JP2002024121A - Data transfer scheduling device and computer readable storage medium with recorded data transfer scheduling program - Google Patents

Data transfer scheduling device and computer readable storage medium with recorded data transfer scheduling program

Info

Publication number
JP2002024121A
JP2002024121A JP2000211651A JP2000211651A JP2002024121A JP 2002024121 A JP2002024121 A JP 2002024121A JP 2000211651 A JP2000211651 A JP 2000211651A JP 2000211651 A JP2000211651 A JP 2000211651A JP 2002024121 A JP2002024121 A JP 2002024121A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
terminal
transfer
schedule
data transfer
time
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Withdrawn
Application number
JP2000211651A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Mari Osada
真理 長田
Original Assignee
Fujitsu Ltd
富士通株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Fujitsu Ltd, 富士通株式会社 filed Critical Fujitsu Ltd
Priority to JP2000211651A priority Critical patent/JP2002024121A/en
Publication of JP2002024121A publication Critical patent/JP2002024121A/en
Application status is Withdrawn legal-status Critical

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To efficiently and surely execute scheduling of data transfer when transferring data between plural terminals.
SOLUTION: This device has an automatic scheduling terminal for managing the schedule of transfer between terminals, a ranking means for ranking the efficiency of transfer by time zones with the other terminal for each terminal, a schedule list managing means for managing the party terminal name, data name and transfer time zone of the transfer schedule set for each terminal, and a designation enable time and efficiency rank editing means for editing a schedule designation enable time zone and the rank of transfer efficiency for each terminal and reporting them to the terminal of a data transfer source at the time of data transfer scheduling.
COPYRIGHT: (C)2002,JPO

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【発明の属する技術分野】本発明は複数の端末間でファイルなどのデータ転送を行う場合に用いるスケジューリング装置に関する。 The present invention relates to relates to scheduling apparatus used when among a plurality of terminals performs data transfer such as file.

【0002】 [0002]

【従来の技術】従来より複数の端末間や端末とサーバ間等で相互にファイルなどのデータの転送が行われている。 BACKGROUND ART data such mutually file in conventionally between a plurality of terminals and terminal-to-Server etc. transfer is performed. この場合、同一の端末にデータ転送が集中しないように、複数のデータ転送間でスケジュール調整を行う必要がある。 In this case, as the same terminal to the data transfer does not concentrate, it is necessary to perform schedule adjustment between a plurality of data transfer. このため、一般にデータ転送の優先度や転送に必要とされる資源の有無等により、データ転送の優先度を決めて転送するなどのスケジューリング方法が用いられている。 Therefore, in general the presence or absence of resources such as required for the priority and transferring the data transfer scheduling method such as transferring decide the priority of data transfer is used.

【0003】このとき、上記した複数のデータ転送間に優先度が付けられている場合には、コンピュータを使って自動的にスケジューリングを行うことが行われている。 [0003] At this time, if the priority among a plurality of data transfer described above is attached is done automatically be performed scheduling using the computer. しかし、この場合であっても転送時間の指定や、どのデータを優先するかなどについては利用者が入力する必要がある。 However, even in this case specification and also transfer time, there needs to be input by the user for and whether to give priority to any data.

【0004】したがって、通常は転送にかかる時間がとれくらいかかりそうかを予想し、すでに設定されているスケジュールの転送開始時間と転送に要する時間を考慮して、スケジュールが重複しないように利用者が配慮しながら入力作業を行っていた。 [0004] Therefore, normally expect or likely to take much to take the time it takes to transfer, already taking into account the time required to transfer the transfer start time of the schedule that has been set, the user so that the schedule does not overlap the input operation has been performed while considering.

【0005】 [0005]

【発明が解決しようとする課題】しかし、従来のデータ転送スケジューリングでは、入力時に転送元の各端末ごとに特定時間を指定することでスケジューリングを行うだけてあって、転送先の各端末のスケジュール状況を入力前に把握しておらず、また、転送に要する時間の予測も利用者が経験等を利用して行うため、効率良く確実にデータ転送のスケジューリングを実行することができなかった。 [0006] However, in the conventional data transfer scheduling is that you had only performs scheduling by specifying a particular time for each of the transfer source terminal during the input, transfer destination schedule status of each terminal not know before enter, also users prediction of the time required for transfer for performed using the experience and the like, could not be performed scheduling efficiently and reliably data transfer.

【0006】 [0006]

【課題を解決するための手段】上記課題を解決するために、本発明では端末間の転送スケジュールを管理する自動スケジューリング端末を有し、各端末ごと、時間帯ごとにデータの転送効率の情報を定期的に収集する転送効率手段と、収集した前記転送効率情報をもとに各端末ごとに他の端末との間の時間帯別の転送効率をランク付けするランク付け手段と、各端末ごとに設定済の転送スケジュールの相手先端末名とデータ名と転送時間帯を管理するスケジュールリスト管理手段と、各端末ごとのスケジュール指定可能時間帯と転送効率のランクを編集し、 In order to solve the above problems SUMMARY OF THE INVENTION, in the present invention has an automatic scheduling terminals for managing the transfer schedule between terminals, each terminal, the information of the data transfer efficiency for each time zone and ranking means for ranking the transfer efficiency means for periodically collecting, the time zone of the transfer efficiency between the other terminal in each terminal collected the transfer efficiency information based on, for each terminal and the schedule list management means for managing the destination terminal name and the data name and the transfer time zone of the already-set of the transfer schedule, edit the rank of the transfer efficiency and the schedule can be specified time zone for each terminal,
データ転送スケジューリングのときにデータ転送元の端末に通知する指定可能時間および効率ランク編集手段とを有している。 It has specifiable time and the efficiency rank editing unit notifies the data transfer source terminal when the data transfer scheduling.

【0007】また、転送元端末名、ファイル種別と転送開始時間を収集してファイルスケジューリングリストを作成、更新、管理し、各端末に通知する各端末ファイルスケジューリング管理部をさらに有している。 Further, the source terminal name, create a file scheduling list to collect the file type and the transfer start time, update, and manage, and has further a respective terminal file scheduling manager to notify each terminal.

【0008】 [0008]

【発明の実施の形態】以下図面をもとに本発明の実施の形態について説明する。 Based on the following drawings PREFERRED EMBODIMENTS Embodiments of the present invention will be described.

【0009】図1は本発明の実施の形態で用いるシステムの構成を示す図であり、図中11は端末、12はネットワーク、13は自動スケジューリング装置として用いられる自動スケジューリング端末である。 [0009] Figure 1 is a diagram showing a system configuration used in the embodiment of the present invention, reference numeral 11 is a terminal, 12 a network, 13 is an automatic scheduling terminal used as an automatic scheduling apparatus.

【0010】端末A、端末B・・・端末Nはそれぞれデータ転送のやり取りを行う個々の端末11を示すものであり、ネットワーク12を介してそれぞれ接続されている。 [0010] the terminal A, terminal B · · · terminal N are those showing the individual terminals 11 for exchanging data transfer, respectively, are connected through a network 12. 同じく自動スケジューリング端末13もネットワーク12を介して各端末11と接続されている。 Are also connected to the automatic scheduling terminals 13 each terminal 11 via the network 12 also.

【0011】データ転送のスケジュールの入力は各端末11の表示装置に表示されるスケジュール登録画面を用いて行う。 [0011] Input of schedule data transfer is performed using the schedule registration screens displayed on the display device of each terminal 11. 自動スケジューリング端末13は入力されたスケジュールをもとにデータ転送のスケジューリングを行い、その結果をスケジューリングリストとして各端末11に通知する。 Automatic scheduling terminal 13 performs scheduling of data transfers on the basis of the inputted schedule is notified to each terminal 11 the results as a scheduling list.

【0012】自動スケジューリング端末13は入力情報解析部14、各端末転送効率管理部15、スケジュール調整部16、各端末スケジュールリスト管理部17、指定可能時間帯/効率ランク編集部18、各端末ファイルスケジューリング管理部19で構成される。 [0012] The automatic scheduling terminal 13 input information analysis unit 14, each terminal transfer efficiency management unit 15, the schedule adjustment section 16, each terminal schedule list management unit 17, can be specified time zone / efficiency rank editing section 18, each terminal file scheduling composed of a management unit 19.

【0013】入力情報解析部14は、転送時間指定を含む入力項目の形態や、データ(ファイル)種別による転送時間の指定の有無等のチェックを行うものである 各端末転送効率管理部15は各端末から定期的に転送効率を求めるために必要な情報を受信し、転送効率を求めるとともに管理する。 The input information analyzing unit 14, and form of the input items including the specified transfer time, data (file) is intended to check the presence or absence of the specified transfer time by classification each terminal transfer performance management unit 15 each It receives information necessary for obtaining the regular transfer efficiency from the terminal, to manage with obtaining the transfer efficiency.

【0014】スケジュール調整部16は各端末間のデータ転送スケジュールのなかで設定済スケジュールと追加スケジュールとの調整を行う。 [0014] The schedule adjustment section 16 performs the adjustment of the additional schedule and already set schedule among the data transfer schedule between each terminal.

【0015】各端末スケジュールリスト管理部17は各端末ごとのスケジュールリストの作成、更新、管理を行い、各端末に配布を行う。 [0015] The creation of each terminal schedule list management unit 17 schedule list for each terminal, update, and manage, to distribute to each terminal.

【0016】指定可能時間帯/効率ランク編集部18は各端末ごとにデータ転送の指定可能時間帯を求め、その時間帯の転送効率のランクを各端末に通知する。 [0016] can be specified time zone / efficiency rank editing section 18 is asked to specify time zone of the data transfer for each terminal, to notify the rank of the transfer efficiency of the time zone to each terminal.

【0017】各端末ファイルスケジューリング管理部1 [0017] Each terminal file scheduling management unit 1
9は各端末から入力された転送元端末名、ファイル種別と転送開始時間をもとにファイルスケジューリングリストを作成、更新、管理する。 9 transfer the original terminal name that has been input from each terminal, create a file scheduling list based on the file type and the transfer start time, update, manage.

【0018】図2は本実施の形態でスケジュールを入力するときに各端末11の表示装置に表示されるスケジュール登録画面の例を示す図である。 [0018] FIG. 2 is a diagram showing an example of a schedule registration screen displayed on the display device of each terminal 11 when entering the schedule in the present embodiment.

【0019】データ転送を行うための入力情報として区分、月日指定、転送元端末名、転送先端末名、転送ファイル名、転送時間指定が入力される。 [0019] classified as input information for data transfer, month and day specified, the transfer source terminal name, the destination terminal name, transfer the file name, the transfer time specified is input.

【0020】ここで、区分はデータ転送の頻度を入力するものである。 [0020] In this case, classification is used to input the frequency of the data transfer. 区分で「1回のみ」を指定した場合には月日を入力する。 To enter the day and month if you specify the "only once" in the division. 「毎日」を指定した場合には月日の指定は必要ない。 There is no need to specify the month and day if you specify the "every day". 「毎週」を指定した場合には曜日を入力する。 To enter the day of the week, if you specify "every week". 「毎月」を入力した場合には日にちを入力する。 To enter the dates when you enter the "monthly".
なお、区分と月日指定はどちらを先に指定しても構わない。 It should be noted that the classification and the date specified may be specified in either order.

【0021】転送時間指定については「時間指定」、 [0021] The "time designation" is for the specified transfer time,
「時間帯指定」の他に時間指定または時間帯指定なしを意味する「しない」の項目があり、これらのどれかを選択して入力する。 There are items of other "No" means no time specified or time zone specified in the "time zone specification", the input to select one of these.

【0022】利用者はこの画面を見ながら数値や名称などを直接入力したり、三角マークボタンをクリックして登録されている数値や名称を参照したり、あるいは参照ボタンをクリックして転送ファイル名を参照して入力を行うことができる。 [0022] The user can transfer the file name and click or type, such as numbers and names directly while viewing the screen, you can see the numbers and names that are registered by clicking on the triangle button, or the browse button it can be with reference to perform the input.

【0023】なお、転送元端末名のデフォルト値を入力する端末名としておき、転送元端末でスケジュール登録を行う場合には、転送元端末名を入力する手間を省けるようにしてもよい。 [0023] It should be noted, leave the terminal name to enter the default value of the transfer source terminal name, in the case of performing the schedule registered in the transfer source terminal, may be Habukeru the need to enter the transfer source terminal name.

【0024】また、転送ファイルのデータ量については、利用者が入力することもできるが、転送ファイル名を入力した時点で転送元端末から対応するデータ値が送られ、自動的に表示するようにしてもよい。 [0024] Also, the data amount of transfer file, can also be entered by the user, the corresponding data values ​​from the source terminal at the time of entering the transfer file name is sent, so as to automatically display it may be.

【0025】転送時間指定の欄の指定可能時間帯表示は、時間指定または時間帯指定を行う場合に指定可能な所定の時間帯を表示するものである。 The specified time zone display transfer time specified field is for displaying the predetermined time period can be specified when performing timed or time zone specification. 本実施の形態では所定の時間帯を30分単位としているが、これは任意に決めることができ、データ転送に要する時間や頻度などを考慮して決めるとよい。 Although in this embodiment is set to 30 minutes in units of predetermined time periods, which can be arbitrarily determined, it may be determined by considering the time and frequency required for the data transfer. ここに表示されていない時間帯は、すでに該当端末間でデータ転送のスケジュールが登録されている。 Time zone that is not shown here, already scheduled for data transfer between the corresponding terminal has been registered.

【0026】この指定可能時間帯表示は、登録画面において転送元端末名と転送先端末名および区分と月日指定が入力された段階で表示され、転送時間指定欄の指定可能時間帯表示に転送可能な時間帯および転送効率のランクが表示される。 [0026] This can be specified time zone display is displayed at the stage where the transfer destination terminal name and classification and the date specified as the transfer source terminal name has been entered in the registration screen, forwarded to the specified time zone display of the transfer time specified column available times and a rank of the transfer efficiency is displayed.

【0027】本実施の形態では、指定可能時間帯表示の時間帯の右側に括弧書きして転送効率のランクが表示されており、転送効率の良い順に「良好」、「普通」、 [0027] In the present embodiment, are displayed the ranks of the right-hand side in parentheses write to transfer efficiency of the time period on the specified time zone display, "good" to the good order of the transfer efficiency, "normal",
「悪」と表示されている。 It is displayed as "evil". 利用者はこのランクを見ながら最も効率の良い時間や時間帯を選択して入力することができる。 The user can be entered by selecting a good time and the time zone in which the most efficient while looking at this rank.

【0028】指定可能時間帯で表示された時間帯のなかで時間または時間帯の指定を行えば、その時間または時間帯でそのままデータ転送ができるが、指定可能時間帯以外の時間帯に対して時間または時間帯の指定を行う場合には、重複する転送スケジュールが存在するためスケジュール調整が行われる。 [0028] By performing the specified time, or time zone among the time zone that is displayed at the specified time zone, but it is as it is data transfer that time, or time zone, with respect to the time zone other than the specified time zone when performing the specified time or time zone, scheduling for duplicate transfer schedule exists is performed. なお、この調整法については後で説明する。 Note that this adjustment method will be described later.

【0029】利用者がこのスケジュール登録画面ですべての項目にデータを入力後、設定ボタンをクリックすることで、スケジュールの登録が完了する。 [0029] After entering the data to all of the items users in this schedule registration screen, by clicking the Settings button, the registration of the schedule is completed.

【0030】図3はデータ転送のスケジュール登録時における自動スケジューリング端末13内の処理を説明する図である。 FIG. 3 is a drawing describing the processing in the automatic scheduling terminal 13 at the time of the schedule registered in the data transfer.

【0031】スケジュール登録画面上で転送スケジュールが入力され、登録されると、入力情報解析部14は入力された情報を取り出し、各端末転送効率管理部15に引き渡す。 The transfer schedule on the schedule registration screen is entered and registered, the input information analysis unit 14 extracts the information input, it passes to each terminal transfer efficiency management unit 15.

【0032】このとき入力情報に漏れがある場合、たとえば区分、月日指定、転送元端末、転送ファイル名、転送時間指定などの入力がなされていない場合には、入力情報解析部14は各端末転送効率管理部15に入力情報を引き渡さずに、エラーがある旨を入力端末に通知し、 [0032] If there is a leak in the input information at this time, for example partition, date specified, the source terminal, transfer file name, when the input of such specified transfer time is not performed, the input information analysis unit 14 terminal without handed input information to the transfer efficiency management unit 15 notifies the input terminal to the effect that there is an error,
端末の表示装置のスケジュール登録画面にはエラー表示がなされて利用者に入力の訂正をうながす。 The schedule registration screen of the terminal of the display device prompting the correction of the input to the user error indication is made.

【0033】各端末転送効率管理部15は時間指定または時間帯指定がある場合には指定された時間または時間帯を含む所定の時間帯の範囲内で、指定時間がない場合にはスケジューリングされていない(空いている)範囲内で所定の時間帯ごとの転送効率を算出し、時間帯指定または指定時間なしの場合には効率の良い順に並べてスケジュール調整部16にスケジュール調整を依頼する。 [0033] within a predetermined time zone including the zones specified time or times when there is a designated or specified time zone each terminal transfer efficiency manager 15 hours, if there is no specified time is scheduled not calculate the transfer efficiency for each predetermined time period in the (in which free) range, a request for scheduling to the scheduling unit 16 are arranged in descending order of efficiency in the case of no time zone specification or the specified time.

【0034】図4は各端末転送効率管理部15で算出された所定の時間帯ごとの転送効率のリストの一例を示す図である。 [0034] FIG. 4 is a diagram showing an example of a list of transfer efficiency for each predetermined time period calculated in the terminal transfer performance management unit 15. 転送元端末と転送先端末ごとに転送時間帯の順に転送効率とランクを算出してリストを作成し、さらに、ランク順に並べ替えたリストを作成する。 Transfer to calculate the transfer efficiency and rank in the order of transfer time zone for each source terminal and the destination terminal to create the list, further, to create a list sorted in rank order. なお、転送効率とランクの算出法については後で説明する。 Note that will be described later transfer efficiency and rank calculation method.

【0035】図3に戻って、スケジュール調整部16は各端末スケジュールリスト管理部17の各端末ごとの転送スケジュールリストを参照し、設定可能な時間の有無を検索する。 [0035] Returning to FIG. 3, the schedule adjustment section 16 refers to the transfer schedule list for each terminal of each terminal schedule list management unit 17, searches whether a configurable time period. 設定可能な時間がある場合には、時間指定された時間(時間指定の場合)またはもっとも転送効率の良い時間(時間帯指定、指定時間なしの場合)を設定し、各端末スケジュールリスト管理部17に通知する。 If there is a configurable time, set the time specified time (for time specified) or the most forward efficient time (time zone specified and unspecified time), the terminal schedule list management unit 17 to notify.

【0036】設定可能な時間が無い場合、すなわち、重複するスケジュールが存在すると判断された場合には、 [0036] If there is no time that can be set, ie, in the case of overlapping schedules is determined to exist,
スケジュール調整部16はすでに設定されているスケジュールのなかで移動可能なスケジュールがあるかを各端末スケジュールリスト管理部17より検索して判断する。 Schedule adjustment unit 16 whether there is already a movable schedule among schedules set determines by searching from each terminal scheduled list management unit 17.

【0037】移動可能なスケジュールとしては、指定時間なしの転送スケジュールであって他の時間帯に同様な転送効率を有するものとか、時間帯指定が行われた転送スケジュールであって、その指定された時間帯内で移動可能なものなどがある。 [0037] as a movable schedule, Toka those having a similar transfer efficiency to other time zone a transfer schedule without a specified time, a transfer schedule is time zone specification was carried out, has been the designated there is such as those that can be moved within the time zone.

【0038】また、スケジュールリストに優先度を示す情報を記載しておき、スケジュール調整部16に判定機構を設けて、優先度のより低いデータ転送を移動させることも可能である。 [0038] Alternatively, it describes information indicating priority in the schedule list, provided determination mechanism schedule adjustment unit 16, it is possible to move the lower data priority.

【0039】移動可能なスケジュールがある場合にはそのスケジュールを移動させて設定または再設定したあと、重複した残りのスケジュールの登録を行い、各端末スケジュールリスト管理部17に通知する。 [0039] After setting or re-setting by moving the schedule if there is a movable schedule, to register duplicate the rest of the schedule, the notification to each terminal schedule list management unit 17.

【0040】各端末スケジュールリスト管理部17はスケジュール調整部16から新規設定や再設定の通知が行われるごとに、リストの作成、更新を行い、各端末にスケジュールリストを配布する。 [0040] Each time the notification of the new setting and re-setting is performed from each terminal schedule list management unit 17 schedule adjustment section 16, the creation of the list, and update, to distribute the schedule list to each terminal.

【0041】移動可能なスケジュールがない場合には、 [0041] If there is no movable schedule,
スケジュール調整部16は入力している端末に通知し、 Schedule adjustment section 16 is notified to the terminal you are typing,
端末の表示装置の登録画面にはエラー表示がなされて利用者に入力の訂正をうながす。 The registration screen of the terminal of the display device prompting the correction of the input to the user error indication is made.

【0042】図5は各端末スケジュールリスト管理部1 [0042] FIG. 5 each terminal schedule list management unit 1
7で作成され、スケジュール設定後に各端末に配布されるスケジュールリストの例を示す図である。 7 is created in a diagram illustrating an example of a schedule list that is distributed to each terminal after scheduling. 各端末ごとに分類され、転送元、転送先端末名、転送開始時刻、転送終了時刻、指定時間種別、指定時間範囲、データ量、 Are classified for each terminal, the transfer source, transfer destination terminal name, transfer start time, the transfer end time, specified time type, the specified time range, the amount of data,
回線速度等の一覧表として配布される。 It is distributed as a list, such as line speed.

【0043】次に本実施の形態で示すスケジューリングの処理を図6のフローチャートをもとに説明する。 [0043] Next will be described processes of scheduling in this embodiment based on the flowchart of FIG.

【0044】はじめにステップS101で入力を行う端末のスケジュール登録画面を用いてスケジュールの入力を行う。 [0044] carry out the input of schedule with start in the schedule registration screen of the terminal that performs input in step S101.

【0045】つぎにステップS102で上記入力されたスケジュールに入力エラーがないかを入力情報解析部が判断する。 [0045] Then the input information analyzing unit whether there is an input error in the input schedule is determined in step S102. 入力エラーがない場合にはステップS103 Step S103 If there is no input error
にすすむ。 The process proceeds to.

【0046】ステップS103で転送時間指定に関して判断する。 [0046] to determine with respect to the transfer time specified in step S103. 転送時間指定が「しない」の場合にはステップS104にすすみスケジュールの登録可能な時間帯で最も転送効率の良い時間を選択して設定し終了する。 Transfer time specified in the case of "No" is finished and set by selecting the most transfer efficient time can be registered time zone of the schedule proceeds to step S104.

【0047】ステップS103で転送時間指定が「時間指定」と判断された場合には、ステップS105にすすむ。 [0047] When the transfer time designated in step S103 is determined as "time designation", the procedure goes to step S105.

【0048】ステップS105で、入力されたスケジュールと他のスケジュールとの重複の有無を判断し、重複がない場合にはステップS106にすすみ、指定された時間にスケジュールを設定して終了する。 [0048] In step S105, it is determined whether the overlap between the input schedule and other schedules, if there is no overlap proceeds to step S106, and ends by setting the schedule specified time.

【0049】ステップS105で他のスケジュールとの重複があると判断された場合にはステップS107にすすむ。 [0049] If it is determined that there is an overlap with other scheduled in step S105 proceeds to step S107.

【0050】ステップS107で重複しているスケジュールが移動可能であるかを判断する。 [0050] The schedule that is duplicated in step S107, it is determined whether it is possible move. 移動可能と判断された場合にはステップS108にすすむ。 If it is determined that movably proceeds to step S108.

【0051】ステップS108で移動可能と判断されたスケジュールを移動して再設定し、ステップS109にすすむ。 [0051] to move the schedule determined that can be moved and re-set in step S108, the process proceeds to step S109.

【0052】ステップS109で重複しているスケジュールで移動しなかったスケジュールを指定時間に設定して終了する。 [0052] to set a schedule that did not move in the schedule that is duplicated in step S109 to the specified time to the end.

【0053】ステップS107で重複しているスケジュールで移動可能なものがない場合にはステップS110 [0053] If there is no thing that can be moved in the schedule that is duplicated in step S107 step S110
にすすみ、入力作業を行っている端末の登録画面にエラー表示をして終了する。 The process proceeds, and exit the error is displayed on the registration screen of the terminal that performs an input work.

【0054】ステップS103で時間指定が「時間帯指定」と判断された場合にはステップS111にすすむ。 [0054] If the time specified in step S103 he has been determined that the "time zone specification," the process proceeds to step S111.

【0055】ステップS111で他のスケジュールとの重複がないかを判断する。 [0055] to determine whether there is overlap with other schedule in step S111. 重複が無い場合にはステップS112にすすみ、登録するスケジュールの指定時間帯内で最も転送効率の良い時間を選択して設定して終了する。 If there is no overlap proceeds to step S112, and exit set by selecting a good time the most transfer efficiency within a specified time period of the registration schedule.

【0056】ステップS111で他のスケジュールと重複すると判断された場合には、ステップS113にすすむ。 [0056] If it is determined that overlaps with other schedule in step S111, the procedure goes to step S113.

【0057】ステップS113で重複しているスケジュールが移動可能であるかを判断する。 [0057] The schedule that is duplicated in step S113, it is determined whether it is possible move. 移動可能と判断された場合にはステップS114にすすむ。 If it is determined that movably proceeds to step S114.

【0058】ステップS114で、ステップS113で移動可能と判断されたスケジュールを移動して再設定し、ステップS115にすすむ。 [0058] In step S114, to move the schedule determined that can be moved and re-set in step S113, the process proceeds to step S115.

【0059】ステップS115で重複しているスケジュールで移動しなかったスケジュールを設定して終了する。 [0059] to set a schedule that did not move in the schedule that is duplicated in step S115 to end.

【0060】ステップS113で重複しているスケジュールで移動可能なものがないと判断された場合にはステップS116にすすみ、入力作業を行っている端末の登録画面にエラー表示をして終了する。 [0060] If it is determined that there is nothing that can be moved in the overlapping schedule in step S113 proceeds to step S116, and exit the error is displayed on the registration screen of the terminal that performs an input work.

【0061】なお、ステップS102で入力エラーと判断された場合にはステップS117にすすみ、入力作業を行っている端末の登録画面にエラー表示をして終了する。 [0061] Incidentally, the process proceeds to step S117 if it is determined that the input error in step S102, and ends the error display on the registration screen of the terminal which is performing the input operation.

【0062】ステップS110、ステップS116あるいはステップS117でエラー表示がなされた場合には、利用者は入力情報を訂正、変更して再度スケジューリングを行うことができる。 [0062] If the error display is made in step S110, step S116 or step S117, the user input information correction can be performed again scheduling change.

【0063】すなわち、本発明では先に説明したように登録画面の転送時間指定欄に指定可能時間帯表示として転送可能な時間帯および転送効率のランクが表示され、 [0063] That is, the rank of the transferable time zone and transfer efficiency as specified time zone displayed in the transfer time designation field of the registration screen as described above is displayed in the present invention,
利用者はこのランクを見ながら最も効率の良い時間や時間帯を選択して指定することができる。 The user can be specified by selecting a good time and the time zone in which the most efficient while looking at the rank.

【0064】図7〜図9をもとに各端末ごとの転送効率の収集方法とランク表示行うための処理について説明する。 [0064] Based on FIGS. 7-9 for the process for performing collection method and rank indication of transfer efficiency at each terminal will be described.

【0065】図7は各端末単位で所定の時間帯の転送効率を求めるための処理を説明するフローチャートである。 [0065] FIG 7 is a flowchart illustrating a process for obtaining the transfer efficiency of the predetermined time period at each terminal unit.

【0066】はじめにステップS201で転送元となる各端末は各データ転送ごとに転送先端末名、開始時刻、 [0066] Introduction to the destination terminal name each terminal as the transfer source for each data transfer in step S201, the start time,
終了時刻、転送データ量、回線速度の情報を収集し各端末の記憶装置に記録する。 End time, the transfer data amount, to collect information for line speed is recorded in the storage device of each terminal.

【0067】つづいてステップS202で各端末は自動スケジューリング端末へ上記収集した情報を転送する。 [0067] Then each terminal at step S202 transfers the collected information to the automatic scheduling terminals.
この転送は必ずしもデータ転送を行うごとに送付する必要はなく、たとえば1日1回まとめて行えばよい。 This transfer does not necessarily have to be sent to each to perform the data transfer, for example, it may be carried out together once a day.

【0068】つぎにステップS203で自動スケジューリング端末13の各端末転送効率管理部15は、転送されてきた各端末から収集した情報を各端末単位で分類する。 [0068] Then each terminal transfer performance management unit 15 of the automatic scheduling device 13 in step S203 classifies the information collected from each terminal has been transferred by the terminal units.

【0069】つぎにステップS204で各端末転送効率管理部15は各端末ごとに分類された情報をもとに1転送ごとの転送効率の算出を行う。 [0069] Then each terminal transfer performance management unit 15 in step S204 performs the calculation of the transfer efficiency of each transfer on the basis of information classified for each terminal.

【0070】なお、転送効率は転送データ量、回線速度および転送時間(終了時刻−開始時刻)をもとに、下記の計算式を用いて計算し、百分率で表す。 [0070] The transfer efficiency is the amount of data transferred, line speed and transfer time - the (end time start time) to the original, calculated using the calculation formula below, expressed as a percentage.

【0071】転送効率(%) =(((データ量(byte)×8 [0071] Transfer efficiency (%) = (((the amount of data (byte) × 8
(bit) )÷回線速度(bps) )÷転送時間(sec) )×10 (Bit)) ÷ line speed (bps)) ÷ transfer time (sec)) × 10
0 つぎにステップS205で各端末転送効率管理部15は同じ端末間で所定の時間帯内に他の転送があるかを判断する。 0 then the terminal transfer performance management unit 15 in step S205 determines whether there is another transfer within a prescribed time period between the same terminals. 転送がある場合にはステップS206にすすみ、 If there is transferred proceeds to step S206,
なければ終了する。 If there ends.

【0072】つづいてステップS206で各端末転送効率管理部15は同一所定時間帯内の転送の平均転送効率を求めて終了する。 [0072] Each terminal transfer performance management unit 15 in step S206 followed ends by obtaining an average transfer efficiency of the transfer within the same predetermined time period.

【0073】図8は登録画面にランク付けされた指定可能時間帯を表示するための自動スケジューリング端末1 [0073] FIG. 8 automatic scheduling terminal to display the specified time zone, which is ranked the registration screen 1
3の処理を説明する図である。 It is a diagram illustrating a third process.

【0074】スケジュール登録画面上で転送元端末名、 [0074] transfer on the schedule registration screen based on terminal name,
転送先端末名、区分および月日が入力されると、入力情報解析部14はこれらの情報を取り出し、指定可能時間帯/効率ランク編集部18に通知する。 Transfer destination terminal name, the classification and date are input, the input information analysis unit 14 extracts the information, and notifies the specified time zone / efficiency rank editing unit 18.

【0075】指定可能時間帯/効率ランク編集部18はこれらの情報をもとに各端末スケジュールリスト管理部17を参照し、指定された転送元端末、転送先端末がともに空いている時間帯を検索する。 [0075] refer to the specified time zone / efficiency rank editing unit 18 each terminal schedule list management unit 17 on the basis of these information, specified transfer source terminal, the time zone in which the destination terminal are both empty Search for.

【0076】つぎに、指定可能時間帯/効率ランク編集部18は端末転送効率管理部15より転送元端末、転送先端末がともに空いている時間帯の転送効率の情報を受け取り、転送効率とランクとの関係を示すランク付け表にしたがって所定時間帯ごとのランク表を作成あるいは更新する。 Next, you can specify the time zone / efficiency rank editing unit 18 transfer source terminal from the terminal transfer efficiency management unit 15, receives the information of the transfer efficiency of the time zone in which the destination terminal are both vacant, transfer efficiency and rank to create or update the ranking table for each predetermined time period in accordance with the ranking table showing the relationship between.

【0077】指定可能時間帯/効率ランク編集部18 [0077] can be specified time zone / efficiency rank editing unit 18
は、この所定時間帯ごとのランクの情報を入力端末に通知し、登録画面に転送可能な時間帯および転送効率のランクが表示される。 , The rank information for each predetermined time period and notifies the input terminal, the rank of the transferable time zone and the transfer efficiency in the registration screen is displayed.

【0078】図9はランク付け表の一例を示すものである。 [0078] Figure 9 shows an example of a ranking table. 転送効率が70%以上のものを「良好」、50%以上70%未満のものを「普通」、50%未満のものを「悪」の三段階に分けている。 What transfer efficiency of 70% or more "good", those less than 70% 50% "normal", is divided those less than 50% on the three stages of "evil".

【0079】ここで示したランク付けは一例であり、データ転送効率を2段階あるいは4段階以上に分けても構わないし、ランク付けの記号としてアルファベットや数値等の他の記号を用いても構わない。 [0079] a ranking the example shown here, to may be divided into data transfer efficiency more than two stages or four stages, may be other symbols such as alphabets and numbers as ranking symbols .

【0080】つぎに、本発明の実施の形態の変形例として、転送元端末ごとにファイルの種類によって決まった時間にデータ転送を行う方法について説明する。 [0080] Next, as a modification of the embodiment of the present invention, describes a method of transferring data on the time determined by the file type for each transfer source terminal.

【0081】先に説明したように、本発明ではスケジュール登録画面でデータ転送を行う場合に時間または時間帯を入力することによって、所望の転送時間を指定することができる。 [0081] As described above, by entering a time or time zone when transferring data in the schedule registration screen in the present invention, it is possible to specify the desired transmission time.

【0082】このとき、あらかじめ転送元端末単位でファイルの種類と転送時間とが記入されたファイリングリストを作成しておき、それを参照することで転送端末単位ごとにファイルの種類によって決まった時間にデータ転送を行うことができる。 [0082] In this case, the pre-transfer in the original terminal units as the type of file and the transfer time in advance to create a filing list that has been filled in, to the time determined by the file type for each transfer terminal unit by referring to it it is possible to perform the data transfer.

【0083】はじめに、図10のフローチャートをもとに、ファイルスケジューリングリストの作成処理について説明する。 [0083] First, on the basis of the flowchart of FIG. 10, description will be given process of creating the file scheduling list.

【0084】ステップS301で入力端末の表示装置のファイルスケジューリング画面上で転送元端末名、ファイル種別(識別子)、転送開始時刻を入力する。 [0084] transfer source terminal name on the file scheduling screen of the display device of the input terminal in step S301, file type (identifier), and inputs the transfer start time. 入力された情報は自動スケジューリング端末13の入力情報解析部14を経由して、各端末ファイルスケジューリング管理部19に通知される。 The input information via an input information analyzer 14 of the automatic scheduling terminal 13 is notified to each terminal file scheduling manager 19.

【0085】つぎにステップS302で各端末ファイルスケジューリング管理部19は入力された情報をもとに、各転送元端末単位でファイルスケジューリングリストを作成し記憶する。 [0085] Then each terminal file scheduling manager 19 in step S302 based on the information input, creates and stores a file scheduling list in each transfer source terminal units.

【0086】図11はファルスケジューリングリストを作成する場合に各端末の表示装置に表示される入力画面(ファイルスケジューリング画面)の例を示す図である。 [0086] Figure 11 is a diagram illustrating an example of an input screen displayed on the display device of each terminal to create a farnesyl scheduling list (file scheduling screen).

【0087】入力情報として転送元端末名、ファイル種別(拡張子)、転送時間指定が入力される。 [0087] transfer source terminal name as the input information, file type (extension), the transfer time specified is input.

【0088】利用者はこの画面上で数値や名称などを直接入力したり、三角マークボタンをクリックすることで登録されている数値や名称を参照してデータの入力を行うことができる。 [0088] The user can perform the input of the data by referring to the numbers and names that are registered by clicking or enter such as direct numbers or name on this screen, the triangle mark button. すべての項目にデータを入力後、設定ボタンをクリックすることで、ファイル種別ごとの時間指定を行うための情報の登録が完了する。 After entering the data to all of the items, by clicking the Settings button, registration of information for the time specified for each file type is completed.

【0089】図12は登録されたファイルスケジューリングリストの例を示す図である。 [0089] FIG. 12 is a diagram showing an example of a registered file scheduling list. ファイル種別を区分するために拡張子を用い、その拡張子ごとの転送時間が設定される。 Using an extension to distinguish the file type, transfer time per the extension is set.

【0090】つぎに図13のフローチャートをもとに、 [0090] Next, on the basis of the flowchart of FIG. 13,
ファイルスケジューリングリストを用いてスケジュール登録画面に転送時間を表示する場合の処理について説明する。 For processing in the case of displaying the transfer time in the schedule registration screen will be described with reference to the file scheduling list.

【0091】はじめにステップS401で各端末の表示装置のスケジュール登録画面上で転送元端末名と転送ファイル名の入力を行う。 [0091] carry out the input of the transfer source terminal name and transfer the file name on the schedule registration screen of the display device of each terminal in step S401 at the beginning. 入力された情報は入力情報解析部を経由して、各端末ファイルスケジューリング管理部に通知される。 The input information via an input information analyzing unit is notified to each terminal file scheduling manager.

【0092】つぎにステップS402で入力された転送元端末名と転送ファイル名より、各端末ファイルスケジューリング管理部は該当端末のファイルスケジューリングリスト情報を参照する。 [0092] Next from the transfer source terminal name and transfer file name input in step S402, the terminal file scheduling manager refers to the file scheduling list information of the corresponding terminal.

【0093】つぎにステップS403で各端末ファイルスケジューリング管理部はファイルスケジューリングリスト内に指定した転送ファイルと同一のファイル種(拡張子)の情報が存在するかを判断する。 [0093] Then each terminal file scheduling manager in step S403 determines whether information of the transfer file and the same file type specified in the file scheduling list (extension) is present. 同一のファイル種が存在する場合にはステップS404にすすむ。 If the same file type is present, the process proceeds to step S404.

【0094】ステップS404で各端末ファイルスケジューリング管理部はファイルスケジューリングリストに設定されている時間を端末に通知し、スケジュール登録画面の転送時間指定欄にファイルスケジューリングリストに設定されている時間が表示される。 [0094] Each terminal file scheduling management unit in step S404 notifies the time set to the file scheduling list to a terminal, the time which is set in the file scheduling list transfer time designation field of the schedule registration screen is displayed .

【0095】ステップS403でファイルスケジューリングリスト内に指定した転送ファイルと同一のファイル種(拡張子)の情報が存在しないと判断された場合には、入力した転送ファイルに関して時間指定がなされていないことを意味するので時間表示は行わない。 [0095] When the information of the specified transfer files the same file type (extension) is determined not to exist in the file scheduling list in step S403, that is not made time specified for the transfer file input it means time display is not performed.

【0096】図14は、上記したデータ転送スケジューリング処理を行うための処理プログラムを記録させる、 [0096] Figure 14 is to record the processing program for performing data transfer scheduling process described above,
コンピュータによって読み取り可能な記憶媒体の例を示す模式図である。 Is a schematic diagram showing an example of a readable storage medium by the computer.

【0097】図中21は自動スケジューリング装置(端末)であるコンピュータ、22はコンピュータ21内の処理装置、23はコンピュータ内のメモリ、24は可搬型記憶媒体、25はプログラムサーバ、26はプログラムサーバ内の記憶装置、27はプログラムサーバ25とコンピュータ21とを結ぶ回線である。 [0097] figure 21 is an automatic scheduling apparatus (terminal) computer, 22 processor in the computer 21, the memory in the computer 23, 24 portable storage medium 25 the program server, 26 in the program server storage device, 27 is a line connecting the program server 25 and the computer 21.

【0098】メモリ23としては半導体メモリやハードディスク装置などがあり、可搬型記憶媒体24としてはCD−ROM、DVD−ROM、フロッピー(登録商標)ディスク、MO(光磁気ディスク)などがある。 [0098] As memory 23 is a semiconductor memory or a hard disk device, as a portable storage medium 24 CD-ROM, DVD-ROM, and the like floppy disk, MO (magneto-optical disc).

【0099】本図に示すように、ここで用いることが可能な記憶媒体としては、処理装置22が備える記憶媒体読取装置で読み取り可能な可搬型記憶媒体24、コンピュータ21内のメモリ23、または回線27を介してコンピュータ21にプログラムを伝送することのできるプログラムサーバ25が備える記憶装置26などがあり、 [0099] As shown in the figure, as the storage medium that can be used herein, processing device 22 readable portable storage medium 24 in the storage medium reading device provided in the memory 23 in the computer 21 or line, include storage devices 26 for the program server 25 is provided capable of transmitting a program to a computer 21 via a 27,
これらのいずれであっても構わない。 It may be any of these.

【0100】(付記1)複数の端末間でデータを転送するための転送スケジュールを設定する際に用いるスケジューリング装置であって、各端末ごとに他の端末との間の時間帯別のデータ転送効率をランク付けするランク付け手段と、前記各端末ごとにデータ転送の相手先端末名とデータ名と転送時間帯を含む転送スケジュールを管理するスケジュールリスト管理手段と、前記転送スケジュールと前記ランク付けされた時間帯別のデータ転送効率をもとに、前記各端末ごとのスケジュール指定可能時間帯と転送効率のランクを編集して前記各端末にそれぞれ通知する指定可能時間および効率ランク編集手段とを有することを特徴とするデータ転送スケジューリング装置。 [0100] (Supplementary Note 1) A scheduling apparatus for use in setting the transfer schedule for transferring data between a plurality of terminals, time zone of the data transfer efficiency between the other terminal for each terminal and ranking means for ranking, and a schedule list management unit that manages the transfer schedule the containing partner terminal names and data names and transfer time period of data transfer for each terminal, which is the ranking and the transfer schedule based on different data transfer efficiency time zone, having a specifiable time and efficiency rank editing means for notifying each of the said respective terminal to edit the rank of schedule specified time zone and transfer efficiency for each terminal data transfer scheduling apparatus according to claim.

【0101】(付記2)さらに前記複数の端末間の時間帯別のデータ転送効率情報を収集する転送効率情報収集手段を有し、収集した前記データ転送効率情報をもとに各端末ごとに他の端末との間の時間帯別のデータ転送効率をランク付けすることを特徴とする付記1記載のデータ転送スケジューリング装置。 [0102] (Note 2) further has a transfer efficiency information collecting means for collecting the time zone of the data transfer efficiency information between the plurality of terminals, the other for each terminal the collected the data transfer efficiency information based on data transfer scheduling apparatus according to Supplementary note 1, wherein the ranking the different data transfer efficiency time zone between the terminals.

【0102】(付記3)さらに、転送スケジュールを追加するごとに他の転送スケジュールとの重複の有無をチェックするチェック手段と、前記他の転送スケジュールと重複する転送スケジュールが追加されたときに、変更可能な転送スケジュールを移動し、再スケジュールする再スケジューリング手段とを有することを特徴とする付記1記載のデータ転送スケジューリング装置。 [0102] (Supplementary Note 3) In addition, when the check means for checking for overlap with other transfer schedule transfer schedule that overlaps with the other transfer schedule is added for each additional transfer schedule changes move the possible transfer schedule, the data transfer scheduling device according to Supplementary note 1, wherein the and a rescheduling unit to reschedule.

【0103】(付記4)さらに、転送元端末名、ファイル種別と転送開始時間を収集してファイルスケジューリングリストを作成、更新、管理し、各端末に通知する各端末ファイルスケジューリング管理部を有することを特徴とする付記1記載のデータ転送スケジューリング装置。 [0103] (Supplementary Note 4) In addition, the source terminal name, create a file scheduling list to collect the file type and the transfer start time, update, to have each terminal file scheduling manager to manage and notify each terminal data transfer scheduling apparatus according to Supplementary note 1, wherein.

【0104】(付記5)ネットワークを介して接続された複数の端末と自動スケジューリング端末を有し、前記複数の端末間でデータ転送するシステムであって、前記自動スケジューリング端末は、前記各端末より前記複数の端末間の時間帯別のデータ転送効率情報を収集する転送効率情報収集手段と、収集した前記データ転送効率情報をもとに、各端末ごとに他の端末との間の時間帯別のデータ転送効率をランク付けするランク付け手段と、前記各端末ごとにデータ転送の相手先端末名とデータ名と転送時間帯を含む転送スケジュールを管理するスケジュールリスト管理手段と、前記転送スケジュールと前記ランク付けされた時間帯別のデータ転送効率をもとに、前記各端末ごとのスケジュール指定可能時間帯と転送効率のランクを編集し [0104] (Supplementary Note 5) has a plurality of terminals and automatic scheduling terminals connected via a network, a system for transferring data between said plurality of terminals, the automatic scheduling terminal, wherein from each terminal and transfer efficiency information collecting means for collecting the time zone of the data transfer efficiency information between a plurality of terminals, on the basis of the data transfer efficiency information collected, the specific time period between the other terminal for each terminal wherein the ranking means for ranking the data transfer efficiency, and the schedule list management means for managing a transfer schedule the containing partner terminal names and data names and transfer times of data transfer for each terminal, and the transfer schedule No. on the basis of the marked time zone-specific data transfer efficiency, edit the rank of the transfer efficiency and the schedule can be specified time zone for each terminal 前記各端末にそれぞれ通知して前記各端末の表示装置に表示させる指定可能時間および効率ランク編集手段とを有することを特徴とするデータ転送システム。 Data transfer system characterized by having said specifiable time and efficiency rank editing means is displayed on the display device of the notified to each terminal each terminal.

【0105】(付記6)さらに、前記自動スケジューリング装置は、転送スケジュールを追加するごとに他の転送スケジュールとの重複の有無をチェックするチェック手段と、前記他の転送スケジュールと重複する転送スケジュールが追加されたときに、変更可能な転送スケジュールを移動し、再スケジュールする再スケジューリング手段とを有することを特徴とする付記5記載のデータ転送システム。 [0105] (Supplementary Note 6) In addition, the automatic scheduling device, add a check means for checking the presence or absence of overlap with other transfer schedule for each additional transfer schedule transfer schedule that overlaps with the other transfer schedule It is when the data transfer system according to Supplementary note 5, wherein the and a rescheduling means for moving the changeable transfer schedule and reschedule.

【0106】(付記7)さらに、前記自動転送スケジューリング端末は、転送元端末名、ファイル種別と転送開始時間を収集してファイルスケジューリングリストを作成、更新、管理し、前記各端末に通知して表示させる各端末ファイルスケジューリング管理部を有することを特徴とする付記5記載のデータ転送システム。 [0106] (Supplementary Note 7) In addition, the automatic transfer scheduling terminals, the source terminal name, create a file scheduling list to collect the file type and the transfer start time, update, and manage, display and notification to the each terminal data transfer system according to Supplementary note 5, wherein the having each terminal file scheduling manager for.

【0107】(付記8)複数の端末間でデータを転送するための転送スケジュールを設定するデータ転送スケジューリング機能であって、各端末ごとに他の端末との間の時間帯別のデータ転送効率をランク付けするランク付け機能と、前記各端末ごとにデータ転送の相手先端末名とデータ名と転送時間帯を含む転送スケジュールを管理するスケジュールリスト管理機能と、前記転送スケジュールと前記ランク付けされた時間帯別のデータ転送効率をもとに、前記各端末ごとのスケジュール指定可能時間帯と転送効率のランクを編集して前記各端末にそれぞれ通知する指定可能時間/効率ランク編集機能とを有することを特徴とするデータ転送スケジューリング機能が記録されたコンピュータで読み取り可能な記憶媒体。 [0107] A (Supplementary Note 8) data transfer scheduling function for setting a transfer schedule for transferring data between a plurality of terminals, the time zone of the data transfer efficiency between the other terminal for each terminal and a ranking function to rank, and the schedule list management function to manage the transfer schedule said, including the destination terminal name and the data name and the transfer time of data transfer for each terminal, the transfer schedule and the ranked time based on the band-specific data transfer efficiency, that it has a specifiable time / efficiency rank editing function of notifying each of the said respective terminal to edit the rank of schedule specified time zone and transfer efficiency for each terminal a computer-readable storage medium in which the data transfer scheduling function is recorded, characterized.

【0108】 [0108]

【発明の効果】本発明によれば、転送元と転送先のスケジュールを一元管理し、スケジュール設定時に指定可能(空き)時間帯やその時間帯の転送効率の優劣を画面上に表示できるので、利用者はこれらの情報をもとにスケジューリグを行うことができ、無駄な無転送時間の発生を少なく、スケジュールの重複を避けることができる。 According to the present invention, the source and destination of the schedule to centrally manage, because the relative merits of the transfer efficiency can be specified (free) time zone and the time zone at the time schedule can be displayed on the screen, the user can perform the scheduling grayed on the basis of these information, reduce the occurrence of waste-free transfer time, it is possible to avoid duplication of schedule.

【0109】また、他のスケジュールと重複した場合は、重複したスケジュール同士で自動的にスケジューリングし直し調整を行うため、確実で無駄のないスケジューリングが実現できる。 [0109] In addition, in the case of overlap with other schedule, in order to perform automatic scheduling and re-adjusted by the overlapping schedule with each other, ensuring a lean scheduling can be realized.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】本発明の実施の形態のシステム構成を示す図 Shows a system configuration of an embodiment of the present invention; FIG

【図2】スケジュール登録画面 FIG. 2 is a schedule registration screen

【図3】スケジュール登録時の自動スケジューリング端末内の処理を説明する図 FIG. 3 illustrates the process of automatic scheduling in the terminal at the time of schedule registration

【図4】各時間帯における転送効率とランク付けを示す図 Figure 4 shows the transfer efficiency and ranking in each time zone

【図5】各端末に配布されるスケジューリングリスト [Figure 5] scheduling list that is distributed to each terminal

【図6】本発明の実施の形態の処理を説明するフローチャート Figure 6 is a flowchart for explaining the processing in the embodiment of the present invention

【図7】指定可能時間帯表示の処理を説明するフローチャート FIG. 7 is a flowchart for explaining the processing of the specified time zone display

【図8】指定可能時間帯表示を行うときの自動スケジューリング端末内の処理を説明する図 Drawing describing the processing of automatic scheduling in the terminal when performing the 8 specified time zone display

【図9】ランク付け表 [9] ranking table

【図10】ファイルスケジューリングリストの作成処理を説明するフローチャート 10 is a flowchart for explaining the process of creating the file scheduling list

【図11】ファイルスケジューリング画面の例 [11] An example of a file scheduling screen

【図12】ファイルスケジューリングリスト [12] file scheduling list

【図13】ファイルスケジューリング表示の処理を説明するフローチャート Figure 13 is a flowchart for explaining the processing of the file scheduling display

【図14】プログラムを記録した、コンピュータによって読み取り可能な記憶媒体の例を示す模式図 [14] records a program, schematic diagram showing an example of a storage medium readable by a computer

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

11 端末 12 ネットワーク 13 自動スケジューリング端末 14 入力情報解析部 15 各端末転送効率管理部 16 スケジュール調整部 17 各端末スケジュールリスト管理部 18 指定可能時間帯/効率ランク編集部 19 各端末ファイルスケジューリング管理部 21 コンピュータ 22 処理装置 23 メモリ 24 記憶媒体 25 プログラムサーバ 26 記憶装置 27 回線 11 terminal 12 network 13 automatic scheduling terminal 14 input information analyzing unit 15 the terminal transfer performance management unit 16 scheduling unit 17 the terminal schedule list management unit 18 specifies time zone / efficiency rank editing unit 19 each terminal file scheduling manager 21 Computer 22 processor 23 memory 24 memory medium 25 a program server 26 storage device 27 line

Claims (4)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 複数の端末間でデータを転送するための転送スケジュールを設定する際に用いるスケジューリング装置であって、 各端末ごとに他の端末との間の時間帯別のデータ転送効率をランク付けするランク付け手段と、 前記各端末ごとにデータ転送の相手先端末名とデータ名と転送時間帯を含む転送スケジュールを管理するスケジュールリスト管理手段と、 前記転送スケジュールと前記ランク付けされた時間帯別のデータ転送効率をもとに、前記各端末ごとのスケジュール指定可能時間帯と転送効率のランクを編集して前記各端末にそれぞれ通知する指定可能時間および効率ランク編集手段とを有することを特徴とするデータ転送スケジューリング装置。 1. A scheduling apparatus for use in setting the transfer schedule for transferring data between a plurality of terminals, ranking the time zone of the data transfer efficiency between the other terminal for each terminal and ranking means for attaching, and schedule list management unit that manages the transfer schedule the containing partner terminal names and data names and transfer times of data transfer for each terminal, said transfer schedule and the ranked time slot based on different data transfer efficiency, characterized by having a specifiable time and efficiency rank editing means for notifying each of the said respective terminal to edit the rank of schedule specified time zone and transfer efficiency for each terminal data transfer scheduling device to.
  2. 【請求項2】 さらに前記複数の端末間の時間帯別のデータ転送効率情報を収集する転送効率情報収集手段を有し、 収集した前記データ転送効率情報をもとに各端末ごとに他の端末との間の時間帯別のデータ転送効率をランク付けすることを特徴とする請求項1記載のデータ転送スケジューリング装置。 Wherein further said plurality of have a transfer efficiency information collecting means for collecting the time zone of the data transfer efficiency information between terminals, collected another terminal on the basis of the data transfer efficiency information for each terminal was data transfer scheduling apparatus according to claim 1, wherein the ranking the different data transfer efficiency time zone between.
  3. 【請求項3】 さらに、転送元端末名、ファイル種別と転送開始時間を収集してファイルスケジューリングリストを作成、更新、管理し、前記各端末に通知する各端末ファイルスケジューリング管理部を有することを特徴とする請求項1記載のデータ転送スケジューリング装置。 3. A further, characterized by having the source terminal name, create a file scheduling list to collect the file type and the transfer start time, update, and manage, each terminal file scheduling manager to notify the each terminal data transfer scheduling device of claim 1 wherein.
  4. 【請求項4】 複数の端末間でデータを転送するための転送スケジュールを設定するデータ転送スケジューリングプログラムであって、 各端末ごとに他の端末との間の時間帯別のデータ転送効率をランク付けするランク付け機能と、 前記各端末ごとにデータ転送の相手先端末名とデータ名と転送時間帯を含む転送スケジュールを管理するスケジュールリスト管理機能と、 前記転送スケジュールと前記ランク付けされた時間帯別のデータ転送効率をもとに、前記各端末ごとのスケジュール指定可能時間帯と転送効率のランクを編集して前記各端末にそれぞれ通知する指定可能時間および効率ランク編集機能とを有するデータ転送スケジューリングプログラムが記録されたコンピュータで読み取り可能な記憶媒体。 4. A data transfer scheduling program for setting a transfer schedule for transferring data between a plurality of terminals, ranking the different data transfer efficiency time period between the other terminal for each terminal and rank with the ability to, and the schedule list management function to manage the transfer schedule said, including the destination terminal name and the data name and the transfer time of data transfer for each terminal, the transfer schedule and the ranked time zone based on the data transfer efficiency, the data transfer scheduling program and a specifiable time and efficiency rank editing functions to notify each of the respective terminal by editing the rank of schedule specified time zone and transfer efficiency for each terminal There readable storage medium storing computer.
JP2000211651A 2000-07-12 2000-07-12 Data transfer scheduling device and computer readable storage medium with recorded data transfer scheduling program Withdrawn JP2002024121A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000211651A JP2002024121A (en) 2000-07-12 2000-07-12 Data transfer scheduling device and computer readable storage medium with recorded data transfer scheduling program

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000211651A JP2002024121A (en) 2000-07-12 2000-07-12 Data transfer scheduling device and computer readable storage medium with recorded data transfer scheduling program

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2002024121A true JP2002024121A (en) 2002-01-25

Family

ID=18707716

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2000211651A Withdrawn JP2002024121A (en) 2000-07-12 2000-07-12 Data transfer scheduling device and computer readable storage medium with recorded data transfer scheduling program

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2002024121A (en)

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005528703A (en) * 2002-05-31 2005-09-22 アドバンスト・マイクロ・ディバイシズ・インコーポレイテッドAdvanced Micro Devices Incorporated Scheduling calendars and appointments in the manufacturing process flow
JP2008203937A (en) * 2007-02-16 2008-09-04 Hitachi Ltd Computer system, storage management server, and data migration method
JP2011034188A (en) * 2009-07-30 2011-02-17 Kddi Corp Content transfer time zone determination method
JP2015511036A (en) * 2012-03-08 2015-04-13 アリババ・グループ・ホールディング・リミテッドAlibaba Group Holding Limited Method and apparatus for determining redirection quality and method and apparatus for placing promotional information
JP2016085517A (en) * 2014-10-23 2016-05-19 株式会社東芝 Medical image management device

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005528703A (en) * 2002-05-31 2005-09-22 アドバンスト・マイクロ・ディバイシズ・インコーポレイテッドAdvanced Micro Devices Incorporated Scheduling calendars and appointments in the manufacturing process flow
JP2008203937A (en) * 2007-02-16 2008-09-04 Hitachi Ltd Computer system, storage management server, and data migration method
JP2011034188A (en) * 2009-07-30 2011-02-17 Kddi Corp Content transfer time zone determination method
JP2015511036A (en) * 2012-03-08 2015-04-13 アリババ・グループ・ホールディング・リミテッドAlibaba Group Holding Limited Method and apparatus for determining redirection quality and method and apparatus for placing promotional information
JP2016085517A (en) * 2014-10-23 2016-05-19 株式会社東芝 Medical image management device

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US9015134B2 (en) Apparatus and method for search and retrieval of documents
US5678042A (en) Network management system having historical virtual catalog snapshots for overview of historical changes to files distributively stored across network domain
DE60317847T2 (en) Increase the level of automation when scheduling and managing sessions
CN102521019B (en) Information is provided to user based on context
DE69531599T2 (en) Method and device for finding and obtaining personalized information
JP3130536B2 (en) Apparatus and method for transferring and storing data from a number of networked computer storage device
US8473855B2 (en) Enhanced search results
US20030050801A1 (en) System and user interface for planning and monitoring patient related treatment activities
EP1344156B1 (en) Virtual storage system and method
US20040205109A1 (en) Computer system
JP2008513887A (en) Method and apparatus for automatically generating recommended links
US20020087534A1 (en) Agreement management system and method
EP1909068A2 (en) Map data distribution system
US20040224675A1 (en) Collaborative data and intelligent synchronization for mobile devices
KR101213929B1 (en) Systems and methods for constructing and using models of memorability in computing and communications applications
US7333989B1 (en) Method and apparatus for integrating distributed information
US7013323B1 (en) System and method for developing and interpreting e-commerce metrics by utilizing a list of rules wherein each rule contain at least one of entity-specific criteria
US20050198299A1 (en) Methods and apparatus for identifying and facilitating a social interaction structure over a data packet network
US8239234B2 (en) Freeform communication in calendaring system
US10200468B2 (en) Active agenda
US20050188041A1 (en) Message processing device, message management method and storage medium for storing message management program
US20170083875A1 (en) Information management systems with time zone information, including event scheduling processes
US7853575B2 (en) System and method for caching and utilizing flight availability data
JP2004280780A (en) Back up method, system, and program
US7299193B2 (en) Method and meeting scheduler for automated meeting scheduling using delegates, representatives, quorums and teams

Legal Events

Date Code Title Description
A300 Withdrawal of application because of no request for examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A300

Effective date: 20071002