JP2001351190A - 歩行支援システム - Google Patents

歩行支援システム

Info

Publication number
JP2001351190A
JP2001351190A JP2000167967A JP2000167967A JP2001351190A JP 2001351190 A JP2001351190 A JP 2001351190A JP 2000167967 A JP2000167967 A JP 2000167967A JP 2000167967 A JP2000167967 A JP 2000167967A JP 2001351190 A JP2001351190 A JP 2001351190A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
person
visually
handicapped
place
pass
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2000167967A
Other languages
English (en)
Other versions
JP3697632B2 (ja )
Inventor
Hiroshi Takada
博 高田
Original Assignee
Oki Electric Ind Co Ltd
沖電気工業株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 横断歩道、地下道、階段、段差、駅のホーム
等の危険個所における視覚障害者の危険を回避して安全
に通行できるようにする。 【解決手段】 階段の上部に設置された監視カメラ1に
より撮影された画像を制御装置3により処理し、制御装
置3が歩行支援の支援の対象者である視覚障害者の存在
を認識すると、危険個所があることの警告、安全な通過
の方法、迂回路等の経路誘導等の案内の音声をスピーカ
2から出力する。

Description

【発明の詳細な説明】

【0001】

【発明の属する技術分野】本発明は、視覚障害者等を歩
行支援対象者として、これらの支援対象者が危険個所に
近づいたとき、警告や注意を与えて安全に通行できるよ
うに支援するためのシステムに関するものである。

【0002】

【従来の技術】従来、歩行を支援するためのシステムと
しては、目が見えないあるいは弱視等の視覚障害者を対
象とした「視覚障害者誘導システム」と称するシステム
が実用化されている。このシステムは、フェライト等の
金属を混入した誘導ブロックを所定の間隔で道路に埋め
込み、視覚障害者が持つ白杖に磁気センサーとバイブレ
ータ等を内蔵させ、歩行中に白杖に内蔵した磁気センサ
ーが誘導ブロックを検知するとバイブレータが振動する
ようにしたもので、視覚障害者はこの振動により誘導ブ
ロックに沿って誘導され、安全な歩行が確保される。

【0003】また、視覚障害者が持つ白杖に小型の発信
器を内蔵させ、鉄道の駅や公共施設及びその周辺にセン
サーとスピーカ等を配置して、白杖の発信器からの信号
をセンサーが検知するとスピーカ等から現在位置や情報
や警告等を音声で出力するようにしたシステムも利用さ
れている。

【0004】

【発明が解決しようとする課題】しかしながら、上述し
た従来のシステムは、公共施設周辺や鉄道の駅周辺ある
いは大型店舗や有名商店街周辺等の主要個所にしか設備
されていないのが現状であり、横断歩道、地下道、階
段、段差等の特定の危険個所においては殆ど危険回避の
ための設備がないため、これらの場所では視覚障害者は
危険の回避が困難であるという問題がある。

【0005】また、道路歩行において何らかの不利な条
件を持って人は視覚障害者や弱視者に限らず、車椅子利
用者、松葉杖使用者、高齢者等も交通弱者といえるが、
従来における歩行支援は殆どのものが視覚障害者を対象
としたもので、車椅子利用者等は危険に曝される度合い
が高いという問題もある。従って本発明は、これらの問
題を解決することを課題としている。

【0006】

【課題を解決するための手段】そのため、本発明の歩行
支援システムは、横断歩道、地下道、階段、段差、駅の
ホーム、及びその他歩行経路上の危険個所に設置された
監視カメラ、音声出力手段、及びこれらを制御部する制
御装置から成り、前記監視カメラにより歩行支援の対象
者が撮影された場合、制御装置が支援対象者の存在を認
識して、危険個所があることの警告、安全な通過の方
法、迂回路等の経路誘導等の案内の音声を音声出力手段
により出力することを特徴とする。

【0007】

【発明の実施の形態】以下に図面を参照して本発明の実
施の形態について説明する。図1は第1の実施の形態を
示す説明図である。図において1は監視カメラ、2は音
声出力装置であるスピーカ、3は制御装置で、監視カメ
ラ1及びスピーカ2は制御装置3に接続され、制御装置
3により制御されるものである。

【0008】監視カメラ1は、ここでは階段の上部付近
に設置した例を示しており、段数にもよるが階段全体と
その周辺部が撮影範囲内となるように設定されている。
制御装置3は監視カメラ1から送られてくる画像内に視
覚障害者や弱視者、車椅子利用者が存在する場合、これ
らの人達を支援対象者として健常者と区別して認識する
機能を有しており、支援対象者が撮影範囲内にいるとき
スピーカ2から所定の音声を出力させるものとなってい
る。

【0009】次に上述した構成の作用について説明す
る。まず、監視カメラ1が階段及びその周辺の撮影をし
続け、撮影した画像が逐次制御装置3に送られる。制御
装置3は監視カメラ1から送られて来る画像内に人物が
存在するか否かつまり階段に近づいてくる人間がいるか
否かを画像の変化から調べ、人物が存在する場合、その
人物が歩行支援の対象者か否かを確認する。

【0010】この場合、制御装置3は、支援対象者が視
覚障害者の場合、支援対象者は白杖を持っていることを
手掛かりとして、背景差分方式等の画像処理を行うこと
により支援対象者か否かを識別する。支援対象者が車椅
子利用者の場合は、高さを手掛かりとして、背景差分方
式等の画像処理を行うことにより支援対象者か否かを識
別する。

【0011】これにより制御装置3は支援対象者が階段
に近づいてきたことを確認すると、図示しない音声発生
装置により階段が近くにあるという警告、上り下りに手
すりを利用するよう安全な通過のための注意の音声を発
生させてスピーカ2から出力させると共に、迂回路等が
ある場合はその迂回路等を告知して経路誘導する音声も
発生させスピーカ2から出力させる。

【0012】従って、支援対象者はスピーカ2からの警
告によって、直前に迫った危険を認識し、注意に従って
歩行を進めたり、迂回する等の予防策をとることができ
る。尚、上述した実施の形態では、危険個所として階段
を例示したが、横断歩道や地下道、段差あるいは駅のホ
ーム等、視覚障害者に取って危険と見做される個所であ
れば有効である。

【0013】図2は本発明の第2の実施の形態を示す説
明図である。図において1は監視カメラ、2は音声出力
装置であるスピーカ、3は制御装置で、監視カメラ1及
びスピーカ2は制御装置3に接続されており、これらは
1組として横断歩道、地下道、階段等の危険個所に設置
されている。この監視カメラ1、スピーカ2、及び制御
装置3は基本的には図1のものと同様であるが、本実施
の形態において監視カメラ1には制御装置3の指示によ
り水平方向及び垂直方向に角度を変更する角度変更機構
(角度変更手段)が付加されている。

【0014】また、制御装置3は通信網(ネットワー
ク)4に接続され、後述する支援サーバと通信できるも
のとなっている。5は携帯用の小型発信器で、電源スイ
ッチをオンにすることにより定期的に信号を自動発信す
るものである。この実施の形態では、支援対象者を視覚
障害者、弱視者、及び車椅子利用者の他に、高齢者や松
葉杖等の歩行補助器具を使用している人を加え、これら
の支援対象者は小型発信器を携帯するものとする。

【0015】6は市区町村等の一定地域毎に設置される
歩行支援センタに設けられた支援サーバで、この支援サ
ーバ6も通信網4に接続されている。この支援サーバ6
には道路上に広域にわたって設置されている図示しない
ビーコン(電波灯台)等の受信手段から小型発信器5の
信号の受信情報が通信網4を介して送られてくると共
に、監視カメラ1の画像が制御装置3により通信網4を
介して送られるものとなっている。

【0016】7は警察署や消防署及び病院等の公共機関
に設置された情報端末で、通信網4に接続されている。
次に上述した構成の作用について説明する。まず、支援
対象者は家から出掛けるに当たって小型発信器5を携帯
し、その電源スイッチをオンにしておく。

【0017】これにより支援対象者が歩行中に携帯して
いる小型発信器5は所定の信号を定期的に自動発信す
る。この小型発信器5からの信号は図示しないビーコン
等の受信手段によって受信され、その受信情報が通信網
4を介して歩行支援センタの支援サーバ6に送られる
と、支援サーバ6は受信情報を送ってきた受信手段を特
定し、その位置から支援対象者の現在位置を特定する。

【0018】そして支援対象者の位置に最も近い場所に
設置されている監視カメラ1に対する支援対象者の方角
を算出し、その監視カメラ1が接続されている制御装置
3に支援対象者の方角の情報を通信網4を介して送信す
る。制御装置3に接続されている監視カメラ1は通常は
危険個所を含む一定の範囲を撮影しているが、制御装置
3は支援サーバ6から支援対象者の方角の情報を受信す
ると角度変更機構を制御して監視カメラ1を支援対象者
の方向に向ける。

【0019】そして、この監視カメラ1により撮影され
た画像が制御装置3が通信網4を介して支援サーバ6に
も送信され、支援サーバ6の表示部に表示される。これ
によりオペレータは画像を観察し、支援対象者が危険個
所に近づいたことを確認すると、その情報を制御装置3
に送信する。これにより制御装置3は図示しない音声発
生装置により階段が近くにあるという警告、上り下りに
手すりを利用するよう安全な通過のための注意の音声を
発生させてスピーカ2から出力させると共に、迂回路等
がある場合はその迂回路等を告知して経路誘導する音声
も発生させスピーカ2から出力させる。

【0020】従って、支援対象者はスピーカ2からの警
告や注意によって、直前に迫った危険を認識し、警告や
注意に従って歩行を進めたり、迂回する等の予防策をと
ることができる。一方、監視カメラ1の撮影範囲にいる
間、オペレータは支援対象者を観察し、観察中に支援対
象者に突発的な病気や発作等の身体的異常が確認された
場合、あるいは喧嘩や恐喝等の災難に遭遇した場合、オ
ペレータは支援サーバ6により通信網4を介して最寄り
の警察署、消防署、病院等の公共機関の情報端末7にし
かるべき対処を依頼する情報を送信する。

【0021】

【発明の効果】以上説明したように、本発明は、危険個
所に設置された監視カメラにより歩行支援の対象者が撮
影された場合、制御装置が支援対象者の存在を認識し
て、危険個所があることの警告、安全な通過の方法、迂
回路等の経路誘導等の案内の音声を音声出力手段により
出力するようにしているため、横断歩道、地下道、階
段、段差等の特定の危険個所においても視覚障害者は危
険を回避して安全に通行できるという効果が得られる。

【0022】また、支援対象者が形態している発信器か
らの信号を受信した受信手段から受信情報が歩行支援セ
ンタの支援サーバに送信されると、前記支援サーバは受
信情報を送ってきた受信手段の位置を特定して、支援対
象者の現在位置に最も近い場所に設置されている監視カ
メラに対する支援対象者の方角を算出し、その方角情報
を該監視カメラに対応する制御装置に送って、制御装置
により監視カメラを支援対象者の方角に向けて撮影さ
せ、撮影画像を前記支援サーバで受信して表示部に映
し、その画像中の支援対象者が危険個所に近づいたこと
が確認されると、その情報を前記制御装置に送って、支
援対象者に危険個所があることの警告、安全な通過のた
めの注意迂回路等の経路誘導等の案内の音声を音声出力
手段により出力させ、かつ前記画像から対象者に病気等
の身体的な異常が発生したり、直接人体に係わる災難に
遭遇したことを確認したとき、それに対処する公共機関
等の情報端末に前記支援サーバから通報することをよう
にしているため、視覚障害者だけでなく、車椅子利用者
や高齢者、更には松葉杖等の歩行補助器具を使用してい
る人達も支援対象者として危険を回避させることができ
ると共に、支援対象者の身体的な異常の発生や災難の遭
遇に対しても迅速に対応できるという効果も得られる。

【図面の簡単な説明】

【図1】第1の実施の形態を示す説明図。

【図2】第2の実施の形態を示す説明図。

【符号の説明】

1 監視カメラ 2 スピーカ 3 制御装置 4 通信網 5 小型発信器 6 支援サーバ 7 情報端末

Claims (3)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 横断歩道、地下道、階段、段差、駅のホ
    ーム、及び、その他歩行経路上の危険個所に設置された
    監視カメラ、音声出力手段、及びこれらを制御部する制
    御装置から成り、 前記監視カメラにより歩行支援の対象者が撮影された場
    合、制御装置が支援対象者の存在を認識して、危険個所
    があることの警告、安全な通過の方法、迂回路等の経路
    誘導等の案内の音声を音声出力手段により出力すること
    を特徴とする歩行支援システム。
  2. 【請求項2】 請求項1において、 支援対象者を視覚障害者、車椅子利用者とし、制御装置
    は監視カメラにより撮影された人物がもつ白杖及び人物
    の高さから支援対象者を認識することを特徴とする歩行
    支援システム。
  3. 【請求項3】 横断歩道,地下道,階段、段差、駅のホ
    ーム、及び、その他歩行経路上の危険個所に設置された
    監視カメラ、音声出力手段、及びこれらを制御部する制
    御装置と、 支援対象者に携帯され、定期的に信号を自動発信する発
    信器と、 道路上に広域にわたって多数設置され、前記発信器から
    の信号を受信する受信手段と、 支援センタに設置され、前記制御装置及び前記受信手段
    と通信網を介して接続した支援サーバと、 公共機関に設置された情報端末より成り、 前記発信器からの信号を受信した受信手段から受信情報
    が前記支援サーバに送信されると、前記支援サーバは受
    信情報を送ってきた受信手段の位置を特定して、支援対
    象者の現在位置に最も近い場所に設置されている監視カ
    メラに対する支援対象者の方角を算出し、その方角情報
    を該監視カメラに対応する制御装置に送って、制御装置
    により監視カメラを支援対象者の方角に向けて撮影さ
    せ、撮影画像を前記支援サーバで受信して表示部に映
    し、その画像中の支援対象者が危険個所に近づいたこと
    が確認されると、その情報を前記制御装置に送って、支
    援対象者に危険個所があることの警告、安全な通過のた
    めの注意迂回路等の経路誘導等の案内の音声を音声出力
    手段により出力させ、かつ前記画像から対象者に病気等
    の身体的な異常が発生したり、直接人体に係わる災難に
    遭遇したことを確認したとき、それに対処する公共機関
    等の情報端末に前記支援サーバから通報することを特徴
    とする歩行支援システム。
JP2000167967A 2000-06-05 2000-06-05 歩行支援システム Expired - Fee Related JP3697632B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000167967A JP3697632B2 (ja) 2000-06-05 2000-06-05 歩行支援システム

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000167967A JP3697632B2 (ja) 2000-06-05 2000-06-05 歩行支援システム

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2001351190A true true JP2001351190A (ja) 2001-12-21
JP3697632B2 JP3697632B2 (ja) 2005-09-21

Family

ID=18671043

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2000167967A Expired - Fee Related JP3697632B2 (ja) 2000-06-05 2000-06-05 歩行支援システム

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3697632B2 (ja)

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2004012142A1 (ja) * 2002-07-26 2004-02-05 Mitsubishi Denki Kabushiki Kaisha 画像処理装置
JP2007274234A (ja) * 2006-03-30 2007-10-18 National Institute Of Advanced Industrial & Technology ステレオカメラを用いた白杖使用者検出システム
JP2008102781A (ja) * 2006-10-19 2008-05-01 Fuji Electric Fa Components & Systems Co Ltd 情報案内システムおよび情報案内プログラム
WO2009155143A2 (en) * 2008-06-17 2009-12-23 Intel Corporation Monitoring handrails to reduce falls
US20130242074A1 (en) * 2010-11-19 2013-09-19 Nikon Corporation Guidance system, detection device, and position assessment device

Cited By (10)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2004012142A1 (ja) * 2002-07-26 2004-02-05 Mitsubishi Denki Kabushiki Kaisha 画像処理装置
US7142694B2 (en) 2002-07-26 2006-11-28 Mitsubishi Denki Kabushiki Kaisha Image processing apparatus
JP2007274234A (ja) * 2006-03-30 2007-10-18 National Institute Of Advanced Industrial & Technology ステレオカメラを用いた白杖使用者検出システム
JP4691708B2 (ja) * 2006-03-30 2011-06-01 独立行政法人産業技術総合研究所 ステレオカメラを用いた白杖使用者検出システム
JP2008102781A (ja) * 2006-10-19 2008-05-01 Fuji Electric Fa Components & Systems Co Ltd 情報案内システムおよび情報案内プログラム
WO2009155143A2 (en) * 2008-06-17 2009-12-23 Intel Corporation Monitoring handrails to reduce falls
WO2009155143A3 (en) * 2008-06-17 2010-03-25 Intel Corporation Monitoring handrails to reduce falls
US8205735B2 (en) 2008-06-17 2012-06-26 Intel-Ge Care Innovations Llc Monitoring handrails to reduce falls
US8534445B2 (en) 2008-06-17 2013-09-17 Intel-Ge Care Innovations Llc Monitoring handrails to reduce falls
US20130242074A1 (en) * 2010-11-19 2013-09-19 Nikon Corporation Guidance system, detection device, and position assessment device

Also Published As

Publication number Publication date Type
JP3697632B2 (ja) 2005-09-21 grant

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6424888B1 (en) Call response method for vehicle
US6356210B1 (en) Portable safety mechanism with voice input and voice output
US20110092249A1 (en) Portable blind aid device
US20130214925A1 (en) System and method for detecting and responding to an emergency
US20060184318A1 (en) Information processor, portable apparatus and information processing method
US20050128070A1 (en) Building emergency path finding systems and method
US8401514B2 (en) System and method for controlling an emergency event in a region of interest
JP2001198865A (ja) 2足歩行ロボット装置およびその運用方法
JP2011145873A (ja) 位置管理方法及び携帯端末
US20080251110A1 (en) Walking Aid for a Visually Disabled Person
JP2003340764A (ja) 案内ロボット
JP2010236866A (ja) 端末位置検出システム及び船員位置管理システム
JP2009143309A (ja) 車線維持支援装置
JP2004313587A (ja) 自動走行車椅子、車椅子自動走行システム、及び車椅子の自動走行方法
JP2005165701A (ja) 誘導システム及び誘導方法
JP2007295033A (ja) 遠隔操作制御装置およびその操作端末
US20050054332A1 (en) Information gathering robot
KR20100106049A (ko) 방범시스템
US20070139190A1 (en) System and method that provide emergency instructions
JP2003151057A (ja) 限られた施設内災害時の避難誘導システム
JP2006209680A (ja) 緊急車両優先制御システム、制御装置及び画像処理装置
US6563426B2 (en) Warning method and apparatus
JP2002288785A (ja) 交通支援システム及び交通支援方法
WO1999026569A1 (en) Information guidance system
JP2010122997A (ja) 運転支援装置

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20040428

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20040608

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20040809

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20050621

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20050622

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees