JP2001234284A - 結晶粒度特性に優れた鋼およびその製造方法 - Google Patents

結晶粒度特性に優れた鋼およびその製造方法

Info

Publication number
JP2001234284A
JP2001234284A JP2000041732A JP2000041732A JP2001234284A JP 2001234284 A JP2001234284 A JP 2001234284A JP 2000041732 A JP2000041732 A JP 2000041732A JP 2000041732 A JP2000041732 A JP 2000041732A JP 2001234284 A JP2001234284 A JP 2001234284A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
less
steel
hot rolling
aln
coarse
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2000041732A
Other languages
English (en)
Inventor
Masayasu Hosoki
真保 細木
Makoto Iguchi
誠 井口
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Sanyo Special Steel Co Ltd
Original Assignee
Sanyo Special Steel Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Sanyo Special Steel Co Ltd filed Critical Sanyo Special Steel Co Ltd
Priority to JP2000041732A priority Critical patent/JP2001234284A/ja
Publication of JP2001234284A publication Critical patent/JP2001234284A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 冷間加工性に優れ、なおかつ熱処理歪みの小
さい粗大粒防止特性に優れた肌焼鋼とその製造方法を提
供する。 【解決手段】 質量%で、C:0.1〜0.35%、S
i:0.02〜0.5%、Mn:0.3〜1.8%、
S:0.005〜0.15%、Al:0.02〜0.0
5%、N:0.005〜0.015%を含有し、さら
に、Cr:0.4〜1.8%、Mo:0.02〜1.0
%、Ni:0.1〜3.5%から選んだ1種または2種
以上を含有し、P:0.025%以下、Ti:0.01
%以下、O:15ppm以下にそれぞれ制限し、残部が
Feおよび不可避的不純物からなり、熱間加工後のAl
Nの析出量を0.004%以下に制限し、熱間圧延方向
に平行な断面組織のフェライトバンドの評点が1〜3で
あることを特徴とする粗大粒防止特性に優れた肌焼鋼。

Description

【発明の詳細な説明】 【0001】 【発明の属する技術分野】本発明は、粗大粒防止肌焼鋼
とその製造法法に関するものである。 【0002】 【従来の技術】近年では、寸法精度や低コストの点か
ら、冷間−浸炭工程で製造される浸炭部品では、熱処理
歪みが原因となり、生産性の劣化や騒音、振動といった
機能性の低下が懸念される。そこで従来は熱処理歪みの
最大の原因である浸炭時に発生する粗大粒を抑制するた
めに、冷間鍛造後、浸炭焼入れ前に焼鈍が行われてい
た。しかし、コスト低減の点から、近年焼鈍省略化の傾
向が強まっており、そこで焼鈍を省略しても粗大粒を発
生しない鋼材が強く求められている。 【0003】これに対して、特開昭56−75551号
公報には、特定量のAl、Nを含有する鋼を1473K
以上に加熱後、熱間加工することにより、1253Kで
21600秒の浸炭を行った場合でも、芯部のオーステ
ナイト結晶粒度番号で6番以上の細粒に保持できる浸炭
用鋼が示されている。しかしながら、この鋼の粗大粒抑
制の能力は不安定であり、鋼材の製造工程によっては、
浸炭時の粗大粒の発生を抑制できないのが現実である。 【0004】また、特開平11−106866号公報に
は、Al、Nを含有する肌焼鋼とその製造方法が示され
ている。この鋼およびその製造方法では、鋼材の製造工
程によらないで、浸炭時の粗大粒の発生を抑制できる
が、その製造方法については、熱間圧延の仕上げ温度お
よびその冷却速度の制限がなされており、その実施に当
たっては制御冷却設備が必要不可欠となる。 【0005】 【発明が解決しようとする課題】上記に開示された方法
では、特殊な生産設備を有しない限り浸炭焼入れ工程に
おいて粗大粒の発生を安定的に防止することができず、
曲がりや歪みの発生を防止することはできない。本発明
はこのような問題を解決して、冷間加工性に優れ、なお
かつ熱処理歪みの小さい粗大粒防止特性に優れた肌焼鋼
とその製造方法を提供するものである。 【0006】 【課題を解決するための手段】本発明者らは、以下の手
段を用いて上記の課題を解決した。すなわち、本発明の
請求項1の発明は、質量%で、C:0.1〜0.35
%、Si:0.02〜0.5%、Mn:0.3〜1.8
%、S:0.005〜0.15%、Al:0.02〜
0.05%、N:0.005〜0.015%を含有し、
さらに、Cr:0.4〜1.8%、Mo:0.02〜
1.0%、Ni:0.1〜3.5%から選んだ1種また
は2種以上を含有し、P:0.025%以下、Ti:
0.01%以下、O:15ppm以下にそれぞれ制限
し、残部がFeおよび不可避的不純物からなり、熱間加
工後のAlNの析出量を0.004%以下に制限し、熱
間圧延方向に平行な断面組織のフェライトバンドの評点
が1〜3であることを特徴とする粗大粒防止特性に優れ
た肌焼鋼である。 【0007】本発明の請求項2の発明は、上記の鋼を製
造するに際して、加熱温度1523K以上にて1800
0〜72000秒のソーキング処理に引き続いて熱間圧
延により線材または棒鋼に熱間加工して、熱間圧延方向
に平行な断面組織のフェライトバンドの評点を1〜3で
ある鋼とすることを特徴とする粗大粒防止特性に優れた
肌焼鋼の製造方法である。 【0008】本発明に係る鋼とその製造方法を用いるこ
とにより、Nb無添加鋼においても、浸炭焼入れ工程に
おいて粗大粒の発生を安定的に抑制することができ、こ
れにより歪みや曲がりの発生を防止することができる。 【0009】 【発明の実施の形態】本発明者らは、浸炭時に粗大粒の
発生の防止を達成するために結晶粒の粗大化の支配因子
について鋭意調査し、次の点を明らかにした。 【0010】(1)粗大粒の発生は、化学組成を制限す
るのみでは防止することはできない。化学組成以外の要
因として重要なのは、熱間加工後の鋼材のAlNの固溶
状態および熱間圧延方向に平行な断面組織で認められる
縞状組織(フェライトバンド)の程度である。 【0011】(2)浸炭時に結晶粒の粗大化を防止する
にはピン止め粒子として微細なAlNを多量に分散させ
ることが重要である。浸炭加熱時にAlNのピン止め効
果を安定して発揮させるには、熱間圧延後の鋼材の状態
で、AlNの析出量を極力制限する必要がある。 【0012】(3)さらに、熱間圧延後の鋼材に、Ti
やAl23が存在すると、これが、AlN析出の核とな
り、AlNの析出量が増大するので、不純物としてのT
iの含有量およびOの含有量を極力制限しなければなら
ない。 【0013】(4)しかし、上記のようにAlNの固溶
状態の制限を満足したとしても、熱間加工以後の鋼材の
圧延方向に平行な断面で見られるフェライトバンドと呼
ばれる縞状組織の程度に粗大粒の発生特性は依存する。
フェライトバンドの程度については、昭和45年社団法
人日本金属学会発行「日本金属学会誌第34巻第9号第
961頁」において1〜7の7段階に評点化されてい
る。第961頁左欄第7〜8行には「縞状組織の程度を
数量的に表示するために、Photo.4の基準写真を作成し
た。」と記載されており、同頁の「Photo.4 Classific
ations of ferrite bands (×50×2/3×5/
6)」には、1〜7の基準写真が掲載されている。この
基準写真を図3に示し、写真左横の数値により評点を表
す。この評点では、評点の番号が小さいほどフェライト
バンドが軽微であることを示している。粗大粒を抑制す
るには、圧延方向に平行な断面組織が、上記の日本金属
学会誌第34巻第961頁で定義されたフェライトバン
ドの評点が1〜3であることが必要である。これは、フ
ェライトバンドの評点が4以上では、パーライト組織お
よびフェライト組織が各々連続的につながるために、浸
炭加熱時にフェライト・パーライト組織からオーステナ
イト組織に逆変態した際に混粒組織を呈し、粗大粒発生
の原因となるためである。 【0014】(5)熱間圧延後の鋼材の状態で、AlN
の析出量を極力制限するためには、熱間圧延加熱温度を
高温にする必要がある。 【0015】(6)本発明は、以上の新規なる知見に基
づいてなされたものである。 【0016】以下、本発明の実施の形態について実施例
にて詳細に説明する。まず、成分の限定理由について説
明する。なお、%は質量%である。 【0017】Cは鋼に必要な強度を与えるのに有効な元
素であるが、0.1%未満では不十分であり、0.35
%を超えると加工性が劣化するとともに浸炭後の芯部靭
性が劣化するでの0.1〜0.35%の範囲内とする。 【0018】Siは鋼の脱酸のために必要な元素であ
り、0.02%未満ではその効果は不十分である。ま
た、0.5を超えると、硬さの上昇を招き冷間鍛造性が
劣化する。以上より、Si量を0.02〜0.5%の範
囲内にする必要がある。好適範囲は、0.02〜0.1
5%にするのが望ましい。 【0019】Mnは鋼に必要な強度、焼入性を与える有
効な元素であるが、0.3%未満ではその効果は不十分
であり、1.8%を超えるとその効果は飽和し硬さの上
昇を招き冷間加工性が劣化するので、0.3〜1.8の
範囲内にする必要がある。好適範囲は0.5〜1.2%
である。なお、冷鍛性を重視する場合には、0.5〜
0.75%の範囲にするのが望ましい。 【0020】SはMnSの形成による被削性改善元素で
あるが、0.005%未満ではその効果は不十分であ
り、0.15%を超えると粒界偏析を生じて粒界脆化を
招く。以上より、S量は0.005〜0.15%の範囲
内にする必要がある。好適範囲は0.005〜0.04
%である。 【0021】Alは、浸炭加熱時に鋼中のNと結びつき
AlNを形成し、結晶粒の微細化および結晶粒粗大化抑
制に有効な元素である。0.005%未満では、その効
果は不十分であり、0.07%を超えると粗大なAlN
析出物が形成され、結晶粒粗大化抑制の効果がなくな
る。以上より、Al量は、0.005〜0.07%の範
囲内にする必要がある。好適範囲は、0.025〜0.
035%である。 【0022】NはAlNの析出による浸炭時の結晶粒の
微細化および結晶粒粗大化抑制を目的として添加する
が、0.004%未満ではその効果は不十分であり、
0.02%を超えるとその効果は飽和する。過剰なNの
添加は、素材の硬さを増大させ、冷間鍛造性を劣化させ
る。以上より、N量は、0.004〜0.02%の範囲
内とする必要がある。好適範囲は、0.013〜0.0
17%である。 【0023】次に、本願発明では、Cr、Mo、Ni、
Vを選択成分としてそれらの1種又は2種以上を含有す
る。 【0024】Crは鋼に強度、焼入性を与えるのに有効
な元素であるが、0.4%未満ではその効果は不十分で
あり、1.8%を超えて添加すると硬さの上昇を招き冷
間鍛造性が劣化する。以上より、Cr量は、0.04〜
1.8%の範囲内とする必要がある。好適範囲は0.7
〜1.5%である。 【0025】Moも鋼に必要な強度、焼入性を与えるの
に有効な元素であるが、0.02%未満ではその効果は
不十分であり、1.0%を超えて添加すると硬さの上昇
を招き冷間鍛造性が劣化する。以上から、Mo量は、
0.02〜1.0%の範囲内にする必要がある。好適範
囲は、0.02〜0.4%である。 【0026】Niも鋼に必要な強度、焼入性を与えるの
に有効な元素であるが、0.1%未満ではその効果は不
十分であり、3.5%を超えて添加すると硬さの上昇を
招き冷間鍛造性が劣化する。以上から、Ni量は、0.
1〜3.5%の範囲内にする必要がある。好適範囲は、
0.4〜2.0%である。 【0027】Pは冷間鍛造時の変形抵抗を高め靭性を劣
化させる元素であり、冷間鍛造性を劣化させる。また、
焼入れ焼戻し後の結晶粒界を脆化させ、疲労強度の劣化
をさせるので極力低減することが望ましい。従って、P
量を0.025%以下に制限する必要がある。好適範囲
は、0.015%以下である。 【0028】本発明のような高N鋼においては、Tiは
鋼中のNと結合しTiNを形成する。TiNの析出は粗
大であり、これは結晶粒の粗大化抑制効果を劣化させ
る。以上から、Ti量は、0.01%以下に制限する必
要がある。好適範囲は、0.005%以下である。な
お、粗大TiNは面疲労特性の劣化を招くが、上記範囲
でTi量を規制することによりこれを防止することがで
きる。 【0029】さらに、本発明のような高N鋼において
は、酸化物系介在物がAlN析出の核となって熱間圧延
時のAlNの粗大析出を招き、浸炭時の粗大粒抑制効果
を劣化させる。そのため、Oは極力低減することが望ま
しい。以上から、O量は、15ppm以下に制限する必
要がある。好適範囲は、10ppm以下である。 【0030】次に、本願発明では、熱間圧延後の鋼材の
状態でAlN析出量を0.004%以下に制限するが、
この限定理由を以下に述べる。浸炭時の結晶粒粗大化抑
制には、ピン止め粒子として微細なAlNの多量分散が
有効である。粗大なAlNは、浸炭時の結晶粒粗大化防
止は有害となる。浸炭加熱時のAlNによるピン止め効
果の安定的な発揮には、熱間圧延後の鋼材の状態ではA
lN析出量を極力制限する必要がある。これは、熱間圧
延後の鋼材の状態で析出するAlNは粗大であり浸炭時
の粗大粒防止には寄与しないことによるものである。す
なわち、熱間圧延後の鋼材の状態でのAlN析出量を本
発明の範囲内で制限することにより、その後の焼鈍また
は浸炭時の昇温過程でAlNを微細に分散析出させるこ
とができ、浸炭時の粗大粒を防止することができる。図
1に熱間圧延後のAlNの析出量と結晶粒粗大化温度と
の関係を示す。圧延ままの棒鋼について、50%圧縮の
冷間据込みを行った後、各々の温度にて21600秒保
持し、浸炭シミュレーションを行った結果である。図1
に示すように、AlNで析出量が40ppmを超えると
粗大粒発生温度が1223K以下となり、実用部品での
粗大粒の発生が懸念される。以上の理由から、熱間圧延
後のAlNの析出量を40ppm以下に制限する。 【0031】次に本願発明では、熱間圧延後の圧延方向
に平行な断面組織のフェライトバンドの評点を1〜3と
する。フェライトバンドの評点を限定した理由を以下に
述べる。一般に、熱間圧延後の鋼材の圧延方向にはフェ
ライトバンドと呼ばれる縞状組織が認められ、粗大粒の
発生特性は、このフェライトバンド程度に依存する。フ
ェライトバンドが顕著であると、フェライト、パーライ
トの各々が個々に連続的に繋がるため浸炭昇温中の逆変
態時に混粒を発生し、この混粒を引き継いでその後の浸
炭保持中に結晶粒粗大化が進行する。図2にフェライト
バンドの評点と結晶粒粗大化温度の関係を示す。50%
圧縮の冷間据込みを行った後、各温度にて21600秒
保持し、浸炭シミュレーションを行った結果である。図
2に示すように、フェライトバンドの評点4以上では粗
大粒発生温度が1223Kを超え、実用部品での粗大粒
発生が懸念される。以上の理由から、熱間圧延後の圧延
方向に平行な断面組織のフェライトバンドの評点を1〜
3とする必要がある。 【0032】次に上記のような特徴を有する鋼の製造方
法について説明する。上記の本発明成分からなる鋼を、
電気炉等の通常の方法によって溶製し、成分調整を行
い、鋳造工程を経た鋳片に対してソーキング処理を行
い、その後分塊圧延を経て、線材または棒鋼に熱間加工
する。 【0033】本願発明の請求項2として、ソーキング処
理条件を1523K以上×18000〜72000秒と
した理由について以下に説明する。まず、ソーキング処
理温度を1523K以上とするのは、1523K未満の
温度では実用上有効な処理時間の範囲内に対して充分な
効果が得られず、熱間加工後のフェライトバンドの評点
を1〜3とすることができないため、浸炭時の粗大粒抑
制効果が充分に発揮できないためである。また、ソーキ
ング処理時間を18000〜72000秒とするのは、
18000秒未満ではその効果が不十分となり、熱間加
工後のフェライトバンドの評点を1〜3とすることがで
きないため、浸炭時の粗大粒抑制効果が充分に発揮でき
なくなるためである。一方、72000秒を超える場合
にはソーキングによる効果は飽和する傾向にあり、また
コスト面からも実際的ではない。以上の理由により、ソ
ーキング処理条件を、1523K以上×18000〜7
2000秒とする。 【0034】本願発明では、鋳片のサイズ、凝固時の冷
却速度、分塊圧延条件については特に限定するものでは
なく、本発明の用件を満足すればいずれの条件でも良
い。また、本願発明鋼は、圧延ままの棒鋼を冷間鍛造で
部品に成形する工程のみならず、冷間鍛造の前に焼鈍工
程や温・熱間鍛造を経る場合、温・熱間鍛造にて部品に
成形される場合、切削工程で部品に成形される場合にも
適用可能である。 【0035】 【実施例】以下に、本発明の実施例を具体的に示す。表
1に示す組成を有する肌焼鋼を通常の溶製方法にて作製
し、鍛伸後種々の条件にてソーキング処理を行い、引き
続きこれをさらに鍛伸し、14mmφ×21mmHの冷
間据込み試験片を作製した。その後、圧下率50%の冷
間据込みを行い、各温度にて浸炭シミュレーション試験
を行った。浸炭シミュレーションの条件は、1198〜
1323K×21600秒加熱−水冷であり、腐食によ
り旧オーステナイト粒径を観察して結晶粒粗大化温度を
求めた。実用の浸炭処理温度から結晶粒粗大化温度が1
223K以下のものは結晶粒粗大化防止特性に劣ると判
断した。なお、旧オーステナイト粒度の測定は、JIS
G 0551に準じて行い、400倍で5視野以上観
察し、粒度番号6番以下の粗粒が1つでも存在する場
合、粗粒発生と判定した。また、冷間据込み試験片から
AlNの析出量を化学分析により求めるとともに、ソー
キング処理後の鍛伸材の組織観察を行い鍛伸方向に平行
な断面におけるフェライトバンドの評点も測定した。 【0036】 【表1】 【0037】これらの調査結果を、ソーキング条件およ
び1223K浸炭時のオーステナイト粒度とあわせて表
2に示す。また、図2に熱間圧延方向に平行な断面組織
のフェライトバンド評点と結晶粒粗大化温度の関係を示
す。表1に示す本発明鋼No.1、No.2の結晶粒粗
大化温度は、1248K以上であり、実用上一般に行わ
れる浸炭温度のなかで最も高い1223Kに対しても、
粗大粒の発生を防止できることは明らかである。 【0038】 【表2】 【0039】 【発明の効果】以上説明したとおり、本発明の粗大粒防
止特性に優れた肌焼鋼とその製造方法を用いれば、浸炭
時の結晶粒の粗大化が抑制されるために、焼入れ歪みに
よる寸法精度の劣化が従来よりも極めて少なくなる。こ
れにより、粗大粒発生の点からこれまで冷鍛化が困難で
あった部品に対しても、冷鍛化が可能となり、本発明に
よる産業上への効果は極めて顕著なるものがある。
【図面の簡単な説明】 【図1】熱間圧延後のAlNの析出量と結晶粒粗大化温
度の関係を示すグラフである。 【図2】熱間圧延方向に平行な断面組織のフェライトバ
ンド評点と結晶粒粗大化温度の関係を示すグラフであ
る。 【図3】縞状組織の程度を数量的に表す金属組織写真で
ある。

Claims (1)

  1. 【特許請求の範囲】 【請求項1 】 質量%で、C:0.1〜0.35%、S
    i:0.02〜0.5%、Mn:0.3〜1.8%、
    S:0.005〜0.15%、Al:0.02〜0.0
    5%、N:0.005〜0.015%を含有し、さら
    に、Cr:0.4〜1.8%、Mo:0.02〜1.0
    %、Ni:0.1〜3.5%から選んだ1種または2種
    以上を含有し、P:0.025%以下、Ti:0.01
    %以下、O:15ppm以下にそれぞれ制限し、残部が
    Feおよび不可避的不純物からなり、熱間加工後のAl
    Nの析出量を0.004%以下に制限し、熱間圧延方向
    に平行な断面組織のフェライトバンドの評点が1〜3で
    あることを特徴とする粗大粒防止特性に優れた肌焼鋼。 【請求項2】 質量%で、C:0.1〜0.35%、S
    i:0.02〜0.5%、Mn:0.3〜1.8%、
    S:0.005〜0.15%、Al:0.02〜0.0
    5%、N:0.005〜0.015%を含有し、さら
    に、Cr:0.4〜1.8%、Mo:0.02〜1.0
    %、Ni:0.1〜3.5%、V:0.03〜0.5%
    から選んだ1種または2種以上を含有し、P:0.02
    5%以下、Ti:0.01%以下、O:15ppm 以下に
    それぞれ制限し、残部がFeおよび不可避的不純物から
    なる鋼を、加熱温度1523K以上にて18000〜7
    2000秒のソーキング処理に引き続いて熱間圧延によ
    り線材または棒鋼に熱間加工して、熱間圧延方向に平行
    な断面組織のフェライトバンドの評点を1〜3である鋼
    とすることを特徴とする粗大粒防止特性に優れた肌焼鋼
    の製造方法。
JP2000041732A 2000-02-18 2000-02-18 結晶粒度特性に優れた鋼およびその製造方法 Pending JP2001234284A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000041732A JP2001234284A (ja) 2000-02-18 2000-02-18 結晶粒度特性に優れた鋼およびその製造方法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000041732A JP2001234284A (ja) 2000-02-18 2000-02-18 結晶粒度特性に優れた鋼およびその製造方法

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2001234284A true JP2001234284A (ja) 2001-08-28

Family

ID=18564917

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2000041732A Pending JP2001234284A (ja) 2000-02-18 2000-02-18 結晶粒度特性に優れた鋼およびその製造方法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2001234284A (ja)

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002030339A (ja) * 2000-07-19 2002-01-31 Mitsubishi Seiko Muroran Tokushuko Kk Vを含有しない熱間鍛造用非調質鋼
JP2011006734A (ja) * 2009-06-25 2011-01-13 Sumitomo Metal Ind Ltd 真空浸炭用鋼および真空浸炭部品
CN102653843A (zh) * 2012-05-24 2012-09-05 宝山钢铁股份有限公司 一种渗碳轴承钢
CN104245987A (zh) * 2012-04-24 2014-12-24 株式会社神户制钢所 冷加工用机械结构用钢及其制造方法
CN109161658A (zh) * 2018-10-09 2019-01-08 江阴兴澄特种钢铁有限公司 一种风力发电机主轴轴承用钢及其生产方法

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002030339A (ja) * 2000-07-19 2002-01-31 Mitsubishi Seiko Muroran Tokushuko Kk Vを含有しない熱間鍛造用非調質鋼
JP2011006734A (ja) * 2009-06-25 2011-01-13 Sumitomo Metal Ind Ltd 真空浸炭用鋼および真空浸炭部品
CN104245987A (zh) * 2012-04-24 2014-12-24 株式会社神户制钢所 冷加工用机械结构用钢及其制造方法
US9914990B2 (en) 2012-04-24 2018-03-13 Kobe Steel, Ltd. Steel for mechanical structure for cold working, and method for manufacturing same
CN102653843A (zh) * 2012-05-24 2012-09-05 宝山钢铁股份有限公司 一种渗碳轴承钢
CN109161658A (zh) * 2018-10-09 2019-01-08 江阴兴澄特种钢铁有限公司 一种风力发电机主轴轴承用钢及其生产方法

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP6302722B2 (ja) ばね疲労特性に優れた高強度複相ステンレス鋼線材、及びその製造方法、ならびにばね疲労特性に優れた高強度複相ステンレス鋼線
WO2016148037A1 (ja) 冷間加工性と浸炭熱処理後の靱性に優れる浸炭用鋼板
WO2015060223A1 (ja) 冷間加工性と浸炭熱処理後の表面硬さに優れる熱延鋼板
JP3764586B2 (ja) 冷間加工性と低浸炭歪み特性に優れた肌焼鋼の製造方法
JP6143355B2 (ja) 絞り加工性と浸炭熱処理後の表面硬さに優れる熱延鋼板
JP2004238702A (ja) 耐低サイクル衝撃疲労特性に優れた浸炭部品
JP3809004B2 (ja) 高強度特性と低熱処理歪み特性に優れた高周波焼入れ用鋼材とその製造方法
JP2876968B2 (ja) 高延性を有する高強度鋼板およびその製造方法
JP3094856B2 (ja) 高強度高靭性肌焼き用鋼
JP3255296B2 (ja) 高強度ばね用鋼およびその製造方法
JP3485805B2 (ja) 高い疲れ限度比を有する熱間鍛造非調質鋼およびその製造方法
JP3738004B2 (ja) 冷間加工性と浸炭時の粗大粒防止特性に優れた肌焼用鋼材とその製造方法
JP3738003B2 (ja) 冷間加工性と浸炭時の粗大粒防止特性に優れた肌焼用鋼材およびその製造方法
JP3764627B2 (ja) 浸炭時に異常組織を生成しない冷間鍛造用肌焼ボロン鋼とその製造方法
JP2716301B2 (ja) 結晶粒度安定化肌焼用鋼の製造方法
JP2002167652A (ja) 高強度・高耐疲労特性に優れた薄板材
JP2001279383A (ja) 高温浸炭特性に優れた高温浸炭用鋼ならびに高温浸炭用熱間鍛造部材
JP2001234284A (ja) 結晶粒度特性に優れた鋼およびその製造方法
JPH11181542A (ja) 冷間加工性と高周波焼入れ性に優れた高周波焼入れ用鋼材とその製造方法
WO2020194653A1 (ja) 高周波焼入れが実施される鋼
JPH11106866A (ja) 粗大粒防止特性に優れた肌焼鋼とその製造方法
JP2001271143A (ja) 耐リジング性に優れたフェライト系ステンレス鋼及びその製造方法
JP2002146480A (ja) 冷間加工性に優れた線材・棒鋼およびその製造方法
JPH1150191A (ja) 浸炭軸状部品とその製造方法
JPH08260039A (ja) 浸炭肌焼鋼の製造方法

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20040402

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20050711

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20050719

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20050920

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20060328