JP2001170869A - 研削砥石用台金および刃物 - Google Patents

研削砥石用台金および刃物

Info

Publication number
JP2001170869A
JP2001170869A JP35488699A JP35488699A JP2001170869A JP 2001170869 A JP2001170869 A JP 2001170869A JP 35488699 A JP35488699 A JP 35488699A JP 35488699 A JP35488699 A JP 35488699A JP 2001170869 A JP2001170869 A JP 2001170869A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
grinding wheel
base
cutter
grinding
mount
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP35488699A
Other languages
English (en)
Inventor
Yasuo Imamura
保夫 今村
Original Assignee
Imamura Seiko:Kk
有限会社今村精工
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Imamura Seiko:Kk, 有限会社今村精工 filed Critical Imamura Seiko:Kk
Priority to JP35488699A priority Critical patent/JP2001170869A/ja
Publication of JP2001170869A publication Critical patent/JP2001170869A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】硬質金属層の形成という高価で面倒な工程を不
要とし、しかも台金や刃物自体を高強度でかつ軽量に構
成することができるため、高速研削時の高い研削圧によ
り超砥粒が台金側に食い込んだり、超砥粒とニッケルメ
ッキ層との間にぐらつきが生じて超砥粒の脱落が生じた
りすることがなく、また刃物においても焼け付き等の欠
点もなく、したがってその寿命を飛躍的に延ばすことが
できる研削砥石用台金および刃物を提供しようとするも
のである。 【解決手段】1)粉末ハイスを所定の形状に成形し、そ
れを所定の燒結温度で燒結することによって形成したこ
とを特徴とする研削砥石用台金および刃物。 2)粉末ハイスを所定の形状に成形し、それを所定の燒
結温度で燒結することによって形成され、かつその外周
面に、砥粒を固着したことを特徴とする研削砥石用台金
および刃物。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】この発明は種々の素材の研削
や切断のための使用に適合した研削砥石用台金および刃
物に関するものである。
【0002】
【従来の技術】研削砥石用台金としては従来、例えば図
3および図4に示すようなようなものがあった。この研
削砥石用台金は、円盤状の台金1の表面上の、砥粒固着
箇所である外周部分に、立方体窒化ほう素(CBN)や
ダイヤモンド等の超砥粒2を、電解または無電解ニッケ
ルメッキ層3により固着してなるものである。
【0003】ところで、上記台金1の材質としては一般
に、焼入鋼や、主にジュラルミン系のアルミ合金、チタ
ン合金等が用いられるが、上記研削砥石用台金を砥石周
速60m/s〜300m/s程度の高速回転で行なわれ
る高速研削に使用する場合には、焼入鋼の台金1は比重
が重く大きな遠心力が作用するため、主軸に対する負荷
や台金1自身の破壊強度等の観点から問題があった。
【0004】一方、アルミ合金やチタン合金の台金1は
比重が軽いため上述のような強度状の問題はないが、台
金としての硬度が不足するため高速研削時の高い研削圧
により超砥粒2が台金側に食い込み、これによって超砥
粒2とニッケルメッキ層3との間にぐらつきが生じて超
砥粒2の脱落が生じ易くなり、砥石寿命が短くなるとい
う問題があった。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】そのため従来、例えば
特願平5−146972号公報に記載されたような、硬
質金属層を台金上に形成し、その上でニッケルメッキ層
を介して超砥粒を固着するようにすることが提案されて
いる。そして、上記発明においては、硬質金属層の形成
が減圧プラズマ溶射によって行なわれ、HRC50以上の
高硬度でかつ高強度の、例えばハイス鋼や高炭素鋼等を
材質とするものであり、700kg/cm2以上という
強い固着力で、前述の高速研削時の遠心力に対抗できる
ことが開示されている。
【0006】しかしながら上記発明においては、減圧プ
ラズマ溶射のための高価な装置や工程を必要とし、また
上記目的を達成するためには硬質金属層の厚さを所定以
上の厚さとすることが要求されるため、硬質金属層の形
成に多大の時間を必要とするという問題点があった。
【0007】この発明は従来例の上記欠点を解消しよう
とするもので、粉末ハイスを所定の形状に成形し、それ
を所定の燒結温度で燒結することによって形成されたも
のであるため、硬質金属層の形成という高価で面倒な工
程を不要とし、しかも台金や刃物自体を高強度でかつ軽
量に構成することができるため、高速研削時の高い研削
圧により超砥粒が台金側に食い込んだり、超砥粒とニッ
ケルメッキ層との間にぐらつきが生じて超砥粒の脱落が
生じたりすることがなく、また刃物においても焼け付き
等の欠点もなく、したがってその寿命を飛躍的に延ばす
ことができる研削砥石用台金および刃物を提供しようと
するものである。
【0008】
【課題を解決するための手段】すなわち、この発明の研
削砥石用台金および刃物は、粉末ハイスを所定の形状に
成形し、それを所定の燒結温度で燒結することによって
形成したことを特徴とするものである。
【0009】またこの発明の研削砥石用台金および刃物
は、粉末ハイスを所定の形状に成形し、それを所定の燒
結温度で燒結することによって形成され、かつその外周
面に、砥粒を固着したことをも特徴とするものである。
【0010】上記台金を粉末ハイスで所定の形状に成形
する方法としては、一般的な熱間等方圧プレス(HI
P)等を用い、プレス型内にN2ガスを圧入しながらプ
レス成形する方法が利用できる。またそのための粉末ハ
イス素材を得る方法としては、やはり一般的な粉末成形
技術、例えば高周波溶解炉で溶解した金属素材をホッパ
に投入し、そこからN2ガスアトマイズ装置内に溶解金
属を細く流下させながら、N2ガスを吹き付けて霧状に
分散させて粉末化する方法が使用できる。
【0011】この発明の研削砥石用台金および刃物は以
上のように、粉末ハイスを所定の形状に成形し、それを
所定の燒結温度で燒結することによって形成された台金
や刃物を使用するため、硬質金属層の形成等という高価
で面倒な工程を不要として大幅な原価低減を図ることが
できるようになった。
【0012】またこの発明の研削砥石用台金および刃物
によれば、台金や刃物自体を高強度でかつ軽量に構成す
ることができるため、例えば台金においては高速研削時
の高い研削圧により超砥粒が台金側に食い込んだり、超
砥粒とニッケルメッキ層との間にぐらつきが生じて超砥
粒の脱落が生じたりすることがなく、また刃物において
も焼け付き等の欠点もなく、したがってその寿命を飛躍
的に延ばすことができる研削砥石用台金および刃物を提
供することができるようになった。
【0013】
【発明の実施の形態】以下図面に基いて、この発明の研
削砥石用台金および刃物の実施の形態につき、詳細に説
明する。それぞれ、図1はこの発明の研削砥石用台金の
1実施例を示す側面図、図2はその断面図、また図3は
この発明の刃物の1実施例を示す正面図である。
【0014】図1および図2において11は円盤状の研
削砥石用台金で、この研削砥石用台金11は、望ましく
は窒素(N2ガス)添加した粉末ハイスを所定の形状に
成形し、それを所定の燒結温度で燒結することによって
形成された円盤状の台金12を備えている。すなわち、
一般的な熱間等方圧プレス(HIP)等を用い、N2
スを圧入しながらプレス成形することによって台金12
を形成することができる。もちろん、台金12を成形し
た後は必要に応じてバリ取り作業を行なったり、表面研
磨等を施すことはいうまでもない。
【0015】なお、そのための粉末ハイス素材を得る方
法としては、やはり一般的な粉末成形技術、例えば高周
波溶解炉で溶解した金属素材をホッパに投入し、そこか
らN2ガスアトマイズ装置内に溶解金属を細く流下させ
ながら、N2ガスを吹き付けて霧状に分散させて粉末化
する方法が使用できる。そして得た粉末ハイス素材を上
記工程に用いるのである。
【0016】このようにして得た台金12は、その外周
面に常法に基づいて無電解ニッケルメッキ層13を形成
し、その無電解ニッケルメッキ層13に立方体窒化ほう
素(CBN)やダイヤモンド等の超砥粒14を固着し
て、研削砥石用台金11とすることができる。
【0017】得た研削砥石用台金11は、台金12全体
が粉末ハイス素材を燒結した構造となっており、従来の
焼入鋼や、主にジュラルミン系のアルミ合金、チタン合
金等からなる台金を使用したものよりもはるかに靭性や
熱間加工性、被研削性に優れている。また、そればかり
でなく軽量であって遠心力があまり作用しないので、高
速回転で行なわれる高速研削に使用しても何ら問題はな
く、しかも高速研削時の高い研削圧により超砥粒が台金
側に食い込んだり、超砥粒とニッケルメッキ層との間に
ぐらつきが生じて超砥粒の脱落が生じたりすることがな
い。したがって砥石寿命を飛躍的に延ばすことができ
る。
【0018】上記研削砥石用台金11は、従来の外周面
に立方体窒化ほう素(CBN)やダイヤモンド等の超砥
粒を、電解または無電解ニッケルメッキ層を介して固着
したものと同じような用途に使用することができ、また
その使用に際しても、従来の研削砥石用台金と同様に種
々の研削機に簡単に装着することができる。
【0019】図3は、この発明の刃物の1実施例として
メタルソーに適用した場合を説明するものである。図3
において、メタルソー21は、全体が粉末ハイス素材を
燒結した構造となっており、従来の焼入鋼やハイス鋼を
使用したものよりもはるかに靭性や熱間加工性、被研削
性に優れている。また、そればかりでなく軽量であって
遠心力があまり作用しないので、高速回転で行なわれる
高速切断に使用しても何ら問題はなく、しかも超硬合金
に匹敵しかねないほどの性能を備えていた。したがって
その寿命を飛躍的に延ばすことができる。
【0020】なおこの場合、刃物(メタルソー)を製造
しようとする場合には、上記研削砥石用台金11と同様
の工程で作成することができ、一般的な熱間等方圧プレ
ス(HIP)等を用い、N2ガスを圧入しながらプレス
成形することによって刃物21を形成することができ
る。22は刃先であり、粉末ハイスで作製されているた
め、上述のように超硬合金に匹敵しかねないほどの性能
を示すものであった。したがってその寿命を飛躍的に延
ばすことができる。
【0021】
【発明の効果】この発明の研削砥石用台金および刃物は
以上のように、粉末ハイスを所定の形状に成形し、それ
を所定の燒結温度で燒結することによって形成された台
金や刃物を使用するため、硬質金属層の形成等という高
価で面倒な工程を不要として大幅な原価低減を図ること
ができるようになった。
【0022】またこの発明の研削砥石用台金および刃物
によれば、台金や刃物自体を高強度でかつ軽量に構成す
ることができるため、例えば台金においては高速研削時
の高い研削圧により超砥粒が台金側に食い込んだり、超
砥粒とニッケルメッキ層との間にぐらつきが生じて超砥
粒の脱落が生じたりすることがなく、また刃物において
も焼け付き等の欠点もなく、したがってその寿命を飛躍
的に延ばすことができる研削砥石用台金および刃物を提
供することができるようになった。
【図面の簡単な説明】
【図1】この発明の研削砥石用台金の一実施例を示す側
面図である。
【図2】その断面図である。
【図3】この発明の刃物の一実施例を示す正面図であ
る。
【図4】従来の研削砥石用台金を示す斜視図である。
【図5】その拡大断面図である。
【符号の説明】
11 研削砥石用台金および刃物 12 台金 13 無電解ニッケルメッキ層 14 超砥粒 21 刃物 22 刃先

Claims (2)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 粉末ハイスを所定の形状に成形し、それ
    を所定の燒結温度で燒結することによって形成したこと
    を特徴とする研削砥石用台金および刃物。
  2. 【請求項2】 粉末ハイスを所定の形状に成形し、それ
    を所定の燒結温度で燒結することによって形成され、か
    つその外周面に、砥粒を固着したことを特徴とする研削
    砥石用台金および刃物。
JP35488699A 1999-12-14 1999-12-14 研削砥石用台金および刃物 Pending JP2001170869A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP35488699A JP2001170869A (ja) 1999-12-14 1999-12-14 研削砥石用台金および刃物

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP35488699A JP2001170869A (ja) 1999-12-14 1999-12-14 研削砥石用台金および刃物

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2001170869A true JP2001170869A (ja) 2001-06-26

Family

ID=18440581

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP35488699A Pending JP2001170869A (ja) 1999-12-14 1999-12-14 研削砥石用台金および刃物

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2001170869A (ja)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2003231061A (ja) * 2002-02-12 2003-08-19 Noritake Co Ltd セグメント型砥石車
WO2011158526A1 (ja) * 2010-06-17 2011-12-22 三菱重工業株式会社 総形カッターの製造方法および総形カッターの研削工具

Citations (10)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5695524A (en) * 1979-12-29 1981-08-03 Kobe Steel Ltd Cold saw and manufacture thereof
JPH03107176U (ja) * 1990-02-20 1991-11-05
JPH04365560A (en) * 1991-06-12 1992-12-17 I N R Kenkyusho:Kk Grinding wheel
JPH05111877A (ja) * 1991-10-24 1993-05-07 Noritake Dia Kk 超砥粒カツター
JPH0639324U (ja) * 1992-11-05 1994-05-24 甫篁 松岡 リーマ
JPH06270012A (ja) * 1993-03-24 1994-09-27 Nisshin Steel Co Ltd プレスカット刃
JPH081524A (ja) * 1994-06-17 1996-01-09 Noritake Dia Kk ダイヤモンドカッター
JPH09132771A (ja) * 1995-11-09 1997-05-20 Mitsubishi Materials Corp ガラス質結合剤被覆ダイヤモンド砥粒及びこれを用いたビトリファイドボンド砥石の製造方法
JPH09267263A (ja) * 1996-01-29 1997-10-14 Mitsubishi Materials Corp プレス成形性に優れたビトリファイドボンド立方晶窒化硼素砥石用被覆砥粒
JPH10180635A (ja) * 1996-12-25 1998-07-07 Noritake Diamond Ind Co Ltd 超砥粒レジノイドボンドホイール

Patent Citations (10)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5695524A (en) * 1979-12-29 1981-08-03 Kobe Steel Ltd Cold saw and manufacture thereof
JPH03107176U (ja) * 1990-02-20 1991-11-05
JPH04365560A (en) * 1991-06-12 1992-12-17 I N R Kenkyusho:Kk Grinding wheel
JPH05111877A (ja) * 1991-10-24 1993-05-07 Noritake Dia Kk 超砥粒カツター
JPH0639324U (ja) * 1992-11-05 1994-05-24 甫篁 松岡 リーマ
JPH06270012A (ja) * 1993-03-24 1994-09-27 Nisshin Steel Co Ltd プレスカット刃
JPH081524A (ja) * 1994-06-17 1996-01-09 Noritake Dia Kk ダイヤモンドカッター
JPH09132771A (ja) * 1995-11-09 1997-05-20 Mitsubishi Materials Corp ガラス質結合剤被覆ダイヤモンド砥粒及びこれを用いたビトリファイドボンド砥石の製造方法
JPH09267263A (ja) * 1996-01-29 1997-10-14 Mitsubishi Materials Corp プレス成形性に優れたビトリファイドボンド立方晶窒化硼素砥石用被覆砥粒
JPH10180635A (ja) * 1996-12-25 1998-07-07 Noritake Diamond Ind Co Ltd 超砥粒レジノイドボンドホイール

Cited By (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2003231061A (ja) * 2002-02-12 2003-08-19 Noritake Co Ltd セグメント型砥石車
WO2011158526A1 (ja) * 2010-06-17 2011-12-22 三菱重工業株式会社 総形カッターの製造方法および総形カッターの研削工具
JP2012000720A (ja) * 2010-06-17 2012-01-05 Mitsubishi Heavy Ind Ltd 総形カッターの製造方法および総形カッターの研削工具
CN102933350A (zh) * 2010-06-17 2013-02-13 三菱重工业株式会社 成形刀具的制造方法及成形刀具的研磨工具
EP2583788A1 (en) * 2010-06-17 2013-04-24 Mitsubishi Heavy Industries, Ltd. Formed cutter manufacturing method and formed cutter grinding tool
US8696408B2 (en) 2010-06-17 2014-04-15 Mitsubishi Heavy Industries, Ltd. Method of manufacturing formed cutter and grinding tool for formed cutter
EP2583788A4 (en) * 2010-06-17 2014-06-18 Mitsubishi Heavy Ind Ltd METHOD FOR PRODUCING A SHAPED CUTTING TOOL AND TOOL FOR GRINDING A SHAPED CUTTING TOOL

Similar Documents

Publication Publication Date Title
EP0728057B1 (en) Metal bond and metal bonded abrasive articles
JP4173573B2 (ja) 多孔質砥粒砥石の製造方法
US20040112359A1 (en) Brazed diamond tools and methods for making the same
US5127924A (en) Hard particle coated grinding wheel
JP2003181765A (ja) 多孔質超砥粒砥石とその製造方法
JPH09103965A (ja) 多孔質超砥粒砥石とその製造方法
JP2003512937A (ja) 剛直に結合された薄い砥石
JP2001170869A (ja) 研削砥石用台金および刃物
JP3513547B2 (ja) 単結晶ダイヤモンド又はダイヤモンド焼結体研磨用砥石及び同研磨方法
US6319109B1 (en) Disk-shaped grindstone
CN108883517B (zh) 超硬磨料砂轮
JP2003211361A (ja) ダイヤモンド研磨用砥石により得られたダイヤモンド研磨加工体、単結晶ダイヤモンド及びダイヤモンド焼結体
JP2001198833A (ja) ダイヤモンド研磨用砥石及びダイヤモンド研磨方法並びに研磨により得られたダイヤモンド研磨加工体、単結晶ダイヤモンド及びダイヤモンド焼結体並びにダイヤモンド研磨用複合砥石及び同砥石セグメント
JPH10296636A (ja) メタルボンド砥石
JP2007167997A (ja) ツルーイング工具
JP2000326234A (ja) バリ取り用超砥粒ホイール
JP2000198075A (ja) 複合ボンド砥石及び樹脂結合相を有する砥石
JP2001088035A (ja) 有気孔砥石
JP3537367B2 (ja) フライス工具
JP2002220628A (ja) 鏡面を備えたダイヤモンド−金属複合体、同人工関節、ダイス、ロール又は金型、及び同ダイヤモンド−金属複合体の製造方法
JPH05146972A (ja) 高速研削用砥石
JP3411233B2 (ja) 研削工具の製造方法
KR20010049889A (ko) 휠 커터의 얇은 블레이드
JP2001310264A (ja) ダイヤモンド刃物用台板
JP2761322B2 (ja) 砥 粒

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20061210

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20091125

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20091126

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20091230

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20100128

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20100317

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20100405