JP2001510035A - Interleukin -20 - Google Patents

Interleukin -20

Info

Publication number
JP2001510035A
JP2001510035A JP2000503188A JP2000503188A JP2001510035A JP 2001510035 A JP2001510035 A JP 2001510035A JP 2000503188 A JP2000503188 A JP 2000503188A JP 2000503188 A JP2000503188 A JP 2000503188A JP 2001510035 A JP2001510035 A JP 2001510035A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
il
polypeptide
amino acid
seq id
sequence
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Withdrawn
Application number
JP2000503188A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
ラインハード エブナー,
ロザンヌ ディー. ダン,
ジン−シャン フ,
キンバリー エイ. フローレンス,
スティーブン エム. ルーベン,
Original Assignee
ヒューマン ジノーム サイエンシーズ, インコーポレイテッド
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Classifications

    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C07ORGANIC CHEMISTRY
    • C07KPEPTIDES
    • C07K14/00Peptides having more than 20 amino acids; Gastrins; Somatostatins; Melanotropins; Derivatives thereof
    • C07K14/435Peptides having more than 20 amino acids; Gastrins; Somatostatins; Melanotropins; Derivatives thereof from animals; from humans
    • C07K14/52Cytokines; Lymphokines; Interferons
    • C07K14/54Interleukins [IL]
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K38/00Medicinal preparations containing peptides
    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C07ORGANIC CHEMISTRY
    • C07KPEPTIDES
    • C07K2319/00Fusion polypeptide
    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C12BIOCHEMISTRY; BEER; SPIRITS; WINE; VINEGAR; MICROBIOLOGY; ENZYMOLOGY; MUTATION OR GENETIC ENGINEERING
    • C12NMICROORGANISMS OR ENZYMES; COMPOSITIONS THEREOF; PROPAGATING, PRESERVING OR MAINTAINING MICROORGANISMS; MUTATION OR GENETIC ENGINEERING; CULTURE MEDIA
    • C12N2799/00Uses of viruses
    • C12N2799/02Uses of viruses as vector
    • C12N2799/021Uses of viruses as vector for the expression of a heterologous nucleic acid
    • C12N2799/026Uses of viruses as vector for the expression of a heterologous nucleic acid where the vector is derived from a baculovirus

Abstract

(57)【要約】 本発明は、サイトカインポリペプチドファミリーのメンバーである新規のIL−20タンパク質に関する。 (57) Abstract: The present invention relates to novel IL-20 protein is a member of the cytokine polypeptide family. 特に、ヒトIL−20タンパク質をコードする単離された核酸分子が提供される。 In particular, isolated nucleic acid molecules encoding human IL-20 protein. IL−20ポリペプチドもまた提供され、同様に、IL−20ポリペプチドを産生するためのベクター、宿主細胞、および組換え方法が提供される。 IL-20 polypeptides are also provided, as well as, vectors for producing IL-20 polypeptides, host cells, and recombinant methods are provided. 本発明は、さらに、IL−20活性のアゴニストおよびアンタゴニストを同定するためのスクリーニング方法に関する。 The present invention further relates to screening methods for identifying agonists and antagonists of IL-20 activity. 免疫系関連障害を検出するための診断方法および免疫系関連障害を処置するための治療方法もまた提供される。 Therapeutic methods for treating diagnostic methods and immune system-related disorders for detecting an immune system related disorder are also provided.

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

(発明の分野) 本発明は、新規のヒトサイトカインであるポリペプチドをコードする、新規のヒト遺伝子に関する。 Field of the Invention The present invention encodes a polypeptide which is a novel human cytokine relates to novel human genes. より詳細には、インターロイキン20(本明細書において、以下「IL−20」という)と命名されたヒトポリペプチドをコードする単離された核酸分子が提供される。 More specifically, (herein "IL-20" hereinafter) interleukin 20 isolated nucleic acid molecule encoding a named human polypeptide. IL−20ポリペプチドはまた、それらを産生するためのベクター、宿主細胞および組換え方法と同様に提供される。 IL-20 polypeptides may also be provided them vector for the production, like the host cells and recombinant methods. 免疫系に関連する障害を検出するための診断方法およびこのような障害を処置するための治療方法もまた提供される。 Therapeutic methods for treating a diagnostic method and such disorders for detecting disorders related to the immune system are also provided.

【0001】 本発明はさらに、IL−20活性のアゴニストおよびアンタゴニストを同定するためのスクリーニング方法に関する。 [0001] The present invention further relates to screening methods for identifying agonists and antagonists of IL-20 activity.

【0002】 (発明の背景) サイトカインは、代表的には、特異的なレセプター分子と結合することによって、それらそれぞれの生化学的および生理学的効果を発揮させる。 BACKGROUND OF THE INVENTION Cytokines are typically by binding to specific receptor molecules, exert their respective biochemical and physiological effects. 次いで、レセプター結合は、特定のシグナル伝達経路を刺激する(Kishimoto,T. Then, receptor binding stimulates specific signal transduction pathways (Kishimoto, T.
ら、Cell 76:253−262(1994))。 Et al., Cell 76: 253-262 (1994)). サイトカインとそれらのレセプターとの特異的相互作用は、しばしば、活性化、増殖、および分化を含む広範な種々の細胞プロセスの主要なレギュレーターである(Arai,K.−I Specific interaction with cytokines and their receptors are often activation, proliferation, and is a major regulator of a wide variety of cellular processes including differentiation (Arai, K.-I
,ら、Ann. , Et al., Ann. Rev. Rev. Biochem. Biochem. 59:783−836(1990); 59: 783-836 (1990);
Paul,W. Paul, W. E. E. およびSeder,R. And Seder, R. A. A. ,Cell 76:241−2 , Cell 76: 241-2
51(1994))。 51 (1994)).

【0003】 ヒトインターロイキン(IL)−17は、ごく最近同定された。 [0003] The human interleukin (IL) -17 was only recently identified. IL−17は、CD4+T細胞cDNAライブラリーから分子的にクローニングされた155 IL-17 has been molecularly cloned from a CD4 + T cell cDNA library 155
アミノ酸のポリペプチドである(Yao、Z.ら、J.Immunol.155 A polypeptide of amino acids (Yao, Z. Et al., J.Immunol.155
:5483−5486(1995))。 : 5483-5486 (1995)). IL−17ポリペプチドは、N末端シグナルペプチドを含み、そしてHVS13と称されたT細胞栄養性リスザルヘルペスウイルス(HVS)遺伝子とアミノ酸レベルで約72%の同一性を含む。 IL-17 polypeptide comprises an N-terminal signal peptide and contains approximately 72% identity at the T cell trophic saimiri herpes virus (HVS) gene and the amino acid level called the as HVS13. 高レベルのIL−17は、刺激の際にCD4陽性の主要な末梢血白血球(PBL)から分泌される(Yao、Z.ら、Immunity 3:811−821(19 High levels of IL-17 is secreted from the main peripheral blood leukocytes of CD4-positive when stimulation (PBL) (Yao, Z et al., Immunity 3:. 811-821 (19
95))。 95)). IL−17、HVS13、またはCTLA8と称される別のマウスホモログを用いた線維芽細胞の処理は、シグナル伝達系路を活性化し、そしてNF Treatment IL-17, HVS13 or CTLA8 fibroblasts with different mouse homologue termed, activates signal transduction pathways, and NF
−κB転写因子ファミリーの刺激、IL−6の分泌、およびT細胞増殖の同時刺激を生じる(Yao、Z.ら、Immunity 3:811−821(199 -κB transcription factor family of stimuli, resulting in simultaneous stimulation of the secretion of IL-6, and T cell proliferation (Yao, Z et al., Immunity 3:. 811-821 (199
5))。 5)).

【0004】 HVS13−Fc融合タンパク質は、以前に述べられたサイトカインレセプターファミリーのいずれにも属さないようであるマウスIL−17レセプター分子を単離するために用いられてきた(Yao、Z.ら、Immunity 3:8 [0004] HVS13-Fc fusion protein, a murine IL-17 receptor molecule appears not belong to any of the cytokine receptor family have been described previously have been used to isolate (Yao, Z. Et al., Immunity 3: 8
11−821(1995))。 11-821 (1995)). マウスIL−17レセプター(mIL−17R) Mouse IL-17 receptor (mIL-17R)
は、97.8kDaの見かけの分子量を有する864アミノ酸のI型膜貫通タンパク質をコードすると推測される。 It is presumed to encode a type I transmembrane protein of 864 amino acids with an apparent molecular weight of 97.8KDa. mIL−17Rは、アラニン−31およびセリン−32との間の切断部位を有するN末端シグナルペプチドを保有すると推測される。 mIL-17R is presumed to possess an N-terminal signal peptide with a cleavage site between alanine -31 and serine -32. 分子はまた、291アミノ酸細胞外ドメイン、21アミノ酸膜貫通ドメイン、および521アミノ酸細胞質テイルを含む。 Molecule also includes 291 amino acid extracellular domain, 21 amino acid transmembrane domain, and 521 amino acid cytoplasmic tail. ヒトイムノグロブリンIgG Human immunoglobulin IgG
1のFc部分に融合されたIL−17Rの細胞外ドメインの323アミノ酸から構成される可溶性組換えIL−17R分子は、マウスNIH−3T3細胞によるIL−17誘導IL−6産生を有意に阻害し得た(前出)。 Soluble recombinant IL-17R molecule consisting of 323 amino acids of the extracellular domain of the fused IL-17R in 1 of the Fc portion significantly inhibit the IL-17 induced IL-6 production by murine NIH-3T3 cells obtained (supra).

【0005】 興味深いことに、IL−17遺伝子の発現は、非常に制限される。 [0005] Interestingly, the expression of IL-17 gene is highly restricted. 代表的には、活性化されたTリンパ球記憶細胞において主に観察される(Broxmeye Typically, it is mainly observed in the T-lymphocyte memory cells activated (Broxmeye
r,H. r, H. 、J. , J. Exp. Exp. Med. Med. 183:2411−2415(1996);F 183: 2411-2415 (1996); F
ossiez,F. ossiez, F. ら、J. Et al., J. Exp. Exp. Med. Med. 183:2593−2603(1 183: 2593-2603 (1
996))。 996)). 逆に、IL−17レセプターは、多くの細胞および組織において発現されるようである(Rouvier,E.ら、J.Immunol.150: . Conversely, IL-17 receptor appears to be expressed in many cells and tissues (Rouvier, E et al., J.Immunol.150:
5445−5456(1993);Yao,Z. 5445-5456 (1993); Yao, Z. ら、J. Et al., J. Immunol. Immunol. 15 15
5:5483−5486(1995))。 5: 5483-5486 (1995)). しかし、Il−17自体がIL−17 However, Il-17 itself is IL-17
の発現においてオートクラインの役割を果たし得るならば、このことは、依然として認められる。 If the expression may play a role in autocrine, this is still observed. IL−17は、IL−6、IL−8、G−CSF、プロスタグランジンE(PGE 2 )および細胞内接着分子(ICAM)−1の発現において 原因因子として示唆されている(Fossiez,F.、前出;Yao,Z.ら、Immunity 3:811−821(1995))。 IL-17 is, IL-6, IL-8 , G-CSF, Prostaglandin E (PGE 2) and has been suggested as a causative factor in the expression of cell adhesion molecule (ICAM) -1 (Fossiez, F . , supra; Yao, Z, et al., Immunity 3:. 811-821 (1995)). これらの分子の各々は、非常に関連性があり、かつ潜在的に治療的価値のある特性を有する。 Each of these molecules are very are related and have the property of a potentially therapeutic value. 例えば、IL−6は、造血幹細胞および前駆体細胞の増殖および発現の調節に関与する(Ikebuchi,K.ら、Proc.Natl.Acad.Sci.USA For example, IL-6 is involved in the regulation of hematopoietic stem and progenitor cell proliferation and expression (Ikebuchi, K., Et al., Proc
84:9035−9039(1987);Gentile,P. 84: 9035-9039 (1987); Gentile, P. およびBro And Bro
xmeyer,H. xmeyer, H. E. E. 、Ann. , Ann. N. N. Y. Y. Acad. Acad. Sci. Sci. USA 628 USA 628
:74−83(1991))。 : 74-83 (1991)). IL−8は、幹細胞および骨髄前駆体の未成熟サブセットについての骨髄抑制活性を示す(Broxmeyer,H.E.ら、A IL-8 shows a myelosuppressive activity for immature subsets of stem cells and bone marrow precursors (Broxmeyer, H.E., Et al., A
nn. nn. Hematol. Hematol. 71:235−246(1995);Daly,T. 71: 235-246 (1995); Daly, T. J
. ら、J. Et al., J. Biol. Biol. Chem. Chem. 270:23282−23292(1995) 270: 23282-23292 (1995)
)。 ). G−CSFは、一般的に、造血、そしてより具体的には、好中球造血を活性化および刺激するために初期および後期の両方に作用する一方、PGE 2は、一 般的には、赤血球形成を増強し、リンパ球形成および骨髄形成を抑制し、そして単核球増殖を強く抑制する(Broxmeyer,H.E.、Amer.J.P G-CSF is generally hematopoiesis, and more specifically, one that acts on both early and late to activate and stimulate neutrophil hematopoiesis, PGE 2 is one general, the It enhances erythropoiesis, suppresses lymphopoiesis and bone marrow formation, and inhibit strongly mononuclear proliferation (Broxmeyer, H.E., Amer.J.P
ed. ed. Hematol. Hematol. /Oncol. / Oncol. 14:22−30(1992);Bro 14: 22-30 (1992); Bro
xmeyer,H. xmeyer, H. E. E. およびWilliams,D. And Williams, D. E. E. 、CRC Crit , CRC Crit
. Rev. Rev. Oncol. Oncol. /Hematol. / Hematol. 8:173−226(1988)) 8: 173-226 (1988))
.

【0006】 従って、免疫調節分子として機能し、そしてこれによって最終的に細胞の核に対する細胞外シグナルの伝達において機能するポリペプチドについての必要性が存在する。 Accordingly, function as immunomodulatory molecules, and thereby ultimately there is a need for polypeptides that function in the transduction of extracellular signals to the cell nucleus. なぜなら、そのような調節の撹乱は、細胞活性化、止血、脈管形成、 Since such disturbances of regulation, cell activation, hemostasis, angiogenesis,
腫瘍転移、細胞移動、および排卵、ならびに神経形成に関する障害に関与し得るからである。 Tumor metastasis, cell migration, and ovulation, as well since such residues may be involved in disorders related neurogenesis. 従って、そのような障害を、検出、予防、寛解または矯正することにおいて役割を担い得る、そのようなヒトポリペプチドを同定して、そして特徴付ける必要性が存在する。 Therefore, such a failure, detection, prevention, may play a role in ameliorating or correcting, and identify such human polypeptide, and there is a need to characterize.

【0007】 (発明の要旨) 本発明は、配列番号2に示される完全なアミノ酸配列、または1997年8月29日にATCC受託番号209232としてプラスミドDNAとして寄託されたcDNAクローン(HTSGS30と命名された)によってコードされる完全なアミノ酸配列を有するIL−20ポリペプチドの少なくとも一部をコードするポリヌクレオチドを含む、単離された核酸分子を提供する。 [0007] SUMMARY OF THE INVENTION The present invention is complete amino acid sequence shown in SEQ ID NO: 2, or was named cDNA clone (HTSGS30 deposited as plasmid DNA as ATCC Accession No. 209232 on August 29, 1997 ) by including a polynucleotide encoding at least a portion of the IL-20 polypeptide having the complete amino acid sequence encoded provides an isolated nucleic acid molecule. 寄託されたIL−2 It has been deposited with IL-2
0クローンを配列決定することにより決定されるヌクレオチド配列(これは、図1(配列番号1)に示される)は、180アミノ酸残基の完全なポリペプチドをコードするオープンリーディングフレーム(ヌクレオチド45〜47位のN末端メチオニンをコードする開始コドンを含み、そして約20.4kDaの推定分子量を有する)を含む。 0 clone nucleotide sequences is determined by sequencing (This is shown in Figure 1 (SEQ ID NO: 1)), the open reading frame encoding a complete polypeptide of 180 amino acid residues (nucleotides 45-47 It includes a start codon encoding the position of the N-terminal methionine, and including a) an estimated molecular weight of about 20.4KDa. 本発明の核酸分子は、配列番号2に示されるN末端メチオニンを除く完全なアミノ酸配列、またはHTSGS30に含まれるヒトcDNA The nucleic acid molecule of the present invention, human cDNA contained in the complete amino acid sequence, or HTSGS30 excluding N-terminal methionine shown in SEQ ID NO: 2
によってコードされるN末端メチオニンを除く完全なアミノ酸配列(これらの分子はまた、IL−20アミノ酸配列のN末端に融合されたさらなるアミノ酸をコードし得る)をコードする核酸分子を含む。 The complete amino acid sequence with the exception of N-terminal methionine encoded by (these molecules also can encode additional amino acids fused to the N-terminus of the IL-20 amino acid sequence) comprising a nucleic acid molecule encoding a.

【0008】 コードされたポリペプチドは、図1において下線を付けた20アミノ酸の推定リーダー配列を有し;そして推定成熟IL−20タンパク質のアミノ酸配列はまた、図1において、配列番号2におけるアミノ酸残基21〜180およびアミノ酸残基1〜160として、示される。 [0008] encoded polypeptide has the putative leader sequence of 20 amino acids underlined in Figure 1; and the amino acid sequence of the predicted mature IL-20 protein is also, in FIG. 1, amino acid residues in SEQ ID NO: 2 as base 21-180 and amino acid residues 1 to 160, are shown.

【0009】 従って、本発明の1つの局面は、以下からなる群より選択されるヌクレオチド配列を有するポリヌクレオチドを含む単離された核酸分子を提供する:(a)配列番号2の完全なアミノ酸配列(すなわち、配列番号2の−20位〜160位) Accordingly, one aspect of the invention provides an isolated nucleic acid molecule comprising a polynucleotide having a nucleotide sequence selected from the group consisting of: (a) the complete amino acid sequence of SEQ ID NO: 2 (i.e., -20 position 160 of SEQ ID NO: 2)
を有するIL−20ポリペプチドをコードする、ヌクレオチド配列;(b)N末端メチオニンを除く配列番号2の完全アミノ配列(すなわち、配列番号2の−1 Encoding IL-20 polypeptide having the nucleotide sequence; (b) complete amino acid sequence of SEQ ID NO: 2 except for the N-terminal methionine (i.e., SEQ ID NO: 2 -1
9位〜160位)を有するIL−20ポリペプチドをコードするヌクレオチド配列;(c)配列番号2の1位〜160位のアミノ配列を有する推定成熟IL−2 9th 160 of) a nucleotide sequence encoding an IL-20 polypeptide having; (c) predicted mature IL-2 having the amino sequence of position 1 to 160 of SEQ ID NO: 2
0ポリペプチドをコードするヌクレオチド配列;(d)HTSGS30に含まれるヒトcDNAによってコードされる完全アミノ酸配列を有するIL−20ポリペプチドをコードするヌクレオチド配列;(e)HTSGS30に含まれるヒトcDNAによってコードされるN末端メチオニンを除く完全アミノ酸配列を有するIL−20ポリペプチドをコードするヌクレオチド配列;(f)HTSGS3 Encoded by the human cDNA contained in (e) HTSGS30; nucleotide sequence encoding an IL-20 polypeptide having the complete amino acid sequence encoded by the human cDNA contained in (d) HTSGS30; 0 polypeptide nucleotide sequences encoding the nucleotide sequence encoding the IL-20 polypeptide having the complete amino acid sequence except that N-terminal methionine; (f) HTSGS3
0に含まれるヒトcDNAによってコードされるアミノ酸配列を有する成熟IL Mature IL having the amino acid sequence encoded by the human cDNA contained 0
−20ポリペプチドをコードするヌクレオチド配列;および(g)上記の(a) The nucleotide sequence encoding the -20 polypeptide; and (g) above (a)
〜(f)のヌクレオチド配列のいずれかに相補的なヌクレオチド配列。 A nucleotide sequence complementary to any of the nucleotide sequences of ~ (f).

【0010】 本発明のさらなる実施態様は、上記の(a)、(b)、(c)、(d)、(e [0010] A further embodiment of the present invention, the above-mentioned (a), (b), (c), (d), (e
)、(f)もしくは(g)のヌクレオチド配列のいずれかに対して少なくとも9 ), For at least one of the nucleotide sequences of (f) or (g) 9
0%同一(すなわち、最大10%異なる)、そしてより好ましくは少なくとも9 0% identical (i.e., up to 10% different), and more preferably at least 9
5%、96%、97%、98%、もしくは99%同一な(すなわち、最大5%、 5%, 96%, 97%, 98%, or 99% identical (i.e., up to 5%,
4%、3%、2%、もしくは1%異なる)ヌクレオチド配列を有するポリヌクレオチド、またはストリンジェントなハイブリダイゼーション条件下で上記の(a 4%, 3%, 2% or 1% different) a polynucleotide having a nucleotide sequence or under stringent hybridization conditions with the above, (a
)、(b)、(c)、(d)、(e)、(f)、もしくは(g)のポリヌクレオチドにハイブリダイズするポリヌクレオチドを含む、単離された核酸分子を含む。 ), Including (b), (c), (d), (e), (f), or comprising a polynucleotide hybridizing polynucleotide of (g), isolated nucleic acid molecules. このハイブリダイズするポリヌクレオチドは、ストリンジェントなハイブリダイゼーション条件下でA残基のみまたはT残基のみからなるヌクレオチド配列を有するポリヌクレオチドにハイブリダイズしない。 Polynucleotides that this hybridizing does not hybridize to a polynucleotide having the nucleotide sequence only comprising only or T residue A residue under stringent hybridization conditions. 本発明のさらなる核酸の実施態様は、上記の(a)、(b)、(c)、(d)、(e)または(f)のアミノ酸配列を有する、IL−20ポリペプチドのエピトープ保有部分のアミノ酸配列をコードするポリヌクレオチドを含む単離された核酸分子に関する。 Embodiment of the further nucleic acid of the present invention, the above-mentioned (a), (b), (c), (d), (e) or having the amino acid sequence of (f), epitope-bearing portions of the IL-20 polypeptide regarding to an isolated nucleic acid molecule comprising a polynucleotide encoding the amino acid sequence. 本発明のさらなる核酸の実施態様は、少なくとも1つの保存的アミノ酸置換(しかし50以下の保存的アミノ酸置換、さらにより好ましくは、40以下の保存的アミノ酸置換、なおより好ましくは、30以下の保存的アミノ酸置換、そしてなおさらにより好ましくは、20以下の保存的アミノ酸置換)を含むアミノ酸配列を有するI Embodiment of the further nucleic acid of the present invention, at least one conservative amino acid substitution (but 50 or fewer conservative amino acid substitutions, still more preferably, 40 or less conservative amino acid substitutions, even more preferably, conservative of 30 or less amino acid substitutions, and more preferably even further, I having an amino acid sequence comprising 20 or fewer conservative amino acid substitutions)
L−20ポリペプチドのアミノ酸配列をコードするポリヌクレオチドを含む単離された核酸分子に関する。 L-20 relates to an isolated nucleic acid molecule comprising a polynucleotide encoding the amino acid sequence of the polypeptide. 当然のように、絶えず増加しつづけている優先順に、 Not surprisingly, in priority order, which constantly continues to increase,
10、9、8、7、6、5、4、3、2、または1以下の保存的アミノ酸置換を含むアミノ酸配列を有するIL−20ポリペプチドのアミノ酸配列をコードするポリヌクレオチドのために非常に好ましい。 10,9,8,7,6,5,4,3,2 or 1 very for the following polynucleotides encoding the amino acid sequence of the IL-20 polypeptide having an amino acid sequence comprising conservative amino acid substitutions, preferable.

【0011】 本発明はまた、本発明の単離された核酸分子を含む組換えベクター、および組換えベクターを含む宿主細胞、ならびにこのようなベクターおよび宿主細胞を作製する方法、および組換え技術によるIL−20ポリペプチドまたはペプチドの産生のためにこれらを用いる方法に関する。 [0011] The present invention also provides a method of making a recombinant vector comprising an isolated nucleic acid molecule of the present invention, and host cells comprising the recombinant vectors, and such vectors and host cells, and by recombinant techniques to methods of using them for production of IL-20 polypeptide or peptide.

【0012】 本発明はさらに、以下からなる群より選択されるアミノ酸配列を含む単離されたIL−20ポリペプチドを提供する:(a)配列番号2に示される完全なアミノ酸配列(すなわち、配列番号2の−20位〜160位)を有する完全長IL− [0012] The present invention further provides an isolated IL-20 polypeptide comprising an amino acid sequence selected from the group consisting of: (a) SEQ ID NO: 2 complete amino acid sequence shown in (i.e., sequences full-length with a number -20 position to 160-position of the 2) IL-
20ポリペプチドのアミノ酸配列;(b)N末端メチオニンを除く配列番号2に示される完全アミノ配列(すなわち、配列番号2の−19位〜160位)を有する完全長IL−20ポリペプチドのアミノ酸配列;(c)配列番号2の1位〜1 The amino acid sequence of the 20 polypeptide; (b) N complete amino sequence shown terminal methionine in SEQ ID NO: 2, except for (i.e., -19 position 160 of SEQ ID NO: 2) amino acid sequence of full-length IL-20 polypeptide having the ; (c) 1 of SEQ ID NO: 2-1
60位のアミノ酸配列を有する推定成熟IL−20ポリペプチドのアミノ酸配列;(d)HTSGS30に含まれるヒトcDNAによってコードされる完全アミノ酸配列;(e)HTSGS30に含まれるヒトcDNAによってコードされるN末端メチオニンを除く完全アミノ酸配列;および(f)HTSGS30に含まれるヒトcDNAによってコードされる推定成熟IL−20ポリペプチドの完全アミノ酸配列。 N-terminal encoded by the human cDNA contained in (e) HTSGS30; predicted mature IL-20 amino acid sequence of a polypeptide having the 60-position amino acid sequence; (d) HTSGS30 complete amino acid sequence encoded by the human cDNA contained in and (f) HTSGS30 complete amino acid sequence of the predicted mature IL-20 polypeptide encoded by the human cDNA contained; complete amino acid sequence except methionine. 本発明のポリペプチドはまた、上記の(a)、(b)、(c)、 Polypeptides of the present invention is also the above (a), (b), (c),
(d)、(e)もしくは(f)に記載されるアミノ酸配列に対して少なくとも8 (D), at least with respect to the amino acid sequence set forth in (e) or (f) 8
0%同一(すなわち、最大20%異なる)、より好ましくは少なくとも90%同一(すなわち、最大10%異なる)、そしてさらにより好ましくは95%、96 0% identical (i.e., up to 20 different%), more preferably at least 90% identical (i.e., up to 10% different), and still more preferably 95%, 96
%、97%、98%、もしくは99%同一な(すなわち、最大5%、4%、3% %, 97%, 98%, or 99% identical (i.e., up to 5%, 4%, 3%
、2%、もしくは1%異なる)アミノ酸配列を有するポリペプチド、ならびに上記のアミノ酸配列に対して少なくとも90%の類似性、およびより好ましくは少なくとも95%の類似性を有するアミノ酸配列を有するポリペプチドを含む。 , 2% or 1% different) polypeptide having the amino acid sequence, and at least 90% similarity to the above amino acid sequences, and a polypeptide having a more preferred amino acid sequence having at least 95% similarity including.

【0013】 本発明のこの局面のさらなる実施態様は、上記の(a)、(b)、(c)、( A further embodiment of this aspect of the invention, the above-mentioned (a), (b), (c), (
d)、(e)または(f)に記載されるアミノ酸配列を有する、IL−20ポリペプチドのエピトープ保有部分のアミノ酸配列を含む、ペプチドまたはポリペプチドに関する。 d), it relates to (e) or (having the amino acid sequence set forth in f), comprising the amino acid sequence of an epitope-bearing portion of the IL-20 polypeptide, peptide or polypeptide. 本発明のIL−20ポリペプチドのエピトープ保有部分のアミノ酸配列を有するペプチドまたはポリペプチドは、少なくとも6または7個、好ましくは少なくとも9個、そしてより好ましくは少なくとも約30個のアミノ酸〜 Peptide or polypeptide having the amino acid sequence of an epitope-bearing portion of the IL-20 polypeptides of the present invention, at least 6, or 7, preferably at least 9, and more preferably at least about 30 amino acids to
約50個のアミノ酸を有する、このようなポリペプチドの部分を含むが、上記の本発明のポリペプチドの全アミノ酸配列までおよびこれを含む任意の長さのエピトープ保有ポリペプチドもまた、本発明に含まれる。 Having about 50 amino acids, including portions of such polypeptides, above any length epitope-bearing polypeptides of up to the entire amino acid sequence of the polypeptide and comprising the same of the present invention is also to present invention included.

【0014】 本発明のさらなる実施態様は、少なくとも1つの保存的アミノ酸置換(しかし50以下の保存的アミノ酸置換、さらにより好ましくは、40以下の保存的アミノ酸置換、なおより好ましくは、30以下の保存的アミノ酸置換、そしてなおさらにより好ましくは、20以下の保存的アミノ酸置換)を含むアミノ酸配列を有するIL−20ポリペプチドのアミノ酸配列を含むペプチドまたはポリペプチドに関する。 A further embodiment of the invention, at least one conservative amino acid substitution (but 50 or fewer conservative amino acid substitutions, still more preferably, 40 or less conservative amino acid substitutions, even more preferably, storage of 30 or less amino acid substitutions, and more preferably still further relates to a peptide or polypeptide comprising an amino acid sequence of the IL-20 polypeptide having an amino acid sequence comprising 20 or fewer conservative amino acid substitutions). 当然のように、絶えず増加しつづけている優先順に、少なくとも1つの(しかし10、9、8、7、6、5、4、3、2、または1以下の)保存的アミノ酸置換を含むIL−20ポリペプチドのアミノ酸配列を含むアミノ酸配列を有するペプチドまたはポリペプチドのために非常に好ましい。 Not surprisingly, continually in order of preference, which continues to increase, at least one (but 10,9,8,7,6,5,4,3,2 or 1 less) conservative amino acid substitutions IL- highly preferred for the peptide or polypeptide having an amino acid sequence comprising the amino acid sequence of the 20 polypeptide.

【0015】 別の実施態様において、本発明は、上記の(a)、(b)、(c)、(d)、 [0015] In another embodiment, the present invention is the above (a), (b), (c), (d),
(e)または(f)に記載されるアミノ酸配列を有するIL−20ポリペプチドに特異的に結合する単離された抗体を提供する。 (E) or provides an isolated antibody that specifically binds to IL-20 polypeptide having the amino acid sequence set forth in (f). 本発明はさらに、本明細書中に記載される通りのアミノ酸配列を有するIL−20ポリペプチドに特異的に結合する抗体を単離するための方法を提供する。 The present invention further antibodies that specifically bind to IL-20 polypeptide having the amino acid sequence as described herein provides a method for isolating. このような抗体は、下記の通りに診断的または治療的に有用である。 Such antibodies are diagnostically or therapeutically useful as follows.

【0016】 本発明はまた、例えば、T細胞の増殖または分化、細胞活性化、止血、脈管形成、腫瘍転移、細胞移動および排卵、ならびに神経形成に関連する障害を処置するために用いられ得るIL−20ポリペプチド、特にヒトIL−20ポリペプチドを含む薬学的組成物を提供する。 [0016] The present invention also provides, for example, proliferation or differentiation of T cells, cell activation, hemostasis, angiogenesis, tumor metastasis, cell migration and ovulation, as well as can be used to treat disorders related to neurogenesis IL-20 polypeptide, particularly a pharmaceutical composition comprising a human IL-20 polypeptide. IL−20ポリペプチドが必要な個体を処置する方法もまた提供される。 The method IL-20 polypeptide to treat an individual in need are also provided.

【0017】 本発明はさらに、インビトロの細胞、エクスビボの細胞、およびインビボの細胞、または多細胞生物への投与のためのIL−20ポリヌクレオチドまたはIL [0017] The present invention further provides in vitro cell, IL-20 polynucleotide or IL for administration ex vivo into cells, and in vivo cell or multicellular organism,
−20ポリペプチドを含む組成物を提供する。 Providing a composition comprising a -20 polypeptide. 本発明のこの局面の特に好ましい特定の実施態様では、組成物は、疾患の処置のための、宿主生物におけるIL− In a particularly preferred specific embodiment of this aspect of the invention, the composition for the treatment of diseases, in a host organism IL-
20ポリペプチドの発現のためのIL−20ポリヌクレオチドを含む。 Including IL-20 polynucleotide for expression of 20 polypeptide. これに関して特に好ましいのは、IL−20の異常な内在活性に関連する機能不全の処置のための、ヒト患者における発現である。 Particularly preferred in this regard for the treatment of a dysfunction associated with aberrant endogenous activity of IL-20, it is expression in a human patient.

【0018】 本発明はまた、IL−20ポリペプチドの生物学的活性を増強または阻害し得る化合物を同定するためのスクリーニング方法を提供する。 [0018] The present invention also provides a screening method for identifying compounds capable of enhancing or inhibiting the biological activity of IL-20 polypeptide. この方法は、IL− This method, IL-
20ポリペプチドにより増強されるレセプターを、IL−20ポリペプチドの存在下で候補化合物と接触させる工程、候補化合物およびIL−20ポリペプチドの存在下におけるIL−6分泌またはレセプターのリンパ球増殖活性をアッセイする工程、ならびにレセプター活性を標準レベルの活性と比較する工程(標準は、接触がレセプターとの間で、そしてIL−20ポリペプチドの存在下および候補化合物の非存在下で行なわれる場合にアッセイされる)を包含する。 A receptor that is enhanced by 20 polypeptide, comprising contacting a candidate compound in the presence of IL-20 polypeptide, a candidate compound and IL-20 in the presence of the polypeptide of IL-6 secretion or receptor lymphocyte proliferation activity assay when assaying, as well as step (standard for comparing the receptor activity to a standard level of activity, contact carried out in the absence of between receptor and presence and a candidate compound of IL-20 polypeptide It encompasses to). このアッセイでは、標準を超えるレセプター活性の増加は、候補化合物がIL−20活性のアゴニストであることを示し、そして標準と比較したレセプター活性の減少は、化合物がIL−20活性のアンタゴニストであることを示す。 In this assay, an increase in the receptor activity beyond the standard indicates that the candidate compound is an agonist of IL-20 activity, and a decrease in receptor activity compared to standard compound is an antagonist of IL-20 activity It is shown.

【0019】 別の局面において、候補化合物がIL−20のレセプターへの結合において有する効果を決定する工程を含む、アゴニストおよびアンタゴニストについてのスクリーニングアッセイが提供される。 [0019] In another aspect, a candidate compound comprises determining the effect of having the binding to the receptor of IL-20, screening assays for agonists and antagonists are provided. 特に、その方法は、IL−20ポリペプチドおよび候補化合物とレセプターを接触させる工程、ならびにレセプターに結合したIL−20ポリペプチドが、候補化合物の存在によって増加されるか、あるいは減少されるかを決定する工程を含む。 In particular, the method determining step of contacting the IL-20 polypeptide and a candidate compound and the receptor, and IL-20 polypeptide molecules bound to the receptor can, whether is increased by the presence of the candidate compound, or is reduced comprising the step of. このアッセイにおいて、標準的な結合を超えるIL−20の結合の増加は、候補化合物がIL−20結合活性のアゴニストであり、そして標準と比較したIL−20結合活性の減少は、その化合物がIL−20結合活性のアンタゴニストであることを示す。 In this assay, increased binding IL-20 that exceeds the standard binding a candidate compound is an agonist of IL-20 binding activity and a decrease in the standard as compared to the IL-20 binding activity, the compound is IL -20 shows that an antagonist of the binding activity.

【0020】 なお別の局面において、IL−20ポリペプチドは、ウイルスレセプターまたは補助レセプター(coreceptor)としてもまた機能する細胞表面タンパク質に結合し得る。 [0020] In yet another aspect, IL-20 polypeptide is capable of binding also to a functional cell surface proteins as a viral receptor or co-receptor (coreceptor). 従って、IL−20、またはそのアゴニストもしくはアンタゴニストは、ウイルス結合、またはIL−20レセプターもしくは補助レセプターとの相互作用、またはウイルスの内部移行もしくは細胞内への侵入のプロセスの間のレベルにおいて、ウイルスの感染性を調節するために使用され得る。 Thus, IL-20 or an agonist or antagonist thereof, it is at the level during the process of viral binding, or entering the IL-20 interaction with the receptor or co-receptor, or internalization or intracellular virus, the virus It may be used to regulate infectivity.

【0021】 IL−20が胸腺においてだけではなく、胸腺腫瘍、および12週齢のヒト胚全体においてもまた発現することが見出されている。 [0021] IL-20 not only in the thymus, have been found to also express in the whole thymus tumor, and 12-week-old human embryos. 従って、本発明の核酸は、 Thus, the nucleic acid of the present invention,
生物学的サンプル中に存在する組織または細胞型の差示的同定のためのハイブリダイゼーションプローブとして有用である。 Useful as hybridization probes for differential identification of the tissue or cell type present in a biological sample. 同様に、これらのポリペプチドに対するポリペプチドおよび抗体は、組織または細胞型の差示的同定のための免疫学的プローブを提供するために有用である。 Similarly, polypeptides and antibodies to these polypeptides are useful to provide immunological probes for tissue or differences in cell type (s) identified. さらに、上記の(特に、免疫系の)組織または細胞の多くの障害については、「標準」のIL−20遺伝子発現レベル(すなわち、免疫系の障害を有さない個体からの健常組織におけるIL−20発現レベル)に対して有意に高いかまたは低いレベルのIL−20遺伝子発現は、 Moreover, the above (particularly of the immune system) For a number of disorders of tissues or cells, IL-20 gene expression level of the "standard" (i.e., in healthy tissue from an individual not having the disorder of the immune system IL- IL-20 gene expression significantly higher or lower levels relative to the 20 expression level)
このような障害を有する個体から採取された特定の組織(例えば、ガン組織および創傷組織)または体液(例えば、血清、血漿、尿、滑液、もしくは髄液)において検出され得る。 Such a disorder of the tissue taken from an individual having (e.g., cancerous and wounded tissues) or bodily fluids (e.g., serum, plasma, urine, synovial fluid or spinal fluid) can be detected in. 従って、本発明は、このような障害の診断の間に有用な診断方法を提供する。 Accordingly, the present invention provides a diagnostic method useful during diagnosis of such disorders. この方法は以下の工程を包含する:(a)個体の細胞または体液におけるIL−20遺伝子の発現レベルをアッセイする工程:(b)IL−2 The method includes the steps of: (a) an individual cell or assaying the expression level of IL-20 gene in body fluids: (b) IL-2
0遺伝子の発現レベルを、標準のIL−20遺伝子の発現レベルと比較し、それによって標準の発現レベルと比較して、アッセイされたIL−20遺伝子の発現レベルの増加または減少は、免疫系における障害を示す、工程。 The expression level of 0 gene, compared to the standard IL-20 gene expression level, whereby compared to the standard expression level is increased or decreased expression level of the assayed IL-20 gene, in the immune system indicate a fault, process.

【0022】 内在性のIL−20の、観察された胸腺に制限された発現のさらなる結果は、 The endogenous IL-20, further result of the restricted expression in observed thymus,
本発明のIL−20が、T細胞の特定のサブセットについて、一般的な他の免疫細胞について、他の免疫細胞の他の特定のサブセット、またはそれらの任意の組合せについて、一般的なT細胞の増殖および分化の調節において有用であり得ることである。 IL-20 of the present invention is, for a particular subset of T cells, the other common immune cells, other specific subsets of other immune cells or for any combination thereof, of the general T-cell it is to be useful in the regulation of proliferation and differentiation. 従って、本発明のIL−20は、自己免疫性疾患、造血性疾患もしくは障害(AIDSを含む)、関節炎、あるいは正常もしくは異常細胞性、または加齢に関する全身性の疾患などを含む、免疫系に関する障害を治療的に処置するために使用され得る。 Thus, IL-20 of the present invention, autoimmune disease, hematopoietic disease or disorder (including AIDS), including arthritis, or normal or abnormal cellular, or a systemic disease related aging relates immune system It may be used to therapeutically treat a disorder.

【0023】 本発明のさらなる局面は、身体におけるIL−20活性のレベルの増加が必要な個体を処置する方法に関する。 [0023] A further aspect of the present invention is directed to a method of treating a IL-20 activity level required individuals an increase in the in the body. この方法は、このような個体に、本発明の単離されたIL−20ポリペプチドまたはそのアゴニストの治療有効量を含有する組成物を投与する工程を包含する。 The method, in such individuals, comprising administering a composition containing a therapeutically effective amount of an isolated IL-20 polypeptide or an agonist of the present invention.

【0024】 本発明のなおさらなる局面は、身体におけるIL−20活性のレベルの減少が必要な個体を処置するための方法に関する。 [0024] A still further aspect of the present invention relates to a method for treating a IL-20 activity level should individuals decrease in the body. この方法は、このような個体に、I This method is, in such individuals, I
L−20アンタゴニストの治療有効量を含有する組成物を投与する工程を包含する。 Comprising administering a composition containing a therapeutically effective amount of L-20 antagonist. 本発明において使用するのに好ましいアンタゴニストは、IL−20特異的抗体である。 Preferred antagonists for use in the present invention is IL-20 specific antibody.

【0025】 (詳細な説明) 本発明は、クローニングされたcDNAを配列決定することにより決定された、配列番号2に示されるアミノ酸配列を有するIL−20ポリペプチドをコードするポリヌクレオチドを含む、単離された核酸分子を提供する。 [0025] DETAILED DESCRIPTION The present invention comprises a polynucleotide encoding determined by sequencing the cloned cDNA, the IL-20 polypeptide having the amino acid sequence shown in SEQ ID NO: 2, single It provides a nucleic acid molecule that has been released. 図1に示されるヌクレオチド配列(配列番号1)は、アメリカンタイプカルチャーコレクション(10801 University Boulevard, Manassa The nucleotide sequence shown in Figure 1 (SEQ ID NO: 1) American Type Culture Collection (10801 University Boulevard, Manassa
s, VA 20110)に1997年8月29日に寄託され、そしてATCC s, been deposited on August 29, 1997 to VA 20110), and ATCC
受託番号209232が与えられたHTSGS30クローンを配列決定することによって得られた。 Was obtained by sequencing the HTSGS30 clone accession number 209232 is given. 寄託されたクローンは、pBluescript SK(− Deposited clone, pBluescript SK (-
)プラスミド(Stratagene, La Jolla, CA)に含まれている。 ) Contained in the plasmid (Stratagene, La Jolla, CA). クローンHTSGS30はまた、等モル量で共にプールされた50のプラスミドの1つとしてATCCに寄託された。 Clone HTSGS30 also are both deposited with the ATCC as one of the pooled 50 plasmids in equimolar amounts. プールされた寄託物は、1997 Pooled deposits, 1997
年7月3日に作製され、そしてATCC受託番号209138が与えられた。 Made in the year July 3, and ATCC Accession No. 209138 is given.

【0026】 本発明のIL−20タンパク質は、ヒトIL−17のmRNA(図2;配列番号3)の翻訳産物と配列相同性を共有する。 [0026] IL-20 protein of the present invention, mRNA of the human IL-17; shares sequence homology with the translation product (Figure 2 SEQ ID NO: 3). ヒトIL−17は、重要な免疫調節分子であると考えられている。 Human IL-17 is believed to be an important immunomodulatory molecule. IL−17/IL−17レセプター複合体は、N IL-17 / IL-17 receptor complex, N
F−κB活性を活性化する。 Activate F-[kappa] B activity. NF−κBは、増殖制御に関与する多くの遺伝子産物を制御することが知られる転写因子である。 NF-[kappa] B is a transcription factor which is known to control many gene products involved in growth control. NF−κB誘導遺伝子産物は、免疫応答、炎症性応答、または急性期応答に関与する分子(例えば、免疫グロブリン軽鎖、主要組織適合遺伝子複合体(MHC)、IL−2R a鎖、およびIL NF-[kappa] B induced gene products, immune response, molecules involved in the inflammatory response, or acute phase response (for example, immunoglobulin light chain, major histocompatibility complex (MHC), IL-2R a chain, and IL
−1b、IL−6、およびTNFaのようなサイトカイン)を含む。 -1b, including cytokines), such as IL-6, and TNFa. NF−κB NF-κB
は、T細胞におけるHIVエンハンサーを直接的に刺激し、そしてそれ自体、発ガン性の潜在能力を有する異なるウイルスタンパク質(例えば、B型肝炎ウイルスHBXタンパク質、EBVLMP1、およびHTLV−1 Taxタンパク質)によって活性化され得る。 Is directly stimulate HIV enhancer in T-cells, and as such, different viral proteins with the potential of carcinogenic (e.g., B-type hepatitis virus HBX protein, EBVLMP1, and HTLV-1 Tax protein) by activity It may be of. TaxによるNF−κBの誘導は、IL−2およびIL−2Rのアップレギュレーション、ならびに引き続いて制御されないT細胞増殖を生じる。 Induction of NF-[kappa] B by Tax results IL-2 and IL-2R upregulation of, as well as T cell proliferation uncontrolled subsequently. IL−17およびHVS13、HVSの遺伝子産物、ならびにI IL-17 and HVS13, HVS gene products, as well as I
L−17のマウス対応物は、IL−6発現を強力に誘導する。 Mouse counterpart of L-17 potently induce IL-6 expression. IL−6は、骨髄腫、プラズマ細胞腫、およびハイブリドーマについて強力な増殖因子であり、そしてレナートリンパ腫T細胞の増殖に関与する。 IL-6 is a myeloma, plasmacytoma, and is a potent growth factor for hybridomas and is involved in the growth of Lennert's lymphomas T cells.

【0027】 (核酸分子) 他に示されない限り、本明細書中でDNA分子を配列決定することによって決定されたすべてのヌクレオチド配列は、自動化DNA配列決定機(例えば、Ap [0027] (nucleic acid molecule) Unless otherwise indicated, all nucleotide sequences determined by sequencing a DNA molecule herein, automated DNA sequencing machines (e.g., Ap
plied Biosystems, Inc. plied Biosystems, Inc. ,Foster City,C , Foster City, C
AからのModel 373)を用いて決定され、そして本明細書中で決定されるDNA分子によってコードされるポリペプチドのすべてのアミノ酸配列は、上記のように決定されるDNA配列の翻訳によって推定された。 It determined using Model 373) from A, and all amino acid sequences of polypeptides encoded by DNA molecules determined herein were predicted by translation of a DNA sequence determined as above It was. 従って、この自動化アプローチによって決定された任意のDNA配列について当該分野において公知のように、本明細書中で決定される任意のヌクレオチド配列はいくつかの誤差を含み得る。 Therefore, as for any DNA sequence determined by this automated approach known in the art, any nucleotide sequence determined herein may contain some errors. 自動化によって決定されるヌクレオチド配列は、配列決定されるD D nucleotide sequence determined by automated, to be sequenced
NA分子の実際のヌクレオチド配列に対して、代表的には少なくとも約90%同一、より代表的には少なくとも約95%から少なくとも約99.9%同一である。 The actual nucleotide sequence of the NA molecules, typically at least about 90% identical to, more typically at least about 99.9% identical to at least about 95%. 実際の配列は、当該分野において周知の手動DNA配列決定方法を含む他のアプローチによってさらに正確に決定され得る。 The actual sequence can be more precisely determined by other approaches including manual DNA sequencing methods well known in the art. 当該分野においてまた公知のように、実際の配列と比較した、決定されるヌクレオチド配列における単一の挿入または欠失は、ヌクレオチド配列の翻訳においてフレームシフトを引き起こし、その結果、決定されるヌクレオチド配列によってコードされる推定アミノ酸配列は、配列決定されるDNA分子によって実際にコードされるアミノ酸配列とは完全に異なる。 As is also known in the art and compared to the actual sequence, a single insertion or deletion in the nucleotide sequence determined causes a frame shift in translation of the nucleotide sequence, the result, the nucleotide sequence determined encoded deduced amino acid sequence is completely different from the actual encoded amino acid sequence by DNA molecules to be sequenced. このような差異は、このような挿入または欠失の点にて始まる。 Such differences, starting at a point of such an insertion or deletion.

【0028】 核酸分子またはポリヌクレオチドの「ヌクレオチド配列」によって、DNA分子またはポリヌクレオチドについてはデオキシリボヌクレオチドの配列、およびRNA分子またはポリヌクレオチドについては対応するリボヌクレオチド(A, [0028] By "nucleotide sequence" of a nucleic acid molecule or polynucleotide, the sequence of deoxyribonucleotides for a DNA molecule or polynucleotide, and ribonucleotides (A corresponding for RNA molecule or polynucleotide,
G,CおよびU)の配列(ここで、特定したデオキシリボヌクレオチド配列中のそれぞれのチミジンデオキシリボヌクレオチド(T)がリボヌクレオチドウリジ ン(U)により置換される)が、意図される。 G, (wherein each thymidine deoxyribonucleotide nucleotide sequences identified (T) sequences of C and U) is is replaced by the ribonucleotide Uri di emissions (U)), it is contemplated.

【0029】 本明細書中に提供した情報、例えば、図1(配列番号1)のヌクレオチド配列を使用して、IL−20ポリペプチドをコードする本発明の核酸分子は、標準のクローニングおよびスクリーニング手順(例えば、出発物質としてmRNAを使用してcDNAをクローン化する手順)を使用して入手され得る。 The information provided herein, for example, using nucleotide sequence of Figure 1 (SEQ ID NO: 1), nucleic acid molecules of the invention encoding the IL-20 polypeptide, the standard cloning and screening procedures (e.g., steps to clone the cDNA using mRNA as starting material) may be obtained using. 本発明の実例として、図1(配列番号1)に記述される核酸分子は、胸腺由来のcDNAライブラリー中に発見された。 Illustrative of the invention, the nucleic acid molecule described in Figure 1 (SEQ ID NO: 1) was discovered in a cDNA library derived from the thymus. 同じ遺伝子のさらなるクローンもまた、胸腺腫瘍および12週齢のヒト胚全体のcDNAライブラリーにおいて同定された。 Additional clones of the same gene were also identified in cDNA libraries of the entire human embryonic thymus tumor, and 12 weeks of age.

【0030】 図1(配列番号1)のIL−20 cDNAの決定されたヌクレオチド配列は、180アミノ酸残基のタンパク質(図1(配列番号1)中のヌクレオチド配列のヌクレオチドの45〜47位の開始コドン、および約20.4kDaの推定分子量を有する)をコードするオープンリーディングフレームを含む。 FIG. 1 (SEQ ID NO: 1) of the IL-20 cDNA of the determined nucleotide sequence, starting at position 45 to 47 of 180 amino acid residues of the protein (FIG. 1 (SEQ ID NO: 1) nucleotide sequence in the nucleotide codon, and it contains an open reading frame encoding about having a predicted molecular weight of 20.4kDa). 配列番号2 SEQ ID NO: 2
中に示されるIL−20タンパク質のアミノ酸配列は、ヒトIL−17 mRN The amino acid sequence of IL-20 protein shown in the human IL-17 mRNA
A(図2;Yao,Zら、J.Immunol.155:5483−5486( A (Figure 2; Yao, Z et al., J.Immunol.155: 5483-5486 (
1995);GenBank登録番号U32659)と、約34.0%同一であった。 1995); and GenBank Accession No. U32659), it was about 34.0% identical.

【0031】 (リーダー配列および成熟配列) 完全IL−20タンパク質のアミノ酸配列は、配列番号2に示されるような、 [0031] such as the amino acid sequence of (leader sequence and the mature sequence) completely IL-20 protein is shown in SEQ ID NO: 2,
リーダー配列および成熟タンパク質を含む。 Including the leader sequence and the mature protein. より詳細には、本発明は、IL−2 More particularly, the present invention, IL-2
0タンパク質の成熟形態をコードする核酸分子を提供する。 Providing a nucleic acid molecule encoding a mature form of the 0 protein. 従って、シグナル仮定に従って、一旦、成長するタンパク質鎖の粗面小胞体を横切る輸送が開始されると、哺乳動物細胞によって分泌されたタンパク質は、シグナルまたはリーダー配列を有し、これは完全ポリペプチドから切断されて、タンパク質の分泌された「成熟」形態を産生する。 Therefore, according to the signal hypothesis, once the transport across the rough endoplasmic reticulum of the growing protein chain is initiated, proteins secreted by mammalian cells have a signal or leader sequence, which is the full polypeptide It is cleaved to produce the secreted "mature" form of the protein. ほとんどの哺乳動物細胞、および昆虫細胞さえ、分泌されたタンパク質を同じ特異性で切断する。 Most mammalian cells and insect cells even cleave secreted proteins with the same specificity. しかし、いくつかの場合、分泌されたタンパク質の切断は、全体的に均一ではなく、タンパク質の2つ以上の成熟種を生じる。 However, in some cases, cleavage of a secreted protein is not totally uniform, resulting in more than one mature species of the protein. さらに、分泌されたタンパク質の切断特異性は、究極的には、完全タンパク質の一次構造によって決定されること、すなわち、ポリペプチドのアミノ酸配列に固有であることが公知である。 Furthermore, cleavage specificity of a secreted protein is ultimately be determined by the primary structure of the complete protein, that is, known to be specific to the amino acid sequence of the polypeptide. それゆえ、本発明は、クローンHTSG Therefore, the present invention is, clone HTSG
S30に含まれるcDNAによってコードされるアミノ酸配列を有する成熟IL Mature IL having the amino acid sequence encoded by the cDNA contained to S30
−20ポリペプチドをコードするヌクレオチド配列を提供する。 Providing a nucleotide sequence encoding the -20 polypeptide. 「HTSGS3 "HTSGS3
0のヒトcDNAによってコードされるアミノ酸配列を有する成熟IL−20ポリペプチド」によって、2度の別個の機会にATCCに寄託されたクローンHT The mature IL-20 polypeptide "having the amino acid sequence encoded by 0 human cDNA, deposited with the ATCC on twice separate occasions clones HT
SGS30のヒトDNA配列によってコードされる完全なオープンリーディングフレームの哺乳動物細胞(例えば、以下に記載のような、COS細胞)中の発現によって産生されるIL−20タンパク質の成熟形態が意味される。 Complete open reading frame of mammalian cells is encoded by the human DNA sequence of the SGS 30 (e.g., as described below, COS cells) the mature form of IL-20 proteins produced by expression in is meant.

【0032】 さらに、タンパク質が分泌リーダー並びにリーダー配列の切断点を有するかどうかを推定するための方法が利用できる。 Furthermore, methods for protein to estimate whether having a cutting point of a secretory leader as well as leader sequence are available. 例えば、McGeoch(Virus For example, McGeoch (Virus
Res. Res. 3:271−286(1985))の方法では、完全な(非切断の) 3: 271-286 (1985)) In the method, complete (uncleaved)
タンパク質の短いN末端荷電領域およびその後の非荷電領域からの情報が使用される。 Information from the short N-terminal charged region and a subsequent uncharged region of the protein is used. von Heinjeの方法(Nucleic Acids Res.1 von Heinje of method (Nucleic Acids Res.1
4:4683−4690(1986))では、切断部位の周囲の残基(代表的には、残基−13〜+2、ここで、+1は成熟タンパク質のアミノ末端を示す)からの情報が使用される。 4: 4683-4690 In (1986)), on the periphery of the residues (typically of the cleavage site, residues -13 + 2, where + 1 is used information from the show) the amino terminus of the mature protein that. 各これらの方法に関して既知の哺乳動物分泌タンパク質の切断点を推定する精度は、75〜80%の範囲にある(von Heinje Accuracy of estimating the breakpoints of known mammalian secretory proteins for each of these methods is in the range of 75-80% (von Heinje
、前出)。 , Supra). しかしこの2つの方法は、所定のタンパク質に関して同じ推定切断点を常に生じるとは限らない。 However the two methods do not always produce the same putative cleavage point for a given protein.

【0033】 この場合、完全なIL−20ポリペプチドの推定アミノ酸配列は、京都大学、 [0033] In this case, the predicted amino acid sequence of the complete IL-20 polypeptide, Kyoto University,
化学研究所(Nakai,K.および Kanehisa,M.,Genomi Chemical Laboratory (Nakai, K. And Kanehisa, M., Genomi
cs 14:897−911(1992))のKenta Nakai博士より入手可能なコンピュータープログラム「PSORT」により解析された。 cs 14: 897-911 (1992)) has been analyzed by Kenta Nakai Dr. available from computer programs "PSORT" of. PSO PSO
RTはアミノ酸配列に基づくタンパク質の細胞位置を推定するための専門システムである。 RT is a professional system for estimating cellular location of a protein based on the amino acid sequence. 局在化のこのコンピューター推定の一環として、McGeochおよびvon Heinjeの方法が取りこまれる。 As part of this computer putative localization, the methods of McGeoch and von Heinje are incorporated. 従って、上記のコンピューター解析は、配列番号2の完全アミノ酸配列内で、単一の切断部位を予測した。 Therefore, the above computer analysis, within the complete amino acid sequence of SEQ ID NO: 2, predicted a single cleavage site.

【0034】 示されるように、本発明の核酸分子は、RNAの形態(例えばmRNA)で、 [0034] As indicated, nucleic acid molecules of the present invention, in the form of RNA (e.g. mRNA),
またはDNAの形態(例えば、クローニングにより入手または合成的に生産されるcDNAおよびゲノムDNAを含む)であり得る。 Or in the form of DNA (e.g., including cDNA and genomic DNA are produced obtained or synthetically by cloning) may be. このDNAは二本鎖または一本鎖であり得る。 The DNA may be double-stranded or single-stranded. 一本鎖DNAまたはRNAは、センス鎖(sense st Single-stranded DNA or RNA, the sense strand (sense st
rand)としても知られるコード鎖(coding strand)であり得、またはアンチセンス鎖(anti−sense strand)とも呼ばれる非コード鎖(non−coding strand)であり得る。 It may be non-coding strand, also known as yield a coding strand, also known as rand) (coding strand) or an antisense strand, (anti-sense strand) (non-coding strand).

【0035】 特定の実施態様において、本発明のポリヌクレオチドは、長さにおいて300 [0035] In certain embodiments, the polynucleotide of the present invention, the length 300
kb、200kb、100kb、50kb、15kb、10kb、または7.5 kb, 200kb, 100kb, 50kb, 15kb, 10kb, or 7.5,
kbより小さい。 kb smaller. さらなる実施態様において、本発明のポリヌクレオチドは、I In a further embodiment, the polynucleotide of the present invention, I
L−20コード配列の少なくとも15の連続するヌクレオチドを含むが、しかし、いかなるIL−20イントロンの全体または部分をも含まない。 They comprise at least 15 contiguous nucleotides of the L-20 coding sequence, but does not contain all or part of any IL-20 intron. 別の実施態様において、IL−20コード配列を含む核酸は、ゲノム隣接遺伝子(すなわち、 In another embodiment, nucleic acids comprising IL-20 coding sequence, the genomic neighboring genes (i.e.,
ゲノムのIL−20コード配列に対して5'または3')のコード配列を含まない。 It does not include the coding sequence of the 5 'or 3') to the genome of the IL-20 coding sequence.

【0036】 「単離された」核酸分子によって、ネイティブな環境から取り出された核酸分子(DNAまたはRNA)が意図される。 [0036] By "isolated" nucleic acid molecule, the nucleic acid has been removed from its native environment molecules (DNA or RNA) is intended. 例えば、ベクター中に含まれる組換えDNA分子は、本発明の目的のために単離されていると考えられる。 For example, recombinant DNA molecules contained in a vector are considered isolated for the purposes of the present invention. 単離されたDNA分子のさらなる例は、異種の宿主細胞において維持される組換えDNA分子、または溶液中の(部分的または実質的に)精製されたDNA分子を含む。 Further examples of isolated DNA molecules include recombinant DNA molecules maintained in heterologous host cells, or purified (partially or substantially) DNA molecules. 単離されたRNA分子は、本発明のDNA分子のインビボまたはインビトロでのR Isolated RNA molecules, R in vivo or in vitro DNA molecules of the present invention
NA転写物を含む。 Including NA transcript. 本発明に従う単離された核酸分子は、合成的に生成されたような分子をさらに含む。 Isolated nucleic acid molecules according to the present invention further comprises a molecule as produced synthetically.

【0037】 本発明の単離された核酸分子としては、図1(配列番号1)に示されるヌクレオチド配列の45〜47位の開始コドンを有するインフレームで始まるオープンリーディングフレーム(ORF)を含むDNA分子が挙げられる。 [0037] as an isolated nucleic acid molecule of the present invention, DNA including open reading frame (ORF) starting in frame with a 45 to 47-position of the initiation codon of the nucleotide sequence shown in Figure 1 (SEQ ID NO: 1) molecule, and the like.

【0038】 配列番号2の1〜160位に示される推定成熟IL−20タンパク質についてのコード配列を含むDNA分子もまた、含まれる。 The DNA molecule comprising the coding sequence for predicted mature IL-20 protein shown in position 1 to 160 of SEQ ID NO: 2 are also included.

【0039】 さらに、本発明の単離された核酸分子としては、上記の配列とは実質的に異なるが、遺伝コードの縮重により、なおIL−20タンパク質をコードする配列を含むDNA分子が挙げられる。 [0039] Further, as the isolated nucleic acid molecule of the present invention, the above sequence is substantially different, due to the degeneracy of the genetic code, still include a DNA molecule comprising a sequence encoding the IL-20 protein It is. もちろん、遺伝コードおよび種特異的コドン優先度は、当該分野で周知である。 Of course, the genetic code and species-specific codon preferences are well known in the art. 従って、例えば、特定の宿主に関してコドン発現を至適化する(例えば、ヒトmRNA中のコドンをE.coliのような細菌宿主に好ましいコドンに変更する)ために上記の縮重改変体を生成することは当業者にとって慣用的である。 Thus, for example, to optimize codon expression with respect to a particular host (e.g., change codons in the human mRNA to a preferred codons for bacterial host such as E. coli) to produce the degenerate variants for it is routine to one of ordinary skill in the art.

【0040】 別の局面において、本発明は、クローンHTSGS30中に含まれるcDNA [0040] In another aspect, the present invention is, cDNA contained in the clone HTSGS30
クローンによりコードされるアミノ酸配列を有するIL−20ポリペプチドをコードしている単離した核酸分子を提供する。 It provides an isolated nucleic acid molecule encoding an IL-20 polypeptide having the amino acid sequence encoded by the clone.

【0041】 好ましくは、この核酸分子は、上記の寄託されたcDNAクローンによってコードされる成熟ポリペプチドをコードする。 [0041] Preferably, the nucleic acid molecule encoding a mature polypeptide encoded by the above-described deposited cDNA clone.

【0042】 本発明は、図1(配列番号1)に示されるヌクレオチド配列もしくは上記の寄託クローンに含まれるIL−20 cDNAのヌクレオチド配列を有する単離された核酸分子、または上記の配列の1つに相補的な配列を有する核酸分子をさらに提供する。 [0042] The present invention, one of the isolated nucleic acid molecule or the sequence has the nucleotide sequence or IL-20 cDNA nucleotide sequence contained in the above deposited clone shown in Figure 1 (SEQ ID NO: 1) further provides a nucleic acid molecule having a sequence complementary to. このような単離した分子、特にDNA分子は、染色体とのインサイチュハイブリダイゼーションによる遺伝子地図作成に使用するプローブとして、 Such isolated molecules, particularly DNA molecules, as probes for use in genetic mapping by in situ hybridization with chromosomes,
およびヒト組織のIL−20遺伝子の発現を(例えば、ノーザンブロット解析によって)検出するために有用である。 And human tissue IL-20 gene expression (e.g., by Northern blot analysis) are useful to detect.

【0043】 本発明はさらに、本明細書中に記述されるヌクレオチド配列の一部をコードする核酸分子、並びに本明細書中に記述した単離した核酸分子のフラグメントに関する。 [0043] The present invention further provides a nucleic acid molecule encoding a portion of the nucleotide sequences described herein, as well as to fragments of the isolated nucleic acid molecules described herein. 特に本発明は、配列番号1の1〜602位からなる配列番号1の一部を表しているヌクレオチド配列を有するポリヌクレオチドを提供する。 In particular, the present invention provides a polynucleotide having a nucleotide sequence representing the portion of SEQ ID NO: 1 consisting of from 1 to 602 of SEQ ID NO: 1.

【0044】 さらに本発明は、配列番号1の広範な部分に関連したヌクレオチド配列:HT [0044] The invention further nucleotide sequences related to extensive portions of SEQ ID NO 1: HT
YSK30Rb(配列番号4)を有する核酸分子を提供する。 A nucleic acid molecule having a YSK30Rb (SEQ ID NO: 4). 本発明の1つの実施態様において、好ましいポリヌクレオチドは配列番号4からならないか、または配列番号4を含まない。 In one embodiment of the present invention, preferred polynucleotides are either not of SEQ ID NO: 4, or does not contain SEQ ID NO: 4.

【0045】 さらに本発明には、配列番号1の残基60〜599からの少なくとも約30ヌクレオチド、好ましくは少なくとも約50ヌクレオチドの任意の部分を含むポリヌクレオチドが含まれる。 [0045] Furthermore, according to the present invention, at least about 30 nucleotides from residues 60-599 of SEQ ID NO: 1, preferably include a polynucleotide comprising any portion of at least about 50 nucleotides. 好ましくは、本発明には、配列番号1の残基103〜 Preferably, the present invention is, of SEQ ID NO: 1 residues 103 to
584からの、少なくとも約30ヌクレオチド、好ましくは少なくとも約50ヌクレオチドの任意の部分を含むポリヌクレオチドが含まれる。 From 584, at least about 30 nucleotides, preferably include a polynucleotide comprising any portion of at least about 50 nucleotides. より好ましくは、 More preferably,
本発明には、ヌクレオチド残基1〜500、25〜525、50〜550、75 In the present invention, nucleotide residues 1~500,25~525,50~550,75
〜575、100〜600、125〜625、150〜650、175〜675 ~575,100~600,125~625,150~650,175~675
、200〜700、103〜595、103〜590、103〜585、103 , 200~700,103~595,103~590,103~585,103
〜580、103〜575、103〜570、103〜565、103〜560 ~580,103~575,103~570,103~565,103~560
、103〜555、103〜550、103〜545、103〜540、103 , 103~555,103~550,103~545,103~540,103
〜535、103〜530、103〜525、103〜520、103〜515 ~535,103~530,103~525,103~520,103~515
および103〜510を含むポリヌクレオチドが含まれる。 And a polynucleotide comprising a 103-510.

【0046】 より一般的には、寄託したcDNAのヌクレオチド配列または図1(配列番号1)に示されるヌクレオチド配列を有する単離した核酸分子のフラグメントにより、本明細書中に議論したような診断プローブおよびプライマーとして有用である、少なくとも約15nt、より好ましくは少なくとも約20nt、さらにより好ましくは少なくとも約30nt、なおより好ましくは少なくとも約40nt長のフラグメントが意図される。 [0046] More generally, by a fragment of the isolated nucleic acid molecule having the nucleotide sequence shown in nucleotide sequence or diagram the deposited cDNA 1 (SEQ ID NO: 1), diagnostic probes as discussed herein and it is useful as primers, at least about 15 nt, more preferably at least about 20 nt, still more preferably at least about 30 nt, still more preferably a fragment of at least about 40nt length are contemplated. もちろん、寄託したcDNAの、または図1(配列番号1)に示したヌクレオチド配列の全てではないとしても、ほとんどに対応するフラグメントと同様に、50〜300nt長のより大きなフラグメントもまた、本発明によって有用である。 Of course, the the deposited cDNA, or if not all of the nucleotide sequence shown in FIG. 1 (SEQ ID NO: 1), as in the fragments corresponding to most, even larger fragments of 50~300nt length Also provided by the present invention it is useful. 少なくとも20nt長のフラグメントにより、 By the fragment of at least 20nt length,
例えば、寄託したcDNAのヌクレオチド配列または図1(配列番号1)に示される通りのヌクレオチド配列からの20以上の連続した塩基を含むフラグメントが意図される。 For example, fragments which include 20 or more contiguous bases from the nucleotide sequence as shown in the nucleotide sequence or diagram the deposited cDNA 1 (SEQ ID NO: 1) is intended. 本発明の好ましい核酸フラグメントは、図3において同定しかつ以下により詳細に記述したようなIL−20ポリペプチドのエピトープ保有部分をコードする核酸分子を含む。 Preferred nucleic acid fragments of the present invention include nucleic acid molecules encoding epitope-bearing portions of the IL-20 polypeptide as described in more detail below One only identified in Fig.

【0047】 本発明のこの局面において、IL−20の構造的または機能的性状によって特徴付けられるフラグメントもまた、好ましい。 [0047] In this aspect of the invention, fragments characterized by structural or functional properties of IL-20 are also preferred. この点に関して、本発明の好ましい実施態様は、α−へリックスおよびα−へリックス形成領域(「α−領域」) In this regard, a preferred embodiment of the present invention, helix forming regions to alpha-helix and the alpha-( "alpha-regions")
、β−シートおよびβ−シート形成領域(「β−領域」)、ターンおよびターン形成領域(「ターン−領域」)、コイルおよびコイル形成領域(「コイル−領域」)、親水性領域、疎水性領域、α両親媒性領域、β両親媒性領域、可撓性領域、表面形成領域、およびIL−20の高い抗原性指標領域を含むフラグメントを含む。 , Beta-sheet and beta-sheet-forming regions ( "beta-regions"), turn and turn-forming regions ( "turn - regions"), coil and coil-forming regions ( "coil - regions"), hydrophilic regions, hydrophobic region, including α amphipathic regions, beta amphipathic regions, flexible regions, surface-forming regions, and the fragment containing the high antigenic index regions of IL-20.

【0048】 これらの点において特定の好ましい領域は図3に示されるが、この領域は、図3に示されるデータの表の表示を用いることによってもまた、示されるかまたは同定され得る。 [0048] While certain preferred regions in these respects is shown in Figure 3, this region also by using the display of the table of data shown in FIG. 3, may be or identified is shown. 図3を生成するために使用されるDNA*STARコンピューターアルゴリズム(もともとのデフォルトパラメーターで使用される)は、このような表の形式において図3でデータを容易に表示する。 Figure 3 DNA is used * STAR computer algorithm (used by the original default parameters) to generate a is easily display the data in Figure 3 in the form of such a table. 図3におけるデータの表の形式は、好ましい領域の特異的な境界を容易に決定するために使用され得る。 Tabular form of the data in Figure 3, can be used to easily determine specific boundaries of a preferred region.

【0049】 図3に示される上記の好ましい領域は、図1に示されるアミノ酸配列の分析によって同定される上記のタイプの領域を含むが、これらに限定されない。 [0049] The preferred region shown in FIG. 3 include the aforementioned types of regions identified by analysis of the amino acid sequence shown in Figure 1, but are not limited to. 図3に示されるように、このような好ましい領域は、Garnier−Robsonのα−領域、β−領域、ターン領域、およびコイル領域、Chou−Fasman As shown in FIG. 3, such preferred regions, the Garnier-Robson alpha-regions, beta-regions, turn-regions, and coil regions, Chou-Fasman
のα−領域、β−領域、およびコイル領域、Kyte−Doolittleの親水性領域および疎水性領域、Eisenbergのα−およびβ−両親媒性領域、Karplus−Schulzの可撓性領域、Eminiの表面形成領域、ならびにJameson−Wolfの高度な抗原性指標を含む。 Bruno alpha-regions, beta-regions, and coil regions, hydrophilic regions and hydrophobic regions of the Kyte-Doolittle, alpha-and beta-amphipathic regions of Eisenberg, flexible region of the Karplus-Schulz, the surface of Emini formation region, as well as a high degree of antigenic index of Jameson-Wolf.

【0050】 この点において非常に好ましいフラグメントには、上記の特色のいくつかのような、いくつかの構造的な特色を組み合わせる、IL−20の領域を含むものがある。 [0050] Very preferred fragments in this regard, such as some of the above features, combining several structural features, are those containing a region of IL-20.

【0051】 別の局面において、本発明は、ストリンジェントなハイブリダイゼーション条件下で、上記の本発明の核酸分子(例えば、ATCC受託番号209232に含まれるcDNAクローンHTSGS30)中のポリヌクレオチドの一部にハイブリダイズするポリヌクレオチドを含む単離された核酸分子を提供する。 [0051] In another aspect, the present invention is, under stringent hybridization conditions, nucleic acid molecules (eg, cDNA clones HTSGS30 contained in ATCC accession number 209232) of the present invention described above in a part of the polynucleotide in providing an isolated nucleic acid molecule comprising a hybridizing polynucleotide. 「ストリンジェントなハイブリダイゼーション条件」によって、以下を含む溶液中での4 By "stringent hybridization conditions", 4 in a solution that contains the following:
2℃での一晩のインキュベーション、続いて約65℃での0.1×SSC中でのフィルターの洗浄が意図される:50%ホルムアミド、5×SSC(150mM Overnight incubation at 2 ° C., followed by washing the filters in 0.1 × SSC at about 65 ° C. are contemplated: 50% formamide, 5 × SSC (150mM
NaCl、15mMクエン酸三ナトリウム)、50mMリン酸ナトリウム(p NaCl, sodium 15mM trisodium citrate), 50mM sodium phosphate (p
H7.6)、5×デンハート溶液、10%デキストラン硫酸、および20μg/ H7.6), 5 × Denhardt's solution, 10% dextran sulfate, and 20 [mu] g /
mlの変性剪断サケ精子DNA、。 ml denatured sheared salmon sperm DNA,.

【0052】 ポリヌクレオチドの「部分」にハイブリダイズするポリヌクレオチドによって、参照ポリヌクレオチドの少なくとも約15ヌクレオチド(nt)、そしてより好ましくは少なくとも約20nt、さらにより好ましくは少なくとも約30nt [0052] by a polynucleotide which hybridizes to a "portion" of a polynucleotide, at least about 15 nucleotides of the reference polynucleotide (nt), and more preferably at least about 20 nt, still more preferably at least about 30nt
、そしてさらにより好ましくは約30〜70(例えば50)ntにハイブリダイズするポリヌクレオチド(DNAまたはRNAのいずれか)が意図される。 , And even more preferably about 30-70 (e.g., 50) (either DNA or RNA) hybridizing polynucleotides nt is intended. これらは、上記で議論され、そして以下でより詳細に議論されるような診断用プローブおよびプライマーとして有用である。 These are discussed above and are useful as diagnostic probes and primers as discussed in more detail below.

【0053】 例えば、「少なくとも20nt長」のポリヌクレオチドの部分により、参照ポリヌクレオチドのヌクレオチド配列(例えば、寄託されたcDNA、または図1 [0053] For example, the polynucleotide portion of the "at least 20nt length", the nucleotide sequence of the reference polynucleotide (eg, cDNA was deposited or 1,
(配列番号1)に示されるようなヌクレオチド配列)由来の20以上の連続したヌクレオチドが意図される。 (SEQ ID NO: 1) nucleotide sequence as shown in) from the 20 or more contiguous nucleotides is intended. もちろん、ポリA配列(例えば図1(配列番号1) Of course, the poly A sequence (e.g., FIG. 1 (SEQ ID NO: 1)
に示されるIL−20 cDNAの3'末端ポリ(A)トラクト(tract) 3 'end poly IL-20 cDNA shown in (A) tract (tract)
)に、またはT(もしくはU)残基の相補的なストレッチ(stretch) A), or T (or U) complementary stretch of residues (stretch)
のみにハイブリダイズするポリヌクレオチドは、本発明の核酸の部分にハイブリダイズするために使用される本発明のポリヌクレオチドに含まれない。 Polynucleotides which hybridize only are not included in the polynucleotide of the invention used to hybridize to a portion of the nucleic acids of the present invention. なぜなら、このようなポリヌクレオチドは、ポリ(A)ストレッチを含む任意の核酸分子またはその相補体(例えば現実的には任意の二本鎖cDNAクローン)にハイブリダイズするからである。 Because such polynucleotides (for example realistically any double-stranded cDNA clone) poly (A) any nucleic acid molecule or the complement thereof comprising a stretch because hybridize to.

【0054】 示されるように、IL−20ポリペプチドをコードする本発明の核酸分子は、 [0054] As indicated, nucleic acid molecules of the invention encoding the IL-20 polypeptide,
それ自体成熟ポリペプチドのアミノ酸配列をコードする核酸分子;および成熟ポリペプチドおよび追加配列のコード配列、例えば約20アミノ酸のリーダーまたは分泌配列(例えばプレ、またはプロ、またはプレプロタンパク質配列)をコードするもの;上記の追加配列を有するか有さない成熟ポリペプチドのコード配列を含み得るがこれらに限定されない。 Nucleic acid molecule encoding the amino acid sequence itself mature polypeptide; and mature coding sequence for the polypeptide and additional sequences, such as a leader or secretory sequence of approximately 20 amino acids (e.g., pre-or pro-or prepro-protein sequence,,) which encodes the ; it may include the coding sequence for the mature polypeptide without or with an additional sequence of the without limitation.

【0055】 本発明の核酸によって、例えば、イントロンおよび非コード5'および3'配列(転写、mRNAプロセシングにおいて役割(例えばリボソーム結合およびm [0055] by a nucleic acid of the present invention, for example, introns and non-coding 5 'and 3' sequences (transcription, role in mRNA processing (for example ribosome binding and m
RNAの安定性)を果たす転写非翻訳配列(例えば、スプライシングおよびポリアデニル化シグナルを含む)を含むがこれらに限定されない追加の非コード配列;追加アミノ酸をコードする追加コード配列(例えば追加の機能性を提供するもの)とともに上記のタンパク質配列もまたコードされる。 Additional coding sequence (e.g., additional functionality encoding additional amino acids; fulfill stability) transcription untranslated sequence RNA (e.g., including including splicing and polyadenylation signals) noncoding sequence of the additional, but not limited to Additional protein sequences with those) which provides also encoded.

【0056】 従って、ポリペプチドをコードする配列は、マーカー配列(例えば、融合ポリペプチドの精製を促進するペプチドをコードする配列)と融合され得る。 [0056] Thus, the sequence encoding the polypeptide may be fused to marker sequences (e.g., a sequence encoding a peptide which facilitates purification of the fused polypeptide). 本発明のこの局面のある好ましい実施態様について、このマーカーアミノ酸配列は、ヘキサヒスチジンペプチド、例えば、pQEベクター(QIAGEN,Inc., For a preferred embodiment of this aspect of the invention, the marker amino acid sequence is a hexa-histidine peptide, such, pQE vector (QIAGEN, Inc.,
9259 Eton Avenue,Chatsworth,CA,91311 9259 Eton Avenue, Chatsworth, CA, 91311
)に提供されるタグを含み、多くのものは市販されている。 Include tags provided to), the many are commercially available. Gentzおよび共同研究者、Proc. Gentz ​​and co-workers, Proc. Natl. Natl. Acad. Acad. Sci. Sci. USA 86:821−8 USA 86: 821-8
24(1989)中に記述されるように、例えば、ヘキサヒスチジンは融合タンパク質の簡便な精製のために提供される。 As described in 24 (1989), for instance, hexa-histidine is provided for convenient purification of the fusion protein. 「HA」タグは、Wilsonおよび共同研究者によりに記述されているインフルエンザ血球凝集素タンパク質(こ( "HA" tag, Wilson and co-workers have been written by the influenza hemagglutinin protein (this (
Cell 37:767(1984))に由来するエピトープと対応する、精製に有用な別のペプチドである。 Cell 37: 767 corresponding to an epitope derived from the (1984)), which is another peptide useful for purification. 以下に議論するように、他のこのような融合タンパク質は、NまたはC末端でFcに融合したIL−20を含む。 As discussed below, other such fusion proteins include IL-20 fused to Fc at the N or C terminus.

【0057】 (改変体および変異体ポリヌクレオチド) 本発明はさらに、本発明の核酸分子の改変体に関し、これはIL−20タンパク質の一部、アナログまたは誘導体をコードする。 [0057] (variants and variant polynucleotide) The present invention further relates to variants of the nucleic acid molecules of the present invention, this is part of the IL-20 protein, which encodes the analog or derivative. 改変体は、天然の対立遺伝子改変体のように天然に存在し得る。 Variants may be naturally occurring such as a natural allelic variant. 「対立遺伝子改変体」により、生物の染色体上の所定の遺伝子座を占有する遺伝子の幾つかの代替形態のひとつが意図される。 By an "allelic variant", one of several alternative forms of a gene occupying a given locus on a chromosome of an organism is intended. Genes II,Lewin,B. Genes II, Lewin, B. 編、John Wiley & Son Eds., John Wiley & Son
s,New York(1985)。 s, New York (1985). 天然に存在しない改変体は、当該分野において公知の変異誘発技術を使用して産生され得る。 Variants that do not naturally occurring may be produced using known mutagenesis techniques in the art.

【0058】 このような改変体は、ヌクレオチドの置換、欠失または付加により生成した改変体を含む。 [0058] Such variants, substitution of nucleotides, including variants produced by deletions or additions. 置換、欠失または付加は1つ以上のヌクレオチドを含み得る。 The substitutions, deletions or additions may involve one or more nucleotides. この改変体は、コード領域、非コード領域または両方で変更され得る。 This variant coding region may be modified by non-coding regions or both. コード領域での変化は、保存性または非保存性のアミノ酸の置換、欠失または付加を生成し得る。 Changes in coding regions, substitutions conservative or non-conservative amino acids, may generate deletions or additions. これらの中で特に好ましいものは、サイレントな置換、付加および欠失であり、これはIL−20タンパク質またはその一部の特性および活性を変化させない。 Especially preferred among these are silent substitutions, additions and deletions, which do not alter the IL-20 protein or a part of the properties and activities. この関連でまた特に好ましいものは、保存的置換である。 This association is also especially preferred are conservative substitutions.

【0059】 いくつかの密接に関連する分子と高度な配列同一性を示すIL−20ポリペプチド配列の領域にアミノ酸変異を含むIL−20ムテインをコードするポリヌクレオチド(図4を参照のこと)は、IL−20の生物学的活性の変化を有する高い可能性を有する。 [0059] Several closely related molecules with high sequence exhibits identity IL-20 in the region of the polypeptide sequences encoding the IL-20 mutein comprises an amino acid mutation polynucleotide (see FIG. 4) is has a high probability of having an alteration in the biological activity of IL-20. このような好ましい実施態様は、生得のIL−20活性のアンタゴニストとして機能し得る。 Such preferred embodiment can function as an antagonist of innate IL-20 activity.

【0060】 最も高度に好ましいものは、配列番号2に示されるアミノ酸配列を有する成熟タンパク質、または寄託したcDNAクローンによりコードされる成熟IL−2 [0060] Most highly preferred are mature encoded by the mature protein or the deposited cDNA clone has the amino acid sequence shown in SEQ ID NO: 2 IL-2
0アミノ酸配列をコードする核酸分子である。 It is a nucleic acid molecule encoding the 0 amino acid sequence.

【0061】 従って、本発明の1つの局面は、以下の群から選択されるヌクレオチド配列を有するポリヌクレオチドを含む単離された核酸分子を提供する:(a)配列番号2の完全アミノ酸配列を有するIL−20ポリペプチドをコードするヌクレオチド配列(すなわち、配列番号2の−20〜160位);(b)N末端メチオニンを除く、配列番号2の完全アミノ酸配列を有するIL−20ポリペプチドをコードするヌクレオチド配列(すなわち、配列番号2の−19〜160位);(c) [0061] Accordingly, one aspect of the present invention, the following polynucleotide having a nucleotide sequence selected from the group of providing an isolated nucleic acid molecule comprising: having (a) the complete amino acid sequence of SEQ ID NO: 2 IL-20 polypeptide nucleotide sequences encoding (i.e., -20~160 of SEQ ID NO: 2); excluding (b) N-terminal methionine, which encodes the IL-20 polypeptide having the complete amino acid sequence of SEQ ID NO: 2 the nucleotide sequence (i.e., -19~160 of SEQ ID NO: 2); (c)
配列番号2の1〜160位のアミノ酸配列を有する推定成熟IL−20ポリペプチドをコードするヌクレオチド配列;(d)クローンHTSGS30(ATCC The nucleotide sequence encoding the predicted mature IL-20 polypeptide having the amino acid sequence of position 1 to 160 of SEQ ID NO: 2; (d) clone HTSGS30 (ATCC
受託番号209232)中のヒトcDNAによってコードされる完全アミノ酸配列を有するIL−20ポリペプチドをコードするヌクレオチド配列;(e)クローンHTSGS30(ATCC受託番号209232)中のヒトcDNAによってコードされる、N末端メチオニンを除く完全アミノ酸配列を有するIL−20 The nucleotide sequence encoding the IL-20 polypeptide having the complete amino acid sequence encoded by the human cDNA of the Accession No. 209232) in; (e) encoded by the human cDNA in clone HTSGS30 (ATCC Accession No. 209232), N-terminal IL-20 having the complete amino acid sequence with the exception of methionine
ポリペプチドをコードするヌクレオチド配列;(f)ヒトcDNAクローンHT The nucleotide sequence encoding the polypeptide; (f) human cDNA clone HT
SGS30(ATCC受託番号209232)によってコードされるアミノ酸配列を有する成熟IL−20ポリペプチドをコードするヌクレオチド配列;および(g)上記の(a)、(b)、(c)、(d)、(e)、または(f)のヌクレオチド配列のいずれかに対して相補的なヌクレオチド配列。 SGS30 nucleotide sequence encoding the mature IL-20 polypeptide having the amino acid sequence encoded by (ATCC Accession No. 209232); and (g) above (a), (b), (c), (d), ( e), or a nucleotide sequence complementary to any of the nucleotide sequences of (f).

【0062】 本発明のさらなる実施態様には、上記の(a)、(b)、(c)、(d)、( [0062] In a further embodiment of the present invention, the above-mentioned (a), (b), (c), (d), (
e)、(f)もしくは(g)の任意のヌクレオチド配列に、少なくとも90%同一、およびより好ましくは少なくとも95%、96%、97%、98%もしくは99%同一のヌクレオチド配列を有するポリヌクレオチド、または上記の(a) e), (any nucleotide sequence of f) or (g), at least 90% identical, and more preferably at least 95%, 96%, 97%, 98% or polynucleotide having 99% identical nucleotide sequences, or of the above-mentioned (a)
、(b)、(c)、(d)、(e)、もしくは(f)のポリヌクレオチドにストリンジェントなハイブリダイゼーション条件下でハイブリダイズするポリヌクレオチドを含む単離された核酸分子が含まれる。 , (B), (c), (d), include (e), or isolated nucleic acid molecule comprising a polynucleotide under stringent hybridization conditions with a polynucleotide hybridizing in (f). ハイブリダイズするこのポリヌクレオチドは、A残基のみまたはT残基のみからなるヌクレオチド配列を有するポリヌクレオチドに、ストリンジェントなハイブリダイゼーション条件下でハイブリダイズしない。 Hybridizing the polynucleotide to a polynucleotide having a nucleotide sequence consisting of only A residues or of only T residues, it does not hybridize under stringent hybridization conditions. 本発明のさらなる核酸実施態様は、上記の(a)、(b)、( Additional nucleic acid embodiment of the present invention, the above-mentioned (a), (b), (
c)、(d)、(e)もしくは(f)のアミノ酸配列を有するIL−20ポリペプチドのエピトープ保有部分のアミノ酸配列をコードするポリヌクレオチドを含む単離された核酸分子に関係する。 c), the relationship (d), (e) or (isolated nucleic acid molecules comprising a polynucleotide encoding the amino acid sequence of an epitope-bearing portion of the IL-20 polypeptide having the amino acid sequence of f). 本発明のさらなる核酸分子の実施態様は、少なくとも1つの保存性アミノ酸置換を含むが、50のアミノ酸置換よりは多くなく、さらにより好ましくは、40の保存性アミノ酸置換よりは多くなく、なおより好ましくは30の保存性アミノ酸よりは多くなく、なおさらにより好ましくは、20の保存性アミノ酸よりは多くない、アミノ酸配列を有するIL−20ポリペプチドのアミノ酸配列をコードするポリヌクレオチドを含む単離された核酸分子に関する。 Embodiment of the further nucleic acid molecule of the present invention includes at least one conservative amino acid substitutions, not more than amino acid substitutions 50, even more preferably, not more than conservative amino acid substitutions of 40, even more preferably is not more than 30 conservative amino acid, even more preferably should be noted that no more than 20 conservative amino acids, isolated nucleic acid comprising a polynucleotide encoding the amino acid sequence of the IL-20 polypeptide having the amino acid sequence on the molecule. もちろん、増大する好ましさの順に、10、9、8、7、6、5、 Of course, in order of preference to increase, 10,9,8,7,6,5,
4、3、2、または1より多くない保存性アミノ酸置換を含むアミノ酸配列を有することが、IL−20ポリペプチドのアミノ酸配列をコードするポリヌクレオチドにとっては非常に好ましい。 4,3,2 or have an amino acid sequence comprising not more conserved amino acid substitutions than 1, very preferable for the polynucleotide encoding the amino acid sequence of the IL-20 polypeptide.

【0063】 本発明はまた、本発明の単離された核酸分子を含む組換えベクターに、およびこの組換えベクターを含む宿主細胞に、並びにこのようなベクターおよび宿主細胞を作製する方法、ならびに組換え技術によりIL−20ポリペプチドまたはペプチドを生成するためにそれらを使用する方法に関する。 [0063] The present invention also relates to a recombinant vector comprising an isolated nucleic acid molecule of the present invention, and to host cells containing the recombinant vectors, and methods of making such vectors and host cells as well as a set, by engineering technique on how to use them to generate the IL-20 polypeptide or peptide.

【0064】 本明細書で議論されるベクター構築物を含む宿主細胞を含むことに加えて、本発明はまた、脊椎動物、特に哺乳動物起源の、一次の、二次の、および不死化された宿主細胞を含み、これは操作されて内在性の遺伝物質(例えば、IL−20 [0064] In addition to containing host cell comprising the vector constructs discussed herein, the present invention also is a vertebrate, particularly mammalian origin, primary, secondary, and immortalized host cells include, which is engineered to endogenous genetic material (e.g., IL-20
コード配列)を欠失または置換するか、ならびに/または本発明のIL−20ポリヌクレオチドに作動可能に結合されるか、そして内在性IL−20ポリヌクレオチドを活性化、変更、および/または増幅する遺伝物質(例えば、異種ポリヌクレオチド配列)を含む。 Coding sequence), or deletion or substitution, and / or IL-20 polynucleotide or operably coupled to the present invention, and activate the endogenous IL-20 polynucleotide, changes, and / or amplify containing genetic material (e.g., heterologous polynucleotide sequences). 例えば、当該分野で公知の技術は、異種制御領域(例えば、プロモーターおよび/またはエンハンサー)および内在性IL−20ポリヌクレオチド配列を、相同的組換えを介して作動可能に結合するために使用され得る(例えば、1997年6月24日に公表された米国特許第5,641,67 For example, techniques known in the art, heterologous control regions (e.g., promoter and / or enhancer) and endogenous IL-20 polynucleotide sequences may be used to operably linked via homologous recombination (for example, US Pat. No. was published on June 24, 1997 5,641,67
0号;1996年9月26日に公表された国際特許出願 WO 96/2941 No. 0; published international patent on September 26, 1996 filed WO 96/2941
1;1994年8月4日に公表された国際特許出願 WO 94/12650; 1; published on August 4, 1994, the international patent application WO 94/12650;
Kollerら、Proc. Koller et al., Proc. Natl. Natl. Acad. Acad. Sci. Sci. USA 86 USA 86
:8932−8935(1989);およびZijlstraら、Nature : 8932-8935 (1989); and Zijlstra et al., Nature
342:435−438(1989)を参照のこと、これらの各々の開示は、 342: 435-438 (1989), the disclosures of each,
それによってその全体が参考として援用される)。 Whereby the entirety of which is incorporated by reference).

【0065】 IL−20ポリペプチドをコードする参照ヌクレオチド配列に、例えば、少なくとも95%「同一の」ヌクレオチド配列を有するポリヌクレオチドによって、 [0065] the reference nucleotide sequence encoding the IL-20 polypeptide, for example, by a polynucleotide having at least 95% "identical" nucleotide sequence,
そのポリヌクレオチドのヌクレオチド配列が、IL−20ポリペプチドをコードする参照ヌクレオチド配列の各100ヌクレオチドあたり5つまでの点変異をポリヌクレオチド配列が含み得ることを除いて、参照配列に同一であることが意図される。 The nucleotide sequence of the polynucleotide, that point mutations up to five per each 100 nucleotides of the reference nucleotide sequence encoding the IL-20 polypeptide except that the polynucleotide sequence may include the same to a reference sequence It is intended. 換言すれば、参照ヌクレオチド配列に少なくとも95%同一であるヌクレオチド配列を有するポリヌクレオチドを得るために、参照配列における5%までのヌクレオチドが欠失され得るか、もしくは別のヌクレオチドで置換され得るか、または参照配列において全ヌクレオチドの5%までの多くのヌクレオチドが、参照配列中に挿入され得る。 In other words, to obtain a polynucleotide having a nucleotide sequence at least 95% identical to a reference nucleotide sequence, or nucleotides up to 5% in the reference sequence may be substituted can be deleted, or a different nucleotide, or many nucleotides up to 5% of the total nucleotides in the reference sequence may be inserted into the reference sequence. 参照配列のこれらの変異は、参照ヌクレオチド配列の5'もしくは3'末端位置において、またはこれらの末端位置の間の任意の位置で、参照配列中のヌクレオチド間で個々にもしくは参照配列内の1つ以上の連続した基としてのいずれかで散在されて生じ得る。 These mutations of the reference sequence is the 5 'or 3' terminal positions of the reference nucleotide sequence, or one of the individually or reference sequence among at any position in the reference sequence nucleotides between those terminal positions It may occur interspersed either as or more contiguous groups. 問合せ配列は、配列番号1 The query sequence is SEQ ID NO: 1
として示される全体の配列であり得、または本明細書に記載されるものとして特定される任意のフラグメントであり得る。 It is a sequence of the entire shown as obtained, or any fragment specified as described herein.

【0066】 実際問題として、任意の特定の核酸分子が例えば図1に示されるヌクレオチド配列または寄託されたcDNAクローンのヌクレオチド配列に少なくとも90% [0066] As a practical problem, the nucleotide sequence of any particular nucleotide sequence or the deposited cDNA clone nucleic acid molecule is shown in FIG. 1, for example at least 90%
、95%、96%、97%、98%または99%同一であるかどうかは、Bes , 95%, 96%, 97%, whether 98% or 99% identical, Bes
tfitプログラム(Wisconsin Sequence Analysi tfit program (Wisconsin Sequence Analysi
s Package,Version 8 for Unix,Genetic s Package, Version 8 for Unix, Genetic
s Computer Group,University Research s Computer Group, University Research
Park,575 Science Drive,Madison,WI53 Park, 575 Science Drive, Madison, WI53
711)のような既知のコンピュータープログラムを使用して従来どおり決定され得る。 It can be determined conventionally using known computer programs such as 711). Bestfitは、SmithおよびWaterman, Advan Bestfit is, Smith and Waterman, Advan
ces in Applied Mathematics 2:482−489 ces in Applied Mathematics 2: 482-489
(1981)の局所的相同性アルゴリズムを用いて、2つの配列間の最も相同性の高いセグメントを見出す。 (1981) using the local homology algorithm of finding the highest homology between two sequences segments. 特定の配列が、例えば、本発明に従う参照配列と95%同一かどうかを決定するために、Bestfitまたは任意の他の配列アラインメントプログラムを使用する場合、パラメーターは、もちろん、全長の参照ヌクレオチド配列にわたって同一性のパーセンテージが計算されるように、そして参照配列のヌクレオチドの全体数の5%までの、相同性におけるギャップが可能なように設定される。 Same particular sequence is, for example, to determine if the reference sequence or 95% identical in accordance with the present invention, when using Bestfit or any other sequence alignment program, parameters over the course, the full length of the reference nucleotide sequence as the percentage of sex are calculated, and up to 5% of the total number of nucleotides in the reference sequence, is set to allow gaps in homology. 問合せ配列(本発明の配列)と対象配列(subje Query sequence (a sequence of the present invention) and a subject sequence (Subje
ct sequence)との間で最善の全体にわたるマッチングを決定する好ましい方法はまた、包括的配列整列と呼ばれるが、Brutlagら(Comp Preferred methods to determine the matching throughout the best between ct sequence) also is referred to as a global sequence alignment, Brutlag et al (Comp
. App. App. Biosci. Biosci. 6:237−245(1990))のアルゴリズムに基づくFASTDBコンピュータープログラムを使用して決定され得る。 6: 237-245 may be determined using the FASTDB computer program based on the algorithm of (1990)). 配列整列において、問合せ配列および対象配列は共にDNA配列である。 In a sequence alignment the query and subject sequences are both DNA sequences. RNA配列はUをTに変えて比較し得る。 RNA sequences can be compared by changing the U to T. 上記の包括的配列整列の結果は同一性のパーセントである。 The result of the above global sequence alignment is the percent identity. DNA配列のFASTDB整列中で使用され、同一性パーセントを計算する好ましいパラメーターは以下の通りである:マトリックス(Matrix Be used in the FASTDB alignment of DNA sequences, preferred parameters to calculate percent identity are: Matrix (Matrix
)=ユニタリ、K−tuple=4、ミスマッチペナルティー(Mismatc ) = Unitary, K-tuple = 4, mismatch penalty (Mismatc
h Penalty)=1、連結ペナルティー(Joining Penalt h Penalty) = 1, consolidated penalty (Joining Penalt
y)=30、ランダム化グループ長(Randomization Group y) = 30, Randomization Group Length (Randomization Group
Length)=0、カットオフスコア(Cutoff Score)=1、 Length) = 0, cut-off score (Cutoff Score) = 1,
ギャップペナルティー(Gap Penalty)=5、ギャップサイズペナルティー(Gap Size Penalty)=0.05、ウィンドウサイズ( Gap penalty (Gap Penalty) = 5, the gap size penalty (Gap Size Penalty) = 0.05, window size (
Window Size)=500または対象ヌクレオチド配列の長さのいずれか短い方。 Window Size) = 500 or any shorter length of the subject nucleotide sequences.

【0067】 対象配列が、内部欠失のためではなく、5'または3'欠失のため問合せ配列よりも短いとき、結果に対して手動修正がなされるべきである。 [0067] Target sequences, not because of internal deletions, 5 'or 3' is shorter than the query sequence because of deletions should manual correction is made to the results. これは同一性パーセントを計算する場合、FASTDBプログラムは対象配列の5'または3' If this is to calculate the percent identity, 5 FASTDB program is subject sequence 'or 3'
切断を考慮しないからである。 This is because does not take into account the cutting. 問合せ配列に対して、5'または3'末端で切断された対象配列については、同一性パーセントは、対象配列の5'または3'側であるマッチング/整列していない問合せ配列の塩基数を、問合せ配列の全塩基のパーセントとして計算することによって修正される。 To a query sequence, for subject sequences truncated at the 5 'or 3' end, the percent identity, the number of bases 5 'or 3' side a is matched / aligned non query sequence of the subject sequence, It is corrected by calculating the percentage of the total base query sequence. ヌクレオチドがマッチング/整列しているかどうかは、FASTDB配列整列の結果により決定される。 Whether the nucleotide is matched / aligned is determined by results of the FASTDB sequence alignment.
次にこの百分率は特定パラメーターを使用して上記のFASTDBプログラムにより計算された同一性パーセントから差し引かれる、最終同一性パーセントスコアに達する。 Then this percentage is subtracted from the percent identity which is calculated by the above FASTDB program using the specified parameters, to reach a final percent identity score. この修正されたスコアが、本発明の目的のために用いられるものである。 The modified score, and is used for the purposes of the present invention. FASTDB整列により表されるような問合せ配列とマッチング/整列しない、対象配列の5'および3'塩基の外側の塩基のみ、同一性パーセントスコアを手で調整する目的で計算される。 FASTDB query sequence and unmatched / aligned, as represented by the alignment, only the 5 'and 3' outside the base base subject sequence is calculated for the purpose of adjusting manually the percent identity score.

【0068】 例えば、90塩基の対象配列は、同一性パーセントを決定するために、100 [0068] For example, a 90 base subject sequence to determine percent identity, 100
塩基の問合せ配列に対して整列される。 It is aligned to the query sequence of bases. 対象配列の5'末端で欠失がおこり、そのため、FASTDB整列は、5'末端の最初の10塩基のマッチング/整列を示さない。 'Occurs deletion at the end, therefore, FASTDB alignment, 5' 5 of the subject sequence does not show the first 10 bases of the matching / alignment of the end. この10個の対合しない塩基は、配列の10%(5'および3'末端でマッチングしない塩基の数/問合せ配列の全塩基数)を表し、よって10%は、FASTDBプログラムにより計算された同一性パーセントスコアから差し引かれる。 Same The 10 unpaired bases represent 10% of the sequence (5 'and 3' total base number of terminal number / query sequence of bases that do not match with), thus 10%, calculated by the FASTDB program It is subtracted from the sexual percent score. 残りの90塩基が完全に適合するなら、最終同一性パーセントは90% If the remaining 90 bases perfectly matched, the final percent identity 90%
である。 It is. 別の例では、90塩基の対象配列は、100塩基の問合せ配列と比較される。 In another example, a 90 base subject sequence is compared with the query sequence of 100 bases. このとき欠失は内部欠失であるから、問合せ配列とマッチング/整列しない塩基は対象配列の5'または3'上にない。 Since deletion this time is internal deletions, base not query sequence matched / aligned is not on the 5 'or 3' of the subject sequence. この場合、FASTDBにより計算された同一性パーセントは手動修正されない。 In this case, the percent identity calculated by FASTDB is not manually corrected. 繰り返すと、問合せ配列とマッチング/整列しない対象配列の5'および3'塩基のみ手動修正される。 Again, the 5 'and 3' bases only manual modification of the query sequence matched / aligned is not subject sequence. 他の手動修正は本発明の目的のためには行われない。 Other manual correction for the purposes of the present invention is not performed.

【0069】 本出願は、図1(配列番号1)に示される核酸配列または寄託されたcDNA [0069] This application is a nucleic acid sequence or the deposited cDNA shown in Figure 1 (SEQ ID NO: 1)
の核酸配列と少なくとも90%、95%、96%、97%、98%または99% Nucleic acid sequence of at least 90%, 95%, 96%, 97%, 98% or 99%
同一である核酸分子に関し、それらがIL−20活性を有するポリペプチドをコードするか否かとは無関係である。 It related to a nucleic acid molecule that is identical and is independent of whether they encode a polypeptide having IL-20 activity. これは、特定の核酸分子がIL−20活性を有するポリペプチドをコードしない場合でさえ、当業者はなお、例えばハイブリダイゼーションプローブまたはポリメラーゼ連鎖反応(PCR)プライマーのような核酸分子の使用方法を知っているからである。 This, even if you do not encode a polypeptide specific nucleic acid molecule having IL-20 activity, one skilled in the art should be noted, for example, know how to use the nucleic acid molecule, such as a hybridization probe or a polymerase chain reaction (PCR) primer is is because. IL−20活性を有するポリペプチドをコードしない本発明の核酸分子の使用としては、とりわけ、以下が挙げられる:(1)cDNAライブラリーにおけるIL−20遺伝子またはその対立遺伝子改変体の単離;(2)Vermaら,Human Chromosom The use of nucleic acid molecules of the present invention that do not encode a polypeptide having IL-20 activity, among others, include: (1) Isolation of IL-20 gene or allelic variants thereof in a cDNA library; ( 2) Verma et al., Human Chromosom
es:A Manual of Basic Techniques,Perg es: A Manual of Basic Techniques, Perg
amon Press,New York(1988)に記載されているとおりの、IL−20遺伝子の正確な染色体位置を提供するための中期染色体展開物へのインサイチュハイブリダイゼーション(例えば、「FISH」);および特定の組織でのIL−20 mRNA発現を検出するためのノーザンブロット解析。 amon Press, of as described in New York (1988), in situ hybridization to metaphase chromosomal spread product to provide precise chromosomal location of the IL-20 gene (e.g., "FISH"); and specific Northern blot analysis for detecting IL-20 mRNA expression in tissues.

【0070】 しかし、図1(配列番号1)に示される核酸配列または寄託されたcDNAの核酸配列と少なくとも90%、95%、96%、97%、98%または99%同一の配列を有する核酸分子であって、実際IL−20タンパク質活性をもつポリペプチドをコードする核酸分子が好ましい。 [0070] However, FIG. 1 (SEQ ID NO: 1) nucleic acid sequence or the deposited cDNA nucleic acid sequence shown in at least 90%, 95%, 96%, 97%, nucleic acid having a 98% or 99% identical sequence a molecule, a nucleic acid encoding a polypeptide having the actual IL-20 protein activity molecule. 「IL−20活性を有するポリペプチド」により、特定の生物学的アッセイによって測定した場合に、本発明の成熟IL−20タンパク質の活性に類似するが同一である必要はない活性を提示するポリペプチドが意図される。 By "a polypeptide having IL-20 activity", as measured by a particular biological assay, the polypeptide is similar to the activity of the mature IL-20 protein to present the activity need not be identical to the present invention There is intended. 例えば、本発明のIL−20タンパク質は、NTH For example, IL-20 protein of the present invention, NTH
3T3細胞からのIL−6分泌を調節する。 Modulate IL-6 secretion from 3T3 cells. サイトカインまたはサイトカインレセプターの可溶性細胞外ドメインでの処理に応答して細胞から分泌されるIL− In response to treatment with the soluble extracellular domain of a cytokine or cytokine receptor is secreted from the cell IL-
6の量を定量するインビトロELASAアッセイが記載されている(Yao、Z Vitro ELASA assay to quantify the amount of 6 have been described (Yao, Z
. ら、Immunity 3:311−821(1995))。 Et al., Immunity 3: 311-821 (1995)). 手短には、アッセイは標的細胞を約5×10 6細胞/mLの密度で、500μLの容量で、24 ウェルの平底培養プレート(Costar)のウェル中でプレートする工程を含む。 Briefly, the assay at a density of about 5 × 10 6 cells / mL of the target cells, in 500μL volume, comprising the steps of plates in the wells of 24-well flat-bottomed culture plates (Costar). 次いで、培養物を、問題の種々の濃度のサイトカインまたはサイトカインレセプターの可溶性細胞外ドメインで処理する。 Then the cultures are treated with the soluble extracellular domain of various concentrations of cytokine or cytokine receptor in question. 次いで、細胞を、37℃で24時間培養する。 The cells are then incubated for 24 hours at 37 ° C.. この時点で、50μLの上清を除去し、製造者(Genzyme, At this point, the supernatant was removed for 50 [mu] L, manufacturer (Genzyme,
Boston,MA)によって本質的に記載されるようにIL−6の量をアッセイする。 Boston, MA) by assaying the amount of IL-6 essentially as described. 次いで、IL−6レベルを、組換えIL−17を用いて構築した標準曲線に対する参照によって計算する。 Then, the IL-6 levels, calculated by reference to a standard curve constructed using recombinant IL-17. このような活性は、IL−20媒介IL−6 Such activity, IL-20 mediated IL-6
分泌のレベルを決定するために有用である。 It is useful for determining the level of secretion.

【0071】 IL−20タンパク質は、上記アッセイにおいて用量依存様式で免疫系細胞増殖および分化を調節する。 [0071] IL-20 protein, to modulate the immune system cell proliferation and differentiation in a dose-dependent manner in the above assay. 従って、「IL−20タンパク質活性を有するポリペプチド」は、用量依存様式で、上記アッセイにおいて任意の同じ刺激活性をまた提示するポリペプチドを含む。 Thus, "a polypeptide having IL-20 protein activity", in a dose-dependent manner, including a polypeptide or present any of the same stimulatory activity in the aforementioned assay. 用量依存活性の程度は、IL−20タンパク質の用量依存活性と同一である必要はないが、好ましくは「IL−20タンパク質活性を有するポリペプチド」は、IL−20タンパク質と比較する場合、所定の活性において実質的に類似の用量依存性を提示する(すなわち、候補ポリペプチドは、参照IL−20タンパク質より高い活性、または約25分の1未満でない活性および好ましくは約10分の1未満でない活性を提示する)。 The degree of dose-dependent activity need not be identical to the dose-dependent activity of IL-20 protein, preferably, "a polypeptide having IL-20 protein activity", when compared with IL-20 protein, a predetermined substantially presents a similar dose-dependent in the active (i.e., the candidate polypeptide is higher than the reference IL-20 protein activity or not less than 1 to about 25 minutes, the activity and preferably not less than 1 to about 10 minutes activity to present).

【0072】 リンパ球増殖は、IL−20の活性を決定するために行われ得る、別のインビトロアッセイである。 [0072] Lymphocyte proliferation can be performed to determine the activity of IL-20, it is another in vitro assay. 例えば、Yaoおよび共同研究者ら(Immunity For example, Yao and coworkers (Immunity
3:811−821(1995))は、最近マウス白血球の増殖における種々のサイトカインおよび可溶性サイトカインレセプターの効果を決定するためのインビトロアッセイを記載した。 3: 811-821 (1995)) has recently described an in vitro assay to determine the effect of various cytokines and soluble cytokine receptors in mouse leukocytes proliferation. 簡潔には、リンパ器官を無菌的に収集し、リンパ球は、収集された器官から単離され、そしてリンパ細胞の収集物を、Fanslo Briefly, lymphoid organs were collected aseptically, lymphocytes are isolated from the collected organ, and a collection of lymphoid cells, Fanslo
wおよび共同研究者(J.Immunol.147:535−5540(199 w and co-workers (J.Immunol.147: 535-5540 (199
1))によって記載されるように、標準的な培養培地中に懸濁する。 As described by 1)) are suspended in standard culture medium. 次いで、リンパ細胞懸濁物をリンパ細胞のいくつかのサブクラス(脾臓T細胞、リンパ節B Then, several subclasses of lymphocytes suspension lymphocytes (spleen T cells, lymph node B
細胞、CD4 +およびCD8 + T細胞、ならびに成熟成体胸腺細胞を含む)に分割し得る。 Cells, may be divided into including) CD4 + and CD8 + T cells and mature adult thymocytes. 脾臓T細胞については、脾臓細胞懸濁物(200×10 6細胞を、CD 11b mAbおよびクラスIIMHC mAbとともに4℃で30分間インキュベートし、T細胞精製カラム(Pierce,Rockford,IL)にロードし、そして製造者の指示に従ってT細胞を溶出させる。この方法を用いると、生じるT細胞集団の純度は、CD3 +が95%より多く、そしてsIgM +が1 The splenic T cells, spleen cells suspension (200 × 10 6 cells and incubated for 30 min at 4 ° C. with CD 11b mAb and class II MHC mAb, load T cell purification column (Pierce, Rockford, the IL), Then elute the T cells according to the manufacturer's instructions. using this method, the purity of the resulting T cell population, CD3 + is greater than 95% and sIgM + 1
%未満であるべきである。 It should be less than%. リンパ節サブセットの精製については、B細胞を、ヤギ抗マウスIgG(10μg/mL) であらかじめコートした組織培養ディッ シュへの付着によって取り除く。 For purification of lymph node subsets, B cells, removed by previously attached to the coated tissue culture the dish with goat anti-mouse IgG (10μg / mL). 次いで、残存細胞を、抗CD4または抗CD8 Then, the residual cells, anti-CD4 or anti-CD8
とともに4℃で30分間インキュベートし、次いで洗浄し、そしてヤギ抗ラットIgG(20μg/mL) であらかじめコートした組織培養ディッシュ上にお く。 With 4 incubated ℃ for 30 minutes, then washed and Contact Ku on pre-coated tissue culture dishes with goat anti-rat IgG (20μg / mL). 45分後、付着しない細胞を除去し、フローサイトメトリーによって純度について試験する。 After 45 minutes, to remove cells that do not adhere, tested for purity by flow cytometry. CD4表面Ig欠失細胞は、TCR−ab、CD8+が90% CD4 surface Ig deficient cells, TCR-ab, CD8 + 90%
より多いべきであるが、しかるにCD8および表面Ig欠失細胞は、TCR−a But it should be greater, however CD8 and surface Ig deficient cells, TCR-a
b、CD4 +が95%より多いベきである。 b, CD4 + is-out of more than 95% base. 最後に、成熟成体胸腺細胞について 富化させるために、細胞を10%抗HSAおよび10%低毒性ウサギ相補物(C Finally, in order to enrich for mature adult thymocytes, cells with 10% anti-HSA and 10% low toxicity rabbit complement (C
edarlane,Ontario,Canada)中で10 8 /mLに懸濁し 、 37℃で45分間インキュベートし、そして残存している見られる細胞を、 Ficoll−Hypaque(Pharmacia,Piscataway, edarlane, Ontario, was suspended in 10 8 / mL in Canada), incubated for 45 min at 37 ° C., and the cells found remaining, Ficoll-Hypaque (Pharmacia, Piscataway ,
NJ) によって単離する。 Isolated by NJ). この手順は、CD4 +-またはCD4 -+のいずれ かである、90と95%との間のCD3 hi細胞を産生し得る。 This procedure, CD4 + 8 - or CD4 - 8 + is either capable of producing CD3 hi cells between 90 and 95%.

【0073】 上記の一次細胞培養の増殖性応答を分析するために、インビトロ増殖アッセイが、0.5〜1.5×10 5細胞/ウェルを用いて、丸底または平底の96ウェ ルプレート中で設定される。 [0073] To analyze the proliferative response of the primary cell culture in vitro proliferation assay, 0.5 to 1.5 × 10 5 cells / well using a round-bottomed or flat-bottomed 96-well plates in is set. 刺激については、T細胞を、サブ最適化濃度の C onA(Sigma,St.Louis,MO) (0.25から0.5μg/ mL)、PHA(0.25〜0.5%:Difco,Detroit,MI)、 For stimulation, T cells, C ONa sub optimization concentrations (Sigma, St.Louis, MO) (0.5μg / mL from 0.25), PHA (0.25~0.5%: Difco, Detroit , MI),
固定化抗CD3、または固定化抗TCR−abとともにインキュベートする。 Immobilized anti-CD3, or incubated with immobilized anti-TCR-ab. 抗CD3および抗TCR−abを、エフェクター細胞の添加前に、37℃で2時間以上固定化した。 Anti-CD3 and anti-TCR-ab, prior to addition of effector cells, were immobilized over 2 hours at 37 ° C.. インキュベーションを、IL17RLP、そのムテイン、コントロールベクター、またはrCD40Lのようなコントロール抗原でトランスフェクトされた、固定されたCV−1/EBNA細胞の存在下および非存在下で行った(Armitageら,Nature 357:80(1992);Spr Incubation, IL17RLP, muteins was performed control vector or transfected with a control antigen such as RCD40L, in the presence and absence of a fixed CV-1 / EBNA cells, (Armitage et al, Nature 357: 80 (1992); Spr
iggsら,J. iggs et al., J. Exp. Exp. Med. Med. 176:1543(1992))CD40L 176: 1543 (1992)) CD40L
の表面発現を、ヒトCD40−Fc融合タンパク質を使用するフローサイトメトリーによってモニターする。 The surface expression of, monitored by flow cytometry using the human CD40-Fc fusion protein. 3日間培養物の最後の18時間について、細胞培養を[ 3 H]−チミジン(1μCi/ウェルで)一晩パルスする。 The last 18 hours for three days culture, the cell culture [3 H] - (in 1 [mu] Ci / well) thymidine overnight pulse. 次いで、標識し た培養物を、96ウェルInotech収集機で収集し、そして放射能のカウントをシンチレーションカウンターを用いて検出する。 Then, the cultures were labeled, collected in 96-well Inotech harvester and detects the counting of radioactivity using a scintillation counter.

【0074】 他のサイトカインと同様に、IL−20は、例えば単球、リンパ球、および好中球を含む、白血球において活性を示す。 [0074] As with other cytokines, IL-20, for example monocytes, lymphocytes, and neutrophils, active in leukocytes. この理由により、IL−20は、これらの細胞タイプの増殖および分化を方向付けるにおいて活性である。 For this reason, IL-20 is active in directing the proliferation and differentiation of these cell types. このような活性は、免疫増強または抑制、骨髄保護、幹細胞動員、急性および慢性炎症制御ならびに白血病の処置のために有用である。 Such activity, immune enhancement or suppression, bone marrow protection, stem cell mobilization, are useful for the treatment of acute and chronic inflammatory control and leukemia. このような活性を測定するためのアッセイは、当該分野で周知である(Petersら、Immun.Today Assays for measuring such activity are well known in the art (Peters et al., Immun.Today
17:273(1996);Youngら、J. 17: 273 (1996); Young et al., J. Exp. Exp. Med. Med. 182:11 182: 11
11(1995);Cauxら、Nature 390:258(1996); 11 (1995); Caux et al., Nature 390: 258 (1996);
およびSantiago−Schwarzら、Adv. And Santiago-Schwarz, et al., Adv. Exp. Exp. Med. Med. Bio Bio
l. l. 378:7(1995))。 378: 7 (1995)).

【0075】 もちろん遺伝コードの縮重により、当業者は寄託したcDNAの核酸配列または図1(配列番号1)に示される核酸配列と少なくとも90%、95%、96% [0075] Of course, due to the degeneracy of the genetic code, the skilled artisan nucleic acid sequence shown in the nucleic acid sequence or Figure 1 was deposited cDNA (SEQ ID NO: 1) at least 90%, 95%, 96%
、97%、98%または99%同一である配列を有する多数の核酸分子が「IL , 97%, a number of nucleic acid molecules having a sequence 98% or 99% identical to "IL
−20タンパク質活性を有する」ポリペプチドをコードすることを直ちに認識する。 Immediately recognize that encode "a polypeptide having a -20 protein activity. 実際、これらのヌクレオチド配列の縮重改変体は全て同じポリペプチドをコードするので、このことは上記の比較アッセイを実施しなくとも当業者に明らかである。 In fact, since encoding degenerate variants all the same polypeptide of these nucleotide sequences, which will be apparent to those skilled in the art without performing a comparison assay described above. 縮重改変体でない核酸分子についても、妥当な数のものがIL−20タンパク質活性を有するポリペプチドをコードすることは、当該分野においてさらに認識される。 For even nucleic acid molecules that are not degenerate variants, a reasonable number of things to encode a polypeptide having IL-20 protein activity is further recognized in the art. これは、以下にさらに記述するように、タンパク質の機能に顕著な効果を与える可能性が低いかまたは与えそうにないアミノ酸置換(例えば、一つの脂肪族アミノ酸を第二の脂肪族アミノ酸で置換すること)を当業者らは十分に知っているからである。 It is further to be described, amino acid substitutions could have a significant effect on the function of the protein is not low or given likely (e.g., replacing one aliphatic amino acid with a second aliphatic amino acids below it) the those skilled in the art is because you know enough.

【0076】 (ベクターおよび宿主細胞) 本発明はまた、本発明の単離されたDNA分子を含むベクター、この組換えベクターで遺伝子操作された宿主細胞、および組換え技術によるIL−20ポリペプチドまたはそのフラグメントの産生に関する。 [0076] Further Vectors and Host Cells The present invention is present an isolated vector comprising a DNA molecule of the invention, host cells which are genetically engineered with the recombinant vectors, and IL-20 polypeptide or by recombinant techniques It relates to the production of the fragments. ベクターは、例えば、ファージベクター、プラスミドベクター、ウイルスベクター、またはレトロウイルスベクターであり得る。 Vector, for example, phage vectors, plasmid vectors may be viral or retroviral vector. レトロウイルスベクターは、複製コンピテントまたは複製欠損であり得る。 Retroviral vectors may be replication competent or replication defective. 後者の場合、ウイルス増殖は一般的に相補的な宿主細胞においてのみ起こる。 In the latter case, viral propagation occurs in generally complementary host cell only.

【0077】 ポリヌクレオチドは、宿主における増殖のために、選択マーカーを含むベクターに結合され得る。 [0077] Polynucleotides, for propagation in a host, may be joined to a vector containing a selectable marker. 一般的に、プラスミドベクターは、リン酸カルシウム沈澱物のような沈澱物中か、または荷電された脂質との複合体中で導入される。 Generally, a plasmid vector is introduced in a complex with the precipitate in or charged lipids such as calcium phosphate precipitates. ベクターがウイルスである場合、ベクターは、適切なパッケージング細胞株を用いてインビトロでパッケージングされ得、次いで宿主細胞に形質導入され得る。 If the vector is a viral vector may be packaged in vitro using an appropriate packaging cell line and then transduced into host cells.

【0078】 DNAインサートは、例えば、ファージλPLプロモーター、E. [0078] DNA inserts, for example, phage λPL promoter, E. coli coli
lac、trp、phoA、およびtacプロモーター、SV40初期および後期プロモーター、ならびにレトロウイルスLTRのプロモーターなどのような、 lac, trp, phoA, and tac promoter, such as the SV40 early and late promoter, as well as the promoter of the retroviral LTR,
適切なプロモーターに作動可能に結合されるべきである。 It should be operably linked to a suitable promoter. 他の適切なプロモーターは、当業者に公知である。 Other suitable promoters are known to those skilled in the art. 発現構築物は、転写開始のための部位、終結のための部位、および転写された領域において翻訳のためのリボソーム結合部位をさらに含む。 The expression constructs will further contain sites for transcription initiation sites for termination, and in the transcribed region, a ribosome binding site for translation. 構築物によって発現される転写物のコード部分は、好ましくは、翻訳されるポリペプチドの最初の翻訳開始コドンおよび翻訳されるポリペプチドの最後に適切に位置する終結コドン(UAA、UGAまたはUAG)を含む。 Coding portion of the transcripts expressed by the constructs will preferably include a last termination codon appropriately positioned in the polypeptide to be translated in the first translation initiation codon and translated polypeptide (UAA, UGA or UAG) .

【0079】 示されたように、発現ベクターは、好ましくは、少なくとも1つの選択マーカーを含む。 [0079] As indicated, the expression vectors will preferably include at least one selectable marker. このようなマーカーとしては、真核生物細胞培養についてはジヒドロ葉酸レダクターゼ、G418、またはネオマイシン耐性、ならびにE. Such markers include dihydrofolate reductase for eukaryotic cell culture, G418 or neomycin resistance, as well as E. coli coli
および他の細菌における培養についてはテトラサイクリン耐性遺伝子、カナマイシン耐性遺伝子、またはアンピシリン耐性遺伝子が挙げられる。 And for culturing in other bacteria tetracycline resistance gene, kanamycin or ampicillin resistance genes may be mentioned. 適切な宿主の代表的な例としては、細菌細胞(例えば、E.coli細胞、Streptomy Representative examples of appropriate hosts include bacterial cells (e.g., E. coli cells, Streptomyces
ces細胞、およびSalmonella typhimurium細胞);真菌細胞(例えば酵母細胞);昆虫細胞(例えば、Drosophila S2細胞およびSpodoptera Sf9細胞);動物細胞(例えば、CHO細胞、COS細胞、293細胞、およびBowesメラノーマ細胞);ならびに植物細胞が挙げられるが、これらに限定されない。 ces cells, and Salmonella typhimurium cells); fungal cells (e.g. yeast cells); insect cells (e.g., Drosophila S2 cells and Spodoptera Sf9 cells); animal cells (eg, CHO cells, COS cells, 293 cells, and Bowes melanoma cells) ; as well as plant cells, but are not limited to. 上記の宿主細胞のための適切な培養培地および条件は当該分野で公知である。 Appropriate culture mediums and conditions for the above-described host cells are known in the art.

【0080】 細菌における使用に好ましいベクターの中には、pQE70、pQE60、およびpQE−9(QIAGEN, Inc., 前出);pBSベクター、Ph [0080] Among vectors preferred for use in bacteria, pQE70, pQE60, and pQE-9 (QIAGEN, Inc., supra); pBS vectors, Ph
agescriptベクター、Bluescriptベクター、pNH8A、p agescript vector, Bluescript vectors, pNH8A, p
NH16a、pNH18A、pNH46A(Stratagene);ならびにptrc99a、pKK223−3、pKK233−3、pDR540、pRI NH16a, pNH18A, pNH46A (Stratagene); and ptrc99a, pKK223-3, pKK233-3, pDR540, pRI
T5(Pharmacia)が含まれる。 T5 (Pharmacia) are included. 好ましい真核生物ベクターの中には、 Among preferred eukaryotic vectors are
pWLNEO、pSV2CAT、pOG44、pXT1、およびpSG(Str pWLNEO, pSV2CAT, pOG44, pXT1, and pSG (Str
atagene);ならびにpSVK3、pBPV、pMSG、およびpSVL atagene); and pSVK3, pBPV, pMSG, and pSVL
(Pharmacia)がある。 There is a (Pharmacia). 他の適切なベクターは、当業者に容易に明らかである。 Other suitable vectors will be readily apparent to those skilled in the art.

【0081】 宿主細胞への構築物の導入は、リン酸カルシウムトランスフェクション、DE [0081] Introduction of the construct into the host cell can be effected by calcium phosphate transfection, DE
AE−デキストラン媒介トランスフェクション、カチオン性脂質媒介トランスフェクション、エレクトロポレーション、形質導入、感染または他の方法によってもたらされ得る。 AE- dextran mediated transfection, cationic lipid-mediated transfection, electroporation, transduction, infection or other methods. このような方法は、多くの標準的研究室マニュアルに記載されている(例えば、Davisら, Basic Methods In Mol Such methods are described in many standard laboratory manuals (e.g., Davis et al., Basic Methods an In Mol
ecular Biology(1986))。 ecular Biology (1986)).

【0082】 ポリペプチドは、融合タンパク質のような改変された形態で発現され得、そして分泌シグナルだけでなく、さらなる異種の機能的領域も含み得る。 [0082] The polypeptide may be expressed in a modified form, such as a fusion protein, and not only secretion signals may also comprise functional regions additional heterologous. 例えば、さらなるアミノ酸、特に荷電アミノ酸の領域が、宿主細胞における、精製の間の、 For example, a region of additional amino acids, particularly charged amino acids, in the host cell, during purification,
または続く取り扱いおよび保存の間の、安定性および持続性を改善するために、 Or followed during handling and storage, in order to improve stability and persistence,
ポリペプチドのN末端に付加され得る。 It may be added to the N-terminus of the polypeptide. また、ペプチド部分が、精製を容易にするためにポリペプチドへ付加され得る。 Also, peptide moieties can be added to the polypeptide to facilitate purification. そのような領域は、ポリペプチドの最終調製の前に除去され得る。 Such regions may be removed prior to final preparation of the polypeptide. とりわけ、分泌または排出を生じるため、安定性を改善するため、および精製を容易にするためのペプチド部分のポリペプチドへの付加は、当該分野でよく知られており、そして慣用的な技術である。 To engender secretion or excretion, to improve stability, and addition of peptide moieties to polypeptides to facilitate purification are well known in the art and are conventional techniques . 好ましい融合タンパク質は、タンパク質の安定化および精製のために有用な免疫グロブリン由来の異種領域を含む。 A preferred fusion protein comprises a heterologous region from immunoglobulin that is useful to stabilize and purify proteins. 例えば、EP−A−0 464 533(カナダ対応出願第2045869号)は、別のヒトタンパク質、またはその一部とともに免疫グロブリン分子の定常領域の種々の部分を含む融合タンパク質を開示する。 For example, EP-A-0 464 533 (Canadian corresponding Application No. 2,045,869) is another human protein, or with a portion thereof discloses fusion proteins comprising various portions of constant region of immunoglobulin molecules. 多くの場合、融合タンパク質中のFc部分は、治療および診断における使用に十分に有利であり、従って、例えば改善された薬物動態学的特性を生じる(EP−A 0 Often, Fc part in a fusion protein is thoroughly advantageous for use in therapy and diagnosis and thus results, for example, in improved pharmacokinetic properties (EP-A 0
232 262)。 232 262). 一方、いくつかの使用について、融合タンパク質が、記載される有利な様式で、発現され、検出され、そして精製された後に、Fc部分を欠失し得ることが望ましい。 On the other hand, for some uses, the fusion protein is in the advantageous manner described, is expressed, detected, and after being purified, it is desirable to be lacking a Fc moiety. これは、Fc部分が、治療および診断における使用に対して障害となると判明する場合(例えば、融合タンパク質が免疫のための抗原として使用されるべき場合)である。 This, Fc moiety is a case where found to hinder for use in therapy and diagnosis (e.g., if the fusion protein is to be used as antigen for immunizations). 薬物探索において、例えばhIL−5のようなヒトタンパク質は、hIL−5のアンタゴニストを同定するための高処理能力スクリーニングアッセイの目的で、Fc部分と融合されている(Bennet In drug discovery, for example, human proteins, such as hIL-5, for the purpose of high-throughput screening assays to identify antagonists of hIL-5, have been fused with Fc portions (Bennet
t,D. t, D. ら, J. Et al., J. Molecular Recognition 8:52 Molecular Recognition 8:52
−58(1995);Johanson,K. -58 (1995); Johanson, K. ら, J. Et al., J. Biol. Biol. Che Che
m. m. 270:9459−9471(1995))。 270: 9459-9471 (1995)).

【0083】 IL−20タンパク質は、硫酸アンモニウム沈澱またはエタノール沈澱、酸抽出、陰イオンまたは陽イオン交換クロマトグラフィー、ホスホセルロースクロマトグラフィー、疎水性相互作用クロマトグラフィー、アフィニティークロマトグラフィー、ヒドロキシアパタイトクロマトグラフィー、およびレクチンクロマトグラフィーを含む周知の方法によって組換え細胞培養物から回収され、そして精製され得る。 [0083] IL-20 protein, ammonium sulfate or ethanol precipitation, acid extraction, anion or cation exchange chromatography, phosphocellulose chromatography, hydrophobic interaction chromatography, affinity chromatography, hydroxyapatite chromatography, and lectin recovered from recombinant cell cultures by well-known methods including chromatography and can be purified. 最も好ましくは、高速液体クロマトグラフィー(「HPLC」)が精製のために用いられる。 Most preferably, high performance liquid chromatography ( "HPLC") is employed for purification. 本発明のポリペプチドは以下を含む:天然の供給源からの精製産物(直接的に単離されたか、または培養されたかのいずれかの、体液、組織、および細胞を含む);化学合成手順の産物;および原核生物宿主または真核生物宿主(例えば、細菌細胞、酵母細胞、高等植物細胞、昆虫細胞、および哺乳動物細胞を含む)から組換え技術によって産生された産物。 Polypeptides of the present invention include: naturally purified products from the source (including whether isolated directly, or in any cultured, body fluids, tissues, and cells); products of chemical synthetic procedures ; and prokaryotic or eukaryotic host (for example, bacterial, yeast, higher plant cells, insect cells, and mammalian including animal cells) products produced by recombinant techniques from. 組換え産生手順において用いられる宿主に依存して、本発明のポリペプチドは、グリコシル化されていてもよく、またはグリコシル化されていなくてもよい。 Depending upon the host employed in a recombinant production procedure, the polypeptides of the present invention may be glycosylated or may not be glycosylated. さらに、本発明のポリペプチドはまた、いくつかの場合、宿主媒介プロセスの結果として、最初の改変された開始メチオニン残基を含み得る。 In addition, polypeptides of the present invention may also, in some cases as a result of host-mediated processes, may include an initial modified initiation methionine residue. 従って、一般的に翻訳開始コドンによってコードされているN末端メチオニンは、すべての真核細胞において翻訳後に任意のタンパク質から高い効率で除去されることが当該分野において周知である。 Thus, N-terminal methionine, which is encoded by the common translation start codon, it is well known in the art to be removed with high efficiency from any protein after translation in all eukaryotic cells. 大部分の原核細胞においても、大部分のタンパク質上のN末端メチオニンは効率的に除去されるが、いくつかのタンパク質では、この原核生物の除去プロセスは、N末端メチオニンが共有結合しているアミノ酸の性質に依存して、非効率的である。 Also in most prokaryotes, but N-terminal methionine on most proteins are effectively removed, in some proteins, the removal process of the prokaryotes, N-terminal methionine is covalently linked amino acids depending on the nature and inefficient.

【0084】 (ポリペプチドおよびフラグメント) 本発明はさらに、寄託されたcDNAによってコードされるアミノ酸配列、もしくは配列番号2のアミノ酸配列を有する、単離されたIL−20ポリペプチド、または上記ポリペプチドの一部を含むペプチドまたはポリペプチドを提供する。 [0084] (polypeptides and fragments) The invention further includes the amino acid sequence of the amino acid sequence, or SEQ ID NO: 2 encoded by the deposited cDNA, isolated IL-20 polypeptide or said polypeptide, It provides a peptide or polypeptide comprising a portion.

【0085】 (改変体および変異体ポリペプチド) IL−20ポリペプチドの特徴を改善または変化させるために、タンパク質工学が利用され得る。 [0085] To improve or alter the characteristics of the (variants and variant polypeptide) IL-20 polypeptide, protein engineering may be employed. 当業者に公知である組換えDNA技術が、新規な変異体タンパク質もしくはムテイン(単一のまたは複数のアミノ酸置換、欠失、付加を含む)、または融合タンパク質を作製するために使用され得る。 Recombinant DNA techniques known to those skilled in the art, the novel mutant proteins or muteins (single or multiple amino acid substitutions, deletions, including additions), or can be used to produce fusion proteins. このような改変されたポリペプチドは、例えば、活性の増強または安定性の増加を示し得る。 Such modified polypeptides can show, eg, an increase in enhancement or stability of the active. さらに、それらは高収量で精製され得、そして少なくとも特定の精製および貯蔵条件下で、対応する天然のポリペプチドよりもより良好な可溶性を示す。 Furthermore, they may be purified in high yield, and at least under certain purification and storage conditions, indicating a better solubility than the corresponding natural polypeptide.

【0086】 (N末端およびC末端欠失変異体) 例えば、膜結合タンパク質の細胞外ドメインまたは分泌タンパク質の成熟型を含む多くのタンパク質について、生物学的な機能の実質的な損失なしにN末端またはC末端から1つ以上のアミノ酸を欠失させ得ることが、当該分野において公知である。 [0086] (N-terminal and C-terminal deletion mutants) For example, for many proteins, including mature form of the extracellular domain or secreted proteins of membrane bound proteins, N-terminal without substantial loss of biological function or it is obtained by deletion of one or more amino acids from the C-terminus are known in the art. 例えば、Ronおよび共同研究者ら(J. Biol. Chem. For example, Ron and co-workers et al (J. Biol. Chem.
, 268:2984−2988;(1993))は、N末端の3、8、または27アミノ酸残基が除去された場合でさえ、ヘパリン結合活性を有した、改変K , 268: 2984-2988; (1993)), even if the N-terminal 3,8 or 27 amino acid residues, have been removed, had a heparin-binding activity, altered K
GFタンパク質を報告した。 It reported the GF protein. 今回の場合、本発明のタンパク質がインターロイキン−17ポリペプチドファミリーのメンバーであるので、配列番号2の10位のリジンまでのN末端アミノ酸の欠失は、レセプター結合または標的細胞活性の調整のような、いくらかの生物学的活性を保持し得る。 In the present case, since the protein of the present invention is a interleukin-17 polypeptide family members, deletion of the N-terminal amino acids up to lysine 10 of SEQ ID NO: 2, as the adjustment of the receptor binding or target cell activity Do, may retain some biological activity. 配列番号2のlys−10 lys-10 of SEQ ID NO: 2
残基を含む、さらなるN末端欠失を有するポリペプチドは、このような生物学的活性を保持することは期待されない。 Comprising residues polypeptide having an additional N-terminal deletions, it is not expected to hold such biological activity. なぜなら、この残基は、レセプター結合およびシグナル伝達に必要とされる構造安定性に必要とされ得るからである。 Because this residue is because may be required structural stability required for receptor binding and signal transduction.

【0087】 しかし、タンパク質のN末端から1つ以上のアミノ酸の欠失がタンパク質の1 [0087] However, 1 deletion of one or more amino acids from the N-terminus of the protein is a protein
つ以上の生物学的機能の改変または損失を生じるとしても、他の生物学的活性はなお保持され得る。 One or more even results in modification or loss of biological functions, other biological activities may still be retained. 従って、短縮化されたタンパク質の、タンパク質の完全な形態または成熟形態を認識する抗体を誘導する能力および/またはその抗体に結合する能力は、タンパク質の完全な形態または成熟形態の残基の大部分より少ない残基がN末端から除去された場合には、一般的に保持される。 Thus, the ability to bind the truncated protein, the ability to induce antibodies that recognize the intact form or mature form of the protein and / or its antibodies, the majority of the residues of the complete form or mature form of the protein If fewer residues have been removed from the N-terminus is generally retained. 完全なタンパク質のN末端残基を欠く特定のポリペプチドがこのような免疫学的活性を保持するかどうかは、本明細書中に記載される慣用的な方法およびそうでなければ当該分野において公知の方法によって、容易に決定され得る。 Known in particular whether the polypeptide retains such immunologic activities, conventional methods and otherwise the art described herein that lacks the complete N-terminal residue of the protein the methods may be easily determined.

【0088】 従って、本発明はさらに、配列番号2に示されるIL−20のアミノ酸配列のアミノ末端から1つ以上の残基(10位のリジン残基まで)を欠失したポリペプチド、およびこのようなポリペプチドをコードするポリヌクレオチドを提供する。 [0088] Accordingly, the present invention further SEQ ID NO: 1 from amino-terminus of the amino acid sequence of IL-20 shown in two or more residues (10 lysine at position to residue) deleted polypeptide, and this providing a polynucleotide encoding a polypeptide as. 特に本発明は、配列番号2の残基n〜160のアミノ酸配列を含むポリペプチドを提供し、ここでnは−20〜10の範囲の整数であり、そして10は、IL In particular the invention provides a polypeptide comprising the amino acid sequence of residues n~160 of SEQ ID NO: 2, where n is an integer ranging from -20~10, and 10, IL
−20タンパク質のレセプター結合活性に必要とされると考えられる、完全IL It believed to be required for receptor binding activity of -20 protein, complete IL
−20ポリペプチド(配列番号2に示される)のN末端からの最初の残基の位置である。 -20 is the position of the first residue from the N-terminus of the polypeptide (shown in SEQ ID NO: 2).

【0089】 より詳細には、本発明は、配列番号2の−20〜160、−19〜160、− [0089] More particularly, the present invention is, of SEQ ID NO: 2 -20~160, -19~160, -
18〜160、−17〜160、−16〜160、−15〜160、−14〜1 18-160, -17~160, -16~160, -15~160, -14~1
60、−13〜160、−12〜160、−11〜160、−10〜160、− 60, -13~160, -12~160, -11~160, -10~160, -
9〜160、−8〜160、−7〜160、−6〜160、−5〜160、−4 9-160, -8~160, -7~160, -6~160, -5~160, -4
〜160、−3〜160、−2〜160、−1〜160、1〜160、2〜16 160, -3~160, -2~160, -1~160,1~160,2~16
0、3〜160、4〜160、5〜160、6〜160、7〜160、8〜16 0,3~160,4~160,5~160,6~160,7~160,8~16
0、9〜160、および10〜160の残基のアミノ酸配列を有するポリペプチドをコードするポリヌクレオチドを提供する。 0,9~160, and provides a polynucleotide encoding a polypeptide having the amino acid sequence of residues 10 to 160. これらのポリペプチドをコードするポリヌクレオチドもまた、提供される。 Polynucleotides encoding these polypeptides are also provided.

【0090】 同様に、生物学的に機能的なC末端欠失ムテインの多くの例が公知である。 [0090] Similarly, it is known that many examples of biologically functional C-terminal deletion muteins. 例えば、インターフェロンγは、タンパク質のカルボキシ末端から8〜10アミノ酸残基を欠失させることにより10倍まで高い活性を示す(Dobeliら、J For example, interferon γ, by deleting 8-10 amino acid residues from the carboxy terminus of the protein shows a high activity up to 10-fold (Dobeli et al., J
. Biotechnology 7:199−216;(1988))。 Biotechnology 7: 199-216; (1988)). 今回の場合、本発明のタンパク質がインターロイキン−17ポリペプチドファミリーのメンバーであるので、配列番号2の158位のシステインまでのC末端アミノ酸の欠失は、ケモカインについて、レセプター結合または標的細胞活性の調整のような、いくらかの生物学的活性を保持し得る。 In the present case, since the protein of the present invention is a member of the interleukin-17 polypeptide family, deletions of C-terminal amino acids up to position 158 cysteine ​​of SEQ ID NO: 2, for chemokine, receptor binding or target cell activity such as adjustment, it may retain some biological activity. 配列番号2の158位のシステイン残基を含むさらなるC末端欠失を有するポリペプチドは、このような生物学的活性を保持することは期待されない。 Polypeptides having C-terminal deletions made Sara containing a cysteine ​​residue at position 158 of SEQ ID NO: 2, it is not expected to hold such biological activity. なぜなら、この残基が、レセプター結合およびシグナル伝達に必要とされる構造安定性を提供するジスルフィド架橋を形成するのに必要であると思われるからである。 Because this residue is because appears to be required to form a disulfide bridge to provide structural stability which is needed for receptor binding and signal transduction.

【0091】 しかし、タンパク質のC末端からの1つ以上のアミノ酸の欠失がタンパク質の1つ以上の生物学的機能の損失の改変を生じるとしても、他の生物学的活性はなお保持され得る。 [0091] However, even if deletion of one or more amino acids from the C-terminus of the protein results in modification of one or more loss of biological function of the protein, other biological activities may still be retained . 従って、短縮化されたタンパク質の、タンパク質の完全な形態または成熟形態を認識する抗体を誘導する能力および/またはその抗体に結合する能力は、タンパク質の完全な形態または成熟形態の残基の大部分より少ない残基がC末端から除去される場合、一般的に保持される。 Thus, the ability to bind the truncated protein, the ability to induce antibodies that recognize the intact form or mature form of the protein and / or its antibodies, the majority of the residues of the complete form or mature form of the protein If fewer residues are removed from the C-terminus, it is generally retained. 完全なタンパク質のC末端残基を欠く特定のポリペプチドがこのような免疫学的活性を保持するかどうかは、本明細書中に記載される慣用的な方法およびそうでなければ当該分野において公知の方法によって、容易に決定され得る。 Known in particular whether the polypeptide retains such immunologic activities, conventional methods and otherwise the art described herein that lacks the complete C-terminal residue of the protein the methods may be easily determined.

【0092】 従って、本発明はさらに、配列番号2に示されるIL−20のアミノ酸配列のカルボキシ末端から1つ以上の残基(配列番号2の158位のシステイン残基まで)を欠失したポリペプチド、およびこのようなポリペプチドをコードするポリヌクレオチドを提供する。 [0092] Accordingly, the present invention further lacking the IL-20 amino acid sequence of one or more residues from the carboxy terminus of which is shown in SEQ ID NO: 2 (up to the cysteine ​​residue at position 158 of SEQ ID NO: 2) poly peptide, and a polynucleotide encoding such a polypeptide. 特に本発明は、配列番号2のアミノ酸配列の残基−2 In particular, the present invention is the residue of the amino acid sequence of SEQ ID NO: 2-2
0〜mのアミノ酸配列を有するポリペプチドを提供し、ここでmは158〜16 Providing a polypeptide having the amino acid sequence of 0 to m, wherein m is from 158 to 16
0の範囲の任意の整数であり、そして残基158は、IL−20タンパク質のレセプター結合活性に必要とされると考えられる、完全IL−20ポリペプチド( 0 is an arbitrary integer in the range of, and residue 158 is believed to be required for receptor binding activity of IL-20 protein, complete IL-20 polypeptide (
配列番号2に示される)のC末端からの最初の残基の位置である。 The position of the first residue from the C-terminus of the indicated are) in SEQ ID NO: 2.

【0093】 より詳細には、本発明は、配列番号2の残基−20〜158、−20〜159 [0093] More particularly, the present invention is, of SEQ ID NO: 2 residues -20~158, -20~159
、および−20〜160のアミノ酸配列を有するポリペプチドをコードするポリヌクレオチドを提供する。 , And it provides a polynucleotide encoding a polypeptide having the amino acid sequence of -20~160. これらのポリペプチドをコードするポリヌクレオチドもまた、提供される。 Polynucleotides encoding these polypeptides are also provided.

【0094】 本発明はまた、アミノ末端およびカルボキシ末端の両方から1つ以上のアミノ酸を欠失したポリペプチドを提供し、これは配列番号2の残基n〜mを有するものとして一般的に記載され得る。 [0094] The present invention also provides a deleted polypeptides of one or more amino acids from both the amino and carboxy termini, which are generally described as having residues n~m of SEQ ID NO: 2 It may be. ここでnおよびmは上記で述べたような整数である。 Where n and m are integers as described above.

【0095】 クローンHTSGS30(ATCC受託番号209232)におけるヒトcD [0095] person in clone HTSGS30 (ATCC Accession No. 209232) cD
NAクローンによってコードされる完全IL−20アミノ酸配列の部分からなるポリペプチドをコードするヌクレオチド配列もまた含まれ、ここでこの部分は、 The nucleotide sequence encodes a polypeptide consisting of the portion of the complete IL-20 amino acid sequence encoded by the NA clone also included, wherein this portion,
クローンHTSGS30(ATCC受託番号209232)におけるヒトcDN Person in clone HTSGS30 (ATCC Accession No. 209232) cDN
Aによってコードされる完全アミノ酸配列のアミノ末端からの1〜約30アミノ酸、またはクローンHTSGS30(ATCC受託番号209232)におけるヒトcDNAによってコードされる完全アミノ酸配列の、カルボキシ末端からの1〜約3アミノ酸を除外し、または上記のアミノ末端およびカルボキシ末端の欠失の任意の組み合わせである。 1 to about 30 amino acids from the amino terminus of the complete amino acid sequence encoded by the A, or clone HTSGS30 the complete amino acid sequence encoded by the human cDNA in (ATCC Accession No. 209232), 1 to about 3 amino acids from the carboxy terminus excluded, or any combination of deletions of the amino and carboxy termini of the above. 上記の欠失変異体ポリペプチド型全てをコードするポリヌクレオチドもまた、提供される。 Polynucleotides encoding all deletion mutant polypeptide forms of the above are also provided.

【0096】 上記のように、たとえタンパク質のN末端からの1つ以上のアミノ酸の欠失が、タンパク質の1つ以上の生物学的機能の損失の改変を生じる場合でも、他の生物学的活性は、まだ保持され得る。 [0096] As described above, even if deletion of one or more amino acids from the N-terminus of the protein, even if the resulting modification of one or more loss of biological function of the protein, other biological activities It may be still held. 従って、タンパク質の完全形態または成熟形態を認識する抗体を誘導するおよび/または抗体に結合する短縮化されたIL− Thus it was shortened to bind to and / or antibodies to induce antibodies that recognize the full form or mature form of the protein IL-
20ムテインの能力は、N末端から完全または成熟タンパク質の残基の大部分より少ない残基が除去された場合、一般的に保持される。 The ability of the 20 muteins, if fewer residues than most residues of the complete or mature protein from the N-terminus has been removed, are generally retained. 完全タンパク質のN末端残基を欠く特定のポリペプチドがこのような免疫学的活性を保持するかどうかは、本明細書中に記載される慣用的な方法およびそうでなければ当該分野において公知の方法によって、容易に決定され得る。 Particular lacking the N-terminal residues of a complete protein Whether polypeptide retains such immunologic activities, known in the art if not conventional methods and so described herein by the way, it can be readily determined. 多数の欠失N末端アミノ酸残基を伴うIL−20ムテインがいくらかの生物学的活性または免疫学的活性を保持し得ることは、あり得ないことではない。 The IL-20 muteins with multiple deletions N-terminal amino acid residues may retain some biological activity or immunological activity is not to impossible. 実際、6程度の少ないIL−20アミノ酸残基で構成されるペプチドは、しばしば免疫応答を引き起こし得る。 In fact, peptides composed of as little as 6 IL-20 amino acid residues may often cause an immune response.

【0097】 従って、本発明はさらに、配列番号2に示されるIL−20アミノ酸配列のアミノ末端から1つ以上の残基(175位のグリシン残基まで)を欠失したポリペプチドおよびこのようなポリペプチドをコードするポリヌクレオチドを提供する。 [0097] Accordingly, the present invention further, IL-20 from the amino-terminal amino acid sequence (up to the glycine residue at position 175) one or more residues such that the polypeptide and this lacking of SEQ ID NO: 2 providing a polynucleotide encoding the polypeptide. 特に本発明は、図1(配列番号2)の残基n'〜180のアミノ酸配列を含むポリペプチドを提供し、ここでn'は2〜175の範囲の整数であり、そして1 In particular the invention provides a polypeptide comprising the amino acid sequence of residues n'~180 in FIG. 1 (SEQ ID NO: 2), where n 'is an integer ranging from 2 to 175, and 1
76は、IL−20タンパク質の少なくとも免疫学的活性に必要とされると考えられている完全IL−20ポリペプチドのN末端からの最初の残基の位置である。 76 is the position of the first residue from the N-terminus of the full IL-20 polypeptide which is believed to be required for at least immunological activity of IL-20 protein.

【0098】 より詳細には、本発明は、図1に示されるIL−20配列(これは、配列番号2として示される配列に同一である、但し、図1中のアミノ酸残基は、N末端からC末端まで、1から180で連続して番号付けられおり、一方、配列番号2中のアミノ酸残基は、推定シグナルペプチドの位置を反映するように、−20から160で連続して番号付けられている)の [0098] More particularly, the present invention is IL-20 sequence shown in Figure 1 (which is identical to the sequence shown as SEQ ID NO: 2, provided that the amino acid residues in Figure 1, N-terminal from to the C-terminus, are numbered consecutively from 1 to 180, whereas the amino acid residues in SEQ ID NO: 2, to reflect the position of the putative signal peptide, numbered consecutively at -20 to 160 its dependent) of

【0099】 [0099]

【化1】 [Formula 1]

【0100】 の残基のアミノ酸配列を含むか、またはそれらのアミノ酸配列からなるポリペプチドをコードするポリヌクレオチドを提供する。 [0100] or an amino acid sequence of residues, or a polynucleotide that encodes a polypeptide consisting of the amino acid sequence. これらのポリペプチドをコードするポリヌクレオチドもまた、本発明に含まれる。 Polynucleotides encoding these polypeptides are also included in the present invention.

【0101】 上記のようにまた、たとえタンパク質のC末端からの1つ以上のアミノ酸の欠失が、タンパク質の1つ以上の生物学的機能の損失の改変を生じる場合でも、他の生物学的活性は、まだ保持され得る。 [0102] Also as described above, even if one or more deletions of amino acids from the C-terminus of the protein, even if the resulting modification of one or more loss of biological function of the protein, other biological activity can be still maintained. 従って、タンパク質の完全または成熟形態を認識する抗体を誘導するおよび/または抗体に結合する短縮化されたIL− Thus it was shortened to bind to and / or antibodies to induce antibodies that recognize full or mature form of the protein IL-
20ムテインの能力は、C末端から完全または成熟タンパク質の残基の大部分より少ない残基が除去される場合、一般的に保持される。 The ability of the 20 muteins, if fewer residues are removed from the majority of the residues of the complete or mature protein from the C-terminus, are generally retained. 完全タンパク質のC末端残基を欠く特定のポリペプチドがこのような免疫学的活性を保持するかどうかは、本明細書中に記載される慣用的な方法およびそうでなければ当該分野において公知の方法によって、容易に決定され得る。 Particular lacking the C-terminal residues of a complete protein Whether polypeptide retains such immunologic activities, known in the art if not conventional methods and so described herein by the way, it can be readily determined. 多数の欠失C末端アミノ酸残基を伴うIL−20ムテインがいくらかの生物学的活性または免疫学的活性を保持し得ることは、あり得ないことではない。 The IL-20 muteins with multiple deletions C-terminal amino acid residues may retain some biological activity or immunological activity is not to impossible. 実際、6つ程度の少ないIL−20アミノ酸残基で構成されるペプチドは、しばしば免疫応答を引き起こし得る。 In fact, peptides composed of six degrees less IL-20 amino acid residues may often cause an immune response.

【0102】 従って、本発明はさらに、配列番号2に示されるIL−20のアミノ酸配列のカルボキシ末端から1つ以上の残基(6位のアスパラギン残基まで)を欠失したポリペプチドおよびこのようなポリペプチドをコードするポリヌクレオチドを提供する。 [0102] Accordingly, the present invention further, SEQ ID NO: 2 from the carboxy terminus of the amino acid sequence of IL-20 shown in one or more residues (up to 6-position of an asparagine residue) deleted polypeptides and such a providing a polynucleotide encoding the polypeptides. 特に、本発明は、配列番号2の残基1〜m'のアミノ酸配列を含むポリペプチドを提供し、ここでm'は6〜179の範囲の整数であり、そして6は、 In particular, the present invention 'provides a polypeptide comprising an amino acid sequence of, wherein m' residues 1~m of SEQ ID NO: 2 is an integer in the range of 6-179, and 6,
IL−20タンパク質の少なくとも免疫学的活性に必要とされると考えられている完全IL−20ポリペプチドのC末端からの最初の残基の位置である。 The position of the first residue from the C-terminus of the full-IL-20 polypeptide which is believed to be required for at least immunological activity of IL-20 protein.

【0103】 より詳細には、本発明は、図1に示されるIL−20配列(これは、配列番号2として示される配列に同一である、但し、図1中のアミノ酸残基は、N末端からC末端まで、1から180で連続して番号付けられおり、一方、配列番号2中のアミノ酸残基は、推定シグナルペプチドの位置を反映するように、−20から160で連続して番号付けられている)の配列の残基 [0103] More particularly, the present invention is IL-20 sequence shown in Figure 1 (which is identical to the sequence shown as SEQ ID NO: 2, provided that the amino acid residues in Figure 1, N-terminal from to the C-terminus, are numbered consecutively from 1 to 180, whereas the amino acid residues in SEQ ID NO: 2, to reflect the position of the putative signal peptide, numbered consecutively at -20 to 160 residue of the sequence of Tweets)

【0104】 [0104]

【化2】 ## STR2 ##

【0105】 のアミノ酸配列を含むか、またはそれらのアミノ酸配列からなるポリペプチドをコードするポリヌクレオチドを提供する。 [0105] or comprising the amino acid sequence of, or a polynucleotide that encodes a polypeptide consisting of the amino acid sequence. これらのポリペプチドをコードするポリヌクレオチドもまた、提供される。 Polynucleotides encoding these polypeptides are also provided.

【0106】 本発明はまた、IL−20ポリペプチドのアミノ末端およびカルボキシ末端の両方から1つ以上のアミノ酸を欠失したポリペプチドを提供し、これは図1(配列番号2)の残基n'〜m'を有するものとして一般的に記載され得る。 [0106] The present invention also provides IL-20 polypeptide of one or more amino acids deleted polypeptides from both the amino and carboxy terminus of this residue n in FIG. 1 (SEQ ID NO: 2) It can be generally described as having a '~m'. ここでn'およびm'は上記で述べたような整数である。 Where n 'and m' are integers as described above.

【0107】 本発明の特定の実施態様は、E. [0107] Certain embodiments of the present invention, E. coliにおける発現のためのIL−20欠失変異発現構築物である。 A IL-20 deletion mutant expression construct for expression in coli. より詳細には、このE. More particularly, this E. coliにおける発現のためのIL−20欠失変異発現構築物は、図1に示されるIL−20ポリペプチド配列のグルタミン−21からフェニルアラニン−180のアミノ酸(または配列番号2に示されるIL−20ポリペプチド配列のグルタミン−1からフェニルアラニン−160のアミノ酸)をコードする核酸挿入片を含む。 IL-20 deletion mutant expression construct for expression in E. coli, IL-20 polypeptide shown in amino acids (or SEQ ID NO: 2 of phenylalanine -180 glutamine -21 IL-20 polypeptide sequence shown in Figure 1 glutamine -1 sequence comprising a nucleic acid insert encoding amino acids) phenylalanine -160.

【0108】 本発明の別の実施態様は、配列番号11として示される完全ポリペプチド配列およびその特定の部分を包含する。 [0108] Another embodiment of the present invention includes the complete polypeptide sequence and a particular portion thereof is shown as SEQ ID NO: 11. このポリペプチド配列は、配列番号1として示される配列を構築するために使用される以外の方法によって組み立てられたポリヌクレオチド配列の翻訳によって得られた。 The polypeptide sequence was obtained by translation of the polynucleotide sequences assembled by a method other than that used to construct the sequence shown as SEQ ID NO: 1. 配列番号11の残基1〜127、 Residues 1 to 127 of SEQ ID NO: 11,
2〜127、および62〜127全てを含むポリペプチドが好ましい。 2-127, and 62-127 polypeptides comprising all preferred. 配列番号11からの少なくとも10の連続するアミノ酸、より好ましくは30の連続するアミノ酸を含む、単離されたポリペプチドが好ましい。 At least 10 contiguous amino acids from SEQ ID NO: 11, more preferably 30 consecutive amino acids of the isolated polypeptide is preferred. このようなポリペプチド配列をコードするポリヌクレオチドもまた、提供される。 Polynucleotides encoding such polypeptides sequences are also provided.

【0109】 (他の変異体) 上記で議論したタンパク質の末端欠失形態に加えて、IL−20ポリペプチドのいくつかのアミノ酸配列がタンパク質の構造または機能の顕著な効果なしで改変され得ることもまた、当業者に認識される。 [0109] (other variants) In addition to terminal deletion forms of the protein discussed above, that some of the amino acid sequence of IL-20 polypeptide can be modified without significant effect of the structure or function of the protein It is also recognized by those skilled in the art. 配列におけるこのような差異が意図される場合、活性を決定するタンパク質の重要な領域が存在するということは、思い出されるべきである。 If such differences in sequence are contemplated, that critical areas on the protein which determine activity is present, it should be recalled.

【0110】 従って、本発明はさらに、実質的なIL−20ポリペプチド活性を示すか、または以下で議論するタンパク質部分のようなIL−20タンパク質の領域を含む、IL−20ポリペプチドのバリエーションを含む。 [0110] Accordingly, the present invention further comprises a region of IL-20 protein such as the protein portions discussed or show substantial IL-20 polypeptide activity or below, variations of the IL-20 polypeptide including. このような変異体は、活性にほとんど効果を有さないような、当該分野において公知の一般的な規則に従って選択された、欠失、挿入、逆位、反復、およびタイプ置換を含む。 Such mutants include that have little effect on activity, they were selected according to general rules known in the art, deletions, insertions, inversions, repeats, and type substitutions. 例えば、表現型的にサイレントなアミノ酸置換を作製する方法に関するガイダンスが提供されており、その中で著者らは、変化に対するアミノ酸配列の寛容性を研究するための2つの主なアプローチが存在することを示す(Bowie, J.U.ら、 For example, guidance is provided on how to make phenotypically silent amino acid substitutions, the authors therein, that the two main approaches for studying the tolerance of an amino acid sequence to change existing the show (Bowie, J.U. et al.,
Science 247:1306−1310 (1990))。 Science 247: 1306-1310 (1990)). 第1の方法は進化の過程に依存し、ここで変異は自然選択によって受け入れられるか、または拒絶されるかのいずれかである。 The first method is dependent on the process of evolution, in which mutations are either or accepted by natural selection, or rejected. 第2のアプローチは、遺伝子操作を使用して、 The second approach, using genetic engineering,
クローニングされた遺伝子の特定の位置にアミノ酸の変化を導入し、そして選択またはスクリーニングを使用して機能性を維持する配列を同定する。 Introducing a change in the amino acid at the specified positions of a cloned gene, and to identify sequences that maintain functionality using selection or screening.

【0111】 著者らがいうように、これらの研究は、タンパク質がアミノ酸置換に対して驚くべきほど寛容であることを明らかにしてきた。 [0111] As the authors say, these studies, the protein has been revealed that it is a tolerant surprisingly of amino acid substitutions. 著者らはさらに、どのアミノ酸変化がタンパク質の特定の位置において許容的でありそうかを示す。 The authors further indicate a permissive or so in which amino acid changes are specific location of the protein. 例えば、大部分の埋没したアミノ酸残基は、非極性側鎖を必要とするが、一方、表面側鎖の特徴は一般的にほとんど保存されていない。 For example, amino acid residues most burial may require nonpolar side chains, whereas, features of surface side chains are not generally little storage. 他のこのような表現型的にサイレントな置換は、Bowieおよび共同研究者ら(前出)およびそこに引用される参考文献中に記載される。 Other such phenotypically silent substitutions are described in Bowie and coworkers (supra) and references therein cited. 代表的には、脂肪族アミノ酸Ala、Val、LeuおよびIleの間での1つから別のものへの置き換え;ヒドロキシル残基SerおよびThrの交換、酸性残基AspおよびGluの交換、アミド残基AsnとG Typically, the aliphatic amino acids Ala, Val, replacement of those from one of between the Leu and Ile another; interchange of the hydroxyl residues Ser and Thr, exchange of the acidic residues Asp and Glu, the amide residues Asn and G
lnとの間の置換、塩基性残基LysおよびArgの交換、ならびに芳香族残基Phe、Tyrの間の置き換えは、保存的置換と見なされる。 Substitution between ln, exchange of the basic residues Lys and Arg, and aromatic residues Phe, the substitution of between Tyr, are considered conservative substitutions.

【0112】 従って、配列番号2のポリペプチドのフラグメント、誘導体またはアナログ、 [0112] Thus, a fragment of the polypeptide of SEQ ID NO: 2, derivative or analog,
あるいは寄託されたcDNAによってコードされるものは、(i)1つ以上のアミノ酸残基は、保存されたアミノ酸残基または保存されていないアミノ酸残基( Or, those encoded by the deposited cDNA, (i) 1 or more amino acid residues, conserved amino acid residues or unsaved amino acid residues (
好ましくは保存されたアミノ酸残基)で置換され、そしてそのような置換されたアミノ酸残基が遺伝コードによってコードされたものであってもよく、またはそうでなくてもよいもの、あるいは(ii)1つ以上のアミノ酸残基が、置換基を含むもの、あるいは(iii)成熟ポリペプチドが、ポリペプチドの半減期を増加させる化合物(例えば、ポリエチレングリコール)のような、別の化合物と融合しているもの、あるいは(iv)IgG Fc融合領域ペプチドまたはリーダーもしくは分泌配列、または上記の形態のポリペプチドの精製に利用される配列、またはプロタンパク質配列のような、さらなるアミノ酸が、ポリペプチドの上記の形態に融合しているものであり得る。 Preferably substituted with conserved amino acid residues), and those such substituted amino acid residue may or may not good, or otherwise be one encoded by the genetic code, or (ii) one or more amino acid residues, includes a substituent group, or (iii) one in which the mature polypeptide is a compound to increase the half-life of the polypeptide (e.g., polyethylene glycol), such as, fused with another compound those are, or (iv), such as IgG Fc fusion region peptide or leader or secretory sequence or sequences is utilized in the purification of the above form of the polypeptide, or a proprotein sequence, additional amino acids, the polypeptide of the It may be one that is fused to form. このようなフラグメント、誘導体、およびアナログは、本明細書中の教示からの当業者の範囲内であるとみなされる。 Such fragments, derivatives and analogs are deemed to be within the skill in the range of from the teachings herein.

【0113】 従って、本発明のIL−20は、天然の変異または人為的操作のいずれか由来の、1つ以上のアミノ酸置換、欠失、または付加を含み得る。 [0113] Therefore, IL-20 of the present invention, derived from either natural mutations or human manipulation, may include one or more amino acid substitutions, deletions or additions. 示されるように、 As shown,
変化は、好ましくは、マイナーな性質のものであり、例えばタンパク質のフォールディングまたは活性に顕著な影響を与えない保存的アミノ酸置換である(表1 Changes are preferably of a minor nature, conservative amino acid substitutions that do not significantly affect, for example, protein folding or activity (Table 1
を参照のこと)。 checking).

【0114】 [0114]

【表1】 [Table 1]

【0115】 特定の実施態様において、図1および/または本明細書中に記載されるポリペプチドフラグメントのいずれかのアミノ酸配列における置換、欠失または付加の数は、30、29、28、27、26、25、24、23、22、21、20、 [0115] In certain embodiments, the number of substitutions, deletions or additions in the amino acid sequence of any of the polypeptide fragments described in Figure 1 and / or herein, 30,29,28,27, 26,25,24,23,22,21,20,
19、18、17、16、15、14、13、12、11、10、9、8、7、 19,18,17,16,15,14,13,12,11,10,9,8,7,
6、5、4、3、2、もしくは1、または30〜20、20〜10、20〜15 6,5,4,3,2 or 1, or 30~20,20~10,20~15,
、15〜10、10〜5、もしくは1〜5である。 , 15~10,10~5, or 1 to 5.

【0116】 本発明のIL−20タンパク質の機能に必須のアミノ酸は、当該分野で公知の方法(例えば、部位特異的変異誘発またはアラニンスキャン変異誘発(Cunn [0116] amino acids essential to the function of IL-20 protein of the present invention are prepared by methods known in the art (e.g., site-directed mutagenesis or alanine scanning mutagenesis (Cunn
inghamおよびWells,Science 244:1081−1085 ingham and Wells, Science 244: 1081-1085
(1989))により同定され得る。 It can be identified by (1989)). 後者の手順は、分子のすべての残基に単一のアラニン変異を導入する。 The latter procedure introduces single alanine mutations at every residue in the molecule. 次いで、得られた変異体分子は、生物学的活性(例えば、レセプター結合またはインビトロまたはインビトロでの増殖活性)について試験される。 Then, variant molecules obtained are tested for biological activity (e.g., receptor binding or in vitro or in vitro proliferative activity).

【0117】 特別に興味深いのは、荷電したアミノ酸を、高度に所望の改善された特徴(例えば、より少ない凝集)を有するタンパク質を産生し得る、他の荷電したアミノ酸または中性アミノ酸で置換することである。 [0117] special interest are the charged amino acids, substitution of a highly desirable improved characteristics (e.g., less aggregation) capable of producing proteins with other charged amino acid or neutral amino acids it is. 凝集は、活性を低下させるだけではなく、薬学的処方物を調製する場合に問題ともなる。 Aggregation, not only decreases the activity, it is problematic when preparing pharmaceutical formulations. なぜなら、凝集物は免疫原性であり得るからである(Pinckardら、Clin. Exp. Im Because aggregates because may be immunogenic (Pinckard et al., Clin. Exp. Im
munol. munol. 2:331−340 (1967);Robbinsら、Dia 2: 331-340 (1967); Robbins et al., Dia
betes 36: 838−845 (1987);Clelandら、Cr betes 36: 838-845 (1987); Cleland et al., Cr
it. it. Rev. Rev. Therapeutic Drug Carrier Sy Therapeutic Drug Carrier Sy
stems 10:307−377 (1993))。 stems 10: 307-377 (1993)).

【0118】 アミノ酸の置き換えはまた、細胞表面レセプターに対するリガンドの結合の選択性を変化させ得る(例えば、Ostadeら、Nature 361:266 [0118] Replacement of amino acids also may alter the binding selectivity of a ligand to cell surface receptors (e.g., Ostade et al., Nature 361: 266
−268(1993))は2つの既知のタイプのTNFレセプターの1つのみへのTNF−αの選択的な結合を生じる特定の変異を記載する。 -268 (1993)) describes certain mutations resulting in selective binding of TNF-alpha to only one of the two known types of TNF receptors. リガンド−レセプター結合について決定的である部位はまた、構造解析(例えば、結晶化、核磁気共鳴法または光親和性標識)により決定され得る(Smithら、J.Mol. Ligand - site is crucial for receptor binding can also be structural analysis (e.g., crystallization, nuclear magnetic resonance or photoaffinity labeling) can be determined by (Smith et al., J. Mol.
Biol. Biol. 224:899−904(1992);de Vosら、Scien 224: 899-904 (1992); de Vos et al., Scien
ce 255:306−312(1992))。 ce 255: 306-312 (1992)).

【0119】 IL−20は、サイトカイン関連タンパク質ファミリーのメンバーであるので、IL−20の生物学的活性を完全に排除するよりむしろ調整するために、好ましくは、IL−20保存ドメインにおける、すなわち、配列番号2の−14位から158位における、より好ましくは、配列番号2の残基76から158における、およびさらにより好ましくは、全てのサイトカインおよびサイトカイン様分子において保存されていないこの領域内の残基における、アミノ酸をコードする配列において変異がなされる。 [0119] IL-20, since a member of the cytokine family of related proteins, in order to adjust, rather than completely eliminate biological activities of IL-20, in preferably, IL-20 conserved domain, i.e., at position 158 -14 of SEQ ID nO: 2, more preferably, at residue 76 from 158 of SEQ ID nO: 2, and even more preferably not conserved in all of cytokines and cytokine-like molecules remaining in this area in groups, mutations are made in sequences encoding amino acids. 上記IL−20変異体をコードする核酸配列を含む単離されたポリヌクレオチドもまた、本発明の一部を形成する。 Isolated polynucleotide comprising a nucleic acid sequence encoding the IL-20 mutants also form part of the present invention.

【0120】 本発明のポリペプチドは、好ましくは、単離された形態で提供され、そして好ましくは実質的に精製されている。 [0120] The polypeptides of the present invention are preferably provided in an isolated form, and preferably are substantially purified. IL−20ポリペプチドの組換え産生版は、 Recombinant production version of the IL-20 polypeptide,
SmithおよびJohnson(Gene 67:31−40(1988)) Smith and Johnson (Gene 67: 31-40 (1988))
に記載される一工程法により実質的に精製され得る。 It can be substantially purified by one-step method described in. 本発明のポリぺプチドはまた、天然の、または組換えの供給源から、本発明の抗IL−20抗体をタンパク質精製の分野で周知の方法において使用して精製され得る。 Polypeptides of the present invention is also the natural, or from a source of recombinant, anti-IL-20 antibodies of the present invention may be purified using the methods well known in the art of protein purification.

【0121】 本発明はさらに、(a)配列番号2に示される完全アミノ酸配列を有する全長IL−20ポリぺプチドのアミノ酸配列(すなわち、配列番号2の−20〜16 [0121] The present invention further provides full-length IL-20 polypeptide amino acid sequence having the complete amino acid sequence shown in (a) SEQ ID NO: 2 (i.e., SEQ ID NO: 2 -20~16
0位);(b)N末端メチオニン以外の配列番号2に示される完全アミノ酸配列を有する全長IL−20ポリぺプチドのアミノ酸配列(すなわち、配列番号2の−19〜160位);(c)配列番号2の1〜160位のアミノ酸配列を有する推定成熟IL−20ポリぺプチドのアミノ酸配列;(d)クローンHTSGS3 0 position); (b) the full-length IL-20 polypeptide amino acid sequence having the complete amino acid sequence shown in SEQ ID NO: 2 other than the N-terminal methionine (i.e., -19~160 of SEQ ID NO: 2); (c) the amino acid sequence of the predicted mature IL-20 polypeptide having the 1 to 160 position of the amino acid sequence of SEQ ID NO: 2; (d) clone HTSGS3
0(ATCC受託番号209232)におけるヒトcDNAによってコードされる完全アミノ酸配列;(e)クローン(ATCC受託番号209232)におけるヒトcDNAによってコードされるN末端メチオニン以外の完全アミノ酸配列;ならびに(f)クローン(ATCC受託番号209232)におけるヒトcD 0 (ATCC Accession No. 209232) the complete amino acid sequence encoded by the human cDNA in; (e) cloning the complete amino acid sequence other than the N-terminal methionine encoded by the human cDNA in (ATCC Accession No. 209232); and (f) clone ( person in ATCC accession No. 209232) cD
NAによってコードされる推定成熟IL−20ポリペプチドの完全アミノ酸配列、からなる群から選択されるアミノ酸配列を含む単離されたIL−20ポリペプチドを提供する。 It provides an isolated IL-20 polypeptide comprising the complete amino acid sequence of the predicted mature IL-20 polypeptide encoded amino acid sequence selected from the group consisting of the NA. 本発明のポリぺプチドには、上記の(a)、(b)、(c)、 The polypeptides of the present invention, the above-mentioned (a), (b), (c),
(d)、(e)、または(f)に記載のアミノ酸配列に対して、少なくとも80 (D), the amino acid sequence set forth in (e), or (f), at least 80
%同一、より好ましくは、少なくとも90%同一、およびなおより好ましくは、 % Identity, more preferably at least 90% identical, and even more preferably,
95%、96%、97%、98%、または99%同一である、アミノ酸配列を有するポリぺプチド、ならびに上記のアミノ酸配列に対して、少なくとも90%の類似性、およびより好ましくは少なくとも95%の類似性を有するアミノ酸配列を有するポリペプチドが含まれる。 95%, 96%, 97%, 98%, or 99% identical, polypeptide having the amino acid sequence, as well as with respect to the amino acid sequence at least 90% similarity, and more preferably at least 95% It comprises a polypeptide having the amino acid sequence having a similarity.

【0122】 本発明のさらなるポリぺプチドには、上記のポリペプチドに対して、少なくとも90%類似性、より好ましくは、少なくとも95%類似性、およびなおより好ましくは、少なくとも96%、97%、98%、または99%類似性を有するポリぺプチドが含まれる。 [0122] Additional polypeptides of the present invention, with respect to the polypeptide, at least 90% similarity, more preferably at least 95% similarity, and still more preferably at least 96%, 97%, 98%, or a polypeptide having 99% similarity. 本発明のポリぺプチドはまた、寄託されたcDNAによってコードされるポリぺプチドもしくは配列番号2のポリぺプチドに対して、少なくとも80%同一、より好ましくは少なくとも90%もしくは95%同一、なおより好ましくは少なくとも96%、97%、98%、もしくは99%同一であるポリぺプチドを含み、そしてまた、少なくとも30アミノ酸、そしてより好ましくは少なくとも50アミノ酸を有するこのようなポリぺプチドの部分を含む。 Polypeptides of the present invention also has for polypeptides of the polypeptide or SEQ ID NO: 2 encoded by the deposited cDNA, at least 80% identical, more preferably at least 90% or 95% identical, still more preferably at least 96 percent, 97%, includes 98%, or a polypeptide 99% identical, and also include portions of such polypeptides with at least 30 amino acids and more preferably at least 50 amino acids, .

【0123】 本発明のさらなる実施態様は、少なくとも1つの保存的アミノ酸置換であるが、50以下の保存的アミノ酸置換、さらにより好ましくは、40以下の保存的アミノ酸置換、なおより好ましくは30以下の保存的アミノ酸置換、およびなおさらにより好ましくは20以下の保存的アミノ酸置換を含むアミノ酸配列を有するIL−20ポリペプチドのアミノ酸配列を含む、ペプチドまたはポリペプチドに関する。 [0123] A further embodiment of the present invention is at least one conservative amino acid substitutions, less than 50 conservative amino acid substitutions, even more preferably, 40 or less conservative amino acid substitutions, even more preferably of 30 or less conservative amino acid substitutions, and more preferably still further comprises the amino acid sequence of the IL-20 polypeptide having an amino acid sequence comprising conservative amino acid substitutions of less than 20, it relates to a peptide or polypeptide. もちろん、好ましさをさらに増大する順に、ペプチドまたはポリペプチドが、少なくとも1つであるが、しかし10、9、8、7、6、5、4、3、2 Of course, in order to further increase the desirability, peptide or polypeptide, but is at least one, but 10,9,8,7,6,5,4,3,2
、または1より多くない保存的アミノ酸置換を含む、IL−20ポリペプチドのアミノ酸配列を含むアミノ酸配列を有することが非常に好ましい。 , Or not more than 1 include conservative amino acid substitutions, it is highly preferable to have an amino acid sequence comprising the amino acid sequence of the IL-20 polypeptide.

【0124】 2つのポリぺプチドについて「%類似性」によって、Bestfitプログラム(Wisconsin Sequence Analysis Packag [0124] for the two polypeptides by "% similarity", Bestfit program (Wisconsin Sequence Analysis Packag
e, Version 8 for Unix, Genetics Comp e, Version 8 for Unix, Genetics Comp
uter Group, University Research Park uter Group, University Research Park
, 575 Science Drive, Madison, WI 537 , 575 Science Drive, Madison, WI 537
11)および類似性を決定するためのデフォルト設定を使用して2つのポリぺプチドのアミノ酸配列を比較することによって生成される類似性スコアが意図される。 11) and using the default settings for determining similarity similarity score produced by comparing the amino acid sequences of the two polypeptides are contemplated. Bestfitは、SmithおよびWaterman(Advances Bestfit is, Smith and Waterman (Advances
in Applied Mathematics 2:482−489, 1 in Applied Mathematics 2: 482-489, 1
981)の局所的相同性アルゴリズムを使用して、2つの配列間の類似性の最良のセグメントを見い出す。 Using the local homology algorithm of 981), finding the best segment of similarity between two sequences.

【0125】 IL−20ポリペプチドの参照アミノ酸配列に、少なくとも、例えば、95% [0125] the reference amino acid sequence of the IL-20 polypeptide, at least, for example, 95%
「同一」であるアミノ酸配列を有するポリぺプチドにより、ポリぺプチドのアミノ酸配列が、ポリぺプチド配列がIL−20ポリペプチドの参照アミノ酸の各1 The polypeptide having the amino acid sequence is "identical" polypeptide amino acid sequence, each polypeptide sequence of the reference amino acid of the IL-20 polypeptide 1
00アミノ酸あたり5アミノ酸変化までを含み得ることを除いて、問合せ配列に同一であることが意図される。 Except that may include up to 00 amino acid per 5 amino acid changes are intended to be identical to the query sequence. 換言すれば、問合せアミノ酸配列に少なくとも9 In other words, at least a query amino acid sequence 9
5%同一であるアミノ酸配列を有するポリぺプチドを得るためには、問合せ配列のアミノ酸残基の5%までが、欠失され得るか、または別のアミノ酸で置換され得るか、あるいは、参照配列の総アミノ酸残基の5%までの数のアミノ酸が、参照配列に挿入され得る。 To obtain a polypeptide having 5% amino acid sequence are the same, or up to 5% of the amino acid residues of the query sequence may be substituted can be deleted or replaced with another amino acid, or the reference sequence the number of amino acids up to 5% of the total amino acid residues may be inserted into the reference sequence. 参照配列のこれらの変更は、参照アミノ酸配列のアミノ末端位置もしくはカルボキシ末端位置で、またはこれらの末端位置の間のどこかで、参照配列中の残基の間に個々に散在してまたは参照配列内で1つ以上の連続する群の中に散在してのいずれかで、起こり得る。 These changes in the reference sequence may occur at the amino-terminal position or carboxy terminal positions of the reference amino acid sequence, or somewhere, interspersed either individually among residues in the reference sequence or reference sequence between those terminal positions in either interspersed in one or more contiguous groups with internal, may occur.

【0126】 実際に、任意の特定のポリぺプチドが、例えば、配列番号2に示すアミノ酸配列に対して、または寄託されたDNAクローンによってコードされるアミノ酸配列に対して、少なくとも90%、95%、96%、97%、98%、もしくは9 [0126] Indeed, any particular polypeptide is, for example, the amino acid sequence encoded an amino acid sequence shown in SEQ ID NO: 2, or by the deposited DNA clone, at least 90%, 95% , 96%, 97%, 98%, or 9
9%同一であるか否かは、Bestfit program(Wisconsi Whether a 9% identical, Bestfit program (Wisconsi
n Sequence Analysis Package, Version n Sequence Analysis Package, Version
8 for Unix, Genetics Computer Group 8 for Unix, Genetics Computer Group
, University Research Park, 575 Scie , University Research Park, 575 Scie
nce Drive, Madison, WI 53711)のような公知のコンピュータプログラムを使用して従来的に決定され得る。 nce Drive, Madison, can be determined conventionally using known computer programs such as WI 53711). 特定の配列が、本発明による参照配列と、例えば、95%同一であるか否かを決定するためにBes Particular sequence is, a reference sequence according to the present invention, for example, Bes to determine whether 95% identical
tfitまたは任意の他の配列アラインメントプログラムを使用する場合、当然、パラメータは、同一性のパーセンテージが、参照アミノ酸配列の全長にわたって算定されるように、および相同性中のギャップが参照配列におけるアミノ酸残基の総数の5%までになるように、設定される。 When using tfit or any other sequence alignment program, of course, the parameters, the amino acid residue in the percentage of identity is, as calculated over the full length of the reference amino acid sequence, and gaps in homology reference sequence as is set it becomes up to 5% of the total number of. 問い合わせ配列(本発明の配列)と対象配列との間の最良の全体的な一致(全体的配列アラインメントとも呼ぶ)を決定するための好ましい方法は、Brutlagら(Comp. App. A preferred method for determining the overall match (also referred to as a global sequence alignment) best between query sequence (a sequence of the present invention) and a subject sequence, Brutlag et al (Comp. App.
Biosci. Biosci. (1990) 6:237−245)のアルゴリズムに基づくFASTDBコンピュータプログラムを使用して決定され得る。 (1990) 6: can be determined using the FASTDB computer program based on the algorithm of 237-245). 配列のアラインメントにおいて、問い合わせ配列および対象配列は、両方ともヌクレオチド配列であるか、または両方ともアミノ酸配列であるかのいずれかである。 In alignment of sequences, query and subject sequences are either both nucleotide sequences or both are either one of the amino acid sequence. 上記の全体的配列アラインメントの結果は、同一性パーセントとして与えられる。 The result of said global sequence alignment is given as percent identity. FAS FAS
TDBアミノ酸アラインメントにおいて使用される好ましいパラメータは、以下の通りである:マトリックス=PAM 0、k−tuple=2、ミスマッチペナルティー=1、連結ペナルティ=20、ランダム化グループ長=0、カットオフスコア=1、ウィンドウサイズ=配列長、ギャップペナルティー=5、ギャップサイズペナルティー=0.05、ウインドウサイズ=500または対象アミノ酸配列の長さのいずれか短い方。 Preferred parameters used in TDB amino acid alignment are: Matrix = PAM 0, k-tuple = 2, Mismatch Penalty = 1, connecting Penalty = 20, Randomization Group Length = 0, Cutoff Score = 1 , window size = sequence length, gap penalty = 5, gap size penalty = 0.05, whichever is shorter the length of the window size = 500 or the subject amino acid sequence.

【0127】 対象配列が、内部欠失のためではなくN末端欠失またはC末端欠失のために問い合わせ配列よりも短い場合、手動の補正がその結果についてなされなければならない。 [0127] Target sequences is shorter than the query sequence because of N-terminal deletion or C-terminal deletions, not because of internal deletions, a manual correction must be made for the consequences. これは、FASTDBプログラムが、全体の同一性パーセントを算出する際に対象配列のN末端およびC末端の切断を考慮に入れないからである。 This, FASTDB program, because does not take into account the cleavage of the N-terminal and C-terminal of the subject sequence when calculating percent identity overall. N末端およびC末端で切断された対象配列について、問い合わせ配列と比較して、同一性パーセントは、対応する対象残基と一致/整列しない、対象配列のN末端およびC末端である問い合わせ配列の残基の数を、問い合わせ配列の総塩基のパーセントとして計算することによって補正される。 For subject sequences truncated at the N-terminus and C-terminus, as compared to the query sequence, the percent identity is associated not matched / aligned with the target residue, residue query sequence the N-terminal and C-terminal of the subject sequence the number of groups is corrected by calculating the percentage of the total nucleotide query sequence. 残基が一致/整列しているか否かは、FASTDB配列アラインメントの結果によって決定される。 Whether a residue is matched / aligned is determined by results of the FASTDB sequence alignment. 次いで、このパーセンテージは、同一性パーセントから差し引かれ、特定されたパラメータを使用して上記のFASTDBプログラムによって算出され、最終的な同一性パーセントスコアに到達する。 Then, this percentage is subtracted from the percent identity, by using the identified parameters calculated by the above FASTDB program to arrive at a final percent identity score. この最終的な同一性パーセントスコアは、本発明の目的のために使用されるものである。 This final percent identity score is what is used for the purposes of the present invention. 問い合わせ配列と一致/整列しない、対象配列のN末端およびC末端に対する残基のみが、同一性パーセントスコアを手動で調整する目的で考慮される。 Not matched / aligned with the query sequence, only residues to the N-terminal and C-terminal of the subject sequence is considered for the purpose of adjusting the percent identity score manually. すなわち、対象配列の最も遠いN末端およびC末端残基の外側の問合せ残基位置だけである。 That is, only the outer query residue positions farthest N-terminal and C-terminal residues of the subject sequence.

【0128】 例えば、90アミノ酸残基の対象配列が、同一性パーセントを決定するために、100残基の問い合わせ配列と整列される。 [0128] For example, a 90 amino acid residue subject sequence is, in order to determine percent identity, is aligned with a 100 residue query sequence. 欠失は、対象配列のN末端に生じ、従ってFASTDBアラインメントは、N末端の最初の10残基の一致/整列を示さない。 Deletion occurs at the N-terminus of the subject sequence and therefore the FASTDB alignment does not show a match / alignment of the first 10 residues of N-terminal. 10個の対形成しない残基は、この配列の10%(一致しないN末端およびC末端の残基の数/問い合わせ配列における残基の総数)を表し、それでFASTDBプログラムによって算出される同一性パーセントスコアから、1 Residues 10 unpaired represent 10% of the sequence (the total number of residues in the number / query sequence residues of N-terminal and C-terminal do not match), so the percent identity calculated by FASTDB program from the score, 1
0%が差し引かれる。 0% is subtracted. 残りの90残基が、完全に一致した場合、最終的な同一性パーセントは、90%である。 If the remaining 90 residues were perfectly matched the final percent identity is 90%. 別の例において、90残基の対象配列が、100 In another example, a 90 residue subject sequence is, 100
残基の問い合わせ配列と比較される。 It is compared with the query sequence residues. 今度は、欠失は内部欠失であり、そのため、対象配列のN末端またはC末端には、問い合わせ配列と一致/整列しない残基が存在しない。 Now, deletions are internal deletions so that, in the N-terminus or C-terminus of the subject sequence, no residues which are not matched / aligned with the query sequence. この場合、FASTDBによって算出された同一性パーセントは、手動では補正されない。 In this case, the percent identity calculated by the FASTDB, not corrected manually. 繰り返すが、FASTDBアラインメントに示されるように、問い合わせ配列とは一致/整列しない、対象配列のN末端およびC末端の外側の残基位置のみが、手動で補正される。 Again, as shown in the FASTDB alignment does not match / align the query sequence, only residue positions outside the N-terminal and C-terminal of the subject sequence is corrected manually. 本発明の目的のためには、他の手動での補正はなされない。 For the purposes of the present invention is not made correction of the other manually.

【0129】 本発明のポリぺプチドは、SDS−PAGEゲル上でまたは分子ふるいゲルろ過カラム上で分子量マーカーとして、当業者に周知の方法を使用して使用され得る。 [0129] Polypeptides of the present invention, as molecular weight markers on or molecular sieve gel filtration on a column SDS-PAGE gels, may be used using methods well known to those skilled in the art.

【0130】 以下に詳細に記載されるように、本発明のポリぺプチドはまた、以下に記載されるIL−20タンパク質発現を検出するためのアッセイにおいて、またはIL [0130] As described in detail below, the polypeptides of the present invention is also in assays for the detection of IL-20 protein expression as described below, or IL
−20タンパク質機能を増強もしくは阻害し得るアゴニストおよびアンタゴニストとして有用である、ポリクローナル抗体およびモノクローナル抗体を惹起するために使用され得る。 Useful as agonists and antagonists capable of enhancing or inhibiting -20 protein function can be used to raise polyclonal and monoclonal antibodies. さらに、このようなポリぺプチドは、酵母ツーハイブリッド系において、本発明による候補アゴニストおよびアンタゴニストでもあるIL Furthermore, such polypeptides are in a yeast two-hybrid system, even at the candidate agonists and antagonists according to the present invention IL
−20タンパク質結合タンパク質を「捕捉」するために使用され得る。 -20 protein binding protein may be used to "capture". 酵母ツーハイブリッド系は、FieldsおよびSong(Nature 340:24 Yeast two-hybrid system, Fields and Song (Nature 340: 24
5−246(1989))に記載される。 It described 5-246 (1989)).

【0131】 (エピトープ保有部分) 別の局面において、本発明は、本発明のポリペプチドのエピトープ保有部分を含むペプチドまたはポリペプチドを提供する。 [0131] In (epitope-bearing portion) another aspect, the present invention provides a peptide or polypeptide comprising an epitope-bearing portion of a polypeptide of the present invention. このポリペプチド部分のエピトープは、本発明のポリペプチドの免疫原性または抗原性エピトープである。 Epitope of this polypeptide portion is an immunogenic or antigenic epitope of a polypeptide of the present invention. 「免疫原性エピトープ」は、全体としてのタンパク質が免疫原である場合、抗体応答を誘発するタンパク質の一部として定義される。 An "immunogenic epitope" protein as a whole when an immunogen is defined as a part of a protein that elicits an antibody response. 一方では、抗体が結合し得るタンパク質分子の領域は、「抗原性エピトープ」と定義される。 On the other hand, a region of a protein molecule to which an antibody can bind is defined as an "antigenic epitope." タンパク質の免疫原性エピトープの数は、一般には、抗原性エピトープの数よりも少ない(例えば、 The number of immunogenic epitopes of a protein generally is less than the number of antigenic epitopes (e.g.,
Geysenら、Proc. Geysen et al., Proc. Natl. Natl. Acad. Acad. Sci. Sci. USA 8 USA 8
1:3998−4002(1983)を参照のこと)。 1: 3998-4002 see (1983)).

【0132】 抗原性エピトープを保有する(すなわち、抗体が結合し得るタンパク質分子の領域を含む)ペプチドまたはポリペプチドの選択に関して、タンパク質配列の一部を模倣する比較的短い合成ペプチドが、部分的に模倣されたタンパク質と反応する抗血清を慣用的に誘発し得ることが当該分野で周知である(例えば、Sut [0132] bearing an antigenic epitope (i.e., that contain a region of a protein molecule to which an antibody can bind) the selection of peptides or polypeptides, relatively short synthetic peptides that mimic part of a protein sequence, partially it is well known in the art may routinely induces antisera that reacts with mimicked protein (e.g., Sut
cliffe, J. cliffe, J. G. G. ら、Science 219:660−666(19 Et al., Science 219: 660-666 (19
83)を参照のこと)。 83) that the reference). タンパク質反応性血清を誘発し得るペプチドは、タンパク質の一次配列で頻繁に示され、一連の単純な化学的法則により特徴付けられ得、そしてインタクトなタンパク質の免疫優性領域(すなわち、免疫原性エピトープ)にも、アミノ末端またはカルボキシル末端にも、制限されない。 Peptides capable of eliciting protein-reactive sera are shown frequently in one of the protein primary sequence, it can be characterized by a set of simple chemical rules, and intact protein immunodominant region (i.e., immunogenic epitopes) also, to the amino or carboxyl terminus, not limited. それゆえ、 therefore,
本発明の抗原性エピトープ保有ペプチドおよびポリペプチドは、本発明のポリペプチドに特異的に結合する抗体(モノクローナル抗体を含む)を惹起するために有用である(例えば、Wilsonら、Cell 37:767−778(19 Antigenic epitope-bearing peptides and polypeptides of the present invention are useful to raise antibodies (including monoclonal antibodies) that specifically bind to a polypeptide of the invention (e.g., Wilson et al., Cell 37: 767- 778 (19
84)を参照のこと)。 84) that the reference).

【0133】 本発明の抗原性エピトープ保有ペプチドおよびポリペプチドは、本発明のポリペプチドのアミノ酸配列内に含まれる、好ましくは少なくとも7個、より好ましくは少なくとも9個、そして最も好ましくは約15〜約30個の間のアミノ酸の配列を含む。 [0133] Antigenic epitope-bearing peptides and polypeptides of the present invention are included within the amino acid sequence of the polypeptide of the present invention, preferably at least 7, at least 9 and more preferably, and most preferably from about 15 to about including the sequence of amino acids of between 30. IL−20特異的抗体を生成するために使用され得る抗原性ポリぺプチドまたはペプチドの非限定的な例には、以下が含まれる:配列番号2における約Gln−21〜約Arg−29のアミノ酸残基を含むポリペプチド、配列番号2における約Gln−21〜約Gln−41のアミノ酸残基を含むポリペプチド、配列番号2における約Ser−24〜約Gln−32のアミノ酸残基を含むポリペプチド、配列番号2における約Arg−29〜約Pro−37のアミノ酸残基を含むポリペプチド、配列番号2における約Arg−52〜約Glu−60 IL-20 Non-limiting examples of antigenic polypeptides or peptides that may be used to generate specific antibodies include: amino acids from about Gln-. 21 to about Arg-29 in SEQ ID NO: 2 polypeptide, polypeptide comprising about Gln-. 21 to about amino acid residues Gln-41 in SEQ ID NO: 2, a polypeptide comprising about Ser-. 24 to about amino acid residues Gln-32 in SEQ ID NO: 2 comprising residues , polypeptide, about Arg-. 52 through SEQ ID NO: 2 from about Glu-60 comprising amino acid residues from about Arg-. 29 to about Pro-37 in SEQ ID NO: 2
のアミノ酸残基を含むポリペプチド、配列番号2における約Arg−52〜約M Polypeptide comprising the amino acid residues, about Arg-. 52 through about M in SEQ ID NO: 2
et−69のアミノ酸残基を含むポリペプチド、配列番号2における約Glu− A polypeptide comprising amino acid residues et-69, approximately in SEQ ID NO: 2 Glu-
61〜約Met−69のアミノ酸残基を含むポリペプチド、配列番号2における約Asn−75〜約Val−86のアミノ酸残基を含むポリペプチド、配列番号2における約Ser−93〜約Trp−101のアミノ酸残基を含むポリペプチド、配列番号2における約Ile−105〜約Pro−113のアミノ酸残基を含むポリペプチド、配列番号2における約Met−132〜約Ser−140のアミノ酸残基を含むポリペプチド、配列番号2における約Arg−150〜約P A polypeptide comprising amino acid residues 61 to about Met-69, polypeptide, about Ser-. 93 to SEQ ID NO: 2 from about Trp-101 containing about Asn-75 to about amino acid residues Val-86 in SEQ ID NO: 2 comprising a polypeptide comprising amino acid residues, the polypeptide comprising amino acid residues from about Ile-105 to about Pro-113 in SEQ ID NO: 2, amino acid residues from about Met-132 - about Ser-140 in SEQ ID NO: 2 polypeptide, about in SEQ ID NO: 2 Arg-150 to about P
ro−158のアミノ酸残基を含むポリペプチド、配列番号2における約Pro Polypeptide comprising amino acid residues of the ro-158, about Pro in SEQ ID NO: 2
−156〜約Arg−164のアミノ酸残基を含むポリペプチド、配列番号2における約Gly−161〜約Met−169のアミノ酸残基を含むポリペプチド、および配列番号2における約Val−149〜約Ala−167のアミノ酸残基を含むポリペプチド。 A polypeptide comprising the amino acid residues -156~ about Arg-164, the polypeptide comprises from about Gly-161 to about amino acid residues Met-169 in SEQ ID NO: 2, and about Val-149~ about Ala in SEQ ID NO: 2 a polypeptide comprising amino acid residues -167. これらのポリぺプチドフラグメントは、上記の図3に示すように、Jameson−Wolf抗原性指標の分析によりIL−20タンパク質の抗原性エピトープを保有することが決定されている。 These Poripe Petit de fragments, as shown in Figure 3 above, to possess antigenic epitope of IL-20 protein is determined by analysis of Jameson-Wolf antigenic index.

【0134】 本発明のエピトープ保有ペプチドおよびポリペプチドは、任意の従来の手段により産生され得る(例えば、 Houghten R.A.ら、Proc.Na [0134] Epitope-bearing peptides and polypeptides of the present invention may be produced by any conventional means (e.g., Houghten R. A., et al., Proc.Na
tl. tl. Acad. Acad. Sci. Sci. USA 82:5131−5135(1985);およびHoughtenらの米国特許第4,631,211号(1986)を参照のこと)。 USA 82: 5131-5135 (1985); and Houghten et al., U.S. Pat. No. 4,631,211 (1986)).

【0135】 本発明のエピトープ保有ペプチドおよびポリぺプチドは、当該分野で周知の方法に従って抗体を誘導するために使用される(例えば、Sutcliffeら、 [0135] Epitope-bearing peptides and polypeptides of the present invention are used to induce antibodies according to methods well known in the art (e.g., Sutcliffe et al.,
前出;Wilsonら、前出;Chow, M. Supra; Wilson et al., Supra; Chow, M. ら、Proc. Et al., Proc. Natl. Natl.
Acad. Acad. Sci. Sci. USA 82:910−914;およびBittle, USA 82: 910-914; and Bittle,
F. F. J. J. ら、J. Et al., J. Gen. Gen. Virol. Virol. 66:2347−2354(1 66: 2347-2354 (1
985)を参照のこと)。 985) see). 本発明の免疫原性エピトープ保有ペプチド(すなわち、全体としてのタンパク質が免疫原である場合、抗体応答を誘発するタンパク質の部分)は、当該分野で公知の方法に従って同定される(例えば、Geysen Immunogenic epitope-bearing peptides of the present invention (i.e., if the protein as a whole is the immunogen, part of a protein that elicits an antibody response) are identified according to methods known in the art (see, for example, Geysen
ら(前出)を参照のこと)。 Luo see (supra)). さらになお、Geysenに発行された米国特許第5,194,392号は、目的の抗体の特定のパラトープ(抗原結合部位)に相補的であるエピトープ(すなわち、「ミモトープ」)の位相幾何学的等価物であるモノマー(アミノ酸または他の化合物)の配列を検出または決定する一般的な方法を記載する。 Further still, U.S. Patent No. 5,194,392, issued to Geysen, topological equivalent of the epitope which is complementary to a particular paratope of the antibody of interest (antigen binding site) (i.e., "mimotope") describes a general method of detecting or determining a sequence of monomers (amino acids or other compounds) are those. より一般的には、Geysenに発行された米国特許第4,4 More generally, U.S. Patent No. issued to Geysen 4, 4
33,092号は、目的の特定のレセプターのリガンド結合部位に相補的なリガンドの位相幾何学的に等価物であるモノマーの配列を検出または決定する方法を記載する。 33,092 No. describes a method of detecting or determining a sequence of monomers which is topologically equivalent complementary ligand to the ligand binding site of a particular receptor of interest. 同様に、Peralkylated Oligopeptide M Similarly, Peralkylated Oligopeptide M
ixturesに関するHoughtenおよび共同研究者らに発行された米国特許第5,480,971号は、直線状のC1〜C7アルキルペルアルキル化オリゴペプチドおよびこのようなペプチドのセットおよびライブラリー、ならびにこのようなオリゴペプチドのセットおよびライブラリーを、目的のアクセプター分子に優先的に結合するペルアルキル化オリゴペプチドの配列を決定するために使用する方法を開示する。 Houghten and coworkers U.S. Pat. No. 5,480,971, issued to about Ixtures, linear C1~C7 alkylperoxy alkylated oligopeptides and such peptides sets and libraries, as well as the the sets and libraries of oligopeptides, discloses a method used to determine the sequence of the peralkylated oligopeptide that preferentially binds to an acceptor molecule of interest. 従って、本発明のエピトープ保有ペプチドの非ペプチドアナログはまた、これらの方法によって慣用的に作製され得る。 Thus, non-peptide analogs of the epitope-bearing peptides of the present invention can also be routinely prepared by these methods.

【0136】 (融合タンパク質) 当業者が理解するように、本発明のIL−20ポリペプチドおよびその上記のエピトープ保有フラグメントは、免疫グロブリン(IgG)の定常ドメインの部分と組み合わせられ得、キメラポリペプチドを生じる。 [0136] As (fusion protein) one of skill in the art will appreciate, IL-20 polypeptides and the epitope-bearing fragments of the invention described above can be combined with parts of the constant domain of immunoglobulins (IgG), chimeric polypeptides cause. これらの融合タンパク質は、精製を容易にし、そしてインビボで半減期の増加を示す。 These fusion proteins facilitate purification and show an increased half-life in vivo. これは、例えば、 This is, for example,
ヒトCD4−ポリペプチドの最初の2つのドメインおよび哺乳動物免疫グロブリンの重鎖または軽鎖の定常領域の種々のドメインからなるキメラタンパク質について示されている(EP A 394,827;Trauneckerら、Na It has been shown for chimeric proteins consisting of various domains of the first two domains and constant regions of the heavy or light chains of mammalian immunoglobulins of the human CD4- polypeptide (EP A 394,827; Traunecker et al., Na
ture 331:84−86(1988))。 ture 331: 84-86 (1988)). IgG部分によるジスルフィド結合二量体構造を有する融合タンパク質はまた、単量体IL−20タンパク質またはタンパク質フラグメント単独よりも、他の分子の結合および中和においてより効率的であり得る(Fountoulakisら、J. Biochem. Fusion proteins that have a disulfide-linked dimeric structure due to the IgG part can also be more monomeric IL-20 protein or protein fragment alone may be more efficient in binding and neutralizing other molecules (Fountoulakis et al., J . Biochem.
270:3958−3964(1995)。 270: 3958-3964 (1995).

【0137】 (抗体) 本発明における使用のためのIL−20タンパク質特異的抗体は、インタクトなIL−20タンパク質またはその抗原性ポリぺプチドフラグメントに対して惹起され得、これは、アルブミンのようなキャリアタンパク質とともに、またはそれが十分に長ければ(少なくとも約25アミノ酸)、キャリアなしに、動物系( [0137] (antibody) IL-20 protein specific antibodies for use in the present invention can be raised against the intact IL-20 protein or an antigenic Poripe Petit de fragments thereof, which, such as albumin together with the carrier protein, or the longer it is sufficiently (at least about 25 amino acids), without a carrier, animal systems (
例えば、ウサギまたはマウス)に対して提示され得る。 For example, it may be presented to a rabbit or mouse).

【0138】 本明細書中で使用される場合、用語「抗体」(Ab)または「モノクローナル抗体」(Mab)は、インタクトな分子、ならびにIL−20タンパク質に特異的に結合し得る抗体フラグメント(例えば、FabおよびF(ab')2フラグメント)を含むことが意図される。 [0138] As used herein, the term "antibody" (Ab) or "monoclonal antibody" (Mab), intact molecules, as well as IL-20 protein capable of specific binding to an antibody fragment (e.g. it is intended to include Fab and F (ab ') 2 fragments). FabおよびF(ab')2フラグメントは、インタクトな抗体のFcフラグメントを欠失し、循環からより迅速に除去され、そしてインタクトな抗体のより非特異的でない組織結合を有し得る(Wahl Fab and F (ab ') 2 fragments lack the Fc fragment of intact antibody, clear more rapidly from the circulation, and may have intact tissue binding the less non-specific antibody (Wahl
ら、J. Et al., J. Nucl. Nucl. Med. Med. 24:316−325(1983))。 24: 316-325 (1983)). 従って、これらのフラグメントが好ましい。 Thus, these fragments are preferred.

【0139】 本発明の抗体は、任意の種々の方法によって調製され得る。 [0139] Antibodies of the present invention may be prepared by any of a variety of methods. 例えば、IL−2 For example, IL-2
0タンパク質またはその抗原性フラグメントを発現させる細胞は、ポリクローナル抗体を含有する血清の産生を誘導するために動物に投与され得る。 0 protein, or cells expressing the antigenic fragment can be administered to an animal in order to induce a serum production containing polyclonal antibodies. 好ましい方法において、IL−20タンパク質の調製物が、天然の夾雑物を実質的に含まないようにするために調製および精製される。 In a preferred method, a preparation of IL-20 protein is prepared and purified in order to free of natural contaminants substantially. 次いで、このような調製物は、より比活性の大きいポリクローナル抗血清を産生するために動物に導入される。 Then, such preparation is introduced into an animal in order to produce large polyclonal antiserum more specific activity.

【0140】 最も好ましい方法において、本発明の抗体は、モノクローナル抗体(またはそのIL−20タンパク質結合フラグメント)である。 [0140] In the most preferred method, the antibodies of the present invention are monoclonal antibodies (or IL-20 protein binding fragments). このようなモノクローナル抗体は、ハイブリドーマ技術を使用して調製され得る(Kohlerら、Nat Such monoclonal antibodies, using hybridoma technology can be prepared (Kohler et al., Nat
ure 256:495(1975);Kohlerら、Eur. ure 256: 495 (1975); Kohler et al., Eur. J. J. Im Im
munol. munol. 6:511(1976);Kohlerら、Eur. 6: 511 (1976); Kohler et al., Eur. J. J. I
mmunol. mmunol. 6:292(1976);Hammerlingら、Mono 6: 292 (1976); Hammerling et al., Mono
clonal Antibodies and T−Cell Hybrido clonal Antibodies and T-Cell Hybrido
mas, Elsevier, N. mas, Elsevier, N. Y. Y. , (1981)、563〜681頁)。 , (1981), pp. 563-681). 一般に、このような手順は、IL−20タンパク質抗原またはより好ましくはIL−20タンパク質発現細胞を使用した、動物(好ましくはマウス)の免疫を含む。 Generally, such procedures, or more preferably IL-20 protein antigen was used IL-20 protein expression cells, including immunization of an animal (preferably a mouse). 適切な細胞は、抗IL−20タンパク質抗体に結合するそれらの能力によって認識され得る。 Suitable cells can be recognized by their capacity to bind anti-IL-20 protein antibody. このような細胞は、任意の適切な組織培養培地において培養され得る;しかし、10%胎児ウシ血清(約56℃で非働化)を補充し、そして約10μg/lの非必須アミノ酸、約1,000U/mlのペニシリン、および約100μg/mlのストレプトマイシンを補充したEarleの改変Eag Such cells may be cultured in any suitable tissue culture medium; however, supplemented with (inactivated at about 56 ° C.) 10% fetal calf serum and non-essential amino acids to about 10 [mu] g / l, about 1, 000u / ml penicillin, and Earle modified Eag supplemented with about 100 [mu] g / ml of streptomycin
le培地において細胞を培養することが好ましい。 It is preferred to culture cells in le medium. このようなマウスの脾細胞は、抽出され、そして適切なミエローマ細胞株と融合される。 Splenocytes of such mice are extracted and fused with a suitable myeloma cell line. 任意の適切なミエローマ細胞株は、本発明に従って利用され得る;しかし、American Ty Any suitable myeloma cell line may be utilized in accordance with the present invention; however, American Ty
pe Culture Collection, Rockville, Ma pe Culture Collection, Rockville, Ma
rylandから入手可能である親ミエローマ細胞株(SP2O)を利用することが好ましい。 It is preferable to use the parental myeloma cell line (SP2O) available from Ryland. 融合後、得られるハイブリドーマ細胞は、HAT培地において選択的に維持され、次いで、Wandsおよび共同研究者らによって記載されるように(Gastroenterology 80:225−232(1981) After fusion, the resulting hybridoma cells are selectively maintained in HAT medium, and then, as described by Wands and colleagues (Gastroenterology 80: 225-232 (1981)
)、限界希釈によってクローン化される。 ) And cloned by limiting dilution. 次いで、このような選択によって得られるハイブリドーマ細胞は、IL−20タンパク質抗原に結合し得る抗体を分泌するクローンを同定するためにアッセイされる。 Then, hybridoma cells obtained through such a selection are assayed to identify clones which secrete antibodies capable of binding to the IL-20 protein antigens.

【0141】 あるいは、IL−20タンパク質抗原に結合し得るさらなる抗体は、抗イディオタイプ抗体の使用を介して2工程手順において産生され得る。 [0141] Alternatively, additional antibodies capable of binding to the IL-20 protein antigen may be produced in a two step procedure through the use of anti-idiotypic antibodies. このような方法は、抗体がそれ自身抗原であり、そしてそれゆえ第2の抗体に結合する抗体を得ることが可能であるという事実を利用する。 Such methods, antibodies are themselves antigens, and use of the fact that therefore it is possible to obtain an antibody which binds to a second antibody. この方法に従って、IL−20タンパク質特異的抗体は、動物(好ましくはマウス)を免疫するために使用される。 According to this method, IL-20 protein specific antibodies, an animal (preferably a mouse) is used to immunize.
次いで、このような動物の脾細胞は、ハイブリドーマ細胞を産生するために使用され、そしてそのハイブリドーマ細胞は、IL−20タンパク質特異的抗体に結合する能力がIL−20タンパク質抗原によってブロックされ得る抗体を産生するクローンを同定するためにスクリーニングされる。 Then, spleen cells of such animals are used to produce hybridoma cells, and the hybridoma cells, an antibody capable of binding to the IL-20 protein specific antibodies may be blocked by IL-20 protein antigens They are screened to identify clones produced. このような抗体は、IL− Such antibodies, IL-
20タンパク質特異的抗体に対する抗イディオタイプ抗体を含み、そして動物を免疫してさらなるIL−20タンパク質特異的抗体の形成を誘導するために使用され得る。 Comprise anti-idiotypic antibodies against 20 protein-specific antibody and can be used to induce the formation of additional IL-20 protein specific antibodies by immunizing animals.

【0142】 本発明の抗体のFabおよびF(ab')2ならびに他のフラグメントは、本明細書中で開示される方法に従って使用され得ることが理解される。 [0142] Fab and F (ab ') 2 and other fragments of the antibodies of the present invention, it is understood that may be used according to the methods disclosed herein. このようなフラグメントは、代表的には、パパイン(Fabフラグメントを生成するために)またはペプシン(F(ab')2フラグメントを生成するために)のような酵素を使用する、タンパク質分解的切断によって生成される。 Such fragments are typically using enzymes such as papain (to produce Fab fragments) or pepsin (F (ab ') in order to generate 2 fragments), by proteolytic cleavage It is generated. あるいは、IL−2 Alternatively, IL-2
0タンパク質結合フラグメントは、組換えDNA技術を適用することによって、 0 protein binding fragments, by applying the recombinant DNA technology,
または合成化学によって産生され得る。 Or it may be produced by synthetic chemistry.

【0143】 ヒトにおける抗IL−20のインビボでの使用のために、「ヒト化」キメラモノクローナル抗体を使用することが好ましい場合がある。 [0143] For use in vivo of anti-IL-20 in humans, it may be preferable to use "humanized" chimeric monoclonal antibodies. このような抗体は、上記のモノクローナル抗体を産生するハイブリドーマ細胞に由来する遺伝子構築物を使用して産生され得る。 Such antibodies can be produced using genetic constructs derived from hybridoma cells producing the monoclonal antibodies described above. キメラ抗体を産生する方法は、当該分野で公知である(Morrison, Science 229:1202(1985); O Methods for producing chimeric antibodies are known in the art (Morrison, Science 229: 1202 (1985); O
iら、BioTechniques 4:214(1986); Cabill i et al., BioTechniques 4: 214 (1986); Cabill
yら、米国特許第4,816,567号;Taniguchiら、EP 171 y et al., U.S. Patent No. 4,816,567; Taniguchi et al., EP 171
496;Morrisonら、EP 173494;Neubergerら、W 496; Morrison et al., EP 173494; Neuberger et al., W
O 8601533;Robinsonら,WO 8702671;Bouli O 8601533; Robinson et al., WO 8702671; Bouli
anneら、Nature 312:643(1984);Neuberger anne et al., Nature 312: 643 (1984); Neuberger
ら、Nature 314:268(1985))。 Et al., Nature 314: 268 (1985)).

【0144】 (免疫系関連障害) (診断) 本発明者らは、IL−20が、胸腺において発現されることを発見した。 [0144] (immune system related disorder) (Diagnostic) The present inventors, IL-20 is found to be expressed in the thymus. 多くの免疫系関連障害について、「標準」IL−20遺伝子発現レベル、すなわち免疫系障害を有さない個体からの免疫系組織または体液におけるIL−20発現レベルと比較して、実質的に変化した(増大または減少した)IL−20遺伝子発現のレベルが、このような障害を有する個体から採取した免疫系組織または他の細胞または体液(例えば、血清、血漿、尿、滑液、または髄液)において、検出され得る。 For many of the immune system related disorder, "standard" IL-20 gene expression level, i.e. compared to IL-20 expression level in immune system tissues or bodily fluids from an individual not having the immune system disorder, varied substantially (increased or decreased) levels of IL-20 gene expression, such failure taken from an individual having an immune system tissue or other cells or bodily fluids (e.g., serum, plasma, urine, synovial fluid or spinal fluid) in, it can be detected. 従って、本発明は、免疫系障害の診断の間に有用である診断方法を提供し、この方法は、個体からの免疫系組織または他の細胞または体液において、 Accordingly, the invention provides a diagnostic method useful during diagnosis of a immune system disorder, the method, in immune system tissue or other cells or body fluid from an individual,
IL−20タンパク質をコードする遺伝子の発現レベルを測定する工程、および測定された遺伝子発現レベルを標準的なIL−20遺伝子発現レベルと比較する工程であって、それにより標準と比較した遺伝子発現レベルの増大または減少が、免疫系障害の指標である工程を包含する。 Comprising the steps of: comparing step determining the level of expression of the gene encoding the IL-20 protein, and the measured gene expression level with a standard IL-20 gene expression level, gene expression level compared thereby with standard increase or decrease of includes the step is indicative of immune system disorders.

【0145】 特に、免疫系のガンを有する哺乳動物における特定の組織が、対応する「標準」レベルと比較した場合に、有意に増大したレベルのIL−20タンパク質およびIL−20タンパク質をコードするmRNAを発現すると考えられている。 [0145] In particular, mRNA of a particular tissue in a mammal having an immune system of cancer, when compared with the corresponding "standard" level, encoding significantly increased levels of IL-20 protein and IL-20 protein It believed to express the. さらに、増強されたレベルのIL−20タンパク質は、ガンを有さない同一の種の哺乳動物からの血清と比較した場合、このようなガンを有する哺乳動物由来の特定の体液(例えば、血清、血漿、尿、および髄液)において、検出され得ると考えられている。 Furthermore, IL-20 protein of enhanced levels when compared to sera from the same species of mammal without cancer, certain body fluids from mammals with such a cancer (e.g., serum, plasma, urine, and cerebrospinal fluid) in, are believed to be detected.

【0146】 従って、本発明は、免疫系障害(この系のガンを含む)の診断の間に有用である診断方法を提供し、この方法は、個体由来の免疫系組織または他の細胞または体液においてIL−20タンパク質をコードする遺伝子の発現レベルを測定する工程、およびその測定された遺伝子発現レベルを標準的なIL−20遺伝子発現レべルと比較する工程であって、それにより標準と比較した遺伝子発現レベルにおける増大または減少が、免疫系障害の指標である工程、を包含する。 [0146] Accordingly, the present invention is, immune system disorders during diagnosis (this includes a system of cancer) provides a diagnostic method useful, this method is derived from an individual's immune system tissue or other cells or body fluid a IL-20 process the protein to measure the expression levels of genes encoding, and the step of comparing the measured gene expression level with a standard IL-20 gene expression leveling le in comparison thereby to a standard increase or decrease in gene expression levels, including the step, which is an indicator of immune system disorders.

【0147】 腫瘍の診断を含む、免疫系における障害の診断が、従来的な方法に従ってすでに行われている場合、本発明は、予後的指標として有用であり、これにより、増強されたIL−20遺伝子発現を示す患者が、標準的なレベルに近いレベルで遺伝子を発現する患者に比較して、より悪い臨床的結果を経験する。 [0147] including the diagnosis of tumors, the diagnosis of a disorder in the immune system, if it is already performed according to conventional methods, the present invention is useful as a prognostic indicator, thereby, enhanced IL-20 patients showing a gene expression, as compared to patients expressing the gene at a level close to normal levels, experience a worse clinical outcome.

【0148】 「IL−20タンパク質をコードする遺伝子の発現レベルをアッセイする」により、第一の生物学的サンプルにおいて、IL−20タンパク質のレベルまたはIL−20タンパク質をコードするmRNAのレベルを、直接的に(例えば、絶対的タンパク質レベルまたはmRNAレベルを決定または概算することによって)、あるいは相対的に(例えば、第二の生物学的サンプルにおけるIL−20タンパク質レベルまたはmRNAレベルに対して比較することによって)、定性的または定量的に測定するかまたは概算することを意図する。 [0148] By "assaying the expression level of the gene encoding the IL-20 protein", in the first biological sample, the levels of mRNA encoding levels or IL-20 protein of IL-20 protein, directly manner (e.g., by determining or estimating the absolute protein level or mRNA level) or relatively (e.g., by comparing against IL-20 protein or mRNA level in a second biological sample by), it intended to qualitatively or or approximate quantitative measurement. 好ましくは、第一の生物学的サンプルにおけるIL−20タンパク質レベルまたはmRNAレベルが測定または概算され、そして標準的なIL−20タンパク質レベルまたはmRN Preferably, IL-20 protein or mRNA level in the first biological sample is measured or estimated, and standard IL-20 protein levels or mRN
Aレベルに対して比較され、標準は、障害を有さない個体から得られる第2の生物学的サンプルから採取されるか、または免疫系の障害を有さない個体の集団からのレベルを平均化することによって決定される。 It is compared to the A level, standard, averaging levels from a population of individuals not having either taken from a second biological sample obtained from an individual not having the disorder, or a disorder of the immune system It is determined by reduction. 当該分野で理解されるように、一旦標準的なIL−20タンパク質レベルまたはmRNAレベルが知られると、それは比較のための標準として反復して使用され得る。 As is understood in the art, once a standard IL-20 protein level or mRNA level is known, it can be used repeatedly as a standard for comparison.

【0149】 「生物学的サンプル」により、個体から得られる任意の生物学的サンプル、体液、細胞株、組織培養物、またはIL−20タンパク質もしくはmRNAを含有する他の供給源が意図される。 [0149] By "biological sample", any biological sample obtained from an individual, body fluid, cell line, tissue culture, or other source containing IL-20 protein or mRNA are contemplated. 示されるように、生物学的サンプルは、遊離の成熟IL−20タンパク質を含有する体液(例えば、血清、血漿、尿、滑液、および髄液)、免疫系組織、および完全もしくは成熟IL−20またはIL−20レセプターを発現することが見出されている他の組織供給源を含む。 As indicated, biological samples, body fluids containing free mature IL-20 protein (e.g., serum, plasma, urine, synovial fluid, and spinal fluid), immune system tissue, and complete or mature IL-20 or include other tissue sources that have been found to express IL-20 receptor. 哺乳動物から組織生検および体液を得るための方法は、当該分野で周知である。 Methods for obtaining tissue biopsies and body fluids from mammals are well known in the art. 生物学的サンプルがmRNAを含むべきである場合には、組織生検が好ましい供給源である。 If the biological sample should contain mRNA is tissue biopsy is the preferred source.

【0150】 本発明は、哺乳動物(好ましくはヒト)における種々の免疫系関連障害の診断または処置のために有用である。 [0150] The present invention is a mammal, preferably a human being useful for the diagnosis or treatment of various immune system-related disorders in. このような障害には、腫瘍、癌、間隙性肺疾患(例えば、ランゲルハンス島顆粒球増加症)、および免疫細胞機能の任意の調節障害(自己免疫、関節炎、白血病、リンパ腫、免疫抑制、免疫、体液性免疫、炎症性腸疾患、骨髄抑制などが含まれるがこれらに限定されない)が含まれる。 Such disorders, tumors, cancers, interstitial lung disease (e.g., islet granulocytes vera), and any regulatory disorder (autoimmunity immune cell function, arthritis, leukemias, lymphomas, immunosuppression, immunity, humoral immunity, inflammatory bowel disease, including but such as bone marrow suppression are not limited to) are included.

【0151】 総細胞RNAは、ChomczynskiおよびSacchi(Anal. [0151] The total cellular RNA, Chomczynski and Sacchi (Anal.
Biochem. Biochem. 162:156−159(1987))に記載される一工程チオシアン酸グアニジンフェノールクロロホルム法のような任意の適切な技術を使用して生物学的サンプルから単離され得る。 162: 156-159 (1987)) may be isolated from a biological sample using any suitable technique, such as one step guanidine thiocyanate phenol chloroform method described. 次いで、IL−20タンパク質をコードするmRNAのレベルは、任意の適切な方法を使用してアッセイされる。 Levels of mRNA encoding the IL-20 protein is assayed using any suitable method.
これらには、ノーザンブロット分析、S1ヌクレアーゼマッピング、ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)、ポリメラーゼ連鎖反応と組み合わせた逆転写(RT−P These include Northern blot analysis, S1 nuclease mapping, the polymerase chain reaction (PCR), reverse transcription in combination with polymerase chain reaction (RT-P
CR)、およびリガーゼ連鎖反応と組み合わせた逆転写(RT−LCR)が含まれる。 CR), and include reverse transcription in combination with the ligase chain reaction (RT-LCR) it is.

【0152】 生物学的サンプルにおけるIL−20タンパク質レベルのアッセイは、抗体に基づく技術を用いて行い得る。 [0152] Assay of IL-20 protein levels in a biological sample can be carried out using antibody-based techniques. 例えば、組織でのIL−20タンパク質発現は、 For example, the IL-20 protein expression in tissues,
古典的な免疫組織学的方法を用いて研究され得る(Jalkanen M.ら、 Can be studied with classical immunohistological methods (Jalkanen M. et al.,
J. J. Cell. Cell. Biol. Biol. 101:976−985(1985); Ja 101: 976-985 (1985); Ja
lkanen M. lkanen M. ら、J. Et al., J. Cell. Cell. Biol. Biol. 105:3087−3 105: 3087-3
096(1987))。 096 (1987)). IL−20タンパク質遺伝子発現を検出するために有用なその他の抗体に基づく方法は、イムノアッセイ(例えば、酵素結合免疫吸着アッセイ(ELISA)およびラジオイムノアッセイ(RIA))を包含する。 Methods based on other antibodies useful for detecting IL-20 protein gene expression include immunoassays (e.g., enzyme-linked immunosorbent assay (ELISA) and the radioimmunoassay (RIA)). 適切な抗体アッセイ標識は、当該分野で公知であり、そしてグルコースオキシダーゼのような酵素標識、ヨウ素( 125 I、 121 I)、炭素( 14 C)、イオウ( 35 S) Suitable antibody assay labels are known in the art, and enzyme labels, such as glucose oxidase, iodine (125 I, 121 I), carbon (14 C), sulfur (35 S)
、トリチウム( 3 H)、インジウム( 112 In)、およびテクネチウム( 99m Tc )のような放射性標識、ならびにフルオレセインおよびローダミンのような蛍光標識、ならびにビオチンを含む。 , Including tritium (3 H), indium (112 an In), and radioactive labels, such as technetium (99m Tc), and fluorescein and fluorescent labels, such as rhodamine, and biotin.

【0153】 個体から得た生物学的サンプルにおいてIL−20タンパク質レベルをアッセイするのに加えて、IL−20タンパク質はまた、画像化によってインビボで検出され得る。 [0153] The IL-20 protein levels in a biological sample obtained from an individual in addition to the assay, IL-20 protein can also be detected in vivo by imaging. IL−20タンパク質のインビボ画像化のための抗体標識またはマーカーは、X線撮影法、NMR、またはESRによって検出可能なものを含む。 Antibody labels or markers for in vivo imaging of IL-20 protein comprises X-radiography, NMR or those detectable by ESR,.
X線撮影法について、適切な標識には、検出可能な放射線を放射するが、被験体には明白に有害ではないバリウムまたはセシウムのようなラジオアイソトープが含まれる。 For X-radiography, suitable labels, which emit detectable radiation, the subject include radioisotopes such as barium or cesium not obvious harmful. NMRおよびESRのための適切なマーカーには、関連するハイブリドーマの栄養素を標識することによって抗体中に取り込まれ得る、検出可能な特徴的なスピンを有するもの(例えば、デュウテリウム)が含まれる。 Suitable markers for NMR and ESR, may be incorporated into the antibody by labeling of nutrients for the relevant hybridoma, those with a detectable characteristic spin (e.g., Deyuuteriumu) include.

【0154】 ラジオアイソトープ(例えば、 131 I、 112 In、 99m Tc)、放射線不透過性 物質、または核磁気共鳴によって検出可能な物質のような適切な検出可能な画像化部分で標識したIL−20タンパク質特異的抗体または抗体フラグメントは、 [0154] radioisotopes (e.g., 131 I, 112 In, 99m Tc), a radio-opaque substance, or IL-20 was labeled with a suitable detectable imaging moiety, such as a detectable substance by nuclear magnetic resonance, protein-specific antibody or antibody fragment,
免疫系障害について検査される哺乳動物中に導入される(例えば、非経口的に、 Is introduced into the mammal to be examined for immune system disorders (e.g., parenterally,
皮下に、または腹腔内に)。 Subcutaneously, or intraperitoneally). 被験体のサイズおよび使用される画像化系が、診断画像を生成するために必要とされる画像化部分の量を決定することが当該分野において理解される。 Imaging system to be size and use of the subject, to determine the quantity of imaging moiety needed to produce diagnostic images are understood in the art. ラジオアイソトープ部分の場合、ヒト被験体について、注入される放射能の量は、通常、 99m Tcの約5〜20ミリキューリーの範囲である 。 For radioisotope moiety, for a human subject, the quantity of radioactivity injected will normally range from about 5 to 20 millicuries of 99m Tc. 次いで、標識された抗体または抗体フラグメントは、IL−20タンパク質を含有する細胞の位置に優先的に蓄積する。 The antibody or antibody fragment labeled is then preferentially accumulate at the location of cells which contain IL-20 protein. インビボ腫瘍画像化は、Burchi In vivo tumor imaging, Burchi
elおよび共同研究者らに記載されている(第13章、Tumor Imagi It is described in the el and co-workers (Chapter 13, Tumor Imagi
ng:The Radiochemical Detection of Ca ng: The Radiochemical Detection of Ca
ncer,Burchiel,S. ncer, Burchiel, S. W. W. およびRhodes,B. And Rhodes, B. A. A. 編、Ma Eds., Ma
sson Publishing Inc. sson Publishing Inc. (1982))。 (1982)).

【0155】 (処置) 上記のように、IL−20ポリヌクレオチドおよびポリぺプチドは、IL−2 [0155] (Treatment) As described above, IL-20 polynucleotides and polypeptides are, IL-2
0活性の異常に高いかまたは低い発現を含む状態の診断に有用である。 0 is useful for the diagnosis of conditions, including the activity of abnormally high or low expression. IL−2 IL-2
0が発現される細胞および組織ならびにIL−20によって調節された活性が与えられれば、標準的なまたは「正常な」レベルに比較して、個体における実質的に変化した(増大または減少した)レベルのIL−20の発現は、IL−20が発現され、および/または活性である身体の系に関連する病理的状態を生じることが容易に明らかである。 0 Given modulated activity by cells and tissues, as well as IL-20 is expressed, as compared to the standard or "normal" level, (increased or decreased) substantially altered in an individual level expression of the IL-20 is, IL-20 is expressed, and / or are readily apparent to cause pathological conditions associated with the body of the system is active.

【0156】 IL−20が細胞性転写因子NF−κBの発現を変化させ、そしてIL−6の発現を誘導する能力に基づき、IL−20は、B細胞新生物(慢性リンパ性白血病(CLC)およびBリンパ球白血病(BLL)を含む)の処置のために使用され得る。 [0156] IL-20 alters the expression of cellular transcription factor NF-[kappa] B, and based on the ability to induce the expression of IL-6, IL-20 is, B cell neoplasms (chronic lymphocytic leukemia (CLC) and it may be used for the treatment of B lymphocytic leukemia including (BLL)). さらに、IL−20媒介性のIL−6発現の誘導はまた、細胞溶解活性を有する成熟リンパ系細胞を活性化するために使用され得る。 Furthermore, induction of IL-20 mediated IL-6 expression may also be used to activate mature lymphoid cells having cytolytic activity. 結果として、IL As a result, IL
−20は、抗ガン処置および抗ウイルス処置として使用され得る。 -20 can be used as an anti-cancer treatment and antiviral treatment. IL−20を用いた処置はまた、種々の免疫不全(例えば、Tリンパ球およびBリンパ球障害、または免疫障害(例えば、慢性関節リウマチ))に対して、有利な効果をもたらし得る。 The Treatment with IL-20, various immune dysfunction (eg, T lymphocytes and B lymphocytes disorders or immune disorders (e.g., rheumatoid arthritis),) with respect to, may result in beneficial effects. 末梢血における循環白血球の数の減少である、白血球減少症のような免疫不全は、例えば、HIVのようなウイルス感染、放射線に対する過酷な曝露、ガン治療の副作用の結果、または他の医学的処置の結果であり得る。 A reduction in the number of circulating leukocytes in the peripheral blood, immunodeficiency, such as leukopenia, for example, viral infections such as HIV, severe exposure to radiation, cancer therapy side effects result of, or other medical treatment It may be the result. IL−2 IL-2
0組成物を用いる白血球減少症の治療的処置は、現在利用可能な薬物を用いる処置により生じる所望されない副作用を避け得る。 0 compositions therapeutic treatment of leukopenia using may avoid undesirable side effects caused by treatment with presently available drugs. IL−20で処置可能な他の状態としては、骨髄移植から回復する患者が挙げられる。 Other conditions treatable with IL-20, include patients recovering from bone marrow transplants. IL−20はまた、他の治療剤との同時投与における、インビボでの液性または細胞性免疫応答の増強のために使用され得る。 IL-20 also in co-administration with other therapeutic agents, may be used to enhance the humoral or cellular immune responses in vivo. 例えば、IL−20は、ウイルス抗原ワクチン(例えば、 For example, IL-20 is a viral antigen vaccine (e.g.,
HIV)または腫瘍抗原ワクチンの効力を増強するために使用され得る。 It may be used to enhance the efficacy of HIV) or tumor antigen vaccines.

【0157】 第1に、IL−20の、細胞性転写因子NF−κBおよびIL−6の発現に対する効果を通じて、IL−20はまた、ハイブリドーマ細胞株のための培養培地において、ハイブリドーマ増殖因子として機能し、ハイブリドーマ細胞の収量を増加させる。 [0157] First, the IL-20, through effects on cellular transcription factor NF-[kappa] B and IL-6 expression, IL-20 also provides a culture medium for the hybridoma cell line, functions as a hybridoma growth factor and increases the yield of hybridoma cells.

【0158】 IL−20はまた、免疫治療組成物および抗炎症組成物として有用であり得る。 [0158] IL-20 may also be useful as immunotherapeutic composition and anti-inflammatory compositions. IL−20はまた、骨髄移植からの化学療法で苦しむ患者の処置のために使用され得る。 IL-20 also may be used for the treatment of patients suffering from chemotherapy from marrow transplantation. IL−20はさらに、角膜損傷、角膜炎および潰瘍を処置するために使用され得る。 IL-20 is further corneal injury, it may be used to treat corneal inflammation and ulceration.

【0159】 他の処置のなかでも、IL−20は、血小板減少症のような状態のために使用され得る。 [0159] Among other treatments, IL-20 can be used for conditions such as thrombocytopenia. ここでIL−20は、血小板産生細胞への分化を誘導する。 Here IL-20 induces the differentiation into platelet-producing cells. IL−2 IL-2
0はまた、ガンの処置および骨髄移植における、好中球および血小板の数の回復のために使用され得る。 0 is also in the treatment and bone marrow transplantation for cancer, it may be used for the recovery of the number of neutrophils and platelets.

【0160】 IL−20はまた、肝臓細胞の「急性期(acute phase)タンパク質」と呼ばれる多数のタンパク質の産生を誘導するために使用され得る。 [0160] IL-20 may also be used to induce the production of a number of proteins called "acute phase (acute phase) protein" liver cells. この急性期タンパク質は、急性の傷害(例えば、外傷ショックまたは細菌性ショック) The acute phase proteins, acute injury (e.g., trauma shock or bacterial shock)
の後に、通常誘導される。 After, it is usually induced. 従って、IL−20の投与は、回復を促進するのに有利であり得る。 Thus, administration of IL-20 may be advantageous to promote recovery.

【0161】 IL−20はまた、自己骨髄移植片治療を含む細胞移植治療において使用され得る。 [0161] IL-20 may also be used in cell transplantation therapies, including autologous bone marrow graft treatment.

【0162】 IL−20はまた、炎症、腎不全、AIDS、およびガンに関連する貧血の処置のためのエリスロポチンの産生を増強するために使用され得る。 [0162] IL-20 is also inflammation, renal failure, can be used to enhance AIDS, and the production of Erisuropochin for the treatment of anemia associated with cancer.

【0163】 IL−20は、単独で、または他の治療的産物と組み合わせて、造血系の骨髄細胞またはリンパ系細胞のいずれかの減少したレベルによって特徴付けられる疾患の処置において、使用され得る。 [0163] IL-20, alone or in combination with other therapeutic products, in the treatment of diseases characterized either by reduced levels of bone marrow cells or lymphoid cells of the hematopoietic system, it can be used. このタンパク質はまた、アクセサリーおよび成熟細胞(例えば、他の造血性様因子を産生し、次に他の造血性細胞のコロニーの形成、ならびに他の造血性様活性を刺激する単球)を刺激し得る。 This protein also is accessory and mature cells (e.g., produce other hematopoietic-like factors, then the formation of colonies of other hematopoietic cells, as well as monocytes to stimulate other hematopoietic-like activity) stimulates obtain.

【0164】 特定の細胞性機能に加えて、ウイルスが可能性のある宿主細胞内に進入を開始する手段として、細胞レセプター分子をしばしば利用し得ることが当該分野で周知である。 [0164] In addition to specific cellular function, as a means to start entering the virus potential in a host cell, it is well known in the art which may often utilize cell receptor molecules. 例えば、Wuよび共同研究者(J.Exp.Med.185:168 For example, Wu preliminary co-workers (J.Exp.Med.185: 168
1−1691(1997))は、細胞性ケモカインレセプターCCR5が細胞性ケモカインレセプターとして機能するばかりでなく、マクロファージ指向性ヒト免疫不全ウイルス(HIV)−1のためのレセプターとしてまた作用することを近年見出した。 1-1691 (1997)) not only cellular chemokine receptors CCR5 acts as a cellular chemokine receptors, that also acts as a receptor for macrophage-tropic human immunodeficiency virus (HIV) -1 recently found It was. さらに、細胞性ケモカインレセプターCCR5のアゴニストであるRANTES、MIP−1a、およびMIP−1bは、種々のHIV−1株の感受性細胞株への侵入を阻害する(Cochi、F.ら、Science270 Furthermore, RANTES is an agonist of the cellular chemokine receptor CCR5, MIP-1a and MIP-1b, inhibits entry into susceptible cell lines of various HIV-1 strains (Cochi, F. Et al., Science270
:1811−1815(1995))。 : 1811-1815 (1995)). 従って、本発明はまた、IL−20、またはそのアゴニストもしくはアンタゴニストの予防的または治療的投与を介して、ウイルス粒子とIL−20レセプターとの相互作用をブロックまたは破壊し、 Accordingly, the present invention also, IL-20 or via prophylactic or therapeutic administration of an agonist or antagonists, the interaction is blocked or destruction of the virus particles and the IL-20 receptor,
結果としてウイルス感染の開始または継続をブロックするための、ウイルスに曝露または感染した個体の処置方法を提供する。 As a result for blocking initiation or continuation of a viral infection, provides a method for treating exposed or infected individuals virus.

【0165】 本発明のIL−20は、IL−20レセプターに結合し、それ自体、免疫指向性ウイルス感染をブロックするようである。 [0165] IL-20 of the present invention bind to IL-20 receptor, itself, is to block the immune directional virus infection. さらに、サイトカインおよびサイトカインレセプターの発現パターンは、IL−20レセプターが主に造血系組織および神経系組織において発現していることを示唆する。 Furthermore, the expression pattern of cytokines and cytokine receptors, suggests that IL-20 receptor is expressed mainly in the hematopoietic tissues and nervous system tissue. これらの観察はさらに、 These observations further,
IL−20のアゴニストおよびアンタゴニスト(リガンドを含む)が、免疫指向性および神経指向性ウイルス感染の感染性をブロックするか、またはそうでなければ調節する方法にとして有用であり得ることを示唆する。 Suggesting that agonists and antagonists of IL-20 (including a ligand) may be useful as a method of regulating or blocking the infection immune directivity and neural tropic viruses infection, or otherwise. ヒトに感染し、かつ造血系および神経系の細胞に感染し得るウイルスの非限定的な列挙としては、例えば、HIV−1、HIV−2、ヒトT細胞リンパ指向性ウイルス(HTLV) Infect humans, and as non-limiting list of viruses that can infect cells of hematopoietic and nervous systems, for example, HIV-1, HIV-2, human T-cell lymphotropic virus (HTLV)
−I、およびHTLV−IIのようなレトロウイルス、ならびに、単純疱疹ウイルス(HSV)−1、HSV−2、HSV−6、サイトメガロウイルス(CMV -I, and retroviruses such as HTLV-II, as well as herpes simplex virus (HSV) -1, HSV-2, HSV-6, cytomegalovirus (CMV
)、エプスタイン−バーウイルス(EBV)、herpes samirii、 ), Epstein - Barr virus (EBV), herpes samirii,
アデノウイルス、ライノウイルス、インフルエンザウイルス、レオウイルスなどの他のDNAおよびRNAウイルスが挙げられる。 Adenovirus, rhinovirus, influenza virus, and other DNA and RNA viruses, such as reovirus.

【0166】 本発明のIL−20、あるいはそのアゴニストまたはアンタゴニストが予防的または治療的にウイルス感染をブロックする能力は、当業者によって容易に試験され得る。 [0166] IL-20 or ability of the agonist or antagonist to block a prophylactically or therapeutically a viral infection, of the present invention may be readily tested by one of ordinary skill in the art. 例えば、Simmonsおよび共同研究者ら(Science276 For example, Simmons and co-workers (Science276
:276−279(1997))ならびにArenzana−Seisdedo : 276-279 (1997)), as well as Arenzana-Seisdedo
sおよび共同研究者ら(Nature383:400(1996))の各々は、 s and co-workers: each of (Nature383 400 (1996)) is,
培養末梢血単球細胞において、CCR5ケモカインレセプターのアンタゴニストおよびCCケモカインのアンタゴニストRANTESのそれぞれによるHIV− In cultured peripheral blood mononuclear cells, due to each of the antagonists of RANTES antagonist and CC chemokines CCR5 chemokine receptor HIV-
1感染の抑制を観察する方法を概説する。 Outlining how to observe the inhibition of 1 infection. 細胞を培養し、そしてウイルス(上記の両方の場合においてHIV−1)で感染させる。 Cells were cultured, and infected with virus (HIV-1 in the case of both of the above). CCケモカインのアゴニストまたはアンタゴニストあるいはそのレセプターを、次に、培養培地に直ちに添加する。 Agonists or antagonists, or its receptor CC chemokine, then immediately added to the culture medium. ケモカインまたは細胞性レセプターのアゴニストまたはアンタゴニストの能力の証拠は、感染の3、6、および9日後の相対的なウイルス感染の成功を評価することによって決定される。 Evidence of the ability of agonists or antagonists of chemokine or cellular receptor is determined by evaluating the success of relative viral infection after 3, 6, and 9 days post infection.

【0167】 本発明の単離されたIL−20あるいはそのアゴニストまたはアンタゴニストの量を含む薬学的組成物の、ウイルスに感染した個体またはウイルス感染の危険性を有する個体への投与は、以下のように行われる。 [0167] Administration to the isolated IL-20 or of a pharmaceutical composition comprising an amount of an agonist or antagonist, an individual at risk for infected individuals, or viral infection in the viruses of the invention, the following It is carried out.

【0168】 本発明のIL−20タンパク質が、ポリペプチドのサイトカインファミリーのメンバーであるので、そのタンパク質の成熟分泌型形態は、IL−20を発現する細胞からタンパク質分解的切断によって可溶性形態において放出され得ることがまた、当業者によって理解される。 [0168] IL-20 protein of the present invention, since a member of the cytokine family of polypeptides, the mature secreted forms of the protein is released in soluble form by proteolytic cleavage from the cell expressing the IL-20 it also will be appreciated by those skilled in the art to obtain. それゆえ、IL−20成熟形態が、外因的供給源から個体の細胞、組織、または身体に添加された場合、そのタンパク質は、その個体のその標的細胞上でその生理学的活性を発揮する。 Therefore, IL-20 mature form, individual cells from exogenous sources, tissue, or if the body is added, the protein will exert its physiological activity on their target cells of that individual.

【0169】 それゆえ、個体における標準的または正常なレベルのIL−20活性における減少によって引き起こされる状態(特に、免疫系の障害)は、IL−20ポリぺプチドの(成熟タンパク質形態で)投与によって処置され得ることが理解される。 [0169] Therefore, conditions caused by a decrease in the standard or normal level IL-20 activity in an individual (in particular, disorders of the immune system), the IL-20 polypeptide (in the mature protein form) administration it is understood that can be treated. 従って、本発明はまた、増大したレベルのIL−20活性を必要とする個体の処置の方法を提供し、この方法は、このような個体に、このような個体においてIL−20活性レベルを増大させるのに有効な量の本発明の単離されたIL−2 Accordingly, the present invention also provides a method of treatment of an individual in need of increased levels of IL-20 activity, comprising administering to such individuals, increased IL-20 activity level in such an individual single effective amount of the present invention to be isolated was IL-2
0ポリぺプチド(特に、本発明のIL−20タンパク質の成熟形態)を含む薬学的組成物を投与する工程を包含する。 0 polypeptide (in particular, the mature form of the IL-20 protein of the present invention) comprising administering the pharmaceutical composition comprising a.

【0170】 IL−20は、近年記載されたサイトカインIL−17の新規のホモログであるので、IL−20は、広範なサイトカイン様活性を有する。 [0170] IL-20, since a novel homolog of cytokine IL-17 as described in recent years, IL-20 has a broad cytokine-like activity. IL−20は、抵抗性の慢性および急性感染(例えば、殺菌性白血球の誘引および活性化を介するマイコバクテリア感染)に対する宿主の防御を増強するために使用され得る。 IL-20 is resistant chronic and acute infections (for example, mycobacterial infections via the attraction and activation of microbicidal leukocytes) can be used to enhance host defense against. I
L−20はまた、T細胞媒介性自己免疫疾患およびリンパ球白血病の処置のための、IL−2生合成の刺激によるT細胞増殖を増加するために、使用され得る。 L-20 also for the treatment of T cell mediated autoimmune diseases and lymphocytic leukemia, in order to increase the T cell proliferation by stimulation of IL-2 biosynthesis, may be used.
IL−20はまた、種々の造血性前駆細胞の活性化および分化を調節することにより造血を調節し、例えば、化学治療後の、成熟白血球の骨髄からの放出、すなわち、幹細胞動員のために使用され得る。 IL-20 also hematopoiesis modulate by regulating the activation and differentiation of various hematopoietic progenitor cells, for example, after the chemical treatment, release from the bone marrow of mature leukocytes, i.e., used for stem cell mobilization It may be. IL−20はまた、敗血症を処置するために使用され得る。 IL-20 may also be used to treat sepsis. IL−20による細胞の刺激はまた、IL−6の発現を強力に誘導する。 Stimulation of cells with IL-20 also strongly induced the expression of IL-6. IL−6は、骨髄腫、形質細胞腫、およびハイブリドーマについての強力な増殖因子であり、レナートリンパ腫T細胞の増殖に関与する。 IL-6 is myeloma is a potent growth factor for plasmacytoma, and hybridomas, involved in the proliferation of Lennert's lymphomas T cells. 結果として、IL−20およびIL−20アゴニストは、そのようなガン、類似の疾患状態、および当業者に公知の他の疾患状態の処置において使用され得る。 As a result, IL-20 and IL-20 agonists, such cancers may be used in a similar disease states, and those skilled in the treatment of other known disease state.

【0171】 シュワン細胞、ならびに小グリア細胞および神経膠星状細胞は、それぞれ、末梢神経系および中枢神経系の、種々の免疫メディエ−タおよび炎症メディエータを分泌する免疫応答性細胞である。 [0171] Schwann cells, and microglial cells and astrocytes, respectively, of the peripheral and central nervous systems, various immune mediator - is an immune-responsive cells secreting data and inflammatory mediators. 反応性小グリア細胞の関与する炎症プロセス(例えば、発作または多発性硬化症に続いて見出される病変に関連するプロセス、およびアルツハイマー疾患におけるプラークを含むβアミロイドに関するプロセス)は、これらの臨床学的状態に特徴的な神経性病理に寄与することが提唱されている。 Involved inflammatory processes of reactive microglia (e.g., processes for β-amyloid containing plaques in stroke or processes associated with lesion found subsequent to multiple sclerosis and Alzheimer's disease), these clinical conditions it has been proposed to contribute to the characteristic neurological pathology. 末梢神経系において、シュワン細胞が自己免疫性炎症性末梢神経疾患、ならびにギヤン−バレー症候群のような他の脱髄性疾患に関連する病理において必須の役割を担うという、増加しつつある証拠が存在する。 Existence responsible for other essential role in the relevant pathology demyelinating diseases such as Barre syndrome, evidence is increasing - in the peripheral nervous system, Schwann cells autoimmune inflammatory peripheral neuropathy, and Guillain to. さらに、これら全ての細胞型は、IL−20を含む多数のインターロイキンの標的である。 Additionally, all cell types these are multiple targets interleukin including IL-20.

【0172】 (処方物) IL−20ポリペプチド組成物は良好な医学的実践に一致した様式で、個々の患者の臨床状態(特に、IL−20ポリペプチド単独での処置の副作用)、IL [0172] (Formulation) IL-20 polypeptide composition in a manner consistent with good medical practice, the clinical condition of the individual patient (especially the side effects of treatment with IL-20 polypeptide alone), IL
−20ポリペプチド組成物の送達部位、投与方法、投与計画および当業者に公知の他の因子を考慮しつつ処方され、そして投与される。 The site of delivery of -20 polypeptide composition, the method of administration, be formulated taking into account other factors known to regimen and one skilled in the art, and administered. 従って、本明細書における目的のためのIL−20ポリペプチドの「有効量」は、このような考慮事項によって決定される。 Thus, "effective amount" of IL-20 polypeptide for purposes herein is thus determined by such considerations.

【0173】 一般的な提案として、1用量あたりに非経口的に投与されるIL−20ポリペプチドの薬学的に有効な総量は、患者の体重あたり約1μg/kg/日〜10m [0173] As a general proposition, the pharmaceutically effective amount of IL-20 polypeptide administered parenterally per dose, about 1 [mu] g / kg / day per patient body weight ~10m
g/kg/日の範囲であるが、上記のように、これは治療上の裁量を受ける。 It is in the range of g / kg / day, as described above, which is subjected to the discretion of the therapeutic. より好ましくは、この用量は、少なくとも0.01mg/kg/日、そしてヒトについて最も好ましくは、ホルモンについて約0.01と1mg/kg/日との間である。 More preferably, this dose is at least 0.01 mg / kg / day, and most preferably for humans, is between about 0.01 and 1 mg / kg / day for the hormone. 継続的に投与される場合、IL−20ポリペプチドは、代表的には、約1μg/kg/時間〜約50μg/kg/時間の用量速度で、1日あたり1〜4 When administered continuously, IL-20 polypeptide is typically at a dose rate of about 1 [mu] g / kg / hr to about 50 [mu] g / kg / time, 1-4 per day
回の注射によって、または、例えば、ミニポンプを使用する継続的皮下注入によってのいずれかで投与される。 The times of injection, or, for example, be administered either by continuous subcutaneous infusion using a mini. 静脈内点滴用バッグ溶液もまた使用され得る。 Intravenous infusion bag solution may also be used. 変化を観察するに必要な処置の長さ、および応答が生じるための処置の後の間隔は、所望の効果に応じて異なるようである。 Length of treatment needed to observe changes, and the interval following treatment for responses generated is different depending on the desired effect.

【0174】 本発明のIL−20を含有する薬学的組成物は、経口、直腸内、非経口、槽内(intracistemally)、腟内、腹腔内、局所(粉末、軟膏、液滴、または経皮パッチによるような)、口腔に(bucally)、または経口もしくは経鼻スプレーとして投与され得る。 [0174] Pharmaceutical compositions containing IL-20 of the present invention may be administered orally, rectally, parenterally, tank (Intracistemally), intravaginally, intraperitoneally, topically (powders, ointments, drops or transdermal, such as by a patch), it may be administered as (Bucally), or oral or nasal spray to the oral cavity. 「薬学的に受容可能なキャリア」とは、非毒性固体、半固体、または液体充填剤、希釈剤、カプセル化材料、または任意の型の処方補助剤を意味する。 By "pharmaceutically acceptable carrier", non-toxic solid, semi-solid or liquid filler, diluent, encapsulating material or formulation auxiliary of any type. 本明細書で使用される場合、用語「非経口(的)」とは、静脈内、筋肉内、腹腔内、胸骨内(intrasternal)、皮下、および関節内の注射および注入を包含する、投与様式をいう。 As used herein, the term "parenteral (target)" includes intravenous, intramuscular, intraperitoneal, intrasternal (intrasternal), subcutaneous, and intraarticular injection and infusion, the mode of administration the say.

【0175】 IL−20ポリペプチドもまた、徐放系によって適切に投与される。 [0175] IL-20 polypeptide is also suitably administered by sustained-release systems. 徐放性組成物の適切な例は、成型製品(例えば、フィルムまたはマイクロカプセル)の形態における半透過性のポリマーマトリクスを含む。 Suitable examples of sustained-release compositions include molded articles (e.g., films, or microcapsules) a semi-permeable polymer matrices in the form of. 徐放性マトリクスは、ポリラクチド(米国特許第3,773,919号、EP58,481号)、L−グルタミン酸およびγ−エチル−L−グルタミン酸のコポリマー(Sidman、U. Sustained-release matrices include polylactides (U.S. Pat. No. 3,773,919, EP 58,481 No.) of L- glutamic acid and γ- ethyl -L- glutamate copolymer (Sidman, U.
ら、Biopolymers 22:547−556(1983))、ポリ(2 Et al., Biopolymers 22: 547-556 (1983)), poly (2
−ヒドロキシエチルメタクリレート)(R.Langerら、J.Biomed - hydroxyethyl methacrylate) (R.Langer et al, J. Biomed
. Mater. Mater. Res. Res. 15:167−277(1981)、およびR. 15: 167-277 (1981), and R. Lan Lan
ger、Chem. ger, Chem. Tech. Tech. 12:98−105(1982))、エチレン酢酸ビニル(R.Langerら、前出)またはポリ−D−(−)−3−ヒドロキシ酪酸(EP133,988)を含む。 12: 98-105 (1982)), ethylene vinyl acetate (R.Langer et al, supra) or poly -D - (-) - including 3-hydroxybutyric acid (EP133,988). 徐放性IL−20ポリペプチド組成物はまた、リポソームに捕捉されたIL−20ポリペプチドを含む。 Sustained-release IL-20 polypeptide compositions also include a IL-20 polypeptide entrapped in liposomes. IL−20ポリペプチドを含むリポソームは、当該分野で公知の方法によって調製される:DE Liposomes containing IL-20 polypeptides are prepared by methods known in the art: DE
3,218,121;Epsteinら、Proc. 3,218,121; Epstein et al., Proc. Natl. Natl. Acad. Acad. Sc Sc
i. i. (USA)82:3688−3692(1985);Hwangら、Pro (USA) 82: 3688-3692 (1985); Hwang et al., Pro
c. c. Natl. Natl. Acad. Acad. Sci. Sci. (USA)77:4030−4034(19 (USA) 77: 4030-4034 (19
80);EP52,322;EP36,676;EP88,046;EP143 80); EP52,322; EP36,676; EP88,046; EP143
,949;EP142,641;日本国特許出願83−118008;米国特許第4,485,045号、および同4,544,545号;およびEP102, , 949; EP142,641; Japanese Patent Application 83-118008; U.S. Pat. No. 4,485,045, and Nos 4,544,545; and EP102,
324を参照のこと。 324 See. 通常、リポソームは、小さな(約200〜800Å)単層型であり、ここで脂質含有率は、30モル%コレステロールより多く、選択された部分は、最適なIL−20ポリペプチド治療について調整される。 Ordinarily, the liposomes are of the small (about 200~800A) unilamellar type, wherein the lipid content is greater than 30 mol% cholesterol, the selected portion is adjusted for the optimal IL-20 polypeptide treatment .

【0176】 非経口投与について、1つの実施態様において、IL−20ポリペプチドは、 [0176] For parenteral administration, in one embodiment, IL-20 polypeptide,
一般には、所望の程度の純度で、このポリペプチドを単位用量注入可能な形態( In general, in the desired degree of purity, which can the polypeptide unit dose injection form (
溶液、懸濁液または乳濁液)で、薬学的に受容可能なキャリア(すなわち、使用された投薬量および濃度においてレシピエントに対して非毒性であり、そして処方物の他の成分と適合性であるもの)とを混合することによって処方される。 Solution, suspension or emulsion), a pharmaceutically acceptable carrier (i.e., non-toxic to recipients at the dosages and concentrations used, and compatible with the other ingredients of the formulation is formulated by mixing it as) and the. 例えば、処方物は、好ましくは、酸化剤およびポリペプチドにとって有害であることが公知である他の化合物を含まない。 For example, the formulation preferably, it is detrimental to oxidizing agents and polypeptide contains no other compounds are known.

【0177】 一般に、処方物は、IL−20ポリペプチドを、液体キャリアまたは細かく粉砕した固体キャリアまたは両方と、均一にかつしっかりと接触させることによって調製される。 [0177] In general, formulations, an IL-20 polypeptide, a solid carrier or both and pulverized liquid carriers or finely, are prepared by uniformly and firm contact. 次いで、必要である場合、産物は、所望の処方物へと成型される。 Then, if necessary, the product is molded into the desired formulation. 好ましくは、キャリアは、非経口キャリアであり、より好ましくは、レシピエントの血液と等張である溶液である。 Preferably, the carrier is a parenteral carrier, more preferably a solution that is isotonic with the blood of the recipient. このようなキャリアビヒクルの例は、水、 Examples of such carrier vehicles include water,
生理食塩水、リンゲル液、およびデキストロース溶液を含む。 Saline, Ringer's solution, and dextrose solution. 非水性ビヒクル( Non-aqueous vehicles (
例えば、不揮発油およびオレイン酸エチル)もまた、本明細書において、リポソームと同様に有用である。 For example, fixed oils and ethyl oleate) also in the present specification, it is as well as liposomes useful.

【0178】 キャリアは、等張性および化学的安定性を増強する物質のような微量の添加物を適宜含む。 [0178] carriers include minor amounts of additives such as substances that enhance isotonicity and chemical stability appropriate. このような物質は、使用された投薬量および濃度においてレシピエントに対して非毒性であり、そしてリン酸、クエン酸、コハク酸、酢酸、および他の有機酸またはそれらの塩のような緩衝剤;アスコルビン酸のような抗酸化剤;低分子量(約10残基未満の)ポリペプチド(例えば、ポリアルギニンまたはトリペプチド);タンパク質(例えば、血清アルブミン、ゼラチン、またはイムノグロブリン);親水性ポリマー(例えば、ポリビニルピロリドン);アミノ酸(例えば、グリシン、グルタミン酸、アスパラギン酸、またはアルギニン);単糖、二糖および他の炭水化物(セルロースまたはその誘導体、グルコース、マンノース、またはデキストリンを含む);キレート剤(例えば、EDTA);糖アルコール(例えば、マンニトール Such materials are nontoxic to recipients at the dosages and concentrations used, and phosphoric acid, citric acid, buffers such as succinic acid, acetic acid, and other organic acids or their salts ; antioxidants such as ascorbic acid; low molecular weight (about 10 to less than residues) polypeptides (e.g., polyarginine or tripeptides); proteins (e.g., serum albumin, gelatin or immunoglobulins); hydrophilic polymers ( for example, polyvinylpyrrolidone); amino acids (such as glycine, glutamic acid, aspartic acid, or arginine); including monosaccharides, disaccharides and other carbohydrates (cellulose or its derivatives, glucose, mannose or dextrins); chelating agents (e.g. , EDTA); sugar alcohols (such as mannitol たはソルビトール);対イオン(例えば、ナトリウム);および/または非イオン性界面活性剤(例えば、ポリソルベート、 Other sorbitol); counterions (such as sodium); and / or nonionic surfactants (e.g., polysorbates,
ポロキサマー)、またはPEGを含む。 Poloxamer), or PEG.

【0179】 IL−20ポリペプチドは、代表的に、このようなビヒクル中で約0.1mg [0179] IL-20 polypeptide is typically about 0.1mg in such vehicles
/ml〜100mg/mlの濃度で、好ましくは1〜10mg/mlの濃度で、 / At a concentration of ml~100mg / ml, at a concentration of preferably 1-10 mg / ml,
pH約3〜8で処方される。 Formulated at a pH of about 3-8. 上記の特定の賦形剤、キャリア、または安定化剤の使用は、IL−20ポリペプチド塩の形成をもたらすことが理解される。 Use of the specific excipient, carrier or stabilizer, is understood to result in the formation of IL-20 polypeptide salts.

【0180】 治療的な投与について使用されるIL−20ポリペプチドは、滅菌されなければならない。 [0180] IL-20 polypeptide used for therapeutic administration must be sterile. 滅菌性は、滅菌濾過メンブレン(例えば、0.2ミクロンメンブレン)を通しての濾過により容易に達成される。 Sterility is readily accomplished by filtration through sterile filtration membranes (e.g., 0.2 micron membranes). 治療的IL−20ポリペプチド組成物は、一般に、滅菌アクセスポートを有する容器、例えば、皮下注射針によって穿孔可能なストッパーを有する静脈溶液バッグまたはバイアルへ配置される。 Therapeutic IL-20 polypeptide compositions generally are placed into a container having a sterile access port, for example, it is placed into an intravenous solution bag or vial having a stopper pierceable by a hypodermic injection needle.

【0181】 IL−20ポリペプチドは、通常、単位または多用量容器、例えば、密封アンプルまたはバイアルにおいて、水溶液または再構成のための凍結乾燥処方物として貯蔵される。 [0181] IL-20 polypeptide ordinarily will be stored in unit or multi-dose containers, for example, in sealed ampoules or vials, as a lyophilized formulation for aqueous or reconfiguration. 凍結乾燥処方物の例として、10mlバイアルに、5mlの滅菌濾過1%(w/v)水性IL−20ポリペプチド溶液を満たし、そして得られた混合物を凍結乾燥する。 As an example of a lyophilized formulation, in 10ml vials, sterile filtered 1% 5ml (w / v) satisfies the aqueous IL-20 polypeptide solution, and the resulting mixture is lyophilized. 注入溶液を、静菌注射用水(WFI)を用いて凍結乾燥したIL−20ポリペプチドを再構成することによって調製する。 The infusion solution is prepared by reconstituting the lyophilized IL-20 polypeptide using bacteriostatic water for injection (WFI).

【0182】 本発明はまた、本発明の薬学的組成物の1以上の成分を満たした1以上の容器を含む薬学的パックまたはキットを提供する。 [0182] The present invention also provides a pharmaceutical pack or kit comprising one or more containers filled with one or more of the ingredients of the pharmaceutical compositions of the present invention. 薬学的産物または生物学的産物の製造、使用または販売を規制する政府当局によって指示される形式の通知が、このような容器にともなう。 Manufacture of pharmaceutical products or biological products, form of notification that is prescribed by a governmental agency regulating the use or sale, associated with such containers. この通知は、ヒトへの投与のための製造、使用または販売の当局による承認を反映する。 This notification manufacture for human administration, reflects approval by the agency of manufacture, use or sale. さらに、本発明のポリペプチドは、他の治療化合物とともに使用され得る。 In addition, polypeptides of the present invention may be used in conjunction with other therapeutic compounds.

【0183】 (アゴニストおよびアンタゴニスト − アッセイおよび分子) 本発明はまた、レセプター分子のようなIL−20結合分子との相互作用のような、細胞に対するIL−20の作用を増強またはブロックする化合物を同定する化合物のスクリーニング方法を提供する。 [0183] - also (agonists and antagonists assays and molecules) present invention, identification of IL-20, such as interaction with a binding molecule, compounds that enhance or block the action of IL-20 to cells, such as receptor molecules It provides a method of screening for a compound that. アゴニストは、IL−20の天然の生物学的機能を増強させるか、またはIL−20と類似する様式で機能する化合物であり、他方、アンタゴニストは、このような機能を減少または消去する。 Agonists are compounds that function in a manner similar or enhance the natural biological functions of IL-20, or the IL-20, while antagonists decrease or eliminate such functions.

【0184】 この実施態様の別の局面において、本発明は、IL−20ポリペプチドに特異的に結合するレセプタータンパク質または他のリガンド結合タンパク質を同定するための方法を提供する。 [0184] In another aspect of this embodiment, the present invention provides a method for identifying a receptor protein or other ligand-binding protein which binds specifically to IL-20 polypeptide. 例えば、細胞区画(例えば、メンブレンまたはその調製物)は、IL−20を結合する分子を発現する細胞から調製され得る。 For example, a cellular compartment (e.g., a membrane or a preparation thereof) may be prepared from a cell that expresses a molecule that binds IL-20. 調製物は、標識されたIL−20とインキュベートされる。 Preparation is incubated with labeled IL-20. IL−20がレセプターもしくは他の結合タンパク質に結合した複合体は、当該分野で公知の慣用方法に従って単離および特徴づけされる。 Complex IL-20 is bound to the receptor or other binding protein are isolated and characterized according to known conventional methods in the art. あるいは、IL−20ポリペプチドは、固体支持体に結合され得、その結果、細胞から可溶化された結合分子は、カラムに結合し、次いで溶出され、そして慣用方法に従って特徴づけされる。 Alternatively, IL-20 polypeptide may be bound to a solid support, as a result, binding molecules solubilized from cells are bound to the column, and then eluted, and is characterized according to conventional methods.

【0185】 アゴニストまたはアンタゴニストについての本発明のアッセイにおいて、細胞区画(例えば、メンブレンまたはその調製物)は、IL−20を結合する分子( [0185] In the assay of the invention for agonists or antagonists, a cellular compartment (e.g., a membrane or a preparation thereof) is a molecule that binds the IL-20 (
例えば、IL−20によって調節されるシグナル経路または調節経路の分子)を発現する細胞から調製され得る。 For example, it may be prepared from a cell that expresses a molecule) of the signaling pathways or regulatory pathway modulated by IL-20. 調製物は、IL−20アゴニストまたはアンタゴニストであり得る候補分子の非存在または存在下で標識されたIL−20とインキュベートされる。 Preparation is incubated with labeled IL-20 in the absence or presence of a candidate molecule which may be a IL-20 agonist or antagonist. 候補物質が結合分子を結合する能力は、標識されたリガンドの結合の減少を反映する。 The ability of the candidate substance binds to the binding molecule reflects the decreased binding of the labeled ligand. 無償に、すなわちIL−20結合分子との結合に対するIL−20の効果を誘導することなく、結合する分子が、おそらく良好なアンタゴニストである。 In free, i.e., without inducing the effects of IL-20 for binding to IL-20 binding molecules, molecules that bind is probably good antagonists. 良好に結合し、そしてIL−20と同一または密接に関連する効果を惹起する分子はアゴニストである。 Well bound, and molecules that elicit IL-20 in the same or a closely related effects are agonists.

【0186】 可能性のあるアゴニストおよびアンタゴニストのIL−20様の効果は、例えば、細胞または適切な細胞調製物と候補分子との相互作用後にセカンドメッセンジャー系の活性を決定すること、およびIL−20またはIL−20と同一の効果を惹起する分子と効果を比較することによって測定され得る。 [0186] The effect of potential agonists and antagonists of IL-20-like, for example, determining the second messenger system activity after interaction with a cell or appropriate cell preparation with a candidate molecule, and IL-20 or it may be determined by comparing the molecular and effect of eliciting IL-20 same effect as. この点に関して有用であり得るセカンドメッセンジャー系は、AMPグアニル酸シクラーゼ、イオンチャネル、またはホスホイノシチド加水分解物セカンドメッセンジャー系を含むがこれらに限定されない。 Second messenger systems that may be useful in this regard, AMP guanylate cyclase, including ion channel or phosphoinositide hydrolysis product second messenger systems, and the like.

【0187】 IL−20アンタゴニストについてのアッセイの別の例は、IL−20および可能性のあるアンタゴニストと、メンブレン結合IL−20レセプター分子または組換えIL−20レセプター分子とを、競合阻害アッセイについて適切な条件下で合わせる競合アッセイである。 [0187] Another example of an assay for IL-20 antagonist is a antagonist of IL-20 and possibly, a membrane bound IL-20 receptor molecules or recombinant IL-20 receptor molecule, suitable for competitive inhibition assay it is a competitive assay combined in such conditions. IL−20は、レセプター分子に結合したI IL-20 is bound to the receptor molecule I
L−20分子の数を正確に決定して可能性のあるアンタゴニストの有効性を評価し得るために、例えば、放射能で標識され得る。 For the number of L-20 molecules may assess the effectiveness of a potential antagonist with accurately determined, for example, it is labeled with radioactivity.

【0188】 可能性のあるアンタゴニストは、本発明のポリペプチドに結合し、それによってその活性を阻害するかまたは消去する、有機低分子、ペプチド、ポリペプチド、および抗体を含む。 [0188] Potential antagonists bind to a polypeptide of the present invention, thereby either or erase inhibit the activity, including small organic molecules, peptides, polypeptides, and antibodies. 可能性のあるアンタゴニストはまた、有機低分子、ペプチド、ポリペプチド(例えば、結合分子(例えば、レセプター分子)上の同一の部位にIL−20誘導性活性を誘導せずに結合し、それによりIL−20が結合することを排除することによってIL−20の作用を妨害する、密接に関連するタンパク質または抗体)であり得る。 Potential antagonists also small organic molecules, peptides, polypeptides (e.g., binding molecules (e.g., bonded to the same site on the receptor molecule) without inducing IL-20-induced activity, thereby IL -20 to interfere with the action of IL-20 by eliminating the binding may be a protein or antibody) closely related.

【0189】 他の可能性のあるアンタゴニストは、アンチセンス分子を含む。 [0189] antagonists of other possibilities, including an anti-sense molecules. アンチセンス技術を用いて、アンチセンスDNAまたはRNAを介して、あるいは三重らせん形成を介して遺伝子発現を制御するために使用され得る。 Using antisense technology, through antisense DNA or RNA, or through triple-helix formation may be used to control gene expression. アンチセンス技術は、 Antisense technology,
多くの研究において考察される(例えば、Okano、J.Neurochem It is discussed in a number of studies (e.g., Okano, J. Neurochem
. 56:560(1991);「Oligodeoxynucleotides as Antisense Inhibitors of Gene Exp 56: 560 (1991); "Oligodeoxynucleotides as Antisense Inhibitors of Gene Exp
ression. ression. 」CRC Press、Boca Raton、FL(198 "CRC Press, Boca Raton, FL (198
8))。 8)). 三重らせん形成は、同様に、多数の研究においてに考察される(例えば、Leeら、Nucleic Acids Research 6:3073( Triple helix formation is similarly discussed in in a number of studies (for example, Lee et al., Nucleic Acids Research 6: 3073 (
1979);Cooneyら、Science 241:456(1988); 1979); Cooney et al., Science 241: 456 (1988);
およびDervanら、Science 251:1360(1991))。 And Dervan et al., Science 251: 1360 (1991)). この方法は、相補的DNAまたはRNAに対するポリヌクレオチドの結合に基づく。 This method is based on binding of a polynucleotide to a complementary DNA or RNA. 例えば、本発明の成熟ポリペプチドをコードするポリヌクレオチドの5'コード部分を使用して、約10〜40塩基対長のアンチセンスRNAオリゴヌクレオチドを設計し得る。 For example, the 5 'coding portion of a polynucleotide that encodes the mature polypeptide of the present invention, it may be designed about 10 to 40 base pairs in length antisense RNA oligonucleotide. DNAオリゴヌクレオチドを、転写に関与する遺伝子の領域に相補的であるように設計し、それにより、転写およびIL−20の産生を妨害する。 A DNA oligonucleotide is designed to be complementary to a region of the gene involved in transcription, thereby interfering with the transcription and the production of IL-20. アンチセンスRNAオリゴヌクレオチドは、インビボでmRNAにハイブリダイズし、そしてmRNA分子のIL−20ポリペプチドへの翻訳をブロックする。 Antisense RNA oligonucleotide hybridizes to the mRNA in vivo and blocks translation of the IL-20 polypeptide of the mRNA molecule. 上記のオリゴヌクレオチドはまた、アンチセンスRNAまたはDNAがインビボで発現されてIL−20タンパク質の産生を阻害するように細胞へと送達され得る。 The oligonucleotides described above can also antisense RNA or DNA may be delivered as is expressed in vivo to cells to inhibit the production of IL-20 protein.

【0190】 アゴニストおよびアンタゴニストは、例えば上記のような薬学的に受容可能なキャリアとの組成物において使用され得る。 [0190] Agonists and antagonists may be used, for example, a composition with a pharmaceutically acceptable carrier as described above.

【0191】 アンタゴニストは、例えば、特定の自己免疫性および慢性炎症性および感染性疾患における、マクロファージおよびその前駆体、ならびに好中球、好塩基球、 [0191] antagonists, for example, in certain autoimmune and chronic inflammatory and infectious diseases, macrophages and their precursors, as well as neutrophils, basophils,
Bリンパ球およびいくつかのT細胞サブセット(例えば、活性化およびCD8細胞傷害性T細胞およびナチュラルキラー細胞)の活性化を阻害するために使用され得る。 B lymphocytes and some T cell subsets (e.g., activated and CD8 cytotoxic T cells and natural killer cells) can be used to inhibit activation of. 自己免疫疾患の例としては、多発性硬化症、およびインスリン依存性糖尿病が挙げられる。 Examples of autoimmune diseases include multiple sclerosis, and insulin-dependent diabetes mellitus and the like. アンタゴニストはまた、単核食細胞の活性化を防ぐことによる、珪肺症、サルコイドーシス、特発性肺線維症を含む感染性疾患の処置に使用され得る。 Antagonists may also depend on preventing the activation of mononuclear phagocytes, silicosis, sarcoidosis, may be used for the treatment of infectious diseases, including idiopathic pulmonary fibrosis. これはまた、好酸球の産生を防ぐことによる、特発性好酸球増多症候群の処置のために使用され得る。 This also depends on preventing production of eosinophils, may be used for the treatment of idiopathic hypereosinophilic syndrome. アンタゴニストはまた、患者の関節における滑液における単球の活性化を妨害することにより、慢性関節リウマチを処置するために利用され得る。 Antagonists may also by interfering with the activation of monocytes in the synovial fluid in the patient's joint may be utilized to treat rheumatoid arthritis. 単球活性化は、変性および炎症性の関節症の両方の病原性における有意な役割を演ずる。 Monocyte activation plays a significant role in both virulence of degenerative and inflammatory arthropathies. アンタゴニストは、IL−1およびTNFが主たる原因である有害なカスケードを妨害するために利用され得、これは他の炎症性のサイトカインの生合成を妨害し得る。 Antagonists may be utilized to IL-1 and TNF interferes harmful cascade is a main cause, which may interfere with the biosynthesis of other inflammatory cytokines. この方法において、アンタゴニストは炎症を妨害するために利用され得る。 In this method, the antagonist may be utilized to interfere with inflammation. IL−20に対する抗体は、上記のような状態を処置するために、IL−20に結合してその活性を阻害するために使用され得る。 Antibodies to IL-20 may be used to treat conditions such as described above, it may be used to inhibit the activity bound to IL-20. 上記のアンタゴニストのいずれかは、例えば、以下に記載するような薬学的に受容可能なキャリアとともに、組成物中で使用され得る。 Any of the above antagonists, e.g., with a pharmaceutically acceptable carrier as described below, may be used in the compositions.

【0192】 (遺伝子マッピング) 本発明の核酸分子はまた、染色体同定に有用である。 [0192] The nucleic acid molecule of (gene mapping) the present invention are also useful for chromosome identification. この配列は、個々のヒト染色体上の特定の位置に特異的に標的化され、そしてその位置とハイブリダイズし得る。 The sequence is specifically targeted to a particular location on an individual human chromosome, and can their location and hybridized. さらに、染色体における特定の部位を同定することへの必要性が現在存在する。 Further, need for identifying particular sites on the chromosome is present now. 実際の配列データ(反復多型性)に基づく染色体マーキング試薬は現在、染色体位置をマークするのにはほどんと利用可能ではない。 Chromosome marking reagents based on actual sequence data (repeat polymorphisms) are presently not available and do enough for marking chromosomal location. 本発明に従う染色体へのDNAのマッピングは、それらの配列を、疾患に関連した遺伝子と相関づけることにおいて重要な第一段階である。 DNA mapping to chromosome according to the invention, those sequences, the first step is important in that correlated with genes associated with disease.

【0193】 この点における特定の好ましい実施態様において、本明細書中で開示されるc [0193] In certain preferred embodiments in this regard, disclosed herein c
DNAは、IL−20タンパク質遺伝子のゲノムDNAをクローニングするために用いられる。 DNA is used to clone genomic DNA of IL-20 protein gene. これは、一般的に市販されている、種々の周知の技術およびライブラリーを用いて達成され得る。 This is generally commercially available, can be accomplished using a variety of well known techniques and libraries. 次いで、この目的のための周知の技術を用いて、インサイチュ染色体マッピングのためにゲノムDNAが用られる。 Then, using well known techniques for this purpose, genomic DNA is use for in situ chromosome mapping.

【0194】 さらに、いくつかの場合において、配列は、cDNAからPCRプライマー( [0194] Further, in some cases, sequences, PCR primers from cDNA (
好ましくは、15〜25bp)を調製することにより、染色体にマッピングされ得る。 Preferably, by preparing 15~25Bp), they can be mapped to chromosomes. 遺伝子の3'非翻訳領域のコンピューター分析を用いて、ゲノムDNAにおいて1より多いエキソンにまたがらず、従って、増幅プロセスを複雑化しないプライマーを迅速に選択する。 Using computer analysis of the 3 'untranslated region of the gene, not span more than one exon in the genomic DNA, thus rapidly select primers that do not complicating the amplification process. 次いで、これらのプライマーは、個々のヒト染色体を含有する体細胞ハイブリッドのPCRスクリーニングのために用いられる。 Then, these primers are used for PCR screening of somatic cell hybrids containing individual human chromosomes.
中期染色体スプレッドに対するcDNAクローンの蛍光インサイチュハイブリダイゼーション(「FISH」)を用いて、一工程で、正確な染色体位置を提供し得る。 Using fluorescence in situ hybridization of a cDNA clone to a metaphase chromosomal spread ( "FISH"), in one step, to provide a precise chromosomal location. この技術は、50または60bp程度の短いcDNA由来のプローブと共に用いられ得る。 This technique can be used with probes from the short as 50 or 60 bp cDNA. (この技術の概説については、Vermaら、Human C (For a review of this technique, Verma et al., Human C
hromosomes:A Manual of Basic Techniq hromosomes: A Manual of Basic Techniq
ues, Pergamon Press, New York(1988)を参照のこと)。 ues, Pergamon Press, see New York (1988)).

【0195】 一旦、配列が正確な染色体位置にマッピングされると、染色体上の配列の物理的な位置は、遺伝子マップデータと相関づけられ得る。 [0195] Once a sequence has been mapped to a precise chromosomal location, the physical position of the sequence on the chromosome can be correlated with genetic map data. このようなデータは、例えば、World Wide Web(V. McKusick, Mende Such data may, for example, World Wide Web (V. McKusick, Mende
lian Inheritance In Man(Johns Hopkin lian Inheritance In Man (Johns Hopkin
s University, Welch Medical Libraryからオンラインで入手可能である))に見出される。 s University, is found to be available on-line)) from the Welch Medical Library. 次いで、同じ染色体領域にマッピングされた遺伝子と疾患との間の関係が、連鎖解析(物理的に隣接した遺伝子の共遺伝)によって同定される。 The relationship between genes and diseases that have been mapped to the same chromosomal region are then identified through linkage analysis (coinheritance of physically adjacent genes).

【0196】 次に、罹患個体と非罹患個体との間でのcDNAまたはゲノム配列における差異を決定することが必要である。 [0196] Next, it is necessary to determine the differences in the cDNA or genomic sequence between affected and unaffected individuals. 変異がいくつかまたは全ての罹患個体において認められるが、いずれの正常個体にも認められない場合、その変異は、疾患の原因因子である可能性が高い。 If a mutation is observed in some or all of the affected individuals, if not found in any normal individuals, then the mutation is likely to be the causative agent of the disease.

【0197】 本発明に一般的に記載されるように、以下の実施例を参照することにより、本発明は、より容易に理解されるが、以下の実施例は、例示の目的で提供され、限定として意図されない。 [0197] As generally described the present invention, by reference to the following examples, the present invention will be more readily understood, the following examples are offered for illustrative purposes, it is not intended as a limitation.

【0198】 (実施例) (実施例1(a):E.coliにおける「Hisタグ化」IL−20の発現および精製) 細菌性発現ベクターpQE9(pD10)を、本実施例において、細菌性発現のために使用する(QIAGEN, Inc., 9259 Eton Ave [0198] (Example) (Example 1 (a): Expression and purification of "His-tagged" IL-20 in E. coli) bacterial expression vector pQE9 the (pD10), in this example, bacterial expression used for (QIAGEN, Inc., 9259 Eton Ave
nue, Chatsworth, CA, 91311)。 nue, Chatsworth, CA, 91311). pQE9はアンピシリン抗生物質耐性(「Ampr」)をコードし、そして細菌の複製起点(「o pQE9 encodes ampicillin antibiotic resistance ( "Ampr"), and a bacterial origin of replication ( "o
ri」)、IPTG誘導性プロモーター、リボソーム結合部位(「RBS」)、 ri "), IPTG-inducible promoter, a ribosome binding site (" RBS "),
QUIAGEN, Inc. QUIAGEN, Inc. , 前出から市販されているニッケルニトリロトリ酢酸(「Ni−NTA」)アフィニティー樹脂を使用するアフィニティー精製を可能にするヒスチジン残基をコードする6つのコドン、および適切な単一の制限酵素切断部位を含む。 , Six codons encoding histidine residues that allow affinity purification using nickel nitrilotriacetic acid, which is commercially available ( "Ni-NTA") affinity resin from supra, and suitable single restriction enzyme cleavage sites including. これらのエレメントは、ポリペプチドをコードする挿入されたDNAフラグメントが、そのポリペプチドのアミノ末端に共有結合した6つのHis残基(すなわち、「6×Hisタグ」)を有するそのポリペプチドを発現するように、配置される。 These elements inserted DNA fragment encoding the polypeptide, the polypeptide amino terminus six His residues covalently linked to (i.e., "6 × His tag") expressing the polypeptide having the as it is located.

【0199】 IL−20アミノ酸配列の成熟形態を含むIL−20タンパク質の所望の部分をコードするDNA配列を、IL−20タンパク質の所望の部分のアミノ末端配列およびcDNAコード配列の3'に対する寄託された構築物における配列にアニールするPCRオリゴヌクレオチドプライマーを使用して、寄託されたcDN [0199] The DNA sequence encoding the desired portion of the IL-20 protein comprising the mature form of IL-20 amino acid sequence has been deposited to the 3 'of the amino-terminal sequence and cDNA coding sequence of the desired portion of the IL-20 protein was using PCR oligonucleotide primers that anneal to a sequence in the construct have been deposited cDN
Aクローンから増幅する。 It is amplified from A clone. pQE9ベクターにおけるクローニングを容易にするために制限部位を含むさらなるヌクレオチドを、それぞれ5'および3'プライマー配列に加える。 Additional nucleotides containing restriction sites to facilitate cloning in pQE9 vector are added to the 5 'and 3' primer sequence.

【0200】 IL−20タンパク質の成熟形態をクローニングするために、5'プライマーは、下線を付したBamI制限部位に続いて配列番号2の成熟IL−20配列のアミノ末端コード配列の30ヌクレオチド配列を含む、配列5'GAT CGC GGA TCC CAG CCC AGG AGC CCC AAA AGC AAG AGG AAG 3'(配列番号5)を有する。 [0200] To clone the mature form of the IL-20 protein, 5 'primer, a 30 nucleotide sequence of the amino terminal coding sequence of the mature IL-20 sequence of SEQ ID NO: 2 Following BamI restriction site underlined including, sequence 5'GAT CGC GGA TCC CAG CCC AGG AGC CCC AAA AGC AAG AGG AAG 3 ' (SEQ ID NO: 5). 当業者は、当然ながら、タンパク質コード配列における5'プライマーが開始する点が、タンパク質の成熟形態よりもより短いかまたはより長い完全IL−20タンパク質の任意の所望の部分をコードするDNAセグメントを増幅するよう変化させ得ることを認識する。 Those skilled in the art, of course, that the 5 'primer in the protein coding sequence is initiated, amplifies a DNA segment encoding any desired portion of the shorter or longer completely IL-20 protein than the mature form of the protein recognizes that capable of changing to. 3'プライマーは、下線を付したHindIII制限部位に続いて図1 3 'primer, following the underlined HindIII restriction site 1
のIL−20 DNA配列のコード配列の3'末端に相補的な35ヌクレオチドを含む、配列5'GAT CGC AAG CTT CAG GTT TAT CAG AAG ATG CAG GTG CAG CCC ACA GC 3 The 3 'end of the coding sequence of the IL-20 DNA sequence containing complementary 35 nucleotide sequence 5'GAT CGC AAG CTT CAG GTT TAT CAG AAG ATG CAG GTG CAG CCC ACA GC 3
'(配列番号6)を有する。 '(SEQ ID NO: 6).

【0201】 増幅されたIL−20 DNAフラグメントおよびベクターpQE9を、Ba [0202] The amplified IL-20 DNA fragment and the vector pQE9, Ba
mIおよびHindIIIで消化し、次いで消化したDNAを互いに連結する。 It was digested with mI and HindIII, then ligated digested DNA together.
IL−20 DNAの制限されたpQE9ベクターへの挿入は、IPTG誘導性プロモーターから下流の、および開始AUGおよび6つのヒスチジンコドンにインフレームのIL−20タンパク質コード配列を配置する。 Insertion into the restricted pQE9 vector IL-20 DNA is arranged from IPTG-inducible promoter of the downstream, and the initiating AUG and the six histidine codons to IL-20 protein coding sequence in-frame.

【0202】 連結混合液を、Sambrookら,Molecular Cloning: a Laboratory Manual, 2nd Ed. [0202] The ligation mixture, Sambrook et al, Molecular Cloning: a Laboratory Manual, 2nd Ed. ; Cold Spring Harbor Laboratory Press, Cold Spring Harbor, NY (1989) に記載のような標準的な手順を使用してコンピテントなE. ; Cold Spring Harbor Laboratory Press, Cold Spring Harbor, NY (1989) to the competent using standard procedures as described E. coli細胞に形質転換する。 coli transformed into cells. プラスミドpREP4(lacリプレッサーを発現し、そしてカナマイシン耐性を付与する(「Kanr」))の多コピーを含むE. Plasmid pREP4 (expressing the lac repressor, and confers kanamycin resistance ( "Kanr")) E. including multiple copies of coli株M15/rep4を、 E. coli strain M15 / rep4,
本明細書に記載される例示的な実施例を実行するために使用する。 Used to perform the exemplary embodiments described herein. IL−20タンパク質を発現するのに適切な多くの内の1つにすぎないこの株は、市販されている(QIAGEN, Inc.,前出)。 This strain is only one of many suitable for expressing IL-20 protein is commercially available (QIAGEN, Inc., supra). 形質転換体を、アンピシリンおよびカナマイシンの存在下でLBプレート上で生育するそれらの能力によって同定する。 Transformants are identified by their ability to grow on LB plates in the presence of ampicillin and kanamycin. プラスミドDNAを、耐性コロニーから単離し、そしてクローン化されたD Plasmid DNA, isolated from resistant colonies and cloned D
NAの同一性を、制限分析、PCR、およびDNA配列決定によって確認する。 The identity of the NA, confirmed by restriction analysis, PCR, and DNA sequencing.

【0203】 所望の構築物を含むクローンを、アンピシリン(100μg/ml)およびカナマイシン(25μg/ml)を補充したLB培地における液体培養物中で一晩(「O/N」)増殖させる。 [0203] Clones containing the desired constructs are grown overnight (100 [mu] g / ml) and kanamycin (25 [mu] g / ml) overnight in liquid culture in LB media supplemented with ( "O / N") are grown. O/N培養物を用いて約1:25〜1:250の希釈率で大規模培養物に接種した。 About The O / N culture is used 1: 25-1: was inoculate a large culture at 250 dilution. 細胞を、約0.4と0.6との間の600nm 600nm between the cells, and about 0.4 to 0.6
での光学密度(「OD600」)にまで増殖させる。 It is grown to an optical density ( "OD600") at. 次いで、イソプロピル−β Then, isopropyl -β
−D−チオガラクトピラノシド(「IPTG」)を添加して1mMの最終濃度にし、lacIリプレッサーを不活化することにより、lacリプレッサー感受性プロモーターからの転写を誘導する。 It was added to -D- thiogalactopyranoside ( "IPTG") to a final concentration of 1 mM, by inactivating the lacI repressor to induce transcription from lac repressor sensitive promoters. 細胞をさらに3時間から4時間の間引き続きインキュベートする。 Continue incubated cells for a further 3 hours 4 hours. 次いで細胞を遠心分離により採集する。 Then cells harvested by centrifugation.

【0204】 次いで細胞を3〜4時間4℃にて、6M 塩酸グアニジン、pH 8中で撹拌する。 [0204] Next, at the cells 3-4 hours 4 ° C., 6M guanidine hydrochloride, stirring in pH 8. 細胞細片を遠心分離によって除去し、そしてIL−20を含む上清を、ニッケルニトリロトリ酢酸(「Ni−NTA」)アフィニティー樹脂カラム(QU Cell debris was removed by centrifugation and the supernatant containing the IL-20, nickel nitrilotriacetic acid ( "Ni-NTA") affinity resin column (QU
IAGEN, INC. IAGEN, INC. , 前出)にロードする。 , Loaded into supra). 6×Hisタグを有するタンパク質は、Ni−NTA樹脂に高いアフィニティーで結合し、そして簡単な一工程の手順で精製され得る(詳細には、QIAexpressionist, 1 6 × proteins with His tag binds with high affinity to the Ni-NTA resin, and can be purified by the procedure of one simple step (specifically, QIAexpressionist, 1
995, QUIAGEN, Inc. 995, QUIAGEN, Inc. , 前出を参照のこと)。 , Supra). 簡潔には、上清を6M 塩酸グアニジン、pH 8中でカラムにロードし、カラムを最初に1 Briefly, the supernatant 6M guanidine hydrochloride was loaded onto the column in pH 8, the first column 1
0容量の6M 塩酸グアニジン、pH 8で洗浄し、次いで10容量の6M 塩酸グアニジン、pH 6で洗浄し、そして最後にIL−20を6M 塩酸グアニジン、pH 5で溶出させる。 0 volume of 6M guanidine hydrochloride, washed with pH 8, followed by 10 volumes of 6M guanidine-HCl, washed with pH 6, and finally 6M guanidine hydrochloride IL-20, eluting with pH 5.

【0205】 次いで精製したタンパク質を、リン酸緩衝化生理食塩水(PBS)または50 [0205] Then the purified protein, phosphate buffered saline (PBS) or 50
mM Na−酢酸、pH 6緩衝液および200mM NaClに対して透析することによって再生させる。 mM Na-acetate, is regenerated by dialysis against pH 6 buffer and 200 mM NaCl. あるいは、タンパク質を、Ni−NTAカラム上に固定されている間に首尾よく再フォールディングし得る。 Alternatively, the protein may be successfully refolded while immobilized on Ni-NTA column. 推奨される条件は、以下の通りである:プロテアーゼインヒビターを含む、500mM NaCl、2 The recommended conditions are as follows: containing protease inhibitors, 500 mM NaCl, 2
0%グリセロール、20 mM Tris/HCl pH 7.4中での直線状6M−1M尿素グラジエントを用いる再生。 0% glycerol, reproduction using a linear 6M-1M urea gradient in 20 mM Tris / HCl pH 7.4. 再生を1.5時間以上の時間にわたって行うべきである。 It should be performed reproduced for 1.5 hours or more. 再生後、タンパク質を250mMイミダゾールの添加によって溶出し得る。 After regeneration, can the protein was eluted by addition of 250mM imidazole. イミダゾールを、PBSまたは50mM酢酸ナトリウムpH 6緩衝液および200mM NaClに対する最終透析工程によって除去する。 Imidazole is removed by a final dialyzing step against PBS or 50mM sodium acetate pH 6 buffer and 200 mM NaCl.
精製したタンパク質を4℃に保存するか、または−80℃にて凍結させる。 Save purified protein to 4 ° C. or frozen at -80 ° C..

【0206】 以下の代替的な方法は、それが封入体の形態で存在する場合の、E. [0206] The following alternative method, when it is present in the form of inclusion bodies, E. col col
iにおいて発現されたIL−20を精製するために使用され得る。 It may be used to purify the expressed IL-20 in the i. 他に特定されない限り、すべての以下の工程は4〜10℃で行われる。 Unless otherwise specified, all of the following steps are carried out at 4 to 10 ° C..

【0207】 E. [0207] E. coli発酵の生産相の完了に際して、細胞培養物を、4〜10℃に冷却し、そして細胞を15,000rpmにおける連続的な遠心分離(Herae Upon completion of the coli fermentation production phase, the cell culture was cooled to 4 to 10 ° C., the cells continuous centrifugation in 15,000rpm to (Herae
us Sepatech)によって収穫する。 Harvest by us Sepatech). 細胞ペーストの単位重量あたりのタンパク質の予測される収量および必要とされる精製タンパク質の量に基づいて、細胞ペーストの適切な量(重量による)を、100mM Tris、50mM EDTA、pH 7.4を含む緩衝溶液中に懸濁する。 Based on the predicted yield and the required and the amount of purified protein of protein per unit weight of cell paste, containing an appropriate amount of cell paste (by weight), 100 mM Tris, 50 mM EDTA, the pH 7.4 suspended in a buffer solution. 細胞を、高剪断ミキサーを使用して均質な懸濁液に分散させる。 The cells are dispersed to a homogeneous suspension using a high shear mixer.

【0208】 次いで、ミクロフルーダイザー(Microfluidics, Corp. またはAPV Gaulin, Inc.)に溶液を通過させる(4000〜 [0208] Next, micro-flu die Heather (Microfluidics, Corp. or APV Gaulin, Inc.) to pass through the solution (4000
6000psi、2回)ことにより、細胞を溶解させる。 6000 psi, 2 times) by, lyse the cells. 次いでホモジネートを、NaCl溶液と混合して最終濃度0.5 M NaClにし、その後7000 The then homogenate to a final concentration of 0.5 M NaCl was mixed with NaCl solution, then 7000
×gで15分間遠心分離する。 × centrifuged 15 min at g. 生ずるペレットを、再度0.5 M NaCl、 The resulting pellet, again 0.5 M NaCl,
100mM Tris、50mM EDTA、pH 7.4を用いて洗浄する。 100 mM Tris, washed with 50 mM EDTA, the pH 7.4.

【0209】 得られる洗浄した封入体を、1.5M 塩酸グアニジン(GuHCl)で2〜 [0209] The washed inclusion bodies obtained from 2 in 1.5M guanidine hydrochloride (GuHCl)
4時間可溶化する。 4 hours allowed to solubilized. 7000×gで15分間遠心分離後、ペレットを捨て去り、 After centrifugation for 15 min at 7000 × g, abandoning pellets,
そしてIL−20ポリペプチドを含む上清を4℃で一晩インキュベートし、さらなるGuHCl抽出を可能にする。 And incubated overnight at 4 ° C. The supernatant containing the IL-20 polypeptide, to allow further GuHCl extraction.

【0210】 不溶性粒子を取り除くための高速遠心分離(30,000×g)の後、GuH [0210] After high speed centrifugation to remove insoluble particles (30,000 × g), GuH
Cl可溶化タンパク質を、GuHCl抽出物と20容量の50mM ナトリウム、pH 4.5、150mM NaCl、2mM EDTAを含む緩衝液を、激しく撹拌しながら迅速に混合することによって、再フォールディングさせる。 The Cl solubilized protein, 50 mM sodium GuHCl extract with 20 volumes, pH 4.5,150mM NaCl, the buffer containing 2 mM EDTA, by mixing rapidly with vigorous stirring, refolding. 再フォールディングした希釈タンパク質溶液を、さらなる精製工程の前の12時間、混合することなく4℃に保つ。 The diluted protein solution refolded, 12 hours prior to further purification steps, kept at 4 ° C. without mixing.

【0211】 再フォールディングしたIL−20ポリペプチド溶液を清澄化するために、あらかじめ準備した、適切な表面領域に0.16μmメンブレンフィルターを備える、40mM 酢酸ナトリウム、pH6.0で平衡化したタンジェントろ過ユニット装置(例えば、Filtron)を使用する。 [0211] To clarify the refolded the IL-20 polypeptide solution, previously prepared, provided with a 0.16μm membrane filter into a suitable surface area, sodium 40mM acetate, tangent filtration unit equilibrated with pH6.0 device (e.g., Filtron) used. ろ過した試料を、陽イオン交換樹脂(例えば、Poros HS−50, Perseptive Bios The filtered samples, a cation exchange resin (e.g., Poros HS-50, Perseptive Bios
ystems)にロードする。 Loaded into ystems). カラムを、40mM酢酸ナトリウム、pH 6. The column sodium 40mM acetate, pH 6.
0、で洗浄し、そして同じ緩衝液中の250mM、500mM、1000mM、 0, in washed and 250mM in the same buffer, 500 mM, 1000 mM,
および1500mM NaClで、段階的な様式で溶出する。 And at 1500 mM NaCl, eluted in a stepwise manner. 溶出液中の280 280 in the eluate
nmにおける吸光度を、連続的にモニターする。 The absorbance at nm, continuously monitored. 画分を収集し、そしてSDS− The fractions were collected, and SDS-
PAGEによってさらに分析する。 Further analyzed by PAGE.

【0212】 次いでIL−20ポリペプチドを含む画分をプールし、そして4容量の水と混合する。 [0212] Then pooled fractions containing IL-20 polypeptide, and 4 mixed with water capacity. 次いで希釈した試料を、あらかじめ準備した強陰イオン交換樹脂(Po Then diluted samples, previously prepared strong anion exchange resin (Po
ros HQ−50, Perseptive Biosystems)のカラムおよび弱陰イオン交換樹脂(Poros CM−20, Perseptiv ros HQ-50, Perseptive Biosystems) column and weak anion-exchange resin (Poros CM-20, Perseptiv
e Biosystems)のカラムの直列のセットにロードする。 To load into the series of the set of columns of e Biosystems). カラムを、 The column,
40mM酢酸ナトリウム、pH 6.0で平衡化する。 Sodium 40mM acetate, equilibrated with pH 6.0. 両方のカラムを、40m Both columns, 40m
M酢酸ナトリウム、pH 6.0、200mM NaClで洗浄する。 Sodium M acetate, washed with pH 6.0,200mM NaCl. 次いで Subsequently
CM−20カラムを、0.2M NaCl、50mM酢酸ナトリウム、pH 6 The CM-20 column, 0.2 M NaCl, 50mM sodium acetate, pH 6
. 0〜1.0M NaCl、50mM酢酸ナトリウム、pH 6.5の範囲の1 0~1.0M NaCl, 50mM sodium acetate, in a range of pH 6.5 1
0カラム容量の直線状勾配を用いて溶出する。 0 eluting with a linear gradient of column volume. 溶出液の一定のA 280モニタリン グ下で画分を回収する。 Fractions are collected under constant A 280 monitoring of the effluent. IL−20ポリペプチドを含む画分(例えば、16%S Fractions containing IL-20 polypeptide (e.g., 16% S
DS−PAGEによって決定する)を次にプールする。 Then pool the decision to) by DS-PAGE.

【0213】 得られるIL−20ポリペプチドは、上記の再フォールディングおよび精製工程後に95%より高い純度を示す。 [0213] The resulting IL-20 polypeptide exhibits higher purity than 95% after the above refolding and purification steps. 5μgの精製タンパク質をロードする場合に、クマシーブルー染色16%SDS−PAGEゲルで主要な混在バンドは観察されない。 If you load a purified protein of 5μg, major mixed band with Coomassie blue-stained 16% SDS-PAGE gel is not observed. 精製したタンパク質は、エンドトキシン/LPS混在についてまた試験され、そして代表的にはLPS含量は、LALアッセイに従って0.1ng/m Purified protein is also tested for endotoxin / LPS mixed, and LPS content typically, 0.1 ng / m according to LAL assays
l未満である。 It is less than l.

【0214】 IL−20ポリペプチドは、W3110 E. [0214] IL-20 polypeptide, W3110 E. coli株において発現され、 It is expressed in E. coli strain,
そして封入体において見出された。 And it was found in the inclusion bodies. 封入体中に存在するIL−20は、0.1M リン酸ナトリウム緩衝液、pH8、10mM EDTA中の3〜4Mグアニジンにおいて可溶化された。 IL-20 present in the inclusion bodies, 0.1M sodium phosphate buffer, solubilized in 3~4M guanidine in pH 8, 10 mM EDTA. 4Mまたは8M尿素を用いた抽出は、尿素濃度を4M Extraction with 4M or 8M urea, the urea concentration 4M
に希釈の際にか、または50mM酢酸ナトリウム緩衝液、pH6、0.1M N Of whether upon dilution, or 50mM sodium acetate buffer, PH6,0.1M N
aCl、2mM EDTAに対する透析の後に、誘導されたIL−20タンパク質バンドの明らかなタンパク質分解性の分解を生じた。 NaCl, after dialysis against 2 mM EDTA, resulting in a degradation of obvious proteolytic induced IL-20 protein bands. IL−20封入体の4M IL-20 4M of inclusion bodies
グアニジン抽出物は、可溶性を維持すること、および10mM DTTまたは5 Guanidine extracts, maintaining the solubility, and 10 mM DTT or 5
mMシステイン存在下での、オーバーナイト抽出の場合、0.3Mグアニジンへの希釈後に、インタクトなままであることが見出された。 mM in the presence of cysteine, in the case of overnight extraction, after dilution to 0.3M guanidine were found to remain intact.

【0215】 IL−20は、8つのシステイン残基を含有するので、グアニジン除去後にタンパク質が不溶性である理由は、ジスルフィド結合の凝集の存在に起因するのか否かを分析することは興味深かった。 [0215] IL-20 is because it contains 8 cysteine ​​residues, protein after guanidine removal reason is insoluble, it was of interest to analyze whether due to the presence of aggregation of the disulfide bonds. 非還元条件下での0.3Mグアニジン可溶化画分のSDS−PAGE分析は、還元されたサンプルに対して、より高度な電気泳動移動度を生じ、これは、分子内ジスルフィド結合形成を示唆し、さらに高分子量種は、認められなかった。 SDS-PAGE analysis of 0.3M guanidine solubilized fraction under non-reducing conditions, to the reduced samples, resulted in higher electrophoretic mobility, which suggests an intramolecular disulfide bond formation , higher molecular weight species, was observed. また、0.4Mグアニジン存在下におけるサイズ排除分析は、タンパク質がモノマーまたはダイマーのいずれかであり、高分子量ホモまたはヘテロタンパク質凝集体では存在しないことを示した。 Moreover, size exclusion analysis in the presence 0.4M guanidine, the protein is either monomer or dimer, indicating that there are no high molecular weight homo- or hetero-protein aggregates. 封入体が還元化/酸化グルタチオンの存在下において可溶化された場合のみ、IL−20ジスルフィド結合化凝集体が見出された。 If the inclusion bodies were solubilized in the presence of a reducing / oxidation glutathione alone, IL-20 disulfide bonds of aggregates were found.

【0216】 pH5.5、6、8または9の、緩衝液中の0.1M NaClに対する透析によってグアニジン濃度を低下させると、全ての場合に、他の不純物とともにタンパク質の沈殿を生じた。 [0216] The pH5.5,6,8 or 9, reducing the guanidine concentration by dialysis against 0.1 M NaCl in buffer, in all cases, resulted in precipitation of the protein with other impurities. しかし、0.125M NaCl中のpH3.5酢酸緩衝液に対する透析の後、約70%純粋である顕著な可溶性IL−20の量が存在した。 However, after dialysis against pH3.5 acetate buffer in 0.125 M NaCl, the amount of outstanding soluble IL-20 was present pure about 70%.

【0217】 (実施例2:バキュロウイルス発現系におけるIL−20タンパク質のクローニングおよび発現) この例示的実施例において、プラスミドシャトルベクターpA2を用いて、その天然に付随する分泌シグナル(リーダー)配列を含む、完全タンパク質をコードするクローニングされたDNAを、成熟IL−20タンパク質を発現するためにバキュロウイルスに、Summersら、A Manual of Meth [0217]: including (Example 2 Cloning and expression of IL-20 protein in a baculovirus expression system) this illustrative example, using a plasmid shuttle vector pA2, the secretory signal (leader) sequence associated with the native , was cloned encoding a complete protein DNA, baculovirus to express the mature IL-20 protein, Summers et al., a Manual of Meth
ods for Baculovirus Vectors and Inse ods for Baculovirus Vectors and Inse
ct Cell Culture Procedures、Texas Agr ct Cell Culture Procedures, Texas Agr
icultural Experimental Station Bulle icultural Experimental Station Bulle
tin 第1555号(1987)に記載のような標準的な方法を用いて挿入する。 Insert using standard methods as described in tin No. 1555 (1987). この発現ベクターは、Autographa californica核多角体病ウイルス(AcMNPV)の強力なポリヘドリンプロモーターを含み、続いてBamHI、XbaIおよびAsp718のような都合良い制限部位を含む。 This expression vector contains the strong polyhedrin promoter of the Autographa californica nuclear polyhedrosis virus (AcMNPV), including subsequently BamHI, conveniently such as XbaI and Asp718 restriction site. シミアンウイルス40(「SV40」)のポリアデニル化部位を、効率的なポリアデニル化のために用いる。 The polyadenylation site of the simian virus 40 ( "SV40") is used for efficient polyadenylation. 組換えウイルスの平易な選択のために、プラスミドは、同じ方向で、弱いDrosophilaプロモーターの制御下で、E. For plain selection of recombinant virus, plasmid, in the same direction, under the control of a weak Drosophila promoter, E. c
oli由来のβガラクトシダーゼ遺伝子を含み、続いて、ポリヘドリン遺伝子のポリアデニル化シグナルを含む。 They include β-galactosidase gene from oli, followed by the polyadenylation signal of the polyhedrin gene. 挿入された遺伝子には、野生型ウイルスDNA The inserted gene, wild-type viral DNA
との細胞媒介性相同組換えのためにウイルス配列が両側に隣接して、クローニングされたポリヌクレオチドを発現する生存可能なウイルスを産生する。 Viral sequences for the cell-mediated homologous recombination with the adjacent sides to produce a viable virus that express the cloned polynucleotide.

【0218】 当業者に容易に理解されるように、構築物が、必要ならば、シグナルペプチドおよびインフレームAUGを含む、転写、翻訳、分泌などのための適切に配置されたシグナルを提供する限り、多くの他のバキュロウイルスベクターを、上記のベクターの代わりに用い得る(例えば、pAc373、pVL941、およびp [0218] As will be readily appreciated by those skilled in the art, construct, if necessary, including the signal peptide and in frame AUG, transcription, translation, as long as it provides a suitably arranged signal, such as for secretion, many other baculovirus vectors may be used instead of the above vectors (e.g., pAc373, pVL941, and p
AcIM1)。 AcIM1). このようなベクターは、例えば、Luckowら、Virolo Such vectors include, for example, Luckow et al., Virolo
gy 170:31〜39(1989)に記載される。 gy 170: is described in 31 to 39 (1989).

【0219】 寄託されたクローン中に、全長IL−20タンパク質をコードするcDNA配列(AUG開始コドン、および配列番号2に示される天然に付随するリーダー配列を含む)を、遺伝子の5'配列および3'配列に対応するPCRオリゴヌクレオチドプライマーを用いて増幅する。 [0219] During the deposited clone, a cDNA sequence encoding full-length IL-20 protein (including the leader sequence naturally associated with the indicated AUG initiation codon, and SEQ ID NO: 2), 5 'of the gene sequence and 3 'it is amplified using PCR oligonucleotide primers corresponding to the sequences. 5'プライマーは、下線を付したBamH The 5 'primer, the underlined BamH
I制限酵素部位、真核生物細胞において翻訳の開始のための効果的なシグナル( I restriction enzyme site, effective signal for initiation of translation in eukaryotic cells (
Kozak,M. Kozak, M. ,J. , J. Mol. Mol. Biol. Biol. 196:947−950(1987 196: 947-950 (1987
))、続いて、図1に示される完全IL−20タンパク質の配列の35ヌクレオチドを含み、AUG開始コドンで始まる、配列5'GAT CGC GGA T CC GCC ATC ATG GAC TGG CCT CAC AAC C )), Followed by including the 35 nucleotide sequence of the complete IL-20 protein shown in Figure 1, beginning with the AUG start codon, the sequence 5'GAT CGC GGA T CC GCC ATC ATG GAC TGG CCT CAC AAC C
TG CTG TTT CTT CTT AC 3'(配列番号7)を有する。 TG CTG TTT CTT CTT AC 3 '(SEQ ID NO: 7).
3'プライマーは、下線を付したAsp718制限部位に続いて図1の3'非コード配列に相補的な35ヌクレオチドを含む、配列5'GAT CGC GGT ACC CAG GTT TAT CAG AAG ATG CAG GTG CAG CCC ACA GC 3'(配列番号8)を有する。 3 'primer, following the Asp718 restriction site underlined 3' in FIG. 1 includes a complementary 35 nucleotide non-coding sequence, sequence 5'GAT CGC GGT ACC CAG GTT TAT CAG AAG ATG CAG GTG CAG CCC ACA GC 3 '(SEQ ID NO: 8).

【0220】 増幅されたフラグメントを、市販のキット(「Geneclean」BIO 101 Inc., La Jolla, Ca)を用いて、1%アガロースゲルから単離する。 [0220] The amplified fragment is commercially available kit ( "Geneclean" BIO 101 Inc., La Jolla, Ca) using a isolated from a 1% agarose gel. 次いで、このフラグメントを、BamHIおよびAsp718 Then the fragment, BamHI and Asp718
で消化し、そして、再度1%アガロースゲル上で精製する。 In digested and purified on a 1% agarose gel again. このフラグメントを本明細書において「F1」と称する。 Referred to as the "F1" in the present specification, this fragment.

【0221】 プラスミドを、制限酵素BamHIおよびAsp718で消化し、そして必要に応じて、当該分野で公知の慣用技術を用いて、仔ウシ腸ホスファターゼを用いて脱リン酸化し得る。 [0221] The plasmid was digested with restriction enzymes BamHI and Asp718, and optionally, using conventional techniques known in the art, can be dephosphorylated using calf intestinal phosphatase. 次いで、このDNAを、市販のキット(「Genecle Then, this DNA, a commercially available kit ( "Genecle
an」BIO 101 Inc. an "BIO 101 Inc. , La Jolla, Ca)を用いて1% , La Jolla, Ca) 1% using
アガロースゲルから単離する。 Isolated from an agarose gel. このベクターDNAを、本明細書中で「V1」と称する。 This vector DNA, referred to as "V1" herein.

【0222】 フラグメントF1および脱リン酸化プラスミドV1を一緒に、T4 DNAリガーゼで連結する。 [0222] Fragment F1 and the dephosphorylated plasmid V1 together and ligated with T4 DNA ligase. E. E. coli HB101またはXL−1 Blue(St coli HB101 or XL-1 Blue (St
ratagene Cloning Systems, La Jolla, CA)細胞のような他の適切なE. ratagene Cloning Systems, La Jolla, CA) other suitable E. like cells coli宿主を、連結混合物で形質転換し、 E. coli host transformed with the ligation mixture,
そして培養プレートに塗布する。 And applied to the culture plate. BamHIおよびAsp718を用いて個々のコロニーからのDNAを消化すること、次いでゲル電気泳動による消化産物の分析によってヒトIL−20遺伝子を有するプラスミドを含む細菌を同定する。 Digesting DNA from individual colonies using BamHI and Asp718, then bacteria identified that contained the plasmid with the human IL-20 gene by analysis of digestion products by gel electrophoresis. クローニングされたフラグメントの配列を、DNA配列決定によって確認する。 The sequence of the cloned fragment is confirmed by DNA sequencing. このプラスミドを、本明細書中で、pA2IL−20と称する。 This plasmid, herein referred to as pA2IL-20.

【0223】 5μgのプラスミドpA2IL−20を、Felgnerおよび共同研究者ら(Proc.Natl.Acad.Sci.USA 84:7413−7417 [0223] The plasmid pA2IL-20 of 5μg, Felgner and co-workers (Proc.Natl.Acad.Sci.USA 84: 7413-7417
(1987))によって記載されるリポフェクション法を用いて、1.0μgの市販の線状化バキュロウイルスDNA(「BaculoGold TM bacul (1987)) using the lipofection method described by, commercially available linearized baculovirus DNA of 1.0 [mu] g ( "BaculoGold TM bacul
ovirus DNA」, Pharmingen, San Diego, CA. ovirus DNA ", Pharmingen, San Diego, CA. )とともに同時トランスフェクトする。 ) Are co-transfected with. 1μgのBaculoGold TMウイルスDNAおよび5μgのプラスミドpA2IL−20を、50μlの無血清グレース培地(Life Technologies Inc., Gait The 1 [mu] g BaculoGold TM virus DNA and 5μg of the plasmid pA2IL-20 in serum-free Grace's medium 50μl (Life Technologies Inc., Gait
hersburg, MD)を含むマイクロタイタープレートの滅菌ウェル中で混合する。 hersburg, MD) are mixed in a sterile well of a microtiter plate containing. その後、10μlのリポフェクチンおよび90μlのグレース培地を添加し、混合し、そして室温にて15分間インキュベートする。 Thereafter, Grace's medium are added 10μl Lipofectin plus 90 [mu] l, mixed and incubated for 15 minutes at room temperature. 次いで、このトランスフェクション混合物を、無血清グレース培地1mlを有する35mm組織培養プレート内に播種されたSf9昆虫細胞(ATCC CRL 1711)に滴下する。 Then added dropwise the transfection mixture to the Sf9 insect cells seeded in 35mm tissue culture plate with serum-free Grace's medium 1ml (ATCC CRL 1711). 次いでプレートを、27℃で5時間インキュベートする。 The plate is then incubated for 5 hours at 27 ° C.. 次いで、トランスフェクション溶液をプレートから除去し、そして10%ウシ胎児血清を補充した1mlのグレース昆虫培地を添加する。 Then, the transfection solution is removed from the plate, and add Grace's insect medium supplemented with 1ml 10% fetal calf serum. 次いで培養を、27℃で4日間継続する。 The culture is then continued for 4 days at 27 ° C..

【0224】 4日後、上清を回収し、そしてSummersおよびSmith、前出に記載されるようにプラークアッセイを行う。 [0224] After four days the supernatant was collected and Summers and Smith, a plaque assay is performed, as described supra. 「Blue Gal」(Life Te "Blue Gal" (Life Te
chnologies Inc. chnologies Inc. , Gaithersburg)を有するアガロースゲルを用いて、青色染色されたプラークを生じるgal発現クローンの簡素な同定および単離を可能にする。 , Using agarose gel having a Gaithersburg), to allow simple identification and isolation of gal-expressing clones, which produce blue-stained plaques. (このタイプの「プラークアッセイ」の詳細な説明はまた、Life Technologies Inc.、 Gaith (A detailed description of a "plaque assay" of this type also, Life Technologies Inc., Gaith
ersburg、で配布される昆虫細胞培養およびバキュロウイルス学のための使用者ガイド(9〜10頁)においても見い出され得る)。 Ersburg, in may also be found in the user's guide (9-10 pages) for insect cell culture and baculovirology distributed). 適切なインキュベーション後、青色染色されたプラークをマイクロピペッター(例えば、Eppen After suitable incubation, blue stained plaques micropipettor (e.g., Eppen
dorf)のチップで拾う。 Pick up in the chip of dorf). 次いで、組換えウイルスを含む寒天を、200μl The agar containing the recombinant viruses, 200 [mu] l
のグレース培地を含む微小遠心管中に再懸濁する。 Resuspended in a microcentrifuge tube containing Grace medium. そして、組換えバキュロウイルスを含む懸濁液を用いて、35mmディッシュに播種されたSf9細胞に感染させる。 Then, using the suspension containing the recombinant baculovirus, to infect Sf9 cells seeded in 35mm dishes. 4日後、これらの培養ディッシュの上清を収集し、次いでそれらを4℃ After 4 days, collect the supernatants of these culture dishes, then they 4 ° C.
で保存する。 In to save. この組換えウイルスをV−IL−20と称する。 The recombinant virus is referred to as V-IL-20.

【0225】 IL−20遺伝子の発現を確認するために、Sf9細胞を、10%熱非働化F [0225] To confirm the expression of the IL-20 gene, Sf9 cells, 10% heat-inactivated F
BSを補充したグレース培地中で増殖させる。 It is grown in Grace's medium supplemented with BS. 細胞に、約2の感染多重度(「M The cells, approximately 2 multiplicity of infection ( "M
OI」)で組換えバキュロウイルスV−IL−20を感染させる。 It is infected with the recombinant baculovirus V-IL-20 in OI "). 放射標識タンパク質が所望される場合、6時間後にその培地を除去し、そしてメチオニンおよびシステインを除いたSF900 II培地(Life Technologi If radiolabeled proteins are desired, the medium is removed after 6 hours and replaced with SF900 II medium minus methionine and cysteine ​​(Life Technologi
es Inc. es Inc. , Rockville, MDから入手可能)に置き換える。 , Replaced by the Rockville, available from MD).
42時間後、5μCiの35 S−メチオニンおよび5μCiの35 S−システイン( After 42 hours, 5 .mu.Ci of 35 S- methionine and 5 .mu.Ci of 35 S- cysteine (
Amershamから入手可能)を添加する。 The addition of available) from Amersham. 細胞をさらに16時間インキュベートし、次いで細胞を遠心分離により収集する。 The cells are further incubated for 16 hours, then collecting the cells by centrifugation. 上清中のタンパク質および細胞内タンパク質をSDS−PAGE、続いて(放射性標識された場合)オートラジオグラフィーにより分析する。 SDS-PAGE of proteins and intracellular proteins in the supernatant, followed by analysis by (if radiolabeled) autoradiography.

【0226】 精製タンパク質のアミノ末端のアミノ酸配列の微量配列決定を用いて、IL− [0226] Using the microsequencing of the amino acid sequence of the amino terminus of purified protein, IL-
20タンパク質の成熟形態のアミノ末端配列、従って、天然において結合する分泌シグナルペプチドの切断点および長さを決定し得る。 20 amino-terminal sequence of the mature form of the protein, therefore, can determine the cut point and length of the secretory signal peptide that binds in nature.

【0227】 (実施例3:哺乳動物細胞におけるIL−20のクローニングおよび発現) [0227] (Example 3: Cloning and Expression of IL-20 in mammalian cells)
代表的な哺乳動物発現ベクターは、プロモーターエレメント(mRNAの転写の開始を媒介する)、タンパク質コード配列、ならびに転写の終結および転写物のポリアデニル化に必要なシグナルを含む。 Exemplary mammalian expression vectors (which mediates the initiation of transcription of mRNA) promoter elements, including protein coding sequence, and signals required for the termination of transcription and polyadenylation of the transcript. さらなるエレメントとしては、エンハンサー、Kozak配列、ならびにRNAスプライシングのためのドナー部位およびアクセプター部位に隣接する介在配列が挙げられる。 Additional elements, enhancer, Kozak sequences, as well as intervening sequences flanked by donor and acceptor sites for RNA splicing. 非常に効率的な転写を、SV40由来の初期および後期プロモーター、レトロウイルス(例えば、R Very efficient transcription, from the SV40 early and late promoters, retrovirus (eg, R
SV、HTLVI、HIVI)由来の長末端反復(LTR)ならびにサイトメガロウイルス(CMV)の初期プロモーターを用いて達成し得る。 SV, HTLVI, HIVI) may be achieved using the early promoter of the long terminal repeat from (LTR) and cytomegalovirus (CMV). しかし、細胞性エレメント(例えば、ヒトアクチンプロモーター)もまた使用され得る。 However, cellular elements (e.g., the human actin promoter) may also be used. 本発明の実施における使用に適切な発現ベクターとしては、例えば、pSVLおよびp Suitable expression vectors for use in practicing the present invention, for example, pSVL and p
MSG(Pharmacia, Uppsala, Sweden)、pRSV MSG (Pharmacia, Uppsala, Sweden), pRSV
cat(ATCC 37152)、pSV2dhfr(ATCC 37146) cat (ATCC 37152), pSV2dhfr (ATCC 37146)
、ならびにpBC12MI(ATCC 67109)のようなベクターが挙げられる。 , As well as vectors such as pBC12MI (ATCC 67109). 使用され得る哺乳動物宿主細胞としては、ヒトHela細胞、293細胞、H9細胞およびJurkat細胞、マウスNIH3T3細胞およびC127細胞、Cos1細胞、Cos7細胞およびCV1細胞、ウズラQC1−3細胞、マウスL細胞、ならびにチャイニーズハムスター卵巣(CHO)細胞が挙げられる。 Mammalian host cells that could be used include, human Hela cells, 293 cells, H9 and Jurkat cells, mouse NIH3T3 cells and C127 cells, Cos 1 cells, Cos7 cells and CV1 cells, quail QC1-3 cells, mouse L cells, and Chinese hamster ovary (CHO) cells, and the like.

【0228】 あるいは、遺伝子は、染色体に組み込まれたその遺伝子を含む安定な細胞株において発現され得る。 [0228] Alternatively, the gene can be expressed in stable cell lines that contain the gene integrated into a chromosome. 選択マーカー(例えば、dhfr、gpt、ネオマイシン、またはハイグロマイシン)との同時トランスフェクションは、トランスフェクトされた細胞の同定および単離を可能にする。 Co-transfection with a selectable marker (e.g., dhfr, gpt, neomycin, or hygromycin,) allows the identification and isolation of the transfected cells.

【0229】 トランスフェクトされた遺伝子はまた、増幅され、大量のコードされたタンパク質を発現し得る。 [0229] The transfected gene can also be amplified, capable of expressing large amounts of the encoded protein. ジヒドロ葉酸レダクターゼ(DHFR)マーカーは、目的の遺伝子の数百または数千ものコピーを有する細胞株を開発するのに有用である。 Dihydro reductase (DHFR) marker is useful to develop cell lines that carry several hundred or even several thousand copies of the gene of interest.
別の有用な選択マーカーは、酵素グルタミンシンターゼ(GS)である(Mur Another useful selection marker is the enzyme glutamine synthase (GS) (Mur
phyら、Biochem J. phy et al., Biochem J. 227:277−279(1991);Be 227: 277-279 (1991); Be
bbingtonら、Bio/Technology 10:169−175( bbington et al., Bio / Technology 10: 169-175 (
1992))。 1992)). これらのマーカーを使用して、哺乳動物細胞を選択培地において増殖させ、そして最も高い耐性を有する細胞を選択する。 Using these markers, the mammalian cells are grown in selective medium and selecting cells with the highest resistance. これらの細胞株は染色体に組み込まれた増幅された遺伝子を含む。 These cell lines contain the amplified gene integrated into the chromosome. チャイニーズハムスター卵巣(CH Chinese hamster ovary (CH
O)細胞およびNSO細胞は、タンパク質の産生にしばしば使用される。 O) cells and NSO cells are often used for the production of proteins.

【0230】 発現ベクターpC1およびpC4は、ラウス肉腫ウイルスの強力なプロモーター(LTR)(Cullenら、Mol. Cell. Biol., 438 [0230] The expression vector pC1 and pC4 contain the strong promoter of the Rous sarcoma virus (LTR) (Cullen et al., Mol. Cell. Biol., 438
−447(1985))およびCMVエンハンサーのフラグメント(Bosha -447 (1985)) and CMV enhancer fragment (Bosha
rtら、Cell 41:521−530(1985))を含む。 rt, et al., Cell 41: including 521-530 (1985)). 複数のクローニング部位(例えば、制限酵素切断部位BamHI、XbaI、およびAsp7 Multiple cloning site (e.g., restriction enzyme cleavage sites BamHI, XbaI, and Asp7
18を有する)は、目的の遺伝子のクローニングを容易にする。 With 18), facilitate the cloning of the gene of interest. ベクターはさらに、ラットプレプロインシュリン遺伝子の3'イントロン、ポリアデニル化シグ ナル、および終結シグナルを含む。 Vector further comprises a rat preproinsulin gene 3 'intron, the polyadenylation signaling null, and termination signals.

【0231】 (実施例3(a):COS細胞におけるクローニングおよび発現) 発現プラスミドpIL−20HAを、IL−20タンパク質の成熟形をコードするcDNAの一部を発現ベクターpcDNAI/AmpまたはpcDNAII [0231] (Example 3 (a): Cloning and Expression in COS cells) expressing plasmid pIL-20 ha, expressing a portion of the cDNA encoding the mature form of IL-20 protein vector pcDNAI / Amp or pcDNAII
I(これは、Invitrogen, Inc.から入手し得る)へクローニングすることによって作製する。 I (which, Invitrogen, available from Inc.) is made by cloning into.

【0232】 発現ベクターpcDNAI/ampは以下を含む:(1)E. [0232] The expression vector pcDNAI / amp include the following: (1) E. coliおよび他の原核生物細胞における増殖に有効なE. coli and effective for growth in other prokaryotic E. coli複製起点;(2)プラスミド含有原核生物細胞の選択のためのアンピシリン耐性遺伝子;(3)真核生物細胞における増殖のためのSV40複製起点;(4)CMVプロモーター、ポリリンカー、SV40イントロン;(5)cDNAが都合良くCMVプロモーターの発現制御下におかれ、そしてポリリンカーにおける制限部位によってSV40イントロンおよびポリアデニル化シグナルに作動可能に連結され得るように配置された、赤血球凝集素フラグメントをコードするいくつかのコドン(すなわち、精製を容易にするための「HA」タグ)に続く終止コドンおよびポリアデニル化シグナル。 coli origin of replication; SV40 origin of replication for propagation in (3) eukaryotic cells; (2) an ampicillin resistance gene for selection of plasmid-containing prokaryotic cells (4) CMV promoter, polylinker, SV40 intron; ( 5) cDNA is placed under the expression control of conveniently CMV promoter, and arranged to be operably linked to SV40 intron and the polyadenylation signal by restriction sites in the polylinker, several encoding hemagglutinin fragment Kano codon (i.e., "HA" tag to facilitate purification) stop codon and polyadenylation signal followed. HAタグは、Wilsonら、Cell 37:767(1984)によって記載されたインフルエンザ赤血球凝集素タンパク質に由来するエピトープに対応する。 The HA tag, Wilson et al., Cell 37: 767 corresponds to an epitope derived from the influenza hemagglutinin protein described by (1984). 標的タンパク質へのHAタグの融合は、HAエピトープを認識する抗体を用いた、組換えタンパク質の容易な検出および回収を可能にする。 The fusion of the HA tag to the target protein with an antibody that recognizes the HA epitope, allows easy detection and recovery of the recombinant protein. pcD pcD
NAIIIはさらに、選択可能なネオマイシンマーカーを含む。 NAIII further includes a selectable neomycin marker.

【0233】 完全IL−20ポリペプチドをコードするDNAフラグメントを、組換えタンパク質発現がCMVプロモーターによって指向されるように、ベクターのポリリンカー領域にクローン化する。 [0233] The DNA fragment encoding the complete IL-20 polypeptides, as recombinant protein expression is directed by the CMV promoter is cloned into the polylinker region of the vector. プラスミド構築戦略は、以下のとおりである。 The plasmid construction strategy is as follows. 寄託されたクローンのIL−20 cDNAを、E. The IL-20 cDNA of the deposited clone, E. coliにおけるIL−20 In coli IL-20
発現のためのベクターの構築について先に記載されるのとほとんど同じように、 The construction of vectors for expression as described previously in much the same way,
都合の良い制限部位を含むプライマーを用いて増幅する。 Amplified using primers that contain convenient restriction sites. 適切なプライマーは、 Suitable primers,
以下の本実施例に使用されたプライマーを含む。 Including primers used in the following embodiment. 5'プライマーは、下線を付したAsp718部位、コザック配列、AUG開始コドン、および完全IL−20 5 'primer, Asp718 site underlined, Kozak sequence, AUG initiation codon, and complete IL-20
ポリペプチドの5'コード領域の35ヌクレオチドを含み、以下の配列を有する:5'GAT CGC GGT ACC GCC ATC ATG GAC T It includes 35 nucleotides of the 5 'coding region of the polypeptide having the following sequence: 5'GAT CGC GGT ACC GCC ATC ATG GAC T
GG CCT CAC AAC CTG CTG TTT CTT CTT A GG CCT CAC AAC CTG CTG TTT CTT CTT A
C 3'(配列番号9)。 C 3 '(SEQ ID NO: 9). 3'プライマーは、下線を付したBamHI、および停止コドン直前の3'コード配列に相補的な35ヌクレオチドを含み、以下の配列を有する:5'GAT CGC GGA TCC CAG GTT TAT CAG AAG ATG CAG GTG CAG CCC ACA GC 3 3 'primer, BamHI, and a stop codon immediately preceding the 3 underlined' includes a complementary 35 nucleotides coding sequence, has the following sequence: 5'GAT CGC GGA TCC CAG GTT TAT CAG AAG ATG CAG GTG CAG CCC ACA GC 3
'(配列番号10)。 '(SEQ ID NO: 10).

【0234】 PCR増幅DNAフラグメントおよびベクターpcDNAI/Ampを、Ba [0234] The PCR amplified DNA fragment and the vector pcDNAI / Amp, Ba
mHIおよびAsp718で消化し、次いで連結する。 Was digested with mHI and Asp718, then ligated. 連結混合物で、E. In ligation mixture, E. co co
li株SURE(Stratagene Cloning Systems, La Jolla, CA 92037より入手可能)を形質転換し、そして形質転換培養物を、アンピシリン培地プレートへプレーティングし、次いで、インキュベートしてアンピシリン耐性コロニーを増殖させる。 li strain SURE (Stratagene Cloning Systems, La Jolla, CA 92037, available from) were transformed, and transformants cultures were plated to ampicillin media plates, and then, to allow growth of ampicillin resistant colonies were incubated. プラスミドDNAを耐性コロニーから単離し、そして完全IL−20ポリペプチドをコードするフラグメントの存在について制限分析または他の手段によって試験する。 Plasmid DNA is isolated from resistant colonies and examined by restriction analysis or other means for the presence of fragment encoding the complete IL-20 polypeptide.

【0235】 組換えIL−20の発現のために、COS細胞を、例えば、Sambrook [0235] For expression of recombinant IL-20, COS cells, for example, Sambrook
ら, Molecular Cloning: a Laboratory M Et al., Molecular Cloning: a Laboratory M
anual, Cold Spring Laboratory Press, Cold Spring Harbor, New York(1989)に記載のようにDEAE−dextranを用いて、上記のように発現ベクターでトランスフェクトする。 anual, Cold Spring Laboratory Press, Cold Spring Harbor, using DEAE-dextran as described in New York (1989), are transfected with the expression vector as described above. 細胞を、ベクターによるIL−20の発現のための条件下でインキュベートする。 Cells are incubated under conditions for expression of IL-20 by the vector.

【0236】 IL−20−HA融合タンパク質の発現を、例えば、Harlowら, An [0236] The expression of IL-20-HA fusion protein, for example, Harlow et al., An
tibodies: A Laboratory Manual,第2版; C tibodies: A Laboratory Manual, Second Edition; C
old Spring Harbor Laboratory Press, Cold Spring Harbor, New York(1988)に記載の方法を用いて放射標識化および免疫沈降法によって検出する。 old Spring Harbor Laboratory Press, Cold Spring Harbor, detected by radiolabeled and immunoprecipitation using the method described in New York (1988). この目的のため、トランスフェクションの2日後に、細胞を、 35 S−システインを含む培地中で8時間インキュベートすることによって標識する。 For this purpose, two days after transfection, the cells are labeled by the 8 hour incubation in media containing 35 S- cysteine. 細胞および培地を採取し、 The cells and medium were collected,
そして細胞を洗浄し、そしてWilsonら(上記に引用される)に記載されるように界面活性剤含有RIPA緩衝液:150mM NaCl、1% NP−4 Then the cells were washed and detergent-containing RIPA buffer as described in Wilson et al. (Cited above): 150mM NaCl, 1% NP-4
0、0.1% SDS、1% NP−40、0.5% DOC、50mM TR 0,0.1% SDS, 1% NP-40,0.5% DOC, 50mM TR
IS、pH 7.5で溶解する。 It IS, dissolved in pH 7.5. タンパク質を、HA特異的モノクローナル抗体を用いて細胞溶解物および培養培地から沈降する。 Proteins are precipitated from the cell lysate and from the culture media using an HA-specific monoclonal antibody. 次いで、沈降されたタンパク質を、SDS−PAGEおよびオートラジオグラフィーによって分析する。 Then, the precipitated proteins are analyzed by SDS-PAGE and autoradiography. 期待されるサイズの発現産物は、細胞溶解物において観察され、これはネガティブコントロールにおいては見られない。 Expression product of the expected size was observed in the cell lysate, which is not seen in negative controls.

【0237】 (実施例3(b):CHO細胞におけるクローニングおよび発現) ベクターpC4を、IL−20ポリペプチドの発現のために使用する。 [0237] (Example 3 (b): Cloning and Expression in CHO Cells) The vector pC4, used for the expression of IL-20 polypeptide. プラスミドpC4は、プラスミドpSV2−dhfr(ATCC受託番号37146) The plasmid pC4 is, plasmid pSV2-dhfr (ATCC Accession No. 37146)
の誘導体である。 Which is a derivative. このプラスミドは、SV40初期プロモーターの制御下で、マウスDHFR遺伝子を含む。 This plasmid, under control of the SV40 early promoter, containing the mouse DHFR gene. これらのプラスミドでトランスフェクトされているジヒドロ葉酸活性を欠如するチャイニーズハムスター卵巣細胞または他の細胞は、化学療法剤メトトレキサートを補充した選択培地(αマイナスMEM、Lif Chinese hamster ovary or other cells lacking dihydrofolate activity that are transfected with these plasmids, selective medium (alpha minus MEM supplemented with the chemotherapeutic agent methotrexate, Lif
e Technologies)中で細胞を増殖させることによって選択され得る。 It may be selected by growing the cells in e Technologies) in. メトトレキサート(MTX)に耐性である細胞におけるDHFR遺伝子の増幅は、十分に考証されている(例えば、 Alt, F.W.ら, 1978, The amplification of the DHFR genes in cells resistant to methotrexate (MTX), is well documented (e.g., Alt, F.W., et al., 1978,
J. J. Biol. Biol. Chem. Chem. 253:1357−1370、Hamlin,J. 253: 1357-1370, Hamlin, J.
L. L. およびMa,C. And Ma, C. 1990, Biochem. 1990, Biochem. et Biophys et Biophys
. Acta, 1097:107−143;Page,M. Acta, 1097: 107-143; Page, M. J. J. およびSyd And Syd
enham,M. enham, M. A. A. 1991, Biotechnology 9:64− 1991, Biotechnology 9: 64-
68を参照のこと)。 68 see). 漸増濃度のMTXにおいて増殖した細胞は、DHFR遺伝子の増幅の結果として、標的酵素DHFRを過剰産生することによって薬物への耐性を生じる。 Cells grown in increasing concentrations of MTX as a result of amplification of the DHFR gene, develop resistance to the drug by overproducing the target enzyme DHFR. 第2の遺伝子がDHFR遺伝子と連鎖する場合、通常、同時増幅され、そして過剰発現される。 If a second gene is the DHFR gene linkage, it is usually co-amplified and over-expressed. 増幅した遺伝子の1,000を超えるコピーを有する細胞株を開発するためにこのアプローチを使用し得ることは、当該分野において公知である。 Be to develop cell lines that carry copies of more than 1,000 of the amplified gene may be used with this approach are known in the art. 続いて、メトトレキサートが取り除かれると、宿主細胞の1つ以上の染色体に組み込まれた増幅遺伝子を含む細胞株が得られる。 Subsequently, when the methotrexate is withdrawn, cell lines containing amplified gene integrated into one or more chromosomes of the host cell is obtained.

【0238】 プラスミドpC4は、目的の遺伝子の発現のために、ラウス肉腫ウイルス(C [0238] The plasmid pC4 is, for the expression of the gene of interest, the Rous sarcoma virus (C
ullenら、Mol. ullen et al., Mol. Cell. Cell. Biol. Biol. ,1985:438−447 , 1985: 438-447
)の長末端反復(LTR)の強力なプロモーター、およびヒトサイトメガロウイルス(CMV)(Boshartら、Cell 41:521−530 (19 Strong promoter, and the human cytomegalovirus (CMV) (Boshart et al long terminal repeat (LTR) of), Cell 41: 521-530 (19
85))の前初期遺伝子のエンハンサーから単離されたフラグメントを含む。 Including a fragment isolated from the enhancer of the immediate early gene of 85)). プロモーターの下流には、遺伝子の組み込みを可能にする以下の単一の制限酵素切断部位が存在する:BamHI、XbaI、およびAsp718。 Downstream of the promoter, there are the following single restriction enzyme cleavage sites that allow integration of the genes: BamHI, XbaI, and Asp718. これらのクローニング部位の後ろに、プラスミドは、ラットプレプロインスリン遺伝子の3' Behind these cloning sites the plasmid, 3 of the rat preproinsulin gene '
イントロンおよびポリアデニル化部位を含む。 Including the intron and polyadenylation site. 他の高効率プロモーター(例えば、ヒトβアクチンプロモーター、SV40初期もしくは後期プロモーター、または他のレトロウイルス(例えば、HIVおよびHTLVI)由来の長末端反復) Other high efficiency promoters (e.g., human β-actin promoter, SV40 early or late promoter or other retroviral (eg, HIV and HTLVI) long terminal repeats derived from)
もまた、発現のために使用され得る。 It may also be used for expression. ClontechのTet−OffおよびTet−On遺伝子発現系および類似する系は、哺乳動物細胞において調節された方法でIL−20ポリペプチドを発現するために使用され得る(Gossen Tet-Off and Tet-On gene expression systems and similar systems Clontech are may be used to express the IL-20 polypeptide in a regulated way in mammalian cells (Gossen
,M. , M. およびBujard,H. And Bujard, H. 1992, Proc. 1992, Proc. Natl. Natl. Acad Acad
. Sci. Sci. USA 89:5547−5551)。 USA 89: 5547-5551). mRNAのポリアデニル化のために、他のシグナル(例えば、ヒト成長ホルモンまたはグロビン遺伝子由来) For the polyadenylation of the mRNA, other signals (e.g., human growth hormone or from globin gene)
も、同様に使用され得る。 It may also be used as well. 染色体に組み込まれた目的の遺伝子を有する安定な細胞株もまた、選択マーカー(例えば、gpt、G418、またはハイグロマイシン)との同時トランスフェクションに際して選択され得る。 Stable cell lines having the gene of interest integrated into the chromosomes can also be selected upon co-transfection with a selectable marker (e.g., gpt, G418 or hygromycin). 最初は、1つより多い選択マーカー(例えば、G418およびメトトレキサート)を使用することが、有利である。 First, it is advantageous to use more than one selectable marker, eg, G418 plus methotrexate.

【0239】 プラスミドpC4を、制限酵素BamHIおよびAsp718で消化し、次いで仔ウシ腸ホスファターゼ(phosphate)を用いて、当該分野で公知の手順によって脱リン酸化する。 [0239] The plasmid pC4, digested with the restriction enzymes BamHI and Asp718, then using calf intestinal phosphatase (phosphate), dephosphorylated by procedures known in the art. 次いで、ベクターを、1%アガロースゲルから単離する。 The vector is then isolated from a 1% agarose gel.

【0240】 完全IL−20ポリペプチドをコードするDNA配列を、遺伝子の所望の部分の5'および3'配列に対応するPCRオリゴヌクレオチドプライマーを用いて増幅する。 [0240] The DNA sequence encoding the complete IL-20 polypeptide is amplified using PCR oligonucleotide primers corresponding to the 5 'and 3' sequences of the desired portion of the gene. 5'プライマーは、下線を付したBamHI制限部位、コザック配列、AUG開始コドン、および完全IL−20ポリペプチドの5'コード領域の3 5 'primer, BamHI restriction underlined sites, Kozak sequences, 5 of the AUG start codon, and complete IL-20 polypeptide 3' coding region
5ヌクレオチドを含み、以下の配列を有する:5'GAT CGC GGA T CC GCC ATC ATG GAC TGG CCT CAC AAC C It includes 5 nucleotides, having the following sequences: 5'GAT CGC GGA T CC GCC ATC ATG GAC TGG CCT CAC AAC C
TG CTG TTT CTT CTT AC 3'(配列番号7)。 TG CTG TTT CTT CTT AC 3 '(SEQ ID NO: 7). 3'プライマーは、下線を付したAsp718および図1(配列番号1)に示されるような停止コドンの直前に3'コード配列に相補的な35ヌクレオチドを含み、以下の配列を有する:5'GAT CGC GGT ACC CAG GTT TA 3 'primer, immediately before the third stop codon as shown in Figure Asp718 and underlined 1 (SEQ ID NO: 1)' to the coding sequence comprises a complementary 35 nucleotides, having the following sequences: 5'GAT CGC GGT ACC CAG GTT TA
T CAG AAG ATG CAG GTG CAG CCC ACA GC 3'(配列番号8)。 T CAG AAG ATG CAG GTG CAG CCC ACA GC 3 '(SEQ ID NO: 8).

【0241】 増幅させたフラグメントを、エンドヌクレアーゼであるBamHIおよびAs [0241] was amplified fragments, an endonuclease BamHI and As
p718で消化し、次いで1%アガロースゲルで再度精製する。 It was digested with P718, then purified again on a 1% agarose gel. 次いで、単離したフラグメントおよび脱リン酸化ベクターを、T4 DNAリガーゼで連結する。 Then, the isolated fragment and the dephosphorylated vector are then ligated with T4 DNA ligase. 次いで、E. Subsequently, E. coli HB101またはXL−1 Blue細胞を形質転換し、そして例えば制限酵素分析を用いてプラスミドpC4に挿入されたフラグメントを含む細菌を同定する。 The coli HB101 or XL-1 Blue cells were transformed and bacteria are identified that contain the fragment inserted into plasmid pC4 using, for example, restriction enzyme analysis.

【0242】 活性なDHFR遺伝子を欠如するチャイニーズハムスター卵巣細胞を、トランスフェクションのために使用する。 [0242] Chinese hamster ovary cells lacking an active DHFR gene are used for transfection. 5μgの発現プラスミドpC4を、リポフェクチン法(Felgnerら、前出)を用いて、0.5μgのプラスミドpSV The expression plasmid pC4 is 5 [mu] g, using a lipofectin method (Felgner et al., Supra), 0.5 [mu] g of plasmid pSV
neoとともに同時トランスフェクトする。 It is co-transfected with the neo. プラスミドpSV2−neoは、優性選択マーカー(G418を含む一群の抗生物質に対する耐性を与える酵素をコードするTn5由来のneo遺伝子)を含む。 The plasmid pSV2-neo contains a dominant selectable marker (neo gene from Tn5 encoding an enzyme that confers resistance to a group of antibiotics including G418). 細胞を、1mg/mlのG418 Cell, 1 mg / ml of G418
を補充したαマイナスMEMに播種する。 They are seeded into supplemented with α minus MEM. 2日後、細胞をトリプシン処理し、そして10、25、または50ng/mlのメトトレキサートおよび1mg/ml After 2 days, the cells were trypsinized and 10, 25 or 50 ng / ml of methotrexate and 1 mg / ml,
G418を補充したαマイナスMEM中のハイブリドーマクローニングプレート(Greiner, Germany)に播種する。 Hybridoma cloning plates G418 alpha minus MEM supplemented with (Greiner, Germany) seeded in. 約10〜14日後、単一のクローンをトリプシン処理し、次いで異なる濃度のメトトレキサート(50n About 10-14 days later, single clones are trypsinized, followed different concentrations of methotrexate (50n
M、100nM、200nM、400nM、800nM)を用いて、6ウェルペトリ皿または10mlフラスコに播種する。 With M, 100nM, 200nM, 400nM, and 800 nM), seeded in 6-well petri dishes or 10ml flasks. 次いで、最高濃度のメトトレキサートで増殖するクローンを、さらに高濃度のメトトレキサート(1μM、2μM、 Then, Clones growing at methotrexate highest concentrations, higher concentrations of methotrexate (1 [mu] M, 2 [mu] M,
5μM、10μM、20μM)を含む新たな6ウェルプレートに移す。 5μM, 10μM, transferred to new 6-well plates containing 20μM). 同じ手順を、100〜200μMの濃度で増殖するクローンが得られるまで繰り返す。 The same procedure is repeated until clones grow at a concentration of 100~200μM is obtained. 所望の遺伝子産物の発現を、例えば、SDS−PAGEおよびウェスタンブロット分析または逆相HPLC分析によって分析する。 Expression of the desired gene product is analyzed, for example, by SDS-PAGE and Western blot analysis or reverse phase HPLC analysis.

【0243】 (実施例4:IL−20 mRNA発現の組織分布) ノーザンブロット分析を、とりわけSambrookら(上記)によって記載される方法を用いて行って、ヒト組織におけるIL−20遺伝子発現の調査を実施する。 [0243]: Northern blot analysis (Example 4 Tissue distribution of IL-20 mRNA expression), performed by using the methods described inter alia by Sambrook et al., Supra, investigated the IL-20 gene expression in human tissues carry out. IL−20タンパク質の全ヌクレオチド配列(配列番号1)を含むcD cD containing IL-20 complete nucleotide sequence of the protein (SEQ ID NO: 1)
NAプローブを、rediprime TM DNA標識系(Amersham L The NA probe, rediprime TM DNA labeling system (Amersham L
ife Science)を製造者の説明書に従って使用して32 Pで標識する。 ife Science) labeled with 32 P according to the manufacturer's instructions.
標識後、プローブを、CHROMA SPIN−100 TMカラム(Clonte After labeling, the probe, CHROMA SPIN-100 TM column (Clonte
ch Laboratories, Inc. ch Laboratories, Inc. )を製造者のプロトコル番号PT ) To the manufacturer's protocol number PT
1200−1に従って使用して精製する。 Purified using according to 1200-1. 次いで、精製した標識プローブを用いて、種々のヒト組織をIL−20 mRNAについて調べる。 Then, using the purified labeled probe, examine various human tissues for IL-20 mRNA.

【0244】 種々のヒト組織(H)またはヒト免疫系組織(IM)を含むMultiple Tissue Northern(MTN)ブロットを、Clontechから入手し、そしてExpressHyb TMハイブリダイゼーション溶液(Clo [0244] various human tissues (H) or human immune system tissues Multiple Tissue Northern (MTN) blots containing (IM), were obtained from Clontech, and ExpressHyb TM hybridization solution (Clo
ntech)を製造者のプロトコル番号PT1190−1に従って使用し標識化プローブを用いて調べる。 Use according to manufacturer's protocol number PT1190-1 the Ntech) determined using a labeled probe. ハイブリダイゼーションおよび洗浄後、ブロットをマウントし、そして−70℃にて一晩フィルムに曝し、そして標準的な手順に従って、フィルムを現像する。 After hybridization and washing, the blots are mounted and exposed to film overnight at -70 ° C., and in accordance with standard procedures, the film is developed.

【0245】 本質的に上記のように行われたノーザンブロット実験の結果は、約5kbの主要なmRNAが主に胸腺において検出され、そしてより低い程度において、副腎皮質、膵臓、脾臓において検出され、そして非常に低レベルでのみ、リンパ節、 [0245] Results essentially Northern blot experiments were performed as described above, is detected in primary mRNA mainly thymus about 5 kb, and in a lesser extent, is detected adrenal cortex, pancreas, spleen, and a very low level only, lymph nodes,
末梢血リンパ球、胎児肝臓、副腎髄質、甲状腺、小腸、胃および心臓において検出されることを示す。 Peripheral blood lymphocytes, fetal liver, adrenal medulla, thyroid, small bowel, to be detected in the stomach and heart shown. 約1kbの主要なmRNAは、マイナーな約5kbのmR Major mRNA of about 1kb is, minor about 5kb mR
NAを伴い、さらなる実験において、精巣、脊髄において、ならびにより低い程度で骨髄および小腸において検出された。 Accompanied by NA, in a further experiment, testis, spinal cord, and was detected in the bone marrow and small intestine to a lesser degree.

【0246】 (実施例5:HT−29細胞の増殖におけるIL−20の効果) 乳ガンMDA−MB−231、結腸ガンHT−29、前立腺ガンPC−3および骨原性肉腫MNNG/HOSを含むヒト腫瘍細胞株を、ATCCから得て、各細胞株についてATCCによって推奨される培地において培養した。 [0246] (Example 5: HT-29 Effect of IL-20 in cell proliferation) breast cancer MDA-MB-231, colon carcinoma HT-29, human, including prostate cancer PC-3 and osteogenic sarcoma MNNG / HOS tumor cell lines were obtained from ATCC, were cultured in medium recommended by the ATCC for each cell line.

【0247】 腫瘍細胞を収集して、トリプシン処理して、96ウェルプレートのウェルに5 [0247] to collect the tumor cells were trypsinized, 5 to wells of a 96-well plate
,000細胞/ウェルで、適切な増殖培地中に播種した。 , 000 cells / well, it was seeded in a suitable growth medium. IL−20タンパク質(または上清)を、次に、0〜10000ng/mlの濃度で基本培地中に添加した。 IL-20 protein (or supernatant) was then added to the basal medium at a concentration of 0~10000ng / ml. 50ng/mlの濃度のタキソールをポジティブコントロールとして使用する。 The 50 ng / ml concentrations of taxol for use as a positive control. 適切な緩衝液(タンパク質を含まない)をネガティブコントロールとして利用する。 Utilizing appropriate buffer (no protein) as a negative control. 細胞を最終容量200μl中で、4〜5日間、インキュベートした。 Cells in a final volume 200 [mu] l, between 4-5 days, and incubated.
アラマーブルー(AlamarBlue)を各ウェルに10%の最終濃度で添加する。 Alamar Blue (AlamarBlue) is added to a final concentration of 10% to each well. 細胞を4時間、インキュベートした。 Cells 4 hours, and incubated. 細胞の生存度を、530nmでの励起光および590nmでの放出光を用いて、CytoFluor蛍光リーダーにおける読み取りにより測定した。 The viability of the cells, using the emitted light by the excitation light and 590nm at 530 nm, was determined by reading the CytoFluor fluorescence reader.

【0248】 本質的に上記のように行われた初期の実験の結果は、IL−20の上清がインビトロにおいてHT−29細胞の増殖を刺激する効果を有することを示す。 [0248] Results essentially the initial experiments were performed as described above, it indicates that has the effect of supernatants of IL-20 stimulates the proliferation of HT-29 cells in vitro.

【0249】 本発明は前述の詳細な説明および実施例に特に記載されたものとは別に実施され得ることが明らかである。 [0249] The present invention is clear that from that specifically described in the foregoing detailed description and examples may be implemented separately. 本発明の多数の改変および変化は、上述の教示に照らして可能であり、そしてそのために添付の請求の範囲内である。 Numerous modifications and variations of the present invention are possible in light of the above teachings and within the scope of the appended claims therefor.

【0250】 本明細書中に引用した全ての刊行物(特許、特許出願、雑誌論文、実験室マニュアル、本、または他の文書を含む)の全ての開示は、本明細書中に参考として援用される。 [0250] The present specification All publications cited in incorporated entire disclosure of (patents, patent applications, journal articles, laboratory manuals, books or other including documents), by reference herein It is. 配列リストのハードコピー、およびそのコンピュータで判読可能な形態は、両方とも本明細書において参考として援用される。 Hard copy of the Sequence Listing, and readable form on the computer, in both incorporated herein by reference.

【0251】 [0251]

【表2】 [Table 2]

【0252】 [0252]

【表3】 [Table 3]

【配列表】 [Sequence Listing]

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】 図1は、IL−20のヌクレオチド配列(配列番号1)および推定アミノ酸配列(配列番号2)を示す。 [1] Figure 1 shows the nucleotide sequence of the IL-20 (SEQ ID NO: 1) and deduced amino acid sequence (SEQ ID NO: 2). 約20アミノ酸の推定リーダー配列に単線の下線を付す。 Subjecting the single line of underlined putative leader sequence of about 20 amino acids. 図1のリーダー配列の開始メチオニン残基は、位置番号+1で示され、配列番号2の対応する配列中のリーダー位置は、負の位置番号で称されることに注意のこと。 Starting methionine residue of the leader sequence of Figure 1 are indicated by the position number +, leader positions in the corresponding sequence of SEQ ID NO: 2, it attention to be referred by the negative position numbers. 従って、図1のリーダー配列1〜20位は、配列番号2の−20〜−1 Thus, the leader sequence 1-20 position 1 of SEQ ID NO: 2 -20 1
位に対応する。 Corresponding to the position. 図1のIL−20アミノ酸配列中で、単一の潜在的なアスパラギン結合型グリコシル化部位に印を付す。 In IL-20 amino acid sequence in FIG. 1 are denoted by the mark single potential asparagine-linked glycosylation sites. この部位は図1のアスパラギン−75からグルタミン酸−78の間(N−75、S−76、S−77、E−78)(この配列は配列番号2のアスパラギン−55からグルタミン酸−58の配列(N−55、S−56 This site is between (N-75, S-76, S-77, E-78) of glutamate -78 aspartic -75 in FIG. 1 (this sequence is SEQ glutamic -58 aspartic -55 of SEQ ID NO: 2 ( N-55, S-56
、S−57、E−58)に正確に一致する)に位置し、そして、図1のアミノ酸配列中の太字の一文字のアスパラギンの略号(N)と相まって、上記のヌクレオチド配列の太字のポンド記号(#)で印付けられる。 Located exactly match) to the S-57, E-58), and, coupled with abbreviations bold character of asparagine in the amino acid sequence of Figure 1 (N), bold pound sign of the nucleotide sequence It is marked with (#). すなわち、潜在的にグリコシル化される実際のアスパラギン残基が、図1に太字で示される。 That potentially actual asparagine residues are glycosylated is shown in bold in Figure 1. 3つの潜在的なプロテインキナーゼC(PKC)リン酸化部位もまた、IL− Three potential protein kinase C (PKC) phosphorylation sites are also, IL-
20アミノ酸配列の太字のセリンの記号(S)およびIL−20ヌクレオチド配列におけるこのセリン残基をコードする第1のヌクレオチド上の星印(*)で、 In the first on the nucleotide asterisk encoding the serine residue in 20 bold serine symbols amino acid sequence (S) and IL-20 nucleotide sequence (*),
図1で印付けられる。 It is marked in Figure 1. IL−20アミノ酸配列における以下の位置で潜在的なP Potential P at the following positions in the IL-20 amino acid sequence
KCリン酸化配列が見出される:S−24からK−26(S−24、P−25、 KC phosphorylation sequences are found: K-26 from S-24 (S-24, P-25,
K−26);S−27からR−29(S−27、K−28、R−29);およびS−93からK−95(S−93、N−94、K−95)。 K-26); S-27 from R-29 (S-27, K-28, R-29); and S-93 from K-95 (S-93, N-94, K-95). 潜在的なカゼインキナーゼII(CK2)のリン酸化部位もまた、IL−20アミノ酸配列の太字のスレオニン記号(T)およびIL−20アミノ酸配列中の適切なスレオニン残基をコードする第1のヌクレオチド上の星型(*)で、図1中に印付けられる。 Potential phosphorylation sites of Casein kinase II (CK2), also on the first nucleotide encoding the appropriate threonine residues in bold threonine symbol (T) and IL-20 amino acid sequence of the IL-20 amino acid sequence in the star (*), it is marked in FIG. 1. 潜在的なCK2リン酸化配列は、IL−20アミノ酸配列中の以下の位置において見出される:T−131からE−134(T−131、M−132、Q−133 Potential CK2 phosphorylation sequences are found in the following positions in the IL-20 amino acid sequence: E-134 from T-131 (T-131, M-132, Q-133
、K−134)。 , K-134). IL−20および密接に関連するIL−21、IL−22、マウスIL−17 IL-21, IL-22 related to IL-20 and close, murine IL-17
、およびウイルスIL−17(これらの配列のアラインメントは、図4において示される)は、図1に二重下線を付して示される。 , And viral IL-17 (alignment of these sequences is shown in FIG. 4) is shown double underlined in Figure 1. これらの領域は非限定的であり、そして図1の保存されたドメイン(CD)−I、CD−II、CD−III These regions are non-limiting, and conserved domain of FIG. 1 (CD) -I, CD-II, CD-III
およびおよびCD−IVとして標識される。 And and are labeled as CD-IV.

【図2】 図2は、コンピュータープログラムBestfit(Wisconsin S FIG. 2 is a computer program Bestfit (Wisconsin S
equence Analysis Package, Version 8 for Unix, Genetics Computer Group, U equence Analysis Package, Version 8 for Unix, Genetics Computer Group, U
niversity Research Park, 575 Science Drive, Madison, WI 53711)によってデフォールトパラメーターを用いて決定した、IL−20タンパク質と、ヒトIL−17 m niversity Research Park, 575 Science Drive, Madison, was determined using the default parameters by WI 53711), and IL-20 protein, human IL-17 m
RNAの翻訳産物(配列番号3)とのアミノ酸配列間の同一性の領域を示す。 Indicating the identity of the region between the amino acid sequences of the RNA of the translation product (SEQ ID NO: 3).

【図3】 図3は、IL−20アミノ酸配列の分析を示す。 Figure 3 shows analysis of IL-20 amino acid sequence. α、β、ターン、およびコイル領域;親水性および疎水性;両親媒性領域;可撓性領域;抗原性指標、および表面確率が示されている。 alpha, beta, turn, and coil regions; hydrophilicity and hydrophobicity; amphipathic regions; flexible regions; antigenic index, and surface probability are shown. 「抗原性指標−Jameson−Wolf」のグラフにおいて、正のピークは、IL−20タンパク質の高度に抗原性の領域(すなわち、本発明のエピトープ保有ペプチドが得られ得る領域)の位置を示す。 In the graph of "antigenic index -Jameson-Wolf" positive peak indicates the location of the highly antigenic regions of the IL-20 protein (i.e., a region epitope-bearing peptides can be obtained in the present invention).

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (51)Int.Cl. 7識別記号 FI テーマコート゛(参考) C07K 16/24 C12N 1/19 C12N 1/15 1/21 1/19 C12P 21/02 C 1/21 C12N 15/00 ZNAA 5/10 A61K 37/02 C12P 21/02 C12N 5/00 A (81)指定国 EP(AT,BE,CH,CY, DE,DK,ES,FI,FR,GB,GR,IE,I T,LU,MC,NL,PT,SE),OA(BF,BJ ,CF,CG,CI,CM,GA,GN,GW,ML, MR,NE,SN,TD,TG),AP(GH,GM,K E,LS,MW,SD,SZ,UG,ZW),EA(AM ,AZ,BY,KG,KZ,MD,RU,TJ,TM) ,AL,AM,AT,AU,AZ ────────────────────────────────────────────────── ─── of the front page continued (51) Int.Cl. 7 identification mark FI theme Court Bu (reference) C07K 16/24 C12N 1/19 C12N 1/15 1/21 1/19 C12P 21/02 C 1/21 C12N 15/00 ZNAA 5/10 A61K 37/02 C12P 21/02 C12N 5/00 A (81) designated States EP (AT, BE, CH, CY, DE, DK, ES, FI, FR, GB, GR, IE , I T, LU, MC, NL, PT, SE), OA (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG), AP ( GH, GM, K E, LS, MW, SD, SZ, UG, ZW), EA (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM), AL, AM, AT, AU, AZ ,BA,BB,BG, BR,BY,CA,CH,CN,CU,CZ,DE,D K,EE,ES,FI,GB,GE,GH,GM,HR ,HU,ID,IL,IS,JP,KE,KG,KP, KR,KZ,LC,LK,LR,LS,LT,LU,L V,MD,MG,MK,MN,MW,MX,NO,NZ ,PL,PT,RO,RU,SD,SE,SG,SI, SK,SL,TJ,TM,TR,TT,UA,UG,U S,UZ,VN,YU,ZW (71)出願人 9410 Key West Avenue, Rockville, Marylan d 20850, United State s of America (72)発明者 エブナー, ラインハード アメリカ合衆国 メリーランド 20878, ゲイザーズバーグ, シェルバーン テ ラス ナンバー316 9906 (72)発明者 ダン, , BA, BB, BG, BR, BY, CA, CH, CN, CU, CZ, DE, D K, EE, ES, FI, GB, GE, GH, GM, HR, HU, ID, IL, IS, JP, KE, KG, KP, KR, KZ, LC, LK, LR, LS, LT, LU, L V, MD, MG, MK, MN, MW, MX, NO, NZ, PL, PT, RO, RU , SD, SE, SG, SI, SK, SL, TJ, TM, TR, TT, UA, UG, U S, UZ, VN, YU, ZW (71) applicants 9410 Key West Avenue, Rockville, Marylan d 20850 , United State s of America (72) inventor Ebner, line hard United States Maryland 20878, Gaithersburg, Shelburne terraces number 316 9906 (72) inventor Dan, ザンヌ ディー. アメリカ合衆国 メリーランド 20817, ベセスダ, ノースフィールド ロード 5515 (72)発明者 フローレンス, キンバリー エイ. アメリカ合衆国 メリーランド 20851, ロックビル, アトランティック アベ ニュー 12805 (72)発明者 フ, ジン−シャン アメリカ合衆国 カリフォルニア 94086, サニーベール, レイクサイド ドライ ブ ナンバー3034 1247 Fターム(参考) 4B024 AA01 AA11 BA26 BA41 CA04 CA09 DA02 DA06 EA02 EA04 GA11 GA18 GA19 HA03 HA12 4B064 AG03 AG27 CA02 CA10 CC24 DA01 DA13 4B065 AA26X AA90X AA90Y AB01 AC14 BA02 CA24 CA25 CA44 CA46 4C084 AA07 BA01 BA19 BA21 BA22 DA12 4H045 AA10 AA20 AA30 BA10 CA40 DA02 DA75 DA76 EA20 EA50 FA72 FA73 FA74 HA05 . Lausanne Dee United States Maryland 20817, Bethesda, Northfield Road 5515 (72) inventor Florence, Kimberly Aye United States Maryland 20851, Rockville, Atlantic Abe New 12805 (72) inventor off, Jin -. Shan United States California 94086, Sunnyvale, Lakeside drive number 3034 1247 F-term (reference) 4B024 AA01 AA11 BA26 BA41 CA04 CA09 DA02 DA06 EA02 EA04 GA11 GA18 GA19 HA03 HA12 4B064 AG03 AG27 CA02 CA10 CC24 DA01 DA13 4B065 AA26X AA90X AA90Y AB01 AC14 BA02 CA24 CA25 CA44 CA46 4C084 AA07 BA01 BA19 BA21 BA22 DA12 4H045 AA10 AA20 AA30 BA10 CA40 DA02 DA75 DA76 EA20 EA50 FA72 FA73 FA74 HA05

Claims (22)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 以下からなる群より選択される配列と少なくとも95%同一のヌクレオチド配列を有するポリヌクレオチドを含む単離された核酸分子: (a)配列番号2の残基−20〜160をコードするヌクレオチド配列; (b)配列番号2の残基−19〜160をコードするヌクレオチド配列; (c)配列番号2の残基1〜160をコードするヌクレオチド配列; (d)クローンHTSGS30におけるヒトcDNAによってコードされる完全アミノ酸配列を有するIL−20ポリペプチドをコードするヌクレオチド配列; (e)クローンHTSGS30におけるヒトcDNAによってコードされるN 1. A isolated nucleic acid molecule comprising a polynucleotide having at least 95% identical to the nucleotide sequence a sequence selected from the group consisting of: (a) encoding residues -20~160 of SEQ ID NO: 2 the human cDNA in (d) clone HTSGS30; nucleotide sequence encoding the (c) SEQ ID NO: 2 residues 1 to 160; (b) a nucleotide sequence encoding residues -19~160 of SEQ ID NO: 2; the nucleotide sequence the nucleotide sequence encoding the IL-20 polypeptide having the complete amino acid sequence encoded; (e) N encoded by the human cDNA in clone HTSGS30
    末端メチオニンを除く完全アミノ酸配列を有するIL−20ポリペプチドをコードするヌクレオチド配列; (f)クローンHTSGS30におけるヒトcDNAによってコードされるアミノ酸配列を有する成熟IL−20ポリペプチドをコードするヌクレオチド配列;および (g)上記の(a)、(b)、(c)、(d)、(e)、または(f)におけるヌクレオチド配列のいずれかに相補的なヌクレオチド配列。 The nucleotide sequence encoding the mature IL-20 polypeptide having the amino acid sequence encoded by the human cDNA in (f) cloning HTSGS30;; nucleotide sequence encoding an IL-20 polypeptide having the complete amino acid sequence with the exception of terminal methionine and ( g) the above (a), (b), (c), (d), (e), or a nucleotide sequence complementary to any of the nucleotide sequences in (f).
  2. 【請求項2】 前記ポリヌクレオチドが、図1(配列番号1)における完全ヌクレオチド配列を含む、請求項1に記載の核酸分子。 Wherein said polynucleotide comprises the complete nucleotide sequence in Figure 1 (SEQ ID NO: 1), nucleic acid molecule of claim 1.
  3. 【請求項3】 前記ポリヌクレオチドが、配列番号2の残基−19〜160 Wherein the polynucleotide of SEQ ID NO: 2 residues -19~160
    をコードする、図1(配列番号1)におけるヌクレオチド配列を有する、請求項1に記載の核酸分子。 Encoding, with the nucleotide sequence in Figure 1 (SEQ ID NO: 1), nucleic acid molecule of claim 1.
  4. 【請求項4】 前記ポリヌクレオチドが、配列番号2の残基1〜160をコードする、図1(配列番号1)におけるヌクレオチド配列を有する、請求項1に記載の核酸分子。 Wherein said polynucleotide encoding residues 1 to 160 of SEQ ID NO: 2, having the nucleotide sequence in Figure 1 (SEQ ID NO: 1), nucleic acid molecule of claim 1.
  5. 【請求項5】 以下からなる群より選択される配列と少なくとも95%同一のヌクレオチド配列を有するポリヌクレオチドを含む単離された核酸分子: (a)配列番号2の残基n〜160をコードするヌクレオチド配列であって、 5. An isolated nucleic acid molecule comprising a polynucleotide having at least 95% identical to the nucleotide sequence a sequence selected from the group consisting of: (a) encoding residues n~160 of SEQ ID NO: 2 a nucleotide sequence,
    ここで、nは、−20〜10の範囲の整数である、ヌクレオチド配列; (b)配列番号2の残基−20〜mをコードするヌクレオチド配列であって、 Here, n is an integer ranging from -20~10, nucleotide sequence; a nucleotide sequence encoding residues -20~m of (b) SEQ ID NO: 2,
    ここで、mは、158〜160の範囲の整数である、ヌクレオチド配列; (c)配列番号2の残基n〜mをコードするヌクレオチド配列であって、ここで、nおよびmは、それぞれ、上記(a)および(b)に規定される整数である、ヌクレオチド配列; (d)クローンHTSGS30におけるヒトcDNAによってコードされる完全IL−20アミノ酸配列の部分からなるポリペプチドをコードするヌクレオチド配列であって、ここで、該部分は、アミノ末端から1〜約30のアミノ酸を除く、ヌクレオチド配列; (e)クローンHTSGS30におけるヒトcDNAによってコードされる完全IL−20アミノ酸配列の部分からなるポリペプチドをコードするヌクレオチド配列であって、ここで、該部分は、カルボキシ末端から1〜約 Here, m is an integer in the range of 158-160, the nucleotide sequence; a nucleotide sequence encoding residues n~m of (c) SEQ ID NO: 2, where, n and m are each, is an integer as defined above (a) and (b), nucleotide sequence; a nucleotide sequence encoding a polypeptide consisting of the portion of the complete IL-20 amino acid sequence encoded by the human cDNA in (d) clone HTSGS30 Te, where the moiety, excluding 1 to about 30 amino acids from the amino terminus, a nucleotide sequence; encoding the polypeptide consisting of the portion of (e) complete IL-20 amino acid sequence encoded by the human cDNA in clone HTSGS30 a nucleotide sequence, wherein the moiety is from about 1 from the carboxy terminus のアミノ酸を除く、ヌクレオチド配列;ならびに (f)クローンHTSGS30におけるヒトcDNAによってコードされる完全IL−20アミノ酸配列の部分からなるポリペプチドをコードするヌクレオチド配列であって、ここで、該部分は、上記(d)および(e)における任意のアミノ末端欠失およびカルボキシ末端欠失の組み合わせを含む、ヌクレオチド配列。 Of excluding amino, nucleotide sequences; a and (f) a nucleotide sequence encoding a polypeptide consisting of the portion of the complete IL-20 amino acid sequence encoded by the human cDNA in clone HTSGS30, wherein the moieties, the (d) and includes a combination of any of the amino terminal deletion and carboxy terminal deletions in (e), the nucleotide sequence.
  6. 【請求項6】 前記ポリヌクレオチドが、クローンHTSGS30におけるヒトcDNAの完全ヌクレオチド配列を含む、請求項1に記載の核酸分子。 Wherein said polynucleotide comprises the complete nucleotide sequence of the human cDNA in clone HTSGS30, nucleic acid molecule of claim 1.
  7. 【請求項7】 前記ポリヌクレオチドが、クローンHTSGS30におけるヒトcDNAによってコードされるN末端メチオニンを除く完全アミノ酸配列をコードするヌクレオチド配列を含む、請求項1に記載の核酸分子。 Wherein said polynucleotide comprises a nucleotide sequence that encodes the complete amino acid sequence with the exception of N-terminal methionine encoded by the human cDNA in clone HTSGS30, nucleic acid molecule of claim 1.
  8. 【請求項8】 前記ポリヌクレオチドが、クローンHTSGS30におけるヒトcDNAによってコードされる成熟ポリペプチドをコードするヌクレオチド配列を含む、請求項1に記載の核酸分子。 Wherein said polynucleotide comprises a nucleotide sequence which encodes the mature polypeptide encoded by the human cDNA in clone HTSGS30, nucleic acid molecule of claim 1.
  9. 【請求項9】 請求項1に記載の(a)、(b)、(c)、(d)、(e) 9. according to claim 1 (a), (b), (c), (d), (e)
    、(f)、または(g)のヌクレオチド配列と同一なヌクレオチド配列を有するポリヌクレオチドに、ストリンジェントなハイブリダイゼーション条件下でハイブリダイズするポリヌクレオチドを含む、単離された核酸分子であって、ここで、該ハイブリダイズするポリヌクレオチドが、A残基のみ、またはT残基のみからなるヌクレオチド配列を有するポリヌクレオチドに、ストリンジェントなハイブリダイゼーション条件下でハイブリダイズしない、単離された核酸分子。 , To a polynucleotide having a nucleotide sequence identical to a nucleotide sequence of (f), or (g), containing a polynucleotide hybridizing under stringent hybridization conditions, an isolated nucleic acid molecule, wherein in, said hybridizing polynucleotides, a residues only, or to a polynucleotide having the nucleotide sequence only consisting of T residues, does not hybridize under stringent hybridization conditions, an isolated nucleic acid molecule.
  10. 【請求項10】 請求項1に記載の(a)、(b)、(c)、(d)、(e 10. of claim 1 (a), (b), (c), (d), (e
    )、または(f)のアミノ酸配列を有する、IL−20ポリペプチドのエピトープ保有部分のアミノ酸配列をコードするポリヌクレオチドを含む、単離された核酸分子。 ), Or (having the amino acid sequence of f), comprising a polynucleotide encoding the amino acid sequence of an epitope-bearing portions of the IL-20 polypeptide, an isolated nucleic acid molecule.
  11. 【請求項11】 IL−20ポリペプチドのエピトープ保有部分をコードする、請求項10に記載の単離された核酸配列であって、ここで、該部分のアミノ酸配列が、以下:約Gln−21〜約Arg−29、約Gln−21〜約Gly 11. encoding epitope-bearing portions of the IL-20 polypeptide, an isolated nucleic acid sequence according to claim 10, wherein the partial amino acid sequence, the following: from about Gln-21 to about Arg-29, about Gln-21~ about Gly
    −41、約Ser−24〜約Gln−32、約Arg−29〜約Pro−37、 -41, about Ser-24~ about Gln-32, about Arg-29~ about Pro-37,
    約Arg−52〜約Glu−60、約Arg−52〜約Met−69、約Glu About Arg-. 52 through about Glu-60, about Arg-. 52 through about Met-69, about Glu
    −61〜約Met−69、約Asn−75〜約Val−86、約Ser−93〜 -61~ about Met-69, about Asn-75~ about Val-86, about Ser-93~
    約Trp−101、約Ile−105〜約Pro−113、約Met−132〜 About Trp-101, about Ile-105~ about Pro-113, about Met-132~
    約Ser−140、約Arg−150〜約Pro−158、約Pro−156〜 About Ser-140, about Arg-150~ about Pro-158, about Pro-156~
    約Arg−164、約Gly−161〜約Met−169、および約Val−1 About Arg-164, about Gly-161 to about Met-169, and from about Val-1
    49〜約Ala−167からなる、配列番号2における配列の群より選択される、核酸分子。 49 to about consisting Ala-167, selected from the group of sequences in SEQ ID NO: 2, the nucleic acid molecule.
  12. 【請求項12】 請求項1に記載の単離された核酸分子をベクターに挿入する工程を包含する、組換えベクターを作製する方法。 12. comprising the step of inserting an isolated nucleic acid molecule according to the vector to claim 1, a method of making a recombinant vector.
  13. 【請求項13】 請求項12に記載の方法によって産生された、組換えベクター。 13. produced by the method of claim 12, a recombinant vector.
  14. 【請求項14】 請求項13に記載の組換えベクターを宿主細胞に導入する工程を包含する、組換え宿主細胞を作製する方法。 14. including the step of the recombinant vector of claim 13 into a host cell, a method of making a recombinant host cell.
  15. 【請求項15】 請求項14に記載の方法によって産生された、組換え宿主細胞。 15. produced by the method of claim 14, a recombinant host cell.
  16. 【請求項16】 IL−20ポリペプチドを産生する方法であって、該ポリペプチドが発現される条件下で、請求項15に記載の組換え宿主細胞を培養する工程、および該ポリペプチドを回収する工程を包含する、方法。 16. A method for producing IL-20 polypeptide under conditions that said polypeptide is expressed, culturing the recombinant host cell according to claim 15, and recovering said polypeptide comprising the step of the method.
  17. 【請求項17】 以下: (a)配列番号2の残基−20〜160; (b)配列番号2の残基−19〜160; (c)配列番号2の残基1〜160; (d)クローンHTSGS30におけるヒトcDNAによってコードされる完全アミノ酸配列; (e)クローンHTSGS30におけるヒトcDNAによってコードされるN 17.: (a) a SEQ ID NO: 2 residues -20~160; (b) SEQ residue number 2 -19~160; (c) SEQ ID NO: 2 residues 1 to 160; (d ) the complete amino acid sequence encoded by the human cDNA in clone HTSGS30; (e) N encoded by the human cDNA in clone HTSGS30
    末端メチオニンを除く完全アミノ酸配列;および (f)クローンHTSGS30におけるヒトcDNAによってコードされる成熟ポリペプチドのアミノ酸配列、 からなる群より選択される配列と少なくとも95%同一であるアミノ酸配列を含む、単離されたIL−20ポリペプチド。 The complete amino acid sequence except for terminal methionine; and (f) the amino acid sequence of the mature polypeptide encoded by the human cDNA in clone HTSGS30, comprising an amino acid sequence at least 95% identical to a sequence selected from the group consisting of isolated It has been IL-20 polypeptide.
  18. 【請求項18】 IL−20タンパク質のエピトープ保有部分を含む、単離されたポリペプチドであって、ここで、該部分が、以下:配列番号2の約Gln 18. comprising an epitope-bearing portion of a IL-20 protein, an isolated polypeptide, wherein the partial following: SEQ ID NO: 2 from about Gln
    −21〜約Arg−29のアミノ酸残基を含むポリペプチド、配列番号2の約G A polypeptide comprising amino acid residues -21 to about Arg-29, SEQ ID NO: 2 to about G
    ln−21〜約Gly−41のアミノ酸残基を含むポリペプチド、配列番号2の約Ser−24〜約Gln−32のアミノ酸残基を含むポリペプチド、配列番号2の約Arg−29〜約Pro−37のアミノ酸残基を含むポリペプチド、配列番号2の約Arg−52〜約Glu−60のアミノ酸残基を含むポリペプチド、 ln-. 21 to about Gly-41 polypeptide comprising amino acid residues of a polypeptide comprising amino acid residues from about Ser-. 24 to about Gln-32 of SEQ ID NO: 2, SEQ ID NO: 2 to about Arg-. 29 to about Pro a polypeptide comprising amino acid residues -37, a polypeptide comprising amino acid residues from about Arg-. 52 through about Glu-60 in SEQ ID NO: 2,
    配列番号2の約Arg−52〜約Met−69のアミノ酸残基を含むポリペプチド、配列番号2の約Glu−61〜約Met−69のアミノ酸残基を含むポリペプチド、配列番号2の約Asn−75〜約Val−86のアミノ酸残基を含むポリペプチド、配列番号2の約Ser−93〜約Trp−101のアミノ酸残基を含むポリペプチド、配列番号2の約Ile−105〜約Pro−113のアミノ酸残基を含むポリペプチド、配列番号2の約Met−132〜約Ser−140 A polypeptide comprising amino acid residues from about Arg-. 52 through about Met-69 of SEQ ID NO: 2, a polypeptide comprising amino acid residues from about Glu-. 61 to about Met-69 of SEQ ID NO: 2, SEQ ID NO: 2 to about Asn a polypeptide comprising amino acid residues -75 to about Val-86, a polypeptide comprising amino acid residues from about Ser-. 93 to about Trp-101 of SEQ ID NO: 2, from about Ile-105 to about SEQ ID NO: 2 Pro- a polypeptide comprising amino acid residues 113 of SEQ ID NO: 2 from about Met-132 - about Ser-140
    のアミノ酸残基を含むポリペプチド、配列番号2の約Arg−150〜約Pro Polypeptide comprising the amino acid residues of SEQ ID NO: 2 to about Arg-150 to about Pro
    −158のアミノ酸残基を含むポリペプチド、配列番号2の約Pro−156〜 A polypeptide comprising amino acid residues -158, from about Pro-156~ of SEQ ID NO: 2
    約Arg−164のアミノ酸残基を含むポリペプチド、配列番号2の約Gly− A polypeptide comprising amino acid residues from about Arg-164, about the SEQ ID NO: 2 Gly-
    161〜約Met−169のアミノ酸残基を含むポリペプチド、および配列番号2の約Val−149〜約Ala−167のアミノ酸残基を含むポリペプチドからなる群より選択される、ポリペプチド。 Polypeptide comprises amino acid residues 161 to about Met-169, and is selected from about Val-149~ group consisting of polypeptides comprising about amino acid residues Ala-167 of SEQ ID NO: 2, polypeptide.
  19. 【請求項19】 請求項17に記載のIL−20ポリペプチドに特異的に結合する、単離された抗体。 19. specifically bind to IL-20 polypeptide of claim 17, isolated antibody.
  20. 【請求項20】 アミノ酸配列をコードする単離されたポリヌクレオチドであって、ここで、少なくとも1つの保存的アミノ酸置換を除いて、該アミノ酸配列が: (a)配列番号2の残基−20〜160; (b)配列番号2の残基−19〜160;および (c)配列番号2の残基1〜160、 からなる群より選択されるメンバーと同一である、ポリヌクレオチド。 20. An isolated polynucleotide encoding the amino acid sequence, wherein, except for at least one conservative amino acid substitution, the amino acid sequence: (a) SEQ ID NO: 2 residues -20 to 160; (b) SEQ ID NO: 2 residues -19~160; and (c) SEQ ID NO: 2 residues 1 to 160 is identical to the member selected from the group consisting of a polynucleotide.
  21. 【請求項21】 単離されたポリペプチドであって、ここで、少なくとも1 A 21. An isolated polypeptide, wherein at least 1
    つの保存的アミノ酸置換を除いて、該改変されたポリペプチドが: (a)配列番号2の残基−20〜160; (b)配列番号2の残基−19〜160;および (c)配列番号2の残基1〜160、 からなる群より選択されるアミノ酸配列を含む、ポリペプチド。 One, except for conservative amino acid substitutions, wherein the modified polypeptide is: (a) SEQ ID NO: 2 residues -20~160; (b) of SEQ ID NO: 2 residues -19~160; and (c) sequences comprising an amino acid sequence selected from the group consisting of residues 1 to 160, number 2, polypeptide.
  22. 【請求項22】 以下からなる群より選択される配列と少なくとも95%同一の配列を有するポリヌクレオチドを含む、単離された核酸分子: (a)図1(配列番号1)に示される配列の部分のヌクレオチド配列であって、ここで、該部分が、ヌクレオチド103〜ヌクレオチド584の少なくとも5 22. a sequence selected from the group consisting of comprising a polynucleotide having at least 95% identical sequences, isolated nucleic acid molecules: (a) the sequence shown in Figure 1 (SEQ ID NO: 1) a nucleotide sequence of a portion, where the moiety is nucleotides 103 to nucleotides 584 of at least 5
    0の連続したヌクレオチドを含む、ヌクレオチド配列; (b)図1(配列番号1)に示される配列の部分のヌクレオチド配列であって、ここで、該部分が、ヌクレオチド1〜500、25〜525、50〜550、 Including 0 consecutive nucleotides, nucleotide sequence; a nucleotide sequence of a portion of the (b) sequence shown in Figure 1 (SEQ ID NO: 1), wherein the moieties are nucleotides 1~500,25~525, 50-550,
    75〜575、100〜600、125〜625、150〜650、175〜6 75~575,100~600,125~625,150~650,175~6
    75、200〜700、103〜595、103〜590、103〜585、1 75,200~700,103~595,103~590,103~585,1
    03〜580、103〜575、103〜570、103〜565、103〜5 03~580,103~575,103~570,103~565,103~5
    60、103〜555、103〜550、103〜545、103〜540、1 60,103~555,103~550,103~545,103~540,1
    03〜535、103〜530、103〜525、103〜520、103〜5 03~535,103~530,103~525,103~520,103~5
    15、または103〜510からなるヌクレオチド配列;ならびに (c)上記(a)または(b)におけるヌクレオチド配列のいずれかに相補的なヌクレオチド配列。 And (c) above (a) or (b) a nucleotide sequence complementary to any of the nucleotide sequences in; 15 nucleotide sequence consisting of or 103-510.
JP2000503188A 1997-07-16 1998-07-15 Interleukin -20 Withdrawn JP2001510035A (en)

Priority Applications (5)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US5287097 true 1997-07-16 1997-07-16
US60/052,870 1997-07-16
US6014097 true 1997-09-26 1997-09-26
US60/060,140 1997-09-26
PCT/US1998/014609 WO1999003982A1 (en) 1997-07-16 1998-07-15 Interleukin-20

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2001510035A true true JP2001510035A (en) 2001-07-31

Family

ID=26731192

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2000503188A Withdrawn JP2001510035A (en) 1997-07-16 1998-07-15 Interleukin -20

Country Status (4)

Country Link
EP (1) EP1012260A4 (en)
JP (1) JP2001510035A (en)
CA (1) CA2296762A1 (en)
WO (1) WO1999003982A1 (en)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005524608A (en) * 2001-12-17 2005-08-18 ザイモジェネティクス,インコーポレイティド Processing method of cervical cancer

Families Citing this family (30)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6486301B1 (en) * 1997-07-16 2002-11-26 Human Genome Sciences, Inc. Interleukin-20
US7771719B1 (en) 2000-01-11 2010-08-10 Genentech, Inc. Pharmaceutical compositions, kits, and therapeutic uses of antagonist antibodies to IL-17E
US6579520B2 (en) 1998-05-15 2003-06-17 Genentech, Inc. IL-17 related mammalian cytokine polypeptides (IL-17E)
US7718397B2 (en) 2000-03-21 2010-05-18 Genentech, Inc. Nucleic acids encoding receptor for IL-17 homologous polypeptides and uses thereof
EP1865061A3 (en) * 1998-05-15 2007-12-19 Genentech, Inc. IL-17 homologous polypeptides and therapeutic uses thereof
EP3112468A1 (en) * 1998-05-15 2017-01-04 Genentech, Inc. Il-17 homologous polypeptides and therapeutic uses thereof
US20030096969A1 (en) 2000-06-02 2003-05-22 Genentech, Inc. Secreted and transmembrane polypeptides and nucleic acids encoding the same
US6562578B1 (en) 1999-01-11 2003-05-13 Schering Corporation IL-17-like cytokine binding compounds and antibodies
US6569645B2 (en) 1999-05-14 2003-05-27 Genentech, Inc. IL-17 homologous polypeptides and therapeutic uses thereof
JP2016047051A (en) * 1999-12-23 2016-04-07 ジェネンテック, インコーポレイテッド Il-17 homologous polypeptides and therapeutic uses thereof
EP1169445A2 (en) * 1999-04-09 2002-01-09 Curagen Corporation Human proteins and polynucleotides encoding them
US20040043397A1 (en) 2000-01-11 2004-03-04 Genentech, Inc. IL-17 homologous polypeptides and therapeutic uses thereof
DE60040240D1 (en) 1999-12-23 2008-10-23 Zymogenetics Inc Soluble interleukin-20 receptor
US7122632B2 (en) 1999-12-23 2006-10-17 Zymogenetics, Inc. Soluble Interleukin-20 receptor
US6610286B2 (en) 1999-12-23 2003-08-26 Zymogenetics, Inc. Method for treating inflammation using soluble receptors to interleukin-20
CA2395406C (en) * 1999-12-23 2013-07-16 Zymogenetics, Inc. Method for treating inflammation
CA2418950A1 (en) 2000-08-08 2002-02-14 Zymogenetics, Inc. Soluble zcytor 11 cytokine receptors
WO2002022153A3 (en) 2000-09-15 2003-06-19 Zymogenetics Inc Use of a polypeptide comprising the extracellular domains of il-20rb for the treatment of inflammation
US20050255103A1 (en) * 2002-04-25 2005-11-17 Chugai Seiyaku Kabushiki Kaisha Remedy for lung cancer
US20040209330A1 (en) 2003-03-24 2004-10-21 Wenfeng Xu Anti-IL-22RA antibodies and binding partners and methods of using in inflammation
JP4991307B2 (en) 2003-11-21 2012-08-01 ザイモジェネティクス, インコーポレイテッド The method used in the anti-il-20 antibodies and binding partners, as well as inflammation
US20070053872A1 (en) * 2005-08-04 2007-03-08 Moore Emma E Treatment of wounds using il-17b
CA2669109A1 (en) * 2006-11-08 2008-06-19 Zymogenetics, Inc. Il-17b for use in wound healing
JP2011519911A (en) 2008-05-05 2011-07-14 ノヴィミュンヌ エスア Anti il17a / il-17f cross-reactive antibodies and methods of use thereof
CN102458437B (en) 2009-05-05 2015-06-10 诺维莫尼公司 Anti-il-17f antibodies and methods of use thereof
US8454956B2 (en) 2009-08-31 2013-06-04 National Cheng Kung University Methods for treating rheumatoid arthritis and osteoporosis with anti-IL-20 antibodies
CN103037899A (en) 2010-02-26 2013-04-10 诺沃—诺迪斯克有限公司 Compositions containing stable antibody
WO2014015133A1 (en) 2012-07-19 2014-01-23 National Cheng Kung University Treatment of osteoarthritis using il-20 antagonists
US8603470B1 (en) 2012-08-07 2013-12-10 National Cheng Kung University Use of IL-20 antagonists for treating liver diseases
US8852588B2 (en) 2012-08-07 2014-10-07 National Cheng Kung University Treating allergic airway disorders using anti-IL-20 receptor antibodies

Family Cites Families (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6562333B1 (en) * 1993-06-14 2003-05-13 Schering Corporation Purified mammalian CTLA-8 antigens and related reagents

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005524608A (en) * 2001-12-17 2005-08-18 ザイモジェネティクス,インコーポレイティド Processing method of cervical cancer

Also Published As

Publication number Publication date Type
EP1012260A1 (en) 2000-06-28 application
WO1999003982A1 (en) 1999-01-28 application
EP1012260A4 (en) 2001-05-09 application
CA2296762A1 (en) 1999-01-28 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5932540A (en) Vascular endothelial growth factor 2
US6608182B1 (en) Human vascular endothelial growth factor 2
US7109308B1 (en) Antibodies to human vascular endothelial growth factor 2
US6743594B1 (en) Methods of screening using human G-protein chemokine receptor HDGNR10 (CCR5)
US20050244867A1 (en) Growth factor HTTER36
US6800729B2 (en) Human G-Protein chemokine receptor HDGNR10 (CCR5 receptor)
US5861272A (en) C5A receptor
US5942417A (en) CD44-like protein and nucleic acids
US6689579B1 (en) Polynucleotides encoding neutrokine-α
US20030100069A1 (en) Human tumor necrosis factor receptor-like protein 8
US5874240A (en) Human 4-1BB receptor splicing variant
US20040151719A1 (en) Human G-protein chemokine receptor (CCR5) HDGNR10
US20030208054A1 (en) Fc Receptors and polypeptides
US6486301B1 (en) Interleukin-20
WO1996039421A1 (en) Human vascular endothelial growth factor 3
WO1996039522A1 (en) Human chemokine beta-11 and human chemokine alpha-1
US20030166097A1 (en) Human tumor necrosis factor receptor
WO1998030693A2 (en) Tumor necrosis factor receptor 5
WO1996014328A1 (en) Tumor necrosis factor-gamma
WO1997034911A1 (en) Apoptosis inducing molecule ii
US20020150989A1 (en) Human tumor necrosis factor receptor
WO1998007880A1 (en) Human endokine alpha
WO1996039521A1 (en) Human chemokine beta-13
WO1997033899A1 (en) Apoptosis inducing molecule i
WO2000015759A1 (en) Interleukin 17-like receptor protein

Legal Events

Date Code Title Description
A300 Withdrawal of application because of no request for examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A300

Effective date: 20051004