JP2001259368A - 焼結機における排ガスのダイオキシン処理設備 - Google Patents

焼結機における排ガスのダイオキシン処理設備

Info

Publication number
JP2001259368A
JP2001259368A JP2000081084A JP2000081084A JP2001259368A JP 2001259368 A JP2001259368 A JP 2001259368A JP 2000081084 A JP2000081084 A JP 2000081084A JP 2000081084 A JP2000081084 A JP 2000081084A JP 2001259368 A JP2001259368 A JP 2001259368A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
exhaust gas
sintering
dioxin
treatment
dioxins
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2000081084A
Other languages
English (en)
Inventor
Yoshio Izumi
宜夫 泉
Katsuhiro Oshio
勝啓 大塩
Kenichi Nagai
健一 長井
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Hitachi Zosen Corp
Original Assignee
Hitachi Zosen Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Hitachi Zosen Corp filed Critical Hitachi Zosen Corp
Priority to JP2000081084A priority Critical patent/JP2001259368A/ja
Publication of JP2001259368A publication Critical patent/JP2001259368A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Landscapes

  • Treating Waste Gases (AREA)
  • Exhaust Gas Treatment By Means Of Catalyst (AREA)
  • Manufacture And Refinement Of Metals (AREA)

Abstract

(57)【要約】 【課題】低コストでダイオキシン類の排出を効果的に防
止する。 【解決手段】焼結経路後半部Loのウインドボックス6
oから焼結経路前半部Liのウインドボックス6iの前
半部排気ダクト合流部に至る排ガス処理ライン11を設
け、この排ガス処理ライン11の上流側に後半部集塵装
置12を設けると共に、下流側に触媒によりダイオキシ
ン類を除去する触媒塔13を設け、前記排ガス処理ライ
ン11の出口に前半部集塵装置17および排風機18を
介して大気側に排出する排ガス排出ライン16を設け
た。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、鉄鉱石の焼結工程
において発生する排ガス中のダイオキシンを処理するた
めの焼結機における排ガスのダイオキシン処理設備に関
する。
【0002】
【従来の技術】連続式焼結機では、従来から焼結原料で
ある粉鉱石に添加する添加剤として粉コークス、無煙
炭、石灰石、ミルスケール、リサイクルダストなどのリ
サイクル原料が使用されており、焼結工程において原料
中にダイオキシン類の前駆物質と考えられる比較的分子
量が多く沸点が高い物質が含まれている。そしてこれが
高温層おける蒸発と低温層における再凝縮とを繰り返す
ことにより濃縮され、これにより生成されたダイオキシ
ン類が排ガスに含まれると考えられている。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】ところで、焼結工程で
は原料1トンに対して1000m3以上の多量の排ガス
を発生するため、全ての排ガスを処理すると、大容量の
処理設備が必要になり、処理コストが膨大になるという
問題がある。
【0004】本発明は、排ガス温度とダイオキシン類の
発生に相関関係があるのに着目して上記問題点を解決す
るもので、低コストでダイオキシン類の排出を効果的に
防止できる焼結機における排ガスのダイオキシン処理設
備を提供することを目的とする。
【0005】
【課題を解決するための手段】上記目的を達成するため
に請求項1記載の発明は、焼結経路上で、給鉱部で投入
された焼結原料に点火して焼結し、排鉱部から排出する
焼結機における排ガスのダイオキシン処理設備であっ
て、焼結経路後半部のウインドボックスから焼結経路前
半部のウインドボックスの排気ダクトとの合流部に至る
排ガス処理ラインを設け、この排ガス処理ラインの上流
側に後半部集塵装置を設けると共に、下流側に触媒によ
りダイオキシン類を吸着分解するダイオキシン処理部を
設け、前記排ガス処理ラインに、前半部集塵装置から排
風機を介して大気側に排出する排ガス排出ラインを設け
たものである。
【0006】上記構成によれば、ダイオキシン類の濃度
が高い焼結経路後半部の排ガスを、ウインドボックスか
ら取出して除塵した後、ダイオキシン処理部で触媒によ
りダイオキシン類を吸着分解するので、小容量の設備で
効果的に排ガス中のダイオキシン類を除去することがで
きる。
【0007】また請求項2記載の発明は、パレット列が
移動される焼結経路上で、給鉱部でパレット列に投入さ
れた焼結原料に点火して焼結し、排鉱部から排出する焼
結機における排ガスのダイオキシン処理設備であって、
焼結経路の後半部のウインドボックスからの排ガスを焼
結経路前半部のパレット列に循環供給する排ガス処理循
環ラインを設け、この排ガス処理循環ラインの上流側に
後半部集塵装置を設けると共に、下流側に触媒によりダ
イオキシン類を吸着分解するダイオキシン処理部を設
け、焼結経路前半部のウインドボックスから前半部集塵
装置および排風機を介して大気側に排出する排ガス排出
ラインを設けたものである。
【0008】上記構成によれば、ダイオキシン類の濃度
が高い焼結経路後半部の排ガスを、ウインドボックスか
ら取出して除塵した後、ダイオキシン処理部でダイオキ
シン類を除去するので、小容量の設備で効果的に排ガス
中のダイオキシン類を除去することができる。また処理
後の排ガスを焼結経路の前半部に供給するので、排ガス
量を削減することができる。
【0009】さらに請求項3記載の発明は、請求項1ま
たは2の構成において、ダイオキシン処理部の上流側に
脱硫装置を設けたものである。上記構成によれば、ダイ
オキシン処理部における触媒の吸着分解効率を高めてダ
イオキシン類を効果的に除去することができる。
【0010】さらにまた、請求項4記載の発明は、パレ
ット列が移動される焼結経路上で、給鉱部でパレット列
に投入された焼結原料に点火して焼結し、排鉱部から排
出する焼結機における排ガスのダイオキシン処理設備で
あって、焼結経路後半部のウインドボックスから排ガス
を焼結経路前半部のパレット列に循環させる排ガス循環
ラインを設け、焼結経路前半部のウインドボックスから
排風機により大気側に排出する排ガス処理排出ラインの
上流側に、前半部集塵装置を設けると共に、この前半部
集塵装置の下流側に、触媒によりダイオキシン類を吸着
分解するダイオキシン処理部を設けたものである。
【0011】上記構成によれば、ダイオキシン濃度が高
い焼結経路後半部の排ガスを、焼結経路前半部の焼結層
に供給し、焼結層を強制的に通過させることにより、粒
子状のダイオキシン類を焼結層に捕集させて焼結反応帯
で熱分解させ、ガス状のダイオキシン類を焼結反応帯で
熱分解させる。さらにダイオキシン濃度が低くなった排
ガスを焼結経路前半部から取出し、除塵した後、ダイオ
キシン処理装置に導入して除去するので、ダイオキシン
類の処理量も少なくかつ排ガス中のダイオキシン類を小
容量の設備で効果的に除去することができる。
【0012】また請求項5記載の発明は、請求項1また
は2あるいは4記載の構成において、ダイオキシン処理
部に、ダイオキシン類を触媒により吸着分解する触媒
塔、またはダイオキシン類を活性炭により吸着する処理
塔を設けたものである。
【0013】さらに請求項6記載の発明は、請求項4の
構成において、排ガス循環ラインの上流側に前半部集塵
装置を設けると共に、下流側に脱硫装置を設け、ダイオ
キシン処理装置の触媒に、アンモニア還元剤を使用した
NOx還元触媒を使用したものである。
【0014】上記構成によれば、SOx濃度の高い焼結
経路後半部の排ガスを脱硫装置により効果的に脱硫し、
またNOx還元触媒により、ダイオキシン類とNOxと
をそれぞれ吸着分解できるので、排ガス中の有害物質を
効果的に除去することができる。
【0015】
【発明の実施の形態】ここで、本発明に係る連続式焼結
機の排ガス設備の第1の実施の形態を図1および図2に
基づいて説明する。
【0016】図1に示すように、入口側の駆動スプロケ
ット1と出口側の従動スプロケット2との間に、互いに
連結された無端状のパレット列3が連結配置され、パレ
ット列3が焼結経路Lと復帰経路Rに沿って所定の速度
で移動させるように構成されている。そして、入口側の
給鉱部Iで原料供給装置4からパレット列3に供給され
た焼結原料が点火炉5で点火されて、焼結経路Lを移動
しつつ焼結され、排鉱部Oから排出される。焼結に必要
な燃焼空気は、ウインドボックス6i,6oから吸引さ
れて本発明にかかる排ガス処理設備により処理される。
【0017】ここで、図2に、焼結経路L上のパレット
列3から各ウインドボックス6i,6o(No.1〜1
3)を介して排出される排ガスの温度と、ダイオキシン
濃度、SO2濃度の変化を示す。図2によれば、焼結経
路後半部Loのウインドボックス6o(No.7〜1
3)で排ガス温度の上昇に伴ってダイオキシン濃度およ
びSO2濃度が増加し、ダイオキシン濃度は、排ガス温
度が300℃前後の最高値を示す直前で最大濃度となる
傾向を示す。
【0018】焼結経路後半部Loのウインドボックス6
o(No.7〜13)の排気ダクトから、焼結経路前半
部Liのウインドボックス6i(No.1〜6)の排気
ダクトの合流部に排ガス処理ライン11が接続されてい
る。この排ガス処理ライン11には、上流側に後半部集
塵装置12が設けられて排ガス中のダストが除去され、
さらに下流側にダイオキシン処理部である触媒塔13が
設けられ、本体内に内装された圧力損失の小さいハニカ
ム状触媒により、排ガス中のダイオキシン類が吸着分解
される。前記後半部集塵装置12により排ガス中のダス
トが除去されているので、触媒層にダストが堆積して、
ダイオキシン類の吸着分解性能を低下させることがな
い。また触媒塔13の触媒の使用状態として、ハニカム
状触媒の他に、触媒塔13内に粒状触媒を充填したも
の、バグフィルターのろ布に触媒を保持したもの、バグ
フィルターのろ布に触媒層を形成したものが使用され
る。なお、ダイオキシン処理部を触媒塔13により構成
したが、排ガスダクト内にハニカム形状などの触媒を設
置してもよい。
【0019】ここで触媒を通過させる排ガス温度は12
0〜500℃が有効であるが、触媒表面への酸性硫酸の
析出を防ぐために200℃以上に設定される。このた
め、必要に応じて触媒塔13の上流側にガス/ガス式熱
交換器、蒸気式または電気式過熱器、高温ガス混合器な
どの調温装置14が設けられる。
【0020】また後半部集塵装置12と触媒塔13の間
に、脱硫装置15を設置することにより、後半部Liの
ウインドボックス6oから排出される高濃度のS0x
(図2)を効果的に処理することができる。
【0021】前記排ガス処理ライン11の出口に接続さ
れた排ガス排出ライン16には、上流側から順に、焼結
経路前半部Loのウインドボックス6iの排気ダクト、
前半部集塵装置17、排風機18が設けられ、煙突19
から大気側に排出するように構成されている。
【0022】上記実施の形態によれば、ダイオキシン類
の濃度が高い焼結経路後半部Loの排ガスを、ウインド
ボックス6oから取出して除塵した後、触媒塔13で触
媒によりダイオキシン類を吸着分解するので、効果的に
排ガス中のダイオキシン類を除去することができる。
【0023】図3は焼結機における排ガス設備の第2の
実施の形態を示し、第1の実施の形態と同一部材には、
同一符号を付して説明を省略する。後半部ウインドボッ
クス6oとの排気ダクト、焼結経路前半部Liの上方に
配置された循環用フード6rとの間に、焼結経路後半部
Loのパレット列3から排出された排ガスを、焼結経路
前半部Liのパレット列3の上方から循環供給する排ガ
ス処理循環ライン21が接続されている。このガス処理
循環ライン21には、上流側から順に、後半部集塵装置
12と、誘引ファン22と、触媒塔13が設けられ、場
合によっては、誘引ファン22と触媒塔13の間に、調
温塔14と脱硫装置15が設けられる。
【0024】また、前半部ウインドボックス6iの排気
ダクトと煙突19の間に排ガス排出ライン16が接続さ
れ、この排ガス排出ライン16には、下流側から順に前
半部集塵装置17および排風機18が設けられている。
【0025】上記構成によれば、第1の実施の形態と同
様の効果が得られ、また焼結経路後半部Loのパレット
列3から排出された排ガスを、焼結経路前半部Liのパ
レット列3の上方から循環供給するので、使用する排ガ
ス量を大幅に削減することができる。なお、過去の実験
において、排ガスを循環使用しても排ガス中の酸素濃度
が確保されていることにより、焼結状態が変化しないこ
とが確認されている。
【0026】図4は焼結機における排ガス設備の第3の
実施の形態を示し、第1,第2の実施の形態と同一部材
には、同一符号を付して説明を省略する。後半部ウイン
ドボックス6oとの排気ダクトと、焼結経路前半部Li
の上方に配置された循環用フード6rとの間に、焼結経
路後半部Loのパレット列3から排出された排ガスを、
焼結経路前半部Liのパレット列3の上方から循環供給
する排ガス循環ライン31が接続されている。このガス
循環ライン31には、上流側から順に、後半部集塵装置
12と、誘引ファン22と、調温塔14と、脱硫装置1
5と調温塔14が設けられている。
【0027】また、前半部ウインドボックス6iの排気
ダクトと煙突19の間に排ガス処理排出ライン32が接
続され、この排ガス処理排出ライン32には、下流側か
ら順に、前半部集塵装置17、排風機18、触媒塔13
が設けられている。この触媒塔13において、アンモニ
ア還元剤を使用したNOx還元触媒を使用することによ
り、ダイオキシン類の除去と同時にNOxも除去するこ
とができる。またNOxも除去が不要な場合には、アン
モニア還元剤を使用せず、ダイオキシン類を主に吸着分
解することもできる。これは、第1,第2の実施の形態
における触媒塔13でも同様である。
【0028】上記構成において、ガス循環ライン31に
おいて、後半部集塵装置12により除塵され、脱硫装置
15により脱硫された排ガスは、循環用フード6rから
焼結経路前半部Liのパレット列3の焼結原料に上方か
ら吹込まれて、焼結層を強制的に通過される。これによ
り排ガスに同伴された粒子状のダイオキシン類は焼結層
に捕集され、ガス状のダイオキシン類は焼結反応帯で熱
分解される。これにより、焼結経路前半部Liからウイ
ンドボックス6iから排出されるダイオキシン濃度が大
幅に低減される。
【0029】そして、ダイオキシン濃度が低くなった排
ガスが排ガス処理排出ライン32で、前半部集塵装置1
7により除塵された後、排風機18を介して触媒塔13
に導入され、触媒によりダイオキシン類が吸着分解され
る。これにより、触媒によるダイオキシン類の処理量も
少なくかつ排ガス中のダイオキシン類を効果的に除去す
ることができる。
【0030】図5は焼結機における排ガス設備の第4の
実施の形態を示し、第1〜第3の実施の形態と同一部材
には、同一符号を付して説明を省略する。後半部ウイン
ドボックス6oとの排気ダクトと、焼結経路前半部Li
の上方に配置された循環用フード6rとの間に、焼結経
路後半部Loのパレット列3から排出された排ガスを、
焼結経路前半部Liのパレット列3の上方から循環供給
する排ガス循環ライン31が接続されている。このガス
循環ライン31には、上流側から順に、後半部集塵装置
12と、誘引ファン22が設けられている。
【0031】また、前半部ウインドボックス6iの排気
ダクトと煙突19の間に排ガス処理排出ライン32が接
続され、この排ガス処理排出ライン32には、上流側か
ら順に、前半部集塵装置17、排風機18、脱硫装置1
5、調温塔14、触媒塔13が設けられている。この触
媒塔13において、アンモニア還元剤を使用したNOx
還元触媒を使用することにより、ダイオキシン類の除去
と同時にNOxも除去することができる。またNOxも
除去が不要な場合には、アンモニア還元剤を使用せず、
ダイオキシン類を主に吸着分解することもできる。
【0032】上記構成において、ガス循環ライン31に
おいて、後半部集塵装置12により除塵された排ガス
は、循環用フード6rから焼結経路前半部Liのパレッ
ト列3の焼結原料に上方から吹込まれて、焼結層を強制
的に通過される。これにより排ガスに同伴された粒子状
のダイオキシン類は焼結層に捕集され、ガス状のダイオ
キシン類は焼結反応帯で熱分解される。これにより、焼
結経路前半部Liからウインドボックス6iから排出さ
れるダイオキシン濃度が大幅に低減される。
【0033】そして、ダイオキシン濃度が低くなった排
ガスが排ガス処理排出ライン32で、前半部集塵装置1
7により除塵された後、排風機18を介して脱硫装置1
5により脱硫された排ガスは、触媒塔13に導入され、
触媒によりダイオキシン類が吸着分解される。これによ
り、触媒によるダイオキシン類の処理量も少なくかつ排
ガス中のダイオキシン類を効果的に除去することができ
る。
【0034】なお、上記第1〜第4の実施の形態では、
ダイオキシン処理部として触媒塔13を設けたが、ダイ
オキシン類を吸着する活性炭を収容した処理塔としても
よい。
【0035】
【発明の効果】以上に述べたごとく請求項1記載の発明
によれば、ダイオキシン類の濃度が高い焼結経路後半部
の排ガスを、ウインドボックスから取出して除塵した
後、ダイオキシン処理部で触媒によりダイオキシン類を
吸着分解するので、小容量の設備で効果的に排ガス中の
ダイオキシン類を除去することができる。
【0036】また請求項2記載の発明によれば、ダイオ
キシン類の濃度が高い焼結経路後半部の排ガスを、ウイ
ンドボックスから取出して除塵した後、ダイオキシン処
理部で触媒によりダイオキシン類を吸着分解するので、
小容量の設備で効果的に排ガス中のダイオキシン類を除
去することができる。また処理後の排ガスを焼結経路の
前半部に供給するので、排ガス量を削減することができ
る。
【0037】さらに請求項3記載の発明によれば、ダイ
オキシン処理部における触媒の吸着分解効率を高めてダ
イオキシン類を効果的に除去することができる。さらに
また、請求項4記載の発明ダイオキシン濃度が高い焼結
経路後半部の排ガスを、焼結経路前半部の焼結層に供給
し、焼結層を強制的に通過させることにより、粒子状の
ダイオキシン類を焼結層に捕集させて焼結反応帯で熱分
解させ、ガス状のダイオキシン類を焼結反応帯で熱分解
させる。さらにダイオキシン濃度が低くなった排ガスを
焼結経路前半部から取出し、除塵した後、ダイオキシン
処理装置に導入して触媒により吸着分解するので、ダイ
オキシン類の処理量も少なくかつ排ガス中のダイオキシ
ン類を小容量の設備で効果的に除去することができる。
【0038】また請求項6記載の発明によれば、SOx
濃度の高い焼結経路前半部の排ガスを脱硫装置により効
果的に脱硫し、またNOx還元触媒により、ダイオキシ
ン類とNOxとをそれぞれ吸着分解できるので、排ガス
中の有害物質を効果的に除去することができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明に係る焼結機における排ガス設備の第1
実施の形態を示す構成図である。
【図2】同焼結機における排ガス設備における排ガス温
度とダイオキシン濃度を示すグラフである。
【図3】本発明に係る焼結機における排ガス設備の第2
実施の形態を示す構成図である。
【図4】本発明に係る焼結機における排ガス設備の第3
実施の形態を示す構成図である。
【図5】本発明に係る焼結機における排ガス設備の第4
実施の形態を示す構成図である。
【符号の説明】
I 給鉱部 O 排鉱部 Li 焼結経路前半部 Lo 焼結経路後半部 3 パレット列 4 原料供給装置 5 点火炉 6i 前半部ウインドボックス 6o 後半部ウインドボックス 6r 循環用フード 11 排ガス処理ライン 12 後半部集塵装置 13 触媒塔 16 排ガス排出ライン 17 前半部集塵装置 18 排風機 19 煙突 21 排ガス処理循環ライン 31 排ガス循環ライン 32 排ガス処理排出ライン
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (51)Int.Cl.7 識別記号 FI テーマコート゛(参考) F27B 21/08 B01D 53/36 ZABG (72)発明者 長井 健一 大阪府大阪市住之江区南港北1丁目7番89 号 日立造船株式会社内 Fターム(参考) 4D002 AA02 AA12 AA21 AC02 BA04 BA12 BA14 CA07 CA13 DA41 EA02 HA01 4D048 AA02 AA06 AA11 AB02 AB03 AB05 AB06 AC04 CC27 CC38 CD01 CD03 CD08 CD10 EA04 4K001 AA10 BA05 CA32

Claims (6)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】焼結経路上で、給鉱部で投入された焼結原
    料に点火して焼結し、排鉱部から排出する焼結機におけ
    る排ガスのダイオキシン処理設備であって、 焼結経路後半部のウインドボックスから焼結経路前半部
    のウインドボックスの排気ダクトとの合流部に至る排ガ
    ス処理ラインを設け、 この排ガス処理ラインの上流側に後半部集塵装置を設け
    ると共に、下流側にダイオキシン類を除去解するダイオ
    キシン処理部を設け、 前記排ガス処理ラインに、前半部集塵装置から排風機を
    介して大気側に排出する排ガス排出ラインを設けたこと
    を特徴とする焼結機における排ガスのダイオキシン処理
    設備。
  2. 【請求項2】パレット列が移動される焼結経路上で、給
    鉱部でパレット列に投入された焼結原料に点火して焼結
    し、排鉱部から排出する焼結機における排ガスのダイオ
    キシン処理設備であって、 焼結経路の後半部のウインドボックスからの排ガスを焼
    結経路前半部のパレット列に循環供給する排ガス処理循
    環ラインを設け、 この排ガス処理循環ラインの上流側に後半部集塵装置を
    設けると共に、下流側にダイオキシン類を除去するダイ
    オキシン処理部を設け、 焼結経路前半部のウインドボックスから前半部集塵装置
    および排風機を介して大気側に排出する排ガス排出ライ
    ンを設けたことを特徴とする焼結機における排ガスのダ
    イオキシン処理設備。
  3. 【請求項3】ダイオキシン処理部の上流側に脱硫装置を
    設けたことを特徴とする請求項1または2記載の焼結機
    における排ガスのダイオキシン処理設備。
  4. 【請求項4】パレット列が移動される焼結経路上で、給
    鉱部でパレット列に投入された焼結原料に点火して焼結
    し、排鉱部から排出する焼結機における排ガスのダイオ
    キシン処理設備であって、 焼結経路後半部のウインドボックスから排ガスを焼結経
    路前半部のパレット列に循環させる排ガス循環ラインを
    設け、 焼結経路前半部のウインドボックスから排風機により大
    気側に排出する排ガス処理排出ラインの上流側に、前半
    部集塵装置を設けると共に、この前半部集塵装置の下流
    側に、ダイオキシン類を除去するダイオキシン処理部を
    設けたことを特徴とする焼結機における排ガスのダイオ
    キシン処理設備。
  5. 【請求項5】ダイオキシン処理部に、ダイオキシン類を
    触媒により吸着分解する触媒塔、またはダイオキシン類
    を活性炭により吸着する処理塔を設けたことを特徴とす
    る請求項1または2あるいは4記載の焼結機における排
    ガスのダイオキシン処理設備。
  6. 【請求項6】排ガス循環ラインの上流側に後半部集塵装
    置を設けると共に、下流側に脱硫装置を設け、ダイオキ
    シン処理装置の触媒に、アンモニア還元剤を使用したN
    Ox還元触媒を使用したことを特徴とする請求項4記載
    の焼結機における排ガスのダイオキシン処理設備。
JP2000081084A 2000-03-23 2000-03-23 焼結機における排ガスのダイオキシン処理設備 Pending JP2001259368A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000081084A JP2001259368A (ja) 2000-03-23 2000-03-23 焼結機における排ガスのダイオキシン処理設備

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000081084A JP2001259368A (ja) 2000-03-23 2000-03-23 焼結機における排ガスのダイオキシン処理設備

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2001259368A true JP2001259368A (ja) 2001-09-25

Family

ID=18598066

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2000081084A Pending JP2001259368A (ja) 2000-03-23 2000-03-23 焼結機における排ガスのダイオキシン処理設備

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2001259368A (ja)

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN102901365A (zh) * 2011-07-27 2013-01-30 宝山钢铁股份有限公司 低能耗烧结废气二恶英减排方法
CN103791729A (zh) * 2013-09-25 2014-05-14 柳州钢铁股份有限公司 烧结环境除尘废气回收利用系统
CN104034175A (zh) * 2014-06-11 2014-09-10 中冶北方(大连)工程技术有限公司 一种节能减排型烧结工艺
CN108939901A (zh) * 2017-05-27 2018-12-07 钢研晟华工程技术有限公司 一种烧结烟气脱硫脱硝装置和方法

Cited By (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN102901365A (zh) * 2011-07-27 2013-01-30 宝山钢铁股份有限公司 低能耗烧结废气二恶英减排方法
CN102901365B (zh) * 2011-07-27 2015-04-22 宝山钢铁股份有限公司 低能耗烧结废气二恶英减排方法
CN103791729A (zh) * 2013-09-25 2014-05-14 柳州钢铁股份有限公司 烧结环境除尘废气回收利用系统
CN104034175A (zh) * 2014-06-11 2014-09-10 中冶北方(大连)工程技术有限公司 一种节能减排型烧结工艺
CN104034175B (zh) * 2014-06-11 2015-12-30 中冶北方(大连)工程技术有限公司 一种节能减排型烧结工艺
CN108939901A (zh) * 2017-05-27 2018-12-07 钢研晟华工程技术有限公司 一种烧结烟气脱硫脱硝装置和方法
CN108939901B (zh) * 2017-05-27 2020-07-24 钢研晟华工程技术有限公司 一种烧结烟气脱硫脱硝装置和方法

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP6239779B2 (ja) 焼結煙道ガスの廃熱を分類して回収利用による汚染物質排出削減プロセスおよびそのシステム
JP4615443B2 (ja) 燃焼排ガス処理装置及び処理方法
US6451094B1 (en) Apparatus and method for removal of vapor phase contaminants from a gas stream by in-situ activation of carbon-based sorbents
US7618604B2 (en) Method and apparatus for removing gaseous mercury in flue gas
US8871165B2 (en) Desulfurization in a regenerative calcium cycle system
EP2254684B1 (en) Improved dry sulfur dioxide (so2) scrubbing from flue gas
US20130142715A1 (en) Air pollution control system and method
CN1698931A (zh) 催化氧化烟气脱汞方法
CN106984169A (zh) 一种直接利用烧结矿热量的脱硝系统及方法
CN105080332A (zh) 烧结球团烟气资源化系统及工艺方法
JP2015529545A (ja) 酸素燃焼プロセスから生成される酸性化合物の制御方法
CN114984721A (zh) 烟气中二氧化碳的回收系统及方法
JP2977759B2 (ja) 排ガスの乾式処理方法及び装置
EP0933516B1 (en) Gasification power generation process and equipment
JP2001259368A (ja) 焼結機における排ガスのダイオキシン処理設備
JPH01159514A (ja) 有毒化合物の分解方峰
KR19990050193A (ko) 연소배가스의 대기오염물질 연속처리방법 및 이에 이용되는 장치
CN208583143U (zh) 余热利用系统
JP3545266B2 (ja) 乾式排ガス処理方法及び装置
CN111780560A (zh) 电炉烟气排放处理装置及方法
JP2002022140A (ja) 石炭焚きボイラー用排ガス処理装置
JP2000015058A (ja) 焼却炉の排ガス処理装置及び方法
JP2000093736A (ja) 乾式脱硫脱硝脱塩脱dxn除塵装置
KR20220144993A (ko) 연소 설비로부터의 폐가스 처리장치
KR101225412B1 (ko) 소결 배가스 처리 장치