JP2002054261A - 多機能合成スラブ及び工法 - Google Patents

多機能合成スラブ及び工法

Info

Publication number
JP2002054261A
JP2002054261A JP2000275681A JP2000275681A JP2002054261A JP 2002054261 A JP2002054261 A JP 2002054261A JP 2000275681 A JP2000275681 A JP 2000275681A JP 2000275681 A JP2000275681 A JP 2000275681A JP 2002054261 A JP2002054261 A JP 2002054261A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
slab
formwork
construction
block
shaped
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2000275681A
Other languages
English (en)
Inventor
Akira Sugiyama
晧 杉山
Original Assignee
Akira Sugiyama
晧 杉山
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Akira Sugiyama, 晧 杉山 filed Critical Akira Sugiyama
Priority to JP2000275681A priority Critical patent/JP2002054261A/ja
Publication of JP2002054261A publication Critical patent/JP2002054261A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 様々な材種及び形状のブロック状型枠、鉄
筋、鋼材等及びフラットな型枠を使用し、スラブの上面
若しくは下面に凹凸部を設ける事で、凸部に柱と柱を繋
ぐ大梁や他の小梁、片持梁等の機能、凹部にスラブの機
能を持たせ、この事で2方向ラーメン、1方向ラーメ
ン、長スパンスラブ等の機能をスラブに持たせる事、R
C造やSRC造においては全ての梁、S造においては柱
と柱を繋ぐ大梁以外の梁の機能をスラブに持たせる事、
型枠撤去の際に型枠を撤去する、残しておく、一部を残
しておく等、目的に合わせて選択可能な事、基礎から床
スラブ、屋根スラブまで全体の工法を同一のものとする
事等が可能な新規な多機能合成スラブ及び工法を提供す
る事。 【解決手段】 フラットな型枠3にブロック状型枠2、
鉄筋、鋼材等を配置した後にコンクリートを打設し、梁
4、5、6、7、8及びスラブ9からなる多機能合成ス
ラブ1を形成する。

Description

【発明の詳細な説明】

【0001】

【発明の属する技術分野】本発明は、様々な材種及び形
状のブロック状型枠、鉄筋、鋼材等をブロック状型枠と
同様に様々な材種で形成されるフラットな型枠に任意の
間隔、方向及び高さで設置し、スラブの上面若しくは下
面に凹凸部を設ける事で、凸部に柱と柱を繋ぐ大梁や他
の小梁、片持梁等の機能、凹部にスラブの機能を持た
せ、この事で2方向ラーメン、1方向ラーメン、長スパ
ンスラブ等の機能をスラブに持たせる事、RC造やSR
C造においては全ての梁、S造においては柱と柱を繋ぐ
大梁以外の梁の機能をスラブに持たせる事、型枠撤去の
際に型枠を撤去する、残しておく、一部を残しておく
等、目的に合わせて選択可能な事、基礎から一般階の床
スラブ、最上階の屋根スラブまで全体の工法を同一のも
のとする事等が可能な新規な多機能合成スラブ及び工法
に関するものである。

【0002】

【従来の技術】従来、鉄筋コンクリートスラブの軽量化
や強度、遮音性等を向上させる為に、スラブ内部に中空
管や企属製の箱型加工品、耐水段ボール、合成樹脂の発
泡成型品等を埋設、もしくは薄肉PC床板等の基盤に固
着一体化した型枠を用いる等の工法があった。

【0003】

【発明が解決しようとする課題】前述の様々な工法で
は、スラブの軽量化という目的を果たす事は可能である
が、PC床板を用いた場合であれば、床板の運搬、現場
での取廻し、高所階への荷揚げ作業などを考慮する必要
があり、また多くのものの型枠、埋設物、配筋等は複雑
なものであった。

【0004】従って、本発明の目的は、様々な材種及び
形状のブロック状型枠、鉄筋、鋼材等をブロック状型枠
と同様に様々な材種で形成されるフラットな型枠に任意
の間隔、方向及び高さで設置し、スラブの上面若しくは
下面に凹凸部を設ける事で、凸部に柱と柱を繋ぐ大梁や
他の小梁、片持梁等の機能、凹部にスラブの機能を持た
せ、この事で2方向ラーメン、1方向ラーメン、長スパ
ンスラブ等の機能をスラブに持たせる事、RC造やSR
C造においては全ての梁、S造においては柱と柱を繋ぐ
大梁以外の梁の機能をスラブに持たせる事、型枠撤去の
際に型枠を撤去する、残しておく、一部を残しておく
等、目的に合わせて選択可能な事、基礎から一般階の床
スラブ、最上階の屋根スラブまで全体の工法を同一のも
のとする事等が可能な新規な多機能合成スラブ及び工法
を提供する事である。

【0005】

【課題を解決するための手段】本発明は上述の課題を解
決する為に次のような構成とした。即ち請求項1に記載
した発明に係る多機能合成スラブ及び工法は、フラット
な型枠を設け、前記型枠内にブロック状型枠及び鉄筋、
鋼材等を任意の間隔、方向及び高さで配置した後、コン
クリートを打設して形成するスラブであり、型枠は発泡
体、プラスチック、金属、木材、繊維、チップ、紙又は
それらの類似物等から成形され、デッキプレートや断熱
材、他の既製品の使用も可能である事、ブロック状型枠
の外形は立方体、長方体、ドーム状、かまぼこ型、キノ
コ型或いは立方体や長方体に面取り等を行ったもの或い
はそれらの類似形であり、目的、用途等に合わせて使用
する事、ブロック状型枠の内部は充填若しくは中空のも
のである事、ブロック状型枠の配置の仕方によってスラ
ブの上下面どちらに凹凸部を設けるかの選択や成形され
る凸部に柱と柱を繋ぐ大梁や他の小梁、片持梁等の機
能、凹部にスラブの機能を持たせる事及び2方向ラーメ
ン、1方向ラーメン、長スパンスラブ、何れのものにも
対応できるスラブとする事が可能である事、コンクリー
ト打設後、型枠を取り去る、残す、一部を残す等を目的
に合わせて選択可能である事、RC造やSRC造におい
ては全ての梁、S造においては柱と柱を繋ぐ大梁以外の
梁の機能をスラブに持たせる事が可能である事、基礎か
ら一般階の床スラブ、最上階の屋根スラブまで全体の工
法を同一のものとする事が可能である事等を特徴とす
る。

【0006】

【発明の実施の形態】発明の実施の形態を実施例にもと
づき図面を参照して説明する。図1、4は多機能合成ス
ラブ及び工法の実施例の一例を示した説明用分解斜視図
であり、フラットな型枠3にブロック状型枠2を配置し
たものが図1、配置した後にコンクリートを打設し、大
梁4、片持梁5、小梁6、7、8及びスラブ9からなる
多機能合成スラブ1を形成したものが図4である。尚、
鉄筋、鋼材等は省略してある。

【0007】上記構成のようにフラットな型枠3を設け
た後、必要な位置に必要な間隔でブロック状型枠2を配
置し、状況によってブロック状型枠2の形状を変え、ス
ラブ形成後の型枠の処理の方法を選択するという単純な
構成にする事で、梁の形状、位置、寸法、スラブ厚、断
熱性、遮音性、ラーメン構造や片持梁等の構造、その他
等を任意のものに容易に形成可能であるという特徴を持
つ。

【0008】図2、3は図1に記載の多機能合成スラブ
1の型枠の平面図、断面図である。

【0009】図5、6は図4に記載の多機能合成スラブ
1の平面図、断面図である。

【0010】図7は図4に記載の多機能合成スラブ1と
柱10によって形成された構造体の実施例の一例を示し
た斜視図である。

【0011】図8、9、10、11、12、13は請求
項1に記載のブロック状型枠2の実施例の一例を示した
斜視図である。

【0012】

【発明の効果】本発明は、様々な材種及び形状のブロッ
ク状型枠、鉄筋、鋼材等をブロック状型枠と同様に様々
な材種で形成されるフラットな型枠に任意の間隔、方向
及び高さで設置し、スラブの上面若しくは下面に凹凸部
を設ける事で、凸部に柱と柱を繋ぐ大梁や他の小梁、片
持梁等の機能、凹部にスラブの機能を持たせ、この事で
2方向ラーメン、1方向ラーメン、長スパンスラブ等の
機能をスラブに持たせる事、RC造やSRC造において
は全ての梁、S造においては柱と柱を繋ぐ大梁以外の梁
の機能をスラブに持たせる事、型枠撤去の際に型枠を撤
去する、残しておく、一部を残しておく等、目的に合わ
せて選択可能な事、基礎から一般階の床スラブ、最上階
の屋根スラブまで全体の工法を同一のものとする事等が
可能な新規な多機能合成スラブ及び工法である。

【0013】また上記のように単純な構成にする事で、
梁の形状、位置、寸法、スラブ厚、断熱性、遮音性、ラ
ーメン構造や片持梁等の構造、その他等を任意のものに
容易に形成可能であり、スラブの軽量化、自由間仕切り
の空間、施工管理や資材管理、資材搬入等の容易さを持
つ新規な多機能合成スラブ及び工法を提供できる。

【図面の簡単な説明】

【図1】請求項1の多機能合成スラブ及び工法の型枠の
配置の一実施形態を示す説明用分解斜視図である。

【図2】図1の平面図である。

【図3】図1の断面図である。

【図4】請求項1の多機能合成スラブ及び工法の一実施
形態を示す斜視図である。

【図5】図4の平面図である。

【図6】図4の断面図である。

【図7】請求項1の多機能合成スラブ及び工法の一実施
形態を示す斜視図である。

【図8】請求項1に記載のブロック状型枠の一実施形態
を示す斜視図である。

【図9】請求項1に記載のブロック状型枠の一実施形態
を示す斜視図である。

【図10】請求項1に記載のブロック状型枠の一実施形
態を示す斜視図である。

【図11】請求項1に記載のブロック状型枠の一実施形
態を示す斜視図である。

【図12】請求項1に記載のブロック状型枠の一実施形
態を示す斜視図である。

【図13】請求項1に記載のブロック状型枠の一実施形
態を示す斜視図である。

【符号の説明】

1 多機能合成スラブ 2 ブロック状型枠 3 フラットな型枠 4 柱と柱を繋ぐ大梁 5 片持梁 6 大梁と大梁を繋ぐ小梁 7 小梁 8 片持梁先端の小梁 9 スラブ 10 柱

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 発泡体、プラスチック、金属、木材、繊
    維、チップ、紙又はそれらの類似物等の材種から成形さ
    れ、外形は立方体、長方体、ドーム状、かまぼこ型、キ
    ノコ型あるいは立方体や長方体に面取り等を行ったもの
    又はそれらの類似形をし、内部が充填もしくは中空のブ
    ロック状型枠(2)と、前記ブロック状型枠(2)と同
    様に様々な材種から成形された(ブロック状型枠と同一
    の材種とは限らない)スラブ形成の為のフラットな型枠
    (3)を使用し、前記ブロック状型枠(2)及び鉄筋、
    鋼材等を型枠(3)に任意の間隔、方向及び高さで設置
    した後、コンクリートを打設し、型枠(3)及びブロッ
    ク状型枠(2)を撤去、若しくは一部を撤去、或いは残
    した状態で形成される多機能合成スラブ(1)及び工
    法。
JP2000275681A 2000-08-08 2000-08-08 多機能合成スラブ及び工法 Pending JP2002054261A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000275681A JP2002054261A (ja) 2000-08-08 2000-08-08 多機能合成スラブ及び工法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000275681A JP2002054261A (ja) 2000-08-08 2000-08-08 多機能合成スラブ及び工法

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2002054261A true JP2002054261A (ja) 2002-02-20

Family

ID=18761268

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2000275681A Pending JP2002054261A (ja) 2000-08-08 2000-08-08 多機能合成スラブ及び工法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2002054261A (ja)

Cited By (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2006057145A1 (ja) * 2004-11-25 2006-06-01 Mitsuo Sasaki 型枠構造
KR100753553B1 (ko) * 2006-12-27 2007-09-03 조상규 건물의 슬래브 속에 매설되는 콘크리트 사용량 감소를 위한스페이서
CN100458050C (zh) * 2002-12-16 2009-02-04 邱则有 一种砼填充用轻质永久胎体
KR100998954B1 (ko) * 2010-03-30 2010-12-09 주식회사 티브이에스포럼 모듈화된 플로어구조
JP2012241506A (ja) * 2011-05-24 2012-12-10 Takenaka Komuten Co Ltd 梁床接合構造
CN105133768A (zh) * 2015-08-21 2015-12-09 上海宝冶集团有限公司 一种采用大截面bdf箱体的现浇空心楼板及其施工方法
KR101897098B1 (ko) * 2017-05-31 2018-09-11 (주)해안종합건축사사무소 열교 차단을 위한 발코니 단열구조 및 그 시공 방법
CN110067333A (zh) * 2019-05-13 2019-07-30 中州装备制造股份有限公司 刚性梁架及其制作方法和刚性结构体

Cited By (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN100458050C (zh) * 2002-12-16 2009-02-04 邱则有 一种砼填充用轻质永久胎体
WO2006057145A1 (ja) * 2004-11-25 2006-06-01 Mitsuo Sasaki 型枠構造
KR100753553B1 (ko) * 2006-12-27 2007-09-03 조상규 건물의 슬래브 속에 매설되는 콘크리트 사용량 감소를 위한스페이서
KR100998954B1 (ko) * 2010-03-30 2010-12-09 주식회사 티브이에스포럼 모듈화된 플로어구조
JP2012241506A (ja) * 2011-05-24 2012-12-10 Takenaka Komuten Co Ltd 梁床接合構造
CN105133768A (zh) * 2015-08-21 2015-12-09 上海宝冶集团有限公司 一种采用大截面bdf箱体的现浇空心楼板及其施工方法
KR101897098B1 (ko) * 2017-05-31 2018-09-11 (주)해안종합건축사사무소 열교 차단을 위한 발코니 단열구조 및 그 시공 방법
CN110067333A (zh) * 2019-05-13 2019-07-30 中州装备制造股份有限公司 刚性梁架及其制作方法和刚性结构体
CN110067333B (zh) * 2019-05-13 2020-11-27 中州装备制造股份有限公司 刚性梁架及其制作方法和刚性结构体

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US4669234A (en) Prefabricated wall section
EP0749511B1 (en) Element for use in making a reinforced concrete structure with cavities, filler body for making such an element, and method of making a reinforced concrete structure with cavities
US5095674A (en) Concrete building panel with intermeshed interior insulating slab and method of preparing the same
EP1325991B1 (en) Method for manufacturing a floor of concrete and shuttering slab for use therein
US6182416B1 (en) Tilt-up wall panel construction method and form blocks
DE10018212B4 (de) Verfahren zur Herstellung eines Beton-Deckenelements mit biegesteifen Beton- Trägerelementen, Deckenelement und Vorrichtung zur Durchführung des Verfahrens
JP5955010B2 (ja) 建築基礎工法およびそれに用いる立ち上がりブロック
KR100588788B1 (ko) 발포 플라스틱 중공 패널 조립체
CN103797197B (zh) 预铸整体式墙与楼板的建筑结构
US5596855A (en) Insitu insulated concrete wall structure
JP5830195B2 (ja) トラスを組み立てて型枠を懸装してフェロセメントスラブを現場打設で製作する方法
BR0111641A (pt) Sistema de moldes para a concretagem de pisos e tetos
CA2801735C (en) An apparatus and method for construction of structures utilizing insulated concrete forms
JP5051598B2 (ja) プレキャストコンクリート板を使用した鋼・コンクリート合成床版の構築方法
KR101809687B1 (ko) 철골콘크리트 기둥과 철골보의 접합부재 및 그 시공방법
BR0012399A (pt) Elemento de molde perdido para a construção de lajes lisas de concreto reforçadas tradicionais
JPH10231578A (ja) 建屋構造
US2751776A (en) Stressed block building slab
JP2002021240A (ja) プレキャストコンクリート板、スラブおよび構造物
FI84512C (fi) System foer gjutning av betonggolv.
CA2678452C (en) Device for anchoring concrete to an insulating panel and form employing the device
US20090151298A1 (en) Method of Making Monolithic Concrete Structures
US5950397A (en) Building panels
US4486996A (en) Construction-panel prefabrication method, panels thus made and equipment for implementing said method
KR100987762B1 (ko) 수직부재와 수평부재의 결합구조

Legal Events

Date Code Title Description
A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20040330

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20040527

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20040727

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20040824

A911 Transfer of reconsideration by examiner before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A911

Effective date: 20041004

A912 Removal of reconsideration by examiner before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A912

Effective date: 20041029