JP2001253638A - 巻取装置 - Google Patents

巻取装置

Info

Publication number
JP2001253638A
JP2001253638A JP2000067016A JP2000067016A JP2001253638A JP 2001253638 A JP2001253638 A JP 2001253638A JP 2000067016 A JP2000067016 A JP 2000067016A JP 2000067016 A JP2000067016 A JP 2000067016A JP 2001253638 A JP2001253638 A JP 2001253638A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
winding
point
filament
yarn
frame
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Withdrawn
Application number
JP2000067016A
Other languages
English (en)
Inventor
Hideki Jinbo
秀規 神保
Takashi Hayashi
貴史 林
Hideji Hidaka
秀二 日高
Shigehiro Yoshio
慈洋 吉尾
Ichiro Ohama
一郎 大濱
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Toyobo Co Ltd
Original Assignee
Toyobo Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Toyobo Co Ltd filed Critical Toyobo Co Ltd
Priority to JP2000067016A priority Critical patent/JP2001253638A/ja
Publication of JP2001253638A publication Critical patent/JP2001253638A/ja
Withdrawn legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 糸の弛みや引っ張りを抑制し、紡糸装置から
一定速度で連続的に送り出された糸を適正な張力で直接
2点かせ枠に巻き取ることができ、また高速巻取可能な
巻取装置を提供する。 【解決手段】 紡糸装置から一定速度で連続的に送り出
される糸状体を、巻き取り用の2点かせ枠に連続的に巻
き取る巻取装置であって、巻き取り中に発生する糸状体
の弛みを吸収するためのアキュームレータ装置を有する
ことを特徴とする巻取装置。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、糸状体の巻取装置
に関する。
【0002】
【従来の技術】従来、紡糸装置から一定速度で連続的に
送り出された糸を直接かせ巻き取りする場合には、多角
形かせ枠や円形ドラムが用いられていた。しかしなが
ら、かせ枠に巻き取られた糸束の屈曲部を少なくした
い、糸束の直線部分を長くしたいという要求から2点か
せ枠を用いて巻き取ると、2点かせ枠の回転角度に対し
て単位時間当たりにかせ枠に巻き取られる糸の量が異な
るため、糸が弛んだり、引っ張られたりする。このため
張力変動が大きく、糸切れや糸割れ等が生じて糸性能が
低下する。また、巻取速度が高速化できないといった問
題があった。そこで、2点かせ枠を用いて巻き取る場合
は、紡糸装置から送り出された糸を一旦、ボビンに巻き
取り、その後、そのボビンを巻き出し装置にセットし
て、糸の送り出し量を制御しながら2点かせ枠に巻き取
ることが行われていた。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】糸の弛みや引っ張りを
抑制し、紡糸装置から一定速度で連続的に送り出された
糸を適正な張力で直接2点かせ枠に巻き取ることがで
き、また高速巻取可能な巻取装置を提供することであ
る。
【0004】
【課題を解決するための手段】本発明は以下のものであ
る。 紡糸装置から一定速度で連続的に送り出される糸状
体を、巻き取り用の2点かせ枠に連続的に巻き取る巻取
装置であって、巻き取り中に発生する糸状体の弛みを吸
収するためのアキュームレータ装置を有することを特徴
とする巻取装置。 2点かせ枠に巻き取られる糸状体をトラバースさせ
るためのトラバース装置を有する上記に記載した巻取
装置。 2点かせ枠に巻き取られる糸状体の巻取張力を調整
するための張力検出手段と張力付与手段を具備した上記
またはに記載した巻取装置 。 紡糸装置から送り出される糸状体が複数本の単糸か
ら成る合糸糸である上記乃至のいずれかに記載した
巻取装置。 紡糸装置から送り出される糸状体が中空糸である上
記乃至のいずれかに記載した巻取装置。 上記乃至のいずれかに記載した巻取装置によっ
て、糸状体を巻き取ることを特徴とする糸状体巻き取り
体の製造方法。
【0005】第1発明の巻取装置は糸の巻取部分を回転
軸を中心に配置した2点かせ枠、前記かせ枠を回転させ
る巻取枠駆動部、巻取装置内部の糸の滞留量を調整する
アキュームレータ装置からなる。巻取枠駆動部は2点か
せ枠を等角速度で回転、あるいは、単位時間当たりのか
せ枠に巻き取られる糸量を一定に近づけるために角速度
にパターンを持たせて回転させる。この時、2点かせ枠
の回転角度によって、糸に弛みが発生したり、糸が引っ
張られることになるが、アキュームレータ装置を2点か
せ枠の回転角度に同期させて動かして糸の滞留量を調整
することにより、糸弛みを吸収、引っ張りの緩和が可能
となりる。第2発明の巻取装置は2点かせ枠への糸の巻
取量を多くするために、第1発明の巻取装置において、
アキュームレータ装置と巻取枠の間にトラバース装置を
付加したものである。第3発明の巻取装置は巻取張力を
一定に制御するために、第1発明の巻取装置においては
アキュームレータ装置と巻取枠の間に、第2発明の巻取
装置においてはアキュームレータ装置とトラバース装置
との間に張力検出装置と張力付与装置を付加したもので
ある。
【0006】
【実施例】以下、この発明の実施例について図を用いて
説明する。図1は第3発明の巻取装置の概略図を示す。
図1において張力検出手段、張力付与手段としてダンサ
ーロール装置を使用した例を示しているが、張力検出手
段、張力付与手段として他の手段を用いても本発明は実
現可能であり、この実施例が本発明を制限するものでは
ない。
【0007】図1においてダンサーローラー装置2を除
いたものが、第2発明の概略図となり、図1においてダ
ンサーローラー装置2とトラバース装置3を除いたもの
が第1発明の概略図となる。
【0008】本発明の巻取装置の上流側に位置する紡糸
装置から一定速度で連続的に送り出された糸は、アキュ
ームレータ装置1、ダンサーローラー装置2、トラバー
ス装置3を通過し、巻取枠駆動部5によって回転運動を
与えられた2点かせ枠4に巻き取られる。
【0009】アキュームレータ装置1はLMガイド6、
ガイドローラー7、フリーローラー8、サーボモータ9
によって構成され、サーボモータ9を制御することによ
ってフリーローラー8の位置を任意に変えることが出来
る。フリーローラー8の位置を制御することにより、ガ
イドローラー7とフリーローラー8によって決まる糸道
が変化し、アキュームレータ内部の糸の滞留量を制御で
き、後述する方法で巻取枠駆動部と同期制御することに
より、糸弛みや糸の引っ張りを抑制することができる。
【0010】ダンサーロール装置はダンサーローラー1
0を先端に軸支したダンサーアーム11、ダンサーアー
ム11の角度を検出するために、ダンサーアームの回動
に連動するようにダンサーアーム11の回転軸に取り付
けられたポテンショメータ13、巻取張力を付与するた
めにダンサーアーム11に付加されたダンサーウエイト
12から構成される。ダンサーウエイト12の大きさお
よび位置を調整することにより、糸に付与する張力を調
整するようにし、ダンサーアーム11が略水平の平衡位
置で安定するようにするため、ダンサーアーム11が略
水平の平衡位置の時には巻取軸17の回転速度を保持、
ダンサーアーム11が上動した時には、巻取軸17の回
転速度を次第に減速、ダンサーアーム11が下動した時
には巻取軸17の回転速度を次第に加速するようにし
た。これにより、紡糸装置から送り出された糸を一定張
力で2点かせ枠に巻き取ることができる。
【0011】トラバース装置はLMガイド14、トラバ
ースガイド15、サーボモータ16によって構成され、
サーボモータ16を制御することによってトラバースガ
イド15の位置を任意に変えることができる。巻取軸1
7が1回転する毎にトラバースガイド15の位置を巻き
取られ糸の幅ごとずらすことにより、2点かせ枠4に巻
き取られる糸がトラバースし、2点かせ枠に整然と巻き
取られる。
【0012】巻取枠駆動部は巻取軸17と、巻取軸17
とタイミングベルトとで結合されたサーボモータ18か
ら構成され、サーボモータ18を制御することにより、
巻取軸17に装着された2点かせ枠の回転速度を任意に
変更できる。
【0013】次に、アキュームレータ装置1と巻取枠駆
動部5の制御方法について説明する。図2はアキューム
レータ装置1と巻取枠駆動部5の制御ブロック図を示し
たものである。モーションコントローラ21によってサ
ーボアンプ22が制御され、アキュームレータ装置1の
サーボモータ9と巻取駆動部5のサーボモータ18とは
完全に同期制御される。
【0014】図3は2点かせ枠4が略水平となった時の
角度を0度とし、2点かせ枠4を等角速度で回転させた
時の回転角度に対する2点かせ枠に巻き取られる糸の量
を示したもので、図4は、図3の条件で2点かせ枠4を
回転させた時のアキュームレータ位置の制御パターンを
示したものである。
【0015】
【発明の効果】本発明による巻取装置を用いることで紡
糸装置から一定速度で連続的に送り出された糸状体を、
直接、適正張力で高速に巻き取ることが可能である。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の巻取装置の概略図である。
【図2】アキュームレータ装置1と巻取枠駆動部5の制
御ブロック図である。
【図3】2点かせ枠を等角速度で回転させた時の回転角
度に対する2点かせ枠に巻き取られる糸の量を示した図
である。
【図4】図3の条件で2点かせ枠を回転させた時のアキ
ュームレータの制御パターンを示した図である。
【符号の説明】
1 アキュームレータ装置 2 ダンサーロール装置 3 トラバース装置 4 2点かせ枠 5 巻取枠駆動部 6 LMガイド 7 ガイドローラー 8 フリーローラー 9 サーボモータ 10 ダンサーローラー 11 ダンサーアーム 12 ダンサーウエイト 13 ポテンショメータ 14 LMガイド 15 トラバースガイド 16 サーボモータ 17 巻取軸 18 サーボモータ 20 演算手段 21 モーションコントローラ 22 サーボアンプ
フロントページの続き (72)発明者 吉尾 慈洋 滋賀県大津市堅田二丁目1番1号 東洋紡 績株式会社総合研究所内 (72)発明者 大濱 一郎 滋賀県大津市堅田二丁目1番1号 東洋紡 績株式会社総合研究所内 Fターム(参考) 3F111 AA06 CA16 DA03 DB03 DB06 DD02

Claims (6)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 紡糸装置から一定速度で連続的に送り出
    される糸状体を、巻き取り用の2点かせ枠に連続的に巻
    き取る巻取装置であって、巻き取り中に発生する糸状体
    の弛みを吸収するためのアキュームレータ装置を有する
    ことを特徴とする巻取装置。
  2. 【請求項2】 2点かせ枠に巻き取られる糸状体をトラ
    バースさせるためのトラバース装置を有する請求項1に
    記載した巻取装置。
  3. 【請求項3】 2点かせ枠に巻き取られる糸状体の巻取
    張力を調整するための張力検出手段と張力付与手段を具
    備した請求項1または請求項2に記載した巻取装置 。
  4. 【請求項4】 紡糸装置から送り出される糸状体が複数
    本の単糸から成る合糸糸である請求項1乃至請求項3の
    いずれかに記載した巻取装置。
  5. 【請求項5】 紡糸装置から送り出される糸状体が中空
    糸である請求項1乃至4のいずれかに記載した巻取装
    置。
  6. 【請求項6】 請求項1乃至5のいずれかに記載した巻
    取装置によって、糸状体を巻き取ることを特徴とする糸
    状体巻き取り体の製造方法。
JP2000067016A 2000-03-10 2000-03-10 巻取装置 Withdrawn JP2001253638A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000067016A JP2001253638A (ja) 2000-03-10 2000-03-10 巻取装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000067016A JP2001253638A (ja) 2000-03-10 2000-03-10 巻取装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2001253638A true JP2001253638A (ja) 2001-09-18

Family

ID=18586280

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2000067016A Withdrawn JP2001253638A (ja) 2000-03-10 2000-03-10 巻取装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2001253638A (ja)

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005255359A (ja) * 2004-03-12 2005-09-22 Toyota Motor Corp フィラメントワインディング装置
JP2008266801A (ja) * 2007-04-16 2008-11-06 Toyobo Co Ltd 中空糸膜の解じょ方法および分離膜モジュール
JP2013151373A (ja) * 2006-12-04 2013-08-08 Fresenius Medical Care Deutschland Gmbh 繊維束を製造するための方法
JP2016128166A (ja) * 2011-02-07 2016-07-14 三菱レイヨン株式会社 編紐供給装置及び編紐供給方法

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005255359A (ja) * 2004-03-12 2005-09-22 Toyota Motor Corp フィラメントワインディング装置
JP2013151373A (ja) * 2006-12-04 2013-08-08 Fresenius Medical Care Deutschland Gmbh 繊維束を製造するための方法
US8764925B2 (en) 2006-12-04 2014-07-01 Fresenius Medical Care Deutschland Gmbh Apparatus and methods for manufacturing fiber bundles
US9387945B2 (en) 2006-12-04 2016-07-12 Fresenius Medical Care Deutschland Gmbh Apparatus and method for manufacturing fiber bundles
JP2008266801A (ja) * 2007-04-16 2008-11-06 Toyobo Co Ltd 中空糸膜の解じょ方法および分離膜モジュール
JP2016128166A (ja) * 2011-02-07 2016-07-14 三菱レイヨン株式会社 編紐供給装置及び編紐供給方法

Similar Documents

Publication Publication Date Title
EP2075359B1 (en) Yarn slack eliminating device and spinning machine
EP2284300B1 (en) Spinning machine and yarn removing method for removing yarn remaining on yarn accumulating roller
RU2006108547A (ru) Бобиномотальное устройство
JP5437816B2 (ja) 筒状撚糸製造装置
JP3700706B2 (ja) 紡績機
JP2007284196A (ja) 自動ワインダー
US4471917A (en) Balloon-control guide and yarn rewinding process
US3831873A (en) Take-up system
JPH0570037A (ja) 糸条巻取装置
US8123156B2 (en) Yarn path guide, traversing device of fiber bundle and system for producing fiber bundle package
JP2001253638A (ja) 巻取装置
JP2008174333A (ja) 糸状物の巻出方法及び糸状物の巻出装置
JPH09263359A (ja) コード類の張力調整機構
JP2000314050A (ja) 織機の製織時におさえ耳糸の張力を調節するための装置
US2990603A (en) Apparatus for draw-stretching and winding yarn
JP3455737B2 (ja) 釣糸ユニットおよび釣糸巻取装置
JP2004277949A (ja) 紡績機
JP2936948B2 (ja) 自動ワインダのテンション制御装置
JPH082821A (ja) 高張力解舒装置
US4403744A (en) Method and apparatus for controlling strand tension during winding
JP2007039824A (ja) 糸条の無撚引出し装置
JP3215186B2 (ja) 分繊糸の製造方法
JP2897751B2 (ja) パーンワインダ
JPH06271196A (ja) 編織用機械における糸切れ防止方法および糸切れ防止装置
JP2012096867A (ja) 糸貯留引き出し装置及び糸巻取機

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20070306

A761 Written withdrawal of application

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A761

Effective date: 20080416