JP2001325747A - Optical information recording medium and data recording method of rewritable phase transition type optical disk, data erasing method of rewritable compact disk, data erasing method of rewritable phase transition recording medium, and erasing method of reproduction exclusive data, and recording/reproducing device - Google Patents

Optical information recording medium and data recording method of rewritable phase transition type optical disk, data erasing method of rewritable compact disk, data erasing method of rewritable phase transition recording medium, and erasing method of reproduction exclusive data, and recording/reproducing device

Info

Publication number
JP2001325747A
JP2001325747A JP2000374988A JP2000374988A JP2001325747A JP 2001325747 A JP2001325747 A JP 2001325747A JP 2000374988 A JP2000374988 A JP 2000374988A JP 2000374988 A JP2000374988 A JP 2000374988A JP 2001325747 A JP2001325747 A JP 2001325747A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
recording
data
area
method
optical
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2000374988A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP3636987B2 (en )
Inventor
Michikazu Horie
通和 堀江
Original Assignee
Mitsubishi Chemicals Corp
三菱化学株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an optical information recording medium, a data recording method of a rewritable phase transition type optical disk and a data erasing method of a rewritable compact disk, which are easily manufactured and having little possibility of destruction or alternation of ROM data, in the optical information recording medium provided with the reproduction only area and the rewritable area in the information recording area while arranging the phase transition type recording layer on a substrate. SOLUTION: This data recording method by which the data are recorded on the writable area of the optical information recording medium having the reproduction only area and the writable area on the information recording area while arranging the phase transition type recording layer on the substrate, comprizes the transfer step for transferring program data to an external computer, which are recorded on the reproduction only area with the executable form, and the execution step (step A10) for automatically executing the program data by the external computer to record the data on the writable area.

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【発明の属する技術分野】本発明は、部分的にROM領域を設けたような書き換え可能相変化型光ディスク、及び、該ディスクにおいてROMデータを誤って上書きすることなく、RAM部の書き換えを行なうシステムに関する。 The present invention relates to partially rewritable phase change type optical disc, such as providing the ROM area, and, without accidentally overwriting ROM data in the disc, the system for rewriting the RAM portion on. 特に、ROM/RAM混載の書き換え型コンパクトディスクにかかわる。 In particular, according to the rewritable compact disk of ROM / RAM mixed.

【0002】 [0002]

【従来の技術】近年、大容量のデータの配布、複製、保存に適する記録媒体として光ディスクが普及している。 In recent years, the distribution of a large volume of data, replication, the optical disk is widely used as a recording medium suitable for storage.
なかでもCDフォ−マットの再生専用ディスク(CD− In particular, CD follower - mat of a read-only disk (CD-
ROM)、追記可能型ディスク(CD−R)、書き換え可能型ディスク(CD−RW)は、もっとも普及した光ディスクファミリーである。 ROM), write-once disks (CD-R), rewritable-type disk (CD-RW) is an optical disc family of the most popular. CDファミリーである、C CD is a family, C
D−ROM、CD−R、CD−RWの特徴はそのデータの属性にあり、データの属性に応じて使い分けられている。 D-ROM, CD-R, wherein the CD-RW is in the attribute of the data, are selectively used according to the attribute data.

【0003】CD−ROMディスクは同一の内容のデータを凹状のピットを基板に転写し、大量に複製して配布するのに適している。 [0003] The CD-ROM disc is suitable for transferring the data of the same contents of the concave pit to the substrate, and distribute replicated in large quantities. 一方、CD−RやCD−RWは任意に追記もしくは書き換え可能なデータの記録が可能であり、個人レベルのデータ保存等に適している。 On the other hand, CD-R or CD-RW is capable of arbitrarily recordable or rewritable data recording, is suitable for the individual level data storage, or the like. なかでもCD−RWは、フロッピー(登録商標)ディスクやM In particular, CD-RW may be a floppy disk or M
Oディスクに代わる安価で大容量なバックアップ用記憶媒体として期待されている。 Inexpensive alternative to O disks are expected as a large-capacity backup storage medium.

【0004】CD−RWにおける記録済みデータ信号と従来のCD−ROM(反射率約60%以上)のデータ信号との主要な違いは反射率が15から25%程度と低いことだけであり、既存のドライブの設計を低反射率に対応できるようにすることで、幅広い互換性が達成でき、 [0004] The primary difference between the data signal of CD-RW recorded data signals and the conventional CD-ROM in (about 60% reflectivity) is only the low and about 25% from 15 reflectivity, existing by drive of the design to accommodate the low reflectivity, broad compatibility can be achieved,
すでに、多数のCD−ROMドライブが対応している。 Already, a large number of CD-ROM drive is compatible.

【0005】また、特開平11−250522号公報(以下、公知文献ということがある)には、再記録不能なアルミ反射領域と再記録可能な相変化反射領域とを設けたハイブリッド構造とした技術が開示されている。 Further, JP-A-11-250522 discloses a (hereinafter, sometimes referred to a known document), re unrecordable aluminum reflective region and the hybrid structure and the techniques provided a rewritable phase change reflective region There has been disclosed. この公知文献に開示された技術は、CD−RW媒体には、 The technique disclosed in the known document, the CD-RW medium,
専用フォーマットにより書き換え並びに消去を禁止した再記録不能な情報記録領域が設けられ、残りを再記録可能な情報記録領域とし、再記録不能な情報記録領域専用フォーマットにより書き込み・読み出しを制限することのできる専用のCD−RWドライブを使用して読み書きを行なうものである。 Rewriting and re unrecordable information recording area is disabled for erase is provided by a dedicated format, and re-recordable information recording area remaining, capable of limiting the writing and reading by re unrecordable information recording area only format and performs the reading and writing using a dedicated CD-RW drive.

【0006】また、CD−RWに先行して開発されたC [0006] In addition, C has been developed prior to the CD-RW
D−Rドライブをベースに、CD−R及びRW媒体の双方に記録可能(CD−RWに対しては書き換え可能)なドライブも多数発売されている。 Based on D-R drive, have been released many also drive (rewritable for CD-RW) both allowing recording of CD-R and RW media.

【0007】 [0007]

【発明が解決しようとする課題】記録領域の一部に再生専用(ROM)領域を有する書き換え型ディスク(Part [SUMMARY OF THE INVENTION] rewritable disc having a read only (ROM) area in a part of the recording area (Part
ial ROM、P−ROM)は、データ配布とユーザーデータの記録の両方を可能とする点で好ましいものであり、 ial ROM, P-ROM) are those preferred in that it allows both data distribution and user data recording,
CDファミリーでもその実現が望まれている。 Its realization has been desired also in the CD family. 従来は、 conventionally,
ライトワンス型のコンパクトディスク(CD−R)もしくは書き換え型のコンパクトディスク(CD−RW)において、マルチセッションフォーマットを適用した場合の、第1セッションだけをROMデータとし、第2セッション以降を追記可能とした部分的ROM領域を有するディスク(hybridディスク)が提案されている。 In the write-once type compact disc (CD-R) or rewritable compact disc (CD-RW), a case of applying the multi-session format, only the first session and ROM data, and write-once a second and subsequent sessions disk (hybrid disc) has been proposed with the partial ROM area.

【0008】しかし、マルチセッション以外のフォーマットで、固定長パケットでデータを記録する場合にも、 However, in a format other than multi-session, even when recording data in fixed-length packets,
特定パケットをROM領域として用いる場合の規定もない。 No provisions in the case of using the specific packet as ROM area. しかも、hybridディスクは、もともとCD− Moreover, hybrid disc, originally CD-
Rの場合に規定されたマルチセッションフォーマットをそのままCD−RWに対して規定されているために、書き換え可能(RAM)領域である第2セッション以降に対しても、追記機能しか考慮されていない。 To is defined multisession format specified in the case of R with respect to it CD-RW, rewritable for the second session and subsequent a (RAM) area, only additional recording features not considered.

【0009】そこで、CD−RWを利用して、プレピット列からなるROM領域を有し、一方で、自由に書き換え可能なRAM領域を有するROM/RAM混載ディスク(Partial ROM,P−ROMディスク)が求められている。 [0009] Therefore, by using a CD-RW, it has a ROM area comprising a pre-pits rows, on the one hand, ROM / RAM mixed disc (Partial ROM, P-ROM disk) having a freely rewritable RAM area It has been demanded. このようなROM/RAM混載ディスクでは、再生回路を別々に設けることなく、ROM領域およびRA In such a ROM / RAM mixed disc, without providing a reproducing circuit separately, ROM region and RA
M領域のデータを再生する必要があり、再生システム側からは実質的に区別することができないようにする必要がある。 It is necessary to reproduce the data of the M areas, it is necessary to make it impossible to substantially distinguished from the playback system side.

【0010】一方、記録時には、ROM領域は書き込み不可能であるのに対し、RAM領域の記録済みデータは上書きによって書き換えられるという違いがあり、両者のデータを、少なくとも記録システムでは区別して扱う必要がある。 On the other hand, during recording, whereas the ROM area is not writable, the recorded data in the RAM area has a difference that is rewritten by overwriting, both data, must treat distinguished, at least in the recording system is there. 従来、光磁気ディスクで、部分的にプレピット列からなるROM領域を有するディスクの例がある。 Conventionally, magneto-optical disk, there is an example of a disk having a ROM area comprising a partially pre-pits rows. ROM領域は反射層としてRAM領域と同じ記録媒体で被覆されている。 ROM area is covered with the same recording medium as the RAM area as the reflective layer. しかし、光磁気媒体では、本来プレピット列からなるデータを再生する場合には反射率強度の変化を検出し、光磁気信号を検出する場合は、複雑な偏光光学系を通して、偏光の変化を検出するという違いがある。 However, in the magneto-optical medium, it detects a change in reflectance intensity when reproducing data composed of the original pre-pits rows, when detecting the magneto-optical signal, through a complex polarization optical system, to detect a change in polarization there is a difference that. すなわち、再生光学系で容易に区別がつくため、たとえ、プレピット列に光磁気信号を誤って記録しても信号再生系には全く影響せず、ROMデータは破壊されないという性質がある。 That is, since the take easily distinguished in the reproduction optical system, for example, without any adverse signal reproducing system to erroneously recorded magneto-optical signal in the prepit train has a property that ROM data is not destroyed.

【0011】一方、相変化媒体においても、ROM/R [0011] On the other hand, in the phase change medium, ROM / R
AM領域を同じ層構成とすることが製造上好ましい。 It is a manufacturing preferable that the AM region with the same layer configuration. しかし、プレピット列からなるROM領域の再生信号とR However, the reproduction signal of the ROM area comprising a pre-pits rows and R
AM領域の再生信号とは、同一の光学系で再生できるため、逆に、プレピット列の上に相変化記録信号(相変化記録層における周辺領域との光学的性質の差異によって形成されるマーク列によって得られる物理的には書き換え可能な信号)を上書きしてしまって、プレピットデータ上にRAM記録信号が重畳されてしまうと、ROMデータを破壊してしまう恐れがある。 The reproduction signal of the AM area, since that can be played on the same optical system, on the contrary, the mark row formed by the difference of the optical properties of the surrounding area in a phase change recording signal (phase change recording layer on the pre-pits rows physically obtained by mistakenly overwrite the rewritable signals), when RAM recording signal on the pre-pit data from being superimposed, which may destroy the ROM data.

【0012】現在、オペレーティングシステム上で、ファイル単位で書き込み禁止とし、再生専用ファイルを定義した例はあるが、容易に変更・改竄可能で信頼性に乏しいものであった。 [0012] Currently, on an operating system, a write inhibit in files, examples that defines the playback-only files, but which was readily poor allow reliable change-tampering. ファイル属性より下位の、ディジタルデータのビット単位あるいはブロック単位の論理フォーマットレベルでは、書き込み禁止やROMデータ属性の規定がないのが現状である。 Lower than the file attribute, the logical format level of the bit unit or a block unit of digital data, there no provisions write-protected and ROM data attribute is present.

【0013】相変化媒体を利用したP−ROMディスクでは記録システムが、オペレーティングシステムに依存せず、ROM領域を認識し、あるいは、記録済み領域を再書き込み禁止として、以後はROM領域として認識できるようなシステムが必要であり、特に、本来再生専用コンパクトディスクとデータフォーマット・再生信号の物理特性が同じであるように規定されている相変化型のCD−RWディスクにおいて、記録システムからはRO [0013] Phase change recording system media P-ROM disc using a can, without depending on the operating system to recognize the ROM region, or, as a re-write inhibit the recorded area, thereafter to be able to recognize as a ROM area a system is required, in particular, in a phase change type CD-RW discs which are physical properties of the original read-only compact disc and data format reproduced signal is defined to be the same, RO is from the recording system
M領域とRAM領域とを認識できるようにする工夫が求められる。 It devised to be able to recognize the M and RAM areas are determined.

【0014】なお、相変化媒体を利用したP−ROMの具体的なアプリケーションとしては、語学や音楽の反復練習に使用する教本をCD化したものがあげられる。 [0014] It should be noted that, as a specific application of the P-ROM that uses phase-change media, which was turned into CD the textbooks to be used for repeated practice of language and music, and the like. このようなアプリケーションでは、まず、手本(デモンストレーション)となる外国語のセンテンスや音楽の小節がアプリケーションのデータとして再生され、ユーザーはその反復を促され、ユーザーがただちに、反復復唱した内容を録音して新たな入力情報とし、ユーザーデータ領域に記録するのである。 In such an application, first, model (demonstration) and a foreign language sentence and music bar is played as an application of the data, the user is prompted for its repetition, to record the contents of the user immediately, which was repeated repetition Te as a new input information, it is to record the user data area.

【0015】従来は、かかる応用は、カセットテープで行なわれていたが、デモンストレーションすなわち再生後、反復復唱の記録のために、テープの頭出しや、再生/記録モードに切り換え等煩雑な作業を要していた。 [0015] Conventionally, such applications are essential had been done in a cassette tape, a demonstration that is, after regeneration, for recording the repeated repetition, tape cueing or, complicated operations such as switching to the playback / record mode Was. 一部、個体メモリー素子に置き換えられているケースもあるが、記録容量に制限があるため、長時間あるいは大量のデモンストレーションデータを扱うことができない。 Some, but there is also a case that has been replaced by the individual memory element, because there is a limit to the recording capacity, can not handle a long time or a large amount of demonstration data.
また、データ量を少なくするため高度の圧縮技術が採用されており、語学や音楽の学習に必要とされる微妙なニュアンスがデータから欠落する恐れがある。 Also, a high degree of compression techniques to reduce the amount of data is employed, there is a risk that subtle nuances required for learning language and music is missing from the data. CD―RW CD-RW
のように650〜700MBの容量があれば、圧縮をほとんど施さなくてもCDと同等の品質の音声データが蓄積できるし、MP3などの音声圧縮技術を用いてさらに音声データ量を増やすこともできる。 Have a capacity of 650~700MB like, to be hardly subjected to compression CD equivalent quality voice data can be accumulated, it can be increased further audio data amount using the audio compression technologies such as MP3 .

【0016】JPEGやMPEG1などの画像圧縮技術を採用すれば、静止及び動画像のデモンストレーション、録画も可能となる。 [0016] By employing the image compression technique such as JPEG or MPEG1, demonstrations of still and moving images, the recording are possible. さて、通常、デモンストレーションは、反復復唱が容易なように、数秒から数十秒の単位に分割されており、デモンストレーションとユーザーデータとの記録は、それぞれ、かかる時間範囲で繰り返し行なわれる必要があり、デモンストレーションとユーザーデータとの記録の切り換えに要する時間はできるだけ短いことが必要である。 Now, usually, demonstrations, as repeated repetition is easy, is divided from a few seconds to a unit of several tens of seconds, the recording of the demonstration and the user data, respectively, must be repeated at the time range, the time required for switching the recording of the demonstration and the user data needs to be as short as possible.

【0017】そこで、一枚のCD−RWディスクに、アプリケーションプログラムを格納し、該プログラムを再生し、デモンストレーションデータを再生してデモンストレーションを実行した後、反復復唱されたユーザーデータを同じCD−RWディスクに記録できれば同じ記録再生装置で記録再生ができ非常に便利である。 [0017] Therefore, on a single CD-RW disc, and stores the application program, reproduces the program, after performing a demonstration by reproducing demonstration data, iterative repetition is user data the same CD-RW disc recording and reproduction can be very useful at the same recording and reproducing apparatus as long as recorded in the. さらに、 further,
このようなアプリケーションは、通常、実行プログラムからならメインルーティンと複数の内容からなるデモンストレーションデータ集との2種類のデータをROMデータとして収録しておく。 Such applications, usually, keep the two types of data of the demonstration data collection consisting of a main routine and a plurality of content if from the execution program recorded as ROM data. 例えば、メインルーティンは、ユーザーインターフェースとしてメニュー画面が起動され、ユーザーの選択によって各種処理が実行されるようなプログラムである。 For example, the main routine, the menu screen is activated as a user interface, a program such as various types of processing by the user's selection is performed. ユーザーがメニュー画面にしたがって、特定のデモストレーションの実行を選択した場合は、デモンストレーションデータ集から、選択されたデータが取得されて、メインルーティンのプログラムによって、デモンストレーションが実行される。 According to the user the menu screen, if you choose to perform specific demonstration from the demonstration data collection, are acquired is selected data, by the main routine of the program, the demonstration is executed.

【0018】ここで、メインルーティンはそのままで、 [0018] Here, the main routine as it is,
ユーザーは、デモンストレーションデータ集さえ更新すれば、少量多品種のアプリケーション配布のためのディスクが効率よく作成できる。 The user, if the update even demonstration data collection, disk for application distribution of high-mix low-volume can be created efficiently. 電子出版の実情を鑑みて、 In view of the circumstances of electronic publishing,
単なるCD−ROMではなく、一部は更新可能なROM Rather than just a CD-ROM, some updatable ROM
データとして、少量多品種のアプリケーションディスクを作成することは極めて緊急かつ重要な要請である。 As data, it is very urgent and important request to create an application disc multifarious small lot.

【0019】 [0019]

【課題を解決するための手段】本発明の目的は、製造が容易で、ROMデータの破壊又は改竄(改ざん)の恐れの少ない、P−ROM、並びにデータ記録方法、再生方法及び消去方法であって、光学的情報記録媒体並びに書き換え可能型相変化型光ディスクのデータ記録方法,書き換え可能型コンパクトディスクのデータ消去方法,書き換え可能型相変化記録媒体のデータ消去方法及び再生専用データの消去方法並びに記録再生装置を提供することにある。 An object of the present invention, in order to solve the problem] is easy to manufacture, fear less destruction or alteration of the ROM data (tampering), there in P-ROM, and data recording method, reproducing method and an erasing method Te, the data recording method of an optical information recording medium and a rewritable type phase change optical disc, rewritable data erasing method of a compact disc, a rewritable phase-change method of erasing data erasing method and read-only data storage medium and recording It is to provide a reproducing apparatus.

【0020】より具体的には、再生専用領域と書き換え可能領域との両方を有する、書き換え型コンパクトディスクに関する。 [0020] More specifically, has both a rewritable area and the read only area, to a rewritable compact disc. 上記目的を達成するため、本発明の第1 To achieve the above object, a first aspect of the present invention
の要旨は、基板上に相変化型記録層を設けてなり、情報記録領域に再生専用領域と書き換え可能領域とを有する光学的情報記録媒体であって、前記再生専用領域及び前記書き換え可能領域とが、同一の層構成を有してなり、 SUMMARY OF becomes provided with a phase-change recording layer on a substrate, an optical information recording medium having an information recording area in the reproduction only area and the rewritable area, and the reproduction only area and the rewritable area but it has the same layer structure,
前記再生専用領域及び前記書き換え可能領域のデータ及びアドレス情報が、互いに同一の論理構造を有する基本データ単位からなり、それぞれ再生専用又は書き換え可能なデータであることを識別できる付加データを該単位若しくは該単位を複数個含むデータ単位ごとに有してなる構成を採用する。 Data and address information of the reproduction-only area and the rewritable area is composed of basic data units having the same logical structure to each other, the unit or the additional data that can identify that each read-only or rewritable data adopting a composed structure for each data unit comprising a plurality of units.

【0021】そして、本発明の第2の要旨は、前記第1 [0021] The second aspect of the present invention, the first
の要旨の光学的情報記録媒体において、前記基本データ単位に付加されるアドレス及び前記付加データが、前記書き換え可能領域及び前記再生専用領域において、予め基板上に記載されている構成を採用する。 In the optical information recording medium of the subject matter, the basic data units The added address and the additional data, wherein the rewritable area and the reproduction-only area, adopting the configuration described in advance on the substrate. さらに、本発明の第3の要旨は、前記第1又は第2の要旨の光学的情報記録媒体において、前記再生専用領域における情報が、基板上に設けられた複数のプレピット列によって得られる構成を採用する。 Furthermore, a third aspect of the present invention, in the optical information recording medium of the first or second aspect, the information in the reproduction only area is a structure obtained by a plurality of pre-pits rows provided on a substrate adopt.

【0022】また、本発明の第4の要旨は、前記第2又は第3の要旨の光学的情報記録媒体において、前記書き換え可能領域に、その中心線が記録再生用光ビームの走査方向に対して所定の振幅の蛇行を有する溝が設けられていると共に、前記再生専用領域におけるプレピット列の中心線が該光ビームの走査方向に対して前記溝の振幅と略同一の振幅の蛇行を有しており、且つ、前記溝の蛇行と前記プレピット列の中心線の蛇行とによって連続したアドレス情報が付与されてなる構成を採用する。 Further, the fourth gist of the present invention, in the optical information recording medium of the second or third aspect, the rewritable area, the center line with respect to the scanning direction of the recording and reproducing light beam with a groove having a wobbling of predetermined amplitude is provided Te has a meandering amplitude and substantially the same amplitude of the groove center line of the pre-pits rows in the read only area is the scanning direction of the light beam and it has, and to adopt a configuration in which continuous address information by meandering and the center line meanders and the pre-pits rows of the grooves is granted.

【0023】そして、本発明の第5の要旨は、前記第4 [0023] Then, a fifth gist of the present invention, the fourth
の要旨の光学的情報記録媒体において、前記溝の蛇行と前記プレピット列の中心線の蛇行による搬送周波数が、 In the optical information recording medium aspect, the carrier frequency by wobbling of the center line of the serpentine and the pre-pits rows of said groove,
デジタル情報によって周波数変調又は位相変調されており、それによって付加データが付与されてなる構成を採用する。 Are frequency modulated or phase-modulated by the digital information, whereby additional data to adopt a configuration in which a granted. また、本発明の第6の要旨は、前記第1の要旨の光学的情報記録媒体において、前記再生専用領域における情報が、相変化記録層における周辺領域との光学的性質の差異によって形成されるマーク列によって得られ、且つ該マーク列に対して書き込み禁止処理がなされている構成を採用する。 The sixth aspect of the present invention, in the optical information recording medium of the first aspect, the information in the reproduction only area is formed by the difference of the optical properties of the surrounding region in the phase change recording layer obtained by mark row, and to employ a structure in which a write inhibit processing is performed with respect to the mark row.

【0024】加えて、本発明の第7の要旨は、前記第1 [0024] In addition, a seventh aspect of the present invention, the first
乃至第6の要旨の光学的情報記録媒体において、付加データを有する基本データ単位として、固定長のデータを使用する構成を採用する。 To the optical information recording medium of the sixth aspect, as the basic data unit with additional data, to adopt a configuration using a fixed-length data. さらに、本発明の第8の要旨は、前記第1乃至第7の要旨の光学的情報記録媒体において、記録領域のデータが、コンパクトディスク互換であるEFM変調信号である構成を採用する。 Furthermore, an eighth aspect of the present invention, in the optical information recording medium of the first to seventh aspect, the data recording area is, to adopt a configuration which is EFM-modulated signal is a compact disc compatible.

【0025】そして、本発明の第9の要旨は、前記第8 [0025] Then, the ninth aspect of the present invention, the eighth
の要旨の光学的情報記録媒体において、ATIPフレームに、書き換え可能か又は再生専用かのどちらの属性に属するかが規定されている構成を採用する。 In the optical information recording medium of the subject matter, the ATIP frame, it belongs to a rewritable or read only one of which attributes to adopt structure defined. また、本発明の第10の要旨は、前記第9の要旨の光学的情報記録媒体において、ATIP情報は、分、秒及びフレーム単位でそれぞれ2桁のBCDコードの絶対時間で記載されており、前記分、秒及びフレームを表記する8ビットの最上位桁をそれぞれM1、S1及びF1とするとき、プログラム領域における(M1,S1,F1)の(0, Further, the tenth aspect of the present invention, in the optical information recording medium of the ninth aspect, ATIP information, minutes, is described by the absolute time of two-digit BCD code, respectively in seconds and frames, the fraction, M1 seconds and the most significant digit of the 8 bit representation frame, respectively, S1 and when the F1, in the program area of ​​the (M1, S1, F1) (0,
0,0)、(0,0,1)、(0,1,0)及び(0, 0,0), (0,0,1), (0,1,0) and (0,
1,1)のいずれかに対応させて、前記属性が規定されている構成を採用する。 In correspondence to one of the 1, 1), to adopt a configuration in which the attribute is defined.

【0026】さらに、本発明の第11の要旨は、前記第8の要旨の光学的情報記録媒体において、EFMフレームに、書き換え可能か又は再生専用かのどちらの属性に属するかが規定されている構成を採用する。 Furthermore, an eleventh aspect of the present invention, in the optical information recording medium of the gist of the eighth, the EFM frame, it belongs to a rewritable or read only one of which attributes are specified to adopt a configuration. 加えて、本発明の第12の要旨は、前記第11の要旨の光学的情報記録媒体において、サブコードのQチャネルのうちの特定の2ビットに対応させて、該サブコードの指定するフレームの前記属性が規定されている構成を採用する。 In addition, the 12th aspect of the present invention, in the optical information recording medium of the eleventh gist of, in association with a particular 2-bit of the Q channel of the subcode, the frame specifying of the subcode to adopt a configuration in which the attribute is defined.

【0027】また、本発明の第13の要旨は、前記第8 Further, a thirteenth aspect of the present invention, the eighth
の要旨の光学的情報記録媒体において、ブロックに、書き換え可能か又は再生専用かのどちらの属性に属するかが規定されている構成を採用する。 In the optical information recording medium of the subject matter, the block, belongs to a rewritable or read only one of which attributes to adopt structure defined. そして、本発明の第14の要旨は、前記第13の要旨の光学的情報記録媒体において、ブロックのヘッダーに含まれるモード情報を記載する複数ビットのうちの特定の2ビットに対応させて、該ブロックの前記属性が規定されている構成を採用する。 The 14th gist of the present invention, in the optical information recording medium of the 13th gist of, in association with a particular 2-bit of the plurality of bits to describe the mode information included in the header of the block, the to adopt a configuration in which the attribute of the block is defined.

【0028】さらに、本発明の第15の要旨は、前記第1乃至第14の要旨の光学的情報記録媒体において、書き換え可能か否かの属性が、さらに、初回のみ書き換え可能か否かの属性と、繰り返し書き込みが可能か否かの属性とを有する構成を採用する。 Furthermore, 15th gist of the present invention, the in the first to fourteenth optical information recording medium of the subject matter of, rewritable whether attribute, further only the first time rewritable whether attributes When, to adopt a configuration having a whether the attribute can be repeatedly written. 加えて、本発明の第1 In addition, the first invention
6の要旨は、前記第8乃至第15の要旨の光学的情報記録媒体において、マルチセッションフォーマットの規定に従って、プログラム領域を複数のセッションに分割し、分割された一部のセッションを再生専用とし、分割された他のセッションを書き換え可能とした構成を採用する。 6 the gist of, in the optical information recording medium of the gist of the eighth to fifteenth, in accordance with the provisions of the multi-session format, to divide the program area into a plurality of sessions, a part of the session which is divided and read-only, employing a rewritable and with the structure of the divided other sessions.

【0029】また、本発明の第17の要旨は、前記第1 Further, seventeenth aspect of the present invention, the first
6の要旨の光学的情報記録媒体において、プログラム領域を、ISO9660ファイル構造の再生専用データからなる第1セッションと書き換え型領域からなる第2セッションとに分割し、前記第1セッションのユーザーデータおよびリードアウトを再生専用データとし、リードイン領域、PMA領域及びPCA領域を書き換え可能とした構成を採用する。 In 6 optical information recording medium of the subject matter of the program area is divided into the second session consisting of the rewritable area and the first session consisting of reproduction-only data ISO9660 file structure, the first session user data and lead out and read-only data, employing a rewritable and with the structure of the lead-in area, PMA region and PCA area.

【0030】そして、本発明の第18の要旨は、前記第16又は第17の要旨の光学的情報記録媒体において、 [0030] Then, the 18 gist of the present invention, in the optical information recording medium of the gist of the sixteenth or seventeenth,
マルチセッションフォーマットの各セッションのリードイン領域に、該セッションが、書き換え可能又は再生専用のどちらの属性に属するかを示す情報が含まれている構成を採用する。 The lead-in area of ​​each session of the multi-session format, the session, to adopt a configuration that contains information indicating belonging to either of the attributes of a rewritable or read-only. 加えて、本発明の第19の要旨は、前記第8乃至第18の要旨の光学的情報記録媒体において、リードイン領域又はマルチセッションフォーマットの最初のセッションのリードイン領域のATIPで記載された特別情報に、再生専用領域と書き換え可能領域とを有する光学的情報記録媒体であることを示す情報が含まれている構成を採用する。 In addition, the 19th aspect of the present invention, in the optical information recording medium of the gist of the eighth to 18, specially described in ATIP of the lead-in area of ​​the first session of the lead-in area or a multi-session format information, to employ a structure that contains the information indicating that the optical information recording medium having a rewritable area and the reproduction only area.

【0031】また、本発明の第20の要旨は、前記第8 Further, a twentieth aspect of the present invention, the eighth
乃至第18の要旨の光学的情報記録媒体において、リードイン領域又はマルチセッションフォーマットの最初のセッションのリードイン領域のEFMデータに、再生専用領域と書き換え可能領域とを有する光学的情報記録媒体であることを示す情報が含まれている構成を採用する。 In to eighteenth optical information recording medium of the subject matter of, in the EFM data in the lead-in area of ​​the first session of the lead-in area or a multi-session format is the optical information recording medium having a rewritable area and the read only area to adopt a configuration that contains information indicating that.

【0032】さらに、本発明の第21の要旨は、基板上に相変化型記録層を設けてなり、情報記録領域に再生専用領域と書き換え可能領域とを有する、書き換え可能型相変化型光ディスクのデータ記録方法であって、前記再生専用領域に実行可能形式で記録されたプログラムデータを外部のコンピュータに転送する転送ステップと、外部のコンピュータにて自動的にプログラムデータを実行して、書き換え可能領域にデータを記録する実行ステップとをそなえた構成を採用する。 Furthermore, the 21 gist of the present invention is made by providing a phase-change recording layer on a substrate, and a rewritable area and the read only area in the information recording area, a rewritable phase-change optical disc a data recording method, a transfer step of transferring the program data recorded in executable form in said read only area to an external computer, and automatically executes the program data by the external computer, the rewritable area to adopt a configuration which includes an execution step of recording the data to.

【0033】加えて、本発明の第22の要旨は、前記第1の要旨の光学的情報記録媒体において、部分的再生専用領域を含む書き換え型であることを示す識別情報が、 [0033] In addition, the 22nd aspect of the present invention, in the optical information recording medium of the first aspect, identification information indicating that a rewritable type comprising a partial reproduction-only area,
予め基板上にプレピット若しくは溝変形として記載されている構成を採用する。 Adopting the configuration described in advance as prepits or grooves deformation on the substrate. また、本発明の第23の要旨は、前記第22の要旨の光学的情報記録媒体において、 Further, 23rd aspect of the present invention, in the optical information recording medium of the twenty-second aspect,
前記再生専用領域のデータがプレピット列からなり、識別情報とともに、再生専用領域のアドレス情報が、予め基板上にプレピット若しくは溝変形として記載されており、再生専用領域及び書き換え可能領域に含まれるファイルのファイル管理情報が書き換え可能領域に記載されている構成を採用する。 Consist data pre-pits rows of the reproduction-only area, together with the identification information, the address information of the reproduction-only area, have been described as pre-prepits or grooves deformation on a substrate, the files in the reproduction only area and the rewritable area adopting the configuration described in the file management information rewritable region.

【0034】さらに、本発明の第24の要旨は、書き換え可能型相変化記録媒体のデータ消去方法であって、基板上に相変化型記録層を設けてなり、情報記録領域に再生専用領域と書き換え可能領域とを有する記録媒体において、予め基板上にプレピット若しくは溝変形として記載され、記録媒体が部分的にプレピット列若しくは溝変形からなる再生専用領域を含む書き換え型であることを示す識別情報を認識する認識ステップと、再生専用領域のアドレス情報を取得してそのアドレス情報を記憶装置に転送するメモリ転送ステップと、記録媒体のファイル管理領域に記載されたファイル管理情報を消去する消去ステップと、ファイル管理領域に、記憶装置に転送された再生専用領域のアドレス情報を記録する再記録ステップとをそなえて構 Furthermore, the 24th aspect of the present invention is a data erasing method of a rewritable phase-change recording medium, it is provided a phase-change recording layer on a substrate, an information recording area in the reproduction-only area a recording medium having a rewritable area, is described in advance as prepits or grooves deformation on a substrate, the identification information indicating that the recording medium is a rewritable type comprising a read only area consisting of partially pre-pits rows or grooves deformation and recognizing step, the erasing step of erasing the memory transfer step of transferring the address information in the storage device obtains the address information of the reproduction-only area, the file management information described in the file management area of ​​the recording medium, the file management area, and a re-recording step of recording the address information in the read-only area, which is transferred to the storage device configuration を採用する。 The adopted.

【0035】そして、本発明の第25の要旨は、リードイン領域を有するセッション領域を複数有するマルチセッションフォーマットのコンパクトディスクにおいて先頭のセッション領域のリードイン領域に記録された情報に基づき該コンパクトディスクが再生専用領域を有する書き換え型であることを識別する識別ステップと、該複数のセッション領域における該リードイン領域のそれぞれから書き換え可能、一回(初回)だけ記録可能又は書き込み禁止(再生専用)に関する属性を抽出する抽出ステップと、該抽出ステップにて抽出された該属性が該書き込み禁止(再生専用)である場合には、その書き込み禁止(再生専用)セッション領域のファイル構造を記憶装置に転送するメモリ転送ステップと、該先頭のセッション領域における [0035] Then, 25th gist of the present invention, the compact disc on the basis of the multi-session format information recorded in the lead-in area of ​​the head of the session area in a compact disc having a plurality of sessions regions having a lead-in area an identification step of identifying that it is a rewritable type having a read only area, rewritable from each of the lead-in area in a session area of ​​the plurality of attributes relating to one only (first time) a recordable or write-protected (read only) memory and extracting, is the attribute extracted in the extraction step in the case of the write inhibit (read only) is to transfer the write inhibit (read only) file structure of a session area in the storage device a transfer step, in the beginning of the session area リードイン領域に記録された情報を消去する消去ステップと、該先頭のセッション領域に、 And erasing step of erasing the information recorded in the lead-in area, to the beginning of the session area,
該ディスク識別情報と、該記憶装置に転送された該書き込み禁止セッション領域の該ファイル構造と、書き換え可能な領域の先頭のアドレスとを記録する再記録ステップとをそなえた構成を採用する。 Employing a the disc identification information, and said file structure of the write inhibit session area transferred to the storage device, a configuration which includes a re-recording step of recording the first address of the rewritable region.

【0036】加えて、本発明の第26の要旨は、前記第1乃至第20,第22,第23の要旨の光学的情報記録媒体において、前記再生専用領域が、プレピット列によりデータを記録した第1再生専用領域と、データを記録した後に再書き込みを禁止することにより形成した第2 [0036] In addition, the 26th aspect of the present invention, in the first through 20, 22, 23 optical information recording medium of the gist of the reproduction-only area, data were recorded by pre-pits rows a first reproduction-only area, the second formed by prohibiting rewriting after recording data
再生専用領域とを有するとともに、前記書き換え可能領域とを有する、部分的に再生専用の領域を設けた構成を採用する。 Together with a reproduction-only area, and a said rewritable area, to adopt a structure in which a partially read-only area.

【0037】そして、また、本発明の第27の要旨は、 [0037] Then, also, the 27th aspect of the present invention,
前記第26の要旨の光学的情報記録媒体において、前記第1再生専用領域に所定の更新不要なアプリケーションプログラムが格納されるとともに、前記第2再生専用領域に更新可能又はカスタマイズされたアプリケーションプログラムが格納され、前記書き換え可能領域に少なくとも前記アプリケーションプログラムに関連するユーザーデータを記録可能なユーザーデータ記録領域を設けてなる構成を採用する。 In the optical information recording medium of the 26th aspect, together with the first reproduction-only predetermined update unnecessary application program area is stored, the second updatable reproduction only area or a customized application program stored It is, to adopt formed by providing a user data recording area capable of recording user data associated with at least the application program configured to the rewritable area.

【0038】さらに、本発明の第28の要旨は、プログラム領域にある特定の連続した領域に所定のアプリケーションプログラムのデータが格納されたアプリケーションプログラム領域を、再生専用属性を有する再生専用領域として形成し、前記特定の連続した領域の残りのプログラム領域に少なくとも前記アプリケーションプログラムに関連するユーザーデータを記録できるユーザーデータ記録領域を、書き換え可能属性を有する書き換え可能領域として設定し、前記アプリケーションプログラムの再生と前記アプリケーションプログラムに関連するユーザーデータの記録再生とを行なう記録再生装置であって、媒体を装填して部分的に再生専用領域を有する書き換え可能型相変化型光ディスクであることを認識しうる認識手段と、前記認 [0038] Further, the 28th aspect of the present invention, an application program area in which data is stored in the predetermined application program to a particular contiguous area in the program area, formed as a read-only area having a read only attribute the user data recording area capable of recording user data associated with at least the application program in the remaining program area of ​​a particular contiguous area, set as a rewritable area having a rewritable attribute, the playback and the application program associated with the application program a recording and reproducing apparatus for recording and reproducing the user data, a recognition means can recognize that it is a rewritable phase change type optical disc having a partially read only area is loaded media the certification 手段にて認識された前記再生専用領域にアクセスして、前記アプリケーションプログラムのデータを取得しそのプログラム内容を実行しうるプログラム実行手段と、前記プログラム実行手段により実行されたアプリケーションプログラムに従って、所要の情報を入力することのできる情報入力手段と、前記ユーザーデータ記録領域にアクセスして、前記情報入力手段により入力された情報をユーザーデータとして記録することのできる記録手段とをそなえた構成を採用する。 Accessing recognized the reproduction-only area is at unit, a program execution unit for data to get the can execute the program contents of the application program, in accordance with an application program executed by said program execution means, required information an information input means capable of inputting, by accessing the user data recording area, to adopt a configuration in which the information input by the information input unit provided with a recording means capable of recording the user data.

【0039】また、本発明の第29の要旨は、基板上に相変化型記録層を設けてなり、その基板上に設けられた複数のプレピット列によって再生専用データが形成された光学的情報記録媒体の再生専用データの消去方法であって、前記相変化型記録層に前記再生専用データとは異なるデータを上書きすることにより、前記再生専用データの読み出しができないような構成を採用する。 Further, the 29 gist of the present invention is made by providing a phase-change recording layer on a substrate, the optical information recording reproduction-only data is formed by a plurality of pre-pits rows provided on the substrate a method of erasing a read-only data of the medium, said by overwriting the data different from the read-only data, to employ a structure which can not read the read only data in the phase change type recording layer.

【0040】 [0040]

【発明の実施の形態】以下、図面を参照して本発明の実施の形態を説明する。 BEST MODE FOR CARRYING OUT THE INVENTION Hereinafter, an embodiment of the present invention with reference to the drawings. 本発明の記録媒体は、基板上に相変化型の書き換え型記録層を設けてなる。 Recording medium of the present invention is formed by providing a rewritable phase change recording layer on a substrate. 従来、ユーザーデータを書き込み可能な情報記録領域以外に、記録再生システムのみがアクセス可能な再生専用情報を記載した例があるが、本発明においては、本来、ユーザーデータを記録可能な情報記録領域内に、再生専用領域を設けるようにする。 Conventionally, in addition to the information recording area can be written to the user data, the recording and reproducing system only has examples described accessible read-only information, but in the present invention, the original user data recordable information recording area a to, to provided a read only area.

【0041】本発明の媒体の情報記録領域(プログラム領域)には再生専用領域と、書き換え可能領域との両方が含まれるが、その属性の違いにかかわらず、同一の層構成の媒体を設ける。 [0041] and the reproduction-only area in the information recording area of ​​the medium of the present invention (program area), but includes both the rewritable area, regardless of the differences in the attribute, provided the medium of the same layer configuration. このような媒体は、通常、相変化型記録層、該相変化型記録層の少なくとも一方を被覆する保護層、該記録層の記録再生光入射側とは反対側に設けた反射層等からなる。 Such media will usually, a phase-change type recording layer, a protective layer covering at least one of the phase change type recording layer, a reflective layer or the like provided on the side opposite to the recording and reproducing light incident side of the recording layer . いずれの層も、通常スパッタ法で成膜される。 Any layer is also formed in a conventional sputtering method. 成膜法の如何にかかわらず、情報記録領域は、同一の層構成を、同一の手法で設けることが製造プロセスを簡便にし、製造コストを下げる上で望ましい。 Regardless of the deposition method, the information recording area, the same layer structure, be provided in the same manner to simplify the manufacturing process, desirable for reducing the manufacturing cost. したがって、ROM領域といえども、物理的には書き換え可能な相変化型記録層によって被覆される。 Therefore, even the ROM area is physically covered by the phase rewritable-change recording layer.

【0042】本発明では、ROM領域における再生専用の情報の付与の仕方で2種類に分類される。 [0042] In the present invention, it is classified into two types in the manner of applying the read-only information in the ROM area. 一つはあらかじめ基板表面の変形、すなわち、凹凸などによるプレピット列若しくは溝変形によりユーザーデータが記載され、その上に上記相変化型記録層でもって被覆したものである。 One variant of the previously substrate surface, i.e., are in the user data by pre-pits rows or grooves deformation due uneven, is obtained by coating with the above phase change recording layer thereon. 他方は、一部領域にデータを相変化記録(初回記録)した後、記録システムが該領域に再び書き込みすることを禁止する処置(書き込み禁止処置)を行なったものである。 On the other hand it is obtained by performing a partial region phase change recording data in (initial recording), after which treatment recording system prohibits the re-write to the area (write inhibit treatment). 本発明では以後、プレピット列で記録された再生専用(ROM)データをマスターROMデータと呼び、記録後、書き込み禁止処置により書き換え不可能となり再生専用となったデータをポストROMデータと呼ぶことにする。 Thereafter the present invention, a read-only (ROM) data recorded by the pre-pits rows is called a master ROM data, will be after recording, the data which is a reproduction-only will not be rewritten via the write inhibit treatment is referred to as post-ROM data . 本発明においては、通常ポストROM In the present invention, usually post ROM
データは、相変化記録信号として、即ち、相変化記録層における周辺領域との光学的性質の差異によって形成されるマーク列によって得られる物理的には書き換え可能な信号として与えられる。 Data phase as change recording signal, i.e., physically obtainable by mark row formed by the difference of the optical properties of the surrounding region in the phase change recording layer is provided as a rewritable signal. なお、本発明においては、プログラム領域の特定の領域(実質的に連続した記録トラックおよびアドレスで形成される)がROMデータで満たされている場合に、その領域をROM領域と呼ぶ。 In the present invention, if a particular region of the program area (formed by the substantially continuous recording track and address) is filled with ROM data, it referred to the area and ROM area.

【0043】なお、本発明において、ポストROMを作成する場合は、あらかじめ未記録の書き換え可能領域に、書き込み禁止属性(再生専用)属性を与えておくが、工場もしくはソフト作成者側においては特殊記録ドライブにより該再生専用領域にユーザーに配布して、ユーザー側ではこれを再生専用領域として確認させる場合がある。 [0043] In the present invention, if you want to create a post ROM is, in advance unrecorded rewritable area of, but should give a write-protected attributes (read-only) attribute, special record in the factory or software creator side distributed to users regeneration only area by the drive, in the user side in some cases to see this as a read only area.

【0044】あるいは、未記録状態では書き換え可能な書き換え可能領域として属性を定義し、工場もしくはソフト作成者側が編集目的で1回もしくは複数回のデータの書き換えを行なった後や、編集終了後に該編集済みデータに新たに書き込み禁止属性(再生専用属性)を与えて、ユーザーに配布する場合がありうる。 [0044] Alternatively, to define the attributes as a rewritable area which can be rewritten in an unrecorded state, and after the factory or soft creator side makes a rewriting of the data in one or more times for editing, the editing after editing end in the corner data giving a new write-protected attributes (read-only attribute), there may be a case to be distributed to the user. 一方、一回(初回)だけ記録可能属性を与えた書き換え可能領域を未記録状態のままユーザーに配布し、ユーザーにおいて一回(初回)だけ記録可能として擬似的なライトワンス媒体として配布することもできる。 On the other hand, also be distributed as a single (first time) only rewritable area gave recordable attributes distributed to user remains unrecorded state, once the user (first time) by pseudo write-once medium as recordable it can. この場合、ユーザー側において一回だけ記録(初回記録)を行なった後は、 In this case, after performing only once recording (initial recording) at the user side,
書き換えが不可能となる。 Rewriting becomes impossible. つまり、たとえ書き換え可能領域が、物理的に書き換え可能であっても、ユーザーにおいては未記録のライトワンス媒体として機能する。 In other words, even if the rewritable area, it is physically rewritable in user functions as unrecorded write-once media. そして、工場もしくはソフト作成者側が、この一回だけ記録可能な領域に記録して、ユーザーに配布すれば、やはり、ユーザー側では書き込み不可能であるから、再生専用領域として利用できる。 Then, the factory or software creator side, this one time only recorded in the recordable area, if distributed to the user, also, because the user side is not possible write, can be used as a read-only area.

【0045】これに対して、書き換え可能なデータをR [0045] On the other hand, the rewritable data R
AMデータと呼び、RAMデータで満たされた情報記録領域の一部を、RAM領域と呼ぶ。 Referred to as AM data, some of the information recording area filled with RAM data, referred to as a RAM area. RAM領域は、必ずしも最初からRAMデータを記録してあるわけではなく、データの書き込みが可能な領域であって、書き込み禁止処置をとられていない領域である。 The RAM area is not necessarily been recorded the RAM data from the beginning, a region in which data can be written, is an area that is not taken the write protection treatment. さて、本発明ではデータに再生専用と書き換え可能とに応じた属性を付与して、少なくとも記録システムから該属性を識別可能とする方法を提案するとともに、該属性によってROM Now, the present invention by applying the attributes corresponding to the rewritable and read-only data, we propose a method which allows identifying the attribute from at least the recording system, ROM by the attribute
もしくはRAMと規定されたそれぞれのデータ領域の両方を設けてなる媒体を提案する。 Or propose a medium formed by providing both RAM and defined respective data regions. 本発明においては、該データの属性は、データの基本単位ごとに設定する。 In the present invention, the attribute of the data is set for each basic unit of data. ここで、データの基本単位とは、記録再生ドライブ装置のデータ処理において、一まとまりで処理される単位であって、例えばCDフォーマットでは下記で詳細に述べるような、ATIPの1/75秒単位のATIPフレーム、EFMデータでサブコートが付与される98EFM Here, the basic unit of data and the data process of the recording and reproducing drive unit, a unit to be processed in a collection, for example, in the CD format as described in detail below, the 1/75 second increments ATIP ATIP 98EFM the frame, the EFM data sub-coat is applied
フレーム、CD−ROMフォーマットで2352バイトのデータからなるブロックといった単位である。 Frame, a unit such as block consisting of 2352 bytes of data in the CD-ROM format. 複数のブロック(通常は16もしくは32ブロック)からなるパケットも基本単位とみなせる。 Packet comprising a plurality of blocks (usually 16 or 32 blocks) also regarded as a basic unit. これらは、個々のデータ単位の容量が、一定の固定長のデータ単位の例である。 These are the capacity of the individual data units are examples of data units of a certain fixed length. また、ROM乃至はRAM領域そのものを一括りとして、CDのフォーマットにおけるトラックとみなすこともできるし、CDのマルチセッションフォーマットの規定にのっとってセッションを形成する場合も、該セッションをひとつの単位とみなせる。 Further, as ROM or the lumped together RAM area itself, can either be regarded as a track in the format of CD, it may form a session Ho' the provisions of multisession format CD, can be regarded as one unit of the session . あるいは、必ずしも一定数でない固定長のブロックのまとまりであるパケットも一つのデータ単位とみなせる。 Alternatively, regarded necessarily packet is a collection of fixed length blocks is not constant number also as one data unit. これらは、個々のデータ単位の容量が一定でない可変長のデータ単位の例である。 These are examples of variable-length data unit volume of individual data units are not constant.

【0046】より一般的には、ユーザーデータを2 nバイト(512,1024,2k,4k,16k,32 [0046] More generally, the user data 2 n bytes (512,1024,2k, 4k, 16k, 32
k,64k,…,バイト等)単位に区切り、エラーのためのパリティビット等の冗長データを付加して、論理的な最小の基本データ単位とする。 k, 64k, ..., delimiting byte, etc.) units, by adding redundant data parity bits, etc. for error, and logical minimum basic data units. この基本データ単位は、さらに、複数個まとめたデータ単位(固定長とは限らない)も、やはり、基本データ単位の一種である。 The basic data unit is further (not necessarily fixed length) plurality combined data unit is also still a kind of basic data units. そして、これらの基本データ単位ごとにアドレスや、データ属性の付加データを付与する。 Then, and address for each of these elementary data units, provides additional data for data attributes.

【0047】本発明では、好ましくは、基本データ単位として、固定長データ、特にアドレス付与の最小単位であるものを使用する。 [0047] In the present invention, preferably, as the basic data unit, using what is the minimum unit of the fixed-length data, in particular address assignment. その結果、記録再生ドライブ装置のより下位(ハードウェアに近く、ユーザーの操作が及びにくくなる)のレベルにおいて、確実に、書き換え可能か再生専用かを示すデータ属性を付与することができる。 As a result, (close to the hardware, user interaction is less likely and) lower order of the recording and reproducing drive unit at the level of, it is possible to reliably impart the data attribute indicating whether rewritable or read-only. 固定長データ単位を複数個まとめた可変長データ単位にデータ属性を付与することもできるが、この場合にも、下位の固定長データ単位ごとに同一のデータ属性を付与することが望ましい。 Although fixed-length data units may be provided with data attribute to the variable-length data units summarizes plurality, in this case, it is desirable to impart the same data attributes for each lower fixed length data units.

【0048】アドレスを含む付加データは、上記ユーザーデータの基本単位と同様のビット情報として一連のビット列を構成するように付加されても良いし、上記ユーザーデータの基本単位に隣接しつつ、別種の信号によって空間的に分離して付加しても良い。 The additional data including the address, may be added so as to constitute a series of bit strings as similar to the bit information and the basic unit of the user data, while adjacent to the basic unit of the user data, different kind it may be added to spatially separate the signals. 前者の例は、後述のCDフォーマットにおけるEFM信号中のサブコードと呼ばれる、付加的なビット列であり、また、後者の例は、やはりCD−RやCD−RWに用いられる溝変形(wobble)による付加データ(ATIP情報)である。 An example of the former is referred to as the subcode in the EFM signal in the CD format described below, it is additional bit string, also an example of the latter, also by a groove deformation used in CD-R and CD-RW (wobble) it is additional data (ATIP information). あるいは、付加データによる付加は、溝間やプレビット列間に配置されたピット列であっても良いし、基本データ単位のユーザーデータ列の前後に配置されたピット列であっても良い。 Alternatively, additional by additional data may be a pit train disposed between the grooves and between Purebitto column may be pit array disposed before and after the user data sequence of the basic data unit.

【0049】いずれにせよ、アドレス情報とともに、再生専用,一回(初回)だけ記録可能、(繰り返し)書き換え可能であるかの基本データ単位の属性情報が、予め基板上に書き換え不可能な情報として、記載されていることが望ましい。 [0049] In any case, along with the address information, the read-only, one-time (first time) only can be recorded, as (repeat) the attribute information of the basic data unit of whether it is possible rewriting, not be rewritten in advance on the substrate information it is desirable that is described. つまり、各基本データ単位に割り振られたアドレスが、基板上に予め記載され、そのアドレスごとに、そのアドレスに記録されるべきデータの属性を予め記載しておくが、その記載方法が書き換え不可能な信号で記載されていることが望ましい。 That is, the address allocated to each elementary data units, are pre forth on the substrate, each the address, but should describe the attributes of the data to be recorded in the address advance, it is not rewritten the description method it is desirable that is described in such signal. 記録ドライブ側が、このデータ属性情報に従って、所定のアドレスに所定の属性を有するデータを記録するように設計されれば、ユーザー側でのデータ属性変更を簡単に行なうことはできないので、再生専用領域のデータが相変化記録による重ね書きにより破壊されたりする危険性が低減されるからである。 Recording drive side, in accordance with the data attribute information, if it is designed to record data having a predetermined attribute at a predetermined address, it is not possible to carry out easily the data attribute change in the user side, the reproduction-only area risk of data or is destroyed by overwriting due to a phase change recording is because is reduced.

【0050】ここでいう書き換え不可能な信号とは、溝変形のような物理的変形を基板上に射出成形によって形成することでも達成されるが、「ユーザー側で書き換え不可能」であれば、相変化記録による記録信号であっても構わない。 [0050] The rewritable signal referred to here is achieved also be formed by injection molding a physical deformation, such as grooves deformation on the substrate, if it is "not rewritten by the user side", a recording signal by phase change recording may be. 「ユーザー側で書き換え不可能」な記録信号とは、ユーザー側からは、暗号等の特殊処理によって、書き換え不能とされた信号である。 A recording signal "rewritable user side", from the user side, by a special cryptographic processing such as a rewritable and signal.

【0051】従って、基本データ単位に付加されるアドレス及び付加データが、書き換え可能領域及び再生専用領域において、予め基板上に記載されていることになる。 [0051] Thus, the address and the additional data is added to the base data unit, in the rewritable area and the read only area, will have been described in advance on the substrate. ここで、ROM領域とRAM領域とのデータ、データ属性及びアドレス情報は、それぞれ、互いに同一の論理構造を有する。 Here, the data of the ROM area and the RAM area, data attribute and address information, respectively, have the same logical structure. つまり、同一の基本データ単位を有し、該基本単位ごとに、ユーザーデータが区切られて、 In other words, have the same basic data units, each the basic units, the user data is separated,
データ属性及びアドレス情報が付加されている。 Data attribute and address information is added. その結果、同一の再生(論理)回路で再生(解読)可能となる。 As a result, it can be reproduced (decrypted) at the same regeneration (logic) circuit.

【0052】RAM領域においては、未記録でも光ビームの案内が可能なように、同心円もしくは螺旋状の案内溝が形成されているのが通常である。 [0052] In the RAM area, so as to allow guidance of a light beam in an unrecorded, it is usual concentric or spiral guide grooves are formed. また、この際、光ビームの走査方向に対して所定の振幅を有するように、 At this time, so as to have a predetermined amplitude with respect to the scanning direction of the light beam,
前記溝を蛇行させるのが好ましい。 Preferable to meander the groove. 該蛇行による情報の付与によって、書き換え不可能領域と書き換え可能領域とを識別することができる。 By the application of information by meandering, it can distinguish between the rewritable area and the rewritable area. ディスク(円板)状媒体では、通常、同心円ないしは螺旋状に案内溝が形成されるので、光ビームは、概ね円周方向に走査して案内溝に追従し、溝蛇行は半径方向の振幅をもって形成される。 The disk (disc) like medium, usually, since the concentric or spiral guide grooves are formed, the light beam is generally to follow the guide groove is scanned in the circumferential direction, the grooves meander with the amplitude of the radial It is formed.

【0053】ポストROM領域においても、最初に記録を行なうために、上記同様の案内溝を有するのが好ましい。 [0053] Also in the post ROM area, in order to perform the first recording preferably has the same guide groove. また、マスターROM領域においてはプレピット列が設けられているが、この場合、該プレピット列の中心線が、記録再生用光ビームの走査方向に対して前記案内溝の振幅と略同一の振幅の蛇行を有するようにプレピットを設けるのが好ましい。 Although pre-pits rows are provided in the master ROM area, in this case, the center line of the pre-pits rows, meandering amplitude and substantially the same amplitude of the guide groove with respect to the scanning direction of the recording light beam preferably provided with pre-pits to have. その結果、マスターROM領域と書き換え可能領域とで連続したアドレス情報を付与することができる。 As a result, it is possible to impart consecutive address information in the master ROM area and the rewritable area. 本発明では、プレピット列の中心線も含めて広義の案内溝と呼ぶこととする。 In the present invention, it will be referred to as broad guiding groove including the center line of the pre-pits rows.

【0054】本発明においては、溝変形によって基板上にあらかじめアドレスを付与するのが特に好ましい。 [0054] In the present invention, particularly preferable to impart a pre-address on the substrate by the grooves deformation. 未記録のRAM領域では特に、所定の位置にアクセスするのに図1(a)に示すような溝蛇行(ウォブル)によるアドレスを参照することがすでに広く実施されている。 Particularly in the unrecorded RAM area, referring to the address by the groove wobbling as shown in FIG. 1 (a) to access a predetermined position is already widely implemented.
図1(a)において、書き換え領域51において案内溝50は、溝壁面50a及び50cに囲まれる凹状の部分であって、通常は、基板上に原板(スタンパ)の凸形状を転写して得られる。 In FIG. 1 (a), the guide groove 50 in the rewritable area 51, a portion of the concave surrounded by the groove wall surface 50a and 50c, usually obtained by transferring the convex shape of the original plate (stamper) on a substrate . そしてこの案内溝50の蛇行によってアドレス情報が付与され、レーザー光がこの溝の形状を読み取ることにより、アドレス情報が得られるのである。 The address information is provided by the meandering of the guide groove 50, the laser beam by reading the shape of the groove is the address information is obtained.

【0055】溝蛇行によるアドレスは、周波数一定の波(搬送波)を、0及び1のデジタルデータによって周波数変調(FM変調)したり、位相変調したりすることで付与することができる。 [0055] Address by groove wobbling, the frequency constant of the wave (the carrier wave), or frequency modulation (FM modulation) by 0 and 1 of digital data can be provided by or phase modulation. アドレス情報を付加された溝変形のうち、特に溝蛇行(ウォブル)で案内溝に沿って割り振られたアドレスは、上記した広義の案内溝の概念にも適用でき、図1(b)のごとく、ピット列(プレピット)52の実際の中心線50bをRAM部の溝50と同じ周波数で蛇行させれば、マスターROM、ポストRO Of the added groove deform the address information, the address assigned especially along the guide groove in the groove wobbled, can be applied to the concept of broad guiding grooves as described above, as FIG. 1 (b), if it caused to meander the actual center line 50b of the pit row (pre-pits) 52 at the same frequency as the groove 50 of the RAM portion, the master ROM, post RO
M、RAM領域の如何にかかわらず、連続的な搬送波による溝蛇行でアドレス付与が可能となる。 M, regardless of the RAM area, addressing can be performed with the groove meandering by continuous carrier. また、アドレスのみならず、他の付加情報を付与することも可能となる。 Further, not only addresses, it is possible to impart other additional information.

【0056】再生システムからはROM領域と、RAM [0056] and the ROM area from the reproduction system, RAM
領域とが区別なくアクセスでき再生できることが望ましいことから、ROM領域およびRAM領域は連続的な通し番号を有するアドレス情報をもつことが望ましい。 Since it is desirable that the area can be reproduced can not access distinction, ROM area and the RAM area, it is desirable to have the address information having a continuous serial numbers. 該アドレス情報は、上記のように溝変形として付与される場合と、記録データの一部として含まれる場合とがある。 The address information, the case applied as a groove deformation as described above, and a case that is included as part of the recorded data. 記録データの一部として含まれる場合は、RAM領域とROM領域のデータとが同じフォーマットとして、 When included as part of the recorded data, as the same format and data in the RAM and ROM areas,
同一の論理構造を有するアドレス情報を付与できる。 Same logical structure can be imparted to the address information having a. また、図1(b)で示すような広義の溝蛇行を利用する場合には、RAM領域の溝蛇行50の振幅と、マスターR In the case of using the broad groove meanders as shown in FIG. 1 (b), the amplitude of the wobbling groove 50 of the RAM area, master R
OM領域のピット列52の実際の中心線50bの蛇行の振幅とがほぼ同じであれば、一つの溝蛇行再生回路で全領域のアドレス情報を切れ目なく再生できる。 If almost the same as the amplitude of the meandering of the actual center line 50b of the pit row 52 of the OM region can reproduce the address information of the entire area without interruption in one groove serpentine reproducing circuit. ここで、 here,
ほぼ同一とは、ウォブル信号再生回路において、ほぼ同等の信号振幅が得られる程度を意味し、通常、一方の振幅の大きさが他方の振幅の大きさの2倍以内の大きさになるようにする。 The almost identical, in the wobble signal reproduction circuit, substantially means the degree to which equivalent signal amplitude is obtained, usually, as the size of one of the amplitude is doubled within the size of the size of the other of the amplitude to.

【0057】通常、溝蛇行の再生は、プッシュプル信号再生回路を用いるが、図1(a)及び(b)のいずれの場合にも該再生回路は適用可能である。 [0057] Usually, the wobbling groove reproduction, uses a push-pull signal reproducing circuit, the reproduction circuit in each case in FIG. 1 (a) and (b) is applicable. なお、プッシュプル信号回路とは、溝または凹状ピットから反射された光の回折光を、溝の左右に分割された2分割ディテクタで検出して、その差分を取るもので、当業者において周知の技術である。 Note that the push-pull signal circuit, the diffracted light of the light reflected from the groove or concave pits are detected by two-divided detector which is divided into left and right grooves, intended to take the difference, known in the art it is a technique.

【0058】プレピット列からなるROM信号と相変化記録によるRAM領域の記録済み信号とは、もちろん、 [0058] The recorded signal of RAM area by the ROM signal and the phase-change recording consisting of a pre-pits row, of course,
同一の変調方式を用いて、同じ論理回路でデコードできることが望ましい。 Using the same modulation scheme, it is desirable to be able to decode the same logic. さらに、同じ再生装置で再生するためには、両方の領域の記録信号が、実質的に同じ反射率、変調度を有することが必要である。 Furthermore, in order to play at the same reproducing apparatus, a recording signal both regions, substantially the same reflectance, it is necessary to have a degree of modulation. 例えば、通常、 For example, usually,
CD−ROMにおける凹状のプレピットによる信号は、 Signal by the concave of the pre-pits in the CD-ROM,
反射光の位相差により、ピット位置で反射率が低下するから、RAM領域においても未記録状態の反射率が高く、記録状態で反射率が低いことが望ましい。 The phase difference of the reflected light, since the reflectance at the pit position is decreased, also high reflectance in an unrecorded state in the RAM area, it is desirable that the reflectance is low in the recording state. 相変化型記録層においては、通常、未記録状態を結晶状態に対応させ、記録状態を非晶質状態に対応させる。 In the phase change type recording layer, usually, it is associated an unrecorded state to a crystalline state, to correspond to the recording state to the amorphous state. ただし、その逆であってもよく、また、異なる結晶状態同士をそれぞれに対応させてもよい。 However, it may be vice versa, also may correspond to each different crystal states together.

【0059】本発明においては、マスターROM領域も、RAM領域と同じ層構成であるので、再生システムからはROM領域とRAM領域との区別はつきがたい。 [0059] In the present invention, the master ROM area also, since it is the same layer structure as the RAM area, difficult regarding the distinction between the ROM region and the RAM region from the reproduction system.
また、ポストROM領域はもちろん、マスターROM領域でさえも、相変化記録層自体にデータの上書きをすることは物理的には可能であるから、ROMデータとして改竄不能、消去、破壊不能であるためには、少なくとも記録用ドライブにROM領域であることを認識させる必要がある。 Moreover, the post ROM area, of course, even the master ROM area, because it is physically possible to overwrite data in the phase change recording layer itself, falsification impossible, erase, because it is impossible destroyed as ROM data the, it is necessary to recognize that it is the ROM area to at least a recording drive.

【0060】このため、記録システムに、該相変化型記録媒体が部分的に再生専用領域を有する書き換え型媒体(P−ROM)であることを認識させるため、該記録媒体の特定領域にP−ROMであることを示す識別情報を記載することが望ましく、また、その識別情報がプレピットや溝変形などのマスタROMデータとして、予め、 [0060] Therefore, in the recording system, to recognize that it is a rewritable medium that the phase change type recording medium has a partially read only area (P-ROM), a specific area of ​​the recording medium P- it is desirable to describe identification information indicating that it is a ROM, also the identification information as the master ROM data, such as prepits or grooves deformation advance,
基板上に記載されていることがより望ましい。 It is more desirable that is described on a substrate.

【0061】従って、部分的再生専用領域を含む書き換え型であることを示す識別情報が、予め基板上にプレピット若しくは溝変形として記載されていることになる。 [0061] Accordingly, identification information indicating that a rewritable type comprising a partial reproduction-only area, will have been described as pre-prepits or grooves deformation on the substrate.
さらに、本発明においては、ROM領域あるいはRAM Further, in the present invention, ROM area or RAM
領域にかかわらず、各領域に記録されたユーザーデータのファイル管理情報は、一括してRAM領域に記載することが望ましい。 Regardless of area, file management information for the user data recorded in each region, it is desirable to describe the RAM area once. この場合、RAMデータであるファイル管理情報の消去又は上書きによって、誤ってROM領域のファイル管理情報をも失うことを防止する必要がある。 In this case, by erasing or overwriting of file management information which is RAM data, it is necessary to prevent losing even a file management information of the incorrectly ROM area. このため、該ROM領域にアクセスするためのアドレス情報をも上記特定領域に予めマスターROM領域として記載(登録)しておくことが望ましい。 Therefore, it is desirable to described (registered) in advance as a master ROM area to the particular region of the address information for accessing the ROM region.

【0062】本発明においては、さらに、連続したアドレスからなる一まとまりのROM領域ないしはRAM領域を、それぞれ、可変長のデータ単位とみなし、該可変長データ単位ごとに、ROMないしはRAMであることのデータ属性を付与することができる。 [0062] In the present invention, further, the ROM area or the RAM area of ​​a collection consisting of consecutive addresses, respectively, regarded as variable-length data units, each said variable length data units, that is ROM or RAM data attributes can be imparted. また、少なくとも、ROM領域に関しては、該連続したアドレスからなる可変長のデータ単位からなる個々のROM領域のアドレス情報を、好ましくは該データ属性とともに、ディスク上の特定領域に一括して登録することが望ましい。 Also, at least, with respect to the ROM area, the address information of the individual ROM areas consisting of variable-length data unit comprising the consecutive addresses, preferably together with the data attributes, be registered collectively to a specific area on the disk It is desirable この登録すべきアドレス情報としては、各領域の開始アドレスのみならず、その長さ(容量)若しくは終了アドレスも併せて登録することが望ましい。 The address information to be the registration, not only the start address of each area, it is desirable to register also to its length (volume) or end address.

【0063】さらに、好ましくは、ディスクが、再生専用領域のみを有する再生専用型か、部分的に再生専用領域を有する書き換え型(P−ROM)か、あるいは、書き換え可能領域のみを有する書き換え型かのいずれかを識別できるディスク識別情報が、上記ディスク上の特定領域に記載されていることが望ましい。 [0063] In addition, or preferably, the disk is either read-only type which has only read-only area, the rewritable having partially read only area (P-ROM) or, alternatively, a rewritable type having only the rewritable area disk identification information capable of identifying one of, it is desirable that is described in a specific area on the disc. 従って、前記再生専用領域のデータがプレピット列からなり、識別情報とともに、再生専用領域のアドレス情報が、予め基板上にプレピット若しくは溝変形として記載されており、再生専用領域及び書き換え可能領域に含まれるファイルのファイル管理情報が書き換え可能領域に記載されていることになる。 Therefore, the data of the read only area is made of pre-pits rows, together with the identification information, the address information of the reproduction-only area, have been described as pre-prepits or grooves deformation on a substrate, contained in the reproduction only area and the rewritable area file management information of the file will be is described in rewritable area.

【0064】このようにすれば、記録用ドライブにディスクが挿入されたときに、P−ROMディスクであることの認識が可能となり、ROM領域に関するファイル管理情報を取得してシステム上のメモリに待避させることができる。 [0064] In this way, when the disc is inserted into the recording drive, enables recognition of being P-ROM disc, saved in memory on the system obtains the file management information on the ROM area it can be. かかる手段は、ファイル管理情報のみを消去ないしは、オーバーライトしてディスクを誤って初期化し、ROM領域にアクセスできなくなったり、ROM領域の存在を認識せずにオーバーライトしてROMデータを破壊することを防止するために有効である。 Such means may erase only the file management information or initializes incorrectly disk overwriting, or becomes inaccessible ROM area, disrupting the ROM data overwritten without recognizing the existence of the ROM area it is effective to prevent.

【0065】なお、再生専用領域、特にマスターROM [0065] In addition, the read-only area, especially the master ROM
領域の開始アドレス、容量、終了アドレス等のファイル管理情報が、ファイル管理領域においても、プレピットや溝変形等のマスターROMデータとして記載されていれば、上記の初期化操作によって誤って消去される可能性が低くなる。 Start address of the area, volume, file management information such as end address, even in the file management area, if it is described as a master ROM data such as prepits or grooves deformable, can be erased by mistake by the initialization operation sex is low. 該ファイル管理領域を未記録状態にした場合は勿論、オーバーライトしてしまった場合でも、未記録状態に復帰させれば、マスターROMデータは、再度、再生可能である。 Of course, when the said file management area in the unrecorded state, even if you happen to overwrite, if return to the unrecorded state, the master ROM data, again, can be reproduced.

【0066】逆に、マスターROMデータ、特に、プレピット列からなるROMデータを有する再生専用領域の相変化型記録層に、該ROMデータとは異なるデータを上書き(オーバーライト)することによって、ROMデータを消去することもできる。 [0066] Conversely, the master ROM data, in particular, the phase-change recording layer of read-only area having a ROM data consisting of pre-pits rows, by overwriting the different data (overwrite) the said ROM data, ROM data it is also possible to erase. この場合、例えば工場もしくはソフト作成者側は、ユーザー側に見られたくないデータを、より確実に隠すことが可能となる。 In this case, for example, factory or software creator side, the data that does not want to be seen on the user side, it is possible to hide more reliably.

【0067】すなわち、マスターROM領域とポストR [0067] In other words, the master ROM area and the post-R
OM領域との両方を有する媒体に対して、マスターRO Relative to the medium having both OM area, master RO
M領域に含まれるアプリケーションソフトのデータの一部を更新してポストROM領域に記録し直すような使用方法(この使用方法については後述する。)において、 The method uses as re-record the post ROM area to update some of the data of the application software contained in the M region (for this use will be described later.)
例えば工場もしくはソフト作成者側は、マスターROM For example, the factory or software creator side, master ROM
領域における更新されるべき一部のデータを上記消去方法を用いて消去することができる。 A part of the data to be updated in the region can be erased using the erase method.

【0068】従って、本発明の再生専用データの消去方法は、基板上に相変化型記録層を設けてなり、基板上に設けられた複数のプレピット列によって再生専用データが形成された光学的情報記録媒体の再生専用データの消去方法であって、相変化型記録層に再生専用データとは異なるデータを上書きすることにより、再生専用データの読み出しができないようにするように構成されたことになる。 [0068] Thus, the erase method of a read-only data of the present invention is made by providing a phase-change recording layer on a substrate, the optical information reproducing-only data is formed by a plurality of pre-pits rows provided on a substrate a method of erasing a read-only data storage medium, by overwriting the data different from the read-only data in the phase change type recording layer, will have been configured so that it can not read the reproduction-only data .

【0069】本発明では、特に、アドレス付与の最小単位である基本データ単位に付加される付加データに、所定のデータ属性情報を含ませるのが好ましい。 [0069] In the present invention, particularly, the additional data to be added to the basic data unit is the minimum unit of address assignment, it is preferable to include a predetermined data attribute information. 本発明の光学的情報記録媒体における一つの有用な実施形態においては、記録領域のデータを、コンパクトディスク互換であるEFM変調信号とする。 In one useful embodiment of the optical information recording medium of the present invention, a data recording area, and EFM-modulated signal is a compact disc compatible. 従って、以下では、CD Therefore, in the following, CD
およびCD−RWのフォーマットおよび用語を用いて本発明の詳細を記載するが、同様の趣旨であれば、CDフォーマットそのものに限定されるものではない。 And using the format and terminology CD-RW describes the details of the present invention, if the same purpose, but is not limited to CD format itself.

【0070】なお、以下に述べるCDフォーマットに関する一般的情報は、「CDファミリー」、中島平太郎・ [0070] In addition, general information about the CD format described below, "CD Family", Heitaro Nakajima
井橋孝夫・小川博司共著、オーム社、「コンパクトディスク読本」、中島平太郎・小川博司共著、オーム社、 Ikyo Takao Hiroshi Ogawa co-author, Ohm-sha, "Compact Disc Reader", Heitaro Nakajima Hiroshi Ogawa co-author, Ohm, Inc.,
「CD−R/RWオフィシャル・ガイドブック」、オレンジフォーラム著、エクシードプレス社及び特開平11 "CD-R / RW Official Guide Book", Orange forum al., Exceed Press, and JP-A-11
−250522号公報等において開示されている。 It disclosed in -250522 Patent Publication.

【0071】(A)本発明の一実施形態の説明 CDの論理データ構造は、レッドブックの規定によって規定された主として音楽データに適した論理フォーマットと、イエローブックによって規定され、国際規格IS [0071] (A) a logical data structure description CD of one embodiment of the present invention, a logical format mainly suitable for the music data specified by the provisions of the Red Book, is defined by the Yellow Book, International Standard IS
O9660となった汎用のブロック単位でのデータ記録に適したフォーマットとの2種類がある。 There are two types of a format suitable for data recording in blocks of a general-purpose became O9660. 以下では、主としてデータ記録用のCD−ROMフォーマットのうちモード(mode)1と呼ばれるフォーマットを想定して説明を進めるが、モードの差異はユーザーデータの構成やユーザーデータに付加される誤り訂正情報の内容の違い等に関連しており、本発明の本質に影響するものではない。 In the following, mainly assumed format called mode (mode) 1 of the CD-ROM format for data recording in the descriptions, but the mode difference of the error correction information added to the configuration and user data in the user data content difference, etc. are related to, it does not affect the essence of the present invention.

【0072】一方、CD−RWはオレンジブック・パート3によって規定されている。 [0072] On the other hand, CD-RW is defined by the Orange Book Part 3. その記録された論理データ構造は、基本的にCD−ROMに準じており、CD− The recorded logical data structure is according to the basic CD-ROM, CD-
ROMの再生回路を使用して再生可能となっている。 Use the playback circuit of ROM and has a renewable. 記録されたEFMランダム信号は、図2における再生信号波形で、I topを反射率に換算した場合に15〜25% Recorded EFM random signal is a reproduced signal waveform in FIG. 2, 15-25% in the case of converting the I top reflectance
であり、11Tマークの振幅I 11とI topの比I 11 /I , And the ratio of the amplitude I 11 and I top of 11T mark I 11 / I
topが0.55〜0.7であり、3Tから11Tの各マークのマーク長及びマーク間長のジッタが、CD線速(1.2〜1.4m/s)において、35nsec以下であること等が満足されれば、書き換え型コンパクトディスク対応のドライブでCD互換信号として再生可能である。 top is from 0.55 to 0.7, the jitter of the mark length and space length of each mark of 3T to 11T is, in CD linear velocity (1.2 to 1.4 m / s), or less 35nsec if equal is satisfied, playable as CD compatible signals rewritable compact disc corresponding drive.

【0073】図3(a)は本発明を適用されるCD−R [0073] FIG. 3 (a) CD-R which is applied the present invention
Wディスク10の層構造を示す模式図である。 W is a schematic view showing a layer structure of the disk 10. この図3 FIG. 3
(a)に示すCD−RWディスク10の層構造は、多層となっており、表面に案内溝及び/又はプレピットとなる凹部49を形成しうる基板(ポリカーボネート基板) Layer structure of the CD-RW disc 10 shown in (a) is a multilayer substrate capable of forming a guide groove and / or the pre-pits recess 49 in the surface (polycarbonate substrate)
110fと、相変化型記録層(記録層)110dにおけるレーザ光の吸収量を制御し、多重干渉効果によって反射率を調整するとともに、記録層からの放熱を制御し、 And 110f to control the absorption of laser light in a phase change type recording layer (recording layer) 110d, as well as adjust the reflectance by multiple interference effect to control the heat dissipation from the recording layer,
記録層や基板の熱変形を抑止する保護層110e,11 Protection to suppress the recording layer and thermal deformation of the substrate layer 110e, 11
0cと、基板110fを被覆して基板110fに形成された凹部49の形状とほぼ同一再生信号得られる非晶質マークを形成しうる相変化型媒体の記録層110dと、 And 0c, a recording layer 110d of the phase change medium capable to cover the substrate 110f forming an amorphous mark obtained approximately the same reproduced signal and the shape of the recess 49 formed in the substrate 110f,
レーザ光を反射し、記録層からの放熱を促進するために、記録層110dの記録再生光入射側とは反対側に設けられた反射部材からなる反射膜110bとからなる。 It reflects the laser beam, in order to facilitate heat dissipation from the recording layer, and a reflective film 110b made of reflecting member provided on the opposite side of the recording and reproducing light incident side of the recording layer 110d.
なお、保護コート110aは、光ディスクの表面が傷つけられることから保護するものである。 The protective coat 110a is intended to protect against the surface of the optical disk from being damaged. また、保護コート110aを、後述する図3(b)のように凹部49の表面形状に沿って被覆するのではなく、凹部49を埋め立てるように被覆しても良い。 Further, the protective coating 110a, instead of coating along the surface shape of the recess 49 as shown in FIG. 3 (b) to be described later, may be coated so as to fill up the recess 49.

【0074】また、記録再生用の集束光は、基板110 [0074] In addition, focusing light for recording and reproduction, the substrate 110
fを介して、記録層110dに集光される。 Through f, it is focused on the recording layer 110d. ここで、C Here, C
D−RWの記録再生は、波長約780nm、集束レンズの開口数NA(Numeric Aperture)が約0.5の光学系が用いられる。 Reproducing the D-RW has a wavelength of about 780 nm, the optical system aperture NA (Numeric Aperture) of about 0.5 of the focusing lens is used. 図3(b)はCD−R 3 (b) is CD-R
Wディスク10の凹部49の模式図である。 W is a schematic view of the recess 49 of the disc 10. この図3 FIG. 3
(b)に示す凹部49は、基板層110fの形状を再現するようになっている。 Recess 49 shown in (b) is adapted to reproduce the shape of the substrate layer 110f. また、いずれの層も、スパッタ法で成膜されることが多い。 Further, any layer also is often formed by sputtering. さらに、成膜法の如何にかかわらず、情報記録領域として、同一の層構成が形成され得るので、製造プロセスが簡便になり、製造コストを低減させることができる。 Furthermore, regardless of the deposition method, an information recording area, the same layer structure may be formed, becomes simpler manufacturing process, it is possible to reduce the manufacturing cost.

【0075】図4(a)は本発明を適用されるCD−R [0075] FIG. 4 (a) CD-R which is applied the present invention
Wディスクの領域を説明するための図であり、図4 W is a diagram for explaining a region of the disc, FIG. 4
(b)は本発明を適用されるCD−RWディスクの斜視図である。 (B) is a perspective view of a CD-RW discs to which the present invention is applied. 図4(a),(b)に示すCD−RWディスク10は、ディスク最内周から順にPCA(Power Figure 4 (a), CD-RW disc 10 shown in (b), PCA from the innermost disc in the order (Power
Calibration Area),PMA(Pr Calibration Area), PMA (Pr
ogram Memory Area),リードイン領域、プログラム領域、リードアウト領域からなるデータ構造を有する。 ogram Memory Area), a lead-in area, a program area, a data structure comprising a lead-out area. このうち、PCAは最適記録パワー決定のための試し書き領域、PMAは、CD−RやCD−R Among them, the trial writing area for PCA optimum recording power determination, PMA is, CD-R and CD-R
Wに特有の一時的なファイル管理情報記録領域、リードイン領域は本来CD−ROMフォーマットで用いられるTOC(Table of Contents)と呼ばれるファイル管理情報やディスク管理情報を記載する領域、リードアウト領域は、EFMデータの終わりを示すための領域であり、プログラム領域はユーザーデータを記録すべき領域であり、本発明においては、このプログラム領域は、再生専用領域と書き換え可能な領域との両方を有する。 Temporary file management information recording area of ​​the specific to the W, area to describe the file management information and disk management information called a TOC to be used in the original lead-in area is CD-ROM format (Table of Contents), lead-out area, an area for indicating the end of the EFM data, program area is an area to record user data, in the present invention, the program area has both a rewritable area and the reproduction only area. 従来のCD−ROMとの再生互換を維持するためには、リードインおよびリードアウト領域に所定情報を記録することが必要である。 To maintain playback compatibility with conventional CD-ROM, it is necessary to record predetermined information in the lead-in and lead-out areas.

【0076】本発明においては、少なくともPCA領域の始端Bからリードアウト領域の終端Dまでの領域(図4(b)で斜線の領域)は、同一の相変化媒体で被覆されている。 [0076] In the present invention, the region from the beginning B of at least PCA area to the end D of the lead-out area (hatched area in FIG. 4 (b)) is coated with the same phase change media. より具体的には、図3(a)で説明した層構成を有している。 More specifically, it has a layer configuration described in FIG. 3 (a). 従って、この光学的情報記録媒体は、 Accordingly, the optical information recording medium,
相変化型媒体で覆われた領域であって6層を有し読み出し可能な再生専用領域と、相変化型媒体で覆われた領域であってその6層と同一の層構造を有し情報の書き換え可能な書き換え領域とをそなえてなり、また、この書き換え領域は、図1(a)のごとくレーザ光を誘導すべく設けられた蛇行した案内溝50が設けられている。 A phase change type having a six-layer covered an area in medium readable read only area, the phase-change a region covered with the medium having the same layer structure and the six layers of information It is equipped with a rewritable rewritable region, the rewrite area, the guide groove 50 that meanders provided in order to induce as laser beam shown in FIG. 1 (a) is provided.

【0077】プログラム領域において部分的なROM機能を実現する領域は、2種類あって、一つは、予め基板110fに形成された凹部49によるプレピット列(予め先に形成されたピットの列)を用いてデータを記録し、基板110fの上に記録層110eを設けた領域(マスターROM領域)である。 [0077] region to achieve a partial ROM function in the program area, two there, the one, pre-pits rows by recesses 49 formed in advance substrate 110f (column pre previously formed pits) using recorded data, a region in which a recording layer 110e on a substrate 110f (master ROM area). 他方は、記録層110 On the other hand, the recording layer 110
d中のマークとしてデータを記録した後、記録ドライブ装置がその一部の領域に再び書き込みすることを禁止された領域(ポストROM領域)である。 After recording the data as a mark in the d, a recording drive apparatus is prohibited to re-write to that part of the region area (post ROM area).

【0078】書き換え領域のみが存在して、ROM領域としてポストROM領域のみが存在する場合には、PC [0078] only rewriting area exists, if only the post ROM area is present as a ROM area, PC
A領域の始端Bからからリードアウト領域の終端Dにかけてプレピットは存在せず、案内溝50のみが存在する。 Prepit toward end D of start B Karakara lead-out area of ​​the A region is not present, only the guide groove 50 is present. 一方、マスターROMデータによるマスターROM On the other hand, the master ROM by the master ROM data
領域を有する場合には、ピット列52と案内溝50とが存在するが、この場合、図1(b)のごとくピット列5 If it has a region is a guide groove 50 and the pit rows 52 are present, in this case, a pit row 5 as shown in FIG. 1 (b)
2の実際の中心線50bが案内溝50と同程度の振幅の蛇行を有するように、広義の案内溝が連続的に構成されることが望ましい。 As actual center line 50b of the two has a meandering amplitude substantially equal to that of the guide groove 50, it is desirable that the broad guide groove is continuously configured.

【0079】いずれにせよ、PCA領域の始端Bからリードアウト領域の終端Dにかけて、広義の案内溝にそってアドレス情報を付与するために、案内溝により絶対時間で表されたアドレス情報及び同期信号が与えられている(ATIP情報,absolute time in [0079] In any case, the period from the beginning B of the PCA area to the end D of the lead-out area, along the broad sense of the guide groove in order to impart address information, the address information represented by the absolute time by the guide grooves and a synchronization signal It is given (ATIP information, absolute time in
pregroove)ことが望ましい。 pregroove) it is desirable. 絶対時間アドレスは、1/75秒を最小単位(フレーム)とし、分、 Absolute time address, the 1/75-second minimum unit (frame), minutes,
秒、フレーム単位で表記される。 S are expressed in units of frames. 図4(a)においてプログラム領域の始点AにおいてATIPは0分0秒0フレーム(以後00:00:00のように記載)から始まり、最大79:59:74フレームまで続く。 ATIP starts at 0 minutes 0 seconds 0 frame (described as hereinafter 00:00:00) at the starting point A of the program area in FIG. 4 (a), the subsequent up 79:59:74 frames. データ容量に応じて、プログラム領域の最大ATIPアドレスは変化しうる。 Depending on the data volume, the maximum ATIP address of the program area can vary. さて、プログラム領域は図4(a)のC点において、リードアウト領域に移行する。 Now, the program area in point C in FIG. 4 (a), the process proceeds to the lead-out area. リードアウト領域のATIPアドレスは、プログラム領域の最終AT ATIP address of the lead-out area, the final AT of the program area
IPアドレスを引き継いで連続して増加する。 It takes over the IP address increases continuously. 通常、リードアウト領域の長さは1−2分程度である。 Normally, the length of the lead-out area is about 1-2 minutes. 一方、P On the other hand, P
CA,PMA,リードイン領域は、図4(a)のB点からA点にかけて配置される。 CA, PMA, the lead-in area is disposed toward point A from point B in FIG. 4 (a). そのATIPアドレスはA点で00:00:00としてリセットされたのち、A点からB点(PCAの最初のアドレス)に向かって、99: After that ATIP address being reset as 00:00:00 at the point A toward the point B from point A (the first address of the PCA), 99:
59:74から順次減少していく。 Successively reduced from 59:74. PCA,PMA,リードインにおけるATIPアドレスは80あるいは90 PCA, PMA, ATIP address is 80 or 90 in the lead-in
分台しか使用できないことになっている。 It is supposed to be only a minute stand can not be used.

【0080】本発明では、CDフォーマットにおいて、 [0080] In the present invention, in CD format,
ATIPフレーム、EFMフレーム、約2kバイトのブロック単位のデータという3階層のうち少なくとも1つの階層で、書き換え可能か又は再生専用かの属性が規定されているのが好ましい。 ATIP frame, EFM frames, at least one hierarchy of the three hierarchies data of the block unit of about 2k bytes, preferably rewritable or read only one of the attributes are defined. これは、CD−ROMシステムにおいてデータを操作できる最小の単位に関連しており、下位のレベルでのデータ属性の定義が可能となるからである。 This is related to the minimum unit that can manipulate data in the CD-ROM system, because it is possible to define the data attributes at a lower level.

【0081】また、上記書き換え可能との属性は、さらに書き換え不可能(一回だけあるいは初回のみ書き換え可能)か否かの属性と、繰り返し書き換えが否かの属性とを有するのが好ましい。 [0081] Also, attributes of the rewritable further a rewritable (once only or first time only programmable) whether the attributes, preferably repeatedly rewritten and a whether attributes. 即ち、最も好ましい態様においては、上記3階層のうち少なくとも1つの階層で、書き込み禁止(再生専用)、一回だけ(初回だけ)記録可能(記録後はポストROM領域として機能)、書き換え可能(繰り返し書き換え可能)の少なくとも3種類の属性を付与する。 That is, a most preferred embodiment, at least one hierarchy among the three layers, write inhibit (read only), only once (first time only) recordable (after recording functions as a post ROM area), rewritable (repeat the grant at least three attributes of rewritable).

【0082】ここで、書き込み禁止(再生専用)属性は、マスターROMやポストROMデータへの上書きを禁止し、再生専用データとして扱うことを宣言するものである。 [0082] In this case, write-protected (read-only) attribute prohibits overwriting the master ROM and post ROM data, it is intended to declare be treated as read-only data. 一回だけ書き換え可能な属性は、該属性を与えられたアドレスには、後述のフォーマッティング時の記録は別として、一回だけユーザーデータ記録が行なえるようになり、擬似的なCD−Rディスクを実現するもので、CD−RWディスクにおけるデータ改竄を防止するのに有効である。 Only rewritable attributes once, the address given the attribute, apart from recording the time of formatting described later, once becomes the user data recording is performed so, a pseudo CD-R disc realizes, it is effective to prevent data tampering in the CD-RW disc.

【0083】また、属性の種類はこれら3種類に限定されるものではなく、用途によっては条件付再生可能や、 [0083] The type of the attribute is not intended to be limited to three, renewable and conditional for some applications,
条件付書き換え可能といった設定も可能である。 Settings such as conditional rewritable is also possible. ここで、条件付再生可能とは、例えば、あらかじめ決められた暗号等を入力しない限り、再生できないようなデータである。 Here, renewable The conditional, for example, unless you enter a predetermined encryption etc., it is data that can not be reproduced. 同様に条件付書き換え可能とは、例えばあらかじめ決められた暗号を入力しない限り、記録ができないことである。 Similarly rewritable The conditional example unless you enter a predetermined code, it is the inability to record.

【0084】さて、CD−RWでは少なくともアドレスデータの付加方法として3つの階層がある。 [0084] Now, there are three hierarchical as an additional method of at least address data in CD-RW. これは、C This is, C
Dフォーマットにおいてデータのひとまとまりを規定する基本データ単位と関連している。 It is associated with the basic data unit that defines a human group of data in the D format. つまり、データの基本単位ごとにアドレスが付加されるから、データ属性情報もまた、アドレスデータの基本単位ごとに付加されるのが自然であり、アドレス情報データビットの冗長度を利用するのが好ましい。 That is, since the address for each basic unit of data is added, the data attribute information is also a natural to be added for each basic unit of the address data, it is preferable to utilize the redundancy of the address information data bits . さて、アドレス付与の階層としては (1)蛇行(ウォブル)によるATIPフレーム (2)EFM信号において、ユーザーデータに付加されたサブコード(98EFMフレーム毎) (3)CD−ROMフォーマットにおける約2kB長のブロックのヘッダー の3階層があげられる。 Now, as a hierarchy of addressing the ATIP frame (2) EFM signal by (1) wobbled, subcode (98 EFM per frame) that is added to the user data (3) from about 2kB length in CD-ROM format 3 hierarchy of the block header and the like. いずれも、ATIPの最小単位である、1フレーム1/75秒に対応しており、基本的にディスクに物理的に固定されたアドレスであるATI Both the minimum unit of ATIP, corresponds to 1 frame 1/75 second, which is essentially physically fixed address on the disc ATI
Pアドレスに同期しており、ATIPと同じ分、秒、フレーム単位で記載される。 P address are synchronized to the same frequency as the ATIP, seconds, are described in units of frames. ユーザーデータからみると、 When viewed from the user data,
まず、CD−ROMフォーマットのブロック単位(23 First of all, CD-ROM format of block units (23
52バイト)に区切られ、それがEFM変調される過程でサブコードアドレスが付加され、該アドレスとATI Is divided into 52 bytes), it subcode address is added in the course of the EFM-modulated, the address and ATI
Pアドレスとが位置的に対応するように、所定ATIP As the P address positionally corresponding, predetermined ATIP
アドレスにEFM信号が記録されるのである。 Is the EFM signal is recorded in the address.

【0085】以下に、まず、前述のウォブルのATIP [0085] In the following, first, ATIP of the above-mentioned wobble
信号、EFM信号のサブコード、CD−ROMフォーマットのブロック構造3つの階層でのデータ属性付与方法を、それぞれ(A1),(A2),(A3)にて具体的に述べる。 Signal, subcode of the EFM signal, the data attribute assignment method in a block structure three layers of CD-ROM format, respectively (A1), (A2), specifically described in (A3). 以下の説明ではCD及びCD−RWについてのフォーマット及び用語を用いる。 In the following description using the format and terms for CD and CD-RW. (A1)ウォブルによるATIPフレームを用いた方法 この方法は、最も下位階層にて付与される方法であって、基板にあらかじめ形成される形状によって、再生専用領域あるいは、一度だけ書き換え可能な領域を規定することであり、具体的にはウォブルに記載されたATI (A1) Method This method using ATIP frame by wobble lowest to a method of hierarchical imparted by, defined by the shape of pre-formed on the substrate, the reproduction only area or a rewritable area once it is and that, specifically described wobble ATI
P情報を利用するものである。 It is to use the P information.

【0086】ATIP情報はアドレスの最小単位(フレーム)が1/75秒であり、また、溝蛇行の空間周波数が22.05kHzであるから、1フレームには294 [0086] ATIP information is a minimum unit of address (frame) is 1/75 second, also because the spatial frequency of the wobbling groove is 22.05 kHz, the frame 294
周期の蛇行が含まれる。 It includes the meandering of the period. また、1フレームには42ビットの情報が含まれるので、7周期ごとに1ビットが対応する。 Further, since one frame includes the 42-bit information, 1 bit corresponds to each seven cycles. つまり、データが0であるか1であるかに従って、7周期ごとに±1kHzの周波数変調(FM変調) That is, according to whether the data is 1 or a 0, ± 1 kHz frequency modulation every seven cycles (FM modulation)
を行なう。 It is carried out. ATIP情報42ビットには絶対時間情報及びそれに付随する誤り訂正情報とともに、該データを復号するための同期ビットも含まれる。 The ATIP information 42 bits with error correction information accompanying information absolute time and it also includes synchronization bits for decoding the data.

【0087】図5は、ATIPのデータ構造を示す図である。 [0087] Figure 5 is a diagram showing the data structure of the ATIP. この図5に示す3種類のバイト22a,22b, Three bytes 22a shown in FIG. 5, 22b,
22cは、それぞれ、FM変調されたウォブルをデコードして得られたものである。 22c, respectively, is obtained by decoding the wobble is FM-modulated. そして、バイト22aは、 Then, byte 22a is,
分の情報を表し、バイト22bは、秒の情報を表し、また、バイト22cは、フレームの情報を表すものである。 Represents minute information, byte 22b represents the information in seconds, also the byte 22c is representative of the information frame. さらに、分、秒、フレーム(1/75秒)の各単位は、2桁のBCD(Binary Coded Dec Furthermore, minute, each unit of the second and frame (1/75 second), a two-digit BCD (Binary Coded Dec
imal)で表されているので、ATIP情報は、各桁4ビットの合計8ビット(1バイト)で表現されるようになっている。 Because they are expressed in imal), ATIP information is made to be expressed by a total of 8 bits of each digit 4 bits (1 byte). そして、各バイト22a,22b,22 Each byte 22a, 22b, 22
cの最上位桁ビットである(M1,S1,F1)がそれぞれ、利用されるのである。 The most significant digit bit of c (M1, S1, F1), respectively, is being utilized.

【0088】以下、これらの(M1,S1,F1)が利用される態様について説明する。 [0088] Hereinafter, these (M1, S1, F1) will be described embodiments utilized. コンパクトディスクの規定としてプログラム領域におけるATIP情報の値は00分00秒00フレームから、最大でも79分59秒74フレームまでと規定されているので、本来プログラム領域では、BCDで80分もしくは90分台に相当するデータは現れない。 The value of ATIP information in the program area as prescribed compact disks from 00 minutes 00 seconds 00 frames, since it is also defined as up to 74 frames 79 minutes 59 seconds at the maximum, the original program area, 80 minutes or 90 minutes stand in BCD corresponding to the data does not appear. つまり、図5において、各単位のMSB(MostSignificant Bit,最上位桁ビット)であるM1,S1,F1のいずれかのビットに“1”がたつことはない。 That is, in FIG. 5, for each unit MSB (MostSignificant Bit, the most significant digit bits) to one of the bits of M1, S1, F1 is "1" will not be standing. CD−RWディスクのリードイン領域ではあえて、S1乃至はF1に“1”がたつ場合には下位ビットを利用して、ディスクの記録条件等の特別情報が記載されるようになっている。 CD-RW dare in the lead-in area of ​​the disc, S1 or utilizes the lower bits when the stand is "1" to F1, so that the special information such as recording conditions of the disk is described.

【0089】特に、分単位のMSBであるM1ビットに“1”がたつと、80もしくは90分以上のデータで、 [0089] In particular, the M1 bit is in minutes MSB and "1" passes, at 80 or 90 minutes or more data,
リードイン、PCA,PMAもしくはリードアウト領域と間違われるが、近年はプログラム領域を79分59秒74フレームぎりぎりまで割り当て、80分以上をリードアウトに割り当てることが多いので、リードアウト領域のATIPアドレスをデータ領域のATIPアドレスと特に区別しないようになっている。 Lead-in, PCA, but mistaken for PMA or lead-out area, in recent years assignment program area until 79 minutes 59 seconds 74 frames barely, since often assign more than 80 minutes to read out, the ATIP address of the lead-out area ATIP address of the data area to be particularly so as not to be distinguished. 一方、80分以上のアドレスはPCA,PMA,およびリードイン領域に割り当てられるとされていた。 On the other hand, more than 80 minutes of address has been considered allocated PCA, PMA, and the lead-in area. つまり、M1=1となった場合のみは、プログラム領域およびリードアウト領域以外のアドレスと判別することが可能である。 In other words, only when a M1 = 1, it is possible to determine an address other than the program area and the lead-out area. また、リードイン領域に記載されるファイル管理情報の一部に、 In addition, as part of the file management information that is described in the lead-in area,
リードアウトの開始アドレスが絶対時間で記載されるから、この情報に基づき、プログラム領域とリードアウト領域とを識別できる。 Since the start address of the lead-out is described in the absolute time, on the basis of this information we can identify a program area and a lead-out area.

【0090】一方、プログラム領域は明らかに(M1, [0090] On the other hand, the program area is clearly (M1,
S1,F1)=(0,0,0)しかありえない。 S1, F1) = (0,0,0) not only impossible. なぜなら、秒単位では59秒までであるから、BCDの十の桁で8,9に相当する、1000、1001は現れないし、フレーム単位では74フレームまでであるから、やはり十の桁のBCDで8,9に相当する1000,10 Because, since in seconds up to 59 seconds, corresponding to 8,9 at ten digit BCD, to 1000 and 1001 does not appear, since the frame is up to 74 frames, by again ten digit BCD 8 ,. 1000, which corresponds to 9
01は現れないからである。 01 is because not appear. 狭義には(M1,S1,F In a narrow sense (M1, S1, F
1)=(0,0,0)の場合に限って、プログラム領域とみなすということもできる。 1) = if and only if (0,0,0), it may be referred to regarded as a program area.

【0091】このように、プログラム領域においてM [0091] M in this way, in the program area
1,S1,F1ビットの組み合わせ(M1,S1,F 1, S1, the combination of F1 bits (M1, S1, F
1)=(0,0,1)、(0,1,0)、(0,1, 1) = (0, 0, 1), (0, 1, 0), (0, 1,
1)を該当するATIPフレームの属性情報として利用し、かつ、下位のビットで該ATIPフレームの絶対時間を記載することが可能になるのである。 1) was used as the attribute information of the corresponding ATIP frame, and it become possible at lower bit describes the absolute time of the ATIP frame. 従来(M1, Conventional (M1,
S1,F1)=(0,0,1)、(0,1,0)、 S1, F1) = (0,0,1), (0,1,0),
(0,1,1)の組み合わせはリードイン領域にのみ存在する特別情報に割り当てられていた。 The combination of (0,1,1) is assigned to the special information that exist only in the lead-in area. つまり、絶対時間としてM1=1しかとりえないリードイン領域にM1 In other words, the absolute time as M1 = lead-in area only incapable of 1 M1
=0で始まるATIP情報があれば、残りのビットには絶対時間ではなく、特別情報(推奨記録条件等)が記載されていると解釈されるのである。 If there is = ATIP information starts with 0, the remaining bits rather than absolute time is the specials (recommended recording conditions, etc.) can be interpreted as described.

【0092】本発明では、プログラム領域では従来、未定義であった、特殊な(M1,S1,F1)の組み合わせを、ATIPフレームの属性情報に割り当てることを提案するものであり、従来機種との互換性を大きく損ねることなく実装可能な手法として優れている。 [0092] In the present invention, the program area traditionally been undefined, a combination of special (M1, S1, F1), is intended to propose to assign to the attribute information of the ATIP frame, the conventional model It is excellent as an implementation possible approach without impairing the compatibility largely. まず、M First, M
1=0及びリードイン領域に記載されるリードアウト開始時間情報によってプログラム領域であることを判別し、MSB=(M1,S1,F1)=(0,0,0)なら、そのATIPフレームに対応するデータは、従来どおりの書き換え可能データと判別する。 Determines that a program area by the read-out start time information described in 1 = 0 and the lead-in area, MSB = if (M1, S1, F1) = (0,0,0), corresponding to the ATIP frame data determines the conventionally rewritable data. (0,0, (0, 0,
1)、(0,1,0)、(0,1,1)ならば、該AT 1), (0, 1, 0), if (0,1,1), the AT
IPフレームの属性を定義することができる。 It is possible to define the attributes of the IP frame. なお、M In addition, M
SBのM1,S1、F1の如何にかかわらず、BCDの十の桁の下位3ビットおよび一の桁の4ビットから、0 SB of M1, S1, regardless of the F1, the ten low-order 3 bits and one 4-bit digit digit BCD, 0
0:00:00から79:59:74までの任意のAT Any of the AT from 0:00:00 to 79:59:74
IPアドレスを表現できるから、アドレス付与になんら支障はない。 Since the IP address can be expressed, not any hindrance to the address given.

【0093】本発明では(M1,S1,F1)=(0, [0093] In the present invention (M1, S1, F1) = (0,
0,1)、(0,1,0)、(0,1,1)のいずれに対応させるかは別として、プレピットによる書き込み禁止(再生専用)、一回(初回)だけ記録可能(記録後はポストROM領域として機能)、書き換え可能(繰り返し書き換え可能)の少なくとも3種類の属性を割り当てる。 0,1), (0,1,0), (apart from one on whether to corresponding 0,1,1), pre-pits by write inhibit (read only), once only (first time) recordable (after recording functions as a post ROM area), assigning at least three attributes of rewritable (repeatedly rewritable).

【0094】なお、プレピットに上記ATIP情報を付加するには、図1(b)のように、プレピット列52の中心線50bを書き換え可能領域とほぼ同じ振幅で蛇行させればよい。 [0094] Incidentally, in order to add the ATIP information. Prepit, as in FIG. 1 (b), it is sufficient to meander approximately the same amplitude as the rewritable area centerline 50b of pre-pits rows 52. プレピットのプッシュプル信号から、溝蛇行によるウォブル信号と全く同様に容易にウォブル信号およびATIP情報を再生でき、特別な回路を必要としない。 From the push-pull signal of the prepit, can play just as easily wobble signal and ATIP information and a wobble signal by wobbling groove, it does not require special circuitry.

【0095】図6は、ATIPを利用したファイル書き込みのフローチャートである。 [0095] Figure 6 is a flow chart of a file write utilizing ATIP. まず、光ヘッドが所定アドレスへ移動され(ステップA1)、ATIPのデコードが行なわれる(ステップA2)。 First, the optical head is moved to a predetermined address (step A1), the decoding of the ATIP is performed (step A2). そして、ステップA Then, step A
3において、特定アドレスに到達したか否かが判定され、特定アドレスに到達していない場合は、Noルートが取られ、ステップA1からの処理が繰り返される。 In 3, it is determined whether the host vehicle has reached the specified address, if not reached the specified address, No route is taken, the processing from step A1 is repeated. 一方、特定アドレスに到達した場合には、Yesルートが取られ、ステップA5において、(M1,S1,F1) On the other hand, when it reaches the specified address, Yes route is taken, in step A5, (M1, S1, F1)
の判定が行なわれる。 Is a determination is made.

【0096】さらに、ステップA5において、(M1, [0096] Furthermore, in step A5, (M1,
S1,F1)によるATIPフレームの属性判定が行なわれる。 S1, attribute determination of the ATIP frame by F1) is performed. ここで、この属性が、書き込み禁止の場合は、 In this case, the attribute is, in the case of write-protected,
書き込み禁止ルートが取られ、ステップA6において、 Write inhibit route is taken, in step A6,
再生専用属性と判定され、ステップA7において、エラーメッセージが送出され、ステップA8において、他のアドレスに光ヘッドが移動し、ステップA1からの処理が繰り返される。 It is determined that the reproduction-only attribute, in step A7, an error message is sent, in step A8, the optical head moves to another address, the process from the step A1 is repeated.

【0097】また、ステップA5において、書き換え可能の場合は、書き換え可能ルートが取られ、ステップA [0097] Further, in step A5, if the rewritable, the rewritable route is taken, step A
9において、書き換え可能属性と判定され、ステップA In 9, it is determined that a rewritable attribute, Step A
10において、書き込みが開始されて、ステップA11 In 10, the write is started, step A11
において、書き込みルーチンは終了する。 In, writing routine is terminated. なお、上記の図6のフローチャートにおいては、エラーメッセージを送出するステップA7の後に、光ヘッドが他のアドレスに移動するステップA9が設けられたが、エラーメッセージを送出したステップA7にて終了させることもできる。 In the flow chart of FIG. 6, after the step A7 sending an error message, but the step A9 in which the optical head is moved to another address is provided, to terminate at step A7 that sent an error message It can also be.

【0098】このように、ATIP信号に、書き込み禁止属性が記録されているので、記録ドライブ装置は所定アドレスにアクセスする際に、常にATIPアドレスをデコードし、記録ドライブ装置は、上記のMSBの組み合わせを検出すると、直ちに、記録用レーザ光のパワーを止める等の処置をし、異常処理のルーティンに移行できる。 [0098] Thus, the ATIP signal, the write inhibitive attribute is recorded, when the recording drive apparatus accesses a predetermined address, always decodes the ATIP address, recording drive device, combinations of the above MSB Upon detection of the immediately to treatment such stopping power of the recording laser beam, it proceeds to routine abnormality processing. さらに、記録ドライブ装置は、書き込み禁止属性のROM領域にアクセスしたときは、その書き込み時に、エラーメッセージが発せられるので、たとえ、記録ドライブ装置が誤って、その禁止領域のアドレスを指定したとしても、誤記によるROMデータの破壊が防止される。 Furthermore, the recording drive apparatus, when accessing the ROM area of ​​the write inhibitive attribute is during the writing, since an error message is issued, for example, incorrectly recording drive device, even if the address of the prohibited area, destruction of the ROM data by mistake can be prevented.

【0099】プログラム領域におけるATIPフレームの属性が上記のように規定したいずれの属性であろうとも、対応するEFM信号には、従来どおりの絶対時間情報をサブコードで記録することとすれば、EFM信号再生系には上記変則的なM1ビットの使用方法は反映されない。 [0099] Even attributes of the ATIP frames in the program area would be any of the attributes defined as above, to the corresponding EFM signal, if recording the absolute time information in a conventional manner in the sub-code, EFM the signal reproducing system using the above irregular M1 bit is not reflected. つまり、プログラム領域のM1=0とし、絶対時間情報のみに従ってBCDデータを生成し、それをEF That, and M1 = 0 in the program area, and generates a BCD data only in accordance with the absolute time information, it EF
M信号のサブコードに含まれる絶対時間情報とする。 The absolute time information included in the subcode of the M signals.

【0100】こうすれば、通常CD−ROMドライブを始めとする再生システム側は、EFM信号で記録されたサブコードからしかアドレス情報を取得しないから、再生システムからは、上記の変則的なATIP情報の割り当ての影響はうけない。 If [0100] this, the reproducing system side, including ordinary CD-ROM drive, since only acquires address information from the subcode recorded in EFM signal, from the playback system, the above irregular ATIP information impact of the assignment is not received. また、既存のCD−ROMドライブでの再生に影響を与えない。 Also, it does not affect the play on existing CD-ROM drive. 記録システム側にのみ、ファームウエア(ドライブ制御用の内部プログラム)上の変更が必要であるが、このような変更は、記録装置側のデバイスドライバのバージョンアップとして、 The recording system side only, it is necessary to change the firmware (internal program for drive control), as the version-up of such a change, the recording device-side device driver,
プログラムを書き換えるだけで済み、記録用ドライブのハードウエアの変更は必要ないので好ましい。 Only have to change the program, since the hardware change is not required for recording drive preferable.

【0101】このようにして、相変化型媒体を利用したP−ROMディスクにおいて、混載されたROM領域とRAM領域とを、(M1,S1,F1)のビットの値を利用することによって、論理的にシームレスなファイル管理を行なえる。 [0102] Thus, in P-ROM disc using a phase-change medium, and mixed by a ROM area and a RAM area, by utilizing the value of the bit of (M1, S1, F1), the logic perform seamless file management in manner. また、このようにして、同一の再生回路を用いてアクセスできるので、効率的に、データ配布機能とユーザーデータの記録機能とを実現できるようになり、CD−RWディスクの利用が促進されるのである。 Moreover, in this way, it can be accessed using the same reproduction circuit, efficient, able to realize a data distribution function and the user data recording function, the use of CD-RW disc is accelerated is there.

【0102】ATIPによって書き込み禁止(再生専用)属性を付加したプレピット列によりマスターROM [0102] write-protected by the ATIP (read-only) attribute master by the pre-pits row by adding a ROM
領域が作成でき、確実に書き込み禁止処置がとれる。 Area can be created, it can be taken reliably write-protected treatment. 一方、未記録の書き換え可能領域の一部に、ATIPでは書き込み禁止(再生専用)属性を与えておき、工場もしくはソフト作成者においてのみ、該書き込み禁止処理を無視できる特殊記録ドライブ装置によって、データの記録、編集を行なうものとすれば、一般ユーザーの記録ドライブ装置では、ROMデータとして機能するポストR On the other hand, a part of the unrecorded rewritable area of ​​the write in ATIP prohibition keep giving (read only) attributes, only in a factory or soft author, by special recording drive apparatus negligible the writing prohibition process, the data recording, if those edits, in the recording drive devices generally users, posts R functioning as ROM data
OM領域を作成できる。 You can create the OM area. そして、残りの書き換え可能領域にのみ書き換え可能属性を与えて、ユーザー側でRA Then, given a rewritable attribute only the remaining rewritable region, RA in the user side
M領域として利用可能としておく。 Keep available as M area.

【0103】ATIPによる属性付与は基板にあらかじめ形成された、広義の溝蛇行に付与されるので、属性自体の書き換えが不可能であり、最も信頼性の高いROM [0103] attribute assignment by ATIP is preformed on the substrate, because it is applied in a broad sense of the wobbling groove, it is impossible to rewrite the attribute itself, most reliable ROM
データの改竄防止方法となる。 A tamper-proof method of data. このようにして、マスターROM,ポストROM及びRAMの3種のデータ領域を同一のディスク上に混載できる。 In this way, mixed master ROM, three kinds of the data area of ​​the post-ROM and RAM on the same disk.

【0104】さらに、このようにして、ATIPにより、一回(初回)だけ記録可能属性を与えられた書き換え可能領域は、ユーザー側において、擬似的なライトワンス媒体として使用でき、ユーザー側でマスターROM [0104] Furthermore, in this way, the ATIP, the rewritable area given the recordable attributes only once (first time), at the user side can be used as a pseudo write-once media, the master ROM in the user side
領域を作成できる。 Able to create a region. (A2)EFM変調された信号においてユーザーデータに付加されたサブコード(98EFMフレーム毎)を利用する方法 図7は、98個のフレーム(セクタ)を並べたブロックを示す図である。 (A2) a method Figure 7 utilizing EFM modulated signal sub-code that is added to the user data in (98 EFM per frame) is a diagram showing a block formed by arranging 98 pieces of frames (sectors). この図7に示すブロック23は、ブロックの先頭を示す同期信号(12バイト)と、アドレス等の書き込み可/不可情報を含むヘッダー(4バイト) Block 23 shown in FIG. 7, a header containing a synchronization signal indicating the beginning of a block (12 bytes), the write enable / disable information such as an address (4 bytes)
とを有する。 With the door. さらに、記録ドライブ装置は、ユーザーデータにエラー訂正用の付加データ(288バイト)を元のデータに加え、そして、これらのデータにスクランブルをかけた後、24バイト×98行に分割し、各行毎にエラー訂正用のパリティービット、サブコード等を付加して、EFM変調を行なうようになっている。 Furthermore, the recording drive apparatus, in addition additional data for error correction of (288 bytes) to the original data to the user data, and, after scrambled on these data, is divided into 24 bytes × 98 rows, each row each It adds parity bits for error correction, the subcode or the like, thereby performing the EFM modulation. この各行をEFMフレームと称する。 This row is referred to as an EFM frame.

【0105】ATIPの最小単位であるフレーム単位(1/75秒長)には、レッドブックで規定されるオーディオフォーマット(CD−DA)では2352バイト長のユーザーデータが含まれる。 [0105] The minimum unit is a frame-by-frame basis of the ATIP (1/75 seconds in length), it contains the user data of audio format (CD-DA) In 2352 bytes in length, which is defined in the Red Book. 2352バイト長からなるユーザーデータは、メインチャネルと称され、一行24バイト×98行のマトリックスに分割される。 User data consisting of 2352 bytes long, referred to as the main channel, is divided into row 24 bytes × 98 rows of the matrix. 各行が12バイトごとに分割させたとき、ステレオ音楽データの左右のチャネルに相当するデータとなる。 When each line was divided into 12 bytes, the data corresponding to the left and right channels of stereo musical data. 各行にエラー訂正用の付加ビットがさらに添付されたのち、サブコードと呼ばれる8ビットのデータが付加される。 After the additional bits for error correction is further attached to each row, 8-bit data called sub-code is added. つまり、8ビット×98個の付加データによって、2352 That is, the 8-bit × 98 pieces of additional data, 2352
バイト単位のブロックにアドレスや、データ属性情報が付加される。 And address block in bytes, the data attribute information is added. 上記のブロックのヘッダー情報とは下位のレベルのICレベルでデータ処理されるので、CD−R Since the data processing in the lower level of the IC level and header information of the block, CD-R
OMドライブに限らず、音楽用CDドライブでも認識可能なデータ属性を付与できる。 Not limited to OM drive, a recognizable data attributes can be granted even in music for the CD drive.

【0106】サブコードの8ビットを1行として、98 [0106] as a single line of 8-bit sub-code, 98
行のマトリックスが形成されるが、各列ごとを一まとまりとした98ビット(12バイト)のデータ列をチャネルといい、P,Q,R,S,T,U,V,Wチャネルと名づけられている。 While rows of the matrix are formed, referred to as a channel data sequence of 98 bits of each column was a collection (12 bytes), named P, Q, R, S, T, U, V, and W channels ing. 特に、その一つをQチャネルといい、アドレス情報は該Qチャネルの98ビットに記載される。 In particular, refer to the one and Q channel, the address information is described in 98 bits of the Q channel.

【0107】サブコードには8×98ビットが含まれるから、未使用のビットも多く、該未使用ビットを使用して新たなデータ属性を付加することができる。 [0107] Because includes 8 × 98 bits are sub-code, many unused bits can be added to new data attributes using the unused bits. 以下Qチャネルを利用してこの制御用ビットを使用する例を説明する。 Using the following Q channel will be described an example of using this control bit. 図8はQチャネルのデータ構造を示す図である。 Figure 8 is a diagram showing the data structure of the Q channel.
この図8に示すQチャネルのデータ24は、同期用ビット(S0,S1)と、制御用ビット(CONTROL) Data 24 for Q channel shown in Figure 8, a synchronization bit (S0, S1), the control bit (CONTROL)
と、その他のデータビットとを有する。 When, and a other data bits. また、制御用ビット(CONTROL)は、書き込み属性を表すものであって、上位ビットから(SC3,SC2,SC1,S The control bit (CONTROL) is a representative of a write attribute, from the most significant bit (SC3, SC2, SC1, S
C0)を有する。 Having a C0).

【0108】より具体的には、図8に示すサブコードQ More specifically [0108], the sub-code Q shown in FIG. 8
チャネルのCONTROLフィールドの4ビット(SC 4-bit CONTROL field channel (SC
3,SC2,SC1,SC0)を以下のように用いる。 3, SC2, SC1, SC0) is used as follows.
すなわち、CONTROLビットの4ビットは特開平1 That is, 4-bit CONTROL bits Hei 1
1−250522号公報に記載された内容によると、レッドブック/イエローブックでは、表1のように指定されている。 According to the contents described in 1-250522 discloses, in Red Book / Yellow Book, it is specified as shown in Table 1. ここで×は0、1いずれであっても良い。 Here × may be either 0 or 1. また、項目番号1から6にかかわる規定は、すでに現行規格で利用されている。 In addition, the provisions relating from item number 1 to 6, has already been used in the current standard.

【0109】 [0109]

【表1】 [Table 1] ここで、項目番号1,2は、それぞれ、オーディオ信号の属性にかかわるものである。 Here, item numbers 1 and 2, respectively, are those relating to the attributes of the audio signal. さらに、項目番号5及び6からわかるように、データの他の属性にかかわらず、 Moreover, as can be seen from the item number 5 and 6, regardless of the other attributes of the data,
SC1ビットはデジタルコピーの禁止/許可の指定に割り当てられているので、これを使用することはできない。 Since SC1 bit is assigned to the specified inhibition / permission of digital copy, it is impossible to use it.

【0110】結局、現状では、項目7,8,9,10にあるようなSC3=1のときに限って、SC2乃至はS [0110] After all, at present, only at the time of the SC3 = 1 as in item 7,8,9,10, SC2 or the S
C0が0もしくは1である場合が、予備(未定義)となっているので、この組み合わせを利用してデータトラックの書き込み禁止(再生専用)属性を定義する。 If C0 is 0 or 1, since a preliminary (undefined), defines the write inhibit (read only) attributes of the data track by using this combination. つまり、この方法ではSC3=1のときは、CD−ROMフォーマットのデータトラックとみなされ、その場合に対してのみ、SC2及びSC0の組み合わせによって書き込み禁止(再生専用)属性を定義できる。 That is, when the SC3 = 1 in this way is considered a data track of the CD-ROM format, only the case, it can be defined write inhibit (read only) attribute by a combination of SC2 and SC0.

【0111】そこで、SC3=1である場合に、(SC [0111] Therefore, in the case of SC3 = 1, (SC
2,SC0)の可能な組み合わせ(0,0)、(0, 2, SC0) of possible combinations (0, 0), (0,
1)、(1,0)、(1,1)を、書き込み禁止(再生専用)、一回(初回)だけ記録可能(記録後はポストR 1), (1,0), and (1,1), write-protected (read-only), once (first time) only recordable (after recording the post-R
OM領域として機能)、書き換え可能(繰り返し書き換え可能)の少なくとも3種類の属性を割り当てるようにするのである。 Functions as OM region), is to be assigned at least three types of attributes of rewritable (repeatedly rewritable). また、どの属性をいずれの(SC2,S In addition, any attribute any of the (SC2, S
C0)に対応させるかは、自由に選択できる。 Or to correspond to C0) can be selected freely. さらに、 further,
(0,0)、(0,1)、(1,0)、(1,1)のうち3種類の属性を割り当てて残りの一つについては、例えば条件付再生、書き込み可の属性を付与することができる。 (0,0), (0,1), (1,0), applying a three for one remaining by assigning attributes, for example, conditional playback attribute of writable of (1,1) can do.

【0112】サブコードについては、この他のチャネルも含め、すべての未使用なビットアサインが新規なデータ属性の割り当ての対象となりうるが、チャネルRからWは、最大64通りのアプリケーションの規定(CD− [0112] For sub-codes, including the other channel, although all the unused bit assignment may be subject to allocation of new data attributes, W from the channel R, the provisions of maximum 64 different applications (CD -
GやCD−TEXTなど)に利用されているので、好ましくは(A1)で示したATIPもしくは、(A3)で示す、CD−ROMフォーマットに限定したブロック属性を利用する方法が好ましい。 Because it is utilized in the G and CD-TEXT, etc.), preferably a method utilizing the ATIP or block attributes limiting illustrated, CD-ROM format in (A3) shown in (A1) preferably.

【0113】図9は、EFM変調信号を利用したファイル書き込みのフローチャートである。 [0113] Figure 9 is a flow chart of a file write using EFM modulated signal. まず、光ヘッドが所定アドレスへ移動され(ステップB1)、ATIPのデコードが行なわれる(ステップB2)。 First, the optical head is moved to a predetermined address (step B1), the decoding of the ATIP is performed (step B2). そして、ステップB3において、特定アドレスに到達したか否かが判定され、特定アドレスに到達していない場合は、Noルートが取られ、ステップB1からの処理が繰り返される。 Then, in step B3, it is determined whether the host vehicle has reached the specified address, if not reached the specified address, No route is taken, the process from step B1 is repeated. 一方、特定アドレスに到達した場合には、Yesルートが取られ、ステップB4において、EFM信号のデコードが行なわれる。 On the other hand, when it reaches the specified address, Yes route is taken, in step B4, decodes the EFM signal.

【0114】さらに、ステップB5において、デコードされたQチャネルのデータから属性判定が行なわれる。 [0114] Further, in step B5, the attribute determination is performed from the data of Q channel decoded.
ここで、この属性が、書き込み禁止の場合は、書き込み禁止ルートが取られ、ステップB6において、再生専用属性と判定され、ステップB7において、エラーメッセージが送出され、ステップB8において、他のアドレスに光ヘッドが移動し、ステップB1からの処理が繰り返される。 Here, this attribute, when the write protection, write inhibit route is taken, in step B6, it is determined that the reproduction-only attribute, in step B7, an error message is sent, in step B8, the light to another address head is moved, the processing from step B1 is repeated.

【0115】また、ステップB5において、書き換え可能の場合は、書き換え可能ルートが取られ、ステップB [0115] Further, in step B5, in the case of rewritable, the rewritable route is taken, step B
9において、書き換え可能属性と判定され、ステップB In 9, it is determined that a rewritable attribute, Step B
10において、書き込みが開始されて、ステップB11 In 10, the write is started, step B11
において、書き込みルーチンは終了する。 In, writing routine is terminated. なお、上記の図9のフローチャートにおいては、エラーメッセージを送出するステップB7の後に、光ヘッドが他のアドレスに移動するステップB8が設けられたが、エラーメッセージを送出したステップB7にて終了させることもできる。 In the flowchart of FIG. 9, after the step B7 sending an error message, but the step B8 where the optical head is moved to another address is provided, to terminate at step B7 that sent an error message It can also be.

【0116】このように、後述するブロックのヘッダー情報とは異なり、下位のレベルのICレベルでデータ処理されるので、CD−ROMドライブに限らず、音楽用CDドライブでも認識可能なデータ属性を付与できる。 [0116] Thus, unlike the header information of the block to be described later, since the lower level of the IC level is the data processing is not limited to the CD-ROM drive, impart a recognizable data attributes in music CD drive it can.
また、このように、記録ドライブ装置側が、ファームウエアに組み込まれるデバイスドライバをバージョンアップして、プログラムを書き換えるだけで対応できるので、記録ドライブ装置のハードウエアの変更が不要となり、既存の装置を利用した状態で、取り扱いが可能となる。 Moreover, in this way, the recording drive device, to upgrade the device driver to be incorporated into the firmware, it is possible to correspond only by rewriting the program, the hardware changes of the recording drive is not required, use of existing equipment in the state, it is possible to handle. なお、再生側においても、従来未定義で、通常、 Also in the reproduction side, a conventional undefined, usually,
(0,0)データが入っている(SC2,SC0)ビットに他のビットが入ることによりエラーを生じる場合には、ファームウェアを書き換えることが必要となる場合がある。 (0,0) data is in the (SC2, SC0) bits when generated error by another bit enters may be rewritten firmware required.

【0117】そして、このように、Qチャネルの制御用ビット(SC2,SC0)を利用して、論理的にシームレスなファイル管理を行なえて、ROM領域とRAM領域とを、同一の相変化型媒体上に混載できるようになるまた、このようにして、同一の再生回路を用いてアクセスできるので、効率的に、データ配布機能とユーザーデータの記録機能とを実現できるようになり、CD−RW [0117] Then, thus, by using the control bits of the Q channel (SC2, SC0), and performed logically seamless file management, a ROM area and a RAM area, the same phase change medium becomes possible mixed up also in this manner, can be accessed using the same reproduction circuit, effectively, it will be able to implement a data distribution function and the user data recording function, CD-RW
ディスクの利用が促進される。 Disk utilization of is promoted.

【0118】なお、書き換え可能領域の一部において、 [0118] It should be noted that, in some of the rewritable area,
工場またはソフト作成者側で所定のデータの編集記録を行なった後、該データに付随するサブコードを用いて、 After performing the editing recording predetermined data in a factory or soft creator side, using a subcode associated with said data,
該データを書き込み禁止(再生専用)と定義すれば、事実上のマスターROM領域が作成できる。 If it defined as the data write inhibit (read only) can be created virtual master ROM area. 書き換え可能領域におけるデータの書き込み禁止属性は、ユーザー側では変更不能としておけば、ポストROMデータの作成者の意図に反して、改竄されることを防止できる。 Rewritable data in the area write inhibitive attribute is, if a is immutable in the user side, against the intention of the creator of the post ROM data can be prevented from being falsified.

【0119】もちろん、プレピット列からなるマスターROM領域に対しては、プレピット列データを作成する際に、サブコードに書き込み禁止(再生専用)属性を与えておく。 [0119] Of course, for the master ROM area comprising a pre-pits rows, when creating the pre-pits column data, it should give subcode write-protected (read only) attribute. そして、残りの書き換え可能領域にのみ書き換え可能属性を与えて、ユーザー側でRAM領域として利用可能としておく。 Then, given a rewritable attribute only the remaining rewritable region, keep available as RAM area by the user. このようにして、マスターRO In this way, the master RO
M,ポストROM及びRAMの3種のデータ領域を同一のディスク上に混載できる。 M, can be mixed with three kinds of the data area of ​​the post-ROM and RAM on the same disk.

【0120】(A3)CD−ROMフォーマットにおける約2kB長のブロックのヘッダーを利用する方法 本実施態様は、CD−ROMフォーマットで規定されるブロック単位で、再生専用、記録禁止等のデータ属性を付与するものである。 [0120] (A3) CD-ROM The present embodiment utilizes the header of approximately 2kB length of the block in the format, in blocks defined by CD-ROM format, read-only, giving the data attribute of the recording prohibition it is intended to. 上述のとおり、CD−ROMフォーマットでは、ユーザーデータは、2048バイト毎に区切られて、この2048バイトのデータに付加データが付加されて、1ブロック(2352バイト)相当のデータが形成される。 As described above, in the CD-ROM format, the user data is divided every 2048 bytes, the additional data is added to the data of the 2048 bytes, one block (2352 bytes) worth of data is formed.

【0121】すなわち、ブロック23(図7参照)は、 [0121] That is, the block 23 (see FIG. 7) is,
ブロックの先頭を示す同期(sync)信号(12バイト)と、アドレス等の書き込み可/不可情報を含むヘッダー(4バイト)とからなり、さらに、エラー訂正用の付加データ(288バイト)が加えられる。 A synchronization indicating the beginning of a block (sync) signal (12 bytes), it from the header (4 bytes) including the write enable / disable information such as an address, further additional data for error correction (288 bytes) are added . 同期信号を除くこれらのデータはスクランブルをかけられる。 These data except for the synchronization signal is scrambled. そして、この同期信号とスクランブルデータとからなるデータは、24バイト×98行に分割され、各行毎にエラー訂正用のパリティービットと(A2)にて説明したサブコード等が付加されて、EFM変調されるのである。 Then, the data consisting of the synchronizing signal and the scramble data is divided into 24 bytes × 98 rows, it is added a subcode or the like explained in the parity bits for error correction for each row (A2), EFM modulation than it is.

【0122】また、各ブロックはそれぞれヘッダーを有し、これらの各ヘッダーには、各ブロックのアドレス及びデータ属性等を示す付加データが付加されている。 [0122] Further, each have a respective block header Each of these headers, additional data is added indicating the address and data attributes and the like of each block. このヘッダーデータは、4バイトからなり、このうち3バイトを利用して各ブロックのアドレスが、ATIP(図5参照)と同一の分、秒及びフレーム単位にて24ビットで記録されている。 The header data has 4 bytes, the address of each block by using these 3 bytes, the same minute as the ATIP (see FIG. 5), are recorded in 24 bits by seconds and frames.

【0123】さらに、各ヘッダーには、残りの1バイト(8ビット)を利用して、各ブロックのモードを表す属性データが付加される。 [0123] In addition, each header, by using the remaining one byte (8 bits), the attribute data indicating the mode of each block is added. オレンジブック・パート3は、 Orange Book Part 3,
後述のパケット記録に利用するために、ブロックの属性を規定しており、特定の3ビットに記録される。 To use the packet recording described later, and defines the attributes of the block, it is recorded in a specific 3 bit. また、 Also,
他の2ビットはイエローブックで規定された特定の情報が付加される。 Other 2 bits are added specific information defined by the Yellow Book. さらに、残りの3ビットは、特に規定のない空きビットである。 Further, the remaining 3 bits is particularly empty bits otherwise specified.

【0124】すなわち、これら空きの3ビットに対して、少なくとも、そのブロックが、書き換え可能、書き込み禁止(再生専用)、一回(初回)だけ記録可能の少なくとも3種類の属性が付与されるのである。 [0124] That is, for three bits of these free, at least, the block, rewritable, write inhibit (read only), than is recordable in at least three types of attributes are given only once (first time) . また、付与に際して、3種類の状態を割り当てればよいので、実質的には2ビットあればよく、3ビットのうちどれを選択するかは自由である。 Further, upon the granting, since may be assigned to three states, in effect sufficient if 2 bits, The choice of which of the three bits is free.

【0125】例えば、その3ビットを(b2,b1,b [0125] For example, the 3-bit (b2, b1, b
0)とするとき、そのうちの(b1,b0)が(0, 0) to the time, of which (b1, b0) is (0,
0)、(0,1)、(1,0)、(1,1)のいずれであるかに応じて、書き換え可能、書き込み禁止(再生専用)、一回(初回)だけ記録可能という3種類の属性のいずれかを割り当てるようにする。 0), (0,1), (1,0), (depending on whether it is a 1, 1), rewritable, write inhibit (read only), single (first time) only recordable that three to assign one of the attributes. この割り当ては、自由に選択できる。 This assignment, can be freely selected. 加えて、これら3ビットをすべて利用することにより、8種類の属性を付与することができるので、条件付再生可能という属性や、条件付書き換え可能という属性を与えることもできる。 In addition, by utilizing all of these 3 bits, 8 it is possible to impart different attributes may also provide and attribute conditional renewable, an attribute called conditional rewritable.

【0126】このようにして、CD−ROMフォーマットのユーザーデータに対してブロック単位で書き込み可/不可にかかわる属性を付与できる。 [0126] In this way, the attributes related to the write enable / disable a block-by-block basis can be granted to the user data of the CD-ROM format. さて、CD−RW Well, CD-RW
では、任意のアドレスにおけるデータの書き換えを可能とするため、固定長パケット記録と呼ばれる方法が用いられる。 In order to enable the rewriting of data in any address, method called fixed-length packet recording is used. 図10は、固定長パケット記録におけるパケット構造を示す図である。 Figure 10 is a diagram showing a packet structure in the fixed-length packet recording. この図10に示すパケット25 Packet 25 shown in FIG. 10
は、CD−RWの固定長パケット記録モードにおけるデータ記録単位であって、このパケット25は、リンク(Link)ブロック25aと、ランイン(Run−i Is a data recording unit in the fixed-length packet recording mode CD-RW, the packet 25 includes a link (Link) blocks 25a, run-(Run-i
n)ブロック25b,…,25cと、ユーザーデータブロック26a,…,26bと、ランアウト(Run−o n) block 25b, ..., 25c and the user data block 26a, ..., 26b and, run-out (Run-o
ut)ブロック27a,27bとから構成されている。 ut) block 27a, is composed of a 27b.
ここで、リンクブロック25aは上書きデータの位置ずれにより発生する既存の隣接パケットのデータ破壊を防止するための緩衝用の領域である。 Here, the link block 25a is an area of ​​the buffer for to prevent destruction of data existing adjacent packets generated by the positional deviation of the overwriting data. また、ランインブロック25b,…,25c,ランアウトブロック27a In addition, the run-in block 25b, ..., 25c, run-out block 27a
は、それぞれ、ユーザーデータに付加する付加情報を格納する領域である。 , Respectively, an area for storing the additional information to be added to the user data. なお、パケットとは、セクターあるいはクラスターとも言われるデータの最小のまとまりを意味する。 Note that the packet, refers to the smallest chunk of data, also referred to as sector or cluster.

【0127】ここで、これら複数のブロックが一まとまり(1パケット)として、このパケット毎に上書きが行なわれるようになっている。 [0127] Here, as the plurality of blocks is a collection (1 packet), so that the overwriting is performed for each packet. また、この図10に示すユーザーデータは、64kバイト(32ブロック)単位のパケットで記録されるのである。 Further, the user data shown in FIG. 10 is being recorded by the packet 64k bytes (32 blocks) units. なお、これらのブロックについては、オレンジブック・パート3に記載されているので、その説明を省略する。 It should be noted that these blocks, because it is described in the Orange Book Part 3, description thereof is omitted. さらに、固定長パケット記録におけるファイル管理方法は、後述のUDFバージョン1.5で規定されている。 Further, the file management method in a fixed-length packet recording is defined in the UDF version 1.5 described later.

【0128】そして、工場出荷時に、全面フォーマッティングと呼ばれる操作により、ディスクの全面に、図1 [0128] and, at the factory, by the operation it called the entire formatting, on the entire surface of the disk, as shown in FIG. 1
0に示すパケット構造が記録される。 Packet structure shown in 0 is recorded. この際、固定長パケット記録に対応できるように、ユーザーデータとしては何を記録してもよいが、実用上は、"0"データが記録されている。 In this case, to accommodate the fixed-length packet recording, but may be anything recorded as user data, practically, is "0" data is recorded. また、フォーマッティング済みのディスク(工場にてフォーマットされたディスク)に対しては、 In addition, for the formatting already disk (disk that is formatted at the factory),
図10に示すユーザーデータブロック26a,…,26 User data block 26a shown in FIG. 10, ..., 26
bには、意味のないデータが記録されているので、ユーザーがユーザーデータを記録して使用する時は、隣接する2個のパケット内のリンクブロック25aをそれぞれ、始点及び終点として、固定長のパケットが重ね書きされる。 To b, in so meaningless data are recorded, when the user uses to record user data, respectively the link block 25a in two adjacent packets, as a starting point and an end point, fixed-length packet is overwritten.

【0129】そして、各ブロックが、リンクブロック、 [0129] Then, each block, link block,
ランインブロック、ユーザーデータブロック、ランアウトブロックのいずれかに属するかは、前述のヘッダー中の1バイトのうち、特定の3ビットに記録されている。 Run-in block, the user data block, whether belonging to one of the run-out blocks, of 1 byte in the aforementioned header, is recorded in a specific 3 bit.
なお、該フォーマット済みディスクにおいて、フォーマット時にダミーの"0"データを記録する代わりに、意味のあるデータを記録し、該データのブロックごとの属性を、書き込み禁止(再生専用)として、ポストROM領域を作成できる。 Incidentally, in the formatted disk, instead of recording the dummy data "0" at the time of formatting, recording meaningful data, the attribute of each block of the data, as read (read only), post ROM area You can create.

【0130】また、該固定長パケット記録フォーマットにしたがって、プレピット列によりデータを記録してマスターROM領域を作成する場合にも、該データのブロックごとの属性を書き込み禁止(再生専用)とすることで、マスターROM領域への上書きを防止できる。 [0130] Further, according to the fixed-length packet recording format, to write a master ROM area to record data by pre-pits rows, by an attribute of each block of said data write-protected (read only) , it is possible to prevent overwriting the master ROM area. このようにして、マスターROM,ポストROM及びRAM In this way, the master ROM, post ROM and RAM
の3種のデータ領域を同一のディスク上に混載できるさらに、フォーマット済みディスクでブロックごとの属性付与により、一回(初回)だけ記録可能属性を与えられた書き換え可能領域は、以後、擬似的なライトワンス媒体として使用でき、従って、ユーザー側でマスターRO Further possible mixed three kinds of data area on the same disk, the attribute assignment for each block in the formatted disk, rewritable area given the recordable attributes only once (first time) are hereinafter pseudo manner It can be used as a write-once medium, therefore, the master RO user side
M領域を作成できる。 You can create the M area.

【0131】このようにCD−ROMフォーマットのデータの基本単位であるブロックごとにデータに属性を与えておけば、CD−RWディスク10の記録ドライブ装置は以下のような動作から、正しく書き込み禁止等の判断ができる。 [0131] if like there attribute data for each block which is a basic unit of data of the CD-ROM format, the recording drive apparatus CD-RW disc 10 following operation, correctly write prohibition it is the judgment. すなわち、CD−RWディスク10の記録ドライブ装置では、まず、記録すべきパケットのデータを読み出し、ドライブのメモリー内で、該パケットの所定ブロックのデータを書き換えてパケット内のデータを再編成したのち、実際に記録媒体上のパケットの書き換えを行なう。 That is, in the recording drive apparatus CD-RW discs 10, firstly, reads out the data to be recorded packets, in the drive memory, after re-organize the data in the packet by rewriting the data of a predetermined block of said packet, actually rewritten packets on the recording medium.

【0132】ここで、記録すべきパケットのデータを読み出すときに、ブロックの属性をデコードし、該パケットに書き込み禁止(専用属性)のブロックがあれば、その旨のエラーメッセージを発行するようにしている。 [0132] Here, when reading the data to be recorded packet, decode the attribute of the block, if a block of write-protected in the packet (only attribute), so as to issue an error message to that effect there. 図11は、ブロック属性を利用したファイル書き込みのフローチャートである。 Figure 11 is a flow chart of a file write using block attributes. まず、光ヘッドが所定アドレスへ移動され(ステップC1)、ATIPのデコードが行なわれる(ステップC2)。 First, the optical head is moved to a predetermined address (step C1), the decoding of the ATIP is performed (step C2). そして、ステップC3において、特定アドレスに到達したか否かが判定され、特定アドレスに到達していない場合は、Noルートが取られ、 Then, in Step C3, it is determined whether or reaches a particular address, if not reached the specified address, No route is taken,
ステップC1からの処理が繰り返される。 Processing from step C1 is repeated. 一方、特定アドレスに到達した場合には、Yesルートが取られ、ステップC4において、EFM信号のデコードが行なわれる。 On the other hand, when it reaches the specified address, Yes route is taken, in step C4, the decoding of the EFM signal.

【0133】さらに、ステップC5において、ブロック単位に信号がデコードされ、ステップC6において、ブロック属性の判定が行なわれる。 [0133] Further, in step C5, the signal into blocks is decoded, in step C6, decision block attributes is performed. ここで、ブロック属性が、書き込み禁止の場合は、書き込み禁止ルートが取られ、ステップC7において、再生専用属性と判定され、 Here, block attributes, if the write protection, write inhibit route is taken, in step C7, it is determined that the reproduction-only attribute,
ステップC8において、エラーメッセージが送出され、 In step C8, an error message is sent,
ステップC9において、他のアドレスに光ヘッドが移動し、ステップC1からの処理が繰り返されるのである。 In step C9, the optical head moves to another address, is the processing from step C1 is repeated.

【0134】また、ステップC6において、書き換え可能の場合は、書き換え可能ルートが取られ、ステップC [0134] Further, in step C6, when a rewritable, the rewritable route is taken, step C
10において、書き換え可能属性と判定され、ステップC11において、書き込みが開始されて、ステップC1 In 10, it is determined that a rewritable attribute, in step C11, the writing is started, step C1
2において、書き込みルーチンは終了する。 In 2, the writing routine is terminated. なお、上記の図11のフローチャートにおいては、エラーメッセージを送出するステップC8の後に、光ヘッドが他のアドレスに移動するステップC9が設けられたが、エラーメッセージを送出したステップC8にて終了させることもできる。 In the flow chart of FIG. 11, after step C8 sending an error message, but the step C9 that the optical head is moved to another address is provided, to terminate at step C8 that sent an error message It can also be.

【0135】このように、CDフォーマットのデータの基本単位であるブロック毎にデータ属性が付与されて、 [0135] In this way, is applying data attributes for each block which is a basic unit of data of the CD format,
書き込み禁止等の判断が正しく行なえる。 Can be performed correctly determine the writing prohibition. また、記録ドライブ装置は、全面消去する場合を除いて、パケット単位でリンクブロック25aを始点及び終点としてデータの上書きを行なえるようになる。 The recording drive unit, except when full erasure becomes so perform the overwriting of data on the link block 25a as the starting point and end in units of packets. なお、その使用目的を鑑みると、リンクブロック、特にROM領域とRAM領域とのつなぎめのリンクブロックの属性は、書き換え可能とすることが望ましい。 Incidentally, in view of the purpose of use, the link block, in particular link block attributes at the transition between the ROM region and the RAM region, it is desirable that the rewritable.

【0136】また、記録ドライブ装置側は、そのハードウエアの変更が不要で、ファームウエアに組み込まれるデバイスドライバを書き換えるだけで、RAM領域とR [0136] The recording drive device, the hardware changes required, only rewriting the device driver to be incorporated into the firmware, RAM area and R
OM領域との混載した相変化型媒体のCD−RWディスク10を得られるようになる。 Consisting resulting way a CD-RW disc 10 of the phase change type medium mixed with OM region. そして、このようにして、同一の再生回路を用いてアクセスできるので、効率的に、データ配布機能とユーザーデータの記録機能とを実現できるようになり、CD−RWディスクの利用が促進される。 Then, in this way, it can be accessed using the same reproduction circuit, efficient, able to realize a data distribution function and the user data recording function, the use of CD-RW disc is accelerated.

【0137】以上の3種類の実施態様では、アドレス付与の階層ごとに区別して、該アドレスの基本単位ごとのデータに新たな属性を付加する方法が示されており、また、アドレス単位でデ−タ属性を付加する方法自体は、 [0137] In the above three embodiments, by distinguishing each hierarchy address assignment, a method of adding a new attribute to the data for each basic unit of the address is shown, also, de address units - How to add a data attribute itself,
CDフォーマットと互換性を保ちうる方法を利用している。 We are using a method that may keep the CD format and compatibility. ここで、二つ以上の階層において、同一のアドレスの基本単位にデータの属性を付与する場合には、上位の階層において付与されるデータは、下位の階層において付与されるデータの属性と同一であるのが好ましい。 Here, in the two or more layers, in the case of applying the basic unit to the data attributes of the same address, the data to be applied in the higher hierarchy are identical to the attributes of the data to be applied in the lower layer the preferred there to have.

【0138】次に、可変長の基本データ単位にデータ属性を付与する例について簡単に述べる。 [0138] Next, briefly described an example of applying the data attribute in the basic data unit of a variable length. CDフォーマットにおける可変長のデータ単位の例としては、トラック及びマルチセッションフォーマットにおけるセッションがあげられる。 Examples of variable-length data units in CD format, the session can be mentioned in the track and multi-session format. また、UDF1.5にて規定されるような固定長パケット記録フォーマットにおいて、複数個の固定長パケットを連続して使用するデータ単位も、可変長データ単位の一例である。 Further, in the fixed-length packet recording format as defined in UDF1.5, data units used in succession a plurality of fixed length packet is also an example of variable-length data units.

【0139】トラックは、CD−ROMフォーマットにおいては、実質上、図10に示すユーザーデータブロック群26a,…,26bにおいて、ブロック数が一定でない場合に相当する。 [0139] track, in the CD-ROM format, virtually, the user data block group 26a shown in FIG. 10, ..., in 26b, corresponding to the case where the number of blocks is not constant. 従って、固定長パケットの場合と同様に、トラックに属するブロックごとに書き込み禁止等のデータの属性を付与することは可能である。 Therefore, as in the case of fixed-length packets, it is possible to impart attributes of data, such as write inhibit for each block belonging to a track. 一方、 on the other hand
トラックの先頭のランインブロックのヘッダーには、そのトラックそのもののデータ属性を、ヘッダーにおいて付与される。 In the header of the beginning of the run-in block of track, the data attribute of the track itself, is given in the header. その空きビットを利用して、トラック単位で書き込み禁止(再生専用)、一回(初回)だけ記録可能、あるいは、書き換え可能の属性を付与できる。 By utilizing the empty bit, write inhibit in track units (read-only), single (first time) only can be recorded or can impart rewritable attribute.

【0140】さらに、トラックの開始及び終了アドレス、データ長等は、リードイン領域に、TOCとしてE [0140] In addition, the start and end address of the track, data length, etc., in the lead-in area, E as TOC
FM信号のサブコードQチャネルに記載されるが、その際に、各トラックの属性をも記載することが望ましい。 Although described in the subcode Q-channel of the FM signal, in this case, it is desirable to describe also the attribute of each track.
また、必要であれば、サブコードQチャネルが付与されるユーザーデータ(メインチャネル)に、その各トラックの属性を記入すれば良い。 If necessary, the user data sub-code Q channel is applied (the main channel) may be filled attributes of the respective tracks. 通常は、リードイン領域のEFM信号のメインチャネル(図7に示すブロック構造におけるユーザーデータ部分)は、通常は”ゼロ”であるダミーデータが記載されているだけなので、そのメインチャネルに、付加データを記載しても支障はなく、記録ドライブ装置が、リードイン領域においても、サブコードのみならず、メインチャネルを読み取るようにすれば良い。 Typically, the main channel of the EFM signal in the lead-in area (user data portion in the block structure shown in FIG. 7) only generally describes a dummy data is "zero", to the main channel, additional data not even trouble describes a recording drive device, even in the lead-in area, not subcode alone, it is sufficient to read the main channel.

【0141】特に、トラックのアドレス情報(開始・終了アドレス.データ長等)は、プレピット列からなるマスターROMデータにより表された再生専用領域属性を有するものなので、やはり、プレピット列からなるマスターROMデータとして、リードイン領域の一部のアドレスのメインチャネルに記載(登録)しておくことも可能である。 [0141] Particularly, the address information of the track (start and end addresses. The data length, etc.), so one having a read only area attributes represented by the master ROM data consisting of pre-pits rows, again, the master ROM data consisting of pre-pits rows as, it is also possible to describe (registered) in the main channel of the part of the address of the lead-in area.

【0142】あるいは、固定長パケット記録フォーマットにおいて、一連の複数のパケットからなる可変長データが、プレピット列からなるマスターROMデータである場合に、一連のパケットのアドレス情報をリードイン領域のメインチャネルにマスターROMデータとして記載(登録)する。 [0142] Alternatively, in the fixed-length packet recording format, variable length data comprising a series of packets, when a master ROM data consisting of pre-pits rows, the address information of the series of packets to the main channel of the lead-in area described as a master ROM data (registers). 具体的には、開始アドレスとして、先頭パケットの最初のランインブロックのアドレス又は先頭パケットの最初のユーザーデータブロックのアドレスが用いられている。 Specifically, as the start address, the first initial address of the user data block address or the first packet in the run-in block of the first packet is used. そして、終了アドレスとしては、後端のランアウトブロックのアドレス又は後端のユーザデータブロックのアドレスが用いられる。 Then, as the end address, the address of the user data block address or the rear end of the run-out blocks of the rear end is used. また、固定長パケット記録フォーマットにおいては、ランイン,ランアウト,リンクブロックの各アドレスが飛ばされて(各アドレスが使用されずに)、新たに、ユーザーデータブロックだけが、順番にアドレスを割り振られるようにする。 In the fixed-length packet recording format, run-, run-out, (not each address is used) with the address of the link block is skipped, newly, so that only the user data blocks are allocated addresses in order to.

【0143】加えて、上位の論理アドレスを用いることもできる。 [0143] In addition, it is also possible to use a logical address of the upper. この論理アドレスに注目して、先頭のユーザーデータブロックの論理アドレスが、そのROM領域の開始アドレスとして用いられ、また、最後端のブロックの論理アドレスが、そのROM領域の終了アドレスとして用いられるようにもできる。 Attention to this logical address, the first logical address of the user data blocks are used as the starting address of the ROM region, and as a logical address of a block of the last end is used as the end address of the ROM region It can also be. さらに、マルチセッションフォーマットの規定に従って、プログラム領域を複数のセッションに分割し、分割された一部のセッションを再生専用とし、分割された他のセッションを書き換え可能とする方法について述べる。 Furthermore, in accordance with the provisions of the multi-session format, to divide the program area into a plurality of sessions, divided by the a read-only part of the session, it describes a method that allows rewriting the divided other sessions. 具体的には、マルチセッションディスクで、特定のセッションを書き込み禁止(再生専用)とするP−ROMとする場合には、各セッションのリードインに、該セッションが書き込み禁止(再生専用)であるか、書き換え可能であるかの属性を記載することが好ましい。 Specifically, a multi-session disc, when a P-ROM for a specific session write inhibit the (read only) is the lead-in of each session, or the session is write-protected (read only) , it is preferable to describe one of these attributes can be rewritten. この目的にも、やはりサブコードのQチャネルが利用できる。 Also for this purpose, you can also use the Q channel of the sub-code.

【0144】すなわち、マルチセッションフォーマットにおいては、図4(a)に示したリードイン領域/プログラム領域/リードアウト領域からなる一枚のCDを分割して、同一CD上に、擬似的に複数のCDを構成するものである。 [0144] That is, in the multi-session format divides the single CD consisting of a lead-in area / program area / lead-out area shown in FIG. 4 (a), on the same CD, pseudo-multiple It constitutes a CD. 図13は、3つのセッションに区切られたマルチセッションフォーマットがなされたCDの領域構成例の説明図である。 Figure 13 is an explanatory view of the area configuration example of a multi-session format, separated into three sessions were made CD. 各セッションごとに、その先頭のリードイン領域が終端にリードアウト領域が付加される。 For each session, a lead-in area of ​​the head is added lead-out area at the end. この図13の右方にある斜めの直線上に示す第1セッションのリードイン領域L 1 Aは、図4(a)におけるリードイン領域と一致する。 The lead-in area L 1 A of the first session indicated in oblique straight line on the right side of FIG. 13 coincides with the lead-in area in FIG. 4 (a). AL 2は第1セッションのプログラム領域、L 2 AL 2 the program area of the first session, L 2 A 2は第1セッションのリードアウト領域である。 2 is a lead-out area of the first session. 23 、L 34及びL 43は、それぞれ、第2セッションのリードアウト領域、プログラム領域、リードアウト領域であり、A 35 、L 5 C及びCD A 2 L 3, L 3 L 4 and L 4 A 3 are each lead-out area of the second session, a program area, a lead-out area, A 3 L 5, L 5 C and CD
は、それぞれ、第3セッションのリードイン領域、プログラム領域、リードアウト領域である。 Respectively, the lead-in area of ​​the third session, a program area, a lead-out area. PCA領域及びPMA領域は、図4(a)と同じく、ディスク全体の最内周部BL 1に設けられている。 PCA area and PMA areas, FIG. 4 (a) and also, is provided in the innermost periphery BL 1 of the entire disk.

【0145】また、それぞれの、リードイン領域でのデータ構造は、プログラム領域と同じであって、サブコードも同様に付加される。 [0145] Further, in each data structure in the lead-in area, the same as the program area, the subcode is also added similarly. リードイン領域では、ユーザーデータはダミーデータであり、サブコード情報のみがシステムの制御目的で利用される。 The lead-in area, the user data is dummy data, only the sub-code information is used for control purposes in the system. また、固定パケット記録の場合は、プログラム領域のみならず、リードイン領域及びリードアウト領域もすべて図10に示すパケット構造でフォーマットされる。 Further, when the fixed packet recording, not the program area only, the lead-in area and lead-out area is also formatted in packet structure shown in any Figure 10.

【0146】サブコードQチャネルの構造は、図8に示す構造と全く同等であるが、下位の92ビットにも各セッションのファイル管理情報やセッションの属性情報等が記載される。 [0146] structure of the subcode Q channel is exactly equivalent to the structure shown in FIG. 8, the attribute information of in 92 bits of the lower of each session file management information and the session is described. 以下に、サブコードQチャネルを利用した属性の付与方法であって、セッションごとの再生専用、初回だけ書き換え可能、任意に書き換え可能等の属性付与方法,を述べるが、この方法は、一つのセッション内に含まれるデータでは、定義された属性はすべて同一であることが必要である。 Hereinafter, a method for applying the attribute using the subcode Q-channel, read-only per-session, first only rewritable attribute assignment method can such rewritten optionally, the described, but the method, a session the data contained within, attributes defined it is necessary that all the same.

【0147】方法MS1について リードイン領域のサブコードQチャネルには図8に示すものと同様のCONTROLビット4ビットが存在する。 [0147] The subcode Q-channel of the lead-in area how MS1 exists similar CONTROL bits 4 bits as shown in FIG. 上記の(A2)で述べた方法はそのまま適用できる。 Method described in the above (A2) can be applied as it is. すなわち、同一セッション内ではCONTROLで定義されるデータの属性は原則として一定でなければならないと規定されているので、(A2)の方法と同様に、SC3=1であるデータトラックに対しては、(S That is, since in the same session is defined as must be constant in principle attributes of data defined by CONTROL, in analogy to the method (A2), with respect to the data track is SC3 = 1, (S
C2,SC1)の組み合わせに応じて書き換え可能、又は、書き込み禁止(再生専用)属性を定義する。 C2, SC1) can be rewritten in accordance with a combination of, or, write inhibit (read only) defining attributes.

【0148】方法MS2について 図8の下位92ビットの指定には、複数の未使用のビットアサインがあり、いずれかを利用して新たにセッションの属性を付与できる。 [0148] The method MS2 in the lower 92 bits specify 8, there is the bit assignment of a plurality of unused, using either can impart an attribute of another session. 例としては、POINTと呼ばれる2バイトのデータがA0(BCD)の場合には、P As an example, if 2-byte data called POINT is A0 (BCD) is, P
SECと呼ばれる1バイトにセッションのフォーマット属性が記載されるので、ここの予備のビットアサインを利用する。 Since the session format attribute of are described in 1 byte called SEC, utilizing bit assignment of individual spare. 現行オレンジブックで規定されているセッションのフォーマット属性とは、CDのデータの応用に関するもので、次のもののみである。 The format attributes of the session which is defined in the current Orange Book, relates to the application of the data of the CD, it is only the next thing.

【0149】00(16進) : CD−DA もしくは CD−ROM(イエローブック) 10:(16進): CD−i 20:(16進): CD−ROM−XA 各フォーマットの詳細な説明は省略するが、本発明では例えば16進2桁のデータの下位データを用いて、次のように定義することが可能である。 [0149] 00 (hexadecimal): CD-DA or CD-ROM (Yellow Book) 10: (hexadecimal): CD-i 20: (16 hex): CD-ROM-XA omitted detailed description of each format Suruga, in the present invention by using a lower data of, for example hexadecimal 2-digit data can be defined as follows. ここで、×は16進の上位桁を表す。 Here, × represents the upper digit hexadecimal.

【0150】 ×0: 書き換え可能セッション ×1: 書き込み禁止(再生専用)セッション ×2: 一回(初回)だけ記録可能セッション このようにして、セッションごとに書き換え可能、書き込み禁止(再生専用)、1回(初回)だけ記録可能の属性を定義できる。 [0150] × 0: rewritable session × 1: write-protected (read-only) session × 2: in the only once (first time) can be recorded session this way, can be rewritten for each session, write-protected (read-only), 1 only times (first time) can be defined recordable attributes. セッションは前述のように分割された擬似的なCDとみなせるので、一枚のCDのうえにデータ属性の異なる複数の仮想的CDを実現できることになる。 Since the session can be regarded as quasi-CD that are divided as described above, will be able to realize different multiple virtual CD of data attributes on top of a single CD.

【0151】なお、セッション毎に、書き込み可/不可の属性を付与する場合には、必ずしも(A1),(A [0151] It should be noted that, in each session, in the case of providing the attributes of the write enable / disable is, necessarily (A1), (A
2),(A3)で説明したような、より小さなデータの単位での属性付与を行なわなくてもよいが、併せ用いた方がより信頼性が高まる。 2), (A3) as described in, may not be performed attributes granted in units of smaller data, together it is more is more reliable using. 以下に、ROM/RAM混載のP−ROMディスクの論理フォーマットについて述べる。 Hereinafter, described logical format of P-ROM disk ROM / RAM mixed.

【0152】まず、CD−RWディスクは、部分的にしろRAM領域を有し、ユーザーデータ領域の内容が書き換え可能であるので、リードイン領域は書き換え可能であることが望ましい。 [0152] First, CD-RW disc, a RAM area margin partly because it is rewritable contents of the user data area, it is preferable the lead-in area is rewritable. PMA領域も一時的にリードインと同じく、ファイル管理情報を保管するのであるから、 PMA area also like the temporary lead-in, since it is to store the file management information,
RAMデータであることが望ましい。 It is desirable that the RAM data. さらに、試し書き領域PCAもその性質上RAM領域になければならない。 In addition, there must also test writing area PCA in nature RAM area.

【0153】CD−RWがP−ROMであることを示す情報が、ドライブが最初にアクセスしてディスクに関する情報を取得する、リードイン領域に含まれていることが望ましい。 [0153] Information indicating that CD-RW is a P-ROM obtains information related to the disc drive is first accessed, it is desirable in the read-in area. 本発明では、ファイル管理情報がRAMデータで記載されている場合、後述の簡易消去操作で、R In the present invention, if the file management information is written in RAM data in quick erase operation described later, R
OM領域のファイル管理情報まで消去され、ROM領域の存在自体が認識されなくなることを防ぐためである。 Erased until the file management information of the OM area, it is to prevent the existence of the ROM area can not be recognized.
通常、リードイン領域は図4(a)のABで示すような、プログラム領域ACより内周側に存在する。 Usually, the lead-in area is shown in AB of FIG. 4 (a), present on the inner circumferential side of the program area AC. マルチセッション・フォーマットのディスクではプログラム領域AC内にもリードインが存在しうるが、第1セッションのリードインはやはりプログラム領域ACより内周側に存在し、ディスク全体にかかわる情報は、この第1セッションのリードインに記載される。 Although lead-in program area AC is multi-session disc formats may exist, the lead-in of the first session exists on the inner circumferential side of the still program area AC, information relating to the entire disk, the first It is described in the session lead-in. 以下の説明では、 In the following description,
シングルセッションの場合を含めて、特に断りのない限り、第1セッションのリードイン領域を単にリードイン領域と呼ぶことにする。 Including the case of a single session, unless otherwise noted, simply referred to as a lead-in area of ​​the lead-in area of ​​the first session.

【0154】未記録のCD−RWディスクでは、リードイン領域に図5で示したデータ構造を有するATIPにより、ディスクの属性や記録条件等を含む特別情報(S [0154] In the non-recorded CD-RW discs, read the ATIP having in-area data structure shown in FIG. 5, the special information including a disk attribute and a recording condition such as (S
pecial Information)が記載されており、まず、ここにCD−RWディスクがP−ROMであることを示す情報を記載するのが好ましい。 pecial Information) is described, first, it is preferable to describe the information indicating that here CD-RW disc is a P-ROM. 現行のオレンジブック・パート3からは複数の可能性が考えられるが、一つの具体的な方法は、ATIPにおいてSpe Although the current Orange Book Part 3 is considered more likely, one specific method, Spe in ATIP
cial information(特別情報)1と呼ばれるデータのディスク・サブタイプ情報において規定することである。 cial information is to define the disk subtype information of data called (specials) 1. Special informati Special informati
on(特別情報)1は図5において、リードイン領域で(M1,S1,F1)=(1,0,1)が現れたとき、 In on (specials) 1 5, in the lead-in area (M1, S1, F1) = (1,0,1) when appeared,
残りのビットに記載される情報である。 Is information that is described in the remaining bits.

【0155】このうち、ディスクのサブタイプは、フレーム情報を記載する1バイト(図5のバイト22c)のうち、BCDで上位の桁を表す4ビットの中でF1を除いた残りの3ビット(図5のXXXで示すもの)で規定する。 [0155] Among this sub-type of disc, among the 1 byte describing frame information (bytes 22c of FIG. 5), the remaining 3 bits except the F1 of the four bits representing the upper digit in BCD ( defined by those shown in XXX of FIG. 5). 8通りの規定が可能であるが、現時点では未定であり、今後P−ROMディスクというCD−RWディスクのサブタイプを割り当てることも可能である。 Eight kinds of provisions are possible, but it is undetermined at this time, it is also possible to assign a sub-type of CD-RW disc that future P-ROM disk.

【0156】さて、記録済みのCD−RWでは、通常、 [0156] Now, recorded in CD-RW, usually,
リードイン領域に、このような特別情報及び閉じられたセッションのファイル管理情報がEFMデータによっても記録される。 The lead-in area, file management information such specials and closed sessions are also recorded by the EFM data. 従って、上記P−ROMである旨の情報も上記リードイン領域のEFMデータに記録されるのが好ましい。 Thus, the even information indicating that the P-ROM is recorded in EFM data of the lead-in area is preferred. 具体的には、サブコードのQチャネルに記載される。 Specifically, as described in the Q channel of the subcode. サブコードQチャネルは、リードイン領域においても図8のデータ構造を有するが、リードイン領域では、記載されるデータの内容が若干異なる。 Subcode Q-channel has the data structure of Figure 8 is also in the lead-in area, the lead-in area, the contents of the data to be described are slightly different. 特に、上記ATIPのSpecial Information In particular, the above-mentioned ATIP Special Information
(特別情報)1を利用した場合は、必ず、図8に示すサブコードQチャネルの残りの92ビットのうち、特定のビットにその内容が記録されることになっている。 If using (specials) 1, always of the remaining 92 bits of the subcode Q-channel shown in FIG. 8, it is supposed to have the content of a particular bit is recorded. このような、リードイン領域のATIPの特別情報をEFM Such, EFM special information of the ATIP of the lead-in area
信号のサブコードに複写するような記録自体はすでに、 Recording itself, such as copying the subcode signal is already
市販のCD−RW記録再生ドライブ装置で行なわれている。 It is done in commercially available CD-RW recording and reproducing drive unit.

【0157】そして、P−ROMタイプのCD−RWディスクを用いた場合は、記録ドライブ装置がP−ROM [0157] and, in the case of using the P-ROM type of CD-RW disc, recording drive device P-ROM
であることを認識してROMデータのファイル管理情報を破壊しないようにするため、プレピットによるマスターROM領域が存在する場合には、ATIPの特別情報によってディスクに記載しておくようにするのが好ましい。 Order not to destroy the file management information of the ROM data to recognize that this is, if the master ROM area is present due to prepits, preferably to keep according to the disc by a special information of the ATIP .

【0158】一方、RAM領域のデータに前述のように、ATIP、EFMサブコード、ブロック属性により一回だけ記録可能属性を与えて、記録後再生専用とする場合や、複数回の書き換え後、書き込み禁止して再生専用属性を与えてポストROM領域を作成してP−ROM [0158] On the other hand, as described above in the data of the RAM area, ATIP, EFM subcode, giving recordable attributes only once by the block attributes, and if the post-recording reproduction only, after multiple rewriting, writing create a post ROM area given the read-only attribute is prohibited P-ROM
とした場合には、EFMデータのみによって、リードイン領域にP−ROMである旨の情報を記載するのが好ましい。 And when the only by EFM data, it is preferable to describe the information indicating the lead-in area is a P-ROM. 具体的には、上記サブコードのQチャネルのディスクのサブタイプ情報をP−ROMという属性として記録すればよい。 Specifically, it may be recorded subtype information disk Q channel of the subcode as an attribute called P-ROM.

【0159】プログラム領域では、サブコードを本発明目的のデータ属性の規定に利用することは、ドライブの設計上一定の制限が存在するが、最内周のリードイン領域において、ディスクがP−ROMであることのサブタイプの規定や、マルチセッションフォーマットにおける各セッションのリードイン領域において、マルチセッションの各セッションごとの属性の規定に用いることはむしろ好ましいことであり、積極的に用いることができる。 [0159] In the program area, utilizing the subcode to the provision of data attributes of the present invention aim is to present design certain limitations of the drive, in the innermost circumference of the lead-in area, the disk is P-ROM subtype of rules and that is, in the lead-in area of ​​each session in multi-session format, using the specified attribute for each session of the multi-session is a desirable rather can be positively used.

【0160】図14はマルチセッションの場合におけるセッションごとの属性判定のフローチャートであり、かかる、P−ROMであるという属性情報をリードインに記載し、マルチセッションである場合に、セッションごとの書き込み属性を規定したディスクを使用して、セッションごとのファイル管理を行なう際のフローチャートの一例を説明したものである。 [0160] Figure 14 is a flow chart of the attribute determination for each session in the case of multi-session, such, attribute information that is a P-ROM described in the lead-in, in the case of multi-session, write attribute of each session use discs defining, in which was described an example of a flowchart for performing a file management for each session.

【0161】ステップM0から処理が開始され、まず、 [0161] process is started from step M0, first,
ステップM1においてディスクは記録再生装置に装填され、所定の回転数に達した後、記録再生用光ヘッドのフォーカス及びトラッキングサーボが達成され、ディスクの再生が可能な状態となる。 The disk in step M1 is loaded on the recording and reproducing apparatus, after reaching a predetermined rotational speed, is achieved focusing and tracking servo of the recording and reproducing optical head in a state capable of playing a disc. 通常はこの段階で、反射率等の情報に基づき、該ディスクがCD,CD−ROM, Usually at this stage, on the basis of the information such as reflectance, the disc is CD, CD-ROM,
CD−Rのいずれでもなく、CD−RWディスクであることが認識される。 Nor any of the CD-R, it is recognized that CD-RW discs. そして、ステップM2において、光学ヘッドはリードイン領域にアクセスする。 In step M2, the optical head accesses the lead-in area. さらに、ステップM3において、リードイン領域にATIP情報もしくはEFM信号のサブコードで記録された特別情報が解読され、ディスクタイプや、推奨記録条件等のディスク管理情報の取得を開始する。 Further, in step M3, it decrypted special information recorded in the subcode of the ATIP information or EFM signal in the lead-in area, to start or disk type, the acquisition of the disc management information such as the recommended recording condition.

【0162】次に、ステップM4において、ディスクタイプ情報が取得される。 [0162] Next, in step M4, the disk type information is acquired. そして、特別情報の一部、より具体的には、例えば上記(図5を用いた説明参照)の特別情報1から該ディスクがP−ROMタイプで、再生専用領域を有することが認識される。 A part of the special information, and more specifically, for example, the said disc from a special information 1 (see description with reference to FIG. 5) in the P-ROM type, it is recognized to have a read only area. こうして、ステップM5において、該ディスクがマルチセッションであるかどうかの判定が行なわれる。 Thus, in step M5, the disk is determined whether a multi-session is performed.

【0163】ここで、取得された情報が、P−ROMかつマルチセッションであれば、Yesルートを通り、ステップM6において、各セッションのリードインが順次アクセスされ、ステップM7において、リードインに記載されたセッションごとのデータ属性情報が取得され、 [0163] Here, information obtained is, if P-ROM and multi-session, through the Yes route in step M6, are sequentially accessed lead-in of each session, at step M7, are described in the lead-in data attribute information for each session is acquired,
ステップM8において、各セッションのプログラム領域の開始及び終了アドレス(リードアウトの開始アドレス)、セッションのサイズ、また、セッションが再生専用や記録済みであれば、ファイル管理情報が取得される。 In step M8, the start and end address of the program area of ​​each session (the start address of the lead-out), the size of the session also, if the session is read-only and recorded, the file management information is obtained. 通常は内周側に配置されたセッションから順に、該情報の取得が行なわれ、ステップM9において、最終セッションであることが確認されるまで、Noルートを通り、ステップM6からステップM8の処理が繰り返される。 Normally in order from the session at the inner circumferential side, the acquisition of the information is performed in step M9, until it is the last session is confirmed through the No route, the repeated processing of steps M8 from step M6 It is.

【0164】また、シングルセッションである場合には、ステップM5にてNoルートを通り、ステップM1 [0164] In addition, in the case of a single session, through the No route in step M5, step M1
0にて、プログラムエリアのファイル管理情報が取得される。 At 0, the file management information of the program area is acquired. なお、本フローチャートではディスクタイプやマルチセッションの各セッションごとの属性情報が取得された後、記録再生装置内の一時記憶メモリに格納するステップを明示していないが、この他のディスク管理情報やセッションごとの属性情報等も同様に、その都度、一時記憶メモリに格納され、以後の記録再生装置の動作において、毎回、ディスクから情報の再読み出しをしなくても済むようにされているのが普通である。 Incidentally, after the attribute information of each session of the disc type and multi-session is acquired in this flowchart, recording is in the temporary storage memory in the device is not explicitly storing, the other disc management information and session Similarly attribute information of each, in each case, stored in the temporary memory, in the operation of the subsequent recording and reproducing apparatus, that is every time, so do not have to re-read from the disc information Normal it is. また、該管理情報の一部、特に、ディスクタイプや、セッションごとの属性、サイズ、アドレス等の情報は、記録再生装置内の一時記憶メモリばかりでなく、記録再生装置に接続されたホストコンピュータにも転送されて該ホストコンピュータ内のメモリにも格納される。 Further, a portion of the management information, in particular, and disk type, attributes of each session, the size, the information such as an address, not only the temporary storage memory in the recording and reproducing apparatus, to which is connected to the recording and reproducing apparatus the host computer It is transferred is stored in memory in the host computer. ホストコンピュータ側にインストールされた、記録再生装置を利用するアプリケーションプログラムでの利用に供される。 Was installed on the host computer side, it is made available in an application program that uses a recording and reproducing apparatus.

【0165】さらに、最低限セッションごとの属性及び開始/終了アドレス情報を各セッションのリードイン領域から取得すれば、後述の簡易消去において支障はない。 [0165] Further, by obtaining the attribute and the start / end address information for each minimum session from the lead-in area of ​​each session, there is no problem in the simple erasure described later. 各セッションごとのプログラム領域のファイル管理情報は取得される必要はなく、後で、具体的なデータを記録再生する際に、初めて具体的なファイル管理情報を読み出しても良い。 The file management information in the program area of ​​each session need not be acquired later, when recording and reproducing specific data it may first read a specific file management information.

【0166】続いて、ステップM9からYesルートを通り、ステップM11において、光ヘッドはPCA領域にアクセスし、ステップM12では、ステップM3にて取得されたディスク管理情報を基に、試し書きを行なって最適記録パワーが決定され、ステップM13において、具体的な記録再生の指令があるまで待機状態に入る。 [0166] Subsequently, through the Yes route from step M9, in step M11, the optical head accesses the PCA area, in step M12, on the basis of the disc management information acquired in step M3, by performing test writing optimum recording power is determined, at step M13, enters a standby state until a command for specific recording.

【0167】なお、ステップM11及びステップM12 [0167] It is to be noted that the steps M11 and M12 step
は、それぞれ、ステップM3の直後に引き続いて行なわれても良いし、具体的に書き込み開始の指示があり、待機状態ステップM13を抜け出して記録に移行する直前に行なっても良い。 , Respectively, it may be performed following the immediately following step M3, there is indication of specific write start may be performed immediately before the transition to record exits the standby state step M13. さて、CD−RWでは、簡易消去操作と呼ばれるRAMデータの消去方法がある。 Now, the CD-RW, there is a method of erasing a RAM data, called the quick erase operation. これは、 this is,
リードイン領域やPMA領域にあるRAMデータであるファイル管理情報を消去したり、意味のないデータ(ゼロの繰り返し)に書き換えることにより、見かけ上再生ドライブ装置から、ファイルの存在を見えなくする消去方法である。 Or erase the file management information is a RAM data in the lead-in area or PMA area by rewriting the meaningless data (repetition of zero), method of erasing from apparently playback drive device obscures the existence of a file it is. 毎回、ファイルの中身を消去しなくても、 Every time, it is not necessary to erase the contents of the file,
所定のファイルの存在を消去できる。 It can be erased the presence of a given file. 該操作はファイルごと、セッションごとに行なわれる場合もあるが、ディスクにおいて最内周のリードイン領域の情報を消去もしくは書き換えてしまえば、見かけ上、該ディスクは、全く未記録の新品のディスクとして利用できる利便性がある。 The manipulation is per file, there is a case to be performed for each session, once erased or rewritten information of the innermost lead-in area in the disk, apparently, the disc is a completely unrecorded new disk there is a convenience available.

【0168】一方で、本発明のごとく部分的に再生専用領域を有し、再生専用領域のファイルのファイル管理情報までもが書き換え可能データとして記録されている場合、上記簡易消去操作で、誤ってROMデータファイルの存在自体を消去してしまい、2度とアクセスできなくなる可能性がある。 [0168] On the other hand, it has a partially read only area as in the present invention, if even is recorded as available data rewritten to the file management information of the file in the read only area, in the quick erase operation, erroneously will clear the existence of a ROM data file, there are twice as likely to become inaccessible. 特にマスターROMでファイルの中身は存在するにもかかわらず、ファイルにアクセスできなくなる可能性があり、マスターROM領域を設けた意義すらなくなってしまう。 In particular the contents of the file in the master ROM is despite the presence, may not be able to access the file, it disappears even significance of providing the master ROM area. あるいは、マスターROM領域をROM領域と認識せずにデータを上書きしてしまう可能性がある。 Alternatively, there is a possibility that overwriting data without recognizing the master ROM area and the ROM area.

【0169】従って、本発明においては、ROMデータを直接上書きで消去することのないように、書き込み禁止のデータ属性を付与するとともに、かかる簡易消去操作での誤動作による、ROMデータの消去防止方策をも施すのが好ましい。 [0169] Thus, in the present invention, so as not to erase the ROM data directly overwritten with imparting data attribute write inhibit, due to a malfunction in such quick erase operation, the erase prevention strategies ROM data also preferred to subject. その具体的方法は、図15に示すフローチャートのようになる。 The specific method is as flowchart shown in FIG. 15. 図15はP−ROMにおける簡易消去方法の一例を示すフローチャートである。 Figure 15 is a flow chart showing an example of a quick erase process in P-ROM. まず、ステップN0において簡易消去命令が発行されると、ステップN1において、先頭のセッション領域のリードイン領域に記録された特別情報が解読され、ステップN2においてコンパクトディスクが再生専用領域を有する書き換え型であることが識別,判定される(識別ステップ)。 First, the quick erase command is issued in step N0, in step N1, the special information recorded in the lead-in area of ​​the head of the session area is decoded, in rewritable type compact disc has a read-only area in step N2 there is identified, it is determined (identification step).

【0170】すなわち、最初にアクセスされる先頭のセッションにおけるリードイン領域の情報から、そのディスクが再生専用領域を有する書き換え型コンパクトディスクであることが認識される。 [0170] That is, from the lead-in area information in the beginning of the session to be first accessed, the disk is recognized to be a rewritable compact disc having a read only area. さらに詳述すると、予め基板上にプレピット若しくは溝変形として記載され、記録媒体が部分的にプレピット列若しくは溝変形からなる再生専用領域を含む書き換え型であることを示す識別情報が認識される(認識ステップ)。 In more detail, is described in advance as prepits or grooves deformation on a substrate, the identification information is recognized indicating that the recording medium is a rewritable type comprising a read only area consisting of partially pre-pits rows or grooves deformation (Recognition step).

【0171】そして、ステップN3において、複数のセッションにおけるリードイン領域のそれぞれから属性情報が抽出,取得され(抽出ステップ)、ステップN4において、該属性情報から書き換え可能、あるいは書き込み(書込み)禁止に関する属性が判定される。 [0171] Then, in step N3, the attribute information is extracted from each of the lead-in area in a plurality of sessions, is obtained (extraction step), in a step N4, rewritable from the attribute information, or write (write) attribute on the Prohibition There is determined. さらに、 further,
ステップN4にて判定された属性が書き込み禁止(再生専用)である場合には、Yesルートを通り、ステップN5において、その書き込み禁止セッションのファイル管理情報(ファイル構造)が抽出,取得され、一時記憶メモリに転送される(メモリ転送ステップ)。 If the determined attributes in step N4 is write-protected (read only) passes through the Yes route in step N5, the file management information of the write inhibit session (file structure) is extracted, is obtained, a temporary storage It is transferred to the memory (memory transfer step). 該ファイル管理情報とは、該ROMセッションの開始及び終了アドレス、該セッション内のプログラム領域に記載されたファイルのアドレス等の情報をすべて含む。 The said file management information includes start and end addresses of the ROM session, information such as an address of the file that is listed in the program area in the session all. そして、該ステップを最終セッションまで繰り返され、再生専用セッションが複数ある場合は、各セッションごとに、ステップN5でファイル管理情報が取得されて一時記憶メモリに格納される。 Then, it repeated the steps up to the final session, read-only session when there is a plurality, for each session, is stored in the temporary storage memory file management information is obtained in step N5. なお、ステップN4にて判定された属性が書き込み禁止(再生専用)でなければ、Noルートを通って、ステップN6に進む。 Incidentally, unless determined attributes are write-protected in step N4 (read only), through the No route, the process proceeds to step N6.

【0172】ステップN6において、最終セッションまで属性の確認が終了したことが確認されれば、Yesルートを通り、ステップN7において先頭の(最初の)セッションにおけるリードイン領域及びPMA領域にアクセスし、該領域に記録されたファイル管理情報がすべて消去される(消去ステップ)。 [0172] In step N6, if it is confirmed that the confirmation of the attributes to the final session ends, through Yes route, accesses the lead-in area and the PMA area in the beginning of the (first) session in step N7, the file management information recorded in the area is erased all (removing step). これにより、見かけ上、 As a result, apparently,
プログラム領域に再生専用であれ、書き換え可能であれ一切のファイルが存在せず全プログラム領域が未記録であると認識される状態となる。 It is read-only in the program area, the entire program area does not exist any file if possible rewriting a state of being recognized as an unrecorded. なお、最終セッションではない場合は、ステップN6のNoルートを通って、ステップN3からの処理が繰り返される。 Incidentally, if it is not the last session, through No route of step N6, the process from step N3 is repeated.

【0173】また、ステップN8において、先頭の(最初の)セッションにおけるリードイン領域及びPMA領域に、前記一時記憶装置に転送された書き込み禁止セッションのファイル管理情報(開始/終了アドレス等)が再登録され、ステップN10において書き換え可能な領域の先頭のアドレス及び記録可能な容量とが更新されて(再記録ステップ)、処理が終了する(ステップN1 [0173] Further, in step N8, the head of the (first) in the lead-in area and PMA area in the session, said file management information has been write-protected session transfer to the temporary storage device (start / end address etc.) re-registration is the head address and recordable capacity of the rewritable region in step N10 is updated (re-recorded step), the processing is terminated (step N1
1)。 1).

【0174】なお、該ディスクが書き換え可能領域のみからなる通常のCD−RWの場合には、ステップN2からNoルートを通り、ステップN9において、ステップN7と同様に、リードイン及びPMA領域におけるすべてのファイル管理情報が消去され、ステップN10において、全記録可能領域が新規に書き換え可能として再登録される。 [0174] In the case of ordinary CD-RW consisting only the disc is rewritable region through the No route from step N2, at step N9, as in step N7, all of the lead-in and PMA areas file management information is erased, at step N10, the entire recording area is re-registered as a rewritable new.

【0175】ここで、ステップN1からステップN6までのステップは、図14に示すように、記録再生装置にディスクが装填された最初の段階(ステップM1参照) [0175] Here, the step from the step N1 to step N6, as shown in FIG. 14, first step a disc is loaded on the recording and reproducing apparatus (see step M1)
において実行されて、あらかじめ必要な情報を取得して一時記録メモリに格納しておき、また、簡易消去の際には、ステップN0で簡易消去命令が出されたときに、ステップN1、N3及びN5で取得されるべき情報を、該一時記憶メモリから取得しても良い。 Be performed in, may be stored in the temporary storage memory to obtain the pre-required information, also the time of quick erase, when the quick erase command is issued in step N0, step N1, N3 and N5 in the information to be acquired may be acquired from the temporary storage memory.

【0176】従って、本発明の書き換え可能型相変化記録媒体のデータ消去方法は、基板上に相変化型記録層を設けてなり、情報記録領域に再生専用領域と書き換え可能領域とを有する記録媒体におけるものである。 [0176] Thus, the data erase method for a rewritable phase-change recording medium of the present invention comprises providing a phase-change recording layer on a substrate, a recording medium having a rewritable area and the read only area in the information recording area it is in the. 予め基板上にプレピット若しくは溝変形として記載され、記録媒体が部分的にプレピット列若しくは溝変形からなる再生専用領域を含む書き換え型であることを示す識別情報を認識する認識ステップと、再生専用領域のアドレス情報を取得してそのアドレス情報を記憶装置に転送するメモリ転送ステップと、記録媒体のファイル管理領域に記載されたファイル管理情報を消去する消去ステップと、 Been described as pre-prepits or grooves deformation on a substrate, the recording medium is partially the recognition step of recognizing identification information indicating that the rewritable type comprising a read only area consisting of pre-pits rows or grooves deformation, the reproduction-only area a memory transfer step of transferring the address information in the storage device obtains the address information, and erasing step of erasing the file management information described in the file management area of ​​the recording medium,
そして、ファイル管理領域に、記憶装置に転送された再生専用領域のアドレス情報を記録する再記録ステップとをそなえて構成されたことになる。 Then, the file management area, so that the address information of the reproduction-only area, which is transferred to the storage apparatus is configured to include a re-recording step of recording.

【0177】ついで、ROMとRAM領域とのそれぞれのデータフォーマットについて説明する。 [0177] Next, a description for each of the data formats of ROM and RAM areas. まず、プログラム領域に記録されるべきデータ構造は、大別すると、 First, the data structure to be recorded in the program area is roughly,
ISO9660フォーマットおよびUDF(ユニバーサル・ディスク・フォーマット)バージョン1.5で規定された固定長パケット記録フォーマットの2種類に分けられる。 It is divided into two types of ISO9660 format and UDF (Universal Disc Format) fixed-length packet recording format specified by version 1.5.

【0178】ISO9660フォーマットは本来再生専用のCD−ROM(イエローブック)の、ファイル管理情報に関する手続きを定めたものであり、書き換え型のファイル管理にはそれほど適していない。 [0178] of the ISO9660 format is the original read-only CD-ROM (Yellow Book), it is as defined the procedures for file management information, not very suitable for file management of rewritable type. つまり、特定のファイルがディスク上の固定され、かつ一続きの連続したアドレスに存在することが前提であり、ハードディスクのようなランダムアクセス可能で、パケット(セクターあるいはクラスターとも言われるデータの最小のまとまり)ごとに記録されるデータ構造には不向きである。 In other words, a particular file is fixed on the disc, and a prerequisite to be present in a series of consecutive addresses, can random access such as a hard disk, a packet (the minimum chunk of data, also referred to as sector or cluster ) is not suitable for the data structure to be recorded for each. しかし、広く普及したフォーマットでありCD−R However, a format that is widely used CD-R
OMドライブから再生できる。 It can be played back from the OM drive.

【0179】一方、UDFバージョン1.5及びマルチリードフォーマット(以下では単にUDFフォーマットと呼ぶ)は、ISO13340と呼ばれるファイル構造に関する国際規格のサブセットとして米国の業界団体O [0179] On the other hand, (simply referred to as UDF format below) UDF versions 1.5 and multi-lead formats, US industry groups as a subset of the international standard for file structure called ISO13340 O
STA(Optical Storage Techn STA (Optical Storage Techn
ology Association)によって定められたものであり、また、固定長パケット記録の構造としては、通常は、図10に示すパケット構造が用いられている。 Are those defined by ology Association), also, as the structure of the fixed-length packet recording, typically, are used packet structure shown in FIG. 10.

【0180】このフォーマットは、特にランダムアクセス可能なCD−RW及び同等の仮想的論理デバイスとしてのディスク上におけるファイル管理情報のあり方を定め、ホストコンピュータからのファイル管理を容易ならしめ、かつ、互換性を確保するために規定されたものである。 [0180] This format defines the way file management information in the particular random accessible CD-RW and similar virtual logical device as a disk on, tighten if easy file management from the host computer and compatible those defined in order to ensure. 以下では、既存ドライブのハードウェアおよびファームウエア、ホストコンピュータのCD−ROM,C In the following, existing drive hardware and firmware, the host computer CD-ROM, C
D−R/RW用ドライブのデバイスドライバ、および上記UDFのバージョン1.5のファイルフォーマットと親和性のよい、パーシャルROMの論理構造を詳細に説明する。 D-R / of RW Drive device drivers, and good file format and affinity of the UDF version 1.5, illustrating the logical structure of a partial ROM in detail.

【0181】すなわち、プログラム領域をマルチセッションフォーマットの規定に従って2つのセッションに分割し、第1セッションをROM領域、第2セッションをRAM領域とするか、もしくは、第1セッションをRA [0181] That is, by dividing the program area into two sessions in accordance with the provisions of the multi-session format, the first session ROM region, or the second session and the RAM area, or the first session RA
M、第2セッションをROM領域とした論理的な構造を有する媒体である。 M, a medium having a logical structure that the second session as the ROM area. このように、マルチセッションフォーマットで複数のセッションからなるディスクにおいて、特定のセッションを再生専用とするP−ROMの場合、原則的には、各セッション内のファイル管理方式はすべて同一であることが望ましい。 Thus, in the disk comprising a plurality of sessions in multi-session format, if the P-ROM to play only a particular session, in principle, it is desirable, all the file management method in each session is identical . すなわち、現行のオレンジブックでは、各セッション内でファイル管理方法がISO9660フォーマットや、UDFフォーマットで統一されていれば、セッション間で異なってもよいことになっている。 That is, in the current of the Orange Book, a file management method in each session is ISO9660 format and, if it is unified in the UDF format, are supposed to be different between sessions. 異なるセッションは、仮想的に別個のディスクとみなすことができるからである。 Different sessions is because it is possible to virtually regarded as a separate disk. しかし、P However, P
−ROM媒体では、後述のようにROMであるセッションからアプリケーションプログラムのデータを再生し、 In -ROM medium, it reproduces the data of an application program from a ROM as described later sessions,
該プログラムに基づいて所定の処理を実行して、その結果を直ちにRAMであるセッションに記録するようなインタラクティブな用途が想定され、ROMであるセッションとRAMであるセッションとの間で頻繁にデータの再生/記録のためのアクセスが行なわれうる。 Executes a predetermined processing based on the program, the result immediately interactive applications such as recording the session a RAM is assumed, the frequent data between a session a session and RAM and a ROM access for reproducing / recording can be performed. 一般的には、各セッション間の切り換えごとに、ファイル管理方法を切り換えしないで済む方法を用いるほうが、デバイスドライバが簡便になるので好ましい。 In general, for each switching between the sessions, better to use a method that it is not necessary to switch the file management method, since the device driver is simplified preferred.

【0182】そして、書き換え可能領域においては、U [0182] Then, in the rewritable area, U
DFの固定長パケット記録であることが望ましいから、 Since it is desirable DF is a fixed-length packet recording,
全セッションにおいてUDFフォーマットでファイル管理することが望ましい。 It is desirable to file management in the UDF format in all sessions. しかし、セッション間で異なるファイル管理方法を用いるのが、むしろ有利であると考えられる場合もある。 However, to use a different file management method between sessions, sometimes it considered to be rather advantageous. その一つの方法は、UDFでのファイル管理を可能とするデバイスドライバ・プログラムをISO9660フォーマットで第1セッションにRO One way is, RO to the first session a device driver program that enables file management in UDF in ISO9660 format
Mデータとして記載し、ディスクを記録再生装置に装填したときに、該デバイスドライバを読み出してUDFフォーマットのデータの読み書きを可能とするものであって、このような使用方法には適している。 Described as M data, when loaded with the disk to the recording and reproducing apparatus, comprising those that enable the reading and writing of data of the UDF format reads the device driver, it is suitable for such usage.

【0183】より具体的には第1セッションがROM領域、第2セッションがRAM領域をなすようにし、図1 [0183] More specifically the first session is a ROM area, a second session is to form a RAM area, FIG. 1
2(a)の構造を有し、ROM領域をISO9660フォーマットとし、RAM領域をUDFフォーマットに従った、固定長パケット記録領域として用いる。 It has the structure of 2 (a), the ROM area and ISO9660 format, according to the RAM area in the UDF format, used as the fixed-length packet recording area. 図12 Figure 12
(a)のように、最初のセッションをISO9660としたほうが、よりISO9660フォーマットのファイル管理方法を踏襲しやすい。 (A), in the first session it is better to the ISO9660, easy to follow the file management method of more ISO9660 format. なぜなら、ISO9660 This is because, ISO9660
では、まず、プログラム領域の最初の方にある論理アドレス16の情報が取得されるからである。 So it first, because the information of the logical address 16 in the beginning of the program area is acquired. なお、通常、 It should be noted that, usually,
論理アドレスの一番地は、CD−ROMフォーマットの1ブロック長に対応している。 Most areas of the logical address corresponds to the length of one block of CD-ROM format.

【0184】図12(a)に示す配置は、第1セッションがROM領域であり、第2セッションがRAM領域となっており、第1セッションはISO9660フォーマットによって書き込まれ、第2セッションはUDFフォーマット(バージョン1.5)によって書き込まれている。 [0184] arrangement shown in FIG. 12 (a), first session is the ROM area, the second session has a RAM area, the first session is written by the ISO9660 format, the second session UDF format ( written by version 1.5). そして、マルチセッション方式を用いた書き込み方式の規定に従い、各セッション毎にリードイン領域とリードアウト領域とが設けられている。 Then, in accordance with the provisions of the writing system using a multi-session method, a lead-in area and the lead-out area is provided for each session. また、PMAにR In addition, R to PMA
AM領域である第2セッション以降の未記録領域の開始アドレスが記録されるようにしておく。 Start address of the unrecorded area of ​​the second session after a AM area should be recorded.

【0185】このような処置をされた第1セッションは閉ざされたセッションと認識され、マルチセッションの規定により、再書き込みはできない再生専用領域と認識される。 [0185] The first session that is treatment is recognized as a closed session, by the provision of a multi-session, it is recognized that the reproduction only area can not rewrite. したがって、第1セッションのデータに前述のATIPフレーム、サブコード又はブロック単位でのR Thus, ATIP frame of the aforementioned data in the first session, R in the sub-code or block
OMデータ属性を付与するとともに、第1セッションを閉じておけば、システム上2重に再書き込み禁止処置がなされたことになり、ROMデータ破壊防止の信頼性が高まる。 With imparting OM data attribute, if closing the first session, re-write inhibit treatment doubly on the system will be have been made, it increases the reliability of the ROM data destruction.

【0186】このような処理をすることにより、下記のようなデータ記録方法が可能となる。 [0186] By such processing, it is possible to data recording method as described below. 即ち、通常、再生専用領域のデータ属性情報にアクセスした後、再生専用領域に実行可能形式で記録されたプログラムデータを外部のコンピュータに転送する転送ステップと、該外部のコンピュータにて自動的に該プログラムデータを実行して、書き換え可能領域にデータを記録する実行ステップとが行なわれる。 That is, normally, after accessing the data attribute information of the reproduction-only area, a transfer step of transferring the program data recorded in executable form in the reproduction-only area outside the computer, automatically the at external computer run the program data, and execution step of recording is performed data in the rewritable area.

【0187】図16はROMデータの自動実行操作の一例を示すフローチャートであり、オペレーティングシステムがWindows(マイクロソフト社製商品名)であるホストコンピュータに記録再生装置が接続されている場合の、かかる自動実行操作の説明のためのフローチャートである。 [0187] Figure 16 is a flow chart showing an example of automatic execution operation ROM data, when the operating system is the recording and reproducing apparatus to the host computer is connected is a Windows (Microsoft Corporation, trade name), such autorun is a flow chart for explaining the operation. まず、図14のステップM12までのフローが実行された後の待機状態ステップM13を、図1 First, the wait state step M13 after the flow to step M12 of FIG. 14 is executed, FIG. 1
6のステップP0とし、ステップP1にて再生専用領域である第1セッションのファイル管理情報がISO96 And Step P0 of 6, file management information of the first session is a read-only area at step P1 is ISO96
60の手順に従って取得される。 It is obtained in accordance with 60 of the procedure. Windowsでは、 On Windows,
ステップP2においてルートディレクトリが検索され、 Root directory is searched in step P2,
autorun. autorun. infという名前のファイルがあれば、Yesルートを通り、ステップP3において該ファイルがホストコンピュータに転送され、ステップP4において該ファイルにて規定された内容のプログラムが自動的に起動して実行する(実行ステップ)。 If there is a file named inf, through Yes route, the file in step P3 is transferred to the host computer, the contents of the program defined by the file in step P4 boots and executes automatically (Run step). ここでau Here au
torun. torun. infが他の実行形式プログラムファイルを指し示して、流用している場合は、順次指示されたファイルをホストコンピュータに転送し、実行する。 inf is pointing to other executable program file has been diverted forwards sequentially instruction file to the host computer, it executes. ステップP5において一連のプログラムの実行が終了し、ステップP0に戻る。 Sequence of program execution is completed at step P5, it returns to step P0. もし、ルートディレクトリに、au If, in the root directory, au
torun. torun. infという名前のファイルが存在しなければ、図14のステップM13に戻って待機状態となる。 If there is no file named inf, in a standby state returns to step M13 of FIG. 14. なお、ステップP2にてautorun. It should be noted, autorun in step P2. infという名前のファイルがなければ、Noルートを通り、ステップP0からの処理が繰り返される。 If a file named inf, through the No route, the processing from step P0 is repeated.

【0188】現在、もっとも広く普及し、コンピュータにほぼ100%内蔵されて出荷される光ディスクシステムであるCD−ROMとの互換性を維持する上で、IS [0188] In terms of the current, most widely used, compatibility with CD-ROM is an optical disc system to be shipped are built almost 100% to the computer, IS
O9660フォーマットは重要である。 O9660 format is important. 特に、ROM領域のデータが自動的にホストコンピュータに読み込まれ、実行されるようなブータブル・プログラムである場合は既存フォーマットとの完全な互換性が求められる。 In particular, the data in the ROM area is automatically loaded into the host computer, if a bootable program as implemented fully compatible with existing formats are required.
さらに、必ずしも普及の進んでいないUDFフォーマットを扱うデバイスドライバ(及びそれをインストールするプログラム)を、通常のCD−ROMデバイスドライバからアクセス可能なISO9660フォーマットでR Furthermore, R necessarily the device driver that handles UDF format not proceed with the spread (and program to install it), from a normal CD-ROM device driver accessible ISO9660 format
OMデータとして記録しておき、該プログラムをホストコンピュータ上に読み込んで、UDFデバイスドライバをインストールするような使用方法も想定される。 Record as OM data, reads the program on the host computer, the method used so as to install the UDF device drivers are also contemplated.

【0189】図12(b)に示す配置は、第1セッションがUDFフォーマットのRAM領域,第2セッションがISO9660フォーマットのROM領域である。 [0189] arrangement shown in FIG. 12 (b), RAM area of ​​the first session UDF format, the second session is the ROM area of ​​the ISO9660 format. この図12(b)においては、第2セッションのデータに条件付再生可能属性を与える使用方法が特に有用である。 In this FIG. 12 (b), the method used to provide a reproducible attributes conditional data of the second session are particularly useful. すなわち、記録ドライブ装置は、第1セッションのRAM領域にのみユーザーデータを書き込む一方、ユーザーは、第2セッションにアクセスできないようにされており、そして、特定の暗号情報等をユーザーが入力することにより第2セッションのROM情報を読み出すように使用するのである。 That is, the recording drive unit, while writing the user data only in the RAM area of ​​the first session, the user is to prevent access to the second session, and specific encryption information, etc. by the user to enter it is for use to read ROM information of the second session. 従って、所望のユーザーのみが、書き換えできる領域が、設けられるので、取り扱いが容易となる。 Thus, only the desired user, the area that can rewrite, so provided, it is easy to handle.

【0190】いずれの場合も、ISO9660フォーマットのセッションの場合には、リードイン/リードアウト及びプログラム領域のすべてのブロックはユーザーデータブロックである。 [0190] In either case, in the case of the ISO9660 format session, all the blocks of the lead-in / lead-out and the program area is a user data block. また、UDFフォーマットのセッションの場合には、リードイン/リードアウト及びプログラム領域に、図10に示すような、リンクブロック、 In the case of the UDF format session, the lead-in / lead-out, and a program area, as shown in FIG. 10, the link block,
ランインブロック、ユーザーデータブロック、ランアウトブロックが形成される。 Run-in block, the user data block, the run-out blocks are formed.

【0191】また、図12(a)、(b)のようにして、プログラム領域がマルチセッションフォーマットの規定に従って、2つのセッションに分割され、RAM領域となるセッションをひとまとめにして、UDFフォーマットに従った、固定長パケット記録領域として用いることができ、利便性が向上する。 [0191] Further, FIG. 12 (a), the in the as in (b), however, in accordance with the provisions of the program area is multi-session format is divided into two sessions, collectively the session as a RAM area, according to the UDF format and it can be used as a fixed-length packet recording area, thereby improving convenience. 一方、ISO9660 On the other hand, ISO9660
とUDFとのそれぞれに対応したデバイスドライバを切り換える必要がない方が好ましい場合もある。 Who do not have to switch the device driver corresponding to each of the UDF and may be preferred. UDF対応のデバイスドライバの普及が進めば、CD−RWでは、全プログラム領域をUDFフォーマットで管理できることが望ましい。 Progress in the spread of UDF compatible device driver, the CD-RW, it is desirable that the entire program area can be managed by UDF format. その場合には図12(c)又は(d)のレイアウトが適している。 The layout shown in FIG. 12 (c) or (d) is suitable in that case. 図12(c)のレイアウトは、シングルセッションで、UDFの固定長パケット記録を行なうようにフォーマットされており、RO The layout of FIG. 12 (c), a single session, are formatted to perform fixed-length packet recording of UDF, RO
M領域とRAM領域とは、図10に示すようなリンクブロックを介して切り換わっている。 The M and RAM areas are changed outright over a link block, as shown in FIG. 10. また、図12(d) Further, FIG. 12 (d)
のレイアウトは、2セッションからなるマルチセッションフォーマットで、一方をROM領域とし、他方をRA The layout, in multisession format consisting of two sessions, the one with the ROM area, and the other RA
M領域とし、共に、UDFの固定長パケット記録を行なうよう、図10のようにフォーマットされている。 And M region, together, to perform a fixed-length packet recording of UDF, are formatted as shown in Figure 10.

【0192】図12(c)及び図12(d)のレイアウトの場合、ROM領域は、一連の連続的なアドレス上にまとまって配置されることが望ましい。 [0192] When the layout shown in FIG. 12 (c) and FIG. 12 (d), ROM region, is preferably disposed collectively on a series of successive addresses. 具体的には、R Specifically, R
OM領域は、例えば、UDFで規定されるAVDP(A AVDP OM region, for example, defined by UDF (A
nchor Volume Descriptor Po nchor Volume Descriptor Po
inter、論理アドレスの257番地目に置かれる。 inter, is placed in a 257 address eyes of the logical address. )を基準として記載される一群のファイル管理情報データをRAMデータで記載した後に、まとめて配置することが望ましい。 ) After that described in RAM data a group of file management information data is described as a reference, it is desirable to place together.

【0193】これにより、他のRAMデータの書き換えや、交代セクタ処理によって、RAMデータのサイズが増加したときに、RAMデータのアドレスが分断されないようになり、システム上、アクセス時間を節減しファイル管理情報を簡便化する上で望ましい。 [0193] Thus, rewriting and other RAM data, the alternate sector processing, when the size of the RAM data is increased, the address of the RAM data is not be divided, the system on, the file management saving access time desirable for simplifying the information. 図12(a) Figure 12 (a)
〜(d)のいずれの場合においても部分的にしろRAM ~ RAM white even partially in the case of any of (d)
型領域を有し、ユーザーデータ領域の内容が書き換わるならば、リードイン領域は書き換え可能であることが望ましい。 It has a type region, if the contents of the user data area is rewritten, it is preferable the lead-in area is rewritable. PMA領域も一時的にリードインと同じく、ファイル管理情報を保管するのであるから、RAMデータであることが望ましい。 PMA region like the temporary lead-in, since it is to store the file management information, it is desirable that the RAM data.

【0194】しかし、リードアウト領域、特に図12 [0194] However, lead-out area, especially 12
(a)における第1セッションのROMデータがプレピット列からなる場合は、第1セッションのリードアウトはプレピットで形成しておくことが望ましい。 ROM data in the first session in (a) is if composed of pre-pits rows, the lead-out of the first session it is desirable to form with pre-pits. リードアウトのデータは書き換えられることはないから、アドレスが固定しているのなら、プレピットで形成しても支障がないし、記録によってリードアウトを形成する時間を省略できる。 Since no data of the read-out is rewritten, if the address is fixed, to no problem even if formed with pre-pits, it can be omitted time for forming the lead-out by the recording. また、PMAに記載するファイル管理情報において、第1セッションにかかわる情報のみをプレピット列からなるマスターROMデータで記載することも可能である。 Further, in the file management information described in PMA, it can be described by the master ROM data comprising only information related to the first session from pre-pits rows.

【0195】以上の、リードイン、PMAの記録処置(必要ならリードアウトの記録)は、工場での製造段階で行ない、ユーザーサイドでは前処理なしに、直ちにR [0195] The above, lead-in, recording treatment of PMA (if necessary of the lead-out recording) is performed at the manufacturing stage of the factory, with no pre-processing on the user side, immediately R
OMデータを再生し、あるいは、RAM領域への書き込みが行なえることが望ましい。 Play the OM data, or writing to the RAM area may be desirable performed. なお、本CD−RWディスク10ではROM領域も、RAM領域もEFM変調信号で記録されており、サブコードによる絶対時間情報も切れ目なく連続していることが必要である。 Incidentally, ROM area in the CD-RW disc 10 also, RAM region are recorded in the EFM modulation signal, it is necessary to also continuously without break absolute time information by the sub-code. 通常、RO Normally, RO
M領域とRAM可能領域の切れ目は、コンパクトディスクにおけるデータの単位である、トラックもしくはセッションの切れ目に対応している必要がある。 Break of M region and RAM region is a unit of data in a compact disc, it is necessary to correspond to the cut of the track or session. このデータの切れ目では、CD−RWの規格(オレンジブック・パート3)で規定されるデータの追記部でのlinkin In the break of this data, linkin of the write-once part of the data that is defined in the CD-RW standard (Orange Book Part 3)
g規則を適用することが必要である。 It is necessary to apply the g rule. 特にプレピット列52からなるEFM信号データによって形成されたRO RO formed by EFM signal data, especially made of pre-pits rows 52
M領域と、RAM領域とのつなぎ目では、上書きされるEFMデータ信号とプレピット列52のEFMデータ信号との間に未記録領域ができないよう、およそ2EFM And M region, the joint of the RAM area, so that there is no unrecorded area between the EFM data signal EFM data signal and prepit train 52 to be overwritten, approximately 2EFM
フレーム以内の範囲のプレピットEFMデータ信号上に上書きするように上書きすべきEFMデータの記録を開始することが望ましい。 It is desirable to start recording of the EFM data to be overwritten to overwrite on prepit EFM data signal range within the frame. 上書きされた部分では、プレピット列52のデータは消去できないから、2種類のデータが混信してEFM信号は部分的に破壊されるが、この程度の範囲内であれば、CD再生システムのエラー訂正能力により訂正可能であり、再生ドライブ装置から出力されるデータに、エラーは伝播しない。 In overwrite portions, since the data of pre-pits rows 52 can not be erased, but two EFM signal data with interference is partially destroyed, as long as it is within the range of this order, the error correction of the CD playback system is correctable by the ability, in the data output from the reproducing drive apparatus, the error does not propagate.

【0196】このようにして、CD−RWディスク10 [0196] In this way, CD-RW disc 10
において、論理的なROM、及び、ライトワンスタイプのディスクを実現できるとともに、部分的にROMデータを有するP−ROMディスクにおいて、ROMデータのRAMデータの識別を容易にし、実用的なファイル管理方法を構築することが可能となる。 In a logical ROM, and, together with possible to realize a write-once type disc, the P-ROM disks partially having a ROM data facilitates identification of the RAM data in ROM data, the practical file management method it is possible to construct. (B)その他の態様 本発明は上述した実施態様及びその変形例に限定されるものではなく、本発明の趣旨を逸脱しない範囲で、種々変形して実施することができる。 (B) Other embodiments The present invention is not intended to be limited to the embodiments and modifications described above, without departing from the scope of the present invention can be modified in various ways.

【0197】上記の説明では、モード1フォーマットを使用した場合を想定したが、これ以外のモードでも可能であり、モードの差異は本発明の趣旨に影響するものではない。 [0197] In the above description, it is assumed when using mode 1 format, are also possible in other modes, the difference in the mode does not affect the spirit of the present invention. また、層構造の6層は一例であって、6層に限定されるものではない。 Moreover, the six-layer of the layer structure is an example, not intended to be limited to six layers. さらに、上記の説明は、CDフォーマットに限定されるものではなく、例えば、ATI Further, the above description is not intended to be limited to CD format, for example, ATI
Pと同様の趣旨で設けられたADIP(address-in-pre ADIP, which is provided in the same spirit and P (address-in-pre
groove)にも適用することもできる。 It can also be applied to groove). このADIPとは、時間ではなく単に連続的な整数値でアドレスを表現したものである。 And the ADIP, is a representation simply address a continuous integer value rather than time. また、記録ドライブ装置は、これを用いて、同一内容のデータを付加することが可能となる。 The recording drive unit, by using this, it becomes possible to add the data of the same content.

【0198】そして、また、ウォブルは、溝の両側の壁が蛇行していても良いし、片側だけが蛇行していても良い。 [0198] and, also, the wobble is, to both sides of the wall of the groove may be meandering, only one side may be meandering. ここで、両側の壁が蛇行している場合に、それぞれの蛇行の周波数や変調方法が異なったものであっても良い。 Here, when the both side walls meanders, or may be different frequency or modulation method of each serpentine. さらに、ウォブルが、他の周期的な溝変形で実現されていてもよい。 Furthermore, wobbles may be implemented in other periodic groove deformation. 例えば、溝の深さの変動である。 For example, a variation in depth of the groove. 溝ピッチがCDフォーマットの如く約1.6μmで形成されていない、より高密度なトラックピッチを有する媒体にも当然適用可能である。 Groove pitch is not formed at approximately 1.6μm as CD formats can also be naturally applied to a medium having a higher density track pitch.

【0199】プレピット列や相変化による記録データ列で記載される基本データ単位には、前述のCD−RWフォーマットのサブコードQチャネルやCD−ROMフォーマットのヘッダ情報のように、ユーザーデータと同様のビット情報としてアドレス情報等の付加データを付加する場合と、予め溝蛇行や、溝間あるいはプレピット列間の平坦部にアドレス情報等の付加データ情報を記載する場合とがある。 [0199] The basic data unit that is described in the recording data sequence by pre-pits rows and phase change, as the subcode Q-channel or a CD-ROM format of the header information of the CD-RW format described above, the same user data in the case of adding additional data such as address information as bit information, and pre-groove meanders, and a case of describing the additional data information such as address information on the flat portion between the grooves or between pre-pits rows. 溝蛇行による付加データの付与は、前述のCDフォーマットのATIPフレームの場合がその例である。 Imparting additional data by groove wobbling, are examples cases of the ATIP frame of the aforementioned CD format. 一方、隣り合う溝の間の溝間部や隣接するプレピット列の間の平坦部に、凹凸ピット等の変形部や記録マークを設ける場合もありうる。 On the other hand, the flat portion between the land part and the adjacent prepit strings between adjacent grooves, there may be a case of providing the deformation portion and the recording marks such as pits. 図20は、プレピット列間及び溝間にピット列を設けてアドレスを含む付加データを付与した場合である。 Figure 20 is a If granted the additional data including the address provided pit row between pre-pits rows and between the grooves. 通常は、溝間をランドと称するが、プレピット列間の平坦部も広義のランドとみなすことができ、その広義のランド部に、ユーザーデータの基本単位のデータ列に沿って、ピット等の変形部を設けて、アドレスや付加データを付与するのである。 Normally, referred to as land between grooves, the flat portion between the pre-pits rows can also be regarded as broad land, the land portion of the broad, along the data column of the basic unit of user data, the deformation of pits the provided parts is to impart the address and additional data. その場合にも、図20(a)のように、再生専用領域プレピット列の列間の平坦部のピットによるアドレスを含む付加データ情報と、図20(b)に示す記録可能領域の溝間のピット乃至は記録マークによるアドレスを含む付加データ情報とは同一の論理構造を有し、アドレスは再生専用領域と記録可能領域とで連続していることが望ましい。 Also in this case, as shown in FIG. 20 (a), the the additional data information including an address by the pit of the flat portion between the rows of the read-only area pre-pits rows, between the grooves of the recordable area shown in FIG. 20 (b) or pits have the same logical structure as the additional data information including an address of the recording mark, the address is desirably contiguous with the recordable area and the reproduction only area. また、ユーザーデータのみならず、これらの付加データも、再生専用領域と記録可能領域で同等の物理信号特性を有することがより望ましい。 Further, not the user data but also those of the additional data, it is more desirable to have comparable physical signal characteristic in the recording area and the reproduction only area.

【0200】さらに、上述した内容においては、ディスクあるいはP−ROMであることの識別情報や、トラックないしはセッション単位でのROM領域のアドレス情報をリードインのサブコードQチャネルに記載しておく例をあげたが、リードイン領域のメインチャネルに記載しても良い。 [0200] Furthermore, in the contents described above, and the identification information that is a disk or P-ROM, an example to be described in the subcode Q-channel address information read-in ROM area at the track or session units I was raised, but it may also be included in a main channel of the lead-in area. ここで、ROM領域のアドレス情報とは、 In this case, the address information of the ROM area,
個々のROM領域の開始アドレス,終了アドレス,容量(データ長)のうちの少なくとも一つの情報(アドレス又は容量)である。 Start address of each ROM area, at least one information of the end address, the capacity (data length) (address or volume). さらに、個々のROM領域が、複数のユーザーデータファイルを含む場合に、それらのファイル構造(ディレクトリ構造や各ファイルの開始・終了アドレス等)を管理するファイル管理情報がつけ加えられたものは、広義のROM領域のアドレス情報とみなすことができる。 Moreover, the individual ROM areas, when containing a plurality of user data files, which file management information for managing their file structure (start and end address of the directory structure and the files, etc.) have been added, the broad it can be regarded as the address information of the ROM area.

【0201】その場合、リードイン領域における一部のアドレスのメインチャネルを、上記ROM領域のアドレス情報の記載に割り当てるようにして、プレピットによって、リードイン領域のメインチャネルに該ROM領域のアドレス情報を記入することもできる。 [0202] In this case, the main channel of the part of the address in the lead-in area, as allocated to the description of address information of the ROM area, the pre-pits, address information of the ROM area in the main channel of the lead-in area it is also possible to fill. 例えば、固定長パケットを記録するときは、リードインにも図10に示すように、固定長パケットが多数形成されるので、その一部のパケットのユーザーデータブロックのメインチャネルに、上記アドレス情報をプレピットにより記載することが好ましい。 For example, when recording a fixed length packet, as shown in FIG. 10 in the lead-in, the fixed-length packets are formed a large number, the main channel of the user data block in the part of the packet, the address information it is preferable to describe the pre-pits.

【0202】なお、ROM領域のアドレス情報を、リードイン領域に、マスターROMデータとして記録する場合は、そのROMデータが、プレピットでなく、高周波数で変調されている溝変形等であっても良い。 [0202] Incidentally, the address information of the ROM area, the lead-in area, when recording a master ROM data, the ROM data is not pre-pits may be groove deformation, which is modulated at a high frequency . (C)応用例 以下に本発明の再生専用領域を有する書き換え可能相変化媒体を有効に用いるための応用例と、その実行手段について述べる。 (C) and applications for effectively utilizing the rewritable phase change medium having a reproduction-only area of ​​the present invention will application describes the execution unit.

【0203】本発明のP−ROM媒体の好ましい実施形態は、再生専用領域が、プレピット列によりデータを記録した第1再生専用領域とデータを書き込み再書き込み禁止をすることにより形成した第2再生専用領域とを有し、さらに、書き換え可能な領域を有する媒体である。 [0203] Preferred embodiments of the P-ROM medium of the present invention, the reproduction-only area, a second reproduction-only formed by the re-write inhibit writing a first reproduction-only area and data recording the data by pre-pits rows and a region, further, is a medium having a rewritable area.
この場合、第1再生専用領域は、マスターROM領域であり、第2再生専用領域はポストROM領域である。 In this case, the first reproduction-only area is a master ROM area, a second reproduction-only area is a post ROM area. すなわち、上記好ましい形態の媒体は、マスターROM領域とポストROM領域とRAM領域との3種類の領域を全て同一のディスク上に設けてなる。 That is, the preferred form of media is formed by providing three regions of the master ROM area and the post ROM area and the RAM area to all on the same disk.

【0204】以下に説明する内容は、このような3種類の領域を有する媒体の具体的な応用例である。 [0204] Contents to be described below is a specific application of the medium having such three kinds of regions. 実行プログラムからならメインルーティンと複数の内容からなるカスタマイズされたデモンストレーションデータ集との2種類のデータをROMデータとして収録しておく。 Previously recorded two types of data to and from the main routine and the plurality of customized demonstration data collection consisting of content if from the execution program as ROM data. 例えば、メインルーティンは、ユーザーインターフェースとしてメニュー画面を起動し、ユーザーの選択によって各種処理が実行されるようなプログラムである。 For example, the main routine, to activate the menu screen as a user interface, a program such as various types of processing by the user's selection is performed. ユーザーがメニュー画面にしたがって、特定のデモストレーションの実行を選択した場合、デモンストレーションデータ集から、選択されたデータを取得して、メインルーティンのプログラムによって、デモンストレーションが実行される。 According to the user the menu screen, if you choose to perform specific demonstration from the demonstration data collection, to obtain the selected data, by the main routine of the program, the demonstration is executed. その後、該デモンストレーションに基づいてユーザーが復唱するなどしたユーザーデータが、RAM Then, user data such as user repetition based on the demonstration, RAM
領域に記録される。 It is recorded in the area.

【0205】そして、メインルーティンのプログラムをマスターROM領域に格納し、デモンストレーションデータ集は、個々のユーザーごとに異なった内容とすることができるようにカスタマイズ可能とするため、ポストROM領域に格納し、ユーザーデータをRAM領域に記録する。 [0205] and stores the main routine of the program to the master ROM area, demonstration data collection, in order to and can be customized so that it can be the content that is different for each individual user, and stored in the post ROM area, to record the user data in the RAM area. さらに、具体的に説明するため、書き換え型コンパクトディスクの場合を考える。 Further, To illustrate, consider the case of a rewritable compact disc.

【0206】このような媒体においては、該アプリケーションプログラム及びユーザーデータが同一のファイル管理構造を有する固定長パケット単位で記録されることが望ましく、UDFフォーマットに従ったファイル管理方法を採用することが望ましい。 [0206] In such a medium, desirably the application programs and user data are recorded in fixed-length packet unit having the same file management structure, it is possible to employ a file management method according to the UDF format desired . すなわち、例えば、図17に示すように記憶媒体上のデータを配置する。 That is, for example, to place data on the storage medium as shown in Figure 17.

【0207】図17はP−ROMデータ配置の一例を示す図であるが、この図17に示すP−ROM媒体は、図4(a)に示すプログラム領域ACの最内周の連続した領域に所定のアプリケーションプログラムのデータが格納されたアプリケーションプログラム領域がROM属性を有する第1セッションとして形成され、残りの領域に少なくとも上記アプリケーションプログラムに関連するユーザーデータを記録可能なユーザーデータ記録領域が別のRAM属性を有する第2セッションとして設定されている。 [0207] Although FIG. 17 shows an example of a P-ROM data arrangement, P-ROM medium shown in FIG. 17, in consecutive areas of the innermost program area AC shown in FIG. 4 (a) application program area in which data is stored in the predetermined application program is formed as a first session with a ROM attribute, at least the user data recording area capable of recording user data related to the application program of another RAM the remaining area It is set as the second session with the attribute.

【0208】ここで、アプリケーションプログラムを含むROM属性のセッション(第1セッションのプログラム領域150)は、マスターROM領域152とポストROM領域153との両方から構成されるようにする。 [0208] Here, the ROM attributes including an application program session (the program area 150 of the first session) is to be composed of both a master ROM area 152 and the post ROM area 153.
このROM属性のセッション(マスターROM領域15 Session of the ROM attribute (master ROM area 15
2及びポストROM領域153)は、第1セッションリードイン領域141と第1セッションリードアウト領域160とでクローズされ、RAM属性のセッション(R 2 and the post ROM area 153) is closed by the first session lead-in area 141 and the first session lead-out area 160, the RAM attribute Session (R
AMセッション)は第2セッションリードイン領域14 AM session) is the second session lead-in area 14
2と第2セッションリードアウト領域161とでクローズされる。 It is closed by 2 and the second session lead-out area 161. また、第1セッション,第2セッションはともに、UDFの規定により図10のパケット構造を有し、RAM領域154を含む第2セッションはUDFの規定に従って、あらかじめ図10のブロック構造がRA The first session, a second session together, has a packet structure in FIG. 10 by the provision of UDF, second session including a RAM area 154 in accordance with the provisions of the UDF, advance block structure of FIG. 10 RA
Mデータにより記録されフォーマットされている。 Is formatted is recorded by M data.

【0209】また、アプリケーションプログラムを含む第1セッション全体の属性としては、書き込み禁止(再生専用)属性としておき、第1セッションプログラム領域150に、プレピット列からなるマスターROM領域と、未記録の記録領域(案内溝のみが存在する)からなるポストROM領域とが連続して形成される。 [0209] As the first session entire attributes, including application programs, the write inhibit leave the (read only) attribute, the first session program area 150, a master ROM area comprising a pre-pits rows, unrecorded recording area and post ROM area (only the guide groove is present) consists is continuously formed. マスターROM領域152の終端とポストROM領域153の始端とは、図10に示すリンクブロック25aを介してつながっている。 The beginning of the termination and post ROM area 153 of the master ROM area 152, are connected via a link block 25a shown in FIG. 10.

【0210】そして、セッション単位で再生専用もしくは書き換え可能の属性を付与するとともに、ATIPフレーム、EFMフレームあるいはブロック単位でデータ属性を規定することを併せ用いるのが好ましい。 [0210] Then, while applying a reproduction-only or rewritable attribute per session, ATIP frame, preferably used together to define a data attribute in EFM frame or block unit. つまり、プレピット列からなるマスターROM領域152には、書き込み禁止(再生専用)属性を付与し、書き換え可能な未記録領域には、1回だけ(初回だけ)書き換え可能属性を付与する。 That is, the master ROM area 152 consisting of pre-pits rows, write inhibit (read only) the attributes assigned to the unrecorded area rewritable only once (first time only) imparting rewritable attribute. 最も好ましいのは、前述のように、マスターROM領域152のプレピット列もポストROM領域153の溝も蛇行させてATIPによって、 Most preferably, as described above, the ATIP Grooves also to meandering of pre-pits rows also post ROM area 153 of the master ROM area 152,
データ属性を付与することである。 It is to grant the data attribute.

【0211】そして、マスターROMデータ及びポストROMデータのそれぞれの記録は工場もしくは、ソフト作成者側でのみ実施するものとし、ユーザーに配布されて後は、ユーザー側では、第1セッションの属性規定に基づいて、書き込み禁止(再生専用)セッションとして、認識される。 [0211] Then, each recording master ROM data and post ROM data plant or, shall be carried out only by the soft creator side, after being distributed to the user is the user side, the attribute defines the first session based on, as read (read only) session recognized. また、マスターROM領域152及びポストROM領域153の境界では、蛇行した中心線を有するプレピット列から、溝蛇行に切り換わっていて、 Further, at the boundary of a master ROM area 152 and the post ROM area 153, the pre-pits rows having serpentine center line, have switched into the groove meandering,
ATIP情報によるアドレスは連続的に付与されている。 Address by the ATIP information is continuously granted.

【0212】特に後者の具体的な応用例として、言語学習のためのアプリケーションを想定すると、図17においてユーザーインターフェースのためのメニュー画面や、該メニュー画面からの選択に基づいて、デモンストレーションデータを実行するための基本ルーティン(実行プログラム)155がマスターROM領域152に格納される。 [0212] Particularly specific application example of the latter, assuming the application for language learning, the menu screen or for the user interface 17, based on the selection from the menu screen and executes the demonstration data basic routines (executable program) 155 for is stored in the master ROM area 152. かかる基本ルーティンは、習得すべき外国語の種類によらない、すなわち、対象とするユーザーによらないのでマスターROMとして形成しておく。 Such basic routine, does not depend on the type of foreign language to be learned, i.e., previously formed as a master ROM does not depend on the user of interest. メインルーティンの表示は学習者の母国語、例えば、日本語とする。 Display of the main routine is the native language of the learner, for example, the Japanese.

【0213】ここでデモンストレーションデータとは、 [0213] Here in the demonstration data,
手本となる、フレーズの発音に相当し、デモンストレーションのデータ集156として、ポストROM領域15 As a model, it corresponds to the pronunciation of the phrase, as the data collection 156 of the demonstration, the post ROM area 15
3に格納される。 It is stored in the 3. デモンストレーションデータは異なる言語ごとに異なる内容となるが、それは、工場またはソフト作成者側において、ポストROM領域153に記録される。 Demonstration data is a different content for different languages, it is at the factory or soft creator side, is recorded in the post ROM area 153. 内容は複数のフレーズからなり、それぞれ、別々のデモ1のデータ1,デモ2のデータ2、・・・、デモnのデータnとして、メニュー画面の選択に応じて、 Content comprises a plurality of phrases, respectively, data 1 separate demo 1, data 2 demo 2, ..., as data n demo n, in response to the selection of the menu screen,
どのデモ番号のデータにでも直接アクセスできるように配置される。 Any demonstration, even to the number of data are arranged so as to directly accessible. デモンストレーションのフレーズをユーザーが復唱したデータはAD変換でデジタル化されて、それぞれ、デモ1の復唱データ1、デモ2の復唱データ2、・・・・、デモnの復唱データnとなり、ユーザーデータ集のテーブル(デモンストレーションの復唱データ集)157として、RAM領域154に格納される。 The phrase demonstration data user repetition is digitized by the AD converter, respectively, repetition data 1 Demo 1, repetition data 2 demo 2, ..., repetition data n next demo n, user data concentrator as the table (demonstration of repetition data) 157, it is stored in the RAM area 154.

【0214】かかる媒体を用いた実行手段として、本発明の記録再生装置は、プログラム領域の内周もしくは外周側の連続した領域に所定のアプリケーションプログラムのデータが格納されたアプリケーションプログラム領域をROM属性(再生専用属性)を有するセッション(再生専用領域)として形成し、その連続した領域の残りの領域に少なくとも上記アプリケーションプログラムに関連するユーザーデータが記録可能なユーザーデータ記録領域をRAM属性(書き換え可能属性)を有する別のセッション(書き換え可能領域)として設定し、該アプリケーションの再生と該アプリケーションに関連するユーザーデータの記録再生とを行なう記録再生装置である。 [0214] As execution means using such medium, the recording and reproducing apparatus of the present invention, an application program area in which data is stored in the inner periphery or the outer periphery successive predetermined application program in the area of ​​the program area ROM attribute ( session with a reproduction-only attribute) (reproduction-only area) as formed, the continuous region of at least said application program to the associated user data recordable user data recording area of ​​RAM attribute in the remaining region of the (rewritable attribute) is another session (rewritable area) is set as the recording and reproducing apparatus for recording and reproducing the user data related to the playback and the application of the application with. そして、提案する本発明の記録再生装置は、上記ディスク状媒体を装填して、P―ROM(部分的に再生専用領域を有する書き換え可能型相変化型光ディスク)であることを認識する認識手段と、この認識手段にて認識されたROMセッションにアクセスして、アプリケーションプログラムのデータを取得しそのプログラム内容を実行しうるプログラム実行手段と、このプログラム実行手段により実行されたアプリケーションプログラムに従って、所要の情報を入力することのできる情報入力手段と、このユーザーデータ記録領域にアクセスして、上記情報入力手段により入力された情報をユーザーデータとして記録することのできる記録手段とをそなえて構成されている。 The recording and reproducing apparatus of the proposed invention is loaded with the disc-shaped medium, recognizing means for recognizing that it is a P-ROM (rewritable phase change type optical disc having a partially read only area) , by accessing the recognized ROM session in the recognition unit, a program execution unit that obtains data of the application program may execute the program content, in accordance with the application program executed by the program executing means, required information an information input means capable of inputting, to access the user data recording area, the information input and recording means capable of recording the user data is constituted by the information input unit.

【0215】図18はP−ROMの記録再生方法を説明するフローチャートであり、本フローチャートは、例えば、図19に示す記録再生システムを用いて実現される。 [0215] Figure 18 is a flowchart illustrating a method of recording and reproducing P-ROM, this flowchart is realized, for example, by using the recording and reproducing system shown in FIG. 19. 図19は本発明の一実施形態に係る記録再生システムの構成図であるが、この図19に示す記録再生システムは、本発明の部分的に再生専用領域を有するCD−R Although FIG. 19 is a block diagram of a recording and reproducing system according to an embodiment of the present invention, a recording and reproducing system shown in FIG. 19, CD-R having a partially read only area of ​​the present invention
Wディスク(P−ROMディスク)210と、該媒体を記録再生するための記録再生装置220、及び、該記録再生装置220に接続されたホストコンピュータ(ホストPC)230を少なくとも含む。 And W disc (P-ROM disk) 210, it includes a recording and reproducing apparatus 220 for recording and reproducing the medium and the host computer (host PC) 230 connected to the recording and reproducing apparatus 220 at least. このホストコンピュータ230には、ユーザーとの入出力のやりとりをするインターフェースも含まれている。 The host computer 230 also includes an interface that transfers input and output with the user. ここで、記録再生装置220とホストコンピュータ230とは、相互にデータ転送が可能なように、データ転送路240で接続されている。 Here, the recording and reproducing apparatus 220 and the host computer 230, so as to be mutually in the data transfer are connected by the data transfer path 240. ホストコンピュータ230のCPU250によって、アプリケーションプログラムが解読実行される。 The CPU250 of the host computer 230, an application program is decrypted executed.
また、一時記憶メモリ260は、固体メモリもしくはハードディスクであり、プログラム実行中のワークスペースとして利用される。 Further, the temporary storage memory 260 is a solid state memory or a hard disk, is used as a work space in the program execution.

【0216】また、図18に示すステップS0から処理が開始され、ステップS1において本発明のP−ROM [0216] The processing from step S0 shown in FIG. 18 is started, P-ROM of the present invention in step S1
ディスクが装着される。 Disk is mounted. ここで、通常、ディスクの回転開始、フォーカス及びトラッキングサーボ等が確立される。 Here, typically, the rotation start of the disk, the focusing and tracking servo or the like is established. 続いて、ステップS2において、リードイン領域、 Subsequently, in step S2, the lead-in area,
PMA領域、PCA領域のそれぞれにおいてディスクの管理情報が読み込まれる。 PMA area, disc management information is read in each of the PCA area. このディスクの管理情報は、 Management information of the disk,
記録時の最適記録パワーや線速度に関する情報とともに、ディスクのタイプがCD−RWであることや、さらには、P−ROMタイプのディスクであることが判定される。 Along with information about the optimum recording power and linear velocity during recording, and that the type of disc is a CD-RW, is further determined to be a P-ROM type of disk.

【0217】引き続きステップS3により、リードイン領域、PMA領域において該ディスクがマルチセッションであることが判定される。 [0217] Continuing at step S3, it is determined lead-in area, in the PMA area the disc is multi-session. そして、ROMセッションである第1セッションのプログラム領域のファイル情報が取得される。 Then, the file information of the program area of ​​the first session is a ROM session is acquired. なお、ステップS1からステップS3 Steps from step S1 S3
は、CD−RWの記録再生装置220内において実行される。 It is executed in the recording and reproducing apparatus 220 of the CD-RW. また、ステップS1、S2、S3では、それぞれ、より詳細には、図15のフローチャートに示すようなフローが実行される。 In step S1, S2, S3, respectively, and more particularly, the flow shown in the flowchart of FIG. 15 is executed.

【0218】また、図18のステップS4において、C [0218] Further, in step S4 of FIG. 18, C
D−RWディスク210においてマスターROM領域1 Master ROM area 1 in D-RW disc 210
52のアプリケーションプログラムのメインルーティンのデータがホストコンピュータ230に読み込まれ、以後のステップはホストコンピュータ230のCPU25 The main routine of the data 52 application program is read into the host computer 230, subsequent steps CPU25 of the host computer 230
0により、記録再生装置220とデータとのやりとりをしながら実行される。 The 0 is performed while exchanging the recording and reproducing apparatus 220 and data.

【0219】通常は、ステップS5にあるように、まず、ユーザーインターフェースであるメニュー画面が起動され、ユーザーに以後の実行プログラムの動作を選択させる。 [0219] Typically, as in step S5, first, the start menu screen is a user interface to select the operation of the subsequent execution program to the user. ここで、ステップS6において、デモンストレーションの実行と、実行すべきデモンストレーションの内容とが選択され、デモンストレーションの実行開始が指示される。 Here, in step S6, the execution of the demonstration, the contents of the demonstration to be executed is selected, the start of execution of the demonstration is instructed. ここで、最初に選択されたデモンストレーションをデモ1と称することにする。 Here, it will be referred to as the first selected demonstration demo 1.

【0220】また、ステップS7において、デモンストレーションの具体的内容が記載されたCD−RWディスク210のポストROM領域153の所定アドレスがアクセスされ、デモ1のデータが取得される。 [0220] Further, in step S7, the predetermined address in the post ROM area 153 of the CD-RW disc 210 specific contents of the demonstration is described is accessed, the data of demo 1 is obtained. 通常は、このデータは、一旦ホストコンピュータ内の固体バッファメモリもしくはハードディスク等の一時記憶メモリに一時記憶され、該一時記憶メモリ260より読み出されて、ステップS8において、音声や画像に変換されてデモンストレーションとして実行される。 Usually, this data is temporarily stored temporarily in the temporary memory such as a solid state buffer memory or hard disk of the host computer is read out from the temporary storage memory 260, in step S8, it is converted into voice and image demonstrations It is run as.

【0221】ここで、上記アプリケーションプログラムを実行する過程は、例えば、言語学習のようなアプリケーションを想定すれば、所定のセンテンスを発語させるデモンストレーションの再生が行なわれ、該デモンストレーションに従ってユーザーからの情報入力を促す。 [0221] Here, the process of executing the application program, for example, assuming an application such as language learning, playback demonstration for utterance predetermined sentence is carried out, information input from the user in accordance with the demonstration the urge. さらに、ステップS9においてユーザーからの割り込み1 Further, an interrupt from the user at step S9 1
があり、ユーザーからのデータ入力に移行しない場合には、ルートR1により繰り返しデモンストレーションが行なわれ、そして、ユーザーからのデータ入力に移行する旨の割り込み1が実行された場合には、ステップS1 There is, in the case when no shift to the data input from the user, repeat the demonstration conducted by the route R1, and, where interrupt 1 to the effect that it is shifted to a data input from the user is executed, step S1
0において、CD−RWディスク210のRAM領域がアクセスされて待機となり、ステップS11においてユーザーからのデータ入力がなされるが、これは、言語学習を例にとると、ユーザーがデモ1の内容を復唱することに相当する。 In 0, RAM region of the CD-RW disc 210 is in a standby been accessed, the data input from the user is made in step S11, which, taking the language learning example, users repetition the content of demo 1 corresponding to. 該音声データは、ホストコンピュータ2 The voice data, the host computer 2
30においてAD変換されて、ホストコンピュータ23 Are AD converted at 30, the host computer 23
0内の一時記憶メモリ260に一時記憶される。 It is temporarily stored in the temporary storage memory 260 in the 0. また、 Also,
ユーザーデータとデモ1のデータとは、それぞれ、左右のチャネルに割り当てられて合成され、ステレオ録音としてもよい。 User data and demonstration 1 data, respectively, are synthesized assigned to left and right channels may be stereo recording. これにより、デモ1の内容とユーザーの復唱内容との比較が容易になる。 Thus, comparison of the contents and the user's repetition demo content 1 is facilitated.

【0222】次に、ステップS12において、記録再生装置220にデータが転送され、CD−RWディスク2 [0222] Next, in step S12, the data is transferred to the recording and reproducing apparatus 220, CD-RW disc 2
10のRAM領域に該ユーザーデータが記録され、ステップS13において、必要に応じてユーザーの入力データが即時再生される。 Is the user data recorded in the 10 RAM area of, at step S13, user input data is immediately reproduced as needed. ここで、ステップS14のユーザー割り込み2において、ユーザーデータを再入力するルートR2もしくはデモ1の繰り返し実行まで戻るルートR3が選択できるが、その必要がなければ、ステップS Here, the user interrupts the second step S14, although the route R3 back to the repeated execution of the route R2 or demo 1 to re-enter the user data to select, without need thereof, the step S
15において次のデモンストレーション(デモ2)に移行するか、デモンストレーションを終了するかの選択がなされる。 The following demonstration in 15 to migrate to the (demo 2), or select to terminate the demonstration is made. 次のデモンストレーションに移行するならば、ルートR4(Yesルート)を経由して、ステップS6に復帰し、デモ選択操作がなされる。 If the process proceeds to the next demonstration via the route R4 (Yes route), then returns to step S6, the demonstration selection operation is performed.

【0223】終了する場合には、Noルートを通り、ステップS16において、RAM領域に新たに記録されたユーザーデータに基づき、ファイル管理情報が更新され、ステップS17において、デモンストレーションが終了し、ルートR5によりメニュー画面に復帰する。 [0223] When completed, through the No route in step S16, based on the user data newly recorded in the RAM area, file management information is updated, in step S17, the demonstration is completed, the route R5 to return to the menu screen. 本発明のマスターROM,ポストROM,RAMの3種類の領域を有するCD−RWは、上記言語学習のような具体例のほかに、マスターROM領域に初回バージョンのアプリケーションプログラムを格納し、その部分的なバージョンアップ(更新)が必要なときに、プログラムの補正に必要な部分だけを、ポストROM領域に格納していくような使用方法も可能である。 Master ROM, post ROM of the present invention, CD-RW having three types of areas in the RAM, in addition to the specific examples described above language learning, and stores the first version of the application program in the master ROM area, the partial when a version upgrade (update) is required, only the portion required for correction of a program, the method used, such as going to store the post ROM area is also possible. 初回バージョンのアプリケーションプログラムは、後からポストROMとして追加される全てのアプリケーションに共通する更新不要な基本プログラムとすることもできる。 The first version of the application program can also be an update unnecessary basic programs that are common to all of the applications to be added as a post-ROM later.

【0224】また、図17において、マスターROM, [0224] In addition, in FIG. 17, the master ROM,
ポストROM及びRAMはそれぞれ、内周から順に配置されたが、必ずしもこのような順番でなくても良い。 Each post ROM and RAM is arranged from the inner periphery in order, not necessarily in this order. さらに、図12(c)のように、セッションに区切らないUDFフォーマットで、マスターROM,ポストROM Furthermore, as shown in FIG. 12 (c), the in UDF format not separate the session, the master ROM, post ROM
及びRAM領域を配置しても良い。 And it may be arranged RAM area.

【0225】 [0225]

【発明の効果】以上、詳述したように、本発明によれば、書き換え可能相変化ディスク、特に、CD−RWにおいて、書き込み禁止(再生専用)、一度だけ書き換え可能、任意に書き換え可能の3種のデータ属性をCDフォーマットのデータの基本単位である、1/75秒単位のフレームごと、あるいはユーザーデータの1ブロックごとに規定できる。 Effect of the Invention] As described above in detail, according to the present invention, a rewritable phase-change disk, in particular, in the CD-RW, write inhibit (read only), once rewritable, 3 of rewritable optionally the kind of data attribute is a basic unit of data of the CD format, each frame of 1/75 seconds, or can be defined for each block of user data. これにより、本来書き換え型のデータを、論理的なROMデータとして扱うことができる。 Thus, the data of the original rewritable, can be handled as logical ROM data.
また、CD−RWを見かけ上ライトワンス型媒体として利用できる。 Furthermore, it can be used as the write-once medium apparent CD-RW.

【0226】さらに、プレピットからなる物理的なRO [0226] In addition, physical RO consisting of a pre-pits
M領域、あるいは、上記論理的なROM領域と、RAM M area or, and the logical ROM area, RAM
領域を混載し、いずれの領域も同じ相変化媒体で被覆されたP−ROMディスクにおいて、ROMデータへの上書きを禁止でき、ROMデータの破壊、改竄を防止できる。 Embedded with region, in any of the region P-ROM discs coated with the same phase change medium, can prevent overwriting of ROM data, destruction of the ROM data, the falsification can be prevented.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】(a)はデータが未記録の書き換え領域における案内溝の模式図であり、(b)はプレピット列からなる再生専用領域の案内溝の模式図である。 1 (a) is a schematic view of the guide grooves in the rewritable area of ​​the data is unrecorded, a schematic diagram of (b) is a guide groove of the reproduction only area comprised of pre-pits rows.

【図2】EFM変調信号のアナログ信号の波形図である。 2 is a waveform diagram of an analog signal of the EFM modulated signal.

【図3】(a)は本発明を適用されるCD−RWディスクの層構造を示す模式図であり、(b)はCD−RWディスクの凹部の模式図である。 3 (a) is a schematic view showing a layer structure of a CD-RW discs to which the present invention is applied, (b) is a schematic view of a recess of a CD-RW discs.

【図4】(a)は本発明を適用されるCD−RWディスクの領域を説明するための図であり、(b)は本発明を適用されるCD−RWディスクの斜視図である。 4 (a) is a diagram for explaining the area of ​​CD-RW discs to which the present invention is applied, (b) is a perspective view of a CD-RW discs to which the present invention is applied.

【図5】ATIPのデータ構造を示す図である。 5 is a diagram showing the data structure of the ATIP.

【図6】ATIPを利用したファイル書き込みのフローチャートである。 FIG. 6 is a flow chart of the file writing using the ATIP.

【図7】98個のフレームを並べたブロックを示す図である。 7 is a diagram showing a block formed by arranging 98 pieces of frames.

【図8】Qチャネルのデータ構造を示す図である。 8 is a diagram showing the data structure of the Q channel.

【図9】EFM変調信号を利用したファイル書き込みのフローチャートである。 9 is a flowchart of a file write using EFM modulated signal.

【図10】固定長パケット記録におけるパケット構造を示す図である。 10 is a diagram showing a packet structure in the fixed-length packet recording.

【図11】ブロック属性を利用したファイル書き込みのフローチャートである。 11 is a flowchart of a file write using block attributes.

【図12】(a)〜(d)は、それぞれ、P−ROMのフォーマットに対応した領域構成図である。 [12] (a) ~ (d) are each an area structure diagram for the format of P-ROM.

【図13】3つのセッションに区切られたマルチセッションフォーマットがなされたCDの領域構成例の説明図である。 [13] multisession format, separated into three sessions is an explanatory view of the region configuration example of made a CD.

【図14】マルチセッションの場合におけるセッションごとの属性判定のフローチャートである。 14 is a flow chart of the attribute determination for each session in the case of multi-session.

【図15】P−ROMにおける簡易消去方法の一例を示すフローチャートである。 15 is a flowchart showing an example of a quick erase process in P-ROM.

【図16】ROMデータの自動実行操作の一例を示すフローチャートである。 16 is a flowchart showing an example of an automatic execution operation ROM data.

【図17】P−ROMデータ配置の一例を示す図である。 17 is a diagram showing an example of a P-ROM data arrangement.

【図18】P−ROMの記録再生方法を説明するフローチャートである。 18 is a flowchart illustrating a method of recording and reproducing P-ROM.

【図19】本発明の一実施形態に係る記録再生システムの構成図である。 19 is a block diagram of a recording and reproducing system according to an embodiment of the present invention.

【図20】(a),(b)は、それぞれ、溝間又はプレピット列間の平坦部に付加データ情報を記載したP−R [Figure 20] (a), (b) it is, P-R which respectively describe the additional data information in the flat portion between the grooves or between pre-pits rows
OMを模式的に示す、上面からの部分拡大図である。 Shows the OM schematically a partially enlarged view from the upper surface.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

22 ATIPにおけるBCDデータ構造 22a,22b,22c それぞれATIPにおける分、秒、フレーム単位のデータ 23 ブロック 24 Qチャネルのデータ 25 パケット 25a リンクブロック 25b,…,25c ランインブロック 26a,…,26b ユーザーデータブロック 27a,27b ランアウトブロック 49 凹部 50 案内溝 50a,50c 溝壁 50b ピット列の中心線 51 書き換え領域 52 プレピット(プレピット列,ピット列) 110a 保護コート 110b 反射膜 110c,110e 保護層 110d 相変化型記録層(記録層) 110f ポリカーボネート基板 140 PCA/PMA領域 141 第1セッションリードイン領域 142 第2セッションリードイン領域 150 第1セッションプログラム BCD data structure 22a in 22 ATIP, 22b, 22c respectively divided in ATIP, seconds, frames of data 23 block 24 Q-channel data 25 packets 25a link block 25b, ..., 25c run-in blocks 26a, ..., 26b user data block 27a, 27b run-out block 49 recesses 50 guide grooves 50a, 50c groove wall 50b pit row centerline 51 rewrites region 52 pre-pits (pre-pits rows, the pit train) of 110a protective coating 110b reflecting film 110c, 110e protective layer 110d phase change recording layer (recording layer) 110f polycarbonate substrate 140 PCA / PMA area 141 first session lead-in area 142 second session lead-in area 150 first session program 域 151 第2セッションプログラム領域 152 マスターROM領域 153 ポストROM領域 154 RAM領域 155 実行プログラム 156 デモンストレーションのデータ集 157 デモンストレーションの復唱データ集 160 第1セッションリードアウト領域 161 第2セッションリードアウト領域 210 CD−RWディスク 220 記録再生装置 230 ホストコンピュータ(ホストPC) 240 データ転送路 250 CPU 260 一時記憶メモリ Frequency 151 Session 2 program area 152 master ROM area 153 post ROM area 154 first session read repetition data collection 160 of data collection 157 demonstrations RAM area 155 executes the program 156 Demonstration out area 161 and the second session lead-out area 210 CD-RW disc 220 reproducing apparatus 230 the host computer (host PC) 240 data transfer channel 250 CPU 260 temporary memory

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (51)Int.Cl. 7識別記号 FI テーマコート゛(参考) G11B 7/007 G11B 7/007 20/10 311 20/10 311 20/12 20/12 Fターム(参考) 5B082 JA12 5D029 JB03 JB09 KB02 KB03 WA02 WA18 5D044 BC03 BC06 BC08 CC04 DE02 DE03 DE14 DE47 DE49 5D090 AA01 BB02 BB05 BB11 CC06 CC14 DD03 FF09 FF32 GG03 GG34 (54)【発明の名称】 光学的情報記録媒体並びに書き換え可能型相変化型光ディスクのデータ記録方法,書き換え可能 型コンパクトディスクのデータ消去方法,書き換え可能型相変化記録媒体のデータ消去方法及び 再生専用データの消去方法並びに記録再生装置 ────────────────────────────────────────────────── ─── of the front page continued (51) Int.Cl. 7 identification mark FI theme Court Bu (reference) G11B 7/007 G11B 7/007 20/10 311 20/10 311 20/12 20/12 F -term (reference) 5B082 JA12 5D029 JB03 JB09 KB02 KB03 WA02 WA18 5D044 BC03 BC06 BC08 CC04 DE02 DE03 DE14 DE47 DE49 5D090 AA01 BB02 BB05 BB11 CC06 CC14 DD03 FF09 FF32 GG03 GG34 (54) [Title of the invention] the optical information recording medium and a rewritable type phase change data recording method of the type optical disk, rewritable data erasing method of a compact disc, a rewritable phase-change recording medium of a data erasing method and an erasing method and the recording and reproducing apparatus of the reproduction-only data

Claims (29)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 基板上に相変化型記録層を設けてなり、 1. A result is provided a phase change type recording layer on a substrate,
    情報記録領域に再生専用領域と書き換え可能領域とを有する光学的情報記録媒体であって、 前記再生専用領域及び前記書き換え可能領域とが、同一の層構成を有してなり、 前記再生専用領域及び前記書き換え可能領域のデータ及びアドレス情報が、互いに同一の論理構造を有する基本データ単位からなり、 それぞれ再生専用又は書き換え可能なデータであることを識別できる付加データを該単位若しくは該単位を複数個含むデータ単位ごとに有してなることを特徴とする、 An optical information recording medium having an information recording area in the rewritable and read only area region, the reproduction only area and the rewritable area and is made to have the same layer configuration, the reproduction-only area and data and address information of the rewritable region comprises a plurality of basic data consists unit, the unit or the unit of additional data that can identify that each read-only or rewritable data having the same logical structure to each other and characterized by having each data unit,
    光学的情報記録媒体。 Optical information recording medium.
  2. 【請求項2】 前記基本データ単位に付加されるアドレス及び前記付加データが、前記書き換え可能領域及び前記再生専用領域において、予め基板上に記載されていることを特徴とする、請求項1に記載の光学的情報記録媒体。 Wherein said basic data units The added address and the additional data in the rewritable area and the reproduction-only area, characterized by what is stated in advance on a substrate, according to claim 1 the optical information recording medium.
  3. 【請求項3】 前記再生専用領域における情報が、基板上に設けられた複数のプレピット列によって得られることを特徴とする、請求項1又は請求項2に記載の光学的情報記録媒体。 Wherein information in said read only area, characterized in that it is obtained by a plurality of pre-pits rows provided on the substrate, the optical information recording medium according to claim 1 or claim 2.
  4. 【請求項4】 前記書き換え可能領域に、その中心線が記録再生用光ビームの走査方向に対して所定の振幅の蛇行を有する溝が設けられていると共に、前記再生専用領域におけるプレピット列の中心線が該光ビームの走査方向に対して前記溝の振幅と略同一の振幅の蛇行を有しており、且つ、 前記溝の蛇行と前記プレピット列の中心線の蛇行とによって連続したアドレス情報が付与されてなることを特徴とする、請求項2又は請求項3に記載の光学的情報記録媒体。 Wherein the rewritable area, the groove having a meandering of predetermined amplitude is provided to the scanning direction of the center line of recording and reproducing light beam, the center of the pre-pits rows in the read only area lines have a meandering amplitude and substantially the same amplitude of the groove with respect to the scanning direction of the light beam, and a continuous address information by meandering and the center line meanders and the pre-pits rows of the groove characterized by comprising been granted, the optical information recording medium according to claim 2 or claim 3.
  5. 【請求項5】 前記溝の蛇行と前記プレピット列の中心線の蛇行による搬送周波数が、デジタル情報によって周波数変調又は位相変調されており、それによって付加データが付与されてなることを特徴とする、請求項4に記載の光学的情報記録媒体。 5. The carrier frequency by wobbling of the center line of the serpentine and the pre-pits rows of the grooves are frequency modulated or phase-modulated by the digital information, characterized in that whereby additional data is granted, the optical information recording medium according to claim 4.
  6. 【請求項6】 前記再生専用領域における情報が、相変化記録層における周辺領域との光学的性質の差異によって形成されるマーク列によって得られ、且つ該マーク列に対して書き込み禁止処理がなされていることを特徴とする、請求項1に記載の光学的情報記録媒体。 Wherein information in said read only area is obtained by mark row formed by the difference of the optical properties of the surrounding area in a phase change recording layer, and a write prohibition process with respect to the mark train is made characterized in that there, the optical information recording medium according to claim 1.
  7. 【請求項7】 付加データを有する基本データ単位として、固定長のデータを使用する請求項1乃至請求項6のいずれか1項に記載の光学的情報記録媒体。 7. A as the basic data unit having the additional data, the optical information recording medium according to any one of claims 1 to 6 using a fixed-length data.
  8. 【請求項8】 記録領域のデータが、コンパクトディスク互換であるEFM変調信号であることを特徴とする、 8. Data recording area, characterized in that it is a EFM-modulated signal is a compact disk compatibility,
    請求項1乃至請求項7のいずれか1項に記載の光学的情報記録媒体。 The optical information recording medium according to any one of claims 1 to 7.
  9. 【請求項9】 ATIPフレームに、書き換え可能か又は再生専用かのどちらの属性に属するかが規定されていることを特徴とする、請求項8に記載の光学的情報記録媒体。 9. A ATIP frame, characterized in that belongs to a rewritable or read only one of which attributes are specified, the optical information recording medium according to claim 8.
  10. 【請求項10】 ATIP情報は、分、秒及びフレーム単位でそれぞれ2桁のBCDコードの絶対時間で記載されており、前記分、秒及びフレームを表記する8ビットの最上位桁をそれぞれM1、S1及びF1とするとき、 10. ATIP information, minutes, has been described in an absolute time two-digit BCD code, respectively in seconds and frames, said content, seconds and denoted the frame 8 bits of the most significant digit, respectively M1, when the S1 and F1,
    プログラム領域における(M1,S1,F1)の(0, In the program area of ​​the (M1, S1, F1) (0,
    0,0)、(0,0,1)、(0,1,0)及び(0, 0,0), (0,0,1), (0,1,0) and (0,
    1,1)のいずれかに対応させて、前記属性が規定されていることを特徴とする、請求項9に記載の光学的情報記録媒体。 In correspondence to one of the 1, 1), wherein the attribute is specified, the optical information recording medium according to claim 9.
  11. 【請求項11】 EFMフレームに、書き換え可能か又は再生専用かのどちらの属性に属するかが規定されていることを特徴とする、請求項8に記載の光学的情報記録媒体。 11. A EFM frame, characterized in that belongs to a rewritable or read only one of which attributes are specified, the optical information recording medium according to claim 8.
  12. 【請求項12】 サブコードのQチャネルのうちの特定の2ビットに対応させて、該サブコードの指定するフレームの前記属性が規定されていることを特徴とする、請求項11に記載の光学的情報記録媒体。 12. so as to correspond to a particular 2-bit of the Q channel of the subcode, wherein the attributes of the frames designated by the said sub-code is defined, the optical of claim 11 information recording medium.
  13. 【請求項13】 ブロックに、書き換え可能か又は再生専用かのどちらの属性に属するかが規定されていることを特徴とする、請求項8に記載の光学的情報記録媒体。 To 13. Block, characterized in that it belongs to a rewritable or read only one of which attributes are specified, the optical information recording medium according to claim 8.
  14. 【請求項14】 ブロックのヘッダーに含まれるモード情報を記載する複数ビットのうちの特定の2ビットに対応させて、該ブロックの前記属性が規定されていることを特徴とする、請求項13に記載の光学的情報記録媒体。 14. so as to correspond to a particular 2-bit of the plurality of bits to describe the mode information contained in the block headers, wherein the attribute of the block is defined, in claim 13 the optical information recording medium according.
  15. 【請求項15】 書き換え可能か否かの属性が、さらに、初回のみ書き換え可能か否かの属性と、繰り返し書き込みが可能か否かの属性とを有することを特徴とする、請求項1乃至請求項14のいずれか1項に記載の光学的情報記録媒体。 15. rewritable whether attributes, further comprising: the only rewritable whether attributes first, and of attributes whether can be repeatedly written, claims 1 to the optical information recording medium according to any one of claim 14.
  16. 【請求項16】 マルチセッションフォーマットの規定に従って、プログラム領域を複数のセッションに分割し、分割された一部のセッションを再生専用とし、分割された他のセッションを書き換え可能としたことを特徴とする、請求項8乃至請求項15のいずれか1項に記載の光学的情報記録媒体。 In accordance with the provisions of 16. multisession format, by dividing the program area into a plurality of sessions, divided part of the session as read-only and, is characterized in that a rewritable divided other sessions the optical information recording medium according to any one of claims 8 to 15.
  17. 【請求項17】 プログラム領域を、ISO9660ファイル構造の再生専用データからなる第1セッションと書き換え型領域からなる第2セッションとに分割し、前記第1セッションのユーザーデータおよびリードアウトを再生専用データとし、リードイン領域、PMA領域及びPCA領域を書き換え可能としたことを特徴とする、 17. A program area is divided into the second session consisting of the rewritable area and the first session consisting of reproduction-only data ISO9660 file structure, the user data and lead-out of the first session and the reproduction-only data , characterized in that the rewritable lead-in area, PMA region and PCA area,
    請求項16に記載の光学的情報記録媒体。 The optical information recording medium according to claim 16.
  18. 【請求項18】 マルチセッションフォーマットの各セッションのリードイン領域に、該セッションが、書き換え可能又は再生専用のどちらの属性に属するかを示す情報が含まれていることを特徴とする、請求項16又は請求項17に記載の光学的情報記録媒体。 The lead-in area of ​​each session of 18. multisession format, the session, characterized in that it contains the information indicating belonging to either of the attributes of a rewritable or read-only, claim 16 or optical information recording medium according to claim 17.
  19. 【請求項19】 リードイン領域又はマルチセッションフォーマットの最初のセッションのリードイン領域のA 19. the lead-in area of ​​the first session of the lead-in area or a multi-session format A
    TIPで記載された特別情報に、再生専用領域と書き換え可能領域とを有する光学的情報記録媒体であることを示す情報が含まれていることを特徴とする、請求項8乃至請求項18のいずれか1項に記載の光学的情報記録媒体。 Special information described in TIP, characterized in that it includes information indicating that the optical information recording medium having a rewritable area and the reproduction-only area, one of the claims 8 to 18 the optical information recording medium according to any one of claims.
  20. 【請求項20】 リードイン領域又はマルチセッションフォーマットの最初のセッションのリードイン領域のE 20. The lead-in area or E of the lead-in area of ​​the first session of a multi-session format
    FMデータに、再生専用領域と書き換え可能領域とを有する光学的情報記録媒体であることを示す情報が含まれていることを特徴とする、請求項8乃至請求項18のいずれか1項に記載の光学的情報記録媒体。 The FM data, characterized in that it includes information indicating that the optical information recording medium having a rewritable area and the read only area, according to any one of claims 8 to 18 the optical information recording medium.
  21. 【請求項21】 基板上に相変化型記録層を設けてなり、情報記録領域に再生専用領域と書き換え可能領域とを有する光学的情報記録媒体の書き換え可能領域にデータを記録するデータ記録方法であって、 再生専用領域に実行可能形式で記録されたプログラムデータを外部のコンピュータに転送する転送ステップと、 該外部のコンピュータにて自動的に該プログラムデータを実行して、前記書き換え可能領域にデータを記録する実行ステップとをそなえて構成されたことを特徴とする、書き換え可能型相変化型光ディスクのデータ記録方法。 In 21. become provided a phase change type recording layer on a substrate, a data recording method for recording data on a rewritable area of ​​the optical information recording medium having a rewritable area and the read only area in the information recording area there are, a transfer step of transferring the program data recorded in executable form in the reproduction only area to an external computer, and automatically executes the said program data at said external computer, data in the rewritable area characterized in that it is configured to include an execution step of recording, data recording method for rewritable phase-change optical disc.
  22. 【請求項22】 部分的再生専用領域を含む書き換え型であることを示す識別情報が、予め基板上にプレピット若しくは溝変形として記載されていることを特徴とする、請求項1に記載の光学的情報記録媒体。 Identification information indicating that 22. is a rewritable type comprising a partial read only area, characterized by what is stated in advance as prepits or grooves deformation on a substrate, the optical according to claim 1 information recording medium.
  23. 【請求項23】 該再生専用領域のデータがプレピット列からなり、該識別情報とともに、該再生専用領域のアドレス情報が、予め基板上にプレピット若しくは溝変形として記載されており、再生専用領域及び書き換え可能領域に含まれるファイルのファイル管理情報が書き換え可能領域に記載されていることを特徴とする、請求項2 23. Data of the reproduction only area is made of pre-pits rows, along with the identification information, the address information of the reproduction-only area, have been described as pre-prepits or grooves deformation on a substrate, the reproduction only area and the rewrite file management information of the file included in the region, characterized in that is described in the rewritable area, claim 2
    2に記載の光学的情報記録媒体。 The optical information recording medium according to 2.
  24. 【請求項24】 基板上に相変化型記録層を設けてなり、情報記録領域に再生専用領域と書き換え可能領域とを有する記録媒体において、 予め該基板上にプレピット若しくは溝変形として記載され、該記録媒体が部分的にプレピット列若しくは溝変形からなる再生専用領域を含む書き換え型であることを示す識別情報を認識する認識ステップと、 該再生専用領域のアドレス情報を取得してそのアドレス情報を記憶装置に転送するメモリ転送ステップと、 該記録媒体のファイル管理領域に記載されたファイル管理情報を消去する消去ステップと、 該ファイル管理領域に、該記憶装置に転送された該再生専用領域のアドレス情報を記録する再記録ステップとをそなえて構成されたことを特徴とする、書き換え可能型相変化記録媒体のデータ消去 24. become provided a phase change type recording layer on a substrate, a recording medium having a rewritable area and the read only area in the information recording area, is described as pre-pits or grooves deformed in advance on the substrate, wherein a recognition step of recognizing identification information indicating that the recording medium is a rewritable type comprising a read only area consisting of partially pre-pits rows or grooves deformation, obtains the address information of the reproduction-only area stores the address information a memory transfer step of transferring devices, the erase step of erasing the file management information described in the file management area of ​​the recording medium, to the file management area, address information of the reproduction-only area is transferred to the storage device characterized in that it is configured to include a re-recording step of recording, data erasure of the rewritable phase-change recording medium 法。 Law.
  25. 【請求項25】 リードイン領域を有するセッション領域を複数有するマルチセッションフォーマットのコンパクトディスクにおいて先頭のセッション領域のリードイン領域に記録された情報に基づき該コンパクトディスクが再生専用領域を有する書き換え型であることを識別する識別ステップと、 該複数のセッション領域における該リードイン領域のそれぞれから書き換え可能、一回だけ記録可能又は書き込み禁止に関する属性を抽出する抽出ステップと、 該抽出ステップにて抽出された該属性が該書き込み禁止である場合には、その書き込み禁止セッション領域のファイル構造を記憶装置に転送するメモリ転送ステップと、 該先頭のセッション領域における該リードイン領域に記録された情報を消去する消去ステップと、 該先頭のセッ The compact disc based on the multi-session format information recorded in the lead-in area of ​​the head of the session area in a compact disc having a plurality of sessions region is a rewritable having reproduction only area with 25. The lead-in area an identification step of identifying that, rewritable from each of the lead-in area in a session area of ​​the plurality of, an extraction step of extracting attribute relates only recordable or write-protected one-time, the extracted in the extraction step If the attribute is the write-protected, the erase step of erasing the memory transfer step of transferring to the storage device a file structure of the write inhibit session area, the information recorded in the lead-in area at the beginning of the session area and, the beginning of the set ョン領域に、該ディスク識別情報と、該記憶装置に転送された該書き込み禁止セッション領域の該ファイル構造と、書き換え可能な領域の先頭のアドレスとを記録する再記録ステップとをそなえて構成されたことを特徴とする、書き換え可能型コンパクトディスクのデータ消去方法。 To ® emission region is configured to include the said disk identification information, and said file structure of the write inhibit session area transferred to the storage device, and a re-recording step of recording the first address of the rewritable area characterized in that the data erasing method for the rewritable-type compact disk.
  26. 【請求項26】 前記再生専用領域が、プレピット列によりデータを記録した第1再生専用領域と、データを記録した後に再書き込みを禁止することにより形成した第2再生専用領域とを有するとともに、 前記書き換え可能領域とを有する、部分的に再生専用の領域を設けるように構成されたことを特徴とする、請求項1乃至請求項20,請求項22,23のいずれか1項に記載の光学的情報記録媒体。 26. The reproduction-only area, and having a first reproduction-only area for recording data by pre-pits rows, and a second reproduction-only area formed by prohibiting rewriting after recording data, the and a rewritable area, partly that is configured to provide a read-only area and said, claims 1 to 20, the optical according to any one of claims 22 and 23 information recording medium.
  27. 【請求項27】 前記第1再生専用領域に所定の更新不要なアプリケーションプログラムが格納されるとともに、前記第2再生専用領域に更新可能又はカスタマイズされたアプリケーションプログラムが格納され、前記書き換え可能領域に少なくとも前記アプリケーションプログラムに関連するユーザーデータを記録可能なユーザーデータ記録領域を設けてなることを特徴とする、請求項26に記載の光学的情報記録媒体。 With 27. The first reproduction-only area at a predetermined update unnecessary applications program is stored, the second updatable reproduction only area or a customized application program is stored, at least in the rewritable area characterized by comprising providing a user data recording area capable of recording user data associated with the application program, the optical information recording medium according to claim 26.
  28. 【請求項28】 プログラム領域にある特定の連続した領域に所定のアプリケーションプログラムのデータが格納されたアプリケーションプログラム領域を、再生専用属性を有する再生専用領域として形成し、前記特定の連続した領域の残りのプログラム領域に少なくとも前記アプリケーションプログラムに関連するユーザーデータを記録できるユーザーデータ記録領域を、書き換え可能属性を有する書き換え可能領域として設定し、前記アプリケーションプログラムの再生と前記アプリケーションプログラムに関連するユーザーデータの記録再生とを行なう記録再生装置であって、 媒体を装填して部分的に再生専用領域を有する書き換え可能型相変化型光ディスクであることを認識しうる認識手段と、 前記認識手段にて認識された前記再生 The application program area in which data is stored in 28. of a predetermined in particular contiguous area in the program area application program, formed as a read-only area having a reproduction-only attribute, the remainder of the particular continuous region the user data recording area capable of recording user data associated with at least the application program into the program area, a rewritable attribute set as a rewritable area having the recording of user data associated with reproduction and the application program of the application program a recording and reproducing apparatus which performs the reproduction, the recognition means can recognize that it is a rewritable phase change type optical disc having a partially read only area is loaded media, is recognized by the recognition means the reproduction 用領域にアクセスして、前記アプリケーションプログラムのデータを取得しそのプログラム内容を実行しうるプログラム実行手段と、 前記プログラム実行手段により実行されたアプリケーションプログラムに従って、所要の情報を入力することのできる情報入力手段と、 前記ユーザーデータ記録領域にアクセスして、前記情報入力手段により入力された情報をユーザーデータとして記録することのできる記録手段とをそなえて構成されることを特徴とする、記録再生装置。 Accessing the use area, a program execution unit for data to get the can execute the program contents of the application program, in accordance with an application program executed by the program execution unit, the information input capable of inputting necessary information and means, by accessing the user data recording area, characterized in that the information input is configured to include a recording means capable of recording the user data by the information input means, the recording and reproducing apparatus.
  29. 【請求項29】 基板上に相変化型記録層を設けてなり、該基板上に設けられた複数のプレピット列によって再生専用データが形成された光学的情報記録媒体の再生専用データの消去方法であって、 前記相変化型記録層に前記再生専用データとは異なるデータを上書きすることにより、前記再生専用データの読み出しができないように構成されたことを特徴とする、 In 29. become provided a phase change type recording layer on the substrate, the erasing method of a read-only data of the optical information recording medium reproducing-only data is formed by a plurality of pre-pits rows provided on the substrate there are, by overwriting the data different from the read-only data in the phase change type recording layer, characterized in that it is configured so that it can not be said reproduction-only data reading,
    再生専用データの消去方法。 Erasing method of the read-only data.
JP2000374988A 1999-12-28 2000-12-08 Data recording method, a method erasing data rewritable area, the data erasure method of the rewritable area of ​​the rewritable compact disc and erasing method of a read-only data Active JP3636987B2 (en)

Priority Applications (5)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP37464599 1999-12-28
JP11-374645 1999-12-28
JP2000067051 2000-03-10
JP2000-67051 2000-03-10
JP2000374988A JP3636987B2 (en) 1999-12-28 2000-12-08 Data recording method, a method erasing data rewritable area, the data erasure method of the rewritable area of ​​the rewritable compact disc and erasing method of a read-only data

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000374988A JP3636987B2 (en) 1999-12-28 2000-12-08 Data recording method, a method erasing data rewritable area, the data erasure method of the rewritable area of ​​the rewritable compact disc and erasing method of a read-only data

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2001325747A true true JP2001325747A (en) 2001-11-22
JP3636987B2 JP3636987B2 (en) 2005-04-06

Family

ID=27341849

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2000374988A Active JP3636987B2 (en) 1999-12-28 2000-12-08 Data recording method, a method erasing data rewritable area, the data erasure method of the rewritable area of ​​the rewritable compact disc and erasing method of a read-only data

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3636987B2 (en)

Cited By (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2005074187A1 (en) * 2004-01-29 2005-08-11 Sony Corporation Information processing device and method
JP2008047285A (en) * 2002-05-01 2008-02-28 Lg Electron Inc High-density read-only optical disc, and optical disc apparatus and method using the same
JP2008520057A (en) * 2004-11-11 2008-06-12 ソフト−アール・リサーチ・エルエルシーSoft−R Research Llc The method for recording data on an optical recording disk and an optical recording disc on
US7502307B2 (en) 2002-07-02 2009-03-10 Lg Electronics Inc. Recording medium with restricted playback feature and apparatus and methods for forming, recording, and reproducing the recording medium
US7574003B2 (en) 2003-02-19 2009-08-11 Lg Electronics Inc. Recording medium, apparatus for forming the recording medium, and apparatus and method for reproducing the recording medium
JP2009187668A (en) * 2009-05-27 2009-08-20 Hitachi Ltd Optical information recording medium
US8144568B2 (en) 2005-08-30 2012-03-27 Pioneer Corporation Information recording medium, information recording apparatus and method, and information reproducing apparatus and method

Cited By (11)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7643387B2 (en) 2002-05-01 2010-01-05 Lg Electronics Inc. High-density read-only optical disc, and optical disc apparatus and method using the same
JP2008047285A (en) * 2002-05-01 2008-02-28 Lg Electron Inc High-density read-only optical disc, and optical disc apparatus and method using the same
US7830768B2 (en) 2002-05-01 2010-11-09 Lg Electronics Inc. High-density read-only optical disc, and optical disc apparatus and method using the same
US7801006B2 (en) 2002-05-01 2010-09-21 Lg Electronics, Inc. High-density read-only optical disc, and optical disc apparatus and method using the same
US7502307B2 (en) 2002-07-02 2009-03-10 Lg Electronics Inc. Recording medium with restricted playback feature and apparatus and methods for forming, recording, and reproducing the recording medium
US7574003B2 (en) 2003-02-19 2009-08-11 Lg Electronics Inc. Recording medium, apparatus for forming the recording medium, and apparatus and method for reproducing the recording medium
WO2005074187A1 (en) * 2004-01-29 2005-08-11 Sony Corporation Information processing device and method
US8073143B2 (en) 2004-01-29 2011-12-06 Sony Corporation Information processing device and method
JP2008520057A (en) * 2004-11-11 2008-06-12 ソフト−アール・リサーチ・エルエルシーSoft−R Research Llc The method for recording data on an optical recording disk and an optical recording disc on
US8144568B2 (en) 2005-08-30 2012-03-27 Pioneer Corporation Information recording medium, information recording apparatus and method, and information reproducing apparatus and method
JP2009187668A (en) * 2009-05-27 2009-08-20 Hitachi Ltd Optical information recording medium

Also Published As

Publication number Publication date Type
JP3636987B2 (en) 2005-04-06 grant

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6243338B1 (en) Recording apparatus, recording method, and disc-shaped record medium
US5210734A (en) Information management method for appendage type additional information recording medium
US5745459A (en) Methods and apparatus for managing recording medium
US20050083767A1 (en) Recording medium, recording device, reproduction device, recording method, and reproduction method
US5661715A (en) Mass produced multisessions disc for playback on audio-only and CD-ROM players
US5848038A (en) Method of data management using recorded flags to discriminate used allocation blocks and unwritten allocation blocks
US20050207262A1 (en) Recording medium, recording device, reproduction device, recording method and reproduction method
US20050169132A1 (en) Recording medium, recording device, reproduction device, recording method and reproduciton method
US20060233078A1 (en) Recording and/or reproducing method and apparatus
US6519217B1 (en) Data record medium, data recording and/or reproducing apparatus, and record medium determining method
WO2003075265A2 (en) Device, record carrier and method for recording information
US6671249B2 (en) Optical recording medium, data recording method for rewritable-type phase change type optical disc, data erase method for rewritable compact disc, data erase method for rewritable phase change type recording medium, read only data erase method, and recording/readout apparatus
JPH0955025A (en) Information data reproducing system, device and method for reproducing, data forming device and data recording medium
US7203139B2 (en) Recording medium, recording device, reproduction device, recording method and reproduction method
US7213155B2 (en) Recording medium, recording and/or reproducing method for record medium, and recording and/or reproducing device for recording medium
US6657938B1 (en) Disk having expanded elapsed time information
US20050030864A1 (en) Recording medium, recording and reproduction apparatus, and recording and reproduction method
JP2006085859A (en) Recording method, recording device, reproducing method, reproducing device, recording medium
JPH11306648A (en) Information record medium with copy protecting function, unauthorized copy detecting device, and unauthorized copy detecting method
JP2001344765A (en) Information recording medium and device and method for recording and reproducing information
JPH08147702A (en) Method of writing to optical disk
JP2003006997A (en) Optical disk, method for manufacturing optical disk, method for disk drive, and disk drive
US20040047602A1 (en) Recording medium, recording apparatus, reproduction apparatus, recording method, and reproduction method
JP2005209322A (en) Optical disk device, method for recording optical disk information, and optical disk medium
JP2006114107A (en) Alternating processing method, recording device, and recording system

Legal Events

Date Code Title Description
A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20040413

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20040609

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20041221

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20050106

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

S111 Request for change of ownership or part of ownership

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313113

R360 Written notification for declining of transfer of rights

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R360

R371 Transfer withdrawn

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R371

S111 Request for change of ownership or part of ownership

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313113

R360 Written notification for declining of transfer of rights

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R360

S111 Request for change of ownership or part of ownership

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313113

R370 Written measure of declining of transfer procedure

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R370

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090114

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090114

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100114

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110114

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110114

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120114

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130114

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130114

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140114

Year of fee payment: 9