JP2002032590A - 広告方法、広告システム、広告枠の取引方法、広告枠の取引システムおよび記録媒体 - Google Patents

広告方法、広告システム、広告枠の取引方法、広告枠の取引システムおよび記録媒体

Info

Publication number
JP2002032590A
JP2002032590A JP2000188523A JP2000188523A JP2002032590A JP 2002032590 A JP2002032590 A JP 2002032590A JP 2000188523 A JP2000188523 A JP 2000188523A JP 2000188523 A JP2000188523 A JP 2000188523A JP 2002032590 A JP2002032590 A JP 2002032590A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
content
advertisement
inventory
data
object
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2000188523A
Other languages
English (en)
Inventor
Takenori Koda
Akiko Murakami
武範 幸田
明子 村上
Original Assignee
Internatl Business Mach Corp <Ibm>
インターナショナル・ビジネス・マシーンズ・コーポレーション
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Classifications

    • GPHYSICS
    • G06COMPUTING; CALCULATING; COUNTING
    • G06QDATA PROCESSING SYSTEMS OR METHODS, SPECIALLY ADAPTED FOR ADMINISTRATIVE, COMMERCIAL, FINANCIAL, MANAGERIAL, SUPERVISORY OR FORECASTING PURPOSES; SYSTEMS OR METHODS SPECIALLY ADAPTED FOR ADMINISTRATIVE, COMMERCIAL, FINANCIAL, MANAGERIAL, SUPERVISORY OR FORECASTING PURPOSES, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • G06Q30/00Commerce, e.g. shopping or e-commerce
    • G06Q30/02Marketing, e.g. market research and analysis, surveying, promotions, advertising, buyer profiling, customer management or rewards; Price estimation or determination

Abstract

(57)【要約】 【課題】 高い広告効果が期待できるコンテンツ一体型
の広告形態において広告内容を動的に変更する。 【解決手段】 コンテンツ所有者は広告枠情報をシステ
ム管理サーバ10に通知する(51)。システム提供者
は広告枠情報を公開し、広告枠の売買が成立すると広告
枠情報が広告データ管理サーバ30に通知される(5
2)。広告主は広告代を支払い(53)広告データ管理
サーバ30に広告データを記録する。システム管理サー
バ10は、ユーザ端末40からの要求に応じて(55)
デジタルコンテンツ管理サーバ20からデジタルコンテ
ンツを読み出し(56)広告データ管理サーバ30から
広告データを読み出し(57)、ユーザ端末40に配信
して広告付きのデジタルコンテンツを表示する。

Description

【発明の詳細な説明】

【0001】

【発明の属する技術分野】本発明は、広告方法、システ
ムおよび媒体に関し、特に動画等のデジタルコンテンツ
に付随して配信される動的に内容変更が可能な広告技術
に関する。

【0002】

【従来の技術】一般に、ドラマ等の映像ソフト(コンテ
ンツ)とともに広告が視聴者(ユーザ)の手元に届けら
れる形態には2種類ある。

【0003】第1の形態は、コンテンツ作成者とは別の
作成者により作成された広告がコンテンツに付随して配
信される形態である。この形態ではコンテンツの内容が
時間的あるいは空間的に不連続になる。たとえばドラマ
等の映像ソフトを適当な時間で区分し、この区分の間に
コマーシャルメッセージを挿入するテレビジョン放送等
で一般的に用いられる広告手法である。また、ウェブペ
ージ等の一部面積を占有してバナー広告を表示する広告
手法がある。

【0004】第2の形態は、コンテンツの作成者により
広告を予めコンテンツ内に埋め込んでコンテンツを作成
し、広告が埋め込まれたコンテンツを配信することによ
り広告を配信する形態である。この形態では広告がコン
テンツと密接不可分の関係にあるためコンテンツの時間
的、空間的な連続性は維持される。たとえばドラマに登
場する人物の使用する物品や背景に映し出される景色自
体が広告媒体となる場合である。ドラマの登場人物が飲
む飲料、着用する衣服、使用する自動車その他の物品、
背景に映し出される看板のメッセージ等が例示できる。

【0005】

【発明が解決しようとする課題】これら2つの広告形態
には各々長所と短所がある。第1の広告形態の場合、以
下のような長所がある。広告とコンテンツの作成を別々
に行うので、同一のコンテンツであっても内容の異なる
広告を付随させることができる。このためコンテンツの
配信時間や配信場所に応じて広告内容を選択することが
できる。広告主にとっては最適のタイミングで最適の地
域に効果的に広告を配信でき、大きな広告効果が期待で
きる。また、コンテンツを配信する度に同一あるいは異
なる広告を付随させることができるので、コンテンツ製
作者あるいはコンテンツ配信者は広告主から配信の度毎
の配信料(広告料)を徴収することができる。広告料を
徴収する機会が多く確保されているのでコンテンツの利
用料を安く設定することも可能である。広告料のみでコ
ンテンツの制作および配信が実現できる時にはコンテン
ツ利用料を無料にすることも可能である(多くのテレビ
ジョン放送は受信料が無料である)。利用料の低下は利
用者(視聴者)にとってもメリットが大きい。

【0006】ところが、第1の広告形態では、広告とコ
ンテンツが時間的または空間的に分離されているので、
広告が視聴者によりカットされ得るという問題がある。
特に近年のデジタル技術の進展により広告のみをカット
することが容易になっており広告主にとっては事態は深
刻である。一般に視聴者の欲求はコンテンツの視聴にあ
るのであって、広告を視聴者に深く印象付けるには広告
内容の魅力を高めることに頼らざるを得ない。また、一
般的に第1の広告形態ではコンテンツの内容と広告の内
容は無関係であり、コンテンツに関心のある視聴者は広
告を無視し、あるいは注意を傾け難い傾向がある。つま
り魅力ある広告内容を作成しなければその広告は結果と
して視聴者に内容を印象付けることが難しい。

【0007】一方、第2の広告形態の場合には以下のよ
うな長所がある。広告がコンテンツに埋め込まれてお
り、コンテンツと密接不可分に広告が作りこまれている
ため、視聴者による広告だけのカットという事態を回避
できる。また、広告を表示することによるコンテンツの
中断がないため、視聴者にとっては広告(つまりコンテ
ンツ)が視聴しやすく、結果的に広告が受け入れられや
すい状況を生じる。また、視聴者がそれが広告であると
意識することが少ないので、知らず知らずのうちに広告
対象である商品等を印象付けることができる。つまり、
視聴者に意図されることなく、広告を是非とも見て欲し
いという広告主側の論理を押し付けることなく、広告効
果を上げることが期待できる。

【0008】しかしながら、第2の広告形態では以下の
よう問題がある。コンテンツの作成時に広告を作りこむ
ので、広告主から広告料を徴収する機会はコンテンツの
作成時または配布時に限られる。広告料金徴収の機会が
制限されるためコンテンツ作成者にとってはコンテンツ
の配信を有料化することによりコンテンツの制作費を捻
出しようとする。コンテンツの有料化は視聴者にとって
は歓迎できない。また、広告を作りこむ機会がコンテン
ツの制作時に限られるので、広告枠販売のバラエティが
限られる。このため、1つの広告枠に対する広告料が高
くなり広告主にとっても利用しづらく、たとえばコンテ
ンツ制作のスポンサーとして制作費の一部の負担するよ
うに要求されるような事態が生じる。さらに、広告主に
とってはコンテンツの制作時点で広告の発注制作に参加
することが要求され、時間的な制約が生じる。また、広
告内容をコンテンツの配信時期、配信地域に応じて最適
化、個別化することができず、広告主にとって制約が大
きい広告形態となる。

【0009】本発明の目的は、高い広告効果が期待でき
るコンテンツ一体型の広告形態において、広告内容を動
的に変更できる技術を提供することにある。

【0010】また、本発明の目的は、コンテンツに埋め
込まれた広告枠を取引する手段を提供することにある。

【0011】

【課題を解決するための手段】本願の発明の概略を説明
すれば、以下の通りである。本発明は、コンテンツに含
まれるオブジェクトに対応する広告枠をコンテンツ内に
埋め込む。つまりコンテンツは広告自体とは別に制作さ
れ、コンテンツには広告枠が埋め込まれる。そしてコン
テンツとは別に、この広告枠に適合するように広告デー
タを生成(制作)する。コンテンツがユーザに配信され
る際あるいはユーザ端末の表示装置にコンテンツが表示
される際に、コンテンツの広告枠に広告データを合成
し、ユーザ端末に表示される時にはコンテンツと同時に
広告が表示される。なお、オブジェクトはコンテンツの
制作段階で生成される場合と、コンテンツが制作された
後に原画像(コンテンツ)から切り出して生成される場
合がある。

【0012】このような構成により、前記第2の広告態
様と同様なコンテンツ一体型の広告を実現できると同時
に、広告データ(広告内容)はコンテンツとは別に制作
できる。このため、前記第2の広告態様におけるような
デメリットがない。つまり、広告主、コンテンツ制作
者、利用者にとって使いやすい広告態様が、高い広告効
果が期待できる態様で実現できる。

【0013】コンテンツ制作者にとっては、広告枠を決
定すれば広告内容に関わらずコンテンツの制作を進める
ことができる。このためコンテンツ制作の開始時点では
スポンサー確保の保証がなくても、後の広告料に期待し
てコンテンツの制作を進めることができる。また、広告
枠はコンテンツの制作前、制作中に勿論販売できるが、
コンテンツの制作後にも販売することができる。このた
めコンテンツ制作費を後に回収する機会を得ることがで
きる。しかもその回収機会は従来よりも多く与えられ
る。特にコンテンツに高い話題性があることが後に認識
された時には、より高い価格で広告枠を販売でき、需要
を反映した広告料を徴収できる。

【0014】広告主にとっては、コンテンツの制作段階
で広告に参加することを決定する必要がない。後に広告
枠が販売されている時にはその時の需要に応じて決定さ
れるリーズナブルな価格で購入することができる。ま
た、広告参加の時期を任意に選択できるので、最適のタ
イミングで広告を実施できる。さらに、コンテンツ不可
分の広告ではないので、コンテンツが配信される地域を
選択し、あるいはコンテンツが配信される視聴者群を選
択して広告を実施できる。このため無駄な広告を省き、
同一価格におけるより高い広告効果を期待できる。

【0015】利用者にとっては、コンテンツの連続性が
保たれるのでコンテンツの視聴が時間的空間的に中断さ
れない。また、広告がコンテンツ内に渾然一体化してい
るので広告であることが気にならない。さらに、コンテ
ンツの制作費が広告により回収されることが期待できる
ので、コンテンツ利用料が安く設定されることが期待で
きる。場合によってはコンテンツ利用料が無料化される
こともありえる。利用料の低料金化はコンテンツの利用
を促進し、より大きな広告効果が期待できるので広告主
にとってもメリットが大きい。

【0016】また、本発明は、上記広告枠の取引方法を
提供する。つまり、コンテンツ制作者、広告主およびコ
ンテンツ利用者(ユーザ)の間にシステム提供者を介在
させる。

【0017】コンテンツ制作者は広告枠を埋め込んだコ
ンテンツを制作し、システム提供者に広告枠の販売を依
頼する。この際希望販売価格を伴ってもよいことは勿論
である。システム提供者が販売を請け負う場合にはコン
テンツ制作者から広告枠情報が提供される。また、コン
テンツがコンテンツデータベースに記録される。コンテ
ンツデータベースは、システム提供者の管理するコンピ
ュータシステムの記録装置に記憶されることが好ましい
がこれに限られない。なお、既に制作されているコンテ
ンツ(アナログデータの映画やテレビ映像等)の場合、
コンテンツ所有者からの依頼を受けてシステム提供者
(あるいはその他コンテンツ所有者の依頼を受けた者)
がコンテンツからオブジェクトを切り出し、さらにオブ
ジェクトに広告枠を関連付けるデジタル化処理を行って
もよい。

【0018】システム提供者は、依頼を受けた広告枠の
販売情報を、たとえばインターネットを利用して公開す
る。公開されている広告枠販売情報にアクセスできるの
は広告主(もしくは広告主を代理する者、たとえば広告
代理店)である。広告枠販売情報にはコンテンツ、オブ
ジェクト等広告効果を判断できる情報、および広告枠の
販売価格、その他制限事項等の情報が付加されてもよ
い。

【0019】ある広告枠の購入を希望する広告主(また
は代理する者)はシステム提供者に広告枠の購入を申し
入れ、売買が成立した時には広告枠情報がシステム提供
者から通知される。広告枠情報の通知は販売価格の一部
または全部の納付を条件にしてもよい。広告枠情報を入
手した広告主等は、広告枠情報に適合した広告データを
制作する。広告データの制作は依頼を受けたその他の者
が行ってもよい。広告主等により制作された広告データ
は、広告データベースに記録される。広告データベース
はシステム提供者の管理するコンピュータシステムの記
録装置に記録されることが好ましいが、これに限定され
ない。なお、広告枠には、コンテンツの配信時期、期
間、配信地域等のコンテンツ配信データが属性として付
随してもよい。これらコンテンツ配信に関する属性は広
告実施契約の一部であり、広告枠の価格に反映されるこ
とは勿論である。

【0020】コンテンツが実際に配信される時には、コ
ンテンツデータベースからコンテンツデータが読み出さ
れ、また広告データベースから広告データが読み出さ
れ、利用者端末に配信される。そして利用者端末の表示
装置に広告とともにコンテンツが表示され、利用者の視
聴に供される。なお、コンテンツの広告枠への広告デー
タの合成は、配信の前または利用者の端末に届いた段階
の何れの時点で行われてもよい。また、配信ごとに広告
料を徴収してもよい。

【0021】このような広告枠の取引方法により、広告
(広告枠)の健全な取引市場が形成され、広告主、コン
テンツ制作者(コンテンツ所有者)の双方にリーズナブ
ルな価格を形成できる。また、広告主にとってはタイム
リーな広告媒体を得ることができ、コンテンツ制作者に
よっては制作費回収の機会が多く与えられる。また、コ
ンテンツ利用者にとってはコンテンツの利用価格低下の
恩恵を受けることができる。

【0022】なお、システム提供者は、本システムを利
用する者(コンテンツ制作者、広告主等)からのシステ
ム利用料を徴収し、あるいは広告枠取引の成立毎に手数
料を徴収できる。また、コンテンツの配信(広告データ
の配信)を行う場合には、配信毎の手数料を徴収するこ
ともできる。また、システム提供者は、コンテンツ制作
者あるいはコンテンツ所有者からコンテンツ(またはそ
の著作権)を購入し、または、コンテンツの複製権等を
取得し、コンテンツ所有者等として振舞うことができ
る。

【0023】

【発明の実施の形態】以下、本発明の実施の形態を図面
に基づいて詳細に説明する。ただし、本発明は多くの異
なる態様で実施することが可能であり、本実施の形態の
記載内容に限定して解釈すべきではない。なお、実施の
形態の全体を通して同じ要素には同じ番号を付するもの
とする。

【0024】以下の実施の形態では、主に方法またはシ
ステムについて説明するが、当業者であれば明らかなと
おり、本発明は方法、システムの他、コンピュータで使
用可能なプログラムが記録された媒体としても実施でき
る。したがって、本発明は、ハードウェアとしての実施
形態、ソフトウェアとしての実施形態またはソフトウェ
アとハードウェアとの組合せの実施形態をとることがで
きる。プログラムが記録された媒体としては、ハードデ
ィスク、CD−ROM、光記憶装置または磁気記憶装置
を含む任意のコンピュータ可読媒体を例示できる。

【0025】図1は本実施の形態の広告システムの概要
を示した概念図である。本発明の広告システムは、シス
テム管理サーバ10、デジタルコンテンツ管理サーバ2
0、広告データ管理サーバ30、ユーザ端末40を有す
る。システム管理サーバ10は本システムの提供者が管
理する。デジタルコンテンツ管理サーバ20はデジタル
コンテンツの作成者が持つ。広告データ管理サーバ30
は広告主の手元にあり、ユーザ端末40はデジタルコン
テンツの利用者(視聴者、ユーザ)の手元にある。デジ
タルコンテンツ管理サーバ20、広告データ管理サーバ
30、ユーザ端末40がさらに多数含まれてもよいこと
は勿論である。

【0026】システム提供者は同時にコンテンツの作成
者であってもよく、または広告主であってもよい。つま
りデジタルコンテンツ管理サーバ20の機能はシステム
管理サーバ10に取り込まれてもよく、広告データ管理
サーバ30の機能がシステム管理サーバ10に取り込ま
れてもよい。コンテンツの作成者にはコンテンツの譲渡
を受けた所有者あるいはコンテンツ作成者等の業務を代
理する者を含む。広告主には広告代理店等広告主の広告
業務を代理する者を含む。

【0027】システム管理サーバ等の各サーバあるいは
ユーザ端末には一般的なコンピュータシステムを用いる
ことができる。コンピュータシステムには、中央演算処
理装置(CPU)、主記憶装置(メインメモリ:RA
M)、不揮発性記憶装置(ROM)等を有し、バスで相
互に接続される。バスには、その他コプロセッサ、画像
アクセラレータ、キャッシュメモリ、入出力制御装置
(I/O)等が接続されてもよい。バスには、適当なイ
ンターフェイスを介して外部記憶装置、データ入力デバ
イス、表示デバイス、通信制御装置等が接続される。そ
の他、一般的にコンピュータシステムに備えられるハー
ドウェア資源を備えることが可能なことは言うまでもな
い。外部記憶装置は代表的にはハードディスク装置が例
示できるが、これに限られず、光磁気記憶装置、光記憶
装置、フラッシュメモリ等半導体記憶装置も含まれる。
データの読み出しのみに利用できるCD−ROM等の読
み出し専用記憶装置もデータあるいはプログラムの読み
出しに適用する場合には外部記憶装置に含まれる。デー
タ入力デバイスには、キーボード等の入力装置、マウス
等ポインティングデバイスを備えることができる。デー
タ入力デバイスにはスキャナ等の画像読み取り装置、音
声入力装置も含む。表示装置としては、CRT、液晶表
示装置、プラズマ表示装置が例示できる。

【0028】コンピュータシステムには、パーソナルコ
ンピュータ、ワークステーション、メインフレームコン
ピュータ等各種のコンピュータが含まれる。システム管
理サーバ10、デジタルコンテンツ管理サーバ20、広
告データ管理サーバ30あるいはユーザ端末40に使用
するコンピュータシステムは、前記パーソナルコンピュ
ータ等何れのコンピュータシステムでもよい。比較的大
きなデータ量を扱うであろうシステム提供者は、処理速
度の大きなシステム(たとえばメインフレームコンピュ
ータ、ワークステーション)を使用することが好まし
く、ユーザは廉価なシステム(たとえばテレビ受信機や
パーソナルコンピュータ)を利用していることが予想さ
れる。しかし本発明では特にシステムの処理速度に応じ
た用途を限定する意図はない。

【0029】各コンピュータシステム(システム管理サ
ーバ10、デジタルコンテンツ管理サーバ20、広告デ
ータ管理サーバ30、ユーザ端末40)は、インターネ
ット、ケーブルテレビ放送網、衛星デジタル放送網、地
上波放送網等の通信網50で接続される。これら接続に
用いられる通信回線は、専用線、公衆回線の何れでも良
い。無線回線も勿論適用できる。全てのサーバあるいは
端末が相互に接続されている必要はなく、たとえばシス
テム管理サーバ10をハブとし、その他のサーバ、端末
をスポーク状に接続してもよい。

【0030】各サーバあるいは端末は1つのシステムで
実現される必要はなく、複数のシステムで分散的に処理
されてもよい。つまり、一部のプログラムをユーザのコ
ンピュータで、一部のプログラムをリモートコンピュー
タで分散的に処理できる。プログラムで利用されるデー
タは、それがどのコンピュータに記録されているかは問
われない。つまり、データの所在に関する情報(アドレ
ス)が明らかでありそのデータが利用可能である限り、
データあるいはプログラムの格納場所はコンピュータネ
ットワーク上の任意の場所とすることができる。各ネッ
トワークコンピュータ間の通信には公知の通信技術を適
用でき、たとえばTCP/IP、HTTP等のプロトコ
ルを用いることができる。また、各記憶装置に記録され
た各ファイル(データあるいはプログラム)の存在箇所
(アドレス)は、DNS、URL等を用いて特定でき
る。なお、本明細書においてインターネットという用語
には、イントラネットおよびエクストラネットも含むも
のとする。インターネットへのアクセスという場合、イ
ントラネットやエクストラネットへのアクセスをも意味
する。コンピュータネットワークという用語には、公的
にアクセス可能なコンピュータネットワークと私的なア
クセスしか許可されないコンピュータネットワークとの
両方が含まれるものとする。

【0031】図2は、システム管理サーバ10の構成の
概要を示したブロック図である。システム管理サーバ1
0は、システム制御装置11、システムデータベース1
2、通信制御装置13、広告枠情報データベース14、
コンテンツ情報データベース15、利用者データベース
16を含む。システム制御装置11はシステム管理サー
バ10のコンピュータシステムを制御する。たとえば通
信制御装置13を介したデータ通信の制御等を行う。シ
ステムデータベース12には、システム制御に必要なプ
ログラムあるいはデータを記録する。通信制御装置13
は通信網50とシステム管理サーバ10とをインターフ
ェイスする。広告枠情報データベース14には後に説明
する広告枠情報が蓄積される。コンテンツ情報データベ
ース15には、後に説明するデジタルコンテンツの情報
が記録される。利用者データベース16には、本システ
ムの利用者に関する情報が蓄積される。

【0032】図3は、デジタルコンテンツ管理サーバ2
0の構成の概要を示したブロック図である。 デジタル
コンテンツ管理サーバ20は、システム制御装置21、
システムデータベース22、通信制御装置23、デジタ
ルコンテンツデータベース24を含む。システム制御装
置21はデジタルコンテンツ管理サーバ20のコンピュ
ータシステムを制御する。システムデータベース22に
は、デジタルコンテンツ管理サーバ20のシステム制御
に必要なプログラムあるいはデータを記録する。通信制
御装置23は通信網50とデジタルコンテンツ管理サー
バ20とをインターフェイスする。 デジタルコンテン
ツデータベース24には後に説明するデジタルコンテン
ツが蓄積される。

【0033】図4は、広告データ管理サーバ30の構成
の概要を示したブロック図である。広告データ管理サー
バ30は、システム制御装置31、システムデータベー
ス32、通信制御装置33、広告データベース34を含
む。システム制御装置31は広告データ管理サーバ30
のコンピュータシステムを制御する。システムデータベ
ース32には、広告データ管理サーバ30のシステム制
御に必要なプログラムあるいはデータを記録する。通信
制御装置33は通信網50と広告データ管理サーバ30
とをインターフェイスする。広告データベース34には
後に説明する広告データが蓄積される。

【0034】図5は、ユーザ端末40の構成の概要を示
したブロック図である。ユーザ端末40は、システム制
御装置41、システムデータベース42、通信制御装置
43、表示装置44を含む。システム制御装置41はユ
ーザ端末40のコンピュータシステムを制御する。シス
テムデータベース42には、ユーザ端末40のシステム
制御に必要なプログラムあるいはデータを記録する。通
信制御装置43は通信網50とユーザ端末40とをイン
ターフェイスする。表示装置44は後に説明するデジタ
ルコンテンツ出力である映像、音楽を表示出力する。

【0035】図6は、本広告システムの動作の一例を説
明するためのブロック図である。コンテンツ制作者によ
り制作されたデジタルコンテンツは、デジタルコンテン
ツ管理サーバ20のデジタルコンテンツデータベース2
4に記録される。本実施の形態のデジタルコンテンツに
は後に説明するように広告枠が埋め込まれている。つま
りコンテンツに含まれるオブジェクトに広告枠を割り当
て、この広告枠に広告対象の物品に関するオーディオあ
るいはビジュアルデータ(広告データ)を導入する。広
告データが導入されたコンテンツを再生すると広告を含
む音楽または映像としてコンテンツが出力される。

【0036】広告枠の販売を希望するコンテンツ所有者
(制作者、代理人を含む)は、システム提供者に販売を
委託し、広告枠情報をシステム管理サーバ10に通知す
る(51)。システム提供者はたとえばシステム管理サ
ーバ10あるいはその他のコンピュータシステムを用い
て広告枠情報を公開し、公開された広告枠情報にアクセ
スした広告主(代理人を含む)が広告枠の購入をシステ
ム提供者に申し入れる。広告枠の売買が成立すると、シ
ステム提供者は広告枠情報を広告主にの広告データ管理
サーバ30に通知する(52)。広告主は広告枠情報の
入手と引き換えに広告代をシステム管理者に支払う(5
3)。そして広告主は広告枠情報に基づいて広告データ
を制作し、広告データ管理サーバ30の広告データベー
ス34に広告データを記録する。なお、広告代の支払い
は広告枠情報の入手と引き換えにする必要はなく、たと
えばユーザにコンテンツが配信される毎に支払われても
よい。広告代はシステム制作費としてシステム管理者か
らコンテンツ所有者に支払われる(54)。

【0037】一方、システム管理者(システム管理サー
バ10)は、ユーザ(ユーザ端末40)からの要求に応
じて(55)コンテンツの配信を行う。コンテンツの配
信は、ユーザ端末40からの要求(55)を受けたシス
テム管理サーバ10が、デジタルコンテンツ管理サーバ
20にコンテンツ要求を出し、デジタルコンテンツデー
タベース24からデジタルコンテンツを読み出す(5
6)。同時にシステム管理サーバ10が広告データ管理
サーバ30に広告データ要求を出し、広告データベース
34から広告データを読み出す(57)。そしてシステ
ム管理サーバ10がユーザ端末40にデジタルコンテン
ツおよび広告データを配信する。デジタルコンテンツお
よび広告データの配信には、システム管理サーバ10で
広告枠に広告データを導入した後に広告データを含むデ
ジタルコンテンツを配信する方法(58)と、デジタル
コンテンツと広告データを別々に配信し、ユーザ端末4
0で広告データをコンテンツに導入する方法(59)の
2種類の方法がある。

【0038】図7は、デジタルコンテンツに広告枠を埋
め込み、広告枠に広告データを導入する概念を示した図
である。コンテンツ制作者により制作されるデジタルコ
ンテンツ60には、コンテンツ制作者によって定義され
た広告枠61が埋め込まれている。そして広告枠61に
は別途制作された広告データ62が導入される。広告デ
ータ62は広告枠情報63の制約の元で制作される。広
告データ62が広告枠61内に導入されるとデジタルコ
ンテンツ60は広告付きのデジタルコンテンツ65とな
る。広告付きデジタルコンテンツ65の再生の際にはコ
ンテンツと一体に広告64が再生される。

【0039】広告枠61は、たとえばデジタルコンテン
ツに登場するオブジェクトの情報である。つまりコンテ
ンツ内のオブジェクトの表示あるいは再生に必要なオブ
ジェクトを形付ける情報を広告枠61として独立して管
理する。これにより、デジタルコンテンツの制作の際に
は、広告枠61の仕様を決定しさえすれば広告データ6
2の内容を考慮することなくデジタルコンテンツ60が
制作できる。一方、広告枠情報63の制約内にある限り
デジタルコンテンツ60から独立して広告データ62の
制作が可能になる。つまり広告枠61はデジタルコンテ
ンツ60と広告データ62とを繋げる規格の役割をす
る。

【0040】広告データ62は、広告枠61に適合する
広告の内容である。たとえば広告枠61が画像オブジェ
クトの形状を規定するものであれば、広告データ62は
画像データである。たとえば広告枠61が音響オブジェ
クトの時間、レート等を規定するものであれば、広告デ
ータ62は音響データである。たとえば広告枠61が動
画オブジェクトのシーン、形状、メソッド(オブジェク
トが回転する、潰れる等のオブジェクトの動き)を規定
するものであれば、広告データ62はこれらシーン、形
状、メソッド等に制約された動画データである。なお、
広告データ62が導入されない場合であってもコンテン
ツが成立するように広告枠61内にディスティネーショ
ンのオブジェクトデータが予め埋め込まれていてもよ
い。この場合広告データ62の導入によりディスティネ
ーションデータに広告データ62が重畳され、あるいは
ディスティネーションデータと広告データ62とが置き
換えられる。

【0041】広告枠情報63には、たとえば対象コンテ
ンツのID(識別コード)、埋め込みシーンのID、埋
め込みオブジェクトの情報、課金情報、課金条件等を含
めることができる。

【0042】対象コンテンツIDおよび埋め込みシーン
IDは広告データ62をデジタルコンテンツ60に導入
する際に参照される。

【0043】埋め込みオブジェクトの情報は広告データ
62の制作に際に利用され、広告データ62を制約する
条件となる。たとえば埋め込みオブジェクトの形状、種
類、コンテンツ内での役割、メソッド等である。オブジ
ェクトが飲料用の缶の場合には、形状は缶の外形情報で
あり、種類はたとえば350mlのアルミ缶等である。
コンテンツ内での役割はたとえば清涼飲料等であり、メ
ソッドとしてはたとえば人が飲む、シーン内で潰される
等が例示できる。

【0044】課金情報、課金条件は、たとえば広告の単
価であり、支払い方法等である。広告枠61を購入する
際の参考に供する。

【0045】図8は、広告枠の具体例を示す図である。
ここではオブジェクトが平面的なテクスチャである場合
を示す。広告の表示対象であるオブジェクトはCRTの
スクリーン表示であり、オブジェクトの動き(動作メソ
ッド)、形状の変化はない。デジタルコンテンツ60
(元画像)から広告枠情報63を取り出す()。広告
枠情報63はCRTスクリーン画面の外形である。なお
元画像にはディスティネーションデータ66が張り込ま
れている。広告枠情報63に適合するように広告データ
62を制作する()。本具体例では広告データ62は
オブジェクトの外形(CRTスクリーンスクリーン面形
状)で規定される平面画像である。そして広告データ6
2を元画像に貼り付け、広告付きデジタルコンテンツ6
5が表示される()。

【0046】図9は、広告枠の他の具体例を示す図であ
る。ここでは広告の表示対象であるオブジェクトは開か
れている本である。オブジェクトに動き(動作メソッ
ド)はないが、形状が変化し得る。デジタルコンテンツ
60(元画像)から広告枠情報63を取り出す()。
広告枠情報63は本の外形および曲面形状である。な
お、元画像にはディスティネーションデータ66が張り
込まれている。広告枠情報63に適合するように広告デ
ータ62を制作する()。本具体例では、オブジェク
トが本であるからその開いた面形状は変化し得る。よっ
て広告データは曲面に貼り付けることができるテクスチ
ャとして制作される。そして広告データ62を元画像に
貼り付け、広告付きデジタルコンテンツ65が表示され
る()。

【0047】図10は、広告枠のさらに他の具体例を示
す図である。ここでは広告の表示対象であるオブジェク
トは缶である。オブジェクトに動作メソッドが含まれ
る。前記同様にデジタルコンテンツ60(元画像)から
広告枠情報63(ディスティネーションデータが導入さ
れている)を取り出し、広告枠情報63に適合するよう
に広告データ62を制作する。そして広告データ62を
元画像に導入し、広告付きデジタルコンテンツ65が表
示される。なお、図示される広告データは商標である。

【0048】このように本実施の形態では、デジタルコ
ンテンツに広告枠61を組み込むため、広告内容を特定
しなくてもデジタルコンテンツ60の制作が可能にな
る。また、広告データ62がデジタルコンテンツ60の
制作とは切り離して個別に制作することができる。さら
に、広告枠61が規定する条件を満足する限り、任意な
内容の広告データを制作できる。広告データはコンテン
ツの制作時だけでなく制作後の任意のタイミングでコン
テンツに導入できる。これら有利な効果がえられるた
め、広告主はコンテンツ制作の初期の段階から参加する
必要がなく、必要な時に広告枠61を購入することで有
効な広告を実行できる。また、コンテンツの配信先によ
って広告内容を変更できる。コンテンツ制作者は広告枠
を制作の後にも販売することができる。

【0049】なお、デジタルコンテンツ60がゲームの
ように予めオブジェクト毎に管理して制作される場合に
は、広告枠61は各オブジェクトのクラス情報を参照し
て決定できる。また、たとえばMPEG4またはMPE
G7規格を用いて画像が生成されている時にはオブジェ
クト記述子の情報を参照して広告枠61を決定できる。

【0050】また、コンテンツは最初からオブジェクト
毎に管理されるデジタルコンテンツとして制作されてい
る必要はない。たとえば通常のビデオ画像、MPEG
1、MPEG2規格を用いた画像等は、オリジナル画像
からオブジェクトを抜き出す技術、たとえばビデオエン
リッチメント技術を用いてオブジェクトを生成できる。
このように抜き出されたオブジェクトに注釈情報を付加
して広告枠61とすることができる(アノテーション技
術)。

【0051】注釈情報は、たとえばオブジェクトの固有
情報として対象オブジェクトのクラス情報およびオブジ
ェクトクラスに関するインターフェイス情報とオブジェ
クト出現情報のセットとして出現シーンID、シーン内
オブジェクトの位置およびオブジェクトに適用するメソ
ッドが管理される。図11は、注釈情報の適用例を示し
た図である。オブジェクトとしてラグビーボールを例示
し、このオブジェクトに付される注釈情報を例示する。
注釈としてシーンID、位置座標、メソッドが付され
る。オブジェクト(ラクビーボール)はシーン121で
登場し、座標で特定された位置に「回転して飛ぶ」(メ
ソッド)ように表示される。シーン122では同じメソ
ッドで異なる位置に表示される。シーン123では位
置、メソッド共に変化し、「突然燃える」ように表示さ
れる。シーン124以降にはラクビーボールは表示され
ない。このようにあるオブジェクトを位置、メソッドで
記述して特定のシーンに出現させることができる。この
ラクビーボール(オブジェクトの内容)を広告データに
置き換えて広告データをラクビーボールと同じ位置、メ
ソッドで表示できる。なお、広告データは元オブジェク
トと差し替えるか元オブジェクトより上層のレイヤとし
て重ねて再生することにより広告付きのコンテンツが再
現できる。その他レイヤ単位で管理されるデジタルコン
テンツに対しても同様の手法を適用できることは勿論で
ある。また注釈情報の記録領域は任意である。ビデオの
コピープロテクション等で利用される記録媒体内の領域
に注釈情報を書き込んでもよく、画像そのものへのID
の埋め込み技術(たとえばデータハイディング技術、電
子透かし技術等)を応用して注釈情報を記録してもよ
い。注釈情報により生成される広告データは元画像に組
み込まれてもよく、外部データとして別途管理されコン
テンツが再生される際に元画像と異なるレイヤの画像と
して再生されてもよい。

【0052】図12はコンテンツ作成から広告枠販売ま
での流れを説明する図である。コンテンツ制作者の側で
は、コンテンツを制作し(ステップ67)、コンテンツ
に広告枠を埋め込む(ステップ68)。広告枠の埋め込
みステップについては後に詳述する。広告枠が埋め込ま
れたデジタルコンテンツ60は、デジタルコンテンツ管
理サーバ20に入力され、デジタルコンテンツデータベ
ース24に記録される(ステップ69)。そして、広告
枠情報63がシステム管理サーバ10に通知される(ス
テップ70)。なお、デジタルコンテンツ60の入力、
広告枠情報63の通知の前提として、コンテンツ制作者
とシステム提供者との間に広告枠販売委託に関する合意
があることが前提である。合意には、コンテンツ制作者
の認証、広告枠販売に関する制限事項等各種の条件が含
まれることは勿論である。また、デジタルコンテンツデ
ータベース24に記録されているデジタルコンテンツ6
0は利用者の要求に応じてシステム管理サーバから読み
出されることになる。広告枠のみが埋め込まれたデジタ
ルコンテンツ60は、広告枠61の取引に供するために
この段階でシステム管理サーバ10に送られてもよい。

【0053】システム提供者側では、コンテンツ作成者
から通知された広告枠情報63を公開する(ステップ7
1)。広告枠情報63の公開には、取引の円滑のために
デジタルコンテンツ60、コンテンツの所有者、コンテ
ンツが配信される利用者に関する情報等他の情報を付加
してもよい。これら付属する情報は、広告主が広告枠を
購入する時の参考にできる。公開はたとえばインターネ
ットのホームページを用いることができる。

【0054】公開されている広告枠情報63には広告主
がアクセスできる。広告主は公開情報の中から希望する
広告枠を選択して購入する(ステップ72)。購入の申
し入れ、購入決定の意思表示等はホームページ上ででき
る。その他電子メールやその他の通信手段を用いて購入
申し入れおよび購入決定を伝えることができるのは勿論
である。システム提供者と広告主の間で広告枠の売買に
ついて合意が形成されれば、広告枠売買の契約が成立す
る。この契約内容には、広告代金の外、コンテンツの配
布頻度や配布地域、配布時期、時間帯、コンテンツ利用
者の絞込み、その他広告配布に関する条件や違約条件等
その他の条件を含めてもよいことは勿論である。さら
に、コンテンツ所有者の承諾を条件に加えてもよい。

【0055】広告枠を購入した広告主は、広告枠情報6
3を参考にして、この広告枠に適合する広告データ62
を作成する(ステップ73)。作成された広告データ6
2は広告データ管理サーバ30に入力され、広告データ
ベース34に記録される(ステップ74)。記録された
広告データ62は、コンテンツ利用者の要求に応じてシ
ステム管理サーバ10から読み出されることになる。同
時に、広告主は広告代をシステム提供者に支払う(ステ
ップ75)。支払われた広告代76の一部はコンテンツ
制作費77としてコンテンツ作成者に還元される。な
お、広告枠売買に際してシステム提供者が手数料を徴収
できる。

【0056】図13は広告枠の埋め込みステップの一例
を示すフローチャートである。広告枠の埋め込み対象と
なる元コンテンツがデジタルコンテンツの場合とアナロ
グコンテンツの場合の二通りの場合を併記している。

【0057】元コンテンツがアナログコンテンツの場合
は、元コンテンツのデジタル化処理を行い(ステップ7
9)、オブジェクトの切り出しを行う(ステップ8
0)。デジタル化の手段およびオブジェクトの切り出し
には、前記したビデオエンリッチ技術等を用いることが
できる。その後、抽出したオブジェクトに注釈(アノテ
ーション)を付与する(ステップ81)。注釈付与につ
いては前記した。元コンテンツがデジタルコンテンツの
場合には、既に元コンテンツにオブジェクトが含まれて
いるのでこのオブジェクトに注釈を付与する(ステップ
82)。次に、注釈を元にした広告枠のコンテンツへの
埋め込み処理を行う(ステップ83)。たとえばMPE
G4の場合のオブジェクト記述子あるいはアナログコン
テンツから生成したオブジェクトへの注釈の関連付けで
ある。次に広告枠埋め込み済みのコンテンツをデジタル
コンテンツ管理サーバに記録し(ステップ84)、広告
枠情報をシステム管理サーバに通知する(ステップ8
5)。

【0058】図14はユーザがデジタルコンテンツを視
聴する際の流れを説明した図である。ここでは、コンテ
ンツと広告との合成をシステム管理サーバ側で行う場合
(ユーザ端末Aに送信する場合)と合成をユーザ端末側
で行う場合(ユーザ端末Bに送信する場合)の二通りの
場合を示している。

【0059】コンテンツと広告との合成をシステム管理
サーバ側で行う場合は、ユーザ端末Aにおいてユーザ認
証を行い(ステップ86)広告埋め込み済みのコンテン
ツ要求をシステム管理サーバに行う(ステップ87)。
この要求の際に利用者情報も同時に送付できる(ステッ
プ88)。コンテンツ要求を受けたシステム管理サーバ
は、利用者データベースを用いてユーザの認証を行い
(ステップ89)、コンテンツと広告データとの合成処
理を行う(ステップ90)。ステップ90については後
に説明する。その後広告組み込み済みのコンテンツ65
をユーザ端末Aに送信する(ステップ91)。ユーザ端
末Aでは受信した広告組み込み済みのコンテンツ65を
ユーザ端末Aの表示装置44に表示して利用者の視聴に
供する(ステップ92)。

【0060】コンテンツと広告との合成をユーザ端末側
で行う場合は、ユーザ端末Bにおいてユーザ認証を行い
(ステップ86)、コンテンツと広告データの要求をシ
ステム管理サーバに行う(ステップ93)。この要求の
際に利用者情報も同時に送付できる(ステップ94)。
コンテンツ要求を受けたシステム管理サーバは、利用者
データベースを用いてユーザの認証を行い(ステップ8
9)、コンテンツと広告データの送信処理を行う(ステ
ップ94)。この送信処理は、コンテンツ管理サーバ2
0のデジタルコンテンツデータベース24から広告なし
のコンテンツデータ60を取得し、広告データ管理サー
バ30の広告データベース34から広告データ62を取
得し、これらをユーザ端末Bに各々送信する。コンテン
ツデータ60および広告データ62を受信したユーザ端
末Bは、コンテンツと広告データの合成を行い(ステッ
プ95)、広告組み込み済みのコンテンツ65をユーザ
端末Aの表示装置44に表示して利用者の視聴に供する
(ステップ92)。

【0061】なお、システム管理サーバ内でのユーザ認
証ステップ(ステップ89)において、ユーザ端末の種
類を識別し、前記二通りの何れの方法で広告データが合
成されるかを判断できる。

【0062】図15は、ステップ90の合成処理の一例
を示したフローチャートである。ユーザ認証の後、シス
テム管理サーバ10の利用者データベース16からユー
ザプロファイルを取得する(ステップ96)。ユーザプ
ロファイルは、広告主への情報提供に利用できる。次に
デジタルコンテンツ管理サーバ20のデジタルコンテン
ツデータベース24から広告枠埋め込み済みのデジタル
コンテンツ60を取得する。また、広告データ管理サー
バ30の広告データベース34から広告データ62を取
得する(ステップ97)。コンテンツ内の広告枠61に
広告データ62を組み込み(ステップ98)、広告デー
タ組み込み済みのコンテンツ65をシステム管理サーバ
10からユーザ端末40(ユーザ端末A)に送信する
(ステップ99)。そして、広告データ管理サーバ30
に広告利用通知を送信し、システム管理サーバ10の利
用者データベース16にコンテンツを利用したユーザの
広告利用記録および課金情報を記録する。

【0063】図16は、ステップ95の合成処理の一例
を示したフローチャートである。ユーザ認証の後、ユー
ザ端末Bは、システム管理サーバ10の利用者データベ
ース16からユーザプロファイルを取得する(ステップ
100)。その後、ユーザ端末Bは広告データ管理サー
バ30の広告データベース34から広告データ62を取
得し、広告データ管理サーバ30に対して広告利用通知
を送信する(ステップ101)。これらの処理と並行し
て、ユーザ端末Bは、デジタルコンテンツ管理サーバ2
0のデジタルコンテンツデータベース24から広告枠埋
め込み済みのデジタルコンテンツ60を取得し、システ
ム管理サーバ10の利用者データベース16にコンテン
ツを利用したユーザの広告利用記録を記録する(10
2)。そして、コンテンツ60内の広告枠61に広告デ
ータ62を組み込み(ステップ103)、広告データ組
み込み済みのコンテンツ65をユーザ端末Bの表示装置
44に表示して利用者の視聴に供する(ステップ10
4)。

【0064】なお、図16に示す合成処理の場合、一度
取得した広告データ62やデジタルコンテンツ60はユ
ーザ端末Bのシステム内にキャッシングしておくことが
できる。すなわちキャッシングした広告データ62やデ
ジタルコンテンツ60を再利用することができる。ま
た、広告データ62とデジタルコンテンツ60とは同時
に送信される必要はない。デジタルコンテンツ60だけ
事前に送付されて、後にユーザ端末で再生される時に広
告データ62のみが送付されてもよい。

【0065】また、ユーザ認証については、指紋による
認証技術を用いて厳密に個人を特定でき、あるいはユー
ザID、パスワード等を用いて単純な認証を行うことが
できる。認証レベルの寛厳により暴力シーンのカット等
詳細な制御が可能になる。また、ユーザ端末にはタイマ
を備えて、利用時間を制限できる。

【0066】また、利用者情報の通知は本発明に必須の
要件ではないが、この利用者情報により広告主はマーケ
ッティング情報を得ることができ、今後の広告活動に生
かすことができる。

【0067】さらに、利用者情報(特に厳密な認証技術
を用いた個人に特定された情報)を用いて、個人別に広
告内容を変更するパーソナライゼーションを行うことが
できる。これにより、ブロードバンドなコンテンツ配信
における広告と比較して高度に個別化した広告活動が展
開でき、高い広告効果を得ることができる。

【0068】以上説明したように本実施の形態の広告シ
ステムを用いれば、広告データ(広告の内容)とデジタ
ルコンテンツとを独立に扱うことができる。このため、
広告枠のみが取引対象となり、前記の通り広告枠の市場
を形成できる。また、広告枠の取引はコンテンツの制作
時期、発表時期に制約されないので、広告枠はコンテン
ツの集客度、人気に応じた適正な経済的価値で取引され
る。すなわち、発表後に話題を集めるコンテンツに対し
ては広告枠の価値は高く評価され、逆にそうでないコン
テンツの広告枠に対しては需要と供給の原理に基づくリ
ーズナブルな価格が形成される。

【0069】以上、本発明者によってなされた発明を発
明の実施の形態に基づき具体的に説明したが、本発明は
前記実施の形態に限定されるものではなく、その要旨を
逸脱しない範囲で種々変更可能であることは言うまでも
ない。

【0070】

【発明の効果】本願で開示される発明のうち、代表的な
ものによって得られる効果は、以下の通りである。すな
わち、高い広告効果が期待できるコンテンツ一体型の広
告形態において、広告内容を動的に変更できる。また、
コンテンツに埋め込まれた広告枠を取引する手段を提供
できる。

【図面の簡単な説明】

【図1】本発明の一実施の形態である広告システムの概
要を示した概念図である。

【図2】システム管理サーバの構成の概要を示したブロ
ック図である。

【図3】デジタルコンテンツ管理サーバの構成の概要を
示したブロック図である。

【図4】広告枠データ管理サーバの構成の概要を示した
ブロック図である。

【図5】ユーザ端末の構成の概要を示したブロック図で
ある。

【図6】本広告システムの動作の一例を説明するための
ブロック図である。

【図7】デジタルコンテンツに広告枠を埋め込み広告枠
に広告データを導入する概念を示した図である。

【図8】広告枠の具体例を示す図である。

【図9】広告枠の他の具体例を示す図である。

【図10】広告枠のさらに他の具体例を示す図である。

【図11】注釈情報の適用例を示した図である。

【図12】コンテンツ作成から広告枠販売までの流れを
説明する図である。

【図13】広告枠の埋め込みステップの一例を示すフロ
ーチャートである。

【図14】ユーザがデジタルコンテンツを視聴する際の
流れを説明した図である。

【図15】ステップ90の合成処理の一例を示したフロ
ーチャートである。

【図16】ステップ95の合成処理の一例を示したフロ
ーチャートである。

【符号の説明】

10…システム管理サーバ、11…システム制御装置、
12…システムデータベース、13…通信制御装置、1
4…広告枠情報データベース、15…コンテンツ情報デ
ータベース、16…利用者データベース、20…デジタ
ルコンテンツ管理サーバ、21…システム制御装置、2
2…システムデータベース、23…通信制御装置、24
…デジタルコンテンツデータベース、30…広告データ
管理サーバ、31…システム制御装置、32…システム
データベース、33…通信制御装置、34…広告データ
ベース、40…ユーザ端末、41…システム制御装置、
42…システムデータベース、43…通信制御装置、4
4…表示装置、50…通信網、60…デジタルコンテン
ツ、61…広告枠、62…広告データ、63…広告枠情
報、64…広告、65…広告付きデジタルコンテンツ、
66…ディスティネーションデータ、A…ユーザ端末、
B…ユーザ端末。

フロントページの続き (72)発明者 村上 明子 神奈川県大和市下鶴間1623番地14 日本ア イ・ビー・エム株式会社 東京基礎研究所 内 (72)発明者 幸田 武範 神奈川県大和市下鶴間1623番地14 日本ア イ・ビー・エム株式会社 東京基礎研究所 内 Fターム(参考) 5B049 BB49 EE07 FF01 GG02

Claims (22)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 コンテンツが記録されるコンテンツデー
    タベースと、広告データが記録される広告データベース
    とを備えたコンピュータシステムまたはコンピュータネ
    ットワークを用いた広告方法であって、 広告枠情報を含むコンテンツを生成し、前記コンテンツ
    データベースに記録するステップと、 前記広告枠情報に適合する広告データを生成し、前記広
    告データベースに記録するステップと、 前記広告データを前記コンテンツに合成するステップ
    と、 前記合成されたコンテンツを、前記コンテンツを利用す
    るコンテンツ利用者の端末に表示するステップと、 を含む広告方法。
  2. 【請求項2】 前記コンテンツはオブジェクト毎に管理
    され、前記広告枠情報が、前記オブジェクト毎のオブジ
    ェクト記述子に関連付けられる請求項1記載の広告方
    法。
  3. 【請求項3】 オブジェクト毎に管理されていない原コ
    ンテンツからオブジェクトを抽出するステップと、 前記抽出されたオブジェクトに前記広告枠情報を関連付
    けるステップと、 をさらに含む請求項1記載の広告方法。
  4. 【請求項4】 前記オブジェクトは、動画もしくは静止
    画の画像オブジェクトまたは音響オブジェクトである請
    求項2または3記載の広告方法。
  5. 【請求項5】 前記広告データの合成は、 前記広告データが適合する前記広告枠情報に関連付けら
    れている前記オブジェクトの内容データとして前記広告
    データを格納する第1の方法、または、 前記オブジェクトの内容データを前記広告データに置き
    換える第2の方法、または、 前記オブジェクトの内容データに前記広告データを重畳
    する第3の方法、 の何れか一の方法で処理される請求項1〜4の何れか一
    項に記載の広告方法。
  6. 【請求項6】 前記広告データの合成は、 合成前のコンテンツデータと前記広告データを前記コン
    テンツ利用者に別々に配信し、前記コンテンツ利用者の
    端末システムにおいて合成する第1の方法、または、 前記コンテンツが前記コンテンツ利用者に配信される前
    に合成される第2の方法、 の何れか一の方法により処理される請求項5記載の広告
    方法。
  7. 【請求項7】 広告枠情報を含むコンテンツを記録する
    コンテンツデータベースと、 前記広告枠情報に適合する広告データを記録する広告デ
    ータベースと、 コンテンツ利用者の端末に前記コンテンツおよび/また
    は広告データを配信する手段と、 前記コンテンツおよび広告データを合成する手段と、 前記コンテンツおよび広告データを前記コンテンツ利用
    者に提示する手段と、 を有する広告システム。
  8. 【請求項8】 前記コンテンツはオブジェクト毎に管理
    され、前記広告枠情報は前記オブジェクト毎のオブジェ
    クト記述子に関連付けられている第1の構成、または、 前記コンテンツはオブジェクト毎に管理されていない原
    コンテンツから抽出されたオブジェクトを含み、前記抽
    出されたオブジェクトに前記広告枠情報が関連付けられ
    ている第2の構成、 の何れか一の構成を有する請求項7記載の広告システ
    ム。
  9. 【請求項9】 前記オブジェクトは、動画もしくは静止
    画の画像オブジェクトまたは音響オブジェクトである請
    求項8記載の広告システム。
  10. 【請求項10】 前記広告データが適合する前記広告枠
    情報に関連付けられている前記オブジェクトの内容デー
    タとして前記広告データを格納する第1の合成手段、ま
    たは、 前記オブジェクトの内容データを前記広告データに置き
    換える第2の合成手段、または、 前記オブジェクトの内容データに前記広告データを重畳
    する第3の合成手段、 の何れか一の合成手段を有する請求項7〜9の何れか一
    項に記載の広告システム。
  11. 【請求項11】 前記コンテンツと前記広告データとの
    合成手段を前記コンテンツの配信元システムに含む第1
    の構成、または、 前記コンテンツと前記広告データとの合成手段を前記コ
    ンテンツ利用者の端末に含む第2の構成、 の何れか一の構成を有する請求項10記載の広告システ
    ム。
  12. 【請求項12】 コンピュータ可読な記録媒体であっ
    て、 広告枠情報を含むコンテンツをコンテンツ利用者に配信
    する機能と、 前記広告枠情報に適合する広告データを前記コンテンツ
    利用者に配信する機能と、 前記広告データを前記コンテンツに合成する機能と、 前記合成されたコンテンツを前記コンテンツ利用者に提
    示する機能と、 をコンピュータに実現させるためのプログラムを記録し
    た記録媒体。
  13. 【請求項13】 コンピュータ可読な記録媒体であっ
    て、 広告枠情報を含むコンテンツをコンテンツデータベース
    から読み出す機能と、 前記広告枠情報に適合する広告データを広告データベー
    スから読み出す機能と、 前記広告データを前記コンテンツに合成する機能と、 前記合成されたコンテンツをコンテンツ利用者に配信す
    る機能と、 前記配信されたコンテンツを前記コンテンツ利用者に提
    示する機能と、 をコンピュータに実現させるためのプログラムを記録し
    た記録媒体。
  14. 【請求項14】 オブジェクト毎に管理されていないコ
    ンテンツからオブジェクトを抽出する機能、および、前
    記オブジェクトに前記広告枠情報を関連付ける機能をコ
    ンピュータに実現させるためのプログラム、または、 オブジェクト毎に管理されているコンテンツの前記オブ
    ジェクトの記述子に前記広告枠情報を関連付ける機能を
    コンピュータに実現させるためのプログラム、 の何れか一のプログラムを記録した請求項12または1
    3記載の記録媒体。
  15. 【請求項15】 コンテンツを構成するオブジェクトに
    関連付けられている広告枠の取引方法であって、 前記広告枠の販売情報をコンピュータまたはコンピュー
    タシステムを用いて提示するステップと、 広告を希望する者が前記販売情報を参照し、前記広告枠
    の購入を申し入れるステップと、 前記広告枠の売買が成立した時に、前記広告枠を購入し
    た者に前記広告枠の広告枠情報を伝達するステップと、 を含む広告枠の取引方法。
  16. 【請求項16】 前記広告枠情報に適合する広告データ
    を制作するステップと、 前記コンテンツに前記広告データを合成し、前記合成さ
    れたコンテンツをコンテンツ利用者に提示するステップ
    と、 をさらに含む請求項15記載の広告枠の取引方法。
  17. 【請求項17】 前記販売情報の提示は、前記コンテン
    ツの所有者または広告枠の所有者の要求に応じてシステ
    ム提供者が行い、 前記コンテンツおよび/または広告データの配信は、前
    記システム提供者が行う請求項16記載の広告枠の取引
    方法。
  18. 【請求項18】 前記システム提供者が、前記コンテン
    ツの所有者または広告枠の所有者から前記コンテンツを
    取得するステップと、前記広告枠購入者から前記広告デ
    ータを取得するステップと、を有し、 前記広告データを前記コンテンツに合成した後に前記コ
    ンテンツ利用者に前記合成されたコンテンツデータを配
    信する第1のステップ、または、前記広告枠情報が関連
    付けられているコンテンツデータおよび広告データを個
    別に前記コンテンツ利用者に配信する第2のステップ、
    の何れか一のステップを含む請求項17記載の広告枠の
    取引方法。
  19. 【請求項19】 コンピュータまたはコンピュータシス
    テムを用いた、コンテンツを構成するオブジェクトに関
    連付けられている広告枠の取引システムであって、 前記広告枠の販売情報を提示する手段と、 前記販売情報を参照した前記広告枠の購入希望者の申し
    入れを受け取る手段と、 前記広告枠の売買が成立した時に、前記広告枠を購入し
    た者に前記広告枠の広告枠情報を伝達する手段と、 を含む広告枠の取引システム。
  20. 【請求項20】 前記コンテンツに、前記広告枠情報に
    適合する広告データを合成する手段と、 前記合成されたコンテンツをコンテンツ利用者に提示す
    る手段と、 をさらに含む請求項19記載の広告枠の取引システム。
  21. 【請求項21】 コンテンツを構成するオブジェクトに
    関連付けられている広告枠の取引をコンピュータを用い
    て行うためのプログラムが記録されたコンピュータ可読
    な記録媒体であって、 前記広告枠の販売情報を提示する機能と、 前記販売情報を参照した前記広告枠の購入希望者の申し
    入れを受け取る機能と、 前記広告枠の売買が成立した時に、前記広告枠を購入し
    た者に前記広告枠の広告枠情報を伝達する機能と、 をコンピュータに実現させるためのプログラムを記録し
    た記録媒体。
  22. 【請求項22】 前記コンテンツに前記広告データを合
    成する機能と、 前記合成されたコンテンツをコンテンツ利用者に提示す
    る機能と、 をコンピュータに実現させるためのプログラムを記録し
    た請求項21記載の記録媒体。
JP2000188523A 2000-06-22 2000-06-22 広告方法、広告システム、広告枠の取引方法、広告枠の取引システムおよび記録媒体 Pending JP2002032590A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000188523A JP2002032590A (ja) 2000-06-22 2000-06-22 広告方法、広告システム、広告枠の取引方法、広告枠の取引システムおよび記録媒体

Applications Claiming Priority (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000188523A JP2002032590A (ja) 2000-06-22 2000-06-22 広告方法、広告システム、広告枠の取引方法、広告枠の取引システムおよび記録媒体
US09887460 US20020023094A1 (en) 2000-06-22 2001-06-21 Advertising method and system, method and system for transacting an advertising frame and recording media

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2002032590A true true JP2002032590A (ja) 2002-01-31

Family

ID=18688299

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2000188523A Pending JP2002032590A (ja) 2000-06-22 2000-06-22 広告方法、広告システム、広告枠の取引方法、広告枠の取引システムおよび記録媒体

Country Status (2)

Country Link
US (1) US20020023094A1 (ja)
JP (1) JP2002032590A (ja)

Cited By (17)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2006285879A (ja) * 2005-04-05 2006-10-19 Keitaro Oketa 広告コンテンツの配信方法、及び、プロフィールムービーを利用した広告方法
JP2008022298A (ja) * 2006-07-13 2008-01-31 Hakuhodo Dy Media Partners Inc 広告挿入式映像配信システム
JP2008242559A (ja) * 2007-03-26 2008-10-09 Knowledge Works Kk 広告コンテンツの閲覧に応じて課金する広告課金制御方法、サーバ及びプログラム
JP2010224620A (ja) * 2009-03-19 2010-10-07 Yahoo Japan Corp Webサーバ、広告再表示方法
JP2013506907A (ja) * 2009-09-30 2013-02-28 マイクロソフト コーポレーション ビデオコンテンツを意識した広告掲載
JP2015005033A (ja) * 2013-06-19 2015-01-08 日本電信電話株式会社 メディアストレージシステムの制御方法、及びメディアストレージシステム
JP2015005109A (ja) * 2013-06-20 2015-01-08 ヤフー株式会社 オークション装置、オークション方法及びオークションプログラム
JP2015005115A (ja) * 2013-06-20 2015-01-08 ヤフー株式会社 オークション装置、オークション方法及びオークションプログラム
JP2015005105A (ja) * 2013-06-20 2015-01-08 ヤフー株式会社 オークション装置、オークション方法及びオークションプログラム
JP2016004064A (ja) * 2014-06-13 2016-01-12 大日本印刷株式会社 コンテンツ配信装置及びコンテンツ配信システム
JP2016012763A (ja) * 2014-06-27 2016-01-21 大日本印刷株式会社 映像配信装置、映像コンテンツ配信システム、映像再生装置、及びコンピュータプログラム
WO2016129792A1 (ko) * 2015-02-11 2016-08-18 에스케이플래닛 주식회사 사물 인식 기반 리타게팅 광고 상품 추천 서버, 그의 제어 방법 및 컴퓨터 프로그램이 기록된 기록매체
JP2016167271A (ja) * 2016-03-15 2016-09-15 ヤフー株式会社 サービス提供装置、サービス提供方法及びサービス提供プログラム
JP2017510167A (ja) * 2014-02-07 2017-04-06 ソニー インタラクティブ エンタテインメント アメリカ リミテッド ライアビリテイ カンパニー メディアにおける広告および他の挿入物の位置およびタイミングを判定するスキーム
WO2017056229A1 (ja) * 2015-09-30 2017-04-06 楽天株式会社 情報処理装置、情報処理方法および情報処理装置用プログラム
JP2017200174A (ja) * 2016-04-27 2017-11-02 王公誠 オブジェクトの入れ替可能な動画再生システム
US9872048B2 (en) 2007-03-22 2018-01-16 Sony Interactive Entertainment America Llc Scheme for determining the locations and timing of advertisements and other insertions in media

Families Citing this family (12)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7353229B2 (en) * 2000-05-26 2008-04-01 Vilcauskas Jr Andrew J Post-session internet advertising system
JP2002015217A (ja) * 2000-06-30 2002-01-18 Fujitsu Ltd オークションを用いたデジタルコンテンツ広告表示システム
US8386315B1 (en) * 2001-05-30 2013-02-26 Carl Meyer Yield management system and method for advertising inventory
JP2003242410A (ja) * 2002-02-19 2003-08-29 Fujitsu Ltd 情報配信方法及びコンピュータプログラム
WO2004107224A1 (en) * 2003-06-02 2004-12-09 Netbreak International Pty Limited Network based advertising system and method
US8930239B2 (en) * 2005-03-23 2015-01-06 Douglas Ashbaugh Distributed content exchange and presentation system
WO2008101023A1 (en) * 2007-02-13 2008-08-21 Google Inc. Identifying advertising specialist
US8494903B2 (en) * 2007-03-16 2013-07-23 Activated Content Corporation Universal advertising model utilizing digital linkage technology “U AD”
US20090163768A1 (en) * 2007-12-20 2009-06-25 Estech, Inc. Magnetic introducer systems and methods
US8520018B1 (en) * 2013-01-12 2013-08-27 Hooked Digital Media Media distribution system
US9189067B2 (en) 2013-01-12 2015-11-17 Neal Joseph Edelstein Media distribution system
JP2017092780A (ja) * 2015-11-12 2017-05-25 シャープ株式会社 サーバ、システム、方法、プログラム、および表示装置

Family Cites Families (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6023686A (en) * 1996-02-20 2000-02-08 Health Hero Network Method for conducting an on-line bidding session with bid pooling
US6285987B1 (en) * 1997-01-22 2001-09-04 Engage, Inc. Internet advertising system
US6160570A (en) * 1998-04-20 2000-12-12 U.S. Philips Corporation Digital television system which selects images for display in a video sequence
US6269361B1 (en) * 1999-05-28 2001-07-31 Goto.Com System and method for influencing a position on a search result list generated by a computer network search engine

Cited By (20)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2006285879A (ja) * 2005-04-05 2006-10-19 Keitaro Oketa 広告コンテンツの配信方法、及び、プロフィールムービーを利用した広告方法
JP2008022298A (ja) * 2006-07-13 2008-01-31 Hakuhodo Dy Media Partners Inc 広告挿入式映像配信システム
US9872048B2 (en) 2007-03-22 2018-01-16 Sony Interactive Entertainment America Llc Scheme for determining the locations and timing of advertisements and other insertions in media
US10003831B2 (en) 2007-03-22 2018-06-19 Sony Interactvie Entertainment America LLC Scheme for determining the locations and timing of advertisements and other insertions in media
JP2008242559A (ja) * 2007-03-26 2008-10-09 Knowledge Works Kk 広告コンテンツの閲覧に応じて課金する広告課金制御方法、サーバ及びプログラム
JP2010224620A (ja) * 2009-03-19 2010-10-07 Yahoo Japan Corp Webサーバ、広告再表示方法
JP2013506907A (ja) * 2009-09-30 2013-02-28 マイクロソフト コーポレーション ビデオコンテンツを意識した広告掲載
US9111287B2 (en) 2009-09-30 2015-08-18 Microsoft Technology Licensing, Llc Video content-aware advertisement placement
JP2015005033A (ja) * 2013-06-19 2015-01-08 日本電信電話株式会社 メディアストレージシステムの制御方法、及びメディアストレージシステム
JP2015005105A (ja) * 2013-06-20 2015-01-08 ヤフー株式会社 オークション装置、オークション方法及びオークションプログラム
US9916600B2 (en) 2013-06-20 2018-03-13 Yahoo Japan Corporation Auction apparatus and auction method
JP2015005109A (ja) * 2013-06-20 2015-01-08 ヤフー株式会社 オークション装置、オークション方法及びオークションプログラム
JP2015005115A (ja) * 2013-06-20 2015-01-08 ヤフー株式会社 オークション装置、オークション方法及びオークションプログラム
JP2017510167A (ja) * 2014-02-07 2017-04-06 ソニー インタラクティブ エンタテインメント アメリカ リミテッド ライアビリテイ カンパニー メディアにおける広告および他の挿入物の位置およびタイミングを判定するスキーム
JP2016004064A (ja) * 2014-06-13 2016-01-12 大日本印刷株式会社 コンテンツ配信装置及びコンテンツ配信システム
JP2016012763A (ja) * 2014-06-27 2016-01-21 大日本印刷株式会社 映像配信装置、映像コンテンツ配信システム、映像再生装置、及びコンピュータプログラム
WO2016129792A1 (ko) * 2015-02-11 2016-08-18 에스케이플래닛 주식회사 사물 인식 기반 리타게팅 광고 상품 추천 서버, 그의 제어 방법 및 컴퓨터 프로그램이 기록된 기록매체
WO2017056229A1 (ja) * 2015-09-30 2017-04-06 楽天株式会社 情報処理装置、情報処理方法および情報処理装置用プログラム
JP2016167271A (ja) * 2016-03-15 2016-09-15 ヤフー株式会社 サービス提供装置、サービス提供方法及びサービス提供プログラム
JP2017200174A (ja) * 2016-04-27 2017-11-02 王公誠 オブジェクトの入れ替可能な動画再生システム

Also Published As

Publication number Publication date Type
US20020023094A1 (en) 2002-02-21 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
Samiee The internet and international marketing: is there a fit?
Peitz et al. An economist's guide to digital music
US20030028432A1 (en) Method for the customization of commercial product placement advertisements in digital media
Choi et al. The economics of electronic commerce
US20020092019A1 (en) Method and apparatus for creation, distribution, assembly and verification of media
Dedrick Interactive Electronic Advertising
US6647425B1 (en) System and method for selecting the transmission bandwidth of a data stream sent to a client based on personal attributes of the client&#39;s user
US20080163379A1 (en) Method of inserting/overlaying markers, data packets and objects relative to viewable content and enabling live social networking, N-dimensional virtual environments and/or other value derivable from the content
US20090165140A1 (en) System for inserting/overlaying markers, data packets and objects relative to viewable content and enabling live social networking, n-dimensional virtual environments and/or other value derivable from the content
US20100153831A1 (en) System and method for overlay advertising and purchasing utilizing on-line video or streaming media
US20070124789A1 (en) Wireless interactive communication system
US7930347B2 (en) Responsible peer-to-peer (P2P) digital content distribution
US20020072972A1 (en) Method and system for delayed advertising
US20070226761A1 (en) Dynamic insertion of cinematic stage props in program content
US20050086112A1 (en) Super-saturation method for information-media
US20010037304A1 (en) Method of and apparatus for delivery of proprietary audio and visual works to purchaser electronic devices
US20010049824A1 (en) Internet business model for the production, market making and distribution of audio and multimedia programs
US20090157450A1 (en) Adpack
US20070214476A1 (en) Dynamic replacement of cinematic stage props in program content
US20070174624A1 (en) Content interactivity gateway
US20090216621A1 (en) Media Based Entertainment Service
US8191098B2 (en) Multi-source bridge content distribution system and method
US20070156443A1 (en) Electronic System and Apparatuses Coupling Ticketing on Mobile Devices with Event Sponsorship and Interaction
US20090006192A1 (en) Point of Presence Sponsorship Mechanism for Digital Content Objects
US20070179854A1 (en) Media predictive consignment

Legal Events

Date Code Title Description
A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20031202

A602 Written permission of extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A602

Effective date: 20031205

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20040223

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20040317

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20040714

A911 Transfer of reconsideration by examiner before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A911

Effective date: 20040720

A912 Removal of reconsideration by examiner before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A912

Effective date: 20040813

RD14 Notification of resignation of power of sub attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7434

Effective date: 20070210