JP2002111936A - ネットワークファクシミリ装置及びその制御方法、並びに、ネットワークファクシミリ通信システム - Google Patents

ネットワークファクシミリ装置及びその制御方法、並びに、ネットワークファクシミリ通信システム

Info

Publication number
JP2002111936A
JP2002111936A JP2000300160A JP2000300160A JP2002111936A JP 2002111936 A JP2002111936 A JP 2002111936A JP 2000300160 A JP2000300160 A JP 2000300160A JP 2000300160 A JP2000300160 A JP 2000300160A JP 2002111936 A JP2002111936 A JP 2002111936A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
destination
transfer
transfer destination
document data
network
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2000300160A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2002111936A5 (ja
Inventor
Yuichi Terao
雄一 寺尾
Original Assignee
Ricoh Co Ltd
株式会社リコー
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Ricoh Co Ltd, 株式会社リコー filed Critical Ricoh Co Ltd
Priority to JP2000300160A priority Critical patent/JP2002111936A/ja
Publication of JP2002111936A publication Critical patent/JP2002111936A/ja
Publication of JP2002111936A5 publication Critical patent/JP2002111936A5/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 転送先の指定を伴う受信文書データを適切な
宛先に転送することができるパケット網直結型のネット
ワークファクシミリ装置提供すること。 【解決手段】 発信元装置からの文書データの受信開始
時に宛先指定番号が通知された場合に当該宛先指定番号
に基づいて転送先を特定し、文書データの受信開始時
に、前記宛先指定番号の通知があった場合には、受信文
書データをメモリに蓄積して、その蓄積された前記宛先
指定番号の通知を伴う受信文書データを、前記特定され
た転送先に当該転送先に適合する通信形態で送信するこ
とを特徴とする。

Description

【発明の詳細な説明】

【0001】

【発明の属する技術分野】本発明は、パケット網直結型
のネットワークファクシミリ装置及びその制御方法、並
びに、ネットワークファクシミリ通信システムに関す
る。

【0002】

【従来の技術】公衆回線網を介したG3ファクシミリ通
信は、端末間の能力交換及びリアルタイム性が保証され
る利点がある反面、通信時間に応じた通信料金が課金さ
れしまう欠点がある。一方、インターネット等のパケッ
ト網においては、電子メールによる通信がよく用いられ
る。しかし、電子メールによるネットワーク通信は、通
信料金が基本的に無料であるという利点がある反面、送
信側端末と受信側端末との間にメールサーバが介在し
て、送信側端末からメールサーバへの電子メールの送信
と、受信側端末のメールサーバからの自装置宛電子メー
ルの受信とが、互いに独立した動作となる、端末間の能
力交換及びリアルタイム性が保証されない。

【0003】そのため、例えば、送信側端末から電子メ
ールにより送信した文書データの形式(ファイル形式、
符号化形式、解像度等)に、受信側端末が未対応である
ために、送信側端末における文書データの電子メールに
よる送信は成功したのに、受信側端末において受信文書
データを正しく処理できず、結果的に文書データの送信
が失敗に終わってしまうという欠点があった。

【0004】そこで、公衆電話網を介したファクシミリ
通信の利点である端末間の能力交換及びリアルタイム性
と、ネットワークを介した通信の、通信料金がかからな
いという利点とを両立した通信形態として、1999年
4月に、パケット化したT.30信号をパケット網上で
やり取りするためのITU−T勧告T.38が制定され
た。

【0005】この勧告T.38に基づいた通信を行うこ
とにより、端末間のファクシミリ通信に関する能力交換
および通信のリアルタイム性が保証された通信をネット
ワーク上で行うことができるようになった。

【0006】勧告T.38に従うネットワーク端末
(T.38端末)には、ネットワーク直結型のIAF
(Internet Aware Fax)タイプと、専用線や公衆回線等
の電話網へリアルタイムに転送するGW(Gateway)タ
イプとの2種類が存在する。

【0007】IAFタイプの端末は、いわば、相手端末
(IAFまたはGW)との間でパケット化されたT.3
0信号をリアルタイムでやりとりして、自装置が相手端
末にとっての最終宛先として文書データを受信するネッ
トワークファクシミリ装置である。

【0008】一方、GWタイプの端末は、ネットワーク
を介して相手端末(IAFまたはGW)から受信したパ
ケットから抽出したT.30信号をモデム信号に変換し
て電話網を介して最終宛先となるG3ファクシミリ装置
へ転送し、また電話網を介して前記G3ファクシミリ装
置からモデム信号として受信したT.30信号をパケッ
ト化してネットワークを介して相手端末に転送すること
で、ネットワーク上のT.38端末と電話網上の従来型
のファクシミリ装置との間でのリアルタイム通信を可能
とするものである。

【0009】IAFタイプのT.38端末としてのネッ
トワークファクシミリ装置は、自装置が最終宛先となっ
てネットワークを介した相手端末との間でパケット化さ
れたT.30信号をリアルタイムでやりとりして文書デ
ータの受信を行うため、電話網上のリアルタイム転送先
の指定を相手端末から受ける必要はない。一方、GWタ
イプのT.38端末としてのゲートウェイ装置は、自装
置は、パケットとT.30信号との相互変換・リアルタ
イム転送を行う中継装置に過ぎず、文書データの最終宛
先は、電話網上の端末となるため、電話網上のリアルタ
イム転送先の指定を相手端末から受ける必要がある。

【0010】そのため、送信元の相手端末(IAFまた
はGW)においては、送信宛先がIAFタイプであれ
ば、電話網上のリアルタイム転送先の端末に発呼するた
めに必要な電話番号の指定なしで、送信宛先のIAF端
末のネットワークアドレスのみを指定する一方、送信宛
先がGW端末経由の電話網上の端末である場合であれ
ば、そのリアルタイム転送先の電話網上の端末に発呼す
るために必要な電話番号を、当該GW端末のネットワー
クアドレスと共に指定するのが本来の宛先指定形態であ
る。

【0011】しかし、そのように送信元での宛先指定形
態は異なってはいても、IAF端末及びGW端末は、同
じT.38端末であり、どちらも同じプロトコルを使用
してパケット網を介した通信を行うため、GW端末が備
えるパケットとT.30信号とのリアルタイム相互変換
・転送機能を備えない、IAF端末に対して、リアルタ
イム転送先の電話番号を指定することも可能である。

【0012】

【発明が解決しようとする課題】しかし、送信宛先のI
AF端末は、リアルタイム転送先の電話番号の指定を受
けても、リアルタイムのプロトコル変換・転送の機能を
備えていないため、従来は、転送先の電話番号の指定を
無視して、自装置を最終宛先と擬制して文書データを受
信・印刷するか、または、通信エラーとして扱う以外に
方法がなかった。

【0013】本発明はこのような課題を解決するために
なされたものであり、転送先の指定を伴う受信文書デー
タを適切な宛先に転送することができるパケット網直結
型のネットワークファクシミリ装置及びその制御方法、
並びに、ネットワークファクシミリ通信システムを提供
することを目的とする。

【0014】

【課題を解決するための手段】請求項1に記載のネット
ワークファクシミリ装置は、パケット網を介して発信元
装置との間でITU−T勧告T.38に基づいてパケッ
ト化されたT.30信号をやりとりしつつ文書データを
受信するパケット網直結型のネットワークファクシミリ
装置において、前記発信元装置からの文書データの受信
開始時に前記発信元装置から所定の手順により宛先指定
番号が通知された場合に当該宛先指定番号に基づいて転
送先を特定する転送先特定手段と、前記発信元装置から
の文書データの受信開始時に、前記宛先指定番号の通知
がない場合には、受信文書データに対して、パケット網
直結型ネットワークファクシミリ装置としての通常の処
理を行う一方、前記宛先指定番号の通知があった場合に
は、受信文書データをメモリに蓄積する文書データ受信
制御手段と、前記メモリに蓄積された前記宛先指定番号
の通知を伴う受信文書データを、前記転送先特定手段に
より特定される転送先に当該転送先に適合する通信形態
で送信する宛先指定文書転送手段とを備えたことを特徴
とする。

【0015】請求項2に記載のネットワークファクシミ
リ装置は、請求項1に記載のネットワークファクシミリ
装置において、前記転送先特定手段は、通知された前記
相手先指定番号そのものを転送先電話番号として特定す
るものである一方、前記宛先指定文書転送手段は、前記
転送先特定手段により特定された前記転送先電話番号に
電話網を介して発呼して前記受信文書データをファクシ
ミリ送信するものであることを特徴とする。

【0016】請求項3に記載のネットワークファクシミ
リ装置は、請求項1に記載のネットワークファクシミリ
装置において、各識別番号のそれぞれに1つまたは複数
の転送先識別情報を対応付けて登録した転送先登録テー
ブルを更に備え、前記転送先特定手段は、通知された前
記宛先指定番号を前記転送先登録テーブルと照合して一
致する識別番号に対応する1つまたは複数の転送先識別
情報を特定するものである一方、前記宛先指定文書転送
手段は、前記転送先特定手段により特定された1つまた
は複数の前記転送先識別情報によりそれぞれ示される転
送先に当該転送先に適合する通信形態で前記受信文書デ
ータを送信するものであることを特徴とする。

【0017】請求項4に記載のネットワークファクシミ
リ装置は、請求項3に記載のネットワークファクシミリ
装置において、前記転送先登録テーブルに前記各識別番
号のそれぞれに対応して登録される1つまたは複数の転
送先識別情報は、転送先電話番号である一方、前記転送
先特定手段は、通知された前記宛先指定番号を前記転送
先登録テーブルと照合して一致する識別番号に対応する
1つまたは複数の転送先電話番号を特定するものである
と共に、前記宛先指定文書転送手段は、前記転送先特定
手段により特定された1つまたは複数の前記転送先電話
番号に電話網を介して順次発呼して前記受信文書データ
をファクシミリ送信するものであることを特徴とする。

【0018】請求項5に記載のネットワークファクシミ
リ装置は、請求項3に記載のネットワークファクシミリ
装置において、前記転送先登録テーブルに前記各識別番
号のそれぞれに対応して登録される1つまたは複数の転
送先識別情報は、転送先メールアドレスである一方、前
記転送先特定手段は、通知された前記相手先指定番号を
前記転送先登録テーブルと照合して一致する識別番号に
対応する1つまたは複数の転送先メールアドレスを特定
するものであると共に、前記宛先指定文書転送手段は、
前記転送先特定手段により特定された1つまたは複数の
前記転送先メールアドレス宛の電子メールとして前記受
信文書データをネットワークを介して送信するものであ
ることを特徴とする。

【0019】請求項6に記載のネットワークファクシミ
リ装置は、請求項3に記載のネットワークファクシミリ
装置において、前記転送先登録テーブルに前記各識別番
号のそれぞれに対応して登録される1つまたは複数の転
送先識別情報は、転送先メールアドレスまたは転送先電
話番号である一方、前記転送先特定手段は、通知された
前記宛先指定番号を前記転送先登録テーブルと照合して
一致する識別番号に対応する1つまたは複数の転送先メ
ールアドレスまたは/及び転送先電話番号を特定するも
のであると共に、前記宛先指定文書転送手段は、前記転
送先特定手段により特定された1つまたは複数の転送先
が、メールアドレスを含む場合には、当該メールアドレ
ス宛の電子メールとして前記受信文書データをネットワ
ークを介して送信する一方、電話番号を含む場合には、
当該電話番号に発呼して前記受信文書データをファクシ
ミリ送信するものであることを特徴とする。

【0020】請求項7に記載のネットワークファクシミ
リ装置は、請求項1、2、3、4、5または6のいずれ
かに記載のネットワークファクシミリ装置において、転
送を許可する発信元のネットワークアドレスを予め登録
した転送許可発信元アドレス登録テーブルを更に備え、
前記宛先指定文書転送手段は、前記宛先指定番号の通知
を伴う受信文書データの受信時に前記発信元装置から通
知される発信元ネットワークアドレスが前記転送許可発
信元アドレス登録テーブルに登録されている場合に限
り、前記転送先特定手段により特定された転送先への前
記受信文書データの送信を行うものであることを特徴と
する。

【0021】請求項8に記載のネットワークファクシミ
リ装置は、請求項1、2、3、4、5、6または7のい
ずれかに記載のネットワークファクシミリ装置におい
て、転送を許可する転送先識別情報を予め登録した転送
許可転送先登録テーブルを更に備え、前記宛先指定文書
転送手段は、前記転送先特定手段により特定された1つ
または複数の転送先識別情報であって前記転送許可転送
先登録テーブルに登録されている転送先に対してのみ、
前記受信文書データの送信を行うものであることを特徴
とする。

【0022】請求項9に記載のネットワークファクシミ
リ装置は、請求項1、2、3、4、5、6、7または8
のいずれかに記載のネットワークファクシミリ装置にお
いて、前記メモリに記憶された宛先指定番号の通知を伴
う受信文書データを記録出力する転送文書出力手段を更
に備えたことを特徴とする。

【0023】請求項10に記載のネットワークファクシ
ミリ装置は、請求項1、2、3、4、5、6、7、8ま
たは9のいずれかに記載のネットワークファクシミリ装
置において、前記宛先指定文書転送手段による前記受信
文書データの転送結果を内容とする文書データを作成す
る転送結果通知文書作成手段と、その転送結果通知文書
作成手段により作成された文書データを前記発信元装置
に送信する転送結果通知文書送信手段とを更に備えたこ
とを特徴とする。

【0024】請求項11に記載のネットワークファクシ
ミリ装置の制御方法は、パケット網を介して発信元装置
との間でITU−T勧告T.38に基づいてパケット化
されたT.30信号をやりとりしつつ文書データを受信
するパケット網直結型のネットワークファクシミリ装置
の制御方法において、前記発信元装置からの文書データ
の受信開始時に前記発信元装置から所定の手順により宛
先指定番号が通知された場合に当該宛先指定番号に基づ
いて転送先を特定する一方、前記発信元装置からの文書
データの受信開始時に、前記宛先指定番号の通知がない
場合には、受信文書データに対して、パケット網直結型
ネットワークファクシミリ装置としての通常の処理を行
う一方、前記宛先指定番号の通知があった場合には、受
信文書データをメモリに蓄積し、前記メモリに蓄積され
た前記宛先指定番号の通知を伴う受信文書データを、前
記特定した転送先に当該転送先に適合する通信形態で送
信することを特徴とする。

【0025】請求項12に記載のネットワークファクシ
ミリ装置の制御方法は、請求項11に記載のネットワー
クファクシミリ装置において、前記転送先の特定は、通
知された前記相手先指定番号そのものを転送先電話番号
とすることにより行う一方、前記メモリに蓄積された前
記宛先指定番号の通知を伴う受信文書データの送信は、
前記転送先電話番号に電話網を介して発呼してファクシ
ミリ送信することにより行うことを特徴とする。

【0026】請求項13に記載のネットワークファクシ
ミリ装置の制御方法は、請求項11に記載のネットワー
クファクシミリ装置の制御方法において、各識別番号の
それぞれに1つまたは複数の転送先識別情報を対応付け
て登録した転送先登録テーブルを有し、前記転送先の特
定は、通知された前記宛先指定番号を前記転送先登録テ
ーブルと照合して一致する識別番号に対応する1つまた
は複数の転送先識別情報を特定することにより行う一
方、前記メモリに蓄積された前記宛先指定番号の通知を
伴う受信文書データの送信は、前記特定された1つまた
は複数の転送先識別情報によりそれぞれ示される転送先
に当該転送先に適合する通信形態で送信することにより
行うことを特徴とする。

【0027】請求項14に記載のネットワークファクシ
ミリ装置の制御方法は、請求項13に記載のネットワー
クファクシミリ装置の制御方法において、前記転送先登
録テーブルに前記各識別番号のそれぞれに対応して登録
される1つまたは複数の転送先識別情報は、転送先電話
番号である一方、前記転送先の特定は、通知された前記
宛先指定番号を前記転送先登録テーブルと照合して一致
する識別番号に対応する1つまたは複数の転送先電話番
号を特定することにより行うと共に、前記メモリに蓄積
された前記宛先指定番号の通知を伴う受信文書データの
送信は、前記特定された1つまたは複数の転送先電話番
号に電話網を介して順次発呼してファクシミリ送信する
ことにより行うことを特徴とする。

【0028】請求項15に記載のネットワークファクシ
ミリ装置の制御方法は、請求項13に記載のネットワー
クファクシミリ装置の制御方法において、前記転送先登
録テーブルに前記各識別番号のそれぞれに対応して登録
される1つまたは複数の転送先識別情報は、転送先メー
ルアドレスである一方、前記転送先の特定は、通知され
た前記宛先指定番号を前記転送先登録テーブルと照合し
て一致する識別番号に対応する1つまたは複数の転送先
メールアドレスを特定することにより行うと共に、前記
メモリに蓄積された前記宛先指定番号の通知を伴う受信
文書データの送信は、前記特定された1つまたは複数の
転送先メールアドレス宛の電子メールとしてネットワー
クを介して送信することにより行うことを特徴とする。

【0029】請求項16に記載のネットワークファクシ
ミリ装置の制御方法は、請求項13に記載のネットワー
クファクシミリ装置の制御方法において、前記転送先登
録テーブルに前記各識別番号のそれぞれに対応して登録
される1つまたは複数の転送先識別情報は、転送先メー
ルアドレスまたは転送先電話番号である一方、前記転送
先の特定は、通知された前記宛先指定番号を前記転送先
登録テーブルと照合して一致する識別番号に対応する1
つまたは複数の転送先メールアドレスまたは/及び転送
先電話番号を特定することにより行うと共に、前記メモ
リに蓄積された前記宛先指定番号の通知を伴う受信文書
データの送信は、前記特定された1つまたは複数の転送
先が、メールアドレスを含む場合には、当該メールアド
レス宛の電子メールとしてネットワークを介して送信す
る一方、電話番号を含む場合には、当該電話番号に発呼
してファクシミリ送信することにより行うことを特徴と
する。

【0030】請求項17に記載のネットワークファクシ
ミリ装置の制御方法は、請求項11、12、13、1
4、15または16のいずれかに記載のネットワークフ
ァクシミリ装置の制御方法において、転送を許可する発
信元のネットワークアドレスを予め登録した転送許可発
信元アドレス登録テーブルを有し、前記宛先指定番号の
通知を伴う受信文書データの受信時に前記発信元装置か
ら通知される発信元ネットワークアドレスが前記転送許
可発信元アドレス登録テーブルに登録されている場合に
限り、前記特定された転送先への前記受信文書データの
送信を行うことを特徴とする。

【0031】請求項18に記載のネットワークファクシ
ミリ装置の制御方法は、請求項11、12、13、1
4、15、16または17のいずれかに記載のネットワ
ークファクシミリ装置の制御方法において、転送を許可
する転送先識別情報を予め登録した転送許可転送先登録
テーブルを有し、前記特定された1つまたは複数の転送
先識別情報であって前記転送許可転送先登録テーブルに
登録されている転送先に対してのみ、前記受信文書デー
タの送信を行うことを特徴とする。

【0032】請求項19に記載のネットワークファクシ
ミリ装置の制御方法は、請求項11、12、13、1
4、15、16、17または18のいずれかに記載のネ
ットワークファクシミリ装置の制御方法において、前記
メモリに記憶された宛先指定番号の通知を伴う受信文書
データを記録出力する手順を更に含むことを特徴とす
る。

【0033】請求項20に記載のネットワークファクシ
ミリ装置の制御方法は、請求項11、12、13、1
4、15、16、17、18または19のいずれかに記
載のネットワークファクシミリ装置において、前記受信
文書データの転送結果を内容とする文書データを作成
し、その作成した文書データを前記発信元装置に送信す
る手順を更に含むことを特徴とする。

【0034】請求項21に記載のネットワークファクシ
ミリ通信システムは、発信元装置とパケット網直結型の
着信側ネットワークファクシミリ装置とがパケット網を
介してITU−T勧告T.38に基づいてパケット化さ
れたT.30信号をやりとりして前記発信側装置からの
文書データを前記着信側ネットワークファクシミリ装置
が受信するネットワークファクシミリ通信システムにお
いて、前記着信側ネットワークファクシミリ装置が、前
記発信元装置からの文書データの受信開始時に前記発信
元装置から所定の手順により宛先指定番号が通知された
場合に当該宛先指定番号に基づいて転送先を特定する転
送先特定手段と、前記発信元装置からの文書データの受
信開始時に、前記宛先指定番号の通知がない場合には、
受信文書データに対して、パケット網直結型ネットワー
クファクシミリ装置としての通常の処理を行う一方、前
記宛先指定番号の通知があった場合には、受信文書デー
タをメモリに蓄積する文書データ受信制御手段と、前記
メモリに蓄積された前記宛先指定番号の通知を伴う受信
文書データを、前記転送先特定手段により特定される転
送先に当該転送先に適合する通信形態で送信する宛先指
定文書転送手段とを備えたことを特徴とする。

【0035】請求項22に記載のネットワークファクシ
ミリ通信システムは、請求項21に記載のネットワーク
ファクシミリ通信システムにおいて、前記転送先特定手
段は、通知された前記相手先指定番号そのものを転送先
電話番号として特定するものである一方、前記宛先指定
文書転送手段は、前記転送先特定手段により特定された
前記転送先電話番号に電話網を介して発呼して前記受信
文書データをファクシミリ送信するものであることを特
徴とする。

【0036】請求項23に記載のネットワークファクシ
ミリ通信システムは、請求項21に記載のネットワーク
ファクシミリ通信システムにおいて、前記着信側ネット
ワークファクシミリ装置は、各識別番号のそれぞれに1
つまたは複数の転送先識別情報を対応付けて登録した転
送先登録テーブルを更に備え、前記転送先特定手段は、
通知された前記宛先指定番号を前記転送先登録テーブル
と照合して一致する識別番号に対応する1つまたは複数
の転送先識別情報を特定するものである一方、前記宛先
指定文書転送手段は、前記転送先特定手段により特定さ
れた1つまたは複数の前記転送先識別情報によりそれぞ
れ示される転送先に当該転送先に適合する通信形態で前
記受信文書データを送信するものであることを特徴とす
る。

【0037】請求項24に記載のネットワークファクシ
ミリ通信システムは、請求項23に記載のネットワーク
ファクシミリ通信システムにおいて、前記転送先登録テ
ーブルに前記各識別番号のそれぞれに対応して登録され
る1つまたは複数の転送先識別情報は、転送先電話番号
である一方、前記転送先特定手段は、通知された前記宛
先指定番号を前記転送先登録テーブルと照合して一致す
る識別番号に対応する1つまたは複数の転送先電話番号
を特定するものであると共に、前記宛先指定文書転送手
段は、前記転送先特定手段により特定された1つまたは
複数の前記転送先電話番号に電話網を介して順次発呼し
て前記受信文書データをファクシミリ送信するものであ
ることを特徴とする。

【0038】請求項25に記載のネットワークファクシ
ミリ通信システムは、請求項23に記載のネットワーク
ファクシミリ通信システムにおいて、前記転送先登録テ
ーブルに前記各識別番号のそれぞれに対応して登録され
る1つまたは複数の転送先識別情報は、転送先メールア
ドレスである一方、前記転送先特定手段は、通知された
前記相手先指定番号を前記転送先登録テーブルと照合し
て一致する識別番号に対応する1つまたは複数の転送先
メールアドレスを特定するものであると共に、前記宛先
指定文書転送手段は、前記転送先特定手段により特定さ
れた1つまたは複数の前記転送先メールアドレス宛の電
子メールとして前記受信文書データをネットワークを介
して送信するものであることを特徴とする。

【0039】請求項26に記載のネットワークファクシ
ミリ通信システムは、請求項23に記載のネットワーク
ファクシミリ通信システムにおいて、前記転送先登録テ
ーブルに前記各識別番号のそれぞれに対応して登録され
る1つまたは複数の転送先識別情報は、転送先メールア
ドレスまたは転送先電話番号である一方、前記転送先特
定手段は、通知された前記宛先指定番号を前記転送先登
録テーブルと照合して一致する識別番号に対応する1つ
または複数の転送先メールアドレスまたは/及び転送先
電話番号を特定するものであると共に、前記宛先指定文
書転送手段は、前記転送先特定手段により特定された1
つまたは複数の転送先が、メールアドレスを含む場合に
は、当該メールアドレス宛の電子メールとして前記受信
文書データをネットワークを介して送信する一方、電話
番号を含む場合には、当該電話番号に発呼して前記受信
文書データをファクシミリ送信するものであることを特
徴とする。

【0040】請求項27に記載のネットワークファクシ
ミリ通信システムは、請求項21、22、23、24、
25または26のいずれかに記載のネットワークファク
シミリ通信システムにおいて、前記着信側ネットワーク
ファクシミリ装置は、転送を許可する発信元のネットワ
ークアドレスを予め登録した転送許可発信元アドレス登
録テーブルを更に備え、前記宛先指定文書転送手段は、
前記宛先指定番号の通知を伴う受信文書データの受信時
に前記発信元装置から通知される発信元ネットワークア
ドレスが前記転送許可発信元アドレス登録テーブルに登
録されている場合に限り、前記転送先特定手段により特
定された転送先への前記受信文書データの送信を行うも
のであることを特徴とする。

【0041】請求項28に記載のネットワークファクシ
ミリ通信システムは、請求項21、22、23、24、
25、26または27のいずれかに記載のネットワーク
ファクシミリ通信システムにおいて、前記着信側ネット
ワークファクシミリ装置は、転送を許可する転送先識別
情報を予め登録した転送許可転送先登録テーブルを更に
備え、前記宛先指定文書転送手段は、前記転送先特定手
段により特定された1つまたは複数の転送先識別情報で
あって前記転送許可転送先登録テーブルに登録されてい
る転送先に対してのみ、前記受信文書データの送信を行
うものであることを特徴とする。

【0042】請求項29に記載のネットワークファクシ
ミリ通信システムは、請求項21、22、23、24、
25、26、27または28のいずれかに記載のネット
ワークファクシミリ通信システムにおいて、前記着信側
ネットワークファクシミリ装置は、前記メモリに記憶さ
れた宛先指定番号の通知を伴う受信文書データを記録出
力する転送文書出力手段を更に備えたことを特徴とす
る。

【0043】請求項30に記載のネットワークファクシ
ミリ通信システムは、請求項21、22、23、24、
25、26、27、28または29のいずれかに記載の
ネットワークファクシミリ通信システムにおいて、前記
着信側ネットワークファクシミリ装置は、前記宛先指定
文書転送手段による前記受信文書データの転送結果を内
容とする文書データを作成する転送結果通知文書作成手
段と、その転送結果通知文書作成手段により作成された
文書データを前記発信元装置に送信する転送結果通知文
書送信手段とを更に備えたことを特徴とする。

【0044】

【発明の実施の形態】以下、添付図面を参照しながら、
本発明の実施の形態を詳細に説明する。

【0045】先ず、図1に、本発明の実施の形態に係る
ネットワークファクシミリ装置1のブロック構成等につ
いて示す。

【0046】同図において、ネットワークファクシミリ
装置1は、システム制御部2、ROM3、RAM4、ス
キャナ5、プロッタ6、蓄積メモリ7、DCR8、操作
表示部9、LANコントローラ10、トランス11、モ
デム12、網制御部13、及び、システムバス14によ
り構成されている。

【0047】システム制御部2は、ROM3に書き込ま
れた制御プログラムに従って、RAM4を作業領域とし
て使用しながら、装置各部を制御するマイクロコンピュ
ータである。

【0048】ROM3は、前述したように、システム制
御部2が上記装置各部を制御するための制御プログラム
が記憶されているリードオンリメモリである。

【0049】RAM4は、前述したようにシステム制御
部2の作業領域として使用されるランダムアクセスメモ
リであり、電源遮断時にも、図示しないバックアップ回
路によりその記憶内容は保持される。

【0050】また、RAM4には、図2に示すように、
記憶領域4a、4b、4c、4d、4e、4f及び4g
のそれぞれに、発信元別転送制限機能設定フラグFh、
転送先別転送制限機能設定フラグFt、転送受信文書出
力機能設定フラグFo、転送結果通知機能設定フラグF
k、転送許可発信元IPアドレス登録テーブル、転送許
可転送先登録テーブル、及び、転送先登録テーブルが予
め設定または登録されている。

【0051】記憶領域4aないし4dにそれぞれ記憶さ
れる各フラグは、後述する処理手順において参照される
ものであり、値1に設定されていれば、対応する機能が
有効と設定されていることを示し、値0に設定されてい
れば、対応する機能が無効と設定されていることを示し
ている。テーブル4eないし4gについては後述する。

【0052】スキャナ5は、3.85本/mm、7.7
本/mm、15.4本/mm等の所定の読み取り線密度
で原稿画像を読み取って文書データを得るためのもので
ある。

【0053】プロッタ6は、受信した文書データを、そ
の線密度に応じて記録出力したり、スキャナ5で読み取
った文書データを、その線密度に応じて記録出力(コピ
ー動作)するためのものである。

【0054】蓄積メモリ7は、リアルタイムネットワー
クファクシミリ通信により受信した文書データ等を処理
が完了するまで一時的に蓄積するためのものである。

【0055】DCR8は、ファクシミリ送信する画像デ
ータを、G3ファクシミリに適合する、MH符号化方
式、MR符号化方式、MMR符号化方式等の所定の符号
化方式で符号化圧縮する一方、受信画像データをMH符
号化方式、MR符号化方式、MMR符号化方式等に対応
する所定の復号化方式で復号伸長するものであり、ま
た、画像文書データをMIME形式の電子メールにより
送信する場合のTIFFフルへの変換や、TIFF形式
のファイルからの画像文書データの取り出し処理を行う
ものである。

【0056】操作表示部9は、宛先を指定するためのキ
ー等の各種キーが配設される一方、液晶表示装置等の表
示器を備え、ユーザに知らせるべき装置の動作状態や、
各種メッセージを表示するものである。

【0057】LANコントローラ10は、ネットワーク
から受信したデータのデコード、またネットワークへ送
信するデータのエンコードを行ったり、送信フレームや
受信フレームのバッファリングを行うことで、ネットワ
ークからのデータを送受信するためのトランスフォーマ
ーであるトランス11を介したLANプロトコルを制御
して、そのLANプロトコル上でシステム制御部2がT
CP/IPプロトコルを制御して、ITU−T勧告T.
38に基づいたリアルタイムネットワークファクシミリ
通信や、SMTPプロトコル、POPプロトコルによる
電子メールの送受信を行えるようにするためのものであ
る。

【0058】なお、トランス11を介してLANコント
ローラ10に接続されるLAN20には、メールクライ
アントとしてのネットワークファクシミリ装置1にとっ
てのSMTPサーバとなり、また、POPサーバともな
るメールサーバ装置40が接続され、ネットワークファ
クシミリ装置1は、そのメールサーバ装置40を介して
電子メールの送受信を行う。また、LAN20はゲート
ウェイ装置30を介してインターネット等のパケット網
にも接続されている。

【0059】モデム12は、G3ファクシミリモデム
で、網制御部13を介して電話網に送信するデータを変
調する一方、網制御部13を介して電話網から受信した
信号を復調するものである。また、モデム12は、相手
先番号に対応するDTMF信号の送出も行う。

【0060】網制御部13は、電話網に接続されて、電
話網の回線の極性反転の検出、回線の直流ループの閉結
・解放や、回線解放の検出、発信音の検出、ビジートー
ン等のトーン信号の検出、呼出信号の検出等の回線との
接続制御や、相手先番号に対応する選択信号の、20P
PSまたは10PPSのダイヤル回線に対応したダイヤ
ルパルス信号による送出を行うものである。システムバ
ス14は、上記各部がデータをやり取りするための信号
ラインである。

【0061】図3に、ネットワークファクシミリ装置1
におけるソフトウェア構成を図5に示す。

【0062】ネットワークファクシミリ装置1は、基本
的には、IPネットワーク直結型のIAF(Internet A
ware Fax)タイプの、勧告T.38に従うネットワーク
端末(T.38端末)であり、そのIAFタイプのT.
38端末が、電話網を介したG3ファクシミリ通信機能
と、ネットワークを介した電子メール通信機能とを備え
たものとして構成されいる。

【0063】ただし、ネットワークファクシミリ装置1
は、ネットワークを介したリアルタイムファクシミ通信
と、電話網を介したG3ファクシミリ通信とを同時的に
実行する能力はなく、GWタイプのT.38端末の機
能、すなわち、ネットワークを介したIPパケットと電
話網を介したT.30信号とのリアルタイムの相互変換
の機能は備えていない。

【0064】そのため、図5に示すソフトウェア構成に
おいては、「ファクスプロトコル(T.30)制御」
は、電話網でのファクスデータ通信を行う「MODEM
制御」と、「LANコントローラ制御」、ネットワーク
を制御するための「TCP/IP」プロトコル、及びリ
アルタイムネットワークファクシミリ通信を制御するた
めの「T.38パケット制御」より構成されるプロトコ
ルスタックとの双方の上に位置する。

【0065】「ファクスプロトコル(T.30)制御」
の上には、ファクシミリイメージの符号化/復号化を制
御する「ファクスイメージ(MH/MR/MMR)符号
化/復号化」が位置している。

【0066】また、「TCP/IP」上には、メールの
送信及び受信をそれぞれ制御する「SMTP」及び「P
OP」が位置し、更に、その「SMTP」及び「PO
P」の上には、MIME(Multipurpose Internet Mail
Extensions)形式のメールのエンコード及びデコードを
制御する「MIME」が位置する。更に、その「MIM
E」上には、電子メールイメージの符号化/復号化を制
御する「電子メールイメージ(TIFF/JPEG)符
号化/復号化」が位置している。

【0067】それらの通信プロトコル依存のソフトウェ
ア上には、装置動作全体の統括的制御を行う「全体制
御」が位置し、その「全体制御」上には、操作表示部9
におけね入出力を制御する「オペポート制御」、プロッ
タ6における記録動作を制御する「プロッタ制御」、ス
キャナ5での画像読み取り動作を制御する「スキャナ制
御」の各ソフトウェアが位置している。

【0068】図4に、本実施の形態に係るネットワーク
ファクシミリ装置(IAF)1を含むネットワークファ
クシミリ通信システムの接続形態について示す。

【0069】同図において、IAF1は、パケット網
(インターネット等のIPネットワーク)50に接続さ
れ、パケット網50を介したT.38に基づいたリアル
タイムネットワークファクシミリ通信を行うことができ
る。

【0070】図4において、パケット網50を介した
T.38に基づいたリアルタイムネットワークファクシ
ミリ通信の形態としては4通りある。

【0071】先ず第1に、発信元のIAF70が着信側
のIAF1にパケット網50を介して発信して行う、I
AF−IAF間の通信である。

【0072】第2に、発信元のG3FAX90が、電話
網60を介してGWタイプのT.38端末であるGW8
0に発信して着信側のIAF1のIPアドレスを指定
し、発信元のGW80が更に着信側のIAF1にパケッ
ト網50を介して発信して、電話網60を介したT.3
0信号とパケット網50を介したパケットとのリアルタ
イム相互変換を行う、GW経由のG3FAX−IAF間
の通信である。

【0073】第3に、発信元のIAF70が着信側のG
W80にパケット網50を介して発信して着呼側のG3
FAX110の電話番号を指定し、その指定を受けた着
呼側のGW80が更に着信側のG3FAX110に電話
網60を介して発呼して電話網60を介したT.30信
号とパケット網50を介したパケットとのリアルタイム
相互変換を行う、GW経由のIAF−G3FAX間の通
信である。

【0074】第4に、発信元のG3FAX90が、電話
網60を介してGWタイプのT.38端末であるGW8
0に発信して着信側のGW100のIPアドレス、及
び、着呼側のG3FAX110の電話番号を指定し、発
信元のGW80が更に着信側のGW100にパケット網
50を介して発信して、着呼側のG3FAX110の電
話番号を指定し、その指定を受けた着呼側のGW80が
更に着信側のG3FAX110に電話網60を介して発
呼して、GW80及びGW100がそれぞれ電話網60
を介したT.30信号とパケット網50を介したパケッ
トとのリアルタイム相互変換を行うGW経由のG3FA
X−G3FAX間の通信である。

【0075】図5に、GW100(IPアドレス:192.
168.10.15)を介してG3FAX110(電話番号:03-
1234-5678)が最終宛先となる、上述のGW経由のIA
F−G3FAX間通信、または、GW経由のG3FAX
−G3FAX間通信の場合の、パケット網50を介した
リアルタイムネットワークファクシミリ通信形態につい
て示す。また、図6に、IAF1が最終宛先となるGW
経由のG3FAX−IAF間の通信、または、IAF−
IAF間の通信の場合の、パケット網50を介したリア
ルタイムネットワークファクシミリ通信形態について示
す。

【0076】図5に示す形態の通信では、図7に示す通
信シーケンスに示すように、発信元のIAF70または
GW80と着信側GW100とが、個制御用TCPチャ
ンネルを確立して、IPパケットの宛先アドレスとして
指定される送信宛先のネットワークアドレスの他に、
T.38に基づいた「SETUP」メッセージ中の「de
stinationAddress」として、送信宛先を指定するための
番号(この場合電話番号:xxxx)を指定する必要が
ある。

【0077】着信側のGW100は、その指定された電
話番号:xxxxに発呼して着信側のG3FAX110
からの応答(off hook)があると、発信元のIAF70
またはGW80に対して「CONNECT」メッセージ
により応答して、データチャンネルを確立し、以後、着
信側のGW100が、発信元のIAF70またはGW8
0と、着信側のG3FAX110との間のFAXプロト
コル処理においてやりとりされるT.30信号のパケッ
ト/モデム信号のリアルタイム相互変換を行い、FAX
プロトコル処理が終了すると、発信元のIAF70また
はGW80からの「RELEASE COMPLET
E」メッセージに応じて着信側のG3FAX100との
回線を切断する。

【0078】一方、図6に示す形態の通信では、図8に
示す通信シーケンスに示すように、発信元のIAF70
またはGW80と着信側IAF1との間のみのパケット
網50を介した直接の通信となるため、送信宛先を指定
するための番号(宛先指定番号)の通知は不要である。

【0079】しかし、図5及び図6にそれぞれ示す形態
のリアルタイムネットワークファクシミリ通信は、共に
ITU−T勧告T.38に基づいて行われるため、図6
に示す通信形態において、着呼側のIAF1が、本来着
信側のGW100に通知されるべき宛先指定番号の指定
を「destinationAddress」として受けてしまう場合もあ
り、また、受けることができる。

【0080】しかし、GWが備える、IPパケット及び
T.30信号のリアルタイム相互変換に対応していない
IAFでは、従来、「destinationAddress」により宛先
指定番号を通知されて、転送の要求がなされても、適切
に対応できなかった。

【0081】そこで、本実施の形態に係るIAF1は、
IAF1としての本来の機能である、図8に示す通信シ
ーケンスによるリアルタイムネットワークファクシミリ
通信の機能の他に、前述したように、図9に示すような
電話網60を介したG3ファクシミリ通信シーケンスに
おける発信側のG3FAXとして、着呼側のG3FAX
に文書データを送信する機能と、図10に示すようなネ
ットワーク50を介した電子メール送信シーケンスにお
けるメールクライアントとして、メールサーバを介して
電子メールを送信する機能とを備え、従来、単に、接続
先のG3FAXを指定する電話番号として解釈されてい
た「destinationAddress」により通知される宛先指定番
号を、転送宛先を直接または間接に指定する番号と解釈
して、その宛先指定番号に基づいて転送先を特定し、そ
の特定した転送先に、受信文書データを転送できるよう
にする。

【0082】そのために、IAF1は、図2に示したよ
うに、転送先特定に用いる情報として、RAM4に、転
送許可発信元IPアドレス登録テーブル4e、転送許可
転送先登録テーブル4f、及び、転送先登録テーブル4
gを予め登録・記憶している。

【0083】転送許可発信元IPアドレス登録テーブル
4eは、具体的には、図11に示す内容で、転送を行っ
ても良い発信元のIAFまたはGWのIPアドレスが1
つまたは複数登録される。

【0084】転送許可転送先登録テーブル4fは、具体
的には、図12に示す内容で、転送を行っても良い転送
先に係る転送先識別情報、すなわち、転送先電子メール
端末のメールアドレスまたは/及び転送先G3FAXの
電話番号が1つまたは複数登録される。

【0085】転送先登録テーブル4gは、具体的には、
図13に示す内容で、各「識別番号」に対応する1つま
たは複数の「転送先識別情報(メールアドレスまたは/
及び電話番号)」と、各転送先識別情報に対応した、各
転送先識別情報の種別を示す「転送先種別フラグFs」
との対応付けにより構成されている。なお、フラグFs
は、値1が種別「メール」を示し、値0が種別「ファク
ス」を示している。

【0086】そして、本実施の形態に係るIAF1は、
図8に示した通信シーケンスによる文書データの発信元
IAFまたはGWからの受信を、図14に示す処理手順
により行う。

【0087】図14において、IAF1は、パケット網
50を介した接続要求に係る「SETUP」メッセージ
を受信するまで待ち(判断1001のNoのループ)、
「SETUP」メッセージを受信すると(判断1001
のYes)、その「SETUP」メッセージ内の「dest
inationAddress」により宛先指定番号の通知があるかを
判断する(判断1002)。

【0088】宛先指定番号の通知がない場合(判断10
02のNo)、すなわち、発信元のIAFまたはGW
が、IAF1を最終的宛先とするリアルタイムファクシ
ミリ通信の接続要求をしてきた場合には、IAFとして
の通常の受信処理、具体的には、、例えば、文書データ
を図8に示したFAXプロトコル処理により受信し、そ
の受信した文書データをプロッタ6により記録紙に記録
出力したり、いったん蓄積メモリ7に蓄積して、操作表
示部9からの取り出し操作に応じてプロッタ6により記
録紙に記録出力したりする等の処理を行う(処理100
3)。なお、処理103における通常受信処理の内容に
より本発明は限定されるものではない。

【0089】判断1002において、宛先指定番号の通
知があった場合には(判断1002のYes)、その通
知された宛先指定番号をRAM4に記憶すると共に(処
理1004)、発信元IAFのIPアドレス、または、
発信元GWのIPアドレス及び発信元G3FAXの電話
番号をRAM4に記憶した上で(処理1005)、「C
ONNECT」メッセージを送信し(処理1006)、
以後、図8の通信シーケンスにおけるFAXプロトコル
処理に対応して文書データの受信及び蓄積メモリ7への
蓄積を(処理1007)、文書データの受信が終了する
まで行い(判断1008のNoのループ)、文書データ
の受信が終了すると(判断1008のYes)、宛先指
定文書受信対応処理を行う(処理1009)。

【0090】処理1009の宛先指定文書受信対応処理
の具体的な処理手順について、図15、図16及び図1
7を参照して説明する。

【0091】先ず、図15において、発信元別転送制限
機能設定フラグFhの値が1か、すなわち、発信元別転
送制限機能が有効と設定されているかを判断する(判断
2001)。

【0092】判断2001において、発信元別転送制限
機能が無効と設定されている場合には(判断2001の
No)、処理2004に移行するが、発信元別転送制限
機能が有効と設定されている場合には(判断2001の
Yes)、図14の処理1005で記憶していた発信元
IPアドレスを、図11に示した転送許可発信元IPア
ドレス登録テーブル4eと照合する(処理2002)。

【0093】そして、発信元IPアドレスがテーブル4
eに登録されている場合(判断2003のYes)、す
なわち、発信元のIAFまたはGWが、受信文書データ
の転送を許可された端末であるである場合には、処理2
004に移行する。発信元IPアドレスがテーブル4e
に登録されていない場合には(判断2003のNo)、
図17の判断4001に移行する。

【0094】これにより、発信元別転送制限機能が有効
と設定されている場合には、転送を予め許可されている
発信元からの受信文書データについてしか、処理200
4以降の転送のための処理手順が行われないため、本実
施の形態に係るIAF1の宛先指定文書転送機能が発信
元によらず無制限に使用されてしまうことがない。特
に、転送先が「ファクス」の場合には、IAF1は、電
話網60を介した通信の発信元になって通信料金が課金
されることになるため、不正な発信元からの利用による
通信料金の負担を避けることができる。もっとも、転送
先が「メール」の場合でも、不正な発信元からの利用に
よる余分なメール処理負担を避けることができる。

【0095】さて、処理2004においては、図14の
処理1004で記憶していた、発信元から通知された宛
先指定番号を、図13に示した転送先登録テーブル4g
と照合する(処理2004)。

【0096】そして、宛先指定番号と一致する「識別番
号」がテーブル4gに登録されている場合(判断200
3のYes)、すなわち、通知された宛先指定番号が、
間接的に転送先を指定するものであった場合には、テー
ブル4gにおいて一致する「識別番号」に対応する1つ
または複数の「転送先識別情報」を取得する(処理20
06)。

【0097】処理2006における転送先の取得方法と
しては、通知された宛先指定番号と全く一致する識別番
号(例えば「0312345678」)に対応する転送先識別情報
(「user3@yyy.com」,「0312345678」)のみを取得す
る、単純な方法を適用するようにしてもよいが、通知さ
れた宛先指定番号と先頭が一致する1つまたは複数の識
別番号に対応する転送先識別情報を取得するような方法
を適用するようにしてもよい。具体的には、通知された
宛先指定番号が「00」の場合、図13のテーブル4g
において一致する識別番号として、番号「00」だけで
なく、先頭の2桁が「00」の番号「001」及び「0
02」にそれぞれ対応する転送先識別情報をも、一致す
る識別番号として判断する。それにより、宛先指定文書
の発信元においては、転送先を広く指定したい場合には
宛先指定番号を例えば「00」と、桁数を少なく指定
し、転送先を狭く指定したい場合には宛先指定番号を例
えば「001」や「002」と桁数を多く指定すること
で柔軟な宛先指定が可能となる。

【0098】さて、宛先指定番号と一致する「識別番
号」がテーブル4gに登録されていない場合は(判断2
003のNo)、通知された宛先指定番号が直接転送先
の電話番号(ファクス番号)を示すものと解釈して、宛
先指定番号そのものを転送先識別情報(ファクス番号)
として取得する(処理2007)。

【0099】なお、本実施の形態では、転送先登録テー
ブル4gに未登録の宛先指定番号のみ直接転送先の電話
番号(ファクス番号)を示すものと解釈するようにして
いるが、宛先指定番号の転送先登録テーブル4gとの照
合を省いて、無条件に宛先指定番号を転送先の電話番号
として解釈する単純な転送先の特定方法を適用するよう
にしてもよいのはいうまでもない。

【0100】処理2006または処理2007により、
宛先指定を伴う受信文書データの転送先に係る転送先識
別情報を取得した後、図16の判断3001に移行す
る。

【0101】なお、本実施の形態では、通知された宛先
指定番号の転送先登録テーブル4gとの照合や、通知さ
れた宛先指定番号のものを転送先識別情報とすること
で、転送先を取得するようにしているが、IAF1が電
話網60を介したG3ファクシミリ通信や、パケット網
50を介した電子メール通信のために記憶している、キ
ー番号や短縮番号に送信宛先を対応付けて登録したいわ
ゆるワンタッチダイヤルや短縮ダイヤルの登録テーブ
ル、または、グループ番号に複数の送信宛先を対応付け
て登録したいわゆるグループダイヤルの登録テーブルを
利用することも考えられる。

【0102】具体的には、通知される宛先指定番号に特
定の識別記号を付加するようにすることで、その通知さ
れた宛先指定番号が、ワンタッチダイヤルや短縮ダイヤ
ル、または、グループダイヤルを示すものである場合に
は、その通知された宛先指定番号から識別記号を除外し
た番号を、ワンタッチダイヤルや短縮ダイヤル、また
は、グループダイヤルの登録テーブルと照合すること
で、転送先のファクス番号や電子メールアドレスを取得
するようにしてもい。具体的には、例えば、通知された
宛先指定番号が「#01」の場合、識別記号「#」はワ
ンタッチダイヤルを示し、ワンタッチの番号「01」に
対応して登録されているファクス番号やメールアドレス
を転送先として取得する。同様に、宛先指定番号が「#
*01」の場合、識別記号「#*01」は短縮ダイヤル
を示し、短縮の番号「01」に対応して登録されている
ファクス番号やメールアドレスを転送先としして取得す
る。

【0103】さて、判断3001においては、転送先転
送制限機能設定フラグFtの値が1か、すなわち、転送
先別転送制限機能が有効と設定されているかを判断する
(判断3001)。

【0104】判断3001において、転送先別転送制限
機能が無効と設定されている場合には(判断3001の
No)、判断3004に移行するが、転送先別転送制限
機能が有効と設定されている場合には(判断3001の
Yes)、図15の処理2006または処理2007で
取得した各転送先識別情報を、図12に示した転送許可
転送先登録4fと照合する(処理3002)。

【0105】そして、取得した各転送先識別情報のうち
の、処理3002の照合の結果未登録の転送先を除外し
て(処理3003)、判断3004に移行する。

【0106】これにより、転送先別転送制限機能が有効
と設定されている場合には、転送を予め許可されている
転送先についてしか、判断3004以降の転送のための
処理手順が行われないため、本実施の形態に係るIAF
1の宛先指定文書転送機能が転送先によらず無制限に使
用されてしまうことがない。特に、転送先が「ファク
ス」の場合には、IAF1は、電話網60を介した通信
の発信元になって通信料金が課金されることになるた
め、不正な転送先への転送のための通信料金の負担を避
けることができる。もっとも、転送先が「メール」の場
合でも、不正な転送先への転送による余分なメール処理
負担を避けることができる。

【0107】判断3004では、取得された転送先識別
情報として1件以上の転送先識別情報が残っているかを
判断する。それは、処理3003の除外処理により、結
果的に取得された転送先識別情報が0件となってしまう
場合があるためである。

【0108】判断3004において、取得された転送先
識別情報が1件もなくなってしまった場合には(判断3
004のNo)、図17の判断4001に移行するが、
1件以上残っている場合には(判断3004のYe
s)、取得した1件以上の転送先識別情報に種別「メー
ル」の転送先が含まれているかを判断し(判断300
5)、含まれている場合には(判断3005のYe
s)、その一件以上の種別「メール」の各転送先のメー
ルアドレス宛に、図14の処理1007により蓄積メモ
リ7に蓄積していた宛先指定を伴う受信文書データを、
図10に示した通信シーケンスでMIME形式の電子メ
ールにより送信する(処理3006)。

【0109】処理3006による複数の転送先へのメー
ル送信は、メールヘッダの「To:」フィールドに複数
アドレスを指定することで同報送信を行う。もっとも、
「To:」フィールドに一つずつアドレス指定する順次
同報も可能であるが、複数アドレス指定の一斉同報のほ
うがメール送信データ量が少なくて済むため転送時間が
短縮でき、また、ネットワークトラフィックやサーバの
スプーラ領域等の面で効率がよい。また、処理3006
によるメール送信では、受信し宛先指定文書データを、
送信メールを受信する側の、PC等のネットワーク端末
における閲覧が容易になるように、TIFFやJPEG
等のコンピュータ端末において一般的なファイル形式に
変換して得られた文書ファイルをMIME変換して送信
する。

【0110】判断3005がNoの場合、または、処理
3006の後は、取得した1件以上の転送先識別情報に
種別「ファクス」の転送先が含まれているかを判断し
(判断3007)、含まれている場合には(判断300
7のYes)、その一件以上の種別「ファクス」の各転
送先のファクス番号(電話番号)に順次発呼して、図9
に示した通信シーケンスで、図14の処理1007によ
り蓄積メモリ7に蓄積していた宛先指定を伴う受信文書
データを、ファクシミリ送信する(処理3008)。

【0111】なお、処理3008における各転送先への
ファクシミリ送信では、相手先G3FAXからのディジ
タル識別信号DISや非標準機能識別信号NSFにより
通知される相手先能力を調査し、線密度や圧縮方式など
の能力の違いにより、蓄積メモリ7に蓄積しておいた宛
先指定文書データそのまま送信できない場合、線密度や
圧縮方式等のデータ形式を変換して送信する。例えば受
信した宛先指定文書がMMR方式で圧縮されいて、相手
先G3FAXの能力がMH/MR方式のみの場合、DC
R8によりいったんMMR復号化を行い、あらためてM
RあるいはMH方式に符号化する。記録幅や解像度など
についても同様にDCR7によりいったん復号化し、画
像の縮小/拡大、ラインの間引き等を行ったのちに符号
化し相手先G3FAXの能力に合うよう変更した画情報
を転送する。また、IO速度や通信速度が異なる場合に
はFILLビットの挿入あるいは削除を行い、相手先G
3FAXへ転送する。

【0112】判断3007がNoの場合、または、処理
3008の後は、図17の判断4001に移行する。

【0113】判断4001においては、転送受信文書出
力機能設定フラグFoの値が1か、すなわち、転送受信
文書出力機能が有効と設定されているかを判断する(判
断4001)。

【0114】判断4001において、転送受信文書出力
機能が無効と設定されている場合には(判断4001の
No)、判断4003に移行するが、転送受信文書出力
機能が有効と設定されている場合には(判断4001の
Yes)、図14の処理1007で蓄積メモリ7により
蓄積された宛先指定を伴う受信文書データをプロッタ6
で記録紙に記録出力する(処理4002)。

【0115】なお、処理4002により記録出力され
る、宛先指定を伴う受信文書データは、図16の処理3
006または/及び処理3008により転送先に転送さ
れたものである場合もあるし、あるいは、発信元別転送
制限機能または/及び転送先別転送制限機能により、転
送拒否された場合もある。前者の場合は、自機が転送し
た宛先指定を伴う受信文書データを自機のユーザに確認
させることができ、後者の場合は、転送拒否された宛先
指定を伴う受信文書データを、自機宛のものと擬制し
て、受信文書データが誰にも参照されることのないまま
破棄されてしまうことを防止できる。

【0116】また、記録出力した、宛先指定を伴う受信
文書データが、転送済みのものなのか、あるいは、転送
拒否されたものなのかを区別できるように、記録出力時
に受信文書データにその旨示すメッセージ文字列または
マークを印字するようにすることも考えられる。

【0117】判断4001がNoの場合または処理40
02の後は、転送結果通知機能設定フラグFkの値が1
か、すなわち、転送結果通知機能が有効と設定されてい
るかを判断する(判断4003)。

【0118】判断4003において、転送結果通知機能
が無効と設定されている場合には(判断4003のN
o)、処理4006に移行して必要な処理が全て完了し
た、宛先指定を伴う受信文書データを蓄積メモリ7から
削除して(処理4006)、処理を終了するが、転送結
果通知機能が有効と設定されている場合には(判断40
03のYes)、受信文書データの転送結果に基づいた
レポート文書データを作成し(処理4004)、図14
の処理1005で記憶していた発信元IPアドレス/番
号を参照して、宛先指定文書の発信元に送信する(処理
4005)。

【0119】処理4004で作成するレポート文書デー
タの内容としては、具体的には、処理3006または/
及び処理3008における、宛先指定文書データの電子
メールによる送信または/及びファクシミリ送信の、成
功/失敗を表す、例えば「宛先指定された文書は指定の
宛先に送信されました。」、「宛先指定された文書は指
定の宛先に送信できませんでした。」等の定型のメッセ
ージを含む。また、処理2002や処理3002の照合
の結果、転送が不許可となった宛先(「**」)がある
場合には、「**を宛先に指定した文書の転送はできま
せん。」等の定型メッセージを含むんでもよく、また、
処理2006により複数の宛先が転送先として取得され
た場合に、それら取得された各宛先について、転送の許
可/不許可の別や、転送成功/失敗の別を記述するよう
にしてもよい。また、各宛先への転送に係る付加情報と
して、転送先との通信で使用した通信モードや画像情報
などを通知してもよく、また転送した宛先指定文書の一
部または全部を添付するようにしてもよい。

【0120】これにより、宛先指定を伴う文書データの
発信元において、転送結果を確認することができる。

【0121】処理4005の後は、必要な処理が全て完
了した、宛先指定を伴う受信文書データを蓄積メモリ7
から削除して(処理4006)、処理を終了する。

【0122】このように、本実施の形態によれば、IA
F1が宛先指定を伴う文書を受信して適切な転送先に送
信することができるようになる。

【0123】なお、以上説明した実施の形態において
は、宛先指定番号の通知を伴う受信文書データの転送先
が、メール端末または/及び電話網直結型の従来型ファ
クシミリ装置である場合に本発明を適用したが、本発明
は、その他の形態の端末を転送先とする場合にも同様に
適用可能なものである。

【0124】

【発明の効果】請求項1、11または21に係る発明に
よれば、前記宛先指定番号による転送宛先の指定を伴う
受信文書データについては、いったん前記メモリに蓄積
したリアルタイムネットワーク通信を終了した後、指定
された転送宛先に転送するようにしたため、パケット網
直結型のネットワークファクシミリ装置が転送先の指定
を伴う文書データを受信した場合でも、適切な宛先に転
送することが可能となる効果が得られる。

【0125】請求項2、12または22に係る発明によ
れば、前記宛先指定番号をそまま転送先電話番号とし
て、その転送先の電話番号に発呼して前記受信文書デー
タをファクシミリ送信により転送するようにしたため、
パケット網直結型のネットワークファクシミリ装置が転
送先電話番号の指定を伴う文書データを受信した場合で
も、適切な宛先のファクシミリ装置に転送することが可
能となる効果が得られる。

【0126】請求項3、13または23に係る発明によ
れば、通知された宛先指定番号と前記転送先登録テーブ
ルの識別番号とを照合することにより、1つまたは複数
の転送先識別情報を特定して、その特定した各転送先に
前記受信文書データを送信することができるため、転送
先の指定を多様化でき、柔軟な転送宛先指定が可能とな
る効果が得られる。

【0127】請求項4、14または24に係る発明によ
れば、通知された宛先指定番号と前記転送先登録テーブ
ルの識別番号とを照合することにより、1つまたは複数
の転送先電話番号を特定して、その特定した各転送先に
前記受信文書データをファクシミリ送信することができ
るため、転送先電話番号の指定を多様化でき、柔軟な転
送宛先指定が可能となる効果が得られる。

【0128】請求項5、15または25に係る発明によ
れば、通知された宛先指定番号と前記転送先登録テーブ
ルの識別番号とを照合することにより、1つまたは複数
の転送先メールアドレスを特定して、その特定した各転
送先に前記受信文書データをメール送信することができ
るため、転送先電話番号の指定を多様化でき、柔軟な転
送宛先指定が可能となる効果が得られる。

【0129】請求項6、16または26に係る発明によ
れば、通知された宛先指定番号と前記転送先登録テーブ
ルの識別番号とを照合することにより、1つまたは複数
の、転送先メールアドレスまたは/及び転送先電話番号
を特定して、その特定した各転送先に前記受信文書デー
タをメール送信することができるため、転送先端末とし
て、メール端末と電話網接続型のファクシミリ端末との
いずれかまたは双方を指定することができ、いっそう柔
軟な転送宛先指定が可能となる効果が得られる。

【0130】請求項7、17または27に係る発明によ
れば、転送を許可する発信元を制限することができるた
め、本発明に係るネットワークファクシミリ装置の転送
機能の不正使用を防止することが可能となる効果が得ら
れる。

【0131】請求項8、18または28に係る発明によ
れば、転送を許可する転送先を制限することができるた
め、本発明に係るネットワークファクシミリ装置の転送
機能の不正使用を防止することが可能となる効果が得ら
れる。

【0132】請求項9、19または29に係る発明によ
れば、特定された転送先に転送される、前記宛先指定番
号の通知を伴う受信文書データを自装置において印刷す
るようにしたため、自装置においてどうような文書を転
送したのかを知ることが可能となる効果が得られる。

【0133】請求項10、20または30に係る発明に
よれば、発信元のT.38端末に対して、転送依頼に係
る文書データの転送結果を通知するようにしたため、転
送依頼した文書が正しく最終宛先に届いたか否かを発信
元側で知ることが可能なる効果が得られる。

【図面の簡単な説明】

【図1】本発明の実施の形態に係るネットワークファク
シミリ装置のブロック構成を示す図である。

【図2】本発明の実施の形態に係るネットワークファク
シミリ装置のRAMの記憶内容について示す図である。

【図3】本発明の実施の形態に係るネットワークファク
シミリ装置におけるソフトウェア構成について示す図で
ある。

【図4】本発明の実施の形態に係るネットワークファク
シミリ装置を含むネットワーク通信システムの接続形態
について示す図である。

【図5】ゲートウェイ装置を介してG3ファクシミリ装
置が最終宛先となるリアルタイムネットワークファクシ
ミリ通信の形態について示す図である。

【図6】ネットワークファクシミリ装置が最終宛先とな
るリアルタイムネットワークファクシミリ通信の形態に
ついて示す図である。

【図7】ゲートウェイ装置を介してG3ファクシミリ装
置が最終宛先となるリアルタイムネットワークファクシ
ミリ通信のシーケンスについて示す図である。

【図8】ネットワークファクシミリ装置が最終宛先とな
るリアルタイムネットワークファクシミリ通信のシーケ
ンスについて示す図である。

【図9】G3ファクシミリ装置間の公衆網を介したファ
クシミリ通信シーケンスについて示す図である。

【図10】メールクライアント装置とメールサーバ装置
との間の電子メール通信シーケンスについて示す図であ
る。

【図11】転送許可発信元IPアドレス登録テーブルに
ついて示す図である。

【図12】転送許可転送先登録テーブルについて示す図
である。

【図13】転送先登録テーブルについて示す図である。

【図14】リアルタイムネットワークファクシミリ受信
処理手順について示すフローチャートである。

【図15】宛先指定文書受信対応処理の具体的な処理手
順について示すフローチャートである。

【図16】図15と共に、宛先指定文書受信対応処理の
具体的な処理手順について示すフローチャートである。

【図17】図15及び図16と共に、宛先指定文書受信
対応処理の具体的な処理手順について示すフローチャー
トである。

【符号の説明】

1 ネットワークファクシミリ装置 2 システム制御部 3 ROM 4 RAM 4a 発信元別転送制限機能設定フラグのための記憶領
域 4b 転送先別転送制限機能設定フラグのための記憶領
域 4c 転送受信文書出力機能設定フラグのための記憶領
域 4d 転送結果通知機能設定フラグのための記憶領域 4e 転送許可発信元IPアドレス登録テーブルのため
の記憶領域 4f 転送許可転送先登録テーブルのための記憶領域 4g 転送先登録テーブルのための記憶領域 5 スキャナ 6 プロッタ 7 蓄積メモリ 8 DCR 9 操作表示部 10 LANコントローラ 11 トランス 12 モデム 13 網制御部 14 システムバス 20 LAN 30 ゲートウェイ装置 40 メールサーバ装置 50 パケット網 60 電話網 70 他のネットワークファクシミリ装置 80、100 ゲートウェイ装置 90、110 G3ファクシミリ装置

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (51)Int.Cl.7 識別記号 FI テーマコート゛(参考) H04N 1/32 H04N 1/32 L H04L 13/00 305Z Fターム(参考) 5C062 AA02 AA30 AA33 AA34 AB42 AC39 AC43 AE14 AF02 AF03 BD00 5C075 AB03 BA08 CA14 CA90 CD07 CD21 5K034 AA19 BB06 CC04 EE11 EE12 FF13 HH61 5K101 KK01 LL01 LL02 NN21 PP03 PP09 RR05 RR19 RR22

Claims (30)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 パケット網を介して発信元装置との間で
    ITU−T勧告T.38に基づいてパケット化された
    T.30信号をやりとりしつつ文書データを受信するパ
    ケット網直結型のネットワークファクシミリ装置におい
    て、 前記発信元装置からの文書データの受信開始時に前記発
    信元装置から所定の手順により宛先指定番号が通知され
    た場合に当該宛先指定番号に基づいて転送先を特定する
    転送先特定手段と、前記発信元装置からの文書データの
    受信開始時に、前記宛先指定番号の通知がない場合に
    は、受信文書データに対して、パケット網直結型ネット
    ワークファクシミリ装置としての通常の処理を行う一
    方、前記宛先指定番号の通知があった場合には、受信文
    書データをメモリに蓄積する文書データ受信制御手段
    と、前記メモリに蓄積された前記宛先指定番号の通知を
    伴う受信文書データを、前記転送先特定手段により特定
    される転送先に当該転送先に適合する通信形態で送信す
    る宛先指定文書転送手段とを備えたことを特徴とするネ
    ットワークファクシミリ装置。
  2. 【請求項2】 前記転送先特定手段は、通知された前記
    相手先指定番号そのものを転送先電話番号として特定す
    るものである一方、前記宛先指定文書転送手段は、前記
    転送先特定手段により特定された前記転送先電話番号に
    電話網を介して発呼して前記受信文書データをファクシ
    ミリ送信するものであることを特徴とする請求項1に記
    載のネットワークファクシミリ装置。
  3. 【請求項3】 各識別番号のそれぞれに1つまたは複数
    の転送先識別情報を対応付けて登録した転送先登録テー
    ブルを更に備え、前記転送先特定手段は、通知された前
    記宛先指定番号を前記転送先登録テーブルと照合して一
    致する識別番号に対応する1つまたは複数の転送先識別
    情報を特定するものである一方、前記宛先指定文書転送
    手段は、前記転送先特定手段により特定された1つまた
    は複数の前記転送先識別情報によりそれぞれ示される転
    送先に当該転送先に適合する通信形態で前記受信文書デ
    ータを送信するものであることを特徴とする請求項1に
    記載のネットワークファクシミリ装置。
  4. 【請求項4】 前記転送先登録テーブルに前記各識別番
    号のそれぞれに対応して登録される1つまたは複数の転
    送先識別情報は、転送先電話番号である一方、前記転送
    先特定手段は、通知された前記宛先指定番号を前記転送
    先登録テーブルと照合して一致する識別番号に対応する
    1つまたは複数の転送先電話番号を特定するものである
    と共に、前記宛先指定文書転送手段は、前記転送先特定
    手段により特定された1つまたは複数の前記転送先電話
    番号に電話網を介して順次発呼して前記受信文書データ
    をファクシミリ送信するものであることを特徴とする請
    求項3に記載のネットワークファクシミリ装置。
  5. 【請求項5】 前記転送先登録テーブルに前記各識別番
    号のそれぞれに対応して登録される1つまたは複数の転
    送先識別情報は、転送先メールアドレスである一方、前
    記転送先特定手段は、通知された前記相手先指定番号を
    前記転送先登録テーブルと照合して一致する識別番号に
    対応する1つまたは複数の転送先メールアドレスを特定
    するものであると共に、前記宛先指定文書転送手段は、
    前記転送先特定手段により特定された1つまたは複数の
    前記転送先メールアドレス宛の電子メールとして前記受
    信文書データをネットワークを介して送信するものであ
    ることを特徴とする請求項3に記載のネットワークファ
    クシミリ装置。
  6. 【請求項6】 前記転送先登録テーブルに前記各識別番
    号のそれぞれに対応して登録される1つまたは複数の転
    送先識別情報は、転送先メールアドレスまたは転送先電
    話番号である一方、前記転送先特定手段は、通知された
    前記宛先指定番号を前記転送先登録テーブルと照合して
    一致する識別番号に対応する1つまたは複数の転送先メ
    ールアドレスまたは/及び転送先電話番号を特定するも
    のであると共に、前記宛先指定文書転送手段は、前記転
    送先特定手段により特定された1つまたは複数の転送先
    が、メールアドレスを含む場合には、当該メールアドレ
    ス宛の電子メールとして前記受信文書データをネットワ
    ークを介して送信する一方、電話番号を含む場合には、
    当該電話番号に発呼して前記受信文書データをファクシ
    ミリ送信するものであることを特徴とする請求項3に記
    載のネットワークファクシミリ装置。
  7. 【請求項7】 転送を許可する発信元のネットワークア
    ドレスを予め登録した転送許可発信元アドレス登録テー
    ブルを更に備え、前記宛先指定文書転送手段は、前記宛
    先指定番号の通知を伴う受信文書データの受信時に前記
    発信元装置から通知される発信元ネットワークアドレス
    が前記転送許可発信元アドレス登録テーブルに登録され
    ている場合に限り、前記転送先特定手段により特定され
    た転送先への前記受信文書データの送信を行うものであ
    ることを特徴とする請求項1、2、3、4、5または6
    のいずれかに記載のネットワークファクシミリ装置。
  8. 【請求項8】 転送を許可する転送先識別情報を予め登
    録した転送許可転送先登録テーブルを更に備え、前記宛
    先指定文書転送手段は、前記転送先特定手段により特定
    された1つまたは複数の転送先識別情報であって前記転
    送許可転送先登録テーブルに登録されている転送先に対
    してのみ、前記受信文書データの送信を行うものである
    ことを特徴とする請求項1、2、3、4、5、6または
    7のいずれかに記載のネットワークファクシミリ装置。
  9. 【請求項9】 前記メモリに記憶された宛先指定番号の
    通知を伴う受信文書データを記録出力する転送文書出力
    手段を更に備えたことを特徴とする請求項1、2、3、
    4、5、6、7または8のいずれかに記載のネットワー
    クファクシミリ装置。
  10. 【請求項10】 前記宛先指定文書転送手段による前記
    受信文書データの転送結果を内容とする文書データを作
    成する転送結果通知文書作成手段と、その転送結果通知
    文書作成手段により作成された文書データを前記発信元
    装置に送信する転送結果通知文書送信手段とを更に備え
    たことを特徴とする請求項1、2、3、4、5、6、
    7、8または9のいずれかに記載のネットワークファク
    シミリ装置。
  11. 【請求項11】 パケット網を介して発信元装置との間
    でITU−T勧告T.38に基づいてパケット化された
    T.30信号をやりとりしつつ文書データを受信するパ
    ケット網直結型のネットワークファクシミリ装置の制御
    方法において、 前記発信元装置からの文書データの受信開始時に前記発
    信元装置から所定の手順により宛先指定番号が通知され
    た場合に当該宛先指定番号に基づいて転送先を特定する
    一方、前記発信元装置からの文書データの受信開始時
    に、前記宛先指定番号の通知がない場合には、受信文書
    データに対して、パケット網直結型ネットワークファク
    シミリ装置としての通常の処理を行う一方、前記宛先指
    定番号の通知があった場合には、受信文書データをメモ
    リに蓄積し、前記メモリに蓄積された前記宛先指定番号
    の通知を伴う受信文書データを、前記特定した転送先に
    当該転送先に適合する通信形態で送信することを特徴と
    するネットワークファクシミリ装置の制御方法。
  12. 【請求項12】 前記転送先の特定は、通知された前記
    相手先指定番号そのものを転送先電話番号とすることに
    より行う一方、前記メモリに蓄積された前記宛先指定番
    号の通知を伴う受信文書データの送信は、前記転送先電
    話番号に電話網を介して発呼してファクシミリ送信する
    ことにより行うことを特徴とする請求項11に記載のネ
    ットワークファクシミリ装置。
  13. 【請求項13】 各識別番号のそれぞれに1つまたは複
    数の転送先識別情報を対応付けて登録した転送先登録テ
    ーブルを有し、前記転送先の特定は、通知された前記宛
    先指定番号を前記転送先登録テーブルと照合して一致す
    る識別番号に対応する1つまたは複数の転送先識別情報
    を特定することにより行う一方、前記メモリに蓄積され
    た前記宛先指定番号の通知を伴う受信文書データの送信
    は、前記特定された1つまたは複数の転送先識別情報に
    よりそれぞれ示される転送先に当該転送先に適合する通
    信形態で送信することにより行うことを特徴とする請求
    項11に記載のネットワークファクシミリ装置の制御方
    法。
  14. 【請求項14】 前記転送先登録テーブルに前記各識別
    番号のそれぞれに対応して登録される1つまたは複数の
    転送先識別情報は、転送先電話番号である一方、前記転
    送先の特定は、通知された前記宛先指定番号を前記転送
    先登録テーブルと照合して一致する識別番号に対応する
    1つまたは複数の転送先電話番号を特定することにより
    行うと共に、前記メモリに蓄積された前記宛先指定番号
    の通知を伴う受信文書データの送信は、前記特定された
    1つまたは複数の転送先電話番号に電話網を介して順次
    発呼してファクシミリ送信することにより行うことを特
    徴とする請求項13に記載のネットワークファクシミリ
    装置の制御方法。
  15. 【請求項15】 前記転送先登録テーブルに前記各識別
    番号のそれぞれに対応して登録される1つまたは複数の
    転送先識別情報は、転送先メールアドレスである一方、
    前記転送先の特定は、通知された前記宛先指定番号を前
    記転送先登録テーブルと照合して一致する識別番号に対
    応する1つまたは複数の転送先メールアドレスを特定す
    ることにより行うと共に、前記メモリに蓄積された前記
    宛先指定番号の通知を伴う受信文書データの送信は、前
    記特定された1つまたは複数の転送先メールアドレス宛
    の電子メールとしてネットワークを介して送信すること
    により行うことを特徴とする請求項13に記載のネット
    ワークファクシミリ装置の制御方法。
  16. 【請求項16】 前記転送先登録テーブルに前記各識別
    番号のそれぞれに対応して登録される1つまたは複数の
    転送先識別情報は、転送先メールアドレスまたは転送先
    電話番号である一方、前記転送先の特定は、通知された
    前記宛先指定番号を前記転送先登録テーブルと照合して
    一致する識別番号に対応する1つまたは複数の転送先メ
    ールアドレスまたは/及び転送先電話番号を特定するこ
    とにより行うと共に、前記メモリに蓄積された前記宛先
    指定番号の通知を伴う受信文書データの送信は、前記特
    定された1つまたは複数の転送先が、メールアドレスを
    含む場合には、当該メールアドレス宛の電子メールとし
    てネットワークを介して送信する一方、電話番号を含む
    場合には、当該電話番号に発呼してファクシミリ送信す
    ることにより行うことを特徴とする請求項13に記載の
    ネットワークファクシミリ装置の制御方法。
  17. 【請求項17】 転送を許可する発信元のネットワーク
    アドレスを予め登録した転送許可発信元アドレス登録テ
    ーブルを有し、前記宛先指定番号の通知を伴う受信文書
    データの受信時に前記発信元装置から通知される発信元
    ネットワークアドレスが前記転送許可発信元アドレス登
    録テーブルに登録されている場合に限り、前記特定され
    た転送先への前記受信文書データの送信を行うことを特
    徴とする請求項11、12、13、14、15または1
    6のいずれかに記載のネットワークファクシミリ装置の
    制御方法。
  18. 【請求項18】 転送を許可する転送先識別情報を予め
    登録した転送許可転送先登録テーブルを有し、前記特定
    された1つまたは複数の転送先識別情報であって前記転
    送許可転送先登録テーブルに登録されている転送先に対
    してのみ、前記受信文書データの送信を行うことを特徴
    とする請求項11、12、13、14、15、16また
    は17のいずれかに記載のネットワークファクシミリ装
    置の制御方法。
  19. 【請求項19】 前記メモリに記憶された宛先指定番号
    の通知を伴う受信文書データを記録出力する手順を更に
    含むことを特徴とする請求項11、12、13、14、
    15、16、17または18のいずれかに記載のネット
    ワークファクシミリ装置の制御方法。
  20. 【請求項20】 前記受信文書データの転送結果を内容
    とする文書データを作成し、その作成した文書データを
    前記発信元装置に送信する手順を更に含むことを特徴と
    する請求項11、12、13、14、15、16、1
    7、18または19のいずれかに記載のネットワークフ
    ァクシミリ装置。
  21. 【請求項21】 発信元装置とパケット網直結型の着信
    側ネットワークファクシミリ装置とがパケット網を介し
    てITU−T勧告T.38に基づいてパケット化された
    T.30信号をやりとりして前記発信側装置からの文書
    データを前記着信側ネットワークファクシミリ装置が受
    信するネットワークファクシミリ通信システムにおい
    て、 前記着信側ネットワークファクシミリ装置が、前記発信
    元装置からの文書データの受信開始時に前記発信元装置
    から所定の手順により宛先指定番号が通知された場合に
    当該宛先指定番号に基づいて転送先を特定する転送先特
    定手段と、前記発信元装置からの文書データの受信開始
    時に、前記宛先指定番号の通知がない場合には、受信文
    書データに対して、パケット網直結型ネットワークファ
    クシミリ装置としての通常の処理を行う一方、前記宛先
    指定番号の通知があった場合には、受信文書データをメ
    モリに蓄積する文書データ受信制御手段と、前記メモリ
    に蓄積された前記宛先指定番号の通知を伴う受信文書デ
    ータを、前記転送先特定手段により特定される転送先に
    当該転送先に適合する通信形態で送信する宛先指定文書
    転送手段とを備えたことを特徴とするネットワークファ
    クシミリ通信システム。
  22. 【請求項22】 前記転送先特定手段は、通知された前
    記相手先指定番号そのものを転送先電話番号として特定
    するものである一方、前記宛先指定文書転送手段は、前
    記転送先特定手段により特定された前記転送先電話番号
    に電話網を介して発呼して前記受信文書データをファク
    シミリ送信するものであることを特徴とする請求項21
    に記載のネットワークファクシミリ通信システム。
  23. 【請求項23】 前記着信側ネットワークファクシミリ
    装置は、各識別番号のそれぞれに1つまたは複数の転送
    先識別情報を対応付けて登録した転送先登録テーブルを
    更に備え、前記転送先特定手段は、通知された前記宛先
    指定番号を前記転送先登録テーブルと照合して一致する
    識別番号に対応する1つまたは複数の転送先識別情報を
    特定するものである一方、前記宛先指定文書転送手段
    は、前記転送先特定手段により特定された1つまたは複
    数の前記転送先識別情報によりそれぞれ示される転送先
    に当該転送先に適合する通信形態で前記受信文書データ
    を送信するものであることを特徴とする請求項21に記
    載のネットワークファクシミリ通信システム。
  24. 【請求項24】 前記転送先登録テーブルに前記各識別
    番号のそれぞれに対応して登録される1つまたは複数の
    転送先識別情報は、転送先電話番号である一方、前記転
    送先特定手段は、通知された前記宛先指定番号を前記転
    送先登録テーブルと照合して一致する識別番号に対応す
    る1つまたは複数の転送先電話番号を特定するものであ
    ると共に、前記宛先指定文書転送手段は、前記転送先特
    定手段により特定された1つまたは複数の前記転送先電
    話番号に電話網を介して順次発呼して前記受信文書デー
    タをファクシミリ送信するものであることを特徴とする
    請求項23に記載のネットワークファクシミリ通信シス
    テム。
  25. 【請求項25】 前記転送先登録テーブルに前記各識別
    番号のそれぞれに対応して登録される1つまたは複数の
    転送先識別情報は、転送先メールアドレスである一方、
    前記転送先特定手段は、通知された前記相手先指定番号
    を前記転送先登録テーブルと照合して一致する識別番号
    に対応する1つまたは複数の転送先メールアドレスを特
    定するものであると共に、前記宛先指定文書転送手段
    は、前記転送先特定手段により特定された1つまたは複
    数の前記転送先メールアドレス宛の電子メールとして前
    記受信文書データをネットワークを介して送信するもの
    であることを特徴とする請求項23に記載のネットワー
    クファクシミリ通信システム。
  26. 【請求項26】 前記転送先登録テーブルに前記各識別
    番号のそれぞれに対応して登録される1つまたは複数の
    転送先識別情報は、転送先メールアドレスまたは転送先
    電話番号である一方、前記転送先特定手段は、通知され
    た前記宛先指定番号を前記転送先登録テーブルと照合し
    て一致する識別番号に対応する1つまたは複数の転送先
    メールアドレスまたは/及び転送先電話番号を特定する
    ものであると共に、前記宛先指定文書転送手段は、前記
    転送先特定手段により特定された1つまたは複数の転送
    先が、メールアドレスを含む場合には、当該メールアド
    レス宛の電子メールとして前記受信文書データをネット
    ワークを介して送信する一方、電話番号を含む場合に
    は、当該電話番号に発呼して前記受信文書データをファ
    クシミリ送信するものであることを特徴とする請求項2
    3に記載のネットワークファクシミリ通信システム。
  27. 【請求項27】 前記着信側ネットワークファクシミリ
    装置は、転送を許可する発信元のネットワークアドレス
    を予め登録した転送許可発信元アドレス登録テーブルを
    更に備え、前記宛先指定文書転送手段は、前記宛先指定
    番号の通知を伴う受信文書データの受信時に前記発信元
    装置から通知される発信元ネットワークアドレスが前記
    転送許可発信元アドレス登録テーブルに登録されている
    場合に限り、前記転送先特定手段により特定された転送
    先への前記受信文書データの送信を行うものであること
    を特徴とする請求項21、22、23、24、25また
    は26のいずれかに記載のネットワークファクシミリ通
    信システム。
  28. 【請求項28】 前記着信側ネットワークファクシミリ
    装置は、転送を許可する転送先識別情報を予め登録した
    転送許可転送先登録テーブルを更に備え、前記宛先指定
    文書転送手段は、前記転送先特定手段により特定された
    1つまたは複数の転送先識別情報であって前記転送許可
    転送先登録テーブルに登録されている転送先に対しての
    み、前記受信文書データの送信を行うものであることを
    特徴とする請求項21、22、23、24、25、26
    または27のいずれかに記載のネットワークファクシミ
    リ通信システム。
  29. 【請求項29】 前記着信側ネットワークファクシミリ
    装置は、前記メモリに記憶された宛先指定番号の通知を
    伴う受信文書データを記録出力する転送文書出力手段を
    更に備えたことを特徴とする請求項21、22、23、
    24、25、26、27または28のいずれかに記載の
    ネットワークファクシミリ通信システム。
  30. 【請求項30】 前記着信側ネットワークファクシミリ
    装置は、前記宛先指定文書転送手段による前記受信文書
    データの転送結果を内容とする文書データを作成する転
    送結果通知文書作成手段と、その転送結果通知文書作成
    手段により作成された文書データを前記発信元装置に送
    信する転送結果通知文書送信手段とを更に備えたことを
    特徴とする請求項21、22、23、24、25、2
    6、27、28または29のいずれかに記載のネットワ
    ークファクシミリ通信システム。
JP2000300160A 2000-09-29 2000-09-29 ネットワークファクシミリ装置及びその制御方法、並びに、ネットワークファクシミリ通信システム Pending JP2002111936A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000300160A JP2002111936A (ja) 2000-09-29 2000-09-29 ネットワークファクシミリ装置及びその制御方法、並びに、ネットワークファクシミリ通信システム

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000300160A JP2002111936A (ja) 2000-09-29 2000-09-29 ネットワークファクシミリ装置及びその制御方法、並びに、ネットワークファクシミリ通信システム

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2002111936A true JP2002111936A (ja) 2002-04-12
JP2002111936A5 JP2002111936A5 (ja) 2002-04-12

Family

ID=18781880

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2000300160A Pending JP2002111936A (ja) 2000-09-29 2000-09-29 ネットワークファクシミリ装置及びその制御方法、並びに、ネットワークファクシミリ通信システム

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2002111936A (ja)

Cited By (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2009200561A (ja) * 2008-02-19 2009-09-03 Brother Ind Ltd 画像形成装置
JP2009245017A (ja) * 2008-03-28 2009-10-22 Nec Corp データ交換システム、第1のサーバ、第2のサーバ及びデータ交換方法並びにプログラム
US7617539B2 (en) 2004-09-17 2009-11-10 Canon Kabushiki Kaisha Image processing device, document data transmission method, program, and storage medium for image processing device
US7616336B2 (en) 2004-02-27 2009-11-10 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Network facsimile system with relaying server
WO2010090194A1 (en) * 2009-02-05 2010-08-12 Canon Kabushiki Kaisha Facsimile machine, control method therefor, and control program therefor
US7826102B2 (en) 2004-02-27 2010-11-02 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Network facsimile system
US7884956B2 (en) 2004-02-27 2011-02-08 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Network facsimile system
JP2015109504A (ja) * 2013-12-03 2015-06-11 京セラドキュメントソリューションズ株式会社 ファクシミリ装置
JP2016066885A (ja) * 2014-09-24 2016-04-28 富士ゼロックス株式会社 画像形成装置及び画像形成プログラム

Cited By (13)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7826102B2 (en) 2004-02-27 2010-11-02 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Network facsimile system
US7616336B2 (en) 2004-02-27 2009-11-10 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Network facsimile system with relaying server
US7884956B2 (en) 2004-02-27 2011-02-08 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Network facsimile system
US7617539B2 (en) 2004-09-17 2009-11-10 Canon Kabushiki Kaisha Image processing device, document data transmission method, program, and storage medium for image processing device
US8625127B2 (en) 2008-02-19 2014-01-07 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Image forming apparatus that outputs image data to plural destinations
JP4609498B2 (ja) * 2008-02-19 2011-01-12 ブラザー工業株式会社 画像形成装置
JP2009200561A (ja) * 2008-02-19 2009-09-03 Brother Ind Ltd 画像形成装置
JP2009245017A (ja) * 2008-03-28 2009-10-22 Nec Corp データ交換システム、第1のサーバ、第2のサーバ及びデータ交換方法並びにプログラム
JP2010183340A (ja) * 2009-02-05 2010-08-19 Canon Inc ファクシミリ装置、その制御方法およびプログラム
WO2010090194A1 (en) * 2009-02-05 2010-08-12 Canon Kabushiki Kaisha Facsimile machine, control method therefor, and control program therefor
US8724144B2 (en) 2009-02-05 2014-05-13 Canon Kabushiki Kaisha Facsimile machine, control method therefor, and control program therefor
JP2015109504A (ja) * 2013-12-03 2015-06-11 京セラドキュメントソリューションズ株式会社 ファクシミリ装置
JP2016066885A (ja) * 2014-09-24 2016-04-28 富士ゼロックス株式会社 画像形成装置及び画像形成プログラム

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US20150163374A1 (en) Communication apparatus, control method, and computer-usable medium for selcting a network for data transmission
US8838704B2 (en) System and process for transmitting electronic mail using a conventional facsimile device
US6097797A (en) Network facsimile apparatus capable of E-mail communications
US6411393B1 (en) Apparatus and method of automatically delivering E-mail stored in mail server to arbitrary facsimile apparatus
US7616336B2 (en) Network facsimile system with relaying server
DE69734808T2 (de) Internet-Faksimilegerät
US6801546B1 (en) Method for setting destination, communication apparatus, and network system using the method
US6374291B1 (en) Communication method and apparatus that employs facsimile to electronic mail conversion through a computer network by way of the internet
JP3706717B2 (ja) 通信装置
US5517324A (en) Method and system for increasing the compatibility of a fax machine
US5872845A (en) Method and apparatus for interfacing fax machines to digital communication networks
EP0893897B1 (en) Communication device for information exchange between a facsimile machine and an electronic information system such as an e-mail system
EP1087578B1 (en) Method and apparatus for e-mail delivery notification
EP1081934B1 (en) Internet facsimile gateway device
US8682986B2 (en) Communication device having the capability of performing information exchange between a facsimile medium and an electronic information medium such as an E-mail medium
US7151949B2 (en) Wireless facsimile adapter and system for printer and all-in-one devices and methods using the same
DE69833589T2 (de) Kommunikationsendgerät mit Elektronischer-Post-Funktion
US7245391B2 (en) Facsimile device selecting transmission method appropriate for each transmission
US7289245B2 (en) Color facsimile device capable of transmitting color image information represented in appropriate color space through multiple communication channels
US7884956B2 (en) Network facsimile system
US7218424B2 (en) Facsimile transmission over packet networks with delivery notification
US8190690B2 (en) Communication apparatus, communication method, communication system, and storage medium
US7535590B2 (en) Facsimile apparatus, control method therefor, and computer-readable storage medium
US7012708B2 (en) Internet facsimile apparatus and internet facsimile communication method
KR100651992B1 (ko) 통신 제어 방법 및 통신 장치

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20050323

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20050323

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20061127

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20061205

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20061218

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20070626

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20070824

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20071009