JP2001285543A - Compound image processor - Google Patents

Compound image processor

Info

Publication number
JP2001285543A
JP2001285543A JP2000099604A JP2000099604A JP2001285543A JP 2001285543 A JP2001285543 A JP 2001285543A JP 2000099604 A JP2000099604 A JP 2000099604A JP 2000099604 A JP2000099604 A JP 2000099604A JP 2001285543 A JP2001285543 A JP 2001285543A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
energy
information
application
device
saving control
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2000099604A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Naotaka Funakawa
Katsuyoshi Kobayashi
Akio Kotani
Takeshi Nomura
克好 小林
章夫 小谷
尚孝 船川
毅 野村
Original Assignee
Minolta Co Ltd
ミノルタ株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Minolta Co Ltd, ミノルタ株式会社 filed Critical Minolta Co Ltd
Priority to JP2000099604A priority Critical patent/JP2001285543A/en
Publication of JP2001285543A publication Critical patent/JP2001285543A/en
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To perform more appropriate energy saving control in a compound image processor, which is provided with plural kinds of devices and operates these devices to be able to execute plural kinds of image processing applications, including image processing application which have plural operation modes. SOLUTION: A power manager 11 acquires and stores information related to execution histories of plural kinds of image processing applications of a copying machine, a scanner, a printer, FAX, etc., and operation modes and information related to devices, such as an image reader part 12 and a printer part 19, used in plural kinds of image processing applications and refers to these information and information indicating the relation between the operation mode of each application and the need for energy-saving control of each device to perform energy saving control with respect to a device requiring energy- saving control.

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【発明の属する技術分野】本発明は、複数種類のデバイスを有し、当該複数種類のデバイスを動作させることで、複数の動作モードを有する画像処理アプリケーションを含む複数種類の画像処理アプリケーションを実行することが可能な複合型画像処理装置に関する。 BACKGROUND OF THE INVENTION The present invention has a plurality of types of devices, by operating the plurality of types of devices, executing a plurality of types of image processing applications, including image processing applications having a plurality of operation modes it relates to a composite type image processing apparatus capable.

【0002】 [0002]

【従来の技術】近年、画像データをデジタル情報として処理する種々の画像処理装置が広く実用化されている。 In recent years, various kinds of image processing apparatus for processing image data as digital information has been widely put into practical use.
これらの画像処理装置としては、例えば原稿画像を読み取ってデジタル画像データを生成するスキャナ等の画像読取装置や、デジタル画像データを用いて画像を形成するプリンタ等の画像形成装置、画像読取装置と画像形成装置とから成る複写装置、あるいは通信回線を通じてデジタル画像データを送受信するファクシミリ装置などがある。 These image processing apparatus, for example, an image reading device or scanner to generate a digital image data by reading an original image, an image forming apparatus such as a printer for forming an image using the digital image data, the image reading apparatus and an image copying apparatus comprising a forming device, or the like facsimile apparatus for transmitting and receiving digital image data through a communication line.

【0003】これらは、いずれもデジタル画像データを取り扱う点で共通しており、例えば、単一の装置で上記したスキャナ、プリンタ、ファクシミリ等の複数種類の画像処理アプリケーションを実行できるようにした複写装置など、複合型の画像処理装置も開発されている。 [0003] These are all have in common that handle digital image data, for example, the scanner described above in a single device, a printer, a copying apparatus which can execute a plurality of types of image processing applications such as a facsimile etc., it has also been developed composite image processing apparatus. 複合型画像処理装置としては、上記複合型複写装置の他、 The composite image processing apparatus, in addition to the composite type copying device,
スキャナの機能とファクシミリ送信機能を備えたものや、ファクシミリ受信機能とプリンタの機能を備えたものなど、種々の形態が考えられるが、本明細書では、備えるアプリケーションの種類に拘りなく、複数種類の画像処理アプリケーションを実行できる装置を「複合型画像処理装置」ということとする。 That includes a scanner function and a facsimile transmission function and, such as those having a facsimile receiving function and a function of the printer, various forms are conceivable, in the present specification, regardless of the type of applications with, a plurality of types the apparatus capable of executing image processing applications and that "composite type image processing apparatus".

【0004】一方、電子機器、情報処理装置の分野において、装置全体に給電されてはいるものの、例えば一定時間無操作状態が継続した場合にディスプレイ装置への給電を停止するなど、一定時間使用されないデバイスについては一部給電を停止したり(以下、「給電停止状態」という。)、消費電力の少ない状態(以下、「省エネ状態」という。)に移行したりする省エネ制御を行うことも広く行われているところである。 On the other hand, electronic devices, in the field of information processing apparatus, although is powered device as a whole, such as to stop power supply to the display device when the predetermined time no operation state continues, not used for a certain time some feeding or stop the device (hereinafter, referred to as "power supply stop state".), low power state (hereinafter, "power saving state" hereinafter.) widely lines to perform the energy-saving control or to migrate to the it is where are we. 上記した複合型画像処理装置においても、例えば特開平7−30213 Also in the composite image processing apparatus described above, for example, JP-A-7-30213
8号公報に開示されているような省エネ制御が考案されている。 Energy-saving control has been devised as disclosed in 8 JP.

【0005】この従来技術は、デバイスによっては、省エネ状態若しくは給電停止状態から、通常通りにデバイスの利用が可能な状態(以下、「通常状態」という。) [0005] The prior art, some devices, the energy saving state or power supply stop state and the usable state of the device normally (hereinafter, referred to as "normal state".)
へ移行する際に多くの電力を消費する場合もあるということに鑑みて、デバイスの使用が終了した場合に、省エネ状態若しくは給電停止状態に移行するか否かを判断するようにしたものである。 In view of the fact that in some cases consume more power during the transition to, when the use of the device has been completed, is obtained so as to determine whether to shift to the energy saving state or powered off state . 具体的には、デバイスの使用が終了したときから、再度当該デバイスの使用が開始されたときまでの時間間隔のデータを蓄積して記憶しておき、当該記憶されたデータに基づいて、当該デバイスの使用が終了したときに、当該デバイスが次回にアクセスされるまでの時間を予測する。 Specifically, since the use of the device has been completed, is stored by storing the data of the time interval between when initiated use again the device, based on the stored data, the device when the use of finished, the device predicts the time until the next access to.

【0006】予測された時間に基づいて、省エネ状態若しくは給電停止状態に移行した場合の消費電力と、移行しない場合の消費電力とを予測できるので、省エネ状態若しくは給電停止状態に移行した場合の消費電力の方が少なくなる場合にのみ省エネ状態等に移行することで、 [0006 Based on the predicted time, the power consumption when the transition to the energy saving mode or power supply stop state, it is possible to predict the power consumption when no transition, consumption when the transition to the energy saving mode or power supply stop state by moving only the energy saving state, such as when the direction of power is reduced,
無駄な電力消費が発生することを防止している。 That it is possible to prevent wasteful power consumption occurs.

【0007】 [0007]

【発明が解決しようとする課題】しかしながら、画像処理アプリケーションの中には、同一種類のアプリケーションであっても、起動モードによって用いられるデバイスが異なるようなものもある。 [SUMMARY OF THE INVENTION However, in the image processing application can be the same type of application, the device may be different such those used by the boot mode. 具体的には、複合型画像処理装置においてファクシミリのアプリケーションを実行させる場合、送信モードの場合にはスキャナを動作させる必要があるが受信モードではスキャナは全く用いられない。 Specifically, the case of executing the facsimile application in composite image processing apparatus, not used at all scanners at need the reception mode is to operate the scanner in the case of transmission mode. また、画像形成のための電子写真プロセスなど、送信モードでは用いられないが受信モードでは動作させる必要があるようなデバイスもあるが、上記した従来の技術においては、係る同一アプリケーション内での異なる起動モードについては考慮がなされておらず、実際には長時間に亘って使用されないデバイスへの給電が通常通りに行われる場合も生じ得ることから、結果として十分な省エネ効果が得られない場合があるという問題点を有していた。 Further, an electrophotographic process for image formation, but is not used in the transmit mode is also the device that it is necessary to operate in a receive mode, in the conventional technique described above, different in the same application of activation not been made considering for mode actually from the power supply to the device is not used for a long period of time may occur if done as usual, there is a case that sufficient energy-saving effect is obtained as a result I had a problem.

【0008】一方、デバイスの中には、例えばファクシミリ受信を行う受信部のように、アプリケーション及び起動モードの実行頻度とは関係なく、常に給電状態としておくことが好ましいようなデバイスも存在する。 On the other hand, in the device, for example such as the reception unit for performing facsimile reception, regardless of the execution frequency of application and start mode, always be present device as it is preferable to a powered state. 上記従来技術に示された方法では、係るデバイスへの給電が停止してしまう事態も発生する可能性があるという問題点もある。 The above prior art method that shown in, there is also a problem may also occur a situation in which power supply to the device will be stopped according.

【0009】本発明は、上記のような問題点に鑑みてなされたものであって、複数種類のデバイスを有し、当該複数種類のデバイスを動作させることで、複数の起動モードを有する画像処理アプリケーションを含む複数種類の画像処理アプリケーションを実行することが可能な複合型画像処理装置において、より適切な省エネ制御を行うことができる複合型画像処理装置を提供することを目的としている。 [0009] The present invention was made in view of the problems described above, having a plurality of types of devices, by operating the plurality of types of devices, an image processing having a plurality of activation modes in the composite type image processing apparatus capable of executing a plurality of types of image processing applications, including applications, and its object is to provide a composite type image processing apparatus capable of performing more appropriate energy-saving control.

【0010】 [0010]

【課題を解決するための手段】上記目的を達成するために、本発明に係る複合型画像処理装置は、複数種類のデバイスを有し、当該複数種類のデバイスを動作させることで、複数の起動モードを有する画像処理アプリケーションを含む複数種類の画像処理アプリケーションを実行することが可能な複合型画像処理装置において、起動モードに関する情報を含む前記複数種類の画像処理アプリケーションの実行履歴に関する情報を取得する実行履歴情報取得手段と、前記複数種類の画像処理アプリケーションにおいて使用されたデバイスに関する情報を取得する使用デバイス情報取得手段と、前記複数種類のデバイスの省エネ状態を制御する省エネ状態制御手段と、前記実行履歴情報取得手段により取得された情報を記憶する実行履歴情報記憶 To achieve the above object, according to the Invention The composite type image processing apparatus according to the present invention includes a plurality of types of devices, by operating the plurality of types of devices, a plurality of activation in the composite type image processing apparatus capable of executing a plurality of types of image processing applications, including image processing application with a mode, execution of obtaining information about the execution history of the plurality of types of image processing applications, including information about the startup mode a history information obtaining unit, and use the device information obtaining means for obtaining information about the device that is used in the plurality of types of image processing applications, the energy saving state control means for controlling the energy-saving state of the plurality of types of devices, the execution history execution history information storage that stores information acquired by the information acquisition means 段と、前記使用デバイス情報取得手段により取得された情報を記憶する使用デバイス情報記憶手段と、前記各アプリケーション及び各起動モードと、デバイスの省エネ制御の必要性との関連を示す情報を記憶する省エネ制御情報記憶手段とを備え、前記省エネ状態制御手段は、前記実行履歴情報記憶手段と、前記使用デバイス情報記憶手段と、前記省エネ制御情報記憶手段にそれぞれ記憶された情報を参照して、省エネ制御の必要性を有するデバイスについて省エネ制御を行うことを特徴としている。 Energy saving for storing the stage, and use the device information storing means for storing the acquired information by the use device information acquiring unit, wherein each application and each startup mode, information indicating an association between the need for energy-saving control of the device and a control information storage means, the energy saving state control means, said execution history information storage unit, and the use device information storing means, with reference to the information stored respectively in the energy-saving control information storing means, the energy-saving control for devices with a need for is characterized by performing the energy-saving control.

【0011】この構成では、デバイスごとの省エネ制御の必要性に関する情報を参照して省エネ制御を行うため、より適切な省エネ制御を行うことが可能である上、 [0011] On this configuration, for performing the energy-saving control by referring to the information on the need for energy-saving control for each device, it is possible to perform more appropriate energy-saving control,
同一アプリケーションに複数の起動モードが存在する場合も考慮して省エネ制御を行うため、より大きな省エネ効果を実現することができる。 To perform the energy-saving control in consideration of the case where there are a plurality of activation mode in the same application, it is possible to achieve greater energy savings. なお、ここで「省エネ制御」とは、例えば使用が終了したデバイスについて給電量を削減し、若しくは給電を停止したりすることを含む各デバイスの状態制御を意味する。 Here, the term "energy saving control", for example, for devices used has been completed to reduce the power supply amount, or refers to a state control for each device comprising or stop the feeding.

【0012】また、前記省エネ制御情報記憶手段は、省エネ制御が必要なデバイスについて、省エネ制御を行うことと、ユーザビリティとの関連性の大きさに関する情報を記憶し、前記省エネ状態制御手段は、省エネ制御を必要とするデバイスについて、各アプリケーション及び各起動モードの実行頻度、及び前記関連性の大きさに基づいて、省エネ制御の方法を決定する決定手段を有することが好ましい。 Further, the energy saving control information storage means for energy saving control is required devices, and to perform the energy-saving control, stores information about the relevance of the size of the usability, the energy saving state control means, energy saving for devices that require control, the frequency of execution of each application and each start-up mode, and based on the magnitude of the association, it is preferable to have a determining means for determining a method of energy-saving control.

【0013】この構成では、省エネ制御が必要なデバイスについて、省エネ制御を行った場合のユーザビリティの低下をも考慮して省エネ制御を行う。 [0013] In this configuration, the energy saving control is required device performs energy saving control in consideration of a decrease in usability in the case of performing energy-saving control. ここで、「ユーザビリティ」とは、一旦省エネ状態若しくは給電停止状態に移行した場合、通常状態に復帰するために一定の時間(以下、「復帰時間」という。)が発生することが多いところ、この復帰時間の発生により影響を受ける利用者の使い勝手を意味する概念である。 Here, the "usability", once the transition to energy-saving state or power supply stop state, a certain period of time in order to return to the normal state (hereinafter referred to as "recovery time".) Where there is often occurs, this is a concept that refers to the user friendliness that are affected by the occurrence of recovery time. 例えばアプリケーションの使用頻度が高い場合には、ユーザビリティの低下を防止するような省エネ制御を行い、アプリケーションの使用頻度が低い場合には、省エネ効果を優先するような省エネ制御を行うことも可能となる。 If for example, the frequency of use of the application is high, performs energy saving control to prevent a decrease in usability, in the case the frequency of use of the application is low, it is possible to perform energy saving control to prioritize energy saving effect .

【0014】なお、前記複数種類の画像処理アプリケーションとしては、例えば、複写アプリケーション、スキャナアプリケーション、プリンタアプリケーション、F [0014] Incidentally, as the plurality of types of image processing applications, for example, a copying application, a scanner application, a printer application, F
AXアプリケーションの少なくとも二つを含んでいるものとすることが考えられる。 It is conceivable and include at least two AX application.

【0015】 [0015]

【発明の実施の形態】以下、本発明に係る複合型画像処理装置の実施の形態について図面を参照しながら説明する。 BEST MODE FOR CARRYING OUT THE INVENTION Hereinafter, an embodiment of a composite type image processing apparatus according to the present invention will be described with reference to the drawings. なお、本実施の形態の複合型複写装置は、原稿画像を読み取ってデジタル画像データを生成し、当該デジタル画像データを用いて記録シート上に画像形成を行う複写装置としての機能に加えて、プリンタ、スキャナ、ファクシミリ装置としての機能を備えたものである。 Incidentally, the composite type copying apparatus of the present embodiment generates the digital image data by reading an original image, in addition to functioning as a copying apparatus for forming an image on a recording sheet by using the digital image data, the printer , in which a scanner, a function as a facsimile apparatus. 以下、上記各機能のことを「画像処理アプリケーション」 Hereinafter, "image processing application" that the above functions
若しくは単に「アプリケーション」という。 Or simply referred to as "application".

【0016】(1)省エネ制御の概念 まず、本実施の形態の複合型画像処理装置における省エネ制御の概念について説明する。 [0016] (1) The concept of energy-saving control will be described first concept of the energy-saving control in the composite type image processing apparatus of this embodiment. 図1は、係る省エネ制御の概念について説明するための図である。 Figure 1 is a diagram for explaining the concept of energy-saving control according. パワーマネージャ11には、各アプリケーションから、起動情報及びジョブ情報が送信される。 The power manager 11, from each application starting information and job information are transmitted. 同図1においては、アプリケーションA101、アプリケーションB102、アプリケーションC103が図示されており、これらは、例えば上記した複写アプリケーション、プリンタアプリケーション、スキャナアプリケーションなどに対応するものと考えることができるが、本発明の適用範囲が上記各アプリケーションに限定されるわけではない。 In FIG. 1, application A101, Application B 102, application C103 is illustrated, they may, for example copying applications described above, the printer application, but can be thought of as corresponding like to the scanner application, the application of the present invention range is not limited to the above application.

【0017】なお、「起動情報」とは、各アプリケーションが起動されたことを示す情報であり、各アプリケーションの起動時に送信される。 [0017] Note that the "activation information", each application is information indicating that it has been started, is sent at the start of each application. なお、起動情報は、各アプリケーションが複数の起動モードを有するような場合には、起動モード情報を含んでいてもよい。 Incidentally, activation information, if each application that has a plurality of activation modes may include the startup mode information. 「起動モード情報」は、起動モードを示す情報であるが、その他に、例えば、当該起動モードにおいて必要とされるデバイスを示す情報を含めることができる。 "Start mode information" is information indicating the activation mode, the other, for example, may include information showing a device that is required in the start mode.

【0018】また、「ジョブ情報」とは、各アプリケーションの一つのジョブの実行が終了したときに送信される情報であり、実行されたジョブの内容、例えば画像読取枚数や画像形成枚数、FAX送信枚数や受信枚数(以下、これらを総称して「ジョブ容量」という場合もある。)や、実際に各デバイスにアクセスした頻度に関する情報などを含めることができる。 Further, the "job information" is information which the execution of one job for each application is sent when completed, the contents of the job is executed, for example, an image reading number and the number of image formation, FAX transmission number and the reception number (hereinafter collectively referred to sometimes as "job capacity".) or the like actually information on the frequency of accessing each device may be included.

【0019】パワーマネージャ11は、内部にタイマを備えており、各アプリケーションから送信される起動情報やジョブ情報に含まれる内容を所定時間ごとに集計する。 [0019] Power manager 11 internally provided with a timer, to aggregate the contents included in the boot information and job information transmitted from each application per predetermined time. 集計結果から、各アプリケーションの実行頻度、及び各アプリケーションによる各デバイスの使用頻度、各ジョブの平均ジョブ容量などに関する情報が得られるので、係る情報に基づいて各デバイスごとの省エネ制御パラメータを設定する。 From the aggregation result, the execution frequency of each application, and frequency of use of each device by each application, information is obtained about such as the average job capacity of each job, it sets the energy-saving control parameters for each device on the basis of such information. 図1には、デバイス1からデバイス5までが例示されているが、これらの詳細については後述する。 Although FIG. 1 from the device 1 to the device 5 is illustrated, for these details will be described later. なお、「省エネ制御パラメータ」とは、各デバイスの動作モードを指示する情報である。 Note that the "energy-saving control parameter" is information indicating the operation mode of each device. ここで、 here,
「動作モード」には、通常状態、省エネ状態、給電停止状態を含んでおり、パワーマネージャ11は、省エネ制御パラメータの設定により、各デバイスの動作モードを制御することで省エネ制御を行う。 The "operation mode", the normal state, the energy saving state, includes a power supply stop state, the power manager 11, a set of energy-saving control parameters, performs energy-saving control by controlling the operation mode of each device. また、省エネ状態には、通常状態と給電状態との中間的な状態に設定する他、徐々に消費電力を少なくさせるような制御を行う場合もある。 Also, the energy saving state, the other to be set to an intermediate state between the normal state and the power supply state, there is a case of performing control so as to gradually reduce the power consumption.

【0020】また、起動情報やジョブ情報を集計した結果から、各デバイスの使用頻度に関する情報などを取得する際の処理内容、即ち、具体的な情報の加工方法については種々の方法が考えられ、例えば、一日の間の使用頻度の周期性を求めるようにしたり、曜日データや稼働日データなどを参照して曜日ごとの周期性を求めるようにすることなども考えられる。 Further, from the results obtained by aggregating the starting information and job information, the processing content in acquiring such information on the frequency of use of each device, i.e., the processing method of the specific information considered various methods, for example, to determine a periodicity of usage during the day, also conceivable, such as to ensure that by referring to the day of the week data and working day data obtaining the periodicity of each day of the week. 各デバイスの使用頻度情報に基づく省エネ制御パラメータの設定については後に詳細に説明する。 It will be described in detail later set of energy-saving control parameters based on the use frequency information of each device.

【0021】なお、パワーマネージャ11は、各アプリケーションにおいて必要とされるデバイスのデフォルト情報を保持しているが、起動モード情報に復されるデバイス情報に基づいて、実際には使用されないデバイスを給電停止状態としたり、省エネ状態へと移行させたりすることもできる。 [0021] The power manager 11, although holds default information of the device required in each application, based on the device information Fukusa the startup mode information, actually feeding stop the devices that will not be used or a state, it is also possible to or is shifted to the energy-saving state. (2)パワーマネージャ11による省エネ制御の内容 次に、パワーマネージャ11による省エネ制御の具体的な内容について、本発明の省エネ制御を、複写(以下、 (2) Details of the energy-saving control by the power manager 11 Next, specific contents of the energy saving control by the power manager 11, the energy-saving control of the present invention, copying (hereinafter,
「コピア(登録商標)」ともいう。 Also referred to as a "copier (registered trademark)". )、スキャナ、プリンタ、ファクシミリの各アプリケーションを備える複合型複写装置に適用した場合を例として説明する。 ), It will be described a scanner, a printer, is applied to a composite type copying apparatus having a facsimile each application as an example.

【0022】図2は、本実施の形態の複合型複写装置の構成を示す機能ブロック図である。 FIG. 2 is a functional block diagram showing a configuration of a composite type copying apparatus of this embodiment. 同図を用いて、以下、複合型複写装置の構成要素、及び各構成要素間における画像データの流れと、起動信号及び制御信号の流れ等について説明する。 With reference to the figure, hereinafter, the components of the composite type copying apparatus, and the flow of image data between the respective components, the flow, etc. of the activation and control signals will be described. 図中、点線は画像データ、細実線は制御信号、太実線は起動信号を表すものとする。 In the figure, the dotted line image data, a thin solid line is the control signal, the thick solid lines denote the start signal. パワーマネージャ11は、概念的には既に図1にて説明したものであり、各アプリケーションが動作する際に所定の構成要素から起動信号やジョブ信号を受信して所定時間ごとに情報の集計等を行ったり、各構成要素への電力供給や状態制御を行う。 Power manager 11 conceptually are those already described in FIG. 1, a summary of information every predetermined time to receive the activation signal and the job signals of a predetermined component in each application operates and go, and supplies power and control the status of each component. パワーマネージャ11は、CPU Power manager 11, CPU
を中心として、当該CPUにROMやRAMなどの記憶装置が接続されて構成され、CPUがROMに記憶されたプログラムに基づいて動作することでパワーマネージャ11の機能が実現される。 Around the storage device such as a ROM and a RAM to the CPU is configured by connecting, CPU functions of the power manager 11 is realized by operating on the basis of a program stored in the ROM. 各アプリケーションから取得したデータや、集計されたデータはRAMなどの記憶装置に格納される。 And data acquired from the application, aggregated data is stored in a storage device such as RAM.

【0023】イメージリーダ部12は、詳細な説明は省略するが、原稿を照射する照明光源、原稿からの反射光を検出して電気信号に変換するCCDセンサ、照明光源を移動させたり原稿を搬送するモータ等を構成要素とした公知のものであり、イメージリーダ制御部13の制御に基づいて原稿の読み取りを行う。 The image reader unit 12, the detailed description is omitted, conveying illumination light source for illuminating the original, CCD sensor for converting into an electric signal by detecting the reflected light from the document, the document or moving the illumination source are those known in which the components of the motor for, to read a document on the basis of the control of the image reader control unit 13. CCDセンサで読み取られた画像情報は、A/D変換によってデジタル画像データに変換され、画像処理部15に転送される。 Image information read by the CCD sensor are converted into digital image data by the A / D conversion, is transferred to the image processing unit 15.

【0024】画像処理部15は、転送されたデジタル画像データに対して、二値化処理、拡大/縮小処理、回転処理、結合処理等の種々の公知の画像処理を施し、プリンタ部19に転送する。 The image processing unit 15, transferred to the transferred digital image data, binarizing processing, enlargement / reduction processing, rotation processing, performs various known image processing for the joining process such as the printer unit 19 to. 画像処理部15は、デジタル画像データを一時格納する画像メモリ16を備えている他、ハードディスクドライブ(以下、「HDD」という。)17とも接続されており、例えば大量のデジタル画像データを後述の排紙装置23で電子ソート処理する場合のように、画像メモリ16が満杯状態(以下、「メモリフルの状態」という。)となった場合等にはHDD The image processing section 15, except that includes an image memory 16 for temporarily storing digital image data, a hard disk drive (hereinafter, referred to as "HDD".) 17 both are connected, for example, discharge below a large amount of digital image data as in the case of paper 23 to the electronic sort processing, the image memory 16 is the full state or the like when it becomes (hereinafter, referred to. "the state of the memory full") the HDD
17への画像データの転送が行われる。 Of the image data to 17 it is transferred.

【0025】本実施の形態のHDD17には、所定のフォーマットを有する画像等が予め格納されており、画像処理部15では、読み込んだデジタル画像データとのオーバーレイ等の処理も行われる。 [0025] HDD17 of this embodiment, an image or the like having a predetermined format are the previously stored, the image processing unit 15, the processing of the overlay or the like of the digital image data read is also performed. 本実施の形態のプリンタ部19は、いわゆる電子写真方式で記録シート上に画像を形成するために必要な機構を含んでいる。 The printer unit 19 of this embodiment includes a mechanism required for forming an image on a recording sheet in a so-called electrophotographic system. 具体的には、レーザダイオード、給紙機構、記録シート搬送機構、電子写真プロセス、ポリゴンモータ21、定着装置22などの機構を含んでおり、画像処理部15から転送されたデジタル画像データをD/A変換し、レーザダイオードから射出されたレーザビームで、一様に帯電された感光体表面をスキャンすることによる感光体表面への潜像の形成、トナーによる潜像の可視像化、トナー像の記録シートへの転写、定着処理等を行い、記録シート上に画像を形成する。 Specifically, a laser diode, the sheet feeding mechanism, the recording sheet conveying mechanism, an electrophotographic process, the polygon motor 21 includes a mechanism such as the fixing device 22, the digital image data transferred from the image processing unit 15 D / a conversion, a laser beam emitted from the laser diode, uniformly formed of the latent image on the charged photoconductor surface by scanning the photosensitive member surface, the latent image with the toner visualized toner image transfer to the recording sheet, it performs a fixing process or the like to form an image on a recording sheet. 画像が形成された記録シートは、排紙装置23へと送られる。 Recording sheet on which the image is formed is sent to the paper discharge device 23. これらの制御はプリンタ制御部20にて実行されるがいずれも公知の処理であるから詳細な説明は省略する。 These controls both are executed by the printer control unit 20 detailed because it is well known process description is omitted. なお、画像形成方式は電子写真方式に限られず、他の方式を用いる場合でも本発明の適用は可能である。 The image forming method is not limited to the electrophotographic method, it is possible applications of the present invention even when using other methods.

【0026】定着装置22による定着処理が終了した記録シートは、排紙装置23に送られ、ソーティング、ステープル、折り、パンチ等の種々の公知の後処理が施される。 The recording sheet fixing process by the fixing device 22 has been completed is sent to the sheet discharging device 23, sorting, stapling, folding, various known post-treatment such as punching is performed. コピアコントローラ部14は、以上の各部の処理を統括的に管理する他、デジタル画像データのファイル管理、ジョブの実行順序の管理なども行う。 Copier controller 14, in addition to managing the processing of the above each unit overall, file management of the digital image data, even including managing execution order of the job performed. なお、本実施の形態の複合型複写装置では、スキャナ、プリンタ、 In the composite type copying apparatus of the present embodiment, a scanner, a printer,
ファクシミリ装置等の各アプリケーションを起動することも可能である。 It is also possible to start each application in facsimile apparatus or the like. 従って、それらの各アプリケーションに用いる構成要素として、プリントコントローラ24及びFAXコントローラ部27を備えている。 Accordingly, as a component for use in their respective applications, and a print controller 24 and the FAX controller unit 27.

【0027】プリントコントローラ24は、コピアコントローラ部14による制御に基づき、デジタル画像データをネットワーク26に送出したり、ネットワーク26 The print controller 24, under control by the copier controller 14, or sends the digital image data to the network 26, the network 26
を介してパーソナルコンピュータ(以下、「PC」という。)などから転送されるデジタル画像データを受信する。 A personal computer (hereinafter, referred to as. "PC") via the receiving digital image data transferred from the like. FAXコントローラ部27は、デジタル画像データを用いて電話回線29を通じてFAX送信したり、電話回線29を介して送信されてきたFAXデータを受信する。 FAX controller 27, or FAX transmission via a telephone line 29 with the digital image data, receives the FAX data transmitted through the telephone line 29. プリントコントローラ24及びFAXコントローラ部27は、外部から送信されてくるデータを受信するために、それぞれネットワークインターフェースカード(以下、「NIC」という。)25及びRing−on The print controller 24 and the FAX controller unit 27, for receiving data transmitted from the external network interface cards respectively (hereinafter, referred to as "NIC".) 25, and Ring-on
回路28を有している。 It has a circuit 28.

【0028】また、本実施の形態の複合型複写機は、液晶タッチパネルなどの表示手段や、各種操作ボタンなどの入力手段を含み、利用者への各種情報の表示及び利用者からの各種指示入力を受け付ける操作表示部18を備えており、当該操作表示部18に表示する情報の内容や、操作表示部18を介して利用者から入力された指示情報はコピアコントローラ部14やパワーマネージャ1 [0028] The composite type copying machine of the present embodiment, and the display means such as a liquid crystal touch panel includes an input means such as operation buttons, various instructions input from the display and the user of various information to the user and an operation display unit 18 for accepting, and the content of the information to be displayed on the operation display unit 18, instruction information input from the user via the operation display unit 18 copier controller unit 14 and a power manager 1
1に送られる。 It is sent to the 1.

【0029】具体的には、コピア、スキャナ、ファックス(送信モード)の各アプリケーションの起動信号としては、利用者がアプリケーションの起動を求める操作表示部18への入力が用いられ、操作表示部18からパワーマネージャ11へと送信される。 [0029] Specifically, copier, scanner, as a start signal for each application fax (transmission mode), the user inputs to the operation display unit 18 for determining the start of an application is used, from the operation display unit 18 It is transmitted to the power manager 11. プリンタ、ファックス(受信モード)の各アプリケーションの起動信号は、 Printer, activation signals for each application fax (reception mode),
プリントコントローラ24若しくはNIC25、及びF The print controller 24 or NIC 25, and F
AXコントローラ部27若しくはRing−on回路2 AX controller unit 27 or the Ring-on circuit 2
8からそれぞれ取得することができ、各部よりパワーマネージャ11へと送信される。 Can be obtained from each of 8, it is transmitted to the power manager 11 from each unit.

【0030】パワーマネージャ11は、各アプリケーションが動作に必要とするデバイスに関するデフォルト情報を保持しており、また、起動モード情報に使用デバイス情報が含まれている場合には、その内容をも参照して、各デバイスの電源の供給などの省エネ制御を行う。 The power manager 11, each application holds default information about the devices that require the operation, and when it contains used device information in starting mode information, see also the contents Te, it performs energy saving control such as power supply of each device.
以上のように構成された本実施の形態の複合型複写装置について、以下、各アプリケーション動作時の各デバイスの省エネ制御等の詳細について、順次説明する。 For the composite type copying apparatus of the present embodiment configured as above, the following, details of the energy-saving control and the like of each device at the time of each application operation will be sequentially described.

【0031】(2−1)コピアアプリケーション動作時の制御 コピアアプリケーション動作時には、イメージリーダ部12、コピアコントローラ部14、画像処理部15、プリンタ部19、排紙装置23の各デバイスが動作する。 [0031] (2-1) The copier application control copier application operation during operation, the image reader unit 12, copier controller unit 14, the image processing unit 15, a printer unit 19, the device of the discharge device 23 is operated.
また、ジョブに含まれるデジタル画像データの容量、種類(文字・写真の別、圧縮の有無など)によっては画像メモリ16やHDD17に給電する必要がある場合とない場合とがある。 Also, the capacity of the digital image data included in the job, and a case and without the need to feed the image memory 16 and HDD17 types (text, photograph another, such as the presence or absence of compression) by.

【0032】また、定着装置22も、常に完全な待機温度まで昇温させた状態である必要はない。 [0032] The fixing device 22 also need not be state always is complete warm to standby temperature. また、排紙装置23も、常に全ての機能を使用するわけではなく、例えば1部だけコピーして、何らの後処理も行わないような場合には、排紙装置23への給電は不要である。 Also, the paper discharge device 23, not always use all of the functions, for example, copy only one part, if such does not do any of the post-processing, the power supply to the sheet discharge unit 23 is not required is there. (2−2)スキャナアプリケーション動作時の制御 次に、スキャナのアプリケーションが起動された場合の制御について説明する。 (2-2) Scanner application Operation Control Next, a description will be given of the control when the scanner application is started. スキャナのアプリケーションとは、複合型複写装置のイメージリーダ部12等を用いて原稿画像を読み取りデジタル画像データを生成し、生成したデジタル画像データをネットワーク26に接続された他の装置に転送するアプリケーションである。 The scanner application, in the original image to generate a read digital image data using the composite type copying device image reader unit 12 or the like, and transfers the generated digital image data to another apparatus connected to the network 26 an application is there. なお、 It should be noted that,
このアプリケーションの起動情報は、ネットワーク26 Start-up information in this application, the network 26
に接続された他の装置からの指示を受けて起動される場合には、プリントコントローラ24等からパワーマネージャ11に転送され、操作表示部18を介しての指示で起動される場合には、操作表示部18からパワーマネージャ11に転送される。 When receiving an instruction from the other connected device is activated is transferred from the print controller 24 or the like to the power manager 11, when they are activated by an instruction through the operation display unit 18, operation It is transferred from the display unit 18 to the power manager 11.

【0033】スキャナのアプリケーションが起動されると、イメージリーダ部12は、前記したように、イメージリーダ制御部13の制御下で原稿の読み取り及びデジタル画像データへの変換を行う。 [0033] When the scanner application is started, the image reader unit 12, as described above, performs conversion to read and the digital image data of the document under the control of the image reader control unit 13. デジタル画像データは、画像処理部15に転送され、さらにプリントコントローラ24を通してネットワーク26上に送出される。 Digital image data is transferred to the image processing section 15, it is further delivered through the printer controller 24 to the network 26.
この際、生成されたデジタル画像データの容量や種類によっては、一時的に画像メモリ16やHDD17へのデジタル画像データの格納がなされる場合もある。 At this time, depending on the amount and type of the generated digital image data, sometimes temporarily storing the digital image data in the image memory 16 and HDD17 is made.

【0034】また、この場合もコピアコントローラ部1 [0034] In addition, copier controller 1 is also in this case
4は、イメージリーダ部12、画像処理部15、プリントコントローラ24の統括及びデジタル画像データのファイル管理を行う。 4, the image reader unit 12, the image processing unit 15, the overall and file management of the digital image data of the print controller 24 performs. 以上より、スキャナのアプリケーションを動作させるには、イメージリーダ部12、画像処理部15、コピアコントローラ部14、HDD17、プリントコントローラ24への給電を必要とする。 As described above, in order to operate the application of the scanner, image reader 12, an image processing section 15, the copier controller 14, HDD 17, and requires the supply of power to the print controller 24. 但し、 However,
ジョブに含まれるデジタル画像データの容量・種類によっては画像メモリ16、HDD17は必ずしも動作させる必要はない。 The image memory 16 is the capacity and type of digital image data included in the job, HDD 17 need not necessarily be operated.

【0035】(2−3)プリンタアプリケーション動作時の制御 次に、プリンタのアプリケーション動作時の制御について説明する。 [0035] (2-3) The printer application Operation Control Next, a description will be given of the control of the application operation of the printer. プリンタのアプリケーションとは、ネットワーク26に接続された他の装置から送信されたデジタル画像データを用いて複合型複写装置にて画像形成を行うアプリケーションである。 The printer application, an application for forming an image by the composite type copying apparatus using the digital image data transmitted from another apparatus connected to the network 26.

【0036】プリンタのアプリケーションは、通常他の装置から起動されるので、その起動情報は、プリントコントローラ24若しくはNIC25からパワーマネージャ11へと送信される。 The printer application, since usually activated from the other device, the activation information is transmitted from the print controller 24 or NIC25 to the power manager 11. なお、プリントコントローラ2 In addition, the print controller 2
4は、省電力を図るため、ネットワークを介して他の装置からの起動信号を受信するNIC25のみを動作状態とする動作モードを具備している。 4, in order to reduce power, and includes an operation mode via the network and NIC25 only the operating state of receiving an activation signal from another device. ネットワークを介して他の装置から送信されたデジタル画像データは、プリントコントローラ24を介して画像処理部15へと転送される。 Digital image data transmitted from another apparatus via the network is transferred to the image processing unit 15 via the print controller 24. 画像処理部15では、デジタル画像データに二値化処理、拡大/縮小処理、回転処理、結合処理等の種々の公知の画像処理を施し、プリンタ部19へと転送する。 The image processing section 15, the digital image data to the binarization, enlargement / reduction processing, rotation processing, performs various known image processing for the joining process, etc., and transferred to the printer unit 19. 例えば排紙装置23で電子ソート処理等を行う場合には、画像メモリ16へのデジタル画像データの一時的保存、及び画像メモリ16がメモリフルの状態となった場合のHDD17への画像データの格納が行われることもある。 For example, when in the paper discharge apparatus 23 performs electronic sorting processing or the like temporarily stored in the digital image data in the image memory 16, and stores the image data in the HDD17 when the image memory 16 is a state of memory full sometimes it is performed. プリンタ部19での画像形成処理については既に説明したので、ここでの説明は省略する。 Since the image forming process of the printer unit 19 has already been described, description thereof is omitted.

【0037】コピアコントローラ部14はこれらの処理を統括管理し、デジタル画像データのファイル管理などを行う。 The copier controller 14 supervising these processing, and file management of the digital image data. プリンタのアプリケーションには、プリントコントローラ24、コピアコントローラ部14、画像処理部15、HDD17、プリンタ部19、排紙装置23を動作状態とすることが必要とされる。 The printer application, the print controller 24, copier controller unit 14, the image processing unit 15, HDD 17, a printer unit 19, it is necessary to the sheet discharging device 23 operating state. ただし、ジョブに含まれるデジタル画像データの容量や種類によっては、 However, depending on the capacity or type of the digital image data included in the job,
画像メモリ16やHDD17は動作させる必要がない場合もあるし、定着装置22も完全に通常状態まで昇温させる必要はない。 It image memory 16 and HDD17 some may not need to be operated, the fixing device 22 does not have to be completely raised to the normal state even. また、製本、ソート等の各種後処理の指定がなされていないのであれば、排紙装置23も給電する必要がないのはコピアアプリケーション動作時と同様である。 Furthermore, binding, if the specification of the various post-treatment such as sorting is not made, there no need to feed even the paper discharge apparatus 23 is similar to the operation copier application.

【0038】(2−4)FAXアプリケーション(送信モード)動作時の制御 操作表示部18を介して、FAXアプリケーション(送信モード)の起動が選択されると、FAXアプリケーションが送信モードで起動する。 [0038] (2-4) FAX application (transmission mode) via a control operation display unit 18 during operation, the activation of the FAX application (transmission mode) is selected, FAX application starts in the transmit mode. 送信モードの場合は、イメージリーダ部12がイメージリーダ制御部13の制御下で原稿画像の読み取り及びデジタル画像データへの変換を行う。 For transmission mode, the image reader unit 12 performs conversion to read and the digital image data of the document image under the control of the image reader control unit 13. デジタル画像データは、画像処理部15に転送され、二値化処理、拡大/縮小処理、回転処理、結合処理等の公知の種々の画像処理を施され、FAXコントローラ部27へと転送される。 Digital image data is transferred to the image processing section 15, binarization processing, enlargement / reduction processing, rotation processing, subjected to various known image processing for the joining process or the like, and is transferred to the FAX controller unit 27.

【0039】FAX送信モードにおいては、送信先が通話中の場合など、すぐにデジタル画像データの送信が行えない場合もあるから、送信待ち状態となった場合には、画像メモリ16やHDD17へのデジタル画像データの一時的な格納が行われる場合もあるが、デジタル画像データの容量等によっては、HDD17は常に動作させる必要はない。 [0039] In the FAX transmission mode, such as when the destination is busy, because as soon as there is a case where the transmission of the digital image data can not be performed, in the case of a transmission wait state, the image memory 16 and to the HDD17 in some cases a temporary storage of the digital image data is performed, depending on the capacity of the digital image data, HDD 17 is not always necessary to operate.

【0040】(2−5)FAXアプリケーション(受信モード)動作時の制御 FAX受信モードは電話回線29を介してFAX情報を受信した場合に起動される。 [0040] (2-5) FAX application (reception mode) control FAX receive mode operation is activated when receiving FAX information via a telephone line 29. 従って、起動情報はFAX Therefore, start-up information is FAX
コントローラ部27からパワーマネージャ11に送られる。 Sent from the controller unit 27 to the power manager 11. なお、プリントコントローラ24と同様、FAXコントローラ部27も、省電力のため、外部からのRin Incidentally, similarly to the print controller 24, also FAX controller unit 27, for power saving, Rin from the outside
g信号を受信するRing−on回路28のみを動作状態とする動作モードを具備している。 Only Ring-on circuit 28 for receiving the g signal are provided with a mode of operation and operating state.

【0041】FAXコントローラ部27で受信されたF [0041] F received by the FAX controller 27
AX情報は、画像処理部15に転送され、種々の公知の画像処理が施されてプリンタ部19に転送される。 AX information is transferred to the image processing unit 15, various known image processing is transferred to the printer unit 19 is subjected. 排紙装置23での電子ソート処理などのために、画像メモリ16やHDD17への画像データの格納がなされる場合があることは、他のアプリケーションと同様である。 For such electronic sort processing in the sheet discharging device 23, that it may store the image data in the image memory 16 and HDD17 is made are the same as the other applications. また、画像処理部15で処理されたデジタル画像データは、プリント部19で画像形成され、記録シート上に再現されるが、これらの処理についてはここでの説明は省略する。 The digital image data processed by the image processing unit 15 is an image formed by the printing unit 19, but is reproduced on the recording sheet, the description here is about these processes is omitted.

【0042】FAX受信モードにおいては、FAXコントローラ部27、コピアコントローラ部14、画像処理部15、HDD17、プリンタ部19、排紙装置23などを動作状態とする必要がある。 [0042] In the FAX reception mode, FAX controller 27, copier controller unit 14, the image processing unit 15, HDD 17, a printer unit 19, it is necessary that the operating conditions such as the sheet discharge unit 23. もっとも、他のアプリケーションと同様、ジョブに含まれるデジタル画像データの容量・種類によっては、画像メモリ16やHDD1 However, like other applications, the capacity and type of digital image data included in the job, the image memory 16 and HDD1
7を用いない場合もあるし、定着装置22も完全に通常状態まで昇温させる必要はない。 It may not use the 7, the fixing device 22 does not have to be completely raised to the normal state even. また、単にFAX受信した内容を印刷するだけであれば、排紙装置23は給電の必要がない場合も多いであろう。 Moreover, if simply print the contents FAX reception, the paper discharge device 23 will be greater when there is no need of power supply.

【0043】以上に説明したように、本実施の形態の複合型複写装置など、複合型の画像処理装置においては、 [0043] As described above, such a composite type copying apparatus of this embodiment, the composite image processing device,
アプリケーションごとに使用するデバイスが異なってくるだけでなく、同一のアプリケーションでも、起動モードやデジタル画像データの容量等によって不要なデバイスが発生したり、用いる機能を限定することが可能なデバイス等が発生し得る。 Not only the device becomes different to use for each application, even in the same application, start mode or unnecessary devices may occur by the amount of the digital image data, such as devices that can be limiting of the function to be used is generated It can be.

【0044】(3)各デバイスの動作モードについて 次に、本実施の形態における各デバイスの動作モードの詳細な内容、特に動作モードとユーザビリティとの間の関係について説明する。 [0044] (3) Operation modes of each device will, details of the operation mode of each device in this embodiment, especially the relationship between the operation mode and usability will be described. ここで、「ユーザビリティ」とは、一旦省エネ状態若しくは給電停止状態に移行した場合、通常状態に復帰するために一定の時間(以下、「復帰時間」という。)が発生することが多いところ、この復帰時間の発生による利用者の使い勝手の低下が生じる場合があり、係る利用者の使い勝手を意味する概念である。 Here, the "usability", once the transition to energy-saving state or power supply stop state, a certain period of time in order to return to the normal state (hereinafter referred to as "recovery time".) Where there is often occurs, this may decrease in user friendliness due to the occurrence of recovery time occurs, is a concept that refers to the user friendliness of.

【0045】(3−1)定着装置22 定着装置22の消費電力は、その温調温度によって変化する。 [0045] (3-1) the power consumption of the fixing device 22 the fixing device 22 varies depending on the controlled temperature. 従って、使用されないときは、低い温度で温調するか、若しくは定着装置22への給電を停止することで消費電力を削減して省エネ効果を得ることができる。 Thus, when not in use, it is possible to obtain the energy saving effect to reduce power consumption by stopping the supply of power at a lower temperature or temperature control, or to the fixing device 22. しかし、一旦温度を低下させたり給電を停止した場合、定着装置22を再度使用可能とするためには所定の待機温度までウォームアップする必要があるのが一般的であり、すぐに画像形成動作を開始することはできなくなるため、利用者からみれば、所望の出力を得るまでの間に待ち時間が発生することとなる。 However, once you stop the feeding or the temperature is lowered, in order to enable the fixing device 22 again is common that it is necessary to warm up to a predetermined standby temperature, immediately image forming operation since no longer be able to start, when viewed from the user, so that the waiting time is generated until obtaining the desired output.

【0046】このような性質を有するデバイスにおいて省エネ制御を行う場合の注意点には、以下のようなものがある。 [0046] The notes when performing saving control in a device having such properties, are as follows. 即ち、(1)比較的頻繁に使用される場合には、使用が終了してもすぐに温度を下げない、(2)比較的使用されない場合には、できるだけ温度を下げる、 That is, if used (1) relatively frequently does not lower the temperature immediately be ended is used, if not relatively used (2) is lowered as much as possible temperature,
といった点である。 It is a point such. 頻繁に使用される場合に、すぐ温度を下げてしまうと、所定の待機温度までの復帰に電力を消費するため、結果として使用電力の増大を招来する可能性がある。 If the frequently used as soon as the causes to lower the temperature, in order to consume power return to a predetermined standby temperature, is likely to lead to increased use as a result of power. さらに、頻繁に使用される場合にはユーザビリティへの影響をできるだけ少なくし、使用頻度が少ない場合には省エネ効果を優先することで、総合的に省エネ効果とユーザビリティとの両立を図ることが好ましいからである。 Furthermore, if it is frequently used to minimize the impact on the usability, by giving priority to energy savings when used less frequently, because it is preferable to comprehensively achieve both energy saving and usability it is.

【0047】もっとも、1ジョブ当りの通紙枚数が少ない場合には、必ずしも所定の待機温度までウォームアップする必要はなく、多少低い温度で定着処理を行うことが可能な場合もあるから、次のジョブにおいて発生し得る定着装置22への負荷を予測し、予測される枚数分の定着処理を実行できる温度に到達した時点でウォームアップの完了を待たずに動作を許可するようにすることで、待ち時間の低減を図りユーザビリティを維持することも可能である。 [0047] However, if the sheet passing number per job is small, it is not always necessary to warm up to a predetermined standby temperature, because it may be possible to perform the fixing process at a somewhat lower temperature, the following by predicting the load on the fixing device 22 that may occur in the job, so as to allow the operation without waiting for the completion of warm-up when it reaches the temperature capable of executing the fixing process of number of sheets to be predicted, it is also possible to maintain the usability achieving reduction in latency.

【0048】(3−2)ポリゴンモータ21 ポリゴンモータ21とは、感光体表面を露光し潜像を形成するレーザビームを、一般的には主走査方向に走査させるためのポリゴンミラーを高速回転させるモータであり、このポリゴンモータ21が一定速度で回転していることが良好な画像形成の条件である。 [0048] (3-2) and the polygon motor 21 the polygon motor 21, a laser beam for forming a latent image by exposing the photosensitive member surface, thereby the polygon mirror for typically be scanned in the main scanning direction at a high speed a motor, that the polygon motor 21 is rotating at a constant speed is a condition favorable image formation. このデバイスで省エネを図るには、待機時に回転数を少なくするか、給電を停止して回転を停止するといった制御を行うことが考えられる。 To achieve energy saving in the device, or to reduce the rotational speed in the standby state, to perform a control such stops rotating can be considered to stop the feeding.

【0049】しかしながら、ポリゴンモータ21は、通常の回転数が極めて高速であり、使用しないときにまで回転させたのではベアリング等の部材の劣化が著しくなりデバイスの寿命の低下を招来する可能性がある。 [0049] However, the polygon motor 21 is a normal rotational speed is very fast, than rotated to when not in use likely to lead to reduction in the life of the device becomes significantly deteriorated member such as a bearing is is there. 一方、一旦給電を停止した後、再度給電を行った場合においても、所定の回転速度に達するまでの時間は、上記定着装置22等と比較して短く、約5〜10秒で所定の回転速度に到達する。 On the other hand, once after stopping the feeding, even when subjected to feed again, the time to reach the predetermined rotational speed, short compared to the fixing device 22, etc., a predetermined rotational speed in about 5 to 10 seconds to reach.

【0050】係る性質を有するデバイスにおいては、使用頻度に拘らず、多少のユーザビリティは犠牲にしても、使用しないときには給電を停止するようにすることが好ましいと考えられる。 [0050] In a device having such properties, regardless of the frequency of use, even if the some usability sacrificed, it may be preferable to stop the power supply when not in use. もっとも、多数のジョブが連続して投入されている場合など、ジョブの間ごとに給電を停止したのでは、逆に消費電力が増大する可能性も生じる上、画像形成の生産性にも良い影響はないと考えられるから、既に次のジョブが投入されているような場合には、給電を継続することが好ましいであろう。 However, such as when a large number of jobs are put in succession, than was stopped feeding between every job, on power consumption in the opposite also occurs may increase, which may in productivity of the image forming effect since it is considered that there is no already when as the next job is turned on, it may be preferable to continue the feed.

【0051】(3−3)HDD17 上記に説明した如く、HDD17は、デジタル画像データの一時的な待避や、所定のフォーマットの画像データ(以下、「フォーマットデータ」という。)を予め格納しておくためなどの目的で用いられる。 [0051] (3-3) HDD 17 as described above, HDD 17 is temporarily retracted and the digital image data, the image data of a predetermined format (hereinafter, referred to as. "Format Data") is stored in advance used for the purpose, such as for. 従って、ジョブに含まれるデジタル画像データの容量が大きい場合や、 Therefore, if and capacity of the digital image data included in the job is large,
フォーマットデータを読み出す必要があるような特殊な動作モードにおいて動作状態とする必要が生じるものである。 In which it is necessary to the operating state in the special operation modes it is necessary to read the format data.

【0052】即ち、デジタル画像データの容量、フォーマットデータ読み出しの有無等に関する情報を把握できれば、アプリケーションの起動に際してHDD17の起動が必要か否かの判定を行うことも可能となる。 [0052] That is, the capacity of the digital image data, if grasp information about the presence or absence of format data read, it is possible to start the time of starting the application HDD17 it is judged whether or not required. (3−4)各種制御デバイス 各種制御デバイスとは、コピアコントローラ部14など、主にCPUを中心として構成されるデバイスを意味する。 (3-4) The various control devices various control devices, such as copier controller unit 14, mainly refers to a device configured about the CPU. 係るデバイスは、CPU同士での通信を行いながら動作の同期を取りつつアプリケーション動作を実現している。 According device realizes an application operation while synchronizing the operation while communicating with CPU other. しかしながら、ある種の制御デバイスが不要となるようなアプリケーションの実行時や、アプリケーションの実行頻度自体が極めて低いと予測されるような状態では、不要な制御デバイスを、供給電力を少なくした省エネモードに移行させたり、給電を停止したりすることで省エネを図ることができる。 However, certain control devices or when running applications like becomes unnecessary, the state as the execution frequency itself of the application is expected to be extremely low, unnecessary control device, the less the energy-saving mode power supply or it is shifted, it is possible to save energy or to stop the feeding.

【0053】しかしながら、これらの制御デバイスは、 [0053] However, these control devices,
電源起動時に初期化及び接続確立のプロセスが必要であり、常にアプリケーションの起動に対応して給電を開始したのではユーザビリティへの影響を与える可能性がある。 Power is necessary and is initialized and the connection establishment process at startup, always applications than began feeding in response to the activation of which can affect on the usability. 従って、使用頻度に関する情報に基づき、CPUの動作周波数を落としたり、インターフェースブロックの停止、さらには給電の停止など、段階的に省エネレベルを切り換えるなどの方法により、省エネ効果とユーザビリティとの両立を図ることが好ましい。 Therefore, on the basis of the information about the frequency of use, stop of operation dropped or frequency, interface block of CPU, further including stopping the feeding, by a method such as switching the stepwise energy saving level, achieve both energy saving and usability it is preferable.

【0054】なお、制御デバイスのように比較的短時間で通常状態への復帰が可能なデバイスについては、利用者が装置近辺で操作を行う複写やFAX送信のアプリケーションについては復帰時間の存在がユーザビリティの低下として利用者に認識される場合があるが、プリンタやFAX受信などのアプリケーションでは、多少の復帰時間の存在は利用者にユーザビリティの低下として認識されない場合も多いことは考慮に値する。 [0054] Note that the relatively short time can return to the normal state devices such as a controlled device, the presence of return time for copying and FAX transmission of the application by the user to perform an operation in the vicinity device usability If the reduction in is recognized by the user, but is, in applications such as printers and FAX reception, it is the presence of some recovery time often may not be recognized as a decrease in usability to the user is worthy of consideration. 即ち、係るアプリケーションに対しては、デバイスの使用終了後に短時間で省エネ状態や給電停止状態に移行して大きな省エネ効果を得ることも考えられるからである。 That is, for according the application, because it is conceivable to obtain a large energy saving effect short after use of the device ends in shifts to the energy saving state and power supply stop state.

【0055】(3−5)排紙装置23 排紙装置23とは、定着装置22から排紙された記録シートにソート、ステープル、パンチ、紙折り等の排紙処理を施すユニットである。 [0055] (3-5) a paper discharge device 23 sheet discharging device 23, sorted from the fixing device 22 to the recording sheet is discharged, stapling, punching, a unit for performing discharge process, such as paper folding. 排紙装置23は、専用のCP The paper discharge device 23, a dedicated CP
Uを用いて制御されている場合が多く、電源を投入した直後は、当該制御用CPUの初期化や他のCPUとの接続確立が必要となる他、ソートを行うソータなど、可動部を機械的に初期位置に移動させる初期化動作を行う必要がある部分もあり、使用頻度が低い場合であっても給電を停止するとユーザビリティに悪影響が生じる可能性がある。 Often it is controlled using a U, immediately after the power is turned on, in addition to connection establishment with the initialization or other CPU of the control CPU is required, such as a sorter for sorting, mechanical moving parts to be located part it is necessary to perform an initialization operation to move to the initial position, there is a possibility that adverse effect on usability when even if infrequent stops feeding occurs.

【0056】従って、排紙装置23に対する省エネ制御として、具体的には、以下のような制御を行うことが可能である。 [0056] Thus, as energy-saving control for the sheet discharging device 23, specifically, it is possible to perform the following control. 例えば、製本に必要は整合部など、初期位置への復帰が必要な可動部を含む部分と、他の部分とについて別々の省エネ制御が可能な構成としておき、前記可動部を含む部分については使用頻度が少なくても常に給電状態としておく。 For example, a necessary matching section in the bookbinding, the portion including a movable portion that requires return to the initial position, leave the the possible separate energy saving control structure and other parts, used for the portion including the movable portion even with a small frequency should always be the feeding state. これにより、製本ジョブなど、可動部を用いるジョブが投入された場合のユーザビリティの低下を抑制することができる。 Thus, it is possible to suppress a decrease in usability when bookbinding job, a job using the movable portion is turned on.

【0057】(4)アプリケーションから送信される各種信号の詳細について (4−1)起動情報 「起動情報」とは、記述の如くアプリケーションが起動した場合に送信される信号であるが、その内容として、 [0057] (4) Details of the various signals transmitted from the application and (4-1) starting information "activation information" is as described application is a signal transmitted when launched, as its contents ,
以下のものを含むことができる。 It can include the following. 即ち、アプリケーションの起動時刻及びジョブを実行した時刻である。 That is the time of executing the activation time and the job of the application. もっとも、例えば操作表示部18からの利用者による指示入力が起動情報として送信される場合などには、パワーマネージャ11が備えるタイマ若しくは時計手段などを参照して起動時刻を求めるようにすることが好ましい。 However, for example, an operation in a case where the instruction input by the user from the display unit 18 is transmitted as the startup information is preferably the power manager 11 with reference to a timer or clock means provided to so determine the activation time . 起動情報の送信に際しては、起動モード情報を含めてもよいことは記述の通りである。 Upon transmission of the activation information that may be included startup mode information is as described.

【0058】(4−2)ジョブ情報 「ジョブ情報」とは、各アプリケーションの一つのジョブの実行が終了したときに送信される情報であり、ジョブ容量や、実際に各デバイスにアクセスした頻度に関する情報などを含めることができるのは既述の通りであるが、その他にジョブが終了した時刻を含めることができる。 [0058] and (4-2) the job information "job information" is information which the execution of one job for each application is sent when completed, and job capacity, actually on the frequency of accesses to each device Although information is as described above it may be able to include and the like, can be included in the time at which the job is completed to others. この場合にも、ジョブ情報の送信を受けたパワーマネージャ11が時刻を取得してもよいのは、起動情報と同様である。 In this case, the power manager 11 which has received the transmission of the job information may acquire the time is the same as the startup information. このジョブの終了時刻の情報から、パワーマネージャ11は実行頻度情報を生成することができる。 From the information of the end time of the job, power manager 11 is capable of generating an execution frequency information. また、ジョブ容量やデバイスのアクセス頻度情報などから、アプリケーションごとのデバイス使用頻度データを生成することができる。 Further, it is possible from such access frequency information of the job volume or device, generates a device usage data for each application.

【0059】(5)パワーマネージメント処理 次に、本実施の形態の複合型複写装置におけるパワーマネージメント処理(省エネ制御処理、以下、「PM処理」という。)について詳細に説明する。 [0059] (5) Power Management Processing Next, the power management process in the composite type copying apparatus of the present embodiment (the energy-saving control process, hereinafter referred to as "PM process".) Will be described in detail. 図3は、本実施の形態のパワーマネージャ11によるPM処理の内容を示すフローチャートである。 Figure 3 is a flowchart showing the contents of the PM process by the power manager 11 of the present embodiment.

【0060】パワーマネージャ11は、ジョブ情報の送信を受けて、アプリケーションごとの全てのジョブが終了したことを確認すると(S101:Yes)、どのデバイスも動作していない状態(以下、「待機状態」という。)の経過時間(以下、「待機時間」という。)を計測するためのタイマをスタートさせる(S102)。 [0060] Power manager 11 receives the transmission of the job information when all jobs per application verifies the completion (S101: Yes), which device is also not operating state (hereinafter, "standby state" that. elapsed time) (hereinafter, a timer is started for measuring the called.) "waiting time" (S102). そして、平均待機時間に関する情報を参照し(S10 Then, referring to the information relating to the average waiting time (S10
3)、それに従って、省エネ制御曲線のタイプを決定する(S104)。 3), the CPU 102 determines the type of energy-saving control curve (S104). ここで、平均待機時間に関する情報とは、実行頻度情報を意味し、下記のステップS110にて蓄積、記憶される各アプリケーションごとの待機時間の長さの平均値をいう。 Here, the information regarding the average wait time indicates the execution frequency information, accumulated in step S110 described below, it refers to the average length of the waiting time for each application to be stored.

【0061】また、「省エネ制御曲線」とは、待機状態の経過時間と、復帰時間との間の関係を示す曲線である。 [0061] In addition, the "energy-saving control curve" is a curve showing the elapsed time of the standby state, the relationship between the recovery time. なお、後述の如く、省エネ制御曲線は一部直線となる場合もあるが、ここでは、説明の便宜のため、省エネ制御曲線と称する。 Incidentally, as described later, but the energy-saving control curve is sometimes become part straight, here, for convenience of explanation, it referred to as energy-saving control curve. 本ステップで、平均待機時間の情報(実行頻度情報)を参照することで省エネ制御曲線のタイプが決定されることにより、待機時間の経過に従っての各デバイスの動作モードを決定することができる。 In this step, by the type of energy-saving control curve by reference average waiting time information (execution frequency information) is determined, it is possible to determine the operating mode of each device in accordance with the lapse of the waiting time. 省エネ制御曲線のタイプについては後に詳細に説明する。 It will be described in detail later type of energy-saving control curve.

【0062】省エネ制御曲線のタイプが決定されると、 [0062] When the type of energy-saving control curve is determined,
各デバイスに対応して予め決定されている各デバイスの動作モードと復帰時間との関係を参照して、待機状態の経過時間に対応する各デバイスの動作モードを決定し、 Referring to the relationship between the operation mode and the recovery time of each device is predetermined in correspondence with each device, to determine the operation mode of each device corresponding to the elapsed time in the standby state,
各デバイスの動作モードを設定する(S105)。 To set the operation mode of each device (S105). この動作モードの設定は、省エネ制御パラメータを決定して各デバイスに送信することで成される。 The setting of this operation mode is done by transmitting to determine the energy-saving control parameters to each device.

【0063】アプリケーションからの起動要求が発生するまでは(S106:No)、待機状態の経過時間に対応する各デバイスの動作モードの指示が継続して行われる。 [0063] Until start request from the application is generated (S106: No), an instruction of operation modes of each device corresponding to the elapsed time in the standby state is continued. アプリケーションからの起動要求が発生した場合には(S106:Yes)、待機時間タイマ若しくは時計手段を参照してアプリケーションの起動時刻を取得し(S107)、アプリケーションに必要なデバイスの起動を行う(S108)。 If the start request from the application occurs (S106: Yes), by referring to the timer or clock means waiting time to get the start time of the application (S107), performs the activation of the device required by the application (S108) . その後、アプリケーションから送信されるジョブ情報の受信を待って(S109:Ye Then, waiting for the reception of the job information transmitted from the application (S109: Ye
s)、アプリケーションごとの経過メモリに所定の情報を格納する(S110)。 s), stores predetermined information in the course memory for each application (S110). ここで格納する情報としては、上記したジョブ情報、即ち、ジョブの実行時間、ジョブの容量、使用デバイス等の情報などの他、当該アプリケーションが起動されたときまでの待機時間に関する情報などが考えられる。 The information stored here, the job information, i.e., the job execution time, the capacity of the job, other such information, such as use devices, such as information on the waiting time until when said application has been activated can be considered .

【0064】(6)PM処理の各ステップの詳細について 以下、上記PM処理の各ステップの詳細について、より具体的に説明する。 [0064] (6) PM process following details of the respective steps of the details of each step of the PM process will be described more specifically. (6−1)アプリケーションの実行頻度情報(平均待機時間)の作成(S103、S110等) 前述の如く、パワーマネージャ11は、アプリケーションの起動時刻と終了時刻の情報を所定の時間単位で集計する。 (6-1) execution frequency information (average wait time) of the application as creation (S103, S110, etc.) described above, the power manager 11 aggregates the information start and end time for the application at a given time unit. パワーマネージャ11は、この情報から、所定時間単位ごとでの起動回数と平均ジョブタイムとを算出する。 Power manager 11, from this information, calculates the average job time and start count for each predetermined time unit. そして、所定時間ごとの平均起動回数と平均ジョブタイムとから、例えば、(所定時間)−((平均起動回数)*(平均ジョブタイム))の値の平均値として、平均待機時間が算出できるので、この平均待機時間を保持しておく。 Then, the and the average job time average number of starts for each predetermined time, for example, (a predetermined time) - as the average value of the values ​​of ((average number of activations) * (Average jobs time)), the average wait time can be calculated and it holds the average wait time.

【0065】もっとも、プリントデータ受信後にしばらく時間が経過してからプリント処理を行うような場合(暗号化された情報を、暗証番号の入力を待って復号化するような場合や、FAXの夜間受信モードのようにメモリフルになるまでプリント処理をしない場合など)には、中断している時間はジョブタイムから削除することが好ましいし、FAX送信とプリント処理を同時に実行する場合のようにデバイスを同時に共用するような場合には、共用しているデバイスについては、ジョブタイムを共用しているジョブの数で割るなどの処理をすることが好ましい。 [0065] However, if after the elapse of some time after the print data reception, such as performing the print processing (information that has been encrypted, if the input, such as to decode waiting for and of the personal identification number, nighttime reception of FAX in in a case where it is not the printing process until the memory full) as the mode, to the time that is suspended is preferably set to remove from the job time, the device as in the case of performing FAX transmission and printing process at the same time If such shared at the same time, for the devices that are shared, it is preferable that the processing such as dividing the number of jobs that share the job time.

【0066】集計する時間単位は短時間とする方が、より細かい制御を行うことができるが、保持するデータ量が多くなる。 [0066] is the mutual short time unit to aggregate, which can perform finer control, becomes large amount of data to be held. さらに、曜日データを参照しながら、曜日ごとの使用履歴に分類し、稼働日データを参照しながら、稼働日と非稼働日とに分けて分類を行うことも可能である。 Furthermore, with reference to the day of the week data, classifies the usage history of each day of the week, with reference to the working day data, it is also possible to carry out the classification is divided into a working day and nonworking days. 保持されたデータは所定期間の間のみ有効とし、古いデータから順に消去することで、記憶領域の節約を図ることができる。 Held data is valid only for a predetermined time period, by erasing old data in order, it is possible to save storage space. 例えば、現在の週の使用頻度データとしては、過去1ヶ月間の曜日ごとの各時間帯の起動回数、及び平均ジョブタイムを計算する。 For example, the use frequency data of the current week, to calculate the number of starts, and the average job time for each time zone for each day of the week of the past month. 4週間以上前のデータは消去する。 Before the data more than four weeks to clear. 平均値を算出する際、非稼働日のデータは排除してもよい。 When calculating the average value, the data nonworking may be eliminated.

【0067】(6−2)アプリケーションごとのデバイス使用率の算出 パワーマネージャ11は、アプリケーションから送られる起動情報やジョブ情報などから、デバイス使用頻度データを集計する。 [0067] (6-2) calculating the power manager 11 of the device usage per application, etc. activation information and job information sent from the application, aggregates the device usage data. そして、例えば、過去一定期間のデバイス使用頻度データを平均し、アプリケーションごとの、予想されるデバイス使用率を計算する。 Then, for example, by averaging the device usage data for the past fixed period, for each application, to calculate the device utilization expected. このアプリケーションごとのデバイス使用率とは、例えば起動されたジョブの数のうち、当該デバイスを使用したジョブの数の比率をいうが、ジョブタイム中、デバイスを使用した時間の比率などジョブ情報に含めておき、その平均値を併せて算出するようにしてもよい。 The device usage for each this application, for example, among the number of the started jobs, refers to the ratio of the number of jobs using the device, including the job time, the job information and the ratio of time used device advance, it may be calculated along the average value. また、例えば曜日別、時間帯別のデータを平均し、デバイスの使用率を算出するようにしてもよい。 Further, for example day of week, and the average-specific data time slot, it may be calculated utilization device.

【0068】このように、アプリケーションごとのジョブ数と実際にデバイスをアクセスしたジョブ数との比率、あるいはジョブタイムと、デバイスにアクセスした時間の比率などを取得しておくことにより、以後の省エネ制御の基礎とすることができる。 [0068] Thus, the ratio of the number of jobs that actually access the device and number of jobs per application, or a job time, by previously acquire the percentage of time that access the device, the subsequent energy saving control it can be the foundation. (6−3)各デバイスの動作モードの定義(S104 (6-3) Definition of the operating mode of each device (S104
等) 各デバイスの各動作モードについて、消費電力(省エネ効果)とユーザビリティの低下度合いとの関連付けを行う。 For etc) each operating mode of each device performs power consumption (energy saving effect) an association with decreased degree of usability. ユーザビリティの評価方法は、各デバイスごとや、 Evaluation method of usability, and for each device,
利用環境、アプリケーションごとなどにも異なってくる場合があり、単純とは言えないが、本実施の形態では、 There is a case to use environment, come different in such as every application, but it can not be said simply, in the present embodiment,
原則として、復帰時間が長いほど一応ユーザビリティは低下するものと考える(復帰時間が長くてもユーザビリティの低下と認識されない場合については例外として考慮する。)。 As a rule, it considered that the recovery time is tentatively usability longer reduced (taking into account the exception of the case even longer recovery time not recognized with a decrease in usability.).

【0069】以下、図4(a)を参照しながら、定着装置22の温調温度及びポリゴンモータ21の回転数の制御を例として説明する。 [0069] Hereinafter, with reference to FIG. 4 (a), illustrating the rotation speed of the control of the control temperature and the polygon motor 21 of the fixing device 22 as an example. 例えば定着装置22の温調温度は、通常待機時がt0℃となるように設定されているものとする。 For example the controlled temperature of the fixing device 22, the normal waiting is assumed to be set such that t0 ° C.. ここで、定着装置22の定着温度をt℃まで低下させた場合に、t0℃まで復帰させるために必要な時間をTwとすると、復帰時間と温調温度との関係は、 Here, when the fixing temperature of the fixing device 22 was lowered to t ° C., the time required to wake up to t0 ° C. and Tw, the relationship between the recovery time and the temperature control temperature,
模式的に、図4(a)左側のグラフに示すように表すことができる。 Schematically, it can be represented as shown in FIG. 4 (a) left side of the graph.

【0070】一方、ポリゴンモータ21の場合には、例えば回転数を落とした場合、落とした後の回転数と、通常の回転数まで復帰するために必要な時間との関係は、 [0070] On the other hand, in the case of the polygon motor 21, for example if dropped rpm, the engine speed after the dropping, the relationship between the time required to return to the normal speed,
模式的に図4(a)右側のグラフのように表すことができる。 Schematically it can be expressed as shown in FIG. 4 (a) right side of the graph. 即ち、復帰時間がt1となる定着装置22の温調温度はT1℃であり、ポリゴンモータ21は、完全に停止状態としても時間t1以内には通常の回転数まで復帰することができる。 That is, the regulated temperature of the fixing device 22 the return time is t1 is T1 ° C., the polygon motor 21 can be restored to the normal rotational speed to within the time t1 as a fully stopped state.

【0071】復帰時間をt2とするための定着装置22 [0071] The fixing device for the return time to t2 22
の温度はT2℃であり、復帰時間をt2とするためのポリゴンモータ21の回転数はn2となる。 The temperature was T2 ° C., the rotational speed of the polygon motor 21 to the return time t2 becomes n2. このように、 in this way,
ユーザビリティを考慮して、所望の復帰時間を設定することにより、各デバイスの状態設定が可能である。 Considering the usability, by setting a desired recovery time, it is possible to state set for each device. もっとも、定着装置22やポリゴンモータ21は、復帰時に比較的大きな電力を必要とするため、頻繁にオフされると逆に消費電力が増大する場合があり、注意が必要である。 However, the fixing device 22 and the polygon motor 21, requires a relatively large electric power at the time of return, frequently may power consumption when it is turned off the reverse increases, it is necessary to pay attention. 具体的には、総合的省エネ効果(=省電力制御による省エネ効果―復帰時の消費電力増加分)が正となるような制御を行う必要がある。 Specifically, overall energy saving effect - it is necessary to control such that positive (= power saving control by the energy-saving effect the increase in power consumption when returning).

【0072】次に、CPUを主体に構成される制御デバイスのように、動作状態がいくつかのモードしかない場合の例を図4(b)に示す。 Next, as the control device configured to CPU mainly shows an example of a case where the operating state is only several modes in Figure 4 (b). 制御基板の場合には、動作モードが、(1)給電停止状態、(2)クロック周波数を所定の周波数に低下させた状態、(3)通常状態の3 If the control board, operation mode, (1) power supply stop state, (2) state that the clock frequency is lowered to a predetermined frequency, (3) in the normal state 3
つの動作モードが設定されており、それぞれの状態からの通常状態への復帰時間が離散的なものとなる場合、所望の復帰時間がT1であれば動作モードbを選択する必要があるし、所望の復帰時間がT2の場合には動作モードa(この場合は通常状態)としておく必要がある。 One of the operation modes is set, if the recovery time to the normal state from each state becomes discrete, to the desired recovery time is necessary to select an operation mode b, if T1, the desired If the return time of T2 for it is necessary to the operation mode a (the normal state in this case).

【0073】HDD17の場合には、通常(1)給電停止状態(2)通常状態の2つの動作モードのみが用意される。 [0073] When the HDD17, only normal (1) power supply stop state (2) two modes of operation in the normal state is prepared. 給電停止状態からの復帰に時間trだけ必要であるとすると、所望の復帰時間がtr以上である場合には給電停止状態にすることができるが、所望の復帰時間がtrより短い場合には通常状態としておく必要がある。 When it is required only the time to return from the power supply stopped state tr, can be a powered off state when the desired recovery time is greater than or equal to tr, usually when the desired recovery time is shorter than tr it is necessary to the state.

【0074】(7)各デバイスの動作モードの決定(S [0074] (7) the determination of the mode of operation of each device (S
105) アプリケーションの実行頻度と各デバイスの使用率情報に基づいて、待機時間の経過に対する復帰時間の関係を示す省エネ制御曲線を決定する。 105) based on the application execution frequency and usage information for each device, to determine the energy-saving control curve showing the relationship between the recovery time for the lapse of the waiting time. 既述の如く、省エネ制御曲線は、タイプごとに予め決定されている。 Already mentioned, the energy saving control curve is previously determined for each type. 図5 Figure 5
(a)は、待機状態の経過時間と復帰時間との関係を示すものであり、省エネ制御曲線の典型的な二つのタイプに対応するものが示されている。 (A) is for showing the relationship between the elapsed time and the return time of the standby state, which is shown to correspond to a typical two types of energy-saving control curve.

【0075】TypeAは、比較的使用頻度が高い場合の復帰時間設定であり、TypeBは、比較的使用頻度が低い場合の復帰時間設定である。 [0075] TypeA is a return time setting when a relatively high frequency of use, TypeB is a return time setting of the case relatively less frequently used. TypeAは、待機時間が長くなる程、徐々に復帰時間を長くする設定であり、TypeBは待機状態に入ると早期に、かつ急激に復帰時間を長くする設定であるから、TypeAでは、 TypeA is, as the waiting time becomes long, a set of longer gradually return time, TypeB the early enters the standby state, and because it is suddenly reset time the longer set, the TypeA,
特に待機状態が短いほどユーザビリティが優先されることとなる一方、TypeBでは待機状態が短い場合でも省エネ効果が優先されることになる。 Especially while usability as a standby state is short, so that the precedence, so that the energy-saving effect even when TypeB the standby state is shorter takes precedence.

【0076】図5(b)及び図5(c)は、上記のような関係に基づいて作成された省エネ制御曲線の例を示す図である。 [0076] FIGS. 5 (b) and 5 (c) is a diagram showing an example of energy-saving control curve was created from the above relationship. 図5(b)は定着装置22の省エネ制御曲線の例であり、図5(c)はHDD17の省エネ制御曲線の例である。 5 (b) is an example of the energy saving control curve of the fixing device 22, FIG. 5 (c) is an example of the energy saving control curve of HDD 17. 図5(b)のように、定着装置22においては、待機時間の経過に従って徐々に温調温度を低下させていくことが可能であるから、上記待機時間と復帰時間の関係から、図に示されるようなTypeA及びTy As shown in FIG. 5 (b), in the fixing device 22 gradually from the temperature control temperature can be gradually lowered, the relationship of the waiting time and the return time in accordance with the lapse of the waiting time, shown in FIG. TypeA and Ty, such as
peBの省エネ制御曲線が導かれる。 Energy-saving control curve of peB is derived.

【0077】一方、HDD17の場合は、記述の如く動作モードとして給電停止状態と通常状態の2つの動作モードしか設けられていないので、HDD17の給電停止状態からオン状態への復帰時間と、図5(a)の関係とを比較して、所望の復帰時間がHDD17の復帰時間よりも長い場合にはHDD17を給電停止状態とし、所望の復帰時間がHDD17の復帰時間よりも短い場合にはHDD17をオン状態のままで待機させる。 [0077] On the other hand, in the case of HDD 17, because not provided only two operating modes of the power supply stop state and the normal state as the operation mode as described, and the return time to the on state from the power supply stop state of the HDD 17, Fig. 5 by comparing the relation of (a), the desired recovery time and power supply stop state HDD 17 in the case longer than the recovery time of the HDD 17, the HDD 17, if desired recovery time is shorter than the recovery time of the HDD 17 to wait remain in the oN state.

【0078】省エネ制御曲線は、図5に示されるtx、 [0078] energy-saving control curve, tx shown in FIG. 5,
ty、tz、ta、tbの各パラメータを変更することで調整することが可能である。 ty, it is possible to adjust by changing tz, ta, each parameter of tb. 本実施の形態の複合型複写装置では、アプリケーション内のジョブ属性ごとに、 In composite copying apparatus of the present embodiment, for each job attribute in the application,
省エネ制御を行うことと、ユーザビリティとの関連性の大きさをまとめたのが図6である。 And performing the energy-saving control, the put together the relevance of the size of the usability which is FIG. 同図において「大」 "Large" in FIG.
とあるのは、アプリケーション及びそのジョブ属性のジョブ実行頻度が大きくなるとTypeAのように比較的緩やかな復帰時間設定とし、アプリケーション及びそのジョブ属性のジョブ実行頻度が小さくなるとTypeB Shall be deemed to be replaced, the job execution frequency of application and the job attributes is increased to a relatively slow recovery time set as TypeA, a job execution frequency of application and the job attribute decreases TypeB
のように比較的急峻な復帰時間設定がなされるデバイスであることを意味する。 Means that a device that relatively steep return time setting is made as. 即ち、省エネ制御、具体的には復帰時間を長くする制御を行うことがユーザビリティの低下に大きく関連するデバイスであることを意味しており、このようなデバイスでは、実行頻度が大きい場合と小さい場合とで省エネ制御の方法を変更することが好ましいのである。 That is, energy saving control, specifically means a fact that the control is performed to increase the recovery time is significantly associated device to a decrease in usability, if in such devices, small and if the execution frequency is large is the it is preferable to change the method of energy-saving control by the.

【0079】また、同図において「小」とあるのは、省エネ制御を行うことと、ユーザビリティとの関連性が小さいことを示す。 [0079] Also, the term "small" in the figure shows the performing the energy-saving control, the relationship between usability is low. すなわち、このデバイスは、実行頻度が高い場合でもTypeBのような制御がなされるデバイスである。 That is, this device is a device control is performed such as TypeB even if execution frequency is high. また、図中「無」とあるのは、ジョブの実行頻度と制御パラメータとの関連が無いことを示す。 Also, the term in the drawing "no" indicates that the associated execution frequency of the job and the control parameter is not. 即ち、このデバイスは、アプリケーションの実行頻度を考慮する必要が無いことを意味するものである。 That is, this device is intended to mean that there is no need to consider the execution frequency of application. 「無or "No or
小」とあるのは、装置の設置環境等により、「無」とした方がよい場合と「小」とした方がよい場合とがあることを示す。 Small "phrase indicates that the installation environment of the apparatus, and a case it is better to" none "was it is a case good as" small ".

【0080】さらに、「常時ON」と示されるデバイスもアプリケーションの実行頻度に依存せず、常に給電するデバイスである。 [0080] Furthermore, the device shown as "always ON" is also not dependent on the frequency of execution of the application is always device to power. 図中のNIC25及びRing−o NIC25 and Ring-o in FIG.
n回路28は、ネットワーク及び電話回線からのアクセス信号の受信部であり、リモートアクセスのために必要不可欠なデバイスであるから、常に給電されるようになっている。 n circuit 28 is a receiving unit of the access signal from the network and the telephone line, because it is essential devices required for remote access, is always adapted to be powered.

【0081】次に、アプリケーション、及び各ジョブ属性ごとの実行頻度と省エネ制御パラメータとの関係について説明する。 [0081] Next, the application, and the relationship between running frequency and energy-saving control parameters for each job attribute will be described. まず、コピアアプリケーションであれば、プリンタ制御部20とFAXコントローラ部27とは使用されないので、コピアアプリケーションの頻度が高くても、これらのコントローラを給電状態として待機する必要はない。 First, if copier application, since the printer controller 20 and a FAX controller 27 is not used, even with a high frequency of copier application, it is not necessary to wait for these controllers as a power supply state. シングルコピーの頻度が高ければ、排紙装置23は使用されないので、排紙装置23の電源は比較的短い時間で遮断される設定としてもよい。 The higher the frequency of single-copy, since the paper discharge device 23 is not used, the power of the discharge device 23 may be a configuration that is interrupted by a relatively short time.

【0082】また、プリンタアプリケーションであれば、イメージリーダ部12を使用することはないので、 [0082] In addition, if the printer application, but does not use the image reader unit 12,
プリンタアプリケーションの頻度が高くても、イメージリーダ部12に対して復帰時間の短い省エネ制御曲線を用いる必要はない。 Even with a high frequency of printer applications, it is not necessary to use a short energy-saving control curve of the return time to the image reader unit 12. さらに、画像処理部15、画像メモリ16、HDD17の復帰時間は給電停止状態からでも比較的短く、リモートアクセスに対して数秒の起動遅れは問題にならないと考えると、プリンタアプリケーションの頻度が高い場合においても、待機状態開始後、比較的早い時間で給電停止状態としても実用上の不都合は小さいと考えられる。 Further, the image processing unit 15, the return time of the image memory 16, HDD 17 is relatively short, even from the feeding stopped state, the startup delay of several seconds for the remote access considered not a problem, when the frequency of the printer application is high also, after the start waiting state, practical inconvenience as a power feeding stop state at a relatively early time is considered to be small. もっとも、プリンタアプリケーションにおいても、ジョブ属性が製本ジョブであるような起動モードでの実行頻度が高い場合には、排紙装置23の予熱や初期化等が必要であるから、比較的長時間の間、 However, even in a printer application, when the frequency of execution of the startup mode in the job attribute is a bookbinding job is high, because it is necessary preheating or initialization or the like of the sheet discharging device 23, a relatively long period between ,
短時間で復帰可能な設定としておくか、常に通常状態としておくことが好ましい。 Or keep the short time available return settings, always it is preferable to the normal state. また、プリント制御部20の起動遅れは、データの受信に遅れが生じるので、比較的長時間は動作させるような設定が好ましい。 Also, start delay of the print control unit 20, since a delay in the reception of the data occurs, a relatively long time set as to operate is preferred.

【0083】また、FAXアプリケーションの場合、受信モードではイメージリーダ部12を必要としないので、実行頻度と省エネ制御パラメータとを関連付ける必要はなく、省エネ効果を優先した設定としてもよい。 [0083] When the FAX application, since the receive mode does not require the image reader unit 12, it is not necessary to associate an execution frequency and energy-saving control parameters may be set giving priority to energy saving effect. また、コピアコントローラ部14、画像処理部15、画像メモリ16、HDD17、定着装置22、排紙装置23 Further, copier controller unit 14, the image processing unit 15, an image memory 16, HDD 17, a fixing device 22, sheet discharging device 23
についても、給電停止状態若しくは急峻に消費電力が減少する省エネ設定としても実用不都合があるわけではない。 For even not have practical disadvantages as energy saving setting the power supply stopped state or steeply power consumption is reduced. しかしながら、送信モードでは、イメージリーダ部12、コピアコントローラ14、画像処理部15を用いる可能性があるので、長時間に亘って徐々に消費電力を削減する省エネモードに移行する設定が好ましい。 However, in the transmission mode, the image reader unit 12, the copier controller 14, there is a possibility of using the image processing unit 15, setting to shift to the energy saving mode to reduce gradually the power consumption for a long period of time is preferred. また、ジョブ容量等によっては、画像メモリ16、HDD Also, depending on the job capacity, etc., the image memory 16, HDD
17を用いる可能性もあるので、必要に応じて、給電の停止を遅らせるような設定が好ましい。 Since there is a possibility to use a 17, if necessary, set preferably as delay the stopping of the power supply.

【0084】以上に説明したような、各アプリケーション及びそのジョブ属性の実行頻度に基づいて復帰時間が長い状態へと移行する省エネ制御を行うことと、ユーザビリティとの関連性の大きさに従って、各エレメントの省エネ制御パラメータを設定し、動作モードの制御を行うことにより、より適切な省エネ制御を行うことが可能となる。 [0084] as described above, and to perform the energy-saving control for transition to each application and long state return time based on the frequency of execution of the job attributes, according to their relevance in size between usability, each element set the energy-saving control parameters, by controlling the operation mode, it is possible to perform more appropriate energy-saving control. 以下、省エネ制御パラメータの具体的な設定方法について、定着装置22を例として説明する。 Hereinafter, a specific method of setting the energy-saving control parameters describing the fixing device 22 as an example.

【0085】まず、コピアアプリケーションのユーザビリティを考慮した省エネ制御パラメータの設定方法の一例を示す。 [0085] First, an example of a method of setting the energy-saving control parameter in consideration of the usability of the copier application. コピアアプリケーションの実行頻度が高いときには、最大限ユーザビリティを考慮して、tx=0 When the execution frequency of the copier application is high, taking into account the maximum usability, tx = 0
秒、ty=0秒、tz=tw秒(ここで、twは、定着装置22の常温からのウォームアップ時間を表す。)、 Sec, ty = 0 s, tz = tw seconds (here, tw denotes the warm-up time from room temperature of the fixing device 22.),
ta=90分、tb=90分と設定する。 ta = 90 minutes, is set to tb = 90 minutes. この省エネ制御によると、待機時間が90分に達するまでは消費電力の低減は全く行われず、90分に達すると、給電状態停止状態となる。 According to this energy saving control, the waiting time until it reaches 90 minutes without performing at all reduce the power consumption reaches the 90 minutes, the power supply state stopped state. 従って待機状態が90分になるまでは、 Accordingly to the standby state is 90 minutes,
全く復帰時間が不要な状態におかれることになり、ユーザビリティの低下が防止される。 Will be completely recovery time is placed in the required state, decrease in usability can be prevented. さらにジョブ容量が小さい場合には、一旦定着装置22の温調温度が常温まで降下した場合でも、定着装置22の温度を完全に通常の温度まで昇温させなくても定着処理を行わせることもできる。 If more jobs capacitance is small, once even if the controlled temperature of the fixing device 22 is dropped to room temperature, also also performs the fixing process without fully raised to normal temperature the temperature of the fixing device 22 it can. 具体的には、例えば平均ジョブ容量の情報を参照して、所定の温度よりも低い温度から定着処理を開始させるようにすることが可能である。 More specifically, for example by referring to the information of the average job volume, it is possible to so as to initiate a fixing process from a temperature lower than a predetermined temperature.

【0086】アプリケーションの実行頻度が低い場合には、省エネ効果を優先してtx=0秒、ty=0秒、t [0086] If the execution frequency of application is low, tx = 0 seconds in favor of energy-saving effect, ty = 0 seconds, t
z=tw秒、ta=1分、tb=90分と設定する。 z = tw seconds, ta = 1 minute, set the tb = 90 min. これにより待機時間が1分経過した後から90分経過するまでの間に、徐々に復帰時間が長くなるような制御がなされることになり、待機時間1分経過後から徐々に省エネ効果が得られることとなる。 Between Thereby later the waiting time has elapsed one minute until after 90 minutes, gradually to return time is made control for longer, gradually resulting energy savings from after 1 minute waiting time and thus to be. 平均ジョブ容量の値が小さいときには、上記と同様に、所定温度よりも低い温度で定着処理を開始させてもよい。 When the value of the average job volume is small, in the same manner as described above, it may initiate a fixing process at a temperature lower than a predetermined temperature.

【0087】次に、プリンタアプリケーションに対応するパラメータ設定方法について説明する。 Next, a description will be given parameter setting method corresponding to the printer application. アプリケーションの実行頻度が高いとき、最大限ユーザビリティを優先した設定とするが、プリント指示は通常ネットワーク26に接続されたPC等の外部機器から送信され、従って復帰時間が多少長くなっても(数秒程度かかっても) When the execution frequency of application is high, but the set that prioritizes maximize usability, print instruction is transmitted from an external device such as a PC connected to a normal network 26, therefore even if the recovery time is somewhat longer (about several seconds It took even)
ユーザビリティの低下として認識されない場合が多い。 If that is not recognized as a decrease in usability often.

【0088】そのため、実行頻度が高い場合のプリンタアプリケーションについては、tx=10秒、ty=1 [0088] Therefore, for the printer applications where execution frequency is high, tx = 10 seconds, ty = 1
0秒、tz=tw秒(twの値は上記と同じである。)、ta=90分、tb=90分とする。 0 seconds, tz = tw seconds (the value of tw is the same as above.), Ta = 90 minutes, and tb = 90 min. 具体的には、待機時間が開始した後、すぐに復帰時間10秒の状態に移行する。 More specifically, after the delay begins, immediately shifts to the state of the return time of 10 seconds. これは、通常10秒程度で給電停止状態から通常状態に復帰できるHDD17やポリゴンモータ21などについては、使用終了後すぐ給電停止状態に移行させることを意味する。 This means that for such HDD17 and polygon motor 21 which can return to the normal state from the power supply stop state usually about 10 seconds, meaning that shifting after use immediately powered off state. その後待機時間が90分に到達するまでに、徐々に定着装置22の消費電力を低下させるような制御を行う。 By then the standby time reaches 90 minutes, performs control so as to lower gradually the power consumption of the fixing device 22.

【0089】一方、実行頻度が低いときには、省エネ効果を優先してtx=10秒、ty=10秒、tz=tw [0089] On the other hand, when the execution frequency is low, tx = 10 seconds in favor of energy-saving effect, ty = 10 seconds, tz = tw
秒、ta=1分、tb=90分とする。 Sec, ta = 1 minute, and tb = 90 min. これにより、定着装置22の消費電力が、待機時間が1分経過した後から徐々に削減されることとなり、省エネ効果が得られることになる。 Thus, power consumption of the fixing device 22 becomes a possible waiting time is reduced gradually from After 1 minute, so that the energy saving effect is obtained. なお、実行頻度にかかわらず、平均ジョブ容量が少ないときには、コピアアプリケーションと同様に、所定の温度よりも低い温度で開始させることもできる。 Incidentally, regardless of the execution frequency, when the average job capacity is small, like the copier application, it can be initiated at a temperature lower than a predetermined temperature.

【0090】次に、FAXアプリケーション(受信モード)のパラメータ設定方法について説明する。 Next, a description will be given parameter setting method of the FAX application (reception mode). アプリケーションの実行頻度が高いとき、最大限ユーザビリティを優先した設定とするが、プリントアプリケーションと同様、復帰時間がかなり長くなっても、ユーザビリティの低下として認識されない場合が多い。 When the execution frequency of application is high, but the set that prioritizes maximize usability, as with print application, even if the recovery time is significantly longer, often not recognized as a decrease in usability. そのため、FA Therefore, FA
Xアプリケーション(受信モード)については、tx= X for application (reception mode), tx =
30秒、ty=30秒、tz=tw秒(twの値については上記と同様である。)、ta=90分、tb=90 30 seconds, ty = 30 seconds, (for values ​​of tw is the same as above.) Tz = tw seconds, ta = 90 minutes, tb = 90
分とする。 Minute to. ここで、tx、tyを30秒としているのは、実際に使用するデバイスをシャットダウンするために必要と考えられるからであり、FAXアプリケーションに使用するデバイスで最もシャットダウンに時間を要すると考えられるHDD17のシャットダウン及びレジューム処理に必要と思われる時間を基にしたものである。 Here, tx, are we the ty 30 seconds is because it is considered necessary to shut down the device to be actually used, HDD 17 of which are considered to require most shut down time on the device to be used for FAX applications it is obtained based on time, which will be necessary shutdown and resume processing.

【0091】なお、以上のtx、ty等のパラメータの値については、装置の設置環境等によって種々の変更を任意に行うことができる。 [0091] Note that the above tx, the values ​​of parameters ty etc., can be arbitrarily modified in various ways depending on the installation environment of the apparatus. 実行頻度が低いときには、省エネ効果を最大限に優先してtx=30秒、ty=30 When the execution frequency is low, tx = 30 seconds in preference to maximize the energy saving effect, ty = 30
秒、tz=tw秒、ta=1分、tb=90分とする。 Sec, tz = tw seconds, ta = 1 minute, and tb = 90 min.
これにより、定着装置22の消費電力の低減による省エネ効果が得られることはプリンタアプリケーションの場合と同様である。 Thus, the energy saving effect due to reduction in power consumption of the fixing device 22 is obtained is the same as in the case of a printer application. なお、実行頻度にかかわらず、平均ジョブ容量が少ないときには、コピアアプリケーションと同様に所定の温度よりも低い温度で開始させることもできるが、FAX受信の使い勝手に関する認識を考慮すると、当該補正は行わなくてもユーザビリティに大きな影響はないとも考えられる。 Incidentally, regardless of the execution frequency, when the average job capacity is small, but can also be initiated by the copier application and a temperature lower than a predetermined temperature as well, considering the recognition of usability of FAX reception, the correction is not performed big impact is also considered that there is no usability even.

【0092】FAXアプリケーション(送信モード)、 [0092] FAX application (transmission mode),
スキャナアプリケーションでは、定着装置22は使用されないため、その実行頻度は無視される。 The scanner application, the fixing device 22 because it is not used, the execution frequency is ignored. 最後に、複数のアプリケーションの実行頻度情報から、各デバイスの省エネ制御を行う方法について説明する。 Finally, the execution frequency information of the plurality of applications, a method of performing energy-saving control of each device will be described. 定着装置22 The fixing device 22
を例として説明すると、定着装置22を使用する各アプリケーションに関する平均待機時間を総合して、実際の平均待機時間を予測し、それに基づいて省エネ制御曲線のタイプを決定する。 The To describe by way of example, by integrating the average wait time for each application that uses the fixing device 22, it predicts the actual average wait time, to determine the type of energy-saving control curve based on it.

【0093】具体的には、総合平均待機時間が所定時間よりも短い場合には、TypeAの制御を選択する。 [0093] Specifically, when the overall average waiting time is shorter than the predetermined time, it selects the control TypeA. 平均ジョブ容量(α)とアプリケーションの種類に応じて調整されるパラメータであるtx、tyについては、各アプリケーションの平均待機時間の逆数の比率で加重平均して求める。 tx is a parameter to be adjusted in accordance with the average job capacity and (alpha) of the type of application, for ty, obtained by the weighted average ratio of the inverse of the average wait time for each application. コピア、プリンタ、FAX受信の各アプリケーションの平均待機時間をそれぞれWc、Wp、W Copier, Wc printer, the average waiting time of each application of the FAX reception, respectively, Wp, W
fr、各アプリケーションの実行頻度から求めたtxの値をそれぞれtxc、txp、txfrとすると、総合的なtxの値は、下記の(式1)にて求められる。 fr, txc tx value obtained from the execution frequency of each application respectively, txp, When TXFR, the value of the overall tx is determined by the following equation (1).

【0094】 tx=(1/Wc+1/Wp+1/Wfr)* (txc/Wc+txp/Wp+txfr/Wfr) ・・(式1) tyの値についてもtxと同様に考えて上記(式1)から算出することが可能である。 [0094] tx = (1 / Wc + 1 / Wp + 1 / Wfr) * be calculated from (txc / Wc + txp / Wp + txfr / Wfr) ·· (Equation 1) ty of values ​​for the thinking in the same way as tx also above (Equation 1) it is possible. 総合平均待機時間が所定時間よりも長い場合には、TypeBの制御を選択する。 If overall average wait time is longer than the predetermined time, it selects the control TypeB. TypeBの場合も、各アプリケーションごとに設定されている省エネ制御曲線を決定するtx等のパラメータに基づき、上記(式1)同様の考え方で総合的なパラメータであるtx、tyを算出することができる。 In the case of TypeB, based on the parameters tx such as determining the energy-saving control curve is set for each application, the tx is overall parameter (Equation 1) same idea, it is possible to calculate the ty .

【0095】以上のように総合的なパラメータの算出を行うことにより、複数のアプリケーションで用いられるデバイスについても省エネ制御を行うことができる。 [0095] By performing the calculation of the overall parameters as described above, it is possible to perform energy saving control also devices used in multiple applications. 総合的な平均待機時間の情報から、総合的なtx、ty等のパラメータの値を決定することができれば、単一のアプリケーションに対応するのと同様の考え方で、各デバイスの省エネ制御を行うことが可能だからである。 From the overall average waiting time information, overall tx, if it is possible to determine the value of parameters ty such, the same concept as to correspond to a single application, performing the energy-saving control of each device This is because it is possible.

【0096】なお、アプリケーションで使用されるデバイスがヘットワーク26を介して接続される他の機器上に存在するような場合でも、起動情報やジョブ情報などの必要な情報を取得することができ、かつ各デバイスの状態制御を行うことができる環境であれば、同様の考え方で省エネ制御を行うことは可能である。 [0096] Incidentally, it is that the device used by the application even if such exist on another device connected via the Het workpiece 26 acquires necessary information such as start information and job information, and in an environment capable of performing the state control of each device, it is possible to perform energy-saving control the same concept. また、本実施の形態では、図6に示したように、アプリケーション内のジョブ属性ごとに、省エネ制御を行うことと、ユーザビリティとの関連性の大きさをまとめた情報を保持して、それらを参照した省エネ制御を行った場合について説明したが、上記関連性の大きさ、即ち同図に示される「大」、「小」に対応する情報まで保持しなくても、関連性の「有」、「無」を示す情報のみ保持するようにしてもよい。 Further, in the present embodiment, as shown in FIG. 6, for each job attribute in the application, and to perform the energy-saving control, holds information that summarizes the relationship in size between usability thereof It has been described the case of performing the referenced energy-saving control, the relevance of the size, i.e. "large" shown in the figure, even without holding up information corresponding to the "small" relevance "Yes" , may be held only information indicating "no". かかる制御を行っても、従来のように、関連性の無いデバイスについても省エネ制御を行うことによりユーザビリティを低下させる場合が生じるという問題点の発生は防止できるという効果が得られるからである。 Even if such control as in the conventional, since the effect is obtained that the occurrence of a problem that if occurs to lower the usability by performing saving control also no relevant device can be prevented.

【0097】 [0097]

【発明の効果】以上のように、本発明に係る省エネ制御装置によれば、各アプリケーション及び各起動モードと、デバイスの省エネ制御の必要性等との関連を示す情報を参照して省エネ制御を行うようにしているので、複合型画像処理装置において、より適切な省エネ制御を実現することができるという効果がある。 As is evident from the foregoing description, according to the energy-saving control apparatus according to the present invention, each application and each startup mode, by referring to the energy-saving control information indicating the association between Necessity of energy-saving control of the device since the manner performed in the composite image processing apparatus, there is an effect that it is possible to realize a more appropriate energy-saving control.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】本発明の複合型画像処理装置における省エネ制御の概念について説明するための図である。 It is a diagram for explaining the concept of the energy-saving control in the composite type image processing apparatus of the present invention; FIG.

【図2】本実施の形態の複合型複写装置の構成を示す機能ブロック図である。 2 is a functional block diagram showing a configuration of a composite type copying apparatus of this embodiment.

【図3】本実施の形態のパワーマネージャ11によるP [3] According to the power manager 11 of the present embodiment P
M処理の内容を示すフローチャートである。 Is a flowchart showing the contents of the M processing.

【図4】各種デバイスについて、動作状態と復帰時間との一般的な関係を示す図である。 [4] For various devices is a diagram showing a general relationship between the operating state return time.

【図5】(a)待機状態の経過時間と復帰時間との関係について、典型的な省エネ制御曲線のタイプに対応するものを示す図である。 5 (a) the relationship between the elapsed time and return time of a standby state is a diagram showing the one corresponding to the type of a typical energy-saving control curve. (b)定着装置22の省エネ制御曲線の例を示す図である。 (B) is a diagram showing an example of energy-saving control curve of the fixing device 22. (c)HDD17の省エネ制御曲線の例を示す図である。 Is a diagram illustrating an example of energy-saving control curve of (c) HDD 17.

【図6】本実施の形態の複合型複写装置において、アプリケーション内のジョブ属性ごとに、省エネ制御を行うことと、ユーザビリティとの関連性の大きさをまとめた図である。 [6] In the composite type copying apparatus of this embodiment, each job attribute in the application, and to perform the energy-saving control is a diagram summarizing the relationship in size between usability.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

11 パワーマネージャ 12 イメージリーダ部 13 イメージリーダ制御部 14 コピアコントローラ部 15 画像処理部 16 画像メモリ 17 HDD 18 操作表示部 19 プリンタ部 20 プリンタ制御部 21 ポリゴンモータ 22 定着装置 23 排紙装置 24 プリントコントローラ 25 ネットワークインターフェースカード(NIC) 26 ネットワーク 27 FAXコントローラ部 28 Ring−on回路 29 電話回線 11 Power Manager 12 image reader unit 13 image reader control unit 14 copier controller 15 image processor 16 image memory 17 HDD 18 the operation display unit 19 the printer portion 20 the printer control unit 21 the polygon motor 22 the fixing device 23 the sheet discharge unit 24 the print controller 25 network interface card (NIC) 26 network 27 FAX controller 28 Ring-on circuit 29 telephone lines

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 小林 克好 大阪府大阪市中央区安土町二丁目3番13号 大阪国際ビル ミノルタ株式会社内 (72)発明者 小谷 章夫 大阪府大阪市中央区安土町二丁目3番13号 大阪国際ビル ミノルタ株式会社内 Fターム(参考) 2C061 AP03 AP04 AP07 HH11 HT04 HT06 HT07 HT11 HT13 2H027 DA44 EF16 EJ18 5B011 EA10 EB08 KK02 KK03 LL11 LL13 MA02 MA04 MA05 5C062 AA02 AA05 AB40 AB42 AB49 AB53 AC58 AF00 AF06 AF07 BA00 9A001 BB06 HH34 JJ28 JJ35 KK54 ────────────────────────────────────────────────── ─── of the front page continued (72) inventor Kobayashi KatsuYoshimi Chuo-ku, Osaka-shi, Azuchi-chome No. 3 No. 13 Osaka International building Minolta within Co., Ltd. (72) inventor Akio Otani Osaka Chuo-ku, Osaka-shi, Azuchi town-chome No. 3 No. 13 Osaka International building Minolta Co., Ltd. in the F-term (reference) 2C061 AP03 AP04 AP07 HH11 HT04 HT06 HT07 HT11 HT13 2H027 DA44 EF16 EJ18 5B011 EA10 EB08 KK02 KK03 LL11 LL13 MA02 MA04 MA05 5C062 AA02 AA05 AB40 AB42 AB49 AB53 AC58 AF00 AF06 AF07 BA00 9A001 BB06 HH34 JJ28 JJ35 KK54

Claims (3)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 複数種類のデバイスを有し、当該複数種類のデバイスを動作させることで、複数の起動モードを有する画像処理アプリケーションを含む複数種類の画像処理アプリケーションを実行することが可能な複合型画像処理装置において、 起動モードに関する情報を含む前記複数種類の画像処理アプリケーションの実行履歴に関する情報を取得する実行履歴情報取得手段と、 前記複数種類の画像処理アプリケーションにおいて使用されたデバイスに関する情報を取得する使用デバイス情報取得手段と、 前記複数種類のデバイスの省エネ状態を制御する省エネ状態制御手段と、 前記実行履歴情報取得手段により取得された情報を記憶する実行履歴情報記憶手段と、 前記使用デバイス情報取得手段により取得された情報を記憶する使用デ [Claim 1 further comprising a plurality of types of devices, the plurality kinds of By operating the device, the composite capable of performing a plurality of types of image processing applications, including image processing applications having a plurality of activation modes the image processing apparatus acquires the execution history information acquisition means for acquiring information on the plural types execution history of image processing applications, including information about the start mode, information about the device that is used in the plurality of types of image processing applications and use the device information obtaining unit, and energy saving state control means for controlling the energy-saving state of the plurality of types of devices, the execution history information storing means for storing the information acquired by the execution history information acquisition means, wherein the use device information acquisition using de storing the information acquired by means イス情報記憶手段と、 前記各アプリケーション及び各起動モードと、デバイスの省エネ制御の必要性との関連を示す情報を記憶する省エネ制御情報記憶手段とを備え、 前記省エネ状態制御手段は、 前記実行履歴情報記憶手段と、前記使用デバイス情報記憶手段と、前記省エネ制御情報記憶手段にそれぞれ記憶された情報を参照して、省エネ制御の必要性を有するデバイスについて省エネ制御を行うことを特徴とする複合型画像処理装置。 A chair information storage means, wherein each application and each startup mode, and an energy-saving control information storage means for storing information indicating the relationship between the need for energy-saving control of the device, the energy saving state control means, said execution history and information storage means, and said use device information storing means, with reference to the information stored respectively in the energy-saving control information storing means, the composite type which is characterized in that the energy-saving control for a device having the need for energy-saving control image processing apparatus.
  2. 【請求項2】 前記省エネ制御情報記憶手段は、 省エネ制御が必要なデバイスについて、省エネ制御を行うことと、ユーザビリティとの関連性の大きさに関する情報を記憶し、 前記省エネ状態制御手段は、 省エネ制御を必要とするデバイスについて、各アプリケーション及び各起動モードの実行頻度、及び前記関連性の大きさに基づいて、省エネ制御の方法を決定する決定手段を有することを特徴とする請求項1に記載の複合型画像処理装置。 Wherein said energy saving control information storage means for energy saving control is required devices, and to perform the energy-saving control, stores information about the relevance of the size of the usability, the energy saving state control means, energy saving for devices that require control, the frequency of execution of each application and each start-up mode, and based on the magnitude of the association, according to claim 1, characterized in that it comprises a determining means for determining a method of energy-saving control composite image processing apparatus.
  3. 【請求項3】 前記複数種類のアプリケーションは、 複写アプリケーション、スキャナアプリケーション、プリンタアプリケーション、FAXアプリケーションの少なくとも二つを含んでいることを特徴とする請求項1又は2に記載の複合型画像処理装置。 Wherein said plurality of types of applications, the composite image processing apparatus according to claim 1 or 2, characterized in that copy application, and a scanner application, a printer application, at least two of the FAX application.
JP2000099604A 2000-03-31 2000-03-31 Compound image processor Pending JP2001285543A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000099604A JP2001285543A (en) 2000-03-31 2000-03-31 Compound image processor

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000099604A JP2001285543A (en) 2000-03-31 2000-03-31 Compound image processor

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2001285543A true JP2001285543A (en) 2001-10-12

Family

ID=18613937

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2000099604A Pending JP2001285543A (en) 2000-03-31 2000-03-31 Compound image processor

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2001285543A (en)

Cited By (18)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2004103716A1 (en) * 2003-05-21 2004-12-02 Sharp Kabushiki Kaisha Image forming apparatus
JP2005063422A (en) * 2003-07-29 2005-03-10 Ricoh Co Ltd Image forming device, information processing method, information processing program and recording medium
JP2006301907A (en) * 2005-04-20 2006-11-02 Nec Corp Power supply control unit, power supply control method, and program
JP2006350715A (en) * 2005-06-16 2006-12-28 Fuji Xerox Co Ltd Information processing device and control method of information processing device
EP1860510A1 (en) * 2006-05-25 2007-11-28 Canon Kabushiki Kaisha Image forming apparatus, control method for the apparatus, program for implementing the method, and storage medium storing the program
JP2009070149A (en) * 2007-09-13 2009-04-02 Fuji Xerox Co Ltd Control device, program, image forming apparatus, and information processor
JP2009069923A (en) * 2007-09-11 2009-04-02 Oki Electric Ind Co Ltd Power saving control method, power saving-controlling server and power saving control system
JP2010009581A (en) * 2008-03-31 2010-01-14 Intel Corp Power management for platform based on latency guidance
JP2011061309A (en) * 2009-09-07 2011-03-24 Ricoh Co Ltd Image processing apparatus
US7933033B2 (en) 2003-07-29 2011-04-26 Ricoh Company, Ltd. Image forming apparatus, image processing method, image processing program and recording medium
JP2011113349A (en) * 2009-11-27 2011-06-09 Nec Corp Reduced power consumption notification system, terminal device, method, and program
JP2011176465A (en) * 2010-02-23 2011-09-08 Ricoh Co Ltd Image forming apparatus and control method for image forming apparatus
JP2012029277A (en) * 2010-06-24 2012-02-09 Ricoh Co Ltd Image processing device and control method thereof
JP4886889B1 (en) * 2010-09-09 2012-02-29 株式会社東芝 Information processing apparatus and device control method
JP2012173579A (en) * 2011-02-22 2012-09-10 Fujitsu Frontech Ltd Display device and control method of display device
JP2012190478A (en) * 2012-05-30 2012-10-04 Casio Comput Co Ltd Processor and program
JP2014127868A (en) * 2012-12-26 2014-07-07 Konica Minolta Inc Image forming device and program
US9350889B2 (en) 2013-11-26 2016-05-24 Canon Kabushiki Kaisha Image forming apparatus capable of reducing power consumption, control method therefor, and storage medium

Cited By (35)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN100387438C (en) * 2003-05-21 2008-05-14 夏普株式会社 Image forming apparatus
US7961336B2 (en) 2003-05-21 2011-06-14 Sharp Kabushiki Kaisha Image forming apparatus, an image forming method, and an image forming program
WO2004103716A1 (en) * 2003-05-21 2004-12-02 Sharp Kabushiki Kaisha Image forming apparatus
JP2005063422A (en) * 2003-07-29 2005-03-10 Ricoh Co Ltd Image forming device, information processing method, information processing program and recording medium
US9092182B2 (en) 2003-07-29 2015-07-28 Ricoh Company, Ltd. Information processing system, method and recording medium
US8593678B2 (en) 2003-07-29 2013-11-26 Ricoh Company, Ltd. Information processing system, method and recording medium
JP4602705B2 (en) * 2003-07-29 2010-12-22 株式会社リコー Image forming apparatus, information processing method, information processing program, and recording medium
US8339649B2 (en) 2003-07-29 2012-12-25 Ricoh Company, Ltd. Information processing system, method and recording medium
US9787867B2 (en) 2003-07-29 2017-10-10 Ricoh Company, Ltd. Information processing system, method and recording medium
US9344596B2 (en) 2003-07-29 2016-05-17 Ricoh Company, Ltd. Information processing system, method and recording medium
US7933033B2 (en) 2003-07-29 2011-04-26 Ricoh Company, Ltd. Image forming apparatus, image processing method, image processing program and recording medium
US10148846B2 (en) 2003-07-29 2018-12-04 Ricoh Company, Ltd. Information processing system, method and recoding medium
JP2006301907A (en) * 2005-04-20 2006-11-02 Nec Corp Power supply control unit, power supply control method, and program
JP4591178B2 (en) * 2005-04-20 2010-12-01 日本電気株式会社 Power supply control apparatus, power supply control method, and program
US7574612B2 (en) 2005-04-20 2009-08-11 Nec Corporation Job executing unit power control system
JP4654788B2 (en) * 2005-06-16 2011-03-23 富士ゼロックス株式会社 Information processing apparatus and information processing apparatus control method
JP2006350715A (en) * 2005-06-16 2006-12-28 Fuji Xerox Co Ltd Information processing device and control method of information processing device
EP1860510A1 (en) * 2006-05-25 2007-11-28 Canon Kabushiki Kaisha Image forming apparatus, control method for the apparatus, program for implementing the method, and storage medium storing the program
JP2007318421A (en) * 2006-05-25 2007-12-06 Canon Inc Image forming apparatus, and control method, program, and storage medium thereof
JP2009069923A (en) * 2007-09-11 2009-04-02 Oki Electric Ind Co Ltd Power saving control method, power saving-controlling server and power saving control system
JP4636063B2 (en) * 2007-09-11 2011-02-23 沖電気工業株式会社 Power saving control method, power saving control server, and power saving control system
JP2009070149A (en) * 2007-09-13 2009-04-02 Fuji Xerox Co Ltd Control device, program, image forming apparatus, and information processor
JP2010009581A (en) * 2008-03-31 2010-01-14 Intel Corp Power management for platform based on latency guidance
US8176341B2 (en) 2008-03-31 2012-05-08 Intel Corporation Platform power management based on latency guidance
US8631257B2 (en) 2008-03-31 2014-01-14 Intel Corporation Platform power management based on latency guidance
JP2011061309A (en) * 2009-09-07 2011-03-24 Ricoh Co Ltd Image processing apparatus
JP2011113349A (en) * 2009-11-27 2011-06-09 Nec Corp Reduced power consumption notification system, terminal device, method, and program
JP2011176465A (en) * 2010-02-23 2011-09-08 Ricoh Co Ltd Image forming apparatus and control method for image forming apparatus
JP2012029277A (en) * 2010-06-24 2012-02-09 Ricoh Co Ltd Image processing device and control method thereof
JP4886889B1 (en) * 2010-09-09 2012-02-29 株式会社東芝 Information processing apparatus and device control method
US8560870B2 (en) 2010-09-09 2013-10-15 Kabushiki Kaisha Toshiba Apparatus and method for determining devices used by an application based on a management data, and controlling power state of the determined devices
JP2012173579A (en) * 2011-02-22 2012-09-10 Fujitsu Frontech Ltd Display device and control method of display device
JP2012190478A (en) * 2012-05-30 2012-10-04 Casio Comput Co Ltd Processor and program
JP2014127868A (en) * 2012-12-26 2014-07-07 Konica Minolta Inc Image forming device and program
US9350889B2 (en) 2013-11-26 2016-05-24 Canon Kabushiki Kaisha Image forming apparatus capable of reducing power consumption, control method therefor, and storage medium

Similar Documents

Publication Publication Date Title
CN1260633C (en) Image forming device and its power control method
JP4354483B2 (en) Image processing apparatus, image processing system, image processing method, and image processing program
KR100897643B1 (en) Printing system job processing method storage medium and printing apparatus
US20070206211A1 (en) Image processing apparatus and method of starting image processing apparatus
US7389431B2 (en) Data processing device and power saving control method
CN100520638C (en) Image processing apparatus
JP4011895B2 (en) Image forming apparatus
US7382474B2 (en) Printer management method and management system
CN101339416B (en) Power supply control apparatus and power supply control method
US6895196B2 (en) Image forming apparatus having reduced power consumption mode and control method therefor
CN101094288B (en) Image processing apparatus
US20020178389A1 (en) Image forming apparatus having an improved power-mode switching function
JP2007098920A (en) Printing device and method of controlling the same
JP2004032704A (en) Image forming apparatus, its control method, program, storage medium, printing system, and method suitable for the printing system
US7755779B2 (en) Image forming apparatus having energy-saving mode, control method therefor, network system including the image forming apparatus, and control method therefor
EP2131265A2 (en) Information processing apparatus, method for controlling information processing apparatus, and computer readable medium storing instructions for performing the method
JP4217445B2 (en) Data processing apparatus, power control method, computer-readable storage medium, and program
US7127189B2 (en) Heating unit, auxiliary power unit, fixing unit, and image forming apparatus
US7334146B2 (en) Method for controlling an image processing apparatus based on a power supply status
CN101207671B (en) Management apparatus, management method for managing power supply mode of information processing equipment
GB2349767A (en) Multi-function copier allowing print interruption at a print boundary by document scanner user.
US8595727B2 (en) Job processing apparatus, job processing apparatus control method, and storage medium
US7982889B2 (en) Image processing apparatus with energization control
US8117617B2 (en) Energy-aware print job management
US7302195B2 (en) Image forming apparatus and image processing system

Legal Events

Date Code Title Description
A711 Notification of change in applicant

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A712

Effective date: 20050614