JP2002061497A - アーチトンネル用湾曲版及びその接合構造 - Google Patents

アーチトンネル用湾曲版及びその接合構造

Info

Publication number
JP2002061497A
JP2002061497A JP2000245984A JP2000245984A JP2002061497A JP 2002061497 A JP2002061497 A JP 2002061497A JP 2000245984 A JP2000245984 A JP 2000245984A JP 2000245984 A JP2000245984 A JP 2000245984A JP 2002061497 A JP2002061497 A JP 2002061497A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
joint
joining
curved plate
tunnel
curved
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2000245984A
Other languages
English (en)
Inventor
Hirohide Hashimoto
Takashi Kunito
Munetaka Ozeki
崇 國藤
宗孝 大関
博英 橋本
Original Assignee
Ishikawajima Constr Materials Co Ltd
石川島建材工業株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Ishikawajima Constr Materials Co Ltd, 石川島建材工業株式会社 filed Critical Ishikawajima Constr Materials Co Ltd
Priority to JP2000245984A priority Critical patent/JP2002061497A/ja
Publication of JP2002061497A publication Critical patent/JP2002061497A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 作業性を高め、また強固に接合する。 【解決手段】 アーチトンネル用湾曲版1は、凸部接合
面1bを反対側の湾曲版1の凹部接合面1cに嵌合させ
て突起1eを嵌込孔1fに嵌め込み、接合孔1d,1d
を連通させてアーチ状に組み付ける。そして接合孔1
d,1dに接合棒3を挿入し、接合孔1dの隙間にグラ
ウト5を充填する。この接合構造においては、凸部接合
面1bと凹部接合面1cの嵌合によってトンネル長手方
向の湾曲版1,1どうしの組付けが緊密になる上、湾曲
版1にかかる上下方向の外力と左右方向の外力を接合棒
3がその全長にわたって受けるので、強固で安定した接
合力が得られる。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、アーチトンネルの
構築に用いられるPCT版(プレキャストトンネル版)
等の湾曲版及びその接合構造に関するものである。
【0002】
【従来の技術】開削工法によるアーチトンネルとして図
4に示すものが知られている。このトンネルは、左右一
対の湾曲版11,11を、それらの下部を基礎12に固
定するとともに、ボルトボックス13が設けられた上部
接合面11aをボルト及びナットで互いに接合してアー
チ状に据え付け、据付け後の湾曲版11の隣りに次の湾
曲版11を上記同様に据え付けて湾曲方向に沿う側部接
合面11gどうしをボルト及びナットで互いに接合する
ことにより順次トンネル長手方向に連結して構築されて
いる。なお、側部接合面11gにもボルトボックスが設
けられているが、図では省略されている。
【0003】他のアーチトンネルとして、上部接合面の
幅方向に形成された半円状の溝に円形断面の接合棒を挿
入して左右一対の湾曲版の上部接合面どうしを互いに接
合するものが開発されている。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】上記前者のアーチトン
ネルは、上部接合面11aどうしを接合する場合、ボル
トボックス13に設けられた挿通孔にボルトを挿通させ
てナットを螺着しなければならず、しかも、ボルトボッ
クス13にモルタルを充填して外面を平らにする必要が
あるため、接合に手間がかかるという問題点がある。ま
た、ボルト・ナット方式では強く安定した接合力が得に
くい。
【0005】後者のアーチトンネルの場合は、上部接合
面どうしを能率よく接合することができる。しかし、接
合棒には湾曲版どうしを一体に結合する機能は全くな
く、湾曲版の上部接合面どうしを互いに分離させる外力
に対しては全くの無抵抗であるため、あらゆる方向の外
力に対する強固で安定した接合力を得ることはできな
い。
【0006】本発明は、作業性が良い上に、強固に接合
することができるアーチトンネル用湾曲版及びその接合
構造を提供することを目的とする。
【0007】
【課題を解決するための手段】上記の目的を達成するた
めに、請求項1記載の発明は、上部接合面どうしを互い
に接合してアーチ状に据え付けられるアーチトンネル用
湾曲版において、上部接合面を、湾曲方向に突設された
凸部接合面と、他の湾曲版の凸部接合面を嵌合させる凹
部接合面とによって構成し、上記凸部接合面と凹部接合
面の境部分の幅方向に接合孔を形成した構成とした。
【0008】この手段では、左右一対の湾曲版を、凸部
接合面を相手側の湾曲版の凹部接合面に嵌合させて接合
孔どうしを互いに連通させる一方、接合孔に接合棒を挿
入して互いに接合する。このように、接合孔に接合棒を
挿通させるだけであるので、接合作業を能率よく迅速に
行い、工期を短縮することができる。
【0009】接合棒は、中空(パイプ)であっても中実
であってもよい。凸部接合面と凹部接合面のすべての角
部は、欠損を防ぐために、通常、R状とされるか、面取
りされる。
【0010】請求項1記載のアーチトンネル用湾曲版に
おいて、凸部接合面の幅方向の前後に、該凸部接合面の
1/2幅の凹部接合面をそれぞれ設けることができる
(請求項2)。この構成では、トンネル長手方向の湾曲
版の据付けは、左右の湾曲版どうしが1/2幅位相を変
える半幅シフトとなる。
【0011】請求項3記載の発明は、請求項1又は2記
載の左右一対のアーチトンネル用湾曲版どうしを、凸部
接合面を相手側の湾曲版の凹部接合面に嵌合させて接合
孔どうしを互いに連通させるとともに、互いに連通され
た接合孔に接合棒を挿入して互いに接合した構成とし
た。
【0012】この手段では、湾曲版どうしの接合作業を
迅速に行うことができ、しかも湾曲版に加わる上下方向
の外力と左右方向(分離又は圧縮方向)の外力が、湾曲
版どうしを結合した接合棒の径方向に全長にわたってか
かる構成のため、強固で安定した接合力が得られる。
【0013】請求項3記載のアーチトンネル用湾曲版の
接合構造において、接合棒が挿入された接合孔の隙間に
グラウトを充填することが好ましい(請求項4)。この
構成では、上部接合部分のガタつきが無くなり、接合が
緊密になる。
【0014】
【発明の実施の形態】発明の実施の形態を添付図面を参
照して説明する。図1ないし図3は本発明の実施の形態
を示す。アーチトンネル用湾曲版1は、平面形状(正面
形状)を長形状にされるとともに、側面形状を円弧状に
された本体1aの、湾曲方向に並ぶ一方の端部に、凸部
接合面1bと凹部接合面1c,1cを設け、凸部接合面
1bと凹部接合面1cとの境界(中間)部分の幅方向に
円形の接合孔1dを形成して成る。
【0015】凹部接合面1c,1cは、他の湾曲版1の
凸部接合面1bを嵌合させるものであり、凸部接合面1
bの1/2幅で凸部接合面1bの幅方向の前後(図1と
図2では上下)に設けられている。したがって、湾曲版
1の横幅をWとした場合、凸部接合面1bの横幅はW/
2、凹部接合面1cの横幅はW/4となる。
【0016】凸部接合面1bと凹部接合面1cの前後の
一方の側部、つまり接合孔1dの一方の開口端部分には
テーパ状の突起1eが形成され、他方の側部(他方の開
口端部分)には、他の湾曲版1の突起1eが嵌め込まれ
るテーパ状の嵌込孔1fが形成されている。
【0017】アーチトンネル用湾曲版1は、従来同様
に、通常、鉄筋コンクリート製湾曲版、又は鋼殻にコン
クリートを詰めたコンクリート中詰め鋼製湾曲版とされ
る。凸部接合面1bと凹部接合面1c,1cとは上部接
合面を構成する。本体1aの湾曲方向に沿う側部接合面
1gには、従来の湾曲版と同じように接合用のボルトボ
ックスが設けられているが、図では省略されている。
【0018】上記の構成とされたアーチトンネル用湾曲
版1は、クレーン等でつり上げて下部を基礎12(図
4)に載せ、凸部接合面1bを反対側の湾曲版1の凹部
接合面1c,1cに相互に嵌合させてトンネル長手方向
の移動で突起1eを嵌込孔1fに嵌め込んで接合孔1
d,1dどうしを連通させ、トンネル長手方向に見てア
ーチ状に組み付ける。この場合、凸部接合面1bと凹部
接合面1cのすべての角部がR状、又は面取りされてい
るため、接触による欠損が防止される。
【0019】次に、湾曲版1の下部を基礎に固定すると
ともに、互いに連通された接合孔1d,1dに鋼製等の
接合棒3を挿入し、接合孔1dの隙間にグラウト5を充
填して据え付けを終了する。図1と図4等から理解され
るように、トンネルの構築は、湾曲版1の半幅宛左右交
互に進行するので、湾曲版1の1/2幅にほぼ等しい長
さの接合棒3を用いるのが普通である。なお、側部接合
面1g,1gどうしの接合はこれまでと同じように行う
ことは言うまでもない。
【0020】上記の接合構造においては、凸部接合面1
bと凹部接合面1cの嵌合によってトンネル長手方向の
湾曲版1,1どうしの組付けが緊密になる上、湾曲版1
にかかる上下方向の外力と左右方向の外力を接合棒3が
その全長にわたって受けるので、強固で安定した接合力
が得られる。突起1eと嵌込孔1fとは、接合孔1d,
1dを正確に連通させ、また接合強度を強化する。グラ
ウト5は、上部接合部のガタつきをなくす他、接合力の
強化にも働く。
【0021】図の接合棒3にはパイプが使用されている
が、中実の接合棒を用いることがある。トンネルの開口
端を直線状に整えるために、図1の上部のように、1/
2幅の湾曲版を用いる。凸部接合面1bと凹部接合面1
cの大きさや形状は図のものに限られるものではなく、
例えば、凸部接合面の一側に凸部接合面の1/3幅の凹
部接合面を、また他側に2/3幅の凹部接合面をそれぞ
れ設けるなど、種々設計変更することができる。
【0022】
【発明の効果】以上説明したように、本発明によれば、
接合作業を能率よく迅速に行って工期を短縮することが
でき、しかも強固で安定した接合力を得ることができる
アーチトンネル用湾曲版及びその接合構造を提供するこ
とができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】 本発明の実施の形態を示す一部破断の平面図
である。
【図2】 図1のアーチトンネル用湾曲版の平面図であ
る。
【図3】 図1の(III−III)部分の断面図である。
【図4】 従来のアーチトンネルの外観図である。
【符号の説明】
1 アーチトンネル用湾曲板 1a 本体 1b 凸部接合面 1c 凹部接合
面 1d 接合孔 1e 突起 1f 嵌込孔 1g 側部接合
面 3 接合棒 5 グラウト
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 國藤 崇 東京都千代田区有楽町一丁目12番1号 石 川島建材工業株式会社内 Fターム(参考) 2D055 BB02 EB01 GC01 GC02

Claims (4)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 上部接合面どうしを互いに接合してア
    ーチ状に据え付けられるアーチトンネル用湾曲版におい
    て、 上部接合面は、湾曲方向に突設された凸部接合面と、他
    の湾曲版の凸部接合面を嵌合させる凹部接合面とによっ
    て構成され、 上記凸部接合面と凹部接合面の境部分の幅方向に接合孔
    が形成されたことを特徴とするアーチトンネル用湾曲
    版。
  2. 【請求項2】 凸部接合面の幅方向の前後に、該凸部
    接合面の1/2幅の凹部接合面がそれぞれ設けられたこ
    とを特徴とする請求項1記載のアーチトンネル用湾曲
    版。
  3. 【請求項3】 請求項1又は2記載の左右一対のアー
    チトンネル用湾曲版どうしが、凸部接合面を相手側の湾
    曲版の凹部接合面に嵌合させて接合孔どうしを互いに連
    通させるとともに、互いに連通された接合孔に接合棒を
    挿入して互いに接合されたことを特徴とするアーチトン
    ネル用湾曲版の接合構造。
  4. 【請求項4】 接合棒が挿入された接合孔の隙間にグ
    ラウトが充填されたことを特徴とする請求項3記載のア
    ーチトンネル用湾曲版の接合構造。
JP2000245984A 2000-08-14 2000-08-14 アーチトンネル用湾曲版及びその接合構造 Pending JP2002061497A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000245984A JP2002061497A (ja) 2000-08-14 2000-08-14 アーチトンネル用湾曲版及びその接合構造

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000245984A JP2002061497A (ja) 2000-08-14 2000-08-14 アーチトンネル用湾曲版及びその接合構造

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2002061497A true JP2002061497A (ja) 2002-02-28

Family

ID=18736401

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2000245984A Pending JP2002061497A (ja) 2000-08-14 2000-08-14 アーチトンネル用湾曲版及びその接合構造

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2002061497A (ja)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2014009521A (ja) * 2012-06-29 2014-01-20 Okumura Corp トンネル補強構造体
JP2014009522A (ja) * 2012-06-29 2014-01-20 Okumura Corp トンネル補強構造体の組立方法

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2014009521A (ja) * 2012-06-29 2014-01-20 Okumura Corp トンネル補強構造体
JP2014009522A (ja) * 2012-06-29 2014-01-20 Okumura Corp トンネル補強構造体の組立方法

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP5608247B2 (ja) 風力エネルギー設備及び風力エネルギー設備用タワーセグメント
US5410847A (en) Junction structure between steel member and structural member
KR100584014B1 (ko) 철근 연결구
US4661008A (en) Joint structure for channels
US20090263185A1 (en) Rebar splice sleeve and method of splicing
KR200286101Y1 (ko) 철근 연결장치
KR101278687B1 (ko) 박스형 추진 강관 구조, 및 이를 이용한 지중구조물의 시공방법
KR101674823B1 (ko) 충전형 앵커 소켓을 이용한 보 단면증설 방법
US3938292A (en) Process for reinforced concrete wall forming
JP2001081720A (ja) 複合箱桁におけるコンクリート床版と鋼製ウエブの接合構造
JPH09158127A (ja) 橋脚補強部とフーチングとの取り合い構造
US7572084B2 (en) Precast arch structure with skewed ends
JP4350629B2 (ja) 鋼殻とrc部材との接合構造および接合方法
JP3825769B2 (ja) ループ継手を有するプレキャストコンクリートセグメントを用いたアーチ構造
EP1326004A1 (en) Composite segment
JP2006348664A (ja) プレキャストコンクリート製柱・梁部材の連結工法
US3990200A (en) Apparatus for forming reinforced concrete wall
KR101962574B1 (ko) 프리캐스트 콘크리트 빔을 구비하는 강합성 거더 및 이러한 강합성 거더를 구비하는 교량
JP4537906B2 (ja) 橋脚と横桁との接合構造、橋の建設方法及び橋
CN101356318B (zh) 具有使用钢管的连接结构的预制混凝土砌块及其连接结构
JP4326885B2 (ja) セグメント用鋼殻、コンクリート中詰めセグメントおよびその製造方法
JP5213249B2 (ja) 既成コンクリート杭の杭頭部構造及び杭頭部形成方法
JPH10152848A (ja) 擁壁用ブロック
JP4339963B2 (ja) モルタル充填式鉄筋継手
KR100815174B1 (ko) 연속화된 하부 주인장 철근을 구비한 파이프 루프 터널시공방법 및 그에 의한 파이프 루프 터널

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20070712

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20090708

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20090714

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20100302