JP2001247323A - ガラス板折割装置 - Google Patents

ガラス板折割装置

Info

Publication number
JP2001247323A
JP2001247323A JP2000061259A JP2000061259A JP2001247323A JP 2001247323 A JP2001247323 A JP 2001247323A JP 2000061259 A JP2000061259 A JP 2000061259A JP 2000061259 A JP2000061259 A JP 2000061259A JP 2001247323 A JP2001247323 A JP 2001247323A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
glass plate
linear motor
moving
stator
electric linear
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2000061259A
Other languages
English (en)
Inventor
Shigeru Bando
茂 坂東
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Bando Kiko Co Ltd
Original Assignee
Bando Kiko Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Bando Kiko Co Ltd filed Critical Bando Kiko Co Ltd
Priority to JP2000061259A priority Critical patent/JP2001247323A/ja
Publication of JP2001247323A publication Critical patent/JP2001247323A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C03GLASS; MINERAL OR SLAG WOOL
    • C03BMANUFACTURE, SHAPING, OR SUPPLEMENTARY PROCESSES
    • C03B33/00Severing cooled glass
    • C03B33/02Cutting or splitting sheet glass or ribbons; Apparatus or machines therefor
    • C03B33/023Cutting or splitting sheet glass or ribbons; Apparatus or machines therefor the sheet or ribbon being in a horizontal position
    • C03B33/03Glass cutting tables; Apparatus for transporting or handling sheet glass during the cutting or breaking operations
    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C03GLASS; MINERAL OR SLAG WOOL
    • C03BMANUFACTURE, SHAPING, OR SUPPLEMENTARY PROCESSES
    • C03B33/00Severing cooled glass
    • C03B33/02Cutting or splitting sheet glass or ribbons; Apparatus or machines therefor
    • C03B33/023Cutting or splitting sheet glass or ribbons; Apparatus or machines therefor the sheet or ribbon being in a horizontal position
    • C03B33/033Apparatus for opening score lines in glass sheets
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B65CONVEYING; PACKING; STORING; HANDLING THIN OR FILAMENTARY MATERIAL
    • B65GTRANSPORT OR STORAGE DEVICES, e.g. CONVEYORS FOR LOADING OR TIPPING, SHOP CONVEYOR SYSTEMS OR PNEUMATIC TUBE CONVEYORS
    • B65G2249/00Aspects relating to conveying systems for the manufacture of fragile sheets
    • B65G2249/04Arrangements of vacuum systems or suction cups

Abstract

(57)【要約】 【課題】 高速かつ精確にガラス板を折割りでき、而し
て作業能率を向上させ得ると共に高品質な加工品を得る
ことができるガラス板折割装置を提供すること。 【解決手段】 ガラス板2を折割りする折割手段3及び
3aと、折割手段3及び3aをX方向及びY方向にそれ
ぞれ移動させる移動手段5及び5aとを具備しており、
移動手段5は、可動子6及び固定子7を有する電動リニ
アモータ10と、可動子8及び固定子9を有する電動リ
ニアモータ11とを具備しており、移動手段5aは、可
動子6a及び固定子7aを有する電動リニアモータ10
aと、可動子8a及び固定子9aを有する電動リニアモ
ータ11aとを具備しているガラス板折割装置1。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、ガラス板の加工装
置、特に、ガラス板の切り線に沿ってガラス板を所定の
形状に折割る装置に関する。
【0002】
【発明が解決しようとする課題】従来のガラス板折割装
置は、電動モータ等の作動により、ねじ軸を回転させ、
この回転により、可動台を移動させて、この可動台に装
着されたカッタホイール及び押し棒を所望位置に移動さ
せて、切り線を形成すると共に、切り線形成後押し割り
を行うようになっている。また、従来のガラス板折割装
置では、押し棒による押し割りは、エアーシリンダ装置
の作動によって行われるようになっている。
【0003】しかし、上記のようなガラス板折割装置で
は、比較的長尺のねじ軸を回転させて可動台を移動させ
ているため、危険速度域でねじ軸に容易に大きな撓み振
動が発生し、従ってねじ軸を高速回転させて可動台を高
速に移動させて作業能率を向上させるようにすることが
困難である。
【0004】また、上記のようなガラス板折割装置で
は、エアーシリンダ装置の作動により、押し棒をガラス
板に対して上下動させるため、当該押し棒が上下動する
距離を微少に設定することができず、従って押し棒によ
りガラス板を所望の押圧力で押圧することが困難であ
り、ガラス板の押し割り作業の確実性を確保できない。
【0005】本発明は前記諸点に鑑みてなされたもので
あって、その目的とするところは、高速かつ精確にガラ
ス板を折割りでき、而して作業能率を向上させ得ると共
に高品質な加工品を得ることができるガラス板折割装置
を提供することにある。
【0006】本発明の他の目的とするところは、ガラス
板を所望の押圧力で押圧することができ、而してガラス
板の押し割り作業の確実性を確保できるガラス板折割装
置を提供することにある。
【0007】
【課題を解決するための手段】本発明のガラス板折割装
置は、ガラス板を折割りする一対の折割手段と、一対の
折割手段をガラス板の一方の面と平行な一の方向及び一
の方向に直交すると共にガラス板の一方の面と平行な他
の一の方向にそれぞれ移動させる一対の移動手段とを具
備しており、一対の移動手段は、それぞれ可動子と固定
子とを有する電動リニアモータを具備している。
【0008】本発明のガラス板折割装置に依れば、一対
の移動手段は、それぞれ電動リニアモータを具備してい
るため、一対の折割手段をガラス板の折割りすべき形状
に沿って高速かつ精確に移動させることができる。
【0009】本発明のガラス板折割装置の夫々の折割手
段は、好ましくは、切り線が形成されたガラス板を切り
線に沿って押し割る押し割り手段と、押し割り手段を上
下動させる上下動手段とを具備しており、この上下動手
段は、可動子と固定子とを有する電動リニアモータを具
備している。折割手段の上下動手段は、電動リニアモー
タを具備しているため、押し割り手段が上下動する距離
を微少に設定することができ、ガラス板を所望の押圧力
で押圧することができる。
【0010】
【発明の実施の形態】次に本発明及びその実施の形態を
図に示す好ましい例に基づいて説明する。尚、本発明
は、これら例に何等限定されないのである。
【0011】図1及び図2において、本例のガラス板折
割装置1は、ガラス板2を折割りする一対の折割手段3
及び3aと、折割手段3及び3aをガラス板2の一方の
面4と平行なX方向及びX方向に直交すると共にガラス
板2の一方の面4と平行なY方向にそれぞれ移動させる
一対の移動手段5及び5aとを具備しており、移動手段
5は、可動子6及び固定子7を有する電動リニアモータ
10と、可動子8及び固定子9を有する電動リニアモー
タ11とを具備しており、移動手段5aは、可動子6a
及び固定子7aを有する電動リニアモータ10aと、可
動子8a及び固定子9aを有する電動リニアモータ11
aとを具備している。ガラス板折割装置1は、更に、ガ
ラス板2を支持し且つ折割られたカレット(図示せず)
を排出するガラス板支持装置兼カレット排出装置12
(以下支持装置12という)と、支持装置12にガラス
板2を搬入及び搬出する搬送手段13と、予めプログラ
ムされた夫々の作動を制御する制御装置(図示せず)と
を具備している。
【0012】折割手段3及び3aは、それぞれ同様に形
成されており、折割手段3は、ガラス板2に対して半分
の領域において折り割りを実行する一方、折割手段3a
は、ガラス板2に対して残りの半分の領域において同じ
く折り割りを実行する。また、移動手段5及び5aは、
それぞれ同様に形成されており、移動手段5は、折割手
段3をガラス板2に対して半分の領域において移動させ
る一方、移動手段5aは、折割手段3aをガラス板2に
対して残りの半分の領域において同じく移動させる。従
って以下折割手段3及び移動手段5について説明し、折
割手段3a及び移動手段5aについては、必要に応じて
図に符号aを付して説明を省略する。
【0013】折割手段3は、主切り線15が形成された
ガラス板2に端切り線16を形成する切り線形成手段1
7と、端切り線16が形成されたガラス板2を主切り線
15に沿って押し割る押し割り手段18と、押し割り手
段18を上下動、即ちX及びY方向に直交するZ方向に
移動させる上下動手段19とを具備しており、上下動手
段19は、可動子21と固定子22とを有する電動リニ
アモータ20を具備している。尚、切り線形成手段17
は、ガラス板2に主切り線15と端切り線16とを形成
するようにしてもよい。
【0014】切り線形成手段17は、ブラケット25に
取り付けられたエアーシリンダ装置26と、エアーシリ
ンダ装置26のピストンロッド(図示せず)にZ方向に
伸びる軸心(図示せず)を中心として回動自在に取付け
られたカッタブロック27と、カッタブロック27に取
付けられた端切り線形成用のカッタホイール28と、ブ
ラケット25に取り付けられた電動モータ29とを具備
している。電動モータ29の出力回転軸には、歯付きプ
ーリー30が取付けられており、エアーシリンダ装置2
6の外筒31には、ブラケット32及びブラケット32
に取付けられた軸受(図示せず)を介して歯付きプーリ
ー33がZ方向に伸びる軸心(図示せず)を中心として
回動自在に取付けられており、歯付きプーリー30及び
33の間にはタイミングベルト34が掛け渡されてい
る。歯付きプーリー33には、スリットが形成された係
合部材35が取付けられており、係合部材35のスリッ
トには、カッタブロック27に取付けられた係合片36
が配されており、エアーシリンダ装置26の作動によ
り、そのピストンロッドが進退されると、カッタホイー
ル28はZ方向に移動され、電動モータ29の作動によ
る歯付きプーリー30の回転でタイミングベルト34を
介して歯付きプーリー33が回転されると、係合部材3
5及び係合部材35のスリットで係合する係合片36も
Z方向に伸びる軸心を中心として回動され、この回動に
よりカッタホイール28は、カッタブロック27を介し
て当該軸心を中心として回動され、その刃先が端切り線
形成方向に向けられる。
【0015】押し割り手段18は、ガラス板2を押圧す
る押し棒40を具備している。上下動手段19は、電動
リニアモータ20の他に、押し棒40が取り付けられた
ブラケット41と、レール及びスライダ(図示せず)等
を介してブラケット41をZ方向に移動自在に取り付け
ているブラケット42とを具備しており、電動リニアモ
ータ20の固定子22は、ブラケット42にZ方向に沿
って配されており、電動リニアモータ20の可動子21
は、固定子22に対して一定の隙間をもってブラケット
41に配されている。電動リニアモータ20の作動によ
り、可動子21を配しているブラケット41と、ブラケ
ット41に取り付けられた押し棒40とをZ方向に移動
させる。
【0016】移動手段5は、折割手段3、即ち、切り線
形成手段17、押し割り手段18及び上下動手段19を
X方向に移動させるX方向移動手段45と、折割手段
3、即ち、端切り線形成手段17、押し割り手段18及
び上下動手段19をY方向に移動させるY方向移動手段
46とを具備している。
【0017】X方向移動手段45は、電動リニアモータ
10に加えて、X方向に伸びたブラケット47と、ブラ
ケット47にX方向に伸びて固定された一対のレール4
8と、レール48と嵌合したX方向に移動自在なスライ
ダ(図示せず)と、このスライダを固着した可動台50
とを具備しており、電動リニアモータ10の固定子7
は、ブラケット47の一対のレール48の間にX方向に
沿って配されており、可動子6は、固定子7に対して一
定の隙間をもって可動台50に配されている。可動台5
0には、ブラケット25及び42が固定されている。X
方向移動手段45は、電動リニアモータ10の作動によ
り、可動子6が配された可動台50をX方向に移動させ
ると共に、可動台50に固定されたブラケット25及び
42等を介して、カッタホイール28及び押し棒40を
X方向に移動させる。
【0018】Y方向移動手段46は、電動リニアモータ
11に加えて、フレーム55にY方向に伸びて取り付け
られたブラケット56と、ブラケット56にY方向に伸
びて固定された一対のレール57と、レール57と嵌合
したY方向に移動自在なスライダ58と、スライダ58
を固着した可動台60とを具備しており、電動リニアモ
ータ11の固定子9は、ブラケット56の一対のレール
57の間にY方向に沿って配されており、可動子8は、
固定子9に対して一定の隙間をもって可動台60に配さ
れている。可動台60には、ブラケット47が取り付け
られている。Y方向移動手段46は、電動リニアモータ
11の作動により、可動子8が配された可動台60をX
方向に移動させると共に、可動台60に固定されたブラ
ケット47等を介してカッタホイール28及び押し棒4
0をX方向に移動させる。
【0019】支持装置12は、基台66に取り付けられ
た電動モータ67と、基台66に支柱68を介して支持
されている支持板69と、支持板69のX方向における
一端に回転自在に取り付けられており、電動モータ67
の出力回転軸にプーリー70、ベルト71及びプーリー
72を介して連結した駆動側のドラム73と、支持板6
9のX方向における他端に回転自在に取り付けられた従
動側のドラム74と、ドラム73及び74に掛け回され
た可撓性の無端ベルト75とを具備しており、支持装置
12の下流端には、カレット収容部(図示せず)が配さ
れている。支持装置12は、押し割り手段18によって
押し割られた無端ベルト75上のカレットをカレット収
容部に排出すべく、電動モータ67の作動により、一端
が電動モータ67の出力回転軸にプーリー70、ベルト
71及びプーリー72を介して連結されたドラム73を
回転させ、このドラム73の回転で無端ベルト75を走
行させ、無端ベルト75の走行により支持装置12の下
流端にカレットを移動させてカレット収容部に排出す
る。
【0020】搬送手段13は、無端ベルト75に載置さ
れたガラス板2を持上げる持上げ装置80と、持上げ装
置80により持ち上げられたガラス板2をY方向に移動
させる移動装置(図示せず)とを具備している。
【0021】持ち上げ装置80は、外筒83及びピスト
ンロッド84からなるエアーシリンダ装置81と、ガラ
ス板2を真空吸着する真空吸盤装置82とを具備してお
り、エアーシリンダ装置81の外筒83は、フレーム5
5に取り付けられており、ピストンロッド84は、その
外部先端に真空吸盤装置82を取り付けている。真空吸
盤装置82は、真空吸引ポンプ(図示せず)を具備して
おり、この真空吸引ポンプの作動によりガラス板2の一
方の面4を真空吸引して真空吸着する。エアーシリンダ
装置81の作動により、ピストンロッド84がZ方向に
進退すると共に、真空吸盤装置82により真空吸着され
たガラス板2がZ方向に上下動する。
【0022】搬送手段13の移動装置は、上フレーム
(図示せず)に取り付けられている電動モータ(図示せ
ず)と、この上フレームに回転自在に支持されており、
且つ当該電動モータの出力回転軸にプーリ、ベルト等を
介して連結しているY方向に伸びたねじ軸(図示せず)
と、上フレームにレール、スライダ等を介してY方向に
移動自在に取り付けられており、且つ当該ねじ軸と螺合
したナット(図示せず)を固着したフレーム55とを具
備しており、当該電動モータの作動により、当該ねじ軸
を回転させ、この回転により、当該ねじ軸と螺合したナ
ットを固着したフレーム55をY方向に移動させる。こ
れにより、フレーム55に取り付けられたエアーシリン
ダ装置81を介してガラス板2をY方向に移動させる。
【0023】尚、搬送手段13の移動装置は、固定子
(図示せず)が上フレーム(図示せず)にY方向に沿っ
て配されており、可動子(図示せず)がこの上フレーム
にレール、スライダ等を介してY方向に移動自在に取り
付けられたフレーム55に、当該固定子に対して一定の
隙間をもって配されている電動リニアモータ(図示せ
ず)の作動により、フレーム55をY方向に移動させる
ようにしてもよい。
【0024】上記制御装置は、電動リニアモータ10、
11及び20と、電動モータ29及び67と、エアーシ
リンダ装置26及び81と、真空吸引装置82の真空吸
引ポンプとの作動を、予めプログラムされた数値制御命
令を介して制御するようになっている。
【0025】このように構成された本例のガラス板折割
装置1は次のようにガラス板2に対して折割作業を行
う。
【0026】まず、搬送手段13により、主切り線15
が形成されたガラス板2の一方の面4を真空吸着して持
ち上げ、持ち上げたガラス板2をY方向に移動させ、無
端ベルト75上に載置する。次に、切り線形成手段17
により、そのカッタホイール28をガラス板2の一方の
面4の端切り線16形成位置に当接させ、X方向移動手
段45及びY方向移動手段46の電動リニアモータ10
及び11の同期的な作動により、カッタホイール28を
X方向及びY方向に移動させて、ガラス板2に所定の端
切り線16を形成する。ガラス板2に端切り線16を形
成する際、カッタホイール28の刃先は、電動モータ2
9の作動により常に端切り線方向に向けられている。次
に、端切り線16が形成されたガラス板2を主切り線1
5に沿って押し割るべく、X方向移動手段45及びY方
向移動手段46の電動リニアモータ10及び11の同期
的な作動により、押し割り手段18の押し棒40をX方
向及びY方向に移動させ、上下動手段19の電動リニア
モータ20の作動により押し棒40をガラス板2に所定
の押圧力で押圧する。次に、搬送手段13により、主切
り線に沿って押し割られたガラス板2を真空吸着して持
ち上げ、持ち上げたガラス板2をY方向に移動させて無
端ベルト75上から搬出する。次に、押し割られた無端
ベルト75上のカレットをカレット収容部に排出すべ
く、電動モータ67の作動により、プーリー70、ベル
ト71等を介して無端ベルト75を走行させ、無端ベル
ト75の走行により支持装置65の下流端にカレットを
移動させてカレット収容部に排出する。尚、本例のガラ
ス板折割装置1は、制御装置の数値制御命令に従って、
折割手段3が移動手段5により移動しながらガラス板2
の半分の領域に端切り線16形成加工及び押し割り加工
を行うのと同期的に、折割手段3aが移動手段5aによ
り移動しながら当該ガラス板2の残りの半分の領域にも
端切り線16形成加工及び押し割り加工を行っている。
【0027】
【発明の効果】本発明に依れば、折割手段は、電動リニ
アモータにより一の方向及び他の一の方向に移動するた
め、折割手段をガラス板の折割りすべき形状に沿って高
速かつ精確に移動させることができ、また、押し割り手
段は、上下動手段の電動リニアモータの作動により上下
動するため、押し割り手段が上下動する距離を微少に設
定することができ、ガラス板を所望の押圧力で押圧する
ことができ、而して、ガラス板の押し割り作業の確実性
を確保でき、作業能率を向上させ得ると共に高品質な加
工品を得ることができるガラス板折割装置を提供し得
る。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明のガラス板折割装置の実施の形態の好ま
しい例の正面図である。
【図2】図1に示す例の平面断面図である。
【符号の説明】
1 ガラス板折割装置 2 ガラス板 3、3a 折割手段 5、5a 移動手段 6、6a、8、8a 可動子 7、7a、9、9a 固定子 10、10a、11、11a 電動リニアモータ

Claims (2)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 ガラス板を折割りする一対の折割手段
    と、一対の折割手段をガラス板の一方の面と平行な一の
    方向及び一の方向に直交すると共にガラス板の一方の面
    と平行な他の一の方向にそれぞれ移動させる一対の移動
    手段とを具備しており、一対の移動手段は、それぞれ可
    動子と固定子とを有する電動リニアモータを具備してい
    るガラス板折割装置。
  2. 【請求項2】 夫々の折割手段は、切り線が形成された
    ガラス板を切り線に沿って押し割る押し割り手段と、押
    し割り手段を上下動させる上下動手段とを具備してお
    り、この上下動手段は、可動子と固定子とを有する電動
    リニアモータを具備している請求項1に記載のガラス板
    折割装置。
JP2000061259A 2000-03-06 2000-03-06 ガラス板折割装置 Pending JP2001247323A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000061259A JP2001247323A (ja) 2000-03-06 2000-03-06 ガラス板折割装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000061259A JP2001247323A (ja) 2000-03-06 2000-03-06 ガラス板折割装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2001247323A true JP2001247323A (ja) 2001-09-11

Family

ID=18581421

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2000061259A Pending JP2001247323A (ja) 2000-03-06 2000-03-06 ガラス板折割装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2001247323A (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002274875A (ja) * 2001-01-12 2002-09-25 Bando Kiko Co Ltd ガラス板切断ヘッド及びこれを具備しているガラス板加工装置

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002274875A (ja) * 2001-01-12 2002-09-25 Bando Kiko Co Ltd ガラス板切断ヘッド及びこれを具備しているガラス板加工装置

Similar Documents

Publication Publication Date Title
KR100389888B1 (ko) 유리판의가공장치
JP4449084B2 (ja) ガラス板の折割機械
KR960013524B1 (ko) 유리판 절단기계
JPH09263417A (ja) ガラス板の加工装置及びそれに好適な折り割り装置
JPH07106922B2 (ja) ガラス板の折割機械
JP2001247323A (ja) ガラス板折割装置
JPH09227144A (ja) ガラス板の加工装置
JPH0952727A (ja) ガラス板の加工装置
JPH08217475A (ja) ガラス板の加工装置
JPH10101355A (ja) ガラス板の加工装置
KR20160119982A (ko) 프레스 커팅장치
JP2970117B2 (ja) ガラス板の折り割り機械
JP3828586B2 (ja) ガラス板の折割装置
JP6544493B2 (ja) ガラス板の折割機械
JP2656992B2 (ja) ガラス切断機
JP6544502B1 (ja) ガラス板の折割機械
JP2000302467A (ja) ガラス板の折割装置
JP2019077606A (ja) ガラス板の折割機械
JP3817755B2 (ja) ガラス板の加工装置
JP3129277B2 (ja) ガラス板の折り割り機械
JP2019026553A (ja) ガラス板の折割機械
JP4998535B2 (ja) ガラス板の折割機械
JP2007063125A (ja) ガラス板の加工装置
JP2000319029A (ja) ガラス板の切断線切込方法及び装置
CN109500857A (zh) 一种裁切装置

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20070215

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20090130

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20090623

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20091020