JP2001170254A - 遊技機 - Google Patents

遊技機

Info

Publication number
JP2001170254A
JP2001170254A JP36012599A JP36012599A JP2001170254A JP 2001170254 A JP2001170254 A JP 2001170254A JP 36012599 A JP36012599 A JP 36012599A JP 36012599 A JP36012599 A JP 36012599A JP 2001170254 A JP2001170254 A JP 2001170254A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
line
winning
reel
symbol
determination
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP36012599A
Other languages
English (en)
Inventor
Masayuki Ishihara
昌幸 石原
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Olympia KK
Original Assignee
Olympia KK
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Olympia KK filed Critical Olympia KK
Priority to JP36012599A priority Critical patent/JP2001170254A/ja
Publication of JP2001170254A publication Critical patent/JP2001170254A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 入賞ラインを、ライン決定用回転リールの停
止図柄に基づいて決定されるようにしたことにより、入
賞ラインに関して、変化を付けて、遊技を興味溢れるも
のにすることができる遊技機を提供する。 【解決手段】 回転リール(40)は、有効入賞ライン上に
入賞図柄(61)が揃うことによって、入賞確定を表示する
ための複数個の入賞図柄決定用回転リール(47)と、入賞
ラインを決定するためのライン決定用回転リール(46)と
を備え、制御装置(20)は、ライン決定用回転リール(46)
の停止図柄(61)に基づいて入賞ラインを決定するための
ライン決定リール回転制御手段(130)を備え、入賞ライ
ンは、ライン決定リール回転制御手段(130)によって、
ライン決定用回転リール(46)の停止図柄(61)に基づいて
決定されるようにしていることを特徴とする。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】この発明は、遊技機に関し、
さらに詳しくは、入賞ライン決定のための専用の回転リ
ールを設けて、入賞ラインを決定することができるスロ
ットマシン、パチンコ遊技機又はその他の遊技機に関す
るものである。
【0002】
【従来の技術】従来、この種の遊技機、例えばスロット
マシンは、抽選により入賞フラグが成立し、それに加え
て、複数の回転リールが停止した状態で、正面側に表示
される複数の図柄が、予め定めた所定の有効入賞ライン
上に揃うことを条件として、入賞が確定し、当該入賞図
柄に相当する払い出しメダルが遊技者に支払われてい
る。そして、メダルの投入枚数の増加によって前記有効
入賞ラインの数が増加するように設定されている。
【0003】具体的には、例えば、三個の回転リールが
停止した状態で、各回転リールの正面側には三個の図柄
が表示されるように設定されている。そして、有効入賞
ラインとしては、以下に示す五本のラインが使用されて
いる。すなわち、上下三個の図柄のうち各回転リールの
上端、中央及び下端の各図柄同士をそれぞれ横方向に結
んだ上端ラインと、中央ラインと、下端ラインとが設定
されている。さらに、回転リールが停止した状態で表示
される縦三個、横三個の3×3の合計9個の図柄の対角
線上を右上がり斜め方向に結ぶ右上がり斜めラインと、
左上がり斜め方向に結ぶ左上がり斜めラインとの五つで
ある。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】しかし、上記した従来
の遊技機は、上述したように入賞ラインが予め決定され
たものに略固定されており、入賞ラインに関して変化が
乏しく、遊技者の興味を引きつけるような遊技内容にな
っていないという第一の問題点があった。また、有効入
賞ラインを、抽選手段の抽選結果によって、決定するよ
うに設定すると、遊技内容に変化は、生じるが、入賞ラ
インの決定に関して、遊技者が受動的であり、遊技者、
自ら能動的に入賞ラインを決めるような感覚に乏しく、
興味溢れるものではないといった第二の問題点があっ
た。
【0005】そこで、各請求項にそれぞれ記載された各
発明は、上記した従来の技術の有する問題点に鑑みてな
されたものであり、その目的とするところは、次の点に
ある。 (請求項1)すなわち、請求項1記載の発明は、上記し
た従来の技術の有する第一の問題点に鑑みてなされたも
のであり、その目的とするところは、入賞ラインを、ラ
イン決定用回転リールの停止図柄に基づいて決定される
ようにしたことにより、入賞ラインに関して、変化を付
けて、遊技を興味溢れるものにすることができる遊技機
を提供しようとするものである。 (請求項2)請求項2記載の発明は、上記した請求項1
記載の発明の目的に加え、次の点を目的とする。
【0006】すなわち、請求項2記載の発明は、入賞ラ
インを示す図柄が表示されていることにより、視覚的且
つ直接的に入賞ラインを判別することができる遊技機を
提供しようとするものである。 (請求項3)請求項3記載の発明は、上記した請求項2
記載の発明の目的に加え、次の点を目的とする。
【0007】すなわち、請求項3記載の発明は、入賞ラ
インの全てを、一度にまとめて視覚的に示すことができ
て、遊技者は、全ての入賞ラインを視覚的に一度に把握
することができ、遊技を興味溢れるものにすることがで
きる遊技機を提供しようとするものである。 (請求項4)請求項4記載の発明は、上記した請求項2
記載の発明の目的に加え、次の点を目的とする。
【0008】すなわち、請求項4記載の発明は、遊技者
が希望する入賞ラインを限定した特定のものに絞り込む
ことができ、目押しの目標を、明確にすることができ、
遊技者の遊技に対する集中力を高めることができて、遊
技を興味溢れるものにすることができる遊技機を提供し
ようとするものである。 (請求項5)請求項5記載の発明は、上記した請求項1
〜4のいずれか1項に記載の発明の目的に加え、次の点
を目的とする。
【0009】すなわち、請求項5記載の発明は、上記し
た従来の技術の有する第二の問題点に鑑みてなされたも
のであり、その目的とするところは、遊技者が、入賞図
柄決定用回転リールの回転停止後、能動的に、自ら希望
するような入賞ラインの図柄を、ラインリール用ストッ
プスイッチの停止操作によって、選択させている感覚を
付与することができ、遊技を興味溢れるものにすること
ができる遊技機を提供しようとするものである。
【0010】
【課題を解決するための手段】(特徴点)各請求項にそ
れぞれ記載された各発明は、上記した各目的を達成する
ためになされたものであり、各発明の特徴点を図面に示
した発明の実施の形態を用いて、以下に説明する。
【0011】なお、カッコ内の符号は、発明の実施の形
態において用いた符号を示し、本発明の技術的範囲を限
定するものではない。また、図面番号も、発明の実施の
形態において用いた図番を示し、本発明の技術的範囲を
限定するものでない。 (請求項1)請求項1記載の発明は、次の点を特徴とす
る。
【0012】すなわち、本発明に係る遊技機(具体的に
は、例えば、スロットマシン10)は、周囲に複数の図柄
(61)を表示した複数の回転リール(40)と、前記回転リー
ル(40)の回転及び停止を制御するための制御装置(20)と
を備え、複数の前記回転リール(40)が停止した状態で、
正面側に表示される複数の図柄(61)が所定の方向の有効
な入賞ライン上に揃うことを条件に遊技者に利益を付与
するようにしている。
【0013】そして、前記回転リール(40)は、周囲に複
数の図柄(61)を表示して、有効入賞ライン上に入賞図柄
(61)が揃うことによって、入賞確定を表示するための複
数個の入賞図柄決定用回転リール(47)と、前記入賞ライ
ンを決定するためのライン決定用回転リール(46)とを備
えている。そして、前記制御装置(20)は、前記ライン決
定用回転リール(46)の停止図柄(61)に基づいて前記入賞
ラインを決定するためのライン決定リール回転制御手段
(130)を備え、前記入賞ラインは、前記ライン決定リー
ル回転制御手段(130)によって、前記ライン決定用回転
リール(46)の停止図柄(61)に基づいて決定されるように
していることを特徴とする。
【0014】なお、ここで、「前記入賞ラインは、前記
ライン決定リール回転制御手段(130)によって、前記ラ
イン決定用回転リール(46)の停止図柄に基づいて決定さ
れる」とは、ライン決定リール回転制御手段(130)によ
り、ライン決定用回転リール(46)が停止した状態で、正
面側に表示される所定の図柄によって、入賞ラインが決
定されることを意味するものである。具体的には、例え
ば、特に図示しないが、所定のパターン(A〜E)の入
賞ラインの組合せが、遊技機(10)の表面に説明してあ
り、ライン決定用回転リール(46)のリールテープ(42)の
表面には、A〜Eのアルファベット記号が記載してある
ような場合であって、ライン決定用回転リール(46)の停
止図柄(A〜E)のいずれかのアルファベット記号を停
止させたときに、当該記号に対応するような入賞ライン
のパターンに決定するようなものを含むものである。さ
らに、ライン決定用回転リール(46)のリールテープ(42)
の表面に、入賞ラインの全部又は一部を表示して、所定
の停止位置に停止した図柄に対応するような入賞ライン
に決定されるようなものを含むものである。
【0015】また、ここで、「遊技機(10)」は、特に回
転リール(40)を有するスロットマシン(10)に限定される
ものではなく、回転リール(40)の回転状態を液晶表示さ
せることができるようなパチンコ機や、その他の同様な
遊技機等も含まれるものである。また、ここで、「入賞
ライン」とは、予め定められた特定の入賞図柄が、当該
入賞ライン上に揃った場合に、入賞が確定する可能性を
有しているラインを意味するものである。また、「有効
入賞ライン」とは、「入賞ライン」のうち特定の定めら
れた条件、例えば投入メダルの枚数により、決定される
条件を満たしており、予め定められた特定の入賞図柄
が、当該有効入賞ライン上に揃った場合には、確実に入
賞が確定するようなラインを意味するものである。 (作用)本発明によれば、入賞ラインは、ライン決定リ
ール回転制御手段(130)によって、ライン決定用回転リ
ール(46)の停止図柄に基づいて決定される。このため、
入賞ラインを遊技毎に変えることができて、入賞ライン
が予め設定したものに固定され常に変わらないようなも
のと比較して、遊技内容に変化をつけることができる。
これにより、遊技に意外性を付与することができ、遊技
を興味溢れるものにすることができる。 (請求項2)請求項2記載の発明は、上記した請求項1
記載の発明の特徴点に加え、次の点を特徴とする。
【0016】すなわち、前記ライン決定用回転リール(4
6)の周囲には、入賞ラインを視覚的に示す図柄(61)を設
けていることを特徴とする。なお、ここで、「入賞ライ
ンを視覚的に示す図柄」とは、具体的には、例えば、図
4乃至7に示すような図柄(201〜222、230〜232、240、
241)を含むものであって、入賞ラインの全部または一
部を色分けした線等により、目で見て視覚的に判断でき
るような図柄を意味するものである。 (作用)本発明によれば、ライン決定用回転リール(46)
の周囲には、入賞ラインを視覚的に示す図柄を設けてい
る。このため、遊技者は、入賞ラインを視覚的に示した
図柄を、目で視覚的且つ直接的に見ることができる。こ
れにより、瞬間的に図柄内の入賞ラインを判別すること
ができ、希望する入賞ラインを目的位置に停止させる、
いわゆる目押し作業を容易にすることができ、遊技を興
味溢れるものにすることができる。 (請求項3)請求項3記載の発明は、上記した請求項2
記載の発明の特徴点に加え、次の点を特徴とする。
【0017】すなわち、前記入賞ラインの全ては、前記
ライン決定用回転リール(46)の停止図柄(61)に基づいて
決定されるようにしていることを特徴とする。なお、こ
こで、「前記入賞ラインの全ては、前記ライン決定用回
転リール(46)の停止図柄に基づいて決定される」とは、
予め決定されて遊技毎に変動せずに固定した状態の入賞
ラインが一本も無く、遊技に使用する全ての入賞ライン
が、ライン決定用回転リール(46)の停止図柄によって、
決定されるようなことを意味するものである。 (作用)本発明によれば、入賞ラインの全ては、ライン
決定用回転リール(46)の停止図柄に基づいて決定され
る。このため、全ての入賞ラインが、ライン決定用回転
リール(46)の停止図柄に視覚的に示されることとなり、
遊技者は、全ての入賞ラインを視覚的に一度に把握する
ことができる。これにより、入賞ラインの全部を容易に
把握することが可能となって、遊技中の判断を確実に行
うことができ、遊技を興味溢れるものにすることができ
る。 (請求項4)請求項4記載の発明は、上記した請求項2
記載の発明の特徴点に加え、次の点を特徴とする。
【0018】すなわち、前記入賞ラインは、予め決定さ
れている固定入賞ライン(具体的には、例えば、図3の
固定入賞ラインPP,QQ,RR,SS,TT)と、前記固定入賞ライ
ン以外に新たに追加される一以上の追加入賞ライン(具
体的には、例えば、図3の追加入賞ラインVV)とを備え
ている。そして、前記ライン決定用回転リール(46)の周
囲には、前記追加入賞ラインの図柄(201〜222)が表示さ
れ、前記追加入賞ラインは、前記ライン決定用回転リー
ル(46)の停止図柄(201〜222)に基づいて決定されるよう
にしていることを特徴とする。
【0019】なお、ここで、「予め決定されている固定
入賞ライン」とは、遊技毎に入賞ラインの位置が変化せ
ずに、予め決定されているライン形状が遊技毎に変動し
ないものを意味するものである。そして、「新たに追加
される一以上の追加入賞ライン」とは、固定入賞ライン
とは異なり、ライン決定用回転リール(46)の停止図柄(2
01〜222)に基づいて決定されるものであって、遊技毎に
入賞ラインの位置が変化し、ライン形状が遊技毎に変動
するようなものを意味するものである。具体的には、例
えば、図3の入賞ラインのうち、中央ライン(PP)、上端
ライン(QQ)、下端ライン(RR)、右上がり斜めライン(SS)
及び左上がり斜めライン(TT)が、予め決定されている固
定入賞ライン(PP,QQ,RR,SS,TT)である。また、ライン決
定用回転リール(46)の中央に停止した図柄によって決定
され、新たに追加されるVVラインが、追加入賞ライン
(VV)である。さらに、「一以上の追加入賞ライン」とあ
るので、新たに追加される「追加入賞ライン」の数は、
一本に限定されるものではなく、同時に二本や、それ以
上の本数であっても良いものである。 (作用)本発明によれば、入賞ラインを、予め決定され
ている固定入賞ライン(例えば、図3に示す固定入賞ラ
インPP,QQ,RR,SS,TT)と、新たに追加される追加入賞ラ
イン(例えば、図3に示す追加入賞ライン(VV)とを備
え、この追加入賞ライン(VV)は、ライン決定用回転リー
ル(46)の停止図柄(例えば、図柄202)に基づいて決定
されている。このため、遊技者は、自己が希望する入賞
ラインを、限定した特定のものに絞り込むことができ、
目押しの目標を、明確にすることができる。これによ
り、遊技者の遊技に対する集中力を高めることができ、
遊技を興味溢れるものにすることができる。 (請求項5)請求項5記載の発明は、上記した請求項1
〜4のいずれか1項に記載の発明の特徴点に加え、次の
点を特徴とする。
【0020】すなわち、前記制御装置(20)は、前記ライ
ン決定用回転リール(46)の回転を停止させるためのライ
ンリール用ストップスイッチ(51)を備え、前記入賞図柄
決定用回転リール(47)の回転停止後、前記ラインリール
用ストップスイッチ(51)の操作により、前記ライン決定
用回転リール(46)の回転を停止操作可能にしていること
を特徴とする。 (作用)本発明によれば、制御装置(20)が、ライン決定
用回転リール(46)の回転を停止させるためのラインリー
ル用ストップスイッチ(51)を備えている。そして、入賞
図柄決定用回転リール(47)の回転停止後、ラインリール
用ストップスイッチ(51)の操作により、ライン決定用回
転リール(46)の回転を停止操作可能にしている。このた
め、入賞図柄決定用回転リール(47)の回転が停止した
後、遊技者が、停止図柄(201〜222)を観察して、どの
ような図柄を結んだ入賞ラインに決定されると、入賞ラ
イン上に入賞図柄が揃うことになるかを、判断すること
ができる。そして、かかる判断後、希望する形状の入賞
ラインに決定するように、目押しを行いながら、ライン
決定用回転リール(46)の停止操作を、ラインリール用ス
トップスイッチ(51)によって行うことができる。これに
より、遊技者は、能動的に、自ら希望するような入賞ラ
インの図柄を、ラインリール用ストップスイッチ(51)の
停止操作によって、選択している感覚を得ることがで
き、遊技を興味溢れるものにすることができる。
【0021】
【発明の実施の形態】(図面の説明)図1乃至図10
は、本発明の実施の形態を示すものである。図1はスロ
ットマシンの入力、制御及び出力のブロック図、図2は
スロットマシンの外観正面図、図3はスロットマシンの
回転リールの外観正面図、図4乃至図7はライン決定用
回転リールのリールテープの展開図、図8乃至10はス
ロットマシンの動作の概略のフローをそれぞれ示すもの
である。 (スロットマシン10)図2中、10は、遊技機、具体的に
はスロットマシンを示すものである。
【0022】スロットマシン10は、図2に示すように、
四角箱状の筐体11を有する。前記筐体11の中央部及び上
部には、遊技者側に向かって臨む四角窓状の表示窓12が
形成されている。そして、この中央部の表示窓12の中央
には、三個の回転リール40の図柄61を見ることができる
図柄表示窓13が形成されている。上記回転リール40は、
図2の向かって左端側に位置する左側回転リール43と、
この左側回転リール43の向かって右側に位置する中央回
転リール44と、この中央回転リール44の向かって右側に
位置する右側回転リール45と、この右側回転リール45の
向かって右側に位置するライン決定用回転リール46とか
らなるものである。
【0023】そして、スロットマシン10の前面側には、
三個の回転リール40が停止した状態で、正面側に表示さ
れる図柄が、その所定の方向の線上に揃うことを条件と
して遊技者に利益を付与するような入賞ラインが設定さ
れている。 (入賞ライン)上記入賞ラインは、所定の入賞図柄が、
当該ライン上に揃うことにより、入賞を確定させるため
のものである。すなわち、入賞抽選手段110の抽選によ
り入賞フラグが成立し、それに加えて、回転リール40が
停止した状態で、正面側に表示される一個乃至三個の図
柄61が、有効な入賞ライン上に揃うことを条件にメダル
が払い出されるものである。
【0024】上記入賞ラインは、ライン決定用回転リー
ル46の停止図柄に基づいて決定されるものである。具体
的には、入賞ラインは、以下に示す二つの種類に分類さ
れる。 (1)固定入賞ライン (2)追加入賞ライン なお、入賞ラインは、上記分類に限定されるものではな
い。具体的には、例えば、固定入賞ラインを設けずに、
入賞ラインの全てを、追加入賞ラインPP,QQ,RR,SS,TT,V
Vとしても良いものである。また、固定入賞ラインPP,Q
Q,RR,SS,TT及び追加入賞ラインVVのいずれも、これらの
ラインに限定されるものではなく、他のラインの組合せ
でも良いものである。 (固定入賞ラインPP,QQ,RR,SS,TT)上記固定入賞ライン
PP,QQ,RR,SS,TTは、予め決定されている入賞ラインであ
って、スロットマシン10の前面側に、横方向に三本、左
右の対角線上の斜め方向に二本の合計五本、形成されて
いる。
【0025】具体的には、例えば、図3に示すように、
三個の回転リール40が停止した状態で、各回転リール40
の正面側には三個の図柄61が表示されるように設定され
ている。そして、固定入賞ラインPP,QQ,RR,SS,TTとして
は、図3に点線で示されるような五本のラインが設定さ
れている。すなわち、上下三個の図柄61のうち、右側回
転リール45、中央回転リール44及び左側回転リール43の
中央の図柄61同士を横方向に結ぶことにより、中央ライ
ンPPが形成されている。そして、上下三個の図柄61のう
ち、右側回転リール45、中央回転リール44及び左側回転
リール43の下端の図柄61同士を横方向に結ぶことによ
り、下端ラインRRが形成されている。そして、上下三個
の図柄61のうち、右側回転リール45、中央回転リール44
及び左側回転リール43の上端の図柄61同士を横方向に結
ぶことにより、上端ラインQQが形成されている。そし
て、回転リール40が停止した状態で表示される縦三個、
横三個の3×3の合計9個の図柄61の対角線上を右上が
り斜め方向に結ぶことにより、右上がり斜めラインSSが
形成されている。この右上がり斜めラインSSは、具体的
には、右側回転リール45の上端の図柄61と、中央回転リ
ール44の中央の図柄61と、左側回転リール43の下端の図
柄61とを結ぶ位置に設定されているものである。そし
て、回転リール40が停止した状態で表示される縦三個、
横三個の3×3の合計9個の図柄61の対角線上を左上が
り斜め方向に結ぶことにより、左上がり斜めラインTTが
形成されている。この左上がり斜めラインTTは、具体的
には、右側回転リール45の下端の図柄61と、中央回転リ
ール44の中央の図柄61と、左側回転リール43の上端の図
柄61とを結ぶ位置に設定されているものである。
【0026】そして、下端ラインRRは、右上がり斜めラ
インSSの下端の図柄61と、左上がり斜めラインTTの下端
の図柄61とが結ばれているものである。また、上端ライ
ンQQは、右上がり斜めラインSSの上端の図柄61と、左上
がり斜めラインTTの上端の図柄61とが結ばれているもの
である。そして、通常遊技においては、メダルを投入し
た枚数によって、メダル払い出しとなる有効な固定入賞
ラインの本数が変わるように設定されている。すなわ
ち、メダルを一枚投入した一枚掛けの場合、有効な固定
入賞ラインは一本となり、メダルを二枚投入した二枚掛
けの場合、有効な固定入賞ラインは三本となり、メダル
を三枚投入した三枚掛けの場合、有効な固定入賞ライン
は五本となるものである。具体的には、一枚掛けでは、
中央ラインPPの一本のみが有効な固定入賞ラインとなっ
ている。そして、二枚掛けでは、中央ラインPPと、下端
ラインRRと、上端ラインQQとの三本のみが有効な固定入
賞ラインとなっている。そして、三枚掛けでは、中央ラ
インPPと、下端ラインRRと、上端ラインQQと、右上がり
斜めラインSSと、左上がり斜めラインTTとの合計五本が
有効な固定入賞ラインとなっている。
【0027】なお、固定入賞ラインは、上述した五本に
限定されるものではなく、他の予め設定した入賞ライン
でも良いものであり、また、本数も、五本に限定される
ものではなく、他の本数でも良いものである。 (追加入賞ラインVV)上記追加入賞ラインVVは、固定入
賞ラインPP,QQ,RR,SS,TTとは異なり、新たに追加される
入賞ラインである。ライン決定用回転リール46の周囲に
は、追加入賞ラインを視覚的に示す図柄が設けてあり、
上記追加入賞ラインVVは、ライン決定用回転リール46の
停止図柄に基づいて決定されるようにしているものであ
る。
【0028】具体的には、追加入賞ラインVVは、図3の
一点鎖線からなる折れ線状のVVラインであって、ライ
ン決定用回転リール46の正面側中央に停止した図柄によ
って決定されている。そして、図3に示すように、ライ
ン決定用回転リール46の中央の停止図柄に基づく追加入
賞ラインVVは、左側回転リール43の上端の図柄と、中央
回転リール44の上端の図柄と、右側回転リール45の下端
の図柄とを結ぶものである。
【0029】なお、この追加入賞ラインVVは、図3に
は、一本の場合のみを記載しているが、特に追加入賞ラ
インの数は一本に限定されるものではなく、同時に二本
や、それ以上の本数であっても良いものである。スロッ
トマシン10の内部には、図示していないが、スロットマ
シン10の全体の動作を制御するための制御装置20(図1
参照)が内蔵されている。 (制御装置20)上記制御装置20は、図示しないが、CP
Uを中心に構成され、ROM、RAM、I/O等を備え
ている。そして、CPUがROMに記憶されたプログラ
ムを読み込むことで、次の(1)及び(2)の装置を有
するものである。
【0030】(1)遊技制御装置21 (2)演出制御装置22 図1に示すように、スタートスイッチ30及びストップス
イッチ50の操作により、回転リール40の回転及び停止を
制御するための遊技制御装置21と、ランプやスピーカ等
の表示装置66を制御するための演出制御装置22とが内蔵
されている。また、CPUは、一個に限定されず、二個
以上のCPUで制御するようにしても良い。
【0031】また、CPU、ROM、RAM及びI/O
等は一体化されてワンチップを構成しても良いものであ
る。 (遊技制御装置21)上記遊技制御装置21は、スタートス
イッチ30及びストップスイッチ50の操作により、回転リ
ール40の回転及び停止を制御するためのものである。そ
して、この遊技制御装置21は、次の(1)乃至(4)の
手段として機能する。
【0032】 (1)通常遊技制御手段70 (2)特別遊技制御手段80 (3)入賞抽選手段110 (4)回転リール制御手段150 なお、前記通常遊技制御手段70は、通常遊技を行わせる
ために通常遊技に関する制御を行うものであり、前記特
別遊技制御手段80は、特別遊技を行わせるために特別遊
技に関する制御を行うものである。
【0033】また、遊技制御装置22としては、上記した
(1)〜(4)の手段に限定されるものではなく、他の
手段を含んでいても良い。 (演出制御装置22)上記演出制御装置22は、ランプやス
ピーカ等の表示装置66を制御するためのものである。 (入力段)上記制御装置20の入力段には、図1に示すよ
うに、次のパーツが接続されている。
【0034】 (1)投入スイッチ15 (2)ベットスイッチ16 (3)精算スイッチ17 (4)スタートスイッチ30 (5)ストップスイッチ50 (6)ラインリール用ストップスイッチ51 なお、入力段としては、上記した(1)乃至(6)のパ
ーツに限定されるものではない。 (出力段)上記制御装置20の出力段には、図1に示すよ
うに、次のパーツが接続されている。
【0035】 (1)リールユニット60 (2)ホッパーユニット65 (3)表示装置66(ランプ及びスピーカ) なお、出力段としては、上記した(1)乃至(3)のパ
ーツに限定されるものではない。 (投入スイッチ15)上記投入スイッチ15は、図2に示す
ように、回転リール40の斜め下方に位置するスイッチで
あって、投入された遊技メダルを検知するためのもので
ある。 (ベットスイッチ16)上記ベットスイッチ16は、図2に
示すように、回転リール40の下方に位置するスイッチで
あって、貯留メダル数を減じてメダル投入に代えるため
のものである。 (精算スイッチ17)上記精算スイッチ17は、図2に示す
ように、回転リールの斜め下方に位置するスイッチであ
って、貯留した投入メダルを払い出すためのものであ
る。 (スタートスイッチ30)上記スタートスイッチ30は、図
2に示すように、回転リール40の斜め下方に位置するレ
バーであって、遊技メダルの投入若しくはベットスイッ
チ16の投入を条件に、または、「再遊技(Replay)」時
には前遊技から所定時間経過を条件に、リールユニット
60の駆動を開始させて、入賞図柄決定用回転リール47及
びライン決定用回転リール46の回転を開始させるための
ものである。
【0036】なお、ここで、「再遊技(Replay)」と
は、入賞抽選手段110の抽選により、「再遊技(Repla
y)」のフラグが成立し、「再遊技(Replay)」の図柄
が有効入賞ライン上に揃うことにより、次の遊技におい
て、遊技メダルを新たに投入することなく、再度、遊技
を行うことができるものである。なお、ここで、本実施
の形態では、スタートスイッチ30の操作により、入賞図
柄決定用回転リール47及びライン決定用回転リール46の
四個の回転リール全てが同時に回転を開始するように設
定しているが、特にこれに限定されるものではない。具
体的には、例えば、スタートスイッチ30の操作により、
三個の入賞図柄決定用回転リール47のみの回転を開始さ
せるようにしても良いものである。そして、入賞図柄決
定用回転リール47のそれぞれの回転停止操作により、三
個の入賞図柄決定用回転リール47の回転を停止させた
後、その停止図柄の組合せによっては、入賞が確定する
可能性があるときに、すなわち、いずれかの入賞図柄が
各回転リールの停止図柄として正面側に含まれているよ
うなときに、ライン決定用回転リール46の回転を自動的
に開始させるように設定しても良いものである。これに
より、既に予め設定してある固定入賞ラインPP,QQ,RR,S
S,TTの停止図柄の組合せでは、入賞が確定しなかったよ
うな場合であっても、特定の入賞ラインを選択すること
により、入賞確定への期待感を抱かせることができて、
遊技を興味溢れるものにすることができ、新たな遊技性
を付与することができる。 (ストップスイッチ50)上記ストップスイッチ50は、リ
ールユニット60の入賞図柄決定用回転リール47の回転駆
動を停止させるためのものである。具体的には、ストッ
プスイッチ50は、図2に示すように、三個の入賞図柄決
定用回転リール47に対応した三個のスイッチから構成さ
れ、各入賞図柄決定用回転リール47の下方に一個ずつ配
置されているものである。入賞図柄決定用回転リール47
に対応したストップスイッチ50の操作により、当該対応
した入賞図柄決定用回転リール47が回転を停止するよう
に設定されているものである。 (ラインリール用ストップスイッチ51)上記ラインリー
ル用ストップスイッチ51は、リールユニット60のライン
決定用回転リール46の回転駆動を停止させるためのもの
である。具体的には、ラインリール用ストップスイッチ
51は、図2に示すように、ライン決定用回転リール46に
対応する一個のスイッチから構成され、ライン決定用回
転リール46の下方に一個、配置されているものである。
そして、ラインリール用ストップスイッチ51の操作によ
り、ライン決定用回転リール46が回転を停止するように
設定されている。
【0037】なお、本実施の形態では、ラインリール用
ストップスイッチ51の操作直後にライン決定用回転リー
ル46の回転停止処理が行われるように設定されている
が、特にこれに限定されるものではなく、ラインリール
用ストップスイッチ51の操作後、直ぐにライン決定用回
転リール46の回転停止処理が行われずに、ライン決定用
回転リール46が種々の回転変動した後に回転が停止する
ようにしても良いものである。具体的には、例えば、ラ
インリール用ストップスイッチ51の操作後、一旦回転が
仮停止するが、再度、回転を再開し、その後、回転停止
するようなものや、回転停止するまでに回転の停止及び
再開を複数回、繰り替えすようなものや、回転停止する
までに回転速度が変動するものや、或いは、回転を一旦
停止した後、逆方向に回転する等、回転停止処理を極め
て意外性に富むものにしても良いものである。
【0038】また、本実施の形態では、図2に示すよう
に、ライン決定用回転リール46の停止操作のために、ラ
インリール用ストップスイッチ51を設けているが、特に
これに限定されるものではなく、ラインリール用ストッ
プスイッチ51を設けないようにしても良いものである。
具体的には、入賞抽選手段110による入賞図柄の抽選結
果及び入賞ライン抽選手段120による追加入賞ラインの
抽選結果を考慮した蹴飛ばし設定や、引き込み設定によ
り、ライン決定用回転リール46を自動的に停止させるよ
うなものである。 (リールユニット60)上記リールユニット60は、特に図
示しないが枠体に固定或いは支持された四個のモータ
と、各々のモータの出力軸に固定された四個の回転リー
ル40とから構成されている。そして、各回転リール40
は、合成樹脂からなる回転ドラムと、この回転ドラムの
周囲に貼付されるテープ状のリールテープ42とを備えて
いる。このリールテープ42の外周面には、複数個(例え
ば21個)の図柄61が表示されている。
【0039】上記回転リール40は、以下のように二つに
分類される。 (1)入賞図柄決定用回転リール47 (2)ライン決定用回転リール46 (入賞図柄決定用回転リール47)上記入賞図柄決定用回
転リール47は、周囲に複数の図柄を表示して、有効入賞
ラインPP,QQ,RR,SS,TT,VV上に入賞図柄が揃うことによ
って、入賞確定を表示するためのものである。具体的に
は、入賞図柄決定用回転リール47は、図2及び図3に示
すように、左側回転リール43、中央回転リール44及び右
側回転リール45の三個からなるものである。 (ライン決定用回転リール46)上記ライン決定用回転リ
ール46は、図2及び図3に示すように、入賞図柄決定用
回転リール47の向かって右側に位置して、追加入賞ライ
ンを決定するためのものである。
【0040】図4乃至図6に、ライン決定用回転リール
46のリールテープ42の展開図の一例を示す。このライン
決定用回転リール46のリールテープ42の表面には、固定
入賞ラインPP,QQ,RR,SS,TT以外に新たに追加される追加
入賞ラインを視覚的に示す図柄201〜222が全部で22
個、設けられている。そして、この図柄201〜222のう
ち、ライン決定用回転リール46の正面側三個の図柄のう
ち中央に停止した図柄に視覚的に示されるラインが、追
加入賞ラインとして決定されるように設定されている。
【0041】なお、図4乃至図6に示される追加入賞ラ
インの図柄201〜222は、入賞ラインの全ての組合せ27
個(3×3×3)から固定入賞ラインPP,QQ,RR,SS,TTの
5個を除いた残りの22個の全てを記載しているもので
ある。これにより、入賞ラインとして可能性のある全て
の組合せを表現することができるものである。また、ラ
イン決定用回転リール46のリールテープ42に設ける図柄
は、上述したものに限定されるものではなく、図柄の数
や、入賞ラインの形状等の図柄の内容を、上述したもの
と異なるものにしても良いものである。具体的には、例
えば、ライン決定用回転リール46の図柄の数は、22個
に設定しているが、この個数よりも少なくても良く、ま
た、この個数を越えるようなものでも良いものである。
さらに、一つの図柄に記入する追加入賞ラインの数も、
一本に限定されるものではなく、図7の図柄230〜233に
示すように、一つの図柄に二本の追加入賞ラインを視覚
的に示しても良いものである。さらに、図7の図柄240
及び図柄241に示すように、一つの図柄に三本の追加入
賞ラインを視覚的に示しても良いものである。さらに、
特に図示しないが、一つの図柄に三本以上の追加入賞ラ
インを視覚的に示すようにしても良いものである。
【0042】さらに、また、ライン決定用回転リール46
のリールテープ42の図柄には、追加入賞ラインのみを記
載しているが、特にこれに限定されることはなく、追加
入賞ライン及び固定入賞ラインの両方を含む全ての入賞
ラインを、異なる色のライン等を使用して視覚的に示す
ようにしても良いものである。すなわち、入賞ラインの
全ては、ライン決定用回転リール46の停止図柄に基づい
て決定されるようなものである。このような場合には、
全ての入賞ラインが、ライン決定用回転リール46の停止
図柄に視覚的に示されることとなり、遊技者は、全ての
入賞ラインを視覚的に一度に把握することができ、入賞
ラインの全部を瞬間的且つ容易に把握することが可能と
なって、遊技中の判断を確実に行うことができ、遊技を
興味溢れるものにすることができるものである。
【0043】さらに、また、ライン決定用回転リール46
のリールテープ42に示される図柄には、追加入賞ライン
が一本もない、いわゆる外れ図柄を設けても良いもので
ある。これにより、遊技内容を変化させ、遊技を興味溢
れるものにすることができる。さらに、また、追加入賞
ラインとして採用される図柄は、ライン決定用回転リー
ル46の正面側三個の図柄のうち中央に停止した図柄に限
定されるものではなく、ライン決定用回転リール46の正
面側の上端の図柄や、下端の図柄を採用するようにして
も良いものであり、また、これらの正面に配置される上
端、中央及び下端の三個のうち、いずれか二個の図柄の
組合せ、または、上端、中央及び下端の三個、全ての図
柄に示されるラインを追加入賞ラインとして採用するよ
うにしても良いものである。 (ホッパーユニット65)上記ホッパーユニット65は、図
示しないが、遊技の結果に基づいて、遊技者にメダルを
払い出すためのものである。 (表示装置66)上記表示装置66は、スピーカや表示ラン
プ等であって、遊技者に入賞等を報知させるためのもの
である。具体的には、演出制御装置22の制御により、入
賞時にスピーカから入賞音を発生させ、表示ランプを点
灯又は点滅させることにより、遊技者に入賞等を報知さ
せるためのものである。 (通常遊技制御手段70)上記通常遊技制御手段70は、通
常遊技を行わせるためのものである。
【0044】すなわち、メダルの投入若しくはベットス
イッチ16の投入を条件に、または、「再遊技(Repla
y)」時には前遊技から所定時間経過を条件に、スター
トスイッチ30を操作すると、リールユニット60が駆動さ
れ、全回転リール40が回転を開始する。その後、ストッ
プスイッチ50の一個を操作すると、当該対応する入賞図
柄決定用回転リール47の回転が停止する。
【0045】そして、ストップスイッチ50を三個全て操
作し終わると、三個の入賞図柄決定用回転リール47の回
転が全て停止する。その後、ラインリール用ストップス
イッチ51を操作することにより、ライン決定用回転リー
ル46の回転が停止する。これにより、固定入賞ライン及
び追加入賞ラインからなる入賞ラインが決定される。そ
して、表示窓12の有効入賞ライン上に、予め設定された
図柄61が停止している場合には、ホッパーユニット65を
介して所定枚数のメダルが払い出される。なお、メダル
を払い出す代わりに、クレジットしても良い。
【0046】入賞には、遊技メダルの払い出しを伴い、
遊技者に利益を付与する小役入賞と、この小役入賞より
もさらに大きな利益を遊技者に付与する特別入賞と、遊
技メダルの払い出しは無いが、遊技メダルを新たに投入
することなく再度の遊技を行うことができる「再遊技
(Replay)」とを備えている。そして、その抽選結果が
いずれかの入賞となった場合、その入賞に対応した入賞
フラグが成立する。そして、抽選結果が特別入賞である
場合に、特別入賞フラグが成立し、この特別入賞フラグ
成立中に、リールユニット60の回転リール40の停止図柄
61の組み合わせが、予め定められた所定の特別入賞図柄
61(例えば、有効入賞ライン上に「7」が三個揃うも
の)と一致したことを条件に入賞が確定し、遊技者に有
利な特別遊技を行わせるように形成されている。そし
て、抽選により特別入賞フラグが成立したが、回転リー
ル40の停止図柄61の組み合わせが特別入賞図柄61と一致
していない場合、それ以後の遊技に特別入賞フラグ成立
の権利が持ち越されるように設定されている。なお、小
役の入賞フラグは、入賞フラグが成立した遊技で入賞を
確定させられない場合、入賞フラグ成立の権利の次の遊
技への持ち越しはない。
【0047】また、いずれかの入賞フラグが成立中に、
対応する入賞図柄61を有効入賞ライン上に揃えることが
できるか否かは、回転リール40の回転速度が一定の場
合、ストップスイッチ50のタイミングによるものであ
る。具体的には、ストップスイッチ50を操作した後、1
90ms以内に回転リール40が停止するように設定され
ているため、ストップスイッチ50を操作した後、そのま
ま停止させるか、或いは190ms以内に停止可能な回
転リール40の円周上の引き込み可能図柄61、例えば停止
図柄から連続する4個の引き込み可能図柄61の中に、対
応する入賞図柄61が含まれているような場合には、停止
するまでの時間を遅らせて、回転リール40は有効入賞ラ
イン上にその入賞図柄61を引き込んで停止する。一方、
かかる4個の引き込み可能図柄61の中に、対応する入賞
図柄61が含まれていないような場合には、有効入賞ライ
ン上にその入賞図柄61を引き込んで停止することができ
ない。 (特別遊技制御手段80)上記特別遊技制御手段80は、抽
選手段の抽選結果に基づいて、遊技者に有利な特別遊技
を行わせるためのものである。
【0048】上記特別遊技としては、大別すると、次の
ゲームがある。 (1)特定導入遊技(BBゲーム) (2)特定遊技(RBゲーム) (3)特定入賞遊技(JACゲーム) なお、特定遊技、例えばRBゲームは、特定導入遊技、
例えばBBゲーム中に行われる場合と、BBゲーム中で
無い場合にも単独で行われるものである。また、上記特
定入賞遊技、いわゆるJACゲームは、RBゲーム中に
行われるものである。また、特別遊技としては、上記し
た(1)乃至(3)の遊技に限定されるものではない。
【0049】通常遊技において、図示しないが、例えば
「7」等の図柄61が有効入賞ライン上に三個揃うと、ホ
ッパーユニット65を介して、例えば15枚のメダルが払
い出される。このとき、BBゲームが開始される。具体
的には、特別遊技制御手段80は、図1に示すように、大
別すると、次の手段を備える。
【0050】 (1)特定導入遊技制御手段91(BBゲーム制御手段9
0) (2)特定遊技制御手段101(RBゲーム制御手段100) (特定導入遊技制御手段91)上記特定導入遊技制御手段
91は、BBゲームを制御するためのものである。具体的
には、BBゲームに移行すると、通常遊技と同様に最大
3枚のメダルの投入によって開始され、3つの回転リー
ルの回転を各々停止させた際に、有効入賞ライン上に入
賞図柄が揃っているか否かによって、メダルの払い出し
が行われるものである。
【0051】したがって、BBゲーム中では、通常遊技
と同様に小役を含めた抽選が毎回行われるものである。
ただ、このBBゲーム中にRBゲームに移行するための
特定入賞図柄が有効入賞ライン上に揃った場合には、そ
の後RBゲームに移行するものである。なお、通常、B
Bゲーム中はRBゲームへの移行が、例えば最大3回行
われることになっているために、1回目のRBゲームが
終了した後は、また前述したような通常遊技と同様な抽
選及び制御が行われるものである。
【0052】そして、BBゲームでは、BBゲーム中の
RBゲームが所定の最大回数、例えば3回か、或いはB
Bゲーム中の通常遊技が所定の最大回数、例えば最大3
0回の終了により、BBゲームは終了するものである。 (特定遊技制御手段101)上記特定遊技制御手段101は、
RBゲームを制御するためのものである。
【0053】具体的には、RBゲームに移行すると、メ
ダルが1枚投入となり、回転リール40の所定の図柄61が
表示窓12のセンターライン上に揃った場合に入賞確定と
なる特定入賞遊技が行われるものである。そして、RB
ゲームでは、入賞するか否かの特定入賞遊技が最大12
回行えるものであり、そのうち、最大8回の入賞確定が
可能である。すなわち、最大8回の入賞が確定するか、
或いは最大12回の特定入賞遊技の終了により、RBゲ
ームは終了するものである。 (入賞抽選手段110)上記入賞抽選手段110は、予め定め
た抽選確率に基づいて入賞か否かの入賞判定の抽選を行
うものである。そして、入賞抽選手段110による抽選結
果が入賞である場合に入賞フラグが成立し、この入賞フ
ラグ成立中に、回転リール40の停止図柄の組み合わせが
予め定められた入賞図柄と一致したことを条件に入賞が
確定し、遊技者にメダルの払い出しや、特別遊技等の利
益が付与されるように設定されている。
【0054】上記入賞抽選手段110は、図1に示すよう
に、大別すると、次の手段を備える。 (1)乱数発生手段111 (2)乱数抽出手段112 (3)入賞判定テーブル113 (4)判定手段114 (5)入賞ライン抽選手段120 なお、入賞抽選手段110としては、上記した(1)乃至
(5)に限定されるものではない。 (乱数発生手段111)上記乱数発生手段111は、入賞抽選
用の乱数を所定の領域内(例えば十進数で0〜6553
5)で発生させるものである。 (乱数抽出手段112)上記乱数抽出手段112は、乱数発生
手段111が発生する乱数を、所定の条件(例えば、スタ
ートスイッチ30の操作)で抽出するものである。なお、
この抽出した乱数を抽出乱数データとする。 (入賞判定テーブル113)上記入賞判定テーブル113は、
乱数発生手段111がとる乱数の全領域中、各入賞項目の
入賞領域を有するものである。 (判定手段114)上記判定手段114は、乱数抽出手段112
が抽出した抽出乱数データと、入賞判定テーブル113の
抽選確率データを基に、乱数発生手段111がとる乱数の
全領域中の各入賞項目の入賞領域からなる入賞判定領域
データとを照合し、当該抽出乱数データが属する入賞領
域に対応する入賞を決定するものである。 (入賞ライン抽選手段120)上記入賞ライン抽選手段120
は、入賞図柄決定用回転リール47の停止図柄を考慮し
て、予め定めた抽選確率に基づいて、追加入賞ラインを
示した図柄201〜222のうち、新たに追加する追加入賞ラ
インを決定するための抽選を行うものである。そして、
入賞ライン抽選手段120による抽選結果、追加入賞ライ
ンを示す図柄201〜222のうちから特定の抽選図柄(例え
ば図柄202)の入賞フラグが成立する。この図柄202の入
賞フラグ成立中、当該図柄202が所定の範囲に位置する
ような状態のときにラインリール用ストップスイッチ51
の停止操作を行うことにより、当該図柄202を引き込ん
で停止する。これにより、当該入賞図柄202が視覚的に
示すVVライン(図3)が追加入賞ラインVVとして、確
定するように設定されている。
【0055】なお、この入賞ライン抽選手段120は、入
賞図柄の抽選のための乱数発生手段111、乱数抽出手段1
12、入賞判定テーブル113及び判定手段114を、入賞抽選
と共通して使用しているが、特にこれに限定されるもの
ではなく、これらとは全く別個独立の乱数発生手段111
等を有して抽選を行うようにしても良いものである。ま
た、入賞ライン抽選手段120は、新たに追加する追加入
賞ラインを選択するための抽選を行っているが、特にこ
れに限定されることはない。具体的には、例えば、追加
入賞ラインの選択抽選の前に、固定入賞ラインPP,QQ,R
R,SS,TTに加えて新たに追加入賞ラインを加えるか否か
の抽選を行うようにしても良いものである。
【0056】さらに、入賞ライン抽選手段120は、追加
入賞ラインのみの抽選ではなく、固定入賞ラインと追加
入賞ラインとの両方を含む全ての入賞ラインの選択を、
当該抽選によって行うように設定しても良いものであ
る。なお、本実施の形態は、上述したように入賞ライン
抽選手段120を設けて、追加入賞ラインを抽選により、
決定しているが、特にこれに限定されるものではなく、
入賞ライン抽選手段120を設けず、追加入賞ラインの抽
選処理を行わないようにしても良いものである。かかる
場合、入賞抽選手段110の入賞図柄の抽選処理の結果、
特定の入賞図柄の内部フラグ成立の有無を考慮して、ラ
イン決定用回転リール46の回転をライン決定リール回転
制御手段130が制御するものである。具体的には、特定
の入賞図柄(例えば、BB入賞の「7,7,7」)の内
部フラグが成立したが、固定入賞ライン上の入賞図柄決
定用回転リール47の停止図柄では入賞が確定していない
場合であって、左側回転リール43の上端図柄、中央回転
リール44の上端図柄及び右側回転リール45の下端図柄に
「7」の図柄が停止しているような状態のとき、ライン
決定用回転リール46の図柄201〜222の中から、追加入賞
ラインによって特定の入賞図柄(「7,7,7」)が確
定するような特定図柄(例えば、図柄202)の引き込み
設定が所定の範囲内で行われるものである。また、上述
した停止図柄の状態で、入賞図柄(「7,7,7」)の
内部フラグが成立していないような場合には、入賞図柄
決定用回転リール47の停止図柄を考慮して、ライン決定
用回転リール46の回転停止処理において、追加入賞ライ
ン上に入賞図柄(「7,7,7」)が並ばないように特
定図柄(例えば、図柄202)の蹴飛ばし設定が行われる
ものである。 (回転リール制御手段150)上記回転リール制御手段150
は、回転リール40の回転を制御するためのものである。
具体的には、以下の二つを有する。
【0057】 (1)ライン決定リール回転制御手段130 (2)入賞決定リール回転制御手段140 (ライン決定リール回転制御手段130)上記ライン決定
リール回転制御手段130は、ライン決定用回転リール46
の停止図柄に基づいて入賞ラインを決定するためにライ
ン決定用回転リール46の回転を制御するものである。
【0058】具体的には、入賞ライン抽選手段120の抽
選結果、ライン決定用回転リール46のリールテープ42上
の図柄201〜222のうちから特定の抽選図柄(例えば、図
柄202)の入賞フラグが成立し、この入賞フラグ成立
中、当該抽選図柄(例えば、図柄202)が所定の引き込
み可能な範囲にあるときに、遊技者がラインリール用ス
トップスイッチ51の停止操作をすると、ライン決定リー
ル回転制御手段130が、ライン決定用回転リール46の回
転を制御して当該抽選図柄(例えば、図柄202)を引き
込んで停止させるように設定されている。
【0059】なお、入賞抽選手段110の入賞図柄の抽選
結果、入賞フラグ(例えば、BB入賞の「7,7,7」
の入賞フラグ)が成立していない場合には、追加入賞ラ
インVVの入賞ラインへの追加によっても、入賞が確定し
ないように、ライン決定リール回転制御手段130が、ラ
イン決定用回転リール46の回転を制御して、入賞図柄
(例えば、図柄202)が揃わないように蹴飛ばし処理を
行うように設定されている。 (入賞決定リール回転制御手段140)上記入賞決定リー
ル回転制御手段140は、入賞図柄決定用回転リール47の
停止図柄に基づいて入賞を確定させるために入賞図柄決
定用回転リール47の回転を制御するものである。
【0060】具体的には、入賞抽選手段110の入賞図柄
の抽選結果、入賞である場合に入賞フラグが成立し、こ
の入賞フラグ成立中、既に決定されている固定入賞ライ
ンとを考慮した状態で、当該入賞図柄が所定の引き込み
可能な範囲にあるときに、遊技者が対応するストップス
イッチ50の停止をすると、入賞決定リール回転制御手段
140が、入賞図柄決定用回転リール47の回転を制御して
当該入賞図柄を引き込んで停止させるように設定されて
いる。 (スロットマシン10の動作)次に、上記構成を備えたス
ロットマシンの動作の概略について、図8乃至図10に
示したフローを用いて説明する。
【0061】先ず、図8に示すステップ100におい
て、入賞ラインのうち、予め決定されている固定入賞ラ
インが設定される。具体的には、例えば、投入メダル枚
数が三枚のとき、図3に示す中央ラインPP、上端ライン
QQ、下端ラインRR、右上がり斜めラインSS及び左上がり
斜めラインTTが、固定入賞ラインPP,QQ,RR,SS,TTとして
設定される。そして、特に図示していないが、ランプ等
の点灯により、かかるラインが固定入賞ラインPP,QQ,R
R,SS,TTであることが遊技者に報知される。そして、次
のステップ101に進む。
【0062】ステップ101において、スタートスイッ
チ30が操作されることにより、スタートスイッチ30がO
Nとなる。そして、次のステップ102に進む。ステッ
プ102において、入賞抽選手段110により抽選処理が
行われる。具体的には、通常の入賞図柄の抽選処理と、
入賞ライン抽選手段120による追加入賞ラインを決定す
るための入賞ラインの抽選処理とが行われる。そして、
次のステップ103に進む。
【0063】ステップ103において、回転リール40の
回転が開始する。そして、次のステップ104に進む。
ステップ104において、ストップスイッチ50が操作さ
れることにより、ストップスイッチ50がONとなる。具
体的には、ストップスイッチ50及びラインリール用スト
ップスイッチ51が、遊技者によって、操作されることに
より、各スイッチがONとなるものである。そして、次
のステップ105に進む。
【0064】ステップ105において、回転リール40の
回転停止処理が行われる。具体的には、ストップスイッ
チ50の停止操作により、当該ストップスイッチ50に対応
する入賞図柄決定用回転リール47の回転停止処理が行わ
れ、また、ラインリール用ストップスイッチ51の停止操
作により、ライン決定用回転リール46の回転停止処理が
行われる。そして、次のステップ106に進む。
【0065】ステップ106において、四個の回転リー
ル40に対応するストップスイッチ50の操作が行われたか
否かが判定される。そして、四個の回転リール40に対応
するストップスイッチ50の操作が行われたと判定された
場合、次のステップ107に進む。ステップ107にお
いて、ライン決定用回転リール46の中央の停止図柄によ
り、追加入賞ラインが決定される。具体的には、例え
ば、図3及び図4に示すように、ライン決定用回転リー
ル46の中央に図柄202が停止した場合、かかる図柄202が
視覚的に示すVVライン(図3)、すなわち左側回転リ
ール43の上端の図柄と、中央回転リール44の上端の図柄
と、右側回転リール45の下端の図柄とを結ぶVVライン
が、追加入賞ラインVVとして決定されるものである。そ
して、特に図示していないが、かかるVVラインが追加
入賞ラインVVであることが、ランプ等の点灯により遊技
者に報知される。そして、次のステップ108に進む。
【0066】ステップ108において、予め決定されて
いる固定入賞ラインと、追加入賞ラインとにより、入賞
ラインが確定する。具体的には、例えば、上述した場合
には、固定入賞ラインPP,QQ,RR,SS,TTと、追加入賞ライ
ンVVとにより、入賞ラインPP,QQ,RR,SS,TT,VVが、有効
入賞ラインとして確定する。そして、次のステップ10
9に進む。
【0067】ステップ109において、入賞フラグ成立
中に当該入賞フラグに対応する入賞図柄が、有効入賞ラ
イン上に揃ったか否か、すなわち、入賞が確定したか否
かが判定される。上述した場合では、有効入賞ラインP
P,QQ,RR,SS,TT,VV上に当該入賞図柄が揃っているか否か
が判定されるものである。そして、入賞が確定したと判
定された場合、次のステップ110に進む。
【0068】ステップ110において、入賞図柄に相当
するメダルが払い出される。そして、遊技が終了する。
前記ステップ106において、四個の回転リール40に対
応するストップスイッチ50の操作が行われていないと判
定された場合、ステップ104に戻る。前記ステップ1
09において、入賞が確定していないと判定された場
合、ステップ110を飛び越して、遊技が終了する。
【0069】上述したステップ102の入賞抽選処理及
び入賞ラインの抽選処理について、図9のフローを用い
て説明する。ステップ200において、入賞抽選手段11
0の乱数発生手段111により発生された乱数の中から乱数
抽出手段112により乱数が抽出される。そして、次のス
テップ201に進む。
【0070】ステップ201において、抽出された乱数
が乱数抽出手段112の内部に記憶される。そして、次の
ステップ202に進む。ステップ202において、判定
手段114により、抽出された乱数と、入賞判定テーブル1
13の入賞判定領域データとの比較が行われる。そして、
次のステップ203に進む。
【0071】ステップ203において、判定手段114に
より、抽出された乱数が、入賞判定テーブル113のどの
入賞領域に含まれるか決定され、抽選処理の評価が決定
される。そして、次のステップ204に進む。ステップ
204において、所定の図柄の蹴飛ばしと、所定図柄の
引き込みとが設定される。そして、抽選処理が終了す
る。
【0072】上述したステップ105の回転リール40の
回転停止処理について、図10を用いて説明する。ステ
ップ300において、所定の図柄に対して、蹴飛ばしの
設定が達成されたか否かが判定される。そして、所定の
図柄の蹴飛ばしの設定が達成されていないと判定された
場合、次のステップ301に進む。
【0073】ステップ301において、1個の図柄分だ
け、回転リール40を回転させる。すなわち、1個の図柄
分だけ蹴飛ばしを行う。そして、次のステップ302に
進む。ステップ302において、上述した1個の図柄分
だけ回転リール40を回転させた当該図柄の数がストップ
スイッチ50の操作後の4個目に該当するか否かが判定さ
れる。そして、ストップスイッチ50を操作した後、1図
柄ずつ回転リール40を回転させてずらした図柄の数が4
個目の場合には、次のステップ303に進む。
【0074】ステップ303において、回転リール40の
回転を停止させる。これにより、メダル投入から回転リ
ール40の回転停止までのスロットマシン10の動作が終了
する。前記ステップ300において、所定の図柄の蹴飛
ばしの設定が達成されていると判定された場合、次のス
テップ304に進む。
【0075】ステップ304において、いずれかの図柄
に対して引き込みが設定されているか否かが判定され
る。そして、いずれかの図柄に対して引き込みが設定さ
れていると判定された場合、次のステップ305に進
む。ステップ305において、引き込み設定が達成され
たか否かが判定される。そして、引き込み設定が達成さ
れたと判定された場合、次のステップ303に進む。
【0076】前記ステップ304において、いずれの図
柄に対しても引き込みが設定されていないと判定された
場合、ステップ303に進む。前記ステップ305にお
いて、引き込み設定が達成されていないと判定された場
合、ステップ301に進む。前記ステップ302におい
て、ストップスイッチ50を操作した後、1図柄ずつ回転
リール40を回転させてずらした図柄の数が4個目でない
場合には、ステップ300に戻る。
【0077】
【発明の効果】本発明は、以上のように構成されている
ので、以下に記載されるような効果を奏する。 (請求項1)請求項1記載の発明によれば、次のような
効果を奏する。
【0078】すなわち、請求項1記載の発明によれば、
入賞ラインを、ライン決定用回転リールの停止図柄に基
づいて決定されるようにしたことにより、入賞ラインに
関して、変化を付けて、遊技を興味溢れるものにするこ
とができる遊技機を提供することができる。 (請求項2)請求項2記載の発明によれば、上記した請
求項1記載の発明の効果に加え、次のような効果を奏す
る。
【0079】すなわち、請求項2記載の発明によれば、
入賞ラインを示す図柄が表示されていることにより、視
覚的且つ直接的に入賞ラインを判別することができる遊
技機を提供することができる。 (請求項3)請求項3記載の発明によれば、上記した請
求項2記載の発明の効果に加え、次のような効果を奏す
る。
【0080】すなわち、請求項3記載の発明によれば、
入賞ラインの全てを、一度にまとめて視覚的に示すこと
ができて、遊技者は、全ての入賞ラインを視覚的に一度
に把握することができ、遊技を興味溢れるものにするこ
とができる遊技機を提供することができる。 (請求項4)請求項4記載の発明によれば、上記した請
求項2記載の発明の効果に加え、次のような効果を奏す
る。
【0081】すなわち、請求項4記載の発明によれば、
遊技者が希望する入賞ラインを限定した特定のものに絞
り込むことができ、目押しの目標を、明確にすることが
でき、遊技者の遊技に対する集中力を高めることができ
て、遊技を興味溢れるものにすることができる遊技機を
提供することができる。 (請求項5)請求項5記載の発明によれば、上記した請
求項1〜4のいずれか1項に記載の発明の効果に加え、
次のような効果を奏する。
【0082】すなわち、請求項5記載の発明によれば、
遊技者が、入賞図柄決定用回転リールの回転停止後、能
動的に、自ら希望するような入賞ラインの図柄を、ライ
ンリール用ストップスイッチの停止操作によって、選択
させている感覚を付与することができ、遊技を興味溢れ
るものにすることができる遊技機を提供することができ
る。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の実施の形態であって、スロットマシン
の入力、制御及び出力を示すブロック図である。
【図2】本発明の実施の形態であって、スロットマシン
を示す外観正面図である。
【図3】本発明の実施の形態であって、スロットマシン
の回転リールを示す外観正面図である。
【図4】本発明の実施の形態であって、ライン決定用回
転リールのリールテープを示す展開図である。
【図5】本発明の実施の形態であって、ライン決定用回
転リールのリールテープを示す展開図である。
【図6】本発明の実施の形態であって、ライン決定用回
転リールのリールテープを示す展開図である。
【図7】本発明の他の実施の形態であって、ライン決定
用回転リールのリールテープを示す展開図である。
【図8】本発明の実施の形態であって、スロットマシン
の動作の概略を示すフローである。
【図9】本発明の実施の形態であって、スロットマシン
の動作のうち、抽選処理の概略を示すフローである。
【図10】本発明の実施の形態であって、スロットマシ
ンの動作のうち、回転リールの回転停止処理の概略を示
すフローである。
【符号の説明】
10 スロットマシン 11 筐体 12 表示窓 13 図柄表示窓 15 投入スイッチ 16 ベットスイ
ッチ 17 精算スイッチ 20 制御装置 21 遊技制御装置 22 演出制御装
置 30 スタートスイッチ 40 回転リール 42 リールテープ 43 左側回転リ
ール 44 中央回転リール 45 右側回転リ
ール 46 ライン決定用回転リール 47 入賞図柄決
定用回転リール 50 ストップスイッチ 51 ラインリー
ル用ストップスイッチ 60 リールユニット 61 図柄 65 ホッパーユニット 66 表示装置 70 通常遊技制御手段 80 特別遊技制
御手段 90 BBゲーム制御手段 91 特定導入遊
技制御手段 100 RBゲーム制御手段 101 特定遊技制御
手段 110 入賞抽選手段 111 乱数発生手段 112 乱数抽出手段 113 入賞判定テー
ブル 114 判定手段 120 入賞ライン抽
選手段 130 ライン決定リール回転制御手段 140 入賞決定リー
ル回転制御手段 150 回転リール制御手段

Claims (5)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 周囲に複数の図柄を表示した複数の回転
    リールと、前記回転リールの回転及び停止を制御するた
    めの制御装置とを備え、 複数の前記回転リールが停止した状態で、正面側に表示
    される複数の図柄が所定の方向の有効な入賞ライン上に
    揃うことを条件に遊技者に利益を付与するようにした遊
    技機において、 前記回転リールは、 周囲に複数の図柄を表示して、有効入賞ライン上に入賞
    図柄が揃うことによって、入賞確定を表示するための複
    数個の入賞図柄決定用回転リールと、 前記入賞ラインを決定するためのライン決定用回転リー
    ルとを備え、 前記制御装置は、前記ライン決定用回転リールの停止図
    柄に基づいて前記入賞ラインを決定するためのライン決
    定リール回転制御手段を備え、 前記入賞ラインは、前記ライン決定リール回転制御手段
    によって、前記ライン決定用回転リールの停止図柄に基
    づいて決定されるようにしていることを特徴とする遊技
    機。
  2. 【請求項2】 前記ライン決定用回転リールの周囲に
    は、入賞ラインを視覚的に示す図柄を設けていることを
    特徴とする請求項1記載の遊技機。
  3. 【請求項3】 前記入賞ラインの全ては、前記ライン決
    定用回転リールの停止図柄に基づいて決定されるように
    していることを特徴とする請求項2記載の遊技機。
  4. 【請求項4】 前記入賞ラインは、予め決定されている
    固定入賞ラインと、前記固定入賞ライン以外に新たに追
    加される一以上の追加入賞ラインとを備え、 前記ライン決定用回転リールの周囲には、前記追加入賞
    ラインの図柄が表示され、 前記追加入賞ラインは、前記ライン決定用回転リールの
    停止図柄に基づいて決定されるようにしていることを特
    徴とする請求項2記載の遊技機。
  5. 【請求項5】 前記制御装置は、前記ライン決定用回転
    リールの回転を停止させるためのラインリール用ストッ
    プスイッチを備え、 前記入賞図柄決定用回転リールの回転停止後、前記ライ
    ンリール用ストップスイッチの操作により、前記ライン
    決定用回転リールの回転を停止操作可能にしていること
    を特徴とする請求項1〜4のいずれか1項に記載の遊技
    機。
JP36012599A 1999-12-20 1999-12-20 遊技機 Pending JP2001170254A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP36012599A JP2001170254A (ja) 1999-12-20 1999-12-20 遊技機

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP36012599A JP2001170254A (ja) 1999-12-20 1999-12-20 遊技機

Related Child Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2003330908A Division JP2004000789A (ja) 2003-09-24 2003-09-24 遊技機

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2001170254A true JP2001170254A (ja) 2001-06-26

Family

ID=18468015

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP36012599A Pending JP2001170254A (ja) 1999-12-20 1999-12-20 遊技機

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2001170254A (ja)

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005230464A (ja) * 2004-02-23 2005-09-02 Aruze Corp スロットマシン、スロットマシンの制御方法、及びスロットマシンの制御プログラム
JP2006326065A (ja) * 2005-05-27 2006-12-07 Aruze Corp 遊技機
JP2007000595A (ja) * 2005-05-27 2007-01-11 Aruze Corp 遊技機
JP2007296055A (ja) * 2006-04-28 2007-11-15 Daito Giken:Kk 遊技台
JP2010125186A (ja) * 2008-11-28 2010-06-10 Sanyo Product Co Ltd 遊技機
US7736224B2 (en) 2002-08-20 2010-06-15 Konami Gaming Incorporated Gaming machine and method of controlling the same

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7736224B2 (en) 2002-08-20 2010-06-15 Konami Gaming Incorporated Gaming machine and method of controlling the same
JP2005230464A (ja) * 2004-02-23 2005-09-02 Aruze Corp スロットマシン、スロットマシンの制御方法、及びスロットマシンの制御プログラム
JP2006326065A (ja) * 2005-05-27 2006-12-07 Aruze Corp 遊技機
JP2007000595A (ja) * 2005-05-27 2007-01-11 Aruze Corp 遊技機
JP2007296055A (ja) * 2006-04-28 2007-11-15 Daito Giken:Kk 遊技台
JP2010125186A (ja) * 2008-11-28 2010-06-10 Sanyo Product Co Ltd 遊技機

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2004000801A (ja) スロットマシン
JP2002253741A (ja) 遊技機
JP2001170253A (ja) スロットマシン
JP2003305169A (ja) 遊技機、遊技機用プログラム、及び遊技機用プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体
JP2002095793A (ja) 遊技機
JP2002360787A (ja) 遊技機及びその制御方法、制御プログラム並びにこれを記録した記録媒体
JP4040820B2 (ja) スロットマシン
JP2002224282A (ja) 遊技機
JP2001087455A (ja) スロットマシン
JP2001137425A (ja) スロットマシン
JP3541000B2 (ja) 遊技機
JP2002325888A (ja) 遊技機
JP4203429B2 (ja) 遊技機
JP2001170254A (ja) 遊技機
JP2002058794A (ja) スロットマシン
JP2001238999A (ja) 遊技機
JP4343121B2 (ja) 遊技機
JP2001112923A (ja) スロットマシン
JP2002369909A (ja) 遊技機
JP2001129159A (ja) スロットマシン
JP2002143376A (ja) 遊技機
JP2002336412A (ja) 遊技機、遊技機の制御方法、遊技機の制御プログラム及びそれを記録した記録媒体
JP2006314431A (ja) 遊技機、遊技機用プログラム、及び、遊技機用プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体
JP2002233610A (ja) スロットマシン
JP2001161900A (ja) 遊技機

Legal Events

Date Code Title Description
A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20040130

A911 Transfer of reconsideration by examiner before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A911

Effective date: 20040308

A912 Removal of reconsideration by examiner before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A912

Effective date: 20040326