JP2001502328A - 8 (9) - dehydrocholesterol estradiol derivatives - Google Patents

8 (9) - dehydrocholesterol estradiol derivatives

Info

Publication number
JP2001502328A
JP2001502328A JP51846298A JP51846298A JP2001502328A JP 2001502328 A JP2001502328 A JP 2001502328A JP 51846298 A JP51846298 A JP 51846298A JP 51846298 A JP51846298 A JP 51846298A JP 2001502328 A JP2001502328 A JP 2001502328A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
estradiol
dehydroepiandrosterone
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP51846298A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
ウィンクリー,マイケル・ウィリアム
エイデルマン,スティーブン・ジェイ
チャンドラセカラン,アパブ
プロジアレック,ドロシー・ヘレン
ベックス,フレデリック・ジェイムズ
ラビーンドラナス,パノリル
Original Assignee
アメリカン・ホーム・プロダクツ・コーポレイション
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Classifications

    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C07ORGANIC CHEMISTRY
    • C07JSTEROIDS
    • C07J1/00Normal steroids containing carbon, hydrogen, halogen or oxygen, not substituted in position 17 beta by a carbon atom, e.g. estrane, androstane
    • C07J1/0051Estrane derivatives
    • C07J1/0062Estrane derivatives substituted in position 17 alfa not substituted in position 17 beta
    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C07ORGANIC CHEMISTRY
    • C07JSTEROIDS
    • C07J1/00Normal steroids containing carbon, hydrogen, halogen or oxygen, not substituted in position 17 beta by a carbon atom, e.g. estrane, androstane
    • C07J1/0051Estrane derivatives
    • C07J1/0066Estrane derivatives substituted in position 17 beta not substituted in position 17 alfa
    • C07J1/007Estrane derivatives substituted in position 17 beta not substituted in position 17 alfa the substituent being an OH group free esterified or etherified
    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C07ORGANIC CHEMISTRY
    • C07JSTEROIDS
    • C07J31/00Normal steroids containing one or more sulfur atoms not belonging to a hetero ring
    • C07J31/006Normal steroids containing one or more sulfur atoms not belonging to a hetero ring not covered by C07J31/003

Abstract

(57)【要約】 本発明は、17α,Δ8,9−デヒドロエストラジオールまたはその3−硫酸エステルの医薬上許容される塩、および17β,Δ8,9−デヒドロエストラジオールまたはその3−硫酸エステルの医薬上許容される塩を提供する。 (57) Abstract: The present invention, 17.alpha, Deruta8,9- dehydroepiandrosterone estradiol or a pharmaceutically acceptable salt thereof 3 sulfate, and 17ß, Deruta8,9- dehydroepiandrosterone estradiol or a pharmaceutically its 3-sulfate ester providing acceptable salts.

Description

【発明の詳細な説明】 8(9)−デヒドロエストラジオール誘導体発明の背景 PREMARIN(複合ウマエストロゲン)などの実質上、純粋で低毒性の天然のエストロゲン組成物の使用は、エストロゲン欠乏の女性および他のホルモン関連障害における更年期症候群の症状、骨粗鬆症/骨不足を緩和するための好ましい薬理学的治療となっている。 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION 8 (9) - Background of dehydroepiandrosterone estradiol derivatives invention PREMARIN (composite equine estrogens) substantially, such as the use of natural estrogens composition of pure and low toxicity, the estrogen deficiency women and other menopausal symptoms syndrome in hormone-related disorder, has a favorable pharmacological treatments for alleviating osteoporosis / bone deficiency. 天然のエストロゲン組成物のエストロゲン成分は、一般に、エストロン、エキリン、エキレニン、17−β−エストラジオール、ジヒドロエキレニンおよび17−β−ジヒドロエキレニンの硫酸エステルとして同定されてきた(米国特許第2,834,712号)。 Estrogen component of natural estrogens compositions generally, estrone, equilin, equilenin, 17-beta-estradiol, it has been identified as sulfate esters of dihydro equi renin and 17-beta-dihydro equi renin (U.S. Pat. No. 2,834 , No. 712). エストロゲン組成物は、通常、有機または無機酸のアルカリ金属塩で実質的に約6.5ないし7.5の中性pHに緩衝化または安定化される。 Estrogenic composition is usually buffered or stabilized neutral pH of substantially about 6.5 to 7.5 with an organic or an alkali metal salt of an inorganic acid. また、尿素が安定化剤として使用されてきた(米国特許第3,608,077号)。 Further, urea has been used as a stabilizer (U.S. Pat. No. 3,608,077). 合成複合エストロゲンを安定化させるための抗酸化剤との混合、および加水分解を防止するためのトリス(ヒドロキシメチル)アミノメタン(TRIS)でのpH調節の失敗が、米国特許第4,1 54,820号において論議されている。 Mixing of the antioxidant to stabilize the synthetic conjugated estrogens, and the failure of pH control with tris order to prevent hydrolysis (hydroxymethyl) aminomethane (TRIS) are described in U.S. Patent No. 4,1 54, It is discussed in No. 820. 8,9−デヒドロエストロンは、9,11不飽和への異性化によるエストロンの合成的生産における中間体として(米国特許第3,394,153号)およびホルモンの3−シクロペンチルオキシ−17−エチニル誘導体の生産における中間体として(米国特許第3,649,621号)有用な既知化合物である。 8,9-dehydroestrone is 9,11 3cyclopentyloxy-17-ethynyl derivatives as intermediates (U.S. Pat. No. 3,394,153) and hormones in synthetic production of estrone by isomerization to the unsaturated as intermediates in the production is (U.S. Pat. No. 3,649,621) useful known compounds. さらに、8,9−デヒドロエストロンは、エストロゲン活性を有し、血中脂質レベルを低下させることが知られている(米国特許第3,391,169号)。 Furthermore, 8,9-dehydroestrone has estrogenic activity, it is known to lower blood lipid levels (U.S. Pat. No. 3,391,169). 8,9 −デヒドロエストロンのアルカリ金属塩、8,9−デヒドロエストロン−3−硫酸エステルおよびそのアルカリ金属塩、ならびにエストロゲン置換療法、アテローム性動脈硬化症および老年の骨粗鬆症におけるそれらの使用は、米国特許第5 ,210,081号および5,288,717号に開示されている。 8,9 - dehydrocholesterol estrone alkali metal salts of, 8,9-dehydroestrone-3-sulfate and an alkali metal salt, as well as their use in osteoporosis of estrogen replacement therapy, atherosclerosis and senile in U.S. Patent 5 is disclosed in US 210,081 and US 5,288,717. 発明の記載 本発明によると、17α,Δ8,9−デヒドロエストラジオールまたはその3 −硫酸エステルの医薬上許容される塩、および17β,Δ8,9−デヒドロエストラジオールまたはその3−硫酸エステルの医薬上許容される塩が提供される。 According to the described present invention of the invention, 17.alpha, Deruta8,9- dehydroepiandrosterone estradiol or a 3 - pharmaceutically acceptable salts of sulfuric acid esters, and 17ß, it is pharmaceutically acceptable for Deruta8,9- dehydroepiandrosterone estradiol or its 3-sulfate ester that salt is provided. これらをまとめて本発明の化合物と称する。 These are collectively referred to as compounds of the present invention. 17α,Δ8,9−デヒドロエストラジオールおよび17β,Δ8,9−デヒドロエストラジオールの構造を各々、 化合物Iおよび11として以下に示す。 17.alpha, Deruta8,9- dehydroepiandrosterone estradiol and 17ß, each structure of Deruta8,9- dehydroepiandrosterone estradiol, shown below as compound I and 11. 本発明の化合物は、また、その系統的命名法を使用することによって、17α ,Δ8,9−デヒドロエストロンおよび17β,Δ8,9−デヒドロエストロン;ならびに17α−エストラ−1,3,5(10),8−テトラエン−3,17 −ジオールおよび17β−エストラ−1,3,5(10),8−テトラエン−3 ,17−ジオールと名付けることもできる。 The compounds of the invention, also by using the systematic nomenclature, 17.alpha, Deruta8,9- dehydroepiandrosterone estrone and 17ß, Deruta8,9- dehydroepiandrosterone estrone; and 17α- estra-1,3,5 (10) , 8-tetraene-3, 17 - diol and 17β- estra-1,3,5 (10), 8-tetraene -3, may be termed a 17-diol. 17α,Δ8,9−デヒドロエストラジオール3−硫酸エステルまたは17β ,Δ8,9−デヒドロエストラジオール3−硫酸エステルの医薬上許容される塩は、アルカリ金属塩、アルカリ土類金属塩、アンモニウム塩、1−6個の炭素原子を含有するアルキルアンモニウム塩または各アルキル基に1−6個の炭素原子を含有するジアルキルアンモニウム塩および各アルキル基に1−6個の炭素原子を含有するトリアルキルアンモニウム塩を包含するが、それらに限定されるものではない。 17.alpha, Deruta8,9- dehydroepiandrosterone estradiol 3-sulfate ester or 17ß, Deruta8,9- dehydroepiandrosterone estradiol 3-pharmaceutically acceptable salts of the sulfuric esters, alkali metal salts, alkaline earth metal salts, ammonium salts, 1-6 including trialkylammonium salts containing pieces alkyl ammonium salt or dialkyl ammonium salt and 1-6 carbon atoms in each alkyl group containing 1-6 carbon atoms in each alkyl group containing carbon atoms but it is not limited to them. 17α,Δ8,9−デヒドロエストラジオール−3−硫酸ナトリウムまたは1 7β,Δ8,9−デヒドロエストラジオール−3−硫酸ナトリウムは、Δ8,9 −デヒドロエストロンの代謝産物であり、Δ8,9−デヒドロエストロンの投与後に形成される。 17α, Δ8,9- dehydroepiandrosterone estradiol-3-sodium sulfate or 1 7β, Δ8,9- dehydroepiandrosterone estradiol-3-sodium sulfate, Δ8,9 - a metabolite of dehydroepiandrosterone estrone, Deruta8,9- dehydroepiandrosterone estrone administration after being formed in. 従って、本発明は、また、1%純度以上の17α,Δ8,9− デヒドロエストラジオールまたはその3−硫酸エステルの医薬上許容される塩、 および1%純度以上の17β,Δ8,9−デヒドロエストラジオールまたはその3−硫酸エステルの医薬上許容される塩を提供する。 Accordingly, the present invention may also contain one percent purity or more 17.alpha, Deruta8,9- dehydroepiandrosterone estradiol or a pharmaceutically acceptable salt thereof 3 sulfate, and 1% pure or more 17ß, Deruta8,9- dehydroepiandrosterone estradiol or It provides a pharmaceutically acceptable salt of its 3-sulfate ester. 本発明に従って使用される場合、「治療する」なる語は、現存する症状の治療、症状の改善または症状の一時的な抑えの提供を包含し、「阻害する」なる語は、症状の進行もしくは発展を阻害または防ぐことを包含する。 When used according to the present invention, "treating" refers to, and encompasses a temporary restraining providing treatment, amelioration or symptoms symptoms symptoms existing, the term "inhibit", the symptoms of progression or It encompasses the inhibition or to prevent the development. 本発明の化合物は、実施例5に示すように、Δ8,9−デヒドロエストロンのイン・ビボでの代謝によって調製するか、またはスキームIおよび11に概説するように、Δ8,9−デヒドロエストロンから合成的に調製できる。 The compounds of the present invention, as shown in Example 5, as outlined or prepared by metabolism in vivo of Δ8,9- dehydroepiandrosterone estrone, or in Schemes I and 11, from Δ8,9- dehydroepiandrosterone estrone synthetically can be prepared. スキームIは、17α,Δ8,9−デヒドロエストラジオールおよびその3− 硫酸エステルの塩の調製を概説しており、水素化ホウ素ナトリウムのような適当な還元剤を用いてΔ8,9−デヒドロエストロンの17−ケトンの還元で開始して、17β,Δ8,9−デヒドロエストラジオールを製造する。 Scheme I, 17.alpha, Deruta8,9- de and outlines the preparation of hydro estradiol and salts thereof 3-sulfate ester, a Deruta8,9- dehydroepiandrosterone estrone with a suitable reducing agent such as sodium borohydride 17 - starting with the reduction of ketones, 17ß, producing Δ8,9- dehydroepiandrosterone estradiol. 他の水素化物還元剤は、水素化シアノホウ素ナトリウムまたは水素化アルミニウムリチウムなどを難なく使用できる。 Other hydride reducing agents, without difficulty and the like can be used sodium cyanoborohydride or lithium aluminum hydride. 塩化ベンゾイルまたは塩化アセチルなどの適当なアシル化剤を用いて3−ヒドロキシル基を選択的にアシル化できる。 It can be selectively acylated 3-hydroxyl group using an appropriate acylating agent such as benzoyl chloride or acetyl chloride. 17−位での立体化学の反転は、Mitsunobu反応を用いて行うことができる。 Inversion of stereochemistry at the 17-position can be carried out using the Mitsunobu reaction. 水酸化ナトリウムのような適当な水性塩基でのアシル基の加水分解により、17α,Δ8,9 −デヒドロエストラジオールを得る。 By hydrolysis of the appropriate acyl group with aqueous base such as sodium hydroxide, 17α, Δ8,9 - obtain dehydroepiandrosterone estradiol. 3−硫酸エステルを形成させるために、ジオールを無水酢酸のような適当なアシル化剤でアシル化し、メタノール中の炭酸カリウムのような穏やかな塩基性条件を用いて3−アシル基を選択的に切断する。 To form the 3-sulfate ester, a diol was acylated with appropriate acylating agents such as acetic anhydride, the 3-acyl group using mild basic conditions such as potassium carbonate in methanol selectively to cut. 3−硫酸エステルの形成は、三酸化硫黄−アンモニア、−アルキルアミン、− ジアルキルアミンまたは−トリアルキルアミン試薬、例えば、三酸化硫黄−トリエチルアミンまたは三酸化硫黄−ピリジンを用いて行うことができる。 Formation of 3-sulfate ester, sulfur trioxide - ammonia, - alkylamines, - dialkylamines or - trialkylamine reagent, e.g., sulfur trioxide - can be carried out using pyridine - triethylamine or sulfur trioxide. 得られる3−硫酸エステルのアンモニウム、モノアルキルアンモニウム、ジアルキルアンモニウムまたはトリアルキルアンモニウム塩は、所望により酸を経て、カチオン交換により別の塩に変換できる。 Ammonium obtained 3-sulfate ester, monoalkyl ammonium, dialkyl ammonium or trialkylammonium salt, through the desired acid can be converted to another salt by cation exchange. 例えば、3−硫酸エステル金属塩への変換は、 金属水酸化物溶液を用いて行うことができる。 For example, conversion to 3-sulfate metal salt can be carried out using a metal hydroxide solution. 17α,Δ8,9−デヒドロエストラジオールならびにその3−硫酸エステルのナトリウムおよびトリエチルアンモニウム塩の調製は、実施例1に示す。 17.alpha, Deruta8,9- de preparation of hydro estradiol and sodium and triethylammonium salts of its 3-sulfate ester, shown in Example 1. スキーム1 Scheme 1 同様に、17β,Δ8,9−デヒドロエストラジオールおよびその3−硫酸エステルの塩をスキームIIに示すように調製でき、Δ8,9−デヒドロエストロンから開始し、但し、17−位での立体化学の反転は必要ない。 Similarly, 17ß, Deruta8,9- de salt of hydro estradiol and its 3-sulfate ester can be prepared as shown in Scheme II, Deruta8,9- starting from dehydroepiandrosterone estrone, however, the stereochemistry at the 17-position inversion there is no need. スキームIIに概説されたプロセスを用いて、17β,Δ8,9−デヒドロエストラジオールならびにその3−硫酸エステルのナトリウムおよびトリエチルアンモニウム塩を製造する。 Using the process outlined in Scheme II, 17ß, producing Δ8,9- dehydroepiandrosterone estradiol and sodium and triethylammonium salts of its 3-sulfate ester. 3−硫酸エステルの他の塩は、使用する塩基を変えることによって形成できる。 Other salts of 3-sulfate ester may be formed by changing the base used. 17β,Δ8,9−デヒドロエストラジオールならびにその3−硫酸エステルのナトリウムおよびトリエチルアンモニウム塩の調製は、実施例2に示す。 17ß, Deruta8,9- de preparation of hydro estradiol and sodium and triethylammonium salts of its 3-sulfate ester, shown in Example 2. スキーム11 Scheme 11 実施例1および3の化合物は、経時により分解が見られた。 The compounds of Examples 1 and 3, the decomposition was observed over time. 実施例1および3 の化合物のTRIS安定化複合体の調製は、各々、実施例2および4に示される。 Preparation of TRIS stabilizing complexes of the compounds of Examples 1 and 3, respectively, shown in Example 2 and 4. 未成熟の雌マウスおよび卵巣切除ラットにおける子宮成長をエストロゲン性の評価として測定したイン・ビボでの標準的な薬理学試験方法において示されるように、本発明の化合物はエストロゲン化合物である。 Uterine growth in immature female mice and ovariectomized rats as shown in the standard pharmacological test methods in vivo, measured as an evaluation of the estrogenic compounds of the present invention are estrogenic compounds. 17α,Δ8,9−デヒドロエストラジオール−3−硫酸ナトリウムおよび17β,Δ8,9−デヒドロエストラジオール−3−硫酸ナトリウムを本発明の代表的化合物として評価した。 17α, Δ8,9- dehydroepiandrosterone estradiol-3-sodium sulfate and 17ß, were evaluated Deruta8,9- dehydroepiandrosterone estradiol-3-sodium sulfate Representative compounds of the present invention. エストロンおよびΔ8,9−デヒドロエストロンもまた、比較目的で評価した。 Estrone and Δ8,9- dehydroepiandrosterone estrone was also evaluated for comparison purposes. 評価されるべき化合物は、コーン油中の懸濁液として調製した。 Compounds to be evaluated were prepared as a suspension in corn oil. コーン油を単独で対照として用いた。 It was used as a control corn oil alone. 以下の手順は、未成熟マウスにおけるエストロゲン性の評価を記載するものである。 The following procedures are intended to describe the evaluation of estrogenicity in immature mice. 無傷未成熟Charles River CD雌マウス(23日齢)を用いた。 Using the intact immature Charles River CD female mice (23 days old). 評価されるべき化合物は、3日にわたって投与する全投与量が皮下的に1ないし1000 μgおよび経口的に3ないし1000μgで、皮下または経口投与した。 Compounds to be evaluated in to total dose 3 to 1000 [mu] g and orally from 1 subcutaneously administered over 3 days 1000 [mu] g, were administered subcutaneously or orally. エストロンは、3日にわたり0.03ないし1μgの全投与量で皮下投与した。 Estrone, to 0.03 for 3 days were administered subcutaneously at total dose of 1 [mu] g. マウスを最終投与後、約24時間で殺し、子宮を取り出し、重量を測った。 After the last dose mice were sacrificed in about 24 hours, taken out uteri were weighed. 得られた結果を以下の表にまとめる。 The results obtained are summarized in the following table. エストロゲン活性−マウス子宮成長処理a経路 最少有効投与量b二倍投与量c エストロン 皮下 0.06-0.1 0.1-0.2 Δ8,9 皮下 6.2 14.8 17α 皮下 1.75 7.61 17β 皮下 0.24 5.0 エストロン 経口 5.9 25.9 Δ8,9 経口 2.6 26.7 17α 経口 2.84 6.67* 17β 経口 3.0 18.8 a Δ8,9=Δ8,9−デヒドロエストロン;17α=17α,Δ8,9−デヒドロエストラジオール;17β=17β,Δ8,9−デヒドロエストラジオール。 Estrogenic activity - mouse uterine growth process a route minimum effective dose b double dose c estrone subcutaneous 0.06-0.1 0.1-0.2 Δ8,9 subcutaneously 6.2 14.8 17.alpha subcutaneously 1.75 7.61 17ß subcutaneously 0.24 5.0 estrone oral 5.9 25.9 Δ8,9 oral 2.6 26.7 17.alpha oral 2.84 6.67 * 17ß oral 3.0 18.8 a Δ8,9 = Δ8,9- dehydroepiandrosterone estrone; 17α = 17α, Δ8,9- dehydroepiandrosterone estradiol; 17β = 17β, Δ8,9- dehydroepiandrosterone estradiol. b ビヒクルの重量を超える子宮重量の有意な増加を生じるために必要な3日にわたり与えられる最少の有効投与量。 Effective dose of minimum given over 3 days required to produce a significant increase in uterine weight which exceeds the weight of b vehicle. c ビヒクルの重量を超える子宮重量の100%増加を生じるために必要な3日にわたり与えられる全投与量。 Total dose given over 3 days required to produce 100% increase in uterine weight which exceeds the weight of c vehicle. * 10μg投与量に対する単離された強い子宮の応答からの結果を削除する場合、16.6μgの投与値が得られるであろう。 * To delete the results from the response of strong uterine isolated against 10μg dose would administration value of 16.6μg is obtained. 以下の手順は、卵巣切除ラットにおけるエストロゲン性の評価を記載するものである。 The following procedures are intended to describe the evaluation of estrogenicity in ovariectomized rats. 未成熟Charles River CDラットを30日齢で卵巣切除し、子宮の回復に12日間あてた。 Immature Charles River CD rats were ovariectomized at 30 days of age, were destined for 12 days in the recovery of the uterus. 評価されるべき化合物の投与を卵巣切除後13日に開始し、 7日間続けた。 The administration of the compound to be evaluated started 13 days after ovariectomy was continued for 7 days. 評価されるべき化合物を毎日、皮下または経口投与量3ないし1 000μg/ラット/日で投与した。 The compounds to be evaluated daily, subcutaneously or to oral doses 3 to administered at 1 000Myug / rat / day. 最終投与量を投与した後、約24時間でラットを殺した。 After administration of the last dose, rats were killed approximately 24 hours. 子宮を取り出し、重量を測った。 Uterus was removed and weighed. 得られた結果を以下の表にまとめる。 The results obtained are summarized in the following table. エストロゲン活性−マウス子宮成長処理a経路 最少有効投与量b二倍投与量c エストロン 皮下 0.05-0.1 0.12-0.7 Δ8,9 皮下 0.3 1.2 17α 皮下 10.4 171.4 17β 皮下 0.8 2.9 エストロン 経口 10.6 22 Δ8,9 経口 3.3 21.5 17α 経口 67.1 116.0 17β 経口 12.0 14.5 a Δ8,9=Δ8,9−デヒドロエストロン;17α=17α,Δ8,9−デヒドロエストラジオール;17β=17β,Δ8,9−デヒドロエストラジオール。 Estrogenic activity - mouse uterine growth process a route minimum effective dose b double dose c estrone subcutaneous 0.05-0.1 0.12-0.7 Δ8,9 subcutaneously 0.3 1.2 17.alpha subcutaneous 10.4 171.4 17ß subcutaneously 0.8 2.9 estrone oral 10.6 22 Δ8,9 oral 3.3 21.5 17.alpha oral 67.1 116.0 17ß oral 12.0 14.5 a Δ8,9 = Δ8,9- dehydroepiandrosterone estrone; 17α = 17α, Δ8,9- dehydroepiandrosterone estradiol; 17β = 17β, Δ8,9- dehydroepiandrosterone estradiol. b ビヒクルの重量を超える子宮重量の有意な増加を生じるために必要な7日にわたり与えられる最少の有効投与量。 Effective dose of minimum given over 7 days required to produce a significant increase in uterine weight which exceeds the weight of b vehicle. c ビヒクルの重量を超える子宮重量の100%増加を生じるために必要な7日にわたり与えられる全投与量。 Total dose given over 7 days required to produce 100% increase in uterine weight which exceeds the weight of c vehicle. 本発明の化合物は抗酸化剤である。 The compounds of the present invention is an antioxidant. 17α,Δ8,9−デヒドロエストラジオールおよび17β,Δ8,9−デヒドロエストラジオールの抗酸化特性は、Cu ++イオンかまたは培養内皮細胞(Parthasarathy S,Proc Natl Acad Sci USA 86:1046-1050(1989))のいずれかに曝露することによって誘導される酸化的に修飾された低密度リポタンパク質(LDL)の形成を阻害する能力を遊離アルデヒドの分析のためのTBARS(チオバルビツール酸反応性物質)法(Yagi K.,B iochem Med 15:212-216(1976))によって測定する標準的薬理学試験方法において確立された。 17α, Δ8,9- dehydroepiandrosterone estradiol and 17ß, antioxidant properties of Deruta8,9- dehydroepiandrosterone estradiol, Cu ++ ions or cultured endothelial cells (Parthasarathy S, Proc Natl Acad Sci USA 86: 1046-1050 (1989)) of either to oxidatively modified induced by exposing the low density lipoprotein TBARS (thiobarbituric acid reactive substances) for the analysis of free aldehydes the ability to inhibit the formation of (LDL) method (Yagi K., B iochem Med 15: 212-216 established in standard pharmacological test methods to measure the (1976)). 該標準的薬理学試験方法において得られた結果は、17α,Δ8,9−デヒドロエストラジオールおよび17β,Δ8,9−デヒドロエストラジオールがプロセスを96%までの阻害するLDL酸化の強力な阻害剤であることを明らかにする。 The results obtained in the standard pharmacological test methods, 17α, Δ8,9- dehydroepiandrosterone estradiol and 17β, Δ8,9- de it hydro estradiol is a potent inhibitor of LDL oxidation inhibiting the process up to 96% reveal. 17α,Δ8,9−デヒドロエストラジオールおよび17β,Δ8,9−デヒドロエストラジオールの両方に関するcu++介在酸化において、0.19μ MのIC 50が得られた。 17α, Δ8,9- dehydroepiandrosterone estradiol and 17ß, both cu ++ mediated oxidation articles Deruta8,9- dehydroepiandrosterone estradiol, IC 50 of 0.19Myu M was obtained. ブタ大動脈内皮細胞介在酸化において、各々、0.26 μMおよび0.17μMのIC 50が得られた。 In porcine aortic endothelial cell mediated oxidation, respectively, 0.26 [mu] M and 0.17μM IC 50 were obtained. 比較すると、ブタ大動脈内皮細胞介在酸化試験方法において、エストロンに関して0.56μMCのIC 50が得られた。 By comparison, in the porcine aortic endothelial cell mediated oxidation test method, IC 50 of 0.56μMC was obtained for estrone. さらに、17α,Δ8,9−デヒドロエストラジオールおよび17β,Δ8, 9−デヒドロエストラジオールの抗酸化特性を明らかにするために、培養体中の細胞を用いて2つの付加的な標準的薬理学試験方法を行った。 Furthermore, 17.alpha, Deruta8,9- dehydroepiandrosterone estradiol and 17ß, [Delta] 8, 9-to de reveal antioxidant properties of hydro estradiol, two additional standard pharmacological test methods using cells in culture went. 第1の試験方法において、放射能標識したLDL( 125 I−LDL)(McFarlane AS,In:Munro HN ,Allison JB,eds.Mammalian Protein metabolism,Vol.1 New York:Academic Press 297-341(1964))を、17α,Δ8,9−デヒドロエストラジオールまたは17β,Δ8,9−デヒドロエストラジオールの存在下および不存在下においてCu++に曝露することによって修飾した。 In a first test method, radiolabeled LDL (125 I-LDL) ( McFarlane AS, In: Munro HN, Allison JB, eds.Mammalian Protein metabolism, Vol.1 New York: Academic Press 297-341 (1964) ) and, 17α, Δ8,9- dehydroepiandrosterone estradiol or 17ß, was modified by exposure to Cu ++ in the presence and absence of Deruta8,9- dehydroepiandrosterone estradiol. 次に、酸化的に修飾したLDLを結合するスカベンジャーリポタンパク質受容体を発現するJ774マクロファージを処理した125 I−LDLに曝露した。 Was then exposed to 125 I-LDL were treated J774 macrophages expressing scavenger lipoprotein receptors which bind oxidatively modified LDL. 該実験の結果は、2.5μ M濃度の17α,Δ8,9−デヒドロエストラジオールまたは17β,Δ8,9 −デヒドロエストラジオールの存在下で酸化されたLDLの結合が、各々、48 %および54%減少し、0.25μM濃度では各々、34%および28%減少したことを明らかにした。 Results of the experiment, 2.5 [mu] M concentration of 17.alpha, Deruta8,9- dehydroepiandrosterone estradiol or 17β, Δ8,9 - the binding of LDL that was oxidized in the presence of a dehydroepiandrosterone estradiol, respectively, decreased 48% and 54% , each at 0.25μM concentration revealed that it has decreased 34% and 28%. 比較すると、同じ濃度のエストロンは、酸化されたLD Lの結合を各々、39%および0%減少させた。 By comparison, estrone same concentration, each binding of the oxidized LD L, reduced by 39% and 0%. マクロファージによって酸化したLDLの結合および代謝は、泡沫細胞および従って、アテローム性動脈硬化症プラークの発育に強く寄与すると考えられるので、LDL酸化およびその後のスカベンジャー受容体への結合を減少させる該効果は、有意な利益であると考えられる。 Binding and metabolism of LDL that was oxidized by macrophages, foam cells and therefore, it is considered to contribute strongly to the development of atherosclerotic plaque, the effect of reducing the binding of LDL oxidation and subsequent scavenger receptor, it is considered to be a significant benefit. 第2の試験方法において、ブタ大動脈内皮細胞(PAEC)を、17α,Δ8 ,9−デヒドロエストラジオールまたは17β,Δ8,9−デヒドロエストラジオールの存在および不存在下でCu++に曝露することによって前記の通りに修飾したLDLに曝露した。 In the second test method, the porcine aortic endothelial cells (PAEC), 17α, Δ8, 9- dehydroepiandrosterone estradiol or 17ß, as described above by exposure to Cu ++ in the presence and absence of Δ8,9- dehydroepiandrosterone estradiol They were exposed to modified LDL. 酸化したLDLは、内皮細胞に対して細胞毒性であることが明らかにされ、また、該過程はアテローム発生過程に強く関係している。 LDL oxidized is clear that for endothelial cells is cytotoxic, also the process is related strongly atherogenic process. 処理したLDLで細胞を24時問インキュベーション後、MTTアッセイを行って細胞毒性を評価した(Hansen MB,J Immu Methods 119:203-210(1989))。 The cells were 24 more hours incubation treated with LDL, it was performed MTT assay to evaluate the cytotoxicity (Hansen MB, J Immu Methods 119: 203-210 (1989)). 該試験方法は、得られるアッセイ中の生存能力のある(生きている)細胞のパーセントを測定する。 The test method, the percent of viable in the resulting assay (living) cells measured. アッセイにおいて、化合物の不存在下で酸化された25μg/ ml LDLに曝露後、細胞の2%のみが生き残った。 In the assay, following exposure to 25 [mu] g / ml LDL oxidized in the absence of the compound, it survived only 2% of the cells. 対照的に、17α,Δ8 ,9−デヒドロエストラジオールまたは17β,Δ8,9−デヒドロエストラジオール(2.5μM)の存在下でcu++処理したLDLに曝露後、生きている細胞のパーセントは、100%以上であった。 In contrast, 17.alpha, [Delta] 8, 9-dehydroepiandrosterone estradiol or 17ß, Deruta8,9- after exposure to LDL was cu ++ treated in the presence of a dehydroepiandrosterone estradiol (2.5 [mu] M), percent of live cells is 100% or more there were. この同じアッセイにおいて試験した他の化合物は、PACEの保護に対して最少の効果を有した(17β−エストラジオール=11%生存;エキリン=4%生存;エストロン=37%生存)。 Other compounds that were tested in the same assay had minimal effect with respect to the protection of PACE (17.beta.-estradiol = 11% survival; equilin = 4% survival; estrone = 37% survival). 該試験方法の結果は、17α,Δ8,9−デヒドロエストラジオールまたは17β ,Δ8,9−デヒドロエストラジオールの存在下で修飾されたLDLは細胞毒性ではなかったことを明らかにし、従って、データは、前記のTBARS方法によって明らかにされたのと同様に、17α,Δ8,9−デヒドロエストラジオールまたは17β,Δ8,9−デヒドロエストラジオールによる酸化的修飾の阻害に一致する。 Results of the test method, 17.alpha, Deruta8,9- dehydroepiandrosterone estradiol or 17ß, Deruta8,9- been LDL is modified in the presence of a dehydroepiandrosterone estradiol revealed that was not cytotoxic, and therefore, data of the as it was revealed by TBARS method, 17α, Δ8,9- dehydroepiandrosterone estradiol or 17ß, matching the inhibition of oxidative modification by Deruta8,9- dehydroepiandrosterone estradiol. これらの標準的薬理学試験方法の結果に基づいて、17α,Δ8,9−デヒドロエストラジオールまたはその3−硫酸エステルの医薬上許容される塩および1 7β,Δ8,9−デヒドロエストラジオールまたはその3−硫酸エステルの医薬上許容される塩は、エストロゲン欠乏における置換療法において有用である。 Based on the results of these standard pharmacological test methods, 17α, Δ8,9- dehydroepiandrosterone estradiol or a 3 pharmaceutically acceptable salt of sulfuric acid ester and 1 7β, Δ8,9- dehydroepiandrosterone estradiol or its 3-sulfate pharmaceutically acceptable salts of the esters are useful in replacement therapy in estrogen deficiency. 従って、本発明の化合物は、卵巣切除または閉経後にエストロゲン置換療法を提供すること、および運動神経性症状を包含するエストロゲン欠乏に関連する症状、 例えば、ホットフラッシュ、ならびに他の更年期に関連する疾患、例えば、膣萎縮症、膣炎、ならびに尿回数、失禁および排尿障害の増加を引き起こし得る下流の尿路の萎縮変化を緩和することにおいて有用である。 Accordingly, the compounds of the present invention is to provide estrogen replacement therapy after ovariectomy or menopause, and symptoms associated with motor neuron symptoms including estrogen deficiency, e.g., hot flashes and diseases associated with other menopause, for example, it is useful in relieving vaginal atrophy, vaginitis, and urine number, atrophy changes in the urinary tract downstream which can cause an increase in incontinence and dysuria. 本発明の化合物は、骨喪失の防止および骨粗鬆症の阻害または治療に有用である。 The compounds of this invention are useful in the prevention and inhibition or treatment of osteoporosis bone loss. 本発明の化合物は、心臓保護的であり、アテローム性動脈硬化症の治療に有用である。 The compounds of this invention are cardioprotective and are useful in the treatment of atherosclerosis. これらの心血管保護的特性は、骨粗鬆症を防止するために閉経後の患者をエストロゲンで治療するとき、および男性においては、エストロゲン治療を必要とされるときに非常に重要である。 These cardiovascular protective properties, when the postmenopausal patients to prevent osteoporosis treating estrogen, and in men, is very important when needed estrogen therapy. 本発明の化合物は、また、抗酸化剤であり、従って、フリーラジカルに誘発される病態を治療または阻害するのに有用である。 The compounds of the present invention is also an anti-oxidant, therefore, useful in treating or inhibiting pathological conditions induced free radicals. 抗酸化剤治療が必要とされる認可されるべき特定の状態は、癌、中枢神経系障害、アルツハイマー病、骨疾患、老化、炎症障害、末梢血管疾患、慢性関節リウマチ、自己免疫疾患、 呼吸障害、気腫、再潅流障害の防止、ウイルス性肝炎、慢性活性肝炎、結核、乾癬、全身性エリテマトーデス、成人呼吸障害症候群、中枢神経系外傷および卒中を伴った状態である。 The particular condition to be authorized to antioxidant therapy is required, cancer, central nervous system disorders, Alzheimer's disease, bone disease, aging, inflammatory disorders, peripheral vascular disease, rheumatoid arthritis, autoimmune diseases, respiratory disorders , emphysema, is a state in which prevention, accompanied viral hepatitis, chronic active hepatitis, tuberculosis, psoriasis, systemic lupus erythematosus, adult respiratory distress syndrome, central nervous system trauma and stroke of reperfusion injury. さらに、本発明の化合物は、乳汁分泌期の抑圧、ならびに耳下腺炎睾丸炎の予防および治療に有用である。 In addition, the compounds of this invention, the suppression of lactation period, and is useful in the prevention and treatment of mumps orchitis. 本発明の化合物は、手際よく処方することができる。 The compounds of the present invention may be neat formulation. より好ましくは、医薬上許容される担体と結合または組み合わせて本発明の化合物を含んでなる医薬組成物を調製してもよい。 More preferably, a pharmaceutical composition comprising a compound of the bond or in combination present invention with a pharmaceutically acceptable carrier may be prepared. 医薬担体の割合は、化合物の溶解性および化学的性質、選択された投与経路ならびに標準的薬理学的慣習によって決定できる。 The proportion of the pharmaceutical carrier, the solubility and chemical nature of the compound can be determined by route of administration and standard pharmacological practice chosen. 医薬担体は、固体または液体であり得る。 The pharmaceutical carriers can be either solid or liquid. 固形担体は、また、フレーバー剤、潤滑剤、可溶化剤、懸濁化剤、充填剤、滑剤(glidant)、圧縮補助剤、結合剤または錠剤−崩壊剤として作用し得る1以上の物質を包含でき;また、封入材料であることもできる。 A solid carrier can also flavoring agents, lubricants, solubilizers, suspending agents, fillers, lubricants (glidants), compression aids, binders or tablet - include one or more substances which may act as a disintegrant It can; can also be an encapsulating material. 粉剤において、担体は、微細な活性成分と混合された微粉固体である。 In powders, the carrier is a finely divided solid which is a mixture with the finely divided active component. 錠剤において、活性成分は必要な圧縮特性を有する単体と適当な割合で混合され、所望の形およびサイズに圧縮されている。 In tablets, the active component is mixed in suitable proportions and alone having the necessary compression properties, and is compressed into the desired shape and size. 粉剤および錠剤は、好ましくは、99%までの活性成分を含有する。 The powders and tablets preferably contain up to 99% of the active ingredient. 適当な固形担体は、例えば、リン酸カルシウム、ステアリン酸マグネシウム、タルク、砂糖、ラクトース、デキストリン、デンプン、ゼラチン、セルロース、メチルセルロース、カルボキシメチルセルロースナトリウム、ポリビニルピロリジン、低融点ワックスおよびイオン交換樹脂を包含する。 Suitable solid carriers include, for example, calcium phosphate, magnesium stearate, talc, sugar, lactose, dextrin, starch, gelatin, cellulose, methyl cellulose, sodium carboxymethyl cellulose, polyvinylpyrrolidine, low melting waxes and ion exchange resins. 液体担体は、溶液、懸濁液、エマルジョン、シロップ、エリキシルおよび加圧組成物の調製に使用される。 Liquid carriers include solutions, suspensions, emulsions, syrups, are used in the preparation of elixirs and pressurized compositions. 活性成分は、医薬上許容される液体担体、例えば、 水、有機溶媒、医薬上許容される油もしくは脂肪の両方の混合物またはどちらか一方に溶解あるいは懸濁できる。 The active ingredient is a pharmaceutically acceptable liquid carrier, e.g., water, an organic solvent, can be dissolved or suspended mixture of both of pharmaceutically acceptable oils or fats, or to either. 液体担体は、他の適当な医薬添加物、例えば、 溶解剤、乳化剤、緩衝液、保存料、甘味料、フレーバー剤、懸濁化剤、増量剤、 着色料、粘度調節剤、安定化剤または浸透調節剤を含有できる。 The liquid carrier can contain other suitable pharmaceutical additives such as solubilizers, emulsifiers, buffers, preservatives, sweeteners, flavoring agents, suspending agents, fillers, colorants, viscosity regulators, stabilizers or the osmotic adjustment agent can contain. 経口または非経口投与のための液体担体の適当な例は、水(部分的に前記の添加物を含んでいる、例えば、セルロース誘導体、好ましくは、カルボキシメチルセルロースナトリウム溶液)、アルコール(一価アルコールおよび多価アルコール、例えば、グリコールを包含する)およびそれらの誘導体、レシチン、および油(例えば、分別ココヤシ油および落花生油)を包含する。 Suitable examples of liquid carriers for oral or parenteral administration include water (including additive partially above, eg cellulose derivatives, preferably sodium carboxymethyl cellulose solution), alcohols (including monohydric alcohols and polyhydric alcohols include, for example) and their derivatives including glycols, lecithin, and oils (e.g. fractionated coconut oil and arachis oil). 非経口投与の場合、また、担体は油性エステル、例えば、オレイン酸エチルおよびミリスチン酸イソプロピルであり得る。 For parenteral administration, also the carrier may be an oily ester such as ethyl oleate and isopropyl myristate. 滅菌液体担体は、非経口投与用の滅菌液体形態の組成物に有用である。 Sterile liquid carriers are useful in sterile liquid form compositions for parenteral administration. 加圧組成物用の液体担体は、ハロゲン化炭化水素または他の医薬上許容される推進剤であり得る。 The liquid carrier for pressurized compositions can be halogenated hydrocarbon or other pharmaceutically acceptable propellant. 滅菌溶液または懸濁液である液体医薬組成物は、例えば、筋内、腹膜内または皮下注射によって利用できる。 Liquid pharmaceutical compositions which are sterile solutions or suspensions, for example, can be utilized by intramuscular, intraperitoneal or subcutaneous injection. また、滅菌溶液は静脈内にも投与できる。 The sterile solutions may be administered intravenously. 本発明の化合物は、また、液体または固体組成物の形態で経口投与もできる。 The compounds of the invention may also administered orally in liquid or solid composition form. 本発明の化合物は、従来の坐剤の形態で直腸または膣に投与してもよい。 The compounds of this invention may be administered rectally or vaginally in the form of a conventional suppository. 鼻腔内または気管支内吸入(inhalationまたはinsufflation)による投与の場合、本発明の化合物を水性または部分的に水性の溶液中に処方してもよく、次いで、エーロゾルの形態で利用できる。 For administration by intranasal or intrabronchial inhalation (inhalation or insufflation), the compounds of the present invention may also be formulated in solution in aqueous or partially aqueous, then available in the form of an aerosol. 本発明の化合物は、また、活性化合物および活性化合物に対して不活性な担体を含有し、皮膚に対して非毒性で、皮膚を経て血流中に全身性吸収のための薬剤をデリバリーできる経皮的な貼剤によって経皮的に投与してもよい。 After the compounds of the present invention also contain an inert carrier to the active compounds and active compound is non-toxic to the skin, which can drug delivery to for through the skin systemic absorption into the blood stream it may be administered percutaneously by skin specific Hazai. 担体は、いくつかの形態、例えば、クリームおよび軟膏、ペースト、ゲル、および閉塞性装置を有してもよい。 Carrier, several forms, such as creams and ointments, pastes, may have gels, and occlusive devices. クリームおよび軟膏は、水中油型または油中水型の粘性液体もしくは半固体エマルジョンであり得る。 The creams and ointments may be viscous liquid or semisolid emulsions of oil-in-water or water-in-oil. 活性成分を含有する石油または親水性石油中に分散された吸収性粉末を含んでなるペーストもまた、適当である。 Paste comprising petroleum or absorptive powders dispersed in a hydrophilic petroleum containing the active ingredient are also suitable. 血流に活性成分を放出するために、様々な閉塞性装置、 例えば、担体と共にまたは担体なしで活性成分を含有する貯蔵部を覆う半透性膜、または活性成分を含有するマトリックスを使用できる。 To release the active ingredient into the blood stream, various occlusive device, e.g., a semi-permeable membrane covering a reservoir containing the active ingredient with or without a carrier support or a matrix containing the active ingredient may be used. 他の閉塞性装置は、文献において知られている。 Other occlusive devices are known in the literature. さらに、本発明の化合物は、0.1−5パーセント、好ましくは2%の活性化合物を含有する医薬上許容されるビヒクルを用いて処方することによって、溶液、クリームまたはローションとして使用でき、菌に侵された領域に投与することができる。 Furthermore, the compounds of the invention, 0.1-5 percent, preferably by formulating with pharmaceutically acceptable vehicles containing 2% of active compound, the solution can be used as a cream or lotion, the bacteria it can be administered to the affected area. 投与必要量は、使用される特定の組成物、投与経路、その時の症状の重篤度および治療されるべき特定の患者によって変化する。 Dosage requirements, the particular compositions employed, vary with the particular patient being severity and treatment of the symptoms of the route of administration, the time. 標準的薬理学試験方法において得られた結果に基づいて、活性化合物の計画された1日の投与量は、0.02 μg/kg−500μg/kgであろう。 Based on the results obtained in standard pharmacological test methods, the dosage of planned daily active compound would be 0.02 μg / kg-500μg / kg. 治療は、一般的に、化合物の最適投与量より少ない少量の投与量で開始する。 Treatment will generally be initiated with smaller dosages less than the optimum dose of the compound. その後、その環境下で最適の効果に到達するまで投与量を増やし;経口、非経口、鼻部または気管支内投与のための正確な投与量は、治療される個々の患者の経験に基づいて、投与する医師によって決定されるであろう。 Thereafter, increasing the dose until it reaches the optimum effect under the circumstances; oral, precise dosages for parenteral, nasal or intrabronchial administration, based on the individual patient's experience to be treated, It will be determined by the administering physician. 好ましくは、医薬組成物は、単位投与形態、例えば、錠剤またはカプセルなどである。 Preferably, the pharmaceutical composition is in unit dosage form, e.g., tablets or capsules and the like. かかる形態において、組成物を、適量の活性成分を含有する単位投与量に細分し;単位投与形態は、パッケージされた組成物、例えば、小包に入れた粉末、バイアル、アンプル、予め充填した注射器または液体を含有するサッシェであることができる。 In such form, the composition is subdivided in unit dose containing appropriate quantities of the active ingredient; unit dosage form can be packaged compositions, for example, powder placed in parcels, vials, ampoules, syringes or pre-filled it can be a sachet containing a liquid. 単位投与形態は、例えば、そのカプセルまたは錠剤であるか、あるいは、適当な数のパッケージ形態におけるいずれかのかかる組成物であり得る。 The unit dosage form can, for example, whether it is the capsules or tablets, or may be a composition of the any of the appropriate number of package form. 以下に、本発明の代表的化合物の調製を提供する。 The following provides the preparation of representative compounds of the present invention. 実施例1 17α−エストラ−1,3,5(10),8−テトラエン−3,17−ジオール 3−硫酸エステル,ナトリウム塩 A. Example 1 17 [alpha estra-1,3,5 (10), 8-tetraene-3,17-diol 3-sulfate ester, sodium salt A. 17β−エストラ−1,3,5(10),8−テトラエン−3,17−ジオール 3−ヒドロキシエストラ−1,3,5(10)−8−テトラエン−17−オン(24.13g)、メタノール(185mL)および塩化メチレン(138mL )の攪拌懸濁液に、28−30℃に温度を維持しながら、水素化ホウ素ナトリウム(6.92g)を25分にわたり分割して加えた。 17β- estra-1,3,5 (10), 8-tetraene-3,17-diol 3-hydroxy-1,3,5 (10) -8-tetraene-17-one (24.13G), methanol to a stirred suspension of (185 mL) and methylene chloride (138 mL), while maintaining the temperature at 28-30 ° C., sodium borohydride (6.92 g) was added portionwise over 25 minutes. わずかに濁った溶液に、蒸留水(555mL)を分けて加えた。 Slightly turbid solution was added in portions of distilled water (555 mL). 30−31℃まで温度が上昇した。 30-31 temperature rose to ℃. 得られたスラリーを25−30℃で0.5時間攪拌し、次いで、0.5℃まで冷却した。 The resulting slurry was stirred for 0.5 hours at 25-30 ° C., then cooled to 0.5 ° C.. 生成物をろ紙上に回収し、水で洗浄した(40x40mL)。 The product was collected on a filter paper and washed with water (40x40mL). 最初のうちは白色で湿ったケーク(29.66g)を五酸化リンの減圧デシケーター中で4日間乾燥して、23.54g(96.83%)の適当なスペクトル(irおよびpmr) データを有する黄色生成物を得た。 At first it dried for 4 days white with a damp cake (29.66g) in a vacuum desiccator of phosphorus pentoxide, with an appropriate spectral (ir and pmr) data 23.54g (96.83%) to give a yellow product. B. B. 17β−エストラ−1,3,5(10),8−テトラエン−3,17−ジオ ール3−安息香酸エステル 2Lの多頚フラスコに機械スターラー、窒素引入れ口を有する凝縮装置、圧力平衡目盛りの付いた添加漏斗および温度計を備え付けた。 17β- estra-1,3,5 (10), 8-tetraene-3,17-geo over multi-neck flask mechanical stirrer Le 3- benzoate 2L, condenser with nitrogen inlet port, pressure balance scale It was equipped with an addition funnel and a thermometer with a. フラスコを17β−エストラ−1,3,5(10),8−テトラエン−3,17−ジオール(60.0 0g、0.2219モル)、テトラヒドロフラン(500mL)およびトリエチルアミン(46.4mL、0.3329モル、1.5モル比の過剰量)で満たし、溶液が得られるまで混合物を窒素下で攪拌した。 The flask 17β- estra-1,3,5 (10), 8-tetraene-3,17-diol (60.0 0 g, .2219 mol), tetrahydrofuran (500 mL) and triethylamine (46.4 mL, 0.3329 mol, filled with 1.5 excess molar ratio), the mixture until a solution was obtained and stirred under nitrogen. 添加漏斗に塩化ベンゾイル( 30.98mL、0.2669モル、1.203モル比の過剰量)を加え、10 0mLの印までテトラヒドロフランを加えた。 Addition funnel benzoyl chloride (30.98mL, 0.2669 mol, excess of 1.203 molar ratio) was added, tetrahydrofuran was added to 10 0 mL mark. 塩化ベンゾイル溶液を25分にわたり窒素下で、水/氷浴を用いて15〜20℃に反応温度を維持しながら滴下した。 Under nitrogen benzoyl chloride solution for 25 minutes, it was added dropwise while maintaining the reaction temperature at 15 to 20 ° C. with water / ice bath. 冷却を止め、攪拌懸濁液(Et 3 N.HCl ppt)を室温(23℃)まで温めた。 Cooling was warmed stirred suspension (Et 3 N.HCl ppt) to room temperature (23 ° C.). 塩化ベンゾイル溶液の添加完了後3.5時間、反応混合物を氷中で冷やし、飽和ブライン(204mL)、水(68mL)および濃塩酸(34mL)の混合物を迅速に加えた。 Addition was complete after 3.5 hours of benzoyl chloride solution, the reaction mixture was cooled in ice, saturated brine (204 mL), the mixture was quickly added water (68 mL) and concentrated hydrochloric acid (34 mL). 温度が23℃から26℃に上昇した。 Temperature rose to 26 ° C. from 23 ° C.. 攪拌5分後、下層に固体が沈殿した。 5 minutes after stirring, a solid precipitated in the lower layer. 水層を有機層から分離し、テトラヒドロフラン(1x200m Lおよび1x100mL)で抽出した。 The aqueous layer was separated from the organic layer was extracted with tetrahydrofuran (1x200m L and 1 x 100 mL). 合わした有機層を飽和ブライン(2x1 00mL)ならびに飽和ブライン(70mL)および5%重炭酸ナトリウム(3 0mL)の混合液で3回洗浄した。 The combined organic layers were washed 3 times with a mixture of saturated brine (2x1 200 mL) and saturated brine (70 mL) and 5% sodium bicarbonate (3 0 mL). 飽和ブライン(100mL)でのさらなる洗浄により、残存する塩化ベンゾイルは完全に除去されず、従って、無水硫酸マグネシウムを用いて15分間磁気攪拌することにより、溶液を乾燥させた。 According to a further washing with saturated brine (100 mL), benzoyl chloride the remaining not completely removed, therefore, by magnetic stirring for 15 minutes with anhydrous magnesium sulfate, the solution was dried. ろ過により乾燥剤を除去し、ろ過パッドをテトラヒドロフランで洗浄した。 The drying agent was removed by filtration and wash the filter pad with tetrahydrofuran. ろ液および洗浄液を30℃で蒸発させて、乾燥固体を得た。 The filtrate and washings were evaporated at 30 ° C., to give a dry solid. 固体をヘプタン(400mL) を用いて3.5時間磁気攪拌した。 The solid was 3.5 hours magnetic stirring with heptane (400 mL). 得られた白色固体をろ紙上に回収し、冷却したヘプタン(0−5℃、2x75mL、1x100mL)で洗浄した。 The resulting white solid was collected on filter paper, chilled heptane (0-5 ℃, 2x75mL, 1x100mL) and washed with. 湿ったケーク(108.09g)を真空オーブン中、室温で3日間乾燥させて、収量(8 3.35g、100.3%)の粗17β−エストラ−1,3,5(10),8− テトラエン−3,17−ジオール3−安息香酸エステルを得た。 Wet cake in a vacuum oven (108.09G), dried at room temperature for 3 days, yield (8 3.35 g, 100.3%) crude 17β- estra-1,3,5 (10) of 8- to obtain a tetraene-3,17-diol 3-benzoate. 該物質は、次工程に使用するのに適していた。 The material was suitable to be used in the next step. 粗安息香酸エステル(5.0g)を攪拌し、95%エタノール(65mL)中で加熱して溶液を得、それをひだ付き高速ろ紙によってろ過した。 The crude benzoate (5.0 g) was stirred to give a solution and heated in 95% ethanol (65 mL), which was filtered through a fluted high speed filter paper. ろ紙を熱95 %エタノールでリンスし、溶液を50mL容量まで蒸留した。 Filter paper was rinsed with hot 95% ethanol, the solution was distilled until 50mL capacity. 溶液を冷却し、得られた結晶のスラリーを冷蔵した。 The solution was cooled and refrigerated resulting slurry of crystals. −10℃まで冷却後、生成物をろ紙上に回収し、冷(−10℃)95%エタノールで洗浄した。 After cooling to -10 ° C., the product was collected on a filter paper and washed with cold (-10 ℃) 95% ethanol. 真空オーブン中、65℃で一晩乾燥して、精製生成物(3.82g、76.40%)を得た。 Vacuum oven and dried overnight at 65 ° C., to give the purified product (3.82g, 76.40%). スペクトル(i r、pmrおよびms)データは適当であり、元素分析は許容できた。 Spectrum (i r, pmr and ms) data is appropriate, elemental analysis was acceptable. C. C. 17α−エストラ−1,3,5(10),8−テトラエン−3,17−ジオ ール3−安息香酸エステル17−(3,5−ジニトロ安息香酸エステル)機械スターラー、窒素引入れ口を有する還流冷却器および温度計を備え付けた1L多頚フラスコに、窒素下で、17β−エストラ−1,3,5(10),8− テトラエン−3,17−ジオール3−安息香酸エステル(73.42g、0.1 961モル)、トリフェニルホスフィン(66.85g、0.2549モル)、 3,5−ジニトロ安息香酸(45.06g、0.2549モル)およびトルエン(530mL)を加えた。 17α- estra-1,3,5 (10), 8-tetraene-3,17-geo Lumpur 3- benzoate 17- (3,5-dinitro-benzoic acid ester) mechanical stirrer, a nitrogen inlet port a reflux condenser and 1L Takei flask equipped with a thermometer, under nitrogen, 17.beta. estra-1,3,5 (10), 8-tetraene-3,17-diol 3-benzoate (73.42G 0.1 961 mol), triphenylphosphine (66.85g, 0.2549 mol), 3,5-dinitro-benzoic acid (45.06g, 0.2549 mol) and toluene (530 mL) was added. 攪拌懸濁液に、アゾジカルボン酸ジエチル(40mL 、0.2549モル)およびトルエン(10mL)の溶液を50mL圧力平衡滴下漏斗から、7分間にわたり加えた。 To a stirred suspension of diethyl azodicarboxylate (40 mL, 0.2549 mol) and from the solution 50mL pressure equalizing dropping funnel toluene (10 mL), was added over 7 minutes. トルエンの10mLリンス液を用いて添加を完了した(全トルエン550mL)。 The addition was completed with 10mL rinsing liquid toluene (total toluene 550 mL). 攪拌懸濁液をゆっくりと70℃まで加熱し、その温度を2.5時間維持した(70℃で1/2時間加熱後、結晶化が開始した)。 Stirred suspension was slowly heated to 70 ° C. and that temperature was maintained for 2.5 hours (after 1/2 hour heating at 70 ° C., crystallization started). 結晶のスラリーを43℃まで冷却し、次いで、−10℃まで冷却した。 The slurry of crystals was cooled to 43 ° C., then cooled to -10 ° C.. 結晶をろ紙上に回収し、冷(−10℃)トルエン(2x80mL)冷(−10℃)ヘプタン−トルエン(7:3)および冷(−10℃)ヘプタン(2x80L)で洗浄した。 The crystals were collected on a filter paper, a cold (-10 ° C.) in toluene (2 × 80 mL) cold (-10 ° C.) heptane - toluene: washed with (7: 3) and cold (-10 ° C.) heptane (2X80L). 湿ったケーク(118.79g)を真空オーブン中、室温で一晩乾燥して、1,2−ジカルボエトキシヒドラジンを混入した107.56gの粗生成物を得た。 In a vacuum oven wet cake (118.79g), and dried at room temperature overnight to give a crude product of 107.56g spiked with 1,2-carboethoxy hydrazine. 1L三角フラスコに粗生成物(107.56g)およびメタノール(310m L)を加えた。 Crude product 1L Erlenmeyer flask (107.56g) and methanol (310m L) was added. 混合物を5分間磁気攪拌し、生成物をろ紙上に回収した。 The mixture magnetic stirring 5 minutes, the product was collected on filter paper. メタノール(2x60mL)で洗浄後、湿ったケーク(83.23g)を真空オーブン中、65℃で一晩乾燥した。 After washing with methanol (2x60 mL), wet cake in a vacuum oven (83.23g), and dried overnight at 65 ° C.. 黄色結晶生成物(75.65g、67.87%)は、適当なスペクトル(ir、pmrおよびms)データおよび許容できる元素分析を有した。 Yellow crystalline product (75.65g, 67.87%), the appropriate spectral (ir, pmr and ms) having data and acceptable elemental analysis. D. D. 17α−エストラ−1,3,5(10),8−テトラエン−3,17−ジオ ール3,17−二酢酸エステル 3L多頚フラスコ中の17α−エストラ−1,3,5(10),8−テトラエン−3,17−ジオール3−安息香酸エステル17−(3,5−ジニトロ−安息香酸エステル)(71.00g、0.1249モル)に、テトラヒドロフラン( 630mL)および320mLの2N水酸化ナトリウムを加えた。 17α- estra-1,3,5 (10), 8-tetraene-3,17-geo Lumpur 3,17 diacetate 3L Takei flasks 17α- estra-1,3,5 (10), 8- tetraene-3,17-diol 3-benzoate 17- (3,5-dinitro - benzoate) (71.00g, 0.1249 mol) in, 2N sodium hydroxide in tetrahydrofuran (630 mL) and 320mL It was added. 混合物を室温(23−27℃)で、窒素下24時間攪拌した。 The mixture at room temperature (23-27 ° C.), and stirred under nitrogen for 24 hours. 2N塩酸(196mL)および酢酸エチル(880mL)を迅速に加えた。 2N hydrochloric acid (196 mL) and ethyl acetate (880 mL) was added rapidly. 得られた層を分離した。 The resulting layers were separated. 下の水層を酢酸エチル(3x200mL)で洗浄した。 The lower aqueous layer was washed with ethyl acetate (3 × 200 mL). 合わした有機抽出液を飽和ブライン(2x300mL、最終洗浄液のpH7)で洗浄した。 Combined organic extracts with saturated brine and washed with (2 × 300 mL, final pH7 cleaning liquid). 溶液を無水硫酸マグネシウムで15分間、磁気攪拌することによって乾燥した。 15 minutes the solution over anhydrous magnesium sulfate, and dried by magnetic stirring. 蒸発させて赤色固体(54.08g)を得、それを2、3分間、オイルポンプ減圧に処した。 And evaporated to give a red solid (54.08g) and it a few minutes, was subjected to an oil pump vacuum. ピリジン(250mL)および無水酢酸(250mL)を加え、 共栓反応フラスコをぐるぐるかき混ぜて溶液にした。 Pyridine (250 mL) and acetic anhydride (250 mL) was added and the solution stirred round a stoppered reaction flask. 溶液を室温で一晩放置し、 氷上に注いだ。 The solution was allowed to stand at room temperature overnight, poured onto ice. 容量を水で2.5Lにし、扱いやすい赤色個体が得られるまで、 得られた懸濁液を攪拌した。 To 2.5L capacity with water, until manageable red solid obtained was stirred and the resulting suspension. 固体をろ紙上に回収し、次いで、300mLの水と混ぜ合わせた。 The solid was collected on a filter and then combined with water 300 mL. 生成物を回収し、ろ過ケークを水(全量〜2L)で洗浄した。 The product was collected, and the filter cake was washed with water (total volume ~2L). 週末にわたって減圧デシケーター中、五酸化リンで乾燥して、ピンク色の固体(4 4.23g)を得た。 In a vacuum desiccator over the weekend, and dried over phosphorus pentoxide, to give a pink solid (4 4.23g). それをメタノール(100mL)中で2、3分間磁気攪拌し、ろ紙上に回収した。 It was stirred magnetically couple minutes in methanol (100 mL), and collected on the filter paper. ろ過ケークをメタノール(全量50mL)で3回洗浄し、真空オーブン中、室温で一晩乾燥した。 The filter cake was washed 3 times with methanol (total volume 50 mL), in a vacuum oven and dried overnight at room temperature. ピンク色の物質は、38.60gの重量であった(87.21%)。 Pink material was weighed 38.60g (87.21%). 生成物(38.60g)を熱メタノール(120mL)中に溶解し、熱い溶液を炭で簡単に加熱した。 The product (38.60g) was dissolved in hot methanol (120 mL), briefly heated hot solution with charcoal. セライトによるろ過によって炭を除去し、ろ過パッドを熱メタノールで洗浄した。 The charcoal was removed by filtration through celite and the filter pad was washed with hot methanol. ろ液中で生成物が結晶化し始めた。 The product in the filtrate in began to crystallize. ろ液および洗浄液を再加熱して、生成物を溶解し、溶液を約120mL容量まで蒸留した。 Reheating the filtrate and washings, the product was dissolved, the solution was distilled to approximately 120mL capacity. 溶液を室温近くまで冷却し、得られた結晶のスラリーを0−5℃に冷却した。 The solution was cooled to near room temperature, the slurry was cooled in the obtained crystals is 0-5 ° C.. 結晶をろ紙上に回収し、冷(0−5℃)メタノール(2x35mL)で洗浄した。 The crystals were collected on filter paper, washed with cold (0-5 ° C.) methanol (2x35mL). 真空オーブン中、室温で乾燥して、標記化合物を得た(31.86g、82.39%) 。 Vacuum oven, and dried at room temperature to give the title compound (31.86g, 82.39%). E. E. 17α−エストラ−1−3−5(10),8−テトラエン−3,17−ジオ ール17−酢酸エステル 0℃にてジクロロメタン(67mL)−およびメタノール(182mL)中の17α−エストラ−1,3,5(10),8−テトラエン−3,17−ジオール3,17−二酢酸エステル(30.00g)に、窒素下で、0℃以下の温度を維持しながら、飽和メタノール性炭酸カリウム(136mL)を滴下した。 17α- estra -1-3-5 (10), 8-tetraene-3,17-geo Lumpur 17 acetate 0 ℃ with dichloromethane (67 mL) - and methanol (182 mL) solution of 17α- estra-1, 3,5 (10), 8-tetraene-3,17-diol 3,17-diacetate (30.00 g), under nitrogen, while maintaining the temperature of 0 ℃ or less, saturated methanolic potassium carbonate ( 136mL) was added dropwise. 恒温に保たれた冷却浴を用いて、反応混合物を0℃(内部温度)で1.25時間攪拌し、次いで、ジクロロメタン−酢酸エチル(19:1)を用いるシリカ上のTLCによって調べた。 Using a cooling bath maintained at a constant temperature, the reaction mixture was stirred for 1.25 hours at 0 ° C. (internal temperature), then dichloromethane - ethyl acetate (19: 1) was examined by TLC on silica using a. 出発物質は観察されなかった。 The starting material was observed. 冷却浴中に反応フラスコを維持しながら、反応混合物をオイルポンプ下で蒸留した。 While maintaining the reaction flask in a cooling bath, the reaction mixture was distilled under oil pump. これは、有意に0℃以下(例えば、−7〜−10℃)の内部温度を生じた。 This resulted in an internal temperature significantly 0 ℃ less (e.g., -7~-10 ℃). 得られた濃厚なペーストに、430 mLの5%(v/v)酢酸水溶液を迅速に加え、ろ過できる固体が得られるまで混合物を攪拌した。 To the resulting thick paste, 5% 430 mL (v / v) acetic acid solution added rapidly and the mixture stirred until filtration can solid. 固体をろ紙上に回収し、次いで、ブレンダー中で70mLの5%酢酸および適量の水と混ぜ合わせた。 The solid was collected on a filter and then combined with 5% acetic acid and a suitable amount of water 70mL in a blender. 粗生成物をろ紙上に回収し、水でよく洗浄した。 The crude product was collected on a filter paper and washed well with water. 五酸化リンを用いて減圧デシケーター中で3日間乾燥して、26.1 9g(99.04%)の粗生成物を得た。 And dried for 3 days in a vacuum desiccator over phosphorus pentoxide to give the crude product 26.1 9g (99.04%).粗生成物(26.19g)を1、2滴の氷酢酸を含有するメタノール(270 mL)(溶液のpH=4)中で磁気攪拌し、溶液になるまで加熱した。溶液をひだ付き高速ろ紙によりろ過し、20mLの熱メタノールでリンスした。溶液を1 75mLの容量まで蒸留し、冷却した。氷中での冷却および引っかくことによって、結晶化を促進させた。フリーザー(−20℃)中で1時間冷却後、結晶をろ紙上に回収し、冷(−20℃)メタノール(3x20mL)で洗浄した。真空オーブン中60℃で乾燥して、適当なスペクトル(ir、pmrおよびms)データおよび許容できる元素(CおよびH)分析を有する精製生成物(22.72g 、86.75%)を得た。二次回収物(1.72g、6.57%)を母液から得た。これを一次回収物( 22.27g)由来の物質と合わし、全量(23.99g)を磁気攪拌し、メタノール(230mL)中で加熱して、黄色溶液を得た。溶液をひだ付き高速ろ紙によりろ過し、20mLの熱メタノールでリンスした。 125mLの容量まで溶液を蒸留し、室温まで冷却し、次いで冷蔵した。得られた結品をろ紙上に回収し、冷(0℃)メタノール(3x15ml)で洗浄した。真空オーブン中60℃で20時間乾燥して、適当なスペクトル(ir、pmrおよびms)データおよび許容できる元素(CおよびH)分析を有する18.79g(81.73%再結晶工程、全体で71.06%)の白色生成物を得た。 F. 17α−エストラ−1,3,5(10),8−テトラエン−3,17−ジオ ール3−硫酸エステル17−酢酸エステル,トリエチルアンモニウム塩室温でテトラヒドロフラン(204mL)中の17α−エストラ−1,3,5 (10),8−テトラエン−3,17−ジオール3,17−酢酸エステル(17 50g、0.0560モル)の攪拌溶液に、窒素下で、トリエチルアミン−三酸化硫黄複合体(20.30g、0.1120モル、2モル比の過剰量)を加えた固体を迅速に溶解し、溶液を室温で4時間、窒素下で攪拌した。ジクロロメタン一酢酸エチル(19:1)を用いるシリカゲル上のTLCにより、3.75時間後、出発物質が見られなかった。無水エーテル(612mL)を加え、油が形成した。すぐ後に、油が結晶化した。混合物を1/2時間以上攪拌し、結晶をろ紙上に回収した。結晶をエーテル(2x125mL)で洗浄した。湿った結晶(4 3.31g)を真空オーブン中、室温で一晩乾燥して、過剰の試薬が混入した2 8.90g(104.51%)の生成物を得た。メタノール(70mL)中の粗生成物(28.90g)の攪拌溶液に、注意深く、トリエチルアミン(2−3mL)を加えて、pHを7−8にした。エーテル(800mL)を分けて迅速に加えた。さらに、油が形成し、すぐに結晶化した15分間攪拌を続け、結晶のスラリーを−15℃まで冷却した。結晶をろ紙上に回収し、エーテル(3x80mL)で洗浄した。真空オーブン中、室温で一晩乾燥して、いくつかの固体化した塊を含む250.9g(90.74%)の白色物質を得た。メタノール(40mL)中の前記の物質(25.09g)の攪拌溶液に、室温で、注意深く、トリエチルアミン(2、3滴)を加えて、pHを7に調整した。溶液を1L多頚フラスコ中にろ過し、ろ紙をメタノール(20mL)で洗浄した。機械的に攪拌した溶液にエーテル(600mL)を加えた。もう一度、生成物が油として形成し、すぐに結晶化した。混合物を1/2時間勢いよく攪拌し、次いで、−10℃まで冷却した。白色結晶生成物をろ紙上に回収し、エーテル(3 x60mL)で洗浄した。真空オーブン中、室温で乾燥して、適当なスペクトル(ir、pmrおよびms)データおよび許容できる元素(C、HおよびN)分析を有する標記生成物(23.64g、94.22%および全体で85.4 9%)を得た。 G. 17α−エストラ−1,3,5(10),8−テトラエン−3,17−ジオ ール3−硫酸エステルナトリウム塩 17α−エストラ−1,3,5(10),8−テトラエン−3,17−ジオール3−硫酸エステル17−酢酸エステルトリエチルアンモニウム塩(22.50 g、0.04558モル)のメタノール(144mL)中溶液に、窒素下、14 4mLの1.6N水酸化ナトリウムを加え、混合物を4.5時間磁気攪拌した。蒸留液150mLが回収されるまで、得られた黄色溶液を室温で蒸発させた。 n −ブタノール(450mL)を加え、粘着性の白色結晶が溶解するまで混合物を攪拌し、二層を得た。 20mLn−ブタノール、10mLの飽和ブラインおよび10mLの水の混合液を用いて、混合物を分液漏斗に移した。層をゆっくり分離した。上の有機層を飽和ブライン(120mL、2x100mL、3x75mL および1x50mL)で、最終洗浄液のpHが7になるまで連続的に洗浄した。濁った有機層を7cmのブフナー漏斗上でsolka Flocの小型パッド( n−ブタノールで予め洗浄した)によってろ過し、n−ブタノール(2x25m L)を用いてリンスした。 n−ブタノールの50mLリンス溶液を用いて、溶液を2L丸底フラスコに移した。結晶の濃厚なスラリーが得られるまで、溶液をオイルポンプ減圧下35−40℃で蒸発させ、300mLの蒸留液を回収した。エーテル(500mL)を加え、スラリーと混合した。白色固体を10cmろ紙上に回収し、エーテル(4x80mL)で洗浄した。ろ過ケークを1L三角フラスコに移し、400mLのエーテルを用いて5分間、磁気攪拌した。結晶をもう一度回収し、エーテル(5x70mL)で洗浄した。湿ったケークを真空オーブン中、窒素ブリード(bleed)で6日間乾燥させて、17.17g(水化物に基づいて96.49%)の白色固体を得た。前記の粗生成物(17.17g)をU. S. P. (米国薬局方)エタノール( 400mL)中で、ほとんど全ての固体が溶解するまで磁気攪拌した。混合物をろ過し、20mLのU. S. P.エタノールを用いて、ろ液を5L多頚フラスコに移した。溶液を機械的に攪拌し、エーテル(1.4L)を加えて、結晶化を引き起こした。追加の1.9Lのエーテルを用いて工程を完了した。結晶のスラリーを−10℃まで冷却し、結晶をろ紙上に回収した。ろ過ケークをエーテル( 2x100mL)で洗浄した。真空オーブン中、室温で2日間乾燥して、標記生成物の白色結晶(17.67g、MW=448.989に基づいて86.34% )を得た。 C 18215 NaS. 0.9C 25 OH. 1.3H 2 O. 0.2NaCl(448 .989)の計算値:C,52.97;H,6.51;Na,6.14;Cl, 1.58;EtOH,9.23;H 2 O,5.22 実測値:C,52.78;H,6.27;Na,6.17;Cl,1.70:E tOH,9.12;H 2 O,4.01 実施例2 トリス(ヒドロキシメチル)アミノメタン(TRIS)を有する 17α−エストラ−1,3,5(10),8−テトラエン−3,17−ジオール 3−硫酸エステル,ナトリウム塩蒸留水(1,400mL)中のトリス(ヒドロキシメチル)アミノメタン(8 .48g)の溶液に、17α−エストラ−1,3,5(10),8−テトラエン−3,17α−ジオール3−硫酸(エステル)ナトリウム塩(14.69g、M WW−7332−3,P.R.215− 0)を加え、混合物を磁気攪拌してステロイドを溶解した。溶液をろ過し、ろ紙を水(100L)で洗浄した。 500 mLの水リンス液を用いて、溶液を大きなVirtis凍結乾燥機中、−40℃でトレーに移した。溶液を冷凍し、固体を5日間凍結乾燥した。得られた白色の柔らかい薄片状物質を圧縮し、スクラップし、瓶の中でよく混合した。該物質をさらに4日、凍結乾燥機中で室温で乾燥した。白色生成物は、20.93g(98.5 4%)の重量であった。 実施例3 A. 17β−エストラ−1,3,5(10),8−テトラエン−3,17−ジオ ール 3−ヒドロキシエストラ−1,3,5(10)−8−テトラエン−17−オン(24.13g)、メタノール(185mL)および塩化メチレン(138mL )の攪拌懸濁液に、28−30℃に温度を維持しながら、水素化ホウ素ナトリウム(6.92g)を25分にわたって分割して加えた。わずかに濁った溶液に、 蒸留水(555mL)を分けて加えた。温度が30−31℃に上昇した。得られたスラリーを25−30℃で0.5時間攪拌し、次いで、0.5℃まで冷却した。生成物をろ紙上に回収し、水(40x40mL)で洗浄した。最初のうちは白色で、湿ったケーク(29.66g)を減圧デシケーター中、五酸化リンを用いて4日間乾燥させて、適当なスペクトル(irおよびpmr)データを有する2 3.54g(96.83%)の黄色生成物を得た。 B. 17β−エストラ−1,3,5(10),8−テトラエン−3,17−ジオ ール3,17−二酢酸エステル 500mL共栓フラスコ中において、17β−エストラ−1,3,5(10) −8−テトラエン−3,17−ジオール(23.09g)と無水酢酸(120m L)およびピリジン(120mL)の混合液との混合物をぐるぐるかき混ぜた。得られた黄色溶液を室温で一晩放置した。溶液を砕いた氷(〜600mL)に加えた。白色沈殿が形成した。スラリーを磁気攪拌し、水(220mL)を加えた。攪拌を続け、温度を18−20℃に上昇させた。生成物をろ紙上に回収し、水(100mL)で洗浄した。湿ったケーク(90.65g)を減圧デシケーター中、五酸化リンで乾燥して、28.19g(93.13%)の白色粗生成物を得た。機械スターラー、温度計および1個の蒸留装置を備え付けた2L多頚フラスコに、窒素下で、粗17β−エストラ−1,3,5(10),8−テトラエン−3 ,17−ジオール3,17−二酢酸エステル(28.19g)およびメタノール (675mL)を加えた。スラリーを加熱し、さらに200mLのメタノールの添加後、生成物を59−60℃で溶解した。溶液を約500mLまで蒸留し、 404mLの蒸留液を回収した。得られた結品のスラリーを35℃まで冷却し、 次いで、−10℃まで冷却した。結品をろ紙上に回収し、冷(−10℃)メタノール(3x50mL)で洗浄した。湿った結晶(30.14g)を真空オーブン中、65℃で4日問乾燥して、矛盾のないスペクトル(ir、pmrおよびms) データおよび許容できる元素(CおよびH)分析を有する25.15g(89. 24%)の白色結晶3,17−二酢酸エステルを得た。 C. 17β−エストラ−1,3,5(10),8−テトラエン−3,17−ジオ ール17−酢酸エステルメタノール(150mL)中の17β−エストラ−1,3,5(10),8− テトラエン−3,17−ジオール3,17−二酢酸エステル(24.16g)0 . 0682モル)およびジクロロメタン(56mL)の、恒温浴中窒素下で−5 ℃まで冷却した攪拌懸濁液に、113mLの飽和メタノール性炭酸カリウム溶液を45分間にわたって加えた。 (添加の間、反応物の温度は−3〜−5℃の範囲であった。)窒素下−5℃での攪拌を合計22.5時間続けた。 1 4/3時間後、沈殿(生成物)が形成した。ジクロロメタン−酢酸エチル(9.5:0.5 )を用いるシリカゲル上のTLCを用いて、反応の完了を判断した。反応フラスコに1個の蒸留装置を備え付けた。 −5℃の一定温度浴中に反応フラスコを維持しながら、減圧下(最初、アスピレーターを用い、その後、オイルポンプを用いる)で蒸留して、全ての溶媒を除去した。乾燥固体に5%酢酸(350mL)を迅速に加え、得られたスラリーを−5℃ないし0℃で2時間攪拌した。得られたpHは4.5であった。粗生成物をろ紙上に回収し、4x50mLの水で洗浄した。白色粗物質を300mLの水を用いて磁気攪拌し、もう一度、ろ紙上に回収した。水(9x40mL)で洗浄して、酸の痕跡を除去し、最終の洗浄液のpH は5.5であった。湿ったケーク(37.06g)を減圧デシケーター中、五酸化リンで一晩乾燥して、20.02g(94.03%)の粗17β−一酢酸エステルを得た。機械スターラー、温度計および一個の蒸留装置を備え付けた500mLの丸底多頚フラスコに、窒素下で、粗生成物(20.02g)、メタノール(100m L)およびジクロロメタン(200mL)を加えた。溶液のpH(湿らせたpH 紙)は8であり;5滴の氷酢酸を加えてpHを5にした。結晶化が豊富になるまで、大気圧で溶液を蒸留した(蒸留液の容量220mL)。スラリーを40℃まで、次いで、ドライアイス−アセトン浴を用いて−10℃まで冷却した。生成物をろ紙上に回収し、冷(−10℃)メタノール(3x25mL)で洗浄した。湿ったケーク(21.65g)を70℃で一晩乾燥し、次いで、85℃で5.5時間、真空オーブン中で乾燥した。得られた白色結晶物質(18.07g、90. 25%)は、適当なスペクトル(ir、pmrおよびms)を有した。 D. 17β−エストラ−1,3,5(10),8−テトラエン−3,17−ジオ ール3−硫酸エステル17−酢酸エステル トリエチルアンモニウム塩テトラヒドロフラン(200mL)中の17β−エストラ−1,3,5(10 ),8−テトラエン−3,17−ジオール17−酢酸エステル(17.18g、 0.05499モル)に、窒素下で、三酸化硫黄−トリエチルアミン(19.9 3g、0.110モル)を加え、溶液を室温で4時間攪拌した。 CH 2 Cl 2 :E tOAc:MeOH:NEt 3 (3:3:1.5:2.5)を用いるシリカゲル上のTLCによって、反応の完了を判断した。エーテル(600mL)を加え、 得られたスラリーを室温で30分間攪拌した。粗生成物をろ紙上に回収し、エーテル(3x27mL)で洗浄した。湿ったケーク(36.50g)を真空オーブン中、室温で2日間乾燥して、過剰の試薬を混入した30.13g(100.9 8%)の粗白色生成物を得た。機械スターラー、窒素引入れ口を有する還流冷却器および温度計を備え付けた1L多頚フラスコに、窒素下で、粗生成物(30.13g)およびメタノール( 80mL)を加えた。温度が26℃から20℃に低下したので、温水浴を用いて温度を25−25℃にした。さらに50mLのメタノールを加えて、該温度で溶液に達した。溶液のpH(湿らせたpH紙)は3であった。 pHを注意深く、トリエチルアミン(2.5mL)の添加によってpH7−8に調整した。透明溶液に、直ちにエーテル(1L)を加えた。得られたスラリーをエーテル(2x75mL)を用いて2L三角フラスコに移し、磁気攪拌した。追加の50 mLのエーテル(全量1,200mL)を加え、得られたスラリーを室温で10 分間攪拌した。次いで、アセトン乾燥氷浴で−10℃まで冷却した。生成物をろ紙上に回収し、エーテル(3x30mL)で洗浄した。湿ったケーク(32.6 3g)を真空オーブン中、室温で一晩乾燥して、適当なスペクトル(ir、pm rおよびms)データおよび許容できる元素(C、HおよびN)分析を有する2 3.25g(85.64%)の精製物質を得た。 E. 17β−エストラ−1,3,5(10),8−テトラエン−3,17−ジオ ール3−硫酸エステルナトリウム塩メタノール(145mL)中の17β−エストラ−1,3,5(10),8− テトラエン−3,17−ジオール3−硫酸エステル17−酢酸エステル(ジエステル)トリエチルアンモニウム塩(22.27g、0.09511モル)に、1 45mLの1.6N水酸化ナトリウムを加え、混合物を室温で攪拌した(140 mLの蒸留液が回収されるまで25℃)。白色で粘性の固体(蒸発の間に沈殿した)を窒素下で、n−ブタノール(150mL)と30分間攪拌することによって溶解した。 20mLのn−ブタノール、10mLの飽和ブラインおよび10m Lの水を用いて、混合物を分液漏斗に移した。層の分離はゆっくりであったので、さらに60mLのブラインを加えた。下の水層(〜126mL)を分離し、有機層を飽和ブラインで洗浄した(1x40mL、次いで3x30mL、最終洗浄液pH13−14)。固形生成物が形成し始めた。 n−ブタノール(500ml )、飽和ブライン(100mL)および水(20mL)を加えた。混合して生成物を再溶解し、洗浄液のpHは12であった。最終洗浄液がpH7−8になるまで、有機層を飽和ブライン(6x100mL)でさらに洗浄した。わずかに濁った有機層をSolka Flocでろ過し、ろ過パッドをn−ブタノール(50 mL)で洗浄した。溶液を50mLのn−ブタノールと共に丸底フラスコへ移し、オイルポンプ減圧下、35−38℃で、結晶化が起こるまで蒸発させた(濃縮液容量208mL、留出液容量630mL)。攪拌したスラリーにエーテル(7 00mL)を加え、スラリーを室温で5分間攪拌した。生成物をろ紙上に回収し、エーテル(4x100mL)で洗浄した。湿ったケーク(39.99g)を真空オーブン中、室温(25℃)で乾燥して、16.83gのオフホワイト粗生成物を得た。前記の粗物質(16.83g)に95%エタノール(165mL)を加え、混合物を10分間攪拌して、濁った溶液を得た。溶液をろ過した。磁気攪拌した透明のろ液に、エーテル(1,500mL)を加えた(500mLを加えた後、結晶化が明らかになった)。得られたスラリーを室温で10分間攪拌し、次いで、ろ過した。ろ過ケークをエーテル(5x100mL)で洗浄した。得られた白色の粉末状固体(17.2 8g)は、今だエタノールの匂いがしたので、エーテル(300mL)で10分間磁気攪拌し、再度、ろ紙上に回収した。ろ過ケークをエーテル(4x50mL )で洗浄し、湿ったケーク(25.18g)を真空オーブン中、室温で一晩乾燥した。白色生成物(15.50g、86.51%)は、適当なスペクトル(ir 、pmrおよびms)データを有した。 実施例4 トリス(ヒドロキシメチル)アミノメタン(TRIS)を有する 17β−エストラ−1,3,5(10),8−テトラエン−3,17−ジオール 3−硫酸エステルナトリウム塩蒸留水(1,400mL)中の17β−エストラ−1,3,5(10),8− テトラエン−3,17−ジオール3−硫酸(エステル)ナトリウム塩(13.1 1g)にTRIS(7.56g)を加え、溶液をろ過した。ろ液を100mLの蒸留水で洗浄した。ろ液および洗浄液を500mLの蒸留水を用いて−40℃でトレーに移した。冷凍溶液を4日間にわたって凍結乾燥した。得られた白色の光沢のある物質(20.92g)を圧縮し、混合し、予め重量を測定した瓶の中に置き、さらに4日間、凍結乾燥機中で室温(23℃)で乾燥した。物質の重量は、19.69g(97.55%)であった。 実施例5 イン・ビボでのΔ8,9−デヒドロエストロンの代謝による17α,Δ8,9− デヒドロエストラジオールまたは17β,Δ8,9−デヒドロエストラジオール の調整 A.用量投与および試料回収体重9−13kgの4匹の雌イヌに1mg/kgのΔ 8,9 −デヒドロエストロンをカプセルで経口投与した。研究の間、イヌを個々のステンレススチール代謝ケージ中に閉じ込めた。投与前の一晩、イヌを絶食させ、4時間後にエサを与えた。研究の間、無制限に水を与えた。血液(8ml)を投与後0、0.5、1、 2、4、6および8時間に採取し、血漿を得た。投与後24時間に尿をドライアイス上に採取した。 B. HPLCによる代謝産物プロフィールの測定 1.尿の代謝産物プロフィール酵素加水分解後0−24時間試料を分析することによって、尿の代謝産物を決定した。複合体を加水分解するために、尿のアリコート(1ml)を1mlの0 . 05M酢酸ナトリウム緩衝液、pH5.0と合わせ、37℃で一晩、2000 ユニットのGlusulase(Helix Pomatia,DuPont)と共にインキュベートした。加水分解した試料を2500rpmで10分間、遠心分離した。加水分解した尿試料の上清をC−18/N +カートリッジ(Chemical Separations,PA 由来のC−18および第4アミン吸着剤を含有する二機能カートリッジ)を用いて抽出した。カートリッジ抽出は、真空プル(pull)(Speed Mate 30 Applied Separations)によって行った。 C−18/N +カートリッジを2x1mlアセトン、2x1mlメタノール、2x1ml0.1N酢酸および2x1mlH 2 Oを用いて最初の条件にした。試料(上清)をアプライし、カートリッジを2x1m lH 2 O、2x1ml0.1N酢酸、2x1mlH 2 Oおよび2x1mlヘキサンで洗浄した。次いで、代謝産物を2x1mlアセトン中で溶出した。抽出物をN 2下で乾燥し、1mlの移動相[60%緩衝液(0.05M KH 2 PO 4 、pH3 .0)および40%有機(2:1アセトニトリル:メタノール)]中で復元した。 SP8780オートサンプラー(Spectra-Physics)を用いて、25μlの各抽出物をC−6 5μ HPLCカラム(Alltech)上に注入し、ESA−420 ポンプを用いて流速1ml/分で溶出した。電気化学検出器(Coulochem II-ESA )を用いて代謝産物を検出した。検出器の電位を0.75V(孔辺細胞)、 0.35V(電極1)および0.70V(電極2)にセットし、電極2からのシグナルをチャート記録計(Kipp and Zonen BD 40)で記録した。 2.血漿代謝産物プロフィール血漿試料もまた、加水分解後にHPLCによって分析した。複合体の加水分解は、尿試料について前記したように、試料をGlusulaseでインキュベートすることによって行った。遠心分離後、血漿試料をC−18/N +カートリッジを用いて前記の方法で抽出し、HPLC電気化学検出によって分析した。 3.酵素阻害剤の存在下での加水分解 β−グルクロニダーゼの阻害剤である200μMのサッカロラクトンの存在または非存在下で、全試料の加水分解を行うことによって、血漿および尿試料中に存在する複合体の型を決定した。加水分解、抽出およびHPLC分析を前記のとおりに行った。 C.加水分解した尿および血漿試料のGC/MS分析による代謝産物の同定加水分解した尿および血漿試料の抽出物のTMS誘導体のEI−GC/MS分析によって、代謝産物の構造を同定した。対照標準のマススペクトルを分析および比較することによって、代謝産物の構造を確認した。 1.加水分解した尿試料のGC/MS分析 1匹のイヌ由来の5mlの0−24時間尿を5mlのpH5.0酢酸ナトリウム緩衝液(0.05M)および10,000ユニットのGlusulaseと混合した。混合物を振とう水浴(Precision Scientific)中、37℃で一晩インキュベートした。朝になつた後、加水分解物を2500rpmで10分間遠心分離した。前記のように、C−18/N +カートリッジ抽出を行った。代謝産物のアセトン溶出後、N 2を用いて抽出物を乾燥した。次いで、各抽出物または対照標準を80μlのトルエンで復元し;次いで、10μlのBSTFAおよび5μl のピリジンを加え、65℃で1時間反応させて、代謝産物のTMS誘導体を形成させた。インターフェースで直接Varian3400ガスクロマトグラフに連結されたFinnigan−MAT8230高分解能質量分析器を用いて、誘導体化された試料を分析した。データをSS−300データシステムで獲得し、P rintronixでプリントした。ソースイオン化モードは、正電子衝撃であった。使用したカラムは、J&W DB−5MS 30Mx0.32mmIDであった。開始のカラムは80℃であり、10℃/分にて260℃まで1分ホールドプログラムされた。注入温度は250℃であった。注入容量は2μlであった。 2.加水分解した血漿試料のGC/MS分析 2mlの血漿を2mlのpH5.0酢酸ナトリウム緩衝液(0.05M)と混合し、2000ユニットのGlusulase(DuPont)で加水分解した。混合物を37℃で一晩、振とう水浴中でインキュベートし、前記のように抽出した。実験試料、対照血漿および合成標準を含有する対照血漿を前記のように分析した。 D.代謝産物プロフィール 1.尿酵素加水分解0−24時間尿のHPLCクロマトグラムは、対照イヌ尿由来の抽出物のクロマトグラム中に存在しない3つのピークを生じた。第3の溶出ピークの保持時間は、Δ8,9−デヒドロエストロンのそれと同一であった。ピーク1および2は、17β,Δ8,9−デヒドロエストラジオールおよび17α,Δ 8,9−デヒドロエストラジオールと同一の保持時間(各々、17.4分および19.3分)を有した。また、対照標準との同時クロマトグラフィーは、明らかに、各々、ピーク1およびピーク2として17β,Δ8,9−デヒドロエストラジオールおよび17α,Δ8,9−デヒドロエストラジオールの存在を示した。加水分解前に抽出した試料の分析は、いずれの代謝産物も示さず、非複合型において代謝産物がほとんど存在しないことを示唆した。全てのイヌ由来の試料が同様の代謝産物プロフィールを与えた。 2.血漿加水分解後の血漿試料の分析もまた、調べた全時点で、尿試料中と同じ三つのピークの存在を示した。尿および血漿試料の両方において、サッカロラクトンの添加が複合体の加水分解を阻害し、多数の代謝産物がグルクロニド型であることを示した。 E. 17α,Δ8,9−デヒドロエストラジオールの同定 GC/MSクロマトグラムにおけるピーク2のマススペクトルは、それがジオールであることを示唆する分子イオンm/z414を表示した。 m/z309[ M−105(CH 3 、TMS OH)]での弱いM +イオンおよび基底ピークは、 17α−ジヒドロ環−B不飽和エストロゲンの特徴である。 m/z399[M− 15(CH 3 )]、324[M−90(TMS)]および283[M−131] での他のフラグメントもまた、17−ヒドロキシエストロゲンの特徴である。ピーク2のマススペクトルは、対照標準17α,Δ8,9−デヒドロエストラジオールのそれと同一であった。これらのデータに基づいて、該代謝産物の構造を1 7α,Δ8,9−デヒドロエストラジオールと同定した。 E. 17β,Δ8,9−デヒドロエストラジオールの同定 GC/MSクロマトグラムにおけるピーク1のマススペクトルは、環−B不飽和エストロゲンジオールの特徴である分子イオンm/z414ならびにm/z3 99[M−15(CH 3 )]、324[M−90(TMS)]、309[M−1 05(CH 3 ,TMS)]および283(M−131)でのフラグメントイオンを表示した。 17α,Δ8,9−デヒドロエストラジオールとは異なり、該化合物は、17β−ジヒドロ環−B不飽和エストロゲンの特徴である、約95%の相対強度を有する強い分子イオンを与えた。ピーク1のマススペクトルは、対照1 7β,Δ8,9−デヒドロエストラジオールのそれと同一であった。これらのデータに基づいて、該代謝産物を17β,Δ8,9−デヒドロエストラジオールと決定した。

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (81)指定国 EP(AT,BE,CH,DE, DK,ES,FI,FR,GB,GR,IE,IT,L U,MC,NL,PT,SE),OA(BF,BJ,CF ,CG,CI,CM,GA,GN,ML,MR,NE, SN,TD,TG),AP(GH,KE,LS,MW,S D,SZ,UG,ZW),EA(AM,AZ,BY,KG ,KZ,MD,RU,TJ,TM),AL,AM,AT ,AU,AZ,BA,BB,BG,BR,BY,CA, CH,CN,CU,CZ,DE,DK,EE,ES,F I,GB,GE,GH,HU,IL,IS,JP,KE ,KG,KP,KR,KZ,LC,LK,LR,LS ────────────────────────────────────────────────── ─── of the front page continued (81) designated States EP (AT, BE, CH, DE, DK, ES, FI, FR, GB, GR, IE, IT, L U, MC, NL, PT, SE), OA (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, ML, MR, NE, SN, TD, TG), AP (GH, KE, LS, MW, S D, SZ, UG, ZW) , EA (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM), AL, AM, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BR, BY, CA, CH, CN, CU, CZ, DE, DK, EE, ES, F I, GB, GE, GH, HU, IL, IS, JP, KE, KG, KP, KR, KZ, LC, LK, LR, LS , LT,LU,LV,MD,MG,MK,MN,MW,M X,NO,NZ,PL,PT,RO,RU,SD,SE ,SG,SI,SK,SL,TJ,TM,TR,TT, UA,UG,UZ,VN,YU,ZW (72)発明者 ベックス,フレデリック・ジェイムズ アメリカ合衆国19073ペンシルベニア州 ニュータウン・スクエア、レイクショア・ ドライブ4番(72)発明者 チャンドラセカラン,アパブ アメリカ合衆国08536ニュージャージー州 プレインズボロー、ソロー・ドライブ35 番(72)発明者 プロジアレック,ドロシー・ヘレン アメリカ合衆国18966ペンシルベニア州 ホランド、インディペンデンス・ドライブ 304番(72)発明者 ウィンクリー,マイケル・ウィリアム アメリカ合衆国10916ニューヨーク州 キ ャンベル・ホール、アーバー・ロード1番(72) , LT, LU, LV, MD, MG, MK, MN, MW, M X, NO, NZ, PL, PT, RO, RU, SD, SE, SG, SI, SK, SL, TJ, TM, TR, TT, UA, UG, UZ, VN, YU, ZW (72) inventor Beck, Frederick James United States 19073 Pennsylvania Newtown Square, Lake Shore drive No. 4 (72) inventor Chandrasekhar Curran, Apabu United States 08536 New Jersey Plains borrow, # 35 Thoreau drive (72) inventor Puroji Alec, Dorothy Helen United States 18,966 Pennsylvania Holland, Independence drive 304 No. (72) inventor Wink Lee, Michael William United States 10916 New York key Yanberu Hall, Arbor Road No. 1 (72) 明者 ラビーンドラナス,パノリル アメリカ合衆国10950ニューヨーク州 モ ンロー、ウィットマン・プレイス3番 Inventor Rabin Dora eggplant, Panoriru United States 10950 New York model Inlay, Whitman Place # 3

Claims (1)

  1. 【特許請求の範囲】 1.17α,Δ8,9−デヒドロエストラジオールまたはその3−硫酸エステルの医薬上許容される塩である化合物。 Claims: 1.17α, Δ8,9- dehydroepiandrosterone estradiol or compound is a pharmaceutically acceptable salt thereof 3 sulfate. 2.3−硫酸エステルの医薬上許容される塩がアルカリ金属塩、アルカリ土類金属塩、アンモニウム塩、1−6個の炭素原子を含有するアルキルアンモニウム塩、または1−6個の炭素原子を各アルキル基に含有するジアルキルアンモニウム塩、または1−6個の炭素原子を各アルキル基に含有するトリアルキルアンモニウム塩である請求項1記載の化合物。 2.3- pharmaceutically acceptable salts are alkali metal salts of sulfuric acid esters, alkaline earth metal salts, ammonium salts, 1-6 alkylammonium salt containing carbon atoms or 6 carbon atoms, the compound of claim 1 wherein the dialkyl ammonium salt contained in each alkyl group or 1-6 carbon atoms, trialkylammonium salts containing each alkyl group. 3.17α,Δ8,9−デヒドロエストラジオール3−硫酸エステル ナトリウム塩である請求項1記載の化合物。 3.17Arufa, compound of claim 1 wherein the Δ8,9- dehydroepiandrosterone estradiol 3-sulfate ester sodium salt. 4.17α,Δ8,9−デヒドロエストラジオール3−硫酸エステル トリエチルアンモニウム塩である請求項1記載の化合物。 4.17Arufa, compound of claim 1 wherein the Δ8,9- dehydroepiandrosterone estradiol 3-sulfate ester triethylammonium salt. 5.17β,Δ8,9−デヒドロエストラジオールまたはその3−硫酸エステルの医薬上許容される塩である化合物。 5.17Beta, compounds which are Δ8,9- dehydroepiandrosterone estradiol or a pharmaceutically acceptable salt thereof 3 sulfate. 6.3−硫酸エステルの医薬上許容される塩がアルカリ金属塩、アルカリ土類金属塩、アンモニウム塩、1−6個の炭素原子を含有するアルキルアンモニウム塩、または1−6個の炭素原子を各アルキル基に含有するジアルキルアンモニウム塩、または1−6個の炭素原子を各アルキル基に含有するトリアルキルアンモニウム塩である請求項5記載の化合物。 6.3- pharmaceutically acceptable salts are alkali metal salts of sulfuric acid esters, alkaline earth metal salts, ammonium salts, 1-6 alkylammonium salt containing carbon atoms or 6 carbon atoms, dialkyl ammonium salts contained in each alkyl group or 1-6 compound of claim 5, wherein the carbon atoms trialkylammonium salts containing each alkyl group. 7.17β,Δ8,9−デヒドロエストラジオール3−硫酸エステル ナトリウム塩である請求項5記載の化合物。 7.17Beta, compound of claim 5 wherein the Δ8,9- dehydroepiandrosterone estradiol 3-sulfate ester sodium salt. 8.17β,Δ8,9−デヒドロエストラジオール3−硫酸エステル トリエチルアンモニウム塩である請求項5記載の化合物。 8.17Beta, compound of claim 5 wherein the Δ8,9- dehydroepiandrosterone estradiol 3-sulfate ester triethylammonium salt. 9. 9. 抗酸化量の17α,Δ8,9−デヒドロエストラジオールまたはその3− 硫酸エステルの医薬上許容される塩をそれらを必要とする哺乳動物に投与することによって、フリーラジカルに誘発される病態を阻害または治療する方法。 By administering antioxidant amount of 17.alpha, Deruta8,9- dehydroepiandrosterone estradiol or a pharmaceutically acceptable salt thereof 3 sulfate to a mammal in need thereof, inhibiting or treating a condition which is induced free radicals how to. 10. 10. 癌の疾患発達、中枢神経系障害、アルツハイマー病、骨疾患、老化、炎症障害、末梢血管疾患、慢性関節リウマチ、自己免疫疾患、呼吸障害、気腫、再潅流障害の防止、ウイルス性肝炎、慢性活性肝炎、結核、乾癬、全身性エリテマトーデス、成人呼吸障害症候群、中枢神経系外傷および卒中、または再潅流進行の間の傷害における内因性フリーラジカルの影響を阻害する方法であって、17 α,Δ8,9−デヒドロエストラジオールまたはその3−硫酸エステルの医薬上許容される塩をそれらを必要とする哺乳動物に投与することからなる方法。 Disease development of cancers, central nervous system disorders, Alzheimer's disease, bone disease, aging, inflammatory disorders, peripheral vascular disease, rheumatoid arthritis, autoimmune diseases, respiratory disorders, emphysema, prevention of reperfusion injury, viral hepatitis, chronic active hepatitis, a method of inhibiting tuberculosis, psoriasis, systemic lupus erythematosus, adult respiratory distress syndrome, the effects of endogenous free radicals in injury between the central nervous system trauma and stroke, or reperfusion progression,, 17 alpha, [Delta] 8 , comprising administering 9-dehydroepiandrosterone estradiol or a pharmaceutically acceptable salt thereof 3 sulfate to a mammal in need thereof. 11. 11. 抗酸化量の17β,Δ8,9−デヒドロエストラジオールまたはその3 −硫酸エステルの医薬上許容される塩をそれらを必要とする哺乳動物に投与することによって、フリーラジカルに誘発される病態を阻害または治療する方法。 Antioxidant amount of 17ß, Deruta8,9- dehydroepiandrosterone estradiol or its 3 - by administering a pharmaceutically acceptable salt of sulfate of a mammal in need thereof, inhibiting or treating a condition which is induced free radicals how to. 12. 12. 癌の疾患発達、中枢神経系障害、アルツハイマー病、骨疾患、老化、炎症障害、末梢血管疾患、慢性関節リウマチ、自己免疫疾患、呼吸障害、気腫、再潅流障害の防止、ウイルス性肝炎、慢性活性肝炎、結核、乾癬、全身性エリテマトーデス、成人呼吸障害症候群、中枢神経系外傷および卒中、または再潅流進行の間の傷害における内因性フリーラジカルの影響を阻害する方法であって、17 β,Δ8,9−デヒドロエストラジオールまたはその3−硫酸エステルの医薬上許容される塩をそれらを必要とする哺乳動物に投与することからなる方法。 Disease development of cancers, central nervous system disorders, Alzheimer's disease, bone disease, aging, inflammatory disorders, peripheral vascular disease, rheumatoid arthritis, autoimmune diseases, respiratory disorders, emphysema, prevention of reperfusion injury, viral hepatitis, chronic active hepatitis, a method of inhibiting tuberculosis, psoriasis, systemic lupus erythematosus, adult respiratory distress syndrome, the effects of endogenous free radicals in injury between the central nervous system trauma and stroke, or reperfusion progression,, 17 beta, [Delta] 8 , comprising administering 9-dehydroepiandrosterone estradiol or a pharmaceutically acceptable salt thereof 3 sulfate to a mammal in need thereof. 13. 13. エストロゲン置換療法またはエストロゲン欠乏の治療を必要とする哺乳動物においてエストロゲン置換療法を提供するまたはエストロゲン欠乏を治療する方法であって、エストロゲン性量の17α,Δ8,9−デヒドロエストラジオールまたはその3−硫酸エステルの医薬上許容される塩を該哺乳動物に投与することからなる方法。 A method of treating a provided to or estrogen deficiency estrogen replacement therapy in a mammal in need of treatment for estrogen replacement therapy or estrogen deficiency, the estrogenic amount 17.alpha, Deruta8,9- dehydroepiandrosterone estradiol or its 3-sulfate ester how to be a pharmaceutically acceptable salt from the administration to the mammal. 14. 14. エストロゲン置換療法またはエストロゲン欠乏の治療を必要とする哺乳動物においてエストロゲン置換療法を提供するまたはエストロゲン欠乏を治療する方法であって、エストロゲン性量の17β,Δ8,9−デヒドロエストラジオールまたはその3−硫酸エステルの医薬上許容される塩を該哺乳動物に投与することからなる方法。 A method of treating a provided to or estrogen deficiency estrogen replacement therapy in a mammal in need of treatment for estrogen replacement therapy or estrogen deficiency, the estrogenic amount 17ß, Deruta8,9- dehydroepiandrosterone estradiol or its 3-sulfate ester how to be a pharmaceutically acceptable salt from the administration to the mammal. 15. 15. 血管運動神経性症状の治療を必要とする哺乳動物においてエストロゲン欠乏に関連する血管運動神経性症状を治療する方法であって、17α,Δ8,9 −デヒドロエストラジオールまたはその3−硫酸エステルの医薬上許容される塩を該哺乳動物に投与することからなる方法。 A method of treating vasomotor symptoms related to estrogen deficiency in a mammal in need of treatment of vasomotor symptoms, 17α, Δ8,9 - dehydroepiandrosterone estradiol or a pharmaceutically its 3-sulfate ester acceptable comprising administering a salt to the mammal. 16. 16. 血管運動神経性症状がホットフラッシュである請求項15記載の方法。 The method of claim 15, wherein vasomotor symptoms are hot flashes. 17. 17. 血管運動神経性症状の治療を必要とする哺乳動物においてエストロゲン欠乏に関連する血管運動神経性症状を治療する方法であって、17β,Δ8,9 −デヒドロエストラジオールまたはその3−硫酸エステルの医薬上許容される塩を該呻乳動物に投与することからなる方法。 A method of treating vasomotor symptoms related to estrogen deficiency in a mammal in need of treatment of vasomotor symptoms, 17β, Δ8,9 - dehydroepiandrosterone estradiol or a pharmaceutically its 3-sulfate ester acceptable comprising administering a salt in 該呻 mammal. 18. 18. 血管運動神経性症状がホットフラッシュである請求項17記載の方法。 The method of claim 17, wherein vasomotor symptoms are hot flashes. 19. 19. 骨粗鬆症の治療または阻害を必要とする哺乳動物において骨粗鬆症を治療または阻害する方法であって、抗−骨粗鬆症有効量の17α,Δ8,9−デヒドロエストラジオールまたはその3−硫酸エステルの医薬上許容される塩を該哺乳動物に投与することからなる方法。 A method of treating or inhibiting osteoporosis in a mammal in need of treatment or inhibition of osteoporosis, anti - osteoporosis effective amount of 17.alpha, Deruta8,9- dehydroepiandrosterone estradiol or a pharmaceutically acceptable salt thereof 3- sulfate ester comprising administering to the mammal a. 20. 20. 骨粗鬆症の治療または阻害を必要とする哺乳動物において骨粗鬆症を治療または阻害する方法であって、抗−骨粗鬆症有効量の17β,Δ8,9−デヒドロエストラジオールまたはその3−硫酸エステルの医薬上許容される塩を該哺乳動物に投与することからなる方法。 A method of treating or inhibiting osteoporosis in a mammal in need of treatment or inhibition of osteoporosis, anti - osteoporosis effective amount of 17ß, Deruta8,9- dehydroepiandrosterone estradiol or a pharmaceutically acceptable salt thereof 3- sulfate ester comprising administering to the mammal a. 21. 21. アテローム性動脈硬化症の治療または阻害を必要とする哺乳動物においてアテローム性動脈硬化症を治療または阻害する方法であって、抗−アテローム性動脈硬化症有効量の17α,Δ8,9−デヒドロエストラジオールまたはその3−硫酸エステルの医薬上許容される塩を該哺乳動物に投与することからなる方法。 A method for treating or inhibiting atherosclerosis in a mammal in need of treatment or inhibition of atherosclerosis, anti - atherosclerotic effective amount of 17.alpha, Deruta8,9- dehydroepiandrosterone estradiol or comprising administering the 3-pharmaceutically acceptable salts of sulfuric esters to the mammal. 22. 22. アテローム性動脈硬化症の治療または阻害を必要とする哺乳動物においてアテローム性動脈硬化症を治療または阻害する方法であって、抗−アテローム性動脈硬化症有効量の17β,Δ8,9−デヒドロエストラジオールまたはその3−硫酸エステルの医薬上許容される塩を該哺乳動物に投与することからなる方法。 A method for treating or inhibiting atherosclerosis in a mammal in need of treatment or inhibition of atherosclerosis, anti - atherosclerotic effective amount of 17ß, Deruta8,9- dehydroepiandrosterone estradiol or comprising administering the 3-pharmaceutically acceptable salts of sulfuric esters to the mammal. 23.17α,Δ8,9−デヒドロエストラジオールまたはその3−硫酸エステルの医薬上許容される塩および医薬担体を含んでなる医薬組成物。 23.17α, Δ8,9- dehydroepiandrosterone estradiol or a pharmaceutically acceptable pharmaceutical composition comprising a salt and a pharmaceutical carrier for the 3-sulfate ester. 24.17β,Δ8,9−デヒドロエストラジオールまたはその3−硫酸エステルの医薬上許容される塩および医薬担体を含んでなる医薬組成物。 24.17β, Δ8,9- dehydroepiandrosterone estradiol or a pharmaceutically acceptable pharmaceutical composition comprising a salt and a pharmaceutical carrier for the 3-sulfate ester. 25. 25. 少なくとも1%純度である17α,Δ8,9−デヒドロエストラジオールまたはその3−硫酸エステルの医薬上許容される塩。 At least 1% pure 17α, Δ8,9- dehydroepiandrosterone estradiol or a pharmaceutically acceptable salt thereof 3 sulfate. 26. 26. 少なくとも1%純度である17β,Δ8,9−デヒドロエストラジオールまたはその3−硫酸エステルの医薬上許容される塩。 At least 1% pure 17β, Δ8,9- dehydroepiandrosterone estradiol or a pharmaceutically acceptable salt thereof 3 sulfate. 27.17α,Δ8,9−デヒドロエストラジオールまたはその3−硫酸エステルの医薬上許容される塩の製法であって、 (a)Δ8,9−デヒドロエストロンの17−ケトンを水素化物還元剤で還元して、17β,Δ8,9−デヒドロエストラジオールを得; (b)17β,Δ8,9−デヒドロエストラジオールの3−ヒドロキシル基を適当なアシル化剤でアシル化して、3−アシル化17β,Δ8,9−デヒドロエストラジオールを製造し; (c)3−アシル化17β,Δ8,9−デヒドロエストラジオールを3,5− ジニトロ安息香酸およびトリフェニルホスフィンと反応させて、3−アシル化, 17−(3,5−ジニトロベンゾイル)17α,Δ8,9−デヒドロエストラジオールを得; (d)3−アシル化,17−(3,5−ジニトロ 27.17α, Δ8,9- a dehydroepiandrosterone estradiol or preparation of the 3-pharmaceutically acceptable salts of sulfuric acid ester, (a) Δ8,9- dehydroepiandrosterone estrone 17-ketone is reduced with a hydride reducing agent Te, 17ß, Deruta8,9- dehydroepiandrosterone estradiol obtained; (b) 17β, Δ8,9- dehydroepiandrosterone estradiol 3-hydroxyl group is acylated with a suitable acylating agent, 3-acylated 17ß, Deruta8,9- to produce dehydroascorbic estradiol; (c) 3-acylated 17ß, Deruta8,9- dehydroepiandrosterone estradiol was reacted with 3,5-dinitro-benzoic acid and triphenyl phosphine, 3-acylated, 17- (3,5 dinitrobenzoyl) 17.alpha, give Δ8,9- dehydroepiandrosterone estradiol; (d) 3- acylation, 17- (3,5-dinitro ンゾイル)17α,Δ8, 9−デヒドロエストラジオールを水性塩基で処理して、17α,Δ8,9−デヒドロエストラジオールを得ることからなる方法。 Nzoiru) 17α, Δ8, 9-dehydroepiandrosterone estradiol was treated with aqueous base, 17.alpha, the method consisting in obtaining Δ8,9- dehydroepiandrosterone estradiol. 28. 28. さらに、 (a)17α,Δ8,9−デヒドロエストラジオールを適当なアシル化剤でアシル化して、3,17−ジアシル17α,Δ8,9−デヒドロエストラジオールを得; (b)3−アシル基を穏やかな塩基で加水分解して、17−アシル17α,Δ 8,9−デヒドロエストラジオールを得; (c)3−ヒドロキシル基を三酸化硫黄−アンモニア、−アルキルアミン、− ジアルキルアミンまたは−トリアルキルアミン試薬で硫酸化して、17α,Δ8 ,9−デヒドロエストラジオール3−硫酸エステル アンモニウム、アルキルアンモニウム、ジアルキルアンモニウムまたはトリアルキルアンモニウム塩を得ることからなる請求項27記載の方法。 Furthermore, (a) 17α, Δ8,9- dehydroepiandrosterone estradiol acylated with appropriate acylating agents, 3,17-diacyl 17.alpha, Deruta8,9- dehydroepiandrosterone estradiol obtained; moderate the (b) 3- acyl group base hydrolyzed, the 17-acyl 17.alpha, give the delta 8,9-dehydroepiandrosterone estradiol; (c) 3- hydroxyl groups of sulfur trioxide - ammonia, - alkylamines, - trialkylamine reagent - dialkylamines or and sulfated, 17.alpha, [Delta] 8, 9-dehydroepiandrosterone estradiol 3-sulfate ammonium, alkylammonium, the method of claim 27 wherein which comprises obtaining a dialkylammonium or trialkylammonium salt. 29. 29. さらに、17α,Δ8,9−デヒドロエストラジオール3−硫酸エステル アンモニウム、アルキルアンモニウム、ジアルキルアンモニウムまたはトリアルキルアンモニウム塩を適当な金属水酸化物塩基で処理して、17α,Δ8, 9−デヒドロエストラジオール3−硫酸エステル金属塩を得ることからなる請求項28記載の方法。 Furthermore, 17.alpha, Deruta8,9- dehydroepiandrosterone estradiol 3-sulfate ammonium, alkylammonium, processes the dialkylammonium or trialkylammonium salt with a suitable metal hydroxide base, 17.alpha, [Delta] 8, 9-dehydroepiandrosterone estradiol 3-sulfate the method of claim 28 comprising from getting ester metal salt. 30.17β,Δ8,9−デヒドロエストラジオールまたはその3−硫酸エステルの医薬上許容される塩の製法であって、Δ8,9−デヒドロエストロンの1 7−ケトンを水素化物還元剤で還元して、17β,Δ8,9−デヒドロエストラジオールを得ることからなる方法。 30.17β, Δ8,9- a dehydroepiandrosterone estradiol or preparation of the 3-pharmaceutically acceptable salts of sulfuric esters, Deruta8,9- dehydroepiandrosterone estrone of 1 7-ketone is reduced with a hydride reducing agent, 17ß, the method consisting in obtaining Δ8,9- dehydroepiandrosterone estradiol. 31. 31. さらに、 (a)17α,Δ8,9−デヒドロエストラジオールを適当なアシル化試薬でアシル化して、3,17−ジアシル17α,Δ8,9−デヒドロエストラジオールを得; (b)3−アシル基を穏やかな塩基で加水分解して、17−アシル17β,Δ 8,9−デヒドロエストラジオールを得; (c)3−ヒドロキシル基を三酸化硫黄−アンモニア、−アルキルアミン、− ジアルキルアミンまたは−トリアルキルアミン試薬で硫酸化して、17β,Δ8 ,9−デヒドロエストラジオール3−硫酸エステル アンモニウム、アルキルアンモニウム、ジアルキルアンモニウムまたはトリアルキルアンモニウム塩を得ることからなる請求項30記載の方法。 Furthermore, (a) 17α, Δ8,9- dehydroepiandrosterone estradiol acylated with an appropriate acylating reagent, 3,17-diacyl 17.alpha, Deruta8,9- de give hydro estradiol; (b) 3- acyl gentle base hydrolyzed, the 17-acyl 17ß, give the delta 8,9-dehydroepiandrosterone estradiol; (c) 3- hydroxyl groups of sulfur trioxide - ammonia, - alkylamines, - trialkylamine reagent - dialkylamines or and sulfated, 17ß, [Delta] 8, 9-dehydroepiandrosterone estradiol 3-sulfate ammonium, alkylammonium method of claim 30, which comprises obtaining a dialkylammonium or trialkylammonium salt. 32. 32. さらに、17β,Δ8,9−デヒドロエストラジオール3−硫酸エステル アンモニウム、アルキルアンモニウム、ジアルキルアンモニウムまたはトリアルキルアンモニウム塩を適当な金属水酸化物塩基で処理して、17β,Δ8, 9−デヒドロエストラジオール3−硫酸エステル金属塩を得ることからなる請求項31記載の方法。 Furthermore, 17ß, Deruta8,9- dehydroepiandrosterone estradiol 3-sulfate ammonium, alkylammonium, processes the dialkylammonium or trialkylammonium salt with a suitable metal hydroxide base, 17ß, [Delta] 8, 9-dehydroepiandrosterone estradiol 3-sulfate the method of claim 31 wherein which comprises obtaining ester metal salt.
JP51846298A 1996-10-11 1997-10-09 8 (9) - dehydrocholesterol estradiol derivatives Pending JP2001502328A (en)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US2793696 true 1996-10-11 1996-10-11
US60/027,936 1996-10-11
PCT/US1997/018306 WO1998016544A1 (en) 1996-10-11 1997-10-09 8(9)-dehydroestradiol derivatives

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2001502328A true true JP2001502328A (en) 2001-02-20

Family

ID=21840614

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP51846298A Pending JP2001502328A (en) 1996-10-11 1997-10-09 8 (9) - dehydrocholesterol estradiol derivatives

Country Status (6)

Country Link
EP (1) EP0934334A1 (en)
JP (1) JP2001502328A (en)
KR (1) KR20000049055A (en)
CN (1) CN1239967A (en)
CA (1) CA2268330A1 (en)
WO (1) WO1998016544A1 (en)

Family Cites Families (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
ES341947A1 (en) * 1966-06-21 1968-08-01 American Home Prod A process for preparing steroid compounds.
FR2136891B1 (en) * 1971-05-07 1974-08-23 Inst Khim Prirodny
US5210081A (en) * 1992-02-26 1993-05-11 American Home Products Corporation Alkali metal 8,9-dehydroestrone sulfate esters
DE4338314C1 (en) * 1993-11-10 1995-03-30 Jenapharm Gmbh Pharmaceutical preparations for the prophylaxis and therapy of radical-mediated cell damage

Also Published As

Publication number Publication date Type
EP0934334A1 (en) 1999-08-11 application
WO1998016544A1 (en) 1998-04-23 application
KR20000049055A (en) 2000-07-25 application
CA2268330A1 (en) 1998-04-23 application
CN1239967A (en) 1999-12-29 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5661143A (en) Estrogenic compounds as anti-mitotic agents
US5646136A (en) Methods of inhibiting angiogenesis and tumor growth, and treating ophthalmologic conditions with angiostatic and therapeutic steroids
US4317817A (en) Novel steroid 5α-reductase inhibitors
US6020328A (en) 20-keto-11β-arylsteroids and their derivatives having agonist or antagonist hormonal properties
US7863261B2 (en) Breast and prostate cancer treatment method
US4096254A (en) Method of treating the symptoms of menopause and osteoporosis
US6723858B2 (en) Estrogenic compounds as anti-mitotic agents
US4738957A (en) Estriol esters
US5763432A (en) Steriod inhibitors of estrone sulfatase and associated pharmaceutical compositions and methods of use
EP0367576A2 (en) Estrogen nucleus derivatives for use in the inhibition of sex steroid activity
WO2001074840A2 (en) 17-alpha-substituted-11-beta-substituted-4-aryl and 21-substituted 19-norpregna 21-substituted 19-norpregnadienedione as antiprogestational agents
US5705495A (en) Sulfamate derivatives of 1,3,5(10)-estratriene derivatives, methods for their production and pharmaceuticals containing these compounds
EP0648778A2 (en) 11-Benzaldoximeestradiene-derivates, a process for their preparation and pharmaceutical compositions containing them
US4265823A (en) Aurothiosteroids
US4977147A (en) 17-methylene- and 17-ethylidene-estratrienes
EP0343954A2 (en) Aromatic steroid 5-alpha-reductase inhibitors
US5554603A (en) Orally active derivatives of 1,3,5(10)-estratriene
EP0384842A1 (en) 19-Nor steroids substituted at position 11-beta by a hydrocarbon chain containing an amide or carbamate group, their preparation, intermediates, their use as medicaments and pharmaceutical compositions containing them
US5962444A (en) 17β-nitro-11β-arylsteroids and their derivatives having agonist or antagonist hormonal properties
US6583130B1 (en) C13-substituted estra-1,3,5,(10)-trien-3-yl sulfamates, methods of preparing same, and pharmaceutical compositions containing these compounds
WO1998031702A1 (en) 16-hydroxy-11-(substituted phenyl)-estra-4,9-diene derivatives
US7414043B2 (en) 9-α-substituted estratrienes as selectively active estrogens
WO1996005216A1 (en) Estra-1,3,5(10)-triene derivatives, methods of preparing such compounds and pharmaceutical compositions containing them
DE19706061A1 (en) Antiprogestin effective steroids with 17alpha fluorinated alkyl chain
US4954446A (en) Aromatic steroid 5-α-reductase inhibitors