JP2001294120A - 車両内乳幼児用プロテクタ - Google Patents

車両内乳幼児用プロテクタ

Info

Publication number
JP2001294120A
JP2001294120A JP2000109855A JP2000109855A JP2001294120A JP 2001294120 A JP2001294120 A JP 2001294120A JP 2000109855 A JP2000109855 A JP 2000109855A JP 2000109855 A JP2000109855 A JP 2000109855A JP 2001294120 A JP2001294120 A JP 2001294120A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
holding plate
seat
vehicle
protector
clothes
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2000109855A
Other languages
English (en)
Inventor
Mitsunori Masuda
光則 増田
Original Assignee
Mitsunori Masuda
光則 増田
Zenkoku Bosai Jigyo Kyogyo Kumiai
全国防災事業協業組合
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Mitsunori Masuda, 光則 増田, Zenkoku Bosai Jigyo Kyogyo Kumiai, 全国防災事業協業組合 filed Critical Mitsunori Masuda
Priority to JP2000109855A priority Critical patent/JP2001294120A/ja
Publication of JP2001294120A publication Critical patent/JP2001294120A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【目的】乳児期の子供に使用することができると共に、
引き続き幼児期の子供にまで使用することができる乳幼
児用プロテクタを提供することを目的とする。 【構成】衣服1の前身頃2にはシートベルト91を挿通
するベルトガイド21を設け、後身頃3には肩部11と
腰部12で固定したシートベルト91を挿通する重ね身
頃4を設けて、その衣服1の腰部開口13と首部開口1
4に背部7と座部8を有する断面L字状の座椅子形の保
持板6を通過状態に設ける。衣服1の前身頃2は開閉で
きるようにし、着衣1と身体10と保持板6の背部7と
が固定的に接触できるように緊締具5を設ける。また、
着衣1と保持板6とを分離できるようにする。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、車両に備えられている
シートベルトと共に使用して、衝突等の事故の衝撃から
身体を保護する車両内乳幼児用プロテクタに関するもの
である。
【0002】
【従来技術と問題点】現在車両には、衝突時に乗員がシ
ートから飛び出して前座席やガラスやダッシュボードに
衝突して生ずる二次的な事故を防止するため、一般的に
シートベルトが車両の各座席に装備されている。このシ
ートベルトは平均的な身長の大人用に作られており、乳
幼児の身体をシートにホールドするようにはなっていな
い。このため各種の安全装置が開発されており、その多
くは、車両に装備されるシートベルトで座席に固定でき
るようにしたバケットタイプのもので、これに乳児や幼
児を乗せて、そのバケットに装備されているベルトでバ
ケット内の乳児や幼児の身体を固定するものである。
【0003】しかし、バケットタイプの安全装置は使用
する子供の身長や体重等に合ったものを使用しなければ
ならず、特に成長が早い乳幼児期の子供に対して使用す
ることからその使用できる期間も短く、また、生命に係
わることでもあるため数回に渡り安全装置の買い替えを
余儀なくされているのである。このバケットタイプの安
全装置は極めて高価であり、その買い替えの時の負担は
極めて大きく、また、このものは嵩張るだけでなく車両
の座席に常置しなければならず、不便な上に乗せられた
子供も窮屈な思いをするものであった。
【0004】このような不都合に鑑み、種々のチョッキ
タイプの乳幼児用プロテクタが提案され一様な効果を上
げてはいるが、この乳幼児用プロテクタもある程度の年
齢に達した幼児期の子供に対して使用できるものであっ
て、到底乳児期の子供に対しては使用することはできな
いものであった。このため、乳児期の子供を車両に乗車
させる時にはバケットタイプの安全装置を使用しなけれ
ばならず、乳児期と幼児期の子供を持つ親にとっては極
めて不便であった。
【0005】
【目的】本発明は上述した問題点に鑑みてなされたもの
で、乳児期の子供に使用することができると共に、引き
続き幼児期の子供にまで使用することができる乳幼児用
プロテクタを提供することを目的とするものである。
【0006】
【問題を解決するための手段】本発明の要旨とするとこ
ろは、少なくとも前身頃と後身頃を有し、前身頃にはシ
ートベルトが挿通できるベルトガイドが設けられ、ま
た、前身頃または後身頃が左右に分割開閉することがで
きる着衣と、身体の背後を支える保持板とかならなり、
その保持板が前記着衣の腰部開口と首部開口を通過状態
に設けられていることを特徴とする車両用乳幼児用プロ
テクタである。
【0007】本発明の乳幼児用プロテクタをさらに詳し
く説明すると、着衣は少なくとも前身頃と後身頃を有す
るもので、具体的には前身頃と後身頃のみからなるチョ
ッキ(但し、このチョッキの身頃部分はその枠を構成す
るベルトのみで構成してもよい)であり、その前身頃に
はシートベルトが挿通できるベルトガイドが設けられて
いる。そのベルトガイドの形状や素材は特に限定するも
のではないが、シートベルトを容易に挿通することがで
き、且つ乳幼児用プロテクタが機能した際に前身頃から
外れないように縫製やリベット等により固定できるもの
であればよい。また、ベルトガイドの数量や設置部位も
特に限定するものではなく、乳幼児用プロテクタが機能
した際に装着者に損傷を及ぼすことがない位置、具体的
には前身頃の中央付近に適数設ければよい。
【0008】着衣は、前身頃または後身頃が左右に分割
して開閉できるようになっており、その開閉させる身頃
も、所望により前身頃また後身頃どちらでもよく特に限
定するものではない。そして、着衣には緊締具が設けら
れており、前記開閉できる身頃を閉じた状態に保持する
ことができ、また、着衣と身体と保持板とを固定的に接
触させることができる。その緊締具も特に限定するもの
ではなく、乳幼児用プロテクタが機能した際に閉じた状
態を保持することができ、また、着衣と身体と保持板と
を固定的に接触させることができるものであればよい。
また、緊締具の数量も限定するものではなく、身頃を閉
じるためのものと、着衣と身体と保持板とを固定的に接
触させるためのものとを別々に設けてもよい。後者の緊
締具は所望する身頃(前身頃/後身頃)に設ければよ
い。
【0009】さらに、後身頃にはシートベルトが挿通で
きる余地を残して、前身頃または後身頃またはその双方
の肩部と、後身頃の腰部で固定された重ね身頃が設けら
れている。双方の肩部とは、前身頃と後身頃の両方の肩
部である。従って、重ね身頃の肩部と腰部以外の中間部
は、後身頃との間が固定されておらず、隙間としてシー
トベルトを通すことができる。重ね身頃とは、後身頃に
重ねられた布地である。着衣は、このようなチョッキに
応用して実施するのが望ましいが、袖身頃の付いたブル
ゾンや、さらに脚部が付設されたつなぎ服などに応用し
てもよい。
【0010】保持板は背部と座部を有している断面L字
状の座椅子形であり、具体的には、背部に装着者の頭部
を支持するヘッドレスト部と背中を支持する背もたれ部
が設けられ、座部に装着者の尻と脚部を支持する座面部
が設けられており好適な素材から形成されている。背部
および座部に好適なパッドを設けてもよい。背部の平面
的な形状は基本的には人の上半身の形状であり、座部の
平面的な形状は基本的に四角形に近いものである。しか
し、これらの形状に限定するものではなく所望の形状に
形成してもよい。また、ヘッドレスト部や背もたれ部そ
して座面部は、人の各部分の立体形状に合わせた人間工
学的な形状にしてもよい。そして、この保持板の背部が
着衣の腰部開口と首部開口を通過状態に設けられる。
【0011】また、保持板をその保持板の周縁の一部ま
たは全部を立ち上げたバケット形としてもよく、その場
合は保持板両側の身体の胴部となる位置の立ち上げ部分
にひさし状の突出部を設けるのがよい。具体的には、乳
児を寝かせた状態で収容できる形がよく、装着者の頭部
となる部分の立ち上げは高く、胴部や脚部となる部分の
立ち上げは着衣の固定に支障がない高さにするのがよ
い。また、突出部は着衣の腕部開口から臨む程度に張り
出させるのがよいが、着衣や保持板の形状に合わせて適
宜好適な形状や寸法とすればよい。保持板がバケット形
であることから、適宜好適な部位にパッド部材を設ける
のがよい。バケット形状も好適な形状とすればよく特に
限定するものではないが、乳児の立体形状に合わせた人
間工学的な形状にしてもよい。そして、この保持板が前
記着衣の腰部開口と首部開口を通過状態に、また、その
着衣の腕部開口から突出部を臨ませて設けられる。
【0012】保持板と着衣は、そのそれぞれを独立した
ものとして取り外し可能に係合させるのがよいが、保持
板と着衣を固定的に設けてもよい。しかし、固定的に設
ける場合は、後に保持板と着衣とを分離できるように構
成するのがよい。そして、着衣が保持板から分離されて
単独で使用されるとき、装着者の保持をより強くするた
め、後身頃から前身頃側に回り込み前身頃と後身頃また
は重ね身頃の肩部と腰部で固定する2本の肩ベルトと、
前身頃中央で着脱可能に係着できベルト長をも調節可能
な腰部の緊締用の腰ベルト、また、脚部を保持する股ベ
ルトをその着衣に設けてもよい。
【0013】
【作用】本発明の車両用乳幼児用プロテクタは以上のよ
うに構成されているので、乳児期の子供の車両乗車に際
し、保持板が座椅子形のものである場合は、先ず車両用
乳幼児用プロテクタの前身頃と車両シートの背もたれ面
を対向させ、保持板の座部を車両シートの座面に設置し
て着衣の前身頃を開く。次にその保持板に乳児を座らせ
て前身頃を閉じ、さらに着衣と身体と保持板の背部とを
緊締具によって固定的に接触させる。そして、前身頃に
設けられたベルトガイドにシートベルトを通し、シート
ベルトのスライド可能に保持された係止金具をシートま
たは車両本体に固定されたメス金具に止着する。
【0014】また、保持板がバケット形のものである場
合は、先ず車両用乳幼児用プロテクタの後身頃と共に保
持板の背後を車両シートの座面に設置して着衣の前身頃
を開く。次にその保持板に乳児を寝かせて前身頃を閉
じ、さらに着衣と身体と保持板とを緊締具によって固定
的に接触させる。そして、前身頃に設けられたベルトガ
イドにシートベルトを通し、シートベルトのスライド可
能に保持された係止金具をシートまたは車両本体に固定
されたメス金具に止着する。
【0015】これにより、乳児の身体は着衣と保持板に
支持されると共に、シートベルトにより車両のシートに
セットされる。そして、車両に事故等による衝撃があっ
たときはシートベルトがロックされ、シートベルトと係
合するベルトガイドが固定された前身頃により身体の前
方飛び出しが阻止され、保持板により頭・背中・尻・脚
の各部分が支持される。すなわち車両のシートベルトが
衣服を保持し、衣服と共に保持板が身体の各部分を保持
して、身体全体の前方飛び出しを阻止する。
【0016】また、乳児が成長して幼児となったとき
は、衣服と保持板とを分離して衣服を単独で使用するこ
とができる。その場合は、幼児を前向きに座らせて、衣
服の後身頃と重ね身頃の間の空間にシートベルトを通
し、シートベルトのスライド可能に保持された係止金具
をシートまたは車両本体に固定されたメス金具に止着す
る。これにより、幼児は着衣に支持されると共に、シー
トベルトにより車両のシートにセットされる。
【0017】
【実施例】本発明の車両用乳幼児用プロテクタを以下図
面に従って説明すると、図1は、本発明に係わる車両用
乳幼児用プロテクタの前斜視図であり、1はその車両用
乳幼児用プロテクタの着衣で、11は着衣1の肩部、1
2は着衣1の腰部、13は腰部12に有する着衣1の腰
部開口、14は着衣1の首部開口である。2は着衣1の
前身頃であり、車両に装備されるシートベルト91を通
すベルトガイド21と、左右に分割して開閉できる前身
頃2を閉じると共に、着衣1と装着者の身体10と保持
板6の背部7とを固定的に接触させるための緊締具5が
設けられている。
【0018】6は座椅子形の保持板であり、装着者の頭
部を保持するヘッドレスト71と装着者の背中を保持す
る背もたれ72を有する背部7と、装着者の尻と脚を保
持する座面81を有する座部8から構成されている。こ
の保持板6の背部7が、着衣1の腰部開口13と首部開
口14を通過状態に設けらている。図2は、車両用乳幼
児用プロテクタの後斜視図であり、着衣1の後身頃3に
はシートベルト91を挿通できる余地を残して、前身頃
2と後身頃3の肩部11と後身頃3の腰部12で固定さ
れた重ね身頃4が設けられている。
【0019】図3は、座椅子形の保持板の前斜視図であ
る。保持板6の背部7は角度を調節することができるよ
うにしてもよい。図4は、保持板が座椅子形の使用状態
を示す斜視図であり、装着者の身体10は着衣1と保持
板6に保持されると共に、シートベルト91により車両
のシート9にセットされる。92はシートベルト91を
係止する係止金具である。また、図5は、保持板が座椅
子形の使用時の一部断面側面図である。
【0020】図6は、バケット形の保持板の前斜視図で
ある。60は保持板、61は立ち上げ部、62は着衣1
の腕部開口15が係合する突出部、63はパッドであ
る。また、64は股ベルト18を通すベルト通孔であ
る。図7は、保持板がバケット形の使用状態を示す斜視
図であり、装着者の身体10は着衣1と保持板60に保
持されると共に、シートベルト91により車両のシート
9にセットされる。92はシートベルト91を係止する
係止金具である。また、図8は、保持板がバケット形の
使用時の一部断面側面図である。
【0021】図9は、着衣のみの使用状態を示す斜視図
であり、衣服1と保持板6または保持板60とを分離し
て衣服1を単独で使用しているものである。この場合
は、装着者を前向きに座らせて、衣服1の後身頃3と重
ね身頃4の間の空間にシートベルト91を通し、シート
ベルト91を係止金具92により車両本体に固定された
メス金具に止着する。これにより、装着者の身体10は
着衣1に支持されると共に、シートベルト92により車
両のシート9にセットされる。
【0022】
【効果】本発明の車両用乳幼児用プロテクタは以上のよ
うに、身体の前方飛び出しを阻止する着衣と身体の各部
分を保持する保持板とから構成されているので、頭の座
りが不完全な乳児期の子供にも使用することができる。
そして、着衣によって身体を保持することができるた
め、保持板の強度もそれ程必要なく、乳児の頭・背中・
尻・脚の各部分を安定されることができればよいので保
持板を安価に製造することができる。
【0023】従って、着衣も安価に製造できることか
ら、保持板との組み合わせにおいても車両用乳幼児用プ
ロテクタを安価に供給することができる。また、衣服と
保持板とを分離することができることから、乳児が成長
して幼児となったときは、その衣服と保持板とを分離し
て衣服のみで使用することができ、成長した子供の身体
に合わせて新らたに安全装置や乳幼児用プロテクタを買
い替える必要もなく極めて経済的である。
【図面の簡単な説明】
【図1】 本発明に係わる車両用乳幼児用プロテクタの
前斜視図
【図2】 車両用乳幼児用プロテクタの後斜視図
【図3】 座椅子形の保持板の前斜視図
【図4】 保持板が座椅子形の使用状態を示す斜視図
【図5】 保持板が座椅子形の使用時の一部断面側面図
【図6】 バケット形の保持板の前斜視図
【図7】 保持板がバケット形の使用状態を示す斜視図
【図8】 保持板がバケット形の使用時の一部断面側面
【図9】 着衣のみの使用状態を示す斜視図
【符号の説明】
1−着衣,11−肩部,12−腰部,13−腰部開口,
14−首部開口,15−腕部開口,16−肩ベルト,1
7−腰ベルト,18−股ベルト,2−前身頃,21−ベ
ルトガイド,3−後身頃,4−重ね身頃,5−緊締具,
6−保持板,61−立ち上げ部,62−突出部,63−
パッド,64−ベルト通孔,7−背部,71−ヘッドレ
スト,72−背もたれ,8−座部,81−座面,9−シ
ート,91−シートベルト,92−係止金具,10−身

Claims (6)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】少なくとも前身頃と後身頃を有し、前身頃
    にはシートベルトが挿通できるベルトガイドが設けら
    れ、また前身頃または後身頃が左右に分割開閉すること
    ができる着衣と、身体の背後を支える保持板とかならな
    り、その保持板が前記着衣の腰部開口と首部開口を通過
    状態に設けられていることを特徴とする車両用乳幼児用
    プロテクタ
  2. 【請求項2】前記保持板が背部と座部を有する断面L字
    状の座椅子形であり、また、その保持板の背部が前記着
    衣の腰部開口と首部開口を通過状態に設けられているこ
    とを特徴とする請求項1の車両用乳幼児用プロテクタ
  3. 【請求項3】前記保持板がその周縁の一部または全部を
    立ち上げたバケット形であると共に、保持板両側の身体
    の胴部となる位置の立ち上げ部分にひさし状の突出部が
    設けられ、その保持板が前記着衣の腰部開口と首部開口
    を通過状態に、また、その着衣の腕部開口から突出部を
    臨ませて設けられていることを特徴とする請求項1の車
    両用乳幼児用プロテクタ
  4. 【請求項4】前記着衣に、前身頃または後身頃の閉じた
    状態を保持し、また、着衣と身体と保持板とを固定的に
    接触させる緊締具が設けられていることを特徴とする請
    求項1の車両用乳幼児用プロテクタ
  5. 【請求項5】前記着衣の後身頃に、シートベルトが挿通
    できる余地を残して前身頃または後身頃またはその双方
    の肩部と、後身頃の腰部で固定された重ね身頃が設けら
    れていることを特徴とする請求項1の車両用乳幼児用プ
    ロテクタ
  6. 【請求項6】前記着衣と前記保持板とが分離可能に組み
    合わされていることを特徴とする請求項1の車両用乳幼
    児用プロテクタ
JP2000109855A 2000-04-11 2000-04-11 車両内乳幼児用プロテクタ Pending JP2001294120A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000109855A JP2001294120A (ja) 2000-04-11 2000-04-11 車両内乳幼児用プロテクタ

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000109855A JP2001294120A (ja) 2000-04-11 2000-04-11 車両内乳幼児用プロテクタ

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2001294120A true JP2001294120A (ja) 2001-10-23

Family

ID=18622471

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2000109855A Pending JP2001294120A (ja) 2000-04-11 2000-04-11 車両内乳幼児用プロテクタ

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2001294120A (ja)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7784873B2 (en) 2004-11-24 2010-08-31 Kiyomi Nagao Auxiliary seat belt device
CN111231884A (zh) * 2020-02-27 2020-06-05 江苏大学 一种主动式儿童气囊背心装置及其控制方法

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7784873B2 (en) 2004-11-24 2010-08-31 Kiyomi Nagao Auxiliary seat belt device
CN111231884A (zh) * 2020-02-27 2020-06-05 江苏大学 一种主动式儿童气囊背心装置及其控制方法

Similar Documents

Publication Publication Date Title
TW474872B (en) Child protecting clothes for vehicles
US4541654A (en) Safety belt arrangement in motor vehicles
US4674800A (en) Car safety seat
US5964502A (en) High-back child restraint system
KR20160055238A (ko) 6점 구속 방식의 개선된 보조 구속 시스템
WO2004093608A1 (ja) 育児器具の座席
CN107264347A (zh) 具有可拆卸带定位器汽车座椅的儿童增高座椅
JP2001294120A (ja) 車両内乳幼児用プロテクタ
KR200299810Y1 (ko) 자동차용 유아 안전의자
JP2004098954A (ja) 自動車用子供座席
JP6837078B2 (ja) ハーネスシステム用衣類
AU2015257322B2 (en) A safety device for use with a safety harness
JP2001151074A (ja) 安全被服
ES2606566T3 (es) Un porta bebé
JP2020081232A (ja) キッズキャリア
US20080001465A1 (en) Seat Belt Auxiliary Device
KR19980087270A (ko) 아동용 안전 좌석
JPH08183424A (ja) 自動車用の補助ベルト
JP3725610B2 (ja) ウエストバッグ兼用ベビーホルダー
KR200254070Y1 (ko) 차량용 어린이 보조시트
JP2000328319A (ja) 人体保護服
JP2005319031A (ja) 育児器具および座席マット
JP2003034228A (ja) 着用式年少者用ベルト
CN109130978A (zh) 一种车载儿童安全装置
GB2588782A (en) A harness