JP2002024860A - System and method for image editing and memory medium thereof - Google Patents

System and method for image editing and memory medium thereof

Info

Publication number
JP2002024860A
JP2002024860A JP2000209731A JP2000209731A JP2002024860A JP 2002024860 A JP2002024860 A JP 2002024860A JP 2000209731 A JP2000209731 A JP 2000209731A JP 2000209731 A JP2000209731 A JP 2000209731A JP 2002024860 A JP2002024860 A JP 2002024860A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
canvas
image
set
input
step
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2000209731A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2002024860A5 (en )
JP4449183B2 (en )
Inventor
Hiroaki Hida
Hideaki Karasawa
Jiyunichi Rekimoto
英了 唐澤
純一 暦本
博章 飛田
Original Assignee
Sony Corp
ソニー株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To generate a three-dimensional image, based on the image drawn by hand on a virtually set canvas of a computer.
SOLUTION: When the three-dimensional space appears on a display screen of a computer, and a stroke line is drawn in the space, a wall, for which the strode line is its base, is set as the canvas. A picture drawn by the user is mapped onto the canvas, and the user has brought to draw a three-dimensional picture as a result. Repeating a canvas setting and a picture drawing constructs the desired scene, and turning a canvas and a movement of the viewpoint accomplish the desired three-dimensional scene.
COPYRIGHT: (C)2002,JPO

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【発明の属する技術分野】本発明は、計算機システム上で3次元的なイメージを作成・編集するための画像編集システム及び方法に係り、特に、2次元的な入力イメージを基に計算機システム上で3次元的なイメージを作成・編集するための画像編集システム及び方法に関する。 The present invention relates to relates to an image editing system and method for creating and editing a three-dimensional image on the computer system, in particular, the computer system based on the two-dimensional input images an image editing system and method for creating and editing a three-dimensional image.

【0002】更に詳しくは、本発明は、マウスなどの装置によって入力された手書きイメージを基に計算機システム上で3次元的なイメージを作成・編集するための画像編集システム及び方法に係り、特に、仮想的に設定されたキャンバス上に手書きにより描画されたイメージを基に3次元的なイメージを作成・編集するための画像編集システム及び方法に関する。 [0002] More particularly, the present invention relates to an image editing system and method for creating and editing a three-dimensional image on the computer system based on a handwritten image entered by a device such as a mouse, in particular, an image editing system and method for creating and editing a three-dimensional image based on drawn image by handwriting virtually set on the canvas.

【0003】 [0003]

【従来の技術】昨今の半導体技術や情報技術の進歩に伴い、パーソナル・コンピュータ(PC)やワークステーションと呼ばれる比較的安価で且つ高性能な計算機システムが広範に普及してきている。 With the progress of the Prior Art A recent semiconductor technology and information technology, relatively inexpensive and high-performance computer system called the personal computer (PC) or a work station it has been spread widely. この種の計算機システム上では、一般に、オペレーティング・システム(O On this kind of computer system, generally, the operating system (O
S)が提供する実行環境下で、各種のアプリケーションを起動することができる。 Under execution environment S) is provided, it is possible to launch various applications.

【0004】計算機システム上で使用されるアプリケーションの種類は、ワープロ、表計算、データベース、通信、グラフィックスなど多岐にわたる。 [0004] The type of application used on a computer system, a word processor, spreadsheet, database, communication, diverse such as graphics. 例えば、演算能力や描画機能が強化された計算機システム上では、2D For example, on computing power and drawing capability is enhanced computer system, 2D
や3Dなどのリアリティの高いグラフィックスを比較的容易に作成し、描画したり、さらに画像変形処理を行ったりすることができる。 And relatively easy to create a high graphics realistic, such as 3D, or drawing may be further or perform image transformation processing.

【0005】計算機のディスプレイ・スクリーン上に描かれたイメージは、基本的には2次元画像である。 [0005] drawn on the display screen of the computer image is basically a two-dimensional image. しかしながら、計算機の演算能力を利用することで、2次元イメージを3次元の世界座標系に変換し、さらに視点座標系へ変換することで、3次元イメージを自動生成することができる。 However, by using the computing power of the computer, it converts the two-dimensional image to the three-dimensional world coordinate system, to convert further into the viewpoint coordinate system, it is possible to automatically generate a three-dimensional image. また、3次元空間上で描画オブジェクトに対して回転・移動などの作用を与えることで、別の視点から見たオブジェクトを表示することができる。 Further, by giving the effect of such rotation and movement to the drawing objects in the three-dimensional space, it is possible to display the object as viewed from a different perspective.

【0006】水彩画、油絵などを始めとする実世界におけるほとんどの描画は所望の絵の具が付された筆先をキャンバス上で所定の軌跡を描かせることによって実現する。 [0006] Most of the drawing in the real world, including watercolor, oil painting, etc. is realized by to draw a predetermined trajectory on the canvas the brush tip the desired paint is attached. 他方、計算機システム上での描画は、例えば「筆」 On the other hand, drawing on a computer system, for example, "brush"
の機能を選択したマウス・カーソルをディスプレイ・スクリーン上で軌跡を描くことによって線画が入力される。 Line drawing is input the mouse cursor to select the function of by drawing a trajectory on the display screen.

【0007】マウス操作により手書きと同じような素朴な線画を計算機に入力することができる。 [0007] it is possible to enter the same kind of simple line drawing and handwriting to a computer by operating the mouse. この場合、線画は、2次元平面に展開されたものであり、例えば点又は線の集合のデジタル・データとして計算機システムで処理される。 In this case, line drawing, which has been developed into a two-dimensional plane is processed in the computer system as digital data of a set of example points or lines. 但し、手書きにより入力されたデジタル・ However, digital input by handwriting
データをさらに計算機システム上で高度に画像変形したり、そもそも2次元イメージとして入力された手書きイメージを3次元的に処理するという手法は知られていない。 Or highly image deformation further computer on the system data, the first place is not known technique of processing the handwritten image entered as a two-dimensional image 3-dimensionally.

【0008】 [0008]

【発明が解決しようとする課題】本発明の目的は、2次元的な入力イメージを基に計算機システム上で3次元的なイメージを作成・編集することができる、優れた画像編集システム及び方法を提供することにある。 The purpose of the 0008] The present invention can create and edit three-dimensional image on a two-dimensional computer system the input image based on, excellent image editing system and method It is to provide.

【0009】本発明の更なる目的は、マウスなどの装置によって入力された手書きイメージを基に計算機システム上で3次元的なイメージを作成・編集することができる、優れた画像編集システム及び方法を提供することにある。 Further objects of the present invention can create and edit a 3-dimensional image on the computer system based on a handwritten image entered by a device such as a mouse, an excellent image editing system and method It is to provide.

【0010】本発明の更なる目的は、仮想的に設定されたキャンバス上に、手書きにより描画されたイメージを基に3次元的なイメージを作成・編集することができる、優れた画像編集システム及び方法を提供することにある。 It is a further object of the present invention, on the canvas that is virtually set, it is possible to create and edit a three-dimensional image based on drawn image by handwriting, excellent image editing system and It is to provide a method.

【0011】 [0011]

【課題を解決するための手段】本発明は、上記課題を参酌してなされたものであり、その第1の側面は、3次元的なイメージを作成・編集するための画像編集システム又は方法であって、3次元空間上にキャンバスを設定するキャンバス設定手段又はステップと、該設定されたキャンバス上に対して画像を入力してキャンバス上に貼り付ける画像入力手段又はステップと、キャンバスに対するユーザ操作に追従して入力画像を変形させる画像変形手段又はステップと、を具備することを特徴とする画像編集方法である。 Means for Solving the Problems The present invention has been made in consideration of the above problems, in a first aspect of the image editing system or method for creating and editing a three-dimensional image there are a canvas setting means or step for setting the canvas on the three-dimensional space, an image input unit or the step of pasting on the canvas by the input image with respect to the set canvas above, the user operation on the canvas an image editing method characterized by comprising an image deforming means or step deforming the input image tracking to, a.

【0012】ここで、前記キャンバス設定手段又はステップは、地平線のみからなる3次元空間上に対してユーザがマウスのドラッグ操作により描いたストローク線を底辺とする壁をキャンバスとして設定するようにしてもよい。 [0012] Here, the canvas setting means or step, be set a wall and bottom of the stroke line drawn by a user by dragging the mouse to the upper three-dimensional space consisting of horizon only as a canvas good.

【0013】また、画像入力手段又はステップは、設定されたキャンバスに対してユーザがマウスのドラッグ操作により描いたストローク線を画像入力してキャンバス上に貼り付けるようにしてもよい。 Further, the image input means or step may be pasted on the canvas by the image input strokes line drawn by a user by dragging the mouse with respect to the set canvas.

【0014】また、画像入力手段又はステップは、所定の記憶装置上に格納された画像ファイルを読み出して設定されたキャンバス上に貼り付けるようにしてもよい。 Further, the image input means or step may be pasted on the canvas that has been set by reading an image file stored on a predetermined storage device.

【0015】また、画像変形手段又はステップは、キャンバスに対する回転及び/又は移動の操作に追従して該キャンバスに貼り付けられた画像を回転及び/又は移動させるようにしてもよい。 [0015] The image transformation means or step, may be in accordance with the rotation and / or movement of the operation for the canvas rotating and / or moving images pasted on the canvas.

【0016】また、ある1つの3次元空間に対して前記キャンバス設定手段又はステップによる複数のキャンバスの設定、及び各キャンバスに対する画像入力手段又はステップによる画像入力を許容するようにしてもよい。 Further, it is also possible to permit the canvas setting means or canvas set by step, and an image input by the image input means or step for each canvas for a single three-dimensional space.

【0017】また、前記画像入力手段又はステップは、 Further, the image input means or step,
設定されたキャンバスの他、地面に対する画像入力を許容するようにしてもよい。 Another set canvas may be allowed image input relative to the ground.

【0018】また、前記キャンバス設定手段又はステップは、3次元空間上に1以上のキャンバスを設定した場合、非選択中のキャンバスの底辺のみを残して表示を消滅させるようにしてもよい。 Moreover, the canvas setting means or step, if set to 1 or more canvas on three-dimensional space, may be caused to disappear the display leaving only canvas bottom side of the non-selected.

【0019】また、本発明の第2の側面は、3次元的なイメージを作成・編集するための画像編集処理をコンピュータ・システム上で実行するように記述されたコンピュータ・ソフトウェアをコンピュータ可読形式で物理的に格納した記憶媒体であって、前記コンピュータ・ソフトウェアは、3次元空間上にキャンバスを設定するキャンバス設定ステップと、該設定されたキャンバス上に対して画像を入力してキャンバス上に貼り付ける画像入力ステップと、キャンバスに対するユーザ操作に追従して入力画像を変形させる画像変形ステップと、を具備することを特徴とする記憶媒体である。 Further, a second aspect of the present invention, the described computer software to perform image editing processing for creating and editing a three-dimensional image on a computer system in a computer-readable format a physically stored the storage medium, the computer software, and canvas setting step of setting a canvas on three-dimensional space, and enter the image pasted on the canvas to said set canvas top an image input step, which is a storage medium which is characterized by comprising an image deforming step of deforming the input image by following the user operation on the canvas.

【0020】本発明の第2の側面に係る記憶媒体は、例えば、様々なプログラム・コードを実行可能な汎用性のコンピュータ・システムに対して、コンピュータ・ソフトウェアをコンピュータ可読な形式で物理的に提供する媒体である。 The storage medium according to the second aspect of the present invention, for example, provide various program code for executable versatility of the computer system, physically a computer software in a computer-readable format which is a medium that. このような媒体は、例えば、CD(Compac Such medium may, for example, CD (Compac
t Disc)やFD(Floppy Disc)、MO(Magneto-Optic t Disc) or FD (Floppy Disc), MO (Magneto-Optic
al disc)などの着脱自在で可搬性の記憶媒体である。 al while discs) is freely a portable storage medium detachable such.
あるいは、ネットワーク(ネットワークは無線、有線の区別を問わない)などの伝送媒体などを経由してコンピュータ・ソフトウェアを特定のコンピュータ・システムにコンピュータ可読形式で提供することも技術的に可能である。 Alternatively, the network (network radio, regardless of the distinction between wired) It is technically possible to provide a computer-readable format such as over a transmission medium such as a computer software to a particular computer system.

【0021】このような記憶媒体は、コンピュータ・システム上で所定のコンピュータ・ソフトウェアの機能を実現するための、コンピュータ・ソフトウェアと記憶媒体との構造上又は機能上の協働的関係を定義したものである。 [0021] Such storage medium, which defines the structural or functional in cooperative relationship for realizing the functions of a predetermined computer software on a computer system, the computer software and the storage medium it is. 換言すれば、本発明の第2の側面に係る記憶媒体を介して所定のコンピュータ・ソフトウェアをコンピュータ・システムにインストールすることによって、コンピュータ・システム上では協働的作用が発揮され、本発明の第1の側面に係る画像編集システム及び方法と同様の作用効果を得ることができる。 In other words, by installing the given computer software in the computer system through a storage medium according to the second aspect of the present invention, a cooperative operation on the computer system is exhibited, the of the present invention it is possible to obtain the same effect as the image editing system and method according to the first side.

【0022】 [0022]

【作用】本発明に係る画像編集システムによれば、まず、地平線のみの3次元空間がディスプレイ・スクリーン上に現れる。 According to the image editing system according to the present invention, first, the three-dimensional space of the horizon only appears on the display screen.

【0023】このような3次元空間上で、オペレータ/ [0023] on such a three-dimensional space, operator /
ユーザは、マウスや入力ペンなどの座標指示装置を用いて、ストロークで線を描く。 The user, using the coordinate pointing device such as a mouse or an input pen, draw a line at a stroke. このようなユーザ入力に応答して、画像編集システムは、ディスプレイ・スクリーン上に、ストローク線を底辺とする垂直な壁を表示する。 In response to such user input, the image editing system, on a display screen, to display the vertical walls to the bottom of the stroke line. 勿論、ユーザが描いたストロークが曲線であれば、 Of course, if the user is a stroke curve drawn,
底辺も曲線となり、壁は曲面となる。 Base also becomes a curve, the wall is a curved surface.

【0024】このように入力されたストロークを底辺とみなされた壁は、画像編集システム上では、ユーザが絵を描くための「キャンバス」として利用される。 The walls thus was considered to base the input strokes, in the image editing system, the user is used as "canvas" for painting. すなわち、ユーザがディスプレイ・スクリーンを介して描いた絵は、このキャンバス上にマッピングされるので、結果として3次元空間上で絵を描いたことになる。 That is, the picture drawn by a user via a display screen, since it is mapped to the canvas, resulting in that the painting on the three-dimensional space.

【0025】そして、ストローク線を引いて壁すなわちキャンバスを設定し、キャンバス上に絵を描くという操作を複数回繰り返すことによって、3次元空間上で所望のシーンを構築することができる。 [0025] Then, it sets the wall or canvas by pulling the stroke line, by repeating several times the operation of painting on canvas, it is possible to construct a desired scene in a three-dimensional space.

【0026】また、キャンバスの回転や視点移動などの操作を利用することによって、所望の3次元シーンを描画することができる。 Further, by utilizing an operation such as canvas rotation and viewpoint movement, it is possible to draw a desired three-dimensional scene.

【0027】本発明に係る画像編集システム及び方法によれば、2次元平面上でのスケッチ感覚で3次元シーンを構築することができる。 According to the image editing system and method according to the invention, it is possible to construct a 3-D scene sketch sensation on a two-dimensional plane. また、描画はすべて3次元キャンバスへのプロジェクションという形式で行われるので、オペレータは3次元空間上でユーザ入力装置を操作するときのような難しさや煩わしさを感じなくてよい。 Further, since the drawing is carried out in the form of projection to all three-dimensional canvas, the operator may not feel the difficulty and troublesomeness such as when operating the user input device in a three-dimensional space.

【0028】また、本発明によれば、3次元的な描画オブジェクトのモデリングとシーン構築を同時に扱うことができる。 Further, according to the present invention, it is possible to handle modeling and scene building 3-dimensional drawing objects at the same time. また、構築したシーンに対して様々な視線方向からのブラウジングを行うことができる。 Further, it is possible to browse from different viewing direction with respect to construct the scene.

【0029】本発明のさらに他の目的、特徴や利点は、 [0029] Other objects, features, and advantages of the present invention,
後述する本発明の実施例や添付する図面に基づくより詳細な説明によって明らかになるであろう。 It will become apparent from the following detailed description based on embodiments of the invention and the accompanying drawings described below.

【0030】 [0030]

【発明の実施の形態】以下、図面を参照しながら本発明の実施例を詳解する。 DESCRIPTION OF THE PREFERRED EMBODIMENTS Hereinafter, explain in detail the embodiments of the present invention with reference to the drawings.

【0031】図1には、本発明を実現するのに適した画像編集システム10のハードウェア構成を模式的に示している。 [0031] Figure 1 is a hardware configuration of an image editing system 10 suitable for implementing the present invention is schematically shown. 画像編集システム10は、実際には、ワークステーションやパーソナル・コンピュータと呼ばれる一般的な計算機システム上で画像編集用アプリケーションを起動することによって実現される。 Image editing system 10 is actually realized by starting the application for image editing on general computer system called a workstation or personal computer. 計算機システムの一例は、米IBM社のPC/AT(Personal Computer/Ad An example of a computer system, the US IBM's PC / AT (Personal Computer / Ad
vanced Technology)互換機又はその後継機である。 vanced Technology) is a compatible computer or its successor. 以下、システム10の各部について説明する。 The following describes each component of the system 10.

【0032】システム10のメイン・コントローラであるCPU(Central Processing Unit)11は、オペレーティング・システム(OS)の制御下で、各種のアプリケーションを実行するようになっている。 [0032] CPU (Central Processing Unit) 11 is a main controller of the system 10, under the control of an operating system (OS), and adapted to perform the various applications. OSは、より好ましくはビットマップ形式の描画機能並びにGUI OS is more preferably a bit map format of the drawing function and GUI
(Graphical User Interface)環境を提供するが、例えば、UNIX(登録商標)や、米Microsoft社のWindows98/NTでよい。 It provides a (Graphical User Interface) environment, for example, UNIX (registered trademark) or may be a Windows98 / NT of the US Microsoft Corporation.

【0033】図示の通り、CPU11は、バス17によって他の機器類(後述)と相互接続されている。 The illustrated street, CPU 11 is interconnected with other equipment (described later) by a bus 17. バス1 Bus 1
7上の各機器にはそれぞれ固有のメモリ・アドレス又はI/Oアドレスが付与されており、CPU11はアドレス指定することによってバス接続された各機器へのアクセスが可能となっている。 Each unique memory address or I / O address to each device on the 7 has been granted, CPU 11 has become possible to access to each device connected by a bus by specifying the address. バス17の一例はPCI(Pe An example of the bus 17 PCI (Pe
ripheral Component Interconnect)バスである。 ripheral Component Interconnect) is a bus.

【0034】メモリ12は、プロセッサ11において実行されるプログラム・コードを格納したり、実行中の作業データを一時保管するために使用される記憶装置である。 The memory 12, and stores the program code executed in the processor 11, a storage device used to temporarily store work data in execution. 同図に示すメモリ12は、不揮発メモリ及び揮発メモリ双方を含むものと理解されたい。 Memory 12 shown in the figure, it is to be understood to include both non-volatile memory and volatile memory.

【0035】ディスプレイ・コントローラ13は、プロセッサ11が発行する描画命令を実際に処理するための専用コントローラであり、例えばSVGA(Super Vide The display controller 13 is a dedicated controller for actually processing a drawing command to the processor 11 issues, for example, SVGA (Super Vide
o Graphic Array)又はXGA(eXtended Graphic Arra o Graphic Array) or XGA (eXtended Graphic Arra
y)相当のビットマップ描画機能をサポートする。 y) to support the equivalent of a bit map drawing function. ディスプレイ・コントローラ13において処理された描画データは、例えばフレーム・バッファ(図示しない)に一旦書き込まれた後、表示装置21に画面出力される。 Drawing data processed by the display controller 13, for example, after being once written in a frame buffer (not shown), is screen output to the display device 21. 表示装置21は、例えば、CRT(Cathode RayTube)ディスプレイや、液晶表示ディスプレイ(Liquid Crystal Display device 21 is, for example, CRT (Cathode Ray Tube) display or a liquid crystal display display (Liquid Crystal
Display)などである。 Display), and the like.

【0036】入力機器インターフェース14は、キーボード522やマウス523などのユーザ入力機器をシステム10に接続するための装置である。 The input device interface 14 is a device for connecting a user input device such as a keyboard 522 and a mouse 523 to system 10. 入力機器インターフェース14は、キーボード22によるキー入力又はマウス23を介した座標指示入力に応答して、プロセッサ11に対して割り込みを発生する。 Input device interface 14, in response to the coordinate instruction input via the key input or the mouse 23 by the keyboard 22, generates an interrupt to the processor 11.

【0037】ネットワーク・インターフェース15は、 [0037] The network interface 15,
Ethernet(登録商標)などの所定の通信プロトコルに従って、システム10をLAN(Local Area Net In accordance with a predetermined communication protocol such as Ethernet (registered trademark), a system 10 LAN (Local Area Net
work)などのネットワーク(図示しない)に接続することができる。 work) can be connected to a network (not shown), such as. ネットワーク・インターフェース15は、 Network interface 15,
一般に、LANアダプタ・カードの形態で提供され、マザーボード(図示しない)上のPCIバス・スロットの装着して用いられる。 In general, provided in the form of a LAN adapter card, it is used attached to the motherboard (not shown) on the PCI bus slot.

【0038】LAN上では、複数のホスト(コンピュータ)がトランスペアレントな状態で接続され、分散コンピューティング環境が構築されている。 [0038] On a LAN, a plurality of hosts (computers) are connected in a transparent state, a distributed computing environment is built. また、ホストの一部はルータとして稼動し、さらに他のLANやインターネットなどの外部ネットワークとの相互接続を実現している。 A part of the host operating as a router, and further to achieve interconnection with an external network such as other LAN or the Internet. インターネット上では、ソフトウェア・プログラムやデータ・コンテンツなどの配信が行われる。 On the Internet, the distribution of software programs and data content is performed. 例えば、本実施例に係る画像編集アプリケーションや、画像編集アプリケーション上で作成・編集された3次元描画データなども、ネットワーク経由で配信・配布されてもよい。 For example, an image editing application of this embodiment, such as three-dimensional drawing data created and edited on the image editing application, may also be delivered and distributed over the network.

【0039】但し、ネットワーク・インターフェース1 [0039] However, the network interface 1
5ではなく、モデム並びに一般電話回線(いずれも図示しない)経由で外部ネットワークに接続することもできる。 In 5 without a modem and public telephone line (not shown either) it can be connected to an external network via.

【0040】外部機器インターフェース16は、ハード・ディスク・ドライブ(HDD)24やメディア・ドライブ25などの外部装置をシステム10に接続するための装置である。 The external device interface 16 is a device for connecting an external device such as a hard disk drive (HDD) 24 and media drive 25 to the system 10. 外部機器インターフェース16は、例えば、IDE(Integrated DriveElectronics)やSCS External device interface 16, for example, IDE (Integrated DriveElectronics) and SCS
I(Small Computer System Interface)などのインターフェース規格に準拠する。 It conforms to an interface standard such as I (Small Computer System Interface).

【0041】HDD24は、記憶担体としての磁気ディスクを固定的に搭載した外部記憶装置であり(周知)、 [0041] HDD24 is equipped with an external storage device fixedly magnetic disk as a storage carrier (known)
記憶容量やデータ転送速度などの点で他の外部記憶装置よりも優れている。 It is superior to other external storage device in terms of storage capacity and data transfer rate. ソフトウェア・プログラムを実行可能な状態でHDD26上に置くことをプログラムのシステムへの「インストール」と呼ぶ。 To put on HDD26 the software program in an executable state is referred to as "installation" of the program into the system. 通常、HDD24には、プロセッサ11が実行すべきオペレーティング・システムのプログラム・コードや、アプリケーション・プログラム、デバイス・ドライバなどが不揮発的に格納されている。 Usually, the HDD 24, and the program code of the operating system the processor 11 to be executed, application programs, and device drivers are stored in a nonvolatile manner. 例えば、本実施例に係る画像編集アプリケーションなどは、HDD24上にインストールされる。 For example, an image editing application of this embodiment is installed on the HDD 24. また、この画像編集アプリケーション上で作成された3次元描画データなども、所定のファイル・フォーマットでHDD24上に蓄積しておくことができる。 Also, like three-dimensional drawing data created on the image editing application, it can be accumulated on the HDD24 in a predetermined file format.

【0042】また、メディア・ドライブ25は、CD(C [0042] In addition, the media drive 25, CD (C
ompact Disc)やMO(Magneto-Optical disc)、DV ompact Disc) or MO (Magneto-Optical disc), DV
D(Digital Versatile Disc)などの可搬型メディアを装填して、データ記録面にアクセスするための装置である。 And loaded portable medium such as D (Digital Versatile Disc), a device to access the data recording surface. 可搬型メディアは、主として、ソフトウェア・プログラムやデータ・ファイルなどをコンピュータ可読形式のデータとしてバックアップすることや、これらを複数のシステム間で移動(販売・流通・配布を含む)する目的で使用される。 Portable media is primarily or to back up the software programs and data files as data of a computer-readable format, it is used for the purpose of moving these between multiple systems (including sales, distribution and distribution) . 例えば、本実施例に係る画像編集アプリケーションや、画像編集アプリケーション上で作成・編集された3次元描画データなどを、これら可搬型メディアを利用して流通・配布することができる。 For example, an image editing application of this embodiment, and three-dimensional drawing data created and edited in the image editing application, can be distributed and distributed using these portable media.

【0043】次いで、この画像編集システム10上において実現される画像編集作業について詳解する。 [0043] Next, described in detail the image editing work to be realized in the image editing system 10 on.

【0044】図2には、画像編集システム10が提供する初期の画像編集画面を例示している。 [0044] Figure 2 illustrates an initial image editing screen image editing system 10 is provided.

【0045】画像編集画面は、ディスプレイ21上のG The image editing screen, G on the display 21
UI(Graphical User Interface)ウィンドウ画面を利用して表示される。 UI (Graphical User Interface) is displayed using a window screen. 同図に示すように、初期ウィンドウ画面は、地平線のみを有する3次元空間で構成される。 As shown in the figure, the initial window screen is composed of three-dimensional space having a horizon only.
ユーザは、このような3次元空間に対して、マウス23 The user, for such three-dimensional space, a mouse 23
などの座標指示装置を用いて、マウスのクリックやドラッグ・アンド・ドロップなどの通常のGUI操作の他に、ストロークで線を描くなどの画像編集操作を行うことができる。 Using the coordinate pointing device, such as, in addition to the normal GUI operation such as click or drag-and-drop mouse, it is possible to perform image editing operations such as drawing a line at a stroke.

【0046】画像編集画面上には、図6に示すようなメニュー・ダイアログを出現させるようにしてもよい。 [0046] The image editing on the screen, may be allowed to appear the menu dialog such as that shown in Figure 6. 同図に示す例では、キャンバス、ツール、ブラシサイズ、 In the example shown in the drawing canvas, tools, brushes size,
カラーパレット、オプション、アンドゥ、ウォーク、ターゲット、目線、トップビュー、ヘルプの12種類のダイアログが用意されている。 Color palette, options, undo, walk, target, eyes, top view, 12 types of dialog of help is available. 各メニューは、キャラクタ・ベースのアイコンで作られており、通常のGUI操作に従いマウス・クリックで選択することができる。 Each menu is made in the character-based icon, it can be selected with a mouse click in accordance with normal GUI operation.

【0047】ダイアログ選択時のイベントは、クリックしてキャラクタの頭が上方に伸びる(又は床から出現する)と、クリックして表情が変わるの2通りである。 [0047] when the dialog selection of events, click the head of the character extends upward (or emerging from the floor), is the two types of facial expression is changed by clicking on it.

【0048】さらに詳細なメニュー(サブメニュー)を持つようなメニュー・ダイアログの場合、ダイアログをクリックして伸ばすことにより、サブメニューを出現させて選択可能な状態にすることができる。 The more detailed menu when the menu dialog, such as to have a (sub-menu), by extending by clicking on the dialog, can be selectable state by the appearance of the sub-menu. 但し、ファイル入出力などをまとめているメニューは、キャラクタの頭が伸びる代わりに吹き出しが出る点で相違する。 However, the menu are summarized such as file input and output, is different in that the balloon comes out instead of the character of the head is extended. また、頭が完全に伸びた状態でキャラクタの頭をクリックすると、最初の位置に戻る(図7(a)を参照のこと)。 Further, by clicking the head of the character in a state where the head is fully extended, the flow returns to the initial position (see FIG. 7 (a)).

【0049】また、サブメニューを含まないメニューに対してクリック操作を印加しても、メニューは伸びないので視覚的なフィードバックを与えることができない。 [0049] In addition, also by applying a click operation on the menu that does not include a sub-menu, it is not possible to give a visual feedback because the menu is not extended.
このような場合、ダイアログのキャラクタの表情を変えることによって、選択されたことを伝えることができる(図7(b)を参照のこと)。 In this case, by changing the expression of the dialog of a character, it is possible to inform the user of the selected (see FIG. 7 (b)).

【0050】ダイアログ「メニュー」は、ファイル入出力に関する操作を選ぶためのものであり、メニュー・バー上の「ファイル」メニューに類似する。 The dialog "menu" is intended for selecting the operations related to file input and output, similar to the "File" menu on the menu bar. ダイアログ「メニュー」をクリックすると、さらに選択可能なサブメニューが吹き出しとなって出現する。 When you click the dialog "menu", to appear in a balloon is further selectable sub-menu. 図8には、ダイアログ「メニュー」の操作方法を描写している。 Figure 8 depicts a method of operation of dialog "menu". 同図に示す例では、吹き出しの中には、「新規作成」、「開く」、「重ねる」、「上書き保存」、「名前を付けて保存」…などのサブメニューが用意されている。 In the example shown in the figure, in the balloon of, "New", "Open", "overlap", "Save", "Save As" ... sub-menu, such as are prepared.

【0051】ダイアログ「キャンバス」は、キャンバスに関する操作を選択するためのダイアログである。 The dialog "canvas" is a dialog for selecting the operations on the canvas. 本実施例では、キャンバスに関する操作として「作成」、 In this embodiment, the "creation" as the operation on the canvas,
「複製」、「削除」という3種類が用意されている(図9を参照のこと)。 "Replication", three types of "Delete" is prepared (see FIG. 9).

【0052】「作成」とは、キャンバスを新規作成する機能である。 [0052] The term "creation" is a function to create a new canvas. また、「複製」とは、選択したキャンバスを複製する機能である。 In addition, the "replication" is a function to replicate the canvas you have selected. また、「削除」とは、キャンバスを削除する機能である。 In addition, the "delete", it is a function that you want to delete the canvas.

【0053】ダイアログ「ツール」は、ペンの質感と消しゴムの選択を行うダイアログである。 [0053] dialog "tool" is a dialog for selecting a pen of texture and eraser. 本実施例では、 In this embodiment,
「ペン」、「ブラシ」という2種類のペンの質感と、 "Pen", and the two types of pen texture called "brush",
「消しゴム」が用意されている(図10を参照のこと)。 "Eraser" is prepared (see FIG. 10).

【0054】ペンは、アンチエイリアスの無い2値の、 [0054] pen, with no anti-aliasing 2 value,
太さ1の線とする。 A line of thickness 1. また、ダイアログ「ブラシサイズ」 In addition, the dialog "Brush Size"
は、ダイアログ「ツール」において選択したペンや消しゴムのペン先の太さを指定・変更するためのダイアログである。 Is a dialog that allows you to specify or change the thickness of the pen of the pen and eraser that you selected in the dialog "Tools". 本実施例では、「大」、「中」、「小」という3種類の選択肢が用意されている。 In this embodiment, "large", "medium", the three choices "small" are prepared. ブラシは、アンチエイリアスの無い2値のパターンを、ドラッグした軌跡上に一定間隔で描く。 Brush, a pattern of no anti-aliasing binary draw at regular intervals on the trajectory dragged. なお、ブラシ以外に、「スプレー」 It should be noted that, in addition to the brush, "spray"
などを配設してもよい It may be disposed such as

【0055】ダイアログ「カラーパレット」は、ペン先の配色を指定するためのダイアログであり、図11に示すように、該ダイアログをクリックすると、256色のパレットからなるダイアログが出現する。 [0055] dialog "color palette" is a dialog box for specifying the color scheme of the pen tip, as shown in FIG. 11, when you click the dialog, a dialog consisting of a 256-color palette appears. 同図に示す例では、カラーパレットは、3×8マトリックス上に、頻繁に使用される各色が配置されている。 In the example shown in the figure, the color palette, the 3 × 8 on a matrix, the colors that are frequently used are arranged. 該パレット上から選択色をクリックすると、ペン先の色が変更するようになっている。 When you click on the selected color from the palette on the color of the pen tip is adapted to change.

【0056】ダイアログ「オプション」はオプション的な機能を選択するためのダイアログであり、本実施例では、「テクスチャ」、「ビルボード」、「サウンド」という3種類のオプション機能が用意されている。 [0056] dialog "option" is a dialog for selecting the optional features, in the present embodiment, "texture", "Billboard", three options feature called "sound" are prepared. ダイアログの頭をクリックすると上方に伸び各サブメニューが出現する(図12を参照のこと)。 Clicking on the head of the dialog each submenu extends upwardly appears (see Figure 12).

【0057】「テクスチャ」は、テクスチャを読み込んで、現在開いているキャンバスにテクスチャをマッピングする機能である。 [0057] "texture" reads the texture, is a function for mapping a texture to the canvas that is currently open. テクスチャは、通常、pngやjp Texture, usually, png or jp
egなどの画像ファイルの形式で提供される。 eg it is provided in the form of image files, such as.

【0058】また、「ビルボード」は、現在開いているキャンバスをビルボード・タイプにする機能である(デフォルトのキャンバスはビルボード・タイプではない)。 [0058] In addition, "Billboard" is a function of the canvas that is currently open to the billboard-type (the default of the canvas is not a billboard-type). ビルボード・タイプにすると、Y軸を回転軸にしてユーザの視点方向に向きを変えるようになる。 When the billboard type, so changing the direction to the user's viewing direction by the Y-axis to the rotation axis.

【0059】また、「サウンド」とは、3次元空間上に音(BGM)を配置する機能である。 [0059] In addition, the "sound", it is the ability to place the sound (BGM) on the 3-dimensional space. 各キャンバス毎に最大1つのサウンドを貼り付けることができる。 It is possible to paste a maximum of one sound for each canvas. 各サウンドはサウンドID番号で管理される。 Each sound is managed by sound ID number.

【0060】ダイアログ「アンドゥ」は、キャンバスに対してユーザが行った描画操作の取り消しを行うダイアログである。 [0060] dialog "undo" is a dialog box is used to cancel the drawing operation performed by the user to the canvas. 例えば、該ダイアログをマウスでクリックした回数だけ、描画操作を遡って取り消し処理を行う(図13を参照のこと)。 For example, the number of times the dialog by clicking with the mouse, revoke processing retrospectively drawing operation (see FIG. 13).

【0061】ダイアログ「ウォーク」は、キャンバスが配置された3次元空間における視点を前後左右への移動を行うダイアログである。 [0061] dialog "Walk" is a dialog box is used to move to the front, rear, left and right of the viewpoint in 3-dimensional space in which the canvas is placed. 該ダイアログの頭をクリックすると上方に伸び、前後並びに左右の各方向への視点の移動を指示する各ボタンで構成されるサブメニューが出現する(図14を参照のこと)。 Extending upwardly by clicking the head of the dialog, a submenu composed of each button for instructing the movement of the viewpoint in each direction of the front and rear and left and right appears (see Figure 14).

【0062】ダイアログ「ターゲット」は、例えば画像編集画面上に複数のキャンバスが配置されている場合に、ターゲットという機能を呼び出すダイアログである。 [0062] dialog "target", for example in the case where a plurality of canvas to image editing on the screen is located, is a dialog that calls the function of the target. ここで言うターゲットとは、クリックしたキャンバスの正面に移動する機能のことである。 The target referred to here, is that the ability to move to the canvas in front of you clicked. その際、ターゲット・キャンバスの法線を考慮したり、スローイン・スロー・アウトなど、動きにメリハリを付けてもよい。 At that time, or taking into account the normal line of the target canvas, such as throw-throw-out, may be with a punch to the movement.

【0063】ダイアログ「ターゲット」の頭をクリックすると上方に伸びて、ターゲットを指定する各ボタンで構成されるサブメニューが出現する(図15を参照のこと)。 [0063] extending upward by clicking the head of the dialog "target", sub-menu consists of each button to specify the target appears (see Figure 15). このサブメニュー上には、「ターゲット」、「次前」、「ホーム」という3種類のボタンが用意されている。 On this sub-menu, "target", "next before", three types of button "Home" are prepared.

【0064】マウスでキャンバスを指定して、「ターゲット」をクリックすると、キャンバス前に移動する。 [0064] Specify the canvas with the mouse, and click on the "target", move to the previous canvas. また、「次前」をクリックすると、編集対象のキャンバスに対して、その前又は後に設定されたキャンバスに移動する。 Also, when you click the "next before", with respect to the canvas to be edited, moved to the canvas, which is set in the before or after. また、「ホーム」をクリックすると、所定のホーム・ポジションに移動する。 Also, when you click on the "home", to move to a predetermined home position.

【0065】ダイアログ「目線」は、画像編集画面上の視点を上下に移動する機能を呼び出すためのダイアログである。 [0065] dialog "eyes" is a dialog for calling a function to move the point of view on the image editing screen up and down. 該ダイアログの頭をクリックすると上方に伸び、上下の各方向への視点の移動を指示する各ボタンと、目線をリセットするボタンとで構成されるサブメニューが出現する(図16を参照のこと)。 Extending upwardly by clicking the head of the dialog, and the button for instructing the movement of the upper and lower perspective in each direction, a submenu composed of a button for resetting the eyes appear (see Figure 16) .

【0066】ダイアログ「トップビュー」は、視点を9 [0066] dialog "top view", the point of view of the 9
0度回転して、真上から地面を見る機能を呼び出すためのダイアログである。 It is rotated 0 degrees, a dialog for calling a function to see the ground from above. 該ダイアログの頭をクリックすると、少し下方に沈み込んで、見下ろすような様子に切り替わる(図17を参照のこと)。 When you click the head of the dialog, it sinks a little down, switched to the state, such as looking down (see Figure 17).

【0067】ダイアログ「ヘルプ」は、いわゆるヘルプ機能を呼び出すためのダイアログである。 [0067] dialog "Help" is a dialog for calling the so-called help function. 画像編集システム10(図1を参照のこと)が外部ネットワークに接続されているような場合、このヘルプ機能はオンライン・ヘルプと連携していてもよい。 If the image editing system 10 (see FIG. 1) as is connected to an external network, the help functionality may be in conjunction with the online help.

【0068】図3には、画像編集画面の例えば最上段に配設されるメニュー・バーの構成例を示している。 In [0068] Figure 3 shows a configuration example of a menu bar that is disposed on the top example of the image editing screen. 同図に示すように、メニュー・バー上には、「ファイル」メニュー、「編集」メニュー、「表示」メニュー、「シーン・オプション」メニュー、「ヘルプ」メニューなど複数のメニュー項目が配置されている。 As shown in the figure, on the menu bar, the "File" menu, "Edit" menu, "View" menu, "scene Options" menu, a plurality of menu items such as "Help" menu is located .

【0069】図4には、メニュー「ファイル」を選択時に表示されるプルダウン・メニューの構成例を示している。 [0069] FIG. 4 shows an example of the configuration of the pull-down menu that appears when you select the menu "File". 同図に示すように、該プルダウン・メニュー中には、「新規」、「開く」、「マージロード」、「保存」、「別名保存」、「書き出し」、「プリント」、 As shown in the figure, during the pull-down menu, "New", "open", "merge load", "Save", "Save", "Export", "Print",
「シーン画像セーブ」、並びに「終了」などのサブメニュー項目が含まれている。 It contains a sub-menu items such as "scene image save", and "end".

【0070】「新規」は、現在のデータを捨てて新規に画像作成を開始することを指示するメニュー項目である。 [0070] "new" is a menu item for instructing to start the image create a new discard the current data. 現在のデータが未保存なら、新規作成の前に、保存するか否かがプロンプトされる。 If the current data are not yet saved, before the newly created, whether or not to save is prompt. (この際のセーブは、 (Save at this time,
現状のファイル名による強制上書きセーブのみ。 Force overwrite saved only by the file name of the status quo. )

【0071】「開く」は、既に保管されているデータを起動するためのメニュー項目であり、Windowsを始めとするユーザ・インターフェースにおける標準的なファイル・ダイアログを用いて実装される。 [0071] "Open" is a menu item for starting the data that has already been stored, be implemented using a standard file dialog in the user interface, including Windows.

【0072】「マージロード」は、現在のデータへの付け加えを行うためのメニュー項目であり、Window [0072] "Merging load" is a menu item for performing added to the current data, Window
sを始めとするユーザ・インターフェースにおける標準的なファイル・ダイアログを用いて実装される。 It implemented using a standard file dialog in the user interface, including s.

【0073】「保存」は、現在編集中の画像データを現状のファイル名により強制上書きセーブを行うためのメニュー項目である。 [0073] "save" is a menu item for the forced overwrite save the file name of the current state of the image data that is currently being edited. また、「別名保存」は、他のファイル名によりセーブを行うためのメニュー項目である。 In addition, the "Save As" is a menu item for performing a save by the other file name. これらはいずれも、Windowsを始めとするユーザ・ Both of these, the user, including Windows
インターフェースにおける標準的なファイル・ダイアログを用いて実装される。 It implemented using a standard file dialog at the interface.

【0074】「書き出し」は、作成した画像データをV [0074] "Export" is, the image data that was created V
RML(Virtual Reality ModelingLanguage)2.0形式で書き出すためのメニュー項目であり、Window RML is a menu item for writing in (Virtual Reality ModelingLanguage) 2.0 format, Window
sを始めとするユーザ・インターフェースにおける標準的なファイル・ダイアログを用いて実装される。 It implemented using a standard file dialog in the user interface, including s.

【0075】「プリント」は、画面上で指定された3次元シーンのプリント・アウトを行うためのメニュー項目である。 [0075] "print" is a menu item for performing a print-out of a three-dimensional scene that is specified on the screen. 見えている画面の状態をそのまま出力することが好ましく、メニューがプルダウンした状態にならないための処理が必要である。 It is preferable to output the state of the screen that is visible as it is required processing for not a state in which the menu is pulled down. 該メニュー項目は、Wind The menu item, Wind
owsを始めとするユーザ・インターフェースにおける標準的なファイル・ダイアログを用いて実装される。 It implemented using a standard file dialog in the user interface, including ows.

【0076】「シーン画像セーブ」は、見えている画面の状態そのままの状態を画像ファイルにセーブするためのメニュー項目である。 [0076] "scene image save" is a menu item in order to save the state as it is of the state of the screen that is visible to the image file. 見えている画面の状態をそのまま出力することが好ましく、メニューがプルダウンした状態にならないための処理が必要である。 It is preferable to output the state of the screen that is visible as it is required processing for not a state in which the menu is pulled down. 該メニュー項目は、Windowsを始めとするユーザ・インターフェースにおける標準的なファイル・ダイアログを用いて実装される。 The menu item is implemented using a standard file dialog in the user interface, including up Windows.

【0077】「終了」は、画像編集アプリケーションを終了させるためのメニュー項目である。 [0077] "Exit" is a menu item for terminating the image editing application. 現在編集中の画像データが未保存の状態であれば、終了する前に、保存するか否かがプロンプトされる。 If the image data has not been preserved currently being edited, before the end, whether or not to save is prompt. (この際のセーブは, (Save at this time,
現状のファイル名による強制上書きセーブのみ。 Force overwrite saved only by the file name of the status quo. )

【0078】また、図5には、メニュー「シーン・オプション」を選択時に表示されるプルダウン・メニューの構成例を示している。 [0078] In addition, in FIG. 5 shows an example of the configuration of the pull-down menu that appears when you select the menu "scene options". 同図に示すように、該プルダウン・メニュー中には、「地面サイズ設定」、「地面カラー設定」、「グリッド」、「地面テクスチャ設定」、「空色設定」、並びに「地平線」などのサブメニュー項目が含まれている。 As shown in the figure, during the pull-down menu, "ground size setting", "ground color setting", "Grid", "ground texture setting", "sky blue set", and the sub-menus such as "the horizon" items are included.

【0079】「地面サイズ設定」は、地面サイズを設定するためのメニュー項目であり,例えばデフォルトの地面サイズを20m×20mとする。 [0079] "ground size setting" is a menu item for setting the ground size, for example, the default of ground size is 20m × 20m. 将来、3次元空間上で街を構築するような場合を考慮するならば、地面サイズ設定機能は重要となる。 Future, if considering the case so as to build the city in a three-dimensional space, the ground size setting function is important. また、「地面カラー設定」 In addition, "the ground color setting"
は、地面の色又は配色を設定するためのメニュー項目であり、初期値はデフォルトの単一色とする。 Is a menu item for setting a color or colors of the ground, the initial value is set to default single color. また、「地面テクスチャ設定」は、地面に貼り付ける模様・テクスチャを指定するためのメニュー項目である。 In addition, "the ground texture setting" is a menu item for designating the pattern texture to be pasted on the ground.

【0080】「グリッド」は、地面上に格子状の模様を表示するためのメニュー項目である。 [0080] "grid" is a menu item to display a grid-like pattern on the ground. グリッドは、3次元空間上で距離感を表すために役立つ。 Grid serves to represent the sense of distance in the three-dimensional space.

【0081】「空色設定」は、背景となる空の色を指定するためのメニュー項目であり、2次元的な上下方向のグラデーションを有している。 [0081] "sky-blue setting" is a menu item for specifying the color of the sky as a background, has a two-dimensional vertical direction of the gradient.

【0082】「地平線」は、画像編集画面上で地平線の高さを指定するためのメニュー項目である。 [0082] "horizon" is a menu item for designating the height of the horizon in the image editing screen. 地平線より下は、空の色ではなく地面カラー設定により指定された色で表示される。 Below the horizon is displayed in the specified color by the ground color setting rather than the color of the sky.

【0083】次いで、本実施例に係る画像編集システム10上で実現される3次元イメージの描画処理について説明する。 [0083] Next, a description will be given drawing process of the three-dimensional image to be realized on the image editing system 10 of the present embodiment.

【0084】画像編集システム10上での描画処理の全体的な流れは、以下の(1)〜(6)で構成される。 [0084] The overall flow of the drawing processing on the image editing system 10 is composed of the following (1) to (6).

【0085】(1)地平線のみの3次元空間(図2を参照のこと)が現れる。 [0085] (1) (see FIG. 2) three-dimensional space horizon only appears.

【0086】(2)3次元空間に対して、ストロークで線を引く。 [0086] (2) relative to the 3-dimensional space, draw a line at a stroke.

【0087】(3)ストローク線を底辺とする壁が現れる。 [0087] (3) wall appears to be the bottom of the stroke line. ストロークが曲線ならば壁も曲面となる。 If the stroke curve wall is also a curved surface.

【0088】(4)壁をキャンバスとみなして、ユーザは絵を描く。 [0088] (4) the wall is regarded as a canvas, the user can draw a picture. ユーザの描いた絵は、壁にマッピングされるので、結果として3Dの絵を描いたことになる。 Paintings by the user, so are mapped to the wall, resulting in that the painted 3D picture.

【0089】(5)さらに他の壁を描いて、新たにキャンバスを設定して、その上に絵を描く。 [0089] (5) In addition to draw the other wall, newly set the canvas, draw a picture on it. キャンバス上に絵を描く操作の繰り返しにより、所望の3次元シーンを構築することができる。 By repeating the operation of painting on canvas, it is possible to construct a desired three-dimensional scene.

【0090】(6)キャンバスの回転や、視点移動によって3次元イメージを描画する。 [0090] (6) canvas rotation or, to draw the three-dimensional image by the viewpoint movement. キャンバスの回転や視点移動には、例えば、該当するダイアログ・メニュー(前述)を使用することによって実現する。 The rotation and viewpoint movement canvas, for example, be achieved by using the appropriate dialog menu (above).

【0091】次いで、図18〜図23を参照しながら、 [0091] Next, with reference to FIGS. 18 to 23,
画像編集システム10における3次元イメージの描画処理の例について説明する。 For an example of drawing processing of a three-dimensional image in the image editing system 10 will be described.

【0092】まず、地平線のみからなる3次元空間(図2を参照のこと)で、地面をマウスでドラッグして、ストローク線を引く。 [0092] First, a three-dimensional space consisting of horizon only (see FIG. 2), by dragging the ground with the mouse, draw a stroke line. このようなユーザ入力操作に応答して、このストローク線を底辺とする壁が現れる(図18 In response to such user input operation, appears wall and bottom of the stroke line (FIG. 18
を参照のこと)。 checking). 元のストローク線が曲線であれば、このようなユーザ操作に従って、壁は曲面となる。 If original stroke line curve, according to such a user operation, the wall becomes curved.

【0093】壁はキャンバスとみなされ、ユーザはその上に絵を描くことができる。 [0093] The wall is considered canvas, the user can painting thereon. すなわち、ユーザは、マウスをドラッグして壁に対して絵を描くことができる(図19を参照のこと)。 That is, the user, a mouse can painting against drag to the wall (see Figure 19). このとき、ペン先の太さや質感、 At this time, the thickness of the pen and texture,
色などは、例えばダイアログ・メニューを用いて指定することができる(前述)。 Color, etc. can be specified by using, for example, the dialog menu (above). また、ペン先を消しゴムに指定して、既に描いた線を消去することもできる。 In addition, the pen tip is specified in the eraser, it is also possible to erase the already drawn line.

【0094】壁に描かれた絵はそのまま壁すなわちキャンバスにマッピングされるので、結果として3次元的な絵を描いたことになる。 [0094] Since the drawn picture on the wall is directly wall or mapped to the canvas, so that the painted three-dimensional picture as a result. 図19に示す例では、キャンバス上に、いわゆる「へのへのもへじ」が描かれている。 In the example shown in FIG. 19, on the canvas, so-called "Moheji to the to" is depicted.

【0095】既に述べたように、ユーザは、ダイアログ・メニューを介して、キャンバスの回転や視点移動を行うことができる(図20を参照のこと)。 [0095] As already mentioned, the user, through a dialog menu, it is possible to perform the rotation and viewpoint movement canvas (see FIG. 20). これにより、 As a result,
所望の3次元シーンを得ることができる。 It is possible to obtain a desired three-dimensional scene.

【0096】また、「キャンバス」ダイアログを用いて、キャンバスを画面上から削除することができる(前述)。 [0096] In addition, using the "canvas" dialog, it is possible to remove the canvas from the screen (see above). このような場合、画像編集画面上には地平線と描かれた絵の3次元イメージのみが残される(図21を参照のこと)。 In this case, only the three-dimensional image of the picture on the image editing screen drawn and horizon is left (see Fig. 21).

【0097】さらに、キャンバスを削除した上で、3次元イメージを回転や視点移動させることができる。 [0097] Further, after remove the canvas can be rotated and viewpoint movement 3D image. このような操作は、キャンバスの回転や視点移動の操作に準じて行うことができる。 Such operations can be carried out according to canvas rotation and viewpoint movement operations. 図22には3次元イメージをZ Z 3D image in FIG. 22
軸に対して時計回りに回転させた様子を示し、図23には3次元イメージをZ軸に対して反時計回りに回転させた様子を示している。 Shows a state rotated clockwise with respect to the axis shows a state rotated counterclockwise the 3D image with respect to the Z axis in FIG. 23.

【0098】次いで、図24〜図29を参照しながら、 [0098] Next, with reference to FIGS. 24 to 29,
画像編集システム10における3次元イメージの描画処理に関する他の例について説明する。 For another example related to the rendering processing of three-dimensional image in the image editing system 10 will be described.

【0099】まず、地平線(図中では省略)のみからなる3次元空間上で、地面をマウスでドラッグしてストローク線を引く。 [0099] First, the horizon in the three-dimensional space composed only (not shown in the drawing), draw a stroke line by dragging the ground with the mouse. これに応答して、ストローク線を底辺とする壁が現れキャンバスが設定される。 In response, the walls and bottom of the stroke line canvas appear is set. ユーザは、このキャンバス上に、木の絵を描く(図24を参照のこと)。 The user, in this canvas, painting the wood (see Figure 24).

【0100】さらに、3次元空間上の別の場所(例えば、図24に示したキャンバスよりも画面奥の場所)にストローク線を引いて、壁すなわちキャンバスを設定して、このキャンバス上に木の絵を描く(図25を参照のこと)。 [0100] Further, another location on the three-dimensional space (e.g., the screen back location than the canvas shown in FIG. 24) Pull the stroke lines, sets the wall or canvas, wood in this canvas draw a picture (see Figure 25). なお、新たにキャンバスを設定したことに応答して、以前のキャンバスは画像編集画面上から一旦消滅する。 It should be noted that, in response to the newly set the canvas, the previous canvas once disappeared from the image editing screen.

【0101】さらに、3次元空間上の別の場所(例えば、図24及び図25に示したキャンバスよりも画面奥の場所)にストローク線を引いて壁すなわちキャンバスを設定して、このキャンバス上に家の絵を描く(図26 [0102] Further, another location on the three-dimensional space (e.g., the screen back location than the canvas shown in FIG. 24 and FIG. 25) sets the wall or canvas by pulling the stroke line and the canvas draw a picture of the house (Fig. 26
を参照のこと)。 checking). なお、新たにキャンバスを設定したことに応答して、以前のキャンバスは画像編集画面上から一旦消滅する。 It should be noted that, in response to the newly set the canvas, the previous canvas once disappeared from the image editing screen.

【0102】次いで、例えば「トップビュー」ダイアログを利用して、画面上の視点を90度回転させて、真上から地面を見る画面に変換する(図27を参照のこと)。 [0102] Then, for example, using a "Top View" dialog, the viewpoint on the screen is rotated 90 degrees, is converted from directly above the screen to see the ground (see Figure 27). この場合、最初のキャンバスで描いた木、2番目のキャンバスで描いた木、並びに3番目のキャンバスで描いた家の上面を画面で見ることができる。 In this case, the tree drawn in the first canvas, wood painted in the second of the canvas, as well as the top of the house, which drew in the third of the canvas can be seen on the screen.

【0103】そして、今度は地面の上でストローク線を引いて、地面に道を描く(図28を参照のこと)。 [0103] and, in turn, pull the stroke line on the ground, (see Figure 28) to draw the way to the ground. 壁すなわちキャンバス上での描画と同様に、地面上をマウスでドラッグして絵を描くことができるという点を充分理解されたい。 As with Drawing on wall or canvas, it is to be fully understood that it is painting by dragging on the ground with the mouse.

【0104】そして、「トップビュー」ダイアログを用いて、視線を元の位置まで戻す。 [0104] Then, using the "top view" dialog, return the line-of-sight to the original position. この結果、図26に示したような、2組の木と家からなる風景に道が形成された3次元イメージを得ることができる(図29を参照のこと)。 As a result, as shown in FIG. 26, it is possible to obtain three-dimensional images that road is formed in landscape consisting of two sets of trees and houses (see Fig. 29).

【0105】地平線により近い位置に壁を描くことで、 [0105] By drawing a wall to a position closer to the horizon,
より奥に絵を描くことができる。 More can draw pictures in the back. また、遠くで大まかにしか描けなかった絵に対して、視点移動により近づくことでさらに詳細に絵を描くこともできる。 Further, with respect to the picture that has not drawn only roughly in the distance, it is also more detail painting by approaching the viewpoint movement.

【0106】なお、図24〜図29に示した描画例では、壁を描いてその上に絵を描くという操作を3回繰り返して行っているが、4回以上繰り返して行っても勿論構わない。 [0106] In the drawing examples shown in FIGS. 24 to 29, it has carried out repeated three times that draw a picture on it to draw a wall, may of course be repeated more than four times . キャンバスの設定とキャンバス上への描画を多数回繰り返すことで、より複雑な絵を描くことができる。 By repeated many times the drawing to the canvas of settings and on canvas, it is more complex painting.

【0107】図30には、本実施例に係る画像編集システム10上で実現される3次元イメージ編集処理の手順をフローチャートの形式で示している。 [0107] Figure 30 shows a 3-dimensional image editing processing steps implemented on the image editing system 10 of this embodiment in the form of a flowchart. 該処理手順は、 The processing procedure,
例えば、コンピュータ・システム上で所定のプログラム・コードを実行するという形態で実現することもできる。 For example, it can be implemented in the form of executing a predetermined program code on a computer system. 以下、このフローチャートに従ってイメージ編集処理について説明する。 The following describes the image editing process in accordance with this flowchart.

【0108】画像処理システム1を起動すると(あるいは、コンピュータ・システム上で画像処理アプリケーションを起動すると)、地平線のみからなる3次元空間の画面(図2を参照のこと)が現れる(ステップS1)。 [0108] When starting the image processing system 1 (or, when you start the image processing application on a computer system), (see FIG. 2) the screen of the three-dimensional space of the horizon alone appears (step S1).

【0109】この画面上で、マウス23をドラッグすることによって所望のストローク線を引く(ステップS [0109] In this screen, draw a desired stroke line by dragging the mouse 23 (step S
2)。 2).

【0110】画面上にまだキャンバスがない場合には(ステップS3)、引いたストローク線を2D→3D変換して地面に割り付け(ステップS4)、この3Dストローク線を底辺とするキャンバスを画面上に出現させる(ステップS5)。 [0110] If still no canvas on the screen (step S3), and allocates a minus stroke lines on the ground by 2D → 3D conversion (step S4), and the canvas to the bottom of the 3D stroke line on the screen to appear (step S5).

【0111】また、画面上に既に他のキャンバスがある場合(ステップS3)、このキャンバス上に絵がなければ(ステップS6)、キャンバスを画面から消滅させた上で(ステップS7)、今回引いたストローク線を2D [0111] Further, when there is already another canvas on the screen (step S3), and if there is no picture in the canvas (step S6), and a canvas on which is disappeared from the screen (step S7), and by subtracting this time 2D the stroke line
→3D変換して地面に割り付け(ステップS4)、この3Dストローク線を底辺とするキャンバスを画面上に出現させる(ステップS5)。 → assignment (step S4) into the ground to 3D conversion, to appear canvas to the bottom of the 3D stroke lines on the screen (step S5).

【0112】また、画面上には、既に絵が描かれた他のキャンバスがある場合には(ステップS3,S4)、その絵とキャンバスの底辺(すなわち補助線)のみを残して(ステップS8)、今回引いたストローク線を2D→ [0112] Further, on the screen, if you already have other canvas picture drawn leaving only (step S3, S4), the painting and canvas bottom (i.e. the auxiliary line) (step S8) , 2D obtained by subtracting the stroke line this time →
3D変換して地面に割り付け(ステップS4)、この3 Assigned to the ground with 3D conversion (step S4), and the 3
Dストローク線を底辺とするキャンバスを画面上に出現させる(ステップS5)。 Canvas to the bottom of the D-stroke line to appear on the screen (step S5).

【0113】また、補助線すなわちキャンバスの底辺をマウスでクリックした場合には(ステップS9)、補助線を底辺とするキャンバスが現れる(ステップS1 [0113] Further, in the case where the auxiliary line or a canvas bottom click with the mouse (step S9), and the canvas appears to base the auxiliary line (Step S1
0)。 0).

【0114】画面上にキャンバスが出現した状態は、ユーザがキャンバスに向かって絵を描くことができる描画モードである。 [0114] state that the canvas on the screen appeared is a drawing mode that can painting the user toward the canvas. 描画モード下では、ユーザには、「ペンの属性変更」(ステップS11)、「絵を描くための線を引く」(ステップS12)、「キャンバスの回転・移動」(ステップS15)、「視点移動」(ステップS1 Under drawing mode, the user, "attribute change of the pen" (step S11), and "draw a line for painting" (step S12), the "rotation and movement of the canvas" (step S15), and "viewpoint movement "(step S1
7)、「画像を読み込む」(ステップS18)などの操作が許容される。 7), operations such as "read image" (step S18) is permitted.

【0115】ペンの属性変更(ステップS11)は、例えば、マウスの右ボタンをクリックしてプロパティ・ウィンドウ(図示しない)を開いて、該ウィンドウ上で行うことができる。 [0115] change pen attributes (step S11), for example, open the Properties window (not shown) by clicking the right mouse button, it can be carried out on the window. あるいは、ダイアログ「ツール」(図10を参照のこと)を用いてペンの太さや質感を変えたり、ダイアログ「カラーパレット」(図11を参照のこと)を用いてペン先の色を指定することができる。 Alternatively, the dialog "Tools" using the (see Figure 10) or changing the thickness and texture of the pen, dialog "color palette" (see Figure 11) to specify the color of the pen tip by using the can.

【0116】また、絵を描くための線引き(ステップS [0116] In addition, drawing to draw a picture (step S
12)は、現在出現しているキャンバスに向かって、マウス23をドラッグすることによって行われる。 12) towards the canvas currently emerging, it is performed by dragging the mouse 23. キャンバス上に線がある場合には(ステップS13)、この線はキャンバス上にマッピングされ(ステップS14)、 If there is a line on the canvas (step S13), and this line is mapped on the canvas (step S14), and
以後の処理では3次元図形データとして扱われる。 In subsequent processing are treated as three-dimensional graphic data.

【0117】また、キャンバスの回転や移動(ステップS15)、並びに視点移動(ステップS16)は、ダイアログ「ウォーク」(図14を参照のこと)や、ダイアログ「目線」(図16を参照のこと)を用いて行うことができる。 [0117] Further, canvas rotation or movement (step S15), and as well as the viewpoint moves (step S16), the dialog "walk" (see FIG. 14) and, Dialog "Looking" (see Figure 16) it can be carried out using. キャンバスの回転・移動又は視点移動が指示されたときには、視点座標の変換を行い(ステップS1 When the rotational-movement or viewpoint movement canvas is instructed, it performs conversion of the viewpoint coordinate (step S1
6)、画面表示を更新する。 6), to update the screen display.

【0118】また、ユーザは、逐次新たに絵を描く必要はなく、例えばハード・ディスク上に既に保存されている画像ファイルを読み込んで(ステップS18)、この画像を編集するようにしてもよい。 [0118] In addition, the user does not need to draw a picture successively newly reads the already image file that is stored in, for example, on the hard disk (step S18), it is also possible to edit the image. このような場合、読み込んだ画像のサイズをキャンバスに合わせ(ステップS19)、キャンバスにマッピングすればよい(ステップS20)。 In such cases, the combined size of the read image on the canvas (step S19), may be mapped to the canvas (step S20).

【0119】[追補]以上、特定の実施例を参照しながら、本発明について詳解してきた。 [0119] [Supplement] above with reference to specific embodiments, the present invention has been described in detail. しかしながら、本発明の要旨を逸脱しない範囲で当業者が該実施例の修正や代用を成し得ることは自明である。 However, it is obvious that those skilled in the art without departing from the scope of the present invention can make modifications and substitutions of the embodiment. すなわち、例示という形態で本発明を開示してきたのであり、限定的に解釈されるべきではない。 In other words, the foregoing discloses the present invention in the form of illustration and should not be construed as limiting. 本発明の要旨を判断するためには、冒頭に記載した特許請求の範囲の欄を参酌すべきである。 In order to determine the scope of the invention it should be referred to the appended claims set forth at the outset.

【0120】 [0120]

【発明の効果】以上詳記したように、本発明によれば、 As described above in detail, according to the present invention, according to the present invention,
2次元的な入力イメージを基に計算機システム上で3次元的なイメージを作成・編集することができる、優れた画像編集システム及び方法を提供することができる。 2-dimensional input image can be created and edited the three-dimensional image on the computer system based on, it is possible to provide an excellent image editing system and method.

【0121】また、本発明によれば、マウスなどの装置によって入力された手書きイメージを基に計算機システム上で3次元的なイメージを作成・編集することができる、優れた画像編集システム及び方法を提供することができる。 [0121] Further, according to the present invention, it is possible to create and edit a three-dimensional image on the computer system based on a handwritten image entered by a device such as a mouse, an excellent image editing system and method it is possible to provide.

【0122】また、本発明によれば、仮想的に設定されたキャンバス上に手書きにより描画されたイメージを基に3次元的なイメージを作成・編集することができる、 [0122] Further, according to the present invention, it is possible to create and edit a three-dimensional image based on drawn image by handwriting on the canvas that is virtually set,
優れた画像編集システム及び方法を提供することができる。 It is possible to provide an excellent image editing system and method.

【0123】本発明に係る画像編集システム及び方法によれば、2次元平面上でのスケッチ感覚で3次元シーンを構築することができる。 According to the image editing system and method according to the [0123] present invention, it is possible to construct a 3-D scene sketch sensation on a two-dimensional plane. また、描画はすべて3次元キャンバスへのプロジェクションで行われるので、オペレータは3次元空間上でユーザ入力装置を操作するような難しさや煩わしさを感じなくてよい。 The drawing since is performed in projection to all three-dimensional canvas, the operator may not feel the difficulty and troublesomeness such as operating the user input device in a three-dimensional space.

【0124】また、本発明によれば、3次元的な描画オブジェクトのモデリングとシーン構築を同時に扱うことができる。 [0124] Further, according to the present invention, it is possible to handle modeling and scene building 3-dimensional drawing objects at the same time. また、構築したシーンに対して様々な視線方向からのブラウジングを行うことができる。 Further, it is possible to browse from different viewing direction with respect to construct the scene.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】本発明を実現するのに適した画像編集システム10のハードウェア構成を模式的に示した図である。 1 is a diagram schematically showing the hardware configuration of an image editing system 10 suitable for implementing the present invention.

【図2】画像編集システム10が提供する初期の画像編集画面を例示した図である。 2 is a diagram an image editing system 10 has been illustrated the initial image editing screen provided.

【図3】画像編集画面の例えば最上段に配設されるメニュー・バーの構成例を示した図である。 3 is a diagram showing a configuration example of a menu bar that is disposed on the top example of the image editing screen.

【図4】メニュー「ファイル」を選択時に表示されるプルダウン・メニューの構成例を示した図である。 FIG. 4 is a diagram showing an example of the configuration of the pull-down menu that appears when you select the menu "File".

【図5】メニュー「シーン・オプション」を選択時に表示されるプルダウン・メニューの構成例を示した図である。 FIG. 5 is a diagram showing an example of the configuration of the pull-down menu that appears when you select the menu "scene options".

【図6】画像編集画面上に用意されたメニュー・ダイアログを示した図である。 FIG. 6 is a diagram showing a menu dialog that is prepared in the image editing screen.

【図7】メニュー・ダイアログの操作方法を描写した図である。 FIG. 7 is a diagram depicting a method of operation of the menu dialog.

【図8】ダイアログ「メニュー」の操作方法を描写した図である。 FIG. 8 is a diagram depicting how to the operation of the dialog "menu".

【図9】ダイアログ「キャンバス」の操作方法を描写した図である。 FIG. 9 is a diagram depicting how to the operation of the dialog "canvas".

【図10】ダイアログ「ツール」の操作方法を描写した図である。 FIG. 10 is a diagram depicting how to the operation of the dialog "Tools".

【図11】ダイアログ「カラーパレット」の操作方法を描写した図である。 FIG. 11 is a diagram depicting how to the operation of the dialog "color palette".

【図12】ダイアログ「オプション」の操作方法を描写した図である。 FIG. 12 is a diagram depicting how to the operation of the dialog "Options".

【図13】ダイアログ「アンドゥ」の操作方法を描写した図である。 FIG. 13 is a diagram depicting how to the operation of the dialog "undo".

【図14】ダイアログ「ウォーク」の操作方法を描写した図である。 FIG. 14 is a diagram depicting how to the operation of the dialog "walk".

【図15】ダイアログ「ターゲット」の操作方法を描写した図である。 FIG. 15 is a diagram depicting how to the operation of the dialog "target".

【図16】ダイアログ「目線」の操作方法を描写した図である。 FIG. 16 is a diagram depicting how to the operation of the dialog "eyes".

【図17】ダイアログ「トップビュー」の操作方法を描写した図である。 FIG. 17 is a diagram depicting how to the operation of the dialog "top view".

【図18】本実施例に係る画像編集システム10上で3 [18] 3 on the image editing system 10 of this embodiment
次元イメージを描画する様子を示した図である。 It is a diagram showing how to draw the dimension image.

【図19】本実施例に係る画像編集システム10上で3 [19] 3 on the image editing system 10 of this embodiment
次元イメージを描画する様子を示した図である。 It is a diagram showing how to draw the dimension image.

【図20】本実施例に係る画像編集システム10上で3 [20] 3 on the image editing system 10 of this embodiment
次元イメージを描画する様子を示した図である。 It is a diagram showing how to draw the dimension image.

【図21】本実施例に係る画像編集システム10上で3 [21] 3 on the image editing system 10 of this embodiment
次元イメージを描画する様子を示した図である。 It is a diagram showing how to draw the dimension image.

【図22】本実施例に係る画像編集システム10上で3 [22] 3 on the image editing system 10 of this embodiment
次元イメージを描画する様子を示した図である。 It is a diagram showing how to draw the dimension image.

【図23】本実施例に係る画像編集システム10上で3 [23] 3 on the image editing system 10 of this embodiment
次元イメージを描画する様子を示した図である。 It is a diagram showing how to draw the dimension image.

【図24】本実施例に係る画像編集システム10上で3 [Figure 24] 3 on the image editing system 10 of this embodiment
次元イメージを描画する様子を示した図である。 It is a diagram showing how to draw the dimension image.

【図25】本実施例に係る画像編集システム10上で3 [Figure 25] 3 on the image editing system 10 of this embodiment
次元イメージを描画する様子を示した図である。 It is a diagram showing how to draw the dimension image.

【図26】本実施例に係る画像編集システム10上で3 [26] 3 on the image editing system 10 of this embodiment
次元イメージを描画する様子を示した図である。 It is a diagram showing how to draw the dimension image.

【図27】本実施例に係る画像編集システム10上で3 [27] 3 on the image editing system 10 of this embodiment
次元イメージを描画する様子を示した図である。 It is a diagram showing how to draw the dimension image.

【図28】本実施例に係る画像編集システム10上で3 [Figure 28] 3 on the image editing system 10 of this embodiment
次元イメージを描画する様子を示した図である。 It is a diagram showing how to draw the dimension image.

【図29】本実施例に係る画像編集システム10上で3 [29] 3 on the image editing system 10 of this embodiment
次元イメージを描画する様子を示した図である。 It is a diagram showing how to draw the dimension image.

【図30】本実施例に係る画像編集システム10上で実現される3次元イメージ編集処理の手順を示したフローチャートである。 30 is a flowchart showing a 3-dimensional image editing processing steps implemented on the image editing system 10 of the present embodiment.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

10…画像編集システム 11…CPU 12…メモリ 13…ディスプレイ・コントローラ 14…入力機器インターフェース 15…ネットワーク・インターフェース 16…外部機器インターフェース 17…バス 21…ディスプレイ 22…キーボード 23…マウス 24…HDD 25…メディア・ドライブ 10 ... image editing system 11 ... CPU 12 ... Memory 13 ... display controller 14 ... input device interface 15 ... network interface 16 ... external device interface 17 ... Bus 21 ... display 22 ... keyboard 23 ... mouse 24 ... HDD 25 ... Media drive

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 暦本 純一 東京都品川区東五反田3丁目14番13号 株 式会社ソニーコンピュータサイエンス研究 所内 Fターム(参考) 5B050 BA06 BA09 BA18 CA07 EA12 EA13 EA28 FA02 FA13 5E501 AA02 AC15 AC34 BA05 CA02 CB09 EA07 EB05 EB16 EB17 FA14 FA44 FB03 FB13 FB22 FB24 FB45 ────────────────────────────────────────────────── ─── front page of the continuation (72) inventor Rekihon Junichi Shinagawa-ku, Tokyo Higashi Gotanda 3-chome 14th No. 13 Co., Ltd., Sony computer Science research house F-term (reference) 5B050 BA06 BA09 BA18 CA07 EA12 EA13 EA28 FA02 FA13 5E501 AA02 AC15 AC34 BA05 CA02 CB09 EA07 EB05 EB16 EB17 FA14 FA44 FB03 FB13 FB22 FB24 FB45

Claims (17)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】3次元的なイメージを作成・編集するための画像編集システムであって、 3次元空間上にキャンバスを設定するキャンバス設定手段と、 該設定されたキャンバス上に対して画像を入力してキャンバス上に貼り付ける画像入力手段と、 キャンバスに対するユーザ操作に追従して入力画像を変形させる画像変形手段と、を具備することを特徴とする画像編集システム。 1. An image editing system for creating and editing a three-dimensional image, the canvas setting means for setting the canvas on the three-dimensional space, the input image with respect to the set canvas top image editing system characterized by comprising to an image input unit to be pasted on the canvas, and image deformation means for deforming the input image by following the user operation with respect to the canvas, the.
  2. 【請求項2】前記キャンバス設定手段は、地平線のみからなる3次元空間上に対してユーザがマウスのドラッグ操作により描いたストローク線を底辺とする壁をキャンバスとして設定することを特徴とする請求項1に記載の画像編集システム。 Wherein said canvas setting means, claims, characterized in that to set the walls to the bottom of the stroke line drawn by a user by dragging the mouse to the upper three-dimensional space consisting of horizon only as a canvas image editing system according to 1.
  3. 【請求項3】画像入力手段は、設定されたキャンバスに対してユーザがマウスのドラッグ操作により描いたストローク線を画像入力してキャンバス上に貼り付けることを特徴とする請求項1に記載の画像編集システム。 Wherein the image input means, image according to claim 1, wherein the paste on the canvas by the image input strokes line drawn by a user by dragging the mouse with respect to the set canvas editing system.
  4. 【請求項4】画像入力手段は、所定の記憶装置上に格納された画像ファイルを読み出して設定されたキャンバス上に貼り付けることを特徴とする請求項1に記載の画像編集システム。 Wherein the image input means, image editing system according to claim 1, wherein the paste on the canvas that has been set by reading an image file stored on a predetermined storage device.
  5. 【請求項5】画像変形手段は、キャンバスに対する回転及び/又は移動の操作に追従して該キャンバスに貼り付けられた画像を回転及び/又は移動させることを特徴とする請求項1に記載の画像編集システム。 5. The image deformation means, an image according to claim 1, in accordance with the rotation and / or movement of the operation for the canvas, characterized in that rotating and / or moving images pasted on the canvas editing system.
  6. 【請求項6】ある1つの3次元空間に対して前記キャンバス設定手段による複数のキャンバスの設定、及び各キャンバスに対する画像入力手段による画像入力を許容することを特徴とする請求項1に記載の画像編集システム。 6. There one three-dimensional space more canvas set by the canvas setting means with respect to, and the image according to claim 1, characterized in that to allow an image input by the image input means to each canvas editing system.
  7. 【請求項7】前記画像入力手段は、設定されたキャンバスの他、地面に対する画像入力を許容することを特徴とする請求項1に記載の画像編集システム。 Wherein said image input means, other canvas is set, an image editing system according to claim 1, characterized in that to allow an image input to ground.
  8. 【請求項8】前記キャンバス設定手段は、3次元空間上に1以上のキャンバスを設定した場合、非選択中のキャンバスの底辺のみを残して表示を消滅させることを特徴とする請求項1に記載の画像編集システム。 Wherein said canvas setting means, when set to 1 or more canvas on three-dimensional space, according to claim 1, characterized in that extinguish the display leaving only canvas bottom side of the non-selected image editing system.
  9. 【請求項9】3次元的なイメージを作成・編集するための画像編集方法であって、 3次元空間上にキャンバスを設定するキャンバス設定ステップと、 該設定されたキャンバス上に対して画像を入力してキャンバス上に貼り付ける画像入力ステップと、 キャンバスに対するユーザ操作に追従して入力画像を変形させる画像変形ステップと、を具備することを特徴とする画像編集方法。 9. An image editing method for creating and editing a three-dimensional image, the canvas setting step of setting the canvas on the three-dimensional space, the input image with respect to the set canvas top image editing method characterized by comprising to an image input step of pasting on the canvas, and image deformation step of deforming the input image by following the user operation with respect to the canvas, the.
  10. 【請求項10】前記キャンバス設定ステップでは、地平線のみからなる3次元空間上に対してユーザがマウスのドラッグ操作により描いたストローク線を底辺とする壁をキャンバスとして設定することを特徴とする請求項9 The method according to claim 10, wherein the canvas setting step, claims, characterized in that to set the walls to the bottom of the stroke line drawn by a user by dragging the mouse to the upper three-dimensional space consisting of horizon only as a canvas 9
    に記載の画像編集方法。 Image editing method according to.
  11. 【請求項11】画像入力ステップでは、設定されたキャンバスに対してユーザがマウスのドラッグ操作により描いたストローク線を画像入力してキャンバス上に貼り付けることを特徴とする請求項9に記載の画像編集方法。 The method according to claim 11 image input step, an image according to claim 9, wherein the paste on the canvas by the image input strokes line drawn by a user by dragging the mouse with respect to the set canvas How to edit.
  12. 【請求項12】画像入力ステップでは、所定の記憶装置上に格納された画像ファイルを読み出して設定されたキャンバス上に貼り付けることを特徴とする請求項9に記載の画像編集方法。 The method according to claim 12 image input step, an image editing method according to claim 9, wherein the paste on the canvas that has been set by reading an image file stored on a predetermined storage device.
  13. 【請求項13】画像変形ステップでは、キャンバスに対する回転及び/又は移動の操作に追従して該キャンバスに貼り付けられた画像を回転及び/又は移動させることを特徴とする請求項9に記載の画像編集方法。 The 13. image deformation step, an image according to claim 9, in accordance with the rotation and / or movement of the operation for the canvas, characterized in that rotating and / or moving images pasted on the canvas How to edit.
  14. 【請求項14】ある1つの3次元空間に対して前記キャンバス設定ステップによる複数のキャンバスの設定、及び各キャンバスに対する画像入力ステップによる画像入力を許容することを特徴とする請求項9に記載の画像編集方法。 14. There one of a plurality of canvas set by the canvas setting step for the three-dimensional space, and image according to claim 9, characterized in that to allow an image input by the image input step for each canvas How to edit.
  15. 【請求項15】前記画像入力ステップでは、設定されたキャンバスの他、地面に対する画像入力を許容することを特徴とする請求項9に記載の画像編集方法。 The method according to claim 15, wherein the image input step, another canvas that has been set, an image editing method according to claim 9, characterized in that to allow an image input to ground.
  16. 【請求項16】前記キャンバス設定ステップでは、3次元空間上に1以上のキャンバスを設定した場合、非選択中のキャンバスの底辺のみを残して表示を消滅させることを特徴とする請求項9に記載の画像編集方法。 The method according to claim 16, wherein the canvas setting step, when set to 1 or more canvas on three-dimensional space, according to claim 9, characterized in that extinguish the display leaving only canvas bottom side of the non-selected image editing method of.
  17. 【請求項17】3次元的なイメージを作成・編集するための画像編集処理をコンピュータ・システム上で実行するように記述されたコンピュータ・ソフトウェアをコンピュータ可読形式で物理的に格納した記憶媒体であって、前記コンピュータ・ソフトウェアは、 3次元空間上にキャンバスを設定するキャンバス設定ステップと、 該設定されたキャンバス上に対して画像を入力してキャンバス上に貼り付ける画像入力ステップと、 キャンバスに対するユーザ操作に追従して入力画像を変形させる画像変形ステップと、を具備することを特徴とする記憶媒体。 A physically stored to a storage medium 17. The three-dimensional written computer software to a computer-readable format so as to execute an image editing process for creating and editing images on a computer system Te, wherein the computer software, and canvas setting step of setting the canvas on the three-dimensional space, an image input step of pasting on the canvas by the input image with respect to the set canvas above, the user operation on the canvas storage medium characterized by comprising: an image deformation step of deforming the input image by following the.
JP2000209731A 2000-07-11 2000-07-11 Image editing system and an image editing method, and storage medium Expired - Fee Related JP4449183B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000209731A JP4449183B2 (en) 2000-07-11 2000-07-11 Image editing system and an image editing method, and storage medium

Applications Claiming Priority (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000209731A JP4449183B2 (en) 2000-07-11 2000-07-11 Image editing system and an image editing method, and storage medium
US09901733 US6734855B2 (en) 2000-07-11 2001-07-10 Image editing system and method, image processing system and method, and recording media therefor

Publications (3)

Publication Number Publication Date
JP2002024860A true true JP2002024860A (en) 2002-01-25
JP2002024860A5 true JP2002024860A5 (en) 2007-04-12
JP4449183B2 JP4449183B2 (en) 2010-04-14

Family

ID=18706094

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2000209731A Expired - Fee Related JP4449183B2 (en) 2000-07-11 2000-07-11 Image editing system and an image editing method, and storage medium

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4449183B2 (en)

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7139796B2 (en) 2000-09-07 2006-11-21 Sony Corporation Method and system for supporting image creating and storing of the same
WO2007023592A1 (en) * 2005-08-26 2007-03-01 Konami Digital Entertainment Co., Ltd. Game machine, control method of game machine and information storage medium
US7580574B2 (en) 2003-06-12 2009-08-25 Sony Corporation User interface method and apparatus, and computer program
JP2011221980A (en) * 2010-04-09 2011-11-04 Fuji Xerox Co Ltd System and program for creating virtual model, and system for creating interactive virtual content
WO2012147303A1 (en) * 2011-04-25 2012-11-01 Hayashi Mitsuo Omnidirectional image editing program and omnidirectional image editing device
WO2012169097A1 (en) * 2011-06-06 2012-12-13 Sony Corporation Image processing apparatus, image processing method, and program

Cited By (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7139796B2 (en) 2000-09-07 2006-11-21 Sony Corporation Method and system for supporting image creating and storing of the same
US7580574B2 (en) 2003-06-12 2009-08-25 Sony Corporation User interface method and apparatus, and computer program
WO2007023592A1 (en) * 2005-08-26 2007-03-01 Konami Digital Entertainment Co., Ltd. Game machine, control method of game machine and information storage medium
US8246455B2 (en) 2005-08-26 2012-08-21 Konami Digital Entertainment Co., Ltd. Video game with player directed discrete and free camera modes
JP2011221980A (en) * 2010-04-09 2011-11-04 Fuji Xerox Co Ltd System and program for creating virtual model, and system for creating interactive virtual content
WO2012147303A1 (en) * 2011-04-25 2012-11-01 Hayashi Mitsuo Omnidirectional image editing program and omnidirectional image editing device
JP5896424B2 (en) * 2011-04-25 2016-03-30 光雄 林 Omnidirectional image editing program, and the omnidirectional image editing apparatus
US9692965B2 (en) 2011-04-25 2017-06-27 Mitsuo Hayashi Omnidirectional image editing program and omnidirectional image editing apparatus
WO2012169097A1 (en) * 2011-06-06 2012-12-13 Sony Corporation Image processing apparatus, image processing method, and program

Also Published As

Publication number Publication date Type
JP4449183B2 (en) 2010-04-14 grant

Similar Documents

Publication Publication Date Title
Bederson et al. Jazz: an extensible zoomable user interface graphics toolkit in Java
US6466239B2 (en) Method and apparatus for editing data used in creating a three-dimensional virtual reality environment
US5905496A (en) Workflow product navigation system
US5550967A (en) Method and apparatus for generating and displaying visual cues on a graphic user interface
US5671381A (en) Method and apparatus for displaying data within a three-dimensional information landscape
US5010500A (en) Gesture-modified diagram for retrieval of image resembling diagram, with parts selectable for further interactive retrieval
US5734852A (en) Method and apparatus for displaying hardware dependent graphics in an object-oriented operating system
US5767835A (en) Method and system for displaying buttons that transition from an active state to an inactive state
US5841440A (en) System and method for using a pointing device to indicate movement through three-dimensional space
US5917483A (en) Advanced windows management for a computer system
US6867787B1 (en) Character generator and character generating method
US6803930B1 (en) Facilitating content viewing during navigation
US5917492A (en) Method and system for displaying an expandable tree structure in a data processing system graphical user interface
US5581670A (en) User interface having movable sheet with click-through tools
US5883628A (en) Climability: property for objects in 3-D virtual environments
US5715416A (en) User definable pictorial interface for a accessing information in an electronic file system
US6363404B1 (en) Three-dimensional models with markup documents as texture
US6262732B1 (en) Method and apparatus for managing and navigating within stacks of document pages
US5999178A (en) Selection, type matching and manipulation of resource objects by a computer program
US6671651B2 (en) 3-D selection and manipulation with a multiple dimension haptic interface
US6215502B1 (en) Method and apparatus for automatically reconfiguring graphical objects relative to new graphical layouts
US6310631B1 (en) User interface control for creating split panes in a single window
US5721848A (en) Method and apparatus for building efficient and flexible geometry management widget classes
US20050125736A1 (en) Personalized desktop workspace icon organizer
US5504853A (en) System and method for selecting symbols and displaying their graphics objects in a detail window

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20070227

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20070227

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20090709

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20090721

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20090914

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20091020

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20091117

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20100105

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20100118

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130205

Year of fee payment: 3

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees