JP2002081885A - 除湿素子 - Google Patents

除湿素子

Info

Publication number
JP2002081885A
JP2002081885A JP2000269820A JP2000269820A JP2002081885A JP 2002081885 A JP2002081885 A JP 2002081885A JP 2000269820 A JP2000269820 A JP 2000269820A JP 2000269820 A JP2000269820 A JP 2000269820A JP 2002081885 A JP2002081885 A JP 2002081885A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
air chamber
inlet
passage tube
dehumidifying
outlet
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2000269820A
Other languages
English (en)
Inventor
Masaru Ibayashi
井林  勝
Toyoji Okayama
豊治 岡山
Original Assignee
Matsushita Seiko Co Ltd
松下精工株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Matsushita Seiko Co Ltd, 松下精工株式会社 filed Critical Matsushita Seiko Co Ltd
Priority to JP2000269820A priority Critical patent/JP2002081885A/ja
Publication of JP2002081885A publication Critical patent/JP2002081885A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 肉厚を薄くして除湿効率を高めることのでき
る除湿素子を提供することを目的とする。 【解決手段】 連結通路管1と、連結通路管1の一端が
接続される入口側空気室3と、連結通路管1の他端が接
続される出口側空気室6とを樹脂で別々に形成し、連結
通路管1を複数、入口側空気室3および出口側空気室6
に接合し形成され、連結通路管1の内部に多湿空気を通
し、外部に冷却流体を流す除湿素子本体7を備え、入口
側空気室3および出口側空気室6の室壁8に連結通路管
1の嵌合する嵌合部9を設けた接合手段12により接合
することにより、連結通路管1の薄肉化が可能となり除
湿効率を高めることのできる除湿素子が得られる。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、室内の空気中の水
分を冷却流体との間で熱交換して除湿する樹脂で形成さ
れる結露形の除湿素子に関する。
【0002】
【従来の技術】従来、この種の除湿素子の一例として特
開平11−304389号公報に記載された樹脂製の熱
交換器が知られている。以下、その熱交換器の構成につ
いて図5〜図7を参照しながら説明する。
【0003】図に示すように、上部に被凝縮流体の導入
部101を、下部に被凝縮流体の排出部102および凝
縮滴排出部103を設け、略上下方向被凝縮液体通過管
104が略水平方向通過管105、106、107より
も本数が多く、断面積が小さい通過管部と、各通過管の
間には熱交換流体通過用の空間部108とを備えたブロ
ー成形の半透明/透明樹脂の凝縮器109、110、上
記個々の凝縮器109、110の同位置にある被凝縮流
体導入部101、111および被凝縮流体導出部10
2、112にそれぞれパッキン113を咬ませて重なっ
た位置に接続し、2個の金属バネ板材114で結合さ
せ、個々の凝縮器109、110の凝縮液排出部10
3、115を1つの排出管116に接続して構成してい
た。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】このような従来の熱交
換器では、ポリプロピレン等の樹脂を金型内で成形加工
するブロー成形加工により形成しているため、熱交換器
の肉厚が1mm〜2mmの範囲で形成されることとな
り、肉厚が厚いことにより被凝縮流体との熱交換効率が
未だ充分でないという課題があり、熱交換効率を高め除
湿効率の良い除湿素子を得るようにすることが要求され
ている。
【0005】本発明は、このような従来の課題を解決す
るもので、肉厚を薄くして除湿効率を高めることのでき
る除湿素子を提供することを目的としている。
【0006】
【課題を解決するための手段】本発明の除湿素子は上記
目的を達成するために両端が開口された連結通路管と、
この連結通路管の一端が接続される形状で多湿空気入口
を設けた入口側空気室と、前記連結通路管の他端が接続
される形状で除湿空気出口と排水口を設けた出口側空気
室とを樹脂で別々に形成し、前記連結通路管を複数、入
口側空気室および出口側空気室に接合し形成され前記連
結通路管の内部に多湿空気を通し、外部に冷却流体を流
す除湿素子本体を備え、前記入口側空気室および出口側
空気室の室壁に前記連結通路管の嵌合する嵌合部を設け
た接合手段により接合する構成としたものである。
【0007】本発明によれば、連結通路管の肉厚を薄く
することが可能となり、除湿効率を高めることのできる
除湿素子が得られる。
【0008】
【発明の実施の形態】本発明は、両端が開口された連結
通路管と、この連結通路管の一端が接続される形状で多
湿空気入口を設けた入口側空気室と、前記連結通路管の
他端が接続される形状で除湿空気出口と排水口を設けた
出口側空気室とを樹脂で別々に形成し、前記連結通路管
を複数、入口側空気室および出口側空気室に接合し形成
され、前記連結通路管の内部に多湿空気を通し、外部に
冷却流体を流す除湿素子本体を備え、前記入口側空気室
および出口側空気室の室壁に前記連結通路管の嵌合する
嵌合部を設けた接合手段により接合する構成としたもの
であり、連結通路管を押し出し成形等により薄肉に形成
しても、連結通路管の端部は入口側空気室および出口側
空気室に設けた嵌合部に嵌合する接合手段により接合さ
れることにより接合が確実に行われることとなり、肉厚
を薄くして除湿効率を高めることのできるという作用を
有する。
【0009】以下、本発明の実施例について図面を参照
しながら説明する。
【0010】
【実施例】(実施例1)図1および図2に示すように、
両端が開口された連結通路管1と、この連結通路管1の
一端が接続される形状で多湿空気入口2を設けた入口側
空気室3と、連結通路管1の他端が接続される形状で除
湿空気出口4と排水口5を設けた出口側空気室6とを樹
脂で別々に形成し、連結通路管1を複数、入口側空気室
3および出口側空気室6に接合し形成され、連結通路管
2の内部に多湿空気を通し、外部に冷媒等の冷却流体を
流す除湿素子本体7を備え、入口側空気室3および出口
側空気室6の室壁8に連結通路管1の嵌合する嵌合部9
と、連結通路管1の端部が当接する当接部10により段
付部分11を形成し接合手段12を構成する。
【0011】上記構成において、入口側空気室3に設け
た多湿空気入口2より室内の多湿空気が流入されると多
湿空気は、入口側空気室3に接合された複数の連結通路
管1に分配され多湿空気が連結通路管1の内部を通る。
このとき連結通路管1の外部には冷却流体が流れ、冷却
流体が連結通路管1の外部に接触することにより、連結
通路管1の内部を通っている多湿空気が冷却され湿分が
結露水となって下降し、出口側空気室6に設けた排水口
5より外部に排水され、除分が除湿された除湿空気は出
口側空気室6に設けた除湿空気出口4から室内に排出さ
れ、室内の多湿空気が除湿されることとなる。
【0012】そして、連結通路管1の端部は入口側空気
室3および出口側空気室6に設けた嵌合部9に嵌合し接
合されることにより連結通路管1は確実に接合されるこ
ととなり連結通路管1を薄肉に形成することが可能とな
る。
【0013】このように本発明の実施例1の除湿素子に
よれば、両端が開口された連結通路管1と、この連結通
路管1の一端が接続される形状で多湿空気入口2を設け
た入口側空気室3と、連結通路管1の他端が接続される
形状で除湿空気出口4と排水口5を設けた出口側空気室
6とを樹脂で別々に形成し、連結通路管1を複数、入口
側空気室3および出口側空気室6に接合し形成され、連
結通路管1の内部に多湿空気を通し、外部に冷却流体を
流す除湿素子本体7を備え、入口側空気室3および出口
側空気室6の室壁8に連結通路管1の嵌合する嵌合部9
を設けた接合手段12により接合する構成としたので、
連結通路管1を押し出し成形等により薄肉に形成して
も、連結通路管1の端部は入口側空気室3および出口側
空気室6に設けた嵌合部9に嵌合する接合手段12によ
り接合されることにより、接合されることにより接合が
確実に行われることとなり、肉厚を薄くして除湿効率を
高めることのできる効果が得られる。
【0014】また、連結通路管1の端部が嵌合する嵌合
部9と連結通路管1の端部が当接する当接部10により
段付部分11を形成し接合手段12を構成したので、入
口側空気室3および出口側空気室6に連結通路管1の接
続時に、室壁8に設けた段付部分11の当接部10に連
結通路管1が当接することにより、連結通路管1を所定
の位置で保持し、正確に接合手段12により接合される
こととなり連結通路管1の接合を容易に行うことができ
る。
【0015】(実施例2)図3に示すように、室壁8に
設けた段付部分11Aを溶融して接合する接合手段12
Aにより構成する。
【0016】上記構成において、連結通路管1を接続す
るときには、段付部分11Aを溶融し、その熱により連
結通路管1の端部が溶融して接合されることとなる。
【0017】このように本発明の実施例2の除湿素子に
よれば、室壁8に設けた段付部分11Aを溶融して接続
する接続手段12Aを構成したので、段付部分11Aの
溶融部分が連結通路管1の端部との接続部分を覆い段付
部分11Aと連結通路管1が容易に接合されることとな
る。
【0018】(実施例3)図4に示すように、嵌合部9
Aの入口部分13にテーパ部14を設け接合手段12B
を構成する。
【0019】上記構成において、連結通路管1を接続す
るときには、嵌合部9Aの入口部分13に設けたテーパ
部14により連結通路管1の端部が嵌合部9A内に案内
するガイドとなり、連結通路管1が嵌合部9Aに嵌合さ
れ接合されることとなる。
【0020】このように本発明の実施例3の除湿素子に
よれば、嵌合部9Aの入口部分13にテーパ部14を設
け接合手段12Bを構成したので、連結通路管1を嵌合
部9Aに容易に嵌合して接合することができる。
【0021】
【発明の効果】以上の実施例から明らかなように、本発
明によれば両端が開口された連結通路管と、この連結通
路管の一端が接続される形状で多湿空気入口を設けた入
口側空気室と、前記連結通路管の他端が接続される形状
で除湿空気出口と排水口を設けた出口側空気室とを樹脂
で別々に形成し、前記連結通路管を複数、入口側空気室
および出口側空気室に接合し形成され、前記連結通路管
の内部に多湿空気を通し、外部に冷却流体を流す除湿素
子本体を備え、前記入口側空気室および出口側空気室の
室壁に前記連結通路管の嵌合する嵌合部を設けた嵌合手
段により接合する構成としたので、連結通路管の肉厚を
薄くすることが可能となり除湿効率を高めることのでき
る除湿素子を提供できる。
【0022】また、連結通路管の端部が嵌合する嵌合部
と連結通路管の端部が当接する当接部により段付部分を
形成し接合手段を構成したので、連結通路管の接合を容
易に行うことができる。
【0023】また、段付部分を溶融する接合手段により
接合する構成としたので、連結通路管が容易に接合でき
る。
【0024】また、嵌合部の入口部分にテーパ部を設け
接合手段を構成したので、連結通路管を嵌合部に容易に
嵌合して接合できる。
【図面の簡単な説明】
【図1】(a)本発明の実施例1の除湿素子の正面図 (b)同除湿素子の連結通路管の接合状態を示す断面図
【図2】同除湿素子の連結通路管の斜視図
【図3】本発明の実施例2の除湿素子の連結通路管の接
合状態を示す断面図
【図4】本発明の実施例3の除湿素子の連結通路管の接
合状態を示す断面図
【図5】従来の熱交換器の斜視図
【図6】同熱交換器の正面図
【図7】同熱交換器の図6のAA断面図
【符号の説明】
1 連結通路管 2 多湿空気入口 3 入口側空気室 4 除湿空気出口 5 排水口 6 出口側空気室 7 除湿素子本体 8 室壁 9 嵌合部 9A 嵌合部 10 当接部 11 段付部分 11A 段付部分 12 接合手段 12A 接合手段 12B 接合手段 13 入口部分 14 テーパ部
フロントページの続き Fターム(参考) 3L053 BC01 3L065 CA09 CA40 3L103 AA37 BB42 CC23 DD08 4D052 AA08 BA04 BB01 FA01

Claims (4)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 両端が開口された連結通路管と、この連
    結通路管の一端が接続される形状で多湿空気入口を設け
    た入口側空気室と、前記連結通路管の他端が接続される
    形状で除湿空気出口と排水口を設けた出口側空気室とを
    樹脂で別々に形成し、前記連結通路管を複数、入口側空
    気室および出口側空気室に接合し形成され、前記連結通
    路管の内部に多湿空気を通し、外部に冷却流体を流す除
    湿素子本体を備え、前記入口側空気室および出口側空気
    室の室壁に前記連結通路管の嵌合する嵌合部を設けた接
    合手段により接合する構成とした除湿素子。
  2. 【請求項2】 連結通路管の端部が嵌合する嵌合部と連
    結通路管の端部が当接する当接部により段付部分を形成
    し接合手段を構成した請求項1記載の除湿素子。
  3. 【請求項3】 段付部分を溶融する接合手段により接合
    する構成とした請求項1または2記載の除湿素子。
  4. 【請求項4】 嵌合部の入口部分にテーパ部を設け接合
    手段を構成した請求項1,2または3記載の除湿素子。
JP2000269820A 2000-09-06 2000-09-06 除湿素子 Pending JP2002081885A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000269820A JP2002081885A (ja) 2000-09-06 2000-09-06 除湿素子

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000269820A JP2002081885A (ja) 2000-09-06 2000-09-06 除湿素子

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2002081885A true JP2002081885A (ja) 2002-03-22

Family

ID=18756363

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2000269820A Pending JP2002081885A (ja) 2000-09-06 2000-09-06 除湿素子

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2002081885A (ja)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2006010104A (ja) * 2004-06-22 2006-01-12 Toshiba Mitsubishi-Electric Industrial System Corp 熱交換器の製造方法
JP2012193958A (ja) * 2012-07-18 2012-10-11 Daikin Industries Ltd 凝縮器

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2006010104A (ja) * 2004-06-22 2006-01-12 Toshiba Mitsubishi-Electric Industrial System Corp 熱交換器の製造方法
JP2012193958A (ja) * 2012-07-18 2012-10-11 Daikin Industries Ltd 凝縮器

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6581679B2 (en) Heat exchanger and method for producing a heat exchanger
JP2004506863A (ja) 熱交換装置
TW200940939A (en) Heat exchanger and dehumidifier employing it
US4775006A (en) Heat exchanger, particularly a coolant evaporator
JP5517745B2 (ja) 熱交換器用チューブ及び熱交換器
JP2009115339A (ja) 熱交換器
CN103105080A (zh) 热交换器的制造方法
JPH07190661A (ja) 熱交換器
JP2000346584A (ja) 熱交換器
JP2002081885A (ja) 除湿素子
JP2001133189A (ja) 熱交換器
WO2001067010A1 (fr) Echangeur de chaleur de refroidissement
JPH05322467A (ja) 熱交換器
JP2002079040A (ja) 除湿素子とその製造方法
JPH06123578A (ja) 積層型熱交換器
JP3974406B2 (ja) 熱交換器
JP3658801B2 (ja) 複式熱交換器
JP2001304725A (ja) 冷凍システム用レシーバタンク
JP4164146B2 (ja) 熱交換器、及びこれを用いたカー・エアコン
JPH0914793A (ja) 積層型熱交換器
JP2002079039A (ja) 除湿素子
KR100213778B1 (ko) 열교환기구조
JPH0674608A (ja) 積層型熱交換器
JP4164145B2 (ja) 熱交換器、及びこれを用いたカー・エアコン
JP2002079038A (ja) 除湿素子