JP2001236180A - Information processor and method for deciding depression key - Google Patents

Information processor and method for deciding depression key

Info

Publication number
JP2001236180A
JP2001236180A JP2000047208A JP2000047208A JP2001236180A JP 2001236180 A JP2001236180 A JP 2001236180A JP 2000047208 A JP2000047208 A JP 2000047208A JP 2000047208 A JP2000047208 A JP 2000047208A JP 2001236180 A JP2001236180 A JP 2001236180A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
key
panel
information
touch
image
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2000047208A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Sadako Hanawa
禎子 塙
Original Assignee
Seiko Epson Corp
セイコーエプソン株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an information processor capable of displaying a freely designed panel image on a touch screen. SOLUTION: In this information processor provided with the touch screen 51, key information Key K showing the entire display section (areas surrounded by broken lines) of a liquid crystal panel 52 used for the display of a key #K is held in each key #K (K=1 to Kmax) included in a panel image 100, when a finger, etc., touches a touch panel 53, the number of display sections that are located under one or more detection points detecting the touch of the finger, etc., and made to correspond to the keys by key information is counted for each key in the panel image 100 and when one key whose the counted number is the largest is specified, the key is decided to be pressed down.

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【発明の属する技術分野】本発明は、タッチスクリーンが入力装置として用いられた情報処理装置、並びに、タッチスクリーンを構成するタッチパネルの出力に基づき、ユーザが押下(選択)したキーがいずれのキーであるかを判定する押下キー判定方法に関する。 BACKGROUND OF THE INVENTION The present invention relates to an information processing apparatus touchscreen is used as an input device, and, based on the output of the touch panel included in the touch screen, in which key the key pressed by the user (selected) depressed key determination method for determining whether a.

【0002】 [0002]

【従来の技術】コピー装置や自動預金支払機のような情報処理装置では、タッチスクリーン(液晶パネル等の表示装置上にタッチパネルを重ねたもの)が、ユーザから指示を受け付けるための入力装置として用いられている。 In the information processing apparatus, such as the Related Art copy apparatus and automatic teller machines, a touch screen (which overlaid with a touch panel on a display device such as a liquid crystal panel) is used as an input device for accepting an instruction from a user It is.

【0003】タッチスクリーンを構成しているタッチパネルは、マトリックス状に所定間隔(1cm程度)で配置された、それぞれ、接触センサとして機能する複数の検出点を、有している。 [0003] The touch panel constituting the touch screen, are arranged at predetermined intervals (about 1 cm) in a matrix, respectively, a plurality of detection points that functions as a contact sensor has. すなわち、タッチパネルは、検出点が存在する部分に指が触れたことを検知することを目的としたセンサとなっている。 That is, the touch panel has a sensor aimed at detecting that the finger has touched the part where the detection point exists. このため、タッチスクリーンを用いた情報処理装置には、タッチスクリーン(表示装置)に表示させるパネル画像(複数のキーを含む画像)が、各キーが整数個の検出点を占有するようにデザインされている。 Therefore, the information processing apparatus using a touch screen, panel image displayed on the touch screen (display device) (image including a plurality of keys) is designed such that each key occupies an integer number of detection points ing. 具体的には、図13に模式的に示したように、表示装置の表示領域200が、それぞれ、 Specifically, as schematically shown in FIG. 13, the display area 200 of the display device, respectively,
ほぼ中央に1つの検出点(図示せず)が位置している複数の表示区画(図において破線で囲まれている矩形領域)からなるものとして取り扱われて、各キーが整数個の表示区画を占有するようにパネル画像220がデザインされている。 Approximately one detection point in the center (not shown) is treated as consisting of positions to which a plurality of display sections (rectangular region surrounded by a broken line in the figure), each key an integral number of panes panel image 220 is designed to occupy.

【0004】従来の情報処理装置内には、そのようにデザインされたパネル画像の内容を規定する情報と、タッチパネルの各検出点にそのパネル画像中の特定の1個(或いは0個)のキーを対応づけるキー位置情報とが格納されている。 [0004] key Within conventional information processing apparatus, the information defining the contents of the so designed panel image, a particular one in that the panel image in each detection point of the touch panel (or 0) and associating the key location information is stored. そして、情報処理装置は、タッチパネルの1個の検出点によって指等の接触が検知された場合、 Then, the information processing apparatus, when the contact of the finger or the like is detected by a single detection point of the touch panel,
キー位置情報によってその検出点に対応づけられているキーが押下されたと判定するように、プログラムされている。 To determine the key is pressed that is associated with the detected point by the key location information is programmed.

【0005】ただし、タッチパネルの検出点は、その近傍に指等が触れたことをも検知するので、ユーザが指で触れた部分によっては、2個以上(通常、2個か4個) [0005] However, the detection point of the touch panel, so also sense that the finger or the like touches the vicinity thereof by the user touches with a finger portion, two or more (usually, four two or)
の検出点がオンとなる(指等の接触を検知する)こともある。 Detection point is turned on (to detect the contact of the finger or the like) can also. このようなことが生じた場合の動作は、装置によって異なっており、例えば、複数個の検出点によって指等の接触が検知された場合、キーが押下されてないと判定する装置が存在している。 Operation when such things occur are different by the device, for example, if the contact of the finger or the like is detected by a plurality of detection points, key determines device exists and has not been pressed there. また、それらの検出点の中の最も左上(或いは右上)に位置している検出点に対応づけられているキーが押下されたと判定する装置も存在している。 Also, apparatus for determining with their top left (or top right) key which is associated with the detection point located in the detection point is pressed are also present.

【0006】 [0006]

【発明が解決しようとする課題】上述したように、タッチスクリーンが用いられた情報処理装置には、ユーザが押下したキーを判定する手順(以下、キー判定手順と表記する)が異なるさまざまな装置が存在しているが、いずれの装置で用いられているキー判定手順も、タッチスクリーン(表示装置)に、各キーが整数個の表示区画(検出点)を占有するようにデザインされたパネル画像が表示されることを、前提としたものとなっている。 As described above THE INVENTION An object you try solving], the information processing apparatus touchscreen is used, the procedure determines the key pressed by the user (hereinafter, referred to as key determination procedure) is different various devices Although there exist, also key determination procedures used in any device, touch screen (display device), the panel image in which each key is designed to occupy an integral number of panes (detection point) that but is displayed, which is what was assumed.

【0007】換言すれば、従来の情報処理装置(キー判定手順)は、パネル画像のデザインが制限されるものとはなっていた。 [0007] In other words, the conventional information processing apparatus (key determination procedure) had become from that design panel image is limited. 具体的には、全体的な見た目をより良いものとするためや、各キー内に表示する文字情報(或いは図形情報)を、そのキーに対応づけられている処理の内容をより的確に表すものとするために、2つのキーの境界が1つの表示区画の中央に位置するようにパネル画像をデザインしたいことがあるが、従来の情報処理装置(キー判定手順)では、そのようにデザインしたパネル画像を使用することが考慮されていないかった。 Specifically, and for a better overall appearance, the character information (or graphic information) to be displayed within each key, which represents the content of a process that is associated with that key more accurately in order to, the boundary of the two keys may wish to design the panel image to be located at the center of one pane, in the conventional information processing apparatus (key determination procedure) it was designed such panels it was Tsu or no consideration is given to use the image.

【0008】そこで、本発明の課題は、より自由にパネル画像をデザインできる情報処理装置、押下キー判定方法を提供することにある。 It is therefore an object of the present invention, an information processing apparatus which can be designed more freely panel image, to provide a depressed key determination method.

【0009】 [0009]

【課題を解決するための手段】上記課題を解決するための本発明の第1の態様に係る情報処理装置は、マトリックス状に配置された複数の検出点を有するタッチパネルを表示装置上に重ねたタッチスクリーンと、複数のキーを含むパネル画像を表示装置に表示させる表示制御手段と、パネル画像に含まれる各キーに、表示装置の表示領域がそれぞれのほぼ中央に1つの検出点が位置している複数の表示区画に分割されていると仮定した場合にそのキーが表示されることになる1つ以上の表示区画を対応づけるキー定義情報を保持したキー定義情報保持手段と、指等の接触を検知しているタッチパネルの1つ以上の検出点を特定する特定手段と、パネル画像に含まれる各キーについて、キー定義情報によってそのキーに対応づけられており、か Means for Solving the Problems An information processing apparatus according to the first aspect of the present invention for solving the above problems, superimposed on a display device with a touch panel having a plurality of detection points arranged in a matrix a touch screen, display control means for displaying on the display device a panel image including a plurality of keys, each key included in the panel image, almost one detection point in the center position display area of ​​each display device a key definition information holding means that key if it is assumed that is divided into a plurality of display sections to hold one or more associates key definition information display compartment to be displayed which are, contact of a finger or the like for each key included specifying means, the panel image to identify one or more detection points of the touch panel is detecting the, has been associated with the key by the key definition information, or 、特定手段によって特定されている検出点下に位置している表示区画の数に応じた評価値を算出する評価値算出手段と、この評価値算出手段によって算出された評価値が最も大きいキーを探索し、1個のキーのみが探索された場合に、そのキーが押下されたと判定する判定手段とを備える。 An evaluation value calculation means for calculating an evaluation value corresponding to the number of display sections which are located under the detection point which is specified by the specifying means, the largest key evaluation value calculated by the evaluation value calculating means searched, if only one key is searched, and a determination unit and the key is pressed.

【0010】このような構成を有する本発明の第1の態様に係る情報処理装置では、パネル画像をどのような内容のものとしておいても、キー定義情報保持手段にそのパネル画像に応じたキー定義情報が保持されていさえすれば、ユーザがあるキー上を指で触れた場合、そのキーに関する評価値が他のキーに関する評価値よりも大きくなり、そのキーが押下されたと判定される。 [0010] Key in the information processing apparatus according to the first aspect, be previously assumed what contents panel image, corresponding to the panel image in the key definition information holding means of the present invention having such a structure If only definition information is held, when touched on the key that the user with a finger, the evaluation value for that key is larger than the evaluation value for the other keys, it is determined that the key has been pressed. 従って、この構成を採用すれば、自由にデザインしたパネル画像を使用できる情報処理装置、換言すれば、操作の仕方がよりわかりやすいパネル画像が表示されるが故に使いやすい情報処理装置が得られることになる。 Therefore, by adopting this configuration, freely information processing apparatus capable of using a panel image design, in other words, that is but how to operate are displayed more easily understandable panel image thus easy to use the information processing apparatus is obtained Become.

【0011】なお、本発明の第1の態様に係る情報処理装置には、キー定義情報として、各キーに上記した条件を満たす表示区画を対応づけられるものであればどのような構成の情報を用いることができる。 [0011] Incidentally, the information processing apparatus according to the first aspect of the present invention, as the key definition information, what configuration information as long as it is associated with satisfying display area described above each key it can be used. 例えば、キー定義情報として、キー毎に、そのキーに対応づけるべき表示区画の位置情報を含むものを用いることができる。 For example, as the key definition information for each key, it can be used including the position information of the display pane to associate with the key. また、キー定義情報として、複数のキーにそれぞれ関連づけられた複数のキー情報を含み、複数のキー情報のそれぞれが、複数の表示区画のそれぞれに対して、その表示区画が自身に関連づけられたキーに対応づけられた表示区画であるか否かを示す情報を含む情報を用いることもできる。 Further, as the key definition information, includes a plurality of key information associated with each of a plurality of keys, the key each of the plurality of key information, which for each of a plurality of panes, the pane is associated therewith it is also possible to use information including information indicating whether it is correlated obtained pane corresponding to.

【0012】本発明の第2の態様に係る情報処理装置は、マトリックス状に配置された複数の検出点を有するタッチパネルを表示装置上に重ねたタッチスクリーンと、複数のキーを含むパネル画像を表示装置に表示させる表示制御手段と、パネル画像に含まれる各キーに、表示装置の表示領域がそれぞれのほぼ中央に1つの検出点が位置している複数の表示区画に分割されていると仮定した場合にそのキーが表示されることになる1つ以上の表示区画を対応づけるとともに、各キーに対応づけられた各表示区画に重み値を対応づけるキー定義情報を保持したキー定義情報保持手段と、指等の接触を検出しているタッチパネル1つ以上の検出点を特定する特定手段と、キー定義情報を参照して、パネル画像に含まれる各キーについて、そのキー [0012] The information processing apparatus according to the second aspect of the present invention, display and touch screen overlaid on a display device with a touch panel having a plurality of detection points arranged in a matrix, a panel image including a plurality of keys and display control means for displaying device, each key included in the panel image display area of ​​the display device is assumed to have a single detection point approximately in the middle of each of which is divided into a plurality of display sections which are located with its key associates one or more display compartments that is going to be displayed when the key definition information holding means holding the key definition information to associate a weight value to each display area associated with the respective keys and specifying means for specifying a detection point of the touch panel 1 or more which has detected the contact of the finger or the like, with reference to the key definition information for each key included in the panel picture, the key 対応づけられており、かつ、 It has been correlated, and,
特定手段によって特定されている検出点下に位置している表示区画に関連づけられた重み値の総和に応じた評価値を算出する評価値算出手段と、この評価値算出手段によって算出された評価値が最も大きいキーを探索し、1 An evaluation value calculation means for calculating an evaluation value corresponding to the sum of the weight values ​​associated with the display compartment located under the detection point which is specified by the specifying means, evaluation value calculated by the evaluation value calculating means but to explore the biggest key, 1
個のキーのみが探索された場合に、そのキーが押下されたと判定する判定手段とを備える。 If only pieces of key is searched, and a determination unit and the key is pressed.

【0013】このような構成を有する本発明の第2の態様に係る情報処理装置では、パネル画像をどのような内容のものとしておいても、キー定義情報保持手段にそのパネル画像に応じた、各検出点に適当な値の重み値を対応づけるキー定義情報が保持されていさえすれば、ユーザがあるキー上を指で触れた場合に、そのキーに関する評価値が他のキーに関する評価値よりも大きくなる結果として、そのキーが押下されたと判定されることになる。 [0013] In the information processing apparatus according to the second aspect of the present invention having such a structure, be previously assumed what contents panel image, according to the panel image in the key definition information holding means, As long been held associates key definition information weight values ​​suitable value for each detection point, if the touch on the key that the user with a finger, the evaluation value for that key from the evaluation value for the other key as a result of the greater it will be determined that the key has been pressed. 従って、この構成を採用しても、自由にデザインしたパネル画像を用いることができる情報処理装置、換言すれば、操作の仕方がよりわかりやすいパネル画像が表示されるが故に使いやすい情報処理装置が得られることになる。 Therefore, even when employing this configuration, freely information processing apparatus which can use the panel image design, in other words, obtained is how to operate and more intuitive panel image is displayed because an easy-to-use information processing apparatus It will be used.

【0014】本発明の第2の態様に係る情報処理装置を構成する際には、キー定義情報を、各キーに対応づけられた各表示区画に、その表示区画のキーの表示に使用される割合に応じた大きさの重み値を対応づけるものとしておくことができる。 [0014] When configuring the information processing apparatus according to a second aspect of the present invention, a key definition information, each display area associated with the respective key, used to display the key of the display section the size weight value corresponding to the rate may have been assumed to associate. このようにしておけば、2個のキーの端部が表示されている1表示区画を指で触れたときに、その表示区画内に表示されている部分の面積が大きな方のキーが押下されたと判定される情報処理装置が得られることになる。 If in this way, a display section in which the end portion of the two keys are displayed when touched with a finger, the area of ​​the portion that is being displayed at the display section is large toward the key is pressed the information processing apparatus will be obtained which is determined to have. 逆に、各検出点に対応づける重み値を、表示区画の使用割合と直接的な関係がない値としておけば(請求項2の構成を採用すれば)、2個のキーのほぼ同面積の端部が表示されている1表示区画を指で触れたときに、その表示区画(上の検出点)に対応づけられている重み値が大きな方のキーが押下されたと判定される情報処理装置が得られることになる。 Conversely, a weight value to be associated with the respective detection points, (be adopted according to claim 2 configuration) proportion and if as a direct relationship is not the value of the display section, having substantially the same area of ​​the two keys one display compartment end is displayed when touched with a finger, an information processing apparatus weight value that is associated with that display area (detection point above) is determined that the larger the key is pressed It will be obtained.

【0015】なお、キー定義情報を、各表示区画に、その表示区画のキーの表示に使用される割合に応じた大きさの重み値を対応づけるものとしておく場合には、パネル画像を、ある表示区画に共通して表示されることになる複数のキーに関しては、当該表示区画の、それらのキーの表示に使用される割合が互いに異なっているものとしておくことが望ましい。 [0015] Incidentally, the key definition information, to the display section, if to be assumed to associate the weight values ​​of the key display magnitude corresponding to the ratio used in the display compartment, the panel image, for the plurality of keys to be displayed in common to the pane, of the pane, it is desirable that the ratio to be used to display these keys keep those are different from each other.

【0016】なお、本発明の第2の態様に係る情報処理装置には、キー定義情報として、各キーに上記した情報を対応づけられるものであればどのような構成の情報を用いることができる。 [0016] Incidentally, the information processing apparatus according to the second aspect of the present invention, as the key definition information, the information described above in each key can be used any configuration information as long as it is associated . 例えば、キー定義情報として、キー毎に、そのキーに対応づけるべき各表示区画の位置情報と、位置情報と同数の重み値とを含むものを用いることができる。 For example, as the key definition information for each key, it can be used, including the position information of each display section to associate with the key, and a weight value of the same number and location information. また、キー定義情報として、複数のキーにそれぞれ関連づけられた複数のキー情報を含み、複数のキー情報のそれぞれが、複数の表示区画にそれぞれ対応づけられた複数個の要素を有し、キーに対応づけられている表示区画に関する要素の値が重み値であり、キーに対応づけられていない表示区画に関する要素の値が規定値(例えば“0”)である配列データを用いることができる。 Further, as the key definition information, it includes a plurality of key information associated with each of a plurality of keys, each of the plurality of key information has a plurality of elements associated with each of a plurality of display sections, the key the value of the element to a display section that are correlated is the weight value can be the value of the element to a display section that is not associated with the key used sequence data is prescribed value (e.g. "0").

【0017】本発明の第2態様の情報処理装置を実現するに際して、評価値算出手段として、パネル画像に含まれる各キーについて、そのキーに対応づけられており、 [0017] In realizing the information processing apparatus of the second aspect of the present invention, as the evaluation value calculating means, for each key included in the panel image, and associated with that key,
かつ、特定手段によって特定されている検出点下に位置している表示区画に関連づけられた重み値の総和を、そのキーのサイズを表す値で割った値に応じた評価値を算出する手段を採用しても良い。 And, means for calculating an evaluation value of the sum of the weight values ​​associated with the display compartment located under the detection point being identified, corresponding to a value obtained by dividing a value representing the size of the key by the identification means it may be adopted.

【0018】また、本発明の各態様の情報処理装置を実現するに際して、判定手段として、評価値が最も大きいキーが2個以上探索された場合には、キーが押下されていないと判定する手段を採用しても良い。 Further, when realizing the information processing apparatus of each aspect of the present invention, as judgment means, when the largest key evaluation value is searched two or more, means for determining that no key is pressed it may be adopted.

【0019】また、本発明の各態様の情報処理装置を実現するに際して、キー定義情報を、パネル画像に含まれる各キーに割り当てられた優先順位を示す順序付情報を含むものとしておくとともに、判定手段として、評価値が最も大きいキーが2個以上探索された場合には、順序付情報に基づき、それらのキーの中から優先順位が最も高いキーを判別し、判別したキーが押下されたと判定する手段を採用しても良い。 Further, when realizing the information processing apparatus of each aspect of the present invention, a key definition information, along with the advance is intended to include ordering information indicating a priority assigned to each key included in the panel image, determination as a means, when the evaluation value is the largest key is searched two or more, based on the ordering information, determined that determines the highest key priority among those keys, the judged key is pressed means may be employed to. この構成を採用すれば、キーが押下されていないと判定される確率が低い情報処理装置が得られることになる。 By adopting this structure, the key probability is determined not to be pushed lower information processing apparatus is obtained. また、この構成を採用する場合には、順序付情報として、それぞれ、複数のキーのサイズを示す複数のサイズ情報からなるものを用い、判定手段として、サイズ情報が示すサイズが最も小さいキーを優先順位が最も高いキーとして判別する手段を用いることができる。 Further, when adopting this configuration, as the ordering information, respectively, used as composed of a plurality of size information indicating the size of the plurality of keys, as the determination means, preferentially the smallest key size indicated by the size information ranking can be used means for determining the highest key. このように情報処理装置を構成した場合には、評価値が最大となる複数のキーが存在した場合、 When the thus configured information processing apparatus, when the evaluation value there are multiple keys having the maximum
最もサイズが小さいキーが押下されたと判定される装置が得られることになる。 Most size is device small key is determined to have been pressed will be obtained.

【0020】また、各態様の情報処理装置に用いる特定手段は、タッチパネルの出力に基づき、その時点において指等の接触を検知している1つ以上の検出点を特定するものであっても良いが、タッチパネルの出力を複数回取得することにより、所定時間、連続して指等の接触を検知していた1つ以上の検出点を特定するものであっても良い。 Further, the particular means used in the information processing apparatus of each embodiment is based on the output of the touch panel, it may be configured to identify one or more detection points that detect the contact of the finger or the like at that time but by acquiring a plurality of times the output of the touch panel, a predetermined time may be configured to identify one or more detection points are continuously detects the contact of the finger or the like.

【0021】本発明による押下キー判定方法は、複数のキーを含むパネル画像を表示する表示装置上に重ねられた、マトリックス状に配置された複数の検出点を有するタッチパネルの出力に基づき、パネル画像内のいずれのキーが押下されているかを判定するための方法であり、 The depressed key determination method according to the invention, superimposed on a display device on which the display panel image including a plurality of keys, based on the output of the touch panel having a plurality of detection points arranged in a matrix, the panel image a method for any of the keys of the inner is to determine whether it is pressed,
指等の接触を検知しているタッチパネルの1つ以上の検出点を特定する特定ステップと、パネル画像に含まれる各キーに、表示装置の表示領域がそれぞれのほぼ中央に1つの検出点が位置している複数の表示区画に分割されていると仮定した場合にそのキーが表示されることになる1つ以上の表示区画を対応づけたキー定義情報を参照して、パネル画像に含まれる各キーについて、そのキーに対応づけられており、かつ、特定手段によって特定されている検出点下に位置している表示区画の数に応じた評価値を算出する評価値算出ステップと、この評価値算出ステップによって算出された評価値が最も大きいキーを探索し、1個のキーのみが探索された場合に、そのキーが押下されたと判定する判定ステップとを含む。 A specifying step of specifying one or more detection points on the touch panel that detects contact of a finger or the like, to each key included in the panel image, approximately one detection point center position display area of ​​each display device each is the key when it is assumed to be divided into a plurality of display area with reference to the key definition information that associates one or more display compartments to be displayed, it is included in the panel image being for keys, and associated with the key, and an evaluation value calculation step of calculating an evaluation value corresponding to the number of display sections which are located under the detection point which is specified by the specifying means, the evaluation value evaluation value calculated by the calculating step searches the largest key, if only one key is searched, and a determining step and the key has been pressed.

【0022】本発明による他の態様の押下キー判定方法は、複数のキーを含むパネル画像を表示する表示装置上に重ねられた、マトリックス状に配置された複数の検出点を有するタッチパネルの出力に基づき、パネル画像内のいずれのキーが押下されているかを判定するための方法であり、指等の接触を検知しているタッチパネルの1 The depressed key determination method of another aspect according to the present invention, superimposed on a display device on which the display panel image including a plurality of keys, to the output of the touch panel having a plurality of detection points arranged in a matrix based, a method for any of the keys in the panel image to determine whether it is pressed, the first touch panel that detects contact of a finger or the like
つ以上の検出点を特定する特定ステップと、パネル画像に含まれる各キーに、表示装置の表示領域がそれぞれのほぼ中央に1つの検出点が位置している複数の表示区画に分割されていると仮定した場合にそのキーが表示されることになる1つ以上の表示区画を対応づけるとともに、各キーに対応づけられた各表示区画に重み値を関連づけるキー定義情報を参照して、パネル画像に含まれる各キーについて、そのキーに対応づけられており、かつ、特定手段によって特定されている検出点下に位置している表示区画に関連づけられた重み値の総和に応じた評価値を算出する評価値算出ステップと、この評価値算出ステップによって算出された評価値が最も大きいキーを探索し、1個のキーのみが探索された場合に、そのキーが押下されたと判定 A specifying step of specifying more than three detection points, to each key included in the panel image, one detection point approximately in the center display area of ​​each display device is divided into a plurality of display sections which are located assuming with that key associating one or more display compartments to be displayed when the, by referring to the key definition information associating a weight value to each display area associated with the respective key and the panel image calculated for each key included, it is associated with that key, and the evaluation value corresponding to the sum of the weight values ​​associated with the display compartment located under the detection point which is specified by the specifying means an evaluation value calculation step of, this evaluation value calculated by the evaluation value calculating step is searching the largest key, if only one key is searched, and the key is pressed determined る判定ステップとを含む。 And a determination step that.

【0023】これらの押下キー判定方法によれば、自由にデザインしたパネル画像上のいずれのキーをユーザが押下したかが的確に判定することができるので、タッチスクリーンを入力装置としてより有効に利用できることになる。 According to these depressed key determination method, since the freely or any key on the design panels image user presses can be determined accurately, more effectively the touch screen as an input device utilized It will be possible.

【0024】 [0024]

【発明の実施の形態】以下、本発明の実施の形態を図面を参照して詳細に説明する。 BEST MODE FOR CARRYING OUT THE INVENTION Hereinafter, detailed description of the embodiments of the present invention with reference to the drawings.

【0025】<第1実施形態>本発明の第1実施形態に係る情報処理装置は、一般に市販されているスキャナ及びプリンタを利用してコピーシステムを構築するための装置である。 The information processing apparatus according to <First Embodiment> The first embodiment of the present invention is a device for commonly using a scanner and a printer are available to build a copy system.

【0026】図1に示したように、第1実施形態に係る情報処理装置10は、ケーブル36で接続された情報処理装置本体11と操作装置12とからなる。 [0026] As shown in FIG. 1, the information processing apparatus 10 according to the first embodiment, an information processing apparatus main body 11 connected by a cable 36 and the operating device 12. また、情報処理装置10は、情報処理装置本体11にスキャナ13 Further, the information processing apparatus 10 includes a scanner 13 to the information processing apparatus main body 11
及びプリンタ14がケーブル37、38によって接続された状態で使用される。 And the printer 14 is used in a state of being connected by a cable 37. なお、本情報処理装置10には、オプションとして、操作装置12を取り付けられる各種サイズの専用キャビネットが用意されており、図2 Note that the information processing apparatus 10 can optionally dedicated cabinets are prepared in various sizes to be fitted with the operating device 12, FIG. 2
に例示したように、情報処理装置10は、通常、操作装置12が、スキャナ13及びプリンタ14に応じたサイズの専用キャビネット18に取り付けられた状態で使用される。 As illustrated in, the information processing apparatus 10 is normally operating apparatus 12 is used in a state attached to a dedicated cabinet 18 of a size corresponding to the scanner 13 and the printer 14.

【0027】操作装置12(図1)は、タッチスクリーン部50とキー操作部60とを備える。 The operating device 12 (FIG. 1) is provided with a touch screen unit 50 and the key operation unit 60. キー操作部60 Key operation unit 60
は、複数の押しボタンスイッチ(スタートボタンやテンキー)とそれらの制御回路とからなる。 It is comprised of a plurality of push-button switch (start button or a numeric keypad) and those of the control circuit. キー操作部60 Key operation unit 60
は、押下された押しボタンスイッチを示す情報をケーブル36上に送出する機能を有する。 Has a function of sending the information indicating a push button switch which is pushed onto the cable 36.

【0028】タッチスクリーン部50は、表示装置である液晶パネル52上に、8行×6列のマトリックス状に配置された検出点を有するタッチパネル53を重ねたタッチスクリーン51を備える。 The touch screen unit 50, on the liquid crystal panel 52 is a display device includes a touch screen 51 overlaid with a touch panel 53 having a detection points arranged in a matrix of 8 rows × 6 columns. また、タッチスクリーン部50は、タッチスクリーン51(液晶パネル52及びタッチパネル53)を制御するタッチスクリーン制御部55を備える。 The touch screen unit 50 includes a touch screen controller 55 for controlling the touch screen 51 (LCD panel 52 and the touch panel 53).

【0029】タッチスクリーン制御部55は、情報処理装置本体11から与えられるデータに応じた画像を液晶パネル52に表示させるための制御を行う。 The touch screen controller 55 performs control for displaying on the liquid crystal panel 52 an image corresponding to data supplied from the information processing apparatus main body 11. また、タッチスクリーン制御部55は、常時、タッチパネル53の状態、すなわち、タッチパネル53の各検出点が指等の接触を検知しているか否かをモニターしている。 The touch screen controller 55 is always the state of the touch panel 53, that is, to monitor whether the respective detection points of the touch panel 53 has detected the contact of the finger or the like. 以下、 Less than,
検出点が指等の接触を検知していること、検出点が指等の接触を検出していないことを、それぞれ、“検出点がオンである”、“検出点がオフである”とも表記する。 The detection point is detecting the contact of the finger or the like, that the detection point is not detected contact such as a finger, respectively, "detection point is on", both "detection point is off" notation to.

【0030】タッチスクリーン制御部55は、指等がタッチパネル53に接触したとき(タッチパネル53のいずれかの検出点がオンになったとき)には、その旨を示す接触通知情報(所定内容のシリアルデータ)をケーブル36上に送出する。 The touch screen controller 55, when the finger or the like contacts the touch panel 53 (when any one of the detection point of the touch panel 53 is turned on), the contact notification information (the predetermined content serial indicating that data) sent over the cable 36. また、タッチスクリーン制御部5 The touch screen control unit 5
5は、指等がタッチパネル53に接触している間は、周期的に、その時点においてオンとなっている全ての検出点を示す状態情報を送出する。 5, while the finger or the like is in contact with the touch panel 53, periodically transmits the status information indicating all the detection points that are turned on at that time. タッチスクリーン部50 Touch screen unit 50
は、この状態情報として、各ビットの値によってタッチパネル53の特定の検出点のオン/オフが表された48 As the state information, on / off of a specific detection point of the touch panel 53 by the value of each bit represented 48
(=8×6)ビットのシリアルデータを出力する。 (= 8 × 6) outputs serial data of bits. 状態情報の情報処理装置本体11側での取り扱いについては後述する。 It will be described later handling of the information processing apparatus main body 11 side of the status information.

【0031】情報処理装置本体11は、CPUバス31 [0031] The main body of the information processing device 11, CPU bus 31
で相互に接続されたCPU21、ROM22、RAM2 In interconnected CPU 21, ROM 22, RAM 2
3及びブリッジ24を備える。 Comprising a 3 and the bridge 24. また、情報処理装置本体11は、ブリッジ24に接続された汎用バス(PCIバス)32で相互に接続されたHDDコントローラ25、 Further, the information processing apparatus main body 11, HDD controller 25 connected to each other by the general-purpose bus (PCI bus) 32 connected to the bridge 24,
操作パネル用I/Fボード26、スキャナ用I/Fボード27、プリンタ用I/Fボード28及びネットワーク用I/Fボード29と、HDDコントローラ25に接続されたHDD(ハードディスクドライブ)30とを備える。 Comprising an operation panel I / F board 26, the scanner I / F board 27, a printer I / F board 28, and a network I / F for board 29, and a HDD (hard disk drive) 30 connected to the HDD controller 25 .

【0032】ROM22は、ブートストラッププログラムやBIOSが記憶された不揮発性メモリである。 [0032] ROM22 is a non-volatile memory to boot strap program and BIOS is stored. HD HD
D30は、オペレーティングシステム,コピー制御プログラム,各種のドライバ,コピー制御プログラムがタッチスクリーン51の制御のために利用する各種の情報(詳細は後述)等が格納された補助記憶装置である。 D30 is an operating system, an auxiliary storage device or the like is stored (described later in detail) various information used for control of the copy control program, various drivers, the copy control program touchscreen 51.

【0033】CPU21は、ROM22及びHDD30 The CPU21 is, ROM22 and HDD30
内のプログラムをRAM23上に読み出し、読み出したプログラムに従って各部を統合的に制御する制御回路である。 It reads the program of the inner onto RAM 23, a control circuit for integrally controlling the respective units according to the read program. 上述したコピー制御プログラムは、このCPU2 Copy control program described above, the CPU2
1に、スキャナ13にセットされた原稿のコピーをプリンタ14に出力させるプログラムとなっている。 1, has a program for outputting a copy of the original set on the scanner 13 to the printer 14. また、 Also,
コピー制御プログラムは、CPU21に、キー判定処理(詳細は後述)を実行させるプログラムとなっている。 Copy control program, the CPU 21, the key determination processing (described later in detail) has a program for executing the.

【0034】スキャナ用I/Fボード27、プリンタ用I/Fボード28は、それぞれ、CPU21によるスキャナ13、プリンタ14の制御を可能とするためのインタフェースボードである。 The scanner I / F board 27, the printer I / F board 28, respectively, an interface board for enabling the control of the scanner 13, the printer 14 by CPU 21. ネットワーク用I/Fボード29は、情報処理装置10をイーサネットLANに接続するためのインタフェースボードである。 Network I / F for board 29 is an interface board for connecting the information processing apparatus 10 to an Ethernet LAN.

【0035】操作装置用I/Fボード26は、CPU2 The operating device for the I / F board 26, CPU2
1による操作装置12の制御を可能とするためのインタフェースボードである。 An interface board for enabling the control of the operating device 12 by 1. 操作装置用I/Fボード26 Operating device for the I / F board 26
は、タッチスクリーン部50用のI/F回路と、キー操作部60用のI/F回路とを含んでおり、CPU21 It is contained and the I / F circuit for the touch screen unit 50, and a I / F circuit for key operation unit 60, CPU 21
(コピー制御プログラム)は、キー操作部60用のI/ (Copy control program) for the key operation unit 60 I /
F回路を介して、ユーザが操作装置12上のいずれの押しボタンスイッチを押下したかを認識する。 F circuit recognizes whether the user has pressed any of the push button switch on the operation unit 12.

【0036】操作装置用I/Fボード26(タッチスクリーン部50用のI/F回路)は、接触通知情報(所定内容のシリアルデータ)を受信した際には、CPU21 The operating device I / F for board 26 (I / F circuit for the touch screen unit 50), when receiving the contact notification information (serial data of a predetermined content) are CPU 21
に対して所定の割り込み要求を出力する。 It outputs a predetermined interrupt request to. また、操作装置用I/Fボード26は、その後に受信される各状態情報(シリアルデータ)を、それぞれ、1行分の検出点(タッチパネル53の横方向に並んだ8個の検出点)の状態を表す6個の1バイトデータとして内部に記憶する。 The operating device I / F for board 26, each state information (serial data) which is subsequently received, respectively, the detection point of a row of (eight detection points aligned in the lateral direction of the touch panel 53) state is stored internally as six 1-byte data representing.

【0037】例えば、操作装置用I/Fボード26は、 [0037] For example, the operating device for the I / F board 26,
図3に模式的に示したように、タッチパネル53の検出点(3,3)及び検出点(3,4)によって指等の接触が検知される部分(ハッチングを付した部分)をユーザが指で触れた場合にタッチスクリーン部50から出力されるシリアルデータ形態の状態情報を、それぞれ、第0行ないし第5行の検出点群に関する6個の1バイトデータ"0000000 As shown in FIG. 3 schematically, detection point (3,3) and the user finger portions (the hatched portions) which contact of a finger or the like is detected by the detection point (3, 4) of the touch panel 53 in the status information of the serial data format to be output from the touch screen unit 50 in case of contact, respectively, the 0 row to fifth row 1 byte data of six for the detection point group for "0000000
0"、"00000000"、"00000000"、"00011000"、"00000000" 0 "," 00000000 "," 00000000 "," 00011000 "," 00000000 "
及び"00000000"に変換して、記憶する。 And it is converted into "00000000", and stores.

【0038】なお、検出点(i,j)とは、第i行、第j列(最も左側の列が第0列)に位置している検出点のことである。 [0038] The detection point (i, j) and the i-th row, j-th column (the leftmost column column 0) is that the detection point is located. また、図3において、タッチスクリーン51内に示してある破線は、タッチパネル53の検出点がその中心に位置するように、液晶パネル52上に仮想的に設定された表示区画の境界を表している。 Further, in FIG. 3, the broken line is shown in the touch screen 51, as the detection point of the touch panel 53 is located in the center, which represents the boundary of virtually set pane on the liquid crystal panel 52 . 換言すれば、破線で囲まれた各矩形領域が表示区画を表しており、各表示区画の中心上にタッチパネル53の検出点が存在している。 In other words, each rectangular area surrounded by a broken line represents the pane, the detection point of the touch panel 53 on the center of the display area are present.

【0039】後述するキー判定処理時には、この操作装置用I/Fボード26内の6個の1バイトデータが、P [0039] During the key determination processing to be described later, six 1-byte data of the operation in the device for I / F board 26, P
[0]〜P[5]からなる状態情報Pとして取り扱われてキー判定が行なわれる。 [0] to P is treated as the state information P consisting of [5] is key determination is performed.

【0040】以下、情報処理装置10の動作を、タッチスクリーン51が関係する動作を中心に説明する。 [0040] Hereinafter, an operation of the information processing apparatus 10, the touch screen 51 will be mainly described operations involved. まず、HDD30内に用意されている、タッチスクリーン51の制御のために使用される情報の説明を行う。 First, a description of the information used is prepared in the HDD 30, for control of the touch screen 51.

【0041】HDD30内には、本情報処理装置10の動作時に液晶パネル52に表示されることがあるパネル画像(複数のキーを含む画像)毎に、パネル画像規定情報とキー定義情報とが格納されている。 [0041] In the HDD 30, for each panel image during the operation of the information processing apparatus 10 may be displayed on the liquid crystal panel 52 (the image including a plurality of keys), and the panel image defining information and key definition information storage It is. パネル画像規定情報は、パネル画像の内容を規定する情報であり、コピー制御プログラムに従ったCPU21は、その時点の状況に応じたパネル画像規定情報を利用して、操作装置用I/Fボード26を介してタッチスクリーン制御部55 Panel image defining information is information that defines the content of the panel image, the CPU21 in accordance with the copy control program, using the panel image defining information according to the situation at that time, the operating device I / F for board 26 through the touch screen controller 55
を制御することにより、液晶パネル52にその時点の状況に応じたパネル画像を表示させる。 By controlling to display the panel image corresponding to the situation at that time on the LCD panel 52. すなわち、本実施形態では、CPU21と操作装置用I/Fボード26とタッチスクリーン制御部55とからなる部分が表示制御手段として機能している。 That is, in this embodiment, the portion consisting of CPU21 and the operating device I / F for board 26 and the touch screen controller 55. functions as a display control unit.

【0042】HDD30(キー定義情報保持手段)内の、あるパネル画像に関するキー定義情報は、そのパネル画像に含まれているキーの総数であるキー数Kmaxと、 [0042] HDD30 of (key definition information holding means) in the key definition information for a certain panel image, a key number Kmax is the total number of keys that are contained in the panel image,
そのパネル画像に含まれるKmax個のキー#1〜キー#K Kmax number of key # 1 key #K included in the panel image
maxに関するキー情報Key_1〜キー情報Key_Kmaxとを含む。 And a key information Key_1~ key information Key_Kmax about the max. あるパネル画像に関するキー定義情報に含まれる各キー情報Key_K(K=1〜Kmax)は、そのパネル画像が液晶パネル52に表示されたときに、キー#Kの表示に使用されることになる全ての表示区画の位置を示す情報である。 Each key information Key_K included in key definition information for a certain panel image (K = 1~Kmax), all of the panel image when displayed on the liquid crystal panel 52, will be used to display the key #K is information indicating the position of the pane.

【0043】本情報処理装置10で用いられているキー情報Key_Kは、6個の1バイトの要素Key_K[0]〜Key_K The key information Key_k as used in the present information processing apparatus 10 includes six 1-byte element Key_K [0] ~Key_K
[5]からなる配列データである。 Is a sequence data composed of [5]. キー情報Key_Kの要素Ke Element Ke of key information Key_K
y_K[i]の第jビット(i=0〜5、j=0〜7;第0ビットがLSB)は、表示区画(i,j)(検出点(i,j)下に存在する表示区画)に対応づけられている。 y_K bit j [i] (i = 0~5, j = 0~7; 0th bit is LSB), the display section (i, j) (detection point (i, j) pane existing under It is associated to). そして、キー情報Key_Kの、キー#Kの表示に使用されることになる表示区画に対応するビットは“1”とされ、キー#Kの表示に使用されない表示区画に対応するビットは“0” Then, the key information Key_k, bits corresponding to the display area that will be used to display the key #K is set to "1", the bit corresponding to the display area that is not used to display the key #K "0"
とされている。 There is a.

【0044】例えば、図4(A)に示したパネル画像1 [0044] For example, the panel image 1 shown in FIG. 4 (A)
00中のキー#mは、その表示に表示区画(3,0)〜表示区画(3,3)が使用されるキーである。 Key #m in 00, the display on the display section (3,0) - display compartment (3,3) is a key to be used. また、キー#n In addition, key #n
は、その表示に表示区画(3,3)〜表示区画(3,5)が使用されるキーである。 , The display on the display section (3,3) - panes (3,5) is a key used. 従って、HDD30に格納されているパネル画像100に関するキー定義情報には、キー情報 Therefore, the key definition information about the panel image 100 stored in the HDD30, the key information
Key_mとして、図4(B)に示したように、第3行に関する要素Key_m[3]が"11110000"であり、他の各要素が"0 As Key_m, as shown in FIG. 4 (B), the element Key_m relates third row [3] a is "11110000", each of the other elements are "0
0000000"である情報が含まれ、キー情報Key_nとして、 0000000 is "information is included, as a key information Key_n,
図4(C)に示したように、第3行に関する要素Key_n As shown in FIG. 4 (C), elements for the third row Key_n
[3]が"00011100"であり、他の各要素が"00000000"である情報が含まれている。 [3] it is "00011100", each of the other elements include information is "00000000".

【0045】次に、第1実施形態に係る情報処理装置1 Next, the information processing apparatus 1 according to the first embodiment
0において実行されるキー判定処理を説明する。 The key determination processing executed in the 0 will be described.

【0046】コピー制御プログラムに従って動作しているCPU21は、タッチスクリーン51(タッチパネル53)からの情報入力を受け付けている状態にあるときに、タッチパネル53に指等が触れた場合(操作装置用I/Fボード26からの割り込み要求を受けたとき)、 The CPU21 operating according copy control program, when in the state of accepting the information input from the touch screen 51 (touch panel 53), when a finger or the like touches the touch panel 53 (operation device for I / when receiving an interrupt request from F board 26),
図5に示した手順のキー判定処理を実行する。 Executing the key determination processing procedure shown in FIG.

【0047】すなわち、CPU21は、まず、タッチスクリーン部50によって出力されて、操作装置用I/F [0047] That is, CPU 21, first, the output by the touch screen unit 50, an operation unit I / F for
ボード26によってその形態が変換された状態情報に基づき、ステップS104の評価値算出処理(詳細は後述)に用いるパネル情報Panelを生成する(ステップS1 Based on the status information that forms is converted by the board 26, (details below) evaluation value calculation processing in step S104 to generate a panel information Panel used for (step S1
01)。 01).

【0048】このステップS101の処理時、CPU2 [0048] during the processing of this step S101, CPU2
1は、操作装置用I/Fボード26及びタッチスクリーン制御部55を介して、時刻Tにおけるタッチパネル5 1 via the operation unit I / F for board 26 and touch screen controller 55, the touch panel at time T 5
3の状態を示す状態情報(以下、P1[0]〜P1[5]と表記する)と、時刻T+dTにおけるタッチパネル53の状態を示す状態情報(以下、P2[0]〜P2[5]と表記する)とを取得する。 State information indicating a third state (hereinafter, P1 [0] is expressed as to P1 [5]), the state information indicating the state of the touch panel 53 at time T + dT (hereinafter, a P2 [0] ~P2 [5] notation to get to) and the. なお、時刻Tは、タッチパネル53に最初に指等が触れた時刻であり、dTは、タッチスクリーン制御部55が状態情報を出力する周期である。 The time T is the first time that a finger or the like touches the touch panel 53, dT is the period that the touch screen controller 55 outputs the status information.

【0049】そして、CPU21は、1回目に取得した状態情報P1[0]〜P1[5]と2回目に取得した状態情報P2 [0049] Then, CPU21 is, first acquired state information to the P1 [0] ~P1 [5] and the state information P2 obtained for the second time
[0]〜P2[5]とを用いて、式Panel[i]=P1[i]&P2[i](P1 [0] ~P2 [5] and using a formula Panel [i] = P1 [i] & P2 [i] (P1
[i]&P2[i]は、P1[i]とP2[i]とのビット毎のAND演算結果)により、パネル情報Panelの要素P[0]〜P[5]を生成する。 [I] & P2 [i] generates a P1 [i] an AND operation result of each bit of the P2 [i]), the element P [0] of the panel information Panel ~P [5]. すなわち、CPU21は、このステップS10 That, CPU 21, the step S10
1において、特定手段の主要部分として機能して、時間dTの間連続して指等の接触を検出していた検出点を示す情報であるとともに、操作装置用I/Fボード26内における状態情報(図3参照)と同構成の情報であるパネル情報Panelを、生成する。 In 1, and functions as the main part of the specific means, together with information indicating the detection point has been detected the contact of the finger or the like continuously during the time dT, the state information of the operation unit I / F for boards 26 the panel information panel is information (see FIG. 3) the same configuration, to generate.

【0050】パネル情報Panelを生成した後、CPU2 [0050] After generating the panel information Panel, CPU2
1は、液晶パネル52にその時点において表示されているパネル画像(以下、現パネル画像と表記する)に関するキー定義情報(キー数Kmax、及び、キー情報Key_1〜K 1, panel image displayed at that time on the liquid crystal panel 52 (hereinafter, referred to as the current panel image) key definition information about (the number of key Kmax, and the key information Key_1~K
ey_Kmax)をRAM23上に用意する(ステップS10 Ey_Kmax) to be prepared on RAM 23 (step S10
2)。 2). このステップにおいて、CPU21は、現パネル画像に関するキー定義情報がRAM23上に存在していない場合には、HDD30から当該キー定義情報を読み出す。 In this step, CPU 21, when the key definition information for the current panel image is not present on RAM23 reads the key definition information from the HDD 30. 一方、現パネル画像に関するキー定義情報がRA On the other hand, the key definition information about the current panel image is RA
M23上に存在している場合、CPU21は、何も行わず(キー定義情報の存在を確認しただけで)、ステップS102を終了する。 When present on the M23, CPU 21 can do nothing (only confirmed the presence of the key definition information), and terminates the step S102.

【0051】その後、CPU21は、変数Kを“1”に初期化(ステップS103)し、キー#Kに関する評価値を算出するための評価値算出処理(ステップS104) [0051] Then, CPU 21 is initialized to "1" to the variable K (step S103), and evaluation value calculation processing for calculating an evaluation value relating to key #K (Step S104)
を開始する。 The start.

【0052】図6に、評価値算出処理の流れ図を示す。 [0052] FIG. 6 shows a flow diagram of the evaluation value calculation process.
図示したように、評価値算出処理時、CPU21は、まず、変数iを“0”に初期化するとともに、配列変数CN As shown, when the evaluation value calculation process, CPU 21, first, is initialized to "0" to the variable i, array variables CN
T[K]を“0”に初期化する(ステップS201)。 The T [K] is initialized to "0" (step S201). その後、CPU21は、Key_K[i]とPanel[i]とのビット毎のAND演算を行い、その演算結果("Key_K[i]&Panel Then, CPU 21 may, Key_k [i] and Panel [i] performs an AND operation on each bit of the, the operation result ( "Key_K [i] & Panel
[i]")に含まれる“1”を示しているビットの数を計数する(ステップS202)。そして、CPU21は、計数結果をCNT[K]に加算(ステップS203)し、i値とimax値(本実施形態では、imax=5)との比較を行う [I] for counting the number of bits showing the 1 "") are included in "(step S202). Then, CPU 21 adds the count results to the CNT [K] (step S203), i values ​​and imax value (in this embodiment, imax = 5) is compared with the
(ステップS204)。 (Step S204).

【0053】両値が一致していなかった場合(ステップS204;NO)、CPU21は、i値を“1”インクリメント(ステップS205)し、ステップS202からの処理を再度実行する。 [0053] If the two values ​​do not match (Step S204; NO), CPU 21 is a i value "1" is incremented (step S205), and executes the processing from step S202 again. そして、i値とimax値とが一致したとき(ステップS205;YES)に、CPU2 When the i value and imax values ​​and matches; (step S205 YES), CPU 2
1は、評価値算出処理を終了する。 1 ends the evaluation value calculation process.

【0054】すなわち、この評価値算出処理では、キー#Kの表示に用いられている表示区画のうち、所定時間連続して指等の接触を検知していた検出点下に位置している表示区画の数が、CNT[K]に設定されている。 [0054] That is, in this evaluation value calculation processing, among the display section used in the display of the key #K, display which is located under the detection point has been detected the contact of the finger or the like continuously for a predetermined time the number of partitions is set to CNT [K].

【0055】評価値算出処理の終了後、CPU21は、 [0055] After the completion of the evaluation value calculation process, the CPU21,
K値とKmax値とが一致しているか否かを判断する(図5: K value and Kmax value and it is determined whether they match (Figure 5:
ステップS105)。 Step S105). 換言すれば、CPU21は、全てのキーに関する評価値の算出が完了しているか否かを判断し、評価値の算出が行われていないキーがあった場合 In other words, if CPU21 is to determine whether the calculation of the evaluation value for all of the keys has been completed, the calculation of the evaluation value there was a key that is not done
(ステップS105;NO)には、K値を“1”インクリメント(ステップS106)して、ステップS104からの処理を再び実行する。 The; (step S105 NO), the K value "1" is incremented by (step S106), executes again the processing from step S104.

【0056】CPU21は、キー#1〜キー#Kmaxに関する評価値CNT[1]〜CNT[Kmax]の算出が完了したとき [0056] CPU21, the evaluation value CNT [1] relates to key # 1 key #Kmax when ~CNT calculation of [Kmax] is completed
(ステップS105;YES)、ステップS104〜S (Step S105; YES), step S104~S
106の処理ループを抜け出す。 106 exits the processing loop of. 換言すれば、K値とKma In other words, K value and Kma
x値とが一致したときに、CPU21は、評価値算出手段としての動作(ステップS102〜S106)を終了する。 When x value and match, CPU 21 ends the operation (step S102 to S106) as an evaluation value calculation means.

【0057】そして、CPU21は、判定手段としての動作を開始し、それらの評価値CNT[1]〜CNT[Kmax]の最大値を求めるとともに、その最大値と一致する評価値が得られているキー(実際には、キー番号)を特定する処理を行う(ステップS107)。 [0057] Then, CPU 21 starts the operation as a determination means, together with obtaining the maximum value of their evaluation value CNT [1] ~CNT [Kmax], and evaluation value is obtained which coincides with the maximum value key (in practice, key number) performs a process of specifying a (step S107). ステップS107で特定されたキーが1個であった場合(ステップS108; If the key identified in step S107 was one (step S108;
NO)、CPU21は、そのキーが押下されたキーであると判定(ステップS109)し、キー判定処理を終了する。 NO), CPU 21 has determined that the key to which the key is pressed (step S109), and terminates the key determination processing. 一方、ステップS107において2個以上のキーが特定されていた場合(ステップS108;YES)、 On the other hand, when two or more keys have been specified in step S107 (step S108; YES),
CPU21は、何も行わずに(何らかのキーが押下されたと判定することなく)、キー判定処理を終了する。 CPU21 is (without determining that some key is pressed) nothing without, terminates the key determination processing.

【0058】なお、ステップS109を実行した場合、 [0058] It should be noted that, if you run the step S109,
CPU21は、キー判定処理の終了後に、押下されたと判定したキーに応じた処理(選択された条件を記憶する処理や、新たなパネル画像を液晶パネル52に表示させる処理等)を実行する。 CPU21, after completion of the key determination processing, processing corresponding to the key is determined to have been depressed to execute a (or processing for storing the selected conditions, processing and the like to be displayed on the liquid crystal panel 52 a new panel image). また、ステップS109を実行せずにキー判定処理を終了した場合、CPU21は、操作装置用I/Fボード26から割り込み要求が出される(ユーザが、指をタッチパネル53から一旦離してから再度タッチパネル53に触れる)のを待機することになる。 Also, if you exit key determination processing without executing step S109, CPU 21 has an interrupt request from the operating system for I / F board 26 is issued (user again touch and release once the finger from the touch panel 53 53 will be waiting for the touch) for.

【0059】以下、第1実施形態に係る情報処理装置1 [0059] Hereinafter, the information processing apparatus 1 according to the first embodiment
0のキー判定処理時の動作をさらに具体的に説明する。 More specifically explaining the operation in the key judging process 0.

【0060】例えば、図7(A)に模式的に示したように、ユーザが、パネル画像100が表示されているタッチスクリーン51のハッチングを付してある部分を指で触れた(所定時間、触れつづけた)場合を考える。 [0060] For example, as schematically shown in FIG. 7 (A), a user, a portion of the panel image 100 are denoted by the hatching of the touch screen 51 that is displayed is touched with a finger (a predetermined time, continued touching) consider the case. すなわち、パネル画像100に含まれるキー#n上であって2つの検出点によって指等の接触が検知される部分を、 That is, a portion where contact is detected such as a finger, the two detection points a on the key #n included in panel image 100,
ユーザが指で触れた場合を考える。 Consider the case where the user has touched with a finger.

【0061】この場合、ステップS101では、図3に示してある状態情報Pと同じ内容のパネル情報Panelが生成される。 [0061] In this case, in step S101, the panel information Panel having the same contents as the state information P is shown in FIG. 3 is generated. そして、そのパネル情報Panelとパネル画像100に関するキー情報Key_1〜Key_Kmax(図4 Then, the key information Key_1~Key_Kmax (Figure 4 relates to the panel information Panel and the panel image 100
(B)、(C)参照)とに基づき、図6に示した手順で評価値CNT[1]〜CNT[Kmax]が算出されるので、評価値CNT (B), based on the (C) see), the evaluation value CNT in the procedure shown in FIG. 6 [1] ~CNT [Kmax] is calculated, an evaluation value CNT
[m]は“1”となり、評価値CNT[n]は“2”となる。 [M] is "1", the evaluation value CNT [n] is "2".
また、パネル画像100内の他のキーに関する評価値CN The evaluation value CN for other key panel image 100
T[K](K≠n,m)は全て“0”となる。 T [K] (K ≠ n, m) are all set to "0". 従って、ステップS107において、1個のキー#nのみが特定され、その結果として、キー#nが押下されたと判定されることになる。 Thus, in step S107, only one key #n is specified, as a result, so that the key #n is determined to have been pressed.

【0062】また、図7(B)に模式的に示したように、ユーザが、パネル画像100のキー#nとキー#m [0062] Furthermore, as schematically shown in FIG. 7 (B), user, key #n panel image 100 and the key #m
に跨る部分を指で触れた場合を考える。 The part that spans consider the case touched by the finger. この場合、ステップS101では、Panel[4]が"00010000"であり、かつ、他の各要素が"00000000"であるパネル情報Panel In this case, in step S101, a Panel [4] is "00010000", and the panel information Panel other elements is "00000000"
が、生成される。 There is generated. そして、そのパネル情報Panelとキー情報Key_1〜Key_Kmaxとに基づいて評価値CNT[1]〜CNT[K Then, evaluation value CNT [1] on the basis of its panel information Panel key information Key_1~Key_Kmax ~CNT [K
max]が算出されるので、評価値CNT[m]、評価値CNT[n] Since max] is calculated, an evaluation value CNT [m], the evaluation value CNT [n]
は共に“1”となり、他のキーに関する評価値は全て“0”となる。 The both "1", all evaluation values ​​for the other key "0". 従って、ステップS107において2つのキーが特定され、その結果として、キーが押下されていない判定される(何も行われない)ことになる。 Thus, the identified two keys at step S107, as a result, the key is determined not pressed (nothing is done) will be.

【0063】このように、第1実施形態に係る情報処理装置10では、パネル画面に含める各キーを整数個の表示区画を占有するものとしておかなくても、正確なキー判定が行なわる。 [0063] Thus, in the information processing apparatus 10 according to the first embodiment, also the keys to include in the panel screen without first assumed to occupy an integral number of panes, the exact key determination Okonawaru. また、キー定義情報(キー情報)は、 In addition, key definition information (key information),
簡単に作成できるものとなっているので、本情報処理装置10で用いられている構成を採用すれば、操作しやすいパネル画像が表示される情報処理装置を簡単に実現できることになる。 Since it is assumed that can easily create, by adopting the configuration used in the information processing apparatus 10, it will be easy to realize the information processing apparatus for easy operation panel image is displayed.

【0064】<第2実施形態>本発明の第2実施形態に係る情報処理装置も、コピーシステムを構築するための装置であり、その基本的な構成は、第1実施形態に係る情報処理装置と同じものとなっている。 [0064] The information processing apparatus according to a second embodiment of the <Second Embodiment> The present invention is also an apparatus for constructing a copy system, its basic configuration, an information processing apparatus according to a first embodiment It has the same one. このため、以下では、第1実施形態に係る情報処理装置との差異を中心に、第1実施形態に係る情報処理装置の説明時に用いた符号を用いて、第2実施形態に係る情報処理装置の説明を行うことにする。 Therefore, in the following, mainly the difference between the information processing apparatus according to the first embodiment, by using the reference numerals used in the description of the information processing apparatus according to the first embodiment, the information processing apparatus according to the second embodiment to be carried out of the description.

【0065】第2実施形態に係る情報処理装置10のH [0065] The information processing apparatus 10 according to the second embodiment H
DD30内には、キー情報Key_Kの代わりに、重み付きキー情報WKey_Kとキーサイズ情報S_Kとを含むキー定義情報が格納されている。 Within DD30, instead of the key information Key_k, key definition information including the weighted key information WKey_K and key size information S_K is stored. すなわち、第2実施形態に係る情報処理装置10は、各パネル画像に対して、キー数Km That is, the information processing apparatus 10 according to the second embodiment, for each panel image, key number Km
axと重み付きキー情報WKey_1〜WKey_Kmaxとキーサイズ情報S_1〜S_Kmaxとを含むキー定義情報を、保持している。 ax and a key definition information including the weighted key information WKey_1~WKey_Kmax and key size information S_1~S_Kmax, is held.

【0066】重み付きキー情報WKey_K(K=1〜Kmax) [0066] weighted key information WKey_K (K = 1~Kmax)
は、6×8個の要素WKey_K[i,j]を有する配列データである。 Is a sequence data having a 6 × 8 pieces of elements WKey_K [i, j]. 重み付きキー情報WKey_Kの要素WKey_K[i,j]は、 Element WKey_K of the weighted key information WKey_K [i, j] is,
表示区画(i,j)(第i行、第j列に位置する表示区画) Pane (i, j) (i-th row, the display compartment positioned in the j-th column)
の、キー#Kの表示に用いられている割合を示す数値データである。 Of a numerical data indicating the rate used in the display of the key #K. そして、キー定義情報に含まれるキーサイズ情報S_Kは、重み付きキー情報WKey_Kの要素の値の総和を示す数値データとなっている。 Then, the key size information S_K included in key definition information is the numerical data indicating the sum of the values ​​of the elements of the weighted key information WKey_K.

【0067】例えば、図8(A)に示したパネル画像1 [0067] For example, the panel image 1 shown in FIG. 8 (A)
10中のキー#mは、その表示に、表示区画(3,0)、表示区画(3,1)及び表示区画(3,2)のほとんどの部分と、 Key #m in 10, and the most part of its display, the display section (3,0), the display section (3,1) and a display section (3,2),
表示区画(3,3)のおよそ半分の部分とが用いられるキーである。 A key for the approximately half portion of the display section (3, 3) is used. 従って、パネル画像110に関するキー定義情報には、図8(B)に示したように、WKey_m[3,0]とWKe Therefore, the key definition information on panel image 110, as shown in FIG. 8 (B), WKey_m [3,0] and WKe
y_m[3,1]とWKey_m[3,2]がそれぞれ“1”であり、WKey_ y_m [3, 1] and WKey_m [3,2] are respectively "1", WKey_
m[3,3]が“1/2”であり、他の要素が全て“0”である重み付きキー情報WKey_mが、含まれている。 A m [3,3] is "1/2", the other elements are weighted key information WKey_m are all "0" are included.

【0068】また、キー#nの表示には、表示区画(3, [0068] In addition, the display of the key #n, display section (3,
3)のおよそ半分の部分と、表示区画(3,4)及び表示区画 And approximately half of 3), panes (3, 4) and pane
(3,5)のほとんど全ての部分とが用いられる。 Almost all parts and is used in (3,5). このため、パネル画像110に関するキー定義情報には、図8 The reason, the key definition information about the panel image 110, FIG. 8
(C)に示したように、WKey_n[3,3]が“1/2”であり、WKey_n[3,4]及びWKey_n[3,5]が共に“1”であり、 As shown (C), the a WKey_n [3,3] is "1/2", a WKey_n [3,4] and WKey_n [3,5] are both "1",
他の要素が全て“0”であるキー情報WKey_nが、含まれている。 Key information WKey_n other elements are all "0" are included.

【0069】キー#qの表示には、表示区画(5,0)〜(5, [0069] The display of the key #q, the display section (5,0) to (5,
2)のほとんど全ての部分と、表示区画(5,3)のおよそ1 And almost all portions of 2), display area approximately 1 (5,3)
/4の部分とが用いられている。 / 4 parts and is used. また、キー#rの表示には、表示区画(5,3)のおよそ3/4の部分と、表示区画(5,4)及び表示区画(5,5)のほとんど全ての部分とが用いられている。 The display keys #r, and approximately 3/4 of the portion of the display section (5,3), and the almost all of the portion of the display section (5,4) and a display section (5,5) is used ing. このため、パネル画像110に関するキー定義情報には、キー情報WKey_q、キー情報WKey_rとして、それぞれ、図8(D)、(E)に示した内容の情報が含まれている。 Therefore, the key definition information on panel image 110, the key information WKey_q, as key information WKey_r, respectively, FIG. 8 (D), the includes information of contents shown in (E). そして、パネル画像110に関するキー定義情報には、キーサイズ情報S_m、S_n、S_p、S_qとして、それぞれ、3.5、2.5、3.25、2.75を示す数値データが含まれている。 Then, the key definition information on panel image 110, the key size information S_m, S_n, S_p, as S_q, respectively, contains numerical data indicating 3.5,2.5,3.25,2.75.

【0070】次に、図9及び図10を用いて、第2実施形態に係る情報処理装置10で実行されるキー判定処理を説明する。 Next, with reference to FIGS. 9 and 10, illustrating the key determination processing performed by the information processing apparatus 10 according to the second embodiment.

【0071】図9に示したように、キー判定処理開始時、CPU21は、タッチスクリーン部50によって出力され、操作装置用I/Fボード26によってその形態が変換された状態情報に基づき、パネル情報Panelを生成する(ステップS301)。 [0071] As shown in FIG. 9, the key determination processing start time, CPU 21 is output by the touch screen unit 50, based on the state information that forms is converted by the operation unit I / F for board 26, panel information generating a Panel (step S301). このステップS301で行われる処理は、ステップS101(図5)で行われている処理と同じものである。 Processing performed in step S301 is the same as the process that is performed in step S101 (Fig. 5).

【0072】パネル情報Panelを生成した後、CPU2 [0072] After generating the panel information Panel, CPU2
1は、現パネル画像に関するキー定義情報(キー数Kma 1, key definition information about the current panel image (key number Kma
x、及び、キー情報Key_1〜Key_Kmax、キーサイズ情報S_ x, and, key information Key_1~Key_Kmax, key size information S_
1〜S_Kmax)を取得する(ステップS302)。 1~S_Kmax) to get (step S302). その後、CPU21は、変数Kを“1”に初期化(ステップS Thereafter, CPU 21 sets a variable K is initialized to "1" (step S
303)し、評価値算出処理(ステップS304)を開始する。 303), and starts an evaluation value calculation process (step S304).

【0073】図10に示したように、評価値算出処理時、CPU21は、まず、変数iを“0”に初期化するとともに、キー#Kに関する評価値を記憶するための配列変数CNT[K]を“0”に初期化する(ステップS40 [0073] As shown in FIG. 10, when the evaluation value calculation process, CPU 21, first, is initialized to "0" to the variable i, array variables CNT for storing evaluation values ​​for key #K [K ] is initialized to "0" (step S40
1)。 1). その後、CPU21は、変数jを“0”に初期化 Then, initialization CPU21 is, the variable j to "0"
(ステップS402)し、WKey_K[i,j]とPanel[i]の第j (Step S402), and the j-th of WKey_K [i, j] and Panel [i]
ビットの値(図では、Panel[i,j])の乗算結果をCNT[K] Bit value (in the figure, Panel [i, j]) of the multiplication result of the CNT [K]
に加算する(ステップS403)。 It is added to (step S403). そして、CPU21 Then, CPU21
は、j値とjmax値(本実施形態では、jmax=7)との比較を行う(ステップS404)。 Is, j values ​​and jmax value (in this embodiment, jmax = 7) is compared with (step S404).

【0074】両値が一致していなかった場合(ステップS404;NO)、CPU21は、j値を“1”インクリメント(ステップS405)し、ステップS403からの処理を再度実行する。 [0074] If the two values ​​do not match (Step S404; NO), CPU 21 is a j value "1" is incremented (step S405), and executes the processing from step S403 again. 一方、両値が一致していた場合(ステップS404;YES)、CPU21は、i値とimax値(本実施形態では、imax=5)との比較を行う(ステップS406)。 On the other hand, if the two values ​​match each other (step S404; YES), CPU 21 is, i values ​​and imax values ​​(in this embodiment, imax = 5) is compared with (step S406). i値とimax値が一致していなかった場合(ステップS406;NO)、CPU21 If i value and imax values ​​do not match (Step S406; NO), CPU21
は、i値を“1”インクリメント(ステップS407) Is the i value "1" is incremented (step S407)
し、ステップS402からの処理を再度実行する。 And executes the processing from step S402 again. そして、i値とimax値とが一致したとき(ステップS40 When the i value and imax values ​​and match (step S40
6;YES)に、CPU21は、評価値算出処理を終了する。 6; YES in), CPU 21 ends the evaluation value calculation process.

【0075】既に説明したように、重み付きキー情報WK [0075] As already described, the weighted key information WK
ey_Kの要素WKey_K[i,j]は、表示区画(i,j)(第i行、第 Elements ey_K WKey_K [i, j] is pane (i, j) (i-th row, first
j列に位置する表示区画)の、キー#Kの表示に用いられている割合を示す数値データとなっている。 The display area) located in column j, and has a numerical data indicating the rate used in the display of the key #K. 従って、上記手順で実行される評価値算出処理によって、評価対象となったキー#Kの全面積のうち、対応する検出点が所定時間連続して指等の接触を検知していた1つ以上の表示区画に含まれている部分の面積に相当する数値が、評価値CNT[K]として算出されることになる。 Accordingly, the evaluation value calculation process executed in the above procedure, of the total area of ​​the key #K became evaluated, one or more corresponding detection point is not detect the contact of the finger or the like continuously for a predetermined time value corresponding to the area of ​​the portion contained in the display compartment, will be calculated as the evaluation value CNT [K].

【0076】評価値算出処理の終了後、CPU21は、 [0076] After the completion of the evaluation value calculation process, the CPU21,
K値とKmax値とが一致しているか否かを判断する(図9: K value and Kmax value and it is determined whether they match (Figure 9:
ステップS305)。 Step S305). すなわち、CPU21は、全てのキーに関する評価値の算出が完了しているか否かを判断し、評価値の算出が行われていないキーがあった場合 That is, when CPU21 is to determine whether the calculation of the evaluation value for all of the keys has been completed, the calculation of the evaluation value there was a key that is not done
(ステップS305;NO)には、K値を“1”インクリメント(ステップS306)して、ステップS304からの処理を再び実行する。 The; (step S305 NO), the K value "1" is incremented by (step S306), executes again the processing from step S304.

【0077】CPU21は、キー#1〜キー#Kmaxに関する評価値CNT[1]〜CNT[Kmax]の算出が完了したとき [0077] CPU21, the evaluation value CNT [1] relates to key # 1 key #Kmax when ~CNT calculation of [Kmax] is completed
(ステップS305;YES)に、ステップS304〜 In; (Step S305 YES), the step S304~
S306の処理ループを抜け出す。 Get out the S306 of the processing loop. そして、CPU21 Then, CPU21
は、それらの評価値CNT[1]〜CNT[Kmax]の最大値を求めるとともに、その最大値と一致する評価値が得られているキー(キー番号)を特定する処理(ステップS30 , Together determine the maximum value of their evaluation value CNT [1] ~CNT [Kmax], identifies the key (key number) of the evaluation value that matches the maximum value is obtained (step S30
7)を行う。 7) is performed.

【0078】ステップS307で特定されたキーが1個であった場合(ステップS308;NO)、CPU21 [0078] When the specific key was one in step S307 (step S308; NO), CPU21
は、そのキーが押下されたキーであると判定(ステップS309)し、キー判定処理を終了する。 It is judged to be the key to which the key is pressed (step S309), and terminates the key determination processing. 一方、ステップS307において2個以上のキーが特定されていた場合(ステップS308;YES)、CPU21は、特定されたキーに関するキーサイズ情報に基づき、それらのキーの中からサイズが最小な1個のキーを特定できるか否かを判断する(ステップS310)。 On the other hand, when two or more keys have been specified in step S307 (step S308; YES), CPU 21, based on the key size information about the key that is specified in size smallest one from among those keys It determines whether it is possible to identify the key (step S310). サイズが最小な1個のキーを特定できた場合(ステップS310;YE If the size is able to identify the smallest one key (step S310; YE
S)、CPU21は、そのキーが押下されたキーであると判定(ステップS311)して、キー判定処理を終了する。 S), CPU 21 has determined that the key to which the key is pressed (step S311) to, and terminates the key determination processing. このステップS311或いは上述したステップS This step S311 or the above-mentioned step S
309を実行した場合、CPU21は、キー判定処理の終了後に、押下されたと判定したキーに応じた処理を実行することになる。 If you run 309, CPU 21, after completion of the key determination processing, and executes the process corresponding to the key is determined to have been pressed.

【0079】ステップS307で特定された複数のキーの中に、サイズが最小なキーが2個以上あった場合(ステップS310;NO)、CPU21は、何も行わずに(何らかのキーが押下されたと判定することなく)、キー判定処理を終了する。 [0079] Among a plurality of the key identified in step S307, if the size is the smallest key was two or more (step S310; NO), CPU 21 includes a anything without the (any key is pressed It is determined without), and terminates the key determination process. この場合、CPU21は、操作装置用I/Fボード26から割り込み要求が出される(ユーザが、指をタッチパネル53から一旦離してから再度タッチパネル53に触れる)のを待機することになる。 In this case, CPU 21 may interrupt request from the operating system for I / F board 26 is issued (user finger touches the touch panel 53 again away once from the touch panel 53) become possible to wait for.

【0080】以下、第2実施形態に係る情報処理装置1 [0080] Hereinafter, the information processing apparatus 1 according to the second embodiment
0のキー判定処理時の動作を、具体例に即して説明する。 The operation of the key judging process at 0, will be described with reference to specific examples.

【0081】例えば、図11(A)に模式的に示したように、ユーザの指が、タッチパネル53の、キー#m上のハッチングを付してある部分のみに触れた(所定時間、触れつづけた)場合を考える。 [0081] For example, as schematically shown in FIG. 11 (A), the user's finger, the touch panel 53 touched only the portion that is hatched on the key #m (predetermined time, it continues to touch It was) consider the case. すなわち、第1実施形態に係る状態管理装置10では、キーが押下されたと判定されない部分を、ユーザが指で触れた場合を考える。 That is, in the state management device 10 according to the first embodiment, the portion which is not determined that the key is pressed, a case where the user has touched with a finger.

【0082】この場合、ステップS101では、Panel [0082] In this case, in step S101, Panel
[3]が"00010000"であり、かつ、他の各要素が"0000000 [3] is "00010000", and the other elements are "0000000
0"であるパネル情報Panelが、生成される。そして、そのパネル情報Panelとパネル画像110に関する重み付きキー情報WKey_1〜Wkey_Kmax(図8(B)〜(D)参照)とに基づき、図10に示した手順で各キーに関する評価値CNT[1]〜CNT[Kmax]が算出されるので、評価値CNT 0 "panel information Panel is generated. Then, based on a weighted key information WKey_1~Wkey_Kmax about the panel information Panel and the panel image 110 (see FIG. 8 (B) ~ (D)), 10 since the evaluation value for each key at the indicated procedure CNT [1] ~CNT [Kmax] is calculated, an evaluation value CNT
[m]、評価値CNT[n]は、共に、1/2となり、他のキーに関する評価値CNT[K](K≠m、n)は全て“0” [M], the evaluation value CNT [n] are both 1/2, evaluation value CNT for the other key [K] (K ≠ m, n) are all "0"
となる。 To become. 従って、ステップS307において、キー#m Therefore, in step S307, the key #m
とキー#nとが特定される結果として、ステップS31 As a result in which the key #n is specified that, step S31
0が実行され、キーサイズ情報S_m、S_nに基づき、キー#mとキー#nのサイズの比較が行われる。 0 is executed, the key size information S_m, based on S_n, comparison of the size of the keys #m and key #n are performed. そして、この場合、キー#nのサイズの方が小さいので、ステップS311が実行されて、キー#nが押下されたと判定されることになる。 In this case, since the direction of the size of the key #n is smaller, step S311 is executed, so that the key #n is determined to have been pressed.

【0083】また、図11(B)に模式的に示したように、ユーザの指が、タッチパネル53の、キー#m上のハッチングを付してある部分に触れた(所定時間、触れつづけた)場合を考える。 [0083] Furthermore, as schematically shown in FIG. 11 (B), the user's finger, the touch panel 53, touched portions are denoted by the hatching on the key #m (predetermined time, it continued touched ) consider the case.

【0084】この場合、ステップS301では、Panel [0084] In this case, in step S301, Panel
[5]が"00010000"であり、他の各要素が"00000000"であるパネル情報Panelが生成される。 [5] is "00010000", each of the other elements "00000000" in which the panel information Panel is generated. そして、そのパネル情報に対してステップS302〜S308が実行されるので、キー#qに関する評価値CNT[q]、キー#rに関する評価値CNT[r]は、それぞれ、1/4、4/3となり、 Since step S302~S308 it is performed on the panel information, evaluation value CNT regarding key #q [q], evaluation value CNT regarding key #r [r], respectively, 1 / 4,4 / 3 next,
他のキーに関する評価値は全て“0”となる。 All the evaluation value for the other key becomes "0". 従って、 Therefore,
ステップS307では、キー#rのみが特定され、その結果として、ステップS309においてキー#rが押下されたと判定される。 In step S307, only the key #r is identified, as a result, it is determined that the key #r is pressed in step S309.

【0085】このように、第2実施形態に係る情報処理装置10では、第1実施形態に係る情報処理装置10と同様に、パネル画面に含める各キーを整数個の表示区画を占有するものとしておかなくても、ユーザがキー上を指で触れた場合には、常に、正確なキー判定が行なわる。 [0085] Thus, in the information processing apparatus 10 according to the second embodiment, similarly to the information processing apparatus 10 according to the first embodiment, each key to be included in the panel screen as occupying an integral number of panes even if not placed, when the user touches on the key with your finger, always, Okonawaru accurate key decision. また、第2実施形態に係る情報処理装置10では、 Further, the information processing apparatus 10 according to the second embodiment,
第1実施形態に係る状態管理装置10においてキーが押下されたと判定されない部分に指が触れた場合にも、指が触れている部分の面積(評価値)によって1つのキーが特定できた場合(図11(B)に示した場合)や、キーのサイズによって1つのキーが特定できた場合(図1 If finger portion which is not determined that the key is pressed in the state management device 10 according to the first embodiment even when touched, which was identified one key by the area (evaluation value) of a portion where the finger is touching ( the case shown in FIG. 11 (B)) and, if one of the keys can be specified by the size of the key (Fig. 1
1(A)に示した場合)には、そのキーが押下されたと判定される。 The 1 case shown in (A)), it is determined that the key has been pressed.

【0086】そして、キー定義情報(重み付きキー情報)は、簡単に作成できるものとなっているので、本実施形態に係る情報処理装置10で用いられている構成を採用すれば、操作しやすいパネル画像が表示されるとともに、キーが押下されたと判定されないことが少ない情報処理装置を簡単に実現できることになる。 [0086] Then, the key definition information (the weighted key information), since it is assumed that can easily create, by adopting the configuration used in the information processing apparatus 10 according to this embodiment, easy to operate together with the panel image is displayed, so that the key can easily realize a small information processing apparatus that is not determined to have been pressed.

【0087】なお、本実施形態の情報処理装置10(C [0087] The information processing apparatus 10 of this embodiment (C
PU21)に、評価値が等しい場合、サイズが小さい方のキーが押下されたと判定させているのは、そのように判定させた場合に誤判定となる確率の方が、サイズが大きい方のキーが押下されたと判定させた場合に誤判定となる確率よりも小さいと考えられたためである。 To PU21), when the evaluation values ​​are equal, what is determined that the key towards small size is pressed, the key towards probability of erroneous determination if it is determined as such is a larger size This is because but was considered to be less than the probability of erroneous determination if it is determined to have been pressed. ただし、両確率の差異はさほど大きなものではないので、ステップS310、S311が実行されないように(図9 However, since the difference of both probabilities are not much larger, as step S310, S311 are not performed (FIG. 9
のステップS308でYES側に分岐したとき処理が終了するように)、情報処理装置10を構成しておいても良い。 As processing when a branch to YES side in step S308 is finished), it may be allowed to configure the information processing apparatus 10.

【0088】<第3実施形態>本発明の第3実施形態に係る情報処理装置は、第2実施形態に係る情報処理装置と、実行される評価値算出処理の内容だけが異なる装置となっている。 [0088] <Third Embodiment> The information processing apparatus according to a third embodiment of the present invention, taken with the information processing apparatus according to the second embodiment, and only the contents of the evaluation value calculation process executed different device there.

【0089】図12に、第3実施形態に係る情報処理装置10で実行される評価値算出処理の流れ図を示す。 [0089] FIG. 12 shows a flowchart of the evaluation value calculation process executed by the information processing apparatus 10 according to the third embodiment. 図示したように、本情報処理装置10で行われる評価値算出処理のステップS501〜S507では、それぞれ、 As shown, in step S501~S507 of evaluation value calculation processing performed in the information processing apparatus 10, respectively,
第2実施形態に係る情報処理装置10の評価値算出処理(図10参照)のステップS401〜S407と全く同じ処理が行われる。 Exactly the same process as in step S401~S407 of evaluation value calculation processing of the information processing apparatus 10 according to the second embodiment (see FIG. 10) is performed.

【0090】そして、第3実施形態に係る情報処理装置10で行われる評価値算出処理は、図示してあるように、i値とimax値とが一致したとき(ステップS50 [0090] Then, evaluation value calculation process is performed in the information processing apparatus 10 according to the third embodiment, as is shown, when the i value and imax values ​​and match (step S50
6;YES)に、CNT[K]の値を"1/S_K"倍する処理(ステップS507)が行われてから終了される処理となっている。 6; in YES), CNT value of [K] "1 / S_K" multiplying process (step S507) is a process which is terminated from taking place.

【0091】すなわち、第3実施形態に係る情報処理装置10では、図10に示した評価値算出処理で算出されている値CNT[K]をキー#Kのサイズを表しているS_Kで割った値が評価値CNT[K]として算出される。 [0091] That is, the information processing apparatus 10 according to the third embodiment, by dividing the value CNT [K], which is calculated by the evaluation value calculation process shown in FIG. 10 in S_K representing the size of the key #K value is calculated as an evaluation value CNT [K]. そして、第3実施形態に係る情報処理装置10では、そのように算出された評価値CNT[1]〜CNT[Kmax]を対象として、第2 Then, the information processing apparatus 10 according to the third embodiment, so calculated evaluation value CNT [1] ~CNT [Kmax] as the target, a second
実施形態に係る情報処理装置10と同じ手順(図9に示してある手順)でキー判定が行われる。 Key determination is made by the same procedure as the information processing apparatus 10 according to the embodiment (steps is shown in FIG. 9). 従って、第3実施形態に係る情報処理装置10は、第2実施形態に係る情報処理装置10と同様の判定が行われる装置として機能することになる。 Therefore, the information processing apparatus 10 according to the third embodiment, will function as a device that is similar determination is performed with the information processing apparatus 10 according to the second embodiment.

【0092】例えば、本情報処理装置10が、図8に示したパネル画像110が表示される装置として構成されており、図11(A)に示した部分をユーザが指で触れた場合を考える。 [0092] For example, the information processing apparatus 10 is configured as a device panel image 110 is displayed as shown in FIG. 8, a case where the user the portion shown in FIG. 11 (A) is touched with a finger . この場合には、CNT[m]、CNT[n]として、それぞれ、0.5/3.5、0.5/2.5が算出されることになるので、ステップS308相当のステップで“NO”側への分岐が行われて、キー#nが押下されたと判定されることになる。 In this case, CNT [m], as CNT [n], respectively, it means that 0.5 / 3.5,0.5 / 2.5 is calculated, branch to "NO" side in Step S308 corresponds steps are performed Te, it will be determined that the key #n is pressed. また、図11(B)に示した部分をユーザが指で触れた場合には、CNT[q]、CNT[r]として、それぞれ、0.25/3.25、0.75/2.75が算出されることになるので、ステップS308相当のステップで“NO”側への分岐が行われて、キー#rが押下されたと判定されることになる。 Also, if the user portion shown in FIG. 11 (B) touched by the finger is, CNT [q], as CNT [r], respectively, it means that 0.25 / 3.25,0.75 / 2.75 is calculated , it has been made a branch to "NO" side in step S308 equivalent step, so that the key #r is determined to have been pressed.

【0093】このように、第3実施形態に係る情報処理装置10は、第2実施形態に係る情報処理装置10と同様の判定が行われる装置として機能するものとなっている。 [0093] Thus, the information processing apparatus 10 according to the third embodiment, it is intended to function as a device that is similar determination is made with the information processing apparatus 10 according to the second embodiment. なお、本情報処理装置10では、評価値が最大な2 In the information processing apparatus 10, the evaluation value is maximum 2
つ以上のキーが存在していた場合、それらのキーのサイズが等しい確率が極めて高い(パネル画像を特殊なデザインのものとしておかないと、最大評価値が算出された2つ以上のキーのサイズが異なるようにならない)ので、キー判定処理時に、ステップS310、S311相当のステップが行われないようにしておいても良い。 If more than three key exists, the probability size of those keys are equal is not very high (panel image kept in those special design, the size of the two or more keys that the maximum evaluation value is calculated since it is not different in), when the key determination process, step S310, S311 corresponds to the step may be set to the not performed.

【0094】<変形形態>第1ないし第3の実施形態に係る情報処理装置は、各種の変形を行うことができる。 [0094] <Modified Embodiment> The information processing apparatus according to the first to third embodiments may be modified in a variety of forms.
例えば、あるキーに関するキー情報は、そのキーに、その表示に用いられる全ての表示区画が対応づけられる情報であれば良いので、上記した構成のキー情報の代わりに、キーの表示に用いられる表示区画の位置情報からなる情報を用いても良い。 For example, display key information about certain key, in the key, since all of the display area to be used for the display may be information to be associated with, instead of the key information of the configuration described above, used for display of the key it may be used information about the position information of the compartment. すなわち、図4(B)に示したキー情報Key_nの代わりに、4つの位置情報(3,0)、(3, That is, instead of the key information Key_n shown in FIG. 4 (B), 4 single location (3,0), (3,
1)、(3,2)及び(3,3)からなる情報を用いても良い。 1), it may be used information consisting (3,2) and (3,3).

【0095】また、あるキーに関する重み付きキー情報は、そのキーの表示に用いられる全ての表示区画とそれらに関する重み値がわかる情報であれば良いので、上記した構成の重み付きキー情報の代わりに、キー情報のような構成の情報と、当該情報で“1”が対応づけられている各表示区画に関する重み値とからなる情報を用いても良い。 [0095] Further, the weighted key information for a certain key, since it if all of the display area and information weighted value for those is found to be used in the display of the key, instead of the weighted key information with the above arrangement the configuration of the information, such as key information, "1" may be used information comprising a weight value for each pane that is associated with the information. また、上記した構成の重み付きキー情報の代わりに、キーの表示に用いられる各表示区画に関する位置情報と重み値とからなる情報を用いても良い。 Further, instead of the weighted key information having the above configuration, it may be used information comprising the position information and the weight value for each pane used to display the key.

【0096】さらに、各キーに対応づけられた各表示区画に、その表示区画の表示に用いられる割合に依らない重み値が関連づけられるように、重み付きキー情報を作成しておいても良い。 [0096] Further, in the display area associated with the respective keys as a weight value which does not depend on the ratio used in the display of the display area is associated, it may be allowed to create a weighted key information. そのように重み付きキー情報を作成しておけば、ユーザが、2つ以上のキーのいずれが押下されたとも判定可能な部分に指で触れたとき、意図的に大きな重み値を関連づけておいたキーが押下されたと情報処理装置10に判定させることができることになる。 So if you create a weighted key information, the user, when touched with a finger to two or more decision moiety with any are depressed keys, we associate intentionally large weight value There were key will be able to determine the information processing apparatus 10 and is pressed. 具体的には、例えば、図8(C)に示した重み付きキー情報WKey_mの要素WKey_m[3,3]のみを“1”に変更しておけば、第2実施形態に係る情報処理装置10に、 Specifically, for example, if changed to "1" only those elements WKey_m [3,3] of the weighted key information WKey_m shown in FIG. 8 (C), the information processing apparatus 10 according to the second embodiment to,
図11(A)に示した操作が行われたときに、キー#m When the operation shown in is performed FIG. 11 (A), the key #m
が押下されたと判定させることができることになる。 There will be able to determined to have been pressed.

【0097】さらに、第2、第3実施形態に係る情報処理装置では、重み付きキー情報の“0”でない要素の総和を示す数値データが、キーサイズ情報として用意されているが、キーサイズ情報は、各キーの実際の面積を示す情報であっても良い。 [0097] Further, the second, the information processing apparatus according to the third embodiment, the numerical data indicating the sum of the elements that are not "0" of the weighted key information, has been provided as the key size information, the key size information it may be information indicating the actual area of ​​each key. また、第2、第3実施形態に係る情報処理装置10は、評価値によって1つのキーが特定できなかった場合、サイズが大きなキーを優先順位の高いキーとして取り扱って、押下されたキーを判定する装置であったが、別の基準で各キーを順序づけた順序付情報(例えば、キーの押下確率の大小でキーを順序づけた情報)を用意しておき、ステップS310の判断がその順序付情報に従って行われるように情報処理装置10 The second, the information processing apparatus 10 according to the third embodiment, when a single key can not be identified by the evaluation value, cover size large key as high priority key, determines the pressed key to it is a device, ordering information ordering each key in a different standard (e.g., information ordered keys in magnitude of depression probability keys) are prepared, and the information with the order determined in step S310 the information processing apparatus 10 to be performed in accordance with
を構成しておいても良い。 It may be allowed to constitute a.

【0098】また、各実施形態に係る情報処理装置10 [0098] The information processing unit 10 according to the embodiment
は、2個の状態情報に基づきパネル情報が作成されるように構成されているが、1個或いは3個以上の状態情報に基づきパネル情報が作成されるように情報処理装置1 Is the panel information based on two state information is configured to be created, the information processing apparatus as the panel information based on the one or three or more status information is generated 1
0を構成しておいても良い。 0 may be allowed to constitute a. また、各実施形態に係る情報処理装置10は、スキャナ13及びプリンタ14を制御することを本来の目的とした、情報処理装置本体11 The information processing apparatus 10 according to each embodiment was the original purpose of controlling the scanner 13 and the printer 14, the information processing apparatus main body 11
と操作装置12とケーブル36で接続された装置であったが、各実施形態に係る情報処理装置10で用いられている技術(キー情報/重み付きキー情報を利用したキー判定手順)を、どのような目的の情報処理装置に適用しても良いことや、タッチスクリーンを内臓する情報処理装置に適用しても良いことや、パラレルデータを出力するタッチスクリーン部50を用いても良いことは当然である。 And was the connected device by the operation unit 12 and the cable 36, the technical (key information / key determination procedure weighted key information using) used in the information processing unit 10 according to the embodiment, which purpose and it may be applied to an information processing apparatus such as, or that may be applied to the touch screen to the information processing apparatus to internal organs, that may be using the touch screen unit 50 which outputs the parallel data naturally it is.

【0099】また、各実施形態では、1個の表示区画を共通して利用する横方向に並んだキーが幾組か含まれるパネル画像を例に、情報処理装置10の動作を説明したが、当然、パネル画像を、1個の表示区画を共通して利用する縦方向に並んだキーが幾組か含まれるものとしておいても良い。 [0099] In the embodiments, the panel image key is included or several pairs aligned transversely to use in common one pane to the example has been described the operation of the information processing apparatus 10, of course, the panel image, one key arranged in the longitudinal direction to utilize commonly a display section of may be previously assumed to be included or several pairs. また、第2、第3実施形態に係る情報処理装置10の説明に用いたパネル画像110(図8)には、ある表示区画に共通して表示されることになる2キーの中に、当該表示区画に関する各キーの表示に使用される割合が等しい2キー(例えば、キー#mとキー# The second, the third panel image 110 used in the description of the information processing apparatus 10 according to the embodiment (FIG. 8), in the 2 key to be displayed in common to a certain display area, the 2 key rate is equal to be used for display of each key related to the display section (e.g., key #m and key #
n)が含まれているが、第2、第3実施形態に係る情報処理装置10を用いる場合には、そのような2キーの数が出来るだけ少なくなるようにパネル画像をデザインしておくことが望ましい。 Although n) is included, the second, in the case of using the information processing apparatus 10 according to the third embodiment, that you designed such 2 key panel image so that only the less number can It is desirable

【0100】 [0100]

【発明の効果】本発明によれば、自由にデザインしたパネル画像、換言すれば、操作の仕方がよりわかりやすいパネル画像が使用できることになるので、使いやすい情報処理装置が得られることになる。 According to the present invention, freely designed by panel image, in other words, since the more meaningful panel image how to operate becomes possible to use, easy-to-use information processing apparatus will be obtained. また、本発明の押下キー判定方法によれば、自由にデザインしたパネル画像上のいずれのキーをユーザが押下したかが的確に判定することができるので、タッチスクリーンを入力装置としてより有効に利用できることになる。 Further, according to the pressed key determination method of the present invention, it is possible to freely or any key on the design panels image user presses to determine accurately, more effectively the touch screen as an input device utilized It will be possible.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】本発明の第1実施形態に係る情報処理装置のハードウェア構成図である。 1 is a hardware configuration diagram of an information processing apparatus according to a first embodiment of the present invention.

【図2】第1実施形態に係る情報処理装置の使用形態の説明図である。 FIG. 2 is an explanatory view of usage of the information processing apparatus according to the first embodiment.

【図3】第1実施形態に係る情報処理装置が備える操作装置用I/Fボードの動作の説明図である。 3 is an explanatory diagram of the operation of the I / F board operating device in the information processing apparatus according to the first embodiment.

【図4】第1実施形態に係る情報処理装置で用いられるパネル画像とキー情報の説明図である。 4 is an explanatory view of a panel image and the key information used in the information processing apparatus according to the first embodiment.

【図5】第1実施形態に係る情報処理装置において行われるキー判定処理の流れ図である。 5 is a flow diagram of a key determination processing performed in the information processing apparatus according to the first embodiment.

【図6】第1実施形態に係る情報処理装置において行われる評価値算出処理の流れ図である。 6 is a flow diagram of the evaluation value calculation process performed in the information processing apparatus according to the first embodiment.

【図7】第1実施形態に係る情報処理装置において行われるキー判定処理を説明するための図である。 7 is a diagram for explaining a key determination processing performed in the information processing apparatus according to the first embodiment.

【図8】本発明の第2実施形態に係る情報処理装置で用いられるパネル画像と重み付きキー情報の説明図である。 8 is an explanatory view of a panel image and the weighted key information used in the information processing apparatus according to a second embodiment of the present invention.

【図9】第2実施形態に係る情報処理装置において行われるキー判定処理の流れ図である。 9 is a flow diagram of a key determination processing performed in the information processing apparatus according to the second embodiment.

【図10】第2実施形態に係る情報処理装置において行われる評価値算出処理の流れ図である。 10 is a flow diagram of the evaluation value calculation process performed in the information processing apparatus according to the second embodiment.

【図11】第2実施形態に係る情報処理装置において行われるキー判定処理を説明するための図である。 11 is a diagram for explaining a key determination processing performed in the information processing apparatus according to the second embodiment.

【図12】本発明の第3実施形態に係る情報処理装置において行われる評価値算出処理の流れ図である。 Is a flow diagram of the evaluation value calculation process performed in the information processing apparatus according to the third embodiment of the present invention; FIG.

【図13】従来の、タッチスクリーンを備える情報処理装置で用いられているパネル画像の説明図である。 [13] The conventional is an explanatory view of a panel image that is used in the information processing apparatus including a touch screen.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

10 情報処理装置 11 情報処理装置本体 12 操作装置 13 スキャナ 14 プリンタ 21 CPU 22 ROM 23 RAM 24 ブリッジ 25 HDDコントローラ 26 操作パネル用I/Fボード 27 スキャナ用I/Fボード 28 プリンタ用I/Fボード 29 ネットワーク用I/Fボード 30 HDD 31 CPUバス 32 汎用バス 36,37,38 ケーブル 50 タッチスクリーン部 51 タッチスクリーン 52 液晶パネル 53 タッチパネル 55 タッチスクリーン制御部 60 キー操作部 100、110 パネル画像 10 information processing apparatus 11 the information processing apparatus main body 12 the operating device 13 the scanner 14 printer 21 CPU 22 ROM 23 RAM 24 bridge 25 HDD controller 26 the operation panel I / F board 27 scanner I / F board 28 printer I / F board 29 network I / F for board 30 HDD 31 CPU bus 32 general-purpose bus 36, 37, 38 cable 50 touchscreen 51 touch screen 52 LCD panel 53 touch panel 55 touch screen controller 60 key operation unit 100, 110 panel image

Claims (11)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 マトリックス状に配置された複数の検出点を有するタッチパネルを表示装置上に重ねたタッチスクリーンと、 複数のキーを含むパネル画像を前記表示装置に表示させる表示制御手段と、 前記パネル画像に含まれる各キーに、前記表示装置の表示領域がそれぞれのほぼ中央に1つの検出点が位置している複数の表示区画に分割されていると仮定した場合にそのキーが表示されることになる1つ以上の表示区画を対応づけるキー定義情報を保持したキー定義情報保持手段と、 指等の接触を検知している前記タッチパネルの1つ以上の検出点を特定する特定手段と、 前記パネル画像に含まれる各キーについて、前記キー定義情報によってそのキーに対応づけられており、かつ、 A touch screen according to claim 1] superimposed on a display device with a touch panel having a plurality of detection points arranged in a matrix, and a display control means for displaying the panel image including a plurality of keys on the display device, the panel each key included in the image, the display area of ​​the display device is displayed that key if it is assumed that the one detection point approximately in the middle of each of which is divided into a plurality of display sections which are located a key definition information holding means for one or more display compartments to be holding the associating key definition information, specifying means for specifying one or more detection points of the touch panel that detects contact of a finger or the like, the for each key included in the panel image, and associated with that key by the key definition information, and,
    前記特定手段によって特定されている検出点下に位置している表示区画の数に応じた評価値を算出する評価値算出手段と、 この評価値算出手段によって算出された評価値が最も大きいキーを探索し、1個のキーのみが探索された場合にそのキーが押下されたと判定する判定手段とを備えることを特徴とする情報処理装置。 An evaluation value calculation means for calculating an evaluation value corresponding to the number of display sections which are located under the detection point being specified by the specifying means, the largest key evaluation value calculated by the evaluation value calculating means searched, the information processing apparatus characterized by only one key is provided with a determination unit and the key is pressed when it is searched.
  2. 【請求項2】 マトリックス状に配置された複数の検出点を有するタッチパネルを表示装置上に重ねたタッチスクリーンと、 複数のキーを含むパネル画像を前記表示装置に表示させる表示制御手段と、 前記パネル画像に含まれる各キーに、前記表示装置の表示領域がそれぞれのほぼ中央に1つの検出点が位置している複数の表示区画に分割されていると仮定した場合にそのキーが表示されることになる1つ以上の表示区画を対応づけるとともに、各キーに対応づけられた各表示区画に重み値を関連づけるキー定義情報を保持したキー定義情報保持手段と、 指等の接触を検出している前記タッチパネルの1つ以上の検出点を特定する特定手段と、 前記キー定義情報を参照して、前記パネル画像に含まれる各キーについて、そのキーに対応づけ A touch screen wherein overlaid on a display device with a touch panel having a plurality of detection points arranged in a matrix, and a display control means for displaying the panel image including a plurality of keys on the display device, the panel each key included in the image, the display area of ​​the display device is displayed that key if it is assumed that the one detection point approximately in the middle of each of which is divided into a plurality of display sections which are located with associating one or more display compartments to become a key definition information holding means holding the key definition information associating a weight value to each display area associated with the respective key, and detects the contact of the finger or the like specifying means for specifying one or more detection points of the touch panel, by referring to the key definition information for each key included in the panel picture, correspondence to the key れており、かつ、前記特定手段によって特定されている検出点下に位置している表示区画に関連づけられた重み値の総和に応じた評価値を算出する評価値算出手段と、 この評価値算出手段によって算出された評価値が最も大きいキーを探索し、1個のキーのみが探索された場合に、そのキーが押下されたと判定する判定手段とを備えることを特徴とする情報処理装置。 It is and and an evaluation value calculation means for calculating an evaluation value corresponding to the sum of the weight values ​​associated with the display compartment located under the detection point being specified by the specifying means, calculating the evaluation value searches the largest key evaluation value calculated by the means, in the case where only one key is searched, the information processing apparatus comprising: a determination means and the key has been pressed.
  3. 【請求項3】 前記キー定義情報は、各キーに対応づけられた各表示区画に、その表示区画の前記キーの表示に使用される割合に応じた大きさの重み値を関連づけることを特徴とする請求項2記載の情報処理装置。 Wherein the key definition information, each display area associated with the respective keys, and wherein associating the size weight value corresponding to the ratio used in the display of the key for the display area the information processing apparatus according to claim 2 wherein.
  4. 【請求項4】 前記パネル画像は、ある表示区画に共通して表示されることになる複数のキーに関しては、当該表示区画の、それらのキーの表示に使用される割合が互いに異なっていることを特徴とする請求項3記載の情報処理装置。 Wherein said panel image, with respect to a plurality of keys to be displayed in common to a pane, the proportion used of the pane, the display of those keys are different from each other the information processing apparatus according to claim 3, wherein.
  5. 【請求項5】 前記評価値算出手段は、前記パネル画像に含まれる各キーについて、そのキーに対応づけられており、かつ、前記特定手段によって特定されている検出点下に位置している表示区画に関連づけられた重み値の総和を、そのキーのサイズを表す値で割った値に応じた評価値を算出することを特徴とする請求項2ないし請求項4のいずれかに記載の情報処理装置。 Wherein said evaluation value calculating means, for each key included in the panel image, and associated with that key, and a display which is located under the detection point being specified by said specifying means the information processing according to the sum of the weight values ​​associated with the compartment, to any of claims 2 to 4, and calculates an evaluation value corresponding to a value obtained by dividing a value representing the size of the key apparatus.
  6. 【請求項6】 前記判定手段は、評価値が最も大きいキーが2個以上探索された場合には、キーが押下されていないと判定することを特徴とする請求項1ないし請求項5のいずれかに記載の情報処理装置。 Wherein said determining means, when the largest key evaluation value is searched two or more, any of claims 1 to 5, characterized in that determining that no key is pressed the information processing apparatus of the crab described.
  7. 【請求項7】 前記キー定義情報は、前記パネル画像に含まれる各キーに割り当てられた優先順位を示す順序付情報を含み、 前記判定手段は、評価値が最も大きいキーが2個以上探索された場合には、前記順序付情報に基づき、それらのキーの中から優先順位が最も高いキーを判別し、判別したキーが押下されたと判定することを特徴とする請求項1ないし請求項5のいずれかに記載の情報処理装置。 Wherein said key definition information includes ordering information indicating a priority assigned to each key included in the panel image, said determining means is greatest key evaluation value is searched two or more If the, based on the ordering information, it determines the highest key priority among those keys, discriminated keys of claims 1 to 5, characterized in that determined to have been depressed the information processing apparatus according to any one.
  8. 【請求項8】 前記順序付情報は、それぞれ、前記複数のキーのサイズを示す複数のサイズ情報からなり、 前記判定手段は、サイズ情報が示すサイズが最も小さいキーを優先順位が最も高いキーとして判別することを特徴とする請求項7記載の情報処理装置。 Wherein said ordering information, respectively, a plurality of size information indicating a size of the plurality of keys, said determining means, the smallest key size indicated by the size information as the highest key priority the information processing apparatus according to claim 7, wherein the determining.
  9. 【請求項9】 前記特定手段は、前記タッチパネルの出力を複数回取得することにより、所定時間、連続して指等の接触を検出していた1つ以上の検出点を特定することを特徴とする請求項1ないし請求項8のいずれかに記載の情報処理装置。 Wherein said specifying means, by obtaining a plurality of times the output of the touch panel, and characterized by identifying a given time, one or more detection points are continuously detects the contact of the finger or the like the information processing apparatus according to any one of claims 1 to 8.
  10. 【請求項10】 複数のキーを含むパネル画像を表示する表示装置上に重ねられた、マトリックス状に配置された複数の検出点を有するタッチパネルの出力に基づき、 10. overlaid on a display device on which the display panel image including a plurality of keys, based on the output of the touch panel having a plurality of detection points arranged in a matrix,
    パネル画像内のいずれのキーが押下されているかを判定するための押下キー判定方法であって、 指等の接触を検知している前記タッチパネルの1つ以上の検出点を特定する特定ステップと、 前記パネル画像に含まれる各キーに、前記表示装置の表示領域がそれぞれのほぼ中央に1つの検出点が位置している複数の表示区画に分割されていると仮定した場合にそのキーが表示されることになる1つ以上の表示区画を対応づけたキー定義情報を参照して、前記パネル画像に含まれる各キーについて、そのキーに対応づけられており、かつ、前記特定手段によって特定されている検出点下に位置している表示区画の数に応じた評価値を算出する評価値算出ステップと、 この評価値算出ステップによって算出された評価値が最も大きいキーを探索し A pressed key determination method for any of the keys in the panel image to determine whether it is pressed, a specifying step of specifying one or more detection points of the touch panel that detects contact of a finger or the like, each key included in the panel picture, the key is displayed when the display area of ​​the display device is assumed to have a single detection point approximately in the middle of each of which is divided into a plurality of display sections which are located with reference to the key definition information that associates one or more display compartments become Rukoto, each key included in the panel image, and associated with the key, and are specified by the specifying means an evaluation value calculation step of calculating an evaluation value corresponding to the number of display sections which are located under the detection point are, evaluation value calculated by the evaluation value calculating step is searching the largest key 1個のキーのみが探索された場合に、そのキーが押下されたと判定する判定ステップとを含むことを特徴とする押下キー判定方法。 Pressed key determination method only one key when it is searched, characterized in that it comprises a determining step and the key has been pressed.
  11. 【請求項11】 複数のキーを含むパネル画像を表示する表示装置上に重ねられた、マトリックス状に配置された複数の検出点を有するタッチパネルの出力に基づき、 11. overlaid on a display device on which the display panel image including a plurality of keys, based on the output of the touch panel having a plurality of detection points arranged in a matrix,
    パネル画像内のいずれのキーが押下されているかを判定するための押下キー判定方法であって、 指等の接触を検知している前記タッチパネルの1つ以上の検出点を特定する特定ステップと、 前記パネル画像に含まれる各キーに、前記表示装置の表示領域がそれぞれのほぼ中央に1つの検出点が位置している複数の表示区画に分割されていると仮定した場合にそのキーが表示されることになる1つ以上の表示区画を対応づけるとともに、各キーに対応づけられた各表示区画に重み値を関連づけるキー定義情報を参照して、前記パネル画像に含まれる各キーについて、そのキーに対応づけられており、かつ、前記特定手段によって特定されている検出点下に位置している表示区画に関連づけられた重み値の総和に応じた評価値を算出する評価値 A pressed key determination method for any of the keys in the panel image to determine whether it is pressed, a specifying step of specifying one or more detection points of the touch panel that detects contact of a finger or the like, each key included in the panel picture, the key is displayed when the display area of ​​the display device is assumed to have a single detection point approximately in the middle of each of which is divided into a plurality of display sections which are located one or more with associating display compartment to be Rukoto, by referring to the key definition information associating a weight value to each display area associated with the respective keys, each key included in the panel picture, the key and associated with, and evaluation value for calculating an evaluation value corresponding to the sum of the weight values ​​associated with the display compartment located under the detection point being specified by said specifying means 出ステップと、 この評価値算出ステップによって算出された評価値が最も大きいキーを探索し、1個のキーのみが探索された場合に、そのキーが押下されたと判定する判定ステップとを含むことを特徴とする押下キー判定方法。 And step out, that the evaluation value calculated by the evaluation value calculating step is searching the largest key, including the case where only one key is searched, and determining steps and the key is pressed depressed key determination method characterized.
JP2000047208A 2000-02-24 2000-02-24 Information processor and method for deciding depression key Pending JP2001236180A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000047208A JP2001236180A (en) 2000-02-24 2000-02-24 Information processor and method for deciding depression key

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000047208A JP2001236180A (en) 2000-02-24 2000-02-24 Information processor and method for deciding depression key

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2001236180A true true JP2001236180A (en) 2001-08-31

Family

ID=18569494

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2000047208A Pending JP2001236180A (en) 2000-02-24 2000-02-24 Information processor and method for deciding depression key

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2001236180A (en)

Cited By (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2007529069A (en) * 2004-03-12 2007-10-18 デル フーフェン, スティーブ ファン Apparatus for data entry interface, a method and system
WO2008105487A1 (en) * 2007-02-28 2008-09-04 Ntt Docomo, Inc. Information processing device and program
JP2010079631A (en) * 2008-09-26 2010-04-08 Kyocera Corp Input device
US8188976B2 (en) 2005-09-14 2012-05-29 Ntt Docomo, Inc. Mobile terminal device and program used in mobile terminal device
JP2013222290A (en) * 2012-04-16 2013-10-28 Fuji Xerox Co Ltd Touch panel device and program
US8860668B2 (en) 2008-01-07 2014-10-14 Samsung Display Co., Ltd. Display device and control method thereof
US9317200B2 (en) 2008-08-28 2016-04-19 Kyocera Corporation Display apparatus and display method thereof

Cited By (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2007529069A (en) * 2004-03-12 2007-10-18 デル フーフェン, スティーブ ファン Apparatus for data entry interface, a method and system
US8188976B2 (en) 2005-09-14 2012-05-29 Ntt Docomo, Inc. Mobile terminal device and program used in mobile terminal device
WO2008105487A1 (en) * 2007-02-28 2008-09-04 Ntt Docomo, Inc. Information processing device and program
JP2008217130A (en) * 2007-02-28 2008-09-18 Ntt Docomo Inc Information processor and program
US8896538B2 (en) 2007-02-28 2014-11-25 Ntt Docomo, Inc. Information processing device and program
US8860668B2 (en) 2008-01-07 2014-10-14 Samsung Display Co., Ltd. Display device and control method thereof
US9317200B2 (en) 2008-08-28 2016-04-19 Kyocera Corporation Display apparatus and display method thereof
JP2010079631A (en) * 2008-09-26 2010-04-08 Kyocera Corp Input device
JP2013222290A (en) * 2012-04-16 2013-10-28 Fuji Xerox Co Ltd Touch panel device and program

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US4683549A (en) Sequence control method and apparatus
JP2006031499A (en) Information input/display device
JPH10269022A (en) Portable information processor with communication function
US4703414A (en) Programmable controller
US20070139225A1 (en) Key input apparatus and method
JP2010152827A (en) Inputting apparatus
JPH11327727A (en) System and method for screen operation
US20040212590A1 (en) 3D-input device and method, soft key mapping method therefor, and virtual keyboard constructed using the soft key mapping method
JPH09128189A (en) Menu display managing device
CN102193711A (en) Method and device for displaying letter keys of virtual keyboard
JP2006260065A (en) Document browsing device and document browsing program
JP2003345506A (en) Operation inputting device and image forming device
JP2000010720A (en) Coordinate input device
JP2005050265A (en) Touch screen device
JPH1049334A (en) Menu display device
JP2002091657A (en) Display controller
JP2008299534A (en) Image processor
JPH06289996A (en) Pointing cursor controller
JP2003288172A (en) Information processing device, information processing method and program
JP2010009247A (en) Semiconductor device and data processing method by semiconductor device
JP2013084144A (en) Information input device, method and program
JP2008219806A (en) Electrical appliance
JP2000172314A (en) Program peripheral device for programmable controller
JP2000293289A (en) Portable terminal device
JP2000020829A (en) Label issuing machine