JP2001229718A - 熱電ランプ - Google Patents

熱電ランプ

Info

Publication number
JP2001229718A
JP2001229718A JP2000040568A JP2000040568A JP2001229718A JP 2001229718 A JP2001229718 A JP 2001229718A JP 2000040568 A JP2000040568 A JP 2000040568A JP 2000040568 A JP2000040568 A JP 2000040568A JP 2001229718 A JP2001229718 A JP 2001229718A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
thermoelectric
copper
junction
lamp
thermoelectric element
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2000040568A
Other languages
English (en)
Inventor
Motoo Sugawara
元雄 菅原
Original Assignee
Fujitsu General Ltd
株式会社富士通ゼネラル
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Fujitsu General Ltd, 株式会社富士通ゼネラル filed Critical Fujitsu General Ltd
Priority to JP2000040568A priority Critical patent/JP2001229718A/ja
Publication of JP2001229718A publication Critical patent/JP2001229718A/ja
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Classifications

    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F21LIGHTING
    • F21LLIGHTING DEVICES OR SYSTEMS THEREOF, BEING PORTABLE OR SPECIALLY ADAPTED FOR TRANSPORTATION
    • F21L13/00Electric lighting devices with built-in electric generators
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F21LIGHTING
    • F21VFUNCTIONAL FEATURES OR DETAILS OF LIGHTING DEVICES OR SYSTEMS THEREOF; STRUCTURAL COMBINATIONS OF LIGHTING DEVICES WITH OTHER ARTICLES, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • F21V29/00Protecting lighting devices from thermal damage; Cooling or heating arrangements specially adapted for lighting devices or systems
    • F21V29/50Cooling arrangements
    • F21V29/70Cooling arrangements characterised by passive heat-dissipating elements, e.g. heat-sinks
    • F21V29/74Cooling arrangements characterised by passive heat-dissipating elements, e.g. heat-sinks with fins or blades
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F21LIGHTING
    • F21LLIGHTING DEVICES OR SYSTEMS THEREOF, BEING PORTABLE OR SPECIALLY ADAPTED FOR TRANSPORTATION
    • F21L4/00Electric lighting devices with self-contained electric batteries or cells
    • F21L4/005Electric lighting devices with self-contained electric batteries or cells the device being a pocket lamp
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F21LIGHTING
    • F21SNON-PORTABLE LIGHTING DEVICES; SYSTEMS THEREOF; VEHICLE LIGHTING DEVICES SPECIALLY ADAPTED FOR VEHICLE EXTERIORS
    • F21S9/00Lighting devices with a built-in power supply; Systems employing lighting devices with a built-in power supply
    • F21S9/04Lighting devices with a built-in power supply; Systems employing lighting devices with a built-in power supply the power supply being a generator

Abstract

(57)【要約】 【課題】 乾電池の準備をする必要がなく、また、電池
切れの心配もないランプを提供する。 【解決手段】 加熱部として、例えば熱電素子1の一方
の接合部1aと熱結合させたアルミニウム、銅その他の
高熱伝導材料からなる握棒3を設ける。また冷却部とし
て、熱電素子1の他方の接合部1bと熱結合させたアル
ミニウム、銅その他の高熱伝導材料からなる放熱フィン
4を設ける。握棒3を手で握ることで熱電素子1の一方
の接合部1aが加熱され、また放熱フィン4から外周の
空気中に放熱されるために他方の接合部1bが冷却され
る。そのため両接合部間で温度差が生じ、ゼーベック効
果により熱電素子1に電圧が発生する。この電圧をラン
プ2に供給することで、ランプ2を点灯させることがで
きる。

Description

【発明の詳細な説明】

【0001】

【発明の属する技術分野】本発明は、ゼーベック効果で
電圧を発生する熱電素子を使用した電池が無くても点灯
できる熱電ランプに関する。

【0002】

【従来の技術】地震等の非常時やキャンプ等で使用する
懐中電灯等は、一般に乾電池を用いてランプを点灯して
いた。そのため、乾電池の準備をしていなかった場合
や、準備をしていても容量が無くなって電池切れとなっ
た場合には点灯できず、非常時でも懐中電灯が使用でい
ないという不都合があった。

【0003】

【発明が解決しようとする課題】本発明は上記問題点に
鑑みなされたもので、乾電池の準備をする必要がなく、
また、電池切れの心配もないランプを提供することを目
的とする。

【0004】

【課題を解決するための手段】ゼーベック効果により電
圧を発生する熱電素子と、その熱電素子の一方の接合部
に熱結合してその接合部を加熱する加熱部と、他方の接
合部に熱結合してその接合部を冷却する冷却部と、熱電
素子から発生する電圧で点灯するランプを設け、加熱部
を暖め冷却部から放熱することにより熱電素子から発生
する電圧でランプを点灯するようにする。

【0005】加熱部は、熱電素子の一方の接合部と熱結
合したアルミニウム、銅その他の高熱伝導材料からなる
手で把握できる握棒とし、冷却部は、熱電素子の他方の
接合部と熱結合したアルミニウム、銅その他の高熱伝導
材料からなる外周の空気中に放熱する放熱フィンとす
る。

【0006】加熱部は、熱電素子の一方の接合部に熱結
合したアルミニウム、銅その他の高熱伝導材料からなる
額に巻くバンドから構成し、冷却部は、熱電素子の他方
の接合部と熱結合したアルミニウム、銅その他の高熱伝
導材料からなる外周の空気中に放熱する放熱フィンとす
る。

【0007】加熱部は、熱電素子の一方の接合部と熱結
合したアルミニウム、銅その他の高熱伝導材料からなる
湯を入れる容器とし、冷却部は、熱電素子の他方の接合
部と熱結合したアルミニウム、銅その他の高熱伝導材料
からなる外周の空気中に放熱する放熱フィンとする。

【0008】加熱部は、熱電素子の一方の接合部と熱結
合したアルミニウム、銅その他の高熱伝導材料からなる
外周空気から吸熱する吸熱フィンとし、冷却部は、熱電
素子の他方の接合部と熱結合したアルミニウム、銅その
他の高熱伝導材料からなる冷水を入れる容器とする。

【0009】加熱部は、熱電素子の一方の接合部と熱結
合したアルミニウム、銅その他の高熱伝導材料からなる
湯を入れる容器とし、冷却部は、熱電素子の他方の接合
部と熱結合したアルミニウム、銅その他の高熱伝導材料
からなる冷水を入れる容器とする。

【0010】加熱部は、熱電素子の一方の接合部と熱結
合したアルミニウム、銅その他の高熱伝導材料からなる
コンロ、火鉢、たき火その他の同様な加熱手段で暖める
板とし、冷却部は、熱電素子の他方の接合部と熱結合し
たアルミニウム、銅その他の高熱伝導材料からなる外周
空気に放熱する放熱フィンとする。

【0011】ランプは、LED(Light Emitting Diod
e)とする。

【0012】熱電素子の一方の接合部と熱結合したアル
ミニウム、銅その他の高熱伝導材料からなる外周部と熱
交換を行う熱交換フィンと、他方の接合部と熱結合した
アルミニウム、銅その他の高熱伝導材料からなる湯又は
冷水を入れる容器と、熱電素子から発生する電圧の極性
を切り替える極性切替スイッチを設け、その切替スイッ
チを切り替えることにより容器に湯又は冷水のいずれを
入れたときにもLEDが点灯するようにする。

【0013】

【発明の実施の形態】以下に本発明の実施の形態につい
て、図を用いて説明する。図1は、本発明による熱電ラ
ンプの1実施の形態を示す(A)側面図、(B)正面図
である。熱電素子1の両接合部1a、1bに温度差を与
えて、ゼーベック効果により電圧を発生させて、その電
圧でランプ2を点灯させる。これにより電池がなくても
点灯する熱電ランプが得られる。熱電素子1の両接合部
1a、1bに温度差を与えるために、一方の接合部1a
に熱結合してその接合部を加熱する加熱部と、他方の接
合部1bに熱結合してその接合部を冷却する冷却部とを
設ける。加熱部としては、例えばを熱電素子1の一方の
接合部1aと熱結合させたアルミニウム、銅その他の高
熱伝導材料からなる握棒3とする。また冷却部として
は、熱電素子1の他方の接合部1bと熱結合させたアル
ミニウム、銅その他の高熱伝導材料からなる放熱フィン
4とする。握棒3を手で握ることで熱電素子1の一方の
接合部1aが加熱され、また放熱フィン4から外周の空
気中に放熱されるために他方の接合部1bが冷却され
る。そのため両接合部間で温度差が生じ、ゼーベック効
果により熱電素子1に電圧が発生する。この電圧をラン
プ2に供給することで、ランプ2を点灯させることがで
きる。なお、ランプ2は、低電圧、高効率で点灯するL
ED(Light Emitting Diode)が最適である。また、ラ
ンプ2には、反射鏡2aを付設すると、先方を明るく照
らすことができる。

【0014】図2は、本発明による熱電ランプの別の実
施の形態を示す(A)平面図、(B)正面図である。加
熱部としては、熱電素子21の一方の接合部21aに熱
結合したアルミニウム、銅その他の高熱伝導材料からな
る額に巻くバンド23とする。また、冷却部としては、
熱電素子21の他方の接合部21bと熱結合したアルミ
ニウム、銅その他の高熱伝導材料からなる外周の空気中
に放熱する放熱フィン24とする。バンド23を接合部
21b付近が額にくるように頭に巻くことで、熱電素子
21の一方の接合部21aが加熱され、また放熱フィン
24から外周の空気中に放熱されるために他方の接合部
21bが冷却される。そのため両接合部間で温度差が生
じ、ゼーベック効果により熱電素子21に電圧が発生す
る。この電圧をLED等からなるランプ22に供給する
ことで、ランプ22を点灯させることができる。

【0015】図3は、本発明による熱電ランプのさらに
別の実施の形態を示す(A)側面図、(B)正面図であ
る。加熱部は、熱電素子31の一方の接合部31aと熱
結合したアルミニウム、銅その他の高熱伝導材料からな
る湯を入れる容器33とする。また、冷却部は、熱電素
子31の他方の接合部31bと熱結合したアルミニウ
ム、銅その他の高熱伝導材料からなる外周の空気中に放
熱する放熱フィン34とする。容器33に湯を入れるこ
とで、熱電素子31の一方の接合部31aが加熱され、
また放熱フィン34から外周の空気中に放熱されるため
に他方の接合部31bが冷却される。そのため両接合部
間で温度差が生じ、ゼーベック効果により熱電素子31
に電圧が発生する。この電圧をLED等からなるランプ
32に供給することで、ランプ32を点灯させることが
できる。なお、容器33の周囲には断熱材33aを設け
ることで湯が冷めにくくなり、ランプ32の点灯時間が
長くなる。

【0016】また別の実施の形態としては、図3におい
て、加熱部は熱電素子31の一方の接合部31bと熱結
合したアルミニウム、銅その他の高熱伝導材料からなる
外周空気から吸熱する吸熱フィン34とし、冷却部は、
熱電素子31の他方の接合部31aと熱結合したアルミ
ニウム、銅その他の高熱伝導材料からなる冷水を入れる
容器33とする。容器33に湧き水や氷水等の冷水を入
れることで、熱電素子21の一方の接合部31bが冷却
され、また放熱フィン34が外周の空気から吸熱するた
めに他方の接合部31bが加熱される。そのため両接合
部間で温度差が生じ、ゼーベック効果により熱電素子3
1に電圧が発生する。この電圧をLED等からなるラン
プ32が点灯する極性で供給することで、ランプ32を
点灯させることができる。さらには、極性切替スイッチ
(図示せず)を設けて、熱電素子31から発生する電圧
の極性をLED等からなるランプ32が点灯するように
切り替えることで、容器33に湯又は冷水のいずれを入
れたときにもランプ32を点灯するようにすることもで
きる。

【0017】図4は、本発明による熱電ランプの他の実
施の形態を示す(A)側面図、(B)正面図である。加
熱部は、熱電素子41の一方の接合部41aと熱結合し
たアルミニウム、銅その他の高熱伝導材料からなる湯を
入れる容器43とする。また、冷却部は、熱電素子41
の他方の接合部41bと熱結合したアルミニウム、銅そ
の他の高熱伝導材料からなる冷水を入れる容器44とす
る。容器43に湯を入れることで、熱電素子41の一方
の接合部41aが加熱され、また容器44に湧き水や氷
水等の冷水を入れることで他方の接合部41bが冷却さ
れる。そのため両接合部間で温度差が生じ、ゼーベック
効果により熱電素子41に電圧が発生する。この電圧を
LED等からなるランプ42に供給することで、ランプ
42を点灯させることができる。

【0018】図5は、本発明による熱電ランプのさらに
他の実施の形態を示す(A)側面図、(B)正面図であ
る。加熱部は、熱電素子51の一方の接合部51aと熱
結合したアルミニウム、銅その他の高熱伝導材料からな
るコンロ55や火鉢、たき火その他の同様な加熱手段で
暖める板53とする。また、冷却部は、熱電素子51の
他方の接合部51bと熱結合したアルミニウム、銅その
他の高熱伝導材料からなる外周空気に放熱する放熱フィ
ン54とする。板53をコンロ55等で暖めることで、
熱電素子51の一方の接合部51aが加熱され、また放
熱フィン54から外周の空気中に放熱されるために他方
の接合部51bが冷却される。そのため両接合部間で温
度差が生じ、ゼーベック効果により熱電素子51に電圧
が発生する。この電圧をLED等からなるランプ52に
供給することで、ランプ52を点灯させることができ
る。

【0019】

【発明の効果】ゼーベック効果により電圧を発生する熱
電素子と、その熱電素子の一方の接合部に熱結合してそ
の接合部を加熱する加熱部と、他方の接合部に熱結合し
てその接合部を冷却する冷却部と、熱電素子から発生す
る電圧で点灯するランプを設け、加熱部を暖め冷却部か
ら放熱することにより熱電素子から発生する電圧でラン
プを点灯するようにすることで、乾電池の準備をする必
要がなく、また、電池切れの心配もないランプを提供す
ることが可能となる。

【図面の簡単な説明】

【図1】本発明による熱電ランプの1実施の形態を示す
(A)側面図、(B)正面図である。

【図2】本発明による熱電ランプの別の実施の形態を示
す(A)平面図、(B)正面図である。

【図3】本発明による熱電ランプのさらに別の実施の形
態を示す(A)側面図、(B)正面図である。

【図4】本発明による熱電ランプの他の実施の形態を示
す(A)側面図、(B)正面図である。

【図5】本発明による熱電ランプのさらに他の実施の形
態を示す(A)側面図、(B)正面図である。

【符号の説明】

1 熱電素子 2 ランプ 3 握棒 4 放熱フィン 21 熱電素子 22 ランプ 23 バンド 24 放熱フィン 31 熱電素子 32 ランプ 33 容器 34 放熱フィン、又は吸熱フィン 41 熱電素子 42 ランプ 43 容器 44 容器 51 熱電素子 52 ランプ 53 板 54 放熱フィン 55 コンロ

Claims (9)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 ゼーベック効果により電圧を発生する熱
    電素子と、その熱電素子の一方の接合部に熱結合してそ
    の接合部を加熱する加熱部と、他方の接合部に熱結合し
    てその接合部を冷却する冷却部と、熱電素子から発生す
    る電圧で点灯するランプを設け、加熱部を暖め冷却部か
    ら放熱することにより熱電素子から発生する電圧でラン
    プを点灯するようにしてなる熱電ランプ。
  2. 【請求項2】 加熱部は、熱電素子の一方の接合部と熱
    結合したアルミニウム、銅その他の高熱伝導材料からな
    る手で把握できる握棒とし、冷却部は、熱電素子の他方
    の接合部と熱結合したアルミニウム、銅その他の高熱伝
    導材料からなる外周の空気中に放熱する放熱フィンとす
    ることを特徴とした請求項1記載の熱電ランプ。
  3. 【請求項3】 加熱部は、熱電素子の一方の接合部に熱
    結合したアルミニウム、銅その他の高熱伝導材料からな
    る額に巻くバンドから構成し、冷却部は、熱電素子の他
    方の接合部と熱結合したアルミニウム、銅その他の高熱
    伝導材料からなる外周の空気中に放熱する放熱フィンと
    することを特徴とした請求項1記載の熱電ランプ。
  4. 【請求項4】 加熱部は、熱電素子の一方の接合部と熱
    結合したアルミニウム、銅その他の高熱伝導材料からな
    る湯を入れる容器とし、冷却部は、熱電素子の他方の接
    合部と熱結合したアルミニウム、銅その他の高熱伝導材
    料からなる外周の空気中に放熱する放熱フィンとするこ
    とを特徴とした請求項1記載の熱電ランプ。
  5. 【請求項5】 加熱部は、熱電素子の一方の接合部と熱
    結合したアルミニウム、銅その他の高熱伝導材料からな
    る外周空気から吸熱する吸熱フィンとし、冷却部は、熱
    電素子の他方の接合部と熱結合したアルミニウム、銅そ
    の他の高熱伝導材料からなる冷水を入れる容器とするこ
    とを特徴とした請求項1記載の熱電ランプ。
  6. 【請求項6】 加熱部は、熱電素子の一方の接合部と熱
    結合したアルミニウム、銅その他の高熱伝導材料からな
    る湯を入れる容器とし、冷却部は、熱電素子の他方の接
    合部と熱結合したアルミニウム、銅その他の高熱伝導材
    料からなる冷水を入れる容器とすることを特徴とした請
    求項1記載の熱電ランプ。
  7. 【請求項7】 加熱部は、熱電素子の一方の接合部と熱
    結合したアルミニウム、銅その他の高熱伝導材料からな
    るコンロ、火鉢、たき火その他の加熱手段で暖める板と
    し、冷却部は、熱電素子の他方の接合部と熱結合したア
    ルミニウム、銅その他の高熱伝導材料からなる外周空気
    に放熱する放熱フィンとすることを特徴とした請求項1
    記載の熱電ランプ。
  8. 【請求項8】 ランプは、LED(Light Emitting Dio
    de)とすることを特徴とした請求項1記載の熱電ラン
    プ。
  9. 【請求項9】 熱電素子の一方の接合部と熱結合したア
    ルミニウム、銅その他の高熱伝導材料からなる外周部と
    熱交換を行う熱交換フィンと、他方の接合部と熱結合し
    たアルミニウム、銅その他の高熱伝導材料からなる湯又
    は冷水を入れる容器と、熱電素子から発生する電圧の極
    性を切り替える極性切替スイッチを設け、その切替スイ
    ッチを切り替えることにより容器に湯又は冷水のいずれ
    を入れたときにもLEDが点灯するようにすることを特
    徴とした請求項8記載の熱電ランプ。
JP2000040568A 2000-02-18 2000-02-18 熱電ランプ Pending JP2001229718A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000040568A JP2001229718A (ja) 2000-02-18 2000-02-18 熱電ランプ

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000040568A JP2001229718A (ja) 2000-02-18 2000-02-18 熱電ランプ

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2001229718A true JP2001229718A (ja) 2001-08-24

Family

ID=18563930

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2000040568A Pending JP2001229718A (ja) 2000-02-18 2000-02-18 熱電ランプ

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2001229718A (ja)

Cited By (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005283911A (ja) * 2004-03-29 2005-10-13 Fuji Photo Film Co Ltd エレクトロルミネッセンス表示パネル
WO2010009108A3 (en) * 2008-07-15 2010-10-07 Mark Bedard Self-powered electrical system
WO2010133814A1 (en) * 2009-05-19 2010-11-25 Michael Graham Reid Generating electrical power from heating system using thermoelectric generator
WO2014194792A1 (zh) * 2013-06-04 2014-12-11 东莞市和旺电器有限公司 一种便携式温差发电照明装置
WO2015004544A1 (en) * 2013-07-11 2015-01-15 Makosinski Ann Thermoelectrically powered portable light source
EP3021369A1 (en) * 2014-11-14 2016-05-18 J Touch Corporation Thermoelectric power generator
WO2019202277A1 (fr) 2018-04-20 2019-10-24 ANDREE, Jean-Marie Lampe electrique a consommation reduite et dispositif d'eclairage public associe

Cited By (11)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005283911A (ja) * 2004-03-29 2005-10-13 Fuji Photo Film Co Ltd エレクトロルミネッセンス表示パネル
WO2010009108A3 (en) * 2008-07-15 2010-10-07 Mark Bedard Self-powered electrical system
WO2010133814A1 (en) * 2009-05-19 2010-11-25 Michael Graham Reid Generating electrical power from heating system using thermoelectric generator
WO2014194792A1 (zh) * 2013-06-04 2014-12-11 东莞市和旺电器有限公司 一种便携式温差发电照明装置
WO2015004544A1 (en) * 2013-07-11 2015-01-15 Makosinski Ann Thermoelectrically powered portable light source
US20160128141A1 (en) * 2013-07-11 2016-05-05 Ann MAKOSINSKI Thermoelectrically powered portable light source
WO2017118947A1 (en) * 2013-07-11 2017-07-13 Makotronics Enterprises Inc. Thermoelectrically powered portable light source
US9723659B2 (en) 2013-07-11 2017-08-01 Makotronics Enterprises Inc. Thermoelectrically powered portable light source
US10178713B2 (en) * 2013-07-11 2019-01-08 Makotronics Enterprises Inc. Thermoelectrically powered portable light source
EP3021369A1 (en) * 2014-11-14 2016-05-18 J Touch Corporation Thermoelectric power generator
WO2019202277A1 (fr) 2018-04-20 2019-10-24 ANDREE, Jean-Marie Lampe electrique a consommation reduite et dispositif d'eclairage public associe

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US7089749B1 (en) Thermoelectrically heated/cooled cupholder system
US4470263A (en) Peltier-cooled garment
US9791140B2 (en) Light module
CN101457913B (zh) 发光二极管灯具
US4759190A (en) Vehicle thermoelectric cooling and heating food and drink appliance
US7465069B2 (en) High-power LED package structure
US20040112884A1 (en) Electric heating system for a motor vehicle
US5941077A (en) Chill-hot buffet serving tray
US20070236920A1 (en) Flashlight providing thermal protection for electronic elements thereof
US20070102033A1 (en) Dynamic heat sink for light emitting diodes
JP4805347B2 (ja) 発光ダイオード・クラスタ・ランプ
US5343368A (en) Thermally neutral portable power sources
JP2012531703A (ja) 熱管理装置
CN101424394A (zh) 散热装置及其应用的发光二极管灯具
JP4991696B2 (ja) 高出力高効率パッケージ組込み型ダイオードランプ
FR2809451B1 (fr) Moteur thermique a circuit de refroidissement et echangeur de chaleur de chauffage, relie a celui-ci
CN100576625C (zh) 蓄能模块及带有这种蓄能模块的手持工具机
DE102007005520A1 (de) Fahrzeug mit einem thermoelektrischen Generator
TW201135146A (en) Reflective illumination device
KR101449293B1 (ko) 냉온장 컵홀더
KR20040092730A (ko) 열전모듈을 이용한 휴대용 냉각장치
JPH10220909A (ja) 流体温度制御装置
US20070008727A1 (en) Lamp housing with interior cooling by a thermoelectric device
CN101539275A (zh) 照明装置及其光引擎
US4581898A (en) Small thermoelectric cooler