JP2002084524A - 映像,音声またはデータ放送の受信・符号化・記録・送信方法および放送記録・再生用サーバ装置 - Google Patents

映像,音声またはデータ放送の受信・符号化・記録・送信方法および放送記録・再生用サーバ装置

Info

Publication number
JP2002084524A
JP2002084524A JP2000269708A JP2000269708A JP2002084524A JP 2002084524 A JP2002084524 A JP 2002084524A JP 2000269708 A JP2000269708 A JP 2000269708A JP 2000269708 A JP2000269708 A JP 2000269708A JP 2002084524 A JP2002084524 A JP 2002084524A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
video
audio
data
encoding
recording
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2000269708A
Other languages
English (en)
Inventor
Takeshi Nakamura
健 中村
Takayasu Nitta
高庸 新田
Original Assignee
Nippon Telegr & Teleph Corp <Ntt>
日本電信電話株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Nippon Telegr & Teleph Corp <Ntt>, 日本電信電話株式会社 filed Critical Nippon Telegr & Teleph Corp <Ntt>
Priority to JP2000269708A priority Critical patent/JP2002084524A/ja
Publication of JP2002084524A publication Critical patent/JP2002084524A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 個人で映像,音声またはデータ放送を記録し
視聴または利用する際に発生していた地理的,時間的制
約を軽減する。 【解決手段】 使用者(A3,B3) は,コンピュータネット
ワーク2を介して遠隔地よりサーバ1の使用権を取得
し,そのサーバ1が受信する映像,音声またはデータ放
送を符号化または再符号化して記録することを指示す
る。この指示に対し,サーバ1は,指定された映像,音
声またはデータ放送を符号化または再符号化し,映像音
声データ記憶装置11に記録する。使用者が過去にそのサ
ーバ1に記録した映像,音声またはデータ放送の再生を
要求すると,サーバ1は要求されたデータを使用者の指
定する端末A3,B3 にコンピュータネットワーク2を介し
て送信する。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は,コンピュータシス
テムを用い,映像,音声またはデータ放送を受信・符号
化・記録・送信する方法および放送記録・再生用サーバ
装置に関する。
【0002】
【従来の技術】従来より,録画装置,録音装置を利用し
て,指定された時間または指定された番組の映像,音声
またはデータ放送を受信し,受信した映像,音声または
データ放送のデータを符号化し,記録し,再生する方法
は知られている。また,遠隔地から使用者の所有する録
画装置を通信回線を介して操作する方法も知られてい
る。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら,録画・
録音装置を所有し,それを遠隔操作する場合に,録画・
録音装置の待機電源を常に入れておく必要や,コンピュ
ータネットワークに常時接続しておくか,遠隔地からコ
ンピュータネットワークへの接続を開始させる仕組みが
備わっている必要などがあり,これらを実現することは
一般にある程度のコストがかかる。また,個人が録画・
録音装置を所有する場合に,使用頻度が低いと,その購
入費に見合う分だけ十分に活用できないという問題があ
る。
【0004】また,従来のビデオサーバは記録された映
像,音声はそのビデオサーバを用いて再生するか,その
ビデオサーバを含む小規模ネットワークの中で視聴する
ものであり,遠隔地からの視聴を前提としたものではな
かった。
【0005】さらに,映像,音声またはデータの放送
は,地域によってその内容が異なり,それらを視聴また
は利用するためには,その地域に直接出向いて視聴また
は利用するか,放送事業者などのコンテンツ配信者がそ
の他の経路で配信するか,パッケージ商品を購入する必
要があり,一般的に個人が遠隔地域の放送を自由に記録
・視聴または利用するのは困難であった。
【0006】本発明は上述した問題に鑑みてなされたも
ので,その目的とするところは,個人で映像,音声また
はデータ放送を記録し視聴または利用する際に発生して
いた地理的,時間的制約を軽減するところにあり,使用
者は任意の時間に,任意の場所から,ある地域における
映像,音声またはデータ放送を任意の画質で,記録また
は記録を予約し,それを任意の時間に,任意の場所から
視聴または利用することができるようにすることであ
る。
【0007】
【課題を解決するための手段】上述した問題を解決する
ために,第1の発明にあっては,使用者がコンピュータ
ネットワークを介して遠隔地よりサーバの使用権を取得
し,そのサーバが受信する映像,音声またはデータ放送
を符号化または再符号化し,そのサーバに付する記憶装
置に記録することを指定する段階を備え,使用者が過去
にそのサーバに記録した映像,音声またはデータ放送を
使用者の指示に基づいて使用者の指定する端末に送信さ
せる段階を備えることを特徴とする。
【0008】第2の発明にあっては,前述した映像,音
声またはデータ放送の受信・符号化・記録・送信方法に
おいて,サーバの使用権の取得に際して依頼者の識別I
Dを促す段階と入力された識別IDによって使用権の付
与を許可するか否かを決定する段階とを備えることを特
徴とする。
【0009】第3の発明にあっては,前述した映像,音
声またはデータ放送の受信・符号化・記録・送信方法に
おいて,サーバにおける映像,音声またはデータ放送の
符号化・記録に際して,コンピュータネットワークを介
してその開始/終了時刻をあらかじめ指示する段階を備
えることを特徴とする。
【0010】第4の発明にあっては,前述した映像,音
声またはデータ放送の受信・符号化・記録・送信方法に
おいて,サーバにおける映像,音声またはデータ放送の
符号化・記録に際して,コンピュータネットワークを介
してその開始/終了を電子番組表の中からあらかじめ指
示する段階を備え,番組放送開始時刻の変更時にはその
変更を認識して符号化・記録を開始/終了することを特
徴とする。
【0011】第5の発明にあっては,前述した映像,音
声またはデータ放送の受信・符号化・記録・送信方法に
おいて,サーバにおける映像,音声またはデータ放送の
符号化に際して,コンピュータネットワークを介して使
用者の指示に応じたビットレートや符号化方法をあらか
じめ指示する段階を備えることを特徴とする。
【0012】第6の発明にあっては,前述した映像,音
声またはデータ放送の受信・符号化・記録・送信方法に
おいて,サーバにおける映像,音声またはデータ放送の
送信に際して,コンピュータネットワークを介して使用
者の指示に応じて,符号化された映像,音声またはデー
タ放送の送信の開始/停止を行なう段階を備えることを
特徴とする。
【0013】前記第1,第2の発明によれば,一定の場
所に多数のサーバをおき,多数の使用者にIDを付与し
それらに受信,符号化,記録,送信の各機能と記憶領域
を効率的に貸し出すことにより,比較的低いコストで,
多数の使用者にサービスを提供することができる。使用
者にとっては,サーバの購入,運用の必要がなく,たと
えば携帯端末によりコンピュータネットワークを介し
て,任意の時間に任意の場所から映像,音声またはデー
タ放送の記録予約が可能となる。
【0014】また,前記第1,第5,第6の発明によれ
ば,使用者は映像,音声,データの視聴または利用に使
用する端末が接続するネットワーク環境や,サーバの記
憶装置に割り当てられた記憶領域に応じて映像,音声ま
たはデータ放送の符号化または再符号化後のビットレー
トを指定することができる。これにより,比較的受信帯
域の小さい携帯端末を用いて視聴したり,または固定回
線により高帯域の映像を視聴したりすることを選択でき
る。
【0015】第7の発明は,放送記録・再生用サーバ装
置であり,以上の方法を実施するために,映像,音声ま
たはデータ放送を受信する手段と,コンピュータネット
ワークを介して入力された使用者の指示に応じて,受信
した映像,音声またはデータ放送を符号化または再符号
化する手段と,その符号化データを記憶装置に記録する
手段と,過去に記録した映像,音声またはデータ放送
を,前記使用者の指示に基づいて使用者の指定する端末
に送信する手段とを備えることを特徴とする。
【0016】本発明は,従来各個人が所有していた録画
・録音装置を集約し,その機能を効率的に運用・貸し出
すものであり,従来のコンテンツ配信システムやコンテ
ンツ配信型のビデオオンデマンドサーバシステムとは性
格を異にするものである。
【0017】
【発明の実施の形態】(1)全体構成 以下に本発明における一実施形態について図面を参照し
て説明する。
【0018】図1は,本実施形態の構成を示すブロック
図である。図1において,サーバ1は,映像,音声また
はデータ放送を受信する放送受信装置4と,受信した映
像,音声またはデータ放送を符号化または再符号化し,
その符号化データを記録するための映像音声データ記憶
装置11を備えている。サーバ1は,インターネット等
のコンピュータネットワーク2に接続されており,端末
A3,端末B3もコンピュータネットワーク2に接続可
能になっている。
【0019】端末A3,端末B3は,ともに表示部と入
力部とを備えている。また,端末A3,B3は所定のフ
ォーマットで符号化された映像,音声またはデータ放送
をリアルタイムで復号し再生する機能を有する。
【0020】次に,サーバ1の詳細構成について説明す
る。図2は,サーバ1の構成例を示すブロック図であ
る。図2において,制御手段7はCPUなどから構成さ
れ,各手段の制御や,データの転送,種々の演算,デー
タの一時的な格納などを行なう。入力制御手段5は,イ
ンターネット等のコンピュータネットワーク2を介して
接続された端末A3,端末B3から入力されるデータを
制御する。出力制御手段6は,端末A3,端末B3に出
力されるテキスト,画像データや映像,音声またはデー
タ放送のビットストリームデータの出力を制御する。
【0021】また,メインプログラム記憶手段12に
は,メインプログラムが記憶されている。このメインプ
ログラムは,制御手段7において用いられるものであ
り,たとえば端末A3,端末B3の表示部に予約入力画
面を表示させるプログラムや,エンコーダ9やトランス
コーダ10を,予約情報やリソース利用状況に従って制
御するためのプログラム等から構成される。
【0022】番組表記憶手段13は,記録予約に用いら
れる番組表が記憶されている。本実施形態における番組
表は,各放送チャンネルの各番組の開始時刻,終了時
刻,番組の題名,番組の概要からなり,これらの情報は
適宜更新される。リソース利用状況データ記憶手段14
には,リソース利用状況データが記憶されている。各リ
ソースの利用状況,予約状況のデータが記録されてお
り,リソースの管理に使用される。顧客データ記憶手段
15には,顧客データが記録されており,顧客情報,使
用履歴の管理などに用いられる。
【0023】映像音声データ入力手段8は,図1に示す
放送受信装置4に相当し,テレビジョン,ラジオ等の映
像,音声またはデータ放送の受信をし,その信号を復調
し,映像,音声またはデータ信号を出力する。また,有
線放送,インターネット放送の受信,復調または復号を
含むこともありうる。
【0024】エンコーダ9は,映像,音声またはデータ
信号を符号化し,その映像音声データ符号化ビットスト
リーム17を出力する。デジタル放送のように,映像音
声データ入力手段8の出力が符号化ビットストリームと
なる場合,エンコーダ9は再符号化を行なう。
【0025】トランスコーダ10は,映像,音声または
データ信号が圧縮符号化されたビットストリームのビッ
トレート,画面サイズ,画質を変換して出力する。エン
コーダ9,トランスコーダ10は,複数の信号またはビ
ットストリームを同時に並列に処理する能力を持ち,そ
れぞれの処理の制御,パラメータの設定などは制御手段
7により行なわれる。
【0026】(2)動作説明 次に,本実施形態の動作について説明する。ここで端末
A3,端末B3は,それぞれサーバ1と接続されて通信
を行ない,いずれも端末所有者の端末としても機能する
が,説明の便宜上,サーバ1と端末A3が接続されたと
して,以下にその説明を行なう。
【0027】サーバ1に端末A3が接続されると,制御
手段7は,この接続を入力制御手段5を介して検知し,
メインプログラムにしたがって端末A3を制御する。
【0028】図3〜図5は,本実施形態におけるメイン
プログラムの動作を説明するためのフローチャートであ
る。このフローチャートでは,説明をわかりやすくする
ために,具体的な画面の表示例によって処理内容を表し
ている。
【0029】(a)認証 図3において,制御手段7は端末A3の表示部に対し認
証画面D1を表示させ,端末操作者に対して,IDとパ
スワードの入力を促す。また,IDとパスワードを取得
していない使用者は,本実施形態の処理である「新規登
録」を選択する。この選択によって,制御手段7は,新
規登録画面D2を表示し,名前,住所,電話番号,クレ
ジットカード番号などの顧客情報の入力を促す。これら
の事項が入力され新規登録が完了すると,制御手段7は
使用者にIDとパスワードを付与し,それらをID確認
画面D3として表示する。また,これらの顧客情報は付
与されたID,パスワードと共に顧客データ記憶手段1
5に記録される。
【0030】また,使用者の端末からの情報によって使
用者の身元が確実に特定でき,その使用者に関する必要
な顧客情報を他のデータベースから使用者の許可のもと
に入手できる場合,それらの情報の入力を促す手順を省
くことができる。
【0031】正規のIDと正規のパスワードが入力され
た場合,制御手段7は,メインメニュー画面D4を表示
する。メインメニュー画面D4には,本実施形態の処理
手順である「予約」「再生」「データの整理」が表示さ
れ,いずれかの選択が促される。
【0032】(b)予約 メインメニュー画面D4において「予約」が選択された
場合,まず制御手段7は端末A3に予約チャンネル選択
画面D5を表示する。ここで「予約」とは,サーバ1に
付随している映像音声データ入力手段8が受信している
放送内容の録画・録音の予約を意味しており,すなわち
受信した映像音声信号の符号化もしくは受信ビットスト
リームの再符号化およびサーバ1に付随する映像音声デ
ータ記憶装置11への記録を一定時間行なうことを予約
することを意味する。
【0033】また,ここでいう「チャンネル」とは,テ
レビ受像機等におけるチャンネルを,映像音声データ入
力手段8において受信可能な全ての放送形態,たとえば
ラジオ放送,衛星放送,インターネット放送などに当て
はめた意味で,一定の受信方法において連続的に受信可
能な放送内容の単位を意味する。
【0034】制御手段7は,表示したチャンネルの中か
ら選択するように使用者に促し,このチャンネルの選択
により,予約設定方法選択画面D6を端末A3に表示す
る。この予約設定方法選択画面D6には,本実施形態の
処理手順である「時間予約」と「番組予約」が表示さ
れ,使用者はいずれかを選択するように促される。
【0035】・時間予約 予約設定方法選択画面D6で「時間予約」が選択された
場合,番組予約画面D8を表示し,録画もしくは録音の
開始時刻,終了時刻を入力するように促す。これらの情
報が入力されると,制御手段7は,リソース利用状況デ
ータ記憶手段14の同時刻のリソースの利用状況を照会
し,予約が可能であるかどうかを調べる。予約が可能で
あれば,制御手段7は保存サイズ指定画面D9を表示す
る。もし予約が不可能であれば,予約が不可能であるこ
とを表示する。
【0036】・番組予約 予約設定方法選択画面D6で「番組予約」が選択された
場合,番組表記憶手段13に記録された番組表を表示
し,それらの中のいくつかを選択するように使用者に促
す。これらの情報が入力されると,制御手段7はリソー
ス利用状況データ記憶手段14における選択した番組に
対応する時刻のリソースの利用状況を照会し,予約が可
能であるかどうかを調べる。予約が可能であれば,制御
手段7は保存サイズ指定画面D9を表示する。もし予約
が不可能であれば,予約が不可能であることを表示す
る。
【0037】(c)保存ビットレート指示 予約時間もしくは予約番組の設定が終了すると,保存ビ
ットレート指示画面D9が表示され,保存ビットレート
もしくは保存サイズの入力が促される。ビットレートが
入力されると,予約時間から計算して,保存サイズが表
示される。また,保存サイズが入力されると,予約時間
からビットレートが計算される。保存サイズが使用者に
割り当てられた記憶領域サイズの制限をこえると,その
ビットレートでの予約が不可能であることを表示する。
【0038】(d)保存データ保持時間指示 保存ビットレート指示が終了すると保存データ保持時間
指示画面D10が表示される。保存データ保持時間が使
用者により入力されると,録画録音開始時刻,終了時
刻,保存ビットレート,保存データ保持時間から,記憶
領域の占有領域の推移を計算し,リソース利用状況デー
タ記憶手段14を照会し,それらの予約が可能かどうか
を調べる。不可能であれば,リソース不足に関する情報
を表示し,再入力を促す。また,保存データ保持時間内
に再生・送信行為が行なわれなかった場合,どのように
するかを選択する。たとえば「消去」などを選択する。
【0039】これらの入力が終了したら,予約内容確認
画面D11を表示し,予約内容の確認を促す。確認され
たら,それらの予約データに基づき顧客データ記憶手段
15およびリソース利用状況データ記憶手段14を更新
し,メインメニュー画面D4を再び表示する。
【0040】(e)予約実行 制御手段7は,リソース利用状況データ記憶手段14に
記録されている各予約データの録画録音開始時刻がくる
と,その予約データに基づいて所定のチャンネルの映像
音声信号またはビットストリームを所定のビットレート
に符号化または再符号化し,映像音声データ記憶装置1
1に記録する。また同時に現在リソース利用状況データ
に記録されている映像音声データ記憶装置11のファイ
ル管理情報や現在のエンコーダ9の利用状況情報を更新
する。また,各予約データの録画録音終了時刻がくる
と,これらの処理を終了する。また,保存データ保持時
間が過ぎたら,そのデータを消去するなどの所定の処理
を実行する。
【0041】(f)再生 メインメニュー画面D4において「再生」が選択された
場合,まず制御手段7は,端末A3に保存データ一覧画
面D12を表示し,使用者に保存データ一覧からひとつ
選択するように促す。選択されたら,再生ビットレート
指示画面D13が表示され,保存ビットレートで再生す
るか,それとも再符号化して再生するかの選択が促され
る。
【0042】保存ビットレートでの再生が選択された
ら,選択された保存データが映像音声データ記憶装置1
1から出力制御手段6に転送され,端末A3側のストリ
ーミング再生ソフトとの通信規約にしたがって,コンピ
ュータネットワーク2に出力される。
【0043】また,再符号化して再生することが選択さ
れたら,使用者に再符号化後のビットレートの指示が促
され,その設定が制御手段7によりトランスコーダ10
に伝えられ,選択された保存データが映像音声データ記
憶装置11からトランスコーダ10に入力され,その出
力が出力制御手段6に転送され,端末A3側の再生プロ
グラムとの通信規約にしたがって,コンピュータネット
ワーク2に出力される。
【0044】(g)データ整理 メインメニュー画面D4において「データ整理」が選択
された場合,まず制御手段7は,端末A3にデータ整理
画面D14を表示する。データ整理画面D14には,使
用者の予約状況と保存データの一覧が表示され,予約デ
ータを選択すると予約データ画面D15が表示され,
「予約変更」「予約消去」の選択が促される。
【0045】「予約変更」が選択されと,メインメニュ
ーの「予約」選択時と同様の動作を繰り返し予約を変更
する。ただし,入力が促される各項目のデフォルト値と
してすでに予約されたデータが設定されており,変更し
たい項目以外は入力せずに変更処理を進めていくことが
できる。また「予約消去」が選択されると,その予約デ
ータに関するリソース利用状況データ,顧客データなど
が消去もしくは修正されたのち,予約が消去されたこと
が表示される。
【0046】また,保存データを選択すると保存データ
画面D16が表示され,「保存データ再符号化」「保存
データ消去」の選択が促される。
【0047】「保存データ再符号化」が選択されると,
再圧縮サイズ設定画面D17が表示され,使用者に再符
号化後のビットレートの指示が促される。その設定が制
御手段7によりトランスコーダ10に伝えられ,選択さ
れた保存データが映像音声データ記憶装置11から,ト
ランスコーダ10に入力され,その入力が再び映像音声
データ記憶装置11に入力される。また同時に現在リソ
ース利用状況データ記憶手段14に記録されている映像
音声データ記憶装置11のファイル管理情報や現在のト
ランスコーダ10の利用状況情報を更新する。「保存デ
ータ消去」が選択されると,映像音声データ記憶装置1
1の保存データが消去される。また,それに対応するリ
ソース利用状況データ記憶手段14,顧客データ記憶手
段15などの記憶内容が消去,修正される。
【0048】
【発明の効果】以上に説明したように,本発明によれ
ば,個人で映像,音声またはデータ放送を記録し視聴ま
たは利用する際に発生していた地理的,時間的制約を軽
減することができ,使用者は任意の時間に,任意の場所
から,ある地域における映像,音声またはデータ放送を
任意の画質で,記録または記録を予約し,それを任意の
時間に,任意の場所から視聴または利用することができ
るようになる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明における実施形態のシステム構成を示す
ブロック図である。
【図2】本実施形態におけるサーバの構成例を示すブロ
ック図である。
【図3】本実施形態での動作および画面の構成の概要を
示すフローチャートである。
【図4】本実施形態での動作および画面の構成の概要を
示すフローチャートである。
【図5】本実施形態での動作および画面の構成の概要を
示すフローチャートである。
【符号の説明】
1 サーバ 2 コンピュータネットワーク 3 端末 4 放送受信装置 5 入力制御手段 6 出力制御手段 7 制御手段 8 映像音声データ入力手段 9 エンコーダ 10 トランスコーダ 11 映像音声データ記憶装置 12 メインプログラム記憶手段 13 番組表記憶手段 14 リソース利用状況データ記憶手段 15 顧客データ記憶手段
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (51)Int.Cl.7 識別記号 FI テーマコート゛(参考) H04N 5/44 H04N 5/44 D 5/445 5/445 Z 5/92 5/92 H 5/93 5/93 E Fターム(参考) 5C025 BA27 CA09 CB08 DA01 5C053 FA20 FA28 GB17 GB21 JA16 KA24 LA06 5C064 BA01 BB10 BC18 BC23 BD01 BD08

Claims (7)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 コンピュータネットワークに接続される
    サーバによって,映像,音声またはデータ放送を受信
    し,符号化し,記録し,送信する方法であって,前記サ
    ーバの使用権を取得した遠隔地の使用者から,そのサー
    バが受信する映像,音声またはデータ放送を符号化また
    は再符号化して記録することを指示する情報を,コンピ
    ュータネットワークを介して入力する段階と,前記指示
    によって,指定された映像,音声またはデータ放送を符
    号化または再符号化し,その符号化データを記憶装置に
    記録する段階と,過去にそのサーバに記録した映像,音
    声またはデータ放送を,前記使用者の指示に基づいて使
    用者の指定する端末に送信する段階とを有することを特
    徴とする映像,音声またはデータ放送の受信・符号化・
    記録・送信方法。
  2. 【請求項2】 前記サーバの使用権の取得に際して,使
    用者の識別情報の入力を促す段階と,入力された識別情
    報によって使用権の付与を許可するか否かを決定する段
    階とを有することを特徴とする請求項1記載の映像,音
    声またはデータ放送の受信・符号化・記録・送信方法。
  3. 【請求項3】 前記サーバにおける映像,音声またはデ
    ータ放送の符号化・記録に際して,コンピュータネット
    ワークを介してその開始,終了時刻の指示をあらかじめ
    入力する段階を有することを特徴とする請求項1記載の
    映像,音声またはデータ放送の受信・符号化・記録・送
    信方法。
  4. 【請求項4】 前記サーバにおける映像,音声またはデ
    ータ放送の符号化・記録に際して,コンピュータネット
    ワークを介してその開始,終了を電子番組表の中からあ
    らかじめ指示させる段階を有し,番組開始の変更時には
    その変更を認識して符号化・記録を開始,終了すること
    を特徴とする請求項1記載の映像,音声またはデータ放
    送の受信・符号化・記録・送信方法。
  5. 【請求項5】 前記サーバにおける映像,音声またはデ
    ータ放送の符号化に際して,コンピュータネットワーク
    を介してビットレートまたは符号化方法をあらかじめ使
    用者に指示させる段階を有し,指示されたビットレート
    または符号化方法によって映像,音声またはデータ放送
    の符号化または再符号化を行なうことを特徴とする請求
    項1記載の映像,音声またはデータ放送の受信・符号化
    ・記録・送信方法。
  6. 【請求項6】 前記サーバにおける映像,音声またはデ
    ータ放送の送信に際して,コンピュータネットワークを
    介した使用者の指示に応じて,符号化された映像,音声
    またはデータ放送の送信の開始,停止を行なう段階を有
    することを特徴とする請求項1記載の映像,音声または
    データ放送の受信・符号化・記録・送信方法。
  7. 【請求項7】 コンピュータネットワークに接続され,
    映像,音声またはデータ放送を受信し,符号化し,記録
    し,送信する放送記録・再生用サーバ装置であって,映
    像,音声またはデータ放送を受信する手段と,コンピュ
    ータネットワークを介して入力された使用者の指示に応
    じて,受信した映像,音声またはデータ放送を符号化ま
    たは再符号化する手段と,その符号化データを記憶装置
    に記録する手段と,過去に記録した映像,音声またはデ
    ータ放送を,前記使用者の指示に基づいて使用者の指定
    する端末に送信する手段とを備えることを特徴とする放
    送記録・再生用サーバ装置。
JP2000269708A 2000-09-06 2000-09-06 映像,音声またはデータ放送の受信・符号化・記録・送信方法および放送記録・再生用サーバ装置 Pending JP2002084524A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000269708A JP2002084524A (ja) 2000-09-06 2000-09-06 映像,音声またはデータ放送の受信・符号化・記録・送信方法および放送記録・再生用サーバ装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000269708A JP2002084524A (ja) 2000-09-06 2000-09-06 映像,音声またはデータ放送の受信・符号化・記録・送信方法および放送記録・再生用サーバ装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2002084524A true JP2002084524A (ja) 2002-03-22

Family

ID=18756268

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2000269708A Pending JP2002084524A (ja) 2000-09-06 2000-09-06 映像,音声またはデータ放送の受信・符号化・記録・送信方法および放送記録・再生用サーバ装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2002084524A (ja)

Cited By (14)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002191004A (ja) * 2000-12-21 2002-07-05 Nec Corp Tv番組録画システムおよびtv番組録画方法
JP2002300562A (ja) * 2001-03-29 2002-10-11 Nec Corp 放送番組録画配信システム及び放送番組録画配信方法
JP2003324675A (ja) * 2002-05-07 2003-11-14 Mitsubishi Electric Corp 映像記録システム
JP2004064498A (ja) * 2002-07-30 2004-02-26 Kddi Corp 予約番組記録サーバおよびインターネットを利用したダウンロード装置
WO2004040908A1 (ja) * 2002-10-30 2004-05-13 Fujitsu Limited ストリーム・サーバ
JP2004186826A (ja) * 2002-11-29 2004-07-02 Toshiba Corp 録画再生装置および録画予約管理方法
JP2005341076A (ja) * 2004-05-26 2005-12-08 Nippon Telegr & Teleph Corp <Ntt> 画像通信システム,通信会議システム,階層符号化装置,サーバ装置,画像通信方法,画像通信プログラムおよび画像通信プログラム記録媒体
JP2006325230A (ja) * 2003-06-26 2006-11-30 Sony Corp 情報処理装置および方法、記録媒体、並びにプログラム
US7224323B2 (en) 2000-07-17 2007-05-29 Sony Corporation Bi-directional communication system, display apparatus, base apparatus and bi-directional communication method
US7512087B2 (en) 2000-10-04 2009-03-31 Sony Corporation Communication system, apparatus and methods employing multiple communication networks
JP2009105915A (ja) * 2008-12-01 2009-05-14 Ntt Communications Kk 付加価値情報システム、付加価値情報利用方法及び付加価値情報格納装置
US7552463B2 (en) 2000-07-24 2009-06-23 Sony Corporation Television receiver, receiver and program execution method
US7720023B2 (en) 2002-05-07 2010-05-18 Nokia Corporation Telecommunication system and method for transmitting video data between a mobile terminal and internet
US7930431B2 (en) 2002-05-17 2011-04-19 Nec Corporation Contents using method, contents using system, contents using program, and server and electronic device used in same system

Cited By (16)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7224323B2 (en) 2000-07-17 2007-05-29 Sony Corporation Bi-directional communication system, display apparatus, base apparatus and bi-directional communication method
US7733295B2 (en) 2000-07-17 2010-06-08 Sony Corporation Bi-directional communication system, display apparatus, base apparatus and bi-directional communication method
US7227512B2 (en) 2000-07-17 2007-06-05 Sony Corporation Bi-directional communication system, display apparatus, base apparatus and bi-directional communication method
US7552463B2 (en) 2000-07-24 2009-06-23 Sony Corporation Television receiver, receiver and program execution method
US7512087B2 (en) 2000-10-04 2009-03-31 Sony Corporation Communication system, apparatus and methods employing multiple communication networks
JP2002191004A (ja) * 2000-12-21 2002-07-05 Nec Corp Tv番組録画システムおよびtv番組録画方法
JP2002300562A (ja) * 2001-03-29 2002-10-11 Nec Corp 放送番組録画配信システム及び放送番組録画配信方法
JP2003324675A (ja) * 2002-05-07 2003-11-14 Mitsubishi Electric Corp 映像記録システム
US7720023B2 (en) 2002-05-07 2010-05-18 Nokia Corporation Telecommunication system and method for transmitting video data between a mobile terminal and internet
US7930431B2 (en) 2002-05-17 2011-04-19 Nec Corporation Contents using method, contents using system, contents using program, and server and electronic device used in same system
JP2004064498A (ja) * 2002-07-30 2004-02-26 Kddi Corp 予約番組記録サーバおよびインターネットを利用したダウンロード装置
WO2004040908A1 (ja) * 2002-10-30 2004-05-13 Fujitsu Limited ストリーム・サーバ
JP2004186826A (ja) * 2002-11-29 2004-07-02 Toshiba Corp 録画再生装置および録画予約管理方法
JP2006325230A (ja) * 2003-06-26 2006-11-30 Sony Corp 情報処理装置および方法、記録媒体、並びにプログラム
JP2005341076A (ja) * 2004-05-26 2005-12-08 Nippon Telegr & Teleph Corp <Ntt> 画像通信システム,通信会議システム,階層符号化装置,サーバ装置,画像通信方法,画像通信プログラムおよび画像通信プログラム記録媒体
JP2009105915A (ja) * 2008-12-01 2009-05-14 Ntt Communications Kk 付加価値情報システム、付加価値情報利用方法及び付加価値情報格納装置

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US8918800B2 (en) Receiving apparatus and receiving method, broadcasting apparatus and broadcasting method, information processing apparatus and information processing method, bidirectional communication system and bidirectional communication method, and providing medium
JP4762410B2 (ja) 遠隔視聴覚信号記録方法及びその装置
US8074244B2 (en) Receiving apparatus and method
US7088952B1 (en) Apparatus for transmitting program information, communicating system, method of transmitting program information, method of instructing program recording operation, and method of instructing program purchasing operation
KR101005270B1 (ko) 데이터 처리 장치, 데이터 처리 방법, 및 컴퓨터로 판독 가능한 기록 매체, 및 데이터 처리 시스템
JP4389353B2 (ja) 録画代行装置
JP2001229112A6 (ja) 遠隔視聴覚信号記録方法及びその装置
US20060051055A1 (en) Content remote watching system, server apparatus for content remote watching, recording/reproducing apparatus for content remote watching, content remote watching method, and computer program product
US20070192793A1 (en) Electronic programming guide providing apparatus and method
US20080235733A1 (en) System and method for personal content access
US20040244061A1 (en) Transmission and reception apparatus, receiver, and reproduction method
JP2001507533A (ja) オーディオビジュアル番組のインタラクティブ化
WO2002091191A1 (fr) Recepteur
US20020066097A1 (en) Information broadcasting method, information broadcasting system, and receiving apparatus for transmitting data other than program through digital broadcasting
JP2002084524A (ja) 映像,音声またはデータ放送の受信・符号化・記録・送信方法および放送記録・再生用サーバ装置
US7567793B1 (en) Information system, mobile communication terminal, and information method
KR100869531B1 (ko) 주문된 프로그램 스케줄을 리모트 유저 로케이션으로 제공하기 위한 시스템
US20080184298A1 (en) Network system, server apparatus, terminal apparatus, display method of content guide, program for server apparatus, program for terminal apparatus
US20070240064A1 (en) Content processing device, change information generating device, content processing method, change information generating method, control program and storage medium
JP4195555B2 (ja) コンテンツ管理受信機
KR20050101791A (ko) 맞춤형 프로그램 컨텐츠 제공 방법 및 시스템
CN101420575B (zh) 录像装置及内容管理方法
JPH09271011A (ja) 通信システム
JP4613446B2 (ja) 放送データ配信システム
JPH09261616A (ja) ディジタルcatvシステムおよびその送受信方法