JP2002095830A - 遊技機 - Google Patents

遊技機

Info

Publication number
JP2002095830A
JP2002095830A JP2000289013A JP2000289013A JP2002095830A JP 2002095830 A JP2002095830 A JP 2002095830A JP 2000289013 A JP2000289013 A JP 2000289013A JP 2000289013 A JP2000289013 A JP 2000289013A JP 2002095830 A JP2002095830 A JP 2002095830A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
game
time
auxiliary
saving
state
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2000289013A
Other languages
English (en)
Inventor
Sadao Ioki
定男 井置
Hideo Taguchi
英雄 田口
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Sophia Co Ltd
Original Assignee
Sophia Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Sophia Co Ltd filed Critical Sophia Co Ltd
Priority to JP2000289013A priority Critical patent/JP2002095830A/ja
Publication of JP2002095830A publication Critical patent/JP2002095830A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 遊技機において、時短遊技状態のときに行わ
れる補助遊技を変化に富んだ面白みのあるものとするこ
とにより、遊技の興趣を高める。 【解決手段】 始動条件の成立に基づき、複数種類の識
別情報の変動表示を行う主遊技の表示結果が特別表示態
様となることに関連して遊技者に有利な大当たり状態を
発生させる主遊技手段と、補助始動条件の成立に基づき
補助遊技を行い、該補助遊技の結果に関連して始動条件
の成立し易い補助当たり状態を発生させる補助遊技手段
と、補助遊技の単位時間当たりの実行可能回数を増加さ
せる時短遊技状態を発生制御する時短制御手段と、を備
える遊技機である。時短制御手段は、大当たり状態の終
了後に時短遊技状態を発生させると共に、該時短遊技状
態の発生毎に、補助遊技の単位時間当たりの実行可能回
数を変更可能となっている。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、始動条件の成立に
基づき主遊技を行い、その表示結果が特別表示態様とな
ることに関連して大当たり状態を発生させると共に、補
助始動条件の成立に基づき補助遊技を行い、その遊技結
果に基づき前記始動条件の成立し易い補助当たり状態を
発生させる遊技機に関する。
【0002】
【従来の技術】従来より、パチンコ遊技機やスロットマ
シーンなど、始動条件の成立に基づき、複数種類の識別
情報を変動表示させる主遊技が行われ、該主遊技の表示
結果が特別表示態様になったときに遊技者に有利な大当
たり状態を発生させる遊技機が知られている。例えば、
パチンコ遊技機では、始動口への入賞或いは始動ゲート
の通過(始動条件の成立)に基づき、特別図柄表示装置
において、主遊技である特図の変動表示遊技の変動表示
が行われ、その表示結果が特別表示態様(例えば、
「1,1,1」、「5,5,5」、「7,7,7」など
のゾロ目)になった場合に、特別変動入賞装置の大入賞
口が開放されて、遊技者に有利な大当たり状態(多数の
遊技媒体を獲得し易い状態)が発生するようになってい
る。さらに、この種のパチンコ遊技機では、遊技球の普
図始動ゲートの通過(補助始動条件の成立)に基づき、
普通図柄表示器において、補助遊技である普図の変動表
示遊技の変動表示が行われ、その表示結果が所定の結果
態様になった場合に、始動口(特図始動口)を兼ねた普
通変動入賞装置が開放されて、上記始動条件の成立し易
い補助当たり状態が発生するようになっている。最近で
は、大当たり状態が発生したときの特別表示態様が、例
えば、「3,3,3」、「7,7,7]などの特定の特
別表示態様であった場合に、その大当たり状態の終了
後、上記補助遊技の開始から終了までの遊技所要時間を
短縮して(例えば、通常時30秒の遊技所要時間を6秒
に短縮して)補助遊技の単位時間当たりの実行可能回数
を増加させる時短遊技状態を発生させるパチンコ遊技機
も知られている。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、上記従
来の遊技機では、時短遊技状態のときに行われる各補助
遊技の遊技所要時間が一定で変化することがなかったた
め、時短遊技状態のときに行われる補助遊技が単調にな
って、遊技者に飽きられやすいという問題点があった。
【0004】本発明は、上記実情に鑑みなされたもの
で、時短遊技状態のときに行われる補助遊技を変化に富
んだ面白みのあるものとすることにより、遊技の興趣を
高めることができる遊技機を提供することを目的とす
る。
【0005】
【課題を解決するための手段】上記課題を解決するた
め、請求項1記載の発明は、始動条件の成立に基づき、
複数種類の識別情報の変動表示を行う主遊技の表示結果
が特別表示態様となることに関連して遊技者に有利な大
当たり状態を発生させる主遊技手段と、補助始動条件の
成立に基づき補助遊技を行い、該補助遊技の結果に関連
して前記始動条件の成立し易い補助当たり状態を発生さ
せる補助遊技手段と、前記補助遊技の単位時間当たりの
実行可能回数を増加させる時短遊技状態を発生制御する
時短制御手段と、を備える遊技機において、前記時短制
御手段は、前記大当たり状態の終了後に前記時短遊技状
態を発生させると共に、該時短遊技状態の発生毎に、前
記補助遊技の単位時間当たりの実行可能回数を変更可能
となっている構成とした。
【0006】この請求項1記載の発明によれば、大当た
り状態の終了後に時短遊技状態を発生させると共に、該
時短遊技状態の発生毎に、補助遊技の単位時間当たりの
実行可能回数を変更可能としたので、時短遊技状態のと
きに行われる補助遊技を変化に富んだ面白みのあるもの
とすることができ、遊技の興趣を高めることができる。
【0007】ここで、遊技機には、パチンコ遊技機、ア
レンジボール遊技機、雀球遊技機、パチスロ、スロット
マシンなどの遊技機が含まれる。識別情報には、数字、
文字、記号およびキャラクタ、並びに、色彩など、視覚
により識別可能な識別図柄(識別標識)等が含まれる。
主遊技とは、いわゆる第1種のパチンコ遊技機では特別
図柄表示装置にて行われる特別図柄の変動表示遊技であ
り、パチスロやスロットマシンでは回転リールによる変
動表示遊技などである。始動条件とは、いわゆる第1
種、第2種又は第3種のパチンコ遊技機では始動口(特
図始動口)への入賞或いは始動ゲートの通過などであ
り、パチスロやスロットマシンではメダルが投入されて
始動レバーが操作されることなどである。大当たり状態
とは、通常遊技時に比べて遊技者に特に有利となる遊技
状態(多数の遊技媒体を獲得し易い状態)をいい、例え
ば、第1種のパチンコ遊技機における大入賞口(特別変
動入賞装置ともいう。)の開放、第3種のパチンコ遊技
機における権利発生の状態、或いは電動役物を複数備え
た一般電役機における電動役物を連続して開放させる状
態、スロットマシンでのボーナスゲームなどがある。補
助遊技とは、主遊技とは別の補助的な遊技であり、例え
ば、第1種のパチンコ遊技機の普通図柄表示器で行われ
る普通図柄の変動表示遊技(例えば、複数種類の図柄を
変動表示させた後に停止させる遊技や、複数のランプを
順次点滅させた後に何れかのランプのみを点灯させる遊
技)などである。補助始動条件は、補助始動口への入賞
や補助始動ゲートの通過などの他、所定時間の経過、遊
技球の発射数やメダルの投入枚数など種々の条件を含め
ても良い。時短遊技状態とは、補助遊技の開始から終了
までの遊技所要時間が通常時より短縮されて、補助遊技
の単位時間当たりの実行可能回数が増加される遊技状態
のことである。この時短遊技状態中には、通常遊技時と
異なるパターンの補助当たり状態を発生させるようにし
てもよい。例えば、補助遊技が普通図柄の変動表示遊技
である場合には、時短遊技状態中に、普通変動入賞装置
の開放時間や開放回数を変更するなどして、普通変動入
賞装置の開放パターンの変更制御を併せて行ってもよ
い。
【0008】請求項2記載の発明は、請求項1記載の遊
技機において、前記特別表示態様には、複数種類の特別
表示態様が含まれ、前記時短制御手段は、前記特別表示
態様の種類に関連して、前記補助遊技の単位時間当たり
の実行可能回数を異ならせる構成とした。
【0009】この請求項2記載の発明によれば、特別表
示態様の種類に関連して、補助遊技の単位時間当たりの
実行可能回数を異ならせるようにしたので、どの特別表
示態様で大当たり状態が発生するかということに対して
遊技者の関心を高めることができる。従って、遊技の興
趣を高めることができる。
【0010】請求項3記載の発明は、請求項1記載の遊
技機において、前記時短制御手段は、前記主遊技とは別
の抽選ゲームの結果に関連して、前記補助遊技の単位時
間当たりの実行可能回数を異ならせる構成とした。
【0011】この請求項3記載の発明によれば、主遊技
とは別の抽選ゲームの結果に関連して、補助遊技の単位
時間当たりの実行可能回数を異ならせるようにしたの
で、遊技者は主遊技の表示結果だけでなく抽選ゲームか
らも目が離せなくなり、遊技に飽きが生じ難くなる。つ
まり、遊技が多彩なものとなって、遊技の興趣を向上さ
せることができる。
【0012】請求項4記載の発明は、請求項2記載の遊
技機において、前記特別表示態様には、第1特別表示態
様と、該第1特別表示態様とは異なる第2特別表示態様
とが含まれ、前記時短制御手段は、前記第1特別表示態
様が成立したことに関連して、前記時短遊技状態のとき
に行われる各補助遊技の開始から終了までの遊技所要時
間を通常時よりも短い時間に設定すると共に、各補助遊
技の遊技所要時間を並べた時間列が予め定められた規則
的な配列となるように時短遊技状態を発生制御する第1
時短制御手段と、前記第2特別表示態様が成立したこと
に関連して、前記時短遊技状態のときに行われる各補助
遊技の遊技所要時間を通常時よりも短い時間に設定する
と共に、各補助遊技の遊技所要時間が不規則に変化し得
るように時短遊技状態を発生制御する第2時短制御手段
と、を備える構成とした。
【0013】この請求項4記載の発明によれば、第1特
別表示態様が成立したことに関連して、第1時短制御手
段が、各補助遊技の遊技所要時間を並べた時間列が予め
定められた規則的な配列となるように時短遊技状態を発
生制御する一方で、第2特別表示態様が成立したことに
関連して、第2時短制御手段が、各補助遊技の遊技所要
時間が不規則に変化し得るように時短遊技状態を発生制
御するので、時短遊技状態のときに行われる補助遊技を
さらに変化に富んだ面白みのあるものとすることがで
き、遊技の興趣を高めることができる。例えば、第1特
別表示態様が成立した場合には、時短遊技状態のときに
行われる各補助遊技の遊技所要時間を予測することが可
能となり、各補助遊技の結果が出るタイミング(補助当
たり状態の発生タイミング)に合わせて、始動条件を成
立させるための操作を行うことが可能となる。これによ
り、始動条件を成立させるのが容易となる。一方、第2
特別表示態様が成立した場合には、時短遊技状態のとき
に行われる各補助遊技の遊技所要時間を予測することが
不可能となり、上記のように、各補助遊技の結果が出る
タイミングに合わせて始動条件を成立させるための操作
を行うことが不可能となる。従って、第1特別表示態様
が成立した場合と第2特別表示態様が成立した場合と
で、始動条件の成立し易さに差違が生じることとなり、
これにより、大当たり状態の発生時に成立する特別表示
態様に対する遊技者の関心をさらに高めることができ
る。
【0014】請求項5記載の発明は、請求項4記載の遊
技機において、前記始動条件を成立させ得る要因となる
始動入賞口に遊技球が入賞し易い状態であり、該入賞に
より賞球が払い出される構成とし、前記第1時短制御手
段は、前記第1特別表示態様が成立したことに関連し
て、前記時短遊技状態のときに行われる各補助遊技の遊
技所要時間を通常時よりも短い一定時間に設定する構成
とした。
【0015】この請求項5記載の発明によれば、第1特
別表示態様が成立したことに関連して、第1時短制御手
段が、時短遊技状態のときに行われる各補助遊技の遊技
所要時間を通常時よりも短い一定時間に設定するので、
第1特別表示態様が成立した場合には、時短遊技状態の
ときに、補助遊技の結果が出るタイミング(補助当たり
状態の発生タイミング)に合わせて遊技球の発射操作を
行う(いわゆる止め打ちを行う)ことが容易となり、始
動条件を成立させるのが容易となる。また、賞球も獲得
し易くなる。
【0016】請求項6記載の発明は、請求項1〜5の何
れかに記載の遊技機において、前記時短制御手段は、前
記主遊技が予め定められた所定の回数終了するまでの
間、前記時短遊技状態を継続する構成とした。
【0017】この請求項6記載の発明によれば、主遊技
が予め定められた所定の回数終了するまでの間、時短遊
技状態を継続するようにしたので、時短遊技状態がいつ
まで続くのかが遊技者にとって分かり易くなる。また、
時短遊技状態の継続時間が有限となるので、補助遊技の
遊技所要時間(単位時間当たりの実行可能回数)に応じ
て、時短遊技状態のときに行われる補助遊技の総実行回
数が変化することとなる。従って、補助遊技の遊技所要
時間に応じて、補助当たり状態の発生頻度も変化するこ
ととなり、遊技の興趣をさらに高めることができる。
【0018】
【発明の実施の形態】以下、この発明の実施の形態につ
いて、図1〜図9の図面を参照しながら説明する。図1
は、本発明に係る遊技機の一形態として例示するパチン
コ遊技機を示す正面図である。
【0019】この実施の形態のパチンコ遊技機100
は、いわゆる「第1種」に属するタイプのパチンコ遊技
機であって、その前側上半部のガラス板101の奥側に
は、遊技領域1aを構成する遊技盤1が設置されてい
る。
【0020】この遊技盤1のガイドレール2で囲まれた
遊技領域1aには、普図始動ゲート6,6、特別図柄
(特図)表示装置4、普通図柄(普図)表示器7、普図
変動表示遊技の結果に関連して開閉部材9a,9aを開
(遊技者にとって有利な状態)閉(遊技者にとって不利
な状態)させる特図始動口を兼ねた普通変動入賞装置
9、特図変動表示遊技の結果に関連して大入賞口を閉じ
た状態(遊技者にとって不利な状態)から開放状態(遊
技者にとって有利な状態)に変換するサイクル遊技を行
う特別変動入賞装置5、一般入賞口8,…、サイドラン
プ12,12、風車と呼ばれる打球方向変換部材14,
14、多数の障害釘(図示省略)などが配設されてい
る。遊技領域1aの最下端部中央にはアウト球を回収す
るためのアウト穴13が設けられている。
【0021】特別図柄表示装置4は、例えば、液晶表示
装置(LCD:Liquid Crystal Display)からなる変動
表示部4aを備えている。変動表示部4aは、複数の変
動表示領域を有し、該変動表示領域の各々に一連の識別
情報を順次変動表示させた後に停止させることで、特図
の変動表示遊技(主遊技)の表示が可能となっている。
また、特別図柄表示装置4の上部には、普通変動入賞装
置9に遊技球が入賞して特図変動表示遊技が未処理とな
っている未処理回数を点灯表示する特図始動記憶表示器
4b,…が設けられている。普通図柄表示器7は、例え
ば、7セグメント型のLEDなどによって構成され、普
通図柄(例えば、図柄、数字、記号などの識別情報)の
変動表示遊技(補助遊技)が行われるようになってい
る。また、特別変動入賞装置5の開閉扉5aの右側に
は、普図始動ゲート6,6に遊技球が入賞(普図の始動
入賞)して普図変動表示遊技が未処理となっている未処
理回数を表示する普図始動記憶表示器6aが配設されて
いる。
【0022】普通変動入賞装置9は左右一対の開閉部材
9a,9aを具備し、この開閉部材9a,9aは、常時
は遊技球が1個流入可能な程度の間隔で閉じた状態を保
持しているが、普通図柄表示器7の変動表示遊技の結果
が所定の結果態様(例えば、「7」)となった場合に
は、逆「ハ」の字状に開いて普通変動入賞装置9に遊技
球が流入し易い状態(始動条件の成立し易い状態)に変
化されるようになっている。この普通変動入賞装置9
は、特図の始動口も兼ね、その内部(入賞領域)に特図
始動センサ9b(図3)を備えている。また、普図始動
ゲート6,6内には、該普図始動ゲート6,6を通過し
た遊技球を検出するための普図始動センサ6b,6b
(図3)が設けられている。
【0023】特別変動入賞装置5はアタッカー形式の開
閉扉5aによって開閉される大入賞口5bを備えてい
る。開閉扉5aはその上端側が手前側に倒れる方向に回
動して開放可能になっていて、特図の変動表示遊技の表
示結果が特別表示態様(例えば、「7、7、7」のゾロ
目)となって大当たり等が発生した場合に、大入賞口5
bが開放されて、多数の遊技媒体を獲得し易い状態(遊
技者にとって有利な状態)に変換されるようになってい
る。この大入賞口5bの内部(入賞領域)には、該大入
賞口5bに入った遊技球を検出するためのカウントセン
サ5c(図3)と、大入賞口5bに入った遊技球のうち
継続入賞領域(V入賞領域)に流入した遊技球を検出す
るための継続センサ5d(図3)が配設されている。ま
た、各一般入賞口8,…の内部(入賞領域)には、該入
賞口8,…に入った遊技球を検出するための入賞口セン
サ8a,…(図3)が配設されている。
【0024】また、パチンコ遊技機100の前側下半部
には、発射部(図示省略)に遊技球を供給する上皿10
5、該上皿105に収容しきれない球を収容する下皿1
07、前記遊技領域1aに向けて遊技球の発射操作を行
うための操作ハンドル104などが設けられている。
【0025】図2はパチンコ遊技機の背面図である。
【0026】前面枠111の裏面側には、遊技盤1を収
納する遊技盤収納部材115が取り付けられ、この遊技
盤収納部材115の背部には、中央に開口部120Aを
有する裏機構盤120が取り付けられている。この裏機
構盤120の裏側には、予備球を貯留するための貯留タ
ンク121、該貯留タンク121からの予備球を流下案
内する導出樋122、該導出樋122により流下案内さ
れる球の球抜きなどを行う球抜きユニット123、該球
抜きユニット123を介して流下案内された球を所定条
件の成立(入賞口に球が入賞したこと、或いは球貸し操
作が行われたこと)に基づいて所要数排出する球排出装
置124、該球排出装置124より排出された球を上皿
105又は下皿107へと流下案内する案内樋(図示省
略)などが配設されている。
【0027】さらに、裏機構盤120の裏側には、遊技
の進行に関する制御を行う遊技制御装置20、遊技制御
装置20の制御下で遊技球の排出制御等を行う排出制御
装置30、各種制御装置に対して所望の電源を供給する
電源装置90、電源用の中継基板として機能するターミ
ナル基板82、外部出力端子を有する枠用外部出力端子
板81などが設けられている。
【0028】また、遊技盤1の裏側に突出した特別図柄
表示装置4の背部には、遊技制御装置20の制御下で特
別図柄表示装置4の変動表示部4aの表示制御を行う表
示制御装置40が配設され、この表示制御装置40の背
部には、遊技制御装置20の制御下で各種ランプ・LE
D(図示省略)の点灯・点滅状態を制御する装飾制御装
置50、遊技制御装置20の制御下でスピーカ(図示省
略)等の出力を制御する音制御装置60などが配設され
ている。これら表示制御装置40、装飾制御装置50、
音制御装置60は、裏機構盤120の中央開口部120
Aを介して後方に臨む状態で設置されている。また、前
面枠111の裏面下端側には、遊技機前面の操作ハンド
ル104の操作に基づき遊技球を遊技領域1aに発射さ
せる発射装置71、該発射装置71の制御を行う発射制
御装置70などが配設されている。なお、このパチンコ
遊技機100の隣には、カードユニット500が並設さ
れ、このカードユニット500の前側には、図1に示す
ように、遊技球の貸出しに用いるプリペイドカードを挿
入可能な挿入口501が設けられている。
【0029】図3は、遊技制御装置と表示制御装置の主
要制御ブロック図である。
【0030】遊技制御装置20は、内部にCPU(Cent
ral Processing Unit)21a、RAM(Random Access
Memory)21b及びROM(Read Only Memory)21
cを備えた遊技用マイクロコンピュータ21、入力I/
F23a、出力I/F23b、発振器22等により構成
されている。
【0031】CPU21aは、制御部、演算部を備え、
演算制御を行う他、特図や普図の変動表示遊技の遊技内
容決定に関与する各種乱数(例えば、特図の大当たり判
定用乱数、普図の当たり判定用乱数、普図の変動時間決
定用乱数)なども生成している。RAM21bは、特図
始動信号としての特図始動センサ9bのオン信号の記憶
(特図始動記憶)および普図始動信号としての普図始動
センサ6b,6bのオン信号の記憶(普図始動記憶)の
記憶領域、CPU21aで生成される各種乱数の記憶領
域、各種データを一時的に記憶する記憶領域、並びに、
CPU21aの作業領域を備えている。ROM21cに
は、遊技上の制御プログラム(例えば、後述の時短遊技
決定処理(図4)、普図ゲート通過検出処理(図5)、
普図変動時間決定処理(図6)を含む一連の遊技制御処
理を実行するための制御プログラムなど)や制御データ
が書き込まれている他、特図や普図の変動表示遊技の遊
技内容を決定するための各種判定値(例えば、特図の大
当たり発生を判定するための特図の大当たり判定値、普
図の当たり発生を判定するための普図の当たり判定値)
などが書き込まれている。
【0032】入力I/F23aには、図示しないローパ
スフィルタ及びバッファーゲートを介して、特図始動セ
ンサ9b、普図始動センサ6b,6b、継続センサ5
d、カウントセンサ5c、入賞口センサ8a,…、など
が接続されていて、これらから出力される各種の出力信
号をCPU21aに出力している。一方、出力I/F2
3bには、CPU21aから出力される制御信号を入力
して、図示しない出力ポート及びドライバーを介して、
普通図柄表示器7、普通変動入賞装置9の開閉部材9
a,9aを開閉するための駆動力を付与する普電ソレノ
イド6c、特別変動入賞装置5の開閉扉5aを開閉する
ための駆動力を付与する大入賞口ソレノイド5e、盤用
外部情報出力部83、排出制御装置30、装飾制御装置
50、音制御装置60、表示制御装置40などに出力し
ている。
【0033】表示制御装置40は、CPU(Central Pro
cessing Unit)41、ROM(ReadOnly Memory)42、
RAM(Random Access Memory)43およびDMAC(Di
rect Memory Access Controller)44、発振器45、
VDC(Video Digital Controller)46、フォントR
OM47、VDC46の電気信号(入力信号)を光信号
(出力信号)に変換させる際のγ補正を行うγ補正回路
48、インターフェイス49などを備えている。
【0034】CPU41は、その内部に制御部、演算
部、各種カウンタ、各種レジスタなどを備え、遊技制御
装置20とインターフェイス49を介して接続され、遊
技制御装置20の制御下、特別図柄表示装置4の制御を
行っている。その制御データは発振器45からのパルス
に同期させてVDC46に送られる。ROM42には、
特別図柄表示装置4の表示制御を行うための表示制御プ
ログラム(各種リーチ演出の表示制御プログラムも含
む)や表示制御データ等が書き込まれている。RAM4
3は、各種データを一時的に記憶する記憶領域とCPU
41の作業領域などを備えている。DMAC44は、遊
技用マイクロコンピュータ21からの表示制御情報(指
令)に対し、CPU41とのアクセスなしで直接各メモ
リーやVDC46等の間で表示制御データのやり取りを
行っている。
【0035】フォントROM47には、変動表示遊技用
の識別情報の表示データ、背景画像の表示データ、キャ
ラクタ画像の表示データ、リーチ画像の表示データ、遊
技内容を説明する文字の表示データなどが書き込まれて
いる。VDC46の内部には、図示は省略するが、スプ
ライトRAM、パレットRAM、V−RAM等が備えら
れていて、次のような画像データ制御を行っている。即
ち、VDC46は、CPU41からの指令信号を受け
て、フォントROM47から識別情報や背景画像の表示
データを取り出して編集する。そして、その指令信号に
含まれる配色データに基づいて、その編集した画像デー
タに対し配色の指定をパレットRAMで行い、次いでス
プライトRAMにて識別情報やキャラクタ等の画像編集
を行う。この編集された画像データ信号はγ補正回路4
8で補正された後、V_SYNCやH_SYNCと同期
させて特別図柄表示装置4に送信される。
【0036】この実施の形態に係るパチンコ遊技機は、
上記のように構成されていて、遊技制御装置20と表示
制御装置40とにより、例えば、次のような遊技制御と
表示制御が行われる。
【0037】即ち、常時は、遊技制御装置20からの表
示制御情報(制御信号)に基づき、表示制御装置40に
より、特別図柄表示装置4の変動表示部4aに、客寄せ
用呼び込み表示などの画像表示が行われている。
【0038】この状態で、遊技領域1aに発射された遊
技球が普図始動ゲート6,6を通過すると(つまり補助
始動条件が成立すると)、その遊技球の通過が普図始動
センサ6bに検出されて該検出信号が遊技制御装置20
のCPU21aに入力される。その検出信号の入力に基
づいて、遊技制御装置20のCPU21aでは、RAM
21bに記憶されている普図に関する各種乱数(所定周
期で記憶更新されている)を抽出し、該抽出した乱数
と、予めROM21cに記憶されている普図に関する各
種判定値との比較により、普図の変動表示遊技の内容
(例えば、普図の当たりを発生するか否か、変動表示時
間、停止表示態様など)を決定すると共に、この決定に
基づいて、普通図柄表示器7を制御する。つまり、本発
明に係る補助遊技手段が遊技制御装置20により構成さ
れており、この遊技制御装置20による制御の下、普通
図柄表示器7において普図の変動表示遊技(補助遊技)
が行われる。
【0039】この普図の変動表示遊技中に普図始動ゲー
ト6,6中を遊技球が通過して普図始動センサ6bによ
り検出されたときには、その通過によって普図変動表示
遊技が未処理となっている回数が所定の上限範囲(例え
ば、4個)内でRAM21bに記憶され、その未処理記
憶の数分だけ、普図始動記憶表示器6aが点灯される。
そして、その変動表示遊技の終了後に、その未処理とな
っている回数分の変動表示遊技が順次行われ、その行わ
れる毎に、RAM21bの未処理記憶数が減算されると
ともに普図始動記憶表示器6aが1つずつ順に消灯され
る。
【0040】この普図の変動表示遊技は、普通図柄表示
器7に普通図柄を変動表示させた後に停止させる遊技で
あって、その変動表示時間は、図7に示すように、遊技
制御装置20により、通常時には、一定時間(例えば3
0秒)に制御される一方、後述する時短遊技時(スーパ
ー時短、チャレンジ時短)には、通常時より短い一定時
間(例えば5.2秒)又は通常時よりも短いランダムな
時間X(0秒<X<30秒)に制御されて、普図の変動
表示遊技の単位時間当たりの実行回数が通常時と時短遊
技時とで変化するようになっている。つまり、本発明に
係る時短制御手段が遊技制御装置20により構成されて
いる。
【0041】そして、前述した普図の当たり判定用の乱
数とその判定値との比較により、普図の当たりが決定さ
れている場合には、上記変動表示後、当たり図柄(例え
ば、「7」など)が停止表示されると共に、該当たり図
柄が停止表示されてから所定時間(例えば0.6秒)経
過後に、普通変動入賞装置9の開閉部材9a,9aが逆
「ハ」の字状に開いて、遊技球が入賞し易い状態に所定
時間変換される。例えば、通常時には、図8に示すよう
に、開閉部材9a,9aが0.3秒間開放される一方、
時短遊技時には、開閉部材9a,9aが2秒間のインタ
ーバルを挟んで2.3秒間ずつ2回開放される。この普
通変動入賞装置9の開放によって、普通変動入賞装置9
に遊技球が入り易くなり、その分、特別図柄の変動表示
遊技が行われ易くなる。そして、開閉部材9a,9aが
閉止されてから所定時間(例えば0.4秒)経過後に、
次の遊技の変動表示が開始される。一方、前述した普図
の当たり判定用の乱数とその判定値との比較により、普
図のハズレが決定されている場合には、上記変動表示
後、ハズレ図柄(例えば、「1」など)が停止表示さ
れ、該ハズレ図柄が停止表示されてから所定時間(例え
ば0.6秒)経過後に、次の遊技の変動表示が開始され
る。
【0042】また、遊技領域1a中に打ち込まれた遊技
球が、普通変動入賞装置9に入賞すると(つまり始動条
件が成立すると)、その入賞が特図始動センサ9bに検
出されて該検出信号が遊技制御装置20のCPU21a
に入力される。その検出信号の入力に基づいて、遊技制
御装置20のCPU21aでは、RAM21bに記憶さ
れている特図に関する各種乱数(所定周期で記憶更新さ
れている)を抽出し、該抽出した乱数と、予めROM2
1cに記憶されている特図に関する各種判定値との比較
により、特図の変動表示遊技の内容(例えば、大当たり
状態を発生するか否か、変動表示部4aの各変動表示領
域に停止表示させる識別情報を何れとするかなど)を決
定すると共に、この決定に基づいて、表示制御装置40
に表示制御情報を出力する。つまり、本発明に係る主遊
技手段が遊技制御装置20により構成されている。表示
制御装置40では、その表示制御情報に基づいて画像デ
ータを編集すると共に、この編集した画像データを特別
図柄表示装置4に送って、変動表示部4aの変動表示領
域の各々に、一連の識別情報を順次変動表示させた後に
停止させる特図の変動表示遊技(主遊技)を行わせる。
【0043】この特図の変動表示遊技中にさらに普通変
動入賞装置9に遊技球が入賞して特図始動センサ9bに
より検出されたときには、その入賞によって特図変動表
示遊技が未処理となっている回数が所定の上限範囲(例
えば、4個)内でRAM21bに記憶され、その未処理
記憶の数分だけ、特図始動記憶表示器4bが点灯され
る。そして、その変動表示遊技の終了後に、その未処理
となっている回数分の変動表示遊技が順次行われ、その
行われる毎に、RAM21bの未処理記憶数が減算され
るとともに特図始動記憶表示器4bが1つずつ順に消灯
される。
【0044】この特図の変動表示遊技において、前述し
た特図の大当たり判定用の乱数とその判定値との比較に
より特図の大当たり発生が決定されている場合には、変
動表示部4aの表示結果が特別表示態様(例えば、
「7,7,7」のゾロ目など)となって、大当たりと呼
ばれる特別遊技が発生する。
【0045】この特別遊技は、特別変動入賞装置5の開
閉扉5aが所定時間(例えば、29.5秒間)開放して
閉じるサイクルを1ラウンドとし、各ラウンド中、遊技
球が大入賞口5b中の継続入賞領域の継続センサ5dに
検出されることを条件に所定ラウンド(例えば、15ラ
ウンド)まで継続される遊技である。但し、各ラウンド
中、大入賞口5bに遊技球が所定個数(例えば、10
個)入賞したときはその時点でそのラウンドを終了す
る。各ラウンド中、大入賞口5bへの入賞個数は、カウ
ントセンサ5cにより検出されてRAM21bに記憶さ
れ、所定個数に達すると開閉扉5aが閉じられてそのラ
ウンドの特別遊技状態が終了する。
【0046】そして、この大当たりの終了後には、普図
の変動表示遊技の変動表示時間が短縮されて、普図の変
動表示遊技の単位時間当たりの実行可能回数を増加させ
る時短遊技状態(普図時短状態)が発生する。この時短
遊技状態には、該時短遊技状態のときに行われる各普図
変動表示遊技の変動表示時間が通常時よりも短い一定時
間(例えば5.2秒)で固定されるスーパー時短と、各
普図変動表示遊技の変動表示時間が通常時よりも短い時
間の範囲内で不規則に変化する(例えば、5.2秒、1
0秒、20秒など、予め設定された複数種類の変動表示
時間の中から各普図変動表示遊技毎にその変動表示時間
がランダムに選択される)チャレンジ時短とがある。
【0047】即ち、遊技制御装置(第1時短制御手段)
20は、例えば、大当たり発生時の特別表示態様が、
「3」、「5」、「7」、「9」の何れかが3個揃った
ゾロ目(第1特別表示態様)である場合に、その大当た
りの終了後、スーパー時短を発生させる。このスーパー
時短は、例えば、大当たり発生時の特別表示態様が
「3」、「7」の何れかが3個揃ったゾロ目である場合
に、特図の変動表示遊技が200回終了するまでの間継
続され、例えば、大当たり発生時の特別表示態様が
「5」、「9」の何れかが3個揃ったゾロ目である場合
に、特図の変動表示遊技が100回終了するまでの間継
続される。但し、スーパー時短の継続中に、特図の大当
たりが発生した場合には、その時点で、スーパー時短が
終了となる。このスーパー時短中には、各普図変動表示
遊技の変動表示時間が一定に固定されるので、各普図変
動表示遊技の開始から終了までの遊技所要時間を予測す
ることが可能となり、各普図変動表示遊技の結果が出る
タイミング(普通変動入賞装置9が開放されるタイミン
グ)に合わせて遊技球の発射操作を行う(いわゆる止め
打ちを行う)ことが可能となる。このため、スーパー時
短中には、普通変動入賞装置9に遊技球を入賞させる
(始動条件を成立させる)のが容易となる。また、賞球
も獲得し易くなる。
【0048】一方、遊技制御装置(第2時短制御手段)
20は、例えば、大当たり発生時の特別表示態様が、
「2」、「4」、「6」、「8」の何れかが3個揃った
ゾロ目(第2特別表示態様)である場合に、その大当た
りの終了後、チャレンジ時短を発生させる。このチャレ
ンジ時短は、例えば、大当たり発生時の特別表示態様が
「2」、「6」の何れかが3個揃ったゾロ目である場合
に、特図の変動表示遊技が100回終了するまでの間継
続され、例えば、大当たり発生時の特別表示態様が
「4」、「8」の何れかが3個揃ったゾロ目である場合
に、特図の変動表示遊技が50回終了するまでの間継続
される。但し、チャレンジ時短の継続中に、特図の大当
たりが発生した場合には、その時点で、チャレンジ時短
が終了となる。このチャレンジ時短中には、各普図変動
表示遊技の変動表示時間がランダムに変化するので、各
普図変動表示遊技の遊技所要時間を予測することが不可
能となり、普通変動入賞装置9が開放されるタイミング
に合わせて遊技球の発射操作を行うことが不可能とな
る。このため、チャレンジ時短中には、普通変動入賞装
置9に遊技球を入賞させる(始動条件を成立させる)の
がスーパー時短のときと比べて困難となる。また、賞球
も獲得し難くなる。
【0049】この時短遊技状態の発生時(つまり大当た
りの終了時)には、変動表示部4aに、時短遊技状態の
種類(チャレンジ時短、スーパー時短)や継続回数(5
0回、100回、200回)を示す表示がなされる。ま
た、時短遊技状態の継続中には、時短遊技状態であるこ
とを遊技者に知らせるために、変動表示部4aの背景色
が通常時とは異なる色彩に変換される。
【0050】なお、上記時短遊技状態の継続中に、普図
の当たり状態(補助当たり状態)の発生確率が高確率と
なる普図確率変動状態を発生させるようにしてもよい。
また、大当たり発生時の特別表示態様に関連づけて、そ
の大当たりの終了後、その後に大当たりが所定回数(例
えば、1回)発生するまで大当たりの発生確率が高確率
となる特図確率変動状態を発生させるようにしてもよ
い。
【0051】次に、遊技制御装置20によって行われる
時短遊技決定処理(図4)、普図ゲート通過検出処理
(図5)、普図変動時間決定処理(図6)について説明
する。
【0052】遊技制御装置20では、発振器22からの
パルスをもとにCPU21aで作成される所定周期(例
えば、約4ms)を持ったリセット信号に基づいて、ス
タートからエンドまでの1シーケンスずつの遊技制御処
理が行われている。遊技制御処理は、複数の処理からな
り、これら処理の中に、時短遊技決定処理、普図ゲート
通過検出処理、普図変動時間決定処理が含まれる。
【0053】時短遊技決定処理は、特図の大当たり終了
時に、時短遊技状態の発生制御を行う時短遊技発生処理
に先だって行われる処理である。この時短遊技決定処理
が開始されると、図4に示すように、ステップS1にお
いて先ず大当たり図柄(大当たり発生時の特別表示態様
を構成する図柄)に基づく振り分け処理が行われる。例
えば、大当たり図柄が「4」、「8」の何れかである場
合には、ステップS2に移行し、大当たり図柄が
「2」、「6」の何れかである場合には、ステップS3
に移行し、大当たり図柄が「5」、「9」の何れかであ
る場合には、ステップS4に移行し、大当たり図柄が
「3」、「7」の何れかである場合には、ステップS5
に移行する。ステップS2では、大当たり終了後に発生
させる時短遊技状態をチャレンジ時短とし、その継続長
さを、特図変動表示遊技が50回終了するまでに設定す
る処理を行う。ステップS3では、大当たり終了後に発
生させる時短遊技状態をチャレンジ時短とし、その継続
長さを、特図変動表示遊技が100回終了するまでに設
定する処理を行う。ステップS4では、大当たり終了後
に発生させる時短遊技状態をスーパー時短とし、その継
続長さを、特図変動表示遊技が100回終了するまでに
設定する処理を行う。ステップS5では、大当たり終了
後に発生させる時短遊技状態をスーパー時短とし、その
継続長さを、特図変動表示遊技が200回終了するまで
に設定する処理を行う。そして、これらステップS2〜
S5の何れかの処理が終了したら、この時短遊技決定処
理を終了して、複数の処理からなる遊技制御処理のゼネ
ラルフローに復帰する。
【0054】即ち、この時短遊技決定処理では、大当た
り発生時の特別表示態様に基づいて、大当たり終了後に
発生させる時短遊技状態の種類(チャレンジ時短、スー
パー時短)とその継続長さを決定している。このため、
特別表示態様の種類に関連して、普図の変動表示遊技
(補助遊技)の単位時間当たりの実行可能回数が変化す
ることとなる。
【0055】普図ゲート通過検出処理は、上記時短遊技
決定処理において、大当たり終了後に発生させる時短遊
技状態の種類がチャレンジ時短に決定された場合に行わ
れる処理である。この普図ゲート通過検出処理が開始さ
れると、図5に示すように、ステップS21において先
ず普図始動センサ6bからの検出信号に基づき普図始動
ゲート6,6中を遊技球が通過したか否かを判定する処
理が行われる。この処理の結果、普図始動ゲート6,6
中を遊技球が通過していないと判定される場合には、こ
の普図ゲート通過検出処理を終了して、遊技制御処理の
ゼネラルフローに復帰する。一方、普図始動ゲート6,
6中を遊技球が通過したと判定される場合には、ステッ
プS22において、RAM21bに記憶更新されている
普図の当たり判定用の乱数(0、1)を抽出し、ステッ
プS23において、変動時間決定用乱数(0〜9)を抽
出した後、この普図ゲート通過検出処理を終了して、遊
技制御処理のゼネラルフローに復帰する。
【0056】普図変動時間決定処理は、上記普図ゲート
通過検出処理の後に行われる処理である。この普図変動
時間決定処理が開始されると、図6に示すように、ステ
ップS41において先ず、上記普図ゲート通過検出処理
において抽出した変動時間決定用乱数に基づく振り分け
処理が行われる。例えば、変動時間決定用乱数が
「3」、「5」、「7」の何れかの場合には、ステップ
S42に移行し、変動時間決定用乱数が「0」、
「1」、「6」、「8」の何れかの場合には、ステップ
S43に移行し、変動時間決定用乱数が「2」、
「4」、「9」の何れかの場合には、ステップS44に
移行する。ステップS42では、普図変動表示遊技の変
動表示時間X(図7参照)を5.2秒に設定する処理を
行う。ステップS43では、普図変動表示遊技の変動表
示時間Xを20秒に設定する処理を行う。ステップS4
4では、普図変動表示遊技の変動表示時間Xを10秒に
設定する処理を行う。そして、これらステップS42〜
S44の何れかの処理が終了したら、この時短遊技決定
処理を終了して、遊技制御処理のゼネラルフローに復帰
する。
【0057】即ち、普図ゲート通過検出処理と普図変動
時間決定処理では、時短遊技決定処理において大当たり
終了後に発生させる時短遊技状態がチャレンジ時短に決
定された場合に、普図始動ゲート6,6の通過検出時に
変動時間決定用乱数を抽出し、この変動時間決定用乱数
に基づき、チャレンジ時短のときに行われる各普図変動
表示遊技(補助遊技)の変動表示時間Xを、予め設定さ
れた複数種類の変動表示時間(5.2秒、10秒、20
秒)の中から選択している。このため、大当たり終了後
に発生させる時短遊技状態がチャレンジ時短に決定され
た場合には、チャレンジ時短のときに行われる各普図変
動表示遊技の変動表示時間が通常時よりも短い時間の範
囲内で不規則に変化することとなる。
【0058】以上のように、この実施の形態のパチンコ
遊技機100によれば、大当たり状態の終了後に時短遊
技状態を発生させると共に、該時短遊技状態の発生毎
に、普図の変動表示遊技(補助遊技)の単位時間当たり
の実行可能回数を変更可能としたので、時短遊技状態の
ときに行われる普図変動表示遊技(補助遊技)を変化に
富んだ面白みのあるものとすることができ、遊技の興趣
を高めることができる。また、特別表示態様の種類に関
連して、普図変動表示遊技の単位時間当たりの実行可能
回数を異ならせるようにしたので、どの特別表示態様で
大当たり状態が発生するかということに対して遊技者の
関心を高めることができる。具体的には、大当たり発生
時の特別表示態様が、「3」、「5」、「7」、「9」
の何れかが3個揃ったゾロ目(第1特別表示態様)であ
る場合に、その大当たりの終了後、各普図変動表示遊技
の遊技所要時間を並べた時間列が予め定められた規則的
な配列となるように時短遊技状態を発生制御する(つま
り、スーパー時短を発生する)一方で、大当たり発生時
の特別表示態様が、「2」、「4」、「6」、「8」の
何れかが3個揃ったゾロ目(第2特別表示態様)である
場合に、その大当たりの終了後、各普図変動表示遊技の
遊技所要時間が不規則に変化し得るように時短遊技状態
を発生制御する(つまり、チャレンジ時短を発生する)
ので、特別表示態様の種類に関連して、普図変動表示遊
技の単位時間当たりの実行可能回数だけでなく、普通変
動入賞装置9への遊技球の入賞し易さ(始動条件の成立
し易さ)にも差違が生じることとなる。従って、大当た
り状態の発生時に成立する特別表示態様に対する遊技者
の関心をさらに高めることができる。
【0059】また、特図の変動表示遊技(主遊技)が予
め定められた所定の回数終了するまでの間、時短遊技状
態(スーパー時短、チャレンジ時短)を継続するように
したので、時短遊技状態がいつまで続くのかが遊技者に
とって分かり易くなる。また、時短遊技状態の継続時間
が有限となるので、普図変動表示遊技(補助遊技)の遊
技所要時間(単位時間当たりの実行可能回数)に応じ
て、時短遊技状態のときに行われる普図変動表示遊技の
総実行回数が変化することとなる。従って、普図変動表
示遊技(補助遊技)の遊技所要時間に応じて、普図当た
り状態(補助当たり状態)の発生頻度も変化することと
なり、これにより、遊技の興趣をさらに高めることがで
きる。
【0060】なお、本発明はこの実施の形態のパチンコ
遊技機100に限られるものではなく、例えば、その他
のパチンコ遊技機、アレンジボール遊技機、雀球遊技
機、パチスロ、スロットマシン等の遊技機にも適用可能
である。
【0061】また、この実施の形態では、特図の大当た
り終了後に時短遊技状態(スーパー時短とチャレンジ時
短の何れか一方)を必ず発生させるようにしたが、例え
ば、特図の大当たり終了後に時短遊技状態を発生させな
い場合があるようにしてもよい。例えば、特図の確率変
動状態に関連付けて、時短遊技状態を発生させる(例え
ば、特図の確率変動状態と時短遊技状態をセットにして
発生させる、或いは、特図の大当たり終了後に特図の確
率変動状態と時短遊技状態の何れか一方のみを発生させ
る)ようにしてもよい。また、この実施の形態では、特
図の変動表示遊技(主遊技)が予め定められた所定の回
数終了するまでの間、時短遊技状態を継続するようにし
たが、例えば、次の大当たりの発生時まで時短遊技状態
を継続したり、特図の確率変動状態に合わせて時短遊技
状態を継続したりするようにしてもよい。
【0062】また、この実施の形態では、時短遊技状態
として、スーパー時短とチャレンジ時短の2種類の時短
遊技状態を例示したが、これ以外の種類の時短遊技状態
を発生させるようにしてもよい。また、この実施の形態
では、スーパー時短のときに行われる各普図変動表示遊
技の遊技所要時間を通常時よりも短い一定時間に固定す
るようにしたが、スーパー時短のときに行われる各普図
変動表示遊技の遊技所要時間を並べた時間列が予め定め
られた規則的な配列となるのであれば、各普図変動表示
遊技の遊技所要時間は一定時間でなくともよい。例え
ば、スーパー時短のときに行われる各普図変動表示遊技
の遊技所要時間を、予め設定された複数種類の変動表示
時間(例えば、T1、T2、T3)の中から何れか一つ
を所定順序で選択する(例えば、T1→T2→T3→T
1→T2→T3→T1…の順に選択する、或いはT1→
T1→T2→T2→T3→T3→T1→T1…の順に選
択する)ことで、上記時間列を所定周期で循環する規則
的な配列とすることができる。
【0063】また、この実施の形態では、チャレンジ時
短のときに行われる各普図変動表示遊技(補助遊技)の
変動表示時間Xを、普図始動ゲート6,6の通過検出時
に抽出される変動時間決定用乱数(0〜9)に基づい
て、予め設定された複数種類の変動表示時間(5.2
秒、10秒、20秒)の中から何れか一つを選択するよ
うにしたが、例えば、変動時間決定用乱数を引数とする
予め定められた演算(数値演算、論理演算)を行い、該
演算結果を変動表示時間Xとして用いることも可能であ
る。また、例えば、各普図変動表示遊技の遊技所要時間
を並べた時間列が予め定められた規則的な配列であって
も、その規則性を遊技者が把握できない程度に前記時間
列の循環周期を長く設定すれば、恰も各普図変動表示遊
技の変動表示時間が不規則に変化しているように見せる
ことも可能である。また、この実施の形態では、スーパ
ー時短とチャレンジ時短のパターンを各々一種類ずつと
したが、それぞれ複数パターンとしてもよい。また、こ
の実施の形態では、時短遊技状態のときに普図当たり状
態(補助当たり状態)が発生した場合の普通変動入賞装
置9の開放パターン(開放時間、開放回数)を、時短遊
技状態の種類に関わらず一定としたが、例えば、時短遊
技状態の種類に応じて、普通変動入賞装置9の開放パタ
ーンを変化させるようにしてもよい。
【0064】また、この実施の形態では、補助遊技とし
て、普図の変動表示遊技を例示したが、これに限られる
ものではなく、主遊技とは別の補助的な遊技であれば、
如何なる遊技であってもよい。例えば、特図変動表示遊
技とは別に特別図柄表示装置4の変動表示部4aにおい
て行われる遊技(例えば、キャラクタによる各種ゲー
ム、スポーツ、対戦、或いは抽選ゲーム)などであって
もよい。
【0065】また、この実施の形態では、特別表示態様
の種類に関連して、普図変動表示遊技(補助遊技)の単
位時間当たりの実行可能回数を異ならせるようにした
が、例えば、特図変動表示遊技(主遊技)とは別の抽選
ゲームを、大当たり発生中や大当たり終了後に変動表示
部4aにて行い、その結果に関連して、普図変動表示遊
技の単位時間当たりの実行可能回数を異ならせるように
してもよい。抽選ゲームとしては、例えば、図9に示す
ように、「スーパー時短」の表示90aを指し示す位置
と、「チャレンジ時短」の表示90bを指し示す位置と
のあいだで矢印91を複数回揺動させた後に停止させ、
該停止させたときに矢印91が指し示す表示に対応する
時短遊技状態を発生させると共に、表示領域92にて変
動表示を行い該表示結果によって上記時短遊技状態の継
続長さを決定する抽選ゲームなどが挙げられる。この場
合には、特図の大当たり判定用の乱数とその判定値との
比較により特図の大当たり発生が決定されたときに、時
短遊技決定用乱数を抽出し、該時短遊技決定用乱数とそ
の判定値との比較により時短遊技状態の種類とその継続
長さを決定し、この決定に基づいて、変動表示部4aに
て抽選ゲームの表示を行うようにする。このような時短
遊技状態の決定方法によれば、遊技者は特図の変動表示
遊技(主遊技)の表示結果だけでなく抽選ゲームからも
目が離せなくなり、遊技に飽きが生じ難くなる。つま
り、遊技が多彩なものとなって、遊技の興趣を向上させ
ることができる。
【0066】また、今回開示された実施の形態はすべて
の点で例示であって制限的なものではないと考えられる
べきである。本発明の範囲は上記した説明ではなくて特
許請求の範囲によって示され、特許請求の範囲と均等の
意味および範囲内でのすべての変更が含まれることが意
図される。
【0067】
【発明の効果】請求項1記載の発明によれば、時短遊技
状態のときに行われる補助遊技を変化に富んだ面白みの
あるものとすることができ、遊技の興趣を高めることが
できる。
【0068】請求項2記載の発明によれば、どの特別表
示態様で大当たり状態が発生するかということに対して
遊技者の関心を高めることができる。従って、遊技の興
趣を高めることができる。
【0069】請求項3記載の発明によれば、遊技者は主
遊技の表示結果だけでなく抽選ゲームからも目が離せな
くなり、遊技に飽きが生じ難くなる。つまり、遊技が多
彩なものとなって、遊技の興趣を向上させることができ
る。
【0070】請求項4記載の発明によれば、第1特別表
示態様が成立した場合と第2特別表示態様が成立した場
合とで、始動条件の成立し易さに差違が生じることとな
り、これにより、大当たり状態発生時に成立する特別表
示態様に対する遊技者の関心をさらに高めることができ
る。
【0071】請求項5記載の発明によれば、第1特別表
示態様が成立した場合には、時短遊技状態のときに、補
助遊技の結果が出るタイミング(補助当たり状態の発生
タイミング)に合わせて遊技球の発射操作を行う(いわ
ゆる止め打ちを行う)ことが可能となり、始動条件を成
立させるのが容易となる。また、賞球も獲得し易くな
る。
【0072】請求項6記載の発明によれば、時短遊技状
態がいつまで続くのかが遊技者にとって分かり易くな
る。また、時短遊技状態の継続時間が有限となるので、
補助遊技の遊技所要時間(単位時間当たりの実行可能回
数)に応じて、時短遊技状態のときに行われる補助遊技
の総実行回数が変化することとなる。従って、補助遊技
の遊技所要時間に応じて、補助当たり状態の発生頻度も
変化することとなり、遊技の興趣をさらに高めることが
できる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明に係る遊技機の一形態として例示するパ
チンコ遊技機を示す正面図である。
【図2】図1のパチンコ遊技機の背面図である。
【図3】図1のパチンコ遊技機に備わる遊技制御装置と
表示制御装置の主要制御ブロック図である。
【図4】図3の遊技制御装置によって行われる時短遊技
決定処理のフローチャートである。
【図5】図3の遊技制御装置によって行われる普図ゲー
ト通過検出処理のフローチャートである。
【図6】図3の遊技制御装置によって行われる普図変動
時間決定処理のフローチャートである。
【図7】普図の変動表示遊技(補助遊技)の変動表示時
間を示すタイムチャートである。
【図8】普図の変動表示遊技において当たり(補助当た
り状態)が発生したときの普通変動入賞装置の開放パタ
ーンを示すタイムチャートである。
【図9】特図の変動表示遊技(主遊技)とは別の抽選ゲ
ームの表示例を示す図である。
【符号の説明】
1 遊技盤 4 特別図柄表示装置 4a 変動表示部 6 普図始動ゲート 7 普通図柄表示器 9 普通変動入賞装置(始動入賞口) 20 遊技制御装置(主遊技手段、補助遊技手段、時
短制御手段、第1時短制御手段、第2時短制御手段) 40 表示制御装置 100 パチンコ遊技機(遊技機)

Claims (6)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】始動条件の成立に基づき、複数種類の識別
    情報の変動表示を行う主遊技の表示結果が特別表示態様
    となることに関連して遊技者に有利な大当たり状態を発
    生させる主遊技手段と、 補助始動条件の成立に基づき補助遊技を行い、該補助遊
    技の結果に関連して前記始動条件の成立し易い補助当た
    り状態を発生させる補助遊技手段と、 前記補助遊技の単位時間当たりの実行可能回数を増加さ
    せる時短遊技状態を発生制御する時短制御手段と、 を備える遊技機において、 前記時短制御手段は、 前記大当たり状態の終了後に前記時短遊技状態を発生さ
    せると共に、該時短遊技状態の発生毎に、前記補助遊技
    の単位時間当たりの実行可能回数を変更可能となってい
    ることを特徴とする遊技機。
  2. 【請求項2】前記特別表示態様には、複数種類の特別表
    示態様が含まれ、 前記時短制御手段は、前記特別表示態様の種類に関連し
    て、前記補助遊技の単位時間当たりの実行可能回数を異
    ならせることを特徴とする請求項1記載の遊技機。
  3. 【請求項3】前記時短制御手段は、 前記主遊技とは別の抽選ゲームの結果に関連して、前記
    補助遊技の単位時間当たりの実行可能回数を異ならせる
    ことを特徴とする請求項1記載の遊技機。
  4. 【請求項4】前記特別表示態様には、 第1特別表示態様と、該第1特別表示態様とは異なる第
    2特別表示態様とが含まれ、 前記時短制御手段は、 前記第1特別表示態様が成立したことに関連して、前記
    時短遊技状態のときに行われる各補助遊技の開始から終
    了までの遊技所要時間を通常時よりも短い時間に設定す
    ると共に、各補助遊技の遊技所要時間を並べた時間列が
    予め定められた規則的な配列となるように時短遊技状態
    を発生制御する第1時短制御手段と、 前記第2特別表示態様が成立したことに関連して、前記
    時短遊技状態のときに行われる各補助遊技の遊技所要時
    間を通常時よりも短い時間に設定すると共に、各補助遊
    技の遊技所要時間が不規則に変化し得るように時短遊技
    状態を発生制御する第2時短制御手段と、 を備えることを特徴とする請求項2記載の遊技機。
  5. 【請求項5】前記補助当たり状態は、 前記始動条件を成立させ得る要因となる始動入賞口に遊
    技球が入賞し易い状態であり、該入賞により賞球が払い
    出される構成とし、 前記第1時短制御手段は、 前記第1特別表示態様が成立したことに関連して、前記
    時短遊技状態のときに行われる各補助遊技の遊技所要時
    間を通常時よりも短い一定時間に設定することを特徴と
    する請求項4記載の遊技機。
  6. 【請求項6】前記時短制御手段は、 前記主遊技が予め定められた所定の回数終了するまでの
    間、前記時短遊技状態を継続することを特徴とする請求
    項1〜5の何れかに記載の遊技機。
JP2000289013A 2000-09-22 2000-09-22 遊技機 Pending JP2002095830A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000289013A JP2002095830A (ja) 2000-09-22 2000-09-22 遊技機

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000289013A JP2002095830A (ja) 2000-09-22 2000-09-22 遊技機

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2002095830A true JP2002095830A (ja) 2002-04-02

Family

ID=18772494

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2000289013A Pending JP2002095830A (ja) 2000-09-22 2000-09-22 遊技機

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2002095830A (ja)

Cited By (12)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005211407A (ja) * 2004-01-30 2005-08-11 Sansei R & D:Kk 弾球遊技機
JP2006158580A (ja) * 2004-12-06 2006-06-22 Heiwa Corp 遊技機
JP2006198215A (ja) * 2005-01-21 2006-08-03 Samii Kk 弾球遊技機
JP2006346216A (ja) * 2005-06-16 2006-12-28 Samii Kk 弾球遊技機
JP2010119409A (ja) * 2008-11-17 2010-06-03 Kyoraku Sangyo Kk 遊技機
JP2010119412A (ja) * 2008-11-17 2010-06-03 Kyoraku Sangyo Kk 遊技機
JP2010119413A (ja) * 2008-11-17 2010-06-03 Kyoraku Sangyo Kk 遊技機
JP2011030704A (ja) * 2009-07-31 2011-02-17 Kyoraku Sangyo Kk 遊技機
JP2012024319A (ja) * 2010-07-23 2012-02-09 Sammy Corp 弾球遊技機
JP2012024318A (ja) * 2010-07-23 2012-02-09 Sammy Corp 弾球遊技機
JP2012061184A (ja) * 2010-09-17 2012-03-29 Sophia Co Ltd 遊技機
JP2014140544A (ja) * 2013-01-24 2014-08-07 Sankyo Co Ltd スロットマシン

Cited By (13)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005211407A (ja) * 2004-01-30 2005-08-11 Sansei R & D:Kk 弾球遊技機
JP2006158580A (ja) * 2004-12-06 2006-06-22 Heiwa Corp 遊技機
JP2006198215A (ja) * 2005-01-21 2006-08-03 Samii Kk 弾球遊技機
JP4562080B2 (ja) * 2005-01-21 2010-10-13 サミー株式会社 弾球遊技機
JP2006346216A (ja) * 2005-06-16 2006-12-28 Samii Kk 弾球遊技機
JP2010119413A (ja) * 2008-11-17 2010-06-03 Kyoraku Sangyo Kk 遊技機
JP2010119412A (ja) * 2008-11-17 2010-06-03 Kyoraku Sangyo Kk 遊技機
JP2010119409A (ja) * 2008-11-17 2010-06-03 Kyoraku Sangyo Kk 遊技機
JP2011030704A (ja) * 2009-07-31 2011-02-17 Kyoraku Sangyo Kk 遊技機
JP2012024319A (ja) * 2010-07-23 2012-02-09 Sammy Corp 弾球遊技機
JP2012024318A (ja) * 2010-07-23 2012-02-09 Sammy Corp 弾球遊技機
JP2012061184A (ja) * 2010-09-17 2012-03-29 Sophia Co Ltd 遊技機
JP2014140544A (ja) * 2013-01-24 2014-08-07 Sankyo Co Ltd スロットマシン

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP4071045B2 (ja) 遊技機
JP4431585B2 (ja) 遊技機
JP2004049701A (ja) 遊技機
JP2002095830A (ja) 遊技機
JP4448506B2 (ja) 遊技機
JP4150173B2 (ja) 遊技機
JP2003334302A (ja) 遊技機
JPH0938293A (ja) 遊技機
JPH11104314A (ja) 遊技機
JP2002263294A (ja) 遊技機
JP4064099B2 (ja) 遊技機
JP2000061077A (ja) 遊技機
JP4287101B2 (ja) 遊技機
JPH07148320A (ja) 遊技機
JP4688917B2 (ja) 遊技機
JPH09276495A (ja) 遊技機
JP2007029392A (ja) 遊技機
JP2001087485A (ja) パチンコ遊技機
JPH0928877A (ja) 遊技機
JP2000202103A (ja) 遊技機
JP2005073827A (ja) 遊技機
JP3516643B2 (ja) 遊技機
JP4009020B2 (ja) 遊技機
JP2002346115A (ja) 遊技機
JP4043056B2 (ja) 遊技機