JP2002113133A - Golf club set - Google Patents

Golf club set

Info

Publication number
JP2002113133A
JP2002113133A JP2000311837A JP2000311837A JP2002113133A JP 2002113133 A JP2002113133 A JP 2002113133A JP 2000311837 A JP2000311837 A JP 2000311837A JP 2000311837 A JP2000311837 A JP 2000311837A JP 2002113133 A JP2002113133 A JP 2002113133A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
golf club
inertia
moment
set
golf
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Withdrawn
Application number
JP2000311837A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Takayuki Shiraishi
享之 白石
Original Assignee
Yokohama Rubber Co Ltd:The
横浜ゴム株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Classifications

    • AHUMAN NECESSITIES
    • A63SPORTS; GAMES; AMUSEMENTS
    • A63BAPPARATUS FOR PHYSICAL TRAINING, GYMNASTICS, SWIMMING, CLIMBING, OR FENCING; BALL GAMES; TRAINING EQUIPMENT
    • A63B60/00Details or accessories of golf clubs, bats, rackets or the like
    • A63B60/42Devices for measuring, verifying, correcting or customising the inherent characteristics of golf clubs, bats, rackets or the like, e.g. measuring the maximum torque a batting shaft can withstand
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A63SPORTS; GAMES; AMUSEMENTS
    • A63BAPPARATUS FOR PHYSICAL TRAINING, GYMNASTICS, SWIMMING, CLIMBING, OR FENCING; BALL GAMES; TRAINING EQUIPMENT
    • A63B2102/00Application of clubs, bats, rackets or the like to the sporting activity ; particular sports involving the use of balls and clubs, bats, rackets, or the like
    • A63B2102/32Golf
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A63SPORTS; GAMES; AMUSEMENTS
    • A63BAPPARATUS FOR PHYSICAL TRAINING, GYMNASTICS, SWIMMING, CLIMBING, OR FENCING; BALL GAMES; TRAINING EQUIPMENT
    • A63B53/00Golf clubs
    • A63B53/04Heads
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A63SPORTS; GAMES; AMUSEMENTS
    • A63BAPPARATUS FOR PHYSICAL TRAINING, GYMNASTICS, SWIMMING, CLIMBING, OR FENCING; BALL GAMES; TRAINING EQUIPMENT
    • A63B53/00Golf clubs
    • A63B53/04Heads
    • A63B53/0466Heads wood-type
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A63SPORTS; GAMES; AMUSEMENTS
    • A63BAPPARATUS FOR PHYSICAL TRAINING, GYMNASTICS, SWIMMING, CLIMBING, OR FENCING; BALL GAMES; TRAINING EQUIPMENT
    • A63B53/00Golf clubs
    • A63B53/04Heads
    • A63B53/047Heads iron-type

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a golf club set which consists of a plurality of golf clubs varying in loft angles and suppresses the variation in the distances by each of the shaft numbers of the golf clubs in accordance with indices indicating the various sizes of sweet areas. SOLUTION: At least >=3 pieces of the golf clubs among the golf clubs constituting the golf club set are set in the magnitude of the inertia moment around the axis perpendicular to the clubfaces through the centroid of the golf club heads in correspondence to the order of the shaft numbers of the golf clubs or the order of the sizes of the loft angel; for example, the inertia moment changes approximately linearly in correspondence to the order of the shaft numbers of the golf clubs or the sizes of the loft angles of the respective shaft numbers.

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【発明の属する技術分野】本発明は、ロフト角度やクラブ長さの異なる複数本のゴルフクラブをセットとして提供するゴルフクラブセットに関する。 The present invention relates to relates to a golf club set that provides a plurality golf clubs having different loft angles and club length as a set.

【0002】 [0002]

【従来の技術】ゴルファーは、より良いゴルフプレイをするために技術を向上させようとする一方、より良いスコアを得るために、より良い性能のゴルフクラブを求める。 BACKGROUND OF THE INVENTION golfer, while trying to improve the technology in order to better golf play, in order to get a better score, finding a golf club of better performance. そのため、ゴルフクラブは常により良い性能が求められている。 Therefore, the golf club is always better performance is demanded. より良い性能とは例えば飛距離が出るということや打ちやすいということである。 The better performance is that and easy to hit that, for example, flight distance out. 特に打ちやすさについては官能的な面と共に、ゴルフクラブの芯で打球した場合と芯を外して打球した場合のばらつきが小さいというような、機能的な面より評価される。 Especially with ease of hitting sensual surfaces for the variation in the case of hitting remove a core case of hitting at the core of the golf club like that is small, it is evaluated from the functional aspects. このことは一般的にスイートエリアの大小ということで論じられる。 This is discussed in that generally the sweet area size. つまり、スイートエリアが大きいゴルフクラブほどゴルフクラブの芯で打った場合と芯を外して打った場合のばらつき(飛距離の低下、打球の曲がり)が小さいと評価されている。 That is evaluated as (reduction in the distance, the bending of the hitting) variability when struck remove the case and core struck with the core of a golf club as the golf club larger sweet area is small.

【0003】ところで、ゴルフは、ゴルフクラブのクラブ長さやロフト角度の異なる14本のゴルフクラブを限度として複数本のゴルフクラブを揃えて競技を行うものである。 [0003] By the way, golf is to perform the competition to align the golf club a plurality of fourteen golf clubs having different club length and loft angle of the golf club as a limit. 例えば、1番、3番、5番ウッド等のウッド系ゴルフクラブと、3〜9番のアイアンと、ピッチングウェッジやサンドウェッジやパター等を揃え、ピンまでの距離に応じてゴルフクラブを適宜選択して打球する。 For example, appropriately selected Nos. 1 and 3, and the wood-based golf club, such as a 5-wood, and 3 to 9-iron, align the pitching wedge and sand wedge and putter, etc., the golf club in accordance with the distance to the pin hitting you. 特に、アイアンの場合、ゴルフボールをピンの周りに正確にショットするために、アイアンの番手によって飛距離が精度良く打ち分けられることが望まれている。 In particular, in the case of iron, in order to shot accurately around the pin a golf ball, the flight distance by count of iron is desired be divided out accurately.

【0004】しかし、飛距離は、上述のようにゴルフクラブの芯で打った場合と芯を外して打った場合とで変化するため、飛距離にばらつきが出てしまう。 [0004] However, the flight distance, in order to change between the case struck to remove the case and core struck at the core of the golf club, as described above, will come out is a variation in the distance. そのため、 for that reason,
現在、飛距離にばらつきが出ないようにスイートエリアの広いゴルフクラブが提案されている。 Currently, a large golf club of the sweet area so as not to variations have been proposed in the distance. しかし、例えば、6番アイアンのスイートエリアが5番アイアンに比べて大きくなっているようなゴルフクラブセットでは、 However, for example, in a set of golf clubs, such as the sweet area of ​​the 6-iron is larger than that of the 5-iron,
芯を外して打ち易い初心者等の場合や、中上級者でも芯を外して打った場合、番手が1つ変わる毎に約10ヤード飛距離が変わるといったゴルフクラブの番手に対する飛距離の設定に対して、6番アイアンが総じて相対的に飛距離が出てしまうといった結果になりやすい。 And the case of easy beginner out and remove the core, if you hit remove the core in the middle expert, to the setting of the distance to the count of the golf club such as the count changes is about 10 yards distance to every change one Te, likely to be the results, such as 6-iron will come out is generally relatively distance. また、 Also,
6番アイアンと7番アイアンの番手による飛距離の差が広がってしまい、ゴルフクラブの番手に応じた飛距離の打ち分けが非常に困難となる場合が多い。 Will spread is the difference between the distance by 6-iron and the seventh count of iron, often divided out of distance in accordance with the count of the golf club is very difficult. また、一般に番手が大きくなるほど、ピンに向けて正確にショットすることが要求されるにもかかわらず、6番アイアンに比べて、7番アイアンで正確なショットができないといった不都合が生じる。 In general the larger the count, despite it is required to shot accurately toward the pins, in comparison with the 6-iron, inconvenience such can not be accurate shot at 7 iron. そのため、このようなゴルフクラブセットやゴルフクラブは、番手に応じた機能が十分に発揮できないといった違和感、さらには不信感をゴルファーに与え易い。 Therefore, such a set of golf clubs and golf club, discomfort such as function in accordance with the count can not be sufficiently exhibited, and even more easy given the distrust to the golfer.

【0005】そのため、ゴルフクラブの芯で打った場合と芯を外して打った場合のばらつきが小さくなるように、スイートエリアを一様に広くしたゴルフクラブやゴルフクラブセットが種々提案されている。 [0005] Therefore, as the variation in the case struck remove the case and core struck with the core of the golf club is small, golf clubs and golf club set that uniformly wide sweet area have been proposed.

【0006】 [0006]

【発明が解決しようとする課題】しかし、ゴルフの戦略的な面から、ゴルフクラブの芯を外して打った場合の飛距離のばらつきや打球の曲がりのばらつきを比較的抑えつつ、ロフト角度の小さいゴルフクラブで打球の曲がりを利用して球筋をコントロールし、ロフト角度の大きいゴルフクラブで比較的打球の曲がりを抑えた球を打つのを好むゴルファーも多い。 The object of the invention is to be Solved However, from a strategic aspects of golf, while relatively suppressing the variation of the curvature of the variations and the hitting of flight distance when struck by removing the core of the golf club, a small loft angle to control the Tamasuji using the bend of the ball with a golf club, golfers often prefer to hit the ball with less bending of the relatively hitting a large golf club of the loft angle. また、芯を外して打球し易い初心者等であっても、番手が大きくなるほど、より正確にピンに向けてショットできるようなゴルフクラブを求める要望も多い。 In addition, even in the easy beginner or the like hitting Remove the core, the higher the count, often desire to seek a golf club, such as can be shot towards the more accurate pin. しかし、このようなゴルファーの要望に対して、アイアン等の複数のゴルフクラブのスイートエリアを番手に応じてどのように設定すればよいかについて、現在提案されたゴルフクラブセットは見当たらない。 However, for the needs of such a golfer, about how to set or should be in accordance with the sweet area of ​​the plurality of golf club, such as iron to count, I do not see the current proposed set of golf clubs.

【0007】また一方、スイートエリアを大きくするには、特許第2851542号公報に示されているように、ゴルフクラブヘッドの肉厚、体積を特定の値に設定して、ソールを水平面に置いた状態のゴルフクラブヘッドに対して、重心を通り打球面に平行で、かつ水平方向の軸まわりの慣性モーメント(上記公報中X軸まわりの慣性モーメント)や重心を通り鉛直方向の軸まわりの慣性モーメント(上記公報中Y軸まわりの慣性モーメント)を大きくすることによって行われている。 [0007] On the other hand, to increase the sweet area, as shown in Japanese Patent No. 2851542, the thickness of the golf club head, and set the volume to a specific value, put the soles on a horizontal plane against states of the golf club head, parallel to the street striking surface center of gravity, and moment of inertia around the through and gravity vertical direction (moment of inertia around in the publication X-axis) moment of inertia about a horizontal axis shaft It has been made by increasing the (moment of inertia around in the publication Y-axis).

【0008】しかし、一般のゴルファーが打球する際にスイートエリアを外す形態は、トウヒール方向又は上下方向と一定して決まっているわけではなく、一般的には、スイートエリアの周辺に、一様にばらついている。 However, the form of ordinary golfer misses the sweet area when hitting is not necessarily are determined by constant at Touhiru direction or vertical direction, in general, around the sweet area, uniformly It is varied.
しかし、上記ゴルフクラブヘッドの重心を通り打球面に平行で、かつ水平方向の軸まわりの慣性モーメントは、 However, a parallel as striking surface the center of gravity of the golf club head, and the moment of inertia about the horizontal axis,
スイートエリアを上下方向に外して打球した際のゴルフクラブヘッドのぶれにくさ、すなわち上下方向のスイートエリアの大きさのみしか判断できない。 Shake the difficulty of the golf club head at the time of the hit ball, remove the sweet area in the vertical direction, ie, only it can not be judged only the magnitude of the up-and-down direction of the sweet area. また、重心を通り鉛直方向の軸まわりの慣性モーメントでは、スイートエリアをトウヒール方向に外して打球した際のゴルフクラブヘッドのぶれにくさ、すなわちトウヒール方向のスイートエリアの大きさのみしか判断できない。 Further, in the moment of inertia around as vertical axis is the center of gravity, blur difficulty of the golf club head when the hitting remove the sweet area to Touhiru direction, i.e. not only be judged only the magnitude of Touhiru direction of sweet area. 従って、上記2つの慣性モーメントでは、一般のゴルファーが打球する際にスイートエリアの周辺に一様にばらつく形態に基づいて、スイートエリアの大きさを一義的に正確に評価することはできない。 Thus, in the two moments of inertia, generally the golfer based on uniformly varies form around the sweet area when hitting can not be uniquely to accurately evaluate the size of the sweet area.

【0009】そこで、本発明は、ロフト角度が異なる複数本のゴルフクラブからなるゴルフクラブセットであって、スイートエリアの大小を示す指標に基づいて、飛距離のばらつきがゴルフクラブの番手に応じて調整されたゴルフクラブセットを提供することを目的とする。 [0009] Therefore, the present invention is a golf club set which the loft angle consists golf club different book, based on the indicator of the magnitude of the sweet area, variations in the flight distance in response to the count of the golf club an object of the present invention is to provide an adjusted set of golf clubs.

【0010】 [0010]

【課題を解決するための手段】上記目的を達成するために、本発明は、ロフト角度が異なる複数本のゴルフクラブからなるゴルフクラブセットであって、このゴルフクラブセットのゴルフクラブの内、少なくとも3本以上のゴルフクラブは、ゴルフクラブの番手の順番あるいはロフト角度の大きさの順番に対応して、ゴルフクラブヘッドの重心を通りフェース面に垂直な軸回りの慣性モーメントの大きさが設定されていることを特徴とするゴルフクラブセットを提供するものである。 To achieve SUMMARY OF to the above objects, the present invention is a golf club set which the loft angle consists golf club different book, among the golf club of the golf club set, at least three or more golf clubs, in response to the order of magnitude of the order or loft angle of the golf club count, the magnitude of the moment of inertia about an axis perpendicular to the street face the center of gravity of the golf club head is set it is intended to provide a golf club set, characterized in that.

【0011】ここで、前記慣性モーメントは、前記ゴルフクラブの番手の順番に対応して、略線形的に変化するのが好ましい。 [0011] Here, the moment of inertia, in response to the order of the count of the golf club, it is preferable to change substantially linearly. ここで、略線形的に変化するとは、増加、減少を問わず、線形的に変化する、あるいは、後述するように、平行な2直線で挟まれる所定の範囲内の領域に挟まれて、慣性モーメントが変化する場合をいう。 Here, substantially the linearly changes, increases, regardless of the reduction, changes linearly, or, as will be described later, sandwiched region within a predetermined range sandwiched by two parallel straight lines, inertia It refers to the case that moment changes.
すなわち、上述したゴルフクラブセットは、ロフト角度が16度以上41度以下の範囲にある少なくとも3本以上のゴルフクラブの群を有し、この群のすべてのゴルフクラブを、最小の番手から順番に1から始まる連続する自然数Xで表し、前記慣性モーメントをY(g・c That is, the golf club set described above, loft angle has at least three or more of the group of the golf club is in the range of 16 degrees 41 degrees, all of the golf club of the group, in order from the smallest count It represents a natural number X successive starting with 1, the moment of inertia Y (g · c
2 )(1g・cm 2 =10 -7 kg・m 2 )とした場合、この群のすべてのゴルフクラブの前記慣性モーメントYが、前記自然数Xに対して下記式(1)で定まる範囲に設定されているのが好ましい。 m 2) (1g · cm 2 = 10 -7 case of kg · m 2) and, the moment of inertia Y of all golf clubs in this group, the range of the determined by the following formula (1) with respect to a natural number X preferable to be adjusted. a・X+b ≦ Y ≦ a・X+b+50 (1) ただし、係数aおよびbは定数である。 a · X + b ≦ Y ≦ a · X + b + 50 (1) where the coefficients a and b are constants. その際、前記式(1)中の係数aが60以下であることが好ましく、あるいは、前記式(1)中の係数aが60より大きいことが好ましい。 At that time, it is preferable that the coefficient a in the formula (1) is 60 or less, or the coefficients a in the formula (1) is preferably greater than 60. また、上述のゴルフクラブセットは、ロフト角度が16度以上41度以下の範囲にある少なくとも3本以上のゴルフクラブの群を有し、この群のすべてのゴルフクラブを、最小の番手から順番に1から始まる連続する自然数Xで表し、この自然数Xに対する前記群のすべてのゴルフクラブの前記慣性モーメントの分布を回帰直線で回帰した際、この回帰直線による、前記群のすべてのゴルフクラブの前記慣性モーメントの推定誤差が、30(g・cm 2 )以下となるように、前記群のすべてのゴルフクラブの前記慣性モーメントの大きさが設定されていることが好ましい。 The golf club set of the above, loft angle has at least three or more of the group of the golf club is in the range of 16 degrees 41 degrees, all of the golf club of the group, in order from the smallest count represents a natural number X successive starting from 1, when the return distribution of the moment of inertia of all the golf clubs in the group relative to the natural number X in the regression line, according to the regression line, the inertia of all the golf clubs in the group estimation error moments, 30 (g · cm 2) so as to become less, it is preferable that the magnitude of the moment of inertia of all the golf clubs of the group is set.

【0012】また、上述のゴルフクラブセット中のゴルフクラブの慣性モーメントは、前記ゴルフクラブの各番手のロフト角度の大きさに対応して、略線形的に変化するのが好ましい。 Further, the moment of inertia of the golf club in the golf club set of the above, corresponding to the size of each count of the loft angle of the golf club, it is preferable to change substantially linearly. 前記ゴルフクラブセットは、ロフト角度が16度以上41度以下の範囲にある少なくとも3本以上のゴルフクラブの群を有し、この群のゴルフクラブのロフト角度をθ(度)とし、前記慣性モーメントをY The golf club set has at least three or more of the group of the golf club is in the range loft angle less 16 degrees 41 degrees, the loft angle of the golf club of the group and theta (degrees), the moment of inertia the Y
(g・cm 2 )とした際、前記群のすべてのゴルフクラブの前記慣性モーメントYが、ロフト角度θに対して下記式(2)で定まる範囲に設定されていることが好ましい。 (G · cm 2) and the time, the moment of inertia Y of all golf clubs of the group, it is preferably set to the range determined by the following formula (2) with respect to loft angle theta. c・θ+d ≦ Y ≦ c・θ+d+50 (2) ただし、係数cおよびdは定数である。 c · θ + d ≦ Y ≦ c · θ + d + 50 (2) However, the coefficient c and d are constants. ここで、前記式(2)中の係数cが15以下であることが好ましい。 Here, it is preferable coefficient c in the formula (2) is 15 or less. あるいは、前記式(2)中の係数cが15より大きいことが好ましい。 Alternatively, the coefficient c in the formula (2) is preferably greater than 15. また、前記ゴルフクラブセットは、ロフト角度が16度以上41度以下の範囲にある少なくとも3 Also, the golf club set is at least 3 loft angle is in a range of 16 degrees 41 degrees
本以上のゴルフクラブの群を有し、この群のゴルフクラブのロフト角度に対する前記慣性モーメントの分布を回帰直線で回帰した際、この回帰直線による、前記群のすべてのゴルフクラブの前記慣性モーメントの推定誤差が、30(g・cm 2 )以下となるように、前記群のすべてのゴルフクラブの前記慣性モーメントの大きさが設定されていることが好ましい。 Has a group of the above golf club, the golf club of the group when the regression regression line the distribution of the moment of inertia with respect to loft angle, according to the regression line, the moment of inertia of all the golf clubs in the group estimation error, 30 (g · cm 2) so as to become less, it is preferable that the magnitude of the moment of inertia of all the golf clubs of the group is set.

【0013】 [0013]

【発明の実施の形態】以下、本発明のゴルフクラブセットについて、添付の図面に示される好適実施例を基に詳細に説明する。 DESCRIPTION OF THE PREFERRED EMBODIMENTS Hereinafter, the golf club set of the present invention will be described in detail based on preferred embodiments shown in the accompanying drawings.

【0014】図1は、本発明のゴルフクラブセットの一実施形態であるゴルフクラブセット10を示している。 [0014] Figure 1 shows a golf club set 10 which is an embodiment of a golf club set of the present invention.
ゴルフクラブセット10は、3番アイアン(A3)から9番アイアン(A9)、及びピッチングウェッジ(A Golf club set 10, 3-iron (A3) from 9-iron (A9), and pitching wedge (A
P)、アプローチウェッジ(AA)、サンドウェッジ(AS)までの各番手のアイアン(A3〜AS)10本によって構成される。 P), approach wedge (AA), constituted by each count of iron (A3~AS) 10 pieces of up to sand wedge (AS). 各アイアンは、ゴルフクラブシャフト12の一端にグリップ14を有し、他端にゴルフクラブヘッド16を備える。 Each iron has a grip 14 at one end of the golf club shaft 12, and a golf club head 16 at the other end. ゴルフクラブヘッド16は、 Golf club head 16,
このヒール側で上方に向けられて突設されたホーゼル1 Hosel 1 which projects directed upward in this heel side
8にソケット20を介してゴルフクラブシャフト12に連結されている。 It is connected to the golf club shaft 12 through the socket 20 to 8.

【0015】ここで、番手とは、主にロフト角度の異なったゴルフクラブをロフト角度の順番に並べることのできるように、各ゴルフクラブに付与した数字、文字、記号等によって表されたロフト角度の順番に関する識別情報の内容であり、各番手のロフト角度は、一定、または概ね一定の間隔で当業者によって適宜設定されている。 [0015] Here, the count, mainly the different golf club loft angle so as to be able to be arranged in the order of the loft angle, loft angle represented by each golf club to the numbers given, characters, symbols, etc. of a content of the identification information about the order, the loft angle of each count is set appropriately constant, or substantially at regular intervals by those skilled in the art.
また、番手が大きいとは、ロフト角度が大きい番手を指す。 Also, the larger count refers to the count loft angle is large.

【0016】これらのアイアンA3〜ASのロフト角度θ(度)は、A3が21度、A4が24度、A5が27 [0016] loft angle of these iron A3~AS θ (degrees) is, A3 is 21 degrees, A4 is 24 degrees, A5 27
度、A6が30度、A7が34度、A8が38度、A9 Time, A6 is 30 degrees, A7 is 34 degrees, A8 is 38 degrees, A9
が42度、APが47度、AAが52度、ASが57度と番手が大きくなるにつれ、ロフト角度θ(度)が大きくなっている。 But 42 degrees, AP is 47 degrees, AA is 52 degrees, as the AS is 57 degrees and count increases, loft angle theta (degrees) is increased. そして、ロフト角度θが16度以上41 The loft angle θ is 16 degrees or more 41
度以下の番手は、A3〜A8の6本の番手となっている。 The following count degrees has a six-count A3 to A8. なお、アイアンA3〜ASのロフト角度は、A3からA6までは3度の刻み幅で大きくなり、A7からA9 In addition, the loft angle of the iron A3~AS is, from A3 to A6 increases in increments width of 3 degrees, from A7 A9
までは4度の刻み幅で大きくなり、APからASまでは5度の刻み幅で大きくなっているが、アイアンA3〜A To increases in increments width of 4 degrees, but from the AP to AS is larger in 5 degrees of stride, Iron A3~A
Sのロフト角度の刻み幅は、これに限定されず、3度や4度等の一定の刻み幅であってもよい。 Stride loft angle of S is not limited thereto, it may be a fixed step size, such as 3 degrees and 4 degrees. また、グリップ14の端部からゴルフクラブヘッド16の下端までの長さ(クラブ長さ)は、番手が大きくなるにつれ次第に短くなっている。 The length from the end portion of the grip 14 to the lower end of the golf club head 16 (club length) has become increasingly shorter as the count increases.

【0017】なお、上記実施形態は、10本のアイアンをゴルフクラブセットとしたものであるが、本発明のゴルフクラブセットには、アイアンゴルフクラブセットのみならず、ウッドゴルフクラブセット、ウッドゴルフクラブセットとアイアンゴルフクラブセットの境界を取り払ったようなゴルフクラブセット、ロングアイアンに相当するもののみのゴルフクラブセット、また、ウッドゴルフクラブとアイアンゴルフクラブの中間的性能を備えてどちらにも分類しがたいいわゆるユーティリティゴルフクラブを含めたゴルフクラブセット等、ロフト角度θ [0017] In addition, the above-described embodiment, the 10 pieces of iron is obtained by a set of golf clubs, golf club set of the present invention is not iron golf club set only, wood golf club set, wood golf club set and the iron golf club set set of golf clubs, such as rid the boundaries of the golf club set of only those corresponding to the long irons, and also classified into either an intermediate performance of the wood golf club and the iron golf club set of golf clubs and the like, including a hard so-called utility golf club, loft angle θ
(度)が異なる複数本のゴルフクラブによって構成されるものも含まれる。 (Degrees) is also included those constituted by a golf club different present.

【0018】ここで、ロフト角度θ(度)は、図1中のアイアンA6について示されているように、シャフト軸Sとフェース面22との成す角度であり、図2に示されるようなロフト角度測定器30により測定される。 [0018] Here, loft angle theta (degrees), as shown for iron A6 in FIG. 1, the angle formed between the shaft axis S and the face surface 22, loft as shown in Figure 2 It is measured by the angle measuring instrument 30. 図2 Figure 2
は、アイアンA6をロフト角度測定器30に取り付けた例を示し、図3は、図2中のゴルフクラブヘッド16の周辺を拡大して示している。 Shows an example in which the iron A6 loft angle measuring instrument 30, FIG. 3 shows an enlarged periphery of the golf club head 16 in FIG.

【0019】ロフト角度θの測定は、ゴルフクラブ(アイアンA6)をロフト角度測定器30に取り付けた状態において、アイアンA6が基準面32に対してライ角度通りに設置するようにライ角度調整部33において取り付け角度が調整され、次いで、ロフト角度測定器30に取り付けられたゴルフクラブ(アイアンA6)は、ソール部34が基準面32に接するように、かつ、フェース角度調整具36の先端部36'にフェース面22が密着するように、すなわち、フェース角が0°になるように、ゴルフクラブ(アイアンA6)がチャック部38で固定される。 The loft measured angle θ, in a state mounted golf club (iron A6) loft angle measuring device 30, lie angle adjustment unit 33 so that iron A6 is installed in lie angle as to the reference surface 32 mounting angle is adjusted in, then the golf club attached to the loft angle measuring device 30 (Iron A6), as sole portion 34 is in contact with the reference plane 32, and the tip portion 36 of the face angle adjuster 36 ' as the face surface 22 are in close contact, i.e., so that the face angle is 0 °, the golf club (iron A6) is fixed by the chuck portion 38. ここで、ライ角度通りに設置とは、スコアライン35がフェース角度調整治具36の先端部36' Here, the installed lie angle as the tip 36 of the score line 35 face angle adjustment jig 36 '
と平行になるように設置することをいう。 It refers to installed so as to be parallel with. また、スコアラインが直線でない等、スコアラインによる判別が困難な場合、ソール部34が、図4のように、ソール部34 Also, like the score line is not a straight line, when it is difficult determination by scorelines, sole portion 34, as shown in FIG. 4, the sole portion 34
のトウ側(T)とヒール側(H)の間で凸状に丸くなっている場合、基準面32とソール部34の間に生じる隙間がトウ側とヒール側で略等しくなるように設置することをいう。 If the toe side (T) is rounded in a convex shape between the heel side (H), a gap generated between the reference surface 32 and the sole portion 34 is installed such that substantially equal at the toe side and the heel side say that. その後、図5に示すように、ゴルフクラブヘッド16のフェース面22の基準面32に垂直に立てた分度器40を用いてロフト角度θが測定される。 Thereafter, as shown in FIG. 5, the loft angle θ is measured using a protractor 40 upright in the reference plane 32 of the face surface 22 of the golf club head 16. フェース面22が平面の場合、上記測定によってロフト角度θ If the face surface 22 is flat, loft angle θ by the measurement
が得られるが、フェース面22が凸状に丸くなっている場合、図6に示すように、フェース面22の中点Mに分度器40の測定面を接するように当てて測定される。 Although is obtained if the face surface 22 is rounded in a convex shape, as shown in FIG. 6, it is measured by placing in contact the measurement surface of the protractor 40 at the midpoint M of the face surface 22. ロフト角度θの測定は、上述のように、ゴルフクラブによって測定する他、ゴルフクラブヘッド単体にシャフトピンを差し込んで測定することも可能である。 Measurements loft angle θ, as described above, other measured by the golf club, it is also possible to measure by inserting the shaft pin to a single golf club head. ゴルフクラブヘッド単体で測定して得られるロフト角度θの数値は、上述のゴルフクラブによって測定して得られるロフト角度θと実質的に同じである。 Numerical loft angle θ obtained by measuring the golf club head itself is substantially the same as the loft angle obtained by θ measured by the golf club described above.

【0020】このような測定器は、市販されている公知のものであればよく、例えば、高爾夫球頭測度台(昇峰企業社製)やゴルフクラブアングル測定器(ゴルフギャレージ社製)やゴルフクラブゲージ(Golfsmit [0020] Such a measurement device may be any known ones that are commercially available, for example, Konanjiottodamaatama measure board (Noboriho Enterprise Co., Ltd.) and golf club angle measuring instrument (made by golf galley di Inc.) Ya Golf club gauge (Golfsmit
h社製)等が例示される。 h, Ltd.) and the like.

【0021】こうして測定される上記ゴルフクラブセット10のA3〜ASの内、ロフト角度θが16度以上4 [0021] Thus, among the A3~AS of the golf club set 10 to be measured, loft angle θ is 16 degrees or more 4
1度以下の番手はA3〜A8であるが、ゴルフクラブのロフト角度θ(度)が16度以上41度以下のすべての番手、すなわち、A3〜A8のゴルフクラブは、後述するように、番手に応じて慣性モーメントの大きさが設定されている。 Although once following count is A3 to A8, golf club loft angle theta (degrees) 16 degrees 41 degrees or less of all the count, i.e., the golf club of A3 to A8, as described later, count the magnitude of the moment of inertia in accordance with the is set. このように、慣性モーメントの大きさが設定されているのは、ロフト角度θ(度)が16度以上4 Thus, the magnitude of the moment of inertia is set, the loft angle theta (degree) 16 ° or more 4
1度以下の範囲にあるゴルフクラブは、特に飛距離が打ち分けられるように要求されるものであり、この飛距離の打ち分けの際に生じる飛距離のばらつきを慣性モーメントの大きさによって、調整することができるからである。 Golf club is in the range of 1 degree or less, especially those that are required such that the distance is divided out, by the magnitude of the moment of inertia variation of the distance which occurs during out divided in the distance, adjusting This is because it is possible to be. 一方、ロフト角度θが16度未満のドライバー類やロフト角度θが41度を超えるウェッジ類は、ゴルフクラブセットの構成クラブとしてよりも、むしろ単品として購入する場合が多く、ゴルフクラブ供給メーカーも積極的に単品として販売していることからもわかるように、ロフト角度θが16度未満のゴルフクラブは、主にティーアップして打球して飛距離を稼ぐためのものであり、ゴルフクラブセット内において必ずしも飛距離が打ち分けられるように要求されるものではない。 On the other hand, the wedge such loft angle θ is more than a driver class and loft angle θ is 41 degrees less than 16 degrees, rather than as a club of the golf club set, is often purchased as a rather separately, golf club supply manufacturers also actively the as can be seen from the fact that is sold as a single item, the golf club of the loft angle θ is less than 16 degrees is intended to earn a flight distance and hitting mainly tea up, within the set of golf clubs is not necessarily to be requested to the flight distance is divided out in. 一方、ロフト角度θが41度を超えるゴルフクラブは、スイングの力を加減してグリーン上に確実に球をのせるためのコントロールされたアプローチショットに用いられることが多い。 On the other hand, a golf club having a loft angle θ exceeds 41 degrees, it is often used for controlled approach shots for by adjusting the force of the swing put reliably ball on the green. また、アプローチショットがし易いように主にソール部の形状やフェースの輪郭形状等が改良されたもので、ゴルフクラブセット内において必ずしも飛距離が打ち分けられるように要求されるものではない。 In addition, the contour shape of mainly the shape and the face of the sole portion so as to facilitate the approach shot is improved, not necessarily be required to travel distance is divided out in a set of golf clubs.

【0022】また、本発明において、ゴルフクラブセットを構成するゴルフクラブの構成本数は、少なくとも3 [0022] In addition, in the present invention, the configuration number of golf clubs that make up the golf club set, at least 3
本以上を必要とし、好ましくは、ロフト角度θが16度以上41度以下の範囲に含まれるゴルフクラブが3本以上あることが好ましい。 Requires more than this, preferably, it is preferable that the golf club loft angle θ is within the scope of the following 16 degrees 41 degrees is not less than three. 一方、構成本数の上限は、特に制限されないが、ゴルフの競技規則で定められている携帯するゴルフクラブの制限本数、14本以下であることが好ましい。 On the other hand, the upper limit of the configuration number is not particularly limited, limited number of golf clubs that mobile which is defined in the golf competition rules, is preferably at most 14 lines.

【0023】このようなゴルフクラブセット10を構成する各ゴルフクラブは、ゴルフクラブの番手の順番に対応して、以下に示すゴルフクラブヘッドの重心を通りフェース面に垂直な軸回りの慣性モーメントが設定されている。 [0023] Each golf club for constituting such a golf club set 10, corresponding to the order of the golf club count, it is about an axis perpendicular moment of inertia as the face surface of the center of gravity of the golf club head shown in below It has been set. 従来は、ゴルフクラブヘッドの重心を通り打球面に平行で、かつ水平方向の軸まわりの慣性モーメント、 Conventionally, a parallel as striking surface the center of gravity of the golf club head, and the moment of inertia about the horizontal axis,
および、重心を通り鉛直方向の軸まわりの慣性モーメントの2つによってゴルフクラブのスイートエリアが特徴付けられていたが、各々の慣性モーメントは、スイートエリアを上下方向に外して打球した際、あるいは、スイートエリアをトウヒール方向に外して打球した際のゴルフクラブヘッドのぶれにくさを表すものであり、スイートエリアの大小を一義的に評価することができず、そのため、飛距離のばらつきの指標とすることはできなかった。 And, although the two moments of inertia about the vertical through the center of gravity direction axis sweet area of ​​the golf club has been characterized, each moment of inertia, when the hitting remove the sweet spot in the vertical direction, or, the sweet spot is intended to represent blur difficulty of the golf club head when the hitting removed in Touhiru direction, can not be unambiguously evaluate the magnitude of the sweet area, therefore, an indicator of variation in the distance it could not be. しかし、本発明では、打球の際のゴルフクラブのフェース面が球に与えるインパクト方向、すなわち、ゴルフクラブのフェース面に垂直な方向の軸周りの慣性モーメントが設定されるので、ゴルフクラブヘッドのフェース面のスイートエリアの大小を一義的に表すことができ、しかも、この慣性モーメントがゴルフクラブの番手の順番と対応して設定されるので、ゴルフクラブのフェース面のスイートエリアの大小がゴルフクラブの番手と対応して設定される。 However, in the present invention, the impact direction face of the golf club during the hitting has on the sphere, i.e., the inertia moment about the axis in the direction perpendicular to the face surface of the golf club is set, the golf club head face can be uniquely representing the magnitude of the sweet area of ​​the face, moreover, the moment of inertia because it is set so as to correspond with the order of the golf club count, of the sweet area of ​​the face of the golf club the size of a golf club It is set to correspond to the count.

【0024】このような慣性モーメントの調整は、ゴルフクラブヘッドの質量配分方法等の公知の方法によって行われ、ゴルフクラブの番手の順番に対応して、略線形的に変化するように設定されている。 [0024] Such adjustment of the moment of inertia is performed by known methods of the mass distribution method, etc. of the golf club head, corresponding to the order of the golf club count, it is set to change substantially linearly there. より具体的にいうと、アイアンA3〜A8を、最小の番手から順番に1から始まる連続する自然数Xで表し、すなわち、アイアンA3をX=1、アイアンA4をX=2、・・・、アイアンA8をX=6とし、一方、慣性モーメントをY(g・ More specifically, represents iron A3 to A8, a natural number X consecutive starting from 1 in the order from the smallest count, i.e., the iron A3 X = 1, the iron A4 X = 2, · · ·, Iron the A8 and X = 6, on the other hand, the moment of inertia Y (g ·
cm 2 )とした際、慣性モーメントYが、直線上にプロットされるか、あるいは、直線上にプロットされなくても、上記式(1)で定まる平行する2直線で挟まれる範囲に含まれるように設定されている。 when used as a cm 2), moment of inertia Y is either plotted on a straight line, or may not be plotted on a straight line, to be included in the range sandwiched by two straight lines parallel determined by the above formula (1) It is set to. ここで、係数a Here, the coefficient a
は、直線の勾配を決定し、係数bは、係数aの値や、プロットされたすべての位置に応じて定まる。 Determines the slope of the line, the coefficient b, the value and the coefficients a, determined in accordance with the plotted all positions.

【0025】さらに、ゴルフクラブセット10の各番手の慣性モーメントYは、式(1)中の係数aが60以下、あるいは、60より大きく設定されている。 Furthermore, the moment of inertia Y of each count of the golf club set 10, equation (1) the coefficient a in 60 or less, or is set to be larger than 60. 式(1)中の係数aが60より大きいゴルフクラブセットの場合、ゴルフクラブの番手の順番に応じて、慣性モーメントYが大きくなるため、番手の小さい、すなわちロフト角度θの小さい3番や4番等のロングアイアンで打球の曲がりを利用して球筋をコントロールし、一方、番手の大きい、すなわちロフト角度θの大きいゴルフクラブで比較的打球の曲がりを抑えた球を打つのを好むゴルファーに有効である。 For coefficient a 60 is larger than a golf club set in the formula (1), in accordance with the order of the golf club count, since the moment of inertia Y increases, small count, i.e. small loft angle theta 3 No. and 4 to control the Tamasuji a long iron turn or the like by use of the bending of the ball, on the other hand, count of large, ie, an effective golfers prefer to hit the ball with less bending of the relatively hitting a large golf club loft angle θ it is. このような係数aは、65以上であることが好ましく、更に好ましくは、係数aが、70 Such coefficient a is preferably 65 or more, more preferably, coefficient a, 70
以上であることが好ましい。 Or more at a wavelength of 550 nm. また、係数aが140以下であることが好ましく、更に好ましくは、係数aが13 It is preferable that the coefficient a is 140 or less, more preferably, coefficient a 13
5以下であることが好ましい。 Is preferably 5 or less.

【0026】また、式(1)中の係数aが60以下のゴルフクラブセットの場合、ゴルフクラブの番手が変わっても、慣性モーメントYは大きく変化せず、比較的大きな慣性モーメントYを一様に持つゴルフクラブで構成されているため、ロフト角度θの大きいゴルフクラブで打球の曲がりを抑えた球を打つのを好む一方、ロフト角度θの小さい3番や4番等のロングアイアンにおいても、 Further, when the coefficient a is 60 or less of a golf club set in the formula (1), it changes count of the golf club, the moment of inertia Y does not change greatly, uniform relatively large moment of inertia Y because it is composed of a golf club having a while like to hit the ball with less bending of hitting a large golf club loft angle theta, even in the long irons and the third and fourth such small loft angle theta,
比較的打球の曲がりを抑えた球を打つのを好むゴルファーに有効である。 Is effective in golfers prefer to hit the ball with reduced relatively hitting bend. このような係数aは、55以下であることが好ましく、更に好ましくは、係数aが50以下であることが好ましい。 Such coefficient a is preferably 55 or less, more preferably, it is preferable that the coefficient a is 50 or less. また、係数aが−20以上であることが好ましく、更に好ましくは、係数aが−15以上であることが好ましい。 It is preferable that the coefficient a is -20 or more, more preferably, it is preferable that the coefficient a is -15 or more. このように、式(1)中の係数aおよびこれに伴う係数bの設定によって、ゴルフクラブヘッド22の各番手に対する慣性モーメントYが設定され、これに基づいて、公知の質量配分等の方法によって、フェース面のスイートエリアの大小が一義的に定まり、ゴルフクラブセット内において各番手の飛距離のばらつきを調和させることができる。 Thus, by setting the coefficients a and b associated therewith in the formula (1), is set moment of inertia Y for each count of the golf club head 22, based on this, by a method such as known mass distribution , the magnitude of the sweet area of ​​the face is uniquely determined, it is possible to harmonize the variations in the distance of each count in the golf club set.

【0027】式(1)中の係数aが60より大きいゴルフクラブセットは、一般的に上級者が好むゴルフクラブセットとして位置づけられるが、上級者がこのようなゴルフクラブセットを選択することが好適というわけではなく、上級者であっても、全番手で打球の曲がりを抑えたいようなゴルファーであれば、式(1)中の係数aが60以下のゴルフクラブセットを選択しても別段かまわない。 [0027] Equation (1) the coefficient a is greater than 60 golf club set in are generally but are positioned as a set of golf clubs preferred by advanced, preferable that the advanced user to select such a set of golf clubs does not mean that, even if a senior person, if the golfer such as you want to suppress the bending of the ball in all count, coefficient a in the formula (1) may otherwise be selected the 60 following set of golf clubs . 自分のレベルや好みの打球や好みの戦略や好みの打球感より自分にとって好適なゴルフクラブセットを選択すればよい。 It is sufficient to select a suitable set of golf clubs for me than feel at impact of the strategy and preferences of their level and preferences of the ball and preferences.

【0028】なお、式(1)で設定される慣性モーメントYの値は、Y=a・X+bとY=a・X+b+50の平行な2直線で挟まれる範囲に含まれるが、より好ましくは、Y=a・X+bとY=a・X+b+35で挟まれる範囲に含まれ、さらに好ましくは、Y=a・X+bとY=a・X+b+20で挟まれる範囲に含まれるのがよい。 [0028] Note that the value of the moment of inertia Y set in equation (1) is contained in a range sandwiched by two parallel straight lines of Y = a · X + b and Y = a · X + b + 50, more preferably, Y = included in a range sandwiched by a · X + b and Y = a · X + b + 35, more preferably, it is that in a range sandwiched by Y = a · X + b and Y = a · X + b + 20. 本発明において、Xに対して慣性モーメントYをプロットしたすべての点が上記2直線で挟まれる範囲に含まれるような係数aおよびbの組み合わせが1通り存在すればよい。 In the present invention, the combination of the coefficients a and b, such as all the points plotted the moment of inertia Y is included in the range sandwiched by the two straight lines may exist ways 1 with respect to X. なお、係数bの値は、特に制限されない。 The value of the coefficient b is not particularly limited.
また、このような慣性モーメントYの値は、1500 In addition, the value of such moment of inertia Y is, 1500
(g・cm 2 )以上であることが好ましい。 Is preferably (g · cm 2) or more. 慣性モーメントが1500(g・cm 2 )以上であると、ゴルフクラブヘッドのスイートエリアをある程度確保でき、打点のばらつきによる飛距離のばらつきが極端に大きくならないからである。 When the moment of inertia is 1500 (g · cm 2) or more, it can be secured to some extent the sweet spot of the golf club head, because the variation in the distance due to the variation of the RBI is not extremely large. また、この慣性モーメントの上限値は特に設定されないが、ゴルフクラブヘッドの材質や製造技術、ゴルフボールの大きさより5000(g・c The upper limit of this inertia is not particularly set, the golf club head of material and manufacturing techniques, than the size of a golf ball 5000 (g · c
2 )程度が限界と考えられる。 m 2) degree is considered to limit.

【0029】このように、番手の順番に応じて慣性モーメントYが略線形的に変化することによって、スイートエリアの大きさが番手の順番に応じて連続的かつ滑らかに変化するので、ゴルフクラブの番手ごとの飛距離のばらつきに傾向を持たせることができる。 [0029] Thus, by varying the moment of inertia Y is substantially linearly in response to the count of the order, the size of the sweet area continuously and smoothly changes in accordance with the count of the order, the golf club You can have the tendency to variation in distance per count.

【0030】なお、本発明では、ゴルフクラブセット1 [0030] In the present invention, a golf club set 1
0のゴルフクラブの内、ロフト角度が16度以上41度以下の範囲に含まれるアイアンA3〜A8を、最小の番手から順番に1から始まる連続する自然数Xで表す替わりに、ゴルフクラブのロフト角度θ(度)で表し、ロフト角度θの大きさに対応して、ゴルフクラブヘッドの重心を通りフェース面に垂直な軸回りの慣性モーメントが設定されてもよい。 Of 0 golf club, the iron A3~A8 the loft angle is in the range from below 16 degrees 41 degrees, instead represent a natural number X consecutive starting from 1 in the order from the smallest count, loft angle of the golf club expressed in theta (degrees), in correspondence with the magnitude of the loft angle theta, around an axis perpendicular moment of inertia as the face surface of the center of gravity of the golf club head may be set. 例えば、ロフト角度θが16度以上41度以下のゴルフクラブヘッドの重心を通りフェース面に垂直な軸回りの慣性モーメントYは、ゴルフクラブの各番手のロフト角度θの大きさに対応して、略線形的に変化するとよい。 For example, the moment of inertia Y perpendicular axis as the face surface of the center of gravity of the loft angle θ is 16 degrees or more 41 degrees or less of the golf club head, corresponding to the size of the loft angle θ of each count of the golf club, substantially may changes linearly. より具体的には、慣性モーメントY More specifically, the moment of inertia Y
が、直線上にプロットされ、あるいは、たとえ直線上にプロットされなくても、上記式(2)で定まる平行な2 2 but is plotted on a straight line, or, even if it is not plotted if straight line, parallel determined by the formula (2)
直線で挟まれる範囲に設定されるとよい。 It may be set to a range sandwiched by a straight line. その際、式(2)中の係数cは、15より大きいか、あるいは、1 At that time, the coefficient c in equation (2) is 15 or greater, or 1
5以下であるとよい。 5 may or less.

【0031】式(2)中の係数cが15より大きいゴルフクラブセットの場合、ゴルフクラブのロフト角度θの順番に応じて、慣性モーメントYが大きくなるため、ロフト角度θの小さい3番や4番等のロングアイアンで打球の曲がりを利用して球筋をコントロールし、一方、ロフト角度θの大きいゴルフクラブで比較的打球の曲がりを抑えた球を打つのを好むゴルファーに有効である。 [0031] If equation (2) the coefficient c in is greater than 15 golf club set, in accordance with the order of the loft angle θ of the golf club, because the moment of inertia Y increases, smaller third loft angle θ and 4 to control the Tamasuji using the curvature of the ball hitting a long iron turn, etc., on the other hand, it is effective for golfers prefer to hit the ball with less bending of the relatively hitting a large golf club loft angle θ. このような係数cは、16以上であることが好ましく、より好ましくは、17以上であることが好ましい。 Such coefficient c is preferably 16 or more, more preferably, is preferably 17 or more. また、 Also,
その際、係数cは、35以下であることが好ましく、より好ましくは、34以下であることが好ましい。 At that time, the coefficient c is preferably 35 or less, more preferably, is preferably 34 or less.

【0032】また、式(2)中の係数cが15以下のゴルフクラブセットの場合、ゴルフクラブのロフト角度θ [0032] In addition, in the case of the formula (2) a set of golf clubs coefficient c is 15 or less in, loft angle of the golf club θ
が変わっても、慣性モーメントYは大きく変化せず、比較的大きな慣性モーメントYを一様に持つゴルフクラブで構成されているため、ロフト角度θの大きいゴルフクラブで打球の曲がりを抑えた球を打つのを好む一方、ロフト角度θの小さい3番や4番等のロングアイアンにおいても、比較的打球の曲がりを抑えた球を打つのを好むゴルファーに有効である。 Even changes, the moment of inertia Y does not change greatly, because it is composed of a golf club having a uniform relatively large moment of inertia Y, muted sphere bending of hitting a large golf club loft angle θ while prefer to strike, even in the long irons and the third and fourth such small loft angle theta, it is effective to golfers prefer to strike a suppressed relatively hitting curvature of the sphere. このような係数cは、14以下であるのが好ましく、より好ましくは、13以下であることが好ましい。 Such coefficient c is preferably 14 or less, more preferably, is preferably 13 or less. また、その際、係数cは、−5以上であることが好ましく、より好ましくは、−4以上であるのが好ましい。 Also, at that time, the coefficient c is preferably -5 or more, more preferably, preferably at -4 or more. このように、式(2)中の係数cおよびこれに伴う係数dの設定によって、ゴルフクラブヘッド22の各番手に対する慣性モーメントYが設定され、 Thus, by setting the coefficients c and coefficient d associated therewith in the formula (2), moment of inertia Y is set for each count of the golf club head 22,
これに基づいて、公知の質量配分等の方法によって、フェース面のスイートエリアの大小が一義的に定まり、ゴルフクラブセット内において各番手の飛距離のばらつきを調和させることができる。 Based on this, by a method such as a known mass distribution, the size of the sweet area of ​​the face is uniquely determined, it is possible to harmonize the variations in the distance of each count in the golf club set.

【0033】式(2)中の係数cが15より大きいゴルフクラブセットは、一般的に上級者が好むゴルフクラブセットとして位置づけられるが、上級者がこのようなゴルフクラブセットを選択することが好適というわけではなく、上級者であっても、全番手で打球の曲がりを抑えたいようなゴルファ−であれば、式(2)中の係数cが15以下のゴルフクラブセットを選択しても別段かまわない。 [0033] Equation (2) the coefficient c is greater than 15 golf club set in are generally but are positioned as a set of golf clubs preferred by advanced, preferable that the advanced user to select such a set of golf clubs It does not mean that, even in the advanced users, want such a golfer to suppress the bending of the ball in all count - if it is, the coefficient c in the formula (2) may otherwise be selected golf club set of 15 or less Absent. 自分のレベルや好みの打球や好みの戦略や好みの打球感より自分にとって好適なゴルフクラブセットを選択すればよい。 It is sufficient to select a suitable set of golf clubs for me than feel at impact of the strategy and preferences of their level and preferences of the ball and preferences.

【0034】また、本発明では、アイアンA3〜A8 [0034] In addition, in the present invention, iron A3~A8
を、最小の番手から順番に1から始まる連続する自然数で表した際の自然数Xに対して、あるいは、ロフト角度θに対して、アイアンA3〜A8の慣性モーメントY The relative natural number X when expressed from the smallest count natural numbers successive starting from 1 in the order, or, with respect to loft angle theta, the moment of inertia of the iron A3 to A8 Y
(g・cm 2 )の分布を回帰直線で表した場合、この回帰直線の推定誤差が30(g・cm 2 )以下であるように、慣性モーメントYの大きさが設定されていてもよい。 If a (g · cm 2) of the distribution expressed by a regression line, the estimation error of the regression line is such that 30 (g · cm 2) or less, may be set the size of the moment of inertia Y. ここで、回帰直線の推定誤差が30(g・cm 2 Here, the estimation error of the regression line is 30 (g · cm 2)
以下とは、ゴルフクラブの番手に応じて定まる自然数X、あるいは、ロフト角度θを回帰直線の関数に入力して計算される推定値と、このゴルフクラブの慣性モーメントYの値との誤差が、絶対値で30(g・cm 2 )以下、すなわち−30(g・cm 2 )以上+30(g・c It follows the natural number X is determined according to count of the golf club, or the estimated value calculated by entering the loft angle θ to the function of the regression line, an error between the value of the moment of inertia Y of the golf club, an absolute value 30 (g · cm 2) or less, i.e. -30 (g · cm 2) or more +30 (g · c
2 )以下であることをいう。 m 2) refers to less. この場合、回帰直線の推定誤差は、好ましくは、20(g・cm 2 )以下、より好ましくは、12.5(g・cm 2 )以下であるのが好ましい。 In this case, the estimation error of the regression line, preferably, 20 (g · cm 2) or less, more preferably, preferably at 12.5 (g · cm 2) or less.

【0035】また、本発明のゴルフクラブセットは、番手やロフト角度θに応じて慣性モーメントYが略線形的に変化するものに限られず、少なくとも3本以上のゴルフクラブが、ゴルフクラブの番手やロフト角度θの大きさの順番に対応して、ゴルフクラブヘッドの重心を通りフェース面に垂直な軸回りの慣性モーメントの大きさが設定されているものであればよい。 [0035] The golf club set of the present invention is not limited to changes substantially linearly moment of inertia Y in response to count and loft angle theta, at least three or more golf clubs, Ya count of the golf club in response to the order of magnitude of the loft angle theta, as long as the size of the vertical axis of the moment of inertia as the face surface of the center of gravity of the golf club head is set. 例えば、番手やロフト角度θの順番に応じて上記慣性モーメントの値が単調に増加し、あるいは、単調に減少し、その単調な増加や減少が非線形であってもよく、番手やロフト角度θの値に対する上記慣性モーメントの値が2次放物線上にプロットされるもの等であってもよい。 For example, it increases monotonically the value of the moment of inertia in accordance with the order of the count and loft angle theta, or monotonically decreases, the monotonic increase or decrease may be non-linear, count and loft angle theta of it may be those such as the value of the moment of inertia is plotted on the secondary parabola for the value. また、式(1)や(2)のように、直線で挟まれる範囲の替わりに、2つの2次放物線で挟まれる一定の範囲内にプロットされるものであってもよい。 Further, as shown in equation (1) or (2), instead of a range sandwiched by a straight line, or may be plotted within a certain range sandwiched by two secondary parabolic. さらには、上記慣性モーメントの値がすべて略一定であってもよい。 Furthermore, the value of the moment of inertia may be all substantially constant.

【0036】ところで、上記実施例のアイアンA3〜A [0036] By the way, iron of the above-described embodiment A3~A
8は、慣性モーメントが、所定の係数aやcを用いて式(1)や式(2)を満たすように、ゴルフクラブヘッド16の質量配分が調整されているが、本発明における、 8, moment of inertia, so as to satisfy the equation (1) or Equation (2) using a predetermined coefficient a or c, but the mass distribution of the golf club head 16 is adjusted, in the present invention,
ゴルフクラブヘッド16の重心を通りフェース面22に垂直な軸回りの慣性モーメントの値は、図7に示す慣性モーメント測定器50を用いて求めることができる。 The value of the vertical axis of the moment of inertia as the face surface 22 of the center of gravity of the golf club head 16 can be determined by using the moment of inertia measuring instrument 50 shown in FIG.

【0037】図7は、慣性モーメント測定器50の斜視図である。 FIG. 7 is a perspective view of the inertial moment of the measuring instrument 50. 慣性モーメント測定器50は、測定部52、 Moment of inertia measuring instrument 50, measuring unit 52,
演算部54、スタートレバー55、表示部56、操作ボタン57を備え、測定部52の上に慣性モーメントの測定対象物が載置され、スタートレバー55を手で摘んで変位させた後、手を放して捩れ振動させ、この時の捩れ振動の周期を測ることによって演算部54を通して慣性モーメントを測定し、表示部56に慣性モーメントの数値を表示する装置である。 Calculation unit 54, a start lever 55, a display unit 56, an operation button 57, the measuring object moment of inertia is placed on the measurement unit 52, after being displaced by gripping by hand the start lever 55, the hand release by torsional vibration, the moment of inertia was measured through calculating unit 54 by measuring the torsional vibration cycle at this time, a device for displaying the numerical value of the inertia moment on the display unit 56. なお、慣性モーメント測定器50として、Inertia Dynamics社製、 It should be noted that, as the moment of inertia measuring instrument 50, Inertia Dynamics Inc.,
慣性モーメント測定器 Model MOI−005− The moment of inertia measuring instrument Model MOI-005-
014が例示される。 014 is illustrated. このような慣性モーメント測定器は公知のものであればよく、本発明において、特に制限されない。 Such inertia meter may be any known ones, in the present invention is not particularly limited.

【0038】慣性モーメント測定器50による慣性モーメントの測定は、アイアンA6を例にして説明すると、 [0038] Determination of moment of inertia due to the moment of inertia measuring instrument 50, will be described with the iron A6 as an example,
図8(a)に示すように、慣性モーメント測定器50に治具61を固定して慣性モーメントIaを測定し、次いで図8(b)に示すように、治具61の上面部62にアイアンA6のゴルフクラブヘッド16のフェース面22 As shown in FIG. 8 (a), by measuring the moment of inertia Ia and the jig 61 is fixed to the moment of inertia measuring instrument 50, then as shown in FIG. 8 (b), iron on the upper surface portion 62 of the jig 61 the face surface 22 of the A6 of the golf club head 16
を固定して慣性モーメントIbを測定し、(Ib−I It was fixed by measuring the moment of inertia Ib, (Ib-I
a)よりゴルフクラブヘッドの慣性モーメントを得る。 a) obtain the moment of inertia of the golf club head than.
通常の慣性モーメント測定器では、上記Iaの数値は、 In a typical moment of inertia measuring instrument, the above figures Ia is
操作ボタン57を駆使し一連の手順によって自動的に風袋引きをされ、(Ib−Ia)の数値が表示されるものである。 Automatically be a tare full use of the operation button 57 by a series of steps, in which is displayed numeric (Ib-Ia).

【0039】ゴルフクラブヘッド16は、図9(a)に示すゴルフクラブヘッド16の重心Gを通るフェース面22の法線Nと、図9(b)に示す慣性モーメント測定器50の捩れ振動の回転軸Rとが、図9(c)に示すように一致もしくは概ね一致するように慣性モーメント測定器50に固定されることが好ましい。 The golf club head 16 includes a normal line N of the face surface 22 passing through the center of gravity G of the golf club head 16 shown in FIG. 9 (a), the moment of inertia measuring instrument 50 shown in FIG. 9 (b) torsional vibration and the rotation axis R is preferably fixed to the moment of inertia measuring instrument 50 to match or substantially match as shown in FIG. 9 (c). 概ね一致とは、 Roughly a coincidence,
図10に示すように法線Nがフェース面22を通る点を点g、回転軸Rがフェース面22を通る点を点rとすると、点gと点rとのなす距離dが3mm以内、好ましくは2mm以内、より好ましくは1mm以内とすることである。 Point g to the point where the normal line N passes through the face surface 22 as shown in FIG. 10, when the rotation axis R is a point r a point through the face surface 22, forms a distance d between the point g and the point r is within 3 mm, preferably within 2 mm, and more preferably be within 1 mm. この範囲内にゴルフクラブヘッド16のフェース面22を固定することによって、より正確に本発明の慣性モーメントを測定することが可能になる。 By fixing the face surface 22 of the golf club head 16 within this range, it is possible to measure more accurately the moment of inertia of the present invention. アイアンのゴルフクラブヘッド16のフェース面22は平面であり、治具61の上面部62とぴったりと接触するので、 Face surface 22 of the golf club head 16 of the iron is a plane, so that contact with the upper surface portion 62 of the jig 61 closely,
点gと点rを一致もしくは概ね一致させることで、ゴルフクラブヘッドの重心Gを通るフェース面22に垂直な方向の慣性モーメントを得ることができる。 By matching or substantially matching the point g and the point r, it is possible to obtain a vertical direction of the inertia moment of the face surface 22 passing through the center of gravity G of the golf club head.

【0040】また、上記点gと点rとの距離dを上記範囲内とする必要は必ずしもなく、点gと点rとの距離d Further, the distance d between the point g and the point r need not necessarily be within the above range, distance between the point g and the point r d
を知り、自動的に風袋引きをして得られた(Ib−I The know, was automatically obtained by the tare (Ib-I
a)の数値からゴルフクラブヘッド16の質量に距離d The distance d from the value of a) to the mass of the golf club head 16
の自乗を掛けた積を減算することによって補正することができる。 It can be corrected by subtracting the product obtained by multiplying the square. この補正方法によってゴルフクラブヘッドの重心Gを通るフェース面22に垂直な方向の慣性モーメントを得てもよい。 The correction method may be obtained in the vertical direction of the moment of inertia in the face surface 22 passing through the center of gravity G of the golf club head by. このように、ゴルフクラブヘッド1 In this way, the golf club head 1
6の重心Gを通るフェース面22に垂直な方向の慣性モーメントの測定方法については、特に限定されない。 Method of measuring the perpendicular moment of inertia in the face surface 22 through 6 of the center of gravity G, are not particularly limited.

【0041】ゴルフクラブヘッド16のフェース面22 The face surface 22 of the golf club head 16
上の点gは、図11に示すような重心測定器70によって求められる。 g point above is determined by the center of gravity measuring device 70 as shown in FIG. 11. 重心測定器70は、上部に重心測定対象物を支持する支持部72を備え、この支持部72が測定対象物を平衡に支持する測定対象物の位置を知ることができるものである。 Centroid measuring device 70 is provided with a supporting portion 72 for supporting the center of gravity measurement object at the top, is capable of the support portion 72 to know the position of the measurement object for supporting the object to be measured equilibrium. すなわち、重心の測定方法は、図1 That is, the measuring method of the center of gravity, Figure 1
2に示すようにゴルフクラブヘッド16を、支持部72 The golf club head 16 as shown in 2, the support portion 72
に載せ、手を放しても落ちない平衡な位置を探しだす。 To put, out looking for a balanced position that does not fall even release the hand.
つまり、図13(a)に示すように、フェース面22と支持部72の接触部に点gを含んでいれば、ゴルフクラブヘッド16を支持部72に載せて手を放しても落ちないが、図13(b)に示すように、フェース面22と支持部72の接触部に点gを含んでいなければ、ゴルフクラブヘッド16は、支持部72に載せて手を放すと落ちる。 That is, as shown in FIG. 13 (a), if it contains a point g to the contact portion between the face surface 22 supporting portion 72, but does not fall even release the hand put the golf club head 16 to the support portion 72 as shown in FIG. 13 (b), if not contain the point g to the contact portion between the face surface 22 supporting unit 72, the golf club head 16, and fall off release the hand placed on the support portion 72. このことを利用して点gを求めるものである。 And requests the point g by utilizing this.

【0042】支持部72は,平面または3点以上で支持する形態であることが好ましい。 The support portion 72 is preferably in the form of supporting a planar or three points or more. また、支持部72の面積は、15mm 2以下であることが好ましい。 The area of the support portion 72 is preferably 15 mm 2 or less. また、下限はゴルフクラブヘッドが支えられる限り特に限定されない。 In addition, the lower limit is not particularly limited as long as the golf club head is supported. 支持部72の面積は、平面であれば平面部分の面積、3点以上で支持する形態であれば各点を結んだ図形の面積によって示される。 Area of ​​the support portion 72, the area of ​​the planar portion, if the plane is represented by the area of ​​a figure formed by connecting the respective points as long as the form for supporting at least three points. 支持部の面積を上記の範囲に設定することによって、より正確に点gを求めることができる。 The area of ​​the support portion by setting the above range, it is possible to obtain more accurately the point g.

【0043】支持部72によって支持された平面は水平または概ね水平になることが好ましい。 The plan that is supported by the support portion 72 is preferably formed in horizontal or substantially horizontal. ここで、概ね水平とは、水平面に対する傾きが2度以内、好ましくは1 Here, a generally horizontal, within inclination twice with respect to the horizontal plane, preferably 1
度以内のことである。 Is that within the degrees. 水平または概ね水平になっているか否かは、例えば図14に示すように、支持部72に平面板74を載せて支持させ、平面板74の上に水準器7 Whether the image is vertically or substantially horizontally, for example, as shown in FIG. 14, the support portion 72 is supported by placing a flat plate 74, Level 7 on the flat plate 74
6を置き、確認し、調整することができる。 Place the 6, it is possible to check and adjust. 上記範囲内に設定することによって、より正確に点gを求めることが可能になる。 By setting within the above range, it is possible to determine more accurately the point g. 慣性モーメント測定器50の回転軸R及び点rは、慣性モーメント測定器50により定められるものである。 The rotation axis R and the point r of the moment of inertia measuring instrument 50 is to be defined by the moment of inertia measuring instrument 50. 回転軸Rは鉛直または概ね鉛直になることが好ましい。 The rotation axis R is preferably formed in a vertical or substantially vertical. ここで、概ね鉛直とは、鉛直方向に対する傾きが2度以内、好ましくは1度以内のことである。 Here, the generally vertical within inclination twice with respect to the vertical direction, preferably that within one degree. 回転軸Rを鉛直または概ね鉛直に設定するためには、慣性モーメント測定器50に設けられた水準器部分を目安に測定器の水平を調整すること、又は測定器を水平に調整された平面板上に設置すること等が考えられる。 To set the rotation axis R perpendicular or substantially vertically is possible to adjust the horizontal instrument to measure a level portion provided on the moment of inertia measuring instrument 50, or instrument horizontally adjusted flat plate We like to be installed above may be considered. 上記範囲内に設定することによって、ゴルフクラブヘッド16 By setting within the above range, the golf club head 16
の重心Gを通りフェース面22に垂直な軸回りの慣性モーメントをより正確に測定することができる。 Around an axis perpendicular moment of inertia center of gravity G as the face surface 22 of the can be more accurately measured.

【0044】治具61の上面部62によって支持された平面は水平または概ね水平になることが好ましい。 The plan that is supported by the upper surface portion 62 of the jig 61 is preferably formed in horizontal or substantially horizontal. 本発明における概ね水平とは、水平面に対する傾きが2度以内、好ましくは1度以内のことである。 The generally horizontal in the present invention, within inclination twice with respect to the horizontal plane, preferably that within one degree. 水平または概ね水平になっているか否かは、上記した図14に示す支持部72の例と同様な方法で確認し、調整することができる。 Whether or not it is horizontal or substantially horizontal checks in a manner similar to example of the support portion 72 shown in FIG. 14 described above, it can be adjusted. 上記範囲内に設定することによって、ゴルフクラブヘッド16の重心Gを通りフェース面22に垂直な軸回りの慣性モーメントをより正確に測定することができる。 By setting within the above range, it is possible to more accurately measure the vertical axis of the moment of inertia as the face surface 22 of the center of gravity G of the golf club head 16.

【0045】また、治具61は、治具自体の重心位置が回転軸Rに一致もしくは概ね一致するように慣性モーメント測定器50に装着されることが好ましい。 Further, the jig 61, the center of gravity of the jig itself is attached to the moment of inertia measuring instrument 50 to match or substantially coincides with the rotation axis R are preferred. 概ね一致とは、図15に示すように治具61の重心位置をG' とすると、G' と回転軸Rとのなす距離d' を2mm以内、好ましくは1mm以内とすることである。 A generally coincidence, 'When, G' center of gravity of the jig 61 G, as shown in FIG. 15 within 2mm eggplants distance d 'between the rotation axis R and is to preferably be within 1 mm. 治具61 Jig 61
の重心位置をG' を上記範囲内に設定することによって、ゴルフクラブヘッド16の重心Gを通りフェース面22に垂直な軸回りの慣性モーメントをより正確に測定することができる。 By setting the center of gravity position G 'in the above range, it is possible to more accurately measure the vertical axis of the moment of inertia as the face surface 22 of the center of gravity G of the golf club head 16.

【0046】ゴルフクラブヘッド16と治具61とを固定するためには、両面テープ、粘土等の粘着体による固定、接着剤による固定、磁力を用いた固定等が考えられる。 [0046] In order to fix the golf club head 16 and the jig 61, double-sided tape, fixed by the adhesive material of the clay or the like, fixed with an adhesive, fixing or the like using a magnetic force is considered. 固定は、ゴルフクラブヘッド16のフェース面22 Fixed, the face surface 22 of the golf club head 16
と、治具61の上面部62によって固定されるが、フェース面22が平面であれば、上面部62は平面であることが好ましく、例えばウッドゴルフクラブWのようにフェース面22'が凸の曲面であれば、上面部62は凸の曲面に合致するような凹の曲面であることが好ましい。 When, but is fixed by the upper surface portion 62 of the jig 61, if face 22 is flat, it is preferable that the upper surface portion 62 is a plane, for example, wood golf club face 22 as the club W 'is convex if a curved surface, it is preferable upper surface portion 62 is a concave curved surface to match the convex curved surface.
つまり、固定する両面が合致することが好ましい。 In other words, it is preferable that both surfaces of fixing matches. また、例としてフェース面22'が凸の曲面に対し上面部62が平面であるような固定する両面が十分に合致しない場合は、図16に示すように粘着体101をフェース面22'及び上面部62に合致するように形成し、固定することが考えられる。 Also, 'if the double-sided upper surface portion 62 with respect to the curved surface of the convex fixing such that the plane does not coincide sufficiently, face 22 an adhesive member 101 as shown in FIG. 16' face 22 as an example and an upper surface formed to match the section 62, it is conceivable to fix. 言うまでもなく粘着体101のように、接着剤等固定手段の内質量を有するものは、治具の一部に含まれ、風袋引きにおいては治具と同様に風袋として引かれる。 Of course as the pressure-sensitive adhesive body 101, those having an inner mass of adhesive or the like fixing means, included as part of the jig, in the tare drawn as tare Like the jig. このように、ゴルフクラブヘッド1 In this way, the golf club head 1
6の重心Gを通りフェース面22に垂直な軸回りの慣性モーメントを測定することができる。 Around an axis perpendicular moment of inertia center of gravity G as the face 22 of 6 can be measured.

【0047】従来の慣性モーメントの測定は、スイートエリアを外した打球時におけるゴルフクラブヘッドのぶれる方向、更に言えばゴルフクラブヘッドの回転する方向を想定し、その回転軸まわりの慣性モーメントを測定することで、スイートエリアの大きさの評価の代用としていた。 The conventional measurement of the moment of inertia, the direction that department of the golf club head at the time of hitting disconnecting the sweet area, assuming the direction of rotation of the golf club head that matter, to measure the moment of inertia about its axis of rotation that is, it had been a substitute for evaluation of the size of the suite area. しかしながら、上記のような前提条件に基づき測定される慣性モーメントによるスイートエリアの大きさの評価が、1つの回転軸に対して1平面上、フェース面上においては1線上にしか及ばない。 However, evaluation of the size of the sweet area by the moment of inertia to be measured based on the assumptions as described above, on a plane with respect to one rotation axis, extends only in one line in the face surface.

【0048】例として、分かりやすく説明すると、図1 [0048] As an example, plainly be described, FIG. 1
7に示すように、ゴルフクラブヘッド16の重心Gを通り、鉛直方向の軸Vまわりの慣性モーメントの示す意味は、軸Vを法線とし、重心Gを含む平面P上に力を作用させた場合のぶれにくさのみを正確に示す。 As shown in 7, passes through the center of gravity G of the golf club head 16, the meaning of the moment of inertia about the axis V in the vertical direction, and the axis V and the normal, was allowed to act a force on the plane P including the center of gravity G pinpoint the shake difficulty Sanomi of the case. これをフェース面上の打球位置で表すと、平面Pとフェース面22 If this expressed by hitting position on the face surface, the plane P and the face surface 22
との交わる線p上、つまり、重心Gに対して完全に左右方向に外して打球した場合のみに対するゴルフクラブヘッドのぶれにくさになる。 On line p of intersection of bets, that is, becomes blur difficulty of the golf club head with respect to only when hitting completely removed in the lateral direction with respect to the center of gravity G. つまり、線p上以外の打点位置で打球すると、ゴルフクラブヘッドが軸Vまわり以外の方向にぶれることより、鉛直方向の軸Vまわりの慣性モーメントは、線p上の左右方向のみのスイートエリアの大きさを表す指標にしかならない。 That is, when hitting on the dot position other than on line p, the golf club head from the blurred in directions other than about the axis V, the moment of inertia about the axis V of the vertical direction, the sweet area of ​​only the horizontal direction on the line p not only indicator of the size. ここで、平面Pとゴルフクラブヘッド1の交わる線pが、図17に示されるように、湾曲しているのは、フェース面22を外れ、 Here, the line p of intersection of the plane P and the golf club head 1 is, as shown in FIG. 17, is the curved, out of the face surface 22,
ホーゼル部にかかっているためである。 This is because you are suffering from a hosel portion. 実質のフェース面22は、線pが直線の部分にあたる。 Real face surface 22, the line p hits the portion of the straight line.

【0049】一方、ゴルフクラブヘッドのスイートエリアを大きくするための基本的手段として周辺配分の手法が知られているが、この周辺配分とは、ゴルフクラブヘッドの重心位置からより離れた位置に質量を配分することである。 [0049] On the other hand, methods of peripheral allocation is known as a basic means for increasing the sweet area of ​​the golf club head, and the peripheral distribution, mass and more away from the center of gravity of the golf club head a is to distribution. 周辺配分化することにより、同じ質量のゴルフクラブヘッドのスイートエリアをより大きくすることが可能である。 By peripheral distribution of, it is possible to increase the sweet area of ​​the same mass of the golf club head. この技術としては、ウッドゴルフクラブにおいてはゴルフクラブヘッドの中空化、アイアンゴルフクラブにおいてはゴルフクラブヘッドのキャビティーバック化が代表的な技術である。 As the technique, in the wood golf club hollow of the golf club head, in the iron golf club cavity back of a golf club head is a typical technology. 本発明者は、この周辺配分の技術の中でも、特にフェース面方向に関してゴルフクラブヘッドの重心位置からより離れた位置に質量を配分する、いわゆるフェース面方向の周辺配分が、ゴルフボールを打撃するフェース面のスイートエリアを大きくすることに繋がることを見出し、鋭意検討の結果、ゴルフクラブヘッドの重心を通りフェース面に垂直な軸まわりの慣性モーメントが、フェース面方向の周辺配分の度合いを正確に表す、言いかえれば、ゴルフボールの打撃面であるフェース面のスイートエリアの大きさを正確にかつ一義的に表していることを見出して本発明に至ったものである。 Face inventors, among the peripheral distribution technology, particularly to distribute the mass more distant position from the center of gravity of the golf club head with respect to the face surface direction, the peripheral distribution of the so-called face direction for striking the golf ball It found that leads to increasing the sweet area of ​​the surface, a result of intensive study, the inertia moment about an axis perpendicular to the street face the center of gravity of the golf club head, accurately represent the degree of the peripheral distribution of the face direction , in other words, and have reached the present invention have found that it is accurately and unambiguously represent the size of the sweet area of ​​the face surface is a striking face of a golf ball.

【0050】このように、ゴルフクラブヘッド16の重心を通りフェース面22に垂直な軸回りの慣性モーメントを測定することによって、ゴルフクラブヘッドのスイートエリアの大きさを正確かつ一義的に評価することができる。 [0050] Thus, by measuring the vertical axis of the moment of inertia as the face surface 22 of the center of gravity of the golf club head 16, be evaluated accurately and unambiguously the size of the sweet spot of the golf club head can.

【0051】ゴルフクラブセット10は、上記方法によって計測される慣性モーメントが、式(1)を満たし、 The golf club set 10, the moment of inertia, which is measured by the above method is, satisfies the equation (1),
係数aが、60以下、あるいは、60より大きく設定されているので、番手の順番に従ってスイートエリアの大きさが変化する。 Coefficient a, 60 or less, or because it is larger than 60, the size of the sweet area is varied in order of count. 従って、飛距離のばらつきが、番手の順番に応じて連続的に変化していくので、番手によって飛距離のばらつきが極端に小さいあるいは大きいといったゴルフクラブセット内のアンバランスはなくなり、飛距離のばらつきに関して調和のとれたゴルフクラブセットを得ることができる。 Therefore, variations in the travel distance, so we continuously changed in accordance with the count of the order, no longer unbalanced in the golf club set such that or greater extremely small variation in the distance by the count, the variation of the distance it is possible to obtain a balanced set of golf clubs of harmony with respect. しかも、スイートエリアを外した感触も、番手の順番に応じて徐々に変化するので、ゴルファーが特定の番手のゴルフクラブだけ感触が違うといった違和感を感じることもない。 Moreover, even feel you remove the suite area, so gradually changes in accordance with the count of the order, there is no also feel a sense of discomfort, such as different feel only golf club for a particular count golfer.

【0052】 [0052]

【実施例】このようなゴルフクラブセットの中から、ロフト角度θが16度以上41度以下の範囲内に含まれるアイアン6本(A'3〜A'8)を抽出し、バックフェース部の肉厚分布と、サイド部分への質量配分を変化させることによって、本発明のゴルフクラブセット、あるいは、本発明のゴルフクラブセットの一部分、を構成する6本のゴルフクラブ、16種(実施例1〜16)と、 EXAMPLES among such golf club set, and extracted six irons loft angle θ is included within the scope of the following 16 degrees 41 degrees (A'3~A'8), the back face portion a thickness distribution, by changing the mass distribution of the side parts, golf club set of the present invention, or a set of golf clubs in a portion, constituting a six golf club of the present invention, 16 types (example 1 and to 16),
本発明のゴルフクラブセットに含まれないゴルフクラブセットを構成する6本のゴルフクラブ、2種(比較例1 Six golf clubs that constitute a set of golf clubs that are not included in the golf club set of the present invention, two (Comparative Example 1
および2)とを作製した。 And 2) a was prepared. ゴルフクラブヘッドのライ角度、フェース面の輪郭形状、ヘッド長さ、ヘッド幅、フェースプログレッション、ホーゼル長さおよびホーゼル径等のゴルフクラブの外観形状は同一番手において同一となるように作製した。 Lie angle of the golf club head, the contour of the face, head length, head width, face progression, the external shape of a golf club hosel length and hosel diameters were prepared to be the same in the first player. また、ロフト角度θは、高爾夫球頭測度台(昇峰企業社製)を用いて測定し、A'3が20度、A'4が24度、A'5が28度、A'6が3 Further, the loft angle theta, measured using Konanjiottodamaatama measure stand the (Noboriho Enterprise Co., Ltd.), A'3 is 20 degrees, A'4 is 24 degrees, A'5 is 28 degrees, the A'6 3
2度、A'7が36度およびA8が40度であった。 Twice, A'7 is 36 degrees and A8 were 40 degrees.

【0053】一方、ゴルフクラブヘッドの重心を通りフェース面に垂直な軸回りの慣性モーメントの値を、ゴルフクラブとして組み立てる前に、以下のように測定した。 [0053] On the other hand, the value of the vertical axis of the moment of inertia as the face surface of the center of gravity of the golf club head, before assembling as a golf club, was measured as follows. すなわち、慣性モーメント測定器50に、Iner That is, the moment of inertia measuring instrument 50, INER
tia Dynamics社製 Moment of tia Dynamics Co., Ltd. Moment of
inertia instrument Model inertia instrument Model
MOI−005−014、治具に同社製Calibra MOI-005-014, manufactured by the same company Calibra in a jig
tion Weight(Part No.CW005 tion Weight (Part No.CW005
−001)を用いた。 -001) was used. ゴルフクラブヘッドの固定は、図9(c)に示すように、法線Nと回転軸Rが一致するように固定した。 Fixing of the golf club head, as shown in FIG. 9 (c), and fixed to the normal line N and the rotation axis R coincides. 固定手段は、株式会社ライオン事務器製両面テープ(品番:GW−350)により固定した。 Securing means, Ltd. Lion business machines manufactured by double-sided tape (part number: GW-350) was fixed by. 図10に示す点gは、FORTEEN社製C. point g shown in FIG. 10, FORTEEN Co. C. G. G. MAK MAK
ERMODEL FG−102RMにより図13(a) Figure by ERMODEL FG-102RM 13 (a)
に示すように求めた。 It was determined as shown in FIG. 慣性モーメント50の測定は、同社作成のOperating Manualに準拠した。 Measurement of the moment of inertia 50, conforming to the Operating Manual of the company's creation. 測定は3回行い、3回の平均値を測定値とした。 The measurement was conducted 3 times, and the measured values ​​the average value of 3 times.

【0054】図18および図19は、上記実施例1〜1 [0054] FIGS. 18 and 19, the embodiments 1 to 1
6のアイアンA'3〜A'8と、比較例1および比較例2のアイアンA'3〜A'8について、ゴルフクラブヘッドの重心を通りフェース面に垂直な軸回りの慣性モーメントの値が各番手によってどのように変化しているかを示す図である。 6 Iron A'3~A'8, the iron A'3~A'8 of Comparative Example 1 and Comparative Example 2, the value of the vertical axis of the moment of inertia as the face surface of the center of gravity of the golf club head it is a diagram showing how they vary with each count.

【0055】また、表1には、係数aおよび係数bと、 [0055] Further, in Table 1, and the coefficients a and b,
係数cおよび係数dと、幅Δ 1と幅Δ 2の値が示されている。 The coefficient c and the coefficient d, there is shown a value of the width delta 1 and width delta 2. ここで、幅Δ 1とは、係数aおよびbで作られる平行な2直線によって、図18や図19で表される実施例1〜16の各プロットの点が挟まれる領域の幅をいう。 Here, the width delta 1, by two parallel straight lines made with coefficients a and b, means the width of the region where the point of the plot of Examples 1 to 16 represented by FIGS. 18 and 19 are sandwiched. 同様に、幅Δ 2とは、係数cおよびdで作られる平行な2直線によって、図18や図19で表される実施例1〜16の各プロットの点が挟まれる領域の幅をいう。 Similarly, the width delta 2, by two parallel straight lines made with the coefficient c and d, refers to a width of the region where the point of the plot of Examples 1 to 16 represented by FIGS. 18 and 19 are sandwiched.

【0056】明らかなように、実施例1〜8では、係数aの値は60以下であり、係数cの値は15以下であり、幅Δ 1は50以下となっている。 [0056] Obviously, in Examples 1-8, the values of the coefficient a is 60 or less, the value of the coefficient c is 15 or less, the width delta 1 has a 50 or less. 一方、実施例9〜 On the other hand, Example 9
16では、係数aの値は60より大きく、係数cの値は15より大きく、幅Δ 2も50以下となっている。 In 16, greater than the value of 60 of the coefficients a, greater than the value 15 of the coefficient c, which is 2 also 50 or less wide delta. すなわち、実施例1〜16は、式(1)や式(2)を満足している。 That is, Examples 1-16 are satisfied formula (1) or Equation (2).

【0057】 [0057]

【表1】 [Table 1]

【0058】一方、比較例1および2は、式(1)および(2)を満たすことがなかった。 Meanwhile, Comparative Examples 1 and 2 were not able to meet the formula (1) and (2). すなわち、比較例1 That is, Comparative Example 1
では、平行な2直線で挟まれる際の最小となる幅Δ 1が60であり、式(1)を満たさない一方、比較例2では、平行な2直線で挟まれる際の最小となる幅Δ 2が6 In a wide delta 1 is 60 to smallest when sandwiched by two parallel straight lines, while not meeting the equation (1), in Comparative Example 2, the minimum when sandwiched by two parallel straight lines width delta 2 6
0であり、式(2)を満たさなかった。 0, did not satisfy the equation (2).

【0059】また、アイアンA'3〜A'8を、最小の番手から順番に1から始まる連続する自然数Xで表した際の自然数Xに対する、アイアンA'3〜A'8の慣性モーメントY(g・cm 2 )の分布を回帰直線をY= [0059] In addition, the iron A'3~A'8, for the natural number X when expressed as a natural number X consecutive starting from 1 in the order from the smallest count, of iron A'3~A'8 moment of inertia Y ( the g · cm 2) of the distribution regression line Y =
a'・X+b'で表し、あるいは、ロフト角度θに対する回帰直線をY=c'・θ+d'で表し、その時の係数a'、b'、c'、d'および、その時の、アイアンA'3〜A'8のうち、最も大きい誤差Δ 3 + 、誤差Δ Expressed in a '· X + b', or represents a regression line for the loft angle theta with Y = c '· θ + d', the coefficients of the time a ', b', c ', d' and, at that time, iron A'3 of ~A'8, the largest error delta 3 +, errors delta
3 -および誤差Δ 4 + 、誤差Δ 4 -を、表2に数値で表している。 3 - and the error delta 4 +, an error delta 4 - a, are represented by numerical values in Table 2. なお、誤差Δ 3 +は、慣性モーメントYが、 It should be noted that the error Δ 3 + is, the moment of inertia Y is,
回帰直線によって推定された慣性モーメントYの推定値よりも大きい側の最大推定誤差であり、誤差Δ 3 -は、 The maximum estimated error of greater than the estimated value of the moment of inertia Y estimated by the regression line side, the error delta 3 - is
慣性モーメントYが、回帰直線によって推定された慣性モーメントYの推定値よりも小さい側の最大推定誤差である。 Moment of inertia Y is the maximum estimation error of less than the estimated value of the moment of inertia Y estimated by the regression line side. 誤差Δ 4 +および誤差Δ 4 -も、誤差Δ 3 +および誤差Δ 3 -と同様に定義される。 Error delta 4 + and the error delta 4 - also, the error delta 3 + and the error delta 3 - to be defined similarly. 推定誤差は、実施例1〜16においていずれも30(g・cm 2 )より小さいことが判る。 Estimation error are all understood to be less than 30 (g · cm 2) in Examples 1-16. 一方、比較例1および2は、いずれも3 On the other hand, Comparative Examples 1 and 2, both 3
0(g・cm 2 )より大きい。 0 (g · cm 2) greater than.

【0060】 [0060]

【表2】 [Table 2]

【0061】このような実施例1〜16および比較例1 [0061] Such Examples 1-16 and Comparative Example 1
および2のゴルフクラブセットを用いて50人にそれぞれ10球ずつ打球してもらい、各番手毎の飛距離を測定して標準偏差を求め、50人の標準偏差の平均を飛距離のばらつきとした。 And asked to hitting ten balls each 50 people with 2 golf club set, a standard deviation to measure the distance for each count, and the average of 50 people standard deviation of the variation in the distance . 結果を表3に示す。 The results are shown in Table 3. また、各番手と飛距離のばらつきの相関を判断するために、ピアソンの積率相関係数を求めた。 Further, in order to determine the correlation between the variation of the count and distance to determine the Pearson's product moment correlation coefficient. 結果を表4に示す。 The results are shown in Table 4. 表3では、 In Table 3,
番手が大きくなるにつれ、概略、飛距離のばらつきが小さくなっているが、これは主として、番手が大きくなるほど、飛距離自体が短くなることによって、飛距離のばらつきが小さくなるからである。 As yarn count increases, outline, although variations of distance is small, this is primarily the larger the count, by distance itself is shortened, because the variation in the flying distance is reduced. 慣性モーメントに起因する飛距離のばらつきの効果は、上記飛距離自体の低下によって低下する飛距離のばらつきの傾向に上乗せされるものである。 The effect of variation in the distance due to the moment of inertia is to be plus the trend of the variation of distance to be reduced by a decrease in the distance itself. 従って、番手の順番やロフト角度θと飛距離のばらつきの相関係数をとることによって、慣性モーメントに起因する飛距離のばらつきの効果を抽出することができる。 Therefore, by taking the correlation coefficient of variation in yarn count order and loft angle θ and distance, it is possible to extract the effect of variations in the distance caused by the moment of inertia.

【0062】 [0062]

【表3】 [Table 3]

【0063】 [0063]

【表4】 [Table 4]

【0064】アイアンA'3〜A'8は、番手が大きくなるほど、飛距離のばらつきが小さくなることから、表4に示されるように、番手と飛距離のばらつきは負の相関係数を持つことになるが、この相関係数の絶対値は、 [0064] Iron A'3~A'8 is, the larger the count, since the variation in the flying distance is small, as shown in Table 4, the variation of the count and distance has a negative correlation coefficient Although thus, the absolute value of the correlation coefficient,
実施例1〜16はいずれも0.9以上、場合によっては0.95以上であり、番手が大きくなるほど傾向的に飛距離のばらつきが小さくなり、飛距離のばらつきがゴルフクラブの番手に応じて調整されているため、番手に応じた飛距離の打ち分けを容易に行うことができることを示している。 Examples 1-16 are all 0.9 or more, in some cases is 0.95 or more, count becomes more prone to reduced variations in distance increases, the variation of the flying distance in response to count the golf club because they are adjusted, it shows that it is possible to easily divide out the distance corresponding to the count. 一方、比較例1および2は、いずれも、相関係数の絶対値が0.852や0.858といった値を示し、番手が大きくなるほど飛距離のばらつきが小さくなるといった傾向が小さく、番手に応じた飛距離のコントロールが困難であることがわかる。 On the other hand, Comparative Example 1 and 2 are both absolute value of the correlation coefficient indicates a value such 0.852 and 0.858, less prone such variations in the distance as count increases is reduced, depending on the yarn count distance control of it can be seen that it is difficult to have.

【0065】以上、実施例1〜16のゴルフクラブセットは、比較例1および2に比べて、飛距離のばらつきが番手の順番やロフト角度の大きさに対応して連続的に変化していることは明白である。 [0065] above, the golf club set of Examples 1-16, compared to Comparative Examples 1 and 2, variations in the distance are continuously changed in response to the magnitude of the count of the order and loft angle it is obvious.

【0066】以上、本発明のゴルフクラブセットについて詳細に説明したが、本発明は上記実施例に限定はされず、本発明の要旨を逸脱しない範囲において、各種の改良および変更を行ってもよいのはもちろんである。 [0066] Having described in detail a set of golf clubs of the present invention, the present invention is limited to the above embodiments is not the sole, without departing from the scope and spirit of the present invention, it may be subjected to various improvements and modifications the is a matter of course.

【0067】 [0067]

【発明の効果】以上、詳細に説明したように、本発明によれば、ゴルフクラブセット内のゴルフクラブ全体を通じて、スイートエリアの大小を番手の順番やロフト角度の大きさに応じて変化させているので、本発明のゴルフクラブセットのゴルフクラブを用いることで、番手に応じた飛距離の打ち分けを容易に行うことができる。 Effect of the Invention] As described above in detail, according to the present invention, throughout the golf clubs in a golf club set, and the magnitude of the sweet area is changed according to the magnitude of the count of the order and loft angle because there, the use of the golf club of the golf club set of the present invention, it is possible to divide out the distance corresponding to the count easily.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】 本発明のゴルフクラブセットの一例であるゴルフクラブセットの外観を示す側面図である。 1 is a side view showing an appearance of a golf club set which is an example of a golf club set of the present invention.

【図2】 本発明のゴルフクラブセットの各ゴルフクラブのロフト角度を測定する測定器の概略斜視図である。 Figure 2 is a schematic perspective view of a measuring device for measuring a loft angle of each golf club in a golf club set of the present invention.

【図3】 図2に示す測定器の要部を説明する説明図である。 3 is an explanatory view illustrating a main part of the measuring instrument shown in FIG.

【図4】 図2に示す測定器でロフト角度を測定する方法を説明する説明図である。 [4] In the measurement apparatus shown in FIG. 2 is an explanatory diagram for explaining a method of measuring the loft angle.

【図5】 図2に示す測定器でロフト角度を測定する方法を説明する他の説明図である。 Figure 5 is another explanatory diagram for explaining a method of measuring a loft angle measuring device shown in FIG.

【図6】 図2に示す測定器でロフト角度を測定する方法を説明する他の説明図である。 6 is another explanatory diagram for explaining a method of measuring a loft angle measuring device shown in FIG.

【図7】 本発明のゴルフクラブセットの各ゴルフクラブの慣性モーメントを測定する慣性モーメント測定器を示す斜視図である。 7 is a perspective view showing a moment of inertia measuring instrument for measuring the moment of inertia of the golf club of the golf club set of the present invention.

【図8】 (a)および(b)は、図7に示す慣性モーメント測定器で慣性モーメントを測定する方法を説明する説明図である。 8 (a) and (b) are explanatory views for explaining a method for measuring the moment of inertia moment of inertia measuring instrument shown in FIG.

【図9】 (a)〜(c)は、ゴルフクラブヘッドの固定位置を説明する説明図である。 9 (a) ~ (c) are explanatory views for explaining a fixed position of the golf club head.

【図10】 図8(b)に示すゴルフクラブヘッドの固定位置をフェース面上にて説明する説明図である。 The [10] fixed position of the golf club head shown in FIG. 8 (b) is an explanatory view illustrating in the face surface.

【図11】 慣性モーメントを測定するために、重心を位置を測定する重心測定器を示す斜視図である。 [11] In order to measure the moment of inertia is a perspective view showing the center of gravity measuring device for measuring the position of the center of gravity.

【図12】 図11に示す重心測定器にゴルフクラブヘッドを乗せた状態を示す正面図である。 12 is a front view showing a state carrying the golf club head center of gravity measuring device shown in FIG. 11.

【図13】 (a)および(b)は、図12に示すゴルフクラブヘッドを乗せる位置を説明する説明図である。 13 (a) and (b) are explanatory views for explaining a position to put the golf club head shown in FIG. 12.

【図14】 図11に示す重心測定器の好ましい設置状態を説明する説明図である。 14 is an explanatory view illustrating a preferred installation state of the center of gravity measuring device shown in FIG. 11.

【図15】 慣性モーメントの測定に用いる治具の好ましい形態を説明する説明図である。 15 is an explanatory view illustrating a preferred embodiment of the jig used for measuring the moment of inertia.

【図16】 フェース面にラウンドを有するゴルフクラブヘッドを慣性モーメント測定器(の治具)に固定する方法を説明する説明図である。 16 is an explanatory view for explaining a method of fixing the moment of inertia measuring instrument a golf club head having a round face (jig).

【図17】 従来の慣性モーメント測定方法により得られる知見を説明するゴルフクラブヘッドの斜視図である。 17 is a perspective view of a golf club head illustrating the knowledge obtained by the conventional inertia measurement method.

【図18】 ゴルフクラブの番手に対応して変化する慣性モーメントを示す図である。 FIG. 18 is a diagram showing the moment of inertia to change in response to the count of the golf club.

【図19】 ゴルフクラブの番手に対応して変化する慣性モーメントを示す図である。 FIG. 19 is a diagram showing the moment of inertia to change in response to the count of the golf club.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

10 ゴルフクラブセット 12 ゴルフクラブシャフト 14 グリップ 16 ゴルフクラブヘッド 18 ホーゼル 20 ソケット 22 フェース面 30 ロフト角度測定器 32 基準面 33 ライ角度調整部 34 ソール部 36 フェース角度調整具 38 チャック部 40 分度器 50 慣性モーメント測定器 52 測定部 54 演算部 55 スタートレバー 56 表示部 57 操作ボタン 61 治具 62 上面部 70 重心測定器 72 支持部 74 平面板 76 水準器 10 set of golf clubs 12 golf club shaft 14 grip 16 golf club head 18 hosel 20 socket 22 face 30 loft angle measuring instrument 32 the reference plane 33 lie angle adjustment unit 34 a sole portion 36 face angle adjuster 38 chuck 40 protractor 50 inertia meter 52 measuring unit 54 computation unit 55 start lever 56 display unit 57 operating button 61 jig 62 upper surface 70 barycenter measuring device 72 supporting portion 74 flat plate 76 level

Claims (11)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】ロフト角度が異なる複数本のゴルフクラブからなるゴルフクラブセットであって、 このゴルフクラブセットのゴルフクラブの内、少なくとも3本以上のゴルフクラブは、ゴルフクラブの番手の順番あるいはロフト角度の大きさの順番に対応して、ゴルフクラブヘッドの重心を通りフェース面に垂直な軸回りの慣性モーメントの大きさが設定されていることを特徴とするゴルフクラブセット。 1. A set of golf clubs loft angle is from the golf club of different book, among the golf club of the golf club set, at least three or more golf clubs, golf club count sequence or loft in response to the order of magnitude of the angle, a golf club set, wherein the size of the vertical axis of the moment of inertia as the face surface of the center of gravity of the golf club head is set.
  2. 【請求項2】前記慣性モーメントは、ゴルフクラブの番手の順番に対応して、略線形的に変化する請求項1に記載のゴルフクラブセット。 Wherein said moment of inertia, a set of golf clubs according to claim 1 which corresponds to the order of the golf club count varies substantially linearly.
  3. 【請求項3】請求項1または2に記載のゴルフクラブセットであって、 このゴルフクラブセットは、ロフト角度が16度以上4 3. A golf club set according to claim 1 or 2, the golf club set, the loft angle is 16 degrees or more 4
    1度以下の範囲にある少なくとも3本以上のゴルフクラブの群を有し、 この群のすべてのゴルフクラブを、最小の番手から順番に1から始まる連続する自然数Xで表し、前記慣性モーメントをY(g・cm 2 )とした場合、この群のすべてのゴルフクラブの前記慣性モーメントYが、前記自然数Xに対して下記式(1)で定まる範囲に設定されていることを特徴とするゴルフクラブセット。 Has at least three or more of the group of the golf club is in the range of 1 degree or less, all the golf clubs of this group represents a natural number X successive starting from 1 in the order from the smallest count, the moment of inertia Y If you (g · cm 2) and a golf club in which the moment of inertia Y of all golf clubs in this group, characterized in that it is set in a range defined by the following formula (1) with respect to the natural number X set. a・X+b ≦ Y ≦ a・X+b+50 (1) ただし、係数aおよびbは定数である。 a · X + b ≦ Y ≦ a · X + b + 50 (1) where the coefficients a and b are constants.
  4. 【請求項4】前記式(1)中の係数aが60以下である請求項3に記載のゴルフクラブセット。 4. A golf club set according to claim 3 coefficient a in the above formula (1) is 60 or less.
  5. 【請求項5】前記式(1)中の係数aが60より大きい請求項3に記載のゴルフクラブセット。 5. A golf club set according to the coefficient a is greater than 60 claim 3 in the formula (1).
  6. 【請求項6】請求項1〜5のいずれかに記載のゴルフクラブセットであって、 このゴルフクラブセットは、ロフト角度が16度以上4 6. A golf club set according to any of claims 1 to 5, the golf club set, the loft angle is 16 degrees or more 4
    1度以下の範囲にある少なくとも3本以上のゴルフクラブの群を有し、 この群のすべてのゴルフクラブを、最小の番手から順番に1から始まる連続する自然数Xで表し、この自然数X Has at least three or more of the group of the golf club is in the range of 1 degree or less, all the golf clubs of this group represents a natural number X successive starting from 1 in the order from the smallest count, the natural number X
    に対する前記群のすべてのゴルフクラブの前記慣性モーメントの分布を回帰直線で回帰した際、この回帰直線による、前記群のすべてのゴルフクラブの前記慣性モーメントの推定誤差が、30(g・cm 2 )以下となるように、前記群のすべてのゴルフクラブの前記慣性モーメントの大きさが設定されていることを特徴とするゴルフクラブセット。 When the return distribution of the moment of inertia of all the golf clubs of the group in the regression line for, according to the regression line, the estimation error of the moment of inertia of all the golf clubs of the group, 30 (g · cm 2) to be equal to or less than, a golf club set, wherein the magnitude of the moment of inertia of all the golf clubs of the group is set.
  7. 【請求項7】前記慣性モーメントは、ゴルフクラブの各番手のロフト角度の大きさに対応して、略線形的に変化する請求項1に記載のゴルフクラブセット。 Wherein said moment of inertia golf club set according to claim 1, corresponding to the size of each numerical loft angle of the golf club, it varies substantially linearly.
  8. 【請求項8】請求項1または7に記載のゴルフクラブセットであって、 このゴルフクラブセットは、ロフト角度が16度以上4 8. A golf club set according to claim 1 or 7, the golf club set, the loft angle is 16 degrees or more 4
    1度以下の範囲にある少なくとも3本以上のゴルフクラブの群を有し、 この群のゴルフクラブのロフト角度をθ(度)とし、前記慣性モーメントをY(g・cm 2 )とした際、前記群のすべてのゴルフクラブの前記慣性モーメントYが、ロフト角度θに対して下記式(2)で定まる範囲に設定されていることを特徴とするゴルフクラブセット。 It has at least three or more of the group of the golf club in a time less range, the loft angle of the golf club of the group and theta (degrees), when the moment of inertia was Y (g · cm 2), Golf club set which the moment of inertia Y of all golf clubs of the group, characterized in that it is set to the range determined by the following formula (2) with respect to loft angle theta. c・θ+d ≦ Y ≦ c・θ+d+50 (2) ただし、係数cおよびdは定数である。 c · θ + d ≦ Y ≦ c · θ + d + 50 (2) However, the coefficient c and d are constants.
  9. 【請求項9】前記式(2)中の係数cが15以下である請求項8に記載のゴルフクラブセット。 9. The golf club set according to claim 8 coefficients c in the formula (2) is 15 or less.
  10. 【請求項10】前記式(2)中の係数cが15より大きい請求項8に記載のゴルフクラブセット。 10. A golf club set according to the equation (2) the coefficient c is greater than 15 claims 8 in.
  11. 【請求項11】請求項1または7〜10のいずれかに記載のゴルフクラブセットであって、 このゴルフクラブセットは、ロフト角度が16度以上4 11. A golf club set according to any of claims 1 or 7 to 10, the golf club set, the loft angle is 16 degrees or more 4
    1度以下の範囲にある少なくとも3本以上のゴルフクラブの群を有し、 この群のゴルフクラブの、ロフト角度に対する前記慣性モーメントの分布を回帰直線で回帰した際、この回帰直線による、前記群のすべてのゴルフクラブの前記慣性モーメントの推定誤差が、30(g・cm 2 )以下となるように、前記群のすべてのゴルフクラブの前記慣性モーメントの大きさが設定されていることを特徴とするゴルフクラブセット。 Has at least three or more of the group of the golf club in 1 degree or less in the range, the golf club of the group, when the return distribution of the moment of inertia regression line for loft angle, according to the regression line, the group estimation error of the moment of inertia of all the golf clubs, and wherein 30 (g · cm 2) so as to become less, the magnitude of the moment of inertia of all the golf clubs of the group is set in set of golf clubs to be.
JP2000311837A 2000-10-12 2000-10-12 Golf club set Withdrawn JP2002113133A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000311837A JP2002113133A (en) 2000-10-12 2000-10-12 Golf club set

Applications Claiming Priority (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000311837A JP2002113133A (en) 2000-10-12 2000-10-12 Golf club set
US09799728 US6602147B2 (en) 2000-03-07 2001-03-07 Method of evaluating a golf club
US10134462 US6835143B2 (en) 2000-03-07 2002-04-30 Method of evaluating golf club, golf club, and golf club set

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2002113133A true true JP2002113133A (en) 2002-04-16

Family

ID=18791537

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2000311837A Withdrawn JP2002113133A (en) 2000-10-12 2000-10-12 Golf club set

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2002113133A (en)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2006289105A (en) * 2005-04-14 2006-10-26 Acushnet Co Iron type golf club

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2006289105A (en) * 2005-04-14 2006-10-26 Acushnet Co Iron type golf club
JP4680820B2 (en) * 2005-04-14 2011-05-11 アクシュネット カンパニーAcushnet Company Iron type golf club

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US3655188A (en) Correlated golf club set
US5547426A (en) Progressive golf club having a diagonally balanced slot back
US7147572B2 (en) Wood type golf club head
US8827831B2 (en) Golf club head having a stress reducing feature
US6716114B2 (en) Wood-type golf club head
US6428426B1 (en) Golf club striking plate with variable bulge and roll
US6729972B2 (en) Putter head design
US5452897A (en) Laser aided putter alignment system
US8012039B2 (en) Golf club head
US5629475A (en) Method of relocating the center of percussion on an assembled golf club to either the center of the club head face or some other club head face location
US6340337B2 (en) Golf club head
US5375840A (en) Golf club iron set having graded face angles and weight distribution
US6530846B1 (en) Golf club set
US7435189B2 (en) Iron-type golf club head
US5518243A (en) Wood-type golf club head with improved adjustable weight configuration
US7497789B2 (en) Metal wood club with improved moment of inertia
US20030176231A1 (en) Golf club head and golf club set
US7500924B2 (en) Golf club head
US6875130B2 (en) Wood-type golf club head
US6945877B2 (en) Golf club
US7186187B2 (en) Iron-type golf clubs
US20050014573A1 (en) Golf iron
US6290608B2 (en) Golf club
US5879241A (en) Matched set of golf clubs and method of producing the same
US20060281581A1 (en) Golf club head and golf club using the same

Legal Events

Date Code Title Description
A300 Withdrawal of application because of no request for examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A300

Effective date: 20080108