JP2001167265A - Medium with recorded image processing program, device and method for processing image - Google Patents

Medium with recorded image processing program, device and method for processing image

Info

Publication number
JP2001167265A
JP2001167265A JP34764899A JP34764899A JP2001167265A JP 2001167265 A JP2001167265 A JP 2001167265A JP 34764899 A JP34764899 A JP 34764899A JP 34764899 A JP34764899 A JP 34764899A JP 2001167265 A JP2001167265 A JP 2001167265A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
image processing
image
degree
size
change
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP34764899A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Yasushi Hiraoka
Kaoru Nakabayashi
薫 中林
靖 平岡
Original Assignee
A I Soft Inc
Seiko Epson Corp
エー・アイ・ソフト株式会社
セイコーエプソン株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by A I Soft Inc, Seiko Epson Corp, エー・アイ・ソフト株式会社, セイコーエプソン株式会社 filed Critical A I Soft Inc
Priority to JP34764899A priority Critical patent/JP2001167265A/en
Publication of JP2001167265A publication Critical patent/JP2001167265A/en
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To solve a problem that the emphasis degree of sharpness is not the expected one though printing is executed while expecting a desired one as a result of try and error. SOLUTION: When performing arithmetic operation of a pixel as the object of image processing while using the data of pixels within a prescribed range, the change of resolution affects the result of image processing. Therefore, when an instruction for executing prescribed image processing and the instruction of an image size are applied to a selected image file 15a, whether or not it is necessary to increase/decrease the resolution is discriminated, and when increasing/decreasing the resolution, the emphasis degree of image processing is controlled. On the basis of the controlled emphasis degree, the image is processed and the resolution is changed.

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【発明の属する技術分野】本発明は、画像処理プログラムを記録した媒体、画像処理装置および画像処理方法に関する。 The present invention relates to the medium recording an image processing program, an image processing apparatus and image processing method.

【0002】 [0002]

【従来の技術】近年、デジタルスチルカメラなどで撮影した画像データをコンピュータで利用することが多くなった。 In recent years, it has become much utilize image data photographed by a digital still camera with a computer. 以前は、デジタルスチルカメラの解像度が低く、 Previously, low digital still camera resolution,
印刷時には解像度を上げることの方が多かった。 It was higher things to increase the resolution at the time of printing. すなわち、撮影時の画像データは35万画素相当であるにもかかわらず、印刷時には200万画素相当のデータが必要になるという場合、解像度を上げている(なお、本願では画素を増やすことを統一的に高解像度化するというように表現し、画素を減らすことを低解像度化すると表現する)。 That is, even though the image data at the time of photographing is equivalent 350,000 pixels, referred require 200 million pixels of data at the time of printing, and raising the resolution (the unified increasing the pixel in this application to express and so the resolution of, expressed as to lower resolution to reduce the pixel). この意味で、画素数と解像度及び画像サイズはほぼ等価な概念として使用する。 In this sense, the number of pixels and the resolution and the image size is used as substantially equivalent concepts.

【0003】しかしながら、デジタルスチルカメラやスキャナーのような画像入力機器の高品質化がめざましい今日においては、画像データの解像度の方が印刷時の解像度よりも大きいことが生じてきている。 However, in high quality is remarkable today's digital still camera or an image input device such as a scanner, towards the resolution of image data that has has arisen greater than the resolution at the time of printing. このため、以前のように高解像度化するばかりではなく、低解像度化の処理が行われる場合が多くなってきている。 Therefore, not only the resolution of as before, has become much if the resolution reduction processing is performed. 画像を出力する際には、このような解像度の調整が必須であるが、フォトレタッチアプリケーションなどによって画質を調整する画像処理も行われることが多い。 When outputting the image, although such adjustment of the resolution is essential, it is often also performed image processing for adjusting the image quality, such as by photo retouching application. すなわち、 That is,
表面的には画質の調整を行い、その出力段階で解像度の調整が実行されている。 On the surface, to adjust the image quality, resolution adjustment is running at its output stage.

【0004】 [0004]

【発明が解決しようとする課題】画像処理は各種のものがあるが、その一つとして演算時にマスクフィルタを使用するものも多い。 [0007] Image processing is there is a variety, many others use a mask filter during operation as one. 例えば、シャープネス強調の画像処理では処理対象の画素を中心に5×5升の正方形のアンシャープネスマスクを使用して演算を実行する。 For example, the image processing sharpness enhancement executes calculation by using the unsharpness mask square 5 × 5 bushel around the pixel being processed. 一般に、フォトレタッチアプリケーションをユーザが操作してシャープネス強調を行なう場合、その処理強度は試行錯誤を経て適宜調整する。 In general, when a photo retouch application user performs to sharpness enhancement operations, the processing force is appropriately adjusted through trial and error. 試行錯誤は画面で確認しながら行うことになるが、この時点では画像のサイズはそのままで処理強度を調整する。 Although trial and error will be carried out while checking the screen, the image size at this point to adjust the processing force as is.

【0005】試行錯誤の結果、所望の結果が得られるものと考えて印刷を実行したりすると、その時に初めて解像度変換とともにシャープネス強調されるということが多い。 [0005] Results of trial and error, or performing a printing believed to desired results, often referred to is sharpness enhancement with first resolution conversion at that time. ところが、実際に印刷などを経てみると、シャープネスの強調度合いが思っていたものとは異なることがあった。 However, looking through, such as actual printing, there are different from those that emphasize the degree of sharpness I thought. 本発明は、上記課題にかんがみてなされたもので、シャープネス強調などの画像処理の結果を真に所望とする程度で反映させることが可能な画像処理プログラムを記録した媒体、画像処理装置および画像処理方法の提供を目的とする。 The present invention has been made in view of the above problems, medium recording an image processing program capable of reflecting the extent that truly desired results of image processing such as sharpness enhancement, image processing apparatus and the object of the present invention to provide a method.

【0006】 [0006]

【課題を解決するための手段】上記目的を達成するため、請求項1にかかる発明は、画像をドットマトリクス状の各画素として表した画像データであって第一の画像サイズと第二の画像サイズを有するものについてコンピュータにて画像処理を実行させる画像処理プログラムを記録した媒体であって、上記第一の画像サイズと第二の画像サイズの変化度合いを検知する機能と、この検知された画像サイズの変化度合いに基づいて上記第一の画像サイズにおける画像処理の程度を上記第二の画像サイズにおける画像処理の程度に調整する機能と、調整された程度に基づいて上記第二の画像サイズにおける画像データの各画素と共に所定の範囲の周囲の画素の画像データを使用しつつ画像処理する機能とをコンピュータに実現させる機能とをコン To achieve the above object, according to an aspect of, the invention according to claim 1, the first image size and the second image an image an image data expressed as the pixels of a dot matrix a medium recording an image processing program for executing an image processing by a computer for those having a size, and a function of detecting a degree of change of the first image size and the second image size, the detected image a function of adjusting the degree of image processing degree of the image processing in the first image size in the second image size based on the degree of change in size, in the second image size based on the degree adjusted and a function to realize with each pixel of the image data and a function of the image processing while using the image data of the surrounding pixels in a predetermined range in a computer con ュータに実現させる構成としてある。 It is constituted to realize the Yuta.

【0007】ここでは、画像処理が処理対象の画素を中心とした所定の範囲の周囲の画素をも使用して実施されることを前提としている。 [0007] Here, it is assumed that the image processing is also performed using the pixels around the predetermined range around the pixel being processed. 例えば、5×5画素が画像処理で処理対象とされるとして、200×200画素の画像と1000×1000画素の画像では5×5画素の処理対象範囲が全体の画像に占める割合は当然に変化する。 For example, 5 as × 5 pixels are processed in image processing, 200 × 200 pixels image and proportions process target range of 5 × 5 pixels to the total of the image is 1000 × 1000 pixels of the image of the course change to. 画像の拡大や縮小に伴ってこのように影響を受ける画素の範囲が変化しなければ画像処理の結果も変化するのが当然である。 If the range of pixels that are affected in this way vary with the expansion and reduction of an image it is to be changed result of the image processing naturally.

【0008】これに対し、上記のように構成した請求項1にかかる発明においては、本画像処理プログラムをコンピュータにて実行させると、第一の画像サイズと第二の画像サイズの変化度合いを検知するとともに、この検知された画像サイズの変化度合いに基づいて上記第一の画像サイズにおける画像処理の程度を上記第二の画像サイズにおける画像処理の程度に調整し、調整された程度に基づいて上記第二の画像サイズにおける画像データの各画素と共に所定の範囲の周囲の画素の画像データを使用しつつ画像処理する。 [0008] In contrast, in the invention according to claim 1 having the structure described above, when the regular image processing program in the computer, sensing a first image size variation degree of the second image size with, based on the degree of the extent of image processing in the first image size based on the degree of change of the detected image size adjusted to the degree of image processing in the second image size, which is adjusted above to with each pixel of the image data in the second image size to the image processing while using the image data of the surrounding pixels in a predetermined range.

【0009】すなわち、画像サイズの変化度合いに基づいて画像処理の程度を調整することにより、従来の問題点を解決する。 [0009] That is, by adjusting the degree of image processing based on the degree of change in image size, to solve the conventional problems. また、画像処理の程度を調整する手法は各種の態様を採用可能である。 Further, the method of adjusting the degree of image processing can adopt various aspects of the. 請求項2にかかる発明は、上記請求項1に記載の画像処理プログラムを記録した媒体において、上記画像処理機能では、処理の強度を変更可能であり、上記調整機能では、この強度を変更させて画像処理の程度を調整させる構成としてある。 Such invention in claim 2, the medium containing the image processing program according to the claim 1, in the image processing functions, and can change the intensity of the treatment, in the adjustment function, by changing the intensity it is constituted to adjust the degree of image processing.

【0010】上記のように構成した請求項2にかかる発明においては、画像処理機能での処理の強度が変更可能であるので、画像処理の程度を調整するために調整機能はこの強度を変更させる。 [0010] In the invention of claim 2 constructed as described above, since the intensity of the processing in the image processing function can be changed, adjustment function to adjust the degree of image processing is to modify this intensity . 例えば、大きな画像となる場合に処理対象の範囲が相対的に小さくなるとしても、強度を上げることによって画像の大小の影響を相殺することができる。 For example, even if the range to be processed when the big picture is relatively small, it is possible to offset the effect of the size of an image by increasing the strength. さらに、画像処理の程度を調整する他の手法の一例として、請求項3にかかる発明は、上記請求項1または請求項2のいずれかに記載の画像処理プログラムを記録した媒体において、上記画像処理機能では、処理の対象とする範囲を変更可能であり、上記調整機能では、この範囲を変更させて画像処理の程度を調整させる構成としてある。 Furthermore, as an example of another method of adjusting the degree of image processing, the invention according to claim 3, in medium recording an image processing program according to any one of claims 1 or claim 2, the image processing the function can be changed to the range to be processed, in the above adjustment function, it is constituted to be changed this range adjust the degree of image processing.

【0011】上記のように構成した請求項3にかかる発明においては、画像処理機能での処理の対象とする範囲が変更可能であるので、画像処理の程度を調整するために調整機能はこの範囲を変更させる。 [0011] In the invention of claim 3 constructed as described above, since the range to be processed in the image processing function can be changed, this range adjustment function for adjusting the degree of image processing to change the. 例えば、大きな画像となる場合には処理対象の範囲を大きくすればよいし、小さな画像となる場合には処理対象の範囲を小さくすれば画像の大小の変化による影響を最小限にすることができる。 For example, it may be increased to the range to be processed when a large image, when the small image can be minimized the impact of changes in the size of the image by reducing the range of the processing object . さらに、請求項4にかかる発明は、上記請求項1〜請求項3のいずれかに記載の画像処理プログラムを記録した媒体において、上記画像処理機能では、処理対象となる画素を中心とした所定範囲の画素の画像データを用いて演算させるマスクフィルタを使用する構成としてある。 Furthermore, the invention, in a medium recording an image processing program according to any one of claims 1 to 3, in the above image processing function, a predetermined range around the pixel to be processed according to claim 4 it is constituted using a mask filter for calculation using the image data of the pixel.

【0012】上記のように構成した請求項4にかかる発明においては、画像処理でマスクフィルタを使用するので、処理対象となる画素を中心とした当該マスクサイズの範囲の画素の画像データが演算に用いられる。 [0012] In the invention of claim 4 constructed as described above, since the use of a mask filter image processing, the image data of the pixel of the range of the mask size around a pixel to be processed in the calculation used. 画像処理の程度を調整するには、必ずしもその画像処理で調整しなければならないわけではない。 To adjust the degree of image processing is not necessarily have to be adjusted in the image processing. このため、請求項5 Therefore, claim 5
にかかる発明は、上記請求項1〜請求項4のいずれかに記載の画像処理プログラムを記録した媒体において、上記画像処理機能では、複数の画像処理を実行可能であり、上記調整機能では、一の画像処理で上記程度を調整する必要がある場合に他の画像処理の程度を調整する構成としてある。 According to the invention, the medium containing the image processing program according to any one of claims 1 to 4, in the above image processing function is capable of executing a plurality of image processing, in the adjustment function, One in image processing it is constituted to adjust the degree of the other image processing when it is necessary to adjust the order of the.

【0013】例えば、シャープネス強調を行う画像処理と、コントラストを強調する画像処理とがあるとして、 [0013] For example, an image processing for sharpness enhancement, as there are a highlight image processing contrast,
演算手法次第でコントラストの強調処理にもシャープネス強調の効果を得られることがある。 Depending calculation method may be obtained the effect of sharpness enhancement to enhancement of contrast. 従って、シャープネス強調が画像サイズの変化によって本来のものよりも弱められるとしたときに、コントラストの強調度合いでシャープネス強調の効果を得るようにしても結果は同等である。 Therefore, when the sharpness enhancement is the weakened than the original one by a change in image size, even to obtain the effect of sharpness enhancement in the degree of emphasis of the contrast results are equivalent. このため、上記のように構成した請求項5にかかる発明においては、画像処理機能が複数の画像処理を実行可能であるときに、一の画像処理で上記程度を調整する必要がある場合に上記調整機能は他の画像処理の程度を調整する。 Therefore, in the invention according to claim 5 configured as described above, the if the image processing function when it is capable of executing a plurality of image processing, it is necessary to adjust the order of the one of the image processing adjustment function to adjust the degree of the other image processing.

【0014】また、画像データが第一の画像サイズと第二の画像サイズを有する場合も適宜あり、必ずしも一の状況に限られるものではない。 Further, there is also appropriately if the image data having a first image size and the second image size of, not necessarily limited to one context. このため、請求項6にかかる発明においては、請求項1〜請求項5のいずれかに記載の画像処理プログラムを記録した媒体において、上記画像データを上記第一の画像サイズのものから上記第二の画像サイズのものへと変換する機能を実行させる構成としてある。 Therefore, in the invention according to claim 6, claims 1 in medium recording an image processing program according to any one of claim 5, said second and said image data from those of the first image size it is constituted to execute a function of converting into that of the image size. すなわち、上記第一の画像サイズの画像データがあり、それに適する画像処理の強度が得られている場合に、当該画像サイズを第二の画像サイズへと変換させるとともに、この第二の画像サイズで画像処理を実行するべく、同第一の画像サイズでの画像処理の程度を調整し、調整された程度に基づいて画像処理を実行する。 That is, there are image data of the first image size, when the intensity of the image processing suitable for it has been obtained, causes converted the image size to a second image size, in the second image size in order to execute the image processing, and adjust the degree of image processing in the same first image size, and executes image processing based on the degree adjusted.

【0015】さらに、本発明は、画像をドットマトリクス状の各画素として表した画像データについてコンピュータにて画像処理を実行させる画像処理プログラムを記録した媒体であって、上記画像データにおける第一の画像サイズでの画像処理の程度を特定した場合において、 Furthermore, the present invention relates to an image a medium recording an image processing program for executing an image processing on the image data by a computer which represents a respective pixel of the dot matrix, the first image in the image data in case of identifying the extent of image processing in the size,
同画像データを第二の画像サイズで出力するときに、同第一の画像サイズと同第二の画像サイズの変化度合いを検知する機能と、この検知された画像サイズの変化度合いに基づいて上記第一の画像サイズにおける画像処理の程度を上記第二の画像サイズにおける画像処理の程度に調整する機能と、調整された程度に基づいて上記第二の画像サイズにおける画像データの各画素と共に所定の範囲の周囲の画素の画像データを使用しつつ画像処理する機能とをコンピュータに実現させると構成とすることもできる。 When outputting the image data in the second image size, a function of detecting a degree of change in the first image size and the second image size, the based on the degree of change in the detected image size a function of adjusting the degree of image processing in the first image size to the degree of image processing in the second image size based on the extent to which the adjusted predetermined with each pixel of the image data in the second image size It may be while using image data in a range around the pixel and to realize the function of the image processing in the computer and configuration.

【0016】すなわち、上記画像データにおける第一の画像サイズでの画像処理の程度を特定した上で上記画像データを第二の画像サイズで出力するときに、同第一の画像サイズと同第二の画像サイズの変化度合いを検知し、この検知された画像サイズの変化度合いに基づいて上記第一の画像サイズにおける画像処理の程度を上記第二の画像サイズにおける画像処理の程度に調整するとともに、調整された程度に基づいて上記第二の画像サイズにおける画像データの各画素と共に所定の範囲の周囲の画素の画像データを使用しつつ画像処理する。 [0016] That is, when outputting the image data after specifying the degree of image processing in the first image size in the image data in the second image size, the first image size and the second detecting the degree of change in image size, to adjust the degree of image processing in the first image size based on the degree of change in the detected image size to the degree of image processing in the second image size with the, image processing while using the image data of pixels around the predetermined range with each pixel of the image data in the second image size based on the degree adjusted.

【0017】むろん、このような記録媒体は、磁気記録媒体であってもよいし光磁気記録媒体であってもよいし、今後開発されるいかなる記録媒体においても全く同様に考えることができる。 [0017] Of course, such a recording medium may be a may be a magnetic recording medium or a magneto-optical recording medium, can also be considered to be exactly the same in any recording medium developed in the future. また、一次複製品、二次複製品などの複製段階については全く問う余地無く同等である。 In addition, the primary reproductions, is equivalent to no room for question at all about the replication phase of such secondary reproductions. その他、供給方法として通信回線を利用して行なう場合であればファイルサーバが本プログラムを記録した媒体となって本発明が利用されていることにはかわりない。 Other, no difference is that in the case performed using a communication line file servers are utilized by the present invention becomes medium recording the program as a supply method.

【0018】さらに、一部がソフトウェアであって、一部がハードウェアで実現されている場合においても発明の思想において全く異なるものではなく、一部を記録媒体上に記憶しておいて必要に応じて適宜読み込まれるような形態のものとしてあってもよい。 Furthermore, part of a software, rather than completely different in concept also invention in the case where part of which is implemented in hardware, needs in advance stores some on a recording medium it may be as a form as appropriately read in accordance. このように、画像サイズの変化度合いに基づいて画像処理の程度を調整する手法は実体のあるコンピュータにおいて実現され、その意味で本発明をそのようなコンピュータを含んだ実体のある装置としても適用可能であることは容易に理解できる。 Thus, a technique for adjusting the degree of image processing based on the degree of change in the image size is implemented in a computer with a physical, it can be applied to the present invention in this sense as a device with a physical that includes such a computer it is easily understood that it is. このため、請求項7〜請求項12にかかる発明においても、基本的には同様の作用となる。 Therefore, also in the invention according to claim 7 claim 12, the same action is basically. すなわち、コンピュータで制御される実体のある装置としても有効であることに相違はない。 That is, there is no difference in that it is also effective as a device having the entity being controlled by a computer. むろん、このような画像処理装置は単独で実施される場合もあるし、ある機器に組み込まれた状態で他の方法とともに実施されることもあるなど、発明の思想としてはこれに限らず、各種の態様を含むものであって、適宜、変更可能である。 Of course, to some cases such an image processing apparatus is performed independently, such also be implemented with other methods in a state of being incorporated in certain equipment, not limited to this as the spirit of the invention, various and they comprise a manner of appropriately be changed.

【0019】また、このような画像処理プログラムはかかる制御に従って処理を進めていく上で、その根底にはその手順に発明が存在するということは当然であり、方法としても適用可能であることは容易に理解できる。 Further, in order to proceed the process in accordance with such an image processing program such control, to its underlying a naturally that there is invention the procedure can also be applied as a method It can be easily understood. このため、請求項13〜請求項18にかかる発明においても、基本的には同様の作用となる。 Therefore, also in the invention according to claims 13 18, the same action is basically. すなわち、必ずしも実体のある媒体などに限らず、その方法としても有効であることに相違はない。 That is, not necessarily like a tangible media, there is no difference in that it is effective as the method.

【0020】 [0020]

【発明の効果】以上説明したように請求項1、請求項7、請求項13にかかる本発明によれば、画像サイズの変化に関わらず、画像処理の結果を真に所望とする程度で反映させることが可能な画像処理プログラムを記録した媒体、画像処理装置および画像処理方法を提供することができる。 Claim 1 as described above, according to the present invention, according to claim 7, according to the present invention in claim 13, regardless of the change in image size, reflecting the results of image processing truly extent that the desired medium recording an image processing program capable of image processing apparatus and an image processing method can be provided. また、請求項2、請求項8、請求項14にかかる発明によれば、画像処理の強度を変更可能であるときに、簡易に程度を調整することができる。 Further, according to claim 2, claim 8, according to the invention according to claim 14, when it is possible to change the intensity of the image processing, it is possible to adjust the degree easily.

【0021】さらに、請求項3、請求項9、請求項15 Furthermore, according to claim 3, claim 9, claim 15
にかかる発明によれば、処理対象範囲を変更可能であるときに、簡易に程度を調整することができる。 According to the invention of, when it is possible to change the process target range, it is possible to adjust the degree easily. さらに、 further,
請求項4、請求項10、請求項16にかかる発明によれば、明確に処理対象範囲が固定されているマスクフィルタを使用する場合に適用可能となる。 Claim 4, claim 10, according to the invention according to claim 16, it becomes applicable when specifically processed range using a mask filter is fixed. さらに、請求項5、請求項11、請求項17にかかる発明によれば、別の画像処理で程度を調整するため、画像処理の強度を調整できない画像処理が適用される場合においても適用可能となる。 Moreover, claim 5, claim 11, according to the invention according to claim 17, for adjusting the degree with another image processing, and can be applied to a case where the image processing that can not adjust the intensity of the image processing is applied Become.

【0022】さらに、請求項6、請求項12、請求項1 Furthermore, according to claim 6, claim 12, claim 1
8にかかる発明によれば、第一の画像サイズから第二の画像サイズへと画像サイズの変更をする場合に、適度な強度で画像処理を実行することが可能となる。 According to the invention of 8, it is possible in the case of a change in image size from the first image size to a second image size, and executes image processing with appropriate strength.

【0023】 [0023]

【発明の実施の形態】以下、図面にもとづいて本発明の実施形態を説明する。 BEST MODE FOR CARRYING OUT THE INVENTION Hereinafter, an embodiment of the present invention with reference to the drawings. 図1は当該画像処理プログラムが実行されるパーソナルコンピュータ(以下、コンピュータと呼ぶ)の概略ハードウェア構成を示しており、図2 Figure 1 shows a schematic hardware configuration of a personal computer to which the image processing program is executed (hereinafter, referred to as computer), Fig. 2
は本発明のシステムを概略的に示している。 Schematically shows a system of the present invention.

【0024】まず、図1に示す概略ハードウェア構成について説明する。 [0024] First, the outline hardware configuration shown in FIG. コンピュータ10は演算処理の中枢をなすCPU11を備えており、このCPU11にはシステムバス12を介してBIOSなどの記載されたROM Computer 10 includes a CPU11 which forms the center of calculation, this CPU11 described such BIOS via the system bus 12 ROM
13やRAM14にアクセス可能となっている。 It has become accessible to the 13 and RAM14. また、 Also,
システムバス12には外部記憶装置としてのハードディスクドライブ15とフロッピー(登録商標)ディスクドライブ16とCD−ROMドライブ17とが接続されており、ハードディスクドライブ15に記憶されたオペレーティングシステム20やアプリケーション30などがRAM14に転送され、CPU11はROM13とRA The system bus 12 is connected with the hard disk drive 15 as an external storage device floppy and (registered trademark) disk drive 16 and the CD-ROM drive 17, an operating system 20 and applications 30 stored on the hard disk drive 15 RAM14 is transferred to, CPU11 the ROM13 and the RA
M14に適宜アクセスしてソフトウェアを実行する。 Appropriate access to M14 executes the software.

【0025】シリアルI/O19aにはキーボード41 [0025] The serial I / O19a keyboard 41
やマウス42の操作用入力機器が接続され、図示しないディスプレイカードを介して表示用のディスプレイ18 Connected operation input devices and a mouse 42, for display via a display card (not shown) display 18
も接続されている。 It is also connected. さらに、外部のデジカメ43などとはシリアル通信用I/O19aを介してシリアル接続が可能であり、外部のプリンタ50とはパラレル通信用I Moreover, such an external digital camera 43 is capable of serial connection through the I / O 19a for serial communication, I for parallel communication with an external printer 50
/O19bを介してパラレル接続が可能となっている。 / It has become a possible parallel connection via the O19b.
本コンピュータ10の構成は簡略化して説明しているが、パーソナルコンピュータとして一般的な構成を有するものを採用することができる。 Configuration of the computer 10 has been described in a simplified manner, it is possible to employ those having a general configuration as a personal computer.

【0026】また、本発明が適用されるコンピュータはパーソナルコンピュータに限定されるものではない。 Further, the computer to which the present invention is applied is not limited to a personal computer. この実施例はいわゆるデスクトップ型コンピュータであるが、ノート型であるとか、モバイル対応のものであっても良い。 Although this embodiment is a so-called desktop computer, Toka a notebook, or may be mobile-enabled. また、コンピュータとして汎用のものである必要はなく、デジカメ内に収容された制御回路部分にもC Also, need not be of a general purpose as a computer, to the control circuit part accommodated in the digital camera C
PUを始めとするコンピュータは内蔵されていると言える。 Computer, including the PU can be said to have been built. さらには、プリンタ内部にも同様にしてコンピュータは内蔵可能であるし、ビデオカメラやテレビなどにおいてもコンピュータを内蔵することは可能であり、本発明を適用することは可能である。 Furthermore, the computer in the same manner in the printer to be built, it is possible also incorporates a computer in a video camera or a TV, it is possible to apply the present invention.

【0027】この例では各プログラムの類はハードディスクドライブ15に記憶されているが、記録媒体はこれに限定されるものではない。 [0027] While the class of the program stored in the hard disk drive 15 in this example, the recording medium is not limited thereto. 例えば、フロッピーディスク16aであるとか、CD−ROM17aであってもよい。 For example, Toka is a floppy disk 16a, it may be a CD-ROM17a. これらの記録媒体に記録されたプログラムはフロッピーディスクドライブ16やCD−ROMドライブ17 These programs recorded on the recording medium is a floppy disk drive 16 or a CD-ROM drive 17
を介してコンピュータにて読み込まれ、ハードディスクドライブ15にインストールされる。 Is read by a computer through a, it is installed on the hard disk drive 15. そして、ハードディスクドライブ15を介してRAM14上に読み込まれてコンピュータを制御することになる。 Then, it will control the computer loaded on RAM14 via the hard disk drive 15. また、記録媒体はこれに限らず、光磁気ディスクなどであってもよい。 The recording medium is not limited to this, it may be a magneto-optical disk.
また、半導体デバイスとしてフラッシュカードなどの不揮発性メモリなどを利用することも可能であるし、モデムや通信回線を介して外部のファイルサーバにアクセスしてダウンロードする場合でもサーバーの記憶部が記録媒体となりうることはいうまでもない。 Further, it is also possible to use a nonvolatile memory such as a flash card as a semiconductor device, the storage unit of the server, even if access and download the external file server via a modem or a communication line is a recording medium ur it is needless to say.

【0028】図2に示すようにアプリケーション30はオペレーティングシステム20を介してハードディスクドライブ15とのファイルの読み書きを行いながら、画像データファイルの画像処理を実現している。 The application 30 as shown in FIG. 2 while reading and writing files in the hard disk drive 15 via the operating system 20, thereby realizing the image processing of the image data file. 画像処理においてアクセスするファイルは、画像ファイル15a Files, image files 15a to access the image processing
と、調整テーブル15bと、プリンタ情報ファイル15 When the adjustment table 15b, the printer information file 15
cが主なものであり、これらは上記ハードディスクドライブ15に記憶されている。 c is a main thing, they are stored in the hard disk drive 15. 画像ファイル15aはデジカメ43などで撮影した写真画像データであるとか、w Image file 15a Toka is a photographic image data that was taken with a digital camera 43, w
ebサイトからのダウンロードしたファイルであるとか、各種のCD−ROMからコピーしたようなものが該当する。 Toka is a file downloaded from the eb site, things such as copy from a variety of CD-ROM is applicable.

【0029】この画像ファイル15aの管理については各種の手法を採用可能であるが、その一例としてオリジナルのデータファイルには手を加えず、修整するパラメータを対応させて用意しておく手法(修整パラメータ方式)も利用可能である。 [0029] While it is possible to employ various methods for managing the image file 15a, without touching the original data file as an example, techniques to be prepared in correspondence parameters for modifying (modification parameters method) are also available. すなわち、画像を拡大したり縮小したりして表示印刷するような場合でもオリジナルのデータファイルはそのままにしておき、拡大あるいは縮小する倍率を表すパラメータを作成し、表示時、あるいは印刷時に対象となっているデータファイルに対応するパラメータを読み出し、読み出したパラメータに応じて拡大あるいは縮小する。 That is, the original data file, even if the image that displays printing enlarged or reduced or to the will leave its, create a parameter that represents the scale of enlargement or reduction, the subject at the time of display time, or printing It reads the parameters corresponding to the data file is to expand or shrink according to the read parameters. むろん、拡大や縮小のみならず、シャープネス強調であるとかコントラスト強調といった画像処理のパラメータを利用することもできる。 Of course, not only enlargement or reduction only, it is also possible to use a parameter of image processing such as a sharpness enhancement Toka contrast enhancement.

【0030】アプリケーション30には、上記ハードディスクドライブ15との入出力を始めとして全体の制御を行う制御モジュール30aとともに、上記画像ファイル15aを選択する画像ファイル選択モジュール30b [0030] application 30, along with the control module 30a for controlling the entire including the input and output of the hard disk drive 15, an image file selection module 30b for selecting the image file 15a
と、印刷する際の大きさを取得するための印刷サイズ指示取得モジュール30cと、選択した画像ファイル15 When the print size instruction acquisition module 30c for obtaining the size for printing, the image file 15 selected
aのシャープネスを強調するためのシャープネス強調処理モジュール30dと、この強調度合いを指示するための画像処理指示モジュール30e、解像度の変化に伴って必要となる強調度合いを上記調整テーブル15bを参照しつつ決定する強調度合い調整モジュール30fと、 Determining a sharpness enhancement processing module 30d for emphasizing sharpness of a, the image processing instruction module 30e for indicating the degree of emphasis, the enhancement degree required in accordance with the change in resolution with reference to the adjustment table 15b and the enhancement degree adjustment module 30f that,
解像度の変換を実行する解像度変換モジュール30gとを備えている。 And a resolution conversion module 30g to perform resolution conversion.

【0031】画像ファイル選択モジュール30bは、ハードディスクドライブ15に記録されている複数の画像ファイル15aについてGUIで選択指示を得るものであり、同画像ファイル15aの一覧を取得し、ディスプレイ18に表示しつつ、そのいずれかを選択する操作をキーボード41やマウス42から得て処理の対象となる画像ファイル15aを決定する。 The image file selection module 30b is to obtain a selection instruction in the GUI for a plurality of image files 15a recorded in the hard disk drive 15, to obtain a list of the image file 15a, while displaying on the display 18 , determines the image file 15a to be processed to obtain the operation of selecting either of the keyboard 41 and the mouse 42. 印刷サイズ指示取得モジュール30cもGUIを利用して印刷しようとする画像の大きさを直接的あるいは間接的に取得する。 The size of the image to be printed print size instruction acquisition module 30c be utilized GUI acquires directly or indirectly. 直接的に取得する場合はキーボード41やマウス42を使用して画像の大きさを入力するが、間接的に取得する場合はディスプレイ18上に表示された数種の用紙や数種の配列から適当なものを選択し、この選択された用紙や配列から実質的に印刷される大きさを計算する。 If directly acquired using the keyboard 41 or the mouse 42 to enter the size of the images, suitably from indirectly when acquiring the display 18 on the displayed several sheets or several sequences select a ones, calculates the amount to be substantially print from the selected paper or sequence.

【0032】画像ファイル15aはドットマトリクス状の画素を配列したデータファイルであって個々の画素に対応するデータが存在する。 The image file 15a is present the data to a data file having an array of dot matrix pixels corresponding to the individual pixels. 一方、プリンタ50はドットマトリクス状に記録材を付して印刷を行うものであり、印刷可能な最小単位のドット密度が解像度となる。 The printer 50 is to carry out a print are designated by the recording material in a dot matrix, dot density printable minimum unit is resolution.
便宜上、画像ファイルの画素数も広義の意味での解像度と呼ぶことにすると、所定の大きさで印刷しようとした場合には、プリンタ情報ファイル15cで取得されるプリンタ50の解像度と画像ファイル15aの解像度との相対関係で画像ファイル15aを拡大あるいは縮小する必要が生じる。 For convenience, when that number of pixels of the image file is also referred to as a resolution in the broadest sense, the predetermined when trying to print in magnitude, the printer 50 acquired by the printer information file 15c resolution and image file 15a need to increase or reduce the image file 15a in the relative relationship between the resolution occurs. 解像度変換モジュール30gはこのようにして解像度が異なる場合にアプリケーション30内で両者を一致させるものである。 Resolution conversion module 30g is intended to match both the application 30. In the case where the resolution in this way different. なお、印刷時には、この解像度をオペレーティングシステム20のプリンタドライバ20aにて一致させることも可能である。 At the time of printing, it is possible to match the resolution in the printer driver 20a of the operating system 20.

【0033】ところで、このアプリケーション30では画像処理としてシャープネスの強調処理が可能となっており、選択された画像ファイル15aに対して所定の演算を実行することによりシャープネス強調処理モジュール30dが強調処理を実行する。 By the way, which enables enhancement of sharpness as the application 30 in the image processing, perform sharpness enhancement processing module 30d emphasis processing by executing a predetermined operation on an image file 15a that is selected to. 後述するようにこの演算処理の過程で強調度合いを指定可能であり、通常は画像処理指示モジュール30eにて強調度合いをGUIにて取得して実行している。 It may be specified enhancement degree in the course of this processing, as described later, usually running to obtain the enhancement degree at GUI in the image processing instruction module 30e.

【0034】従来は、このような画像処理指示モジュール30eにて指示される強調度合いに基づいて端的にシャープネス強調処理モジュール30dが強調処理を実行しているが、本発明においては後に詳述するように、強調度合い調整モジュール30fが上述した解像度の変換度合いと現実に指示された強調度合いを基準としつつ上記調整テーブル15bを参照し、この強調度合いを調整する。 [0034] Conventionally, as although such image processing instruction module 30e briefly sharpness enhancement module 30d based on the enhancement degree indicated by the running enhancement processing, which will be described in detail later in the present invention in, while enhancement degree adjustment module 30f is referenced to enhancement degree instructed by the conversion degree and the actual resolution described above with reference to the adjustment table 15b, it adjusts the degree of emphasis. なお、解像度の変換度合い自体は選択された画像ファイル15aと印刷指示された印刷サイズとプリンタ情報ファイル15cの解像度とに基づいて計算される。 The conversion degree per se resolution is calculated on the basis of the resolution of the image file 15a selected print instruction print size and print information file 15c.

【0035】以下、図3に示すフローチャートを参照しつつ処理の流れについて説明する。 The following describes the flow of processing with reference to the flowchart shown in FIG. まず、ステップ10 First, step 10
0では、画像ファイルを選択する。 At 0, to select the image file. 区画化されたハードディスクドライブ15のある領域を参照し、複数の画像ファイル15aがあればそれらをサムネールで表示したり、単にファイル名を表示するなどし、ユーザの選択操作に対応した画像ファイル15aを選択する。 Referring to a region of the hard disk drive 15 that is compartmentalized to view them as thumbnails if there are a plurality of image files 15a, merely for example, displaying a file name, an image file 15a corresponding to the user's selection operation select. ステップ102では選択された画像ファイルの解像度を取得する。 In step 102 obtains the resolution of the selected image file. この解像度は上述したように画素数の意味であり、 The resolution was meaning the number of pixels as described above,
物理的なデータファイルの先頭に設けられたヘッダ領域を参照し、当該画像ファイル15aが縦横何画素で構成されているかという情報を取得する。 Refers to the header area provided at the head of the physical data file, the image file 15a acquires information as to is constituted by vertical and horizontal many pixels.

【0036】次に、ステップ104ではシャープネス強調を行うための強調度合いの指示を入力する。 Next, inputs an instruction to enhancement degree for performing sharpness enhancement step 104. 強調度合いは数値で指示してもよいし、予め強調処理した場合の画像と逆の処理をした場合の画像とを並べて表示し、いずれかを選択するという操作を繰り返して所望の強調度合いへ到達させるというものでも良い。 Enhancement degree may be indicated numerically, and displayed side by side and image when the image reverse process in the case of pre-emphasis processing, reached by repeating the operation of selecting either the desired enhancement degree it may be one that is. いずれにしても本発明においては、その指示手法は任意であり、詳述しない。 In the invention in any way, the instruction method is arbitrary, not described in detail. 強調度合いを得られたら、表示している解像度のままステップ106にてその強調度合いでシャープネス強調処理を実行する。 Once obtained the degree of emphasis, to perform a sharpness enhancement in the degree of emphasis in with step 106 of the resolution being displayed. ここで、シャープネス強調処理について説明する。 Here, a description will be given sharpness enhancement.

【0037】シャープネスの強調処理は、次のようにして行う。 The enhancement processing of sharpness, carried out in the following manner. 強調前の各画素の輝度Yに対して強調後の輝度Y'は、 Y'=Y+Eenhance ・(Y−Yunsharp )…(1) として演算される。 Luminance Y after emphasizing the luminance Y of each pixel before enhancement 'is, Y' = Y + Eenhance · (Y-Yunsharp) is calculated as (1). ここで、Yunsharp は各画素の画像データに対してアンシャープマスク処理を施したものであり、ここでアンシャープマスク処理について説明する。 Here, Yunsharp are those subjected to unsharp masking process on the image data of each pixel, now to unsharp masking. 図4〜図6は三つの大きさの異なるアンシャープマスク60(61〜63)を示している。 4 to 6 show different unsharp mask 60 (61-63) of the three sizes. このアンシャープマスク60は、中央の「100」の値をマトリクス状の画像データにおける処理対象画素Y(x,y)の重み付けとし、その周縁画素に対して同マスクの升目における数値に対応した重み付けをして積算するのに利用される。 The unsharp mask 60, the value of "100" in the central and weighting of the target pixel Y in a matrix of the image data (x, y), corresponding to the numerical values ​​in squares of the mask with respect to the peripheral pixels weighted the are used to integrating with. 今、図5に示すアンシャープマスク62を利用するのであれば、 Now, if you use the unsharp mask 62 shown in FIG. 5,

【0038】 [0038]

【数1】 [Number 1] なる演算式に基づいて積算する。 Integrating based on becomes arithmetic expression. (2)式において、 In equation (2),
「632」とは重み付け係数の合計値であり、むろんサイズの異なる三つのアンシャープマスク61〜63においては、それぞれ「396」、「632」「2516」 "632" and is the total value of the weighting coefficient, in the three of the unsharp mask 61 to 63 different sizes of course, each "396", "632", "2516"
というような値となる。 A value like that. また、Mijはアンシャープマスクの升目に記載されている重み係数であり、Y(x, Further, Mij is a weighting factor that is described in squares of unsharp mask, Y (x,
y)は各画素の画像データである。 y) is the image data of each pixel. なお、ijについては異なる縦横サイズの三つのアンシャープマスク61〜 In addition, three of the unsharp mask of different vertical and horizontal size for ij 61~
63に対して横列と縦列の座標値で示している。 It is indicated by the coordinate values ​​of the rows and columns with respect to 63.

【0039】(1)式に基づいて演算されるシャープネス強調演算の意味するところは次のようになる。 [0039] (1) The meaning of the sharpness enhancement operation that is calculated based on the equation is as follows. Yunsh Yunsh
arp (x,y)は注目画素に対して周縁画素の重み付けを低くして加算したものであるから、いわゆる「なまった(アンシャープ)」画像データとしていることになる。 arp (x, y) is because the result of the addition by reducing the weighting of peripheral pixels for a target pixel, will have been so-called "dull (unsharp)" image data. このようにしてなまらせたものはいわゆるローパスフィルタをかけたものと同様の意味あいを持つ。 In this way, those blunted has the same meaning as that multiplied by the so-called low-pass filter. 従って、「Y(x,y)−Yunsharp (x,y)」とは本来の全成分から低周波成分を引いたことになってハイパスフィルタをかけたものと同様の意味あいを持つ。 Thus, with a "Y (x, y) -Yunsharp (x, y)" similar meaning to that applying a high-pass filter turned it minus the low frequency component from the original of all components. そして、ハイパスフィルタを通過したこの高周波成分に対してシャープネス強調度Eenhance を乗算して「Y(x, Then, by multiplying the sharpness enhancement degree Eenhance against the high-frequency component passed through the high pass filter "Y (x,
y)」に加えれば同シャープネス強調度Eenhance に比例して高周波成分を増したことになり、エッジやシャープネスが強調される結果となる。 Be added to y) "in proportion to the sharpness enhancement degree Eenhance will be increased high frequency components, resulting in edges and sharpness is emphasized.

【0040】一方、シャープネスの強調度合いは、アンシャープマスクの大きさによっても変化する。 [0040] On the other hand, emphasized the degree of sharpness, also changes depending on the size of the unsharp mask. 縦横の升目数の異なる三つのアンシャープマスク61〜63であれば、大きなマスクほど注目画素の近隣の画素に対する重み付けが大きく、遠くの画素にいたるまでの距離の中で徐々に重み付けが減っていっている。 If the three of unsharp mask 61 to 63 different squares the number of vertical and horizontal, large mask as the weighting for neighboring pixels of the pixel of interest is large, in a distance of up to distant pixels have gradually reduced weighting that. これは言い換えればよりローパスフィルタとしての性格が強くなり、 This is the stronger the personality of a more low-pass filter in other words,
(1)式に従って高周波成分を生成しやすくなるからである。 (1) because the easily generate a high-frequency component according to formula.

【0041】従って、シャープネス強調度Eenhance が大きければ大きなサイズのアンシャープマスク63を利用すればよいし、シャープネス強調度Eenhance が小さければ小さなサイズのアンシャープマスク61を利用すればよいし、中間的な画素数であれば中間サイズのアンシャープマスク62を利用すればよくなる。 [0041] Thus, it may be utilized unsharp mask 63 of a larger size is greater sharpness enhancement degree Eenhance, may be utilized unsharp mask 61 of a small size smaller sharpness enhancement degree Eenhance, a intermediate if the number of pixels becomes well by utilizing the unsharp mask 62 of intermediate size. アンシャープマスク60は図からも明らかなように、中央部にて最も重み付けが大きく、周縁に向かうにつれて徐々に重み付けの数値が小さくなっている。 Unsharp mask 60 as is apparent from the figure, most weight is large at the center portion, gradually numerical weighting toward the periphery is smaller. この変化具合は必ずしも固定的なものではなく、適宜変更可能である。 The change degree is not necessarily fixed, can be changed as appropriate. むろん、その名称の如何も問わないし、サイズについても例示的なものにすぎず、「11×11」の升目数であっても良い。 Of course, do not matter even how of its name, merely exemplary and also about the size, it may be a square number of the "11 × 11". また、必ずしも中心画素に対して対象な領域に限らず、「6×6」の升目数であっても良いし、さらには、正方領域に限らず、円形に近い領域とすることもでき、これらの升目の変形や形状の変形によってシャープネスの強調程度を調整することができる。 Further, not only the target region with respect always the center pixel may be a square number of "6 × 6", further, not limited to the square area, it can also be nearly circular region, these it is possible to adjust the enhancement degree of the sharpness of the deformation of the deformable and shape of squares.

【0042】ただし、(2)式の演算は、処理対象画素の周囲の画素に対して、採用するアンシャープマスク6 [0042] However, (2) calculation of the unsharp mask 6 with respect to pixels around the target pixel, employing
0の升目数だけ乗算演算と加算演算が必要になり、処理量としては多大になるから、これを低減する。 Squares number of 0 by multiplication and addition operation is required, because becomes significant as the amount of processing to reduce this. 適当なサイズのアンシャープマスク60を選択した場合に必ずしも全ての升目についての演算が必要ともいえない。 Can not be said also a need for operations on necessarily all of the squares when you select the unsharp mask 60 of appropriate size. 図5 Figure 5
に示す「7×7」のアンシャープマスク62において最外周の升目の重み付けは「0」あるいは「1」であり、 Weighting squares of the outermost periphery in the unsharp mask 62 of "7 × 7" shown in the "0" or "1",
「0」については重み付けの乗算が無意味であるし、 It is a meaningless multiplication of the weighting for the "0",
「1」の重み付けは升目の全合計値の「632」と比較すれば非常にわずかな重みしか持たないといえる。 It can be said that the "1" weighting has only very little weight when compared with "632" of the total sum of squares.

【0043】このような状況から、「7×7」のアンシャープマスク62の全升目について演算するのではなく、二重線に囲まれた内側の「5×5」のアンシャープマスク62aを使用する。 [0043] Under such circumstances, instead of calculating the total square of the unsharp mask 62 of "7 × 7", using the unsharp mask 62a of "5 × 5" inside surrounded by double lines to. このアンシャープマスク62 The unsharp mask 62
aは「7×7」のアンシャープマスク62の最外周を省略するものであり、同様のことは図6に示す「13×1 a is intended to omit the outermost periphery of the unsharp mask 62 of "7 × 7", same is shown in FIG. 6, "13 × 1
3」のアンシャープマスク63の最外周を省略するものとしてもよい。 Outermost unsharp mask 63 of 3 "may be omitted for. また、「13×13」のアンシャープマスク63の場合は外周側の二升分を省略するということも可能である。 In the case of unsharp mask 63 of "13 × 13" it is possible that omit two sho portion of the outer peripheral side. 「7×7」のアンシャープマスク62の場合は、処理対象画素の回りに「48(=7×7− For unsharp mask 62 of "7 × 7", around the processing target pixel "48 (= 7 × 7-
1)」個の画素があり、これだけの乗算と加算が必要である。 1) "there are pixels, it is necessary to sum the only this multiplication. しかしながら、実質的に同じ演算結果となる「5 However, results substantially the same operation "5
×5」のアンシャープマスク62aにおいては「24 In the unsharp mask 62a of × 5 "," 24
(=5×5−1)」回の演算となり、演算量は半減する。 (= 5 × 5-1) "times becomes operational, the calculation amount is reduced by half. 「13×13」のアンシャープマスク63の場合は「168(=13×13−1)」回から「120(=1 "13 × 13" in the case of the unsharp mask 63 of the "168 (= 13 × 13-1)" times from the "120 (= 1
1×11−1)」回へと減少する。 Reduced to 1 × 11-1) "times.

【0044】ところで、これまでは理解の簡易のために各画素の輝度と呼んで説明したが、実際には各画素はR By the way, heretofore it has been described called luminance of each pixel for understanding simple, in practice each pixel R
GBの階調データを有しており、輝度YはRGBの階調データに基づいて演算しなければならない。 GB of has gradation data, the luminance Y must calculated based on RGB grayscale data. 本実施形態においては、演算の簡易のため、 Y=0.30R+0.59G+0.11B …(3) に示すように、RGBの階調データの単純な重み付け加算で変換する。 In the present embodiment, for ease of calculation, Y = 0.30R + 0.59G + 0.11B ... as shown in (3), to convert a simple weighted addition of the RGB gray-scale data. 強調後の輝度Y'と強調前の輝度Yから、 delta=Y−Y' …(4) と置き換えれば、変換後のR'G'B'は、 R'=R+delta G'=G+delta B'=B+delta …(5) のように演算可能となる。 'From the luminance Y before stressed, delta = Y-Y' luminance Y after enhancement ... (4) and replacing it, R'G'B converted 'is, R' = R + delta G '= G + delta B' = B + delta ... computable become as shown in (5). このようにすれば重み付け加算は1/3となるので、全体の処理時間としても50〜 Since the weighted addition if becomes 1/3, 50 as a whole processing time
70%程度の減少が可能となる。 Reduction of about 70% is possible. また、変換結果は色ノイズの強調がなくなり、画質が向上した。 Further, the conversion result is no longer highlighted in color noise, and image quality is improved. なお、輝度Y Incidentally, the luminance Y
を求めるときに必ずしも(3)式のように厳格な重み付けを行う必要もない。 Necessarily (3) it is not necessary to perform strict weighting as expression when seeking. 例えば、(6)式のように単純な平均値でもさほど大きな誤差は出ない。 For example, (6) it does not appear is much greater error in the simple average value as expression.

【0045】 Y=(R+G+B)/3 …(6) さらに簡易にするならば、(3)式において最も輝度Y [0045] Y = if to (R + G + B) / 3 ... (6) further simplified, most luminance Y in (3)
に対する貢献値の大きいG成分だけで輝度Yとみなしてしまっても必ずしも大きな誤差は出ない。 Not appear necessarily large error even gone regarded as luminance Y by a large G component contribution values ​​for. 以上のようにしてシャープネス強調処理を行うとすると、強調度合いは係数Eenhanceかアンシャープマスク60の大きさに依存することになる。 When performing the sharpness enhancement processing as described above, enhancement degree will depend on the size of the coefficient Eenhance or unsharp mask 60. ただ、ステップ106で表示用にシャープネス強調処理を行う場合はアンシャープマスク60については「7×7」のアンシャープマスク62を固定的に使用し、係数Eenhanceだけで調整を行うことにする。 However, when performing the sharpness enhancement processing for display in step 106 the unsharp mask 62 of "7 × 7" used fixedly for unsharp mask 60, to be performed only by adjustment factor Eenhance.

【0046】そして、ステップ108では表示された画像に対してこの強調度合いでよいか否かを判断させ、その操作を入力して処理を分岐する。 [0046] Then, to determine whether or in this enhancement degree for the image displayed in step 108, the process branches to input the operation. すなわち、やり直す場合にはステップ104にて再度強調度合いを指示させるが、所望の強調がなされた場合にはステップ110にて印刷させるか否かを入力させる。 That is, causes instruction again enhancement degree at step 104 in reconstructing, if desired enhancement is made to input whether to print in step 110. 印刷させる場合にはステップ112にて印刷サイズの指示を入力する。 Inputs an instruction to print size at step 112 in the case where the printed. 印刷サイズは印刷用紙と配置などを指定することによって間接的に入力することができる。 Print size can be indirectly input by specifying the like disposed between the printing paper. 図7は印刷サイズ指示入力用の画面表示を示しており、ウィンドウ領域の上方部分30hを画像の印刷配置を選択する領域とし、左下部分30iを画像データ以外のオプション印刷項目を選択する領域とし、右下部分30jを用紙の選択領域としている。 Figure 7 shows a screen display for print size instruction input, and an area for selecting the upper portion 30h of the window area the printed image placement, and the lower left portion 30i and the region for selecting the optional-print items other than the image data, It has a lower right portion 30j and the selected area of ​​the paper. なお、波線で示した領域30n,30pについては後述する。 The region indicated by a wavy line 30n, will be described below 30p.

【0047】上方部分30hで印刷配置を示しているが、これは配置とともに印刷される大きさをも示している。 [0047] indicates the print arranged in the upper portion 30h, which also shows the size to be printed together arranged. この例であれば、左から「4枚」、「アルバム」、 If this example, "four" from the left, "album",
「シール」と表示しつつそのレイアウトを示している。 It shows the layout while displaying a "seal".
これらは1枚の用紙における画像の配置を示しつつ用紙との相対的な比率情報を含んでいる。 These include the relative ratio information of the paper while showing an arrangement of an image in one sheet. 従って、右下部分30jの選択領域で選択される用紙の大きさが決まればその大きさとの比率から画像データを印刷すべき具体的な大きさが分かり、所定の計算式に基づいて自ずから拡大縮小指示が算出されることになる。 Therefore, understand specific size to be printed image data from the ratio of its size once the size of paper to be selected in the selection area of ​​the lower right portion 30j, naturally scaled based on a predetermined calculation formula so that the instruction is calculated. すなわち、この印刷配置の選択結果は一つの印刷サイズ指示として利用される。 That is, the selection result of the printing arrangement is utilized as one of the print size instruction. この例では複数の画像データを同時に印刷するためにそれぞれの印刷配置を選択して間接的に拡大縮小指示を取得するようにしているが、一枚だけ印刷させるものとしてそのサイズを指定したり、あるいは拡大縮小の比率を指定するというように、より直接的な手法で指定するようにしても良い。 Although in this example so as to obtain an indirect scaling instruction to select each printing arrangement for printing a plurality of image data at the same time, or specify its size as to be printed by one, Alternatively, as of specifying the ratio of the scaling may be specified in a more direct approach.

【0048】また、右下部分30jでは用紙を選択するようにしているが、この用紙の大きさも印刷サイズ指示の一部である。 [0048] Further, although so as to select a paper in the lower right portion 30j, the size of the paper is also part of the print size instruction. 例えば、一枚の用紙に4枚の画像データを印刷するものとするとそれぞれの大きさはA4の用紙を選択するのとB5で印刷するのでは大きさが自ずから変化してくるからである。 For example, to print on each size assuming that printing the four image data of one sheet of paper and to select the paper A4 B5 is because coming changes magnitude naturally. さらに、左下部分30iではオプション印刷項目として「トンボ」、「日付」、「タイトル」を印刷するか否かを選択できる。 In addition, "Dragonfly" as an optional print item in the lower left portion 30i, "date", can choose whether or not to print the "title". この例ではオプションの印刷の有無によって印刷のサイズが変化することはない。 No change in the size of the print by the presence or absence of printing options in this example. しかし、オプションとして「縁有り」や「縁無し」を選択することもでき、このようにした場合にも印刷のサイズに影響を与え、印刷サイズ指示入力の一つとなる。 However, it is also possible to select the "bordered" and "borderless" as an option, in this way also affect the print size of the case was, and one of the print size instruction input.

【0049】以上のような画面入力に基づき、印刷サイズは印刷配置と用紙とオプションの選択状況に従って自ずから計算される。 [0049] Based on the above-described screen input, printing size is naturally calculated in accordance with the selection status of the print layout and paper and options. 次に、ステップ114では拡大縮小率を算出する。 Then, to calculate the scaling factor in step 114. ここで必要となるのは実際の画素数の変化である。 Here what is needed is a change in the actual number of pixels. ステップ102で対象となっている画像データの画素数は取得されている。 Number of pixels of the image data to be processed in step 102 is acquired. 一方、ステップ112にて印刷サイズを取得しているので後はプリンタ情報ファイル15cにおけるプリンタ50の解像度を参照すれば印刷させる際の画素数が算出される。 On the other hand, the number of pixels when the to print Referring to resolution of the printer 50 in the printer information file 15c after because it acquires the print size is calculated in step 112. 例えば、印刷される際のインチ単位の幅と1インチ辺りのドット数(72 For example, the width in inches at the time of printing and one inch Atari number of dots (72
0ドットパーインチ{dpi})が分かれば単純に両者を乗算することによって幅方向の画素数が算出される。 0 number of pixels width direction by multiplying the simple both if dots per inch {dpi}) is divided is calculated.
そして、元の画像データの画素数と比較し、拡大することになるのか縮小することになるのか拡大縮小率を算出する。 Then, compared with the number of pixels of the original image data, calculates the scaling factor what will shrink or become to expand.

【0050】このようにして拡大縮小率を算出したら、 [0050] After calculating the enlargement or reduction ratio In this way,
ステップ116では調整テーブル15bを算出して強調度合いの調整を行う。 Step 116 In to calculate the adjustment table 15b for adjusting the degree of emphasis. この後、強調度合いを調整したらステップ118にて解像度変換と印刷用シャープネス強調処理を行うことになるので、この調整原理について説明する。 Thereafter, the step 118 After adjusting the enhancement degree will be printed for sharpness enhancement and the resolution conversion will be described this adjustment principle. 図8〜図10は解像度変換を行ってからシャープネス強調処理を実施する場合に強調度合いを係数で調整する例を示している。 8 to 10 show an example of adjusting the degree of emphasis in coefficient when performing the sharpness enhancement after performing resolution conversion.

【0051】図8は画像の大きさの変化とこれに対するアンシャープネスマスクの相対的な大きさを示している。 [0051] Figure 8 shows the relative size of unsharpness mask for this and the change in size of the image. 同図(a)に示すように先に画像を縮小する場合、 When reducing the image previously shown in FIG. 6 (a),
画像の大きさに対するアンシャープネスマスクの大きさの比は大きくなる。 The size ratio of unsharpness mask to the size of the image is increased. これは広い範囲についてアンシャープネスをかけたデータを元の画素データから減算することを意味するから、解像度を変化させない場合と比べてシャープネス強調を強くかけたようになる。 Since this means that subtracts the data obtained by multiplying the unsharpness from the original pixel data for a wide range, so multiplied strongly sharpness enhancement as compared with the case of not changing the resolution. 一方、同図(b)に示すように先に画像を拡大する場合、アンシャープネスマスクの大きさの比は小さくなり、狭い範囲についてアンシャープネスをかけたデータを元の画素データから減算することを意味するから、シャープネス強調の度合いを弱めたようになる。 On the other hand, when enlarging an image ahead as shown in FIG. (B), the ratio of the size of unsharpness mask becomes smaller, the subtracting the data obtained by multiplying the unsharpness from the original pixel data for a narrow range since the meaning, so it weakened the degree of sharpness enhancement. なお、ピッチが狭い方が強調の度合いが強いことを示している。 Also shows that better pitch is narrow strong degree of emphasis.

【0052】すなわち、縮小すれば強調度合いが大きくなり、拡大すれば強調度合いが小さくなる傾向を示すから、これを相殺するように強調度合いを調整する。 [0052] That is, the degree of emphasis could shrink becomes large, since a tendency that degree of emphasis by extension becomes smaller, it adjusts the enhancement degree so as to cancel it. 図9 Figure 9
は調整テーブルの内容を示しており、解像度の変更が無いのであればサイズ倍率は1倍であり、拡大するのであればサイズ倍率は1よりも大きく、縮小すればサイズ倍率は1よりも小さくなる。 Shows the contents of the adjustment table, the size ratio if the resolution change is not a 1 ×, the size ratio if the expanding is larger than 1, the size ratio could shrink is smaller than 1 . サイズ倍率は表の横軸であり、縦軸は本来の強調度合いであって1よりも大きければ強調を意味し、1よりも小さければ弱くする状況を意味する。 The size ratio is the horizontal axis of the table, the vertical axis indicate emphasis greater than 1 a natural enhancement degree means a situation to weaken smaller than 1. 拡大すると強調処理が弱くなるため、強調するのであればその強調度合いを強めるし、強調度合いを弱めるのであればさらに弱める度合いを上げる。 Since emphasis processing and expanding is weakened, to enhance the degree of emphasis as long as emphasis, increase the degree of weakening further as long as weakening the degree of emphasis. すなわち、強調度合いを上げる。 In other words, it increases the degree of emphasis. 逆に縮小する場合には強調処理が強くなるため、強調するのであればその強調度合いを弱めるし、強調度合いを弱めるのであれば弱める度合いを下げる。 Because enhancement processing when condensing conversely becomes stronger, to weaken the degree of emphasis as long as emphasis, reducing the degree of weakening long as weakening the degree of emphasis. すなわち、強調度合いを下げる。 In other words, the lower the degree of emphasis.

【0053】図10を参照すると、ステップ130で解像度変換を行った後、ステップ132でサイズ変更の度合いを取得し、ステップ134では調整テーブルを参照して具体的な強調度合いの調整を行う。 [0053] Referring to FIG 10, after the resolution conversion in step 130, obtains the degree of resizing at step 132, to adjust the specific enhancement degree with reference to the adjustment table in step 134. すなわち、サイズ変化度合いと強調度合いの二つのパラメータから予め登録されている調整された強調度合いが調整テーブルから参照される。 That is, enhancement degree adjusted is registered in advance from the two parameters of enhancement degree and size change degree is referenced from the adjustment table. そして、全体的にはサイズを拡大しているのであれば強調度合いを強くするべく係数Eenhance The coefficient to the overall to increase the degree of emphasis If you're increasing the size Eenhance
を大きくするし、縮小しているのであれば強調度合いを弱くするべく係数Eenhanceを小さくする。 The to be increased, to reduce the coefficient Eenhance to weaken the degree of emphasis as long as is shrinking.

【0054】図9を参照すると、サイズ倍率が1倍であるときには、強度の変更はない。 Referring to FIG. 9, but when the size ratio is 1 times, no change of intensity. これに対してサイズ倍率を5倍に拡大するときには、1.5倍の強度を強調調整して1.8倍にするし、0.5倍の強度を強調調整して0.2倍にしている。 When increasing the size ratio five times against this, and to 1.8 times emphasizes adjust the intensity of the 1.5 fold, and 0.2-fold enhancement adjust the intensity of the 0.5-fold there. 逆に、サイズ倍率を0.2倍に縮小するときには、1.5倍の強度を弱めるように調整して1.2倍にするし、0.5倍の強度を強めるように調整して0.8倍にしている。 Conversely, when the shrinking 0.2 times the size ratio, to be 1.2 times to adjust to weaken the strength of 1.5, it was adjusted to enhance the intensity of 0.5 times 0 It is to .8 times. これらはいずれもステップ132におけるサイズ拡大か否かの判断を経てステップ134あるいはステップ136にて行われる。 These through Enlarger whether determination in step 132 both performed in step 134 or step 136.

【0055】そして、このようにして調整された係数E [0055] and, this way, the adjusted coefficient E
enhanceに基づいてステップ136では、シャープネス強調処理を実施し、その後、ステップ120にてプリンタ50の色空間へと色変換してからステップ122にて印刷データを出力する。 In step 136, based on the * Enhance, conducted sharpness enhancement, then outputs the print data from the color conversion to the color space of the printer 50 at step 120 at step 122. 上述したように修整パラメータ方式で画像ファイル15aを管理している場合、画像処理の強度は予めパラメータとして保存されていることになる。 If you manage image files 15a in modification parameter method as described above, the intensity of the image processing will be stored as parameters in advance. しかしながら、一応は確定しているパラメータも実際の印刷時に確定する印刷サイズによって適当な値に修正されることになるため、ある大きさの状態で決めておいた画像処理のパラメータは決して無駄になることはない。 However, since that will be corrected to an appropriate value by the print size once the defined at the time to the parameters also actual and print confirmation, the parameter of the image processing that has been decided in the state of a certain size will be vain it is not. 逆に印刷サイズ毎に最適な画像処理を施しつつそのようなデータファイルを個別に用意しておくことになるとハードディスクドライブ15の記憶領域を沢山必要としてしまうことになる。 While applying optimal image processing for each print size on the contrary such data files will be left individually prepared so that ends up with a lot require storage area of ​​the hard disk drive 15.

【0056】一方、図11〜図13は解像度変換を行ってからシャープネス強調処理を実施する場合に強調度合いをマスクフィルタの選択で調整する例を示している。 Meanwhile, FIGS. 11 to 13 show an example of adjusting the enhancement degree in performing the sharpness enhancement after performing resolution conversion in the selection of the mask filter.
図11は画像の大きさの変化とこれに対するアンシャープネスマスクの相対的な大きさを示している。 Figure 11 shows the relative size of unsharpness mask for this and the change in size of the image. 同図(a)に示すように先に画像を縮小する場合、元の画像とマスクフィルタの相対比を維持しようとすれば、マスクフィルタのサイズを小さくする必要がある。 When reducing the image previously shown in FIG. 6 (a), if trying to keep the relative ratio of the original image and the mask filter, it is necessary to reduce the size of the mask filter. そして、 And,
小さいサイズを選択すれば同じ範囲についてアンシャープネスをかけたデータを元の画素データから減算することを意味するから、シャープネス強調の程度を変化させないようにすることができる。 It means subtracting the data obtained by multiplying the unsharpness from the original pixel data for the same range by selecting a smaller size, it is possible to not change the degree of sharpness enhancement. 一方、同図(b)に示すように先に画像を拡大する場合、元の画像とマスクフィルタの相対比を維持しようとすれば、マスクフィルタのサイズを大きくする必要があり、大きいサイズを選択すれば同じ範囲についてアンシャープネスをかけたデータを元の画素データから減算することを意味するから、シャープネス強調の程度を変化させないようにすることができる。 On the other hand, when enlarging an image ahead as shown in FIG. (B), if trying to keep the relative ratio of the original image and the mask filter, it is necessary to increase the size of the mask filters, select the larger size since for the same range it means that subtracts the data obtained by multiplying the unsharpness from the original pixel data if, it is possible to not change the degree of sharpness enhancement.

【0057】すなわち、実質的に同じ範囲となる周囲の画素の画像データを含めて演算するためには、縮小するのであればマスクフィルタも小さいものを利用しなければならないし、拡大するのであればマスクフィルタも大きいものを利用しなければならない。 [0057] That is, in order to calculate, including substantially image data of the surrounding pixels having the same range, you do not have to utilize what may mask filter smaller as long as reducing, if enlarging It must make use of those larger mask filter. 図12は調整テーブルの内容を示しており、マスクフィルタのサイズはある程度固定的であるので、サイズ倍率に幅を持たせて所定の大きさのマスクフィルタを割り当てるようにしている。 Figure 12 shows the contents of the adjustment table, the size of the mask filter is somewhat fixed, and to assign a predetermined size of the mask filter to have a width size magnification. ここでは、解像度の変更が無い部類のものとして3 Here, 3 as change of the resolution of the class not
〜0.7倍を、拡大する部類のものとして3倍以上を、 The 0.7-fold, more than three times as class expanding,
縮小する部類のものとして0.7倍以下というように分類し、さらに、強調度合いを1.2〜0.8の分類と、 Shrink classified as that 0.7 times or less as class, further classification of the enhancement degree between 1.2 and 0.8,
1.2以上の分類と、0.8以下の分類とに分けている。 1.2 and above of the classification, are divided into a classification of 0.8 or less.

【0058】サイズの変更がない標準状態として、強調度合いが1.2以上であれば9×9の升目のアンシャープネスマスクを使用し、強調度合いが通常程度の1.2 [0058] as a standard state in which there is no change in the size, use the unsharpness mask of the squares of the degree of emphasis is × 9 if 1.2 or more 9, the degree of emphasis is usually about 1.2
〜0.8倍であれば7×7の升目のアンシャープネスマスクを使用し、強調度合いが0.7以下であれば5×5 If the 0.8 times using the unsharpness mask of 7 × 7 squares, 5 × 5 as long as the degree of emphasis is 0.7 or less
の升目のアンシャープネスマスクを使用するものとする。 It is assumed that the use of the unsharpness mask of squares. 画像を拡大する場合、マスクサイズとの相対比を維持しようとするため、使用するマスクフィルタのサイズはそれぞれ13×13、9×9、7×7のサイズとなり、画像を縮小するときに使用するマスクフィルタのサイズは7×7、5×5、3×3のサイズとなる。 When enlarging an image, to try to maintain the relative proportions of the mask size becomes a size of each size of the mask filter 13 × 13,9 × 9,7 × 7 used, to use when reducing the image the size of the mask filter is the size of 7 × 7,5 × 5,3 × 3.

【0059】これを図13に示すフローチャートを参照して説明すると、先ず、ステップ140にて解像度変換を行なって拡大あるいは縮小を行い、ステップ142でその際のサイズ変更の度合いを検知しつつ処理を分岐する。 [0059] Explaining this with reference to a flowchart shown in FIG. 13, first, the enlarged or reduced by performing resolution conversion in step 140, the processing while detecting the degree of size change at that time in step 142 branching. すなわち、サイズ倍率が3倍以上に拡大している場合にはステップ144にて全体にマスクサイズを大きくさせ、サイズ倍率を0.7倍以下として縮小している場合にはステップ146にてマスクサイズを小さくさせ、 That is, whole to increase the mask size at step 144 if the size ratio is increased to more than 3 times, the mask size at step 146 if you are reducing the size magnification as 0.7 times or less It was small,
その中間であればマスクサイズを変化させない。 That if the middle is not to change the mask size. そして、ステップ148ではこのようにして対応関係を決めたマスクサイズのアンシャープマスク60を利用してシャープネス強調処理を実行する。 Then, by utilizing the unsharp mask 60 mask size decided correspondence to perform sharpness enhancement processing in this manner at step 148.

【0060】一方、近年ではデジタルスチルカメラなどの解像度が高く、元の画像ファイル15aの解像度のままではディスプレイ18上に一部しか表示できないということも多い。 [0060] On the other hand, recent years, higher resolution, such as a digital still camera, while the original image file 15a resolution often not be displayed only partially on the display 18. この場合、ディスプレイ18上ではサムネールあるいは予め所定倍率で縮小された画像データに基づいてシャープネス強調の試行錯誤が行われる。 In this case, on the display 18 is trial and error sharpness enhancement based on image data reduced as thumbnails or in advance predetermined magnification is performed. 図1 Figure 1
4〜図16はこのような縮小画像データを利用する場合を示している。 4 through 16 show the case of using such a reduced image data. 図14に示すように元の画像ファイル1 Original image file as shown in FIG. 14 1
5aでの画像が大きくディスプレイ18上で表示できない場合や複数の画像を表示したい場合があり、サムネールのように縮小して表示することが多い(なお、以下において縮小表示と呼ぶ)。 May wish to view or when multiple images can not be displayed image is large on the display 18 at 5a, often reduced and displayed as thumbnails (Note, referred to as a reduced display below). この場合、縮小表示でシャープネス強調結果を表示させるときのマスクサイズと元の画像との比は縮小表示のものとの比とは異なるため、シャープネス強調の程度を合わせる必要がある。 In this case, the ratio of mask size and the original image for which is different from the ratio between that of reduced display, it is necessary to adjust the degree of sharpness enhancement when displaying the sharpness enhancement results in reduced display. すなわち、ここでは縮小表示の解像度が第一の画像サイズに対応し、元の解像度が第二の画像サイズに対応する。 That is, here reduced display resolution corresponds to the first image size, the original resolution corresponding to the second image size. そして、上述した例のように第一の画像サイズから第二の画像サイズへの解像度の変換を必ずしも実行していない。 Then, not necessarily running resolution conversion to the second image size from the first image size as in the example described above.

【0061】元の画像ファイル15aの画像に対して表示中の画像が縮小表示となっているのであれば同じアンシャープネスマスクを使用しても強調の度合いは弱くなるから、縮小表示中であって拡大画像に処理をかけることになるなら強調度合いを上げる。 [0061] Since even with the original image file 15a the same unsharpness mask if the image being displayed is in the reduced display the image of the composed degree of emphasis is weak, even during the reduced display If you will be applying the process to the enlarged image increase the degree of emphasis. 逆に、元の画像ファイル15aの画像に対して表示中の画像が拡大表示となっているのであれば同じアンシャープネスマスクを使用すると強調の度合いは強くなりすぎるから、拡大表示中であって縮小画像に処理をかけることになるなら強調度合いを下げる。 On the other hand, because if the image being displayed has become enlarged and displayed on the image of the original image file 15a to use the same unsharpness mask degree of emphasis is too strong, reducing a while the magnified image is displayed. reducing the degree of emphasis if made in applying the process to the image.

【0062】図15は、この対応関係を表す調整テーブル15bの内容を示しており、元の画像ファイル15a [0062] Figure 15 shows the contents of the adjustment table 15b indicating this correspondence, the original image file 15a
の画像に対して表示中の画像が400%の拡大表示となっているのであれば強度を「1.5」から「1.2」に弱めたり、強度を「0.5」から「0.8」に強めている。 Weakening of the value, if the intensity of the image is a 400% enlarged display being displayed on the image from the "1.5" to "1.2", "0 strength from" 0.5 ". It is increasingly to 8 ". また、元の画像ファイル15aの画像に対して表示中の画像が50%の縮小表示となっているのであれば強度を「1.5」から「1.8」に強めたり、強度を「0.5」から「0.2」に弱めている。 Also, or intensified if the image being displayed on the image of the original image file 15a is 50% of the reduced display the intensity from "1.5" to "1.8", the intensity "0 It has weakened to "0.2" from .5 ".

【0063】これを図16に示すフローチャートを参照して説明すると、ステップ150にて現在の表示倍率を求める。 [0063] Explaining this with reference to a flowchart shown in FIG. 16, obtains the current display magnification in step 150. すなわち、元の画像の大きさを基準として拡大表示しているのであればステップ154にて強調係数を強めるし、縮小表示しているのであればステップ156 That is, to enhance the enhancement magnitude at the value, if step 154 ​​is enlarged relative to the coefficients of the original image, if the displaying reduced step 156
にて強調係数を弱める。 Weaken the emphasis coefficient at. そして、等倍表示しているのであれば強調係数を調整しない。 Then, not adjusted emphasis coefficient If you're size display. ただし、実質的には表示倍率と強度とで調整テーブル15bを参照し、調整された強調係数を求めてステップ158にてシャープネス強調処理を実施するようにしても良い。 However, substantially with reference to adjustment table 15b with the display magnification and strength, seeking the adjusted enhancement coefficient may be carried out sharpness enhancement at step 158.

【0064】次に、図17〜図20は複数の画像処理を実施する場合に一方の画像処理がサイズの拡大縮小によって受ける変動を他方の画像処理で調整する例を示している。 Next, FIGS. 17 to 20 show an example of adjusting a variation in which one image processing receives the scaling size when carrying out the plurality of image processing in other image processing. 図18は画像処理としてシャープネスとコントラストの強弱を指示する入力画面を示している。 Figure 18 shows an input screen for instructing the intensity of sharpness and contrast as image processing. 画面表示ではそれぞれの画像処理の名称の左側にチェックボックス30k1,30k2が配置され、各名称の右側には強弱の程度を数値で指示する強調係数入力枠30m1,3 The screen display is arranged a check box 30k1,30k2 to the left of the name of each image processing, enhancement coefficient input frame to the right of each name indicating the degree of strength in numerical 30m1,3
0m2が配置されている。 0m2 is located. 例えば、シャープネストコントラストを共に強調するのであれば左側のチェックボックス30k1,30k2の両方にチェックマークを入れ、右の強調係数入力枠30m1,30m2には具体的な数値を入力する。 For example, to both emphasize the sharpness nest contrast Tick both the left checkboxes 30K1,30k2, the right emphasis coefficient input frame 30m1,30m2 inputting specific numerical values. これらはディスプレイ18上に表示し、キーボード41やマウス42を使って指示する。 These displays on the display 18, instructs using the keyboard 41 or the mouse 42.

【0065】この例では、サイズの変動に伴って生じるシャープネスの強度の変動をコントラストの強度で調整して相殺させる。 [0065] In this example, to offset the intensity variation of sharpness caused by the variation in size by adjusting an intensity of contrast. コントラストの強弱は見た目のシャープさにわずかに影響を及ぼす。 The strength of the contrast is slightly affect the sharpness of the appearance. 従って、シャープネス自体を調整すると変動度合いが大きすぎると言える場合に、変動の影響のより小さなコントラストの強度で微妙な調整が可能となる。 Therefore, if it can be said that to adjust the sharpness itself and fluctuation degree is too large, it is possible to fine adjustment by the intensity smaller contrast the effects of variations. また、シャープネス自体を適宜調整できるのであるから、コントラストで調整させる必然性はないともいえるが、シャープネスのような自由な調整が可能でない画像処理については他の調整可能な画像処理で変動を相殺させることにメリットもある。 Further, it since it can appropriately adjust the sharpness itself, but also say that there is no necessity to adjust the contrast, the image processing is not possible freely adjusted, such as sharpness to offset changes in other adjustable image processing there is also merit in.

【0066】図19に示す調整テーブル15bによると、サイズ倍率が0.8倍〜2倍の範囲ではコントラストの強度係数は1倍であって敢えて調整を行わないが、 [0066] According to the adjustment table 15b shown in FIG. 19, although the scope size magnification to 2 times 0.8 times is not performed deliberately adjusting the intensity factor of contrast a 1-fold,
2倍以上となったときと0.8倍以下となったときにはコントラスト強度で調整する。 When it becomes more than twice and is when it becomes 0.8 times or less to adjust the contrast intensity. すなわち、拡大される場合は、シャープネスの強度係数が1.2以上であればコントラストの強度係数を1.1とし、シャープネスの強度係数が0.8以下であればコントラストの強度係数を0.9とする。 That is, if it is enlarged as long intensity coefficient of sharpness than 1.2 and 1.1 the strength coefficient of contrast, if the intensity coefficient of sharpness than 0.8 the strength coefficient of the contrast 0.9 to. また、縮小される場合は、シャープネスの強度係数が1.2以上であればコントラストの強度係数を0.9とし、シャープネスの強度係数が0.8以下であればコントラストの強度係数を1.1とする。 Also, if it is reduced as long intensity coefficient of sharpness 1.2 or more strength factor of contrast and 0.9, if the intensity coefficient of sharpness than 0.8 the strength coefficient of the contrast 1.1 to.

【0067】図20(a)(b)は、コントラストの強度処理の具体的態様を示している。 [0067] Figure 20 (a) (b) illustrates a specific embodiment of the intensity processing the contrast. 同図においてx軸は修整前の入力輝度を表し、y軸は修整後の出力輝度を表し、いずれも0〜255の階調値で表している。 x-axis in the figure represents an input luminance before retouching, y axis represents the output luminance after modification represents either a gray level value of 0 to 255. 図に示すように輝度を変動させてコントラストを強調させたり弱めたりするが、このときの三次関数の傾き度合いあるいはより簡略した一次関数の傾きによって強調度合いを調整できる。 By varying the intensity, as shown in FIG To weaken or to enhance the contrast, but can be adjusted enhancement degree by the slope of the inclination degree or linear function an abbreviated than the cubic function of this time. 簡易のために一次関数の例で説明すると、 Y'=a・Y なる変換式では、a>1となるときに元の輝度Yの変動幅に対して変換後の輝度Y'の変動幅が大きくなり、コントラストが強調され、a<1となるときに元の輝度Y To describe an example of a linear function for simple, Y '= a a · Y becomes transformation formula, the luminance Y of the converted relative fluctuation range of the original luminance Y when the a> 1' variation width become large, the contrast is emphasized, a <former when the 1 luminance Y
の変動幅に対して変換後の輝度Y'の変動幅が小さくなり、コントラストが弱められる。 Fluctuation range of the luminance Y 'after conversion with respect to the variation width of decreases, the contrast is weakened. むろん、三次関数を利用すれば、いわゆるS字形のカーブとなるので、輝度の最大値及び最小値の近辺で飽和することなく表現可能な最大範囲を利用することができる。 Of course, given the benefit of a cubic function, because the curve of the so-called S-shape, it is possible to utilize the largest possible range expressed without saturating at around the maximum and minimum values ​​of luminance.

【0068】これを図17に示すフローチャートを参照して説明すると、まず、ステップ160にて画像ファイル15aを選択したら、ステップ162にて解像度を取得し、ステップ164にて図18に示すようなGUIを利用して画像処理の指示を入力する。 [0068] Explaining this with reference to a flowchart shown in FIG. 17, first, when selecting an image file 15a at step 160, to get the resolution at step 162, GUI, as shown in FIG. 18 at step 164 using to enter the instruction of the image processing. この例ではコントラストの強度を調整することにしているが、より多数の画像処理を実施できる場合には、画像処理の選択状況に応じて調整項目を適宜変更するようにしてもよく、その場合はステップ166の段階でこれを行う。 In this example is to adjust the intensity of the contrast, if it can be performed a greater number of image processing may be appropriately changed adjustment item according to the selection status of the image processing, in which case We do this at the stage of step 166.

【0069】一方、ステップ168では印刷サイズの指示を入力し、ステップ170でステップ114の場合と同様にして拡大縮小率を算出する。 [0069] On the other hand, inputs an instruction of print size in step 168, calculates the scaling factor in the same manner as in step 114 in step 170. この段階でサイズ倍率が分かるから、ステップ172にて図19に示す調整テーブル15bを参照してコントラスト強度による調整度合いを取得する。 Since it is clear size ratio at this stage, to obtain the degree of adjustment by the contrast intensity with reference to the adjustment table 15b shown in FIG. 19 at step 172. この後、ステップ174にてチェックボックス30k1を参照し、シャープネス強調処理を選択されていることが判定できたら、ステップ176にて強調係数入力枠30m1で指示された強調度合いでシャープネス強調処理を行う。 Thereafter, referring to check boxes 30k1 at step 174, if it can be determined that it is selected sharpness enhancement processing, the sharpness enhancement processing in enhancement degree instructed by the emphasis coefficient input frame 30m1 at step 176. シャープネス強調処理を行った場合、コントラストで強度調整を行う必要があるから、ステップ178ではチェックボックス30k2をチェックしておく。 When performing the sharpness enhancement processing, it is necessary to perform the intensity adjustment in contrast, check the checkbox 30k2 step 178. ステップ180ではチェックボックス30k2のチェックが無いとコントラスト強調の処理をスキップするため、少なくともこの時点でチェックボックス30k2をチェックする。 Since there is no check in step 180 the check box 30k2 skips the process of contrast enhancement, it checks the check box 30k2 least at this point.

【0070】ステップ180では、このようにチェックボックス30k2におけるチェックの有無を判断し、チェックされているときにはコントラスト強調処理を実行することになる。 [0070] At step 180, thus determining whether the check in the check box 30K2, will perform the contrast enhancement processing when it is checked. この場合、先ず、ステップ182でコントラスト強度を調整する。 In this case, first of all, to adjust the contrast intensity at step 182. シャープネス強調とサイズ倍率によって強度を調整される場合があるからである。 This is because if there is to be adjusted the strength by sharpness enhancement and size magnification.
具体的には図19に示す調整テーブル15bで得られた調整度合いとステップ164にて強調係数入力枠30m Emphasis coefficient input frame 30m by specifically adjusting the degree of obtained in adjustment table 15b shown in FIG. 19 and step 164
2で指示された強度を乗算し、調整された指示強度とする。 The indicated intensity 2 multiplied, and adjusted instructed strength. そして、ステップ184ではこの調整された指示強度に基づいてコントラスト強調する。 Then, the contrast emphasizing based on an instruction intensities at step 184 the adjustment. コントラスト強調の演算は輝度を用いているが、RGBデータであればR Although calculation of the contrast enhancement is using the luminance, if RGB data R
GB個々の要素の階調について同様の演算を施せばよい。 GB may be subjected to similar calculation gradation of individual elements.

【0071】この後、ステップ186,ステップ188 [0071] After this, step 186, step 188
でステップ120,ステップ122と同様にして色変換と印刷データの出力とを行う。 In step 120, it performs the output of the print data and the color conversion as in step 122. ところで、一般的な印刷においては以上のような強度調整を行えばよいが、さらなる変形例も可能である。 Incidentally, in a general printing may be performed intensity adjustment described above, it is also possible further modification. 図7に示すように、印刷サイズ指示入力用の画面表示の下方部分には波線で示す設定領域を設けることが可能である。 As shown in FIG. 7, the screen display lower part of the print size instruction input it is possible to provide a setting region shown by a broken line. 用紙として右下部分3 The lower right portion as the sheet 3
0jには用紙領域を設けてあるが、さらに分割印刷などでポスター印刷を実行する場合、用紙の大きさに基づく強度調整に加えて別のポイントからも強度調整することができる。 The 0j is provided with a sheet region, but further when running poster printing split printing or the like, it is possible to intensity adjustment from another point in addition to the intensity adjustment based on the size of the paper. 用紙領域の下方に設けたポスター印刷指示領域30nには用紙としてA1とA2とを選択できるようにボタンを設けてある。 The poster printing instruction region 30n formed in the lower side of the paper area is provided with buttons to allow selection of the A1 and A2 as the paper. なお、内部的には用紙の選択とポスター印刷の大きさの選択はどれか一つだけが選択されるようにしている。 Incidentally, the internally so that only one any choice of the size of paper selected and poster printing is selected.

【0072】ポスターは、一般的に離れて観察すると考えて良い。 [0072] posters, it may be considered to be observed generally away. このように離れて見る場合にはシャープは強めにし、輪郭がクッキリしている方がきれいに見える。 In this way Sharp is to strengthen the case to look away, the contours to those that look pretty clearly.
従って、ポスター印刷としてA1やA2を選択したときにはさらに強度調整を強めに設定することにする。 Therefore, to be set to increasingly more intensity adjustment when selecting the A1 and A2 as poster printing. これに対し、シール印刷やインデックスプリントのように小さい画像ではシャープを弱めないとパキパキして汚くなるように感じられることがある。 In contrast, it may feels so dirty and otherwise weaken the sharp Pakipaki with small image as seal printing or index printing.

【0073】ステップ168にて印刷サイズ指示入力を受け付け、ステップ170にて拡大・縮小率を算出した後で、以上の調整を加えることができる。 [0073] accepts a print size instruction input at step 168, after calculating the scaling factor at step 170, it is possible to add further adjustments. この具体的な調整について説明する前に、オプション選択領域30p Before describing this particular adjustment, option selection area 30p
について説明する。 It will be described. このオプション選択領域30pを配置し、これを選択した場合の画面表示を図21に示している。 The option selection area 30p arranged shows a screen display when the user selects in figure 21. 同図は観察者の距離に応じて画像処理の強度を最適となるように調整するようにするための距離入力画面である。 The figure is the distance input screen for so adjusted to be optimum strength of the image processing in accordance with the distance of the observer. 画面上には横方向にスライドバーが表示され、 Slide bar appears laterally on the screen,
このスライドバーはスケール30p1とスライド子30 The slide bar scale 30p1 and Suraidoko 30
p2とから構成されている。 And a p2 Metropolitan. スケール30p1には、 The scale 30p1,
「〜0.2」、「0.6」、「1」、「3〜」のメモリを表示してあり、それぞれ20cm前後での観察、60 "0.2", "0.6", "1", "3" Yes to display the memory of, each 20cm observed before and after, 60
cmぐらいの観察、1m程度離れた観察、3m以上離れた観察を意味している。 cm about of observation, 1m about distant observation, which means the observation away more than 3m. スライド子30p2はマウス4 Suraidoko 30p2 mouse 4
2で操作して左右に移動可能であり、4つのポジションで停止できるようにしてある。 Is movable to the left and right operating at 2, it is also available stop at four positions. そして、スライドバーの下のメッセージエリア30qには「現在は、60cmぐらい離れるときれいに見える設定となっています」というようにより分かりやすいメッセージを表示するようにしている。 Then, in the message area 30q of the bottom of the slide bar "now, it has become a clean look set leaves about 60cm" is to display a more easy-to-understand messages and so on. むろん、この距離の部分はスライド子30p Of course, part of this distance Suraidoko 30p
2のポジションに応じて変化させている。 It is varied according to the two positions. なお、オプション選択領域30pで観察者距離を指定したときの値は後述するフローで参照できる。 The value of when specifying viewer distance option selection area 30p can refer a flow described below.

【0074】この観察者の距離は画像処理の強度調整に対して次のように作用させる。 [0074] The distance of the observer to act as follows with respect to the intensity adjustment of the image processing. 60cm程度の観察を標準とし、これが選択されていれば強度調整は上述したものとする。 The 60cm degree observation as standard, which is intensity adjustment if they are selected and those described above. これに対して20cm前後での観察のように観察距離が短い場合にはパキパキして汚くならないように強度を弱めに調整する。 In contrast when viewing distance as 20cm and forth observations short is adjusted to weaken the strength so as not dirty by Pakipaki. また、1m前後での観察のように少し離れてくると強度をやや強め、3m前後での観察のように離れると強める。 In addition, it strengthened slightly to come and strength at a distance as observed before and after 1m, strengthen and leaves as observed before and after 3m.

【0075】図22はこの調整を行うフローチャートの一部を示している。 [0075] Figure 22 shows a part of a flowchart for performing this adjustment. 図17に示すフローチャートにおいてステップ170とステップ172の間に図22に示すステップ171a,171bを実行して調整を行う。 Step 171a illustrated in FIG. 22 between steps 170 and step 172 in the flowchart shown in FIG. 17, adjusted by running 171b. すなわち、ステップ170にて拡大縮小率を算出した後、 That is, after calculating the scaling factor at step 170,
ステップ172にて調整テーブルを算出する前に、ステップ171aにて観察者距離の変更があるか否かを判断し、変更がある場合、すなわち60cm前後での観察以外を選択している場合にはステップ171bにて上記調整テーブルの値を修正する。 Before calculating the adjustment table in step 172, it is determined whether there is a change in the observer's distance in step 171a, if there is a change, that is, if you select the non-observation before and after 60cm is in step 171b modifies the value of the adjustment table.

【0076】図23は具体的な変更例を示している。 [0076] Figure 23 shows a specific modification. 左列には修正前の強度が表示されており、右側の4列には観察者距離に応じて修正された値を表示している。 The left column are displayed strength before modification, to the right of the four columns displaying the corrected value depending on the viewer distance. 図9 Figure 9
に示すようにサイズ倍率が0.2倍〜5倍の範囲で変化するのに応じて「0.5〜1.5」の強度の値は「0. The value of the intensity of "0.5 to 1.5" in response to changes in the range size magnification is 0.2 to 5 times as shown in the "0.
2〜1.8」の範囲で調整される。 It is adjusted in the range of 2 to 1.8. " 図23はこのようにして読み出される値をさらに修正するものであり、その傾向は上述したように弱める、やや強める、強めるというものである。 Figure 23 is intended to further modify the values ​​read in this way, the tendency is weakened as described above, it is that somewhat strengthened, enhancing. 例えば、強度を増す場合として、修正前の値が「1.8」であるとすると、弱めるときには「1.7」に修正され、やや強めるときには「1.8 For example, the case of increasing the strength, the value before the correction is "1.8", is modified to "1.7" when weakened, when strengthening somewhat "1.8
5」に修正され、強めるときには「1.90」に修正される。 Is corrected to 5 "is modified to" 1.90 "when strengthen. 一方、強度を減らす場合として、修正前の値が「0.2」であると弱めるときには「0.3」に修正され、やや強めるときには「0.15」に修正され、強めるときには「0.10」に修正される。 On the other hand, when reducing the intensity is corrected to "0.3" when the value before correction is weakened as is "0.2", when the strengthening slightly corrected to "0.15", when strengthening "0.10 It is corrected to ". すなわち、弱めるときには値が「1」に近ずき、強めるときには「1」 In other words, Ki not a close to the value "1" when weaken, "1" when strengthen
から遠ざかる。 Away from.

【0077】このようにして調整テーブルの値を修正しておいた上で上述したようにステップ172にて同調整テーブルを参照するため、この修正が以後の画像処理の強度に反映される。 [0077] To refer to the adjustment table in step 172 as described above on which has been corrected value of the thus adjustment table, the correction is reflected in the intensity of the subsequent image processing. ここで再度上述したポスター印刷やインデックスプリントに言及すると、用紙としてこれらを選択した場合、調整の方向性は観察者距離の場合と同様と考えればよい。 Referring here again above poster printing and index print, if you choose them as paper, direction of adjustment may be considered as similar to the case of the viewer distance. むろん、観察者に問合せるインターフェイスとしては、このようなスライドバーの表示のみならず、「印刷物を見る距離=xx cm」というような数値入力とするなど、適宜変形可能である。 Of course, as the interface to query the observer, not only the display of such a slide bar, such as a numerical input, such as "See prints distance = xx cm", can be appropriately modified.

【0078】以上説明したように、画像をドットマトリクス状の各画素として表した画像データに対して画像処理を実行する場合において、出力される画像を観察する距離を取得し、この距離に応じて上記画像処理の程度を調整することにより、ある表示サイズではきれいに見える画像であっても実際の表示サイズでは過度に画像処理が強調されてしまったり、逆に画像処理の強調度合いが足らずにきれいに見えなくなるということを防止することができる。 [0078] As described above, in the case of executing image processing on image data representing an image as each pixel of dot matrix, and obtains the distance to observe the image output, in response to the distance by adjusting the degree of the image processing, look better without trivial or excessive image processing in some actual display size be an image that looks beautiful in the display size is too long and the emphasis, the degree of enhancement of image processing to reverse it is possible to prevent that eliminated.

【0079】このように、画像処理が対象とする画素に対して所定の範囲にある画素のデータを使用して演算を行うような場合には、解像度の変更も画像処理の結果に影響を及ぼすため、選択された画像ファイル15aに所定の画像処理を実行する指示と画像サイズの指示を与えた場合に、解像度を増減させる必要があるのか否かを判定し、増減する場合には画像処理の強調程度を調整し、 [0079] affect this manner, when the image processing that performs calculation using data of pixels in a predetermined range with respect to the pixel of interest, resolution also change the image processing result Therefore, when given an instruction for instructing the image size that performs predetermined image processing on the image file 15a that is selected, it is determined whether it is necessary to increase or decrease the resolution, the image processing in the case of increasing or decreasing adjust the enhancement level,
調整された強調度合いに基づいて画像処理と解像度の変更を行うようにした。 And to make changes of the image processing and resolution based on the adjusted degree of emphasis.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】本発明の一実施形態にかかる画像処理プログラムを実行するパーソナルコンピュータのハードウェア概略図である。 1 is a hardware schematic diagram of a personal computer that executes an image processing program according to an embodiment of the present invention.

【図2】画像処理プログラムのシステム概略図である。 2 is a system schematic diagram of an image processing program.

【図3】画像処理プログラムのメインフローチャートである。 3 is a main flowchart of an image processing program.

【図4】小サイズのアンシャープネスマスクのデータを示す図である。 FIG. 4 is a diagram showing the data of the unsharpness mask of small size.

【図5】中サイズのアンシャープネスマスクのデータを示す図である。 FIG. 5 is a diagram showing the data of the unsharpness mask of medium size.

【図6】大サイズのアンシャープネスマスクのデータを示す図である。 FIG. 6 is a diagram showing the data of the unsharpness mask of large size.

【図7】印刷指示の画面表示を示す図である。 FIG. 7 is a diagram showing a screen display of the print instruction.

【図8】同じマスクサイズで画像処理する場合の影響度合いを示す図である。 8 is a diagram showing a degree of influence in the case of image processing in the same mask size.

【図9】影響度合いの調整テーブルを示す図である。 9 is a diagram showing an adjustment table of the degree of influence.

【図10】解像度変換と画像処理を実行するフローチャートである。 10 is a flowchart for executing the resolution conversion and image processing.

【図11】マスクサイズを変更して画像処理する場合の影響度合いを示す図である。 11 is a diagram showing a degree of influence in which you can change the mask size for image processing.

【図12】影響度合いの調整テーブルを示す図である。 12 is a diagram showing an adjustment table of the degree of influence.

【図13】解像度変換と画像処理を実行するフローチャートである。 13 is a flow chart for executing the resolution conversion and image processing.

【図14】表示サイズを変更している場合における画像処理の影響度合いを示す図である。 14 is a diagram showing the degree of influence of the image processing in a case that changing the display size.

【図15】影響度合いの調整テーブルを示す図である。 15 is a diagram showing an adjustment table of the degree of influence.

【図16】影響度合いを調整した画像処理を実行するフローチャートである。 16 is a flow chart for executing adjustment image processing degree of influence.

【図17】複数の画像処理を実行する場合のフローチャートである。 17 is a flowchart for executing a plurality of image processing.

【図18】複数の画像処理を指示する画面表示を示す図である。 18 is a diagram showing a screen display for indicating a plurality of image processing.

【図19】影響度合いの調整テーブルを示す図である。 FIG. 19 is a diagram showing an adjustment table of the degree of influence.

【図20】コントラストの調整態様を示す図である。 20 is a diagram showing an adjustment mode of the contrast.

【図21】観察者距離の入力画面を示す図である。 21 is a diagram showing an input screen of the viewer distance.

【図22】観察者距離で調整テーブルを修正するフローチャートの一部を示す図である。 22 is a diagram showing a part of a flowchart for modifying the adjustment table in the viewer distance.

【図23】観察者距離で修正されるテーブルの値を示す図である。 23 is a diagram showing the values ​​of the table are fixed in the viewer distance.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

10…コンピュータ 11…CPU 12…システムバス 13…ROM 14…RAM 15…ハードディスクドライブ 15a…画像ファイル 15b…調整テーブル 15c…プリンタ情報ファイル 16…フロッピーディスクドライブ 16a…フロッピーディスク 17…CD−ROMドライブ 17a…CD−ROM 18…ディスプレイ 19a…シリアル通信用I/O 19b…パラレル通信用I/O 20…オペレーティングシステム 20a…プリンタドライバ 30…アプリケーション 30a…制御モジュール 30b…画像ファイル選択モジュール 30c…印刷サイズ指示取得モジュール 30d…シャープネス強調処理モジュール 30e…画像処理指示モジュール 30f…強調度合い調整モジュール 30g…解像度変換モジュール 30h 10 ... Computer 11 ... CPU 12 ... system bus 13 ... ROM 14 ... RAM 15 ... hard disk drive 15a ... image file 15b ... adjustment table 15c ... printer information file 16 ... floppy disk drive 16a ... floppy disk 17 ... CD-ROM drive 17a ... CD-ROM 18 ... display 19a ... I / O 20 ... operating system 20a ... printer driver 30 ... application 30a ... control module 30b ... image file selection module 30c ... print size instruction acquisition module communications I / O 19b ... parallel communication serial 30d ... sharpness enhancement module 30e ... image processing instruction module 30f ... enhancement degree adjustment module 30 g ... resolution conversion module 30h ウィンドウ領域の上方部分 30i…左下部分 30j…右下部分 30k1,30k2…チェックボックス 30m1,30m2…強調係数入力枠 30n…ポスター印刷指示領域 30p…オプション選択領域 30p1…スケール 30p2…スライド子 41…キーボード 42…マウス 43…デジカメ 60〜63…アンシャープマスク 50…プリンタ The upper portion 30i ... lower left portion 30j ... the lower right portion 30k1,30k2 ... check box 30m1,30m2 ... emphasis coefficient input frame 30n ... poster printing instruction area 30p ... option selected region 30p1 ... scale of the window area 30p2 ... Suraidoko 41 ... keyboard 42 ... mouse 43 ... digital camera 60 to 63 ... unsharp mask 50 ... printer

───────────────────────────────────────────────────── ────────────────────────────────────────────────── ───

【手続補正書】 [Procedure amendment]

【提出日】平成12年7月3日(2000.7.3) [Filing date] 2000 July 3 (2000.7.3)

【手続補正1】 [Amendment 1]

【補正対象書類名】明細書 [Correction target document name] specification

【補正対象項目名】請求項1 [Correction target item name] according to claim 1,

【補正方法】変更 [Correction method] change

【補正内容】 [Correction contents]

【手続補正2】 [Amendment 2]

【補正対象書類名】明細書 [Correction target document name] specification

【補正対象項目名】請求項13 [Correction target item name] claim 13

【補正方法】変更 [Correction method] change

【補正内容】 [Correction contents]

【手続補正3】 [Amendment 3]

【補正対象書類名】明細書 [Correction target document name] specification

【補正対象項目名】0006 [Correction target item name] 0006

【補正方法】変更 [Correction method] change

【補正内容】 [Correction contents]

【0006】 [0006]

【課題を解決するための手段】上記目的を達成するため、請求項1にかかる発明は、画像をドットマトリクス状の各画素として表した画像データであって第一の画像サイズと第二の画像サイズを有するものについてコンピュータにて画像処理を実行させる画像処理プログラムを記録した媒体であって、上記第一の画像サイズと第二の画像サイズの変化度合いを検知する変化度合い機能と、 To achieve the above object, according to an aspect of, the invention according to claim 1, the first image size and the second image an image an image data expressed as the pixels of a dot matrix a medium recording an image processing program for executing an image processing by a computer for those having a size, and degree of change function of detecting the degree of change of the first image size and the second image size,
この検知された画像サイズの変化度合いに基づいて上記第一の画像サイズにおける画像処理の程度を上記第二の画像サイズにおける画像処理の程度に調整する調整機能と、調整された程度に基づいて上記第二の画像サイズにおける画像データの各画素と共に所定の範囲の周囲の画素の画像データを使用しつつ画像処理する画像処理機能とをコンピュータに実現させる機能とをコンピュータに実現させる構成としてある。 An adjustment function of adjusting the degree of image processing in the first image size to the degree of image processing in the second image size based on the degree of change in the detected image size, the based on the extent to which the adjusted it is constituted to realize the function of realizing the image processing function of the image processing while using the image data of pixels around the predetermined range with each pixel of the image data to the computer to the computer at the second image size.

【手続補正4】 [Amendment 4]

【補正対象書類名】明細書 [Correction target document name] specification

【補正対象項目名】0017 [Correction target item name] 0017

【補正方法】変更 [Correction method] change

【補正内容】 [Correction contents]

【0017】むろん、このような記録媒体は、磁気記録媒体であってもよいし光磁気記録媒体であってもよいし、今後開発されるいかなる記録媒体においても全く同様に考えることができる。 [0017] Of course, such a recording medium may be a may be a magnetic recording medium or a magneto-optical recording medium, can also be considered to be exactly the same in any recording medium developed in the future. また、一次複製品、二次複製品などの複製段階については全く問う余地無く同等である。 In addition, the primary reproductions, is equivalent to no room for question at all about the replication phase of such secondary reproductions.

【手続補正5】 [Amendment 5]

【補正対象書類名】明細書 [Correction target document name] specification

【補正対象項目名】0019 [Correction target item name] 0019

【補正方法】変更 [Correction method] change

【補正内容】 [Correction contents]

【0019】また、このような画像処理プログラムはかかる制御に従って処理を進めていく上で、その根底にはその手順に発明が存在するということは当然であり、方法としても適用可能であることは容易に理解できる。 Further, in order to proceed the process in accordance with such an image processing program such control, to its underlying a naturally that there is invention the procedure can also be applied as a method It can be easily understood. このため、請求項13〜請求項18にかかる発明においても、基本的には同様の作用となる。 Therefore, also in the invention according to claims 13 18, the same action is basically. すなわち、必ずしも実体のある媒体などに限らず、その方法としても有効であることに相違はない。 That is, not necessarily like a tangible media, there is no difference in that it is effective as the method. さらには、プログラム自身として本発明が実現されるのは当然である。 Furthermore, it is natural that the present invention is implemented as a program itself.

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (51)Int.Cl. 7識別記号 FI テーマコート゛(参考) H04N 5/262 G06F 15/66 405 5C076 5/76 355A 5C077 9/68 103 H04N 1/40 101D (72)発明者 平岡 靖 長野県松本市中央二丁目1番27号 エー・ アイ ソフト株式会社内 Fターム(参考) 5B057 BA23 CA01 CB01 CD05 CE03 CE06 5B069 DD10 HA18 5C023 AA02 AA07 AA18 AA34 BA11 CA02 CA05 DA04 DA08 EA05 EA06 EA10 5C052 AA11 AB04 DD02 EE02 EE03 FA02 FA03 FA04 FA06 FA07 FB02 FB05 FC08 FD04 FD07 FD08 FD09 FE04 5C066 AA05 AA11 BA20 CA06 CA21 EC02 ED09 EE04 GA01 HA02 KC02 KC08 KC09 KE02 KE03 KE04 KE09 KE17 5C076 AA21 AA22 AA40 BA06 5C077 MP08 PP03 PP20 PP57 ────────────────────────────────────────────────── ─── of the front page continued (51) Int.Cl. 7 identification mark FI theme Court Bu (reference) H04N 5/262 G06F 15/66 405 5C076 5/76 355A 5C077 9/68 103 H04N 1/40 101D (72) inventor Yasushi Hiraoka Matsumoto, Nagano Prefecture center chome No. 1 No. 27 er eye software Co., Ltd. in the F-term (reference) 5B057 BA23 CA01 CB01 CD05 CE03 CE06 5B069 DD10 HA18 5C023 AA02 AA07 AA18 AA34 BA11 CA02 CA05 DA04 DA08 EA05 EA06 EA10 5C052 AA11 AB04 DD02 EE02 EE03 FA02 FA03 FA04 FA06 FA07 FB02 FB05 FC08 FD04 FD07 FD08 FD09 FE04 5C066 AA05 AA11 BA20 CA06 CA21 EC02 ED09 EE04 GA01 HA02 KC02 KC08 KC09 KE02 KE03 KE04 KE09 KE17 5C076 AA21 AA22 AA40 BA06 5C077 MP08 PP03 PP20 PP57

Claims (18)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 画像をドットマトリクス状の各画素として表した画像データであって第一の画像サイズと第二の画像サイズを有するものについてコンピュータにて画像処理を実行させる画像処理プログラムを記録した媒体であって、 上記第一の画像サイズと第二の画像サイズの変化度合いを検知する機能と、 この検知された画像サイズの変化度合いに基づいて上記第一の画像サイズにおける画像処理の程度を上記第二の画像サイズにおける画像処理の程度に調整する機能と、 調整された程度に基づいて上記第二の画像サイズにおける画像データの各画素と共に所定の範囲の周囲の画素の画像データを使用しつつ画像処理する機能とをコンピュータに実現させることを特徴とする画像処理プログラムを記録した媒体。 1. A recorded an image data representing an image as each pixel of dot matrix for having a first image size and the second image size of the image processing program for executing an image processing by a computer a medium, a function of detecting a degree of change of the first image size and the second image size, the degree of image processing in the first image size based on the degree of change in the detected image size use and function of adjusting the degree of image processing, the image data of pixels around the predetermined range with each pixel of the image data in the second image size based on the degree adjusted in the second image size medium recording an image processing program for causing and a function of image processing in the computer while.
  2. 【請求項2】 上記請求項1に記載の画像処理プログラムを記録した媒体において、上記画像処理機能では、処理の強度を変更可能であり、上記調整機能では、この強度を変更させて画像処理の程度を調整させることを特徴とする画像処理プログラムを記録した媒体。 2. A preceding claims 1 medium recording an image processing program according to, in the image processing functions, and can change the intensity of the treatment, in the adjustment function of the image processing by changing the strength medium recording an image processing program for causing adjust the degree.
  3. 【請求項3】 上記請求項1または請求項2のいずれかに記載の画像処理プログラムを記録した媒体において、 3. A medium recording an image processing program according to any one of claims 1 or claim 2,
    上記画像処理機能では、処理の対象とする範囲を変更可能であり、上記調整機能では、この範囲を変更させて画像処理の程度を調整させることを特徴とする画像処理プログラムを記録した媒体。 In the above image processing functions, and you can change the range to be processed, in the above adjusting function, medium recording an image processing program for causing adjust the degree of image processing by changing the range.
  4. 【請求項4】 上記請求項1〜請求項3のいずれかに記載の画像処理プログラムを記録した媒体において、上記画像処理機能では、処理対象となる画素を中心とした所定範囲の画素の画像データを用いて演算させるマスクフィルタを使用することを特徴とする画像処理プログラムを記録した媒体。 4. A medium recording an image processing program according to any one of claims 1 to 3, in the above image processing function, the image data of pixels in a predetermined range around the pixel to be processed medium recording an image processing program characterized by using a mask filter that calculated using the.
  5. 【請求項5】 上記請求項1〜請求項4のいずれかに記載の画像処理プログラムを記録した媒体において、上記画像処理機能では、複数の画像処理を実行可能であり、 In medium recording an image processing program according to any one of claims 5 wherein said claims 1 to 4, in the above image processing function is capable of executing a plurality of image processing,
    上記調整機能では、一の画像処理で上記程度を調整する必要がある場合に他の画像処理の程度を調整することを特徴とする画像処理プログラムを記録した媒体。 The adjustment in function, medium recording an image processing program characterized by adjusting the degree of the other image processing when it is necessary to adjust the order of the one of the image processing.
  6. 【請求項6】 上記請求項1〜請求項5のいずれかに記載の画像処理プログラムを記録した媒体において、上記画像データを上記第一の画像サイズのものから上記第二の画像サイズのものへと変換する機能を実行させることを特徴とする画像処理プログラムを記録した媒体。 6. A medium recording an image processing program according to any one of claims 1 to 5, to what the image data from that of the first image size of the second image size medium recording an image processing program for causing to execute a function of converting the.
  7. 【請求項7】 画像をドットマトリクス状の各画素として表した画像データであって第一の画像サイズと第二の画像サイズを有するものについて画像処理を実行する画像処理装置であって、 上記第一の画像サイズと第二の画像サイズの変化度合いを検知する変化度合い検知手段と、 この検知された画像サイズの変化度合いに基づいて上記第一の画像サイズにおける画像処理の程度を上記第二の画像サイズにおける画像処理の程度に調整する調整手段と、 調整された程度に基づいて上記第二の画像サイズにおける画像データの各画素と共に所定の範囲の周囲の画素の画像データを使用しつつ画像処理する画像処理手段とを具備することを特徴とする画像処理装置。 7. A picture processing apparatus for performing image processing for having a first image size and the second image size of an image data expressed as the pixels of dot matrix, and the second a degree of change detecting means for detecting an image size and the degree of change in the second image size, the degree of image processing in the first image size based on the degree of change in the detected image size the second and adjusting means for adjusting the degree of image processing in the image size, the image processing while using the image data of pixels around the predetermined range with each pixel of the image data in the second image size based on the degree adjusted the image processing apparatus characterized by comprising an image processing means for.
  8. 【請求項8】 上記請求項7に記載の画像処理装置において、上記画像処理手段では、処理の強度を変更可能であり、上記調整手段では、この強度を変更させて画像処理の程度を調整させることを特徴とする画像処理装置。 The image processing apparatus according to claim 8 wherein the claim 7, in the image processing means is capable of changing the intensity of the treatment, in the above adjusting means, thereby adjusting the degree of image processing by changing the strength the image processing apparatus characterized by.
  9. 【請求項9】 上記請求項7または請求項8のいずれかに記載の画像処理装置において、上記画像処理手段では、処理の対象とする範囲を変更可能であり、上記調整手段では、この範囲を変更させて画像処理の程度を調整させることを特徴とする画像処理装置。 The image processing apparatus according to any one of claims 9 wherein the claim 7 or 8, in the image processing means is capable of changing the range to be processed, in the above adjusting means, the range the image processing apparatus characterized by by changing to adjust the degree of image processing.
  10. 【請求項10】 上記請求項7〜請求項9のいずれかに記載の画像処理装置において、上記画像処理手段では、 The image processing apparatus according to any one of claims 10, wherein said claims 7 to claim 9, in the image processing means,
    処理対象となる画素を中心とした所定範囲の画素の画像データを用いて演算させるマスクフィルタを使用することを特徴とする画像処理装置。 The image processing apparatus characterized by the use of a mask filter for calculation using the image data of pixels in a predetermined range around the pixel to be processed.
  11. 【請求項11】 上記請求項7〜請求項10のいずれかに記載の画像処理装置において、上記画像処理手段では、複数の画像処理を実行可能であり、上記調整手段では、一の画像処理で上記程度を調整する必要がある場合に他の画像処理の程度を調整することを特徴とする画像処理装置。 The image processing apparatus according to any one of claims 11, wherein said claims 7 to claim 10, in the image processing means is capable of executing a plurality of image processing, in the above adjusting means, one of the image processing the image processing apparatus characterized by adjusting the degree of the other image processing when it is necessary to adjust the order of the.
  12. 【請求項12】 上記請求項7〜請求項11のいずれかに記載の画像処理装置において、上記画像データを上記第一の画像サイズのものから上記第二の画像サイズのものへと変換する機能を実行させることを特徴とする画像処理装置。 The image processing apparatus according to any one of claims 12, wherein said claims 7 to claim 11, function of converting the image data into something from those of the first image size of the second image size the image processing apparatus, characterized in that for the execution.
  13. 【請求項13】 画像をドットマトリクス状の各画素として表した画像データであって第一の画像サイズと第二の画像サイズを有するものについて画像処理を実行する画像処理方法であって、 上記第一の画像サイズと第二の画像サイズの変化度合いを検知する工程と、 この検知された画像サイズの変化度合いに基づいて上記第一の画像サイズにおける画像処理の程度を上記第二の画像サイズにおける画像処理の程度に調整する工程と、 調整された程度に基づいて上記第二の画像サイズにおける画像データの各画素と共に所定の範囲の周囲の画素の画像データを使用しつつ画像処理する工程とを具備することを特徴とする画像処理方法。 13. A image An image processing method for performing image processing for having a first image size The image data and the second image size, expressed as the pixels of a dot matrix, said first a step of detecting a degree of change in one image size and the second image size, the degree of image processing in the second image size in the first image size based on the degree of change in the detected image size and adjusting the degree of image processing, and a step of image processing while using the image data of pixels around the predetermined range with each pixel of the image data in the second image size based on the degree adjusted an image processing method characterized by comprising.
  14. 【請求項14】 上記請求項13に記載の画像処理方法において、上記画像処理工程では、処理の強度を変更可能であり、上記調整工程では、この強度を変更させて画像処理の程度を調整させることを特徴とする画像処理方法。 The image processing method according to claim 14 wherein the claim 13, in the image processing step, and can change the intensity of the treatment, in the adjusting step, thereby adjusting the degree of image processing by changing the strength image processing method, characterized in that.
  15. 【請求項15】 上記請求項13または請求項14のいずれかに記載の画像処理方法において、上記画像処理工程では、処理の対象とする範囲を変更可能であり、上記調整工程では、この範囲を変更させて画像処理の程度を調整させることを特徴とする画像処理方法。 15. The image processing method according to any one of claims 13 or claim 14, in the image processing step, and can change the range to be processed, in the adjusting step, the range an image processing method for causing by changing adjust the degree of image processing.
  16. 【請求項16】 上記請求項13〜請求項15のいずれかに記載の画像処理方法において、上記画像処理工程では、処理対象となる画素を中心とした所定範囲の画素の画像データを用いて演算させるマスクフィルタを使用することを特徴とする画像処理方法。 16. The image processing method according to any one of claims 13 15, in the image processing step, using the image data of pixels in a predetermined range around the pixel to be processed calculation image processing method characterized by using a mask filter for.
  17. 【請求項17】 上記請求項13〜請求項16のいずれかに記載の画像処理方法において、上記画像処理工程では、複数の画像処理を実行可能であり、上記調整工程では、一の画像処理で上記程度を調整する必要がある場合に他の画像処理の程度を調整することを特徴とする画像処理方法。 17. The image processing method according to any one of claims 13 16, in the image processing step, is capable of executing a plurality of image processing, in the adjusting step, one of the image processing image processing method characterized by adjusting the degree of the other image processing when it is necessary to adjust the order of the.
  18. 【請求項18】 上記請求項13〜請求項17のいずれかに記載の画像処理方法において、上記画像データを上記第一の画像サイズのものから上記第二の画像サイズのものへと変換する工程を具備することを特徴とする画像処理方法。 18. The image processing method according to any one of claims 13 17, the step of converting the image data into something from those of the first image size of the second image size an image processing method characterized by comprising the.
JP34764899A 1999-12-07 1999-12-07 Medium with recorded image processing program, device and method for processing image Pending JP2001167265A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP34764899A JP2001167265A (en) 1999-12-07 1999-12-07 Medium with recorded image processing program, device and method for processing image

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP34764899A JP2001167265A (en) 1999-12-07 1999-12-07 Medium with recorded image processing program, device and method for processing image

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2001167265A true JP2001167265A (en) 2001-06-22

Family

ID=18391647

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP34764899A Pending JP2001167265A (en) 1999-12-07 1999-12-07 Medium with recorded image processing program, device and method for processing image

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2001167265A (en)

Cited By (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2007080247A (en) * 2005-08-15 2007-03-29 Canon Inc Information processing apparatus, information processing method, program and storage medium
JP2008033692A (en) * 2006-07-28 2008-02-14 Canon Inc Image processing device and its control method, and, computer program and computer readable storage medium
JP2008140006A (en) * 2006-11-30 2008-06-19 Fuji Xerox Co Ltd Image processing apparatus, and program
JP2011186221A (en) * 2010-03-09 2011-09-22 Seiko Epson Corp Image display apparatus and image display method
US8106956B2 (en) * 2005-06-27 2012-01-31 Nokia Corporation Digital camera devices and methods for implementing digital zoom in digital camera devices and corresponding program products
US8274719B2 (en) 2001-11-30 2012-09-25 Canon Kabushiki Kaisha Printing system, print preview method, and preview method using a printer driver
JP2015019192A (en) * 2013-07-10 2015-01-29 富士ゼロックス株式会社 An image processing apparatus and program

Cited By (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US8274719B2 (en) 2001-11-30 2012-09-25 Canon Kabushiki Kaisha Printing system, print preview method, and preview method using a printer driver
US8605172B2 (en) 2005-06-27 2013-12-10 Nokia Corporation Digital camera device and method for implementing a digital zoom having a quality factor as an input for a JPEG encoder in digital camera devices
US8106956B2 (en) * 2005-06-27 2012-01-31 Nokia Corporation Digital camera devices and methods for implementing digital zoom in digital camera devices and corresponding program products
JP2007080247A (en) * 2005-08-15 2007-03-29 Canon Inc Information processing apparatus, information processing method, program and storage medium
US8195009B2 (en) 2006-07-28 2012-06-05 Canon Kabushiki Kaisha Image processing apparatus and control method thereof
JP2008033692A (en) * 2006-07-28 2008-02-14 Canon Inc Image processing device and its control method, and, computer program and computer readable storage medium
JP2008140006A (en) * 2006-11-30 2008-06-19 Fuji Xerox Co Ltd Image processing apparatus, and program
JP2011186221A (en) * 2010-03-09 2011-09-22 Seiko Epson Corp Image display apparatus and image display method
JP2015019192A (en) * 2013-07-10 2015-01-29 富士ゼロックス株式会社 An image processing apparatus and program

Similar Documents

Publication Publication Date Title
CN101398750B (en) Information processing apparatus and control method thereof
US7483166B2 (en) Information processing apparatus and print preview display method
JP4704288B2 (en) An image processing apparatus and program
JP3496741B2 (en) Refining methods and systems of the printed image
JP3478329B2 (en) Image processing apparatus and image processing method
JP4178949B2 (en) Image processing apparatus, image processing method, and program
JP4902837B2 (en) Method of converting to black-and-white image
Kimmel et al. Space-dependent color gamut mapping: A variational approach
JP3048330B2 (en) An apparatus and a method for extracting the article from documents
JP4215038B2 (en) Image processing apparatus, image processing method, and program
JP2005527880A (en) User-definable image reference point
CN1303517C (en) Image processing apparatus and image processing method
WO2000000927A1 (en) Creation and use of complex image templates
US20040028290A1 (en) System, method and program product for creating composite images
JP2000050081A (en) Automatic tone control method by contrast gain control of edge
JP3865847B2 (en) Generating system of the method and double-sided printing for optimizing the view of the image
JP2007094549A (en) Image processing method, device and program
JPH08510851A (en) Image processing method and apparatus
JPH10105694A (en) Automatic cropping method for picture
JP3969801B2 (en) Information processing apparatus and method and a program storage medium
KR100374019B1 (en) Image processing method and apparatus, image processing system, and storage medium
JP2002016818A (en) Color correction method and device, and recording medium
CN1940912A (en) Document production system, document production method, program, and storage medium
JP4421761B2 (en) Image processing method and apparatus and a recording medium
JP2004318423A (en) Image processing method, image processor, and image processing program

Legal Events

Date Code Title Description
A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20040113

A911 Transfer of reconsideration by examiner before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A911

Effective date: 20040123

A912 Removal of reconsideration by examiner before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A912

Effective date: 20040326

A711 Notification of change in applicant

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A711

Effective date: 20041029

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20060705