JP2001504608A - Shopping basket scanner - Google Patents

Shopping basket scanner

Info

Publication number
JP2001504608A
JP2001504608A JP52200598A JP52200598A JP2001504608A JP 2001504608 A JP2001504608 A JP 2001504608A JP 52200598 A JP52200598 A JP 52200598A JP 52200598 A JP52200598 A JP 52200598A JP 2001504608 A JP2001504608 A JP 2001504608A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
transponder
number
method
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP52200598A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
バイツ ギュンター
ブルヒャート ヨアヒム
グラシック ライナー
Original Assignee
シーメンス ニクスドルフ インフオルマチオーンスジステーメ アクチエンゲゼルシヤフト
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to DE19646153.7 priority Critical
Priority to DE1996146153 priority patent/DE19646153A1/en
Application filed by シーメンス ニクスドルフ インフオルマチオーンスジステーメ アクチエンゲゼルシヤフト filed Critical シーメンス ニクスドルフ インフオルマチオーンスジステーメ アクチエンゲゼルシヤフト
Priority to PCT/DE1997/001565 priority patent/WO1998021685A2/en
Publication of JP2001504608A publication Critical patent/JP2001504608A/en
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Classifications

    • GPHYSICS
    • G07CHECKING-DEVICES
    • G07FCOIN-FREED OR LIKE APPARATUS
    • G07F7/00Mechanisms actuated by objects other than coins to free or to actuate vending, hiring, coin or paper currency dispensing or refunding apparatus
    • G07F7/02Mechanisms actuated by objects other than coins to free or to actuate vending, hiring, coin or paper currency dispensing or refunding apparatus by keys or other credit registering devices
    • GPHYSICS
    • G06COMPUTING; CALCULATING; COUNTING
    • G06KRECOGNITION OF DATA; PRESENTATION OF DATA; RECORD CARRIERS; HANDLING RECORD CARRIERS
    • G06K19/00Record carriers for use with machines and with at least a part designed to carry digital markings
    • G06K19/06Record carriers for use with machines and with at least a part designed to carry digital markings characterised by the kind of the digital marking, e.g. shape, nature, code
    • G06K19/067Record carriers with conductive marks, printed circuits or semiconductor circuit elements, e.g. credit or identity cards also with resonating or responding marks without active components
    • G06K19/07Record carriers with conductive marks, printed circuits or semiconductor circuit elements, e.g. credit or identity cards also with resonating or responding marks without active components with integrated circuit chips
    • G06K19/0723Record carriers with conductive marks, printed circuits or semiconductor circuit elements, e.g. credit or identity cards also with resonating or responding marks without active components with integrated circuit chips the record carrier comprising an arrangement for non-contact communication, e.g. wireless communication circuits on transponder cards, non-contact smart cards or RFIDs
    • GPHYSICS
    • G06COMPUTING; CALCULATING; COUNTING
    • G06KRECOGNITION OF DATA; PRESENTATION OF DATA; RECORD CARRIERS; HANDLING RECORD CARRIERS
    • G06K19/00Record carriers for use with machines and with at least a part designed to carry digital markings
    • G06K19/06Record carriers for use with machines and with at least a part designed to carry digital markings characterised by the kind of the digital marking, e.g. shape, nature, code
    • G06K19/067Record carriers with conductive marks, printed circuits or semiconductor circuit elements, e.g. credit or identity cards also with resonating or responding marks without active components
    • G06K19/07Record carriers with conductive marks, printed circuits or semiconductor circuit elements, e.g. credit or identity cards also with resonating or responding marks without active components with integrated circuit chips
    • G06K19/077Constructional details, e.g. mounting of circuits in the carrier
    • G06K19/07749Constructional details, e.g. mounting of circuits in the carrier the record carrier being capable of non-contact communication, e.g. constructional details of the antenna of a non-contact smart card
    • GPHYSICS
    • G06COMPUTING; CALCULATING; COUNTING
    • G06KRECOGNITION OF DATA; PRESENTATION OF DATA; RECORD CARRIERS; HANDLING RECORD CARRIERS
    • G06K7/00Methods or arrangements for sensing record carriers, e.g. for reading patterns
    • G06K7/10Methods or arrangements for sensing record carriers, e.g. for reading patterns by electromagnetic radiation, e.g. optical sensing; by corpuscular radiation
    • G06K7/10009Methods or arrangements for sensing record carriers, e.g. for reading patterns by electromagnetic radiation, e.g. optical sensing; by corpuscular radiation sensing by radiation using wavelengths larger than 0.1 mm, e.g. radio-waves or microwaves
    • G06K7/10019Methods or arrangements for sensing record carriers, e.g. for reading patterns by electromagnetic radiation, e.g. optical sensing; by corpuscular radiation sensing by radiation using wavelengths larger than 0.1 mm, e.g. radio-waves or microwaves resolving collision on the communication channels between simultaneously or concurrently interrogated record carriers.
    • G06K7/10029Methods or arrangements for sensing record carriers, e.g. for reading patterns by electromagnetic radiation, e.g. optical sensing; by corpuscular radiation sensing by radiation using wavelengths larger than 0.1 mm, e.g. radio-waves or microwaves resolving collision on the communication channels between simultaneously or concurrently interrogated record carriers. the collision being resolved in the time domain, e.g. using binary tree search or RFID responses allocated to a random time slot
    • G06K7/10039Methods or arrangements for sensing record carriers, e.g. for reading patterns by electromagnetic radiation, e.g. optical sensing; by corpuscular radiation sensing by radiation using wavelengths larger than 0.1 mm, e.g. radio-waves or microwaves resolving collision on the communication channels between simultaneously or concurrently interrogated record carriers. the collision being resolved in the time domain, e.g. using binary tree search or RFID responses allocated to a random time slot interrogator driven, i.e. synchronous
    • GPHYSICS
    • G06COMPUTING; CALCULATING; COUNTING
    • G06QDATA PROCESSING SYSTEMS OR METHODS, SPECIALLY ADAPTED FOR ADMINISTRATIVE, COMMERCIAL, FINANCIAL, MANAGERIAL, SUPERVISORY OR FORECASTING PURPOSES; SYSTEMS OR METHODS SPECIALLY ADAPTED FOR ADMINISTRATIVE, COMMERCIAL, FINANCIAL, MANAGERIAL, SUPERVISORY OR FORECASTING PURPOSES, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • G06Q20/00Payment architectures, schemes or protocols
    • G06Q20/30Payment architectures, schemes or protocols characterised by the use of specific devices
    • G06Q20/34Payment architectures, schemes or protocols characterised by the use of specific devices using cards, e.g. integrated circuit [IC] cards or magnetic cards
    • G06Q20/343Cards including a counter
    • GPHYSICS
    • G07CHECKING-DEVICES
    • G07GREGISTERING THE RECEIPT OF CASH, VALUABLES, OR TOKENS
    • G07G1/00Cash registers
    • G07G1/0036Checkout procedures
    • G07G1/0045Checkout procedures with a code reader for reading of an identifying code of the article to be registered, e.g. barcode reader or radio-frequency identity [RFID] reader

Abstract

(57)【要約】 識別番号を有する複数のトランスポンダを個別に識別する方法であって、識別番号は、スキャナの共通領域内の大きな総数とは対毎に異なっており、その際、スキャナは、特定又は非特定の質問信号を伝送し、応答するトランスポンダは、種々の手段によってフィルタリングされ、又は、時間遅延して伝送される。 (57) Abstract: A method individually identifying a plurality of transponders having identification number, identification number, the greater the total number of common areas of the scanner are different for each pair, in which, scanner, transmitting a specific or non-specific interrogation signal, the transponder responds is filtered by a variety of means, or transmitted by a time delay.

Description

【発明の詳細な説明】 ショッピングバスケットスキャナ 技術範囲本発明は、ショッピングバスケット内に任意に入れられた商品の自動検出に関する。 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION shopping basket scanner technology scope the present invention relates to an automatic detection of the product that has been put into any in the shopping basket. 従来技術セルフサービのストアでは、従来、顧客は、自分で商品を選んでショッピングバスケット内に入れ、レジで勘定をする際、自分で商品をショッピングバスケットから取り出し、個別にレジを済ませ、それから、顧客が商品をパッキングするのが常である。 In the prior art self-service store, conventional, customers, put in the shopping basket to choose the products on their own, when the account at the cash register, remove the items from the shopping basket on your own, individually finished the cash register, then, customer There is a normally is given to packing the goods. 個別対象を識別するために、ヨーロッパ特許公開第0281142号公報では、トランスポンダを対象に取り付け、トランスポンダをスキャナによって問い合わせるシステムが開示されている。 To identify the individual subject, the European Patent Publication No. 0281142 discloses, attached to the subject a transponder, the system of inquiring a transponder by the scanner is disclosed. しかし、この場合、最大1つしかトランスポンダをスキャナ領域内に配置することができない。 However, in this case, it is not possible to place up to only one transponder in the scanner area. ヨーロッパ特許公開第018 1327号公報には、フィールドの減衰によって受動的に検出される共振タグが記載されている。 European Patent Publication No. 018 1327 JP, resonant tag is passively detected by the attenuation of the field is described. テキサスインスツールメント社により、TIRISと呼ばれるトランスポンダシステムが提供されている。 By Texas Instruments tools Instruments Inc., transponder system called TIRIS are provided. このシステムは、トランスポンダ内に全くバッテリがなくて作動する。 This system is operated without a completely battery in the transponder. この場合、スキャナにより、50 msの間134.2kHzの高周波フィールドが発生されて、トランスポンダで整流され、且つ、キャパシタに充電される。 In this case, by the scanner, it is generated high-frequency field between 50 ms 134.2 kHz, is rectified by the transponder, and is charged in the capacitor. キャパシタ内に蓄積されたエネルギは、20msの同期化休止期間後20ms内に128ビットのデータパケットが返送される。 The energy stored in the capacitor 128-bit data packet is sent back to the synchronization pause period after 20ms within 20ms. しかし、このシステムを正確に作動するためには、このシステムを、アンテナ領域内にトランスポンダが1つしかないようにする必要がある。 However, in order to operate the system correctly, the system, it is necessary to have only one transponder in the antenna region. 更に、TIRISシステムの開発により、この問題点は、アドレス情報を含むデータ信号を有する伝送パルスによって解決される。 Furthermore, the development of TIRIS system, this problem is solved by a transmission pulse having a data signal including the address information. トランスポンダは、アドレス情報が、内部に記憶されているアドレス情報と一致する場合に限って応答する。 Transponder, address information, responds only if it matches the address information stored therein. 従って、アンテナ領域内に1つ以上のトランスポンダがあってもよい。 Thus, there may be one or more transponders in the antenna region. しかし、スキャナ制御ユニットは、前後する可能なアドレスをチェックする必要がある。 However, the scanner control unit, it is necessary to check the possible addresses to the front and rear. この方法は、幾つかの可能なアドレスが小さく、又は、アドレスを1つしか必要としない場合に限ってしか価値がない。 This method has a smaller number of possible addresses, or not worth only only if it requires only one address. 小さな部分集合のトランスポンダを検出する場合、つまり、全部で数千個ものトランスポンダの内から、予め決められない個数の、恐らく最大50個のトランスポンダを検出する場合、この方法は、 不所望にも長くなってしまう。 When detecting the transponders of a small subset, that is, from among the thousands even transponders in total, the number of not predetermined, if possibly detected up to 50 transponders, the method undesirably longer turn into. 本発明の目的は、厖大な総数のトランスポンダの内、複数のトランスポンダがアンテナ領域内に存在する場合に、それにも拘わらず(トランスポンダの位置を変えずに)、少なくとも、 各トランスポンダの幾つかに対して、可能な数量のものを全て通過させて検出するよりも短い時間でレジを済ませることができるトランスポンダシステムを提供することにある。 An object of the present invention, among the vast total number of the transponder, when multiple transponders are present in the antenna region, nevertheless (without changing the position of the transponder), at least with respect to some of the transponders Te is to provide a transponder system which can dispense the cash register in a shorter time than detecting is passed through all those possible quantity. 図面の簡単な説明図1は、トランスポンダの回路図、 図2は、プリント基板を使用する、トランスポンダ内の各要素の装置構成を示す図である。 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS Figure 1 shows a circuit diagram of a transponder, Fig. 2, uses a printed circuit board is a diagram showing a device configuration of each element in the transponder. 発明の詳細な説明商品のレジを行うために、商品に、送受信装置並びにデータ処理装置を有するラベルが設けられる。 For a detailed description registration items from the invention, the product, the label is provided with a transmitting and receiving apparatus and the data processing apparatus. そのような装置構成は、スキャナからの信号に対して応答信号を送信する場合には、トランスポンダと呼ばれる。 Such apparatus configuration, when sending a reply signal to the signal from the scanner is referred to as transponders. 以下の説明のために、以下使用される商品番号は、公知のEAN符号のような商品タイプ番号ではなく、 購買すべき個別品目にナンバリングされた番号であり、その結果、複数品目間で区別することができる。 For the following description, the product numbers used below instead of the product type number, such as known EAN code, a number which is numbered in individual items to be purchase, as a result, to distinguish between multiple items be able to. そのようなトランスポンダの基本回路は、図1に略示されており、プリント回路を使用する可能な1実施例が、図2に略示されている。 Basic circuit of such a transponder is shown schematically in Figure 1, one embodiment capable of using printed circuit, shown schematically in Figure 2. コイルLとキャパシタCは、同調形回路を構成し、その際、コイルLは、絶縁基板BP上にプレーナ導体路コイルとして構成されている。 Coil L and the capacitor C constitute a tuning type circuit, this time, the coil L is configured as a planar conductor tracks coil on an insulating substrate BP. 集積回路ISは、コンタクトポイントK0, K1,K2で、このコイルに取り付けられており、その接続点は、例えば、導電接着剤を使用して、コイルに接続される。 Integrated circuit IS is the contact point K0, K1, K2, attached to the coil, its connection point, for example, using a conductive adhesive, is connected to the coil. 接続点K0 は、基準電位である。 Connection point K0 is the reference potential. 共振キャパシタCと減衰抵抗Rrは、接続点K1に接続されている。 Resonant capacitor C and the damping resistor Rr is connected to the connection point K1. 接続点K2は、ダイオードDを介して、給電電圧(キャパシタCsによってバッファリングされている)を増幅器V及びプロセッサユニットμCに給電する。 Connection point K2 through the diode D, and feeding the supply voltage (which is buffered by a capacitor Cs) to the amplifier V and the processor unit [mu] C. 接続点K2は、同調形回路が過度に減衰されないようにタップとして構成されているが、接続点K2をなくして、ダイオードDが、K1に接続されているようにしてもよい。 Connection point K2 is the tuned circuit is configured as a tap so as not to be too attenuated, eliminating the connection point K2, the diode D may also be connected to the K1. 交流電流信号が、2つの接続部の内の1つから取り出されて、増幅器Vによって増幅され、場合によっては、整流され、プロセッサμCによって評価される。 Alternating current signal, it is taken out from one of the two connecting portions, is amplified by an amplifier V, in some cases, is rectified, is evaluated by the processor [mu] C. プロセッサμCは、トランジスタTrを介して、減衰抵抗R rを共振形回路に並列接続することができる。 Processor μC can through the transistor Tr, is connected in parallel a damping resistor R r the resonant circuit. キャパシタは、減衰抵抗Rrの代わりに使用してもよく、その結果、同調形回路は減衰されないが、同調形回路の同調が変えられる。 Capacitors may be used in place of the damping resistor Rr, as a result, the tuned circuit is not attenuated, the tuning of the tuned circuit is changed. プロセッサμCは、例えば、アプリケーション特有の回路(ASIC)又は市販の利用可能なモジュールを使用するハイブリッドモジュールとして構成してもよい。 Processor μC, for example, may be constructed as a hybrid module using an application-specific circuit (ASIC) or commercially available modules. 更に、接続点Kxが示されており、この接続点Kxは、商品番号をプログラムするのに使用することができる。 Further, there is shown connection points Kx is, the connection points Kx can be used to program a product number. この接続点は、例えば、この目的のために複数回繰り返されるが、分かり易くするために、図2では、そのような接続点は3つしか示されていない。 This connection point is, for example, be repeated several times for this purpose, for the sake of clarity, in FIG. 2, such a connection point is not shown only three. Yによって示されているように、リンクを切断することによって、2進語がプロセッサμCに伝送される。 As indicated by Y, by cutting the link, the binary word is transmitted to the processor [mu] C. このプログラミングは、集積回路ISが同じ大きさの部材から製造されていて、単純な、非プログラミング可能な構造を有している場合に使用される。 The programming is an integrated circuit IS is not produced from members of the same size, simple, is used when it has a non-programmable structure. 集積回路IS が電気的にプログラミング可能なセル、例えば、電気的にプログラミング可能なリードオンリメモリ(EPROM)によってカストマイズすることができる場合、接続点Kxは、1つしか必要としない。 Integrated circuit IS is electrically programmable cells, for example, if the electrically can be customized by the programmable read-only memory (EPROM), connection points Kx requires only one. カストマイズは、集積回路ISが基板BSに接続される前に実行することができるので、図2に示された、基準接地電位への接続は、設置した状態で意味がある。 Customization Because the integrated circuit IS can be performed before it is connected to the substrate BS, as shown in FIG. 2, connected to a reference ground potential, there is a sense in a state where installation was. そのような装置構成の一般的な動作は、スキャナ(図示していない)が交番フィールドを送出し、交番フィールドの周波数が、L及びCによって形成される共振形回路の共振周波数、例えば、4.7MHzであるようにされている。 Such devices typical operation configuration, the scanner sends (not shown) is an alternating field, the frequency of the alternating field, the resonance frequency of the resonant circuit formed by L and C, for example, 4. are there so at 7MHz. その際、交流電圧は、タップK2で形成され、一方では、ダイオードDを介してキャパシタCsを変える。 At that time, the AC voltage is formed by the tap K2, on the one hand, changing the capacitor Cs through the diode D. 特に高いキャパシタンスが必要である場合、このキャパシタは、高キャパシタンス金箔キャパシタにするとよく、公知のように、ISから付加的な導体路を介して外界に接続するとよい。 If it is necessary to particularly high capacitance, the capacitor may when the high capacitance foil capacitors, as is known, may be connected to the outside world via the additional conductor track from IS. 作動電圧が十分に高い場合、低い電流消費を達成するためにCMOS技術を使用して設計された回路V及びプロセッサμPが作動し始める。 If the operating voltage is high enough, the circuit V and a processor μP which is designed using CMOS technology in order to achieve low current consumption starts to operate. 増幅器V及び整流器(図示されていない)を介して、プロセッサμPにより、交番フィールドが存在していることが検出される。 Through amplifier V and a rectifier (not shown), by the processor .mu.P, it is detected that an alternating field is present. スキャナが交番フィールドを遮断又は変調すると、プロセッサμPにより、 この変化が検出される。 When the scanner is blocked or modulating the alternating field, the processor .mu.P, this change is detected. この場合、伝送フィールドでの短い遮断は、例えば、同期方法を用いた直列データ伝送用のビットとして使用される。 In this case, a short interruption of the transmission field, for example, is used as a bit serial data transmission using a synchronous method. 給電電圧は、キャパシタのバッファリング効果によって維持される。 Supply voltage is maintained by the buffering effect of the capacitor. 適切な作動電圧を維持するためには、非同期伝送時の各キャラクタの前、及び可能な場合各キャラクタ間に十分に長い時間が必要である。 In order to maintain the proper operating voltage, before each character during asynchronous transmission, and if possible it is necessary sufficiently long time between each character. 簡単な1解決手段は、各バイトを2回連続して伝送し、2回目の伝送の場合に各ビットを反転することにある。 Simple 1 solutions transmits each byte two consecutive is to inverting each bit in the case of the second transmission. スタートビットは、 遮断ビットであり、単数のストップビット又は複数のストップビットは非遮断ビットであり、その結果、オンオフ比50%が達成される。 The start bit is a blocking bit, stop bit or more stop bits singular is unblocked bit, so that on-off ratio of 50% is achieved. ブランキングの代わりに振幅変調が同様に可能である。 It is possible as well amplitude modulation instead of the blanking. 更に、磁気記録技術から公知の符号(例えば、 変形周波数変調(MFM)及びグループレコーディング符号(GRC)を使用することができる)は、その設計が低直流電圧成分に基づいているので、この場合には50%のオンオフ比であり、しかも、各側縁間は規則的な間隔である。 Furthermore, the known code from a magnetic recording techniques (for example, it is possible to use a modified frequency modulation (MFM) and Group Recording code (GRC)), because its design is based on the low DC voltage component, in this case is the on-off ratio of 50%, moreover, between the side edges are regular intervals. 4. 4. 70kBPSものデータ伝送速度が、4.7MHzの搬送周波数を用いて何の問題もなく達成することができる。 70kBPS stuff data transmission rate can be achieved without any problems by using a carrier frequency of 4.7 MHz. 続いて、スキャナからトランスポンダに伝送され、スキャナは、伝送フィールドを一定に維持するが、伝送されるフィールド強度を監視する。 Subsequently, transmitted from the scanner to the transponder, the scanner is to keep the transmission field constant, monitoring the field strength to be transmitted. トランスポンダは、減衰抵抗Rrを、トランジスタTrを介して共振形回路に接続する。 Transponder, a damping resistor Rr, connected to the resonant circuit via a transistor Tr. これは、特に、例えば、120kHzの規則的な周波数(交流増幅器を使用してスキャナによって比較的容易にフィルタリングすることができる)で行うことができる。 This is particularly, for example, can be carried out at a regular frequency of 120 kHz (can be relatively easily filtered by the scanner using the AC amplifier). 再度、ビット信号は、非同期方法のような公知の方法を使用して伝送され、その際、例えば、12kボーのデータ速度が達成される。 Again, the bit signals are transmitted using known methods, such as asynchronous method, this time, for example, 12k baud data rates are achieved. 狭い返送伝送帯域幅は、 使用されている方法には不利である。 Narrow return transmission bandwidth is disadvantageous to the method used. 択一選択的に、トランスポンダは、アンテナを用いて高周波フィールドからエネルギを受け取って、エネルギ蓄積キャパシタCs内に蓄積するようにしてもよい。 Alternatively selective, transponder receives energy from a high-frequency field with an antenna, it may be stored in the energy storage capacitor in Cs. スキャナがスイッチオフされると、トランスポンダ内の回路は、エネルギ蓄積キャパシタからエネルギを供給され、トランスポンダ側で、データ信号を送信する。 When the scanner is switched off, the circuit in the transponder is supplied with energy from the energy storage capacitor, at the transponder side, transmits the data signal. このために、プロセッサμCの1出力接続部が接点K1に直接接続され、 従って、共振形回路に接続され、従って、共振形回路が共振する。 For this, one output connection of the processor μC is connected directly to the contact K1, therefore, is connected to the resonant circuit, therefore, resonant circuit resonates. このための、 タップ付又はタップなしの回路が一般的に公知である。 For this, the circuit without tapped or tap is generally known. 共振形回路の、この励振は、トランスポンダが応答する周波数と同一周波数で実行され、その結果、高いデータ伝送速度が可能である。 Resonant circuit, this excitation, a transponder is performed at the same frequency and frequency response, the result, it is capable of high data rates. しかし、伝送することができるデータ量は、キャパシタのエネルギ蓄積容量によって制限され、そのエネルギは、データを全て伝送するのに十分な容量にする必要がある。 However, the amount of data that can be transmitted is limited by the energy storage capacity of the capacitor, the energy needs to be sufficient capacity to transmit all the data. 従って、スキャナの伝送領域内に幾つかのトランスポンダがある場合、スキャナからトランスポンダの伝送方向では何ら問題なく実行することができる。 Therefore, if there are several transponders in the transmission region of the scanner, it can be performed without any problem in transmission direction of the transponder from the scanner. トランスポンダ内のコイルを、共振シフトが生じる程度に接近して結合しないようにしさえすればよい。 The coil in the transponder need only to avoid bonded close to the extent that the resonance shift occurs. 特に、ラベル内のコイルは、相互に重なって位置しないようにする必要がある。 In particular, the coils in the label, it is necessary not to position one on top of another. ショッピングバスケットに応用する場合には、極めて簡単な手段は、ショッピングバスケット内にコンパートメントシステムを設けて、各コンパートメント内に、マーキングされた品目を1つだけ入れるようにするのである。 When applied to a shopping basket, a very simple means, provided with a compartment system into the shopping basket, in each compartment is to to put only one marked item. 択一選択的に、トランスポンダを中性の材料で被覆して、所要の最小分離が達成されるようにしてもよい。 Alternatively selectively, by coating a transponder neutral material, may be required minimum separation is achieved. ショッピングバスケットを確実にカバーするのに十分なサイズの伝送領域内のエネルギは、それぞれ例えば100μWの電力レベルを必要とする幾つかのトランスポンダに給電する際に何ら問題ない。 Energy transmission in the region of a size sufficient to ensure coverage of the shopping basket, there is no problem when the power supply to several transponders that require the power level of each example 100 .mu.W. トランスポンダは全て、同一データパターンを受信する。 All transponder receives the same data pattern. 返送チャネルが使用された場合のみ、衝突が生じ、つまり、 スイッチングされたOR動作のように作動する。 Only if the return channel is used, a collision occurs, i.e., it operates as switched OR operation. スキャナの同一伝送領域内の幾つかのトランスポンダを検出するための1解決手段(TIRISシステムで特定されている)は、スキャナが、可能なトランスポンダアドレスを全て順次連続して検査することにある。 1 solution for detecting the number of transponders in the same transmission area of ​​the scanner (identified in TIRIS system) scanner, a transponder address possible all subsequent serial is to inspect. 返送チャネルは、トランスポンダがその存在を報知するのに使用する単一ビットとしてしか必要とされない。 Return channel transponders is not needed only as a single bit used to broadcast its existence. 衝突は生じない。 Collision does not occur. この場合、プロセッサモジュールは、アプリケーション特有の回路(ASIC)として極めて単純な形式で設計されており、実質的に、ビット数が商品数に相応するシフトレジスタと、このビットと同数の比較器と、幾つかの公知タイプのリセット及び遅延回路を有している。 In this case, the processor module is designed in a very simple form as an application specific circuit (ASIC), substantially the shift register the number of bits corresponding to the items, and the bit and the same number of comparators, and a reset and a delay circuit of several known types. 受信番号と符号化された商品番号とが一致することが検出された場合に、出力信号が作動状態になる。 If the received ID and the encoded product number that has been detected matches, the output signal becomes active. この方法は、可能な商品個数が少ない場合には有利である。 This method, if less commodity number possible is advantageous. と言うのは、この方法は、極めて単純であり、返送チャネル用の時間が短いからである。 The said, this method is because extremely is simple, short time for the return channel. 例えば、商品の品目が100個の範囲で、質問/応答時間が50msでは、商品番号を検出するのに5秒必要である。 For example, in the range material is of 100 items, the query / response time 50 ms, is 5 seconds required to detect the product number. 僅か1,000個の商品品目で、品目の個数に拘わらず、時間は50秒に増え、従って、最早一般的に受け入れ難いと思われるレベルに達する。 In just 1,000 merchandise items, regardless of the number of items, the time increased to 50 seconds, thus, reaches a level seems longer hardly generally accepted. 明らかに、後述のように、問い合わせすべき番号の順序を、他の方法と組み合わせて確率順序が増大するようにして実行することができるが、この方法により、検出すべき対象の番号が予め分かっていて、従って、検出基準が存在する場合に限ってしか目的は達成されない。 Obviously, as described below, the order of the to be contact numbers, but the probability order in combination with other methods can be performed so as to increase, by this method, known numbers of the target to be detected in advance It has been, therefore, an object can not be achieved only only if the detection criteria exists. 前述の目的の1解決手段は、トランスポンダからの各伝送信号の衝突が、この方法に含まれるようにすることにある。 1 SOLUTION object described above, collision of the transmission signal from the transponder is to be included in this process. 衝突処理は、ネットワークの領域内で既に公知であり、この点に関しては、A. Collision process is already known in the area of ​​the network, in this regard, A. Tanenbaumの論文、Compu ternetze[computer network],Prentice Hall 1981を参照されたい。 Tanenbaum of paper, Compu ternetze [computer network], see Prentice Hall 1981. 例えば、Aloha法が、253ページに記載されている。 For example, Aloha method is described in 253 pages. 最初の解決手段は、Aloha法の変形を使用する。 The first solution is to use a variation of the Aloha method. Alohaネットワークでは、複数の送信器が、相互に独立して、エコーリレー(各送信器を明示的に同期することができない)として作動する共通の受信器にアクセスしたいという問題がある。 The Aloha network, a plurality of transmitters, independently of one another, there is a problem that wants to access common receiver operating as an echo relay (not can explicitly synchronize each transmitter). この場合には、この、種々の送信器から送信された各信号間の衝突の問題が生じる。 In this case, the problem of collision between signals transmitted from different transmitters occurs. Alohaネットワークでの解決手段により、送信器のデータパケットが冗長度を有していて、受信リレーステーションからの受取信号を待機するようにされる。 The solutions in the Aloha network, the data packet transmitters have a redundancy, is adapted to wait for receipt signal from the receiving relay station. 受取信号が受信されない場合、ランダムな待ち時間(”ran dom backup”)後、新たに送信が実行される。 If the received signal is not received, after a random waiting time ( "I ran dom backup"), the newly transmitted is performed. 一見しただけでは、Alohaネットワークは、この場合、衝突に関して1つの受信器が複数の送信器に対向しているが、本発明では、1つのスキャン送信器が複数のトランスポンダ受信器に対向しているので、全く使用することができないように思われる。 At first glance, Aloha networks, in this case, although one receiver faces the plurality of transmitters with respect to collision, in the present invention, one scan transmitter faces the plurality of transponders receiver so, it seems to be can not be used at all. しかし、もっと詳細に見ると、スキャナが受信器として作動し、トランスポンダが送信器として作動している場合、返送中衝突が生じることは明らかである。 However, looking in more detail, the scanner is operated as a receiver, if the transponder is operating as a transmitter, it is clear that in return a collision occurs. それにも拘わらず、Alohaネットワークでは、各送信器が相関したやり方で伝送を開始しないので、複数の送信器間で衝突が生じるということは、例外的なことであるで、Aloha法を用いることは、ここでも問題である。 Nevertheless, in the Aloha network, since each transmitter does not start a transmission in a manner correlated, the fact that a collision between a plurality of transmitters occurs at is exceptional that, using the Aloha technique , which is again a problem. しかし、この場合には、スキャナからの信号により、トランスポンダ内での伝送信号が開始され、従って、送信開始は全て、相関した方法で開始され、即ち、最初は同一時点で送信開始される。 However, in this case, the signal from the scanner, the transmission signal in the transponder is started, therefore, all transmission start is initiated in correlated manner, i.e., initially starts transmitted at the same time. Aloha法を用いる第1の解決手段用の方法は、スキャナによりフィールド信号がスイッチオンされてトランスポンダにエネルギが供給されることにより開始される。 The method for first solution using Aloha method, the field signal by the scanner is started by the energy supplied to the transponder is switched on. 実施例によると、フィールド信号のスイッチオン自体が問い合わせ信号として作動し、以下詳述するが、このフィールド信号は、情報をトランスポンダに送信するのに使用される。 According to an embodiment, the switch-on itself field signal operates as an inquiry signal, will be described in detail hereinafter, this field signal is used to transmit information to the transponder. この場合、情報は、少なくとも1つの符号が一般的な質問信号に作用を及ぼすようなやり方で符号化される(以下、詳述する)。 In this case, information is encoded in such a way that at least one code act on the general interrogation signal (hereinafter, described in detail). 返送のために使用される伝送方法は、トランスポンダからの応答の前にフィールドがあるか、又は、フィールドが再度スイッチオフされるかどうかを左右する。 Transmission method used for the return may influence whether a field in front of the response from the transponder, or whether the field is switched off again. トランスポンダが作動準備状態になると即座に、可能な返送伝送用の時間となり、ランダムな待ち時間が経過し、トランスポンダが、返送チャネルで、その商品番号を送信する。 Transponder immediately becomes ready for operation, and returned to the time for transmission can be random waiting time elapses, transponder, in return channel, and transmits the product number. この商品番号は、公知の符号を使用した不正確な検出に対して保護されている。 The product number is protected against incorrect detection using known codes. 正確に検出された商品番号が全て、スキャナによってリストに記録される。 Accurately detected product numbers all of which are recorded in a list by the scanner. 応答信号が到来しないままに最長の待ち時間の経過後、別の問い合わせ信号が送信される。 After the lapse of the longest waiting time to leave the response signal does not arrive, another inquiry signal is transmitted. トランスポンダが再度その商品番号に応答するが、ランダム数発生器のランダム待ち時間のために、異なった順序で応答する。 Transponder responds to the product number again, for random waiting time of the random number generator, responsive in a different order. 従って、他の商品番号は、正確に伝送されて、リストに補完される。 Accordingly, other product number is conveyed accurately, is supplemented to the list. 商品番号のリストに変化がないままであると直ぐに、商品は全て記録されたものとされ、チェックアウト処理が開始される。 As soon as there remains no change in the list of goods number, the goods will assume that all has been recorded, check-out process is started. フィールド信号自体が、質問信号として使用される場合には、2つの送信器間に待ち時間がなければならず、少なくとも、トランスポンダ上のプロセッサは、このことを検出することができる必要がある。 Field signal itself, when used as an interrogation signal, there must be latency between two transmitters, at least, a processor on the transponder, it is necessary to be able to detect this. トランスポンダ内のバッファキャパシタcSが小さい場合には、待ち時間は、トランスポンダ全てが、そのエネルギを失うのに十分な時間があり、トランスポンダが再度スイッチオンされるエネルギと、トランスポンダがスイッチオンされた最初の時間とは区別されない。 If the buffer capacitor cS in the transponder is low, latency, all transponders, there is sufficient time to lose their energy, and energy transponder is switched on again, the transponder is first that is switched on time not to be distinguished. この装置構成の利点は、特に、単純である点にある。 The advantage of this device structure, particularly, in that it is simple. 増幅器はなく、クロック発生器しかなく、残りの回路とシフトレジスタがプロセッサμCとして必要であり、このプロセッサは、商品番号がロードされており、トランジスタTrにビット毎に、固定クロック速度で作動する。 No amplifier, there is only a clock generator, it is necessary to the remaining circuitry and the shift register as a processor [mu] C, the processor, product number has been loaded, each bit in the transistor Tr, operates at a fixed clock rate. フィードバック回路付の別のシフトレジスタは、公知のやり方で疑似ランダムシーケンスを発生し、従って、トランスポンダ毎にランダムな待ち時間を発生する。 Another shift register with feedback circuit, a pseudo-random sequence generated in a known manner, thus generating a random waiting time for each transponder. 組み合わせネットワークによって、外部接続を介してプログラムされる商品番号から、検出エラーとなることがある符号が形成されて、伝送される。 The combination network, the product number to be programmed through an external connection, code that can be detected error is formed and transmitted. コストが高いけれども、エラー補正符号が使用されるが、但し、この場合、エラー補正が不正確である恐れが依然としてあることを忘れてはいけない。 Although the high cost, although the error correction code is used, however, in this case, do not forget to risk error correction is incorrect there it remains. Aloha法の公知の改善策をここで用いてもよいが、但し、複雑さ、従って、電流消費量が増大する。 Known improvements of Aloha method may be used here, provided that complexity, therefore, current consumption is increased. 一方では、各トランスポンダが、他の伝送トランスポンダからの弱いフィールドを検出して、それにより、ランダム時間が経過しても伝送開始しないように改善するとよい。 On the one hand, each transponder detects a weak field from other transmission transponders may thereby, when even after a random time to improve not to start transmission. 他のトランスポンダは送信しているので、スキャナは、どんな場合でも、他の質問信号を依然として伝送し、その結果、 トランスポンダは、どんな場合でも、もう一度問い合わせされる。 The other transponder is transmitting, the scanner, in any case, still transmit the other question signal, As a result, the transponder is, in any case, is the query again. 更に、伝送トランスポンダは、特に、搬送波の帰線消去が符号化の目的のために使用される場合、隣り合ったトランスポンダが伝送している場合に、衝突を検出することができる(衝突を検出するトランスポンダが、伝送休止期間を形成しようとしているにも拘わらず)。 Furthermore, the transmission transponder, particularly when blanking of carriers are used for the purpose of coding, when the transponders adjacent is transmitting, detecting a (collision can detect collision transponder is, in spite of trying to form a transmission pause period). それから、低レベルトランスポンダは伝送を停止する。 Then, a low-level Transponder stops transmission. これら2つの手段により、幾つかの妨害となる衝突を極めて著しく低減することができるようになる。 These two means, it becomes possible to very significantly reduce the collision to be some interference. しかし、その結果、多数の1ビットの商品番号の優先順位は、2 進符号形式であるので、トランスポンダが検出されないという重大なリスクを生じ、その結果、これらの変形構成は、有利には、別の実施例で用いられる。 However, as a result, the priority of a number of 1 bits of the product number, since it is binary code format, resulted in a significant risk that the transponder is not detected, so that these modified configuration, advantageously, another used in the examples. 別の実施例では、各トランスポンダに少なくとも一時的にキャンセレーションビットを蓄積してもよい。 In another embodiment, it may be stored at least temporarily cancellation bits to each transponder. これは、作動電圧がエネルギ蓄積キャパシタ内に維持されている限り容易に可能である。 This is easily possible as long as the operating voltage is maintained to the energy storage in the capacitor. 質問信号の開始時に、スキャナが既に検出された商品番号のリストを伝送する場合、各トランスポンダは、その商品番号が既に検出されているということを比較により確認することができる。 At the beginning of the interrogation signal, when transmitting the list of scanners already detected product number, each transponder can be confirmed by comparison that the product number has already been detected. このために、 各トランスポンダは、メモリビットをセットし、その商品番号の伝送に最早応答しない。 For this, each transponder sets the memory bit, no longer respond to the transmission of the product number. 従って、単数又は複数の伝送チャネルで、競合するトランスポンダの数が、試行毎に減少する。 Accordingly, in one or more transmission channels, the number of competing transponder decreases for each trial. 特に、最早トランスポンダが質問信号に応動しないという事実により、高速且つ信頼度の高い最終基準が達成される。 In particular, by the fact that longer no transponder is responsive to an interrogation signal, a high final standard of high-speed and reliability is achieved. 唯一の欠点は、検出されるトランスポンダの完全なリストを各時間に伝送する必要があるという点にある。 The only disadvantage is the complete list of transponders to be detected in the fact that it is necessary to transmit to each time. つまり、不正確に検出された商品番号は再度消去されず、従って、存在しない品目が請求されることがあるという点である。 In other words, incorrectly detected product number is not erased again, therefore, it is that there may exist no items are claimed. 後者の欠点に対処するために、この方法は、検出期間後に検証期間を実行することによって補完される。 To address the latter disadvantage, the method is complemented by performing the verification period after the detection period. この場合には、スキャナは、商品番号を全て、受取信号が要求されているということを示す指示と一緒に個別に送信する。 In this case, the scanner transmits individually with indication that all the product number, receiving signals are required. アドレスされた各トランスポンダは、商品番号の受取信号を送信する。 Each transponder addressed transmits the receipt signal of the product number. 受取信号がない場合、商品番号は、存在するものとして不正確に検出されたものである。 If there is no reception signal, product number is one which is incorrectly detected as being present. 商品番号を全て完全に伝送するのを回避するために、長時間に亘って、即ち、 キャパシタCS内に蓄電された作動電圧が消失する迄蓄積する必要がある。 To avoid all completely transmitted the product number, for a long time, i.e., it is necessary to accumulate up to operating voltage accumulated in the capacitor CS is lost. これは、電界効果トランジスタによって問い合わせられるキャパシタによって行われる。 This is done by a capacitor to be queried by a field effect transistor. この場合、数秒の蓄積時間が可能であり、比較的大きなキャパシタを用いると、数分掛かることもある。 In this case, it is possible to accumulate several seconds, the use of relatively large capacitors, sometimes take several minutes. 返送チャネルでのデータ伝送が完了すると、スキャナは、非特定の質問信号を直ぐに送信せず、先ず、トランスポンダのプロセッサμCで検出された商品番号を全て伝送し、キャンセレーションする。 When data transmission on the return channel is completed, the scanner does not transmit immediately the non specific interrogation signal, first, all the item number that has been detected by the processor μC transponder transmits, to cancellation. トランスポンダ内のプロセッサμCは、受信された番号を記憶されている商品番号と比較し、整合する場合には、エネルギ蓄積キャパシタを充電する。 Processor μC in the transponder is compared with the product number stored the received number, in case of matching, charges the energy storage capacitor. 検出された商品番号全ての伝送が終了した後、スキャナは、もう一度、非特定の質問信号を伝送する。 After the detected product number all the transmission is completed, the scanner again transmits a non-specific interrogation signal. トランスポンダ内のプロセッサは、エネルギ蓄積キャパシタを検査する。 Processor in the transponder examines the energy storage capacitor. キャパシタに何らかの電荷がある場合、このトランスポンダは、最早、非特定の質問信号への応答に関与せず、その結果、検出確率が増大する。 If there is any charge in the capacitor, the transponder is no longer, not involved in the response to non-specific interrogation signal, as a result, the detection probability is increased. キャパシタ内の電荷は、更に質問を行うためにリフレッシュされる。 Charge in the capacitor is refreshed for further questions. 数周期後、商品品目が全て、記録される。 After a few cycles, all the merchandise items, are recorded. つまり、エネルギ蓄積キャパシタは、集積化されたキャパシタにするとよい(ダイナミックデジタルメモリ又はEEPROM又はEAROMと呼ばれるメモリ素子から公知である)。 That is, the energy storage capacitor (known from the memory device called a dynamic digital memory or EEPROM or EAROM) that integrated may be the capacitor. 択一選択的に、第2のエネルギ蓄積キャパシタを設けてもよく、このキャパシタは、CMOSメモリセルを1つしか給電せず、 それから、このメモリセルは、比較的長い時間に亘ってキャンセレーションを蓄積することができる。 Alternatively selectively may be provided a second energy storage capacitor, this capacitor is not only one CMOS memory cell power supply, then, the memory cell, the cancellation over a relatively long time it can accumulate. 正確に検出されて、スキャナからトランスポンダに伝送される商品番号は、トランスポンダの実施例では、返送チャネルで、商品番号全体を返送することによって最善に受取信号を送信する。 Is accurately detected, product number transmitted from the scanner to the transponder, in the embodiment of the transponder, in return channel, transmits a receipt signal to the best by returning the entire product number. このようにして不正確であると検出された商品番号は、受取信号を送信されないので、この結果、不正確な検出に対する信頼度が高くなる。 Such product number is detected to be inaccurate in the, because not transmitted the receipt signal, the result, the reliability is high for the inaccurate detection. 1変形構成では、スキャナが、短いフィールド減衰を使用して、スタート信号を発生し、それにより、トランスポンダが送信開始するように構成される。 In one modified configuration, scanner, using short field attenuation, generates a start signal, and thereby, as a transponder to start transmission. この変形構成は、特に、トランスポンダからスキャナへの返送チャネルが、フィールドの減衰の形式で実施される場合に使用することができる。 This modified configuration is particularly return channel from the transponder to the scanner can be used when it is implemented in the field of damping format. この場合、スキャナは、トランスポンダにエネルギを送信し続け、トランスポンダがそのデータを送信する時間周期は、エネルギがトランスポンダ内のキャパシタに蓄積される場合よりも長くすることができる。 In this case, the scanner continues to send energy to the transponder, the time period in which the transponder transmits its data can be longer than if the energy is stored in the capacitor in the transponder. スタート信号は、当然、フィールド減衰の形式での信号ビットから構成されているのみならず、トランスポンダの伝送許可信号として使用されるスキャナからの情報での所定のビットシーケンスの目的として使用してもよい。 Start signal, of course, not only is composed of signal bits in a field attenuation formats may be used for the purpose of a predetermined bit sequence of the information from the scanner to be used as a transmission permission signal of the transponder . 伝送エラーに対する改善された信頼度は、スタート信号後の時間が、複数の等期間の時間スロットに分割され、各トランスポンダは、ランダムに選択された時間スロットのスタート時にのみ、所定速度で伝送することによって可能である。 Improved reliability of the transmission errors, the time after the start signal is divided into time slots of a plurality of equal duration, each transponder, only at the start of the randomly selected time slot, transmitting at a predetermined speed it is possible by. つまり、伝送トランスポンダのビット変化は全て、ほぼ同一時間で行われ、特に、スキャナがデータ値をスキャンニングしている場合には行われない。 That is, the bit change in transmission transponder all carried out at approximately the same time, in particular, the scanner is not performed if you scanning data values. 従って、 所定のビットエラーは、前述のインターリーブOR作動のように生じるようになる。 Thus, the predetermined bit error will produce as interleave OR operation described above. エラー補正符号により、その計算された効率が、特に、この変形構成の場合のように、エラーのメカニズムが分かっている場合に達成される。 The error correction code, the calculated efficiency, in particular, as in the case of this modified configuration is achieved when you know the error mechanisms. 更に、衝突の確率全体が著しく低減されるか、又は、衝突により、例えば、2つの信号でのO R作動が、各信号の1つに等しい場合に、両信号が誤る頻度が小さくなる。 Furthermore, either the entire collision probability is significantly reduced, or, by the collision, for example, O R operation in two signals, if they are equal to one of the signals, the frequency of both signals is erroneous is smaller. 択一選択的な変形構成では、伝送後の時間が、各時間スロットに分割され、これらの時間スロットの1つが、その商品番号に応じて、各トランスポンダに割り当てられる。 In an alternative selective modification of the structure, time after transmission is divided into time slots, one of these time slots, depending on the product number is assigned to each transponder. それから、トランスポンダは、各時間スロットをカウントし、それに割り当てられた時間スロット内で伝送する。 Then, the transponder counts each time slot, to transmit in the time slot allocated to it. この際、多数のトランスポンダがある場合に、信頼度の高い応答を達成するために、トランスポンダは、時間ベースとして伝送領域の周波数を使用し、フィールドの減衰又はかなり低い周波数を応答として使用する。 At this time, when there are a large number of transponders, in order to achieve a reliable response, the transponder, using a frequency of the transmission area as a time-based, use a decay or much lower frequency field in response. つまり、ワンアウトオブn符号が使用され、その際、nは、可能なトランスポンダの個数である。 In other words, one-out-of-n code is used, where, n is the number of transponders available. これは、例えば、5000品目数に対して5000ビットの2進語として使用される。 This may, for example, is used as a binary word of 5000 bits for 5000 number of items. 従って、返送チャネルでの12k Bpsの特定のデータ速度では、1/2秒内でトランスポンダを全て識別することができる。 Accordingly, the particular data rate of 12k Bps in return channel, it is possible to identify all the transponders within 1/2 seconds. しかし、この方法は、個別の干渉パルスに対して敏感である。 However, this method is sensitive to individual interference pulse. 前述の方法と組み合わせて、例えば、検出された番号を一時的にキャンセリングすることによって、信頼度を改善するか、又は、前述の方法に較べて速度を増大することができる。 In combination with the method described above, for example, by temporarily canceling the detected number, improve reliability, or may increase the speed as compared with the above-described method.更に、受取信号を、プール信号にする必要はなく、商品番号自体を有するか、又は、商品番号自体から導出された検査合計、例えば、CRC−1 6(商品番号のサインとも呼ばれる)を有するようにしてもよい。商品番号は、完全に符号化されるのではなく、ハッシュ符号と同様にして、商品番号の数が同一時間スロットを占めでいるので、この時間スロットは比較的長く続き、従って、干渉の影響を受け難い。トランスポンダの数は、商品番号の数よりも遙かに小さいので、これらの大抵の時間スロットは、統計的に占有されていない。スキャナは、占有時間スロット用に容易に使用できる商品番号を問い合わせしさえすればよい。しかし、ハッシュ符号とは異なって、時間スロットの多重占有が望ましい。と言うのは、スキャナは、何れにせよ、時間スロット内の商品番号を全て検査する必要があるからである。従って、商品番号は、例えば、同一時間スロット内で生じる特価提供品、又は、同一時間スロットを有する同一商品グループのように、割り当てる必要がある。提供されている商品が、異なった製造業者からの同一商品を含む場合に、大体、同様の種類の同一商品品目が販売されるので、異なった時間スロットが、異なった製造業者によって占められるようにすると有意義である。妨害パルスに対する保護は、Walsh又はRademacher関数を使用することによって可能でるが、但し、スキャナが、フィールドの減衰又は受信した返送信号の強度を、2進形式のみならず、定量的にも、振幅に基づいて評価する場合に可能である。各トランスポンダ間の距離は、スキャナとトランスポンダとの間の距離よりも小さいので、トランスポンダ全てのフィールドの減衰は、大凡同じである。個別トランスポンダから返送された応答信号は、このようにして付加的に重畳される。商品番号は、ワンアウトオブn符号で繰り返されるのではなく、Walsh関数として符号化される。公知のWalsh関数は、直交ステップ関数の集合として表され、その重畳は、フーリエ解析同様の計算処理によって解析することができる。テキサスインスツールメント製のタイプTMS320 のような信号プロセッサが、例えば、スキャナでの、この目的のために使用され、その結果、Walsh関数による解析が短時間で実行される。 Walsh関数は、相互に直交しており、Walsh関数による受信信号の乗算の平均値により、このWalsh関数を使用した伝送トランスポンダのフィールド強度が得られ、又は、Walsh関数が伝送内に含まれていない場合にはゼロである。個別妨害パルスは、従って、伝送期間全体に亘って積分され、このようにして、フィルタリングされる。 2 n個のトランスポンダの集合は、常に2 nビットを必要とし、 8,192ビットの応答が、8,192品目のシンプルワンアウトオブn符号化用に必要であり、その応答は、クロックによって伝送信号に同期化されている。本発明の別の変形実施例では、返送応答で複数ビットを含む時間スロットが使用される。この場合には、スキャナは、非特定の質問信号を伝送し、即ち、高周波フィールドにスイッチオンし、例えば、1msの持続期間での短いフィールド減衰によって質問信号を開始する。受信器は、ランダム数発生器によって0.1秒のステップで決められる0〜5秒の時間待機し、従って、約50個の時間スロットが発生される。待機時間は、有利には、但し、必須ではないが、スキャナのフィールド周波数から導出される。この待機時間後、各トランスポンダは、完全に1時間スロット内に適合化される、その応答を伝送する。何らかの所望の返送伝送方法が、この場合に使用され、即ち、部分的な衝突は生じないので、周波数キーイングを含むようにしてもよい。スキャナは、検査合計を応答パケット内で使用して、何ら衝突のない応答パケットを検出し、トランスポンダに対して受取信号を返送する。改善実施例では、フィールド減衰のようなOR演算を含む返送伝送方法が使用され、返送伝送用のクロックが伝送フィールドの周波数から導出され、その結果、定義されたOR演算が応答時に実行される。 2つのトランスポンダが1時間スロット内で衝突した場合、このことは、検査合計を介して検出される。スキャナの処理ユニットで、受信ビットパターンが、頻繁に使用される商品番号の1つを含むかどうかを見つけるために、検査処理が使用される。受信ビットパターンが、頻繁に使用される商品番号の1つを含む場合には、この商品品目は、受取信号での特定の質問信号によってキャンセルされる。択一選択的には、符号を使用し、この符号の検査合計により、2つの値でOR演算が行われているかどうか見つけられる。これは、例えば、エラーシンドロームが第2の符号語を示すエラー補正符号を有する場合である。 1つのシンプルであるが、あまり効率的でない解決手段では、再度、ワンアウトオブn符号が使用され、 この符号では、OR演算により、何ら情報は劣化しない。相応の符号を使用するのに対して択一選択的に、新たに割り当てられた商品番号を検査して、その商品番号と、既存の商品番号の内のどれかとのOR演算により、情報が消失しているかどうかを決定することができ、場合によっては、一義的な解析が可能となる迄変更してもよい。このような特徴を持った商品番号は、 販売されていない時点で、従って、商品勘定システムの計算力を必要とされていない場合に、これから使用するために準備していおくとよい。商品番号がランダムに配分されればされる程、本発明の既述の方法の効率が一層改善されるので、厖大な数の商品番号がある場合、商品番号の予備選択が予め実行される。この場合、頻繁に生じる商品番号のリストを、スキャナのデータ処理装置に使用することができる。このリストは、先ず、トランスポンダが、この番号に直ぐに応答して、この番号をキャンセルするようにするために使用される。それから、これらの番号が、この方法から除去されるので、衝突の回数が著しく減少する。この「ヒットリスト」は、有利には、例えば、その日の開始以来又は最終時間内でキャンセルされた商品品目の数が評価され、極めて一般的なものが、この「ヒットリスト」内に含まれ、又は「ヒットリスト」を形成する演算中ダイナミックに適合化される。予備選択の他の変形実施例では、商品番号が商品品目のタイプ又は項目番号を示す部分、個別商品をマークする数値領域に分割される。最も簡単な場合には、 スキャナにより、各タイプの商品に対して質問信号が伝送され、その結果、後続の期間中、この商品番号が含まれている個別商品だけを決定する質問信号が伝送され、従って、衝突の確率が低減する。改善された変形実施例では、商品番号とマークの両方が伝送され、その際、マーク内に含まれている商品番号のビットだけが、比較の際に考慮される。この実施例に対する択一選択実施例では、2つの商品番号、即ち、上側限界と下側限界を用いて、商品番号の範囲を特定することができる。商品番号とマークを伝送することによって、2進サーチが可能となり、この2 進サーチは、特に、統計的に大凡不均一に配分された商品番号に対して使用することができる。この場合、マスク及び商品番号のトップビットだけが初めにセットされる。応答なし又は衝突なしの応答が記録されている場合、商品番号内にセットされたトップビットを有する別の商品はないと言うことができ、残りのサーチは、上側ビットがリセットされた商品番号に制限される。衝突が生じると、マスク内のトップビットの次のビットがセットされ、商品番号のトップビットから第2のビットを使用して検査が行われる。約100万の数値範囲で、つまり、20ビットの商品番号では、衝突のない応答を達成するために、バスケット内の各商品品目に対して最大20個の質問信号が必要である(但し、各試行は、トップビットから再度開始されるとした場合)。しかし、例えば、32個の商品品目の小さなサブセットしかバスケット内にないので、衝突のない質問は、平均して、僅か5回の質問後に達成される。これは、通常シーケンス内のマスクのビットよりも寧ろ所定シーケンス内のマスクのビットを使用することによって達成され、この所定シーケンスにより、統計的に良好に配分することができる。例えば、商品番号は、製造業者の番号で開始され、その結果、関連のビットは、識別にはあまり役立たない。常に、販売活動が行われていない時間内の夜に実行される準備段階で、ビット位置と、コンピュータ内に記憶されている在庫リストとの間の統計的な相関関係が決定される。質問で使用される最初のビット位置は、頻度ができる限り50%に近い位置である。この場合、個別商品番号を、この数で重み付けするために、販売中の商品の実際の数又は推定数を使用することができる。衝突回避用の既述の方法の1つと組み合わせると、2進選択試行の回数を著しく低減することができる(例えば、時間スロットを使用して、ファクタとしての時間スロットの数によって平均化した場合、トランスポンダの数は、効果的に時間スロットに亘って配分されるので)。 32のトランスポンダの総数が、このようにして、例えば、8個の時間スロットに亘って配分され、その結果、効果的に、ただ4つのトランスポンダが、依然として各場合に衝突することがあり、商品番号は、平均4回の質問で決定することができる。選択試行の場合には、特に、2進サーチの場合、非常に長い商品番号用の受取信号の応答は、商品番号のサイン、即ち、一般形式の検査合計に限定することができる。 2進サーチが、このサーチ領域に十分に制限されると即座に、このサインは、商品番号を定義するのに完全に適している。ここまでは、各トランスポンダは、唯一の番号を持っているものと仮定してきた。しかし、ショッピングバスケットを登録する場合には、同一商品番号を有するトランスポンダにより、同一商品品目の数を決定する方法を有することが所望である。このための第1の解決手段では、Walsh関数を用いて、スキャナとトランスポンダとの距離が、各トランスポンダ間の距離よりも、かなり大きくされる( 例えば、ファクタ10だけ)。この場合、基準トランスポンダは、ショッピングバスケットに適合されており、その応答フィールド強度は、基準として使用される。 1トランスポンダが一回以上存在する場合、Walsh関数による解析により、この番号用の相応のファクタが得られる(と言うのは、その際、2つのトランスポンダでは、1つのトランスポンダの場合よりも、実質的に2倍の大きさのスキャナでの効果が生じる。 この場合には、送信器をショッピングバスケットの近くに配設して、2つ以上の受信器をショッピングバックから離れた所に配設するとよく、その結果、ショッピングバスケットは、各受信器間の大凡中心に配設される。ショッピングバスケットを各受信器間の中心に配設する代わりに、ショッピングバスケットの位置を測定することができるように、装置を、ショッピングバスケットに適合化させるようにしてもよい。既知の距離により、各信号を一層良好に相関させることができる。Walsh関数の代わりに、処理中に、検査されたトランスポンダ番号全てを個別に検査し、応答信号の強度は、各トランスポンダの数として評価されるステップが使用される何らかの検査方法を使用してもよい。 択一選択的な解決手段では、トランスポンダが所定の商品番号を有しているけれども、ランダム数発生器によって発生された番号で問い合わせられた場合に一時的な商品番号がトランスポンダによって与えられ、 この商品番号は、必要な場合、質問信号サイクルの回数に亘って記憶してもよい。 択一選択的な形式では、返送された信号のフィールド強度の大きさから同一商品番号の同一トランスポンダの番号が決定される。この場合、返送信号用の受信器を、トランスポンダとの距離が、各トランスポンダ間の距離 りも著しく大きいように配設することが容易にできるという認識を利用するとよい。フィールド強度は、距離の2乗で減少するので、トランスポンダは全て、距離の2乗に比較して、受信器から大凡同じ距離の個所に位置しており、受信フィールド強度は、 従って、各トランスポンダの数に比例している。基準トランスポンダは、ショッピングバスケットに適合化されており、フィールド強度が個別トランスポンダに相応している比較信号を供給する。2つ以上のトランスポンダを、ショッピングバスケットが、これらの2つ以上のトランスポンダによって示される多角形の大凡中心に位置しているようにして使用することによって、その結果得られる信号を著しく改善することができる。直ぐ分かるように、必要な場合、初期期間後、 商品番号を決定するために、基準トランスポンダを、決定すべきトランスポンダとは独立して作動させ、そのトランスポンダを同一時間で、その返送信号を伝送するために決定する必要がある。エラーに対して保護するために、ショッピングバスケットがスキャナとは別の位置に位置している場合には、2つ以上のスキャナを使用する前述の方法を実行することができる。結果が異なっている場合には、手動で検査するとよい。

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 ギュンター バイツ ドイツ連邦共和国 D―13503 ベルリン クラントーアヴェーク 13 ────────────────────────────────────────────────── ─── of the front page continued (72) inventor Gunther Bites Federal Republic of Germany D-13503 Berlin clan Toa Weserblick click 13

Claims (1)

  1. 【特許請求の範囲】 1. [Claims] 1. 複数のトランスポンダを識別する方法において、前記トランスポンダは、 スキャナの伝送領域内に配置されていて、それぞれの前記トランスポンダを識別する異なった番号を有しており、以下のステップを有しており:即ち、 −スキャナは、少なくとも、伝送領域を活性化することによって、質問信号を伝送し、 −前記ステップに続いて、応答用の許容時間に達すると、前記各トランスポンダは、所定限界内のランダムな時間の間待機し、それから、当該トランスポンダの、有利には、検査される符号で符号化された番号を伝送し、 −前記スキャナは、受信された正しい番号を全てリスト内に入れ、前記質問を少なくとも一回繰り返し、付加的に受信された幾つかの正しい番号をリストに補完するステップを有していることを特徴とする方 A method of identifying a plurality of transponders, the transponders have been placed within the transmission area of ​​the scanner has a different number for identifying each of the transponders, has the following steps: namely , - scanner least, by activating the transmission region transmits an interrogation signal, - subsequent to the step, reaches the allowable time for response, each transponder, a random time within predetermined limits waits for, then, of the transponder, advantageously transmits the code in encoded number to be tested, - the scanner is placed in all the correct number received in the list, at least the question Write characterized in that it comprises a step of complementary repeated once, the additionally received several correct number to the list 法。 Law. 2. 2. 何らかの別の補完が行われないような繰り返しの回数に達する迄、方法を繰り返す請求項1記載の方法。 Until reaching the number of repetitions of such some other complementary is not performed, the method of claim 1, wherein repeating the process. 3. 3. 請求項1記載の方法であって、 −スキャナは、予め検出された各番号を質問信号と一緒に全て伝送し、 −各トランスポンダは、前記各番号をデコードして、当該各番号を、当該各トランスポンダ固有の番号と比較し、 −前記各トランスポンダ内に一致するトランスポンダがあると、当該トランスポンダ固有の識別番号の伝送を遮断し、 −前記トランスポンダが最早質問信号に応答しなくなる迄前記各ステップを繰り返す方法。 A The method of claim 1, - the scanner, all transmit each number that has been previously detected with the interrogation signal, - each transponder decodes the respective number, the respective number, the respective compared to the transponder unique number, - if there is a transponder that matches the in each transponder, blocks the transmission of the transponder-specific identification number, - repeating said steps until the transponder is no longer responsive to longer interrogation signal Method. 4. 4. 請求項1記載の方法であって、 −要求後、スキャナは、新たに検出された番号を伝送し、 −各トランスポンダは、前記各番号をデコードして、当該各番号を当該各トランスポンダ固有の番号と比較し、 −一致するトランスポンダがあると、当該トランスポンダは、メモリセルを活性化し、 −メモリセルが活性化された場合、後続の繰り返しの間、トランスポンダの固有の番号の伝送を遮断し、 −前記トランスポンダが最早質問信号に応答しなくなる迄前記各ステップを繰り返す方法。 A The method of claim 1, - after the request, the scanner transmits a newly detected number, - each transponder decodes the respective numbers, numbers the respective number of unique said each transponder compared to, - when there is a matching transponder, the transponder, the memory cell is activated, - and blocked when the memory cell is activated, during subsequent iterations, the transmission of a unique number of the transponder, - method of repeating the steps until the transponder is no longer responsive to longer interrogation signal. 5. 5. トランスポンダによる返送伝送用の時間は、所定数の時間スロットに分割され、スタート時間のランダム選択は、時間スロットの開始時点に限定される請求項1〜4までのいずれか1記載の方法。 The time for return transmission by the transponder is divided into a predetermined number of time slots, the random selection of start time, the method as claimed in any one of up to claim 1 which is limited at the start of the time slot. 6. 6. 複数のトランスポンダを識別する方法において、前記トランスポンダは、スキャナの伝送領域内に配置されていて、それぞれの前記トランスポンダを識別する異なった番号を有しており、以下のステップを有しており:即ち、 −スキャナは、少なくとも、伝送領域を活性化することによって、質問信号を伝送し、 −応答用に許容された時間後の時間が、等期間の幾つかの時間スロットに分割され、1つ以上の時間スロットを各番号に割り当てる符号化を予め決定し、 −各トランスポンダは、当該各トランスポンダに割り当てられた前記時間スロット内で受取信号を伝送するステップを有することを特徴とする方法。 A method of identifying a plurality of transponders, the transponders have been placed within the transmission area of ​​the scanner has a different number for identifying each of the transponders, has the following steps: namely , - scanner least, by activating the transmission region transmits the interrogation signal, - the time after which the allowable time for response is divided into several time slots of equal duration, one or more the time slot predetermine coding to be allocated to each number, - each transponder, a method characterized in that it comprises the step of transmitting a receive signal within the said time slot allocated to each transponder. 7. 7. 時間スロットの個数は、番号の数量よりも大きく、各番号は、少なくとも1つの時間スロットに割り当てられ、時間スロットが1つの番号よりも多数割り当てられない請求項6記載の方法。 The number of time slots is greater than the quantity of numbers, each number is assigned to at least one time slot, The method of claim 6, wherein the time slot is not assigned multiple than one number. 8. 8. 受取信号は、番号又は前記番号のサインを含む請求項6又は7記載の方法。 Receiving signal The method of claim 6 or 7 wherein including sign of number or the number. 9. 9. 直交Walsh又はRademacher関数のセットのn番目の関数が、符号化として使用され、前記関数のビットの番号は、時間スロットの番号に等しい請求項6記載の方法。 Orthogonal Walsh or sets the n-th function of the Rademacher function is used as the encoding, number of bits of the function The method of claim 6, wherein equal to the number of the time slot. 10. Ten. 返送伝送信号の振幅が評価される請求項9記載の方法。 The method of claim 9, wherein the amplitude of the return transmission signal is evaluated. 11. 11. 質問信号は、マスクを含み、当該マスクによりアドレスされたトランスポンダだけが活性化される請求項1〜10までのいずれか1記載の方法。 The interrogation signal includes a mask, The method of any one of only transponders address by the mask until claims 1 to 10 is activated. 12. 12. マスクは、ビットマスクであり、トランスポンダの番号の2進表示がビットマスクと相関されているトランスポンダだけが活性化され、方法を2進サーチのために使用する請求項11記載の方法。 Mask is a bit mask, only transponder binary representation of the number of transponders are correlated with the bit mask is activated, the method of claim 11 wherein the methods of use for the binary search. 13.2進サーチは、ビット重みの自然シーケンスとは異なったシーケンスで使用される請求項12記載の方法。 13.2 binary search method of claim 12, wherein for use in a different sequence from the natural sequence of the bit weight. 14. 14. スキャナは、質問信号と一緒に、最大値及び最小値によって特定される間隔を伝送し、当該間隔内に入っているトランスポンダだけを活性化する請求項1 〜10までのいずれか1記載の方法。 Scanner, together with the interrogation signal, transmits the interval specified by the maximum and minimum values, method of any one of the only transponder contained within the spacing to claim 1 to 10 to activate. 15. 15. ビットマスクは、衝突確率が低減されるように選択されている請求項11 〜14までのいずれか1記載の方法。 Bitmask method of any one of up to claim 11 to 14 being selected as collision probability is reduced. 16. 16. 衝突確率を低減するために、マスキングのシーケンスが、以前の方法の経過から得られたデータから得られる請求項15記載の方法。 To reduce collision probability, a sequence of masking The method of claim 15, wherein obtained from the data obtained from the course of the previous methods. 17. 17. スキャナの伝送領域内に配置された1つ以上のトランスポンダが問題となっている場合に、トランスポンダの番号を決定する方法であって、以下の特徴を有しており:即ち、 −前記スキャナからの第1の信号により、前記問題のトランスポンダが同時に返送信号を伝送し、 −前記スキャナからの第2の信号により、基準トランスポンダが返送信号を伝送し、前記問題のトランスポンダは返送信号を伝送せず、 −前記返送信号を受信する受信器に対する距離の2乗は、存在するトランスポンダの最大数によって乗算されたトランスポンダ全ての間の最大距離の2乗よりも大きく、 −トランスポンダの数は、前記問題のトランスポンダが活性化された場合に返送信号のフィールド強度を、基準トランスポンダが活性化された場合に返送信号のフ If one or more transponders which are arranged in the scanner of the transmission region is a problem, a method of determining the number of transponders have the following characteristics: namely, - from the scanner the first signal, transmitting the transponder return signal simultaneously the problem, - the second signal from the scanner, the reference transponder transmits a return signal, the transponder of the problem without transmitting the return signal, - the square of the distance to the receiver for receiving the return signal is greater than the square of the maximum distance between all transponders multiplied by the maximum number of transponders present, - the number of transponders, the problem transponder off of the return signal when but the field strength of the return signal when activated, the reference transponder is activated ィールド強度によって除算することによって決定されることを特徴とする方法。 Method characterized in that is determined by dividing the field intensity. 18.1つ以上のトランスポンダが使用され、前記トランスポンダ間の距離は、 各トランスポンダ間の最大距離である請求項17記載の方法。 It is used 18.1 or more transponders, the distance between the transponder The method of claim 17, wherein the maximum distance between each transponder. 19. 19. 共通の1送信器を有する1つ以上の受信器が使用され、前記受信器の結果が比較される請求項17又は18記載の方法。 One or more receivers having a common 1 transmitter is used, the method according to claim 17 or 18, wherein said receiver results are compared.
JP52200598A 1996-11-08 1997-07-24 Shopping basket scanner Pending JP2001504608A (en)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
DE19646153.7 1996-11-08
DE1996146153 DE19646153A1 (en) 1996-11-08 1996-11-08 Warenkorbabtaster
PCT/DE1997/001565 WO1998021685A2 (en) 1996-11-08 1997-07-24 Shopping basket scanner

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2001504608A true JP2001504608A (en) 2001-04-03

Family

ID=7811076

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP52200598A Pending JP2001504608A (en) 1996-11-08 1997-07-24 Shopping basket scanner

Country Status (4)

Country Link
EP (1) EP0937290A2 (en)
JP (1) JP2001504608A (en)
DE (1) DE19646153A1 (en)
WO (1) WO1998021685A2 (en)

Families Citing this family (15)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US8538801B2 (en) 1999-02-19 2013-09-17 Exxonmobile Research & Engineering Company System and method for processing financial transactions
DE19950554A1 (en) * 1999-10-20 2001-04-26 Tuev Man Service Gmbh Unterneh Method of operating product information for managing product-specific information e.g. for department stores and building material supermarkets, involves use of product information system of controlling organization
DE19955464A1 (en) * 1999-11-08 2001-07-19 Heinz Brych Arrangement for object detection and identification has high frequency transmitters and receivers with couplers, capacitance sensors, inductance sensors, frequency change detector
US7506250B2 (en) 2002-09-03 2009-03-17 Ricoh Company, Ltd. Techniques for determining electronic document information for paper documents
US7884955B2 (en) 2002-09-03 2011-02-08 Ricoh Company, Ltd. Techniques for performing actions based upon physical locations of paper documents
US7652555B2 (en) 2002-09-03 2010-01-26 Ricoh Company, Ltd. Container for storing objects
US7129840B2 (en) 2002-09-03 2006-10-31 Ricoh Company, Ltd. Document security system
US6860422B2 (en) 2002-09-03 2005-03-01 Ricoh Company, Ltd. Method and apparatus for tracking documents in a workflow
US7424974B2 (en) 2002-09-03 2008-09-16 Ricoh Company, Ltd. Techniques that facilitate tracking of physical locations of paper documents
DE10254151A1 (en) * 2002-11-20 2004-06-17 Siemens Ag A method for collision-free data transmission between read / write devices (SLG) and a mobile data memory (MDS), as well as read / write devices (SLG), mobile data memory (MDS) and identification system for such a method
DE10309419A1 (en) * 2003-03-05 2004-09-16 Leopold Kostal Gmbh & Co Kg Method for identification of mobile transponder e.g. for access authorization test system for buildings, selects possible time slot for answer according to random number
DE102004018541A1 (en) 2004-04-14 2005-11-17 Atmel Germany Gmbh A method for selecting one or more transponders
DE102004046865B4 (en) * 2004-09-27 2018-01-25 Infineon Technologies Ag Identification data carrier, reading device, identification system and method for operating an identification system
EP1659549A1 (en) 2004-11-23 2006-05-24 Wincor Nixdorf International GmbH Method and system for collecting article data
US8325019B2 (en) 2010-09-13 2012-12-04 Ricoh Company, Ltd. Motion tracking techniques for RFID tags

Family Cites Families (10)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US4471345A (en) * 1982-03-05 1984-09-11 Sensormatic Electronics Corporation Randomized tag to portal communication system
EP0285419B1 (en) * 1987-03-31 1994-08-24 Identec Limited Access control equipment
GB2259227B (en) * 1991-08-30 1995-10-18 Marconi Gec Ltd Improvements in or relating to transponders
RU2156540C2 (en) * 1992-08-26 2000-09-20 Бритиш Технолоджи гроуп Лимитед Identification system with querying unit and multiple responding units, responder of identification system
NL9300290A (en) * 1993-02-16 1994-09-16 Nedap Nv The simultaneous read out of a plurality of detection labels in an interrogation field, and determining the position of these labels.
GB2283600B (en) * 1993-11-02 1997-10-22 Nippon Denso Co Communication system
US5508705A (en) * 1994-01-10 1996-04-16 Spiess; Newton E. Vehicle identification classification and communication system
US5539394A (en) * 1994-03-16 1996-07-23 International Business Machines Corporation Time division multiplexed batch mode item identification system
US5530702A (en) * 1994-05-31 1996-06-25 Ludwig Kipp System for storage and communication of information
US5489908A (en) * 1994-07-27 1996-02-06 Texas Instruments Deutschland Gmbh Apparatus and method for identifying multiple transponders

Also Published As

Publication number Publication date
WO1998021685A3 (en) 1998-07-23
DE19646153A1 (en) 1998-05-14
EP0937290A2 (en) 1999-08-25
WO1998021685A2 (en) 1998-05-22

Similar Documents

Publication Publication Date Title
KR101054717B1 (en) Multifunctional device capable of electronic short-range wireless communication and its operation method
US5602538A (en) Apparatus and method for identifying multiple transponders
JP3795121B2 (en) Electronic identification system
JP3631958B2 (en) Noncontact close proximity automatic data collection system and method
AU670402B2 (en) Synchronised electronic identification system
US5995017A (en) Electronic identification system confirming valid code
JP3186989B2 (en) Wireless communication system
US6538564B1 (en) Multiple tag reading system
US7916001B2 (en) Methods for interrogating objects to be identified over a communications medium
US5150114A (en) Polling-type information transmission system
US6010074A (en) Contactless proximity automated data collection system and method with collision resolution
JP3045774B2 (en) Transponder for the proximity identification system
US5036308A (en) Identification system
US6617962B1 (en) System for multi-standard RFID tags
AU677611B2 (en) Transponder arrangement
US5698837A (en) Method and system for identifying and communicating with a plurality of contactless IC cards
JP4029361B2 (en) Radio-Frequency Engineering transponder with an antenna and frequency detuning circuit
ES2449742T3 (en) Ramp Interrogation Power Levels
US6177858B1 (en) Method for remotely interrogating tags, and station and tag implementing said method
US5266925A (en) Electronic identification tag interrogation method
EP0789254A2 (en) Detection of multiple articles
US4924210A (en) Method of controlling communication in an ID system
US5986570A (en) Method for resolving signal collisions between multiple RFID transponders in a field
US5550548A (en) Interrogator for detecting adjacent transponders
CN1205487C (en) Method of communication between plurality of remote units and control unit