JP2002056435A - 自動取引装置 - Google Patents

自動取引装置

Info

Publication number
JP2002056435A
JP2002056435A JP2000240704A JP2000240704A JP2002056435A JP 2002056435 A JP2002056435 A JP 2002056435A JP 2000240704 A JP2000240704 A JP 2000240704A JP 2000240704 A JP2000240704 A JP 2000240704A JP 2002056435 A JP2002056435 A JP 2002056435A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
money
teller machine
currency
conveying
apparatus
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2000240704A
Other languages
English (en)
Other versions
JP4887554B2 (ja )
Inventor
Osamu Kamegawa
Michihiro Nakano
Hideyuki Yasuma
修 亀川
道宏 仲野
英之 安間
Original Assignee
Oki Electric Ind Co Ltd
Toshiba Corp
株式会社東芝
沖電気工業株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 稼動状況、取引環境に合わせた最適な稼動を
選択できるようにする。 【解決手段】 貨幣を収納する収納室31と該収納室3
1から装置内に貨幣を1枚ずつ取り込む貨幣取り込み装
置34と、取り込まれた貨幣を搬送する搬送路R1から
R19とを有する自動取引装置において、前記貨幣取り
込み装置34における貨幣の取り込み速度を設定、登録
することができる。

Description

【発明の詳細な説明】

【0001】

【発明の属する技術分野】複数の運用モードを有するA
TMなどの自動取引装置に関する。

【0002】

【従来の技術】従来の自動取引装置は、利用者が預金す
る入金取引や預金を引き出す出金取引において、現金の
搬送速度や取り込み速度などの運用モードは単一のモー
ドにより運用している。

【0003】

【発明が解決しようとする課題】近年、金融機関などに
おいては、顧客サービス向上の一環として自動取引装置
の稼動時間延長の動きがあり、24時間稼動や休日稼動
が行われるようになってきた。このため、金融機関の係
員が不在時に自動取引装置を稼動する無人稼動となる場
合が多く、従来に増してジャムなどのエラーによる休止
障害の低減が要望されている。

【0004】他方、従来から繁忙時の自動取引装置の混
雑緩和のため処理速度の向上に応えるべく、媒体処理な
どは可能な限り高速に行われるようになっている。高速
処理はジャムなどのエラーが発生しやすい問題がある
が、通常、自動取引装置における現金の搬送速度や取り
込み速度などの運用モードは繁忙時の高速運用に合わせ
た単一のモードのみを保有しているため、繁忙時以外の
ときでも常に高速で運用している。

【0005】このため、信頼性を重視した運用をしたい
場合でもジャムなどのエラー発生を一定以下に抑制する
ことが非常に困難であった。そこで、本発明では、ジャ
ムなどのエラーによる休止障害の低減と稼動状況、取引
環境に合わせた最適な稼動を選択できるようにすること
を目的とする。

【0006】

【課題を解決するための手段】そのため、本発明は、貨
幣を収納する収納室と該収納室から装置内に貨幣を1枚
ずつ取り込む貨幣取り込み装置と、取り込まれた貨幣を
搬送する搬送路とを有する自動取引装置において、前記
貨幣取り込み装置における貨幣の取り込み速度を設定、
登録することができることを特徴とする。

【0007】

【発明の実施の形態】以下に図面を参照して本発明の実
施の形態を説明する。まず、本実施の形態における自動
取引装置の構成について説明する。図3は、自動取引装
置の外観を示す斜視図である。1は自動取引装置、2は
該自動取引装置の筐体であり、この装置筐体2の上方の
垂直面にはカード挿入口7と通帳挿入口8とコイン入出
金口9が設けられており、水平面には紙幣入出金口4と
扉5と操作表示部6とが設けられている。

【0008】紙幣入出金口4は、取引に伴う紙幣(貨
幣)Pの一括投入あるいは一括取り出しが可能に形成さ
れている。扉5は入金された紙幣Pを装置筐体2内部に
取り込み収納する間および出金すべき紙幣Pを入出金口
4に搬送する間に、利用者が不意に巻き込まれたり不所
望な物が投入されることを防止するための扉であり、開
閉自在に形成されており、紙幣入出金部4の上部に配置
されている。

【0009】操作表示部6は図示しないタッチセンサを
カラーCRTやLCDによる表示部上に設けたもので、
操作表示部6は、利用者の操作を誘導するイラスト、文
字、あるいは文言を表示すると共に暗証番号、取引金
額、口座番号等を入力するためのテンキーおよび取引の
承認、確認あるいは取り消しを行うためのファンクショ
ンキーを表示する。

【0010】利用者が表示部分を押圧すると図示しない
タッチセンサが検知し、後述する主制御部に信号を出力
する。7は暗証番号および口座番号が記録されている取
引媒体である磁気カードを挿入するためのカード挿入口
であり、8は通帳を挿入するための通帳挿入口であり、
9は硬貨を投入するためのコイン入出金口である。

【0011】図2は、自動取引装置の制御系を示すブロ
ック図である。11は前述した装置筐体2の各部と接続
していて装置全体を制御する主制御装置である。12は
カード挿入口7から挿入された磁気カードAを自動取引
装置内に取り込み、磁気カードAの所定の位置に配置さ
れている磁気ストライプ部から口座番号および種別など
の口座情報を受け取る磁気カードリーダー部である。

【0012】13は、通帳挿入口8から挿入された通帳
Bの磁気ストライプ部を読み取ると共に通帳Bおよび図
示しないジャーナル用紙に取引内容を記録する通帳プリ
ンタ部である。14は紙幣入出金口4に外部から挿入さ
れた紙幣Pを取り込んで入金額を計数した後、所定のル
ーチンにしたがって後述する金庫に搬送すると共に、指
定された金額の紙幣Pを入出金口4に払い出す紙幣入出
金ユニットである。

【0013】15は、コイン入出金口9に投入されたコ
インCを受け入れると共にコイン入出金口9から利用者
にコインを払い出すコイン入出金ユニットである。16
は操作表示部5によって構成される接客ユニットであ
り、17は係員用の内部モニタを有する係員操作部であ
る、23は自動取引装置の外部に設けられていて主制御
装置11に接続されている係員用のリモートモニタであ
る。

【0014】前記係員操作部17および前記リモートモ
ニタ23により、装置筐体2内部に保留されている紙幣
Pの残高検知、後述する補助金庫の交換および紙幣Pの
補充、ジャーナル用紙の補充等の処理が指示されるよう
になっている。20は主制御装置11と図示しないホス
トコンピュータとの間のデータ伝送を制御する伝送制御
部である。

【0015】21は振り込み取引に必要な金融機関の情
報、例えば、銀行名および支店名が50音順に記録され
たデータファイルとしての図示しないフロッピー(登録
商標)ディスクを受け入れて読み込むためのフロッピー
ディスクドライブである。22は電源部である。図1
は、自動取引装置の内部構造を示す概略側面図である。

【0016】31は紙幣入出金口4に投入された紙幣P
を一括して収納する紙幣収納室(以下、ホッパと示す)
であり、紙幣入出金口4の下方に配置されている。ホッ
パ31は、90度の回転が可能に構成されており、利用
者が紙幣Pを投入するときおよび紙幣Pを利用者に払い
出すときには、紙幣Pを底面に対して垂直に立たせる向
きになり、後述する各金庫に紙幣Pを取り込むときおよ
び出金や返却の紙幣Pを送り込み、紙幣Pを底面に対し
て水平に寝かせた向きになる。

【0017】32は紙幣Pの表裏を揃える表裏取り揃え
部である。34はそれぞれホッパ31に投入された紙幣
Pを1枚ずつ装置内に取り込むための取り込み装置であ
る。検出手段66により紙幣の取り込み状態を検出し、
正常な取り込み操作が完了したら、次の紙幣Pの取り込
みを開始する。

【0018】搬送異常を検出した場合には、取り出し動
作を停止し、取り出しローラ33を逆転してホッパ31
内に当該紙幣Pを戻す操作を行う。35は左右方向に移
動可能なバックアップとして形成されていて、所定の位
置に移動されることによりホッパ31の容量を変更する
と共に、紙幣入出金口4に投入された紙幣Pを、各金庫
に取り込む際に、紙幣Pを取り込みローラ側に押しつけ
るための加圧部材として利用される。

【0019】36は鑑査装置であり、図示しない光学セ
ンサーや磁気センサーおよび鑑別回路等を備えていて、
紙幣Pの真偽判別、損券判別、金種判別、表裏判別など
を一枚ずつチェックすると共に、払い出しのために再利
用が可能な紙幣(以下、リサイクル券と示す)と偽券、
損券、金種判別が不可能であった紙幣(以下、リジェク
ト券と示す)とを区別する。

【0020】38は前記鑑査装置36において再利用可
能なリサイクル券と判別された紙幣を一時的に保持する
入金一時集積部である。40は鑑査装置36による鑑査
によりリジェクトされたリジェクト券を一時集積すると
共に、所定のタイミングでホッパ31に返却する入金リ
ジェクト券集積部である。

【0021】入金動作時に、鑑査装置36がホッパ31
に投入されたすべての紙幣Pを鑑査し終えると、前記入
金リジェクト券をホッパ31に返却する。37は主制御
装置11とのコマンド、データなどの送受信や入出金ユ
ニット内の機械類やモータの制御、紙幣の搬送先、など
の各種の制御を行う制御部である。

【0022】50、51、52はそれぞれ第1の金庫、
第2の金庫、第3の金庫であり、第1の金庫50、第2
の金庫51、第3の金庫52は、後述する装填庫から収
受した紙幣および利用者が入金した紙幣で、払い出しに
再利用できる千円券及び万円券を保持している金庫であ
る。額面の大きな種類の紙幣、例えば万円券は第1の金
庫50と第2の金庫51に収納され、額面の小さな種類
の紙幣、例えば千円券は第3の金庫52には収納され
る。

【0023】また、5千円券は、通常の顧客取引におい
ては、払い出しに利用されないことから、鑑査装置36
の正損結果に関わらず、後述するリジェクト庫に収納さ
れる。53、54はそれぞれ紙幣収納機構と紙幣取り出
し機構であり、第1の金庫50、第2の金庫51、第3
の金庫52の上端部分に設けられていて、前記紙幣収納
機構は利用者が入金した紙幣Pを収納し、前記紙幣取り
出し機構は払い出し要求に応じた金額の紙幣を出金す
る。

【0024】さらに、装置筐体2内部には様々な搬送ベ
ルトあるいはローラなどの被駆動要素を駆動するための
モータMおよび該モータMにより発生される駆動力を搬
送ベルトあるいはローラなどに伝達する図示しない駆動
力伝達系が設けられている。R1からR19は、搬送ベ
ルトおよびローラなどの被駆動要素により形成された紙
幣搬送路である。

【0025】搬送路R1からR19が分岐する位置に
は、紙幣の搬送方向を切り換える切り換え装置70が組
み込まれている。60、61はそれぞれ第1のリジェク
ト庫と第2のリジェクト庫であり、上下方向に積層され
て配置されており、制御部37の指示に従ってリジェク
ト券を区別して収容する。

【0026】第1のリジェクト庫60と第2のリジェク
ト庫61には、それぞれリジェクト庫に着脱可能に形成
されたリジェクトカセット60aおよび61aが配置さ
れている。前記リジェクトカセット60aおよび61a
には、たとえば、マグネット、切欠あるいは突起等が設
けられていて、カセットが正確にセットされていること
を図示しないカセット検知センサで検知する。

【0027】なお、第1リジェクトカセット60a及び
第2のリジェクトカセット61aは、実質的に同1に形
成され、相互に、交換可能に形成されている。63は回
収部であり、第2のリジェクト庫61の下部に設けられ
ていて、利用者がホッパ31内から取り忘れた紙幣を保
持する。64は補助金庫であり、回収部63の上部に設
けられていて、払い出しのための紙幣Pを各金庫に補充
する場合等に利用される。

【0028】65は補助金庫64に配置されている装填
カセットであり、入出金口4からの紙幣Pの受け入れ又
は払い出しのための紙幣Pの入出金口4の搬送動作に制
限されることなく、必要に応じて、外部から紙幣Pを補
充できる。検出手段66は取り込み装置34を挟んで設
置されている一対の発光、受光センサにより構成されて
いて、紙幣Pの連鎖、スキュー量や厚さなどの搬送状態
を検出する。

【0029】以下に、上述した構成の作用について説明
する。まず入金取引処理について図4、図5を用いて説
明する。図4は、入金取引処理を示す説明図である。図
5は入金取引処理のフローチャートである。利用者は操
作表示部6に表示されている取引の中から「入金」を選
択する(S101)。主制御部11の指令により、操作
表示部6に「現金を入れてください」というメッセージ
が表示されると共に扉5が開放される(S102)。

【0030】利用者が紙幣入出金口4からホッパ31に
1括して紙幣Pを投入すると主制御部11の指令により
扉5が閉まる。利用者が紙幣入出金口4からホッパ31
に1括して投入した紙幣Pは、図4の実線矢印で示すよ
うに、紙幣取り込みローラ33と紙幣取り込み装置34
により装置内に取り込まれる。

【0031】このとき、紙幣の搬送状態を検出する検出
手段66により、紙幣の連鎖、スキュー量、厚さなど搬
送状態に異常が検出されると紙幣取り込み動作が中止さ
れ、搬送異常が検出された紙幣を前記ホッパ31に返却
する。前記検出手段より連鎖やスキュー量、厚さに異常
が検出されなかった紙幣は、搬送路R1を通り、鑑査装
置36に導かれる。

【0032】鑑査装置36において、真偽判別、損券判
別、金種判別、表裏判別などを1枚ずつチェックされる
(S103)。入金可能紙幣は搬送路R2、搬送路R
3、搬送路R4を経由し、表裏取り揃え部32で表裏を
取り揃えられ(S104)、入金一時集積部38に収納
される(S105)。

【0033】リジェクト券と判別された紙幣は搬送路R
2、搬送路R3、搬送路R4を経由して図4の破線矢印
で示すように搬送路R6を経由して入金リジェクト集積
部40へ導かれて1旦集積される(S106)。入金リ
ジェクト集積部40に集積された入金リジェクト券は、
ホッパ31に投入されたすべての紙幣Pが鑑査装置36
で鑑査された後に搬送路R7を経由してホッパ31に1
括して返却される(S107)。

【0034】紙幣Pがホッパ31に返却されると、主制
御装置11の制御により扉5が開放され、操作表示部6
に「現金を入れなおしてください」というメッセージが
表示される。利用者がホッパ31から入金リジェクト券
を取り出して再投入し、鑑査装置36において入金枚数
を確認できた場合には、主制御装置11の制御により、
該入金紙幣は入金一時集積部38に収納され、操作表示
部6には入金額と「確認」ボタンが表示される(S10
8)。

【0035】利用者は、自分が投入した金額と操作表示
部6に表示される金額が一致している場合は操作表示部
6のタッチセンサの「確認」ボタンを押す。タッチセン
サの「確認」ボタンが押されると入金一時集積部38に
一時的に集積されている紙幣Pは、図4に実線矢印で示
すように、1枚ずつ搬送路R8、鑑査装置36(S10
9)、搬送路R2、搬送路R9、搬送路R10を通って
第1の金庫50、第2の金庫51、第3の金庫52に向
けて搬送される。

【0036】第1の金庫50、第2の金庫51、第3の
金庫52に向けて搬送された紙幣Pは、制御部37の制
御により、動作される図示しない切り替えゲート並びに
それぞれの金庫に配置されている紙幣収納機構53を介
して、紙幣の金種に応じて万円券は第1の金庫50と第
2の金庫51に収納され(S110)、千円券は第3の
金庫52に収納される(S111)。

【0037】このとき、再度通過した鑑査装置36にお
いてリジェクト券と判別された紙幣と払い出しに利用さ
れない5千円券は、制御部37の指令により、図4にお
ける破線矢印で示すように搬送路R11を経由して、第
1のリジェクト庫60または第2のリジェクト庫61に
収納される。本実施の形態では、この入金取引によりリ
ジェクト券と判別された紙幣を後述する精査が行われる
前の第1のリジェクト券とし、この第1のリジェクト券
と5千円券は、第1のリジェクト庫60に収納される
(S112)。

【0038】第1のリジェクト庫60および第2のリジ
ェクト庫61にリジェクト券が収納されると、該第1の
リジェクト庫60および第2のリジェクト庫61の外部
にそれぞれ設置されている図示しない表示装置のランプ
が点灯し、紙幣が収納されていることを示す。なお、こ
の入金処理は上述した例に限らず、第1の金庫、第2の
金庫、第3の金庫の上に紙幣一時集積板を設けてあり、
鑑査を経た紙幣を該一時集積板の上に集積し、取引確定
後に一時集積板上の紙幣を金庫に直接収納するタイプの
自動取引装置においても適用可能である。

【0039】以上説明した入金処理のように、紙幣の連
鎖、スキュー量、厚さ等の搬送異常を検出する検出手段
を設け、異常が検出されると紙幣取り込み動作が中止さ
れ、搬送異常が検出された紙幣をホッパ31に返却する
ことにより、ジャムなどによる休止障害を低減させるこ
とが可能となる。次に、出金取引処理について図6、図
7を用いて説明する。

【0040】図6は、出金取引処理を示す説明図であ
る。図7は出金取引処理のフローチャートである。利用
者は操作表示部6に表示されている取引の中から「払い
出し」を選択する(S201)。主制御部11の指令に
より、操作表示部6に「通帳又はカードを入れてくださ
い」というメッセージが表示される。

【0041】利用者が図示しない磁気カードまたは図示
しない通帳をカード挿入口7または通帳挿入口8に挿入
すると(S202)、主制御装置11の制御により操作
表示部6に、「暗証番号を入力してください」というメ
ッセージとテンキーが表示される。利用者が暗証番号を
入力すると(S203)伝送制御部20の制御により図
示しないホストコンピューターに暗証番号が伝送され、
ホストコンピューターに記憶されている暗証番号と入力
された暗証番号とが照合される(S204)。

【0042】入力された暗証番号が正しい場合、主制御
装置11の制御により、「払い出し金額を入力してくだ
さい」というメッセージとテンキーおよび条件を確定す
るための「確認」ボタンが操作表示部6に表示される
(S205)。利用者が払い出し金額を入力すると、制
御部37の制御により、動作される図示しない切り替え
ゲート並びにそれぞれの金庫に配置されている紙幣取り
出し機構54が作動し、利用者が要求した金額の紙幣が
第1の金庫50、第2の金庫51、第3の金庫52から
排出されて搬送路R10に案内される(S206)。搬
送路R10に案内された紙幣は、鑑査装置36、搬送路
R2、搬送路R3、搬送路R4、搬送路R6および搬送
路R7を順次経由して、ホッパ31に供給される。

【0043】続いて、紙幣入出金口4の扉5が開放され
ると共に、操作表示部6に、「現金をお取り下さい」と
いうメッセージが表示される(S207)と共に通帳又
はカードが返却される。。なお、出金処理において、鑑
査装置36においてリジェクト券と判別された紙幣は、
制御部37の指令により、図6における破線矢印で示す
ように搬送路R2、搬送路R9、搬送路R11を経由し
て、第1のリジェクト庫60または第2のリジェクト庫
61のリジェクト庫に収納される。

【0044】本実施の形態では、この出金取引によりリ
ジェクト券と判別された紙幣を後述する精査が行われる
前の第2のリジェクト券とし、この第2のリジェクト券
を第1のリジェクト庫60に収納する(S208)。第
1のリジェクト庫60および第2のリジェクト庫61に
リジェクト券が収納されると、該第1のリジェクト庫6
0および第2のリジェクト庫61の外部にそれぞれ設置
されている図示しない表示装置のランプが点灯し、紙幣
が収納されていることを示す。

【0045】上述した出金処理動作時において、ホッパ
32に送出された払い出すべき紙幣Pが所定時間経過し
てもホッパ32から取り出されない場合には、主制御装
置11の制御により、「取り忘れ」と判定され、取り込
みローラ33により1枚ずつ搬送路R1に案内され、搬
送路R2、搬送路R9、搬送路R11を経由して回収部
63に案内される(210)。

【0046】次に、精査処理について説明する。図8
は、精査処理を示す説明図である。図9は精査のフロー
チャートである。伝送制御部20を経由してホストコン
ピューターすなわち管理センタなどから自動取引装置に
精査の指令が伝送されると(S301)、主制御装置1
1の制御により、自動取引装置において取引が行われて
いないことが確認される(S302)。

【0047】図7に示すように、第1の金庫50、第2
の金庫51、第3の金庫52に収納されている紙幣P
は、それぞれの金庫に配置されている紙幣取り出し機構
54により搬送路R10に取り出され(S303)、鑑
査装置36、搬送路R2、搬送路R3を順次経由して補
助金庫64の装填カセット65に収納される(S30
4)。

【0048】この第1の金庫50、第2の金庫51、第
3の金庫52から装填カセット65まで搬送されるまで
の間に、鑑査装置36において2枚以上の重送または破
れ又は汚損によりリジェクト券と判別された紙幣(以
下、第3のリジェクト券とする)は、制御部37の指令
により図8における破線矢印で示すように搬送路R9を
経由して、第1のリジェクト庫60または第2のリジェ
クト庫61に収納される。本実施の形態では、第1のリ
ジェクト庫60に収納される(S305)。

【0049】補助金庫64の装填カセット65に収納さ
れている紙幣Pは、図8に示すように、搬送路R18、
搬送路R2、鑑査装置36(S306)、搬送路R10
を経由して金種ごとに第1の金庫50、第2の金庫5
1、第3の金庫52に収納される(S307)。この補
助金庫64の装填カセット65から第1の金庫50、第
2の金庫51、第3の金庫52まで搬送されるまでの間
に、鑑査装置36において2枚以上の重送または破れ又
は汚損によりリジェクト券と判別された紙幣(以下、第
4のリジェクト券とする)は、制御部37の指令によ
り、第1のリジェクト庫60または第2のリジェクト庫
61に収納される。本実施の形態では、第2のリジェク
ト庫61に収納される(S308)。

【0050】なお、本実施の形態では、精査が行われた
後の入金取引によりリジェクト券と判別された紙幣(以
下、第5のリジェクト券とする)は、第2のリジェクト
庫61に収納されるものとし(S113)、精査が行わ
れた後の出金取引によりリジェクト券と判別された紙幣
(以下、第6のリジェクト券とする)は、第2のリジェ
クト庫61に収納されるものとする(S209)。

【0051】次に、本発明における紙幣の取り込み速度
と搬送速度について図10を用いて説明する。図10は
図1における紙幣投入部拡大図である。入金取引におい
ては、ホッパ31に一括して投入された紙幣Pを取り込
み装置34が1枚ずつ分離して搬送路R1に取り込み、
以降前記の説明のように紙幣Pは搬送路R1からR19
により搬送されることになる。

【0052】この取り込み装置34による紙幣Pの取り
込み速度は、取り込み装置34を駆動するモータmの回
転を制御することにより可変できるようにしている。ま
た、取り込み装置34から取り込まれた紙幣Pを搬送す
る搬送路R1からR19の搬送速度は、搬送路R1から
R19を駆動するモータMの回転を制御することにより
可変できるようにしている。

【0053】これらの紙幣取り込み速度および搬送速度
については、曜日や時間帯等に応じて複数の運用モード
を設定し、各運用モードにおける紙幣取り込み速度およ
び搬送速度を異ならせるものとする。運用モードの設定
は係員が係員操作部17を操作することにより行う。さ
らに、ホストコンピュータの指令により登録することも
可能である。

【0054】これにより、例えば月曜日から金曜日の1
9時までは中程度の紙幣取り込み速度及び搬送速度で運
用し、非常に繁忙となる金曜日の19時からは高速の紙
幣取り込み速度及び搬送速度で運用して混雑を緩和する
ことができる。また、土曜日、日曜日は係員のいない無
人稼動となり、またそれほど混雑することもないため、
低速の紙幣取り込み速度及び搬送速度で運用し、信頼性
の高い運用とするなど、稼動状況に合わせた運用モード
の設定が可能となる。

【0055】さらに、上述した運用モードの設定、切り
替えは、種々の取引や精査などにおいて可能である。例
えば、入金は利用者の現金を取り扱う取引であるため、
信頼性を重視して低速の紙幣取り込み速度及び搬送速度
で運用し、出金は取引が行われる頻度が高いため高速の
紙幣取り込み速度及び搬送速度で運用するなど取引の種
類に応じた運用モードを設定することができる。

【0056】取り込み速度を複数設定する方法として、
単位時間当たりの取り込み枚数を指定する方法を採用
し、これを連続して紙幣Pを取り込む連続送りモードが
ある。この場合の紙幣取り込み速度は、例えば、10枚
/秒、5枚/秒、1枚/秒などが考えられる。さらに、
1枚の紙幣が正常に目的地に収納されたことを検出した
後、次の紙幣の取り込み動作を行う、単送りモードでの
運用も可能である。

【0057】前記単送りモードは、例えば、入金取引に
おいて、ホッパ部31に複数枚の紙幣がセットされた場
合、1枚目が取り込み装置34に1枚ずつ取り込まれ、
搬送路R1などを経由して入金一時集積部40に集積さ
れるが、これが正常に行われたことを入金一時集積部4
0に設置してある図示しない検出手段により検出し、収
納されていることが確認できたら2枚目の紙幣取り込み
動作を開始するようにしたものである。

【0058】この単送りモードにより、ショートピッチ
などで取り込まれた際に生じる搬送路や入金一時集積部
40でのジャムの発生を減少させることができる。さら
に、前記連続送りモードと前記単送りモードの両者を登
録しておき、取引種別、曜日、時間帯等に応じて該連続
送りモードと該単送りモードモード切り替えることがで
きる。

【0059】また、搬送速度の設定値としては、1.6
m/秒、0.8m/秒、0.4m/秒などが考えられ
る。本実施例では、紙幣を処理する装置として説明して
きたが、硬貨や郵便物を処理する装置やシート類の読取
装置についても適用することができる。

【0060】

【発明の効果】以上説明したように、本実施例によれ
ば、紙幣の取り込み速度や搬送速度、紙幣の取り込み速
度を設定する方法(連続送りモードと単送りモード)の
運用モードを曜日、時間帯、取引の種類等に応じて設
定、切り替え可能とすることで、稼動状況、取引環境に
合わせた最適な稼動を選択することができる。

【0061】さらに、紙幣の連鎖、スキュー量、厚さ等
の搬送状態の異常を検出する検出手段を設け、異常が検
出されると紙幣取り込み動作が中止され、搬送異常が検
出された紙幣をホッパ31に返却することにより、ジャ
ムなどによる休止障害を低減させることが可能となる。

【図面の簡単な説明】

【図1】自動取引装置の内部構造を示す概略側面図

【図2】自動取引装置の制御系を示すブロック図

【図3】自動取引装置の外観を示す斜視図

【図4】入金取引処理を示す説明図

【図5】入金取引処理のフローチャート

【図6】出金取引処理を示す説明図

【図7】出金取引処理のフローチャート

【図8】精査処理を示す説明図

【図9】精査のフローチャート

【図10】図1における紙幣投入部拡大図

【符号の説明】

2 装置筐体 4 紙幣入出金口 5 扉 6 操作表示部 7 カード挿入口 8 通帳挿入口 9 コイン入出金口 11 主制御装置 12 磁気カードリーダー部 13 通帳プリンタ部 14 紙幣入出金ユニット 15 コイン入出金ユニット 16 接客ユニット 17 係員操作部 20 伝送制御部 21 フロッピーディスクドライブ 22 電源部 23 リモートモニタ 31 紙幣収納室(ホッパ) 32 表裏取り揃え部 34 取り込み装置 36 鑑査装置 37 制御部 38 入金一時集積部 40 入金リジェクト券集積部 41 ローラ 50 第1の金庫 51 第2の金庫 52 第3の金庫 53 紙幣収納機構 54 紙幣取り出し機構 60 第1のリジェクト庫 61 第2のリジェクト庫 63 回収部 64 補助金庫 65 装填カセット 66 検出手段

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 仲野 道宏 東京都港区虎ノ門1丁目7番12号 沖電気 工業株式会社内 (72)発明者 亀川 修 東京都港区虎ノ門1丁目7番12号 沖電気 工業株式会社内 Fターム(参考) 3E040 AA01 AA04 AA07 AA08 BA07 CA06 CA09 DA03 DA08 FA03 FA04 FA05 FA06 FA07 FA08 FA09 FB02 FC02 FC03 FC04 FC05 FC11 FF07 FF09 FG03 FG08 FG11 FG13 FG18 FH04 FH05 FJ06 3F343 FB07 KB06 LC10 MB15 MC04 MC09

Claims (8)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 貨幣を収納する収納室と該収納室から装
    置内に貨幣を1枚ずつ取り込む貨幣取り込み装置と、取
    り込まれた貨幣を搬送する搬送路とを有する自動取引装
    置において、 前記貨幣取り込み装置における貨幣の取り込み速度を設
    定、登録することができることを特徴とする自動取引装
    置。
  2. 【請求項2】 請求項1において、 複数の貨幣取り込み速度を登録しておき、該貨幣取り込
    み速度を切り替えることができることを特徴とする自動
    取引装置。
  3. 【請求項3】 貨幣を収納する収納室と該収納室から装
    置内に貨幣を1枚ずつ取り込む貨幣取り込み装置と、取
    り込まれた貨幣を搬送する搬送路とを有する自動取引装
    置において、 前記貨幣取り込み装置における貨幣の取り込み速度と前
    記搬送路の搬送速度を設定、登録することができること
    を特徴とする自動取引装置。
  4. 【請求項4】 請求項3において、 複数の貨幣取り込み速度と貨幣搬送速度を登録してお
    き、該貨幣取り込み速度と該搬送速度を切り替えること
    ができることを特徴とする自動取引装置。
  5. 【請求項5】 貨幣を収納する収納室と該収納室から装
    置内に貨幣を1枚ずつ取り込む貨幣取り込み装置と、取
    り込まれた貨幣を搬送する搬送路とを有する自動取引装
    置において、 1枚ずつ貨幣を取り込み、取り込まれた貨幣が所定の処
    理を終了したことを検出した後、次の貨幣の取り込み動
    作を開始する単送りモードを有することを特徴とする自
    動取引装置。
  6. 【請求項6】 現金を収納する収納室と該収納室から装
    置内に紙幣を1枚ずつ取り込む貨幣取り込み装置と、取
    り込まれた貨幣を搬送する搬送路とを有する自動取引装
    置において、 複数枚の貨幣を連続して取り込む連続送りモードと、1
    枚ずつ貨幣を取り込み、取り込まれた貨幣が所定の処理
    を終了したことを検出した後、次の貨幣の取り込み動作
    を開始する単送りモードとを有することを特徴とする自
    動取引装置。
  7. 【請求項7】 請求項6において、 連続送りモードと単送りモードを切り替えることができ
    ることを特徴とする自動取引装置。
  8. 【請求項8】 貨幣を収納する収納室と該収納室から装
    置内に貨幣を1枚ずつ取り込む貨幣取り込み装置と、取
    り込まれた貨幣を搬送する搬送路とを有する自動取引装
    置において、 貨幣の搬送状態を検出する検出手段を設け、貨幣の搬送
    状態に異常が検出されると貨幣取り込み動作を中止し、
    搬送異常が検出された貨幣を前記収納室に返却すること
    を特徴とする自動取引装置。
JP2000240704A 2000-08-09 2000-08-09 自動取引装置 Active JP4887554B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000240704A JP4887554B2 (ja) 2000-08-09 2000-08-09 自動取引装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000240704A JP4887554B2 (ja) 2000-08-09 2000-08-09 自動取引装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2002056435A true true JP2002056435A (ja) 2002-02-22
JP4887554B2 JP4887554B2 (ja) 2012-02-29

Family

ID=18732023

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2000240704A Active JP4887554B2 (ja) 2000-08-09 2000-08-09 自動取引装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4887554B2 (ja)

Cited By (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005234618A (ja) * 2004-02-17 2005-09-02 Hitachi Omron Terminal Solutions Corp 現金自動取引装置の制御
JP2006004178A (ja) * 2004-06-17 2006-01-05 Oki Electric Ind Co Ltd 自動取引装置および自動取引システム
JP2008052369A (ja) * 2006-08-22 2008-03-06 Aruze Corp 紙幣処理装置
JP2008210122A (ja) * 2007-02-26 2008-09-11 Oki Electric Ind Co Ltd 自動取引装置
JP2010170175A (ja) * 2009-01-20 2010-08-05 Glory Ltd 貨幣処理装置
WO2013088876A1 (ja) * 2011-12-13 2013-06-20 沖電気工業株式会社 紙幣入出金機及び紙幣処理装置
JP2013254382A (ja) * 2012-06-07 2013-12-19 Oki Electric Ind Co Ltd 取引装置及びプログラム

Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0554223A (ja) * 1991-08-26 1993-03-05 Oki Electric Ind Co Ltd 循環式紙幣入出金装置
JPH08339466A (ja) * 1995-06-13 1996-12-24 Toshiba Corp 自動取引装置

Patent Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0554223A (ja) * 1991-08-26 1993-03-05 Oki Electric Ind Co Ltd 循環式紙幣入出金装置
JPH08339466A (ja) * 1995-06-13 1996-12-24 Toshiba Corp 自動取引装置

Cited By (11)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005234618A (ja) * 2004-02-17 2005-09-02 Hitachi Omron Terminal Solutions Corp 現金自動取引装置の制御
JP2006004178A (ja) * 2004-06-17 2006-01-05 Oki Electric Ind Co Ltd 自動取引装置および自動取引システム
JP4507713B2 (ja) * 2004-06-17 2010-07-21 沖電気工業株式会社 自動取引装置および自動取引システム
JP2008052369A (ja) * 2006-08-22 2008-03-06 Aruze Corp 紙幣処理装置
JP2008210122A (ja) * 2007-02-26 2008-09-11 Oki Electric Ind Co Ltd 自動取引装置
JP2010170175A (ja) * 2009-01-20 2010-08-05 Glory Ltd 貨幣処理装置
WO2013088876A1 (ja) * 2011-12-13 2013-06-20 沖電気工業株式会社 紙幣入出金機及び紙幣処理装置
JP2013125310A (ja) * 2011-12-13 2013-06-24 Oki Electric Ind Co Ltd 紙幣入出金機及び紙幣処理装置
CN103988237A (zh) * 2011-12-13 2014-08-13 冲电气工业株式会社 纸币出纳机和纸币处理装置
US9183691B2 (en) 2011-12-13 2015-11-10 Oki Electric Industry Co., Ltd. Banknote pay-in/pay-out device and banknote processing machine
JP2013254382A (ja) * 2012-06-07 2013-12-19 Oki Electric Ind Co Ltd 取引装置及びプログラム

Also Published As

Publication number Publication date Type
JP4887554B2 (ja) 2012-02-29 grant

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5105364A (en) Bank note handling system for strictly controlling the resupplying of bank note cassettes
JP2000020783A (ja) 紙幣入出金機
CN1612173A (zh) 纸币处理装置
CN1282943A (zh) 存款纸币和/或取款纸币的纸币存取装置
CN101140669A (zh) 自动交易装置
JPH0831168B2 (ja) 窓口用自動取引装置
JP2000331214A (ja) 紙葉類取扱装置および自動取引装置
JP2000172903A (ja) 紙幣入出金機
CN1650331A (zh) 纸张类处理装置及纸张类收纳库
JP2006313398A (ja) 現金自動取引装置
JP2005293389A (ja) 紙幣処理装置
CN101430806A (zh) 纸币处理装置及现金自动交易装置
JP2007034523A (ja) 自動釣銭機
JP2002236961A (ja) 紙幣入出金機
JPH11272922A (ja) 自動取引装置及び自動取引方法
JP2012084065A (ja) 紙幣入出金機
JP2006120180A (ja) 紙幣入出金機
JP2008217465A (ja) 自動取引装置
JPH11224362A (ja) 紙幣取扱装置
JP2004355448A (ja) 紙幣及び有価証券の自動取扱装置
JP2006065539A (ja) 紙幣取扱装置
JPH09147193A (ja) 紙幣入出金装置
JP2004110289A (ja) 壁埋め込み型の紙幣取扱装置
JP2006018798A (ja) 紙幣入出金機
JP2008052477A (ja) 紙葉類取扱装置

Legal Events

Date Code Title Description
A711 Notification of change in applicant

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A711

Effective date: 20070215

A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20070215

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20100405

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20100601

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20100722

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20110301

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20110428

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20111115

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20111128

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20141222

Year of fee payment: 3