JP2001199937A - Cosmetic oil solution, cosmetic and preparation use for external using the same - Google Patents

Cosmetic oil solution, cosmetic and preparation use for external using the same

Info

Publication number
JP2001199937A
JP2001199937A JP2000013667A JP2000013667A JP2001199937A JP 2001199937 A JP2001199937 A JP 2001199937A JP 2000013667 A JP2000013667 A JP 2000013667A JP 2000013667 A JP2000013667 A JP 2000013667A JP 2001199937 A JP2001199937 A JP 2001199937A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
acid
alcohol
dimer
dimer acid
ester
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2000013667A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP4573383B2 (en )
Inventor
Takeshi Katayama
Takeshi Nakao
Masakazu Okumura
猛 中尾
昌和 奥村
剛 片山
Original Assignee
Nippon Fine Chem Co Ltd
日本精化株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a cosmetic oil solution excellent in safety, stability, water absorption and gloss, by esterifying dimer acid with alcohol including at least sterol, and to provide a cosmetic and an external preparation of which the both are good at safety, stability, water absorption and gloss, and further good at a feeling when used, by adding the dimer ester. SOLUTION: This dimer acid ester is obtained by esterifying the dimer acid with the sterol, preferably together with an alcohol selected from a group comprising a 1-34C straight-chain alcohol, a 3-34C branched-chain alcohol and a 6-34C unsaturated alcohol. The cosmetic and the preparation for external, use each contain the dimer ester.

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【発明の属する技術分野】 本発明はダイマー酸を少なくともステロールを含むアルコールでエステル化して得ることができるダイマー酸エステル、及び、そのダイマー酸エステルを含有する化粧料及び外用剤に関する。 Dimer acid ester present invention relates to the which may be obtained by esterifying an alcohol containing at least sterol dimer acid, and to a cosmetic and external preparation containing the dimer acid ester. より具体的には、安全性、安定性、抱水性、艶、感触に優れたダイマー酸エステル及びこのエステルを含有する安全性、安定性、抱水性、艶、使用感に優れた化粧料及び外用剤に関する。 More specifically, safety, stability, water-holding property, gloss, safety containing excellent dimer acid ester and the ester feel, stability, water-holding property, gloss, cosmetics and external use having excellent usability agent on.

【0002】 [0002]

【従来の技術】 従来から種々のエステルが化粧料、外用剤に用いられているが、それらは安全性、安定性、抱水性、艶、感触等で必ずしも十分満足できるものではなかった。 Conventionally a variety of esters cosmetics, have been used in external preparations, they safety, stability, water-holding property, gloss, was not always fully satisfactory in feeling like.

【0003】従来用いられている合成エステルとしては、例えばイソオクチル酸セチル、イソノナン酸イソデシル、パルミチン酸イソプロピル、ミリスチン酸オクチルドデシル、ステアリン酸オクチル、イソステアリン酸イソステアリル、イソオクチル酸グリセリル、イソステアリン酸グリセリル、オレイン酸オクチルドデシル、リノール酸エチル、ケイ皮酸エチル、サリチル酸オクチル、パラオキシ安息香酸プロピル、フタル酸ジオクチル等を挙げることができる。 [0003] The conventionally used in which synthetic esters, e.g., isooctyl cetyl, isodecyl isononanoate, isopropyl palmitate, octyldodecyl myristate, octyl stearate, isostearyl isostearate, isooctyl glyceryl isostearate, glyceryl oleate octyldodecyl, ethyl linoleate, ethyl cinnamate, mention may be made of octyl salicylate, propyl parahydroxybenzoate, dioctyl phthalate and the like. これらの油剤は、抱水性、 These oil agents, water-holding property,
艶、皮膚や毛髪へのなじみ、使用感の面で必ずしも満足できるものではない。 Gloss, familiar to the skin and hair, not necessarily satisfactory in terms of feeling. 化粧品原料としてのダイマ−酸エステルとしては、ジイソプロピルダイマージリノレート、ジオクチルダイマージリノレート、ジイソステアリルダイマージリノレート、ジトリデシルダイマージリノレート、ジオクチルドデシルダイマージリノレートが米国CTFA(The Cosmetic, Toiletry and Fragrance A Dimer as cosmetic raw materials - The ester, diisopropyl dimer dilinoleate, dioctyl dilinoleate, diisostearyl dimer dilinoleate, ditridecyl dilinoleate, dioctyl dodecyl dilinoleate US CTFA (The Cosmetic, Toiletry and Fragrance A
ssociation)出版の国際化粧品原料辞典(Internationa ssociation) international cosmetics raw materials Dictionary of publication (Internationa
l Cosmetic Ingredient Dictionary and Handbook)に記載されているが、これらも抱水性、艶、使用感の面で不十分である。 l Cosmetic Ingredient Dictionary and Handbook) are described in, but these also water-holding property, gloss is insufficient in terms of feeling.

【0004】 [0004]

【発明が解決しようとする課題】以上のように、化粧料、外用剤の油性原料として各種のエステル類が使用されているが、それらは必ずしも十分満足できるものではなく、更に安全性、安定性、抱水性、艶、使用感の良いものが望まれていた。 As described above [0008], cosmetics, various esters as oily material of external preparations are used, they are not always sufficiently satisfactory, further safety, stability , water-holding property, gloss, a good feeling of use has been desired. 本発明は、化粧料及び外用剤の原料として安全性、安定性、抱水性、艶に優れたダイマー酸エステル類、及び、それらを配合し、それらの優れた特徴を十分に生かした化粧料及び外用剤に関する。 The present invention, safety as a raw material for cosmetics and external preparations, stability, water-holding property, good dimer acid esters in gloss, and, blended them, cosmetics and utilizing their excellent characteristics sufficiently on the external preparation.

【0005】 [0005]

【課題を解決するための手段】本発明者らは前記課題を解決すべく鋭意検討を行った結果、本発明を完成することができた。 Means for Solving the Problems The present inventors have result of intensive studies to solve the above problems, it was possible to complete the present invention. 即ち、本発明によれば、ダイマー酸を少なくともステロールを含むアルコールでエステル化することにより安全性、安定性、抱水性、艶の良い油剤を得ることができ、更にそれらのダイマー酸エステルを含有させることにより安全性、安定性、抱水性、艶、使用感の良い化粧料及び外用剤を得ることができる。 That is, according to the present invention, the safety by esterification with an alcohol containing at least sterol dimer acid, stable, water-holding property, it is possible to obtain a good oil glossy, further comprising them dimer acid ester safety by stability, water-holding property, gloss, it is possible to get a good cosmetic and external preparation of feeling.

【0006】ダイマー酸とは、不飽和脂肪酸の分子間重合反応によって得られる既知の二塩基酸であり、その工業的製造プロセスは業界でほぼ標準化されている。 [0006] The dimer acid is a known dibasic acid obtained by intermolecular polymerization of unsaturated fatty acids, their industrial production processes are substantially standardized in the industry. 例えば炭素数が11〜22の不飽和脂肪酸又はその低級アルコールエステルを粘土触媒にて2量化して得られる。 For example, the number of carbon atoms can be obtained by dimerization of unsaturated fatty acids or lower alcohol esters of 11 to 22 at clay catalyst.
工業的に得られるダイマー酸は、炭素数36を中心とする2塩基酸が主成分であるが、精製の度合いに応じ任意量のトリマー酸、モノマー酸を含有する。 Dimer acid obtained industrially is the dibasic acid, mainly the number 36 carbon, which is a main component, any amount of trimer acid according to the degree of purification, containing monomeric acid. 一般にダイマー酸の含有量は70重量%を越える程度のもの、及び、分子蒸留によってダイマー酸含有量を90%以上にまで高めたものが流通している。 In general the content of dimer acid such a degree exceeding 70% by weight, and those with increased dimer acid content up to 90% are distributed by molecular distillation. また、ダイマー化反応後には二重結合が残存するが、更に水素化を行って酸化安定性を向上させたものも販売されている。 Further, although the double bonds after the dimerization reaction remains, and is also sold those obtained by further improving the oxidative stability by performing hydrogenation. 本発明には、このような現在流通しているいずれのダイマー酸も用いることができる。 The present invention can be either a dimer acid such that currently in circulation.

【0007】 [0007]

【発明の実施の形態】以下に本発明の実施の形態について説明する。 DETAILED DESCRIPTION OF THE PREFERRED EMBODIMENTS Embodiments of the present invention will be described. 本発明のダイマー酸エステルは、例えば以下の方法で得ることができる。 Dimer acid esters of the present invention can be obtained, for example, by the following method. 即ち、ダイマー酸と少なくともステロールを含むアルコールとのエステル化により目的とするダイマー酸エステルを得る。 In other words, to obtain a dimer acid ester of interest by esterification of dimer acid with an alcohol containing at least sterol. エステル化法は特に限定されないが、一般的に通常用いられる方法で合成できる。 Esterification method is not particularly limited, it can be synthesized by generally conventional methods employed. 例えば、触媒としてパラトルエンスルホン酸、硫酸、塩酸、メタンスルホン酸、三フッ化硼素、フッ化水素等を用いて或いは無触媒で、溶剤としてベンゼン、トルエン、ヘキサン、ヘプタン等を用いて或いは無溶剤で、50〜260℃の温度で反応すれば良い。 For example, p-toluenesulfonic acid as a catalyst, sulfuric acid, hydrochloric acid, methanesulfonic acid, boron trifluoride, in with or without a catalyst using a hydrogen fluoride and the like, benzene as a solvent, toluene, hexane, and or solventless with heptane etc. in, it may be at a temperature of fifty to two hundred sixty ° C.. 又、 or,
本発明のダイマー酸エステルは、ダイマー酸低級アルコールエステルと少なくともステロールを含むアルコールとのエステル交換反応によっても得ることができる。 Dimer acid esters of the present invention can be obtained by transesterification of an alcohol containing at least sterol dimer acid lower alcohol ester. この場合は、水酸化ナトリウム、水酸化カリウム、炭酸カリウム等のアルカリ触媒、ナトリウムメトキシド、ナトリウムエトキシド、カリウムブトキシド等の金属アルコキサイド等を触媒として用いることができる。 In this case, it is possible to use sodium hydroxide, potassium hydroxide, an alkali catalyst such as potassium carbonate, sodium methoxide, sodium ethoxide, a metal alkoxide such as potassium butoxide as catalyst.

【0008】エステル化反応、エステル交換反応に際しては、ダイマー酸又はダイマー酸低級アルコールエステルとアルコールの仕込み比を変えることにより、得られるエステルの平均エステル化度を、モノエステルからジエステルの間で任意に調整することが可能である。 [0008] The esterification reaction, when an ester exchange reaction, by changing the charging ratio of dimer acid or dimer acid lower alcohol ester and alcohol, the average degree of esterification of the resulting ester, optionally between the monoester of diester it is possible to adjust. また、モノエステルは更に水酸化ナトリウム、水酸化カリウム、炭酸カリウム等のアルカリで処理してアルカリ金属塩とすることができ、更には、通常の複分解法によって他の金属塩とすることもできる。 Moreover, further sodium hydroxide monoesters, potassium hydroxide, can be an alkali metal salt by treatment with an alkali such as potassium carbonate, and further, can be other metal salts by conventional double decomposition method.

【0009】又、ダイマー酸をステロール、及び、炭素数1〜34の直鎖アルコール又は炭素数3〜34の分岐アルコール又は炭素数6〜34の不飽和アルコールから選ばれる一種のアルコールでエステル化する際には、アルコール成分として、ステロールと炭素数1〜34の直鎖アルコール及び/又は炭素数3〜34の分岐アルコール及び/又は炭素数6〜34の不飽和アルコールを混合して用いる事ができる。 [0009] Also, sterol dimer acid, and is esterified with one type of alcohol selected from unsaturated alcohols branched alcohol or a C 6-34 straight-chain alcohols or 3 to 34 carbon atoms to 34 carbon atoms the, as the alcohol component, it may be used as a mixture of linear alcohols and / or branched alcohols and / or unsaturated alcohols having a carbon number of 6 to 34 carbon atoms 3 to 34 of the sterol and 1 to 34 carbon atoms when . 又、一般にステロールは他のアルコールに比べて反応速度が遅いので、ダイマー酸のそれぞれのカルボキシル基がステロールと他のアルコールで均等にエステル化されたエステルを収率良く得たい場合には、あらかじめダイマー酸又はダイマー酸低級アルコールエステルとステロールのみを反応させてモノエステルを得た後、炭素数1〜34の直鎖アルコール又は炭素数3〜34の分岐アルコール又は炭素数6〜34の不飽和アルコールから選ばれるアルコールを更に反応させることが望ましい。 In addition, since generally sterols reaction rate is slow compared to other alcohols, equally esterified ester each of the carboxyl groups in the sterol and other alcohol dimer acid when it is desired to obtain a high yield in advance dimer after only acid or dimer acid lower alcohol ester and sterol is reacted to give the monoester, from unsaturated alcohols branched alcohol or a C 6-34 straight-chain alcohols or 3 to 34 carbon atoms to 34 carbon atoms be further reacted with alcohol selected is desirable.

【0010】ここで用いられるステロールとしては、コレステロール、ジヒドロコレステロール、デスモステロール、ラノステロール、ジヒドロラノステロール、アグノステロール、ラトステロール、シトステロール、カンペステロール、スチグマステロール、ブラシカステロール、エルゴステロールなどが例示できる。 [0010] As the sterol used herein, cholesterol, dihydrocholesterol, desmosterol, lanosterol, dihydro lanosterol, Agunosuteroru, Ratosuteroru, sitosterol, campesterol, stigmasterol, brassicasterol, etc. ergosterol can be exemplified. 大豆や菜種に含有されるステロールは、シトステロール、カンペステロール、スチグマステロール、ブラシカステロール、エルゴステロール等よりなるが、これらのステロールの混合物として得られるステロールは一般にフィトステロールと呼ばれており、本発明には各種起源のフィトステロールを用いることができる。 Sterols contained in soybean and rapeseed, sitosterol, campesterol, stigmasterol, brassicasterol, but consisting of ergosterol and the like, sterols obtained as a mixture of these sterols are generally called phytosterols, the present invention can the use of phytosterols various origins. また、フィトステロールを水素添加して用いても良い。 Moreover, phytosterols may be used by adding hydrogen.

【0011】炭素数1〜34の直鎖アルコールとしては、例えば、メタノール、エタノール、プロパノール、 [0011] Examples of the straight-chain alcohols of 1 to 34 carbon atoms, such as methanol, ethanol, propanol,
ブタノール、ペンタノール、ヘキサノール、ヘプタノール、オクタノール、ノナノール、デカノール、ウンデカノール、ドデカノール、トリデカノール、テトラデカノール、ペンタデカノール、ヘキサデカノール、ヘプタデカノール、オクタデカノール、ノナデカノール、エイコサノール、ドコサノール、テトラコサノールなどを例示できる。 Butanol, pentanol, hexanol, heptanol, octanol, nonanol, decanol, undecanol, dodecanol, tridecanol, tetradecanol, pentadecanol, hexadecanol, heptadecanol, octadecanol, nonadecanol, eicosanol, docosanol, tetracosanol and the like can be exemplified. 炭素数3〜34の分岐アルコールとしては、イソプロピルアルコール、イソブチルアルコール、イソペンチルアルコール、イソヘキサノール、イソヘプタノール、イソオクタノール、ジメチルオクタノール、イソノナノール、イソデカノール、イソウンデカノール、イソドデカノール、イソトリデカノール、イソテトラデカノール、イソペンタデカノール、イソヘキサデカノール、 The branched alcohols of 3 to 34 carbon atoms, isopropyl alcohol, isobutyl alcohol, isopentyl alcohol, isohexanol, iso heptanol, isooctanol, dimethyl octanol, isononanol, isodecanol, iso undecanol, iso-dodecanol, Isotorideka Nord, iso tetradecanol, iso-pentadecanol, iso-hexadecanol,
イソヘプタデカノール、イソオクタデカノール、イソノナデカノール、イソエイコサノール、2−エチルヘキサノール、2−ブチルオクタノール、2−ヘキシルデカノール、2−オクチルドデカノール、2−デシルテトラデカノール、2−ドデシルヘキサデカノール、2−テトラデシルオクタデカノール、2−ヘキサデシルオクタデカノール、ダイマー酸の副産物から得られるイソステアリルアルコール、ガーベット法のイソステアリン酸を還元して得られるイソステアリルアルコール、アルドール縮合法のイソステアリン酸を還元して得られるイソステアリルアルコール、ラノリンから得られる長鎖分岐アルコール(12〜34)などを例示できる。 Iso heptadecanol, isooctadecanol, isononyl Na octadecanol, isobutyl Eiko hexanol, 2-ethylhexanol, 2-butyl octanol, 2-hexyldecanol, 2-octyldodecanol, 2-decyltetradecanol, 2-dodecyl hexadecanol, 2-tetradecyl octadecanol, 2-hexadecyl-octadecanol, isostearyl alcohol it derived from a by-product of dimer acid, isostearyl alcohol obtained by reducing the isostearic acid Guerbet process, the aldol condensation isostearyl alcohol obtained by reducing isostearic acid, and long chain branched alcohols derived from lanolin (12-34) can be exemplified. 炭素数6〜34 Carbon atoms 6-34
の不飽和アルコールとしては、ウンデセノール、ラウロレノール、ミリストレノール、パルミトレノール、オレイルアルコール、エライジルアルコール、リノレイルアルコール、リノレニルアルコール、エルシルアルコール、ブラシジルアルコール、アラキジルアルコールなどが例示できる。 As the unsaturated alcohols, undecenol, Raurorenoru millimeter stress Nord, Parumitorenoru, oleyl alcohol, elaidyl alcohol, linoleyl alcohol, linolenyl alcohol, erucyl alcohol, brassidyl alcohol, arachidyl alcohol can be exemplified .

【0012】得られたエステルはその目的によりジエステルでも良いしモノエステルでも良く、又、2種類以上のアルコールの混合エステルであっても良い。 [0012] The resulting ester may be may be a diester according to the purpose monoester, or may be a mixture of two or more esters of an alcohol. このようにして得られたダイマー酸エステルはそのまま適当な用途に使用できるが、更に必要に応じて通常の方法により精製して各種用途に使用することもできる。 While such dimer acid ester obtained can be used as it is appropriate applications, it may also be used in various applications and purified by conventional methods, if necessary.

【0013】本発明によれば、分子量が約700〜1, According to the present invention, a molecular weight of about 700 to 1,
500程度の比較的高分子量のエステルを得ることができるが、それらは皮膚刺激が少なく、持続性の高い油剤を提供することができる。 It is possible to obtain a relatively high molecular weight of the ester of approximately 500, but they have less skin irritation, it is possible to provide a highly persistent oil. 更に、酸化安定性が良く、抱水性が高く、屈折率の高い艶の良い油剤を得ることができる。 Furthermore, good oxidation stability, high water-holding property, it is possible to obtain a good oil high refractive index gloss. 又、このダイマー酸エステルを含有する安全性、 Also, the safety containing the dimer acid ester,
安定性、抱水性、艶に優れ使用感の良い化粧料及び外用剤を提供することができる。 Stability, water-holding property, it is possible to provide a cosmetic and external preparation of feeling excellent gloss.

【0014】本発明化粧料へのダイマー酸エステルの配合量は、特に限定されないが、0.1〜50重量%程度であり、0.5〜30重量%が特に好ましい。 [0014] The amount of dimer acid ester to the present invention the cosmetic is not particularly limited, but is about 0.1 to 50 wt%, 0.5 to 30 wt% is particularly preferred. また、本発明化粧料には必要に応じて水及び通常化粧料に配合される添加成分、例えば油脂類、乳化剤、アルコール類、 Further, the present invention as necessary in a cosmetic additive components blended in water and normal cosmetics, such as fats and oils, emulsifiers, alcohols,
保湿剤、増粘剤、酸化防止剤、防腐剤、殺菌剤、キレート剤、pH調整剤、紫外線吸収剤、美白剤、溶剤、角質剥離・溶解剤、鎮痒剤、消炎剤、制汗剤、清涼剤、還元剤、抗ヒスタミン剤、収れん剤、刺激剤、育毛用薬剤、 Humectants, thickeners, antioxidants, preservatives, disinfectants, chelating agents, pH adjusting agents, ultraviolet absorbers, whitening, solvents, keratin peeling and dissolution agent, antipruritic agents, anti-inflammatory agents, antiperspirants, soft , reducing agents, antihistamines, astringents, stimulants, hair growth for the drug,
高分子粉体、ヒドロキシ酸、ビタミン類及びその誘導体類、糖類及びその誘導体類、有機酸類、酵素類、核酸類、ホルモン類、粘土鉱物類、香料、色素等を配合することができる。 Polymer powders, hydroxy acids, vitamins and derivatives thereof, sugars and derivatives thereof, organic acids, enzymes, nucleic acids, hormones, clay minerals, flavors may be blended with dyes.

【0015】これらの添加成分を例示すると、油脂類としては、例えばセタノール、ミリスチルアルコール、オレイルアルコール、ラウリルアルコール、セトステアリルアルコール、ステアリルアルコール、アラキルアルコール、ホホバアルコール、キミルアルコール、バチルアルコール、ヘキシルデカノール、イソステアリルアルコール、2−オクチルドデカノール等の高級アルコール類;ラウリン酸、ミリスチン酸、パルミチン酸、ステアリン酸、イソステアリン酸、ベヘン酸、ウンデシレン酸、12−ヒドロキシステアリン酸、パルミトレイン酸、オレイン酸、リノール酸、リノレイン酸、エルカ酸、ドコサヘキサエン酸、エイコサペンタエン酸、イソヘキサデカン酸、アンテイソペンタデカン酸、長鎖分岐脂肪酸等の高級脂肪酸類及 [0015] To illustrate these additive components, as the fats and oils, for example cetanol, myristyl alcohol, oleyl alcohol, lauryl alcohol, cetostearyl alcohol, stearyl alcohol, arachyl alcohol, jojoba alcohol, chimyl alcohol, batyl alcohol, hexyldecanol , isostearyl alcohol, 2-higher alcohols such as octyldodecanol; lauric acid, myristic acid, palmitic acid, stearic acid, isostearic acid, behenic acid, undecylenic acid, 12-hydroxystearic acid, palmitoleic acid, oleic acid, linoleic acid, linoleic acid, erucic acid, docosahexaenoic acid, eicosapentaenoic acid, isohexadecane acid, anteisoalkyl pentadecane acid, higher fatty acids 及 and long-chain branched fatty acid そのアルミニウム塩、カルシウム塩、マグネシウム塩、亜鉛塩、カリウム塩等の金属石けん類、及びアミド等の含窒素誘導体類;流動パラフィン、スクワラン、スクワレン、ワセリン、固型パラフィン、セレシン、マイクロクリスタリンワックス等の炭化水素類;サフラワー油、オリーブ油、ヒマシ油、アボカド油、ゴマ油、茶油、月見草油、小麦胚芽油、マカデミアナッツ油、ヘーゼルナッツ油、ククイナッツ油、 As aluminum salt, calcium salt, magnesium salt, metal soaps such as zinc salt, potassium salt, and nitrogen-containing derivatives such as amides; liquid paraffin, squalane, squalene, petrolatum, solid paraffin, ceresin, such microcrystalline wax hydrocarbons; safflower oil, olive oil, castor oil, avocado oil, sesame oil, tea oil, evening primrose oil, wheat germ oil, macadamia nut oil, hazelnut oil, kukui nut oil,
ローズヒップ油、メドウフォーム油、パーシック油、ティートリー油、ハッカ油、硬化ヒマシ油等の植物油類; It rose hip oil, meadowfoam oil, persic oil, tea tree oil, peppermint oil, vegetable oils such as hydrogenated castor oil;
カカオ脂、シア脂、木ロウ、ヤシ油、パーム油、パーム核油等の植物脂類;牛脂、乳脂、馬脂、卵黄油、ミンク油、タートル油等の動物性油脂類;カルナウバロウ、キャンデリラロウ、ホホバ油、水素添加ホホバ油等の植物性ロウ類;ミツロウ、鯨ロウ、ラノリン、オレンジラッフィー油等の動物性ロウ類;液状ラノリン、還元ラノリン、吸着精製ラノリン、酢酸ラノリン、酢酸液状ラノリン、ヒドロキシラノリン、ポリオキシエチレンラノリン、ラノリン脂肪酸、硬質ラノリン脂肪酸、ラノリンアルコール、酢酸ラノリンアルコール、酢酸(セチル・ラノリル)エステル等のラノリン類;ホスファチジルコリン、ホスファチジルエタノールアミン、ホスファチジルイノシトール、スフィンゴミエリン、ホスファチジン酸、リゾレシチン等の Cocoa butter, shea butter, Japan wax, coconut oil, palm oil, vegetable fats such palm kernel oil; beef tallow, milk fat, horse fat, egg yolk oil, mink oil, animal fats such as turtle oil; carnauba wax, candelilla wax, jojoba oil, vegetable waxes such as hydrogenated jojoba oil; beeswax, spermaceti, lanolin, animal waxes such as orange roughy oil; liquid lanolin, reduced lanolin, adsorption purified lanolin, lanolin acetate, acetic acid liquid lanolin , hydroxy lanolin, polyoxyethylene lanolin, lanolin fatty acid, hard lanolin fatty acid, lanolin alcohol, acetic acid lanolin alcohol, lanolin acetate such as (cetyl Ranoriru) ester; phosphatidylcholine, phosphatidylethanolamine, phosphatidylinositol, sphingomyelin, phosphatidic acid, lysolecithin, etc. ン脂質類;水素添加大豆リン脂質、水素添加卵黄リン脂質等のリン脂質誘導体類;コレステロール、ジヒドロコレステロール、ラノステロール、ジヒドロラノステロール、フィトステロール等のステロール類;酢酸コレステリル、ノナン酸コレステリル、ステアリン酸コレステリル、イソステアリン酸コレステリル、オレイン酸コレステリル、N−ラウロイル− Phospholipids like; hydrogenated soybean phospholipid, phospholipid derivative such as hydrogenated egg yolk phospholipid; cholesterol, sterols dihydrocholesterol, lanosterol, dihydro lanosterol, phytosterol, etc.; acetic cholesteryl, cholesteryl nonanoate, cholesteryl stearate, isostearic acid cholesteryl, cholesteryl oleate, N- lauroyl -
L−グルタミン酸ジ(コレステリル・ベヘニル・オクチルドデシル)、N−ラウロイル−L−グルタミン酸ジ(コレステリル・オクチルドデシル)、N−ラウロイル−L−グルタミン酸ジ(フィトステリル・2−オクチルドデシル)、12−ヒドロキシステアリン酸コレステリル、マカデミアナッツ油脂肪酸コレステリル、マカデミアナッツ油脂肪酸フィトステリル、イソステアリン酸フィトステリル、軟質ラノリン脂肪酸コレステリル、硬質ラノリン脂肪酸コレステリル、長鎖分岐脂肪酸コレステリル、長鎖α−ヒドロキシ脂肪酸コレステリル等のステロールエステル類;オレイン酸エチル、アボカド油脂肪酸エチル、パルミチン酸イソプロピル、パルミチン酸オクチル、イソステアリン酸イソプロピル、イソノナン酸イソトリデシル、ラ L- glutamic acid di (cholesteryl behenyl octyldodecyl), N- lauroyl -L- glutamic acid di (cholesteryl octyldodecyl), N- lauroyl -L- glutamic acid di (phytosteryl, 2-octyldodecyl), 12-hydroxystearic acid cholesteryl, macadamia nut oil fatty acid cholesteryl, macadamia nut oil fatty acid phytosteryl, phytosteryl isostearate, soft lanolin fatty acid cholesteryl, hard lanolin fatty acid cholesteryl, long chain branched fatty acid cholesteryl, sterol esters and long-chain α- hydroxy fatty acid cholesteryl, ethyl oleate, avocado oil fatty acid ethyl, isopropyl palmitate, octyl palmitate, isopropyl isostearate, isotridecyl isononanoate, La リン脂肪酸イソプロピル等の低級アルコール脂肪酸エステル類;ミリスチン酸オクチルドデシル、オクタン酸セチル、オレイン酸オレイル、オレイン酸オクチルドデシル、ラノリン脂肪酸オクチルドデシル、ジメチルオクタン酸ヘキシルデシル、コハク酸ジオクチル等の高級アルコール脂肪酸エステル類;乳酸セチル、リンゴ酸ジイソステアリル等の高級アルコールオキシ酸エステル類;トリオレイン酸グリセリド、トリイソステアリン酸グリセリド、トリ(カプリル・カプリン酸)グリセリド、ジオレイン酸プロピレングリコール等の多価アルコール脂肪酸エステル類;シリコン樹脂、メチルポリシロキサン、オクタメチルトリシロキサン、デカメチルテトラシロキサン、高重合メチルポリシロキサン、ジメチルポリシロキサン、メチルフ Lower alcohol fatty acid esters such as phosphoric fatty isopropyl; octyldodecyl myristate, cetyl octanoate, oleyl oleate, octyldodecyl oleate, higher alcohol fatty acid esters of lanolin fatty acid octyldodecyl, hexyldecyl dimethyloctanoate, dioctyl succinate ; trioleate glycerides, triisostearate glyceride, tri polyhydric alcohol fatty acid esters (caprylic-capric acid) glyceride, dioleate propylene glycol; cetyl lactate, higher alcohol oxyacid esters such as diisostearyl malate; silicone resins, methyl polysiloxane, octamethyl trisiloxane, decamethyltetrasiloxane, highly polymerized methyl polysiloxane, dimethyl polysiloxane, Mechirufu ェニルポリシロキサン、メチルハイドロジェンポリシロキサン、有機変性ポリシロキサン、環状ジメチルシロキサン、架橋型メチルポリシロキサン、架橋型メチルフェニルポリシロキサン等のシリコーン誘導体類;パーフルオロポリエーテル等が挙げられる。 E alkenyl polysiloxane, methyl hydrogen polysiloxane, an organic modified polysiloxane, cyclic dimethyl siloxane, crosslinked methylpolysiloxane, silicone derivatives such as crosslinked methylphenyl polysiloxane, perfluoropolyether and the like.

【0016】乳化剤としては、脂肪酸塩、アルキル硫酸エステル塩、アルキルベンゼンスルホン酸塩、ポリオキシエチレンアルキル硫酸塩、ポリオキシエチレン脂肪アミン硫酸塩、アシルN−メチルタウリン塩、アルキルエーテルリン酸エステル塩、N−アシルアミノ酸塩等の陰イオン性界面活性剤;ポリオキシエチレンアルキルエーテル、ポリオキシエチレンアルキルフェニルエーテル、 [0016] As the emulsifier, fatty acid salts, alkyl sulfates, alkylbenzene sulfonates, polyoxyethylene alkyl sulfates, polyoxyethylene fatty amine sulfates, acyl N- methyl taurine salts, alkyl ether phosphate salts, N - anionic surfactants such as acyl amino acid salts; polyoxyethylene alkyl ethers, polyoxyethylene alkyl phenyl ether,
ポリオキシエチレンアルキルエーテルソルビタン脂肪酸部分エステル、多価アルコール脂肪酸部分エステル、ポリグリセリン脂肪酸エステル、ポリオキシエチレン脂肪酸エステル、アルキルジメチルアミンオキサイド、アルキルポリグリコシド等の非イオン界面活性剤;アルキルトリメチルアンモニウムクロリド、短鎖ポリオキシエチレンアルキルアミン及びその塩または四級塩、塩化ベンザルコニウム等の陽イオン性界面活性剤;アルキルジメチルアミノ酢酸ベタイン、アルキルアミドジメチルアミノ酢酸ベタイン、2−アルキル−N−カルボキシ−N− Polyoxyethylene alkyl ethers sorbitan fatty acid partial esters, polyhydric alcohol fatty acid partial esters, polyglycerol fatty acid esters, polyoxyethylene fatty acid esters, alkyl dimethyl amine oxide, nonionic surfactants such as alkyl polyglycosides, alkyl trimethyl ammonium chloride, short chain polyoxyethylene alkyl amines and their salts or quaternary salts, cationic surfactants such as benzalkonium chloride, alkyl dimethylamino acetic acid betaine, alkylamido betaine, 2-alkyl -N- carboxy -N-
ヒドロキシイミダゾリニウムベタイン等の両性界面活性剤;ポリビニルアルコール、アルギン酸ナトリウム、デンプン誘導体、トラガントゴム、アクリル酸・メタクリル酸共重合体等の高分子界面活性剤;等を例示することができる。 Amphoteric surfactants such as hydroxyethyl imidazolinium betaine; can be exemplified such as; polyvinyl alcohol, sodium alginate, starch derivatives, gum tragacanth, polymeric surfactant such as acrylic acid, methacrylic acid copolymer.

【0017】保湿剤としては、プロピレングリコール、 [0017] Examples of the moisturizing agent, propylene glycol,
グリセリン、1,3−ブタンジオール等の多価アルコール類、ヒアルロン酸ナトリウム、クエン酸塩、尿素、乳酸菌培養液、酵母抽出液、卵殻膜タンパク、牛顎下腺ムチン、ヒポタウリン、ゴマリグナン配糖体、ベタイン、 Glycerol, 1,3 polyhydric alcohols butanediol, sodium hyaluronate, citrate, urea, lactic acid bacteria culture fluid, yeast extract, shell membrane proteins, bovine submaxillary mucin, hypotaurine, lignan glycosides, betaine,
コンドロイチン硫酸、セラミド(タイプ1、2、3、 Chondroitin sulfate, ceramide (type 1, 2, 3,
4、5、6)、ヒドロキシセラミド、疑似セラミド、スフィンゴ糖脂質、グルタチオン、ポリエチレングリコール、ソルビトール、カルビトール、乳酸ナトリウム、2 4,5,6), hydroxy ceramides, pseudoceramides, sphingoglycolipids, glutathione, polyethylene glycol, sorbitol, carbitol, sodium lactate, 2
−ピロリドン−5−カルボン酸ナトリウム、アルブミン、トリメチルグリシン;コラーゲン、エラスチン、コラーゲン分解ペプチド、エラスチン分解ペプチド、ケラチン分解ペプチド、コンキオリン分解ペプチド、シルク蛋白分解ペプチド、大豆蛋白分解ペプチド、小麦蛋白分解ペプチド、カゼイン分解ペプチド等の蛋白ペプチド類及びその誘導体;アルギニン、セリン、グリシン、スレオニン、グルタミン酸、システイン、メチオニン、ロイシン、トリプトファン等のアミノ酸類;胎盤抽出液、エアラスチン、コラーゲン、アロエ抽出物、ハマメリス水、ヘチマ水、カモミラエキス、カンゾウエキス、コンフリーエキス等の動物・植物抽出成分等を例示することができる。 - Sodium pyrrolidone-5-carboxylic acid, albumin, trimethylglycine; collagen, elastin, collagen degradation peptides, elastin hydrolysates, keratin hydrolysates, conchiolin hydrolysates, silk protein hydrolysates, soy protein hydrolysates, wheat protein hydrolysates, casein proteins peptides and their derivatives such as hydrolysates; arginine, serine, glycine, threonine, glutamic acid, cysteine, methionine, leucine, amino acids such as tryptophan; placental extract, Earasuchin, collagen, aloe extract, hamamelis water, loofah water it can be exemplified Kamomiraekisu, licorice extract, animal and vegetable extract component such as comfrey extract.

【0018】増粘剤としてはグアーガム、クインスシードガム、キサンタンガム、カラギーナン、アルギン酸、 [0018] The thickener guar gum, quince seed gum, xanthan gum, carrageenan, alginic acid,
カルボキシメチルセルロースナトリウム、カルボキシビニルポリマー、ポリビニルピロリドン、両性メタクリル酸エステル共重合体、カチオン化セルロース、ポリアクリル酸エステル共重合体、ニトロセルロース等の高分子化合物類等を例示することができる。 Sodium carboxymethyl cellulose, carboxyvinyl polymer, polyvinylpyrrolidone, amphoteric methacrylate copolymer, a cationic cellulose, polyacrylic acid ester copolymer, there can be mentioned polymeric compounds such as nitrocellulose.

【0019】酸化防止剤としては、BHT、BHA、没食子酸プロピル、トコフェロール等を例示することができる。 [0019] The antioxidant may be exemplified BHT, BHA, propyl gallate, a tocopherol, and the like.

【0020】防腐剤としては、フェノール類、安息香酸及びその塩類、ハロゲン化ビスフェノール類、酸アミド類、四級アンモニウム塩類等を例示することができる。 [0020] As preservatives, phenols, benzoic acid and its salts, halogenated bisphenols, acid amides, it can be exemplified quaternary ammonium salts and the like.

【0021】殺菌剤としては、トリクロロカルバニド、 [0021] Examples of the fungicide, trichlorocarbanilide Nido,
ジンクピリチオン、塩化ベンザルコニウム、塩化ベンゼトニウム、クロルヘキシジン、ハロカルバン、ヒノキチオール、フェノール、イソプロピルフェノール、感光素類等を例示することができる。 Zinc pyrithione, benzalkonium chloride, benzethonium chloride, chlorhexidine, halocarban, hinokitiol, phenol, isopropyl phenol, can be exemplified photosensitive Motorui like.

【0022】キレート剤としては、エデト酸塩、シュウ酸ナトリウム等を例示することができる。 [0022] The chelating agent can be exemplified edetate, sodium oxalate, and the like.

【0023】pH調整剤としては、クエン酸、コハク酸、塩酸、エタノールアミン、ジエタノールアミン、トリエタノールアミン、アンモニア水、水酸化ナトリウム、塩化カルシウム等を例示することができる。 [0023] As pH adjusting agent, citric acid, succinic acid, hydrochloric acid, ethanolamine, diethanolamine, triethanolamine, ammonia water, sodium hydroxide, and calcium chloride.

【0024】紫外線吸収剤としては、ベンゾフェノン誘導体、パラアミノ安息香酸誘導体、パラメトキシ桂皮酸誘導体、サリチル酸誘導体、ウロカニン酸、ウロカニン酸エチル、4−tert−ブチル−4'−メトキシジベンゾイルメタン、2−(2'−ヒドロキシ−5'−メチルフェニル)ベンゾトリアゾール、アントラニル酸メチル、ルチン及びその誘導体等を例示することができる。 [0024] As the ultraviolet absorber, benzophenone derivatives, p-aminobenzoic acid derivatives, paramethoxy cinnamic acid derivatives, salicylic acid derivatives, urocanic acid, ethyl urocanate, 4-tert-butyl-4'-methoxydibenzoylmethane, 2- (2 '- hydroxy-5'-methylphenyl) benzotriazole, methyl anthranilate, may be exemplified rutin and derivatives thereof.

【0025】美白剤としては、コウジ酸、アルブチン、 [0025] Examples of the whitening agent, kojic acid, arbutin,
アスコルビン酸、アスコルビン酸グルコシド、グルタチオン,エラグ酸、プラセンタエキス、オリザノール、ルシノール等を例示することができる。 Ascorbic acid, ascorbic acid glucoside, glutathione, ellagic acid, placenta extract, oryzanol can be exemplified lucinol like.

【0026】溶剤類としては、エタノール、プロパノール、1,3−ブタンジオール、ジエティレングリコール、ジプロピレングリコール等の低級アルコール類;アセトン、エチレングリコールモノエチルエーテル、トルエン等を例示することができる。 [0026] As solvents, ethanol, propanol, 1,3-butanediol, diethylene tee glycol, lower alcohols such as dipropylene glycol; acetone, ethylene glycol monoethyl ether can be exemplified toluene.

【0027】角質剥離・溶解剤としては、サリチル酸、 [0027] Examples of the horny peeling-dissolving agent, salicylic acid,
イオウ、レゾルシン、硫化セレン、ピリドキシン等を例示することができる。 Sulfur, resorcinol, can be exemplified selenium sulfide, pyridoxine like.

【0028】鎮痒剤としては、塩酸ジフェンヒドラミン、マレイン酸クロルフェラミン、カンファー等を例示することができる。 [0028] antipruritic agents may be exemplified diphenhydramine hydrochloride, chlorinated maleic acid Blow Min, camphor and the like.

【0029】消炎剤としては、グリチルリチン酸及びその誘導体、グアイアズレン、酢酸ヒドロコーチゾン、プレドニゾン等を例示することができる。 [0029] As anti-inflammatory agent can be exemplified glycyrrhizic acid and its derivatives, guaiazulene, acetate hydrocortisone, prednisone and the like.

【0030】制汗剤としては、クロルヒドロキシアルミニウム、塩化アルミニウム、酸化亜鉛、パラフェノールスルホン酸亜鉛等を例示することができる。 Examples of the antiperspirant can be exemplified aluminum chlorohydrate, aluminum chloride, zinc oxide, zinc para-phenolsulfonate and the like.

【0031】清涼剤としては、メントール、サリチル酸メチル等を例示することができる。 Examples of the cooling agents, may be exemplified menthol, methyl salicylate and the like.

【0032】還元剤としては、チオグリコール酸、システイン等を例示することができる。 [0032] As the reducing agent can be exemplified thioglycolic acid, cysteine ​​and the like.

【0033】抗ヒスタミン剤としては、塩酸ジフェドラミン、マレイン酸クロルフェニラミン、グリチルレチン酸誘導体等を例示することができる。 Examples of the antihistamine can be exemplified hydrochloric Jifedoramin, chlorpheniramine maleate, glycyrrhetinic acid derivatives.

【0034】収れん剤としては、クエン酸、酒石酸、乳酸、硫酸アルミニウム・カリウム、タンニン酸等を例示することができる。 Examples of the astringents may be exemplified citric acid, tartaric acid, lactic acid, aluminum potassium sulfate, tannic acid, and the like.

【0035】刺激剤としては、カンタリンスチンキ、ショウヨウチンキ、トウガラシチンキ、ニコチン酸ベンジル等を例示することができる。 [0035] as a stimulator may be exemplified canthaxanthin rinsing tincture, Shaw iodine tincture, capsicum tincture, benzyl nicotinate and the like.

【0036】育毛用薬剤としては、センブリエキス、セファランチン、ビタミンE及びその誘導体、γ−オリザノール、トウガラシチンキ、ショウチョウチンキ、カンタリスチンキ、ニコチン酸ベンジルエステル、アラントイン、感光素301、感光素401等を例示することができる。 Examples of the hair growth agents, assembly extract, cepharanthine, vitamin E and its derivatives, .gamma.-oryzanol, capsicum tincture, Shaw butterfly tincture, cantharides tincture, benzyl nicotinate, allantoin, photosensitive element 301, photosensitive element 401, etc. it can be exemplified.

【0037】高分子粉体としては、デンプン、ナイロンパウダー、ポリエチレン末、ポリメタクリル酸メチル、 [0037] As the polymer powder, starch, nylon powder, polyethylene powder, polymethyl methacrylate,
ポリエチレンテレフタレート・ポリメチルメタクリレート積層末等を例示することができる。 It can be exemplified polyethylene terephthalate polymethylmethacrylate laminate powder, or the like.

【0038】α−ヒドロキシ酸類及びその誘導体類としては、乳酸、グリコール酸、フルーツ酸、ヒドロキシカプリン酸、長鎖α−ヒドロキシ脂肪酸、長鎖α−ヒドロキシ脂肪酸コレステリル等を例示することができる。 [0038] As the α- hydroxy acids and derivatives thereof, can be exemplified lactic acid, glycolic acid, fruit acids, hydroxy capric acid, long-chain α- hydroxy fatty acid, a long chain α- hydroxy fatty acid cholesteryl like.

【0039】ビタミン類及びその誘導体類としては、ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンD、ビタミンE、パントテン酸、ビオチン等のビタミン類;ステアリン酸アスコルビル、パルミチン酸アスコルビル、ジパルミチン酸アスコルビル、テトライソパルミチン酸アスコルビル、リン酸アスコルビルマグネシウム、アスコルビン酸ナトリウム、ニコチン酸トコフェロール、酢酸トコフェロール、リノール酸トコフェロール、フェルラ酸トコフェロール等のビタミン誘導体類を例示することができる。 Examples of the vitamins and derivatives thereof, vitamin A, vitamin B group, vitamin D, vitamin E, pantothenic acid, vitamins such as biotin; ascorbyl stearate, ascorbyl palmitate, ascorbyl dipalmitate, tetraisopalmitate Chin ascorbyl, magnesium ascorbyl phosphate, sodium ascorbate, tocopherol nicotinate, tocopherol acetate may be exemplified tocopherol linoleate, vitamin derivatives of tocopherol ferulic acid.

【0040】糖類及びその誘導体類としては、シクロデキストリン、β−グルカン、キチン、キトサン、グルコース、トレハロース、ペクチン、アラビノガラクタン、 [0040] As the saccharides and derivatives thereof, cyclodextrin, beta-glucan, chitin, chitosan, glucose, trehalose, pectin, arabinogalactan,
ゼラチン、デキストリン、デキストラン等の糖類及びその誘導体を例示することができる。 Gelatin, dextrin, can be exemplified sugars and their derivatives such as dextran.

【0041】有機酸類としては、アビエチン酸、酒石酸等を例示することができる。 [0041] As the organic acids, it can be exemplified abietic acid, and tartaric acid.

【0042】酵素類としては、塩化リゾチーム、ケラチナーゼ、パパイン、パンクレアチン、プロテアーゼ等を例示することができる。 [0042] As enzymes can be exemplified lysozyme chloride, keratinase, papain, pancreatin, protease or the like.

【0043】核酸類としては、アデノシン三リン酸二ナトリウム等を例示することができる。 [0043] The nucleic acids can be exemplified by adenosine triphosphate disodium like.

【0044】ホルモン類としては、エストラジオール、 [0044] Examples of the hormones, estradiol,
エストロン、エチニルエストラジオール、コルチゾン、 Estrone, ethinyl estradiol, cortisone,
ヒドロコルチゾン、プレドニゾン等を例示することができる。 It can be exemplified hydrocortisone, prednisone and the like.

【0045】粘土鉱物類としては、モンモリロナイト、 [0045] Examples of the clay minerals, montmorillonite,
セリサイト、カオリナイト、カオリン等を例示することができる。 Sericite, kaolinite, can be exemplified kaolin.

【0046】香料としては、リモネン、リナノール、シトラール、β−イオノン、ベンジルベンゾエート、インドール、オイゲノール、オーランチオール、ゲラニオール、リラール、ダマスコン、ベンジルアセテート、ジャスミンラクトン、ガラクソリッド、精油等が例示することができる。 [0046] As perfume, limonene, Rinanoru, citral, beta-ionone, benzyl benzoate, indole, eugenol, O lunch ol, geraniol, lyral, damascone, benzyl acetate, jasmine lactone, galactosamine solid, that essential oils can be exemplified it can.

【0047】色素としては、マイカ、タルク、カオリン、炭酸カルシウム、ベンガラ、黄酸化鉄、黒酸化鉄、 [0047] As dyes, mica, talc, kaolin, calcium carbonate, red iron oxide, yellow iron oxide, black iron oxide,
群青、紺青、カーボンブラック、二酸化チタン、酸化亜鉛、雲母チタン、魚鱗箔、窒化ホウ素、ホトクロミック顔料、合成フッ素金雲母、微粒子複合粉体等の無機顔料;β−カロチン、カルサミン、ルチン、コチニール、 Ultramarine, iron blue, carbon black, titanium dioxide, zinc oxide, mica titanium, fish scale foil, boron nitride, photochromic pigments, synthetic fluorine gold mica, inorganic pigments such as particle composite powder; beta-carotene, carthamin, rutin, cochineal,
クロロフィル等の天然色素;染料、レーキ、有機顔料等の有機合成色素類等を例示することができる。 Natural pigments such as chlorophyll; dyes, lakes, synthetic organic dyes such as organic pigments can be exemplified.

【0048】その他公知の化粧料、医薬品、食品等成分などに使用される成分を本発明の効果を損なわない範囲において、適宜配合することができる。 [0048] Other known cosmetics, pharmaceuticals, in such an extent not to impair the effect of the present invention the ingredients used such as foods and the like components can be appropriately blended.

【0049】本発明の化粧料は、通常の方法に従って製造することができ、基礎化粧料、メーキャップ化粧品、 The cosmetic composition of the present invention can be prepared according to conventional methods, basic cosmetics, makeup cosmetics,
毛髪用化粧品、芳香化粧品、ボディ化粧品等が包含される。 Hair cosmetics, aromatic cosmetics, body cosmetics, and the like.

【0050】基礎化粧料としては、例えばクレンジングフォーム、クレンジングジェル、洗粉、洗顔パウダー、 [0050] Examples of the basic cosmetics, for example cleansing foam, cleansing gels, Araiko, facial powder,
クレンジングクリーム、クレンジングミルク、クレンジングローション、クレンジングオイル、クレンジングマスク等の洗顔料;柔軟化粧水、収れん化粧水、洗浄用化粧水、多層式化粧水等の化粧水;エモリエントローション、モイスチャーローション、ミルキィーローション、 Cleansing cream, cleansing milk, cleansing lotion, cleansing oil, cleanser such as cleansing mask; moisturizer, astringent lotion, cleansing lotion, lotion, such as multilayered lotion; emollient lotion, moisturizing lotion, milky chromatography lotions,
ナリシングローション、ナリシングミルク、スキンモイスチャー、モイスチャーエマルション、マッサージローション、クレンジングローション、プロテクトエマルション、サンプロテクト、サンプロテクター、UVケアミルク、サンスクリーン、メーキャップローション、角質スムーザー、エルボーローション、ヘアーミルク、ハンドローション、ボディローション等の乳液;エモリエントクリーム、栄養クリーム、ナリシングクリーム、バニシングクリーム、モイスチャークリーム、ナイトクリーム、マッサージクリーム、クレンジングクリーム、メーキャップクリーム、ベースクリーム、プレメーキャップクリーム、サンスクリーンクリーム、サンタンクリーム、ヘアリムーバー、ヘアクリーム、デオドラントクリーム、シェービング Nourishing lotion, nourishing milk, skin moisture, moisture emulsion, massage lotion, cleansing lotion, protect emulsions, sun protection, sun protector, UV care milk, sunscreen, make-up lotion, horny smoother, elbow lotion, hair milk, hand lotion , emulsions, such as body lotion, emollient cream, nourishing cream, nourishing cream, vanishing cream, moisturizing cream, night cream, massage cream, cleansing cream, makeup cream, base cream, a pre-makeup cream, sunscreen cream, tanning creams, hair remover, hair cream, deodorant cream, shaving リーム、角質軟化クリーム等のクリーム;クレンジングジェル、モイスチャージェル等のジェル:化粧石鹸、透明石鹸、薬用石鹸、液状石鹸、ひげそり石鹸、合成化粧石鹸等の石鹸;ピールオフパック、粉末パック、ウォッシングパック、オイルパック、 Ream, creams such as keratin softening cream; Cleansing Gel, etc. Moisture Gel Gel: toilet soap, transparent soap, medicated soap, liquid soap, shaving soap, soap and synthetic toilet soap; peel-off pack, a powder pack, washing packs, oil pack,
クレンジングマスク等のパック・マスク類;保湿エッセンス、美白エッセンス、紫外線防止エッセンス等のエッセンス等を例示することができる。 Pack masks such as cleansing mask; moisturizing essence, whitening essence, the essence or the like of the anti-ultraviolet essences, etc. can be exemplified.

【0051】メーキャップ化粧品としては、白粉・打粉類、ファンデーション類、口紅類、頬紅類、アイライナー、マスカラ、アイシャドー、眉墨、アイブロー、ネールエナメル、エナメルリムーバー、ネールトリートメント等を例示することができる。 [0051] as a make-up cosmetics, it can be exemplified white powder-dusting class, foundation class, lipstick compound, rouge class, eyeliner, mascara, eye shadow, eyebrow pencil, eyebrow, nail enamel, enamel remover, a nail treatment, and the like.

【0052】毛髪用化粧品としては、オイルシャンプー、クリームシャンプー、コンディショニングシャンプー、ふけ用シャンプー、リンス一体型シャンプー等のシャンプー;リンス;育毛剤;ヘアフォーム、ヘアムース、ヘアスプレー、ヘアミスト、ヘアジェル、ウォーターグリース、セットローション、カーラーローション、 [0052] Examples of the hair cosmetics, oil shampoo, cream shampoo, conditioning shampoo, dandruff shampoo, such as rinse-integrated shampoo shampoo; rinse; hair tonic; hair foam, hair mousse, hair spray, hair mist, hair gel, water grease, setting lotions, curler lotion,
ヘアリキッド、ポマード、チック、ヘアクリーム、ヘアブロー、枝毛コート、ヘアオイル、パーマネントウェーブ用剤、染毛剤、ヘアブリーチ等を例示することができる。 Hair liquid, pomade, tick, hair cream, Heaburo, split hair coat, hair oils, agents for permanent wave, can be exemplified hair dye, hair bleach and the like.

【0053】芳香化粧品としては、香水、パフューム、 [0053] Examples of the aromatic cosmetics, perfume, perfume,
パルファム、オードパルファム、オードトワレ、オーデコロン、練香水、芳香パウダー、香水石鹸、ボディローション、バスオイル等を例示することができる。 Parfum can Parfum, eau de toilette, cologne, paste perfumes, aromatic powder, perfume soaps, body lotion, be exemplified bath oils and the like.

【0054】ボディ化粧品としては、ボディシャンプー等のボディ洗浄料;デオドラントローション、デオドラントパウダー、デオドラントスプレー、デオドラントスティック等の防臭化粧品;脱色剤、脱毛・除毛剤;浴用剤;虫よけスプレー等のインセクトリペラー等を例示することができる。 [0054] The body cosmetics, body cleanser such as body shampoo; deodorant lotion, deodorant powder, deodorant spray, deodorant cosmetics such as deodorant stick; bleaching agents, hair removal, hair removal agents, bath agents, insect repellent spray, etc. it can be exemplified insect repeller like.

【0055】また、剤型としては水中油(O/W)型、 [0055] In addition, as the dosage form oil-in-water (O / W) type,
油中水(W/O)型、W/O/W型、O/W/O型の乳化型化粧料、油性化粧料、固型化粧料、液状化粧料、練状化粧料、スティック状化粧料、揮発性油型化粧料、粉状化粧料、ゼリー状化粧料、ジェル状化粧料、ペースト状化粧料、乳化高分子型化粧料、シート状化粧料、ミスト状化粧料、スプレー型化粧料等の剤型で用いることができる。 Water-in-oil (W / O) type, W / O / W type, O / W / O type emulsified cosmetics, oily cosmetics, the solid cosmetic, liquid cosmetic, paste-like cosmetic, stick makeup fee, volatile oil type cosmetic composition, powdery cosmetics, jelly-like cosmetic, gelled cosmetics, pasty cosmetic, emulsion polymer cosmetics, sheet-like cosmetic, mist cosmetics, spray-type cosmetics it can be used in dosage forms and the like.

【0056】外用剤は、軟膏剤、貼付剤、ローション剤、リニメント剤、液状塗布剤などの剤型で皮膚に直接適用する。 [0056] external preparation, ointments, plasters, lotions, liniments, applied directly to the skin in dosage forms such as liquid coating agent. 本発明外用剤へのダイマー酸エステルの配合量は、特に限定されないが、0.1〜50重量%程度であり、0.5〜30重量%が特に好ましい。 The amount of dimer acid ester to the present invention the external preparation is not particularly limited, but is about 0.1 to 50 wt%, 0.5 to 30 wt% is particularly preferred. 軟膏剤、貼付剤、ローション剤、リニメント剤、液状塗布剤などへの配合成分は、これらの製剤に通常用いられている添加剤を全て用いることができる。 Ointments, plasters, lotions, liniments, a blending component in such a liquid coating agents may be used any additive normally used in these formulations.

【0057】 [0057]

【実施例】以下、本発明を実施例を用いてさらに詳しく説明するが、本発明はこれらによって何ら制限されるものではない。 EXAMPLES Hereinafter, will be explained in more detail with reference to the present invention embodiment, the present invention is in no way limited by these examples.

【0058】合成例1(ダイマー酸ジコレステリルの合成) 攪拌機、温度計、ガス導入管を備えた1Lの反応器にダイマー酸(コグニスジャパン(株)製EMPOL106 [0058] Synthesis Example 1 (Synthesis of dimer acid Jikoresuteriru) stirrer, a thermometer, dimer acid reactor 1L equipped with a gas inlet tube (Cognis Japan Ltd. EMPOL106
1)174g(0.30モル)、コレステロール233 1) 174 g (0.30 mol), Cholesterol 233
g(0.60モル)、ヘプタン260g、パラトルエンスルホン酸1.2gを加え、窒素気流下104℃に加熱し、20時間反応させる。 g (0.60 moles), heptane 260 g, p-toluenesulfonic acid 1.2g was added, and heated under a nitrogen stream 104 ° C., allowed to react for 20 hours. 冷却後、ヘプタン160gを加え水酸化ナトリウム水溶液で未反応のカルボン酸を除去し、水洗して溶剤のヘプタンを回収し、目的のダイマー酸ジコレステリル337gを得た。 After cooling, to remove unreacted carboxylic acid with aqueous sodium hydroxide was added to heptane 160 g, of heptane solvent was collected and washed with water to obtain a dimer acid Jikoresuteriru 337g purposes. 得られたエステルは常温でワックス状固体で、酸価1.7、水酸基価8. The resulting ester is waxy solid at room temperature, acid value 1.7, hydroxyl value 8.
5、けん化価71.5であった。 5, it was a saponification value 71.5.

【0059】合成例2(ダイマー酸フィトステリル/イソステアリルの合成) 攪拌機、温度計、ガス導入管を備えた1Lの反応器にダイマー酸(コグニスジャパン(株)製EMPOL106 [0059] Synthesis Example 2 (Synthesis of dimer acid phytosteryl / isostearyl) stirrer, a thermometer, dimer acid reactor 1L equipped with a gas inlet tube (Cognis Japan Ltd. EMPOL106
1)174g(0.30モル)、フィトステロール12 1) 174 g (0.30 mol), phytosterols 12
8g(0.31モル)、ヘプタン260g、パラトルエンスルホン酸1.2gを加え、窒素気流下104℃に加熱し、11時間反応させる。 8 g (0.31 mol), heptane 260 g, p-toluenesulfonic acid 1.2g was added, and heated under a nitrogen stream 104 ° C., reacted for 11 hours. その後さらにイソステアリルアルコール(高級アルコール工業(株)製)85g Then further (manufactured by higher alcohol Kogyo Co., Ltd.) isostearyl alcohol 85g
(0.31モル)を加えて15時間反応させる。 (0.31 mol) was added to react for 15 hours. 冷却後、ヘプタン160gを加え水酸化ナトリウム水溶液で未反応のカルボン酸を除去し、水洗して溶剤のヘプタンを回収し、目的のダイマー酸フィトステリル/イソステアリル369gを得た。 After cooling, to remove unreacted carboxylic acid with aqueous sodium hydroxide was added to heptane 160 g, of heptane solvent was collected and washed with water to obtain a dimer acid of interest phytosteryl / isostearyl 369 g. 得られたエステルは常温で粘ちょうな液体で、酸価0.6、水酸基価14.4、けん化価86.4であった。 The ester obtained in viscous liquid at room temperature, acid value 0.6, hydroxyl value 14.4, was saponification value 86.4.

【0060】合成例3(ダイマー酸フィトステリル/ベヘニルの合成) 合成例1のコレステロールの代わりにフィトステロール124g(0.30モル)とベヘニルアルコール97g [0060] Phytosterols 124 g (0.30 mol) instead of Synthesis Example 3 (Synthesis of dimer acid phytosteryl / behenyl) Synthesis Example 1 Cholesterol and behenyl alcohol 97g
(0.30モル)を用いて同様に合成し、目的のダイマー酸フィトステリル/ベヘニル346gを得た。 (0.30 mol) was synthesized in the same manner, to yield the dimer acid phytosteryl / behenyl 346g purposes. 得られたエステルは常温でワックス状の固体で、酸価0.7、 The resulting ester is waxy solid at room temperature, acid value 0.7,
水酸基価8.7、けん化価75.4であった。 A hydroxyl value of 8.7, was a saponification value 75.4.

【0061】合成例4(ダイマー酸部分コレステリルの合成) 合成例1のコレステロール233gの代わりにコレステロール117g(0.30モル)を用いて同様に反応し、水洗、ヘプタン回収し、目的のダイマー酸部分コレステリル253gを得た。 [0061] Synthesis Example 4 was reacted in a similar manner using cholesterol 117 g (0.30 mol) instead of the cholesterol 233 g (dimer acid moiety synthesis of cholesteryl) Synthesis Example 1, washed with water, heptane recovered, dimer acid portion of interest It was obtained cholesteryl 253g. 得られたエステルは常温で粘ちょうな液体で、酸価67.0、水酸基価7.1、けん化価113.1であった。 The ester obtained in viscous liquid at room temperature, the acid value 67.0, hydroxyl value 7.1, were saponification value 113.1.

【0062】試験例1 合成例1〜4で得られたダイマー酸エステルの含水価を測定した。 [0062] were measured moisture value of the obtained dimer acid ester in Test Example 1 Synthesis Example 1-4. 含水価は、各油剤を流動パラフィンで50% Hydrous titer 50% each oil in liquid paraffin
に希釈して乳鉢にとり、その上に水を滴下していきながら乳棒でよく練り込み、水が練り込めなくなるまでに練り込んだ水の重量を希釈液に対する百分率で示した。 Taken up in a mortar was diluted, showed that on the kneaded well with a pestle while we are dropping the water, water is kneaded in until no rice batter the weight of the water as a percentage of the diluent. 結果は表1に示したようにいずれも高い含水価を示した。 The results showed high water value none as shown in Table 1.

【0063】試験例2 合成例1〜4で得られたダイマー酸エステルの屈折率を測定した。 [0063] The refractive index was determined in the dimer acid ester obtained in Test Example 2 Synthesis Example 1-4. 屈折率は、屈折計Model3(ATAGO Refractive index, refractometer Model 3 (ATAGO
社)を用いて50℃の条件で測定した。 Company) was measured under the condition of 50 ° C. using. 表1にこの結果を示す。 Table 1 shows the results. 本発明のダイマー酸エステルは艶の良い油剤として知られている液状ラノリンとほぼ同等かそれ以上の屈折率を示し、非常に艶の良い特徴を示した。 Dimer acid esters of the present invention showed almost equal to or higher refractive index and liquid lanolin, known as a good oil gloss, showed very good gloss characteristics.

【0064】 [0064]

【表1】 【table 1】

【0065】実施例1 合成例2で得られたダイマー酸フィトステリル/イソステアリルを以下の様に配合し、軟膏を調製した。 [0065] The dimer acid phytosteryl / isostearyl obtained in Example 1 Synthesis Example 2 were blended as follows to prepare an ointment. ----------------------------------------------------------------- 成 分 重量% ------------------------------------------------------------------ 流動パラフィン 30.0 合成例2のダイマー酸フィトステリル/イソステアリル 10.0 ジメチルシロキサン 10.0 セトステアリルアルコール 5.0 セトリミド 0.5 クロロクレゾール 0.1 精製水 残余 ------------------------------------------------------------------- 流動パラフィン、合成例2のダイマー酸フィトステリル/イソステアリル、ジメチルシロキサン、セトステアリルアルコールを70℃に加温し、均一になるまで混ぜ合わせる。 -------------------------------------------------- --------------- Ingredients% by weight ------------------------------- ----------------------------------- dimer acid liquid paraffin 30.0 synthesis example 2 phytosteryl / isostearyl 10.0 dimethylsiloxane 10.0 cetostearyl alcohol 5.0 cetrimide 0.5 chlorocresol 0.1 purified water balance ------------------------ ------------------------------------------- liquid paraffin, in synthesis example 2 dimer acid phytosteryl / isostearyl, dimethylsiloxane, cetostearyl alcohol heated to 70 ° C., mix until uniform. 70℃の精製水に溶かしたセトリミドとクロロクレゾールの溶液にかき混ぜながら先の油相を加え均一にした後、室温まで冷却して軟膏を調製した。 After the uniform addition of the preceding oil phase with stirring to a solution of cetrimide and chlorocresol dissolved in 70 ° C. purified water to prepare a ointment to cool to room temperature.

【0066】比較例1 実施例1のダイマー酸フィトステリル/イソステアリル10重量%に代えて、トリステアリン酸グリセリド10 [0066] Instead of the Comparative Example 1 dimer acid of Example 1 phytosteryl / isostearyl 10 wt%, tristearate glyceride 10
重量%を用いた他は、実施例1と同様にして軟膏を調製した。 Except for using the weight% was prepared an ointment as in Example 1.

【0067】実施例2 合成例1で得られたダイマー酸ジコレステリルを以下の様に配合し、エモリエントクリームを調製した。 [0067] The dimer acid Jikoresuteriru obtained in Example 2 Synthesis Example 1 were blended as follows to prepare emollient cream. -------------------------------------------------------------------- 成 分 重量% -------------------------------------------------------------------- 合成例1のダイマー酸ジコレステリル 7.0 ステアリン酸 3.0 ワセリン 6.0 セチルアルコール 5.0 POE(20)セチルアルコールエーテル 2.0 プロピレングリコールモノステアリン酸エステル 3.0 ジプロピレングリコール 3.0 グリセリン 3.0 トリエタノールアミン 1.0 防腐剤、酸化防止剤 適量 精製水 残余 -------------------------------------------------------------------- ジプロピレングリコール、グリセリン、トリエタノールアミン、防腐剤を精製水に溶解し70℃に加温する(水相)。 -------------------------------------------------- ------------------ Ingredients% by weight ---------------------------- ---------------------------------------- dimer acid synthesis example 1 Jikoresuteriru 7. 0 stearate 3.0 vaseline 6.0 cetyl alcohol 5.0 POE (20) cetyl alcohol ether 2.0 propylene glycol monostearate 3.0 dipropylene glycol 3.0 glycerin 3.0 triethanolamine 1.0 preservatives, antioxidants qs purified water balance ---------------------------------------- ---------------------------- dipropylene glycol, glycerin, triethanolamine, dissolving the preservative in purified water pressurized to 70 ° C. to temperature (aqueous phase). その他の成分を混合し70℃で溶解する(油相)。 Mixing the other components are dissolved at 70 ° C. (oil phase). 水相にかき混ぜながら油相を徐々に加え攪拌した後、乳化機で均一に乳化し室温まで冷却してエモリエントクリームを調製した。 After stirring gradually added the oil phase while stirring the water phase, to prepare emollient cream was uniformly emulsified and cooled to room temperature emulsifier.

【0068】比較例2 実施例2のダイマー酸ジコレステリル7重量%に代えて、トリ2−エチルヘキサン酸グリセリル7重量%を用いた他は、実施例2と同様にしてエモリエントクリームを調製した。 [0068] Instead of the Comparative Example 2 Example dimer acid Jikoresuteriru 7 wt% of 2, except for using 7 wt% glyceryl tri-2-ethylhexanoate was prepared emollient cream in the same manner as in Example 2.

【0069】実施例3 合成例2で得られたダイマー酸フィトステリル/イソステアリルを以下の様に配合し、乳液を調製した。 [0069] The dimer acid phytosteryl / isostearyl obtained in Example 3 Synthesis Example 2 were blended as follows to prepare a milky lotion. ------------------------------------------------------------------- 成 分 重量% ------------------------------------------------------------------- 合成例2のダイマー酸フィトステリル/イソステアリル 3.0 ステアリン酸 2.0 ワセリン 3.0 セチルアルコール 1.0 ソルビタンモノオレイン酸エステル 2.0 ポリエチレングリコール1500 3.0 1,3−ブチレングリコール 5.0 トリエタノールアミン 1.0 香料、防腐剤 適量 精製水 残余 ------------------------------------------------------------------- 精製水にポリエチレングリコール1500、1,3−ブチレングリコール、トリエタノールアミン、防腐剤を加え70℃に加熱溶解する(水相)。 -------------------------------------------------- ----------------- Ingredients% by weight ----------------------------- -------------------------------------- dimer acid synthesis example 2 phytosteryl / isostearyl 3. 0 stearate 2.0 vaseline 3.0 cetyl alcohol 1.0 sorbitan monooleate 2.0 polyethylene glycol 1500 3.0 1,3-butylene glycol 5.0 triethanolamine 1.0 perfume, preservative qs purified water remaining ------------------------------------------------ ------------------- polyethylene glycol 1500,1,3- butylene glycol in purified water, triethanolamine, dissolved by heating to 70 ° C. was added a preservative (aqueous phase ). その他の成分を混合し70℃に加熱溶解する(油相)。 Mixing the other components were dissolved by heating to 70 ° C. (oil phase). この水相にかき混ぜながら油相を徐々に加え予備乳化する。 With stirring to the aqueous phase slowly added pre-emulsification of the oil phase. 更に乳化機にて均一に乳化して室温まで冷却して乳液を調製した。 It was prepared an emulsion was cooled to room temperature uniformly emulsified using more emulsifier.

【0070】比較例3 実施例3のダイマー酸フィトステリル/イソステアリル3重量%に代えて、トリ2−エチルヘキサン酸グリセリル3重量%を用いた他は、実施例3と同様にして乳液を調製した。 [0070] Instead of the Comparative Example 3 Dimer acid Example 3 phytosteryl / isostearyl 3 wt%, except for using 3 wt% glyceryl tri-2-ethylhexanoate was prepared an emulsion in the same manner as in Example 3 .

【0071】実施例4 合成例4で得られたダイマー酸部分コレステリルを以下の様に配合し、液状クリームシャンプーを調製した。 [0071] The dimer acid moiety cholesteryl obtained in Example 4 Synthesis Example 4 were blended as follows to prepare a liquid cream shampoos. ------------------------------------------------------------------- 成 分 重量% ------------------------------------------------------------------- 合成例4のダイマー酸部分コレステリル 2.0 ポリオキシエチレン(3)ラウリル硫酸エステル ナトリウム(30%) 30.0 ラウリル硫酸ナトリウム(30%) 15.0 ラウロイルジエタノールアミド 3.0 ジステアリン酸ポリエチレングリコール 2.0 香料、防腐剤 適量 金属イオン封鎖剤、pH調整剤 適量 精製水 残余 ------------------------------------------------------------------- 精製水を70℃に加熱し、他成分を加え均一に溶解した後、冷却して液状クリームシャンプーを調製した。 -------------------------------------------------- ----------------- Ingredients% by weight ----------------------------- -------------------------------------- dimer acid moiety cholesteryl synthesis example 4 2.0 poly oxyethylene (3) sodium lauryl sulfate (30%) 30.0 sodium lauryl sulfate (30%) 15.0 lauroyl diethanolamide 3.0 polyethylene glycol 2.0 perfume distearate, preservative qs sequestering agents, pH modifier qs purified water balance -------------------------------------------- ----------------------- heated purified water to 70 ° C., were uniformly dissolved by adding other ingredients, preparing a liquid cream shampoos and cooled did.

【0072】比較例4 実施例4のダイマー酸部分コレステリル2重量%に代えて、2−エチルヘキサン酸セチル2重量%を用いた他は、実施例4と同様にして液状クリームシャンプーを調製した。 [0072] Instead of the Comparative Example 4 Example dimer acid moiety, cholesteryl 2 wt% of 4, except for using 2 wt% Cetyl 2-ethylhexanoate was prepared a liquid cream shampoos in the same manner as in Example 4.

【0073】実施例5 合成例3で得られたダイマー酸フィトステリル/ベヘニルを以下の様に配合し、ヘアコンディショナーを調製した。 [0073] The dimer acid phytosteryl / behenyl obtained in Example 5 Synthesis Example 3 were blended as follows to prepare a hair conditioner. -------------------------------------------------------------------- 成 分 重量% -------------------------------------------------------------------- 合成例3のダイマー酸フィトステリル/ベヘニル 2.0 塩化ステアリルトリメチルアンモニウム 3.0 モノステアリン酸グリセリル 0.5 セチルアルコール 3.0 グリセリン 3.0 香料、防腐剤 適量 精製水 残余 -------------------------------------------------------------------- 精製水に塩化ステアリルトリメチルアンモニウム、防腐剤を70℃で加熱溶解する。 -------------------------------------------------- ------------------ Ingredients% by weight ---------------------------- ---------------------------------------- dimer acid synthesis example 3 phytosteryl / behenyl 2 .0 stearyltrimethylammonium chloride 3.0 glyceryl monostearate 0.5 cetyl alcohol 3.0 glycerin 3.0 perfume, preservative qs purified water balance ----------------- -------------------------------------------------- - stearyl trimethyl ammonium chloride in purified water, dissolved by heating at 70 ° C. a preservative. これに、別途70℃にて合成例3のダイマー酸フィトステリル/ベヘニル、モノステアリン酸グリセリル、セチルアルコール、グリセリン、香料を攪拌混合しておいたものを加え、十分に撹拌混合した後、冷却してヘアコンディショナーを調製した。 Thereto, dimer acid phytosteryl / behenyl Synthesis Example 3 at an additional 70 ° C., glyceryl monostearate, cetyl alcohol, glycerin, those perfume had been mixed and stirred was added and after thoroughly stirred and mixed, then cooled a hair conditioner was prepared.

【0074】比較例5 実施例5のダイマー酸フィトステリル/ベヘニル2重量%に代えて、牛脂脂肪酸グリセリド2重量%を用いた他は実施例5と同様にしてヘアコンディショナーを調製した。 [0074] Instead of the Comparative Example 5 Dimer acid Example 5 phytosteryl / behenyl 2 wt%, to prepare a hair conditioner except for using 2 wt% tallow fatty acid glycerides in the same manner as in Example 5.

【0075】実施例6 合成例2で得られたダイマー酸フィトステリル/イソステアリルを以下の様に配合し、口紅を調製した。 [0075] The dimer acid phytosteryl / isostearyl obtained in Example 6 Synthesis Example 2 were blended as follows to prepare a lipstick. ------------------------------------------------------------------- 成 分 重量% ------------------------------------------------------------------- 合成例2のダイマー酸フィトステリル/イソステアリル 20.0 ジイソステアリン酸ダイマージオール 46.0 トリイソオクタン酸グリセリル 10.0 カルナウバロウ 3.0 キャンデリラロウ 6.0 セレシン 5.0 二酸化チタン 6.0 赤色201号 1.0 赤色202号 2.0 酸化鉄黒 1.0 香料、酸化防止剤 適量 --------------------------------------------------------------------- 二酸化チタン、赤色201号、赤色202号、酸化鉄黒をジイソステアリン酸ダイマージオールの一部に加えローラーで練り、均一に混合する。 -------------------------------------------------- ----------------- Ingredients% by weight ----------------------------- -------------------------------------- dimer acid synthesis example 2 phytosteryl / isostearyl 20. 0 diisostearate dimer diol 46.0 triisooctanoate glyceryl 10.0 carnauba 3.0 candelilla wax 6.0 ceresin 5.0 titanium dioxide 6.0 red No. 201 1.0 red No. 202 2.0 iron oxide black 1 .0 perfume, antioxidant suitable amount ------------------------------------------ --------------------------- titanium dioxide, red No. 201, red No. 202, iron oxide black in a part of the diisostearate dimer diol in addition kneaded with roller, uniformly mixed. 他の成分を混合し加熱溶解した後、先に混練した顔料・染料分散物を加え、ホモミキサーで均一に分散する。 After dissolving by mixing other components heating, the above pigment-dye dispersion by kneading in addition, uniformly dispersed by a homomixer. 分散、脱気後、型に流し込み急冷し、スティック状とする。 Dispersion, after degassing, quenched poured into a mold, and stick.

【0076】比較例6 実施例6のダイマー酸フィトステリル/イソステアリル20重量%に代えて、リンゴ酸ジイソステアリル20重量%を用いた他は、実施例6と同様にして口紅を調製した。 [0076] Instead of the Comparative Example 6 dimer acid phytosteryl / isostearyl 20 wt% of Example 6, except for using diisostearyl malate 20% by weight, to prepare a lipstick in the same manner as in Example 6.

【0077】試験例3 実施例1〜5で調製した軟膏、エモリエントクリーム、 [0077] Ointments were prepared in Test Example 3 Examples 1-5, emollient cream,
乳液、シャンプー、ヘアコンディショナー、並びに、比較例1〜5の軟膏、エモリエントクリーム、乳液、シャンプー、ヘアコンディショナーの安定性をみるために、 Emulsions, shampoos, hair conditioners, as well as ointments of Comparative Examples 1 to 5, emollient cream, milky lotion, shampoo, to see the stability of the hair conditioner,
40℃での安定性を調べた。 We examined the stability at 40 ℃. 結果を表2に示す。 The results are shown in Table 2.

【0078】表2に示すように、実施例1〜5で調製した軟膏、エモリエントクリーム、乳液、シャンプー、ヘアコンディショナーの安定性は比較例1〜5の軟膏、エモリエントクリーム、乳液、シャンプー、ヘアコンディショナーに較べて良好であった。 [0078] As shown in Table 2, ointments were prepared in Examples 1 to 5, emollient cream, milky lotion, shampoo, stability of the hair conditioners of Comparative Examples 1-5 ointments, emollient creams, milks, shampoos, hair conditioners It was good compared to. なお、表2の評価の欄において、 ”○”:調製後、30日後も安定であった。 Incidentally, in the column of evaluation of Table 2, "○": after preparation were stable after 30 days. ”△”:調製後、10〜29日後に相分離または析出物を生じた。 "△": After preparation, resulted phase separation or precipitate after 10 to 29 days. ”×”:調製後、10日以内に相分離または析出物を生じた。 "×": After preparation, resulted phase separation or precipitate within 10 days.

【0079】 [0079]

【表2】 [Table 2]

【0080】試験例4 女性パネラーに、実施例1並びに比較例1の軟膏、及び、実施例2、3並びに比較例2、3で調製した化粧料を実際に使用させ、実用評価を行った。 [0080] Test Example 4 Female panelists, ointments of Example 1 and Comparative Example 1, and Example 2 and 3, as well as actually to use cosmetics prepared in Comparative Examples 2 and 3 were subjected to practical evaluation. その結果を表3 Table 3 and the results
に示す。 To show. この場合、使用感及びその使用感の持続性の評価基準は次の通りである。 In this case, criteria for persistent feeling and feeling are as follows. [使用感] ”◎”:極めて良好、”○”:良好、”△”:やや不良、”×”:不良 [持続性]使用5時間経過後に使用感を次の基準により評価した。 [Feeling] "◎": very good, "○": good, "△": a little bad, "×": it was the feeling after the lapse of failure [sustainable] use 5 hours was evaluated by the following criteria. ”◎”:極めて良好、”○”:良好、”△”:やや不良、”×”:不良 "◎": very good, "○": good, "△": a little bad, "×": bad

【0081】表3より、本発明の軟膏及び化粧料は、使用感及び持続性に非常に優れていることがわかる。 [0081] From Table 3, ointments and cosmetics of the present invention, it can be seen that very good feeling of use and durability.

【0082】 [0082]

【表3】 [Table 3]

【0083】試験例5 女性パネラーに実施例4、5並びに比較例4、5で調製したシャンプー及びヘアコンディショナーを実際に使用させ、実用評価を行った。 [0083] Test Example 5 Female panelists actually sent using shampoo and hair conditioner prepared in Example 4 and 5 and Comparative Examples 4 and 5 were practical evaluation. 評価は使用後の髪のしっとり感、艶、まとまり性の3項目について、次の評価基準で行った。 The rating is moist feeling of hair after use, glossy, about three items of cohesiveness, was carried out by the following evaluation criteria. 結果は表4に示した。 The results are shown in Table 4. [しっとり感] ◎:非常にしっとりする。 [Moist feeling] ◎: very moist. ○:しっとりする。 ○: moist. △:どちらともいえない。 △: not say either way. ×:しっとりしない。 ×: not moist. [艶] ◎:非常に艶がある。 [Gloss] ◎: there is a very glossy. ○:艶がある。 ○: there is a gloss. △:どちらともいえない。 △: not say either way. ×:艶がない。 ×: there is no gloss. [まとまり性] ◎:非常にまとまる。 [Unity of] ◎: very settled. ○:まとまる。 ○: settled. △:どちらともいえない。 △: not say either way. ×:まとまらない。 ×: not settled.

【0084】表4より、本発明のシャンプー、ヘアコンディショナーは、使用感に優れていることがわかる。 [0084] From Table 4, shampoo of the present invention, hair conditioner, it can be seen that excellent usability.

【0085】 [0085]

【表4】 [Table 4]

【0086】試験例6 女性パネラーに実施例6並びに比較例6で調製した口紅を実際に使用させ、実用評価と安定性の評価を行った。 [0086] Test Example 6 Female panelists Example 6 and indeed is used lipstick prepared in Comparative Example 6 were evaluated practical evaluation and stability.
実用評価は使用時または使用後のしっとり感、付着性、 Practical evaluation is moist feeling after use or during use, adhesion,
伸展性、塗布艶の4項目について、次の評価基準で行った。 Extensibility, the four items of the coating luster was performed by the following evaluation criteria. 結果は表5に示した。 The results are shown in Table 5. [しっとり感] ◎:非常にしっとりする。 [Moist feeling] ◎: very moist. ○:しっとりする。 ○: moist. △:どちらともいえない。 △: not say either way. ×:しっとりしない。 ×: not moist. [付着性] ◎:非常につきがよい。 [Adhesion] ◎: it is very attached. ○:つきがよい。 ○: Tsukigayoi. △:よいとも、悪いともいえない。 △: good and also, it can not be said even with the bad. ×:悪い。 ×: bad. [伸展性] ◎:非常に伸びがよい。 [Compliance] ◎: it is very extended. ○:伸びがよい。 ○: good growth. △:よいとも、悪いともいえない。 △: good and also, it can not be said even with the bad. ×:伸びが悪い。 ×: poor growth. [塗布艶] ◎:非常に艶がある。 [Coating gloss] ◎: there is a very glossy. ○:艶がよい。 ○: good gloss. ×:艶がない。 ×: there is no gloss. [酸化安定性]40℃のオーブン内に3ヶ月間放置し、 Oxidation Stability] 3 months was left to 40 ° C. in an oven,
臭いの変化を評価した。 It was to evaluate the change of smell. ○:ほとんど変化無し。 ○: no little change. ×:明らかな変臭があった。 ×: There was a clear strange odor. [発汗試験] ○:2ヶ月以上発汗を認めなかった。 [Sweating test] ○: There were no more than two months sweating. △:2週間以上発汗を認めなかった。 △: There was no sweating more than two weeks. ×:2週間未満に発汗を認めた。 ×: it showed a sweating in less than two weeks.

【0087】表5より本発明に係わる口紅がその使用感、酸化安定性、発汗の無さに良好であることがわかる。 [0087] Table 5 than according to the present invention lipstick its feeling, oxidation stability, it can be seen that a good to lack of sweating.

【0088】 [0088]

【表5】 [Table 5]

【0089】 [0089]

【発明の効果】本発明にかかるダイマー酸エステルは、 Dimer acid esters according to the present invention is,
安全性、安定性、抱水性、艶に優れており、更にこれを含有する安全性、安定性、抱水性、艶に優れ使用感の良い化粧料及び外用剤を得ることができる。 Safety, stability, water-holding property, has excellent gloss, can be obtained further safety containing the same, stable, water-holding property, good cosmetic and external preparation of feeling excellent gloss.

フロントページの続き (51)Int.Cl. 7識別記号 FI テーマコート゛(参考) A61K 47/14 A61K 47/14 Fターム(参考) 4C076 AA07 DD34 DD37 DD47 DD70 EE27 4C083 AA122 AB232 AB242 AC012 AC022 AC072 AC122 AC182 AC242 AC371 AC372 AC392 AC402 AC422 AC442 AC542 AC642 AC692 AC782 AC792 AC812 AD042 AD152 AD491 AD492 CC01 CC05 CC13 CC33 CC38 DD22 DD23 EE01 EE06 EE07 EE09 FF01 4H006 AA02 AB12 Of the front page Continued (51) Int.Cl. 7 identification mark FI theme Court Bu (Reference) A61K 47/14 A61K 47/14 F-term (reference) 4C076 AA07 DD34 DD37 DD47 DD70 EE27 4C083 AA122 AB232 AB242 AC012 AC022 AC072 AC122 AC182 AC242 AC371 AC372 AC392 AC402 AC422 AC442 AC542 AC642 AC692 AC782 AC792 AC812 AD042 AD152 AD491 AD492 CC01 CC05 CC13 CC33 CC38 DD22 DD23 EE01 EE06 EE07 EE09 FF01 4H006 AA02 AB12

Claims (5)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 ダイマー酸をステロールでエステル化して得ることができるダイマー酸エステル。 1. A dimer ester of the dimer acid can be obtained by esterification with sterols.
  2. 【請求項2】 ダイマー酸をステロール及び、炭素数1 2. A sterol dimer acid and carbon number 1
    〜34の直鎖アルコール又は炭素数3〜34の分岐アルコール又は炭素数6〜34の不飽和アルコールから選ばれる一種のアルコールでエステル化して得ることができるダイマー酸エステル。 Dimer acid esters which can be a kind of alcohol may be esterified selected from branched alcohols or unsaturated alcohols having a carbon number of 6 to 34 linear alcohol or a C 3 to 34 of to 34.
  3. 【請求項3】 ダイマー酸エステルがダイマー酸のジステロールエステルである請求項1記載のダイマー酸エステル。 3. A dimer ester according to claim 1, wherein the dimer acid ester is di-sterol ester of dimer acid.
  4. 【請求項4】 ダイマー酸エステルがダイマー酸のモノステロールエステル及び/又はモノステロールエステルの金属塩である請求項1記載のダイマー酸エステル。 4. A dimer ester according to claim 1, wherein the dimer acid ester is a mono sterol ester and / or a metal salt of mono-sterol ester of dimer acid.
  5. 【請求項5】 請求項1から請求項4のいずれか1項に記載のダイマー酸エステルを含有することを特徴とする化粧料及び外用剤。 5. A cosmetic and external preparation characterized by containing the dimer acid ester as claimed in any one of claims 4.
JP2000013667A 2000-01-24 2000-01-24 Cosmetic oils and cosmetics and external preparations using the same Active JP4573383B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000013667A JP4573383B2 (en) 2000-01-24 2000-01-24 Cosmetic oils and cosmetics and external preparations using the same

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000013667A JP4573383B2 (en) 2000-01-24 2000-01-24 Cosmetic oils and cosmetics and external preparations using the same

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2001199937A true true JP2001199937A (en) 2001-07-24
JP4573383B2 JP4573383B2 (en) 2010-11-04

Family

ID=18541225

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2000013667A Active JP4573383B2 (en) 2000-01-24 2000-01-24 Cosmetic oils and cosmetics and external preparations using the same

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4573383B2 (en)

Cited By (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2003081773A (en) * 2001-09-10 2003-03-19 Milbon Co Ltd Hair foam
JP2004269396A (en) * 2003-03-07 2004-09-30 Kanebo Ltd Oily makeup cosmetic
JP2006075588A (en) * 2004-08-12 2006-03-23 Nitto Denko Corp Adhesive material and adhesive preparation
JP2007210958A (en) * 2006-02-10 2007-08-23 Shiseido Co Ltd Pencil-like cosmetic
WO2011002002A1 (en) * 2009-06-30 2011-01-06 株式会社資生堂 Solid powder cosmetic material
JP2011519853A (en) * 2008-04-30 2011-07-14 エイボン プロダクツ インコーポレーテッド Hair compositions
US8591939B2 (en) 2004-08-12 2013-11-26 Nitto Denko Corporation Adhesive preparation containing fentanyl
JP2014234380A (en) * 2013-06-04 2014-12-15 日油株式会社 Oil-in-water type emulsion cosmetic

Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH1017434A (en) * 1996-07-01 1998-01-20 Shiseido Co Ltd Hydrate composition, cosmetic material and composition for lipstick compounded with the same and its production
WO1999015547A1 (en) * 1997-09-09 1999-04-01 Raisio Benecol Ltd. Use of organic acid esters in food products

Patent Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH1017434A (en) * 1996-07-01 1998-01-20 Shiseido Co Ltd Hydrate composition, cosmetic material and composition for lipstick compounded with the same and its production
WO1999015547A1 (en) * 1997-09-09 1999-04-01 Raisio Benecol Ltd. Use of organic acid esters in food products

Cited By (13)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2003081773A (en) * 2001-09-10 2003-03-19 Milbon Co Ltd Hair foam
JP4656781B2 (en) * 2001-09-10 2011-03-23 株式会社ミルボン Hair form
JP2004269396A (en) * 2003-03-07 2004-09-30 Kanebo Ltd Oily makeup cosmetic
JP2006075588A (en) * 2004-08-12 2006-03-23 Nitto Denko Corp Adhesive material and adhesive preparation
US8591939B2 (en) 2004-08-12 2013-11-26 Nitto Denko Corporation Adhesive preparation containing fentanyl
US8394404B2 (en) 2004-08-12 2013-03-12 Nitto Denko Corporation Adhesive material and adhesive preparation
JP2007210958A (en) * 2006-02-10 2007-08-23 Shiseido Co Ltd Pencil-like cosmetic
JP2011519853A (en) * 2008-04-30 2011-07-14 エイボン プロダクツ インコーポレーテッド Hair compositions
US8980237B2 (en) 2008-04-30 2015-03-17 Avon Products, Inc. Hair care compositions
JPWO2011002002A1 (en) * 2009-06-30 2012-12-13 株式会社 資生堂 Solid powder cosmetic
CN102470089A (en) * 2009-06-30 2012-05-23 株式会社资生堂 Solid powder cosmetic material
WO2011002002A1 (en) * 2009-06-30 2011-01-06 株式会社資生堂 Solid powder cosmetic material
JP2014234380A (en) * 2013-06-04 2014-12-15 日油株式会社 Oil-in-water type emulsion cosmetic

Also Published As

Publication number Publication date Type
JP4573383B2 (en) 2010-11-04 grant

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US20070003502A1 (en) Skin preparation for external use characterized by containing sugar derivative of alpha, alpha-trehalose
US6649177B2 (en) Formulations including hydrolyzed jojoba protein
US6432421B1 (en) Emollient compositions with polyethylene beads
WO2011052613A1 (en) Cosmetic and external skin preparation, and medical instrument
US6306915B1 (en) Methods of making an emulsified composition
WO1998019652A1 (en) Spray-dryed powder comprising at least one protein and one hydrolysed starch and its use for topical compositions
JP2005206573A (en) Diester and oil agent and cosmetic and external preparation for skin
FR2854897A1 (en) Cosmetic or dermopharmaceutical compositions to reduce the signs of skin aging.
FR2795309A1 (en) Novel ester of dimer diol with 4-34 carbon mono- or di-carboxylic acid is used as oily substance or in cosmetic or external agent
US20040131645A1 (en) Polysaccharide based gel
JPH1053510A (en) Composition for external use
US20020106390A1 (en) Use of nanodispersions in cosmetic end formulations
JP2005206524A (en) Hair cosmetic
JP2005170941A (en) Method for increasing moisturization efficacy using hydroxyalkylurea
JP2007197328A (en) Composite comprising physiologically active substance
JP2010105980A (en) Cosmetic product containing kudzu starch
US5474778A (en) Cosmetic and an external preparation containing an oil-soluble n-long chained acyl acidic amino acid ester
JP2004256515A (en) Oily base, cosmetic and skin care preparation for external use containing the same
JP2007015986A (en) Lipid dispersion composition, aqueous lipid dispersion composition and hair cosmetic obtained by blending them
JP2008115091A (en) Nonionic surfactant, and cosmetic and agent for external use each using the same
WO1999020224A2 (en) Emollient compositions based on jojoba oil
Flick Cosmetic and toiletry formulations
JPH0987126A (en) Cosmetic
JP2003012486A (en) Skin care preparation
JP2002275020A (en) Oil agent, and cosmetic and external agent containing the same

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20070110

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20100316

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20100430

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20100727

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20100817

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130827

Year of fee payment: 3

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250