JP2001219211A - 熱間圧延における幅制御方法 - Google Patents

熱間圧延における幅制御方法

Info

Publication number
JP2001219211A
JP2001219211A JP2000030033A JP2000030033A JP2001219211A JP 2001219211 A JP2001219211 A JP 2001219211A JP 2000030033 A JP2000030033 A JP 2000030033A JP 2000030033 A JP2000030033 A JP 2000030033A JP 2001219211 A JP2001219211 A JP 2001219211A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
width
slab
edger
sizing press
reduction
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2000030033A
Other languages
English (en)
Other versions
JP4091724B2 (ja
Inventor
Shigeru Kihara
茂 木原
Nobuo Fukui
信夫 福井
Nobuaki Ito
信明 伊藤
Original Assignee
Nippon Steel Corp
新日本製鐵株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Nippon Steel Corp, 新日本製鐵株式会社 filed Critical Nippon Steel Corp
Priority to JP2000030033A priority Critical patent/JP4091724B2/ja
Publication of JP2001219211A publication Critical patent/JP2001219211A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4091724B2 publication Critical patent/JP4091724B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 鋼材などのスラブを、サイジングプレスとエ
ッジャ−と圧延ロールが順に配設された設備により、広
幅スラブから所定幅の圧延材とするに際し、圧延材の幅
精度を向上させ、幅落ち込みに対して効果的な方法を提
供する。 【解決手段】 サイジングプレス入側のスラブの幅を予
測しまたは測定し、該予測値または測定値に基づいてサ
イジングプレスによる幅圧下量を調整したのち、開度一
定のエッジャーでは幅圧下を行わず、圧延ロールにより
水平圧下を行う。 【効果】 圧延材先端および後端の幅落ち込み部の切捨
て量が減少するため、製造歩留まりが大幅に向上する。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、サイジングプレス
とエッジャ−と圧延ロールが順に配設された熱間圧延ラ
インにおいて、鋼材などのスラブを熱間圧延する際の圧
延材の幅制御方法に関するものである。
【0002】
【従来の技術】鋼材などの連続熱間圧延ラインの粗圧延
などにおいて、サイジングプレスおよびエッジャーによ
りスラブの幅圧下を行い、ついで圧延ロールにより水平
圧下を行って所定幅の圧延材とする場合がある。このよ
うな設備により、広幅のスラブから各種所定幅のスラブ
が得られる。
【0003】サイジングプレスでは金型により幅圧下プ
レスが行われ、エッジャーでは竪型圧延機により幅圧下
圧延が行われる。従来の一般的なエッジャーは、幅圧下
調整機能(AWC機能)がなく、両ロール間の開度を一
定にして軽度の幅圧延を行うものである。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】サイジングプレスとエ
ッジャ−と圧延ロールが順に配設された設備により、広
幅スラブから所定幅の圧延材を得る従来法において、圧
延製品に所定の幅精度が得られないという問題があっ
た。特に圧延材の先端部あるいは後端部が所定幅より狭
くなること(以下幅落ち込みという)が問題であった。
【0005】そこで本発明が解決しようとする課題は、
鋼材などのスラブを、サイジングプレスとエッジャ−と
圧延ロールが順に配設された設備により、広幅スラブか
ら所定幅の圧延材とするに際し、圧延材の幅精度を向上
させ、幅落ち込みに対して効果的な方法を提供すること
である。
【0006】
【課題を解決するための手段】上記課題を解決するため
の本発明法は、サイジングプレスとエッジャ−と圧延ロ
ールが順に配設された熱間圧延ラインにおいて、サイジ
ングプレス入側のスラブの幅を予測しまたは測定し、該
予測値または測定値に基づいてサイジングプレスによる
幅圧下量を調整したのち、開度一定のエッジャーでは幅
圧下を行わず、圧延ロールにより水平圧下を行うことを
特徴とする熱間圧延における幅制御方法である。
【0007】
【発明の実施の形態】本発明法は図1に示すようなライ
ンにおいて行われる。図1において、鋼材などの熱間ス
ラブ1は、ローラーコンベアなどの搬送装置4により矢
印の方向に送られ、サイジングプレスの金型5により幅
圧下プレスが行われ、ついでプレス後のスラブ2は、開
度一定のエッジャー6では幅圧下を行わず、圧延ロール
7により水平圧下が行われて圧延材3となる。サイジン
グプレスでは、熱間スラブ1の幅の予測値または測定値
に基づいて、金型5により比較的高圧下のプレスを行い
幅圧下量を調整する。
【0008】幅の予測値は、熱間スラブ1の材質、加熱
前のスラブ幅および厚さ、加熱温度、加熱炉在炉時間な
どの要因により経験的に得られる。測定値は幅計8をサ
イジングプレス入側に設置して計測することができる。
本発明が対象とする図1のようなライン等において、エ
ッジャー6では、熱間スラブ1のエッジの形状を整える
ために、竪型圧延機により比較的軽度の圧下が行われ、
通常は幅圧下調整機能(AWC機能)を持たず、エジャ
ー6の開度は同一スラブ内で一定である。
【0009】サイジングプレスを行う前の熱間スラブ1
の幅が、図2(a)のようにスラブ長手方向に変化して
いて、金型5により比較的高圧下のサイジングプレスを
行った後のスラブ2の幅が図2(b)のようになったと
する。これを開度一定のエッジャー6により幅圧下する
と、スラブ2の幅がエッジャー6の開度より狭い領域で
は幅圧下されず、図3(a)のように、スラブ長手方向
の一部だけが幅圧下される。
【0010】次いでこれを圧延ロール7により水平圧下
すると、図3(b)のように、エッジャー6により幅圧
下された領域が幅狭となる。しかし本発明法により、開
度一定のエッジャー6では幅圧下を行わずに、圧延ロー
ル7により水平圧下すると、図3(c)のようにスラブ
長手方向に一様な幅の圧延材が得られる。
【0011】
【発明の効果】本発明は、サイジングプレスとエッジャ
−と圧延ロールが順に配設された熱間圧延ラインにおい
て、鋼材などのスラブを熱間圧延する際の圧延材の幅制
御方法であり、サイジングプレス入側のスラブ幅を予測
または測定し、該予測値または測定値に基づいてサイジ
ングプレスの幅圧下量を調整した後、開度一定のエッジ
ャーでは幅圧下を行わずに圧延ロールにより水平圧下を
行うので、広幅スラブを所定幅の圧延材とするに際し、
圧延材の幅制度が向上し、先端および後端の幅落ち込み
部の切捨て量が減少するため、製造歩留まりが大幅に向
上する。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明法の対象設備例を示す平面図である。
【図2】(a)は本発明の対象とする熱延スラブ幅の例
を示すグラフ、(b)は同じくサイジングプレス後のス
ラブ幅の例を示すグラフである。
【図3】(a)は開度一定のエッジャーによる幅圧下後
のスラブ幅を示す従来例のグラフ、(b)は該スラブを
水平圧下した後の圧延材の幅を示す従来例のグラフ、
(c)は開度一定のエッジャーによる幅圧下を行わずに
水平圧下した後の圧延材の幅を示す本発明例のグラフで
ある。
【符号の説明】
1…熱間スラブ 2…プレス後のスラブ 3…圧延材 4…搬送装置 5…金型 6…エッジャー 7…圧延ロール 8…幅計
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 伊藤 信明 富津市新富20−1 新日本製鐵株式会社技 術開発本部内 Fターム(参考) 4E002 AB04 AD03 BB05 BC01 BC05 BD01 CA09 4E024 AA08 CC01 DD15 FF10

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 サイジングプレスとエッジャ−と圧延ロ
    ールが順に配設された熱間圧延ラインにおいて、サイジ
    ングプレス入側のスラブの幅を予測しまたは測定し、該
    予測値または測定値に基づいてサイジングプレスによる
    幅圧下量を調整したのち、開度一定のエッジャーでは幅
    圧下を行わず、圧延ロールにより水平圧下を行うことを
    特徴とする熱間圧延における幅制御方法。
JP2000030033A 2000-02-08 2000-02-08 熱間圧延における幅制御方法 Expired - Fee Related JP4091724B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000030033A JP4091724B2 (ja) 2000-02-08 2000-02-08 熱間圧延における幅制御方法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000030033A JP4091724B2 (ja) 2000-02-08 2000-02-08 熱間圧延における幅制御方法

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2001219211A true JP2001219211A (ja) 2001-08-14
JP4091724B2 JP4091724B2 (ja) 2008-05-28

Family

ID=18555103

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2000030033A Expired - Fee Related JP4091724B2 (ja) 2000-02-08 2000-02-08 熱間圧延における幅制御方法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4091724B2 (ja)

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2011005517A (ja) * 2009-06-25 2011-01-13 Jfe Steel Corp 熱延用スラブの幅圧下方法
CN101633002B (zh) * 2008-07-24 2011-06-15 宝山钢铁股份有限公司 一种板坯大侧压的控制方法
CN102989784A (zh) * 2012-12-07 2013-03-27 北京金自天正智能控制股份有限公司 一种定宽压力机板坯宽度控制方法
JP2015024417A (ja) * 2013-07-25 2015-02-05 Jfeスチール株式会社 板幅制御方法及び板幅制御装置

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN101633002B (zh) * 2008-07-24 2011-06-15 宝山钢铁股份有限公司 一种板坯大侧压的控制方法
JP2011005517A (ja) * 2009-06-25 2011-01-13 Jfe Steel Corp 熱延用スラブの幅圧下方法
CN102989784A (zh) * 2012-12-07 2013-03-27 北京金自天正智能控制股份有限公司 一种定宽压力机板坯宽度控制方法
JP2015024417A (ja) * 2013-07-25 2015-02-05 Jfeスチール株式会社 板幅制御方法及び板幅制御装置

Also Published As

Publication number Publication date
JP4091724B2 (ja) 2008-05-28

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2004290979A (ja) 厚鋼板の圧延方法
US10456818B2 (en) Simple pre-control of a wedge-type roll-gap adjustment of a roughing stand
JP2001219211A (ja) 熱間圧延における幅制御方法
KR890003645B1 (ko) 압연기의 에징 롤의 작동간격 제어방법
US6363765B1 (en) Shear deformation device for scalping
EP2762241B1 (en) Hot slab shape control equipment and shape control method
JP3332712B2 (ja) 平面形状制御方法及び平面形状制御装置
JP5775378B2 (ja) 条鋼の圧延方法
JP6172110B2 (ja) 熱延鋼板の圧延方法
NL8103206A (nl) Werkwijze voor het continu gieten van staal.
JP5949691B2 (ja) 板幅制御方法及び板幅制御装置
KR101595032B1 (ko) 후판의 도그본 제어방법
JP3112256B2 (ja) 熱間スラブの粗圧延における先後端形状制御方法
JP2001219201A (ja) 熱間幅圧下プレスにおける材料センタリング装置および方法
JP4055218B2 (ja) ステンレス鋼板の製造方法
JPH10137802A (ja) スラブの熱間圧延方法
JP2002066602A (ja) 熱間加工設備および熱間加工方法
TWI587936B (zh) 前尾端板寬控制裝置
KR101639893B1 (ko) 강편의 제조장치 및 제조방법
JP2001219202A (ja) 熱間幅圧下プレスにおけるプレス方法
JP2010075977A (ja) サイジングプレスによるスラブの成形方法
JP2920896B2 (ja) エッジドロップ制御方法
JP4016733B2 (ja) 狭フランジ幅h形鋼の圧延方法
JPH067816A (ja) 厚板圧延における平面形状制御方法
JPH0683841B2 (ja) 熱間スラブの幅圧下方法

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20040902

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20070718

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20070911

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20080122

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20080204

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20080226

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20080229

R151 Written notification of patent or utility model registration

Ref document number: 4091724

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R151

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110307

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120307

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130307

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130307

Year of fee payment: 5

S531 Written request for registration of change of domicile

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313531

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130307

Year of fee payment: 5

S533 Written request for registration of change of name

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313533

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130307

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140307

Year of fee payment: 6

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees