuit 53.
73. Output port (output port 3) 57
3 outputs 8-bit data, and output port 570 is 1
It outputs a bit INT signal. In the lamp control board 35, a control command from the main board 31 is supplied to the lamp control CPU via input buffer circuits 355A and 355B.
351. When the lamp control CPU 351 does not include an I / O port, an I / O port is provided between the input buffer circuits 355A and 355B and the lamp control CPU 351.

【0047】ランプ制御基板35において、ランプ制御
用CPU351は、各制御コマンドに応じて定義されて
いる遊技効果ランプ28a、遊技効果ランプ28b,2
8c、装飾ランプ25の点灯/消灯パターンに従って、
遊技効果ランプ28a、遊技効果ランプ28b,28
c、装飾ランプ25に対して点灯/消灯信号を出力す
る。点灯/消灯信号は、遊技効果ランプ28a、遊技効
果ランプ28b,28c、装飾ランプ25に出力され
る。なお、点灯/消灯パターンは、ランプ制御用CPU
351の内蔵ROMまたは外付けROMに記憶されてい
る。
On the lamp control board 35, the CPU 351 for lamp control includes a game effect lamp 28a, a game effect lamp 28b, and a game effect lamp 28b defined in accordance with each control command.
8c, according to the lighting / extinguishing pattern of the decorative lamp 25,
Game effect lamp 28a, game effect lamp 28b, 28
c, output a light-on / light-off signal to the decorative lamp 25; The ON / OFF signal is output to the game effect lamp 28a, the game effect lamps 28b and 28c, and the decoration lamp 25. The lighting / lighting-out pattern is determined by the lamp control CPU.
351 is stored in an internal ROM or an external ROM.

【0048】主基板31において、CPU56は、RA
M55の記憶内容に未払出の賞球残数があるときに賞球
ランプ51の点灯を指示する制御コマンドを出力し、遊
技盤裏面の払出球通路186a,186bの上流に設置
されている球切れスイッチ187a,187bが遊技球
を検出しなくなると球切れランプ52の点灯を指示する
制御コマンドを出力する。ランプ制御基板35におい
て、各制御コマンドは、入力バッファ回路355A,3
55Bを介してランプ制御用CPU351に入力する。
ランプ制御用CPU351は、それらの制御コマンドに
応じて、賞球ランプ51および球切れランプ52を点灯
/消灯する。なお、点灯/消灯パターンは、ランプ制御
用CPU351の内蔵ROMまたは外付けROMに記憶
されている。
On the main board 31, the CPU 56
When there is an unpaid prize ball remaining number in the memory content of M55, a control command for instructing lighting of the prize ball lamp 51 is output, and the ball set up upstream of the payout ball passages 186a and 186b on the back of the game board. When the switches 187a and 187b no longer detect a game ball, a control command for instructing lighting of the ball out lamp 52 is output. In the lamp control board 35, each control command is input to the input buffer circuits 355A and 355A.
The signal is input to the CPU 351 for lamp control via 55B.
The lamp control CPU 351 turns on / off the prize ball lamp 51 and the ball out lamp 52 according to the control commands. The light-on / light-off pattern is stored in a built-in ROM or an external ROM of the lamp control CPU 351.

【0049】さらに、ランプ制御用CPU351は、制
御コマンドに応じて始動記憶表示器18およびゲート通
過記憶表示器41に対して点灯/消灯信号を出力する。
Further, the lamp control CPU 351 outputs a light-on / light-off signal to the start storage display 18 and the gate passage storage display 41 in response to the control command.

【0050】入力バッファ回路355A,355Bとし
て、例えば、汎用のCMOS−ICである74HC54
0,74HC14が用いられる。入力バッファ回路35
5A,355Bは、主基板31からランプ制御基板35
へ向かう方向にのみ信号を通過させることができる。従
って、ランプ制御基板35側から主基板31側に信号が
伝わる余地はない。たとえ、ランプ制御基板35内の回
路に不正改造が加えられても、不正改造によって出力さ
れる信号がメイン基板31側に伝わることはない。な
お、入力バッファ回路355A,355Bの入力側にノ
イズフィルタを設けてもよい。
As the input buffer circuits 355A and 355B, for example, a 74HC54 which is a general-purpose CMOS-IC
0,74HC14 is used. Input buffer circuit 35
5A and 355B are connected to the lamp control board 35 from the main board 31.
The signal can be passed only in the direction toward. Therefore, there is no room for a signal to be transmitted from the lamp control board 35 side to the main board 31 side. For example, even if a circuit in the lamp control board 35 is tampered with, a signal output by the tampering is not transmitted to the main board 31 side. Note that a noise filter may be provided on the input side of the input buffer circuits 355A and 355B.

【0051】また、主基板31において、出力ポート5
70,573の外側にバッファ回路620,63Aが設
けられている。バッファ回路620,63Aとして、例
えば、汎用のCMOS−ICである74HC250,7
4HC14が用いられる。このような構成によれば、外
部から主基板31の内部に入力される信号が阻止される
ので、ランプ制御基板70から主基板31に信号が与え
られる可能性がある信号ラインをさらに確実になくすこ
とができる。なお、バッファ回路620,63Aの出力
側にノイズフィルタを設けてもよい。
In the main board 31, the output port 5
Buffer circuits 620 and 63A are provided outside 70 and 573. As the buffer circuits 620 and 63A, for example, 74HC250 and 7HC which are general-purpose CMOS-ICs
4HC14 is used. According to such a configuration, since a signal input from the outside to the inside of the main board 31 is blocked, a signal line to which a signal may be supplied from the lamp control board 70 to the main board 31 is more reliably eliminated. be able to. Note that a noise filter may be provided on the output side of the buffer circuits 620 and 63A.

【0052】図5は、主基板31における音声制御コマ
ンドの信号送信部分および音声制御基板70の構成例を
示すブロック図である。この実施の形態では、遊技進行
に応じて、遊技領域7の外側に設けられているスピーカ
27の音声出力を指示するための音声制御コマンドが、
主基板31から音声制御基板70に出力される。
FIG. 5 is a block diagram showing an example of the configuration of the voice control command signal transmission portion and the voice control board 70 on the main board 31. As shown in FIG. In this embodiment, according to the progress of the game, the voice control command for instructing the voice output of the speaker 27 provided outside the game area 7 is:
It is output from the main board 31 to the voice control board 70.

【0053】図5に示すように、音声制御コマンドは、
基本回路53におけるI/Oポート部57の出力ポート
(出力ポート0,4)570,574から出力される。
出力ポート(出力ポート4)574からは8ビットのデ
ータが出力され、出力ポート570からは1ビットのI
NT信号が出力される。音声制御基板70において、主
基板31からの各信号は、入力バッファ回路705A,
705Bを介して音声制御用CPU701に入力する。
なお、音声制御用CPU701がI/Oポートを内蔵し
ていない場合には、入力バッファ回路705A,705
Bと音声制御用CPU701との間に、I/Oポートが
設けられる。
As shown in FIG. 5, the voice control command is
The data is output from output ports (output ports 0, 4) 570, 574 of the I / O port unit 57 in the basic circuit 53.
Output port (output port 4) 574 outputs 8-bit data, and output port 570 outputs 1-bit I
An NT signal is output. In the audio control board 70, each signal from the main board 31 is supplied to the input buffer circuit 705A,
The data is input to the CPU 701 for voice control via 705B.
If the audio control CPU 701 does not have an I / O port, the input buffer circuits 705A, 705
An I / O port is provided between B and the voice control CPU 701.

【0054】そして、例えばディジタルシグナルプロセ
ッサによる音声合成回路702は、音声制御用CPU7
01の指示に応じた音声や効果音を発生し音量切替回路
703に出力する。音量切替回路703は、音声制御用
CPU701の出力レベルを、設定されている音量に応
じたレベルにして音量増幅回路704に出力する。音量
増幅回路704は、増幅した音声信号をスピーカ27に
出力する。
The voice synthesizing circuit 702 using, for example, a digital signal processor is
The sound and the sound effect corresponding to the instruction 01 are generated and output to the volume switching circuit 703. The volume switching circuit 703 sets the output level of the audio control CPU 701 to a level corresponding to the set volume and outputs the output level to the volume amplification circuit 704. The volume amplification circuit 704 outputs the amplified audio signal to the speaker 27.

【0055】入力バッファ回路705A,705Bとし
て、例えば、汎用のCMOS−ICである74HC54
0,74HC14が用いられる。入力バッファ回路70
5A,705Bは、主基板31から音声制御基板70へ
向かう方向にのみ信号を通過させることができる。よっ
て、音声制御基板70側から主基板31側に信号が伝わ
る余地はない。従って、音声制御基板70内の回路に不
正改造が加えられても、不正改造によって出力される信
号が主基板31側に伝わることはない。なお、入力バッ
ファ回路705A,705Bの入力側にノイズフィルタ
を設けてもよい。
As the input buffer circuits 705A and 705B, for example, 74HC54 which is a general-purpose CMOS-IC
0,74HC14 is used. Input buffer circuit 70
5A and 705B can pass signals only in the direction from the main board 31 to the voice control board 70. Therefore, there is no room for a signal to be transmitted from the voice control board 70 side to the main board 31 side. Therefore, even if a circuit in the voice control board 70 is tampered with, a signal output by the tampering is not transmitted to the main board 31 side. Note that a noise filter may be provided on the input side of the input buffer circuits 705A and 705B.

【0056】また、主基板31において、出力ポート5
70,574の外側にバッファ回路620,67Aが設
けられている。バッファ回路620,67Aとして、例
えば、汎用のCMOS−ICである74HC250,7
4HC14が用いられる。このような構成によれば、外
部から主基板31の内部に入力される信号が阻止される
ので、音声制御基板70から主基板31に信号が与えら
れる可能性がある信号ラインをさらに確実になくすこと
ができる。なお、バッファ回路620,67Aの出力側
にノイズフィルタを設けてもよい。
In the main board 31, the output port 5
Buffer circuits 620 and 67A are provided outside 70 and 574. As the buffer circuits 620 and 67A, for example, 74HC250 and 7HC which are general-purpose CMOS-ICs
4HC14 is used. According to such a configuration, since a signal input from the outside to the inside of the main board 31 is blocked, a signal line to which a signal may be supplied from the voice control board 70 to the main board 31 is more reliably eliminated. be able to. Note that a noise filter may be provided on the output side of the buffer circuits 620 and 67A.

【0057】上述したように、払出制御基板37、表示
制御基板80、ランプ制御基板35および音声制御基板
70にコマンドを送出するために、主基板31の出力ポ
ート(出力ポート0)570からINT信号が各電気部
品制御基板に出力される。この場合、例えば、出力ポー
ト570は8ビット構成であって、ビット0が払出制御
基板37へのINT信号、ビット1が表示制御基板80
へのINT信号、ビット2がランプ制御基板35へのI
NT信号、ビット3が音声制御基板70へのINT信号
の出力用に用いられる。
As described above, in order to send commands to the payout control board 37, the display control board 80, the lamp control board 35, and the voice control board 70, an INT signal is output from the output port (output port 0) 570 of the main board 31. Is output to each electric component control board. In this case, for example, the output port 570 has an 8-bit configuration, bit 0 is an INT signal to the payout control board 37, and bit 1 is the display control board 80.
Signal to the lamp control board 35
The NT signal, bit 3 is used for outputting the INT signal to the audio control board 70.

【0058】次に遊技機の動作について説明する。図6
は、主基板31におけるCPU56が実行するメイン処
理を示すフローチャートである。遊技機に対して電源が
投入され、CPU56が起動すると、メイン処理におい
て、CPU56は、まず、必要な初期設定を行う。
Next, the operation of the gaming machine will be described. FIG.
9 is a flowchart showing a main process executed by the CPU 56 on the main board 31. When the power is turned on to the gaming machine and the CPU 56 is started, in the main processing, the CPU 56 first performs necessary initial settings.

【0059】初期設定処理において、CPU56は、ま
ず、割込禁止に設定する(ステップS1)。次に、割込
モードを割込モード2に設定し(ステップS2)、スタ
ックポインタにスタックポインタ指定アドレスを設定す
る(ステップS3)。そして、内蔵デバイスレジスタの
初期化を行う(ステップS4)。また、内蔵デバイス
(内蔵周辺回路)であるCTC(カウンタ/タイマ)お
よびPIO(パラレル入出力ポート)の初期化(ステッ
プS5)を行った後、RAMをアクセス可能状態に設定
する(ステップS6)。
In the initial setting process, the CPU 56 first sets interrupt prohibition (step S1). Next, the interrupt mode is set to the interrupt mode 2 (step S2), and a stack pointer designated address is set to the stack pointer (step S3). Then, the internal device registers are initialized (step S4). After initializing a built-in device (built-in peripheral circuit) CTC (counter / timer) and PIO (parallel input / output port) (step S5), the RAM is set to an accessible state (step S6).

【0060】この実施の形態で用いられるCPU56
は、I/Oポート(PIO)およびタイマ/カウンタ回
路(CTC)も内蔵している。また、CTCは、2本の
外部クロック/タイマトリガ入力CLK/TRG2,3
と2本のタイマ出力ZC/TO0,1を備えている。
CPU 56 used in this embodiment
Incorporates an I / O port (PIO) and a timer / counter circuit (CTC). Also, CTC has two external clock / timer trigger inputs CLK / TRG2, 3
And two timer outputs ZC / TO0,1.

【0061】この実施の形態で用いられているCPU5
6には、マスク可能な割込(INT)のモードとして以
下の3種類のモードが用意されている。なお、マスク可
能な割込が発生すると、CPU56は、自動的に割込禁
止状態に設定するとともに、プログラムカウンタの内容
をスタックにセーブする。
CPU 5 used in this embodiment
6 has the following three types of modes as maskable interrupt (INT) modes. When an interrupt that can be masked occurs, the CPU 56 automatically sets the interrupt disabled state and saves the contents of the program counter on the stack.

【0062】割込モード0:割込要求を行った内蔵デバ
イスがRST命令(1バイト)またはCALL命令(3
バイト)をCPUの内部データバス上に送出する。よっ
て、CPU56は、RST命令に対応したアドレスまた
はCALL命令で指定されるアドレスの命令を実行す
る。リセット時に、CPU56は自動的に割込モード0
になる。よって、割込モード1または割込モード2に設
定したい場合には、初期設定処理において、割込モード
1または割込モード2に設定するための処理を行う必要
がある。
Interrupt mode 0: The built-in device that has issued the interrupt request receives an RST instruction (1 byte) or a CALL instruction (3 bytes).
Byte) on the internal data bus of the CPU. Therefore, the CPU 56 executes the instruction at the address corresponding to the RST instruction or the address specified by the CALL instruction. Upon reset, CPU 56 automatically switches to interrupt mode 0
become. Therefore, when it is desired to set the mode to the interrupt mode 1 or the interrupt mode 2, it is necessary to perform a process for setting the mode to the interrupt mode 1 or the interrupt mode 2 in the initial setting process.

【0063】割込モード1:割込が受け付けられると、
常に0038(h)番地に飛ぶモードである。
Interrupt mode 1: When an interrupt is accepted,
In this mode, the camera always jumps to the address 0038 (h).

【0064】割込モード2:CPU56の特定レジスタ
(Iレジスタ)の値(1バイト)と内蔵デバイスが出力
する割込ベクタ(1バイト:最下位ビット0)から合成
されるアドレスが、割込番地を示すモードである。すな
わち、割込番地は、上位アドレスが特定レジスタの値と
され下位アドレスが割込ベクタとされた2バイトで示さ
れるアドレスである。従って、任意の(飛び飛びではあ
るが)偶数番地に割込処理を設置することができる。各
内蔵デバイスは割込要求を行うときに割込ベクタを送出
する機能を有している。
Interrupt mode 2: The address synthesized from the value (1 byte) of the specific register (I register) of the CPU 56 and the interrupt vector (1 byte: least significant bit 0) output from the built-in device is the interrupt address. Mode. That is, the interrupt address is an address indicated by 2 bytes in which the upper address is the value of the specific register and the lower address is the interrupt vector. Therefore, an interrupt process can be set at an arbitrary (albeit skipped) even address. Each built-in device has a function of sending an interrupt vector when making an interrupt request.

【0065】よって、割込モード2に設定されると、各
内蔵デバイスからの割込要求を容易に処理することが可
能になり、また、プログラムにおける任意の位置に割込
処理を設置することが可能になる。さらに、割込モード
1とは異なり、割込発生要因毎のそれぞれの割込処理を
用意しておくことも容易である。上述したように、この
実施の形態では、初期設定処理のステップS2におい
て、CPU56は割込モード2に設定される。
Therefore, when the interrupt mode 2 is set, it is possible to easily process an interrupt request from each built-in device, and it is possible to set an interrupt process at an arbitrary position in a program. Will be possible. Further, unlike the interrupt mode 1, it is easy to prepare an interrupt process for each interrupt occurrence factor. As described above, in this embodiment, the CPU 56 is set to the interrupt mode 2 in step S2 of the initial setting process.

【0066】そして、電源断時にバックアップRAM領
域のデータ保護処理(例えばパリティデータの付加等の
停電発生NMI処理)が行われたか否か確認する(ステ
ップS7)。この実施の形態では、不測の電源断が生じ
た場合には、バックアップRAM領域のデータを保護す
るための処理が行われている。そのような保護処理が行
われていた場合をバックアップありとする。バックアッ
プなしを確認したら、CPU56は初期化処理を実行す
る。
Then, it is confirmed whether or not the data protection processing of the backup RAM area (for example, the power failure occurrence NMI processing such as the addition of parity data) has been performed when the power is turned off (step S7). In this embodiment, when an unexpected power failure occurs, a process for protecting data in the backup RAM area is performed. The case where such protection processing has been performed is regarded as backup. After confirming that there is no backup, the CPU 56 executes an initialization process.

【0067】この実施の形態では、バックアップRAM
領域にバックアップデータがあるか否かは、電源断時に
バックアップRAM領域に設定されるバックアップフラ
グの状態によって確認される。この例では、図7に示す
ように、バックアップフラグ領域に「55H」が設定さ
れていればバックアップあり(オン状態)を意味し、
「55H」以外の値が設定されていればバックアップな
し(オフ状態)を意味する。
In this embodiment, the backup RAM
Whether or not there is backup data in the area is confirmed by the state of the backup flag set in the backup RAM area when the power is turned off. In this example, as shown in FIG. 7, if "55H" is set in the backup flag area, it means that there is a backup (on state),
If a value other than “55H” is set, it means that there is no backup (off state).

【0068】バックアップありを確認したら、CPU5
6は、バックアップRAM領域のデータチェック(この
例ではパリティチェック)を行う。不測の電源断が生じ
た後に復旧した場合には、バックアップRAM領域のデ
ータは保存されていたはずであるから、チェック結果は
正常になる。チェック結果が正常でない場合には、内部
状態を電源断時の状態に戻すことができないので、停電
復旧時でない電源投入時に実行される初期化処理を実行
する。
When the backup is confirmed, the CPU 5
Reference numeral 6 performs data check (parity check in this example) of the backup RAM area. If the power is restored after an unexpected power failure, the data in the backup RAM area should have been saved, and the check result becomes normal. If the check result is not normal, since the internal state cannot be returned to the state at the time of power-off, the initialization processing executed at the time of power-on without power recovery is executed.

【0069】チェック結果が正常であれば(ステップS
8)、CPU56は、遊技制御手段の内部状態と表示制
御手段等の電気部品制御手段の制御状態を電源断時の状
態に戻すための遊技状態復旧処理を行う(ステップS
9)。そして、バックアップRAM領域に保存されてい
たPC(プログラムカウンタ)の退避値がPCに設定さ
れ、そのアドレスに復帰する。
If the check result is normal (step S
8) The CPU 56 performs a game state restoring process for returning the internal state of the game control means and the control state of the electric component control means such as the display control means to the state at the time of power-off (step S).
9). Then, the saved value of the PC (program counter) stored in the backup RAM area is set in the PC, and the program returns to that address.

【0070】初期化処理では、CPU56は、まず、R
AMクリア処理を行う(ステップS11)。また、所定
の作業領域(例えば、普通図柄判定用乱数カウンタ、普
通図柄判定用バッファ、特別図柄左中右図柄バッファ、
払出コマンド格納ポインタなど)に初期値を設定する初
期値設定処理も行われる。さらに、サブ基板(ランプ制
御基板35、払出制御基板37、音声制御基板70、表
示制御基板80)を初期化するための処理を実行する
(ステップS13)。サブ基板を初期化する処理とは、
例えば初期設定のためのコマンドを送出する処理であ
る。
In the initialization process, the CPU 56 first sets R
An AM clear process is performed (step S11). In addition, a predetermined work area (for example, a normal symbol determination random number counter, a normal symbol determination buffer, a special symbol left middle right symbol buffer,
An initial value setting process for setting an initial value to a payout command storage pointer or the like is also performed. Further, a process for initializing the sub-boards (the lamp control board 35, the payout control board 37, the audio control board 70, and the display control board 80) is executed (step S13). The process of initializing the sub board is
For example, a process of transmitting a command for initial setting.

【0071】そして、2ms毎に定期的にタイマ割込が
かかるようにCPU56に設けられているCTCのレジ
スタの設定が行われる(ステップS14)。すなわち、
初期値として2msに相当する値が所定のレジスタ(時
間定数レジスタ)に設定される。そして、初期設定処理
のステップS1において割込禁止とされているので、初
期化処理を終える前に割込が許可される(ステップS1
5)。
Then, the register of the CTC provided in the CPU 56 is set so that the timer is interrupted periodically every 2 ms (step S14). That is,
A value corresponding to 2 ms is set in a predetermined register (time constant register) as an initial value. Since the interrupt is prohibited in step S1 of the initial setting process, the interrupt is permitted before the initialization process is completed (step S1).
5).

【0072】この実施の形態では、CPU56の内蔵C
TCが繰り返しタイマ割込を発生するように設定され
る。この実施の形態では、繰り返し周期は2msに設定
される。そして、タイマ割込が発生すると、図8に示す
ように、CPU56は、例えばタイマ割込が発生したこ
とを示すタイマ割込フラグをセットする(ステップS1
2)。
In this embodiment, the built-in C
The TC is set to repeatedly generate a timer interrupt. In this embodiment, the repetition period is set to 2 ms. Then, when a timer interrupt occurs, as shown in FIG. 8, the CPU 56 sets, for example, a timer interrupt flag indicating that a timer interrupt has occurred (step S1).
2).

【0073】初期化処理の実行(ステップS11〜S1
5)が完了すると、メイン処理で、タイマ割込が発生し
たか否かの監視(ステップS17)の確認が行われるル
ープ処理に移行する。なお、ループ内では、表示用乱数
更新処理(ステップS16)も実行される。
Execution of initialization processing (steps S11 to S1)
When 5) is completed, the process proceeds to a loop process in which the main process checks whether or not a timer interrupt has occurred (step S17). In the loop, a display random number update process (step S16) is also executed.

【0074】CPU56は、ステップS17において、
タイマ割込が発生したことを認識すると、ステップS2
1〜S31の遊技制御処理を実行する。遊技制御処理に
おいて、CPU56は、まず、スイッチ回路58を介し
て、ゲートセンサ12、始動口スイッチ17、カウント
センサ23および入賞口スイッチ19a,19b,24
a,24b等のスイッチの状態を入力し、それらの状態
判定を行う(スイッチ処理:ステップS21)。
The CPU 56 determines in step S17
Upon recognizing that a timer interrupt has occurred, step S2
The game control processing of 1 to S31 is executed. In the game control process, the CPU 56 firstly receives, via the switch circuit 58, the gate sensor 12, the starting port switch 17, the count sensor 23, and the winning port switches 19a, 19b, 24.
The states of the switches such as a and 24b are input and their states are determined (switch processing: step S21).

【0075】次いで、パチンコ遊技機1の内部に備えら
れている自己診断機能によって種々の異常診断処理が行
われ、その結果に応じて必要ならば警報が発せられる
(エラー処理:ステップS22)。
Next, various abnormality diagnosis processes are performed by the self-diagnosis function provided inside the pachinko gaming machine 1, and an alarm is issued if necessary according to the result (error process: step S22).

【0076】次に、遊技制御に用いられる大当り判定用
の乱数等の各判定用乱数を示す各カウンタを更新する処
理を行う(ステップS23)。CPU56は、さらに、
停止図柄の種類を決定する乱数等の表示用乱数を更新す
る処理を行う(ステップS24)。各乱数は、例えば大
当りを発生させるか否か、大当り時の図柄の組合せ、リ
ーチ時の変動パターンなどを決定するために用いられ
る。また、遊技効果を高めるために、上記の乱数以外の
乱数も用いられている。
Next, a process of updating each counter indicating a random number for determination such as a random number for big hit determination used in game control is performed (step S23). The CPU 56 further includes:
A process for updating a display random number such as a random number for determining the type of stop symbol is performed (step S24). Each random number is used to determine, for example, whether or not to generate a big hit, a combination of symbols at the time of the big hit, a variation pattern at the time of the reach, and the like. In addition, random numbers other than the above-mentioned random numbers are used to enhance the gaming effect.

【0077】ステップS23では、CPU56は、大当
り判定用乱数および大当り図柄判定用乱数を生成するた
めのカウンタのカウントアップ(1加算)を行う。すな
わち、それらが判定用乱数であり、それら以外の乱数が
表示用乱数である。
In step S23, the CPU 56 counts up (adds 1) a counter for generating a big hit determination random number and a big hit symbol determination random number. That is, these are the random numbers for determination, and the other random numbers are the random numbers for display.

【0078】さらに、CPU56は、特別図柄プロセス
処理を行う(ステップS25)。特別図柄プロセス制御
では、遊技状態に応じてパチンコ遊技機1を所定の順序
で制御するための特別図柄プロセスフラグに従って該当
する処理が選び出されて実行される。そして、特別図柄
プロセスフラグの値は、遊技状態に応じて各処理中に更
新される。また、普通図柄プロセス処理を行う(ステッ
プS26)。普通図柄プロセス処理では、可変表示器1
0の表示状態を所定の順序で制御するための普通図柄プ
ロセスフラグに従って該当する処理が選び出されて実行
される。そして、普通図柄プロセスフラグの値は、遊技
状態に応じて各処理中に更新される。
Further, the CPU 56 performs a special symbol process (step S25). In the special symbol process control, a corresponding process is selected and executed according to a special symbol process flag for controlling the pachinko gaming machine 1 in a predetermined order according to a gaming state. Then, the value of the special symbol process flag is updated during each processing according to the gaming state. Further, a normal symbol process is performed (step S26). In normal symbol processing, variable display 1
A corresponding process is selected and executed according to a normal symbol process flag for controlling the display state of 0 in a predetermined order. Then, the value of the normal symbol process flag is updated during each process according to the gaming state.

【0079】次いで、CPU56は、特別図柄に関する
表示制御コマンドをRAM55の所定の領域に設定して
表示制御コマンドを送出する処理を行う(表示制御コマ
ンド制御処理:ステップS27)。
Next, the CPU 56 sets a display control command relating to the special symbol in a predetermined area of the RAM 55 and sends out the display control command (display control command control processing: step S27).

【0080】さらに、CPU56は、例えばホール管理
用コンピュータに供給される大当り情報、始動情報、確
率変動情報などのデータを出力する情報出力処理を行う
(ステップS29)。
Further, the CPU 56 performs an information output process of outputting data such as jackpot information, start information, and probability variation information supplied to the hall management computer (step S29).

【0081】また、CPU56は、所定の条件が成立し
たときにソレノイド回路59に駆動指令を行う(ステッ
プS30)。ソレノイド回路359は、駆動指令に応じ
てソレノイド49,54を駆動し、始動入賞口48また
は開閉板53を開状態または閉状態とする。
Further, the CPU 56 issues a drive command to the solenoid circuit 59 when a predetermined condition is satisfied (step S30). The solenoid circuit 359 drives the solenoids 49 and 54 in response to the drive command, and brings the start winning port 48 or the open / close plate 53 into an open state or a closed state.

【0082】そして、CPU56は、各入賞口への入賞
を検出するためのスイッチ46a,50,56の検出出
力にもとづく賞球数の設定などを行う賞球処理を実行す
る(ステップS31)。具体的には、入賞検出に応じて
払出制御基板37に払出制御コマンドを出力する。払出
制御基板37に搭載されている払出制御用CPU371
は、払出制御コマンドに応じて球払出装置97を駆動す
る。
Then, the CPU 56 executes prize ball processing for setting the number of prize balls based on the detection output of the switches 46a, 50, 56 for detecting a prize in each winning port (step S31). Specifically, a payout control command is output to the payout control board 37 in response to the winning detection. Dispensing control CPU 371 mounted on the dispensing control board 37
Drives the ball payout device 97 in response to the payout control command.

【0083】以上の制御によって、この実施の形態で
は、遊技制御処理は2ms毎に起動されることになる。
なお、この実施の形態では、タイマ割込処理では例えば
割込が発生したことを示すフラグのセットのみがなさ
れ、遊技制御処理はメイン処理において実行されるが、
タイマ割込処理で遊技制御処理を実行してもよい。
With the above control, in this embodiment, the game control process is started every 2 ms.
In this embodiment, for example, in the timer interrupt processing, only a flag indicating that an interrupt has occurred is set, and the game control processing is executed in the main processing.
The game control process may be executed by a timer interrupt process.

【0084】また、メイン処理には遊技制御処理に移行
すべきか否かを判定する処理が含まれ、CPU56の内
部タイマが定期的に発生するタイマ割込にもとづくタイ
マ割込処理で遊技制御処理に移行すべきか否かを判定す
るためのフラグがセット等がなされるので、遊技制御処
理の全てが確実に実行される。つまり、遊技制御処理の
全てが実行されるまでは、次回の遊技制御処理に移行す
べきか否かの判定が行われないので、遊技制御処理中の
全ての各処理が実行完了することは保証されている。
The main process includes a process for determining whether or not to shift to the game control process. The internal timer of the CPU 56 performs a timer interrupt process based on a timer interrupt that is periodically generated. Since a flag for determining whether or not to shift is set or the like, all of the game control processing is reliably executed. In other words, until all of the game control processes have been executed, it is not determined whether or not to shift to the next game control process, so it is guaranteed that all processes in the game control process will be completed. ing.

【0085】以上に説明したように、この実施の形態で
は、CTCやPIOを内蔵するCPU56に対して、初
期設定処理で割込モード2が設定される。従って、内蔵
CTCを用いた定期的なタイマ割込処理を容易に実現で
きる。また、タイマ割込処理をプログラム上の任意の位
置に設置できる。また、内蔵PIOを用いたスイッチ検
出処理等を容易に割込処理で実現できる。その結果、プ
ログラム構成が簡略化され、プログラム開発工数が低減
する等の効果を得ることができる。
As described above, in this embodiment, the interrupt mode 2 is set by the initial setting process for the CPU 56 having a built-in CTC or PIO. Accordingly, a periodic timer interrupt process using the built-in CTC can be easily realized. Further, the timer interrupt processing can be set at an arbitrary position on the program. Further, switch detection processing using the built-in PIO can be easily realized by interruption processing. As a result, effects such as simplification of the program configuration and reduction in the number of program development steps can be obtained.

【0086】次に、主基板31から表示制御基板80に
対する表示制御コマンドの送出について説明する。図9
は、主基板31から表示制御基板80に送信される表示
制御コマンドの信号線を示す説明図である。図9に示す
ように、この実施の形態では、表示制御コマンドは、表
示制御信号D0〜D7の8本の信号線で主基板31から
表示制御基板80に送信される。また、主基板31と表
示制御基板80との間には、ストローブ信号を送信する
ための表示制御INT信号の信号線も配線されている。
Next, transmission of a display control command from the main board 31 to the display control board 80 will be described. FIG.
5 is an explanatory diagram showing signal lines of a display control command transmitted from the main board 31 to the display control board 80. FIG. As shown in FIG. 9, in this embodiment, a display control command is transmitted from the main board 31 to the display control board 80 through eight signal lines of display control signals D0 to D7. A signal line for a display control INT signal for transmitting a strobe signal is also provided between the main board 31 and the display control board 80.

【0087】この実施の形態では、表示制御コマンドは
2バイト構成であり、図10に示すように、1バイト目
はMODE(コマンドの分類)を表し、2バイト目はE
XT(コマンドの種類)を表す。MODEデータの先頭
ビット(ビット7)は必ず「1」とされ、EXTデータ
の先頭ビット(ビット7)は必ず「0」とされる。な
お、図10に示されたコマンド形態は一例であって他の
コマンド形態を用いてもよい。また、この例では、制御
コマンドが2つの制御信号で構成されていることになる
が、制御コマンドを構成する制御信号数は、1であって
もよいし、3以上の複数であってもよい。
In this embodiment, the display control command has a 2-byte configuration. As shown in FIG. 10, the first byte indicates MODE (classification of command), and the second byte indicates E (command classification).
XT (command type). The first bit (bit 7) of MODE data is always "1", and the first bit (bit 7) of EXT data is always "0". The command form shown in FIG. 10 is an example, and another command form may be used. In this example, the control command is composed of two control signals. However, the number of control signals constituting the control command may be one, or may be three or more. .

【0088】図11は、表示制御基板80に対する制御
コマンドを構成する8ビットの制御信号とINT信号
(ストローブ信号)との関係を示すタイミング図であ
る。図11に示すように、MODEまたはEXTのデー
タが出力ポートに出力されてから、所定期間が経過する
と、CPU56は、データ出力を示す信号であるINT
信号をオン状態にする。また、そこから所定期間が経過
するとINT信号をオフ状態にする。
FIG. 11 is a timing chart showing the relationship between an 8-bit control signal constituting a control command for the display control board 80 and an INT signal (strobe signal). As shown in FIG. 11, when a predetermined period elapses after the MODE or EXT data is output to the output port, the CPU 56 outputs the signal INT indicating the data output.
Turn on the signal. When a predetermined period elapses therefrom, the INT signal is turned off.

【0089】なお、ここでは、表示制御コマンドについ
て説明したが、他のサブ基板に送出される各制御コマン
ドも、図10および図11に示された形態と同一であ
る。
Although the display control command has been described here, the control commands sent to the other sub-boards are the same as those shown in FIGS. 10 and 11.

【0090】図12は、遊技の制御を行う主基板31か
ら表示制御基板80に送出される表示制御コマンドの内
容の一例を示す説明図である。図12に示す例におい
て、コマンド8000(H)〜80XX(H)は、特別
図柄を可変表示する可変表示部9における特別図柄の変
動パターンを指定する表示制御コマンドである。なお、
変動パターンを指定するコマンドは変動開始指示も兼ね
ている。
FIG. 12 is an explanatory diagram showing an example of the contents of a display control command sent from the main board 31 for controlling the game to the display control board 80. In the example shown in FIG. 12, commands 8000 (H) to 80XX (H) are display control commands for designating a variation pattern of a special symbol in the variable display unit 9 that variably displays a special symbol. In addition,
The command for designating the variation pattern also serves as the variation start instruction.

【0091】コマンド91XX、92XXおよび93X
Xは、特別図柄の左中右の停止図柄を指定する表示制御
コマンドである。また、コマンド8F00は、特別図柄
の初期表示を指示するための特別図柄電源投入表示コマ
ンド(電源投入表示コマンド)である。表示制御手段
は、電源投入表示コマンドを受信すると、あらかじめ決
められている特別図柄の組み合わせを可変表示部9に表
示する制御を行う。そして、コマンドA0XXは、特別
図柄の可変表示の停止を指示する表示制御コマンド(確
定コマンド)である。
Commands 91XX, 92XX and 93X
X is a display control command for designating a left middle right stop symbol of a special symbol. The command 8F00 is a special symbol power-on display command (power-on display command) for instructing the initial display of the special symbol. Upon receiving the power-on display command, the display control means performs control to display a predetermined combination of special symbols on the variable display unit 9. The command A0XX is a display control command (confirmation command) for instructing the stop of the variable display of the special symbol.

【0092】コマンドBXXXは、大当り遊技開始から
大当り遊技終了までの間に送出される表示制御コマンド
である。ただし、可変表示器10がランプ制御手段で制
御される場合には、B1XX(H)およびB2XX
(H)は、表示制御基板80には送出されない。また、
コマンドC000(H)は客待ちデモンストレーション
を指示するコマンドである。かかるコマンドにより、前
回出目表示と、遊技機の名称表示等が一定周期で交互に
表示される。
The command BXXX is a display control command sent from the start of the big hit game to the end of the big hit game. However, when the variable display 10 is controlled by the lamp control means, B1XX (H) and B2XX
(H) is not sent to the display control board 80. Also,
The command C000 (H) is a command for instructing a customer waiting demonstration. By such a command, the previous appearance display and the display of the name of the gaming machine are alternately displayed at a constant cycle.

【0093】コマンドC100(H)は、電源投入時に
遊技制御手段のバックアップRAMに電源オフ時の遊技
状態が保存されていて、かつ、電源オフ時に図柄の変動
中であった場合に送出される特別図柄停電復旧コマンド
である。表示制御手段は、特別図柄停電復旧コマンドを
受信すると、指示された左右中図柄を表示する制御を開
始する。指示された左右中図柄とは、特別図柄停電復旧
コマンドに続けて送出される左右中の停止図柄を指定す
るコマンドであり、電源オフの直前に送出されていた左
右中の停止図柄を指定するコマンドと同一のコマンドで
ある。
The command C100 (H) is a special command transmitted when the power-off game state is stored in the backup RAM of the game control means when the power is turned on, and the symbols are changing when the power is turned off. This is a symbol power failure recovery command. Upon receiving the special symbol power failure restoration command, the display control means starts control for displaying the instructed left and right symbols. The designated left and right middle symbols are commands to specify left and right middle stop symbols that are sent after the special symbol power failure recovery command, and commands to specify left and right middle stop symbols that were sent just before the power was turned off. This is the same command as

【0094】コマンドD000(H)〜D400(H)
は、普通図柄の変動パターンに関する表示制御コマンド
である。ただし、可変表示器10がランプ制御手段で制
御される場合には、それらのコマンドは、表示制御基板
80には送出されない。
Commands D000 (H) to D400 (H)
Is a display control command related to a variation pattern of a normal symbol. However, when the variable display 10 is controlled by the lamp control means, those commands are not sent to the display control board 80.

【0095】表示制御基板80の表示制御手段は、主基
板31の遊技制御手段から上述した表示制御コマンドを
受信すると図12に示された内容に応じて可変表示部9
および可変表示器10(表示制御手段が普通図柄も制御
する場合)の表示状態を変更する。
When the display control means of the display control board 80 receives the above-described display control command from the game control means of the main board 31, the display control means 9 according to the contents shown in FIG.
And the display state of the variable display 10 (when the display control means also controls the ordinary symbols) is changed.

【0096】図13は、テストの実行の際に動作確認用
の主基板31から表示制御基板80に送出される表示制
御コマンドの内容の一例を示す説明図である。この例で
は、テストコマンド1〜17が用意されている。表示制
御基板80の表示制御手段は、主基板31からテストコ
マンド1〜17のいずれかを受信すると、図13に示す
内容欄に記載された処理を行う。
FIG. 13 is an explanatory diagram showing an example of the contents of a display control command sent from the main board 31 for operation confirmation to the display control board 80 when a test is executed. In this example, test commands 1 to 17 are prepared. Upon receiving any one of the test commands 1 to 17 from the main board 31, the display control means of the display control board 80 performs the processing described in the content column shown in FIG.

【0097】図13に示す例において、テストコマンド
CF00(H)は、可変表示部9の一実施例であるLC
D82の液晶パネルのチェック(パネルのドット欠けの
有無の確認)を行うための表示を指定する表示制御コマ
ンドである。テストコマンドCF7F(H)は、LCD
82の液晶パネルのチェックを行うための表示を指定す
る表示制御コマンドである。表示制御手段は、テストコ
マンドCF7F(H)を受信すると、客待ちデモンスト
レーション画面を例えば3秒間隔で順次ループ表示す
る。表示内容は、コマンドC000(H)と同じ内容で
あるが、切替周期が早くなっている。
In the example shown in FIG. 13, the test command CF00 (H) is an LC
This is a display control command for designating a display for checking the liquid crystal panel of D82 (confirming the presence or absence of dot missing in the panel). The test command CF7F (H) is
This is a display control command for designating a display for checking the liquid crystal panel 82. Upon receiving the test command CF7F (H), the display control means sequentially displays the customer waiting demonstration screen in a loop at intervals of, for example, three seconds. The display content is the same as the command C000 (H), but the switching cycle is earlier.

【0098】テストコマンドCF60(H)およびCF
61(H)は、可変表示部9における表示位置の調整の
確認を行うための表示(単一色の画面表示)を指示する
ための表示制御コマンドである。テストコマンドCF7
0(H)およびCF71(H)は、可変表示部9に色調
調整用のカラーバー画面を表示することを指示するため
の表示制御コマンドである。図13に示すように、表示
位置調整画面とカラーバーの表示を指示するためのテス
トコマンドに関しては、使用する表示パネルのタイプ
(特徴や、製造メーカ)に対応して本例ではそれぞれ2
種類設けてある。
Test commands CF60 (H) and CF
Reference numeral 61 (H) denotes a display control command for instructing display (single-color screen display) for confirming the adjustment of the display position on the variable display unit 9. Test command CF7
0 (H) and CF 71 (H) are display control commands for instructing the variable display unit 9 to display a color bar screen for color tone adjustment. As shown in FIG. 13, test commands for instructing display of a display position adjustment screen and a color bar are two in this example in accordance with the type (feature and manufacturer) of a display panel to be used.
Types are provided.

【0099】図14は、遊技の制御を行う主基板31か
らランプ制御基板35に送出されるランプ制御コマンド
の内容の一例を示す説明図である。ランプ制御コマンド
もMODEとEXTの2バイト構成である。図14に示
す例において、コマンド8000(H)〜8022
(H)、8100(H)〜8122(H)は、可変表示
部9における特別図柄の変動パターンに対応したランプ
・LED表示制御パターンを指定するランプ制御コマン
ドである。また、コマンドA0XX(X=4ビットの任
意の値)は、特別図柄の可変表示の停止時のランプ・L
ED表示制御パターンを指示するランプ制御コマンドで
ある。コマンドBXXXは、大当り遊技開始から大当り
遊技終了までの間のランプ・LED表示制御パターンを
指示するランプ制御コマンドである。そして、コマンド
C000は、客待ちデモンストレーション時のランプ・
LED表示制御パターンを指示するランプ制御コマンド
である。
FIG. 14 is an explanatory diagram showing an example of the contents of a lamp control command sent from the main board 31 for controlling the game to the lamp control board 35. The ramp control command also has a 2-byte configuration of MODE and EXT. In the example shown in FIG. 14, commands 8000 (H) to 8022
(H), 8100 (H) to 8122 (H) are lamp control commands for designating a lamp / LED display control pattern corresponding to the special symbol variation pattern on the variable display unit 9. Also, the command A0XX (X = arbitrary value of 4 bits) is a lamp L when the variable display of the special symbol is stopped.
This is a lamp control command for instructing an ED display control pattern. The command BXXX is a lamp control command for instructing a lamp / LED display control pattern from the start of the big hit game to the end of the big hit game. Then, the command C000 is a lamp and a lamp at the time of the customer waiting demonstration.
This is a lamp control command for instructing an LED display control pattern.

【0100】なお、コマンド8XXX、AXXX、BX
XXおよびCXXXは、遊技進行状況に応じて遊技制御
手段から送出されるランプ制御コマンドである。ランプ
制御手段は、主基板31の遊技制御手段から上述したラ
ンプ制御コマンドを受信すると図14に示された内容に
応じてランプ・LEDの表示状態を変更する。なお、コ
マンド8XXX、AXXX、BXXXおよびCXXX
は、表示制御コマンドや音声制御コマンドと例えば共通
の制御状態において共通に用いられる。
The commands 8XXX, AXXX, BX
XX and CXXX are ramp control commands sent from the game control means according to the progress of the game. Upon receiving the above-described lamp control command from the game control means on the main board 31, the lamp control means changes the display state of the lamp / LED according to the contents shown in FIG. Note that the commands 8XXX, AXXX, BXXX, and CXXX
Are used in common with the display control command and the voice control command, for example, in a common control state.

【0101】コマンドE0XXは、始動記憶表示器18
の点灯個数を示すランプ制御コマンドである。例えば、
ランプ制御手段は、始動記憶表示器18における「X
X」で指定される個数の表示器を点灯状態とする。ま
た、コマンドE1XXは、ゲート通過記憶表示器41の
点灯個数を示すランプ制御コマンドである。例えば、ラ
ンプ制御手段は、ゲート通過記憶表示器41における
「XX」で指定される個数の表示器を点灯状態とする。
すなわち、それらのコマンドは、保留個数という情報を
報知するために設けられている発光体の制御を指示する
コマンドである。なお、始動記憶表示器18およびゲー
ト通過記憶表示器41の点灯個数に関するコマンドが点
灯個数の増減を示すように構成されていてもよい。
The command E0XX is the start storage display 18
Is a lamp control command indicating the number of lights. For example,
The lamp control means operates the "X
The number of indicators specified by "X" is turned on. The command E1XX is a lamp control command indicating the number of lighting of the gate passage storage display 41. For example, the lamp control means turns on the number of indicators designated by “XX” in the gate passage storage indicator 41.
That is, these commands are commands for instructing control of the light emitter provided for notifying the information of the number of held units. In addition, the command regarding the lighting number of the start storage display 18 and the gate passage storage display 41 may be configured to indicate the increase or decrease of the lighting number.

【0102】コマンドE200およびE201は、賞球
ランプ51の表示状態に関するランプ制御コマンドであ
り、コマンドE300およびE301は、球切れランプ
52の表示状態に関するランプ制御コマンドである。ラ
ンプ制御手段は、主基板31の遊技制御手段から「E2
01」のランプ制御コマンドを受信すると賞球ランプ5
1の表示状態を賞球残がある場合としてあらかじめ定め
られた表示状態とし、「E200」のランプ制御コマン
ドを受信すると賞球ランプ51の表示状態を賞球残がな
い場合としてあらかじめ定められた表示状態とする。ま
た、主基板31の遊技制御手段から「E300」のラン
プ制御コマンドを受信すると球切れランプ52の表示状
態を球あり中の表示状態とし、「E301」のランプ制
御コマンドを受信すると球切れランプ52の表示状態を
球切れ中の表示状態とする。すなわち、コマンドE20
0およびE201は、未賞球の遊技球があることを遊技
者等に報知するために設けられている発光体を制御する
ことを示すコマンドであり、コマンドE300およびE
301は、補給球が切れていることを遊技者や遊技店員
に報知するために設けられている発光体を制御すること
を示すコマンドである。
Commands E200 and E201 are lamp control commands relating to the display state of prize ball lamp 51, and commands E300 and E301 are lamp control commands relating to the display state of ball out lamp 52. The ramp control means sends “E2” from the game control means of the main board 31.
01 ”when the lamp control command is received.
The display state of No. 1 is a predetermined display state where there is a prize ball remaining, and when a lamp control command of “E200” is received, the display state of the prize ball lamp 51 is a display state where there is no prize ball remaining. State. Further, when the lamp control command of “E300” is received from the game control means of the main board 31, the display state of the out-of-ball lamp 52 is changed to a display state in which a ball is present, and when the “E301” lamp control command is received, the out-of-ball lamp 52 Is set to the display state in which the ball is out. That is, the command E20
0 and E201 are commands indicating that a light emitting body provided for notifying a player or the like that there is a game ball of a non-winning ball is controlled, and commands E300 and E201 are provided.
Reference numeral 301 denotes a command indicating that a light emitter provided for notifying a player or a game clerk that the supply ball has run out is controlled.

【0103】コマンドE400は、遊技機の電源投入
時、または特定遊技状態(高確率状態や時短状態、この
例では高確率状態)から通常状態(低確率状態や非時短
状態、この例では低確率状態)に移行したときのランプ
・LED表示制御パターンを指示するランプ制御コマン
ドである。コマンドE401は、通常状態(低確率状態
や非時短状態、この例では低確率状態)から特定遊技状
態(高確率状態や時短状態、この例では高確率状態)に
移行したときのランプ・LED表示制御パターンを指示
するランプ制御コマンドである。コマンドE402は、
大当り遊技中に発生したエラーが解除されたときのラン
プ・LED表示制御パターンを指示するランプ制御コマ
ンドである。そして、コマンドE403は、カウントス
イッチ23のエラーが発生したときのランプ・LED表
示制御パターンを指示するランプ制御コマンドである。
すなわち、それらのコマンドは、発光体によって遊技状
態を報知することを指示するコマンドである。この実施
の形態では、ランプ制御手段は、遊技状態を報知するこ
とを指示するコマンドを受信すると、装飾ランプ25、
遊技効果ランプ28aおよび遊技効果ランプ28b,2
8cのうちの一部または全部を用いて、遊技状態を報知
するための点灯/消灯制御を行う。なお、装飾ランプ2
5、遊技効果ランプ28aおよび遊技効果ランプ28
b,28cは、それぞれ、複数の発光体の集まりで構成
されていてもよく、その場合、装飾ランプ25、遊技効
果ランプ28aおよび遊技効果ランプ28b,28cの
うちの一部を用いて遊技状態を報知するということは、
例えば、装飾ランプ25を構成する複数の発光体のうち
の一部を用いてもよいということも意味する。
The command E400 is issued when the power of the gaming machine is turned on or when a specific game state (high-probability state or time-saving state, in this example, high-probability state) is changed to a normal state (low-probability state or non-time-saving state, in this example, low probability state). This is a lamp control command for instructing a lamp / LED display control pattern at the time of transition to (state). The command E401 is a lamp / LED display at the time of transition from a normal state (low-probability state or non-time-saving state, in this example, low-probability state) to a specific game state (high-probability state or time-saving state, in this example, high-probability state). This is a lamp control command for instructing a control pattern. Command E402 is
This is a lamp control command for instructing a lamp / LED display control pattern when an error generated during the big hit game is released. The command E403 is a lamp control command for instructing a lamp / LED display control pattern when an error occurs in the count switch 23.
That is, those commands are commands instructing that the gaming state is notified by the light emitting body. In this embodiment, when the lamp control means receives a command instructing to notify the gaming state, the decoration lamp 25,
Game effect lamp 28a and game effect lamp 28b, 2
Lighting / extinguishing control for notifying the gaming state is performed using a part or all of 8c. Decorative lamp 2
5. Game effect lamp 28a and game effect lamp 28
Each of b and 28c may be constituted by a group of a plurality of light emitters. In this case, the game state is set by using a part of the decorative lamp 25, the game effect lamp 28a, and the game effect lamps 28b and 28c. To inform,
For example, it also means that a part of the plurality of light emitters constituting the decorative lamp 25 may be used.

【0104】図15は、テストを実行する際に動作確認
用の主基板31からランプ制御基板35に送出されるラ
ンプ制御コマンドの内容の一例を示す説明図である。こ
の例では、テストコマンド1〜6が用意されている。ラ
ンプ制御基板35のランプ制御手段は、動作確認用の主
基板31からテストコマンド1〜6のいずれかを受信す
ると、図15に示す内容欄に記載された処理を行う。
FIG. 15 is an explanatory diagram showing an example of the contents of a lamp control command sent from the main board 31 for operation confirmation to the lamp control board 35 when the test is executed. In this example, test commands 1 to 6 are prepared. When receiving any of the test commands 1 to 6 from the main board 31 for operation confirmation, the lamp control means of the lamp control board 35 performs the processing described in the content column shown in FIG.

【0105】図15に示す例において、テストコマンド
CF00(H)は、4個の発光体により構成される始動
入賞記憶表示器18を、1個ずつ順番に例えば500m
s間隔で点灯させることを指示するためのランプ制御コ
マンドである。また、テストコマンドCF00(H)
は、4個の発光体により構成される通過記憶表示器41
を、1個ずつ順番に例えば500ms間隔で点灯させる
ことを指示するためのランプ制御コマンドでもある。な
お、テストコマンドCF00(H)が、始動入賞記憶数
が1個、2個、3個、4個、1個、・・・、であるとき
の点灯状態に、順次例えば500ms間隔で点灯させる
ことを指示するためのランプ制御コマンドであるとして
もよい。また、同様に、通過記憶表示器41を、通過記
憶数が1個、2個、3個、4個、1個、・・・、である
ときの点灯状態に、順次例えば500ms間隔で点灯さ
せることを指示するためのランプ制御コマンドであると
してもよい。
In the example shown in FIG. 15, the test command CF00 (H) is used to start the winning prize memory display 18 composed of four light emitters one by one, for example, for 500 m.
This is a lamp control command for instructing lighting at s intervals. Also, the test command CF00 (H)
Is a passage memory display 41 composed of four light emitters.
Is also a lamp control command for instructing to turn on one by one at intervals of, for example, 500 ms. It should be noted that the test command CF00 (H) is sequentially turned on at, for example, 500 ms intervals in the lighting state when the number of start winning storages is one, two, three, four, one,. May be a lamp control command for instructing. Similarly, the passage memory display 41 is sequentially lit at 500 ms intervals, for example, in the lighting state when the number of stored passages is 1, 2, 3, 4, 1,. May be a lamp control command for instructing that a lamp control command is issued.

【0106】また、テストコマンドCF00(H)は、
センター飾りLED60a〜60cを、センター飾りL
ED60a、センター飾りLED60b、センター飾り
LED60c、センター飾りLED60a、・・・、の
順番に、例えば500ms間隔で点灯させることを指示
するためのランプ制御コマンドでもある。また、テスト
コマンドCF00(H)は、天飾りランプ61を例えば
500ms間隔で点灯/消灯させることを指示するため
のランプ制御コマンドでもある。さらに、テストコマン
ドCF00(H)は、サイドランプ25を例えば500
ms間隔で点灯/消灯させることを指示するためのラン
プ制御コマンドでもある。
The test command CF00 (H) is
Center decoration LED 60a-60c, center decoration L
It is also a lamp control command for instructing lighting in the order of the ED 60a, the center decoration LED 60b, the center decoration LED 60c, the center decoration LED 60a,. The test command CF00 (H) is also a lamp control command for instructing the decoration lamp 61 to be turned on / off at intervals of, for example, 500 ms. In addition, the test command CF00 (H) causes the side lamp 25 to
It is also a lamp control command for instructing turning on / off at ms intervals.

【0107】上述したように、この実施の形態では、テ
ストコマンドCF00(H)は各発光体について上記5
種類の制御を同時に実行することを指示するためのラン
プ制御コマンドであり、同時に複数の発光体の動作確認
を行うことが可能となっている。従って、1つのテスト
コマンドにもとづいて複数の発光体の動作確認を行うこ
とが可能となり、動作確認における作業効率がさらに向
上する。
As described above, in this embodiment, the test command CF00 (H) is applied to each of the luminous bodies as described in the above 5
This is a lamp control command for instructing the simultaneous execution of various types of control, and the operation of a plurality of light emitters can be checked at the same time. Therefore, it is possible to confirm the operation of a plurality of light emitters based on one test command, and the work efficiency in the operation confirmation is further improved.

【0108】なお、上記の各テストコマンドの内容は一
例であり、上述した5種類の制御のうちの一部または全
部に加えてその他の制御が実行されるようにしてもよ
い。また、テストコマンドCF00(H)に応じて、上
述した5種類の制御のうちの一部が実行されるようにし
てもよい。例えば、各発光体の動作を指示するコマンド
をそれぞれ別個のコマンドとした場合には、例えばセン
ター飾りLED60a〜60cのみの動作確認を行うこ
とや、天飾りランプ61のみの動作確認を行うことなど
が可能となる。
The content of each test command described above is an example, and other control may be executed in addition to a part or all of the above five types of control. Further, a part of the above five types of control may be executed in response to the test command CF00 (H). For example, when the commands for instructing the operations of the respective light emitters are separate commands, for example, it is necessary to confirm the operation of only the center decoration LEDs 60a to 60c or to confirm the operation of only the top decoration lamp 61. It becomes possible.

【0109】また、上記の各テストコマンドの内容は一
例であり、他のどのような内容のコマンドであってもよ
い。例えば、図示はしないが可変入賞球装置15にアタ
ッカーランプを設ける構成とし、アタッカーランプを例
えば1000msの間点灯させることを指示するための
テストコマンドを用いるようにしてもよい。このような
テストコマンドを用いるようにすれば、アタッカーラン
プが正常な動作をすることができるか否かを確認するこ
とが可能となる。テストコマンドによるアタッカーラン
プの点灯確認は、例えば、始動入賞にもとづいて開放す
る電動役物の所定領域への入賞があると所定の遊技価値
が遊技者に付与可能になる第2種パチンコ遊技機に適用
することも可能である。この場合、上記所定領域の近傍
に設けられるアタッカーランプに相当する発光体を、所
定期間点灯させるためのテストコマンドを用いるように
すればよい。
The content of each test command described above is an example, and any other command may be used. For example, although not shown, an attacker lamp may be provided in the variable winning ball device 15, and a test command for instructing to turn on the attacker lamp for, for example, 1000 ms may be used. By using such a test command, it is possible to confirm whether or not the attacker lamp can operate normally. The confirmation of the lighting of the attacker lamp by the test command is performed, for example, on a second-type pachinko gaming machine in which a predetermined game value can be given to a player when there is a prize in a predetermined area of an electric accessory to be opened based on a start prize. It is also possible to apply. In this case, a test command for lighting a light emitter corresponding to an attacker lamp provided in the vicinity of the predetermined region for a predetermined period may be used.

【0110】また、図15に示す例において、テストコ
マンドCF01(H)は、大入賞口内飾りLED63
を、例えば10000msの間点灯させることを指示す
るためのランプ制御コマンドである。
In the example shown in FIG. 15, the test command CF01 (H) is a special winning inside decoration LED 63.
Is a lamp control command for instructing to light up for, for example, 10,000 ms.

【0111】テストコマンドCF02(H)は、大入賞
口左右飾りLED62a〜62dを、大入賞口左飾りL
ED62cおよび大入賞口右飾りLED62a、大入賞
口左飾りLED62dおよび大入賞口右飾りLED62
b、・・・、の順番に、例えば500ms間隔で点灯さ
せることを指示するためのランプ制御コマンドである。
The test command CF02 (H) sets the special winning opening left and right decoration LEDs 62a to 62d to the special winning opening left decoration L
ED 62c and special winning opening right decoration LED 62a, special winning opening left decoration LED 62d and special winning opening right decoration LED 62
are lamp control commands for instructing lighting in the order of, for example, 500 ms.

【0112】テストコマンドCF03(H)は、始動入
賞記憶表示器18を、始動入賞記憶数が1個、2個、3
個、4個、1個、・・・、であるときの点灯状態に、順
次例えば500ms間隔で点灯させることを指示するた
めのランプ制御コマンドである。
The test command CF03 (H) is displayed on the start winning prize storage display 18 so that the number of stored start prizes is one, two, three, or three.
, Four, one,..., Is a lamp control command for instructing lighting in order at, for example, 500 ms intervals.

【0113】テストコマンドAA55(H)は、右特賞
中ランプ28c、上特賞中ランプ28a、左特賞中ラン
プ28b、右特賞中ランプ28c、・・・、の順番に、
例えば500ms間隔で点灯させることを指示するため
のランプ制御コマンドである。テストコマンドAB58
(H)は、球切れランプ52と賞球ランプ51とを交互
に例えば500ms間隔で点灯させることを指示するた
めのランプ制御コマンドである。
The test command AA55 (H) is output in the order of the right special prize lamp 28c, the upper special prize lamp 28a, the left special prize lamp 28b, the right special prize lamp 28c,.
For example, it is a lamp control command for instructing lighting at 500 ms intervals. Test command AB58
(H) is a lamp control command for instructing that the out-of-ball lamp 52 and the prize-ball lamp 51 be alternately lit at, for example, 500 ms intervals.

【0114】上述したように、テストコマンドAA55
(H)とテストコマンドAB58(H)とで枠側に設け
られている発光体の動作確認を行い、テストコマンドC
F00(H)〜CF03(H)で遊技盤側の発光体の動
作確認を行う構成としている。従って、枠側に設けられ
ている発光体と遊技盤側に設けられている発光体とにお
ける確認動作を別個に実行することが可能となり、作業
者が各発光体の動作内容を見落とすことを防止すること
ができる。従って、動作確認における確実性を向上させ
ることが可能となる。また、テストコマンドCF01
(H),CF02(H)を、可変入賞球装置15に設け
られる発光体についてのテストコマンドとしているの
で、可変入賞球装置15について単体で発光体の検査す
ることが可能となっている。
As described above, the test command AA55
(H) and the test command AB58 (H), the operation of the light emitting body provided on the frame side is confirmed, and the test command C
The configuration is such that the operation of the luminous body on the game board side is checked at F00 (H) to CF03 (H). Therefore, it is possible to separately execute the checking operation of the light emitting body provided on the frame side and the light emitting body provided on the game board side, thereby preventing an operator from overlooking the operation content of each light emitting body. can do. Therefore, it is possible to improve the certainty in the operation check. Also, the test command CF01
Since (H) and CF02 (H) are the test commands for the luminous body provided in the variable winning sphere device 15, the luminous body can be inspected for the variable winning sphere device 15 alone.

【0115】図16は、遊技を制御する主基板31から
音声制御基板70に送出される音声制御コマンドの内容
の一例を示す説明図である。音声制御コマンドもMOD
EとEXTの2バイト構成である。図16に示す例にお
いて、コマンド8XXX(X=4ビットの任意の値)
は、特別図柄の変動期間における音発生パターンを指定
する音声制御コマンドである。コマンドBXXX(X=
4ビットの任意の値)は、大当り遊技開始から大当り遊
技終了までの間における音発生パターンを指定する音声
制御コマンドである。その他のコマンドは、特別図柄の
変動および大当り遊技に関わらない音声制御コマンドで
ある。音声制御基板70の音声制御手段は、主基板31
の遊技制御手段から上述した音声制御コマンドを受信す
ると図16に示された内容に応じて音声出力状態を変更
する。
FIG. 16 is an explanatory diagram showing an example of the content of a voice control command sent from the main board 31 for controlling a game to the voice control board 70. Voice control commands are also MOD
It has a 2-byte structure of E and EXT. In the example shown in FIG. 16, command 8XXX (X = arbitrary value of 4 bits)
Is a voice control command for designating a sound generation pattern during the special symbol fluctuation period. Command BXXX (X =
The 4-bit arbitrary value) is a voice control command for designating a sound generation pattern from the start of the big hit game to the end of the big hit game. Other commands are voice control commands that are not related to special symbol fluctuations and big hit games. The voice control means of the voice control board 70 is
When the above-mentioned voice control command is received from the game control means, the voice output state is changed according to the contents shown in FIG.

【0116】図17は、テストを実行する際に動作確認
用の主基板31から音声制御基板70に送出される音声
制御コマンドの内容の一例を示す説明図である。この例
では、テストコマンド1〜74が用意されている。音声
制御手段は、主基板31からテストコマンド1〜74の
いずれかを受信すると、図17に示す内容欄に記載され
た処理を行う。
FIG. 17 is an explanatory diagram showing an example of the content of a voice control command sent from the main board 31 for operation confirmation to the voice control board 70 when a test is executed. In this example, test commands 1 to 74 are prepared. Upon receiving any of the test commands 1 to 74 from the main board 31, the voice control means performs the processing described in the content column shown in FIG.

【0117】図17に示す例において、テストコマンド
CF00(H)は、SSG(ソフトウェアコントロール
ド・サウンド・ジェネレータ:曲のデータを制御する装
置)テスト音を例えば250msの間音声出力させ、そ
の250ms経過後に次のコマンド(ここではCF01
(H))を受信していなければ、音声合成IC(曲のデ
ータであるSSGと、声などのデータを制御するPCM
音源とで構成される回路)をリセットさせることを指示
するための音声制御コマンドである。テストコマンドC
F01(H)、CF02(H)、CF04(H)、CF
08(H)、CF10(H)、CF20(H)、CF4
0(H)は、それぞれ、図17に示すように、上記のテ
ストコマンドCF00(H)と同様の指示を与えるため
の音声制御コマンドである。テストコマンドCF70
(H)は、250ms毎に左側のスピーカ27と右側の
スピーカ27とを切り換えて、左右のスピーカ27から
交互にSSGテスト音を出力させることを指示するため
の音声制御コマンドである。音声出力を行うスピーカの
切り替えは、定位の切り換えを行うパンポット(PA
N)を切り換えることによって行われる。従って、パン
ポットを右に設定すれば右側のスピーカ27から音声出
力され、パンポットを左に設定すれば左側のスピーカ2
7から音声出力される。この実施の形態では、SSGテ
スト音を出力させることを指示するテストコマンドは、
パンポットを左右交互に設定して定位を順次切り換える
ようにしている。従って、音声制御用CPU701は、
テストコマンド1〜テストコマンド9を順次(250m
s以内の間隔で)受信すると、SSGテスト音を左右の
スピーカ27から交互に出力することとなる。従って、
動作確認を行う作業者は、テストコマンドが順次出力さ
れて動作内容が切り換わったことを確認することができ
る。
In the example shown in FIG. 17, a test command CF00 (H) causes an SSG (software controlled sound generator: device for controlling music data) test sound to be output for 250 ms, for example, for 250 ms. Later, the next command (here, CF01
(H)), the voice synthesizing IC (the SSG which is the data of the music and the PCM which controls the data such as the voice)
This is a voice control command for instructing resetting of a circuit including a sound source. Test command C
F01 (H), CF02 (H), CF04 (H), CF
08 (H), CF10 (H), CF20 (H), CF4
0 (H) is a voice control command for giving the same instruction as the test command CF00 (H), as shown in FIG. Test command CF70
(H) is a voice control command for instructing to switch the left speaker 27 and the right speaker 27 every 250 ms and to output the SSG test sound from the left and right speakers 27 alternately. The switching of the speaker for outputting the audio is performed by a pan pot (PA) for switching the localization.
N). Therefore, when the pan pot is set to the right, sound is output from the right speaker 27, and when the pan pot is set to the left, the left speaker 2 is output.
7 outputs a voice. In this embodiment, the test command for instructing to output the SSG test sound is:
The pan pots are set alternately on the left and right to sequentially switch the localization. Therefore, the voice control CPU 701
Test commands 1 to 9 are sequentially executed (250 m
(at an interval of s or less), the SSG test sound is output alternately from the left and right speakers 27. Therefore,
The operator who checks the operation can confirm that the test commands are sequentially output and the operation contents are switched.

【0118】テストコマンド1〜テストコマンド8は、
コマンドを入力するためのピンの断線確認を行うために
も用いられる。例えば、テストコマンド1に対応する動
作がなされない場合には、1番目のピン(最下位ビット
のデータを送信するために用いられているピン)の断線
が発生していると推測できる。また、例えば、テストコ
マンド8に対応する動作がなされない場合には、7番目
のピン(最下位ビットから上位7番目に位置するビット
のデータを送信するために用いられている)の断線が発
生していると推測できる。従って、適正なコマンド受信
ができる状態にあるか否かの確認をすることが可能とな
る。テストコマンド9をピンの断線確認のために用いな
いのは、8番目ビットの断線時は1バイト目のMODE
データが正常に受信できないため動作不能となり、テス
トを行うまでもなく断線確認をすることが可能であるか
らである。なお、音声制御基板70についてだけでな
く、表示制御基板80、ランプ制御基板35、払出制御
基板37についても、同様の手段によってテストコマン
ドを用いてピンの断線確認を行うようにしてもよい。
Test commands 1 to 8 are:
It is also used to confirm disconnection of a pin for inputting a command. For example, when the operation corresponding to the test command 1 is not performed, it can be estimated that the disconnection of the first pin (the pin used for transmitting the data of the least significant bit) has occurred. Further, for example, when the operation corresponding to the test command 8 is not performed, a disconnection of the seventh pin (used for transmitting data of the bit located from the least significant bit to the seventh most significant bit) occurs. I can guess. Therefore, it is possible to confirm whether or not a command can be properly received. The reason why the test command 9 is not used for confirming the disconnection of the pin is that the MODE of the first byte is used when the 8th bit is disconnected.
This is because data cannot be received normally and operation is disabled, and it is possible to confirm disconnection without performing a test. In addition, not only the sound control board 70 but also the display control board 80, the lamp control board 35, and the payout control board 37 may be configured to confirm the disconnection of the pin by using the test command by the same means.

【0119】また、図17に示す例において、テストコ
マンドCF7F(H)は、ミュート(消音)状態とする
ことを指示するための音声制御コマンドである。音声制
御用CPU701は、テストコマンドCF7F(H)を
受信すると、ミュート状態に制御する。検査時は、他の
コマンドにより音声出力したあと、テストコマンドCF
7F(H)を出力するなどして確認する。テストコマン
ドCE00(H)は、テストデータ(無音のデータ)を
出力することを指示するための音声制御コマンドであ
る。テストコマンドCE01(H)〜CE1F(H)
は、曲ナンバーデータを出力することを指示するための
音声制御コマンドである。曲ナンバーは、本例では31
種類用意されており、これらの曲を組み合せることで、
特別図柄変動中や大当り中などに出力される曲が作成さ
れる。このようにすれば、遊技中に用いるコマンド全て
を確認することなく、全てのパターンが正常に出力され
るか否か確認することができる。また、基本形態の表示
や点灯制御を組み合せて制御するようにしている場合に
は、表示制御手段やランプ制御手段において上記のよう
な検査を適用するようにしてもよい。この実施の形態で
は、演出に用いられる各音声の元となる音声を出力し、
基本となる各パターンの音声が正常に出力されるか否か
の確認をすることが可能となる。さらに、テストコマン
ドCE20(H)〜CE3F(H)は、無音データ(曲
データが格納されていない領域のデータ)を出力するこ
とを指示するための音声制御コマンドである。
In the example shown in FIG. 17, a test command CF7F (H) is a voice control command for instructing a mute (silence) state. When receiving the test command CF7F (H), the voice control CPU 701 controls the mute state. At the time of inspection, after outputting voice by another command, the test command CF is output.
Confirm by outputting 7F (H). Test command CE00 (H) is a voice control command for instructing output of test data (silent data). Test commands CE01 (H) to CE1F (H)
Is a voice control command for instructing to output song number data. The song number is 31 in this example
Kinds are prepared, and by combining these songs,
A song that is output during a special symbol change or during a big hit is created. In this way, it is possible to confirm whether all patterns are output normally without confirming all commands used during the game. When the display and the lighting control of the basic mode are controlled in combination, the above-described inspection may be applied to the display control means and the lamp control means. In this embodiment, a sound that is a source of each sound used for the effect is output,
It is possible to confirm whether the sound of each basic pattern is output normally. Further, the test commands CE20 (H) to CE3F (H) are voice control commands for instructing to output silence data (data in an area where music data is not stored).

【0120】以上説明したように、動作確認用の主基板
31からのテストコマンドに応じて、表示制御基板8
0、ランプ制御基板35および音声制御基板70におい
て、各種制御動作を実行する構成としたことで、各種演
出に関する動作確認を容易に行うことができるようにな
り、動作確認の作業負担を軽減することができる。
As described above, according to the test command from the main board 31 for operation confirmation, the display control board 8
0, the lamp control board 35 and the voice control board 70 are configured to execute various control operations, so that operation confirmations for various effects can be easily performed, and the work load of operation confirmation can be reduced. Can be.

【0121】遊技制御手段から各電気部品制御基板(サ
ブ基板)に制御コマンドを出力しようとするときに、コ
マンド送信テーブルの設定が行われる。図18(A)
は、コマンド送信テーブルの一構成例を示す説明図であ
る。1つのコマンド送信テーブルは3バイトで構成さ
れ、1バイト目にはINTデータが設定される。また、
2バイト目のコマンドデータ1には、制御コマンドの1
バイト目のMODEデータが設定される。そして、3バ
イト目のコマンドデータ2には、制御コマンドの2バイ
ト目のEXTデータが設定される。
When a control command is to be output from the game control means to each electric component control board (sub-board), a command transmission table is set. FIG. 18 (A)
FIG. 4 is an explanatory diagram showing a configuration example of a command transmission table. One command transmission table is composed of three bytes, and INT data is set in the first byte. Also,
The command data 1 in the second byte includes the control command 1
The MODE data of the byte is set. Then, in the command data 2 of the third byte, EXT data of the second byte of the control command is set.

【0122】なお、EXTデータそのものがコマンドデ
ータ2の領域に設定されてもよいが、コマンドデータ2
には、EXTデータが格納されているテーブルのアドレ
スを指定するためのデータが設定されるようにしてもよ
い。この実施の形態では、コマンドデータ2のビット7
(ワークエリア参照ビット)が0あれば、コマンドデー
タ2にEXTデータそのものが設定されていることを示
す。なお、そのようなEXTデータはビット7が0であ
るデータである。また、ワークエリア参照ビットが1あ
れば、他の7ビットが、EXTデータが格納されている
テーブルのアドレスを指定するためのオフセットである
ことを示す。
Although the EXT data itself may be set in the command data 2 area, the command data 2
May be set to data for specifying an address of a table in which EXT data is stored. In this embodiment, bit 7 of command data 2
If (work area reference bit) is 0, it indicates that the EXT data itself is set in the command data 2. Such EXT data is data in which bit 7 is 0. If the work area reference bit is 1, the other 7 bits indicate an offset for specifying an address of a table in which EXT data is stored.

【0123】図18(B)INTデータの一構成例を示
す説明図である。INTデータにおけるビット0は、払
出制御基板37に払出制御コマンドを送出すべきか否か
を示す。ビット0が「1」であるならば、払出制御コマ
ンドを送出すべきことを示す。従って、CPU56は、
例えば賞球処理(メイン処理のステップS31)におい
て、INTデータに「01(H)」を設定する。また、
INTデータにおけるビット1は、表示出制御基板16
5に表示制御コマンドを送出すべきか否かを示す。ビッ
ト1が「1」であるならば、表示制御コマンドを送出す
べきことを示す。従って、CPU56は、例えば表示制
御コマンド制御処理(メイン処理のステップS27)に
おいて、INTデータに「02(H)」を設定する。
FIG. 18B is an explanatory diagram showing an example of the configuration of INT data. Bit 0 in the INT data indicates whether or not a payout control command should be sent to the payout control board 37. If bit 0 is "1", it indicates that a payout control command should be sent. Therefore, the CPU 56
For example, in the award ball processing (step S31 of the main processing), “01 (H)” is set in the INT data. Also,
Bit 1 in the INT data is the display output control board 16
5 shows whether or not a display control command should be sent. If bit 1 is "1", it indicates that a display control command should be sent. Therefore, for example, in the display control command control process (step S27 of the main process), the CPU 56 sets “02 (H)” in the INT data.

【0124】INTデータのビット2,3は、それぞ
れ、ランプ制御コマンド、音声制御コマンドを送出すべ
きか否かを示すビットであり、CPU56は、それらの
コマンドを送出すべきタイミングになったら、特別図柄
プロセス処理等で、ポインタが指しているコマンド送信
テーブルに、INTデータ、コマンドデータ1およびコ
マンドデータ2を設定する。それらのコマンドを送出す
るときには、INTデータの該当ビットが「1」に設定
され、コマンドデータ1およびコマンドデータ2にMO
DEデータおよびEXTデータが設定される。
Bits 2 and 3 of the INT data are bits indicating whether or not to transmit a ramp control command and a voice control command, respectively. The INT data, the command data 1 and the command data 2 are set in the command transmission table pointed to by the pointer in the symbol processing or the like. When these commands are transmitted, the corresponding bit of the INT data is set to “1”, and the command data 1 and the command data 2 are set to MO.
DE data and EXT data are set.

【0125】この実施の形態では、各制御コマンドにつ
いて、それぞれ複数のコマンド送信テーブルが用意さ
れ、使用すべきコマンド送信テーブルはポインタで指定
される。また、複数のコマンド送信テーブルはリングバ
ッファとして使用される。例えば、表示制御コマンドに
ついて、図18(C)に示すように、12個のコマンド
送信テーブルが用意されている。従って、CPU56
は、例えば、表示制御コマンド制御処理において、コマ
ンド送信個数カウンタが指しているコマンド送信テーブ
ルに、INTデータ、コマンドデータ1およびコマンド
データ2を設定する。そして、コマンド送信個数カウン
タを更新する。そして、コマンド送信個数カウンタの値
が12になると、その値を0に戻す。
In this embodiment, a plurality of command transmission tables are prepared for each control command, and the command transmission table to be used is designated by a pointer. Also, a plurality of command transmission tables are used as a ring buffer. For example, as shown in FIG. 18C, 12 command transmission tables are prepared for display control commands. Therefore, the CPU 56
Sets the INT data, the command data 1 and the command data 2 in the command transmission table indicated by the command transmission number counter in the display control command control process, for example. Then, the command transmission number counter is updated. Then, when the value of the command transmission number counter becomes 12, the value is returned to 0.

【0126】図19は、図6に示された遊技制御処理に
おける表示制御コマンド制御処理(ステップS27)の
処理例を示すフローチャートである。表示制御コマンド
制御処理は、コマンド出力処理とINT信号出力処理と
を含む処理である。表示制御コマンド制御処理におい
て、CPU56は、まず、コマンド送信テーブルのアド
レス(読出ポインタの内容)をスタック等に退避する
(ステップS331)。そして、読出ポインタが指して
いたコマンド送信テーブルのINTデータを引数1にロ
ードする(ステップS332)。引数1は、後述するコ
マンド送信処理に対する入力情報になる。また、コマン
ド送信テーブルを指すアドレスを+1する(ステップS
333)。従って、コマンド送信テーブルを指すアドレ
スは、コマンドデータ1のアドレスに一致する。
FIG. 19 is a flowchart showing a processing example of the display control command control processing (step S27) in the game control processing shown in FIG. The display control command control process is a process including a command output process and an INT signal output process. In the display control command control process, the CPU 56 first saves the address (contents of the read pointer) of the command transmission table in a stack or the like (step S331). Then, the INT data of the command transmission table pointed to by the read pointer is loaded into the argument 1 (step S332). Argument 1 is input information for a command transmission process described later. Further, the address indicating the command transmission table is incremented by 1 (step S).
333). Therefore, the address indicating the command transmission table matches the address of the command data 1.

【0127】そこで、CPU56は、コマンドデータ1
を読み出して引数2に設定する(ステップS334)。
引数2も、後述するコマンド送信処理に対する入力情報
になる。そして、コマンド送信処理ルーチンをコールす
る(ステップS335)。
Therefore, the CPU 56 sets the command data 1
Is read and set as argument 2 (step S334).
The argument 2 also becomes input information for a command transmission process described later. Then, a command transmission processing routine is called (step S335).

【0128】図20は、コマンド送信ルーチンを示すフ
ローチャートである。コマンド送信ルーチンにおいて、
CPU56は、まず、引数1に設定されているデータす
なわちINTデータを、比較値として決められているワ
ークエリアに設定する(ステップS351)。次いで、
送信回数=4を、処理数として決められているワークエ
リアに設定する(ステップS352)。そして、払出制
御信号を出力するためのポート1のアドレスをIOアド
レスにセットする(ステップS353)。この実施の形
態では、ポート1のアドレスは、払出制御信号を出力す
るための出力ポートのアドレスである。また、ポート2
〜4のアドレスが、表示制御信号、ランプ制御信号、音
声制御信号を出力するための出力ポートのアドレスであ
る。
FIG. 20 is a flowchart showing a command transmission routine. In the command transmission routine,
First, the CPU 56 sets the data set in the argument 1, that is, the INT data, in the work area determined as the comparison value (step S351). Then
The number of transmissions = 4 is set in the work area determined as the number of processes (step S352). Then, the address of the port 1 for outputting the payout control signal is set to the IO address (step S353). In this embodiment, the address of port 1 is the address of an output port for outputting a payout control signal. Port 2
Addresses to are addresses of output ports for outputting display control signals, lamp control signals, and audio control signals.

【0129】次に、CPU56は、比較値を1ビット右
にシフトする(ステップS354)。シフト処理の結
果、キャリービットが1になったか否か確認する(ステ
ップS355)。キャリービットが1になったというこ
とは、INTデータにおける最も右側のビットが「1」
であったことを意味する。この実施の形態では4回のシ
フト処理が行われるのであるが、例えば、払出制御コマ
ンドを送出すべきことが指定されているときには、最初
のシフト処理でキャリービットが1になる。
Next, the CPU 56 shifts the comparison value one bit to the right (step S354). It is determined whether or not the carry bit has become 1 as a result of the shift processing (step S355). The fact that the carry bit has become 1 means that the rightmost bit in the INT data is “1”.
It means that it was. In this embodiment, four shift processes are performed. For example, when it is specified that a payout control command should be sent, the carry bit becomes 1 in the first shift process.

【0130】キャリービットが1になった場合には、引
数2に設定されているデータ、この場合にはコマンドデ
ータ1(すなわちMODEデータ)を、IOアドレスと
して設定されているアドレスに出力する(ステップS3
56)。最初のシフト処理が行われたときにはIOアド
レスにポート1のアドレスが設定されているので、その
ときに、払出制御コマンドのMODEデータがポート1
に出力される。
When the carry bit becomes 1, the data set in the argument 2, in this case, the command data 1 (ie, MODE data) is output to the address set as the IO address (step S3
56). When the first shift process is performed, the port 1 address is set in the IO address. At this time, the MODE data of the payout control command is
Is output to

【0131】次いで、CPU56は、IOアドレスを1
加算するとともに(ステップS357)、処理数を1減
算する(ステップS358)。加算前にポート1を示し
ていた場合には、IOアドレスに対する加算処理によっ
て、IOアドレスにはポート2のアドレスが設定され
る。ポート2は、表示制御コマンドを出力するためのポ
ートである。そして、CPU56は、処理数の値を確認
し(ステップS359)、値が0になっていなければ、
ステップS354に戻る。ステップS354で再度シフ
ト処理が行われる。
Next, the CPU 56 sets the IO address to 1
While adding (step S357), 1 is subtracted from the number of processes (step S358). If the port 1 is indicated before the addition, the IO address is set to the address of the port 2 by the addition processing for the IO address. Port 2 is a port for outputting a display control command. Then, the CPU 56 checks the value of the number of processes (step S359), and if the value is not 0,
It returns to step S354. The shift process is performed again in step S354.

【0132】2回目のシフト処理ではINTデータにお
けるビット1の値が押し出され、ビット1の値に応じて
キャリーフラグが「1」または「0」になる。従って、
表示制御コマンドを送出すべきことが指定されているか
否かのチェックが行われる。同様に、3回目および4回
目のシフト処理によって、ランプ制御コマンドおよび音
声制御コマンドを送出すべきことが指定されているか否
かのチェックが行われる。このように、それぞれのシフ
ト処理が行われるときに、IOアドレスには、シフト処
理によってチェックされるコマンド(払出制御コマン
ド、表示制御コマンド、ランプ制御コマンド、音声制御
コマンド)に対応したIOアドレスが設定されている。
In the second shift processing, the value of bit 1 in the INT data is pushed out, and the carry flag becomes "1" or "0" according to the value of bit 1. Therefore,
A check is made as to whether it is specified that a display control command should be sent. Similarly, in the third and fourth shift processes, it is checked whether or not it is specified that the ramp control command and the voice control command should be transmitted. As described above, when each shift process is performed, the IO address corresponding to the command (payout control command, display control command, lamp control command, voice control command) set by the shift process is set in the IO address. Have been.

【0133】よって、キャリーフラグが「1」になった
ときには、対応する出力ポート(ポート1〜ポート4)
に制御コマンドが送出される。すなわち、1つの共通モ
ジュールで、各電気部品制御手段に対する制御コマンド
の送出処理を行うことができる。
Therefore, when the carry flag becomes "1", the corresponding output port (port 1 to port 4)
Is sent to the control command. That is, a single common module can perform a process of transmitting a control command to each electric component control unit.

【0134】また、このように、シフト処理のみによっ
てどの電気部品制御手段に対して制御コマンドを出力す
べきかが判定されるので、いずれの電気部品制御手段に
対して制御コマンドを出力すべきか判定する処理が簡略
化されている。
As described above, since it is determined only by the shift processing to which electrical component control means the control command is to be output, it is determined to which electrical component control means the control command is to be output. Processing has been simplified.

【0135】次に、CPU56は、シフト処理開始前の
INTデータが格納されている引数1の内容を読み出し
(ステップS360)、読み出したデータをポート0に
出力する(ステップS361)。この実施の形態では、
ポート0のアドレスは、各制御信号についてのINT信
号を出力するためのポートであり、ポート0のビット0
〜4が、それぞれ、払出制御INT信号、表示制御IN
T信号、ランプ制御INT信号、音声制御INT信号を
出力するためのポートである。INTデータでは、ステ
ップS351〜S359の処理で出力された制御コマン
ド(払出制御コマンド、表示制御コマンド、ランプ制御
コマンド、音声制御コマンド)に応じたINT信号の出
力ビットに対応したビットが「1」になっている。従っ
て、ポート1〜ポート4のいずれかに出力された制御コ
マンド(払出制御コマンド、表示制御コマンド、ランプ
制御コマンド、音声制御コマンド)に対応したINT信
号がオン状態になる。
Next, the CPU 56 reads the contents of the argument 1 storing the INT data before the start of the shift processing (step S360), and outputs the read data to the port 0 (step S361). In this embodiment,
The port 0 address is a port for outputting an INT signal for each control signal.
To 4 are a payout control INT signal and a display control IN, respectively.
A port for outputting a T signal, a lamp control INT signal, and a voice control INT signal. In the INT data, the bit corresponding to the output bit of the INT signal corresponding to the control command (payout control command, display control command, lamp control command, voice control command) output in the processing of steps S351 to S359 becomes “1”. Has become. Therefore, the INT signal corresponding to the control command (payout control command, display control command, lamp control command, voice control command) output to any of the ports 1 to 4 is turned on.

【0136】次いで、CPU56は、ウェイトカウンタ
に所定値を設定し(ステップS362)、その値が0に
なるまで1ずつ減算する(ステップS363,S36
4)。この処理は、図18のタイミング図に示されたI
NT信号(制御信号INT)のオン期間を設定するため
の処理である。ウェイトカウンタの値が0になると、ク
リアデータ(00)を設定して(ステップS365)、
そのデータをポート0に出力する(ステップS36
6)。よって、INT信号はオフ状態になる。そして、
ウェイトカウンタに所定値を設定し(ステップS36
2)、その値が0になるまで1ずつ減算する(ステップ
S368,S369)。この処理は、1つ目のINT信
号の立ち下がりからEXTデータ出力開始までの期間を
設定するための処理である。
Next, the CPU 56 sets a predetermined value in the weight counter (step S362), and decrements by one until the value becomes 0 (steps S363 and S36).
4). This processing is performed according to the I shown in the timing diagram of FIG.
This is a process for setting the ON period of the NT signal (control signal INT). When the value of the wait counter becomes 0, clear data (00) is set (step S365),
The data is output to port 0 (step S36)
6). Therefore, the INT signal is turned off. And
A predetermined value is set in the weight counter (step S36)
2) Subtract 1 by 1 until the value becomes 0 (steps S368 and S369). This process is a process for setting a period from the fall of the first INT signal to the start of EXT data output.

【0137】従って、ステップS367でウェイトカウ
ンタに設定される値は、1つ目のINT信号の立ち下が
りからEXTデータ出力開始までの期間が、制御コマン
ド受信対象となる全ての電気部品制御手段(サブ基板に
搭載されているCPU等)が確実にコマンド受信処理を
行うのに十分な期間になるような値である。また、ウェ
イトカウンタに設定される値は、その期間が、ステップ
S351〜S359の処理に要する時間よりも長くなる
ような値である。
Therefore, the value set in the wait counter in step S367 is such that the period from the fall of the first INT signal to the start of the EXT data output corresponds to all the electric component control means (sub This is a value sufficient to ensure that the CPU mounted on the board performs a command receiving process. Further, the value set in the weight counter is a value such that the period is longer than the time required for the processing of steps S351 to S359.

【0138】以上のようにして、制御コマンドの1バイ
ト目のMODEデータが送出される。そこで、CPU5
6は、図19に示すステップS336で、コマンド送信
テーブルを指す値を1加算する。従って、3バイト目の
コマンドデータ2の領域が指定される。CPU56は、
指し示されたコマンドデータ2の内容を引数2にロード
する(ステップS337)。また、コマンドデータ2の
ビット7(ワークエリア参照ビット)の値が「0」であ
るか否か確認する(ステップS339)。0でなけれ
ば、コマンド拡張データアドレステーブルの先頭アドレ
スをポインタにセットし(ステップS339)、そのポ
インタにコマンドデータ2のビット6〜ビット0の値を
加算してアドレスを算出する(ステップS340)。そ
して、そのアドレスが指すエリアのデータを引数2にロ
ードする(ステップS341)。
As described above, the MODE data of the first byte of the control command is transmitted. Therefore, CPU5
6 adds 1 to the value indicating the command transmission table in step S336 shown in FIG. Therefore, the area of the command data 2 in the third byte is specified. The CPU 56
The contents of the indicated command data 2 are loaded into the argument 2 (step S337). Further, it is determined whether the value of bit 7 (work area reference bit) of the command data 2 is “0” (step S339). If it is not 0, the start address of the command extension data address table is set in the pointer (step S339), and the address is calculated by adding the value of bit 6 to bit 0 of the command data 2 to the pointer (step S340). Then, the data of the area indicated by the address is loaded into the argument 2 (step S341).

【0139】コマンド拡張データアドレステーブルに
は、電気部品制御手段に送出されうるEXTデータが順
次設定されている。よって、以上の処理によって、ワー
クエリア参照ビットの値が「1」であれば、コマンドデ
ータ2の内容に応じたコマンド拡張データアドレステー
ブル内のEXTデータが引数2にロードされ、ワークエ
リア参照ビットの値が「0」であれば、コマンドデータ
2の内容がそのまま引数2にロードされる。なお、コマ
ンド拡張データアドレステーブルからEXTデータが読
み出される場合でも、そのデータのビット7は「0」で
ある。
In the command extension data address table, EXT data that can be transmitted to the electric component control means is sequentially set. Therefore, if the value of the work area reference bit is “1” by the above processing, the EXT data in the command extension data address table corresponding to the content of the command data 2 is loaded into the argument 2 and the work area reference bit is set. If the value is “0”, the content of the command data 2 is loaded as it is into the argument 2. Even when EXT data is read from the command extension data address table, bit 7 of that data is “0”.

【0140】次に、CPU56は、コマンド送信ルーチ
ンをコールする(ステップS342)。従って、MOD
Eデータの送出の場合と同様のタイミングでEXTデー
タが送出される。その後、CPU56は、コマンド送信
テーブルのアドレスを復帰し(ステップS343)、コ
マンド送信テーブルを指す読出ポインタの値を更新する
(ステップS344)。読出ポインタの値が図18
(C)に示すコマンド送信テーブル12の位置を越えた
場合には、読出ポインタの値が0に戻される。
Next, the CPU 56 calls a command transmission routine (step S342). Therefore, MOD
The EXT data is transmitted at the same timing as the transmission of the E data. Thereafter, the CPU 56 restores the address of the command transmission table (step S343), and updates the value of the read pointer pointing to the command transmission table (step S344). FIG. 18 shows the read pointer value.
When the position exceeds the position of the command transmission table 12 shown in (C), the value of the read pointer is returned to 0.

【0141】さらに、コマンド送信テーブルにまだ未送
信の制御コマンドが設定されている場合には、ステップ
S331に戻る。なお、ステップS331に戻る場合に
は、連続して制御コマンドが送出されることになるの
で、制御コマンド間の間隔を空けるためにディレイタイ
ムをおく。また、未送信の制御コマンドが設定されてい
るか否かは、例えば、コマンド送信カウンタの値と読出
ポインタの値とを比較することによって判断される。
Further, if a non-transmitted control command is set in the command transmission table, the flow returns to step S331. When returning to step S331, control commands are continuously transmitted, so that a delay time is set to allow an interval between control commands. Whether or not an untransmitted control command has been set is determined, for example, by comparing the value of the command transmission counter with the value of the read pointer.

【0142】以上のようにして、1つの制御信号出力モ
ジュールであるコマンド制御処理モジュールによって、
2バイト構成の各制御コマンド(払出制御コマンド、表
示制御コマンド、ランプ制御コマンド、音声制御コマン
ド)が、対応する電気部品制御手段に送信される。電気
部品制御手段では、取込信号としてのINT信号の立ち
下がりを検出すると制御コマンドの取り込み処理を開始
するのであるが、いずれの電気部品制御手段について
も、取り込み処理が完了する前に遊技制御手段からの新
たな信号が信号線に出力されることはない。すなわち、
各電気部品制御手段において、確実なコマンド受信処理
が行われる。なお、各電気部品制御手段は、INT信号
の立ち上がりで制御コマンドの取り込み処理を開始して
もよい。また、INT信号の極性を図11に示された場
合と逆にしてもよい。
As described above, the command control processing module, which is one control signal output module,
Each 2-byte control command (dispensing control command, display control command, lamp control command, voice control command) is transmitted to the corresponding electric component control means. In the electric component control means, when detecting the falling of the INT signal as the fetch signal, the control command fetch process is started. Is not output to the signal line. That is,
In each electric component control means, a reliable command receiving process is performed. Note that each electric component control unit may start the process of capturing a control command at the rising edge of the INT signal. Further, the polarity of the INT signal may be reversed from that shown in FIG.

【0143】また、この実施の形態では、複数のコマン
ド送信テーブルがリングバッファとして用いられ、図1
9に示すコマンド制御処理では、読出ポインタが指して
いるコマンド送信テーブルを対象としてコマンド出力制
御が行われ、コマンド送信テーブルにデータを設定する
処理、例えば、遊技制御処理における表示制御コマンド
制御処理では、コマンド送信個数カウンタが指すコマン
ド送信テーブルを対象としてコマンド設定処理が行われ
る。従って、同時に複数のコマンド送出要求が発生して
も、それらの要求にもとづくコマンド出力処理は問題な
く実行される。
Further, in this embodiment, a plurality of command transmission tables are used as a ring buffer.
In the command control process shown in FIG. 9, command output control is performed on the command transmission table pointed to by the read pointer, and in the process of setting data in the command transmission table, for example, in the display control command control process in the game control process, The command setting process is performed on the command transmission table indicated by the command transmission number counter. Therefore, even if a plurality of command transmission requests occur at the same time, the command output process based on those requests is executed without any problem.

【0144】さらに、この実施の形態では、コマンド送
信テーブルに複数の制御コマンドが設定されている場合
には、1回のコマンド制御処理で全ての制御コマンドが
送出される。コマンド制御処理(例えば表示制御コマン
ド制御処理)は2msに1回起動されるので、結局、2
msのメイン処理起動周期において、全ての制御コマン
ドが送出される。また、この実施の形態では、各制御手
段への制御コマンド(表示制御コマンド、ランプ制御コ
マンド、音声制御コマンド、払出制御コマンド)毎に、
それぞれ複数のコマンド送信テーブルが用意されている
ので、例えば、表示制御コマンド、ランプ制御コマンド
および音声制御コマンドのコマンド送信テーブルに制御
コマンドが設定されている場合には、1回のコマンド制
御処理で全ての表示制御コマンド、ランプ制御コマンド
および音声制御コマンドを送出することも可能である。
すなわち、同時に(1メイン処理起動周期での意味)、
それらの制御コマンドを送出することができる。遊技演
出の進行上、それらの制御コマンドの送出タイミングは
同時に発生するので、このように構成されているのは便
利である。ただし、払出制御コマンドは、遊技演出の進
行とは無関係に発生するので、一般には、表示制御コマ
ンド、ランプ制御コマンドおよび音声制御コマンドと同
時に送出されることはない。
Further, in this embodiment, when a plurality of control commands are set in the command transmission table, all the control commands are transmitted in one command control process. Since the command control process (for example, the display control command control process) is started once every 2 ms,
All control commands are transmitted in the ms main processing activation cycle. Further, in this embodiment, for each control command (display control command, lamp control command, voice control command, payout control command) to each control means,
Since a plurality of command transmission tables are prepared for each, for example, when a control command is set in the command transmission table of the display control command, the lamp control command, and the voice control command, all of them are performed in one command control process. It is also possible to send a display control command, a lamp control command and a voice control command.
That is, at the same time (meaning in one main processing start cycle),
These control commands can be sent. Since such control commands are transmitted at the same time during the progress of the game effect, it is convenient to have such a configuration. However, the payout control command is generated irrespective of the progress of the game effect, and is generally not sent simultaneously with the display control command, the lamp control command, and the voice control command.

【0145】なお、動作確認用の主基板31において
は、本例では、遊技を制御する主基板31が実行するメ
イン処理(図6参照)のうち、制御コマンドを送信する
ために必要な処理(例えばステップS27など)が実行
される。この場合、動作確認用の主基板31は、例えば
作業者からのテストコマンドの出力指示(出力指示は、
例えば、動作確認を行うための例えば検査装置が動作確
認用の主基板31に接続される構成とし、パーソナルコ
ンピュータなどによって構成される検査装置の例えばキ
ーボードなどの入力手段を作業者が所定の操作を行うこ
とによってなされるようにすればよい)に基づいて、所
定のテストコマンドをRAM55の所定の領域に設定
し、テストコマンドを送出する処理(図19、図20に
示す処理)を行うようにすればよい。また、パーソナル
コンピュータなどの情報処理装置を表示制御基板80、
音声制御基板70、ランプ制御基板35に直接接続し
て、作業者が所望のテストコマンドを入力するようにし
てもよい。
In the main board 31 for operation confirmation, in the present embodiment, of the main processing (see FIG. 6) executed by the main board 31 for controlling the game, the processing (see FIG. 6) necessary for transmitting the control command (see FIG. 6). For example, step S27) is performed. In this case, the main board 31 for operation confirmation is, for example, a test command output instruction from the operator (the output instruction is
For example, an inspection device for performing an operation check is configured to be connected to a main board 31 for operation check, and an operator performs a predetermined operation on an input unit such as a keyboard of the inspection device configured by a personal computer or the like. In this case, a predetermined test command is set in a predetermined area of the RAM 55 and a process of transmitting the test command (the process shown in FIGS. 19 and 20) is performed. I just need. Further, an information processing device such as a personal computer is connected to the display control board 80,
The sound control board 70 and the lamp control board 35 may be directly connected to allow the operator to input a desired test command.

【0146】次に、電気部品制御手段におけるコマンド
受信処理等を説明する。ここでは、表示制御手段おける
コマンド受信処理等について説明するが、他のサブ基板
においても同様にコマンド受信処理等が実行される。
Next, a command receiving process and the like in the electric component control means will be described. Here, the command reception processing and the like in the display control means will be described, but the command reception processing and the like are similarly performed on other sub-boards.

【0147】図21は、表示制御用CPU101が実行
するメイン処理を示すフローチャートである。メイン処
理では、まず、RAM領域をクリアする等の初期値設定
処理が行われる(ステップS701)。その後、この実
施の形態では、表示制御用CPU101は、タイマ割込
フラグの監視(ステップS702)の確認を行うループ
処理に移行する。なお、ループ内では所定の乱数を発生
するためのカウンタを更新する処理も行われる(ステッ
プS710)。そして、図22に示すように、タイマ割
込が発生すると、表示制御用CPU101は、タイマ割
込フラグをセットする(ステップS711)。メイン処
理において、タイマ割込フラグがセットされていたら、
表示制御用CPU101は、そのフラグをクリアし(ス
テップS703)、以下の可変表示制御処理を実行す
る。
FIG. 21 is a flowchart showing the main processing executed by the display control CPU 101. In the main process, first, an initial value setting process such as clearing a RAM area is performed (step S701). After that, in this embodiment, the display control CPU 101 shifts to a loop process for checking the monitoring of the timer interrupt flag (step S702). In the loop, a process of updating a counter for generating a predetermined random number is also performed (step S710). Then, as shown in FIG. 22, when a timer interrupt occurs, the display control CPU 101 sets a timer interrupt flag (step S711). In the main processing, if the timer interrupt flag is set,
The display control CPU 101 clears the flag (step S703) and executes the following variable display control processing.

【0148】なお、この実施の形態では、タイマ割込は
2ms毎にかかるとする。すなわち、可変表示制御処理
は、2ms毎に起動される。また、この実施の形態で
は、タイマ割込処理ではフラグセットのみがなされ、具
体的な可変表示制御処理はメイン処理において実行され
るが、タイマ割込処理で可変表示制御処理を実行しても
よい。
In this embodiment, it is assumed that the timer interruption is performed every 2 ms. That is, the variable display control process is activated every 2 ms. Further, in this embodiment, only the flag is set in the timer interruption processing, and the specific variable display control processing is executed in the main processing. However, the variable display control processing may be executed in the timer interruption processing. .

【0149】可変表示制御処理において、表示制御用C
PU101は、遊技制御手段より受信した表示制御コマ
ンドを解析し、遊技制御手段からのコマンドに応じた表
示制御をを実行する(ステップS704)。以上の制御
によって、この実施の形態では、可変表示制御処理は2
ms毎に起動されることになる。なお、この実施の形態
では、タイマ割込処理ではフラグセットのみがなされ、
可変表示制御処理はメイン処理において実行されるが、
タイマ割込処理で可変表示制御処理を実行してもよい。
なお、可変表示制御処理において、特別図柄、普通図柄
などについての画像制御を行う。
In the variable display control process, the display control C
The PU 101 analyzes the display control command received from the game control means and executes display control according to the command from the game control means (Step S704). According to the above control, in this embodiment, the variable display control processing is 2 steps.
It will be activated every ms. In this embodiment, only the flag is set in the timer interrupt processing.
Although the variable display control process is executed in the main process,
The variable display control process may be executed by a timer interrupt process.
In the variable display control process, image control is performed on a special symbol, a normal symbol, and the like.

【0150】次いで表示制御用CPU101は、動作確
認処理を行う(ステップS705)。動作確認処理で
は、表示制御用CPU101は、動作確認用の遊技制御
手段より受信した表示制御コマンドを解析し、受信した
表示制御コマンドがテストコマンドであれば、テストコ
マンドが示す内容の動作を行うための制御を実行する。
その後、ステップS710に戻る。
Next, the display control CPU 101 performs an operation confirmation process (step S705). In the operation check processing, the display control CPU 101 analyzes the display control command received from the operation control game control means, and if the received display control command is a test command, performs the operation of the content indicated by the test command. Execute the control of.
Then, the process returns to step S710.

【0151】次に、主基板31からの表示制御コマンド
受信処理について説明する。図23は、主基板31から
受信した表示制御コマンドを格納するためのコマンド受
信バッファの一構成例を示す説明図である。この例で
は、2バイト構成の表示制御コマンドを6個格納可能な
リングバッファ形式のコマンド受信バッファが用いられ
る。従って、コマンド受信バッファは、受信コマンドバ
ッファ1〜12の12バイトの領域で構成される。そし
て、受信したコマンドをどの領域に格納するのかを示す
コマンド受信個数カウンタが用いられる。コマンド受信
個数カウンタは、0〜11の値をとる。なお、必ずしも
リングバッファ形式でなくてもよく、例えば、図柄指定
コマンド格納領域を3個(2×3=6バイトのコマンド
受信バッファ)、それ以外の変動パターン指定などのコ
マンド格納領域を1個(2×1=2バイトのコマンド受
信バッファ)のようなバッファ構成としてもよい。音声
制御手段や、ランプ制御手段においても同様に、リング
バッファ形式でないバッファ形式としてもよい。この場
合、表示制御手段、音声制御手段、ランプ制御手段は、
変動パターンなどの格納領域に格納される最新のコマン
ドにもとづき制御される。これにより、主基板31から
の指示に迅速に対応することができる。
Next, processing for receiving a display control command from the main board 31 will be described. FIG. 23 is an explanatory diagram showing a configuration example of a command reception buffer for storing a display control command received from the main board 31. In this example, a ring buffer type command reception buffer capable of storing six display control commands having a 2-byte configuration is used. Therefore, the command receiving buffer is configured by a 12-byte area of the receiving command buffers 1 to 12. Then, a command reception number counter indicating in which area the received command is stored is used. The command reception number counter takes a value from 0 to 11. It is not always necessary to use the ring buffer format. For example, three symbol design command storage areas (2 × 3 = 6 byte command receiving buffer) and one other command storage area for designating a variation pattern (for example) A buffer configuration such as 2 × 1 = 2 byte command receiving buffer) may be used. Similarly, the audio control means and the ramp control means may be of a buffer format other than the ring buffer format. In this case, the display control means, the sound control means, and the lamp control means
It is controlled based on the latest command stored in a storage area such as a fluctuation pattern. Thus, it is possible to quickly respond to an instruction from the main board 31.

【0152】図24は、割込処理による表示制御コマン
ド受信処理を示すフローチャートである。主基板31か
らの表示制御用のINT信号は表示制御用CPU101
の割込端子に入力されている。例えば、主基板31から
のINT信号がオン状態になると、表示制御用CPU1
01において割込がかかる。そして、図24に示す表示
制御コマンドの受信処理が開始される。
FIG. 24 is a flowchart showing the display control command receiving process by the interrupt process. An INT signal for display control from the main board 31 is transmitted to the display control CPU 101.
Is input to the interrupt terminal. For example, when the INT signal from the main board 31 is turned on, the display control CPU 1
01 is interrupted. Then, the reception processing of the display control command shown in FIG. 24 is started.

【0153】表示制御コマンドの受信処理において、表
示制御用CPU101は、まず、各レジスタをスタック
に退避する(ステップS670)。なお、割込が発生す
ると表示制御用CPU101は自動的に割込禁止状態に
設定するが、自動的に割込禁止状態にならないCPUを
用いている場合には、ステップS670の処理の実行前
に割込禁止命令(DI命令)を発行することが好まし
い。次いで、表示制御コマンドデータの入力に割り当て
られている入力ポートからデータを読み込む(ステップ
S671)。そして、2バイト構成の表示制御コマンド
のうちの1バイト目であるか否か確認する(ステップS
672)。
In the display control command receiving process, the display control CPU 101 first saves each register in the stack (step S670). Note that, when an interrupt occurs, the display control CPU 101 automatically sets the interrupt prohibition state. However, if a CPU that does not automatically enter the interrupt prohibition state is used, the display control CPU 101 executes the processing before step S670. It is preferable to issue an interrupt prohibition command (DI command). Next, data is read from the input port assigned to the input of the display control command data (step S671). Then, it is confirmed whether or not this is the first byte of the display control command having the 2-byte configuration (step S).
672).

【0154】1バイト目であるか否かは、受信したコマ
ンドの先頭ビットが「1」であるか否かによって確認さ
れる。先頭ビットが「1」であるのは、2バイト構成で
ある表示制御コマンドのうちのMODEデータ(1バイ
ト目)のはずである(図10参照)。そこで、表示制御
用CPU101は、先頭ビットが「1」であれば、有効
な1バイト目を受信したとして、受信したコマンドを受
信バッファ領域におけるコマンド受信個数カウンタが示
す受信コマンドバッファに格納する(ステップS67
3)。
Whether it is the first byte or not is confirmed by whether or not the first bit of the received command is “1”. The first bit being “1” is supposed to be MODE data (the first byte) in the display control command having a 2-byte configuration (see FIG. 10). Therefore, if the first bit is “1”, the display control CPU 101 determines that a valid first byte has been received and stores the received command in the reception command buffer indicated by the command reception number counter in the reception buffer area (step S67
3).

【0155】表示制御コマンドのうちの1バイト目でな
ければ、1バイト目を既に受信したか否か確認する(ス
テップS674)。既に受信したか否かは、受信バッフ
ァ(受信コマンドバッファ)に有効なデータが設定され
ているか否かによって確認される。
If it is not the first byte of the display control command, it is confirmed whether or not the first byte has already been received (step S674). Whether or not the data has already been received is confirmed based on whether or not valid data is set in the reception buffer (reception command buffer).

【0156】1バイト目を既に受信している場合には、
受信した1バイトのうちの先頭ビットが「0」であるか
否か確認する。そして、先頭ビットが「0」であれば、
有効な2バイト目を受信したとして、受信したコマンド
を、受信バッファ領域におけるコマンド受信個数カウン
タ+1が示す受信コマンドバッファに格納する(ステッ
プS675)。先頭ビットが「0」であるのは、2バイ
ト構成である表示制御コマンドのうちのEXTデータ
(2バイト目)のはずである(図10参照)。なお、ス
テップS674における確認結果が1バイト目を既に受
信したである場合には、2バイト目として受信したデー
タのうちの先頭ビットが「0」でなければ処理を終了す
る。
If the first byte has already been received,
It is checked whether the first bit of the received 1 byte is “0”. And if the first bit is “0”,
Assuming that the valid second byte has been received, the received command is stored in the reception command buffer indicated by the command reception number counter +1 in the reception buffer area (step S675). The first bit being “0” should be the EXT data (the second byte) in the display control command having the 2-byte configuration (see FIG. 10). If the confirmation result in step S674 indicates that the first byte has already been received, the process ends if the first bit of the data received as the second byte is not “0”.

【0157】ステップS675において、2バイト目の
コマンドデータを格納すると、コマンド受信個数カウン
タに2を加算する(ステップS676)。そして、コマ
ンド受信カウンタが12以上であるか否か確認し(ステ
ップS677)、12以上であればコマンド受信個数カ
ウンタをクリアする(ステップS678)。その後、退
避されていたレジスタを復帰し(ステップS679)、
割込許可に設定する(ステップS680)。
When the command data of the second byte is stored in step S675, 2 is added to the command reception number counter (step S676). Then, it is checked whether or not the command reception counter is 12 or more (step S677), and if it is 12, the command reception number counter is cleared (step S678). Thereafter, the saved register is restored (step S679),
Interrupt permission is set (step S680).

【0158】表示制御コマンドは2バイト構成であっ
て、1バイト目(MODE)と2バイト目(EXT)と
は、受信側で直ちに区別可能に構成されている。すなわ
ち、先頭ビットによって、MODEとしてのデータを受
信したのかEXTとしてのデータを受信したのかを、受
信側において直ちに検出できる。よって、上述したよう
に、適正なデータを受信したのか否かを容易に判定する
ことができる。なお、このことは、払出制御コマンド、
ランプ制御コマンドおよび音声制御コマンドについても
同様である。
The display control command has a 2-byte structure, and the first byte (MODE) and the second byte (EXT) can be immediately distinguished on the receiving side. In other words, the receiving side can immediately detect whether the data as MODE or the data as EXT has been received by the first bit. Therefore, as described above, it can be easily determined whether or not appropriate data has been received. This means that the payout control command,
The same applies to the lamp control command and the voice control command.

【0159】図25は、ステップS705の動作確認処
理の一例を示すフローチャートである。動作確認処理に
おいて、表示制御用CPU101は、確定コマンドバッ
ファ領域中に受信コマンドがあるか否かの確認を行う
(ステップS705a)。受信コマンドがあれば、受信
した表示制御コマンドがテストコマンドであるか否かの
確認を行う(ステップS705b)。なお、確定コマン
ドバッファ領域中に複数の受信コマンドがある場合に
は、受信した表示制御コマンドがテストコマンドである
か否かの確認は、最も前に受信された受信された受信コ
マンドについて行われる。
FIG. 25 is a flowchart showing an example of the operation confirmation processing in step S705. In the operation confirmation processing, the display control CPU 101 confirms whether or not there is a received command in the confirmed command buffer area (step S705a). If there is a received command, it is confirmed whether or not the received display control command is a test command (step S705b). If there are a plurality of received commands in the confirmed command buffer area, whether or not the received display control command is a test command is checked for the earliest received received command.

【0160】受信した表示制御コマンドがテストコマン
ドであれば、テストコマンドで指示された内容の制御を
実行する(ステップS705c)。すなわち、表示制御
用CPU101は、主基板31のCPU56から送られ
たテストコマンドが指定する動作内容(図13参照)を
実行するための制御を行う。なお、表示制御用CPU1
01は、必要ならば、コマンド受信個数カウンタの減算
や確定コマンドバッファ領域における受信コマンドシフ
ト処理を行う。
If the received display control command is a test command, control of the content specified by the test command is executed (step S705c). That is, the display control CPU 101 performs control for executing the operation content (see FIG. 13) specified by the test command sent from the CPU 56 of the main board 31. The display control CPU 1
In step 01, if necessary, the command reception number counter is decremented or the received command is shifted in the confirmed command buffer area.

【0161】上記のようにして表示動作を実行させる構
成としたことで、作業者は、正常に動作するか否か確認
する場合に、主基板31から対応するテストコマンドを
送出させるだけで、迅速に確認作業を行うことができる
ようになる。
By performing the display operation as described above, the operator can promptly send the corresponding test command from the main board 31 to check whether the operation is normal or not. Confirmation work can be performed.

【0162】上記の各実施の形態では、動作確認処理に
ついて表示制御手段について説明したが、払出制御手
段、ランプ制御手段、音声制御手段などの他の制御手段
においても同様の処理を実行する。以下に、ランプ制御
手段と、音声制御手段における動作確認処理の例につい
て説明する。
In the above embodiments, the display control means has been described for the operation confirmation processing. However, the same processing is executed by other control means such as the payout control means, the lamp control means, and the voice control means. Hereinafter, an example of the operation confirmation processing in the lamp control unit and the voice control unit will be described.

【0163】図26は、ランプ制御手段が実行するメイ
ン処理(表示制御手段と同様の処理内容であるが、表示
に関する制御ではなくランプやLEDに関する制御が実
行される)の中で行われる動作確認処理の一例を示すフ
ローチャートである。動作確認処理において、ランプ制
御用CPU351は、確定コマンドバッファ領域中に受
信コマンドがあるか否かの確認を行う(ステップS20
1)。受信コマンドがあれば、受信したランプ制御コマ
ンドがテストコマンドであるか否かの確認を行う(ステ
ップS202)。なお、確定コマンドバッファ領域中に
複数の受信コマンドがある場合には、受信したランプ制
御コマンドがテストコマンドであるか否かの確認は、最
も前に受信された受信された受信コマンドについて行わ
れる。
FIG. 26 shows an operation check performed in the main processing executed by the lamp control means (the same processing content as that of the display control means, but control relating to lamps and LEDs is executed instead of control relating to display). It is a flowchart which shows an example of a process. In the operation confirmation processing, the lamp control CPU 351 confirms whether or not there is a received command in the confirmed command buffer area (step S20).
1). If there is a received command, it is checked whether the received lamp control command is a test command (step S202). If there are a plurality of received commands in the confirmed command buffer area, whether the received lamp control command is a test command is checked for the earliest received received command.

【0164】受信したランプ制御コマンドがテストコマ
ンドであれば、テストコマンドで指示された内容の制御
を実行する(ステップS203)。すなわち、ランプ制
御用CPU351は、主基板31のCPU56から送ら
れたテストコマンドが指定する動作内容(図15参照)
を実行するための制御を行う。なお、ランプ制御用CP
U351は、必要ならば、コマンド受信個数カウンタの
減算や確定コマンドバッファ領域における受信コマンド
シフト処理を行う。
If the received lamp control command is a test command, control of the contents specified by the test command is executed (step S203). That is, the lamp control CPU 351 performs the operation specified by the test command sent from the CPU 56 of the main board 31 (see FIG. 15).
Is performed to execute. The lamp control CP
If necessary, the U 351 performs a subtraction of the command reception number counter and a reception command shift process in the confirmed command buffer area.

【0165】上述したように、確認する動作内容に関わ
るテストコマンドを作業者が選択し、ランプ制御基板3
5に所定の動作を実行させてランプやLEDの動作確認
を行う構成としたことで、作業者は、正常にランプやL
EDが点灯するか否か確認する場合に、確認する動作内
容に関わるテストコマンドを選択するだけで、希望する
動作を実行させるようにすることができるため、出荷時
や保守点検時などにおいて迅速に確認作業を行うことが
できるようになる。
As described above, the operator selects a test command related to the operation content to be checked, and
5 is configured to perform a predetermined operation to check the operation of the lamp or the LED.
When checking whether or not the ED is lit, the user can execute the desired operation simply by selecting the test command related to the operation to be checked. Confirmation work can be performed.

【0166】図27は、音声制御手段が実行する図示し
ないメイン処理の中で行われる動作確認処理の一例を示
すフローチャートである。動作確認処理において、音声
制御用CPU701は、確定コマンドバッファ領域中に
受信コマンドがあるか否かの確認を行う(ステップS2
21)。受信コマンドがあれば、受信した音声制御コマ
ンドがテストコマンドであるか否かの確認を行う(ステ
ップS222)。なお、確定コマンドバッファ領域中に
複数の受信コマンドがある場合には、受信した音声制御
コマンドがテストコマンドであるか否かの確認は、最も
前に受信された受信された受信コマンドについて行われ
る。
FIG. 27 is a flowchart showing an example of the operation confirmation process performed in the main process (not shown) executed by the voice control means. In the operation confirmation processing, the voice control CPU 701 confirms whether or not there is a received command in the confirmed command buffer area (step S2).
21). If there is a received command, it is confirmed whether or not the received voice control command is a test command (step S222). If there are a plurality of received commands in the confirmed command buffer area, whether or not the received voice control command is a test command is checked for the earliest received received command.

【0167】受信した音声制御コマンドがテストコマン
ドであれば、テストコマンドで指示された内容の動作を
実行する(ステップS223)。すなわち、音声制御用
CPU701は、主基板31のCPU56から送られた
テストコマンドが指定する動作内容(図17参照)を実
行するための制御を行う。なお、音声制御用CPU70
1は、必要ならば、コマンド受信個数カウンタの減算や
確定コマンドバッファ領域における受信コマンドシフト
処理を行う。
If the received voice control command is a test command, the operation of the content specified by the test command is executed (step S223). That is, the voice control CPU 701 performs control for executing the operation content (see FIG. 17) specified by the test command sent from the CPU 56 of the main board 31. The voice control CPU 70
In step 1, if necessary, a command reception number counter is decremented or a received command is shifted in a confirmed command buffer area.

【0168】上述したように、確認する動作内容に関わ
るテストコマンドを作業者が選択して、音声制御基板7
0に所定の動作を実行させて音声出力に関する動作確認
を行う構成としたことで、作業者は、正常に音声が出力
されるか否か確認する場合に、確認する動作内容に関わ
るテストコマンドを選択するだけで、希望する動作を実
行させるようにすることができるため、出荷時や保守点
検時などにおいて迅速に音声出力動作に関する確認作業
を行うことができるようになる。
As described above, the operator selects a test command related to the operation content to be confirmed, and
0 performs a predetermined operation to confirm the operation related to the audio output, so that when confirming whether or not the sound is output normally, the operator can execute a test command related to the operation content to be confirmed. Since a desired operation can be performed simply by making a selection, it is possible to promptly confirm the sound output operation at the time of shipping, maintenance and the like.

【0169】なお、上記の各実施の形態では、動作確認
を行うときに、遊技の制御を行う主基板31に換えて動
作確認用の主基板31を動作確認の対象となる各サブ基
板に接続するようにしていたが、遊技の制御を行う主基
板が、動作確認用の主基板の機能をも兼ね備えるとして
もよい。例えば、電源投入時は、動作確認モードとな
り、テストコマンドを順番に出力したあとに、遊技制御
モードへ移行する。また、主基板31に切替スイッチを
設け、動作確認モードに切り替えた場合に、テストコマ
ンドを順番に出力するようにしてもよい。
In each of the above embodiments, when performing the operation check, the main board 31 for operation confirmation is connected to each sub-substrate to be checked for operation instead of the main substrate 31 for controlling the game. However, the main board that controls the game may also have the function of the main board for confirming the operation. For example, when the power is turned on, the operation check mode is set, and after the test commands are sequentially output, the game control mode is entered. Further, a changeover switch may be provided on the main board 31 so that the test commands are sequentially output when the operation mode is switched to the operation check mode.

【0170】また、上記の各実施の形態では、動作確認
を行うときに、遊技の制御を行う主基板31に換えて動
作確認用の主基板31を動作確認の対象となる各サブ基
板に接続するようにしていたが、遊技の制御を行う主基
板を接続したまま、テストコマンドを出力することが可
能な検査装置を、動作確認の対象となる各サブ基板のコ
マンドの入力端子(例えば、検査用の端子)などに接続
して動作確認処理を行うようにしてもよい。なお、遊技
の制御を行う主基板を取り外すようにすれば、検査用の
端子を設けなくても検査装置を取付けることが可能とな
る。
In each of the above embodiments, when performing the operation check, the main board 31 for operation check is connected to each sub-board to be checked for operation instead of the main board 31 for controlling the game. However, an inspection apparatus capable of outputting a test command while the main board for controlling the game is connected is connected to a command input terminal (for example, an inspection) of each sub-board to be checked for operation. Operation terminal) or the like to perform the operation confirmation processing. If the main board for controlling the game is removed, the inspection device can be attached without providing an inspection terminal.

【0171】また、表示制御基板80、音制御基板7
0、ランプ制御基板35などの各基板にテストプログラ
ムを搭載させるとともに操作スイッチを設ける構成とし
てもよい。この場合、表示制御基板80では、操作スイ
ッチを操作して動作確認モードとすると、テストモード
用のプログラムを実行して例えば位置調整や色調調整な
どが順番に行われる。また、音制御基板70やランプ制
御基板35では、操作スイッチを操作して動作確認モー
ドとすると、テストモード用のプログラムを実行して例
えば発光体の点灯や音の出力が順次行われる。
The display control board 80 and the sound control board 7
The test program may be mounted on each board such as 0, the lamp control board 35, and an operation switch may be provided. In this case, in the display control board 80, when the operation switch is operated to set the operation check mode, the test mode program is executed to perform, for example, position adjustment and color adjustment in order. In the sound control board 70 and the lamp control board 35, when the operation switch is operated to set the operation check mode, a test mode program is executed to sequentially turn on the light emitters and output sounds, for example.

【0172】上記の各実施の形態のパチンコ遊技機1
は、始動入賞にもとづいて可変表示部9に可変表示され
る特別図柄の停止図柄が所定の図柄の組み合わせになる
と所定の遊技価値が遊技者に付与可能になる第1種パチ
ンコ遊技機であったが、始動入賞にもとづいて開放する
電動役物の所定領域への入賞があると所定の遊技価値が
遊技者に付与可能になる第2種パチンコ遊技機や、始動
入賞にもとづいて可変表示される図柄の停止図柄が所定
の図柄の組み合わせになると開放する所定の電動役物へ
の入賞があると所定の権利が発生または継続する第3種
パチンコ遊技機であっても、本発明を適用できる。
The pachinko gaming machine 1 of each of the above embodiments
Is a first-class pachinko gaming machine in which a predetermined game value can be given to a player when a stop symbol of a special symbol variably displayed on the variable display portion 9 based on a start winning prize is a predetermined symbol combination. However, if there is a prize in a predetermined area of the electric accessory that is opened based on a winning start, a second-type pachinko gaming machine that can give a predetermined game value to a player, or is variably displayed based on a starting prize. The present invention can be applied to a third-type pachinko gaming machine in which a predetermined right is generated or continued when there is a prize for a predetermined electric accessory which is opened when a symbol combination of a predetermined symbol is released.

【0173】また、遊技制御基板を演出制御基板(LC
Dなどの画像表示装置や、ランプ、音を制御する基板)
と別個に構成するようにした場合であっても、本発明を
適用することができる。
Also, a game control board is used as an effect control board (LC
Image display device such as D, lamp, board for controlling sound)
The present invention can be applied to a case where the present invention is configured separately.

【0174】また、上述した各実施の形態では、表示制
御基板80、音制御基板70、ランプ制御基板35の各
基板を別の基板で構成していたが、例えば任意の組合せ
(例えば、音制御基板70とランプ制御基板35)によ
って1つの基板を構成するようにしてもよく、また上記
3つの基板を1つの基板で構成するようにしてもよい。
In each of the embodiments described above, each of the display control board 80, the sound control board 70, and the lamp control board 35 is constituted by another board. One board may be constituted by the board 70 and the lamp control board 35), or the three boards may be constituted by one board.

【0175】さらに、パチンコ遊技機に限られず、スロ
ット機等においても、遊技演出などのために発光体やス
ピーカが備えられている場合などには本発明を適用する
ことができる。例えば、スロット機に適用した場合に
は、上述した各実施の形態と同様の構成によって検査専
用あるいは遊技制御と兼用の主制御手段から各サブ基板
にテストコマンドを出力するようして、遊技演出を行う
ために設けられているLCDやドラムなどの表示手段の
表示状態、ランプやLEDなどの発光体の発光状態、ス
ピーカなどの音声出力手段の音声出力状態などについて
の検査を行うことが可能となる。
Furthermore, the present invention is not limited to pachinko gaming machines, but can also be applied to slot machines and the like in the case where a luminous body or a speaker is provided for a game effect or the like. For example, when the present invention is applied to a slot machine, a game effect is produced by outputting a test command to each sub-board from the main control unit dedicated to inspection or for game control by the same configuration as the above-described embodiments. Inspection can be performed on the display state of display means such as an LCD or a drum, the light emitting state of a light emitter such as a lamp or an LED, the sound output state of a sound output means such as a speaker, and the like. .

【0176】[0176]

【発明の効果】以上のように、請求項1に記載の本発明
によれば、遊技機を、発光体制御手段が、遊技の進行に
応じて遊技制御手段が送出するコマンドと異なるコマン
ドであって、発光体を正常に制御できるか否かを確認す
るためのテストコマンドの受信に応じて、発光体を点灯
制御する処理を行うようにしたので、遊技演出を行うた
めのランプやLED等の発光体に関する動作確認を容易
に行うことができるようになり、遊技機の動作確認の作
業負担を軽減することが可能となる。
As described above, according to the first aspect of the present invention, the game machine is controlled by the illuminant control means which is different from the command transmitted by the game control means in accordance with the progress of the game. Then, in response to receiving a test command for confirming whether or not the luminous body can be controlled normally, a process of controlling the lighting of the luminous body is performed, so that a lamp, an LED, or the like for performing a game effect is provided. The operation check on the light emitting body can be easily performed, and the work load of the operation check of the gaming machine can be reduced.

【0177】請求項2に記載の発明によれば、一のテス
トコマンドにより、複数の発光体の点灯制御を行うこと
が可能な構成としたので、複数の発光体の動作確認を同
時に行うようにすることができる。
According to the second aspect of the present invention, since the lighting control of a plurality of light emitters can be performed by one test command, the operation confirmation of the plurality of light emitters can be performed simultaneously. can do.

【0178】請求項3に記載の発明によれば、発光体制
御手段が、所定のテストコマンドの受信に応じて、始動
記憶数報知発光体を所定の態様で点灯させる構成とした
ので、始動入賞記憶数報知発光体が正常な動作を行って
いるか否か確認することができる。
According to the third aspect of the present invention, the illuminant control means is configured to turn on the illuminant for notifying the number of start storages in a predetermined manner in response to receiving a predetermined test command. It can be confirmed whether or not the stored number notification light emitter is performing a normal operation.

【0179】請求項4に記載の発明によれば、枠側に設
けられた発光体を制御するためのテストコマンドと、盤
側に設けられた発光体を制御するためのテストコマンド
とを別のコマンドとしたことで、枠側あるいは盤側の発
光体の動作確認をそれぞれ別個に行うことができ、見落
としなどを防止することができるようになる。
According to the fourth aspect of the present invention, the test command for controlling the luminous body provided on the frame side and the test command for controlling the luminous body provided on the panel side are different from each other. By using the command, the operation of the light emitting body on the frame side or the board side can be checked separately, and oversight can be prevented.

【0180】請求項5に記載の発明によれば、所定の遊
技の結果に応じて開閉される可変入賞球装置に設けられ
る発光体を制御するためのテストコマンドと、その他の
発光体を制御するためのテストコマンドとを別のコマン
ドとしたので、可変入賞球装置に設けられた発光体のみ
の動作確認を行うようにすることができる。
According to the fifth aspect of the present invention, a test command for controlling a luminous element provided in a variable winning ball device which is opened and closed according to a predetermined game result, and other luminous elements are controlled. Since the test command is different from the test command, it is possible to check the operation of only the light emitter provided in the variable winning ball device.

【0181】請求項6に記載の発明によれば、表示状態
が変化可能な可変表示手段の近傍を装飾するための装飾
部材に設けられる発光体を制御するテストコマンドと、
その他の発光体を制御するテストコマンドとを別のコマ
ンドとしたので、センター飾りに設けた発光体のみの動
作確認を行うようにすることが可能となる。
According to the sixth aspect of the present invention, a test command for controlling a luminous body provided on a decoration member for decorating the vicinity of the variable display means whose display state can be changed,
Since the other test commands for controlling the light emitters are different commands, it is possible to confirm the operation of only the light emitter provided in the center decoration.

【0182】請求項7に記載の本発明によれば、音制御
手段が、遊技の進行に応じて遊技制御手段が送出するコ
マンドと異なるコマンドであって、音出力手段を正常に
制御できるか否かを確認するためのテストコマンドの受
信に応じて、音出力手段を制御する処理を行うようにし
たので、遊技演出を行うための音出力手段に関する動作
確認を容易に行うことができるようになり、遊技機の音
に関する動作確認の作業負担を軽減することが可能とな
る。
According to the present invention, the sound control means is a command different from the command transmitted by the game control means in accordance with the progress of the game, and whether the sound output means can be controlled normally. The processing for controlling the sound output means is performed in response to the reception of the test command for confirming whether or not the operation has been performed, so that the operation check for the sound output means for performing a game effect can be easily performed. Thus, it is possible to reduce the work burden of checking the operation of the sound of the gaming machine.

【0183】請求項8に記載の発明によれば、遊技中に
用いられる音を出力するためのテストコマンドの受信に
応じて音出力手段を制御可能であるようにしたので、テ
ストコマンド用の音声データを用意しておく必要がな
く、簡単な構成で動作確認のための処理を行うことが可
能となる。
According to the eighth aspect of the present invention, the sound output means can be controlled in response to the reception of a test command for outputting a sound used during a game. There is no need to prepare data, and it is possible to perform processing for operation confirmation with a simple configuration.

【0184】請求項9に記載の発明によれば、無音を出
力するためのテストコマンドの受信に応じて音出力手段
を制御可能であるようにしたので、無音状態の確認を行
うことが可能となる。
According to the ninth aspect of the present invention, since the sound output means can be controlled in response to the reception of the test command for outputting the silence, it is possible to confirm the silence state. Become.

【0185】請求項10に記載の発明によれば、消音さ
せるためのテストコマンドの受信に応じて音出力手段を
制御可能であるようにしたので、ミュートできるか否か
の確認を行うことが可能となる。
According to the tenth aspect of the present invention, since the sound output means can be controlled in response to the reception of the test command for silencing, it is possible to confirm whether or not mute is possible. Becomes

【0186】請求項11に記載の発明によれば、音の定
位を変更するためのテストコマンドの受信に応じて音出
力手段を制御可能である構成としたので、音声出力手段
における定位の確認を行うことが可能となる。
According to the eleventh aspect of the present invention, the sound output means can be controlled in response to the reception of the test command for changing the sound localization. It is possible to do.

【0187】請求項12に記載の発明によれば、コマン
ドを適切に受信できるか否かを確認するためのテストコ
マンドの受信に応じて制御可能であるようにしたので、
コマンドの受信を適正に行うことができるか否かの確認
を行うことが可能となる。
According to the twelfth aspect of the present invention, control can be performed in response to the reception of a test command for confirming whether or not a command can be properly received.
It is possible to confirm whether the command can be properly received.

【0188】請求項13に記載の発明によれば、遊技中
に用いられるコマンドに応じて制御される内容は、複数
の制御パターンを組み合せて構成され、テストコマンド
により、複数の制御パターンを個別に導出させることが
可能な構成としたので、個別の制御パターンについて正
常に音声出力できるか否か確認することが可能となる。
According to the thirteenth aspect, the content controlled in accordance with the command used during the game is constituted by combining a plurality of control patterns, and the plurality of control patterns are individually controlled by the test command. Since the configuration is such that it can be derived, it is possible to confirm whether or not the individual control patterns can be output normally.

【0189】請求項14に記載の発明によれば、遊技制
御手段が、テストコマンドを出力不能である構成として
いるので、遊技制御手段の遊技の進行にかかわる制御以
外の制御負担を増加させてしまうことを回避することが
できる。
According to the fourteenth aspect of the present invention, since the game control means is configured not to output the test command, the control load other than the control of the game control means relating to the progress of the game is increased. That can be avoided.

【図面の簡単な説明】[Brief description of the drawings]

【図1】 パチンコ遊技機を正面からみた正面図であ
る。
FIG. 1 is a front view of a pachinko gaming machine viewed from the front.

【図2】 遊技制御基板(主基板)の回路構成を示すブ
ロック図である。
FIG. 2 is a block diagram showing a circuit configuration of a game control board (main board).

【図3】 表示制御基板内の回路構成を示すブロック図
である。
FIG. 3 is a block diagram illustrating a circuit configuration in a display control board.

【図4】 ランプ制御基板内の回路構成を示すブロック
図である。
FIG. 4 is a block diagram showing a circuit configuration in a lamp control board.

【図5】 音声制御基板内の回路構成を示すブロック図
である。
FIG. 5 is a block diagram showing a circuit configuration in a voice control board.

【図6】 主基板におけるCPUが実行するメイン処理
の例を示すフローチャートである。
FIG. 6 is a flowchart illustrating an example of a main process executed by a CPU on a main board.

【図7】 遊技状態復旧処理を実行するか否かの決定方
法の例を示す説明図である。
FIG. 7 is an explanatory diagram showing an example of a method for determining whether or not to execute a game state restoration process.

【図8】 2msタイマ割込処理の例を示すフローチャ
ートである。
FIG. 8 is a flowchart illustrating an example of a 2 ms timer interrupt process.

【図9】 表示制御コマンドの信号線を示す説明図であ
る。
FIG. 9 is an explanatory diagram showing signal lines of a display control command.

【図10】 制御コマンドのコマンド形態の一例を示す
説明図である。
FIG. 10 is an explanatory diagram illustrating an example of a command form of a control command.

【図11】 制御コマンドを構成する8ビットの制御信
号とINT信号との関係を示すタイミング図である。
FIG. 11 is a timing chart showing the relationship between an 8-bit control signal and an INT signal that constitute a control command.

【図12】 表示制御コマンドの内容の一例を示す説明
図である。
FIG. 12 is an explanatory diagram showing an example of the content of a display control command.

【図13】 表示制御コマンドのうちのテストコマンド
の内容の一例を示す説明図である。
FIG. 13 is an explanatory diagram showing an example of the content of a test command among display control commands.

【図14】 ランプ制御コマンドの内容の一例を示す説
明図である。
FIG. 14 is an explanatory diagram showing an example of the contents of a lamp control command.

【図15】 ランプ制御コマンドのうちのテストコマン
ドの内容の一例を示す説明図である。
FIG. 15 is an explanatory diagram showing an example of the content of a test command among the lamp control commands.

【図16】 音声制御コマンドの内容の一例を示す説明
図である。
FIG. 16 is an explanatory diagram showing an example of the content of a voice control command.

【図17】 音声制御コマンドのうちのテストコマンド
の内容の一例を示す説明図である。
FIG. 17 is an explanatory diagram showing an example of the content of a test command among voice control commands.

【図18】 コマンド送信テーブルの一構成例を示す説
明図である。
FIG. 18 is an explanatory diagram illustrating a configuration example of a command transmission table.

【図19】 表示コマンド制御処理の処理例を示すフロ
ーチャートである。
FIG. 19 is a flowchart illustrating a processing example of a display command control process.

【図20】 コマンド送信ルーチンを示すフローチャー
トである。
FIG. 20 is a flowchart showing a command transmission routine.

【図21】 表示制御用CPUが実行するメイン処理を
示すフローチャートである。
FIG. 21 is a flowchart illustrating a main process executed by a display control CPU.

【図22】 タイマ割込処理を示すフローチャートであ
る。
FIG. 22 is a flowchart showing a timer interrupt process.

【図23】 払出制御手段におけるコマンド受信バッフ
ァの構成を示す説明図である。
FIG. 23 is an explanatory diagram showing a configuration of a command receiving buffer in the payout control means.

【図24】 コマンド受信割込処理を示すフローチャー
トである。
FIG. 24 is a flowchart showing a command reception interrupt process.

【図25】 表示制御用CPUが実行する動作確認処理
の例を示すフローチャートである。
FIG. 25 is a flowchart illustrating an example of an operation check process executed by the display control CPU.

【図26】 ランプ制御用CPUが実行する動作確認処
理の例を示すフローチャートである。
FIG. 26 is a flowchart illustrating an example of an operation check process executed by a lamp control CPU;

【図27】 音声制御用CPUが実行する動作確認処理
の例を示すフローチャートである。
FIG. 27 is a flowchart illustrating an example of an operation check process executed by a voice control CPU.

【符号の説明】[Explanation of symbols]

1 パチンコ遊技機 31 遊技を制御する主基板、動作確認用の主基板 35 ランプ制御基板 53 基本回路 56 CPU 70 音声制御基板 80 表示制御基板 101 表示制御用CPU 351 ランプ制御用CPU 701 音声制御用CPU DESCRIPTION OF SYMBOLS 1 Pachinko gaming machine 31 Main board for controlling a game, main board for operation confirmation 35 Lamp control board 53 Basic circuit 56 CPU 70 Voice control board 80 Display control board 101 Display control CPU 351 Lamp control CPU 701 Voice control CPU

Claims (14)

【特許請求の範囲】[Claims] 【請求項1】 遊技者が所定の遊技を行うことが可能な
遊技機であって、 遊技の進行を制御する遊技制御手段と、該遊技制御手段
からのコマンドに応じて遊技機に設けられている所定の
発光体の点灯制御を行う発光体制御手段とを備え、 前記発光体制御手段は、遊技の進行に応じて前記遊技制
御手段が送出するコマンドと異なるコマンドであって、
発光体を正常に制御できるか否かを確認するためのテス
トコマンドの受信に応じて、発光体を点灯制御する処理
を行うことを特徴とする遊技機。
1. A game machine in which a player can play a predetermined game, wherein the game control means controls the progress of the game, and the game control means is provided in the game machine in response to a command from the game control means. A luminous body control means for controlling lighting of a predetermined luminous body, wherein the luminous body control means is a command different from a command transmitted by the game control means in accordance with the progress of the game,
A gaming machine characterized by performing processing for controlling lighting of a light emitter in response to receiving a test command for confirming whether or not the light emitter can be controlled normally.
【請求項2】 一のテストコマンドにより、複数の発光
体の点灯制御を行うことが可能な請求項1記載の遊技
機。
2. The gaming machine according to claim 1, wherein lighting control of a plurality of light emitters can be performed by one test command.
【請求項3】 始動入賞記憶数を識別可能に報知するた
めの始動記憶数報知発光体を備え、 発光体制御手段は、所定のテストコマンドの受信に応じ
て、前記始動記憶数報知発光体を所定の態様で点灯させ
る請求項1または請求項2記載の遊技機。
3. A start-up storage number notifying illuminant for identifiably notifying a start-up prize storage number, wherein the illuminant control means controls the start-up storage number notifying illuminant in response to receiving a predetermined test command. The gaming machine according to claim 1, wherein the gaming machine is turned on in a predetermined manner.
【請求項4】 遊技機は、枠と遊技盤とを含む構成とさ
れ、 枠側に設けられた発光体を制御するためのテストコマン
ドと、盤側に設けられた発光体を制御するためのテスト
コマンドとを別のコマンドとした請求項1ないし請求項
3記載の遊技機。
4. A gaming machine includes a frame and a game board, wherein a test command for controlling a light emitting body provided on the frame side and a test command for controlling a light emitting body provided on the board side are provided. The gaming machine according to claim 1, wherein the test command is a different command.
【請求項5】 所定の遊技の結果に応じて開閉される可
変入賞球装置に設けられる発光体を制御するためのテス
トコマンドと、その他の発光体を制御するためのテスト
コマンドとを別のコマンドとした請求項1ないし請求項
4記載の遊技機。
5. A test command for controlling a light emitter provided on a variable winning ball device which is opened and closed according to a result of a predetermined game, and a test command for controlling other light emitters are different commands. The gaming machine according to claim 1, wherein:
【請求項6】 表示状態が変化可能な可変表示手段の近
傍を装飾するための装飾部材に設けられる発光体を制御
するテストコマンドと、その他の発光体を制御するテス
トコマンドとを別のコマンドとした請求項1ないし請求
項5記載の遊技機。
6. A test command for controlling a light emitter provided on a decorative member for decorating the vicinity of a variable display means whose display state is changeable, and a test command for controlling other light emitters are different commands. The gaming machine according to claim 1.
【請求項7】 遊技者が所定の遊技を行うことが可能な
遊技機であって、 遊技の進行を制御する遊技制御手段と、該遊技制御手段
からのコマンドに応じて所定の音を出力する音出力手段
の制御を行う音制御手段とを備え、 前記音制御手段は、遊技の進行に応じて前記遊技制御手
段が送出するコマンドと異なるコマンドであって、前記
音出力手段を正常に制御できるか否かを確認するための
テストコマンドの受信に応じて、前記音出力手段を制御
する処理を行うことを特徴とする遊技機。
7. A game machine in which a player can play a predetermined game, wherein the game control means controls the progress of the game, and outputs a predetermined sound in response to a command from the game control means. Sound control means for controlling sound output means, wherein the sound control means is a command different from a command transmitted by the game control means in accordance with the progress of the game, and can normally control the sound output means. A game machine for performing a process of controlling the sound output means in response to receiving a test command for confirming whether or not the game command is output.
【請求項8】 遊技中に用いられる音を出力するための
テストコマンドの受信に応じて音出力手段を制御可能で
ある請求項7記載の遊技機。
8. The gaming machine according to claim 7, wherein the sound output means can be controlled in response to receiving a test command for outputting a sound used during the game.
【請求項9】 無音を出力するためのテストコマンドの
受信に応じて音出力手段を制御可能である請求項7また
は請求項8記載の遊技機。
9. The gaming machine according to claim 7, wherein the sound output means can be controlled in response to receiving a test command for outputting silence.
【請求項10】 消音させるためのテストコマンドの受
信に応じて音出力手段を制御可能である請求項7ないし
請求項9記載の遊技機。
10. The gaming machine according to claim 7, wherein the sound output means can be controlled in response to receiving a test command for silencing.
【請求項11】 音の定位を変更するためのテストコマ
ンドの受信に応じて音出力手段を制御可能である請求項
7ないし請求項10記載の遊技機。
11. The gaming machine according to claim 7, wherein the sound output means can be controlled in response to receiving a test command for changing a sound localization.
【請求項12】 コマンドを適切に受信できるか否かを
確認するためのテストコマンドの受信に応じて制御可能
である請求項1ないし請求項11記載の遊技機。
12. The gaming machine according to claim 1, wherein control is possible in response to receiving a test command for confirming whether the command can be properly received.
【請求項13】 遊技中に用いられるコマンドに応じて
制御される内容は、複数の制御パターンを組み合せて構
成され、 テストコマンドにより、複数の制御パターンを個別に導
出させることが可能な請求項1ないし請求項12記載の
遊技機。
13. The content controlled according to a command used during a game is configured by combining a plurality of control patterns, and a plurality of control patterns can be individually derived by a test command. A gaming machine according to claim 12.
【請求項14】 遊技制御手段は、テストコマンドを出
力不能である請求項1ないし請求項13記載の遊技機。
14. The gaming machine according to claim 1, wherein the game control means cannot output a test command.
JP2000309892A 2000-10-10 2000-10-10 Game machine Expired - Fee Related JP4689022B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000309892A JP4689022B2 (en) 2000-10-10 2000-10-10 Game machine

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000309892A JP4689022B2 (en) 2000-10-10 2000-10-10 Game machine

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2002113159A true JP2002113159A (en) 2002-04-16
JP4689022B2 JP4689022B2 (en) 2011-05-25

Family

ID=18789957

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2000309892A Expired - Fee Related JP4689022B2 (en) 2000-10-10 2000-10-10 Game machine

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4689022B2 (en)

Cited By (20)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005198992A (en) * 2004-01-19 2005-07-28 Takeya Co Ltd Game machine
JP2005224339A (en) * 2004-02-12 2005-08-25 Sanyo Product Co Ltd Game machine
JP2005224338A (en) * 2004-02-12 2005-08-25 Sanyo Product Co Ltd Game machine
JP2005296072A (en) * 2004-04-06 2005-10-27 Samii Kk Game machine
JP2005296066A (en) * 2004-04-06 2005-10-27 Samii Kk Game machine
JP2005296070A (en) * 2004-04-06 2005-10-27 Samii Kk Game machine
JP2005296071A (en) * 2004-04-06 2005-10-27 Samii Kk Game machine
JP2006000346A (en) * 2004-06-17 2006-01-05 Sanyo Product Co Ltd Game machine
JP2008119143A (en) * 2006-11-09 2008-05-29 Daiichi Shokai Co Ltd Game machine
JP2009172090A (en) * 2008-01-23 2009-08-06 Fujishoji Co Ltd Game machine
JP2009254426A (en) * 2008-04-14 2009-11-05 Daito Giken:Kk Game machine and inspection system
JP2010017383A (en) * 2008-07-11 2010-01-28 Newgin Co Ltd Game machine and confirmation system for game machine
JP2010017382A (en) * 2008-07-11 2010-01-28 Newgin Co Ltd Game machine and confirmation system for game machine
JP2010022597A (en) * 2008-07-18 2010-02-04 Daito Giken:Kk Game machine
JP2010022598A (en) * 2008-07-18 2010-02-04 Daito Giken:Kk Game machine and inspection system
JP2014138697A (en) * 2013-10-15 2014-07-31 Daito Giken:Kk Game machine
JP2016131666A (en) * 2015-01-19 2016-07-25 京楽産業.株式会社 Game machine
JP2016131664A (en) * 2015-01-19 2016-07-25 京楽産業.株式会社 Game machine
JP2021097893A (en) * 2019-12-23 2021-07-01 株式会社平和 Game machine
JP2021101971A (en) * 2019-12-25 2021-07-15 株式会社大一商会 Game machine

Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2000116850A (en) * 1998-10-09 2000-04-25 Sankyo Kk Game machine
JP2000153030A (en) * 1998-11-20 2000-06-06 Heiwa Corp Game machine

Patent Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2000116850A (en) * 1998-10-09 2000-04-25 Sankyo Kk Game machine
JP2000153030A (en) * 1998-11-20 2000-06-06 Heiwa Corp Game machine

Cited By (25)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005198992A (en) * 2004-01-19 2005-07-28 Takeya Co Ltd Game machine
JP2005224338A (en) * 2004-02-12 2005-08-25 Sanyo Product Co Ltd Game machine
JP4595340B2 (en) * 2004-02-12 2010-12-08 株式会社三洋物産 Game machine
JP2005224339A (en) * 2004-02-12 2005-08-25 Sanyo Product Co Ltd Game machine
JP4539106B2 (en) * 2004-02-12 2010-09-08 株式会社三洋物産 Game machine
JP4683404B2 (en) * 2004-04-06 2011-05-18 サミー株式会社 Game machine
JP2005296066A (en) * 2004-04-06 2005-10-27 Samii Kk Game machine
JP2005296070A (en) * 2004-04-06 2005-10-27 Samii Kk Game machine
JP2005296071A (en) * 2004-04-06 2005-10-27 Samii Kk Game machine
JP2005296072A (en) * 2004-04-06 2005-10-27 Samii Kk Game machine
JP4581499B2 (en) * 2004-06-17 2010-11-17 株式会社三洋物産 Game machine
JP2006000346A (en) * 2004-06-17 2006-01-05 Sanyo Product Co Ltd Game machine
JP2008119143A (en) * 2006-11-09 2008-05-29 Daiichi Shokai Co Ltd Game machine
JP2009172090A (en) * 2008-01-23 2009-08-06 Fujishoji Co Ltd Game machine
JP2009254426A (en) * 2008-04-14 2009-11-05 Daito Giken:Kk Game machine and inspection system
JP2010017383A (en) * 2008-07-11 2010-01-28 Newgin Co Ltd Game machine and confirmation system for game machine
JP2010017382A (en) * 2008-07-11 2010-01-28 Newgin Co Ltd Game machine and confirmation system for game machine
JP2010022598A (en) * 2008-07-18 2010-02-04 Daito Giken:Kk Game machine and inspection system
JP2010022597A (en) * 2008-07-18 2010-02-04 Daito Giken:Kk Game machine
JP2014138697A (en) * 2013-10-15 2014-07-31 Daito Giken:Kk Game machine
JP2016131666A (en) * 2015-01-19 2016-07-25 京楽産業.株式会社 Game machine
JP2016131664A (en) * 2015-01-19 2016-07-25 京楽産業.株式会社 Game machine
JP2021097893A (en) * 2019-12-23 2021-07-01 株式会社平和 Game machine
JP2021101971A (en) * 2019-12-25 2021-07-15 株式会社大一商会 Game machine
JP7062630B2 (en) 2019-12-25 2022-05-17 株式会社大一商会 Pachinko machine

Also Published As

Publication number Publication date
JP4689022B2 (en) 2011-05-25

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2002113159A (en) Game machine
JP4757401B2 (en) Game machine
JP2004016367A (en) Game machine
JP2003210764A (en) Game machine
JP2003181048A (en) Game machine
JP2002219239A (en) Game machine
JP2002191795A (en) Game machine
JP2002210122A (en) Game machine
JP2002191796A (en) Game machine
JP2003164617A (en) Game machine
JP2019154487A (en) Game machine
JP2003220214A (en) Game machine
JP2002210124A (en) Game machine
JP2003088632A (en) Game machine
JP2008188474A (en) Slot machine
JP2002210072A (en) Slot machine
JP2002306691A (en) Game machine
JP4187950B2 (en) Game machine
JP2003199929A (en) Game machine
JP4754109B2 (en) Game machine
JP4219587B2 (en) Game machine
JP2002210162A (en) Game machine
JP2002355427A (en) Game machine
JP2019180747A (en) Game machine
JP2019166175A (en) Game machine

Legal Events

Date Code Title Description
RD04 Notification of resignation of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7424

Effective date: 20051201

RD03 Notification of appointment of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7423

Effective date: 20060120

A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20070921

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20100720

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20100722

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20100915

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20110208

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20110216

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 4689022

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140225

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140225

Year of fee payment: 3

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees