JP2002056212A - 有価証券貸借仲介方法及び記録媒体 - Google Patents

有価証券貸借仲介方法及び記録媒体

Info

Publication number
JP2002056212A
JP2002056212A JP2000238912A JP2000238912A JP2002056212A JP 2002056212 A JP2002056212 A JP 2002056212A JP 2000238912 A JP2000238912 A JP 2000238912A JP 2000238912 A JP2000238912 A JP 2000238912A JP 2002056212 A JP2002056212 A JP 2002056212A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
database
lender
conditions
borrower
lending
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2000238912A
Other languages
English (en)
Inventor
Hideo Hirahara
Masayuki Yoshida
正行 吉田
英夫 平原
Original Assignee
Seru Infortec:Kk
株式会社 セル・インフォーテック
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 有価証券の貸借を容易に仲介することができ
るようにする。 【解決手段】 有価証券の貸借を希望する複数の会員が
通信端末100〜130を用いてネットワーク80であ
るインターネット70を介し仲介システム10Aにアク
セスすると、仲介システム10Aが会員からの借り入れ
希望条件と貸し出し希望条件とを照合し、貸し出し希望
条件に関する情報を借り手側となる会員に通知し、借り
入れ希望条件に関する情報を貸し手側となる会員に通知
することで、有価証券の貸借の仲介を行うようにする。

Description

【発明の詳細な説明】

【0001】

【発明の属する技術分野】本発明は、有価証券の貸借を
仲介する有価証券貸借仲介システム及び有価証券貸借仲
介方法に関する。

【0002】

【従来の技術】近年、先物取り引きの決済等に関連して
有価証券である株式等の貸借を行うニーズが高まってい
る。

【0003】

【発明が解決しようとする課題】ところが、現状では、
借り手側の提示する条件で貸与してくれる相手を探すこ
とは非常に手間がかかっている。すなわち、現状では、
借り手側の担当者が貸し手側の候補者となる可能性のあ
る法人のリストを検索し、個別に電話で問い合せるよう
になっているためである。

【0004】また、複数の貸し手側の候補者がある場
合、複数の借り手側の候補者があるか否かはリストの全
てを調べ尽くす必要があり、極めて煩雑である。

【0005】よって、このような有価証券の貸借を仲介
するシステム化の実用化が望まれている。

【0006】本発明は、このような状況に鑑みてなされ
たものであり、有価証券の貸借を容易に仲介することが
できる有価証券貸借仲介システム及び有価証券貸借仲介
方法を提供することができるようにするものである。

【0007】

【課題を解決するための手段】請求項1に記載の有価証
券貸借仲介方法は、有価証券の貸借を希望する複数の会
員が通信端末を用いてネットワークを介し仲介システム
にアクセスする第1の行程と、仲介システムが会員から
の借り入れ希望条件と貸し出し希望条件とを照合し、貸
し出し希望条件に関する情報を借り手側となる会員に通
知し、借り入れ希望条件に関する情報を貸し手側となる
会員に通知することで、有価証券の貸借の仲介を行う第
2の行程とを備えることを特徴とする。また、第2の行
程には、貸し手データベースに、取り引き前候補検索で
用いる貸し手の情報を登録する第3の行程と、借り手デ
ータベースに、取り引き前候補検索で用いる借り手の情
報を登録する第4の行程と、会員データベースに、貸し
出し及び借り入れの基本的条件を登録する第5の行程
と、拒否データベースに、貸し出し登録、借り入れ登録
時の都度、設定される条件を登録する第6の行程と、分
散条件データベースに、貸し出し登録、借り入れ登録時
の都度、設定される分散条件を登録する第7の行程と、
交渉管理データベースに、貸し手と借り手との交渉内容
を登録する第8の行程とが含まれるようにすることがで
きる。また、第7の行程には、分散条件を、自社1社で
貸し出すか、自社とその他の他社を含めて数社で貸し出
すかを指定するものとする第9の行程が含まれるように
することができる。また、第2の行程には、情報登録部
により、貸し手側の条件を貸し手データベースに登録
し、借り手側の条件を借り手データベースに登録する第
10の行程と、情報検索部により、借り手側がネットワ
ークを介し、貸し手側の貸し出し希望情報の検索要求が
あると、貸し手データベースから貸し手の情報を検索す
る第11の行程と、取引確認部により、貸し手側と借り
手側との取り引きの可能性を、貸し手データベース、借
り手データベース、分散条件データベースの情報に基づ
いて確認し、交渉管理データベースに、貸し手と借り手
との交渉内容を登録する第12の行程とが含まれるよう
にすることができる。また、第10の行程には、貸し出
し登録、借り入れ登録時の都度、設定される条件を拒否
データベースに登録する第13の行程と、貸し出し登
録、借り入れ登録時の都度、設定される分散条件を分散
条件データベースに登録する第14の行程とが含まれる
ようにすることができる。また、第2の行程には、貸し
手側からの貸し出し情報の登録依頼を受取ると、貸し出
し情報を登録するために必要となる匿名IDを自動的に
生成して貸し手側に通知するとともに、生成した匿名I
Dを貸し手データベースに登録する第15の行程と、借
り手側からの貸し出し情報の検索依頼を受取ると、貸し
出し情報をアクセアスするために必要となる匿名IDを
自動的に生成して借り手側に通知するとともに、生成し
た匿名IDを借り手データベースに登録する第16の行
程とが含まれるようにすることができる。また、第15
及び第16の行程には、匿名IDと実名IDとをペアで
管理する第17の行程が含まれるようにすることができ
る。また、第2の行程には、借り手側からの借り入れ希
望条件を借り手データベースに登録すると、借り入れ希
望条件を満たす候補者を会員データベースから検索して
一覧を作成した後、借り手側に一覧を通知する第18の
行程が含まれるようにすることができる。また、第18
の行程には、貸し手側の情報が登録されている拒否デー
タベースと分散条件データベースとを参照し、借り入れ
希望条件を満たす貸し手側の条件を絞り込む第19の行
程が含まれるようにすることができる。また、第18、
19の行程には、借り入れ希望条件を満たす貸し手側が
検索されなかったとき、借り入れ希望条件の再設定を行
う第20の行程が含まれるようにすることができる。ま
た、第18、19の行程には、借り入れ希望条件が満た
されたとき、借り手側と貸し手側との貸借の了解をと
り、了解の結果を借り手側と貸し手側とに通知する第2
1の行程が含まれるようにすることができる。請求項1
2に記載の記録媒体は、請求項1〜11の何れかに記載
の有価証券貸借仲介方法を実行可能なプログラムが記録
されていることを特徴とする。本発明に係る有価証券貸
借仲介方法及び記録媒体においては、有価証券の貸借を
希望する複数の会員が通信端末を用いてネットワークを
介し仲介システムにアクセスすると、仲介システムが会
員からの借り入れ希望条件と貸し出し希望条件とを照合
し、貸し出し希望条件に関する情報を借り手側となる会
員に通知し、借り入れ希望条件に関する情報を貸し手側
となる会員に通知することで、有価証券の貸借の仲介を
行うようにする。

【0008】

【発明の実施の形態】以下、本発明の実施の形態につい
て説明する。

【0009】図1は、本発明の有価証券貸借仲介システ
ムの一実施の形態を示す図、図2は、図1の貸し手デー
タベースの詳細を説明するための図、図3は、図1の借
り手データベースの詳細を説明するための図、図4は、
図1の会員データベースの詳細を説明するための図、図
5は、図1の拒否データベースの詳細を説明するための
図、図6は、図1の分散条件データベースの詳細を説明
するための図、図7は、図1の交渉管理データベースの
詳細を説明するための図、図8及び図9は、図1の有価
証券貸借仲介システムにおける有価証券貸借仲介方法を
説明するための図、図10は、図1の仲介システムでの
データ交換に用いる電文についての詳細を示す図であ
る。

【0010】図1に示す有価証券貸借仲介システムは、
会員が使用する通信端末100〜130と、仲介システ
ム10Aと、認証サーバ60とがネットワークであるイ
ンターネット70を介して相互に接続されている。な
お、ここでのネットワークは、インターネット70に限
らず、機密保持が保たれたIPネットワークを用いるこ
ともできる。また、ネットワークは、有線に限らず、無
線回線であってもよい。

【0011】通信端末100〜130は、個人や企業を
含む会員である貸し手及び借り手が有価証券の貸借を行
う際に用いるものであり、パソコン、携帯電話、PDA
(個人情報端末)、WebTV(登録商標)等を用いる
ことができる。

【0012】仲介システム10Aは、株式等の有価証券
の貸借の仲介を行うものであり、各種データベース1
0、情報検索部11、情報登録部12、取引確認部13
を備えている。

【0013】各種データベース10は、貸し手データベ
ース20、借り手データベース30、会員データベース
40、拒否データベース50、分散条件データベース5
1、交渉管理データベース52を備えている。

【0014】貸し手データベース20には、取り引き前
候補検索で用いる貸し手の情報が登録されるようになっ
ている。借り手データベース30には、取り引き前候補
検索で用いる借り手の情報が登録されるようになってい
る。

【0015】会員データベース40には、仲介システム
10Aへの会員登録情報を基に構成された貸し出し及び
借り入れでの基本的条件が登録されるようになってい
る。拒否データベース50は、会員データベース40と
似た構造であるが、会員データベース40には基本的な
取り引き条件が設定されるのに対し、拒否データベース
50には貸し出し登録、借り入れ登録時の都度、設定さ
れる条件が登録されるようになっている。

【0016】分散条件データベース51は、分散条件を
設定するためのデータベースであり、分散条件データベ
ース51には貸し出し登録、借り入れ登録時の都度、設
定される分散条件が登録されるようになっている。ここ
での分散条件とは、自社1社で貸し出すか、自社とその
他の他社を含めて数社で貸し出すかを指定する条件であ
る。交渉管理データベース52には、貸し手と借り手と
の交渉内容が登録されるようになっている。

【0017】情報検索部11は、借り手側がインターネ
ット70上で貸し出し側の貸し出し希望情報を検索する
際、各種データベース10からその情報を検索するもの
である。情報登録部12は、貸し手側及び借り手側の条
件を各種データベース10に登録するものである。取引
確認部13は、取り引き可能性を各種データベース10
により確認するものである。

【0018】認証サーバ60は、後述する匿名IDやパ
スワード等の照合によって認証を行うものである。言換
えれば、会員である借り手がたとえば通信端末100及
びネットワーク80を通し、さらにインターネット70
を介して仲介システム10Aにアクセスすると、認証サ
ーバ60によって認証を受けることができるようになっ
ている。

【0019】次に、上記の貸し手データベース20の詳
細を、図2に示す。図2に示す貸し出しIDは、貸し手
が貸し出し条件を登録した場合に図1の情報登録部12
によって自動的に割り当てられるIDであり、仲介シス
テム10Aの管理用に用いられる。

【0020】また、貸し手匿名IDは、貸し手の実名を
伏せるために用いるIDであり、同じ貸し手であっても
図1の情報登録部12により登録される毎にランダムな
IDが割り当てられる。これにより、どの企業や個人が
株式等の貸し出しを希望しているのかが、他の会員に分
らないようにできる。

【0021】貸し手実名IDは、各会員に割り当てられ
た固定の会員コードである。また、ランダムコードであ
る貸し手匿名IDと実コードである貸し手実名IDとの
マッピングは図1の仲介システム10A内部で管理され
る。

【0022】また、仲介システム10A内部では、この
貸し手実名IDを用いて管理するが、図1の情報検索部
11による検索に用いられる貸し手コードは、貸し手匿
名IDとなる。

【0023】銘柄コードは、上場企業に割り当てられた
銘柄コードそのものである。貸し出し最大数とは、貸し
出しの最大株式数であり、この最大数以上での取り引き
は行われないようになっている。

【0024】貸し出し最小数とは、貸し出しの最小株式
数であり、この最小数以下での取り引きは行われないよ
うになっている。貸し出し期間最小は、貸し出し期間の
最小期間であり、これ以下の期間の貸し出しは行われな
いようになっている。なお、期間の単位は月数である。

【0025】貸し出し期間最長は、貸し出し期間の最大
期間であり、これ以上の期間の貸し出しは行われないよ
うになっている。なお、期間の単位は月数である。

【0026】担保手段とは、借り手に対する担保であ
り、株式やその他の有価証券、国内外通貨等が指定でき
る。支払い条件は、貸し出し期間終了時の決済条件であ
り、株式やその他の有価証券、国内外通貨等が指定でき
る。利率とは、貸し出しにおける金利に相当し、年率で
指定する。相手条件とは、特定の貸し出し拒否をする相
手や貸し出し拒否をする企業グループを指定した図1の
拒否データベース50へリンクする際のキーとなる。

【0027】分散条件は、自社1社で貸し出すか、自社
とその他の他社を含めて数社で貸し出すかを指定する図
1の分散条件データベース51へリンクする際のキーで
ある。また、分散条件データベース51には、数社で分
散した場合の自社で受け持つ割合も指定する。

【0028】次に、借り手データベースで30の詳細
を、図3に示す。図3に示す借り入れIDは、借り手が
借り入れ希望を登録した場合に図1の情報登録部12に
よって自動的に割り当てられるIDであり仲介システム
10Aの管理用に用いられる。借り手匿名IDは、借り
手の実名を伏せるために用いるIDであり、同じ借り手
であっても図1の情報登録部12により登録される毎に
ランダムなIDが割り当てられる。

【0029】借り手実名IDは、各会員に割り当てられ
た固定の会員コードである。また、ランダムコードであ
る借り手匿名IDと実コードである借り手実名IDとの
マッピングは図1の仲介システム10A内部で管理され
る。

【0030】仲介システム10A内部では、この借り手
実名IDを用いて管理するが、図1の情報検索部11に
よる検索に用いられる借り手コードは、借り手匿名ID
となる。

【0031】銘柄コードは、上場企業に割り当てられた
銘柄コードそのものである。借り入れ最大数とは、借り
入れの最大株式数であり、この最大数以上での借り入れ
は行われないようになっている。

【0032】借り入れ最小数とは、借り入れの最小株式
数であり、この最小数以下での借り入れは行われないよ
うになっている。借り入れ期間最短は、借り入れ期間の
最小期間であり、これ以下の期間の借り入れは行われな
いようになっている。なお、期間の単位は月数である。

【0033】借り入れ期間最長は、借り入れ期間の最大
期間であり、これ以上の期間の借り入れは行われないよ
うになっている。なお、期間の単位は月数である。

【0034】担保手段とは、貸し手に対する担保であ
り、株式やその他の有価証券、国内外通貨等が指定でき
る。支払い条件は、借り入れ期間終了時の決済条件であ
り、株式やその他の有価証券、国内外通貨等が指定でき
る。利率は、借り入れにおける希望金利に相当するもの
であり、年率で指定する。相手条件は、特定の借り入れ
拒否をする相手や借り入れ拒否をする企業グループを指
定した図1の拒否データベース50へリンクする際のキ
ーとなる。

【0035】分散条件は、1社から借り入れるか、複数
社から借り入れるかを指定する図1の分散条件データベ
ース51へリンクする際のキーである。また、分散条件
データベース51には、数社で分散した場合の1社当り
の借り入れ割合も指定する。

【0036】次に、会員データベース40の詳細を、図
4に示す。図4に示す顧客IDは、顧客に割り当てられ
る固定IDである。貸し借り分類は、貸借それぞれにつ
いての基本条件を区別のためのフラグを設定する。信用
ランクは、会員の信用スコアを設定する。無条件企業
は、貸し出し及び借り入れに関して無条件で貸借しても
よい会員や会員グループを指定する。

【0037】利率は、貸借における基準利率を指定す
る。分割はそれぞれに適用する分割比率を表し、各会員
の希望株数の何%まで引き受けるか、又は何%を調達す
るかの基準割合を表す。条件付企業は、それぞれ利率や
分割条件をクリアすれば貸借を行ってもよい会員の指定
と、その条件となる利率、分割を指定する。

【0038】排他企業は、基本的に貸借を行わない会員
を指定する。利率や分割について設定が無い場合は全く
取り引きを行わない会員であり、利率及び分割の設定が
ある場合は、その条件をクリアすれば取り引きに応じる
ことを意味する。この場合、一般的に条件が厳しく設定
される。

【0039】次に、拒否データベース50の詳細を、図
5に示す。図5に示す拒否データベース50は、図4の
会員データベース40と似た構造であるが、会員データ
ベース40には基本的な取り引き条件が設定されるのに
対し、貸し出し登録、借り入れ登録時の都度、設定され
る条件が登録される。

【0040】次に、分散条件データベース51の詳細
を、図6に示す。図6の分散条件データベース51は、
分散条件を設定するためのデータベースであり、貸し出
し登録、借り入れ登録時の都度、設定される分散条件が
登録される。また、分散条件データベース51には、登
録時に条件を特に設定しない場合、会員データベース4
0に登録されている条件が採用される。

【0041】次に、交渉管理データベース52の詳細
を、図7に示す。交渉管理データベース52は、貸し手
と借り手との交渉内容が登録されるものであり、トラン
ザクションID、借り手匿名ID、借り手実名ID、候
補者匿名ID、候補者実名ID、適応度、成約状況、条
件差分株数、条件差分分割率、条件差分利率、条件差分
期間、条件差分担保が登録されるようになっている。

【0042】ここで、トランザクションIDは、交渉内
容を管理するIDであり、交渉毎に割り当てられてい
る。借り手匿名ID及び借り手実名IDは、上述したよ
うに、ランダムに割り当てられるIDである。

【0043】候補者匿名IDは、貸し出し可能な候補者
のランダムに割り当てられるIDである。候補者実名I
Dは、固定の会員コードである。

【0044】適応度は、候補者それぞれの借り手から見
た交渉適応度を示すものであり、取引株数、分割率、利
率、期間、担保条件、企業親和性の各項目について評価
した得点の総和である。評価点とは、借り手側から判断
して有利であれば+1、合致すれば0、不利であれば−
1のように評価する。成約状況は、自動引き合わせの処
理において進んだステップ数である。

【0045】条件差分株数は、候補者の貸し出し可能株
数と借り手の借り入れ希望株数との差である。条件差分
分割率は、候補者の貸し出し可能分割率と借り手の借り
入れ希望分割率との差である。条件差分利率は、候補者
の貸し出しによる希望利率と借り手の借り入れによる希
望利率との差である。条件差分期間は、候補者の貸し出
し可能期間と借り手の借り入れ希望期間の差である。条
件差分担保は、候補者の希望する担保と借り手の差出希
望する担保が合致するか否かを示すものである。

【0046】次に、このような構成の有価証券貸借仲介
システムにおける有価証券貸借仲介方法について説明す
る。

【0047】まず、貸し出し手順について説明すると、
図8に示すように、たとえば借り手Aが貸し出し株式の
情報を検索する場合、手続きのために仲介システム10
Aにログインする(ステップ710)。このとき、認証
が得られると、各情報をアクセアスするために必要とな
る匿名IDが自動的に生成されて割り当てられる(ステ
ップ720)。

【0048】また、この匿名IDは、借り手Aに返され
る(ステップ711)。また、この匿名IDは、匿名で
情報検索するために必要となるIDであり、アクセス時
においても、情報登録時においても必要となる。

【0049】このような匿名IDを用いることにより、
たとえばどの企業が貸借を希望しているかを利用者に悟
られないようにすることができる。また、この匿名ID
は、情報検索の都度、ランダムに生成されて割り当てら
れるものであるため、セキュリティの面でも安全性が確
保される。

【0050】また、仲介システム10A側では、匿名I
Dと実名IDとをペアで管理するため、実際の取り引き
が進行したときに行われる実名による引き合わせに支障
が無く管理される。

【0051】次いで、借り手AがX社の株式50,00
0株を3ヶ月の条件で借り入れ希望であることを登録す
ると(ステップ712)、その条件を満たす貸し手候補
者検索により(ステップ721)、貸し出し登録状況一
覧が作成される。作成された貸し出し登録状況一覧は、
借り手Aに返送される(ステップ713)。貸し出し登
録情報には、該当する株を貸し出す会員と、それぞれの
貸し出し株数等の概要とが表示されている。ここで、そ
れぞれの貸し出し詳細条件を個々に検索することも可能
であり、また条件絞り込みを行うことも可能である。

【0052】条件絞り込みは、決済の手段、担保の手
段、競合する企業等のように不都合な契約を排除する目
的で、企業や企業系列等の排除要件等を選択することに
より、絞り込み検索することができる。

【0053】この場合、仲介システム10Aは、貸し手
C又はD側の登録した拒否データベース50と分散条件
データベース51とを参照して貸し手側の条件を満たす
かどうか判断して検索を実行する。

【0054】ここで、契約の可能性のある候補者が見つ
かれば、そのまま契約プロセスに進むことができるが、
合致する条件の貸し出し希望の無い場合は、希望条件の
再設定を行うことができる。

【0055】このとき、借り手Aが絞り込み検索を指定
すると(ステップ714)、仲介システム10A側で絞
り込み処理が行われる(ステップ722)。絞り込み処
理では、貸し手データベース20を検索し、X社株の貸
し出し希望が貸し手C,D側からそれぞれ30,000
株づづ出ているとすると、登録情報検索(ステップ72
3)にて借り手Aが複数企業から分割して借り受けるこ
とができる。

【0056】また、登録情報検索(ステップ723)に
て登録情報検索を行い、借り手Aが借り入れ登録におい
て複数の貸し手C,Dからの借り入れを了承し、貸し手
C,Dが契約拒否企業でなければ、借り手Aに貸し手C
の匿名IDと、貸し手Dの匿名IDと、貸し出し可能株
数及び諸条件とが通知される(ステップ715)。

【0057】借り手Aが条件を了承すれば、条件了承を
仲介システム10Aに通知する(ステップ716)。仲
介システム10A側では、貸し手Cと貸し手Dに借り手
Aの匿名ID及び緒条件を、借り手データベース30よ
り抽出し、貸し手Cと貸し手Dとに通知する(ステップ
724,730)。貸し手Cと貸し手Dとが拒否を行わ
なければ、次のフェーズである実名による交渉に移るこ
とができる。

【0058】もし、借り手Aの希望条件に合致した貸し
出し登録が無い場合は、借り手Aの希望に近い条件のも
のを選択し、借り手Aに通知することができる。これに
より、借り手Aは、借り入れ条件の変更登録をすること
ができる。借り手Aの借り入れ条件の変更ができない場
合は、借り入れ希望条件とその登録期限とを設定して仲
介システム10Aに借り入れ希望を登録することができ
る。借り入れ希望が登録されると、仲介システム10A
は、自動引き合わせ処理のフェーズに移行する。

【0059】自動引き合わせ処理では、図9に示すよう
に、借り入れ希望条件が登録されると(ステップ80
1)、借り入れ希望条件に合った株保有者情報が検索さ
れる(ステップ802)。

【0060】ここで、借り入れ希望条件に合った株保有
者情報が無ければ、借り入れ希望条件の可能性のある企
業へ電子メール、FAX、自動音声電話等の手段を用い
ての通知処理が行われる(ステップ803)。

【0061】ここでは、機密性の確保のために、実際の
借り入れ希望情報を通知するものではなく、仲介システ
ム10Aへのログインを促すための内容だけを通知する
ものである。ちなみに、利用者本人確認と暗号化による
盗聴が防止できる環境であれば、直接取り引き条件を通
知するようにしてもよい。

【0062】また、通知する内容は、次のようなもので
ある。「借り入れ希望者(候補者)が1週間以内の契約
を条件に、借り入れ希望情報を登録しました。2000
年8月3日から2000年8月5日までに本システムに
ログインし、借り入れ希望情報をご検討下さい。」

【0063】また、このような内容である希望条件を確
認する際、仲介システム10Aにログインすると、アク
セスID又はアクセスURLがアクセスしているブラウ
ザーに自動的に通知され、そのアクセスID又はアクセ
スURLを用いることで、借り入れ希望情報を確認する
ことができる。

【0064】条件を確認の後、貸し出し可能であれば
(ステップ804)、貸し出し可能の意思であることを
仲介システム10Aに通知する。これに対し、貸し出し
不可能であれば、貸し出し候補無しを仲介システム10
Aに通知する(ステップ805)。

【0065】ここで、貸し出し意思表示の場合も借り入
れ情報登録と同様に、不都合な契約を排除する目的で排
除条件を設定し登録することができる。能動的に、貸し
出し意思を通知しない場合は、自動的に貸し出し意思無
しとして仲介システム10Aは判断する(ステップ80
6)。

【0066】次いで、仲介システム10A側において
は、要求時点登録情報の借り手との引き合わせ処理であ
る取り引き条件の判定を行う(ステップ807)。ここ
では、予め設定された締め切り日時である、たとえば8
月5日まで待ち要求時点登録情報の蓄積の中から最も借
り手希望条件に合致する情報を選択し、候補者選定や匿
名化処理を行い、貸し出し候補者情報を借り手希望企業
に通知する(ステップ808,809)。

【0067】借り手希望企業は、再度、仲介システム1
0Aにログインし、貸し出し可能リストを検索し、交渉
を希望する貸し出し条件を指定して通知する。また、指
定する貸し出し企業又は個人を複数選択して交渉を進め
ることも可能である。

【0068】次に、上述した仲介システム10Aでのデ
ータ交換に用いる電文についての詳細を、図10に示
す。ここでは、会員登録における貸し出し用条件と借り
入れにおける借り入れ希望条件を会員が登録するときに
利用する電文であり、図4の会員データベースに無条件
貸し借り可能企業の情報を登録する電文例である。

【0069】すなわち、会員の通信端末100〜130
の何れかから入力された情報は、タグ付テキスト形式
(XML,HTML,SGML,その他)に変換され、
仲介システム10Aとの間でやりとりされる電文として
用いられる。タグは <項目名> 項目の内容 </項
目名> とする形式で表現される。ここでは、タグの名
前がデータベースの項目名となり、タグで囲まれた内容
がデータベースの項目値となる。

【0070】このように、本実施の形態では、有価証券
の貸借を希望する複数の会員が通信端末100〜130
を用いてネットワークであるインターネット70を介し
仲介システム10Aにアクセスすると、仲介システム1
0Aが会員からの借り入れ希望条件と貸し出し希望条件
とを照合し、貸し出し希望条件に関する情報を借り手側
となる会員に通知し、借り入れ希望条件に関する情報を
貸し手側となる会員に通知することで、有価証券の貸借
の仲介を行うようにしたので、有価証券の貸借を容易に
仲介することができる。

【0071】なお、本実施の形態では、匿名IDを用い
て有価証券の貸し出し処理について説明したが、実名開
示での貸し出し処理も可能である。この場合、貸し手、
借り手ともに実名開示についてのポリシーを登録する。
実名開示とは、候補特定処理において利用していたアク
セスIDによる事前交渉から実名(実企業名、実個人
名、実代理人名等)の開示を行い、取り引き交渉を行う
ことである。

【0072】この実名開示のポリシーは、貸し手、借り
手の両者がそれぞれ設定でき、両者の開示条件が同じ場
合には、その条件が整った場合に両者に実名が通知され
る。またこの実名とは、仲介システム10Aに登録され
た企業名、個人名、連絡先等であり、それぞれに設定さ
れたログイン用の固定IDではない。

【0073】両者の開示条件が異なる場合は、交渉の段
階で先に開示条件がきた時点で、他方に対し実名開示要
求が仲介システム10Aから通知される。実名開示要求
に対して開示を了承すれば、これ以降の交渉が継続して
実行され、拒否すると実名交渉要求を出した企業との交
渉はこの時点で終了となる。そして、実名を両者が開示
した段階から詳細の条件が交渉されることとなる。

【0074】実際の契約交渉は、仲介システム10Aを
通して行うことも可能であるし、貸し手、借り手が直接
仲介システム10Aを介さないで行うことも可能である
し、別システムを通して行うことも可能である。

【0075】ただし、仲介システム10Aで行った処理
量を算出するために、実名開示通知及び連絡情報の通知
を行う前に仲介システム10Aによる候補者引き合わせ
処理についての確認を両者から得る。ここでの処理と
は、このシステム利用によって課金処理を行う場合等の
基本情報となるものであり、候補者マッチング処理、扱
い株式数、扱い株時価評価額等の取り扱い規模に関する
情報も含まれる。

【0076】また、本実施の形態では、当事者同士の取
り引きではなく代理人を介した取り引きも可能である。
代理人とは、企業や個人から依頼された資産運用アドバ
イザーや証券会社等が該当する。代理人の場合は、実名
開示の前に必ず代理人ではなく当事者の条件確認と認証
の手続きが入ることが必須となる。

【0077】また、本実施の形態では、有価証券とし
て、株の貸借を対象とした場合について説明したが、こ
の例に限らず、国債などの有価証券、他絵画、貴金属、
知的所有権の貸借等も行うようにすることもできる。

【0078】また、認証サーバ60による認証において
は、匿名IDやパスワード等による認証に加え、バイオ
メトリックスによる本人認証や手書きサインによる認証
等の高度な認証方法を付加することで、機密性をより高
めるようにすることもできる。

【0079】また、仲介システム10Aは、各種取り引
き条件のマッチングを行い、貸し出し候補である単独又
は複数の会員に通知し、取り引き前候補の選択の容易性
と正確性とを提供するようにもできる。また、直接、仲
介システム10Aにアクセスできない会員であっても、
一般のインターネット接続や携帯電話によるインターネ
ット接続を介しても仲介システム10Aへの接続が可能
となるようにもできる。

【0080】また、携帯電話を介した接続においては、
機密保持性の低下を防止するために、認証サーバ60で
の認証を、通常接続の会員の場合より高度な認証方法を
指定するようにもできる。さらに、仲介システム10A
では、貸し出し候補が事前に登録されている場合又は登
録されていない場合でも、借り手の条件が登録された段
階で貸し手候補に情報提供を促すようにもできる。

【0081】

【発明の効果】以上の如く本発明に係る有価証券貸借仲
介方法及び記録媒体によれば、有価証券の貸借を希望す
る複数の会員が通信端末を用いてネットワークを介し仲
介システムにアクセスすると、仲介システムが会員から
の借り入れ希望条件と貸し出し希望条件とを照合し、貸
し出し希望条件に関する情報を借り手側となる会員に通
知し、借り入れ希望条件に関する情報を貸し手側となる
会員に通知することで、有価証券の貸借の仲介を行うよ
うにしたので、有価証券の貸借を容易に仲介することが
できる。

【図面の簡単な説明】

【図1】本発明の有価証券貸借仲介システムの一実施の
形態を示す図である。

【図2】図1の貸し手データベースの詳細を説明するた
めの図である。

【図3】図1の借り手データベースの詳細を説明するた
めの図である。

【図4】図1の会員データベースの詳細を説明するため
の図である。

【図5】図1の拒否データベースの詳細を説明するため
の図である。

【図6】図1の分散条件データベースの詳細を説明する
ための図である。

【図7】図1の交渉管理データベースの詳細を説明する
ための図である。

【図8】図1の有価証券貸借仲介システムにおける有価
証券貸借仲介方法を説明するためのフローチャートであ
る。

【図9】図1の有価証券貸借仲介システムにおける有価
証券貸借仲介方法を説明するためのフローチャートであ
る。

【図10】図1の仲介システムでのデータ交換に用いる
電文についての詳細を示す図である。

【符号の説明】

10 各種データベース 10A 仲介システム 11 情報検索部 12 情報登録部 13 取引確認部 20 貸し手データベース 30 借り手データベース 40 会員データベース 50 拒否データベース 51 分散条件データベース 52 交渉管理データベース 60 認証サーバ 70 インターネット 80 ネットワーク 100〜130 通信端末

Claims (12)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 有価証券の貸借を希望する複数の会員が
    通信端末を用いてネットワークを介し仲介システムにア
    クセスする第1の行程と、 前記仲介システムが前記会員からの借り入れ希望条件と
    貸し出し希望条件とを照合し、前記貸し出し希望条件に
    関する情報を借り手側となる前記会員に通知し、前記借
    り入れ希望条件に関する情報を貸し手側となる前記会員
    に通知することで、前記有価証券の貸借の仲介を行う第
    2の行程とを備えることを特徴とする有価証券貸借仲介
    方法。
  2. 【請求項2】 前記第2の行程には、 貸し手データベースに、取り引き前候補検索で用いる前
    記貸し手の情報を登録する第3の行程と、 借り手データベースに、取り引き前候補検索で用いる前
    記借り手の情報を登録する第4の行程と、 会員データベースに、貸し出し及び借り入れの基本的条
    件を登録する第5の行程と、 拒否データベースに、貸し出し登録、借り入れ登録時の
    都度、設定される条件を登録する第6の行程と、 分散条件データベースに、貸し出し登録、借り入れ登録
    時の都度、設定される分散条件を登録する第7の行程
    と、 交渉管理データベースに、前記貸し手と前記借り手との
    交渉内容を登録する第8の行程とが含まれることを特徴
    とする請求項1に記載の有価証券貸借仲介方法。
  3. 【請求項3】 前記第7の行程には、前記分散条件を、
    自社1社で貸し出すか、自社とその他の他社を含めて数
    社で貸し出すかを指定するものとする第9の行程が含ま
    れることを特徴とする請求項2に記載の有価証券貸借仲
    介方法。
  4. 【請求項4】 前記第2の行程には、 情報登録部により、前記貸し手側の条件を前記貸し手デ
    ータベースに登録し、 前記借り手側の条件を前記借り手データベースに登録す
    る第10の行程と、 情報検索部により、前記借り手側が前記ネットワークを
    介し、前記貸し手側の貸し出し希望情報の検索要求があ
    ると、前記貸し手データベースから前記貸し手の情報を
    検索する第11の行程と、 取引確認部により、前記貸し手側と前記借り手側との取
    り引きの可能性を、前記貸し手データベース、前記借り
    手データベース、前記分散条件データベースの情報に基
    づいて確認し、前記交渉管理データベースに、前記貸し
    手と借り手との交渉内容を登録する第12の行程とが含
    まれることを特徴とする請求項1に記載の有価証券貸借
    仲介方法。
  5. 【請求項5】 前記第10の行程には、 貸し出し登録、借り入れ登録時の都度、設定される条件
    を前記拒否データベースに登録する第13の行程と、 貸し出し登録、借り入れ登録時の都度、設定される分散
    条件を前記分散条件データベースに登録する第14の行
    程とが含まれることを特徴とする請求項4に記載の有価
    証券貸借仲介方法。
  6. 【請求項6】 前記第2の行程には、 前記貸し手側からの貸し出し情報の登録依頼を受取る
    と、前記貸し出し情報を登録するために必要となる匿名
    IDを自動的に生成して前記貸し手側に通知するととも
    に、生成した前記匿名IDを貸し手データベースに登録
    する第15の行程と、 前記借り手側からの貸し出し情報の検索依頼を受取る
    と、前記貸し出し情報をアクセアスするために必要とな
    る前記匿名IDを自動的に生成して前記借り手側に通知
    するとともに、生成した前記匿名IDを借り手データベ
    ースに登録する第16の行程とが含まれることを特徴と
    する請求項1に記載の有価証券貸借仲介方法。
  7. 【請求項7】 前記第15及び第16の行程には、前記
    匿名IDと実名IDとをペアで管理する第17の行程が
    含まれることを特徴とする請求項6に記載の有価証券貸
    借仲介方法。
  8. 【請求項8】 前記第2の行程には、前記借り手側から
    の前記借り入れ希望条件を前記借り手データベースに登
    録すると、前記借り入れ希望条件を満たす候補者を会員
    データベースから検索して一覧を作成した後、前記借り
    手側に前記一覧を通知する第18の行程が含まれること
    を特徴とする請求項1に記載の有価証券貸借仲介方法。
  9. 【請求項9】 前記第18の行程には、貸し手側の情報
    が登録されている前記拒否データベースと前記分散条件
    データベースとを参照し、前記借り入れ希望条件を満た
    す前記貸し手側の条件を絞り込む第19の行程が含まれ
    ることを特徴とする請求項8に記載の有価証券貸借仲介
    方法。
  10. 【請求項10】 前記第18、19の行程には、前記借
    り入れ希望条件を満たす貸し手側が検索されなかったと
    き、前記借り入れ希望条件の再設定を行う第20の行程
    が含まれることを特徴とする請求項8又は9に記載の有
    価証券貸借仲介方法。
  11. 【請求項11】 前記第18、19の行程には、前記借
    り入れ希望条件が満たされたとき、前記借り手側と前記
    貸し手側との貸借の了解をとり、前記了解の結果を前記
    借り手側と前記貸し手側とに通知する第21の行程が含
    まれることを特徴とする請求項8又は9に記載の有価証
    券貸借仲介方法。
  12. 【請求項12】 請求項1〜11の何れかに記載の有価
    証券貸借仲介方法を実行可能なプログラムが記録されて
    いることを特徴とする記録媒体。
JP2000238912A 2000-08-07 2000-08-07 有価証券貸借仲介方法及び記録媒体 Pending JP2002056212A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000238912A JP2002056212A (ja) 2000-08-07 2000-08-07 有価証券貸借仲介方法及び記録媒体

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000238912A JP2002056212A (ja) 2000-08-07 2000-08-07 有価証券貸借仲介方法及び記録媒体

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2002056212A true true JP2002056212A (ja) 2002-02-20

Family

ID=18730539

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2000238912A Pending JP2002056212A (ja) 2000-08-07 2000-08-07 有価証券貸借仲介方法及び記録媒体

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2002056212A (ja)

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6823319B1 (en) 1999-07-19 2004-11-23 Home American Credit, Inc. System and method for automated process of deal structuring
US6901384B2 (en) * 2000-06-03 2005-05-31 American Home Credit, Inc. System and method for automated process of deal structuring
KR100813771B1 (ko) 2005-04-20 2008-03-13 증권예탁결제원 유가증권 대차거래 권리관리 시스템 및 그 방법
JP2008225606A (ja) * 2007-03-09 2008-09-25 Tsujiya Tsujimoto Shoten:Kk 広告希望者検索システム、広告希望者検索用のサーバ装置及び商品袋の広告発注システム
JP2010278771A (ja) * 2009-05-28 2010-12-09 Nippon Telegr & Teleph Corp <Ntt> 貸借仲介システム及び貸借仲介方法
KR101444298B1 (ko) 2013-02-19 2014-09-26 (주) 아트리아트레이딩 대차 거래를 지원하기 위한 방법, 시스템 및 비일시성의 컴퓨터 판독 가능 기록 매체

Cited By (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6823319B1 (en) 1999-07-19 2004-11-23 Home American Credit, Inc. System and method for automated process of deal structuring
US7395239B1 (en) * 1999-07-19 2008-07-01 American Business Financial System and method for automatically processing loan applications
US6901384B2 (en) * 2000-06-03 2005-05-31 American Home Credit, Inc. System and method for automated process of deal structuring
KR100813771B1 (ko) 2005-04-20 2008-03-13 증권예탁결제원 유가증권 대차거래 권리관리 시스템 및 그 방법
JP2008225606A (ja) * 2007-03-09 2008-09-25 Tsujiya Tsujimoto Shoten:Kk 広告希望者検索システム、広告希望者検索用のサーバ装置及び商品袋の広告発注システム
JP2010278771A (ja) * 2009-05-28 2010-12-09 Nippon Telegr & Teleph Corp <Ntt> 貸借仲介システム及び貸借仲介方法
KR101444298B1 (ko) 2013-02-19 2014-09-26 (주) 아트리아트레이딩 대차 거래를 지원하기 위한 방법, 시스템 및 비일시성의 컴퓨터 판독 가능 기록 매체

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6889325B1 (en) Transaction method and system for data networks, like internet
US7908182B1 (en) Personal advisor service and mechanisms for advice and interactions
US7499875B1 (en) Method and apparatus for facilitating online payment transactions in a network-based transaction facility using multiple payment instruments
US6236972B1 (en) Method and apparatus for facilitating transactions on a commercial network system
US20030088517A1 (en) System and method for controlling access and use of private information
US20100023386A1 (en) Social networking platform for intellectual property assets
US20030149646A1 (en) Method and system for providing an aggregated stock options report
US6766307B1 (en) System and method for providing complete non-judicial dispute resolution management and operation
US6338050B1 (en) System and method for providing and updating user supplied context for a negotiations system
US6332135B1 (en) System and method for ordering sample quantities over a network
US20030004859A1 (en) Method and system for facilitating secure transactions
US20060080263A1 (en) Identity theft protection and notification system
US6336105B1 (en) System and method for representing data and providing electronic non-repudiation in a negotiations system
US20030033237A1 (en) Method of valuating and trading customer information
US20060074793A1 (en) Transaction management system
US6141653A (en) System for interative, multivariate negotiations over a network
US20050080723A1 (en) Computerized bargaining system and method
US20030163403A1 (en) Method and system for providing a weighted average aggregated accounts report
US6920434B1 (en) Computerized system and method for establishing a loan participation network
US20040098339A1 (en) Method and apparatus for identifying an entity with which transactions are prohibited
US20110167059A1 (en) Computer based methods and systems for establishing trust between two or more parties
US20050273423A1 (en) System, method, and apparatus for a complete mortgage solution for borrowers, mortgage brokers, mortgage bankers, and investors
US6529885B1 (en) Methods and systems for carrying out directory-authenticated electronic transactions including contingency-dependent payments via secure electronic bank drafts
US20050273406A1 (en) Method and computer network for co-ordinating a loan over the internet
US8171556B2 (en) Personal information protection method, personal information protection system, processing device, portable transmitter/receiver, and program