JP2002112383A - 音楽再生装置及びオーディオプレーヤとヘッドフォン - Google Patents

音楽再生装置及びオーディオプレーヤとヘッドフォン

Info

Publication number
JP2002112383A
JP2002112383A JP2000302666A JP2000302666A JP2002112383A JP 2002112383 A JP2002112383 A JP 2002112383A JP 2000302666 A JP2000302666 A JP 2000302666A JP 2000302666 A JP2000302666 A JP 2000302666A JP 2002112383 A JP2002112383 A JP 2002112383A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
audio player
headphone
data
means
music
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2000302666A
Other languages
English (en)
Inventor
Masanori Watanuki
正法 綿貫
Original Assignee
Toshiba Corp
株式会社東芝
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Toshiba Corp, 株式会社東芝 filed Critical Toshiba Corp
Priority to JP2000302666A priority Critical patent/JP2002112383A/ja
Publication of JP2002112383A publication Critical patent/JP2002112383A/ja
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Classifications

    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04RLOUDSPEAKERS, MICROPHONES, GRAMOPHONE PICK-UPS OR LIKE ACOUSTIC ELECTROMECHANICAL TRANSDUCERS; DEAF-AID SETS; PUBLIC ADDRESS SYSTEMS
    • H04R1/00Details of transducers, loudspeakers or microphones
    • H04R1/10Earpieces; Attachments therefor ; Earphones; Monophonic headphones
    • H04R1/1041Mechanical or electronic switches, or control elements
    • GPHYSICS
    • G11INFORMATION STORAGE
    • G11CSTATIC STORES
    • G11C7/00Arrangements for writing information into, or reading information out from, a digital store
    • G11C7/16Storage of analogue signals in digital stores using an arrangement comprising analogue/digital [A/D] converters, digital memories and digital/analogue [D/A] converters 
    • GPHYSICS
    • G11INFORMATION STORAGE
    • G11CSTATIC STORES
    • G11C2207/00Indexing scheme relating to arrangements for writing information into, or reading information out from, a digital store
    • G11C2207/16Solid state audio
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04RLOUDSPEAKERS, MICROPHONES, GRAMOPHONE PICK-UPS OR LIKE ACOUSTIC ELECTROMECHANICAL TRANSDUCERS; DEAF-AID SETS; PUBLIC ADDRESS SYSTEMS
    • H04R1/00Details of transducers, loudspeakers or microphones
    • H04R1/10Earpieces; Attachments therefor ; Earphones; Monophonic headphones
    • H04R1/105Earpiece supports, e.g. ear hooks
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04RLOUDSPEAKERS, MICROPHONES, GRAMOPHONE PICK-UPS OR LIKE ACOUSTIC ELECTROMECHANICAL TRANSDUCERS; DEAF-AID SETS; PUBLIC ADDRESS SYSTEMS
    • H04R1/00Details of transducers, loudspeakers or microphones
    • H04R1/10Earpieces; Attachments therefor ; Earphones; Monophonic headphones
    • H04R1/1058Manufacture or assembly
    • H04R1/1066Constructional aspects of the interconnection between earpiece and earpiece support
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04RLOUDSPEAKERS, MICROPHONES, GRAMOPHONE PICK-UPS OR LIKE ACOUSTIC ELECTROMECHANICAL TRANSDUCERS; DEAF-AID SETS; PUBLIC ADDRESS SYSTEMS
    • H04R2420/00Details of connection covered by H04R, not provided for in its groups
    • H04R2420/07Applications of wireless loudspeakers or wireless microphones
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04RLOUDSPEAKERS, MICROPHONES, GRAMOPHONE PICK-UPS OR LIKE ACOUSTIC ELECTROMECHANICAL TRANSDUCERS; DEAF-AID SETS; PUBLIC ADDRESS SYSTEMS
    • H04R5/00Stereophonic arrangements
    • H04R5/033Headphones for stereophonic communication

Abstract

(57)【要約】 【課題】音質の劣化がないと共に複数のヘッドフォンを
用いて複数の人が同じ音楽を聴くことができ、かつ、他
の機器への切換え接続を可能とする。 【解決手段】オーディオプレーヤ10は、デジタル送信
データ生成部32にてデジタル送信データを生成し、デ
ジタルデータ変調装置33よりヘッドフォン20に無線
送信する。ヘッドフォン20は、上記送信データを受信
装置41で受信し、エラー検出訂正回路42でエラーを
訂正してデータバッファ43に格納し、D/A変換アン
プ回路44により順次読み出してスピーカ24を駆動す
る。また、エラーを訂正できない場合やデータの一部を
受信できなかった場合には、再送要求発生部45から再
送要求コマンドを発生してオーディオプレーヤ10へ送
信する。オーディオプレーヤ10は、上記再送要求コマ
ンドを受信し、再送要求解釈部35で解釈してデジタル
送信データ生成部32にデータの再送信を指示する。

Description

【発明の詳細な説明】

【0001】

【発明の属する技術分野】本発明は、携帯型オーディオ
プレーヤとヘッドフォンをデジタル転送の電波を用いて
接続する音楽再生装置及びオーディオプレーヤとヘッド
フォンに関する。

【0002】

【従来の技術】従来、携帯型オーディオプレーヤにおい
ては、オーディオプレーヤとヘッドフォンがコードで接
続されている。このためコードが使用者の邪魔になり、
例えば音楽を聴きながらジョギングするなど、スポーツ
の際に使用し難い。また、オーディオプレーヤを他の機
器と接続するには、接続ケーブルが必要であると共に、
音質の劣化が生じる。また、ヘッドフォンを他の目的で
使用したい場合には、コードを接続し直さないと使用で
きない。更に、オーディオプレーヤに複数のヘッドフォ
ンを接続することが困難である。すなわち、オーディオ
プレーヤに複数のヘッドフォンを接続するには、オーデ
ィオプレーヤ側にヘッドフォンを接続するジャックが必
要となり、構造上の制限が生じる。

【0003】このため最近の携帯型オーディオプレーヤ
では、音声情報をアナログでFM変調や赤外線を使用し
てヘッドフォンへワイヤレスで送るようにしたワイヤレ
ス型のものが考えられている。

【0004】

【発明が解決しようとする課題】しかし、上記従来のワ
イヤレス携帯型オーディオプレーヤでは、アナログによ
り音声情報を送信しているので、音質が劣化するという
問題がある。また、赤外線を用いたものでは、指向性が
強いので複数のヘッドフォンを接続することができず、
FM変調を用いたものでも、未だ複数のヘッドフォンを
接続する構成とはなっていない。更に、従来のワイヤレ
ス型のものでは、オーディオプレーヤやヘッドフォンを
他の機器に切換え接続することができない。

【0005】本発明は上記の課題を解決するためになさ
れたもので、音質の劣化がないと共に複数のヘッドフォ
ンを用いて複数の人が同じ音楽を聴くことができ、か
つ、オーディオプレーヤ及びヘッドフォンをそれぞれ他
の目的のために簡単に切換えることができる音楽再生装
置及びオーディオプレーヤとヘッドフォンを提供するこ
とを目的とする。

【0006】

【課題を解決するための手段】第1の発明は、オーディ
オプレーヤとヘッドフォンをワイヤレスで接続する音楽
再生装置において、上記オーディオプレーヤは、音楽デ
ータを生成し、誤り訂正符号を含むデジタルデータ転送
の電波により順次ヘッドフォンへ送信する送信手段と、
上記ヘッドフォンからの再生要求を検出する再生要求検
出手段と、上記再生要求検出手段により検出された再生
要求に基づき、要求されたデータを上記ヘッドフォンへ
再送信する再送信手段とを備え、上記ヘッドフォンは、
上記オーディオプレーヤから送信された電波を受信する
受信手段と、この受信手段により受信されたデータの誤
りを検出して訂正するエラー検出訂正手段と、上記訂正
された音楽データを格納するデータバッファと、このデ
ータバッファに格納された音楽データを順次読み出して
スピーカを駆動する手段と、上記エラー検出訂正手段に
よりデータの再送が必要と判断された場合に再送要求を
オーディオプレーヤに送出する再送要求手段と、を具備
することを特徴とする。上記のようにオーディオプレー
ヤからデジタルの音楽データをヘッドフォンに送信する
ことにより、音質が劣化することなく、高品質の状態に
保つことができる。また、ヘッドフォンにエラー検出訂
正回路を設けてエラー訂正を行なうと共に、エラー訂正
ができない場合や、電波が途切れてデータの一部を受信
できなかった場合には、データを再送信することによ
り、音楽データを途切れや劣化を確実に防止することが
できる。更に、オーディオプレーヤからデジタルの音楽
データを無線で送信しているので、ヘッドフォンを複数
用いて、複数の人が同じ音楽を聴くことができる。

【0007】第2の発明は、オーディオプレーヤと左右
のヘッドフォンをワイヤレスで接続する音楽再生装置に
おいて、上記オーディオプレーヤは、左右の音楽データ
を生成し、上記左右の音楽データを混在した状態でデジ
タルデータ転送の電波により順次ヘッドフォンへ送信す
る送信手段を備え、上記左右のヘッドフォンは、上記オ
ーディオプレーヤから送信された電波を受信する受信手
段と、この受信手段により受信された左右が混在した音
楽データから左右どちらか必要なデータを抽出するデー
タ抽出手段と、このデータ抽出手段により抽出された左
あるいは右の音楽データに基づいてスピーカを駆動する
手段と、を具備することを特徴とする。上記の構成によ
れば、オーディオプレーヤから左右の音楽データを混在
した状態で左右のヘッドフォンに送信されるが、ヘッド
フォン側でL(左側)とR(右側)の信号に分離してス
テレオの音楽を聴くことができる。

【0008】第3の発明は、オーディオプレーヤと左右
のヘッドフォンをワイヤレスで接続する音楽再生装置に
おいて、上記オーディオプレーヤは、左右の音楽データ
を生成し、上記左右の音楽データを分離した状態でデジ
タルデータ転送の電波により上記左右のヘッドフォンへ
別々に送信する送信手段を備え、上記左右のヘッドフォ
ンは、上記オーディオプレーヤから送信された左右2つ
の電波の一方を受信する受信手段と、この受信手段によ
り受信された左あるいは右の音楽データに基づいてスピ
ーカを駆動する手段と、を具備することを特徴とする。
上記の構成によれば、オーディオプレーヤ側でLとRの
信号を分離し、それぞれ別個に変調して送信しているの
で、左右のヘッドフォンは、オーディオプレーヤから送
られてくる予め分離されたLとRの信号を受信してステ
レオの音楽を聴くことができる。

【0009】第4の発明は、音楽データを生成してデジ
タルデータ転送の電波によりヘッドフォンへ送信するオ
ーディオプレーヤにおいて、上記ヘッドフォン以外の電
子機器と接続するインターフェイスと、このインターフ
ェイスを介して上記電子機器とデータファイルを送受信
する手段とを具備することを特徴とする。上記のように
オーディオプレーヤにヘッドフォン以外の電子機器と接
続するインターフェイスを備えることにより、オーディ
オプレーヤは、音楽データの送受信だけでなく、他の目
的を持つ電子機器に簡単に切換え接続することができ
る。

【0010】第5の発明は、オーディオプレーヤからデ
ジタルデータ転送の電波により送信される音楽データを
受信してスピーカを駆動するヘッドフォンにおいて、ヘ
ッドフォンに格納される格納型マイクと、該マイクが引
き出されたことを検出し、マイクに入力された音声をデ
ジタルデータに変換して送信する無線通信手段とを備え
たことを特徴とする。上記の構成によれば、ヘッドフォ
ン側からオーディオプレーヤに使用者の音声データを送
信することができる。このため例えばヘッドフォン側か
らオーディオプレーヤを音声により操作することが可能
となる。

【0011】

【発明の実施の形態】以下、図面を参照して本発明の実
施形態を説明する。

【0012】(第1実施形態)図1は本発明の第1実施
形態に係るオーディオプレーヤ10の外観構成図で、
(a)は正面図、(b)は側面図、(c)は背面図、
(d)は底面図である。また、図2はヘッドフォン(右
側)20の外観構成図で、(a)は左側面図、(b)は
正面図、(c)は右側面図である。

【0013】図1に示すオーディオプレーヤ10は、円
状のケース本体11に対して、前面側に円状に形成され
た例えばLCDの表示パネル12が設けられると共に、
その外周にリング状のオーディオ操作スイッチ13が可
能に設けられる。このオーディオ操作スイッチ13は、
ロータリスイッチにより構成され、回転することによっ
て例えばFF(早送り)、REQ(巻戻し)、PLAY
(再生)、STOP(停止)の操作を行なうことができ
る。また、ケース本体11の外側には、音量調整用のス
イッチ15a、15bが設けられる。スイッチ15aは
音量を増大させるための押しボタン式スイッチ、スイッ
チ15bは音量を減少させるための押しボタン式スイッ
チである。

【0014】また、ケース本体11の背面側には、電波
送受信用の無線通信アンテナ14が回転可能に設けられ
る。このアンテナ14は、電波の発信、受信をON/O
FFするロータリスイッチを備えている。このロータリ
スイッチは、オーディオプレーヤの電源スイッチを兼用
することができる。

【0015】また、上記ケース本体11の下側には、図
1(d)に示すようにカードスロット16が設けられ
る。このカードスロット16には、例えばメモリカード
等が装着される。上記メモリカードとしては、例えばS
D(Secure digital)カードが使用される。

【0016】上記オーディオプレーヤ10は、メモリカ
ードに記憶されている音楽を再生し、その再生したデジ
タルの音楽データを無線通信によりヘッドフォン20へ
送信する。上記無線通信には、例えばBluetooth が用い
られる。Bluetooth は、短距離の無線通信規格であり、
2.4GHz帯のISM(Industry Science Medica
l)バンドを用いて通常10m以内の無線通信を実現す
るものである。Bluetooth では、スペクトラム拡散技術
として周波数ホッピング方式を用いており、最大で8台
までの機器を時分割多重方式によって接続することがで
きる。

【0017】また、図2に示すヘッドフォン(右側)2
0は、円状のケース本体21の一方の面にアンテナ23
が設けられると共に、その外周にリング状のON/OF
Fスイッチ22が設けられる。このON/OFFスイッ
チ22は、ロータリスイッチにより構成され、回転操作
することによって電源をON/OFFする。また、ケー
ス本体21の他方の面には、スピーカ24が設けられ
る。更に上記ケース本体21の外側には、耳かけ25が
設けられる。この耳かけ25あるいはケース本体21内
に電池が内蔵される。上記ヘッドフォン20は、オーデ
ィオプレーヤ10と無線通信により接続され、オーディ
オプレーヤ10から送られてくるデジタルの音楽データ
を受信し、アナログ信号に変換してスピーカ24を駆動
する。なお、図2では、右側のヘッドフォン20につい
て示したが、左側のヘッドフォンにおいても同様に構成
される。

【0018】図3は、ヘッドフォン20にマイク28を
設けた場合の構成例を示し、スピーカ24側から見た図
である。また、図3(a)はマイク28を格納している
状態、同図(b)はマイク28を引き出した状態を示し
ている。

【0019】上記ヘッドフォン20は、スピーカ24の
外周にマイク部27を設けている。このマイク部27
は、半円リング状のマイク収納アームの一端部を回転可
能に保持し、その先端部にマイク28を格納している。
また、スピーカ24の外周には、マイク部27の対向す
る位置にマイク部27と同様の半円リング状の部材を配
置して美観を保っている。更に、上記ヘッドフォン20
は、マイク部27の位置を検出するスイッチを備え、マ
イク28が引き出されると、その状態を上記スイッチに
より検出してイヤホンマイクとして使用できるようにな
っている。通常はマイク28を図3(a)に示すように
格納した状態で使用する。

【0020】次に、上記オーディオプレーヤ10及びヘ
ッドフォン20の電子回路について図4を参照して説明
する。オーディオプレーヤ10は、メモリカードから読
み出される音楽データを記憶する音楽ファイル31、こ
の音楽ファイル31からデジタル送信データを生成する
デジタル送信データ生成部32、上記デジタルデータを
変調してヘッドフォン20に無線送信するデジタルデー
タ変調装置33を備えている。更に、オーディオプレー
ヤ10は、ヘッドフォン20から送られてくる再送要求
コマンドを受信する受信装置34、この受信装置34で
受信した再送要求コマンドを解釈してデジタル送信デー
タ生成部32に入力する再送要求解釈部35を備えてい
る。

【0021】一方、ヘッドフォン20は、オーディオプ
レーヤ10から送られてくるデータを受信する受信装置
41、受信した信号のエラーを検出して訂正するエラー
検出訂正回路42、上記エラー訂正されたデータを格納
するデータバッファ43、このデータバッファ43に格
納されたデジタルデータを順次アナログ信号に変換して
増幅し、スピーカ24を駆動するD/A変換アンプ回路
44を備えている。更に、ヘッドフォン20は、エラー
検出訂正回路42でエラーを訂正できない場合や、電波
が途切れてデータの一部を受信できなかった場合に、再
送要求を発生する再送要求発生部45、発生した再送要
求を変調してオーディオプレーヤ10へ送信するデジタ
ルデータ変調装置46を備えている。

【0022】上記の構成において、オーディオプレーヤ
10は、デジタル送信データ生成部32にて音楽ファイ
ル31からデジタル送信データを生成し、デジタルデー
タ変調装置33により変調してヘッドフォン20に無線
送信する。上記オーディオプレーヤ10から送信される
データには、誤り訂正符号が付加されている。

【0023】ヘッドフォン20では、オーディオプレー
ヤ10から送られてくる音楽データを受信装置41で受
信し、エラー検出訂正回路42でエラー検出及びエラー
訂正を行なってデータバッファ43に格納する。このデ
ータバッファ43に格納されたデータをD/A変換アン
プ回路44に順次読み出してアナログ信号に変換すると
共に増幅し、スピーカ24を駆動する。

【0024】また、上記エラー検出訂正回路42でエラ
ーを訂正できない場合や、電波が途切れてデータの一部
を受信できなかった場合には、エラー検出訂正回路42
から再送要求発生部45に再送要求を発生するための指
令が送られ、再送要求発生部45から再送要求コマンド
が出力される。この再送要求コマンドは、デジタルデー
タ変調装置46で変調されてオーディオプレーヤ10へ
送られる。

【0025】オーディオプレーヤ10は、ヘッドフォン
20から送られてくる再送要求コマンドを受信装置34
で受信し、再送要求解釈部35で解釈してデジタル送信
データ生成部32にデータの再送を指示する。デジタル
送信データ生成部32は、再送要求解釈部35からの指
示に従って要求された部分のデータを再度送信する。

【0026】上記第1実施形態によれば、オーディオプ
レーヤ10とヘッドフォン20とを無線通信で接続して
いるので接続コードが不要であり、使用者の邪魔になる
ことはない。このため音楽を聴きながらジョギングする
ことが可能となる。また、オーディオプレーヤ10及び
ヘッドフォン20を収納する場合においても、コードが
邪魔になるということもない。

【0027】また、オーディオプレーヤ10からデジタ
ルの音楽データをヘッドフォン20に送信しているの
で、音質が劣化することはなく、高品質の状態に保つこ
とができる。更に、ヘッドフォン20にエラー検出訂正
回路42を設けてエラー検出及びエラー訂正を行なうと
共に、エラー検出訂正回路42でエラーを訂正できない
場合や、電波が途切れてデータの一部を受信できなかっ
た場合には、再送要求を発生してオーディオプレーヤ1
0から要求された部分のデータを再送信しているので、
音楽データを途切れや劣化することなく転送することが
できる。すなわち、エラー検出訂正回路42で訂正され
たデータ、あるいは再送信されたデータは、データバッ
ファ43に一旦格納され、その後、順次D/A変換アン
プ回路44に読み出されるので、データの再送信を行な
った場合でも、途切れることなくスピーカ24に出力す
ることができる。

【0028】また、オーディオプレーヤ10からデジタ
ルの音楽データを無線で送信しているので、ヘッドフォ
ン20を複数用いて、複数の人が同じ音楽を聴くことが
できる。例えば無線通信方式としてBluetooth を用いた
場合には、8人の人が同じ音楽を聴くことができる。ま
た、オーディオプレーヤ10とヘッドフォン20との間
をワイヤレスとすることにより、オーディオプレーヤ1
0及びヘッドフォン20の構造に自由度が生まれ、様々
な形状にすることが可能となる。

【0029】(第2実施形態)図5は、本発明の第2実
施形態に係るオーディオプレーヤ10とヘッドフォン2
0の回路構成を示したものである。オーディオプレーヤ
10は、デジタル送信データ生成部32でL(左側)及
びR(右側)が混合したステレオの音楽データを生成
し、デジタルデータ変調装置33に出力する。デジタル
データ変調装置33は、L及びRの混合した音楽データ
を変調してL側ヘッドフォン20a及びR側ヘッドフォ
ン20bに送信する。

【0030】L側ヘッドフォン20aは、受信装置51
a、L側データ抽出部52a、D/A変換アンプ回路5
3a及びL側スピーカ24aからなり、受信装置51a
で受信したL及びRの混合した音楽データをL側データ
抽出部52aに入力してL側データのみを抽出する。そ
して、このL側のデータをD/A変換アンプ回路53a
でアナログ信号に変換して増幅し、L側スピーカ24a
を駆動する。

【0031】一方、R側ヘッドフォン20bは、受信装
置51b、R側データ抽出部52b、D/A変換アンプ
回路53b及びR側スピーカ24bからなり、受信装置
51bで受信したL及びRの混合した音楽データをR側
データ抽出部52bに入力してR側データのみを抽出す
る。そして、このR側データをD/A変換アンプ回路5
3bでアナログ信号に変換して増幅し、R側スピーカ2
4bを駆動する。

【0032】上記L側データ抽出部52a及びR側デー
タ抽出部52bは、受信データ中に含まれるコードによ
ってLとRの信号を抽出するか、あるいは時分割方式に
よってLとRの信号を抽出する。上記の構成とすること
により、ヘッドフォン20a、20b側でLとRの信号
を確実に分離でき、ステレオの音楽を聴くことができ
る。

【0033】(第3実施形態)図6は、本発明の第3実
施形態に係るオーディオプレーヤ10とヘッドフォン2
0の回路構成を示したものである。この第3実施形態で
は、オーディオプレーヤ10側において、デジタル送信
データ生成部32の次段にL−R分離部36を設け、デ
ジタル送信データ生成部32から出力されるデータから
LとRの信号を分離している。そして、L−R分離部3
6で分離されたLの信号をデジタルデータ変調装置33
aに入力し、Rの信号をデジタルデータ変調装置33b
に入力する。上記デジタルデータ変調装置33a、33
bは、L−R分離部36で分離された信号をそれぞれ変
調してL側ヘッドフォン20a及びR側ヘッドフォン2
0bに送信する。この場合、デジタルデータ変調装置3
3a、33bは、例えば周波数分割方式を用いてそれぞ
れの信号を送信する。

【0034】一方、L側ヘッドフォン20aは、受信装
置51a、D/A変換アンプ回路53a及びL側スピー
カ24aによって構成される。受信装置51aは、デジ
タルデータ変調装置33aから送信されるL側の信号を
選択して受信し、D/A変換アンプ回路53aに入力す
る。D/A変換アンプ回路53aは、上記受信装置51
aで受信したL側の信号をアナログ信号に変換し増幅し
てL側スピーカ24aを駆動する。

【0035】また、R側ヘッドフォン20bは、受信装
置51b、D/A変換アンプ回路53b及びR側スピー
カ24bによって構成される。受信装置51bは、デジ
タルデータ変調装置33bから送信されるR側の信号を
選択して受信し、D/A変換アンプ回路53bに入力す
る。D/A変換アンプ回路53bは、上記受信装置51
bで受信したR側の信号をアナログ信号に変換し増幅し
てR側スピーカ24bを駆動する。

【0036】上記第3実施形態では、オーディオプレー
ヤ10側でLとRの信号を分離し、それぞれデジタルデ
ータ変調装置33a、33bで別個に変調して送信して
いる。従って、ヘッドフォン20a、20b側では、オ
ーディオプレーヤ10から送られてくる予め分離された
LとRの信号を受信してステレオの音楽を聴くことがで
きる。

【0037】(第4実施形態)次に、本発明の第4実施
例を図7を参照して説明する。この第4実施形態は、図
3に示したようにヘッドフォン20にマイク28を格納
した場合の回路構成について示したものである。図7に
示すようにヘッドフォンに設けたマイク部27は、マイ
ク28、A/D変換装置61及びデジタルデータ変調装
置62からなり、マイク位置検出部63からの検出信号
によってマイク部27の電源をON/OFFするように
構成したものである。

【0038】上記マイク位置検出部63は、図3(a)
に示したようにマイク28がヘッドフォン20に格納さ
れている状態では電源OFFの信号を出力し、図3
(b)に示すようにマイク28を引き出した状態では電
源ONの信号を出力する。従って、ヘッドフォン20か
らマイク28を引き出すと、マイク位置検出部63から
電源ONの信号が出力され、マイク部27が動作状態と
なる。この状態でマイク28から音声が入力されると、
その音声信号がA/D変換装置61でアナログからデジ
タル信号に変換され、デジタルデータ変調装置62で変
調されてオーディオプレーヤ10へ送信される。上記の
ようにしてヘッドフォン20側からオーディオプレーヤ
10に使用者の音声データを送信することができる。

【0039】上記図7では、デジタルデータ変調装置6
2は、オーディオプレーヤ10に音声データを送信する
場合について説明したが、オーディオプレーヤ10以外
の装置、オーディオプレーヤ10と同じ電波のI/Fを
持つ装置、例えば携帯電話/PHS、パソコン(パーソ
ナルコンピュータ)、テレビなどとも接続可能である。
従って、ヘッドフォン20を以下に示すような方法で使
用することもできる。

【0040】例えばヘッドフォン20をオーディオプレ
ーヤ10に接続して使用しているときに、携帯電話/P
HS/家の電話(以下、携帯電話という)に着信があっ
た場合、携帯電話は着信中であることをオーディオプレ
ーヤ10とヘッドフォン20へ電波で送信する。オーデ
ィオプレーヤ10は、再生を一時停止または音量を小さ
くし、ヘッドフォン20は電話の着信を示す音をスピー
カ24から出力する。このとき使用者は、ヘッドフォン
20に格納されたマイク28を引き出すことで、ヘッド
フォン20は携帯電話のイヤホンマイクとしての動作を
開始する。携帯電話は、ヘッドフォン20がイヤホンマ
イクとして動作を開始したことを検知すると、着信から
通話状態に移行する。オーディオプレーヤ10は、ヘッ
ドフォン20がイヤホンマイクとして動作を開始したこ
とを検知すると、再生を一時停止する。そして、通話を
終了した後、ヘッドフォン20のマイク28を格納する
と、ヘッドフォン20は通常のヘッドフォンとしての動
作を再開する。携帯電話は、ヘッドフォンとしての動作
を再開したことを検知すると、通話を切断する。また、
オーディオプレーヤ10は、ヘッドフォンとしての動作
を再開したことを検知すると、一時停止していた音楽再
生を再開する。

【0041】上記のようにしてヘッドフォン20のマイ
ク28により、携帯電話に対する通話処理を行なうこと
ができる。

【0042】また、その他、例えば携帯電話が待ち受け
中に、ヘッドフォン20がイヤホンマイクとして動作を
開始したことを検知すると、ヘッドフォン20から送ら
れるマイク28の音声データを携帯電話が音声認識し、
その相手にダイヤルするという処理も実行することが可
能である。

【0043】(第5実施形態)次に、本発明の第5実施
例を図8を参照して説明する。この第5実施形態は、ヘ
ッドフォン20をオーディオプレーヤ10のリモコン
(リモートコントローラ)として動作させる場合の回路
構成について示したものである。図8に示すようにヘッ
ドフォン20には、オーディオプレーヤ10を操作する
操作スイッチ部70を設ける。この操作スイッチ部70
は、オーディオプレーヤ10を操作するための例えばF
F(早送り)、REQ(巻戻し)、PLAY(再生)、
STOP(停止)、音量調整等の操作スイッチ71、こ
の操作スイッチ71の状態を検出するスイッチ状態検出
部72、このスイッチ状態検出部72により検出された
スイッチに対するコマンドを変調して送出するデジタル
データ変調装置73を備えている。

【0044】一方、オーディオプレーヤ10は、ヘッド
フォン20の操作スイッチ部70から送信される電波を
制御部80により受信し、その受信信号に対応した制御
動作を実行する。上記制御部80は、上記操作スイッチ
部70のデジタルデータ変調装置73から送信される電
波を受信する受信装置81、この受信装置81により受
信した信号、すなわち操作スイッチ71に対応したコマ
ンドを解釈するコマンド解釈部82、解釈したコマンド
に従ってプレーヤ動作を制御するプレーヤ動作制御部8
3を備えている。このプレーヤ動作制御部83は、通常
はプレーヤ側操作スイッチ84の操作に応じてプレーヤ
動作を制御する。

【0045】上記の構成において、ヘッドフォン20側
において、例えばPLAY(再生)、STOP(停止)
等の操作スイッチ71を操作すると、そのスイッチ操作
がスイッチ状態検出部72により検出され、操作スイッ
チに対応したコマンドがデジタルデータ変調装置73へ
送られる。デジタルデータ変調装置73は、スイッチ状
態検出部72から出力されるコマンドを変調してオーデ
ィオプレーヤ10側へ送信する。オーディオプレーヤ1
0は、デジタルデータ変調装置73から送信された電波
を受信装置81で受信し、コマンド解釈部82でコマン
ドの内容を解釈してプレーヤ動作制御部83に入力す
る。プレーヤ動作制御部83は、コマンド解釈部82で
解釈されたコマンドに従ってPLAY(再生)、STO
P(停止)等のプレーヤ動作を制御する。上記のように
ヘッドフォン20に操作スイッチ部70を設けることに
より、ヘッドフォン20をオーディオプレーヤ10のリ
モコンとして動作させることができる。

【0046】(第6実施形態)次に、本発明の第6実施
例を図9を参照して説明する。この第6実施形態は、ヘ
ッドフォン20のマイク28と音声認識技術を使用して
ヘッドフォン20をオーディオプレーヤ10のリモコン
として動作させる場合の回路構成について示したもので
ある。図9に示すようにヘッドフォン20には、図7に
示したマイク部27を設ける。このマイク部27は、マ
イク28、A/D変換装置61及びデジタルデータ変調
装置62を備えている。

【0047】一方、オーディオプレーヤ10は、第5実
施形態の制御部80と同様の制御部80Aを備えてい
る。この制御部80Aは、制御部80におけるコマンド
解釈部82の代わりに音声コマンド解釈部85を設けた
ものである。

【0048】上記の構成において、ヘッドフォン20を
リモコンとして動作させる場合には、ヘッドフォン20
からマイク28を引き出した後、オーディオプレーヤ1
0へ例えば「再生」、「次の曲」など予め定められた操
作命令を発声する。マイク28に入力された音声データ
は、A/D変換装置61でデジタルデータに変換され、
デジタルデータ変調装置62により変調されたオーディ
オプレーヤ10の制御部80Aへ送信される。この制御
部80Aは、ヘッドフォン20から送られてくる音声デ
ータを受信装置81で受信し、音声コマンド解釈部85
で解釈してプレーヤ動作制御部83に伝える。プレーヤ
動作制御部83は、音声コマンド解釈部85で解釈され
た内容に従ってプレーヤ動作を制御する。

【0049】上記のようにヘッドフォン20にマイク部
27を設けると共に、オーディオプレーヤ10の制御部
80に音声コマンド解釈部85を設けることにより、ヘ
ッドフォン20のマイク28から音声指示を与えてをオ
ーディオプレーヤ10を動作させることができる。

【0050】(第7実施形態)次に、本発明の第7実施
例を図10を参照して説明する。この第7実施形態は、
オーディオプレーヤ10とヘッドフォン20のL(左
側)とR(右側)がそれぞれ持つ電池残量の情報をやり
取りし、電池切れの警告音や警告メッセージを発した
り、オーディオプレーヤ10の表示パネル12に電池残
量を表示させる場合の回路構成について示したものであ
る。

【0051】図10に示すようにオーディオプレーヤ1
0には、電池91の残量を検出する電池残量検出部92
を設ける。この電池残量検出部92で検出した電池残量
の情報は、表示装置制御部93に送られて表示パネル1
2に表示される。また、上記電池残量検出部92は、電
池91の残量がある一定の値を下回った場合に、その状
態を検出して警告音発生指令を警告音発生部94に出力
する。警告音発生部94は、電池残量検出部92からの
指令に従って警告音または警告メッセージを生成し、デ
ジタルデータ変調装置33により変調してL(左側)と
R(右側)のヘッドフォン20へ送信する。

【0052】ヘッドフォン20は、オーディオプレーヤ
10から送信された警告音または警告メッセージを受信
装置51で受信し、D/A変換アンプ回路53によりア
ナログ信号に変換してスピーカ24を駆動する。また、
ヘッドフォン20は、内蔵した電池55の残量を電池残
量検出部56で検出し、電池残量がある一定の値を下回
った場合に警告音発生指令を警告音発生部57に出力す
る。警告音発生部57は、電池残量検出部56からの指
令に従って警告音生成し、D/A変換アンプ回路53を
介してスピーカ24から出力する。

【0053】また、上記電池残量検出部56で検出され
た電池55の残量情報は、デジタルデータ変調装置46
により変調されてオーディオプレーヤ10へ送信され
る。オーディオプレーヤ10は、ヘッドフォン20から
送られてくる電池残量情報を受信装置34で受信し、表
示装置制御部93に出力して表示パネル12に表示す
る。

【0054】上記の構成とすることにより、オーディオ
プレーヤ10とヘッドフォン20のL(左側)とR(右
側)がそれぞれ持つ電池残量の情報をやり取りし、電池
切れの警告音や警告メッセージを発したり、オーディオ
プレーヤ10の表示パネル12に電池残量を表示させる
ことができる。

【0055】(第8実施形態)次に、本発明の第8実施
例を図11を参照して説明する。この第8実施形態は、
ヘッドフォン20がオーディオプレーヤ10との距離を
電波を使用して概略測定し、ある一定以上の距離を超え
た場合に警告音をスピーカ24から出力する場合の回路
構成について示したものである。

【0056】図11に示すようにヘッドフォン20は、
電界強度測定部58及びエラー率測定部59を備えてお
り、オーディオプレーヤ10の送信電波を受信装置51
で受信して上記電界強度測定部58及びエラー率測定部
59に入力する。電界強度測定部58は、受信装置51
における受信信号のレベルから電界強度を測定し、その
電界強度からオーディオプレーヤ10との距離を推定
し、一定の距離を超えた場合に警告音発生指令を警告音
発生部57に出力する。

【0057】また、エラー率測定部59は、オーディオ
プレーヤ10からの送信情報に含まれているエラー検出
符号に基づいて受信情報のエラー率を測定し、その結果
からオーディオプレーヤ10との距離を推定し、一定の
距離を超えた場合に警告音発生指令を警告音発生部57
に出力する。

【0058】警告音発生部57は、上記電界強度測定部
58あるいはエラー率測定部59から警告音発生指令が
与えられた場合に警告音を生成し、D/A変換アンプ回
路53を介してスピーカ24から出力する。

【0059】上記のようにヘッドフォン20に電界強度
測定部58、エラー率測定部59を設けてオーディオプ
レーヤ10との距離を測定することにより、オーディオ
プレーヤ10との距離がある一定以上超えた場合に警告
音をスピーカ24から出力することができる。従って、
例えばオーディオプレーヤ10をある場所においたまま
他に移動しようとした場合に警告音が鳴り、この結果、
オーディオプレーヤ10の置き忘れを防止することがで
きる。また、同様にオーディオプレーヤ10の盗難防止
にも役立つものである。

【0060】上記各実施形態では、オーディオプレーヤ
10をヘッドフォン20に接続する場合について示した
が、ヘッドフォン20だけでなく、電波を利用して他の
機器とも接続することができる。例えばオーディオプレ
ーヤ10と同じ電波のI/Fを持つ他のオーディオプレ
ーヤ、パソコンと接続し、お互いが持つ音楽ファイルを
送受信することができる。また、オーディオプレーヤ1
0を同じ電波のI/Fを持つ携帯電話と接続し、この携
帯電話を経由してインターネット上の音楽ファイルをダ
ウンロードすることも可能である。

【0061】

【発明の効果】以上詳記したように本発明によれば、オ
ーディオプレーヤからデジタルの音楽データをヘッドフ
ォンに送信しているので、音質が劣化することはなく、
高品質の状態に保つことができる。また、ヘッドフォン
にエラー検出訂正回路を設けてエラー訂正を行なうと共
に、エラー訂正ができない場合や、電波が途切れてデー
タの一部を受信できなかった場合には、データを再送信
しているので、音楽データを途切れや劣化を確実に防止
することができる。更に、オーディオプレーヤからデジ
タルの音楽データを無線で送信しているので、ヘッドフ
ォンを複数用いて、複数の人が同じ音楽を聴くことがで
きる。また、オーディオプレーヤ及びヘッドフォンは、
それぞれ送受信装置を備えているので、音楽データの送
受信だけでなく、他の目的を持つ電子機器に簡単に切換
えることができる。

【図面の簡単な説明】

【図1】本発明の第1実施形態に係るオーディオプレー
ヤの外観構成を示す図。

【図2】同実施形態におけるヘッドフォンの外観構成を
示す図。

【図3】ヘッドフォンにマイクを格納した場合の外観構
成を示す図。

【図4】本発明の第1実施形態に係るオーディオプレー
ヤ及びヘッドフォンの回路構成を示すブロック図。

【図5】本発明の第2実施形態に係るオーディオプレー
ヤ及びヘッドフォンの回路構成を示すブロック図。

【図6】本発明の第3実施形態に係るオーディオプレー
ヤ及びヘッドフォンの回路構成を示すブロック図。

【図7】本発明の第4実施形態に係るヘッドフォンに設
けたマイク部の回路構成を示すブロック図。

【図8】本発明の第5実施形態に係るヘッドフォンの操
作スイッチ部及びオーディオプレーヤの制御部の回路構
成を示すブロック図。

【図9】本発明の第6実施形態に係るヘッドフォンのマ
イク部及びオーディオプレーヤの制御部の回路構成を示
すブロック図。

【図10】本発明の第7実施形態に係るオーディオプレ
ーヤ及びヘッドフォンの回路構成を示すブロック図。

【図11】本発明の第8実施形態に係るヘッドフォンの
回路構成を示すブロック図。

【符号の説明】

10 オーディオプレーヤ 11 オーディオプレーヤのケース本体 12 表示パネル 13 オーディオ操作スイッチ 14 アンテナ 15a、15b 音量調整用スイッチ 16 カードスロット 20 ヘッドフォン 20a L側ヘッドフォン 20b R側ヘッドフォン 21 ヘッドフォンのケース本体 22 ON/OFFスイッチ 23 アンテナ 24 スピーカ 24a L側スピーカ 24b R側スピーカ 25 耳かけ 31 音楽ファイル 32 デジタル送信データ生成部 33 デジタルデータ変調装置 34 受信装置 35 再送要求解釈部 41 受信装置 42 エラー検出訂正回路 43 データバッファ 44 D/A変換アンプ回路 45 再送要求発生部 46 デジタルデータ変調装置

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (51)Int.Cl.7 識別記号 FI テーマコート゛(参考) H04R 1/10 101 H04R 1/10 101A 104 104E

Claims (19)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 円形状のプレーヤ本体と、このプレーヤ
    本体の前面に設けられる表示パネルと、この表示パネル
    の外周に回転可能に設けられるプレーヤ操作スイッチ
    と、上記プレーヤ本体の背面に設けられる無線通信用ア
    ンテナとを具備することを特徴とするオーディオプレー
    ヤ。
  2. 【請求項2】 円形状のプレーヤ本体と、このプレーヤ
    本体の前面に設けられる表示パネルと、この表示パネル
    の外周に回転可能に設けられるプレーヤ操作スイッチ
    と、上記プレーヤ本体の背面に設けられる無線通信用ア
    ンテナと、上記プレーヤ本体の側面に設けられるカード
    スロットとを具備することを特徴とするオーディオプレ
    ーヤ。
  3. 【請求項3】 円形状のヘッドフォン本体と、このヘッ
    ドフォン本体の一方の面に設けられるスピーカと、上記
    ヘッドフォン本体の他方の面に設けられる無線通信用ア
    ンテナと、上記ヘッドフォン本体の外側に設けられる耳
    かけとを具備することを特徴とするヘッドフォン。
  4. 【請求項4】 円形状のヘッドフォン本体と、このヘッ
    ドフォン本体の一方の面に設けられるスピーカと、上記
    ヘッドフォン本体の他方の面に設けられる無線通信用ア
    ンテナと、このアンテナ外周に回転可能に設けられ、電
    源をON/OFFするロータリスイッチと、上記ヘッド
    フォン本体の外側に設けられる耳かけとを具備すること
    を特徴とするヘッドフォン。
  5. 【請求項5】 オーディオプレーヤとヘッドフォンをワ
    イヤレスで接続する音楽再生装置において、 上記オーディオプレーヤは、音楽データを生成し、誤り
    訂正符号を含むデジタルデータ転送の電波により順次ヘ
    ッドフォンへ送信する送信手段と、上記ヘッドフォンか
    らの再生要求を検出する再生要求検出手段と、上記再生
    要求検出手段により検出された再生要求に基づき、要求
    されたデータを上記ヘッドフォンへ再送信する再送信手
    段とを備え、 上記ヘッドフォンは、上記オーディオプレーヤから送信
    された電波を受信する受信手段と、この受信手段により
    受信されたデータの誤りを検出して訂正するエラー検出
    訂正手段と、上記訂正された音楽データを格納するデー
    タバッファと、このデータバッファに格納された音楽デ
    ータを順次読み出してスピーカを駆動する手段と、上記
    エラー検出訂正手段によりデータの再送が必要と判断さ
    れた場合に再送要求をオーディオプレーヤに送出する再
    送要求手段と、 を具備することを特徴とする音楽再生装置。
  6. 【請求項6】 オーディオプレーヤと左右のヘッドフォ
    ンをワイヤレスで接続する音楽再生装置において、 上記オーディオプレーヤは、左右の音楽データを生成
    し、上記左右の音楽データを混在した状態でデジタルデ
    ータ転送の電波により順次ヘッドフォンへ送信する送信
    手段を備え、 上記左右のヘッドフォンは、上記オーディオプレーヤか
    ら送信された電波を受信する受信手段と、この受信手段
    により受信された左右が混在した音楽データから左右ど
    ちらか必要なデータを抽出するデータ抽出手段と、この
    データ抽出手段により抽出された左あるいは右の音楽デ
    ータに基づいてスピーカを駆動する手段と、 を具備することを特徴とする音楽再生装置。
  7. 【請求項7】 オーディオプレーヤと左右のヘッドフォ
    ンをワイヤレスで接続する音楽再生装置において、 上記オーディオプレーヤは、左右の音楽データを生成
    し、上記左右の音楽データを分離した状態でデジタルデ
    ータ転送の電波により上記左右のヘッドフォンへ別々に
    送信する送信手段を備え、 上記左右のヘッドフォンは、上記オーディオプレーヤか
    ら送信された左右2つの電波の一方を受信する受信手段
    と、この受信手段により受信された左あるいは右の音楽
    データに基づいてスピーカを駆動する手段と、 を具備することを特徴とする音楽再生装置。
  8. 【請求項8】 上記ヘッドフォンは、オーディオプレー
    ヤの操作スイッチを備え、この操作スイッチのON/O
    FF状態をオーディオプレーヤに無線送信し、 上記オーディオプレーヤは、上記ヘッドフォンから送信
    されるスイッチ操作信号を受信してプレーヤ動作を制御
    することを特徴とする請求項5、6又は7記載の音楽再
    生装置。
  9. 【請求項9】 上記ヘッドフォンは、音声を入力するマ
    イクを備え、このマイクから入力された音声をデジタル
    データに変換してオーディオプレーヤに無線送信し、 上記オーディオプレーヤは上記ヘッドフォンから送信さ
    れる音声データを受信して音声認識及びコマンド解釈を
    行ない、そのコマンドに従ってプレーヤ動作を制御する
    ことを特徴とする請求項5、6又は7記載の音楽再生装
    置。
  10. 【請求項10】 上記オーディオプレーヤは、複数のヘ
    ッドフォンとワイヤレス接続する無線通信手段を備えた
    ことを特徴とする請求項5、6又は7記載の音楽再生装
    置。
  11. 【請求項11】 上記ヘッドフォンは、内蔵電池の残量
    を検出する電池残量検出手段を備え、この電池残量検出
    手段により検出した電池残量情報をオーディオプレーヤ
    に送信し、電池残量が一定値を下回ると警告音をスピー
    カから発生させ、 上記オーディオプレーヤは、内蔵電池の残量を検出する
    電池残量検出手段を備え、この電池残量検出手段により
    検出した電池残量情報と上記ヘッドフォンから送られて
    くる電池残量情報を表示パネルに表示し、上記自己の電
    池残量が一定値を下回ると警告音又は警告メッセージを
    上記ヘッドフォンへ送信することを特徴とする請求項
    5、6又は7記載の音楽再生装置。
  12. 【請求項12】 上記ヘッドフォンは、オーディオプレ
    ーヤから送信される電波の電界強度を測定する電界強度
    測定手段を備え、この電界強度測定手段により測定した
    電界強度から上記オーディオプレーヤとの距離を推定
    し、一定の距離を超えた時点で警告音をスピーカから出
    力することを特徴とする請求項5、6又は7記載の音楽
    再生装置。
  13. 【請求項13】 上記ヘッドフォンは、オーディオプレ
    ーヤに対する受信データのエラー率を測定するエラー率
    測定手段を備え、このエラー率測定手段により測定した
    エラー率から上記オーディオプレーヤとの距離を推定
    し、一定の距離を超えた時点で警告音をスピーカから出
    力することを特徴とする請求項5、6又は7記載の音楽
    再生装置。
  14. 【請求項14】 上記ヘッドフォンは、オーディオプレ
    ーヤから送信される電波の電界強度を測定する電界強度
    測定手段と、この電界強度測定手段により測定した電界
    強度から上記オーディオプレーヤとの距離を推定する第
    1の推定手段と、上記オーディオプレーヤに対する受信
    データのエラー率を測定するエラー率測定手段と、この
    エラー率測定手段により測定したエラー率から上記オー
    ディオプレーヤとの距離を推定する第2の推定手段と、
    上記第1の推定手段と第2の推定手段の何れかにより上
    記オーディオプレーヤとの距離が一定の距離を超えたと
    推定された時点で警告音をスピーカから出力することを
    特徴とする請求項5、6又は7記載の音楽再生装置。
  15. 【請求項15】 音楽データを生成してデジタルデータ
    転送の電波によりヘッドフォンへ送信するオーディオプ
    レーヤにおいて、 上記ヘッドフォン以外の電子機器と接続するインターフ
    ェイスと、このインターフェイスを介して上記電子機器
    とデータファイルを送受信する手段とを具備することを
    特徴とするオーディオプレーヤ。
  16. 【請求項16】 オーディオプレーヤからデジタルデー
    タ転送の電波により送信される音楽データを受信してス
    ピーカを駆動するヘッドフォンにおいて、ヘッドフォン
    に格納される格納型マイクと、該マイクが引き出された
    ことを検出し、マイクに入力された音声をデジタルデー
    タに変換して送信する無線通信手段とを備えたことを特
    徴とするヘッドフォン。
  17. 【請求項17】 オーディオプレーヤからデジタルデー
    タ転送の電波により送信される音楽データを受信してス
    ピーカを駆動するヘッドフォンにおいて、ヘッドフォン
    本体に設けられるマイクと、このマイクに入力された音
    声をデジタルデータに変換して携帯電話に送信すると共
    に該携帯電話からの送信信号を受信する無線通信手段と
    を備えたことを特徴とするヘッドフォン。
  18. 【請求項18】 上記無線通信手段は、携帯電話からの
    信号を受信した際に通話が可能な電話モードに自動的に
    切換える切換え手段を備えたことを特徴とする請求項1
    0記載のヘッドフォン。
  19. 【請求項19】 オーディオプレーヤからデジタルデー
    タ転送の電波により送信される音楽データを受信してス
    ピーカを駆動するヘッドフォンにおいて、ヘッドフォン
    本体に格納される格納型マイクと、該マイクが引き出さ
    れたことを検出し、マイクに入力された音声をデジタル
    データに変換して携帯電話に送信すると共に携帯電話か
    らの送信信号を受信する無線通信手段とを備えたことを
    特徴とするヘッドフォン。
JP2000302666A 2000-10-02 2000-10-02 音楽再生装置及びオーディオプレーヤとヘッドフォン Pending JP2002112383A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000302666A JP2002112383A (ja) 2000-10-02 2000-10-02 音楽再生装置及びオーディオプレーヤとヘッドフォン

Applications Claiming Priority (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000302666A JP2002112383A (ja) 2000-10-02 2000-10-02 音楽再生装置及びオーディオプレーヤとヘッドフォン
US09/963,578 US20020039424A1 (en) 2000-10-02 2001-09-27 Music reproduction apparatus, audio player, and headphone
US11/723,552 US7409064B2 (en) 2000-10-02 2007-03-21 Music reproduction apparatus, audio player, and headphone

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2002112383A true JP2002112383A (ja) 2002-04-12

Family

ID=18783978

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2000302666A Pending JP2002112383A (ja) 2000-10-02 2000-10-02 音楽再生装置及びオーディオプレーヤとヘッドフォン

Country Status (2)

Country Link
US (2) US20020039424A1 (ja)
JP (1) JP2002112383A (ja)

Cited By (20)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005341245A (ja) * 2004-05-27 2005-12-08 Sony Corp 情報処理装置の制御方法、ネットワークシステム、および情報処理装置
US6980165B2 (en) 2003-01-31 2005-12-27 Kabushiki Kaisha Toshiba Communication apparatus with antenna
JP2006067266A (ja) * 2004-08-27 2006-03-09 Sony Corp 無線通信システム、無線通信装置及び無線通信方法
JP2006303672A (ja) * 2005-04-18 2006-11-02 Olympus Imaging Corp 音声再生装置及び音声再生システム
JP2007501428A (ja) * 2003-08-05 2007-01-25 コーニンクレッカ フィリップス エレクトロニクス エヌ ヴィKoninklijke Philips Electronics N.V. バッファ管理システム、ディジタルオーディオ受信機、ヘッドホン、スピーカ、バッファ管理方法
JP2007158730A (ja) * 2005-12-05 2007-06-21 Sony Corp 無線通信方法
JP2007324831A (ja) * 2006-05-31 2007-12-13 Toshiba Corp 音声再生装置及び音声再生システムの音声同期方法
JP2008067258A (ja) * 2006-09-11 2008-03-21 Audio Technica Corp ワイヤレスヘッドホンおよびワイヤレスヘッドホンシステム
JP2008523649A (ja) * 2004-11-12 2008-07-03 コーニンクレッカ フィリップス エレクトロニクス エヌ ヴィ ヘッドホンセットを介してコンテンツを共有する装置及び方法
JP2008153736A (ja) * 2006-12-14 2008-07-03 Foster Electric Co Ltd ステレオワイヤレスヘッドホンシステムおよびステレオワイヤレスヘッドホン
US7460477B2 (en) 2003-03-11 2008-12-02 Kabushiki Kaisha Toshiba Electronic apparatus with communication device
WO2009098858A1 (ja) * 2008-02-04 2009-08-13 Panasonic Corporation 耳かけ型無線装置
JP2010517364A (ja) * 2007-01-22 2010-05-20 ジョック,インコーポレイテッドJook, Inc. 無線音声共有
JP2010119019A (ja) * 2008-11-14 2010-05-27 Sony Ericsson Mobilecommunications Japan Inc 携帯端末、音声出力制御方法及び音声出力制御プログラム
JP2011160161A (ja) * 2010-01-29 2011-08-18 Toshiba Corp 無線通信機器及びバッテリ残量報知方法
KR101110192B1 (ko) * 2002-11-11 2012-02-15 지엔 넷컴 에이에스 헤드셋
JP2013051624A (ja) * 2011-08-31 2013-03-14 Sony Corp 音響再生装置
JP2013530551A (ja) * 2010-03-22 2013-07-25 アンワイヤード テクノロジー,リミテッド ライアビリティ カンパニー デュアルモード符号化器、デュアルモード符号化器を備えるシステム、及び赤外線信号を生成する方法
JP2014222525A (ja) * 2006-09-11 2014-11-27 アップル インコーポレイテッド 携帯性の高いメディアデバイス
US9451350B2 (en) 2011-08-31 2016-09-20 Sony Corporation Earphone device

Families Citing this family (50)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR100407571B1 (ko) * 2001-06-29 2003-12-01 삼성전자주식회사 사용자 인터페이스가 없는 블루투스 장치에서 사용자정보를 이용하는 방법
US8131391B2 (en) * 2001-12-21 2012-03-06 One-E-Way, Inc. Wireless digital audio music system
US6993292B2 (en) * 2002-02-26 2006-01-31 3M Innovative Properties Company Self-monitoring radio network
US7246249B2 (en) * 2002-06-10 2007-07-17 Canon Kabushiki Kaisha Reproduction control of reproduction apparatus based on remaining power of battery
US20060111044A1 (en) * 2002-12-04 2006-05-25 Keller Mark A Stereo signal communication using bluetooth transceivers in earpieces
JP3906168B2 (ja) * 2003-02-28 2007-04-18 株式会社東芝 電子機器および同機器のシステム制御方法
ITBO20030117A1 (it) * 2003-03-05 2004-09-06 A E B Srl Apparato radiomicrofonico a trasmissione digitale
JP4128102B2 (ja) * 2003-04-14 2008-07-30 シャープ株式会社 無線送受信カード
EP1482715A3 (en) * 2003-05-28 2010-11-17 Broadcom Corporation Modular wireless headset and/or headphones
US20050136839A1 (en) * 2003-05-28 2005-06-23 Nambirajan Seshadri Modular wireless multimedia device
JP4025254B2 (ja) * 2003-06-30 2007-12-19 株式会社東芝 無線通信接続方法及び電子機器
JP2005136871A (ja) * 2003-10-31 2005-05-26 Toshiba Corp 電子機器およびペアリング処理方法
EP1754307A4 (en) * 2004-03-05 2010-02-17 Etymotic Res Inc Companion microphone system and method
US20050251455A1 (en) * 2004-05-10 2005-11-10 Boesen Peter V Method and system for purchasing access to a recording
FI116439B (fi) * 2004-06-04 2005-11-15 Nokia Corp Videon ja audion synkronointi
US8491456B2 (en) * 2004-08-26 2013-07-23 Song Park Method and apparatus providing a symbol sequence to a user, and wearable infrastructure providing the symbol sequence to the body
US8477955B2 (en) * 2004-09-23 2013-07-02 Thomson Licensing Method and apparatus for controlling a headphone
US20060147052A1 (en) * 2005-01-04 2006-07-06 Wikel Harold L Audio headphone having wireless transceiver and analog audio input
KR100663583B1 (ko) * 2005-01-21 2007-01-02 삼성전자주식회사 무선 헤드셋 장치 및 그 동작 방법
KR100684918B1 (ko) 2005-04-01 2007-02-22 삼성전자주식회사 음악 파일을 재생하는 이동 통신 단말기 및 그 방법
KR100703327B1 (ko) * 2005-04-19 2007-04-03 삼성전자주식회사 무선형 스테레오 헤드 셋 시스템
US8842854B1 (en) 2005-07-14 2014-09-23 Zaxcom, Inc. Systems and methods for remotely controlling local audio devices in a virtual wireless multitrack recording system
US9094636B1 (en) 2005-07-14 2015-07-28 Zaxcom, Inc. Systems and methods for remotely controlling local audio devices in a virtual wireless multitrack recording system
US7929902B1 (en) * 2005-07-14 2011-04-19 Zaxcom, Inc. Virtual wireless multitrack recording system
US20070058819A1 (en) * 2005-09-14 2007-03-15 Membrain,Llc Portable audio player and method for selling same
DE102006004342B4 (de) * 2006-01-30 2011-09-15 Sennheiser Electronic Gmbh & Co. Kg Drahtlos-Kopfhörereinrichtung
TW200735686A (en) * 2006-03-06 2007-09-16 kun-di Huang Headphone for playing audio files
WO2007126406A1 (en) * 2006-03-31 2007-11-08 Halloa Enterprise Co., Ltd. Headphone for playing audio files
WO2008030871A1 (en) * 2006-09-05 2008-03-13 Etymotic Research, Inc. Method and system of managing volume and functionality control between an audio player and wireless earphones
US8046656B2 (en) * 2006-10-31 2011-10-25 Hewlett-Packard Development Company, L.P. Rendering and correcting data
JP4894476B2 (ja) * 2006-11-21 2012-03-14 富士通東芝モバイルコミュニケーションズ株式会社 音声送信装置および移動通信端末
EP2160046A1 (en) * 2008-08-28 2010-03-03 AKG Acoustics GmbH Headphone
US8577052B2 (en) * 2008-11-06 2013-11-05 Harman International Industries, Incorporated Headphone accessory
US8150057B2 (en) * 2008-12-31 2012-04-03 Etymotic Research, Inc. Companion microphone system and method
JP4881425B2 (ja) 2009-11-30 2012-02-22 株式会社東芝 電子機器
US8654987B2 (en) 2010-01-11 2014-02-18 Dennis Palma Audio player headset earhook apparatus and system thereof
JP4881447B2 (ja) * 2010-01-29 2012-02-22 株式会社東芝 電子機器、及び音声信号増幅方法
US9161131B2 (en) * 2010-03-25 2015-10-13 K&E Holdings, LLC Stereo audio headphone apparatus for a user having a hearing loss and related methods
JP2013046209A (ja) 2011-08-24 2013-03-04 Sony Corp 画像処理装置、および、画像処理装置の制御方法ならびに当該方法をコンピュータに実行させるためのプログラム
US9819710B2 (en) * 2011-08-25 2017-11-14 Logitech Europe S.A. Easy sharing of wireless audio signals
US8917877B2 (en) * 2011-10-12 2014-12-23 Sony Corporation Distance-based rendering of media files
US8878708B1 (en) 2012-04-06 2014-11-04 Zaxcom, Inc. Systems and methods for processing and recording audio
US9104608B2 (en) * 2012-09-06 2015-08-11 International Business Machines Corporation Facilitating comprehension in communication systems
US20140192994A1 (en) * 2013-01-04 2014-07-10 Roger Chen Noise Cancelling Headphone
US9143854B2 (en) 2013-04-25 2015-09-22 Emmanuel Adedolapo Alao Wireless headband audio player
US20160381452A1 (en) * 2015-06-25 2016-12-29 Robert Rodriguez Stand-alone headphones with digital music player
US9661117B2 (en) * 2015-07-16 2017-05-23 Plantronics, Inc. Wearable devices for headset status and control
CN105187969A (zh) * 2015-09-21 2015-12-23 深圳市冠旭电子有限公司 一种用于同声翻译的耳机
GB2548333A (en) * 2016-03-07 2017-09-20 Innventigo Ltd Wearable recording device and method of playing a recorded message
KR20170105795A (ko) * 2016-03-10 2017-09-20 삼성전자주식회사 전자 장치 및 그의 동작 방법

Family Cites Families (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US4484029A (en) * 1983-08-29 1984-11-20 Kenney David S Cordless telephone switch and line selector
US4845751A (en) * 1988-03-16 1989-07-04 Schwab Brian H Wireless stereo headphone
AU686130B2 (en) * 1993-11-22 1998-02-05 Johan Ullman Telephone communication headset
US6301367B1 (en) * 1995-03-08 2001-10-09 Interval Research Corporation Wearable audio system with acoustic modules
US6728518B1 (en) * 1998-06-03 2004-04-27 Dean Scrivens Event communication system
US6519448B1 (en) * 1998-09-30 2003-02-11 William A. Dress Personal, self-programming, short-range transceiver system
US6381452B1 (en) * 1999-11-01 2002-04-30 Ting-Kuei Tien Multifunction new-type audio player structure

Cited By (27)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR101110192B1 (ko) * 2002-11-11 2012-02-15 지엔 넷컴 에이에스 헤드셋
US6980165B2 (en) 2003-01-31 2005-12-27 Kabushiki Kaisha Toshiba Communication apparatus with antenna
US7460477B2 (en) 2003-03-11 2008-12-02 Kabushiki Kaisha Toshiba Electronic apparatus with communication device
JP2007501428A (ja) * 2003-08-05 2007-01-25 コーニンクレッカ フィリップス エレクトロニクス エヌ ヴィKoninklijke Philips Electronics N.V. バッファ管理システム、ディジタルオーディオ受信機、ヘッドホン、スピーカ、バッファ管理方法
JP2005341245A (ja) * 2004-05-27 2005-12-08 Sony Corp 情報処理装置の制御方法、ネットワークシステム、および情報処理装置
JP2006067266A (ja) * 2004-08-27 2006-03-09 Sony Corp 無線通信システム、無線通信装置及び無線通信方法
US8010047B2 (en) 2004-08-27 2011-08-30 Sony Corporation Radio communication system, radio communication device, and radio communication method
JP2008523649A (ja) * 2004-11-12 2008-07-03 コーニンクレッカ フィリップス エレクトロニクス エヌ ヴィ ヘッドホンセットを介してコンテンツを共有する装置及び方法
JP2012039624A (ja) * 2004-11-12 2012-02-23 Koninkl Philips Electronics Nv ヘッドホンセットを介してコンテンツを共有する装置及び方法
JP2006303672A (ja) * 2005-04-18 2006-11-02 Olympus Imaging Corp 音声再生装置及び音声再生システム
JP2007158730A (ja) * 2005-12-05 2007-06-21 Sony Corp 無線通信方法
JP2007324831A (ja) * 2006-05-31 2007-12-13 Toshiba Corp 音声再生装置及び音声再生システムの音声同期方法
JP2008067258A (ja) * 2006-09-11 2008-03-21 Audio Technica Corp ワイヤレスヘッドホンおよびワイヤレスヘッドホンシステム
JP2014222525A (ja) * 2006-09-11 2014-11-27 アップル インコーポレイテッド 携帯性の高いメディアデバイス
JP2008153736A (ja) * 2006-12-14 2008-07-03 Foster Electric Co Ltd ステレオワイヤレスヘッドホンシステムおよびステレオワイヤレスヘッドホン
JP2010517364A (ja) * 2007-01-22 2010-05-20 ジョック,インコーポレイテッドJook, Inc. 無線音声共有
JP5252741B2 (ja) * 2008-02-04 2013-07-31 パナソニック株式会社 耳かけ型補聴器
WO2009098858A1 (ja) * 2008-02-04 2009-08-13 Panasonic Corporation 耳かけ型無線装置
US8648761B2 (en) 2008-02-04 2014-02-11 Panasonic Corporation Behind-the-ear wireless device
US8594743B2 (en) 2008-11-14 2013-11-26 Sony Corporation Portable terminal, audio output control method, and audio output control program
JP2010119019A (ja) * 2008-11-14 2010-05-27 Sony Ericsson Mobilecommunications Japan Inc 携帯端末、音声出力制御方法及び音声出力制御プログラム
JP2011160161A (ja) * 2010-01-29 2011-08-18 Toshiba Corp 無線通信機器及びバッテリ残量報知方法
JP2013530551A (ja) * 2010-03-22 2013-07-25 アンワイヤード テクノロジー,リミテッド ライアビリティ カンパニー デュアルモード符号化器、デュアルモード符号化器を備えるシステム、及び赤外線信号を生成する方法
JP2013051624A (ja) * 2011-08-31 2013-03-14 Sony Corp 音響再生装置
US9451350B2 (en) 2011-08-31 2016-09-20 Sony Corporation Earphone device
US9578410B2 (en) 2011-08-31 2017-02-21 Sony Corporation Sound reproduction device
US10212504B2 (en) 2011-08-31 2019-02-19 Sony Corporation Earphone device

Also Published As

Publication number Publication date
US20020039424A1 (en) 2002-04-04
US20070162169A1 (en) 2007-07-12
US7409064B2 (en) 2008-08-05

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6928309B2 (en) Portable communication terminal charger system
US7725141B2 (en) Multi-functional detached mobile phone
US7257398B1 (en) Telephone set, communication adaptor, home appliance control method, and program recording medium
US20060251277A1 (en) Wireless stereo headset
TWI474724B (zh) 多重模式之聲音再生裝置
US20100142735A1 (en) Audio apparatus and signal calibration method thereof
KR100827798B1 (ko) 휴대전화기 및 음성처리방법
US20060046656A1 (en) Bluetooth headset and bluetooth device connectable to audio equipment
US20030073460A1 (en) Modular headset for cellphone or MP3 player
US20050136839A1 (en) Modular wireless multimedia device
EP1482715A2 (en) Modular wireless headset and/or headphones
CN100592653C (zh) 具有低音增强的便携式音频回放设备
US7292880B2 (en) Hands-free function
CN101110875B (zh) 防止使用蓝牙通信协议的便携式电话丢失的装置及其控制方法
KR100663583B1 (ko) 무선 헤드셋 장치 및 그 동작 방법
AU704782B2 (en) Portable telephone set having wireless electroacoustic transducer
EP1100218A2 (en) Portable audio listening apparatus
EP1443737A1 (en) Headset comprising a wireless communication device communicating with at least two remote devices
KR20020001348A (ko) 근거리 이동무선시스템을 이용하여 디지탈 오디오데이타를 청취할 수 있는 헤드셋
JP2001169380A (ja) 耳装着型音楽再生装置、及び音楽再生システム
US20080240465A1 (en) Sound reproducing device and sound reproduction method
JP2001527717A (ja) 組み合わせ型移動体電話機並びに遠隔制御端末
CN1213234A (zh) 无线信息通信方法及其装置
JP2001197173A (ja) コードレス電話器と、コードレス電話器内にデジタルビットストリーム音楽プレイヤを組み込む方法
JP2002237873A (ja) 携帯型無線端末及び音送出方法並びに音取込方法

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20051207

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20080624

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20080731

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20080909

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20090120