JP2002099325A - 工場内設備監視システム - Google Patents

工場内設備監視システム

Info

Publication number
JP2002099325A
JP2002099325A JP2000288398A JP2000288398A JP2002099325A JP 2002099325 A JP2002099325 A JP 2002099325A JP 2000288398 A JP2000288398 A JP 2000288398A JP 2000288398 A JP2000288398 A JP 2000288398A JP 2002099325 A JP2002099325 A JP 2002099325A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
abnormality
equipment
video camera
various types
image data
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2000288398A
Other languages
English (en)
Inventor
Yoshifumi Miyazawa
美文 宮沢
Original Assignee
Ibiden Co Ltd
イビデン株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Ibiden Co Ltd, イビデン株式会社 filed Critical Ibiden Co Ltd
Priority to JP2000288398A priority Critical patent/JP2002099325A/ja
Publication of JP2002099325A publication Critical patent/JP2002099325A/ja
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 異常事態の発生現場に直接行かずとも的確な
判断と迅速な対処が可能な工場内設備監視システムを提
供する。 【解決手段】 主制御部21において、メッキ液貯蔵タ
ンク31、メッキ浴槽32及びメッキ板乾燥コンベア装
置33のうちいずれかの設備の異常が検出されたときに
は、異常発生信号と共に、異常事態が発生した設備を撮
影するビデオカメラの画像データが携帯電話機50に送
信され、その画像データが表示部50Aに表示される。
さらに、携帯電話機50の入力操作により、その入力信
号は操作信号処理部23において変換されて、主制御部
21への操作信号として伝送される。

Description

【発明の詳細な説明】

【0001】

【発明の属する技術分野】本発明は、工場内設備監視シ
ステムに関し、特に異常事態に対して迅速に対応するた
めのものに関する。

【0002】

【従来の技術】従来、この種の工場内設備監視システム
として、特開平5−46890号公報に掲載されたもの
のように、工場内における各種設備の作動状況を制御監
視する制御盤と、オペレータの身辺に携帯されるポケッ
トアラームとが互いに通信可能に構成された工場内設備
監視システムが知られている。このものは、ポケットア
ラームに、液晶(LCD)等の表示素子が設けられてお
り、制御盤において検出される各種設備の異常レベルに
応じた異常信号を受信して、その異常信号に関連付けら
れた文字、記号、色彩によるデジタル表示がされるもの
である。

【0003】

【発明が解決しようとする課題】ところが、上述した工
場内設備監視システムにおいて、ポケットアラームに表
示される異常情報は、上記文字、記号、色彩から判断さ
れる異常レベルだけである。これでは、異常箇所の状態
や異常発生の原因等を知ることはできず、結局、その異
常箇所まで直接見に行かなければその後の対処を的確に
判断することができないという欠点があった。

【0004】本発明は、上記事情に鑑みてなされたもの
で、その目的は、異常事態の発生現場に直接行かずとも
的確な判断と迅速な対処が可能な工場内設備監視システ
ムを提供するところにある。

【0005】

【課題を解決するための手段】上記の目的を達成するた
め、請求項1の発明に係る工場内設備監視システムは、
制御盤により制御される各種設備の作動状況を監視する
ものであって、各種設備における異常を検出する異常検
出手段と、各種設備を撮影するビデオカメラと、画像デ
ータを表示する表示部、異常報知手段及び入力手段を備
えた携帯通信端末と、異常検出手段が異常を検出したと
きには、携帯通信端末にビデオカメラにより撮影された
画像データを異常発生信号と共に送信し、かつ、携帯通
信端末の入力手段における入力信号を制御盤への操作信
号として受信する通信手段とを備えたところに特徴を有
する。

【0006】請求項2の発明に係る工場内設備監視シス
テムは、制御盤により制御される各種設備の作動状況を
監視するものであって、各種設備における異常を検出す
る異常検出手段と、各種設備を撮影するビデオカメラ
と、異常検出手段が異常を検出したときには、画像デー
タを表示する表示部を備えた携帯通信端末にビデオカメ
ラにより撮影された画像データを異常発生信号と共に送
信し、かつ、携帯通信端末における入力信号を制御盤へ
の操作信号として受信する通信手段とを備えたところに
特徴を有する。

【0007】請求項3の発明は、請求項1又は請求項2
に記載の工場内設備監視システムにおいて、ビデオカメ
ラは移動可能に設けられて、各種設備の各部を撮影可能
であり、異常検出手段が異常を検出したときには、その
異常箇所を撮影可能な位置に移動するところに特徴を有
する。

【0008】請求項4の発明は、請求項1又は請求項2
に記載の工場内設備監視システムにおいて、ビデオカメ
ラは各種設備の各部を撮影すべく複数台設けられ、異常
検出手段が異常を検出したときには、その異常箇所を撮
影可能なビデオカメラからの画像データを携帯通信端末
に送信するところに特徴を有する。

【0009】

【発明の作用及び効果】<請求項1及び請求項2の発明
>請求項1及び請求項2の構成によれば、異常検出手段
により、制御盤に制御される各種設備の異常が検出され
たときには、まず、異常発生信号と共に、ビデオカメラ
により撮影された設備の画像データが携帯通信端末に送
信される。そして、それらを受信した携帯通信端末で
は、異常が知らせられると共に、画像データが表示部に
表示される。さらに、携帯通信端末における入力信号
は、通信手段により、制御盤においてその操作信号とし
て受信される。これにより、携帯通信端末を所持した者
は、その表示部から各種設備の画像を見ることができる
と共に、携帯通信端末から制御盤を遠隔操作することが
できる。従って、異常事態の発生現場に直接行かずと
も、的確な判断と迅速な対処が可能になる。

【0010】<請求項3の発明>請求項3の構成によれ
ば、ビデオカメラは、異常検出手段が異常を検出したと
きには、その異常箇所を撮影可能な位置に移動する。そ
して、携帯通信端末の表示部にその異常箇所の画像デー
タが表示される。これにより、単に工場内設備を撮影し
た画像に比べて、その異常箇所の状態をより明確に確認
することができる。

【0011】<請求項4の発明>請求項4の構成によれ
ば、異常検出手段が異常を検出したときには、複数台の
ビデオカメラのうち、その異常箇所を撮影可能なビデオ
カメラからの画像データが携帯通信端末に送信される。
これにより、単に工場内設備を撮影した画像に比べて、
その異常箇所の状態をより明確に確認することができ
る。

【0012】

【発明の実施の形態】以下、本発明の実施形態について
図1を参照して説明する。本実施形態に係る工場内設備
監視システム10は、図1に示すように、例えば、工場
内のプリント配線板製造装置30の各種設備として、メ
ッキ液貯蔵タンク31、メッキ浴槽32及びメッキ板乾
燥コンベア装置33を制御監視する制御盤20に、それ
らの設備の各部に向けて設けられたビデオカメラV1,
V2,V3を備えて構成されている。このものは、メッ
キ液貯蔵タンク31、メッキ浴槽32又はメッキ板乾燥
コンベア装置33のいずれかに異常事態が発生した場合
に、公衆通信回線42を介して携帯電話機50にて、そ
の異常事態を的確に把握し、かつ迅速に対処することを
可能にするためのものである。なお、携帯電話機50
は、データ通信機能により受信した画像データを表示す
る表示部50Aが備えられたものを使用する。

【0013】まず、制御盤20内には、主制御部21、
通信回路部22、操作信号処理部23及び画像処理部2
4が設けられている。そのうち主制御部21は、メッキ
液貯蔵タンク31、メッキ浴槽32及びメッキ板乾燥コ
ンベア装置33に対して、予め記憶された内容に基づい
て論理演算、順序操作等の制御動作を行わせる操作信号
を伝送すると共に、それらの設備に異常事態が発生した
場合には、その異常を検出して異常信号として通信回路
部22に伝送する。なお、この異常信号にはメッキ液貯
蔵タンク31、メッキ浴槽32及びメッキ板乾燥コンベ
ア装置33のうち異常が発生した設備コードが含まれて
いる。

【0014】さて、通信回路部22には、前記ビデオカ
メラV1,V2,V3が画像処理部24を介して接続さ
れており、各ビデオカメラにより撮影され、画像処理部
24にて処理された画像データが伝送される。ここで、
各ビデオカメラV1,V2,V3は、それぞれメッキ液
貯蔵タンク31、メッキ浴槽32及びメッキ板乾燥コン
ベア装置33の各部を撮影する専用のビデオカメラV
1,V2,V3であり、通信回路部22は、前記設備コ
ードに対応した専用ビデオカメラにて撮影された画像デ
ータを受信するように動作する。また、通信回路部22
は、DSU(回線終端装置)41を介して、公衆通信回
線42に接続されおり、制御盤20と携帯電話機50と
の間でのデータ通信が可能になっている。これにより、
通信回路部22に伝送された画像データは、異常発生信
号と共に、公衆通信回線42を介して携帯電話機50に
伝送され、その表示部50Aに表示される。そして、通
信回路部22は、後述するように携帯電話機50から受
信した入力信号を操作信号処理部23へ伝送する。操作
信号処理では、伝送された入力信号を予め記憶された変
換パターンに基づいた操作信号に変換して主制御部21
を介して、各種設備に伝送する。これにより携帯電話機
50から各種設備に対して遠隔操作をすることが可能に
なる。

【0015】次に、上記構成からなる本実施形態の動作
を説明する。例えば、プリント配線板製造装置30の各
種設備のうちメッキ板乾燥コンベア装置33にて異常が
発生した場合には、メッキ板乾燥コンベア装置33を意
味する設備コードを含んだ異常信号が主制御部21に伝
送される。そしてこの設備コードに基づいてメッキ板乾
燥コンベア装置33専用のビデオカメラV3により撮影
される画像データが、異常発生信号と共に、通信回路部
22を介して、携帯電話機50に伝送されて呼びベルを
鳴らす。そして、携帯電話機50の所持者がオフフック
して、異常情報を要求する所定の入力操作をすれば、メ
ッキ板乾燥コンベア装置33の画像と、同装置で異常事
態が発生した旨の文字メッセージとが表示部50Aに表
示される。なお、文字メッセージではなく、携帯電話機
50の図示しないスピーカ部からの音声メッセージ等で
あっても良い。

【0016】一方、その所持者は携帯電話機50の入力
部にて所定の入力をすることにより、プリント配線板製
造装置30の各種設備に対して遠隔操作をすることがで
きる。例えば、携帯電話機50の表示部50Aに表示さ
れたメッキ板乾燥コンベア装置33の画像を見て、メッ
キ板が順次送り込まれる熱風槽の開口部で引っ掛ってい
ることが異常発生の原因であると分かった場合には、携
帯電話機50の入力部において、コンベアの逆送を要求
する入力操作を行う。すると、この入力信号は制御盤2
0の通信回路部22、操作信号処理部23及び主制御部
21を介してメッキ板乾燥コンベア装置33にコンベア
の逆送を要求する操作信号として伝送される。これに
て、前記メッキ板の熱風槽の開口部における引っ掛りが
外れて、プリント配線板製造装置30の正常状態に修復
することが可能になる。

【0017】このように、本実施形態の工場内設備監視
システム10によれば、主制御部21において、メッキ
液貯蔵タンク31、メッキ浴槽32及びメッキ板乾燥コ
ンベア装置33のうちいずれかの設備の異常が検出され
たときには、まず、異常発生信号と共に、ビデオカメラ
V1,V2,V3により撮影された各種設備の画像デー
タが携帯電話機50に送信され、その画像データが表示
部50Aに表示される。さらに、携帯電話機50の入力
操作により、プリント配線板製造装置30の各種設備の
遠隔操作が可能になる。これにより、携帯電話機50を
所持した者は、その表示部50Aから各種設備の画像を
見ることができると共に、携帯電話機50から制御盤2
0を遠隔操作することができる。従って、異常事態の発
生現場に直接行かずとも、的確な判断と迅速な対処が可
能になる。

【0018】また、ビデオカメラV1,V2,V3はメ
ッキ液貯蔵タンク31、メッキ浴槽32及びメッキ板乾
燥コンベア装置33のそれぞれを撮影するために設けら
れている。そして、主制御部21においていずれかの設
備の異常が検出されたときには、異常事態が発生した設
備を撮影するビデオカメラの画像データが、携帯電話機
50の表示部50Aに表示される。これにより、単にプ
リント配線板製造装置30を撮影した画像に比べて、そ
の異常箇所の状態をより明確に確認することができる。

【0019】<他の実施形態>本発明は、上記実施形態
に限定されるものではなく、例えば、以下に説明するよ
うな実施形態も本発明の技術的範囲に含まれ、さらに、
下記以外にも要旨を逸脱しない範囲内で種々変更して実
施することができる。 (1)上記実施形態においては、携帯通信端末は、市販
の携帯電話機50を使用したが、これに限られず、画像
データを表示する表示部、異常報知手段及び入力手段を
備えたものであれば、例えば、簡易型携帯電話PHS
(パーソナル・ハンディホン・システム)や、通信機能
を備えたパームトップ・コンピュータなどであっても良
い。さらに、工場内に設けられる制御盤及びビデオカメ
ラと、上記機能を備えた専用の携帯通信端末をもって工
場内設備監視システムとするものも本発明(請求項1記
載の発明)に含まれる。

【0020】(2)上記実施形態においては、工場内設
備監視システム10は、プリント配線板製造装置30の
各種設備を制御監視するものとして使用したが、これに
限られず、制御盤により制御される設備であれば、例え
ば、鋳造工場内や自動車工場内の生産ラインの各種設備
を制御監視するものであっても良い。

【0021】(3)上記実施形態においては、ビデオカ
メラはメッキ液貯蔵タンク31、メッキ浴槽32及びメ
ッキ板乾燥コンベア装置33に対して各1台使用した
が、各種設備に応じて設備一台につき複数台のビデオカ
メラを使用しても良い。また、少なくとも一台のビデオ
カメラを、レール等により所定範囲を移動可能に設け
て、制御盤が異常を検出したときに、その異常箇所を撮
影可能な位置に移動するものであっても良い。

【0022】(4)通信回路部22から伝送される異常
箇所の画像は、動画であっても静止画であっても良い。
監視対象の設備によっては、所定間隔毎の静止画をもっ
て異常事態を把握できるものもあり、静止画の方が伝送
容量を軽減することができる。

【図面の簡単な説明】

【図1】本発明の一実施形態に係る工場内設備監視シス
テムを示すブロック図

【符号の説明】

10…工場内設備監視システム 20…制御盤 21…主制御部 22…通信回路部 23…操作信号処理部 50…携帯電話機 V1,V2,V3…ビデオカメラ

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (51)Int.Cl.7 識別記号 FI テーマコート゛(参考) H04Q 9/00 311 H04Q 9/00 311J 331 331A Fターム(参考) 5C054 CC05 CD04 CF07 CG06 DA07 EA01 EA05 FA09 FF03 FF07 HA02 5C087 AA02 AA03 AA10 AA25 BB21 BB74 DD08 DD27 EE05 FF01 FF04 FF23 GG66 GG70 GG83 5H223 AA05 DD07 EE06 EE29 FF03 5K048 AA06 BA21 BA34 CA08 DA02 DB01 DC01 DC04 EA11 EB12 EB13 EB15 FB08 FC01 HA01 HA02 HA05 HA07 HA23 5K101 KK13 KK14 LL03 LL12 MM04 NN03 NN06 NN18 NN21 NN34 RR12 SS07 TT06 UU16

Claims (4)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 制御盤により制御される各種設備の作動
    状況を監視するものであって、 前記各種設備における異常を検出する異常検出手段と、 前記各種設備を撮影するビデオカメラと、 画像データを表示する表示部、異常報知手段及び入力手
    段を備えた携帯通信端末と、 前記異常検出手段が異常を検出したときには、前記携帯
    通信端末に前記ビデオカメラにより撮影された画像デー
    タを異常発生信号と共に送信し、かつ、前記携帯通信端
    末の前記入力手段における入力信号を前記制御盤への操
    作信号として受信する通信手段とを備えたことを特徴と
    する工場内設備監視システム。
  2. 【請求項2】 制御盤により制御される各種設備の作動
    状況を監視するものであって、 前記各種設備における異常を検出する異常検出手段と、 前記各種設備を撮影するビデオカメラと、 前記異常検出手段が異常を検出したときには、画像デー
    タを表示する表示部を備えた携帯通信端末に前記ビデオ
    カメラにより撮影された画像データを異常発生信号と共
    に送信し、かつ、前記携帯通信端末における入力信号を
    前記制御盤への操作信号として受信する通信手段とを備
    えたことを特徴とする工場内設備監視システム。
  3. 【請求項3】 前記ビデオカメラは移動可能に設けられ
    て、前記各種設備の各部を撮影可能であり、前記異常検
    出手段が異常を検出したときには、その異常箇所を撮影
    可能な位置に移動することを特徴とする請求項1又は請
    求項2に記載の工場内設備監視システム。
  4. 【請求項4】 前記ビデオカメラは前記各種設備の各部
    を撮影すべく複数台設けられ、前記異常検出手段が異常
    を検出したときには、その異常箇所を撮影可能な前記ビ
    デオカメラからの画像データを前記携帯通信端末に送信
    することを特徴とする請求項1又は請求項2に記載の工
    場内設備監視システム。
JP2000288398A 2000-09-22 2000-09-22 工場内設備監視システム Pending JP2002099325A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000288398A JP2002099325A (ja) 2000-09-22 2000-09-22 工場内設備監視システム

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000288398A JP2002099325A (ja) 2000-09-22 2000-09-22 工場内設備監視システム

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2002099325A true JP2002099325A (ja) 2002-04-05

Family

ID=18771992

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2000288398A Pending JP2002099325A (ja) 2000-09-22 2000-09-22 工場内設備監視システム

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2002099325A (ja)

Cited By (10)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2006062213A1 (ja) * 2004-12-07 2006-06-15 Hitachi Kokusai Electric Inc. 無線通信システム
JP2007036909A (ja) * 2005-07-29 2007-02-08 Yokogawa Electric Corp 浮屋根式貯蔵タンクの監視システム
JP2010204758A (ja) * 2009-02-27 2010-09-16 Omron Corp 撮影対象選択装置、撮影対象選択装置の制御方法、撮影対象選択装置制御プログラムおよび該プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体
JP2014174558A (ja) * 2013-03-05 2014-09-22 Miura Co Ltd 状態監視装置
JP2014224799A (ja) * 2013-03-15 2014-12-04 フィッシャー−ローズマウント システムズ,インコーポレイテッド プロセスプラントにおけるモバイル制御デバイスの位置を判定するための方法及び装置
US10037303B2 (en) 2013-03-14 2018-07-31 Fisher-Rosemount Systems, Inc. Collecting and delivering data to a big data machine in a process control system
US10168691B2 (en) 2014-10-06 2019-01-01 Fisher-Rosemount Systems, Inc. Data pipeline for process control system analytics
US10282676B2 (en) 2014-10-06 2019-05-07 Fisher-Rosemount Systems, Inc. Automatic signal processing-based learning in a process plant
US10296668B2 (en) 2013-03-15 2019-05-21 Fisher-Rosemount Systems, Inc. Data modeling studio
US10386827B2 (en) 2013-03-04 2019-08-20 Fisher-Rosemount Systems, Inc. Distributed industrial performance monitoring and analytics platform

Citations (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS62222396A (en) * 1986-03-25 1987-09-30 Toshiba Corp Plant monitor
JPH0345236U (ja) * 1989-09-05 1991-04-25
JPH06301615A (ja) * 1993-04-14 1994-10-28 Nippon Steel Corp 多機能型携帯入出力装置による現場操作監視方法と装置
JPH0897936A (ja) * 1994-09-22 1996-04-12 Hochiki Corp 遠隔監視システム
JPH11202931A (ja) * 1998-01-13 1999-07-30 Mitsubishi Heavy Ind Ltd プラント運転監視操作装置
JPH11327628A (ja) * 1998-05-14 1999-11-26 Hitachi Ltd 施設管理システム
JP2000013513A (ja) * 1998-06-18 2000-01-14 Mitsubishi Electric Corp 設備異常監視システム
JP2000196768A (ja) * 1998-12-25 2000-07-14 Matsushita Electric Ind Co Ltd 携帯電話を利用した遠隔制御システム

Patent Citations (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS62222396A (en) * 1986-03-25 1987-09-30 Toshiba Corp Plant monitor
JPH0345236U (ja) * 1989-09-05 1991-04-25
JPH06301615A (ja) * 1993-04-14 1994-10-28 Nippon Steel Corp 多機能型携帯入出力装置による現場操作監視方法と装置
JPH0897936A (ja) * 1994-09-22 1996-04-12 Hochiki Corp 遠隔監視システム
JPH11202931A (ja) * 1998-01-13 1999-07-30 Mitsubishi Heavy Ind Ltd プラント運転監視操作装置
JPH11327628A (ja) * 1998-05-14 1999-11-26 Hitachi Ltd 施設管理システム
JP2000013513A (ja) * 1998-06-18 2000-01-14 Mitsubishi Electric Corp 設備異常監視システム
JP2000196768A (ja) * 1998-12-25 2000-07-14 Matsushita Electric Ind Co Ltd 携帯電話を利用した遠隔制御システム

Cited By (19)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2006062213A1 (ja) * 2004-12-07 2006-06-15 Hitachi Kokusai Electric Inc. 無線通信システム
CN101010892B (zh) 2004-12-07 2011-03-16 株式会社日立国际电气 无线通信系统
US8126511B2 (en) 2004-12-07 2012-02-28 Hitachi Kokusai Electric Inc. Radio communications system for detecting and monitoring an event of a disaster
JP2007036909A (ja) * 2005-07-29 2007-02-08 Yokogawa Electric Corp 浮屋根式貯蔵タンクの監視システム
JP4645900B2 (ja) * 2005-07-29 2011-03-09 横河電機株式会社 浮屋根式貯蔵タンクの監視システム
JP2010204758A (ja) * 2009-02-27 2010-09-16 Omron Corp 撮影対象選択装置、撮影対象選択装置の制御方法、撮影対象選択装置制御プログラムおよび該プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体
US10386827B2 (en) 2013-03-04 2019-08-20 Fisher-Rosemount Systems, Inc. Distributed industrial performance monitoring and analytics platform
JP2014174558A (ja) * 2013-03-05 2014-09-22 Miura Co Ltd 状態監視装置
US10223327B2 (en) 2013-03-14 2019-03-05 Fisher-Rosemount Systems, Inc. Collecting and delivering data to a big data machine in a process control system
US10311015B2 (en) 2013-03-14 2019-06-04 Fisher-Rosemount Systems, Inc. Distributed big data in a process control system
US10037303B2 (en) 2013-03-14 2018-07-31 Fisher-Rosemount Systems, Inc. Collecting and delivering data to a big data machine in a process control system
US10031490B2 (en) 2013-03-15 2018-07-24 Fisher-Rosemount Systems, Inc. Mobile analysis of physical phenomena in a process plant
US10152031B2 (en) 2013-03-15 2018-12-11 Fisher-Rosemount Systems, Inc. Generating checklists in a process control environment
JP2014224799A (ja) * 2013-03-15 2014-12-04 フィッシャー−ローズマウント システムズ,インコーポレイテッド プロセスプラントにおけるモバイル制御デバイスの位置を判定するための方法及び装置
US10296668B2 (en) 2013-03-15 2019-05-21 Fisher-Rosemount Systems, Inc. Data modeling studio
US10133243B2 (en) 2013-03-15 2018-11-20 Fisher-Rosemount Systems, Inc. Method and apparatus for seamless state transfer between user interface devices in a mobile control room
US10324423B2 (en) 2013-03-15 2019-06-18 Fisher-Rosemount Systems, Inc. Method and apparatus for controlling a process plant with location aware mobile control devices
US10282676B2 (en) 2014-10-06 2019-05-07 Fisher-Rosemount Systems, Inc. Automatic signal processing-based learning in a process plant
US10168691B2 (en) 2014-10-06 2019-01-01 Fisher-Rosemount Systems, Inc. Data pipeline for process control system analytics

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5742329A (en) Image pickup system and communication system for use in video conference system or the like
US5327478A (en) Cellular network data transmission system
US20030160861A1 (en) Video-telephony system
US5511109A (en) Security system using call display
US4825457A (en) Cellular network data transmission system
JPH03230297A (en) Monitoring and alarming transmitter and remote alarm receiver
EP1304672A4 (en) Remote monitoring method and monitor control server
JP2002170174A (ja) セキュリティシステム
WO2003088636A1 (en) Video doorphone
JPH05167712A (ja) ビジュアル電話機
JP2000278671A (ja) テレビ電話対応遠隔監視端末装置
JP3181290B2 (ja) テレビモニター装置
US4864557A (en) Automatic refresh of operating parameters in equipment with volatile storage
CA2051234C (en) Facsimile system
CA2117540A1 (en) Supervisory interface controller and method for remotely controlled terminal
EP1282021A4 (en) Production control system and checking system for operation status of product processing device
US5432616A (en) Data communication apparatus for notification of the receipt of a call waiting signal
JP4354391B2 (ja) 無線通信システム
KR20060082018A (ko) 호출-트리거링된 이미지 수신 및 송신 능력들을 갖는모바일 통신 디바이스 및 그 작동 방법
EP1246149A4 (en) Security system using internet
JPH09163008A (ja) リモートメンテナンス装置
EP1185060A3 (en) State monitoring method and apparatus in subscriber line test
JPH05316511A (ja) 遠隔地域監視システム
JP4371470B2 (ja) 機械警備支援方法及び支援装置
WO2002025613A3 (en) Video surveillance for vending machines

Legal Events

Date Code Title Description
RD04 Notification of resignation of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7424

Effective date: 20061201

A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20070820

RD02 Notification of acceptance of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7422

Effective date: 20090909

RD04 Notification of resignation of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7424

Effective date: 20090909

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20090915

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20090929

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20091117

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20100316

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20100512

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20100928