JP2001142650A - Method and device for controlling array disk - Google Patents

Method and device for controlling array disk

Info

Publication number
JP2001142650A
JP2001142650A JP32764299A JP32764299A JP2001142650A JP 2001142650 A JP2001142650 A JP 2001142650A JP 32764299 A JP32764299 A JP 32764299A JP 32764299 A JP32764299 A JP 32764299A JP 2001142650 A JP2001142650 A JP 2001142650A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
data
disk
physical
physical disk
cache memory
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP32764299A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Akihiro Asano
聡宏 浅野
Original Assignee
Nec Corp
日本電気株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Nec Corp, 日本電気株式会社 filed Critical Nec Corp
Priority to JP32764299A priority Critical patent/JP2001142650A/en
Publication of JP2001142650A publication Critical patent/JP2001142650A/en
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To find the occurrence of illegal data and a disk failure at an early stage and to reliably store even data that are not read for a long time. SOLUTION: This device is provided with a cache memory 6, a data dividing part 3 which divides data transmitted from a host device 1 in accordance with the number of physical disks and also generates the parity data of the divided division data, a data transferring part 4 which respectively stores the division data and the parity data into physical disks, a data comparing part 8 which reads the data from the physical disk after storing the division data and the parity data in each physical disk and compares the data with corresponding data stored in the cache memory, and a failure deciding part 10 which decides that a failure takes place in the physical disk storing an uncoincidental part when any uncoincidental part exists in the part 8.

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【発明の属する技術分野】本発明は、アレイディスク制御方法及び装置に係り、特に、データに冗長性を持たせて複数の物理ディスクにデータを分割して格納するアレイディスク制御方法及び装置に関する。 The present invention relates to relates to array disk control method and apparatus, and more particularly, to an array disk control method and apparatus for storing and provides data redundancy by dividing the data into a plurality of physical disks.

【0002】 [0002]

【従来の技術】従来より、上位装置から転送されたデータを分割し、さらに分割データのパリティデータを生成して、これらを別々の物理ディスクに格納することで、 Conventionally, dividing the data transferred from the host device, and further generates the parity data of the divided data, by storing them on separate physical disks,
1つの物理ディスクに障害が発生した場合であってもデータを復旧可能な手法が用いられている。 Method also possible to recover data even when a failure occurs in one physical disk is used. このようなデータ分割やパリティデータの生成については、例えばR The generation of such data division and the parity data, for example, R
AID3,5等にまとめられている。 It is summarized in such AID3,5.

【0003】しかしながら、上記従来例では、物理ディスクに障害が発生し、データの読み出しはできるが、データの内容が不正である場合には、どの物理ディスクに障害が発生したのかを判定することができない。 However, in the conventional example, the physical disk failure, the data is read can be, but if the content of the data is incorrect, that in which physical disk fails to determine whether the generated Can not. これに対し、特開平9―305328号公報記載の手法では、 In contrast, in the technique of JP-A-9-305328 JP,
分割データからパリティデータを生成するのみならず、 Not only to generate the parity data from the divided data,
巡回冗長検査情報(CRC)を付加している。 It is added cyclic redundancy check information (CRC). そして、 And,
再生したデータのパリティが不正であった場合には、1 If the parity of the reproduced data was incorrect, 1
台を障害ディスクとした場合の複数の組み合わせでデータを復元し、複数の復元データの内、CRCに基づいて正常であると判定された復元データを再生データとして上位装置に転送する。 Platform to restore data in multiple combinations in the case of a failed disk to, among the plurality of restored data, and transfers to the host device the determined restoration data as reproduction data to be normal based on the CRC.

【0004】 [0004]

【発明が解決しようとする課題】しかしながら、上記従来例では、データの読み出し時に不正データのチェックを行うため、データ書き込み後長時間データを読み取らなかった場合に、不正データが発生した原因の解明が困難で特定できず、すると、データ書き込み後長時間経過した場合には、同時に複数台の物理ディスクで障害が発生してしまうことも想定され、すると、データの復旧が困難となる可能性が高い、という不都合があった。 [SUMMARY OF THE INVENTION However, in the above prior art, in order to perform data reading in checking illegal data, if after the data writing long did read the data, the elucidation of the causes of bad data is generated can not be specified hard, then, when long time has elapsed after the data writing is also contemplated that occurs failure in a plurality of physical disks at the same time, a result, there is a high possibility that data recovery is difficult , there is a disadvantage that.

【0005】 [0005]

【発明の目的】本発明は、係る従来例の有する不都合を改善し、特に、不正データの発生及びディスク障害を早期に発見して長期間読み出されないデータであっても確実に保存することのできるアレイディスク制御方法及び装置を提供することを、その目的とする。 SUMMARY OF THE INVENTION The present invention relates to improved the disadvantage of the prior example, in particular, that the saving surely be data that is not read long time to discover early generation and disk failure invalid data providing an array disk control method and apparatus capable, and an object.

【0006】 [0006]

【課題を解決するための手段】そこで、本発明では、論理ディスクを構成する複数台の物理ディスクと、上位装置から送信されたデータを一時的に記憶するキャッシュメモリと、前記上位装置から送信されたデータを前記物理ディスクの台数に応じて分割すると共に当該分割した分割データのパリティデータを生成するデータ分割部と、このデータ分割部によって生成された分割データ及びパリティデータを前記各物理ディスクにそれぞれ格納するデータ転送部とを備えたディスクアレイ装置を使用して上位装置から送信されたデータを格納するディスクアレイ制御方法であって、分割データ及びパリティデータの前記各物理ディスクへの格納処理に前後して前記上位装置に格納完了報告コマンドを送信する格納完了報告工程と、この格納完 Means for Solving the Problems] Therefore, in the present invention, be sent a cache memory for temporarily storing a plurality of physical disks that make up the logical disk, the data transmitted from the host device, from the host device and a data dividing unit for generating parity data of the divided data the divided with dividing in accordance with the data of the physical disk number, respectively the divided data and the parity data generated by the data division unit to the each physical disk a disk array control method for storing the data sent from the host device using a disk array device and a data transfer unit for storing, before and after the divided data and the parity data storage processing to each physical disk a storage completion report step of transmitting storage completion report command to the host apparatus, and the stored complete 報告工程の後前記キャッシュメモリから当該格納完了報告を行ったデータが削除されるまでの間に、前記各物理ディスクから当該データを読み出して前記キャッシュメモリに格納された対応するデータと比較するデータ比較工程と、このデータ比較工程で一致しない部分がある場合には当該一致しない部分を記憶した物理ディスクに障害が発生したと判定する障害判定工程とを備えた、という構成を採っている。 Between from said cache memory after the reporting process to the data subjected to the storage completion report is deleted, the data comparison for comparing the data corresponding stored in the cache memory from said each physical disk reads the data a step, and employs a configuration that the matching failure to the physical disk which stores the partial not have a determining fault determination process to have occurred, if there is unmatched part of this data comparison step. これにより前述した目的を達成しようとするものである。 This is intended to achieve the objectives described above.

【0007】本発明では、上位装置から送信されたデータをまずキャッシュメモリに格納する。 [0007] In the present invention, stores the data transmitted from the host device first into the cache memory. キャッシュメモリに当該データを格納すると、上位装置に格納完了報告コマンドを送信する。 Storing the data in the cache memory, it transmits a storage completion report command to the host device. そして、キャッシュメモリに格納されたデータを分割すると共に、パリティデータを生成し、それぞれ複数の物理ディスクに格納する。 Then, with dividing the data stored in the cache memory, it generates parity data, respectively stored in a plurality of physical disks. 上位装置への格納完了報告は、この分割データ及びパリティデータの物理ディスクへの格納が完了した時に行うようにしてもよい。 Storage completion report to the host apparatus may be performed when the storage of the physical disks of the divided data and the parity data is completed.

【0008】続いて、上位装置から他のI/O要求がある場合にはそのI/O要求を処理する。 [0008] Then, when there are other I / O requests from the host device to handle the I / O request. そして、上記各物理ディスクに格納したデータと同一のデータをキャッシュメモリから削除する前までに、当該物理ディスクへのデータの格納が正常に完了したか否かの判定を行う。 Then, until before removing the same data as the stored data to the respective physical disk from the cache memory, storage of data in the physical disks it is determined whether completed successfully.
すなわち、データ比較工程では、各物理ディスクから当該データを読み出して前記キャッシュメモリに格納された対応するデータと比較する。 That is, in the data comparison process, compared to the corresponding data stored in the cache memory from the physical disk reads the data. そして、障害判定工程では、データ比較工程で一致しない部分がある場合には当該一致しない部分を記憶した物理ディスクに障害が発生したと判定する。 Then, in the failure determination process, if there is a portion that does not match the data comparison step determines that the physical disk which stores the part not the match fails. このように、キャッシュメモリに格納されたデータと各物理ディスクに格納されたデータとを直接比較することにより、各物理ディスク毎に不正データの発生の有無を確認する。 Thus, by comparing the stored on each physical disk and data stored in the cache memory data directly confirm the occurrence of bad data for each physical disk.

【0009】 [0009]

【発明の実施の形態】以下、本発明の実施の形態を図面を参照して説明する。 BEST MODE FOR CARRYING OUT THE INVENTION Hereinafter, an embodiment of the present invention with reference to the drawings.

【0010】図1は本発明によるアレイディスク制御装置の実施形態の構成を示すブロック図である。 [0010] Figure 1 is a block diagram showing a structure of an embodiment of the array disk control apparatus according to the present invention. 図1に示すように、アレイディスク制御装置2は、上位装置1から送信されたデータを一時的に記憶するキャッシュメモリ6と、前記上位装置1から送信されたデータを前記物理ディスクの台数に応じて分割すると共に当該分割した分割データのパリティデータを生成するデータ分割部3 As shown in FIG. 1, the array disk controller 2 includes a cache memory 6 for temporarily storing data transmitted from the host device 1, according to data sent from the host device 1 to the number of the physical disk data dividing unit 3 for generating parity data of the divided data the divided with dividing Te
と、このデータ分割部によって生成された分割データ及びパリティデータを前記各物理ディスクにそれぞれ格納するデータ転送部4とを備えている。 When, and a data transfer section 4 for storing each divided data and the parity data generated by the data division unit to the each physical disk. データ分割部3 Data dividing section 3
は、データ転送部3に併設せず、データ転送部4の一機能としてもよい。 Does not parallel in the data transfer unit 3 may be a function of the data transfer unit 4.

【0011】アレイディスク制御装置2はさらに、分割データ及びパリティデータとを各物理ディスクに格納した後、当該前記各物理ディスクから当該データを読み出して前記キャッシュメモリに格納された対応するデータと比較するデータ比較部8と、このデータ比較部8で一致しない部分がある場合には当該一致しない部分を記憶した物理ディスクに障害が発生したと判定する障害判定部10とを備えている。 [0011] array disk controller 2 further after storing the divided data and the parity data to each physical disk, compared to the corresponding data stored from the each physical disk reads the data in the cache memory a data comparison unit 8, a physical disk failure and a determining fault determining unit 10 to have occurred for storing a portion that does not the match when there is a mismatched portion in the data comparison unit 8.

【0012】アレイディスク制御装置は、データ転送部4を介して、上位装置1と論理ディスク20を構成する各物理ディスク21,22,23と接続されている。 [0012] array disk controller via the data transfer unit 4 is connected to each physical disk 21, 22 and 23 constituting the host device 1 and the logical disk 20. ここでは、物理ディスクは、物理ディスク1から物理ディスクNまでのN個設けられている。 Here, the physical disks are provided N pieces of physical disk 1 to the physical disks N.

【0013】ディスク転送部4は、上位装置1とのデータの転送を行い、キャッシュメモリ6へのデータの読み取り/書き込み及び論理ディスク20へのデータの転送を行う。 [0013] disk transfer unit 4 performs data transfer with the host device 1, and transfers the data to the read / write and the logical disk 20 of the data to the cache memory 6. キャッシュメモリは、物理ディスクよりアクセスが速い例えばRAM等の記憶媒体を使用する。 Cache memory is accessed from the physical disk uses a storage medium such as a fast eg RAM.

【0014】データ比較部8は、上位装置から受け取った書き込みデータがキャッシュメモリ6に格納されている状態で、各物理ディスクに格納したデータを読み出してキャッシュメモリ6に格納されているデータと比較する。 [0014] Data comparing unit 8, the write data received from the host device is compared with data stored in a state of being stored in the cache memory 6, the cache memory 6 reads out the data stored in the physical disk . このとき、不一致部分があれば、正常に書き込まれていないこととなる。 At this time, if there is a mismatch portion, so that the not normally written. そして、正常に書き込まれなかった部分のデータが、どの物理ディスクに書き込まれたデータであるかは、データ分割部3による分割ルールに基づいて判明する。 Then, the data of the portion not written successfully, what physical is data written to disk is found based on the division rule by the data dividing unit 3. このため、比較したデータに不一致部分があれば、不一致を生じさせた不正データがどの物理ディスクに格納されていたかが判明する。 Therefore, if there is a mismatch portion compared data, or false data that caused the mismatch has been stored in which the physical disk is found.

【0015】従って、障害判定部10は、データ比較部8で一致しない部分がある場合には当該一致しない部分を記憶した物理ディスクに障害が発生したと判定する。 [0015] Thus, the fault determination unit 10 determines that if there is a portion that does not match the data comparison unit 8 to the physical disk which stores the part not the match fails.
これにより、データの読み出しは可能ではあるが、正常に書き込みが行われないような障害が発生した物理ディスクを特定し、復旧処理を行うことができる。 Thus, the data is read while possible is a, identifies the physical disks as write is not performed normally failed, it is possible to perform the recovery process. すると、 Then,
長期に渡って読み出されないデータであっても、データの格納時に正確に格納されたか否かを確認するため、例えば複数台の物理ディスクが同時に障害を有しデータの復旧ができなくなる事態を防止することができる。 Prevention be data that is not read for a long time, to confirm whether or not stored correctly when storing data, for example, a situation in which a plurality of physical disks can not be restored in a fault data simultaneously can do. また、データの格納時に正常に書き込みができなかった物理ディスクが特定されるため、当該物理ディスクの装置番号等を上位装置に書き込み障害情報として通知することで、不正データが生じた環境を維持したまま不正データが生じた原因を解明することができ、従って、長期に渡った後に不正データが生じた場合と比較して、障害の原因解明が容易となる。 Moreover, since the physical disk that could not normally written when storing the data is identified, by notifying the device number and the like of the physical disks as write fault information to the upper apparatus, maintaining the environment in which incorrect data has occurred Mom can incorrect data to clarify the cause resulting, therefore, in comparison with the case where illegal data after a long time has occurred, it is easy to cause elucidation of failure.

【0016】復旧処理部12は、障害判定部10によって障害が発生した物理ディスクが特定されると、例えば、キャッシュメモリ6から不正データ部分を含む分割データを読み出して、再書き込み処理を1回又は数回繰り返し、再度キャッシュメモリに格納したデータと比較することで不正データが生じたか否かを判定する。 The restoration processing unit 12, when the failed physical disk by the failure determination unit 10 is identified, for example, reads out the divided data including invalid data portion from the cache memory 6, the rewrite process once or repeated several times, it is determined whether incorrect data has occurred by comparing the stored in the cache memory data again. このとき、当該不正データを生じさせた物理ディスクの異なるセクタへ書き込みを行うようにしても良い。 At this time, it may be performed to write different to the sector of the physical disks that caused the incorrect data. このような再書き込みを行っても不正データが生じる場合には、 If such a re-write the go even if incorrect data occurs,
当該不正データを生じさせた物理ディスクを縮退させる。 Retract the physical disk that caused the incorrect data. 縮退処理は、他のデータ全ての復元を行った後、当該物理ディスクを切り離す等の処理となる。 Degeneration process, after all other data recovery, and processing such as disconnecting the physical disk.

【0017】図2は、上位装置(ホストプロセッサ)から書き込みデータとして送信されるデータの分割の例を示す説明図である。 [0017] FIG. 2 is an explanatory diagram showing an example of a division of data sent as write data from the host device (host processor). キャッシュメモリ6には、図2 In the cache memory 6, as shown in FIG. 2
(A)に示すようなホストプロセッサから受け取ったデータをそのまま格納する。 It stores the data received from the host processor as shown in (A). 一方論理ディスクに記録するデータは、ホストプロセッデータから受け取ったデータをデータ分割部3で分割して各物理ディスク1(符号2 Meanwhile data to be recorded on the logical disk, the host processing blocks of data received from the data by dividing the data division unit 3 each physical disk 1 (reference numeral 2
1)、物理ディスク2(符号22)、物理ディスクN 1), the physical disk 2 (reference numeral 22), the physical disk N
(符号23)に記録する。 It is recorded in the (reference numeral 23). N台の物理ディスクで構成される論理ディスク20にデータを記録する場合、図2 When recording data for a logical disk 20 with N physical disks, FIG. 2
(B)に示すように、データをN-1個に分割して分割データ1(符号31)、分割データ2(符号32)から分割データN―2(符号33)、分割データN―1(符号34)を生成する。 (B), the division data 1 (reference numeral 31) and the divided data into the N-1, divided data bisected from (code 32) Data N-2 (reference numeral 33), the divided data N-1 ( generating a code 34). そして、分割したデータのパリティデータ35を生成する。 Then, to generate the parity data 35 of the divided data. 図2(C)に示すように、各物理ディスク1乃至Nには分割されたデータ1乃至N―1 As shown in FIG. 2 (C), data 1 to N-1 which is divided in each physical disk 1 through N
と、生成したパリティデータ35が書き込まれる。 When the generated parity data 35 is written. データを読みとる場合、分割したデータ1乃至N―1とパリティデータ35を全て読みとり、パリティチェックを行ってデータの妥当性を確認し、パリティデータ35を除いたものをホストプロセッサ1に転送する。 When reading the data, read all the divided data 1 to N-1 and the parity data 35, the parity check performed to confirm the validity of the data, and transfers the minus the parity data 35 to the host processor 1.

【0018】次に、図3を参照して図1に示したアレイディスク制御装置を使用してアレイディスクを制御する動作例を説明する。 Next, using an array disk controller shown in FIG. 1 with reference to FIG. 3 illustrating an operation example of controlling the array disk. 図3は本実施形態の動作例を示すフローチャートである。 Figure 3 is a flowchart showing an operation example of this embodiment. まず、データ転送部4が、上位装置(ホストプロセッサ)1から書き込みデータを受け取り(ステップS1)、キャッシュメモリ6へ当該データを格納する(ステップS2)。 First, the data transfer unit 4 receives the write data from the host device (host processor) 1 (Step S1), and stores the data into the cache memory 6 (step S2). さらに、データ分割部3 Furthermore, the data division unit 3
は、当該データを分割してパリティデータ35を生成する(ステップS3)。 Generates parity data 35 by dividing the data (step S3). データ転送部4は、この分割データ31乃至34及びパリティデータ35を各物理ディスク21乃至23へ格納する(ステップS4)。 Data transfer unit 4 stores the divided data 31 through 34 and the parity data 35 to each physical disk 21 to 23 (step S4). 続いて、 continue,
データ転送部4は、ホストプロセッサ1へ格納完了報告を行う(ステップS5,格納完了報告工程)。 Data transfer unit 4 performs storage completion report to the host processor 1 (step S5, storage completion report process). 具体的には、格納完了報告を示すコマンドを上位装置の入出力インタフェースへ送信する。 Specifically, it transmits a command indicating the storage completion report to the output interface of the host device. この上位装置への格納完了報告は、実際に各物理ディスクにデータを格納した直後ではなく、ステップS2のキャッシュメモリ6への格納が完了した直後に行うようにしても良い。 Storage completion report to the host device actually not performed immediately after storing the data in each physical disk, may be performed immediately after the storage to the cache memory 6 in step S2 is completed.

【0019】図3に示す例では、格納完了報告S5に続いて、すなわち、上位装置を切り離した後、物理ディスクに格納したデータとキャッシュメモリ6に格納されているデータとの比較を行う(データ比較工程S6乃至S [0019] In the example shown in FIG. 3, following the storage completion report S5, i.e., after disconnecting the upper apparatus, and compares the data stored in the data cache memory 6 stored in the physical disk (data comparing step S6 to S
8)。 8). データ転送部4は、物理ディスクへ格納したデータを読み出す(ステップS7)。 Data transfer unit 4 reads the data stored in the physical disk (step S7). 一方、データ比較部8 On the other hand, the data comparison unit 8
は、キャッシュメモリ6から同一データであったデータを読み出し、パリティデータを生成する(ステップS Reads the data were identical data from the cache memory 6, and generates parity data (step S
8)。 8). そして、データ比較部8は、この物理ディスクから読み出したデータとキャッシュメモリ6に格納されたデータとを比較する(ステップS9)。 Then, the data comparison unit 8 compares the read stored data and the cache memory 6 data from the physical disk (step S9). 図3に示す例では、データ比較工程が、キャッシュメモリから読み出したデータのパリティデータを生成する工程を備えている。 In the example shown in FIG. 3, the data comparison step comprises the step of generating the parity data of the data read from the cache memory. これにより、パリティデータを格納したデータの不正の有無を判定することができる。 Thus, it is possible to determine the presence of incorrect data which stores parity data.

【0020】両データの比較の結果、一致していれば書き込みは正常に行われているため、データの書き込み処理を終了し、一方、両データに相違点がある場合には、 The result of comparison of both data, since the write if the match is successful, and ends the data writing process, whereas, if there are differences in both data,
当該一致しない部分を記憶した物理ディスクに障害が発生したと判定する(ステップS10,障害判定工程)。 Determines that the physical disk which stores the part not the match fails (step S10, failure determination step).
そして、一方、両データに相違点がある場合には、復旧処理部12を起動して復旧処理を行う(ステップS1 Then, on the other hand, if there are differences in both data performs recovery process by starting the restoration processing unit 12 (step S1
1,復旧処理工程)。 1, the recovery process).

【0021】復旧処理工程S11は、当該障害と判定された物理ディスクに前記ディスクキャッシュに格納されたデータを再書き込みする再書き込み工程や、当該障害と判定された物理ディスクを縮退させて当該物理ディスクの使用を不可とする縮退工程を備えると良い。 The recovery process step S11,, the failure judged to be re-writing process and to rewrite data stored in the physical disk to the disk cache has, the failure and the determined physical disk is degenerated the physical disk it may comprise a degenerate process for the use of the disabled.

【0022】図3に示す例では、上位装置1への格納完了報告S5が完了した直後に、物理ディスクへのデータの格納の直後にデータ比較工程を位置づけている。 [0022] In the example shown in FIG. 3, immediately after the storage completion report S5 in the host device 1 is completed, it has positioned the data comparing step immediately after the storage of the data to the physical disk. 上位装置1からのデータの書き込み要求及び再生要求(I/ Write request and a reproduction request for data from the host device 1 (I /
O要求)が連続的であれば、図3に示すようにデータの書き込みの直後にデータ比較工程を実施することが好ましい。 If O request) continuous, it is preferred to carry out the data comparison process immediately after the writing of the data as shown in FIG. 一方、上位装置のI/O要求が間欠的であれば、 On the other hand, if the I / O request of the host device is intermittent,
I/O要求を優先実行し、I/O要求の待機時間内を活用してデータ比較工程を実施するようにしても良い。 The I / O request priority execution may be carried out data comparison process by utilizing the waiting time of I / O requests. この場合、本実施例ではキャッシュメモリ6に格納されたデータを利用するため、このキャッシュメモリ6に格納したデータを削除する前までには、データの比較を完了させなければならない。 In this case, in the present embodiment that utilizes the data stored in the cache memory 6, by the time before deleting the data stored in the cache memory 6, it must complete a comparison of data.

【0023】図4は、キャッシュメモリ6からデータを削除する直前までにデータ比較を行う処理例を示すフローチャートである。 [0023] FIG. 4 is a flowchart showing a process example of performing data comparison from the cache memory 6 just before deleting data. 図4に示す例では、格納完了報告工程S5に続いて、前記キャッシュメモリに格納されたデータのうち上位装置からのアクセス頻度の低いデータを選択する削除対象データ選択工程S24と、この削除対象データ選択工程S24で選択されたデータについて前記データ比較工程S9を実行させると共に前記障害判定工程S10によって障害がないと判定された場合に当該データを前記キャッシュメモリから削除する削除前比較工程S27とを備えている。 In the example shown in FIG. 4, following the storage completion report step S5, the deleted data selection step S24 to select a lower data access frequency from the host device among the data stored in the cache memory, the deleted data and a said data comparing said with executing the step S9 fault determining step removed before comparing step S27 to delete the data from the cache memory when it is determined that there is no fault at S10 for the selected in the selection step S24 data ing.

【0024】具体的には、まず、上位装置からのI/O [0024] Specifically, first, I / O from the host device
要求の有無を確認する(ステップS21)。 To confirm the presence or absence of request (step S21). I/O要求が書き込みである場合、キャッシュメモリ6に十分な容量が無ければ実行できなくなるため、キャッシュの容量が十分であるか否かを確認する(ステップS22)。 If the I / O request is a write, it becomes impossible run Without sufficient capacity in the cache memory 6 and checks whether the capacity of the cache is sufficient (step S22). キャッシュ容量が十分であれば、I/O処理を実行する(ステップS23)。 If the cache capacity is sufficient to perform the I / O processing (step S23). すなわち、データの書き込みが要求されれば、図3に示すステップS1乃至S5を実行し、データの読み出しを要求された場合には、キャッシュメモリ6に該当するデータがあれば当該データを上位装置に送信し、一方キャッシュメモリ6に該当するデータが無ければ物理ディスクからデータを読み出して復元の上、上位装置に転送する。 That is, if it is the write data request, executes the steps S1 to S5 shown in FIG. 3, when requested read data, the data to the host device if there is data corresponding to the cache memory 6 transmitted, whereas on the recovery from the physical disk reads data if there is no data corresponding to the cache memory 6, and transfers to the host device. データ読み出し要求時に、 At the time of data reading request to,
キャッシュメモリ6に当該データが格納されていた場合には、当該データのアクセス頻度を示す値を増加させるようにすると良い。 If such data is stored in the cache memory 6, it is preferable to so as to increase the value indicating the access frequency of the data.

【0025】上位装置からのI/O要求を待機している場合や、キャッシュ容量が不十分である場合には、まず、キャッシュメモリ6に格納されたデータの内、アクセス頻度の低いデータを検索する(ステップS24)。 [0025] or when waiting for I / O requests from the host device, when the cache capacity is insufficient, first, among the data stored in the cache memory 6, searches the less frequently accessed data (step S24).
このデータの検索・特定は、削除すべきデータの特定であるため、アクセス頻度の他、一定時間経過したデータを選択するなど、アレイディスクの分野で一般的な他の手法を採用することができる。 Search and specific data are the specific data to be deleted, other access frequency, such as by selecting a predetermined time has elapsed data, it is possible to adopt a general other techniques in the field of array disk .

【0026】削除候補となるデータが特定されると、当該データについて各ディスクに格納されたデータと比較する(ステップS25)。 [0026] Data to be deleted candidates are identified and compared with the corresponding data stored in each disk data (step S25). すなわち、図3に示すステップS6乃至S9を実行する。 That is, to perform the steps S6 to S9 shown in FIG. そして、両データが一致していれば、当該データは正常に格納されているため、当該キャッシュメモリに格納されたキャッシュデータを削除する(ステップS27)。 Then, if both data do not match, the data because it is stored correctly, deletes the cache data stored in the cache memory (step S27). キャッシュメモリに十分な空き容量がある場合には、削除可能であることを当該キャッシュメモリを管理する図示しないキャッシュメモリ管理部へ通知するようにしても良い。 If there is sufficient space in the cache memory, it may be notified to the cache memory management unit (not shown) for managing the cache memory can be deleted.

【0027】一方、データが一致しない場合には、図3 On the other hand, if the data does not match, 3
に復旧処理S11を実行する。 To run the recovery process S11 to.

【0028】上述したように本実施形態によると、キャッシュ上のデータとディスクに書き込まれたデータを比較することにより、上位装置からの書込データが複数の物理ディスクすべてに正しく書き込まれたか否かを判定することがき、すると、分割したデータの書き抜けを未然に防ぐ事ができるようになる。 [0028] According to the present embodiment as described above, by comparing the data written to the data and the disk in the cache, whether the write data from the host device is correctly written to all of the plurality of physical disks to determine the Kotogaki, then, so that it is possible to prevent the missing writing of the divided data.

【0029】 [0029]

【発明の効果】本発明は以上のように構成され機能するので、これによると、障害判定工程が、データ比較工程で一致しない部分がある場合には当該一致しない部分を記憶した物理ディスクに障害が発生したと判定するため、各物理ディスク毎に不正データの発生の有無をデータの書き込み直後に確認することができ、すると、物理ディスクの障害発生原因の解明が容易で且つ当該データを長期に渡って確実に保存することができ、しかも、キャッシュメモリに格納されたデータと物理ディスクに格納されたデータとを直接比較することで不正データを特定するため、不正データが格納されていた物理ディスクがどの物理ディスクであるかを即座に特定することができ、このため、障害復旧処理の選択肢が増え、例えば、 Since the present invention exhibits functions constructed as described above, according to this, the fault determination process, the physical disk which stores the part not the match when there is a mismatched portion in the data comparison process failure for determining that but have occurred, for each physical disk can see the occurrence of bad data immediately after writing the data, then, and the data in the long term easy understanding of the failure causes of physical disks over and can be reliably saved, moreover, to identify the bad data by comparing the stored in the data and the physical disks stored in the cache memory the data directly, the physical disk that incorrect data has been stored There can identify whether any physical disk in real Accordingly, more options for fault recovery process, for example,
複数回再書き込みを行った後にデータの不正が解消しない場合に当該物理ディスクについて縮退処理を行うなど、物理ディスクの障害の早期発見及び早期復旧を図ることができる、という従来にない優れたアレイディスク制御方法を提供することができる。 Multiple illegal data after the rewriting performs degeneration processing on the physical disk if not eliminated, it is possible to early detection and early restoration of failure of the physical disks, unprecedented that excellent array disk it is possible to provide a control method.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】本発明の第一の実施形態の構成を示すブロック図である。 1 is a block diagram showing a configuration of a first embodiment of the present invention.

【図2】図1に示した各構成要素が扱うデータの構造を示す説明図であり、図2(A)は上位装置から転送されるデータの構造を示す図で、図2(B)はディスク分割部によって生成されるデータの構造を示す図で、図2 Figure 2 is an explanatory diagram showing the structure of data in which each component handle shown in FIG. 1, a diagram showing a structure of data to be transferred FIG. 2 (A) from the upper apparatus, FIG. 2 (B) a diagram showing a structure of data generated by the disk dividing unit, Figure 2
(C)は各物理ディスクに格納されるデータの構造を示す図である。 (C) is a diagram showing a structure of data stored in each physical disk.

【図3】図1に示した構成でのデータ書き込み処理の一例を示すフローチャートである。 3 is a flowchart illustrating an example of data writing processing in the configuration shown in FIG.

【図4】図1に示した構成での他のデータ書き込み処理の例を示すフローチャートである。 4 is a flowchart showing an example of another data write processing in the configuration shown in FIG.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

1 上位装置(ホストプロセッサ) 2 アレイディスク制御装置 3 データ分割部 4 データ転送部 6 キャッシュメモリ 8 データ比較部 10 障害判定部 12 復旧処理部 20 論理ディスク 21,22,23 論理ディスクを構成する物理ディスク 1 host apparatus (host processor) 2 array disk controller 3 data dividing unit 4 data transfer unit 6 the cache memory 8 the data comparator 10 fault determining unit 12 restoring processing unit 20 logical disks 21, 22 and 23 physical disks constituting the logical disk

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (51)Int.Cl. 7識別記号 FI テーマコート゛(参考) G11B 20/18 501 G11B 20/18 501B 522 522Z 570 570Z 572 572B 572F ────────────────────────────────────────────────── ─── front page continued (51) Int.Cl. 7 identifications FI theme coat Bu (reference) G11B 20/18 501 G11B 20/18 501B 522 522Z 570 570Z 572 572B 572F

Claims (5)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 論理ディスクを構成する複数台の物理ディスクと、上位装置から送信されたデータを一時的に記憶するキャッシュメモリと、前記上位装置から送信されたデータを前記物理ディスクの台数に応じて分割すると共に当該分割した分割データのパリティデータを生成するデータ分割部と、このデータ分割部によって生成された分割データ及びパリティデータを前記各物理ディスクにそれぞれ格納するデータ転送部とを備えたディスクアレイ装置を使用して上位装置から送信されたデータを格納するディスクアレイ制御方法であって、 前記分割データ及びパリティデータの前記各物理ディスクへの格納処理に前後して前記上位装置に格納完了報告コマンドを送信する格納完了報告工程と、この格納完了報告工程の後前記キャッシュメ 1. A and a plurality of physical disks that make up the logical disk, depending a cache memory for temporarily storing data transmitted from the host device, the data transmitted from the host device to the number of the physical disk disk with a data dividing unit for generating parity data of the divided data the divided, and a data transfer unit for storing each divided data and the parity data generated by the data division unit to the each physical disk with dividing Te using an array device a disk array control method for storing the data sent from the host device, storage completion report to the host device back and forth in the storage process to the physical disk of the divided data and the parity data a storage completion report step of transmitting a command, the cache main after this storage completion report step リから当該格納完了報告を行ったデータが削除されるまでの間に、前記各物理ディスクから当該データを読み出して前記キャッシュメモリに格納された対応するデータと比較するデータ比較工程と、このデータ比較工程で一致しない部分がある場合には当該一致しない部分を記憶した物理ディスクに障害が発生したと判定する障害判定工程とを備えたことを特徴とするアレイディスク制御方法。 Between from Li to data subjected to the storage completion report is deleted, the data comparing step of comparing the corresponding data stored in the cache memory from the physical disk reads the data, the data comparison array disk control method characterized by the physical disk which stores the part not the match fails and a determining fault determination step to have occurred when there is a mismatched portion in the process.
  2. 【請求項2】 前記障害判定工程に続いて、当該障害と判定された物理ディスクに前記ディスクキャッシュに格納されたデータを再書き込みする再書き込み工程を備えたことを特徴とする請求項1記載のアレイディスク制御方法。 2. Following the failure determination process, according to claim 1, comprising the rewriting process of rewriting the data stored in said disk cache to the physical disks it is determined that the fault array disk control method.
  3. 【請求項3】 前記障害判定工程に続いて、当該障害と判定された物理ディスクを縮退させて当該物理ディスクの使用を不可とする縮退工程を備えたことを特徴とする請求項1又は2記載のアレイディスク制御方法。 3. Following the failure determination process, according to claim 1 or 2, wherein by degenerating the physical disk is determined that the disorder comprising the degenerate process to disable the use of the physical disks array disk control method of.
  4. 【請求項4】 前記格納完了報告工程に続いて、前記キャッシュメモリに格納されたデータのうち上位装置からのアクセス頻度の低いデータを選択する削除対象データ選択工程と、この削除対象データ選択工程で選択されたデータについて前記データ比較工程を実行させると共に前記障害判定工程によって障害がないと判定された場合に当該データを前記キャッシュメモリから削除する削除前比較工程とを備えたことを特徴とする請求項1記載のアレイディスク制御方法。 4. Following the storage completion report process, the deleted data selection step of selecting the low data access frequency from the host device among the data stored in the cache memory, in the deleted data selection step claims, characterized in that a deletion before comparing step deletes the data when it is determined that there is no failure by the failure determination process with executing the data comparing step from said cache memory for the selected data array disk control method as in claim 1, wherein.
  5. 【請求項5】 上位装置から送信されたデータを一時的に記憶するキャッシュメモリと、前記上位装置から送信されたデータを物理ディスクの台数に応じて分割すると共に当該分割した分割データのパリティデータを生成するデータ分割部と、このデータ分割部によって生成された分割データ及びパリティデータを前記各物理ディスクにそれぞれ格納するデータ転送部とを備えると共に、 前記分割データ及びパリティデータとを各物理ディスクに格納した後、当該前記各物理ディスクから当該データを読み出して前記キャッシュメモリに格納された対応するデータと比較するデータ比較部と、このデータ比較工程で一致しない部分がある場合には当該一致しない部分を記憶した物理ディスクに障害が発生したと判定する障害判定部とを備えた A cache memory for temporarily storing the data transmitted from the 5. upper apparatus, the parity data of the divided data the divided while divided according to the number of the transmitted data physical disk from the host device storing a data dividing unit which generates, with the divided data and the parity data generated by the data division unit and a data transfer unit for storing each of the in each physical disk, and the divided data and the parity data to each physical disk after a data comparison unit for comparing with the said corresponding data stored the data in the cache memory is read from the physical disk, the portion that does not the match when there is a mismatched portion in the data comparison step the stored physical disk failure and a determining fault determining unit to have occurred とを特徴とするアレイディスク制御装置。 Array disk control apparatus according to claim and.
JP32764299A 1999-11-18 1999-11-18 Method and device for controlling array disk Pending JP2001142650A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP32764299A JP2001142650A (en) 1999-11-18 1999-11-18 Method and device for controlling array disk

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP32764299A JP2001142650A (en) 1999-11-18 1999-11-18 Method and device for controlling array disk

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2001142650A true JP2001142650A (en) 2001-05-25

Family

ID=18201344

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP32764299A Pending JP2001142650A (en) 1999-11-18 1999-11-18 Method and device for controlling array disk

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2001142650A (en)

Cited By (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2006221623A (en) * 2005-02-07 2006-08-24 Internatl Business Mach Corp <Ibm> Detection and recovery of dropped write in storage device
US7373456B2 (en) 2004-01-16 2008-05-13 Hitachi, Ltd. Disk array apparatus and disk array apparatus controlling method
JP2009223367A (en) * 2008-03-13 2009-10-01 Fujitsu Ltd Control method and disk array device
US7671485B2 (en) 2003-12-25 2010-03-02 Hitachi, Ltd. Storage system
US7685362B2 (en) 2003-05-22 2010-03-23 Hitachi, Ltd. Storage unit and circuit for shaping communication signal
EP2208914A2 (en) 2001-05-14 2010-07-21 Nissan Motor Co., Ltd. Auxiliary Transmission
US7865665B2 (en) 2003-11-28 2011-01-04 Hitachi, Ltd. Storage system for checking data coincidence between a cache memory and a disk drive
US8151046B2 (en) 2003-05-22 2012-04-03 Hitachi, Ltd. Disk array apparatus and method for controlling the same

Cited By (13)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
EP2208914A2 (en) 2001-05-14 2010-07-21 Nissan Motor Co., Ltd. Auxiliary Transmission
US8429342B2 (en) 2003-05-22 2013-04-23 Hitachi, Ltd. Drive apparatus and method for controlling the same
US8200898B2 (en) 2003-05-22 2012-06-12 Hitachi, Ltd. Storage apparatus and method for controlling the same
US8151046B2 (en) 2003-05-22 2012-04-03 Hitachi, Ltd. Disk array apparatus and method for controlling the same
US7685362B2 (en) 2003-05-22 2010-03-23 Hitachi, Ltd. Storage unit and circuit for shaping communication signal
US7865665B2 (en) 2003-11-28 2011-01-04 Hitachi, Ltd. Storage system for checking data coincidence between a cache memory and a disk drive
US8468300B2 (en) 2003-11-28 2013-06-18 Hitachi, Ltd. Storage system having plural controllers and an expansion housing with drive units
US7671485B2 (en) 2003-12-25 2010-03-02 Hitachi, Ltd. Storage system
US8402211B2 (en) 2004-01-16 2013-03-19 Hitachi, Ltd. Disk array apparatus and disk array apparatus controlling method
US7373456B2 (en) 2004-01-16 2008-05-13 Hitachi, Ltd. Disk array apparatus and disk array apparatus controlling method
US8108613B2 (en) 2005-02-07 2012-01-31 International Business Machines Corporation Detection and recovery of dropped writes in storage devices
JP2006221623A (en) * 2005-02-07 2006-08-24 Internatl Business Mach Corp <Ibm> Detection and recovery of dropped write in storage device
JP2009223367A (en) * 2008-03-13 2009-10-01 Fujitsu Ltd Control method and disk array device

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5734816A (en) Nonvolatile memory with flash erase capability
US6467023B1 (en) Method for logical unit creation with immediate availability in a raid storage environment
JP2981245B2 (en) Arrayed disk drive system and method
US5822782A (en) Methods and structure to maintain raid configuration information on disks of the array
US5615329A (en) Remote data duplexing
JP3631442B2 (en) Array storage system
US5043871A (en) Method and apparatus for database update/recovery
US6427215B2 (en) Recovering and relocating unreliable disk sectors when encountering disk drive read errors
JP3348416B2 (en) Method, and a storage array system for storing data in an array
CA2268128C (en) Expansion of the number of drives in a raid set while maintaining integrity of migrated data
JP3405712B2 (en) Data recovery method and a data storage device
US6000039A (en) Data reconstruction method and system wherein timing of data reconstruction is controlled in accordance with conditions when a failure occurs
US6901479B2 (en) Disk array apparatus for and method of expanding storage capacity dynamically
JP3226370B2 (en) Improvement on the high availability of disk array
US7350101B1 (en) Simultaneous writing and reconstruction of a redundant array of independent limited performance storage devices
US5566316A (en) Method and apparatus for hierarchical management of data storage elements in an array storage device
US8943358B2 (en) Storage system, apparatus, and method for failure recovery during unsuccessful rebuild process
US6553532B1 (en) Method and apparatus for recording and reproducing information on and from disk
US6854071B2 (en) Method and apparatus for providing write recovery of faulty data in a non-redundant raid system
US6389503B1 (en) Tape drive emulation by removable disk drive and media formatted therefor
JP3053511B2 (en) Disk storage method and for its storing data blocks of digital information
US5469453A (en) Data corrections applicable to redundant arrays of independent disks
US6738863B2 (en) Method for rebuilding meta-data in a data storage system and a data storage system
US6311193B1 (en) Computer system
JP4115060B2 (en) Data recovery method for information processing system and disk subsystem

Legal Events

Date Code Title Description
A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20021008