JP2002087247A - 傾斜面の重量物搬送設備 - Google Patents

傾斜面の重量物搬送設備

Info

Publication number
JP2002087247A
JP2002087247A JP2000281808A JP2000281808A JP2002087247A JP 2002087247 A JP2002087247 A JP 2002087247A JP 2000281808 A JP2000281808 A JP 2000281808A JP 2000281808 A JP2000281808 A JP 2000281808A JP 2002087247 A JP2002087247 A JP 2002087247A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
place
track
transport
transport vehicle
equipment
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2000281808A
Other languages
English (en)
Other versions
JP3471303B2 (ja
Inventor
Hisashi Yamaguchi
尚志 山口
Tamotsu Ohashi
保 大橋
Koji Takemura
幸治 竹村
Original Assignee
Nippon Sharyo Seizo Kaisha Ltd
日本車輌製造株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Nippon Sharyo Seizo Kaisha Ltd, 日本車輌製造株式会社 filed Critical Nippon Sharyo Seizo Kaisha Ltd
Priority to JP2000281808A priority Critical patent/JP3471303B2/ja
Publication of JP2002087247A publication Critical patent/JP2002087247A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3471303B2 publication Critical patent/JP3471303B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】設備費用および搬送費用の安価な傾斜面の重量
物搬送設備を提供する。 【解決手段】この搬送設備は重量物を専ら高所側から傾
斜面に沿って低所側へ搬送するものである。搬送経路の
中間部に複線部1a,1bを有する単線の軌道1を傾斜
面に敷設する。そして、制動装置を備えた運搬車両2,
3を高所側と低所側にそれぞれ配置し、高所側と低所側
の運搬車両2,3の上方側の先端同士を高所側に設置し
た滑車4を介して折り返すようにケーブルで連結してい
る。搬送は高所側の運搬車両に貨物を積載し自重で低所
側へ走行させ、低所側の空の運搬車両を高所側へ移動さ
せて行う。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、例えば岩山の採石
場から砕石を低所のダム建設現場へ搬送するなどのよう
に重量物を専ら高所から低所へ搬送する設備に関するも
のである。
【0002】
【従来の技術】従来、採石場の砕石のダム建設現場への
搬送はダンプトラックによるのが一般的であり、傾斜が
急である場合は適当な緩傾斜の道路を作って搬送してい
る。また、特開平8−158777号にあるように、岩
山の山頂部に立坑を垂直に掘削し、立坑の上方口から砕
石を投入し、底部にコンベアを配設して坑道から搬送す
るようにしたものもある。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、ダンプ
トラックで搬送する場合は、かなりの台数のダンプトラ
ックおよび運転者を必要とし、重量物を積載し下り勾配
でしかも狭い道を走行するので安全面からも好ましくな
い。また、新たに搬送用の道路を建設するのは自然環境
保持の点から制限があり、搬送に適した道路を敷設する
のが困難となっている。
【0004】また、特開平8−158777号のように
立坑と搬送コンベアによる場合は、環境に対する問題は
ないが、立坑底部のコンベアに自動的に砕石を積載する
ためには立坑内を自由落下させる手段は採れず、立坑内
の砕石の搬送手段に費用が嵩むという問題がある。な
お、傾斜面にコンベアを敷設して搬送することも考えら
れるが、距離が長いため設備費用が多大になってしま
う。特に、砕石のダム建設現場への搬送は所定量の搬送
が終われば搬送設備を撤去することになるので、設備費
用および搬送費用が安価で安全なものが望まれている。
【0005】そこで、本発明は、設備費用および搬送費
用の安価な傾斜面の重量物搬送設備を提供することを目
的としている。
【0006】
【課題を解決するための手段】上記目的を達成するた
め、本発明では次の手段を採った。即ち、重量物を高所
側から傾斜面に沿って低所側へ搬送する設備において、
搬送経路の中間部に複線部を備えた軌道を傾斜面に敷設
し、制動装置を備えた運搬車両を高所側と低所側にそれ
ぞれ配置するとともに該高所側と低所側の運搬車両の上
方側の先端同士を高所側に設置した滑車を介して折り返
すようにケーブルで連結したことを特徴としている。
【0007】本発明は、専ら高所から低所へ重量物を傾
斜面に沿って搬送する設備に関するもので、傾斜面に軌
道を敷設して運搬車両によって搬送するようにしたもの
である。軌道は単線とし、全長の中間部に高所側の運搬
車両と低所側の運搬車両が、すれ違えるように複線部を
設けている。また、運搬車両は走行のための駆動装置は
ないが制動装置は備えており、高所側と低所側の連結台
数は同じにしている。
【0008】なお、砕石、砂利などの建設資材を搬送す
る場合には底部が開閉できるホッパー車を使用すれば荷
下ろしが簡便である。滑車は常に回転自由な状態とし、
軌道の高所側端から延長した位置に設けられる。
【0009】運搬は高所側に停止させた運搬車両に荷積
みし、ブレーキを解放して自重で傾斜面を走行させ、低
所側の所定の位置でブレーキを作動させて停止すること
によっている。高所側の運搬車両の走行にともない、低
所側の空車の運搬車両はケーブルで引っ張られて高所側
へ移動する。したがって、搬送するための動力は必要と
しない。なお、運搬車両の走行速度の制御は運搬車両の
制動装置によって行う。
【0010】傾斜面が急である場合には、運搬車両の走
行速度が速くなるので、常時制動を必要とするようなと
きは、請求項2に記載のように、滑車に駆動装置を備え
て高所側から重量物を搬送する運搬車両の速度制御を行
うのがよい。なお、この場合でも停止は運搬車両の制動
装置で行う。
【0011】また、軌道の高所側部に荷積みなどを容易
にするために平坦部を設ける場合には、請求項3に記載
のように、高所側と低所側の運搬車両に機関車を連結
し、荷積み後傾斜部までの走行を機関車で牽引するよう
にすればよい。機関車はディーゼルエンジン搭載のもの
でも、バッテリー駆動式のものでもよい。
【0012】
【発明の実施の形態】以下本発明を図面に示す実施形態
例に基づいて説明する。図1はこの発明に係る傾斜面の
重量物搬送設備の一例を示す斜視図で、図2および図3
はこの設備の上部の詳細を示す側面図および平面図であ
る。
【0013】この実施形態例ではダム建設用の砕石を高
所の砕石場から低所のダム建設現場へ搬送する場合で説
明する。1は山の斜面に敷設された単線の軌道で、全長
の中間部に複線部1a,1bが設けられ、軌道の上端付
近と下端付近における傾斜は緩くなっている。なお、軌
道1の上端と下端には車止め具7が付設されている。
【0014】2は軌道の上部側に配置された運搬車両
で、3は下部側に配置された運搬車両である。運搬車両
2,3は同じものでそれぞれ複数台連結されており、底
部には砕石を排出するための排出口が付設された、いわ
ゆるホッパー車を使用している。また、この運搬車両
2,3には走行のための駆動装置は備えていないが、エ
アブレーキ式の制動装置を備えている。
【0015】5はケーブルで一端は下部側の運搬車両3
の先端(上部方向側)に繋着され、他端は軌道の上端の
延長線上に設置された滑車4を介して折り返して上部側
の運搬車両2の先端(上部方向側)に繋着されている。
滑車4は常に回転自由な状態の2個の誘導滑車4a,4
bを軌道方向前後に設けたもので、左右方向にはずらし
た状態で設置されている。そして、ケーブル5は運搬車
両2の先端から誘導滑車4bの上側へ掛けて誘導滑車4
aの下側へ掛け回し、誘導滑車4aの上側から運搬車両
3へ接続されている。
【0016】なお、図示省略したが軌道1の複線部1
a,1bにはケーブル5を案内するシーブが付設されて
いる。また、軌道1の上端部付近には砕石を運搬車両
2、3へ積載するための積み込み装置が設けられ、下端
部付近には搬送された砕石を移送するための装置が別途
付設されている。
【0017】次に、このように構成された傾斜面の重量
物搬送設備の作用について説明する。まず、複数連結
(例えば5両編成)された運搬車両2を軌道1の上端部
近くに配置し、運搬車両2自身の制動装置によって停止
させる。そして、ショベルなどの積込機で砕石を運搬車
両2に積み込み、運搬車両2のブレーキを解除する。な
お、このとき、軌道1の下部側の運搬車両3は空の状態
である。
【0018】ブレーキの解除によって、運搬車両2は自
重で軌道1上を走行し始める。そして、下部側の運搬車
両3は滑車4を介して接続されたケーブル5によって上
部側へ牽引されて移動する。運搬車両2,3は、しだい
に速度を上げて走行し、軌道1の中間部では運搬車両2
は複線部1aを走行し、運搬車両3は複線部1bを走行
する。運搬車両2が軌道1の下端部までくると制動装置
が作動して停止する。このとき、運搬車両3は軌道1の
上端部まで引き上げられる。
【0019】運搬車両2には、一定速度を超えると減速
ブレーキが作動するように制御装置が設けられており、
傾斜面における走行速度が所定の速度以上になると制動
装置によって減速制御される。軌道1の下端部に到着し
た運搬車両2は荷下ろしを行い、上端部の運搬車両3に
は荷積みを行う。
【0020】この傾斜面の搬送設備は、砕石の搬送に動
力を必要とせず、重量物の自重によって搬送するので、
極めて経済的に搬送できる。図4は別の実施形態例(請
求項2および請求項3)を示すもので、傾斜面が急で荷
積みする軌道1の上部が平坦であるような場合に適用す
るものである。
【0021】この傾斜面の搬送設備の基本的な構成は上
記の実施形態例と同じであるが、運搬車両2および運搬
車両3に機関車8を接続したことと滑車4に動力を付設
した点で相違している。即ち、運搬車両2および運搬車
両3の下方側に機関車8を連結する。なお、図4では運
搬車両2は1両のみの記載であるが実際は複数両連結さ
れている。
【0022】機関車8はディーゼルエンジン式のものを
使用している。そして、滑車4は動力が付設された動力
滑車4dと回転自由な遊動滑車4eとで構成しており、
動力滑車4dは2個の滑車4d1,4d2を備え、遊動
滑車4eは同じく滑車4e1,4e2を備えている。
【0023】ケーブル5は、滑りが生じないように滑車
4に掛け回されている。即ち、図5に示すように、運搬
車両2の先端からのケーブル5は誘導滑車4e1の上側
から動力滑車4d1の下側へ掛けられ、動力滑車4d1
の上側から遊動滑車4e2の下側へ導かれ、さらに、遊
動滑車4e2の上側から動力滑車4d2の下側へ導か
れ、動力滑車4d2の上側から運搬車両3の先端へ導い
ている。
【0024】動力滑車4dには、その軸に電動モータ1
1で駆動される減速機13が接続されている。なお、1
2は電動モータ11の故障時に使用する予備の電動モー
タである。また、図示してないが、電動モータを駆動制
御するパワーユニットが別途設けられている。
【0025】このように構成された搬送設備による重量
物の搬送は、まず、下降側端に機関車8が連結された複
数両の運搬車両2を軌道1の上端部近くに停止させ、シ
ョベルなどの積込機で砕石を積み込み、機関車8を駆動
して運搬車両2を牽引する。運搬車両2が軌道1の傾斜
部に入ったら機関車8による駆動を停止し、自重で走行
する。そして、動力滑車4dの電動モータ11を駆動し
て一定の速度で走行させる。
【0026】運搬車両2が軌道1の下端部までくると運
搬車両2の制動装置を作動させて停止する。なお、下部
側の運搬車両3は滑車4を介して上部へ引き上げられる
が、このとき、運搬車両3に連結されている機関車8は
駆動させない。即ち、機関車8は、軌道1の上端部にお
ける平坦部を傾斜面まで牽引することだけに使用してお
り、その容量は小さなものが使用されている。
【0027】この実施形態例では傾斜面が変化している
場合であっても運搬車両の速度の制御が簡便にできる。
なお、動力滑車4dの動力は機関車および運搬車両の重
量分が相殺されるので、容量の小さなものを使用してい
る。
【0028】
【発明の効果】以上説明したように、本発明の重量物の
傾斜面搬送設備は、搬送経路の中間部に複線部を備えた
軌道を傾斜面に敷設し、制動装置を備えた運搬車両を高
所側と低所側にそれぞれ配置するとともに該高所側と低
所側の運搬車両の上方側の先端同士を高所側に設置した
滑車を介して折り返すようにケーブルで連結したので、
従来の立坑とコンベアで搬送するものや、傾斜面にコン
ベアを設置するものに比べ、設備費用が安価であり、重
量物の自重で搬送するので、搬送費用も安価にすること
ができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の一実施形態による重量物の傾斜面搬送
設備の外観を示す斜視図である。
【図2】同 搬送設備の上部の構成を示す側面図であ
る。
【図3】同 平面図である。
【図4】同 別の実施形態例の搬送設備の上部の構成を
示す側面図である。
【図5】同 動力滑車のケーブルの引き回しの説明図で
ある。
【符号の説明】
1…軌道 1a,1b…複線部 2,3…運搬車両 4…滑車 4a,4b…遊動滑車 4d…動力滑車 4e…遊動滑車 5…ケーブル 7…車止め具 8…機関車 11…電動モータ 12…(予備の)電動モー
タ 13…減速機

Claims (3)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】重量物を高所側から傾斜面に沿って低所側
    へ搬送する設備において、搬送経路の中間部に複線部を
    備えた軌道を傾斜面に敷設し、制動装置を備えた運搬車
    両を高所側と低所側にそれぞれ配置するとともに該高所
    側と低所側の運搬車両の上方側の先端同士を高所側に設
    置した滑車を介して折り返すようにケーブルで連結した
    ことを特徴とする傾斜面の重量物搬送設備。
  2. 【請求項2】該滑車に駆動装置を設けて傾斜面を下降す
    る運搬車両の速度制御を行うようにしたことを特徴とす
    る請求項1記載の傾斜面の重量物搬送設備。
  3. 【請求項3】該軌道は高所側に平坦部を備え、該高所側
    と低所側の運搬車両に機関車をそれぞれ連結したことを
    特徴とする請求項1または請求項2記載の傾斜面の重量
    物搬送設備。
JP2000281808A 2000-09-18 2000-09-18 傾斜面の重量物搬送設備 Expired - Fee Related JP3471303B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000281808A JP3471303B2 (ja) 2000-09-18 2000-09-18 傾斜面の重量物搬送設備

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000281808A JP3471303B2 (ja) 2000-09-18 2000-09-18 傾斜面の重量物搬送設備

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2002087247A true JP2002087247A (ja) 2002-03-27
JP3471303B2 JP3471303B2 (ja) 2003-12-02

Family

ID=18766412

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2000281808A Expired - Fee Related JP3471303B2 (ja) 2000-09-18 2000-09-18 傾斜面の重量物搬送設備

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3471303B2 (ja)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2010044573A2 (ko) * 2008-10-15 2010-04-22 Jung Hak Kyu 중력작용을 이용하여 주행하는 운송 시스템
JP2011025833A (ja) * 2009-07-27 2011-02-10 Nippon Cable Co Ltd 索条牽引式輸送設備
JP2012520210A (ja) * 2009-03-16 2012-09-06 ポマガルスキー 単一の通行レーンに沿って案内される車輌を有する輸送設備

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2010044573A2 (ko) * 2008-10-15 2010-04-22 Jung Hak Kyu 중력작용을 이용하여 주행하는 운송 시스템
WO2010044573A3 (ko) * 2008-10-15 2010-07-15 Jung Hak Kyu 중력작용을 이용하여 주행하는 운송 시스템
KR101011756B1 (ko) * 2008-10-15 2011-02-07 정학규 중력작용에 의한 중량물의 슬라이딩 이동을 이용한 운송장치
JP2012520210A (ja) * 2009-03-16 2012-09-06 ポマガルスキー 単一の通行レーンに沿って案内される車輌を有する輸送設備
JP2011025833A (ja) * 2009-07-27 2011-02-10 Nippon Cable Co Ltd 索条牽引式輸送設備

Also Published As

Publication number Publication date
JP3471303B2 (ja) 2003-12-02

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP3199935B2 (ja) ばら荷輸送用積載車
US10053292B2 (en) Steep conveying installation for open-cast mining
CN105858269B (zh) 变向输送移动式装卸机
CN110486033A (zh) 高原地区小断面长陡坡隧道出渣装置以及方法
RU2093447C1 (ru) Устройство для перегрузки штучных грузов в форме транспортных упаковок
WO2018076834A1 (zh) 一种多式联运互通系统
JP3471303B2 (ja) 傾斜面の重量物搬送設備
EP0571540B1 (en) Continuous gondola car
US3307718A (en) Multicar bulk transporter and method
CN2797320Y (zh) 集装箱跨箱搬运车的吊具平移防摇机构
JP2688868B2 (ja) 運搬車の荷物の移し換え方法
JP2991156B2 (ja) クレーンを用いた荷役装置
CN204279181U (zh) 井下双向行驶侧卸车
CN109878996A (zh) 一种斜坡道成品料运输系统及其布置方法
JP2006151595A (ja) バラ物荷役車両
CN207046463U (zh) 一种高效快捷的物料输送系统
RU2136883C1 (ru) Способ транспортирования горной массы из карьеров и шахт (варианты)
US3845717A (en) Vehicle traffic handling system
CN212709718U (zh) 煤矿用履带运输车
CN213088038U (zh) 一种大倾角小口径隧道锚出渣装置
RU2288161C1 (ru) Устройство для зачистки кузовов думпкаров
KR101536911B1 (ko) 연속식 하역기
CN208264075U (zh) 可实现自动上料的建筑工程用物料输送车
CN104309514A (zh) 井下双向行驶侧卸车
US2574315A (en) Self-unloading vehicle

Legal Events

Date Code Title Description
R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees