JP2001289429A - ガス化溶融装置における脱塩処理方法 - Google Patents

ガス化溶融装置における脱塩処理方法

Info

Publication number
JP2001289429A
JP2001289429A JP2000103820A JP2000103820A JP2001289429A JP 2001289429 A JP2001289429 A JP 2001289429A JP 2000103820 A JP2000103820 A JP 2000103820A JP 2000103820 A JP2000103820 A JP 2000103820A JP 2001289429 A JP2001289429 A JP 2001289429A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
bag filter
ash
gasification
slaked lime
conduit
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2000103820A
Other languages
English (en)
Inventor
Hideji Mori
秀治 守
Tsuneo Oku
常雄 於久
Kazuki Kobayashi
和樹 小林
Yukihisa Taniguchi
幸久 谷口
Original Assignee
Babcock Hitachi Kk
バブコック日立株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Babcock Hitachi Kk, バブコック日立株式会社 filed Critical Babcock Hitachi Kk
Priority to JP2000103820A priority Critical patent/JP2001289429A/ja
Publication of JP2001289429A publication Critical patent/JP2001289429A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【目的】 バグフィルターと灰固化装置とでトータルに
消石灰の使用量を低減でき、また導管を含む消石灰の供
給系統の詰まりを防止することができるガス化溶融装置
における脱塩処理方法を提供する。 【構成】 ゴミのガス化溶融装置において、ガス化溶融
炉1からの排ガスを処理するバグフィルター2に、消石
灰とセメントを混合して噴霧する。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、ゴミのガス化溶融
装置における脱塩処理方法に関する。
【0002】
【従来の技術】従来のゴミのガス化溶融装置における溶
融飛灰の処理方法を図2により説明する。
【0003】図2は従来のガス化溶融装置における脱塩
処理方法の説明図である。
【0004】図2にて、1はガス化溶融炉、2はバグフ
ィルター、3は灰固化装置、4は誘引通風機、5は煙
突、11、12はHCl、SO 分析計、101〜1
07は導管である。
【0005】ゴミを導管101よりガス化溶融炉1に導
入し、ガス化溶融炉1で高温燃焼及び灰分を溶融し、導
管102より溶融スラブとして排出する。ガス化溶融炉
1から冷却装置(図示せず)により200℃以下に冷却
された溶融飛灰を含む排ガスを導管103よりバグフィ
ルター2に導入する。また、導管104より導管103
内の排ガスに消石灰を噴霧し、出口排ガス中のHCl、
SO 等の酸性成分を中和反応させ溶融飛灰と共にバ
グフィルター2から導管105より排出させる。
【0006】消石灰の噴霧量は下記反応式で得られる理
論値に対し、反応率、灰のバグフィルター2からの剥離
性を考慮し3〜4倍使用する。
【0007】 Ca(OH)+2HCl→CaCl+2HO Ca(OH)+SO+1/2O→CaSO+HO 消石灰を含んだ溶融飛灰は導管105より灰固化装置3
に送り、溶融飛灰に含まれる鉛等の重金属を流出させな
い目的でセメント、キレート、水を混合し固化する。こ
こで使用されるセメント、キレート、水の量は灰重量に
対し各々10、5、10%程度である。
【0008】一方、灰及びHCl、SO を除去した
排ガスはバグフィルター2出口から導管106を介し、
誘引通風機4で昇圧され煙突5より大気に放出する。
【0009】又、他の従来例では、除塵効率を維持する
ため、珪藻土等を濾過助剤として使用するものが有る。
【0010】
【発明が解決しようとする課題】従来技術ではバグフィ
ルター2での除塵効率を維持するため中和反応に必要な
量以上の消石灰を噴霧していた。特に灰の粒子径が小さ
い(数ミクロン)ガス化溶融炉1の溶融飛灰の場合、バ
グフィルター2の目詰まりによる差圧増大を防止するた
め、灰のバグフィルター2からの剥離性を高めるため多
量の消石灰が必要となる。そのため、灰固化装置3に使
用される、前記セメント、キレート、水が多くなるとい
う問題点を持っていた。
【0011】又、珪藻土等の濾過助剤として使用する他
の従来例では、灰固化装置の処理量は珪藻土分増加し前
記と同様の問題が有った。
【0012】本発明の目的は、バグフィルターと灰固化
装置とでトータルに消石灰の使用量を低減でき、また導
管を含む消石灰の供給系統の詰まりを防止することがで
きるガス化溶融装置における脱塩処理方法を提供するこ
とにある。
【0013】
【課題を解決するための手段】上記目的は、ゴミのガス
化溶融装置において、溶融炉からの排ガスを処理するバ
グフィルターに、消石灰とセメントを混合して噴霧する
ことにより、達成される。
【0014】上記目的は、消石灰の供給量をバグフィル
ター入口又は出口排ガス中のHCl、SO 濃度によ
り必要量を演算しセメントとの混合比を任意に変えられ
る供給装置を介してバグフィルターに噴霧することによ
り、達成される。
【0015】
【発明の実施の形態】以下、本発明の一実施の形態を図
面に基づき説明する。
【0016】図1は本発明の一実施の形態に係るガス化
溶融装置における脱塩処理方法の説明図である。
【0017】図1にて、1はガス化溶融炉、2はバグフ
ィルター、3は灰固化装置、4は誘引通風機、5は煙
突、6は脱塩剤混合装置(供給装置)、11、12はH
Cl、SO 分析計、101〜107は導管である。
【0018】ゴミを導管101よりガス化溶融炉1に導
入し、1300℃以上で高温燃焼及び灰分を溶融し、導
管102より溶融スラブとして排出する。ガス化溶融炉
1からの排ガスは導管103から冷却装置(図示せず)
により200℃以下に冷却しバグフィルター2に入れ、
含有する溶融飛灰(ガス化溶融炉1で溶融スラブとして
導管102より排出されなかった灰)を除去する。又、
導管104から任意に混合比を変更可能な脱塩剤混合装
置6により消石灰とセメントからなる混合脱塩剤を該バ
グフィルター2に入れ、排ガスに含まれるHCl、SO
等の酸性成分と中和反応を行い、清浄なガスとして
導管106から誘引通風機4、導管107を介し煙突5
より大気に放出する。
【0019】消石灰の投入量は導管103に設置したH
Cl、SO 分析計11により分析し、前記当量の2
倍を入れる。セメント量は導管105から排出される灰
量の10%となる値以下とする。バグフィルター2での
灰の剥離性が良好で差圧が適正値以下(150mmAq程度
以下)であれば、減量することは可能である。
【0020】なお、また消石灰の投入量は導管103に
設置したHCl、SO 分析計11の代わりに導管1
07に設置したHCl、SO 分析計12で数ppm
以下となるように調整する方法も取ることができる。
【0021】ここで、実施の形態の作用について説明す
る。
【0022】バグフィルター2においては、濾布による
除塵と消石灰と酸性成分との中和反応が行われている。
【0023】消石灰の噴霧量は灰の剥離性も考慮してい
るため、中和反応に必要な量(当量)の3倍以上を噴霧
している。しかしながら、灰の剥離性を考慮しない場
合、中和反応率を50%と低く見ても当量の2倍程度以
上あれば、十分中和反応は行われる。即ち当量の1倍相
当の消石灰は他の有効な濾過助剤と置き換えることが可
能である。
【0024】一方、前述したように図2に示す従来例で
はバグフィルター2より排出される溶融飛灰は灰固化装
置3に送られ、セメント、キレート、水により固化され
る。ここで、セメントと水は灰を固化するために、キレ
ートは灰中の重金属を溶出させない目的で使用されてお
り、従来技術では、セメントをバグフィルター2の濾過
助剤としては使用していない。
【0025】これに対して、本発明では、バグフィルタ
ー2と灰固化装置3において、セメントをバグフィルタ
ー2においては濾過助剤としての機能と、灰固化装置2
においては灰の固化剤として機能との、二つの機能を持
たせることにより次のような作用効果が達成される。
【0026】1)バグフィルター2に投入されるべき消
石灰量は1当量以上となる。例えば、ゴミ中に含まれる
Cl、S分により変わるが100t/dガス化溶融炉では
40kg/h程度の消石灰及び10kg/h程度のセメントが使
用されている。
【0027】2)1)により消石灰量は約1/3減量され
ることになるので、消石灰量は13kg/h以上低減するこ
とが可能となる。即ち、バグフィルター2と灰固化装置
3とでトータルに消石灰の使用量を低減できる。
【0028】3)導管104を含む消石灰の供給系統に
おける消石灰の吸湿固化による閉塞(詰まり)を防止で
きる効果がある。つまり、一般に消石灰はセメントより
吸湿性が高いため、セメントより導管内に付着成長する
が、この成長をセメントが防止する作用を持つため導管
の閉塞が防止できる。
【0029】
【発明の効果】以上説明したように、本発明によれば、
トータルで消石灰量を低減することが可能となり、かつ
導管を含む消石灰の供給系統における消石灰の吸湿固化
による閉塞を防止できる効果がある。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の一実施の形態に係るガス化溶融装置に
おける脱塩処理方法の説明図である。
【図2】従来のガス化溶融装置における脱塩処理方法の
説明図である。
【符号の説明】
1 ガス化溶融炉 2 バグフィルター 3 灰固化装置 4 誘引通風機 5 煙突 6 脱塩剤混合装置(供給装置) 11、12 HCl、SO分析計 101〜107 導管
フロントページの続き (51)Int.Cl.7 識別記号 FI テーマコート゛(参考) B09B 3/00 ZAB B01D 53/34 118Z 302 124Z B09B 3/00 ZAB C10J 3/00 303K F23G 5/44 ZAB (72)発明者 小林 和樹 広島県呉市宝町3番36号 バブコツク日立 株式会社呉研究所内 (72)発明者 谷口 幸久 広島県呉市宝町3番36号 バブコツク日立 株式会社呉研究所内 Fターム(参考) 3K065 AA24 AB02 AB03 AC01 BA01 BA10 HA01 3K070 DA03 DA05 DA16 DA23 DA32 4D002 AA02 AA19 AB01 AC04 BA03 BA14 BA20 CA11 DA05 DA12 DA70 FA02 FA03 GA02 GA04 GB02 GB03 GB04 GB06 GB08 HA01 4D004 AA01 AA46 AC04 CA27 CA29 CB02 DA02 DA06 4D058 JA04 PA04 SA20 TA01 UA03 UA10

Claims (2)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 ゴミのガス化溶融装置において、溶融炉
    からの排ガスを処理するバグフィルターに、消石灰とセ
    メントを混合して噴霧することを特徴とするガス化溶融
    装置における脱塩処理方法。
  2. 【請求項2】 請求項1記載において、消石灰の供給量
    をバグフィルター入口又は出口排ガス中のHCl、SO
    濃度により必要量を演算しセメントとの混合比を任
    意に変えられる供給装置を介してバグフィルターに噴霧
    することを特徴とするガス化溶融装置における脱塩処理
    方法。
JP2000103820A 2000-04-05 2000-04-05 ガス化溶融装置における脱塩処理方法 Pending JP2001289429A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000103820A JP2001289429A (ja) 2000-04-05 2000-04-05 ガス化溶融装置における脱塩処理方法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000103820A JP2001289429A (ja) 2000-04-05 2000-04-05 ガス化溶融装置における脱塩処理方法

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2001289429A true JP2001289429A (ja) 2001-10-19

Family

ID=18617459

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2000103820A Pending JP2001289429A (ja) 2000-04-05 2000-04-05 ガス化溶融装置における脱塩処理方法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2001289429A (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN103372359A (zh) * 2012-04-25 2013-10-30 陈坚诚 烟雾净化系统

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN103372359A (zh) * 2012-04-25 2013-10-30 陈坚诚 烟雾净化系统

Similar Documents

Publication Publication Date Title
CA1255474A (en) Process for the systematic treatment of exhaust gases
JP2003523281A (ja) 高温高湿ガス流から水銀を除去するための吸着粉末
JP3285692B2 (ja) 焼却炉における飛灰処理装置
JP2001289429A (ja) ガス化溶融装置における脱塩処理方法
WO1997012662A1 (fr) Procede de traitement des gaz brules et des poussieres
JP2809366B2 (ja) 排ガス中の有害金属の捕集方法及び捕集灰の処理方法
JP2742847B2 (ja) 高性能総合排ガス処理方法
CN108452663A (zh) 固废物焚烧烟气净化处理方法
JP2001137657A (ja) 排ガス処理装置及び処理方法
JP2001096134A (ja) 重金属を含む燃焼排ガスの処理方法
JP3327882B2 (ja) 排ガス処理装置
JP2000246058A (ja) 排ガス処理方法および装置
JPH09108541A (ja) 焼却炉排ガスの処理方法
JP2004081990A (ja) 燃焼排ガス中の有害物質の除去剤及び装置
JP2695589B2 (ja) 排ガス及び集塵ダストの処理方法
JPH09248541A (ja) 廃棄物処理方法
JP4071414B2 (ja) ごみ焼却設備
JPS5535870A (en) Waste incinerating method
JPH07328378A (ja) 排ガスの処理方法
JP2000202394A (ja) 煙霧を精製し、かつ塩化ナトリウム水溶液を製造する方法
JPH11244657A (ja) 灰溶融炉の排ガス処理方法及び装置
JP4361296B2 (ja) 排ガス処理装置
JP2004223349A (ja) ごみ焼却炉の飛灰処理方法および飛灰処理装置
JP3664941B2 (ja) 灰溶融炉の排ガス処理方法およびそのシステム
JP2000354736A (ja) 排ガス処理装置およびその運転方法