JP2001157700A - エアマッサージ器 - Google Patents

エアマッサージ器

Info

Publication number
JP2001157700A
JP2001157700A JP34332099A JP34332099A JP2001157700A JP 2001157700 A JP2001157700 A JP 2001157700A JP 34332099 A JP34332099 A JP 34332099A JP 34332099 A JP34332099 A JP 34332099A JP 2001157700 A JP2001157700 A JP 2001157700A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
air
foot
air bag
sole
inflated
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP34332099A
Other languages
English (en)
Other versions
JP4463355B2 (ja
Inventor
Yoichi Furukawa
洋一 古川
Masanobu Aoki
正亘 青木
Mikiyuki Aoki
幹享 青木
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Marutaka Co Ltd
Original Assignee
Marutaka Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Marutaka Co Ltd filed Critical Marutaka Co Ltd
Priority to JP34332099A priority Critical patent/JP4463355B2/ja
Publication of JP2001157700A publication Critical patent/JP2001157700A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4463355B2 publication Critical patent/JP4463355B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 足の指の痛みを伴うことなく高いマッサージ
効果を得ることができるエアマッサージ器を提供する。 【解決手段】 外部の空気供給源から供給される加圧空
気により膨張する空気袋体で足Fを圧迫してマッサージ
を行うエアマッサージ器として構成され、足の裏側を圧
迫する空気袋体2と、足の甲側中央部を膨張中心として
足の甲側の略全体を圧迫する空気袋体3を備え、外部の
空気供給源から供給される加圧空気により膨張する空気
袋体2、3で足を圧迫してマッサージを行う。足の指部
が両側方から圧迫されて痛みを伴うようなことがなく、
高いマッサージ効果が得られる。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、外部の空気供給源
から供給される加圧空気によって膨張する空気袋体で構
成され、空気袋体の膨張と収縮によって足のマッサージ
を行うエアマッサージ器に関する。
【0002】
【従来の技術】従来、足のマッサージを行うために用い
られているマッサージ器においては、例えば、図9及び
図10に示すようなエアマッサージ器が知られている。
この種のマッサージ器A1は、複数の空気袋体A2、A
3、A4、A5を縫合連結してブーツ状に形成されてお
り、これらの空気袋体A2、A3、A4、A5は、マッ
サージ器A1とは別に外部に設置される、図示しないエ
アポンプ等を備えた空気供給源からエアホースを介して
加圧空気を供給することによって膨張し、また、これら
の空気袋体A2、A3、A4、A5内部の空気を排出す
ることによって収縮するように構成されている。
【0003】前記マッサージ器A1を用いて足のマッサ
ージを行う場合には、上側中央部に取り付けられている
ファスナA6(図9にのみ示す。)を開いてここから内
部に足Fを差し込み、再びファスナA6を閉じてマッサ
ージ器A1を足に装着する。
【0004】次いで、エアポンプ等を備えた空気供給源
から加圧された空気がエアホースを通してこれらの空気
袋体A2、A3、A4、A5内に導入されると、空気袋
体A2、A3、A4、A5がそれぞれ膨張して、このう
ち、空気袋体A2は脛部を、空気袋体A3は足首部を、
空気袋体A4は足の甲部を、そして、空気袋体A5は足
の裏部をそれぞれ圧迫する。
【0005】また、空気袋体A2、A3、A4、A5か
ら空気を抜けば、これらは収縮して足の各部分は圧迫か
ら解放される。したがって、これらの空気袋体A2、A
3、A4、A5に対して加圧空気の導入と排出を交互に
行うことによって足Fを揉みほぐすマッサージ効果が得
られる。
【0006】
【発明が解決しようとする課題】前述したような、従来
のエアマッサージ器においては、マッサージ器A1を足
Fに着脱するために、上側中央部にファスナA6が設け
られているので、この部分で足の甲側を圧迫する空気袋
体A4は、ファスナA6の左右両側に分かれて配置され
ている。
【0007】そのため、図11に示すように、これらの
空気袋体A4、A5に加圧空気が導入されて膨張する
と、足Fの裏側の空気袋体A5は、その中央部を膨張中
心として足の裏側を圧迫するが、足の甲側ではファスナ
A6の設けられている中央部は足の甲側を圧迫できない
ので、甲側中央部で十分なマッサージ効果が得られない
問題があった。
【0008】また、ファスナA6の左右に分離されてい
る空気袋体A4が膨張することにより、足の甲側の中央
から左右両側に偏った部分が下方に圧迫され、また、空
気袋体A5の膨張によって足の裏側中央部分が上方に圧
迫される結果、足の指先部分は下方斜め中央方向に両側
から圧迫されることになり、マッサージ中に足の指どう
しが押しつぶされて痛みを伴う問題があった。
【0009】また、従来のエアマッサージ器には、足の
甲側を圧迫する部分で左右に分かれた空気袋体どうし
を、前述した図9乃至図11に示す例のようにファスナ
A6で結合せずに、縫合等により結合しているものも存
在するが、このようなものにおいても同様の問題があっ
た。
【0010】そこで、本発明は、前述したような従来技
術の問題を解決し、足の指の痛みを伴うことなく高いマ
ッサージ効果を得ることができるエアマッサージ器を提
供することを目的とする。
【0011】
【課題を解決するための手段】前記目的を達成するた
め、本発明のエアマッサージ器は、外部の空気供給源か
ら供給される加圧空気により膨張する空気袋体で足を圧
迫してマッサージを行うマッサージ器として構成され、
足の裏側を圧迫する空気袋体と、足の甲側中央部を膨張
中心として足の甲側の略全体を圧迫する空気袋体を備え
ている。
【0012】また、本発明のエアマッサージ器において
は、足の甲側を圧迫する空気袋体の両側縁とそれぞれ結
合される足の裏側を圧迫する空気袋体の両側縁の途中か
ら足先側の部分が、平面展開状態において踵側から足先
側に向けて横幅が漸増する輪郭を有し、膨張時にこれら
の空気袋体の足先側の部分が足裏側に反り返ることが望
ましい。
【0013】また、足の裏側の空気袋体の膨張時の膨ら
みの中心位置が足の甲側の空気袋体の膨らみの中心位置
よりも後方に位置していることも望ましく、さらに、足
の甲側の空気袋体の膨張部分の横幅を足の裏側の空気袋
体の膨張部分の横幅よりも広く形成することも望まし
い。
【0014】
【発明の実施の形態】本発明のエアマッサージ器は、空
気供給源から空気袋体に供給される加圧空気によって、
足の甲側の空気袋体と足の裏側の空気袋体を膨張させて
足を圧迫する動作と、これらの空気袋体から空気を排出
する動作とを交互に繰り返すことで足をマッサージする
効果が得られる。
【0015】特に、足の甲側に配置される空気袋体に空
気が導入されたときには、前記空気袋体はその中央部を
膨張中心として足の甲側の略全体を圧迫するように構成
されているので、足の指部が両側方から圧迫されて痛み
を伴うことを防止でき、足の裏側の空気袋体の膨張に伴
う足の裏側の圧迫との協働により高いマッサージ効果が
得られる。
【0016】また、足の甲側を圧迫する空気袋体の両側
縁とそれぞれ縫着や溶着等の手段によって結合される足
の裏側を圧迫する空気袋体の両側縁の途中から足先側の
部分を、平面展開状態において踵側から足先側に向けて
横幅が漸増する輪郭に形成することによって、加圧空気
の導入により膨張したこれらの空気袋体の足先側の部分
は足裏側に反り返るように湾曲し、足の指を表裏から圧
迫しながら前方に引っ張るストレッチ効果を得ることが
できる。
【0017】また、足の甲側の空気袋体が膨張して足の
甲を圧迫すると、足の甲側と裏側の両方の空気袋体の間
から足が後方への抜け出しやすくなるが、足の裏側の空
気袋体の膨らみの中心位置を、足の甲側の空気袋体の膨
らみの中心位置より後方にずらすことによってこの問題
を解決することができる。
【0018】さらに、足の甲側の空気袋体の膨張部分の
横幅を、足の裏側の空気袋体の膨張部分の横幅よりも広
く形成することで、足の甲側の空気袋体が膨張したとき
に、その膨張中心がほぼ足の甲部の中央付近に位置して
ここを中心に足が圧迫される。
【0019】その際、足の甲側の空気袋体の左右両側の
膨脹部分は、足裏側の空気袋体に引っ張られてそれぞれ
足の甲部の両側を包み込むように湾曲し、これととも
に、足裏側の空気袋体はその膨張により足の裏側の中央
部分を中心に圧迫することで、痛みのない快適なマッサ
ージ感が得られる。
【0020】
【実施例】図1は本発明のエアマッサージ器(以下、単
にマッサージ器という。)の第1実施例を示す側面図、
図2はこれを構成する空気袋体の平面展開図であって、
これらの図に示すように、マッサージ器1は、足の裏側
を圧迫するための足裏側空気袋体2の一方の側縁に沿っ
て、足の甲側を圧迫するための足甲側空気袋体3が縫合
され、また、前記足裏側空気袋体2の後方には足首側空
気袋体4が一体に連続して形成されている。また、前記
足首側空気袋体4の上方には、脛部を圧迫する脛側空気
袋体5が縫合連結されている。
【0021】前記足裏側空気袋体2、足甲側空気袋体
3、及び、足首側空気袋体4は、内部が互いに連通して
空気が行き来できるようになっており、足首側空気袋体
4に設けられている給排気口6を介して内部に加圧空気
が供給されて一斉に膨張し、また前記給排気6から空気
を排出することによって収縮できるようになっている。
また、脛側空気袋体5は、給排気口7を通じて内部に加
圧空気を供給することで膨張し、また、ここから空気を
排出して収縮できるようになっている。
【0022】これらの空気袋体2、3、4、5は、屈曲
と伸縮が自在な、塩化ビニールやポリウレタン等の生地
を用いている、足Fに接触する内層と、ナイロン等の生
地に気密性を持たせるために塩化ビニールやポリウレタ
ン等の生地を接着加工した、屈曲自在で伸縮性を持たな
い外層から構成されており、内層と外層の周縁部どうし
が溶着されて、内部に加圧空気が導入される空間が形成
されている。本実施例においては、内層には、足Fへの
密着性を高めるために伸縮性のある素材を用いている
が、強度を高めるために、内層には外層と同様な、伸縮
性を有しない生地を用いてもよい。
【0023】マッサージ器1は足甲側空気袋体3の縫着
部3a、3bをそれぞれ対応する足首側空気袋体4の縫
着部4a、4bと縫合し、また、足甲側空気袋体3の縫
着部3cをこれに対応する足裏側空気袋体2の縫着部2
aとそれぞれ縫合し、さらに、足首側空気袋体4と脛側
空気袋体5との間で連続している左右両側の縫着部8
a、8bどうしを縫合することによって、図1に示すよ
うな、ブーツ型の形状に組み立てられる。なお、縫着部
2a、2b、3a、3b、4a、4b、4c、4d、8
a、8bは、内層と外層とが溶着されているそれぞれの
空気袋体2、3、4、5の周縁部に形成されている。
【0024】前述したように構成されているマッサージ
器1を使用する場合には、ブーツを履くように足Fをマ
ッサージ器1に差し込んで装着する。一方、給排気口6
と給排気口7には、それぞれ図示していないエアポンプ
等を有する空気供給源との間をエアホースで連結する。
前記空気供給源には加圧された空気をこれらの給排気口
6と給排気口7へ供給し、また、これらの給排気口6と
給排気口7から空気を外部に排気可能な切換弁を備えて
いる周知の構造のものを用いることができる。
【0025】また、前記空気供給源は、2つの給排気口
6と給排気口7への加圧空気の給排気動作を独立して行
える複数の給排気ポートを有しているものが好ましく、
また、これらの給排気口6、7への給排気の切換動作を
所望の周期で自動的に繰り返すことができる構造のもの
が好ましい。
【0026】この場合、給排気口6と給排気口7への給
排気の切換動作が交互に周期的に行われるように空気供
給源を構成することで、脛部と足とが交互に圧迫されて
手で揉みほぐすような効果が得られる。
【0027】次に、図3はエアマッサージ器の空気袋体
膨張時における足の圧迫状態を示す概略図であって、同
図に示すように、足甲側空気袋体3の膨張部分の横幅は
足裏側空気袋体2の膨張部分の横幅より広く形成されて
いる。
【0028】足甲側空気袋体3は加圧空気が供給されて
膨らむと、その膨張中心はほぼ足甲部の中央付近に位置
し、ここを中心に足Fを圧迫するとともに、足甲部の両
側を包み込んで柔軟に保持し、これとともに足裏側空気
袋体2はその膨張により足裏部の中央を中心に圧迫する
ので、痛みのない快適なマッサージ感が得られる。
【0029】次に、図4は、本発明のエアマッサージ器
の第2実施例を示す側面図、図5は、これを構成する空
気袋体の平面展開図であって、本実施例のマッサージ器
11は、足裏側空気袋体12と足甲側空気袋体13とが
足先側の折り返し部Xで折り返されて連続するように一
体に形成されている。
【0030】また、足裏側空気袋体12の踵側端部に
は、足Fの踵部を左右両側から包み込むように形成され
ている足首側空気袋体14の中央下縁部に連結されてい
る。また、足首側空気袋体14の上縁部には、脛側空気
袋体15の下縁部が連結されるようになっている。
【0031】マッサージ器11は、足首側空気袋体14
の両側の縫着部14a、14bがそれぞれ足裏側空気袋
体12の左右両側の縫着部12a、12bの踵寄りの部
分と縫合され、また、足甲側空気袋体13の左右両側の
縫着部13a、13bがそれぞれ前記縫着部12a、1
2bのほぼ全長に亘って縫合され、さらに、足首側空気
袋体14の両側の湾曲した縫着部14c、14dどうし
が縫合されることによって、図4に示すようなブーツ型
の形状に組み立てられる。
【0032】本実施例のものにおいては、足裏側空気袋
体12と足甲側空気袋体13に対して空気の給排気を行
うための共通の給排気口16が足甲側空気袋体13に設
けられているとともに、足首側空気袋体14と脛側空気
袋体15にそれぞれ、空気の給排気を個別に行うための
給排気口17、18が設けられている。
【0033】脛側空気袋体5の脛部前側を覆う部分は、
足Fの出し入れを容易にするためのファスナT1が設け
られて左右に開くことができるようになっている。ま
た、この実施例においては、足首側空気袋体14の上縁
部と脛側空気袋体15の下縁部との間はファスナT2に
より着脱自在に形成されていて、脛側空気袋体15を分
離してこれを脛部のみのマッサージに用いたり、腕に装
着して腕のマッサージ具としても用いることができるよ
うになっている。
【0034】また、図6、本発明のエアマッサージ器の
第3実施例を示す側面図、図7は、これを構成する空気
袋体の平面展開図であって、本実施例のエアマッサージ
器21は、足裏側空気袋体22に足首側空気袋体24が
一体に連続して形成され、前記足首側空気袋体24の上
方に脛側空気袋体25が溶着により区切られて連続して
いる。
【0035】また、足甲側空気袋体23は足裏側空気袋
体22の上方を覆うように、縫着部23a、23bがそ
れぞれ足裏側空気袋体22の対応する縫着部22a、2
2bにそれぞれ縫着され、また、縫着部23c、23d
が、足首側空気袋体24の縫着部24a、24bにそれ
ぞれ縫着され、さらに、足首側空気袋体24と脛側空気
袋体25の連続している左右両側の縫着部26a、26
bどうしも、前述した第1実施例のものと同様に縫合さ
れて、図6のようにエアマッサージ器21がブーツ型形
状に組み立てられる。
【0036】本実施例では、足甲側空気袋体23と脛側
空気袋体25については、それぞれ個別の給排気口2
7、28から加圧空気の供給と排出を行うようにしてい
る。また、足裏側空気袋体22と足首側空気袋体24の
内部は連通していて、共通の給排気口29から加圧空気
の供給と排出を行うようにしている。
【0037】この実施例においては、図7に示すように
足裏側空気袋体22の縫着部22a、22bとなってい
る両側縁の足先側の部分が踵側から足先側に向けて、角
度αで外側へ拡開して足裏側空気袋体22の横幅が漸増
する輪郭を有している。
【0038】このような構成によって、足裏側空気袋体
22と足甲側空気袋体23とが縫着されてこれらに加圧
空気が導入されて膨張した時に、これらの空気袋体の足
先側の部分が足裏側、すなわち、図6において水平方向
から下方に角度βだけ反り返るように湾曲して、足の指
を上下方向から圧迫しながら前方に引っ張るストレッチ
効果が得られる。
【0039】次に、図8は、足甲側空気袋体と足裏側空
気袋体との間で足を圧迫している状態を示す模式図であ
って、同図(a)は、従来のエアマッサージ器による足
の圧迫状態を示しており、足裏側空気袋体の膨張中心P
1が足先付近にあって、足甲側空気袋体の膨張中心P2
がこれよりも後方、すなわち踵側に位置しているため、
これらの足甲側空気袋体の膨張によって足Fがこれらの
空気袋体間から後方に抜け出してしまう傾向にある。
【0040】一方、図8(b)に示すように、前述した
第1実施例におけるマッサージ器1や、第3実施例にお
けるエアマッサージ器21においては、足裏側空気袋体
の膨張中心P1を足甲側空気袋体の膨張中心P2をより
後方に位置させることにより、足裏側空気袋体の膨張に
よって足Fの後方への抜け出しを阻止することができ
る。
【0041】また、同図(c)に示すように、足裏側空
気袋体と足甲側空気袋体とが足先側で連続して折り返さ
れている構造の第2実施例におけるマッサージ器11に
おいて足も同様に、裏側空気袋体の膨張中心P1を足甲
側空気袋体の膨張中心P2をより後方に位置させること
により足Fの後方への抜け出しが防止でき、特にこの場
合には、足Fの指先部分が足裏側空気袋体と足甲側空気
袋体との間に確実に挟み込まれて有効なマッサージ効果
が得られる。
【0042】なお、前述した各実施例においては、エア
マッサージ器の形状をブーツ型に形成しているが、本発
明のエアマッサージ器はブーツ型に限定するものではな
く、足の甲側と足の裏側を圧迫可能な空気袋体を有して
いれば、他の形状、例えば、スリッパ型等に形成しても
よい。
【0043】
【発明の効果】以上に説明したように、請求項1に記載
された発明によれば、足の甲側中央部を膨張中心として
足の甲側の略全体を圧迫する空気袋体と、足の裏側を圧
迫する空気袋体を備えているので、足の指部が両側方か
ら圧迫されて痛みを伴うことがなく、足の裏側の空気袋
体との協働により優れたマッサージ効果が得られる。
【0044】また、請求項2に記載された発明によれ
ば、足の甲側と裏側のそれぞれの空気袋体に加圧空気が
供給されて膨張すると、これらの空気袋体の足先側の部
分が足裏側に反り返るように湾曲して、足の指を表裏か
ら圧迫しながら前方に引っ張るストレッチ効果が得ら
れ、足指のマッサージ効果をより高めることができる。
【0045】また、請求項3に記載された発明によれ
ば、足の裏側の空気袋体の膨張時の膨らみの中心位置が
足の甲側の空気袋体の膨らみの中心位置よりも後方に位
置しているため、足の甲の傾斜によって足先上面を圧迫
する空気袋体が前方に逃げてしまうことを足の裏側の空
気袋体の膨張によって防止することができる。
【0046】さらに、請求項4に記載された発明によれ
ば、足の甲側の空気袋体の膨張部分の横幅を足の裏側の
空気袋体の膨張部分の横幅よりも広く形成したことによ
り、空気袋体の膨張時に足が甲側に反り返ることにより
骨が当たって痛みのある圧迫感を生じることなく、快適
な使用感を得ることができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】 本発明のエアマッサージ器の第1実施例を示
す側面図である。
【図2】 図1に示すエアマッサージ器を構成する空気
袋体の平面展開図である。
【図3】 図1に示すエアマッサージ器の空気袋体膨張
時における足の圧迫状態を示す概略図である。
【図4】 本発明のエアマッサージ器の第2実施例を示
す側面図である。
【図5】 図4に示すエアマッサージ器の平面展開図で
ある。
【図6】 本発明のエアマッサージ器の第3実施例を示
す側面図である。
【図7】 図6に示すエアマッサージ器の平面展開図で
ある。
【図8】 足甲側空気袋体と足裏側空気袋体による足の
圧迫状態を示す模式図であり、(a)は、従来のエアマ
ッサージ器におけるもの、(b)は本発明の第1実施例
及び第3実施例における改良されたもの、(c)は、本
発明の第2実施例における改良されたものをそれぞれ示
す。
【図9】 従来のエアマッサージ器の一例を示す側面図
である。
【図10】 図9に示すエアマッサージ器の平面展開図
である。
【図11】 図9に示すエアマッサージ器における空気
袋体膨張時における足の圧迫状態を示す概略図である。
【符号の説明】
1、11、21 エアマッサージ器 2、12、22 足裏側空気袋体 3、13、23 足甲側空気袋体 4、14、24 足首側空気袋体 5、15、25 脛側空気袋体 6、7、16、17、18、26、27、28、29
給排気口 2a、3a、3b、3c、4a、4b、8a、8b、1
2a、12b、 13a、13b、14a、14b、14c、14d、2
2a、22b、 23a、23b、26a、26b 縫着部
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 青木 幹享 静岡県藤枝市八幡字広通550番1 株式会 社マルタカ内 Fターム(参考) 4C100 AD02 BB05 CA02 DA10 DA11

Claims (4)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 外部の空気供給源から供給される加圧空
    気により膨張する空気袋体で足を圧迫してマッサージを
    行うエアマッサージ器であって、 足の裏側を圧迫する空気袋体と、足の甲側中央部を膨張
    中心として足の甲側の略全体を圧迫する空気袋体を備え
    たことを特徴とするエアマッサージ器。
  2. 【請求項2】 足の甲側を圧迫する空気袋体の両側縁と
    それぞれ結合される足の裏側を圧迫する空気袋体の両側
    縁の途中から足先側の部分が、平面展開状態において踵
    側から足先側に向けて横幅が漸増する輪郭を有し、膨張
    時にこれらの空気袋体の足先側の部分が足裏側に反り返
    ることを特徴とする請求項1記載のエアマッサージ器。
  3. 【請求項3】 足の裏側の空気袋体の膨張時の膨らみの
    中心位置が足の甲側の空気袋体の膨らみの中心位置より
    も後方に位置していることを特徴とする請求項1または
    2記載のエアマッサージ器。
  4. 【請求項4】 足の甲側の空気袋体の膨張部分の横幅を
    足の裏側の空気袋体の膨張部分の横幅よりも広く形成し
    たことを特徴とする請求項1乃至3の何れかに記載のエ
    アマッサージ器。
JP34332099A 1999-12-02 1999-12-02 エアマッサージ器 Expired - Fee Related JP4463355B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP34332099A JP4463355B2 (ja) 1999-12-02 1999-12-02 エアマッサージ器

Applications Claiming Priority (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP34332099A JP4463355B2 (ja) 1999-12-02 1999-12-02 エアマッサージ器
CN 00100474 CN1130186C (zh) 1999-12-02 2000-02-02 空气按摩器
HK01108581A HK1038177A1 (en) 1999-12-02 2001-12-06 Air masseur

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2001157700A true JP2001157700A (ja) 2001-06-12
JP4463355B2 JP4463355B2 (ja) 2010-05-19

Family

ID=18360619

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP34332099A Expired - Fee Related JP4463355B2 (ja) 1999-12-02 1999-12-02 エアマッサージ器

Country Status (3)

Country Link
JP (1) JP4463355B2 (ja)
CN (1) CN1130186C (ja)
HK (1) HK1038177A1 (ja)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2015047292A (ja) * 2013-08-30 2015-03-16 日立マクセル株式会社 マッサージ装置
JP2015100406A (ja) * 2013-11-21 2015-06-04 シャープ株式会社 足用エアマッサージ器
KR101625988B1 (ko) * 2015-05-29 2016-06-01 주식회사 웰뷰텍 발 지압 마사지 장치

Families Citing this family (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2004026216A1 (fr) * 2002-09-19 2004-04-01 Manchiu Li Coussin a air pour massage presentant des pedales
CN103948339A (zh) * 2014-04-29 2014-07-30 薛宜 可进行足背按摩的足浴器
CN108514495A (zh) * 2018-03-23 2018-09-11 安徽师范大学 手脚加压放松装置

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2015047292A (ja) * 2013-08-30 2015-03-16 日立マクセル株式会社 マッサージ装置
JP2015100406A (ja) * 2013-11-21 2015-06-04 シャープ株式会社 足用エアマッサージ器
KR101625988B1 (ko) * 2015-05-29 2016-06-01 주식회사 웰뷰텍 발 지압 마사지 장치

Also Published As

Publication number Publication date
CN1130186C (zh) 2003-12-10
JP4463355B2 (ja) 2010-05-19
HK1038177A1 (en) 2002-03-08
CN1297728A (zh) 2001-06-06

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP3377759B2 (ja) 健康器具
JPH0889540A (ja) エアーマッサージ機
JP2005532115A (ja) 膨張可能なブラダを有する靴
JP6722825B2 (ja) 膨張式締め付けシステムを有するスポーツシューズ
JP4713949B2 (ja) エアマッサージ装置
JP2003079688A (ja) 空気圧マッサージ器具
JP4463355B2 (ja) エアマッサージ器
JP4373550B2 (ja) エアマッサージ器
JP4373551B2 (ja) エアマッサージ器
JP2004236922A (ja) 足用マッサージユニット及びこれを具えた椅子型マッサージ機
JP3105499B2 (ja) マッサージ器及び椅子型マッサージ装置
JP4409016B2 (ja) エアマッサージ器
JPH11197201A (ja) 足の健康器具
JP2000140054A (ja) マッサ―ジ器
US20020189135A1 (en) Shoe with inflatable tongue
JP2006130103A (ja) 足マッサージ機
JP2015100406A (ja) 足用エアマッサージ器
JP3319775B2 (ja) フットマッサージ器
JP4761982B2 (ja) マッサージ機
JP4459115B2 (ja) 足先用マッサージユニット
JP2001157698A (ja) エアマッサージ器
JP4573704B2 (ja) 足用マッサージ機
KR950001965B1 (ko) 의료 기구
CN210248636U (zh) 一种充气鞋
JP4641992B2 (ja) 足先用マッサージユニット

Legal Events

Date Code Title Description
A625 Written request for application examination (by other person)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A625

Effective date: 20061201

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20090917

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20090925

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20091013

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20100126

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20100217

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130226

Year of fee payment: 3

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140226

Year of fee payment: 4

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees