JP2002094924A - 画像データ記録装置および方法ならびに画像データ再生装置および方法 - Google Patents

画像データ記録装置および方法ならびに画像データ再生装置および方法

Info

Publication number
JP2002094924A
JP2002094924A JP2000276121A JP2000276121A JP2002094924A JP 2002094924 A JP2002094924 A JP 2002094924A JP 2000276121 A JP2000276121 A JP 2000276121A JP 2000276121 A JP2000276121 A JP 2000276121A JP 2002094924 A JP2002094924 A JP 2002094924A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
image data
data
identification code
recording medium
read
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2000276121A
Other languages
English (en)
Inventor
Osamu Saito
理 斉藤
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Fujifilm Holdings Corp
Original Assignee
Fuji Photo Film Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Fuji Photo Film Co Ltd filed Critical Fuji Photo Film Co Ltd
Priority to JP2000276121A priority Critical patent/JP2002094924A/ja
Publication of JP2002094924A publication Critical patent/JP2002094924A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • GPHYSICS
    • G03PHOTOGRAPHY; CINEMATOGRAPHY; ANALOGOUS TECHNIQUES USING WAVES OTHER THAN OPTICAL WAVES; ELECTROGRAPHY; HOLOGRAPHY
    • G03BAPPARATUS OR ARRANGEMENTS FOR TAKING PHOTOGRAPHS OR FOR PROJECTING OR VIEWING THEM; APPARATUS OR ARRANGEMENTS EMPLOYING ANALOGOUS TECHNIQUES USING WAVES OTHER THAN OPTICAL WAVES; ACCESSORIES THEREFOR
    • G03B17/00Details of cameras or camera bodies; Accessories therefor
    • G03B17/48Details of cameras or camera bodies; Accessories therefor adapted for combination with other photographic or optical apparatus

Abstract

(57)【要約】 【目的】 画像データの不正利用を未然に防止する。 【構成】 メモリ・カード30には,メモリ・カード30に
固有のメディアIDが記録されており,カメラの装置I
D11には,カメラに固有の装置IDが記憶されている。
画像データおよび音声データが得られると,それらのデ
ータは,装置IDを暗号化鍵として第1回目の暗号化が
行われる。暗号化されたデータは,メディアIDを暗号
化鍵として第2回目の暗号化が行われ,二重の暗号化が
行われる。再生時には,メモリ・カードからメディアI
Dが読み取られ,第1回目の復号が行われる。さらに,
装置IDが装置IDメモリ11から読み取られ,復号鍵と
して第2回目の復号が行われる。IDは,いずれも書き
換え不能であり,それらのIDを用いなければ復号でき
ないので,データを不正にコピーしても復号できず,デ
ータの不正利用を未然に防止できる。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【技術分野】この発明は,着脱自在な記録媒体に画像デ
ータを記録する装置および方法ならびに着脱自在な記録
媒体に記録されている画像データを再生する装置および
方法に関する。
【0002】
【発明の背景】ディジタル・スチル・カメラなどの画像
データ記録装置においては,画像データは,メモリ・カ
ードなどに記録されることが多い。メモリ・カードは,
ディジタル・スチル・カメラから着脱自在であるから,
カメラからメモリ・カードを抜き,メモリ・カードに記
録されている画像データを不正コピーして利用すること
も考えられる。
【0003】このような不正コピーは,画像データのみ
ならず音声データについても同様である。
【0004】
【発明の開示】この発明は,画像データの不正利用を未
然に防止することを目的とする。
【0005】第1の発明は,着脱自在な記録媒体に画像
データを記録する画像データ記録装置において,上記記
録媒体に記録されている,上記記録媒体に固有の第1の
識別符号を読み取る読み取り手段,画像データ記録装置
に固有の第2の識別符号または上記読み取り手段によっ
て読み取られた上記第1の識別符号の一方の識別符号を
用いて画像データを暗号化する第1の暗号化手段,上記
第1の識別符号または上記第2の識別符号の他方の識別
符号を用いて,上記第1の暗号化手段によって暗号化さ
れた画像データをさらに暗号化する第2の暗号化手段,
および上記第2の暗号化手段によって暗号化された画像
データを上記記録媒体に記録する記録制御手段を備えて
いることを特徴とする。
【0006】第1の発明は,上記装置に適した方法も提
供している。すなわち,この方法は,着脱自在な記録媒
体に画像データを記録する画像データ記録装置におい
て,上記記録媒体に記録されている,上記記録媒体に固
有の第1の識別符号を読み取り,画像データ記録装置に
固有の第2の識別符号または読み取られた上記第1の識
別符号の一方の識別符号を用いて画像データを暗号化
し,上記第1の識別符号または上記第2の識別符号の他
方の識別符号を用いて,暗号化された画像データをさら
に暗号化し,さらに暗号化された画像データを上記記録
媒体に記録するものである。
【0007】第1の発明によると,画像データ記録装置
に着脱自在な記録媒体には,記録媒体固有の第1の識別
符号(シリアル・ナンバなど,固有のID)が記録され
ており,その第1の識別符号が読み取られる。
【0008】画像データは,読み取られた第1の識別符
号または画像データ記録装置に固有の第2の識別符号の
どちらか一方の識別符号を用いて暗号化される。暗号化
された画像データは,第1の識別符号または第2の識別
符号のうち他方の識別符号を用いてさらに暗号化され
る。さらに暗号化された画像データが記録媒体に記録さ
れる。
【0009】画像データは,第1の識別符号および第2
の識別符号を用いて二重に暗号化されているので,第1
の識別符号および第2の識別符号の両方の識別符号が分
からなければ,元の画像データに復号できない。画像デ
ータの不正利用を未然に防止することができる。
【0010】記録媒体に記録されている固有の第1の識
別符号は,書き換え不能な領域に記録されており,書き
換えることはできない。また記録媒体に記録されている
画像データをコピーしても,書き換え不能な領域に記録
されている第1の識別符号はコピーされない。このよう
な第1の識別符号を用いて画像データを暗号化している
から,画像データを不正コピーしても,不正コピーした
ユーザには,第1の識別符号の内容が分からず,復号す
ることができない。画像データの不正利用を未然に防止
することができる。
【0011】第1の発明に,以下に述べる第2の発明に
もとづく再生機能を付加するようにしてもよい。
【0012】第2の発明は,上記第1の発明にもとづい
て記録された画像データを再生するものである。すなわ
ち,第2の発明は,着脱自在な記録媒体に記録されてい
る画像データを再生する画像データ再生装置において,
上記記録媒体に記録されている,上記記録媒体に固有の
第1の識別符号を読み取る第1の読み取り手段,画像デ
ータ記録装置に固有の第2の識別符号または上記第1の
読み取り手段によって読み取られた第1の識別符号の一
方の識別符号を用いて暗号化された画像データがさら
に,他方の識別符号を用いて暗号化されている画像デー
タを上記記録媒体から読み取る第2の読み取り手段,上
記第1の識別符号または上記第2の識別符号の一方の識
別符号を用いて,上記第2の読み取り手段によって読み
取られた画像データを復号する第1の復号手段,および
上記第1の識別符号または上記第2の識別符号の他方の
識別符号を用いて,上記第1の復号手段によって復号さ
れた画像データをさらに復号する第2の復号手段を備え
ていることを特徴とする。
【0013】第2の発明は,上記装置に適した方法も提
供している。すなわち,この方法は,着脱自在な記録媒
体に記録されている画像データを再生する画像データ再
生装置において,上記記録媒体に記録されている,上記
記録媒体に固有の第1の識別符号または画像データ記録
装置に固有の第2の識別符号の一方の識別符号を用いて
暗号化された画像データがさらに,他方の識別符号を用
いて暗号化されている画像データを上記記録媒体から読
み取り,上記第1の識別符号または上記第2の識別符号
の一方の識別符号を用いて,読み取られた画像データを
復号し,上記第1の識別符号または上記第2の識別符号
の他方の識別符号を用いて,上記復号された画像データ
をさらに復号するものである。
【0014】第2の発明によると,記録媒体に記録され
ている第1の識別符号が読み取られる。第1の識別符号
または画像データ記録装置に固有の第2の識別符号の一
方の識別符号を用いて,記録媒体に記録されている二重
に暗号化された画像データが暗号化される。暗号化され
た画像データは,第1の識別符号または第2の識別符号
の他方の識別符号を用いて復号される。
【0015】暗号化された画像データを元の画像データ
に復号して再生することができるようになる。
【0016】第3の発明による画像データ記録装置は,
着脱自在な記録媒体に画像データを記録する画像データ
記録装置において,上記記録媒体に記録されている,上
記記録媒体に固有の識別符号を読み取る読み取り手段,
上記読み取り手段によって読み取られた識別符号を用い
て画像データを暗号化する画像データ暗号化手段,上記
読み取り手段によって読み取られた識別符号を用いて上
記画像データと関連した音データを暗号化する音データ
暗号化手段,ならびに上記画像データ暗号化手段によっ
て暗号化された画像データ,上記音データ暗号化手段に
よって暗号化された音データおよび画像データと音デー
タとの関連を表すリンク・データを上記記録媒体に記録
する記録制御手段を備えていることを特徴とする。
【0017】第3の発明は,上記装置に適した方法も提
供している。すなわち,着脱自在な記録媒体に画像デー
タを記録する画像データ記録装置において,上記記録媒
体に記録されている,上記記録媒体に固有の識別符号を
読み取り,読み取られた識別符号を用いて画像データお
よび上記画像データと関連した音データを暗号化し,暗
号化された画像データ,暗号化された画像データ,暗号
化された音データおよび画像データと音データとの関連
を表すリンク・データを上記記録媒体に記録するもので
ある。
【0018】第3の発明によると,上記記録媒体に固有
の識別符号が読み取られる。読み取られた識別符号を用
いて画像データおよびこの画像データに関連した音デー
タがそれぞれ暗号化される。暗号化された画像データ,
暗号化された音データおよび画像データと音データとの
関連を表すリンク・データが記録媒体に記録される。
【0019】再生するときには,記録媒体から識別符号
が読み取られる。また,暗号化された画像データまたは
暗号化された音データの一方のデータが記録媒体から読
み取られ,識別符号を用いて復号される。さらに,リン
ク・データが記録媒体から読み取られ,復号された画像
データまたは音データに関連し,暗号化された音データ
または暗号化された画像データの他方のデータが記録媒
体から読み取られる。読み取られた音データまたは画像
データの他方のデータが復号される。
【0020】第3の発明においても記録媒体に固有の識
別符号が分からなければ,画像データおよび音データの
いずれも復号することができない。不正コピーしたユー
ザが復号し,画像データおよび音データを不正利用する
ことを未然に防止できる。
【0021】第3の発明に,以下に述べる第4の発明に
もとづく再生機能を付加してもよい。
【0022】第4の発明は,上記第3の発明により記録
された画像データおよび音データを再生するものであ
る。すなわち,第4の発明は,着脱自在な記録媒体に記
録されている画像データを再生する画像データ再生装置
において,上記記録媒体に記録されている,上記記録媒
体に固有の識別符号を読み取る識別符号読み取り手段,
上記識別符号を用いて暗号化されている画像データまた
は上記識別符号を用いて暗号化されている音データの一
方のデータを上記記録媒体から読み取る第1のデータ読
み取り手段,上記第1のデータ読み取り手段によって読
み取られた画像データまたは音データを,上記識別符号
読み取り手段によって読み取られた識別符号を用いて復
号する第1の復号手段,上記読み取り手段によって読み
取られた画像データまたは音データの一方のデータにつ
いての音データまたは画像データとの関連を表すリンク
・データを上記記録媒体から読み取るリンク・データ読
み取り手段,上記リンク・データ読み取り手段によって
読み取られたリンク・データによって関連づけられる,
暗号化された音データまたは画像データの他方のデータ
を上記記録媒体から読み取る第2のデータ読み取り手
段,および上記第2のデータ読み取り手段によって読み
取られた音データまたは画像データを上記識別符号を用
いて復号する第2の復号手段を備えていることを特徴と
する。
【0023】第4の発明は,上記装置に適した方法も提
供している。すなわち,この方法は,着脱自在な記録媒
体に記録されている画像データを再生する画像データ再
生装置において,上記記録媒体に記録されている,上記
記録媒体に固有の識別符号および上記識別符号を用いて
暗号化されている画像データまたは上記識別符号を用い
て暗号化されている音データの一方のデータを上記記録
媒体から読み取り,読み取られた画像データまたは音デ
ータを,読み取られた識別符号を用いて復号し,読み取
られた画像データまたは音データの一方のデータについ
ての音データまたは画像データとの関連を表すリンク・
データを上記記録媒体から読み取り,読み取られたリン
ク・データによって関連づけられる,暗号化された音デ
ータまたは画像データの他方のデータを上記記録媒体か
ら読み取り,読み取られた音データまたは画像データを
上記識別符号を用いて復号するものである。
【0024】第4の発明によると,互いに関連し,暗号
化された画像データおよび音データを復号することがで
きる。しかもリンク・データにもとづいて画像データお
よび音データのうち一方のデータから他方のデータを読
み出すことができるようになる。
【0025】上記リンク・データも,上記識別符号によ
り暗号化されていてもよい。この場合,上記リンク・デ
ータ読み取り手段によって読み取られたリンク・データ
を,上記識別符号を用いて復号する第3の復号手段が設
けられることとなろう。
【0026】リンク・データを復号することにより,初
めて画像データまたは音データに関連した音データまた
は画像データがあることが分かる。
【0027】
【実施例の説明】図1は,この発明の実施例を示すもの
で,ディジタル・スチル・カメラの電気的構成を示すブ
ロック図である。
【0028】この実施例によるディジタル・スチル・カ
メラは,撮像によって得られた画像データ(および必要
であれば音声データも)が,カメラに固有の装置IDを
用いて暗号化され,かつ暗号化された画像データが,メ
モリ・カード30に固有のメディアIDを用いて暗号化さ
れる。暗号化された画像データがメモリ・カード30に記
録される。2つの固有のIDを利用して画像データ等を
暗号化するので,それらの2つの固有のIDが分からな
ければ復号できない。メモリ・カード30に記録された画
像データ等の不正利用を未然に防止することができる。
さらに詳細は,以下の説明によって明らかとなろう。
【0029】ディジタル・スチル・カメラの全体の動作
は,システム制御回路10によって統括される。
【0030】システム制御回路10には,カメラに固有の
装置IDを記憶した装置IDメモリ11が接続されてい
る。装置IDメモリ11は,不揮発性メモリであり,装置
IDの書き換えはできない。
【0031】撮像レンズ12によって被写体像がCCD13
の受光面上に結像する。CCD13から被写体像を表す映
像信号が出力される。被写体像を表す映像信号は,CD
S(相関二重サンプリング)/ゲイン・コントロール回
路14において,相関二重サンプリング処理および利得調
整処理が行われ,アナログ/ディジタル変換回路15に入
力する。
【0032】アナログ/ディジタル変換回路15において
変換された画像データは,メモリ制御回路16を単に通過
して再生回路18に入力する。再生回路18において所定の
再生処理が行われ,表示用の映像信号が出力されること
となる。再生回路18から出力された映像信号が表示装置
に与えられることにより,撮像によって得られた被写体
像が可視表示される。
【0033】シャッタ・レリーズ・ボタン(図示略)が
押されると,上述のようにしてアナログ/ディジタル変
換回路15から出力された画像データは一時的に画像メモ
リ17に記憶される。画像データは画像メモリ17から読み
出され,メモリ制御回路16およびシステム制御回路10を
介して圧縮/伸長回路19に入力する。圧縮/伸長回路19
においてJPEG(joint photographic coding expert
s group )などの画像データの圧縮処理が行われる。圧
縮された画像データが,システム制御回路10およびカー
ド制御回路20を介してメモリ・カード30に与えられ,ア
ドレス制御信号によって指定されるアドレスをもつ記録
領域に記録される。
【0034】この実施例によるディジタル・スチル・カ
メラは,音声を表す音声データもメモリ・カード30に記
録することができる。このために,ディジタル・スチル
・カメラには,マイクロフォン21が設けられている。マ
イクロフォン21に入力した音声は,マイクロフォン21に
よってアナログの音声信号に変換されて出力される。マ
イクロフォン21から出力された音声信号は,増幅回路22
において増幅され,アナログ/ディジタル変換回路23に
おいて,ディジタル音声データに変換される。ディジタ
ル音声データがメモリ制御回路16を単に通過して再生回
路18において所定の再生処理が行われ再生信号として出
力される。再生信号がスピーカ等に与えられることによ
り,音声が出力される。
【0035】録音ボタン(図示略)が押されると,上述
のようにしてアナログ/ディジタル変換回路23から出力
された音声データは,メモリ制御回路16およびシステム
制御回路10を介して圧縮/伸長回路19においてMP3
(MPEG Audio Layer−3)などの音声圧縮が行われ
る。圧縮された音声データは,システム制御回路10およ
びカード制御回路20を介してメモリ・カード30に記録さ
れる。音声データも画像データと同様に,アドレス制御
信号によって指定されるアドレスをもつ記録領域に記録
されるのはいうまでもない。
【0036】さらに,システム制御回路10は,画像デー
タおよび音声データを暗号化する機能および復号する機
能も有している。詳しくは後述するように暗号化された
画像データおよび音声データがメモリ・カード30に記録
され,暗号化された画像データおよび音声データが復号
され再生されることとなる。
【0037】この実施例によるディジタル・スチル・カ
メラは,再生機能も有している。
【0038】画像再生モードが設定されると,メモリ・
カード30に記録されている画像データがカード制御回路
20により読み取られる。画像データは,カード制御回路
20およびシステム制御回路10を介して圧縮/伸長回路19
においてデータ伸長される。伸長された画像データはシ
ステム制御回路10およびメモリ制御回路16を介して再生
回路18に与えられ,再生された映像信号が出力される。
【0039】音声再生モードが設定されると,メモリ・
カード30に記録されている音声データが読み取られる。
読み取られた音声データは,カード制御回路20およびシ
ステム制御回路10を介して圧縮/伸長回路19に入力す
る。音声データが圧縮/伸長回路19において,データ伸
長される。伸長された音声データが,システム制御回路
10およびメモリ制御回路16を介して再生回路18に与えら
れることにより,再生された音声信号が出力されること
となる。
【0040】図2は,メモリ・カード30の電気的構成を
示すブロック図である。
【0041】メモリ・カード30には,メディアID記録
領域32およびデータ記録領域33が含まれている。メディ
アID記録領域32には,不揮発性メモリが利用され,メ
モリ・カード30に固有のIDを書き換え不能に記録して
いる。データ記録領域33は,画像データおよび音声デー
タを書き換え可能に記録するものである。
【0042】メモリ・カード30にはさらにアドレス制御
回路31が含まれている。アドレス制御回路31によって,
カード制御回路20から与えられるアドレス制御信号にも
とづいて指定されるアドレスに,画像データおよび音声
データがデータ記録領域33に書き込まれ,またデータ記
録領域33に記録されている画像データおよび音声データ
が読み取られる。また,メディアID記録領域32に記録
されているデータのうち,アドレス制御回路31から出力
されるアドレス制御信号によって指定されるアドレスに
記憶されているメディアIDが読み取られる。
【0043】図3は,メモリ・カード30に含まれるデー
タ記録領域を示している。
【0044】データ記録領域には,画像ヘッダ記録領
域,音声ヘッダ記録領域,画像データ記録領域および音
声データ記録領域が含まれている。
【0045】画像ヘッダ記録領域には,画像データ記録
領域に記録されている画像データが格納されている画像
ファイルの画像ファイル名,その画像ファイルの開始ア
ドレスおよび終了アドレスが,画像ファイルごとに記録
される。
【0046】音声ヘッダ記録領域には,音声データ記録
領域に記録されている音声データが格納されている音声
ファイルの音声ファイル名,その音声ファイルの開始ア
ドレスおよび終了アドレスが,音声ファイルごとに記録
される。
【0047】画像データ記録領域には,上述のようにし
てディジタル・スチル・カメラから与えられた画像デー
タが画像ファイルごとに記録される。後述するように,
画像データと関連する音声データがある場合には,画像
ファイルの画像データの終了を示すEOI(End of Ima
ge)以降に,リンク・データを付加することもできる。
【0048】音声データ記録領域には,上述のようにし
てディジタル・スチル・カメラから与えられた音声デー
タが音声ファイルごとに記録される。
【0049】図4は,ディジタル・スチル・カメラの記
録処理を示すフローチャートである。
【0050】まず,装置IDメモリ11に記憶されている
装置IDが読み取られる(ステップ41)。さらに,被写
体を撮像することにより画像データを得,かつマイクロ
フォン21から音声を入力することにより音声データが得
られる(ステップ42)。撮像によって得られた画像デー
タは,画像メモリ17に一時的に記憶され,かつ音声デー
タは,音声メモリ24に一時的に記憶される。画像メモリ
17から画像データが読み取られ,システム制御回路10に
入力する。システム制御回路10において,読み取られた
装置IDを暗号化鍵として画像データの第1回目の暗号
化が行われる(ステップ43)。暗号化された画像データ
は,画像メモリ17に与えられ,再び記憶される。また,
音声メモリ24から音声データが読み取られ,システム制
御回路10において装置IDを暗号化鍵として第1回目の
暗号化が行われる(ステップ43)。暗号化された音声デ
ータは,音声メモリ24に与えられ,再び記憶される。
【0051】また,メモリ・カード30のメディア記録領
域に記録されているメディアIDが読み取られ,システ
ム制御回路10に与えられる(ステップ44)。
【0052】第1回目の暗号化された画像データが画像
メモリ17から読み取られ,システム制御回路10に入力す
る。システム制御回路10において,暗号化された画像デ
ータがメディアIDを暗号化鍵として第2回目の暗号化
が行われる(ステップ45)。また,第1回目の暗号化さ
れた音声データが音声メモリ24から読み取られ,システ
ム制御回路10に入力する。システム制御回路10におい
て,暗号化された音声データがメディアIDを暗号化鍵
として第2回目の暗号化が行われる(ステップ45)。
【0053】第2回目の暗号化が行われた画像データお
よび第2回目の暗号化が行われた音声データは,カード
制御回路20を介してメモリ・カード30に与えられ,デー
タ記録領域に記録される(ステップ46)。
【0054】もちろん,必要に応じて画像データおよび
音声データの圧縮処理が行われるのはいうまでもない。
圧縮された画像データおよび音声データを暗号化しても
よい。また,上述した実施例では,画像データおよび音
声データの両方を暗号化しているが,一方のデータのみ
を暗号化してもよい。
【0055】図5は,ディジタル・スチル・カメラの再
生処理の手順を示すフローチャートである。
【0056】再生すべき画像データおよび音声データの
少なくとも一方のデータが格納されているメモリ・カー
ド30がディジタル・スチル・カメラに装填される。メモ
リ・カード30のメディアID記録領域からメディアID
が読み取られる(ステップ51)。また,メモリ・カード
30のデータ記録領域に記録されている暗号化された画像
データおよび音声データが読み取られ,画像データは画
像メモリ17に,音声データは音声メモリ24にそれぞれ一
時的に記憶される。
【0057】画像メモリ17から暗号化された画像データ
が読み取られ,システム制御回路10に与えられる。メモ
リ・カード30から読み取られたメディアIDもシステム
制御回路10に与えられ,メディアIDを復号鍵として,
画像データが復号される(第1回目の復号,ステップ5
2)。復号された画像データは,画像メモリ17に与えら
れ,再び記憶される。
【0058】同様にして,音声メモリ17から暗号化され
た音声データが読み取られ,システム制御回路10に与え
られる。システム制御回路10において,メディアIDを
復号鍵として音声データが復号される(第1回目の復
号,ステップ52)。復号された音声データは,音声メモ
リ24に与えられ,再び記憶される。
【0059】つづいて,装置IDメモリ11から装置ID
が読み取られる(ステップ53)。
【0060】画像メモリ17から再び暗号化された画像デ
ータが読み取られる(画像データは,装置IDおよびメ
ディアIDを用いて二重に暗号化されているから,メデ
ィアIDを復号鍵として復号したのみでは,まだ暗号化
されている)。画像データは,システム制御回路10に与
えられ,装置IDを復号鍵として第2回目の復号が行わ
れる(ステップ54)。また,音声メモリ24から再び暗号
化された音声データが読み取られる。音声データは,シ
ステム制御回路10に入力し装置IDを復号鍵として第2
回目の復号が行われる(ステップ54)。
【0061】第2回目の復号が行われると,画像データ
および音声データはいずれも元のデータに復号されてい
る筈である。したがって,画像ファイルおよび音声ファ
イルのヘッダ記録領域に記録されているファイル名など
を検出することにより,正常に復号されたかどうかを確
認することができる。正常に復号された場合には(ステ
ップ55でYES),復号された画像データおよび音声デ
ータはいずれも再生回路18に与えられ,再生処理される
(ステップ56)。再生により得られた映像信号が表示装
置に与えられることにより画像が可視表示され,再生に
より得られた音声信号がスピーカに与えられることによ
り,音声出力されることとなる。
【0062】正常に復号されていなければ(ステップ55
でNO),再生処理は中止される(ステップ57)。必要
に応じて正常に復号できなかったことをユーザに知らせ
ることとなろう。
【0063】装置IDおよびメディアIDの両方のID
が分からなければ復号できない。しかも装置IDおよび
メディアIDは,いずれも書き換え不能であり,メモリ
・カード30に記録された画像データおよび音声データを
コピーしてもメディアIDまではコピーされない。コピ
ーした画像データおよび音声データを復号しようとして
も正常の復号はできないこととなる。画像データおよび
音声データの不正利用を未然に防止することができる。
【0064】さらに,上述の実施例においては,第1回
目の復号をしたときには正常に復号したかどうかを判定
していないが,記録時に第1回目の暗号化処理をしたデ
ータにCRC(cyclic redundancy check )などの誤り
検出符号を付加し,再生時に第1回目の復号処理をした
ときに誤り検出を行うことにより,第1回目の復号が正
常に復号されたかどうかを確認することができる。この
場合には,必要に応じて,誤り検出符号付加回路および
誤り符号検出回路が設けられよう。もちろん,これらの
誤り検出符号の付加および検出はソフトウエアによって
実現できるのはいうまでもない。
【0065】図6は,他の実施例を示すもので,ディジ
タル・スチル・カメラの記録処理手順を示すフローチャ
ートである。
【0066】図6に示す処理においては,画像データと
その画像データに関連する音声データとの関連を表すリ
ンク・データもメモリ・カード30に記録するものであ
る。
【0067】上述したように画像データおよび音声デー
タが得られ,画像データは画像メモリ17に,音声データ
は音声メモリ24にそれぞれ記憶される(ステップ61)。
さらに,画像データと音声データとが互いに関連してい
ることを示すリンク・データ(たとえば,画像データに
関連する音声データが格納される音声ファイルのファイ
ル名)が画像データに付加される(上述したように画像
ファイルのEOI以降に付加される)(ステップ62)。
被写体の撮影中に音声も入力したときには,被写体の撮
影により得られた画像データと音声の入力により得られ
た音声データとは互いに関連するものとして,画像デー
タにリンク・データが付加されよう。
【0068】メモリ・カード30からメディアIDが読み
取られ(ステップ63),メディアIDを暗号化鍵として
画像データおよび音声データが暗号化される(ステップ
64)。暗号化された画像データ(リンクデータも付加さ
れているので,リンク・データも暗号化されることとな
る)および音声データがメモリ・カード30に与えられ,
記録される(ステップ65)(図3参照)。
【0069】図7は,再生処理の手順を示すフローチャ
ートである。
【0070】メモリ・カード30のメディア記録領域32か
らメディアIDが読み取られる(ステップ71)。読み取
られたメディアIDを復号鍵として,暗号化された画像
データが復号される(ステップ72)。リンク・データ
は,画像データに付加されているので,画像データが復
号されることにより,リンク・データも復号されること
となる。
【0071】画像ファイル名の確認などにより画像デー
タが正常に復号されたことが確認されると(ステップ7
3),画像データに付加されていたリンク・データが読
み取られる(ステップ74)。読み取られたリンク・デー
タから,画像データに関連した音声データが検索される
(ステップ75)。音声データが見つかると,その音声デ
ータがメモリ・カード30から読み取られ,システム制御
回路10に与えられ,メディアIDを用いて復号される
(ステップ76)。
【0072】音声データのファイル名などの確認により
音声データが正常に復号されたかどうかが判定される
(ステップ77)。正常復号されたと判定されると(ステ
ップ77でYES),復号された画像データおよび音声デ
ータは,再生回路18に与えられ,再生処理が行われる
(ステップ78)。
【0073】画像データおよび音声データのいずれか一
方でも正常に復号されていなければ(ステップ73でNO
またはステップ77でNO),再生処理は中止される。
【0074】リンク・データが付加されているので,画
像データに関連した音声データを互いに関連づけてメモ
リ・カードに記録することができ,再生時には画像を表
示しながら,その画像に関連した音声を出力することが
できる。
【0075】また,リンク・データもメディアIDを暗
号化鍵として暗号化されているので,メディアIDが分
からなければ,リンク・データを復号することもできな
い。正当なユーザのみが画像データに関連した音声デー
タを検索でき,画像を表示しながらその画像に関連した
音声を出力することができるようになる。
【0076】さらに,上述の実施例においては,メディ
アIDを用いて1回の暗号化処理をしているが,図4お
よび図5に示した実施例と同様に,装置IDを用いて第
1回目の暗号化を行い,暗号化された画像データおよび
音声データをメディアIDを用いて第2回目の暗号化処
理を行なうようにしてもよい。
【図面の簡単な説明】
【図1】ディジタル・スチル・カメラの電気的構成を示
すブロック図である。
【図2】メモリ・カードの電気的構成を示すブロック図
である。
【図3】データ記録領域の構造を示している。
【図4】記録処理を示すフローチャートである。
【図5】再生処理を示すフローチャートである。
【図6】記録処理を示すフローチャートである。
【図7】再生処理を示すフローチャートである。
【符号の説明】
10 システム制御回路 11 装置IDメモリ 13 CCD 16 メモリ制御回路 17 画像メモリ 18 再生回路 20 カード制御回路 21 マイクロフォン 24 音声メモリ 30 メモリ・カード 31 アドレス制御回路 32 メディアID記録領域 33 データ記録領域
フロントページの続き (51)Int.Cl.7 識別記号 FI テーマコート゛(参考) H04N 5/91 H04N 5/91 P 7/24 J 7/30 7/13 A // H04N 101:00 7/133 Z Fターム(参考) 5C022 AA13 AC00 AC69 5C052 AA17 AB04 CC11 CC12 DD02 EE02 EE08 EE10 GA02 GB06 GB07 GC00 GC05 GD03 GD08 GE08 5C053 FA08 FA13 FA27 GB01 GB06 GB11 GB36 JA21 JA30 KA24 5C059 KK43 LA01 MA23 RC32 RC35 SS15 UA31 5J104 AA13 AA16 EA04 EA22 NA02 NA35 NA36 NA41

Claims (10)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 着脱自在な記録媒体に画像データを記録
    する画像データ記録装置において,上記記録媒体に記録
    されている,上記記録媒体に固有の第1の識別符号を読
    み取る読み取り手段,画像データ記録装置に固有の第2
    の識別符号または上記読み取り手段によって読み取られ
    た上記第1の識別符号の一方の識別符号を用いて画像デ
    ータを暗号化する第1の暗号化手段,上記第1の識別符
    号または上記第2の識別符号の他方の識別符号を用い
    て,上記第1の暗号化手段によって暗号化された画像デ
    ータをさらに暗号化する第2の暗号化手段,および上記
    第2の暗号化手段によって暗号化された画像データを上
    記記録媒体に記録する記録制御手段,を備えた画像デー
    タ記録装置。
  2. 【請求項2】 着脱自在な記録媒体に記録されている画
    像データを再生する画像データ再生装置において,上記
    記録媒体に記録されている,上記記録媒体に固有の第1
    の識別符号を読み取る第1の読み取り手段,画像データ
    記録装置に固有の第2の識別符号または上記第1の読み
    取り手段によって読み取られた第1の識別符号の一方の
    識別符号を用いて暗号化された画像データがさらに,他
    方の識別符号を用いて暗号化されている画像データを上
    記記録媒体から読み取る第2の読み取り手段,上記第1
    の識別符号または上記第2の識別符号の一方の識別符号
    を用いて,上記第2の読み取り手段によって読み取られ
    た画像データを復号する第1の復号手段,および上記第
    1の識別符号または上記第2の識別符号の他方の識別符
    号を用いて,上記第1の復号手段によって復号された画
    像データをさらに復号する第2の復号手段,を備えた画
    像データ再生装置。
  3. 【請求項3】 着脱自在な記録媒体に画像データを記録
    する画像データ記録装置において,上記記録媒体に記録
    されている,上記記録媒体に固有の識別符号を読み取る
    読み取り手段,上記読み取り手段によって読み取られた
    識別符号を用いて画像データを暗号化する画像データ暗
    号化手段,上記読み取り手段によって読み取られた識別
    符号を用いて上記画像データと関連した音データを暗号
    化する音データ暗号化手段,ならびに上記画像データ暗
    号化手段によって暗号化された画像データ,上記音デー
    タ暗号化手段によって暗号化された音データおよび画像
    データと音データとの関連を表すリンク・データを上記
    記録媒体に記録する記録制御手段,を備えた画像データ
    記録装置。
  4. 【請求項4】 上記リンク・データを暗号化するリンク
    ・データ暗号化手段をさらに備え,上記記録制御手段
    は,上記画像データ暗号化手段によって暗号化された画
    像データ,上記音データ暗号化手段によって暗号化され
    た音データおよび上記リンク・データ暗号化手段によっ
    て暗号化されたリンク・データを上記記録媒体に記録す
    るものである,請求項1に記載の画像データ記録装置。
  5. 【請求項5】 着脱自在な記録媒体に記録されている画
    像データを再生する画像データ再生装置において,上記
    記録媒体に記録されている,上記記録媒体に固有の識別
    符号を読み取る識別符号読み取り手段,上記識別符号を
    用いて暗号化されている画像データまたは上記識別符号
    を用いて暗号化されている音データの一方のデータを上
    記記録媒体から読み取る第1のデータ読み取り手段,上
    記第1のデータ読み取り手段によって読み取られた画像
    データまたは音データを,上記識別符号読み取り手段に
    よって読み取られた識別符号を用いて復号する第1の復
    号手段,上記読み取り手段によって読み取られた画像デ
    ータまたは音データの一方のデータについての音データ
    または画像データとの関連を表すリンク・データを上記
    記録媒体から読み取るリンク・データ読み取り手段,上
    記リンク・データ読み取り手段によって読み取られたリ
    ンク・データによつと関連づけられる,暗号化された音
    データまたは画像データの他方のデータを上記記録媒体
    から読み取る第2のデータ読み取り手段,および上記第
    2のデータ読み取り手段によって読み取られた音データ
    または画像データを上記識別符号を用いて復号する第2
    の復号手段,を備えた画像データ再生装置。
  6. 【請求項6】 上記リンク・データは,上記識別符号に
    より暗号化されており,上記リンク・データ読み取り手
    段によって読み取られたリンク・データを,上記識別符
    号を用いて復号する第3の復号手段,をさらに備えた請
    求項5に記載の画像データ再生装置。
  7. 【請求項7】 着脱自在な記録媒体に画像データを記録
    する画像データ記録装置において,上記記録媒体に記録
    されている,上記記録媒体に固有の第1の識別符号を読
    み取り,画像データ記録装置に固有の第2の識別符号ま
    たは読み取られた上記第1の識別符号の一方の識別符号
    を用いて画像データを暗号化し,上記第1の識別符号ま
    たは上記第2の識別符号の他方の識別符号を用いて,暗
    号化された画像データをさらに暗号化し,さらに暗号化
    された画像データを上記記録媒体に記録する,画像デー
    タ記録方法。
  8. 【請求項8】 着脱自在な記録媒体に記録されている画
    像データを再生する画像データ再生装置において,上記
    記録媒体に記録されている,上記記録媒体に固有の第1
    の識別符号または画像データ記録装置に固有の第2の識
    別符号の一方の識別符号を用いて暗号化された画像デー
    タがさらに,他方の識別符号を用いて暗号化されている
    画像データを上記記録媒体から読み取り,上記第1の識
    別符号または上記第2の識別符号の一方の識別符号を用
    いて,読み取られた画像データを復号し,上記第1の識
    別符号または上記第2の識別符号の他方の識別符号を用
    いて,上記復号された画像データをさらに復号する,画
    像データ再生方法。
  9. 【請求項9】 着脱自在な記録媒体に画像データを記録
    する画像データ記録装置において,上記記録媒体に記録
    されている,上記記録媒体に固有の識別符号を読み取
    り,読み取られた識別符号を用いて画像データおよび上
    記画像データと関連した音データを暗号化し,暗号化さ
    れた画像データ,暗号化された画像データ,暗号化され
    た音データおよび画像データと音データとの関連を表す
    リンク・データを上記記録媒体に記録する,画像データ
    記録方法。
  10. 【請求項10】 着脱自在な記録媒体に記録されている
    画像データを再生する画像データ再生装置において,上
    記記録媒体に記録されている,上記記録媒体に固有の識
    別符号および上記識別符号を用いて暗号化されている画
    像データまたは上記識別符号を用いて暗号化されている
    音データの一方のデータを上記記録媒体から読み取り,
    読み取られた画像データまたは音データを,読み取られ
    た識別符号を用いて復号し,読み取られた画像データま
    たは音データの一方のデータについての音データまたは
    画像データとの関連を表すリンク・データを上記記録媒
    体から読み取り,読み取られたリンク・データによって
    関連づけられる,暗号化された音データまたは画像デー
    タの他方のデータを上記記録媒体から読み取り,読み取
    られた音データまたは画像データを上記識別符号を用い
    て復号する,画像データ再生方法。
JP2000276121A 2000-09-12 2000-09-12 画像データ記録装置および方法ならびに画像データ再生装置および方法 Pending JP2002094924A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000276121A JP2002094924A (ja) 2000-09-12 2000-09-12 画像データ記録装置および方法ならびに画像データ再生装置および方法

Applications Claiming Priority (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000276121A JP2002094924A (ja) 2000-09-12 2000-09-12 画像データ記録装置および方法ならびに画像データ再生装置および方法
US09/949,803 US7181129B2 (en) 2000-09-12 2001-09-12 Image data recording apparatus and method, and image data reproducing apparatus and method

Related Child Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2007311877A Division JP2008135165A (ja) 2007-12-03 2007-12-03 画像データ記録装置および方法ならびに画像データ再生装置および方法

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2002094924A true JP2002094924A (ja) 2002-03-29

Family

ID=18761642

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2000276121A Pending JP2002094924A (ja) 2000-09-12 2000-09-12 画像データ記録装置および方法ならびに画像データ再生装置および方法

Country Status (2)

Country Link
US (1) US7181129B2 (ja)
JP (1) JP2002094924A (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN104331448A (zh) * 2014-10-29 2015-02-04 上海大学 基于jpeg图像交流系数直方图的密文域图像检索方法

Families Citing this family (12)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
MY129368A (en) * 2001-01-16 2007-03-30 Nagravision Sa Method to store encrypted data
CN100399303C (zh) * 2002-02-27 2008-07-02 松下电器产业株式会社 主机装置、再现装置、著作权管理的方法和系统及所用程序和记录媒体
US20060069925A1 (en) * 2002-03-29 2006-03-30 Shinichi Nakai Content processing device, content accumulation medium, content processing method and content processing program
JP3937905B2 (ja) * 2002-04-26 2007-06-27 キヤノン株式会社 仮想メモリ無線通信システムおよびデータ蓄積サービスの管理方法
US7418599B2 (en) * 2002-06-03 2008-08-26 International Business Machines Corporation Deterring theft of media recording devices by encrypting recorded media files
JP4115175B2 (ja) * 2002-06-28 2008-07-09 富士通株式会社 情報記憶装置、情報処理装置、特定番号作成方法、特定番号作成プログラム
US7835520B2 (en) * 2003-02-20 2010-11-16 Zoran Corporation Unique identifier per chip for digital audio/video data encryption/decryption in personal video recorders
US20050078823A1 (en) * 2003-09-11 2005-04-14 Makoto Usui Content recording apparatus, content recording method and hard disk apparatus
JP2006155371A (ja) * 2004-11-30 2006-06-15 Yamaha Corp ディジタル情報複製管理装置
JP2009539174A (ja) * 2006-05-31 2009-11-12 データマーク テクノロジーズ プライベート リミテッド セキュア媒体記憶装置及び媒体記憶装置の保護方法
JP2007329688A (ja) * 2006-06-07 2007-12-20 Canon Inc データ処理装置およびその方法
KR101538424B1 (ko) * 2012-10-30 2015-07-22 주식회사 케이티 결제 및 원격 모니터링을 위한 사용자 단말

Family Cites Families (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP3337798B2 (ja) * 1993-12-24 2002-10-21 キヤノン株式会社 画像データ及び音声データを処理する装置、データ処理装置並びにデータ処理方法
US5857021A (en) * 1995-11-07 1999-01-05 Fujitsu Ltd. Security system for protecting information stored in portable storage media
EP1450362A3 (en) * 1999-04-28 2007-01-10 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. Optical disk, optical disk recording and reproducing apparatus, method for recording, reproducing and deleting data on optical disk, and information processing system
US6853731B1 (en) * 2000-09-30 2005-02-08 Keen Personal Technologies, Inc. Digital video recorder employing a unique ID to interlock with encrypted video programs stored on a storage device

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN104331448A (zh) * 2014-10-29 2015-02-04 上海大学 基于jpeg图像交流系数直方图的密文域图像检索方法
CN104331448B (zh) * 2014-10-29 2018-04-06 上海大学 基于jpeg图像交流系数直方图的密文域图像检索方法

Also Published As

Publication number Publication date
US7181129B2 (en) 2007-02-20
US20020031352A1 (en) 2002-03-14

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6807365B1 (en) Video data recording and reproducing apparatus, a video data reproducing apparatus, and a method of recording and reproducing video data with data modification detection
JP3508680B2 (ja) コンテンツ不正コピー防止方法およびシステム
US20080260161A1 (en) Terminal Device and Copyright Protection System
KR100730546B1 (ko) 콘텐츠 관리 방법 및 기록 매체
JP4062890B2 (ja) ディジタル情報記録再生装置
JP4585460B2 (ja) 同一コンテンツから派生した形式の異なるコンテンツを複数個所で同時に利用することを防ぐ記憶装置、システム及び方法
JP2002261748A (ja) データ送信装置及び方法並びにデータ記録装置及び方法
CA2428410A1 (en) Video signal processing apparatus, video signal reproduction apparatus, and video signal recording apparatus
WO2003067590A1 (fr) Dispositif d'enregistrement de donnees et procede d'enregistrement
JPH11177924A (ja) 信号再生装置、信号記録装置、信号記録システム、信号再生方法、並びに、信号記録方法
JP2004030882A (ja) レンダリング装置、コピー制御方法及びプログラム
JPH11176090A (ja) データ再生装置、データ処理装置、データ伝送システム、データ再生方法、データ処理方法、並びに、データ伝送方法
JPWO2006112046A1 (ja) 記録再生装置及び記録再生方法
JP2002094924A (ja) 画像データ記録装置および方法ならびに画像データ再生装置および方法
WO2001089210A1 (fr) Appareil de reproduction/enregistrement
JP2006155403A (ja) コンテンツ管理装置
JP2006222590A (ja) 情報処理装置、およびデータ移動方法
JP2005276282A (ja) 情報記録再生装置、コンテンツ管理方法およびコンテンツ管理プログラム
JP2008099098A (ja) デジタル撮影機器
JP2008135165A (ja) 画像データ記録装置および方法ならびに画像データ再生装置および方法
JP2001229614A (ja) データ記録装置およびデータ再生装置およびデータ記録方法およびデータ再生方法
JPH064026A (ja) 許可情報記述方法およびコピーガード付きデータ生成装置
JP2002290905A (ja) ディジタル放送受信装置及び情報記録再生装置
JP4928733B2 (ja) 記録再生装置、集積回路、記録再生方法およびプログラム
JP2002034018A (ja) パケット処理装置、パケット処理方法及びその記憶媒体

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20050913

A711 Notification of change in applicant

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A712

Effective date: 20061207

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20071002

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20071203

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20080108