JP2001198170A - ベルト式マッサージ機 - Google Patents

ベルト式マッサージ機

Info

Publication number
JP2001198170A
JP2001198170A JP2000010461A JP2000010461A JP2001198170A JP 2001198170 A JP2001198170 A JP 2001198170A JP 2000010461 A JP2000010461 A JP 2000010461A JP 2000010461 A JP2000010461 A JP 2000010461A JP 2001198170 A JP2001198170 A JP 2001198170A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
belt
electric motor
type massage
vibration source
body case
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2000010461A
Other languages
English (en)
Inventor
Takanori Mizuno
孝則 水野
Original Assignee
Teranishi Denki Seisakusho:Kk
株式会社寺西電機製作所
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Teranishi Denki Seisakusho:Kk, 株式会社寺西電機製作所 filed Critical Teranishi Denki Seisakusho:Kk
Priority to JP2000010461A priority Critical patent/JP2001198170A/ja
Publication of JP2001198170A publication Critical patent/JP2001198170A/ja
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】簡便に快適なマッサージを受けることができる
ベルト式マッサージ機を得る。 【解決手段】ベルト32に振動を与える振動発生源2を
ベルト32の両端に吊下げる。そして、振動発生源2を
収納した本体ケース1に突出した加重部30a,30b
を設けた。振動発生源2は、電動モータ4を備え、電動
モータ4により偏心軸10a,10bを介してベルト3
2に振動を与える。加重部30a,30bは、電動モー
タ4の回転軸4a,4bと平行方向に突出された棒状に
形成した。また、電動モータ4の回転軸4a,4bに、
偏心軸10a,10bの偏心と反対側にバランスウエイ
ト12a,12bを取り付けた。

Description

【発明の詳細な説明】

【0001】

【発明の属する技術分野】本発明は、ベルトに振動を与
えることにより、ベルトを当接させた患部にマッサージ
を与えるベルト式マッサージ機に関する。

【0002】

【従来の技術】従来より、特公平51−4033号公報
にあるように、ベルトに振動を与える振動発生源をその
ベルトの両端に垂下したベルト式マッサージ機が知られ
ている。このベルト式マッサージ機によると、振動発生
源をウエイトとして利用し、スタンドを用いることなく
効果的なマッサージを受けることができる。

【0003】

【発明が解決しようとする課題】しかしながら、こうし
た従来のものでは、ベルトを患部に当ててマッサージを
受ける際に、例えば、より強い刺激を得たいときもあ
る。そのような場合、ウエイトを増加させることが簡単
にはできず、簡便に快適なマッサージを受けることがで
きない場合もあるという問題があった。

【0004】本発明の課題は、簡便に快適なマッサージ
を受けることができるベルト式マッサージ機を提供する
ことにある。

【0005】

【課題を解決するための手段】かかる課題を達成すべ
く、本発明は課題を解決するため次の手段を取った。即
ち、ベルトに振動を与える振動発生源を該ベルトの両端
に吊下げたベルト式マッサージ機において、前記振動発
生源を収納した本体ケースに突出した加重部を設けたこ
とを特徴とするベルト式マッサージ機がそれである。

【0006】また、前記振動発生源は、電動モータを備
え、該電動モータにより偏心軸を介して前記ベルトに振
動を与え、前記加重部は、前記電動モータの回転軸と平
行方向に突出された棒状であってもよい。あるいは、前
記振動発生源は、電動モータを備え、該電動モータによ
り偏心軸を介して前記ベルトに振動を与え、前記加重部
は、前記電動モータの回転軸と直交方向に突出された棒
状であってもよい。

【0007】更に、前記加重部は、前記本体ケースの外
周を囲むリング状であるものであってもよい。あるい
は、前記振動発生源は、電動モータを備え、該電動モー
タにより偏心軸を介して前記ベルトに振動を与え、前記
電動モータの回転軸に、前記偏心軸の偏心と反対側にバ
ランスウエイトを取り付けた構成でもよい。更に、前記
偏心軸に回転可能に支持したクランク軸に前記ベルトの
端を締結すると共に、前記クランク軸を前記本体ケース
に揺動、かつ摺動可能に支持する軸受けを介して支承し
た構成でもよい。

【0008】

【発明の実施の形態】以下本発明の実施の形態を図面に
基づいて詳細に説明する。図1に示すように、1は本体
ケースで、本体ケース1内には振動発生源2が収納され
ている。振動発生源2は電動モータ4を備え、電動モー
タ4は本体ケース1内に複数の支持部材5を介して支持
されている。電動モータ4はその両側にそれぞれ回転軸
4a,4bが突出されている。

【0009】両回転軸4a,4bには、それぞれ回転部
材6a,6bが一体回転可能に嵌着されており、回転部
材6a,6bには、回転軸4a,4bから所定量偏心し
た位置にネジ孔8a,8bが形成されている。両回転部
材6a,6bの両ネジ孔8a,8bは、180度位相が
異なるようにその偏心方向が逆方向となるように形成さ
れている。このネジ孔8a,8bには偏心軸10a,1
0bが螺入されている。また、回転部材6a,6bに
は、ネジ孔8a,8bと回転軸4a,4bを間にして1
80度反対側にバランスウエイト12a,12bが取り
付けられている。

【0010】偏心軸10a,10bには、クランク軸1
4a,14bが軸受け16a,16bを介して回転可能
に取り付けられており、偏心軸10a,10bに取り付
けられた止め輪18a,18bにより抜け止めが図られ
ている。クランク軸14a,14bは、軸受け20a,
20bを介して本体ケース1に揺動、かつ摺動可能に支
持されている。軸受け20a,20bは、クランク軸1
4a,14bが軸方向に摺動可能に挿入された球部材2
2a,22bを備え、球部材22a,22bの外形は球
面状に形成されている。

【0011】球部材22a,22bの外形を、一対の支
持部材24a,24b,26a,26bにより挟持し
て、球部材22a,22bがその球面を中心にして揺動
可能に支持されている。支持部材24a,24b,26
a,26bは、本体ケース1にカバー部材28a,28
bを介して固定されている。

【0012】電動モータ4の回転軸4a,4bと平行方
向に、本実施形態では、回転軸4a,4bと同軸上に、
本体ケース1から外側に棒状の加重部30a,30bが
突出されて形成されている。加重部30a,30bは、
使用者の手で握りやすい、あるいは、押し付けやすい長
さに形成されている。

【0013】一方、クランク軸14a,14bは、カバ
ー部材28a,28bを通って、本体ケース1の外部に
延出されており、クランク軸14a,14bの先端に
は、それぞれベルト32の両端が締結されている。ベル
ト32の途中には、着脱用バックル34と長さ調節用バ
ックル36が設けられている。また、ベルト32の中程
には、複数の、本実施形態では2個の指圧突起38a,
38bが取り付けられている。

【0014】尚、前述した軸受け20a,20bに限ら
ず、図8に示すように、ボール44を用いた軸受け42
aにより、クランク軸14aを摺動、かつ揺動可能に支
承するようにしても実施可能である。この軸受け42a
は、ボール44の転動によりクランク軸14aを軸方向
に摺動可能に支承すると共に、クランク軸14aを揺動
可能に支承する構成である。

【0015】次に、前述した本実施形態のベルト式マッ
サージ機の作動について説明する。例えば、患部が肩で
ある場合には、指圧突起38a,38bを肩に当て、本
体ケース1がベルト32の両端に吊下げられた状態とな
るようにする。そして、本体ケース1に設けられたスイ
ッチ40を投入すると、電動モータ4が回転駆動され
る。

【0016】回転軸4a,4bの回転と共に、回転部材
6a,6bが回転し、偏心軸10a,10bが回転軸4
a,4bの廻りに旋回する。よって、クランク軸14
a,14bは球部材22a,22b内を摺動すると共
に、球部材22a,22bが揺動する。従って、クラン
ク軸14a,14bは、交互に本体ケース1から出入す
るように往復動する。

【0017】このクランク軸14a,14bの往復動に
より、ベルト32の両端が交互に引かれて振動が付与さ
れ、肩に当てた指圧突起38a,38bにより、指圧マ
ッサージが行われる。その際、使用者は、両手を加重部
30a,30bに当てて、下方に押し下げるように力を
加えると、指圧突起38a,38bが肩に押し付けられ
る。押し下げる力を調節し、適度な力で押し下げること
により、快適な指圧マッサージを簡便に受けることがで
きる。

【0018】患部としては、肩に限らず、腰、股等でも
よく、振動発生源2をスタンド等に固定することなく、
容易にマッサージを受けることができる。尚、指圧突起
38a,38bは、必要に応じて設ければよく、ベルト
32を直接肩等の患部に押し当ててもよい。

【0019】また、加重部30a,30bは、前述した
実施形態のものに限らす、図4に示す第2実施形態のも
のでもよい。尚、振動発生源2の構造は前述した実施形
態と同じであるので、詳細な説明を省略する。以下同様
である。本体ケース51から棒状の加重部52を電動モ
ータ4の回転軸4a,4bの軸方向と直交する方向に、
かつ、ベルト32と反対側に突出させた構成としてもよ
い。この加重部52によると、例えば、ベルト32を足
の裏に当て、加重部52を手で握って引くことにより、
足の裏に当てたベルト32を適度な力で患部に当てやす
くなる。

【0020】更に、図5、図6に示す第3実施形態のよ
うに、本体ケース61の外周を囲むように、リング状の
加重部62を形成した構成としてもよい。床等に置いた
ときに、加重部62の底面が床に接触し、ベルト32は
上方に引き出された構成とする。これにより、手で加重
部62を押すだけでなく、床に置いて加重部62に重石
を載せたり、あるいは足等で押さえるようにして、適度
な力を加えてベルト32を患部に当てることもできるよ
うになる。

【0021】以上本発明はこの様な実施形態に何等限定
されるものではなく、本発明の要旨を逸脱しない範囲に
おいて種々なる態様で実施し得る。

【0022】

【発明の効果】以上詳述したように本発明のベルト式マ
ッサージ機は、加重部により、ベルトを適度な力で患部
に当てることができ、快適なマッサージを簡便に受ける
ことができるという効果を奏する。また、加重部が棒状
のものであるときには、使用者が加重部を手で握って容
易に力を調節できる。更に、加重部がリング状のもので
あるときには、手に限らず、種々の手段でベルトに力を
加えることができる。

【0023】バランスウエイトを設けることにより、本
体ケースの振動が低減され、加重部を手で握る際の不快
感を低減できる。また、クランク軸を揺動、かつ摺動可
能に支持する軸受けを介して支承することにより、本体
ケースの振動を低減でき、同様に不快感を低減できる。

【図面の簡単な説明】

【図1】本発明の一実施形態としてのベルト式マッサー
ジ機の断面図である。

【図2】本実施形態の振動発生源の拡大断面図である。

【図3】本実施形態のベルト式マッサージ機の平面図で
ある。

【図4】第2実施形態としてのベルト式マッサージ機の
背面図である。

【図5】第3実施形態としてのベルト式マッサージ機の
一部を断面で示す正面図である。

【図6】第3実施形態としてのベルト式マッサージ機の
背面図である。

【図7】本実施形態の使用例を示す説明図である。

【図8】他の実施形態としての軸受けの拡大断面図であ
る。

【符号の説明】

1,51,61…本体ケース 2…振動発生源 4…電動モータ 4a,4b…回転軸 6a,6b…回転部材 10a,10b…偏心軸 12a,12b…バランスウエイト 14a,14b…クランク軸 16a,16b…軸受け 20a,20b,42a
…軸受け 30a,30b,52,62…加重部 32…ベルト 34…着脱用バックル 36…長さ調節用バックル 38a,38b…指圧突

Claims (6)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 ベルトに振動を与える振動発生源を該ベ
    ルトの両端に吊下げたベルト式マッサージ機において、 前記振動発生源を収納した本体ケースに突出した加重部
    を設けたことを特徴とするベルト式マッサージ機。
  2. 【請求項2】 前記振動発生源は、電動モータを備え、
    該電動モータにより偏心軸を介して前記ベルトに振動を
    与え、 前記加重部は、前記電動モータの回転軸と平行方向に突
    出された棒状であることを特徴とする請求項1記載のベ
    ルト式マッサージ機。
  3. 【請求項3】 前記振動発生源は、電動モータを備え、
    該電動モータにより偏心軸を介して前記ベルトに振動を
    与え、 前記加重部は、前記電動モータの回転軸と直交方向に突
    出された棒状であることを特徴とする請求項1記載のベ
    ルト式マッサージ機。
  4. 【請求項4】 前記加重部は、前記本体ケースの外周を
    囲むリング状であることを特徴とする請求項1記載のベ
    ルト式マッサージ機。
  5. 【請求項5】 前記振動発生源は、電動モータを備え、
    該電動モータにより偏心軸を介して前記ベルトに振動を
    与え、 前記電動モータの回転軸に、前記偏心軸の偏心と反対側
    にバランスウエイトを取り付けたことを特徴とする請求
    項1ないし請求項4記載のベルト式マッサージ機。
  6. 【請求項6】 前記偏心軸に回転可能に支持したクラン
    ク軸に前記ベルトの端を締結すると共に、前記クランク
    軸を前記本体ケースに揺動、かつ摺動可能に支持する軸
    受けを介して支承したことを特徴とする請求項1ないし
    請求項5記載のベルト式マッサージ機。
JP2000010461A 2000-01-19 2000-01-19 ベルト式マッサージ機 Pending JP2001198170A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000010461A JP2001198170A (ja) 2000-01-19 2000-01-19 ベルト式マッサージ機

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000010461A JP2001198170A (ja) 2000-01-19 2000-01-19 ベルト式マッサージ機

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2001198170A true JP2001198170A (ja) 2001-07-24

Family

ID=18538477

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2000010461A Pending JP2001198170A (ja) 2000-01-19 2000-01-19 ベルト式マッサージ機

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2001198170A (ja)

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR200452639Y1 (ko) 2008-04-02 2011-03-09 동-헐 우 마사지대(帶)를 결합하기위한 패드의 개량구조
US8142374B2 (en) * 2002-03-03 2012-03-27 Flomedic Limited Portable device for the enhancement of circulation of blood and lymph flow in a limb
US8157754B2 (en) 2001-03-05 2012-04-17 David Weintraub Portable device for the enhancement of circulation and for the prevention of stasis related DVT
WO2014059670A1 (zh) * 2012-10-19 2014-04-24 翔天电子实业有限公司 揉甩腰腹或揉甩腰腹兼背部按摩健身器

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US8157754B2 (en) 2001-03-05 2012-04-17 David Weintraub Portable device for the enhancement of circulation and for the prevention of stasis related DVT
US8142374B2 (en) * 2002-03-03 2012-03-27 Flomedic Limited Portable device for the enhancement of circulation of blood and lymph flow in a limb
KR200452639Y1 (ko) 2008-04-02 2011-03-09 동-헐 우 마사지대(帶)를 결합하기위한 패드의 개량구조
WO2014059670A1 (zh) * 2012-10-19 2014-04-24 翔天电子实业有限公司 揉甩腰腹或揉甩腰腹兼背部按摩健身器

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6405390B2 (en) Multifunctional foot spa
DE60305488T2 (de) Gerät zum behandeln der haut eines menschen
CN1124827C (zh) 手持式脱毛装置
US6981954B2 (en) Percussive massager
US6077201A (en) Exercise bicycle
US6758826B2 (en) Vibrating personal massager
US5997489A (en) Massager with rotatable head and roller
CA1146038A (en) Massage devices
US4825853A (en) Hand-held vibratory massager
US4411421A (en) Therapeutic apparatus
US20040127822A1 (en) Hair care unit
US20050203445A1 (en) Multi-functional massager
JPH10506546A (ja) 携帯用の手で保持するタイプの振動式女性刺激器
CN1859952A (zh) 用于去除身体脂肪及增强肌肉的健身设备
US6599261B1 (en) Massaging device
US5468215A (en) Exercise unit for whole body
US6988997B2 (en) Back massager with interchangeable contact heads
US6979300B1 (en) Massage system
JP2992286B2 (ja) 運動装置とその使用方法
EP0755240B1 (en) Body massager
CN101983089A (zh) 锻炼设备
CN1170515C (zh) 按摩机
JP4102496B2 (ja) 携帯型マッサージ装置
JP3119134U (ja) 自転車型トレーニングマシン
TWI401103B (zh) Sports device

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20061214

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20090811

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20090818

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20100209