JP2002086004A - 脱水ケーキ細粒化装置及び脱水ケーキ細粒化処理装置 - Google Patents

脱水ケーキ細粒化装置及び脱水ケーキ細粒化処理装置

Info

Publication number
JP2002086004A
JP2002086004A JP2000285794A JP2000285794A JP2002086004A JP 2002086004 A JP2002086004 A JP 2002086004A JP 2000285794 A JP2000285794 A JP 2000285794A JP 2000285794 A JP2000285794 A JP 2000285794A JP 2002086004 A JP2002086004 A JP 2002086004A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
soil
rotating
improved soil
cake
surrounding
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2000285794A
Other languages
English (en)
Inventor
Fujio Sato
藤男 佐藤
Hisanori Hashimoto
久儀 橋本
Minoru Tayama
稔 田山
Manabu Nakano
学 仲野
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Hitachi Construction Machinery Co Ltd
Original Assignee
Hitachi Construction Machinery Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Hitachi Construction Machinery Co Ltd filed Critical Hitachi Construction Machinery Co Ltd
Priority to JP2000285794A priority Critical patent/JP2002086004A/ja
Publication of JP2002086004A publication Critical patent/JP2002086004A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】砕石・砕砂の水洗処理により生じる脱水ケーキ
から、5mmアンダー95%以上という高水準の細粒化
を確実に行うことができる脱水ケーキ細粒化装置及びこ
れを備えた脱水ケーキ細粒化処理装置を提供する。 【解決手段】脱水ケーキと土質改良材とを混合かつ粗解
砕した改良土を、せん断し微解砕する細粒化装置300
Lにおいて、回転軸331の軸方向に複数の羽根340
を設けて形成され、互いの回転軌跡Rが径方向に一部重
なり合うように配置された2つの回転体326と、これ
ら回転体326の周囲を取り囲む本体ハウジング328
及び点検蓋349からなる包囲手段とを有し、この包囲
手段に、内周面を回転体326の回転軌跡Rに沿った略
円弧形状とした胴部側壁328C及び嵌合部349aか
らなる円弧部と、この円弧部の下方に拡径方向に延設さ
れた下部側壁328Dとを備える。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、脱水ケーキと土質
改良材とを混合かつ微解砕した改良土を、せん断し微解
砕する脱水ケーキ細粒化装置に関し、さらに詳しくは、
砕石・砕砂の水洗処理により生じる脱水ケーキから、5
mmアンダー95%以上という高水準の細粒化を確実に
行うことができる脱水ケーキ細粒化装置及びこれを備え
た脱水ケーキ細粒化処理装置に関するものである。
【0002】
【従来の技術】例えば、道路のアスファルト舗装の粗骨
材及び細骨材として、従来は、天然砂利・天然砂等が使
用されていたが、これら天然骨材資源は、採取地の制限
が厳しくなる等の背景により安定的な供給が困難となり
つつある。そこで、天然骨材資源に変わる材料として、
砕石工場で生産される砕石・砕砂の活用が積極的に行わ
れており、その使用割合は年々増加している。また近
年、新しい舗装技術として、低騒音舗装や排水性舗装の
需要拡大が予想されており、それらの新舗装の機能を十
分に発揮するために、骨材としての砕石・砕砂の粒度及
び粒形の高品質化(最大粒径の小径化や球状化)が求め
られている。
【0003】このような背景の下、砕石工場において
は、砕石・砕砂の製造過程で水洗による品質管理が行わ
れており、例えば、単粒度砕石・砕砂などを製造する際
には、分級工程で発生する砕石微粉末を水洗処理してい
る。その廃水は、フィルタープレスにより脱水処理して
脱水ケーキとする。この脱水ケーキの発生量は上記の背
景により年々増加しているが、その大部分は、砕石場内
又は場外で埋設処理されるか、あるいは産業廃棄物の汚
泥として外部の産廃処理業者に委託して処理している。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】上記のように、従来、
砕石・砕砂の水洗処理により生じる脱水ケーキは、有効
活用されることなく埋設処理あるいは産業廃棄物として
処理されている。ところが、処理費用の高騰や処分地の
不足等から、このような脱水ケーキの処理は年々困難に
なってきている。そこで、この問題に対応するために、
かつ、骨材資源の有効利用、自然環境の保全、及び循環
型社会への貢献等の観点から、脱水ケーキの有効利用に
関する調査・研究が各方面で進められている。その結
果、脱水ケーキを生石灰等で品質改良(安定処理)しこ
れを粒度調整材(安定処理材)としてクラッシャラン又
は再生クラッシャランに混合することにより、高品質の
水硬性複合路盤材を製造できることが先般明らかになっ
た。
【0005】これを受けて建設省・砕石協会・石灰協会
等によってその新たな高品質水硬性複合路盤材の製造基
準が制定され、前記脱水ケーキから製造する安定処理材
の規格は「5mmアンダー(粒径5mm以下のものの含
有率)95%以上」という高い細粒化水準に決定され
た。
【0006】以上の背景に基づき、砕石・砕砂の水洗処
理により生じる脱水ケーキから、5mmアンダー95%
以上の水硬性複合路盤材用粒度調整材を製造することを
目的として、脱水ケーキを導入して土質改良材と混合か
つ粗解砕し、改良土を生成する混合解砕機械と、複数の
回転ロールを備え、前記改良土をそれら複数の回転ロー
ル間にて圧縮し混練する混練機械と、回転軸の軸方向に
複数の羽根を設けた複数の回転体を互いの回転軌跡が径
方向に一部重なり合うように配置し、前記混練した改良
土をせん断し微解砕する細粒化装置(せん断機械)とを
有し、かつ細粒化装置が、回転軸の軸方向に複数の羽根
を設けて形成され、互いの回転軌跡が径方向に一部重な
り合うように配置された複数の回転体と、これら回転体
の周囲を取り囲む包囲手段とを有し、前記包囲手段は、
内周面を前記回転体の回転軌跡に沿った略円弧形状とし
た円弧部を備える脱水ケーキ細粒化システムを構成する
ことが考えられる。
【0007】このシステムにおいては、まず脱水ケーキ
を混合解砕機械で土質改良材と混合・粗解砕して改良土
を生成し、その後混練機械にて改良土を複数の回転ロー
ル間にて圧縮し混練することにより脱水ケーキ内部へ土
質改良材を練り込んだ後、細粒化装置にてその混練物を
せん断・微解砕して所定の大きさに造粒する。
【0008】しかしながら、上述した細粒化装置におい
ては、回転体の回転方向は、包囲手段の径方向中央側を
通過する改良土を下方へ導入しつつ羽根でせん断するよ
うに設定することとなるため、回転体の羽根でせん断・
微解砕した後の改良土の粒は、包囲手段の径方向中央側
から径方向外周側へ多少の広がりをもって斜めに飛散し
つつ下方へと排出されていく。そのため、例えば包囲手
段のうち上記回転体の回転軌跡に沿わない部分を下方に
向かって縮径形状とすると、前記斜めに飛散していく改
良土の粒がその縮径形状部に対して略正面から飛んでく
ることとなる。この結果、それらの粒が縮径形状部に衝
突しやすく、また略正面からの衝突で圧縮され付着しや
すくなる。そのため、前述の改良土の粒の見かけ上の大
粒径化を十分に防止できず、前述した5mmアンダー
(粒径5mm以下のものの含有率)95%以上という高
い細粒化水準を確実に実現するのが難しいという憾みが
ある。
【0009】本発明の目的は、砕石・砕砂の水洗処理に
より生じる脱水ケーキから、5mmアンダー95%以上
という高水準の細粒化を確実に行うことができる脱水ケ
ーキ細粒化装置及びこれを備えた脱水ケーキ細粒化処理
装置を提供することにある。
【0010】
【課題を解決するための手段】(1)上記目的を達成す
るために、本発明は、脱水ケーキと土質改良材とを混合
かつ粗解砕した改良土を、せん断し微解砕する脱水ケー
キ細粒化装置において、回転軸の軸方向に複数の羽根を
設けて形成され、互いの回転軌跡が径方向に一部重なり
合うように配置された複数の回転体と、これら回転体の
周囲を取り囲む包囲手段とを有し、前記包囲手段は、内
周面を前記回転体の回転軌跡に沿った略円弧形状とした
円弧部と、この円弧部の下方に位置し、鉛直方向または
拡径方向に延設された導出部とを備える。
【0011】本発明においては、まず、回転体の周囲を
取り囲む包囲手段の少なくとも一部を、回転体に臨む側
の内周面が回転軌跡に沿う円弧形状の円弧部とする。こ
れにより、回転体の羽根先端と包囲手段との間の隙間寸
法を小さくすることができる。したがって、回転体の羽
根でせん断・微解砕した後の改良土の粒が飛散し包囲手
段の内周面に向かって飛来してきても、付着するための
スペース(空間)が少ないので、付着を抑制することが
できる。また仮に、包囲手段の円弧部内周面に改良土の
粒が一旦付着したとしても、すばやく回転体の羽根でそ
の付着粒を掻き取ることができる。
【0012】このとき、回転体の羽根でせん断・微解砕
された改良土の粒の装置外への排出を確保するために
は、包囲手段の全てを前記円弧部とすることは不可能で
あり、少なくとも前記円弧部の下方に、前記回転体の回
転軌跡に沿わない部分を設ける必要がある。ここで、回
転体の回転方向は、包囲手段の径方向中央側を通過する
改良土を下方へ導入しつつ羽根でせん断するような向き
に設定することとなるため、回転体の羽根でせん断・微
解砕した後の改良土の粒は、包囲手段の径方向中央側か
ら径方向外周側へ多少の広がりをもって斜めに飛散しつ
つ下方へと排出されていく。そのため、包囲手段のうち
上記回転体の回転軌跡に沿わない部分を下方に向かって
縮径形状とすると、前記斜めに飛散していく改良土の粒
がその縮径形状部に対して略正面から飛んでくることと
なる。この結果、それらの粒が縮径形状部に衝突しやす
く、また略正面からの衝突で圧縮され付着しやすいた
め、付着粒の成長による見かけ上の大粒径化が生じる可
能性がある。
【0013】そこで本発明においては、円弧部の下方に
導出部を設け、この導出部を鉛直方向または拡径方向に
延設する。これにより、前記斜めに飛散していく改良土
の粒の飛散方向と前記導出部の延設方向とのなす角度
を、上記縮径形状の場合に比べて浅くできる(より平行
に近くできる)。したがって、それら改良土の粒が導出
部に衝突しにくくなり、また仮に衝突したとしても、衝
突角度が浅くなる(より小さな角度で斜めに衝突する)
ため、導出部に圧縮付着させることなく斜め下方に跳ね
返らせて落下させることができるので、改良土の粒の付
着を防止できる。
【0014】以上のようにして、付着粒の成長による見
かけ上の大粒径化を確実に防止できるので、5mmアン
ダー95%以上という高い細粒化水準を確実に実現する
ことができる。
【0015】(2)上記(1)において、好ましくは、
前記導出部を拡径方向に延設する。
【0016】(3)上記(1)又は(2)において、好
ましくは、前記導出部を前記円弧部の下方に連続して設
ける。
【0017】(4)上記(1)乃至(3)において、好
ましくは、前記導出部の下方に垂下するシート手段を設
ける。
【0018】(5)上記目的を達成するために、本発明
は、複数の回転ロールを備え、脱水ケーキと土質改良材
とが混合されて生成された改良土を、それら複数の回転
ロール間にて圧縮し混練する混練機械と、回転軸の軸方
向に複数の羽根を設けた複数の回転体を互いの回転軌跡
が径方向に一部重なり合うように配置し、前記混練した
改良土をせん断し微解砕する細粒化装置と、この細粒化
装置から排出された改良土を搬送する搬送手段とを有す
る。
【0019】(6)上記(5)において、好ましくは、
前記細粒化装置の前記回転体の軸方向と前記搬送手段の
搬送方向とが略直交するように、前記細粒化装置及び前
記搬送手段を配置する。
【0020】
【発明の実施の形態】以下、本発明の実施の形態を図面
を参照しつつ説明する。図1は本発明の脱水ケーキ細粒
化装置の一実施の形態を有する脱水ケーキ細粒化システ
ムの全体配置を表す側面図であり、図2は本発明の脱水
ケーキ細粒化装置の一実施の形態を有する脱水ケーキ細
粒化システムの全体配置を表す上面図である。これら図
1及び図2において、例えば砕石工場にて砕石・砕砂の
製造時に分級工程で発生する砕石微粉末の水洗処理廃水
が、フィルタープレスによって脱水処理されて脱水ケー
キとなり、脱水ケーキ置場Pに運搬され山積みにされて
いる。図1及び図2に示す脱水ケーキ細粒化システム
は、この砕石微粉末の脱水ケーキから生成される改良土
を細粒化するものであり、脱水ケーキを投入する油圧シ
ョベル100と、この油圧ショベル100によって投入
された脱水ケーキを導入し土質改良材と混合及び解砕
(粗解砕)し、改良土を生成する自走式土質改良機械
(自走式混合解砕機械)200と、前記改良土を所定の
大きさに造粒(=2次処理)する脱水ケーキ造粒機械3
00と、前記脱水ケーキ造粒機械300から排出された
改良土を搬送し、さらに細かく造粒(微解砕)する解砕
コンベア装置400と、この解砕コンベア装置400か
ら搬出された改良土を場外または指定の堆積場所に運搬
するホイールローダ(積み出し機械)500とを有す
る。
【0021】前記の油圧ショベル100は、通常の建設
現場でごく一般的に用いられる自走式のものであり、走
行手段としての履帯101を備えた走行体102と、こ
の走行体102の上部に旋回可能に設けられた旋回体1
03と、この旋回体103に回動自在に接続された多関
節型のフロント装置(=旋回体103に基端部が枢支さ
れたブーム104、このブーム104に回動自在に接続
されたアーム105、及びこのアーム105に回動自在
に接続されたバケット106)とを備えている。
【0022】そしてこのような構成により、油圧ショベ
ル100は、前記ケーキ置場Pの脱水ケーキをバケット
106内にすくい込んで、自走式土質改良機械200の
篩ユニット201(後述)を介し土砂ホッパ202(後
述)へと投入するようになっている。
【0023】前記の自走式混合解砕機械(自走式土質改
良機械)200は、この種のものとして公知の自走式土
質改良機であり、図3は図1に示した脱水ケーキ細粒化
システムを構成する前記自走式土質改良機械200の詳
細構造を表す側面図である。
【0024】この図3において、自走式土質改良機械2
00は、前記油圧ショベル100のバケット106によ
り改良対象となる脱水ケーキが投入されその投入脱水ケ
ーキを所定の粒度に選別する(詳細は後述)篩ユニット
201、この篩ユニット201で選別された脱水ケーキ
を受け入れ一時的に貯留しておく土砂ホッパ202、こ
の土砂ホッパ202から導入された脱水ケーキを所定の
土質改良材(固化材)と混合して下方へ排出する混合装
置(処理槽)203、土砂ホッパ202に受け入れた脱
水ケーキを前記混合装置203へと搬送して導入する搬
送コンベア204、及び前記土質改良材を供給するため
の土質改良材供給装置205を搭載した土質改良機本体
206と、この土質改良機本体206の下方に設けられ
た走行体207と、混合装置203で混合され下方へ排
出された混合物を受け入れて自走式土質改良機械200
の後方側(後述する土質改良機取付け部209Aの長手
方向の他方側、図3中右側)に搬送し排出する排出コン
ベア208とを有する。
【0025】前記の走行体207は、本体フレーム20
9と、左・右無限軌道履帯210とを備えている。本体
フレーム209は、前記篩ユニット201、土砂ホッパ
202、混合装置203、土質改良材供給装置205、
及び後述のパワーユニット(機械室)241等を載置す
る車台を構成する土質改良機取付け部209Aと、この
土質改良機取付け部209Aと前記の左・右無限軌道履
帯210とを接続するトラックフレーム部209Bとか
ら構成される。また無限軌道履帯210は、前記トラッ
クフレーム部209Bに回転自在に支持された駆動輪2
11及び従動輪(アイドラ)212の間に掛け渡されて
おり、駆動輪211側に設けられた左・右走行用油圧モ
ータ213L,213R(左走行用油圧モータ213L
のみ図3に図示)によって駆動力が与えられることによ
り自走式土質改良機械200を走行させるようになって
いる。
【0026】前記の篩ユニット201は、上下方向振動
を含み揺動可能ないわゆる振動篩であり、前記土質改良
機取付け部209Aに立設した支持ポスト214の上に
設けた支持部材215に、ばね216を介して弾性的に
支持された、例えば略長方形の枠体である支持枠体21
7と、この支持枠体217に装着された格子部材(図示
せず)と、この格子部材の振動軸(図示せず)を内部に
挿通した回転ドラム(図示せず)を回転駆動させるため
の駆動力を発生する加振用油圧モータ(図示せず)とを
有している。そして、加振用油圧モータの駆動力を回転
ドラムに伝達して回転させ、格子部材の振動軸を振動さ
せることにより、格子部材及び支持枠体217が上下方
向に振動するようになっている。
【0027】前記の搬送コンベア204は、前記土質改
良機取付け部209Aの長手方向一方側から他方側へ向
かって(自走式土質改良機械200の後方へ向かって)
所定角度だけ斜めに立ち上がるように傾斜して設けられ
ている。そしてこの搬送コンベア204は、フレーム2
18と、このフレーム218に支持され図示しない搬送
コンベア用油圧モータで駆動される駆動輪219と従動
輪(アイドラ)220との間に巻回して設けられた搬送
ベルト221と、この搬送ベルト221における搬送面
を支持するためのガイドローラ222と、搬送ベルト2
21の搬送面の下流側端部において幅方向左右両側に設
けられた規制板223とを備えている。
【0028】前記の土砂ホッパ202は、上端部が前記
支持部材215に固定して設けられており、その下端部
は搬送コンベア204の傾斜角に応じた角度傾斜してい
る。またこの土砂ホッパ202は、篩ユニット201か
らの円滑な土砂投入時の便宜のため、上方へ向かって拡
径となる無底の箱型形状(言い換えれば略角筒形状ある
いは枠体形状)となっており、その上下は開口してい
る。
【0029】このとき、この土砂ホッパ202の前記枠
体を構成する四周の側壁のうち、搬送コンベア204の
送り方向の下流側に位置する側壁(図示せず)には、高
さが前記規制板223の高さとほぼ同じでありかつ幅方
向寸法が前記搬送コンベア204の前記搬送ベルト22
1の幅より若干小さい図示しない土砂供給用開口部(ゲ
ート)が形成されている。そして、土砂ホッパ202
は、前記篩ユニット201より上方開口部を介して投入
された土砂を搬送コンベア204の搬送ベルト221上
に落下させて下流側へと搬送し、このときその搬送ベル
ト221上を搬送されていく投入土砂のうち前記供給用
開口部を通り抜けたもの(=供給用開口部の高さ分だけ
の量)だけを土砂ホッパ202外へ導出し(引き出
し)、混合装置203へと導く。これにより、搬送コン
ベア204における搬送ベルト221の搬送速度と、土
砂供給用開口部の開口面積とにより定まる所定量の土砂
が、土砂ホッパ202から混合装置203へ供給される
ようになっている。
【0030】前記の土質改良材供給装置205は、土質
改良機取付け部209A上に立設した4本(または3
本)の支柱224上に設けた例えば略長方形状の台板2
25に支持されている。このとき、前記の搬送コンベア
204は、その下流側端部が、前記支柱224,224
間にまで延在されており、このような位置関係におい
て、その搬送コンベア204下流側端部の直上にある土
質改良材供給装置205によって、土砂ホッパ202か
ら供給された土砂に対し搬送コンベア204上で所定量
の土質改良材が添加されるようになっている。
【0031】土質改良材供給装置205は、所定量の土
質改良材を貯留する貯留タンク226と、この貯留タン
ク226の下部に連設され、所定量ずつ土質改良材を供
給するフィーダ227とを備えている。なお、土質改良
材は、脱水ケーキを改良改質し先に述べた高品質水硬性
複合路盤材の粒度調整材(安定処理材)を製造するため
に混合されるものであり、例えば石灰が使用される。
【0032】前記の貯留タンク226は、全体が概略円
筒形状で内部に土質改良材を貯留する空間を有するもの
であり、その高さ寸法が可変(詳細は後述)な構成とな
っている。すなわち、貯留タンク226は、下部側が前
記台板225上に設置され、有底筒形の下部タンク部2
28と、天板部229と、下部タンク部228と天板部
229との間に設けた上部側の容積が可変な上部タンク
部としての蛇腹部230とから構成される。
【0033】前記下部タンク部228の底板(図示せ
ず)には、所定の開口径を有する土質改良材供給開口が
設けられ、この開口から土質改良材をフィーダ227へ
供給するようになっている。
【0034】前記フィーダ227はいわゆるロータリー
フィーダと称されるものであり、その内部に、図示しな
いフィーダ用モータによって回転駆動されるロータ(図
示せず)が設けられている。このロータには複数の隔壁
(図示せず)が放射状に設けられており、ロータが所定
角度回転する毎に相隣接する隔壁間の空間に相当する分
の土質改良材が分離され、その空間の容積分の土質改良
材が定量ずつ供給されるようになっている。これによ
り、前記フィーダ用モータの回転速度を制御すること
で、土質改良材の供給量(添加率)を制御し、脱水ケー
キと土質改良材との混合比を正確に一定にできるように
なっている。
【0035】具体的には、例えば搬送コンベア204に
よる脱水ケーキの搬送量を図示しない検出手段で検出し
(あるいは排出コンベア208による脱水ケーキ・土質
改良材混合物の量を検出することで間接的に搬送コンベ
ア204による脱水ケーキの搬送量を検出しても良
い)、その検出量に応じてフィーダ用油圧モータを駆動
制御するようになっている。
【0036】なお、前記した貯留タンク226を上下に
分けて、上部側に蛇腹部230を設けたのは、貯留タン
ク226による土質改良材の収容量を多くし、かつ自走
式土質改良機械200全体をトレーラ等で輸送する際に
その高さ寸法を低くするためである。
【0037】すなわち、前記天板部229に設けた取付
板231に支持杆232が垂設されており、前記台板2
25の各支持杆232の垂設位置に対応する位置にガイ
ド筒233が立設されている。そして、ガイド筒233
に設けたピン挿通孔234に対し支持杆232の下方に
設けた挿通孔235を一致させた状態にしてストッパピ
ン(図示せず)を挿通させると、蛇腹部230は伸長し
た作動状態に保持され(図3の状態)、支持杆232の
上方に設けたピン挿通孔235を前記ピン挿通孔234
と一致させてストッパピンを挿通させると、蛇腹部23
0は格納状態に保持されるようになっている。
【0038】前記の混合装置203は、長手方向(=略
水平方向)に配置した長方形状容器からなる混合装置本
体236と、前記混合装置本体236の前方側上部に設
けられ、前記搬送コンベア204からの脱水ケーキ及び
土質改良材供給装置205からの土質改良材を導入する
導入口(図示せず)と、前記混合装置本体236の後方
側下部に設けられた排出口(図示せず)と、混合装置本
体236内に互いに平行に設けられた偶数本(例えば2
本の)のパドルミキサ(図示せず)と、駆動力を発生さ
せる混合装置用油圧モータ237とを有している。
【0039】前記パドルミキサは、回転軸(図示せず)
に攪拌・移送部材としての羽根(パドル、図示せず)を
間欠的(例えば周方向に90°ごと、軸方向に所定ピッ
チごと)に多数設けた構造であり、前記回転軸の後端部
は、伝達ギア(図示せず)を介し混合装置用油圧モータ
237の出力軸に連結されている。そして、混合装置用
油圧モータ237を駆動することで、パドルミキサの両
回転軸を同時にかつ相互に反対方向に(両回転軸の対向
側が上向き回転となるように)回転駆動させ、前記導入
口を介し両パドルミキサ間の中央部に導入された脱水ケ
ーキ及び土質改良材を攪拌しつつ排出口側に向けて移送
し、その移送の間にそれら混合物を解砕(粗解砕)しか
つ均一に混合して、改良土を製造するようになってい
る。そして、このようにして製造された改良土は排出口
から自重の作用で前記排出コンベア208上に排出され
るようになっている。
【0040】前記の排出コンベア208は、排出コンベ
ア用油圧モータ238によって搬送ベルト239を駆動
し、これによって前記混合装置203から搬送ベルト2
39上に落下してきた混合物(改良土)を搬送し、前記
脱水ケーキ造粒機械300の混練機械300U(後述)
へと投入するようになっている。
【0041】ここで、上記篩ユニット201、搬送コン
ベア204、混合装置203、排出コンベア208、及
び無限軌道履帯210は、この自走式土質改良機械20
0に備えられる動力源、すなわち原動機としてのエンジ
ン(図示せず)及びこのエンジンによって駆動される少
なくとも1つの油圧ポンプ(図示せず)からの動力によ
って駆動される。前記油圧ポンプからの圧油は、当該圧
油の方向及び流量を制御するコントロールバルブを備え
た制御弁装置(図示せず)を介し、前記篩ユニット20
1、搬送コンベア204、混合装置203、排出コンベ
ア208、及び無限軌道履帯210にそれぞれ対応する
前記加振用油圧モータ、搬送コンベア用油圧モータ、混
合装置用油圧モータ237、排出コンベア用油圧モータ
238、及び左・右走行用油圧モータ213L,213
Rへと供給され、これによって対応する油圧モータが回
転駆動する。
【0042】そして、上記エンジン、油圧ポンプ、及び
制御弁装置は、いずれも、前記土質改良機取付け部20
9Aの長手方向他方側端部の上部にパワーユニット積載
部材240を介し搭載されたパワーユニット241内に
設けられている。
【0043】以上のような構成により、自走式土質改良
機械200は、脱水ケーキを前記篩ユニット201によ
り受入れてフィーダ227により土質改良材を添加し、
混合装置203によりその導入された脱水ケーキ及び土
質改良材を混合かつ粗解砕して改良土として排出コンベ
ア208により排出するようになっている。
【0044】図1及び図2に戻り、前記の脱水ケーキ造
粒機械300は、2段構造の上部に位置するとともに前
記自走式土質改良機械200の排出コンベア208の排
出側端部から前記改良土が供給される混練機械300U
と、2段構造の下部(すなわち混練機械300Uの下
方)に設けられる細粒化装置(せん断機械)300Lと
を有している。
【0045】図4(a)は図1に示した脱水ケーキ細粒
化システムを構成する脱水ケーキ造粒機械300の要部
である混練機械300Uの詳細構造を表す拡大正面図で
あり、図4(b)は図4(a)中A方向から見た矢視側
面図である。これら図4(a)及び図4(b)におい
て、混練機械300Uは、例えばH型鋼等により略箱形
又は略枠体形状に構成された下部支持体301と、この
下部支持体301上に設けられた混練機本体302と、
この混練機本体302の上部に設けられた導入口303
と、前記混練機本体302に設けられた軸受機構304
と、この軸受機構304に回転軸305を回転自在に支
持された複数(この例では2つ)の回転ロール306
と、この回転ロール306の前記回転軸305の両端部
にそれぞれ取り付けられたプーリ307と、前記下部支
持体301上に設けられ回転駆動力を発生するロール駆
動用モータ(電動モータでも油圧モータでもよい)30
8と、このロール駆動用モータ308の回転軸に設けた
プーリ309と前記プーリ307との間に掛け渡されて
回転駆動力を伝達するベルト310と、前記下部支持体
301内に略水平方向にかつ回転可能に配設されたスク
リュー311と、このスクリュー311を手動操作可能
なハンドル312と、前記回転ロール306の外周面に
対し略径方向に遠近可能に設けられたスクレーパ313
とを有している。
【0046】前記回転ロール306は、耐摩耗性および
石の破砕を考慮し、硬度および強度のある部材(例えば
ハイマンガン鋼等)を用いる。
【0047】前記スクレーパ313は、前記ハンドル3
12の操作によって前記回転ロール306に当接して回
転ロール306表面に付着した脱水ケーキを掻き落と
す。すなわち、前記スクリュー311のねじ山にはナッ
ト314が係合されており、このナット314に固定さ
れた第1アーム315にはピン316を介して第2アー
ム317が回動可能に連結されている。この第2アーム
317は、前記混練機本体302に設けたピン結合部3
18に回動可能に支持される一方、ピン316と反対側
の端部には前記スクレーパ313が固定されている。こ
のような構造により、ハンドル312を適宜の一方向に
回転させると、前記第1アーム315及び前記第2アー
ム317を介して回り止めされているナット314が図
4(a)中の左・右両端側から中央側へ向かって移動
し、これによって第1アーム315を介し第2アーム3
17がピン結合部318を回動支点として回動(=その
下端部が図4(a)中の左・右両端側から中央側へ向か
うように回動)し、その結果、前記スクレーパ313が
前記回転ロール306に押付けられるようになってい
る。
【0048】前記軸受機構304は、略棒状のガイド部
材(分散部材)319,320,321をガイドとして
図示しない駆動手段によって略水平方向にスライド可能
となっており、これによって、2つの前記回転ロール3
06,306間の間隙寸法B(図4(a)参照)を調整
可能となっている。
【0049】以上のような構成の混練機械300Uが、
基板322及びこの基板322上に立設された複数の支
柱323からなる支持台324上に配置され、前記自走
式土質改良機械200の排出コンベア208から供給さ
れる改良土を前記回転ロール306,306間に導入し
て圧縮し混練した後、下方の前記細粒化装置300Lへ
と導出するようになっている。
【0050】図5は本発明の脱水ケーキ細粒化装置の一
実施の形態の詳細構造を表す正面図であり、図6は図5
中VI−VI断面による水平断面図であり、図7は図6中VI
I−VII断面による側断面図である。
【0051】これら図5乃至図7において、細粒化装置
300Lは、例えばH型鋼やC型鋼からなる複数のビー
ム325a〜325l等により略枠体形状に構成された
下部支持体325と、この下部支持体325上に立設さ
れ後述の回転体326の周囲を取り囲む本体ハウジング
(容器)328と、この本体ハウジング328に中間部
材329a,329b及び軸受機構330を介し回転可
能に設けられた複数(この例では2つ)の回転体326
と、これら回転体326にそれぞれ備えられた回転軸3
31と、これら回転軸331の一端側(図6中右側)に
それぞれ接続された中間軸332と、これら中間軸33
2にそれぞれ固定された歯車333を備えた歯車機構3
34と、前記ビーム325e,325f上に載置固定さ
れた取付板335上に設けられ、回転駆動力を発生する
羽根駆動用モータ(電動モータでも油圧モータでもよ
い)336と、この羽根駆動用モータ336の回転軸3
36aと前記2つの中間軸332のうち一方側(図6中
上方側)との間に設けられ前記回転駆動力を伝達するカ
ップリング機構337aと、前記2つの中間軸332と
前記2つの回転軸331との間にそれぞれ設けられる2
つのカップリング機構337bを有している。
【0052】前記下部支持体325の前記ビーム325
a,325bの下部には、これらビーム325a,32
5bの延設方向と略直角方向に突出するブラケット33
8が固定されており、さらにこのブラケット338と、
ビーム325a,325bとの間を連結するように強度
補強用のリブ339が固定されている。
【0053】図8は図7中VIII−VIII断面による横断面
図である。この図8において、前記2つの回転体326
は、それぞれ、前記回転軸331の羽根取付部331a
を、多数の略平板状の羽根340の略円形の貫通孔34
1b(後述)に順次挿入し、これによって羽根340を
羽根取付部331aに軸方向に配設している。このと
き、これら多数の羽根340は、回転軸331の軸方向
に互いに隙間なく配設されている。また、羽根340
は、キー溝341a及び貫通孔341bを備えた径方向
中心部341と、この径方向中心部341から径方向に
120°のピッチで延設された3枚の羽根本体342を
備えている。なお、羽根本体342の外周側先端部の図
8に矢印Dに示す回転方向の後方側には、所定の逃げ角
θ1をもたせてある。
【0054】また、この図8に示すように、回転軸33
1の羽根取付部331aには、前記羽根340のキー溝
341aに対応してキー溝331aA(図7も参照)が
設けられており、回転軸331の羽根取付部331aの
キー溝331aA及び羽根340のキー溝341aにキ
ー343が挿入されることにより、羽根340が回転軸
羽根取付部331aに固定されている。このとき、各羽
根340のキー溝341aの位置は、周方向に30°間
隔でずれた4種類があり(つまり特に図示しないが、キ
ー溝341aの位置を前記貫通孔341bの周方向に3
0°づつずらして配置した4種類の羽根340が用意さ
れている)、これによって、各羽根340は、図8に示
すように、周方向取付け向き(すなわち回転軸331の
羽根取付部331aに対する取付け傾斜角)を30°間
隔で順次ずらされ取り付けられている。なお、キーを用
いず、回転軸331の羽根取付部331a自体の横断面
形状を、例えば六角形とし、羽根340の貫通孔341
bの形状自体をそれに嵌合する六角形としてもよい。
【0055】前記回転体326は、特に詳細な構造説明
は省略するが前記歯車機構334によって互いに同じ速
度で逆向きに回転するように構成されており、図8中矢
印D方向が正回転、同図中矢印D’方向が逆回転であ
る。なお、これら正回転及び逆回転のうち、正回転の場
合は改良土を通しやすく周辺部の改良土の居着きも少な
いが、逆回転の場合、落下する改良土を跳ね上げてさら
に衝突のチャンスを増やすためより確実に5mmアンダ
ーの割合を増加できる特性を持つ。したがって、適宜こ
れら正回転と逆回転を組み合わせればよい。
【0056】またこのとき、図8に示すように、一方の
回転体326の各羽根340が他方の回転体326の回
転軸331の羽根340の径方向中心部341近くまで
延伸しており、この結果、2つの回転体326,326
は、互いの羽根340の回転軌跡Rが径方向に一部重な
り合うように配置されている。また、図8に示すよう
に、それぞれの回転体の326の羽根340の位相が6
0°ずれており、一方の回転体326の羽根340の羽
根本体342の先端が、他方の回転体326の羽根34
0の径方向中心部341に最も近付いたときに他方の回
転体326の軸方向同位置の羽根340の羽根本体34
2と干渉しないように構成されている。
【0057】図5乃至図7に戻り、前記軸受機構330
は、前記回転軸331の軸方向両側に設けられており、
前記中間部材329a,329bを介して後述の本体ハ
ウジング328の軸端側側壁328Aに、例えば、ボル
ト(図示せず)により固定されており、それら軸受機構
330のさらに軸端側には軸受カバー344が設けられ
ている。
【0058】また、前記の歯車機構334は、2つの回
転体326に対応して設けられ互いに噛合する2つの上
記歯車333と、これら2つの歯車333を内包するギ
アケース345と、前記2つの中間軸332をそのギア
ケース345に回転自在に支持する軸受346とを備え
ている。
【0059】ギアケース345は、図6及び図7に示す
ように、ケース上部345a(図7参照)とケース下部
345bとにほぼ上・下対称に2分割できる構造となっ
ており、このケース上部345aとケース下部345b
との嵌合面(合わせ面)付近にある程度の高さ方向寸法
を持った支持部材345c(図6参照)が固定されてい
る。この支持部材345cは、前記ビーム325a,3
25b上に中間板345dを介してそれぞれ固定された
ギアケース支持プレート345e上に載置固定され、さ
らにこの支持プレート345eとの間を強度補強用のリ
ブ347(図6参照)で連結されている。
【0060】図5乃至図8に示すように、前記の本体ハ
ウジング328は、軸方向両側に設けられ略平板状かつ
横長楕円状の前記軸端側側壁328Aと、この軸端側側
壁328Aのさらに軸方向内側に固定された隙間埋め板
328Bと、前記回転体326の径方向外周側に位置す
る胴部側壁328C(図8参照)と、この胴部側壁32
8Cの下方に連設され、前記回転軸331の軸方向と略
直角方向(図8中左右方向)において下方に向かって拡
径する略平板形状の下部側壁328Dとを備えている。
【0061】前記軸端側側壁328Aは、図5に示すよ
うに、リブ部328Aaに、例えば溶接等により固定さ
れた略L字状の支持板348を介して前記ビーム325
a,325bに固定されており、前記回転軸331を貫
通させる略円形の2つの貫通孔328Aaを備えてい
る。
【0062】前記隙間埋め板328Bは、図6及び図7
に示すように、前記軸端側側壁328Aと最も軸端部側
にある羽根340との軸方向隙間を塞ぐためのものであ
り、前記回転軸331を貫通させる略円形の2つの貫通
孔328Baを備えている。
【0063】ここで、図9は図8中C方向から見た部分
側面図である。この図9において、前記胴部側壁328
Cは、略長方形の開口部328Cbを備えた略枠体形状
であるとともに、横断面形状が略円弧状である胴部本体
328Caと、この胴部本体328Caの上方及び下方
にそれぞれ連設される上フランジ部328Cc及び下フ
ランジ部328Cdと、胴部本体328Caの軸方向両
側にそれぞれ連設される2つのフランジ部328Ceと
から構成されている。
【0064】前記開口部328Cbには、点検蓋349
が着脱自在に設けられる。この点検蓋349は、前記開
口部328Cbとほぼ同一の大きさで該開口部328C
bに嵌合する横断面形状が略円弧状である嵌合部349
aと、この嵌合部349aの枠状外周部の前記略円弧径
方向外周側に、該枠状外周部を縁取るように固定された
枠体縁部349bと、前記嵌合部349aに設けられた
把持用取っ手349cとを備えている。そして、開口部
328Cbに嵌合部349aを挿入嵌合させた後に、枠
体縁部349bに設けたボルト用貫通孔(図示せず)を
介して取付ボルト349dを前記胴部本体328Caの
ボルト穴(図示せず)に締結することにより、胴部本体
328Caに固定されるようになっている。そして、取
付ボルト349dを外して点検蓋349を胴部本体32
8Caから取り外すことにより、羽根340に付着した
改良土の清掃等も含め、種々のメンテナンスを行えるよ
うになっている。
【0065】なお、前記胴部本体328Ca及び前記点
検蓋嵌合部349aは、図8に示すように、互いに径方
向内周面及び径方向外周面がほぼ同一曲面状となってお
り、特に、それらの径方向内周面は、前記2つの回転体
326の羽根340の回転軌跡Rに沿った(回転軌跡R
と微小な間隙を介して対向する)略円弧形状の横断面形
状となっている。
【0066】図8に戻り、前記下部側壁328Dは、平
板である側壁本体328Daと、この側壁本体328D
aの上方及び下方にそれぞれ連設される上フランジ部3
28Db及び下フランジ部328Dcと、側壁本体32
8Daの軸方向両側にそれぞれ連設される2つのフラン
ジ部328Ddとから構成される。
【0067】下部側壁328Dの側壁本体328Da
は、前述のように、胴部側壁328Cの下部に対して下
方に向かって拡径する方向に連接されており、せん断・
微解砕の際の改良土の流線を図8に2点鎖線矢印Qで示
したように、前記羽根340の回転軌跡Rの接線方向に
放射状に飛来してくる改良土が衝突する確率を低減し、
また、衝突する改良土に対してもその流線Qに対する下
部側壁328Dの角度が小さくなっており、衝突の際に
改良土が側壁本体328Daに圧着しにくくなってい
る。すなわち、側壁本体328Daは下方拡開に構成さ
れることにより、改良土の付着が抑制されるようになっ
ている。
【0068】上フランジ部328Dbは、図示しないボ
ルト等によって前記胴部側壁328Cの下フランジ部3
28Cdと固定されており、これによって下部側壁32
8Dは胴部側壁328Cの下方に連接されている。
【0069】なお、以上のような構造の本体ハウジング
328の上部には、前記混練機械300Uから混練済み
改良土を導入する導入部350が設けられている。この
導入部350は、鉛直方向に設けられた大口径角筒形状
の角筒部350aと、略水平方向に設けられた鍔部35
0bとを備えている。角筒部350aは、図8に示すよ
うに、図示しないボルト等によって前記軸端側側壁32
8Aの上部に固定されるとともに前記胴部側壁328C
の上フランジ部328Ccにも固定され、これによって
導入部350は本体ハウジング328に取り付けられて
いる。
【0070】また、この導入部350の内部には、その
導入する改良土をガイドするガイド部材351(図8参
照)が設けられている。このガイド部材351は、略菱
形の側面形状の部材であり、隣接する回転軸331の略
中間位置上方に設けられている(例えば角筒部350a
に固定されている)。これによって前記混練機械300
Uから導入される混練改良土を上記隣接回転軸の中間位
置から図8中左右方向に振り分けて導くようになってい
る。なお、固定構造とせず、例えばピンを回動中心とし
て左・右に首振り可能な構造としてもよい。
【0071】また、図5及び図7に示すように、前記本
体ハウジング328の下部には、前記2つの軸端側側壁
328A下端に設けられた下フランジ部328Ab及び
2つの側壁本体328Da下端の前記下フランジ部32
8Dcによって、細粒化装置300Lで微解砕され所定
の粒度となった改良土粒が排出される排出部352が形
成されている。この排出部352の下部には、前記下フ
ランジ部328Ab及び328Dcにそれぞれ対応して
4つの取付板353が、例えばボルト等により締結され
るようになっており、前記下フランジ部328Ab及び
328Dcとそれらに対応する取付板353との間に、
例えばゴム等の弾性材料からなるスカート354がその
上端を挟持され垂れ下がるように設けられている。
【0072】詳細には、このスカート354は、前記4
つの取付板353に対応する4つの独立したスカートゴ
ム354A〜354Dからなり、それぞれが前記下フラ
ンジ部328Ab及び328Dcとそれらに対応する取
付板353との間に上端を挟持され垂れ下がり、スカー
ト354の4つの壁面を構成する。また、図5に示すよ
うに、スカート354の前記回転軸331の軸方向(図
7中左右方向)のスカートゴム354A,354Cの下
端は、その下方に位置する解砕コンベア装置400の搬
送ベルト402(後述)の傾斜に合わせて斜めにカット
されており、微解砕され排出される改良土が解砕コンベ
ア装置400の搬送コンベア403(後述)の幅方向へ
の飛散を防止し確実に搬送ベルト402上に導くように
なっている。解砕コンベア装置400の搬送ベルト40
2における搬送方向下流側(図5中右側)のスカートゴ
ム354Bは、その下端が搬送ベルト402に対して所
定の距離を持つように略水平にカットされており、搬送
ベルト402に載置された改良土がスカート354内か
ら円滑に搬送されるようになっている。
【0073】以上のような構成の細粒化装置300L
が、図5に示すように、前記下部支持体325の下部に
ボルト等により締結された支持梁355と、この支持梁
355端部にリブ356で補強されて設けられた複数の
支柱357とからなる支持台358上に配置され、前記
混練機械300Uにより圧縮し混練された改良土を前記
回転体326,326間に導入して前記羽根340によ
ってせん断し微解砕(中間解砕)した後、下方の前記解
砕コンベア装置400へと導出するようになっている。
【0074】なお、前述のように本実施の形態において
は、胴部側壁328Cの下部に下部側壁328Dを下方
に向かって拡径する方向に連接したが、例えば設計等の
問題等により拡径できない場合においては、胴部側壁3
28Cの下部に下部側壁328Dを鉛直方向に連接する
構造としても、下部側壁328Dを縮径方向に連接する
場合と比べて、飛来する改良土が衝突する確率を低減
し、また、衝突する改良土に対してもその流線Qに対す
る下部側壁328Dの角度が小さくなる。
【0075】また、特に図示しないが、側壁本体328
Daの内側に土砂の付着しにくい弾性部材(例えばゴム
板)からなる可動壁を設け、これを側壁本体328Da
に別途設けた複数の貫通孔からシリンダで押すことによ
り弾性的に変形させて前記可動壁に付着する改良土をは
がし落とし、側壁本体328Daへの直接的な改良土の
居付きを防止するノッカーを設けてもよい。
【0076】図10は図1に示した脱水ケーキ細粒化シ
ステムを構成する解砕コンベア装置400の全体構造を
表す側面図である。この図10において、解砕コンベア
装置400は、フレーム401と搬送ベルト402(後
述の図12参照)とコンベア用油圧モータ(図示せず)
とを有し、前記細粒化装置300Lの回転軸331の軸
方向と略直交する方向に細粒化装置300Lで微解砕さ
れた改良土を搬送する搬送コンベア403と、搬送ベル
ト402上を搬送される改良土を微解砕する2つのチョ
ッパー404とを備えている。また、前記フレーム40
1は、排出側と反対側(図10中左側)が接地するとと
もに、排出側(図10中右側)が支持部材405に支持
されており、排出側に向かって立ち上がるように傾斜し
ている。
【0077】図11は図10に示した解砕コンベア装置
400に備えられた前記チョッパー404の全体構造を
表す側面図であり、図12は図11中E方向から見た図
である。なお、これら図11及び図12においては、ベ
ルトカバー406(図10参照)を取外して構造を詳細
に図示している。
【0078】これら図11及び図12において、チョッ
パー404の本体としてのチョッパー本体407は、板
状の2つの側板部407Aと、この側板部407Aの上
部に位置する天板部407Bと、側板部407Aの下端
に例えば溶接等により取付けられ、例えばアングル材等
により構成された取付部407Cとからなる。また、解
砕コンベア装置400の前記フレーム401の長手方向
(図10中左右方向)端部以外の位置(この例ではフレ
ーム401の略中間位置)の下部には、フレーム401
の外側に向かって張り出したチョッパー取付板408
が、例えば溶接等により固定的に設けられている。この
チョッパー取付部408と前記チョッパー本体407の
取付部407Cの下面には互いに相対する図示しない貫
通孔が複数設けられており、互いの貫通孔の位置を合わ
せてボルト409とナット410で締結することによ
り、前記チョッパー本体407は、解砕コンベア装置4
00の前記フレーム401の略中間位置に固定されてい
る。なお、前記フレーム401のチョッパー取付部40
8とチョッパー本体407の取付部407Cとの間に
は、チョッパー404の幅方向(図12中左右方向)に
掛け渡されるように設けられ、この固定構造の強度を補
強する、例えばバー材等で構成された補強板411を介
在させて設けている。
【0079】前記チョッパー本体407の側板部407
Aの外側には、軸受機構412,412がボルト413
により取付けられており、側板部407Aに設けられた
貫通孔(図示せず)に挿通されて前記搬送ベルト402
の上方にて略水平に配設された回転軸414の両端を回
転自在に支持している。この回転軸414の一端(図1
2中左端)には、プーリ415が取付けられており、前
記チョッパー本体407の天板部407B上のチョッパ
ー駆動用モータ416の出力軸416a端部に取付けら
れたプーリ417との間に掛け渡されたベルト418に
より、チョッパー駆動用モータ416の駆動力が回転軸
414に伝達するようになっている。
【0080】なお、図12中左側の側板部407Aに
は、長穴419a(図11参照)を有するプーリ取付板
419が設けられており、また、この長穴419aに
は、先端に前記ベルト418に対して転動するプーリ4
20を有する回転軸421(図12参照)が図11中左
右方向にスライド可能に挿通されている。すなわち、プ
ーリ420を図11中左右方向にスライドさせ、ベルト
418に適度な張力を持たせつつ転動させることによ
り、ベルト418の張り調整機能を果たすようになって
いる。また、前記チョッパー駆動用モータ416は、前
記チョッパー本体407の天板部407B上部に台板4
22を介してボルト423により固定されている。
【0081】前記回転軸414には、その軸方向に所定
のピッチで前記の解砕コンベア装置400の搬送ベルト
402上を搬送される改良土を微解砕するカッタ424
が取付けられるブラケット425が複数枚(この例では
10枚)設けられている。図13(a)は図1に示した
脱水ケーキ細粒化システムを構成する解砕コンベア装置
400に備えられた前記カッタ424の概略取付構造を
表す図であり、図13(b)は図13(a)中F方向か
ら見た図である。
【0082】これら図13(a)及び図13(b)にお
いて、ブラケット425は、中央に回転軸414の直径
よりわずかに径が大きい貫通孔425aを有する略正方
形状の板材であり、前記のように回転軸414に対し
て、その軸方向に所定のピッチを持って溶接等により設
けられている。各ブラケット425はその外周に図示し
ないボルト穴を複数有しており、また、相隣接するブラ
ケット425,425はその位相が45°ずらされて配
設固定されている。
【0083】カッタ424は、回転軸414の径方向に
対して略直角に取付けられ、ボルト挿通用の図示しない
複数(この例では2つ)の貫通孔が設けられた取付部4
24aと、この取付部424aの先端に位置し回転軸4
14の回転方向(図13(b)中矢印G方向)と反対側
に反った形状の先端部424bとからなる。また、この
先端部424bは、さらに、回転軸414の軸方向中央
側に向かってひねり曲がっている(図13(a)参
照)。すなわち、各先端部424bは、回転軸414の
回転方向と反対方向に折れ曲がるとともに、回転軸41
4の軸方向中央よりも図13(a)中左側に配設された
カッタ424は図13(a)中右方向に、回転軸414
の軸方向中央よりも図13(a)中右側に配設されたカ
ッタ424は図13(a)中左方向に曲成されている。
そして、前記したブラケット425及びカッタ424に
互いに複数設けられた貫通孔の位置を合わせてボルト4
26を締め込むことにより、カッタ424は、ブラケッ
ト425の4辺に固定されている。また、各ブラケット
425において、隣接するカッタ424,424はそれ
ぞれブラケット425の異なる面に取り付けられており
(つまり、一方は表面に他方は裏面に取り付けられてお
り)、対向するカッタ424,424は同一面に取付け
られている(つまり、共に表面あるいは裏面に取り付け
られている)。
【0084】なお、図12及び図13(a)において
は、繁雑防止のため回転軸414の軸方向に配置された
10枚のブラケット425のうち4枚のブラケット42
5にのみカッタ424を取付けた状態を図示したが、実
際には全てのブラケット425にカッタ424が各4枚
ずつ取付けられている。また、このカッタ424の取付
け枚数を適宜調節してチョッパー404の解砕能力を調
整してもよい。
【0085】図14は、図1に示した脱水ケーキ細粒化
システムを構成する解砕コンベア装置400に備えられ
た前記カッタ424の概略取付構造を表す図である。こ
の図14において、2つのチョッパー404のそれぞれ
の複数のカッタ424はともに搬送コンベア403の搬
送ベルト402の搬送方向と同方向(矢印G方向)に回
転し、2つのチョッパー404は互いのカッタ424の
回転軌跡Hが重なり合わないように配置されている。ま
た、前記回転軌跡Hは搬送コンベア403の搬送ベルト
402にほぼ摺接しており、搬送ベルト402上の改良
土を介して作用するカッタ424の衝撃により搬送ベル
ト402が撓み振動することを防止するために、搬送コ
ンベア403のフレーム401におけるチョッパー40
4のカッタ424の取付位置には、支持部材427(図
12参照)を介して前記搬送ベルト402の搬送面を裏
側から受けるように支持板428が設けられている。
【0086】また、前記チョッパー本体407の天板部
407Bには取付板429を介して前記チョッパー42
4の回転軌跡Hに沿って略円弧状のカバー430が設け
られており、改良土の周囲への飛散を防止するようにな
っている。
【0087】図12に戻り、搬送コンベア403のフレ
ーム401の上部には、例えば、溶接等により支持部材
431が設けられ、この支持部材431にボルト432
によって、例えば、ゴム等の弾性材料からなるスカート
433が前記搬送ベルト402にほぼ摺接するように設
けられており、搬送ベルト402により搬送される改良
土が搬送コンベア403の側方からこぼれ落ちることを
防止するようになっている。
【0088】なお、チョッパー本体407の概略構造に
ついては前述したが、図12に示すように、詳細には、
その側板部407A,407Aのうち一方(図12中右
方)の側板部407Aはその上部の天板部407Bに対
して、例えば、溶接等により固定されているのに対し、
他方(図12中左方)の側板部407Aは天板部407
Bに対して、例えば、溶接等により天板部407B下部
に固定された取付板434を介してボルト435により
取外し可能に固定されている。このように、片方の側板
部407Aを取外し可能とすることにより、前記回転軸
414等のチョッパー本体407内の部材を容易に組込
み・解体することができ、メンテナンスを容易にすると
ともに、チョッパー407自体を搬送コンベア403の
フレーム401に対して容易に取付け・取外しができる
ようになっている。
【0089】また、前記解砕コンベア装置400は、搬
送コンベア403のフレーム401の図10中左端及び
支持部材405を接地させて直接地面に載置する構成と
したが、フレーム401の図10中左端の下部及び支持
部材404下端に移動用の車輪を設け、例えば、前記自
走式土質改良機械200等で牽引することにより移動可
能な構成としてもよい。
【0090】以上のような構成により、解砕コンベア装
置400は、前記脱水ケーキ造粒機械300の細粒化装
置(せん断機械)300Lの排出部352からスカート
354を介して搬送ベルト402上に載置された改良土
を搬送してチョッパー404により微解砕し、図1に示
すように、所定の改良土置場Sに山積みにするようにな
っている。
【0091】図1に戻り、前記のホイールローダ500
は、通常の建設現場でごく一般的に用いられるものであ
り、前輪501及び後輪502と、これら前輪・後輪5
01,502によって走行するフロントフレーム503
及びリヤフレーム504と、フロントフレーム503に
設けられたバケット505と、リヤフレーム504に設
けられた運転席506とを有し、フロントフレーム50
3とリヤフレーム504とを屈曲させることにより操舵
(進行方向の変更)が行われるものである。
【0092】このような構成により、ホイールローダ5
00は、そのバケット505で改良土置場Sに山積みさ
れた改良土をすくい走行することにより、場外または指
定の堆積場所へ運搬するようになっている。
【0093】以上において、前記軸端側側壁328A、
隙間埋め板328B、胴部側壁328C、及び下部側壁
328Dからなる本体ハウジング328と点検蓋349
とが、特許請求の範囲各項記載の複数の回転体の周囲を
取り囲む包囲手段を構成し、胴部側壁328Cの胴部本
体328Caと、点検蓋349の嵌合部349aとが、
内周面を回転体の回転軌跡に沿った略円弧形状とした円
弧部を構成する。
【0094】また、軸端側側壁328Aと下部側壁32
8Dとが円弧部の下方に位置し、鉛直方向または拡径方
向に延設された導出部を構成し、スカートゴム354A
〜354Dからなるスカート354が導出部の下方に垂
下するシート手段を構成する。
【0095】また、脱水ケーキ造粒機械300の混練機
械300Uが複数の回転ロールを備え、脱水ケーキと土
質改良材とが混合されて生成された改良土を、それら複
数の回転ロール間にて圧縮し混練する混練機械を構成
し、脱水ケーキ造粒機械300の細粒化装置300Lが
回転軸の軸方向に複数の羽根を設けた複数の回転体を互
いの回転軌跡が径方向に一部重なり合うように配置し、
混練した改良土をせん断し微解砕する細粒化装置を構成
する。
【0096】さらに、解砕コンベア装置400の搬送コ
ンベア403が細粒化装置から排出された改良土を搬送
する搬送手段を構成し、これと混練機械300U及び細
粒化装置300Lからなる脱水ケーキ造粒機械300と
が脱水ケーキ細粒化処理装置を構成する。
【0097】次に、上記構成の脱水ケーキ細粒化装置の
一実施の形態を有する脱水ケーキ細粒化システムの概略
動作を説明する。
【0098】図1において、まず、脱水ケーキ置場Pに
山積みにされている砕石微粉末の脱水ケーキは、油圧シ
ョベル100によって土質改良機械200の篩ユニット
201(図3参照)へ投入される。
【0099】図3において、土質改良機械200の篩ユ
ニット201に投入された脱水ケーキは、所定の大きさ
のもののみが選別されて下方の土砂ホッパ202へと導
入され、搬送コンベア204の搬送ベルト221上に載
置されて搬送され、搬送コンベア204の搬送方向下流
側端部近傍にて表面にフィーダ227から所定量の土質
改良材が加えられ、これらの混合物が混合装置203へ
と導入される。導入された脱水ケーキ及び土質改良材
は、混合装置本体236内のパドルミキサ(図示せず)
で均一に攪拌混合されるとともに併せて図示しないパド
ルとパドルの問に挟まれて粗解砕されて団粒状態の改良
土(=脱水ケーキの粒の表面に土質改良材(石灰等)が
付着した状態である)となり、最終的に排出コンベア2
08によって土質改良機械200後部から排出される。
【0100】以上のように、予め脱水ケーキと土質改良
材とを混合・粗解砕する工程を経ることにより、脱水ケ
ーキと土質改良材とを十分に混合させて脱水ケーキに対
し土質改良材を均一に分布させた改良土とする。
【0101】図4(a)において、土質改良機械200
後部から排出された改良土は、脱水ケーキ造粒機械30
0の混練機械300Uの導入口303へと投入される。
混練機械300Uの導入口303に投入された改良土
は、噛み込み方向(=図4(a)中破線矢印エの方向)
に高速回転する回転ロール306,306間の隙間空間
(図4(a)中寸法B)に導入されて圧縮(圧延)混練
され、扁平状の改良土(=脱水ケーキ層と土質改良材層
とが交互層状に練り込まれた質の高い混合物の状態)に
圧縮される。但しこのとき、前記隙間寸法Bの大きさに
より圧縮後の製品寸法が決まり、隙間寸法Bが比較的大
きければ改良土は通過しやすくなって処理量も増える
が、圧縮後の改良土の厚みは厚くなるため、細粒化装置
300Lの負担が大きくなる。
【0102】以上のような混練工程において、脱水ケー
キ内部へまんべんなく分散して土質改良材を練り込むこ
とにより、土質改良材の反応を全体にわたって均一に進
ませ、回転ロール306の圧縮により改良土から水分が
絞り出されてもその水分が土質改良材の脱水効果によっ
て比較的早くかつ均一に除去される。このとき、脱水ケ
ーキ自体は、前記フィルタプレスで絞られる段階で、強
固に圧縮され強度を付与されておりそのままでは簡単に
は解砕が難しくなっているが、これを大きな慣性力を持
つ回転ロール(ロールクラッシャ)306で圧縮するこ
とにより、フィルタプレスで押し固められた成分が押し
つぶされて転圧され。これによって上記したように水分
を均一に除去するとともに、混練処理後の改良土は非常
にもろい状態となる。
【0103】図5において、混練機械300Uで圧縮さ
れた改良土は、下方の前記細粒化装置300Lへと導出
され、細粒化装置300Lの導入部350に投入され
る。上述のように混練処理後の改良土は非常にもろい状
態となっていることから、この投入された混練改良土
は、噛み込み方向(=図8中矢印D方向)又は適宜その
逆方向(=図8中矢印D’方向)に高速回転する回転体
326,326に導入されて、羽根340によってせん
断・微解砕され、分散した小粒子状の改良土となって排
出口353及びスカート354を介して下方の解砕コン
ベア装置400の搬送ベルト402上に導かれる。
【0104】図14において、細粒化装置300Lで微
解砕され小粒子状とされた改良土は、解砕コンベア装置
400の搬送ベルト402により搬送される途中で、チ
ョッパー404のカッタ424によって、打撃を加えら
れてさらに微解砕される。
【0105】このとき、先の図12に示したように、チ
ョッパー本体407は回転軸414の回転方向(図11
中左右方向)が開口しており、微解砕された改良土の粒
は搬送ベルト402の流れに乗って次々とそのまま搬送
ベルト402上を下流側へと搬送されていき、一旦細粒
化したものが再付着し大粒化することがない。また、搬
送ベルト402によってある程度拘束された改良土に対
して回転軸414の軸方向中央側に向かって曲げられた
カッタ424の先端部424bがまんべんなく衝突し、
細粒化装置300Lにより十分に微解砕された改良土が
ここでさらに細かく微解砕される。
【0106】そして、図1に示すように、改良土置場S
へ山積みにされた改良土は、最終的にはホイールローダ
500によって場外または指定の堆積場所に運搬され
る。
【0107】次に、上記のように動作する本発明の脱水
ケーキ細粒化装置の一実施の形態の作用を以下に説明す
る。
【0108】(1)胴部側壁及び点検蓋の円弧形状及び
下部側壁の拡径による確実な細粒化 上記した脱水ケーキ細粒化システムにおいては、まず予
め土質改良機械200で脱水ケーキと土質改良材とを混
合・粗解砕することにより、脱水ケーキと土質改良材と
を十分に混合させて土質改良材を均一に分布させた改良
土とし、その後の混練機械300Uで改良土を2つの回
転ロール306,306間にて圧縮・混練して脱水ケー
キ内部へ土質改良材が練り込まれた扁平状の改良土と
し、土質改良材の反応を均一に進ませて改良土を非常に
もろい状態とした上で、細粒化装置300Lにてせん断
・中間解砕して小粒子状の改良土としている。
【0109】しかしながら、混練機械300Uにて混練
された扁平状の改良土を細粒化装置300Lでせん断・
微解砕するとき、通常、脱水ケーキは例えば15〜35
%程度の水分を含んでいることから、上記のように混練
機械300Uのロール圧縮により除去された後でもまだ
ある程度の水分が残存している。そのため、細粒化装置
300Lの回転体326の羽根340でせん断・微解砕
した後の改良土の粒が飛散し、細粒化装置300Lの回
転体326周囲を取り囲む包囲手段(この実施の形態で
は本体ハウジング328及び点検蓋349)の内周面に
付着しやすい傾向となる。そして、このように改良土の
粒が一旦付着すると、その付着粒に対して後続の粒が次
々と付着して成長し、塊となった状態で細粒化装置30
0Lから排出される可能性がある。この場合には、一旦
せん断・中間解砕されて小粒子状の改良土に細粒化され
ているにもかかわらず、細粒化装置300Lから排出さ
れる改良土の粒は見かけ上大きなものとなるため、前述
した5mmアンダー95%以上という高い細粒化水準を
確実に実現するのが困難となる可能性がある。
【0110】そこで、本実施の形態においては、細粒化
装置(せん断機械)300Lにおいて、その回転体32
6の周囲を取り囲む包囲手段の一部である、胴部側壁3
28Cの胴部本体328Ca及び点検蓋349の嵌合部
349aの回転体326に臨む側の内周面を回転体32
6の回転軌跡Rに沿う円弧形状とする。これにより、回
転体326の羽根340先端と胴部側壁胴部本体328
Ca及び点検蓋嵌合部349aとの間の隙間寸法を小さ
くすることができるので、羽根340でせん断・微解砕
した後の改良土の粒が飛散しそれら胴部側壁胴部本体3
28Ca及び点検蓋嵌合部349aの内周面に向かって
飛来してきても、付着するためのスペース(空間)が少
ないので、付着を抑制することができる。また仮に、そ
れら胴部側壁胴部本体328Ca及び点検蓋嵌合部34
9aの内周面に改良土の粒が一旦付着したとしても、す
ばやく回転体326の羽根340でその付着粒を掻き取
ることができる。したがって、付着粒の成長による見か
け上の大粒径化を防止できる。
【0111】また、通常定期的にメンテナンス作業とし
て行う付着改良土の除去作業の負担を大幅に軽減でき、
機械の稼働効率及び生産性を向上できる効果もある。
【0112】またこのとき、回転体326の羽根340
でせん断・微解砕された改良土の粒の細粒化装置300
L外への排出を確保するためには、前記した包囲手段の
全てを前記円弧形状とすることは不可能であり、少なく
とも回転体326,326の互いの回転軸331,33
1の略中心位置の下方には回転体326の回転軌跡Rに
沿わない部分を設ける、つまり開口させる必要がある。
ここで、回転体326の回転方向は、前記包囲手段の中
央を通過する改良土を下方へ導入しつつ羽根340でせ
ん断するような向きに設定することとなるため、改良土
の粒は、回転体326の羽根340でせん断・微解砕さ
れた後、包囲手段の径方向中央側から前記回転体326
の回転軌跡Rの接線方向に向かって、図8に示した流線
Qのように多少の広がりをもって斜めに飛散しつつ下方
へと排出されていく。そのため、包囲手段のうち上記回
転体326の回転軌跡Rに沿わない部分、すなわち前記
した下部側壁328Dを下方に向かって縮径形状とする
と、改良土の粒が下部側壁328Dに対して略正面から
飛散してくることとなる。この結果、それらの粒が下部
側壁328Dに衝突しやすく、また略正面からの衝突で
圧縮され付着しやすいため、付着粒の成長による見かけ
上の大粒径化が生じる可能性がある。
【0113】そこで本実施の形態においては、円弧形状
の胴部側壁328Cの下方に連接される下部側壁328
Dを下方に向かって拡径方向に延設する。これにより、
斜めに飛散していく改良土の粒の飛散方向(流線Q)と
下部側壁328Dの延設方向とのなす角度を、上記した
ように下部側壁328Dを縮径形状とした場合に比べて
より小さくできる。したがって、それら改良土の粒が下
部側壁328Dに衝突しにくくなり、また仮に衝突した
としても、より小さな角度で斜めに衝突するため、下部
側壁328Dに圧縮付着させることなく斜め下方に跳ね
返らせて落下させることができるので、改良土の粒の付
着を防止できる。
【0114】以上のようにして、付着粒の成長による見
かけ上の大粒径化を確実に防止できるので、5mmアン
ダー95%以上という高い細粒化水準を確実に実現する
ことができる。
【0115】(2)羽根の軸方向配置による作用 本実施の形態では、細粒化装置300Lにおいて、回転
体326の羽根340でせん断・微解砕(中間解砕)さ
れて小粒子状の改良土は、本体ハウジング328や点検
蓋349に飛散して付着する以外に、多数の羽根340
相互間に隙間が介在する場合にはその隙間に侵入して付
着する可能性がある。本実施の形態においては、複数枚
の羽根340相互間の隙間がなくなることにより、この
隙間への土粒付着を防止できる。
【0116】また、隙間なく羽根340を配設している
ので、羽根340の回転速度(周速)を比較的速くすれ
ば、混練機械300Uから導入される改良土が本体ハウ
ジング328及び点検蓋349からなる包囲手段内を落
下する間にいずれかの羽根340に確実に衝突させるこ
とができ、解砕性能をさらに向上できる効果もある。
【0117】(3)逃げ角による作用 本実施の形態では、細粒化装置300Lにおいて、図8
に示したように、羽根340の外周部の回転方向Dの後
方側に所定の逃げ角θ1をもたせてある。これにより、
胴部側壁328Cの胴部本体328Ca及び点検蓋嵌合
部349aの円弧部内周面に付着した改良土の付着粒を
羽根340で掻き取るとき、その掻き取り抵抗(削り取
り抵抗)を小さくできる。したがって、回転体326を
駆動する羽根駆動用モータ336の動力を小さくするこ
とができる。
【0118】(4)ガイド部材による投入改良土ガイド
(分散)作用 細粒化装置300Uにおいて、上部から落下する偏平状
の改良土を2つの回転軸331の羽根取付部331aの
中点位置(2軸中心)に落下させると、回転体326の
回転数によっては改良土と羽根340との衝突の機会が
少なく、所望の解砕精度を確実には達成できない可能性
がある。
【0119】そこで、本実施の形態においては、改良土
を上記2つの回転軸331の羽根取付部331aの中点
位置に落下させるのでなく、ガイド部材351を設けこ
れに沿って衝突落下させ左右に振り分ける。これによ
り、各回転軸331の羽根取付部331aの軸心近くに
改良土を落下させることができ、衝突の確率を増大させ
て解砕効果を向上できる。
【0120】(5)回転体を互いの回転軌跡が一部重な
り合うように配置することによる作用 細粒化装置300Lにおいて、回転軸331の軸方向に
羽根340を複数個設けた回転体326,326間で改
良土をせん断し微解砕する際、その解砕効果は、羽根3
40と改良土との衝突の確率と、隣接回転体326の羽
根340間の間隙空間における改良土の存在確率との積
で決まる。
【0121】羽根340と改良土との衝突の確率につい
ては、回転体326の回転数を増大させれば向上する。
一方、改良土の存在確率については、図8に示すよう
に、2つの回転体326,326を互いの回転軌跡Rが
径方向に一部重なり合うように配置することで、隣接回
転体326の羽根340間の間隙空間を十分に小さく
し、改良土の存在確率をも向上させている。これによ
り、細粒化装置300Lにおける十分な解砕効果を確保
できる。
【0122】なお、以上において、解砕性能をさらに向
上させることを目的として、回転体326の羽根340
を軸方向に隙間なく配置する構造、ガイド部材351、
及び2つの回転体326,326を互いの回転軌跡Rが
径方向に一部重なり合うように配置する構造を設けた
が、これらは本発明の基本的な効果である上記(1)の
効果を得る限りにおいては必ずしも必要ない。また、羽
根駆動用モータ336の動力低減のために、羽根340
の外周部の回転方向Dの後方側に所定の逃げ角θ1をも
たせたが、これも本発明の基本的な効果である上記
(1)の効果を得る限りにおいてはこの構造でなくても
よい。
【0123】
【発明の効果】本発明によれば、まず、回転体の周囲を
取り囲む包囲手段の少なくとも一部を回転体に臨む側の
内周面が回転軌跡に沿う円弧形状の円弧部とすることに
より、回転体の羽根先端と包囲手段との間の隙間寸法を
小さくすることができる。したがって、せん断・微解砕
された改良土の粒が飛来してきても、包囲手段の内周面
には付着するためのスペース(空間)が少ないので、付
着を抑制することができる。また仮に、包囲手段の円弧
部内周面に改良土の粒が一旦付着したとしても、すばや
く回転体の羽根でその付着粒を掻き取ることができる。
また、円弧部の下方に設けた導出部を鉛直方向または拡
径方向に延設することにより、せん断・微解砕された改
良土の粒の飛散方向と導出部の延設方向とのなす角度を
小さくできる。したがって、改良土の粒が導出部に衝突
しにくくなり、また仮に衝突したとしても、より小さな
角度で斜めに衝突するため、導出部に圧縮付着させるこ
となく斜め下方に跳ね返らせて落下させることができる
ので、改良土の粒の付着を確実に防止できる。したがっ
て、付着粒の成長による見かけ上の大粒径化を確実に防
止でき、5mmアンダー95%以上という高い細粒化水
準を確実に実現することができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の脱水ケーキ細粒化装置の一実施の形態
を備えた脱水ケーキ細粒化システムの全体配置を表す側
面図である。
【図2】本発明の脱水ケーキ細粒化装置の一実施の形態
を備えた脱水ケーキ細粒化システムの全体配置を表す上
面図である。
【図3】本発明の脱水ケーキ細粒化装置の一実施の形態
を備えた脱水ケーキ細粒化システムを構成する図1に示
した自走式土質改良機械の詳細構造を表す側面図であ
る。
【図4】本発明の脱水ケーキ細粒化装置の一実施の形態
を備えた脱水ケーキ細粒化システムを構成する図1に示
した脱水ケーキ造粒機械の上段に備えられた混練機械の
詳細構造を表す拡大正面図及びA方向から見た矢視側面
図である。
【図5】本発明の脱水ケーキ細粒化装置の一実施の形態
の詳細構造を表す正面図である。
【図6】図5中VI−VI断面による水平断面図である。
【図7】図6中VII−VII断面による側断面図である。
【図8】図7中VIII−VIII断面による横断面図である。
【図9】図8中C方向から見た部分側面図である。
【図10】本発明の脱水ケーキ細粒化装置の一実施の形
態を備えた脱水ケーキ細粒化システムを構成する図1に
示した解砕コンベア装置の全体構造を表す側面図であ
る。
【図11】本発明の脱水ケーキ細粒化装置の一実施の形
態を備えた脱水ケーキ細粒化システムを構成する図10
に示した解砕コンベア装置に備えられたチョッパーの全
体構造を表す側面図である。
【図12】図11中E方向から見た図である。
【図13】本発明の脱水ケーキ細粒化装置の一実施の形
態を備えた脱水ケーキ細粒化システムを構成する図10
に示した解砕コンベア装置に備えられたカッタの概略取
付構造を表す図及びF方向から見た図である。
【図14】本発明の脱水ケーキ細粒化装置の一実施の形
態を備えた脱水ケーキ細粒化システムを構成する解砕コ
ンベア装置に備えられたカッタの概略取付構造を表す図
である。
【符号の説明】
300U 混練機械 300L 細粒化装置 306 回転ロール 326 回転体 328 本体ハウジング(包囲手段) 328A 軸端側側壁(包囲手段、導出部) 328B 隙間埋め板(包囲手段) 328C 胴部側壁(包囲手段) 328Ca 胴部本体(円弧部) 328D 下部側壁(包囲手段、導出部) 331 回転軸 340 羽根 349 点検蓋(包囲手段) 349a 嵌合部(円弧部) 354A〜D スカートゴム(シート手段) 354 スカート(シート手段) 403 搬送コンベア(搬送手段)
フロントページの続き (51)Int.Cl.7 識別記号 FI テーマコート゛(参考) B02C 18/22 B02C 18/22 (72)発明者 田山 稔 茨城県土浦市神立町650番地 日立建機株 式会社土浦工場内 (72)発明者 仲野 学 茨城県土浦市神立町650番地 日立建機株 式会社土浦工場内 Fターム(参考) 4D065 CA12 CB03 CC01 CC08 DD11 EB03 ED12 ED16 4D067 CG08 DD04 DD14 GA03 GB03 4G004 FA02 FA05

Claims (6)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】脱水ケーキと土質改良材とを混合かつ粗解
    砕した改良土を、せん断し微解砕する脱水ケーキ細粒化
    装置において、 回転軸の軸方向に複数の羽根を設けて形成され、互いの
    回転軌跡が径方向に一部重なり合うように配置された複
    数の回転体と、 これら回転体の周囲を取り囲む包囲手段とを有し、 前記包囲手段は、内周面を前記回転体の回転軌跡に沿っ
    た略円弧形状とした円弧部と、この円弧部の下方に位置
    し、鉛直方向または拡径方向に延設された導出部とを備
    えていることを特徴とする脱水ケーキ細粒化装置。
  2. 【請求項2】請求項1記載の脱水ケーキ細粒化装置にお
    いて、前記導出部を拡径方向に延設したことを特徴とす
    る脱水ケーキ細粒化装置。
  3. 【請求項3】請求項1又は2記載の脱水ケーキ細粒化装
    置において、前記導出部を前記円弧部の下方に連続して
    設けたことを特徴とする脱水ケーキ細粒化装置。
  4. 【請求項4】請求項1乃至3記載の脱水ケーキ細粒化装
    置において、前記導出部の下方に垂下するシート手段を
    設けたことを特徴とする脱水ケーキ細粒化装置。
  5. 【請求項5】複数の回転ロールを備え、脱水ケーキと土
    質改良材とが混合されて生成された改良土を、それら複
    数の回転ロール間にて圧縮し混練する混練機械と、 回転軸の軸方向に複数の羽根を設けた複数の回転体を互
    いの回転軌跡が径方向に一部重なり合うように配置し、
    前記混練した改良土をせん断し微解砕する細粒化装置
    と、 この細粒化装置から排出された改良土を搬送する搬送手
    段とを有することを特徴とする脱水ケーキ細粒化処理装
    置。
  6. 【請求項6】請求項5記載の脱水ケーキ細粒化処理装置
    において、前記細粒化装置の前記回転体の軸方向と前記
    搬送手段の搬送方向とが略直交するように、前記細粒化
    装置及び前記搬送手段を配置したことを特徴とする脱水
    ケーキ細粒化処理装置。
JP2000285794A 2000-09-20 2000-09-20 脱水ケーキ細粒化装置及び脱水ケーキ細粒化処理装置 Pending JP2002086004A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000285794A JP2002086004A (ja) 2000-09-20 2000-09-20 脱水ケーキ細粒化装置及び脱水ケーキ細粒化処理装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000285794A JP2002086004A (ja) 2000-09-20 2000-09-20 脱水ケーキ細粒化装置及び脱水ケーキ細粒化処理装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2002086004A true JP2002086004A (ja) 2002-03-26

Family

ID=18769804

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2000285794A Pending JP2002086004A (ja) 2000-09-20 2000-09-20 脱水ケーキ細粒化装置及び脱水ケーキ細粒化処理装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2002086004A (ja)

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2008036582A (ja) * 2006-08-09 2008-02-21 Sumitomo Heavy Industries Environment Co Ltd フロキュレータ
CN102755857A (zh) * 2012-08-02 2012-10-31 昌邑市龙港无机硅有限公司 一种颗粒整型设备
CN104043511A (zh) * 2014-06-18 2014-09-17 孙玉平 煤矿井下用对辊破碎机
KR101891335B1 (ko) * 2017-03-31 2018-08-23 공준혁 폐수 슬러지 파쇄교반 장치

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2008036582A (ja) * 2006-08-09 2008-02-21 Sumitomo Heavy Industries Environment Co Ltd フロキュレータ
CN102755857A (zh) * 2012-08-02 2012-10-31 昌邑市龙港无机硅有限公司 一种颗粒整型设备
CN102755857B (zh) * 2012-08-02 2015-03-18 昌邑市龙港无机硅有限公司 一种颗粒整型设备
CN104043511A (zh) * 2014-06-18 2014-09-17 孙玉平 煤矿井下用对辊破碎机
KR101891335B1 (ko) * 2017-03-31 2018-08-23 공준혁 폐수 슬러지 파쇄교반 장치

Similar Documents

Publication Publication Date Title
CN1112958C (zh) 自行式土壤处理机
CN110788125B (zh) 一种用于土壤修复的固化稳定化系统
US6595446B1 (en) Soil modifying machine
KR100528984B1 (ko) 자주식 리사이클기계, 자주식 리사이클기계의 베이스유닛및 베이스프레임
JP2002086004A (ja) 脱水ケーキ細粒化装置及び脱水ケーキ細粒化処理装置
JP2001334162A (ja) 脱水ケーキ細粒化装置
JP2000008403A (ja) 混在物などの分別方法および分別粉砕用バケット
JP2002086009A (ja) 脱水ケーキ細粒化システム及び自走式混合解砕機械
JP2001254391A (ja) 脱水ケーキ細粒化システム及びこれに用いる自走式造粒機械並びに脱水ケーキ細粒化方法
JP3670855B2 (ja) 砕土・混合による土質改良方法並びに砕土・混合機付き土質改良装置
JP3887270B2 (ja) 解砕コンベア装置及び土質改良システム
JP2002253980A (ja) 解砕コンベア装置及びこれに用いる解砕機並びに脱水ケーキ細粒化システム
JP3375588B2 (ja) 自走式土質改良機械
JP2002097663A (ja) 自走式土質改良機及び予解砕装置
JP2004278216A (ja) 解砕コンベア装置及びその運転方法
JP3676087B2 (ja) 砕土機及び砕土機付き土質改良装置
CN206108280U (zh) 砖坯原料处理装置
JP2641849B2 (ja) 泥土モルタルに混練する掘削土の処理方法及びその装置
JP2002254096A (ja) 泥土固化処理装置
JP3375556B2 (ja) 土質改良システム
JP3955422B2 (ja) 泥土固化処理装置
JP3705705B2 (ja) 自走式土質改良機械及び土質改良方法
JP2003170118A (ja) 土砂用篩い装置及び自走式土質改良機
JP2007051502A (ja) 土壌混合機
JP3375559B2 (ja) 自走式土質改良機械