JP2002058794A - スロットマシン - Google Patents

スロットマシン

Info

Publication number
JP2002058794A
JP2002058794A JP2000246115A JP2000246115A JP2002058794A JP 2002058794 A JP2002058794 A JP 2002058794A JP 2000246115 A JP2000246115 A JP 2000246115A JP 2000246115 A JP2000246115 A JP 2000246115A JP 2002058794 A JP2002058794 A JP 2002058794A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
reel
game
control
winning
stop
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2000246115A
Other languages
English (en)
Inventor
Sunao Mazaki
直 馬崎
Original Assignee
Olympia:Kk
株式会社オリンピア
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Olympia:Kk, 株式会社オリンピア filed Critical Olympia:Kk
Priority to JP2000246115A priority Critical patent/JP2002058794A/ja
Publication of JP2002058794A publication Critical patent/JP2002058794A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 演出専用の第四リールを設け、その第四リー
ルに対する遊技者の関与を可能とし、遊技者参加型の演
出を行うことができるスロットマシンを提供すること。 【解決手段】 入賞及びメダル払い出しに関わる遊技リ
ールと、入賞及びメダル払い出しとは無関係な演出リー
ルとを設けると共に、この演出リールの回転停止制御を
行うための演出リール制御装置を設け、前記演出リール
は、前記遊技制御装置による抽選結果に基づき、一定の
確率で回転を開始し、遊技者の操作による停止手段の作
動により停止可能に形成した。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】この発明は、演出リールを有
するスロットマシンに関するものである。
【0002】
【従来の技術】従来のスロットマシンにおいても、メダ
ル払い出しとは直接関係のない演出リールを設けたもの
はあるが、もっぱら遊技機側から遊技者側への一方的な
演出に使用されているにすぎなかった。このため、遊技
者が演出リールの停止位置に関与することはできなかっ
た。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】しかし、演出リールの
停止位置に関しても、遊技者が関与できれば、より多彩
な演出を行うことができる。そこで、各請求項にそれぞ
れ記載された各発明は、問題点に鑑みてなされたもので
あり、その目的とするところは、次の点にある。すなわ
ち、演出リールとして機能する第四リールを設け、その
第四リールに対する遊技者の関与を可能とし、遊技者参
加型の演出を行うことができるスロットマシンを提供す
ることを目的とする。
【0004】
【課題を解決するための手段】各請求項にそれぞれ記載
された各発明は、上記した各目的を達成するためになさ
れたものであり、各発明の特徴点を図面に示した発明の
実施の形態を用いて、以下に説明する。なお、カッコ内
の符号は、発明の実施の形態において用いた符号を示
し、本発明の技術的範囲を限定するものではない。
【0005】(請求項1) (特徴点)請求項1記載の発明は、次の点を特徴とす
る。すなわち、請求項1記載の発明は、周囲に複数の図
柄61を表示した回転リール40を有するリールユニット60
と、前記リールユニット60の駆動を開始させるためのス
タートスイッチ30と、前記リールユニット60の駆動を停
止させるためのストップスイッチ50と、前記リールユニ
ット60、前記スタートスイッチ30及び前記ストップスイ
ッチ50を制御すると共に、一定確率で入賞の抽選を行う
ための遊技制御装置21を備え、複数の前記回転リール40
が停止した状態で、正面側に表示される複数の図柄61
が、予め予定した所定の方向の有効入賞ライン上に揃う
ことを条件にメダルが払い出されるようにしたスロット
マシンにおいて、前記回転リール40として、入賞及びメ
ダル払い出しに関わる遊技リール43と、入賞及びメダル
払い出しとは無関係な演出リール44とを設けると共に、
この演出リール44の回転停止制御を行うための演出リー
ル制御装置23を設け、前記演出リール44は、前記遊技制
御装置21による抽選結果に基づき、一定の確率で回転を
開始し、遊技者の操作による停止手段の作動により停止
可能に形成されていることを特徴とする。
【0006】本発明は、演出リール44を使用して入賞当
選の告知を行うものである。演出リール44は、演出リー
ル制御装置23の制御により作動するものであり、遊技リ
ール43とは全く別の駆動系を有している。そして、遊技
制御装置21による入賞の抽選結果が、例えば所定の入賞
当選となった場合には、一定の確率で回転を開始するも
のである。なお、入賞抽選手段110の抽選結果がハズレ
であった場合にも、一定の確率で演出リール44が回転す
るように形成してもよい。
【0007】ここで、「一定の確率で」とは、常に100
パーセントの確率で回転するとは限らないという意味で
ある。例えば、ビッグボーナスゲーム等の入賞に当選し
た場合には100パーセントの確率で回転を開始するが、
小役入賞当選の場合には50パーセントの確率で回転を開
始するようにしてもよい。演出リール44の回転契機とし
ては、例えば遊技リール43と共に回転を開始するように
してもよいし、いずれか一つのストップスイッチ50を押
したとき、又は遊技リール43のいずれかひとつが回転停
止したときに回転を開始するようにしてもよい。遊技者
は、演出リール44が回転を開始したことにより、何らか
の入賞に当選しているものと推測することができる。
【0008】また、「遊技者の操作による停止手段」と
は、具体的には演出リール停止手段180のことであり、
例えば演出リール専用のストップスイッチを設けてもよ
いし、ベットスイッチ16等スロットマシンの他の操作手
段を兼用してもよい。後者の場合には、当該操作手段
が、通常機能(その操作手段が本来持っている機能)の
ために使用できるのか、演出リール停止機能のために使
用できるのか、その機能の違いを明示するのが望まし
い。例えば、ベットスイッチ16が貯留メダル消費のため
に使用できるときには、ベットスイッチ16の内部の赤色
燈が点滅表示され、リール回転開始後に演出リール44の
停止のために使用できるときは、ベットスイッチ16の内
部の青色燈が点滅表示されるように形成することによ
り、当該スイッチの機能の違いを遊技者に対して明確に
示すことが可能となる。
【0009】演出リール44は、遊技者が演出リール停止
手段180を操作することにより停止する。この演出リー
ル停止手段180の操作タイミングは、例えば、スタート
スイッチ30の操作後又は遊技リール43の回転開始後とし
てもよいし、いずれか一つのストップスイッチ50の操作
後又はいずれか一つの遊技リール43が停止したときとし
てもよい。なお、演出リール停止手段180を操作しない
場合であっても、例えばすべての遊技リール43が回転停
止したとき、あるいは演出リール44の回転開始から所定
時間経過後には自動的に回転を停止するものとしてもよ
い。
【0010】(請求項2) (特徴点)請求項2記載の発明は、上記した請求項1記
載の発明の特徴点に加え、次の点を特徴とする。すなわ
ち、前記演出リール44の図柄62が所定の位置に停止した
場合には、前記遊技制御装置21が行った入賞の抽選結果
が、所定の入賞に当選していることを示すものであるこ
とを特徴とする。
【0011】本発明においては、演出リール44の図柄62
は、所定の入賞当選又はハズレを表示する図柄であっ
て、必ずしも遊技リール43の図柄61と同一のものでなく
ともよい。そしてこの図柄62が所定の位置、例えば図柄
表示窓13のセンターライン上に停止した場合には、何ら
かの入賞に当選したのを告知するものとなる。一方、所
定の位置でないところ、例えばセンターラインからずれ
た位置に停止した場合には、入賞していないということ
を告知するものとなる。従って、演出リール制御装置23
の決定により演出リール44が回転を開始した場合でも、
演出リール停止手段180を操作した結果所定の位置に図
柄が停止しなかった場合には、遊技者は、演出リール44
の回転による入賞当選の告知は虚偽のものであったとい
うことを知ることができる。
【0012】なお、所定位置に停止する図柄は、予め抽
選で決定したものとしてもよいし、図柄の種類に関係な
く、所定位置に停止すれば入賞当選を表すものであるこ
ととしてもよい。 (請求項3) (特徴点)請求項3記載の発明は、上記した請求項1又
は請求項2記載の発明の特徴点に加え、次の点を特徴と
する。
【0013】すなわち、前記演出リール44が所定の位置
で停止したときの図柄62は、一定の確率で、前記遊技制
御装置21が行った入賞の抽選における当選図柄を表示す
るものであることを特徴とする。本発明においては、演
出リール44の図柄62は基本的には遊技リール43の図柄61
と同一のものであるが、例えばハズレを表示する図柄を
設けてもよい。従って、「当選図柄」とは、「入賞抽選
の抽選結果を表す図柄」を意味することとし、この中に
は、入賞図柄だけでなくハズレ図柄も含むものとする。
【0014】そして、演出リール44が回転を停止したと
きの停止図柄は、一定確率で、当選図柄と同じ図柄にな
る。「一定確率で」とは、例えばビックボーナスゲーム
等に当選した場合には100パーセントの確率でその入賞
図柄が所定位置に停止するが、小役入賞の場合には50パ
ーセントの確率でその入賞図柄が所定位置に停止すると
いうようにしたものである。もちろん、すべての入賞に
つき100パーセントの確率でその当選図柄が所定位置に
停止するようにしてもよい。
【0015】本発明によれば、演出リール制御装置23
は、入賞抽選手段110の抽選結果に基づき、演出リール4
4が回転するか否かを決定するとともに、停止図柄の決
定も行う。この停止図柄の決定は、例えば、各入賞形態
に応じて設定された確率テーブルを用いて抽選により行
うことができる。そして、演出リール44を回転すると決
定した場合には、演出リール用のリールユニット160を
駆動させるとともに、停止図柄の決定に従い演出リール
44の停止制御を行うものである。
【0016】なお、演出リール44の停止制御に関して
は、遊技者が演出リール停止手段180を操作するタイミ
ング(いわゆる目押しのタイミング)を考慮することな
く、予め抽選で決定した図柄が所定位置に停止するよう
にしてもよいし、目押しのタイミングを考慮して引き込
み設定等をするようにしてもよい。 (請求項4) (特徴点)請求項4記載の発明は、上記した請求項1乃
至3のいずれか1項に記載の発明の特徴点に加え、次の
点を特徴とする。
【0017】すなわち、前記スロットマシンに、主制御
装置と、主制御装置からの要求信号に対応して作動する
副制御装置とを設け、前記遊技制御装置21を主制御装置
に配置するとともに、前記演出リール制御手段23を副制
御装置に配置したことを特徴とする。
【0018】
【発明の実施の形態】以下、本発明の実施の形態を図面
に基づき説明する。 (図面の説明)図1乃至8図は、本発明の実施の形態を
示すものである。図1はスロットマシンの入力、制御及
び出力のブロック図、図2はスロットマシンの外観正面
図及び図3乃至図5はスロットマシンの動作の概略のフ
ローをそれぞれ示すものである。図6は演出リール用確
率テーブルを、図7は演出リール44の図柄停止位置をそ
れぞれ示す図であり、図8は演出リール44の作動の概略
のフローを示す図である。
【0019】(スロットマシン10)スロットマシン10
は、図2に示すように、四角箱状の筐体11を有する。前
記筐体11の中央部及び上部には、遊技者側に向かって臨
む四角窓状の表示窓12が形成されている。中央部にある
表示窓12の中央には、四個の回転リール40の図柄61、62
を見ることができる図柄表示窓13が形成されている。四
個の回転リール40は、向かって左から三個の遊技リール
43と、右端に一個の演出リール44を構成するものであ
る。
【0020】スロットマシン10の内部には、スロットマ
シン10の全体の動作を制御するための制御装置20(図1
参照)が内蔵されている。 (制御装置20)制御装置20は、図示しないが、CPUを
中心に構成され、ROM、RAM、I/O等を備えてい
る。ここで、CPU、ROM、RAM及びI/O等は一
体化されてワンチップを構成してもよい。そして、制御
装置20は、主制御装置と副制御装置とから成り、CPU
がROMに記憶されたプログラムを読み込むことで、次
の(1)乃至(3)の装置を構成する。
【0021】(1)遊技制御装置21 (2)演出制御装置22 (3)演出リール制御装置23 遊技制御装置21は、スタートスイッチ30及びストップス
イッチ50の操作により、遊技リール43の回転及び停止を
制御するためのものであり、主制御装置に配置される。
演出制御装置22は、ランプやスピーカ等の表示装置66を
制御するためのものであり、副制御装置に配置される。
演出リール制御装置23は、演出リール44の回転及び停止
を制御するためのものであり、副制御装置に配置され
る。
【0022】なお、上記遊技制御装置21及び演出リール
制御装置23の詳細については後述する。 (入力段)上記制御装置20の入力段には、図1に示すよ
うに、次のパーツが接続されている。
【0023】(1)投入スイッチ15 (2)ベットスイッチ16 (3)精算スイッチ17 (4)スタートスイッチ30 (5)ストップスイッチ50 (6)演出リール停止手段180 なお、入力段としては、上記した(1)乃至(6)のパ
ーツに限定されるものではない。
【0024】(投入スイッチ15)投入スイッチ15は、図
2に示すように、回転リール40の斜め下方に位置するス
イッチであって、投入された遊技メダルを検知するため
のものである。 (ベットスイッチ16)ベットスイッチ16は、図2に示す
ように、回転リール40の下方に位置するスイッチであっ
て、貯留メダル数を減じてメダル投入に代えるためのも
のである。
【0025】(精算スイッチ17)精算スイッチ17は、図
2に示すように、回転リールの斜め下方に位置するスイ
ッチであって、貯留した投入メダルを払い出すためのも
のである。 (スタートスイッチ30)スタートスイッチ30は、図2に
示すように、回転リール40の斜め下方に位置するレバー
であって、遊技メダルの投入若しくはベットスイッチ16
の投入を条件に、または、「再遊技(Replay)」時には
前遊技から所定時間経過を条件に、リールユニット60の
駆動を開始させるためのものである。
【0026】なお、ここで、「再遊技(Replay)」と
は、入賞抽選手段110の抽選により、「再遊技(Repla
y)」のフラグが成立し、「再遊技(Replay)」の図柄
が有効入賞ライン上に揃うことにより、次の遊技におい
て、遊技メダルを新たに投入することなく、再度、遊技
を行うことができるものである。 (ストップスイッチ50)ストップスイッチ50は、リール
ユニット60の駆動を停止させるためのものである。具体
的には、ストップスイッチ50は、図2に示すように、各
遊技リール43に対応した三個のスイッチから構成され、
各遊技リール43の下方に1個ずつ配置されているもので
ある。遊技リール43に対応したストップスイッチ50の操
作により、当該対応した遊技リール43が回転を停止する
ように設定されているものである。
【0027】(演出リール停止手段180)演出リール停
止手段180は、リールユニット160の駆動を停止させるた
めのものである。具体的には、演出リール停止手段180
は、図2に示すように、ストップスイッチ50に並べて設
けられたスイッチであり、演出リール44の下方に配置さ
れているものである。
【0028】なお、演出リール停止手段180を独立して
設けることなく、例えばベットスイッチ16、精算スイッ
チ17、スタートスイッチ30、ストップスイッチ50と兼用
することとしてもよい。この場合、当該操作手段が、通
常機能のために使用できるのか、演出リール停止機能の
ために使用できるのか、その機能の違いを明示するのが
望ましい。例えば、ベットスイッチ16を演出リール停止
手段180として兼用する場合には、図示しないが、ベッ
トスイッチ16の外面カバーを透明若しくは半透明に形成
し、内部に赤色と青色の電球等の発光体を設ける。そし
て、ベットスイッチ16が貯留メダル消費のために使用で
きるときには、ベットスイッチ16の内部の赤色燈が点滅
表示され、リール回転開始後に演出リール44の停止のた
めに使用できるときは、ベットスイッチ16の内部の青色
燈が点滅表示されるように形成することにより、当該ス
イッチの機能の違いを遊技者に対して明確に示すことが
可能となる。
【0029】(出力段)前記制御装置20の出力段には、
図1に示すように、次のパーツが接続されている。 (1)リールユニット60 (2)ホッパーユニット65 (3)表示装置66(ランプ及びスピーカ) (4)リールユニット160 なお、出力段としては、上記した(1)乃至(4)のパ
ーツに限定されるものではない。
【0030】(リールユニット60)リールユニット60
は、特に図示しないが枠体に固定或いは支持された三個
のモータと、各々のモータの出力軸に固定された三個の
回転リール40とから構成されている。この三個の回転リ
ール40は遊技リール43を形成するものである。そして、
各回転リール40は、合成樹脂からなる回転ドラムと、こ
の回転ドラムの周囲に貼付されるテープ状のリールテー
プ42とを備えている。このリールテープ42の外周面に
は、複数個(例えば21個)の図柄61が表示されてい
る。
【0031】(ホッパーユニット65)ホッパーユニット
65は、図示しないが、遊技の結果に基づいて、遊技者に
メダルを払い出すためのものである。 (表示装置66)表示装置66は、スピーカや表示ランプ等
であって、遊技者に入賞等を報知させるためのものであ
る。具体的には、演出制御装置22の制御により、入賞時
にスピーカから入賞音を発生させ、表示ランプを点灯又
は点滅させることにより、遊技者に入賞等を報知させる
ためのものである。
【0032】(リールユニット160)リールユニット160
は、図示しないが枠体に固定或いは支持されたモータ
と、モータの出力軸に固定された回転リール40とから構
成されている。この回転リール40は演出リール44を形成
するものである。回転リール40のリールテープ42の外周
面には、複数個の図柄62が表示されている。この図柄62
は、遊技リール43の図柄41と同一のものでもよいし、演
出用の図柄を設けたものでもよい。例えば、「大当たり
!!」「当たり!」「残念」の三種類の図柄としてもよ
いし、遊技リール43の入賞図柄の他にハズレ図柄(例え
ば「X」)や不確定図柄(例えば「?」)を設けてもよ
い。
【0033】なお、リールユニット160は、演出リール
制御装置23の制御により前記リールユニット60とは別個
に作動するものである。 (遊技制御装置21)次に、遊技制御装置21について詳述
する。遊技制御装置21は、スタートスイッチ30及びスト
ップスイッチ50の操作により、回転リール40の回転及び
停止を制御するためのものである。そして、この遊技制
御装置21は、次の(1)乃至(3)の手段として機能す
る。
【0034】(1)通常遊技制御手段70 (2)特別遊技制御手段80 (3)入賞抽選手段110 なお、前記通常遊技制御手段70は、通常遊技を行わせる
ために通常遊技に関する制御を行うものであり、前記特
別遊技制御手段80は、特別遊技を行わせるために特別遊
技に関する制御を行うものである。
【0035】また、遊技制御装置21としては、上記した
(1)乃至(3)の手段に限定されるものではなく、他
の手段を含んでいても良い。 (通常遊技制御手段70)通常遊技制御手段70は、通常遊
技を行わせるためのものである。すなわち、メダルの投
入若しくはベットスイッチ16の投入を条件に、または、
「再遊技(Replay)」時には前遊技から所定時間経過を
条件に、スタートスイッチ30を操作すると、リールユニ
ット60が駆動され、三個の遊技リール43が回転を開始す
る。
【0036】その後、ストップスイッチ50の一個を操作
すると、当該対応する遊技リール43の回転が停止する。
そして、ストップスイッチ50を三個全て操作し終わる
と、三個の遊技リール43の回転が全て停止する。このと
き、表示窓12の有効入賞ライン上に、予め設定された図
柄61が停止すると、ホッパーユニット65を介して所定枚
数のメダルが払い出される。なお、メダルを払い出す代
わりに、クレジットしても良い。
【0037】入賞には、遊技メダルの払い出しを伴い、
遊技者に利益を付与する小役入賞と、この小役入賞より
もさらに大きな利益を遊技者に付与する特別入賞と、遊
技メダルの払い出しは無いが、遊技メダルを新たに投入
することなく再度の遊技を行うことができる「再遊技
(Replay)」とを備えている。そして、その抽選結果が
いずれかの入賞となった場合、その入賞に対応した入賞
フラグが成立する。そして、抽選結果が特別入賞である
場合に、特別入賞フラグが成立し、この特別入賞フラグ
成立中に、リールユニット60の遊技リール43の停止図柄
61の組み合わせが、予め定められた所定の特別入賞図柄
61(例えば、有効入賞ライン上に「7」が三個揃うも
の)と一致したことを条件に入賞が確定し、遊技者に有
利な特別遊技を行わせるように形成されている。
【0038】一方、抽選により特別入賞フラグが成立し
たが、遊技リール43の停止図柄61の組み合わせが特別入
賞図柄61と一致していない場合には、それ以後の遊技に
特別入賞フラグ成立の権利が持ち越されるように設定さ
れている。なお、小役の入賞フラグは、入賞フラグが成
立した遊技で入賞を確定させられない場合、入賞フラグ
成立の権利の次の遊技への持ち越しはない。
【0039】また、いずれかの入賞フラグが成立中に、
対応する入賞図柄61を有効入賞ライン上に揃えることが
できるか否かは、回転リール40の回転速度が一定の場
合、ストップスイッチ50のタイミングによるものであ
る。具体的には、ストップスイッチ50を操作した後、1
90ms以内に回転リール40が停止するように設定され
ているため、ストップスイッチ50を操作した後、そのま
ま停止させるか、或いは190ms以内に停止可能な回
転リール40の円周上の引き込み可能図柄61、例えば停止
図柄から連続する4個の引き込み可能図柄61の中に、対
応する入賞図柄61が含まれているような場合には、停止
するまでの時間を遅らせて、回転リール40は有効入賞ラ
イン上にその入賞図柄61を引き込んで停止する。一方、
かかる4個の引き込み可能図柄61の中に、対応する入賞
図柄61が含まれていないような場合には、有効入賞ライ
ン上にその入賞図柄61を引き込んで停止することができ
ない。
【0040】(特別遊技制御手段80)特別遊技制御手段
80は、抽選手段の抽選結果に基づいて、遊技者に有利な
特別遊技を行わせるためのものである。上記特別遊技と
しては、大別すると、次のゲームがある。 (1)特定導入遊技(BBゲーム) (2)特定遊技(RBゲーム) (3)特定入賞遊技(JACゲーム) なお、特定遊技、例えばRBゲームは、特定導入遊技、
例えばBBゲーム中に行われる場合と、BBゲーム中で
無いときにも単独で行われる場合がある。また、上記特
定入賞遊技、いわゆるJACゲームは、RBゲーム中に
行われるものである。また、特別遊技としては、上記し
た(1)乃至(3)の遊技に限定されるものではない。
【0041】特別遊技制御手段80は、図1に示すよう
に、大別すると、次の手段を備える。 (1)特定導入遊技制御手段91(BBゲーム制御手段9
0) (2)特定遊技制御手段101(RBゲーム制御手段100) (特定導入遊技制御手段91)特定導入遊技制御手段91
は、BBゲームを制御するためのものである。
【0042】具体的には、通常遊技において、図示しな
いが、例えば「7」等の図柄61が有効入賞ライン上に三
個揃うと、ホッパーユニット65を介して、例えば15枚
のメダルが払い出される。このとき、BBゲームが開始
される。BBゲームに移行すると、通常遊技と同様に最
大3枚のメダルの投入によって開始され、3つの回転リ
ールの回転を各々停止させた際に、有効入賞ライン上に
入賞図柄が揃っているか否かによって、メダルの払い出
しが行われるものである。
【0043】したがって、BBゲーム中では、通常遊技
と同様に小役を含めた抽選が毎回行われるものである。
ただ、このBBゲーム中にRBゲームに移行するための
特定入賞図柄が有効入賞ライン上に揃った場合には、そ
の後RBゲームに移行するものである。なお、通常、B
Bゲーム中はRBゲームへの移行が、例えば最大3回行
われることになっているために、1回目のRBゲームが
終了した後は、また前述したような通常遊技と同様な抽
選及び制御が行われるものである。
【0044】そして、BBゲームでは、BBゲーム中の
RBゲームが所定の最大回数、例えば3回か、或いはB
Bゲーム中の通常遊技が所定の最大回数、例えば最大3
0回の終了により、BBゲームは終了するものである。 (特定遊技制御手段101)特定遊技制御手段101は、RB
ゲームを制御するためのものである。
【0045】具体的には、RBゲームに移行すると、メ
ダルが1枚投入となり、回転リール40の所定の図柄61が
表示窓12のセンターライン上に揃った場合に入賞確定と
なる特定入賞遊技が行われるものである。そして、RB
ゲームでは、入賞するか否かの特定入賞遊技が最大12
回行えるものであり、そのうち、最大8回の入賞確定が
可能である。すなわち、最大8回の入賞が確定するか、
或いは最大12回の特定入賞遊技の終了により、RBゲ
ームは終了するものである。
【0046】(入賞抽選手段110)入賞抽選手段110は、
予め定めた抽選確率に基づいて入賞か否かの入賞判定の
抽選を行うものである。そして、入賞抽選手段110によ
る抽選結果が入賞である場合に入賞フラグが成立し、こ
の入賞フラグ成立中に、回転リール40の停止図柄の組み
合わせが予め定められた入賞図柄と一致したことを条件
に入賞が確定し、遊技者にメダルの払い出しや、特別遊
技等の利益が付与されるように設定されている。
【0047】上記入賞抽選手段110は、図1に示すよう
に、大別すると、次の手段を備える。 (1)乱数発生手段111 (2)乱数抽出手段112 (3)入賞判定テーブル113 (4)判定手段114 なお、入賞抽選手段110としては、上記した(1)乃至
(4)に限定されるものではない。
【0048】(乱数発生手段111)乱数発生手段111は、
入賞抽選用の乱数を所定の領域内(例えば十進数で0〜
65535)で発生させるものである。 (乱数抽出手段112)乱数抽出手段112は、乱数発生手段
111が発生する乱数を、所定の条件(例えば、スタート
スイッチ30の操作)で抽出するものである。なお、この
抽出した乱数を抽出乱数データとする。
【0049】なおここで、「乱数発生手段」としては、
ソフト乱数としての平均採中法等で乱数を発生させるこ
とができるものの他に、一定範囲の数字を高速で1づつ
加算するカウンタを用いて構成することもできる。例え
ば、0〜16383の範囲の数字を、1秒間に700万
回程度順次繰り返すようにしたカウンタが考えられる。
そして、「乱数抽出手段」としては、スタートスイッチ
を押したタイミングでカウンタの数字を読みとることな
る。
【0050】このように形成すると、「乱数発生手段」
では乱数を発生しているわけではないものの、「乱数抽
出手段」によって抽出される数字は、あたかも乱数のよ
うな分布となる。このように、結果として乱数のような
分布を示す数字が得られる手段を、ここでは「乱数発生
手段」あるいは「乱数抽出手段」に含めて考えるものと
する。
【0051】(入賞判定テーブル113)入賞判定テーブ
ル113は、乱数発生手段111がとる乱数の全領域中、各入
賞項目の入賞領域を有するものである。 (判定手段114)判定手段114は、乱数抽出手段112が抽
出した抽出乱数データと、入賞判定テーブル113の抽選
確率データを基に、乱数発生手段111がとる乱数の全領
域中の各入賞項目の入賞領域からなる入賞判定領域デー
タとを照合し、当該抽出乱数データが属する入賞領域に
対応する入賞を決定するものである。
【0052】(スロットマシン10の動作)次に、上記構
成を備えたスロットマシンの動作の概略について、図3
乃至図5に示したフローを用いて説明する。先ず、図3
に示すステップ100において、スタートスイッチ30が
操作されることにより、スタートスイッチ30がONとな
る。そして、次のステップ101に進む。
【0053】ステップ101において、入賞抽選手段11
0により抽選処理が行われる。そして、次のステップ1
02に進む。ステップ102において、回転リール40の
回転が開始する。そして、次のステップ103に進む。
ステップ103において、ストップスイッチ50が操作さ
れることにより、ストップスイッチ50がONとなる。そ
して、次のステップ104に進む。
【0054】ステップ104において、回転リール40の
回転停止処理が行われる。そして、次のステップ105
に進む。ステップ105において、三個の回転リール40
に対応するストップスイッチ50の操作が行われたか否か
が判定される。そして、三個の回転リール40に対応する
ストップスイッチ50の操作が行われたと判定された場
合、次のステップ106に進む。
【0055】ステップ106において、入賞フラグ成立
中に当該入賞フラグに対応する入賞図柄が有効入賞ライ
ン上に揃ったか否か、すなわち、入賞が確定したか否か
が判定される。そして、入賞が確定したと判定された場
合、次のステップ107に進む。ステップ107におい
て、入賞図柄に相当するメダルが払い出される。そし
て、遊技が終了する。
【0056】前記ステップ105において、三個の回転
リール40に対応するストップスイッチ50の操作が行われ
ていないと判定された場合、ステップ103に戻る。前
記ステップ106において、入賞が確定していないと判
定された場合、ステップ107を飛び越して、遊技が終
了する。上述したステップ101の抽選処理について、
図4のフローを用いて説明する。
【0057】ステップ200において、入賞抽選手段11
0の乱数発生手段111により発生された乱数の中から乱数
抽出手段112により乱数が抽出される。そして、次のス
テップ201に進む。ステップ201において、抽出さ
れた乱数が乱数抽出手段112の内部に記憶される。そし
て、次のステップ202に進む。
【0058】ステップ202において、判定手段114に
より、抽出された乱数と、入賞判定テーブル113の入賞
判定領域データとの比較が行われる。そして、次のステ
ップ203に進む。ステップ203において、判定手段
114により、抽出された乱数が、入賞判定テーブル113の
どの入賞領域に含まれるか決定され、抽選処理の評価が
決定される。そして、次のステップ204に進む。
【0059】ステップ204において、所定の図柄の蹴
飛ばしと、所定図柄の引き込みとが設定される。そし
て、抽選処理が終了する。上述したステップ104の回
転リール40の回転停止処理について、図5を用いて説明
する。ステップ300において、所定の図柄に対して、
蹴飛ばしの設定が達成されたか否かが判定される。そし
て、所定の図柄の蹴飛ばしの設定が達成されていないと
判定された場合、次のステップ301に進む。
【0060】ステップ301において、1個の図柄分だ
け、回転リール40を回転させる。すなわち、1個の図柄
分だけ蹴飛ばしを行う。そして、次のステップ302に
進む。ステップ302において、上述した1個の図柄分
だけ回転リール40を回転させた当該図柄の数がストップ
スイッチ50の操作後の4個目に該当するか否かが判定さ
れる。そして、ストップスイッチ50を操作した後、1図
柄ずつ回転リール40を回転させてずらした図柄の数が4
個目の場合には、次のステップ303に進む。
【0061】ステップ303において、回転リール40の
回転を停止させる。これにより、メダル投入から回転リ
ール40の回転停止までのスロットマシン10の動作が終了
する。前記ステップ300において、所定の図柄の蹴飛
ばしの設定が達成されていると判定された場合、次のス
テップ304に進む。
【0062】ステップ304において、いずれかの図柄
に対して引き込みが設定されているか否かが判定され
る。そして、いずれかの図柄に対して引き込みが設定さ
れていると判定された場合、次のステップ305に進
む。ステップ305において、引き込み設定が達成され
たか否かが判定される。そして、引き込み設定が達成さ
れたと判定された場合、次のステップ303に進む。
【0063】前記ステップ304において、いずれの図
柄に対しても引き込みが設定されていないと判定された
場合、ステップ303に進む。前記ステップ305にお
いて、引き込み設定が達成されていないと判定された場
合、ステップ301に進む。前記ステップ302におい
て、ストップスイッチ50を操作した後、1図柄ずつ回転
リール40を回転させてずらした図柄の数が4個目でない
場合には、ステップ300に戻る。
【0064】なお、上述した実施の形態において、回転
リール40の停止処理に関してステップ301〜ステップ
305で説明しているが、この例は、いわゆる最小引き
込み停止制御の例であり、逆に最大引き込み停止制御と
しても良い。更には、例えば、ストップスイッチ50を押
すタイミングで予め定めたテーブルに従って回転リール
40の停止位置を決定する、いわゆるテーブル停止制御の
方法によるものでも良いものである。このテーブル停止
制御は、入賞フラグ成立の有無や、入賞フラグ成立中の
入賞図柄に基づいた複数のテーブルを有し、この複数の
テーブルから適宜、遊技状況に応じたテーブルが選択さ
れるものである。
【0065】なお、テーブル停止制御においても、入賞
フラグが成立しているときには、その入賞フラグに対応
する図柄が有効入賞ライン上に揃うように、予めテーブ
ルの上で停止位置が決定されてあり、いわゆる引き込み
設定の一種を備えているものである。また、入賞フラグ
が成立していないときには、他の入賞図柄が有効入賞ラ
イン上に揃わないように、予めテーブルの上で停止位置
が決定されてあり、いわゆる蹴飛ばし設定の一種を備え
ているものである。
【0066】(演出リール制御手段23)次に、演出リー
ル制御手段23について詳述する。演出リール制御手段23
は、遊技制御装置21からの出力信号及び演出リール停止
手段180の操作により、演出リール44の回転及び停止を
制御すると共に、一定確率で停止図柄の抽選を行うため
のものであり、図1に示すように、リール回転制御手段
120及び停止図柄抽選手段130を有している。
【0067】リール回転制御手段120は、演出リール44
の回転停止制御を行うものである。具体的には、停止図
柄抽選手段130の決定に従い演出リール44を回転させる
と共に、演出リール停止手段180の操作信号を受信して
演出リール44の回転を停止させるものである。停止図柄
抽選手段130は、入賞抽選手段110の各抽選結果に応じた
リール回転確率テーブル及び停止図柄抽選テーブルを有
し、予め定められた抽選確率に基づいて、演出リール44
の回転の有無及び停止図柄を決定するための抽選を行う
ものである。これらの確率テーブルを用いた抽選の方法
は、遊技制御装置21の入賞抽選手段110が行う抽選と同
様である。
【0068】リール回転確率テーブルは、演出リール44
を回転させるか否かを決定するためのものである。具体
的には、例えば図6に示すように、入賞抽選手段110の
抽選結果がBBゲーム当選の場合には回転確率100パー
セントのテーブルとなっており、小役入賞(例えばベ
ル)の場合には回転確率70パーセントのテーブルとなっ
ている。従って、小役入賞の場合には、たとえ演出リー
ル44が回転しなくても当選している場合があり得るの
で、遊技者に期待感を与えることができる。一方ハズレ
の場合でも5パーセントの確率で回転するようになって
いるので、演出リール44が回転したからといって必ずし
も何らかの入賞に当選しているとは限らないものとなっ
ている。
【0069】停止図柄抽選テーブルは、演出リール44の
どの図柄62が所定位置に停止するかを決定するためのも
のである。具体的には、例えばBBゲーム当選の場合に
は、BBゲーム入賞図柄である「セブン」が所定位置
(例えば図柄表示窓13のセンターライン)に停止する確
率が100パーセントのテーブルとなっている。一方、小
役入賞の場合には、50パーセントの確率で所定の入賞図
柄(ベルやチェリー)が所定位置に停止するが、それ以
外は所定の入賞図柄でない図柄(他の入賞図柄やハズレ
図柄や不確定図柄)が停止図柄となるようなテーブルに
なっている。また、抽選結果がハズレの場合には、例え
ば100パーセント「ハズレ図柄」や「不確定図柄」が停
止図柄となるようにしてもよいし、所定の入賞図柄(ベ
ルやチェリー)を一定確率で含ませ、期待感を持たせる
演出を行うようにしてもよい。
【0070】以上のように形成されている停止図柄抽選
手段130は、遊技制御装置21から入賞抽選手段110による
抽選結果の信号を受信し、その抽選結果に応じて演出リ
ール44を回転させるか否かの抽選を行う。そして、回転
させると決定した場合には、さらに停止図柄の抽選を行
い、その決定をリール回転制御手段120に送信するもの
である。
【0071】なお、上記実施の形態では、演出リール44
の回転停止制御を確率テーブルを用いたものとしている
が、リール回転制御手段23としては、再遊技も含め何ら
かの入賞当選の場合には100パーセントの確率で演出リ
ール44が回転し、ハズレの場合には回転しないように形
成してもよい。また、停止図柄の種類に関わらず、図7
(A)に示すように、図柄62がセンターラインに停止す
れば何らかの入賞当選を告知するものとし、一方図7
(B)に示すように、図柄62がセンターラインからずれ
た位置に停止すればハズレを告知するものとしてもよ
い。
【0072】また、遊技者によっては、演出リール44は
回転を開始したが演出リール停止手段180の操作をせず
にストップスイッチ50を操作し、遊技リール43をすべて
停止させる場合もある。かかる場合には、すべてのスト
ップスイッチ50の操作又はすべての遊技リール43の回転
停止の信号を遊技制御装置21から受信したときに、演出
リール44の回転を停止させるようにすることができる。
【0073】(演出リール44の作動)次に、上記構成を
有する演出リール制御手段23の作動の概略について、図
8のフローを用いて説明する。演出リール制御手段23
は、遊技制御装置21から抽選結果の信号を受信して作動
を開始する。まずステップ400において、停止図柄抽
選手段130が、入賞抽選手段110の行った抽選結果に応じ
たリール回転確率テーブル及び停止図柄テーブルを選択
する。そして次のステップ401に進む。
【0074】ステップ401において、演出リール44を
回転させるか否かの判断を、リール回転確率テーブルを
用いて抽選により行う。抽選結果が回転でない場合に
は、演出リール制御手段23は作動を停止する。一方、回
転の場合には、次のステップ402に進む。ステップ4
02において、停止図柄抽選手段130が、停止図柄テー
ブルを用いて停止図柄の抽選を行う。この抽選は、図柄
62を所定位置(センターライン)に停止させるか否かを
抽選により決定するものでもよいし、所定位置に停止す
る図柄の種類を抽選により決定するものでもよい。抽選
結果のデータは、リール回転制御手段120に送出され
る。そして次のステップ403に進む。
【0075】ステップ403において、演出リール44の
回転を開始させる。すなわち、リール回転制御手段120
は、停止図柄抽選手段130からリール回転の決定信号を
受信してリールユニット160にリール回転要求信号を送
出する。そして次のステップ404に進む。ステップ4
04において、演出リール停止手段180が操作されたか
どうかを判断する。その結果、演出リール停止手段180
が操作されていない場合には次のステップ406に進
む。一方演出リール停止手段180が操作された場合に
は、次のステップ405に進む。
【0076】ステップ405において、演出リール44の
回転を停止させる。このとき、演出リール停止手段180
の操作のタイミングに関わらず、前記ステップ402に
おける抽選結果に基づいた図柄62を所定位置に停止させ
る。従って、遊技リール43と異なり、任意コマ数の引き
込みが行われる場合もある。演出リール44の回転停止に
より、演出リール制御手段23は作動を停止する。
【0077】前記ステップ404において、演出リール
停止手段180が操作されていない場合には次のステップ
406に進む。ステップ406において、三個のストッ
プスイッチ50が操作されたかどうかを判断する。すなわ
ち、遊技リール43がすべて回転停止したかどうかを判断
する。その結果、すべての遊技リールが停止していない
場合には、ステップ404に戻る。一方、すべての遊技
リールが停止した場合には、ステップ405に進む。
【0078】なお、演出リール44の停止制御に関して、
演出リール停止手段180の操作タイミングを考慮に入れ
た構成としてもよい。すなわち、いわゆる目押しの技量
の優れた遊技者ほど的確な予告を得ることができるよう
にするものである。具体的には、停止図柄抽選手段130
は遊技制御装置21におけるリールの停止制御と同様に引
き込み設定を行う。すなわち、演出リール停止手段180
の操作後、そのまま停止させるか、或いは所定時間内に
停止可能な演出リール44の円周上の引き込み可能図柄62
の中に、抽選により決定された停止図柄62が含まれてい
るような場合には、停止するまでの時間を遅らせて、演
出リール44は所定位置にその停止図柄62を引き込んで停
止する。一方、引き込み可能図柄62の中に、対応する停
止図柄62が含まれていないような場合には、所定位置に
その停止図柄62を引き込んで停止することができない。
【0079】またこの場合、演出リール44の回転契機
は、例えば、最初のストップスイッチ50の操作時又は一
の遊技リール43の回転停止時とする。遊技者は、最初の
ストップスイッチ50の操作により演出リール44が回転開
始したなら、何らかの入賞の可能性を知ることができ
る。そこで、演出リール停止手段180の操作により、演
出リール44を停止させるのであるが、このとき、既に停
止している遊技リール43の図柄61の中に含まれている所
定の入賞図柄と同じ図柄を狙って停止させ、その図柄が
所定位置に停止すれば当該入賞の当選を知ることができ
る。一方、当該図柄を所定位置に停止できない場合に
は、演出リール44の回転が虚偽の告知であったことを知
ることができる。このように形成することにより、目押
しの技量の優れた遊技者ほど確度の高い告知を得ること
ができるものとなる。
【0080】
【発明の効果】本発明は、以上のように構成されている
ので、以下に記載されるような効果を奏する。 (請求項1)すなわち、請求項1記載の発明によれば、
演出リール44の回転により、所定の入賞当選の告知を行
うことが可能であり、遊技者に期待感を与えることがで
きる。また演出リール44の回転を遊技者の意思により停
止することができ、遊技者参加型の演出を行うことが可
能なスロットマシンを提供することができる。
【0081】(請求項2)請求項2記載の発明によれ
ば、上記した請求項1記載の発明の効果に加え、次のよ
うな効果を奏する。すなわち、請求項2記載の発明によ
れば、演出リール44の停止時にも告知機能を持たせたこ
とにより、二段階の告知演出ができ、遊技者にさらに期
待感を与えることができる。
【0082】(請求項3)請求項3記載の発明によれ
ば、上記した請求項1又は請求項2記載の発明の効果に
加え、次のような効果を奏する。すなわち、請求項3記
載の発明によれば、停止図柄自体にも告知機能を持たせ
たことにより、あたかも遊技者の目押しの技量で演出リ
ール44を停止させるような演行うことができ、遊技を興
味溢れるものとすることができる。
【0083】(請求項4)請求項4記載の発明によれ
ば、上記した請求項1乃至3のいずれか1項に記載の発
明の効果に加え、次のような効果を奏する。すなわち、
請求項4記載の発明によれば、演出リール制御に関し、
遊技制御装置21の容量を変更することなく多彩な演出を
行うことができ、副制御装置を取り替えれば同じ仕様で
あっても全く異なる演出を行うことが可能なスロットマ
シンを提供することができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の実施の形態であって、スロットマシン
の入力、制御及び出力を示すブロック図である。
【図2】本発明の実施の形態であって、スロットマシン
を示す外観正面図である。
【図3】本発明の実施の形態であって、スロットマシン
の動作の概略を示すフローである。
【図4】本発明の実施の形態であって、スロットマシン
の動作のうち、抽選処理の概略を示すフローである。
【図5】本発明の実施の形態であって、スロットマシン
の動作のうち、回転リールの回転停止処理の概略を示す
フローである。
【図6】本発明の実施の形態であって、演出リール制御
装置23が有する確率テーブルの例を示す図である。
【図7】本発明の実施の形態であって、演出リール44の
図柄停止位置を示す図である。
【図8】本発明の実施の形態であって、演出リール44の
作動の概略を示すフローである。
【符号の説明】
10 スロットマシン 11 筺体 12 表示窓 13 図柄表示窓 15 投入スイッチ 16 ベットスイ
ッチ 17 精算スイッチ 20 制御装置 21 遊技制御装
置 22 演出制御装置 23 演出リール
制御装置 30 スタートスイッチ 40 回転リール 42 リールテー
プ 43 遊技リール 44 演出リール 50 ストップスイッチ 60 リールユニット 61,62 図柄 65 ホッパーユニット 66 表示装置 70 通常遊技制御手段 80 特別遊技制
御手段 91 特定導入遊技制御手段 101 特定遊技制
御手段 110 入賞抽選手段 111 乱数発生手
段 112 乱数抽出手段 113 入賞判定テ
ーブル 114 判定手段 120 リール回転制御手段 130 停止図柄抽
選手段 160 リールユニット 180 演出リール
停止手段

Claims (4)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 周囲に複数の図柄を表示した回転リール
    を有するリールユニットと、 前記リールユニットの駆動を開始させるためのスタート
    スイッチと、 前記リールユニットの駆動を停止させるためのストップ
    スイッチと、 前記リールユニット、前記スタートスイッチ及び前記ス
    トップスイッチを制御すると共に、一定確率で入賞の抽
    選を行うための遊技制御装置を備え、 複数の前記回転リールが停止した状態で、正面側に表示
    される複数の図柄が、予め予定した所定の方向の有効入
    賞ライン上に揃うことを条件にメダルが払い出されるよ
    うにしたスロットマシンにおいて、 前記回転リールとして、入賞及びメダル払い出しに関わ
    る遊技リールと、入賞及びメダル払い出しとは無関係な
    演出リールとを設けると共に、 この演出リールの回転停止制御を行うための演出リール
    制御装置を設け、 前記演出リールは、前記遊技制御装置による抽選結果に
    基づき、一定の確率で回転を開始し、遊技者の操作によ
    る停止手段の作動により停止可能に形成されていること
    を特徴とするスロットマシン。
  2. 【請求項2】 前記演出リールの図柄が所定の位置に停
    止した場合には、前記遊技制御装置が行った入賞の抽選
    結果が、所定の入賞に当選していることを示すものであ
    ることとした請求項1記載のスロットマシン。
  3. 【請求項3】 前記演出リールが所定の位置で停止した
    ときの図柄は、一定の確率で、前記遊技制御装置が行っ
    た入賞の抽選における当選図柄を表示するものであるこ
    ととした請求項1又は2記載のスロットマシン。
  4. 【請求項4】 前記スロットマシンに、主制御装置と、
    主制御装置からの要求信号に対応して作動する副制御装
    置とを設け、 前記遊技制御装置を主制御装置に配置するとともに、前
    記演出リール制御手段を副制御装置に配置した請求項1
    乃至3記載のスロットマシン。
JP2000246115A 2000-08-15 2000-08-15 スロットマシン Pending JP2002058794A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000246115A JP2002058794A (ja) 2000-08-15 2000-08-15 スロットマシン

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000246115A JP2002058794A (ja) 2000-08-15 2000-08-15 スロットマシン

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2002058794A true JP2002058794A (ja) 2002-02-26

Family

ID=18736497

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2000246115A Pending JP2002058794A (ja) 2000-08-15 2000-08-15 スロットマシン

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2002058794A (ja)

Cited By (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2007089791A (ja) * 2005-09-28 2007-04-12 Aruze Corp 遊技機
JP2007117281A (ja) * 2005-10-26 2007-05-17 Aruze Corp 遊技機
JP2007229009A (ja) * 2006-02-27 2007-09-13 Sankyo Kk スロットマシン
GB2455127A (en) * 2007-11-30 2009-06-03 Hewlett Packard Development Co Reflective display with selective reflection layers
JP2010012239A (ja) * 2008-07-07 2010-01-21 Universal Entertainment Corp 遊技者が視認できる文字を変化させることができる操作ボタンユニットを備える遊技機
JP2014131634A (ja) * 2013-12-03 2014-07-17 Universal Entertainment Corp 遊技機
JP2015024247A (ja) * 2014-10-30 2015-02-05 株式会社三共 スロットマシン
JP2015057141A (ja) * 2014-12-19 2015-03-26 株式会社ユニバーサルエンターテインメント 遊技機
JP2017119167A (ja) * 2017-04-03 2017-07-06 株式会社三共 スロットマシン

Cited By (10)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2007089791A (ja) * 2005-09-28 2007-04-12 Aruze Corp 遊技機
JP2007117281A (ja) * 2005-10-26 2007-05-17 Aruze Corp 遊技機
JP2007229009A (ja) * 2006-02-27 2007-09-13 Sankyo Kk スロットマシン
GB2455127A (en) * 2007-11-30 2009-06-03 Hewlett Packard Development Co Reflective display with selective reflection layers
GB2455127B (en) * 2007-11-30 2012-07-25 Hewlett Packard Development Co Reflective display
JP2010012239A (ja) * 2008-07-07 2010-01-21 Universal Entertainment Corp 遊技者が視認できる文字を変化させることができる操作ボタンユニットを備える遊技機
JP2014131634A (ja) * 2013-12-03 2014-07-17 Universal Entertainment Corp 遊技機
JP2015024247A (ja) * 2014-10-30 2015-02-05 株式会社三共 スロットマシン
JP2015057141A (ja) * 2014-12-19 2015-03-26 株式会社ユニバーサルエンターテインメント 遊技機
JP2017119167A (ja) * 2017-04-03 2017-07-06 株式会社三共 スロットマシン

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP5487394B2 (ja) 遊技機
JP3718417B2 (ja) 遊技機
JP5291074B2 (ja) 遊技機
JP3751228B2 (ja) 遊技機及び遊技機用プログラム及び遊技機用プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記憶媒体
JP5155928B2 (ja) 遊技機
JP5448172B2 (ja) スロットマシン
JP4863300B2 (ja) 遊技機
JP2006034536A (ja) 回胴式遊技機
JP4215245B2 (ja) 遊技機
JP4213145B2 (ja) 遊技機
JP5552676B2 (ja) 遊技機
JP2004016376A (ja) 遊技機、遊技機用プログラム、及び遊技機用プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体
JP2010279479A (ja) 遊技機
JP2012183150A (ja) 遊技機
JP2004350944A (ja) スロットマシン
JP2004337392A (ja) 遊技台
JP3984396B2 (ja) スロットマシン
JP2010227276A (ja) 回胴式遊技機
JP3905336B2 (ja) 遊技機及び遊技機用プログラム及び遊技機用プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体
JP5223831B2 (ja) 回胴式遊技機
JP2009225881A (ja) スロットマシン
JP5298312B2 (ja) スロットマシン
JP2006320515A (ja) 遊技機、遊技機用プログラム、及び遊技機用プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体
JP2003190371A (ja) 遊技装置
JP2008200540A (ja) 遊技機

Legal Events

Date Code Title Description
A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20040115